■2021年7月

ファイナル・プランHONEST THIEF

せっかくのR・パトリックなのに・・・
☆☆☆

竜とそばかすの姫BELLE

細田監督は若者たちの力を信じている。僕は、そこまで肯定的になれないけど・・・。
☆☆☆☆

ブラック・ウィドウBLACK WIDOW

フローレンス・ピューはもちろん、"一家"の今後の活躍にも期待したい。
☆☆☆☆

ゴジラVSコングGODZILLA VS. KONG

この圧倒的巨体感は映画館だからこその醍醐味。
☆☆☆☆

■2021年6月

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑PETER RABBIT 2: THE RUNAWAY

3が出来たら本当に宇宙に行ってしまいそう・・・。
☆☆☆★

モータルコンバットMORTAL KOMBAT

真田裕之や浅野忠信の重要な役回りでの登場は何より嬉しいが、そろそろ彼らの後継者も見つけなければ。
☆☆☆

クワイエット・プレイス 破られた沈黙A QUIET PLACE PART II

次回作はスピンオフとなるらしいが、シンプルな設定ゆえの拡張性の高さも、ホラーとして優秀。
☆☆☆☆

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイMOBILE SUIT GUNDAM: HATHAWAY

もう「機動戦士ガンダム」である必要性は無くなっている気もするけど・・・。
☆☆☆★

漁港の肉子ちゃんGYOKOU NO NIKUKO-CHAN

このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん。
☆☆☆☆

るろうに剣心 最終章 The BeginningRUROUNI KENSHIN: FINAL CHAPTER PART II - THE BEGINNING

「The Final」で十分では? と思っていたが、10年に渡るシリーズを締め括るに相応しい作品が最後に用意されていた。
☆☆☆☆

■2021年5月

HOKUSAIHOKUSAI

応為役の女優さんは誰だろうと思っていたら、本作の脚本家であった。田中泯を向こうに回して、なかなかの貫禄。
☆☆☆☆

クルエラCRUELLA

ドラマ以上にドレスが物語っている?
☆☆☆★

地獄の花園OFFICE ROYALE

永野芽郁がもう少し強そうに見えれば、更に盛り上がったのだろうけど・・・。
☆☆☆

■2021年4月

るろうに剣心 最終章 The FinalRUROUNI KENSHIN: FINAL CHAPTER PART I - THE FINAL

シリーズのクライマックスを見事に飾った本作。だが、剣心の物語の決着は、その始まりを語る次回作でつける、という趣向か?
☆☆☆☆

名探偵コナン 緋色の弾丸DETECTIVE CONAN: THE SCARLET BULLET

事件は毎回解決するが、人間関係が一向に進展しないのがじれったい・・・。
☆☆☆★

BLUE/ブルーBLUE

同じリングに立ちながらそれぞれに違う方向を見つめるメインの3人からジムのオバチャン3人組まで、キャラクタがみな生き生きとしているのが、また魅力。
☆☆☆☆

21ブリッジ21 BRIDGES

マンハッタン島に掛かる道路橋は17。鉄道橋が2、歩道橋が1であと一つは・・・(本当は道路橋17+トンネル4が正解らしい)。
☆☆☆★

騙し絵の牙KIBA: THE FANGS OF FICTION

「騙し合いバトル」と宣伝するのは少し違う気もするが・・・すでにそこから始まっているということか。
☆☆☆☆

モンスターハンターMONSTER HUNTER

バディ・ムービーとして要素を強調するなど、もう少し人間臭さが欲しいところだが、モンスター臭しかしない。
☆☆☆

■2021年3月

ノマドランドNOMADLAND

登場する路上生活者たちの表情に刻まれた苦悩は、決して演技では表現し得ない。そこになんの違和感もなく溶け込んでいるマクドーマンド。
☆☆☆☆★

トムとジェリーTOM & JERRY

せっかくマイケル・ペーニャやケン・チョンも出演しているのに、吹替版では調子が出ない。
☆☆☆

ミナリMINARI

「ミナリ」、ワンダフル。
☆☆☆☆★

奥様は、取り扱い注意CAUTION, HAZARDOUS WIFE: THE MOVIE

綾瀬はるか(と,西島秀俊)のアクションは文句なしだけれど・・・。
☆☆★

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||EVANGELION: 3.0+1.0 THRICE UPON A TIME

今回の昭和歌謡ショーもニクイ選曲(日本が誇る某SF超大作映画の主題歌の歌詞を全部覚えていた自分に驚く)。
☆☆☆☆★

ラーヤと龍の王国RAYA AND THE LAST DRAGON

"シスー"は、吹替版で観てもどことなくオークワフィナっぽくて楽しい。
☆☆☆☆

太陽は動かないTHE SUN DOES NOT MOVE

映画ならではの醍醐味が味わえる作品を、まだ無邪気に楽しめない自分がいる。
☆☆☆★

■2021年2月

あのこは貴族ARISTOCRATS

東京という街の(あるいは日本という社会の)垂直構造を、これまでにない断面から見せてくれた。
☆☆☆☆

すばらしき世界UNDER THE OPEN SKY

でも、決して皮肉だけではないこのタイトル。そこがまた、心憎い。
☆☆☆☆

哀愁しんでれらTHE CINDERELLA ADDICTION

そして彼らは、ずっと幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。
☆☆☆☆

■2021年1月

名も無き世界のエンドロールTHE MASTER PLAN

そしてそのエンドロール後は・・・配信ドラマに続くらしい。
☆☆☆

さんかく窓の外側は夜THE NIGHT BEYOND THE TRICORNERED WINDOW

象徴的な美術や映像表現も独特で惹かれるところ。
☆☆☆☆

ソング・トゥ・ソングSONG TO SONG

登場する顔ぶれも豪華だが、実は、バッサリとカットされてしまったキャストたちがまた凄い・・・。
☆☆☆★

おとなの事情 スマホをのぞいたらADULT'S SITUATION

もっとドンチャン騒ぎになるのかと思ったら、意外と地味なおとなの映画。ただし、料理と酒がパッとしない。
☆☆☆

新感染半島 ファイナル・ステージTRAIN TO BUSAN PRESENTS: PENINSULA

"前作"とは、あらゆる意味で別物。
☆☆☆

■2020年12月

映画 えんとつ町のプペルPOUPELLE OF CHIMNEY TOWN

声優に依らないキャスティングによる独特の間も功を奏している。
☆☆☆☆

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救えBILL & TED FACE THE MUSIC

DNAを受け継いだ可愛くてかっこいい娘たちに、2代目を襲名して欲しい。
☆☆☆☆★

ワンダーウーマン 1984WONDER WOMAN 1984

エンドロール開始後の"オマケ"もお見逃しなく。
☆☆☆☆

約束のネバーランドTHE PROMISED NEVERLAND

もう少し派手な作品かと思っていたが、テーマ性重視で意外と暗くて重かった。
☆☆☆

ハッピー・オールド・イヤーHAPPY OLD YEAR

Spark Joyにピンとこなかった人には、いろいろと腑に落ちるかも。
☆☆☆☆★

新解釈・三國志NEW INTERPRETATION RECORDS OF THE THREE KINGDOMS

挑戦的ではあるが、パロディとして扱うにはさすがに「三國志」は重厚長大過ぎた。ダイジェスト版感は否めない。
☆☆☆

魔女がいっぱいROALD DAHL'S THE WITCHES

ダール&デル・トロ&ゼメキス&シルヴェストリというオトナの贅沢でもある。
☆☆☆★

サイレント・トーキョーSILENT TOKYO

2時間半の大作にすべきところを100分未満に抑えた手際は見事と言える。
☆☆☆

■2020年11月

劇場版HAYABUSA2 REBORNGEKIJOBAN HAYABUSA2 REBORN

地球帰還とカプセル分離は2020年12月5日。だが、"彼"は再び地球圏離脱軌道に乗る。2031年の小惑星1998KY26とのランデブーに向けて・・・。
☆☆☆☆

アーニャは、きっと来るWAITING FOR ANYA

「戦火の馬」で知られるマイケル・モーパーゴによる児童文学の映画化。むしろ、原作を読むべきか。
☆☆☆

家なき子 希望の歌声REMI SANS FAMILLE

105分という観易い尺も嬉しいが、このキャストでドラマシリーズ化されていたらもっと嬉しい。
☆☆☆★

STAND BY ME ドラえもん2STAND BY ME DORAEMON 2

未来のシーンになるとバジェットゲージが上がる仕組みは継承。ただし、歴史改変によりT○Y○TAとPANAS○NICは消えた模様。
☆☆☆

泣く子はいねぇがANY CRYBABIES AROUND?

仲野太賀の見事なダメ男っぷり。出番は少ないが、冒頭とラストで作品を引き締める吉岡里帆も印象深い。
☆☆☆☆

ドクター・デスの遺産 BLACK FILETHE LEGACY OF DR. DEATH: BLACK FILE

シリーズ化を狙っているのかと思ったが、その気はなかったか。
☆☆★

THE CAVE サッカー少年救出までの18日間THE CAVE / NANG NON

映画化の企画はいくつもあったはずだが、完成にこぎつけたのはこの1作だけか?
☆☆☆☆

ジオラマボーイ・パノラマガールGEORAMA BOY PANORAMA GIRL

映し出されているのは明確に現在の東京の姿だが、どことなく時代がかった雰囲気。
☆☆☆

おらおらでひとりいぐもI SHALL LIVE BY MYSELF

冒頭のCG映像は「全地球史アトラス」。全編をYouTubeで視聴できる。https://www.youtube.com/playlist?list=PLL5GnXiRTz-5w_jTyn4rn1LOeT_xB1lwt
☆☆☆☆

461個のおべんとう461 DAYS OF BENTO

井ノ原快彦+やついいちろう+KREVAという2度と無いであろう取り合わせのバンドによるライヴも見どころ。
☆☆☆★

罪の声THE VOICE OF SIN

正直なところあまり期待はしていなかったが、堂々たる社会派エンタメ。ベテラン、中堅、若手とキャストも粒ぞろい。
☆☆☆☆★

■2020年10月

とんかつDJアゲ太郎TONKATSU DJ AGE-TARO

意外といい感じにアガってます。色々ミソは付いちゃったけど。
☆☆☆★

空に住むLIVING IN YOUR SKY

何にせよ、自分には雲をつかむようなお話。
☆☆☆

みをつくし料理帖MIO'S COOKBOOK

藤井隆の毒気が、慣れてくると旨味に変わる(?)。
☆☆☆★

スパイの妻WIFE OF A SPY

そのテーマ性を味わい、彼らのお芝居を愉しんだ。
☆☆☆☆

82年生まれ、キム・ジヨンKIM JI-YOUNG: BORN 1982

主人公を心の病としたのは少し疑問。診療室に連れてくるべき"病"の自覚さえない人々は、他にいる。
☆☆☆☆

星の子HOSHI NO KO

芦田愛菜は評判通り。黒木華も(相変わらず)怖い。
☆☆☆★

浅田家!THE ASADAS

浅田政志の「浅田家」を完璧に再現した数々の家族写真も見どころ。
☆☆☆☆

トロールズ ミュージック★パワーTROLLS WORLD TOUR

ミュージカルシーンの吹替も恐れていたほど違和感はなかったが・・・。
☆☆☆★

小説の神様 君としか描けない物語SHOUSETSU NO KAMISAMA

この章立てにするのなら、4人を主人公に、各々の人物像を更に掘り下げてほしかったところ。
☆☆☆★

■2020年9月

マティアス&マキシムMATTHIAS & MAXIME / MATTHIAS ET MAXIME

言わば初恋の物語。30歳という設定にそぐわない(?)その瑞々しさにキュンとする。
☆☆☆☆

映像研には手を出すな!KEEP YOUR HANDS OFF EIZOUKEN!

映像がむしろ邪魔であることを思い知らせる音響部のお仕事はお見事。
☆☆

TENET テネットTENET

逆さ絵の映画版。その仕掛けは、冒頭のWarner Bros.とSyncopyのロゴから始まっている・・・。
☆☆☆☆★

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者EIGA CRAYON SHIN-CHAN: GEKITOTSU! RAKUGAKINGDOM TO HOBO 4NIN NO YUUSHA

深く考え始めると、色々と怖いお話し。
☆☆☆☆

ミッドウェイMIDWAY

マリアナ沖海戦を描く続編の噂もあったが・・・。
☆☆☆★

宇宙でいちばんあかるい屋根THE BRIGHTEST ROOF IN THE UNIVERSE

桃井かおりは強すぎるのでは、と心配したが、その個性を発揮しつつも主人公に寄り添う存在に徹していて、流石。
☆☆☆☆

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビューBOOKSMART

物語と主人公たちを引っ掻き回す、とにかく強烈でカラフルな脇キャラたちも楽しい。
☆☆☆☆★

■2020年8月

2分の1の魔法ONWARD

せめてトム・ホランドとクリス・プラットの掛け合いを楽しみたかったが・・・吹替版・・・。
☆☆★

弱虫ペダルYOWAMUSHI PEDAL

ロードレースそのものの面白さを、もう少しじっくり描いて欲しかったが。
☆☆☆★

アルプススタンドのはしの方ALPS STAND NO HASHI NO HOU

本当のアルプススタンドでの撮影は叶わなかったという。そこだけが残念。
☆☆☆☆

映画ドラえもん のび太の新恐竜DORAEMON THE MOVIE: NOBITA'S NEW DINOSAUR

懐かしいあの恐竜もカメオ出演!?
☆☆☆☆

ぐらんぶるGRAND BLUE

高嶋政宏のダンスは悪夢でしか無いが・・・。
☆☆☆★

#ハンド全力#HAND ZENRYOKU

すでに多くの作品で活躍している若手俳優たちが顔を揃えている点でも注目したい作品。
☆☆☆☆

ブラック アンド ブルーBLACK AND BLUE

あのスーパーマーケットは実在するらしい。 https://goo.gl/maps/SoTLrJ3Zf65bv95Q8
☆☆☆★

■2020年7月

コンフィデンスマンJP プリンセス編THE CONFIDENCE MAN JP: PRINCESS HEN

最後に明かされる意外(ある意味大どんでん返し)な真実とは・・・!?
☆☆☆☆

海底47m 古代マヤの死の迷宮47 METERS DOWN: UNCAGED

「海底47m」("47 Meters Down",2017年)の続編でもなく、「海底47m」ですら無いが・・・。
☆☆☆

WAR ウォー!!WAR

既視感ありまくり、なところも、また楽しい。
☆☆☆☆★

八王子ゾンビーズHACHIOJI ZOMBIES

完全ミュージカル映画化してくれたなら、様相は一変したはず。
☆☆☆

WAVES/ウェイブスWAVES

主人公の心理に沿って移り変わるアスペクト比と、端役で出演しているハーモニー・コリンにも注目。
☆☆☆☆

透明人間THE INVISIBLE MAN

Dark Universe作品ではないが・・・合流の可能性もあり?
☆☆☆☆

レイニーデイ・イン・ニューヨークA RAINY DAY IN NEW YORK

本作完成後のすったもんだで再びNYを離れたアレン監督は、サン・セバスチャン国際映画祭を背景に描く新作"Rifkin's Festival"を完成させた。
☆☆☆★

■2020年6月

ハニーランド 永遠の谷HONEYLAND

その後、町に移り住んだ彼女は今も、ミツバチの世話のため村に通っているという。
☆☆☆☆★

ランボー ラスト・ブラッドRAMBO: LAST BLOOD

本当に最後?
☆☆☆

ソニック・ザ・ムービーSONIC THE HEDGEHOG

(ラストでも仄めされているが)続編も開発に入っている模様。ジム・キャリーの帰還に期待。
☆☆☆★

ドクター・ドリトルDOLITTLE

主役はむしろ動物たち?エキセントリックで少々冴えないドリトル先生はいかにもRDJらしいけど。
☆☆☆

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語LITTLE WOMEN

「ミッドサマー」("Midsommar",2019年)撮影直後だったフローレンス・ピューは、本作のエイミー役が癒やしとなったとか。
☆☆☆☆★

デッド・ドント・ダイTHE DEAD DON'T DIE

終末の日は近い。
☆☆☆☆

■2020年5月

タゴール・ソングスTAGORE SONGS

日本の新人監督によってこんな作品が生まれたことも、「タゴール・ソング」の魅力を象徴していると言えるかも知れない。
☆☆☆☆

島にてSHIMA NITE

日本という小さな島の未来を見ているような気もしてくる。
☆☆☆☆

精神0SEISHIN 0

その「純愛物語」が、他者のために尽くし続けた2人に最後に残ったものだとしたら、少し悲しくもある。
☆☆☆☆

■2020年3月

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカEL PEPE, UNA VIDA SUPREMA

"ペペ"が愛飲しているのはマテ茶。相当苦いらしく、勧められて口にしたクストリッツァ監督の微妙な表情が可笑しい。
☆☆☆☆

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of PreyBIRDS OF PREY (AND THE FANTABULOUS EMANCIPATION OF ONE HARLEY QUINN)

ちなみに、ハイエナはネコ亜目に属し、メスが群れを率いる。
☆☆☆★

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実MISHIMA YUKIO VS TODAI ZENKYOTO: 50 NENME NO SHINJITSU

討論の内容そのものは後日出版された「美と共同体と東大闘争」で再確認すべきだが、その場の空気を、本作は50年目の今に伝えてくれる。
☆☆☆☆

21世紀の資本CAPITAL IN THE TWENTY-FIRST CENTURY

やっぱり、ちゃんと原作を読まなきゃだめかしら。
☆☆☆★

人間の時間HUMAN, SPACE, TIME AND HUMAN

人間を人間たらしめているこの本質が消えたとしたら、その存在はもはや人間ではない。
☆☆☆☆★

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方THE BIGGEST LITTLE FARM

Apricot Lane Farmsのサイトでも、美しい映像で農場の様子が紹介されている。 https://www.apricotlanefarms.com/our-media/films/
☆☆☆☆★

ジョン・F・ドノヴァンの死と生THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN

纏まりの無さを感じる部分もあるが、名優たちによって織りなされる名シーンの数々は、至福。
☆☆☆☆

ジュディ 虹の彼方にJUDY

サントラ盤は、R・ゼルウィガーによるジュディ・ガーランドのカバーアルバムといった趣。歌手としての彼女を堪能できる。
☆☆☆☆★

Fukushima 50FUKUSHIMA 50

あふれる除染土、見通しの立たない廃炉・・・福島第一原子力発電所事故は、まだ終わっていない。
☆☆☆★

レ・ミゼラブルLES MISERABLES

ラジ・リ監督による16分の短編作品"Les miserables"(2017年)の長編映画化。 https://vimeo.com/230931583
☆☆☆☆★

娘は戦場で生まれたFOR SAMA

サマが誕生したのは2015年。やがて大人になった時、彼女はどんな世界を目にすることになるのだろう・・・。
☆☆☆☆★

■2020年2月

野性の呼び声CALL OF THE WILD

名作アニメの実写映画化、といった印象。むしろアニメ映画化のほうが相応しいのかも・・・。
☆☆☆

初恋FIRST LOVE

ベッキー怖い。
☆☆☆☆

黒い司法 0%からの奇跡JUST MERCY

社会的弱者と冤罪の問題は、決して対岸の火事ではない。
☆☆☆☆

チャーリーズ・エンジェルCHARLIE'S ANGELS

興行的には、残念ながら翼を授けることが出来ず。続編は望み薄か・・・。。
☆☆☆

スキャンダルBOMBSHELL

そこまでやらなくても・・・と思ってしまうほど本人ソックリな特殊メイクにビックリ。オスカー獲得も納得。
☆☆☆★

ミッドサマーMIDSOMMAR

胸くそ悪いと分かっているのに見てしまう人間心理を巧み突いてくるあたりが、さらに胸クソ悪い。
☆☆★

名もなき生涯A HIDDEN LIFE

切り取るのでなく掬い取るような映像で、哀しみに満ちたこの世界を見つめている。
☆☆☆☆

ダンサー そして私たちは踊ったAND THEN WE DANCED

ジョージアの音楽や舞踏の素晴らしさの一方、宮崎駿作品の影響力の大きさにも気付かされる作品。
☆☆☆☆

影裏EIRI

主人公たちの存在は稀薄で、その影も薄い。ただ、それを表現するためのキャスト陣の演技は、味わい深く濃厚。
☆☆☆

1917 命をかけた伝令1917

一つの物語の始まりと終わりを印象付ける冒頭と末尾の映像は、延々と繰り返されてきた戦争の歴史を物語ってもいる
☆☆☆☆

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏JEREMIAH TERMINATOR LEROY

原作・脚本はサヴァンナ自身。ローラを追ったドキュメンタリー「作家、本当のJ.T.リロイ」(2016年)と観比べてみるのも一興。
☆☆☆

グッドライアー 偽りのゲームTHE GOOD LIAR

日本近日公開「カセットテープ・ダイアリーズ」("Blinded by the Light",2019年)のネル・ウィリアムズが、ある重要な役で出演している・・・。
☆☆☆

37セカンズ37 SECONDS

佳山明という女優とHIKARIという才能との出会いから生まれた珠玉。
☆☆☆☆★

ハスラーズHUSTLERS

見事な演技とともに衰えぬ美貌と貫禄を見せつけるジェイローが、何と言っても圧巻。
☆☆☆☆

ザ・ピーナッツバター・ファルコンTHE PEANUT BUTTER FALCON

迷走しながらも、いくつかの出会いを経て、やがて向かうべき目的地を見つける主人公に、ラブーフを重ねてしまう。
☆☆☆★

バッドボーイズ フォー・ライフBAD BOYS FOR LIFE

「最後の任務」のはずが、本国大ヒットを受けてさらなる続編企画が・・・。
☆☆☆★

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密KNIVES OUT

皮肉と風刺が込められた幕切れがまた、見事。
☆☆☆☆★

嘘八百 京町ロワイヤルWE MAKE ANTIQUES! KYOTO RENDEZVOUS

続編は意外だったが、この線なら第3作もイケそう。
☆☆☆

■2020年1月

AI崩壊AI AMOK

本当に優秀なAIならば、こんな面倒なことはせず、自らの電源を落とすだろうけど・・・。
☆☆☆★

9人の翻訳家 囚われたベストセラーLES TRADUCTEURS

美しくミステリアスな本作の音楽は、「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督,2019年)も手掛けた三宅純によるもの。
☆☆☆☆

キャッツCATS

彼らの毛繕いに多大な時間と労力を費やしたであろう、延々と続くエンドクレジットに並ぶ人々が、誰一人この映画を止めようとしなかったのは、ある意味奇跡。
☆☆

盗まれたカラヴァッジョTHE STOLEN CARAVAGGIO / UNA STORIA SENZA NOME

巨匠監督を演じるのがY・スコリモフスキというのも"笑える"ところ。
☆☆☆★

テリー・ギリアムのドン・キホーテTHE MAN WHO KILLED DON QUIXOTE

25年以上に及ぶ紆余曲折の末の大団円。まずは、めでたい。
☆☆☆☆★

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりTHE AERONAUTS

すでに配信中だが、こういう作品こそ大スクリーンで観たい(Amazonのせいで幻となったIMAX版が観たかった!!)。
☆☆☆☆

リチャード・ジュエルRICHARD JEWELL

O・ワイルドが演じた女性記者の描写に関しては米国で批判の声も上った。我々は何を真実だと信じたらいいのか・・・。
☆☆☆★

ジョジョ・ラビットJOJO RABBIT

注目はやはり、本作でデビューした主演ローマン・グリフィン・デイヴィス。ちなみに彼の父親は「キャプテン・マーベル」(2019年)などのMCU作品も手掛ける撮影監督。
☆☆☆☆

マザーレス・ブルックリンMOTHERLESS BROOKLYN

E・ノートンが1999年の原作出版当時から映画化を構想していた作品。彼の熱意にキャストも応えている。
☆☆☆☆

カイジ ファイナルゲームKAIJI: FINAL GAME

オーバーアクションな演技の応酬も息切れ気味。
☆☆★

ダウントン・アビーDOWNTON ABBEY

実を言うとTVシリーズを1話も観ていないが、思いのほか楽しめた。
☆☆☆★

フォードvsフェラーリFORD V FERRARI

男たち“だけ”のドラマ。ノスタルジックではあるが前時代的でもある。
☆☆☆☆

ティーンスピリットTEEN SPIRIT

全曲オリジナルを用意した楽曲のクオリティも中々。
☆☆☆★

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめてFISHERMAN'S FRIENDS

休暇中の業界関係者に見いだされたこと、Universal Musicと100万ポンドの契約を結んだことは本当らしい。
☆☆☆★

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋LONG SHOT

A・サーキスの特殊メイクも、ちょっとやり過ぎ。
☆☆☆★

■2019年12月

男はつらいよ お帰り 寅さんTORA-SAN, WELCOME BACK!

いってらっしゃい、寅さん。
☆☆☆☆

ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!HEAVY TRIP / HEVI REISSU

Impaled Rektumのオリジナル曲が1曲だけなのが、唯一残念なところ。まずはアルバムリリースを!?
☆☆☆☆☆

パラサイト 半地下の家族PARASITE

影の主人公とも言える豪邸の見事なデザインもまた、本作の完成度の高さを示している。
☆☆☆☆★

燃えよスーリヤ!!THE MAN WHO FEELS NO PAIN / MARD KO DARD NAHIN HOTA

マニとジミって一人二役だったのか。全く気づかなかった・・・。
☆☆☆☆

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けSTAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER

とにかく、終わった。今はそれで善しとしよう。
☆☆☆☆

ヒックとドラゴン 聖地への冒険HOW TO TRAIN YOUR DRAGON: THE HIDDEN WORLD

追加シーンは無いが、各部門の仕事をシンプルに表現したエンドクレジットのアニメーションにも注目。
☆☆☆★

この世界の(さらにいくつもの)片隅にIN THIS CORNER OF THE WORLD

168分という長尺になったが、世界の片隅たちを物語るには、まだ足らない。
☆☆☆☆☆

ブレッドウィナーTHE BREADWINNER

2人の少女が約束をした20年後は、もう間もなく。私たちは、彼女たちの海辺での再会の物語を紡ぐことが出来ているだろうか?
☆☆☆☆★

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!SHAUN THE SHEEP MOVIE: FARMAGEDDON

「ひつじのショーン」の世界とは対照的とも言える映画ならではのスケールの大きさだが、その魅力は何一つ薄まっていない。
☆☆☆☆★

ジュマンジ/ネクスト・レベルJUMANJI: THE NEXT LEVEL

本作が撮影を終えたのは2019年5月。完成までの驚異的なスピードが一番の驚き。
☆☆☆★

屍人荘の殺人MURDER AT SHIJINSO

映像的な見栄えからロックフェスにしたのだろうが音楽がショボい。一方、紫湛荘のセットは見事。
☆☆★

カツベン!TALKING THE PICTURES

フィルムが消え、映写技師は不要となり、俳優さえデジタル化されつつある時代だが、作り手と観客は辛うじて今も人間。映画にもまだ希望はある!?
☆☆☆★

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢THE IDEAL PALACE / L'INCROYABLE HISTOIRE DU FACTEUR CHEVAL

彼の悲痛な人生を思うと、独学とは思えない建築技術と芸術性の高さが生前から認められていたのは救い。
☆☆☆☆

ゴーストマスターGHOSTMASTER

映画の闇鍋。
☆☆☆★

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッションNICKY LARSON ET LE PARFUM DE CUPIDON

冒頭に登場するモッコリ氏は、フランス語版でもMonsieur Mokori。愛の深さを感じる。
☆☆☆★

ファイティング・ファミリーFIGHTING WITH MY FAMILY

ペイジのWWEデビューにドウェイン・ジョンソンは関わっていないはずだが、あたかも自分が貢献したかのような・・・。
☆☆☆☆

ルパン三世 THE FIRSTLUPIN III: THE FIRST

1970年代初頭?という時代設定は興味深いが。
☆☆☆

台湾、街かどの人形劇FATHER / 紅盒子

原題は神さまを収めた「赤い箱」、英題は「父親」。陳氏にとって、それらは同義なのかもしれない。
☆☆☆☆

ドクター・スリープDOCTOR SLEEP

天才子役J・トレンブレイの出番は短いが、その迫真の演技は共演者たちを(逆に)震え上がらせたという・・・。
☆☆☆

幸福路のチーON HAPPINESS ROAD / 幸福路上

名前さえ知らなかった場所なのに、この温もりは何だか懐かしい。
☆☆☆☆★

ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へDOLPHIN MAN

親日家だった彼の日本でのエピソードも興味深い。
☆☆☆☆

■2019年11月

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第三章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: THE NEW THESIS

第3シーズンの告知はなかったが・・・。
☆☆☆★

i 新聞記者ドキュメントI SHIMBUNKISHA DOCUMENT

「新聞記者ドキュメント」だったはずが、途中から「ドキュメンタリー監督ドキュメント」が入り混じる。
☆☆☆★

アナと雪の女王2FROZEN II

エルサだけに聞こえる不思議な歌声の正体は、この人→ https://twitter.com/AURORAmusic
☆☆☆☆

草間彌生∞INFINITYKUSAMA: INFINITY

ドキュメンタリーとしては平凡だが、彼女の非凡さ特異さを伝えるには、むしろそれが相応しいのかも。
☆☆☆★

ゾンビランド:ダブルタップZOMBIELAND: DOUBLE TAP

ビル・マーレイも引き続き出演。どう"復活"したかは最後のお楽しみ。
☆☆☆★

小さい魔女とワルプルギスの夜DIE KLEINE HEXE

やっぱり魔女は恐ろしい・・・!?
☆☆☆☆

テルアビブ・オン・ファイアTEL AVIV ON FIRE

カイス・ナシェフとルブナ・アザバルは「パラダイス・ナウ」("Paradise Now",2005年)でも共演。
☆☆☆☆

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノールTHE MUSIC OF SILENCE / LA MUSICA DEL SILENZIO

ドキュメンタリー映画にして欲しかった。
☆☆★

ブライトバーン 恐怖の拡散者BRIGHTBURN

もう少しファンタジー寄りかと思っていたが、結構エグいホラー。それは、(DC系)スーパーヒーローへの歪んだ愛情表現でもある(?)。
☆☆☆☆

エンド・オブ・ステイツANGEL HAS FALLEN

さらなる続編の構想もあるようだが、主人公の肉体だけでなく、シリーズとしてもそろそろ限界では・・・。
☆☆☆

盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲ANDHADHUN

結局、主人公の打ち明け話はどこまで真実だったのか・・・
☆☆☆☆

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁WINGS OVER EVEREST / 冰峰暴

中国での公開は11月29日。興行成績の行方もチョット気になる。
☆☆☆

生理ちゃんLITTLE MISS PERIOD

誰もが気楽に楽しめるコミカルで爽やかなアンサンブル・ドラマ。しかし、作品に託されたテーマと使命はかなり重い。
☆☆☆☆

ターミネーター:ニュー・フェイトTERMINATOR: DARK FATE

本作がシリーズの「ターミネーター」となってしまうのか・・・(まあ、ほとぼりが冷めたら復活しそうだけど)。
☆☆☆★

グレタ GRETAGRETA

舞台はニューヨークだが撮影はロケはダブリンなどで行われたらしい。
☆☆☆

永遠の門 ゴッホの見た未来AT ETERNITY'S GATE

画家でもあるJ・シュナーベルだからこそ見える/見せることの出来る世界、なのかも知れない。
☆☆☆☆

CLIMAX クライマックスCLIMAX

S・ブテラを含め全員がプロのダンサー。地獄絵図となる後半も含めて、綿密に計算され得た振り付けによるコンテンポラリー・ダンス作品と捉えても面白い。
☆☆☆☆

IT/イット THE END "それ"が見えたら、終わり。IT: CHAPTER TWO

次々と現れる悪夢そのもののようなシーンの印象も、ラストが爽やかに洗い流してしまう。良いような、悪いような・・・。
☆☆☆★

最初の晩餐THE FIRST SUPPER

供される料理のように、彼らも"普通"とは少し違う。でもそれは、目玉焼きであり、餃子であり、家族なのだ。
☆☆☆☆★

NO SMOKINGNO SMOKING

NO SMOKING, NO MUSIC (?)
☆☆☆☆

■2019年10月

ロボット2.02.0

ミュージカルシーンはエンドクレジットだけ?これも時代の流れか・・・。
☆☆☆☆

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: THE NEW THESIS

どこまで描いてくれるのか、終章まで辿り着けるのか、それだけが気がかり。
☆☆☆★

ジェミニマンGEMINI MAN

例え4K/3D/120FPSで観たとしても、映画としての面白さにそれほど差が出るとは思えないが・・・。
☆☆☆

ボーダー 二つの世界BORDER / GRANS

それでもなお、これは"人間"を描いた作品。
☆☆☆☆

ブルーアワーにぶっ飛ばすBLUE HOUR

夏帆も面白い女優さんだけど、シム・ウンギョンも面白い。
☆☆☆☆

マレフィセント2MALEFICENT: MISTRESS OF EVIL

M・ファイファー演じる王妃の人物像が薄っぺらいのは残念だが、子ども向け作品としてはこんなところか。
☆☆☆★

スペシャルアクターズSPECIAL ACTORS

これを全国公開の商業映画として見せられるのは辛い。
☆☆

最高の人生の見つけ方WAY TO FIND THE BEST LIFE

主人公を女性にするというアイデアまでは良かったのだが。
☆☆★

真実THE TRUTH / LA VERITE

大女優を大女優が演じるという大ウソの中に"真実"を見た気にさせてしまう、映画という魔法。
☆☆☆★

イエスタデイYESTERDAY

それほど好きでも無いのだが、観終わると彼らの音楽が無性に恋しくなる。
☆☆☆☆

蜜蜂と遠雷BEES AND DISTANT THUNDER

決してファンタジーではないが、これはフィクションだからこそ描ける世界。ドキュメンタリー作品も手掛けているという監督の力量は確か。
☆☆☆☆★

ジョーカーJOKER

「ジョーカー」というより、俳優としての限界を知らないホアキンが怖い。
☆☆☆☆★

ジョン・ウィック:パラベラムJOHN WICK: CHAPTER 3 - PARABELLUM

すでに"Chapter 4"の米国公開日は2021年5月21日に設定済。彼はどこまで行くのだろう・・・。
☆☆☆☆

■2019年9月

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: DIE NEUE THESE SEIRAN

戦場の描写にしても人間模様にしても、どこか整い過ぎている。そのあたりが、第二章以降に崩れてくることを期待したい。
☆☆☆★

パリに見出されたピアニストIN YOUR HANDS / AU BOUT DES DOIGTS

ラフマニノフの甘美さドラマチックさにやや頼り過ぎ、という印象。
☆☆☆

ホテル・ムンバイHOTEL MUMBAI

(多少の脚色はあるにせよ)これが現実に起きたことだと思うと、胸が苦しくなるばかり。
☆☆☆☆

ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たちTHE HUMMINGBIRD PROJECT

何故か実話を謳っているが、ストーリーはフィクション。高頻度取引(HFT)は現実だが、すでに過去のものになりつつある。
☆☆☆★

宮本から君へFROM MIYAMOTO TO YOU

令和時代の片隅で嗅ぐ、芳しき昭和の"異臭"。
☆☆☆☆★

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へEIGHTH GRADE

デジタルの時代でも思春期の厄介さはまだ変わっていないようで、ある意味ちょっと安心(?)
☆☆☆☆

帰ってきたムッソリーニSONO TORNATO

ドイツ、イタリアとくれば、次は日本か!?(誰に蘇ってもらうかが問題だが)
☆☆☆★

アド・アストラAD ASTRA

「2001年」へと手を伸ばし、テーマは哲学的な深遠さに向かおうとしているが、まだ残るSF映画なウソがその脚を引っ張っている。
☆☆☆☆

記憶にございません!KIOKU NI GOZAIMASEN!

コミカルさは十分。シニカルさが欲しい。政治映画ならなおのこと。
☆☆★

人間失格 太宰治と3人の女たちNO LONGER HUMAN: DAZAI OSAMU AND THREE WOMEN

女優陣の方がヤバすぎて小栗旬がどう演じても「失格」に見えない、という構造的問題。
☆☆☆★

サウナのあるところSTEAM OF LIFE / MIESTEN VUORO

なぜかこれが「R15+」になってしまうニッポンの不思議。本国フィンランドでは(もちろん)全年齢鑑賞可能な「K-3」。
☆☆☆☆

プライベート・ウォーA PRIVATE WAR

M・コルヴィンが出演したドキュメンタリー映画"Bearing Witness"(2005年)というのがあるらしいのだが、観る術は無さそう・・・。
☆☆☆★

ブルーノート・レコード ジャズを超えてBLUE NOTE RECORDS: BEYOND THE NOTES

音楽の過去・現在・未来がここにある、と言い直したい。
☆☆☆☆

フリーソロFREE SOLO

撮影する側にとっても究極の挑戦。当の本人よりも恐れ怯えている彼らの姿もまた、オノルドの凄さを物語っている。
☆☆☆☆★

アスUS

1986年のHands Across Americaは人々の団結を象徴するイベントとなったが、ピール監督はそれを米国分断の象徴として蘇らせた。
☆☆☆☆

SHADOW/影武者SHADOW

芸術性と娯楽性との高次元融合。奥義を極めたイーモウ監督ならではの技が冴える(ツッコミどころを含めて)。
☆☆☆★

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドONCE UPON A TIME... IN HOLLYWOOD

M・ロビー演じるシャロン・テイトが、「サイレンサー/破壊部隊」("The Wrecking Crew",1968年)に映る本物のシャロン・テイトを観て歓ぶ図の、得も言われぬ心憎さ。
☆☆☆☆★

■2019年8月

トールキン 旅のはじまりTOLKIEN

伝記映画ではあるが、監督や作り手たちのトールキンへの思いがそこに投影されている。それは当然のことだし、そうあるべきなのだが・・・。
☆☆☆

やっぱり契約破棄していいですか!?DEAD IN A WEEK (OR YOUR MONEY BACK)

T・ウィルキンソンが居る。今はそれでいい。
☆☆☆

おしえて!ドクター・ルースASK DR. RUTH

彼女のような存在こそが、アメリカを偉大な国にしている。
☆☆☆☆

ガーンジー島の読書会の秘密THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY

当初はケネス・ブラナー監督、ケイト・ウィンスレット主演で映画化が企画され、ガーンジー島で撮影が行われる予定だったが・・・。
☆☆☆

ドッグマンDOGMAN

だんだん、のび太とジャイアンの成れの果てに思えてきた。
☆☆☆☆

ディリリとパリの時間旅行DILILI A PARIS

ベル・エポック=美しき時代。だが、どんな時代にも醜さが潜み、それは今につながっている。
☆☆☆☆★

二ノ国NINOKUNI

小・中学生くらい視点から見上げるとちょうどいいアングルなのだろう、きっと。
☆☆★

ロケットマンROCKETMAN

T・エジャトンを完全に過小評価していたことを深く反省。
☆☆☆☆

アートのお値段THE PRICE OF EVERYTHING

「ART=MONEY」とも「ART≠MONEY」とも言い切れないところに面白みが生まれているのは確か。ただ、ドキュメンタリーとしてはネガティブな面も追求して欲しかった。
☆☆☆★

鉄道運転士の花束TRAIN DRIVER'S DIARY / DNEVNIK MASINOVODJE

キワドイほどブラックなのに、何故かほのぼの。何とも不思議な心地よさ。
☆☆☆☆

ダンスウィズミーDANCE WITH ME

何で日本映画とミュージカルはこんなにも相性が悪いのだろう・・・。
☆☆★

イソップの思うツボAESOP'S GAME

誰が"イソップ"にせよ、そのツボにハマることになるのは我々。
☆☆☆★

命みじかし、恋せよ乙女KIRSCHBLUTEN & DAMONEN

実は「HANAMI」("Kirschbluten - Hanami",2008年)の続編的作品。
☆☆☆★

カーライル ニューヨークが恋したホテルALWAYS AT THE CARLYLE

ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレイ主演「ビル・マーレイ・クリスマス」("A Very Murray Christmas",2015年)もここが舞台。
☆☆☆★

ピータールー マンチェスターの悲劇PETERLOO

「ピータールーの虐殺」の犠牲者の正確な数は、明らかになっていないという。
☆☆☆☆

ライオン・キングTHE LION KING

眼前に広がる大自然の砂の一粒までもが、すべてまがい物。その映像技術は圧巻。
☆☆☆☆

ワイルド・スピード/スーパーコンボFAST & FURIOUS PRESENTS: HOBBS & SHAW

J・ステイサムは1967年、V・カービーは1988年生まれなので実年齢差は21歳。この辺りにも無理矢理感が漂う。
☆☆☆

風をつかまえた少年THE BOY WHO HARNESSED THE WIND

ウィリアムが22歳の時に行ったTEDでのプレゼンは、こちらで見ることができる https://bit.ly/1ma386c
☆☆☆★

世界の涯ての鼓動SUBMERGENCE

ただのメロドラマ、として観た方が楽しめるかも。
☆☆☆

あなたの名前を呼べたならSIR

社会派の作品でもあるが、まずロマンス映画として逸品。
☆☆☆☆

■2019年7月

アルキメデスの大戦THE GREAT WAR OF ARCHIMEDES

迫力はあるが、やはりどこかCGっぽさが抜けないVFXも、その虚しさの一因か。
☆☆☆★

ペット2THE SECRET LIFE OF PETS 2

アニメ声優初挑戦のハリソン・フォードの声を堪能したい方は字幕版へ。