シネマトピックス(2006年1月)
[ 2005 | 2006 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2007 | LastTopics ]
  1/1
三井住友銀行と日本政策投資銀行は、複数の映画作品に資金を融資するファンドを設立、第1弾として制作会社フューチャー・プラネットの手掛ける「雨月物語」など7作品向けに5億円2500万円を協調融資したようだ。
豊川悦司は31日、離婚したようだ。
松竹と三越の資本提携が31日、正式発表されたようだ。
「ユニバーサル・カウントダウン・パーティー2006」が31日開催され、例年より多い2000発以上の花火の打ち上げげなどが行われたようだ。
チョ・スンウとカン・ヘジョンは、新年も1日からカン・ジウン監督「トカゲ」の撮影に参加するようだ。
先月オアフ島で飲酒運転のため逮捕された、米ABCの人気ドラマシリーズ"Lost"(2004年-)出演中のミシェル・ロドリゲスとシンシア・ワトロス(Cynthia Watros)の罪状認否が先月30日に行われたようだ。ワトロスの弁護士は「彼女は誤りを犯し、とても深く反省している。自らの行動に責任を取りたいと望んでいる」とコメントした一方、ロドリゲスの弁護士はコメントを断ったらしい。本人たちは出席しなかった模様。
ナオミ・キャンベルは「新年の決意なんて無いわ。壊されるだけだもの。アフリカとロンドンにいる愛犬たちを甘やかすのが楽しみなだけ。Harrodsでプレゼントを買ったの。凄く豪華なのよ」と語ったようだ。
31日放送された第56回NHK紅白歌合戦で、吉永小百合が山梨県の「フィリア美術館」から原爆詩を朗読したようだ。
  1/2
カート・ウィマー監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の新作"Ultraviolet"からの最新画像が公開されたようだ。
昨年10月の地震被災者のためにブラッド・ピットが寄付した整形外科用ベッド40台が、イスラマバードの病院に順次到着しているようだ。総額10万ドルを越えるベッドは、四肢麻痺患者が床ずれを起こすのを防ぐための機能などを備えているとか。
ダンカン・ロイ(Duncan Roy)監督のスリラー"Method"(2004年)で連続殺人犯を演じたエリザベス・ハーレーは「映画もひどかったし、監督もひどかった。それが恐ろしいことに一緒になってしまったの」と語ったようだ。全く評判にもならなかったことから、ハーレーは引退も考えているとか。
マライア・キャリーは「今年こそスノーボードをやってみるつもり。この6年間、ずっと習おうと思っていたけれど、まだなの。(スキー場に行っても)休日は午後3時まで寝てるから、スキーのリフトは4時で終わってしまうのよ。だから、いつもドレスアップしてショッピングに出かけてしまうの」と語ったようだ。
「俺たちに明日はない」("Bonnie and Clyde",1967年)、「サージャント・ペッパー」("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band",1978年)、「ピーウィーの大冒険」("Pee-wee's Big Adventure",1985年)、「ビバリー・ヒルビリーズ/じゃじゃ馬億万長者」("The Beverly Hillbillies",1993年)、「エド・ウッド」("Ed Wood",1994年)、「世界中がアイ・ラヴ・ユー」("Everyone Says I Love You",1996年)、「ドッグ・ショウ!」("Best in Show",2000年)、「ハービー 機械じかけのキューピッド」("Herbie: Fully Loaded",2005年)など数多くの作品で活躍した、米俳優のパトリック・クランショウ(Patrick Cranshaw)さんが先月28日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/3
カルガリー・オリンピックでスキー・ジャンプのフィンランド代表選手として活躍したマッチ・ニッカネン(Matti Nykanen)の半生を描く映画"MATTI"が製作され、13日からフィンランドで公開されるようだ。
アンドリュー・ラウ監督、チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェら共演の「デイジー」、ボン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演「怪物」、クォン・サンウ、キム・ハヌル共演「青春漫画」も年内に日本で公開されるようだ。
ボン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の新作「怪物」には、"全く新しい生命体"が登場するらしい。Weta Workshopなどが視覚効果を担当したらしい・
栃木県足利市の足利商工会議所が、座席数300人の映画館を来月オープンさせるようだ。「わたしのグランパ」(東陽一監督,2003年)、「リリィ・シュシュのすべて」(岩井俊二監督,2001年)、「座頭市鉄火旅」(安田公義監督,1967年)が順次上映される予定とか。
京都府、京都商工会議所、立命館大学、東映、松竹などの産学官が共同で、デジタルコンテンツの製作・配給事業に関する検討会が3月に発足するようだ。「デジタル映画のハリウッド」を目指すらしい。
"The Chumscrubber"、"Heights"、"Nine Lives"と昨年だけで3本のインディ作品に出演しているグレン・クローズは「もはやコントロール不能です。小さな作品にさえ、ビッグネームを登場させています。私は、スターが出演しない重要な作品が作られなくなってしまうのではと危惧しています」と語ったようだ。
リサ・ヴィダル(Lisa Vidal)、クリスティーナ・ヴィダル(Christina Vidal)、タニア・ヴィダル(Tanya Vidal)の3姉妹は、自らの人生に基づく米ABCタイトル未定の新作コメディに主演するらしい。ジョージ・ロペスが制作総指揮を務めるようだ。
米CATV局Starz Entertainment Group LLCは、MicrosoftとSonyと提携し、インターネット映画ダウンロードサービス「Vongo」をスタートさせると発表したようだ。
ウディ・アレン監督次回作は、スペインで撮影されるらしい。
年末年始を含む全米映画興行収入は「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")が2572万ドル(3853館)で1位に返り咲き、「キング・コング」("King Kong")は2459万ドル(3627館)で2位となったようだ。
"Final Destination 3"のオープニング・シーンのメイキング画像が公開されたようだ。
出目昌伸監督、松平健主演「バルトの楽園」のロケに使用された徳島県鳴門市のオープンセットが「バルトの楽園 BANDOロケ村-歓喜の郷」として3月から一般公開されるらしい。
米Life and Style誌による2005年映画ベスト10が発表されたようだ。
1.「イン・ハー・シューズ」("In Her Shoes")
2."Match Point"
3.「キング・コング」("King Kong")
4.「皇帝ペンギン」("La Marche de l'empereur")
5.「旅するジーンズと16歳の夏」("The Sisterhood of the Traveling Pants")
6.「グッドナイト&グッドラック」("Good Night, And Good Luck.")
7.「シンデレラマン」("Cinderella Man")
8."Happy Endings"
9.「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")
10.「ミュンヘン」("Munich")
Landor AssociatesとPenn, Schoen & Berlandの調査による「2005 ImagePower Newsmaker Brands Survey」によると、ブリトニー・スピアーズ、ドナルド・トランプ、ハワード・スターンは今年人気を失う一方、オプラ・ウィンフリーは人気を維持する、と分析しているようだ。また。リアリティ番組のブームが去り、ドラマが復活すると予想しているらしい。
オムツを買いに深夜のコンビニに飛び込んだベン・アフレックは、財布を忘れていたため、店にいたファンにキスする代わりに、オムツの代金を支払ってもらったらしい。かぶっていたBoston Red Soxの帽子を売ることは拒否したようだ。「これをもって帰らないと妻(ジェニファー・ガーナー)に殺されるよ」と言って去っていったとか。
アルフォンソ・クアロン監督の新作SFアドベンチャー"The Children of Men"に出演するマイケル・ケインの画像が公開されたようだ。
14日開館する名画座「シネマヴェーラ渋谷」で、オープニング企画として、「戦場のメリークリスマス」(大島渚監督,1983年)、「その男、凶暴につき」(北野武監督,1989年)など24本を上映する「北野武/ビートたけし レトロスペクティブ」が開催されるらしい。
東京国税局はヴァージン・エンターテイメント・ジャパンに対し、ヴァージン・シネマズ・ジャパン株を東宝に売却した際、スイスの系列会社を経由することで43億円の所得を隠していた、と指摘していたらしい。
ダグ・ライマン監督は、脚本家のデイヴ・カプラン(Dave Caplan)と共同で、米NBCの新作カンフー・コメディを手掛けるらしい。
ジャッキー・チェン主演最新作の撮影が香港で始まった模様。ベニー・チャン監督によるカンフー・コメディらしい。
香港で行われた世界貿易機関(World Trade Organization)の会談に、ナルニア国の代表が出席した、というパロディ記事が豪州紙Ageに掲載されたらしい。
米WBの人気TVシリーズ"Smallville"(2001年-)でロイス・レインを演じるカナダ出身の女優エリカ・デュランス(Erica Durance)は、「バタフライ・エフェクト」("The Butterfly Effect",2004年)の続編となるビデオ映画に出演するようだ。「スター・トレック-叛乱-」("Star Trek: Insurrection",1998年)などで撮影を担当したジョン・レオネッティ(John Leonetti)の監督デビュー作となる模様。
米TVシリーズ"The Wire"(2002年-)や「アドベンチャー・オブ 透明人間」("The Man Who Wasn't There",1983年)、「セシル・B ザ・シネマ・ウォーズ」("Cecil B. Demented",2000年)、「ダーティ・シェイム」("A Dirty Shame",2004年)などの作品に出演した、米俳優兼コメディアンのリチャード・デ・アンジェリス(Richard De Angelis)さんが先月28日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/4
ネットシネマ「ハツカレ」に主演する黒川智花が、原作コミックを連載する「マーガレット」最新号で表紙を飾るようだ。DVDも付くらしい。
クォン・サンウ主演「美しき野獣」の試写会・記者会見が3日、ソウル市内で行われたようだ。100人以上の日本人ファンがツアーで参加したらしい。
中国レノボ社は、新作ボリウッド映画"Corporate"でスポンサーとなることを表明したようだ。作品中のセリフにレノボのPCの話題が盛り込まれる予定とか。
「台湾・香港芸能人の2005年年収ランキング」が発表され、ジャッキー・チェンが推定2億3000万香港ドルで1位、アンディ・ラウが1億680万香港ドルで2位、ケリー・チャンが7520万香港ドルで3位だったようだ。台湾芸能人のトップはジェイ・チョウの5960万香港ドルだったらしい。
吉本興業は4日、新作コメディ映画2本を製作し2007年に公開すると発表したようだ。ダウンタウン、レイザーラモンHGらが出演予定とか。
昨年のトロント国際映画祭で上映されたマイケル・ケスタ(Michael Cuesta)監督"Twelve and Holding"の米国内配給権をIFC Filmsが獲得したようだ。
ショーン・レヴィ監督、ベン・スティラー主演の新作"Night at the Museum"で、カーラ・グギノが共演に向けて最終交渉に入った模様。
任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の全世界販売台数が1000万台に達したようだ。日本が500万台、米国が400万台とか。
リンゼイ・ローハンが2日、喘息の発作で入院したらしい。
北米を除く海外週末興収では、31の地域で上映中の「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")が4100万ドルを記録しトップとなったようだ。海外総興収は2億2550万ドルに達した模様。
"Underworld: Evolution"のオンラインゲームが20日スタートするようだ。
16日に開催されるゴールデン・グローブ賞授賞式で、レオナルド・ディカプリオ、ハリソン・フォード、ジェイミー・フォックス、ナタリー・ポートマンがプレゼンターを務めるようだ。
ギレルモ・デル・トロ監督最新作"Pan's Labyrinth"の予告編第1弾が公開されたようだ。
ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art)で開催中の展示会"Pixar: 20 Years of Animation"に出席したジョン・ラセターは、新作「カーズ」("Cars")からの未公開映像を披露したらしい。
ジェイミー・フォックスは、カリフォルニアのサウシビーチで大晦日のパーティを開いたようだ。スヌープ・ドッグ、リュダクリス、ビリー・ジョエルらが出席したとか。
ニッキー・ヒルトン(Nicky Hilton)と恋人のケヴィン・コナリーは、10万ドルのシャンパンで新年を祝ったらしい。
ジム・キャリーは「誰でも注目を浴びたいと思うことはある。でも、行き過ぎてしまうこともある。僕は決してそれを望んでいない。僕の私生活を売り物にはしないし、自分のプロモーションのために使ったりはしない」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズは「母親になってから環境問題に目覚めたの」と言っているらしい。
ニコール・リッチーがウィルマー・ヴァルデラマと共に主催した大晦日のパーティでは、先月婚約を破棄したアダム・ゴールドスタイン(Adam Goldstein)がDJを務めたらしい。婚約中に契約していたようだ。
"Entertainment Tonight"の調査による「2005年ベストドレッサー」が発表されたようだ。
1.「デスパレートな妻たち」(テリ・ハッチャー、エヴァ・ロンゴリア、フェリシティ・ハフマン、マーシア・クロス)
2.シャーリーズ・セロン
3.ジェシカ・シンプソン
4.アンジェリーナ・ジョリー
5.ビヨンセ・ノウルズ
米Walt Disneyは、iTunes向けの有料配信作品として、今シーズンのU.S. Bowl Championship Seriesの短縮版を始め、ABC Entertainment、Touchstone Television、ABC Family、ABC News、Buena Vista Television、Disney Channel、SOAPnetの系列各局の番組を提供すると発表したようだ。また、"Good Morning America"と"World News Tonight"の広告付き無料配信もスタートさせるらしい。
東京映画記者会の選出による第48回ブルーリボン賞のノミネーションが3日発表され、山崎貴監督「ALWAYS 三丁目の夕日」が作品賞、監督賞など最多5部門で候補に挙がったようだ。
宇田鋼之介監督「ワンピース the movie カラクリ城のメカ巨兵」の主題歌を、NEWSが歌うらしい。
押井守監督最新作「立喰師列伝」が完成したようだ。樋口真嗣、鈴木敏夫らも特別出演しているらしい。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の第2章製作が正式決定した模様。「カスピアン王子のつのぶえ」が映画化されるようだ。2008年夏公開予定とか。
20th Century Fox TVは、SFアニメシリーズ"Futurama"(1999-2003年)の新エピソードを制作中らしい。
シリーズ第3弾"Ocean's Thirteen"は今年後半にも製作に入る予定とか。
カーステン・シェリダン(Kirsten Sheridan)監督、フレディ・ハイモア、ロビン・ウィリアムス共演の新作ファンタジー・ロマンス"August Rush"で、ケリー・ラッセルとジョナサン・リース=マイヤーズが出演するらしい。
「火星のジョン・カーター」("John Carter of Mars")の映画化で監督を務めるジョン・ファヴロウは「我々は今、脚本に取り組んでいるところだ。春までには映画化を進めるかどうか結論を出さなければならない」と語ったらしい。
第78回アカデミー賞外国語映画部門にエントリーされていたシンガポールの作品が、英語のセリフが主に使われているとして選外となったらしい。
ジョン・キャンディ(John Candy,1950-1994)が企画していたコメディ"Our Father"が映画化されるようだ。ビバリーヒルズからデトロイトに異動させられた神父の話らしい。
シルヴェスタ・スタローン主演による「ロッキー」シリーズ最新作"Rocky Balboa"で、ジェラルディン・ヒューズ(Geraldine Hughes)の共演が決まった模様。
パリのルーブル美術館の入館者数が昨年急増したらしい。ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の影響もあるようだ。
  1/5
Walt Disney、Warner Bros.など米主要映画スタジオは、DVD発売と同時にVODで提供するサービスを、CATV大手と共同で今年前半にもスタートさせるらしい。
昨年の全米映画興行収入で、2004年に13億1400万ドルで1位だったSony Pictures Entertainmentは、9億1870万ドルの5位に終わったようだ。
是枝裕和監督「花よりもなほ」に主演する岡田准一は4日、東京の鉄砲洲稲荷神社を参拝しヒットを祈願したようだ。
韓国SBSで4日放送された「マイガール」第7話の平均視聴率は、22.8%に達したようだ。
パク・ヘイルは、放送作家の女性と3月12日に結婚式を挙げるようだ。
2005年の韓国での映画観客動員数は、前年比500万人増の1億3500万人に達し、韓国映画の占有率は54.9%となったようだ。
パリス・ヒルトンがストーカー行為で訴えられたらしい。
リンゼイ・ローハンは、Vanity Fair誌最新号とのインタビュー記事で、摂食障害(Bulimia)であることを認めたようだ。
宗教をテーマにした、エイダン・クイン主演による米NBCの新作ドラマシリーズ"The Book of Daniel"が6日、米NBC系列各局でスタートするものの、いくつかの地方局は市民団体などの抗議を受けて放送を中止したらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は、11年間据え置かれているCATV業界との契約を改定するため、来週から交渉に入る模様。
フロリダのWalt Disney Worldは、1月1日から入場料を59.75ドルから63ドルに値上げしたようだ。
ニック・ノルティは4日、3年間の保護観察期間を終えたようだ。
米Microsoftは4日、「Xbox360」の全世界での出荷台数は今年6月末までに450万〜550万台になるとする見通しを発表したようだ。
2005年の全米音楽アルバム販売枚数は6億1890万枚となり、1996年以来最低を記録したようだ。
チャーリー・シーンとデニース・リチャーズは、結局離婚するようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)賞のノミネーションが4日発表され、「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")、「クラッシュ」("Crash")、「グッドナイト&グッドラック」("Good Night, And Good Luck.")、「カポーティ」("Capote")、「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」("Walk The Line")の5作品が候補に挙がったようだ。
Warner Bros. Picturesの昨年の全米映画興行収入は13億7000万ドルに達し、20th Century Foxを越え、業界トップとなったようだ。「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")、「バットマン リターンズ」("Batman Begins")、「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")などのヒットが貢献した模様。また、海外興収も17億ドルを越えてトップとなったらしい。
Sony Pictures Home Entertainment、20th Century Fox Home Entertainment、Lionsgateの3社は3日、ラスヴェガスで開催中の2006 International CESで、次世代DVD規格Blu-ray Discで発売する映画タイトルを発表したようだ。Sonyは「最後の恋のはじめ方」("Hitch",2005年)、「フィフス・エレメント」("The Fifth Element",1997年)、「LOVERS」("House of Flying Daggers",2004年)、Foxは「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」("Fantastic Four",2005年)、「エネミー・ライン」("Behind Enemy Lines",2001年)、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」("Kiss of the Dragon",2001年)、Lionsgateは「ロード・オブ・ウォー」("Lord of War",2005年)、「パニッシャー」("The Punisher",2004年)、「ソウ」("Saw",2004年)などをリリースするらしい。また、Paramount Pictures Home Entertainmentも「イーオン・フラックス」("Aeon Flux",2005年)、「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara",2005年)などをHD DVDと同時発売する模様。
Castle Hill Productionsは、ユダヤ系アメリカ人の一家に反発する一人の娘を描いたコメディ"The Tollbooth"の世界配給権を獲得したようだ。
キューバの秘密諜報部員、米国の高官、ロシアの情報筋とのインタビューや、メキシコでの調査に基づくドキュメンタリー映画"Rendezvous with Death"の中で、キューバ人の元諜報部員が「オズワルドは反体制派で、彼は祖国を憎んでいた。オズワルドはケネディを殺すことを申し出た。我々は彼を使った。彼は道具だった」と語っているらしい。
「シリアナ」("Syriana")で監督を務めたスティーヴン・ギャガンは、アラブ首長国連邦(UAE)のドゥバイで撮影を行ったことについて「この時期に、大規模な西洋の映画をそこで撮ることはエキサイティングだった」と語ったようだ。
5月に開催される第59回カンヌ映画祭で、ウォン・カーウァイ監督が中国人としては初めて審査員長を務めることになったようだ。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞のノミネーションが4日発表され、オリジナル脚本賞には「グッドナイト&グッドラック」("Good Night, And Good Luck")、「クラッシュ」("Crash")、「シンデレラマン」("Cinderella Man")、"The 40 Year-Old Virgin"、"The Squid and the Whale"が、また脚色賞には「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」("A History of Violence")、「カポーティ」("Capote")、「シリアナ」("Syriana")、"The Constant Gardener"が候補に挙がったようだ。
和歌山県田辺市を舞台にした新作映画「幸福のスイッチ」が製作される模様。安田真奈が監督、上野樹里が主演を務めるらしい。
マライア・キャリー「ロンドンのホテルを買い取ることを考えているの。最高のネイルサロンとヘアサロンを用意して、男性用とは分けるの。照明も素晴らしいものになるわ」と語ったらしい。
コロラドのスキー場を訪れていたジャスティン・ティンバーレイクとキャメロン・ディアスは、他のスキーヤーと衝突して負傷した女性を見つけ、救護したらしい。救助隊員が到着して2人が帽子とマスクを取るまでの20分間、周囲にいた人は誰もティンバーレイクとディアスだとは気付かなかったとか。
アルフレッド・デ・ヴィラ(Alfredo De Villa)監督の新作インディ作品"1-9"で、ヘザー・グラハムとウィリアム・ボールドウィンが共演するらしい。今月からニューヨークで撮影に入る模様。
Los Angeles Timesは、ジョン・スチュワートが第78回アカデミー賞授賞式の司会を務める、と報じたようだ。
米CATV局Bravoで7日、ロン・ハワード監督の50年近い経歴を辿る特番"Moving Image Salutes Ron Howard"が放送されるようだ。ジム・キャリー、イーディ・ファルコ、ポール・ジアマッティ、トム・ハンクス、ゴールディ・ホーン、ブライス・ダラス・ハワード、マイケル・キートン、カート・ラッセル、レネー・ゼルウィガーらとのインタビューのほか、最新作「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")からの特別映像も放送されるらしい。
ケイティ・ホームズの元婚約者、クリス・クラインは「彼女に子供が生まれても贈り物をするつもりはない。彼女との関係は過去のものだ。過去を懐かしく思い出すこともあるだろうが、私達はもう別々の人生を歩んでいる。それを保つのがいいと思う」と語ったようだ。
プロデューサーのダニエル・オルター(Daniel Alter)とハワード・サン(Howard Sun)は、シャロン・スコット(Sharon Scott)脚本による新作"The Secret Drawer Society"を手掛けるようだ。友人達と共に秘宝にまつわるミステリーを読み解こうとするある姉妹が主人公の作品らしい。
「チキン・リトル」("Chicken Little",2005年)を手がけたロン・フリードマン(Ron Friedman)とスティーヴ・ベンシック(Steve Bencich)の脚本による新作コメディ"The Missing Link"を、Walt Disney Picturesが獲得したようだ。
Paramount Pictures、Universal Studios、HBO Video、New Line Entertainment、Warner Home Videoの各社は4日、ラスヴェガスで開催中の2006 International CESで、次世代DVD規格HD DVDで発売する映画タイトルを発表、5月までに約50タイトル、年内には200タイトルが発売されるらしい。
米FOXは、「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)を手がけたジョシュ・バーマン(Josh Berman)による新作ドラマ・パイロット"Vanished"の制作を決定したようだ。
アシュトン・ホームズ(Ashton Holmes)とエミリー・ブラント(Emily Blunt)は、グレッグ・ジェイコブス(Greg Jacobs)監督による新作ホラー"Wind Chill"への主演が決まったようだ。
Comedy Centralのコメディシリーズ"Reno 911!"(2003年-)が映画化されるようだ。"Reno 911!: Miami"のタイトルで、TVシリーズを手がけたロバート・ベン・ガラント(Robert Ben Garant)が監督を務めるらしい。今月23日からマイアミとロサンゼルスで撮影に入る模様。
タイラー・ペリー(Tyler Perry)監督・脚本・主演の新作"Madea's Family Reunion"のポスターが公開されたようだ。
ブライアン・シンガー監督「スーパーマン リターンズ」("Superman Returns")からの最新画像が公開されたようだ。
米NickelodeonのTVシリーズ"Drake & Josh"(2004年-)や「ザ・エージェント」("Jerry Maguire",1996年)、「ハイ・フィデリティ」("High Fidelity",2000年)などに出演しているドレイク・ベル(Drake Bell)が先週、交通事故で負傷した模様。顎の骨を折るなどしたものの順調に回復し、現在は自宅で療養しているらしい。
ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash,1932-2003)のコンサートが1968年に開催された、カリフォルニアのフォルソム州立刑務所(Folsom State Prison)で3日、ジェイムズ・マンゴールド監督「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」("Walk The Line",2005年)が上映され、主演のホアキン・フェニックスも出席したようだ。
  1/6
Blu-ray Discの映画ソフトは青いケース、HD DVDソフトは赤いケースに入れて販売されるらしい。大きさは現行のDVDとほぼ同じとか。
ラスヴェガスで開催中のConsumer Electronics Showで5日行われた、SONYのハワード・ストリンガー(Howard Stringer)会長兼CEOによる基調講演に、「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の原作者ダン・ブラウン(Dan Brown)と、映画版主演のトム・ハンクスが登場、同作の予告編がSONY製HDプロジェクタで上映されたようだ。
綾瀬はるかが、3月24日リリースのシングル「ピリオド」で歌手デビューするらしい。主演短編映画「たべるきしない」のDVD付限定盤CDも発売されるようだ。
8日に両国国技館で初日を迎える大相撲初場所で、ソン・ヘソン監督「力道山」を配給するソニー・ピクチャーズが懸賞旗を出すようだ。
シリーズ第3作"The Fast and the Furious: Tokyo Drift"の追加撮影がロサンゼルスのダウンタウンで行われているらしい。「レストラン」「地下鉄」などのほか「切りたて! 地元配達専門店」といった奇妙な日本語の看板が通りに並んでいるとか。 [☆「お手持ちの烏口」「基礎の充実の上に」とかも欲しい!]
国土交通省は、PUFFYを米国親善大使に起用する方針を固めたようだ。
愛知万博で人気を集めた「サツキとメイの家」が、今年夏から再オープンするようだ。
キム・ジョングォン監督、チャ・テヒョン主演によるコミックの映画化「バカ」で、ハ・ジウォンがピアニスト役を演じるらしい。10日から撮影に入る模様。
先月29日から韓国で公開中の、カム・ウソン、チョン・ジニョン共演「玉の男」は、5日までに観客動員数が190万人に達し、6日中に200万人を突破する見込みとか。
「PROMISE」プロモーションのため、チェン・カイコー監督、真田広之、セシリア・チャンが韓国を訪問するようだ。19日に行われる試写会と記者会見にチャン・ドンゴンと共に出席するらしい。
中国影評人協会による「2005年十大中国語映画」が発表され、ピーター・チャン監督「如果愛」("Perhaps Love")がトップに選ばれたほか、チェン・カイコー監督「無極」("The Promise")、ホウ・シャオシエン監督「最好的時光」("Three Times")、シルヴィア・チャン監督・主演「海南鶏飯」("Rice Rhapsody")、チェン・ボーリン、田中麗奈共演「Tripping」などが選ばれたようだ。
東京都調布市の角川大映撮影所が今月16日にリニューアルオープンするらしい。新設された4つのステージを含め、全7ステージで同時に撮影ができるとか。
ブロードウェイで上演中のミュージカル「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の上演回数が今月9日に7486回に達し、「キャッツ」("Cats")の記録を更新するようだ。
ジェイミー・フォックスの最新アルバム"Unpredictable"が、米Billboardアルバムチャートで1位となったようだ。
米国内での昨年のDVDのセルおよびレンタルの売り上げは、前年比8%増の228億ドルに達したようだ。セルのみでは本数では前年比10%増となったものの、金額では5%増の163億ドルだったらしい。
米Comedy CentralはAmp'd Mobileと提携、人気番組「サウスパーク」("South Park",1997年-)、"Chappelle's Show"(2003年-)のコンテンツを携帯電話向けに配信するようだ。
第78回アカデミー賞授賞式の司会者にジョン・スチュワートが選ばれたようだ。
全米週末公開作品では、「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")と「キング・コング」("King Kong")が、三度興収トップを競い合うことになる模様。一方、スティーヴン・スピルバーグ監督「ミュンヘン」("Munich")の全米1489館での拡大上映が6日から始まるらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)賞で新作「クラッシュ」("Crash")がノミネートされたポール・ハギス(Paul Haggis)監督は「今朝は電話を避けていたんだ。DGA賞へのノミネートはないと思っていたから。友人に教えられたとき、彼に3回繰り返させたんだ」と語ったようだ。
喘息で入院していたリンゼイ・ローハンは、マイアミの病院を退院したようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞のノミネーションが5日発表され、「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")のアン・リー、「クラッシュ」("Crash")のポール・ハギス(Paul Haggis)、「カポーティ」("Capote")のベネット・ミラー(Bennett Miller)、「グッドナイト&グッドラック」("Good Night, And Good Luck.")のジョージ・クルーニー、「ミュンヘン」("Munich")のスティーヴン・スピルバーグが候補に挙がったようだ。
1月1日までの1週間の米DVD販売チャートでは、ビデオ映画"American Pie Presents: Band Camp"がトップになったようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞のノミネーションが5日発表され、ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール共演「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")が最多4部門で候補に挙がったほか、「カポーティ」("Capote")のフィリップ・シーモア・ホフマンらが主演男優賞に、「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")のチャン・ツィイーらが主演女優賞に、「クラッシュ」("Crash")のドン・チードル、マット・ディロンらが助演男優賞に、「スタンドアップ」("North Country")のフランシス・マクドーマンドらが助演女優賞に、それぞれノミネートされたようだ。
入院していたリンゼイ・ローハンを見舞いに訪れた友人が、透明なビニール製のバッグにコカコーラやトランプなどと一緒に妊娠検査薬を入れていたことから、ローハンの妊娠説が浮上しているとか。
デヴィッド・ラシャペル(David LaChapelle)監督のドキュメンタリー作品「RIZE」("Rize",2005年)のオンライン試写会が、今月14日から15日にかけて、GyaOで開催されるようだ。
イ・ドンゴン主演次回作は、キム・ヨンビン監督の「疾走」になる模様。カーレーサーを演じるらしい。
杉山慶一監督「銀色の髪のアギト」の公開を記念したライブトークが開催されるようだ。勝地涼らが出席、イベントの模様はYahoo! JAPANで無料配信されるらしい。
9.11テロでハイジャックされたユナイテッド航空93便の乗客を描く、ポール・グリーングラス監督の新作"Flight 93"の予告編が公開されたようだ。
シルヴェスタ・スタローン主演の「ロッキー」シリーズ最新作"Rocky Balboa"からの最新画像が公式ブログで公開されたようだ。
ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック、サム・シェパード、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・レナー、ポール・シュナイダー、サム・ロックウェル共演の新作"The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford"のからの最新画像が公開されたようだ。
アレッサンドロ・バリッコ(Alessandro Baricco)の小説「」を映画化する、フランソワ・ジラール監督、マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ共演の新作"Silk"は、山形県酒田市、長野県松本市などでロケが行われるようだ。役所広司、中谷美紀も共演するらしい。撮影開始は3月になる模様。
市原隼人、井上真央共演の新作「チェケラッチョ!!」の宮本理江子監督らが5日、沖縄県庁を訪れ、稲嶺恵一知事に製作を報告したようだ。7日から県内で撮影に入る模様。
16日開催される第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式では、さらにジェシカ・アルバ、エミー・ロッサム、ジョン・トラヴォルタ、デンゼル・ワシントンがプレゼンターとして登場するようだ。
ジェニファー・アニストンは「離婚する前、私とブラッド(・ピット)は小さな製作会社(Plan B)を始めたけれど、私は身を引いたの。気に入っていたいくつかの企画だけ引き継いだわ。10の代表作を育て上げて、とても大きな会社になったことは、素晴らしいことよ。でも、私自身に何に関心があったのかもう一度問い直してみたの」と語ったようだ。
9日放送のTBS特番「私的チャイナビ"華流スターに会おうSP"」で、阿部力がシュー・ジンレイと対面したようだ。
前田哲監督、大沢たかお主演の新作「陽気なギャングが地球を回す」で、Skoop On Somebodyが主題歌「How We Do It!!!」を手がけたようだ。
米DH Pressは、「攻殻機動隊」のTVアニメシリーズに基づく小説"Ghost in the Shell: Stand Alone Complex-The Lost Memory"を、4月12日に発売すると発表したようだ。
ウォルト・ベッカー(Walt Becker)監督による新作コメディ"Wild Hogs"で、ジョン・トラヴォルタとティム・アレンが共演するらしい。主人公となる中年バイカー4人の内の2人を演じるようだ。
先月10日から公開中の「あらしのよるに」(杉井ギサブロー監督)の観客動員数が120万人を越えたようだ。
ロンドン北部にあるグウィネス・パルトロウ、クリス・マーティン夫妻の邸宅でお祓いの儀式が行われるようだ。「悪い気が流れている」らしい。 [☆ポルターガイスト?]
ジャッキー・チェンとダニー・デヴィートが、インド出身のイクバル・リズヴィ(Iqbul Rizvi)監督による新作"90 Minutes"で共演するらしい。学校のサッカーチームを描く作品とか。
ブラッド・レンフロは、薬物依存症治療のためリハビリ施設に入ったようだ。
ジュード・ロウは、シエナ・ミラー主演の新作"Factory Girl"のプロデューサーから、撮影現場への立ち入りを禁止されたらしい。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ共演の新作SFスリラー"The Visiting"の最新画像が公開されたようだ。
「怪獣大決戦ヤンガリー」("Yonggary",2001年)のシム・ヒョンレ監督による新作"D-War"の最新予告編が公開されたようだ。
  1/7
ウォン・ビンは、北朝鮮との国境にある非武装地帯に配置されたらしい。自ら志願した模様。
野田秀樹と女優の藤田陽子が先月結婚したらしい。年齢差25歳とか。
沢田研二の正月コンサートツアーが6日の東京公演でスタートしたようだ。「今年はドラマ、映画にも出る」らしい。
劇団仲間の舞台で活躍したほか、「砂の器」(野村芳太郎監督,1974年)、「病院坂の首縊りの家」(市川崑監督,1979年)などにも出演した、俳優の菊地勇一さんが4日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
石原プロモーションの新年会が6日都内で行われ、渡哲也、舘ひろし、徳重聡らが出席したようだ。
福岡芳穂監督「愛してよ」のトークイベントが6日都内で行われ、主演の西田尚美らが出席したようだ。
米Googleは、有料映像配信サービスGoogle VideoStoreをスタートさせると発表したようだ。
韓国・中国合作ドラマ「飛天舞」は、日本を始めアジア各国への輸出が決定している一方、韓国では放送する局もまだ決まっていないらしい。
堤幸彦監督、阿部寛、長谷川京子共演の新作SFアクション時代劇映画「大帝の剣」の撮影が、現在広島県内で行われているようだ。公開は2007年になるとか。
杉山慶一監督「銀色の髪のアギト」の中国公開が決定した模様。3月から中国内1000館の劇場で公開されるらしい。
韓国で行われた「2006年に期待される女性スター」の調査で、「春のワルツ」のハン・ヒョジュが40.3%の支持を得て1位に選らばれたようだ。ハン・ジミンが2位、パク・シヨンが3位だったらしい。
アン・ソンギ、イ・ヨンエ、イ・ビョンホンの3人は、先月香港で開催された世界貿易機関(World Trade Organization)の閣僚会議に反対するデモで拘束された韓国人の釈放を求める嘆願書を、間もなく香港政府に提出するらしい。
2005年の全米ベストセラーは「ハリー・ポッターと謎のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")だったようだ。702万冊も売れたらしい。
ロニー・ユー監督の新作「SPIRIT」("Fearless")プロモーションのため、ジェット・リーらが6日、香港で記者会見を行ったようだ。
ロバート・デ・ニーロ監督、マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー共演の新作"The Good Shepherd"の、ドミニカ共和国での撮影が間もなくスタートする模様。
AmIAnnoying.comによる「2005年最も鬱陶しいスター/グループ」トップ10が発表されたようだ。
1.トム・クルーズ
2.マイケル・ジャクソン
3.パリス・ヒルトン
4.ブリトニー・スピアーズ
5.オサマ・ビン・ラディン
6.アル・カイダ
7.Dr. フィリップ・マクグロウ
8.タラ・リード
9.コビー ブライアント
10.ジェシカ・シンプソン
「奔流」(1926年)、「マダムと女房」(1931年)、「五重塔」(1944年)、「愛と死の谷間」(1954年)などの作品を手掛けた映画監督五所平之助(1902-1981)の関連資料27点が、宇佐2001ロータリークラブから大分県宇佐市に寄贈されたようだ。
16日開催される第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式では、さらにエヴァンジェリン・リリー(Evangeline Lilly)、ヴァージニア・マドセン、トビー・マグワイア、ヒラリー・スワンクがプレゼンターとして登場するようだ。
ダニー・ボイル監督、ローズ・バーン、クリフ・カーティス、クリス・エヴァンス、ミシェル・ヨー、キリアン・マーフィ、真田広之共演の新作SFスリラー"Sunshine"からの最新画像が公式ブログで公開されたようだ。
  1/8
ラスヴェガスで開催中の2006 International CESで6日行われた米Yahoo!の基調講演にはトム・クルーズが、Googleの基調講演にはロビン・ウィリアムスが登場したらしい。
杉山慶一監督「銀色の髪のアギト」が7日初日を迎え、勝地涼、宮崎あおいらが舞台挨拶に立ったようだ。
清水崇監督「輪廻」が7日初日を迎え、優香、香里奈、椎名桔平らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
新作「トカゲ」でカン・ヘジョンと共演するチョ・スンウが、劇中でキム・グァンソクの「彼女が初めて泣いた日」を歌っているらしい。
9日スタートのKBS第2テレビ「こんにちは神様」の制作発表が6日、京畿道水原市で行われ、主演のユ・ゴンらが出席したようだ。
ソン・イェジン、ソン・イルグク共演の新作「作業の定石」の韓国での観客動員数が5日、200万人を突破した模様。
山陽自動車道の主要サービスエリアなどで、「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)ロケ地の尾道市や呉市をPRするパンフレットが配布されているようだ。呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の入館割引券もついているらしい。
中国で公開中のピーター・チャン監督「如果愛」("Perhaps Love")は、総興収が2900万元を越えたようだ。
米FOXの人気TVシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)の第100話放送記念パーティが7日ハリウッドで開催され、キーファー・サザーランド、エリシャ・カスバート、キム・レイヴァーらが出席したようだ。
第17回パームスプリングス国際映画祭(Palm Springs International Film Festival)の授賞式が7日行われ、フェリシティ・ハフマン(Felicity Huffman)が躍進演技賞を受賞した模様。
「セブン・イヤーズ・イン・チベット」("Seven Years in Tibet",1997年)のモデルとなった、オーストラリア人登山家のハインリヒ・ハラー(Heinrich Harrer)さんが7日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米映画批評家協会(National Society of Film Critics)賞が7日発表されたようだ。
■作品賞 「カポーティ」("Capote")
■監督賞 デヴィッド・クローネンバーグ (「ヒストリー・オブ・バイオレンス」)
■脚本賞 ノア・バームバック ("The Squid and the Whale")
■主演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン (「カポーティ」)
■主演女優賞 リース・ウィザースプーン (「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」)
■助演男優賞 エド・ハリス (「ヒストリー・オブ・バイオレンス」)
■助演女優賞 エイミー・アダムス ("Junebug")、キーラ・ナイトレイ (「プライドと偏見」)
■ドキュメンタリー賞 "Grizzly Man" (ヴェルナー・ヘルツォーク監督)
■外国語映画賞 "Head-On" (ファティ・アキン監督)
1980年代の米国でのパンクロック・シーンを振り返るドキュメンタリー映画"American Hardcore: The History of American Punk Rock 1980-1986"が製作されたようだ。サンダンス映画祭でプレミア上映されるらしい。
米CBSで8日放送の犯罪ドラマシリーズ"Cold Case"(2003年-)で、"No Surrender"、"Drive All Night"などブルース・スプリングスティーンの楽曲9曲が使われるらしい。
南カリフォルニア大学脚本家賞(University of Southern California's Scripter Award)のノミネーションが発表され、「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")、「カポーティ」("Capote")、"The Constant Gardener"、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」("A History of Violence")、「シリアナ」("Syriana")の5作品が候補に挙がったようだ。
The Rolling Stonesのワールドツアー"A Bigger Bang"は、全世界で4億ドルの収益をあげたらしい。
テリー・ジョージ(Terry George)監督、ドン・チードル主演「ホテル・ルワンダ」("Hotel Rwanda",2004年)の試写会が6日都内で行われたようだ。
カン・ウソク監督の新作「韓半島」の撮影が7日、全北道庁舍で行われ、チャ・インピョ、 アン・ソンギ、チョ・ジェヒョン、 ムン・ソングンらが参加したようだ。
ティム・バートン監督は、トニー賞受賞のミュージカル「スウィーニー・トッド」("Sweeney Todd")の映画化を企画しているようだ。ジョニー・デップが主演するらしい。
Walt Disney Picturesの長編アニメ最新作"The Wild"の予告編が間もなく公開されるようだ。
モーガン・フリーマンが代表を務めるデジタル・エンターテインメント企業ClickStarは、ブラッド・シルバーリング監督の新作"10 Items Or Less"の配信を手掛けるようだ。モーガン・フリーマンとパス・ヴェガが共演、来月からロサンゼルスで撮影に入る模様。
"Spider-Man 3"に出演するジェイムス・フランコは、既に視覚効果シーンのための撮影は始まっていて、主要な撮影も間もなく始まることを明らかにしたようだ。既にキャストには脚本も渡されているとか。
もと恋人のキルスティン・ダンストとジェイク・ギレンホールが、大晦日のパーティで一緒に踊っていたらしい。ただし、目撃者の一人は「恋人って言う雰囲気じゃなかった。ただおしゃべりして踊っていただけ。いい友達って感じだった」と語ったようだ。
Harper's Bazaar誌最新号で、アヴリル・ラヴィーンがChanelやGucciのドレスを着て登場しているらしい。
ロサンゼルスのラジオ番組に出演したケヴィン・フェダーラインは、ブリトニー・スピアーズとの離婚や、2人目の子供の噂を全て否定したようだ。
スカーレット・ヨハンソンは「ニューヨークで友人と一緒だった時、彼に『ボディガードをつけるべきだ』って言われたの。私は『嫌よ、絶対』と彼に言ったわ。そういう類のものに慣れてしまうのがいやなの。私はマンハッタン出身なのよ」と語ったようだ。
ジェイムズ・マンゴールド監督「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」("Walk The Line",2005年)でジョニー・キャッシュ(Johnny Cash,1932-2003)を演じたホアキン・フェニックスは「額を剃ってみることにしたんだ。撮影が始まるまでにはまた戻せるだろうと思ってね。でもそうはならなかった。一瞬『やばい、最悪だよ』と思ったけど、そのまま続けたんだ。上手くいったよ」と語ったようだ。
クリスティーナ・アギレラは「ケリー(・オズボーン)は私に夢中なのよ。だって、彼女はいつも私に意地悪なことを言うもの」と語ったようだ。
ミュージカル版「冬のソナタ」が7日、札幌市で初日を迎えたようだ。
  1/9
五月みどりの元夫で、「復活の日」(深作欣二監督,1980年)のプロデュースなども手掛けた、TV番組制作会社経営の面高昌義さんが2日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
昨年末に限定発売された、ペ・ヨンジュン公式携帯ストラップに封入されているカードについて、販売元に問い合わせが殺到しているとか。10個に1枚の割合で未公開写真が使われているらしい。
李相日監督「フラガール」の製作発表が8日都内で行われ、松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、しずちゃんらが出席したようだ。常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾートハワイアンズ)のオープンにまつわるエピソードに基づく映画らしい。女優陣は11日からのクランクインに向けて、現在フラダンスの特訓中とか。
ムン・ソリとパク・ウォンサンが、来月からソウルで上演される舞台「悲しい物語」で夫婦役を演じるらしい。2月公開の映画「女教師の隠密な魅力」でも共演しているようだ。
「神話」("The Myth",2005年)でキム・ヒソンと共演したジャッキー・チェンは「キム・ヒソンが出演する作品なら友情出演するから必ず呼んで欲しい。通行人でも構わない」と言っているらしい。
「力道山」に主演したソル・ギョングは「あんなに頑張ったのに、国内ではまともに評価されず、とても悔しい。日本では必ずヒットして欲しい」と語ったらしい。
「大変な結婚」(「家門の栄光」,2002年)、「家門の危機」(2005年)に続くシリーズ第3作「家門の復活」が製作されるようだ。キム・ウォニ、キム・スミが再び出演する模様。
アン・パンソク監督、チャ・スンウォン主演の新作「国境の南側」の撮影現場が7日、マスコミに公開されたようだ。
フォン・シャオガン監督、チャン・ツィイー主演の新作「夜宴」が8日、北京でクランクアップしたようだ。
ニューヨーク映画批評家協会(New York Film Critics Circle)主催のディナーが8日開催され、リース・ウィザースプーン、マリア・ベロ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ベネット・ミラー監督らが出席したようだ。
米配給会社Picture This Entertainmentは、カナダのアムノン・バックビンダー(Amnon Buchbinder)監督による新作コメディ"Whole New Thing"の米国内配給権を獲得したようだ。13歳の少年を主人公にした、同性愛がテーマ作品らしい。今秋、限定公開する予定とか。
米ポルノ映画界のアカデミー賞、第23回アダルトビデオ・ニュース賞(Adult Video News Awards)の授賞式が7日、ラスヴェガスで開催されたようだ。
Paramount Picturesは、買収したDreamWorksの作品を、投資家ジョージ・ソロス(George Soros)による投資ファンドに売却することを検討している模様。
全米週末興収は、イーライ・ロス監督、ジェイ・ヘルナンデス主演のホラー"Hostel"が2010万ドル(2195館)で初登場1位を獲得、「ナルニア国」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")は2位、「キング・コング」("King Kong")は3位に後退した模様。
人気TVシリーズ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)の第5シーズンが10日、米FXでスタートするようだ。グレン・クローズ、フォレスト・ウィテカーらが、新たにレギュラーとして登場するらしい。
今井雅之監督・主演「THE WINDS OF GOD -KAMIKAZE-」の先行試写会が7日と8日、ロケ地の鹿児島県霧島市で行われたようだ。
プロデューサーのフランク・マーシャルは、マット・デイモン主演による「ジェイソン・ボーン」シリーズ第3作"Bourne Ultimatum"が、8月1日に撮影に入ることを明らかにしたようだ。ジュリア・スタイルズとジョアン・アレンも再び登場するらしい。また、"Bourne Ultimatum"終了後直ちに"Indiana Jones 4"の製作に入り、さらにその後"Jurassic Park IV"に取り掛かる模様。
Entertainment Weekly最新号で、キーファー・サザーランドが米FOXの人気TVシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)の映画化についてコメントしているらしい。「凄い映画になるだろうね。24時間のTVシリーズのエネルギーを映画の2時間に押し込めることが出来れば、観客はもろに叩きのめされることになると思うよ」と語ったようだ。
今年後半にアルバムをリリース予定の、元'N Syncのジャスティン・ティンバーレイクは「ツアーとプロモーションに追われていた。生きる時間が必要だった。自分自身からも距離を置く時間が必要だった。自分にうんざりしていたんだ。でも今はそれを乗り越えた。1日24時間、テレビに登場する準備は出来たよ」と語ったようだ。
ヒラリー・ダフ(18)と交際中のジョエル・マデン(Joel Madden,26)は、8歳の年齢差について「もし自分の娘なら認めないだろうね。今は、ゆっくりと関係を築いているところだ。マスコミが何を言っても気にしないけど、母親の言うことは気になるよ」と語ったようだ。
「THE 有頂天ホテル」の新成人向け特別試写会が8日都内で行われ、三谷幸喜が上映後のトークショーに出席したようだ。
米WBの人気TVシリーズ"Smallville"(2001年-)を手掛けるマイルス・ミラー(Miles Millar)とアルフレッド・ガフ(Alfred Gough)のプロデュースによる、DCコミックのキャラクタに基づく新シリーズ"Aquaman"で、フロリダ出身の新人俳優ウィル・トール(Will Toale)が主演に起用されたようだ。パイロット版は3月からマイアミで撮影に入るらしい。
第2次大戦の硫黄島での戦いを日本軍の視点から描く、クリント・イーストウッド監督の新作"Red Sun, Black Sand"(「硫黄島からの手紙」?)で、渡辺謙が主演するらしい。
フィリップ・カウフマン監督次回作は、「理由なき反抗」("Rebel Without a Cause",1955年)を手がけたニコラス・レイ(Nicholas Ray,1911-1979)監督の自伝「わたしは邪魔された ニコラス・レイ映画講義録」("I Was Interrupted: Nicholas Ray on Making Movie")の映画化になるようだ。
Warner Bros. Picturesは、児童書「かいじゅうたちのいるところ」("Where The Wild Things Are")の映画化権を、Universal Picturesから獲得したようだ。引き続きPlaytoneのトム・ハンクスらがプロデュースを務める模様。
歌手のピンク(Pink)とモトクロス選手のケイリー・ハート(Carey Hart)が7日、コスタリカで結婚式を挙げたようだ。
ユタ州の映画館が、「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")の上映を公開直前になって中止していたらしい。
  1/10
今夏公開の新作アクション「マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝」で、千葉真一と倉田保昭が共演するらしい。谷垣健治が監督、木下あゆ美が主演するようだ。
第6回東宝シンデレラオーディション決選大会が9日都内で行われ、香川県在住の黒瀬真奈美(14)がグランプリを獲得したようだ。今秋公開予定の大谷健太郎監督「ラフ」で長澤まさみと共演するらしい。また、審査員特別賞に増元裕子(12)と池澤彩野花(14)が選ばれた模様。
前田亜季は、成人の日を迎えた9日、都内の豊川稲荷で新作「最終兵器彼女」のヒット祈願を行ったようだ。
真田広之主演の新作「PROMISE」プロモーションのため、チェン・カイコー監督、チャン・ドンゴンらが来日するようだ。今月24日の試写会と25日の記者会見に出席する模様。
キネマ旬報は10日、去年公開の邦画、洋画ベストテンを発表したようだ。
【日本映画】
1.「パッチギ!」
2.「ALWAYS 三丁目の夕日」
3.「いつか読書する日」
4.「メゾン・ド・ヒミコ」
5.「運命じゃない人」
6.「リンダ リンダ リンダ」
7.「カナリア」
8.「男たちの大和/YAMATO」
9.「空中庭園」
10.「ゲルマニウムの夜」
【外国映画】
1.「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")
2.「エレニの旅」("Trilogia I: To Livadi pou dakryzei")
3.「亀も空を飛ぶ」("Lakposhtha ham parvaz mikonand")
4.「ある子供」("L'Enfant")
5.「海を飛ぶ夢」("Mar adentro")
6.「大統領の理髪師」("The President's Barber")
7.「ウィスキー」("Whisky")
8.「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")
9.「キング・コング」("King Kong")
10.「ヒトラー 〜最期の12日間〜」("Der Untergang")
【文化映画】
1.「映画 日本国憲法」
【個人賞】
■日本映画監督賞 井筒和幸監督 (「パッチギ!」)
■脚本賞 内田けんじ(「運命じゃない人」)
■主演女優賞 田中裕子(「いつか読書する日」他)
■主演男優賞 オダギリジョー(「メゾン・ド・ヒミコ」他)
■助演女優賞 薬師丸ひろ子(「ALWAYS 三丁目の夕日」他)
■助演男優賞 堤真一(「ALWAYS 三丁目の夕日」他)
■新人女優賞 沢尻エリカ(「パッチギ!」他)
■新人男優賞 石田卓也(「蝉しぐれ」)
投資会社プリヴェチューリッヒ企業再生グループは、阪急ホールディングスの発行済み株式の5.01%を取得、筆頭株主となった模様。プリヴェ側は「傘下の宝塚歌劇団や東宝などのコンテンツ事業を統合し、上場を提案したい」と言っているらしい。
ボン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の新作「怪物」が8日、クランクアップしたようだ。韓国公開は7月になる模様。
チェ・ドンフン監督の新作「いかさま師」で、ペク・ユンシクとチョ・スンウが共演するようだ。
31日にフランスで開幕する第12回ヴズール・アジア映画祭(Vesoul International Film Festival of Asian Cinema)で、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演「四月の雪」がオープニング上映されるらしい。
21日にテヘランで開幕する第24回パジル国際映画祭の国際コンペ部門に、イ・ジョンチョル監督、ス・エ主演「家族」が出品されるようだ。
「美しき野獣」の公開記念船上パーティが13日、ソウルで開催されるらしい。クォン・サンウ、ユ・ジテ、キム・ソンス監督らが出席、ファン400人が招待されるとか。
韓国KBSで昨年放送されたシチュエーションコメディー「オールドミスダイアリー」が映画化されるらしい。イェ・ジウォン、キム・ジヨンらTV版のキャストがそのまま出演するようだ。
ヒラリー・スワンクとチャド・ロウが別居したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事と12歳の息子が8日、乗っていたオートバイで事故に遭い負傷した模様。州知事は15針を縫う怪我をしたらしい。
元ニューヨーク市警のソニー・グロッソ(Sonny Grosso)は、「フレンチ・コネクション」("The French Connection",1971年)のモデルとなった事件のTVドラマ化について、米CATV局AMCと契約を結んだようだ。
インドのMaharashtra州当局は昨年8月、若者を堕落させ犯罪や売春を助長するとしてダンス・バーを一斉に閉鎖したらしい、ボリウッド映画プロデューサーのRanjeet Sharmaは新作映画"Deepa Ki Tarannum"("Deepa's Music")に、失業していたバーのダンサー約30人を雇ったとか。
ドイツのコンピューター技術者が、インターネットで知り合った男性を本人に依頼されて殺害しその人肉を食べた、という実話に基づくマーティン・ワイズ(Martin Weisz)監督、トーマス・クレッチマン、ケリー・ラッセル共演の新作ホラー"Butterfly: A Grimm Love Story"について、モデルとなった人物が映画化は認めていないと主張、上映中止を求める訴訟を起こしたようだ。
J・K・ローリング(J.K. Rowling)は「ハリー・ポッター」シリーズには、母親の死が影響していると語ったようだ。「私の本の大部分は死に関連しています。シリーズはハリーの両親で始まります。ヴォルデモートは死を克服し、不死の探求に執着します。ヴォルデモートがなぜ死を克服したいのか、私には分かります。我々は皆、死を恐れているのです」と語ったらしい。
米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)による第11回Critics' Choice Awardsが9日発表されたようだ。
■作品賞 「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")
■監督賞 アン・リー(「ブロークバック・マウンテン」)
■脚本賞 「クラッシュ」("Crash")
■主演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン(「カポーティ」)
■主演女優賞 リース・ウィザースプーン(「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」)
■助演男優賞 ポール・ジアマッティ(「シンデレラマン」)
■助演女優賞 エイミー・アダムス("Junebug")、ミシェル・ウィリアムズ(「ブロークバック・マウンテン」)
■アンサンブル演技賞 「クラッシュ」("Crash")
■若手男優賞 フレディ・ハイモア(「チャーリーとチョコレート工場」)
■若手女優賞 ダコタ・ファニング(「宇宙戦争」)
■音楽賞 ジョン・ウィリアムズ(「SAYURI」)
■コメディ作品賞 "The 40 Year-Old Virgin"
■アニメーション賞 「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")
■ファミリー映画賞 「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")
■ドキュメンタリー映画賞 「皇帝ペンギン」("La Marche de l'empereur")
■外国語映画賞 「カンフーハッスル」("Kung Fu Hustle")
米Walt Disneyは9日、昨年9月にオープンした香港ディズニーランドの新しいCEOにビル・アーネスト(Bill Ernest)を任命したと発表したようだ。前任者はバハマのリゾートホテルの社長に就任したらしい。
オーストラリア在住の30歳の女性が、恋人の背中などをはさみで何度も突き刺したとして、逮捕されたらしい。エルヴィス・プレスリーの"Burning Love"を何度も繰り返し再生したことに腹を立てたとか。
米ThinkFilmは、サルヴァドール・リトヴァク(Salvador Litvak)監督、ジャック・クラグマン(Jack Klugman)、レスリー・アン・ウォーレンら共演の新作コメディ"When Do We Eat?"の北米配給権を獲得、4月7日より公開するようだ。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督による人気ゲームの映画化「ブラッドレイン」("BloodRayne")が6日から全米985館で封切られたものの、クリスタナ・ローケン、ベン・キングズレイ、ミシェル・ロドリゲス、マイケル・マドセン、ウド・キア、ジェラルデイン・チャップリン、マイケル・パレといったキャストをそろえたにもかかわらず、週末興収160万ドルと低調なスタートとなったようだ。
「海の上のピアニスト」("The Legend of 1900",1998年)、「太陽の雫」("Sunshine",1999年)などの作品で知られる撮影監督のラヨシュ・コルタイ(Lajos Koltai)が初監督を務めた、ホロコーストをテーマにした新作"Fateless"が、今週末からNew York's Film Forumで上映されるようだ。
投資家ジョージ・ソロス(George Soros)が率いるSoros Fund Managementは、DreamWorksの映画作品の買取に向けて、Paramount Picturesと交渉に入っているようだ。
来月19日に開催される英国アカデミー賞(BAFTA awards)で表彰される、一般投票で決まるOrange Rising Star Awardの候補者が、ミシェル・ウィリアムズ、レイチェル・マクアダムス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェイムズ・マカヴォイ(James McAvoy)、キウェテル・イジョフォーの5人に決まったようだ。アラン・パーカー、ケイト・ブランシェットら審査員が25人の中から絞り込んだらしい。
大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")で共演したネイサン・レインとマシュー・ブロデリックの星型が9日、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
英BBC Homes and Antiques誌が行った調査によると、世界で最もエキセントリックな有名人に、ビョーク(Bjork)が選ばれたようだ。また「ドクター・フー」("Doctor Who",1963-1989年)のトム・ベイカー(Tom Baker)が4位、オジー・オズボーンが5位に入ったらしい。
昨年11月に腸炎のため手術を受けたボリウッド・スターのアミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)は、先月17日に退院したものの「体はまだ弱っている。完全な回復には半年はかかると思う」と語っているようだ。
トム・ハンクス主演による映画版の5月公開を前に、ダン・ブラウン(Dan Brown)の小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")のペーパーバック版が3月28日に米国で発売されるようだ。
シルヴェスタ・スタローン主演の「ロッキー」シリーズ最新作"Rocky Balboa"の撮影が、現在フィラデルフィアで行われているらしい。
Walt Disney Picturesの長編アニメ最新作"The Wild"の予告編が公開されたようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は9日、第78回アカデミー賞音響効果賞(Achievement in Sound Editing)のエントリー7作品を発表したようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")
「キング・コング」("King Kong")
「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")
「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")
「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」("Walk The Line")
「宇宙戦争」("War of the Worlds")
間もなく全米公開が始まる、ジェイムズ・ガートナー(James Gartner)監督、ジョシュ・ルーカス、デレク・ルーク、ジョン・ヴォイト共演の新作"Glory Road"の最新TVスポットが公開されたようだ。
ユン・ハギョル監督の新作「少年」で、キム・ジェウォンが2年ぶりに映画に復帰するようだ。3月末に撮影に入る模様。
ハン・ジミンは「『青燕』への出演が決まってから約100本の韓国映画を観た」らしい。
IMAX社とWarner Bros. Picturesは9日、IMAX版「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire: The IMAX Experience")の全世界興収が1600万ドルに達し、「バットマン ビギンズ」("Batman Begins: The IMAX Experience")の記録を更新したと発表したようだ。
米Marvel Entertainmentは9日、「スパイダーマン」「ファンタスティック・フォー」「X-Men」「キャプテン・アメリカ」など5000以上のキャラクタの、玩具やゲームでの使用に関するライセンス契約を、米Hasbro社と締結したと発表したようだ。
9日発表のオリコンDVDチャートで、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」が初登場1位となったようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の全世界興収が5億3000万ドルに達し、Walt Disneyによる実写映画としては最大のヒット作となったようだ。
ジェフ・ストーン(Jeff Stone)による全7作の冒険小説シリーズ"The Five Ancestors"の映画化について、プロデューサーのローレンス・ベンダー(Lawrence Bender)、カレン・バーバー(Karen Barber)がNickelodeon Moviesと契約したようだ。
全米初登場1位となった新作ホラー"Hostel"について、Screen GemsとLionsgateは続編を企画しているらしい。イーライ・ロス監督と現在交渉中の模様。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")に続く第2章「カスピアン王子のつのぶえ」("Prince Caspian")について、Walt Disney PicturesとWalden Mediaは数週間以内に監督を決定する模様。「第1章」のアンドリュー・アダムソン監督が戻るかどうかはまだ分からないらしい。
サム・ライミは、テリー・プラチェット(Terry Pratchett)のベストセラー小説"The Wee Free Men"の映画化で監督を務めるようだ。
米SCI FI Channelは、全2部4時間の冒険ファンタジー"Dark Kingdom: The Dragon King"を3月27日から2夜連続で放送すると発表したようだ。シュリアン・サンズ、クリスタナ・ローケン、アリシア・ウィット、サミュエル・ウェストらが共演しているらしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins",2005年)の続編で、ジョシュ・ルーカスがトゥ・フェイス役の候補に挙がっているらしい。
3月10日からテキサス州オースティンで開催されるSouth by Southwest Film Festivalで、ロバート・アルトマン監督、メリル・ストリープ、ケヴィン・クライン、ジョン・C・ライリー、ウディ・ハレルソン、リリー・トムリン、マヤ・ルドルフ、ヴァージニア・マドセン、リンゼイ・ローハン、トミー・リー・ジョーンズら共演による新作"A Prairie Home Companion"がオープニング上映されるようだ。
ピアース・ブロスナンは、TVシリーズ「探偵レミントン・スティール」("Remington Steele",1982-1987年)の映画化を企画しているらしい。ただし、主演はしない模様。
東野圭吾の小説「秘密」を再映画化する、ヴァンサン・ペレーズ監督、デヴィッド・ドゥカヴニー主演の新作"The Secret"の予告編が公開されたようだ。
シカゴ映画批評家協会賞が9日発表されたようだ。
■作品賞 「クラッシュ」("Crash")
■監督賞 デヴィッド・クローネンバーグ(「ヒストリー・オブ・バイオレンス」)
■脚本賞 「クラッシュ」("Crash")
■主演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン(「カポーティ」)
■主演女優賞 ジョアン・アレン("The Upside of Anger")
■助演男優賞 ミッキー・ローク(「シン・シティ」)
■助演女優賞 マリア・ベロ(「ヒストリー・オブ・バイオレンス」)
■撮影賞 「ブロークバック・マウンテン」
■ドキュメンタリー賞"Grizzly Man" (ヴェルナー・ヘルツォーク監督)
  1/11
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」の観客動員数が8日、200万人を突破したようだ。興収は25億円を越えたらしい。
プロダクションI.Gは11日、フジテレビジョンと共同出資による有限責任事業組合「フジ・IG・ラボ・フォー・ムービーズ」を設立したと発表したようだ。
第7回「Amazon.co.jp カスタマーズ・チョイス」が発表され、フィクション部門(和書のみ)で宮部みゆきの「模倣犯」、こども部門(洋書含む)でC・S・ルイスの「カラー版ナルニア国物語 全7巻セット」が選ばれたようだ。
アントニオ・バンデラス主演「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")のプロモーションで、吉本のたむらけんじが10日、怪傑ゾロの扮装で大阪ミナミに出現したらしい。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")日本語吹き替え版の公開収録が10日都内で行われ、大地真央が参加したようだ。
イ・スヨンのニューアルバムのPVにイ・ジュンギがキャスティングされたようだ。
ヤン・ユノ監督「ホリデー」の試写会が10日ソウル市内で行われたようだ。出席したチェ・ミンスは「満足するほど"ヒドい出来"に仕上がった」と語ったとか。
「美しき野獣」でクォン・サンウ、ユ・ジテらが着用した衣装がネット・オークションに出品されるらしい。
カム・ウソンとカン・ミナは今月末にオーストラリアで結婚式を挙げるようだ。
バイクで事故を起こしたアーノルド・シュワルツェネッガーは、無免許運転だったらしい。
Los Angeles Timesは、2005年のハリウッド主要映画スタジオの成績表を発表したようだ。
1. Warner Bros. Pictures
2. 20th Century Fox
3. Walt Disney Pictures
4. DreamWorks SKG
5. Universal Pictures
6. New Line Cinema
7. Paramount Pictures
8. Miramax
9. The Weinstein Company
10. Sony Pictures Entertainment
カナダの凶悪女性連続殺人犯カーラ・ホモルカ(Karla Homolka)を描いた新作"Karla"は、今月20日からカナダで公開されるようだ。
第32回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice Awards)が10日発表されたようだ。
■映画作品賞 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")
■ドラマ映画賞 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")
■コメディ映画賞 "Wedding Crashers"
■ファミリー映画賞 「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")
■映画カップル賞 ヴィンス・ヴォーン&オーウェン・ウィルソン("Wedding Crashers")
■女性映画スター賞 サンドラ・ブロック
■男性映画スター賞 ジョニー・ディップ
■主演女優賞 リース・ウィザースプーン
■主演男優賞 ブラッド・ピット
■女性アクションスター賞 ジェニファー・ガーナー
■男性アクションスター賞 マシュー・マコノヒー
女優のサンドラ・キャラダイン(Sandra Carradine)は、キース・キャラダインと離婚係争中に私立探偵を使って夫の電話を盗聴させていたことについて、大陪審で嘘をついたことを認めたようだ。
服装評論家ブラックウェル(Blackwell)氏による恒例のワーストドレッサーが発表されたようだ。
1.ブリトニー・スピアーズ (盛りを過ぎたロリータ)
2.メアリー・ケイト・オルセン (ホームレスのようにみすぼらしい)
3.ジェシカ・シンプソン (ヴェガスの安い店で給仕をするラプンツェル)
4.エヴァ・ロンゴリア (ケバケバしい)
5.マライア・キャリー
6.パリス・ヒルトン (昨日のチーズケーキ)
7.アンナ・ニコル・スミス
8.シャキーラ
9.リンゼイ・ローハン (30歳はふけて見える)
10.レネー・ゼルウィガー (音楽にあわせて飛び跳ねる化粧したカボチャ)
一方、見習うべき女性としてリース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、ケイト・モス、スカーレット・ヨハンソン、ナタリー・ポートマン、ディオンヌ・ワーウィックの名前を挙げたらしい。
全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)による第36回NAACPイメージ賞のノミネーションが10日発表され、ポール・ハギス(Paul Haggis)監督、ドン・チードル、テレンス・ハワード、タンディ・ニュートン、ラレンツ・テイト、リュダクリスら共演の「クラッシュ」("Crash")が、作品賞を含む最多6部門で候補に挙がったようだ。
インド人ドキュメンタリー監督のラケシュ・シャルマ(Rakesh Sharma)は、警察に撮影を制止され4時間にわたって拘束されたのは言論の自由を保障した合衆国憲法に違反するとして、ニューヨーク市を訴えたようだ。
米Walt Disneyの元CEO、マイケル・アイズナー(Michael Eisner)が米ニュースチャンネルCNBCでキャスターを務めるらしい。
「フライトプラン」("Flightplan")プロモーションのため、ジョディ・フォスターが10日来日したようだ。空港では300人のファンが出迎えたらしい。
ホアキン・フェニックスは、ジェイムズ・グレイ脚本・監督の新作"We Own the Night"に主演するようだ。ロバート・デュヴァル、エヴァ・メンデスらが共演、来月からニューヨークで撮影に入るらしい。
アンドリュー・カリー(Andrew Currie)監督、キャリー=アン・モス、ティム・ブレイク・ネルソンら共演の新作ホラー・コメディ"Fido"からの最新画像が公開されたようだ。
デヴィッド・イェーツ監督によるシリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の映画化で、ルナ・ラヴグッド(Luna Lovegood)役を募集しているらしい。応募条件は13歳から16歳までの英国かアイルランド在住の女性で、経験は問わないとか。
WWEのケイン(Kane)が主演する、Lionsgateの新作"See No Evil"の予告編が公式サイトで公開されたようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は10日、第78回アカデミー賞メイクアップ部門(Achievement in Makeup)のエントリー7作品を発表したようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")
「シンデレラマン」("Cinderella Man")
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」("A History of Violence")
「リバティーン」("The Libertine")
"Mrs. Henderson Presents"
「ニュー・ワールド」("The New World")
「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")
ブリトニー・スピアーズは、ニューヨークのマンションを600万ドルで購入したものの、495万ドルで売りに出しているらしい。
米Nickelodeonは12日、グレン・クローズ、ジェイムズ・ベルーシ、アン・ハサウェイ、アンソニー・アンダーソン、パトリック・ウォーバートンらが声優として参加している新作CGアニメ"Hoodwinked"の冒頭5分間を放送するらしい。
Intel Core Duo搭載のiMacとMacBook Proがアップルコンピュータから発売されたようだ。
ビル・コンドン監督による新作ミュージカル映画"Dreamgirls"に主演するビヨンセ・ノウルズは「映画が終わるまで、アルバムのための曲を書くつもりはないわ。映画でこんなにワクワクしたのは初めてよ。私はこの映画に自分の全てを捧げたいの。この役のために私は生まれてきたんですもの」と語ったようだ。
テイラー・ハックフォード監督、ジェニファー・ロペス主演によるオペラ「カルメン」("Carmen")の映画化企画は、資金調達が難航し、中止となったようだ。
「スパイモンキー」("Spymate",2003年)の特別試写会が10日都内で行われ、まちゃまちゃがチンパンジーのスマイル君と共に出席したようだ。
Avenue PicturesとSandbar Picturesは共同で、ダニエル・ウォーターズ(Daniel Waters)の脚本・監督による新作コメディ"Sex and Death 101"を製作するようだ。5月後半から撮影に入る模様。
ダニエル・クレイグ主演による007シリーズ最新作"Casino Royale"は、今月30日から撮影に入るようだ。しかし、ボンドガールがまだ決まっていないらしい。現在、ナターシャ・ヘンストリッジ、キンバリー・デイヴィスら4人が最終候補に挙がっている模様。
トム・ハンクス主演の新作"Charlie Wilson's War"で、ジュリア・ロバーツが出演交渉中らしい。マイク・ニコルズが監督を務める模様。
Marvel Studiosは、ケヴィン・ファイギ(Kevin Feige)を製作部門の社長に、アヴィ・アラド(Avi Arad)を同上級副社長に、クレイグ・カイル(Craig Kyle)を創作開発・アニメ部門の副社長に昇進させる人事を発表したようだ。
英タブロイド紙The Sunは、007シリーズ第21作"Casino Royale"のボンドガール役は、英国の女優レイチェル・スターリング(Rachael Stirling)が務めると噂されている、と報じたようだ。
シャーリーズ・セロン主演「スタンドアップ」("North Country")の女性限定試写会が都内で開催され、お笑い芸人「号泣」の2人が参加したようだ。
パトリック・スウェイジは、ラップで歌手デビューするらしい。
2人目を妊娠中のグウィネス・パルトロウは、水中出産に挑戦するらしい。
コスタリカでサーフィンをしていたマシュー・マコノヒーが、ボードから落ちて鎖骨を骨折した模様。
Walt Disney Picturesの最新CGアニメ映画"The Wild"からの最新画像が公開されたようだ。
パーキンソン病と闘いながら俳優活動を続けるマイケル・J・フォックスは「今の僕にとって演技をすることは、右利きの画家が左手で絵を描かされているようなものだ。確かに芸術的だけど線はこれ以上真っ直ぐにならないし、創造的ではあるけれど線の上にとどまっていることが出来ない」と語ったようだ。
ロサンゼルスで公演中のワンマン・ステージ"700 Sundays"に出演しているビリー・クリスタルは「ステージが終わるともうクタクタだよ。その後にミーティングで「『ブロークバック・マウンテン』のジョークを言わせろ」なんていうのは真っ平ごめんだね」と語り、アカデミー賞授賞式の司会を断っていたことを明らかにしたようだ。
デヴィッド・リンチ監督最新作"Inland Empire"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/12
マーティン・キャンベル監督「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")プロモーションのため、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが来日するようだ。16日の記者会見と17日の試写会に出席するらしい。
フジテレビ「ワンピース」で声優を務める大谷育江が、体調不良のため降板したようだ。22日放送分から伊倉一恵が代役を務めるらしい。
3月発売のDVD「スチュアート・リトル3 森の仲間と大冒険」("Stuart Little 3: Call of the Wild",2005年)の日本語吹き替え版で、藤原竜也が再び主人公の声を担当しているようだ。
ロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)監督「フライトプラン」("Flightplan")プロモーションのため来日中のジョディ・フォスターが11日、都内で行われた記者会見で鏡開きをしたようだ。
「逆境ナイン」(羽住英一郎監督,2005年)のDVD発売イベントが11日、都内の早稲田予備校で行われ、堀北真希、藤岡弘、が出席したようだ。
ジョー・ライト(Joe Wright)監督、キーラ・ナイトレイ主演「プライドと偏見」("Pride and Prejudice")の試写会が11日都内で行われ、神田うのが出席したようだ。
奥田瑛二監督「るにん」の完成披露試写会が11日都内で行われ、松坂慶子らが出席したようだ。
韓国京畿道に2008年オープン予定の韓流テーマパーク「韓流WOOD」の詳細が11日明らかにされたようだ。映画やドラマのセットなどのほか、映画館、博物館、遊園地、ホテル、ショッピングセンターなども設置されるらしい。また、敷地内に芸能プロダクションや芸能人用住宅も誘致するとか。
来月9日に開幕する第56回ベルリン国際映画祭で、イ・ヨンエが審査委員として参加するらしい。また、監督や俳優、脚本家を目指す若者を育成する恒例の"タレント・キャンパス"ではパク・チャンウク監督が講師を務めるようだ。
大林宣彦監督作品のポスターやパンフレットなど資料約700点を展示するアートスペース「29ミュゼ」が11日、広島県尾道市にオープンしたようだ。
長年、無免許でバイクを運転していたことが明らかとなったアーノルド・シュワルツェネッガー州知事について、ロサンゼルス市警は11日、処罰しない方針を決めたようだ。
来月23日に開幕する第17回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の上映作品が12日発表されたようだ。「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")、「子ぎつねヘレン」(河野圭太監督)など62本が上映されるらしい。
クリス・ロックの子供時代を題材にしたコメディシリーズ"Everybody Hates Chris"を放送する米UPNで、アリシア・キーズの子供時代を描くドラマシリーズが企画されているようだ。
ペネロペ・クルスは11日、フランス芸術文化勲章シュヴァリエ(Chevalier dans l'Ordre des Arts et des Lettres)を授与されたようだ。
リンゼイ・ローハンは、摂食障害に苦しみドラッグにも手を出したと告白した、とするVanity Fair誌の記事を否定したようだ。Vanity Fair側は、ローハンのコメントは全てテープに録ってあると言っているらしい。
米Walt Disneyは昨年、CEOを退いたマイケル・アイズナー(Michael Eisner)に合計で1010万ドルを支払っていたらしい。
ジェイミー・フォックスのアルバム"Unpredictable"が、米Billboard全米アルバムチャートで2週連続1位を記録したようだ。
デヴィッド・ドブキン監督、オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン共演の大ヒットコメディ"Wedding Crashers"(2005年)のDVDが今月3日に米国で発売され、販売およびレンタルチャートで共に初登場1位となったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は11日、映画監督のロバート・アルトマンにアカデミー賞特別名誉賞を授与すると発表したようだ。
米フロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World)の2005年ホリデーシーズンの入場者数は過去最高を記録した模様。
アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットの子供を妊娠、と米People誌が報じた模様。
プリヴェチューリッヒ企業再生グループの松村謙三社長と、阪急ホールディングスの角和夫社長が11日、都内で会談したようだ。プリヴェ側は東宝との経営統合などを提案した模様。
米レコード芸術科学アカデミー(National Academy of Recording Arts and Sciences)は10日、デヴィッド・ボウイ、リチャード・プライヤー(Richard Pryor,1940-2005)らにグラミー賞功労賞を授与すると発表したようだ。
ジェリー・ブラッカイマーは、「『ナショナル・トレジャー』("National Treasure",2004年)の続編について、アメリカ史の実際の出来事を出発点にした、もの凄くいいアイデアを思いついたんだ。ニック(ニコラス・ケイジ)も凄く興奮していたよ」と語ったらしい。
劇場公開と同時にネット配信、DVD発売を予定しているインディ作品"Bubble"を手がける一方、シリーズ第3作"Ocean's Thirteen"の製作も発表したスティーヴン・ソダーバーグ監督は「(小規模な作品も大作も)どちらも好きなんだ。バランスなんだよ。僕は、自分の行きたいと思う方向に進むことが出来るようになりたいし、その一部として、みんなが良く知っている映画を撮ることも必要だ。第2作も、第3作も僕がやりたいといったから作られることになったんだ」と語ったようだ。
滋賀県の長浜鉄道スクエアで新春特別展「シネマを飾った鉄道」が開催されているらしい。鉄道や駅が登場する映画のポスターや写真など70点が展示されているようだ。
007シリーズ最新作"Casino Royale"の悪役には欧州の俳優が起用される模様。ロマン・デュリスらの名前が噂に挙がっているらしい。
「浜名湖えんため」(環浜名湖の観光振興を考える会)などが製作する映画「天まであがれ!」で、鈴木達也、宍戸錠、佐津川愛美らの共演が決まったようだ。横山一洋が監督を務める模様。
舩橋淳監督、オダギリジョー主演の新作「ビッグ・リバー」が、来月9日に開幕するベルリン国際映画祭のフォーラム部門に出品されるようだ。
市川拓司の小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」を原作にした、新城毅彦監督の新作「天国の森で君を思う」の撮影がニューヨークで行われ、玉木宏、黒木メイサらが参加したようだ。
米CBSは、新作SFドラマ"Jericho"の制作を決定した模様。米国のほぼ全土が破壊され孤立したカンザスの小さな町が舞台になるらしい。
"The Family Stone"(2005年)を手がけたトーマス・ベズーチャ(Thomas Bezucha)監督のタイトル未定の新作コメディで、Fox 2000が出資を決めたようだ。突然12歳の息子を持つシングルマザーとなってしまった30代の若い未亡人が主人公の話らしい。
Warner Bros. Picturesは、マット・ニックス(Matt Nix)による新作コメディ企画"Boss Go Home"を獲得したようだ。主人公の青年が、夢見た仕事に就いたものの、結婚に失敗したボスが部屋に転がり込んできてしまい・・・という話らしい。
ジョー・ダンテ監督「ピラニア」("Piranha",1978年)の、チャック・ラッセル監督によるリメイクについて、Dimension Filmsが全英語圏での配給権を獲得したようだ。今春から撮影に入る模様。
デヴィッド・フィンチャー監督次回作は、ブライアン・マイケル・ベンディス(Brian Michael Bendis)のグラフィック・ノベル"Torso"の映画化になるようだ。
PicturehouseとNew Line Internationalは、シャーリーズ・セロンのDenver And Delilah Filmsと共同で、マーク・リチャード(Mark Richard)の短編小説"The Ice at the Bottom of the World"を映画化するようだ。シャーリーズ・セロンが主演と製作を務めるらしい。
「バタフライ・エフェクト」("The Butterfly Effect",2004年)のジョン・レオネッティ(John Leonetti)監督による続編で、エリック・ライヴリー(Eric Lively)、ダスティン・ミリガン(Dustin Milligan)の共演が決まったようだ。今日12日から製作に入る模様。
Aardman Animationsは、2001年に撮影に入ったものの製作を中断していた"The Tortoise and the Hare"を復活させるようだ。
米国公開日が昨年10月から今年3月に延期されていた、リチャード・リンクレイター監督の新作"A Scanner Darkly"は、さらに今年7月まで公開が延期されるようだ。
ブライアン・シンガー監督「スーパーマン リターンズ」("Superman Returns")で主人公を演じるブランドン・ラウス(Brandon Routh)は「彼は戻ってきて、戸惑う。彼は世界が変わってしまったことを知り、追いかけていたものを見失い、そして彼はただ孤独を感じる。そのパワーを使いたいかどうかさえ確信が持てずにいる。彼はエイリアンだが人間であり、この世界に住み、この世界の一部になりたいと願っているんだ」と語ったようだ。
ジェイムズ・フォーリー監督、ハル・ベリー、ブルース・ウィリス共演の新作サイコスリラー"Perfect Stranger"で、ジョヴァンニ・リビージとゲイリー・ドゥーダンの共演が決まった模様。
「007/サンダーボール作戦」("Thunderball",1965年)、「007/ゴールドフィンガー」("Goldfinger",1964年)に登場した1965年型Aston Martin DB5が、20日からアリゾナ州フェニックスで開催される第7回Vintage Motor Cars Auctionに出品されるらしい。マシンガンをはじめ各種"特殊装備"も搭載されているとか。
ストゥーラ・ガンナーソン(Sturla Gunnarsson)監督、ジェラルド・バトラー、ステラン・スカルスガルド、サラ・ポーリー共演の新作"Beowulf & Grendel"の予告編が公式サイトで公開されたようだ。
ダーレン・アロノフスキー監督と交際中のレイチェル・ワイズが妊娠5ヶ月らしい。
"he Omen 666"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/13
ブレット・ラトナー監督、ピアース・ブロスナン主演「ダイヤモンド・イン・パラダイス」("After the Sunset",2004年)のTVCMで、田原俊彦がナレーションを担当しているらしい。
ロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)監督「フライトプラン」("Flightplan")のジャパンプレミアが12日都内で開催され、来日中のジョディ・フォスターらが出席したようだ。
ジェイムズ・L・ブルックス監督「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」("Spanglish",2004年)のPRイベントが12日都内で行われ、室井佑月、山下久美子らが出席したようだ。
韓国LG電子のエアコンブランドWHISENの新製品・戦略発表会が12日ソウル市内で行われ、イメージキャラクタを務めるイ・ヨンエも出席したようだ。
朝鮮時代の名妓を描く、10月スタート予定の韓国ドラマ「黄真伊」は、北朝鮮でも撮影が行われるようだ。一方、チャン・ユンヒョン監督による映画「黄真伊」の企画も進行中らしい。
台湾では、海外ドラマのゴールデンアワーでの放送を制限または禁止する法案を検討しているらしい。「宮廷女官チャングムの誓い」など韓国ドラマの大ヒットが背景にあるようだ。
宮崎市の「シーガイア」で14日から、韓国人気バラエティ番組「日曜日が好きだ!」のロケが5日間に渡って行われるらしい。シン・ヘソン、ジ・サンリョルらが参加する模様。16日には一般公開も予定されているようだ。
国連のコフィ・アナン(Kofi Annan)事務総長は12日、チェリストのヨーヨー・マと面会、記者に対し「彼は平和特使に任命されるだろう」と語ったようだ。「ブラッド・ピットは国連親善大使になるのか」という質問には、笑いながら「考えておきましょう。あなたが推薦していたと伝えておきますよ」と語ったらしい。
"American Idol"のサイモン・カウェル(Simon Cowell)は、Fox Television Studiosと5年契約を結んだようだ。
Sci Fi Channelは12日、全12時間のミニシリーズ"Nine Lives"の制作を発表したようだ。スティーヴン・スピルバーグが制作総指揮を務めるらしい。
ロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")のロンドン・プレミアが11日開催され、ミシェル・ヨーらが出席したようだ。
Lionsgateは、アカデミー賞ノミネーションに向けて、ポール・ハギス(Paul Haggis)監督「クラッシュ」("Crash")のDVDを13万枚以上用意、ハリウッドの業界関係者に送付したらしい。
全米週末公開作品では、ウェイン・ワン監督、クイーン・ラティファ主演"Last Holiday"とジェイムズ・ガートナー(James Gartner)監督、ジョシュ・ルーカス主演"Glory Road"のトップ争いになる、と予想されているようだ。
「キャンプ」("Camp",2003年)のトッド・グラフ監督次回作は、サラ・ジェシカ・パーカー主演のミュージカル・コメディ"Slammer"になる模様。
「メタリカ:真実の瞬間」("Metallica: Some Kind of Monster",2004年)を手がけたブルース・シノフスキー監督は、Motley Crueのドラマー、トミー・リー(Tommy Lee)を追うドキュメンタリー映画を製作するようだ。今春から撮影に入るらしい。
デヴィッド・ハッセルホフは、妻パメラ・バック(Pamela Bach)との離婚手続きに入ったようだ。
米ABCの人気ドラマシリーズ"Lost"(2004年-)の11日放送の平均視聴者数は、2050万人に達したようだ。
米FOXで15日から2夜連続で放送される「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第5シーズン4時間スペシャル版が、批評家向けに送付されているものの、FOXは冒頭10分間でさえ内容を事前に明らかにすることを控えるよう要求しているらしい。
エミネム(Marshall Mathers III)と元妻のキンバリー・マザーズ(Kimberly Mathers)は9日、デトロイトの北にあるマコーム郡(Macomb County)で結婚許可証を申請したようだ。12日に代理人が許可証を受け取った模様。
米Starbucksは、4月全米公開予定の新作映画"Akeelah and the Bee"のプロモーションについて、Lionsgateと提携したようだ。北米5500店舗でプロモーションを展開するほか、同作のDVDも店頭で販売するらしい。
昨年米国で発売されたDVDは1万2264タイトルに達し、DVDがスタートした1997年3月以降、合計で5万2269タイトルがリリースされたらしい。
ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督「Vフォー・ヴェンデッタ」("V For Vendetta")出演のため丸坊主になったナタリー・ポートマンは「あの感じが忘れられないの。それにヘアスタイルの心配をせずにすんだのも良かったわ」と語ったらしい。
GyaOの登録者数が13日、600万件を突破したようだ。
「サブリナ」("Sabrina, the Teenage Witch",1996-2003年)のメリッサ・ジョーン・ハート(Melissa Joan Hart)が11日、第1子となる男の子を出産したようだ。
新作ファンタジー映画"Bridge to Terabithia"にロバート・パトリックの出演が決まった模様。
リチャード・ドナー監督、ブルース・ウィリス主演の新作アクション・スリラー"16 Blocks"の予告編が公開されたようだ。
13日の金曜日、"Final Destination 3"の公式サイトで何かが起こるらしい。
チョン・ジヒョンがアンドリュー・ラウ監督「デイジー」で着用したセーターが、チャリティ・オークションに出品されるらしい。
10日開催された第32回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice Awards)授賞式で、ステージに上がったコメディアンのジョージ・ロペスは「プロデューサーはニック・ラシェイに謝りたがっていたよ。さくらはもう必要なくなって、彼は出席できなかったんだ」とジョークを飛ばしたらしい。ジェシカ・シンプソンと共に出席していた彼女の父親は式の後「彼が自分のやるべき仕事をしているのは分かる。だが、彼の言ったことは、我々の人生において不愉快な部分だった」と非難したようだ。
堤幸彦監督「大帝の剣」のクライマックスシーンの撮影が12日、広島県府中市のオープンセットで行われ、阿部寛、長谷川京子、宮藤官九郎らが参加したようだ。
Cherry Road FilmsとDouble Edge Entertainmentは共同で、ティーン向けホラー"Dark Reaches"を製作するようだ。ジェシカ・パレ(Jessica Pare)とジョニー・ルイス(Johnny Lewis)が出演交渉中らしい。5人のティーンたちが不気味な洞窟を見つけ・・・。今春から台湾で撮影に入る模様。
グレッグ・バーランティ(Greg Berlanti)監督の新作ロマンチック・コメディ"Bridge and Tunnel"で、ジェニファー・ロペスの主演が決まった模様。一方、主演男優はまだ未定のようだ。
米SCI FI Channelの人気TVシリーズ"Battlestar Galactica"(2004年-)に出演するケイティ・サッコフ(Katee Sackhoff)は間もなく、ジェシー・ジョンソン(Jesse Johnson)監督の新作SF"The Last Sentinel"の撮影に入るようだ。
「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)で制作総指揮を務めたフランク・スポットニッツ(Frank Spotnitz)とヴィンス・ギリガン(Vince Gilligan)は、米Spike TVのSFミニシリーズ"Amped"の制作準備に入った模様。
Walt Disney Picturesによる、ケヴィン・リマ監督、エイミー・アダムス主演のアニメ=実写映画"Enchanted"で、スーザン・サランドンの共演が決まったようだ。意地悪な女王を演じるらしい。
インドのマヘシュ・バット(Mahesh Bhatt)監督は、昨年7月に発生したロンドンでの爆破テロ事件を題材にした映画を手掛けるようだ。6月から撮影に入る模様。
ミラ・ソルヴィーノに第2子が誕生するようだ。
バーバラ・ハーシーと交際中のナヴィーン・アンドリュースには隠し子がいたらしい。
リアリティ番組「ニューリーウェッズ 新婚アイドル:ニックとジェシカ」("Newlyweds: Nick & Jessica",2003-2005年)の舞台ともなった、ジェシカ・シンプソン、ニック・ラシェイ元夫妻のカリフォルニアにある自宅を、19歳の俳優ジャスティン・バーフィールド(Justin Berfield)が購入するようだ。
マコーレー・カルキンがミラ・クニス(Mila Kunis)と再婚するらしい。
「明日に向って撃て!」("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)が、マット・デイモン、ベン・アフレック共演でリメイクされる、という噂があるらしい。
  1/14
来年1月にスタートする全8話の"ボーナス"エピソードで終了となる米HBOの「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2007年)について、制作総指揮のデヴィッド・チェイス(David Chase)は「それで終わりだ」と語ったようだ。
キム・ヒソンの次回作は韓国MBCのドラマ「狂った恋の歌」になる模様。日本でのロケも予定されているらしい。
セシリア・チャン主演の新作「購物狂」のプレミア上映が北京で開催されたようだ。
タイのアユタヤに、ウルトラマンと怪獣数千体を展示する博物館が建設されるらしい。身長50メートルのウルトラマンとバルタン星人の像も造るとか。
角川春樹、松竹、エイベックスの3者が総製作費30億円を投入し、チンギス・ハーンの生涯を描く超大作「蒼き狼 地果て海尽きるまで」の製作が決定した模様。モンゴル政府軍3000人がエキストラとして参加する合戦シーンなどの現地ロケを予定しているとか。澤井信一郎が監督を務めるようだ。
「ランブルフィッシュ」("Rumble Fish",1983年)、「リフ・ラフ」("Riff Raaff",1991年)、「背信の行方」("Simpatico",1999年)など映画音楽も多数手掛けている元The Policeのドラマー、スチュワート・コープランド(Stewart Copeland)は、ドキュメンタリー映画"Everyone Stares: The Police Inside Out"で監督デビューするようだ。22日にサンダンス映画祭で上映されるらしい。
モーガン・フリーマンら、ミシシッピ州のクラークスデールにあるGround Zero Blues Clubのオーナーは、音楽レーベルGround Zero Blues Club Musicを設立、コンサートDVDを発売するらしい。
ラッセル・クロウは、25日にキャンベラで開催されるコンサートに彼のバンドと共に出演、演奏を披露するらしい。
16日に授賞式が開催される第63回ゴールデン・グローブ賞では、アン・リー監督、ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール共演「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")が最有力と見られているようだ。
ウィネス・パルトロウは、12日米国で行われた「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」("Proof",2005年)の試写会に出席、ルー・ダイアモンド・フィリップスが彼女を「妊婦」と紹介、2人目を妊娠していることを正式に認めたようだ。
元夫のアラン・ルート(Alan Root)と共に、ケニヤやアフリカを題材にした数多くの映画を手掛けてきたジョアン・ルート(Joan Root)が13日、ケニヤの自宅で何者かに殺害されたようだ。警察は強盗と暗殺の両面から捜査を進めている模様。
"Lost"(2004年-)の世界的なヒットについて、Buena Vista InternationalのTV部門上級副社長Tom Toumazisは「生存本能は普遍的なものだ。舞台はヴェガスの法医学研究所でもなければ、ニューヨークの警察署でもない。どんな場所でも有り得るんだ。どこの島でも、どこの飛行機でも」と語ったようだ。英国、オーストラリア、フランス、ロシア、ハンガリーなどで人気を集めているほか、キューバにも放送権が売却されたらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のDVDが、3月7日に米国で発売されるようだ。未公開シーンなど多数の特典を収録した2枚組みのスペシャルエディションのほか、シリーズ4作のセットも発売されるらしい。
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の新作"Ultraviolet"の最新予告編が公開されたようだ。
米Star誌は、元婚約者のグウィネス・パルトロウと元妻のジェニファー・アニストンがすっかり仲良しになって、ブラッド・ピットの悪口を電話で何時間も話している、とする記事を掲載したらしい。2人の広報担当者は「ただのタブロイド誌のでっち上げだ。ジェニファーとグウィネスは何年も前から知り合いだが、お互いの個人的な会話を公表するつもりはない」と否定したようだ。
「スタンドアップ」("North Country")に主演したシャーリーズ・セロンは、アカデミー賞を狙って魅力的でない役を選んだ、とする一部の声について「ナンセンスだわ。鉱山労働者を演じるためにイメージを変える必要があったのよ。『めぐりあう時間たち』("The Hours",2002年)のニコール・キッドマンや、『チョコレート』("Monster's Ball",2001年)のハル・ベリーのように、美しい女性が映画のためにイメージを変えるのは、そろばんずくじゃないのよ!他人を演じることが女優の仕事なの」と語ったようだ。
ビヨンセ・ノウルズは「結婚したいと思うようになるか分からないわ。自分の花嫁姿を想像したことなんてないもの。でも妹の結婚式に出席して、自分にはどういう結婚式がいいかを考え始めたわ。あまり大きなものにはしたくないわね」と語ったようだ。
米NBCは、グレアム・ヨスト(Graham Yost)の脚本・制作によるドラマ・パイロット"Seeing Red"の制作を決定した模様。犠牲となった死者と会話し、事件を解決していく警官が主人公らしい。
20th Century Foxは、ジェイ・ローチ監督、ベン・スティラー、ジム・キャリー共演のSFコメディ"Used Guys"の公開日を2007年5月25日に設定したようだ。
パチンコ機「CR渡り鳥AKIRA」の発表会が13日都内で行われ、小林旭が出席したようだ。主演映画の映像も使われているらしい。
オアフ島で飲酒運転のため逮捕された、米ABCの人気ドラマシリーズ"Lost"(2004年-)出演中のシンシア・ワトロス(Cynthia Watros)は2日、法廷で有罪を認め、370ドルの罰金と90日間の免許停止、14時間のカウンセリングを命じられたようだ。
ティム・ロビンスは、ジョージ・オーウェル(George Orwell,1903-1950)の小説「1984」の再映画化を考えているらしい。
  1/15
三谷幸喜監督「THE 有頂天ホテル」が14日、全国280スクリーンで初日を迎え、都内劇場で役所広司、松たか子らが舞台挨拶に立ったようだ。
「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")プロモーションのため、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが14日、成田空港に到着したようだ。マイケル・ダグラスはお留守番らしい。
松浦徹監督「ギミー・ヘブン」が14日初日を迎え、宮崎あおい、安藤政信らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
奥田瑛二監督「るにん」が14日、都内劇場で初日を迎え、奥田監督、松坂慶子らが舞台挨拶に立ったようだ。
柳町光男監督「カミュなんて知らない」が14日、都内劇場で初日を迎え、吉川ひなの、柏原収史らが舞台挨拶に立ったようだ。
来月23日に開幕する第17回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、ホ・ジノ監督が審査委員を務めるらしい。
エミネム(Marshall Mathers III)とキンバリー・マザーズ(Kimberly Mathers)は14日、オークランド大学構内にある会場で結婚式を挙げたようだ。
シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")のルナ・ラヴグッド(Luna Lovegood)役のオーディションが14日ロンドンで行われ、数千人の少女が会場前に列を作ったようだ。
「赤い河」("Red River",1948年)、「ウィンチェスター銃'73」("Winchester '73",1950年)、「アンネの日記」("The Diary of Anne Frank",1959年)、「ロリータ」("Lolita",1962年)、「いつか見た青い空」("A Patch of Blue",1965年)、「テンタクルズ」("Tentacoli",1977年)、「デルタ・フォース」("The Delta Force",1986年)、「ある貴婦人の肖像」("The Portrait of a Lady",1996年)など数多くの作品で活躍した、米女優のシェリー・ウインタース(Shelley Winters)さんが14日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ブレット・ラトナー監督によるシリーズ最新作"Rush Hour 3"に、ヴィニー・ジョーンズの出演が決まったらしい。今夏から米国とパリで撮影に入る模様。
ジェイムズ・ガン(James Gunn)監督、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー共演の新作ホラー"Slither"の最新予告編が公開されたようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹は、ロサンゼルスの洋菓子店Sweet Lady Janeに200万ドルを出資したらしい。
「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")のプレミアがシドニーで開催され、ヒース・レジャーが恋人のミシェル・ウィリアムズと共にレッドカーペットを歩き、ファンへのサインに応じていたところ、誰かが水鉄砲で2人に水をかけたらしい。犯人はカメラマンが取り押さえ、逮捕されたとか。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、ヴァレンタイン・デーに結婚する、という噂がネット上で流れているらしい。
26日に都内で開催される、キム・ソンス監督、クォン・サンウ主演「美しき野獣」のジャパン・プレミアのチケットが14日発売され、2000枚のチケットは数十秒で完売したらしい。
野伏翔監督「ガッツ伝説〜愛しのピット・ブル〜」が14日初日を迎え、都内で行われたイベントにガッツ石松らが参加したようだ。
ドラマシリーズ"General Hospital"(1963年-)に昨年出演したカリ・ウーラーが、妊娠を理由に降板させられたとして、米ABCに対する訴訟を起こしたようだ。
  1/16
沖縄・北海道・韓国の米軍基地問題を追った藤本幸久監督のドキュメンタリー映画「Marines Go Home」が、沖縄大学、琉球大学、沖縄国際大学で28日から順次上映されるらしい。
佐藤祐市監督「シムソンズ」の動画ブログが人気を集めているらしい。アクセス数は1日5万ページビューに達しているようだ。
「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")プロモーションのため来日中のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが16日、都内で記者会見を行ったようだ。
ロマン・ポランスキー監督「オリバー・ツイスト」("Oliver Twist")の試写会が15日都内で行われ、岡田美里がゲストとして出席したようだ。
「ドラえもん のび太の恐竜2006」のアフレコが15日都内で行われ、船越英一郎、劇団ひとり、神木隆之介、スキマスイッチらが出席したようだ。
ヤン・ジヌのDVD&写真集「Yang Jin Woo」の発売記念握手会が15日都内で行われ、ファン300人が集まったようだ。
「彼と彼女は行く」(田中重雄監督,1946年)、「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」(関川秀雄監督,1950年)、「俺たちは狂ってない」(阿部毅監督,1958年)、「おんな番外地 鎖の牝犬」(村山新治監督,1965年)、「喜劇 急行列車」(瀬川昌治監督,1967年)、「与太郎戦記」(弓削太郎監督,1969年)など数多くの作品を手掛けた、脚本家の舟橋和郎さんが15日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
広島県尾道市で昨年7月一般公開がスタートした「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)のロケセットは、15日に入場者数が50万人を突破したらしい。
「ペプシ中国オリジナル音楽流行ランキング」の授賞式が上海で開催され、アンディ・ラウが最優秀コンセプトアルバム賞など7部門を獲得したようだ。
全米週末興収は、2222館での拡大公開がスタートした。ジェイムズ・ガートナー(James Gartner)監督、ジョシュ・ルーカス主演"Glory Road"が1347万ドルで1位となった模様。一方、ウェイン・ワン監督、クイーン・ラティファ主演"Last Holiday"は1300万ドル(2514館)の2位でのスタートとなったようだ。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)で、シャーロット・チャーチ(Charlotte Church)がゲスト出演のオファーを受けているらしい。
ロリー・ウィンストン(Lolly Winston)の小説"Good Grief"の、ジュリア・ロバーツ主演による映画化は、今月からプラハで撮影に入るらしい。
キム・ヨンギュン監督、キム・ヘス、キム・ソンス共演「赤い靴」が、25日に開幕する第13回ジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭(Festival international du film fantastique de Gerardmer)の国際コンペ部門に出品されるようだ。
SABU監督「疾走」の拡大公開を記念した舞台挨拶が15日行われ、手越祐也らが出席したようだ。
10月から都内で上演される蜷川幸雄演出の舞台「エレンディラ」で、中川晃教、美波、白石加代子が共演するようだ。マイケル・ナイマンが音楽を手がけ、海外公演も予定されているとか。
3月公開の「超劇場版 ケロロ軍曹」で、おぎやはぎが主題歌「ケロロダンシング」を歌うらしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins",2005年)の続編で、エイドリアン・ブロディがジョーカー役を希望しているとか。
  1/17
米国映画協会(American Film Institute)による今年のAFIスター賞(AFI Star Award)に、ゴールディ・ホーンが選ばれたようだ。3月に開催される第12回米コメディ・アート・フェスティバル(U.S. Comedy Arts Festival)で授与されるらしい。
映像関連のシステムを手がけるアイ・ビー・イーは、全ての第3世代携帯に長時間の動画を配信できるシステムを発売するらしい。
来月26日に開催されるトリノ・オリンピックの閉会式では、イタリアの謝肉祭をイメージしたショーが行われ、フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini,1920-1993)監督の映画に使われた衣装も登場するらしい。
第134回芥川賞・直木賞の選考会が17日都内で行われ、芥川賞に絲山秋子の「沖で待つ」、直木賞に東野圭吾の「容疑者Xの献身」が選らばれたようだ。
国土交通省は16日、PUFFYの大貫亜美と吉村由美を「ビジット・ジャパン・キャンペーン米国親善大使」に任命したようだ。
イム・チャンジョンは、11歳年下のプロゴルファーと結婚するらしい。
オム・テウン、ムン・ジョンヒョク共演の韓国MBCドラマ「オオカミ」第1回が16日放送され、視聴率15.4%を記録したようだ。
韓国SBSで来月8日スタートの新作ドラマ「天国の木」のロケが日本で行われているようだ。浅見れいなと内田安咲美も共演しているらしい。
ムン・グニョンとキム・ヒョンジュンが共演するサムスン電子の携帯電話「Anycall」の新CMが韓国で放送されているようだ。北海道でロケが行われたらしい。
韓国で行われた調査によると、「旧正月(28-30日)の連休に最も見たい韓国映画」の第1位にイ・ジュンイク監督「王の男」が選ばれたようだ。
ティムール・ベクマンベトフ(Timur Bekmambetov)監督による「ナイト・ウォッチ」("Nochnoy dozor",2004年)の続編"Dnevnoy dozor"("Day Watch")が今月1日からロシアで公開され、総興収は公開15日間で2600万ドルに達し、同国の興収記録を更新したようだ。
ThinkFilmは、デヴィッド・ジェイコブソン監督、エドワード・ノートン、エヴァン・レイチェル・ウッド共演「ダウン・イン・ザ・バレー」("Down in the Valley")の北米配給権を獲得したようだ。今春限定公開されるらしい。
1955年にミシシッピ州で殺害された黒人少年エメット・ティル(Emmett Till)を描く映画が製作される模様。同事件を追ったドキュメンタリー映画"The Untold Story of Emmett Louis Till"を手掛けたキース・ビューチャンプ(Keith Beauchamp)が監督を務めるらしい。
IFC Filmsは「マシュー・バーニー/拘束のドローイング9」("Drawing Restraint 9",2005年)の米国内劇場配給権を獲得したようだ。
米FOXの人気シリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)の第5シーズン第1回が15日放送され、平均視聴者数1700万人を記録したようだ。
「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)を手掛けたクリス・カーター(Chris Carter)は、利益配分について契約違反があったとして20th Century Fox Televisionを訴えたらしい。
ミゲル・デ・セルヴァンテス(Miguel de Cervantes,1547-1616)の「ドン・キホーテ」("Don Quijote")出版400周年に合わせて、スペインでは2本の映画が企画されているようだ。コメディの"Miguel and William"はセルヴァンテスとウィリアム・シェイクスピアが出会うという展開で、来月末から撮影に入る模様。もう1本のロマンチック・コメディ"Cervantes"は、スティーヴン・マーロウ(Stephen Marlowe)の小説"The Death and Life of Miguel de Cervantes"の映画化らしい。
Electronic ArtsはXbox 360向けゲームソフト"The Lord of the Rings: The Battle for Middle-earth II"を今夏発売すると発表したようだ。
ドイツ第2の映画賞と言われるバイエルン映画賞(Bavarian Film Awards)授賞式が13日ミュンヘンで行われ、マルク・ローテムント(Marc Rothemund)監督「白バラの祈り - ゾフィー・ショル、最期の日々」("Sophie Scholl - Die letzten Tage")が作品賞を受賞したようだ。
第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式が16日開催されたようだ。
◆ドラマ映画部門
■作品賞 「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")
■主演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン (「カポーティ」)
■主演女優賞 フェリシティ・ハフマン ("Transamerica")
◆ミュージカル/コメディ映画部門
■作品賞 「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」("Walk the Line")
■主演男優賞 ホアキン・フェニックス (「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」)
■主演女優賞 リース・ウィザースプーン (「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」)
◆映画部門共通
■監督賞 アン・リー (「ブロークバック・マウンテン」)
■脚本賞 ラリー・マクマートリー、ダイアナ・オッサナ (「ブロークバック・マウンテン」)
■助演男優賞 ジョージ・クルーニー (「シリアナ」)
■助演女優賞 レイチェル・ワイズ ("The Constant Gardener")
■作曲賞 ジョン・ウィリアムズ (「SAYURI」)
■主題歌賞 "A Love That Will Never Grow Old" / エミルー・ハリス (「ブロークバック・マウンテン」)
■外国語映画賞 "Paradise Now" (Hany Abu-Assad監督)
◆特別賞
■セシル・B・デミル賞 アンソニー・ホプキンス
第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式が16日開催されたようだ。
◆TVドラマシリーズ部門
■作品賞 "Lost"(2004年-)
■主演男優賞 ヒュー・ローリー ("House, M.D.",2004年-)
■主演女優賞 ジーナ・デイヴィス ("Commander In Chief",2005年-)
◆TVミュージカル/コメディ・シリーズ部門
■作品賞 「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)
■主演男優賞 スティーヴ・カレル ("The Office",2005年-)
■主演女優賞 メアリー=ルイーズ・パーカー ("Weeds",2005年-)
◆TVミニシリーズ/TV映画部門
■作品賞 "Empire Falls"(2005年)
■主演男優賞 ジョナサン・リース=マイヤーズ ("Elvis",2005年)
■主演女優賞 S・エパサ・マーカーソン ("Lackawanna Blues",2005年)
◆TV部門共通
■助演男優賞 ポール・ニューマン ("Empire Falls",2005年)
■助演女優賞 サンドラ・オー ("Grey's Anatomy",2005年-)
ブリタニー・マーフィと映画スタッフのジョー・マカルソ(Joe Macaluso)が、昨年末に婚約していたらしい。
Martin Luther King Jr. Dayを含む週末4日間の全米週末興収では、CGアニメ"Hoodwinked"が1662万ドル(2394館)で1位となった模様。"Glory Road"は1650万ドル(2222館)で2位、"Last Holiday"は1570万ドル(2514館)で3位だったようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の全米総興収は2億6140万ドル、海外総興収は3億1900万ドルに達した模様。
Microsoftが発売を予定している新しいOS「Windows Vista」用のサウンドの収録が先日行われ、ギタリストのロバート・フリップ(Robert Fripp)が参加したようだ。ちなみに、個人的にはMacユーザーらしい。
ビヴァリー・ミッチェルが、恋人のマイケル・キャメロン(Michael Cameron)と去年の大晦日に婚約したようだ。
ブリトニー・スピアーズが結婚指輪をせずに買い物をしているところが目撃されたらしい。
今月11日にアンジェリーナ・ジョリーの妊娠を報じた米People誌のウェブサイトは、当日のアクセスが過去最高の1700万ヒットを記録したらしい。
007シリーズ最新作"Casino Royale"のボンドガール役に、ローズ・バーンの名前が挙がっているらしい。
Walt Disney Picturesの最新CGアニメ映画"The Wild"のフランス版ポスターが公開されたようだ。
新人監督フィリップ・アトウェル(Philip Atwell)によるアクション・スリラー"Rogue"で、ジェット・リーとジェイソン・ステイサムが共演する模様。コーリー・ユンがアクション監督を務めるらしい。3月からバンクーバーで製作に入るようだ。
BIGLOBE 動画ストアでCinemaNow for BIGLOBEが17日スタート、石井克人監督作品「鮫肌男と桃尻女」「PARTY7」の配信も始まったようだ。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の音楽は、ハンス・ジマー(Hans Zimmer)が手がけるようだ。
15歳の若き冒険家アレクサンダー・コールド(Alexander Cold)を主人公に描く、イサベル・アジェンデ(Isabel Allende)の3部作"City of the Beasts"、"Kingdom Of The Golden Dragon"、"Forest of the Pygmies"の映画化権を、Walden Mediaが獲得したようだ。
米NBCで25日、音楽特番"Jamie Foxx: Unpredictable"が放送されるようだ。スティーヴィ・ワンダー、メアリー・J・ブライジ、スヌープ・ドッグらがジェイミー・フォックスとともに登場するらしい。
「暗闇にベルが鳴る」("Black Christmas",1974年)のグレン・モーガン(Glenn Morgan)監督によるリメイクで、ミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(Mary Elizabeth Winstead)、ケイティ・キャシディ(Katie Cassidy)、オリヴァー・ハドソン(Oliver Hudson)の共演が決まったようだ。今月からバンクーバーで撮影に入る模様。
竹野内豊、チェ・ジウ共演のTBSドラマ「輪舞曲〜ロンド〜」第1回が15日放送され、平均視聴率20.0%(関東地区)を記録したようだ。
マーク・パランスキー(Mark Palansky)監督、クリスティーナ・リッチ、リース・ウィザースプーン共演の新作コメディ"Penelope"で、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)、ジェイムズ・マカヴォイ、リチャード・E・グラントの共演が決まったらしい。
ショーン・レヴィ監督、ベン・スティラー主演の新作"Night at the Museum"の撮影が、ニューヨーク自然史博物館で数日間行われるらしい。
米WBの人気TVシリーズ"Smallville"(2001年-)が間もなく第100話を迎えることについて、主演のトム・ウェリング(Tom Welling)は「撮影を凄く楽しみにしていたんだ。ターニング・ポイントになるエピソードだからね。このエピソードを境に、それまでとは全く違う展開になっていくんだ」と語ったらしい。
"X-Men 3"で再びミスティーク役を演じるレベッカ・ローミンは、ブライアン・シンガーに代わって監督を務めるブレット・ラトナーについて「ブライアンはそのシーンをどうするか沈着冷静に調整していくけど、ブレットはもの凄く熱狂的で桁外れなの。エネルギーがみなぎっているわ」と語ったようだ。
「ミュージック・フロム・アナザー・ルーム」("Music From Another Room",1998年)、「ベートーベン3」("Beethoven's 3rd",2000年)などに出演している俳優のジョー・ピチラー(Joe Pichler)が、自殺をほのめかすメモを残して行方不明になっているらしい。
米オンライン映画批評家協会(Online Film Critics Society)賞が16日発表されたようだ。
■作品賞 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」("A History of Violence")
■監督賞 デヴィッド・クローネンバーグ(「ヒストリー・オブ・バイオレンス」)
■主演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン(「カポーティ」)
■主演女優賞 リース・ウィザースプーン(「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」)
■助演男優賞 ミッキー・ローク(「シン・シティ」)
■助演女優賞 マリア・ベロ(「ヒストリー・オブ・バイオレンス」)
■アニメーション賞 「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」
■ドキュメンタリー賞 "Grizzly Man"
■外国語映画賞 「ヒトラー 〜最期の12日間〜」("Der Untergang")
  1/18
テリー伊藤主演の映画「あおげば尊し」を手がけた市川準監督が17日、大阪市内で記者会見を行ったようだ。
石原プロ元常務で、「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)、「影狩り」(舛田利雄監督,1972年)等の作品を手がけた撮影監督の金宇満司が、石原裕次郎の闘病生活を描いた「社長、命。」が、23日に出版されるようだ。
小泉堯史監督「博士の愛した数式」の新春プレミア試写会が17日都内で行われ、寺尾聰、深津絵里、斎藤隆成らが出席したようだ。
1937年の南京事件を描く映画「南京・クリスマス・1937」がクリント・イーストウッド監督、メリル・ストリープ主演で製作されるらしい。5月から南京でロケが始まる予定とか。 [☆ホント?]
昨年2月に長野県で行われたスペシャルオリンピックスを撮影した知的障がい者たちの姿を追ったドキュメンタリー映画「ビリーブ」の完成会見が16日都内で行われ、小栗謙一監督らが出席したようだ。
カム・ウソン、チョン・ジニョン、イ・ジュンギ共演「王の男」の韓国内観客動員数が17日、公開20日目で500万人を突破した模様。
北京市発展・改革委員会は、同市がディズニーランドを建設する、とする報道を否定したようだ。実際は、メディア・娯楽大手としてWalt Disneyなどを誘致する、という計画らしい
松竹は18日、「松竹映画館ドットコム」が不正アクセスを受け、4064人の個人情報が流出した可能性があると発表したようだ。
米FOXは、人気ドラマシリーズ「マルコム In the Middle」("Malcolm in the Middle",2000年-)と"That '70s Show"(1998年-)を今年5月で終了させると発表したようだ。
フローラ・リータ・シュライバー(Flora Rheta Schreiber)のベストセラー「失われた私」("Sybil")が、米CBSでドラマ化されるようだ。ジェシカ・ラングとタミー・ブランチャード(Tammy Blanchard)が共演するらしい。
トム・クランシーの小説「容赦なく」("Without Remorse")の映画化は、ジョン・シングルトンが監督に決まったようだ。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)に出演するキム・レイヴァー(Kim Raver)は、ショーン・レヴィ監督、ベン・スティラー主演の新作SFコメディ"Night at the Museum"に出演が決まったようだ。カーラ・グギノも共演するらしい。
ダニエル・デイ=ルイスは、20世紀はじめにテキサスで石油を探し当てた人物を描く新作"There Will Be Blood"に主演するようだ。ポール・トーマス・アンダーソンが数年をかけて仕上げた脚本を、自ら監督するらしい。5月に撮影に入る模様。
ジョエル・シュマッカー監督、ジム・キャリー主演の新作スリラー"The Number 23"で、ヴァージニア・マドセンの共演が決まったようだ。一方、共演予定だったエリザベス・シューは妊娠を理由に降板したらしい。
イタリアで開催中の秋冬ミラノメンズコレクションに16日、ヴィクトリア・ベッカムがゲストモデルとして出演したらしい。
ジョン・レノン直筆の"A Day in the Life"の歌詞が17日、ニューヨークでオークションに出品されたようだ。落札価格は200万ドル前後を見込んでいるとか。
Martin Luther King Jr. Dayを含む週末4日間の全米興収は、最終集計の結果、"Glory Road"が1692万7000ドルで1位、"Hoodwinked"は1687万9000ドルの僅差で2位だったようだ。
北京市は、2010年までにディズニーランドを建設する計画らしい。
マット・デイモンは、妻のルシアナ・バロッソ(Luciana Barroso)が妊娠中の子供について「女の子だ」と語ったらしい。
ジェイムズ・キャメロン監督が"Project 880"と呼んでいる次回作は、長年企画していた"Avatar"というSF映画で、今春メキシコで撮影に入るらしい。
ライアン・ジョンソン(Rian Johnson)の脚本・監督による新作ミステリー映画"Brick"のポスターが公開されたようだ。
パリス・ヒルトンは「(パーティで)私たちは暗号をよく使うのよ。もし私が(しつこく言い寄ってくる男がいて助けが必要な時)『ティファニーが泣いてる!』って言うと、みんなが間に入ってくれるの。その暗号は良く使うわ。それでみんなで逃げ出すの」と語ったようだ。
ケイト・ベッキンセイルは、ジェシカ・シンプソンの香水Dessertがお気に入りらしい。「それをつけると彼(レン・ワイズマン)が、フォークとナイフを持って私のところに来るの。ケーキのような香りで、彼は『旨そう』って言うのよ。ジェシカ・シンプソンの香水はいつもベッドのそばに置いているわ」と語ったらしい。
ニコール・リッチーは、Jimmy Chooのイメージモデルに起用されたようだ。
リンゼイ・ローハンは「私はジョニー・デップの虜なの。彼って、ダークでクールでおしゃれでダーティで・・・」と言っているらしい。
2001年に経営破綻したスイス航空を描く映画"Grounding"が、19日からスイスで公開されるようだ。同国の映画としては破格の400万スイスフランの製作費を投入したらしい。
新作コメディ映画「救世主」の制作発表が16日ソウル市内で行われ、チェ・ソングク、シニらが出席したようだ。
007シリーズ最新作"Casino Royale"に主演するダニエル・クレイグは13日、英ウォリックシャー州ゲイドンにあるAston Martinの本社を訪問、新型ボンドカーAston Martin DBSに試乗したらしい。
マーティン・キャンベル監督「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")のジャパンプレミアが17日都内で行われ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが出席したようだ。
New Line Cinemaは、シンディ・ヒューイット(Cindy Hewitt)、ドナルド・ヒューイット(Donald Hewitt)によるコメディ脚本"None of Her Business"を獲得したようだ。クビになった女性幹部が男装して再び出世する、という話らしい。
Mandate Picturesは、クリストファー(Christopher)という名で知られるアーティストによるコミック"The Ghouly Boys"の映画化権を獲得したようだ、
「赤ずきん」の童話に基づくコメディ・アニメ"Hoodwinked"の全米大ヒットを受け、The Weinstein CompanyとKanbar Entertainmentは続編"Hood vs. Evil"の製作に入るようだ。今度は「ヘンゼルとグレーテル」が題材になるらしい。予算は第1作(2000万ドル弱)の倍になるとか。
米WB networkのエンターテイメント部門代表のデヴィッド・ジャノラリ(David Janollari)は「是非、ジョス・ウェドン(Joss Whedon)と(『エンジェル』("Angel",1999-2004年)に登場した)スパイク(Spike)を映画化したい」と語ったらしい。
NASAの火星探査計画Mars Roverを題材にした、ジョージ・バトラー監督によるIMAX映画"Roving Mars"が27日から米国のIMAXシアターで公開されるようだ。
Universal Picturesは、大ヒット舞台"The Star Wars Trilogy in 30 Minutes"を手掛けたジェイソン・メイジャー(Jason Major)とパトリック・T・ゴーマン(Patrick T. Gorman)の脚本によるコメディ"How Soon Is Now?"を獲得したようだ。自分の人生を変えるため、1985年の高校時代に戻る男が主人公とか。
パメラ・アンダーソンは、ケンタッキー州の州議会議事堂に置かれているカーネル・サンダース(Colonel Sanders,1890-1980)の胸像を撤去するよう要求する手紙を、州知事宛に送っていたらしい。
今年5月で終了が決定している人気ドラマシリーズ"7th Heaven"(1996年-)について、米WBは、同番組による損失は今年だけで1600万ドルに達することを明らかにしたようだ。キャストの出演料が高くなりすぎたらしい。
エミリオ・エステヴェス監督・脚本・主演の新作"Bobby"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/19
小栗旬らが主演する西村了監督の新作「ウォーターズ」の完成披露試写会が18日都内で行われ、主題歌を歌う倖田來未がゲストとして参加したようだ。
1月31日、2月7日放送の日本テレビ「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」の制作発表が18日都内で行われ、反町隆史、渡部篤郎、藤原竜也、白石美帆、池内博之、中村俊介、辺見えみり、佐藤江梨子、松方弘樹、海東健らが出席したようだ。
宇田鋼之介監督「ワンピース the movie カラクリ城のメカ巨兵」のアフレコ収録が都内で行われ、田中真弓、稲垣吾郎らが参加したようだ。
「エミリー・ローズ」("The Exorcism of Emily Rose",2005年)プロモーションのためスコット・デリクソン監督が来日、19日都内で記者会見を行ったようだ。Jホラーのファンらしい。
ジャッキー・チェンがプロデュースする帽子が、3月から日本で発売されるらしい。
小泉堯史監督「博士の愛した数式」の試写会が18日大阪市内で行われ、寺尾聰らが舞台挨拶に立ったようだ。江夏豊も出席したらしい。
7月公開予定の韓国映画「暴力サークル」で、布袋寅泰が音楽監督を務めることになったようだ。
昨年2月に亡くなったイ・ウンジュの1周忌追悼式が、来月22日に行われるらしい。
キム・ユンジンはUSA Todayのインタビューに「3年間付きあった韓国人のボーイフレンドがいる」と語ったらしい。
キム・ギドク監督「うつせみ」("3-iron",2004年)は世界40カ国で上映され、フランスで13万人、イタリアで17万人の観客を動員したらしい。
第56回ベルリン国際映画祭の審査員が17日正式発表され、審査員長のシャーロット・ランプリングのほか、イ・ヨンエ、ヤヌス・カミンスキー、アーミン・ミューラー=スタール、マルレーン・ゴリスらが審査員を務めることになったようだ。
「波浮の港」(斎藤武市監督,1963年)、「うず潮」(斎藤武市監督,1964年)など吉永小百合出演作のスチール写真やポスターなど120点を集めた特別展が、18日からおのみち映画資料館で行われているらしい。
チャン・ツィイー主演「SAYURI」("Memoirs Of A Geisha")の中国公開が、検閲のため遅れているらしい。当初今月9日の公開が来月10日に延期されたものの、さらに延期が決まったようだ。中国では既に海賊版が出回っているとか。
中国中央電視台の旧正月恒例番組「春節聯歓晩会」に、ニコラス・ツェー、Twinsらが出演するらしい。ジャッキー・チュン、ジェイ・チョウには出演を断られたとか。
韓国SBSのドラマ「神よ」が、連城三紀彦の短編小説「母の手紙」の盗作ではないかという指摘を受けているらしい。
「シリアナ」("Syriana")で監督と脚本を手掛けたスティーヴン・ギャガンは、映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)が同作品の脚本のカテゴリーを、脚色部門からオリジナル脚本部門に変更していたことを、ノミネーション選定投票の締め切り直前になってはじめて知り、「ショックを受けている。電話でもEメールでも手紙でも良かったんだ。グレイゾーンなのは分かっている。知らせて欲しかった」と語ったらしい。
米Walt Disneyは、Pixar Animation Studiosの買収に向けて交渉に入っている、とWall Street Journalが19日報じたようだ。買収は株式交換で行われ、成立すればスティーヴ・ジョブス(Steve Jobs)がDisney最大の個人株主となる模様。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)による英国アカデミー賞(British Academy Film Awards)のノミネーションが19日発表され、フェルナンド・メイレレス監督、レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演"The Constant Gardener"が作品賞、主演男優賞、主演女優賞を含む10部門で候補に挙がったようだ。また、アン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")とポール・ハギス(Paul Haggis)監督「クラッシュ」("Crash")が9部門、ジョージ・クルーニー監督「グッドナイト&グッドラック」("Good Night, And Good Luck.")、ロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")、ジョー・ライト監督「プライドと偏見」("Pride and Prejudice")が8部門でノミネートされたらしい。
間もなく開幕するサンダンス映画祭(Sundance Film Festival)で監督を務めるジェフ・ギルモア(Geoff Gilmore)は「Fox Searchlightは、インデペンデント映画が何であるかを定義することはしない。私は常に市場の拡大を気にかけている。市場を満たすことに興味はない」と語ったらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)は18日、DGA賞ドキュメンタリー部門のノミネーションを発表したようだ。
・キーフ・デイヴィソン、リチャード・ラドカニ ("The Devil's Miner")
・ヴェルナー・ヘルツォーク ("Grizzly Man")
・ショーン・マカリスター ("The Liberace of Baghdad")
・ルパート・マーレイ ("Unknown White Male")
・ブレント・ルノー、クレイグ・ルノー ("Off to War: Welcome to Baghdad")
マイク・バーカー監督、ピアーズ・ブロスナン主演の新作スリラー"Butterfly on a Wheel"で、マリア・ベロとジェラルド・バトラーの共演が決まった模様。3月からバンクーバーで撮影に入るようだ。
来月9日開幕するベルリン国際映画祭で、ロバート・アルトマン監督"A Prairie Home Companion"、クロード・シャブロル(Claude Chabrol)監督"Comedy of Power"、マイケル・ウィンターボトム監督"The Road to Guantanamo"などがコンペ部門に出品されるようだ。
ウィリアム・シャトナーは以前摘出した腎臓結石をオンラインカジノに売ったらしい。「GoldenPalace.Comから1万5000ドルで売らないかとコンタクトを受けたとき、私は断った。私が着た『スター・トレック』の制服が10万ドル以上で売れるのだから。結局、2万5000ドルで売ることにした」と語ったようだ。売り上げは福祉団体に寄付するとか。
元ティーン・アイドルのレイフ・ギャレット(Leif Garrett)が、コカイン所持の保護観察期間中に、料金を支払わずに地下鉄に乗車し、また未知の薬物を摂取していたとして逮捕され、ロサンゼルスの刑務所で週末を過ごしたらしい。
エヴァ・ロンゴリアと恋人のトニー・パーカー(Tony Parker)が、米GQ誌最新号でツーショットを披露するらしい。
堤幸彦監督「サイレン」の完成披露試写会が都内で行われ、市川由衣、森本レオ、高橋真唯、高山潤らが出席したようだ
先日ロンドンで行われた、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")のルナ・ラヴグッド(Luna Lovegood)役のオーディションには、マドンナの娘ルルデス(9歳)も参加を希望していたとか。マドンナは、年齢条件(13〜16歳)が合わないからと参加を禁じたらしい。
"Spider-Man 3"で、ブライス・ダラス・ハワードがグウェン・ステイシー(Gwen Stacy)役に決まったようだ。
キム・ドンウォン監督「闘師父一体」のマスコミ試写会が17日ソウル市内で行われ、チョン・ジュノらが出席したようだ。
「フライ,ダディ,フライ」(成島出監督,2005年)が韓国でリメイクされるらしい。イ・ジュンギ、イ・ムンシクらが共演、今月末に撮影に入る模様。
リンゼイ・ローハンは、ニコチン中毒の治療を受けているらしい。1日1箱吸っているとか。
第60回毎日映画コンクールの各賞が18日発表されたようだ。
■日本映画大賞 「パッチギ!」(井筒和幸監督)
■日本映画優秀賞 「オペレッタ狸御殿」(鈴木清順監督)
■監督賞 緒方明(「いつか読書する日」)
■男優主演賞 浅野忠信(「誰がために」他)
■女優主演賞 田中裕子(「いつか読書する日」他)
■男優助演賞 山下規介(「運命じゃない人」)
■女優助演賞 板谷由夏(「運命じゃない人」)
■スポニチグランプリ新人賞 石田法嗣(「カナリア」)、関めぐみ(「8月のクリスマス」他)
■田中絹代賞 若尾文子
■脚本賞 内田けんじ(「運命じゃない人」)
■撮影賞 柴崎幸三(「ALWAYS 三丁目の夕日」)
■美術賞 上條安里(「ALWAYS 三丁目の夕日」)
■音楽賞 加藤和彦(「パッチギ!」)
■録音賞 横溝正俊(「いつか読書する日」)
■技術賞 「ALWAYS 三丁目の夕日」VFXスタッフ、谷口登司夫(「二人日和」)
■ドキュメンタリー映画賞 「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」(綿井健陽監督)
■アニメーション映画賞 「劇場版 鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜」(水島精二監督)
唐十郎の娘の大鶴美仁音と息子の大鶴佐助が、金守珍監督「ガラスの使徒」で映画デビューしているらしい。
「北北西に進路を取れ」("North by Northwest",1959年)、「サイコ」("Psycho",1960年)、「ファミリー・プロット」("Family Plot",1976年)などのアルフレッド・ヒチコック監督作品をはじめ、数多くの映画やTVドラマを手がけた、撮影技師のレナード・J・サウス(Leonard J. South)さんが6日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
古澤健監督の新作ホラー「オトシモノ」で、沢尻エリカが主演するらしい。
Walden MediaとWalt Disney Picturesが共同で手がける、キャサリン・パターソン(Katherine Paterson)の児童書「テラビシアにかける橋」("Bridge to Terabithia")の映画化は、今月中にもニュージーランドで撮影に入るようだ。「ザスーラ」("Zathura",2005年)のジョシュ・ハッチャーソンが主演を務めるらしい。
ホリー・ハンター(47)が双子を出産したらしい。
リチャード・ドナー監督、ブルース・ウィリス主演の新作アクション・スリラー"16 Blocks"のポスターが公開されたようだ。
ニール・ヤングの音楽ドキュメンタリー"Heart of Gold"の予告編が公開されたようだ。
  1/20
トライアスロン宮古島大会を舞台に描く映画「太陽」の製作発表が19日、宮古島市内で行われ、小田大河監督、峰岸徹、天宮良、桂亜紗美らが出席したようだ。
ギャガ・コミュニケーションズは19日、同日から予定していた300万株の立会外分売を中止したと発表したようだ。"ライブドア・ショック"の影響で、ギャガの株価が2日間で7%も下落したらしい。
Xbox360用ゲームソフト「カメオ:エレメンツ オブ パワー」の発表会が19日、都内の映画館で行われ、出席した眞鍋かをりが大スクリーンでゲームをプレイしたようだ。
GyaOで20日から配信されるWEBシネマ「ハツカレ」(梶研吾監督)の完成披露試写会が19日都内で行われ、主演の黒川智花らが出席したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「ミュンヘン」("Munich")の完成試写会が19日都内で行われ、エリック・バナが舞台挨拶に立ったようだ。
チェ・ジウはChristian Diorと再契約、引き続きイメージモデルを務めるようだ。
今月22日に都内で行われるキム・ヒソンのファンミーティングには、1万円の参加費にもかかわらず予約が1000人に達し、すでに受付が締め切られたらしい。急遽、記者会見も行われることになったようだ。
ヒョン・ビンは、自分の顔写真を使った3000ピースのジグソーパズルをファンからプレゼントされたらしい。
韓米の政府関係者は19日、韓国のスクリーンクォータ制度を縮小する方向で原則的に合意したと発表したようだ。
長野県の農村歌舞伎を描く映画「村歌舞伎一代」を手掛ける後藤俊夫監督は19日、子役の募集を発表したようだ。3月に面接が行われ、夏休みを中心に撮影が行われる模様。
F4の香港コンサートが3月に開催されるらしい。
韓国映画情報提供会社シネチズンは19日、違法な映画ファイルを配信する人物や企業の申告者に対し報償を支払う制度を、来月1日からスタートさせると発表したようだ。
サンダンス映画祭(Sundance Film Festival)が19日、ユタ州のパーク・シティで開幕したようだ。ニコール・ホロフセナー(Nicole Holofcener)監督"Friends with Money"がオープニング上映され、共演のジェニファー・アニストン、キャサリン・キーナー、ジョーン・キューザック、フランシス・マクドーマンドらが出席したらしい。
アンジェリーナ・ジョリーの2人の養子、マドックス(Maddox)とザハラ(Zahara)の苗字の「ジョリー=ピット」(Jolie-Pitt)への改名について、ロサンゼルス上位裁判所は19日、申請を承認したようだ。
Relativity Mediaは、Sony Pictures EntertainmentとUniversal Studiosの両社と、合計で6億ドル以上の融資を受けて18本の映画を製作する契約を結んだようだ。
「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)で制作総指揮を務めるキャロル・メンデルソーン(Carol Mendelsohn)によるタイトル未定のドラマ企画について、米CBSはパイロット版制作を決定したようだ。弁護士を主人公にしたストーリーらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクは、セカンド・ソロアルバムの準備を進めているようだ。年内にリリース予定とか。
米アダルトビデオメーカーのDigital Playgroundは、次世代DVD規格としてBlu-ray Discを支持すると発表したようだ。
リック・モラニスは昨年秋、カントリー・ソングのアルバム"The Agoraphobic Cowboy"を自らの公式サイトを通じてリリース、来月開催されるグラミー賞のコメディ・アルバム部門にノミネートされているらしい。
全米週末公開作品では、レン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル主演によるシリーズ第2弾"Underworld: Evolution"が、前作「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の2180万ドルを上回るオープニング興収で1位になると予想されているようだ。一方、ゴールデン・グローブ賞を獲得した「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")は、今週末からほぼ倍増の1194館で拡大公開が始まるらしい。
007シリーズ最新作"Casino Royale"で再び"M"を演じるジュディ・デンチは、ジェイムズ・ボンドを演じるダニエル・グレイグについて「成り行きを見守る必要があるわね。初めて会った瞬間でウマが合うかどうかはわかる。彼と会って、私は彼のことがとても気に入ったの。笑うこともあったし、それは大抵いい兆しなのよ」と語ったようだ。
GyaOは「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」(アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督,2005年)のDVD発売を記念して、28日から同作のオンライン試写会を開催するようだ。
アベル・フェラーラ(Abel Ferrara)監督次回作は、「キング・オブ・ニューヨーク」("King of New York",1990年)の前編"The Last Crew"になるようだ。3月からニューヨークで撮影に入る模様。
29日からスタートするTVアニメシリーズ「交響詩篇エウレカセブン」第4クールの、新オープニングとエンディング映像がSonyMusic“ANIME"songsで22日から先行配信されるらしい。
メアリー=ケイト・オルセンとアシュレイ・オルセンの姉妹は、来月シドニーで新しいファッション・ラインを発表するらしい。
6月に出産予定のグウェン・ステファニーは「仕事は断って、(夫の)ギャヴィン(・ロズデイル)と一緒にいることにした」と言っているらしい。
LAの点心料理店Chiを共同所有するジャスティン・ティンバーレイクは、新しいレストランDestino'sでニューヨークにも進出するようだ。人気レストランRao'sを離れたMario Curkoをシェフに起用した模様。
L'Orealの新しいイメージモデルに、ペネロペ・クルスが起用されたようだ。
妊娠中のアンジェリーナ・ジョリーは「ベビーシッターに大変な仕事を全部押し付けるつもりはない」と語ったようだ。出産後は育児に専念するつもりらしい。
来月公開の佐藤寿保監督「刺青 SI-SEI」で、吉井怜が全身に刺青を入れたらしい。
須賀大観監督「最終兵器彼女」の女子高生限定試写会が19日都内で行われ、杉村太蔵衆院議員らが出席したようだ。
New Line Cinemaは、ジュリア・フォウラー(Julia Fowler)の脚本によるコメディ映画"Possum Trot Cloggers"の製作を決定したようだ。ハワード・ドゥイッチが監督を務める模様。cloggingダンスの選手権が舞台になるらしい。
アニメーション映画「A KITE」(梅津泰臣監督,1998年)の、ロブ・コーエンのプロデュースによる実写リメイクは、メキシコ人兄弟ホルヘ・アギレラ(Jorge Aguilera)、ハヴィエル・アギレラ(Javier Aguilera)が監督を務めるらしい。
フランソワ・ジラール監督、マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、アルフレッド・モリーナ共演による、アレッサンドロ・バリッコ(Alessandro Baricco)の小説「」("Silk")の映画化で、New Line InternationalとPicturehouseが世界配給権を獲得したようだ。来月から日本で製作に入った後、エジプト、アジア、イタリアで撮影が行われる予定とか。
シリーズ第2作"Underworld: Evolution"を4800万ドルの製作費で仕上げたレン・ワイズマン監督は、「キング・コング」("King Kong")の2億700万ドル、「スーパーマン リターンズ」("Superman Returns")の2億5000万〜3億ドルと言われる製作費について「驚くと同時に苛立ちを感じる。どこに金が使われたかは私も理解できる。だが、映画にそれほどの金をかける必要はないと思う。だが、それは私にとって奇妙なことでもある。私は自分の映画を、他と同じくらいビッグな作品だと宣伝しようとしているのだからね」と語ったようだ。
ジョージ・ルーカスは"Indiana Jones 4"について「ひたすら作業を続けているよ。書いて、書いて、書いて、書きまくっている。でも、いい線まで来ている。年内には撮影を始めて、来年には公開できるだろう」と語ったようだ。
Universal Picturesは、ジェシー・ウィグトウ(Jesse Wigutow)とジョン・マッジオ(John Maggio)の脚本によるコメディ"The Divorcees"を獲得したようだ。
香港映画批評家協会による2005年のベスト映画に、ジョニー・トー監督「黒社会」("Election")が選ばれたようだ。
ラッセル・クロウは、妻のダニエル・スペンサー(Danielle Spencer)が2人目の子供を妊娠していることを明らかにしたようだ。
アンディ・マクダウェルが、年下の実業家と婚約したらしい。
クリストフ・ガンズ監督、ラダ・ミッチェル主演の新作"Silent Hill"の最新ポスター予告編が公開されたようだ。
ビル・コンドン監督、ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ、ダニー・グローヴァーら共演によるブロードウェイ・ミュージカルの映画化"Dreamgirls"の撮影がロサンゼルスで進行中のようだ。
韓国SBSで放送中のイ・ドンウク、イ・ジュンギ、パク・シヨンら共演のドラマ「マイガール」は、19日の放送で視聴率24.3%を記録したようだ。
カール・ハイアセン(Carl Hiaasen)の「HOOT」("Hoot")の映画化の新作の予告編が公開されたようだ。
  1/21
MGMは20日、傘下のUnited Artistsの売却に向けて協議中だと発表したようだ。
浅野セメントの創業者、浅野総一郎を描く市川徹監督「九転十起の男―浅野総一郎の青春」の製作発表が20日川崎市役所で行われ、網本圭吾、仲代奈緒らが出席したようだ。
3月6日にWOWOWで放送の「第78回アカデミー賞授賞式」で、伊原剛志と藤原紀香が案内役を務めるらしい。
「PROMISE」プロモーションのため韓国訪問中の真田広之は、共演したチャン・ドンゴンについて「チャン・ドンゴンは私の韓国の友人であり、兄弟だ」と語ったらしい。
チャン・ドンゴンは、20日ソウル市内で行われたインタビューの中で「最後に恋愛してから、もうずいぶんたつ。少なくとも数年にはなる。今は恋よりも芝居が大事」と語ったようだ。 [☆ファンは一安心?それともガッカリ?]
チェン・カイコー監督「PROMISE」の試写会・記者会見が19日ソウル市内で行われ、セシリア・チャンらが出席したようだ。
「夜を逃れて」("A Hatful of Rain",1957年)、「ダイヤモンド作戦」("A Man Could Get Killed",1966年)、「110番街交差点」("Across 110th Street",1972年)、「シャドー」("Tenebre",1982年)、「訣別の街」("City Hall",1996年)などの作品で活躍した、米俳優のアンソニー・フランシオサ(Anthony Franciosa)さんが19日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
Revlon社を率いるロン・ペレルマン(Ron Perelman)が、妻エレン・バーキンとの離婚手続きに入ったようだ。
米マサチューセッツ州のTVMyPod社は、iPodに顧客の好みの映画やTV番組のDVDをコピーして販売しているらしい。同社は、DVDのコピープロテクトのデコードは行っておらず、オリジナルのDVDも一緒に販売しているので違法性はない、と主張しているようだ。
米FOXで放送された第63回ゴールデン・グローブ賞授賞式は視聴者数1870万人を記録、一方、翌日放送された"American Idol"(2002年-)今シーズン第1回は、視聴者数3550万人に達したらしい。
自爆テロの実行を命じられた二人のパレスチナ人を描いた、パレスチナ人監督Hany Abu-Assadの作品"Paradise Now"は、ゴールデン・グローブ賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューを受賞するなど高い評価を得ているにもかかわらず、イスラエルでは一部の独立系アート・シアターでしか上映されないようだ。イスラエル人であるプロデューサーの1人のアミール・ハレル(Amir Harel)は「配給会社は単純計算をし、そして政治論争を映画館の中まで持ち込む必要は無いと判断したようだ」と非難したらしい。
根岸吉太郎監督「雪に願うこと」の帯広先行試写会とばんえい競馬観戦のバスツアーが、29日に行われるらしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズへのキース・リチャーズのカメオ出演の可能性について、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは「我々は、彼のツアー・スケジュールと、我々の(第3作の)スケジュールを何とか合わせようとしている。我々は楽観視しているよ」と語ったようだ。
ブラッド・ピットは、アンジェリーナ・ジョリーと共に先週ドミニカ共和国を訪れた際、48ドルの指輪を買ってあげたらしい。バレンタインデーに結婚、という報道については否定しているようだ。
マギー・ギレンホールは、Reebokのイメージモデルに起用されたようだ。
3月米国公開の"Basic Instinct 2: Risk Addiction"は、第1作「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)と同じく、NC-17指定を受けたようだ。 [☆もっとも、PG-13指定だったら誰も観にいかないと思う・・・]
スティーヴン・スピルバーグ監督「ミュンヘン」("Munich")プロモーションのため来日中のエリック・バナが20日、都内で記者会見を行ったようだ。
手塚眞監督は20日、大阪市内で新作「ブラックキス」のキャンペーン会見を行ったようだ。
ジャッキー・チェンは20日、マカオのGrand Emperor Hotelのオープニング式典に滝沢秀明と共に出席、2人の共演によるアクション映画の製作を発表したようだ。作品は、昨年発表されたジャッキー主演最新作"The Shinjuku Incident"になる、と噂されている模様。式典にはアンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、TWINS、シン・ヒョンジュンらも出席したらしい。
「ドッジボール」("Dodgeball: A True Underdog Story",2004年)のベン・スティラー、監督・脚本のローソン・マーシャル・サーバー、プロデューサーのスチュアート・コーンフェルド(Stuart Cornfeld)による新作コメディ企画を、DreamWorksが100万ドルで獲得した模様。タイトルと内容は秘密らしい。
IFC Filmsは、カヴェー・ザヘディ(Caveh Zahedi)監督・主演の自伝的コメディ"I Am a Sex Addict"と、セドリック・クラピッシュ監督の「ロシアン・ドールズ」("Les Poupees russes")の北米配給権を獲得したようだ。
米ABCの人気シリーズ"Lost"(2004年-)で共演するキム・ユンジンとダニエル・デイ・キム(Daniel Dae Kim)は、AZN Televisionで29日放送の"2006 Asian Excellence Awards"でTV俳優賞を受賞するようだ。
「スーパーマン リターンズ」("Superman Returns")からの最新画像が公開されたようだ。
Walt Disney PicturesとPixar Animationによる新作CGアニメ「カーズ」("Cars")からの盗み撮り写真?が公開されたようだ。
  1/22
宮本理江子監督「チェケラッチョ!!」の撮影が21日、沖縄市内でスタートしたようだ。
アンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",2005年)の公開を前に、大阪の茶屋町に21日「無料心霊案内所」がオープンしたようだ。
メグ・ライアンは、中国人の女の子と養子縁組するらしい。
小泉堯史監督「博士の愛した数式」が21日初日を迎え、寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子、斎藤隆成らが舞台挨拶に立ったようだ。
宮坂まゆみ監督「天使」が21日初日を迎え、深田恭子、永作博美らが舞台挨拶に立ったようだ。
市川準監督「あおげば尊し」が21日初日を迎え、テリー伊藤、薬師丸ひろ子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
小中和哉監督「ミラーマン REFLEX」の公開記念イベントが21日都内で行われ、石田信之、唐渡亮、石田未来、伊藤裕子らが出席したようだ。
「007/サンダーボール作戦」("Thunderball",1965年)、「007/ゴールドフィンガー」("Goldfinger",1964年)で使用されたボンドカー1965年型Aston Martin DB5が、アリゾナ州フェニックスで開催中の第7回Vintage Motor Cars Auctionに出品され、190万ドルで落札されたらしい。
自伝的映画"Get Rich Or Die Tryin'"(2005年)に主演した50セント(50 Cent)は「エミネムが『8 Mile』(2002年)でやったのと同じコンセプトだ。皆はもう、僕の人生で何が起こったかを良く知っている。僕はもう、弱い人間じゃないんだ」と語ったようだ。
山下敦弘監督「松ケ根乱射事件」の撮影が、長野県内で行われているようだ。新井浩文、山中崇、三浦友和、烏丸せつ子らが共演しているらしい。
Spyglass Entertainment製作による新作ホラー"Stay Alive"の予告編が公開されたようだ。
新作"Chapter 27"で、ジョン・レノン(John Lennon,1940-1980年)を暗殺したマーク・デヴィッド・チャップマン(Mark David Chapman)を演じるジャレット・レトは、役作りのため14〜20kg体重を増やしたらしい。
「ロード・オブ・ドッグタウン」("Lords of Dogtown",2005年)などにも出演しているスケートボード界のスター、トニー・ホークが今月、フィジーで結婚式を挙げるらしい。結婚は3度目とか。
キーラ・ナイトレイは、ゴールデン・グローブ賞前のVanity Fair主催のパーティで、2枚しかチケットが無いにもかかわらず8人で来場「警備員に最高の笑顔を見せて、自分達が8人でチケットが2枚しかないことを正直に言ったわ。彼らが『他に何を持ってきた?』と聞くから『ポテトチップを2袋』と答えたら『OK。それでいいよ』って。結局、塩味のポテチ2袋で豪華なパーティに入る込むことが出来たの」と語ったらしい。
カン・ウソク監督の新作「韓半島」の、日本の海上自衛隊を迎撃するために韓国海軍が出動する、というシーンで、韓国国防省が協力を決定、軍艦や戦闘機の撮影を許可したらしい。
来年公開予定の小松隆志監督「幸福な食卓」で、北乃きいが主演に決まったようだ。石田ゆり子、勝地涼らが共演するらしい。
白岩久弥監督「晴れたらポップなボクの生活」ガ21日、都内劇場で初日を迎え、矢部太郎、池畑慎之介、木村祐一らが舞台挨拶に立ったようだ。
須賀大観監督「最終兵器彼女」のメイキングDVD発売を記念したイベントが21日都内で行われ、前田亜季らが出席したようだ。
米ABC Entertainmentのスティーヴン・マクファーソン(Stephen McPherson)社長は、SFドラマ・シリーズ"Invasion"(2005年-)について「いい仕事をしているし、素晴らしい番組だ」と語り、視聴率の低迷による打ち切りの噂を否定したようだ。
Walt Disney Picturesによる、ケヴィン・リマ監督、エイミー・アダムス主演のアニメ=実写映画"Enchanted"で、パトリック・デンプシーが共演しているようだ。
Fox Searchlightは、ジョナサン・デイトン(Jonathan Dayton)、ヴァレリー・ファリス(Valerie Faris)共同監督、スティーヴ・カレル、グレッグ・キニア、トニ・コレット共演の新作コメディ"Little Miss Sunshine"の配給権を1000万ドルで獲得した模様。
カート・ウィマー監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の新作"Ultraviolet"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/23
本永良夫監督「えんどうの花」の撮影を兼ねた、沖縄交響楽団などによる演奏会が22日浦添市内で行われ、市民ら300人が会場を訪れたようだ。
キム・ヒソンのファンミーティングが22日都内で行われたようだ。ジャッキー・チェンからのビデオメッセージも披露されたらしい。
「THE 有頂天ホテル」の観客動員100万人突破を記念した舞台挨拶が22日、有楽町の日劇1で行われ、三谷幸喜監督、戸田恵子、川平慈英が出席したようだ。
ロマン・ポランスキー監督「オリバー・ツイスト」("Oliver Twist")の試写会が22日都内で行われ、主演のバーニー・クラークと共に小倉優子がゲストとして出席したようだ。
「パッチギ!」(2005年)を凱旋上映中のシネカノン有楽町で22日、井筒和幸監督、ケンドーコバヤシ、桐谷健太による対談が行われたようだ。続編は夏後半に撮影を開始する模様。
都内の松田美由紀の自宅に19日空き巣が侵入、松田優作との結婚指輪や腕時計などが盗まれたらしい。
英The Sun紙は23日、ニコール・キッドマンとキース・アーバン(Keith Urban)が3月に結婚式を挙げる、と報じたようだ。
ノ・ムヒョン大統領は21日、イ・ジュンイク監督「王の男」を鑑賞したようだ。
来月開催される第56回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に、シン・ドンイル監督、カン・ジファン、カン・ジェロク共演の「訪問者」が出品されるようだ。
中国本土での公開が再三延期となっていたロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")は、結局上映中止に立ったらしい。
北朝鮮による横田めぐみ拉致事件と両親の活動を追った、クリス・シェリダン、パティ・キム監督によるドキュメンタリー映画「拉致-横田めぐみ物語」("Abduction: The Megumi Yokota Story")が22日、米ユタ州で開催中のスラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)で上映されたようだ。
Touchstone Televisionは米ABCの人気シリーズ"Lost"(2004年-)のオリジナル・キャスト全員に対し、出演契約1年延長と引き換えに、1エピソード当たりの出演料を2-4万ドルから8万ドルに大幅アップすると提示したらしい。
開催中のサンダンス映画祭で22日、メキシコからの不法移民を描いた、ティン・ディルダマル(Tin Dirdamal)監督"DeNADIE"、ジョセフ・マシュー(Joseph Mathew)監督"Crossing Arizona"のドキュメンタリー2作品と、パブロ・ヴェリス(Pablo Veliz)監督のドラマ"La Tragedia de Macario"が上映されたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)が米劇場経営者協会(National Association of Theater Owners)と共に運営する映画分類基準審査委員会(Classification and Ratings Administration)の実態に迫る、カービー・ディック(Kirby Dick)監督のドキュメンタリー映画"This Film Is Not Yet Rated"が、開催中のサンダンス映画祭で上映されるようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)賞が22日発表され、アン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")が受賞したようだ。
北米を除く海外週末興収は、「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")が5週連続1位を獲得、海外総興収3億4260万ドル、全世界総興収6億1190万ドルに達した模様。
「皇帝ペンギン」("La Marche de l'empereur",2005年)のリュック・ジャケ監督次回作は"The Fox & the Child"になる模様。少女とキツネの友情を描く、ドキュメンタリー映像とフィクションを織り交ぜた作品らしい。3月から撮影に入り、公開は来年12月になるようだ。
米NBCはドラマシリーズ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)について、5月14日放送の第7シーズン最終回で打ち切りを決めたようだ。
全米週末興収は、レン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル主演のシリーズ第2弾"Underworld: Evolution"が2760万ドル(3207館)で初登場1位を記録したようだ。
Pixar Animation Studiosの買収を決定する重役会が、23日に米Walt Disneyで行われる模様。
5月17日に開幕するカンヌ映画祭で、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")がオープニング上映されることが決まったようだ。
韓国で公開中の「闘師父一体」が、4日間で観客動員数166万人を記録したようだ。
安田真奈監督、上野樹里主演の新作「幸福のスイッチ」のオーディションが22日、和歌山県田辺市で行われ、約180人が参加したようだ。
エリック・バナは、「ハルク」("The Hulk",2003年)の続編への出演を断った、とする一部の噂を否定したようだ。実際には、続編についての協議そのものも、一切無いらしい。インターネットでは、デヴィッド・ドゥカヴニーの主演でDVD映画化されるという噂も流れているとか。
クリストフ・ガンズ監督、ラダ・ミッチェル主演の新作"Silent Hill"の、ポスター・コンテスト最終投票が公式サイトで行われるようだ。
ジョン・ボン・ジョヴィは、映画のプレミアに2人の子供を連れてきてメディアに誇示している、とマドンナを批判したことについて、謝罪したようだ。実際には、マドンナが映画のプレミアに子供たちを連れてきたことは1度も無かったらしい。
ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クードロウ、マット・ルブラン、デヴィッド・シュワイマー、マシュー・ペリーの6人は、昨年末に行われた米NBCとの交渉で1人500万ドルの出演契約に合意、「フレンズ」("Friends",1994-2004年)の計4時間スペシャル版での共演が決まったようだ。放送は来年になる模様。
ジョージ・クルーニーとテリ・ハッチャーが急速接近中らしい。
紙おむつなど赤ちゃん用品を持ち運ぶためのバックパックBaby Sherpa Diaper Backpackを販売するカナダの企業は、新作映画"The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford"の撮影が近くで行われたことを感謝して、ブラッド・ピットに同社の最高級モデルをプレゼントしたらしい。
映画「ピーナッツ」の主人公「秋吉光一」の名義で出版した小説「されど草野球」の発売記念握手会が22日都内で行われ、内村光良が出席したようだ。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の前売り鑑賞券が、1月1日の発売開始以来15日間で5000枚売れたらしい。
CBSとWarner Brothers TVは、「プラクティカル・マジック」("Practical Magic",1998年)をドラマ・シリーズ化するらしい。
Sony Pictures Classicsは、アンドレイ・クラフチューク(Andrei Kravchuk)の監督デビュー作"The Italian"の北米配給権を獲得したようだ。
音楽関連映画の製作を目的に昨年Sony BMG Music Entertainmentが設立したSony BMG Filmの第1回作品は、アルバート・レオン(Albert Leon)のオリジナル脚本に基づく"Reggaeton"になるようだ。ヒップホップのスターを目指す南ブロンクス出身の若者を主人公に描く作品で、ジェニファー・ロペスのNuyorican Productionsが製作に参加するらしい。
脚本家・俳優のマイク・ホワイトは、自らの脚本によるコメディ・ドラマ"Year of the Dog"で監督デビューする模様。ジャック・ブラックも参加するようだ。
IFC Filmsは、ベント・ハーメル(Bent Hamer)監督、マット・ディロン、リリ・テイラー、フィッシャー・スティーヴンス、マリサ・トメイ共演の新作ダーク・コメディ"Factotum"の北米配給権を獲得したようだ。
クリストファー・リーは「今の若い俳優達の問題は、経験や知識を持ち合わせていないことだ」と嘆く一方、ジョニー・デップを「何も恐れずにチャレンジする男だ」と絶賛しているらしい。
  1/24
第48回ブルーリボン賞が23日発表されたようだ。
■作品賞 「パッチギ!」(井筒和幸監督)
■監督賞 佐藤純彌(「男たちの大和/YAMATO」)
■主演男優賞 真田広之(「亡国のイージス」)
■主演女優賞 小泉今日子(「空中庭園」)
■助演男優賞 堤真一(「ALWAYS 三丁目の夕日」)
■助演女優賞 薬師丸ひろ子(「ALWAYS 三丁目の夕日」)
■新人賞 多部未華子(「HINOKIO」)
■外国作品賞 「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")
■スタッフ賞 内田けんじ(「運命じゃない人」)
■特別賞 岡本喜八
「SPL 狼よ静かに死ね」("SPL: Sha po lang",2005年)プロモーションのためサモ・ハン・キンポーが来日、23日都内でドニー・イェン、ウー・ジンらと共に記者会見を行ったようだ。釈由美子もゲストとして参加したらしい。
「かくも長き不在」("Une aussi longue absence",1961年)などの監督作品のほか、寺山修司監督の「上海異人娼館 チャイナ・ドール」("Les Fruits de la Passion",1981年)をはじめ数々の作品で編集を手掛けた、スイス出身の映画監督アンリ・コルピ(Henri Colpi)さんが14日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ニコラス・ケイジ、アリス・キム夫妻に昨年10月誕生した息子カル=エル・ケイジ(Kal-El Cage)の写真が公開されたようだ。
韓国主要都市で行われた調査によると、昨年1年間の1人当たりの映画鑑賞本数は5.76本だったようだ。
28日に開幕する第28回クレルモン・フェラン国際短編映画祭(Clermont-Ferrand International Shortfilm Festival)で、ユ・ジテが国際コンペティション部門の審査委員を務めるらしい。
昨年10月から12月の広島県内の主要観光施設の来場者数は、前年同期比で71.5%増の219万3339人に達したようだ。大和ミュージアムやロケセットなど「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督,2005年)関連施設が増加分の大部分を占めているとか。
16日から台湾で上映中のロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")は、週末興収2200万台湾ドルを記録したらしい。大後寿々花に人気が集まっているとか。
中山節夫監督の新作「ヘレン・ケラーを知っていますか」の製作発表が23日、下関市内で行われ、主演の小林綾子らが出席したようだ。企画・製作の山口県映画センター(TEL:0832-28-2121)では、1000円の制作協力券(前売り券)を発売、協力を呼びかけているらしい。
US Repeating Arms社は23日、ウィンチェスター銃の生産を中止すると発表したようだ。今後は高知県などの銃器メーカーが製造を続けるらしい。
資金難を理由に閉館を発表していた、ジェイムズ・ディーン(James Dean,1931-1955年)の遺品などを展示する米インディアナ州の博物館は、存続が決まったようだ。全米から多数の寄付や支援が寄せられたらしい。
ニューヨークのタイムズスクエアで、第78回アカデミー賞授賞式で授与されるオスカー像50体を展示する"Meet the Oscars: The 50 Golden Statuettes"が行われているようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「ミュンヘン」("Munich")に出演しているイスラエル人俳優のグリ・ワインバーグ(Guri Weinberg)は、1972年のテロ事件で殺害された重量挙げ選手モシェ・ワインバーグ(Moshe Weinberg)の息子で、劇中で父親の役を演じているらしい。「父の話しを聞いて育ちましたが、それは言葉だけでした。実際に演じることで、全てが突然、現実のものになったのです。私は長年、父を憎んでいました。しかし、この映画に出演して初めて、私は父のことを理解しました」と語ったようだ。
"Spider-Man 3"で、テレサ・ラッセル(Theresa Russell)が、トーマス・ヘイデン・チャーチ演じるSandmanの妻役を演じるらしい。
The Weinstein Co.は、イーディ・セジウィック(Edie Sedgwick,1943-1971)の半生を描く、ジョージ・ヒッケンルーパー(George Hickenlooper)監督、シエナ・ミラー主演の新作"Factory Girl"の北米、英国、豪州、ニュージーランド、南アフリカでの配給権を獲得したようだ。
Arrival Picturesは、23歳の新人監督パブロ・ヴェリス(Pablo Veliz)がメキシコ人移民を描く"La tragedia de Macario"の配給権を獲得したようだ。
Warner Independent Picturesは、ミシェル・ゴンドリー脚本・監督、ガエル・ガルシア・ベルナル主演の新作"The Science of Sleep"の北米及び英国での配給権を600万ドルで獲得した模様。
ショーン・レヴィ監督、ベン・スティラー主演の新作"Night at the Museum"で、ミッキー・ルーニーとディック・ヴァン・ダイク(Dick Van Dyke)の共演が決まったようだ。悪役を演じるらしい。
米Walt Disneyの取締役会は、Pixar Animation Studiosへの買収を承認、24日にもPixarに対して買収を申し出る模様。
韓国映画としては史上最高の製作費150億ウォンが投入された、チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ共演の新作「タイフーン」("Typhoon")が大ヒットとなっていることから、韓国映画全体の予算水準が上がると予想されているようだ。
チェン・カイコー監督「PROMISE」プロモーションのためチャン・ドンゴンが23日、成田空港に到着、おば様ファン200人が出迎えたらしい。 [☆可哀相・・・]
クリストファー・ノーラン監督の新作"The Prestige"に主演するヒュー・ジャックマンの最新画像が公開されたようだ。
シリーズ最新作"Final Destination 3"の先行上映が来月8日、米国21都市で開催されるらしい。
イ・ジホ(Jieho Lee)監督、サラ・ミシェル・ゲラー、ブレンダン・フレイザー、ケヴィン・ベーコン、渡辺謙、ディエゴ・ルナら共演の新作"The Air I Breathe"で、アンディ・ガルシアとフォレスト・ウィテカーの出演が決まったようだ。
ジョン・レノン(John Lennon,1940-1980年)を暗殺したマーク・デヴィッド・チャップマン(Mark David Chapman)を描く、ジャレット・シェーファー(Jarrett Schaeffer)脚本・監督、ジャレッド・レト、リンゼイ・ローハン共演の新作"Chapter 27"からの最新画像が公開されたようだ。
ブリトニー・スピアーズらが乗ったFerrariがロサンゼルスのフリーウェイ上で故障、パパラッチが車を押して、道の端に寄せるのを手伝ってあげたらしい。
ジェニファー・アニストンは「私の人生には不安定な時期もあったし、自尊心を抱いていた時もあった。でも、時間が経てば、平穏は訪れるわ」と語ったようだ。
かつてバレリーナを目指していたアシュリー・シンプソンは、自宅にダンス・スタジオを作って再び練習を始めるつもりらしい。
Lockheed Martin社は20日、今月27日から全米のIMAXシアターで公開されるジョージ・バトラー監督"Roving Mars"を後援すると発表したようだ。
Picturehouseは、ギレルモ・デル・トロ監督最新作"Pan's Labyrinth"の北米配給権を600万ドルで獲得したようだ。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のマーク・ブルカス(Marc Blucas)は、ギデオン・ラフ(Gideon Raff)監督のインディ・スリラー"The Killing Floor"に主演する模様。
"Grey's Anatomy"(2005年-)に出演中のパトリック・デンプシーは、リチャード・ラグラヴェネーズ(Richard LaGravenese)監督、ヒラリー・スワンク主演の新作"Freedom Writers"への出演が決まったようだ。
「私立探偵マグナム」("Magnum P.I.",1980-1988年)の映画化は、「ドッジボール」("Dodgeball: A True Underdog Story",2004年)のローソン・マーシャル・サーバー(Rawson Marshall Thurber)が脚本と監督を務める模様。
PS2用ゲームソフト「SIREN」の映画化権を、Ghost House Picturesが獲得した模様。マイケル・ゴードン(Michael Gordon)が脚本を担当、サム・ライミらがプロデュースするようだ。
トム・シャドヤック監督「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty",2003年)の続編"Evan Almighty"に主演するスティーヴ・カレルは「全く違う話になる。とてもスイートで、素敵なファミリー映画になる」と語ったようだ。
PanasonicのDVカメラAG-DVX100AとPowerBook G4を駆使し、総額9200ドルで製作されたロジャー・イングラハム(Roger Ingraham)監督"MOONSHINE: A Real Life Vampire Story"が、サンダンス映画祭で上映されるようだ。
Warner Bros. Picturesは、ジュリア・ドナルドソン(Julia Donaldson)の児童書"The Giants and the Joneses"の映画化"The Giants of Groil"で、マット・ニックス(Matt Nix)を脚本のリライトに起用したようだ。
デヴィッド・ラシャペル(David LaChapelle)監督のドキュメンタリー映画「RIZE」("Rize",2005年)の公開記念ダンスイベントが都内で行われ、レイザーラモンHGが登場したらしい。
ローレンス・フィッシュバーンは、妊娠を理由に解雇されたとして元アシスタントの女性から訴えられたらしい。
キム・テウの弟キム・テフンが、来月10日公開の「走れ、薔薇」に主演しているらしい。
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社は、「猿の惑星」("Planet of the Apes",1968年)、「続・猿の惑星」("Beneath the Planet of the Apes",1970年)、「新・猿の惑星」("Escape from the Planet of the Apes",1971年)、「猿の惑星・征服」("Conquest of the Planet of the Apes",1972年)、「最後の猿の惑星」("Battle for the Planet of the Apes",1973年)と、ティム・バートン監督によるリメイク版「猿の惑星」("Planet of the Apes",2001年)、さらにTVシリーズ版「猿の惑星」("Planet of the Apes",1974年)全14話をセットにしたDVD-BOX「猿の惑星 コンプリートコレクション」を5月19日に3000セット限定で発売するらしい。
株式会社ポニーキャニオンは、DVDとHD DVDの片面2層ツインフォーマットによる映像ソフト3タイトルを、3月28日に発売すると発表したようだ。
  1/25
米Walt Disneyのロバート・A・アイガー(Robert A. Iger)CEOは24日、Pixar Animation Studiosを株式交換で買収すると正式発表したようだ。取引は夏までに完了、買収総額は74億ドルに達する模様。スティーヴ・ジョブス(Steve Jobs)はDisneyの取締役に就任するらしい。
チェン・カイコー監督「PROMISE」ジャパンプレミアが24日都内で行われ、チャン・ドンゴン、真田広之、チェン・ホンらが舞台挨拶に立ったようだ。
人気コミック「DEATH NOTE」が、金子修介監督、藤原竜也主演で実写映画化されるらしい。
「パッチギ!」の特別上映会が24日都内で行われ、井筒和幸監督が舞台挨拶に立ったようだ。
内村光良監督「ピーナッツ」の完成披露試写会が24日都内で行われ、さまぁ〜ず、TIM、ふかわりょうらが舞台挨拶に立ったようだ。
パク・シニャンが24日来日したようだ。羽田空港にはファン1200人が殺到したらしい。26日行われるファンミーティングのチケットは、発売開始20分で売り切れたとか。
「ナイト・オブ・ザ・スカイ」("Les Chevaliers du ciel",2005年)プロモーションのため、ジェラール・ピレス監督、ブノワ・マジメル、アリス・タグリオーニが来日、24日都内で記者会見を行ったようだ。
ハ・ジウォンは昨年12月、韓国金融監督院から刑事告発されていたらしい。昨年5月にビデオ制作会社SPECTRUM DVDの株式約66.5万株を取得したと発表、同社の株価は5倍に跳ね上がったものの、実際には株を取得していなかった疑いがあるとか。ハ・ジウォンは検察の事情聴取に対し、容疑を否定している模様。
群馬県前橋市の映画館「前橋テアトル西友」が今月29日で閉館、同市は唯一映画館の無い都道府県庁所在地になる模様。来年4月にはシネコンのオープンが予定されているらしい。
昨年の出版物販売額は2兆1964億円で、前年比2.1%減となったようだ。「ハリー・ポッター」が出なかったため?らしい。
ケーブルテレビ山形は23日、堀江貴文が映画などについて語るインタビュー番組の放送を打ち切ったようだ。昨年開催された山形国際ムービーフェスティバルで、ライブドアが運営に参加したことがきっかけで、今月7日から放送されていたらしい。
チョン・ドヨン、キム・ジュヒョク、キム・ミンジュンら共演の韓国SBSドラマ「プラハの恋人」の放映権を、株式会社タッチドリームジャパンが10億ウォンで獲得したようだ。
中国版COSMOPOLITAN誌最新号の表紙を、ペ・ヨンジュンが飾ったらしい。男性単独での表紙モデルは1998年の創刊以来初めてとか。
ドナルド・トランプは、"TrumpNation: The Art of Being the Donald"の著者ティモシー・L・オブライエン(Timothy L. O'Brien)と出版社に対し、合計50億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたらしい。
5月にラスヴェガスで開催されるゲームショーE3 2006では、セクシーな衣装のコンパニオンが禁止されるらしい。 [☆どの辺りから"セクシー"なんでしょうかねぇ?]
ブロードウェイ・ミュージカル"Monty Python's Spamalot"のポスターに無断で写真を使用したとして、モデルのカーラ・コリンズがプロデューサーらに対する訴訟を起こしたようだ。
米同性愛者保護団体Gay and Lesbian Alliance Against Defamationによる第17回GLAAD Media賞のノミネーションが23日発表され、作品賞には「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")、「カポーティ」("Capote")、「キス・キス・バン・バン」("Kiss Kiss, Bang Bang")、「レント」("Rent")などのほか、タイ映画「ビューティフル・ボーイ」("Beautiful Boxer")などもノミネートされたらしい。
「ランブルフィッシュ」("Rumble Fish",1983年)、「フットルース」("Footloose",1984年)、「レザボアドッグス」("Reservoir Dogs",1992年)、「トゥルー・ロマンス」("True Romance",1993年)、「狼たちの街」("Mulholland Falls",1996年)、「ラッシュアワー」("Rush Hour",1998年)、「ダイヤモンド・イン・パラダイス」("After the Sunset",2004年)などの作品で活躍した、ショーン・ペンの弟で俳優のクリス・ペン(Chris Penn)さんが24日亡くなった(40歳)。ご冥福をお祈りいたします。
清水崇監督による「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)の続編"The Grudge 2"で、アンバー・タンブリンがサラ・ミシェル・ゲラーの妹役を演じるようだ。テリーサ・パーマー(Teresa Palmer)、アリエル・ケベル(Arielle Kebbel)の共演も決まった模様。
米CBSとWarner Bros.は23日、共同で新しい放送局CW Networkを今秋設立すると発表したようだ。
自転車レース界のスーパースター、ランス・アームストロング(Lance Armstrong)の半生を描く新作映画は、企画していたフランク・マーシャルが自ら監督を務めるようだ。
アンソニー・ホプキンスは「次の作品は、ライアン・ゴズリングと共演する"Fracture"になる。私は自分の妻を殺してしまう男を演じる。ハンニバル・レクターとは違うが、少し奇妙な男だ」と語ったようだ。
アラン・モイル(Allan Moyle)監督の新作コメディ"Weirdsville"で、タリン・マニングとウェス・ベントリーが共演するようだ。来月からトロントで製作に入る模様。
Miramax Filmsは、パトリック・ステットナー(Patrick Stettner)監督、ロビン・ウィリアムス、トニ・コレット共演"Night Listener"の北米配給件を獲得したようだ。
韓国で公開中のイ・ジュンイク監督「王の男」の観客動員数が21日、600万人を突破したようだ。
ジェイミー・フォックスは、かつてのロックスターを復活させるリアリティ番組を企画しているらしい。
シンガーソング・ライターのシャキーラ(Shakira)は、マイアミ・ビーチにある邸宅を594万ドルで売却したようだ。5つの寝室、6つのバスルーム、プールを備えた600平方メートルの家は、彼女には狭すぎたらしい。
ジェニファー・ロペス、マーク・アンソニー夫妻はロサンゼルスのFred Segalで、赤ちゃん用品を買い込んでいたらしい。
第6回日本映画エンジェル大賞授賞式が24日都内で行われ、CMプロデューサーの柿本秀二による企画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が大賞を受賞したようだ。
Fox 2000は、ロイス・バッキンガム(Royce Buckingham)による今秋発売予定の新作小説"Demon Keeper"の映画化権を獲得したようだ。
New Line Cinemaは、聖母マリアの生涯を描くマイク・リッチ(Mike Rich)の脚本企画"Nativity"を獲得したようだ。
"ディープスロート"こと元FBI副長官マーク・フェルト(W. Mark Felt)を描く、Universal PicturesとPlaytone Productionsによるタイトル未定の新作で、ジェイ・ローチが監督、ピーター・ランデズマン(Peter Landesman)が脚本に起用されたようだ。
「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",2005年)のアンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督次回作は、TOKYOPOPが出版するグラフィックノベルに基づくホラー映画"Priest"になるようだ。
米SCI FI Channelの人気シリーズ"Stargate SG-1"(1997年-)に出演するボー・ブリッジス(Beau Bridges)は、第10シーズンについて「第1回はファンに大きなショックを与えるよ。大きなトラブルに遭遇するんだ。でも安心してくれ。我々はそれを共に乗り越えていく」と語ったようだ。
須賀大観監督「最終兵器彼女」のPSP向け予告編が、25日から動画配信サービス「Portable TV」で無料配信されているようだ。
Blur Studioは、第77回アカデミー賞短編部門ノミネート作品"Gopher Broke"を長編映画化すると発表したようだ。
トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジム・カヴィーゼル共演の新作"Deja Vu"に、アダム・ゴールドバーグの出演が決まったようだ。来月からニューオーリンズで撮影に入る模様。
IFC Entertainmentは、劇場公開と同時に映画を配信する新しいVODサービスをスタートさせると発表したようだ。第1弾としてケヴィン・ウィルモット(Kevin Willmott)監督のドキュメンタリー風コメディ"CSA: The Confederate States of America"を3月に公開、既に24本のインディ作品の配給も決定しているらしい。
007シリーズ最新作"Casino Royale"の悪役候補に、「トゥモロー・ネバー・ダイ」("Tomorrow Never Dies",1997年)でボンドガールを演じたテリ・ハッチャーの名前が挙がっているらしい。
人気シリーズ"Lost"(2004年-)で共演中のドミニク・モナハンとエヴァンジェリン・リリー(Evangeline Lilly)が婚約したらしい。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督は、人気ゲームソフト「メタルギアソリッド」の映画化を企画しているらしい。
Sony Pictures Animationの新作"Open Season"のポスターが公開されたようだ。
ドラマシリーズ"Undressed"(1999-2002年)に出演した俳優のウォーレ・パークス(Wole Parks)が、25歳の女子大生をひき逃げして死亡させたらしい。後で自首したようだ。
  1/26
東映アニメーションは25日、2006年3月期の連結経常利益予想を前期比50%増の39億円に上方修正したようだ。「ふたりはプリキュア MaxHeart」関連商品や「ドラゴンボールZ」のDVDの販売が好調らしい。
GIVENCHYのイメージモデルを務めるリヴ・タイラーが25日、都内で行われたパーティに出席したようだ。
「テルレスの青春」("Der Junge Torless",1966年)、「ブリキの太鼓」("Die Blechtrommel",1979年)などの作品を手掛けたほか、監督、脚本家としても活躍した、ドイツの映画プロデューサー、フランツ・ザイツ(Franz Seitz)さんが19日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
映画「かかしの旅」の完成試写会が25日都内で行われ、賀来千香子らが出席したようだ。
映画「PROMISE」の会見が25日都内で行われ、チェン・カイコー監督、真田広之、チャン・ドンゴン、チェン・ホンらが出席したようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの外国人入場者数の割合は10%前後で、東京ディズニーリゾートの3倍以上になっているらしい。
ソン・ヘソン監督、イ・ナヨン、カン・ドンウォン共演の新作「私たちの幸せな時間」が、23日にクランクインしたようだ。
韓国MBCの新作ドラマ「お姫様」で、キム・レウォンとチョン・リョウォンが主演候補に挙がっているようだ。
イ・ジフンとシン・ヘソンが来日、25日福岡市で韓国語学校の生徒と交流したらしい。
ニコール・キッドマンは、国連女性開発基金(UNIFEM)の親善大使に任命されるようだ。
「メコンの詩」(1973年)、「古代織物」(1980年)などのドキュメンタリー作品を手掛けた、映画監督の網野鉦一さんが17日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ケイト・モスの自伝がVirgin Booksから出版されるようだ。発売は来年以降になる模様。
韓国の韓悳洙・副首相兼財政経済相は26日、スクリーンクォータ制で定めている国産映画の上映日数を、年146日以上から73日に縮小すると発表したようだ。
開催中のサンダンス映画祭で出演2作品が上映されるポール・ジアマッティは「僕は怠け者だよ。本当に怠け者なんだ。今は幸運に恵まれて、少しリラックスできるようになった。でも、それほどリラックスできるわけでもない。長い間(仕事が無くて)緊張が続いたからね」と語ったようだ。
サンタモニカの自宅で24日死体で発見されたクリス・ペンの死因について、現在のところ、他殺、自殺の痕跡は無く、自然死と見られている模様。体重が122.5kgもあり、死亡との因果関係も調査が行われているようだ。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")を手掛けたニック・パーク監督は「ウォレスとグルミットのアイデアは、僕の頭の中にたくさん詰まっている。長編のアイデアもあるし、短編もある」と語り、昨年10月のAardman Animationsの倉庫の火事で「ウォレスとグルミット」シリーズは終わるのかという質問に「いいや、それは絶対無いよ」と答えたようだ。
Walt DisneyによるPixar Animation Studiosの買収によって、新たに取締役に就くことになるスティーヴ・ジョブス(Steve Jobs)について、ボブ・アイガー(Bob Iger)CEOは「スティーヴは、アニメーションをはじめ様々な分野で素晴らしい経験を積んでいる人物だ。取締役会にとっても株主にとっても願っても無い人材だ」と語ったようだ。一方、スティーヴ・ジョブスは「我々は、ボブのビジョンを受け入れている。それに反対することは無い」と語ったらしい。 [☆ディズニーにも"One More Thing..."が欲しいところです。]
バーレーンに滞在中のマイケル・ジャクソンは、女装して買い物をしていたらしい。
劇場公開と同時にDVDの発売とCATVでの有料放送をスタートさせる新作映画"Bubble"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。監督のスティーヴン・ソダーバーグは「技術はそこにある。消費者は今、選択を望んでいるし、そうあるべきだ。少なくとも、あれこれ推測する代わりに、長期的・大局的視野でそれが意味するところを見つけ出したい」と語ったようだ。
開催中のサンダンス映画祭のドキュメンタリー・コンペ部門に出品されている、パトリック・クレアドン(Patrick Creadon)監督作品"Wordplay"の全メディアでの北米配給権を、IFC Filmsが獲得したようだ。クロスワードパズルの世界を描いた作品らしい。
With DisneyによるPixarの買収で、Pixar社長のエド・キャットムル(Ed Catmull)はPixar and Disney animation studiosの社長に、上級副社長のジョン・ラセターは同スタジオ創造部門長兼Walt Disney Imagineering主席クリエイティヴ・アドバイザーに就任した模様。 に就任した模様。これに伴い"Toy Story 3"の企画は中止になったようだ。
GONZOとAICによるアニメシリーズ「SoltyRei」の配信がGyaOでスタートするようだ。
エミネム(Marshall Mathers III)とキンバリー・マザーズ(Kimberly Mathers)の結婚式に出席した50セント(50 Cent)は「彼は汗をかいて、緊張していたよ。式の後はリラックスしたようだったけど、腕を組んでじっとしていた」と語ったようだ。
アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)はFord Modelsと契約したようだ。「ハイエンド製品の美しい広告をやってみたいわ。雑誌の広告をながめて『身長は6フィート無いけど、私にも出来るわ』って思ったの」と語ったらしい。
Good Charlotteの双子兄弟、ジョエル・マデン(Joel Madden)とベンジー・マデン(Benji Madden)は、ドキュメンタリー映画監督マーヴィン・スコット・ジャレット(Marvin Scott Jarrett)と共に、映画製作会社Future Filmsを設立したようだ。第1作はジョエルが主演するホラー映画"Valley Of The Damned"になるらしい。
アン・ビョンギ監督、コ・ソヨン主演の新作「アパート」で、カン・ソンジンが共演するようだ。来月5日にクランクインする模様。
New Line Cinemaは、ブロードウェイ・ミュージカル"Hairspray"の映画化で、主演を含む主要キャストの公開オーディションを行うようだ。詳しくはhairspraymovie.comまで。
ドリュー・バリモアは「ジャーナリズムに凄く興味がある。旅行雑誌の仕事がしたいと思っているの。世界中の人々や文化に触れて、見聞を広める。とても面白い仕事だと思うわ。それから、UNICEFの仕事もしてみたい。UNICEFの雑誌だった完璧ね」と語ったらしい。
ケイト・ベッキンセイルとレン・ワイズマンは、"Underworld: Evolution"の公開初日、ニューヨークの映画館に現れ、観客と共に作品を鑑賞したらしい。
ラッパーのThe Gameは「もうすぐ結婚するんだ。結婚はとても大切なことだと思う。結婚は失われていくと思う。最近は、誰も結婚を信じなくなったからね」と語ったようだ。
米オンラインDVDレンタルのNetflixは、3月からHD DVDソフトのレンタルを開始すると発表したようだ。Blu-ray Discのソフトについても発売され次第、対応する模様。
4月公開予定のキム・ソンジュン監督、チェ・ジウ主演「連理の枝」の前売り鑑賞券は、来月上旬から発売されるらしい。特製フォトスタンドとポストカード3枚が付くようだ。
Phoenix Picturesは、マーク・セント・ジェルマン(Mark St. Germain)の脚本による、1803年のアメリカを舞台にした時代劇アクション"Colter's Run"の監督に、キャロル・バラード(Carroll Ballard)を起用したようだ。
アンドリュー・ワグナー(Andrew Wagner)監督によるブライアン・モートン(Brian Morton)の小説の映画化"Starting Out in the Evening"で、フランク・ランジェラ、ローレン・アンブロウズ、エイドリアン・レスターが共演するようだ。来月6日から撮影に入る模様。
D・J・カルーソー監督次回作は、高校生を主人公にしたスリラー"Disturbia"になる模様。4月から製作に入るようだ。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるらしい。
Warner Bros. Picturesは「ガス燈」("Gaslight",1944年)をリメイクするらしい。「プライドと偏見」("Pride and Prejudice",2005年)のジョー・ライトが監督を務めるようだ。
バンダイチャンネルは、富野由悠季総監督「機動戦士ZガンダムII -恋人たち-」を、来月1日から期間限定で有料配信するらしい。
Walden MediaとWalt Disney Picturesによる、キャサリン・パターソン(Katherine Paterson)の児童書「テラビシアにかける橋」("Bridge to Terabithia")の映画化で、ゾーイー・デシャネルの共演が決まったようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")に続く第2章「カスピアン王子のつのぶえ」("Prince Caspian")は、引き続きアンドリュー・アダムソンの監督で今秋にも撮影に入るようだ。
ジェイソン・ライトマン監督"Thank You for Smoking"がサンダンス映画祭で上映された際、アーロン・エッカートとケイティ・ホームズのセックス・シーンが監督に無断でカットされていたらしい。トム・クルーズは関与を否定、監督は劇場公開時には復活させると発表したようだ。
米NBCは、エイダン・クイン主演で今月6日にスタートしたドラマシリーズ"The Book of Daniel"の放送を一時中断すると発表したようだ。視聴率の低迷が原因の模様。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは26日、「シンデレラマン」("Cinderella Man",2005年)、「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy",2005年)、「ナショナル・トレジャー」("National Treasure",2004年)、「キング・アーサー」("King Arthur",2004年)、「ダイナソー」("Dinosaur",2000年)、「エネミー・オブ・アメリカ」("Enemy of the State",1998年)、「クリムゾン・タイド」("Crimson Tide",1995年)の7作品のBlu-ray Discソフトを年内に日本で発売すると発表したようだ。
チェ・ゲヴァラ(Che Guevara,1928-1967)を描く、スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ主演の新作"Che"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/27
拉致被害者家族会は26日都内で記者会見を行い、ドキュメンタリー映画「拉致−横田めぐみ物語」("Abduction")が上映された米スラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)に出席した増元照明事務局長は「上映後、涙を流す観客が相次いで握手を求めてきた。上映を機に拉致への問題意識が全米に広がってほしい」と語ったようだ。
山田洋次監督、木村拓哉主演「武士の一分」は、全国300館以上で上映されるようだ。
チェン・カイコー監督「PROMISE」の試写会が26日大阪市内で行われ、真田広之が舞台挨拶に立ったようだ。
来日中のパク・シニャンが26日、Zepp Tokyoでファンミーティングを開催したようだ。1200人のファンが集まったらしい。
全国理容生活衛生同業組合連合会主催による「第1回さわやかヘアスタイル大賞」授賞式が26日都内で行われ、松岡修造と眞鍋かをりが受賞したようだ。
キム・ソンス監督「美しき野獣」プロモーションのためクォン・サンウが26日に来日、ユ・ジテらと共に都内で記者会見を行ったようだ。
日本経団連は27日、映画、TV番組、音楽などのコンテンツの著作権を検索できるポータルサイトを、2006年度中にスタートさせるようだ。
2001年1月にJR新大久保駅のホームから転落した男性を助けようとして亡くなった、韓国人留学生イ・スヒョンさんを偲ぶ会が26日都内で行われ、日韓合作映画「あなたを忘れない」の花堂純次監督や製作スタッフらも出席したようだ。
韓国文化観光省は27日、国内の映画産業振興策として、2007年から5年間で4000億ウォンを支援すると発表したようだ。
「スウィングガールズ」(矢口史靖監督,2004年)が、3月16日から韓国で上映されるらしい。
チャン・ドンゴンは、チェン・カイコー監督「PROMISE」プロモーションのため、旧正月連休初日の28日も、ソウル市内10ヶ所の映画館で舞台挨拶に立つらしい。
クォン・サンウ主演「美しき野獣」の公認プレミアムグッズの販売がKoreanStyleでスタートしたようだ。
クォン・サンウと共演する新作「青春漫画」が3月に公開となるキム・ハヌルには、CM出演依頼のほか、映画・ドラマの台本が殺到しているらしい。
韓国政府の発表したスクリーンクォータ制の縮小について、ロブ・ポートマン米通商代表は26日「韓国映画の観客と米国映画産業すべてにとって良いニュースだ」とコメントしたようだ。
ソニーが26日、2006年3月期連結決算の最終損益の見通しを、従来予想の100億円の赤字から700億円の黒字へと上方修正したようだ。薄型テレビが予想以上の好調だったらしい。一方、映画部門の営業損益は4億円の赤字だったようだ。
開催中のサンダンス映画祭では、眠りに関する実験を記録したハスケル・ウェクスラー(Haskell Wexler)とリサ・リーマン(Lisa Leeman)によるドキュメンタリー"Who Needs Sleep?"、アラン・バーリンガー(Alan Berliner)監督が自らの不眠症との戦いを描いたノンフィクション"Wide Awake"、そして、ミシェル・ゴンドリー監督の自伝的ファンタジー"The Science of Slee"と、眠りをテーマにした3作品が上映されたようだ。
米iTunes Music Storeに、"SpongeBob SquarePants"(1999年-)、「サウスパーク」("South Park",1997年-)、"Punk'd"(2003年-)などの人気TV番組の配信を開始したようだ。
J・K・ローリングは26日ルーマニアを訪問、孤児への支援を訴えるチャリティイベントに参加したようだ。
ビヨンセ・ノウルズのニューシングル"Check on It"が、全米Billboardシングルチャートで1位を獲得、ビヨンセとしては7回目のNo.1ヒットとなったようだ。
全米週末公開作品では、マーティン・ローレンス主演による"Big Momma's House 2"が、前作「ビッグ・ママス・ハウス」("Big Momma's House",2000年)の2570万ドルをやや下回る週末興収でトップになると予想されているようだ。
国連女性開発基金(UNIFEM)は26日、ニコール・キッドマンを親善大使に任命したようだ。
Beastie Boysのコンサートに集まったファンの50人にビデオカメラを持たせて撮影したライヴフィルム"Awesome; I Fuckin' Shot That!"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
"The Squid and the Whale"(2005年)のノア・バームバック(Noah Baumbach)監督次回作となる、タイトル未定のコメディ・ドラマで、ニコール・キッドマンとジェニファー・ジェイソン・リーが共演するらしい。
ハーバード大学が「エンタテインメント界で目覚ましい貢献」をした人物に授与するヘイスティ・プディング賞(Hasty Pudding Awards)受賞者が26日発表され、今年はリチャード・ギアとハル・ベリーが選ばれたようだ。ギアは来月24日、ベリーは同16日に賞を受け取るらしい。
Walt Disneyの新しいアニメーション部門(通称)「Circle 7」が進めていた"Toy Story 3"の企画について、ある情報筋は、すぐに中止になることはないが、将来はまだ分からない、と言っているようだ。
スイスのダヴォスで開催中の世界経済フォーラム年次総会に出席した国連のアナン事務総長は25日、特別ゲストとしてアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットを紹介、2人は国連による小委員会にも出席したようだ。
ジョナサン・デミ監督によるニール・ヤングのコンサート・フィルム"Neil Young: Heart of Gold"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。記者会見にはデミ監督と共にニール・ヤングも出席したらしい。
スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ主演でチェ・ゲヴァラ(Che Guevara,1928-1967)を描く新作"Che"の撮影が先週、ニューヨークの国連本部内で行われたようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")のDVDが、4月4日に米国で発売されるようだ。
テイラー・ハックフォード監督による、チャック・ベリー(Chuck Berry)のコンサート・フィルム"Chuck Berry Hail! Hail! Rock 'n' Roll"(1987年)のDVD化権をImage Entertainmentが獲得、特典映像を含む2枚組みと4枚組みの2つのエディションで6月27日に発売するようだ。
スティングの妻で女優のトルーディ・スタイラー(Trudie Styler)がプロデューサーを務めた、ディート・モンティエル(Dito Montiel)監督の自伝的作品"A Guide to Recognizing Your Saints"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
ローマ市長のワルテル・ヴェルトローニ(Walter Veltroni)は26日、新しい国際映画祭を10月13日〜21日に開催すると発表したようだ。
米Walt Disneyのジョージ・ミッチェル(George Mitchell)会長は昨年、マイケル・アイズナー(Michael Eisner)に代わる新しいCEOを探していた際、ロバート・A・アイガー(Robert A. Iger)に関する否定的な報告書を人材斡旋会社から受け取っていたものの、取締役会には公表しなかった、とNew York Postが報じたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「ミュンヘン」("Munich")が25日、ミュンヘンをはじめドイツ国内400の映画館で封切られたようだ。
エディ・イザード主演による、米FXのドラマ・パイロット"Lowlife"で、ミニー・ドライヴァーの共演が決まったようだ。
Focus Featuresは、"Adventures of Superman"(1952-57年)に主演したジョージ・リーヴス(George Reeves,1914-1959)の死の謎に迫るアレン・コールター(Allen Coulter)監督の新作"Truth, Justice and the American Way"について、タイトルを変更するようだ。
Disneyの新作2作品"Roving Mars"、"Eight Below"を手がけた、プロデューサーのフランク・マーシャルは、DisneyによるPixarの買収について「Pixarは大好きだ。ジョン・ラセターと彼の映画の大ファンなんだ。一緒に何か出来たらいいなと思うよ」と語ったようだ。
生物兵器による戦争後のロサンゼルスを舞台にした、フランシス・ローレンス監督のSF超大作"I Am Legend"撮影のため、Warner Bros. Picturesは、ニューヨークのKingsbridge Armoryを7ヶ月間にわたって借りたらしい。
IMAX CorporationとWarner Bros. Picturesは、ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督「Vフォー・ヴェンデッタ」("V For Vendetta")のIMAX Experience版を、通常版と同じ3月17日に公開すると発表したようだ。
Fox Film Groupのトム・ロスマン(Tom Rothman)社長は「『X-Men』の世界はさらに広がる。Wolverineを主人公にした作品とMagnetoを描く作品を企画中だ。そしてシリーズ第3作の公式タイトルは"X-Men: The Last Stand"になる。3部作の完結編だ」と語ったようだ。
ジュード・ロウとシエナ・ミラーは、結局、別れたようだ。ジュード・ロウは、元妻のサディ・フロストと3人の子供たちのところに戻る、とシエナに告げたらしい。
エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)は、ジェイミー・フォックスとデートしている、という噂について「まったくクレイジーだわ!でたらめよ!彼は親友だし、(恋人の)トニー(・パーカー)ともいい友達なの」と語ったようだ。
「リトル・ランナー」("Saint Ralph",2005年)のオンライン試写会が、来月4日からGyaOで開催されるようだ。
財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAj)主催の「第20回デジタルコンテンツグランプリ」贈賞式が25日開催され、DCAj会長賞に「ALWAYS 三丁目の夕日」が、優秀賞に「惑星大怪獣ネガドン」「機動戦士ZガンダムII -恋人たち-」なドア選ばれたようだ。
ホラー&怪物映画専門チャンネルの米Monsters HDは、「フランケンシュタイン」("Frankenstein",1931年)のモンスター役などで知られるボリス・カルロフ(Boris Karloff,1887-1969)の出演作9作品を、来月2日の命日に特集放送するらしい。
ユン・ジョンチャン監督、チャン・ジニョン、キム・ジュヒョク共演「青燕」(2005年)について、韓国で再公開を求める声が挙がっているらしい。
三谷幸喜監督「THE 有頂天ホテル」が25日、観客動員数150万人を突破したようだ。フジテレビではこれを記念して(?)、来月3日に「みんなのいえ」、同4日に「ラヂオの時間」を放送するようだ。
チェ・ソグォン監督「B型の彼氏」の公開記念トークイベントが26日都内で行われ、"B型の男性代表"としてレイザーラモンHGが出席したらしい。
発売中のDVD「ウルトラQ怪獣伝説」「ウルトラマン怪獣伝説」のPRイベントが、28日都内で開催されるようだ。佐原健二、黒部進、桜井浩子、金子修介監督らが出席、サイン会とトークショーを行うらしい。
Philadelphia Inquirerのコラムニスト、ジョン・グロガン(John Grogan)の回想録"Marley & Me"の映画化権を、Fox 2000が獲得したようだ。
第二次大戦で、武器を持つことを拒否したにもかかわらず、栄誉章(Congressional Medal of Honor)を与えられた米陸軍軍医デズモンド・T・ドス(Desmond T. Doss)の実話に基づく新作で、Bristol Bay Productionsが出資と共同製作を手がけるようだ。
ヴァル・キルマーは、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジム・カヴィーゼル共演"Deja Vu"と、チェン・シゼン(Chen Shi-Zheng)監督、メリル・ストリープ、リュウ・イエ共演"Dark Matter"への出演が決まったようだ。
ジョシュア・デイヴィス(Joshua Davis)によるGQ誌の記事"Supersize Me: The Hard-Won Wisdom of a 134-Pound Sumo Warrior"が、ジョン・ヘダー(Jon Heder)主演のコメディとして映画化されるようだ。2年前に開催された全米相撲選手権に出場した最も軽い力士の話らしい。
The Weinstein Companyは、TVシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」("The Equalizer",1985-1989年)の映画化で、ポール・マクギガンを監督に起用したようだ。
米CBSは、独身女性のスーパーヒーローを描くコミックのドラマ化"Ultra"の制作を決定した模様。"Joan of Arcadia"(2003年-)のクリエイター、バーバラ・ホール(Barbara Hall)の企画らしい。
サンダンス映画祭で上映された"The Darwin Awards"のパーティで、同作に登場したMetallicaのジェイムズ・ヘットフィールドが演奏を披露したようだ。
ショーン・レヴィ監督、ベン・スティラー主演の新作"Night at the Museum"で、ロビン・ウィリアムスの共演が決まったようだ。セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt,1858-1919)を演じるらしい。
Paramount PicturesとMTV Filmsは、ゴードン・コーマン(Gordon Korman)のコミック小説"Born to Rock"の映画化で、ティム・ダウリング(Tim Dowling)を脚本に起用したようだ。
「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")プロモーションのためアン・リー監督が来日、都内で記者会見を行ったようだ。
アイルランド出身の劇作家ブライアン・フリエル(Brian Friel)の戯曲"Faith Healer"で、レイフ・ファインズが11年ぶりにブロードウェイの舞台に立つらしい。イアン・マクダーミッド、チェリー・ジョーンズらが共演するようだ。
イーディ・セジウィック(Edie Sedgwick,1943-1971)の半生を描いた、ジョージ・ヒッケンルーパー(George Hickenlooper)監督、シエナ・ミラー主演の新作"Factory Girl"について、ルー・リードは「脚本を読んだが、これまで観た中でも最悪の酷い映画だ」とコメントしたらしい。
ザ・ロック主演"Doom"のレイティング無しのバージョンが、DVDとUMDで来月7日に発売されるようだ。また、R指定の劇場版はDVDとVHSで発売されるらしい。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)の前編となる新作"The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/28
トライアスロン大会を舞台に描く、小田大河監督「太陽」の宮古島ロケが19日から5日間に渡って行われ、峰岸徹、天宮良らと共に多くの島民がエキストラとして参加したようだ。
北朝鮮による横田めぐみ拉致事件と両親の活動を追ったドキュメンタリー映画「拉致-横田めぐみ物語」("Abduction: The Megumi Yokota Story")が、スラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)で観客賞を受賞したようだ。
竹内力が離婚したらしい。
「犬神家の一族」(市川崑監督,1976年)が、市川崑監督、石坂浩二主演でリメイクされるらしい。 [☆少し疑問も残りますが・・・音楽も大野雄二さんでお願いします。]
ホ・ジノ監督「四月の雪」にも出演したイム・サンヒョが、タイの大富豪と結婚、芸能界を引退するようだ。
チョ・スンウ主演のミュージカル「ジキル博士とハイド氏」の3月の日本公演では、韓国の熱狂的ファンも既にチケットを予約しているらしい。来月には観光をセットにしたパッケージ・ツアーも発売されるとか。
韓国で上映中の「王の男」の観客動員数が26日、700万人を突破したようだ。
大谷健太郎監督、長澤まさみ主演の新作「ラフ」で、速水もこみちの共演が決まったようだ。市川由衣らも出演するようだ。
市民グループ「尾道に映画館をつくる会」は、3月10日から4月2日までの4週間、尾道市内の商店街で「週末映画館」をオープン、「キューポラのある街」(浦山桐郎監督,1962年)、「狂った果実」(中平康監督,1956年)などを上映するらしい。
ニック・カサヴェテス監督、ジャスティン・ティンバーレイク主演の新作"Alpha Dog"が27日、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
チャーリー・チャップリン(Charles Chaplin,1889-1977)が最後に結婚したオーナ・チャップリン(Oona Chaplin,1926-1991)の8人の子供の一人、ジェイン・チャップリン(Jane Chaplin)は、自伝"Seventeen minutes with my father"を出版するようだ。「書く事で、彼が素晴らしい人物だと言うことが分かった。私は、彼がろくでなしだと信じて育ったから」と語ったらしい。
ミュージシャンとして知られるニック・ケイヴ(Nick Cave)が脚本を手掛けた、19世紀のオーストラリアを舞台にした歴史劇"The Proposition"が、サンダンス映画祭で上映されるようだ。
スイスのダヴォスで開催中の世界経済フォーラム年次総会で27日、アンジェリーナ・ジョリーが世界の財界人、政治家を前に講演、「今この部屋で、私自身も含めて、皆さんに何かお願いできるならば『問題に集中してください。(スーダンの)ダルフール(の虐殺)を追求してください。ネパール、そしてアフガニスタンを徹底的に追求しください』ということです」と語ったようだ。
ハンガリーの映画監督イシュトヴァン・サボーは、共産主義時代に秘密警察のための情報提供者として働いていたことを告白したようだ。「治安当局の仕事は、私の人生で最も勇敢で大胆不敵な活動だった。それは、1956年の革命以降、クラスメートたちを絞首刑から救うためだった」とNepszabadsag紙に語ったらしい。
2006年6月6日公開となる"The Omen 666"の予告編が公開されたようだ。
ニコール・キッドマンとジェニファー・ジェイソン・リーの共演が決まった、ノア・ボーンバッハ(Noah Baumbach)監督のタイトル未定の新作コメディで、11-14歳の男の子と、10-12歳の女の子の出演者を募集しているらしい。経験不問とか。
サナ・ハムリ(Sanaa Hamri)監督、サナ・レイサン、サイモン・ベイカー共演の新作"Something New"からの特別映像が公開されたようだ。
Pizza HutのCMにジェシカ・シンプソンが出演するらしい。来月のスーパーボウル中継で放送されるようだ。
喘息の発作で緊急入院したリンゼイ・ローハンは、退院後、手首に"breathe"(呼吸)というタトゥを入れたらしい。「発作は重大事件だったから、忘れないようにその記念を体に残しておきたかったの」とか。
米Quigley Publishing Co.が、映画館主を対象に毎年行っている調査に基づく、2005年の「最も金が稼げる映画スター」トップ10が発表され、トム・クルーズが7回目のNo.1に輝いたようだ。
1.トム・クルーズ
2.ジョニー・デップ
3.アンジェリーナ・ジョリー
3.ブラッド・ピット
5.ヴィンス・ヴォーン
6.ジョージ・クルーニー
7.ウィル・スミス
8.リース・ウィザースプーン
9.アダム・サンドラー
10.トム・ハンクス
レオナルド・ディカプリオとキルスティン・ダンストの交際が報じられている模様。
クリスティーナ・リッチは、アダム・ゴールドバーグと別れたらしい。新作映画"Black Snake Moan"で共演したジャスティン・ティンバーレイクが好きになってしまったとか。リッチは、2人で暮らしていたロサンゼルスの家を310万ドルで売りに出しているようだ。
ダイアナ元英国皇太子妃の婚約指輪などを手掛けた宝石職人のアルベルト・レポッシ(Alberto Repossi)は「我々は、(ブラッド・)ピットさんから、特別の注文を受けました。詳細は申し上げられませんが」と語ったらしい。
水野晴郎が27日、自宅兼事務所で倒れ、一時意識不明の重体となっていたらしい。
企業家のエイス・アンダーヒル(Ace Underhill)が、SFシリーズ"Firefly"(2002-2003年)のセカンドシーズン制作のため権利を獲得しようとしている、と報じられたことについて、シリーズを手掛けたジョス・ウェドン(Joss Whedon)の広報担当者は「ジョスはその人物について何も知らないし、彼のコメントも事実ではないと考えている」と語ったようだ。これに対しアンダーヒルは「もし彼らが興味がないと言うのなら、計画は中止する。ジョス抜きで安っぽいイミテーションを作るつもりはない」と語ったらしい。
ホアキン・フェニックスが運転していた車のが、ロサンゼルスのサンセット通りを走行中にブレーキが故障して横転、別の車と衝突する事故を起こしたらしい。シートベルトをしていたため、怪我は無かったようだ。週末の米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)授賞式にも予定通り出席予定とか。
米ABCの長寿ドラマシリーズ"All My Children"(1970年-)の撮影が行われていたスタジオで24日、特殊効果による爆発シーンの撮影中、4人のスタントが負傷する事故が発生した模様。
東芝エンタテインメント株式会社は、HD DVDソフト「ネバーランド」("Finding Neverland",2004年)を3月28日に発売すると発表したようだ。
  1/29
「THE 有頂天ホテル」の舞台挨拶が28日、三番街シネマで行われ、三谷幸喜監督が出席したようだ。シアター・ドラマシティで上演中の舞台「12人の優しい日本人」に出演する生瀬勝久、浅野和之、堀内敬子、伊藤正之、山寺宏一らも登場したらしい。
マイケル・ジャクソンがドイツを訪問したらしい。ハンブルクに住む23歳の友人を訪ねるためとか。
「大都会の顔」(阿部豊監督,1949年)、「クイズ狂時代」(佐藤武監督,1952年)、「魚河岸の石松 石松と女石松」(小石栄一監督,1955年)、「大学の武勇伝」(佐伯幸三監督,1956年)などの作品を手掛けた、映画プロデューサーの三上訓利さんが27日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")の中国本土での上映が禁止となった模様。
サンダンス映画祭が28日閉幕したようだ。各賞の発表では、ドラマ部門でリチャード・グラツァー(Richard Glatzer)、ウォッシュ・ウェストモアランド(Wash Westmoreland)監督の"Quinceanera"が、ドキュメンタリー部門でクリストファー・ディロン・クィン(Christopher Dillon Quinn)、トム・ウォーカー(Tom Walker)監督の"God Grew Tired of Us: The Story of Lost Boys of Sudan"が、それぞれ各部門の作品賞と観客賞をダブル受賞したらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)賞が28日発表され、「ブロークバック・マウンテン」("Brokeback Mountain")のアン・リー監督が受賞したようだ。
コメディアンのボブ・ゴールドスウェイト(Bob Goldthwait)が監督した新作コメディ"Stay"の北米配給権を、Roadside AttractionsとSamuel Goldwyn Filmsが獲得したようだ。
"Saturday Night Live"(1975年-)風の虚構のコメディ番組の舞台裏を描く、米NBCのタイトル未定の新作ドラマで、マシュー・ペリーの出演が決まったようだ。天才的コメディ作家を演じるとか。
ポール・ベタニーは、「バットマン」シリーズ最新作でジョーカーを演じる、という噂について「誰もまだ電話をくれてないよ」と否定したようだ。
カナダ出身のジム・キャリーは「かつてのアメリカン・ドリームは、家を買って、車を手に入れて、子供を学校に通わせて、定年後のためにいくらかの貯金をすることだった。今や、ビル・ゲイツになるか、負け犬になるかだ。アメリカで育つ人々には、大きな成功を手にしなければならないという大きなプレッシャーがかけられ、家族の関係を崩壊させている」と語ったようだ。
スイスのダヴォスで開催中の世界経済フォーラム年次総会に出席したアンジェリーナ・ジョリーは「1989年の国連総会で採択された『児童の権利に関する条約』を、米国政府が公式に批准していないのは、大変恥ずべきことです。一人のアメリカ人として、恐ろしく思います。子供たちのことを思うのなら、どうして批准する勇気が無いのでしょうか?」と語ったようだ。
今秋公開の堤幸彦監督「大帝の剣」で、黒木メイサが天草四郎を演じているらしい。
ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘で28日、秋原正俊監督「MAMAN ママーン」が初日を迎え、松平健、大西麻恵らが舞台挨拶に立ったようだ。
5月公開の堤幸彦監督「明日の記憶」で、グレート小鹿の長男、小鹿敬司が俳優デビューするらしい。
青山真治監督「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」が28日初日を迎え、浅野忠信、宮崎あおいらが舞台挨拶に立ったようだ。
手塚眞監督「ブラックキス」が28日初日を迎え、奥田瑛二らが舞台挨拶に立ったようだ。
小中和哉監督「ミラーマン REFLEX」が28日初日を迎え、唐渡亮、石田未来ら都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
唯野未歩子監督「三年身籠る」が28日初日を迎え、中島知子、西島秀俊らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
63歳のハリソン・フォードは「"Indiana Jones"について何も言うことは出来ないが、十分なアクションの演技を見てもらえると思うよ」と語ったようだ。
  1/30
3月に同時公開される「超劇場版 ケロロ軍曹」「まじめにふまじめ かいけつゾロリ〜なぞのお宝大さくせん」で、新垣結衣と相武紗季が声優を務めるらしい。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の日本語吹き替え版の一般公募声優発表会見が29日都内で行われ、上戸彩らがゲストとして出席したようだ。
Rain(ピ)が29日、日本語シングル「Sad Tango」の発売記念ライブを都内で開催、3000人のファンが殺到したらしい。
橋爪功、椎名桔平の共演による「レインマン」("Rain Man",1988年)の舞台化は、来月3日から東京グローブ座で上演されるようだ。
昨年、堀江貴文容疑者が選考委員を務めた山形国際ムービーフェスティバルについて、ライブドアは今年の参加を辞退するようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy",2003年)のハリウッド・リメイクを手がけるジャスティン・リン監督は「異なるテーマを追求したい」と語ったらしい。ニコラス・ケイジも出演に名乗りを上げているとか。
「京都宝塚劇場」「京都スカラ座」「京極東宝」の3館が29日、閉館したようだ。
小川洋子の小説「博士の愛した数式」の文庫版が、発売2カ月で100万部を突破したようだ。
北朝鮮による横田めぐみ拉致事件と両親の活動を追ったドキュメンタリー映画「拉致-横田めぐみ物語」("Abduction: The Megumi Yokota Story")が、スラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)で観客賞を受賞したことを受け、横田早紀江、増元照明らが都内で記者会見を行ったようだ。
スペイン映画芸術科学アカデミー主催の第20回ゴヤ賞(Goya awards)が30日発表され、イザベル・コイシェ監督、サラ・ポーリー、ティム・ロビンス共演"The Secret Life of Words"が、作品賞、監督賞など最多4部門を獲得したようだ。また、9部門でノミネートされていたフェルナンド・レオン(Fernando Leon)監督の"Princesas"は3部門を受賞した模様。
インドの10歳の少年Kishan S.S.は現在、ストリート・チルドレンを描く新作映画の監督を務めているらしい。「現在85%完成していて、4月には公開予定」とか。総製作費は17万ドル、上映時間は135分で、母親のShailajaが製作と音楽を担当しているようだ。Kishan監督は「(新作の準備で)遊ぶ時間はないよ。そんな時間があるなら、勉強がしたい」と言っているらしい。
昨年12月26日に発売されたDVD映画"American Pie Presents: Band Camp"の売上が、3億5100万ドルに達したらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞が29日発表されたようだ。
◇映画部門
■アンサンブル演技賞 「クラッシュ」("Crash")
■主演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン (「カポーティ」)
■主演女優賞 リース・ウィザースプーン (「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」)
■助演男優賞 ポール・ジアマッティ (「シンデレラマン」)
■助演女優賞 レイチェル・ワイズ ("The Constant Gardener")
◇TVドラマシリーズ部
■アンサンブル演技賞 "Lost"
■主演男優賞 キーファー・サザーランド(「24-TWENTY FOUR-」)
■主演女優賞 サンドラ・オー (「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」)
◇TVコメディシリーズ部門
■アンサンブル演技賞 「デスパレートな妻たち」
■主演男優賞 ショーン・ヘイズ (「ふたりは友達?ウィル&グレイス」)
■主演女優賞 フェリシティ・ハフマン (「デスパレートな妻たち」)
◇TV映画/ミニシリーズ部門
■主演男優賞 ポール・ニューマン ("Empire Falls")
■主演女優賞 S・エパサ・マーカーソン ("Lackawanna Blue")
全米週末興収は、マーティン・ローレンス主演"Big Momma's House 2"が2800万ドル(3261館)で初登場1位を獲得したようだ。一方、クリスティアナ・ブランド(Christianna Brand)の児童文学「ふしぎなマチルダばあや」のエマ・トンプソン脚本・主演による映画化"Nanny McPhee"が1409万ドル(1995館)で2位、海軍兵学校を舞台にしたジェイムズ・フランコ主演"Annapolis"は770万ドル(1605館)でのスタートとなった模様。
デヴィッド・ラシャペル(David LaChapelle)監督のドキュメンタリー映画「RIZE」("Rize",2005年)の公開が28日からスタートした渋谷シネマライズで、週末2日間の興収が411万2500円に達し、過去最高を記録したようだ。
ムン・グニョン主演「ダンサーの純情」が29日、韓国MBCで放送され、視聴率15.5%を記録したようだ。
ケリー・オズボーン(Kelly Osbourne)は「最近ママ(シャロン・オズボーン)とある賞の授賞式に出席したんだけど、小さな女の子がいたから、ママが『あなたいくつ?』って声をかけたの。彼女は11歳だと言っていたわ。ミニスカートを履いて、タンクトップを着て、4インチのヒールを履いて、長いブリーチしたブロンドヘアだった。彼女はパリス・ヒルトンを真似ていたのよ。彼女は悪影響を及ぼしているわ」と語ったようだ。
スカーレット・ヨハンソンは、Hard-fiのリチャード・アーチャー(Richard Archer)と交際中らしい。
リンゼイ・ローハンが27日、ロンドンにあるブライアン・アダムスの自宅で滑って転倒、向うずねを10針縫う怪我をしたらしい。
ジェニファー・ロペスとマーク・アンソニー夫妻が、プエルトリコで再び結婚式を挙げたらしい。2人が共演する新作"El Cantante"の撮影だったようだ。
グウィネス・パルトロウは「酔っ払っている女性は好きじゃない。見苦しいし、いいことじゃないと思う。私には酔っ払う友人はいないわ。皆大人だから、適量を心得ているの」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは「9年生の時、ブラッドっていう男の子にキスされたの。彼の苗字さえ知らないのよ。カリフォルニアのカタリナ島に家族で行ったときに、ビーチでキスしたの。その時『何か変・・・歯列矯正器だわ!』って思ったのを覚えている。私達は翌日そこを去った。彼には3回手紙を書いたけど、1度も返事は無かったわ」と語ったようだ。
「Touch the Sound そこにある音。」("Touch the Sound",2004年)プロモーションのため、主演のパーカッショニスト、エヴリン・グレニー(Evelyn Glennie)が来日、日枝神社の境内で記者会見を行ったようだ。
ライアン・エスリンガー(Ryan Eslinger)監督の新作インディ作品"When a Man Falls in a Forest"で、シャロン・ストーンの主演が正式決定、来月20日からバンクーバーで撮影に入るようだ。
根岸吉太郎監督「雪に願うこと」の先行上映会が29日、北海道帯広市内で行われたようだ。
鳴門ロケサポート協議会のメンバーらが29日、福島県で行われている映画「バルトの楽園」のロケ現場を訪問、バルトの楽園会津支援協議会の会員らと交流したようだ。
昭和39年開館の映画館「浅草東宝」が、31日閉館するようだ。最終日は「東京オリンピック」(市川崑監督,1965年)と「日本沈没」(森谷司郎監督,1973年)が上映されるらしい。
英国のホラー映画専門製作会社Amicus Entertainmentが、プロデューサのロバート・カッツ(Robert Katz)らによって復活、「怪奇!血のしたたる家」("The House That Dripped Blood",1970年)など、かつての作品をリメイクするらしい。
マックジー監督次回作は、マシュー・マコノヒー主演によるタイトル未定のフットボール映画になるらしい。
チェ・ゲヴァラ(Che Guevara,1928-1967)を描く、スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ主演の新作"Che"で、ジュリア・オーモンドの共演が決まったようだ。
クリストファー・ノーラン監督、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ボウイ、パイパー・ペラーボ共演の新作"The Prestige"で、アンディ・サーキスが出演契約にサインしたようだ。
20th Century Foxは、「13日の金曜日」("Friday the 13th")シリーズ最新作を、今年10月13日の金曜日にリリースすることを計画しているらしい。ジェイソン・ヴォーヒーズ(Jason Voorhees)の誕生の秘密に迫るストーリーになるとか。
So-netは「Production I.G スペシャルサイト」を30日にオープンしたようだ。
THINKFilmは、ライアン・フレック(Ryan Fleck)監督、ライアン・ゴズリング主演の新作"Half Nelson"の全世界配給権を獲得したようだ。
ジョシー・ビセット(Josie Bissett)、ロブ・エステス(Rob Estes)夫妻が、結婚13年目で離婚を決めたようだ。
第78回アカデミー賞授賞式で、ジェニファー・アニストン、ジェイミー・フォックス、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、ルーク・ウィルソンらがプレゼンターを務めるようだ。
DVD「ターミネーター2 エクストリーム エディション」が3月24日に発売されるらしい。DVDとして「究極の最高画質を実現した」とか。
  1/31
日本、香港、タイを舞台にしたホラー・オムニバス映画「BLACK NIGHT」が、日本などアジア7カ国で公開されるようだ。日本編「DARK HOLE」では柏原崇と瀬戸朝香が共演しているらしい。
宮本理江子監督「チェケラッチョ!!」の撮影が沖縄でスタート、市原隼人、井上真央、平岡祐太、柄本佑らが参加したようだ。
「新・爽健美茶」のCM発表が30日、東京国立博物館平成館で行われ、矢井田瞳とキム・テヒが出席したようだ。
「第1回おおさかシネマフェスティバル」が来月3日から大阪市内で開催されるようだ。奥田瑛二監督最新作「るにん」のほか、「メゾン・ド・ヒミコ」(犬童一心監督,2005年)、「お父さんのバックドロップ」(李闘士男監督,2004年)などが上映されるらしい。
東京ディズニーランドで1986年7月にスタートしたシンデレラ城のアトラクション「ミステリーツアー」が、4月5日で終了するようだ。
韓国で公開中のキム・ドンウォン監督、チョン・ジュノ主演「闘師父一体」の観客動員数が、公開10日目の29日、350万人に達したようだ。
ケート・モスが英国に帰国、ロンドン警察に出頭するらしい。
31日発表される第78回アカデミー賞のノミネーションでは、長編アニメーション部門で宮崎駿監督「ハウルの動く城」の候補入りが有力視されているようだ。
日本映画製作者連盟の発表によると、2005年の映画興行収入は1982億円で、3年ぶりに2000億円を下回ったようだ。観客動員数も前年比1000万人減の1億6000万人だったらしい。一方、日本映画の割合は8年ぶりに4割を越え、41.3%に達した模様。
米MGMは30日、DreamWorks SKGの元社長兼COOのリック・サンズ(Rick Sands)をCOOに指名したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督最新作「ミュンヘン」("Munich")について、Jerusalem Post紙は「混乱して、不器用で、不愉快で、そして退屈」と酷評したようだ。
第26回ゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry Award)のノミネーションが30日発表され、「マスク2」("Son Of The Mask")が最多8部門で候補に挙がったようだ。また、主演男優賞にはトム・クルーズ、ウィル・フェレル、ジェイミー・ケネディ、ザ・ロック、ロブ・シュナイダーがノミネートされた模様。またジェニー・マッカーシーとジェシカ・シンプソンはそれぞれ3部門で候補になったらしい。
「ハイジ・クロニクル/明日を信じて」("The Heidi Chronicles",1995年)、「私の愛情の対象」("The Object of My Affection",1998年)の原作舞台劇などを手掛けた、劇作家のウェンディ・ワッサースタイン(Wendy Wasserstein)さんが30日亡くなった(55歳)。ご冥福をお祈りいたします。
来月9日開幕する第56回ベルリン国際映画祭の上映作品が360本が30日発表されたようだ。コンペ部門出品作品のマーク・エヴァンス(Marc Evans)監督、シガニー・ウィーヴァー、アラン・リックマン共演"Snow Cake"がオープニング上映されるほか、ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督、ナタリー・ポートマン主演「Vフォー・ヴェンデッタ」("V For Vendetta")などがプレミア上映されるらしい。また、イアン・マッケランとアンジェイ・ワイダ監督に特別功労賞が授与されることも発表された模様。
サミュエル・L・ジャクソンの手型と足型が30日、Grauman's Chinese Theatre前のハリウッド大通に加わったようだ。
Disneyは現在、アイルランドで「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」("The Chronicles of Narnia: Prince Caspian")のロケハンを行っているらしい。
ショーン・レヴィ監督、ベン・スティラー主演の新作"Night at the Museum"に、リッキー・ジャーヴェイス(Ricky Gervais)も出演しているらしい。
Yahoo!ムービーに「子ぎつねヘレン」(河野圭太監督)の特集サイトがオープン、ほっしゃん。、深澤嵐、キングコング、小林涼子らが出演する短編映画「子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち」も配信されているようだ。
短編映画コンテスト、第2回C's Nextの開催が発表されたようだ。1次審査を通過した30作品は5月からBIGLOBEで配信、一般投票で2次審査が行われ、6月11日に都内でコンテスト本選が開催されるらしい。
ハリウッド外国人記者協会(Hollywood Foreign Press Association)は、来年の第64回ゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)から、「最優秀アニメーション映画」部門を新設すると発表したようだ。70分以上の作品で、実写部分が25%未満の作品を対象とし、候補作が8作品未満の場合は該当なしとするらしい。
AskMen.comの読者とスタッフが選ぶ今年のTop 99 Most Desirable Womenが発表されたようだ。Top10は以下の通り。
1.ジェシカ・アルバ
2.シエナ・ミラー
3.アンジェリーナ・ジョリー
4.アドリアナ・リマ(Adriana Lima)
5.マリア・メノウノス
6.シャーリーズ・セロン
7.ジェシカ・ビール
8.エイメリー(Amerie)
9.ナタリー・ポートマン
10.エヴァ・ロンゴリア
「ピーター・ラビット」の原作者ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter,1866-1943)を描く、クリス・ヌーナン監督、レネー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー共演の新作"Miss Potter"で、エミリー・ワトソンの共演が決まった模様。
ティム・ストーリー監督は、8月1日からバンクーバーで「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」("Fantastic Four",2005年)の続編の撮影に入る模様。悪役ドゥームも再び登場するものの、ジュリアン・マクマホンが出演するかどうかは未定とか。
"Spider-Man 3"からの最新画像が公開されたようだ。
シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")で、ジョージ・ハリスがキングスリー・シャックルボルト(Kingsley Shacklebolt)役に起用されたようだ。また、新人のロビー・ジャーヴィス(Robbie Jarvis)が、若き日のジェイムズ・ポッター(James Potter)役を演じるらしい。
50セント(50 Cent)は、児童書を執筆するらしい。「ポジティヴなメッセージを込めた、子供たちが何かを学ぶことが出来る物語になる」と言っているようだ。
ウィンタースポーツウェア・ショップGrenade Glovesのオーナーを務める、スノーボード・チャンピオンのダニー・カス(Danny Kass)は「ジャスティン・ティンバーレイクは何回か訪ねてきて、僕らはたくさんのウェアを彼にあげたよ。驚くだろ。数百万枚もCDを売った男なのに、無料の服ほど良いものは無いんだ」と語ったらしい。
「イーオン・フラックス」("Aeon Flux",2005年)の巨大看板が来月6日、東急東横線渋谷駅構内に登場するらしい。幅37.3メートル、高さ3メートルもあるとか。JR大阪駅構内にも7日に、幅10.2メートル、高さ2.6メートルの看板が設置されるようだ。
いしだ壱成と元タレントの三宅えみが30日に離婚したようだ。
ウディ・アレン監督「僕のニューヨークライフ」("Anything Else",2003年)の公開記念イベントが30日都内で行われ、前田健とはなわが出席したようだ。
New Line Cinemaは、ロデオとカントリー音楽の世界を描くレス・ボーエン(Les Bohem)の企画"Paper Wings"を獲得したようだ。
キャリー・フィッシャーと脚本家のヘザー・ロビンソン(Heather Robinson)は、Alliance Filmworksの新作"E-Girl"の脚本を共同で執筆中らしい。ロビンソンの自伝的作品で、キャリー・フィッシャーは本人役で出演予定とか。
Atmosphere Entertainment MMとPlatinum Studiosは、ピーター・シーゲル(Peter Siegel)によるグラフィック・ノベル"Killing Demons"を共同で実写映画化するようだ。
Warner Bros.は、中東を舞台にしたデヴィッド・イグネイシアス(David Ignatius)のスパイスリラー"Penetration"を映画化するようだ。De Line PicturesとScott Freeの共同製作で、リドリー・スコットが監督を務める模様。一方、リドリー・スコットは、イラクでの女性ジャーナリス誘拐を描いた、イグネイシアスの原案によるParamountの新作"The Invisible World"についても監督を務めるらしい。
マーク・ローレンス監督の新作ロマンチック・コメディ"Music and Lyrics By"で、ドリュー・バリモアとヒュー・グラントが共演するようだ。3月27日からニューヨークで製作に入るらしい。
トム・クルーズ主演次回作は、Paramountによるタイトル未定のラヴ・ストーリーになるらしい。
「X-Men 3」("X-Men: The Last Stand")に、タニヤ・ニューボールド(Tanya Newbould)の出演が決まったようだ。
Spike TVは、「ブレイド」("Blade")のTV映画化に続いて、ドラマシリーズ化を決定したようだ。
デヴィッド・ストラザーンは、グレゴリー・ホブリット監督、アンソニー・ホプキンス、ライアン・ゴズリング共演の新作スリラー"Fracture"への出演が決まったようだ。
ジョディ・フォスター主演の新作サスペンス・スリラー"The Brave One"で、テレンス・ハワードの共演が決まったようだ。ニール・ジョーダンが監督に向けて交渉中らしい。
Paramount Picturesは、リサ・ルッツ(Lisa Lutz)のデビュー小説"The Spellman Files"の映画化権を獲得したようだ。探偵一家の話らしい。
Lionsgateは、ルーシー・リュー主演・製作総指揮によるアクション・スリラー"Devil to Pay"の、北米を除く世界配給権を獲得したようだ。
Warner Bros. Picturesは、ローランド・エメリッヒ監督次回作"10,000 BC"について、Sony Pictures Entertainmentから権利を獲得したようだ。Legendary Picturesが共同出資に向けて交渉中の模様。今春から南アフリカとナミビアで撮影に入るらしい。
米NBCのコメディドラマ・シリーズ"My Name Is Earl"(2005年-)に主演するジェイソン・リーが水疱瘡になり、撮影が中断しているらしい。
007シリーズ最新作"Casino Royale"で、タンディ・ニュートンもスクリーン・テストを受けたららしい。
米調査会社Harris Interactiveによる恒例の「最も好きな映画スター」が発表されたようだ。
1.トム・ハンクス
2.ジョニー・デップ
3.ジョン・ウェイン
3.ハリソン・フォード
5.ジュリア・ロバーツ
6.クリント・イーストウッド
7.メル・ギブソン
8.ジョージ・クルーニー
9.ショーン・コネリー
10.サンドラ・ブロック
ジョニー・デップがお気に入りのワインは、Chateau Calon-Segurとか。
"Mission: Impossible III"からの最新画像が公開されたようだ。
アレックス・コックス監督は、「レポマン」("Repo Man",1984年)の続編を企画しているらしい。