■2024年2月

マダム・ウェブMADAME WEB

なかなか作品に恵まれないD・ジョンソンは、ある意味気の毒。
☆☆

ボーはおそれているBEAU IS AFRAID

至極真っ当な映画、に思えてきた・・・。
☆☆☆★

カラーパープルTHE COLOR PURPLE

助産師の顔に見覚えが・・・。
☆☆☆★

DUNE/デューン 砂の惑星DUNE

40年もの間D・リンチ版に取り憑かれている自分にとっての救世主出現かと期待したが・・・。Part Twoでの覚醒を待つ。
☆☆☆☆

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人JEANNE DU BARRY

ジャンヌの教育係であり、やがてサポート役となるラ・ボルドのキャラクタが、また魅力的。
☆☆☆★

■2024年1月

哀れなるものたちPOOR THINGS

E・ストーンにひれ伏し、M・ラファロに寄り添いたい。
☆☆☆☆★

ゴールデンカムイGOLDEN KAMUY

残念(当然)ながら一話完結とはいかず。最終章に辿り着く余力が残っているのか、一抹の不安。
☆☆☆★

ビヨンド・ユートピア 脱北BEYOND UTOPIA

(カメラの後ろを含め)あらゆる場面でスマホがキーアイテムになっているのが興味深い。
☆☆☆☆★

コンクリート・ユートピアCONCRETE UTOPIA

人々の思いの投影であり身代わりでしかない"代表"という虚ろな存在を演じたイ・ビョンホンが味わい深い。
☆☆☆☆

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちFAREWELL TO SPACE BATTLESHIP YAMATO: WARRIORS OF LOVE

はや45年。あの時、もし隣の劇場で上映していた「スター・ウォーズ」を観ていたら、僕の映画遍歴は少し違っていたかも。
☆☆☆☆★

■2023年12月

ムーミンパパの思い出MUUMIPAPAN UROTYÖT - ERÄÄN NUOREN MUUMIN SEIKKAILUT

少々奇天烈なところもあるが、それもまた楽しい。
☆☆☆☆

PERFECT DAYSPERFECT DAYS

サントラ、出して欲しい・・・さゆりさんのも含めて(この際カセットでもいいので)。
☆☆☆☆★

Talk To Me トーク・トゥ・ミーTALK TO ME

シリーズ化は必至だが、すでに前日譚の撮影を終えているらしい。
☆☆☆★

ウォンカとチョコレート工場のはじまりWONKA

ティモシー・シャラメよりも ヒュー・グラントの印象が強烈なのが残念(いい意味で)。
☆☆☆☆

エクソシスト 信じる者THE EXORCIST: BELIEVER

そして、新3部作第2弾となる"The Exorcist: Deceiver"が2025年公開!・・・されるのかチョット不安。
☆☆☆

■2023年11月

翔んで埼玉 琵琶湖より愛をこめてFLY ME TO THE SAITAMA: FROM BIWA LAKE WITH LOVE

続編を作って見せたことこそ<壮大な茶番劇>。
☆☆☆

マーベルズTHE MARVELS

最近のMCUは、エンドクレジット後が一番の見どころになりつつある・・・。
☆☆☆★

ゴジラ-1.0GODZILLA MINUS ONE

またひとつバリエーションが増えてしまったことへの不安。ゴジラは、このまま無数にその種を増やし続けることになるのか・・・。
☆☆☆☆★

■2023年10月

ドミノHYPNOTIC

続編の可能性を残しているが・・・?
☆☆☆

ザ・クリエイター 創造者THE CREATOR

もしAIが人類を超える知性を獲得したなら、"彼女"は何をすることもなく、黙って自らのスイッチを切るだろう。
☆☆☆★

コカイン・ベアCOCAINE BEAR

悲しいことに、レイ・リオッタの遺作。近年の彼らしい最期とも言えるが・・・。
☆☆☆

■2023年9月

ジョン・ウィック:コンセクエンスJOHN WICK: CHAPTER 4

そこは天国か、地獄か。どちらであっても、彼にとって安息の地であって欲しい・・・。
☆☆☆★

名探偵ポアロ ベネチアの亡霊A HAUNTING IN VENICE

ジュード・ヒル少年探偵スピンオフが観たい。
☆☆☆★

アステロイド・シテイASTEROID CITY

目移りする豪華キャストだけでも繰り返し観たくなる。
☆☆☆☆

■2023年8月

君たちはどう生きるかTHE BOY AND THE HERON

監督らしいファンタジー冒険活劇にも見えるが、この物語に「おわり」は訪れない。
☆☆☆☆

バービーBARBIE

"ただのケン"たちこそ観るべき作品
☆☆☆☆

トランスフォーマー ビースト覚醒TRANSFORMERS: RISE OF THE BEASTS

"声優無法地帯"版だったら吹替もありかな。
☆☆☆

■2021年7月

ファイナル・プランHONEST THIEF

せっかくのR・パトリックなのに・・・
☆☆☆

竜とそばかすの姫BELLE

細田監督は若者たちの力を信じている。僕は、そこまで肯定的になれないけど・・・。
☆☆☆☆

ブラック・ウィドウBLACK WIDOW

フローレンス・ピューはもちろん、"一家"の今後の活躍にも期待したい。
☆☆☆☆

ゴジラVSコングGODZILLA VS. KONG

この圧倒的巨体感は映画館だからこその醍醐味。
☆☆☆☆

■2021年6月

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑PETER RABBIT 2: THE RUNAWAY

3が出来たら本当に宇宙に行ってしまいそう・・・。
☆☆☆★

モータルコンバットMORTAL KOMBAT

真田裕之や浅野忠信の重要な役回りでの登場は何より嬉しいが、そろそろ彼らの後継者も見つけなければ。
☆☆☆

クワイエット・プレイス 破られた沈黙A QUIET PLACE PART II

次回作はスピンオフとなるらしいが、シンプルな設定ゆえの拡張性の高さも、ホラーとして優秀。
☆☆☆☆

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイMOBILE SUIT GUNDAM: HATHAWAY

もう「機動戦士ガンダム」である必要性は無くなっている気もするけど・・・。
☆☆☆★

漁港の肉子ちゃんGYOKOU NO NIKUKO-CHAN

このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん。
☆☆☆☆

るろうに剣心 最終章 The BeginningRUROUNI KENSHIN: FINAL CHAPTER PART II - THE BEGINNING

「The Final」で十分では? と思っていたが、10年に渡るシリーズを締め括るに相応しい作品が最後に用意されていた。
☆☆☆☆

■2021年5月

HOKUSAIHOKUSAI

応為役の女優さんは誰だろうと思っていたら、本作の脚本家であった。田中泯を向こうに回して、なかなかの貫禄。
☆☆☆☆

クルエラCRUELLA

ドラマ以上にドレスが物語っている?
☆☆☆★

地獄の花園OFFICE ROYALE

永野芽郁がもう少し強そうに見えれば、更に盛り上がったのだろうけど・・・。
☆☆☆

■2021年4月

るろうに剣心 最終章 The FinalRUROUNI KENSHIN: FINAL CHAPTER PART I - THE FINAL

シリーズのクライマックスを見事に飾った本作。だが、剣心の物語の決着は、その始まりを語る次回作でつける、という趣向か?
☆☆☆☆

名探偵コナン 緋色の弾丸DETECTIVE CONAN: THE SCARLET BULLET

事件は毎回解決するが、人間関係が一向に進展しないのがじれったい・・・。
☆☆☆★

BLUE/ブルーBLUE

同じリングに立ちながらそれぞれに違う方向を見つめるメインの3人からジムのオバチャン3人組まで、キャラクタがみな生き生きとしているのが、また魅力。
☆☆☆☆

21ブリッジ21 BRIDGES

マンハッタン島に掛かる道路橋は17。鉄道橋が2、歩道橋が1であと一つは・・・(本当は道路橋17+トンネル4が正解らしい)。
☆☆☆★

騙し絵の牙KIBA: THE FANGS OF FICTION

「騙し合いバトル」と宣伝するのは少し違う気もするが・・・すでにそこから始まっているということか。
☆☆☆☆

モンスターハンターMONSTER HUNTER

バディ・ムービーとして要素を強調するなど、もう少し人間臭さが欲しいところだが、モンスター臭しかしない。
☆☆☆

■2021年3月

ノマドランドNOMADLAND

登場する路上生活者たちの表情に刻まれた苦悩は、決して演技では表現し得ない。そこになんの違和感もなく溶け込んでいるマクドーマンド。
☆☆☆☆★

トムとジェリーTOM & JERRY

せっかくマイケル・ペーニャやケン・チョンも出演しているのに、吹替版では調子が出ない。
☆☆☆

ミナリMINARI

「ミナリ」、ワンダフル。
☆☆☆☆★

奥様は、取り扱い注意CAUTION, HAZARDOUS WIFE: THE MOVIE

綾瀬はるか(と,西島秀俊)のアクションは文句なしだけれど・・・。
☆☆★

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||EVANGELION: 3.0+1.0 THRICE UPON A TIME

今回の昭和歌謡ショーもニクイ選曲(日本が誇る某SF超大作映画の主題歌の歌詞を全部覚えていた自分に驚く)。
☆☆☆☆★

ラーヤと龍の王国RAYA AND THE LAST DRAGON

"シスー"は、吹替版で観てもどことなくオークワフィナっぽくて楽しい。
☆☆☆☆

太陽は動かないTHE SUN DOES NOT MOVE

映画ならではの醍醐味が味わえる作品を、まだ無邪気に楽しめない自分がいる。
☆☆☆★

■2021年2月

あのこは貴族ARISTOCRATS

東京という街の(あるいは日本という社会の)垂直構造を、これまでにない断面から見せてくれた。
☆☆☆☆

すばらしき世界UNDER THE OPEN SKY

でも、決して皮肉だけではないこのタイトル。そこがまた、心憎い。
☆☆☆☆

哀愁しんでれらTHE CINDERELLA ADDICTION

そして彼らは、ずっと幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。
☆☆☆☆

■2021年1月

名も無き世界のエンドロールTHE MASTER PLAN

そしてそのエンドロール後は・・・配信ドラマに続くらしい。
☆☆☆

さんかく窓の外側は夜THE NIGHT BEYOND THE TRICORNERED WINDOW

象徴的な美術や映像表現も独特で惹かれるところ。
☆☆☆☆

ソング・トゥ・ソングSONG TO SONG

登場する顔ぶれも豪華だが、実は、バッサリとカットされてしまったキャストたちがまた凄い・・・。
☆☆☆★

おとなの事情 スマホをのぞいたらADULT'S SITUATION

もっとドンチャン騒ぎになるのかと思ったら、意外と地味なおとなの映画。ただし、料理と酒がパッとしない。
☆☆☆

新感染半島 ファイナル・ステージTRAIN TO BUSAN PRESENTS: PENINSULA

"前作"とは、あらゆる意味で別物。
☆☆☆

■2020年12月

映画 えんとつ町のプペルPOUPELLE OF CHIMNEY TOWN

声優に依らないキャスティングによる独特の間も功を奏している。
☆☆☆☆

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救えBILL & TED FACE THE MUSIC

DNAを受け継いだ可愛くてかっこいい娘たちに、2代目を襲名して欲しい。
☆☆☆☆★

ワンダーウーマン 1984WONDER WOMAN 1984

エンドロール開始後の"オマケ"もお見逃しなく。
☆☆☆☆

約束のネバーランドTHE PROMISED NEVERLAND

もう少し派手な作品かと思っていたが、テーマ性重視で意外と暗くて重かった。
☆☆☆

ハッピー・オールド・イヤーHAPPY OLD YEAR

Spark Joyにピンとこなかった人には、いろいろと腑に落ちるかも。
☆☆☆☆★

新解釈・三國志NEW INTERPRETATION RECORDS OF THE THREE KINGDOMS

挑戦的ではあるが、パロディとして扱うにはさすがに「三國志」は重厚長大過ぎた。ダイジェスト版感は否めない。
☆☆☆

魔女がいっぱいROALD DAHL'S THE WITCHES

ダール&デル・トロ&ゼメキス&シルヴェストリというオトナの贅沢でもある。
☆☆☆★

サイレント・トーキョーSILENT TOKYO

2時間半の大作にすべきところを100分未満に抑えた手際は見事と言える。
☆☆☆

■2020年11月

劇場版HAYABUSA2 REBORNGEKIJOBAN HAYABUSA2 REBORN

地球帰還とカプセル分離は2020年12月5日。だが、"彼"は再び地球圏離脱軌道に乗る。2031年の小惑星1998KY26とのランデブーに向けて・・・。
☆☆☆☆

アーニャは、きっと来るWAITING FOR ANYA

「戦火の馬」で知られるマイケル・モーパーゴによる児童文学の映画化。むしろ、原作を読むべきか。
☆☆☆

家なき子 希望の歌声REMI SANS FAMILLE

105分という観易い尺も嬉しいが、このキャストでドラマシリーズ化されていたらもっと嬉しい。
☆☆☆★

STAND BY ME ドラえもん2STAND BY ME DORAEMON 2

未来のシーンになるとバジェットゲージが上がる仕組みは継承。ただし、歴史改変によりT○Y○TAとPANAS○NICは消えた模様。
☆☆☆

泣く子はいねぇがANY CRYBABIES AROUND?

仲野太賀の見事なダメ男っぷり。出番は少ないが、冒頭とラストで作品を引き締める吉岡里帆も印象深い。
☆☆☆☆

ドクター・デスの遺産 BLACK FILETHE LEGACY OF DR. DEATH: BLACK FILE

シリーズ化を狙っているのかと思ったが、その気はなかったか。
☆☆★

THE CAVE サッカー少年救出までの18日間THE CAVE / NANG NON

映画化の企画はいくつもあったはずだが、完成にこぎつけたのはこの1作だけか?
☆☆☆☆

ジオラマボーイ・パノラマガールGEORAMA BOY PANORAMA GIRL

映し出されているのは明確に現在の東京の姿だが、どことなく時代がかった雰囲気。
☆☆☆

おらおらでひとりいぐもI SHALL LIVE BY MYSELF

冒頭のCG映像は「全地球史アトラス」。全編をYouTubeで視聴できる。https://www.youtube.com/playlist?list=PLL5GnXiRTz-5w_jTyn4rn1LOeT_xB1lwt
☆☆☆☆

461個のおべんとう461 DAYS OF BENTO

井ノ原快彦+やついいちろう+KREVAという2度と無いであろう取り合わせのバンドによるライヴも見どころ。
☆☆☆★

罪の声THE VOICE OF SIN

正直なところあまり期待はしていなかったが、堂々たる社会派エンタメ。ベテラン、中堅、若手とキャストも粒ぞろい。
☆☆☆☆★

■2020年10月

とんかつDJアゲ太郎TONKATSU DJ AGE-TARO

意外といい感じにアガってます。色々ミソは付いちゃったけど。
☆☆☆★

空に住むLIVING IN YOUR SKY

何にせよ、自分には雲をつかむようなお話。
☆☆☆

みをつくし料理帖MIO'S COOKBOOK

藤井隆の毒気が、慣れてくると旨味に変わる(?)。
☆☆☆★

スパイの妻WIFE OF A SPY

そのテーマ性を味わい、彼らのお芝居を愉しんだ。
☆☆☆☆

82年生まれ、キム・ジヨンKIM JI-YOUNG: BORN 1982

主人公を心の病としたのは少し疑問。診療室に連れてくるべき"病"の自覚さえない人々は、他にいる。
☆☆☆☆

星の子HOSHI NO KO

芦田愛菜は評判通り。黒木華も(相変わらず)怖い。
☆☆☆★

浅田家!THE ASADAS

浅田政志の「浅田家」を完璧に再現した数々の家族写真も見どころ。
☆☆☆☆

トロールズ ミュージック★パワーTROLLS WORLD TOUR

ミュージカルシーンの吹替も恐れていたほど違和感はなかったが・・・。
☆☆☆★

小説の神様 君としか描けない物語SHOUSETSU NO KAMISAMA

この章立てにするのなら、4人を主人公に、各々の人物像を更に掘り下げてほしかったところ。
☆☆☆★

■2020年9月

マティアス&マキシムMATTHIAS & MAXIME / MATTHIAS ET MAXIME

言わば初恋の物語。30歳という設定にそぐわない(?)その瑞々しさにキュンとする。
☆☆☆☆

映像研には手を出すな!KEEP YOUR HANDS OFF EIZOUKEN!

映像がむしろ邪魔であることを思い知らせる音響部のお仕事はお見事。
☆☆

TENET テネットTENET

逆さ絵の映画版。その仕掛けは、冒頭のWarner Bros.とSyncopyのロゴから始まっている・・・。
☆☆☆☆★

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者EIGA CRAYON SHIN-CHAN: GEKITOTSU! RAKUGAKINGDOM TO HOBO 4NIN NO YUUSHA

深く考え始めると、色々と怖いお話し。
☆☆☆☆

ミッドウェイMIDWAY

マリアナ沖海戦を描く続編の噂もあったが・・・。
☆☆☆★

宇宙でいちばんあかるい屋根THE BRIGHTEST ROOF IN THE UNIVERSE

桃井かおりは強すぎるのでは、と心配したが、その個性を発揮しつつも主人公に寄り添う存在に徹していて、流石。
☆☆☆☆

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビューBOOKSMART

物語と主人公たちを引っ掻き回す、とにかく強烈でカラフルな脇キャラたちも楽しい。
☆☆☆☆★

■2020年8月

2分の1の魔法ONWARD

せめてトム・ホランドとクリス・プラットの掛け合いを楽しみたかったが・・・吹替版・・・。
☆☆★

弱虫ペダルYOWAMUSHI PEDAL

ロードレースそのものの面白さを、もう少しじっくり描いて欲しかったが。
☆☆☆★

アルプススタンドのはしの方ALPS STAND NO HASHI NO HOU

本当のアルプススタンドでの撮影は叶わなかったという。そこだけが残念。
☆☆☆☆

映画ドラえもん のび太の新恐竜DORAEMON THE MOVIE: NOBITA'S NEW DINOSAUR

懐かしいあの恐竜もカメオ出演!?
☆☆☆☆

ぐらんぶるGRAND BLUE

高嶋政宏のダンスは悪夢でしか無いが・・・。
☆☆☆★

#ハンド全力#HAND ZENRYOKU

すでに多くの作品で活躍している若手俳優たちが顔を揃えている点でも注目したい作品。
☆☆☆☆

ブラック アンド ブルーBLACK AND BLUE

あのスーパーマーケットは実在するらしい。 https://goo.gl/maps/SoTLrJ3Zf65bv95Q8
☆☆☆★

■2020年7月

コンフィデンスマンJP プリンセス編THE CONFIDENCE MAN JP: PRINCESS HEN

最後に明かされる意外(ある意味大どんでん返し)な真実とは・・・!?
☆☆☆☆

海底47m 古代マヤの死の迷宮47 METERS DOWN: UNCAGED

「海底47m」("47 Meters Down",2017年)の続編でもなく、「海底47m」ですら無いが・・・。
☆☆☆

WAR ウォー!!WAR

既視感ありまくり、なところも、また楽しい。
☆☆☆☆★

八王子ゾンビーズHACHIOJI ZOMBIES

完全ミュージカル映画化してくれたなら、様相は一変したはず。
☆☆☆

WAVES/ウェイブスWAVES

主人公の心理に沿って移り変わるアスペクト比と、端役で出演しているハーモニー・コリンにも注目。
☆☆☆☆

透明人間THE INVISIBLE MAN

Dark Universe作品ではないが・・・合流の可能性もあり?
☆☆☆☆

レイニーデイ・イン・ニューヨークA RAINY DAY IN NEW YORK

本作完成後のすったもんだで再びNYを離れたアレン監督は、サン・セバスチャン国際映画祭を背景に描く新作"Rifkin's Festival"を完成させた。
☆☆☆★

■2020年6月

ハニーランド 永遠の谷HONEYLAND

その後、町に移り住んだ彼女は今も、ミツバチの世話のため村に通っているという。
☆☆☆☆★

ランボー ラスト・ブラッドRAMBO: LAST BLOOD

本当に最後?
☆☆☆

ソニック・ザ・ムービーSONIC THE HEDGEHOG

(ラストでも仄めされているが)続編も開発に入っている模様。ジム・キャリーの帰還に期待。
☆☆☆★

ドクター・ドリトルDOLITTLE

主役はむしろ動物たち?エキセントリックで少々冴えないドリトル先生はいかにもRDJらしいけど。
☆☆☆

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語LITTLE WOMEN

「ミッドサマー」("Midsommar",2019年)撮影直後だったフローレンス・ピューは、本作のエイミー役が癒やしとなったとか。
☆☆☆☆★

デッド・ドント・ダイTHE DEAD DON'T DIE

終末の日は近い。
☆☆☆☆

■2020年5月

タゴール・ソングスTAGORE SONGS

日本の新人監督によってこんな作品が生まれたことも、「タゴール・ソング」の魅力を象徴していると言えるかも知れない。
☆☆☆☆

島にてSHIMA NITE

日本という小さな島の未来を見ているような気もしてくる。
☆☆☆☆

精神0SEISHIN 0

その「純愛物語」が、他者のために尽くし続けた2人に最後に残ったものだとしたら、少し悲しくもある。
☆☆☆☆

■2020年3月

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカEL PEPE, UNA VIDA SUPREMA

"ペペ"が愛飲しているのはマテ茶。相当苦いらしく、勧められて口にしたクストリッツァ監督の微妙な表情が可笑しい。
☆☆☆☆

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of PreyBIRDS OF PREY (AND THE FANTABULOUS EMANCIPATION OF ONE HARLEY QUINN)

ちなみに、ハイエナはネコ亜目に属し、メスが群れを率いる。
☆☆☆★

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実MISHIMA YUKIO VS TODAI ZENKYOTO: 50 NENME NO SHINJITSU

討論の内容そのものは後日出版された「美と共同体と東大闘争」で再確認すべきだが、その場の空気を、本作は50年目の今に伝えてくれる。
☆☆☆☆

21世紀の資本CAPITAL IN THE TWENTY-FIRST CENTURY

やっぱり、ちゃんと原作を読まなきゃだめかしら。
☆☆☆★

人間の時間HUMAN, SPACE, TIME AND HUMAN

人間を人間たらしめているこの本質が消えたとしたら、その存在はもはや人間ではない。
☆☆☆☆★

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方THE BIGGEST LITTLE FARM

Apricot Lane Farmsのサイトでも、美しい映像で農場の様子が紹介されている。 https://www.apricotlanefarms.com/our-media/films/
☆☆☆☆★

ジョン・F・ドノヴァンの死と生THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN

纏まりの無さを感じる部分もあるが、名優たちによって織りなされる名シーンの数々は、至福。
☆☆☆☆

ジュディ 虹の彼方にJUDY

サントラ盤は、R・ゼルウィガーによるジュディ・ガーランドのカバーアルバムといった趣。歌手としての彼女を堪能できる。
☆☆☆☆★

Fukushima 50FUKUSHIMA 50

あふれる除染土、見通しの立たない廃炉・・・福島第一原子力発電所事故は、まだ終わっていない。
☆☆☆★

レ・ミゼラブルLES MISERABLES

ラジ・リ監督による16分の短編作品"Les miserables"(2017年)の長編映画化。 https://vimeo.com/230931583
☆☆☆☆★

娘は戦場で生まれたFOR SAMA

サマが誕生したのは2015年。やがて大人になった時、彼女はどんな世界を目にすることになるのだろう・・・。
☆☆☆☆★

■2020年2月

野性の呼び声CALL OF THE WILD

名作アニメの実写映画化、といった印象。むしろアニメ映画化のほうが相応しいのかも・・・。
☆☆☆

初恋FIRST LOVE

ベッキー怖い。
☆☆☆☆

黒い司法 0%からの奇跡JUST MERCY

社会的弱者と冤罪の問題は、決して対岸の火事ではない。