■2020年10月

みをつくし料理帖MIO'S COOKBOOK

藤井隆の毒気が、慣れてくると旨味に変わる(?)。
☆☆☆★

スパイの妻WIFE OF A SPY

そのテーマ性を味わい、彼らのお芝居を愉しんだ。
☆☆☆☆

82年生まれ、キム・ジヨンKIM JI-YOUNG: BORN 1982

主人公を心の病としたのは少し疑問。診療室に連れてくるべき"病"の自覚さえない人々は、他にいる。
☆☆☆☆

星の子HOSHI NO KO

芦田愛菜は評判通り。黒木華も(相変わらず)怖い。
☆☆☆★

浅田家!THE ASADAS

浅田政志の「浅田家」を完璧に再現した数々の家族写真も見どころ。
☆☆☆☆

トロールズ ミュージック★パワーTROLLS WORLD TOUR

ミュージカルシーンの吹替も恐れていたほど違和感はなかったが・・・。
☆☆☆★

小説の神様 君としか描けない物語SHOUSETSU NO KAMISAMA

この章立てにするのなら、4人を主人公に、各々の人物像を更に掘り下げてほしかったところ。
☆☆☆★

■2020年9月

マティアス&マキシムMATTHIAS & MAXIME / MATTHIAS ET MAXIME

言わば初恋の物語。30歳という設定にそぐわない(?)その瑞々しさにキュンとする。
☆☆☆☆

映像研には手を出すな!EIZOUKEN NIWA TE WO DASUNA!

映像がむしろ邪魔であることを思い知らせる音響部のお仕事はお見事。
☆☆

TENET テネットTENET

逆さ絵の映画版。その仕掛けは、冒頭のWarner Bros.とSyncopyのロゴから始まっている・・・。
☆☆☆☆★

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者EIGA CRAYON SHIN-CHAN: GEKITOTSU! RAKUGAKINGDOM TO HOBO 4NIN NO YUUSHA

深く考え始めると、色々と怖いお話し。
☆☆☆☆

ミッドウェイMIDWAY

マリアナ沖海戦を描く続編の噂もあったが・・・。
☆☆☆★

宇宙でいちばんあかるい屋根THE BRIGHTEST ROOF IN THE UNIVERSE

桃井かおりは強すぎるのでは、と心配したが、その個性を発揮しつつも主人公に寄り添う存在に徹していて、流石。
☆☆☆☆

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビューBOOKSMART

物語と主人公たちを引っ掻き回す、とにかく強烈でカラフルな脇キャラたちも楽しい。
☆☆☆☆★

■2020年8月

2分の1の魔法ONWARD

せめてトム・ホランドとクリス・プラットの掛け合いを楽しみたかったが・・・吹替版・・・。
☆☆★

弱虫ペダルYOWAMUSHI PEDAL

ロードレースそのものの面白さを、もう少しじっくり描いて欲しかったが。
☆☆☆★

アルプススタンドのはしの方ALPS STAND NO HASHI NO HOU

本当のアルプススタンドでの撮影は叶わなかったという。そこだけが残念。
☆☆☆☆

映画ドラえもん のび太の新恐竜DORAEMON THE MOVIE: NOBITA'S NEW DINOSAUR

懐かしいあの恐竜もカメオ出演!?
☆☆☆☆

ぐらんぶるGRAND BLUE

高嶋政宏のダンスは悪夢でしか無いが・・・。
☆☆☆★

#ハンド全力#HAND ZENRYOKU

すでに多くの作品で活躍している若手俳優たちが顔を揃えている点でも注目したい作品。
☆☆☆☆

ブラック アンド ブルーBLACK AND BLUE

あのスーパーマーケットは実在するらしい。 https://goo.gl/maps/SoTLrJ3Zf65bv95Q8
☆☆☆★

■2020年7月

コンフィデンスマンJP プリンセス編THE CONFIDENCE MAN JP: PRINCESS HEN

最後に明かされる意外(ある意味大どんでん返し)な真実とは・・・!?
☆☆☆☆

海底47m 古代マヤの死の迷宮47 METERS DOWN: UNCAGED

「海底47m」("47 Meters Down",2017年)の続編でもなく、「海底47m」ですら無いが・・・。
☆☆☆

WAR ウォー!!WAR

既視感ありまくり、なところも、また楽しい。
☆☆☆☆★

八王子ゾンビーズHACHIOJI ZOMBIES

完全ミュージカル映画化してくれたなら、様相は一変したはず。
☆☆☆

WAVES/ウェイブスWAVES

主人公の心理に沿って移り変わるアスペクト比と、端役で出演しているハーモニー・コリンにも注目。
☆☆☆☆

透明人間THE INVISIBLE MAN

Dark Universe作品ではないが・・・合流の可能性もあり?
☆☆☆☆

レイニーデイ・イン・ニューヨークA RAINY DAY IN NEW YORK

本作完成後のすったもんだで再びNYを離れたアレン監督は、サン・セバスチャン国際映画祭を背景に描く新作"Rifkin's Festival"を完成させた。
☆☆☆★

■2020年6月

ハニーランド 永遠の谷HONEYLAND

その後、町に移り住んだ彼女は今も、ミツバチの世話のため村に通っているという。
☆☆☆☆★

ランボー ラスト・ブラッドRAMBO: LAST BLOOD

本当に最後?
☆☆☆

ソニック・ザ・ムービーSONIC THE HEDGEHOG

(ラストでも仄めされているが)続編も開発に入っている模様。ジム・キャリーの帰還に期待。
☆☆☆★

ドクター・ドリトルDOLITTLE

主役はむしろ動物たち?エキセントリックで少々冴えないドリトル先生はいかにもRDJらしいけど。
☆☆☆

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語LITTLE WOMEN

「ミッドサマー」("Midsommar",2019年)撮影直後だったフローレンス・ピューは、本作のエイミー役が癒やしとなったとか。
☆☆☆☆★

デッド・ドント・ダイTHE DEAD DON'T DIE

終末の日は近い。
☆☆☆☆

■2020年5月

タゴール・ソングスTAGORE SONGS

日本の新人監督によってこんな作品が生まれたことも、「タゴール・ソング」の魅力を象徴していると言えるかも知れない。
☆☆☆☆

島にてSHIMA NITE

日本という小さな島の未来を見ているような気もしてくる。
☆☆☆☆

精神0SEISHIN 0

その「純愛物語」が、他者のために尽くし続けた2人に最後に残ったものだとしたら、少し悲しくもある。
☆☆☆☆

■2020年3月

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカEL PEPE, UNA VIDA SUPREMA

"ペペ"が愛飲しているのはマテ茶。相当苦いらしく、勧められて口にしたクストリッツァ監督の微妙な表情が可笑しい。
☆☆☆☆

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of PreyBIRDS OF PREY (AND THE FANTABULOUS EMANCIPATION OF ONE HARLEY QUINN)

ちなみに、ハイエナはネコ亜目に属し、メスが群れを率いる。
☆☆☆★

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実MISHIMA YUKIO VS TODAI ZENKYOTO: 50 NENME NO SHINJITSU

討論の内容そのものは後日出版された「美と共同体と東大闘争」で再確認すべきだが、その場の空気を、本作は50年目の今に伝えてくれる。
☆☆☆☆

21世紀の資本CAPITAL IN THE TWENTY-FIRST CENTURY

やっぱり、ちゃんと原作を読まなきゃだめかしら。
☆☆☆★

人間の時間HUMAN, SPACE, TIME AND HUMAN

人間を人間たらしめているこの本質が消えたとしたら、その存在はもはや人間ではない。
☆☆☆☆★

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方THE BIGGEST LITTLE FARM

Apricot Lane Farmsのサイトでも、美しい映像で農場の様子が紹介されている。 https://www.apricotlanefarms.com/our-media/films/
☆☆☆☆★

ジョン・F・ドノヴァンの死と生THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN

纏まりの無さを感じる部分もあるが、名優たちによって織りなされる名シーンの数々は、至福。
☆☆☆☆

ジュディ 虹の彼方にJUDY

サントラ盤は、R・ゼルウィガーによるジュディ・ガーランドのカバーアルバムといった趣。歌手としての彼女を堪能できる。
☆☆☆☆★

Fukushima 50FUKUSHIMA 50

あふれる除染土、見通しの立たない廃炉・・・福島第一原子力発電所事故は、まだ終わっていない。
☆☆☆★

レ・ミゼラブルLES MISERABLES

ラジ・リ監督による16分の短編作品"Les miserables"(2017年)の長編映画化。 https://vimeo.com/230931583
☆☆☆☆★

娘は戦場で生まれたFOR SAMA

サマが誕生したのは2015年。やがて大人になった時、彼女はどんな世界を目にすることになるのだろう・・・。
☆☆☆☆★

■2020年2月

野性の呼び声CALL OF THE WILD

名作アニメの実写映画化、といった印象。むしろアニメ映画化のほうが相応しいのかも・・・。
☆☆☆

初恋FIRST LOVE

ベッキー怖い。
☆☆☆☆

黒い司法 0%からの奇跡JUST MERCY

社会的弱者と冤罪の問題は、決して対岸の火事ではない。
☆☆☆☆

チャーリーズ・エンジェルCHARLIE'S ANGELS

興行的には、残念ながら翼を授けることが出来ず。続編は望み薄か・・・。。
☆☆☆

スキャンダルBOMBSHELL

そこまでやらなくても・・・と思ってしまうほど本人ソックリな特殊メイクにビックリ。オスカー獲得も納得。
☆☆☆★

ミッドサマーMIDSOMMAR

胸くそ悪いと分かっているのに見てしまう人間心理を巧み突いてくるあたりが、さらに胸クソ悪い。
☆☆★

名もなき生涯A HIDDEN LIFE

切り取るのでなく掬い取るような映像で、哀しみに満ちたこの世界を見つめている。
☆☆☆☆

ダンサー そして私たちは踊ったAND THEN WE DANCED

ジョージアの音楽や舞踏の素晴らしさの一方、宮崎駿作品の影響力の大きさにも気付かされる作品。
☆☆☆☆

影裏EIRI

主人公たちの存在は稀薄で、その影も薄い。ただ、それを表現するためのキャスト陣の演技は、味わい深く濃厚。
☆☆☆

1917 命をかけた伝令1917

一つの物語の始まりと終わりを印象付ける冒頭と末尾の映像は、延々と繰り返されてきた戦争の歴史を物語ってもいる
☆☆☆☆

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏JEREMIAH TERMINATOR LEROY

原作・脚本はサヴァンナ自身。ローラを追ったドキュメンタリー「作家、本当のJ.T.リロイ」(2016年)と観比べてみるのも一興。
☆☆☆

グッドライアー 偽りのゲームTHE GOOD LIAR

日本近日公開「カセットテープ・ダイアリーズ」("Blinded by the Light",2019年)のネル・ウィリアムズが、ある重要な役で出演している・・・。
☆☆☆

37セカンズ37 SECONDS

佳山明という女優とHIKARIという才能との出会いから生まれた珠玉。
☆☆☆☆★

ハスラーズHUSTLERS

見事な演技とともに衰えぬ美貌と貫禄を見せつけるジェイローが、何と言っても圧巻。
☆☆☆☆

ザ・ピーナッツバター・ファルコンTHE PEANUT BUTTER FALCON

迷走しながらも、いくつかの出会いを経て、やがて向かうべき目的地を見つける主人公に、ラブーフを重ねてしまう。
☆☆☆★

バッドボーイズ フォー・ライフBAD BOYS FOR LIFE

「最後の任務」のはずが、本国大ヒットを受けてさらなる続編企画が・・・。
☆☆☆★

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密KNIVES OUT

皮肉と風刺が込められた幕切れがまた、見事。
☆☆☆☆★

嘘八百 京町ロワイヤルWE MAKE ANTIQUES! KYOTO RENDEZVOUS

続編は意外だったが、この線なら第3作もイケそう。
☆☆☆

■2020年1月

AI崩壊AI AMOK

本当に優秀なAIならば、こんな面倒なことはせず、自らの電源を落とすだろうけど・・・。
☆☆☆★

9人の翻訳家 囚われたベストセラーLES TRADUCTEURS

美しくミステリアスな本作の音楽は、「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督,2019年)も手掛けた三宅純によるもの。
☆☆☆☆

キャッツCATS

彼らの毛繕いに多大な時間と労力を費やしたであろう、延々と続くエンドクレジットに並ぶ人々が、誰一人この映画を止めようとしなかったのは、ある意味奇跡。
☆☆

盗まれたカラヴァッジョTHE STOLEN CARAVAGGIO / UNA STORIA SENZA NOME

巨匠監督を演じるのがY・スコリモフスキというのも"笑える"ところ。
☆☆☆★

テリー・ギリアムのドン・キホーテTHE MAN WHO KILLED DON QUIXOTE

25年以上に及ぶ紆余曲折の末の大団円。まずは、めでたい。
☆☆☆☆★

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりTHE AERONAUTS

すでに配信中だが、こういう作品こそ大スクリーンで観たい(Amazonのせいで幻となったIMAX版が観たかった!!)。
☆☆☆☆

リチャード・ジュエルRICHARD JEWELL

O・ワイルドが演じた女性記者の描写に関しては米国で批判の声も上った。我々は何を真実だと信じたらいいのか・・・。
☆☆☆★

ジョジョ・ラビットJOJO RABBIT

注目はやはり、本作でデビューした主演ローマン・グリフィン・デイヴィス。ちなみに彼の父親は「キャプテン・マーベル」(2019年)などのMCU作品も手掛ける撮影監督。
☆☆☆☆

マザーレス・ブルックリンMOTHERLESS BROOKLYN

E・ノートンが1999年の原作出版当時から映画化を構想していた作品。彼の熱意にキャストも応えている。
☆☆☆☆

カイジ ファイナルゲームKAIJI: FINAL GAME

オーバーアクションな演技の応酬も息切れ気味。
☆☆★

ダウントン・アビーDOWNTON ABBEY

実を言うとTVシリーズを1話も観ていないが、思いのほか楽しめた。
☆☆☆★

フォードvsフェラーリFORD V FERRARI

男たち“だけ”のドラマ。ノスタルジックではあるが前時代的でもある。
☆☆☆☆

ティーンスピリットTEEN SPIRIT

全曲オリジナルを用意した楽曲のクオリティも中々。
☆☆☆★

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめてFISHERMAN'S FRIENDS

休暇中の業界関係者に見いだされたこと、Universal Musicと100万ポンドの契約を結んだことは本当らしい。
☆☆☆★

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋LONG SHOT

A・サーキスの特殊メイクも、ちょっとやり過ぎ。
☆☆☆★

■2019年12月

男はつらいよ お帰り 寅さんTORA-SAN, WELCOME BACK!

いってらっしゃい、寅さん。
☆☆☆☆

ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!HEAVY TRIP / HEVI REISSU

Impaled Rektumのオリジナル曲が1曲だけなのが、唯一残念なところ。まずはアルバムリリースを!?
☆☆☆☆☆

パラサイト 半地下の家族PARASITE

影の主人公とも言える豪邸の見事なデザインもまた、本作の完成度の高さを示している。
☆☆☆☆★

燃えよスーリヤ!!THE MAN WHO FEELS NO PAIN / MARD KO DARD NAHIN HOTA

マニとジミって一人二役だったのか。全く気づかなかった・・・。
☆☆☆☆

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けSTAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER

とにかく、終わった。今はそれで善しとしよう。
☆☆☆☆

ヒックとドラゴン 聖地への冒険HOW TO TRAIN YOUR DRAGON: THE HIDDEN WORLD

追加シーンは無いが、各部門の仕事をシンプルに表現したエンドクレジットのアニメーションにも注目。
☆☆☆★

この世界の(さらにいくつもの)片隅にIN THIS CORNER OF THE WORLD

168分という長尺になったが、世界の片隅たちを物語るには、まだ足らない。
☆☆☆☆☆

ブレッドウィナーTHE BREADWINNER

2人の少女が約束をした20年後は、もう間もなく。私たちは、彼女たちの海辺での再会の物語を紡ぐことが出来ているだろうか?
☆☆☆☆★

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!SHAUN THE SHEEP MOVIE: FARMAGEDDON

「ひつじのショーン」の世界とは対照的とも言える映画ならではのスケールの大きさだが、その魅力は何一つ薄まっていない。
☆☆☆☆★

ジュマンジ/ネクスト・レベルJUMANJI: THE NEXT LEVEL

本作が撮影を終えたのは2019年5月。完成までの驚異的なスピードが一番の驚き。
☆☆☆★

屍人荘の殺人MURDER AT SHIJINSO

映像的な見栄えからロックフェスにしたのだろうが音楽がショボい。一方、紫湛荘のセットは見事。
☆☆★

カツベン!TALKING THE PICTURES

フィルムが消え、映写技師は不要となり、俳優さえデジタル化されつつある時代だが、作り手と観客は辛うじて今も人間。映画にもまだ希望はある!?
☆☆☆★

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢THE IDEAL PALACE / L'INCROYABLE HISTOIRE DU FACTEUR CHEVAL

彼の悲痛な人生を思うと、独学とは思えない建築技術と芸術性の高さが生前から認められていたのは救い。
☆☆☆☆

ゴーストマスターGHOSTMASTER

映画の闇鍋。
☆☆☆★

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッションNICKY LARSON ET LE PARFUM DE CUPIDON

冒頭に登場するモッコリ氏は、フランス語版でもMonsieur Mokori。愛の深さを感じる。
☆☆☆★

ファイティング・ファミリーFIGHTING WITH MY FAMILY

ペイジのWWEデビューにドウェイン・ジョンソンは関わっていないはずだが、あたかも自分が貢献したかのような・・・。
☆☆☆☆

ルパン三世 THE FIRSTLUPIN III: THE FIRST

1970年代初頭?という時代設定は興味深いが。
☆☆☆

台湾、街かどの人形劇FATHER / 紅盒子

原題は神さまを収めた「赤い箱」、英題は「父親」。陳氏にとって、それらは同義なのかもしれない。
☆☆☆☆

ドクター・スリープDOCTOR SLEEP

天才子役J・トレンブレイの出番は短いが、その迫真の演技は共演者たちを(逆に)震え上がらせたという・・・。
☆☆☆

幸福路のチーON HAPPINESS ROAD / 幸福路上

名前さえ知らなかった場所なのに、この温もりは何だか懐かしい。
☆☆☆☆★

ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へDOLPHIN MAN

親日家だった彼の日本でのエピソードも興味深い。
☆☆☆☆

■2019年11月

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第三章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: THE NEW THESIS

第3シーズンの告知はなかったが・・・。
☆☆☆★

i 新聞記者ドキュメントI SHIMBUNKISHA DOCUMENT

「新聞記者ドキュメント」だったはずが、途中から「ドキュメンタリー監督ドキュメント」が入り混じる。
☆☆☆★

アナと雪の女王2FROZEN II

エルサだけに聞こえる不思議な歌声の正体は、この人→ https://twitter.com/AURORAmusic
☆☆☆☆

草間彌生∞INFINITYKUSAMA: INFINITY

ドキュメンタリーとしては平凡だが、彼女の非凡さ特異さを伝えるには、むしろそれが相応しいのかも。
☆☆☆★

ゾンビランド:ダブルタップZOMBIELAND: DOUBLE TAP

ビル・マーレイも引き続き出演。どう"復活"したかは最後のお楽しみ。
☆☆☆★

小さい魔女とワルプルギスの夜DIE KLEINE HEXE

やっぱり魔女は恐ろしい・・・!?
☆☆☆☆

テルアビブ・オン・ファイアTEL AVIV ON FIRE

カイス・ナシェフとルブナ・アザバルは「パラダイス・ナウ」("Paradise Now",2005年)でも共演。
☆☆☆☆

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノールTHE MUSIC OF SILENCE / LA MUSICA DEL SILENZIO

ドキュメンタリー映画にして欲しかった。
☆☆★

ブライトバーン 恐怖の拡散者BRIGHTBURN

もう少しファンタジー寄りかと思っていたが、結構エグいホラー。それは、(DC系)スーパーヒーローへの歪んだ愛情表現でもある(?)。
☆☆☆☆

エンド・オブ・ステイツANGEL HAS FALLEN

さらなる続編の構想もあるようだが、主人公の肉体だけでなく、シリーズとしてもそろそろ限界では・・・。
☆☆☆

盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲ANDHADHUN

結局、主人公の打ち明け話はどこまで真実だったのか・・・
☆☆☆☆

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁WINGS OVER EVEREST / 冰峰暴

中国での公開は11月29日。興行成績の行方もチョット気になる。
☆☆☆

生理ちゃんLITTLE MISS PERIOD

誰もが気楽に楽しめるコミカルで爽やかなアンサンブル・ドラマ。しかし、作品に託されたテーマと使命はかなり重い。
☆☆☆☆

ターミネーター:ニュー・フェイトTERMINATOR: DARK FATE

本作がシリーズの「ターミネーター」となってしまうのか・・・(まあ、ほとぼりが冷めたら復活しそうだけど)。
☆☆☆★

グレタ GRETAGRETA

舞台はニューヨークだが撮影はロケはダブリンなどで行われたらしい。
☆☆☆

永遠の門 ゴッホの見た未来AT ETERNITY'S GATE

画家でもあるJ・シュナーベルだからこそ見える/見せることの出来る世界、なのかも知れない。
☆☆☆☆

CLIMAX クライマックスCLIMAX

S・ブテラを含め全員がプロのダンサー。地獄絵図となる後半も含めて、綿密に計算され得た振り付けによるコンテンポラリー・ダンス作品と捉えても面白い。
☆☆☆☆

IT/イット THE END "それ"が見えたら、終わり。IT: CHAPTER TWO

次々と現れる悪夢そのもののようなシーンの印象も、ラストが爽やかに洗い流してしまう。良いような、悪いような・・・。
☆☆☆★

最初の晩餐THE FIRST SUPPER

供される料理のように、彼らも"普通"とは少し違う。でもそれは、目玉焼きであり、餃子であり、家族なのだ。
☆☆☆☆★

NO SMOKINGNO SMOKING

NO SMOKING, NO MUSIC (?)
☆☆☆☆

■2019年10月

ロボット2.02.0

ミュージカルシーンはエンドクレジットだけ?これも時代の流れか・・・。
☆☆☆☆

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: THE NEW THESIS

どこまで描いてくれるのか、終章まで辿り着けるのか、それだけが気がかり。
☆☆☆★

ジェミニマンGEMINI MAN

例え4K/3D/120FPSで観たとしても、映画としての面白さにそれほど差が出るとは思えないが・・・。
☆☆☆

ボーダー 二つの世界BORDER / GRANS

それでもなお、これは"人間"を描いた作品。
☆☆☆☆

ブルーアワーにぶっ飛ばすBLUE HOUR

夏帆も面白い女優さんだけど、シム・ウンギョンも面白い。
☆☆☆☆

マレフィセント2MALEFICENT: MISTRESS OF EVIL

M・ファイファー演じる王妃の人物像が薄っぺらいのは残念だが、子ども向け作品としてはこんなところか。
☆☆☆★

スペシャルアクターズSPECIAL ACTORS

これを全国公開の商業映画として見せられるのは辛い。
☆☆

最高の人生の見つけ方WAY TO FIND THE BEST LIFE

主人公を女性にするというアイデアまでは良かったのだが。
☆☆★

真実THE TRUTH / LA VERITE

大女優を大女優が演じるという大ウソの中に"真実"を見た気にさせてしまう、映画という魔法。
☆☆☆★

イエスタデイYESTERDAY

それほど好きでも無いのだが、観終わると彼らの音楽が無性に恋しくなる。
☆☆☆☆

蜜蜂と遠雷BEES AND DISTANT THUNDER

決してファンタジーではないが、これはフィクションだからこそ描ける世界。ドキュメンタリー作品も手掛けているという監督の力量は確か。
☆☆☆☆★

ジョーカーJOKER

「ジョーカー」というより、俳優としての限界を知らないホアキンが怖い。
☆☆☆☆★

ジョン・ウィック:パラベラムJOHN WICK: CHAPTER 3 - PARABELLUM

すでに"Chapter 4"の米国公開日は2021年5月21日に設定済。彼はどこまで行くのだろう・・・。
☆☆☆☆

■2019年9月

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: DIE NEUE THESE SEIRAN

戦場の描写にしても人間模様にしても、どこか整い過ぎている。そのあたりが、第二章以降に崩れてくることを期待したい。
☆☆☆★

パリに見出されたピアニストIN YOUR HANDS / AU BOUT DES DOIGTS

ラフマニノフの甘美さドラマチックさにやや頼り過ぎ、という印象。
☆☆☆

ホテル・ムンバイHOTEL MUMBAI

(多少の脚色はあるにせよ)これが現実に起きたことだと思うと、胸が苦しくなるばかり。
☆☆☆☆

ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たちTHE HUMMINGBIRD PROJECT

何故か実話を謳っているが、ストーリーはフィクション。高頻度取引(HFT)は現実だが、すでに過去のものになりつつある。
☆☆☆★

宮本から君へFROM MIYAMOTO TO YOU

令和時代の片隅で嗅ぐ、芳しき昭和の"異臭"。
☆☆☆☆★

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へEIGHTH GRADE

デジタルの時代でも思春期の厄介さはまだ変わっていないようで、ある意味ちょっと安心(?)
☆☆☆☆

帰ってきたムッソリーニSONO TORNATO

ドイツ、イタリアとくれば、次は日本か!?(誰に蘇ってもらうかが問題だが)
☆☆☆★

アド・アストラAD ASTRA

「2001年」へと手を伸ばし、テーマは哲学的な深遠さに向かおうとしているが、まだ残るSF映画なウソがその脚を引っ張っている。
☆☆☆☆

記憶にございません!KIOKU NI GOZAIMASEN!

コミカルさは十分。シニカルさが欲しい。政治映画ならなおのこと。
☆☆★

人間失格 太宰治と3人の女たちNO LONGER HUMAN: DAZAI OSAMU AND THREE WOMEN

女優陣の方がヤバすぎて小栗旬がどう演じても「失格」に見えない、という構造的問題。
☆☆☆★

サウナのあるところSTEAM OF LIFE / MIESTEN VUORO

なぜかこれが「R15+」になってしまうニッポンの不思議。本国フィンランドでは(もちろん)全年齢鑑賞可能な「K-3」。
☆☆☆☆

プライベート・ウォーA PRIVATE WAR

M・コルヴィンが出演したドキュメンタリー映画"Bearing Witness"(2005年)というのがあるらしいのだが、観る術は無さそう・・・。
☆☆☆★

ブルーノート・レコード ジャズを超えてBLUE NOTE RECORDS: BEYOND THE NOTES

音楽の過去・現在・未来がここにある、と言い直したい。
☆☆☆☆

フリーソロFREE SOLO

撮影する側にとっても究極の挑戦。当の本人よりも恐れ怯えている彼らの姿もまた、オノルドの凄さを物語っている。
☆☆☆☆★

アスUS

1986年のHands Across Americaは人々の団結を象徴するイベントとなったが、ピール監督はそれを米国分断の象徴として蘇らせた。
☆☆☆☆

SHADOW/影武者SHADOW

芸術性と娯楽性との高次元融合。奥義を極めたイーモウ監督ならではの技が冴える(ツッコミどころを含めて)。
☆☆☆★

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドONCE UPON A TIME... IN HOLLYWOOD

M・ロビー演じるシャロン・テイトが、「サイレンサー/破壊部隊」("The Wrecking Crew",1968年)に映る本物のシャロン・テイトを観て歓ぶ図の、得も言われぬ心憎さ。
☆☆☆☆★

■2019年8月

トールキン 旅のはじまりTOLKIEN

伝記映画ではあるが、監督や作り手たちのトールキンへの思いがそこに投影されている。それは当然のことだし、そうあるべきなのだが・・・。
☆☆☆

やっぱり契約破棄していいですか!?DEAD IN A WEEK (OR YOUR MONEY BACK)

T・ウィルキンソンが居る。今はそれでいい。
☆☆☆

おしえて!ドクター・ルースASK DR. RUTH

彼女のような存在こそが、アメリカを偉大な国にしている。
☆☆☆☆

ガーンジー島の読書会の秘密THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY

当初はケネス・ブラナー監督、ケイト・ウィンスレット主演で映画化が企画され、ガーンジー島で撮影が行われる予定だったが・・・。
☆☆☆

ドッグマンDOGMAN

だんだん、のび太とジャイアンの成れの果てに思えてきた。
☆☆☆☆

ディリリとパリの時間旅行DILILI A PARIS

ベル・エポック=美しき時代。だが、どんな時代にも醜さが潜み、それは今につながっている。
☆☆☆☆★

二ノ国NINOKUNI

小・中学生くらい視点から見上げるとちょうどいいアングルなのだろう、きっと。
☆☆★

ロケットマンROCKETMAN

T・エジャトンを完全に過小評価していたことを深く反省。
☆☆☆☆

アートのお値段THE PRICE OF EVERYTHING

「ART=MONEY」とも「ART≠MONEY」とも言い切れないところに面白みが生まれているのは確か。ただ、ドキュメンタリーとしてはネガティブな面も追求して欲しかった。
☆☆☆★

鉄道運転士の花束TRAIN DRIVER'S DIARY / DNEVNIK MASINOVODJE

キワドイほどブラックなのに、何故かほのぼの。何とも不思議な心地よさ。
☆☆☆☆

ダンスウィズミーDANCE WITH ME

何で日本映画とミュージカルはこんなにも相性が悪いのだろう・・・。
☆☆★

イソップの思うツボAESOP'S GAME

誰が"イソップ"にせよ、そのツボにハマることになるのは我々。
☆☆☆★

命みじかし、恋せよ乙女KIRSCHBLUTEN & DAMONEN

実は「HANAMI」("Kirschbluten - Hanami",2008年)の続編的作品。
☆☆☆★

カーライル ニューヨークが恋したホテルALWAYS AT THE CARLYLE

ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレイ主演「ビル・マーレイ・クリスマス」("A Very Murray Christmas",2015年)もここが舞台。
☆☆☆★

ピータールー マンチェスターの悲劇PETERLOO

「ピータールーの虐殺」の犠牲者の正確な数は、明らかになっていないという。
☆☆☆☆

ライオン・キングTHE LION KING

眼前に広がる大自然の砂の一粒までもが、すべてまがい物。その映像技術は圧巻。
☆☆☆☆

ワイルド・スピード/スーパーコンボFAST & FURIOUS PRESENTS: HOBBS & SHAW

J・ステイサムは1967年、V・カービーは1988年生まれなので実年齢差は21歳。この辺りにも無理矢理感が漂う。
☆☆☆

風をつかまえた少年THE BOY WHO HARNESSED THE WIND

ウィリアムが22歳の時に行ったTEDでのプレゼンは、こちらで見ることができる https://bit.ly/1ma386c
☆☆☆★

世界の涯ての鼓動SUBMERGENCE

ただのメロドラマ、として観た方が楽しめるかも。
☆☆☆

あなたの名前を呼べたならSIR

社会派の作品でもあるが、まずロマンス映画として逸品。
☆☆☆☆

■2019年7月

アルキメデスの大戦THE GREAT WAR OF ARCHIMEDES

迫力はあるが、やはりどこかCGっぽさが抜けないVFXも、その虚しさの一因か。
☆☆☆★

ペット2THE SECRET LIFE OF PETS 2

アニメ声優初挑戦のハリソン・フォードの声を堪能したい方は字幕版へ。
☆☆☆

天気の子WEATHERING WITH YOU

都心の描写の無意味な程の緻密さは病的にも見える。でも、それが主人公たちを健全に見せているのかも?
☆☆☆☆

アポロ11 完全版APOLLO 11

個人的には音楽も不要だと思う。ただ、使われている電子音楽は1969年当時にあった機材で演奏されているというから、拘りも徹底している。
☆☆☆☆☆

チャイルド・プレイCHILD'S PLAY

せめてもう少し愛いらしいデザインにすれば、むしろ震え上がるほど怖くなるのに・・・。
☆☆☆

存在のない子供たちCAPERNAUM / CAPHARNAUM

ラストで見せる少年の表情が、心に焼き付いて消えない。
☆☆☆☆★

東京喰種 トーキョーグール【S】TOKYO GHOUL 'S'

「2」の域に達することができず、苦し紛れの「S」か?
☆☆★

トイ・ストーリー4TOY STORY 4

オープニングだけでなく、最後のPIXARロゴにもアレンジが加えられているのでお見逃しなく。
☆☆☆☆☆

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲IRON SKY: THE COMING RACE

ところで、中国と組んだ"The Ark: An Iron Sky Story"の件はどうなった? https://www.youtube.com/watch?v=BfVIUPqVXv4
☆☆☆

さらば愛しきアウトローTHE OLD MAN & THE GUN

本国では2018年公開。レッドフォード俳優引退作!という触れ込みだが、「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)にも出演しているので・・・。
☆☆☆★

ゴールデン・リバーTHE SISTERS BROTHERS / LES FRERES SISTERS

ルトガー・ハウアーは何処に出てくるのかと思ったら・・・。
☆☆☆☆

Diner ダイナーDINER

ここは料理そのものよりも雰囲気を味わう場所?
☆☆☆

Girl/ガールGIRL

V・ポルスターの起用には批判の声もあったようだが、いずれにせよ、彼の存在がなければ本作は違う作品になっていただろう。
☆☆☆★

■2019年6月

きみと、波にのれたらRIDE YOUR WAVE

同じ歌のサビを何度も聞かさせる設定なので、エンディングに同じ曲はちょっとウンザリかも・・・。
☆☆☆

新聞記者THE JOURNALIST

こういう硬派なエンタメがもっと欲しい、という日本映画界への激励と懇願を込めて。
☆☆☆☆★

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームSPIDER-MAN: FAR FROM HOME

新たな"フェーズ"への跳躍を約束する作品。前作の思わせぶりなクレジット後のシーンとの繋がりが切れてしまったのは少し残念だが。
☆☆☆☆

ペトラは静かに対峙するPETRA

ペトラが"対峙"するジャウメは不愉快極まりない人物なのだが、彼のようなキャラクタがどのように形成されたのか、逆に興味が湧いてくる。
☆☆☆☆

COLD WAR あの歌、2つの心COLD WAR / ZIMNA WOJNA

本作を観たダニー・ボイルは、トマシュ・コットを「007」第25作の悪役に希望したもののプロデューサーが拒絶、それをきっかけに同作の監督を降板した、らしい。
☆☆☆☆

アマンダと僕AMANDA

ちなみに"Elvis has left the building"という言い回しは、コメディ映画のタイトルにも使われている(邦題は「トラブル in ベガス」)
☆☆☆☆

X-MEN:ダーク・フェニックスDARK PHOENIX

こちらはエンドクレジット中/後の追加シーンはありません。念のため。
☆☆☆

ザ・ファブルTHE FABLE

エンドクレジット後にも衝撃(?)のシーンが・・・。
☆☆☆★

ハウス・ジャック・ビルトTHE HOUSE THAT JACK BUILT

狂人を装った真の芸術家なのか、芸術家を気取るただの狂人なのか。未だに判断しかねている。
☆★

メン・イン・ブラック:インターナショナルMEN IN BLACK INTERNATIONAL

残念なことに、その"ペンライト"は僕らには効果がない。
☆☆★

ウィーアーリトルゾンビーズWE ARE LITTLE ZOMBIES

8ビット風スカスカサウンドに包まれた音と音楽は、手の込んだ映像や豪華すぎるキャスト以上の濃厚さ。
☆☆☆☆

アラジンALADDIN

でも、一番期待していた"ガイ・リッチー"が見当たらない・・・。
☆☆☆★

海獣の子供CHILDREN OF THE SEA

エンドクレジットの後、意外に長いシーンと重要なメッセージが・・・(危うく席を立つところだった)。
☆☆☆☆

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅THE EXTRAORDINARY JOURNEY OF THE FAKIR

IK○Aじゃないのは大人の事情?
☆☆☆☆

スノー・ロワイヤルCOLD PURSUIT

(模範的?アクション俳優)リーアム・ニーソンの起用も、「全くかみ合わない」感じも、全て計算尽くのブラック・コメディ。
☆☆☆

僕はイエス様が嫌いJESUS

チャド・マレーンが絶妙。映画字幕翻訳家としても活動する彼は、本作の英語字幕も担当。一石二鳥?
☆☆☆☆

ゴジラ キング・オブ・モンスターズGODZILLA: KING OF THE MONSTERS

巨大怪獣たちの圧倒的存在感! そのバトルのド迫力!! 親子のドラマや環境破壊といったテーマなど、もはや蛇足でしかない。
☆☆☆★

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘LUPIN THE THIRD: FUJIKO MINE'S LIE

次は銭形か?!(今回は出番が無かったし・・・)
☆☆☆☆

■2019年5月

アナと世界の終わりANNA AND THE APOCALYPSE

ゾンビたちも踊ってくれれば更に最高だった。
☆☆☆★

パリの家族たちLA FETE DES MERES

原題は「母の日」。フランスの母の日は5月の最終日曜日なので、まさに今日。
☆☆☆★

空母いぶきIBUKI 192

重要な問題提起となりうる題材だったが、残念ながらただの絵空事にしか見えなかった。
☆☆★

プロメアPROMARE

作品に込められたエネルギーに圧倒されっぱなし。ほぼ全編全力疾走の主人公たちに付いていくのがやっと。
☆☆☆☆

コンフィデンスマンJP ロマンス編THE CONFIDENCE MAN: THE MOVIE

エンドクレジットの後に"驚愕"の展開が・・・?
☆☆☆★

マルリナの明日MARLINA THE MURDERER IN FOUR ACTS / MARLINA SI PEMBUNUH DALAM EMPAT BABAK

既製の様式やジャンルを取り込みながらも、映画の新たな境地に到達しようとしている。
☆☆☆☆★

居眠り磐音IWANE: SWORD OF SERENITY

映画にするのであれば、それに相応しいスケール感も欲しいところ。
☆☆☆★

レプリカズREPLICAS

マイノリティ・リポートごっこするキアヌ・・・でも、許す。
☆☆★

RBG 最強の85才RBG

検索してみると、Tシャツからフィギュアまで様々な"RBG"グッズが。本作に登場するフィットネストレーナーも"The RBG Workout"なる本を出版していた。
☆☆☆☆★

ホワイト・クロウ 伝説のダンサーTHE WHITE CROW

クライマックスとなる空港での場面もスリリングだが、何と言ってもバレエシーンが圧巻。
☆☆☆☆

名探偵ピカチュウPOKEMON DETECTIVE PIKACHU

コダックはPsyduck、リザードンはCharizard、コイキングはMagikarp・・・英語名も覚えていないと少し混乱する。
☆☆☆★

ザ・フォーリナー/復讐者THE FOREIGNER

残念ながら(?)NG集はないが、エンドクレジットではジャッキーの歌声を堪能できる。
☆☆☆★

僕たちのラストステージSTAN & OLLIE

100本以上の映画に出演した2人だが、今、日本で"極楽コンビ"を観ることができるのは「天国二人道中」("The Flying Deuces",1939年)くらいか。
☆☆☆☆

■2019年4月

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしCRAYON SHIN-CHAN: HONEYMOON HURRICANE - THE LOST HIROSHI

そんな"母ちゃん"たちへの応援歌、に、なっているような、いないような・・・。
☆☆☆☆

キングダムKINGDOM

武侠映画を超えるスケール感を期待したが、やはり到底ムリか・・・。
☆☆★

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえHITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS / HITLER CONTRO PICASSO E GLI ALTRI

地味な内容ではあるが、トニ・セルヴィッロの語りがドラマチックに盛り上げている。
☆☆☆★

名探偵コナン 紺青の拳DETECTIVE CONAN: THE FIST OF BLUE SAPPHIRE

(本物の)工藤新一はほぼ登場せず、"江戸川コナン"としての活躍も少なく、実質「名探偵ヒライ」。
☆☆☆★

バースデー・ワンダーランドBIRTHDAY WONDERLAND

さり気なく(?)しんちゃんが・・・。
☆☆☆★

アガサ・クリスティー ねじれた家CROOKED HOUSE

物語以上に(?)印象的な建物は英ハンプシャー州にあるMinley Manor。「くるみ割り人形と秘密の王国」(2018年)でも使われたらしいが、覚えていない・・・。
☆☆☆

カンパイ!日本酒に恋した女たちKAMPAI! SAKE SISTERS

この3人のクロスオーバーが実現すれば、もっと面白いことが起こりそう。
☆☆☆☆

アベンジャーズ/エンドゲームAVENGERS: ENDGAME

キャストのリストだけでもすでにネタバレかも・・・。
☆☆☆☆★

ハイ・ライフHIGH LIFE

劇中に登場する赤ちゃんはR・パティンソンの親友の子。双子を使うことを嫌ったパティンソンが自らキャスティングしたらしい。
☆☆☆☆

シャザム!SHAZAM!

ドウェイン・ジョンソン演じる「ブラック・アダム」は1年以内に製作開始予定とのことだが、果たして直接対決は実現するのか・・・。
☆☆☆★

ある少年の告白BOY ERASED

2019年4月現在、転向療法を禁止している米国の州は16のみ。
☆☆☆★

ハンターキラー 潜航せよHUNTER KILLER

原作者の一人ジョージ・ウォーレスは、攻撃型原子力潜水艦USSヒューストンを指揮した元米海軍中佐。原作の方が断然面白そう・・・。
☆☆☆

アレッポ 最後の男たちLAST MEN IN ALEPPO / DE SIDSTE MAND I ALEPPO

2013-2016年に撮影されたという映像は現在のアレッポとは違うかもしれないが、世界の今を知るために観るべき作品。
☆☆☆☆★

芳華 YouthYOUTH

昼ドラ的要素満載の青春映画ではあるが、文革と戦争が人々に残した消えない傷と、今なお続く階級社会を描いた深い作品でもある。
☆☆☆★

ビューティフル・ボーイBEAUTIFUL BOY

T・シャラメが演じたニックはその後、TVドラマ「13の理由」("13 Reasons Why",2017年-)などの脚本を手がけている。
☆☆☆★

マックイーン:モードの反逆児MCQUEEN

結局、サラ・バートンが引き継いで現在に至る"Alexander McQueen"を、彼はどう思うだろう・・・。
☆☆☆☆

希望の灯りIN THE AISLES / IN DEN GANGEN

劇中の"フォークリフト安全講習ビデオ"は実在の短編作品"Staplerfahrer Klaus"(2000年) https://www.amazon.de/dp/B005XWR93G/
☆☆☆☆

バイスVICE

ちなみに、日本国政府は2018年、ディック・チェイニーに旭日大綬章を授与している。
☆☆☆☆

■2019年3月

レゴ ムービー2THE LEGO MOVIE 2: THE SECOND PART

とりあえずブルース・ウィリスのミニフィグが欲しい・・・。
☆☆☆★

ダンボDUMBO

ディズニーアニメの世界とティム・バートン・ワールドのハイブリッド!(というか折衷案?)。
☆☆☆★

ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくるYURIY NORSHTEYN: MAKING THE OVERCOAT

映画ファン、アニメファンの一人としては、ぜひ完成させて欲しいところだが・・・。
☆☆☆★

セメントの記憶TASTE OF CEMENT

その映像に目を奪われがちだが、サウンドデザインの素晴らしさも本作の特筆すべき点。
☆☆☆☆★

ビリーブ 未来への大逆転ON THE BASIS OF SEX

ドキュメンタリー映画「RBG 最強の85才」("RBG",2018年)の日本公開(5/10)が待ち遠しい。
☆☆☆★

ブラック・クランズマンBLACKKKLANSMAN

名優デンゼル・ワシントンの息子であり元NFL選手でもある主演ジョン・デヴィッド・ワシントンは、実は「マルコムX」("Malcolm X",1992年)がデビュー作。
☆☆☆☆

バンブルビーBUMBLEBEE

ビーの可愛さはシリーズ最高!! それだけでも観る価値はある!?
☆☆☆

えいがのおそ松さんOSOMATSUSAN THE MOVIE

絵面はどんどん素っ頓狂になっていく一方、物語は次第に真面目になっていくから、ギャグもなんだか空回り。
☆☆☆

キャプテン・マーベルCAPTAIN MARVEL

事前に聞いてはいたけれど、それでも冒頭MARVEL STUDIOSのロゴには思わず涙が・・・。
☆☆☆☆

たちあがる女WOMAN AT WAR / KONA FER I STRID

ジョディ・フォスターが自らの監督・主演でリメイクするらしいが・・・本気か?
☆☆☆★

ふたりの女王 メアリーとエリザベスMARY QUEEN OF SCOTS

原題から言っても主人公はメアリーだが、キャラクタとしてはやはりエリザベスのほうが興味深い。女優2人に甲乙は付け難く、邦題を「二人の女王」としたのは正解か。
☆☆☆☆

サッドヒルを掘り返せSAD HILL UNEARTHED / DESENTERRANDO SAD HILL

ちなみに、サッドヒルの場所はこちら https://www.google.com/maps/@41.9904481,-3.4083966,264m/data=!3m1!1e3
☆☆☆★

マイ・ブックショップTHE BOOKSHOP

その苛立ちや苦痛も、描かれるべき物語の一つであるとは思うが・・・。
☆☆☆★

運び屋THE MULE

朝鮮戦争の退役軍人という設定は「ハートブレイク・リッジ」("Heartbreak Ridge",1986年)繋がり?
☆☆☆☆

スパイダーマン:スパイダーバースSPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

"スパイダーバース"をあまり知らない自分でも十分に楽しめた。詰め込まれた小ネタは十分の一も拾えていないだろうが・・・。
☆☆☆☆

岬の兄妹SIBLINGS OF THE CAPE

ある種グロテスクな兄妹の姿を晒すことで、理想には程遠い現代社会の実像に我々の目を向けさせるリアリズム。監督デビュー作ならではの荒削りな感触は、実は計算ずくか。
☆☆☆☆★

グリーンブックGREEN BOOK

でも、ちょっと"いい子ちゃん"な作品。
☆☆☆☆

移動都市/モータル・エンジンMORTAL ENGINES

原作でアメリカの神として登場するのはミッキーだったが、本作はUniversal作品なので・・・。
☆☆☆★

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

"あらゆる予想を覆"す最終話の荒技は、第3弾への布石か・・・
☆☆☆☆

■2019年2月

アリータ:バトル・エンジェルALITA: BATTLE ANGEL

不気味の谷からまだ抜け出せずにいることに、ちょっとホッとする。
☆☆☆★

ビール・ストリートの恋人たちIF BEALE STREET COULD TALK

思わず口をしかめるほどの物語の苦さが、音楽や映像と共に柔らかくそれを包み込むロマンスの甘さを引き立て、同時に、引き締めている。
☆☆☆☆★

翔んで埼玉FLY ME TO THE SAITAMA

かつての東京都民であり、元埼玉県民であり、現千葉県民である自分には、色々と腑に落ちる作品でもあった。
☆☆☆☆

サムライマラソンSAMURAI MARATHON

ただ、バーナード・ローズ+フィリップ・グラス+ワダエミという顔ぶれについては、話題性以外の理由が見つけられなかった。
☆☆☆

半世界HALF THE WORLD

田舎町の炭焼き職人のお話。もっと淡々とした物語かと思ったが、"映画みたい"にドラマチックな展開。良くも、悪くも。
☆☆☆★

女王陛下のお気に入りTHE FAVOURITE

冒頭Fox Searchlight Picturesのロゴで、よーく耳を澄ますとお馴染みのファンファーレが(に)聞こえる。
☆☆☆☆

ちいさな独裁者THE CAPTAIN / DER HAUPTMANN

皮肉たっぷりのエンドクレジット・シーン。"へロルド"は今も生きているのだ。
☆☆☆☆

ファースト・マンFIRST MAN

映画としては欲しくなるロマンという色付けを極力廃したチャゼル監督。ある意味「アポロ13」("Apollo 13",1995年)と対極の作品に仕上げている。
☆☆☆☆

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>CITY HUNTER: SHINJUKU PRIVATE EYES

フランスでは2月6日から実写版"Nicky Larson et le parfum de Cupidon"が公開。こちらのほうが気になる・・・
☆☆☆

We Margiela マルジェラと私たちWE MARGIELA

ファッションは、アートなのか、カルチャーなのか、ビジネスなのか。彼(ら)にも結論は見つけられなかったということだろう。
☆☆☆★

アクアマンAQUAMAN

W・デフォーもT・モリソンも若返にはCGが必要だったのに、N・キッドマンは・・・。
☆☆☆★

メリー・ポピンズ リターンズMARY POPPINS RETURNS

93歳のアンジェラ・ランズベリーは歌声も健在。同じく93歳のディック・ヴァン・ダイクに至っては老けメイクが必要だったとか。
☆☆☆☆★

フロントランナーTHE FRONT RUNNER

ちなみに、ドナ・ライスは現在、ネットポルノなどから子どもたちや家族を護る非営利団体Enough Is Enoughの代表として活動中。
☆☆☆★

ジュリアンCUSTODY / JUSQU'A LA GARDE

誰よりも救いを求めているのはアントワーヌなのだが、それを認めない空気が、この映画にも社会にもある。
☆☆☆

バーニング 劇場版BURNING

なぜ「死刑台のエレベーター」なのか。そこに意味はあるのか(無いのか)。それもまた、埋められない謎の一つ。
☆☆☆☆

■2019年1月

天才作家の妻 40年目の真実THE WIFE

主人公ジョーンの若い頃を演じる女優さんがよく見るとG・クローズにそっくり、と思ったら実の娘だった。納得。
☆☆☆☆

サスペリアSUSPIRIA

オリジナル版は未見。当時話題になったそのキャッチコピーは記憶に残っているし、Goblinが手がけたサントラCDも(、そして実はDVDも)持っているのだが・・・。
☆☆☆☆

ヴィクトリア女王 最期の秘密VICTORIA & ABDUL

(ほぼ)実話とのことだが、今という時代に必要なおとぎ話、という印象。
☆☆☆

マスカレード・ホテルMASQUERADE HOTEL

これを観て、ホテルで無理難題を言う"お客様"が増えなければいいが・・・。
☆☆☆

ミスター・ガラスGLASS

「スーパーヒーローは実在するのか」という長年のテーマに一つの答えを導き出した監督は、残念ながら本作でこのユニバースを閉じるという。
☆☆☆☆

バハールの涙GIRLS OF THE SUN / LES FILLES DU SOLEIL

マチルドのモデルとなった戦場記者メリー・コルヴィン(Marie Colvin,1956-2012)を描いた映画"A Private War"(2018年)も今秋日本公開予定。
☆☆☆☆

MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランドMOST BEAUTIFUL ISLAND

吹っ切れたようにも見えた主人公。数ヶ月後にはあの場を仕切っているかも、と想像・・・。
☆☆☆★

ヒューマン・フロー 大地漂流HUMAN FLOW

UNHCRによると、2017年末の時点で全世界での難民は2540万人。オーストラリアの人口とほぼ一致する。
☆☆☆☆

蜘蛛の巣を払う女THE GIRL IN THE SPIDER'S WEB

黒と赤と白の色使いは面白いけれど、作為的過ぎる。
☆☆☆

クリード 炎の宿敵CREED II

「ロッキー」役引退を表明しているスタローンだが、まだ未練もありそう・・・。
☆☆☆☆

喜望峰の風に乗せてTHE MERCY

救いのない物語を、このキャストが救っている。
☆☆☆★

ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~WHITNEY

ジャニス、エルヴィス、マイケル、エイミー、ホイットニー・・・もう悲劇は繰り返して欲しくない。
☆☆☆★

迫り来る嵐THE LOOMING STORM / 暴雪将至

降りしきる雨、タバコの煙、ファムファタール・・・ノワールを思わせる要素が散りばめられているが、その根底には急激な変化を続ける中国社会への不安が淀んでいる。
☆☆☆☆

■2018年12月

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンスWESTWOOD: PUNK, ICON, ACTIVIST

御年77歳。年齢を重ね多少カドは取れても、決してマルくはなっていない。まだまだ現役の証拠。
☆☆☆☆

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニングI FEEL PRETTY

さすがスタンダンプ・コメディアンとして鳴らしているだけあって、ステージに立つとめっぽう強い。
☆☆☆

シシリアン・ゴースト・ストーリーSICILIAN GHOST STORY

柔らかだが真綿で首を絞めるような独特の筆致が新鮮。
☆☆☆

私は、マリア・カラスMARIA BY CALLAS

彼女の生涯を辿る貴重な音源や映像を年代順にきっちり並べた、生真面目だが資料価値の高いドキュメンタリー。その歌声もしっかりと聴かせてくれる。ファンならば必見・必聴。
☆☆☆★

アリー/ スター誕生A STAR IS BORN

かつてと物語は変わらないが、2人の素晴らしい才能の出会いによって、新たな輝きを持ったドラマに生まれ変わっている。
☆☆☆☆

シュガー・ラッシュ:オンラインRALPH BREAKS THE INTERNET

長い長いエンドクレジットの後に、あの大ヒット作の続編からの特別映像が!?
☆☆☆☆

ドラゴンボール超 ブロリーDRAGON BALL SUPER: BROLY

そして、野沢雅子のパワーにも圧倒される。彼女もまた、人知を超えた存在になりつつあるのかも・・・!?
☆☆☆☆

グリンチDR. SEUSS' THE GRINCH

バスの運転手の名前がサムなのは「スピード」("Speed",1994年)へのオマージュ?他にも小ネタはイロイロありそう。
☆☆☆★

マイ・サンシャインKINGS

そのカオスを、作品そのもののカオスで表現しようとしたのだろうか?
☆☆★

メアリーの総てMARY SHELLEY

メアリー・シェリー、というより、エル・ファニングを描くための作品?
☆☆☆★

おとなの恋は、まわり道DESTINATION WEDDING

全然ロマンチックじゃないロマ・コメ。共演4度目という息の合った2人の息の合わない掛け合いが楽しい。
☆☆☆★

来るKURU

結局、来たのはオムライスだけ。
☆☆★

パッドマン 5億人の女性を救った男PADMAN

コミカルでドラマチックな展開にインド映画ならではのミュージカル・シーンも用意しつつ、シリアスな社会的テーマを巧みに織り込んだ秀作。
☆☆☆☆★

機動戦士ガンダムNTMOBILE SUIT GUNDAM NARRATIVE

そろそろ過去の亡霊を追い払いたいところだが、作品を重ねるに連れて亡霊も増え続け・・・。
☆☆☆★

くるみ割り人形と秘密の王国THE NUTCRACKER AND THE FOUR REALMS

せめてバレエのシーンがもっとあれば。せっかくM・コープランドやS・ポルーニンを召喚したのに・・・。
☆☆☆

ピアソラ 永遠のリベルタンゴPIAZZOLLA: THE YEARS OF THE SHARK / ASTOR PIAZZOLLA INEDITO

その生涯に触れた上であらためて聴く彼のバンドネオンの音色は、また格別。
☆☆☆☆

オンネリとアンネリのふゆONNELIN JA ANNELIN TALVI

こういう作品こそ吹替版が必要では?個人的にはフィンランド語の響きが楽しめる字幕版が嬉しいけれど。
☆☆☆★

彼が愛したケーキ職人THE CAKEMAKER

肝心なところでまさかの"インターミッション"(上映トラブル)で、ちょっと興ざめ・・・。
☆☆☆☆

■2018年11月

ヘレディタリー/継承HEREDITARY

「青春の光と影」までもがトラウマになりそう・・・。
☆☆☆☆

斬、KILLING

握りしめた刀が発っするギリギリという音が、彼らの心の軋みに聞こえてくる。
☆☆☆☆

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD

さすがはジョニー・デップ。有無を言わせぬ迫力と貫禄で雑音を払い除けている。
☆☆☆☆

ギャングースGANGOOSE

金子ノブアキ演じる加藤の"熱血講義"には、危うく感化されそうに・・・(実は本作一番の肝のシーンかも)。
☆☆☆★

イット・カムズ・アット・ナイトIT COMES AT NIGHT

結果は最初から目に見えているのだが、後味の悪さは想像以上。
☆☆☆☆

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリーA GHOST STORY

パイの味が、ずっと気になっている。
☆☆☆☆

おかえり、ブルゴーニュへBACK TO BURGUNDY / CE QUI NOUS LIE

豊かな果実味とのバランスがいい爽やかな酸味が楽しめるが、複雑な味わいも残す。
☆☆☆★

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイSICARIO: DAY OF THE SOLDADO

さらなる続編を匂わせるエンディング。プロデューサーのTrent Luckinbillは第3作が開発に入っているとコメントしていたが・・・。
☆☆☆★

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。
☆☆☆☆☆

GODZILLA 星を喰う者GODZILLA: EATER OF STARS

とりあえず、無数の可能性の中での一つの帰着、と受け止めることにする。
☆☆☆★

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN

本作に登場する(「リビング・デイライツ」でも使われた)Aston Martin V8 Vantageは、カーマニアで知られるR・アトキンソンの私物らしい。
☆☆☆

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

次回予告ではあのセリフも聞こえてきたが・・・本当に完結するのかも含めて、不安でもあり楽しみでもあり。
☆☆☆☆

ヴェノムVENOM

どうやらMCUとは独立した作品になるようだが・・・Marvel作品はMarvel Studiosに任せるべきでは?
☆☆☆

華氏119FAHRENHEIT 11/9

こういう映画が製作され広く劇場で公開されるアメリカは、ある意味、まだ健全なのかもしれない。
☆☆☆☆

赤毛のアン 卒業L.M. MONTGOMERY'S ANNE OF GREEN GABLES: FIRE & DEW

正直なところ不満と不安のあるシリーズだったが、終わり良ければ。
☆☆☆★

ビブリア古書堂の事件手帖MEMORY OF ANTIQUE BOOKS

黒木華の演技力はさすが。他が霞むのが難。
☆☆☆

■2018年10月

オズランド 笑顔の魔法おしえます。OZ LAND

劇中で西島秀俊が「ダサい」というユニフォームも、実際に使われているものらしい。
☆☆☆

億男MILLION DOLLAR MAN

もっとも、これは[億男][億女]たちへの忠告。我々[雑魚]は相手にされていない。
☆☆☆

search/サーチSEARCHING

確かに斬新なアイデア。でも、よく観ると相当に面倒くさいことをやっている。
☆☆☆★

2001年宇宙の旅2001: A SPACE ODYSSEY

ディスカバリー号は精子、木星は卵子、太陽系は子宮、宇宙は母、そして生まれたのがスターチャイルド、という解釈が好き。難解とも言われるが、意外とシンプルな作品だと思う。
☆☆☆☆☆

テルマTHELMA

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」("I, Tonya",2017年)のクレイグ・ギレスピー監督によるリメイクが計画されているらしいが・・・。
☆☆☆☆

世界で一番ゴッホを描いた男CHINA'S VAN GOGHS / 中國梵高

油絵村なる場所があることも驚きだが、それだけの需要があるということもまた驚き。
☆☆☆☆

デス・ウィッシュDEATH WISH

MGMライオンの咆哮を久しぶりに聞いた気がする。