シネマトピックス(2005年8月)
[ 2004 | 2005 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2006 | LastTopics ]
  8/1
9月放送の日本テレビ「恋のから騒ぎ〜LOVE STORIES〜ドラマスペシャルII」に出演するリュ・シウォンは、既に都内に住居を持っているらしい。
クリスタル・ケイの新曲「涙があふれても」が、ヴァルテル・サレス監督、ジェニファー・コネリー主演「ダーク・ウォーター」("Dark Water")の日本語版主題歌として使われるらしい。
「チェ・ジウ ドラマコンサート」が来月13日と14日に大阪城ホールで開催されるらしい。
経済産業省は1日、2004年の「特定サービス産業動態統計調査速報」を発表、映画館の売上高は過去最高の2274億円を記録したようだ。また、総入場者数は1975年以降3番目の1億4257万人に達した模様。
日本最古と見られるアニメーションフィルムが京都で発見されたらしい。フィルムに直接印刷する方法で作られた50コマの作品で、明治40年代に制作されたと推定されているようだ。
パク・チャンウク監督「親切なグムジャさん」のワンシーンがネット上に流出したらしい。
キム・ソンジュン監督、チェ・ジウ、チョ・ハンソン共演「連理枝」の製作発表が、4日にソウル市内で行われるようだ。日本のメディアなどから問い合わせが殺到しているとか。
NHKが共同製作するキム・ヨンナム監督の新作「わが青春に告ぐ」が、韓国映画振興委員会の支援作品に選ばれたようだ。
先月28日に韓国で封切られたパク・チャンウク監督「親切なグムジャさん」は、公開4日間の観客動員数が145万8000人に達したようだ。
ウォン・ビンの元所属事務所代表が書類送検されたらしい。「マイ・ブラザー」の出演料3億5000万ウォンを無断で転用していたようだ。
ピは、「俳優としても実力がある」と評価されたい、と語ったようだ。
フェイ・ウォンとリー・ヤーポンが先月29日に北京市内で結婚披露宴を行った、と中国で報じられた模様。
ポール・ワイツ脚本・監督、ヒュー・グラント、デニス・クエイド、マンディ・ムーア、ウィレム・デフォー共演の新作"American Dreamz"は、先月のロンドン同時多発テロ事件を受けて、脚本を書き直しているらしい。事件と酷似する部分があった模様。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに、「機動戦士ガンダム」や「鋼の錬金術師」などのアニメ作品の映像や原画などを展示する施設がオープンするようだ。
"CSI: Miami"(2002年-)に、エヴァ・ラルー・キャラハン(Eva LaRue Callahan)の出演が決まったようだ。
全米だヒット中のコメディ"Wedding Crashers"では、プロダクト・プレイスメント(product placement)にAnheuser-Buschも参加したようだ。同社の映画でのプロモーションは14年ぶりとか。アルコール産業の監視機関Marin Instituteは、未成年者の飲酒を促進すると非難しているらしい。
ポール・ワイツ脚本・監督、ヒュー・グラント、デニス・クエイド、マンディ・ムーア、ウィレム・デフォー共演の新作"American Dreamz"で、マーシア・ゲイ・ハーデンの共演が決まったようだ。
海外週末興収は、15カ国で上映中の「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")が1975万ドルで1位、「マダガスカル」("Madagascar")が1330万ドルで2位、「ファンタスティック・フォー」("Fantastic Four")が1140万ドルで3位だったようだ。また「宇宙戦争」("War of the Worlds")の海外総興収は3億1100万ドルに達したらしい。
ラスティ・ゴーマン(Rusty Gorman)脚本・監督のインディ作品"Home of the Giants"で、ハーレイ・ジョエル・オスメントの主演が決まったようだ。
全米週末興収は、公開3週目のオーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン共演のコメディ"Wedding Crashers"が2047万ドル(3030館)で1位を獲得した模様。また、マイケル・アングラーノ、カート・ラッセルら共演のアクション・コメディ"Sky High"は1459万ドル(2905館)で3位、ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックス共演のアクション大作「ステルス」("Stealth")は1350万ドル(3495館)で4位、ダイアン・レイン、ジョン・キューザック共演のロマンチック・コメディ"Must Love Dogs"は1305万ドル(2505館)で5位のスタートとなったようだ。
チャ・テヒョンのファンミーティングが31日、都内で行われたようだ。
宇都宮では、アニメ映画の1館当たりの観客動員数が、全国でもトップレベルにあるらしい。確かな理由は不明とか。
米General Electric社の取締役会は先月29日、子会社NBC UniversalによるDreamWorks SKG買収交渉の継続を承認したようだ。
菅原浩志監督「早咲きの花」の記者会見が31日、豊橋市内で行われ、主演の浅丘ルリ子らが出席したようだ。8月1日にクランクインする模様。
Green Dayの大ヒットアルバム"American Idiot"が映画化されるらしい。
ジェニファー・アニストンからのバースデー・カードや写真などをネットオークションにかけようとしていた弁護士マイケル・バローニ(Michael Baroni)は「ジェニファー側からの依頼で、eBayへの出品を自主的にキャンセルした」と発表したようだ。
矢井田瞳の特設ページがオープンしたらしい。映画「ロボッツ」("Robots")の日本版エンディング曲「マワルソラ」のPVも配信されているようだ。
ハリー・ポッターの誕生日を記念したイベントが、丸の内プラゼールなど全国5都市で開催されたようだ。「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の最新予告編やメイキング映像も公開されたらしい。
1日深夜放送のフジテレビ「NY流スペシャル ひとりだけの、もう1つのNY〜A Teardrop〜」収録のため、松下奈緒がニューヨークを訪問、New York Film Academyでレッスンを受けたらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」の原作者、福井晴敏のトークショーが31日、花やしきで行われたようだ。
キャメロン・クロウ監督「エリザベスタウン」("Elizabethtown")プロモーションのため、オーランド・ブルームが1日来日したようだ。成田空港には500人のファンが駆けつけたらしい。
エイドリアン・シェリー(Adrienne Shelly)監督の新作ロマンチック・コメディ"Waitress"で、ケリー・ラッセルの主演が決まった模様。
ジョン・ランディス監督次回作は"Show Dogs"になる模様。野良犬のジャック・ラッセル・テリアがドッグショーで勝ち進み・・・というコメディらしい。
Fox 2000 Picturesは、ミシェル・ペイヴァー(Michelle Paver)による"Chronicles of Ancient Darkness"シリーズ第1作"Wolf Brother"の映画化で、ジョン・フスコ(John Fusco)を脚本に起用したようだ。
レイモンド・ガイタ(Raimond Gaita)の回想録"Romulus, My Father"が、リチャード・ロクスバーグの初監督作品として映画化されるようだ。エリック・バナが主演に決まった模様。
スカーレット・ヨハンソンは「俳優として映画を作るけど、人の命を救うわけじゃないわ。私のやっていることは、それほど重要なことじゃない。自分の作品を誇りに思ったことはないわ。」と語ったようだ。また「ティム・バートン監督作品には絶対出てみたい」とも語ったらしい。
ニコール・キッドマンは、しばらく休暇をとると言っているらしい。
シリーズ最新刊"Harry Potter and the Half-Blood Prince"の中国語翻訳版が、既に北京などで出回っているらしい。
  8/2
「スター・ウォーズ」("Star Wars",1977年)で使用されたルーク・スカイウォーカーのライトセイバーがオークションに出品され、20万600ドルで落札されたらしい。
今月31日にさいたまスーパーアリーナで開催されるペ・ヨンジュン、ソン・イェジンの来日イベントが、札幌、大阪、福岡などの全国主要都市で生中継されるらしい。
今月から韓国と北朝鮮で同時公開されるアニメーション超大作「王妃沈清」に関連したアンケート調査によると、「王妃沈清に最も似ているスター」にムン・グニョンが選ばれたらしい。
パク・チャンウク監督「親切なグムジャさん」が2日、韓国国会議員会館で上映されるらしい。
韓国映画振興委員会の発表によると、2005年上半期の映画輸出金額は前年同期比28.6%アップの4180万9976ドルに達したようだ。
クォン・サンウと奥田恵梨華が、韓国化粧品ブランド「THE FACE SHOP」の新CMで共演するらしい。
ロ-レン・バコールは、米Time誌のインタビューで「何かを売り込むために私生活を利用するなんて許されない。一種の病気だと思う」とトム・クルーズを批判したらしい。
来月23日に開幕する第43回ニューヨーク映画祭(New York Film Festival)で、ジョージ・クルーニー監督作品"Good Night, and Good Luck."がオープニング上映されることが決まったようだ。
米Yahoo!は、CNNとABCから提供されるニュース映像を9月から無料配信すると発表したようだ。
まもなく全米公開される新作コメディ"The Dukes of Hazzard"で本格映画デビューを果たすジェシカ・シンプソンは「シリアスなドラマの役には興味はないわ」と語ったらしい。
ハル・ベリーは、ハリウッドヒルズに600万ドルの邸宅を購入したらしい。昨年10月にマリブで購入した800万ドルの家は別荘として使用する予定とか。
レネー・ゼルウィガーの広報担当者は、カントリー歌手ケニー・チェズニー(Kenny Chesney)との結婚生活の破綻の噂を一笑に付したようだ。一方、ケニー・チェズニーの広報担当者は「彼は今音楽制作に集中している」と語ったらしい。 [☆大丈夫か?]
ジェニファー・アニストンは、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの写真について「世界もショックを受けたし、私もショックだった。それを見て、何の怒りも痛みも感じなかったと言うなら、私はロボットです」と語ったらしい。
9日に行われるドキュメンタリー映画「TAIZO」(中島多圭子監督,2003年)のスペシャルイベントの模様が、So-netで無料配信されるらしい。
"Mission: Impossible III"のキャストにマギー・Q(Maggie Q)が加わったようだ。
シカゴの中学生スティーヴン・ソター(Stephen Sotor)とトレイス・ゲイナー(Trace Gaynor)が製作した、原爆をテーマにしたドキュメンタリー作品"Genie in a Bottle: Unleashed"が国連で上映され、話題となっているようだ。カナダ、英国、韓国、イタリアでも上映が企画されているものの、日本での上映についてはスポンサーが見つからないらしい。
ウォン・シニョン監督の新作ホラー「かつら」("The Wig")の試写会が1日、ソウル市内で開催され、ユ・ソンらが出席したようだ。
ブリタニー・マーフィは"Sin City 2"への出演契約にサインしたようだ。
「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara",2005年)を手がけたブレック・アイズナー監督は「是非続編をやりたいし、それは(今月30日にリリースされる)DVDの売り上げにかかっていると思う」と語ったようだ。既に脚本は進行中で「マシュー・マコノヒー、スティーヴ・ザーン、ウィリアム・H・メイシー、レイン・ウィルソンはシリーズ3作品への出演契約を済ませている」らしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第3作で、レジー・リー(Reggie Lee)がキャストに加わったようだ。
ジェニファー・アニストンはVanity Fair誌に「私は死ぬまで彼(ブラッド・ピット)を愛するわ。彼は素晴らしい男性よ」と語ったらしい。
ジェイミー・フォックスは「トム・クルーズは映画界のマイケル・ジョーダン。彼には全てがあるように見えるし、実際その通りだ。彼は一度も失敗したことがない。だからこそ皆は、彼がつまづくことを期待しているんだ。僕が誰かに水をかけられたら怒鳴り散らしていたよ」と語ったようだ。
20th Century Foxは先月29日、映画、TVドラマなどの自社コンテンツをBlu-ray Discで発売すると発表したようだ。
来日中のチェ・ジウが1日急遽大阪を訪問、来月開催される「チェ・ジウ ドラマコンサート in大阪城ホール」のPR会見を行ったようだ。
1986年に公開された、尾崎豊の活動を追ったドキュメンタリー映画「もっともっと速く!」が、2枚組みDVD「625Days」として24日に発売されるようだ。
藤井秀剛監督、忍成修吾、前田綾花共演の新作ホラー「怖来-FURAI-」が、4日からネット配信されるようだ。また、横浜市内で7日から劇場公開されるらしい。
31日に開催されるペ・ヨンジュン、ソン・イェジンらの来日イベントのチケットが1日午前10時に発売開始、1時間で完売したらしい。
先月30日に封切られた阪本順治監督「亡国のイージス」は、週末興収3億円、観客動員数22万人を記録したようだ。
韓国KBSのドラマで先週、若い母親が姑の顔にビンタを食らわすシーンが放送され、抗議が殺到しているらしい。
リュ・シウォンのセカンドシングル「ひまわりのRhapsody」が、オリコンシングルチャートで初登場5位にランクインしたようだ。
SIGGRAPH(Special Interest Group on ComputerGraphics Professional Chapter)の年次総会が1日ロサンゼルスで開催され、ジョージ・ルーカスが基調講演を行ったようだ。「スター・ウォーズ」のアニメシリーズ"Clone Wars"がシンガポールで製作に入っていること、アジアを中心に人材を集め3Dアニメーションの拠点を設立使用としていることなどを語った模様。また、実写によるTVシリーズについては「通常2000-3000万ドルはかかる制作コストを100万ドルでやろうとしている。家電店で販売されているSONYのデジタルビデオカメラで撮影するつもりだ」と語ったらしい。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、ニコール・キッドマン主演によるSFスリラー"Invasion"は、「盗まれた街」("Invasion of the Body Snatchers")の再映画化ではなく、オリジナルストーリーになるらしい。9月下旬からボルチモアで撮影に入る模様。
「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編"Underworld: Evolution"で再び監督を務めるレン・ワイズマンは「僕はスタジオで『前作と全く違う作品になるのなら、Underworld 2を是非やりたい』と言った。第1作の繰り返しには全く興味がなかった」と語ったようだ。
イアン・ソフトリー監督の新作ホラー・スリラー"Skeleton Key"では、ピーター・サースガードとケイト・ハドソンが演じる主人公のロマンスも描かれていたものの、全てカットされてしまったらしい。
米ABCの人気シリーズ「エイリアス」("Alias",2001年-)第5シーズンに、エロディ・ブシェーズの出演が決まったらしい。
リンゼイ・ローハンは「ハービー 機械じかけのキューピッド」("Herbie: Fully Loaded")のロンドン・プレミアを急遽欠席した模様。両親の離婚手続きが始まったため、母親を気遣ってニューヨークに戻ったらしい。
ジェニファー・ロペスのブティックがシカゴでオープンするようだ。
「トランザム7000」("Smokey and the Bandit",1977年)とその続編「トランザム7000 VS 激突パトカー軍団」("Smokey and the Bandit II",1980年)や、「メル・ブルックス 珍説世界史PARTI」("History of the World Part I",1981年)などの作品で活躍した、コメディアンで脚本家のパット・マコーミック(Pat McCormick)さんが先月29日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「トップガン」("Top Gun",1986年)のデジタル・リマスター版DVDが10月21日に発売されるらしい。塚本高史が日本語吹き替え版でトムクルーズの声を担当するらしい。
  8/3
パク・ヨンハの単独インタビュー記事が、7日付けの日刊スポーツに掲載されるらしい。
山田悠介のホラー小説「親指さがし」が、熊澤尚人監督、三宅健主演で映画化されるらしい。
長澤雅彦監督「夜のピクニック」の公開ロケが2日、茨城県立水戸第一高校で行われ、石田卓也、多部未華子らと共に1000人のエキストラが参加したらしい。
君塚良一監督「容疑者 室井慎次」の完成会見が2日都内で行われ、柳葉敏郎、筧利夫、佐野史郎、哀川翔、田中麗奈らが出席したようだ。
ペ・ヨンジュンは、日本でのエージェンシーで、写真集「像 THE IMAGE VOL.ONE」の出版なども手がけたインタラクティブメディアミックス(IMX)社に対し2億5000万円を出資、発行済み株式の約6.6%を保有する大株主となった模様。
「リビング・オン・TOKYO・タイム」("Living on Tokyo Time",1987年)、「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」("Days of Waiting",1990年)などの作品を手がけるスティーヴン・オカザキ(Steven Okazaki)監督は、広島、長崎の被爆者を追うTVドキュメンタリー番組制作のため、4日に来日する模様。2007年春に米CATVで放送予定とか。
アンディ・ラウは2日、ニューアルバム「再説一次我愛[イ尓]」の発売記者会見を台北で行ったようだ。
韓国ドラマ「ラブストーリー・イン・ハーバード」プロモーションのため、キム・レウォンとキム・テヒが4日、台湾を訪問するようだ。
キム・ソンジュン監督、チェ・ジウ、チョ・ハンソン共演「連理枝」が3日クランクインするようだ。チェ・ソングク、ソ・ヨンヒらも共演するらしい。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy",2003年)の特別上映が2日、テキサス州オースチンの劇場で行われたらしい。
22日スタートの韓国KBS第2テレビ「ウェディング」で、リュ・シウォンとチャン・ナラが共演するようだ。
8月31日に開幕する第62回ヴェネチア国際映画祭で、チェン・カイコー監督、真田広之、セシリア・チャン、チャン・ドンゴン共演「THE PROMISE-無極-」が上映されるようだ。
マーロン・ブランドが1970年代に執筆した海賊小説が来月、米国で出版されるらしい。
ベン・スティラー、クリスティン・テイラー夫妻に先月、第2子となる男の子が誕生したようだ。
イアン・ソフトリー監督の新作スリラー"The Skeleton Key"のワールドプレミアが2日ロサンゼルスで開催され、主演のケイト・ハドソンらが出席したようだ。
米TNTのTV映画"The Ron Clark Story"で、マシュー・ペリーの主演が決まったようだ。実在のニューヨークの教師を描く作品らしい。
アシュリー・シンプソン、ジェシカ・シンプソン姉妹の父親でマネージャーのジョー・シンプソンは、でたらめな記事を載せる雑誌や新聞に対する訴訟を起こすため「街で一番の弁護士を雇った」らしい。
クリスティーナ・リッチは、新作映画"Penelope"で、生まれつきブタのような鼻の女性を演じるらしい。「私のエージェントは、私が怒ると思って脚本を送るのをためらっていたのよ」と語ったとか。
クイズ番組"Who Wants to Be a Millionaire"(1999-2002年)の司会などで知られるレジス・フィルビン(Regis Philbin)は、"Shrek 3"で声優を務めるらしい。ラリー・キングも再び出演するようだ。
ロサンゼルスで開催中のSIGGRAPH 2005に出展したWalt Disney Feature Animationのブースの写真が公開されたようだ。
チョン・ジョンミョンは、新作映画「台風太陽」プロモーションのため来月来日する模様。
クリント・イーストウッド監督"Flags of Our Fathers"の撮影が、まもなくアイスランドで行われる模様。撮影に使用される戦車などの輸送準備が進められているようだ。
新作"Green Street Hooligans"に主演するイライジャ・ウッドは「(『ロード・オブ・ザ・リング』の)イメージの払拭といったことは考えないようにしている。僕はただ面白い作品に出たいだけなんだ。この脚本を読んで出演したいと思った。ストーリーと主人公の旅がとても気に入ったんだ」と語ったようだ。
ジェニファー・ガーナーとベン・アフレックは、"Daredevil 2"での夫婦共演を熱望しているらしい。
ニコール・リッチーが出演するジョシュ・ストールバーグ(Josh Stolberg)監督のインディ作品"Kids in America"と、パリス・ヒルトンが出演するウィリアム・ハインズ(William Heins)監督のコメディ"National Lampoon's Pledge This!"は、どちらも11月4日に米国で公開されるようだ。
オーランド・ブルームは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのためニュージーランドに滞在していた際、マオリ族の首飾りに魅了され、それ以来コレクションしているらしい。
尾崎豊のドキュメンタリー映画「625DAYS」とPV集「6 Pieces Of Story」のDVD発売を記念したスペシャル試写会が、16日に都内で行われるようだ。
007シリーズ最新作"Casino Royale"では、ボンド・カーとしてFiat Pandaが使われるらしい。ただし「完全武装の小さな要塞」に改造されるとか。
ディズニーアニメ「ターザン2」のDVD発売記念イベントが2日都内で行われ、菊川怜、パパイヤ鈴木らが出席したようだ。
米Walt Disneyは、フランク・レイエス(Franc. Reyes)とニール・ガンペル(Neal Gumpel)による脚本"Tiny Dancer"を獲得したようだ。メキシコ系アメリカ人のバレエダンサー、ロベルト・シスネロス(Roberto Cisneros)の実話に基づく作品らしい。
Warner Bros. Picturesは、未来を舞台にした新作ファンタジー"Falling Awake"(仮題)で、ボブ・セーデルストレーム(Bob Soderstrom)を脚本に起用したようだ。
ジム・シェリダン監督、50セント、ジョイ・ブライアント共演の新作"Get Rich or Die Tryin'"で、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)が音楽を担当するようだ。クインシー・ジョーンズが映画音楽を担当するのは「カラーパープル」("The Color Purple",1985年)以来とか。
Walt Disney Picturesは、脚本家シェルドン・ターナー(Sheldon Turner)によるオリジナル・アクションコメディ企画"Blowback"を獲得したようだ。ザ・ロックとライアン・レイノルズの共演で映画化されるらしい。
来年米Spike TVで放送される、GDH、フジテレビジョン共同製作のアニメシリーズ"Afro Samurai"で声優を務めることが決まっているサミュエル・L・ジャクソンは、同作の実写映画化で主演とプロデュースを務めるらしい。
1960年の英国コメディ"School for Scoundrels or How to Win Without Actually Cheating!"を、Dimension Filmsがリメイクするらしい。トッド・フィリップスが監督を務め、ビリー・ボブ・ソーントンとジョン・ヘダー(Jon Heder)が共演する模様。10月からニューヨークとロサンゼルスで撮影に入るようだ。
アンドリュー・ラウ監督のハリウッド進出第1弾となる、リチャード・ギア主演の新作スリラーは"The Flock"というタイトルで、ギアは行方不明の少女を探す連邦捜査官を演じるらしい。来年秋公開予定とか。
「ハイランダー」シリーズ最新作"Highlander: The Source"の撮影は、10月からリトアニアで行われるようだ。
ジョニー・デップは、「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")プロモーションで英国に滞在中、スティッキー・トフィ・プディング(Sticky Toffee Pudding)を食べて「中毒になってしまった」らしい。
  8/4
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演「奥さまは魔女」("Bewitched")の日本語吹き替え版で、北浜晴子と中村正が主人公の両親の声を担当するらしい。
今月31日にペ・ヨンジュン、ソン・イェジンらが出席して行われる「四月の雪」公開記念イベントは、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡の全国5都市のライブハウス「Zepp」で生中継されることが決まったようだ。6日にチケットが発売されるらしい。
SABU監督、手越祐也主演の新作「疾走」が、来月18日に開幕する第1回ニュー・モントリオール国際映画祭のコンペ部門の招待作品に選ばれたようだ。
キャメロン・クロウ監督「エリザベスタウン」("Elizabethtown")の会見が3日都内で行われ、オーランド・ブルームらが出席したようだ。
杉井ギサブロー監督「あらしのよるに」の製作発表が3日都内で行われ、中村獅童、成宮寛貴、竹内力、板東英二らが出席したようだ。
中国政府は2日、ドラマやアニメ、ゲームなどの新たな輸入管理規則を発表したようだ。
パク・シニャンの写真&エッセー集が日本と韓国で10月に発売されるようだ。自らの歌声を収録したCDが特典として付くらしい。
イム・チャンジョン、ソ・ヨンヒら共演による新作「私の生涯で最も美しい一週間」からの画像が公開されたようだ。
イ・ユンギ監督、ペ・ジョンオク、パク・チニ主演「ラブトーク」のロサンゼルスでのロケに、パク・ジンヒが加わったようだ。
カン・ウソク監督の次回作は、アン・ソンギ、ムン・ソングンらの共演による「韓半島」になるようだ。
韓国で公開中のパク・チャンウク監督「親切なグムジャさん」は、7日間の観客動員数が210万人に達したらしい。
キム・ソンジュン監督「連理枝」の製作発表が4日ソウル市内で行われ、チェ・ジウ、チョ・ハンソンらが出席したようだ。
ダニエル・ウーは、同じ事務所に所属する3人と共に音楽ユニット「alive」を結成したらしい。
来月12日に開園する香港ディズニーランドのオープニングセレモニーに、ジュリー・アンドリュース、ジョニー・デップ、ジョン・トラヴォルタらが出席するらしい。
韓国KBSは、北朝鮮と共同制作するドラマ「死六臣」の撮影を先月26日から平壌でスタートさせたようだ。
モントリオール世界映画祭(Montreal World Film Festival)は、カナダの凶悪女性連続殺人犯カーラ・ホモルカ(Karla Homolka)を描いた新作"Karla"のプレミア上映を中止すると発表したようだ。スポンサーなどから抗議を受けたらしい。
ラッセ・ハルストレム監督、リチャード・ギア、アルフレッド・モリーナ、マーシア・ゲイ・ハーデン共演の新作"Hoax"で、ジュリー・デルピーとホープ・デイヴィスの共演が決まったらしい。
18日から全米公開される、第二次大戦下のフィリピンを舞台にした、ジョン・ダール監督、ベンジャミン・ブラット主演の戦争映画"The Great Raid"は、R指定を受けたらしい。
劇場での成績は今ひとつだったリー・タマホリ監督、アイス・キューブ主演によるシリーズ第2作"XXX: State of the Union"(2005年)のDVDが米国でリリースされ、1週間の売り上げがセル、レンタル共にトップとなったらしい。
Walt Disney傘下のスポーツ専門チャンネルESPN2は、新しい30分番組"ESPN Hollywood"を今月15日にスタートさせるようだ。シャキール・オニール、セリーナ・ウィリアムズ、ヴィーナス・ウィリアムズ姉妹らのスポーツ以外での活躍など、スポーツとエンタテインメントの接点にスポットを当てる番組らしい。
「紅の豚」(1992年)のポルコ・ロッソをイメージモデルにしたファッションブランド「仕立屋スタジオジブリ」の2005年秋冬コレクションが発表されたようだ。
グレッグ・グランバーグが、「エイリアス」("Alias",2001年-)を降板するらしい。
米CBSの"CSI: New York"新シーズンでは、最初の2話でメインキャストの内の1人が消えるようだ。
米ABCの人気シリーズ「エイリアス」("Alias",2001年-)第5シーズンの制作がスタートしたようだ。
ルーシー・リュー主演による新作ホラー"Rise"がクランクアップした模様。脚本・監督のセバスチャン・グティエレス(Sebastian Gutierrez)は「ストーリーはシンプルだが、語り口は単純じゃない。上手くいけば、悪夢のようで冷酷な作品になる」と語ったようだ。
野生生物保護活動家ティモシー・トレッドウェル(Timothy Treadwell)の活動を追った、ヴェルナー・ヘルツォーク監督のドキュメンタリー映画"Grizzly Man"からの映像が公開されたようだ。
オーウェン・ウィルソンは、「ズーランダー」("Zoolander",2000年)の続編について「話し合っているところ」と語ったらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の総興収は、北米で2億1830万ドル、北米を除く海外で3億1070万ドルに達したようだ。
「ポセイドン・アドベンチャー」("The Poseidon Adventure",1972年)のウォルフガング・ペーターゼン監督によるリメイクに出演するBlack Eyed Peasのファーギー(Fergie)は、映画の公開と同時にソロアルバムも発売するらしい。
リアリティ番組"Newlyweds: Nick & Jessica"(2003年-)に出演するジェシカ・シンプソンは「契約は1シーズンだけにすべき。私たちはがんじがらめにされてしまった。6話だけのつもりだったのに、結局2年にもなってしまった」と語ったらしい。
ヒラリー・ダフの化粧品ブランド"Stuff by Hilary Duff"が、動物保護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)の認定商品に指定されたようだ。化粧品メーカーは、動物実験を行わないという契約を結んでいるらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは2日、自ら操縦する自家用飛行機にブラッド・ピットを招待したようだ。
サンドラ・ブロックの妹で、Fortis Filmsの副社長と弁護士も務めるジェシン・ブロック=プラド(Gesine Bullock-Prado)は、ヴァーモント州モントピーリアーにあるクッキー店Gesineをリニューアルオープン、サンドラも手伝いに駆けつけ、午前中にはほとんどの商品が売切れてしまったらしい。
アニメーション映画「マリといた夏」プロモーションのため、イ・ソンガン監督が3日都内で記者会見を行ったようだ。
北村龍平監督、岩井俊二脚本、成宮寛貴主演による音楽映画「Bandage」が製作されるらしい。ロックバンドのボーカルを演じる成宮寛貴は、CDデビューも予定されているようだ。
クリント・イーストウッド監督の新作"Flags of Our Fathers"に、ニール・マクドノウの出演が決まったようだ。
Screen Gemsは、エリック・チャンプネラ(Eric Champnella)の脚本による学園コメディ"The Undergraduate"を映画化するようだ。チャンプネラ自身が監督を務めるらしい。
Paramount Picturesは、A・J・ジェイコブス(A.J. Jacobs)の著書"The Year of Living Biblically: One Man's Humble Quest to Obey the Bible As Literally As Possible"の映画化権を獲得したようだ。
ブラジルのベート・ブラント(Beto Brant)監督によるスリラー映画"O Invasor"(2002年)がハリウッドでリメイクされるらしい。20th Century Foxは、監督にフランク・E・フラワーズ(Frank E. Flowers)を起用したようだ。
Warner Bros. Picturesは、ダニエル・オートゥイユ主演のコメディ"Apres Vous..."(2003年)を、ビリー・クリスタルの主演でリメイクするらしい。
Sony Pictures Entertainmentは、架空の映画評論家によるコメントを広告に使用したとして起こされていた集団訴訟について、原告側に150万ドルを支払うことで和解した模様。 [☆2004年に和解が成立していたと思っていましたが・・・]
マイケル・ターナー(Michael Turner)のカルト小説"The Pornographer's Poem"が映画化されるらしい。ジャスティン・チャットウィンが主演に向けて交渉中のようだ。
9月29日放送の「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)新シーズン第1話は、生放送になるらしい。アレック・ボールドウィン、エリック・ストルツがゲスト出演するようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督による「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化について、ケイト・ベッキンセイルも主演を希望しているらしい。
ヒュー・ジャックマン、デボラ=リー・ファーネス(Deborra-Lee Furness)夫妻は先月、生まれて間もない女の子を養子に迎えたようだ。
"Mission: Impossible III"の撮影現場からの画像が公開されたようだ。
  8/5
文化庁は、過去に国内の短編映画祭で入賞するなどした映像作家を対象に、新作短編作品の製作費として500万円程度の補助金を支給する制度を、来年度からスタートさせるようだ。
米国の2005年上期のDVDソフト出荷枚数は、前年同期比19%増の7億7200万枚にとどまったようだ。
米メディア大手Viacomは、2005年4-6月期の決算を発表、純利益は前年同期比横ばいの7億5300万ドルとなったようだ。映画部門などは2けたの増収となった一方、CBSなどのテレビ部門が減収減益になった模様。
20日から都内劇場で公開される映画「立つどうぶつ物語」で、レッサーパンダの風太が"主演"を務めているらしい。総製作費は200万円とか。大塚愛の「ネコに風船」がテーマソングに決まったようだ。
WOWOW「ドラマW」シリーズ次回作は、戸梶圭太原作、下山天監督、岸谷五朗主演による「アウトリミット」に決まったようだ。10月10日放送で、劇場公開も検討されているらしい。
DreamWorksのCGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")の試写会が4日都内で行われ、玉木宏、アンタッチャブル、おぎやはぎ、柳沢慎吾、岡田義徳らが出席したようだ。
現在撮影中のシン・ウンギョン、キム・ユンジン共演の新作「6月の日記」で、ムン・ジョンヒョクが新米刑事役を務めているらしい。
韓国ドラマ「悲しき恋歌」に主演したヨン・ジョンフンが6日に来日する模様。
新作「コンテナの男」で、パク・シニャンが主演を務めるらしい。17日に釜山で撮影が始まる模様。
俳優イ・フンと武術監督チョン・ドゥホンが設立した総合スポーツセンターが4日、ソウル市内にオープンしたようだ。ソル・ギョング、アン・ジェウク、キム・ミンジョン、エリック、キム・ミンソン、ユジンらがオープニング式典に出席したらしい。新作「太王四神記」のため、ペ・ヨンジュンもトレーニング中とか。
パク・グァンヒョン監督「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」が4日韓国で公開され、初日観客動員数は20万6000人を記録したようだ。
1988年に韓国で起きた事件に基づく、イ・ソンジェの新作「ホリデー」の撮影が、8日からソウル市内でスタートするようだ。
CM撮影中に落馬し肋骨6本を骨折していたリン・チーリンが、まもなく退院する模様。
京都スカラ座、京都宝塚劇場、京極東宝劇場の3館が、来年以降順次閉館することが決まったようだ。
米テレビ芸術科学アカデミー(Academy of Television Arts and Sciences)は、来月米国で放送されるプライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)授賞式について、一部部門の授賞式を前倒しして行い、当日には録画したスピーチを放送することを、再び検討しているらしい。
新作スリラー"Red Eye"のプレミアが4日ロサンゼルスで行われ、レイチェル・マクアダムスらが出席したようだ。
アーミー・アーチャード(Army Archerd)が、52年間にわたって執筆を続けてきた米Variety誌のコラムが、9月1日で終了するようだ。
ジャック・ケルアック(Jack Kerouac)の小説"On the Road"の映画化権を持つ、フランシス・フォード・コッポラの製作会社American Zoetropeは、ヴァルテル・サレスを監督に選んだようだ。
ピーター・ジャクソン監督は、オリジナル版「キング・コング」("King Kong",1933年)のDVDに収録されるドキュメンタリー"RKO Production 601: The Making of Kong, the Eighth Wonder of the World"の製作を進めているらしい。DVDは11月22日に米国でリリースされるようだ。
映画館内でビデオカメラを使用し「奥さまは魔女」("Bewitched")などを無断で録画したとして、米ミズーリ州在住の19歳の男性が逮捕・起訴されたようだ。
IRAメンバーを主人公に描く、ダミアン・チャパ(Damian Chapa)監督・主演の新作"I.R.A.: King of Nothing"の撮影が、まもなくエメラルド島で始まるようだ。
全米週末公開作品では、ジョニー・ノックスヴィル、バート・レイノルズ、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェシカ・シンプソン、ウィリー・ネルソンらの共演によるコメディ"The Dukes of Hazzard"が、3000万ドル以上の興収でNo.1になると予想されているようだ。
アンジェリーナ・ジョリーの息子マドックスちゃんは、ブラッド・ピットのことを「パパ」と呼んでいるらしい。カリフォルニアのランカスターで、Edwinの日本向けCM撮影が行われた際、マドックスちゃんが「パパはどこ」と泣いていたとか。
米Teen People誌は、読者投票に基づくPower Listを発表したようだ。
1.アシュトン・カッチャー
2.リンゼイ・ローハン
3.オーランド・ブルーム
4.ヒラリー・ダフ
5.リース・ウィザースプーン
6.ナタリー・ポートマン
7.ジェイク・ギレンホール
8.ジェシカ・アルバ
9.スカーレット・ヨハンソン
10.ニック・キャノン
クリント・イーストウッド監督の新作"Flags of Our Fathers"で、ジェイミー・ベルの出演が決まったらしい。
ロバート・ゼメキス監督の新作"Beowulf"で、クリスピン・グローヴァーが出演交渉中らしい。
ルイ・レテリエ、コーリー・ユン監督、ジェイソン・ステイサム主演によるシリーズ第2弾「トランスポーター2」("Transporter 2")に、Audi A8 6.0 quattroが登場するようだ。
Midway Gamesは4日、Warner Bros. Interactive Entertainmentとの提携を発表したようだ。新作CGアニメ"The Ant Bully"のゲーム化を手掛けるらしい。
イライジャ・ウッドは、自らのレコード・レーベルを年内にも立ち上げる計画らしい。ただし、自分で歌うつもりはないようだ。
米Ford社は、エミネムの新曲"Ass Like That"のMVに新型セダンFord Fusionを登場させる予定だったものの、歌詞の内容に問題があるとして、提携を打ち切った模様。エミネム側は、Fordとは何の取引もない、と言っているらしい。
イ・ジョンヒョンが、25日に千葉マリンスタジアムで行われるプロ野球ロッテ対ソフトバンクで始球式を務めるらしい。
来月7日発売のDVD「ドキュメンタリー 四月の雪 ペ・ヨンジュンに魅せられて」の初回出荷枚数は25万枚になるらしい。
高畑勲監督のアニメ映画でも知られる野坂昭如の小説「火垂るの墓」が、松嶋菜々子の主演でドラマ化されるらしい。
「ゴジラ FINAL WARS」(北村龍平監督,2004年)のDVD発売を記念した、宝田明と富山省吾のトーク&サイン会が、7日にHMV渋谷で開催されるらしい。
Warner Bros. Picturesは、エリック・シンガー(Eric Singer)の脚本"The Terminus"を獲得したようだ。従軍記者を主人公にした政治スリラーらしい。
Nickelodeon Moviesは、デイル・ペック(Dale Peck)の新作ファンタジー小説"Drift House"の映画化権を獲得したようだ。3部作の第1作となる作品で、カナダで叔父と暮らす少女と2人の弟が、未来を予言するかのような壁画を家の中に発見し・・・という話らしい。
Paramount Picturesは、リチャード・ドヴィディオ(Richard D'Ovidio)の企画"The Forger"を獲得、ロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)のプロデュースで映画化するようだ。疎遠だった息子が余命少ないと知ったある泥棒が刑務所を脱獄し・・・という話らしい。
チャン・イーモウ監督の次回作"Autumn Remembrance"で、チョウ・ユンファとコン・リーが共演するらしい。
Warner Brothersは、来年出版予定のマシュー・スケルトン(Matthew Skelton)のファンタジー小説"Endymion Spring"の映画化権を獲得したようだ。現代のオックスフォードと1450年代のドイツを舞台にした作品らしい。
「ヒッチャー」("The Hitcher",1986年)のデイヴ・メイヤーズ(Dave Meyers)監督によるリメイクで、サム・ロックウェルが出演交渉中らしい。
米CBSは、エイリアンの脅威に対する政府の対応を描くSFドラマ"Threshold"を、来月16日に放送するようだ。
ヴィン・ディーゼル次回作は"The Retriever"になる模様。発電所の事故をきっかけに全面核戦争の危機に陥った世界を、一人で救う男の話らしい。
フランク・ダラボン監督による、スティーヴン・キングの小説「霧」("The Mist")の映画化は、年内にも撮影に入る模様。
  8/6
布川敏和の初監督作品「バッシュメント」の製作発表会見が5日都内で行われ、土屋アンナ、要潤らが出席したようだ。
韓国MBCが行った調査によると、日本で最も人気のある韓流芸能人はチェ・ジウだったようだ。以下、ペ・ヨンジュン、ユン・ソナ、BoA、イ・ビョンホン、ウォン・ビンつ続いたらしい。
「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ビョンフン監督は、百済時代を舞台にした全54話の歴史ドラマ「薯童謡」を手がけるようだ。チョ・ヒョンジェ、イ・ボヨンらが共演する模様。
キム・ジョンウンが主演する韓国SBSのドラマ「ルル姫」の3日放送の回に対し、「キャディのイメージを傷つけた」とする抗議が殺到しているらしい。SBSは10日放送の回で謝罪放送を流す模様。
香港ディズニーランドのオープニングセレモニーには、木村拓哉やピも出演予定とか。
フジテレビで放送中の韓国ドラマ「悲しき恋歌」プロモーションのため、キム・ヒソンが10日に来日するようだ。
エディ・マーフィの妻ニコール・ミッチェル・マーフィ(Nicole Mitchell Murphy)が離婚訴訟を起こした模様。
ホリー・ハンターは双子を妊娠したらしい。
Los Angeles Timesは、マリリン・モンローが死ぬ数日前にセラピストのために録音したテープの内容を当時の担当検事から入手、命日の5日、その一部を掲載したようだ。
「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")は自分の執筆した2冊の小説からの盗作だとして、作家のルイス・パーデュ(Lewis Perdue)が、ダン・ブラウン(Dan Brown)と出版社Random Houseに対し1億5000万ドルの損害賠償と映画化の差し止めなどを訴えていた訴訟で、ニューヨークの裁判所は5日、原告側の訴えを退ける判決を下したようだ。
「皇帝ペンギン」("La Marche de l'empereur",2005年)の北米興収は3日までに1840万ドルに達した模様。5日から1867館での拡大公開がスタート、ドキュメンタリー映画として歴代2位となる「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)の2160万ドルの記録を更新することが、ほぼ確実となったようだ。 [☆ちなみに歴代1位は「華氏911」("Fahrenheit 9/11",2004年)の1億1900万ドル。これは無理か。]
英Uncut誌は、ポール・マッカートニー、ノエル・ギャラガー、ロバート・ダウニーJr.、キース・リチャーズ、ルー・リード、エドワード・ノートン、ブライアン・ウィルソンらの投票による「世界を変えた音楽、映画、TV番組、本 ベスト100」を発表、1位にはボブ・ディランの"Like a Rolling Stone"が選ばれたようだ。映画ではスタンリー・キューブリック監督「時計じかけのオレンジ」("A Clockwork Orange",1971年)が5位、TV番組では「プリズナーNo.6」("The Prisoner",1967-1968年)が10位、本ではジャック・ケルアック(Jack Kerouac)の小説「路上」("On the Road")が19位で、それぞれ最高位だったらしい。
日中合作映画「オルドスの泉」の撮影が6日、富山県小矢部市でスタート、宮下裕治らが参加したようだ。宇津井健、小林稔侍らも共演、今月中旬からは中国ロケに入る模様。
Lucasfilmのスティーヴ・サンスウィート(Steve Sansweet)は、11月1日発売の「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のDVDに収録される削除シーンの一部を明らかにしたようだ。ベイル・オガーナのオフィスでパドメ・アミダラら5人の元老院議員が話し合っているシーンらしい。
クリストファー・パオリーニ(Christopher Paolini)のファンタジー小説"Eragon"の映画化で、ロバート・カーライルの出演が決まったようだ。ジョン・マルコヴィッチ、ジェレミー・アイアンズ、ジャイモン・ハンスゥらと共に、ハンガリーでの撮影に参加する模様。
キャメロン・クロウ監督「エリザベスタウン」("Elizabethtown")に主演したオーランド・ブルームは「何よりもまず、剣も馬も鎧もない映画に出演できたことが素晴らしかった。現代劇が是非やってみたかったんだ」と語ったようだ。
新作"Wedding Crashers"プロモーションのためオーストラリアを訪れていたオーウェン・ウィルソンは、シドニーにあるスイミング・クラブBondi Icebergsで行われたリレーに急遽参加したらしい。
ビル・コンドン監督「愛についてのキンゼイ・レポート」("Kinsey",2004年)の試写会が5日都内で行われ、及川奈央が参加したようだ。
  8/7
公開中のCGアニメ映画「ロボッツ」("Robots")の舞台挨拶が6日都内劇場で行われ、日本語f着替え版で声優を務めた草なぎ剛、矢田亜希子、西田敏行、山寺宏一らが参加したようだ。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の石碑の除幕式が6日、浅草神社で行われ、原作の秋本治らが出席したようだ。
Buena Vista Social Clubに参加した一人で、歌手のイブライム・フェレール(Ibrahim Ferrer)さんが6日日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジョー・カーナハン監督の次回作は、アクションコメディ"Smokin' Aces"になる模様。10月中旬に製作に入るようだ。
リース・ウィザースプーン、マーク・ラファロ主演の新作ロマンチック・コメディ"Just Like Heaven"の最新予告編が公開されたようだ。
5日全米公開がスタートした、ジョニー・ノックスヴィル、バート・レイノルズ、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェシカ・シンプソンらの共演の新作コメディ"The Dukes of Hazzard"は、初日興収1250万ドルを記録した模様。一方、1897館での拡大公開が始まった「皇帝ペンギン」("La Marche de l'empereur",2005年)の総興収は5日までに2122万ドルに達したようだ。
リンゼイ・ローハンの両親の離婚訴訟で、リンゼイも裁判で証言を行う模様。
ジェニファー・アニストンは、キャメロン・シェイン(Cameron Shayne)がヨガとマーシャル・アーツと瞑想を組み合わせて編み出した新しいトレーニング法"Budokon"(武道魂?)の指導を受けているらしい。メグ・ライアン、クリスティン・デイヴィス、レネ・ルッソらもトレーニングを積んでいるとか。
阪本順治監督「亡国のイージス」の公開を記念した、福井晴敏のサイン会が6日都内の書店で行われたようだ。
「劇場版 金色のガッシュベル!! メカバルカンの来襲」が6日初日を迎え、主題歌を歌う上戸彩らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
三池崇史監督「妖怪大戦争」が6日初日を迎え、神木隆之介、栗山千明、豊川悦司らが舞台挨拶に立ったようだ。
  8/8
韓国で来月スタートの新作ドラマ「太王四神記」では、ぺ・ヨンジュンが3役を務めるらしい。
来日中のヨン・ジョンフンが7日、都内で記者会見を行ったようだ。ジン・ヒョンテ監督、北村一輝共演の新作映画「Sweet Dreams」は今月中に高知でクランクイン、撮影終了後の11月に兵役に就くらしい。
イ・ミョンセ監督、ハ・ジウォン、カン・ドンウォン共演「刑事 Duelist」のポスターが公開されたようだ。
韓国映画サイトmaxmovie.comで、8種類の「親切なグムジャさん」未公開ポスターが公開されたらしい。
韓国で4日封切られたパク・グァンヒョン監督「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」は、週末観客動員数43万2793人を記録、累計で68万7579人に達したようだ。
ジェイ・チョウ、ジョリン・ツァイ、エディソン・チャンの3人が共演するPepsiの新CMが、12日から中国で放送されるらしい。
米Entertainment Weekly誌は、ダコタ・ファニングを「ハリウッド最強の女優」とする記事を掲載したらしい。過去4年間の出演映画の興行収入は6億4700万ドルで、ジュリア・ロバーツ(5億8600万ドル)、ニコール・キッドマン(4億9700万ドル)、サンドラ・ブロック(2億9500万ドル)をも凌ぐとか。
"ABC WorldNews Tonight"(1965年-)で長年ニュースキャスターを務めていた、ピーター・ジェニングス(Peter Jennings)さんが7日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
北米を除く海外週末興収では、23の地域で公開中の「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")が1440万ドルを記録しトップとなったようだ。海外総興収は6720万ドルに達した模様。
全米週末興収は、ジョニー・ノックスヴィルら出演のコメディ"The Dukes of Hazzard"が3050万ドル(3785館)で初登場1位を獲得したようだ。また、一方、「皇帝ペンギン」("La Marche de l'empereur",2005年)は総興収2640万ドルに達し、ドキュメンタリー映画として歴代2位だった「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)の2160万ドルの記録を更新したようだ。
チュ・チャンミン監督、ソル・ギョング、ソン・ユナ共演の新作「愛を逃す」のポスター撮影が6日、ソウル市内で行われたようだ。
OutKastのアンドレ3000(Andre 3000)とビッグ・ボーイ(Big Boi)が共演するミュージカル映画"My Life in Idlewild"は、来年1月にも全米公開される模様。
ストゥーラ・ガンナーソン(Sturla Gunnarsson)監督、ジェラルド・バトラー、ステラン・スカルスガルド、サラ・ポーリー共演の新作"Beowulf & Grendel"が、来月開催されるトロント国際映画祭でワールドプレミア上映されるようだ。
DreamWorksのCGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")の冒頭8分間の映像が、8日からBIGLOBEで配信されているらしい。
ニコール・リッチーと、婚約者のアダム・ゴールドスタイン(Adam Goldstein)は、Bongoのジーンズの広告で"共演"しているらしい。
ジュード・ロウ主演「ハッカビーズ」("I Heart Huckabees",2004年)のブロードバンド試写会が、17日からShowTimeで開催されるらしい。
新作コメディ"The Dukes Of Hazzard"で本格的映画デビューを果たしたジェシカ・シンプソンは「(ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラが出演していた)"The Mickey Mouse Club"(1989-1994年)に入れなくて良かったと思うわ。普通の子供時代を過ごすことが出来たもの。失敗を経て成功を勝ち取ったことを誇りに思うわ」と語ったらしい。
ジェニファー・ロペスは、誕生日を迎えた自分自身へのお祝いとして、400万ドルの指輪を購入したらしい。
「ゲロッパ!」(井筒和幸監督,2003年)で共演した常盤貴子と長塚圭史が交際中らしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」公開中の渋谷ピカデリーと立川シネマ・ツーで7日、勝地涼が舞台挨拶を行ったようだ。
ニール・モリッツ(Neal Moritz)のOriginal FilmとBenderspinkは、ヨニ・ベルコヴィッツ(Yoni Berkovits)の脚本による"Generation Gap"を製作中の模様。2人の若い警官が、事件の解決に元警官の父親を頼る・・・という話らしい。
スペインの製作会社Filmax Entertainmentは、英語による新作スリラー"The Backwoods"の撮影を開始したようだ。スペインの新人コルド・セラ(Koldo Serra)が監督を務め、ゲイリー・オールドマン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、アイタナ・サンチェス=ギヨンらが共演するらしい。
ロバート・ハンセン(Robert Hansen)の小説"The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford"に基づく、アンドリュー・ドミニク(Andrew Dominik)監督、ブラッド・ピット主演の新作で、ケイシー・アフレックがロバート・フォード役を務めるらしい。2週間後に撮影に入る模様。
Paramount Picturesは、ウォーターゲート事件を題材にしたジョン・ジェター(John Jeter)の戯曲"Dirty Tricks"を、ライアン・マーフィ(Ryan Murphy)脚本・監督、メリル・ストリープ、アネット・ベニング、グウィネス・パルトロウ、ジル・クレイバーグ(Jill Clayburgh)の共演で映画化するようだ。
米CBSのドラマシリーズ"NCIS: Naval Criminal Investigative Service"(2003年-)の新シーズン第1話に、ローレン・ホリーが出演するらしい。
シリーズ初の長編「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")の製作が、10月公開に向けて急ピッチで進んでいる模様。「30人のアニメーターが30のセットで、3秒間の撮影のため1週間働いている」らしい。
DreamWorksマーケティング部門のテリー・プレス(Terry Press)は、来年以降公開される新作アニメーション映画の製作費について「『アイランド』("The Island")とは比べ物にならないくらい安いです」と語ったらしい。
ロセリン・サンチェスは、故郷プエルト・リコが舞台となるアルフレッド・デ・ヴィラ(Alfredo De Villa)監督の新作"Yellow"で、主演・共同脚本・製作を務めるようだ。
発売延期となっていた日本版TVシリーズ「スパイダーマン」全41話を収録したDVD-BOXは、12月9日に発売されるようだ。劇場公開版「スパイダーマン」(竹本弘一監督,1878年)も収録されているらしい。
  8/9
来月7日発売のYUKIの新曲「歓びの種」のCMに、長澤まさみが出演するらしい。9日から日本テレビで再放送されるアニメシリーズ「タッチ」でのみ放送されるほか、YUKIの公式サイトでも配信されるようだ。
21日放送の日本テレビ「Tokyo 美人物語〜本当のキレイを探す旅」収録のため、伊東美咲がソウルを訪問、チェ・ジウと対談したようだ・
オリヴィア・ハッセー主演「マザー・テレサ」("Madre Teresa",2003年)の試写会が8日都内で行われ、山口もえがゲストとして参加したようだ。
中島哲也監督、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」で、瑛太、伊勢谷友介、武田真治、谷原章介、ゴリ、劇団ひとり、竹山隆範、谷中敦、宮藤官九郎、荒川良々、柄本明、香川照之の共演が決まったようだ。
「星になった少年」(河毛俊作監督)の観客動員数100万人突破を記念した舞台挨拶が8日、都内劇場で行われ柳楽優弥らが出席したようだ。映画チケット代からの寄付金2000万円を、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンに手渡したらしい。
ジェイ・チョウとパティ・ホウが8日未明にドライブしていたところをパパラッチされたらしい。
KBS第2テレビの新作ドラマ「ウェディング」の記者会見が9日ソウル市内で行われ、リュ・シウォン、チャン・ナラらが出席したようだ。
パク・ソルミは9日、オスカープロモーションとの契約のため来日したようだ。
オム・ジョンファの誕生パーティ兼ファンミーティングが14日、ソウル市内で行われるようだ。
パク・チャンウク監督「親切なグムジャさん」の観客動員数が、公開12日目の9日、300万人を突破したようだ。
国軍兵士の生活を紹介する19日放送の韓国KBSの番組「青春!申告します」で、兵役中のソン・スンホンとチャン・ヒョクが映るかもしれない、らしい。
「私の名前はキム・サムスン」の大ヒットを受けて、韓国では製菓・菓子パンの専門学校に受講生が殺到しているらしい。
11日から公開のチャン・ジン監督「拍手する時に去れ」に主演するチャ・スンウォンは、点滴を打ちながらプロモーション活動をこなしているらしい。
新作「家門の危機」で共演するシン・ヒョンジュンとキム・ウォンヒの写真が公開されたようだ。
「野獣」に主演するクォン・サンウの誕生日パーティが、共演のユ・ジテの主催で行われたようだ。
山口県周南市にある休館中の映画館「テアトル徳山I」で10月から、NPO法人の主催による「周南シニア劇場」がスタートするらしい。10月は「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)、11月は「嵐を呼ぶ男」(井上梅次監督,1957年)が上映されるようだ。
パク・チャンウク監督「親切なクムジャさん」で、主人公を演じたイ・ヨンエが着用した水玉模様のワンピースがネットオークションにかけられ、80万9000ウォンで落札されたらしい。
ペ・ヨンジュンの個人トレーナーを務めたイム・ジョンピルが、12日放送の韓国SBSテレビの情報番組に出演、裏話などを語るらしい。
カイリー・ミノーグが乳癌の手術に成功した影響で、オーストラリアでは乳癌の早期検診を受ける女性が急増しているらしい。
ブルース・ウィリスは、父親と弟と共にドイツの町イダルオベルスタイン(Idar-Oberstein)にある自分が生まれた家を突然訪問、中を見せて欲しいと現在の家主に頼んだらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」の観客動員数が、公開1週間で60万人を突破した模様。総興収は7億6000万円を記録したようだ。
パパラッチがエアガンで撃たれた事件について、ブリトニー・スピアーズの広報担当者は「何の関係もなかった」と関与を否定したようだ。
テリー・ギリアム監督"The Brothers Grimm"のプレミアが8日ロサンゼルスで開催され、モニカ・ベルッチらが出席したようだ。
ブラジルの銀行で8日、金庫から6800万ドルが盗まれる事件が発生したらしい。犯人はトンネルを掘って侵入したようだ。
ロージー・オドネルは、ブロードウェイ・ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」("Fiddler on the Roof")に出演するらしい。
ニック・キャノンは「友人はいるよ。でも、本当にガールフレンドはいないんだ。女の子の友達はいるけどね。クリスティーナ・ミリアンもその一人だよ」と語ったらしい。
米CBSは、"Category 6: Day of Destruction"(2004年)に続く、全4時間のミニシリーズ"Category 7: End of the World"を、11月6日と13日に放送すると発表したようだ。ランディ・クエイド、ジーナ・ガーション、シャナン・ドハーティ(Shannen Doherty)、トム・スケリット、スージー・カーツ(Swoosie Kurtz)、ジェイムズ・ブローリン(James Brolin)らが共演するらしい。現在、カナダのウィニペグで製作中の模様。
ジョン・シングルトン監督、マーク・ウォールバーグ、アンドレ・ベンジャミン、タイリース・ギブソン共演の新作"Four Brothers"からのインタビュー映像が公開されたようだ。
人気ゲーム"Doom"の映画化に出演するカール・アーバンは「ある意味、映画史に残る作品だよ。観客自身が映画のヒーローになるんだ。FPS(First Person Shooter)の世界に入ると、観客が暴れまわって、観客が役割を果たすんだ。凄くクールだし、狂気だね」と語ったようだ。
フィリップ・プルマン(Philip Pullman)の児童書「ライラの冒険 黄金の羅針盤」("His Dark Materials : The Golden Compass")の映画化で、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」("Hilary and Jackie",1998年)のアナンド・タッカーが監督に向けて交渉中らしい。
Universal Studios Home Entertainment Family Productionsは8日、「リトルフットの大冒険」("The Land Before Time",1988年)シリーズを全26話のTVアニメとして制作すると発表したようだ。
タラ・リードは、パリス・ヒルトンの婚約者、パリス・ラシス(Paris Latsis)のギリシャの自宅で行われたパーティに招待されたらしい。
亀井亨監督「心中エレジー」のトークイベントが8日、公開中の渋谷シネ・ラ・セットで行われ、長塚圭史がゲストとして参加したようだ。
Paramount Picturesは、サラ・グラン(Sara Gran)による新作ミステリー小説"Dope"のオプションを獲得したようだ。マイケル・ロンドン(Michael London)のプロデュースで映画化されるらしい。
昨年12月のスマトラ島沖地震による津波災害を題材にした映画"Hereafter"が製作されるらしい。津波によって行方不明となった妻と子供を捜すアメリカ人を主人公にしたドラマになる模様。まもなくインドネシアで撮影が始まるようだ。
ストッカード・チャニングは、アリックス・ストラウス(Alix Strauss)の短編集に基づく映画"The Joy of Funerals"で監督デビューするらしい。ストラウス自身が脚本の担当、来春から製作に入る予定のようだ。
ニール・ヤングが今月18日と19日にナッシュビルのRyman Auditoriumで開催するライヴの模様が、同ライヴで初披露される新曲ど同じ"Prairie Wind"のタイトルで映画化されるらしい。監督を務めるジョナサン・デミは、この映画のために会場を押さえたとか。
Universal Picturesは、ジョー・ロヴェロ(Joe Lovero)のコメディ脚本"Book of Leo"を獲得、ショーン・ウィリアム・スコットの主演で映画化するようだ。30歳の誕生日を目前にしたある男が、これまでやりたいと思っていたことを全て実践しようと決心し・・・という話らしい。
新作超自然ロマンチック・コメディ"Just Like Heaven"に主演するリース・ウィザースプーンは「ニューヨークでの舞台のとき、誰もいないはずの客席に祖父の姿を見たの。亡くなった直後だったわ。凄く寂しかったけど、その時以来、祖父がいつも近くにいてくれる気がするの」と自らの幽霊体験を語ったようだ。
DreamWorks、Aardman Animation共同製作の新作アニメーション映画"Flushed Away"で、ロンドンの高級マンションで暮らす主人公のネズミの声を、ヒュー・ジャックマンが担当するらしい。
DreamWorksの新作CGアニメ"Over the Hedge"に声優として参加するウィリアム・シャトナーは、カーク艦長のパロディをやるらしい。
大食い競争を題材にしたNew Line Cinemaの新作"All You Can Eat"で、J・B・ロジャース(J.B. Rogers)が監督に決まったようだ。
デヴィッド・ドゥカヴニー主演のインディ作品"The TV Set"に、シガニー・ウィーヴァーとヨアン・グリフィズの出演が決まったようだ。ルーシー・デイヴィス(Lucy Davis)とジュディ・グリアも出演交渉中らしい。18日から撮影に入る模様。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)に出演するシェリー・ストリングフィールドが降板を発表した模様。
ロンドン同時多発テロ事件を受けて脚本を修正、と報じられたポール・ワイツ脚本・監督の新作"American Dreamz"は、結局当初の脚本のまま製作がスタート、予定通り来年2月に公開されるらしい。
チーチ・マリンは、Chicanoと呼ばれるメキシコ系アメリカ人のアート作品の、世界最大のコレクターでもあるらしい。
6日、マリブの邸宅で行われた結婚式に出席したブリトニー・スピアーズを狙って待ち構えていたパパラッチの一人が、何者かにエアガンで足を撃たれ病院に運ばれたらしい。パパラッチはボディガードに撃たれたと主張する一方、警察は「どこから撃たれたのか不明。通りすがりの何者かが撃った可能性もある」と言っているようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の米国でのレイティングはPG-13になる模様。
「セイブ・ザ・ラスト・ダンス」("Save the Last Dance",2001年)の続編が製作されるらしい。
ケヴィン・コスナーが企画する「ボディガード」("The Bodyguard",1992年)の続編で、ジェシカ・シンプソンが共演候補に挙がっているらしい。
ランス・アームストロングの半生を描く映画企画について、恋人のシェリル・クロウは、自分の役はサラ・ジェシカ・パーカーに演じて欲しいと語ったらしい。
東京を舞台にしたイー・トンシン監督の新作"The Shinjuku Incident"に、ジャッキー・チェンが出演するらしい。
「ウィッカーマン」("The Wicker Man",1973年)のニール・ラビュート監督、ニコラス・ケイジ主演によるリメイクで、ケイト・ビーハン(Kate Beahan)の共演が決まったようだ。
  8/10
電通消費者研究センターは10日、2005年上半期「消費者が選んだベスト10」を発表、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が2位にランクされたらしい。
米Walt Disneyは、2005年4-6が月の決算を発表、売上高は前年同期比3%増の77億1500万ドル、、純利益は41%増の8億5100万ドルだったようだ。映画部門は「Mr.インクレディブル」("The Incredibles",2004年)などのDVD売上不振で営業損失を計上したらしい。
チェ・ジウが出演するロッテ「コラーゲン10000+ビタミンC1000」の新CMが、10日から放送されるらしい。
松島正和監督「愛の絆」の製作発表が9日都内で行われたようだ。松方弘樹と千葉マリアの息子、十枝真沙史が主演するらしい。
「着信アリ」(三池崇史監督,2004年)が、菊川怜の主演でTVドラマ化されるらしい。10月からテレビ朝日で放送されるようだ。
イ・ジョンヒョンのライヴが9日、都内のSHIBUYA AXで行われたようだ。
ムーミンの生誕60周年を記念したイベントが9日都内で行われ、岸田今日子らが参加したようだ。
三谷幸喜監督「THE 有頂天ホテル」の製作発表が9日都内で行われ、役所広司、松たか子、香取慎吾、津川雅彦、佐藤浩市、伊東四朗、オダギリジョーらが出席したようだ。
ヤン・ユノ監督、チェ・ミンス、イ・ソンジェ共演の新作「ホリデー」が8日にクランクインしたようだ。
シン・ハギュンは、「復讐者に憐れみを」(パク・チャンウク監督)に続いて、新作「無礼者たち」(パク・チョリ監督)でも聾唖者を演じているらしい。
ツイ・ハーク監督、キム・ソヨン主演の韓中合作映画「七剣」の海賊版が、韓国公開を前に出回り始めているらしい。
ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「太王四神記」には、エイベックスが50億ウォンを投資しているらしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」のロケ地となった尾道市では、関連商品として日本茶「大日本茶」、「上等茶」などが販売されているらしい。
広島市内の商店街を舞台にした自主制作映画「横川サスペンス」の完成披露試写会が8日地元映画館で行われ、神酒大亮監督らが出席したようだ。
自殺サイト連続殺人事件の容疑者、前上博(36)は、最初の事件の1ヵ月後に「自殺マニュアル」(福谷修監督,2003年)のビデオを借りていたらしい。
「ハリー・ポッター」シリーズは、キューバのグアンタナモ湾にある米海軍基地内の、世界40カ国の約510人を収容する刑務所でも人気を集めているようだ。英語版、フランス語版、ペルシア語版、ロシア語版が用意されており、アラビア語版も注文しているとか。ただし、まだ第5巻と第6巻はないらしい。
来月9日から開幕するトロント国際映画祭では、ニール・ジョーダン監督、キリアン・マーフィ主演"Breakfast on Pluto"や、マイケル・ウィンターボトム監督最新作"Tristam Shandy: a Cock and Bull Story"のワールド・プレミアが行われるようだ。
マルコス・シエガ(Marcos Siega)監督、エヴァン・レイチェル・ウッド主演の新作コメディ"Pretty Persuasion"のプレミアが9日ロサンゼルスで開催され、共演のジェイムズ・ウッズらも出席したようだ。
DMXは、昨年JFK空港の駐車場ゲートにパトカー風に改造したSUVで激突した事件で成立した司法取引が、その後のスピード違反や交通事故によって破られたとして起訴されたようだ。懲役1年が課せられることになるらしい。
クリストファー・リーヴ未亡人のダナ・リーヴ(Dana Reeve)は、肺癌と診断されたことを明らかにしたようだ。
Post Central Entertainmentの新作"Cherry Crush"で、ジョナサン・タッカーの主演が決まったようだ。ニッキー・リード(Nikki Reed)が共演するらしい。
ピの所属事務所は、香港での「ジャッキー・チェンと新作映画で共演」との報道を否定したようだ。
ジョー・ライト(Joe Wright)監督の次回作は、イアン・マキューアン(Ian McEwan)の小説「贖罪」("Atonement")の映画化になる模様。
米Central Castingは、DreamWorksによるエディ・マーフィ主演の新作("Norbit"?)に出演する、身長170-173cm、体重136-181kgのアフリカ系アメリカ人の女性を探しているらしい。
イライジャ・ウッドは「どこへ行っても、チェコ共和国も含めて、通りを歩くと必ず"フロド"と声をかけられる。あまり嬉しくはないよ」と語ったらしい。
これまでタブロイド紙で何度も叩かれてきたタラ・リードは、米E!の新番組"Wild On Tara"で司会を務めることについて「この番組を見れば、何の意味もなく10年間もこの娘をいじめてきた、とみんな気付くはずよ」と語ったらしい。
キーラ・ナイトレイとジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)が破局したらしい。
クリスティーナ・アギレラは、現在妊娠中のブリトニー・スピアーズについて「彼女は(スタイルへの)自制心を失っている。彼女のカムバックはありそうにないわ」と語ったらしい。
宇多田ヒカルの米デビューアルバム「EXODUS」が、来月26日に欧州各国でリリースされるらしい。紀里谷和明によるPVも制作されたようだ。
「私の頭の中の消しゴム」プロモーションのためイ・ジェハン監督とチョン・ウソンが来日、9日都内で記者会見を行ったようだ。
"Enron: The Smartest Guys in the Room"を製作したHDNet Filmsは、キャサリン・ディークマン(Katherine Dieckmann)監督、ポール・ラッド、ケン・マリーノ(Ken Marino)、ジョシュ・ハミルトン、ロン・エルダード、モーラ・ティアニー、ローレン・アンブロウズ、サラ・ポールソンら共演の新作"Diggers"の製作を正式決定したようだ。劇場、DVD、CATVで同時公開される予定とか。
Lucasfilmは、多くのCATVでのマーケティング・キャンペーンの経験を持つジョシュア・カッツ(Joshua Katz)を、副社長として迎えると発表したようだ。"Indiana Jones 4"や「スター・ウォーズ」30周年などの世界マーケティングを担当する一方、TV番組制作へのシフトについても、中心的役割を担うらしい。
1880年代からニューヨークでジャーナリストとして活躍した(ドラム缶の発明者としても知られる)女性、ネリー・ブライ(Nellie Bly,1857-1922)が、女性患者を収容する精神病院を取材するため自ら精神異常を偽り、施設への潜入に成功するまでを記録した記事が、サイコスリラーとして映画化されるらしい。
20作以上発表されたドナルド・ハミルトン(Donald Hamilton)のスパイ小説「マット・ヘルム」シリーズが映画化されるらしい。マイケル・ブラント(Michael Brandt)とデレク・ハース(Derek Haas)が脚本に起用されたようだ。
Walt Disney PicturesとSpyglass Entertainmentは、TVアニメシリーズ「ウルトラわんちゃん」("Underdog",1964-1973年)の実写映画化で、「レーシング・ストライプス」("Racing Stripes",2005年)のフレデリック・デュショー監督と交渉中らしい。
20th Century Foxによる、クリストファー・パオリーニ(Christopher Paolini)のファンタジー小説"Eragon"の映画化で、シエンナ・ギロリーの出演が決まったようだ。
「オーメン」("The Omen",1976年)の、ジョン・ムーア監督によるリメイク"The Omen 666"で、リーヴ・シュライバーとジュリア・スタイルズの共演が決まったらしい。10月から撮影に入る模様。
「機動戦士ガンダムI」、「機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」、「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」、「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」の劇場用作品や、「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」などのTVシリーズが、「J:COM オン デマンド」で来月から配信されるらしい。
クリストファー・ケイン(Christopher Cain)監督・脚本による新作西部劇"September Dawn"で、ジョン・ヴォイトとロリータ・ダヴィドヴィッチが共演するようだ。カナダのアルバータで今週から撮影に入っているらしい。
「ウィッカーマン」("The Wicker Man",1973年)のニール・ラビュート監督、ニコラス・ケイジ主演によるリメイクで、リーリー・ソビエスキーとエレン・バースティンの共演が決まったようだ。
株式会社ラナは、iPodに「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」("The Nightmare Before Christmas",1993年)のキャラクタを刻印した「iPod & THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS BOX」を今月発売するらしい。
  8/11
韓国ドラマ「悲しき恋歌」プロモーションのためキム・ヒソンが来日、10日都内で記者会見を行ったようだ。
「めまい」("Vertigo",1958年)、「五つの銅貨」("The Five Pennies",1959年)などの映画や、TVドラマ「ダラス」("Dallas",1978-1991年)などで活躍した、米女優のバーバラ・ベル・ゲデス(Barbara Bel Geddes)さんが8日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「レインマン」("Rain Man",1988年)が、橋爪功、椎名桔平の共演で舞台化されるらしい。
「南極日誌」プロモーションのためイム・ピルソン監督とソン・ガンホ、ユ・ジテが来日、10日都内で記者会見を行ったようだ。
オスカープロモーションと契約したパク・ソルミが10日、都内で記者会見を行ったようだ。共演したい日本人俳優として「長瀬智也、草なぎ剛、松たか子」を挙げたらしい。
イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」の試写会が10日都内で行われ、来日中のチョン・ウソンが舞台挨拶に立ったようだ。
ロバート・リクター(Robert Richter)監督によるドキュメンタリー映画「The Last Atomic Bomb〜最後の原爆」が11日、長崎市で初公開されたようだ。
コートニー・ラヴは、保護観察期間中に規制薬物を使用した疑いで、19日にロサンゼルス地裁に出廷するよう命じられたようだ
米テレビ芸術科学アカデミー(Academy of Television Arts and Sciences)の理事会は、プライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)の一部部門の授賞式を前倒しして行う案について投票を行い、反対多数で否決されたようだ。
「スター・ウォーズ」三部作を観たことがなく、かといって6時間以上もスクリーンを凝視することも出来ない人たちのため?に、ニューヨークでは1時間弱でシリーズの一部始終を再現する一人舞台"One-Man Star Wars Trilogy"の上演が今週スタートしたようだ。ルークからレイア姫、R2D2、ハン・ソロまで全てのキャラクタを演じるカナダ出身の俳優チャールズ・ロス(Charles Ross)は、400回以上も「スター・ウォーズ」を観たとか。 [☆面白そう!]
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の立て看板が公開されたようだ。
ジェイムズ・ガートナー(James Gartner)監督、ジョシュ・ルーカス、デレク・ルーク、ジョン・ヴォイト共演の新作"Glory Road"のポスターが公開されたようだ。
マルコス・シエガ(Marcos Siega)監督、エヴァン・レイチェル・ウッド主演の新作コメディ"Pretty Persuasion"からの特別映像が公開されたようだ。
ブラッド・ピットの自宅に侵入しようとしたとして、People誌の記者が逮捕されたらしい。
Coldplayのクリス・マーティンは、Oasisやエルトン・ジョンらと共に、トニー・ブレア英首相のロンドンの自宅に招待されたものの、断ったらしい。「行くつもりはないよ。トニー・ブレアは好きさ。彼は僕と同じことに関心を持っている。彼はギターをやるしね。でも、今は彼と一緒の写真を撮られたくないんだ」と語ったようだ。
トム・ハンクスとゲイリー・ゴーツマン(Gary Goetzman)が手がけるIMAX 3D映画"Magnificent Desolation: Walking on the Moon 3D"で、ポール・ニューマン、マット・デイモン、マシュー・マコノヒー、モーガン・フリーマン、ジョン・トラヴォルタ、ゲイリー・シニーズ、ビル・パクストン、バリー・ペッパー、ピーター・スコラリ、ブライアン・クランストン、ジョン・コルベット、スコット・グレン、リタ・ウィルソン、ケヴィン・ポラックらが声優として参加するらしい、
沿岸警備隊の活躍を描く、アンドリュー・デイヴィス監督、ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー共演の新作"The Guardian"は、11月からニューオーリンズで撮影が始まる模様。現在、水泳の上手な出演者を募集中らしい。
ジェシカ・シンプソンは「養子を迎えたいと思っているの。私達の子供が生まれる前になるか後になるかはまだ分からないけど、そうするつもり。私は、幼い頃から両親と孤児院を訪ねていたの。私はそこで友情や家族について教わったわ」と語ったらしい。
R&B歌手のエイメリー(Amerie)は「もしマリリン・モンローが生の姿を見せていたら、同じように畏怖を感じさせたでしょうか。私はマジックの種明かしをしたいとは思いません。マジックで皆さんに楽しんでもらいたいのです」と語ったようだ。
Soul Train Lady Of Soul Awardsのノミネーションが9日発表され、アリシア・キーズ、マライア・キャリー、ミッシー・エリオットらがそれぞれ2部門で候補に挙がった一方、新人R&Bシンガーのシアラ(Ciara)が最多5部門でノミネートされたらしい。
ルビー・モレノが、来月公開の映画「逆鱗組七人衆」に出演しているらしい。
「ハービー 機械じかけのキューピッド」("Herbie: Fully Loaded")のアンジェラ・ロビンソン監督は、New Lineの新作アクションコメディ"Genbot"で監督と共同脚本を務めるようだ。
M・ナイト・シャマラン監督の次回作"Lady in the Water"で、フレディ・ロドリゲス、ジェフリー・ライト、ボブ・バラバン、サリター・チョウドリー、メアリー・ベス・ハートがキャストに加わったようだ。新人のシンディ・チェン(Cindy Cheung)も出演交渉中らしい。
「アメリカン・ヒストリーX」("American History X",1998年)を手がけたトニー・ケイ監督は、新作インディ・スリラー"Paranoia"で監督を務めるらしい。
ジョージ・ギャロ製作・脚本・監督の新作"Local Color"で、レイ・リオッタ、トレヴァー・モーガン、アーミン・ミューラー=スタールが共演するようだ。現在、ルイジアナ州で撮影中らしい。
DCコミック"The Flash"の映画化企画は、進んでいないようだ。プロデューサーのチャールズ・ローヴェン(Charles Roven)は「脚本はまだ完全ではない。ストーリーの基礎さえまだ見えていない。キャスティングの話しはまだ早過ぎる」と語ったらしい。
テリー・ギリアム監督は、中止に追い込まれた"The Man Who Killed Don Quixote"について「次回作になる。絶対にやりたいんだ。脚本もとてもいい。(新作の)『ブラザーズ・グリム』("The Brothers Grimm")のような作品になるだろう。ドン・キホーテを描くのではない。『ドン・キホーテを殺した男』なんだ」と語ったらしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")でスケアクロウを演じたキリアン・マーフィは「是非、もう一度やりたい。脚本は読むつもりだ。クリスチャン(・ベイル)とはまた共演したい。でも、まだアプローチは無いよ」と語ったらしい。
Lions Gate Filmsは、1970年代にフィラデルフィアで黒人水泳チームを結成したジム・エリス(Jim Ellis)の実話に基づく映画"P.D.R."を製作するようだ。南アフリカ出身のスヌ・ゴネラ(Sunu Gonera)の監督デビュー作となるらしい。
New Line Cinemaは、ジョー・ガザム(Joe Gazzam)のスリラー脚本"Scared Straight"を獲得したようだ。非行少年の更正を目的としたプログラムで短期間刑務所に入ることになった知事の息子が・・・という話らしい。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"撮影のためオーストラリアに滞在中のケイト・ボスワースは、オーランド・ブルームを空港まで迎えに行ったらしい。 [☆破局したという話でしたが・・・]
来年1月に開催される第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式の日程は、例年の日曜日から月曜日に変更となる模様。米ABCの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)と放送が重なるのを避けたらしい。
マーク・フォースター監督、ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ共演の新作スリラー"Stay"の予告編が公開されたようだ。
トニー・スコット監督、キーラ・ナイトレイ主演の新作"Domino"の予告編が公開されたようだ。
「メン・イン・ブラック2」("Men in Black II",2002年)、「マーダー・ライド・ショー」("House of 1000 Corpses",2003年)、「ビッグ・フィッシュ」("Big Fish",2003年)、「コンスタンティン」("Constantine",2005年)、"The Devil's Rejects"(2005年)などの作品で活躍した、米俳優のマシュー・マッグローリー(Matthew McGrory)さんが9日亡くなった(32歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆CNNの日本語記事によると「身長210メートル以上」もあったらしい・・・。]
クリント・イーストウッド監督"Flags of Our Fathers"の撮影現場の画像が公開されたようだ。
  8/12
ヴォンディ・カーティス=ホール監督、タイリース・ギブソン主演の新作"Waist Deep"に、ヒップホップ・アーティストのThe Game、俳優のミーガン・グッド(Meagan Good)、ラレンツ・テイトの出演が決まったようだ。今週から製作に入った模様。
イム・ピルソン監督「南極日誌」のプレミア試写会が11日都内で行われ、ソン・ガンホ、ユ・ジテらが出席したようだ。day after tomorrowのミニライヴも行われた模様。
古谷建志、武田真治らによるユニット「nido」のアルバム「motion picture soundtrack」が、来月21日に発売されるようだ。来年公開の松浦徹監督「ギミー・ヘブン」の劇中音楽としても使用されるらしい。
長渕剛は11日、広島県尾道市の「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)ロケセットで行われたイベントに参加、主題歌「YAMATO」「CLOSE YOUR EYES」の2曲を歌ったらしい。
ツイ・ハーク監督、レオン・ライ、ドニー・イェン、キム・ソヨン共演の新作「七剣」の来月下旬日本公開が急遽決定した模様。
「鋼鉄の巨人」(1957年)、「黒線地帯」(1960年)、「昭和侠客伝」(1963年)、「網走番外地」(1965年)、「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」(1969年)、「実録三億円事件 時効成立」(1975年)、「惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団」(1977年)、「ねじ式」(1998年)、「盲獣VS一寸法師」(2001年)などの作品を手がけた、映画監督の石井輝男さんが12日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
イ・ヨンエは10日、ソウル市内で上演中の舞台「テープ」を、母親と共にチケットを買って観劇したらしい。
パク・チャンウク監督とイ・ヨンエは、「親切なグムジャさん」がコンペ部門に出品される第62回ヴェネチア国際映画祭に出席するため、来月2日に韓国を出発するようだ。
中国で先月29日から公開中の、ツイ・ハーク監督、レオン・ライ、ドニー・イェン、キム・ソヨン共演の新作「七剣」は、興収6100万元を越えたようだ。
今年5月に飲酒運転と規制薬物所持の容疑で逮捕・起訴されていたオリヴァー・ストーン監督は容疑を認め、100ドルの罰金刑が確定したようだ。
全米週末公開作品では、ジョン・シングルトン監督"Four Brothers"が2000万ドル台、「デュース・ビガロウ 激安ジゴロ!?」("Deuce Bigalow: Male Gigolo",1999年)の続編"Deuce Bigalow: European Gigolo"と、イアン・ソフトリー監督、ケイト・ハドソン主演のホラー・スリラー"Skeleton Key"が1200万ドルの興収を記録すると予想されているようだ。
米ABCの人気シリーズ"Lost"(2004年-)の英国での放送が10日スタート、視聴者数610万人を記録したようだ。
オリヴァー・ストーン監督「アレキサンダー」("Alexander")のDVDが米国で発売されたものの、売り上げはアシュトン・カッチャー主演のコメディ"Guess Who"を下回ったらしい。
米国では「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のDVDが11月1日に発売されるのをはじめ、「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")が11月8日、「マダガスカル」("Madagascar")が11月15日、「Mr. & Mrs. スミス」("Mr. and Mrs. Smith")が11月29日リリースと、11月に大ヒット作の発売が集中する模様。
1955年に起きた黒人少年殺害事件を追ったドキュメンタリー映画"The Untold Story of Emmett Louis Till"が、ニューヨークのFilm Forumで17日から公開されるようだ。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2006年)最終シーズンについて、プロデューサーのデヴィッド・チェイス(David Chase)とHBOは、さらに10エピソードを追加する契約の最終交渉に入っているらしい。
国際光ディスク複製協会(International Optical Disc Replicators Association)のガイ・マリオット(Guy Marriott)会長は、特許権を持つ企業連合が、EU法に違反して、DVDに対して高額のライセンス料を要求し、独立系企業の収益向上を阻んでいる、と欧州委員会に訴えたようだ。
韓国・北朝鮮の共同製作による「王后沈清」("Empress Chung")を手がけた、韓国アニメーション・スタジオAKOM Productionのネルソン・シン(Nelson Shin)社長は「我々は共に映画を作り、共に観ることになる。これ以上の幸せはない」と語ったようだ。北朝鮮のアニメーターのレベルは高く、しかし人件費は中国の7分の1で「市場経済は北朝鮮アニメーションへと向かっている」とシン社長は言っているらしい。
カンボジアのノロドム・シハモニ(Norodom Sihamoni)国王は、アンジェリーナ・ジョリーに市民権を与える特別法令にサインしたようだ。
ロブ・マーシャル監督の新作「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")に主演するチャン・ツィイーは「素晴らしい監督の作品に出演できたのは幸運でした。それは運命であり、チャンスです。私はそう信じています」と語ったようだ。
20th Century Foxの親会社News Corp.のピーター・チャーニン(Peter Chernin)社長は「報道が真実なら、我々は今、映画興行収入の衰退というアルマゲドンの真っ最中にいることになる。私は、それは過剰反応だと確信している」と語ったようだ。
"Aeon Flux"の最新予告編が公開されたようだ。
リンゼイ・ローハンは、ブリトニー・スピアーズ風のリアリティ番組への出演について「今すぐということはないわ。でも嫌だというわけでもない。私はブリトニーの大ファンよ。でも、私は女優としての限界をまず知りたいの」と語ったようだ。
"The O.C."(2003年-)に出演するレイチェル・ビルソン(Rachel Bilson)は「ドラマを通じて誰かが注目を集めるのは嬉しいわ。ミーシャ(・バートン)が人気を集めているけど、彼女はとても美しいし、素晴らしいと思うわ。ケリー・ローワン(Kelly Rowan)のことも尊敬している。素晴らしい人たちばかりよ」と語ったようだ。
Green Dayの新曲"Wake Me Up When September Ends"のPVに、ジェイミー・ベルとエヴァン・レイチェル・ウッドが出演しているらしい。
ニック・ラシェイは、ジェシカ・シンプソンの誕生日に、彼女の車を"Pimp My Ride"風に改造してあげたらしい。ジェシカは「本当に、私が欲しかったのはこれよ」と大喜びとか。
竹中直人監督・主演、原田知世共演の新作「サヨナラCOLOR」の会見が11日、大阪市内で行われたようだ。
平原綾香が、「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督,2002年)の主題歌「いのちの名前」をカバー、来月28日にシングル発売するようだ。
今月21日、「シベリア超特急」が能登半島を走るらしい。水野晴郎監督・主演「シベリア超特急」シリーズのDVD-BOX発売を記念したイベントで、トークショーなども行われるようだ。
ウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch",2005年)のDVDに収録される日本語吹き替え版で、瀬戸朝香がヒロインのエヴァ・メンデスの声を担当しているらしい。
DreamWorksは、トム・クランシーによるビデオゲーム"Splinter Cell"の映画化権をParamountから獲得したようだ。「クライシス・オブ・アメリカ」("The Manchurian Candidate",2004年)のダニエル・パイン(Daniel Pyne)が脚本を担当する模様。
ヨハネ・パウロ二世の生涯を描く、米CBSの4時間のミニシリーズで、主演予定だったイアン・ホルムが降板、ジョン・ヴォイトが代役を務めることになったらしい。
レオナルド・ディカプリオの製作会社Appian Wayは、シェルドン・ターナー(Sheldon Turner)の脚本"In Dark Woods"を獲得したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーの州知事当選で鎮座していた「ウエストワールド」("Westworld",1973年)のリメイク企画が再び動き出した模様。「ザ・セル」("The Cell",2000年)のターセムが監督に起用されたらしい。
「X-Men」シリーズに出演するハル・ベリーは「ファンから『何でストームをあんな意気地なしにしたんだ』と言われて辛かったわ。私が全てをコントロールできると思われているようね。前作で、飛行機を飛ばす以上のことをさせて欲しいと頼んで、結局、飛行機を操縦した。原作でストームは空を飛ぶことが出来るわ。でも前2作で、操縦桿の後ろに座っていた時以外、飛んだことはなかった。次回作に出演しないなんて嫌だけど、突っ立っているだけで5ヶ月間を過ごすつもりはない。沢山ギャラをもらったとしてもね」と語ったようだ。
高倉健がロバート・ミッチャムと共演したシドニー・ポラック監督「ザ・ヤクザ」("The Yakuza",1975年)がリメイクされるらしい。
エイミー・ヘッカリング(Amy Heckerling)監督、ミシェル・ファイファー主演のロマンチック・コメディ"I Could Never Be Your Woman"で、ポール・ラッドの共演が決まったようだ。
NASCARを舞台にしたウィル・フェレル主演のタイトル未定の新作コメディで、サシャ・バロン・コーエン(Sasha Baron Cohen)、ジョン・C・ライリー、マイケル・クラーク・ダンカン、ゲイリー・コールの共演が決まったようだ。
「ガーフィールド」("Garfield: The Movie",2004年)の続編で、ビル・マーレイが再び声優を務めるらしい。ブレッキン・メイヤー、ジェニファー・ラヴ・ヒューイットすでに出演契約を済ませているものの、米CBSの新作ドラマ"Ghost Whisperer"への出演が決まっているヒューイットの出番は大幅に少なくなる模様。ルーシー・デイヴィス、ビリー・コノリーも出演が決まったようだ。
「ローズ家の戦争」("The War of the Roses",1989年)がリメイクされるらしい。マイケル・ダグラスが企画、キャサリン・ゼタ=ジョーンズとの共演を予定しているとか。
開催中の第58回ロカルノ国際映画祭で、アッバス・キアロスタミ監督が名誉賞を受賞したようだ。
スカーレット・ヨハンソンは、あるパーティでパトリック・スウェイジに「『ダーティ・ダンシング』("Dirty Dancing",1987年)の大ファンだった」と話しかけたところ「大昔の話しだ」と無愛想に答えられたため「会場の隅で泣いてしまった」らしい。 [☆許せん!]
サム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール、ジェイミー・フォックス共演の新作"Jarhead"の予告編が公開されたようだ。
  8/13
ぴあは、「ぴあフィルムフェスティバル」で入賞した全443作品をデジタル化して保存、一部をDVDとして販売するようだ。
DreamWorksのCGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")に登場するペンギンが12日、大阪湾を運航する観光船サンタマリア号に出現したらしい。
本広克行監督次回作は、讃岐うどんをテーマにした「UDON」になるらしい。来年2月に撮影に入る模様。
白石晃士監督「ノロイ」に登場する廃屋をモチーフにしたお化け屋敷「ノロイの家」が12日、歌舞伎町シネシティ広場にオープンしたようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演「四月の雪」(「外出」)の、映画館でのキスシーンが公開されたようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演「四月の雪」(「外出」)は、韓国映像物等級委員会から「18歳以上観覧可能」の指定を受けたようだ。
朝鮮日報が日本語サイトで行った「私の一番好きな韓国俳優」の調査結果が発表されたようだ。
1. ペ・ヨンジュン
2. イ・ビョンホン
3. ソン・スンホン
4. リュ・シウォン
5. クォン・サンウ
6. チャン・ドンゴン
7. パク・ヨンハ
8. ウォン・ビン
9. イ・ドンゴン
10. キム・スンウ
昨年11月に発売されたジェイ・チョウのフォトエッセー集の日本語版「D調的華麗」と、2002年に発売された写真集の日本語版「ジェイ・ジョウ写真集 半島鉄盒 The iron box of the island Japanese Special Edition」が今月出版されるらしい。
米タブロイド紙National Enquirerの出版社American Mediaが、アーノルド・シュワルツェネッガーと不倫したと報じられた女性と秘密保持契約を結び2万ドルを支払った、とLos Angeles Timesが報じたようだ。
第57回エミー賞授賞式の司会に、エレン・デジェネレスが起用されたようだ。
米HBOは「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2007年)について、8エピソードの追加制作を決定、2007年1月から放送するらしい。
まもなく全米公開となる、第二次大戦下のフィリピンを舞台にした、ベンジャミン・ブラット、ジョセフ・ファインズ、コニー・ニールセン共演の戦争映画"The Great Raid"について、ジョン・ダール監督は「古いスタイルの映画と言う声を、私は賛辞として受け取る」と語ったようだ。
ジョン・レノンを描くミュージカル"Lennon"が、予定より10日遅れの12日からブロードウェイで上演されるようだ。
ジャド・アパトウ(Judd Apatow)監督の新作コメディ"The 40-Year-Old Virgin"のワールド・プレミアが11日ロサンゼルスで開催され、スティーヴ・カレル、ポール・ラッド、レスリー・マン、キャサリン・キーナーらが出席したようだ。
昨年、公開1週間で打ち切りとなったナム・サングク監督、キム・ドンワン主演「回し蹴り」の特別上映が11日都内で行われたようだ。ファンが再公開を呼びかけて実現させたらしい。
クァク・キョンテク監督、チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ共演の新作「台風」の限定ポスター10枚がネット・オークションにかけられ、総額74万1千ウォンで落札されたらしい。
チュ・チャンミン監督、ソル・ギョング、ソン・ユナ共演の新作「愛を逃す」のエンディングに出演する俳優の公開オーディションが行われるらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")からの最新映像が公開されたようだ。
シェイン・ブラック監督、ロバート・ダウニーJr.、ヴァル・キルマー共演の新作"Kiss Kiss, Bang Bang"の予告編が公開されたようだ。
「クローン・シティ 悪夢の無性生殖」("Parts: The Clonus Horror",1979年)のプロデューサーは、マイケル・ベイ監督「アイランド」("The Island",2005年)が盗作であるとして、DreamworksとWarner Bros.を訴えたようだ。
ジェシカ・シンプソンは、「大きいサイズ」の女性向けのジーンズをラインに加えるようだ。
米Esquire誌は今年のベストドレッサーに、The Neptunesのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)を選んだようだ。昨年1位のアンドレ3000は5位にランクダウンした模様。そのほか、ジェイク・ギレンホール、カニエ・ウェスト(Kanye West)、ジュード・ロウ、ジョージ・クルーニーらと共に、小泉純一郎首相もリストに挙がっているらしい。
ロッド・スチュワートの娘でモデルのキンバリー・スチュワート(Kimberly Stewart)は、雑誌のインタビューでジェニファー・アニストンについて「彼女は平凡だから好き」と語ったことについて「彼女にお花を贈って謝罪した」と語ったようだ。
月野木隆監督「深紅」のイメージソングに、北出菜奈の「Alice」が起用されたようだ。
河毛俊作監督「星になった少年」がタイで上映されることが決まったようだ。23日にはタイ王室を招待するロイヤル試写会も開催されるらしい。柳楽優弥も出席する模様。
スリラー映画シリーズ「絶対恐怖」の記者会見が12日都内で行われ、第1弾となる「プレイ」(佐藤祐市監督)と「ブース」(中村義洋監督)に出演する玉山鉄二、佐藤隆太らが出席したようだ。
10月13日から開催される東京国際ファンタスティック映画祭2005で、トニー・ジャー主演最新作「トム・ヤム・クン」("Tom-Yum-Goong",2005年)がオープニング上映されるようだ。
米調査会社Marketing Evaluationsは、故人の有名人の人気投票の結果を発表したようだ。
1. ルシル・ボール (Lucille Ball, 1911-1989)
2. ボブ・ホープ (Bob Hope, 1903-2003)
3. ジョン・ウェイン (John Wayne, 1907-1979)
4. ジェイムズ・スチュワート (James Stewart, 1908-1997)
5. レッド・スケルトン (Red Skelton, 1913-1997)
6. ジョニー・カーソン (Johnny Carson, 1925-2005)
7. ジョン・リッター (John Ritter, 1948-2003)
8. ジャッキー・グリーソン (Jackie Gleason, 1916-1987)
9. チャールズ・シュルツ (Charles M. Schulz, 1922-2000)
10. マイケル・ランドン (Michael Landon, 1936-1991)
  8/14
13日閉幕した第58回ロカルノ国際映画祭で、諏訪敦彦監督「UN COUPLE PARFAIT」が国際コンペ部門の審査員特別賞、綿井健陽監督「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」が人権作品部門の最優秀賞(人権賞)を受賞したようだ。また、コンペ部門の最優秀作品賞は、ロドリゴ・ガルシア監督、グレン・クローズ、ホリー・ハンター、キャシー・ベイカー、シシー・スペイセク、ロビン・ライト・ペン共演"Nine Lives"が受賞した模様。
「七人の弔」が13日初日を迎え、監督・出演のダンカンらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ユミンこと笛木優子は、今年の夏からウェイクボードを始めたらしい。
ユ・ジテは、11月から上演の舞台「6分の1」に主演するらしい。
ヴィクトリア・ベッカムは「これまで1度も本を読んだことがない」らしい。「ファッション雑誌より難しいものには目を通す時間がなかった」とか。
ドキュメンタリー映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(2003年)の橋本信一監督による新作「千年の山古志」の撮影が13日、新潟県の旧山古志村でスタートしたようだ。
テリー・ギリアム監督の新作"The Brothers Grimm"に出演したマット・デイモンは「撮影中に母親が来て、子供の頃読んだグリム童話の本を見せてくれたんだ。覚えていたよりずっと不気味で、かなりきわどい作品もあったよ」と語ったようだ。
QUEENのインタビュー映像が公式サイトで視聴できるらしい。
DreamWorksのアニメ「マダガスカル」("Madagascar")が13日、全国372スクリーンで初日を迎え、都内劇場では声優を務めた玉木宏、柳沢慎吾、高島礼子らが舞台挨拶に立ったようだ。
タイ映画「ビューティフル・ボーイ」("Beautiful Boxer",2004年)プロモーションのため、モデルとなった元エムタイ選手でタレントのパリンヤー・ジャルーンポンが23日に来日するらしい。
「チャイルド・プレイ チャッキーの種」("Seed of Chucky",2004年)が13日、都内劇場で初日を迎え、山崎邦正が舞台挨拶に立ったようだ。
  8/15
USENは、日活の買収を断念した模様。
東京都現代美術館で開催中の「ハウルの動く城 大サーカス展」で14日、神木隆之介が1日間長を務めたようだ。
山下敦弘監督「リンダ リンダ リンダ」上映中のシネセゾン渋谷で14日、甲本雅裕らが舞台挨拶に立ったようだ。
「炎と女」(吉田喜重監督,1967年)、「エロス+虐殺」(吉田喜重監督,1970年)、「十六歳の戦争」(松本俊夫監督,1976年)、「ベルサイユのばら」(こだま兼嗣監督,1990年)などの作品を手がけた、脚本家で詩人の山田正弘さんが10日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
チェン・カイコー監督、真田広之、セシリア・チャン、チャン・ドンゴン共演「THE PROMISE-無極-」が、12月15日から韓国の500以上のスクリーンで公開されるらしい。
ジェイ・チョウは14日、山西省太原市で開催されたコンサートに出演したらしい。
「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy",2004年)などを手がけたプロデューサーのポール・サンドバーグ(Paul Sandberg)は、ジェフ・エドワーズ(Jeff Edwards)の小説"Torpedo"のオプションを獲得した模様。
米ABCで来月8日放送の"NFL Opening Kickoff 2005"で、Green Day、Santana、カニエ・ウェスト(Kanye West)、Maroon 5がパフォーマンスを披露するらしい。また、トリーシャ・イヤウッド(Trisha Yearwood)が国歌を歌うようだ。
全米週末興収は、ジョン・シングルトン監督"Four Brothers"が2070万ドル(2,533館)で初登場1位を獲得、イアン・ソフトリー監督のホラー・スリラー"The Skeleton Key"は1580万ドル(2,771館)で2位、「デュース・ビガロウ 激安ジゴロ!?」("Deuce Bigalow: Male Gigolo",1999年)の続編"Deuce Bigalow: European Gigolo"は940万ドル(3,127館)で5位のスタートとなったようだ。
「シベリア超特急 コンプリートDVD-BOX」購入者を対象に、シリーズ最終作「シベリア超特急ファイナル」のエンドクレジットに希望者全員の名前を入れる予定だったものの、既に1000人近い応募が集まっているらしい。ギネスブックへの申請も検討中とか。 [☆「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」(田崎竜太監督,2003年)は、エンドクレジットの総数4070でギネスブックに申請したはずです>シペ超スタッフの皆さん]
チェ・ミンソは、「亡国のイージス」(阪本順治監督)撮影中、スクリューに巻き込まれて死ぬところだった、と語ったらしい。
サラ・ジェシカ・パーカーは、香水ブランド"Lovely"を発表したようだ。20歳の頃、お気に入りの香水のメーカーが倒産したと聞いた彼女は、1本6.99ドルの香水を590本買い占めたこともあるらしい。
パメラ・アンダーソンは、エルトン・ジョンのラスヴェガス公演"The Red Piano"のデザインも手がけた写真家のDavid LaChappelleと共に、ラスヴェガスにナイトクラブをオープンさせるらしい。
パリス・ヒルトン出演の新作コメディ"National Lampoon's Pledge This!"と公開日が重なった、ニコール・リッチー出演"Kids in America"のプロデューサーは、公開を2週間前倒ししたようだ。
キャメロン・ディアスは「家族を必要としている子供達は沢山いる。何人かを養子に迎えることに抵抗はないわ」と語ったらしい。
岡村力監督、大西麻恵主演で映画化もされた「1リットルの涙」が、沢尻エリカの主演でドラマ化されるようだ。薬師丸ひろ子、陣内孝則、成海璃子らが共演、10月11日にフジテレビでスタートするらしい。
アボルファズル・ジャリリ監督によるイラン・日本合作映画"Hafez"で、麻生久美子がイラン人のヒロイン役を務めているらしい。
白石晃士監督「ノロイ」の試写会が14日都内で行われ、眞鍋かをりがゲストで出席したようだ。
マイケル・ベイ監督「アイランド」("The Island")は、米国内総興収3410万ドルに対し、海外総興収は6300万ドルに達したらしい。
マーク・ウォーターズ監督、リース・ウィザースプーン主演の新作ロマンチック・コメディ"Just Like Heaven"で、監督の妻のディナ・ウォーターズが主人公の姉を演じているらしい。しかし、彼女は匿名でオーディションに参加、プロデューサーは後で監督の妻と知って驚いたとか。
Benderspinkは、グレン・ブランズウィック(Glen Brunswick)とジョン・ロミータJr.(John Romita Jr.)のグラフィック・ノベル"The Gray Area"のオプションを獲得した模様。
「モナリザ・スマイル」("Mona Lisa Smile",2003)で音楽を担当した女性ミュージシャンが、男性ミュージシャンよりも報酬が少なかったとして、ジュリア・ロバーツの製作会社を訴えていた問題は、製作会社側がミュージシャン1人あたり3500ドルを支払うことで和解した模様。
  8/16
米FOXテレビ主催のTeen Choice Awards授賞式が14日開催され、「きみに読む物語」("The Notebook")が8部門を受賞したようだ。
■作品賞(コメディ) "Napoleon Dynamite"
■作品賞(ドラマ) 「きみに読む物語」("The Notebook")
■作品賞(ホラー) 「蝋人形の館」("House of Wax")
■男優賞(スリラー/アクション) チャド・マイケル・マーレイ(「蝋人形の館」)
■男優賞(ドラマ) ライアン・ゴズリング(「きみに読む物語」)
■女優賞(コメディ) サンドラ・ブロック(「デンジャラス・ビューティー2」)
■女優賞(ドラマ) レイチェル・マクアダムス(「きみに読む物語」)
■悪役賞 ジム・キャリー(「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」)
■赤面シーン賞 ヒラリー・ダフ("A Cinderella Story")
■新人賞(男優) ライアン・ゴズリング(「きみに読む物語」)
■新人賞(女優) ヒラリー・ダフ("Napoleon Dynamite")
■相性(ケミストリー)賞 レイチェル・マクアダムス&ライアン・ゴズリング(「きみに読む物語」)
■ラヴシーン賞 レイチェル・マクアダムス&ライアン・ゴズリング(「きみに読む物語」)
富士写真フイルムは、映画用カラーネガフィルム「ETERNA 250」(タングステンタイプ)、「ETERNA 250D」(デイライトタイプ)を来月上旬から発売する、と発表したようだ。
吉田秋生監督「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」の舞台挨拶が15日都内で行われ、黒川芽以らが出席したようだ。
チェ・ホ監督の新作アクション「死生決断」で、リュ・スンボム、ファン・ジョンミンが共演するようだ。
神話(SHINHWA)のイ・ミヌは、破局が伝えられていた女優のシンエと寄りを戻したらしい。
「親切なグムジャさん」の公開に合わせ、パク・チャンウク監督作品「復讐者に憐れみを」(2002年)、「オールド・ボーイ」(2003年)の再上映が韓国で行われるようだ。
クォン・サンウが出演する韓国化粧品ブランド「THE FACE SHOP」の新CMが、16日から台湾で放送されているらしい。
ハン・ソッキュ、イ・ボムス共演の新作コメディ「淫乱書生」で、キム・ミンジョンの出演が決まったらしい。
トニー・レオンは19日から台湾訪問を予定していたものの、急遽17日に前倒ししたらしい。ペ・ヨンジュンの台湾訪問と日程が重なったためとか。
11日に韓国で封切られたチャン・ジン監督「拍手する時に去れ」の観客動員数が、15日までに95万人に達した模様。
アルゼンチンで15日放送されたTV番組"La Noche del Diez"で、ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)が司会を務めたらしい。ペレ(Pele)、ガブリエル・バティストゥータ(Gabriel Batistuta)、女優のマリア=グラツィア・クッチノッタらがゲストとして出演したようだ。
北米を除く海外週末興収は、33カ国で公開中の「アイランド」("The Island")が1395万ドルを記録、30カ国で公開中の「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")の1386万ドルを越えてトップとなったようだ。
バーブラ・ストライサンドは、来月20日に発売されるニューアルバムで、バリー・ギブ(Barry Gibb)と再びデュエットしているらしい。
ガイ・リッチー監督、レイ・リオッタ、ジェイソン・ステイサム共演の新作"Revolver"の最新予告編が公開されたようだ。
映画「海猿2」は鹿児島が舞台になるようだ。今月下旬から撮影が始まる模様。エキストラの募集も行われているらしい。
Lions Gate Filmsは、新作映画"Undiscovered"の公開に合わせて、新人歌手発掘オーディションUndiscovered Talent Searchを開催するようだ。優勝者には、Lions Gate次回作に早くとして出演できるほか、プレミアへの出席、CDデビューのチャンス、2万5000ドルの奨学金などが与えられるらしい。
ヒュー・ジャックマンは、次期ジェイムズ・ボンド役のオファーを受けたものの、妻と話し合って断った、と語ったらしい。
"X-Men 3"に、オリヴィア・ウィリアムズ、ビル・デューク、マイケル・マーフィの出演が決まったようだ。
新作"V For Vendetta"のため丸坊主にしたナタリー・ポートマンは「しばらくこのままにするつもり。みんなを焦らせておくの」と語ったらしい。
50セント(50 Cent)は、ネリー(Nelly)が買ったダイヤモンドについて「あんなに大きくてきれいなダイヤのチェーンは見たことがなかったよ。ネリーは確かに金を持っているけど、彼の周りの奴はネリーに金の使い方を教えてやるべきだと思うよ。ダイヤモンドに500万ドルを使うなんて大バカだ」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズは、カバラー神秘主義(Kabbalah)の子供向けクラブ"Spirituality For Kids"に、3万2000ドルを寄付するらしい。マドンナに勧められたようだ。
薗田賢次監督「鳶がクルリと」に主演する観月ありさと哀川翔が15日、都内の鷲神社を訪れ、ヒット祈願を行ったようだ。
ビル・コンドン監督「愛についてのキンゼイ・レポート」("Kinsey",2004年)の公開記念イベントが15日都内で行われ、さとう珠緒とKABA.ちゃんが出席したらしい。
千葉ロッテマリーンズは、ペ・ヨンジュンによる選手への激励メッセージを来日時に収録、9月17日、18日の試合で公開する予定らしい。「四月の雪」からの特別映像の上映や、限定グッズの販売もあるらしい。
森田芳光監督「間宮兄弟」で、佐々木蔵之介と塚地武雅が演じる主人公の母親役を中島みゆきが演じているらしい。
ニッポン放送「うえやなぎまさひこのサプライズ!」で、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」の特集が16-19日、22-26日の2週間にわたって放送されるらしい。ホ・ジノ監督のインタビューや台本の朗読などもあるようだ。
ユアン・マクレガーとソフィ・オコネドーは、エドワード・ブラム(Edward Blum)の長編監督デビュー作"Scenes of a Sexual Nature"で共演するようだ。キャサリン・テイト、ヒュー・ボネヴィル、アンドリュー・リンカーン、ジーナ・マッキー、アイリーン・アトキンス、ベンジャミン・ウィットロウ、ダグラス・ホッジ、マーク・ストロング、ポーリー・ウォーカー、エイドリアン・レスター、トム・ハーディらも出演するらしい。
Universal Picturesは、9.11テロでハイジャックされたユナイテッド航空93便の乗客を描く"Flight 93"を製作するようだ。ポール・グリーングラスが監督に起用された模様。10月から撮影に入るらしい。
Warner Bros. Picturesは、古代ギリシアを舞台にしたフランク・ミラー(Frank Miller)のグラフィック・ノベル"300"を映画化するようだ。ザック・スナイダーが監督、ジェラルド・バトラーが主演を務めるらしい。10月17日からモントリオールで撮影に入る模様。
Emperor Motion Picturesは、「天下無雙」("Chinese Odyssey 2002",2002年)のジェフ・ラウ監督による新作"A Chinese Tall Story"を、12月22日に香港、中国、マレーシア、シンガポール、タイで公開する、と発表したようだ。エイリアンと僧のラヴ・ストーリーとか。
テリー・ギリアム監督の新作"The Brothers Grimm"では、当初アニマトロニクスによるオオカミなどが撮影に使用されたものの失敗、結局全てCGで作り直したために、完成までに時間がかかったらしい。
デヴィッド・フランケル(David Frankel)監督、メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ共演の新作"The Devil Wears Prada"で、エミリー・ブラント(Emily Blunt)の出演が決まったようだ。
アダム・フリードマン(Adam Friedman)は、ジョー・R・ランスデイル(Joe R. Lansdale)のベストセラー小説"A Fine Dark Line"の映画化権を獲得したようだ。
「ホワイトウイザード」("Ofelas",1987年)をリメイクするマーカス・ニスペル監督の新作"Pathfinder"で、カール・アーバンが出演交渉中らしい。
ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)の半生を描く、マルコ・リージ(Marco Risi)監督"La Mano di Dio"("The Hand of God")の撮影が10月にも始まる模様。ただし、まだ主演は決まっていないらしい。
Harper's Bazaar誌のインタビューに答えたデミ・ムーアは、交際中のアシュトン・カッチャーについて「ソウル・メイトとの出会いについて話すなら、それは贈り物をもらったような感じ。それは軽い荷物なんかじゃないの。小包じゃなくていくつものトランクで届いたような感じなの」と語ったようだ。
昨年12月に心臓発作で入院、現在自宅療養中のディック・クラークは、今年の大晦日に、恒例の特別番組"Dick Clark's New Year's Rockin' Eve"で復帰するらしい。
Puffyのキャラクタ商品が、今秋から米国で発売されるらしい。
  8/17
朝原雄三監督「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった」のイベントが16日都内で行われ、西田敏行、伊東美咲、ボビー・オロゴン、金子昇、尾崎紀世彦らが出席したようだ。
マーティン・スコセッシ監督によるTVドキュメンタリー"No Direction Home: Bob Dylan"(2005年)の製作過程で発見された、ボブ・ディランの未発表音源がサントラ盤としてCD化されるようだ。
喜多一郎監督「Life on the Longboard」の完成会見が16日都内で行われ、大杉漣、小栗旬らが出席したようだ。
韓国ドラマ5作品「茶母」「屋根部屋のネコ」「ワンダフルライフ」「ひまわり」「ピアノ」のサントラが、ポニーキャニオンから今秋発売されるらしい。
リュ・シウォン、チャン・ナラが共演する韓国KBS第2テレビの新作ドラマ「ウェディング」の記者会見が16日ソウル市内で行われ、日本人ファン100人以上が駆けつけたようだ。今月23日からは宮崎で撮影が行われるらしい。
チョン・ジウ監督、キム・ジョンウン、イ・テソン主演の新作「親知らず」からの画像が公開されたようだ。
韓国MBCは15日、「ロシアの軍事映像保管所に保管されていた旧日本軍731部隊の映像」として生体実験の映像などを放映したものの、実際には香港映画「黒太陽731」("Man Behind the Sun",1988年)の映像だったらしい。
チェ・ミンスが15日、オートバイで転倒し鎖骨を骨折、全治8週間の重症を負った模様。
アルバート・フィニーは、リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演の新作"A Good Year"への出演契約にサインしたようだ。撮影は来月からパリで行われる模様。
20th Century FoxとMarvel Enterprisesは、ティム・アレン主演の新作コメディ"Zoom"が"X-Men"の盗作だとして、Revolution StudiosとSony Picturesに対して起こしていた訴訟を取り下げたようだ。
ホームレスから投資金融業者に転身、億万長者となった男性の実話に基づく、ウィル・スミス主演の新作"Pursuit of Happyness"で、タンディ・ニュートンの共演が決まったようだ。
米Walt Disneyは、7月1日から9月30日までの間にMiramax作品10本を配給する予定らしい。これに伴うマーケティング費用などにより、第4四半期の営業利益が圧迫される、と市場関係者は予測しているようだ。
スティーヴン・キングやジョン・グリシャムらの小説に自分の名前を登場させる権利が、来月ネットオークションに出品されるらしい。 [☆さらに、映画化されたら・・・]
エミネムは、来月予定していた欧州でのAnger Management Tourを中止したようだ。「健康上の問題」が理由とか。
米Universal Music Groupは16日、次世代DVD規格としてBlu-ray Discを支持すると発表したようだ。
Image EntertainmentはRegent Studiosと提携、フランコ・ゼフィレッリ監督「永遠のマリア・カラス」("Callas Forever",2002年)、ダイアン・ウィースト主演のコメディ"Merci Docteur Rey"(2004年)など5作品のDVDを発売するようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のDVDが、10月18日に米国でリリースされるようだ。数時間の特典映像を収録したディスクや72ページのコミック本をセットにした2枚組みと、本編のみの2種類が発売されるらしいい。
マドンナが16日、ロンドン郊外の自宅で落馬、手と鎖骨を骨折、肋骨3本にひびが入る怪我を負った模様。現在は、自宅療養中らしい。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演「奥さまは魔女」("Bewitched")の本編上映前に、松田聖子の歌うイメージソング「I'll fall in love」のオリジナルPVが上映されるらしい。全国11館だけの限定公開とか。
"X-Men 3"にショーレー・アグダシュルーの出演が決まったようだ。
イーディ・セジウィック(Edie Sedgwick,1943-1971)の半生を描くジョージ・ヒッケンルーパー(George Hickenlooper)監督の新作"Factory Girl"への出演が報じられたグウェン・ステファニーは、これを否定したようだ。彼女ではなく、夫のギャヴィン・ロズデイル(Gavin Rossdale)が出演するらしい。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の撮影現場の写真が公開されたようだ。
"パフォーマンス・キャプチャー"によるCGアニメで描くロバート・ゼメキス監督の新作"Beowulf"で、ジョン・マルコヴィッチが出演候補に挙がっているらしい。
ギリシャから戻ったパリス・ヒルトンは「私たちは本当に幸せよ。素晴らしい夏をヨーロッパで過ごせたわ。ギリシャ中を探して(結婚式のための)素晴らしい場所を見つけたの。今は仕上げに入っていて、後は結婚式を挙げるだけよ」と語ったらしい。
リンゼイ・ローハンは「父は尊敬に値しない。彼は出かけたと思うと3日間も帰ってこなくて、私や母を心配させる。彼は何にも値しないわ」と語ったようだ。
全世界72スクリーンで公開中の「バットマン ビギンズ:The IMAX Experience」("Batman Begins: The IMAX Experience")の興収は1450万ドルに達し、""The Matrix Reloaded: The IMAX Experience"(2003年)の1400万ドルの記録を超えたようだ。
京都の祇園甲部歌舞練場で16日、一青窈のライヴが行われたようだ。黒土三男監督「蝉しぐれ」のイメージソング「かざぐるま」など17曲を歌ったらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」の観客動員数が16日、100万人を突破したようだ。興収は13億円を越えたらしい。
PANGが歌う「マダガスカル」("Madagascar")のイメージソング「風の楽園-テーマ・オブ・マダガスカル-」が、17日シングル発売されたようだ。
新作"The 40-Year-Old Virgin"が全米公開中のスティーヴ・カレル次回作は、New Line Cinemaの新作コメディ"High T"になるようだ。ある男が男らしさを求めて男性ホルモン注射を始めて・・・という話らしい。
米Universalは、Esquire誌9月号に掲載されたA・J・ジェイコブス(A.J. Jacobs)の記事"My Outsourced Life"の映画化権を獲得した模様。ジェイ・ローチが脚本・監督を務めるらしい。
米ABCの人気シリーズ「エイリアス」("Alias",2001年-)で、バルサザール・ゲティがキャストに加わるようだ。
ケネス・ブラナーはモーツアルトの「魔笛」("The Magic Flute")を映画化するようだ。オペラ歌手のジョセフ・カイザー(Joseph Kaiser)、ベン・デイヴィス(Ben Davis)、ルネ・パーペ(Rene Pape)、リュボフ・ペトロワ(Lyubov Petrova)らをキャスティングしたらしい。
ニック・パーク監督によるシリーズ初の長編「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")が、来月9日から開催されるトロント国際映画祭で上映されるらしい。
1994年4月に起こったルワンダでの大量虐殺に基づく、テリー・ジョージ(Terry George)監督、ドン・チードル主演の"Hotel Rwanda"(2004年)の日本公開を求める署名活動が「『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会」を中心に行われているらしい。
D・J・カルーソー監督、アル・パチーノ、マシュー・マコノヒー、レネ・ルッソ共演の新作"Two for the Money"の予告編が公式サイトで公開されたようだ。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門に出品されるスタンリー・クワン監督「長恨歌」に対し、中国当局が一部シーンの削除を要求しているらしい。
  8/18
犬童一心監督「タッチ」の完成披露試写会が17日都内で行われ、長澤まさみ、斉藤祥太、斉藤慶太らが出席したようだ。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」のクランクアップ会見が17日都内で行われ、反町隆史、中村獅童、渡哲也、仲代達矢らが出席したようだ。
経済産業省の研究会は「アジア全体で、ハリウッドに対抗できるコンテンツ産業を育成する必要がある」とする提言をまとめたようだ。
重症心身障害児者施設「第二びわこ学園」の人々を描いた、小林茂監督のドキュメンタリー映画「わたしの季節」が、新潟県内で今月から上映されるらしい。
日本から海外への骨髄提供が増加しているらしい。「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)、「半落ち」(佐々部清監督,2004年)などのヒットでドナー登録が順調に伸びていることが背景にあるようだ。
愛知万博の総入場者数が18日、1500万人を突破したようだ。
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演の新作「四月の雪」のベッドシーンについて、製作会社の関係者は「露骨な表現よりは、感情の波を最大限にキャメラに収める形で撮影が行われ、エロチックな雰囲気を作り出すことができた」と語ったようだ。
11日に韓国で封切られたチャン・ジン監督「拍手する時に去れ」の観客動員数が17日、105万人に達したようだ。
ムン・グニョンは15日、大学受験を控えた同級生350人にピザを差し入れしたたらしい。
チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン共演の新作「君は僕の運命」のポスターが公開されたようだ。
パク・チャンウク監督は、17日行われた対談の中で「私は常に2時間余の限られた時間内で作業をしてきた。10〜20時間のミニシリーズのような作品を作ってみたいと思っている」と語ったらしい。
英国(英連邦)出身の有名人の名前を刻んだAvenue of the Starsが来月18日、ロンドンに登場するらしい。チャールズ・チャプリン、ローレンス・オリヴィエ、アレック・ギネス、ピーター・セラーズ、ニコール・キッドマン、アルフレッド・ヒチコックら100組の名前でスタート、毎年追加されるようだ。
20日開幕のフジテレビ・イベント「お台場映画王」で24日に上映される「妖星ゴラス」(本多猪四郎監督,1962年)は、100席中5枚しか前売り券が売れていないらしい。
Universal Picturesは、「アメリカン・パイ」("American Pie",1999年)シリーズを手がけたアダム・ヘルツ(Adam Herz)によるタイトル未定の新作コメディ企画を獲得したようだ。
Beacon Picturesは、新作サイコ・ホラー"Serial"の脚本にアダム・リップ(Adam Ripp)とスティーヴン・ウルフソン(Steven Wolfson)を起用したようだ。リップが監督も務めるらしい。
「オーシャンズ11」("Ocean's Eleven",2001年)のプロデューサー、ジェリー・ワイントラウブ(Jerry Weintraub)は新作コメディ"Genius"の脚本に、新人のドン・ハンドフィールド(Don Handfield)を起用したようだ。
ロバート・ゼメキス監督の新作CGアニメーション"Beowulf"で、アンジェリーナ・ジョリーの出演が決まったようだ。
来月23日に開幕する第43回ニューヨーク映画祭の上映作品が発表されたようだ。選定委員会代表のリチャード・ペナ(Richard Pena)は「テーマを考えて作品を選んだわけではないが、今年のラインナップを見ると、映画や芸術において歴史がどう扱われ、再生され、表現されるかという一つのテーマがある」と語ったらしい。
Weinstein Co.は、ジェフ・アボット(Jeff Abbott)の新作小説"Panic"の映画化権を獲得したようだ。
米ABCの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)に出演するエヴァ・ロンゴリアは17日、撮影中に落下してきたポールが頭に当たり、病院に運ばれたらしい。軽症で済んだ模様。
米MTVは、アンジェリーナ・ジョリーのケニア訪問の模様を追ったドキュメンタリー番組を、来月14日に放送するようだ。
リン・レッドグレイヴは、来月22日に開催されるNew York Women in Film and Television主催のイベントにスペシャルゲストとして出席するらしい。
ハリー・コニックJr.は来年、「パジャマ・ゲーム」("The Pajama Game")のリバイバル上演でブロードウェイ・デビューするらしい。
ヨットの持ち主だった夫妻を錨に結びつけ、生きたまま海に沈めて殺害した容疑で、元子役スターのスカイラー・デレオン(Skylar Deleon)と彼の妻のジェニファー・ヘンダーソン・デレオン(Jennifer Henderson Deleon)の予審が行われ、米オレンジ郡上級裁判所の裁判官は2人を裁判にかけることを命じたようだ。
新型コンピュータ・ウィルス感染が米国で急速に拡大、CNNやABCなど放送メディアにも一部影響を与えた模様。
米Lions Gate Entertainmentは17日、次世代DVD規格としてBlu-ray Discを支持する、と表明したようだ。
GyaOは、アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督「頭文字D」のオンライン試写会を、今月28-29日に開催するらしい。抽選で200人が参加できるようだ。
iモードサイト「韓国テレビジョン」で、今月31日に開催されるペ・ヨンジュン来日イベント「April Snow-再会-」の映像が配信されるらしい。
滋賀県甲賀市、三重県伊賀市と両市の観光協会などは、下山天監督「忍 SHINOBI」のプロモーションを共同で行うらしい。観光冊子の配布や観光物産展などが企画されているようだ。
興行的に失敗した「アイランド」("The Island")のプロデューサーのウォルター・パークス(Walter Parkes)とローリー・マクドナルド(Laurie Macdonald)が、主演のスカーレット・ヨハンソンを「TV女優だってもう少し観客の心を捉えることが出来る」と非難したことについて、ヨハンソンは「マーケティングの失敗の責任を転嫁しようとするプロデューサー達の一例よ。私は映画の仕上がりに満足しているわ」と語ったらしい。
ロザリオ・ドーソンが彼女の母親と共に暮らしているニューヨークのアパートの家主は「彼女は億万長者だ。我々の建物は、低所得者向けのものだ」と怒っているらしい。
アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)の目の前で車とバイクが突然炎上、彼女はショックで泣き出してしまったらしい。アシュトン・カッチャーの"Punk'd"の犠牲者になったようだ。
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジンらによる「四月の雪」公開記念イベント「April Snow-再会-」のVIPルームに、「gooブログ」ユーザ3人が招待されるらしい。
明治大学は、故岡本喜八監督に特別功労賞を贈るようだ。授与式は10月25日に開催されるらしい。
水島精二監督「劇場版 鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜」上映中の丸の内プラゼールで17日、特別舞台挨拶が行われ、佐藤藍子がアルフォンス・エルリックのコスプレで参加したらしい。
マイケル・ホイが25日に来日するらしい。
Screen GemsとLakeshore Entertainmentは、超自然スリラー"The Covenant"の監督として、レニー・ハーリンを正式に起用したようだ。セバスチャン・スタン(Sebastian Stan)、スティーヴン・ストレイト(Steven Strait)、トビー・ヘミングウェイ(Toby Hemingway)、チェイス・クロフォード(Chace Crawford)の共演で、10月4日からモントリオールで製作に入る模様。
Cinema Management Groupは、デイヴ・ペイン(Dave Payne)監督・脚本による新作ホラー"Reeker"の海外配給権を獲得したようだ。
キャリー・フィッシャーが、米WBの人気TVシリーズ"Smallville"(2001年-)の10月27日放送にゲスト出演するらしい。デイリー・プラネットの編集長を演じるようだ。
ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督、ナタリー・ポートマン主演の新作"V For Vendetta"の米国公開日が、来年3月17日に延期されたようだ。
「美女と野獣」("Beauty and the Beast",1991年)、「ライオン・キング」("The Lion King",1994年)、「トイ・ストーリー」("Toy Story",1995年)、「バグズ・ライフ」("A Bug's Life",1998年)などの作品で脚本を手がけたほか、声優としても活躍した、Pixar Animation Studiosの中心人物の一人、ジョー・ランフト(Joe Ranft)さんが15日亡くなった(45歳)。ご冥福をお祈りいたします。
キーラ・ナイトレイの主演で、オードリー・ヘプバーンの伝記映画が企画されているらしい。
ピアース・ブロスナンはEntertainment Weekly誌のインタビューで「(ジェイムズ・ボンド役降板の知らせは)1本の電話、それだけだった。これでやりたいことが出来る。イメージに縛られることはもうない。そんな風に考えた。だから、開放感を感じた」と語ったらしい。
マリリン・モンローの最初の夫で、ロサンゼルス市警の警察官だったジェイムズ・ドハティ(James Dougherty)さんが15日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  8/19
「ベニスと月とあなた」("Venezia, la luna e tu",1958年)、「四次元の情事」("Amore in quattro dimensioni",1964年)、「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」("Il Buono, il brutto, il cattivo",1966年)、「黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦」("Homo Eroticus",1971年)、「カンタベリー物語」("I Racconti di Canterbury",1972年)、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」("Once Upon a Time in America",1984年)、「未来は女のものである」("Il Futuro e donna",1984年)、「ジンジャーとフレッド」("Ginger e Fred",1986年)、「薔薇の名前」("Der Name der Rose",1986年)、「インテルビスタ」("Intervista",1987年)、「死と処女」("Death and the Maiden",1994年)、「ライフ・イズ・ビューティフル」("La Vita e bella",1997年)など、数多くの作品を手がけた、映画撮影技師のトニーノ・デリ・コリ(Tonino Delli Colli)さんが17日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米ABCの人気シリーズ"Lost"(2004年-)の日本版エンディングテーマ「Here I am」を歌うCHEMISTRYの2人が18日、都内で会見したようだ。
12月公開の大森一樹監督「劇場版超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち」に、「高田総統」が出演するらしい。
18日都内で開催されたトーキョーシネマショーで、筑紫哲也によるトークショーが行われたようだ。「スター・ウォーズ」などの最近のハリウッド映画について「前に見たことあるような印象。物量とテクノロジーの駆使に限界を感じる」と語ったらしい。
デヴィッド・O・ラッセル監督、ジュード・ロウ主演「ハッカビーズ」("I Heart Huckabees",2004年)のイベントが18日都内で行われ、川島なお美がゲストとして出席したようだ。
舘ひろしが歌う「まだまだあぶない刑事」のエンディング曲「貴女と・・・」の公開レコーディングが18日都内で行われたようだ。自ら作詞・作曲したらしい。
三島由紀夫が監督・主演した映画「憂國」(1966年)のフィルムが発見されたらしい。DVD化も決定したようだ。
ペ・ヨンジュンが19日、「四月の雪」プロモーションのため台湾を訪問したようだ。中正国際空港には1000人のファンが殺到したらしい。
朝鮮日報が日本で行った「一番好きな韓国女優」の調査によると、チェ・ジウが36.7%で1位、ソン・イェジンが24.8%で2位に選ばれたようだ。
26日開幕する2005光州国際映画祭の閉幕式で、俳優のオ・ジホと人気グループJEWELRYのパク・ジョンアが司会を務めるようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演「四月の雪」(「外出」)の大型ポスターが、ペ・ヨンジュンの訪問にあわせて台湾のホテルに設置されたらしい。
韓国で公開中の3作品「親切なグムジャさん」「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」「拍手する時に去れ」がいずれも大ヒット、3作品の観客動員数は17日までに818万人に達した模様。
1980年12月7日にヘロインの過剰摂取で亡くなった、パンクロック・バンドGermsのヴォーカリスト、ダービー・クラッシュ(Darby Crash)を描く、ロジャー・グロスマン(Rodger Grossman)脚本・監督の"What We Do Is Secret"がクランクアップしたようだ。
ポール・ジアマッティとモニカ・ベルッチは、マイケル・デイヴィス(Michael Davis)監督・脚本、クライヴ・オーウェン主演の新作アクション"Shoot 'Em Up"への出演に向けて交渉中らしい。
1955年に起きた黒人少年殺害事件を追ったドキュメンタリー映画"The Untold Story of Emmett Louis Till"のプレミア上映が17日、ニューヨークのFilm Forumで行われたようだ。監督のキース・ビューチャンプ(Keith Beauchamp)は、公民権弁護士を目指して大学で刑事裁判の研究をしていたものの、映画監督へと転向したらしい。
CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")のDVDが、11月15日に米国で発売されるらしい。メイキングやマダガスカルのバーチャル・ツアーなどの特典映像や100を越えるミニゲームが特典として収録されるようだ。
"Left Behind: The Movie"(2001年)の続編"Left Behind: World at War"が、DVD発売直前の10月21日〜23日の週末に、全米の数百箇所の教会で上映されるらしい。
Focus Featuresは、ジム・ジャームッシュ監督、ビル・マーレイ主演"Broken Flowers"、フェルナンド・メイレレス監督、レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ共演"The Constant Gardener"、アン・リー監督、ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール共演"Brokeback Mountain"、ジョー・ライト(Joe Wright)監督、キーラ・ナイトレイ主演"Pride and Prejudice"の4作品を年末にかけて順次公開、オスカー獲得を目指すようだ。
全米週末公開作品では、ジャド・アパトウ(Judd Apatow)監督、スティーヴ・カレル(Steve Carell)主演のコメディ"The 40-Year-Old Virgin"が2000万ドルの週末興収でトップになると予想されているようだ。また、ウェス・クレイヴン監督、レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィ共演の新作スリラー"Red Eye"は1500万ドル前後、「シュレック」("Shrek",2002年)のプロデューサー、ジョン・H・ウィリアムス(John H. Williams)による英国産フルCGアニメ"Valiant"が1000万ドルの興収を獲得する模様。
米映画館主協会(National Association of Theater Owners)のジョン・フィティアン(John Fithian)会長は「確かに、今年の映画はパッとしない。だが、恐れることはない。ただパッとしないだけだ。映画産業は、史上最高の興収を記録した昨年に対し、一時的な低下を経験しているのだ」と語り、「映画産業は劇場とビデオの同時リリースに向けて進むべきだ」とするWalt Disneyのロバート・アイガー(Robert Iger)CEOの発言を牽制したようだ。
P・ディディことショーン・コムズは、「ディディ」(Diddy)と改名したようだ。
欧州ツアーを中止したエミネムは、睡眠薬依存症で入院していたらしい。
英BBCは、大ヒットコメディ・シリーズ"Extras"(2005年-)の第2シーズン制作を決定したようだ。
カトリック教の尼僧メアリー・マイケル(Mary Michael)は、現在英国で映画化が進行中のダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")について「まさに信仰の教義に対する攻撃のように思えます。街に悪をもたらすのではないかと、少し心配です」と語ったらしい。
ジェフ・ゴールドブラムは、来月9日にスタートする米AMCの新シリーズ"Movies That Shook the World"でナレーションを務めるらしい。「卒業」("The Graduate",1967年)、「国民の創生」("Birth of a Nation",1915年)、「ドゥ・ザ・ライト・シング」("Do The Right Thing",1989年)、「危険な情事」("Fatal Attraction",1987年)、「チャイナ・シンドローム」("The China Syndrome",1979年)などの作品が社会に与えた影響を検証するドキュメンタリー番組のようだ。
マーティン・ハインズ(Martin Hynes)監督のインディ作品"The Go-Getter"で、ゾーイー・デシャネル、ジェナ・マローン、ウィリアム・リー・スコットが共演するようだ。10月半ばにオレゴン州で撮影に入る模様。
Sony Picturesは、Macromediaが今月8日に発表したFlash Professional 8を使ったサイトEnterTheUnderworld.comを立ち上げたようだ。
ビル・プルマンとハリー・ディーン・スタントンは、ジョニー・キャンベル(Johnny Campbell)の監督デビュー作となる新作コメディ"Alien Autopsy"で共演するようだ。来月からロンドンとロサンゼルスで製作が始まるらしい。
新作"Superman Returns"撮影中のブライアン・シンガー監督が、先月サンディエゴで開催されたComic-Conに参加した際の映像が公開されたようだ。
ハロルド・ライミス監督、ジョン・キューザック、ビリー・ボブ・ソーントン、コニー・ニールセン共演の新作"The Ice Harvest"のポスターが公開されたようだ。
神話(SHINHWA)のチョンジンは、アクション映画でキム・テヒと共演したい、と語ったらしい。
来月出産予定のブリトニー・スピアーズは、男の子向けの洋服などを買い込んでいるらしい。名前は「プレストン(Preston)」が有力候補とか。
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンは、カリフォルニア州だけで認められている特例を活用して、弁護士事務所に裁判官を呼んで、非公開で離婚裁判を行う予定らしい。
フランソワ・オゾン監督「ふたりの5つの分かれ路」("5x2 cinq fois deux",2004年)の試写会が18日都内で行われ、高岡早紀がゲストとして出席したようだ。
ロッテリアは19日、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」のオリジナルグッズプレゼントキャンペーンをスタートしたようだ。
踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX」が11月25日に発売されるらしい。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社ユー・エス・ジェイは、11の金融機関から650億円を借り入れることで合意した、と発表したようだ。
米WBは、ロックニー・S・オバノン(Rockne S. O'Bannon)の脚本によるスリラー"Cult"のパイロット版制作を発注したようだ。
Lions Gate Filmは、ジェイムズ・L・ハルペリン(James L. Halperin)のSFスリラー小説"The Truth Machine"のオプションを獲得したようだ。
Walt Disney Picturesは、ビル・ケリー(Bill Kelly)の脚本による現代版アラジンの企画を獲得したようだ。アダム・シャンクマンの監督で実写映画化されるらしい。
米FOXのコメディシリーズ"Arrested Development"(2003年-)で脚本と制作総指揮を務めるチャック・マーティン(Chuck Martin)は、新作コメディ"Mr. Nice Guy"で映画監督デビューするようだ。
Stone Village Picturesは、フランス映画「男の争い」("Du rififi chez les hommes",1955年)のリメイク権を獲得、ハロルド・ベッカー監督、アル・パチーノ主演で映画化するらしい。
ジョー・カーナハン監督の次回作となるアクションコメディ"Smokin' Aces"で、アリシア・キーズがライアン・レイノルズ、ジェレミー・ピヴェンらと共演するらしい。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、ニコール・キッドマン主演によるSFスリラー"Invasion"で、ダニエル・クレイグの共演が決まったようだ。
米Time誌は「米国で最も影響力のあるヒスパニック25人」を発表、ショウビズ界からはロバート・ロドリゲス、ジョージ・ロペス、ジェニファー・ロペス、サルマ・ハエックらの名前が挙がったようだ。
ジュード・ロウとシエナ・ミラーが一緒にロンドンを散歩している写真が、New York Post紙に掲載されたらしい。
  8/20
TBSのドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」が、国際エミー賞のドラマ・シリーズ部門の最終選考に残ったらしい。
シナリオ 四月の雪」が来月9日に発売されるようだ。
本広克行監督「サマータイムマシン・ブルース」の屋外試写会が19日、日比谷公園で行われ、上野樹里、瑛太らが参加したようだ。
「アフガン零年」("Osama",2004年)のセディク・バルマク監督が来日し、19日に東大寺大仏殿を訪れたようだ。
ニコール・キッドマン主演「奥さまは魔女」("Bewitched")の公開にあわせて韓国で行われた「魔法使いであることを隠しているような芸能人」の調査によると、イ・ナヨンが36%で1位に、チョン・ジヒョンが25%で2位に選ばれたらしい。
クォン・サンウ、イ・ドンゴン、チェ・ミンスらは、所属する芸能プロダクション「アイスターシネマ」の株式の51%を56億ウォンで買収し、経営権を取得したようだ。
本広克行監督「サマータイムマシン・ブルース」の特別上映会が、29日に香川県内で行われるらしい。監督やキャストの舞台挨拶も行われるようだ。
「北の零年」(行定勲監督,2004年)のロケセットが、来月3日から北海道夕張市の「石炭の歴史村」で公開されるらしい。初日には吉永小百合も出席する予定とか。
第30回湯布院映画祭が24日開幕するようだ。「笑い」をテーマに、「花と嵐とギャング」(石井輝男監督,1961年)、「ひばり・チエミの弥次喜多道中記」(沢島忠監督,1962年)、「殺人狂時代」(岡本喜八監督,1967年)などが上映されるらしい。
BillboardのHot R&B/Hip-Hopシングル・チャートで、ジェイミー・フォックスをfeaturingしたカニエ・ウェストの新曲"Gold Digger"が3位にランクアップ、一方、カニエ・ウェストをfeaturingしたジェイミー・フォックスの新曲"Extravaganza"が、同チャートで初登場77位となったようだ。
Black Eyed Peasのファーギー(Fergie)は、恋人のジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)について「彼はもの凄くゴージャスだけれど、私が彼に惹かれるのは私を驚かせてくれるから。彼は朝ごはんを作ってくれるのよ。だから私も作ってあげるの」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは、多くの部門でノミネートされているにもかかわらず、MTV Video Music Awardsへの出席を拒否しているようだ。彼女がパフォーマンスを披露する時間が設けられなかったことに怒っているらしい。
ジェイムズ・ガン(James Gunn)脚本・監督、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー共演の新作ホラー"Slither"の特報が公開されたようだ。
26日放送の日本テレビ「夏休みジブリスペシャル『猫の恩返し』」で、石川梨華と田中れいながナビゲーターを務めるらしい。
ホ・ジノ監督「四月の雪」プロモーションのため台湾訪問中のペ・ヨンジュンは、19日行われた記者会見で、アン・リー監督作品への出演を希望したらしい。
布川敏和の初監督作品「バッシュメント」のロケが19日千葉県の和田海岸で行われ、主演の土屋アンナらが参加したようだ
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")で"白い魔女"役を演じているティルダ・スウィントンは「私は、この原作を読まずに英国で育った数少ない人間の一人なの。だから、初心者の気持ちで参加したわ。まだ読み終わっていないけれど、素晴らしい本だと思ったし、素晴らしい映画になると思った」と語ったらしい。
マイケル・ポーリッシュ監督の新作"The Astronaut Farmer"で、ビリー・ボブ・ソーントンの主演が決まったようだ。自宅の納屋で宇宙船を組み立て始める風変わりな農夫を描く作品とか。来月7日からニューメキシコで撮影が始まるらしい。
米ABCの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)に出演するマーシア・クロス(Marcia Cross)が、47歳の証券マンと婚約したらしい。
  8/21
16日発売される「オー!マイキー」シリーズの新作DVD「OH!Mikey HARD CORE」の応援団長に住谷正樹が起用されたらしい。CMは公式サイトで配信されるようだ。
「劇場版 XXXHolic 真夏ノ夜ノ夢」「劇場版 ツバサ・クロニコル年代記 鳥カゴの国の姫君」が20日初日を迎え、入野自由らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
白石晃士監督「ノロイ」が20日初日を迎え、松本まりかが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
韓国で公開中の、パク・グァンヒョン監督「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」の観客動員数が、公開17日目で400万人を突破したようだ。
1968年にオープンした長野県大町市白塩町の映画館「大町劇場」が21日、「名探偵コナン」と「クレヨンしんちゃん」の上映で閉館するようだ。
チェン・カイコー監督「さらば、わが愛 覇王別姫」(1993年)の写真パネルや未公開シーンなどを展示する記念展覧会が、来月12日から香港文化センターで開催されるらしい。海外での巡回展覧も検討されているようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」の日本での買い付け価格は、韓国映画としては過去最高の約7億3500万円に達したらしい。
ソン・ヒョナ主演の新作ホラー「チェロ」の撮影に使用されたアンティーク家具などが、チャリティ・オークションにかけられたようだ。
キム・ソンジュン監督、チェ・ジウ主演の新作「連理枝」を記念した、高さ10メートルの"連理枝"(2本の木の枝が絡み合い、1本の木のよう成長した「愛の木」)が制作され、斉州島牛島に設置されるらしい。
ジャド・アパトウ(Judd Apatow)監督、スティーヴ・カレル(Steve Carell)主演のコメディ"The 40-Year-Old Virgin"が19日、全米2845館で封切られ、初日興収706万ドルを記録した模様。一方、3079館での公開がスタートしたウェス・クレイヴン監督"Red Eye"は、初日興収592万ドルだったらしい。
(アシュリー・シンプソンの恋人)ライアン・カブレラ(Ryan Cabrera)の2006年カレンダーが発売されるらしい。「ゾッとするよ。12ヶ月分、違うヘアスタイルで写真を撮るんだ。僕ってダサいし。何で僕のカレンダーを欲しがるか分からないけど、でも、ファンのみんなに届けられるのは嬉しいよ」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは「休暇のときはいつも悲しいの。何かを成し遂げて、その報酬を手にすることが好きなのよ。だから、何もしていないと自己嫌悪に陥ってしまう。自分が無価値に思えるの」と語ったようだ。
「達磨よ、ソウルへ行こう」、「どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるホン班長」など、日本未公開の韓国映画4作品を上映する「シネマコリア2005」が20日、都内で開幕したようだ。
20日開幕した「お台場映画王」で、「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)シーズンIVの「全24話イッキ見せ30時間耐久上映会」がスタートしたようだ。チケット300枚は発売開始10分で売り切れたとか。
  8/22
ロサンゼルスで、TV番組のロケが急増しているらしい。一方、映画のロケは減少しているようだ。
ティム・バートン監督「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")プロモーションのため、主演のジョニー・デップが来月3日に来日するらしい。
布川敏和の初監督作品「バッシュメント」のクライマックスシーンの撮影が21日神奈川県内で行われ、要潤、土屋アンナらが参加したようだ。
今月23日にソウル市内の映画館で開催されるペ・ヨンジュン主演「四月の雪」に、日本のマスコミ200人を含む400人の外国人記者が招待されたらしい。
イ・ミョンセ監督、ハ・ジウォン、カン・ドンウォン共演「刑事 Duelist」と、ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演「四月の雪」が、来月8日開幕する第30回トロント国際映画祭に出品されるらしい。
韓国で公開中の「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」は週末観客動員数22万7743人を記録、3週連続1位を獲得したようだ。
ヴェネチア国際映画祭で「如果愛」("Perhaps Love")がクロージング上映されるのに合わせ、ピーター・チャン監督、金城武、チ・ジニらが来月8日、現地を訪れるようだ。
「下妻物語」(中島哲也監督,2004年)の試写会が今月、韓国で開催されるようだ。24日はヤンキー・ファッションの観客、30日はロリータ・ファッションの観客限定とか。
18日に韓国で封切られたイ・ボムス主演「このまま死ぬわけにはいかない」は、21日までに観客動員数34万人に達したようだ。
ぺ・ヨンジュンの人気は「トム・クルーズを超えた」と、台湾で報じられているらしい。
ボリウッド女優のアイシュワリヤー・ラーイが来月、ポリオ撲滅キャンペーンのためパキスタンを訪問するらしい。
落馬して骨折したマドンナが20日、ロンドン市内のユダヤ教神秘主義(Kabbalah)の施設を、ギプス姿で訪問したらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は19日、新作"Saw II"のポスター・デザインについて「切断された指を表示した宣伝素材は、広告管理基準に照らして、承認することは出来ない」と発表したようだ。
英上院・下院議員を対象に行った「今夏の休暇に持っていく本」の調査によると、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")が1位、J・K・ローリング"Harry Potter and the Half-Blood Prince"が3位だったらしい。
全米週末興収は、スティーヴ・カレル(Steve Carell)主演のコメディ"The 40-Year-Old Virgin"が2050万ドル(2845館)で初登場1位を獲得、レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィ共演の新作スリラー"Red Eye"は1650万ドル(3079館)で2位のスタートとなったようだ。
柴咲コウが歌う「この胸いっぱいの愛を」(塩田明彦監督)の主題歌「Sweet Mom」が、10月5日にシングル発売されるようだ。
小説家やファッション・デザイナー、動物愛護運動家としても活動するパメラ・アンダーソンが、今度はロック歌手になるらしい。「ブライアン・アダムスは私の友人で、彼が新曲"When You're Gone"を一緒に歌って欲しいと私に頼んできたの。彼と一緒に歌ったけど、悪くなかった。自分でも驚いている。10月に発売のアルバムに入っているわ」と語ったようだ。
ヒラリー・ダフは「ここ数ヶ月でかなり痩せたわ。以前はフライドポテト中毒だったの。世界一のフライドポテト好き、っていう感じ。一日中フライドポテトを食べていても平気だった。今は、毎日少しずつ食べるようにしている。効果はてき面だったわ」と語ったらしい。
臨時列車「シベリア超特急」が21日、石川県の「のと鉄道」の和倉温泉駅―穴水駅間を走ったようだ。ファン48人と共に水野晴郎と西田和昭が乗車、トークショーなどが行われたらしい。
米人気ドラマシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)のスタジオセットやロケ地などを巡る「24オフィシャルツアー」が11月に行われるらしい。キーファー・サザーランドとのスペシャルパーティも予定されているとか。
長澤雅彦監督の新作「青空のゆくえ」の動画やインタビュー映像などのコンテンツが、エクシングの携帯電話向けサイト「動画deポケ声」で無料配信されるらしい。
ジェイムズ・フォーリー監督、ハル・ベリー主演の新作サイコスリラー"Perfect Stranger"で、ブルース・ウィリスの共演が決まった模様。
ロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)監督は、20th Century Foxの新作アクション・スリラー"Runaway Train"を手がけるようだ。可燃性液体と毒ガスを満載した列車が無人で暴走し・・・という話らしい。来年はじめに撮影に入る模様。
エディ・マーフィ主演の新作コメディ"Norbit"は、スケジュールの都合で降板したローソン・マーシャル・サーバーに代わってブライアン・ロビンスが監督を務めるようだ。撮影開始は来年3月になる模様。
ブルース・キャンベルが"Spider-Man 3"に出演するらしい。まだ、どんなキャラクタを演じるかは不明とか。
ヒラリー・スワンク主演による新作ホラー"The Reaping"で、デヴィッド・モリッシー、イドリス・エルバ(Idris Elba)の共演が決まったようだ。
アル・パチーノが、新作でナポレオン(Napoleon Bonaparte,1769-1821)を演じるらしい。
チャーリー・シーンとの離婚手続きに入っているデニース・リチャーズは、最近再び婚約指輪をはめるようになったらしい。
米HBOのTVドラマシリーズ"Six Feet Under"(2001-2005年)が21日、最終回を迎えたようだ。
日本出版販売株式会社は、開封後48時間で再生不可能となるDVDを使用した「48DVD」シリーズ第1弾として、「アビエイター」("The Aviator",2004年)、「花と蛇」(石井隆監督,2004年)など3タイトルを来月17日から各600円で販売する、と発表したようだ。
スティーヴ・ブシェミ監督、リヴ・タイラー、ケイシー・アフレック共演"Lonesome Jim"の予告編が公開されたようだ。
  8/23
藤沢市の映画館「フジサワ中央」では、「ヲタク」と自己申告すると「電車男」の入場料が1300円になるらしい。
Blu-ray Discのソニー、松下電器産業と、HD DVDの東芝によって行われていた次世代DVD規格統一に向けた交渉は、結局、決裂したまま双方が断念したようだ。
31日にさいたまスーパーアリーナで開催される「四月の雪」公開記念イベント「April Snow-再会-」の模様が、TBSチャンネルで10月1日に放送されるらしい。
辻仁成が今月、パリで交通事故を起こしていたらしい。
パク・ヨンハの武道館ライヴが22日行われ、女性ファン1万人が詰め掛けたようだ。
小中和哉監督「ミラーマン REFLEX」の製作発表が22日都内で行われ、唐渡亮、石田未来、伊藤裕子らが出席したようだ。TVシリーズに主演した石田信之も共演するらしい。
東映は22日、石原慎太郎製作総指揮・脚本、新城卓監督による映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」の製作を発表したようだ。太平洋戦争での特攻隊員の青春を描く作品らしい。
東京ディズニーシーで22日、「ミスティックリズム」公演中に客席上のライトが割れ、落ちてきた破片に当たった女性が、左腕に軽い火傷を負う事故が発生したらしい。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演「四月の雪」(「外出」)のプレミア試写会が23日、ソウル市内で開催されたようだ。
エンニオ・モリコーネが28日に韓国を訪問するようだ。
31日に開催される「四月の雪」公開記念イベント「April Snow-再会-」に、韓国のロックバンドLoveholicが出演するらしい。
クォン・サンウ主演最新作「野獣」の撮影現場が日本のマスコミ向けに公開されるらしい。正式招待された30人余りのメディア関係者のほか、40人ほどの取材陣が今月25日に現地に向かうようだ。
ツイ・ハーク監督「セブンソード」(「七剣」)に出演するキム・ソヨンの写真が公開されたようだ。
ジャッキー・チェン主演最新作"The Myth"のワールドプレミアが、来月20日に北京市の人民大会堂で開催されるらしい。
オリヴィア・ニュートン=ジョンの恋人で、カメラマンのパトリック・マクダーモット(Patrick McDermott)が、今年6月30日以来行方不明になっているらしい。
23日名古屋地裁で行われた、昨年8月に名古屋市内で男性に暴行を加え死亡させた少年の公判で、検察側は、少年が「凶気の桜」(薗田賢次監督,2002年)のDVDを見て影響を受けた、とする冒頭陳述を行ったようだ。
カリフォルニア州映画委員会の調査によると、映画製作会社の州外への移転により、数百万ドルの税収減となっている模様。
米Walt Disneyは、新作ミュージカル"Tarzan"の主演男優を募集中らしい。音楽は長編アニメ「ターザン」("Tarzan",1999年)同様フィル・コリンズが担当するようだ。
米ThinkFilmは、アトム・エゴヤン監督"Where the Truth Lies"についてNC-17と指定した米映画協会(Motion Picture Association of America)に対し、レイティングの変更を要求する方針を明らかにしたようだ。一方CARAは、同作品のレイティングはまだ公式発表していない、と言っているらしい。
ニューオーリンズのゴシックホラー作家を主人公に描く、米Lifetimeのドラマ・パイロット"Scarlett"で、レベッカ・ゲイハートの主演が決まったようだ。クリスティン・ダルトン(Kristen Dalton)、リンジー・フォンセカ(Lyndsy Fonseca)、マイケル・デュヴァート(Michael Duvert)らが共演するらしい。
ロサンゼルスの脚本家が19日、米ABCの人気TVシリーズ"Lost"(2004年-)は1977年に同局に提供した脚本に基づいているにもかかわらず、クレジットもなく対価も支払われていないとして、同局とTouchstone Televisionのプロデューサーに対する訴訟をロサンゼルス高等裁判所に起こしたようだ。
警察官の制服を所持していた2人の俳優がニューヨーク市警に逮捕された事件を受けて、米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は19日、俳優が警察官の制服を購入・所持することを認める文書が市当局から発行された、と発表したようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の国際版予告編が公開されたようだ。
小林政広監督「ええじゃないか、ニッポン 気仙沼伝説」の撮影が、来月から気仙沼市で始まるようだ。鈴木京香が主演するらしい。
アーロン・カーター(Aaron Carter)は、元恋人のリンゼイ・ローハンの最近の激ヤセについて「彼女は家族(父親)の問題に直面している。僕も以前、同じ経験をした。健康や精神的な問題を引き起こすことだってある。でも、彼女は強いし、問題を乗り越えるだろう。彼女はドラッグ中毒でもパーティ狂でもない。彼女は懸命に仕事をこなし、その上家族の問題にも対処しているんだ」と語ったようだ。
17歳のヒラリー・ダフは、ニューヨークのチェルシー地区で物件を物色中らしい。
ブラッド・ピットは、アンジェリーナ・ジョリーとの熱愛とジェニファー・アニストンとの破局を伝えた一連の報道について「ジェンは最高に魅力的で優しい女性だ。彼らが僕に何をしようと気にはしない。だが、世界で最も魅力的で優しい女性を利用するなんて、卑劣な行為だ」と語ったらしい。
ジェシカ・シンプソン、アシュリー・シンプソン姉妹は、MTV Video Music Awards開催後のパーティの新しいスポンサーを探しているらしい。当初スポンサーだった米People誌は、ジェシカ・シンプソンが無茶な要求を繰り返した上に、OK!誌と20万ドルで独占取材契約を結んだことから、降りてしまったようだ。
プロダクション I.G制作のTVアニメシリーズ「BLOOD+」は、ハンス・ジマーが音楽プロデュースを担当するらしい。
源孝志監督「大停電の夜に」の完成披露試写会が22日都内で行われ、香椎由宇、本郷奏多らが出席したようだ。
エイミー・トーキントン(Amy Talkington)監督、トム・ウィルキンソン、ニック・スタール、ジャニン・ターナー(Janine Turner)共演の新作インディ作品"The Night of the White Pants"で、セルマ・ブレア、フランシス・フィッシャー、ジェリー・ジュエル(Geri Jewell)も出演しているらしい。撮影は既に完了した模様。
Paramount Picturesは、「クライシス・オブ・アメリカ」("The Manchurian Candidate",2004年)のダニエル・パイン(Daniel Pyne)脚本による新作アクション・アドベンチャー"By Any Means Necessary"の監督に、アントワン・フークアを起用したようだ。来年はじめに製作開始の模様。
「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde",2001年)を手掛けたカレン・マックラー・ラッツ(Karen McCullah Lutz)の新作小説"The Bachelorette Party"のオプションを、20th Century Foxが獲得した模様。ニコール・キッドマンが主演と製作を務める予定らしい。
Fox Searchlight PicturesとCamelot Picturesは、ケネス・ロナーガン(Kenneth Lonergan)監督の新作"Margaret"に共同出資するようだ。アンナ・パキン、マット・デイモン、マーク・ラファロらが共演、来月からニューヨークで撮影に入る模様。
人気ビデオゲーム"Halo"の映画化は、2007年夏公開になるらしい。
米ABCの人気TVシリーズ"Lost"(2004年-)のキャストに、シンシア・ワトロス(Cynthia Watros)が加わるようだ。
今月19日、スカーレット・ヨハンソンの乗った乗用車が、Disneylandの入り口で別の車と衝突事故を起こしたらしい。パパラッチに追い回されていたことが原因だった模様。幸い双方に怪我はなかったようだ。
TVシリーズ"Xena: Warrior Princess"(1995-2001年)に主演したルーシー・ロウレス(Lucy Lawless)は、新作SFコメディ"Lost in Dino World"(仮題)に出演するらしい。
ナターシャ・リオンは、C型肝炎や心臓への感染症などで入院中らしい。
"Spy Hunter"に主演するザ・ロックは「うまく行っているよ。スチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)が今、脚本を書いている。彼は『コラテラル』("Collateral",2004年)や『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)を手がけた素晴らしい脚本家だ。2年前に発表した作品の一つだが、みんなに『Spy Hunterはどうなった?』って聞かれるよ。間違いは許されない作品なんだ」と語ったようだ。
トーマス・イアン・ニコラス、ジェニー・モレン(Jenny Mollen)、アンドリュー・ケイトス(Andrew Katos)、ディードリック・ベイダー、 ニコール・エッガート(Nicole Eggert)は、"National Lampoon's Cattle Call"で共演するらしい。ジョナサン・ウィンターズとポール・マザースキーもカメオ出演するようだ。マーティン・グイギー(Martin Guigui)が脚本と監督を務める模様。
エミー賞受賞のTV監督トッド・ホランド(Todd Holland)が、Regency Enterprisesの新作"Firehouse Dog"で監督を務める模様。ジョシュ・ハッチャーソンが主人公の少年を演じるらしい。来月18日からトロントで撮影に入るようだ。
キルスティン・ダンストの妊娠が報じられたらしい。ジェイク・ギレンホールと共にスーパーで買い物中、妊婦用のビタミン剤を手にしていたとか。
シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"からの最新画像が公開されたようだ。
"Mission: Impossible III"からの最新画像が公開されたようだ。
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンの離婚申請が19日、ロサンゼルス地裁で正式に受理された模様。10月2日に離婚が成立するようだ。
シンセサイザーの開発者として知られ、「テルミン」("Theremin: An Electronic Odyssey",1994年)、「MOOG モーグ」("Moog",2004年)などのドキュメンタリー映画にも出演した、ロバート・アーサー・モーグ(Robert Arthur Moog)さんが21日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
クリストファー・ノーラン監督の次回作"The Prestige"が、11月にも製作に入るらしい。
クリストファー・ボー監督最新作"Allegro"の予告編が公開されたようだ。
  8/24
「琉球カウボーイフィルムス」の第1回製作発表会が23日沖縄県北谷町で行われたようだ。當間早志監督「シーミー」、大城直也監督「マサーおじいの傘」、福永周平監督「SF×SF」の3作品の製作が、まもなく県内でスタートするようだ。
沖縄県の音楽家・宮良長包(1883-1939)を描く映画「えんどうの花」の製作発表が23日、沖縄県庁で行われ、監督の本永良夫、主演の池田卓らが出席したようだ。
23日ソウルで行われた「四月の雪」の試写会で、ペ・ヨンジュンが七三分けのヘアスタイルで登場、取材陣を驚かせたらしい。その後の記者会見では元の髪型に戻して出席したとか。
インフォプラントの調査によると、PSPユーザのUMD Video所有率は、男性で13.5%、女性で12.9%で、「持っておらず、近いうちに買う予定もない」と回答した人が過半数を超えたらしい。 [☆1000円以下なら売れると思うよ。]
VOGUE NIPPONはYahoo!と共同で、イザベル・アジャーニ、ヒラリー・スワンクら9人のセレブが愛用するバッグ計15点を、27日からチャリティ・オークションに出品する、と発表したようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン主演「四月の雪」で、ベッドシーンは2回あるらしい。
「ヘイフラワーとキルトシュー」("Heinahattu ja Vilttitossu",2002年)プロモーションのため、主演のカトリーナ・ダヴィとティルダ・キアンレトが来日、23日都内で記者会見が行われたようだ。SHIHOがゲストとして出席したらしい。
PS2用ゲームソフト「龍が如く」の制作発表会が23日都内で行われたようだ。渡哲也、三原じゅん子、藤原喜明らが声優として参加しているらしい。
国際批評家連盟(Federation Internationale de la Presse Cinematographique)は、2005年度のグランプリ作品として、キム・ギドク監督「空き家」("3-Iron",2004年)を選出したようだ。
29日スタートの韓国MBC「秘密男女」の制作発表が22日ソウル市内で行われ、ハン・ジヘらが出席したようだ。
26日に開幕する光州国際映画祭の開幕式で、ホ・ジュノとナム・サンミが司会を務めるようだ。
カン・ヘジョンは、チョ・スンウ主演の新作「トカゲ」でヒロイン役を演じるようだ。来月クランクインする模様。
ソン・ヘギョ、チャ・テヒョン共演の新作「波浪注意報」の撮影が23日、釜山の機械高等学校で行われたようだ。
先月17日にオープンした、広島県尾道市の「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)ロケセットは、まもなく入場者数が10万人を突破する模様。関連グッズの売り上げも2000万円に達したとか。
チェン・ボーリンと田中麗奈が、新作台湾映画「TRIPPING〜脱走〜」で共演するらしい。25日から浙江省のスタジオで撮影に入る模様。時空を越えたラブストーリー、とか。
アンジェリーナ・ジョリーとマドックスちゃんが22日、ブラッド・ピットと共にカナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館(Royal Tyrrell Museum of Palaeontology)を訪れたらしい。
加藤良三駐米大使は23日、公邸にPUFFYを招いてパーティを開いたようだ。米政府関係者や韓国のメディアなど100人余りが出席したとか。
来月8日に開幕する第30回トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)では、10日間で335作品を上映、主要作品256本の内109本がワールドプレミア、28本が国際プレミア(製作国以外での初公開)で、78本が北米初公開となるようだ。
クリストファー・パオリーニ(Christopher Paolini)のベストセラー小説"Eragon"に続く、3部作の第2章"Eldest"が23日出版されたようだ。
スペインの画家フランシスコ・ゴヤ(Francisco Goya, 1746-1828)を描く、ミロシュ・フォアマン監督の新作"Goya's Ghosts"で、ハヴィエル・バルデムとナタリー・ポートマンの共演が決定した模様。
デヴィッド・ニコルス(David Nicholls)のベストセラー小説に基づく、Playtone製作の新作"Starter for Ten"で、ジェイムズ・マカヴォイ(James McAvoy)の主演が決まったようだ。レベッカ・ホール(Rebecca Hall)、アリス・イヴ(Alice Eve)らの共演、トム・ヴォーン(Tom Vaughan)の監督で、来月5日から製作に入る模様。
米HBOの"Six Feet Under"(2001-2005年)にレギュラー出演したピーター・クラウス(Peter Krause)は、ジェフ・レンフロー(Jeff Renfroe)監督のインディ作品"Civic Duty"で主演と製作総指揮を務めるようだ。テロの計画に怯える会計士の隣にイスラム教徒の学生が引っ越してきて・・・という話らしい。来月からバンクーバーで撮影に入る模様。
1950年代に活躍した女優ラナ・ターナー(Lana Turner)の愛人だった、ギャングのジョニー・ストンパナート(Johnny Stompanato)を描く新作"Stompanato"で、キアヌ・リーヴスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが共演するらしい。エイドリアン・ラインが監督を務めるようだ。
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演の新作"A Good Year"で、マリオン・コティヤールがヒロイン役に決まったようだ。アーロン・エッカート、ディディエ・ブルドンも共演するらしい。来週からプロヴァンス地方で撮影に入る模様。
マイケル・ベイ監督「アイランド」("The Island")の北米を除く海外興収は8530万ドルに達したようだ。
ディーン・パリソット監督、ジム・キャリー主演"Fun With Dick and Jane"のポスターが公開されたようだ。
女の子達によるサッカーの世界を描くノーム・ハンター(Norm Hunter)監督の新作"Her Best Move"で、リア・パイプス(Leah Pipes)とダリル・サバラが共演するようだ。
エヴァン・レイチェル・ウッド主演"Pretty Persuasion"の公開が今月スタート、ニック・キャノン主演"Underclassman"が来月2日公開となるマルコス・シエガ(Marcos Siega)監督の次回作"Chaos Theory"は、ライアン・レイノルズが主演を務めるようだ。
ヒップホップ・アーティストのThe Gameが"Punk'd"されたようだ。打ち合わせを終えて出てくると、彼が車を止めた駐車場の入り口がコンクリートで固められていたらしい。激怒した彼は、ベンチや椅子やほうきをコンクリートに投げつけたとか。アシュトン・カッチャーは「彼は危険人物だ。だから、コンクリートで壁を作って"Punk'd"のスタッフに危害が及ばないようにしたんだ」と語ったらしい。
ダニー・ボイル監督によるタイトル未定("Sunshine")の新作SFスリラーの撮影がロンドンでスタートした模様。ローズ・バーン、クリフ・カーティス、クリス・エヴァンス、ミシェル・ヨー、キリアン・マーフィらと共に、真田広之も出演しているようだ。
米CBSは、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")のリンカン大聖堂での撮影現場の写真を公開したようだ。
サラ・ミシェル・ゲラーは、睡眠薬依存治療のため入院したと報じられたエミネムについて「彼の回復を願っています。彼のステージは何度も見に行きました。かれは素晴らしいアーティストです」と語ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは、友人のトレイス・アヤラ(Trace Ayala)と共に、新しいファッション・ブランドWilliam Rastを立ち上げたようだ。
「かわいい魔女ジニー」("I Dream of Jeannie",1965-1970年)のグリンダ・チャーダ監督による映画化で、ジェシカ・アルバが主演に決まったらしい。
ミーナ・スヴァーリは、若い女性に禁煙を訴えるCircle Of Friendsのキャンペーンに参加するようだ。
ニコール・キッドマン主演「奥さまは魔女」("Bewitched")の試写会が23日都内で行われ、ノーラ・エフロン監督と松田聖子が出席したようだ。
森田芳光監督「間宮兄弟」の撮影が、東映東京撮影所で行われ、佐々木蔵之介、常盤貴子、沢尻エリカらが参加したようだ。
河毛俊作監督「星になった少年」のロイヤルプレミアが23日バンコク市内で開催され、柳楽優弥らが会場を訪れたようだ。来月9日からタイで一般公開されるらしい。
デヴィッド・フィンチャー監督、ロバート・ダウニーJr.、ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、アンソニー・エドワーズ、ゲイリー・オールドマン共演の新作"Zodiac"に、クロエ・セヴィニーの出演が決まったようだ。
クリストファー・ゲスト監督の次回作は、映画製作の舞台裏を描く"For Your Consideration"になる模様。リッキー・ジャーヴェイス(Ricky Gervais)、キャサリン・オハラ、パーカー・ポージー、ハリー・シアラー、ユージーン・レヴィ、ボブ・バラバン、ジェニファー・クーリッジ、マイケル・マッキーン、フレッド・ウィラードが共演するようだ。
バーナード・ローズ監督次回作は、New Lineの新作ホラー"Amusement"になるようだ。来年はじめに製作に入る模様。
ウィル・フェレル、ヴィンス・ヴォーン共演のコメディ"Old School"(2003年)の続編製作が決定した模様。トッド・フィリップスが再び監督を務めるようだ。キャストはまだ未定らしい。
Sony Picturesは、「ブラックホーク・ダウン」("Black Hawk Down",2001年)を手掛けたケン・ノーラン(Ken Nolan)による75ページの"粗本"(=粗筋以上、脚本以下)を300万ドルで獲得するようだ。来年8月出版予定のホイットリー・ストリーバー(Whitley Strieber)のSF小説"The Grays"が原作らしい。
Warner Bros.とジョエル・シルヴァーによる新作サスペンス・スリラー"The Brave One"で、ジョディ・フォスターが主演に向けて交渉中らしい。
ゲイリー・ウィニック(Gary Winick)監督、ダコタ・ファニング主演の新作"Charlotte's Web"からの最新画像が公開されたようだ。
「ナイト・オブ・ザ・コメット」("Night of the Comet",1984年)の続編が製作中らしい。ケリー・マロニー(Kelli Maroney)が引き続き主演を務めるようだ。
開催中のエディンバラ国際映画祭で、リチャード・E・グラントの初監督作品"Wah-Wah"がプレミア上映されたようだ。
最も優れた邦題の作品を選ぶ第1回「筑紫賞:ゴールデンタイトル・アワード」の授賞式が18日に開催され、キム・ジウン監督「箪笥」が選ばれたようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督「ランド・オブ・ザ・デッド」("Land of the Dead")の公開を記念したオールナイトイベントが、26日に日比谷スカラ座で行われるらしい。「ゾンビ」("Dawn of the Dead",1978年)、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」("Night of the Living Dead",1968年)も上映されるほか、みうらじゅん、中原昌也のトークショーなども行われるようだ。
「ポギーとベス」("Porgy and Bess",1959年)、「アラバマ物語」("To Kill a Mockingbird",1962年)、「ソイレント・グリーン」("Soylent Green",1973年)、「パニック・イン・スタジアム」("Two-Minute Warning",1976年)、「スター・トレック4/故郷への長い道」("Star Trek IV: The Voyage Home",1986年)、「スター・トレック6 未知の世界」("Star Trek VI: The Undiscovered Country",1991年)、「ゴースト・オブ・ミシシッピー」("Ghosts of Mississippi",1996年)などの作品で活躍した、米俳優のブロック・ピーターズ(Brock Peters)さんが23日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジョン・ゲイティンス(John Gatins)監督、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング、エリザベス・シュー、クリス・クリストファーソン共演の新作"Dreamer: Inspired by a True Story"の予告編が公開されたようだ。
リュック・ベッソン監督は、新作ロマンチック・コメディ"Angel A"をパリで撮影中らしい。
  8/25
犬童一心監督「タッチ」の長澤まさみ、斉藤祥太、斉藤慶太らが24日、大阪市内で会見したようだ。
エカチャイ・ウアクロンタム監督「ビューティフル・ボーイ」("Beautiful Boxer",2004年)プロモーションのため、モデルとなった元エムタイ選手の"女優"パリンヤー・ジャルーンポンが来日、24日都内で記者会見を行ったようだ。
アンジェイ・ワイダ監督作品などポーランド映画12本を上映する「ポーランド映画 昨日と今日」が、来月13日から東京国立近代美術館フィルムセンターで開催されるらしい。
クァク・キョンテク監督、チャン・ドンゴン、イ・ミヨン共演の新作「台風」のポスターが公開されたようだ。
クォン・サンウ主演「野獣」の撮影現場が25日、報道陣に公開されたようだ。
現在韓国で公開中の「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」についてのアンケート調査で、「忘れられないシーン」の1位に「空から舞い降りるポップコーンの雪」が選ばれたようだ。
韓国で公開中のパク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演「親切なグムジャさん」には、通常のカラーバージョンと、徐々にモノクロに変わっていく特別バージョンの2種類があるらしい。
来月マレーシアで開催される第50回アジア太平洋映画祭で、ジャッキー・チェン、ダニエル・ウー主演「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」、ジェイ・チョウ主演「頭文字D」、ジョシー・ホー主演「胡蝶」の3作品が香港から出品されるらしい。
中国国家広播電影電視総局と中国広播電影電視集団が主催する「中国国際映画テレビ番組展覧会」が24日、北京で開幕したようだ。全572分のアニメーション大作「抗日小奇兵」も出品されるらしい。
ロバート・デ・ニーロの自宅から宝石などを盗んだとして起訴されたポーランド人の家政婦は「(デ・ニーロの妻)グレース(・ハイタワー)がケチだったから」と証言したらしい。キャンディス・バーゲンの自宅からもコートを盗んだ一方、「親切に扱ってくれた」イザベラ・ロッセリーニからは何も盗らなかったとか。
「青い春」(2002年)などを手がけた映画監督の豊田利晃が、覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕されたらしい。10月に予定されていた新作「空中庭園」の上映は中止になる模様。
韓国KBS第2テレビの新作ドラマ「ウェディング」撮影のため宮崎県を訪れているリュ・シウォンが、26日宮崎市内で記者会見を開くようだ。ファン800人も招待されるらしい。
クリント・イーストウッド監督の新作"Flags of Our Fathers"で、ジョセフ・クロス(Joseph Cross)の出演が決まったようだ。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督「シン・シティ」("Sin City",2005年)のDVDが米国でリリースされ、セルおよびレンタルチャートで1位を記録したようだ。
ジョー・ナスバウム監督、アレクサ・ヴェガ主演の映画"Sleepover"(2004年)に出演した、16歳の女優スカウト・テイラー=コンプトン(Scout Taylor-Compton)が、今月12日に自宅で目撃されて以来、行方不明となっているらしい。
フランク・シナトラ主演「黄金の腕」("The Man With the Golden Arm",1955年)のデジタルリマスタ版DVDが、10月18日に米国で発売されるようだ。シナトラやエルマー・バーンスタインとのインタビュー映像などを収録した特典ディスクとの2枚組みになるらしい。
米リアリティ番組の脚本家らは、過酷な条件での労働を強いられたとして、米FOXと、同局のリアリティ番組"Trading Spouses"のプロデューサーを訴えたようだ。
Universal Picturesと20th Century Foxは、人気ゲームソフト"Halo"の映画化について、500万ドルと興収の最大10%を支払うことでMicrosoftと合意したようだ。
クリストファー・リーヴが監督を務めていた新作TVアニメ映画"Yankee Irving"で、ロブ・ライナー、ウーピー・ゴールドバーグ、ブライアン・デネヒー、ウィリアム・H・メイシー、マンディ・パティンキン、ダナ・リーヴ、ロバート・ワグナー、リチャード・カインド、レイヴェン=シモーネらが声優として参加するらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクが、モデルのルーシー・クラークソン(Lucy Clarkson)との恋愛を報じた英News of the World紙に対し損害賠償を求めていた裁判で、ロンドン高等裁判所はティンバーレイク側の主張を認める判決を下したようだ。
"Doom"の最新予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
先月15日から全米公開中のデヴィッド・ドブキン監督、オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン共演の新作ロマンチック・コメディ"Wedding Crashers"は、総興収1億8000万ドルを突破、ウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch",2005年)を越えて、今年のNo.1ヒットコメディとなったようだ。
「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」("Indiana Jones and the Temple of Doom",1984年)のオープニングは、元々「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」("Raiders of the Lost Ark",1981年)のために用意されていたものの、予算の関係で脚本からカットされたものだったとか。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の国際版予告編が公開されたようだ。
アンドリュー・ドミニク(Andrew Dominik)監督、ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック共演の新作"The Assassination of Jesse James"で、メアリー=ルイーズ・パーカーの共演が決まったようだ。今週からカルガリーで撮影に入った模様。
ニキ・カーロ監督、シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、シシー・スペイセク、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン共演の新作"North Country"のポスターが公開されたようだ。
チーチ・マリンが監督を務める新作"Senor Dracula"は、ベラ・ルゴシ主演「ドラキュラ」("Dracula",1931年)のリメイクではなく、その製作の舞台裏を描く作品になるらしい。
新作「エリザベスタウン」("Elizabethtown")に主演したオーランド・ブルームは「撮影が始まった時、僕は28歳だったけど、出演した映画は10本くらいだった。学ぶこと、まだ知らないことが沢山あるよ。もっと小規模な作品で、自分の技術を磨きたいんだ」と語ったようだ。
オーランド・ブルームは「僕は本当に幸せ。ケイト(・ボスワース)は素敵な女の子だ。僕は("Superman Returns"撮影中の)ケイトに会うためにオーストラリアに行った。彼女は素晴らしい仕事をしている。才能ある女優だし、とても美しい。一緒に楽しい時間を過ごしたよ」と語ったらしい。
ホ・ジノ監督「四月の雪」の撮影中、ペ・ヨンジュンは止めていたタバコを再び吸い始めたらしい。「1日4箱吸ったこともある」とか。
人気コミック「ハチミツとクローバー」が、高田雅博監督、櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみの共演で映画化されるようだ。
10月8日スタートのTVアニメシリーズ「BLOOD+」の制作発表が25日都内で行われ、声優を務める喜多村英梨、小西克幸、吉野裕行らが出席したようだ。
米Lions GateはRichCrest Animationと、映画3作品の共同製作・共同出資について契約を結んだ模様。第1弾は、「シュレック」("Shrek",2002年)の原作者ウィリアム・スタイグ(William Steig)の児童書"Sylvester and the Magic Pebble"の映画化になるようだ。
米ABC、CBS、NBCの三大ネットワークのドラマ・シリーズに主演するスター達が各局ごとにチームを組み、様々な競技で競い合ったTV番組"Battle of the Network Stars"(1976年)の権利をParamount Picturesが獲得、同番組を題材にした映画が製作される模様。
ドン・ウィンズロウ(Don Winslow)の小説「ボビーZの気怠く優雅な人生」("The Death and Life of Bobby Z")のポール・ウォーカー、ローレンス・フィッシュバーン共演による映画化は、ジョン・ハーツフェルドが監督を務めるようだ。当初、ダグラス・アーニオコスキ(Douglas Aarniokoski)の監督デビュー作となる予定だったものの、方向性の違いから降板したらしい。
エミリオ・エステヴェス監督・脚本・主演による、ケネディ暗殺を題材にした新作"Bobby"で、アンソニー・ホプキンスとデミ・ムーアが出演に向けて最終交渉に入ったようだ。アンソニー・ホプキンスは製作総指揮も務める模様。
脚本家ザック・ヘルム(Zach Helm)の監督デビュー作となる、ナタリー・ポートマン主演のインディ作品"Mr. Magorium's Wonder Emporium"で、ダスティン・ホフマンが共演するらしい。撮影開始は来年3月になるようだ。
ドイツ人監督メナン・ヤポ(Mennan Yapo)のハリウッドデビュー作となる"Premonition"で、サンドラ・ブロックが出演交渉中のようだ。来年1月からルイジアナ州で撮影に入る模様。夫が交通事故で死ぬと予感した妻が・・・という話らしい。
ゴラン・ヴィシュニックは、次期ジェイムズ・ボンド役の候補に挙がっていることを認めたらしい。「でも、決まったとしても、(「『ER 緊急救命室』("ER",1994年-)の)コバッチュ役が終わりというわけじゃないよ。先に纏めて撮影するか、007と同時に撮影することになるかもしれない。ジョージ・クルーニーもそうしたんだ。「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」("Batman & Robin",1997年)の時、「ER」の撮影と同時進行だったんだ」と語ったようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督の新作"Serenity"のプロモーション映像2作品が公開されたようだ。
Sona Mobileは、Star Trek Communicator Phoneを来月発売するらしい。
スコット・バーンズ(Scott Burns)脚本・監督によるロシアの核施設を舞台にした新作ブラック・コメディ"PU-239"で、ラダ・ミッチェルとパディ・コンシダインが共演するようだ。今秋からルーマニアで撮影に入る模様。
クリス・クーパーとライアン・フィリップは、ビリー・レイ監督の新作スパイスリラー"Breach"で共演するようだ。
ロンドンのOld Vic Theatreが行った調査によると、英国の最も素晴らしい俳優に、男優はアンソニー・ホプキンス、女優はジュディ・デンチが選ばれたようだ。
ジョン・ヴォイトは、「ブラッド(・ピット)はいい奴だ。(娘の)アンジェリーナ(・ジョリー)を大切にしてくれるだろう」と語ったらしい。
クリス・コロンバス監督、ロサリオ・ドーソン、テイ・ディグス、ウィルソン・ジャーメイン・ヘレディア(Wilson Jermaine Heredia)、ジェシー・L・マーティン(Jesse L. Martin)、イディナ・メンゼル(Idina Menzel)、アダム・パスカル(Adam Pascal)、アンソニー・ラップ(Anthony Rapp)、トレイシー・トムズ(Tracie Thoms)共演のミュージカル映画"Rent"のポスターが公開されたようだ。
「プレデター2」("Predator 2",1990年)などを手掛けたプロデューサーのテリー・カー(Terry Carr)が今月1日、乗用車内で心臓発作を起こし亡くなったようだ。その際、9歳の娘が下敷きとなり、娘も窒息死したらしい。
ロシア製新作アクション"Mirror Wars"の予告編が公開されたようだ。
  8/26
新作ドラマ「ウエディング」撮影のため来日中のリュ・シウォンが26日、宮崎県宮崎市のシーガイアで記者会見を行ったようだ。ファン800人を招待するとの発表に、2640人が集まったとか。
アスミック・エースは、覚せい剤取締法違反で逮捕された豊田利晃監督の新作「空中庭園」の公開について「関係各社と協議中」で「今後の方向性について近日中に発表する」としているようだ。 [☆東京テアトル(テアトル新宿、テアトル梅田)は既に上映中止を決定しています。]
大谷健太郎監督「NANA」プロモーションのため、中島美嘉が25日大阪を訪れ、fm osakaの収録などに参加したようだ。
26日発売の「Mr.BOO! DVD-BOX」プロモーションのためマイケル・ホイが来日、都内で記者会見を行ったようだ。広川太一郎も出席したらしい。
坂本太郎監督「劇場版 仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼」の完成披露試写会が25日都内で行われ、細川茂樹らが出席したようだ。
m-floのニューアルバム「BEAT SPACE NINE」が24日、日韓同時発売されたようだ。
キム・スンウ、チャン・ドンゴン、チョン・ウソン、チ・ジニらが参加するアマチュア野球団が来月発足するらしい。 [☆欽ちゃん球団と対決か!?]
チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン共演の新作「君は僕の運命」の公式サイトがオープンしたようだ。
「下妻物語」(中島哲也監督,2004年)の韓国公開に合わせて行われた調査によると、「レース素材が似合いそうな韓国女性芸能人」の1位にソン・ヘギョが選ばれたらしい。
チョン・ジウ監督「親知らず」の製作発表が25日、ソウル市内で行われ、主演のキム・ジョンウンらが出席したようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy",2003年)のハリウッド・リメイクを手がけるジャスティン・リン監督は、元SESのシューに出演を依頼したようだ。
浅野総一郎(1848-1930)の生涯を描いた新田純子の著書「その男、はかりしれず」が、市川徹の監督で映画化されるようだ。
チェン・ボーリンの写真集「Bolin Strike」が、来月16日に発売されるようだ。
「アバウト・ラブ/関於愛」の公開を記念したチェン・ボーリンのファンイベントが、来月15日に都内で開催されるらしい。
大塚食品は26日「ボンカレークラシック」を29日から発売すると発表したようだ。パッケージには松坂慶子が印刷されているらしい。
28日に開催されるMTV Video Music Awardsを前に、マイアミでは数多くのコンサートやパーティが企画されていたものの、ハリケーンKatrinaの影響で中止となっているらしい。
デヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)監督によるスウェーデン映画"Den Osynlige"(2002年)のリメイク"The Invisible"で、ジャスティン・チャットウィンが出演交渉中のようだ。また、新人のマルガリータ・レヴィエヴァ(Margarita Levieva)、クリス・マークエットも共演するらしい。
米Wal-Martは、Walt Disney新作アニメ"The 3 Wise Men"のDVDの独占販売権を獲得したようだ。英語版とスペイン語版が収録され、英語版ではマーティン・シーン、エミリオ・エステヴェス、エディ・マーティンらが声優を務めているらしい。11月1日に発売される模様。
全米週末公開作品では、テリー・ギリアム監督"The Brothers Grimm"が1000万ドル台半ばから後半、コール・ハウザー主演のホラー"The Cave"が800万-1000万ドルの興収を記録する、と予想されているようだ。
ホテル従業員に電話機を投げつけたとして暴行容疑で起訴されていたラッセル・クロウの民事裁判は、クロウ側が10万ドルの賠償金を支払うことで和解したようだ。
ドン・チードルは、スーダンの難民救済を呼びかけるイベント"Live For Darfur"を立ち上げるようだ。U2らが参加するらしい。
今月12日に目撃されて以降行方が分からず、失踪かと報じられていた16歳の女優スカウト・テイラー=コンプトン(Scout Taylor-Compton)が、友人宅で発見されたようだ。家出だったらしい。
"Sex and the City"(1998-2004年)の原作者キャンディス・ブシュネル(Candace Bushnell)は、新作小説"Lipstick Jungle"のTVドラマ化について交渉中らしい。「まだ契約にはサインしていないけど、とても興味があるわ」と語ったようだ。
全編がコソボで撮影されたIsa Qosya監督17年ぶりの新作"Kukumi"が、開催中のサラエボ映画祭で24日、ワールドプレミア上映されたようだ。
マット・デイモンは、「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity",2002年)、「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy",2004年)に続くシリーズ第3弾について「第3作が最高傑作になれない理由なんてないよ。単なる金儲けじゃなくて、3部作として成功裏に終わらせるべきだ。いつまでも続けたいわけじゃないからね」と語ったようだ。
エルモア・レナード原作、ジョン・マッデン監督、ダイアン・レイン、ミッキー・ローク共演の新作"Killshot"に、トーマス・ジェインの出演が決まったようだ。10月11日にトロントで撮影に入る模様。
今月30日に発売の"Lilo & Stitch 2"DVDのワールドプレミアが、15日にオアフ島で開催されたらしい。
マーク・ストーファー(Mark Stouffer)監督の新作SFホラー"Hunter's Moon"で、デヴォン・サワの主演が決まったようだ。製作費は500万ドル以下で、個人投資家から資金を募るらしい。
ヒラリー・ダフの前歯は、コンサートでのエネルギッシュなパフォーマンスのたびにマイクに当たるためボロボロらしい。「あるステージで、2本の前歯が半分欠けてしまったこともある」とか。
スヌープ・ドッグは兄と共に、スケートボード会社Snoop Dogg Board Companyを立ち上げるらしい。
ブラッド・ピットは、長年トム・クルーズのパブリシストを務めていたパット・キングスレイ(Pat Kingsley)との契約を希望しているらしい。
ブリトニー・スピアーズとの結婚以来失業中だったケヴィン・フェダーラインは、ロサンゼルスにあるダンス学校のインストラクターを務めることになったようだ。
スカーレット・ヨハンソンとジョシュ・ハートネットは、ニューヨークのソーホーやウェスト・ビレッジ辺りで家を探しているらしい。
Yahoo!動画でペ・ヨンジュン特集がスタート、「ホテリアー」「愛の群像」「初恋」3作品の1-5話が無料配信されるようだ。
D-51が歌う「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督)の主題歌「ALWAYS」が、10月26日にシングル発売されるようだ。
ダニー・エルフマンが音楽を担当した「ティム・バートンのコープス ブライド」("Tim Burton's Corpse Bride")のサントラが、来月90日に米国で発売されるようだ。
ブリタニー・マーフィは「男の子とデートし始めたのは19歳の時から。母親に『夜遊びしなさい。人との付き合い方を学ぶ必要があるわ』と言われたからなの」と語ったようだ。スターとなった27歳の今も母親と同居中のマーフィは「母親と一緒に暮らして何がいけないの?私たちはとても仲がいい家族なのよ」と語ったらしい。
アルノー・ヴィアール監督「メトロで恋して」("Clara et moi",2004年)の試写会が25日都内で行われ、長谷川理恵がゲストとして出席したようだ。
イー・タンシン監督、アニタ・ユン主演「つきせぬ想い」を原案にした、小泉徳宏監督の新作「タイヨウのうた」で、シンガー・ソングライターのYUIが主演に抜擢されたらしい。主題歌も担当するようだ。塚本高史が共演、来月クランクインする模様。
水野晴郎監督・主演「シベリア超特急」シリーズのスピンオフ作品「欲望列車」(西田和昭監督)が、27日にテアトル新宿で開催される「シベ超祭り」で公開されるらしい。松本未来、夢野まりあ、中村有志、斉木しげる、南部虎弾、エスパー伊東らが共演しているようだ。
米ABCとTNTは共同で、スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の放映権を2500万ドルで購入したようだ。
"Mission: Impossible III"に、サッシャ・アレクサンダー(Sasha Alexander)の出演が決まったようだ。
来年出版予定のマイケル・レオナルド(Michael Leonard)の小説"The Last Lap"が、ロン・バーチ(Ron Burch)、デヴィッド・キッド(David Kidd)の脚本、アダム・シャンクマンの監督で映画化されるようだ。
Lions Gateは、ベア・アダーホールド(Bear Aderhold)とトム・サリヴァン(Tom Sullivan)によるファミリー・コメディ脚本"Notorious D.A.D."を獲得したようだ。
ジョージ・ギャロ製作・脚本・監督、レイ・リオッタ、トレヴァー・モーガン、アーミン・ミューラー=スタール、サマンサ・マティス共演の新作"Local Color"で、ロン・パールマン、チャールズ・ダーニング、 ダイアナ・スカーウィッドがキャストに合流したようだ。
ショーン・アスティンが、米FOXの人気TVシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)のキャストに加わるらしい。
ウィル・スミス、ジャダ・ピンケット・スミス夫妻の7歳の息子ジェイデン・スミス(Jaden Smith)が、ガブリエレ・ムッチーノ(Gabriele Muccino)監督、ウィル・スミス主演の新作"Pursuit of Happyness"で映画デビューするらしい。
スティーヴ・カレル(Steve Carell)の次回作は、「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty",2003年)の続編"Evan Almighty"になるようだ。トム・シャドヤックが再び監督を務める模様。モーガン・フリーマンも神様役で再登場するらしい。
テリー・ジョージ(Terry George)監督"Hotel Rwanda"(2004年)で主演を務めたドン・チードルが、2週間にわたってルワンダを訪問したようだ。
ケヴィン・ソルボ(Kevin Sorbo)、サム・ジェンキンズ(Sam Jenkins)夫妻に、まもなく第3子が誕生するようだ。10月に出産予定らしい。
  8/27
荻上直子監督の新作「かもめ食堂」で、小林聡美、もたいまさこ、片桐はいりが共演するらしい。全編フィンランドロケが行われるようだ。
10月8日、9日上演の舞台「美女と野獣」の制作発表が26日大阪市内で行われ、芸術監督の宇野亜喜良、主演の吉川ひなのらが出席したようだ。ジャン・コクトー監督作品("La Belle et la bete",1946年)に基づく作品とか。
来月13日発売の任天堂「ゲームボーイミクロ」のCMに、妻夫木聡、木村カエラ、宮藤官九郎が出演しているらしい。台本はなかったとか。
中村義洋監督「あそこの席」の完成披露試写会が26日都内で行われ、主演の阪田瑞穂らが出席したようだ。
松竹演劇部は27日、市川團十郎が半年間休養すると発表したようだ。急性前骨髄球性白血病が再発した可能性があるらしい。
大韓耳鼻咽喉科学界は、9月9日の「耳の日」の広報大使にソン・ユナを起用した、と発表したようだ。
今月4日より韓国で公開中の「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」は、25日までの観客動員数が495万7490人に達し、26日には500万人を突破する模様。
25日にソウルで行われた、ウェス・クレイヴン監督、レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィ共演の新作スリラー"Red Eye"の試写会でのアンケート調査によると、「ロマンチックな紳士から殺人鬼に変身する主人公の役に最も似合う韓国人俳優」の1位には50%以上の支持率でイ・ビョンホンが選ばれたようだ。
韓国KBSの時代劇「不滅の李舜臣」が28日、最終回を迎えるようだ。
「ダンサーの純情」がベトナムで公開され、ムン・グニョンが人気を集めているらしい。
「亡国のイージス」(阪本順治監督)の福井晴敏による原作小説は、7月の文庫本の売り上げが前年同月比6倍を記録したらしい。
米証券取引委員会は、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles",2004年)のDVDの売り上げ不振を理由に下方修正されたPixar Animation Studiosの4-6月期決算報告について、非公式の調査を開始した模様。
ビル・ブライソン(Bill Bryson)の旅行記"A Walk in the Woods"の映画化で、ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンが共演するらしい。
"Ma Rainey's Black Bottom"、"The Piano Lesson"、"Gem of the Ocean"などの作品で知られる米劇作家のオーガスト・ウィルソン(August Wilson)は26日、末期の肝臓癌で余命数ヶ月であることを公表したようだ。
米Hallmark Channelは、カリブ海を舞台にした海賊冒険アクション"Blackbeard"を来年6月に放送するようだ。アンガス・マクファデン、リチャード・チェンバレン、ステイシー・キーチ、レイチェル・ウォード(Rachel Ward)らが共演する4時間のミニシリーズで、タイで撮影が行われるようだ。
"X-Men 3"に出演が決まったショーレー・アグダシュルーは「私が演じるのはDr.シシリア・レイエスで、彼女には自分の周りに6インチのフォース・フィールドを張ってどんな攻撃も防ぐ力があるの。正直に言うと、まだ脚本を読んでいないので良く分からないんだけど」と語ったらしい。
"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"のポスターが公開されたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は25日、PtoPによる違法な映画ファイルの交換を行ったとして、米国内の個人に対する286件の訴訟を起こしたようだ。
Lucasfilmは、米Hewlett-Packardと3年契約を結び、最大1000台のワークステーション、35TBのディスクアレイなどを導入するようだ。
エリック・ジェンドレセン(Erik Jendresen)は、映画「スター・トレック」シリーズ最新作"Star Trek: The Beginning"の脚本第1稿をParamount Picturesに提出したようだ。「スター・トレック エンタープライズ」("Star Trek: Enterprise",2001-2005年)の数年後が舞台になるらしい。「全ての始まりとなる出来事を描く。ストーリーはかなり大掛かりだ。あるキャラクタを中心に、数人の男女を描くことになる。宇宙船も登場するが、艦長とクルー達を描いたこれまでの作品とは違う」と語った模様。
ジェニファー・アニストンのマリブの自宅に25日、男性が侵入し逮捕された模様。事件当時アニストンは、ヴィンス・ヴォーンと共演する新作映画"The Break-Up"撮影のためシカゴにいて無事だったようだ。
28日に開催されるMTV Video Music Awardsに出席予定のリンゼイ・ローハン、アリシア・キーズらは、ハリケーンKatrinaの影響でマイアミ入り出来ずにいるらしい。また、「特捜刑事マイアミ・バイス」("Miami Vice",1984-89年)のコリン・ファレル、ジェイミー・フォックス共演によるリメイク版の撮影にも影響が出ている模様。
ジェニファー・ロペスは、来月22日にシカゴで行われる彼女のブティックのオープニングセレモニーのVIPチケット2枚を、チャリティ・オークションに出品するようだ。
豊田利晃監督が逮捕された新作映画「空中庭園」の公開について、同作の製作委員会が26日も協議を行ったものの、結論は出なかったらしい。29日には見解が発表される模様。
石井克人、ANIKI、三木俊一郎の3人によるユニット"ナイスの森"が手がける短編オムニバス映画「ナイスの森〜The First Contact〜」で、浅野忠信と寺島進が共演するようだ。
  8/28
那覇市で開催されていた第1回世界こども映画祭が27日閉幕、グランプリにあたるクガニヌワラビンチャー賞に「エミールと探偵たち」("Emil und die Detektive",2001年)が選ばれたようだ。
君塚良一監督「容疑者 室井慎次」が27日初日を迎え、柳葉敏郎、筧利夫、哀川翔、田中麗奈、八嶋智人らが舞台挨拶に立ったようだ。また、同日夜に甲子園球状で行われたプロ野球阪神対巨人戦にも柳葉敏郎と筧利夫が劇中の衣装で登場、始球式を務めたらしい。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった」が27日初日を迎え、西田敏行、三國連太郎、浅田美代子、伊東美咲、尾崎紀世彦、金子昇らが舞台挨拶に立ったようだ。
犬童一心監督「メゾン・ド・ヒミコ」が27日初日を迎え、オダギリジョー、柴咲コウらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
冤罪を訴えながら1962年に死刑が執行された藤本松夫・元死刑囚の事件を通じて、ハンセン病の差別問題を描く映画「父ちゃん何処行くと」の製作上映実行委員会の設立会議が27日、熊本市内で行われ、監督を務める中山節夫らが出席したようだ。撮影は来年6月にスタート、2007年1月から全国3000ヶ所以上での上映が予定されているらしい。
広島県尾道市に先月17日オープンした映画「男たちの大和/YAMATO」のロケセットの入場者数が27日、10万人を突破したようだ。当初予想より2ヶ月早い達成とか。
チェン・カイコー監督「さらば、わが愛 覇王別姫」(1993年)が、来月10日から渋谷のル・シネマでリバイバル上映されるようだ。
ロバート・ダウニーJr.と映画プロデューサーのスーザン・レヴィン(Susan Levin)が27日、ロングアイランドで結婚式を挙げたようだ。キアヌ・リーヴス、スティング、ビリー・ジョエルらが招待されたらしい。
Celtic Manor Resortのゴルフコースで27日、All*Star Cup 2005が開幕、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マイケル・ダグラス夫妻、アンディ・ガルシア、ハーレイ・ジョエル・オスメントらが出場したようだ。
映画編集の秘密に迫るドキュメンタリー作品"The Cutting Edge: The Magic of Movie Editing"のDVDが、来月6日に米国で発売されるようだ。
失踪していた16歳の女優スカウト・テイラー=コンプトン(Scout Taylor-Compton)は、一時期は公園で寝泊りしていたとか。彼女が発見された家の少年が、学校で「家に映画スターが暮らしている」と自慢したことから、居場所が警察に伝わったらしい。
韓国で公開中の「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」は26日までに観客動員数500万人を突破、まもなく「マラソン」の518万人を越えて、今年最大のヒット作になる模様。
プロダクションI.Gは26日、映画「立喰師列伝」の製作を発表したようだ。押井守が自ら監督を務めるらしい。
米ABCの人気TVシリーズ"Lost"(2004年-)の公式スピンオフサイトOceanicFlight815.comが大幅に更新されたようだ。
50セント(50 Cent)とニア・ロングが交際中らしい。
TVドラマシリーズ"One Tree Hill"(2003年-)で夫のチャド・マイケル・マーレイと共演するソフィア・ブッシュは「カメラやスタッフの前で夫とキスするのは、凄くやりにくい。私達は、いろんな人とキスするけど、それは俳優としての仕事の一部。技術的なものであって、感情的なものではないわ」と語ったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーが以前、ニューヨークにある骨董屋を訪れて古いカウボーイの絵に興味を示していたことを知ったLife and Style誌は、その絵を750ドルで購入、新作"The Good Shepherd"撮影中の彼女にプレゼントしたらしい。ジョリーは大喜びだったとか。ジョリーはその絵をブラッド・ピットにと考えていたようだ。
ジェシカ・アルバは、オリジナル・レシピを毎月ウェブサイトに掲載する契約を結んだようだ。「お料理は大好き。ナイジェラ・ローソン(Nigella Lawson)の崇拝者なの」と語ったらしい。
  8/29
日本テレビ「24時間テレビ28 愛は地球を救う」のメイン会場となった日本武道館に28日、来日したソン・イェジンが訪れ、持参したブタの貯金箱を寄付したようだ。また、ペ・ヨンジュンのメッセージも公開され。2000万円を寄付したことを明らかにしたらしい。
アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督「頭文字D」プロモーションのためジェイ・チョウが28日に来日したようだ。成田空港ではファン1000人が出迎えたらしい。
佐賀県フィルムコミッションが県庁に開設されたようだ。
ヨン・ジョンフンが29日、東京全日空ホテルでファンミーティングを行ったようだ。
韓国で公開中のチャン・ジン監督シン・ハギュン主演「拍手する時に去れ」の観客動員数が、公開19日目で200万人を突破したようだ。
ソル・ギョング、ソン・ユナ共演「愛を逃す」の撮影中、競技用ボートを傷つけたとして、ソウル大漕艇部が修理代2300万ウォンを映画会社側に請求したらしい。ボートはドイツ製で4500億ウォンもするとか。
覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された豊田利晃監督の新作「空中庭園」について、製作委員会は10月の公開を決定したようだ。 [☆確かに作品に罪はないが・・・公開するなら監督の名前を"須見椎亜蘭"にすべきだ!?]
ペ・ヨンジュンが29日、成田空港に到着したようだ。到着時間などは極秘だったにもかかわらず、600人のファンが集まったらしい。
MTV Video Music Awardsが28日マイアミで開催され、Green Dayが最多7部門を獲得したようだ。
第11回サラエボ映画祭で27日授賞式が行われ、10代の孤児の少女を主人公に描いたブルガリア人監督Georgi Djulgerovの"Leidi Zi"(Lady Zee)がグランプリ、5年前のコソボ独立以降初となる長編映画"Kukumi"が特別賞に選ばれたようだ。
「ペット・セメタリー」("Pet Sematary",1989年)のメアリー・ランバート(Mary Lambert)は、新作低予算吸血鬼ウェスタン"High Midnight"で監督を務めるようだ。
カナダの調査会社Brandimensionsは、190万ものブログやチャットルームなどから、今年の映画興行収入低下に関する話題を検索・解析した調査結果を発表したようだ。それによると、興収低下の主な原因は映画の質そのものにあり、チケット代が高くなっていることや上映前のCMなどへの不満もあるものの、映画ファンは映画の質さえ良ければそれらを我慢してもいい、と考えているらしい。また、劇場公開からDVD発売までの期間が短いほど、映画の質が低いと判断する傾向があることも明らかになったようだ。
全米週末興収は、スティーヴ・カレル主演"The 40-Year-Old Virgin"が1640万ドル(2,868館)で2週連続1位を獲得、テリー・ギリアム監督「ブラザーズ・グリム」("The Brothers Grimm")は1510万ドル(3,087館)で2位、コール・ハウザー主演"The Cave"は620万ドル(2,195館)で6位のスタートとなったようだ。
パリス・ヒルトンは、妹のニッキー・ヒルトンが今は犬猿の仲のニコール・リッチーの結婚式でブライズメイドを務めると知って怒り狂っているとか。
イライジャ・ウッドも、米ABCの人気TVシリーズ"Lost"(2004年-)に夢中らしい。「米国で"Lost"シリーズを見たけど、素晴らしい作品だ。(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ3部作で共演した)ドミニク(・モナハン)を誇りに思うよ。僕らはいい友達なんだ」と語ったようだ。
「きみに読む物語」("The Notebook",2004年)で共演したライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスが交際中らしい。
ジェシカ・アルバは、ベビーウェアのブランドを来春にも立ち上げるようだ。収益の1%を孤児院や女性保護施設に寄付するらしい。
田崎竜太監督「小さき勇者たち〜ガメラ〜」の撮影に使用される"ガメラ"が報道陣に公開されたようだ。全長5メートル、高さ2メートル以上の実物大ガメラも制作されたらしい。
ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」公開記念イベント「April Snow-再会-」が開催される、さいたまスーパーアリーナのロッテリアで、当日限定の特別スクラッチカードが配布されるらしい。
「スター・ウォーズ」の音楽をウクレレで演奏したCD「UKULELE FORCE〜スター・ウォーズ ベスト・カバーズ〜」が人気とか。
アパルトヘイト時代の南アフリカを舞台にした、実話に基づく政治スリラー"Hot Stuff"は、Focus Featuresが配給することになったようだ。10月にクランクアップ、来年公開となる模様。
ティガー・ウィリアムス(Tyger Williams)の脚本"Double Dutch"をDisneyが獲得、レイヴェン=シモーネの主演で映画化するようだ。縄跳びの世界選手権を描く作品とか。
Warner Bros. Picturesは元米海軍秘書官のジェイムズ・ウェッブ(James Webb)による脚本"Whiskey River"を獲得した模様。ロブ・ライナーの監督で映画化されるようだ。イラクで負傷し病院に運ばれた米軍兵士が完治する前に戦場に戻され、それを知った兵士の父親が息子の命を救うため・・・という話らしい。
スコット・ルディン(Scott Rudin)は、ベンジャミン・クンケル(Benjamin Kunkel)の最新小説"Indecision"の映画化権を獲得したようだ。
Paramountによる「地球最后の日」("When Worlds Collide",1951年)のリメイクで脚本・監督・製作を務める予定だったスティーヴン・ソマーズが降板、スティーヴン・スピルバーグが製作を引き継ぐことになった模様。監督するかどうかは未定とか。スティーヴン・ソマーズは、20th Century Foxの新作"A Night at the Museum"で脚本と監督を務めるらしい。
米カントリー・ミュージック界のスター、トビー・キース(Toby Keith)が、Paramount Home Entertainmentによるタイトル未定の新作に主演するらしい。ミュージックビデオの監督として活躍するスティーヴン・ゴールドマン(Steven Goldmann)の監督で、10月からアトランタで撮影に入るようだ。
10月19日に開幕する第49回ロンドン映画祭(The Times bfi London Film Festival)で、フェルナンド・メイレレス監督、レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演の"The Constant Gardener"がオープニング、ジョージ・クルーニー監督・主演、ロバート・ダウニーJr.、デヴィッド・ストラザーン、パトリシア・クラークソンら共演の"Good Night, and Good Luck."がクロージング上映されることが決まったようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)からデザインに問題ありと指摘されたことを受けて、"Saw II"の新しいポスターが発表されたようだ。
「交渉人 真下正義」(本広克行監督,2005年)のDVDが12月17日に発売されるようだ。5万枚限定生産のプレミアム・エディションは4枚組みになるらしい。
作家トルーマン・カポーティ(Truman Capote,1924-1984)を描く、ベネット・ミラー(Bennett Miller)監督、フィリップ・シーモア・ホフマン主演の新作"Capote"の予告編が公開されたようだ。
  8/30
林家ペー、パー子夫妻が、29日来日したペ・ヨンジュンを空港で出迎えたらしい。番組の企画とか。
「頭文字D」のPRイベントが29日都内で行われ、ジェイ・チョウ、エディソン・チャン、ショーン・ユー、鈴木杏らが出席したようだ。
アルティメット・フォース〜孤高のアサシン」("Ultimate Force",2005年)の試写会が29日都内で行われ、主演のミルコ・クロコップ(Mirko Cro Cop Filipovic)が舞台挨拶に立ったようだ。
ペ・ヨンジュンの33歳の誕生日パーティが29日、都内ホテルで行われたらしい。
日向寺太郎監督「誰がために」の完成披露試写会が29日都内で行われ、浅野忠信、エリカ、池脇千鶴、小池徹平らが出席したようだ。
オム・ジョンファは、主演ドラマ「12月の熱帯夜」の日本での放送開始に合わせ、9月から日本での活動を本格化されるようだ。
フォン・シャオガン監督「ハッピー・フューネラル」("Big Shot's Funeral",2003年)などの作品で活躍した中国の俳優、傅彪(フー・ピアオ)さんが30日亡くなった(42歳)。ご冥福をお祈りいたします。
30日都内で行われたペ・ヨンジュン主演「四月の雪」の試写会のチケットが、ネットオークションに出品され、17万円で落札されていたらしい。
イ・ミョンセ監督「刑事 Duelist」のメディア向け試写会が30日ソウル市内で開催され、カン・ドンウォン、ハ・ジウォン、アン・ソンギらが出席したようだ
チョン・ヨンギ監督「家門の危機-家門の栄光2」が、来月8日から韓国内500スクリーンで上映されるらしい。「ブラザーフッド」の513スクリーンを越え、過去最大となる可能性もあるようだ。
シン・ヘソンの新曲「鏡」のPVに、チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン主演の新作「君は僕の運命」の映像が使われているらしい。
パク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演「親切なグムジャさん」("Sympathy for Lady Vengeance")の米国公開日が、来年2月3日に決まったようだ。
ケリー・チャンが28日、香港市内の病院を訪れ、不審者に襲われ重傷を負った7歳の少年を見舞ったようだ。「宮廷女官チャングムの誓い」の主題歌を一緒に歌って激励したとか。
第11回中国電影華表奨の授賞式が28日北京で行われ、監督賞に「張思徳」の尹力と「可可西里」の陸川(ルー・チューアン)、男優賞に呉軍(ウー・ジュン)と濮存マ(プー・ツンシン)、女優賞に章子怡(チャン・ツィイー)と趙薇(ヴィッキー・チャオ)が選出されたようだ。また、日中合作映画「アバウト・ラブ/関於愛」が優秀対外合拍片部門を受賞したらしい。
イ・ビョンホンは、Samantha Thavasa Japanと広告契約を結んだようだ。1年契約で契約金10億ウォンとか。
ドキュメンタリー番組「韓国の純情、女優イ・ヨンエ」が10月にNHK衛星で放送されるらしい。
本広克行監督は30日、新作「サマータイムマシン・ブルース」PRのため、瑛太、真木よう子、川岡大次郎、座嘉秋、ムロツヨシと共に香川県を訪れたようだ。
「タッチ」(犬童一心監督)の公開に合わせ、香川県は29日から長澤まさみを起用したJR山手線のラッピング広告をスタートさせたようだ。東京駅で行われたイベントでは、長澤まさみが讃岐うどんを配ったらしい。
宝塚歌劇団公演「ベルサイユのばら」の制作発表が29日都内で行われ、星組から湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい、雪組から朝海ひかる、舞風りら、貴城けい、水夏希、花組から春野寿美礼、月組から瀬奈じゅん、霧矢大夢、大空祐飛が出席したようだ。
米TNTは、ジョン・グリシャムの小説「路上の弁護士」("The Street Lawyer")をドラマ化するようだ。
ジェニファー・アニストンの自宅に侵入し逮捕された男性は、罪状認否で無罪を主張したようだ。
米カントリー・ミュージック協会(Country Music Association)は29日、グレン・キャンベル(Glen Campbell)、Alabama、デフォード・ベイリー(DeFord Bailey)の殿堂入りを発表したようだ。
ジョージ・クルーニーは29日、ラスヴェガスの新しいカジノ・リゾートLas Ramblasに出資する計画を明らかにしたようだ。総額30億ドル規模になるとか。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)でアカデミー賞にノミネートされたポール・ハギス(Paul Haggis)が、007シリーズ最新作"Casino Royale"の脚本を書き直すことになったらしい。
ユ・ソンドン監督「ミスター主夫クイズ王」の製作報告会見が30日ソウル市内で行われ、シン・ウンギョン、ハン・ソッキュらが出席したようだ。
イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」の日本版イメージソングとして、アンダーグラフが新曲「遠き日」を提供するようだ。
来月1日に行われる「四月の雪」の記者会見の模様が、Yahoo! BBで生中継されるらしい。
日経新聞に連載中の渡辺淳一の小説「愛の流刑地」の映画化が企画されているらしい。鈴木京香が主演候補に挙がっているとか。
「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)や"C.S.I.: NY"(2004年-)を手掛けたデヴィッド・フォン・アンケン(David Von Ancken)の映画監督デビュー作"Seraphim Falls"で、ピアース・ブロスナンとリーアム・ニーソンが共演するようだ。南北戦争時代のアメリカを舞台にした心理アクションになるらしい。10月からニューメキシコで撮影に入る模様。
ヒラリー・ダフは「母とは衝突することもあるけど、でも私は母のことを尊敬している。母はクリスマスになるとパーティを開いて、みんなにプレゼントの代わりに(貧しい人たちに寄付するための)ミルクとおしめを持ってきて、と言う人。だから、私が世間に顔を知られるようになった時、(同じことしましょう、と)皆に呼びかけることが出来ると思ったの。誰かを助けるために、有名人である必要はないわ。病院の子供達が会いたいのは有名人だけじゃないの。子供達は、一緒に遊んでくれて、手を触れてくれる人を求めているのよ」と語ったようだ。
インテリアデザイナー(ウェイトレス?バーテン?)のルチアナ・バロッソ(Luciana Barroso)と交際中のマット・デイモンは「哀れな友人ベン(・アフレック)が経験したことを見て、あんなふうに人生を地獄に落とすようなまねをしちゃいけないと思ったよ。僕は有名人と付き合わなかったから、苦労はなかったね。何年か女優達とデートして、そういう選択もアリだと気付いたんだ。うまくいったし、最高に幸せだよ」と語ったようだ。
M・ナイト・シャマラン監督、ブライス・ダラス・ハワード、ポール・ジアマッティ共演の新作"Lady in the Water"の撮影がスタートしたようだ。クリストファー・ドイルが撮影監督を務めているらしい。
ラッパー兼俳優のバウ・ワウ(Bow Wow)は、シアラ(Ciara)との婚約報道を否定したようだ。
カリフォルニアで行われたColdplayのコンサートに、リンゼイ・ローハンとアシュリー・シンプソンが姿を見せたようだ。ウィルマー・ヴァルデラマとの交際を巡って2人の不仲が報じられていたことについて、ローハンの広報担当者は「そんなことは全くなかった。単なる噂です」と否定したらしい。
クリスティーナ・アギレラは「タブロイド誌がブリトニー(・スピアーズ)と私の間に憎しみがあるかのようにでっち上げるのを見ると本当に哀しい。私たちは大人だし、個人として、プロとして互いに尊敬しあっている。記者がでたらめを書きたいならそうすればいいわ。でも私は信じないし、私やブリトニーのファンも、それを信じないで欲しい」と語ったようだ。
全米大ヒット中の新作コメディ"The 40-Year-Old Virgin"を手掛けたジャド・アパトウ(Judd Apatow)は、Universal Picturesのタイトル未定の新作ロマンチック・コメディで脚本と監督を務めるようだ。来春製作開始となる模様。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)のキャストにジョン・レグイザモが加わるらしい。
1976年にJ・R・R・トールキン「指輪物語」の権利を獲得していたプロデューサーのソウル・ゼインツ(Saul Zaentz)は、映画化権の使用料を巡って訴訟を起こしていたNew Line Cinemaと和解、1億6800万ドルのロイヤリティを受け取ったようだ。
米HBOの西部劇"Deadwood"(2004年-)で、ブライアン・コックスがキャストに加わったようだ。
リチャード・ケリー監督、ザ・ロック、サラ・ミシェル・ゲラー、ショーン・ウィリアム・スコット共演の新作SFスリラー"Southland Tales"で、シェリ・オテリ(Cheri Oteri)、エイミー・ポーラー(Amy Poehler)、ジル・リッチー、ミランダ・リチャードソン、ジョン・ラロケット(John Larroquette)、ジョン・ロヴィッツ、ウィル・サッソ(Will Sasso)、ウッド・ハリス、バイ・リン、ジョー・カンパーナ(Joe Campana)、ウォーレス・ショーンの共演が決まったようだ。
アイヴァン・ライトマン監督、ルーク・ウィルソン、ユマ・サーマン共演の新作ロマンチック・コメディ"Super Ex"で、アンナ・ファリスとエディ・イザードが出演契約にサインしたようだ。
シャーリーズ・セロンは、米FOXのコメディシリーズ"Arrested Development"(2003年-)にゲスト出演するらしい。
今年6月のテヘラン訪問を記録したショーン・ペンの日誌が出版されるらしい。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督の新作"Serenity"からの最新画像が公開されたようだ。
グウィネス・パルトロウは、米TIME誌のインタビューで「(マスコミとの付き合い方を)私は24歳で学んだ。ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンも、お互いのことをマスコミに話したりしなければ、もっとすんなり離婚できたはず」と語ったらしい。
「コーンヘッズ」("Coneheads",1993年)などの映画にも出演しているコメディアンのクリス・ファーレイ(Chris Farley)の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。26日行われた式典には、デヴィッド・スペイド、クリス・ロック、アダム・サンドラーらが祝福に駆けつけたらしい。
米CATV局Showtimeのホラー・アンソロジー・シリーズ"Masters of Horror"で、ジョージ・A・ロメロが監督を降板した模様。スケジュールの都合らしい。
  8/31
佐々部清監督、山田洋次脚本による新作「出口のない海」で市川海老蔵が主演を務めるようだ。太平洋戦争で人間魚雷「回天」に乗り組む特攻隊員を演じるらしい。
黒土三男監督「蝉しぐれ」の完成披露会見が30日都内で行われ、市川染五郎、木村佳乃、緒形拳、ふかわりょう、石田卓也らが出席したようだ。
ペ・ヨンジュンは、31日に予定していた上田清司埼玉知事への表敬訪問をとりやめたらしい。30日の試写会での混乱が理由らしい。
ホ・ジノ監督「四月の雪」のプレミア試写会が30日都内で行われ、ぺ・ヨンジュン、ソン・イェジンらが舞台挨拶に立ったようだ。4000人の座席は抽選で決められたらしい。また、入場できなかったファン4000人も集まり会場周辺は大混雑したとか。
「ゲス・フー 招かれざる恋人」("Guess Who",2005年)の公開に合わせて韓国で行われた調査によると、アシュトン・カッチャーに似た韓国人俳優の第1位にキム・レウォンが選ばれたようだ。
ユ・オソンの兄とクァク・キョンテク監督の兄は、共に韓国最高検察庁の同じ部署に勤務しているらしい。一方、本人同士は映画「チャンピオン」(2002年)を巡って相互に訴訟を起こすなど、険悪な状態が続いているとか。
TBSは日興プリンシパル・インベストメンツと共同で、「美しき日々」「悲しき恋歌」などを手掛ける韓国最大手のドラマ制作会社「キム・ジョンハク プロダクション」に50億ウォンを出資、株式の約20%を獲得した模様。一方、三井物産は60億円を投資してTBSの株式を追加取得、合わせて2.38%の大株主になることを決めたらしい。
「頭文字D」プロモーションのため来日中のアンドリュー・ラウ監督、アラン・マック監督、ジョイ・チョウ、アンソニー・ウォン、チャップマン・トウ、エディソン・チャン、ショーン・ユウが30日、鈴木杏と共に都内で記者会見を行ったようだ。会見後にはジョイ・チョウによるミニライヴも行われたらしい。
コリン・ファレルの主演が予定されている新作"Tree of Life"で、テレンス・マリックが監督・脚本に向けて交渉に入ったようだ。撮影は来年1月にスタート、インドでのロケも行われる模様。
5代目ジェイムズ・ボンド選びが難航していることについて、キャスティング担当のデブラ・ゼイン(Debra Zane)は「ピアース(・ブロスナン)を手放したのはとんでもない間違いよ。彼には全てがある。彼が50代だからって誰が気にするもんですか。彼は完璧なボンドよ」と語ったようだ。
The Rolling StonesとNASCARが提携、来月6日発売のニューアルバム"A Bigger Bang"からの新曲"Driving Too Fast"を使用したNASCAR Nextel Cup SeriesのCMが制作され、全米の映画館5800スクリーンで上映されるらしい。
マーティン・スコセッシ監督によるTVドキュメンタリー"No Direction Home: Bob Dylan"が、来月26日と27日に米PBSで放送されるようだ。放送6日前の同月20日にはDVDでリリースされるらしい。
米SCI FI Channelで27日放送されたクーリオ主演のSFドラマ"Pterodactyl"は、同チャンネルの最高視聴率記録を更新したらしい。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するジェシー・メトカーフ(Jesse Metcalfe)は、第2シーズンの第3話で番組を去るらしい。
「ティム・バートンのコープス ブライド」("Tim Burton's Corpse Bride")のプロモーションサイト、Post MortemBonymailGrave Misunderstandingが立ち上がったようだ。
ロバート・デ・ニーロ監督、マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー主演の新作"The Good Shepherd"に、ジョー・ペシが小さな役で出演するらしい。
チャウ・シンチーは「カンフーハッスル」("Kung Fu Hustle",2004年)の続編の撮影を、来年始めにスタートさせる、と語ったようだ。キャストはまだ未定で「新しいキャラクタが沢山登場するから、新しい俳優が必要だ。海外でのキャスティングもあり得る」らしい。
ウェス・クレイヴンは、ネーヴ・キャンベルに"Scream 4"への出演をオファーしていることを明らかにしたようだ。
Fox Searchlight Picturesは30日、脚本家オル・パーカー(Ol Parker)の監督デビュー作となるパイパー・ペラーボ主演の新作"Imagine Me & You"を、北米、南米、フランス、イタリア、日本で配給すると発表したようだ。
コメディ・ドラマ"Zoey 101"に主演するジェイミー・リン・スピアーズ(Jamie Lynn Spears)が、共演のアレクサ・ニコラス(Alexa Nikolas)と撮影中に喧嘩をして泣かせたらしい。スピアーズの広報担当者は「ジェイミー・リンと別の女の子にトラブルがあった。他の13歳の子供と同じだよ」と説明したようだ。姉のブリトニー・スピアーズもセットに駆けつけたとか。
ブラッド・ピットが、左手でマドックスちゃんを抱えながら、右手に抱えたザハラをあやしている姿が、ニューヨークで目撃されたらしい。ジーンズのポケットには哺乳瓶が入っていたとか。アンジェリーナ・ジョリーは、、ニューヨークで新作の撮影中とか。
来月開催されるニューヨーク・ファッション・ウィーク(New York Fashion Week)で、グウェン・ステファニーの手がけるL.a.m.b.(Love Angel Music Baby)の2006春物コレクションが発表されるらしい。
ヒラリー・ダフは「満足を感じ、パワーを与えてくれることなら、やるべきだと思うわ。でも、服を脱いだり、デートをしたり、夜を無駄に過ごすことが大人になった証だとは絶対に思わない。何年か後になって『なんて恥ずかしい』と思いたくないもの」と語ったようだ。
ジェシカ・アルバは、「かわいい魔女ジニー」("I Dream of Jeannie",1965-1970年)のグリンダ・チャーダ監督による映画化に主演、とする報道を否定したようだ。シガニー・ウィーヴァー、ヘイデン・クリステンセン共演"The Wake"の出演契約にサインしたらしい。
長澤雅彦監督「青空のゆくえ」に主演する森田彩華と悠城早矢が30日、三軒茶屋駅で一日駅長を務めたらしい。
下山天監督「忍 SHINOBI」のPRイベントが30日都内の遊園地で行われ、藤岡弘、が参加したようだ。藤岡自身は出演していないらしい。
マックジー監督と、脚本家のジョン・グレン(John Glenn)は、米FOXの現代版「ダーティ・ハリー」企画"McCabe"(仮題)を手掛けるらしい。
米国を襲ったハリケーンKatrinaは、映画製作にも影響を与えている模様。ルイジアナ州で撮影中のヒラリー・スワンク主演"The Reaping"では、キャストとスタッフがテキサスに一時避難したらしい。また、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演"Deja Vu"の撮影開始も延期となったようだ。
"Mission: Impossible III"にビリー・クラダップも出演するらしい。
ジェイ・ローチ監督、ベン・スティラー主演の新作コメディ"Used Guys"で、ジム・キャリーが出演交渉に入った模様。
「頭文字D」に主演したジェイ・チョウは、車を12台も持っているらしい。"ハチロク"も購入済みとか。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットは、米CBSの新作ドラマ"Ghost Whisperer"の打ち合わせ中に椅子が頭に当たり、軽い脳震盪を起こしたらしい。
ベン・アフレックは、米ABCの新作ドラマパイロット"Resistance"で脚本を担当するらしい。近未来を舞台に、テロ攻撃による破壊で分裂した米国を描く作品になる模様。
「スウィート・スウィートバック」("Sweet Sweetback's Baadasssss Song",1971年)の監督メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ(Melvin Van Peebles)と、「バッドアス!」("Baadasssss!",2004年)で監督・主演したマリオ・ヴァン・ピーブルズの親子が26日に来日、都内で記者会見を行ったようだ。
マイケル・ムーア監督がPritikin Longevity Center & Spaでダイエットに挑むらしい。
27日初日を迎えた「容疑者 室井慎次」(君塚良一監督)は、週末興収6億4000万円、観客動員数45万5000人を記録した模様。
イリノイ州の自動車博物館が、ジェイムズ・ディーンが1955年に事故死した際に乗っていたPorsche 550 Spyderを探しているらしい。1958年以降、行方不明になっているとか。
「ブルース・ブラザース」("The Blues Brothers",1980年)公開25周年を記念したディレクターズカット版DVDが30日、米国で発売されたようだ。また、29日には全米80の劇場を衛星回線で結び、ジョン・ランディスとダン・エイクロイドによるQ&Aセッションも行われたらしい。
「悪魔のシスター」("Sisters",1973年)のダグラス・バック(Douglas Buck)監督によるリメイクで、アーシア・アルジェントとデヴィッド・クローネンバーグが共演するらしい。
アトム・エゴヤン監督、ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース共演の新作"Where the Truth Lies"の予告編が公開されたようだ。
ポール・ヴァーホーヴェン監督、カリス・ファン・ハウテン(Carice Van Houten)主演による第2次大戦を舞台にしたサスペンス・スリラー"Zwartboek"の撮影が、まもなくオランダで始まる模様。