■2018年12月

ドラゴンボール超 ブロリーDRAGON BALL SUPER: BROLY

そして、野沢雅子のパワーにも圧倒される。彼女もまた、人知を超えた存在になりつつあるのかも・・・!?
☆☆☆☆

グリンチDR. SEUSS' THE GRINCH

バスの運転手の名前がサムなのは「スピード」("Speed",1994年)へのオマージュ?他にも小ネタはイロイロありそう。
☆☆☆★

マイ・サンシャインKINGS

そのカオスを、作品そのもののカオスで表現しようとしたのだろうか?
☆☆★

メアリーの総てMARY SHELLEY

メアリー・シェリー、というより、エル・ファニングを描くための作品?
☆☆☆★

おとなの恋は、まわり道DESTINATION WEDDING

全然ロマンチックじゃないロマ・コメ。共演4度目という息の合った2人の息の合わない掛け合いが楽しい。
☆☆☆★

来るKURU

結局、来たのはオムライスだけ。
☆☆★

パッドマン 5億人の女性を救った男PADMAN

機動戦士ガンダムNTMOBILE SUIT GUNDAM NARRATIVE

そろそろ過去の亡霊を追い払いたいところだが、作品を重ねるに連れて亡霊も増え続け・・・。
☆☆☆★

くるみ割り人形と秘密の王国THE NUTCRACKER AND THE FOUR REALMS

せめてバレエのシーンがもっとあれば。せっかくM・コープランドやS・ポルーニンを召喚したのに・・・。
☆☆☆

ピアソラ 永遠のリベルタンゴPIAZZOLLA: THE YEARS OF THE SHARK / ASTOR PIAZZOLLA INEDITO

その生涯に触れた上であらためて聴く彼のバンドネオンの音色は、また格別。
☆☆☆☆

オンネリとアンネリのふゆONNELIN JA ANNELIN TALVI

こういう作品こそ吹替版が必要では?個人的にはフィンランド語の響きが楽しめる字幕版が嬉しいけれど。
☆☆☆★

彼が愛したケーキ職人THE CAKEMAKER

肝心なところでまさかの"インターミッション"(上映トラブル)で、ちょっと興ざめ・・・。
☆☆☆☆

■2018年11月

ヘレディタリー/継承HEREDITARY

「青春の光と影」までもがトラウマになりそう・・・。
☆☆☆☆

斬、KILLING

握りしめた刀が発っするギリギリという音が、彼らの心の軋みに聞こえてくる。
☆☆☆☆

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD

さすがはジョニー・デップ。有無を言わせぬ迫力と貫禄で雑音を払い除けている。
☆☆☆☆

ギャングースGANGOOSE

金子ノブアキ演じる加藤の"熱血講義"には、危うく感化されそうに・・・(実は本作一番の肝のシーンかも)。
☆☆☆★

イット・カムズ・アット・ナイトIT COMES AT NIGHT

結果は最初から目に見えているのだが、後味の悪さは想像以上。
☆☆☆☆

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリーA GHOST STORY

パイの味が、ずっと気になっている。
☆☆☆☆

おかえり、ブルゴーニュへBACK TO BURGUNDY / CE QUI NOUS LIE

豊かな果実味とのバランスがいい爽やかな酸味が楽しめるが、複雑な味わいも残す。
☆☆☆★

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイSICARIO: DAY OF THE SOLDADO

さらなる続編を匂わせるエンディング。プロデューサーのTrent Luckinbillは第3作が開発に入っているとコメントしていたが・・・。
☆☆☆★

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。
☆☆☆☆☆

GODZILLA 星を喰う者GODZILLA: EATER OF STARS

とりあえず、無数の可能性の中での一つの帰着、と受け止めることにする。
☆☆☆★

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN

本作に登場する(「リビング・デイライツ」でも使われた)Aston Martin V8 Vantageは、カーマニアで知られるR・アトキンソンの私物らしい。
☆☆☆

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

次回予告ではあのセリフも聞こえてきたが・・・本当に完結するのかも含めて、不安でもあり楽しみでもあり。
☆☆☆☆

ヴェノムVENOM

どうやらMCUとは独立した作品になるようだが・・・Marvel作品はMarvel Studiosに任せるべきでは?
☆☆☆

華氏119FAHRENHEIT 11/9

こういう映画が製作され広く劇場で公開されるアメリカは、ある意味、まだ健全なのかもしれない。
☆☆☆☆

赤毛のアン 卒業L.M. MONTGOMERY'S ANNE OF GREEN GABLES: FIRE & DEW

正直なところ不満と不安のあるシリーズだったが、終わり良ければ。
☆☆☆★

ビブリア古書堂の事件手帖MEMORY OF ANTIQUE BOOKS

黒木華の演技力はさすが。他が霞むのが難。
☆☆☆

■2018年10月

オズランド 笑顔の魔法おしえます。OZ LAND

劇中で西島秀俊が「ダサい」というユニフォームも、実際に使われているものらしい。
☆☆☆

億男MILLION DOLLAR MAN

もっとも、これは[億男][億女]たちへの忠告。我々[雑魚]は相手にされていない。
☆☆☆

search/サーチSEARCHING

確かに斬新なアイデア。でも、よく観ると相当に面倒くさいことをやっている。
☆☆☆★

2001年宇宙の旅2001: A SPACE ODYSSEY

ディスカバリー号は精子、木星は卵子、太陽系は子宮、宇宙は母、そして生まれたのがスターチャイルド、という解釈が好き。難解とも言われるが、意外とシンプルな作品だと思う。
☆☆☆☆☆

テルマTHELMA

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」("I, Tonya",2017年)のクレイグ・ギレスピー監督によるリメイクが計画されているらしいが・・・。
☆☆☆☆

世界で一番ゴッホを描いた男CHINA'S VAN GOGHS / 中國梵高

油絵村なる場所があることも驚きだが、それだけの需要があるということもまた驚き。
☆☆☆☆

デス・ウィッシュDEATH WISH

MGMライオンの咆哮を久しぶりに聞いた気がする。
☆☆☆

エンジェル、見えない恋人ANGEL / MON ANGE

現実的(?)には服を着ればいいのだが、そうしてしまうと映画としてのマジックが消えてしまう、というジレンマ。
☆☆☆★

止められるか、俺たちをDARE TO STOP US

井浦新のものまね的(?)演技には驚いたが、それも含めて、若松監督への深い愛を全編から感じる。
☆☆☆☆

アンダー・ザ・シルバーレイクUNDER THE SILVER LAKE

あまりにみすぼらしいアンドリュー・ガーフィールドが、本気で心配になってくる。
☆☆☆★

ムタフカズMUTAFUKAZ

こういうガツンとくる絵面や物語のアニメ映画がもっと欲しい。
☆☆☆☆

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!LOUDER! CAN'T HEAR WHAT YOU'RE SINGIN', WIMP!

このキスシーンがすごい!(ほぼ)1位確定。
☆☆☆★

日日是好日NICHINICHI KORE KOUJITSU

樹木希林はお茶の経験が無かったというから驚き。20歳から40代までの佇まいを演じ分ける黒木華にも見惚れる。
☆☆☆☆

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛TULIP FEVER

ヴィキャンデルもデハーンも、最近作品に恵まれていない気がする・・・。
☆☆★

赤毛のアン 初恋L.M. MONTGOMERY'S ANNE OF GREEN GABLES: THE GOOD STARS

生活感があまり感じられない。衣服も建物も風景もみんな真新しい感じがする。
☆☆☆

イコライザー2THE EQUALIZER 2

現実味の薄いコミック的な主人公も、D・ワシントンが演じるとそれなりに説得力があるから流石だ。
☆☆☆★

■2018年9月

散り椿SAMURAI'S PROMISE

その切っ先から発せられる岡田准一の凄まじい気迫は、恐ろしささえ感じるほど。
☆☆☆☆

クレイジー・リッチ!CRAZY RICH ASIANS

"ASIANS"を黙ってタイトルから外してしまうところが、いかにも日本的発想で情けなくなる。
☆☆☆☆

太陽の塔TOWER OF THE SUN

臭いものにすぐ蓋をしたがる日本人に彼が突きつけた、相当にきな臭いあの塔が、今なおあそこに立ち続けているのは実に痛快。
☆☆☆☆☆

愛と法OF LOVE & LAW

冗談抜きで続編を撮った方がいいかもしれない。いや、ぜひ撮るべき。
☆☆☆☆★

クワイエット・プレイスA QUIET PLACE

当初は「クローバーフィールド」シリーズに組み込むという案もあったらしい。
☆☆☆☆

スカイスクレイパーSKYSCRAPER

建築家Adrian Smithも参加したという超高層ビルのデザインも見どころの一つ。
☆☆☆★

バッド・ジーニアス 危険な天才たちBAD GENIUS

久しぶりに学校の試験の雰囲気を思い出して嫌な気分・・・。
☆☆☆☆

世界が愛した料理人SOUL

「二郎は鮨の夢を見る」("Jiro Dreams of Sushi",2011年)という素晴らしい作品がすでにあるだけに、物足りなさが残る。
☆☆☆

食べる女WOMAN WHO EATS

ここは女性監督に撮って欲しいところだけれど・・・。
☆☆☆★

死霊館のシスターTHE NUN

タイッサ・ファーミガを起用したということは、本作のヒロインと、本家「死霊館」シリーズのロレイン・ウォーレンにも何らかの繋がりが!?と思わせておいて・・・
☆☆★

ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪PEGGY GUGGENHEIM: ART ADDICT

現代美術を代表する画家やその作品が次々と登場。目眩がする。
☆☆☆☆

ザ・プレデターTHE PREDATOR

公開直前に、性犯罪者登録されている俳優を監督が黙って出演させていたことがオリヴィア・マンの指摘で発覚するという味噌がついたが、米国と同時公開の日本では何故かほとんど報じられず…。
☆☆☆

プーと大人になった僕CHRISTOPHER ROBIN

実写化という大きな冒険に、意義はあったと思う。「何もしない」こともまた大切だけど。
☆☆☆☆★

ヒトラーと戦った22日間SOBIBOR

ちなみに、本作に"ヒトラー"は(その名前すら)一切登場しない。
☆☆☆☆

MEG ザ・モンスターTHE MEG

続編は無いよ、という宣言かと思ったら、なるほどサメのヒレと掛けてたのか。この調子なら続編も有り得るかも・・・。
☆☆☆★

泣き虫しょったんの奇跡NAKIMUSHI SHOTTAN NO KISEKI

そして何故か、染谷将太が将棋映画界に不可欠な存在になろうとしている・・・。
☆☆☆

500ページの夢の束PLEASE STAND BY

「スタートレック」ファン向けの作品ではないけど、「スタートレック」を知らない人にも向かないかも・・・。
☆☆☆

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男BORG/MCENROE

"悪童"だけでなく、ボレーの巧みさから"アーティスト"とも呼ばれたマッケンロー。シャイア・ラブーフはまさに適役!?
☆☆☆★

アントマン&ワスプANT-MAN AND THE WASP

とはいえ、「インフィニティ・ウォー」後のMUCの運命に彼らが大きく関わってくることは間違いなさそう・・・。
☆☆☆☆

寝ても覚めてもASAKO I & II

そんなヒロインに苛立ちを覚えるのもまた、どこかで彼女に嫉妬しているからなのか?
☆☆☆

■2018年8月

判決、ふたつの希望THE INSULT / L'INSULTE

中東が舞台の本格的法廷劇としても興味深い作品。
☆☆☆☆

皇帝ペンギン ただいまMARCH OF THE PENGUINS 2: THE NEXT STEP / L'EMPEREUR

オリジナル版のナレーションはランベール・ウィルソン! なのだが、当然フランス語。草刈正雄の日本語版にしておくべきだったかも・・・。
☆☆☆☆

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーMAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN

シェールの圧倒的存在感! 9月リリースのABBAのカバーアルバムも楽しみ。
☆☆☆☆

検察側の罪人KILLING FOR THE PROSECUTION

松重豊の主演でスピンオフを希望。
☆☆☆★

オーケストラ・クラスLA MELODIE

出演した子どもたちは演技も楽器も未経験だったようだが、むしろそれが功を奏している。
☆☆☆★

ポップ・アイPOP AYE

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」("Bad Genius",2017年)にも出演しているタネート・ワラークンヌクロ、実はミュージシャンらしい。
☆☆☆☆

大人のためのグリム童話 手をなくした少女THE GIRL WITHOUT HANDS / LA JEUNE FILLE SANS MAINS

写実性を廃した独特の技法や、より実在的な(文字通り糞尿を垂れる)ヒロイン像は、ディズニー(やそれに類する)作品へのアンチテーゼか?
☆☆☆☆

ペンギン・ハイウェイPENGUIN HIGHWAY

これが声優デビューとは思えない北香那。一方、蒼井優には貫禄さえ漂う。
☆☆☆☆

タイニー・ファニチャーTINY FURNITURE

ちなみに、ローリー・シモンズが監督・主演を務めた"My Art"(2016年)では、レナ・ダナムが娘役で出演している。こちらもちょっと面白そう・・・。
☆☆☆★

追想ON CHESIL BEACH

B・ハウルは「ダンケルク」("Dunkirk",2017年)にも出ていたらしいが、記憶にない。
☆☆☆☆

オーシャンズ8OCEAN'S EIGHT

ドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」("The First Monday in May",2016年)を観ておくと良いかも。
☆☆☆★

ミッション:インポッシブル/フォールアウトMISSION: IMPOSSIBLE - FALLOUT

もう、残る舞台は宇宙しかない・・・!?
☆☆☆☆

カメラを止めるな!ONE CUT OF THE DEAD

噛めば噛むほど脳内に旨味が滲み出るこんな作品は、本当に久しぶり。
☆☆☆☆☆

スターリンの葬送狂騒曲THE DEATH OF STALIN

(ほぼ)英米の俳優でメインキャストで固め、全編をFワード満載の英語で描いているのも痛烈な皮肉か。
☆☆☆☆

インクレディブル・ファミリーINCREDIBLES 2

同時上映はドミー・シー(Domee Shi)監督の短編"Bao"(2018年)。意外な展開に驚かされるが、これもまた一つの家族の風景。
☆☆☆☆

■2018年7月

ヒトラーを欺いた黄色い星DIE UNSICHTBAREN

何でもかんでも「ヒトラー」を付けるのは、そろそろやめにしませんか?
☆☆☆★

ウインド・リバーWIND RIVER

某スーパーヒーロー映画で共演する2人の起用に疑問もあったが、全くの杞憂であった。J・レナーには惚れ直した。
☆☆☆☆★

ラ・チャナLA CHANA

サルバドール・ダリが公演に連れてくるチーターが怖くて嫌だったと彼女は語るが、その時怯えていたのはチーターの方だったに違いない。
☆☆☆☆★

人間機械MACHINES

その地域に立ち並ぶ工場の中でも、ここは一番まともなのだとか・・・。
☆☆☆☆

クレイジー・フォー・マウンテンMOUNTAIN

ちょっと音楽はうるさいが、ウィレム・デフォーのナレーションは心地いい。
☆☆☆☆

未来のミライMIRAI

4歳の"くんちゃん"には少し難しいかな、と思いながら観ていたが、彼らは彼らなりに(むしろ大人以上に)この世界を理解しているのかも。
☆☆☆★

クレアのカメラCLAIRE'S CAMERA / LA CAMERA DE CLAIRE

時々刻々と変化し続ける私たちの一瞬を切り出した写真に写っているのは、そこから移り変わってきた自分。
☆☆☆☆

ジュラシック・ワールド/炎の王国JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM

第3作の公開は2021年。それまでに現実がフィクションを追い越していなければいいが・・・。
☆☆☆☆

グッバイ・ゴダール!GODARD MON AMOUR / LE REDOUBTABLE

オマージュというよりパロディに近い。
☆☆☆

わがチーム、墜落事故からの復活NOSSA CHAPE

極めて貴重で興味深いドキュメンタリー。相変わらずサッカーに興味は無いが・・・。
☆☆☆☆★

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!EARLY MAN

※ただし字幕版上映は僅か全国3館!
☆☆☆★

エヴァEVA

パリとアルプス、若さと老い、儚げな男と力強い女・・・対照的なそれらには、美麗と醜悪が常に共存している。
☆☆☆

バトル・オブ・ザ・セクシーズBATTLE OF THE SEXES

ハリウッドにとってタイムリーな作品。裏を返せば、歴史的なその試合から45年を経た今でも男女格差の問題は解決していないということでもある。
☆☆☆★

正しい日 間違えた日RIGHT NOW, WRONG THEN

ホン・サンス監督は、第一部を撮影し、それをキャストに観せた後に、第二部を撮影したらしい。
☆☆☆☆

パンク侍、斬られて候PUNK SAMURAI SLASH DOWN

こういう作品が堂々と公開さるこの国はまだ大丈夫・・・だと思うことにする。
☆☆☆

■2018年6月

オンリー・ザ・ブレイブONLY THE BRAVE

せめて映画の中だけでも彼らには違う結末を・・・そう祈らずにはいられなかた。
☆☆☆☆

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーSOLO: A STAR WARS STORY

気になるのはキーラのその後だが、果たして描かれることはあるのか・・・。
☆☆☆☆

女と男の観覧車WONDER WHEEL

観覧車に乗れば美しい景色は楽しめるが、結局同じ場所に戻ってくるだけ。
☆☆☆★

ガザの美容室DEGRADE

対照的に男性性の顛落と死を示唆する本作の脚本・監督が、女性ではなく双子の兄弟というのも興味深い。
☆☆☆☆

ブリグズビー・ベアBRIGSBY BEAR

やや子供じみてはいるが、時々無性に欲しくなるその甘美さが、この作品にはある。
☆☆☆☆★

焼肉ドラゴンYAKINIKU DRAGON

「御返杯」シーンがケッサク。真木よう子の表情にも注目。
☆☆☆☆

フジコ・ヘミングの時間FUZJKO HEMMING: A PIANIST OF SILENCE & SOLITUDE

劇中で紹介される絵日記はそのまま出版できそう、と思っていたら今月出版されるようだ。
☆☆☆☆

空飛ぶタイヤRECALL

モデルとなった実際の事件では、運送会社は廃業に追い込まれたという。
☆☆☆☆

メイズ・ランナー:最期の迷宮THE MAZE RUNNER: THE DEATH CURE

兎にも角にも、ディラン・オブライエンが無事で良かった。
☆☆☆

ニンジャバットマンBATMAN NINJA

流石に本国ファンからはケチョンケチョンのようだが、どうせやるならケンカを売るくらいの方がいい。
☆☆☆☆

ワンダー 君は太陽WONDER

O・ウィルソンとJ・ロバーツが両親という方が、むしろワンダー。
☆☆☆

それからTHE DAY AFTER

男女の悲喜劇を、盛り上げつつ水を差してくる音楽がまた、何とも可笑しくて不気味。
☆☆☆☆★

レディ・バードLADY BIRD

冒頭に引用されているのは、作家Joan Didionが帰郷する飛行機内で残したコメント。故郷サクラメントへの愛情と執着が、本作のそれと重なっていく。
☆☆☆☆

オンネリとアンネリのおうちONNELI JA ANNELI

ビジュアルだけでなく、音響効果も可愛いくて微笑ましい。
☆☆☆★

VisionVISION

見方によっては奇怪なファンタジーだが、自分には心安らぐ寓話に思えた。
☆☆☆☆

デッドプール2DEADPOOL 2

この過激さが笑って許されるのも今回限りだろう。
☆☆☆★

万引き家族SHOPLIFTERS

小さな作品。出来れば(世間が騒ぎ出す前に)ひっそりと観たかった。
☆☆☆☆★

ビューティフル・デイYOU WERE NEVER REALLY HERE

選曲とジョニー・グリーンウッドの音楽も好き。
☆☆☆☆

■2018年5月

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

ますます展開は目まぐるしく、なかなか飽きさせてくれない。
☆☆☆★

犬ヶ島ISLE OF DOGS

ストーリーの骨格はシンプルだが、とにかく情報量が多い。観る度に新たな発見がありそう・・・。
☆☆☆☆

29歳問題29+1

原作の舞台版ではキーレン・パン監督が2役を演じていたと(エンドクレジットで)知って、いろいろと腑に落ちた。
☆☆☆☆★

ファントム・スレッドPHANTOM THREAD

かつて家具師を目指し、靴職人の修行も積み、本作でドレス作りも修得したデイ=ルイス。俳優引退を宣言した彼はファッションデザイナーを目指すとの噂もあるが、一時の気の迷いと思いたい
☆☆☆☆

ゲティ家の身代金ALL THE MONEY IN THE WORLD

1ヶ所だけケヴィン・スペイシーが映っているらしい。
☆☆☆★

ランペイジ 巨獣大乱闘RAMPAGE

最新VFXのおかげで巨獣たちが恐ろしくリアルな一方、低能な脚本のおかげで人間どもに殆どリアリティが無い、のがまた可笑しい。
☆☆☆★

のみとり侍NOMITORI ZAMURAI

「R15+」の半端なエロスは、宣伝文句にしたかったのかも知れないが、わざとらしさしか感じない。
☆☆☆

GODZILLA 決戦機動増殖都市GODZILLA: CITY ON THE EDGE OF BATTLE

てっきり次はモスラかと思っていたら・・・。
☆☆☆★

ピーターラビットPETER RABBIT

マグレガーおじさん役はサム・ニールだったのか! 全く気が付かなかった。
☆☆☆

ミッドナイト・サン タイヨウのうたMIDNIGHT SUN

B・ソーンが歌うシーンをもう1、2曲増やして欲しかった。
☆☆☆

私はあなたのニグロではないI AM NOT YOUR NEGRO

S・L・ジャクソンのナレーションも素晴らしい。ボールドウィンの言葉の一つひとつが、深く沁みる。
☆☆☆☆★

孤狼の血THE BLOOD OF WOLVES

ナレーションはちょっとやり過ぎではないかと(オマージュなのは理解するけど)・・・。
☆☆☆☆

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法THE FLORIDA PROJECT

ウィレム・デフォーに(改めて)惚れる。
☆☆☆☆

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星MOBILE SUIT GUNDAM THE ORIGIN VI: RISE OF THE RED COMET

"その後"への布石は打ってあるようだが・・・果たして「生き延びることはできる」のか?
☆☆☆★

ラプラスの魔女LAPLACE'S WITCH

物語上ほとんど何の役にも立っていない主人公は、ある意味斬新。
☆★

ホース・ソルジャー12 STRONG

さすがC・ヘムズワース。ヒーロー役がよく似合う。良くも悪くも。
☆☆☆★

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルI, TONYA

貧困、鬼母、暴力夫、歪んだフィギュアスケート業界・・・全てを他者のせいにして主人公への共感を誘う。だが、それを彼女の実像と受け止めるのは素直すぎるだろう。
☆☆☆☆

ザ・スクエア 思いやりの聖域THE SQUARE

リアルすぎるサルのパフォーマンスを披露するテリー・ノタリーは、「キングコング:髑髏島の巨神」のコング役や「猿の惑星」シリーズのロケット役を務めた人物、と聞いて納得。
☆☆☆★

パティ・ケイク$PATTI CAKE$

主演のダニエル・マクドナルドは全くラップの経験がなかったというから驚き。
☆☆☆☆

■2018年4月

名探偵コナン ゼロの執行人DETECTIVE CONAN: ZERO THE ENFORCER

実は(「ルパン三世 VS・・・」を除いて)劇場版を観るのは初めてだったが、「コナン」がこれほどハードな作品だったとは・・・。
☆☆☆★

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーAVENGERS: INFINITY WAR

このモヤモヤを抱えたまま1年も待たなければならないのは辛すぎる。
☆☆☆☆★

オー・ルーシー!OH LUCY!

寺島しのぶが主演という時点で、ただの明るく楽しいコメディでないことは予想しておくべきだった・・・。
☆☆☆★

心と体とON BODY AND SOUL / TESTROL ES LELEKROL

故事にあるように、私たちが現実と感じているこの世界こそ、実は誰かの夢なのかもしれないが。
☆☆☆☆

君の名前で僕を呼んでCALL ME BY YOUR NAME

本作はビル・パクストン(Bill Paxton,1955-2017)に捧げられている。彼がイタリアの撮影現場を訪れた際、グァダニーノ監督と友人になったのだとか。
☆☆☆☆★

タクシー運転手 約束は海を越えてA TAXI DRIVER

同じく光州事件を扱った「光州5・18」(2007年)もそう言えば、主人公はタクシー運転手だった。
☆☆☆☆

レディ・プレイヤー1READY PLAYER ONE

キャラクタも音楽もクロスオーバーとオマージュでぎゅう詰め。両眼・両耳を総動員しても到底捌ききれず、嬉しい悲鳴。
☆☆☆☆

いぬやしきINUYASHIKI

VFXのクオリティは邦画最高レベル。日本映画の予算で、ここまで出来るようになったか・・・。
☆☆☆★

パシフィック・リム:アップライジングPACIFIC RIM UPRISING

ニッポンを代表するあの大型ロボットも登場するが、残念ながら直立不動のまま。
☆☆☆☆

女は二度決断するIN THE FADE / AUS DEM NICHTS

何れにせよ、D・クルーガーの印象は鮮烈。
☆☆★

ラブレスLOVELESS / NELYUBOV

12歳の少年アレクセイは、本作の中で"愛"を象徴する唯一の存在。登場シーンは少ないが、彼(の不在)が物語を支配している。
☆☆☆☆

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルJUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE

悩めるティーンエージャーを演じる4人が楽しいが、中でも傑作はジャック・ブラック!
☆☆☆★

ワンダーストラックWONDERSTRUCK

そのM・シモンズは、注目の新作ホラー"A Quiet Place"にも出演。益々の活躍に期待したい。
☆☆☆☆

ヴァレリアン 千の惑星の救世主VALERIAN AND THE CITY OF A THOUSAND PLANETS

おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさや、何とも言えない残念感も含めて、嫌いじゃない。
☆☆☆

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書THE POST

ジャーナリズム精神が失われ、政治屋が野放し状態の我が国には、馬の耳に念仏か。
☆☆☆☆★

■2018年3月

トレイン・ミッションTHE COMMUTER

御年65歳のリーアム・ニーソンは今年「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(2014年)や「暴走車 ランナウェイ・カー」(2015年)のリメイクなどに主演。快進撃は続く。
☆☆☆

レッド・スパローRED SPARROW

キャスティングは文句なし、と言いたいところだが、誰一人ロシア人に見えないのが難。
☆☆☆★

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男DARKEST HOUR

エンドクレジットでゲイリー・オールドマンの名前を見て我に返ったが、彼の顔をしばらく思い出せなかった。
☆☆☆☆

BPM ビート・パー・ミニットBPM (BEATS PER MINUTE) / 120 BATTEMENTS PAR MINUTE

日本でのHIV感染者とAIDS患者の新規報告数は、この10年横ばいが続いているという。この国では今なお無関心が蔓延っている。
☆☆☆☆

曇天に笑うLAUGHING UNDER THE CLOUDS

これほど女っ気のない映画も珍しい・・・。
☆☆☆

トゥームレイダー ファースト・ミッションTOMB RAIDER

舞台となる島の名前は"ヤマタイ"なのだが、字幕では使われず・・・。
☆☆

ボス・ベイビーTHE BOSS BABY

散りばめられたパロディの元ネタが妙に古めなのが気になる。自分にはちょうど良かったけど。
☆☆☆★

修道士は沈黙するTHE CONFESSIONS / LE CONFESSIONI

万有引力の法則はシンプルでエレガントな公式で世界を表現するが、醜い人間社会を表す数式は複雑怪奇で・・・実は無意味。そんな風刺コメディを仕込んだ社会派ミステリー。
☆☆☆☆★

リメンバー・ミーCOCO

同時上映「アナと雪の女王/家族の思い出」("Olaf's Frozen Adventure",2017年)は、20分超と長いワリに内容が薄く、楽曲もイマイチ。
☆☆☆☆★

北の桜守SAKURA GUARDIAN IN THE NORTH

ここのところ重い話が続いたので、吉永小百合出演121本目にはロマンチックコメディなどいかがかと。
☆☆☆☆

ハッピーエンドHAPPY END

それでも何処かに幸せな結末もあるのだろう。スマホの小さな画面には映らないだけで。
☆☆☆☆

ブラックパンサーBLACK PANTHER

もう少し「007」っぽいのかと思っていたら、ほぼ「ライオン・キング」だった。
☆☆☆☆

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアTHE KILLING OF THE SACRED DEER

映画としては、おそらく傑作。でも、観なければ分からない、この観なければ良かった感。
☆☆★

シェイプ・オブ・ウォーターTHE SHAPE OF WATER

デル・トロ監督には2011年頃、エマ・ワトソン主演による「美女と野獣」実写映画化の話があった(http://po.st/bp2UnJ)のだが、本作に取り掛かったのもこの頃らしい。
☆☆☆☆

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスMAUDIE

実際に彼らが結婚したのは、モードがエベレットの家を初めて訪ねてから数週間後だったという。
☆☆☆☆★

ダウンサイズDOWNSIZING

数百年後には「進○の巨人」のようなことになっている気がする・・・。
☆☆☆☆

15時17分、パリ行きTHE 15:17 TO PARIS

俳優が演じていれば、より"映画"的作品になっていただろうけど、イーストウッド監督の判断は正しかったと思う。
☆☆☆★

■2018年2月

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめTHE BIG SICK

クメイル・ナンジアニの「X-ファイル」好きは有名らしく、2016年放送のシーズン10第3話で出演も果たしている。
☆☆☆☆

ナチュラルウーマンA FANTASTIC WOMAN / UNA MUJER FANTASTICA

歌手としても活動するダニエラ・ベガの映画次回作はコメディなのだとか。日本での公開を期待したい。
☆☆☆☆

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎LEGEND OF THE DEMON CAT / 妖猫傳

やはり日本語吹き替え版のみなのは残念。大半のシーンを中国語で演じた染谷将太の努力も報われない。
☆☆☆★

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめTHE BEGUILED

力や言葉ではなく、さりげない仕草や視線で男を翻弄し世界を支配する女たち。それは、決して狂気ではない。
☆☆☆☆

ウイスキーと2人の花嫁WHISKY GALORE!

実話に基づく物語。ただし、実際の難破船には大量のウイスキーだけでなく、多額の現金も積まれていたとか・・・。
☆☆☆★

リバーズ・エッジRIVER'S EDGE

スタンダードサイズに一瞬戸惑う。1990年代という狭苦しい時代の象徴(?)は、今の若者達にどう映るのか?
☆☆☆☆

長江 愛の詩CROSSCURRENT / 長江圖

安巍(Wei An)による音楽もまた素晴らしいのだけれど、サントラが無い・・・(涙
☆☆☆☆

グレイテスト・ショーマンTHE GREATEST SHOWMAN

R・ファーガソン演じるジェニー・リンドの見事な歌声は、実はLoren Allredによる吹替。だが、その2人のコラボレーションが大きな見所でもある。
☆☆☆☆

ぼくの名前はズッキーニMY LIFE AS A ZUCCHINI / MA VIE DE COURGETTE

シンプルな語り口の中に、現実の厳しさと、それでも常にある未来への希望を描いた、今を生きる子どもたちに向けた作品。
☆☆☆☆★

マンハントMANHUNT / 追捕

どうせなら舞台を日本から移して、純・香港映画にしたほうが良かったのでは?
☆☆☆

今夜、ロマンス劇場でTONIGHT, AT THE MOVIES

物語を寸断させてくる看護師が鬱陶しい。それより、「ハンサムガイ」シリーズ最新作の出来が気になる・・・。
☆☆☆

アバウト・レイ 16歳の決断3 GENERATIONS / ABOUT RAY

ある家族の物語、で片付けてしまうには惜しい素材だった。楽しい映画ではあったけど。
☆☆☆

ローズの秘密の頁THE SECRET SCRIPTURE

スーザン・リンチ演じる看護師がだんだん怪しく見えてくるのは気のせいか・・・。
☆☆☆

RAW 少女のめざめRAW / GRAVE

結構描写がキツくて、ふと「こんなことまでやらされて女優さんも大変だなぁ」と我に返ってしまったり・・・。
☆☆☆☆

デトロイトDETROIT

ちなみに、The Dramaticsのメンバーはその後、映画「ファンキー・モンキー・ベイビー 」("Darktown Strutters",1975年)にカメオ出演している。
☆☆☆☆★

スリー・ビルボードTHREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI

F・マクドーマンド演じる主人公は、M・マクドナーが彼女に当て書きした、と聞いて納得。でも、僕にとって本作の主演はS・ロックウェル。
☆☆☆☆★

■2018年1月

ロング,ロングバケーションTHE LEISURE SEEKER

古いキャンピングカーも気になる。1975年式Winnebago Braveかな?
☆☆☆☆

祈りの幕が下りる時THE CRIMES THAT BIND

<新参者>シリーズはこれにて閉幕。が、阿部寛=加賀恭一郎シリーズは続く?
☆☆☆☆

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

第四章にしてようやく、ささきいさおの歌声が劇場に響き渡る。
☆☆☆☆

ダークタワーTHE DARK TOWER

だがシリーズ化は限りなく望み薄。ちょっと勿体無い。I・エルバのガンスリンガーはもっと観ていたい。
☆☆☆★

パディントン2PADDINGTON 2

落ち目の俳優を演じるH・グラントは水を得た魚のよう(!?)。エンド・クレジットでのあのシーンはフルスクリーンで観たかった。
☆☆☆☆★

ルイの9番目の人生THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX

日本では「G」だが米国では「R」指定。9歳の少年が主人公でも、9歳の子ども向けの映画ではない。
☆☆☆★

ガーディアンズTHE GUARDIANS / ZASHCHITNIKI

中国Turbo Filmsとの共同製作で続編が作られる、という話しがあったはずだが・・・。
☆☆☆★

嘘を愛する女USO WO AISURU ONNA

思わぬところで曰くありげに登場する黒木瞳に何かあるかと期待したが何もなかった。
☆☆☆★

ジオストームGEOSTORM

製作費1億2000万ドルに対し米国内興収3300万ドルはまさに激甚災害級。だが、それも含めてのパニック映画としてニタニタしながら楽しめる。
☆☆☆

劇場版 マジンガーZ / INFINITYMANZINGER Z INFINITY

大挙として押し寄せる機械獣たちに懐かしの必殺技を息つく間もなく連呼し続けるアクションシーンは、イロイロと楽しい。
☆☆☆

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男DRIES

世界的ファッションデザイナーにしては(?)、冷静で生真面目で几帳面。興味深い人物ではあるが、ドキュメンタリーの題材としては面白味に欠ける??
☆☆☆★

5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN

モデルとなったSaliya Kahawatte氏は、障がいを明らかにした後ホテル業界を離れ、自らコンサルティング会社minusVisusを設立した。
☆☆☆★

西遊記 ヒーロー・イズ・バックMONKEY KING: HERO IS BACK / 西遊記之大聖帰来

ジャッキー・チェンによる英語吹替版も観たいhttps://vimeo.com/164458485
☆☆☆☆

嘘八百WE MAKE ANTIQUES!

純粋なコメディとして観れば、純粋に楽しい映画。
☆☆☆

キングスマン:ゴールデン・サークルKINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE

前作に引き続き、あまりアガらず・・・。C・ファース&M・ケイン共演でもう一度組織を立て直して欲しい。
☆☆☆

■2017年12月

ムーミン谷とウィンターワンダーランドMOOMINS AND THE WINTER WONDERLAND / MUUMIEN JOULU

英語版では、ステラン&ビルのスカルスガルド親子がムーミンパパとムーミントロール役、アリシア・ヴィキャンデルがリトルミイを演じているらしい。
☆☆☆★

勝手にふるえてろTREMBLE ALL YOU WANT

映画はまだ進化の途中。人類はもうどん詰まりだけど。
☆☆☆☆

カンフー・ヨガKUNG FU YOGA / 功夫瑜伽

楽しい嬉しいエンディング♪でも、やっぱりNG集も欲しい・・・。
☆☆☆★

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年MANOLO: THE BOY WHO MADE SHOES FOR LIZARDS

"マノロ・ブラニク"はブランドではなく彼自身。その魔法が消える日が、やがて訪れる。
☆☆☆☆

ダンシング・ベートーヴェンDANCING BEETHOVEN

モーリス・ベジャール・バレエ団との共同制作による「第九交響曲」は、東京バレエ団創立50周年記念シリーズとして、2014年11月にNHKホールで上演された。
☆☆☆☆★

フラットライナーズFLATLINERS

四半世紀を経ての"蘇生"は、やはり禁断の実験であったのか・・・。
☆☆★

DESTINY 鎌倉ものがたりDESTINY: THE TALE OF KAMAKURA

ワケの分からんCGクリーチャーより中村玉緒をもっと出すべき。
☆☆☆

スター・ウォーズ/最後のジェダイSTAR WARS: EPISODE VIII - THE LAST JEDI

レイこそが、スカイウォーカー一族の呪いから銀河を解放する存在なのか?それとも・・・。
☆☆☆☆★

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命THE ZOOKEEPER'S WIFE

当初は3時間半の長さがあったと言うから、細やかな人物描写の部分は大幅にカットされたのかもしれない。だとしたら残念。
☆☆☆★

希望のかなたTHE OTHER SIDE OF HOPE / TOIVON TUOLLA PUOLEN

劇中に日本語で聴こえてくる歌は、篠原敏武率いるToshitake & The Old Boysのアルバム「日本語で歌うフィンランドの心」に収録の「星を見つめて」
☆☆☆☆

パーティで女の子に話しかけるにはHOW TO TALK TO GIRLS AT PARTIES

パンクまで熟してしまうエル・ファニング・・・おそろしい子。
☆☆☆☆

オリエント急行殺人事件MURDER ON THE ORIENT EXPRESS

いかにも現代風のダイナミックな映像は蛇足。
☆☆☆★

鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST

松雪泰子(だけ)はスゴイ。アメコミ・ヒーローと渡り合うレベルの悪役っぷりは、本作にはもったいない。
☆☆☆★

探偵はBARにいる3THE LAST SHOT IN THE BAR

最後のオチもお見逃しなく。
☆☆☆☆

■2017年11月

J: ビヨンド・フラメンコJOTA DE SAURA

紛らわしいタイトルですが、今回はフラメンコではなくホタです。
☆☆☆☆

猫が教えてくれたことKEDI

猫たちにとっての楽園は、人間にとってもきっとそうなのだろう。人々も猫々も、みんなちょっと生き生きとしている。
☆☆☆☆

KUBO/クボ 二本の弦の秘密KUBO AND THE TWO STRINGS

アニメーションの素晴らしさへの感激も、最初の数シーンだけ。いつの間にかアニメーションであることさえ忘れ、気がつくと物語に心を奪われていた。
☆☆☆☆★

ジャスティス・リーグJUSTICE LEAGUE

ゴードン本部長も登場し例のあの人も姿を見せるなど布石は十分だが、問題は"The Batman"が実現するか否か・・・。
☆☆☆☆

ザ・サークルTHE CIRCLE

プライバシーを奪うテクノロジーへの警告。だが、もはやテクノロジーに依存せずに生きられない我々のほうが、プライバシーの概念を変えざるを得ない時期にきているのかもしれない。
☆☆☆

不都合な真実2 放置された地球AN INCONVENIENT SEQUEL: TRUTH TO POWER

観客が少ないことが悲しい。予想はしていたが、ここまで関心が薄れているとは・・・。
☆☆☆☆★

ローガン・ラッキーLOGAN LUCKY

こだわりの日本語テロップにも、おもわずニヤリ。
☆☆☆★

GODZILLA 怪獣惑星GODZILLA: MONSTER PLANET

伝説の巨大怪獣のアニメによる表現という第1関門はとりあえず突破、と言ったところか。
☆☆☆

人生はシネマティック!THEIR FINEST

人生の一時間半を捧げて無駄になる映画などありはしない(少なくとも、ビル・ナイがキャストに名を連ねているならば)。
☆☆☆☆★

ジグソウ:ソウ・レガシーJIGSAW

掘り返した墓は、ちゃんと埋め戻しておきましょう。
☆☆★

ゴッホ 最期の手紙LOVING VINCENT

途方も無い作業量を想うだけで気が遠くなる。
☆☆☆☆

シンクロナイズドモンスターCOLOSSAL

大怪獣の実存という非現実と、ダメ女の苦悩というリアルをシンクロさせた、怪作にして快作。
☆☆☆☆

マイティ・ソー バトルロイヤルTHOR: RAGNAROK

確かに、大いに笑い、存分に楽しめる。けど、ちょっと期待しすぎていたかも・・・。
☆☆☆★

IT/イット "それ"が見えたら、終わり。IT

"それ"が見えたから「終わり。」となるのか。それとも、第2章に続くのか・・・。
☆☆☆★

■2017年10月

ブレードランナー2049BLADE RUNNER 2049

全編を包むのはヴァンゲリスと似て非なる音楽。その僅かな空隙をシナトラとプレスリーで埋める離れ業に唸る。
☆☆☆☆☆

ポリーナ、私を踊るPOLINA, DANSER SA VIE

主人公に大きな影響を与えることになる劇中の舞台「Snow White」で主役を踊っているのは、日本人ダンサーの津川友利江。
☆☆☆★

ゲット・アウトGET OUT

なぜか、空手家の大山泰彦が出演している。
☆☆☆★

女神の見えざる手MISS SLOANE

ドラマとしては面白い。銃規制をテーマにするのであれば、もっと悲観的でも良いかとは思うが・・・。
☆☆☆☆

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団DC COMIC HEROES VS. EAGLE TALON THE MOVIE

衆院選最終日を予見し公開を合わせてくるとは・・・やはり侮り難し、鷹の爪団。
☆☆☆☆

バリー・シール アメリカをはめた男AMERICAN MADE

痛烈な批判と皮肉も込められているが、T・クルーズ主演ならではのテンポのいい痛快な娯楽作。
☆☆☆☆

斉木楠雄のΨ難PSYCHIC KUSUO

Columbia Ladyの登場が唯一にして最大の衝撃。
☆☆★

アトミック・ブロンドATOMIC BLONDE

無論、C・セロンによるアクションは、それだけで観る価値はあるが。
☆☆☆★

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

そして第四章「天命篇」には、ついにあのお方が再び・・・。
☆☆☆☆

アウトレイジ 最終章OUTRAGE 0 CODA

病み上がりだったという西田敏行と塩見三省だが、むしろスゴみが増幅している。
☆☆☆★

猿の惑星:聖戦記WAR FOR THE PLANET OF THE APES

さらなる続編の可能性も検討されているようだが、ここで有終の美を飾っておくべきだろう。同じ轍を踏まないためにも。
☆☆☆☆

僕のワンダフル・ライフA DOG'S PURPOSE

犬好きの方には堪らないのかもしれないけど。
☆☆☆

亜人AJIN: DEMI-HUMAN

あの黒くて粉っぽいビバンダムは、スタンドではなくてIBMと呼ぶのね。
☆☆☆

■2017年9月

ドリームHIDDEN FIGURES

映画的には良いのだが、実話を伝える作品としては脚色が強すぎる印象。
☆☆☆☆

プラネタリウムPLANETARIUM

本当の姉妹のような2人だが、実年齢差は・・・!
☆☆☆★

スイス・アーミー・マンSWISS ARMY MAN

ダニエル・ラドクリフ史上最高傑作(当者比)。
☆☆☆☆☆

ユリゴコロYURIGOKORO

巧くニオイは消してあるが、やはり気色は悪い。
☆☆☆★

スクランブルOVERDRIVE

主演S・イーストウッドにはもう少しカリスマ性が欲しい・・・。
☆☆★

エイリアン:コヴェナントALIEN: COVENANT

この"絶叫"は「エイリアン」ファンには確かに絶望でしかないが、「ファスベンダー」ファンには希望の産声かも?
☆☆★

オン・ザ・ミルキー・ロードON THE MILKY ROAD

前作から少し間が開いたが、監督次回作の噂は続々と。ドストエフスキーの小説を中国で映画化? プリーモ・レーヴィ作「今でなければいつ」に基づく作品?などなど・・・。
☆☆☆☆★

あしたは最高のはじまりDEMAIN TOUT COMMENCE

こちらはメキシコ映画のリメイク。
☆☆☆☆

散歩する侵略者BEFORE WE VANISH

取って付けたようなラストだが、小泉今日子がサラッと言うセリフに潜ませた危険な思想が目的だとしたら恐ろしい。
☆☆☆

ダンケルクDUNKIRK

ハンス・ジマーによる音楽は今回も素晴らしいのだけれど、ほぼ鳴りっぱなしで耳障りなだけだった。
☆☆☆☆★

三度目の殺人THE THIRD MURDER

その得体の知れない恐ろしさは、被疑者・三隅高司のものなのか、役者・役所広司のものなのか・・・。
☆☆☆☆

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦MOBILE SUIT GUNDAM THE ORIGIN V: BATTLE OF LOUM

ついにモビルスーツの本格的実戦投入!・・・かと思ったら、それは赤い彗星の「誕生」までお預け。
☆☆☆★

スキップ・トレースSKIPTRACE / 絶地逃亡

ジャッキーって本当にカナヅチなんですね・・・。
☆☆☆★

ハイジ アルプスの物語HEIDI

今回の実写版ハイジは、A・シュテフェンの野生児っぽさが魅力!?
☆☆☆☆

ザ・ウォールTHE WALL

エンドクレジットの曲("Wall Song"?)が気になるけど詳細分からず・・・。
☆☆☆☆★

新感染 ファイナル・エクスプレスTRAIN TO BUSAN

個人的にはKTXよりもEMDの機関車が気になる。
☆☆☆☆

■2017年8月

ボブという名の猫 幸せのハイタッチA STREET CAT NAMED BOB

多くのシーンでボブが"本猫"役を演じているらしいが、可愛すぎてついつい彼の"演技"にばかり目が行ってしまうのが難(?)。
☆☆☆★

ワンダーウーマンWONDER WOMAN

彼女が、今や崩壊寸前(?)のDC Extended Universeを再結束させる女神となるのか・・・
☆☆☆☆★

エル ELLEELLE

ハリウッド女優に次々と断られてお鉢が回ってきたI・ユペールが監督を指名したらしい。逆だと思っていた。ヴァーホーヴェンとフランス映画の相性は意外といいのかも。
☆☆☆☆

ダイバージェント FINALTHE DIVERGENT SERIES: ALLEGIANT

それはともかく、映画として始めた物語には映画として決着をつけて欲しい。これで本当に「FINAL」ということにならなければいいのだが・・・。
☆☆☆★

パッション・フラメンコSARA BARAS: TODAS LAS VOCES

サラ・バラスは10代で日本を目指し、この国で初めて巨匠たちと出会ったという。日本とフラメンコとの不思議な縁。
☆☆☆☆

ベイビー・ドライバーBABY DRIVER

いくつもサングラスとiPodが出てくるのがちょっと不思議だったが、主人公が盗んだ車から拝借したもの、という設定なのだとか。
☆☆☆☆

ギフト 僕がきみに残せるものGLEASON

妻ミシェルが近況などを語った約2分間のインタビュー映像が、本編終了後に上映される。彼女が元気そうなことも救い。
☆☆☆☆★

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?FIREWORKS, SHOULD WE SEE IT FROM THE SIDE OR THE BOTTOM?

岩井俊二監督のオリジナル版は未見。何だか観てしまうのが勿体無くって・・・。
☆☆☆

フェリシーと夢のトウシューズBALLERINA / LEAP!

米国公開版では何故かヴィクターの声がナット・ウルフに置き換えられているらしいが、日本の字幕版はデイン・デハーン・バージョン(?)での上映。
☆☆☆★

海底47m47 METERS DOWN

ちなみに撮影が行われたのは、地上。 http://bit.ly/2vW4Oi3
☆☆☆

スパイダーマン:ホームカミングSPIDER-MAN: HOMECOMING

しかし、心の整理がつく間も無く新しいのが登場して前のが無かったことになるのは、何とかならないのか。
☆☆☆☆

ロスト・イン・パリLOST IN PARIS / PARIS PIEDS NUS

マーサ役を演じたエマニュエル・リヴァは今年1月、天国に召されてしまった。
☆☆☆☆

ウィッチTHE VVITCH: A NEW-ENGLAND FOLKTALE

アニヤ・テイラー=ジョイの実力は、この後に出演した「スプリット」(2016年)よりも、実質的映画デビュー作の本作の方で発揮されている。
☆☆☆☆

トランスフォーマー/最後の騎士王TRANSFORMERS: THE LAST KNIGHT

もうここまで来たらシリーズ完結まで責任を持って"ベイヘム"を炸裂させて欲しい・・・。
☆☆☆★

スターシップ9ORBITA 9

スペイン発のSF映画という点で、まず物珍しさはある。
☆☆☆

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章JOJO'S BIZARRE ADVENTURE: DIAMOND IS UNBREAKABLE - CHAPTER 1

ただ、「第二章」への期待感は薄い。
☆☆☆★

■2017年7月

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツTHE FOUNDER

もし、本当の創業者たちの味と精神を再現してくれるなら、久しぶりにゴールデンアーチの下をくぐってみてもいい。
☆☆☆★

東京喰種 トーキョーグールTOKYO GHOUL

続編の可能性を残しつつも、1本の独立した作品として物語にしっかりと決着をつけている。
☆☆☆☆

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女THE MUMMY

せっかく墓穴から這い出てきた"ダーク・ユニバース"なのに、このまま再び地下深くに埋め戻されてしまうのか・・・。
☆☆☆

怪盗グルーのミニオン大脱走DESPICABLE ME 3

'80sな選曲もチョットわざとらしい。
☆☆☆★

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たちBACKSTAGE

本作の劇場公開は(今のところ)日本だけ?バレエのドキュメンタリー映画もそろそろ供給過剰では??
☆☆☆★

パワーレンジャーPOWER RANGERS

続編は期待薄だが、若手キャストの今後の活躍には期待したい。
☆☆☆★

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣DANCER

ケネス・ブラナー監督の新作「オリエント急行殺人事件」など映画界への進出も始めたポルーニン。まだ27歳。
☆☆☆☆

カーズ/クロスロードCARS 3

爽快なレースシーンと郷愁あふれる光景が帰ってきた。親しみやすいキャラはそのままだが、中身は大人向け?
☆☆☆☆

銀魂GINTAMA

数少ない見どころの一つは長澤まさみによる"朗読"シーン。全編それにして欲しいくらい。
☆★

メアリと魔女の花MARY AND THE WITCH'S FLOWER

やはり、これは宮﨑駿という"魔法"との決別宣言なのか、と思っていると、締めくくりには手書き文字の「おわり」。師弟関係は終わらない?
☆☆☆☆

ライフLIFE

(今回は)真田広之が思いのほか長生きできたのは良かった。
☆☆☆

ジョン・ウィック:チャプター2JOHN WICK: CHAPTER 2

彼が本当に引退できる日は来るのだろうか、といらぬ心配をしつつも、次章が待ちきれない!
☆☆☆☆

ヒトラーへの285枚の葉書ALONE IN BERLIN

ドイツ人俳優の少なさが気になるといえば気になる。
☆☆☆

ボンジュール、アンPARIS CAN WAIT / BONJOUR ANNE

名所旧跡、料理、ワイン・・・次々に登場する魅惑のフランスを大人の揺れる恋心で包んだ観光案内映画。
☆☆☆

ディストピア パンドラの少女THE GIRL WITH ALL THE GIFTS

ゾンビものの亜流だが、終末ではなくその先を描こうとしている点は興味深い。しかし、注目は主演のセニア・ナニュア(Sennia Nanua)。
☆☆☆☆

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES

エンドクレジット後の追加シーンが予告するのは・・・第6弾の登場と2人の完全復帰か!?
☆☆☆☆

■2017年6月

ジーサンズ はじめての強盗GOING IN STYLE

C・ロイドも随所で笑わせてくれるが、ボケてしまった彼を見るのは(演技とは言え)結構辛いものがあった。
☆☆☆

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

「2199」からのクルーが次々と離脱。後半で再合流するのか、それともお払い箱なのか・・・。色々とヤキモキさせてくれる展開。
☆☆☆★

ありがとう、トニ・エルドマンTONI ERDMANN

父娘の愛は、近付くほど遠く、遠ざかるほど近く・・・。
☆☆☆☆★

ハクソー・リッジHACKSAW RIDGE

自らの意志で志願し、自らの信念で銃を持つことを拒否したデスモンド・ドス(1919-2006)。誰よりも勇敢だった彼に対して、「世界一の臆病者」は屈辱的なコピー。
☆☆☆☆

キング・アーサーKING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD

興行的には、全世界の興行収入をかき集めても製作費さえ回収できない大惨敗。主演にカリスマが足りなかった?
☆☆☆★

おとなの恋の測り方UP FOR LOVE / UN HOMME A LA HAUTEUR

ちなみに、アルゼンチン映画"Corazon de leon"(2013年)のリメイク。ところで、卓球対決の件は何処に消えた?
☆☆☆

レイルロード・タイガーRAILROAD TIGERS / 鉄道飛虎

いわゆる抗日映画の部類ではあるが、そこもコメディとして笑って楽しんでしまうのが吉。
☆☆☆★

パトリオット・デイPATRIOTS DAY

マーク・ウォールバーグ演じる主人公は架空の人物。そこが、少し引っかかる。
☆☆☆★

セールスマンTHE SALESMAN / FORUSHANDE

「セールスマンの死」「スポンジ・ボブ」・・・イラン映画であることを意識する必要はないが、イラン社会の一つの光景を描いていることは意識しなければならないだろう。
☆☆☆☆

22年目の告白 私が殺人犯ですMEMOIRS OF A MURDERER

趣向にも展開にも手を加えてはいるが、予想を超えるものはなし。もう少し新鮮味も欲しい。
☆☆☆

怪物はささやくA MONSTER CALLS

アニメーション・パートが特に印象的。実写パートとの違和感のない場面転換も見事。
☆☆☆☆

花戦さFLOWER & SWORD

期待していたこのキャストの顔ぶれよりも、次々と登場する見事な立花の方に目を奪われてしまい・・・。
☆☆☆★

20センチュリー・ウーマン20TH CENTURY WOMEN

Black FlagよりはTalking Headsだな、僕も。
☆☆☆☆

笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじWARAU 101 SAI X 2: SASAMOTO TSUNEKO MUNO TAKEJI

これは日本の百年を見つめ続けた2人がどう生きたかではなく、私たちが今日からどう生きるべきかを知るための作品。
☆☆☆☆

LOGAN/ローガンLOGAN

X-23に全てを背負わせてしまった、と捉えると少々酷な気もするが・・・。
☆☆☆☆

■2017年5月

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリーHAROLD AND LILLIAN: A HOLLYWOOD LOVE STORY

リリアンが明かす、業界人の人となりが分かるエピソードの数々が楽しい。デヴィッド・リンチやトム・ウェイツの話は特に印象的だった。
☆☆☆☆

美しい星A BEAUTIFUL STAR

あの牛が、いちばん宇宙人っぽかったかも。
☆☆☆★

RADIANCE

そして、映画はその光で物語る。
☆☆☆☆★

光をくれた人THE LIGHT BETWEEN OCEANS

無論、過ちであり、当然、罪である。そうとしか、やっぱり思えない。
☆☆★

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグLO CHIAMAVANO JEEG ROBOT 皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」

「鋼鉄ジーグ」にさほど思い入れはないが、40年以上前の作品が遠い国で愛され続け、こんな形で帰郷を果たしたことには、たしかに胸が熱くなる。
☆☆☆☆

夜に生きるLIVE BY NIGHT

助演キャストが良すぎたせいで、主人公が最も魅力に欠けるという事態になったが・・・。
☆☆☆★

メッセージARRIVAL

この飛行体の印象的なデザインのモデルは小惑星15 Eunomia(残念ながら日本の某米菓ではなく)。
☆☆☆☆★

パーソナル・ショッパーPERSONAL SHOPPER

予想以上にホラーの要素も強いが、決してホラー映画ではないという不思議感覚が面白い。
☆☆☆☆

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスGUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2

ちなみに、頭にアンテナのついたようなエイリアンの外見は「ヤボ」と言っていた前作の特殊メイクデザイナーは、本作には参加していない。
☆☆☆☆★

マンチェスター・バイ・ザ・シーMANCHESTER BY THE SEA

K・アフレックの演技は素晴らしいの一言に尽きる。
☆☆☆☆☆

スプリットSPLIT

ひび割れたようなポスターのデザインもヒントの一つだった!(監督自身が先にネタバレしてくれちゃったけど・・・)
☆☆☆★

カフェ・ソサエティCAFE SOCIETY

ウディ・アレン監督作品初のデジタル撮影。久しぶりのマンハッタンも美しすぎる?
☆☆☆★

ノー・エスケープ 自由への国境DESIERTO

2015年の作品。誰が大統領になろうが、砂漠と国境は有り続けるだろう。
☆☆☆☆

赤毛のアンL.M. MONTGOMERY'S ANNE OF GREEN GABLES

カナダで2016年に放映されたTV映画。すでに続編"The Good Stars"が放映済みで、第3作"Fire & Dew"も製作中とのこと。
☆☆☆★

Don't Blink ロバート・フランクの写した時代DON'T BLINK - ROBERT FRANK

時折挿入される、いかにも嫌々質問に答える彼の過去のインタビュー映像が楽しい。わざとインタビュー嫌いを演じているようにも・・・?
☆☆☆☆

僕とカミンスキーの旅ICH UND KAMINSKI

虚と実の境界の曖昧さを物語るかのような、場面転換での映像から絵画への変容も印象的。
☆☆☆★

無限の住人BLADE OF THE IMMORTAL

山本陽子が老婆役だと後から知って、ちょっとビックリ。
☆☆☆

■2017年4月

フリー・ファイヤーFREE FIRE

全員が銃を置いていその場を立ち去るのが正解なのだが、そうしない(出来ない)のが人間。だから映画として成立する。
☆☆☆★

ワイルド・スピード ICE BREAKFAST & FURIOUS 8 / THE FATE OF THE FURIOUS

V・ディーゼルとD・ジョンソンの不仲の噂が気になるが・・・無事に着地点を見つけて欲しい。
☆☆☆☆

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿HERMITAGE REVEALED

ドキュメンタリーとしては平凡な印象。美術館の本当の魅力に触れるには、やはり、そこを実際に訪れてみるしか無いようだ。
☆☆☆★

ターシャ・テューダー 静かな水の物語TASHA TUDOR

その後あの庭はどうなってしまったのだろうと思っていたが、孫やひ孫たちがそこで彼女の生き方を受け継いでいることを知り、嬉しくなった。
☆☆☆☆

3月のライオン 後編MARCH COMES IN LIKE A LION: PART 2

これで完結、ではなく、いよいよ零の物語が始まる・・・。そんな凛として爽やかなラストシーンが心地良い。
☆☆☆☆★

美女と野獣BEAUTY AND THE BEAST

一方、四半世紀を経て変わらぬヒロイン像に今も魅了されてしまう我々も、さほど変わっていないということか。
☆☆☆☆

バーニング・オーシャンDEEPWATER HORIZON

スペクタクルよりもむしろ、"何故"起きたのかをより深く検証して欲しいのだが。
☆☆☆★

グレートウォールTHE GREAT WALL / 長城

白人キャストの起用という野心的な試み故(?)に味噌が付いてしまったが、アクション・ファンタジーとしてはB級の域を超えた純娯楽大作。
☆☆☆

映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリCRAYON SHIN-CHAN: RAISHU!! UCHUJIN SHIRIRI

シュールすぎる宇宙船のデザインが秀逸。
☆☆☆

メットガラ ドレスをまとった美術館THE FIRST MONDAY IN MAY

ドキュメンタリーというよりメイキングに近いが、METまで観に行けない人間にゼイタクは言えない。
☆☆☆☆

午後8時の訪問者THE UNKNOWN GIRL / LA FILLE INCONNUE

(心象表現の手段とは言え)主人公がタバコを吸うのも気になるが、患者に優しくない診療所内の階段も気になる。
☆☆☆★

ぼくと魔法の言葉たちLIFE, ANIMATED

劇中のオリジナルアニメ"Land of the Lost Sidekicks"はこちら( http://bit.ly/2lTzGtW )で観ることが出来る。
☆☆☆☆

ゴースト・イン・ザ・シェルGHOST IN THE SHELL

不安もあったが、これを見せられてしまうと、少佐を演じられるのはS・ヨハンソンしかいないと断言せざるをえない。
☆☆☆☆★

T2 トレインスポッティングT2 TRAINSPOTTING

あの「トレインスポッティング」は20年後の僕らのために用意された前日譚だったのかも、とさえ思えてくる。
☆☆☆☆

LION/ライオン 25年目のただいまLION

主人公が探していた給水塔は、今もGoogleで見つけることが出来る。 http://bit.ly/2oU5Rsm
☆☆☆★

はじまりへの旅CAPTAIN FANTASTIC

少なくとも、V・モーテンセンと6人の子役たちのアンサンブルは理想に限りなく近い。
☆☆☆☆★

レゴバットマン ザ・ムービーTHE LEGO BATMAN MOVIE

本作で声優デビューを果たしたSiriは現在、"Hey ‘puter"の呼びかけにも答えてくれるらしい(ただし英語版のみ)。
☆☆☆☆

ハードコアHARDCORE HENRY

主演俳優が不在(=観客自身)という試みは、今後広まるであろうVR映画の先駆けとも言えるが、一昔前の3D映画以上に疲れる。
☆☆☆

ムーンライトMOONLIGHT

ジェンダー・アイデンティティを探し求める苦悩の物語はまた、ただ純粋に、美しいロマンスでもあった。
☆☆☆☆

■2017年3月

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命JACKIE

N・ポートマンは、女優として一つの境地に達しているのではなかろうか。その様を目撃するだけでも観る価値のある作品。
☆☆☆☆★

キングコング:髑髏島の巨神KONG: SKULL ISLAND

早く続きを観せてくれ!!!(日本生まれの怪獣たちが米国と中国の資本で踊らされるのは複雑な気持ちだが・・・)
☆☆☆☆

パッセンジャーPASSENGERS

いっそのことM・シーン演じるバーテンダーが語り部のロマコメにしてみるとか・・・
☆☆☆

わたしは、ダニエル・ブレイクI, DANIEL BLAKE

現実には、ウォータークーラーさえも職業案内所から撤去されてしまったのだとか・・・。
☆☆☆☆

ひるね姫 知らないワタシの物語ANCIEN AND THE MAGIC TABLET

常と非日常の入り混じるのが、今の僕はどうも苦手らしいことを認識した。
☆☆☆

3月のライオン 前編MARCH COMES IN LIKE A LION: PART 1

神木隆之介は二十歳超えてるので本物でも問題なかったかと・・・
☆☆☆☆

SING/シングSING

(なぜか)BTTFシリーズへのオマージュ/パロディがちらほら。
☆☆☆☆

ボヤージュ・オブ・タイムVOYAGE OF TIME: LIFE'S JOURNEY

IMAX版も観てみたかった・・・。
☆☆☆☆

モアナと伝説の海MOANA

ディズニー隠れキャラに混じって何故かゴ○ラの姿も・・・。
☆☆☆☆★

アサシン クリードASSASSIN'S CREED

ゲームは知らないので思い入れが無い分、素直に楽しめたかも。
☆☆☆

お嬢さんTHE HANDMAIDEN

耽美的だが何処かに猥雑さが入り交じる美術も見どころ。ほぼ完璧だが時々聞き取りにくい日本語が難。
☆☆☆☆

ヨーヨー・マと旅するシルクロードTHE MUSIC OF STRANGERS

ロックの起源は中国にあると豪語する影絵楽団(?)も気になる。
☆☆☆☆★

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方TRAINWRECK

あのゴールディーホーンを再び銀幕に呼び戻し、お次はバービー人形の映画化と、スクリーン上でもエイミーの勢いは止まらない。
☆☆☆

ラビング 愛という名前のふたりLOVING

セリフ以上に妻への愛を力強く語るジョエル・エジャートンの演技が沁みる。
☆☆☆☆

■2017年2月

ラ・ラ・ランドLA LA LAND

もっと夢をみていたいのに劇場の席を立たなければならない、この切ない感覚を味わったのは何年ぶりだろう・・・。
☆☆☆☆☆

彼らが本気で編むときは、CLOSE-KNIT

ミュージシャンであり名バイプレーヤーでもあった、りりィ(1952-2016)最後の出演作。
☆☆☆☆

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇SPACE BATTLESHIP YAMATO 2202

改装中につきヤマト「発進」は6月24日までおあずけ。今回も長い航海になりそう・・・。
☆☆☆★

xXx<トリプルX>:再起動XXX: RETURN OF XANDER CAGE

見得切りまでしっかり魅せるドニー・イェンに対し、トニー・ジャーはやや不完全燃焼気味。
☆☆★

サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコSACROMONTE, LOS SABIOS DE LA TRIBU

洞窟フラメンコの魅力が凝縮。彼らのパフォーマンスをもっとじっくり堪能したくなる。
☆☆☆☆

ナイスガイズ!THE NICE GUYS

ところで、本当にアレはRDJだったのだろうか・・・。
☆☆☆☆

セルCELL

ゾンビ系ホラーではあるが、やはり一味違う。
☆☆☆★

王様のためのホログラムA HOLOGRAM FOR THE KING

☆☆☆★

たかが世界の終わりIT'S ONLY THE END OF THE WORLD / JUSTE LA FIN DU MONDE

家族としては醜いほどにバラバラだが、キャストとしては見事なアンサンブル。
☆☆☆☆

相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断AIBOU THE MOVIE IV

新たな劇場版が公開されたということは、そろそろ相棒交代か・・・?
☆☆☆☆

海は燃えている イタリア最南端の小さな島FIRE AT SEA / FUOCOAMMARE

本作で描かれているイタリア海軍による難民救出作戦は、資金難などを理由に2014年10月に打ち切られた。
☆☆☆☆★

マリアンヌALLIED

ただのメロドラマにしては豪華過ぎる。
☆☆☆

マグニフィセント・セブンTHE MAGNIFICENT SEVEN

音楽は、故・ジェイムズ・ホーナー(James Horner,1953-2015)。彼の遺作となってしまった。
☆☆☆

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門LUPIN THE THIRD: THE BLOOD SPRAY OF GOEMON ISHIKAWA

で、マモーの件はどうなった?
☆☆☆★

ホームレス ニューヨークと寝た男HOMME LESS

2014年公開の作品。今はホームレス生活を脱した(この映画のせいで追い出された?)ようだが・・・。
☆☆☆★

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちMISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN

でもチョット物足りなさが残るのは、音楽がダニー・エルフマンではないから?
☆☆☆★

■2017年1月

僕と世界の方程式X+Y

本作の基になっているという同監督のTVドキュメンタリー"Beautiful Young Minds"(2007年)も観てみたいのだが・・・。
☆☆☆☆

ドクター・ストレンジDOCTOR STRANGE

これはIMAX 3Dがオススメ。新しくなったMarvel Studiosのロゴにも注目!
☆☆☆☆

ザ・コンサルタントTHE ACCOUNTANT

続編も期待してしまうが、むしろTVシリーズ向きかも。
☆☆☆★

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつMAGGIE'S PLAN

さらに数年後のマギーがどうなっているか、チョット気になる。
☆☆☆★

沈黙-サイレンス-SILENCE

所作や声のトーンに滲ませるコミカルさで、日本人の徳と毒を示したイッセー尾形の演技は特に印象的だった。
☆☆☆☆★

トッド・ソロンズの子犬物語WIENER-DOG

G・ガーウィグ演じるドーンは、ソロンズ監督デビュー作「ウェルカム・ドールハウス」(1995年)の主人公のその後。ヘザー・マタラッツォは出演を断ったらしい。
☆☆☆☆

本能寺ホテルHONNOJI HOTEL

ちなみに「ホテル本能寺」は実在する。 honnoji.co.jp
☆☆☆★

ネオン・デーモンTHE NEON DEMON

NWRのビジュアルとクリフ・マルティネスの音楽とのコラボ作品としては今回も楽しめたけれど。
☆☆★

ホワイト・バレットTHREE / 三人行

子の曰わく「三人行えば必ず我が師有り。」だが、この三人の誰を我が師とすべきというのか・・・。
☆☆☆☆

ダーティ・グランパDIRTY GRANDPA

この映画そのものより、この映画を観て大笑いしている人のほうが笑える。
☆★

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男THE PEOPLE VS. FRITZ BAUER / DER STAAT GEGEN FRITZ BAUER

ハードボイルドな雰囲気は美化を過剰にしている印象を与えるが、歴史サスペンスとしての魅力は増した。
☆☆☆☆

ブラック・ファイル 野心の代償MISCONDUCT

まさかイ・ビョンホンがアル・パチーノと並び立つ日が来るとは・・・。
☆☆☆

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームNERVE

ビジネスモデル(?)としてはそれなりに興味深いけど、お話としてはもう少しダークさとヒネリが欲しいところ。
☆☆☆★

MERU/メルーMERU

その肉体と精神の強靭さは驚異的だが、3人は決して超人ではない。人間というちっぽけな存在にも無限の可能性が秘められていることを、彼らは教えてえくれる。
☆☆☆☆☆

■2016年12月

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーROGUE ONE: A STAR WARS STORY

スカイウォーカー一族が(ほぼ)関わらなため外伝扱いだが、エピソード3.9と呼んでいい内容と迫力。いずれ正史に組み込まれるかもしれない。
☆☆☆☆★

ピートと秘密の友達PETE'S DRAGON

劇中で国は特定されていないが、ロケ地はニュージーランド。スクリーンの向こうに広がる美しい森には、ドラゴンが潜んでいても不思議ではない。
☆☆☆☆

ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男RELEVE: HISTOIRE D'UNE CREATION

芸術監督としてはやや過激な発言も取り上げているが、オペラ座が共同製作として参加しているだけに、全体としては当たり障りのない印象。
☆☆☆★

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場EYE IN THE SKY

実写作品としてはアラン・リックマン(Alan Rickman,1946-2016)最後の出演作となった。
☆☆☆☆

バイオハザード:ザ・ファイナルRESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER

一応メインキャストの一人として名を連ねるローラだが、出番もセリフもほとんど無し。
☆☆☆★

こころに剣士をTHE FENCER / MIEKKAILIJA

ちなみに、エンデル・ネリスが実際に教えたのは(小学生ではなく)中学生だったらしい。
☆☆☆☆★

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿TEATRO ALLA SCALA IL TEMPIO DELLE MERAVIGLIE

燦々たるその輝きの裏には影もあるはずだが、初日劇場前でのデモに一瞥をくれるのみ。
☆☆☆★

聖杯たちの騎士KNIGHT OF CUPS

おそらく、一つひとつのシーンや言葉に意味はないのだろう。その組み合わせの中に運勢を読み取ろうとするカードの一枚一枚が、ただの寓意画でしかないように。
☆☆☆

ヒトラーの忘れものLAND OF MINE / UNDER SANDET

これは「ヒトラー」の話しではなく、「忘れもの」で済まされるような話しでもない。
☆☆☆☆

幸せなひとりぼっちA MAN CALLED OVE / EN MAN SOM HETER OVE

2016年6月、乗用車ブランド「Saab」の消滅が発表された・・・。