シネマトピックス(2008年9月)
[ 2007 | 2008 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2009 | LastTopics ]
  9/1
集英社は1日、「ROADSHOW」誌を11月21日発売の来年1月号を最後に休刊すると発表したようだ。
「崖の上のポニョ」の宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーが31日、開催中のヴェネチア国際映画祭で記者会見を行ったようだ。
痴漢の容疑で逮捕された会社員に大阪地裁が無罪を言い渡した裁判では、「それでもボクはやってない」(周防正行監督,2007年)の原作本をヒントに制作した再現ビデオが証拠として採用されたらしい。
開催中のヴェネチア国際映画祭で31日、宮崎駿監督「崖の上のポニョ」が公式上映されたようだ。客席で鑑賞した審査委員長のヴィム・ヴェンダースも度々大声で笑っていたとか。
「ヒロシマ・原爆の記録」(松川八洲雄監督,1970年)の上映と被爆者らによるトークイベントが31日、福岡県北九州市八幡東区で行われたようだ。
サマーシーズンの北米映画興行収入は42億ドルに達し、過去最高を記録したようだ。チケット販売枚数は前年同期比3.5%減の5億8659万枚となった模様。
全米週末興収は、ベン・スティラー監督・主演「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」("Tropic Thunder")が1150万ドル(3473館)で3週連続1位を獲得、マチュー・カソヴィッツ監督、ヴィン・ディーゼル主演"Babylon A.D."は970万ドル(3390館)で2位、ジェフリー・ナクマノフ(Jeffrey Nachmanoff)監督、ガイ・ピアース、ドン・チードル共演"Traitor"は790万ドル(2054館)で5位のスタートとなったようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭でプレス上映が行われた「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)について、Hollywood Reporterは「偉大な空想と魔法による作品は、3歳から100歳までの子供たちを大いに楽しませるだろう。商業的な大成功も見えている」と評価したようだ。
政府の拉致問題対策本部は、ドキュメンタリー映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」("Abduction: The Megumi Yokota Story",2006年)のDVD1万5000枚を全国5000店舗のレンタルビデオ店に配布、無料レンタルが始まったようだ。
安藤尋監督の新作に主演する女優を、TSUTAYA onlineで募集しているらしい。
「ハンコック」("Hancock",2008年)のDVDとBlu-ray Discが、11月25日に米国で発売されるようだ。
マイク・ニューウェル監督、ジェイク・ギレンホール主演の新作"Prince of Persia: The Sands of Time"のモロッコの撮影現場からの写真が公開されたようだ。
中国の食品メーカーによる「月餅」の新作発表会が8月30日に行われ、イメージキャラクタに起用されたリン・チーリンが出席したようだ。
クイーン・ラティファは年内にも養子を迎える計画、とNational Enquirer誌が報じたようだ。
アシュリー・シンプソン(Ashlee Simpson)は、妊娠中にもかかわらずダイエットしようとしている、とする報道について「医師は私の体重の増え方は順調だと言っています。赤ちゃんをお腹に宿していることにとても感激しているし、人生で最も素晴らしい経験です。体重やズボンのサイズの心配なんて全くしていません」とブログでコメントしたようだ。
米FOXのドラマシリーズ"Terminator: The Sarah Connor Chronicles"(2008年-)のDVDが、2009年1月7日から日本で発売されるようだ。
ビル・マーレイは、第50回Chicago Air and Water Showのオープニングイベントでスカイダイビングに挑戦したようだ。
柳楽優弥は31日、自らの公式サイトで自殺の報道を否定したようだ。
「20世紀少年」第3章の野外ロックコンサートシーンが、9月20日と21日に千葉県内で行われるようだ。現在、エキストラを募集しているらしい。
「幸せの1ページ」("Nim's Island",2008年)の公開記念トークショーが1日都内で行われ、川島なお美と浜田幸一が出席したようだ。
北米を除く海外週末興収では、62地域、6580館で上映中の「ダークナイト」("The Dark Knight")が1900万ドルでトップを維持、海外総興収は4億1670万ドルに達したようだ。一方、北米総興収は5億240万ドルに達し、「タイタニック」("Titanic",1997年)に次いで史上2番目の5億ドル突破作品となったらしい。
開催中のヴェネチア国際映画祭で8月30日、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ(Fabrice Du Welz)監督、エマニュエル・ベアール主演"Vinyan"が上映されたようだ。
「スラップ・ショット」("Slap Shot",1977年)のリメイクで、「ラスベガスをぶっつぶせ」("21",2008年)を手がけたピーター・スタインフェルド(Peter Steinfeld)が脚本を完成させたようだ。
ロドリゴ・ガルシア監督、アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン共演の新作超自然スリラー"Passengers"の予告編が公開されたようだ。
カート・ヴォネガット・ジュニア(Kurt Vonnegut Jr.,1922-2007)原作、チャンドラー・タトル(Chandler Tuttle)監督、ジェイムズ・コスモ主演の新作"2081"の予告編が公式サイトで公開されたようだ。
  9/2
大野伸介監督「シャカリキ!」のPRイベントが2日都内で行われ、遠藤雄弥、中村優一、鈴木裕樹らが出席したようだ。
中高年向けSNS「趣味人倶楽部」に、「釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様」(朝原雄三監督)との連動コンテンツが開設されたようだ。
DVD、CDやネット配信などによるデジタルコンテンツの国内市場規模は、前年比3.4%増の2兆6947億円に達したようだ。このうち、映像は10.6%増の7897億円となり、音楽の7677億円を上回ったらしい。
ミュージカル「テニスの王子様」の発表会見が1日、台北市で行われ、加藤和樹、阪本奨悟、李湧恩、コン・テユらが出席したようだ。
国際プラチナ協会中国事務所設立10周年記念パーティが1日、上海で開催され、チャン・ツィイーらが出席したようだ。
チャーリー・チャプリン(Charles Chaplin,1889-1977)の記念館建設に地元住民が反対して起こしていた裁判で、スイス連邦裁は1日、建設の計画を認める判決を下したようだ。
第32回モントリオール世界映画祭(Festival des Films du Monde Montreal)で1日、各賞が発表され、滝田洋二郎監督「おくりびと」がグランプリ、君塚良一監督「誰も守ってくれない」が脚本賞に選ばれたようだ。
10月劇場公開される"High School Musical 3: Senior Year"のプロモーションとして、MySpaceでコンテストが開催されるようだ。
「お熱いのがお好き」("Some Like It Hot",1959年)のセットでのマリリン・モンロー(Marilyn Monroe,1926-1962)、トニー・カーティス(Tony Curtis)、ビリー・ワイルダー(Billy Wilder,1906-2002)監督らの姿を撮影したフィルムがオーストラリアで発見され、オークションにかけられるようだ。
リュダクリスは「ニューアルバム("Theater of the Mind")が出る(10月21日)し、映画も2本続けて公開される(ジョン・ムーア監督"Max Payne"が10月17日、ガイ・リッチー監督"RocknRolla"が10月31日)。ミスター・オクトーバーと呼んでくれ」と語ったようだ。
Hollywood Reporterのデボラ・ヤング(Deborah Young)は、ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で上映された「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)について「これまでのドライなラインナップによる喉の渇きを爽やかに癒してくれる」とコメントしたようだ。
アマゾンの先住民とブラジルの裕福な農場主との対立を描いた、マルコ・ベキス(Marco Bechis)監督"Birdwatchers"が、開催中のヴェネチア国際映画祭で上映され、批評家から絶賛されているようだ。
国連が定めた国際平和デー(International Day of Peace)を各国に広める活動を追った、ジェレミー・ギレイ(Jeremy Gilley)監督のドキュメンタリー映画"The Day After Peace"(2008年)に出演したジュード・ロウは1日、カブールで記者会見を行い「この日に印を付けてください。これまで以上に、今それが必要なのです」と語り、アフガニスタンの和平実現を訴えたようだ。
米Great Lakes Independent Film Festivalの外国映画部門に、「THE WINDS OF GOD -KAMIKAZE-」(今井雅之監督,2006年)がノミネートされたようだ、
ロドリゴ・ガルシア監督、アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン共演の新作超自然スリラー"Passengers"のポスターが公開されたようだ。
マーク・フォースター監督、ダニエル・クレイグ主演「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")からの最新画像が公開されたようだ。
「ウォンテッド」("Wanted",2008年)の原作者マーク・ミラー(Mark Millar)は、続編への参加について「私が提供するのはストーリーのごく一部分で、それを基礎に構成されることになるだろう」と語ったようだ。
アリス・ツォンはスキンケアブランド「OLAY」の新しいイメージキャラクタに起用されたようだ。
堤幸彦、大宮エリー、松任谷正隆、リリー・フランキーら10人が1日1人ずつ登場するイベント「劇的3時間SHOW-10人のコンテンツプロフェッショナルが語る-」が。10月6日から都内で開催されるようだ。
ハル・ベリーは8月30日、3月に出産した娘と恋人のガブリエル・オーブリー(Gabriel Aubry)と共に、ロサンゼルス動物園を訪れたようだ。
タイリース・ギブソン「少し食べ過ぎて18kgほど太ってしまったから、新作"Seven Pounds"撮影中のウィル・スミスとトレーニングを始めて、それで体型を取り戻したんだ。彼は本当に強烈だ。一度なんて、彼についていこうと必死で、意識を失ってしまったよ」と語ったようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で8月31日、"Eve"で監督デビューしたナタリー・ポートマンに第1回Movie for Humanity Awardが贈られたようだ。
アンソニー・ウォンは2日、46歳の誕生日を迎えたようだ。
瀬々敬久監督「フライング☆ラビッツ」のPRイベントが1日、大阪府池田市で行われ、石原さとみらが出席したようだ。
「放送禁止 劇場版 〜密着68日 復讐執行人」の完成披露試写会が1日都内で行われ、長江俊和監督と千秋が出席したようだ。
小雪と綾瀬はるかが出演するパナソニック「ブルーレイシネマキャンペーン」新CM発表会が2日都内で行われたようだ。ジョン・ウー監督「レッドクリフ」("Red Cliff",2008年)とのコラボレーションも展開するらしい。
10月開局の「スカパー!HD」の事業発表会が2日都内で行われ、アントニオ猪木、加藤夏希、ゴジラがゲストとして出席したようだ。
ペドロ・アルモドヴァル監督、ペネロペ・クルス主演の新作"Los Abrazos Rotos"(Broken Embraces)の北米配給権を、Sony Pictures Classicsが獲得したようだ。現在、マドリッド、カナリヤ諸島で撮影中らしい。
サミュエル・ウェイ監督、ヴァン・ファン、田中千絵共演の「海角七号」("Cape No.7")が、第81回アカデミー賞外国語映画部門に出品される台湾代表作品に選ばれたようだ。
12月11日に開幕する第5回ドバイ国際映画祭(Dubai International Film Festival)で、アラブ世界初のフィルムマーケットDubai Film Marketが開かれるようだ。アラブ、アジア、アフリカの作品が出展される模様。
開催中の第35回テルライド映画祭(Telluride Film Festival)で、デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演の新作「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」("The Curious Case of Benjamin Button")の20分間の特別映像が披露されたようだ。
ティムール・ベクマンベトフ監督「ウォンテッド」("Wanted",2008年)プロモーションのためジェイムズ・マカヴォイが来日、1日都内で記者会見を行ったようだ。日本語吹き替え版を担当したDAIGOも出席したらしい。
ヴェネチア国際映画祭の模様を伝えるCIAK紙の星取表では、31日までの時点で「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)がトップ、「アキレスと亀」(北野武監督)が3位となっているらしい。
英Metrodomeは、マイケル・ウィンターボトム監督最新作"Genova"の英国およびアイルランドでの配給権を獲得したようだ。
君塚良一監督、佐藤浩市、志田未来共演「誰も守ってくれない」が8月31日、開催中のモントリオール世界映画祭(Festival des Films du Monde Montreal)のコンペ部門で上映され、絶賛を浴びたようだ。
8月30日に封切られた「20世紀少年」(堤幸彦監督)は、週末興収6億2561万円、観客動員数46万5934人を記録したようだ。一方、「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)の総興収は127億円に達した模様。
ロサンゼルスのEndgame EntertainmentとイタリアのPiedmont Film Commissionは、イタリアで製作する米国映画に出資する映画ファンドを設立したようだ。
国際批評家連盟(Federation Internationale de la Presse Cinematographique)による今年度のグランプリ作品に、ポール・トーマス・アンダーソン監督の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」("There Will Be Blood",2007年)が選ばれたようだ。9月18日に開幕する第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)で授賞式が行われるらしい。
「グエムル 漢江の怪物」("The Host",2006年)を手掛けたChungeorahmは、Kang Fullのコミックに基づく新作アクション超大作"29 Years"を製作するようだ。
夫のデヴィッド・ドゥカヴニーがリハビリ施設に入ったティア・レオーニは、4日に開幕するトロント国際映画祭への出席を取りやめたようだ。
レベッカ・ローミンと昨年結婚したジェリー・オコンネルは「冷蔵庫には常にレモネードを入れてある。それは僕の仕事なんだ。豆乳チーズもね。豆乳チーズじゃなきゃダメなんだ。探すの大変なんだよ。たいてい、スーパーのどこか隅のほうに置いてあるからね」と語ったようだ。
9月8日から米PBSでスタートする30分のアニメシリーズ"Sid the Science Kid"全40話は、ジム・ヘンソン(Jim Henson)のCreature Shopが新設したDigital Puppetry Studioで制作されたようだ。
クエンティン・タランティーノ監督の新作"Inglourious Basterds"で、ティル・シュヴァイガーがキャストに加わったようだ。
ラスヴェガスのアミューズメント施設"Star Trek: The Experience"が1日、閉鎖されたようだ。
ヘレン・ミレンは、英GQ誌最新号で、かつてコカインを吸引していたことを明らかにしたようだ。
ジョン・ヒルコート(John Hillcoat)監督、ヴィゴ・モーテンセン、ロバート・デュヴァル、シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース共演の新作"The Road"の最新劇中写真が公開されたようだ。
  9/3
寺内康太郎監督「イケメンバンク」の製作発表が3日都内で行われ、柳浩太郎らが出席したようだ。
深浦加奈子(1960-2008)の葬儀が2日都内で営まれ、戸田恵子、森公美子、山村美智、渡辺いっけい、高橋克実、松嶋菜々子らが参列したようだ。
四季涼監督「ヒトリマケ」の会見が3日、都内で行われ、井戸田潤らが出席したようだ。
モントリオール世界映画祭でグランプリを獲得した「おくりびと」(滝田洋二郎監督)に主演した本木雅弘らが3日、都内で会見したようだ。
米ドラマシリーズ「アグリー・ベティ」("Ugly Betty",2006年-)のDVDが3日発売され、木下優樹菜が応援隊長に任命されたようだ。
「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」(小中和哉監督,2006年)が、YouTubeの「ウルトラチャンネル」で6日午前8時から24時間だけ配信されるらしい。
三原光尋監督「しあわせのかおり」の完成披露試写会が2日都内で行われ、中谷美紀、藤竜也、八千草薫らが出席したようだ。
タン・ウェイは、香港の居住資格を取得したらしい。
中国で公開禁止となったチャン・イーモウ監督「活きる」(1994年)が1日、中国広東省深セン市でTV放映されたようだ。
今年6月にマリブの海岸でマシュー・マコノヒーの写真を撮ろうとしたパパラッチが暴行を受けた事件で、30歳と24歳の2人の男性が起訴されたようだ。
キャメロン・ディアスは2日、交際中のポール・スカルフォー(Paul Sculfor)と共に全米オープンテニスを観戦したようだ。
ジョージ・クルーニーは2日、バラク・オバマ米大統領候補の資金調達イベントをスイスのジュネーブで開催したようだ。170人が1人1000ドルのカクテルパーティに出席したほか、75人がクルーニーとのディナーに1万ドルを支払ったらしい。
ジェリー・シーゲル(Jerry Siegel,1914-1996)とジョー・シャスター(Joe Shuster,1914-1992)が最初に「スーパーマン」("Superman")のアイデアを思い付いたクリーブランドの家の修復費用を集めるため、ネットオークションが行われているようだ。
「ミュータント・タートルズ」("Teenage Mutant Ninja Turtles")の新たな実写映画化に向けてImagiとWarner Bros.が協議中との噂について、"TMNT"の共同クリエイターのケヴィン・イーストマン(Kevin Eastman)は「事実だ」とコメントしたようだ。
ジェイムズ・ウォン監督「ドラゴンボール」("Dragonball")からの最新画像が公開されたようだ。
まもなく父親となるピート・ウェンツ(Pete Wentz)は、先輩パパのジョエル・マデン(Joel Madden)からアドバイスをもらっているらしい。
「もしある女性と親しくなりたいと思ったら、彼女にこう質問しなさい。『キーラ・ナイトレイをどう思う?』もし不機嫌になって嫌悪感を顕わにしたら、その人と友達になれる」とする記事を英The Guardian紙が載せたことについて、キーラ・ナイトレイは「私もその時は女性たちの役に立っているのね」とコメントしたようだ。
リンゼイ・ローハンは、先週末に営まれた祖父の葬儀には出席せず、ニューヨークでショッピングをしていたらしい。
ティムール・ベクマンベトフ監督「ウォンテッド」("Wanted",2008年)の日本語吹き替え版のエンディングテーマに、BREAKERZの新曲「灼熱」が起用されたようだ。
プラッチャヤー・ピンゲーオ監督、阿部寛共演のアクション映画「致命巧克力」("Chocolate",2008年)のプロモーションが1日、台北市内で行われ、ヒロイン役のJijaが出席したようだ。
中島哲也監督「パコと魔法の絵本」のPR会見が2日、大阪市内で行われ、役所広司、アヤカ・ウィルソンらが出席したようだ。
堤幸彦監督「20世紀少年 第2章」に、新人の木南晴夏が小泉響子役で出演しているようだ。
ヴェネチア国際映画祭に出席していた「崖の上のポニョ」の宮崎駿監督が2日、帰国したようだ。
ジョン・ファヴロウ監督「アイアンマン」("Iron Man",2008年)プロモーションのため、ロバート・ダウニーJr.が来日、3日都内で記者会見を行ったようだ。
10月9日スタートのフジテレビ「風のガーデン」で、主題歌を歌う平原綾香が女優として出演しているらしい。
ジョン・ムーア監督、マーク・ウォールバーグ、クリス・オドネル、ボー・ブリッジス、リュダクリスら共演の新作"Max Payne"の英国版予告編が公開されたようだ。
英Sky Oneの製作による新作"Skellig"で、アナベル・ヤンケル(Annabel Jankel)が監督を務め、ティム・ロス、ケリー・マクドナルド、ビル・ミルナー(Bill Milner)、ジョン・シムが共演するようだ。来春TV放映の後、劇場公開されるらしい。2日からウェールズで撮影に入った模様。
Sydney Theater Companyが9月に上演するケイト・ブランシェット主演の舞台「欲望という名の電車」("A Streetcar Named Desire")は、リヴ・ウルマンが演出を手がけるようだ。また12月より上演の舞台ではスティーヴン・ソダーバーグが演出するらしい。
メアリー・アン・シェイファー(Mary Ann Shaffer)、アニー・バロウズ(Annie Barrows)による新作小説"The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society"を、プロデューサーのポーラ・マズール(Paula Mazur)と書店経営のミッチェル・カプラン(Mitchell Kaplan)が共同で映画化するようだ。
Disneyとジェリー・ブラッカイマー(Jerry Bruckheimer)は、スティーヴン・プレスフィールド(Steven Pressfield)の小説"Killing Rommel"の映画化権を獲得したようだ。
グラフィックノベル"Watchmen"の製作・配給権を巡って20th Century FoxがWarner Bros.に対して起こしている訴訟で、ロサンゼルス連邦裁判所は2009年1月6日を公判期日に設定したようだ。
ロシアのアクション俳優アレクサンドル・ネフスキー(Alexander Nevsky)の製作・主演による新作"Hercules: The Beginning"で、シェルドン・レティック(Sheldon Lettich)が監督を務めるようだ。
Greenwood Hill Productionsは、第1回製作作品のローワン・ジョセフ(Rowan Joseph)監督、ベンジャミン・マッケンジー(Benjamin McKenzie)主演"Dalton Trumbo's Johnny Got His Gun"配給について、Truly Indieと契約したようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で2日、"The Industry of Digital Cinema: Content That Creates Values"と題した3D映画をテーマにした懇談会が行われ、米映画テレビ技術者協会(Society of Motion Picture and Television Engineers)のキンバリー・マキ(Kimberly Maki)会長、欧州デジタルシネマ・フォーラム(European Digital Cinema Forum)会長のピーター・ウィルソン(Peter Wilson)、米3D映画製作会社In-Threeのジュリアン・フェルドマン(Julian Feldman)らが出席したようだ。ヴェネチア映画祭でも来年から3D映画に対応するらしい。
イ・チャンドン監督次回作は、人生の終わりを迎える一人の女性を主人公にした"Poetry"になる模様。年末から製作に入るようだ。
Warner Bros.による新作"Tarzan"で、スティーヴン・ソマーズが監督に向けて交渉中らしい。スチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)と共同で脚本も手がける模様。
ジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督のドキュメンタリー映画"Man on Wire"上映中のロサンゼルスのLandmark TheaterとニューヨークのSunshine Cinemaで、5日から、モーディカイ・ガースティン(Mordicai Gerstein)の絵本「綱渡りの男」に基づく短編アニメーション"The Man Who Walked Between the Towers"が公開されるようだ。
グウィネス・パルトロウは、United Talent Agencyと契約したようだ。
クラーク・グレッグ(Clark Gregg)監督、サム・ロックウェル、アンジェリカ・ヒューストン共演の新作"Choke"が、10月1日にロンドンで開幕する第16回Raindance Film Festivalでオープニング上映されるようだ。
DreamWorksによる"The 39 Clues"シリーズの映画化で、脚本家のジェフ・ネイサンソン(Jeff Nathanson)がスティーヴン・スピルバーグと再び組むようだ。
10月1日に開幕するWoodstock Film Festivalで、マーク・エイブラハム(Marc Abraham)監督、グレッグ・キニア主演"Flash of Genius"、マイク・リー監督"Happy-Go-Lucky"、ギャヴィン・オコナー(Gavin O'Connor)監督、エドワード・ノートン、コリン・ファレル共演"Pride and Glory"が初日に上映されることが決まったほか、ケヴィン・スミス監督、セス・ローゲン、エリザベス・バンクス共演の新作"Zack And Miri Make a Porno"がクロージング上映されるようだ。
11月20日から30日まで開催される第19回ストックホルム国際映画祭で、バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演「オーストラリア」("Australia")がクロージング上映されるようだ。
アラブ首長国連邦のAbu Dhabi Media Co.は映画製作会社Imagenation Abu Dhabiを設立、今後5年間で10億ドルを映画製作に出資するようだ。
押井守監督「スカイ・クロラ」のプレス試写会が2日、開催中のヴェネチア国際映画祭で行われたようだ。 [☆タバコ吸い過ぎだからなぁ・・・評価下がると思う。]
是枝裕和監督によるドキュメンタリー映画「大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-」が完成、12月に公開されるようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で2日、短編作品"Eve"で監督デビューしたナタリー・ポートマンが記者会見を行ったようだ。
「セックス・アンド・ザ・シティ」("Sex and the City",2008年)の大ヒット記念イベントが2日都内で行われ、IKKOが出席したようだ。
New Lineは、Alliance Filmsとの配給契約を2009年秋まで延長したようだ。
5000本以上の映画予告編や、35万本近いTVCMなどで活躍し、"King of Voice-overs"と呼ばれた、声優のドナルド・ラフォンテーヌ(Donald LaFontaine)さんが1日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
"30 Rock"(2006年-)にゲスト出演するジェニファー・アニストンは、「自由奔放で、『危険な情事』風のストーカー」を演じるらしい。
フランスに滞在中のアンジェリーナ・ジョリーは、ドイツFocus誌のインタビューで「数年以内に、フランス映画のオーディションを受けるつもり。これまで以上に、ヨーロッパやそのほかの文化で生み出される素晴らしい映画に興味があるの」と語ったようだ。
Max Factorの新しいイメージモデルに、ジゼル・ブンチェンが起用されたようだ。
「クリミナル・マインド FBI行動分析課」("Criminal Minds",2005年-)新シーズンの予告編が公開されたようだ。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)の新曲"7 Things"について、PVを監督したブレット・ラトナーは「彼女の部屋に行って、元恋人からもらったものをベッドの下から全部引っ張り出してもらった。彼女がビデオでしているネックレスは、その男の子が彼女にあげた物なんだ」と語ったようだ。ニック・ジョナス(Nick Jonas)があげた物らしい。
エマ・ワトソンは「ある意味、映画の世界で成長していくのは大変。私は人生をそこで過ごして、スポットライトの下で多くを学び、変化してきたわ。みんな、私をよく知っていることを奇妙に感じているわ。私が子供から女性へと変化していくのを見つめてきたから。スクリーンの上でだけど」と語ったようだ。
メラニー・ブラウン(Melanie Brown)は「(ヴィクトリア・ベッカムとは)それほど連絡を取り合ってないの。ヴィクトリアと私は全然違うし。私たちは同じ街に住んでいるし、2人ともファッションに興味があるから、みんなひとくくりに考えるみたいだけど。ヴィクトリアのブランドは成功しているし、私のもそうなって欲しいわ。でも、似ている部分はそれだけ」と語ったようだ。
ライオネル・ウィグラム(Lionel Wigram)のコミック"Sherlock Holmes"の、ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニーJr.主演による映画化で、ラッセル・クロウがワトソン役候補に挙がっていると報じられたものの、監督はこれを否定したようだ。
マーク・ミラー(Mark Millar)は「僕にはスーパーマン3部作の10年計画があるんだ。『ロード・オブ・ザ・リング』のような。7時間のスーパーマンの物語を、初めからやり直すんだ」と語ったようだ
ミック・ジャガーの口元をモデルにしたThe Rolling Stonesのロゴの原画がオークションに出品され、ロンドンの美術館が9万2500ドルで落札したらしい。
  9/4
埼玉県所沢市と東京都東村山市の「トトロの森」を守るチャリティオークションが6日、サンフランシスコで開催されるようだ。アーティストら約200人が「私のトトロ」をテーマに制作した作品を出品するらしい。当日はジョージ・ルーカスも出席予定とか。
元木隆史監督「ロックンロール★ダイエット!」の完成披露試写会が4日都内で行われ、嶋大輔、三原じゅん子らが出席したようだ。
マキノ雅彦監督「次郎長三国志」の完成会見とヒット祈願が4日、浅草寺で行われ、中井貴一、鈴木京香、岸部一徳、温水洋一らが出席したようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で3日、押井守監督「スカイ・クロラ」が公式上映されたようだ。
「科学忍者隊ガッチャマン」「マッハGoGoGo」「タイムボカン」など、竜の子プロダクション制作によるアニメ作品の原画を展示する「タツノコプロの世界展」が、東京都八王子市で開催されているらしい。
くいだおれ太郎が3日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのパレードに参加したようだ。
ジャッキー・チェンは3日、米Savannah College of Art and Designから名誉教授の称号を受けたようだ。
サミュエル・ウェイ監督「海角七号」("Cape No.7")の大ヒット記念会見が2日、台湾で行われ、ヴァン・ファン、田中千絵らが出席したようだ。
トラン・アン・ユン監督による「ノルウェイの森」の映画化で、兵庫県の砥峰高原などがロケ地になるようだ。早ければ10月から撮影に入るらしい。
ブリトニー・スピアーズは、7日に開催される第25回MTV Video Music Awardsのオープニングに登場するらしい。
「リトル・マーメイドIII/はじまりの物語」("The Little Mermaid: Ariel's Beginning",2008年)のDVDが米国で発売され、週間販売チャートでトップとなったようだ。レンタルチャートでは「ベガスの恋に勝つルール」("What Happens in Vegas",2008年)が1位となった模様。
ヴェネチア国際映画祭芸術監督のマルコ・ミュラー(Marco Mueller)は3日、来年の開幕日を9月2日にすると発表、トロント国際映画祭と日程を重ね、対決姿勢を明らかにしたようだ。
英広告基準局(Advertising Standards Authority)は、ティムール・ベクマンベトフ監督「ウォンテッド」("Wanted",2008年)のポスターが「銃の使用を美化している」として、使用禁止を命じたようだ。
押井守監督はReutersとのインタビューで「宮崎駿の映画は観て気持ちがいいし、楽しい。だが現実味がない。彼の映画のドッグファイトのシーンでは、人は死なない。だから観て楽しいが、そこにリアリズムはない。私とは全く正反対のアプローチだ」とコメントしたようだ。
ジョナサン・デミ監督、アン・ハサウェイ主演の新作"Rachel Getting Married"が3日、開催中のヴェネチア国際映画祭で上映されたようだ。
Moviefone.comが、今夏公開の映画について調査を行ったところ、「最高の悪役」には95%の得票率で「ダークナイト」("The Dark Knight")のヒース・レジャーが選ばれたようだ。
マイケル・キャメロン(Michael Cameron)と来月イタリアで結婚式を挙げるビヴァリー・ミッチェルは、ジェシカ・ビール、ヒラリー・ダフ(Hilary Duff)、ヘイリー・ダフ(Haylie Duff)にブライズメイドを依頼しているらしい。
エヴァ・メンデスは「キャメロン(・ディアス)と共演したくてたまらないの。彼女は本当に素晴らしい人だから、是非是非、彼女と一緒に映画で仕事がしたいの」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンは「今はクラブに行きたいと思わない。当時はそういうライフスタイルに夢中になっていたけど、結局、とても虚しいだけだった。今は、家に居ることが多くて、ベンジー(・マデン)との時間を楽しんでいるわ。以前とは違う人間になったの」と語ったようだ。
"Transformers: Revenge of the Fallen"のメイキング映像が公開されたようだ。 [☆アクセスコード:AllSpark62609]
16日放送のフジテレビ「リアル・クローズ」に福田萌が出演するらしい。
「トランザム7000」("Smokey and the Bandit",1977年)とその続編「トランザム7000 VS 激突パトカー軍団」("Smokey and the Bandit II",1980年)や、「ウォーターボーイ」("The Waterboy",1998年)などの映画でも活躍した、米歌手で俳優のジェリー・リード(Jerry Reed)さんが1日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
Weeklyぴあ誌による映画満足度ランキングでは、「インビジブル・ターゲット」が1位、「20世紀少年」が2位、「パンダフルライフ」が3位に入ったようだ。
ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen,1805-1875)の童話「白鳥の王子」のジェスパー・W・ニールセン(Jesper W. Nielsen)監督による短編映画化で、デンマークの女王マルグレーテ2世(Margrethe II)が脚本を手がけるようだ。
米劇場経営者協会(National Association of Theater Owners)のCinema Buying Groupは、REAL Dと3Dシステム導入に関する契約を結んだようだ。
Sony Pictures Home Entertainmentは、韓国の事務所を9月末で閉鎖するようだ。DVDが売れないらしい。
来年1月22日に開幕するサンタバーバラ国際映画祭(Santa Barbara International Film Festival)で、エド・ハリスに第3回Kirk Douglas Awardが贈られるようだ。
2009年1月2日に開幕するAfter Dark's Horrorfest: 8 Films to Die For IIIで、フェドン・パパマイケル(Phedon Papamichael)監督、エリザベス・ライス(Elizabeth Rice)、アダム・ゴールドバーグ(Adam Goldberg)ら共演の"From Within"の上映が決まったようだ。
ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ監督次回作は、Paramount Picturesの"Ciudad"になる模様。人質の救出を請け負う男が、世界でもっとも危険で堕落した場所のひとつと言われるパラグアイのシウダー・デル・エステ(Ciudad del Este)を訪れ・・・という話らしい。
オリヴィエ・ダアン監督・脚本による新作"My Own Love Song"で、フォレスト・ウィテカーとレネー・ゼルウィガーが共演するようだ。10月からカンザスとニューオーリンズで製作に入る模様。
ギレルモ・デル・トロは、「フランケンシュタイン」("Frankenstein")、「ジキル博士とハイド氏」("Dr. Jekyll and Mr. Hyde")、「スローターハウス5」("Slaughterhouse-Five")のリメイクも企画しているらしい。ダン・シモンズの新作小説"Drood"も映画化するようだ。
マイケル・レムベック監督、ドウェイン・ジョンソン主演の新作コメディ"Tooth Fairy"で、アシュレイ・ジャッドの共演が決まったようだ。10月からバンクーバーで撮影に入る模様。
パリに拠点を持つ販売・製作会社のWide Managementは、ラッパーMC Jean Gab'1が主演するピエール・ラファルグ(Pierre Laffargue)監督の新作アクション"Black"の権利を獲得したようだ。
9月25日に開幕するバンクーバー国際映画祭(Vancouver International Film Festival)のCanadian Images部門ラインナップが3日発表されたようだ。チャールズ・マーティン・スミス(Charles Martin Smith)監督"Stone of Destiny"、アトム・エゴヤン監督"Adoration"、ディーパ・メータ監督"Heaven on Earth"を含む、長編23本、ドキュメンタリー10本、短編57本が上映されるらしい。
10月22日に開幕するHollywood Film Festivalは、今年のHollywood Awards受賞者を発表、作曲家のダニー・エルフマン(Danny Elfman)、撮影監督のマンディ・ウォーカー(Mandy Walker)、編集のダニエル・P・ハンレイ(Daniel P. Hanley)らが選ばれたようだ。
Arthouse Filmsは、オランダ出身の建築家レム・コールハース(Rem Koolhaas)の姿を追った、Markus HeidingsfelderとMin Teschの監督によるドキュメンタリー映画"Rem Koolhaas: A Kind of Architect"の英語圏とフランスでの配給権を獲得したようだ。
10月18日にアムステルダムで開幕する映画祭Cinekidで、「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)がオープニング上映されるようだ。
10月30日に開幕するAFIロサンゼルス国際映画祭(AFI Los Angeles International Film Festival)のラインナップ15作品が発表されたようだ。ポール・シュレイダー(Paul Schrader)監督"Adam Resurrected"、マッテオ・ガローネ(Matteo Garrone)監督"Gomorrah"などが上映されるほか、Danny Ledonne監督によるドキュメンタリー作品"Playing Columbine"がワールドプレミア上映されるらしい。
開催中のヴェネチア国際映画祭で3日、「スカイ・クロラ」の押井守監督、菊地凛子、加瀬亮が会見したようだ。
英New Wave Filmsは、クレール・ドニ(Claire Denis)監督によるパリを舞台にしたファミリー・ドラマ"35 rhums"(35 Shots of Rum)の配給権を獲得したようだ。
ヘント国際映画祭(Ghent International Film Festival)は、今年のWorld Soundtrack Discovery Awardのノミネーションを発表、「アメリカン・ギャングスター」("American Gangster")のマルク・ストライテンフェルト(Marc Streitenfeld)、"The Escapist"のベンジャミン・ウォールフィッシュ(Benjamin Wallfisch)、"Before the Rains"のマーク・キリアン(Mark Kilian)、"El Orfanato"のヴェラスケス・フェルナンド(Velasquez Fernando)、"Moscow, Belgium"のTuur Florizooneの5人が候補に上がったようだ。
Cosmopolitan誌10月号のインタビューに答えたケイト・ハドソンは「私の(男性の)趣味って、バラバラなの。特に決まったタイプは無いわ」と語ったようだ。
8月27日にコカインの不法所持で逮捕されたマッケンジー・フィリップス(MacKenzie Phillips)は、リハビリ施設に入ったようだ。
今年1月にデヴィッド・スペイドとの子供を妊娠したと発表していた、Playboy誌プレイメイトのジュリアン・グレイス(Jillian Grace)が8月26日、女の子を出産したようだ。
シアトルで"Shrek the Musical"のプレビュー公演がスタートしたようだ。ブライアン・ダーシー・ジェイムズ(Brian d'Arcy James)が特殊メイクでシュレックを演じているらしい。11月8日からはブロードウェイでプレビューが始まる模様。 [☆ちょっと怖いかも]
Teen Vogue10月号のインタビューに答えたザック・エフロンは、「ハイスクール・ミュージカル」("High School Musical")で一躍注目を集めたことについて「終わってみないと実感はわかないけど、冷静でいることが大切。今は虫眼鏡の下で成長しているところだけど、それを乗り越えて、自分の人生を生きようとしているんだ」と語ったようだ。
Vanity Fair誌10月号の記事によると、アン・ハサウェイは交際していたイタリア人実業家ラファエロ・フォリエリ(Raffaello Follieri)に代わって、彼が父親と暮らしていたニューヨークのアパートの家賃3万7000ドルを4ヶ月間支払っていたらしい。逮捕される直前にも「あなたは生涯の恋人よ。いつまでも愛しているわ」と電話していたようだ。ハンサムなルックスに一目ぼれだったとか。
ニコラス・ケイジは「ゴーストライダー」("Ghost Rider",2007年)の続編について「3ヶ月くらい前にスタジオとミーティングがあった。キャラクタを国際的にしようと話したよ。彼をヨーロッパに連れて行って、オートバイツアーに参加させるとかね」と語ったようだ。
「ダークナイト」("The Dark Knight")でハーヴェイ・デントを演じたアーロン・エッカートは、第3作への出演の可能性について「戻ることは無い。この件について僕に発言権は無いよ。登場するべきキャラクタは他にもたくさんいる。アンジェリーナ・ジョリーがキャットウーマンをやるつもりだと聞いたけど、いいアイデアだと思うよ」と語ったようだ。
ニール・バーガー(Neil Burger)監督、ティム・ロビンス、レイチェル・マクアダムス、マイケル・ペーニャ共演の新作"The Lucky Ones"からの特別映像が公開されたようだ。
「スヌーピーとチャーリー」("A boy Named Charlie Brown",1969年)など映画やTVの"Peanuts"アニメシリーズで監督やスヌーピーの声も演じた、米アニメーターのビル・メレンデス(Bill Melendez)さんが2日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。
デヴィッド・コープ監督、リッキー・ジャーヴェイス、グレッグ・キニア、ティア・レオーニ共演の新作ロマンチック・コメディ"Ghost Town"からの最新映像が公開されたようだ。
ロンドンのApollo Theatreでプレビュー公演中の、ジョシュ・ハートネット主演による「レインマン」("Rain Man",1988年)の舞台版は、さらにリハーサルが必要だとして、本公演の開始を1週間遅らせ9月19日としたようだ。
ガス・ヴァン・サント監督、ショーン・ペン、ジョシュ・ブローリン、ジェイムズ・フランコ、ディエゴ・ルナ、エミール・ハーシュ共演の新作"Milk"の予告編が公開されたようだ。
ララ・シャピロ(Lara Shapiro)監督、リンゼイ・ローハン主演の新作ロマンチック・コメディ"Labor Pains"の予告編が公開されたようだ。
  9/5
キーイーストは4日、亜樹直のコミック「神の雫」をペ・ヨンジュン共演でドラマ化すると正式発表したようだ。
西川美和監督、笑福亭鶴瓶、瑛太共演「ディア・ドクター」が3日、クランクアップしたようだ。
米TVドラマシリーズ「キル・ポイント」("The Kill Point",2007年)の試写会が4日都内で行われ、山本高広とホリが出席したようだ。
サミュエル・ウェイ監督「海角七号」("Cape No.7")に主演する田中千絵が5日、千葉県内で記者会見を行ったようだ。
ジョン・ファヴロウ監督「アイアンマン」("Iron Man",2008年)の試写会が4日都内で行われ、来日中のロバート・ダウニーJr.が出席したようだ。北島康介ら北京オリンピックのメダリストもゲストとして登場したらしい。
台北市で4日、エコ・イベントが行われ、ワン・リーホンが出席したようだ。
韓国映画・TVドラマ配給のコリア・エンターテインメントは、法人税約1億3000万円を脱税したとして、東京国税局から告発されたようだ。
ジミ・ヘンドリックスが、1967年3月のロンドン公演中に火をつけたギターが4日、ロンドンでオークションにかけられ、28万ポンドで落札されたようだ。
トロント国際映画祭のMidnight Madness部門で4日、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じる新作コメディ"JCVD"が上映されたようだ。
クエンティン・タランティーノ監督の次回作"Inglourious Basterds"に対し、ドイツでは既に批判の声が上がっているらしい。
1969年にロンドンのデパートで展示されていたライオンの子供を2人の男性が買い取り、その後ケニヤの野生に戻された、という実話を、Sony Picturesが映画化するらしい。
マーク・ペリントン監督の次回作は、New Lineによるミステリー・スリラー"Solace"になるようだ。超能力を持った元医者が連続殺人事件に巻き込まれ・・・という話らしい。
ジョン・ラッセンホップ(John Luessenhop)監督の新作犯罪スリラー"Bone Deep"で、ポール・ウォーカーとヘイデン・クリステンセンが共演するようだ。
マイケル・ムーア監督の新作ドキュメンタリー"Slacker Uprising"が、9月23日からインターネットで無料配信されるようだ。
全世界139のジャイアントスクリーンで上映中の「ダークナイト」("The Dark Knight")IMAX版は、総興収5500万ドルに達し、「ポーラー・エクスプレス: An IMAX 3D Experience」("The Polar Express: An IMAX 3D Experience",2004年)の4500万ドルの記録を更新したようだ。
第33回トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)が4日、ポール・グロス(Paul Gross)監督"Passchendaele"の上映で開幕したようだ。
ジョナサン・デミ監督"Rachel Getting Married"で薬物依存症の主人公を演じたアン・ハサウェイの演技に、オスカー有力候補の声も挙がっているらしい。
古賀豪監督「劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」に、東国原英夫宮崎県知事が本人役で出演するらしい。
チャン・イーモウ監督は、ロンドン・オリンピック開会式の総監督としてオファーを受けたものの断った、と語ったようだ。
「シュレック」シリーズ第4作で、トム・クルーズが悪役の声を担当、という噂があるらしい。
ジェシカ・ビール妊娠の報道について、代理人はこれをを否定したようだ。
ケイト・ハドソンは、息子の父親で元夫のクリス・ロビンソン(Chris Robinson)と「基本的には、まだ一緒に暮らしているの。完璧なことなんて何も無いのよ。でも、私たちの離婚は私たちにとって最良の出来事だったわ」と語ったようだ。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)は、16歳の誕生日を前に、白のMercedes-Benz Clkを7万5000ドルで購入したらしい。
早瀬憲太郎監督「ゆずり葉 君もまた次のきみへ」の撮影が4日都内で行われ、今井絵理子らが参加したようだ。
山本兼一の小説「火天の城」が、田中光敏監督、西田敏行、大竹しのぶ、椎名桔平らの共演で映画化されるようだ。
滝田洋二監督「おくりびと」のキャンペーンが4日、大阪市内で行われ、本木雅弘が出席したようだ。
ブライアン・オースティン・グリーンは、「ダークナイト」("The Dark Knight")に続く「バットマン」シリーズ第3作で、リドラー役を希望しているようだ。
「特攻野郎Aチーム」("The A-Team",1983-1987年)のジョン・シングルトン監督による映画化で、タイリース・ギブソンがB・A・バラカスを演じるようだ。
米国映画協会(American Film Institute)は、AFI Awards発表を12月14日に、授賞式を1月9日に開催すると発表したようだ。
Coca-Cola社はSony Picturesと契約、世界40ヶ国でCoke Zeroと「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")との共同プロモーションを展開するようだ。
ヨルダンの王室映画コミッションは、アミン・マタルカ(Amin Matalqa)監督の"Captain Abu Raed"を、同国初のアカデミー賞外国語映画部門出品作品に選んだようだ。
カナダ映画テレビ製作協会(Canadian Film and Television Production Association)は、チャールズ・マーティン・スミス(Charles Martin Smith)監督"Stone of Destiny"などを手掛けたロブ・メリリーズ(Rob Merilees)にプロデューサー賞を贈ったようだ。
Samuel Goldwyn Filmsは、グレン・M・スチュワート(Glenn M. Stewart)のミュージカル舞台"The City Club"に基づく、レイチェル・サミュエル(Rachel Samuel)監督の新作"Dark Streets"の米国内配給権を獲得したようだ。
Regent Releasingは、フィリピン人監督ブリヤンテ・メンドーサ(Brilante Mendoza)の新作"Serbis"の北米配給権を獲得したようだ。
終末戦争後のアメリカを描く、アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督の新作"Book of Eli"で、デンゼル・ワシントンが主演するらしい。来年1月から撮影に入る模様。
Columbia Picturesは、リー・アイゼンバーグ(Lee Eisenberg)とジーン・スタプニツキー(Gene Stupnitsky)を、「ゴーストバスターズ」("Ghostbusters")シリーズの新作の脚本に起用したようだ。ハロルド・ライミス、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソンの再共演を想定して執筆されるらしい。
開催中のヴェネチア国際映画祭で、メキシコの監督カルロス・アルメラ(Carlos Armella)の短編作品"Tierra y pan"がCorto Cortissimo賞を獲得したようだ。
マーティン・キャンベル監督、メル・ギブソン主演の新作"Edge of Darkness"で、共演予定だったロバート・デ・ニーロが降板したようだ。
Vulcan Productionsは、ジョージ・ワシントン(George Washington,1732-1799)の生涯を描く新作映画の脚本に、ニコラス・メイヤー(Nicholas Meyer)を起用したようだ。
キャスリン・ビグロウ監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ(Brian Geraghty)、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デイヴィッド・モースら共演の新作"The Hurt Locker"が4日、開催中のヴェネチア国際映画祭で公式上映されたようだ。
前田哲監督「ブタがいた教室」の完成披露試写会が4日都内で行われ、妻夫木聡らが出席したようだ。
アニエス・ヴァルダ監督が自らの半生を描くドキュメンタリー映画"Les Plages d'Agnes"が、開催中のヴェネチア国際映画祭で3日公式上映され、ヴァルダ監督に今年2人目のGLORY TO THE FILMMAKER!賞が贈られたようだ。
英Bankside Filmsは、アナ・コッキノス(Ana Kokkinos)監督、フランシス・オコナー、ミランダ・オットーら共演の新作"Blessed"の販売権を獲得したようだ。
「トト・ザ・ヒーロー」("Toto le heros",1991年)、「八日目」("Le Huitieme jour",1996年)などの音楽も手掛けた、ベルギー出身のジャズ・ギタリストで作曲家のピエール・ヴァン・ドルマル(Pierre Van Dormael)さんが3日亡くなった(58歳)。ご冥福をお祈りいたします。
欧州映画アカデミー(European Film Academy)は、ヨーロッパ映画賞(European Film Awards)のノミネーションの第一候補となる44作品を発表したようだ。セルゲイ・ボドロフ監督、浅野忠信主演「モンゴル」("Mongol",2007年)も選ばれた模様。
Strand Releasingは、テレンス・デイヴィス(Terence Davies)監督の新作ドキュメンタリー"Of Time and the City"の米国内配給権を獲得したようだ。
最終シーズンとなる「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)の11月13日放送のエピソード"Heal Thyself"で、アンソニー・エドワーズ演じるドクター・グリーンが復活するらしい。 [☆黄泉がえり?]
米Disney TVの"Even Stevens"(2000-2003年)でシャイア・ラブーフと共演していたクリスティ・カールソン・ロマノ(Christy Carlson Romano)は「彼は苦労を重ねて辛い生活を送ってきた。いくつもの傷を負いながら成長してきたの。でも彼は戦う人。私は彼の味方よ」と語ったようだ。
The Jonas Brothersが出演する新しいTVシリーズがDisney Channelでスタートするようだ。
米HBOのコメディドラマ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」("Entourage",2004年-)にゲスト出演するバウ・ワウことシャド・モス(Shad Moss)は、セックスシーンを演じているらしい。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998-2006年)に主演したエリック・マコーマック(Eric McCormack)は、番組のヒットを受けてNBCからプレゼントされた1999年型Porscheをオークションに出品したようだ。売り上げは、Project Angel Foodに寄付するらしい。
ラウル・サンチェス・イングリス(Raul Sanchez Inglis)脚本・監督、ロン・リヴィングストン主演による新作コメディ"The Company Men"で、マーティン・ランドー、スティーヴ・ザーン、スティーヴ・ブシェミがキャストに加わったようだ。11月からデトロイトで撮影に入る模様。
Myriad Picturesの新作スリラー"Breaking the Girl"で、ブリタニー・スノウが主演に向けて交渉中らしい。ジェイミー・バビット(Jamie Babbit)の監督で、11月からバンクーバーで撮影に入る模様。
チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin,1809-1882)を描くジョン・アミエル監督の新作"Creation"で、ポール・ベタニーとジェニファー・コネリーが夫婦役を演じるらしい。
ガイ・リッチー監督の新作"Sherlock Holmes"に、マーク・ストロングの出演が決まったらしい。
オリンパスビジュアルコミュニケーションズと日本BS放送は、3D立体放送、3D立体コンテンツの普及に向けて協力することで合意したようだ。
  9/6
「セルラー」("Cellular",2004年)の、ベニー・チャン監督、ルイス・クー、バービィー・スー、ニック・チョン共演によるリメイク「保持通話」の中国公開は10月になる模様。
浜んまち映画祭が、13日から長崎市の「長崎セントラル劇場」をメイン会場に開催されるようだ。「ぼくの伯父さんの休暇」("Les Vacances de Monsieur Hulot",1953年)、「ざくろの色」("Sayat Nova",1968年)など6作品が上映されるらしい。
イタリアのファッションデザイナー、ミラ・ショーン(Mila Schon)さんが亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督の新作"Burn After Reading"が5日、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
ショーン・アンダース(Sean Anders)監督、ジェイムズ・マースデン、ジョシュ・ザッカーマン(Josh Zuckerman)、アマンダ・クルー、セス・グリーンら共演による新作コメディ"Sex Drive"からの最新映像が公開されたようだ。
サム・ライミとトビー・マグワイアは、"Spider-Man 4"の契約にサインしたらしい。
9月30日に発売される「アイアンマン」("Iron Man",2008年)のDVDとBlu-ray Discのパッケージデザインと収録されるメイキング映像が公開されたようだ。
ヴィクトリア・ベッカム、デヴィッド・ベッカムの息子ロメオの6歳の誕生日パーティが4日、カリフォルニアのUniversal Studiosで開かれ、ハイジ・クラム、ジェリ・ハリウェル(Geri Halliwell)、ギャヴィン・ロズデイルらが招待されたようだ。
リンゼイ・ローハンは米Playboy誌から70万ドルでヌードのオファーを受けたものの、断ったようだ。
以前は「The OC」("The O.C.",2003-2007年)で共演したアダム・ブロディと交際、現在は「ジャンパー」("Jumper",2008年)で共演したヘイデン・クリステンセンと付き合っているレイチェル・ビルソンは「オフィスでも、毎日誰かと合っていて相性がよければデートするでしょ。それと同じよ」と語ったようだ。
全米映画協会(Motion Picture Association of America)は、ケヴィン・スミス監督、セス・ローゲン、エリザベス・バンクス共演の新作"Zack And Miri Make a Porno"のポスターについて、主演の2人が服を着て、個別に正面を向いているだけのデザインにも関わらず、過激すぎるとして使用を禁じたようだ。一方、カナダでは使用を許可されたらしい。 [☆MPAAにはシャレが通用しないようです。]
昨年、キルスティン・ダンストが滞在中のホテルの部屋に侵入して財布などを盗んだとして、2人の男性が逮捕・起訴され、1人は罪を認め懲役4年6ヶ月の判決を受けたものの、もう一人は罪状認否がまだ行われておらず、容疑者は裁判で争うことを求めているらしい。
新作ボリウッド・コメディ"Hari Puttar: A Comedy of Terrors"の視覚障害者向けのオーディオ・ムービーが、ニューデリーのラジオ局Radio Mirchiから発売されるらしい。
開催中のヴェネチア国際映画祭で、宮崎駿監督「崖の上のポニョ」にミンモ・ロテッラ財団(Fundacion Mimmo Rotella)賞が贈られたようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で5日、ダーレン・アロノフスキー監督"The Wrestler"の公式会見が行われ、ミッキー・ローク、エヴァン・レイチェル・ウッドらが出席したようだ。
「パコと魔法の絵本」(中島哲也監督)に、「ケロロ軍曹」がカメオ出演(?)しているらしい。また、テレビ東京で放送中のアニメ「いつもワガママ ガマ王子」の9月8日の放送にも「ケロロ軍曹」が登場するようだ。
東京ガールズコレクションが6日都内で開催され、「ハンサム★スーツ」(英勉監督)で共演する谷原章介、佐田真由美、北川景子がモデルを務めたようだ。
三原光尋監督「しあわせのかおり」で共演する中谷美紀、藤竜也らが5日、大阪市内で会見したようだ。
ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、エヴァン・レイチェル・ウッド共演"The Wrestler"が5日、開催中のヴェネチア国際映画祭で上映され、大喝采を浴びたようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で5日、エルマンノ・オルミ監督に栄誉金獅子賞が贈られたようだ。
9月18日に開幕する第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)で、メリル・ストリープとアントニオ・バンデラスに特別功労賞のDonostia Awardsが贈られるようだ。
Lionsgate U.K.は、ダニエル・バーバー(Daniel Barber)監督、マイケル・ケイン、エミリー・モーティマー共演の犯罪スリラー"Harry Brown"の英国内配給権を獲得したようだ。
「フル・モンティ」("The Full Monty",1997年)などを手掛けたプロデューサーのウベルト・パソリーニ(Uberto Pasolini)による監督デビュー作"Machan"が、開催中のヴェネチア国際映画祭でEuropa Cinemas Label賞を獲得したようだ。
藤岡藤巻のコンサートが5日都内で行われ、大橋のぞみがゲストとして登場、「崖の上のポニョ」の主題歌を歌ったようだ。
フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury,1946-1991)の62回目の誕生日を迎えた5日、「Queen Rock Montreal cine sound ver.」("Queen Rock Montreal",1982年)の記念上映が新宿バルト9で行われ、東郷かおる子らがトークショーに出席したようだ。6日からは全国26館でも上映されるらしい。
トム・クルーズとUnited Artistsは、ダグラス・プレストン(Douglas Preston)の小説"The Monster of Florence"の権利を獲得、クルーズの製作と主演で映画化するようだ。
ローラ・アレンは3日、第1子となる男の子を出産したようだ。
英Glamour誌10月号のコラムで、テリ・ハッチャーは10歳の娘への人生のアドバイスとして「素晴らしいセックスをして、チョコレートを食べること。公衆トイレに座ってはダメ。フロスを忘れずに。人生は短いから、ストレスを感じているヒマはないわ。どんな困難なことでも乗り越えられるし、陽はまた昇るの。あなたは美しいし、あなたは愛らしいわ」と書いたようだ。
トム・ブレイディ(Tom Brady)と交際中のジゼル・ブンチェンは「私は今のままで幸せよ。何でみんな私に結婚させたがるのかしら。私は素敵な時間を過ごしているし、それを楽しみたいの」と語ったようだ。
スパイク・リー監督は、「インサイド・マン」("Inside Man",2006年)の続編企画を実行に移すようだ。テリー・ジョージ(Terry George)が脚本に向けて交渉中らしい。
エコロジーをテーマにしたディーパ・メータ監督ジュリア・バタフライ・ヒル(Julia Butterfly Hill)の自叙伝"The Legacy of Luna: The Story of a Tree, a Woman, and the Struggle to Save the Redwoods"のレイチェル・ワイズ主演による映画化"Luna"で、監督予定だったディーパ・メータが降板、ローリー・コリヤー(Laurie Collyer)が代わって監督を務めるらしい。
公開スケジュールが無期延期となっていた、児童書「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督による映画化"Where The Wild Things Are"について、Warner Bros.は全米公開日を2009年10月16日に設定したようだ。
  9/7
大野伸介監督「シャカリキ!」が6日初日を迎え、遠藤雄弥、中村優一、鈴木裕樹、南沢奈央らが舞台挨拶に立ったようだ。
第4回アジア海洋映画祭イン幕張で各賞が発表され、サミュエル・ウェイ監督、ヴァン・ファン、田中千絵、中孝介共演の「海角七号」("Cape No.7")がグランプリに選ばれたようだ。
「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」がクランクアップ、脚本・監督の島田洋七が7日、佐賀県鹿島市で記者会見を行ったようだ。
今石洋之監督「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」が6日初日を迎え、井上麻里奈、福井裕佳梨、中川翔子らが舞台挨拶に立ったようだ。
犬童一心監督「グーグーだって猫である」が6日初日を迎え、小泉今日子、上野樹里、加瀬亮らが舞台挨拶に立ったようだ。
しまね映画祭2008が13日、開幕するようだ。3ヶ月間の期間中に12市町、16会場で39作品が上映されるらしい。
シュー・ジンレイは、米国滞在中に信号無視と駐車違反で罰金を支払ったことを明らかにしたようだ。
「ブロードウェイ・メロディー」("The Broadway Melody",1929年)、「紐育の歩道」("Sidewalks of New York",1931年)、「猛獣島」("Jungle Bride",1933年)などの作品で活躍した、米女優のアニタ・ペイジ(Anita Page)さんが6日亡くなった(98歳)。ご冥福をお祈りいたします。
映画祭開催中のトロントで6日、カナダ・ウォーク・オブ・フェイム(Cameron on Canada's Walk of Fame)の式典が開催され、マイケル・J・フォックスとジェイムズ・キャメロンが出席したようだ。
開催中のトロント国際映画祭で、エド・ハリス監督、ヴィゴ・モーテンセン主演の西部劇"Appaloosa"が上映されたようだ。
第65回ヴェネチア国際映画祭の各賞が6日発表され、ダーレン・アロノフスキー監督"The Wrestler"が最高賞の金獅子賞に選ばれたほか、監督賞の銀獅子賞には"Paper Soldier"のアレクセイ・ゲルマンJr.(Aleksey German Jr.)、審査員特別賞にはHaile Gerima監督の"Teza"が選ばれたようだ。
マーカス・ニスペル監督の新作"Friday the 13th"に出演するアーロン・ヨーは「最大の違いはジェイソンの動きが素早いことと、リアリティがあることだと思う。ゆっくり忍び寄って、走って逃げて、誰かが捕まって、というこの手のホラー映画とは違う。基本的なストーリーラインは同じだけど、今度は75センチのなたを振るうんだ」と語ったようだ。
「ゴーストバスターズ」("Ghostbusters")シリーズ第3弾製作の報道について、ハロルド・ライミスは「その通りだ。Columbia Picturesは"Year One"(2008年)の脚本家2人と"Ghostbusters 3"の脚本を開発中だ。現段階では、(ダン・)エイクロイドとアイヴァン・ライトマンと私が相談を受けているところだが、ダンによると、ビル・マーレイもこの企画に何らかの形で関わりたいと思っているようだ」とコメントしたようだ。
ザック・スナイダー監督"Watchmen"のビデオ・ジャーナル第6弾が公開されたようだ。
ベンジー・マデン(Benji Madden)と交際中のパリス・ヒルトンは「私は今、自分のビジネスのために世界中を飛びまわっているの。赤ちゃんのための時間はないわ」と語ったようだ。
マドンナは、11歳の娘ルルドに、学校生活を終えるまでは芸能界での活動を一切禁じているらしい。
ジェシカ・シンプソンは4日、ナッシュビルのShermerhorn Symphony Centerでニューアルバム"Do You Know"の全曲を、レコード業界関係者の前で披露したようだ。演奏前には「少しナーバスになっています。吐いてしまったらごめんなさい」とコメント、無事パフォーマンスを終えた後に「吐かなかったわ!」と叫んだとか。
チェン・カイコー監督の新作「梅蘭芳」の挿入歌で、主演のレオン・ライとチャン・ツィイーがデュエットしているらしい。ミュージックビデオの撮影も行われたようだ。
ヴェネチア国際映画祭で審査委員長を務めたヴィム・ヴェンダース監督は、賞を逃した「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)について「僕たちは皆、観客と同じくらい『ポニョ』が好きだ。僕は一生『ポニョ』の歌を忘れない」とコメントしたらしい。
落合正幸監督「シャッター」("Shutter",2008年)が6日初日を迎え、奥菜恵らが舞台挨拶に立ったようだ。
第65回ヴェネチア国際映画祭で6日、「血煙 高田の馬場」(マキノ正博,稲垣浩監督,1937年)が特別上映されたようだ。
李闘士男監督「デトロイト・メタル・シティ」が5日、開催中のトロント国際映画祭のMidnight Madness部門で上映され、松山ケンイチらが舞台挨拶に立ったようだ。
アマゾンの先住民とブラジル人農場主との対立を描いた、マルコ・ベキス(Marco Bechis)監督"Birdwatchers"の国際販売権を持つCelluloid Dreamsは、既にオーストラリア、英国、ドイツ、ベネルクス各国、オーストリア、スイス向けに販売したようだ。また北野武監督「アキレスと亀」についてもフランスのOceanとロシアのMaywinに販売したらしい。
オキサイド・パン、ダニー・パン監督、ニコラス・ケイジ主演によるリメイク版"Bangkok Dangerous"が5日、全米2650館で封切られ、初日興収270万ドルでトップとなったようだ。
ダニエル・ラドクリフ主演の舞台"Equus"のプレビュー公演が5日、ブロードウェイのBroadhurst Theaterで始まったようだ。
セレナ・ゴメス(Selena Gomez)は、彼女の"I'm Sorry"がニック・ジョナス(Nick Jonas)のことを歌っている、という噂を否定したようだ。
ポーシャ・デ・ロッシと結婚式を挙げたエレン・デジェネレスは、子供について「名前を考えたの。皮肉を込めて・・・Jumbo Shrimpがいいわね」と語ったようだ。
ビヨンセ・ノウルズは5日、ニューヨークのRadio City Music Hallで開催されたFashion Rocksに出席した際、ジェイ・Zから贈られた18カラットのダイヤの婚約指輪をはめていたらしい。500万ドルは下らないとか。
ララ・シャピロ(Lara Shapiro)監督の新作コメディ"Labor Pains"でリンゼイ・ローハンと共演しているボニー・サマーヴィルは「サマンサ・ロンソン(Samantha Ronson)はいつも来ているわ。2人とも幸せそう。彼女たちが幸せなら、それでいいんじゃない?」と語ったようだ。
チャリティ番組"Stand Up To Cancer"が5日、米ABC、CBS、NBCで同時放送され、すい臓がんであることを公表しているパトリック・スウェイジが予告無しで登場したようだ。
  9/8
瀧本智行監督「イキガミ」の完成会見が8日都内で行われ、松田翔太、成海璃子、山田孝之らが出席したようだ。
「あぁ、結婚生活」("Married Life",2008年)の試写会が7日都内で行われ、高橋ジョージ、三船美佳夫妻が出席したようだ。
「マドンナのスーザンを探して」("Desperately Seeking Susan",1985年)のミュージカル版が、来年1月6日から都内で上演されるようだ。保坂知寿、真琴つばさ、香寿たつきらが出演するらしい。
トヨタ「RAV4」の新CMに、イ・ビョンホンが出演するようだ。CMソング「いつか」も歌うらしい。
大岡俊彦監督「いけちゃんとぼく」のロケが7日、高知県須崎市の小学校で行われ、県内の小学生約200人がエキストラで出演したようだ。
米NBCは"Letters to Santa: A Muppets Christmas"を放送するようだ。ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・シリコ(Tony Sirico)、スティーヴン・R・シリッパ、リチャード・グリフィス、マディソン・ペティス(Madison Pettis)らがパペットたちと共演するらしい。
ロシアの検察当局は、1月にモスクワで放送された米TVアニメシリーズ「サウスパーク」("South Park",1997年-)のエピソードに「過激派活動の兆候があった」として、放送した2x2を起訴したようだ。
デヴィッド・コープ監督、リッキー・ジャーヴェイス、グレッグ・キニア、ティア・レオーニ共演の新作ロマンチック・コメディ"Ghost Town"が5日、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
第25回MTV Video Music Awardsが7日発表され、ブリトニー・スピアーズの"Piece of Me"が今年のビデオ賞、ポップ・ビデオ賞、女性ビデオ賞の3章を獲得したようだ。オープニングに登場したものの、パフォーマンスは披露しなかったらしい。
全米週末興収は、オキサイド・パン、ダニー・パン監督、ニコラス・ケイジ主演"Bangkok Dangerous"が780万ドル(2650館)で初登場1位となったようだ。
"Sticky & Sweet"世界ツアー中のマドンナが6日、ローマで公演を行ったようだ。「この歌をローマ法王に捧げます。私は神の子であり、皆さんも神の子なのです」と語り"Like a Virgin"を歌ったらしい。
デスレコーズは、同レーベルがリリースする「デトロイト・メタル・シティ」のシングル「SATSUGAI/甘い恋人」、アルバム「魔界遊戯」などのCDについて、販売打ち切りを検討しているらしい。楽曲をオンエアしたラジオ局にはクレームが殺到しているとか。 [☆これもプロモーションっぽいですけどね。]
イ・チャンフンは6日、ソウルで16歳年下の女性と結婚式を挙げたようだ。
ペ・ヨンジュンによる韓国旅行ガイドブックが、来年初めに韓国、日本、中国などで発売されるらしい。
ブラッド・ピットはロックスターになることに憧れていたらしい。「男なら誰でも、観客の前でプレイすることを夢見るものだ。僕は今でもギターを弾くけど、この年になって自分に才能が無いことに気付いたよ。音楽は好きだけど、夢は消えた」と語ったようだ。
トレイス・アヤラ(Trace Ayala)は、6月にプロポーズしていたジョアンナ・ガルシア(Joanna Garcia)との婚約を解消したようだ。
大野伸介監督「シャカリキ!」上映中のTOHOシネマズなんばで7日、遠藤雄也、中村優一、鈴木裕樹、南沢奈央が舞台挨拶に立ったようだ。
トロント国際映画祭で上映された「デトロイト・メタル・シティ」(李闘士男監督,2008年)には、25ヶ国から上映オファーが殺到しているほか、香港とハリウッドからはリメイクのオファーも受けているらしい。
妻夫木聡主演のNHK大河ドラマ「天地人」で、小栗旬、上地雄輔、深田恭子の共演が発表されたようだ。
スティングの来日公演で、12月21日パシフィコ横浜での追加公演が決まったようだ。
Paramount Picturesは、Platinum Dunes製作による舞台劇の映画化"The Butcherhouse Chronicles"の監督に、フランク・ボーリン(Frank Borin)を起用したようだ。
マリリン・アグレロ監督の新作"An Invisible Sign of My Own"で、アメリカ・フェレーラに代わってジェシカ・アルバの主演が決まったようだ。来月から撮影に入る模様。
トミー・リー・ジョーンズは、「ノーカントリー」("No Country for Old Men",2007年)を製作したParamount Picturesに対し、1000万ドル以上の支払いを求める訴訟を起こしたようだ。1億6000万ドルの興収に応じたボーナスが支払われていない、と主張しているらしい。
フィデル・カストロ(Fidel Castro)前国家評議会議長の娘、アリナ・フェルナンデス(Alina Fernandez)の半生を描く"Castro's Daughter"で、プロデューサーのボビー・モレスコ(Bobby Moresco)が監督と共同脚本を手掛けることが決まったようだ。
「SAW」シリーズなどを手掛けるプロデューサーのピーター・ブロック(Peter Block)は、映画製作会社A Bigger Boatを設立したようだ。
Nu Image/Millennium Filmsによる新作犯罪スリラー"Fake Identity"で、ヴァル・キルマーが主演するようだ。デニス・ディムスター=デンク(Dennis Dimster-Denk)の監督、共同脚本で、9月30日から撮影に入る模様。
Paramount Picturesは、「スパイダーウィックの謎」("The Spiderwick Chronicles",2008年)を手がけたマーク・カントン(Mark Canton)、エレン・ゴールドスミス=ヴェインと共同で、ジェイク・ウィズナー(Jake Wizner)のヤングアダルト小説"Spanking Shakespeare"を映画化するようだ。
古代エジプト王タハルカ(Taharqa)を描く、ウィル・スミス主演予定の新作"The Last Pharaoh"で、ランダル・ウォレスが脚本を担当するようだ。
シン・ジョンウォン監督、オム・テウン主演の新作ブラックコメディ「チャウ」("Chaw")で、韓国のFine Cutが販売権を獲得したようだ。
映画監督のノーマン・ジュイソンが1988年に設立した映画・TV製作の訓練センターCanadian Film Centreは、BBC Drama、BBC Worldwide、Canwest Broadcastingと提携、脚本家育成プログラムCanada-U.K. Script Incubation Programを立ち上げたようだ。
フランスのメディア大手Lagardereは、主にTVドラマなどを手掛けるパリの製作会社Merlin Productionsを買収したようだ。
Sony Pictures Releasingは、「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")のオーストラリアでの公開日を1週間早め、11月19日に設定したようだ。バズ・ラーマン監督「オーストラリア」("Australia")との衝突を避けたらしい。
北米を除く海外週末興収では、39地域、3493館で上映中のミュージカル映画「マンマ・ミーア!」("Mamma Mia!")が1500万ドルでトップを記録、海外総興収は2億8000万ドルに達したようだ。
開催中のトロント国際映画祭で7日に最新作"Miracle at St. Anna"がワールド・プレミア上映されるスパイク・リー監督は、第2回Babelgumオンライン映画祭の審査委員長を務めるため、5日にトロント入りしたようだ。l
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、今年度アカデミー科学技術賞の選考対象となる8つの技術開発を発表、Imagica TechnologiesのPRIMATTE Chromakey Technologyなどがリストに上がったようだ。
Sony Pictures Worldwide Acquisitions Groupは、「スカイ・クロラ」(押井守監督,2008年)の米国、カナダ、中南米、オーストラリア、ニュージーランドでの配給権を獲得したようだ。
中江裕司監督「40歳問題」の製作発表が7日都内で行われ、浜崎貴司、大沢伸一、桜井秀俊らが出席したようだ。
「ステップ・アップ」("Step Up",2006年)で共演したチャニング・テイタムとジェナ・ディーワンが婚約したようだ。
舞台"Equus"のブロードウェイでのプレビュー公演初日を終えたダニエル・ラドクリフは「ニューヨークは本当に大好きだ。みんな最高だよ」とコメントしたようだ。
ティム・ブレイク・ネルソン脚本・監督、エドワード・ノート主演の新作コメディ・スリラー"Leaves of Grass"で、スーザン・サランドンとリチャード・ドレイファスがキャストに加わったようだ。ケリー・ラッセルも出演交渉中らしい。9月22日からシュリーブポートで撮影に入る模様。
Imagi Animation Studiosによる新作CGアニメ映画"Gatchaman"からの特報が公開されたようだ。
"Iron Man 2"のセット訪問、キャストとの面会、エキストラ出演、ロサンゼルス・プレミアへの出席などの権利が、ネットオークションに出品されたようだ。
「映画 ふたりはプリキュア MaxHeart」(2005年)など映画版「プリキュア」4作品が、10月1日から東映アニメBBプレミアムで有料配信されるようだ。
  9/9
公開中の映画「ヒカリサス海、ボクノ船」(橋本直樹監督)の舞台挨拶が9日都内で行われ、仁科仁美、仁科亜希子らが出席したようだ。
10月22日に発売される「眠れる森の美女」("Sleeping Beauty",1959年)プラチナ・エディションDVDのTVCMで、松田聖子が自ら書き下ろしたCM曲「あの輝いた季節」を歌うらしい。
八木毅監督「大決戦!超ウルトラ8兄弟」の完成披露試写会が8日、横浜市で行われ、長野博、つるの剛士、黒部進、森次晃嗣、吉本多香美らが出席したようだ。
「ディスタービア」("Disturbia",2007年)は「裏窓」("Rear Window",1954年)の著作権を侵害しているとして、スティーヴン・スピルバーグと、Dreamworks、Paramount Picturesが訴えられたようだ。
ミニー・ドライヴァーは5日、第1子となる男の子を出産したようだ。
Warner Brothers EntertainmentとJ・K・ローリング(J.K. Rowling)が、スティーヴ・ヴァンダー・アーク(Steve Vander Ark)による「ハリー・ポッター用語集」("The Harry Potter Lexicon")の出版を計画しているRDRに対して起こしていた訴訟で、マンハッタンの地方裁判所は8日、原告の訴えを認め、「用語集」の出版差し止めを命じる判決を下したようだ。
萩生田宏治監督「コドモのコドモ」が、10月2日に開幕する釜山国際映画祭に出品されるようだ。
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督の新作"A Serious Man"の製作が8日、ミネソタでスタートしたようだ。
DreamWorks Picturesは、D・J・カルーソー監督、シャイア・ラブーフ主演の新作「イーグル・アイ」("Eagle Eye")のプロモーション・サイトEagleEyeFreeFall.comを立ち上げたようだ。
ジョン・ムーア監督"Max Payne"を手掛けるプロデューサーのスコット・フェイ(Scott Faye)は、ビデオゲーム"Duke Nukem"の映画化を企画しているらしい。
"Star Trek"のJ・J・エイブラムス監督は、ウィリアム・シャトナーの出演シーンが無いことについて「実際に彼がフラッシュバックで登場するシーンも書いたが、しっくりこなかった。それより大きな理由は、彼がカメオ出演したくないと主張したことだ。彼にもっと焦点を合わせるよう要求してきたんだ」と語ったようだ。
米RealNetworksは8日、DVDをHDDに合法的にコピーできるソフト「RealDVD」を49.99ドルで発売すると発表したようだ。
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")の公開延期に合わせて、Electronic Artsによるビデオゲーム版も来年夏の発売となるようだ。
「チャイルド・プレイ」("Child's Play",1988年)のリメイクについて、脚本家のドン・マンシーニ(Don Mancini)は「もっとダークにしようと考えている。オリジナルよりもダークに」と語ったようだ。
IMAX CorporationとDreamWorks Animation SKGは8日、「マダガスカル2」("Madagascar: Escape 2 Africa")のIMAX版を、感謝祭からクリスマス・シーズンまで上映すると発表したようだ。
12月12日に全米公開の、スコット・デリクソン監督、キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー共演「地球が静止する日」("The Day the Earth Stood Still")は、IMAXシアターでも同時公開されるようだ。
MTV Video Music Awardsに出席したマイリー・サイラス(Miley Cyrus)とケイティ・ペリー(Katy Perry)は、同じリムジンに乗って会場に現れ、ファンを驚かせたらしい。
ダーネル・マーティン(Darnell Martin)監督の新作"Cadillac Records"でエタ・ジェイムズ(Etta James)を演じたビヨンセ・ノウルズは、役作りのため体重を9kg増やしたほか、ブルックリンの麻薬中毒者のたまり場にも足を運んだらしい。
クリス・カーターが過労でダウンし、入院したらしい。
レオナルド・ディカプリオは、トビー・マグワイア、コートニー・コックス、デヴィッド・アークエット、サシャ・バロン・コーエン、アイラ・フィッシャーと共に、ヨットで休暇を過ごしたらしい。
都内で開催中の「フランス映画の秘宝」で7日、ジャック・ドワイヨン、青山真治らによる座談会が行われたようだ。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第7シーズンの制作が9月15日から2週間中断、脚本を書き直すらしい。
「救急の日」のイベントが9日都内で開催され、「グーグーだって猫である」(犬童一心監督監督,2008年)に出演する森三中の3人が参加したようだ。
ミッシェル・マロニー(Michele Mulroney)、キーラン・マロニー(Kieran Mulroney)脚本・監督の新作コメディ"Paper Man"で、ジェフ・ダニエルズ、ライアン・レイノルズ、リサ・クードロウが共演するようだ。11月12日からニューヨークとモントークで撮影に入る模様。
New Line Cinemaは、Richard Doetschによるタイムトラベル小説"The Thirteenth Hour"の先買権を獲得したようだ。
Wall Street Journalは8日、UniversalとDisneyが、大手映画館チェーンによるデジタルシネマのコンソーシアムDigital Cinema Implementation Partnersと、「バーチャル・プリント・フィー」とデジタルシネマ転換への融資について合意に達した、と報じたようだ。
ニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の小説「きみを想う夜空に」("Dear John")のラッセ・ハルストレム監督、チャニング・テイタム主演による映画化で、アマンダ・サイフリッドの共演が決まったようだ。10月13日にサウスカロライナで撮影に入る模様。
IMAXとUA Cinemasは8日、香港で2番目となるIMAXシアターを含む、5スクリーン、900席のシネコンを2009年末までに九龍にオープンさせると発表したようだ。
「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」("Great Balls of Fire!",1989年)、「バートン・フィンク」("Barton Fink",1991年)、「ビッグ・リボウスキ」("The Big Lebowski",1998年)、「バーバー」("The Man Who Wasn't There",2001年)などの作品を担当、「Mr. & Mrs. スミス」("Mr. and Mrs. Smith",2005年)にはダンサーとして出演した、振付師のジャッキー・ランドラム(Jacqui Landrum)さんが8月29日亡くなった(64歳)。ご冥福をお祈りいたします。
IFCはスウェーデンのヤン・トロエル(Jan Troell)監督による新作"Maria Larssons eviga ogonblick"(Everlasting Moments)の北米配給権を獲得したようだ。
Twentieth Century Foxは衛星放送のStarと共同で、インド、中国、東南アジアをターゲットにした映画製作・配給会社Fox Star Studiosを立ち上げるようだ。
Googleは、米NBC Universalと、複数年のTV広告契約を結んだようだ。
Blue Man Groupは、「センター・オブ・ジ・アース」("Journey to the Center of the Earth",2008年)を手掛けたプロデューサーのシャーロット・ハギンス(Charlotte Huggins)と契約、Blue ManのパフォーマンスをImax 3-Dで映画化するらしい。
ミロス・フォアマンとディック・ウルフ(Dick Wolf)に、米監督組合(Directors Guild of America)による今年の名誉賞が贈られるようだ。
鶴田法男監督「おろち」の完成記念イベントが8日都内で行われ、木村佳乃、中越典子、楳図かずおが出席したようだ。
9月27日に開幕するハンブルク映画祭で、"Adoration"のアトム・エゴヤン監督にダグラス・サーク賞(Douglas Sirk Award)が贈られるようだ。
Fox Searchlightは、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したダーレン・アロノフスキー監督"The Wrestler"の米国内配給権を、約400万ドルで獲得したようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクによるファッションブランドWilliam Rastの新作が8日、ニューヨーク・ファッション・ウィークで披露されたようだ。
妻レベッカ・ローミンが双子を妊娠中のジェリー・オコンネルは「コナン・オブライエン(Conan O'Brien)の番組で、妻のことを『巨大だ』と言ってしまって後悔している。妻の特定の部位が通常より大きくて、日々成長していると言いたかったんだ。妻の他の部分はとても小さいんだよ。彼女に謝って、花を持って帰るよ」と語ったようだ。
4歳と2歳の娘を持つグレッグ・キニアは「僕のベッドの下には、ショットガンが用意してある。言っておくけど、弾は込めてないよ」とジョークを飛ばしたようだ。
ミーシャ・バートンはStacey Lapidusと共同でヘア・アクセサリのデザインを手掛けるようだ。
「ブエノスアイレスの夜」("Vidas privadas",2001年)で共演したガエル・ガルシア・ベルナルとドロレス・フォンシ(Dolores Fonzi)との間に男の子が誕生するらしい。
先月父親となったデヴィッド・スペイドは、相変わらずパーティ三昧の日々を送っているらしい。7日の夜もハリウッドのThe Kressを友人らと訪れたようだ。
トロントで7日行われたOasisの公演で、観客の一人がステージに上がり、ノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)を突き飛ばしたらしい。その後リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)にも襲い掛かろうとしたものの、警備員が取り押さえたようだ。
マイケル・J・フォックスが設立したパーキンソン病研究基金Michael J. Fox Foundationの募金活動を行うTeam Foxにライアン・レイノルズが参加、11月2日に開催されるING New York City Marathonに出場するようだ。レイノルズの父親もパーキンソン病を患っているらしい。
新作"Management"の上映に合わせてトロント国際映画祭に出席したジェニファー・アニストンは「物事はなかなか上手くいかないわ。忙しいけど、でもそれって最高よ」と語ったようだ。監督のスティーヴン・ベルバー(Stephen Belber)は「彼女は強い人だし、不平を言うのを一度だって聞いたことがない。彼女は前向きだし、陽気で、思いやりがあって誠実な人だよ」と語ったらしい。
トロント国際映画祭で行われた"The Secret Life of Bees"のプレミアの出席したダコタ・ファニングは、トリスタン・ワイルズ(Tristan Wilds)とのキスシーンについて「不安は無かったわ。撮影は最後だったから、お互いによく知り合えたし。彼はとても優しい人よ」と語ったようだ。
バリー・ソネンフェルドは、スーパーヒーローの一家を描くTVシリーズ"The Nelsons"を手掛けるようだ。
Morningstar Films製作の新作スリラー"Killing Jar"で、マイケル・マドセン、ダニー・トレホ、ハロルド・ペリノーが共演するようだ。マーク・ヤング(Mark Young)が監督を務め、ノースカロライナで既に撮影に入っている模様。
詩人アーウィン・アレン・ギンズバーグ(Irwin Allen Ginsberg,1926-1997)を描く新作"Howl"で、ジェイムズ・フランコが主演、デヴィッド・ストラザーン、アラン・アルダ、ジェフ・ダニエルズ、メアリー=ルイーズ・パーカー、ポール・ラッドらが共演するようだ。
マイケル・レムベック監督、ドウェイン・ジョンソン主演の新作コメディ"Tooth Fairy"で、ジュリー・アンドリュースの共演が決まったようだ。10月からバンクーバーで撮影に入る模様。
Entertainment Weekly誌による「1983年以降のカルト映画25」が発表されたようだ。
1.「ショーシャンクの空に」("The Shawshank Redemption",1994年)
2.「スカーフェイス」("Scarface",1983年)
3.「レポマン」("Repo Man",1984年)
4.「スパイナル・タップ」("This is Spinal Tap",1984年)
5.「未来世紀ブラジル」("Brazil",1985年)
6.「バッド・チューニング」("Dazed and Confused",1993年)
7.「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」("Hard-Boiled",1992年)
8.「死霊のはらわたII」("Evil Dead II",1987年)
9.「ピーウィーの大冒険」("Pee-wee's Big Adventure",1985年)
10.「AKIRA」("Akira",1988年)
11.「悪魔の毒々モンスター」("The Toxic Avenger",1985年)
12.「ストレンジャー・ザン・パラダイス」("Stranger Than Paradise",1984年)
13.「クラークス」("Clerks",1994年)
14.「ZOMBIO/死霊のしたたり」("Re-Animator",1985年)
15.「ビッグ・リボウスキ」("The Big Lebowski",1998年)
16.「ウイズネイルと僕」("Withnail & I",1988年)
17.「ショーガール」("Showgirls",1995年)
18.「ゼイリブ」("John Carpenter's They Live",1988年)
19.「ヘザース/ベロニカの熱い日」("Heathers",1989年)
20.「天才マックスの世界」("Rushmore",1998年)
21.「バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー」("The Adventures of Buckaroo Banzai Across the 8th Dimension",1984年)
22.「ラヴ・ストリームス」("Love Streams",1984年)
23."Superstar: The Karen Carpenter Story"(1987年)
24."Walking and Talking"(1996年)
25.「ザ・メタルイヤーズ」("The Decline of Western Civilization Part II: The Metal Years",1988年)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンは、Blu-ray Discビデオの国内発売を12月19日からスタートすると発表したようだ。
  9/10
「フレフレ少女」(渡辺謙作監督)のPRイベントが10日、都内の帝京中学校・高等学校で行われ、新垣結衣が女子柔道部を訪問したようだ。
「アキレスと亀」の北野武監督は9日、ヴェネチア国際映画祭で受賞したバストーネ・ビアンコ賞(Bastone Bianco Award)の白い杖を受け取ったようだ。
中島哲也監督「パコと魔法の絵本」の試写会が9日都内で行われ、アヤカ・ウィルソン、木村カエラらが出席したようだ。
チェン・カイコー監督の新作「梅蘭芳」で、ジリアン・チョンの出演シーンが全てカットされる事になったらしい。
ホロコーストを生き残ったサーカス芸人を描く、ポール・シュレイダー(Paul Schrader)監督、ジェフ・ゴールドブラム主演"Adam Resurrected"が、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
Fox 2000は、サラ・グルーエン(Sara Gruen)の小説"Water for Elephants"の権利を獲得、フランシス・ローレンスの監督で映画化するようだ。
Oasisは、9日に予定していたオンタリオ州ロンドンでの公演を12月に延期したようだ。トロントでの公演中に観客に暴行を受けたノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)が、安静が必要との診断を受けたらしい。
ラリー・チャールズ監督、ビル・マーヘル(Bill Maher)主演による宗教ドキュメンタリー"Religulous"が、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
ビヨンセ・ノウルズの3枚目となるソロアルバムが、11月18日に米国でリリースされるようだ。日本では12日に先行発売されるらしい。
スチュワート・ヘンドラー(Stewart Hendler)監督の新作"Sorority Row"で、ブリアナ・エヴィガン(Briana Evigan)とルーマー・ウィリスが共演するようだ。10月6日にピッツバーグで撮影に入る模様。
米NBC Universalは、一時撤退していたiTunes Storeでの番組配信を再開したようだ。
マシュー・ヴォーン監督、ニコラス・ケイジ主演の新作"Kick-Ass"のロンドンの撮影現場からの最新画像が公開されたようだ。
サマンサ・ロンソン(Samantha Ronson)と交際中のリンゼイ・ローハンが「子供を作ることについて2人で話し合った」と報じられたことについて、ローハンの代理人は「全くのデタラメ」と否定したようだ。
ピート・ウェンツ(Pete Wentz)はPlayboyとのインタビューで、友人とロシアンルーレットをしたことがある、と告白したらしい。「僕らは酒に酔って(鎮静剤の)Ambienも飲んでいた。このことを話しているだけで、自分の愚かさを感じるよ」と語ったようだ。
スカーレット・ヨハンソンはライアン・レイノルズとの結婚式について「(盛大なハリウッド式の結婚式は)ゾッとする。私は引っ込み思案な人間だから、結婚式も出来る限りプライベートなものにするわ」と語ったようだ。
アン・ハサウェイと交際していたイタリア人実業家ラファエロ・フォリエリ(Raffaello Follieri)は、詐欺とマネーロンダリングの罪を認めるようだ。
10月18日開幕の第21回東京国際映画祭で、手塚治虫(1928-1989)生誕80周年を記念した特集上映が行われるようだ。「海底超特急マリン・エクスプレス」(1979年)、「火の鳥」(市川崑監督,1978年)、「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」(杉山卓監督,1980年)、「ユニコ」(平田敏夫監督,1981年)、「ユニコ 魔法の島へ」(村野守美監督,1983年)などが上映されるらしい。
ミシェル・ウィリアムズは、女優業を1年間休むと語ったようだ。
ダンカン・ジョーンズ(Duncan Jones)監督、サム・ロックウェル主演のSFスリラー"Moon"で、ケヴィン・スペイシーがロボットの声を演じているらしい。
「P.S.アイラヴユー」("P.S. I Love You",2007年)プロモーションのため、ジェラルド・バトラーが9日来日したようだ。成田空港では150人のファンが出迎えたとか。
「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")の最新予告編が公開されたようだ。
米HBOで7日放送された新作ドラマ"True Blood"は、視聴者数140万人を記録したようだ。
Summit Entertainmentは、トロント国際映画祭で上映されたキャスリン・ビグロウ監督の新作"The Hurt Locker"の米国内配給権を獲得したようだ。
20th Century Foxは、「X-Men」シリーズのスピンオフ"Wolverine"でライアン・レイノルズが演じるキャラクタに基づく新作"Deadpool"を企画しているほか、「デアデビル」("Daredevil",2003年)の新作も検討しているらしい。
Universal PicturesとImagine Entertainmentは、パトリス・ルコント監督「ぼくの大切なともだち」("Mon meilleur ami",2006年)のリメイク"My Best Friend"の脚本に、ウェス・アンダーソンを起用したようだ。監督も務めるらしい。
元Miramax重役のリック・シュワルツ(Rick Schwartz)と、グラハム・キング(Graham King)のIEGが設立した製作会社Overnight Productionsは、リンゼイ・ローハン主演"Labor Pains"のほか、フィリップ・ノイス監督の"Southbound"、サルマ・ハエック製作によるミュージカル"La Banda"、「13/ザメッティ」("13 zameti",2006年)のリメイクなどを手掛けるようだ。
Paramount Picturesは、アニメーション製作会社Wildbrainと提携、Kidrobotのキャラクタを使った実写・アニメ合成の映画シリーズを製作するようだ。
香港の販売会社Fortissimo Filmsはカナダの配給会社Maximum Film Distributionと、「トウキョウソナタ」(黒沢清監督)など6作品について配給契約を結んだようだ。
イラク戦争を描いたキャスリン・ビグロウ監督の新作"The Hurt Locker"が9日、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
マーティン・ワイズ(Martin Weisz)監督による人気ビデオゲームの映画化"Clock Tower"で、ブリタニー・スノウの主演が決まったようだ。11月からロサンゼルスで製作に入る模様。
ジョン・ラッセンホップ(John Luessenhop)監督、ポール・ウォーカー、ヘイデン・クリステンセン共演の新作犯罪スリラー"Bone Deep"で、マイケル・イーリー、スティーヴ・ハリス、ジェイ・ヘルナンデス、マリアンヌ・ジャン=バプティスト、ゾーイ・サルダナ、ジョナサン・シェックがキャストに加わったようだ。今週から撮影に入った模様。
ポール・ヴァーホーヴェンは、ウェンディ・ミラー(Wendy Miller)の脚本によるタイトル未定のエロチック・スリラーで監督を務めるようだ。
ジョニー・デップは、ゴア・ヴァービンスキー監督による新作アニメーション"Rango"で、主人公の声を演じるようだ。
「歩いても 歩いても」(是枝裕和監督,2008年)のフランス、スイス、スウェーデンでの公開が決まったようだ。
10月13日からオーランドで開催されるShowEastで、MGMの重役クラーク・ウッズ(Clark Woods)にShalah M. Hassanein Humanitarian Awardが、Walt Disney Studios Motion Picturesのナンシー・クルーター(Nancy Klueter)にAl Shapiro Distinguished Service Awardが贈られるようだ。
Legendary Picturesは、脚本家マット・サラルニック(Matt Cirulnick)とプロデューサーのデヴィッド・マンパール(David Manpearl)によるタイトル未定のSF企画を獲得したようだ。敵の種族との戦争に負け支配下に置かれた人類が、一人の若い男に導かれて立ち上がる・・・と言う話らしい。
米映画撮影監督協会(American Society of Cinematographers)は、学生や卒業生を対象にした2009 Heritage Awardの名前を、今年4月に亡くなったDeluxe Laboratories社長のバートン・ストーン(Burton Stone)にちなんでBud Stone Heritage Awardとすると発表したようだ。
Maximum Filmは、ジョン・クロウリー(John Crowley)監督"Is There Anybody There?"、リチャード・リンクレイター監督"Me and Orson Welles"、スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル共同監督"Uncertainty"など、トロント国際映画祭で上映された6作品のカナダでの配給権を獲得したようだ。
マーク・ハーマン監督、デヴィッド・シューリス、ヴェラ・ファーミガ共演の新作"The Boy in the Striped Pyjamas"が、10月16日にインディアナポリスで開幕するHeartland Film Festivalでオープニング上映されるようだ。
「ダーティハリー5」("The Dead Pool",1988年)、「永久に美しく・・・」("Death Becomes Her",1992年)などの映画や数多くのCMで女優として活躍した後、Martin Castingを設立し社長を務めていたメリッサ・マーティン(Melissa Martin)さんが8月29日亡くなった(53歳)。ご冥福をお祈りいたします。
11月6日に開幕する第45回台湾金馬影展(Taiwan Golden Horse Film Festival)で、ロシアのアニメーション作家アレクサンドル・ペトロフ監督作品の特集上映が行われるようだ。「老人と海」("The Old Man and the Sea",1999年)、「春のめざめ」("My Love",2006年)など全5作品を上映、ペトロフ監督の出席も予定されているらしい。
「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」("The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor",2008年)の日本での興行収入が20億円を突破したようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門のハンガリーのエントリー作品に、東欧での貧困と人身売買の実態を描いたCsaba Bollok監督の"Iszka utazasa"(Iska's Journey)が選ばれたようだ。
バーブラ・ストライザンド、モーガン・フリーマン、振付師のトゥイラ・サープ(Twyla Tharp)、カントリー歌手のジョージ・ジョーンズ(George Jones)、The Whoのピート・タウンゼントとロジャー・ダルトリー(Roger Daltrey)に、第31回ケネディ・センター栄誉賞(Kennedy Center Honors)が贈られるようだ。
18日にボストン大学で行われるベティ・デイヴィス(Bette Davis,1908-1989)生誕100年祭で、ローレン・バコールに名誉メダルが、スーザン・サランドンに特別功労賞がそれぞれ贈られるようだ。
アッシャー・レイモンド、タメカ・フォスター(Tameka Foster)夫妻に第2子が誕生するようだ。
マット・デイモンは「家では『非常警報』って呼ばれてる。娘たちの誰かが危ないことをしようとして、僕が『それに触った?』とか『危ない!』とか言うと、家族みんなが『非常警報!非常警報!』って叫ぶんだ」と語ったようだ。
ヘイデン・パネッティーアは「小さなことが大切だと思うの。お花とか、小さな心遣いとか。朝起きて、鏡を見ると目もが貼ってあって『愛してるよ。いい一日を』なんて書いてあると最高ね」と語ったようだ。
ジョシュ・ハートネットは、ロンドンのホテルの共用施設に女性を連れ込んで性的関係を持った、と報じた英Daily Mirror紙の記事について「事実無根のでっち上げ」と否定、名誉毀損で訴えるようだ。
英Harper's Bazaar誌のインタビューに答えたリヴ・タイラーは、ロイストン・ランドン(Royston Langdon)との破局について「人生でこれほど辛かったことはないわ。苦痛や喪失を感じている。落ち着かないの。神経質な気分、ウディ・アレンみたいに」と語ったようだ。
「ミュータント・タートルズ」("Teenage Mutant Ninja Turtles")の実写映画化について、共同クリエイターのピーター・レアード(Peter Laird)はまもなく契約を結ぶことを認めると共に、CGアニメ版"TMNT"(2007年)で声優を務めたクリス・エヴァンスとサラ・ミシェル・ゲラーの出演を希望していることを明らかにしたようだ。
新作サスペンス・スリラー"The Steam Experiment"で、ヴァル・キルマー、アーマンド・アサンテ、エリック・ロバーツ、ミーガン・ブラウン(Megan Brown)、パトリック・マルドーンが共演するようだ。地球温暖化の人間への影響を証明しようと、元大学教授が6人の人質をサウナ風呂に閉じ込め・・・と言う話らしい。ミシガン州で撮影に入っている模様。
プロデューサーのバーバラ・デ・フィナ(Barbara De Fina)、オースティン・チック(Austin Chick)、アンドリュー・クレジアン(Andrew Kletjian)は、リサ・アンガー(Lisa Unger)の新作スリラー小説"Black Out"のオプションを獲得したようだ。
ダーレン・グロドスキー(Darren Grodsky)、ダニー・ジェイコブス(Danny Jacobs)共同監督による新作コメディ"Humboldt County"からの特別映像が公開されたようだ。
TVシリーズ「アメリカン・ヒーロー」("The Greatest American Hero",1981-1983年)の映画化が企画されているらしい。スティーヴン・ヘレクが監督を務める模様。
  9/11
「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督,2005年)の撮影で使用された栃木市教委の旧庁舎が、17日にカフェレストラン「ALWAYS カマヤ」としてオープンするらしい。
「鋼の錬金術師」の劇場版とTV版を上映するイベント「鋼の錬金術師 ミッドナイトラウンジ」が、28日にテアトルダイヤで開催されるようだ。
木村威夫監督「夢のまにまに」の試写会が11日都内で行われ、長門裕之らが出席したようだ。
デジタル・コンテンツ利用促進協議会が9日設立され、東京大学名誉教授の中山信弘が会長、角川グループホールディングス代表取締役会長兼CEOの角川歴彦らが副会長に就任したようだ。
ジョー・マ監督による日本・香港合作映画「さそり」のアフレコ収録が11日都内で行われ、主演の水野美紀が参加したようだ。
長谷部安春監督「鑑識・米沢守の事件簿」で、紺野まひるがヒロイン役を務めるようだ。
「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)がフジテレビでドラマ化、香取慎吾が主演するらしい。 [☆納得できませんっ!]
ペ・ヨンジュンのプロデュースによる韓国料理レストラン2号店「高矢禮 火」が10日、名古屋市にオープン、500人以上が集まったらしい。
辻裕之監督「くれないの盃」で、庄司智春が主演、井戸田潤、佐田正樹、デビット伊東、島崎俊郎、長州小力、岡田圭右、黒沢かずこ、ハチミツ二郎らが共演するようだ。
リチャード・ラグラヴェネーズ監督「P.S.アイラヴユー」("P.S. I Love You",2007年)の試写会が10日都内で行われ、ジェラルド・バトラーが出席したようだ。
錦織良成監督の新作「BATADEN〜一畑電車物語〜」の撮影が10日、出雲市内で始まったようだ。
上海、北京、広州で行われた「好きな日本映画」の調査によると、「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督,2002年)が19%でトップ、「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督,2004年)と「Love Letter」(岩井俊二監督,1995年)が8.3%で2位となったようだ。
第19回福岡アジア文化賞授賞式が10日、福岡市内で行われ、映画監督のアン・ホイらが出席したようだ。
自作映画「天皇伝説」のポスターを街路灯に無断で貼ったとして、映画監督の渡辺文樹が11日、軽犯罪法違反の現行犯で警視庁に逮捕されたようだ。
マリリン・モンロー(Marilyn Monroe,1926-1962)がグレン・フォード(Glenn Ford,1916-2006)と愛を交わしたというソファが、10月にオークションに出品されるらしい。
ブライアン・グッドマン監督、マーク・ラファロ、イーサン・ホーク共演"What Doesn't Kill You"が、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
リチャード・リンクレイター監督、ザック・エフロン、クレア・デインズ共演"Me and Orson Welles"が、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。
ブラッド・シルバーリング監督、ウィル・フェレル、アンナ・フリエル共演の新作"Land of the Lost"の全米公開日が、当初予定の2009年7月17日から6月5日に繰り上がったようだ。
パリス・ヒルトンの日常を追った、エイドリア・ペティ(Adria Petty)監督によるドキュメンタリー映画"Paris, Not France"が9日、開催中のトロント国際映画祭で上映されたようだ。パリスもベンジー・マデン(Benji Madden)と共に客席で鑑賞したものの、終了後は監督によるQ&Aセッションを待たずに急いで会場を出てしまったらしい。
ガイ・リッチー監督最新作"RocknRolla"の北米プレミアが、開催中のトロント国際映画祭で行われたようだ。
アン・ハサウェイと交際していたイタリア人実業家ラファエロ・フォリエリ(Raffaello Follieri)は10日、詐欺、マネーロンダリングなど全14件の訴因について、有罪を認めたようだ。
米HBOは、ジョージ・R・R・マーティン(George R. R. Martin)のファンタジー小説「氷と炎の歌」("Song of Ice and Fire")シリーズの第1作「七王国の玉座」("A Game of Thrones")のTV化権を獲得したようだ。 [☆去年も同じ話が出てましたが・・・。]
ティエン・チュアンチュアン監督の新作「狼災紀」で、タン・ウェイが出演候補に挙がっているようだ。
「ピラニア」("Piranha",1978年)のアレクサンドル・アジャ監督によるリメイク"Piranha 3D"の撮影が、2009年3-4月に延期されたようだ。
ジョー・ライト監督、ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーJr.共演の新作"The Soloist"の予告編が公式サイトで公開されたようだ。
"Transformers: Revenge of the Fallen"にはデバスター(Devastator)が登場するようだ。7台の建設車両が合体するらしい。
第17回金鶏百花映画祭が10日、大連市で開幕したようだ。
「コドモのコドモ」の母親限定試写会が9日都内で行われ、萩生田宏治監督が出席したようだ。
ミーシャ・バートンは、交際していたRooneyのギタリスト、テイラー・ローク(Taylor Locke)と別れたようだ。
50セント(50 Cent)が共演する新作映画"Righteous Kill"の撮影が行われたコネチカット州ブリッジポートは、10月12日を「カーティス・ジャクソン(Curtis Jackson)の日」としたようだ。
米Marie Claire誌のインタビューに答えたリンゼイ・ローハンは「ロバート・ダウニーJr.は素晴らしい俳優だわ。どん底を乗り越えて、懸命に働いて今の地位を手にしたのよ。私は学んだわ。決してあの頃には戻らない」と語ったようだ。
ニック・ストーラー(Nick Stoller)監督の新作コメディ"Get Him to the Greek"で、ラッセル・ブランド(Russell Brand)はクリスティーナ・アギレラ、ピンク、ケイティ・ペリー(Katy Perry)と共演しているらしい。「クリスティーナは素晴らしいよ。信じられないほどパーフェクトな存在なんだ。彼女とセックス以外の話しなんて出来ないよ。ピンクとケイティ・ペリーとはキス・シーンがあったんだ。演技はしなかった。演技なんて出来なかったよ」と語ったようだ。
ルー・チューアン監督「南京!南京!」が完成したようだ。現在、中国国家広播電影電視総局による最終審査待ちらしい。
「アルビン 歌うシマリス3兄弟」("Alvin and the Chipmunks",2007年)のシマリス3兄弟が来日するらしい。 [☆期待してたのに、吹き替え版のみの上映。ガッカリ。]
カール・ウェザースは、昨年結婚した映画監督ジェニファー・ピーターソン(Jennifer Peterson)との離婚手続きに入ったようだ。
フィリップ・ノイス監督の新作スパイ・スリラー"Edwin A. Salt"で、アンジェリーナ・ジョリーは主演のオファーを断ったようだ。
本広克行の演出による舞台「LOSTGARDEN(FABRICA[11.0.1])」が、13日から上演されるようだ。
Weeklyぴあ誌による映画満足度ランキングでは、「シャカリキ!」が1位、「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」が2位、「グーグーだって猫である」が3位となったようだ。
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(三池崇史監督,2007年)の特別試写会が9日、ハリウッドで開催されたようだ。
米ピアニストのリベラーチェ(Liberace,1919-1987)を描く新作は、スティーヴン・ソダーバーグが監督を務める模様。マイケル・ダグラスの主演を希望しているらしい。
Universal Picturesは、TVシリーズ"Sigmund and the Sea Monsters"(1973-1975年)を実写映画化するようだ。
プロデューサーのデヴィッド・パーミュット(David Permut)とマーク・トラヴィス(Mark Travis)は、来年秋から全米10都市で上演されるロナルド・レーガン(Ronald Reagan,1911-2004)を描く一人芝居"Reagan"の最終公演をフィルムに撮影、劇場公開するようだ。
第5回Elevate Film Festが10月5日、Nokia Theater L.A. Liveで開催されるようだ。世界各国の監督による20本の短編が上映されるらしい。
New Line Cinemaは、リズ・タシーロ(Liz Tuccillo)の小説"How to be Single"のオプションを獲得、ナンシー・ジュヴォネン(Nancy Juvonen)とドリュー・バリモアが設立したFlower Filmsの製作で映画化するようだ。
「フレッチ/殺人方程式」("Fletch",1985年)の原作などで知られる、米小説家のグレゴリー・マクドナルド(Gregory Mcdonald)さんが7日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
Warner Bros.は、ロックバンドstellastarr*のボーカル、ショーン・クリステンセン(Shawn Christensen)によるSFスリラー脚本"Karma Coalition"を獲得したようだ。
映画監督・脚本家のブライアン・ロビンスは、William Morris Agencyと契約したようだ。
ヴィム・ヴェンダースは、10月24日から30日まで、台北でフィルム・マスタークラスの講義を行うようだ。合わせて、11月から撮影に入る"First Page Taipei"のロケハンも行うらしい。
IFPによる第18回Gotham Awardsで、ガス・ヴァン・サント監督に名誉賞が贈られるようだ。
Participant Mediaは、アブダビの政府系投資会社が設立した映画製作会社Imagenationと提携、今後5年間で2億5000万ドルを出資し、最大18本の映画を製作するようだ。
10月15日に開幕するロンドン映画祭(Times BFI London Film Festival)の全上映作品が10日発表されたようだ。ダニー・ボイル監督"Slumdog Millionaire"、オリヴァー・ストーン監督"W."、スティーヴン・ソダーバーグ監督"Che"、マイケル・ウィンターボトム"Genova"など、長編189本、短編108本が上映される模様。「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")も、29日のロンドンプレミア終了直後に初めて一般公開されるらしい。
10月22日に開幕する第3回ローマ映画祭(Rome Film Festival)で、マリア・ソーレ・トニャッツィ(Maria Sole Tognazzi)監督、モニカ・ベルッチ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ共演の新作"L'Uomo che ama"(The Man Who Loves)がオープニング上映されるようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)のダン・グリックマン(Dan Glickman)会長は、MPAAによるレイティングのシステムについて「システムはパーフェクトか?ノー。保護者に明確な情報を提供する役割を果たしているか?イエス。芸術の自由を保護しているか?今までのところはイエスだ」と語ったようだ。
IFC Filmsは、スティーヴン・ソダーバーグ監督による2部作「チェ 28歳の革命」("The Argentine")と「チェ 39歳 別れの手紙」("Guerrilla")の北米配給権を獲得したようだ。
キルスティン・ダンストは「誰でも人生に辛い時期を体験するものだわ。みんなは、大勢の人々やマスコミの前に曝される必要がないだけ。私はそうなったけど、ラッキーなことに、私には自分で自分を守るだけの手段と財産があったの」と語ったようだ。
米大統領選への投票を呼びかけるサイトDeclare Yourselfのショッキングな広告に起用されたジェシカ・アルバは「この国の政治に積極的に関わることの必要性に、若者たちが気付くことが重要だと思う」と語ったようだ。
ダイアン・レインは、夫ジョシュ・ブローリンの継母であるバーブラ・ストライザンドについて「彼女は素晴らしい女性よ。特に素晴らしいと思うのは、人の話しを聞く彼女の能力。彼女と夕食に出掛けると、彼女はレストランにいる人みんなと話しをしてしまうの」と語ったようだ。
ケヴィン・コナリーは元恋人ニッキー・ヒルトン(Nicky Hilton)について「彼女について尊敬しているのは、僕が『アントラージュ★オレたちのハリウッド』("Entourage",2004年-)でブレイクする前、寝室が一つしかないアパートに住んでいた頃から、僕と付き合ってくれたことなんだ。今でも僕らは友達だし、同じ業界でがんばっているけど、パパラッチが僕の家の前にたむろすることはもうないよ」と語ったようだ。
W誌のインタビューに答えたアン・ハサウェイは、元恋人ラファエロ・フォリエリ(Raffaello Follieri)について「彼の逮捕のことを知ったとき、私は『ゲット スマート』("Get Smart")のプロモーションでメキシコに飛ばなければならなかったの。その後1週間は、ショックで友人の家にいたわ。それからまた仕事に戻って、取材を受けて、それ以来休みなしよ」と語ったようだ。
The Jonas Brothersのケヴィン・ジョナス(Kevin Jona)は「Teen Choice Awardsの時にベッカム一家と知り合うことが出来たんだ。3人の男の子たちとも会って、一緒に写真を撮ったよ。ヴィクトリア(・ベッカム)は、息子たちをThe Beckham Brothersにしたいって言ってた」と語ったようだ。
オーランド・ブルームとモデルのミランダ・カー(Miranda Kerr)は9日夜、Turquoise Mountain Foundationのチャリティとしてロンドンのギャラリーで開かれていたアフガンの宝石展を訪れ、ブルームはあわせて2100ドルの宝石を買ってあげたらしい。
ランス・バス(Lance Bass)は、'N Syncの再結成について「僕らはいつもその話をしている。可能性はあるよ。でもジャスティン(・ティンバーレイク)をなだめて連れ出すのは難しいだろうね。彼は仕事中毒だから」と語ったようだ。
New Line Cinemaは、Dallas Stars所属ホッケー選手で米Vogue誌のインターン、ゲスト編集者、GAPのモデルなども務めたショーン・エイヴリー(Sean Avery)をモデルにしたロマンチック・コメディを製作するらしい。
Warner Bros.は「ダークナイト」("The Dark Knight",2008年)を来年1月に再上映する計画らしい。
「ターミネーター4」("Terminator Salvation")に主演するクリスチャン・ベイルが、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事と対面したようだ。 [☆一体、何を話したのでしょうか?]
ダニー・ボイル監督は、テリー・プラチェット(Terry Pratchett)による「遠い星からきたノーム」シリーズ第1作「トラッカーズ」("Truckers")のアニメ映画化を企画しているらしい。
「40歳の童貞男」("The 40-Year-Old Virgin",2005年)などに出演している俳優のシェリー・マリル(Shelley Malil)は、8月10日に元恋人の女性宅に侵入し、女性と一緒にいた男性をナイフで刺した容疑で起訴されたようだ。
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」("Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan",2006年)に登場した2人のマナー講師と自動車教習の教官が、騙されて出演させられたとして起こしていた裁判で、ニューヨークの裁判所は、3人とも出演料を受け取り契約にサインしているとして、訴えを退けたようだ。
社団法人日本映像ソフト協会は、2008年上半期のビデオソフト売上を発表、DVDビデオの売上は前年同期比94.0%の1390億3200万円となった一方、Blu-ray Discの売上は195.5%の22億6600万円に達したようだ。
  9/12
立原あゆみのコミック「極道の食卓」が、松平健の主演で映画化されるようだ。
イ・ヘヨン監督「ヨコヅナ・マドンナ」("Like a Virgin",2006年)の試写会が11日都内で行われ、KONISHIKIがゲストとして出席したようだ。
ビビアン・スーは、ピーター・ホーが数年前に日本語の勉強のため日本に滞在していた際、モーニング娘。のメンバーの1人をピーターに紹介していたらしい。
"Roman Polanski: Wanted and Desired"(2008年)を手掛けたマリナ・ゼノヴィッチ(Marina Zenovich)監督は、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)仏大統領の半生を描くドキュメンタリー映画を製作したい、と語ったようだ。
「アキレスと亀」の完成披露試写会が11日都内で行われ、北野武監督、樋口可南子、麻生久美子、柳憂怜らが出席したようだ。
ロバート・グレイヴス(Robert Graves,1895-1985)の歴史小説「この私、クラウディウス」("I, Claudius")の映画化は、ジム・シェリダンが脚本と監督を務めるらしい。
9月26日に開幕する第46回ニューヨーク映画祭(New York Film Festival)では、中国作品の特集上映が行われるようだ。
米FOXのドラマシリーズ「Dr. HOUSE」("House, M.D.",2004年-)に主演するヒュー・ローリーは出演契約を更改、1話当たり40万ドル、年900万ドルを受け取るようだ。
オーストラリア当局は12日、スヌープ・ドッグにビザを発給したようだ。
カニエ・ウェストは11日、ロサンゼルス国際空港でカメラマンともみ合いになり、器物損壊の容疑で逮捕されたようだ。
国道134号をテーマにした短編オムニバス映画「R134 STORY」の一編「カモミールの羽」で、元Def TechのMicroが映画監督デビューするようだ。成宮寛貴、岸本加世子、伊藤歩が共演、10月18日開幕の第21回東京国際映画祭で上映されるらしい。
クライヴ・バーカー(Clive Barker)原作、北村龍平監督、ヴィニー・ジョーンズ主演"Midnight Meat Train"(2008年)が、10月1日からFearNet on Demandチャンネルで、10月30日からFearNet.comで配信されるようだ。
トム・ティクヴァ監督、クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ共演の新作"The International"の最新予告編が公式サイトで公開されたようだ。
キルスティン・ダンストとジャスティン・ロングが交際中らしい。
英Marie Claire誌のインタビューに答えたビヨンセ・ノウルズは「雑誌の表紙を飾ったり映画に出演したりする機会を持つアーティストの1人であることを、私は本当に誇りに思うわ。そして私は、ハル(・ベリー)やダイアナ・ロスのように、より多くの黒人女性のために(ショービズ界への)ドアを開けておきたいと思う」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハンと交際中のサマンサ・ロンソン(Samantha Ronson)は9日、ロサンゼルスのクラブで「今年の終わりまでに、私の愛する人はロンソン夫人になるわ」と宣言したらしい。
キャメロン・ディアスは、恋人になる男性の条件として「バランスの問題。頭がいいけど楽しくない。楽しいけど頭はあまり良くない。知的だけど社会性に欠ける。そういう人じゃなくて、私は全部欲しいの!頭がいいのも好きだし、食べるのも好きだし、アウトドアも好きだし、会話も好きだし、セックスも好き。私は中途半端なことはしないし、全部出来る人がいいの」と語ったようだ。
青森県を舞台にした横浜聡子監督「ウルトラミラクルラブストーリー」で、松山ケンイチと麻生久美子が共演するようだ。13日から撮影に入る模様。
宮藤官九郎監督、宮崎あおい主演の新作「少年メリケンサック」のポスターが公開されたようだ。
アヴリル・ラヴィーンの日本ツアーが10日、静岡県の浜松アリーナでスタートしたようだ。
「容疑者Xの献身」(西谷弘監督)とのタイアップによる、プリクラ機「arinco」のカスタマイズモデルが、全国の映画館などに設置されるらしい。
第81回アカデミー賞外国語映画部門の日本からのエントリー作品に、滝田洋二郎監督「おくりびと」が選ばれたようだ。
ドイツ映画祭2008が、10月31日から新宿バルト9で開催されるようだ。
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の新作"Changeling"の最新予告編が公開されたようだ。
都内で開催中の「スタジオジブリ・レイアウト展」で、高畑勲監督による講演会「アニメーションにおける空間表現について」が行われたようだ。
カナダのEvokative Filmsは、イム・ピルソン監督、チョン・ジョンミョン主演のホラー「ヘンゼルとグレーテル」("Hansel and Gretel")の国内配給権を獲得したようだ。
開催中のトロント国際映画祭でワールド・プレミア上映された。チャールズ・オフィサー(Charles Officer)監督、クラーク・ジョンソン主演"Nurse.Fighter.Boy"の世界販売権を、パリに拠点を置くRezo Filmsが獲得したようだ。
現在ミネソタで撮影中の、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督の新作"A Serious Man"で、アダム・アーキンがキャストに加わったようだ。
パク・チャンウク監督、ソン・ガンホ主演による新作ヴァンパイア映画"Thirst"で、Universal PicturesとFocus Featuresが出資と製作に加わったようだ。
マーティン・キャンベル監督、メル・ギブソン主演の新作"Edge of Darkness"で、降板したロバート・デ・ニーロに代わって、レイ・ウィンストンの出演が決まったようだ。
ゴア・ヴァービンスキー監督による新作"Rango"は、Industrial Light & Magic製作による最初のアニメーション作品となるようだ。
バリー・レヴィンソンは、米大統領選での共和党と民主党の争いを題材にしたドキュメンタリー映画"Poliwood"を監督するようだ。アン・ハサウェイ、デヴィッド・クロスビー、スーザン・サランドンらとのインタビューも盛り込まれるらしい。
第6回Variety Screening Seriesが、来週からハリウッドとニューヨークで開催されるようだ。ジョナサン・デミ監督"Rachel Getting Married"、フェルナンド・メイレレス監督「ブラインドネス」("Blindness")、デヴィッド・フィンチャー監督「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」("The Curious Case of Benjamin Button")などが上映されるらしい。
「デスノート the Last name」(金子修介監督,2006年)が、10月15日と16日に全米400館で上映されるようだ。
Vivendi Entertainmentは、アーロン・ウッドリー(Aaron Woodley)監督、アダム・ローゼンバーグ(Adam Rothenberg)、マライア・キャリー、イーサン・ペック(Ethan Peck)共演の新作"Tennessee"の米国内配給権を獲得したようだ。
第12回Los Angeles Latino International Film Festival が12日、ミゲル・コアン(Miguel Kohan)監督によるアルゼンチンタンゴのドキュメンタリー"Cafe de los Maestros"の上映で開幕するようだ。
Sujoy Ghosh監督、アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)、サンジャイ・ダット(Sanjay Dutt)、リテーシュ・デーシュムク(Ritesh Deshmukh)、ジャクリーン・フェルナンデス(Jaqueline Fernandes)共演で現在撮影中のボリウッド超大作"Aladin"について、Eros Picturesは続編製作を決定したようだ。
Universal Picturesは、ローレン・ワイズバーガー(Lauren Weisberger)の小説"Chasing Harry Winston"の権利を獲得、アンディ・テナントの監督、Mandalay Picturesの製作で映画化するようだ。
リチャード・ラグラヴェネーズ監督「P.S.アイラヴユー」("P.S. I Love You",2007年)プロモーションのため来日中のジェラルド・バトラーが11日、都内で記者会見を行ったようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのルーマニアからのエントリー作品として、ナエ・カランフィル(Nae Caranfil)監督の"Restul e tacere"(The Rest Is Silence)が選ばれたようだ。
9月25日に開幕する第4回チューリッヒ映画祭(Zurich Film Festival)で、ピーター・フォンダが審査委員長を務めるようだ。コンペ部門にはジョナサン・レヴィン(Jonathan Levine)監督の"The Wackness"、トム・シュライバー(Tom Schreiber)監督の"Dr. Aleman"など11作品が出品される模様。
6月にコカインを購入しようとして逮捕され有罪となったテイタム・オニール(Tatum O'Neal)は、12日放送の"The Oprah Winfrey Show"に出演、「自分に何が起きたのか上手く話せないわ。説明できるのは、よりよい自分のために今日何が出来るか分かっている、ということだけ。もうあと少しで、元に戻ってしまうところだった」と語ったようだ。
今月7日、タイヤがパンクして立ち往生していたテキサス州アービングの夫妻の前に1人の男が現れ、「お手伝いしましょう」と言ってタイヤを交換してくれたらしい。妻が「あなた、トニー・ロモ(Tony Romo)にそっくりね」と声をかけると、その男は少年のような微笑を浮かべて「それは、僕がその人だからです」と答えたとか。
ロブ・コードリーの妻サンドラが第2子を妊娠、11月に女の子を出産予定らしい。
ソウル・ディブ(Saul Dibb)監督の新作"The Duchess"でキーラ・ナイトレイとのラヴシーンを演じたドミニク・クーパー(Dominic Cooper)は「紳士らしく、彼女に選んでもらったんだ。フワフワした柔らかいのか、ピンク色のオシメか、それともSpandexか。彼女はオシメを選んだよ。なぜかって?僕に恥をかかせたかったのさ。彼女にはさんざん笑われたよ。おかげで撮影はリラックスできたけどね」と語ったようだ。
ジャック・ブラックは「僕はいつも泣いているよ。映画を観ても泣くし、CMで泣いてしまうこともあるんだ。この間見たシリアルのCMは、父親が子供に食べさせようとするんだけど、子供は彼をママって呼ぶ。それでも彼は『パパだよ』って言いながら食べさせるんだ。もう鼻水グズグズだよ。僕も同じ経験をしたんだ。(2歳の息子の)サミーも僕のことをパパって呼んでくれなかったんだ」と語ったようだ。
ガイ・リッチーが10日、40歳の誕生日を迎え、マドンナや子供たちと共に、自ら所有するロンドンのパブで祝福を受けたようだ。
ジャネット・ジャクソンの北米ツアーが10日、バンクーバーのGeneral Motors Place でスタートしたようだ。
9月21日に開催される第60回プライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)授賞式で、乳がんの治療を終えたクリスティーナ・アップルゲイトがプレゼンターとして登場するようだ。
20th Century Foxは、シェイン・サレルノ(Shane Salerno)のSF脚本企画"Doomsday Protocol"を獲得したようだ。地球を救うために立ち上がる人類と宇宙人の混成チームを描く「七人の侍」のような話になるらしい。
スコット・マーシャル監督の新作ロマンチック・コメディ"All's Faire in Love"で、クリスティーナ・リッチ、オーウェン・ベンジャミン(Owen Benjamin)、ナディン・ヴェラスケス(Nadine Velazquez)、ビル・イングヴァル(Bill Engvall)、セドリック・ジ・エンターテイナー、アン=マーグレット、マシュー・リラード、ルイーズ・グリフィス(Louise Griffiths)が共演するようだ。今月からミシガンで撮影に入る模様。
ジャーナリスト、ジョン・ロンスン(Jon Ronson)の著書「実録・アメリカ超能力部隊」を映画化する、グラント・ヘスロフ(Grant Heslov)監督、ジョージ・クルーニー主演の新作"The Men Who Stare at Goats"で、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイシー、ジェフ・ブリッジスが出演交渉中らしい。10月から製作に入る模様。
クエンティン・タランティーノ監督の新作"Inglourious Basterds"で、メラニー・ロランの出演が決まったようだ。
  9/13
「北斗の拳」生誕25周年と映画「真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝」の公開を記念したイベント「帰零祭 結魂式」が13日都内で行われ、武論尊、原哲夫、ムッシュ吉崎らが出席したようだ。
「東京少女」(小中和哉監督,2008年)のDVD発売記念イベントが13日都内で行われ、夏帆、佐野和真が出席したようだ。釜山国際映画祭での上映も決まったらしい。
The Giving Back Fundが発表した「最も気前のいい有名人」では、5020万ドルを寄付したオプラ・ウィンフリーが1位となったようだ。2位はトランペット奏者のハーブ・アルパート(Herb Alpert)で1300万ドル、3位はバーブラ・ストライザンドの1100万ドル、4位はポール・ニューマンの1000万ドル、5位はメル・ギブソンの990万ドルとか。
レスリー・チャン(1956-2003)の追悼コンサートが12日、中国重慶市で行われ、ジャッキー・チュン、グラスホッパー、ディッキー・チョンらが出演したほか、チェン・カイコー、ピーター・チャン、ジョン・ウーらのビデオメッセージも披露されたようだ。
マネーロンダリングなどの罪で起訴されているイタリア人実業家ラファエロ・フォリエリ(Raffaello Follieri)が、14の訴因について有罪を認め司法取引に応じたことを受け、彼がアン・ハサウェイに贈った12点の宝石も没収されたらしい。
ローレン・コンラッド(Lauren Conrad)は、ヤングアダルト小説シリーズ3冊の出版について、HarperCollinsと契約したようだ。第1巻は来年夏に出版予定とか。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)とコディ・リンレイ(Cody Linley)のデートが目撃されたらしい。
The Jonas Brothersのジョー・ジョナス(Joe Jonas)は「衣料品ブランドが、僕らの将来の計画なんだ。僕らはファッションが大好きだからね。大きな計画というわけじゃないし、自分たちでデザインできるか分からないけど、やってみるつもりだよ」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストは「私はクズ雑誌は買わないけど、1冊の表紙に、ある女優の夫の浮気のことが書いてあったの。本当かどうかは分からない。でも、その夫でなく、相手の女性を表紙に載せて非難しているのよ。全く許せないわ」と語ったようだ。
Steamroller Productionsのプロデューサー、フィリップ・ゴールドファイン(Phillip Goldfine)は、「テラー・トレイン」("Terror Train",1980年)をリメイクするようだ。ギデオン・ラフ(Gideon Raff)監督、ソーラ・バーチ主演による同作のリメイク"Train"とは別の企画で、ロジャー・スポティスウッド監督によるオリジナルの精神を受け継ぐ作品になるとか。
「ドラゴンボール」劇場版DVD発売を記念して行われた「いでよ!神龍キャンペーン」の当選者が発表され、「映画館を貸し切って劇場版ドラゴンボール全17作品を見たい」という都内男性の願い事が選ばれたようだ。
TVドラマシリーズ"Gossip Girl"(2007年-)に出演するレイトン・ミースター(Leighton Meester)は、母親が服役中に生まれた子供だったらしい。
渡部篤郎監督、高岡早紀主演による新作「コトバのない冬」が、第21回東京国際映画祭のコンペ部門に出品されるようだ。
ブラッドリー・レイモンド(Bradley Raymond)監督「ティンカー・ベル」("Tinker Bell",2008年)の日本語吹き替え版声優オーディションで、東京都の深町彩里(20)が選ばれたようだ。
チェコ共和国元大統領で劇作家のヴァーツラフ・ハヴェル(Vaclav Havel)は、ミロス・フォアマンと共に、1938年のミュンヘン協定を題材にした脚本を執筆中らしい。
東宝の8月の興行収入は、歴代最高となる156億8994万円を記録したようだ。
"Ellen DeGeneres Show"に出演したライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)が「愛が何だか知りたいよ」と言うと、エレン・デジェネレスは「あなたは長く待ちすぎて、シングルでいることに慣れてしまっているのよ。心を開いて誰かと生活を共にするのは難しいことよ。あなたにはあなたの流儀があるから。誰かいい人を見つけなさい。あなたはいい男だし、楽しいし、頭もいいんだから」と語り「ジェニファー・アニストンを紹介しましょうか?」というと「是非」と答えたとか。
グウェン・ステファニーは、W Hotelsの制服のデザインを手掛けるらしい。
リンゼイ・ローハンは、10日にニューヨークで開催されたNPO法人Stand Up for a Cureによる慈善コンサートを訪れた際、左手の薬指にハート型に宝石をあしらった指輪をしていたらしい。代理人は「彼女が自分で購入したもので、ニューヨークの骨董品店で見つけたアンティークの指輪です」と説明したようだ。
11日放送の"Late Show with David Letterman"に出演したジェシカ・シンプソン(Jessica Simpson)は、恋人トニー・ロモ(Tony Romo)の応援に訪れると試合に負け、昨年Dallas Cowboysファンに"Yoko Romo"とあだ名されたことについて「背番号9のピンクのジャージを着てたのがいけなかったのよ、ブルーじゃなくて。あれ以来、ブルーのを着ているけど、みんな絶好調よ。もうピンクは2度と着ないわ!」と語ったらしい。
11日にコロンビア大学で行われたServiceNation Presidential Candidates Forumには、ジョン・マケインとバラク・オバマの両大統領候補が出席した他、アッシャー・レイモンド、レオナルド・ディカプリオ、グレン・クローズ、トビー・マグワイアらも会場を訪れたようだ。
Ryan Seacrest Productionsとパリス・ヒルトンが、新たなTVシリーズの制作について契約したようだ。
先月まで入院していたエリザベス・テイラーは11日夜、ウェストハリウッドにあるお気に入りのゲイバーThe Abbeyに姿を見せたようだ。
映画評論家のロジャー・イーバート(Roger Ebert)は、トロント国際映画祭で上映されたダニー・ボイル監督"Slumdog Millionaire"を鑑賞した際、前に座っていた男が通路に身を乗り出し鑑賞を妨げたため、がんの手術で声を失っているエバートが軽く叩いて何度か注意したところ、「丸めたプログラムか何かで殴られた」らしい。エバートは「私はとても元気だ。殴られても平気なほどにね」とコメントしたとか。
11日行われたマドンナのロンドン公演では、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ハドソン、ファーギー、ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ナオミ・キャンベル、ケイティ・ペリー(Katy Perry)らも会場を訪れたようだ。
「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")とCoca-Colaによるタイ・インCMが公開されたようだ。
  9/14
開催中の第17回金鶏百花映画祭で、滝田洋二郎監督「おくりびと」が国際映画部門の作品賞、監督賞、男優賞(本木雅弘)を獲得したようだ。
中島哲也監督「パコと魔法の絵本」が13日初日を迎え、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲ、土屋アンナ、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼らが舞台挨拶に立ったようだ。
滝田洋二郎監督「おくりびと」が13日初日を迎え、本木雅弘、広末涼子、吉行和子らが舞台挨拶に立ったようだ。
八木毅監督「大決戦!超ウルトラ8兄弟」が13日初日を迎え、長野博、つるの剛士、黒部進、森次晃嗣らが舞台挨拶に立ったようだ。
元木隆史監督「ロックンロール★ダイエット!」が13日初日を迎え、嶋大輔、三原じゅん子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
瀬々敬久監督「フライング☆ラビッツ」が13日初日を迎え、石原さとみ、真木よう子、高田純次らが舞台挨拶に立ったようだ。
第17回金鶏百花映画祭の各賞が13日発表され、フォン・シャオガン監督「集結號」が作品賞、監督賞、主演男優賞(チャン・ハンユー)、助演男優賞(ドン・チャオ)の4部門を獲得したようだ。
第25回富士町古湯映画祭が13日、佐賀市富士町で開幕したようだ。周防正行監督、清水美沙の出席も予定されているらしい。
Creative Arts Emmy賞が13日発表され、アニメ部門では「ザ・シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)が10回目の受賞を果たしたようだ。
米Foxで14日、11月放送の2時間スペシャル"24: Redemption"の予告編と共に、スコット・デリクソン監督、キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー共演「地地球が静止する日」("The Day the Earth Stood Still")からの特別映像が放映されるようだ。
テリー・ギリアム監督の新作"The Imaginarium of Doctor Parnassus"の特報が公開されたようだ。
ロサンゼルス国際空港で器物損壊の容疑で逮捕されたカニエ・ウェストは、2万ドルの保釈金を支払ったらしい。
ニューヨークのナイトクラブで、スウェーデンから観光で訪れていた若い女性がニコール・リッチーの写真を撮ろうとしたところ、リッチーが「私は動物じゃない」といって女性に飛び掛り、カメラを奪って地面に叩きつけたらしい。
北野武監督「アキレスと亀」に、横山ノック(1932-2007)が登場するらしい。
金田敬監督「春琴抄」の完成披露試写会が13日都内で行われ、斎藤工、長澤奈央らが出席したようだ。
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ティルダ・スウィントンら共演の新作"Burn After Reading"が12日、全米2651館で封切られ、初日興収650万ドルでトップとなったようだ。また、同日2070館で公開のタイラー・ペリー監督・主演最新作"Tyler Perry's The Family That Preys"は興収630万ドルを記録した模様。
第33回トロント国際映画祭の各賞が発表され、最高賞の観客賞にダニー・ボイル監督"Slumdog Millionaire"が選ばれたほか、スティーヴ・マックイーン(Steve McQueen)監督"Hunger"にDiscovery Award、デリック・マーティニ(Derick Martini)監督"Lymelife"とスティーヴ・ジェイコブズ(Steve Jacobs)監督"Disgrace"に国際批評家賞が贈られたようだ。
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットによるJolie-Pitt Foundationは、結核とHIV/AIDSに感染した子供たちのための治療センターをエチオピアに開設するGlobal Health Committeeに200万ドルを寄付したようだ。
"I'm F***ing Matt Damon"のビデオでCreative Arts Emmy賞を受賞したサラ・シルヴァーマンは「このビデオに関わった全ての人に感謝します。そして、ジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)、私の心を引き裂いた人、そしていつまでも私の大切な人に」とスピーチしたらしい。
ブリトニー・スピアーズの息子プレストンとジェイデンの誕生日パーティが13日に行われたようだ。2人には、Ed Hardy by Christian Audigierのカスタマイズによる電動カーが用意されたとか。
ジョージ・タケイ(George Takei)とブラッド・オルトマン(Brad Altman)との結婚式が、ロサンゼルスのダウンタウンで14日に行われるようだ。ウォルター・ケーニッグ(Walter Koenig)が花婿介添人を務め、ニシェル・ニコルズ(Nichelle Nichols)も出席するらしい。
バラク・オバマ(Barack Obama)大統領候補は、ハリケーンIkeの接近を理由に、"Saturday Night Live"への出演をキャンセルしたようだ。
ブリトニー・スピアーズは、低所得者の女性とその子供たちを支援するPromises Foundationへのチャリティとして、サイン入りの肖像画をネットオークションに出品したようだ。
サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演の新作"Revolutionary Road"の最新予告編が公開されたようだ。
  9/15
「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)上映中の日比谷スカラ座で15日、「大ヒット御礼主題歌祭り」が行われ、藤岡孝章、藤巻直哉、大橋のぞみ、林正子らが出席したようだ。
フェルナンド・メイレレス監督「ブラインドネス」("Blindness",2008年)が特別招待作品として上映される第21回東京国際映画祭に、ジュリアン・ムーアが出席するようだ。伊勢谷友介、木村佳乃らと共にレッドカーペットを歩くらしい。
「石内尋常高等小学校 花は散れども」の公開記念イベントが15日都内で行われ、新藤兼人監督が出席したようだ。
長谷川一夫(1908-1984)の次女、長谷川稀世による追悼本「長二郎変化」が10月に発売されるようだ
「しまね映画塾2008 IN 美保関」の撮影合宿が13日、松江市美保関町で始まり、約100人が参加したようだ。
アジアフォーカス・福岡国際映画祭で16日上映される「サイアム・スクエア」のチューキアット・サックウィーラクン監督、ウィチャウィシット・ヒランウォンクンらによるトークショーが14日、福岡市内で行われたようだ。
Warner Bros. Entertainment、Fox Entertainment Group、NBC Universal、Sony、Paramount Pictures、Comcastなどのコンテンツ大手や、東芝、Microsoftなど、世界21社による業界団体Digital Entertainment Content Ecosystemが設立されたようだ。
米FXは、ドラマシリーズ「Nip/Tuck マイアミ整形外科医」("Nip/Tuck",2003-2011年)第6および最終シーズンの制作を開始すると共に、ジュリアン・マクマホン、ディラン・ウォルシュ、ジョエリー・リチャードソン、ケリー・クラークソン、ローマ・マフィアらとの出演契約更改に向けた交渉に入ったようだ。
「カンフー・パンダ」("Kung Fu Panda",2008年)の続編として"Secrets of the Furious Five"が製作され、11月9日発売のDVD、Blu-ray Discとセットでリリースされるらしい。
13日放送された"Saturday Night Live"は、シーズン1回目としては2001年以来最高の視聴率を記録したようだ。
ジョージ・タケイ(George Takei)とブラッド・オルトマン(Brad Altman)の結婚式が14日、ロサンゼルスのJapanese American National Museumで行われ、200人が出席したようだ。
全米週末興収では、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督"Burn After Reading"が1940万ドル(2651館)で初登場1位を獲得、タイラー・ペリー監督"Tyler Perry's The Family That Preys"が1802万ドル(2070館)で2位、ジョン・アヴネット監督"Righteous Kill"が1650万ドル(3152館)で3位、ジョージ・キューカー(George Cukor)監督"The Women"が1008万ドル(2962館)で4位のスタートとなったようだ。
「ターンレフト ターンライト」("Turn Left, Turn Right",2003年)の、チェン・ボーリン、チャン・チュンニン共演によるミュージカル舞台「向左走向右走」が12日、台北市で初日を迎えたようだ。
サミュエル・ウェイ監督、ヴァン・ファン、田中千絵共演「海角七号」("Cape No.7",2008年)の大ヒットを受け、ロケが行われた台湾・屏東県などが観光スポットになっているようだ。
昨年10月に飲酒運転の容疑でホノルル警察に逮捕され、起訴されていたダニエル・デイ・キム(Daniel Dae Kim)は、起訴事実を認め、500ドルの罰金と半年間の免許停止を命じられたようだ。
マーク・エイブラハム(Marc Abraham)監督は、「遊星からの物体X」("The Thing",1982年)の前編の製作に取り掛かっているらしい。
河崎実監督「猫ラーメン大将」で、黒沢年雄が「時には娼婦のように」の替え歌「時には醤油のように」を自ら歌うらしい。なかにし礼の了解も得ているとか。
生野慈朗監督、松雪泰子、椎名桔平共演の新作「余命」が、第21回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」に出品されるようだ。
ハイビジョン実用化試験放送のために製作された劇場未公開作品「その木戸を通って」(市川崑監督,1994年)が、第21回東京国際映画祭で上映されるようだ。また、11月8日から全国劇場で順次公開されるらしい。
第13回アンジェラス学生映画祭(Angelus Student Film Festival)で、ドイツのレト・カフィ(Reto Caffi)監督による"On the Line"が最高賞を受賞したようだ。
オジー・オズボーンの半生を追うドキュメンタリー映画が製作されるようだ。Mike Piscitelliが監督を務める模様。
オリヴァー・ストーンは、シンガポールにあるニューヨーク大学Tisch School of the Arts Asiaの芸術監督に任命されたようだ。
英Content Film Internationalは、米国での映画製作を積極的に展開するようだ。2000-4000万ドルの大作映画の製作に乗り出すらしい。
Rogue Picturesは、タイトル未定の新作ティーン・スリラーで、ロバート・アデテュイ(Robert Adetuyi)を脚本に起用したようだ。「ディスタービア」("Disturbia",2007年)風の作品になるらしい。
コロンビア革命軍(Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia)に捕らえられた人質の救出作戦を描く、サイモン・ブランド(Simon Brand)監督の新作"Operation Checkmate"で、Screen Gemsはジェシカ・ポスティゴ(Jessica Postigo)を脚本に起用したようだ。
ボストン・テラン(Boston Teran)の小説「神は銃弾」("God is a Bullet")が、アーレン・クルーガー(Ehren Kruger)の脚本で映画化されるようだ。
Columbia Picturesはプロデューサーのジョー・ロス(Joe Roth)と、「トリプルX」("XXX",2002年)シリーズ最新作"XXX: The Return of Xander Cage"の製作に向けて協議に入っているようだ。再びヴィン・ディーゼルが主演、ロブ・コーエンが監督を務める模様。
「環境に優しい」映画やTV番組などを表彰するEnvironmental Media Association Awardsのノミネーションが発表され、映画部門では「イントゥ・ザ・ワイルド」("Into the Wild",2007年)、「ザ・シンプソンズ MOVIE」("The Simpsons Movie",2007年)などが候補に挙がったらしい。
Sony PicturesはMySpace Musicと、映画の広告契約を結んだようだ。
第34回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)の各賞が14日発表され、トーマス・マッカーシー監督"The Visitor"が最高賞を獲得したようだ。
北米を除く海外週末興収では、44地域、4296館で上映中のミュージカル映画「マンマ・ミーア!」("Mamma Mia!")が1750万ドルでトップを維持、海外総興収は3億700万ドルに達したようだ。
「闇の子供たち」(2008年)の大ヒット御礼舞台挨拶が14日、有楽町スバル座で行われ、阪本順治監督、妻夫木聡が出席したようだ。
11月21日に開幕する「したまちコメディ映画祭 in 台東」の概要発表が14日、都内で行われ、総合プロデューサーを務めるいとうせいこうらが出席したようだ。井上晃一監督、山田優、山崎静代共演の新作「劇場版 カンナさん大成功です!」がオープニング上映されるらしい。
ジェニファー・ロペスは14日にマリブで開催されたNautica Malibu Triathlonに出場、2時間23分28秒のタイムで完走したようだ。
ジェニファー・ハドソンは、恋人のデヴィッド・オトゥンガ(David Otunga)と婚約したようだ。
ニューメキシコ州のビル・リチャードソン(Bill Richardson)知事は、ヴァル・キルマーが2010年の州知事選挙に立候補するという噂について「いいアイデアだと思う。彼はニューメキシコ出身だし、バットマンもやった。成功した俳優が政界入りすることはこれまでにもあったしね。彼とは話していないし、どこまで本気かは知らない。だが、彼が立候補すれば、知名度は高いから無視は出来ないよ」と語ったようだ。
マット・デイモンは週末、ワイクリフ・ジョンと共にハイチを訪れ、ハリケーンIkeの被災者600人が避難生活を送る教会を訪れ、食料の配給を手伝ったようだ。
プロデューサーのジェフリー・エルブ(Jeffrey Erb)と企業家のロバート・ロビンソンJr.(Robert Robinson Jr.)はFramelight Productionsを設立したようだ。今後5年間で製作費2000万-8000万ドルの作品を6-8本製作する計画で、Marvel Comicsの"Dr. Deth With Kip and Muffy"など、グラフィックノベル数作品のオプションを獲得しているらしい。
カム・ジガンデイ(Cam Gigandet)、シェイン・ウェスト、レーチェル・リー・クックは、マリオ・ヴァン・ピーブルズ監督による新作アクション・スリラー"Kerosene Cowboys"への出演に向けて交渉中のようだ。
  9/16
「花咲く港」(1943年)、「破戒」(1948年)、「カルメン故郷に帰る」(1951年)、「二十四の瞳」(1954年)、「喜びも悲しみも幾歳月」(1957年)、「なつかしき笛や太鼓」(1967年)など木下恵介監督作品を数多く手掛けた、映画撮影監督の楠田浩之さんが13日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
水田伸生監督「252 生存者あり」の完成報告会見が16日都内で行われ、伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、香椎由宇、木村祐一、桜井幸子らが出席したようだ。
蜷川幸雄監督「蛇とピアス」の試写会が16日都内で行われ、吉高由里子らが出席したようだ。
廣木隆一監督「ニュータイプ ただ、愛のために」の完成披露試写会が16日都内で行われ、大政絢、佐野和真、竹財輝之助らが出席したようだ。
Pink Floydの結成時のメンバーの一人で、キーボード奏者のリチャード・ライト(Richard Wright)さんが15日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
エリカ・ジョング(Erica Jong)の小説「飛ぶのが怖い」("Fear of Flying")が、ダイアン・イングリッシュ(Diane English)の監督で映画化されるようだ。ケイト・ウィンスレットが主演候補に上がっているらしい。
米Sci Fi Channelは「チルドレン・オブ・ザ・コーン」("Children of the Corn",1984年)をリメイク、来年放送するらしい。デヴィッド・アンダース(David Anders)とキャンディス・マクルーア(Kandyse McClure)が共演、ドナルド・P・ボーチャーズ(Donald P. Borchers)が脚本と監督を担当する模様。
ハワード・ドゥイッチ監督の新作コメディ"My Best Friend's Girl"のワールドプレミアが15日、ロサンゼルスで開催され、ケイト・ハドソンらが出席したようだ。
ブリトニー・スピアーズのニューアルバム"Circus"は、27歳の誕生日の12月2日に発売されるらしい。
リアーナ(Rihanna)は「全てが蜂蜜と糖蜜というわけじゃないわ。この18ヶ月で休みは7日だけ。私のスケジュールは過酷なの。知らない街のホテルで孤独に座っている。デートの時間もないわ」と語ったようだ。
キーラ・ナイトレイは、しばらく休暇を取るようだ。ロンドンの自宅で読書や料理をして過ごす予定とか。
リアーナ(Rihanna)は「バルバドスで飲んだことはあるけど、度を過ぎたことは無い。エイミー・ワインハウス・モードになったことは一度も無いわ。アルコールとドラッグで父がどうなったかを見てきたし、彼の跡を追うつもりはないわ」と語ったようだ。
ルーマ・ウィリスは、継父アシュトン・カッチャーについて「ママ(デミ・ムーア)が彼と付き合い始めた時は奇妙な感じだったわ。私は15歳で彼の大ファンだったの。壁じゅうに彼の写真を貼っていたのよ。でも、あんなに幸せそうなママを見たことがなかった。プロムにいく16歳のカップルみたいだったわ」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハンは14日の夜、ニューヨークのホテルの前でパパラッチともみ合いになったらしい。
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」(八木毅監督)上映中のMOVIX堺で15日、黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二、桜井浩子、ひし美ゆり子、榊原るみ、星光子が舞台挨拶に立ったようだ。
第21回東京国際映画祭で、アンドリュー・スタントン監督「WALL・E」("WALL・E",2008年)がクロージング上映されるようだ。
イスラエル人作家アモス・オズ(Amos Oz)の自叙伝"A Tale of Love and Darkness"のナタリー・ポートマン監督による映画化企画が動き始めたようだ。
HighRoad Entertainmentによる新作コメディ"Angel of Oxnard"で、チーチ・マリンが監督・主演するらしい。
米政府主導による短編作品コンテストDemocracy Video Challengeが行われるようだ。「民主主義とは・・・」という問いに答える3分間のビデオを一般から募集するらしい。
Sony Pictures Classicsは、ドキュメンタリー映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」("Every Little Step: The Journey of a Phenomenon",2008年)の北米、豪州での配給権を獲得したようだ。
プロデューサーのブルース・コーエン(Bruce Cohen)に、Outfest(ロサンゼルス・ゲイ&レズビアン映画祭)のLegacy Awardsが贈られるようだ。24日に行われる式典では、ユアン・マクレガーがプレゼンターを務めるらしい。
Sony BMGのCommercial Music Groupは、映像メディアのための選曲を支援する、映画製作者と音楽監督のためのウェブサービスMovieTunesをスタートさせたようだ。
2009年2月22日に行われる第81回アカデミー賞授賞式の生中継は、米国のデジタルTV移行から5日目の放送となるため、機器の買い替えや設置が間に合わない視聴者が出る可能性があるようだ。3月への延期も検討されているらしい。
チャック・ホーガン(Chuck Hogan)の小説「強盗こそ、われらが宿命」("The Prince of Thieves")のWarner Bros.による映画化"The Town"で、ベン・アフレックが脚本、監督、主演を務めるようだ。
チェン・カイコー監督、レオン・ライ、チャン・ツィイー共演の新作「梅蘭芳」の中国公開は、12月12日に設定されたようだ。一方、中国電影集団公司(China Film Group)は共同製作のMilimeterから契約違反で訴えられたらしい。
高校女子バスケットボールのコーチを主人公に描く新作コメディ"The Winning Season"で、ジェイムズ・C・ストラウスが脚本と監督を務めるようだ。サム・ロックウェル、エマ・ロバーツ、ロブ・コードリーが共演、10月からニューヨーク周辺で撮影に入る模様。
リンカーン・センター映画協会(Film Society of Lincoln Center)は、来年4月27日に開催する第36回Gala Tributeで、トム・ハンクスに名誉賞を授与するようだ。
Paramount Pictures InternationalとロシアのCentral Partnershipが配給・製作契約を結んだようだ。
ドイツ連邦映画基金は、ロマン・ポランスキー監督の政治スリラー"The Ghost"と、クエンティン・タランティーノ監督の戦争アクション"Inglourious Basterds"に対し、資金援助を行うことを決定したようだ。
ロシアの有名なおとぎ話やキャラクタに基づく、ワディム・スコロフスキー(Vadim Sokolovsky)脚本・監督の新作"Kniga Masterov"(The Book of Masters)の製作がスタートしたようだ。Walt Disneyのロシア事務所が初めて、国内作品の製作にあたるらしい。
リンゼイ・ローハンはMySpaceのブログで、共和党副大統領候補に指名されたアラスカ州知事サラ・ペイリン(Sarah Palin)について、「未婚の17歳の娘の妊娠に注目を集めることで、サラ・ペイリン自身や彼女の政策への注目をそらしている」と非難したようだ。
Loews Hotels会長兼CEOのジョナサン・M・ティッシュ(Jonathan M. Tisch)とジェフリー・スチュワート(Jeffrey Stewart)は、TV番組、映画、オンライン・コンテンツの製作・配給を行うWalnut Hill Mediaの設立を発表したようだ。また、Tribeca Enterprisesと数百万ドルの投資契約を結んだらしい。
First Line Entertainmentとプロデューサーのエドワード・バス(Edward Bass)は、アンディ・マクダウェル、ケイリー・エルウィス、ブライアン・コックス共演の新作スリラー"As Good as Dead"を含む3作品を共同で製作するようだ。
Fox 2000は、キャサリン・ハイグル製作・主演の新作アクションコメディ"Drawn Together"の脚本に、キース・メリーマン(Keith Merryman)とデヴィッド・A・ニューマン(David A. Newman)を起用したようだ。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)は14日、モデルでカントリー歌手を目指すジャスティン・ガストン(Justin Gaston)と一緒にパサデナの教会を訪れたようだ。既に両親にも紹介済みらしい。
ミーガン・フォックスが飾るGQ最新号の表紙が公開されたようだ。
ジョン・アヴネット監督"Righteous Kill"でロバート・デ・ニーロと共演した50セント(50 Cent)は「何度か撮影で一緒になった。彼の銃の扱いは思っていたよりずっと上手かった。さすがだと思ったよ」と語ったようだ。
スージー・エスマン(Susie Essman)が、5年間交際を続けた不動産ブローカーの恋人と結婚したようだ。
シャイア・ラブーフは、7月に起きた自動車事故について「恐ろしい出来事だった。時速110キロで車がぶつかって来たんだ。人生で最大の事件だった。いま、こうしてここにいられることを有り難く思うよ」と語ったようだ。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ、アリッサ・ミラノ、アシャンティ、ミーシャ・バートン、ジェシカ・アルバら女性有名人がデザインしたTシャツが、2 LOVEでチャリティ販売されているようだ。
クリスティーナ・アップルゲイトは、米ABCのコメディドラマシリーズ"Samantha Who?"(2007年-)の撮影に復帰したようだ。
ニコール・リッチー(Nicole Richie)とジョエル・マデン(Joel Madden)は、携帯電話の番号を入力するか、テキストメッセージを送るだけでRichie-Madden Children's Foundationに寄付が出来るプログラムをスタートさせたようだ。
エヴァ・ロンゴリア・パーカーの妊娠の噂について、フェリシティ・ハフマンは「彼女は太っただけ」とコメントしたようだ。
ニコール・キッドマンは、9月26日に開催される短編映画際Tropfest NYで、男優賞と女優賞のスポンサーになるようだ。
テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の新曲"Love Story"のPVが公開されたようだ。
「インクレディブル・ハルク」("The Incredible Hulk",2008年)に主演したエドワード・ノートンは、ハルクの将来について「Marvelの考えが時々分からなくなる。彼らが鈍いと言うつもりはないけど、彼らがどうしたいのか分からないんだ」と語ったようだ。
マリアンナ・パルカ(Marianna Palka)監督、ジェイソン・リッター、エリック・エデルスタイン(Eric Edelstein)、マーク・ウェバー、トム・アーノルドら共演による新作"Good Dick"からの特別映像が公開されたようだ。
米Best Buyは、Napsterを1億2100万ドルで買収するようだ。
ジョン・パトリック・シャンレイ(John Patrick Shanley)監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス共演の新作"Doubt"の予告編が公開されたようだ。
  9/17
動物愛護団体PETA(People For The Ethical Treatment Of Animals)のキャンペーンモデルに杉本彩が起用されたようだ。
滝本智行監督「イキガミ」の試写会が16日、早稲田大学で行われ、松田翔太らが出席したようだ
アヴリル・ラヴィーンの東京ドーム公演が16日行われ、大塚愛とPUFFYがゲストとして登場したようだ。
ゴードン・チャン監督、ドニー・イェン、チェン・クン、ヴィッキー・チャオ、ジョウ・シュン共演の新作「画皮」("Painted Skin")のプレミアが15日、広東省広州市で行われたようだ。
「アグリー・ベティ」("Ugly Betty",2006年-)の中国版リメイク「醜女無敵」の制作発表が16日行われたようだ。今月末から放送されるらしい。
エイミー・ポーラーは、11月で米NBCの"Saturday Night Live"を降板するようだ。
パリス・ヒルトンの親友を見つける、MTVの新しいリアリティ番組"Paris Hilton's My New BFF"が9月30日にスタートするようだ。多数の応募の中から女性16人と男性2人が選ばれ、最高の友達を競うらしい。
シャミン・サリフ(Shamim Sarif)原作・脚本・監督のロマンチック・コメディ"I Can't Think Straight"(2007年)の北米配給権を、Here! Filmsが獲得したようだ。
ザック・ガリフィアナキスは、トッド・フィリップス(Todd Phillips)監督の新作コメディ"The Hangover"と、HBOのドラマ・パイロット"Bored to Death"に主演が決まったようだ。
米証券会社Lehman Brothersの連邦破産法11条適用申請とMerrill LynchのBank of Americaによる買収は、映画産業にも多くの悪影響をもたらすと予想されているようだ。United Artistsは5億ドルの製作設備をMerrill Lynchと所有しており、最悪の場合、設備の引き上げの可能性もあるらしい。
元イラン皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィ(Mohammad Reza Pahlavi,1919-1980)の息子で亡命中のレザー・パフラヴィ(Reza Pahlavi)は、父親の双子の妹アシュラフ・パフラヴィ(Ashraf Pahlavi)を描く映画"The Shadow of the Shah"を製作するようだ。
「ピューと吹く!ジャガー」がFROGMANによるFlashアニメで映画化されるらしい。 [☆最初からそうしとけば良かったのに・・・]
平和活動家でGlobal Nuclear Disarmament Fund代表のマット・テイラーが、今年5月に自殺した川田亜子が所属していた芸能事務所幹部に対し、名誉毀損、脅迫、業務妨害で訴訟を起こしたようだ。
ジェイソン・ステイサムは「デヴィッド・ピープルズ(David Peoples)とジャネット・ピープルズ(Janet Peoples)が新作の脚本を書いている。『黄金』("The Treasure of the Sierra",1948年)のような作品になる。仮題は"The Grabbers"だ」と語ったようだ。
オムニバス映画「愛到底」の製作発表が15日、台北市で行われ、ヴァン・ファン、メーガン・ライらが出席したようだ。
キム・レウォンは、新作映画「仁寺洞スキャンダル」に主演するようだ。10月から撮影に入る模様。
韓国週末興収は、キム・ユジン監督、ハン・ウンジョン主演「神機箭」("The Divine Weapon")が観客動員数86万7000人で2週連続1位を記録したようだ。
Internet Movie Database(IMDb)は15日、映画とTV番組の無料配信を開始したようだ。
D・J・カルーソー監督「イーグル・アイ」("Eagle Eye")に主演したシャイア・ラブーフは「これは現実なんだ。CIAの諜報員が、僕の電話での会話を聞かせてくれたんだ。凄く恥ずかしかったよ」と語ったようだ。
「ハリー・ポッター用語集」("The Harry Potter Lexicon")の出版差し止めを命じる判決を受けたスティーヴ・ヴァンダー・アーク(Steve Vander Ark)と出版社RDRは、今週中にも上訴を申し立てるようだ。
米Fox Home Entertainmentは、「X-ファイル:真実を求めて」("The X-Files: I Want to Believe",2008年)のDVDとBlu-ray Discを12月2日に発売すると発表したようだ。Blu-ray Discは同社初のBD-Live対応ソフトになるらしい。
オリヴァー・パーカー監督、ベン・バーンズ、コリン・ファース、エミリア・フォックス共演の新作"Dorian Gray"の撮影現場からの最新画像が公開されたようだ。
来年4月全米公開の、マーク・ロマネク監督、ベニチオ・デル・トロ主演による新作"The Wolf Man"の映像が、Universal Studios Hollywoodで来月3日にスタートする"Terror Tram: The Nightmare Tour"に使われるらしい。
トビー・ウィルキンス(Toby Wilkins)監督の新作ホラー"Splinter"のポスターが公開されたようだ。
スージー・エスマンが、交際5年目の恋人と結婚したようだ。
ガイ・リッチー監督は、新作"Sherlock Holmes"へのラッセル・クロウ出演の噂を否定したようだ。
新作ボリウッド・コメディ"Hari Puttar: A Comedy of Terrors"のプレミアが、米Warner Bros.による訴訟のため延期されたようだ。
「卒業」("The Graduate",1967年)の原作者チャールズ・ウェッブ(Charles Webb)による続編小説"Home School"の邦訳版「『卒業』Part2」が20日に発売されるようだ。 [☆もうちょっといいタイトルが思いつかなかったのでしょうか?]
榊英雄監督「ぼくのおばあちゃん」の完成披露試写会が17日都内で行われ、菅井きん、岡本健一らが出席したようだ。菅井きんには世界最高齢映画初主演女優(82歳)としてギネス記録の認定証が贈られたらしい。
米CWのドラマシリーズ「REAPER デビルバスター」("Reaper",2007年-)に、田村英里子の出演が決まったようだ。
Disneyは、ニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の脚本で、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)主演の新作映画を製作するようだ。
Millennium Filmsの新作"Solitary Man"で、マイケル・ダグラスが主演するようだ。ブライアン・コッペルマン(Brian Koppelman)とデヴィッド・レヴィーン(David Levien)が監督を務め、スーザン・サランドン、ダニー・デヴィート、ジェナ・フィッシャーも出演交渉中らしい。11月からニューヨークで製作に入る模様。
10月10日に開幕するScreamfest Horror Film Festivalで、マイケル・ドハティ(Michael Dougherty)監督、ブライアン・コックス、アンナ・パキン、ディラン・ベイカーら共演の新作"Trick 'r Treat"がオープニング上映されるようだ。
「ビバリーヒルズ・ニンジャ」("Beverly Hills Ninja",1997年)の続編の撮影が、10月6日から韓国・済州島で始まるらしい。デヴィッド・ハッセルホフ、ルーカス・グラビール(Lucas Grabeel)、リン・チーリンが共演するようだ。
フレッド・ウルフ(Fred Wolf)は、Wind Dancer Filmsの新作"Divorced Guys"で脚本と監督を務めるようだ。デヴィッド・スペイドが主演する模様。
ベルリン国際映画祭に合わせて来年2月8日から10日まで行われる、第6回Berlinale Co-Production Marketへの参加受付が始まったようだ。
11月6日に開幕する第45回台湾金馬影展で、カンヌ映画祭ある視点部門に出品されたChung Mong-hong監督「停車」("Parking")がオープニング上映されるようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門のカナダからのエントリー作品に、イヌイットの猟師を描いたブノワ・ピロン(Benoit Pilon)監督"The Necessities of Life"が選ばれたようだ。
10月22日に開幕する第12回Hollywood Film Festivalで、ジェイムズ・フランコ、サリー・ホーキンス、ジョン・パトリック・シャンレイ(John Patrick Shanley)、ダスティン・ランス・ブラック(Dustin Lance Black)にブレイクスルー賞が贈られるようだ。
英Pinewood Sheppertonは、2億ポンドを投入してスタジオの規模を2倍に拡張する計画を中止したようだ。
欧州議会によるLux Cinema Prizeの候補に、ハンガリーのコーネル・ムンドルッツォ(Kornel Mundruczo)監督"Delta"、ベルギーのジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ監督"Le Silence de Lorna"、チェコのミロスラフ・ヤネク(Miroslav Janek)、パヴェル・コウテツキ(Pavel Koutecky)監督"Obcan Havel"の3作品が選ばれたようだ。
10月15日から開催されるハンプトンズ国際映画祭(Hamptons International Film Festival)で、マーク・エイブラハム(Marc Abraham)監督の"Flash of Genius"に、Alfred P. Sloan Foundation Awardが贈られるようだ。
カンヌ映画祭で監督賞を受賞したヌリ・ビルゲ・ジェイラン(Nuri Bilge Ceylan)監督"Uc maymun"(Three Monkeys)が、今週末からインドで一般公開されるようだ。
シンガポールのSparky Animationは、サンタモニカのPorchLight Entertainment、スコットランドのGrimply Filmsと共同で、CGアニメ映画"The Grimpley Brothers"を製作するようだ。
スペイン映画アカデミーは、第81回アカデミー賞外国語映画部門へのエントリー作品として、ガルシア・ケレヘタ(Gracia Querejeta)監督"Siete mesas de billar frances"(Seven Billiards Tables)、ホセ・ルイス・クエルダ(Jose Luis Cuerda)監督"Los Girasoles ciegos"(The Blind Sunflowers)、ホセ・ルイス・ガルシ(Jose Luis Garci)監督"Sangre de mayo"の3作品の絞り込んだようだ。
第61回アカデミー賞外国語映画部門のドイツからのエントリー作品に、ウリ・エデル(Uli Edel)監督"Der Baader Meinhof Komplex"(The Baader Meinhof Complex)が選ばれたようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門のスウェーデンからのエントリー作品に、ヤン・トロエル(Jan Troell)監督"Maria Larssons eviga ogonblick"(Everlasting Moments)が選ばれたようだ。
ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ(Gonzalo Lopez-Gallego)は、キルスティン・ダンスト主演の新作超自然スリラー"A Jealous Ghost"で監督を務めるようだ。
昨年、ミュージシャンのノア・レベンゾン(Noah Lebenzon)と結婚したアナ・オルティス(Ana Ortiz)は、「婚約した時、("Ugly Betty"で共演する)アメリカ・フェレーラに『すぐに子供を作って』って言われたけど、私は『だめよ。ドラマを下ろされちゃうわ』って答えたの。そうしたら彼女は『恐れていてはだめ。したいと思うことをやるべきよ。テレビのために人生を諦めるなんていけないわ』って言ってくれたの。彼女はまだ24歳なのに、いつも私にアドバイスをくれるの」と語ったようだ。
エリック・デイン(Eric Dane)、レベッカ・ゲイハート夫妻は、チワワを飼い始めたらしい。
ケイト・ハドソンは「デートでは、何か楽しいこととか、何か違ったこととかでビックリさせられるのが好きなの。例えばレーシングカーとか、ミニチュアゴルフとか」と語ったようだ。
マイケル・レムベック監督、ドウェイン・ジョンソン主演の新作コメディ"Tooth Fairy"で、10代の俳優チェイス・エリソン(Chase Ellison)がキャストに加わったようだ。
米FOXは、ディズニーアニメ「白雪姫」("Snow White and the Seven Dwarfs",1937年)を現代版にした1時間ドラマ"Georgia and the Seven Associates"を制作中らしい。
Overture Filmsは新作コメディ"92 Minutes"を製作するようだ。ダニエル・タプリッツ(Daniel Taplitz)が脚本を手掛ける模様。イスラエル映画"Mar Baum"(1997年)に基づく作品で、死ぬまでに92分しかないと知った男の話らしい。
ライアン・ジョンソン(Rian Johnson)監督の次回作は、タイムトラベル・スリラー"Looper"になるようだ。
サイモン・キンバーグ(Simon Kinberg)による新作アクション・アドベンチャー企画"The Eighth Wonder"で、ニコール・キッドマンが主演とプロデュースを務めるようだ。
ショーン・ウィリアム・スコット、ポール・ラッド、クリストファー・ミンツ=プラッセ(Christopher Mintz-Plasse)、ジェイン・リンチ、ボビー・J・トンプソン、エリザベス・バンクス共演の新作コメディ"Role Models"の予告編とポスターが公開されたようだ。
ソニーは、解像度4K(4096×2160ドット)の液晶パネル「4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を採用したデータプロジェクタ、「SRX-T110」と「SRX-T105」を11月に発売するようだ。
  9/18
第21回東京国際映画祭の出品作品が18日、都内で発表されたようだ。ジョン・ヴォイトがコンペ部門の審査委員長を務めるらしい。
F4のヴァネス・ウー、ジェリー・イェン、ヴィック・チョウ、ケン・チュウが来日、18日都内で日本公演の発表会見を行ったようだ。
堤幸彦監督「まぼろしの邪馬台国」のキャンペーン・バス「まぼたい号」出発式が18日都内で行われ、吉永小百合、竹中直人、柳原可奈子らが出席したようだ。
山路ふみ子文化財団の元事務局長が、運営資金約5300万円を私的に流用していたらしい。
「ルシア」("Lucia",1968年)などの作品で知られるキューバの映画監督、ウンベルト・ソラス(Humberto Solas)さんが17日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ティムール・ベクマンベトフ監督「ウォンテッド」("Wanted",2008年)をファイル交換ソフトWinnyを使って流出させたとして、仙台市の33歳の男性が逮捕されたようだ。
マイケル・マッカラーズ(Michael McCullers)監督、ティナ・フェイ(Tina Fey)、エイミー・ポーラー、シガニー・ウィーヴァー共演のコメディ"Baby Mama"(2008年)のDVDが米国で発売され、週間売り上げチャートでセル、レンタル共にトップとなったようだ。
トロント国際映画祭で、ローズ・マッゴーワンが「その時代にベルファストに住んでいたならIRAに加わっていた。北アイルランドの人々が暴力に訴えたことは理解できる」と発言したことについて、IRAの二重スパイの実話に基づく新作"Fifty Dead Men Walking"(2008年)を手掛けたプロデューサーは「マッゴーワンの発言は個人の見解であり、映画のプロデューサーらも悲しみを受けた」とする声明を発表したようだ。
米People誌によるベストドレッサーが発表されたようだ。
1.ファーギー
2.ケイト・ハドソン
3.アン・ハサウェイ
4.グウィネス・パルトロウ
5.シャーリーズ・セロン
6.エヴァ・メンデス
7.サラ・ジェシカ・パーカー
8.リアーナ(Rihanna)
9.ハイジ・クラム
10.ミシェル・オバマ(Michelle Obama)
一方、ワーストドレッサーにはポーラ・アブドゥル、ルーシー・リュー、パトリシア・アークエットらが選ばれたらしい。
マドンナの"Message to YouTube"をパロった、ベット・ミドラーによるビデオ"Bette Midler, Not Madonna"が公開されたようだ。
ミーシャ・バートンが、ロンドンのナイトクラブでジョシュ・ハートネットと一緒だったらしい。
妊娠の噂が流れたジェシカ・シンプソン(Jessica Simpson)は「私は神経質になると食べる人なの。このツアーでノイローゼになったのよ」と語ったようだ。
ヘイデン・クリステンセンと交際中のレイチェル・ビルソンは「小さな結婚式がしたいの。注目を集めるのはイヤ。駆け落ちするほうがいいわ」と語ったらしい。
高明監督、やべきょうすけ主演「工業哀歌バレーボーイズ THE MOVIE」で、西村みずほがヒロイン役を演じているらしい。
"Transformers: Revenge of the Fallen"の最新メイキング映像が公開されたようだ。 [☆アクセスコード:AllSpark62609]
「SAW5」("Saw V")からの最新映像が公開されたようだ。
イアン・ソフトリー監督、ブレンダン・フレイザー、ポール・ベタニー、ジム・ブロードベント、ヘレン・ミレン、アンディ・サーキス共演の新作"Inkheart"の最新予告編が公開されたようだ。
「コララインとボタンの魔女」のヘンリー・セリック監督によるアニメ映画化"Coraline"のメイキング画像が公開されたようだ。
10月5日から梅田芸術劇場で上演の舞台「黒部の太陽」で使用される放水装置の公開テストが17日、茨城県のつくば熊谷組技術研究所で行われ、主演の中村獅童らが出席したようだ。
ジョン・ファヴロウ監督「アイアンマン」("Iron Man",2008年)の女性秘書限定試写会が17日、都内で開催されたようだ。
米CBSのドラマシリーズ"CSI: NY"(2004年-)第100話に、ルーマー・ウィリスがゲスト出演するらしい。
Weeklyぴあ誌による映画満足度ランキングでは、「おくりびと」が1位、「パコと魔法の絵本」が2位、「大決戦!超ウルトラ8兄弟」が3位となったようだ。
米Disneyは、Tomorrowlandに基づく映画をドゥエイン・ジョンソン主演で製作するようだ。
マッシー・タジェディン(Massy Tadjedin)の監督デビュー作"Last Night"で、キーラ・ナイトレイ、エヴァ・メンデス、サム・ワーシントン、ギヨーム・カネが共演するようだ。来月からニューヨークで製作に入る模様。
10月25日に開幕するサヴァナ映画祭(Savannah Film Festival)で、マルコム・マクダウェル、Variety誌の編集長ピーター・バート(Peter Bart)らに生涯功労賞が、ビル・プルマンに優秀功績賞が贈られるようだ。
ショーン・レヴィの21 Lapsは、20th Century Foxの新作アンサンブル・コメディ"Neighborhood Watch"を製作するようだ。ジャレッド・スターン(Jared Stern)が脚本に起用された模様。
人々の経験や人生の価値を豊かに描いたテレビ・映画の脚本に贈られる、ヒューマニタス賞(Humanitas Prize)が17日発表され、劇映画部門では「潜水服は蝶の夢を見る」("The Diving Bell and the Butterfly")と「ラースと、その彼女」("Lars and the Real Girl")の2作品が最高賞に選ばれたようだ。
同性結婚の禁止を求めるカリフォルニア州の住民投票Proposition 8の反対を呼びかけるNo on Prop. 8キャンペーンに、ブラッド・ピットが10万ドルを寄付したようだ。
ギャヴィン・フッド監督「ツォツィ」("Tsotsi",2006年)のロケ地となったヨハネスブルクのニュートン地区で、行政とフィルムコミッションによる「映画撮影に優しい区域」キャンペーンがスタートしたようだ。
エドワード・ズウィック監督、ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュライバー、ジェイミー・ベルら共演の新作"Defiance"が、米国映画協会(American Film Institute)主催によるAFI Fest最終日の11月9日にワールドプレミア上映されるようだ。
香港のFilmko Holdingsは、台湾にFilmko Taiwanを立ち上げたようだ。第1弾として、ロマンチックコメディ"Love to the End"の製作を10月にスタート、タイトル未定の第2弾は来年3月から撮影に入るらしい。
ハリウッドの映画館The El Capitan Theatreが、3100万ドルで売りに出されたようだ。
インドのPyramid Saimira Theaterと、中国のJiangsu Longzhe Group、China Society of Music Research Boardとの合弁会社による最初のシネコンが今週、安徽省淮南にオープンしたようだ。12月末までにさらに6ケ所のシネコンをオープンさせ、最終的には25の劇場を立ち上げるらしい。
黒沢清監督「トウキョウソナタ」の特別試写会が17日都内で行われ、香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海らが出席したようだ。
10月24日に開幕する第53回Semana Internacional de Cine de Valladolidで、アミン・マタルカ(Amin Matalqa)監督のヨルダン映画"Captain Abu Raed"がオープニング上映、スティーヴン・ウォーカー(Stephen Walker)監督のドキュメンタリー「ヤング@ハート」("Young@Heart")がクロージング上映されるようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのフィンランドからのエントリー作品に、ドメ・カルコスキ(Dome Karukoski)監督の"Tummien perhosten koti"(The Home of the Dark Butterflies)が選ばれたようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は16日、2009年2月22日に開催する第81回アカデミー賞授賞式のレッドカーペット観覧席チケット300枚を一般発売すると発表したようだ。アカデミーの公式サイトで9月22日から28日まで受付を実施、抽選を行うらしい。
10月15日に開幕するハンプトンズ国際映画祭(Hamptons International Film Festival)と映画配信サービスSnagFilmsで、コロラド大学での死亡事件を通じて大学内のアルコール依存の問題を追ったドキュメンタリー作品"Haze"の同時プレミアが行われるようだ。
ヘイリー・コールマン(Gary Coleman)は、無謀運転で起訴されたようだ。
ヒラリー・スワンクが、腫瘍の除去手術のため一時入院していたようだ。
ライアン・オニールと息子のレドモンドが17日、マリブの自宅で違法薬物の不法所持の容疑で逮捕されたようだ。
アン・ハサウェイは「私の身に起きたすべての出来事は、いいことも悪いことも、理由があって起きたのだと思うの。いい出来事は私を強くしてくれたし、悪い出来事は私をもっと強くしてくれた」と語ったようだ。
バラク・オバマ(Barack Obama)は16日、ビバリーヒルズのGreystone Mansionで1人2万8500ドルのディナー・パーティを開催、トビー・マグワイア、レオナルド・ディカプリオ、ジョディ・フォスター、クリス・ロックらが出席したようだ。また、同日Regent Beverly Wilshireで2500ドルの資金調達パーティを行い、ベン・ハーパー、バーブラ・ストライザンドらがパフォーマンスを披露したらしい。
ジョシュ・ブローリンは、オリヴァー・ストーン監督の新作"W."撮影中の今年7月にシュリーブポートのバーで、ジェフリー・ライトらと共にケンカ騒ぎを起こし逮捕されたことについて「こう言わせてくれ。何も悪いことをしてないのに留置所に入れてくれてありがとう。何も悪いことをしてないのに留置所に入れてくれて頭にきた」と語ったようだ。
16歳の誕生日を迎えたThe Jonas Brothersのニック・ジョナス(Nick Jonas)は、ゴールデン・レトリーバーを家族からプレゼントされたらしい。大好きな2人のミュージシャン、エルヴィス・コステロとエルヴィス・プレスリーにちなんで、Elvisと名づけたようだ。
スカーレット・ヨハンソンはルワンダを訪れ、AIDS治療施設を訪問したようだ。
"The Oprah Winfrey Show"に出演したグウィネス・パルトロウは「私はダイエットが出来ないの。そうは思えないかもしれないけど、出来ないのよ。私にとっては運動するほうがいいの。だから、好きなものを食べるし、ダイエットのことなんか考えない」と語ったようだ。
「スプラッター・ナイト/血塗られた女子寮」("The House on Sorority Row",1983年)の、スチュワート・ヘンドラー(Stewart Hendler)監督、ブリアナ・エヴィガン(Briana Evigan)、ルーマー・ウィリス共演によるリメイク"Sorority Row"で、ジェイミー・チャン(Jamie Chung)とオードリナ・パトリッジ(Audrina Patridge)がキャストに加わったほか、キャリー・フィッシャーが出演交渉中らしい。10月からピッツバーグで撮影に入る模様。
オーエン・コルファー(Eoin Colfer)の児童書"Airman"が、ギル・キーナンの監督・脚本で映画化されるようだ。ロバート・ゼメキスと再び組み、「モンスター・ハウス」("Monster House",2006年)と同様にパフォーマンスキャプチャーを使用した作品になる模様。
アラン・グリン(Alan Glynn)の小説「ブレイン・ドラッグ」の、ニール・バーガー(Neil Burger)監督、シャイア・ラブーフ主演による映画化"Dark Fields"は、今冬ニューヨークで撮影に入るようだ。
アダム・シャンクマン監督、アダム・サンドラー主演の新作コメディ"Bedtime Stories"からのTVスポットが公開されたようだ。
「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")の最新TVスポットが公開されたようだ。
チャーリー・カウフマンの監督デビュー作"Synecdoche, New York"の予告編が公開されたようだ。
  9/19
都内で開催中の「スタジオジブリ・レイアウト展」で19日、「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)で声優を務めた奈良柚莉愛と主題歌を歌った大橋のぞみが1日館長をを務めたようだ。
キム・ヨンナム監督、妻夫木聡、ハ・ジョンウ主演の新作「ノーボーイズ、ノークライ」で、貫地谷しほりが共演しているらしい。
数多くのヒットCMや、「BU・SU」(1987年)、「つぐみ」(1990年)、「病院で死ぬということ」(1993年)、「東京夜曲」(1997年)、「東京マリーゴールド」(2001年)、「トニー滝谷」(2005年)、「あしたの私のつくり方」(2007年)などの作品を手掛けた、映画監督の市川準さんが19日亡くなった(59歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆突然のことで、とてもショックです・・・]
星新一(1926-1997)の次女、星マリナは、間瀬元朗のコミック「イキガミ」が短編小説「生活維持省」に似ているとして、出版元の小学館に抗議していたらしい。作者側は「小説を読んだことは無く偶然」と反論しているようだ。
バリー・ウォン監督の新作「硬漢」でアンソニー・ウォン、スン・ホンレイらと共演したリィウ・イエは、役作りのため20キロ近く体重を増やしたらしい。
作曲家の荒木栄(1924‐1962)を描くドキュメンタリー映画「荒木栄の歌が聞こえる」(港健二郎監督)の上映会が、10月26日に福岡県大牟田市内で行われるようだ。
文化審議会の小委員会は18日、著作権保護期間を著作者の死後50年から70年に延長する問題について、「引き続き審議すべき」として結論を先送りする中間報告をまとめたようだ。
マイク・ジャッジ監督、ジェイソン・ベイトマン、クリフトン・コリンズJr.ら共演の新作"Extract"で、ダスティン・ミリガンがキャストに加わったようだ。
カリフォルニアのDisneylandは18日、誕生日の来園者に無料チケットを提供するサービスを来年行うと発表したようだ。
サミュエル・ウェイ監督「海角七号」の大ヒット記念祝賀会が18日、台湾の墾丁で行われ、ヴァン・ファン、田中千絵らが出席したようだ。
マーク・ミラー(Mark Millar)のコミックシリーズ"War Heroes"の映画化企画が進行中らしい。
ソン・スンホン主演の韓国ドラマ「エデンの東」が、10月5日から東京、名古屋、大阪など全国8都市で計23回上映されるらしい、
ロバート・B・ウィード(Robert B. Weide)監督、サイモン・ペッグ、キルスティン・ダンスト、ダニー・ヒューストン、ジリアン・アンダーソン、ミーガン・フォックス、マックス・ミンゲラ、ジェフ・ブリッジス共演のコメディ"How to Lose Friends and Alienate People"からの最新映像が公開されたようだ。
隣人からの苦情で今年5月にニューヨークのペントハウスを出たメアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹は、引越し先のウエストビレッジでも周辺住民の反感を買っているらしい。「2人の小さなガキがボディーガードの一群と共に侵略してきたんだ。男たちが車に座ってエンジンをアイドリングさせ、私たちの環境を台無しにしている。ここは静かな地域だったんだ。他の有名人は静かに暮らしているのに」とある住民が語ったようだ。
「ハリー・ポッターと混血のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")に出演するデヴィッド・シューリスは「一つのシーンの撮影が終わると、セキュリティ・スタッフが僕らの魔法の杖をダイヤモンドのように扱って、持って行ってしまうん。撮影はまだ終わってもいないのに、小道具を巡る大きな戦いが始まっているんだ」と語ったようだ。
今年3月に飲酒運転で逮捕されたトーマス・ジェインは、1年間の保護観察処分と1700ドルの罰金、アルコール教育のクラスへの参加を命じられたようだ。
小沼雄一監督「童貞放浪記」の製作発表が18日、都内で行われ、山本浩司、神楽坂恵らが出席したようだ。
「デトロイト・メタル・シティ」(李闘士男監督)の公式サイトで、全問正解者に豪華賞品が当たる「DMC悪魔検定08」が開催されるらしい。
ドキュメンタリー映画「アメリカン・ティーン」("American Teen")の試写会が、9月27日にIID世田谷ものづくり学校で行われるようだ。
「おくりびと」(滝田洋二郎監督)の観客動員数が、18日までの公開6日間で50万人を超えた模様。
黒澤明(1910-1998)監督作品の特集上映"Akira Kurosawa: Film Artist"が18日、ロサンゼルスで開幕したようだ。オープニング上映の「羅生門」(1950年)では1000席のチケットが売り切れたらしい。
ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニーJr.主演の新作"Sherlock Holmes"で、ジュード・ロウがワトソン役に向けて出演交渉中らしい。
インターネット・ポルノ産業を立ち上げた男を描く、ジョージ・ギャロ監督の新作"Middle Men"で、ルーク・ウィルソンとジョヴァンニ・リビージが共演するようだ。10月20日にフェニックスで撮影に入る模様。
Sony Pictures Animationの新作"Cloudy With a Chance of Meatballs"で、ビル・ヘイダー(Bill Hader)、アンナ・ファリス、ジェイムズ・カーン、アンディ・サムバーグ(Andy Samberg)、ブルース・キャンベル、ミスターT、トレイシー・モーガンが声優を務めるようだ。
Nickelodeonの"The Wonder Pets"などを手掛けるニューヨークのアニメーション製作会社Little Airplaneは、実写映画の製作に乗り出すようだ。
プロデューサーのスティーヴ・シュワルツ(Steve Schwartz)、ポーラ・メイ・シュワルツ(Paula Mae Schwartz)、ニック・ウェクスラー(Nick Wechsler)は、中国による核ミサイル実験を監視するためCIAが登山家をヒマラヤ山頂に派遣した作戦を描いた、ピート・タケダ(Pete Takeda)の著書"An Eye at the Top of the World"の権利を獲得、フィクションとして映画化するようだ。
内田英治監督「僕らの方程式」の公開記念イベントが18日都内で行われ。中村優一、中別府葵、相葉弘樹らが出席したようだ。
ハンガリー出身のGyorgy Gat監督によるアニメーション映画"A Fox's Tale"で、フレディ・ハイモア、ビル・ナイ、ミランダ・リチャードソン、シエナ・ミラーが声優を務めるようだ。
10月15日に開幕するロンドン映画祭(Times BFI London Film Festival)で、10月22日から3日間に渡って"Power to the Pixel: the Digital Distribution and Film Innovation Forum"と題したフォーラムが開催されるらしい。
アラブ首長国連邦の首都アブダビで10月10日に開幕する、第2回Middle East International Film Festivalのラインナップが発表されたようだ。ライアン・ジョンソン(Rian Johnson)監督、エイドリアン・ブロディ、レイチェル・ワイズ、マーク・ラファロ、菊地凛子共演の"The Brothers Bloom"がオープニング上映、リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、レオナルド・ディカプリオ共演の"Body of Lies"がクロージング上映されるらしい。
トロント国際映画祭でプレミア上映されたマルタン・プロヴォスト(Martin Provost)監督"Seraphine"は、Metrodomeが英国、Rialtoがオーストラリアとニュージーランドでの配給権を獲得したようだ。既にフランス、カナダ、スペインなどでの上映も決まっており、ドイツ、日本、米国のバイヤーも興味を示しているとか。
第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)が18日、開幕したようだ。
マシュー・マコノヒーとの子供を7月に出産したカミーラ・アルヴェス(Camila Alves)は「彼にことを『この世で一番セクシーな男』っていう風に見たことはないわ。私たちは家族なの。彼は最高の父親だし、100%育児に参加してくれるの」と語ったようだ。
麻薬不法所持で逮捕されたライアン・オニールについて、弁護士は「ライアンのドラッグではないし、彼はドラッグを使用していない。彼は何の関わりもない」とコメントしたようだ。
パリス・ヒルトンの愛犬2匹がコヨーテに食べられた、というネット上での噂について、代理人は「彼女の犬たちは元気で遊びまわって、この上なく幸せに過ごしている」とコメントしたようだ。
マシュー・モディンは「全ての人は自転車で一つになれる。裕福な人も貧しい人も、若い人も老人も、宗教や政治も関係なく。自転車の素晴らしいところは、みんなを笑顔にすることなんだ。『小さな子供の頃を思い出すよ』って言ってね」と語ったようだ。
ジャック・ホワイトとアリシア・キーズが歌う「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")の主題歌"Another Way To Die"が、BBCのRadio 1で初オンエアされたようだ。
発展途上国の妊産婦を支援する慈善活動団体White Ribbon Alliance for Safe Motherhoodのためのチャリティ・ファッションショー"Fashion For Relief"が17日、ロンドンで開催され、主催するナオミ・キャンベルらがモデルを務めたようだ。
テイタム・オニール(Tatum O'Neal)は、ライアン・オニールと息子が麻薬の不法所持で逮捕されたことについて「中毒になり、治療を受けなければ、留置所に行き、施設に入り、死ぬことにもなりかねません。私は2人を愛していますし、残念に思います」とする声明を発表したようだ。
ブリトニー・スピアーズは、ハリウッドのInternational Dance Academyで、新曲"Womanizer"のミュージックビデオに起用するダンサーのオーディションを行ったようだ。
デリック・ボルテ(Derrick Borte)脚本・監督の新作"The Joneses"で、デヴィッド・ドゥカヴニー、デミ・ムーア、アンバー・ハード(Amber Heard)、ゲイリー・コールが共演するようだ。10月からアトランタで撮影に入る模様。
ピーター・ビリングスリー(Peter Billingsley)監督の新作コメディ"Couples Retreat"で、ヴィンス・ヴォーン、ジョン・ファヴロウ、ジェイソン・ベイトマン、フェイゾン・ラヴの共演が決まったようだ。10月下旬からボラボラ島とロサンゼルスで製作に入る模様。
DreamWorks Animation SKGのジェフリー・カッツェンバーグ(Jeffrey Katzenberg)は17日、「カンフー・パンダ」("Kung Fu Panda",2008年)の続編製作を発表したようだ。
トビー・マグワイアは、"Spider-Man 4"と"Spider-Man 5"への出演で5000万ドルを手にするらしい。
ニューヨークのタイムズスクエアで10月2日から、映画の連続鑑賞記録世界一に挑戦するイベントが開催されるらしい。現在の世界記録は120時間23分とか。
J・J・エイブラムス監督"Star Trek"にキャスティングされなかったことについての、ウィリアム・シャトナーとのインタビュー映像が公開されたようだ。
ハワード・ドゥイッチ監督、デイン・クック、ケイト・ハドソン、ジェイソン・ビッグス、アレック・ボールドウィン共演の新作コメディ"My Best Friend's Girl"からの最新映像が公開されたようだ。
アンソニー・レオンディス(Anthony Leondis)監督の新作CGアニメ"Igor"で声優を務めるジョン・キューザック、ショーン・ヘイズ、モリー・シャノン、エディ・イザード、ジェニファー・クーリッジとのインタビュー映像が公開されたようだ。
  9/20
鶴田法男監督「おろち」の公開記念トークショーが19日都内で行われ、楳図かずおと西川史子が出席したようだ。
「セルラー」("Cellular",2004年)の香港リメイク「保持通話」の会見が18日、北京で行われ、ベニー・チャン監督、ルイス・クー、リィウ・イエらが出席したようだ。
ケイティ・ホームズのブロードウェイ・デビュー作となる「みんな我が子」("All My Sons")のプレビュー公演が18日、Gerald Schoenfeld Theaterでスタートしたようだ。劇場前では、サイエントロジーに反対するグループによるデモが行われたらしい。
ダコタ・ファニングがレイプ・シーンを演じたことで議論となった、デボラ・カンプマイヤー(Deborah Kampmeier)監督"Hounddog"(2007年)の全米公開が19日スタートしたようだ。
TV映画「ハイスクール・ミュージカル」("High School Musical",2006年)に出演していたダッチ・イライジャ・ウィットロック(Dutch Elijah Whitlock)が今年5月、ピザ屋に強盗に押し入り店員に銃を突きつけて金を奪った事件で、裁判所は懲役1年と、罰金750ドルなどの支払いを命じる判決を下したようだ。
フランク・ミラー監督、ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、エヴァ・メンデスら共演の新作"The Spirit"の最新ポスターが公開されたようだ。
「グリーン・ホーネット」("The Green Hornet")のセス・ローゲン主演による映画化企画は、チャウ・シンチーが監督、共演するようだ。
ジェシカ・シンプソン(Jessica Simpson)は、交際中のトニー・ロモ(Tony Romo)について「彼は素晴らしいクォーターバックだけど、恋人としてはもっと素敵。私の人生に彼を迎えることが出来たことを、とても誇りに思うわ」と語ったようだ。
シンシア・ニクソンは、同姓婚禁止の法制化を求めるカリフォルニア州住民投票に反対する運動に10万ドルを寄付したブラッド・ピットについて「感激したわ。素晴らしいと思う。いつも多額の寄付をしているブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、賞賛に値するわ。彼らの行いが、他の人々による寄付の呼び水になっていると思う」と語ったようだ。
The Jonas Brothersのニック・ジョナス(Nick Jonas)の16歳の誕生日パーティは、ロサンゼルスのDodgers Stadiumで開かれたらしい。費用は3万ドル以上とか。
サミュエル・ウェイ監督「海角七号」の興収が「2000万台湾ドルを超えたら裸で泳ぐ」と宣言していた主演のヴァン・ファンが18日、台湾の墾丁で約束を果たしたようだ。
米CWで18日放送された「スーパーナチュラル」("Supernatural",2005年-)第4シーズン初回は、シリーズ最高の視聴者数400万人を記録したようだ。
18日開幕した第56回サン・セバスチャン国際映画祭で、望月六郎監督「鬼火」が上映されたようだ。
第58回「かがやき未来塾」が19日、大阪市内の小学校で開催され、松本零士が出席したようだ。
Disneyの新作長編アニメーション"Bolt"からの最新映像が公開されたようだ。
開催中の第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)で19日、アントニオ・バンデラスにDonostia賞が、ハヴィエル・バルデムにPremio Nacional de Cinematografia賞がそれぞれ贈られたようだ。
黒澤明(1910-1998)の生誕100年を記念した「AK100プロジェクト」の公式発表パーティが19日、ロサンゼルスで開催され、黒澤久雄、三船史郎らが出席したようだ。「羅生門」(1950年)のリメイク「羅生門2010」の製作、「黒き死の仮面」の劇場アニメ化なども発表されたらしい。
「セックス・アンド・ザ・シティ」("Sex and the City",2008年)のDVD発売記念パーティが18日、ニューヨーク市立図書館で開催され、サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン、キム・キャトラルらが出席したようだ。
DreamWorksとインドReliance ADA Groupとの出資契約が締結されたようだ。
「シネカノン神戸」が12月20日に閉館するようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのフランスからのエントリー作品に、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した、ローラン・カンテ(Laurent Cantet)監督"Entre les murs"(The Class)が選ばれたようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのノルウェーからのエントリー作品に、ベント・ハーメル監督"O'Horten"が選ばれたようだ。
昨年、ベルギーのFlemish Audiovisual Fundと民間TV局VTMが設立したドキュメンタリー映画の支援計画は、VTMの撤退で頓挫していたものの、映画配給会社のKinepolis Film DistributionとBridge Entertainmentが新たに参加し、復活したようだ。
米CBSのドラマシリーズ"CSI: NY"(2004年-)第100話に、ルーマー・ウィリスと共にクリス・ドートリー(Chris Daughtry)もゲスト出演するらしい。
キャサリン・ハードウィック監督、クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン共演の新作"Twilight"で、Paramoreが2曲をサントラに提供するらしい。
ナタリー・コール(Natalie Cole)が、C型肝炎治療のためニューヨークの病院に入院したようだ。
スチュアート・タウンゼント監督の新作"Battle in Seattle"に主演したシャーリーズ・セロンは「私が何を言っても、みんな意見が偏っていると思うんでしょ。私は彼と寝ているんだから。でも、素晴らしかったわ。彼は監督業を愛しているし、あんなに幸せそうな彼を見たのは初めて。彼の恋人としては傷ついたけど」と語ったようだ。
ジェイダ・ピンケット・スミスは、子供たちへの躾けについて「私たちは厳しくはしていないけど、子供たちを育てるためにとても大切なことだと信じている。彼らを安全にしてくれるし、ガイダンスが必要なことは子供たちも理解しているわ」と語ったようだ。
オリヴァー・ストーン監督、ジョシュ・ブローリン、エリザベス・バンクス共演の新作"W."のTVスポットが公開されたようだ。
フランク・ミラーは"Sin City 2"について「私のプロジェクトについて話すことは出来ない。スクリーンでタイトルを見るまでは、映画化の実現を信じないようにしているんだ。失敗する可能性だって大いにある。だが、もう間もなくロバート・ロドリゲスと"Sin City 2"に取り掛かることは請合う。2、3の段取りを済ませたら、行動に移るよ」と語ったようだ。
「ルパン三世 ルパンVS複製人間」(吉川惣司監督,1978年)と「ルパン三世 カリオストロの城」(宮崎駿監督,1979年)のBlu-ray Discが、12月3日に発売されるようだ。 [☆そろそろプレーヤーを買うべきか・・・。]
  9/21
シネマ歌舞伎最新作「人情噺文七元結」の公開を記念した「シネマ歌舞伎展」のこけら落としが21日都内で行われ、中村勘三郎、山田洋次監督、内田有紀らが出席したようだ。
マキノ雅彦監督「次郎長三国志」が20日初日を迎え、中井貴一、鈴木京香、北村一輝、温水洋一らが舞台挨拶に立ったようだ。
北野武監督「アキレスと亀」が20日初日を迎え、北野監督、樋口可南子らが舞台挨拶に立ったようだ。
蜷川幸雄監督「蛇にピアス」が20日初日を迎え、吉高由里子、高良健吾、ARATAらが舞台挨拶に立ったようだ。
鶴田法男監督「おろち」が20日初日を迎え、木村佳乃、中越典子、谷村美月らが舞台挨拶に立ったようだ。
塩屋俊監督「きみに届く声」が20日初日を迎え、眞木大輔、寺島咲らが舞台挨拶に立ったようだ。
タイ観光局とタイ国立映画協会(Federation of National Film Association of Thailand)が主催するバンコク国際映画祭で、「闇の子供たち」(阪本順治監督,2008年)の上映が中止となったようだ。
伊万里まちづくり実行委員会は、10月に開催する第10回伊万里・黒澤映画祭を最後に、現在の形式での映画祭を取りやめる方針を明らかにしたようだ。
J・K・ローリング(J. K. Rowling)は、100万ポンドを労働党に献金したようだ。
ニコール・リッチー(Nicole Richie)は「娘は8ヶ月になったわ。私は娘をチャイルドシートに座らせて覆い隠したりは出来ない。娘は何が起きているのか分かっているのよ。彼女は人生を経験したがっているし、母親として、それはとても大切なことなの」と語ったようだ。
TVファッション・コンテスト番組"Project Runway"(2005年-)の新シーズン第1回に、リンゼイ・ローハンが出演するようだ。
パリス・ヒルトンは「パパラッチが記者会見やレッドカーペットに来るのは構わないわ。でも買い物をしたり、日焼けサロンに行ったり、家族と昼食を食べている時まで、毎日彼らは私に"仕事"をするようにプレッシャーをかけてくる。50人とか100人とか集まる時もあるわ。まるでネズミよ」と語ったようだ。
2004年にロンドンで上演された舞台"Oleanna"に主演したジュリア・スタイルズは「ブロードウェイに行く予定なの。とてもワクワクしているわ。オフブロードウェイで"La Mama"に出演したことはあるけど、今度はデヴィッド・マメットの"Oleanna"よ。是非やりたかったプロジェクトの一つなの。初めてのブロードウェイの舞台で、私の夢だったの」と語ったようだ。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)は、「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」("Hannah Montana",2006年-)からの降板を希望しているらしい。音楽活動に専念したいようだ。
開催中の第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)で、パラグアイ映画"Paraguayan Hammock"(2006年)が第6回Luis Bunuel Awardに選ばれたようだ。
英Film and Music Entertainmentは、フィンランドのヨーナ・テナ(Joona Tena)監督による新作サイコスリラー"The Debt"の製作を手がけるようだ。来春からウェールズで撮影に入る模様。
ニール・ラビュート監督、サミュエル・L・ジャクソン、パトリック・ウィルソン、ケリー・ワシントン共演のスリラー"Lakeview Terrace"が19日、全米2464館で封切られ、初日興収510万ドルでトップとなったようだ。
小林政広監督「幸福」が20日初日を迎え、石橋凌、桜井明美、橘実里らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
池田千尋監督「東南角部屋二階の女」が20日初日を迎え、香川京子、加瀬亮、西島秀俊、竹花梓らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
11月14日にギリシャで開幕する第49回テサロニキ国際映画祭(Thessaloniki International Film Festival)で、「アキレスと亀」の北野武監督に名誉賞が贈られるようだ。
ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・シリコ(Tony Sirico)、スティーヴン・R・シリッパ、リチャード・グリフィス、マディソン・ペティス(Madison Pettis)らがパペットと共演する、米NBCで放送の"Letters to Santa: A Muppets Christmas"で、ユマ・サーマンとジェシー・L・マーティンがキャストに加わったようだ。
トラヴィス・バーカー(Travis Barker)、DJアダム・ゴールドスタイン(Adam Goldstein)らの乗った小型ジェット機が19日深夜、Columbia Metropolitan Airportから離陸に失敗し炎上、乗客乗員6人のうちパイロットら4人が死亡、バーカーとゴールドスタインは重度の火傷を負った模様。
米CBSのドラマシリーズ"Two and a Half Men"(2003年-)でチャーリー・シーンの母親を演じるホランド・テイラーは、シーンの妻ブルック・ミューラー(Brooke Mueller)がまもなく出産を迎えることについて「とても嬉しいわ。彼は本当に父親であることを楽しんでいるし、彼の人生はより深まると思うわ」と語ったようだ。
ウエストバージニア州チャールストンで育ったジェニファー・ガーナーは「地球上の何処よりも、ハリウッドから遠く離れた場所。私は児童書の作家と図書館の司書になりたかったの。私が子供の頃、母は毎週のように図書館に連れて行ってくれたのよ」と語ったようだ。
  9/22
西谷弘監督「容疑者Xの献身」の完成記者会見が22日都内で行われ、福山雅治、柴咲コウ、松雪泰子、堤真一らが出席したようだ。
松本光司原作、キム・テギュン監督の新作「彼岸島」で渡辺大、石黒英雄が共演するようだ。石黒英雄は、山口雄大監督「エリートヤンキー三郎」への主演も決まったらしい。
広島への原爆投下を描いた「ひろしま」(関川秀雄監督,1953年)の上映会が、26日と27日に広島市の「横川シネマ」で行われるようだ。
アジアフォーカス・福岡国際映画祭2008最終日の21日、アッバス・キアロスタミ監督「友だちのうちはどこ?」("Khane-ye doust kodjast?",1987年)のボイスオーバー上映が福岡市内で行われたようだ。
Miramaxは、核弾頭を搭載した米B-52が墜落した1966年の事件を背景に描く映画"Muchas Gracias, Bob Oppenheimer"を製作するようだ。
第60回エミー賞(Primetime Emmy Awards)授賞式が21日行われ、ドラマシリーズ部門ではAMCの"Mad Men"(2007年-)が作品賞、"Breaking Bad"(2008年-)のブライアン・クランストン(Brian Cranston)が主演男優賞、「ダメージ」("Damages",2007年-)のグレン・グローズが主演女優賞を獲得したようだ。またコメディシリーズ部門ではNBCの"30 Rock"(2006年-)が作品賞に選ばれた模様。
地球温暖化防止を訴えるコンサートLive Earthが、12月7日にインドのムンバイで開催されるようだ。ジョン・ボン・ジョヴィ、アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)らが出演するらしい。
全米週末興収は、ニール・ラビュート監督、サミュエル・L・ジャクソン、パトリック・ウィルソン、ケリー・ワシントン共演のスリラー"Lakeview Terrace"が1560万ドル(2464館)で初登場1位を獲得、ハワード・ドゥイッチ監督、デイン・クック、ケイト・ハドソン共演のコメディ"My Best Friend's Girl"は830万ドル(2604館)で3位、アンソニー・レオンディス(Anthony Leondis)監督のCGアニメ"Igor"は801万ドル(2339館)で4位のスタートとなったようだ。
ジョージ・マイケルは19日、違法薬物の不法所持でロンドン警察に逮捕されたようだ。警告を受けた後釈放されたマイケルは21日、ファンに向けた謝罪の声明を発表したらしい。
"Transformers: Revenge of the Fallen"からの最新画像が公開されたようだ。
宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の構想を練ったとされる福山市の鞆の浦では、観光客が倍増しているらしい。
中国大手乳製品メーカー「蒙牛集団」の主催で今月30日から開催される予定だった、飛輪海とS.H.Eの合同コンサートが中止となったようだ。
In Touch誌の読者投票によるセレブ・デザイナーTOP5が発表されたようだ。
1.グウェン・ステファニー
2.ジャスティン・ティンバーレイク
3.パリス・ヒルトン
4.ヴィクトリア・ベッカム
5.ショーン・コムズ
乙一の小説「GOTH」の日本での映画化は、高橋玄が監督、本郷奏多、高梨臨が主演を務めたようだ。12月に公開されるらしい。
ラッセル・ウォン、ケリー・フー、バイ・リンら共演の新作"Dim Sum Funeral"が、10月2日に開幕する第13回釜山国際映画祭で上映されるようだ。
ブランドン・ボイス(Brandon Boyce)脚本・監督の新作アクション"Jonah"で、Barbarian Filmsが出資を決めたようだ。
スラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)はIndieroad.netと提携、来年1月15日に開幕する同映画祭の上映作品をネット配信するようだ。
レイチェル・ビルソンは、ジェイムズ・キーチ(James Keach)監督の新作ロマンス"Waiting for Forever"に主演するようだ。今月末からソルトレイク・シティで製作に入る模様。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのポーランドからのエントリー作品に、アンジェイ・ヤキモフスキ(Andrzej Jakimowski)監督"Sztuczki"(Tricks)が選ばれたようだ。
第33回ポーランド映画祭が20日閉幕、Waldemar Krzystek監督"Little Moscow"が最高賞を獲得したようだ。
12月11日に開幕する第5回ドバイ国際映画祭(Dubai International Film Festival)で、国際平和デー(International Day of Peace)を各国に広める活動を追った、ジェレミー・ギレイ(Jeremy Gilley)監督のドキュメンタリー映画"The Day After Peace"が特別上映されるようだ。
Tyler Perry Studiosは、製作会社34th Street Filmsを設立したようだ。
北米を除く海外週末興収では、48地域、4539館で上映中のミュージカル映画「マンマ・ミーア!」("Mamma Mia!")が1400万ドルでトップを維持、海外総興収は3億3400万ドルに達したようだ。
14世紀の欧州を舞台に、魔女として捕らえられた女性を護送することになった騎士たちを描く、ドミニク・セナ監督の新作"Season of the Witch"で、ニコラス・ケイジが出演契約にサインしたようだ。11月からオーストリアとハンガリーで撮影に入る模様。
スティーヴン・ホプキンス監督次回作は、ロマンチックコメディ"Chasing Bohemia"になるようだ。ブラジルに設立したGreenGo Productionsが製作する模様。
MSNBC Filmsは、第1回製作作品となるドキュメンタリー"Dear Zachary: A Letter to a Son About His Father"を、Beastie Boysのアダム・ヤウクが設立した配給会社Oscilloscope Picturesに販売したようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのインドからのエントリー作品に、アーミル・カーン(Aamir Khan)の監督デビュー作"Taare Zameen Par"が選ばれたようだ。
"30 Rock"(2006年-)にゲスト出演するジェニファー・アニストンと共演したジャック・マクブレイヤー(Jack McBrayer)は「(彼女の演技は)本当に素晴らしかったし感動的だった。僕らはみんな彼女に夢中だよ」と語ったようだ。
米NBCのコメディ・シリーズ"Scrubs"(2001年-)第8シーズンの撮影を終えたドナルド・フェイソンは、共演のザック・ブラフとの友情について「最高だよ。ザックと俺は2人とも本当にラッキーだ。僕らの友情(bromance)はハリウッド一強固だと思う。少なくとも、俺たちの友情はリアルだと言えるよ」と語ったようだ。
来年7月に公開の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")のIMAX版には、25分間の3Dシーンが含まれるらしい。
  9/23
「リトル・マーメイドIII/はじまりの物語」("The Little Mermaid: Ariel's Beginning",2008年)の発売記念イベントが23日都内で行われ、上戸彩、設楽統、日村勇紀らが出席したようだ。
「三本木農業高校、馬術部」(佐々部清監督)に出演する長渕文音、奥村知史、森田彩華、小林裕吉が23日、都内で行われた第40回愛馬の日のイベントに出席したようだ。
キアヌ・リーヴスが運転するポルシェと接触して負傷したとして、パパラッチが起こしていた裁判で、裁判所は22日、証拠不十分で訴えを却下したようだ。
宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の構想を練ったとされる広島県福山市の鞆の浦では、NPOなどが観光PRを展開する一方、市側は「スタジオジブリは鞆の浦が映画の舞台とは断言していない」として誘客には消極的になっているらしい。
Spyglass Entertainmentは、ロン・バーチ(Ron Burch)とデヴィッド・キッド(David Kidd)によるコメディ脚本"On a Short Leash"を映画化するようだ。
「ER 緊急救命室」("ER",1994-2009年)で制作総指揮を務めるデヴィッド・ザベル、ジョージ・クルーニー、ジュリアナ・マルグリーズを含む過去の主要キャスト全員を、最終シーズンに出演させる構想があることを明らかにしたようだ。アンソニー・エドワーズに加え、ローラ・イネス、ノア・ワイリーの出演も既に決まっているらしい。
第24回米ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入りの候補として、Metallica、Run-DMC、ボビー・ウーマック(Bobby Womack)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)らが挙がっているらしい。
西谷弘監督「容疑者Xの献身」が、TOHOシネマズ長崎オープン初日の10月1日に、全9スクリーンで先行上映されるらしい。福山雅治、柴咲コウらが舞台挨拶を行う予定とか。
「私がクマにキレた理由」("The Nanny Diaries",2007年)の試写会が22日都内で行われ、2007年度ミス・インターナショナル日本代表の白田久子らが出席したようだ。
Summit EntertainmentとImagi Animation Studiosは、「鉄腕アトム」のCGアニメ映画化"Astro Boy"の全世界公開日を2009年10月23日に設定したようだ。
「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")サントラ盤のジャケット・デザインが公開されたようだ。
神戸映画資料館は、映画監督や俳優の育成を目的とした「秋期基礎技術講座」を11月に開催するようだ。
ドン・ジェは既にパン・ユエミンと結婚、現在妊娠3ヶ月らしい。
12月公開予定の新作"Tennessee"に主演したマライア・キャリーは「クリスマス・アルバムをレコーディングした時から、それに合わせた映画をやりたいと思っていたの。毎年みんなが観て、聴いて、楽しんでくれるような」と語ったようだ。
11月7日より日本公開の「X-ファイル:真実を求めて」("The X-Files: I Want to Believe",2008年)の本編前に、米FOXで11月23日放送の「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)2時間スペシャル"24: Redemption"からの特別映像が上映されるらしい。
ティムール・ベクマンベトフ監督「ウォンテッド」("Wanted",2008年)の日本語吹き替え版で声優を務めたDAIGOによる舞台挨拶が、24日にTOHOシネマズなんばで行われるようだ。名古屋、札幌、福岡でも予定されているらしい。
Madison Square Garden Networkは、ESPNの製作による6本のスポーツ・ドキュメンタリーを"MSG at the Movies"として隔週で放映するようだ。
マーシー・ドロギン(Marcy Drogin)はニューヨークを拠点とするMaximum Films & Managementを設立したようだ。
Universal Picturesは、ハーマン・メルヴィル(Herman Melville,1819-1991)の「白鯨」("Moby Dick")を、ティムール・ベクマンベトフの監督で映画化するらしい。 [☆どんな映画になるのか想像も出来ません!]
シェイン・ブラック(Shane Black)は、Universal Picturesの新作スパイ・スリラー"Cold Warrior"で監督を務めるようだ。
第28回Atlantic Film Festivalで、元コメディアンでDisneyアニメーターのジェイコブ・メジャック(John Cusack)の監督によるコメディ"Summerhood"が最高賞のPeople's Choice賞を獲得したようだ。
Media Rights Capitalは、今後3年間で映画、TV番組製作に出資する3億5000万ドルの資金を、JPMorgan Chaseなどから確保したようだ。
Samuel Goldwyn Foundationは、カリフォルニアの大学生による長編映画脚本コンテスト2008 Samuel Goldwyn Writing Awards Competitionの最終候補者5人を発表したようだ。
同性結婚を禁じる法案通過を求めるカリフォルニア州の住民投票Proposition 8に対し反対を呼びかけるNo on Prop. 8キャンペーンに、スティーヴン・スピルバーグ、ケイト・キャプショー夫妻が10万ドルを寄付したようだ。
Maya Entertainmentは、ペルーのRicardo de Montreuil監督による最新作"Mancora"の米国内配給権を獲得したようだ。
第12回Los Angeles Latino International Film Festivalが19日に閉幕、サイモン・ブランド(Simon Brand)監督"Paraiso Travel"が作品賞のRita Awardと観客賞を獲得したようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのアイスランドからのエントリー作品に、バルタザール・コルマウクル(Baltasar Kormakur)監督の"White Night Wedding"が選ばれたようだ。
英ホラー映画スタジオHammer Filmsの約30年ぶりとなる新作"The Wake Wood"が撮影に入ったようだ。エイダン・ギレン、エヴァ・バーシッスル、ティモシー・スポールが共演、デヴィッド・キーティング(David Keating)が監督を務めている模様。
Eastern European Acquisition Poolは、有料TVチャンネルCanal Plusと、ポーランドでの配給契約を3年間延長したようだ。
オランダで21日閉幕した国際映画祭、第10回Film by the Seaで、ローラン・カンテ(Laurent Cantet)監督"Entre les murs"(The Class)が最高賞を獲得したようだ。また、ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ監督に特別功労賞が贈られたらしい。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのパレスチナからのエントリー作品に、アンマリー・ジャシル(Annemarie Jacir)監督"Salt of this Sea"が選ばれたようだ。
エマ・ワトソンは「アメリカには素晴らしい大学があるし、今問い合わせているところなの。アメリカに行くなら、教養課程を取りたいわ。大学に行って学位を修めるまでは、俳優業は休むことになる。勉強と仕事のバランスには気を付けてきたけど学位課程と両立できるとは思わない。私には今、勉強が必要なの」と語ったようだ。
ヴィクトリア・ベッカムは、ビバリーヒルズでの生活について「とても満足しているわ。お金を使うのはもっぱらデヴィッド・ベッカムのほう。私はショッピングにも行かなくなったし。私は毎日4マイル走っているの。活力を感じるし健康的よ。いいジムも近くにあって、楽しんでいるわ。すごく気分がいいの」と語ったようだ。
ジャネット・ジャクソンは、Island Recordsとの契約を打ち切ったようだ。
グウィネス・パルトロウは「家では全部自分で料理するわ。お料理は大好き。パンやピザを焼くのも好きだし、庭にはピザを焼くオーブンもあるのよ。天気がいいときはたくさん焼くの。父(ブルース・パルトロウ)のパンケーキは有名で、私は今も父のレシピで作っているわ」と語ったようだ。
ヨーロッパを休暇旅行中のジェニファー・ロペスとマーク・アンソニー(Marc Anthony)は21日、ギリシャを訪れたようだ。
21日行われたエミー賞授賞式に出席したティナ・フェイ(Tina Fey)は、"30 Rock"(2006年-)で主演女優賞を獲得したものの、財布をなくしてしまったらしい。
マイリー・サイラス(Miley Cyrus)は、「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」("Hannah Montana",2006年-)からの降板を望んでいるという噂について「私はハンナ・モンタナに全てを捧げているの。たくさんの人たちと出会う素晴らしいチャンスを与えてくれたんですもの。自分ひとりでは出来なかった。素晴らしい共演者にも恵まれたし、父はいつも側にいてくれるわ」とコメント、噂を否定したようだ。
F・スコット・フィッツジェラルド(F. Scott Fitzgerald,1896-1940)と妻ゼルダとのラヴストーリー"The Beautiful and the Damned"で、ニック・カサヴェテスが監督を務めるようだ。ゼルダ役にはキーラ・ナイトレイが候補に上がっているらしい。
D・J・カルーソー監督「イーグル・アイ」("Eagle Eye")で共演するシャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソンとのインタビュー映像が公開されたようだ。
米Warner Bros.がボリウッド・コメディ"Hari Puttar: A Comedy of Terrors"の公開中止を求めていた訴訟で、裁判所はWarnerの訴えを却下、"Hari Puttar"は今週末からインドで公開されることになったようだ。
  9/24
渡辺謙作監督「フレフレ少女」の特別試写会が24日都内で行われ、主題歌を歌うAqua Timezが出席したようだ。
福澤克雄監督「私は貝になりたい」で、Mr.Childrenが主題歌「花の匂い」を歌うようだ。
古厩智之監督「ホームレス中学生」の完成試写会が24日都内で行われ、小池徹平、西野亮広、池脇千鶴、田村裕らが出席したようだ。
「闇の子供たち」の阪本順治監督らが24日、同作がバンコク国際映画祭で上映中止となったことについて、バンコク市内で記者会見を行ったようだ。無許可撮影とする指摘は否定、今後再編集してタイ国内での上映を目指す模様。
兵庫県西宮市で23日、御前浜の西宮砲台の側面をスクリーンにした映画上映会「砲台映画館」が開催され、神戸芸術工科大の学生制作によるオリジナルアニメが上映されたようだ。
P'nenah Goldsteinの戯曲"Loving Leah"に基づく、ジェフ・ブレックナー(Jeff Bleckner)監督の新作"Unorthodox"で、ローレン・アンブロウズ、アダム・カウフマン(Adam Kaufman)、スージー・エスマン、リッキー・レイク、マーセデス・ルール(Mercedes Ruehl)が共演するようだ。すでに製作に入っている模様。
ジョン・ウェルズ(John Wells)の監督デビュー作となる"The Company Men"で、ベン・アフレックが主演に向けて交渉中らしい。
麻薬不法所持で起訴されているDMXは、アリゾナ州の裁判所に出廷を命じられていたものの、直前の22日に入院したようだ。
クリスチャン・ベイルの主演で映画化もされた、ブレット・イーストン・エリス(Bret Easton Ellis)の小説「アメリカン・サイコ」("American Psycho")が舞台化され、ブロードウェイで上演されるらしい。
トヨタ自動車LexusのプロモーションサイトL Studio(LStudio.com)で23日、リサ・クードロウ主演によるウェブ・ドラマの配信がスタートしたようだ。
マイケル・レムベック監督、ドウェイン・ジョンソン主演の新作コメディ"Tooth Fairy"で、ビリー・クリスタルがキャストに加わったようだ。今週からバンクーバーで撮影に入った模様。
三池崇史監督「ヤッターマン」に主演する深田恭子は、12キロのダイエットに成功したらしい。
ブルース・ウィリス、オーウェン・ウィルソン、キーラン・カルキン共演の新作サイコスリラー"Three Stories about Joan"で、ウィリスが監督デビューするらしい。
マイケル・ムーア監督は、新作ドキュメンタリー"Slacker Uprising"をネットで無料配信することについて「理由は2つある。1つは、デビュー作『ロジャー&ミー』("Roger & Me",1989年)から来年20年目を迎えるに当たって、私の作品を支援してくれた人々へのお礼として。もう1つは、この作品が広く配信されることで、11月4日の大統領選挙にたくさんの若者が投票してくれることを願って」と語ったようだ。
トラヴィス・バーカー(Travis Barker)、アダム・ゴールドスタイン(Adam Goldstein)らの乗った小型ジェット機が離陸に失敗し墜落した事故で、2人が救出される際の映像が、米ABC系列局のWolo-TVで22日に放送されたようだ。
ロンドンのApollo Theatreで本公演がスタートした舞台版「レインマン」("Rain Man",1988年)に主演するジョシュ・ハートネットについて、「スクリーンと同様、舞台でもカリスマ的」と評価する声がある一方、「単に才能があるだけ」とする批評家もいるようだ。
米ラジオ番組のインタビューに答えたリンゼイ・ローハンは「サマンサ(・ロンソン)と付き合い始めてどのくらい? 2年? 1年? 5ヶ月? 2ヶ月?」というDJの質問に、しばらく間をおいた後「長い間、とても長い間」と答えたらしい。
キム・ヘゴン監督「宿命」の日本公開版では音楽が全て差し替えられ、GLAYの新曲「紅と黒のMATADORA」が主題歌として使われるらしい。
君塚良一監督「誰も守ってくれない」で、英国の少年合唱団リベラが主題歌「あなたがいるから」を歌うようだ。
角川春樹は、大森南朋主演の新作「笑う警官」で監督を務めるようだ。
Walt Disney Studiosは、アンディ・フィックマン(Andy Fickman)監督と3年間のfirst-look契約を結んだようだ。
優れたポストプロダクションを表彰する、第3回Hollywood Post Alliance Awardsのノミネーションが23日発表され、デジタル処理による色調整部門では、「アイアンマン」("Iron Man")、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」("Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street")、「君のためなら千回でも」("The Kite Runner")が、編集部門では「アイアンマン」、「イントゥ・ザ・ワイルド」("Into the Wild")、「ダークナイト」("The Dark Knight")が候補に挙がったようだ。
エリオット・レスター(Elliot Lester)は、ケン・ブルーウン(Ken Bruen)の警察スリラー小説"Blitz"の映画化で監督に起用されたようだ。来年初めから製作に入る模様。
ティム・ロス主演による米FOXの新作ドラマ"Lie to Me"は、来年1月スタートとなる模様。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのインドからのエントリー作品に、Mangesh Hadawale監督の"Tingya"が選ばれたようだ。
WGA East FoundationはMichael Collyer Memorial Fellowship in Screenwritingを設立、10の大学の学生から脚本を募集、来年2月7日に優秀作品1本を選び表彰するらしい。
European Film Promotionは、24日開幕するRio de Janeiro International Film Festivalに出品される欧州の9作品に、プロモーション費用として最大5000ユーロを提供するようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのイスラエルからのエントリー作品に、レバノン難民キャンプでの虐殺事件をアニメーションで描いたアリ・フォルマン(Ari Folman)監督のドキュメンタリー作品"Waltz With Bashir"が選ばれたようだ。長編ドキュメンタリー部門には劇場未公開のため規定から外れたものの、長編アニメーション部門の候補に残る可能性はあるらしい。
10月8日に開幕する第37回Montreal Festival du Nouveau Cinemaでは、ジョン・ブアマン監督の"The Tiger's Tail"、ジャン=ポール・ジョー(Jean-Paul Jaud)監督の"Nos enfants nous accuseront"、Philippe Grandrieux監督の"A Lake"を含む、世界60カ国250作品が上映されるようだ。
Regent Releasingは、黒沢監督「トウキョウソナタ」の北米配給権を獲得したようだ。
ギャガ・コミュニケーションズは、北川悦吏子監督、北乃きい、岡田将生共演の新作「ハルフウェイ」の国際販売権を獲得したようだ。
第5回Reykjavik International Film Festivalが25日、ベント・ハーメル監督"O'Horten"の上映で開幕するようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門と短編部門へのエントリーは、10月1日に締め切られるようだ。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)ロサンゼルス支部は、ショーン・ペンにStanley Kubrick Britannia賞を授与すると発表したようだ。
21日閉幕したMilan Film Festivalで、グスターヴォ・スポリドロ(Gustavo Spolidoro)の長編監督デビュー作"Ainda Orangotangos"(Still Orangutans)が作品賞を獲得したようだ。また、加藤久仁生監督「つみきのいえ」("La Maison en petits cubes")がアニメーション映画賞を受賞した模様。
「残酷な夜」("La Lunga notte del '43",1960年)、「恋のなぎさ」("La Calda vita",1963年)、「星空の用心棒」("I Lunghi giorni della vendetta",1967年)などの作品で知られる、イタリアの映画監督フロレスタノ・ヴァンチーニ(Florestano Vancini)さんが17日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
エレン・デジェネレスは、同性結婚禁止を求めるカリフォルニア州の住民投票Proposition 8について「少し分かりにくいわ。法案の名前が『カリフォルニア結婚保護法』って言うのよ。でも騙されないで欲しいわ。これは誰の結婚も保護してくれない。あなたのも。私のも。私のもらったウェディング・ギフトは返さないわよ。新しいトースターは気に入っているんですもの」とブログでコメントしたようだ。
ニッキー・ブロンスキーは23日、マンハッタンのナイトクラブでショーを行ったようだ。「緊張したけど、すごく興奮したわ。ずっと胃がむかついていたけど、上手くいったと思う」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズがカリフォルニアのスタジオシティに所有する、寝室6、浴室6の邸宅が、790万ドルで売りに出されたようだ。
シャロン・ストーンは、元夫フィル・ブロンスタイン(Phil Bronstein)との間に養子に迎えた、8歳の息子の親権を失ったようだ。
キーラ・ナイトレイは、昨年のヴェネチア国際映画祭で着たピンクのChanelのドレスについて「初めは『女の子っぽいから着ない』って言ったの。でも着てみたらすごく素敵だった。『シンデレラみたい』って思ったわ。夜中までに全部返してしまうから」と語ったようだ。
ニコール・リッチー(Nicole Richie)、ジョエル・マデン(Joel Madden)夫妻によるRichie-Madden Children's Foundationが実施中のText CHILD to 90999キャンペーンは、スタートから1週間でおよそ1万ドルを集めたようだ。目標は3万5000ドルで、ロサンゼルスのBeyond Shelterの子供たちのために公園を造るらしい。
エミー・ロッサムは、イルカとファーストキスしたらしい。 [☆イルカになりたい・・・]
米CWは、「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)のスピンオフ"90210"のフルシーズン放送を決定したようだ。
In Style誌最新号のインタビューに答えたメグ・ライアンは、デニス・クエイドとの離婚について「デニスは長い間、私を裏切ってきたし、とても辛かった。だから、とても開放された気分だった。みんながどう思うかなんて関係なかった」とコメント、その後のラッセル・クロウとの交際については「ラッセルが結婚を破綻させた訳じゃない。私が混乱していたの。最後には彼を傷つけてしまった。他の人と長く関係を続けることが出来なかったのよ。その時期じゃなかった。それで別れたの」と語ったようだ。
グウィネス・パルトロウは、旅行、料理、子育てなど、彼女の経験をシェアするための新たなウェブサイトGOOPを立ち上げたらしい。「長い間、私は色々なことに挑戦してきました。失敗もたくさんありました。でも、そのプロセスで様々なことを理解しましたし、それを皆さんと共有したいのです」と言っているようだ。
スカーレット・ヨハンソンが主演する新作スリラー"Brilliant"で、マイケル・ケインとマシュー・マコノヒーが共演するらしい。
米NBCで22日に放送された「HEROES/ヒーローズ」("Heroes",2006年-)第3シーズン第1回2時間スペシャルの視聴者数は、昨シーズンの初回よりも25%ダウンしたらしい。
シリーズ最新作「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")には、"Bond, James Bond"のセリフが無いらしい。
ジョージ・C・ウルフ(George C. Wolfe)監督の新作「最後の初恋」("Nights in Rodanthe")で共演するリチャード・ギア、ダイアン・レインとのインタビュー映像が公開されたようだ。
「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")が、10月16日に開幕するシカゴ映画祭で上映されるらしい。
英国の伝説的海賊「黒ひげ」を描くDreamWorksの新作"Blackbeard"で、ポール・グリーングラスが監督候補に挙がっているらしい。
「タンタンの冒険旅行」("Tintin")のスティーヴン・スピルバーグ監督による映画化で、サイモン・ペッグとニック・フロストが出演をオファーされているらしい。
ゲイリー・ウィニック監督、ケイト・ハドソン、アン・ハサウェイ共演の新作"Bride Wars"の予告編が公開されたようだ。
Notorious B.I.G.(1972-1997)の半生を描くジョージ・ティルマンJr.監督の新作"Notorious"の特報が公開されたようだ。
  9/25
「センター・オブ・ジ・アース」("Journey to the Center of the Earth",2008年)の日本語吹き替え版収録が25日都内で行われ、沢村一樹、矢口真里、入江甚儀が参加したようだ。
深浦加奈子(1960-2008)のお別れの会が24日都内で行われ、小泉今日子、沢口靖子、陣内孝則、松嶋菜々子、三浦友和ら550人が参列したようだ。
吉本興業は24日、米大手芸能事務所Creative Artists Agencyとの提携を発表したようだ。
イー・トンシン監督、ジャッキー・チェン主演の新作「新宿事件」は、中国国家広播電影電視総局の審査で在日中国人の描写が問題視され、年内の審査通過が困難な状況となっているらしい。
チャン・ツィイーは、婚約したイスラエルの実業家ヴィヴィ・ネヴォ(Vivi Nevo)と結婚契約を取り交わしたようだ。
ゴードン・チャン監督「画皮」のプレミアが24日、北京で行われたようだ。
「まぼろしの邪馬台国」(堤幸彦監督)の公開を記念したラッピングトレイン「まぼろしの邪馬台国号」が、10月6日から長崎県の島原鉄道で運行されるようだ。
ボリウッド・コメディ"Hari Puttar: A Comedy of Terrors"のプレミアが24日、インドのムンバイで行われたようだ。
小澤征爾がフランス芸術アカデミーの本会員(海外会員)に選ばれ、24日にパリで行われた就任式典に出席したようだ。
都内の映画館で隣に座った女性の太ももに触ったとして、埼玉県在住の50歳の中学教諭が東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたようだ。
ジョン・ウインダム(John Wyndham,1903-1969)のSF小説「宇宙知性チョッキー」("Chocky")の権利をDreamWorksが獲得、スティーヴン・スピルバーグの監督で映画化するようだ。
ジュリー・バクスバウム(Julie Buxbaum)のデビュー小説"The Opposite of Love"の映画化で、アン・ハサウェイの主演が決まったようだ。
「近距離恋愛」("Made of Honor",2008年)のDVDが米国で発売され、全米セールスチャートで「スピード・レーサー」("Speed Racer",2008年)を抑えて1位となったようだ。一方、Blu-ray Discでは「スピード・レーサー」がトップとなった模様。
"Harold & Kumar"シリーズを手掛けたジョン・ハーウィッツ(Jon Hurwitz)とヘイデン・スクロスバーグ(Hayden Schlossberg)は、Warner Bros.の新作コメディ"'Til Beth Do Us Part"で脚本と監督を務めるようだ。
Walt Disney Picturesによるミュージカル・アニメ映画"The Princess and the Frog"で、オプラ・ウィンフリーが声優に加わったようだ。
Moviefone.comは24日、25歳以下の若手俳優25人を発表したようだ。
ミーガン・フォックス
マイケル・セラ
エマ・ワトソン
ダコタ・ファニング
アマンダ・サイフリッド
シャイア・ラブーフ
キーラ・ナイトレイ
ダニエル・ラドクリフ
クリステン・スチュワート
エレン・ペイジ
シアーシャ・ローナン
アントン・イェルチン
ブランドン・T・ジャクソン(Brandon T. Jackson)
エマ・ストーン(Emma Stone)
ザック・エフロン
オリヴィア・サールビー
クリストファー・ミンツ=プラッセ(Christopher Mintz-Plasse)
ブレイク・ライヴリー
ジョシュ・ペック
カット・デニングス
キキ・パーマー(Keke Palmer)
マイリー・サイラス
ロバート・パティンソン
ジェマ・アータートン(Gemma Arterton)
スカーレット・ヨハンソン
スティーヴン・タイラーは、自分になりすましてブログに書き込んだ人物に対し、訴訟を起こしたようだ。
映画「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code",2006年)を観た後、68歳の神父を殺害しようとしたとして、25歳の男性がローマで逮捕されたようだ。
アトランタ郊外にあるリュダクリスの自宅で24日、プール・ハウスが火事で焼けたらしい。けが人などは無かった模様。
第9回宝塚映画祭が、11月1日から宝塚市内の映画館「シネ・ピピア2」などで開催されるようだ。「エリザベス ゴールデン・エイジ」("Elizabeth: The Golden Age",2007年)、「サザエさんの婚約旅行」(青柳信雄監督,1958年)などの新旧作品のほか、宝塚歌劇団による「火の鳥」「ブラック・ジャック」の舞台映像の上映も行われるらしい。
エミー賞授賞式にジェナ・フィッシャーと一緒に現れた男性は、リー・カーク(Lee Kirk)という脚本家らしい。
ミーシャ・バートンは、ジョシュ・ハートネットとのデートの噂について「バカみたい。私はシングルで幸せよ」と否定したようだ。
ニッキー・ヒルトン(Nicky Hilton)とTVプロデューサーのデヴィッド・カッツェンバーグ(David Katzenberg)は、12月か来年1月にも結婚式を挙げるらしい。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹が暮らしているウエストビレッジの周辺住民が、騒音などの被害をマスコミに訴えたことについて、オルセン姉妹の代理人は「重要な問題があればメアリー=ケイトとアシュレイに直接言うべきです。マスコミに電話するのでなく」とコメントしたようだ。
ニコール・キッドマンは、バズ・ラーマン監督「オーストラリア」("Australia")撮影中にロケ地のカナナラの滝で泳いだ、自分自身を含む関係者の女性7人が妊娠・出産したことを明らかにしたようだ。
Weeklyぴあ誌による映画満足度ランキングでは、「アキレスと亀」が1位、「東南角部屋二階の女」が2位、「ベティの小さな秘密」が3位に選ばれたようだ。
静岡県浜松市の映画館「浜松東映」が、10月3日で閉館するようだ。
サロンパス ルーブル丸の内と久光製薬との契約が、11月末で終了するようだ。
金田治監督「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」のプレミア上映会が25日都内で行われ、佐藤健、神田沙也加らが出席したようだ。
ビデオゲームソフト"Star Wars: The Force Unleashed"が16日に全世界同時発売され、5日間で150万本の売り上げを記録したらしい。
ギレルモ・デル・トロは、ウィリアム・モロウ(William Morrow)との共著によるヴァンパイア・スリラー小説三部作について、HarperCollinsと出版契約を結んだようだ。第1作"The Strain"が来年夏に発売されるらしい。
Warner Bros.は「アイ・アム・レジェンド」("I Am Legend",2007年)の前編製作に向けて動き始めたようだ。
ジョニー・デップは、ティム・バートン監督、ミア・ワシコウスカ(Mia Wasikowska)主演による「不思議の国のアリス」("Alice in Wonderland")の映画への出演が正式決定したようだ。さらに「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第4作と、「ローン・レンジャー」("The Lone Ranger",1949-1957年)の映画化への出演も決まったらしい。
第81回アカデミー賞外国語映画部門への香港からのエントリー作品に、ゴードン・チャン監督、ドニー・イェン主演の「画皮」("Painted Skin")が選ばれたようだ。
第12回Hollywood Film Festivalで、「ダークナイト」("The Dark Knight",2008年)を手掛けたクリストファー・ノーラン、チャールズ・ローヴェン(Charles Roven)、エマ・トーマス(Emma Thomas)が、「今年のハリウッド・プロデューサー」として表彰されるようだ。
ロビン・ウィリアムス、R・ケリー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズらを担当した、エンターテインメント業界専門の弁護士、ジェラルド・マルゴリス(Gerald Margolis)さんが15日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
各分野で優れた功績を挙げたアーティストに贈られる第15回Dorothy and Lillian Gish賞が、ロバート・レッドフォードに授与されるようだ。
ピエール・モレル(Pierre Morel)監督の新作スリラー"From Paris With Love"で、ジョン・トラヴォルタとジョナサン・リース=マイヤーズが共演するようだ。パリ郊外で既に撮影に入っている模様。
スウェーデンのトーマス・アルフレッドソン(Tomas Alfredson)監督によるヴァンパイア映画"Lat den ratte komma in"(2008年)のリメイク"Let the Right One In"で、Overture FilmsとHammer Filmsはマット・リーヴスを監督に起用したようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門への中国からのエントリー作品に、北京オリンピックの模様を追ったドキュメンタリー"Dream Weavers: Beijing 2008"が選ばれたようだ。
Relativity Mediaは、Universal Picturesと、2015年までの共同出資について再契約した模様。Relativityは、、Universalが2011年までに手掛ける作品の製作費の75%を出資するほか、2011-2015年に製作される年間10-15本の作品の50%の製作費を提供するようだ。
東宝が2009年に公開する作品は、30本を超えるらしい。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのイタリアからのエントリー作品に、マッテオ・ガローネ(Matteo Garrone)監督"Gomorrah"が選ばれたようだ。
23日から無料配信がスタートした、マイケル・ムーア監督の新作ドキュメンタリー"Slacker Uprising"のワールドプレミアが、ミシガン州アナーバーのMichigan Theaterで25日に開催されるようだ。入場は無料とか。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、第81回アカデミー賞授賞式のプロデューサーにローレンス・マーク(Laurence Mark)を、制作総指揮にビル・コンドンを起用したようだ。
ナタリー・ポートマンとデヴェンドラ・バンハート(Devendra Banhart)は別れたようだ。
世界の貧困撲滅を目指して活動するGlobal Call to Action Against Povertを支援するため、will.i.amは新曲"in my name"を提供したようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹は、Steve Madden Ltd.と共同でフットウェアをプロデュース、自身のファッションブランドElizabeth and Jamesに加えたようだ。
オードリナ・パトリッジ(Audrina Patridge)は先週、ローレン・コンラッド(Lauren Conrad)、ローレン・ボスワース(Lauren Bosworth)とシェアしていたアパートの部屋を出たようだ。「自分の場所が欲しかっただけ」と言っているらしい。
公立学校での芸術教育を支援するためのTony Bennett's Exploring The Arts Galaが23日、マンハッタンで開催されたようだ。ジョン・メイヤー(John Mayer)が登場し3曲を披露すると、ウーピー・ゴールドバーグは「まぁー!なんてキュートなの。昔なら彼に飛びついていたところよ。今はすっかりくたびれちゃっているけど」とコメントしたらしい。
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは23日、子供たちと共にプライベートジェットでベルリンに到着したようだ。
ShowTimeは「ドラゴン怒りの鉄拳」("Fist of Fury",1972年)、「プロジェクトA」("Project A",1983年)など香港映画29作品の配信をスタートしたようだ。
マーク・フォースター監督、ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ共演の新作「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")からの最新画像が公開されたようだ。
「カーズ」("Cars",2006年)の続編の全米公開は、当初予定の2012年から、2011年夏に前倒しとなったようだ。
スパイク・リーによると、第二次世界大戦のアフリカ系アメリカ人パイロット部隊を描く新作"Red Tails"で、ジョージ・ルーカスは黒人のアンソニー・ヘミングウェイ(Anthony Hemingway)を監督候補に挙げているらしい。
マーク・フォースター監督、ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ共演の新作「007/慰めの報酬」("Quantum of Solace")の最新ポスターが公開されたようだ。
マイケル・ターナー(Michael Turner)のコミック"Fathom"の映画化企画で、ミーガン・フォックスがヒロイン候補に挙がっているらしい。
  9/26
スタジオジブリは、レベルファイブによる新作ゲームソフト「ニノ国」でアニメムービー制作を担当するようだ。
「北の零年」(行定勲監督,2004年)のロケセットを保存している北海道夕張市の「希望の杜」で26日、桜の植樹祭が行われ、吉永小百合、竹中直人らが参加したようだ。
美空ひばり(1937-1989)が1968年に録音した未発表曲「逢うは別れの」が、10月1日から「京都嵐山 美空ひばり座」のカスタマイズCDの1曲として発売されるらしい。
「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の衣装一式を「東映」の承諾を得ずに販売したとして、愛知県在住の47歳の男性と、茨城県在住の41歳の男性が著作権法違反容疑で逮捕されたようだ。
「お熱いのがお好き」("Some Like It Hot",1959年)のセットでのマリリン・モンロー(Marilyn Monroe,1926-1962)、トニー・カーティス(Tony Curtis)、ビリー・ワイルダー(Billy Wilder,1906-2002)監督らの姿を撮影した2分半のフィルムがオーストラリアでオークションにかけられ、1万7500オーストラリア・ドルで落札されたようだ。
第6回京都映画祭が10月8日に開幕するようだ。マキノ雅弘監督「次郎長三国志」全9作品の連続上映などが予定されているらしい。
ジェニファー・ロペスは25日、開催中のミラノ・ファッションウィークの会場を訪れたようだ。
ドリュー・バリモアは25日、ニューヨークで開催されたThe Clinton Global Initiativeで講演したようだ。
7月に起きた自動車事故で飲酒運転の容疑で逮捕されたシャイア・ラブーフについて、米検察当局は25日、証拠不十分で不起訴とすることを明らかにしたようだ。
モンテネグロの海岸沿いの町ポドゴリツァで25日、マドンナのコンサートが開催されるようだ。小さな町の会場に6万5000人以上のファンが訪れると予想されているらしい。
英BBCの児童向け番組"Blue Peter"の放送開始50周年を記念した特番が、バッキンガム宮殿で収録されるようだ。エリザベス女王司会を務めるらしい。
Walt Disney、Paramount、Twentieth Century Fox、Universalは間もなく、総額11億ドルを共同出資し劇場のデジタル化を推進するデジタル・シネマ契約を発表する模様。
ポール・マッカートニーによる野外コンサートが25日、イスラエルのテルアビブで開催され、4万人の観客の前で"Give Peace a Chance"、"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"などを歌ったようだ。
ロンドンの空港で入国管理当局に身柄を拘束されていたバスタ・ライムスは、12時間後に解放されたようだ。
アレックス・ギブニー監督の次回作は、エクストリーム・スポーツのBASEジャンピングをテーマにしたドキュメンタリー"Gravity"になるようだ。
Plum Picturesは、ハーラン・コーベン(Harlan Coben)のスリラー小説"The Innocent"のオプションを獲得したようだ。
Magnolia Picturesが設立したMagnetは、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督、阿部寛共演の新作アクション"Chocolate"の北米配給権を獲得したようだ。
フェドン・パパマイケル(Phedon Papamichael)監督の新作"Arcadia Lost"で、ニック・ノルティ、ヘイリー・ベネット(Haley Bennett)、カーター・ジェンキンス(Carter Jenkins)が共演するようだ。
26日にRoyal Albert Hallで開かれるチャリティ・コンサートに出演する予定だったバスタ・ライムスが25日、ロンドンの空港で入国管理当局に身柄を拘束されたようだ。
マリリン・モンロー(Marilyn Monroe,1926-1962)の死の数週間前にBel Air Hotelの部屋で撮影されたヌード写真7点の返却を求めて、写真家のバート・スターン(Bert Stern)が訴訟を起こしたようだ。
ロバート・ワグナーの自伝"Pieces of My Heart"が、まもなく出版されるようだ。ナタリー・ウッド(Natalie Wood,1938-1981)との2度の結婚と死別などについて語っているらしい。
ハイディ・モンタグ(Heidi Montag)は、元親友のローレン・コンラッド(Lauren Conrad)がMTVの番組で友情を失って寂しいとコメントしたことについて「それを聞いて嬉しかった。なんて優しいのって思った。私を笑顔にしてくれたわ。彼女は本当に長い間、私の親友だったの。うまく行けば、いつか関係を修復できるかもしれない」と語ったようだ。
ルパート・フレンドと交際中のキーラ・ナイトレイは「結婚は多くの女性にとって一大事だけど、私にとっては違うの。まだその計画は無いわ」と語ったようだ。
ジョニー・リー・ミラー、ミシェル・ヒックス夫妻に赤ちゃんが誕生するらしい。
手塚治虫(1928-1989)がファンに送った直筆のはがき5通が26日、宝塚市立手塚治虫記念館に寄贈されたようだ。
ジョン・ファヴロウ監督「アイアンマン」("Iron Man",2008年)のDVDに収録されるコンセプトアートが公開されたようだ。
ブライアン・シンガー監督、トム・クルーズ主演の新作"Valkyrie"の最新予告編が公開されたようだ。
Virginグループは、Virgin Comicsを売却したようだ。
ティエン・チュアンチュアン監督の新作「狼災紀」("The Warrior and the Wolf")で、マギー・Qが主演するようだ。オダギリジョーも共演するらしい。
米ABC Familyは、来年7月公開の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")のCATV放映権をすでに確保したようだ。
リー・チャイルド(Lee Child)のミステリー小説"One Shot"の映画化で、Paramount Picturesは「ヒストリー・オブ・バイオレンス」("A History of Violence",2005年)などを手掛けたジョシュ・オルソン(Josh Olson)を脚本に起用したようだ。
The Weinstein Co.とMGMは、3年間の配給契約を終了3ヶ月前に打ち切ったようだ。
クリント・イーストウッド監督作品を数多く手掛けているジャック・グリーン(Jack Green)に、米映画撮影監督協会(American Society of Cinematographers)の特別功労賞が贈られるようだ。
Alcon Entertainmentは、新作サスペンス・スリラー"Valet"の監督にブラッド・ファーマン(Brad Furman)を起用したようだ。
中原俊監督「櫻の園-さくらのその-」の特別試写会が25日都内で行われ、福田沙紀、武井咲らが舞台挨拶に立ったようだ。
開催中の第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)で24日、是枝裕和監督「歩いても 歩いても」が公式上映されたようだ。スペインのGolemが、同国内の配給権を獲得したらしい。
カルロス・モレノ(Carlos Moreno)監督の新作"Viene el Jaguar"で、エドガー・ラミレスの主演が決まったようだ。元神父があるエクソシストを追ってコロンビアのジャングルをさまよう、という話らしい。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのロシアからのエントリー作品に、アンナ・メリキヤン(Anna Melikyan)監督"Rusalka"(The Mermaid)が選ばれたようだ。
カンヌ映画祭の監督週間で芸術監督を務めたオリヴィエ・ペレ(Olivier Pere)が、2010年のロカルノ国際映画祭(Locarno International Film Festival)の芸術監督に指名されたようだ。
サミュエル・L・ジャクソンに、第23回American Cinematheque Awardが贈られることが決まったようだ。12月1日に授賞式が行われるらしい。
10月22日に開幕するローマ映画祭(Rome Film Festival)の「エクストラ」部門で、ジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督"Man on Wire"、オリヴィエ・アサイヤス(Olivier Assayas)監督"L'heure d'ete"、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演"JCVD"など、米国と欧州のインディ作品27本が上映されるようだ。
ナチの戦争犯罪人を追う3人のイスラエル人諜報部員を描いたイスラエル映画"The Debt"(2007年)のジョン・マッデン監督によるリメイクで、ヘレン・ミレンの出演が決まったようだ。
テレンス・ハワードの母親、アニタ・ウィリアムス(Anita Williams)が亡くなったようだ。
オーストラリア出身の若手俳優を支援するThe Australians in Film Heath Ledger Scholarshipに、ミシェル・ウィリアムズが寄付したようだ。
「Dr. HOUSE」("House M.D.",2004年-)で共演するジェニファー・モリソン(Jennifer Morrison)との婚約を昨年破棄したジェシー・スペンサー(Jesse Spencer)は、エミー賞授賞式後のパーティに英国の歌手兼女優のルイーズ・グリフィス(Louise Griffiths)と一緒だったらしい。一方、モリソンはアマウリー・ノラスコ(Amaury Nolasco)と手を繋いで会場前を歩いていたようだ。
レネー・ゼルウィガーは、「ザ・エージェント」("Jerry MaGuire",1996年)の撮影直後、胸に2つの腫瘍を見つけていたらしい。診断の結果良性と分かったものの「連絡を待つ数日間はおかしくなりそうだった」と語ったようだ。
ヘイデン・パネティエーリの父親は、妻への暴行容疑で起訴されるようだ。
ブリトニー・スピアーズは24日、新曲"Womanizer"のPV撮影に、ウェイトレスの衣装で参加したようだ。
ロバート・B・ウィード(Robert B. Weide)監督"How to Lose Friends and Alienate People"のロンドンプレミアが24日開催され、妊娠8ヶ月のジリアン・アンダーソンも出席したようだ。
8月にヘロインとコカインの不法所持で逮捕・起訴されリハビリ施設に入ったマッケンジー・フィリップスについて、妹のビジュー・フィリップスは「元気にしています。姉も今は回復していますし、私たちも嬉しく思っています」とコメントしたようだ。
グウィネス・パルトロウとクリス・マーティン(Chris Martin)との結婚生活について、パルトロウの母親ブライス・ダナーは「素晴らしいわ。彼らの世界には、何か音楽的なものがあるの。ただ一緒にいるだけじゃなくて、リズムがあるのよ」と語ったようだ。
ダニエル・ラドクリフ主演の舞台"Equus"の本公演が25日、ブロードウェイで初日を迎えたようだ。ラドクリフはUSA Todayのインタビューに「舞台が終わる頃には汗でびっしょりになるんだ。いい運動になるし、ジムに通う必要もないよ」と語ったらしい。
Warner Bros.は、アカデミー賞の選考に当たる米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)会員向けのビデオとして、Blu-ray Discも用意しているらしい。
「AKIRA」(大友克洋監督,1988年)のBlu-ray Discビデオは、2009年2月20日に発売されるらしい。
「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」("Dirty Rotten Scoundrels",1988年)が、スティーヴ・ピンク(Steve Pink)の脚本・監督でリメイクされるらしい。
  9/27
TVアニメ「マクロスF」の劇場版製作が決定したようだ。
滝田洋二郎監督「釣りキチ三平」で、土屋太鳳がヒロイン役に起用されたようだ。
韓流シネマ・フェスティバル2008で先行上映される「M」のイ・ミョンセ監督、カン・ドンウォンが来日、26日都内で記者会見を行ったようだ。
第11回平壌国際映画祭で、フォン・シャオガン監督「集結號」("Assembly",2007年)が作品賞、監督賞を受賞したようだ。
26日ミラノで開催されたAgatha Ruiz de la Pradaのファッションショーに、新作撮影中のサシャ・バロン・コーエンが乱入したらしい。ショーは一時中断、コーエンは警備員に連れ出されたとか。
デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット共演「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」("The Curious Case of Benjamin Button")の最新予告編とTVスポットが公開されたようだ。
フランク・ミラー監督、ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、エヴァ・メンデスら共演の新作"The Spirit"の最新予告編が公開されたようだ。
25日初日を迎えた舞台"Equus"について、New York Daily Newsは「ずばり言おう。ダニエル・ラドクリフ、看板俳優である彼のお陰でブロードウェイに"Equus"が駆け戻ってきたのだが、彼は素晴らしい。情熱的な演技を見せてくれた」と絶賛する劇評を掲載したようだ。
ジョージ・ミラー監督の新作"Justice League: Mortal"でバットマンを演じる予定のアーミー・ハマー(Armie Hammer)は「作品の準備のために、本物の銃を使って何時間も訓練を受けたんだ。かなり強烈だった。ワークアウトのメニューは厳しくて、みんな吐いていたよ。肉体的に見栄え良くしようとは思っていなかった。僕らは銃を撃つ準備をしようとしたんだ」と語ったようだ。
キム・ギドク監督は今年2月、交通事故で右肩と首を負傷していたらしい。オダギリジョー主演「悲夢」が上映されたサン・セバスチャン国際映画祭の会見には、ネット中継で参加したようだ。
開催中の第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)の新人監督部門で、濱口竜介監督「PASSION」が上映されたようだ。
サラ・ミシェル・ゲラーは、米HBOの新作ドラマ"The Wonderful Maladys"に出演するようだ。
10月7日に開幕する第35回ヘント国際映画祭(Ghent International Film Festival)で、トーマス・マッカーシー監督、リチャード・ジェンキンス主演"The Visitor"がオープニング・ナイト上映されるようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのアルゼンチンからのエントリー作品に、カンヌ映画祭コンペ部門にも出品されたパブロ・トラペロ(Pablo Trapero)監督"Leonera"(Lion's Den)が選ばれたようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのメキシコからのエントリー作品に、ロベルト・シュナイダー(Roberto Schneider)監督の"Arranancame la vida"(Tear Up My Life)が選ばれたようだ。
マーク・ミラー(Mark Millar)のコミックシリーズ"War Heroes"の映画化企画はSonyが獲得、現在Columbia Picturesが脚本家を探しているらしい。
DreamWorks AnimationとParamountとの配給契約は、2012年まで継続されるらしい。
J・R・R・トールキン(J.R.R. Tolkien,1892-1973)の資産を管理するTolkien Trustが、、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズによる利益に応じたロイヤリティが支払われていないとしてNew Line Cinemaに対して起こしていた裁判で、ロサンゼルス上級裁判所は原告の訴えを退ける判決を下したようだ。
9月16日付Los Angeles Timesに掲載された、映画のDigital 3-D化を非難するパトリック・ゴールドスタイン(Patrick Goldstein)によるコラムに対し、DreamWorks Animationのジェフリー・カッツンバーグ(Jeffrey Katzenberg)は「映画のカラー化によって失われたものがある、というゴールドスタインの意見は正しい。私は、それ以上に得られるものがあると信じている。屈折したノスタルジアには何の実りもない。白黒とカラーの価値を判断するのは、T型フォードとプリウスを比べるようなもの。どちらも卓越した成果なのだ」とする反論をVarietyに投稿したようだ。
銀杏BOYZが歌う「俺たちに明日はないッス」(タナダユキ監督)の主題歌「17才」が、11月19日にシングルリリースされるようだ。
堀井彩監督「窓辺のほんきーとんく」の公開記念イベントが都内で行われ、吉沢明歩、安藤彰則、辻岡正人らが出席したようだ。
テイト・ドノヴァンと結婚2年目のコリンヌ・キングスベリー(Corinne Kingsbury)との離婚手続きが完了したようだ。
ラッセル・クロウは「ニコール(・キッドマン)は僕の次男のテニソン(2歳)を見て僕に言ったんだ。『私は政略結婚の信奉者なの』って。彼女は(娘の)サンデーとテニソンとを結びつけたんだ。だからテニソンはもう婚約しているんだよ」と語ったようだ。
Phillips de Pury & Co.が来春ニューヨークで行うチャリティ・オークション"Hip-Hop Crown Jewels"に、カニエ・ウェスト、ショーン・コムズ、50セント(50 Cent)らの宝石が出品されるらしい。
今月、ロサンゼルス国際空港空港で器物損壊の容疑で逮捕されたカニエ・ウェストについて、ロサンゼルス地方検察当局は26日、不起訴とすることを明らかにしたようだ。
ジャーメイン・デュプリ(Jermaine Dupri)は、飛行機事故で重症を負ったトラヴィス・バーカー(Travis Barker)について「彼は元気にしているし、回復に向かっている。彼は、病室にiPodやパソコンやいろんなものを持ち込んで、快適に過ごしているよ。あと2週間ほどで退院できるはずだ」と語ったようだ。
25日にブロードウェイで本公演初日を迎えた、ダニエル・ラドクリフ主演の舞台"Equus"には、グレン・クローズ、リリ・テイラー、ハーレイ・ジョエル・オスメントらも訪れたようだ。
飛行機事故で重傷を負ったDJ AMことアダム・ゴールドスタイン(Adam Goldstein)が退院した模様。
第46回ニューヨーク映画祭(New York Film Festival)が26日、ローラン・カンテ(Laurent Cantet)監督"Entre les murs"(The Class)の上映で開幕したようだ。
12月9日に発売される「ダークナイト」("The Dark Knight",2008年)のBlu-ray Discのパッケージデザインが公開されたようだ。
  9/28
「東南角部屋二階の女」(池田千尋監督)上映中のユーロスペースで28日、主演の香川京子がトークショーを行ったようだ。
「鉄人28号」が南果歩の主演で舞台化されるらしい。池田成志、ダイアモンド☆ユカイ、サンプラザ中野くんらが共演、押井守が演出と脚本を担当、来年1月から上演されるようだ。
新藤兼人監督「石内尋常高等小学校 花は散れども」が27日初日を迎え、柄本明、大竹しのぶ、豊川悦司らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
瀧本智行監督「イキガミ」が27日初日を迎え、松田翔太、塚本高史、成海璃子らが舞台挨拶に立ったようだ。
黒沢清監督「トウキョウソナタ」が27日初日を迎え、香川照之、小泉今日子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
「パコと魔法の絵本」の大ヒット舞台挨拶が28日都内で行われ、中島哲也監督、アヤカ・ウィルソンが出席したようだ。
金田敬監督「春琴抄」が27日初日を迎え、斎藤工、長沢奈央らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
萩生田宏治監督「コドモのコドモ」が27日初日を迎え、甘利はるな、麻生久美子、谷村美月、奥田民生らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
メラニー・ブラウン(Melanie Brown)は、チャリティオークションとして、Spice Girls時代の衣装などを出品するらしい。
「銀の盃」("The Silver Chalice",1954年)、「追憶」("The Helen Morgan Story",1957年)、「ハスラー」("The Hustler",1961年)、「動く標的」("Harper",1966年)、「明日に向って撃て!」("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)、「スティング」("The Sting",1973年)、「スラップ・ショット」("Slap Shot",1977年)、「評決」("The Verdict",1982年)、「ハスラー2」("The Color of Money",1986年)、「未来は今」("The Hudsucker Proxy",1994年)、「ゲット・ア・チャンス!」("Where the Money Is",2000年)、「カーズ」("Cars",2006年)など数多くの作品で活躍、「ガラスの動物園」("The Glass Menagerie",1987年)などでは監督も務めた、米俳優のポール・ニューマンさんが26日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
チャン・イーモウ監督の5年間の活動を追ったドキュメンタリー映画が製作されたらしい。
広島県尾道市にある「あした」(大林宣彦監督,1995年)のロケセットで27日、尾道大林宣彦映画研究会のメンバーがペンキ塗りを行ったようだ。
倉貫健二郎監督、武田鉄矢主演の新作「降りてゆく生き方」が27日、新潟市内でクランクアップしたようだ。
"Hannah Montana: The Movie"に出演するヴァネッサ・ウィリアムズは、この夏撮影でナッシュビルに滞在した際、8歳の娘サシャと共にビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)の自宅に招待されたらしい。サシャとマイリーの弟ノアはすっかり仲良くなったとか。
ジョニー・デップがトント役を演じると報じられた「ローン・レンジャー」("The Lone Ranger",1949-1957年)の映画化で、ジョージ・クルーニーが主演、と英The Sun紙が報じたようだ。
フォン・シャオガン監督、スー・チー、ビビアン・スー、グォ・ヨウら共演の新作「非誠勿擾」が26日、上海でクランクアップしたようだ。
戦国時代を舞台にした山崎貴監督の新作で、エキストラを募集しているらしい。
Great Lakes Independent Film Festivalの外国映画部門で、「THE WINDS OF GOD -KAMIKAZE-」(今井雅之監督,2006年)が作品賞に選ばれたようだ。
「おくりびと」上映中の丸の内ピカデリー1で27日、滝田洋二郎監督とマーク・ライデルによるトークショーが行われたようだ。
韓流シネマ・フェスティバル2008が27日開幕、オープニング作品「M」のカン・ドンウォンとイ・ミョンセ監督が舞台挨拶に立ったようだ。
今年1月に発足したパラマウント ピクチャーズ ジャパンの初年度年間興収の80億円突破が確実となったようだ。
D・J・カルーソー監督、シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン共演のスリラー「イーグル・アイ」("Eagle Eye")が26日、全米3510館で封切られ、初日興収970万ドルを記録したようだ。
第56回サン・セバスチャン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)の各賞が発表され、イエスィム・ウスタオウル(Yesim Ustaoglu)監督"Pandoranin kutusu"(Pandora's Box)が作品賞に当たるGolden Shell賞を、同作のツィラ・シェルトン(Tsilla Chelton)が女優賞を獲得したようだ。
スカーレット・ヨハンソンとライアン・レイノルズが27日、カナダで結婚式を挙げた模様。
新作"Nottingham"で主人公ノッティンガム公を演じるラッセル・クロウは、ロビン・フッドも演じる、とリドリー・スコット監督は言っているらしい。
  9/29
クォン・サンウとソン・テヨンの結婚式が28日、ソウル市内で行われたようだ。
米HBOは、近未来のある都市を舞台に、移民として渡ったアメリカ人たちを描くドラマシリーズ"Americatown"を制作するようだ。
来年2月に開催されるNFLスーパーボウルのハーフタイムショーに、ブルース・スプリングスティーンの出演が決まったようだ。
全米週末興収では、D・J・カルーソー監督、シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン共演「イーグル・アイ」("Eagle Eye")が2920万ドル(3510館)でトップ、ジョージ・C・ウルフ監督リチャード・ギア、ダイアン・レイン共演の「最後の初恋」("Nights in Rodanthe")が1357万ドル(2704館)で2位となったほか、アレックス・ケンドリック(Alex Kendrick)監督"Fireproof"が651万ドル(839館)で4位、スパイク・リー監督"Miracle at St. Anna"が350万ドル(1185館)で9位のスタートとなったようだ。
「ハンサム★スーツ」(英勉監督)と「洋服の青山」のコラボCMが29日から放送されるようだ。塚地武雅と谷原章介が三浦友和と共演しているらしい。
ヒース・レジャー(Heath Ledger,1979-2008)は、娘マチルダが誕生した際に、娘とミシェル・ウィリアムズを受託者とする信託Thank You for the Trustを形成、現在概算で1660万ドルの資産となっているらしい。
Amazon.comなどが採用しているAdobe Systemsのソフトに欠陥が見つかったようだ。有料で配信されている映画などを無料でダウンロード出来てしまうらしい。
バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演の新作「オーストラリア」("Australia")の最新TVスポットが公開されたようだ。
マーカス・ニスペル監督の新作"Friday the 13th"の撮影現場からの写真が公開されたようだ。
エイミー・ワインハウスは25日夜、女性を殴ったとして、ロンドン警察の捜査を受けたらしい。
「X-ファイル:真実を求めて」("The X-Files: I Want to Believe",2008年)に主演するデヴィッド・ドゥカヴニーの来日を実現するため、20世紀フォックスはファンから千羽鶴を募集するらしい。 [☆何か少し違うような気もしますが・・・。]
第56回サン・セバスチャン国際映画祭で上映されたイヴ・モンマイユール(Yves Montmayeur)監督によるドキュメンタリー作品「Yakuza Eiga 日本映画に秘められた物語」("Yakuza eiga: Une histoire secrete du cinema japonais")が、10月8日に開幕する第6回京都映画祭で特別上映されるらしい。
「トリコン!!! リターンズ triple complex RETURNS」(佐々木浩久監督)の完成披露試写会が28日都内で行われ、進藤学、南圭介、八神蓮らが出席したようだ。
矢口史靖監督「ハッピーフライト」の完成報告会見が29日、羽田空港で行われ、田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、田中哲司、ベンガルらが出席したようだ。10月2日開幕の第13回釜山国際映画祭でワールドプレミア上映されるらしい。
映画業界就職セミナーが、11月16日に都内で開催されるようだ。
開催中のバンコク国際映画祭で28日、各賞が発表され、コロンビアのテロリストを描いたSpiros Stathoulopoulos監督の"PVC-1"が作品賞に選ばれたようだ。また、Naghi Nemati監督のイラン映画"Those Three"が次点に、Esteban Larrain監督のチリ映画"Alice in the Land"と、Francis Xavier Pasion監督のフィリピン映画"Jay"に審査員特別賞が贈られた模様。
ザック・スナイダー監督は、3本のオリジナル・ビデオゲーム開発についてElectronic Artsと契約したようだ。
Marvel Studiosによるコミックの映画化"Thor"で、ケネス・ブラナーが監督に向けて交渉中らしい。
北米を除く海外週末興収では、49地域、4562館で上映中のミュージカル映画「マンマ・ミーア!」("Mamma Mia!")が1530万ドルでトップを維持、海外総興収は3億5640万ドルに達したようだ。
オーストラリア監督組合賞(Australian Directors' Guild Awards)が27日発表され、映画部門では"The Black Balloon"で監督デビューしたエリッサ・ダウン(Elissa Down)が受賞したようだ。
ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)とスコット・ルディン(Scott Rudin)は28日、スティーヴン・ダルドリー監督、ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズの新作"The Reader"の全米公開日を12月12日とすることで双方が合意に達した、とする共同声明を発表したようだ。
レイフ・ファインズは、10月15日に開幕する第52回ロンドン映画祭(Times BFI London Film Festival)で、Daily Variety U.K.による功労賞を受賞するようだ。
第81回アカデミー賞外国語映画部門へのスロヴェニアからのエントリー作品に、Marko Nabersnik監督の"Rooster's Breakfast"が選ばれたようだ。
開催中のオランダ映画祭に合わせて開催されたNetherlands Production Platformで、チューリップ畑を舞台に子供時代の友情を描くMark de Cloe監督の新作企画"Shocking Blue"に、Kodak NPP Development Prizeと賞金5000ユーロが贈られたようだ。
先日亡くなったポール・ニューマン(Paul Newman,1925-2008)について、彼が50年以上暮らしたコネチカット州ウェストポートで金物店を営むAJ Izzoは「『元気かいAJ』『やあ、ポール』店ではいつもそんな感じさ。電球を買ったり、ヒンジを取り付けるためのねじを買ったり、普通の男たちと同じだったよ。だが、彼は得るもの以上に与える人だった。そういう人間はそう多くはない」と語ったようだ。
ヘザー・ロックリアが27日夜、サンタバーバラ郊外でハイウェイパトロールに一時を身柄拘束されたらしい。翌日に釈放された模様。
GigaPix StudiosとVanguard Entertainment Groupは、ブレット・ガースキー(Brett Gursky)とスコット・ハーブスト(Scott Herbst)の脚本によるタイムトラベル・コメディ"The Old College Try"を映画化するようだ。対人恐怖症の30代の男が大学時代に戻って・・・という話らしい。
Miramax Filmsは、スコット・ヒックス監督、クライヴ・オーウェン主演の新作"The Boys Are Back"の北米、およびスペインを除く西ヨーロッパでの配給権を獲得したようだ。29日からオーストラリアで撮影に入る模様。
スタン・リーは「バラク・オバマが大統領になったら、ウィル・スミスを『キャプテン・アメリカ』役に起用したい」と言っているらしい。
ガブリエレ・ムッチーノ監督、ウィル・スミス主演の新作"Seven Pounds"の予告編が公開されたようだ。
富士ソフトは、子供向けの教育番組や映画などを配信する、任天堂Wii向けVODサービス「みんなのシアターWii」を12月にスタートすると発表したようだ。
ビクタークリエイティブメディア株式会社は、2008年度内にBlu-ray Discソフトの量産を開始すると発表したようだ。
  9/30
三船美佳、高橋ジョージ夫妻がバンド「三船美佳&THE TRA★BRYU」を結成、デビュー曲「Birthday Party」が映画「Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーパースディ」の主題歌に起用されたようだ。
堤幸彦監督「まぼろしの邪馬台国」の完成試写会が29日都内で行われ、吉永小百合、竹中直人、宮崎香蓮、窪塚洋介、風間トオル、由紀さおり、綾小路きみまろ、柳原可奈子らが出席したようだ。
JJサニー千葉は、10月1日付で京都造形芸術大学の芸術学部映画学科教授に就任するようだ。
ダニエル・ウーは30日、34歳の誕生日を迎えたようだ。
福岡市総合図書館映像ホール・シネラで、日本とインドネシアの国交樹立50年を記念した「インドネシア映画特集」が10月8日から開催されるようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)のアラン・ローゼンバーグ(Alan Rosenberg)会長らは29日、米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)のトップらに対し、交渉に戻るよう提案する書簡を送ったものの、AMPTP側はこれを拒否したようだ。
Kevin Tancharoen監督による「フェーム」("Fame",1980年)のリメイクで、トーマス・デッカー(Thomas Dekker)が主演に向けて交渉中らしい。
チャック・ラッセル監督、マックス・シエリオット主演の新作SFアクション"Prodigy"で、ダニエル・パナベイカーの共演が決まったようだ。
ヒース・レジャー(Heath Ledger,1979-2008)が加入していた保険会社ReliaStar Life Insuranceは、保険金1000万ドルの支払いは無効だとする訴訟を起こしたようだ。
ロバート・プラント(Robert Plant)は、Led Zeppelin再結成の噂を否定したようだ。
NTTドコモはエイベックス・エンタテインメントと共同で新会社「エイベックス通信放送」を来年2月に設立、携帯電話向け動画配信事業を展開すると発表したようだ。
「トイ・ストーリー」("Toy Story",1995年)と「トイ・ストーリー2」("Toy Story 2",1999年)の3D化について、プロデューサーのジム・モリス(Jim Morris)は「何も変えない。タイミングもストーリーもペースも場面も、何一つ変えない」と語ったようだ。
米SCI FI Channelは、DVD映画"Stargate: The Ark of Truth"(2008年)と"Stargate: Continuum"(2008年)を来年春に放送するようだ。
ジョン・ウー監督「レッドクリフ」("Red Cliff",2008年)の公開を記念したフレーム切手が発売されるようだ。
「28日後...」("28 Days Later",2002年)、「28週後...」("28 Weeks Later",2007年)に続くシリーズ第3弾"28 Months Later"が企画されているらしい。
「ゾンビ・ストリッパーズ」("Zombie Strippers",2008年)の公開記念イベントが30日都内で行われ、インリン・オブ・ジョイトイが出席したようだ。
"Transformers: Revenge of the Fallen"では、少なくとも3つのアクションシーンがIMAXキャメラで撮影される模様。
European Film AcademyによるEuropean Discovery Awardで、英国のスティーヴ・マックイーン(Steve McQueen)による"Hunger"、ボスニアのAida Begic監督による"Snijeg"(Snow)、トルコのセフィティ・テオマン(Seyfi Teoman)監督による"Tatil Kitabi"(Summer Book)、カザフスタンのセルゲイ・ドヴォルツェヴォイ(Sergey Dvortsevoy)監督による"Tulpan"がノミネートされたようだ。
アカデミー賞外国語映画部門へのエントリー作品にも選ばれている、ウリ・エデル(Uli Edel)監督、モーリッツ・ブライブトロイ主演"Der Baader Meinhof Komplex"(The Baader Meinhof Complex)がドイツ国内619スクリーンで封切られたものの、週末興収360万ドルと期待を下回るスタートとなったようだ。
FUNimation Entertainmentは、「蟲師」(大友克洋監督,2007年)の北米での劇場配給権、DVD販売権などを獲得したようだ。
Sony Pictures Classicsは、コートニー・ハント(Courtney Hunt)監督"Frozen River"の審査用DVDを、アカデミー賞投票者向けに送付したようだ。
Marius Veisburg監督の新作コメディ"Gitler kaput!"(Hitler's Kaput! Super Agents 008)がロシアで大ヒットしているらしい。ユリアン・セミョーノフ(Julian Semyonov)の小説「春の十七の瞬間」をドラマ化した"Semnadtsat mgnoveniy vesny"(1973年)のパロディとか。
ポール・ニューマン(Paul Newman,1925-2008)がナレーションを務めたジェイムズ・ハニーボーン(James Honeyborne)監督のドキュメンタリー映画「ミーアキャット」("The Meerkats",2008年)が、来年1月に全国公開されるようだ。第21回東京国際映画祭でも上映されるらしい。
Paramount Picturesは、"The Avengers"、"Iron Man 2"、"Iron Man 3"などを含むMarvel Studiosの新作5作品について配給契約を結んだようだ。
スパイク・リー監督最新作"Miracle at St. Anna"のプレス試写会が29日、ローマで行われ、リー監督と原作・脚本のジェイムズ・マクブライド(James McBride)が出席したようだ。
11月6日に開幕する第45回台湾金馬影展のDirector's Masterclass部門の上映作品が発表されたようだ。クリント・イーストウッド監督"Changeling"、ヴィム・ヴェンダース監督"Palermo Shooting"、ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ監督「ロルナの沈黙」("Le Silence de Lorna")、周防正行監督「それでもボクはやってない」などが出品されるらしい。
ジョエリー・フィッシャー(Joely Fisher)、クリストファー・ダディ(Christopher Duddy)夫妻は、生後間もない女の子を新たに養子に迎えたようだ。
20日の飛行機事故で重症を負ったアダム・ゴールドスタイン(Adam Goldstein)は、29日にロサンゼルスで営まれた、同事故で無くなったクリス・ベイカー(Chris Baker)の告別式に参列したようだ。
ケヴィン・コスナー率いるカントリーロック・バンドModern Westのファーストアルバムが、11月に発売されるようだ。年末から来年にかけてはツアーも予定されているらしい。
ジャネット・ジャクソンが入院したようだ。モントリオールでのコンサート前のサウンドチェック中に突然体調を崩したらしい。
"The Oprah Winfrey Show"に出演したクリスティーナ・アップルゲイトは、乳がんの手術を受けたことについて「初めは泣かなかった。私の担当医に会って、(両乳房の切除が)自分の決断だと伝えて、外科医を紹介された時、水門が開いたようになって、感情を抑えられなくなってしまったの」と語ったようだ。
飛行機事故で重傷を負ったトラヴィス・バーカー(Travis Barker)が、29日朝に退院したようだ。バスで自宅のあるロサンゼルスに向かったらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクは、Golf Digest誌10月号の表紙を飾ったようだ。「6、7年前に初めてプレイしたんだ。ティーから最高のショットを撃ったのを思い出すよ。その時、僕にも出来るかも、って思ったんだ。ゴルフのスウィングはとてもリズミカルなんだ。テンポがあるんだよ。音楽みたいにね」とインタビューで答えたらしい。
キルスティン・ダンストは"Spider-Man 4"への出演を決めたようだ。
ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ共演の新作"Sherlock Holmes"で、レイチェル・マクアダムスの共演が決まったようだ。
「アイアンマン」("Iron Man",2008年)の削除シーンが公開されたようだ。
マーク・エイブラハム(Marc Abraham)監督の新作"Flash of Genius"で共演するグレッグ・キニアとローレン・グレアム(Lauren Graham)とのインタビュー映像が公開されたようだ。
P・J・ホーガン監督、アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー共演の新作"Confessions of a Shopaholic"の予告編が公開されたようだ。
サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演の新作"Revolutionary Road"の最新予告編が公開されたようだ。