シネマトピックス(2005年1月)
[ 2004 | 2005 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2006 | LastTopics ]
  1/1
中国国家広播電影電視総局は、2004年の中国映画製作本数は過去最多の212本で、「LOVERS」「カンフーハッスル」「天下無賊」などの成功により、中国映画界の総収入は36億元に達したと発表したようだ。また、春節(旧正月)前に、中国全土にデジタル映画館を20ヶ所を増設、計161ヶ所とする計画も明らかにしたらしい。
イサム・ノグチの母親で、米作家のレオニー・ギルモア(Leonie Gilmour)を描く映画が製作されるらしい、「折り梅」(2002年)などを手掛けた松井久子が監督を務めるようだ。
31日、ニューヨークのタイムズスクエアで行われた新年祝賀行事にリンゼイ・ローハンが参加、"Rumors"を歌ったらしい。
エディ・マーフィは、1986年に購入した2300平方メートルの大邸宅を売りに出したらしい。
Quigley Publishing社による第72回「最も稼いだスターTop10」が発表されたようだ。
1.トム・ハンクス
2.トム・クルーズ
3.レオナルド・ディカプリオ
4.ニコラス・ケイジ
5.ジム・キャリー
6.デンゼル・ワシントン
7.ジュリア・ロバーツ
8.ウィル・スミス
9.ブラッド・ピット
10.アダムサンドラー
また「明日のスター」にはジェイミー・フォックスとスカーレット・ヨハンソンが選ばれたらしい。
ジェシカ・シンプソンの母親は、ジェシカが子供の頃、あまりに足が短いことを心配して毎晩彼女の足を引っ張っていたらしい。 [☆効果があった?]
第55回NHK紅白歌合戦に出場したイ・ジョンヒョンとRyuは「来年も出られたら嬉しい」と語ったとか。
先日亡くなったジェリー・オーバックの葬儀が31日、マンハッタンのRiverside Memorial Chapelで営まれ、"Law & Order"(1990年-)で共演したサム・ウォーターストン(Sam Waterston)ら300人が参列したようだ。
パリス・ヒルトンがプロデュースしたナイトクラブClub Parisのオープニングセレモニーが30日フロリダで開催されたものの、パリス・ヒルトン本人は6時間も遅刻して会場に現れたらしい。「スイス・アルプスでスキーをしてたんだけど、空港で休暇旅行のラッシュ巻き込まれちゃって、この24時間身動きが取れなかったのよ」と言い訳したとか。
  1/2
新作「女子高生の嫁入り」で映画デビューしたウン・ジウォンは、プサンやウルサンなど地方での舞台挨拶にも積極的に参加しているとか。
チョ・スミによる映画音楽アルバム「be HAPPY」の2005年版が発売されたらしい。「ポカホンタス」("Pocahontas",1995年)の主題歌"Colors of the Wind"など3曲が追加されたようだ。
市民団体「鎌倉で映画とともに歩む会」の主催による、ドキュメンタリー映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(橋本信一監督,2003年)のチャリティ上映会が今月7日、鎌倉生涯学習センターで開催されるようだ。
第26回ヨコハマ映画祭の各賞とベストテンが決定したようだ。
■作品賞 「下妻物語」(中島哲也監督)
■監督賞 中島哲也(「下妻物語」)
■新人監督賞 成島出(「油断大敵」)
■脚本賞 矢口史靖(「スウィングガールズ」)
■撮影賞 柴主高秀(「スウィングガールズ」他)
■主演男優賞 役所広司(「油断大敵」他)
■主演女優賞 深田恭子(「下妻物語」)
■助演男優賞 柄本明(「油断大敵」他)
■助演女優賞 樹木希林(「下妻物語」他)
■最優秀新人賞 土屋アンナ(「下妻物語」他)、柳楽優弥(「誰も知らない」)、上野樹里(「スウィングガールズ」他)
■審査員特別賞 「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム」
■特別大賞 黒木和雄(「美しい夏キリシマ」、「父と暮せば」他)
■ベストテン
1.「下妻物語」(中島哲也監督)
2.「血と骨」(崔洋一監督)
3.「誰も知らない」(是枝裕和監督)
4.「スウィングガールズ」(矢口史靖監督)
5.「ジョゼと虎と魚たち」(犬童一心監督)
6.「父と暮せば」(黒木和雄監督)
7.「油断大敵」(成島出監督)
8.「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム」(サン・マー・メン監督)
9.「深呼吸の必要」(篠原哲雄監督)
10.「花とアリス」(岩井俊二監督)
次点「ニワトリはハダシだ」(森崎東監督)
来月4日から、「小田原映画祭〜シネマトピア2005〜」が開催されるようだ。「天国と地獄」(黒澤明監督,1963年)、「機動戦士ガンダム」(藤原良二監督,1981年)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)など60作品が上映されるらしい。
米CBSの"60 Minutes"でインタビューに答えたアイシュワリヤー・ラーイは「その時になれば私も決断します。でも、もし私がハリウッド映画でキスシーンを演じれば、(インドで)論争の的になることは間違いありません。私達の社会では、街角でキスをしたり、公然と肉体的に接しあうことはありません」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは「(学生時代は)デートも出来ないくらいシャイだったの。いつも『ボーイフレンドがいるの』と言って断っていたわ。だから、私には恋愛のアドバイスが出来るような経験がないの」と語ったらしい。
リンゼイ・ローハンと交際していたウィルマー・ヴァルデラマは、ベン・アフレックとジェニファー・ロペスのようになってマスコミが騒ぎ、キャリアに傷かつくことを気にしていたらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")でリータ・スキーター(Rita Skeeter)役を演じるミランダ・リチャードソンの写真が公開されたようだ。
  1/3
ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演の新作スリラー"Hide and Seek"の最新予告篇が公式サイトで公開されたらしい。
ペ・ヨンジュンは、韓国公式サイトに先月31日付で新年のメッセージを掲載したようだ。
イエローキャブ元社長の野田義治による芸能事務所「サンズ」の水着撮影会が1日ハワイで行われ、香港映画「韓城攻略」でトニー・レオンと共演する瀬戸早妃ら7人が参加したようだ。同事務所公式サイトは初日の1日だけで300万アクセスを突破したとか。
Ryu、イ・ジョンヒョン、イ・ビョンホンらが出演した第55回NHK紅白歌合戦が、2日放送の韓国KBS「芸能界中継」で紹介されたらしい。
東芝は動画の録画・再生が可能な携帯音楽プレイヤーを年内に発売、東芝EMIなどと共同でPVなどの映像配信を始めるらしい。
韓国MBCで24日スタートのシチュエーション・コメディ「アンニョン・フランチェスカ」の第1回目に、ピがゲスト出演するらしい。
今秋公開予定のイム・ギョンス監督「12月の日記」で映画デビューか、と報じられていた韓国人気グループ「神話」のエリックは、4月公開のキム・ジウン監督「甘い人生」でイ・ビョンホンらと共演するらしい。
ミッキー・マウスの映画デビュー75周年を記念した展示会「オール・オブ・ミッキーマウス展〜ずっとミッキー!もっとミッキー」がそごう広島店で開催中らしい。デビュー作「蒸気船ウィリー」("Steamboat Willie",1928年)の原画などが展示されているようだ。
2004年の全米映画興行収入は、前年比1.4%増の94億ドルに達し、過去最高を記録したようだ。
28日開幕するサンタバーバラ国際映画祭で、ウディ・アレン監督最新作"Melinda and Melinda"がオープニング、マイケル・トレーガー(Michael Traeger)脚本・監督のポルノ・コメディ"The Moguls"がクロージング上映されるらしい。
北米を除く海外週末興収は、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")が2090万ドルを記録したものの、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が2130万ドルに達し、1位の座を明け渡したようだ。一方、59ヶ国で公開中の「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")は週末興収830万ドルを記録、総興収1億170万ドルに達した模様。
人気TVシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)の制作総指揮やブラッド・ピットのマネージャを務めるブラッド・グレイ(Brad Grey)が、Paramount Picturesの次期社長候補に挙がっているらしい。
"Not Another Teen Movie"(2002年)や人気TVドラマシリーズ"The O.C."(2003年-)などに出演しているサミーア・アームストロング(Samaire Armstrong)が、リンゼイ・ローハン主演のタイトル未定の新作に出演するらしい。
MovieMistakes.comは2日、2004年「最もミスが指摘された映画15作品」を発表したようだ。
1.「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")→地下鉄のシーンで汚れていたマスクが、ハリーの部屋に運ばれてきた時には・・・
2.「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2")→ビルが切っていたサンドイッチが・・・
3.「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")→ジャックが大統領に市民の避難を訴えるシーンで、地図に引いた線が・・・
4.「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")→ハリーが怪物的な怪物本を落とした時、床の広さが・・・
5.「シークレット・ウィンドウ」("Secret Window")→モートを追い詰めたシューターが持っているシャベルが・・・
6.「トロイ」("Troy")→アキレスがロマンチックな夜を過ごした翌朝、太陽が西から・・・
7.「ミーン・ガールズ」("Mean Girls")→ハロウィン・パーティの後、ダミアンが全部こぼしたはずのポップコーンが・・・
8."Starsky & Hutch"→ディスコのシーンでスタスキーが落としたバッジをハッチが拾ったはずなのに・・・
9.「シュレック2」("Shrek 2")→妖精のゴッドマザーが投げた「白雪姫」の絵本の位置が・・・
10.「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")→モスクワのカーチェイス・シーンで割れたはずのドアの窓が・・・
(以下省略)
オリヴァー・ストーン監督最新作「アレキサンダー」("Alexander")にも出演したタイの6頭の象が、先月26日の地震による津波の被害を受けたプーケット島に運ばれ、遺体の捜索活動に参加しているらしい。
全米週末興収は、ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマン共演によるシリーズ第2弾"Meet the Parents"が4280万ドル(3524館)で2週連続1位となり、総興収は1億6300万ドルを越えた模様。大晦日の興収は1220万ドルで「キャスト・アウェイ」("Cast Away",2000年)の850万ドルの記録を更新、元旦には1800万ドルを突破し「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の1280万ドルの記録を越えたらしい。
ジョエル・シュマッカー監督「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")に登場するシャンデリアはSwarovski Crystal製で、総重量2.3t、価格は1億5000万円相当とか。
服を大量に買い込んでくる妻ブリトニー・スピアーズにうんざりしたケヴィン・フェダーラインは、ワードローブの服を売るなり捨てるなり処分して、新しい服を入れるスペースを確保するまで、買い物を禁止したらしい。
別れた妻との間に8歳の娘がいるエミネムは「娘の学校で劇や遠足があるときは必ず参加するよ。去年は、授業で2冊本を読んであげたんだ」と語ったらしい。
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")に出演しているミニー・ドライヴァーの劇中の歌声は、オペラ歌手のマーガレット・プリース(Margaret Preece)が吹替えたものの、エンドクレジットで使われている映画版のオリジナル主題歌"Learn to be Lonely"はドライヴァー本人が歌っているらしい。アンドリュー・ロイド・ウェバーは「元々劇中で歌われるものだったが、編集の段階でカットされた。DVDでそのシーンを見ることが出来るだろう」と語ったようだ。
  1/4
ペ・ヨンジュンは、スマトラ島沖地震による津波被害支援のため3億ウォンをNGO「ワールドビジョン韓国」に寄付したらしい。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の観客動員数が、公開44日間で1010万6284人に達したようだ。先月23日から公開されている韓国でも、公開4日間で76万人を動員したらしい。 [☆「千と千尋の神隠し」は31日間で1000万人突破。]
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の屋外セットが報道陣に公開されたらしい。
第47回ブルーリボン賞のノミネーションが3日発表され、行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」と崔洋一監督「血と骨」がそれぞれ最多5部門でノミネートされたようだ。
アン・ビョンギ監督「コックリさん」の日本語吹替版で、優香がヒロイン、戸田菜穂が教師の声を担当するらしい。
韓国KBSが「冬のソナタ」の再放送を外国映画番組「土曜名画」の時間帯に設定したため、声優ら70人が「仕事が奪われた」と抗議活動を行ったらしい。
パク・ヨンハ、クォン・サンウ、リュ・シウォンらも参加したフジテレビのイベント「HOT FANTASY ODAIBA」が3日閉幕、24日間で91万人を動員したらしい。
東京ディズニーリゾート年間パスポート購入者16人分の個人情報が流出した模様。
「明日があるさ THE MOVIE」(岩本仁志監督,2002年)では製作総指揮を務めた、吉本興業会長の林裕章さんが3日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。
14日より公開のチョン・チョシン監督「夢精期2」の記者会見が3日ソウル市内で行われ、イ・ジフン、カン・ウンビ、チョン・ヘビン、シン・ジュア、パク・スルギらが出席したようだ。
韓国MBCで5日スタートの「悲しき恋歌」で、ソン・スンホンの代役として主演を務めることになったヨン・ジョンフンについて、脚本家のイ・ソンウンは「(ソン・スンホンの主演を念頭に脚本を書いたため)非常に心配したが、ジョンフンの驚異的な適応力に驚かされた。徐々に主人公のキャラクタを作り上げていく彼の姿に、作家としてむしろ多くの刺激を受けた」と語ったようだ。
チェ・イクァン監督、チャ・イェリョン、ソ・ジヘ、キム・オクビン共演オ新作「女子高怪談4:声」がクランクインしたようだ。来年夏の公開予定とか。
Dimension Filmsは、総製作費100万ドルの豪州ホラー映画"Wolf Creek"の北米、ブラジルを除く南米、スペイン、南アフリカ、豪州、ニュージーランド、ベネルクス諸国での配給権を、400万ドル以下で獲得したらしい。今年のサンダンス映画祭のワールド・シネマ・コンペ部門で上映される模様。
スマトラ島沖地震による津波被災者への寄付を呼びかけるチャリティ番組が2日香港で放送され、ジャッキー・チェンの息子ジェイシー・フォンらが出演したようだ。
スマトラ島沖地震による津波被害の支援のため、クリフ・リチャード、ボーイ・ジョージら英国ミュージシャンが参加するチャリティ・シングルの発売が計画されているらしい。
スマトラ島沖地震による津波被害に対する支援として、サンドラ・ブロックが米赤十字社に100万ドルを寄付したらしい。レオナルド・ディカプリオも国連児童基金(UNICEF)への寄付を約束したほか、米NBCは今月15日にチャリティ番組の放送を企画しているようだ。
「スパイダーマン」シリーズに出演したキルスティン・ダンストは、クモが嫌いらしい。
米CATV局History Channelは、戦争の歴史に焦点をあてる新しいチャンネルMilitary History Channelを立ち上げるようだ。
人気TVシリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)の第4シーズンが5日、2時間スペシャルでスタートするようだ。
ヴィク・サリン(Vic Sarin)監督による新作スリラー"Civic Duty"で、ミラ・ソルヴィーノとジョゼフ・ファインズが出演交渉中らしい。来月からバンクーバーで撮影が始まる模様。
マシュー・マコノヒー、ペネロペ・クルス共演の新作"Sahara"からの最新画像が公開されたようだ。 [☆マシュー・マコノヒー、ペネロペ・クルス共演の新作"Sahara"からの最新画像が公開されたようだ。]
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング共演「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの公式画像が公開されたようだ。
米Miramax Filmsで副社長などを務めたリック・サンズ(Rick Sands)が、米DreamWorks SKGの社長兼COOに任命されたらしい。
米DreamWorks Animation SKGとDreamWorks Home Entertainmentは3日、「シュレック2」("Shrek 2")のDVDとVHSの売上が全世界で3700万本を突破したと発表したようだ。前作と合わせた総売上は16億ドルに達するらしい。
Soleil Filmは、ジェイムズ・ハーゴット(James Hergott)監督によるリアリティ映画"All That I Need"への資金提供を決定したようだ。撮影は既に完了しており、提供された資金で編集が行われ、3月までに完成予定とか。
"Sin City"の最新ポスター5種類が公開されたようだ。
キーラ・ナイトレイは、パパラッチに追い回されることについて「写真を撮られることは気にしてないの。でも、一人でいる時に知らない男がうろついていると思うとゾッとするわ。」と語ったようだ。
中国専用化粧品ブランド「オプレ メーキャップ」のイメージキャラクタに起用されていたヴィッキー・チャオが降板、チャン・チンチンが新たに起用されたようだ。
米NBCは、「タイタス」("Titus",1999年)を手掛けたジャック・ケニー(Jack Kenny)の企画によるダークコメディ"Book of Daniel"を、1時間のパイロットドラマとして制作するようだ。
ボビー・ダーリンの伝記映画「ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜」("Beyond the Sea")で主演と共に監督を務めたケヴィン・スペイシーは「いい監督を見つけられなかったから、結局自分でやっただけなんだ。僕がやりたかったわけじゃないんだ。ただ、僕はこの物語を直線的に語りたくは無かったし、ルールを壊す必要があった。ボビー・ダーリンはルールを壊す人物だったからね」と語ったようだ。
新作"The Woodsman"で妻キーラ・セジウィックと共演したケヴィン・ベーコンは「キーラと一緒に仕事をすることはほとんどなかった。結婚して16年になるが、共演したのは数えるほどだ。彼女が『観客に、キーラとケヴィンだ、と言われるのが嫌なの』って言うから『僕らはタブロイド紙に載るような類じゃないだろ。それにこれは製作費5000万ドルのロマンチック・コメディじゃないんだ』と説得したんだ」と語ったらしい。
クリント・イーストウッド監督"Million Dollar Baby"に出演したヒラリー・スワンクは「『ボーイズ・ドント・クライ』("Boys Don't Cry",1999年)以降に出演した作品を批判するつもりは無いけれど、この作品ほど充実したものは無かった。30になる前に2つの素晴らしい作品に出演できたのは本当にラッキーだったと思う」と語ったようだ。
Time誌のインタビューに答えたビル・マーレイは、気難しいという評判について「不愉快な奴らを遠ざけてくれるんだったら、結構なことだよ。だから僕は『お酢よりもハチミツの方がハエをたくさん捕まえられる』と真面目にいう人に『誰がハエなんか欲しがるんだ?』と言うんだ」と語ったようだ。
  1/5
通信機器会社STI(Shinsegi Telecom?)のイメージモデルを務めることになったピが4日、都内で行われた会見とイベントに出席したようだ。
柏原崇が昨年12月30日、都内路上で男性会社員を殴り軽症を負わせていたらしい。
ペ・ヨンジュンの似顔絵入り靴下がソウル市内で販売され、日本人観光客に人気らしい。
「殺人の追憶」(2003年)のポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演による新作「怪物」が、4月にクランクインするらしい。
16日の第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式を前に行われたインターネット投票によると、外国語映画賞部門ではチャイン・イーモウ監督「LOVERS」が44%の得票率で1位だったようだ。
エミネムのニューアルバム"ENCORE"の売上が、発売50日間で300万枚を突破したらしい。
韓国のロッテグループは5日、釜山に新たなロッテワールドと大型複合施設を2009年末までに完成させると発表したようだ。高さ494メートルの超高層ホテルのほか、映画館や百貨店が併設されるらしい。
新聞連載コミック"The Spirit"などで知られる、米漫画家のウィル・アイズナー(Will Eisner)さんが3日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
パトリシア・アークエット主演による米NBCの新ドラマ"Medium"(2005年-)が3日スタート、平均視聴者数1610万人(18-49歳)を記録した模様。
英国週末興収は、前週3位だった「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が129万ポンドで1位に返り咲いたらしい。総興収は2860万ポンドに達した模様。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの4日行われた裁判で、妻が運び込まれた病院の担当者が証言台に立ち「彼は『彼女は怪我をした。血が出ている』と叫んでいたが、すぐに立ち去った。もしそれが私の愛する人なら、私はしばらくそこにいたはず」と語ったらしい。
ジュード・ロウとシエナ・ミラー(Sienna Miller)が婚約した模様。ジュード・ロウがクリスマスに結婚を申し込んだらしい。
ジェリー・ブラッカイマーは、ペンタゴンを舞台にした米NBCの"E-Ring"と、17歳の弁護士を主人公にしたWBのタイトル未定のドラマの、2作品のパイロット版を制作する模様。
ジェニファー・ガーナーは風邪のため、TVシリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)新シーズンと、新作映画「エレクトラ」("Elektra")のプロモーションへの参加を取りやめた模様。広報担当者は、妊娠説については否定したらしい。
来月開催されるグラミー賞授賞式で、Led Zeppelin、ジェリー・リー・ルイス、ジャニス・ジョプリンに特別功労賞が贈られるようだ。
スティーヴン・ザイリアン監督・脚本、ショーン・ペン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジェイムズ・ガンドルフィーニ、マーク・ラファロ、パトリシア・クラークソン、アンソニー・ホプキンス共演による「オール・ザ・キングスメン」("All the King's Men",1949年)のリメイク版の製作が、ニューオーリンズでスタートした模様。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は4日、第77回アカデミー賞音響編集賞のエントリー作品7本を発表したようだ。
「アビエイター」("The Aviator")
「コラテラル」("Collateral")
「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")
「レイ」("Ray")
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング共演「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの最新画像が公開されたようだ。
スパイク・リー製作総指揮、アート・シムズ(Art Sims)脚本・監督によるサッカー映画"The Goal"で、マリオ・ロペス(Mario Lopez)の主演が決まったようだ。リッキー・マーティン、エンリケ・イグレジアス、スティング、ソニア・ブラガ、ハヴィエル・バルデムらの名前もキャスト候補に挙がっているらしい。
ブロードウェイ・ミュージカル"Rent"のクリス・コロンバス監督による映画化について、オリジナル・キャストも務めたアダム・パスカル(Adam Pascal)は「驚くほど舞台版に忠実で、オリジナルの舞台版の脚本の9割が盛り込まれている」と語ったようだ。撮影は3月からサンフランシスコで始まるらしい。
11日発売のVanity Fair誌最新号の表紙を「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が飾るらしい。
キャメロン・ディアスは、米ABCの大ヒットTVドラマシリーズ"Desperate Housewives"への出演を希望しているらしい。
ウォシャウスキー兄弟製作による、アラン・ムーア(Alan Moore)のグラフィック・ノベル"V for Vendetta"の映画化で、ナタリー・ポートマンが出演交渉中らしい。
「戦争のはじめかた」("Buffalo Soldiers",2003年)のグレゴール・ジョーダン(Gregor Jordan)監督次回作は、ジョン・クリストファー(John Christopher)によるトリポッド三部作「鋼鉄の巨人」("The White Mountains")、「銀河系の征服者」("The City of Gold and Lead")、「もえる黄金都市」("The Pool of Fire)"の映画化になる模様。
"Mission: Impossible 3"で映画監督デビューするJ・J・エイブラムス(J.J. Abrams)は、今秋から4本のTV企画を抱えており、妻の「忙しすぎる」という反対もあって、トム・クルーズにTVシリーズのシーズン終了まで撮影を待ってほしいと申し出たとか。
同名コミックが原作の米Sci Fi Channelによる2時間パイロット"Painkiller Jane"で、エマニュエル・ヴォージア(Emmanuelle Vaugier)の主演が決まった模様。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、エド・オニール共演による米ABCの新作コメディ・シリーズ"In the Game"で、アリソン・ハニガン(Alyson Hannigan)の共演が決まったようだ。
マイケル・キートンは「ビートルジュース」("Beetlejuice",1988年)の続編製作を希望しているらしい。
「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs",2002年)をリメイクするマーティン・スコセッシ監督は、オリジナル版をまだ観ていないらしい。
"Fantastic Four"後半のアクションシーンが大幅に変更となる模様。「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")で大活躍するエラスティガールと似た能力を持つ主人公の見せ場が追加されるらしい。
「オープン・ウォーター」("Open Water",2004年)で監督と製作を務めたクリス・ケンティス(Chris Kentis)とローラ・ラウ(Laura Lau)夫妻が、プーケット島で休暇中に津波に襲われたらしい。幸い、無事だったようだ。
  1/6
犬童一心監督、長澤まさみ主演による「タッチ」の実写映画化で、斉藤祥太と斉藤慶太が双子の兄弟役を演じるらしい。
ペ・ヨンジュンが3億ウォンを寄付したNGO「ワールドビジョン」に、日本のファンから寄付が殺到しているらしい。
キネマ旬報は6日、2004年の邦画、洋画のベストテンを発表したようだ。
【邦画】
1.「誰も知らない」(是枝裕和監督)
2.「血と骨」(崔洋一監督)
3.「下妻物語」(中島哲也監督)
4.「父と暮せば」(黒木和雄監督)
5.「隠し剣 鬼の爪」(山田洋次監督)
6.「理由」(大林宣彦監督)
7.「スウィングガールズ」(矢口史靖監督)
8.「ニワトリはハダシだ」(森崎東監督)
9.「チルソクの夏」(佐々部清監督)
10.「透光の樹」(根岸吉太郎監督)
【洋画】
1.「ミスティック・リバー」("Mystic River",クリント・イーストウッド監督)
2.「殺人の追憶」("Memories of murder",ポン・ジュノ監督)
3.「父、帰る」("The Return",アンドレイ・ズビャギンツェフ監督)
4.「オアシス」("Oasis",イ・チャンドン監督)
5.「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King",ピーター・ジャクソン監督)
6.「オールド・ボーイ」("Oldboy",パク・チャンウク監督)
7.「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries",ヴァルテル・サレス監督)
8.「シービスケット」("Seabiscuit",ゲイリー・ロス監督)
9.「春夏秋冬そして春」("Spring, Summer, Fall, Winter... and Spring",キム・キドク監督)
10.「ビッグ・フィッシュ」("Big Fish",ティム・バートン監督)
[☆洋画ベストテンに韓国映画が4本も!]
キネマ旬報は6日、2004年の個人賞を発表したようだ。
【個人賞】
■監督賞 崔洋一 (「血と骨」)
■脚本賞 崔洋一、鄭義信 (「血と骨」)
■主演女優賞 宮沢りえ(「父と暮せば」)
■主演男優賞 ビートたけし(「血と骨」)
■助演女優賞 YOU(「誰も知らない」)
■助演男優賞 オダギリジョー(「血と骨」)
■新人女優賞 土屋アンナ(「下妻物語」)
■新人男優賞 柳楽優弥(「誰も知らない」)
■外国映画監督賞 クリント・イーストウッド(「ミスティック・リバー」)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6日、成人の日の10日に来場する新成人は全員入場無料にすると発表したようだ。
米映画サイトAin't It Cool Newsは創設者ハリー・ノウルズ(Harry Knowles)の選ぶ2004年の映画TOP10を発表、カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」("TAEGUKGI: Brotherhood of War")が1位となったようだ。
先月から米サンフランシスコに語学留学していたチョン・ジヒョンが4日、帰国したようだ。
米映画TV情報サイトZap2itは先月31日、2004年のベスト映画とワースト映画を発表、ベストには「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")、ワーストには「80デイズ」("Around the World in 80 Days")を選んだようだ。
旧富士銀行横浜支店が、4月に開校する東京芸術大学大学院映像研究科の校舎として使われることになったようだ。
大韓航空は6日、「冬のソナタ」のロケ地となった韓国春川市や竜平リゾートに近い襄陽国際空港と関西空港を結ぶ「冬ソナ専用機」を、今月8日から3月25日まで週1往復運航する、と発表したらしい。
宝塚歌劇団星組娘役トップの檀れいが、8月14日の東京宝塚劇場公演「長崎しぐれ坂」「ソウル・オブ・シバ!!」千秋楽で退団することが決まったようだ。
アドルフ・ヒトラー最後の12日間を描くドイツ映画"Der Untergang"("The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich")が、バイエルン映画賞の観客賞を受賞したようだ。世論調査では観客の7割近くが映画を肯定的に評価しているとか。
ウィル・フェレル、クリスティーナ・アップルゲイト共演"Anchorman: The Legend of Ron Burgundy"(2004年)のDVDが2日発売され、米レンタルビデオ・チャートでトップとなったようだ。
英BBCは、米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガーの半生を描くミュージカル"Jerry Springer - The Opera"を8日にノーカット放送するらしい。
ジョン・シングルトン監督、マーク・ウォールバーグ主演のタイトル未定(旧タイトル"Four Brothers")の新作で、Outkastのアンドレ3000(アンドレ・ベンジャミン)の共演が決まったようだ。タイリース、ギャレット・ヘドランドらが共演、来週からトロントで撮影が始まるらしい。 [☆アイス・キューブは?]
米衛星ラジオ局Sirius Satellite Radioは、2006年から自動車用子供向けビデオ配信サービスをスタートするようだ。
「アレキサンダー」("Alexander")プロモーションのためロンドンを訪れているオリヴァー・ストーン監督は「同性愛がキャッチフレーズになって広まってしまった。きわどい問題だが、大げさに騒ぎすぎだと思う。『アレキサンダー・ザ・ゲイ』だなんてバカげている」と語ったようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)は5日、PGA賞のノミネーションを発表、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が"Sideways"、"Million Dollar Baby"、「アビエイター」("The Aviator")、「ネバーランド」("Finding Neverland")と共に候補に挙がったようだ。
9日行われるパレスチナ自治政府議長選挙への投票を呼びかけるTVCMに、リチャード・ギアが出演しているらしい。
New Line Cinemaのトビー・エメリッヒ(Toby Emmerich)は、「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason",2003年)の続編について「予定していない。去年の10月にサム・ライミから、今はやらないほうがいいと言う話があった。」と語ったらしい。
マシュー・マコノヒー、ペネロペ・クルス共演の新作"Sahara"の最新ポスターが公開されたようだ。
スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーによる制作会社Section Eightが手掛ける30分の新作コメディ番組"Unscripted"が、9日から米HBOでスタートするようだ。
ヴィン・ディーゼル主演の新作アクション・コメディ"The Pacifier"のポスターが公開されたようだ。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"のロイス・レイン役には、ケイト・ボスワースが起用されたようだ。
ハリウッド外国人記者協会(Hollywood Foreign Press Association)は、16日に開催される第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、ウィル・フェレル、サミュエル・L・ジャクソン、ティム・ロビンス、、シャーリーズ・セロン、ナオミ・ワッツ、レネー・ゼルウィガーらがプレゼンターを務める、と発表したようだ。
スティーヴン・ホプキンス監督「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」("The Life and Death of Peter Sellers")の公開に合わせ、田中直樹の原案・主演、中野裕之監督の監修による短編映画が製作され、本編前に上映されるらしい。
Paramount Picturesは、モトクロス界のタイガー・ウッズ(?)、ジェイムズ・"ババ"・スチュワート(James "Bubba" Stewart)を描く映画を製作するらしい。セレブ写真家のサム・ジョーンズ(Sam Jones)の映画監督デビュー作になるようだ。
ジョン・トラヴォルタとジェイムズ・ガンドルフィーニは、トッド・ロビンソン(Todd Robinson)脚本・監督の新作"Lonely Hearts"で共演するようだ。3月からフロリダのジャクソンヴィルで撮影が始まる模様。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"で、パトリック・スチュワートがスーパーマンの父ジョー=エル役を希望しているらしい。
ヒース・レジャーは、オーストラリアでのクリスマス休暇中、つきまとっていたパパラッチを突き飛ばすなどしたため、警察から事情聴取を求められているらしい。
ハイジ・クラムは、歌手のシール(Seal)と婚約したと発表したようだ。カナダのウィスラーにある氷河で結婚を申し込まれたらしい。
  1/7
「ミシシッピー・バーニング」("Mississippi Burning",1988年)の題材ともなった、1964年に公民権運動活動家3人が殺害された事件について、KKKメンバーのエドガー・キレンが6日容疑者として逮捕されたようだ。
吉永小百合、浜田光夫が共演した「愛と死をみつめて」(斎藤武市監督,1964年)のDVDが、今月21日に発売されるらしい。
クォン・サンウ主演の韓国NBC「悲しき恋歌」が5日スタート、平均視聴率18.1%を記録したようだ。
東芝、NECなどの「HD DVD」陣営は6日、Time Warner、Paramount、Universalの3社が10月以降、映画ソフトを同方式で順次発売する、と発表したようだ。「フォレスト・ガンプ/一期一会」("Forrest Gump",1994年)、「バットマン」("Batman",1989年)、「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Philosopher's Stone",2001年)、「ゴースト/ニューヨークの幻」("Ghost",1990年)、「アポロ13」("Apollo 13",1995年)など合計89作品がHD DVD化されるらしい。
薮内省吾監督「ファンタスティポ」で主演した国分太一と堂本剛が6日、新ユニット「トラジ・ハイジ」結成会見を都内で行ったようだ。パルコのバレンタインキャンペーンのイメージキャラクターに起用されるらしい。
松坂慶子、テレサ・チャン、ハリスらが共演するヨン・ファン監督「桃色」が、来月開催される第55回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品されるらしい。
8日から放送される韓国KTフリーテルの新CMに、ヨン・ジョンフンが登場するようだ。ティム・バートン監督「ビッグ・フィッシュ」("Big Fish",2003年)のパロディになっているらしい。
ハ・ジウォンは6日、愛の臓器寄贈運動本部で角膜提供の誓約を行ったようだ。
チャン・ツィイーは、中国中央電視台の総合番組「春節聯歓晩会」が出演オファーを受けているらしい。チャン・イーモウ監督「LOVERS」で披露した舞踏の再現を依頼されているとか。しかし、米国で「さゆり」("Memoirs of a Geisha")撮影中のため、実現は困難な模様。
ジョウ・シュンのセカンドアルバム「偶遇」が31日リリースされるようだ。交際中の李大斉のために歌った「大斉」も収録されているらしい。
2004年香港芸能人所得ランキングが発表されたようだ。
1.チャウ・シンチー(6300万香港ドル)
2.アンディ・ラウ(5960万香港ドル)
3.サミュエル・ホイ(3810万香港ドル)
4.サミー・チェン(3460万香港ドル)
5.ルイス・クー(1950万香港ドル)
6.ケリー・チャン(1620万香港ドル)
7.ミリアム・ヨン(1610万香港ドル)
8.ハッケン・リー(1530万香港ドル)
9.チャーリーン・チョイ(1525万香港ドル)
10.ジリアン・チョン(1145万香港ドル)
運営会社の中央興業の廃業に伴い、横浜の独立系映画館「関内MGA」が今月20日、閉館するようだ。
「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が6日、香川県木田郡庵治町の町役場で行われた囲む会に出席したようだ。
米国週末公開作品では、唯一新作として公開されるマイケル・キートン主演"White Noise"が1200万ドルから1400万ドルの興収を記録する、と予想されているようだ。
映画「ドアーズ」("The Doors",1991年)ではアドバイザーを務めたDoorsのマネージャー、ダニー・シュガーマン(Danny Sugerman)さんが5日亡くなった(50歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米MTVは6日、人気リアリティ・シリーズ"The Osbournes"(2002年-)を、今月17日スタートの第4シーズン(全10回)で終了すると発表したようだ。
1988年にジェイムズ・ブラウンから暴行を受けたとして、元スタッフの女性が5日、1億ドルの損害賠償を求める民事訴訟を起こしたようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞のノミネーションが6日発表されたようだ。
・マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")
・マーク・フォースター監督「ネバーランド」("Finding Neverland")
・クリント・イーストウッド監督"Million Dollar Baby"
・テイラー・ハックフォード監督「レイ」("Ray")
・アレクサンダー・ペイン監督"Sideways"
エルヴィス・プレスリー生誕70周年記念パーティが、英国のブラックプール(Blackpool)で今週末開催されるエルヴィス大会で行われるようだ。ヨーロッパ中のそっくりさんが集まるらしい。
2004年の米国ビデオセールスは、Warner Bros.が19.7%のシェアでトップ、以下Buena Vistaが16.6%、Universal Picturesが13.8%、20th Century Foxが12.4%、Sony Picturesが12.3%と続いたようだ。また、作品別では、「シュレック2」("Shrek 2")が4億5800万ドルでトップだったらしい。
セルジオ・カステリット監督「赤いアモーレ」("Non ti muovere",2004年)のPRイベントが7日都内で行われ、雛形あきこが1日宣伝部長を務めたようだ。
リチャード・リンクレイター監督によるフィリップ・K・ディックの小説「暗闇のスキャナー」の映画化"A Scanner Darkly"からの画像が公開されたようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の映画化で、アラン・リックマンとビル・べイリー(Bill Bailey)の参加が決まったようだ。リックマンはマーヴィンの声を担当、べイリーはクジラを演じる(?)らしい。
DreamWorksの新作CGアニメ映画"Madagascar"のポスター第1弾が公開されたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")プロモーション用画像22点が公開されたらしい。
Viacomは6日、映画プロデューサーのブラッド・グレイ(Brad Grey)を、Paramount Motion Picture Groupの会長兼CEOに任命した、と発表したようだ。
ブリトニー・スピアーズは、ハリウッドでミュージカル映画を監督したい、と語ったらしい。
ウィルス感染でダウンしたと報じられていたジェニファー・ガーナーについて、20th Century Foxは5日、「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)のスタント・シーン収録中に神経を損傷する怪我を負い、この2週間病床にいることを明らかにしたようだ。
マイアミで開催されたFedEx Orange Bowl 2005 National Championshipのハーフタイムショーにアシュリー・シンプソンが登場、"La La"を歌い始めたところ、72000人の観客から一斉にブーイングの嵐が巻き起こったらしい。
英国文学賞ウィットブレッド賞(Whitbread Book Awards)が5日発表され、小説部門ではアンドレア・レヴィの"Small Island"が選ばれたようだ。
「ワンピース the movie オマツリ男爵と秘密の島」の主題歌が、氣志團の書き下ろし「夢見る頃を過ぎても」に決まったようだ。綾小路翔は西友も務めるらしい。
6日行われたソウル漢陽大学の入試問題に、「ヨン様現象を批判的に分析しなさい」という問題が出題されたらしい。
米ABCは、J・J・エイブラムス(J.J. Abrams)が手がける1時間ドラマ"What About Brian?"、ロッド・ルーリー脚本による2時間ドラマ・パイロット"Commander in Chief"など4作品の制作を決定した模様。
「ナショナル・セキュリティ」("National Security",2003年)のデニス・デューガン監督次回作は、Revolution Studiosによる野球コメディ"Bench Warmers"になるようだ。4月にクランクインするらしい。
Revolution Studiosは、ブルース・ナッシュ(Bruce Nash)による野球映画企画"To Wally Ward"を獲得した模様。"To Wally Ward"と書かれた1957年のBrooklyn Dodgersのサイン入りボールを手にした野球ファンが、元の持ち主を探すたびに出る・・・という話らしい。"To Wally Ward"と書かれた野球ボールは実在するとか。
20th Century Foxは、ジョシュ・フリードマン(Josh Friedman)による脚本"Orphan's Dawn"についてオプション契約を結んだようだ。1世紀以上宇宙を漂う都市サイズの宇宙船の住民が、居住に適した惑星を探す・・・というSFらしい。
マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督、シャロン・ストーン主演による「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編"Basic Instinct 2: Risk Addiction"は、デヴィッド・モリッシーが主演男優に決まったらしい。撮影は3月からロンドンで始まる模様。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"で、レックス・ルーサー役はケヴィン・スペイシーに決まったようだ。
クリフトン・コリンズJr.、キューバ・グッディングJr.、ジュディ・レイエスは、クリス・フィッシャー(Chris Fisher)脚本・監督のインディ作品"Dirty"で共演するようだ。
ケン・ローチ監督は、ロンドン映画批評家協会賞(London Film Critics' Circle Awards)の特別功労賞受賞が決まったようだ。
ノーラ・エフロン監督最新作"Bewitched"で、ニコール・キッドマンは1700万ドルのギャラを受け取るようだ。
米DivXNetworks社は6日、「DivX 6」を先行公開したようだ。映画のオンライン販売に対応するための技術も組み込まれ、映画会社との協議も進められている模様。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの裁判で、証言台に立ったロサンゼルス市警の警察官は「事件後の警察による尋問中、彼は吐き続け、とても感情的になっていた。彼は、妻が違法なポルノ産業に関連しており、妻に拳銃を持ってくるように頼まれた、と説明した」と語ったようだ。
2005 International CESが開催されるLas Vegas Convention Centerで6日、米Microsoft社ビル・ゲイツ会長兼CSAの基調講演が行われ、コナン・オブライエンがホスト役を務めたようだ。舞台には米NBCのトーク番組"Late Night with Conan O'Brien"(1993年-)のセットが用意されたらしい。
  1/8
韓国国防省は7日、1971年に起きた実尾島事件の真相を究明することを明らかにしたようだ。映画「シルミド/SILMIDO」の大ヒットがきっかけとなった模様。
白岩久弥監督の新作「MATATABI」で、池畑慎之介が「薔薇の葬列」(松本俊夫監督,1969年)以来36年ぶりに映画で主演を務めるらしい。山城新伍、多岐川裕美、温水洋一、片桐はいり、山田雅人、板尾創路、木村祐一らが共演、年内公開予定とか。
源孝志監督「東京タワー」のPR会見が7日、梅田のホテル内にあるチャペルで行われ、黒木瞳、岡田准一らが出席したようだ。
ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻が離婚を決めた、と米メディアが報じた模様。 [☆残念です・・・]
ペ・ヨンジュンの日本公式サイトは11日に再開される模様。
スマトラ沖地震復興支援のためのチャリティ・コンサート"Crossing Borders"が7日香港で開催され、ジャッキー・チェン、ジェット・リーらが参加、7時間のライブ終了までに2000万香港ドル以上の募金が集まったらしい。
下山天監督「忍 SHINOBI」に出演するオダギリジョーは「実はアクションと恋愛劇は苦手」と語ったらしい。
沖縄県那覇市の首里城で8日、「北の零年」PRのため訪問中の吉永小百合らを歓迎するセレモニーが開催されたようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の海賊版が、大阪市内で大量に出回っているらしい。映画館内でビデオ撮影したもののようだ。スタジオジブリは法的手段の検討を始めた模様。
大阪芸術大学は、4月から「キャラクター造形学科」を新設、里中満智子らが講師を務めるらしい。
女優ラナ・クラークソン(Lana Clarkson)殺害容疑で起訴されている音楽プロデューサーのフィル・スペクターの裁判で、彼女は自殺したと主張するスペクター容疑者に対し、事件当日現場に向かった警察官は「彼は『彼女を撃つつもりは無かった。事故だったんだ』と言った」と証言した模様。また、スペクターの運転手は「家の中からの銃声を聞いて警察に電話してから3分後に、彼は銃を手に持って外に出てきて『僕は人を殺したようだ』と言った」と証言したらしい。
英BBCが、米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガーの半生を描くミュージカル"Jerry Springer - The Opera"をノーカット放送すると発表したことに抗議するキリスト教徒らによるデモが7日、BBCロンドン支局前で行われ、参加者はTV受信許可証(=英国ではTV受信は許可制で、年間約120ポンドの受信料を支払うことが義務付けられている)を燃やしたらしい。一方、ミュージカルに出演したデヴィッド・ソウルは「このショーが神への冒涜や悪い言葉遣いというだけのショーになったことは1度たりともない。僕はクリスチャンであり、この作品が神への冒涜だとは全く思わない」と語ったようだ。
"The Ring Two"の最新予告篇が、QuickTime Movie Trailersで公開されたようだ。
「ウォレスとグルミット」シリーズ最新作"Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit"のメイキング映像が公開されたようだ。
ウェス・クレイヴン監督最新作"Cursed"の予告篇がMoviefoneで公開されたらしい。
マイアミのステーキレストランSmith & Wollenskyを訪れていたジェシカ・シンプソンのドレスに、ウェイターがほうれん草のクリーム煮をこぼしてしまったらしい。一緒に訪れていたMTVのリアリティ番組"Newlyweds: Nick & Jessica"(2003年-)のクルーらは笑い出したものの、夫ニック・ラシェイは店長を呼びつけて「妻に謝れ!」と猛抗議、勘定の支払いを拒否したようだ。結局、勘定はMTVが支払い、その顛末はいずれ放送される予定とか。
スティーヴン・スピルバーグは、スマトラ島沖地震の津波被災者に対する支援として、150万ドルを寄付したようだ。
ジェニファー・ガーナー主演「エレクトラ」("Elektra")の冒頭5分間が、Yahoo! Moviesで公開されたらしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のプロデューサーを務めるエマ・トーマス(Emma Thomas)は、アメリカン・ヒーローである主人公にウェールズ出身のクリスチャン・ベイルを起用したことについて「Warner Brothersが懸念を示すことは無かった。それが私達のアプローチだったから。キャストは皆、出身に関係なく、その役に合った人から選んだの。でも、ほとんどの人はクリスチャンが英国人だとは気付かないと思うわ。米国人の役を何度も演じているから」と語ったらしい。
ラスヴェガスで開催中のInternational CESで7日、Hewlett-Packardのカーリー・フィオリーナ会長兼CEOによる基調講演が行なわれ、DreamWorksのジェフリー・カッツェンバーグがゲストとして登場、新作アニメ映画"Madagascar"のワンシーンも特別公開されたらしい。また、HPが支援するProject Greenlightのマット・デイモンらもビデオで登場したようだ。
アーロン・カーター(Aaron Carter)が6日、愛車2004 Cadillac Escaladeで走行中、前を走っていたトラックから落ちたマットレスの上に乗り上げ出火、一緒に乗っていた友人と慌てて逃げ出したところ、直後に爆発炎上したらしい。カーターらに怪我はなかったようだ。
  1/9
清水哲の著書「桑田よ清原よ生きる勇気をありがとう」の映画化が企画されているらしい。桑田真澄投手は友情出演する意向を明らかにしたようだ。
「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督が8日都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。続編製作が決定、日本人女優を起用する予定とか。
行定勲監督「北の零年」の先行上映が8日全国4ヵ所でスタート、那覇市民会館では吉永小百合、豊川悦司、石田ゆり子、石原さとみらが舞台挨拶に立ったようだ。
ユン・ソクホ監督は8日、「冬のソナタ」の映画化を企画していることを明らかにしたようだ。製作時期やキャストなどは未定とか。 [☆ヨン様の出ない「冬ソナ」はファンが許さないでしょう。]
「小森のおばちゃま」こと、映画評論家の小森和子さんが8日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
来月21日からポルトガルで開催される第25回ポルト国際映画祭(Oporto International Film Festival)に、チョン・ヨンギ監督「人形師」とソン・ベギョム監督「五歳庵」の使い出品が決まったらしい。
韓国ビデオレンタルチェーンの発表によると、昨年最も人気を集めた作品は、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」だったようだ。
「カンフーハッスル」プロモーションのため先日韓国を訪れたチャウ・シンチーは「『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンの演技は非常に魅力的だった。もし機会があれば、共演したい」と発言したらしい。
デイトナ24時間耐久レースに出場するポール・ニューマンが8日、レーシングカーのテスト走行中に車から発火する事故に遭ったらしい。脱出して無事だったようだ。
米映画批評家協会(National Society of Film Critics)賞が発表されたようだ。
■作品賞 "Million Dollar Baby" (クリント・イーストウッド監督)
■監督賞 チャン・イーモウ (「LOVERS」)
■脚本賞 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー ("Sideways")
■撮影賞 「LOVERS」("House of Flying Daggers")
■主演男優賞 ジェイミー・フォックス (「レイ」「コラテラル」)
■主演女優賞 ヒラリー・スワンク ("Million Dollar Baby")、イメルダ・スタウントン (「ヴェラ・ドレイク」)
■助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ ("Sideways")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン ("Sideways")
■ドキュメンタリー賞 「ターネーション」(ジョナサン・カウエット監督) ■外国語映画賞 "Moolaade" (ウスマン・センベーヌ監督)
英BBCの人気コメディ番組"The Office"(2001-2003年)の続編"Extras"に、ケイト・ウィンスレットとジュード・ロウが出演するらしい。
英Daily Mirror紙は、トム・クルーズ主演"Mission: Impossible III"に、英BBCの人気コメディ番組"The Office"(2001-2003年)のクリエイターで主演のリッキー・ジャーヴェイス(Ricky Gervais)が共演する、と報じたらしい。
"Sex and the City"(1998-2004年)のシンシア・ニクソン(Cynthia Nixon)が、来月17日放送の「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にゲスト出演するようだ。また、来月10日の放送ではシシー・スペイセクがゲスト出演するらしい。
16日に開催される第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式のプレゼンターとしてさらに、パトリシア・アークエット、ハル・ベリー、アル・パチーノ、メリル・ストリープの参加が決まったようだ。
ジョニー・デップは、英BBCの人気コメディ番組"Little Britain"への出演を希望しているらしい。
元Spice Girlsのスケアリー・スパイスことメル・Bは来年、暴露本を出版するらしい。
リック・バーマン(Rick Berman)による映画版「スター・トレック」の前編企画は、結局お蔵入りになった模様。
エルヴィス・プレスリー生誕70周年を迎えた8日、メンフィスにあるプレスリーの邸宅前には、全世界から800人のファンが集まったようだ。
昨年亡くなったジョニー・ラモーンの銅像が、Hollywood Forever Cemeteryに完成したらしい。今月14日に除幕式が行われるようだ。
アッシャー(Usher)のライヴ・コンサートが、米Showtimeで3月5日に生中継されるらしい。
ジュリア・ロバーツは、ラムズフェルド米国防長官からニューメキシコにある約15万平方メートルの土地を買い取ったらしい。
  1/10
オムニバス映画「Jam Films S」の試写会が9日都内で行われ、小雪、乙葉、小西真奈美、内山理名、綾瀬はるか、石原さとみらが出席したようだ。
松竹は、ディナー、宿泊をセットにしたオリヴァー・ストーン監督「アレキサンダー」("Alexander")のプレミア試写会を、14日にパークハイアット東京で開催するらしい。コリン・ファレルとストーン監督も参加するようだ。
「日本沈没」(森谷司郎監督,1973年)、「青春の門」(浦山桐郎監督,1975年)などで助監督を務めた後、「ゴジラ」(1984年)、「さよならジュピター」(1984年)を手掛けた、映画監督の橋本幸治さんが9日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国で公開中の宮崎駿監督「ハウルの動く城」の観客動員が、日本映画としては過去最高の216万4000人を記録したようだ。
リュ・スンワン監督「拳が泣く」に主演するチェ・ ミンシクは9日、ボクシング・シーンのハードな撮影が続いたため極度の疲労を訴え、病院で点滴を受けたらしい。
仏Le Journal du Dimanche紙の調査によると、最も人気のあるフランス人の第1位にはReal Madridのジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)が選ばれ、俳優ではジャン・レノが5位に入ったようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」などの海賊版DVDを販売していたとして、兵庫県在住の男性が10日逮捕されたようだ。
第31回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice Awards)が9日発表されたようだ。
■映画作品賞 「華氏911」("Fahrenheit 9/11")
■ドラマ映画賞 「パッション」("The Passion of The Christ")
■コメディ映画賞 「シュレック2」("Shrek 2")
■続編賞 「シュレック2」("Shrek 2")
■アニメ映画賞 「シュレック2」("Shrek 2")
■アニメ・スター賞 ドンキー(「シュレック2」)
■映画悪役賞 妖精のゴッドマザー (「シュレック2」)
■映画カップル賞 ドリュー・バリモア&アダム・サンドラー ("50 First Dates")
■女性映画スター賞 ジュリア・ロバーツ
■男性映画スター賞 ジョニー・デップ
■女性アクションスター賞 アンジェリーナ・ジョリー
■男性アクションスター賞 ウィル・スミス
■主演女優賞 レニー・ゼルウィガー
■主演男優賞 ブラッド・ピット
■面白い女性スター エレン・デジェネレス
■面白い男性スター ジム・キャリー
Magnolia Picturesは、まもなく開催されるサンダンス映画祭で上演される、アレックス・ギブニー(Alex Gibney)監督のドキュメンタリー映画"Enron: The Smartest Guys in the Room"の北米配給権を獲得したようだ。
エリック・ブレス(Eric Bress)とJ・マッキー・グルーバー(J. Mackye Gruber)の脚本・監督によるドン・ウィンズロウ(Don Winslow)のミステリー小説シリーズ第1作"A Cool Breeze on the Underground"の映画化で、ニック・スタールの主演が決まったようだ。
北米を除く海外興収は、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")が1億3700万ドル、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")は3億ドルを突破した模様。また、アジア8カ国で上映中の「カンフーハッスル」("Kung Fu Hustle")は週末興収550万ドル、総興収4700万ドルを記録したようだ。
エルヴィス・プレスリーの「監獄ロック」("Jailhouse Rock")のシングルが生誕70周年に合わせて再リリースされ、英国では19枚目となるシングル・チャートNo.1となったようだ。
全米週末興収は、ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"が2840万ドルで3週連続1位を獲得、総興収は2億ドルを突破したようだ。一方、マイケル・キートン主演"White Noise"は2400万ドルで2位のスタートとなった模様。
ファムケ・ヤンセンは"X-Men 3"への出演について「まだ分からない。でも、今脚本執筆中でDark Phoenixも登場する、と聞いているわ」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズは、新しい犬を飼い始めたらしい。「ラッキーと言う名前で、彼女のお部屋に新しいドレッサーを買ってあげたの。そう、お部屋があるのよ。(チワワの)ビット・ビットと一緒なの」と語ったようだ。
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクが婚約した模様。ティンバーレイクは、正月に巨大なダイヤの指輪を渡して、結婚を申し込んだらしい。
フジテレビ「韓タメ!」で15日から、韓国MBCのアナウンサー、パク・ソヒョンが進行役を務めるようだ。ハ・ジウンは産休に入ったらしい。
21日発売されるアントワン・フークア監督「キング・アーサー」("King Arthur",2004年)DVDのTVCM収録が9日都内で行われ、古田敦也捕手がナレーションを担当したようだ。
Jim Henson PicturesとWarner Bros. Picturesは、アーシュラ・ジョーンズ(Ursula Jones)作、ラッセル・エイト(Russell Ayto)画による児童書「魔女の子どもたち」("The Witch's Children")を共同で映画化するようだ。
スコット・ルディンは、「めぐりあう時間たち」("The Hours",2002年)のマイケル・カニンガム(Michael Cunningham)による新作小説"Specimen Days"の映画化権を獲得した模様。19世紀の詩人ウォルト・ホイットマン(Walt Whitman)を中心に、過去、現在、未来のドラマが展開する作品らしい。
マックジーの製作会社Wonderland Sound & Visionは、ジェイムズ・スターン(James Stern)のEndgame Entertainmentと共同で、ホラー映画"Stay Alive"を製作するようだ。ブレント・ビル(Brent Bell)が監督を務め、撮影は3月からニューオーリンズで始まる模様。
ブロードウェイ・ミュージカル"The Boy From Oz"に主演したヒュー・ジャックマンは、米Disneyと複数の舞台ミュージカル制作について契約を結んだようだ。
リーアム・ニーソンは、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")にクワイ=ガン・ジンの幽霊としてカメオ出演するらしい。
エミー賞受賞のクリスティン・バランスキー(Christine Baranski)は、米ABCの新作コメディシリーズ"In the Game"で、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、アリソン・ハニガン(Alyson Hannigan)、エド・オニールらと共演するようだ。
  1/11
ポニーキャニオンとGONZOは11日、新作TVアニメ「砂ぼうず」の無料配信をスタートしたようだ。
ポニーキャニオンは11日、新作TVアニメ「UG☆アルティメットガール」の無料配信をスタートしたようだ。
韓国KBSで「冬のソナタ」の再放送が8日スタート、午後11時からの放送にも関わらず、17.2%の高視聴率を記録したらしい。
Warner Home Videoに続いて、Universal Studios、Paramount PicturesなどもMini-DVDのタイトルを発売するようだ。Walt Disneyも検討中らしい。子供向けの携帯型Mini-DVDプレーヤも相次いで発売される模様。
昨年11月の火災で中断していた三池崇史監督「妖怪大戦争」の製作が5日から再開され、10日都内角川大映撮影所で撮影現場が報道陣に公開さたようだ。神木隆之介、宮迫博之らが参加したらしい。
ホテルのカジノでテーブル1つを借り切って、支配人から給仕係まで全員を仲間が演じ、連れ込んだ客から金を騙し取ったとして、韓国の暴力団関係者5人が起訴されたようだ。「スティング」("The Sting",1973年)ばりの大掛かりなイカサマ賭博、として韓国で話題になっているとか。
「名づけてサクラ」(斎藤武市監督,1959年)、「海ッ子山ッ子」(木村荘十二監督,1959年)などの原作や、NHKテレビドラマ「バス通り裏」の脚本なども担当した、作家の筒井敬介さんが8日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
イ・ビョンホン、チェ・ジウ共演「誰にでも秘密がある」のポスターとロケ地などを紹介する手帳をセットにしたコレクションセットが10日、日本と韓国で同時発売されたらしい。
パク・チャンウク監督最新作「親切なクムジャさん」で、高校3年生の新人俳優キム・シフが、入隊したユン・ゲサンに代わってイ・ヨンエの相手役に起用されたらしい。
「朝を呼ぶ口笛」(生駒千里監督,1959年)、「青い山脈」(西河克己監督,1963年)、「夢千代日記」(浦山桐郎監督,1985年)など初DVD化作品11本を含む、吉永小百合主演作26本のDVDが、今月21日と28日に発売されるようだ。
尾崎豊の遺品を譲ると偽って1億4500万円をだまし取ったとして詐欺罪で起訴されていた元映画プロデューサーの沼田篤志被告に対し、東京地裁は11日、懲役5年の実刑判決を言い渡したようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞TV映画部門のノミネーションが10日発表され、クリストファー・リーヴが監督を務めた"The Brooke Ellison Story"が5部門で候補に挙がったようだ。
オリヴァー・ストーン監督「アレキサンダー」("Alexander")の北米を除く海外週末興収は1690万ドル、総興収は6630万ドルを記録、米国内興収3400万ドルを大幅に上回っているようだ。
スマトラ島沖地震による津波被災者支援のための、米NBCによるチャリティ番組"Tsunami Aid: A Concert of Hope"に、マドンナ、ダイアナ・ロスらの出演が決まったようだ。
ダニー・デヴィート、キム・ベイシンガー、フォレスト・ウィテカーは、マーク・ライデル監督の新作アンサンブル・ドラマ"Jump Shot"で共演するようだ。ニック・キャノン、カーラ・グギノ、ジェイ・モーア、ケルシー・グラマー、レイ・リオッタらも出演、18日からロサンゼルスで撮影が始まる模様。
米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)による第10回Critics' Choice Awardsが10日発表されたようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 マーティン・スコセッシ(「アビエイター」)
■脚本賞 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー("Sideways")
■主演男優賞 ジェイミー・フォックス(「レイ」)
■主演女優賞 ヒラリー・スワンク("Million Dollar Baby")
■助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ("Sideways")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン("Sideways")
■アンサンブル演技賞 "Sideways"
■アニメーション賞 「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
■若手男優賞 フレディ・ハイモア(「ネバーランド」)
■若手女優賞 エミー・ロッサム(「オペラ座の怪人」)
■ファミリー映画賞 「ネバーランド」("Finding Neverland")
■サウンドトラック賞 「レイ」("Ray")
■作曲賞 ハワード・ショア(「アビエイター」)
■TV映画賞 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」("The Life and Death of Peter Sellers")
■ドキュメンタリー賞 「華氏911」("Fahrenheit 9/11")
■外国語映画賞 "The Sea Inside"(アレハンドロ・アメナーバル監督)
米FOXの人気TVシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)の第4シーズンが9日スタート、18-49歳の平均視聴者数は1480万人を記録したようだ。
英国音楽賞第25回Brit Awardsのノミネーションが10日発表され、Franz Ferdinandが最多5部門にノミネートされたらしい。
米レンタルビデオチェーンのHollywood Entertainment社は10日、同業界下位のMovie Gallery社に8億5000万ドルで吸収合併されることに合意した模様。合併後は、全米4500店舗、売上高25億ドルで業界2位となるようだ。
米News社のルパート・マードック(Rupert Murdoch)は10日、60億ドルでFox Entertainment Groupの全株式を追加取得し、20th Century Fox、Fox Network、Fox News Channelなど全てを傘下に収める、と発表したようだ。
So-netは、小野寺圭介監督、杏さゆり主演「White Illumination」など5作品を、会員向けに無料配信するらしい。
ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ共演「スパイ・バウンド」("Agents secrets",2004年)のブロードバンド試写会が、4th MEDIAで21日から開催されるようだ。
オリコンDVDチャートで「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が4週連続1位を獲得したらしい。「マツケンサンバ2 振り付け完全マニュアルDVD」も10位に入ったようだ。
「ジーパーズ・クリーパーズ」("Jeepers Creepers",2001年)、「ヒューマン・キャッチャー」("Jeepers Creepers 2",2003年)に続く、シリーズ第3作が製作中らしい。第2作の21年後が舞台になる模様。2006年夏公開予定とか。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、クリスタナ・ローケン主演による人気ゲームの映画化"BloodRayne"の予告編が、今月28日から全米の"Alone in the Dark"公開劇場で上映されるらしい。
コーリー・ユン監督によるテクモの人気ゲーム"Dead or Alive"の映画化で、「エレクトラ」("Elektra",2005年)に出演するナターシャ・マルテ(Natasshia Malthe)がキャスティングされたらしい。
フィリップ・プルマン(Philip Pullman)の児童書「ライラの冒険」("His Dark Materials")シリーズ第1作「黄金の羅針盤」("The Golden Compass")を映画化するNew Line Cinemaは、第1作目のヒットを確認したうえで、第2作「神秘の短剣」("The Subtle Knife")、第3作「琥珀の望遠鏡」("The Amber Spyglass")の同時製作を決定するようだ。
「デュース・ビガロウ 激安ジゴロ!?」("Deuce Bigalow: Male Gigolo",1999年)の続編"Deuce Bigalow: European Gigolo"のポスターが公開されたようだ。
米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガーの半生を描いたミュージカル"Jerry Springer - The Opera"が8日、英BBCで放送され、視聴率10.8%を記録すると共に、4万5000件以上の苦情が寄せられたらしい。
15日放送のフジテレビ「ミュージックフェア21」に、パク・ヨンハとリュ・シウォンが出演するらしい。
Motown Records発展期のダイアナ・ロスとシュープリームスを描いたブロードウェイ・ミュージカル"Dreamgirls"が、ビル・コンドンの監督で映画化されるようだ。
スウェーデンの映画監督集団Traktorは、ポール・スローン(Paul Sloan)のSFスリラー脚本"Siphon"の映画化について、オプション契約を結んだ模様。「羊たちの沈黙」("The Silence of the Lambs",1991年)と「ブレードランナー」("Blade Runner",1982年)を合わせたような物語らしい。
米FXの人気ドラマ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)に、アンソニー・アンダーソンの出演が決まったようだ。
負傷し療養中と伝えられていたジェニファー・ガーナーが8日、ラスヴェガスで行われた「エレクトラ」("Elektra")のワールドプレミアに集積したようだ。「クリスマス前から調子が悪かった。理由が分からなくて、感染症か何かと思っていたけれど、背中を痛めていたことが分かったの。余分の年末休暇をもらってすっかり元気になった。すぐにでも復帰できるわ」と語ったらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")でトム・クルーズと共演するダコタ・ファニングは「トムもスティーヴンも本当に素晴らしい人よ。映画は絶対面白くなるわ。私が言えるのはそれだけ。後は秘密」と語ったようだ。
ジェイムズ・キャメロンは、次回作となる木城ゆきとのコミック「銃夢」("Battle Angel Alita")の映画化について「現在プリプロダクションに入っている。2007年に公開予定だ。Alitaは女優が演じるが、CGキャラクタとして登場するだろう」と語ったようだ。
マシュー・マコノヒーは、Scott Rudin ProductionsとParamount Picturesによる新作コメディ"Failure to Launch"への出演契約にサインしたようだ。
ファムケ・ヤンセンは「"X-Men 3"にブライアン(・シンガー監督)が戻ってくれないのはとても残念。彼が前2作の作品のトーンを決めていたし、素晴らしい仕事をしたと思うわ。でも、別の誰かがイメージするX-Menのキャラクタやシリーズにも興味があるわ」と語ったようだ。
クリストファー・リーヴが生前使用していた特別仕様車が、7万人以上の応募者から選ばれた14歳の少年にプレゼントされたらしい。
3月11日からテキサス州オースティンで開催されるSouth by Southwest Film Festivalで、アンドリュー・ウィルソン、ルーク・ウィルソン共同監督、オーウェン・ウィルソン出演による新作"The Wendell Baker Story"が上映されるようだ。
大ヒット・ブロードウェイミュージカル"Wicked"に出演するイディナ・メンゼル(Idina Menzel)が、8日昼の公演中に跳上げ戸を落下して肋骨を骨折、舞台は45分間中断したらしい。翌9日の昼公演まではショーシャナ・ビーン(Shoshana Bean)が代役を務めたものの、9日夜の最終シーンにはトレーニングウェア姿で再び登場、カーテンコールで観客から大きな喝采を受けたとか。
ジェイムズ・L・ブルックス(James L. Brooks)は、来月20日に開催される米国映画編集者(American Cinema Editors)賞の授賞式で、ACE Golden Eddie Filmmaker of the Year賞を受賞することが決まったようだ。
ウィル・スミスは、故郷のフィラデルフィアで計画していたホテルなどの複合商業施設の建設を放棄、所有していた土地を売却したようだ。
  1/12
ブロードメディア・スタジオは、新作映画を劇場公開と平行して配信する事業を始めるようだ。第1弾として、29日から都内で公開されるフォ・ジェンチィ監督「故郷の香り」を、3月1日からYahoo!ムービーで有料(\1500)配信するらしい。
ペ・ヨンジュンの日本公式サイトが12日再開されるのに合わせて、ヨン様は11日新年のメッセージを発表したようだ。
「北の零年」に出演する吉永小百合、石田ゆり子、石原さとみ、豊川悦司、行定勲監督らが、11日都内で行われたチャリティ・ディナーショーに出演したようだ。松浦亜弥も参加したらしい。
末永遥、奥田恵梨華共演の新作映画「day alone」が3月24日にDVDで発売されるようだ。同タイトルのday after tomorrowのアルバムも3月9日にリリースされるらしい。
「冬のソナタ」のロケ地となった韓国春川市は11日、2004年の外国人観光客が前年比2.6倍の37万469人となり、経済波及効果は1500億ウォンに達する、と発表したようだ。
源孝志監督「東京タワー」の完成披露試写会が11日都内で行われ、黒木瞳、岡田准一、松本潤、平山あや、岸谷五朗らが出席したようだ。
「プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング」("The Princess Diaries 2: The Royal Engagement",2004年)プロモーションのため、ジュリー・アンドリュースとゲイリー・マーシャル監督が来日、11日都内で記者会見を行ったようだ。
先月11日より公開のクァク・ジェヨン監督、チョン・ジヒョン主演「僕の彼女を紹介します」は、公開1ヶ月間で観客動員数127万8264人、興収16億9879万2680円を記録したようだ。
「うちの兄」プロモーションのためウォン・ビンがタイを訪問、12日バンコクで行われた試写会に出席したようだ。
「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」プロモーションのため、ジャッキー・チェンが12日に韓国を訪問、SBS、MBCなどのTV番組収録に参加するらしい。
韓国国民参与連帯常任運営委員長を務める俳優兼プロデューサーのミョン・ゲナムが、与党ヨルリン・ウリ党党大会の議長選挙への出馬を検討している、と報じられた模様。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の中国大陸での興収が1億6000万元に達し、チャン・イーモウ監督「LOVERS」の1億5000万元の記録を更新した模様。
スマトラ島沖地震による津波に遭遇しながら、危うく難を逃れた武侠小説作家の金庸は、チャウ・シンチーから受け取った「カンフーハッスル」に登場する「楊過」など6つの名前の版権使用料6万元を被災地に寄付したらしい。
韓国で行われたインターネット調査によると、「オリヴィア・ハッセーに似ている芸能人」の第1位にはハン・ガイン、第2位にはユジンが選ばれたようだ。
ボリウッド映画で200本以上の作品に出演、「ガンジー」("Gandhi",1982年)、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」("Indiana Jones and the Temple of Doom",1984年)などでも活躍した、インドの俳優アムリッシュ・プリ(Amrish Puri)さんが12日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
服装評論家ブラックウェル(Blackwell)氏による毎年恒例のワーストドレッサーが発表されたようだ。 1.ニコレット・シェリダン 2.リンゼイ・ローハン 3.ジェシカ・シンプソン、アシュリー・シンプソン 4.コートニー・ラヴ 5.パリス・ヒルトン 6.セリーナ・ウィリアムズ 7.ブリトニー・スピアーズ 8.ポーラ・アブドゥル 9.メリル・ストリープ 10.アンナ・ニコル・スミス
第19回米映画撮影監督協会(American Society of Cinematographers)賞のノミネーションが11日発表され、「パッション」("The Passion of the Christ")のケイレブ・デシャネル(Caleb Deschanel)、「コラテラル」("Collateral")のディオン・ビービ(Dion Beebe)とポール・キャメロン(Paul Cameron)、「レイ」("Ray")のパウエル・エデルマン(Pawel Edelman)、「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")のブルーノ・デルボネル(Bruno Delbonnel)、「アビエイター」("The Aviator")のロバート・リチャードソン(Robert Richardson)が候補に挙がったようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞のノミネーションが11日発表され、アレクサンダー・ペイン監督"Sideways"が主演俳優賞(ポール・ジアマッティ)、助演男優賞(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、助演女優賞(ヴァージニア・マドセン)、アンサンブル演技賞の4部門で候補に挙がった模様。また、ジェイミー・フォックスが主演男優賞(「レイ」)、助演男優賞(「コラテラル」)、TV部門主演男優賞("Redemption")の3部門、ヒラリー・スワンクが主演女優賞("Million Dollar Baby")、TV部門主演女優賞("The Goodbye Girl")の2部門でノミネートされたらしい。
アレハンドロ・アメナーバル監督"Mar Adentro"(The Sea Inside)に主演したハヴィエル・バルデムは、先月行われた打ち上げパーティで踊っていたところ、元モデルの鼻を骨折させてしまったらしい。
広末涼子が主演した「秘密」(滝田洋二郎監督,2000年)のリメイクは、ヴァンサン・ペレーズが監督を務めることになったようだ。3月12日からモントリオールで撮影が始まるらしい。
ジョン・ラセター監督は、新作フルCGアニメ"Cars"について「自動車たちは生きています。その世界には人間はいません。ガソリンスタンドは彼らのレストランで、メカニックは医者、タイヤ屋は靴屋といった感じです。NASCARレースでのあっと驚くようなシーンや、砂漠での感動的なシーンも用意しています」と語ったようだ。
16日開催される第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、さらにケイト・ベッキンセイル、トファー・グレイス、ダスティン・ホフマン、ケイト・ハドソン、プリンス、アッシャー、マーク・ウォールバーグがプレゼンターとして参加するらしい。
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")のプレミア試写会が11日都内で行われ、奥菜恵らが出席したようだ。
アンソニー・ホプキンスとモーガン・フリーマンは、1962年のデンマーク映画のリメイク"Harry and the Butler"に主演するようだ。スティーヴ・ビング(Steve Bing)が監督する模様。
J・J・エイブラムズは、Universal Picturesの新作"The Good Sailor"を監督する模様。1945年7月30日、フィリピン海での日本軍潜水艦によるUSSインディアナポリス撃沈について描く作品になるようだ。
歴史学者ドリス・カーンズ・グッドウィン(Doris Kearns Goodwin)の執筆による、今秋出版予定の伝記 "The Uniter: The Genius of Abraham Lincoln"が、スティーヴン・スピルバーグの監督で映画化される模様。リーアム・ニーソンがリンカーン役で交渉に入ったようだ。来年1月から製作に入るらしい。
ショーン・ウィリアム・スコットは、New Line Cinemaの新作"The Optimist"で主演と製作を務めるようだ。
Sony Picturesは、トレヴァー・サンズ(Trevor Sands)による遠未来アクションアドベンチャーSF脚本"Resurrection"を獲得したようだ。
デヴィッド・ドゥカヴニーは、映画版"X-Files"の続編について「クリス・カーターと話をした。今年後半か来年はじめには撮影に入ると思う。独立したホラー映画になるはずだ。モルダーとスカリーは地球外生命体とは無関係の超自然的な事件を捜査することになる」と語ったらしい。
ジェイミー・フォックス、今度はマイク・タイソンを演じるつもりらしい。
木城ゆきとのコミック「銃夢」("Battle Angel Alita")のジェイムズ・キャメロン監督による映画化は、3D作品になるらしい。
「アビエイター」("The Aviator")のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章(Legion d'honneur)を受賞したようだ。
サラ・ジェシカ・パーカーが、"Shrek 3"で声優を務めるらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のスペシャル・エクステンデッド・エディションの連続上映が、今月29日から千葉と福岡で行われるらしい。
米調査会社Harris Interactiveによる恒例の「最も好きな映画スター」が発表されたようだ。
1.トム・ハンクス
2.メル・ギブソン
3.ジュリア・ロバーツ
4.ジョニー・デップ
5.ハリソン・フォード
6.デンゼル・ワシントン
7.ジョン・ウェイン
8.クリント・イーストウッド
9.ショーン・コネリー
10.ジョージ・クルーニー
[☆代わり映えのしない顔ぶれ・・・]
アレハンドロ・アメナーバル監督"Mar Adentro"(The Sea Inside)で、全身麻痺となった主人公を演じたハヴィエル・バルデムは「私は3ヶ月間をベッドで過ごしました。1日10時間の撮影の後、自分のベッドで眠っていたのです。体の変化を感じました。体重の感じ方が変わってきました。でも、そのことはあまり心配しませんでした。むしろ、演じる役を理解するのに役立ったのです」と語ったようだ。
  1/13
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の大ヒットを受けて、東京都現代美術館で4月27日から「ハウルの動く城大サーカス展」が開催されるらしい。
経済産業省の発表によると、2004年11月の映画館の売上高は前年同月比4.8%増の114億円に達した模様。宮崎駿監督「ハウルの動く城」の大ヒットが影響しているらしい。
2004年の北米でのDVDソフト出荷枚数は、前年比48%増の15億1800万枚に達したらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")に主演するトム・クルーズは、出演料として全世界興収の10%を受け取る契約を結んだ模様。世界興収は18億ドルと予想されているとか。
新日本プロレスの田中稔が芸能界に進出するらしい。ドラマや映画への出演も目指すとか。
スティーヴン・ソダーバーグ監督「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")プロモーションのため、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットが12日に来日したようだ。
ポール・グリーングラス監督「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")プロモーションのためマット・デイモンが来日、12日都内で記者会見を行ったようだ。白石美帆が花束を贈呈したらしい。
ペ・ヨンジュンとのインタビューを掲載した、大韓航空の機内誌「モーニング・カーム」1月号に対する日本人ファンからの問い合わせが殺到、急遽1万部増刷することが決まったらしい。
リッキー・マーティンが12日にタイを訪問、スマトラ島沖地震による津波被災者への支援を表明したようだ。
1990年に終演したミュージカル「コーラスライン」が、来年の9月からブロードウェイで復活するらしい。
「誰か故郷を思はざる」(伊奈精一監督,1940年)、「女の学校」(佐伯幸三監督,1955年)、「青べか物語」(川島雄三監督,1962年)、「ねむの木の詩」(宮城まり子監督,1974年)、「この子を残して」(木下恵介監督,1983年)、「流転の海」(斎藤武市監督,1990年)、「アイ・ラヴ・ピース」(大澤豊監督,2003年)など150本近い作品を手掛けた、映画撮影監督の岡崎宏三さんが13日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ゾルゲ 引裂かれたスパイ」の作者としても知られる、東京国際大教授で元英タイムズ東京支局長のロバート・ワイマント(Robert Whymant)さんが12月26日亡くなった(60歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆スマトラ島沖地震の津波に巻き込まれたそうです。]
NASAは12日、テンペル第1彗星探査機「ディープ・インパクト」を打ち上げたようだ。7月3日に子機を放出、4日の米独立記念日に彗星表面に激突させる計画とか。映画「ディープ・インパクト」("Deep Impact",1998年)から名前を取ったらしい。
デヴィッド・ベッカムは、国連児童基金(UNICEF)の親善大使に任命されたようだ。
キム・ソンス監督、クォン・サンウ主演の新作「野獣」に、ユ・ジテの出演が決まった模様。
チョン・ジュノは、1999年の「Goodbye My Love」(「さよなら私の愛」)以来6年ぶりにTVドラマに出演するらしい。コメディタッチのラヴストーリーで5月から放送予定とか。
「映画の中のひろしま」をテーマとした講演会が今月29日から4回にわたって、広島市安芸区で行われるようだ。第1回目は、若手映画監督の神酒大亮が講師を務めるらしい。
13日都内で行われた「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の記者会見では、外国人記者が全員締め出されたらしい。
カナダのオンタリオ州は先月、海外向け映画製作に関わる人件費についての税額控除を11%から18%に引き上げると発表、これに対しケベック州は20%に引き上げた一方、ブリティッシュ・コロンビア州は11%を維持しているようだ。製作者らは州に対して税額控除を引き上げなければ他の州に移る、と脅しをかけているとか。
12日都内で行われた行定勲監督「北の零年」の試写会に併せて、筑紫哲也と阿川佐和子によるトークショーが開催されたようだ。
東映は、吉永小百合出演の5作品、「天国の駅」(出目昌伸監督,1984年)、「玄海つれづれ節」(吉永小百合監督,1986年)、「華の乱」(深作欣二監督,1988年)、「天国の大罪」(舛田利雄監督,1992年)、「霧の子午線」(出目昌伸監督,1996年)のネット配信をスタートしたようだ。
「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)にビリー・ゼインがゲスト出演するらしい。
Sony Picturesは"Spider-Man 3"の脚本についてアルヴィン・サージェント(Alvin Sargent)と契約した模様。4作目執筆についてのオプションも含まれているらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")からの最新画像2点が公開されたようだ。
ティム・ストーリー監督"Fantastic Four"の特報が、14日から全米の「エレクトラ」("Elektra")公開劇場で上映されるらしい。
クリント・イーストウッド監督"Million Dollar Baby"に出演したモーガン・フリーマンは、オスカー獲得の可能性について「僕にチャンスは無いよ。僕は『レイ』("Ray")を観たけど、もしジェイミー・フォックスが当選確実でないのなら、世の中に正義は無いね。僕は彼に投票する」と語ったようだ。
クリント・イーストウッド監督"Million Dollar Baby"に主演したヒラリー・スワンクは「私はこの間30歳になったけれど、クリントは私が生まれる前からこの世界にいる。私はクリント・イーストウッドの映画を観ながら育ったのよ。初めて彼と会ったとき、何も話すことができなかった。でもすぐに、彼のことをずっと昔から知っているような感じがして、話が止まらなくなったわ」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハンは、「ラスベガス万才」("Viva Las Vegas",1963年)で一躍有名となり、歌手としても女優としても成功したアン=マーグレットについて「みんなに私が彼女に似ているって言われて、初めて彼女のことを知ったの。彼女のことについて調べ始めていて、彼女の映画も観たわ。彼女は踊れるし、歌手で女優だから、私と似ていると思った」と語ったらしい。 [☆「TAXI NY」にも出演しています。]
バンダイチャンネルは「エクスドライバー the Movie」(西森章監督,2002年)やアニメシリーズ「新ゲッターロボ」などの有料配信をスタートしたようだ。
宮藤官九郎が主演するWebシネマ「ヒトリナフタリ」の配信がYahoo! JAPAN日産自動車の特設サイトでスタートしたようだ。
福岡県警は11日、「冬のソナタ」などの海賊版DVDを販売したとして3人の容疑者を逮捕、470枚の海賊版DVDを押収したらしい。
スティーヴン・ソダーバーグ監督「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の記者会見が13日都内で行われ、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンらが出席したようだ。進行役の襟川クロは「質問は映画関係のことのみ! これは義務です」と絶叫したとか。 [☆マット・デイモンは掛け持ちか・・・]
京都市東山区の住宅で13日に火災が発生、石原裕次郎が生前利用していた料理旅館「川太郎」の一部も焼けたらしい。
「エイプリルの七面鳥」("Pieces of April",2004年)のピーター・ヘッジスは、ジョナサン・トロッパー(Jonathan Tropper)の小説"Everything Changes"の映画化の監督に向けて交渉中のようだ。
「砂と霧の家」("The House of Sand and Fog",2003年)のヴァディム・ペレルマン監督次回作は、スチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)のオリジナル脚本による"Truce"になるようだ。第1次大戦初期の実話を基にしたドラマらしい。
スペリング・コンテスト全国大会に出場することになった11歳の少女を描く、ダグ・アッチソン(Doug Atchison)監督、ローレンス・フィッシュバーン共演の新作"Akeelah and the Bee"で、アンジェラ・バセットの共演が決まったようだ。来月6日からロサンゼルスで撮影が始まる模様。
「トロン」("Tron",1982年)がリメイクされる模様。Disneyは脚本家としてブライアン・クラグマン(Brian Klugman)とリー・スターンサル(Lee Sternthal)を起用したようだ。
「エレクトラ」("Elektra")に出演するテレンス・スタンプは「やりたくなかったんだ。悪乗りしたくなかったんだよ。(「スーパーマン」("Superman",1978年)の)ゾッド役はうまく切り抜けたが、もう一度うまく行くとは思えなかったんだ。だから僕は断り続けた。でも、プロデューサーや監督に追い回されて、結局出演することになった」と語ったらしい。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督による人気ゲームの映画化"Alone in the Dark"に出演するタラ・リードは「ゲームとはかなり異なっている。ウヴェはしっかりした映画にしたかったんだ。彼は、アクションやホラーが得意だし、その要素も取り込んでいるが、彼はハートも与えている。"Alone in the Dark"にはラヴ・ストーリーもあるんだ」と語ったらしい。
ショーン・ウィリアム・スコットは、クレイグ・ギレスピー(Craig Gillespie)監督、ビリー・ボブ・ソーントン出演の新作コメディ"Mr. Woodcock"への主演に向けて交渉中のようだ。
ブライアン・シンガー監督による"Superman Returns"で、ジェイムズ・マースデンがロイス・レインの恋人リチャード・ホワイト役、ヒュー・ローリーがDaily Planetの編集長ペリー・ホワイト役を演じるらしい。
米NBCのTVドラマ"Hawaii"(2004年)に主演するため、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)を降板したシャリフ・アトキンス(Sharif Atkins)が、"Hawaii"打ち切りにより「ER」に復帰するらしい。
ベアトリス・ダルが、刑務所に収監されている男性と結婚したらしい。
アルフォンソ・クアロン監督次回作は、ロン・マクラーティ(Ron McLarty)の小説"The Memory of Running"の映画化になるようだ。
ジャマイカに埋葬されているボブ・マーリーの遺体が、2月に行われる生誕60周年記念イベントに合わせて、エチオピアで再埋葬されるらしい。
クインシー・ジョーンズらは、来月14日に予定していた「ウィー・アー・ザ・ワールド」("We Are the World")20周年記念ソング"We Are the Future"のレコーディングを延期すると発表したようだ。「(津波の被害によって)多くの命が失われている今は、未来についての歌をレコーディングするタイミングではない」と語ったらしい。
スマトラ島沖地震による津波の被災者支援のために17日ロサンゼルスで開催されるイベントに、ウィル・フェレル、エディ・ヴェダー、Tenacious Dらが参加するようだ。
ラッパーのNASとR&B歌手のKelisが8日、アトランタの教会で結婚式を挙げたようだ。
ジャッキー・チェンは、トニー・ジャーとの共演のウワサについて、実現の可能性は低いと語ったらしい。
  1/14
行定勲監督「北の零年」が14日、新潟県長岡市内のホールで上映され、新潟県中越地震の被災者らが招かれたようだ。吉永小百合が舞台挨拶に立ったらしい。
米Walt Disneyは、日本を含む全世界のディズニーランドで、開園50周年を記念したイベントを5月5日から1年半にわたって同時開催する、と発表したようだ。
Yoshiの小説「もっと、生きたい…」の出版50万部突破記念会見が13日都内で行われ、伊東美咲がゲスト出演したようだ。Yoshiが映画化について「私が監督だったら、主演女優は伊東さん」と発言すると、伊東美咲は「ぜひ参加させてください」と答えたらしい。
東北芸術工科大は13日、今年4月から大学院芸術工学研究科デザイン工学専攻内に「コンテンツ・プロデュース領域」を新設、映画、アニメ、ゲームの製作者を育成する、と発表したようだ。
アン・ビョンギ監督「コックリさん」(「分身娑婆」)が、26日から開催される第12回ジュラルメール・ファンタスティック映画祭のコンペ部門に出品されるようだ。
来月24から開催される第16回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、韓国映画特集として「公共の敵」「サマリア」「DMZ/非武装地帯 追憶の三十八度線」などが上映されるらしい。
第7回中国長春映画祭の授賞式が12日行われ、監督賞にジョニー・トー、主演男優賞にレオン・ライ、主演女優賞にティエン・ハイロンが選ばれたようだ。
Carpentersのヒット曲となった、「ふたりの誓い」("Lovers and Other Strangers",1970年)の主題歌"For All We Know"の作曲でアカデミー賞も受賞している、元Breadのギタリストで作曲家のジミー・グリフィン(Jimmy Griffin)さんがが11日亡くなった(61歳)。ご冥福をお祈りいたします。
"Da Ali G Show"(2003年-)のアリ・Gことサシャ・バロン・コーエン(Sasha Baron Cohen)は、ヴァージニア州のロデオ大会にカザフスタンのボラク・サディエフとして登場「イラクの全ての男と女と子供を殺し、その血をジョージ・W・ブッシュが飲み干すことを願う」と発言した後、国家の替え歌を歌ったらしい。観衆は不快感をあらわにし暴動寸前となったため、コーエンと番組スタッフはすぐに会場を立ち去ったとか。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの裁判を担当する陪審員が13日、事件現場を訪れたようだ。
全米週末公開作品では、サミュエル・L・ジャクソン主演"Coach Carter"が週末興収2000万ドルでトップになる、と予想されているようだ。また、チャン・イーモウ監督「LOVERS」("House of Flying Daggers")の全米1200館での拡大公開もスタートするらしい。
マイケル・ダグラス製作・主演による、元シークレットサービスのジェラルド・ペティヴィッチ(Gerald Petievich)の小説"The Sentinel"の映画化で、キーファー・サザーランドとキム・ベイシンガーが共演するらしい。クラーク・ジョンソンが監督を務め、撮影は5月からトロントで始まる模様。
来月13日に開催される第47回グラミー賞授賞式で、クイーン・ラティファが司会を務める他、パフォーマンスを披露するらしい。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞のノミネーションが13日発表されたようだ。
■脚色賞
「ビフォア・サンセット」("Before Sunset") / リチャード・リンクレイター、ジュリー・デルピー
「ミーン・ガールズ」("Mean Girls") / ティナ・フェイ
"Million Dollar Baby" / ポール・ハギス
「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries") / ホセ・リヴェラ
"Sideways" / アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
■オリジナル脚本賞
「アビエイター」("The Aviator") / ジョン・ローガン
「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind") / チャーリー・カウフマン
"Garden State" / ザック・ブラフ
"Hotel Rwanda" / キアー・ピアソン、テリー・ジョージ
"Kinsey" / ビル・コンドン
来月10日から開催されるベルリン映画祭で、マイケル・チミノ監督「天国の門」("Heaven's Gate",1980年)のノーカット修復版が上映されるようだ。
第57回米監督組合(Directors Guild of America)賞TVドラマ部門のノミネーションが12日発表され、米HBOのパイロット"Deadwood"を手がけたウォルター・ヒルや、米ABCの"Lost"を監督したJ・J・エイブラムスらが候補に上がったようだ。
「刑事コジャック」("Kojak",1973-78年)の新シリーズに主演するヴィング・レイムスは、オリジナル版を見たことがなかったらしい。「白人が黒人を逮捕するのを見たがる奴なんていなかったよ」とジョークを飛ばしたとか。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")上映中のニューヨークの映画館で13日、見学に訪れていた児童の一人の衣服がエスカレーターのネジに引っかかったため教師が非常停止ボタンを押したところ、乗っていた子供たちがバランスを崩して転倒、少なくとも24人が負傷したようだ。
秋山瑞人原作「イリヤの空、UFOの夏」がアニメ化され、28日から東映アニメBBで有料配信されるらしい。
スティーヴン・ソダーバーグ「オーシャンズ12」に出演するブラッド・ピットらのインタビュー映像が、BIGLOBEストリームで無料配信されているらしい。
ハリソン・フォード、ジョニー・デップ、ジム・キャリーらが契約するUnited Talent Agencyが、ビデオゲームのマーケティング事業に参入したらしい。
Palm Picturesは13日、イラクのアメリカ兵を描いた3月米国公開予定ドキュメンタリー映画"Gunner Palace"に対し、米映画協会(Motion Picture Association of America)がレイティングをR指定としたことを不服として抗議することを計画している、と発表したようだ。
ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマン共演の新作"Eucalyptus"に、ヒューゴ・ウィーヴィングの出演が決まったようだ。2月からベリンゲンで撮影が始まるらしい。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は13日、第77回アカデミー賞メイクアップ賞のエントリー作品を発表したようだ。
「アビエイター」("The Aviator")
「五線譜のラブレター De-Lovely」("De-Lovely")
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")
「ヘルボーイ」("Hellboy")
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")
「パッション」("The Passion of The Christ")
「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")
1999年英ブッカー賞(Booker Prize)を受賞したJ・M・クッツェー(J.M.Coetzee)の小説「恥辱」("Disgrace")の映画化で、レイフ・ファインズが主演を務めるようだ。スティーヴ・ジェイコブズ(Steve Jacobs)が監督を務め、南アフリカで撮影が行われる模様。
ジェシカ・シンプソンは、夫ニック・ラシェイへのクリスマスプレゼントにフェラーリを贈ったらしい。
サミュエル・L・ジャクソン主演の新作"Coach Carter"に出演したアシャンティは「問題と向き合う、ということを皆が理解する必要があると思います。それが人生です。この映画にはたくさんの力強いメッセージが込められています。その中でも大きいのは、ティーンエイジャーも大人と同じ問題を抱えているということです。この映画を通じて、親と子の会話を促すことになれば、と思っています」と語ったようだ。
16日の第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、さらにマーシア・クロス(Marcia Cross)、テリ・ハッチャー、フェリシティ・ハフマン(Felicity Huffman)、エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)、ニコレット・シェリダン(Nicollette Sheridan)がプレゼンターとして登場することになったようだ。
ジャッキー・チェン、クリス・タッカー共演によるシリーズ第3作"Rush Hour 3"は、フランスが舞台になるらしい。
スティーヴン・ホプキンス監督「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」("The Life and Death of Peter Sellers")の公開を記念した短編映画に主演する田中直樹が13日、都内で記者会見を行ったようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の試写会が13日都内で開催され、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンらが200メートルのレッドカーペットを歩いたようだ。また、来場した日本赤十字社名誉総裁の高円宮妃殿下に、スマトラ島沖地震による津波被災者への義援金として、2万ドルの目録が贈られたらしい。
米Disneyは、リンゼイ・ローハン主演最新作"Herbie: Fully Loaded"の米国公開を、当初予定の6月3日から、同月24日に延期すると発表したようだ。
ダレン・シャン(Darren Shan)のベストセラー児童書「奇怪なサーカス」("Cirque du Freak")シリーズの映画化権を、Universal Picturesが獲得した模様。ブライアン・ヘルゲランド(Brian Helgeland)が脚本と製作総指揮、ローレン・シュラー・ドナー(Lauren Shuler Donner)がプロデュースを務めるようだ。シリーズ最初の3作が3部作として製作されるらしい。
ハリウッド・リメイク版「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の続編も清水崇が監督を務めることになったようだ。
エドワード・ノートンは、ニール・バーガー(Neil Burger)監督によるスティーヴン・ミルハウザー(Steven Millhauser)の短編小説「幻影師、アイゼンハイム」("Eisenheim the Illusionist")の映画化"The Illusionist"に主演する模様。世紀末のウィーンを舞台に、高い地位の女性に恋をするマジシャンを演じるらしい。4月からプラハで撮影が始まるようだ。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で、ジャン・レノの共演が決まったようだ。
ピーター・ジャクソン監督は、「ロード・オブ・ザ・リング」のアルティメット版DVDを企画しているらしい。ただし、実現は数年後になる模様。
17日から放送される、スクウェア・エニックスのPS2用ソフト「ラジアータ ストーリーズ」のTVCMには、プロダクションI.G制作によるアニメが採用されているらしい。
Scott Rudin Productionsは、フィリップ・アイズナー(Philip Eisner)によるファミリー・メロドラマ超自然スリラー"Furious Angels"の映画化権を獲得したようだ。
アンソニー・ミンゲラ監督次回作は"Breaking and Entering"になる模様。現代のロンドンを舞台にしたドラマで、脚本と製作も務めるようだ。
ケイト・ベッキンセイルは、運転免許を取りたい、と言っているらしい。
米ABCはモーセの十戒を描く4時間のミニシリーズ"The Ten Commandments"を制作するようだ。プロデューサーを務めるロバート・ハルミSr.(Robert Halmi Sr.)は「十戒は、人間の法、道徳、秩序を記した最初の書物だと思うが、我々はそのことを一切無視する。この聖書の物語と十戒の重要性を若い人々に伝えたい」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」とは別の、もう一つの"The War of the Worlds"がティモシー・ハインズ(Timothy Hines)の監督で映画化され、3月に米国で公開されるらしい。
  1/15
ペ・ヨンジュンのサインの偽物が、Yahoo!オークションに出品されていたらしい。一時35万1000円の値が付いたものの、日本事務所IMXが偽物と指摘、出品リストから消えたようだ。
キム・テギュン監督「オオカミの誘惑」に主演するカン・ドンウォンが来日、14日都内で来日会見を行ったようだ。
「アレキサンダー」("Alexander")プロモーションのためオリヴァー・ストーン監督とコリン・ファレルが来日、14日都内で記者会見を行ったようだ。コリン・ファレルは会見中にタバコを吸ったらしい。
4月にハン・ガインと結婚するヨン・ジョンフンは、11月に入隊するらしい。
チャン・ツィイーも、第62回ゴールデン・グローブ賞でプレゼンターを務めるらしい。
「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」プロモーションのため韓国を訪れているジャッキー・チェンは13日、ソウルで行われた記者会見に出席、韓国を訪れた感想について「人生の中で最もつらくて寂しかったのは、韓国での日々。当時、韓国人の女性と8年間交際をしていたので、韓国に対する思いは特別」と語ったらしい。
林海象監督、永瀬正敏主演の「私立探偵 濱マイク」シリーズの舞台となった映画館「横浜日劇」と「シネマ・ジャック&ベティ」が、来月28日で閉館するらしい。
「シネマ・シティ 横浜と映画」展が15日から横浜都市発展記念館で始まるようだ。
楽天は14日からぺ・ヨンジュンの公式グッズの限定販売を開始したようだ。また、gooはぺ・ヨンジュン写真集CMの無料配信を13日から始めた模様。
まもなく公開となるIMAX 3D映画"Aliens of the Deep"のジェイムズ・キャメロン監督は「ドキュメンタリーはハードだよ。僕が手掛けてきたような撮影は、脚本があって何をすべきか分かっているから、比較的簡単だ。だが、ドキュメンタリーの撮影では、無駄な映像を撮影しているのか、決定的瞬間になるのか、全く分からない」と語ったようだ。
Mr.ポテトヘッドとダース・ベイダーが合体したらしい(?)。2月から7.99ドルで販売されるとか。
Yahoo! Moviesで、新作「宇宙戦争」("War of the Worlds")について語るスティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズのインタビュー映像が公開されたようだ。
現在ニューヨーク大学に通うメアリー=ケイト・オルセンとアシュレイ・オルセンは、別々に住むことを決めたようだ。
ソフィア・ローレン出演100作品目となるエドアルド・ポンティ監督「微笑みに出逢う街角」("Between Strangers")の公開を記念したパネル展が、19日から伊勢丹新宿店で開催されるらしい。
ジェイムズ・クロムウェルは、妻で女優ののジュリー・コッブ(Julie Cobb)との離婚訴訟を起こしたようだ。
グウェン・ステファニーが着用したドレスが、オレンジ郡にあるロックの博物館Fullerton Museum Centerから盗まれたらしい。
"Sideways"への主演で注目が集まっているポール・ジアマッティが、22日放送のNBC"Saturday Night Live"に出演するらしい。
ポール・ワイツ監督(38)の新作"In Good Company"に主演したデニス・クエイド(50)は「以前は、監督を父親的存在として見ていた。いつの間にか変わってしまったよ。でも、年を重ねて、いろんなキャラクタを演じることが出来るようになった。自分がどう見られるか気にしなくなるからね」と語ったようだ。
  1/16
来月10日開幕する第55回ベルリン国際映画祭に合わせて行われる、若手映画製作者育成のための企画Berlinale Talent Campusで、浅野忠信が、リドリー・スコット、クリストファー・ドイル、ワダエミらと共に講師を務めることになったようだ。監督を務めた「トーリ」も上映されるらしい。
行定勲監督「北の零年」が15日全国313館で初日を迎え、丸の内TOEIで吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司、柳葉敏郎、石田ゆり子、石原さとみ、香川照之らが舞台挨拶に立ったようだ。
源孝志監督「東京タワー」が15日初日を迎え、黒木瞳、岡田准一、松本潤、平山あやらが日劇PLEXで舞台挨拶を行ったようだ。
「シネマ歌舞伎 野田版鼠小僧」が15日、東劇で初日を迎え、中村勘九郎らが舞台挨拶に立ったようだ。
大友克洋監督「スチームボーイ」("Steamboy")の米国公開版で、アンナ・パキン、アルフレッド・モリーナ、パトリック・スチュワートが声優を務めるらしい。3月18日から限定公開されるようだ。
ブルース・ウィリスはシリーズ最新作"Die Hard 4.0"について「いま脚本を書いているところだ。(ブルース・ウィリス主演の新作)"Hostage"のダグ・リチャードソン(Doug Richardson)が猛烈な勢いでタイプしているよ。面白いアイデアで、Foxも初めて気に入ったんだ」と語ったようだ。詳細は明らかにしなかったものの「ジョン・マクレーンは引退している」と付け加えたらしい。
マーク・スティーヴン・ジョンソン監督は、4週間後に"Ghost Rider"の撮影に入ると語った模様。予定通り、ニコラス・ケイジが主演するようだ。
ジェニファー・ロペスは「私は歌い、踊り、音楽を作り、アーティストとして成長するためにこの業界に入ったの。常にこき下ろされるこの世のものとは思えない雑誌の表紙を飾るためではないわ」と語ったようだ。
カーティス・ハンソン監督、エリック・バナ主演の新作"Lucky You"に、ドリュー・バリモアの共演が決まったようだ。撮影は3月からラスヴェガスで始まるらしい。
エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ共演の新作SFスリラー"The Jacket"のポスター予告篇が公開されたようだ。
原一男監督「またの日の知華」が15日初日を迎え、シネマスクエアとうきゅうで桃井かおりらが舞台挨拶に立ったようだ。
菊川怜が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のサポーターとしてケニアの難民キャンプを訪問するため、15日に成田空港を出発したようだ。予習としてUNHCR親善大使アンジェリーナ・ジョリーが出演する映画も鑑賞したとか。
「オールイン」に出演したチ・ソンが来日、15日都内でファンイベントを開催したようだ。
小説版「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の表紙デザインが公開されたようだ。
キャメロン・ディアスが世界各地の秘境を旅する、米MTVの新しいリアリティ番組"Trippin"が3月28日からスタートするようだ。ドリュー・バリモア、DMX、レベッカ・ローミン、エヴァ・メンデス、ジェシカ・アルバらがゲストとして登場するらしい。
Universal Picturesの新作コメディ"The Break-Up"で、ヴィンス・ヴォーンが主演と製作を務めることになったようだ。
スマトラ島沖地震による津波被災者支援のためのチャリティ番組"Tsunami Aid: A Concert of Hope"が15日米NBCで放送され、ジョージ・クルーニー、ロバート・デ・ニーロ、クリント・イーストウッド、ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、レネー・ゼルウィガー、ジョニー・デップ、ブルース・ウィリス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ニコラス・ケイジ、トム・セレック、ジェイムズ・カーン、モーガン・フリーマンらも参加したようだ。
  1/17
米Walt Disneyは、子会社Miramax Filmsのボブ・ウェインスタイン、ハーヴェイ・ウェインスタイン兄弟との雇用契約を打ち切る模様。
樹木希林が今月初旬に都内病院で乳癌の緊急手術を受けたらしい。
来月10日に開幕する第55回ベルリン国際映画祭で、松竹が特別功労賞にあたるベルリナーレ・カメラ賞を受賞することが決まったようだ。同賞の企業での受賞は初めてとか。受賞を記念して「二十四の瞳」(木下恵介監督,1954年)が上映されるらしい。
新作ホラー「呪戒 JUKAI」のPR会見が16日幕張メッセで行われ、すほうれいこ、金子昇らが出席したようだ。蒼井優、マギー司郎らが共演しているらしい。
「怒りの葡萄」("The Grapes of Wrath",1940年)、「エデンの東」("East of Eden",1955年)などの映画化作品でも知られる米作家ジョン・スタインベック(John Steinbeck,1902-1968)の故郷カリフォルニア州サリナスにある3つの公共図書館が、市の財政難のため閉館されることになったようだ。
カン・ウソク監督「公共の敵2」の試写会が、18日にソウルの最高検察庁で行われるらしい。
「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」プロモーションのため韓国を訪問中のジャッキー・チェンは、キム・ヒソンと共に統営市を訪れ、離島に住む子供たちや恵まれない子供たちに、合計1億2000万ウォン相当のパソコンと学用品、奨学金を寄付したようだ。
イ・ドンゴン、ハン・ジヘ共演の新作ロマンチック・コメディ「B型の彼氏」の日本国内配給権を、日本ヘラルドが150万ドルで獲得したらしい。
韓国映画雑誌の調査によると「映画で見たい韓国現代史の瞬間」の第1位に1980年の「5.18光州民主化運動」が選ばれたようだ。
「ジョゼと虎と魚たち」(犬童一心監督,2003年)が、昨年10月29日に韓国で公開されて以来ロングラン上映されているらしい。
市民グループ「尾道に映画館をつくる会」は16日、尾道市内で初の自主上映会を開催、ホウ・シャオシェン監督「珈琲時光」(2003年)が上映されたようだ。
松井久子監督の著書「ターニングポイント―『折り梅』100万人をつむいだ出会い」の発売を記念したイベントが16日、高松市美術館で行われ、数百人のファンが詰め掛けたようだ。
第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式が16日開催されたようだ。
◆ドラマ部門
■作品賞 「アビエイター」("The Aviator")
■主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ(「アビエイター」)
■主演女優賞 ヒラリー・スワンク("Million Dollar Baby")
◆ミュージカル・コメディ部門
■作品賞 "Sideways"
■主演男優賞 ジェイミー・フォックス(「レイ」)
■主演女優賞 アネット・ベニング("Being Julia")
◆共通
■監督賞 クリント・イーストウッド("Million Dollar Baby")
■脚本賞 アレキサンダー・ペイン、ジム・テイラー("Sideways")
■助演男優賞 クライヴ・オーウェン("Closer")
■助演女優賞 ナタリー・ポートマン("Closer")
■作曲賞 ハワード・ショア(「アビエイター」)
■主題歌賞 "Old Habits Die Hard" / ミック・ジャガー、デヴィッド・A・スチュワート("Alfie")
■外国語映画賞 「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")
第62回ゴールデン・グローブ賞のTV部門各賞が16日発表されたようだ。
◆ドラマシリーズ部門
■作品賞 "Nip/Tuck"(2003年-)
■主演男優賞 イアン・マクシェイン("Deadwood",2004年-)
■主演女優賞 マリスカ・ハージティ("Law & Order: Special Victims Unit",1999年-)
◆ミュージカル・コメディシリーズ部門
■作品賞 "Desperate Housewives"(2004年-)
■主演男優賞 ジェイソン・ベイトマン("Arrested Development",2003年-)
■主演女優賞 テリ・ハッチャー("Desperate Housewives",2004年-)
◆ミニシリーズ・TV映画部門
■作品賞 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」("The Life and Death of Peter Sellers")
■主演男優賞 ジェフリー・ラッシュ(「ライフ・イズ・コメディ!」)
■主演女優賞 グレン・クローズ("The Lion in Winter")
■助演男優賞 ウィリアム・シャトナー("Boston Legal")
■助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン("Iron Jawed Angels")
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)、米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)と米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)は14日、今月9日から中断していた新たな3年契約締結に向けた交渉を19日に再開する、と発表したようだ。
エルヴィス・プレスリーの1959年のヒット曲"One Night"のシングルが英国で再リリースされ、全英ポップチャート1000番目の1位を記録したようだ。
アカデミー賞ドキュメンタリー賞にもエントリーされているドキュメンタリー映画"Born Into Brothels"を監督した写真家のザナ・ブリスキ(Zana Briski)は「別の映画を撮るかどうかは分からない。私は自分を分類したりしない。私は写真家でもないし、映画監督でもないし、ソーシャルワーカーでもない。ただ、世界を歩きそれに答えただけ。でも、私の強い視覚は、自分の写真へと戻ることを望んでいる」と語ったようだ。
全米週末興収は、サミュエル・L・ジャクソン主演"Coach Carter"が2360万ドル(2524館)で初登場1位を獲得、アニメ映画「レーシング・ストライプス」("Racing Stripes")は1400万ドル(3185館)で3位、ジェニファー・ガーナー主演「エレクトラ」("Elektra")は1250万ドル(3204館)で5位のスタートとなったようだ。
ペット好きのパリス・ヒルトンは、オーストラリアからカンガルーの子供を買って帰ろうとしたようだ。大人になると人間と同じくらいの大きさになって殴り始める、と聞いてあきらめたとか。去年の夏には、飛行機でラスヴェガスからロサンゼルスに向かう際、ヤギと白イタチ3匹とサルを手荷物として持ち込もうとして拒否されたこともあったらしい。
ケイト・ボスワースは、ニューヨークのマンションを売りに出したらしい。
アシュレイ・オルセンが酔っ払ってロサンゼルスのホテルの部屋を壊し、訴えられたらしい。
パリス・ヒルトンとスティングの18歳の息子が交際中らしい。
ピーター・ジャクソン監督による"King Kong"のコンセプト画が公開されたようだ。
リンゼイ・ローハン主演最新作"Herbie: Fully Loaded"のポスターが公開されたようだ。
井筒和幸監督「パッチギ!」のプレミア試写会が16日都内で行われ、塩谷瞬、沢尻エリカらが出席したようだ。
Disneyは、マイク・レオナルド(Mike Leonard)のコメディ脚本"The Last Lap"の映画化権を獲得したようだ。アダム・シャンクマンが監督を務める模様。
アレン・コヴァートは自身の脚本による新作"Grandma's Boy"に主演するようだ。デニス・デューカンが監督を務める模様。
"Layer Cake"(2004年)で映画監督デビューを果たしたマシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)は、ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)のファンタジー小説"Stardust"の映画化権を獲得、自ら監督を務めるらしい。
第7シーズンで終了予定だった人気TVコメディ"That '70s Show"(1998-2005年)の第8シーズン制作が企画されているらしい。ただし、主演のトファー・グレイスは出演しない模様。
ジュリア・ロバーツは、トニー・パーソンズ(Tony Parsons)のベストセラー小説"The Family Way"の映画化権獲得に向けて交渉中らしい。
ジャン=ピエール・ジュネ監督「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement",2004年)のロンドンプレミアが開催され、オドレイ・トトゥらが出席したようだ。
  1/18
東宝は18日、2005年2月期の連結経常利益が前期比11%増の250億円になるとの見通しを発表したようだ。「世界の中心で、愛をさけぶ」、「ハウルの動く城」などのヒットが貢献した模様。
アンディ・ラウの画像に見せかけて感染するコンピュータウィルスが、中国で発見されたらしい。
乳癌の手術を受けた樹木希林が17日、一時帰宅した自宅で記者会見を行ったようだ。先月25日からタイのプーケット島への旅行を予定していたものの、手術のためキャンセルしていたらしい。
ジェット・リーと酒井法子が、ロニー・ユー監督の新作アクション「霍元甲」で共演するらしい。
トニー・レオン、スー・チー共演の新作「韓城攻略」が完成、今月31日以降、上海、北京などでプレミアが行われた後、来月9日から公開される模様。
3月27日に授賞式が行われる第24回香港電影金像奨で、ウォン・カーウァイ監督「2046」からは、チャン・ツィイー、フェイ・ウォン、コン・リー、カリーナ・ラウ、マギー・チャンの5人が主演女優賞に申請されているらしい。わずか1分程度の出演のマギー・チャンを申請するのは不公平だ、とする声もあるとか。
来月10日開幕するベルリン国際映画祭で、ビル・コンドン監督、リーアム・ニーソン主演"Kinsey"がクロージング上映されるようだ。また、コンペ部門にはウェス・アンダーソン監督「ライフ・アクアティック」("The Life Aquatic With Steve Zissou")、テリー・ジョージ監督"Hotel Rwanda"が出品されるほか、コンペ外作品としてウィル・スミス主演のコメディ"Hitch"の上映も行われるらしい。
アン・ヘッシュは、WB Networkのコメディ・パイロット"True"に主演するらしい。
Screen Digest誌の調査によると、1980年以降に公開されたシリーズ作品の米国内興行収入200億ドルの内、1作目が38%、2作目が26%を占めたようだ。
JoJoことジョアンナ・レヴェスク(Joanna Levesque)とエマ・ロバーツの共演が決まっている新作コメディ"Aquamarine"で、サラ・パクストン(Sara Paxton)の主演が決まったようだ。
第16回パームスプリングス国際映画祭(Palm Springs International Film Festival)が17日閉幕し、アレハンドロ・アメナーバル監督「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")が劇映画部門の観客賞を受賞したようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」("Howl's Moving Castle")がフランスで公開され、週末興収210万ドルでトップとなったらしい。
北米を除く海外週末興収は、51ヶ国で公開中の「アレキサンダー」("Alexander")が1450万ドルでトップとなり、総興収は8800万ドルに達したようだ。一方「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")の海外総興収は1億1900万ドル、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")は1億5220万ドル、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")は3億3480万ドルを記録した模様。
「我等の生涯の最良の年」("The Best Years of Our Lives",1946年)、「虹を掴む男」("The Secret Life of Walter Mitty",1947年)、「白熱」("White Heat",1949年)などの作品で活躍、「L.A. コンフィデンシャル」("L.A. Confidential",1997年)には本人役で登場た、米女優のヴァージニア・メイヨ(Virginia Mayo)さんが17日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)は17日、英国アカデミー賞(BAFTA awards)のノミネーションを発表、マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")が14部門、マイク・リー監督「ヴェラ・ドレイク」("Vera Drake")とマーク・フォースター監督「ネバーランド」("Finding Neverland")が11部門、チャン・イーモウ監督「LOVERS」("House of Flying Daggers")が9部門で候補に挙がったようだ。また、ケイト・ウィンスレットが「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")と「ネバーランド」の2作品で主演女優賞にノミネートされたらしい。
マドンナは、著書"The English Roses"のアニメ映画化で、ブリトニー・スピアーズに声優としての出演を依頼したらしい。
スカーレット・ヨハンソンは「これまでにいろんな役を演じることが出来た。高校生や人妻、17世紀のオランダ人のメイドから、トレーラー暮らしの貧乏人まで。型どおりのティーンエイジャーを演じることになるかと思っていたけど、運良くその恐れは現実にはならなかったわ」と語ったようだ。
ケイト・ボスワースは、Revlonの新しいマスカラのTVCMでイメージキャラクタを務めるらしい。
ジャック・オズボーン(Jack Osbourne)は「僕はアルコールとパーティ漬けの毎日を止めてから、ロック・クライミングに出会ったんだ。クライミングは僕をハイにしてくれるんだ。これ以上のものはどこにも無いよ。ハワイの5つ星ホテルよりこっちの方がいいね。だって、ホテルの壁は登らせてくれないだろ?」と語ったようだ。
トロントの劇場The New Yorker Theatreが、Panasonic Theatreに名前が変わるらしい。パナソニックが数百万ドルの資金を提供、ロビーには65インチハイビジョン・プラズマTVなど25万ドル分の最新映像設備が設置されるとか。
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンの離婚は、1億9000万ドルの財産分割についての法廷闘争になる模様。2人は婚前契約を結んでいなかったらしい。
AIIは、8の付く日に先着800人に無料で映画を配信する「HappyMovie♪」キャンペーンを18日スタートしたようだ。「マーサ・スチュワートの栄光と影」("Martha, Inc.: The Story of Martha Stewart",2003年)などTV映画4作品が提供されるらしい。
ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"に出演するジョン・レグイザモは「これが彼の最高傑作になることを願っているよ。僕は彼を愛しているから、すごく期待しているんだ。終末世界を描いて、政治的でもあるけど、本格的なアクション映画なんだ。すごく芝居がかっているし、野心的な作品でもある。ちょっとしたコメディ・リリーフもある。彼は本当にすごいよ」と語ったようだ。
"The Hitchhiker's Guide to the Galaxy"の最新ポスターが公開されたようだ。
来月6日のNFLスーパーボウル中継直後に放送される米FOXの「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)で、NBAのヤオ・ミンとフィギュアスケートのミッシェル・クワン(Michelle Kwan)がゲスト声優として登場するらしい。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)に、ビリー・キャンベルとジョニー・メッスナーがゲスト出演するようだ。
人気TVアニメシリーズ"King of the Hill"(1997年-)で、トム・ペティ、シャノン・エリザベス、ジェイソン・ベイトマン、ブレンダン・フレイザーがゲスト声優を務めるようだ。
放送打ち切り後にDVDでヒットした米FOXのTVアニメシリーズ"Family Guy"(1999年-)が、5月1日から復活するらしい。
第59回毎日映画コンクールの各賞が17日発表されたようだ。
■日本映画大賞 「血と骨」(崔洋一監督)
■日本映画優秀賞 「誰も知らない」(是枝裕和監督)
■日本映画ファン賞 「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)
■外国映画ベストワン賞 「ミスティック・リバー」(クリント・イーストウッド監督)
■外国映画ファン賞 「2046」(ウォン・カーウァイ監督)
■アニメーション映画賞 「雲のむこう、約束の場所」(新海誠監督)
■大藤信郎賞 「マインド・ゲーム」(湯浅政明監督)
■監督賞 黒木和雄(「美しい夏キリシマ」ほか)
■男優主演賞 ビートたけし(「血と骨」)
■女優主演賞 深田恭子(「下妻物語」)
■男優助演賞 オダギリジョー(「血と骨」)
■女優助演賞 田畑智子(「血と骨」)
■スポニチグランプリ新人賞 上野樹里(「スウィングガールズ」ほか)、土屋アンナ(「下妻物語」ほか)、柳楽優弥(「誰も知らない」)
■特別賞 三橋達也、双葉十三郎
工藤夕貴が、スウェーデン人男性ピーター・カールソンと交際中らしい。「ヒマラヤ杉に降る雪」("Snow Falling on Cedars",1999年)で衣装を担当した女性デザイナー(ルネ・アーリック・カルファス?)の弟とか。
オリコンDVDチャートは「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版」が5週連続1位となったようだ。
先月11日から公開されているクァク・ジェヨン監督、チョン・ジヒョン主演「僕の彼女を紹介します」は、総興収18億2547万1130円、観客動員数137万人を記録、「シュリ」の18億円の記録を上回ったようだ。
米国を訪れたカザフスタン移民を主人公にした低予算コメディ"Borat"で、主演のアリ・Gことサシャ・バロン・コーエン(Sasha Baron Cohen)が監督のトッド・フィリップスと衝突、監督が降板したらしい。
ピーター・ジャクソン監督によるアリス・シーボルド(Alice Sebold)ベストセラー小説「ラブリー・ボーン」("The Lovely Bones")の映画化は、来年1月から脚本執筆に入り、2007年秋の公開となる模様。
Disneyは"Toy Story 3"の脚本に、若手のジャレッド・スターン(Jared Stern)を起用したようだ。これまで、Disneyのアニメ映画脚本プログラムのメンバーとして"Toy Story 3"の企画に関わっていた人物らしい。
World Wrestling Entertainment(WWE)のヴィンス・マクマホンCEOは、スティーヴ・オースティン(Steve Austin)と、WWE Films製作3作品への出演契約を結んだようだ。今年後半公開の第1作"The Condemned"で映画デビューするらしい。
バリー・L・レヴィ(Barry L. Levy)の脚本によるサスペンス"Vantage Point"の映画化は、"Omagh"(2004年)のピート・トラヴィス(Pete Travis)が監督を務めるようだ。
映画版「スター・トレック」("Star Trek")シリーズの製作総指揮を手掛けたリック・バーマン(Rick Berman)は、シリーズ第11作に関する噂について「企画がボツになって、再度企画を立てるように依頼されたという話は、どちらも真実ではない。現在はストーリー開発の初期段階で、Paramount Motion Picture Groupが人事を発表するところだ。もし僕の考えている企画通りになれば、過去のどの作品よりも規模の大きな作品になるはずだ。とても野心的なプロジェクトだし、実現することを願っているよ」と語ったようだ。
デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作"A History of Violence"に出演したマリア・ベロは「彼の作品としては最も商業的で、とっつきやすい。他の作品ほど奇怪ではない」と語ったらしい。
ベン・アフレックとウィル・スミスは、ジェリー・ブラッカイマー製作の新作アクション・コメディ"Affirmative Action"で共演するらしい。
ジェニファー・ロペス、マーク・アンソニー夫妻は、フロリダのサウス・ビーチに新築のペントハウスを購入したようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクとの婚約が報じられたキャメロン・ディアスは、ウェディングドレスにネイティヴ・アメリカンのスタイルを考えているらしい。David Jet Black Horseにデザインを依頼したようだ。
15日公開となった行定勲監督「北の零年」は、週末興収2億5400万円、観客動員数21万人を記録したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")に出演するサミュエル・L・ジャクソンは、彼の演じるメイス・ウィドウの最期のシーンについて「興奮するよ。ライトセーバーでの凄い戦いで、3つの大きな部屋の中で102の動きがあるんだ」と語ったようだ。
米CATV局Showtimeで3月にスタートする新番組"Fat Actress"に出演するカースティ・アレイ(Kirstie Alley)は「番組は私のアイデアだったの。喉をかき切って死ぬか、このシリーズを作るかだったのよ。友達には止められたけど、私は聞かなかった。何かに正直に向かい合って、その状況にユーモアを見い出せれば、物事は上手く行くと信じているわ」と語ったようだ。
米PBSは、来月23日に放送を予定している英BBCと米HBOが制作したTV映画"Dirty War"について、ヌード・シーンをカットすると発表したようだ。米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)による制裁を恐れた模様。今月24日のHBOでの放送ではノーカットで放送されるらしい。
アンドリュー・ロイド・ウェバーは、所有する12のロンドンの劇場の内、ウェスト・エンドにあるApollo、Garrick、Duchess、Lyricの4つの劇場の売却に向けて交渉中らしい。
  1/19
愛知万博のテーマシアター「めざめの方舟」の概要発表が18日都内で行われ、総合演出を担当する押井守監督らが出席したようだ。
青山真治監督「レイクサイドマーダーケース」の完成披露試写会が18日都内で行われ、杉田かおるらが舞台挨拶に立ったようだ。
チェ・ジウが、在籍していた漢陽大での休学期間が満了、昨年末に除籍されていたらしい。
桂由美の2005春夏パリ・オートクチュールコレクションで、石川亜沙美がモデルを務めるらしい。
カトリーヌ・ドヌーヴとジェラール・ドパルデューが、経営破たんしたアルジェリアの企業集団から多額のイベント出演料を現金で受け取ったとして、フランスの捜査当局から参考人として事情聴取を受けた模様。
チョン・ユンチョル監督「マラソン」の試写会が18日ソウル市内で行われ、チョ・スンウがカン・ヘジョンと共に出席したようだ。
メキシコで、「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の吹替えを担当する俳優らがストを起こしているらしい。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)で第3シーズンまでデヴィッド・パーマー大統領を演じたデニス・ヘイスバートは、第4シーズン最後の6エピソードに登場するらしい。また、サム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール主演の新作"Jarhead"への出演も決まったようだ。
Intelは18日、サンタモニカにあるモーガン・フリーマンの製作会社Revelations Entertainmentのオフィスに、最新のメディアプレイヤーなどを展示するデジタルハウスをオープンしたようだ。
ジュディ・デンチ、マギー・スミス共演によるチャールズ・ダンス監督デビュー作"Ladies in Lavender"(2004年)の米国配給権をRoadside Attractionsが獲得、今春公開されるようだ。
米同性愛者保護団体Gay and Lesbian Alliance Against Defamationによる第16回GLAAD Media賞のノミネーションが18日発表され、コリン・ファレルが出演した2作品「アレキサンダー」("Alexander")、"A Home at the End of the World"が作品賞の候補に挙がったようだ。そのほか、リーアム・ニーソン主演"Kinsey"、シャーリーズ・セロン主演「モンスター」("Monster")、ジェナ・マローン主演"Saved!"がノミネートされたらしい。
オリコンは、韓国映像配信会社シネウェルカムの株式9万7278株を2億7500万円で取得、子会社化した模様。
「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年)のほか、「恐怖への旅」("Journey Into Fear",1943年)、「凱旋門」("Arch of Triumph",1948年)などの作品で活躍した、米女優のルース・ウォリック(Ruth Warrick)さんが15日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英国のブックメイカーは、クライヴ・オーウェンが次期ジェイムズ・ボンドになると予想しているようだ。2番人気はユアン・マクレガーらしい。
ディノ・デ・ラウレンティスは、ローマのCinecitta Studiosと共同で、モロッコに1800平方メートルの撮影ステージ2つを備えた、敷地面積150ヘクタールの巨大な映画撮影所CLA Studiosを完成させたようだ。
ジョナサン・リース=マイヤーズが、恋人への暴行で逮捕された模様。規制薬物も所持していたらしい。
婚約したジュード・ロウとシエナ・ミラー(Sienna Miller)は、フィジーで結婚式を挙げるらしい。
米NBCのドラマシリーズ"Law & Order"(1990年-)のレギュラーに加わる、「ナショナル・トレジャー」("National Treasure",2004年)のアニー・パリッセ(Annie Parisse)は「素晴らしい番組に参加できてとても興奮しています。数年前に一度出演した時もとても楽しかったので、レギュラーとして共演できることが本当に楽しみです」と語ったようだ。
米CBSのリアリティ番組"The Amazing Race"(2001年-)第7シーズンが、3月1日からスタートするらしい。
「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2005年)の最終回が、5月16日に放送されるようだ。
E・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化で、ジュリア・ロバーツ、オプラ・ウィンフリー、ジョン・クリース、スティーヴ・ブシェミ、セドリック・ジ・エンターテイナー、リーバ・マッキンタイア、キャシー・ベイツ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、アンドレ・ベンジャミンが声優として出演するらしい。
"Fantastic Four"の予告編が公開されたようだ。
グウェン・ステファニーは、日本をテーマにしたアクセサリHarajuku Loversを、ファッション・ラインLambの春の新作として追加するらしい。
Calvin Kleinなどのモデルを務めてきたミーシャ・バートンは「もうモデルの仕事はやらない。自分の体重と見た目へのプレッシャーに耐えられないの。俳優業よりも遥かにひどいわ。それに、モデルはバカだと思われるしね」と語ったようだ。
君塚良一監督「MAKOTO」の完成披露試写会が18日都内で行われ、東山紀之、哀川翔、和久井映見らが舞台挨拶に立ったようだ。
山下達郎の歌う、映画「東京タワー」のテーマ曲「FOREVER MINE」のシングルCDが19日発売されたようだ。
長井秀和が、29日公開の鎌田義孝監督「YUMENO」で映画デビューするらしい。
イ・ヒョンスン監督「イルマーレ」("Il Mare",2000年)のアレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督によるリメイクで、「スピード」("Speed",1994年)のキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックが再び共演するらしい。3月からシカゴで撮影が始まるようだ。
ジリアン・アンダーソンは、昨年12月29日にフォトジャーナリストのジュリアン・オザンヌ(Julian Ozanne)とケニアで結婚式を挙げていたらしい。
アル・パチーノの父親が82歳で亡くなった模様。
昨年3月にテキサス州で警官ともみ合いとなり、その後不起訴となっていたジェイソン・パトリックが、警察官に対する訴訟を起こしたようだ。
Clothes Off Our Back Foundationの主催によるスマトラ島沖地震津波被災者支援チャリティ・オークションが開催中のようだ。テリ・ハッチャー、リーアム・ニーソン、シャーリーズ・セロン、ユアン・マグレガーら第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式に出席したスターたちが着用した衣装が出品されているらしい。
ケイト・ハドソンは、「めまい」("Vertigo",1958年)のリメイクを計画しているらしい。
「ソウ」("Saw",2004年)の続編は、「28日後...」("28 Days Later",2002年)のアレックス・ガーランド(Alex Garland)が脚本を担当するらしい。
  1/20
ジョエル・シュマッカー監督「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の特別試写会が19日都内で行われ、紀宮さまも鑑賞したようだ。
キム・テギュン監督「火山高」("Volcano High",2001年)の続編が企画されているらしい。
3月18日から開催される「香港影視娯楽博覧2005」の記者会見が19日香港で行われ、トニー・レオンが出席したようだ。
駐日韓国大使館は20日、2004年1年間に日本の主要全国紙に掲載された韓流関連記事の広告効果は900億ウォンに達する、との分析結果を発表したようだ。
1998年に脱北し2002年に韓国入りしたリ・ギョン(21)が、来月10日放送のSBS特別ドラマ「ピングオリ」で女優デビューするらしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」のロケが、今春から広島県の尾道市、呉市などで行われる模様。現在セットの建設中で、戦艦大和の船体の一部が実物大で再現されるらしい。
広島市西区横川地区の市民グループ「廣島かよこバス活用の会」が、映画「横川サスペンス」を自主制作するらしい。準主役の「オヤジ」役2人の公開オーディションが来月5日に行われるようだ。
チャン・イーモウ監督「LOVERS」の米国でのヒットで、金城武にハリウッドからオファーが殺到しているらしい。
香港電影評論学会大賞授賞式が18日行われ、ウォン・カーウァイ監督「2046」のトニー・レオンが主演男優賞、チャン・ツィイーが主演女優賞を獲得したようだ。
フジテレビ721で30日から、チェ・ジウ、グォン・サンウ共演の韓国ドラマ「天国の階段」の日本語字幕版が放送されるらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)賞ドキュメンタリー映画監督賞のノミネーションが19日発表され、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のマイケル・ムーア、「らくだの涙」("The Story of the Weeping Camel")のビャンバスレン・ダヴァーとルイジ・ファロルニらが候補に挙がったようだ。
ドナルド・トランプが進行役を務める人気リアリティ番組"The Apprentice"(2004年-)のブロードウェイ・ミュージカル化が企画されているらしい。 [☆はあ?]
サンダンス映画祭が20日、ドン・ルース監督、マギー・ギレンホール主演のコメディ"Happy Endings"の上映で幕を開けるようだ。
全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)による第36回NAACPイメージ賞(NAACP Image Awards)のノミネーションが発表され、ジェイミー・フォックス主演「レイ」("Ray")が作品賞、主演男優賞など最多7部門で候補に挙がったようだ。
M・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")のDVDが米国でリリースされ、第1週のレンタル売上が1196万ドルに達した模様。一方、ビリー・ボブ・ソーントン主演"Friday Night Lights"のDVDとVHSはあわせて130万本の売り上げを記録したようだ。
ニューヨークの連邦地方裁判所は19日、Marvel Enterprisesに対し映画「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)で得た利益の10%を、キャラクタのクリエイターであるスタン・リー(Stan Lee)に支払うよう命じる判決を下したようだ。Marvelは控訴する模様。
アシュリー・シンプソンは、カリフォルニアのStudio Cityに家を買ったらしい。"La La"のPVに登場した二人の女の子とシェアしているようだ。「すっごく楽しいの。家中に飾り付けをして、ちょっとレトロな感じ。来月には家の周りにも手を着けるつもり。私は家では散らかし放題。友達もそうだけど、私の勝ち。私が一番!」と語ったらしい。
米UPNのドラマシリーズ"Veronica Mars"(2004年)の来月22日放送のエピソードに、アリソン・ハニガンが出演するらしい。
シャーリーズ・セロンは、第77回アカデミー賞授賞式でプレゼンターを務めることが決まったようだ。
ガース・ジェニングス(Garth Jennings)監督は「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")が「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のわずか2週間前の公開となることについて「全く心配してないよ。ヒッチハイク・ガイドはルーカスを怯えさせる(=quake in his boots)さ。え、ジョージ・ルーカスはブーツ履くかって?そうすべきだよ。拍車と金の先革のついた大きくて赤いブーツをね。そうだろ?」と語ったようだ。これを聞いたプロデューサーのニック・ゴールドスミスは「僕はガースの方が心配だよ」と言ったとか。
ライアン・マーフィ(Ryan Murphy)監督、アネット・ベニング主演によるオーガスティン・バロウズ(Augusten Burroughs)の回想録"Running With Scissors"の映画化で、グウィネス・パルトロウの共演が決まったようだ。3月7日にロサンゼルスでクランクインする予定らしい。
25日に行われる第77回アカデミー賞のノミネーション発表は、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)のフランク・ピアソン会長とエイドリアン・ブロディが行うようだ。
デヴィッド・イエーツ(David Yates)は、正式に「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の監督を引き受けたようだ。製作は来年1月からロンドンで始まる模様。
ジョン・レグイザモが出演する新作"Cronicas"が、サンダンス映画祭で上映されるらしい。レグイザモは「僕にとって初めてのスペイン語映画なんだ。2人の連続殺人犯の物語だが、スリラーや連続殺人の映画じゃない。道徳についての映画なんだ」と語ったようだ。
重松清原作、市川準監督の新作「あおげば尊し」で、テリー伊藤が主演するらしい。丹波哲郎、薬師丸ひろ子らが共演するようだ。来月1日から撮影に入る模様。
奈美悦子が「掌蹠膿疱症性骨関節炎」のため入院する模様。
ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、ウォン・ビン、チェ・ジウ、チョン・ジヒョンら韓国人気スター100人以上の個人データがネット上に流出した模様。大手広告代理店が作成したものらしい。
メル・ブルックスは、MGM TVとドイツBerliner Film社と提携し、「スペースボール」("Spaceballs",1987年)をTVアニメシリーズ化するらしい。新「スターウォーズ」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」もネタにされるとか。メル・ブルックスは声優も務める模様。
マーク・フォースター監督、ウィル・フェレル主演の新作コメディ"Stranger Than Fiction"で、マギー・ギレンホールの共演が決まったようだ。撮影は4月から始まる模様。
サンフランシスコで1966年から78年の間に少なくとも37人が殺害され、"Zodiac killer"と呼ばれた連続殺人犯を題材にした映画"Zodiac"への共同出資に向けて、Warner Bros. PicturesとParamount Picturesが交渉中の模様。また、監督としてデヴィッド・フィンチャーが交渉に入ったようだ。
ガイ・ゲイヴリエル・ケイ(Guy Gavriel Kay)のファンタジー小説"The Lions of Al-Rassan"が、エドワード・ズウィックの監督で映画化されるらしい。
テイト・ドノヴァン(Tate Donovan)とリチャード・ラウンドトゥリーは、米Sci Fi Channelの2時間パイロット"Painkiller Jane"への出演が決まったようだ。
「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)や"Angel"(1999-2004年)などを担当したティム・マイナー(Tim Minear)は、やロバート・A・ハインラインのSF小説「月は無慈悲な夜の女王」("The Moon Is a Harsh Mistress")の映画化用脚本を完成させたらしい。
キャストの大幅な入れ替えの後、再撮影されたウェス・クレイヴン監督"Cursed"で、両方の撮影に参加したシャノン・エリザベスは「以前にこんな経験をしたことはなかったわ。最初の撮影での映像が自分のところにあったら、と思うわ。みんないい仕事をしたのに、もう2度と見ることは出来ないなんて。凄く悲しい。私のシーンは、ほとんど全部撮り直さなければならなかったわ」と語ったようだ。
リチャード・ケリー監督、サラ・ミシェル・ゲラー、ショーン・ウィリアム・スコット共演の新作"Southland Tales"は今春から製作に入る模様。「社会風刺であり、ブラックコメディでもある。それにSFやスリラーの要素もあって、ミュージカルでもある。すごくハイブリッドな作品なんだ」と監督は語ったようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)によるTVシリーズ"Firefly"(2002-2003年)の映画化"Serenity"で、デヴィッド・クラムホルツが物語のカギとなる"Mr. Universe"という役を演じているらしい。「僕が今言えるのは、僕が演じるのは衛星に住んでいる男で、全宇宙の衛星通信を受信している、ということだけだ」と語ったようだ。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"で、Daily Planetの編集長ペリー・ホワイト役を演じると報じられたヒュー・ローリーは「脚本を読ませてくれないんだ。武装した警備員のいる部屋で読まなきゃいけないんだよ。出演契約は済んだ。というか、サインはまだしていないが、後はサインするだけだ。明日かあさってには脚本を読むつもりだよ」と語ったようだ。
NFLスーパーボウルの中継で放送されるビールのCMに、ブラッド・ピットが出演するらしい。デヴィッド・フィンチャーが監督を務めるようだ。
ブラッド・シルバーリング監督の妻で女優のエイミー・ブレナマンが、2人目を妊娠中らしい。
アンジェリーナ・ジョリーは「また離婚することになるくらいなら、独身でいたほうがいい」と語ったらしい。
ナショナル・ボード・オブ・レビュー(National Board of Review of Motion Pictures)の授賞式に出席したクリント・イーストウッドは、客席のマイケル・ムーア監督に対して「彼とには共通点がたくさんあるし、幸い2人とも表現の自由が保障された国に暮らしている。でも、もし君がカメラを持って僕の家に現れたら、殺してやる」とコメントしたらしい。
リンゼイ・ローハンの母親が18日、離婚訴訟を起こしたようだ。
見ると1週間以内に死ぬらしい。
  1/21
韓国で公開中の宮崎駿監督「ハウルの動く城」の観客動員数が、公開18日間で216万人に達した模様。
株式会社スカパー・ウェルシンクと株式会社エスピーオーとは、日本未公開の韓国映画21作品の国内におけるマルチメディア展開事業に共同出資することで合意したようだ。21作品には、ソン・スンホン主演「氷雨」(2004年)、チャン・ドンゴン主演「コースト・ガード」(2002年)、チェ・ジウ主演「ピアノを弾く大統領」(2002年)、クォン・サンウ主演「同い年の家庭教師」(2003年)などが含まれているらしい。
来月10日から開催される第55回ベルリン国際映画祭のコンペ部門に、山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」の出品が決まった模様。アレクサンドル・ソクーロフ監督、イッセー尾形主演「太陽」も出品されるらしい。 [☆イッセー尾形だったのか・・・]
SPUR3月号に、ペ・ヨンジュンの特集が掲載されているらしい。
キム・キドク監督「サマリア」プロモーションのため、クァク・チミン、ハン・ヨルムが来日、20日都内で記者会見を行ったようだ。
水野晴郎監督「シベリア超特急5」で、片岡愛之助、片岡秀太郎、片岡進之介、片岡我當の4人が共演しているらしい。
韓国人気グループ「神話」(SHINHWA)が来日、20日都内で記者会見を行ったようだ。
クァク・キョンテク監督、チャン・ドンゴン主演の新作「台風」に共演しているイ・ジョンジェが、ロケ地のタイでも人気を集めているらしい。
来月開催される「小田原映画祭〜シネマトピア2005〜」のプレイベント「街かど上映会」が、22日から小田原駅周辺でスタートするようだ。「瀬戸内少年野球団」(篠田正浩監督,1984年)、「Aサインデイズ」(崔洋一監督,1989年)などが無料上映されるらしい。
5月に開催される第58回カンヌ映画祭の審査委員長に、エミール・クストリッツァ監督が選ばれたようだ。
「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2005年)の最終回収録が20日始まったようだ。
ブラッド・ピットの離婚とアンジェリーナ・ジョリーとの関連についての一連の報道について、20th Century Foxは、2人が主演する新作"Mr. and Mrs. Smith"への宣伝効果に期待しているらしい。
クイーン・ラティファとエマ・トンプソンが、マーク・フォースター監督次回作の"Stranger Than Fiction"で共演するらしい。
ジョージ・W・ブッシュ米大統領2期目就任式と同じ20日に開幕したサンダンス映画祭で、ロバート・レッドフォードは「この映画祭は、我々が暮らす世界をより正確に映し出した作品に込められた、様々な声についての祭典なのです。私は、この映画祭を意見の相違の祭典と考えることにしていますし、そういった映画祭にしたいと思っています」と挨拶したようだ。
ヘンリー・フォンダが主演したコメディ「合併結婚」("Yours, Mine and Ours",1968年)が、デニス・クエイドの主演でリメイクされるらしい。ラージャ・ゴスネルが監督に向けて交渉中の模様。
マーク・スティーヴン・ジョンソン監督、ニコラス・ケイジ主演による人気コミックの映画化"Ghost Rider"で、ウェス・ベントリーが悪役を演じるようだ。
全米週末公開作品では、ジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)監督、ジャ・ルール主演による「ジョン・カーペンターの要塞警察」(1976年)のリメイク"Assault on Precinct 13"と、ブライアン・レヴァント監督、アイス・キューブ主演"Are We There Yet?"が新たに加わるものの、ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"が再び1位となる可能性もあるらしい、
Disneyとの契約終了が報じられているMiramax Filmsのハーヴェイ・ウェインスタインは、今年もサンダンス映画祭を訪れるようだ。Miramaxの広報担当者は「例年通り、今年も我々は素晴らしいインデペンデント映画を見つけ出そうとしています。我々は、精力的に活動する予定です」と語ったらしい。
ローレンス・オリヴィエ賞(Laurence Olivier Awards)のノミネーションが10日発表され、「メリー・ポピンズ」("Mary Poppins")が9部門、「プロデューサーズ」("The Producers")が8部門で候補に挙がったようだ。ネイサン・レイン、リー・エヴァンスらがまたミュージカル部門の主演男優賞に、"All's Well That Ends Well"のジュディ・デンチが助演女優賞にノミネートされた模様。
スマトラ島沖地震による津波被災者支援のため、エルトン・ジョン、アンドレア・ボチェッリ、ロッド・スチュワート、ケリー・オズボーン、オジー・オズボーン、フィル・コリンズらが、エリック・クラプトンの"Tears in Heaven"をレコーディング中らしい。
トファー・グレイスは「映画への出演には賢明な決断が重要だと思う。僕は『トラフィック』("Traffic",2000年)に出演したことよりも、山ほどあったティーン映画を断ってきたことに誇りを感じるよ」と語ったらしい。
USENで、「BROAD-GATE 01」会員を対象にした「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")のブロードバンド試写会を、今月22日と23日に行うようだ。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で、ソフィ・マルソーが共演するらしい。
マーティン・キャンベル監督、アントニオ・バンデラス主演"The Legend of Zorro"撮影のためのミニチュアのメキシコが、ニュージーランドのウェリントンに完成したらしい。Weta Workshopが手掛けたようだ。
英BBCで2003年10月に放送され高視聴率を記録した、紀元前79年のヴェスビオス火山の噴火を描いたドラマ"Pompeii: The Last Day"(2003年)が、米Discovery Channelで今月30日に放送されるようだ。
"Final Destination 3"は、シリーズ第1作「ファイナル・デスティネーション」("Final Destination",2000年)のジェイムズ・ウォンが監督に復帰するらしい。
英国最古の叙事詩"Beowulf"の映画化は、ロジャー・エイヴァリー(Roger Avary)、ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)が脚本、ロバート・ゼメキスが監督を務めるらしい。
「アフター・ザ・サンセット」("After the Sunset",2004年)、"The Exorcism of Emily Rose"(2005年)などを手かげるプロデューサーのトリップ・ヴィンソン(Tripp Vinson)は、テッド・グリフィン(Ted Griffin)脚本によるスリラー"Solace"が次回作になる、と語ったようだ。ブルース・ウィリスが主演するらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の予告篇第2弾がまもなく公開されるらしい。アナキンとパルパティーンとの不吉な会話で始まるようだ。
第77回アカデミー賞授賞式で、レネー・ゼルウィガーがプレゼンターに加わったようだ。
ジョン・ウー監督、ザ・ロック主演によるアーケード・ゲームの映画化"Spy Hunter"のコンセプト画が公開されたようだ。
米McFarlane Toysは、ティム・バートン監督による最新ストップモーション・アニメ映画"Corpse Bride"の商品化権を獲得したようだ。アクション・フィギュアやぬいぐるみ、着せ替え人形、首振り人形などのほか、キャンドル、マグカップ、食器、オーナメントなども発売する予定とか。
「トゥモロー・ネバー・ダイ」("Tomorrow Never Dies",1997年)、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」("The World is Not Enough",1999年)、「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)の音楽を担当したデヴィッド・アーノルド(David Arnold)は、007シリーズ第21作の音楽について「先へ進むべき時だと思う。(ピアース・)ブロスナンのスコアはブロスナンの映画のために書いた。新しいボンド、新しい映画には、新しいサウンドだ」と語ったようだ。
塩田明彦監督の新作「この胸いっぱいの愛を」で、伊藤英明とミムラ画共演するらしい。今秋公開予定とか。
ニコール・キッドマンが来日、21日都内で行われた高級腕時計オメガの新製品「クアドレラ」のPRキャンペーンに参加したようだ。
米Sci Fi Channelは、バミューダ・トライアングルを題材にしたミニシリーズ"The Triangle"の制作を決定した模様。ブライアン・シンガーが制作総指揮として参加するらしい。
Gold Circle Filmsは、アリ・マルゴリス(Ari Margolis)とジム・モーレイ3世(Jim Morley III)によるホラー・スリラー脚本"Forsaken"を獲得したようだ。
ライアン・マーフィ(Ryan Murphy)監督、アネット・ベニング、グウィネス・パルトロウ共演の新作"Running With Scissors"で、ブライアン・コックス、ジョセフ・クロスの共演が決まったほか、エヴァン・レイチェル・ウッド、ジョセフ・ファインズも出演交渉中らしい。
Fox 2000は、ミシェル・ペイヴァー(Michelle Paver)による"Chronicles of Ancient Darkness"シリーズ6部作の映画化権獲得に動いているようだ。現在は、第1作の"Wolf Brother"のみ契約が完了、残り5冊は交渉中らしい。リドリー・スコットらがプロデュースに参加する模様。
アルフォンソ・クアロン監督次回作は、ニコール・クラウス(Nicole Krauss)がまもなく発表する小説"History of Love"の映画化になるらしい。
デヴィッド・ドゥカヴニーが「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)の映画化第2弾について「クリス・カーターと話をした。今年後半か来年はじめには撮影に入ると思う」などと発言したことについて、クリス・カーターのエージェントは「続編については何の進捗もない。交渉も行われていないし、脚本も書かれていない。あるのは願望だけだ」と語ったらしい。
リンゼイ・ローハンが、ロサンゼルス国際空港をピンクのパジャマにスリッパという格好で歩いていたらしい。 [☆「ターミナル」?]
米UPNのTVコメディシリーズ"Moesha"(1996-2001年)などで知られる、米女優のラモント・ベントリー(Lamont Bentley)さんが18日亡くなった(31歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆交通事故だそうです。]
ベン・キングズレイは、2003年10月に結婚した妻アレクサンドラ・クリストマン(Alexandra Christmann)との別居を公表したようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の映画化で、スティーヴン・フライが声優として参加するらしい。
マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが「タクシー・ドライバー」("Taxi Driver",1976年)の続編を企画?と一部で報じられた模様。
  1/22
ペ・ヨンジュン公式グッズ第1弾となるぬいぐるみ「Joon Bear」が、来月1日から5000個限定で発売されるらしい。
韓国人気スターの個人情報流出事件を受けて、クォン・サンウは21日「芸能人であることに嫌気がさした。これ以上演技をしたくない」とのコメントを発表した模様。
リュ・シウォンのイメージDVD「PRINCE 東京・ソウル 二都物語」が26日発売されるようだ。
「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム」の公開を記念した「前夜祭」が21日横浜市内で行われ、デイヴ平尾、エディ藩、ルイズ・ルイス加部、ミッキー吉野、マモル・マヌーらが参加したようだ。
「湘南藤沢フィルム・コミッションフォーラム2004」が来月5日に藤沢市で開催されるようだ。脚本家の一色伸幸らが参加するパネル・ディスカッションも行われるらしい。
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」内の屋台で21日、21歳の女性アルバイト従業員が砕氷機のローターに衣服を巻き込まれ重体となっている模様。
4月より上演されるブロードウェイ・ミュージカル「チキ・チキ・バン・バン」("Chitty Chitty Bang Bang")に出演する犬のオーディションが行われ、動物保護施設に収容されていた20数頭の中から、雑種のハウンド「フレッド」とコリーの「アーガイル」が選ばれたようだ。出演終了後は、コネチカットの農場での引退生活が約束されているとか。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)、米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)と米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)による、新たな3年契約が20日締結されたようだ。俳優組合側のDVD利益分配率のアップについては認められなかったらしい。
5月から撮影開始予定のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化は、ルーヴル美術館でロケが行われるらしい。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)のマイケル・パウエル(Michael Powell)会長は21日、辞任の意向を明らかにしたようだ。
ロンドンで上演中の"Whose Life Is It Anyway?"で舞台デビューを果たしたキム・キャトラルは「(劇場では)家にいるみたいな感じ。劇場に行って私の話をするのが、毎晩待ちきれないの。とってもワクワクしているわ」と語ったようだ。また、"Sex and the City"(1998-2004年)の映画版出演について「まだ検討中よ。もちろん、皆のスケジュールが合って、いい脚本があって、いいギャラが出ることが必要よ」と語ったらしい。
米NBCは、15日放送したチャリティ番組"Tsunami Aid: A Concert of Hope"の収益金が1830万ドルに達した、と発表したようだ。
第77回アカデミー賞授賞式で、オーランド・ブルームがプレゼンターを務めるようだ、
ティム・バートン監督"Corpse Bride"の予告篇が公開されたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、"Terminator 4"への出演について「カリフォルニアで撮影されないなら1秒たりとも出るつもりはない」と語ったらしい。撮影はブタペストで予定されているとか。
グウェン・ステファニーは「私に子供が生まれたら、物語の登場人物のような衣装をいつも着るつもりなの。子供たちが、お母さんが不思議の国のアリスやシンデレラだと思うように」と語ったらしい。
ジェシカ・シンプソンは「まだ今はやるべきことがたくさんありすぎるの。子供のために一生を捧げられるようになりたいけど、今は自分のことで精一杯」と語ったようだ。
人気TVシリーズ「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)のデヴィッド・ハッセルホフは「レオナルド・ディカプリオがライフガードに一人としてオーディションを受けたんだが、起用しなかったんだ。そのおかげで、彼はビッグ・スターになったんだよ」と語ったらしい。
パリス・ヒルトンが先月、自分の"流出"ビデオ"One Night In Paris"のDVDをロサンゼルスのニューススタンドから盗んだとして、訴えられたようだ。
韓国ドラマ「美しき日々」のコンサートツアーが3月8日から行われるらしい。イ・ジョンヒョンらが出演、イ・ビョンホンもメッセージを寄せる予定とか。
松竹の迫本淳一社長は、石原結實の著書「家庭でできる断食養生術」を実践、25kgのダイエットに成功したらしい。
  1/23
青山真治監督「レイクサイドマーダーケース」が22日初日を迎え、日比谷スカラ座2では役所広司、薬師丸ひろ子らが舞台挨拶に立ったようだ。ハリウッドでのリメイクも検討中とか。
井筒和幸監督「パッチギ!」が22日初日を迎え、シネカノン有楽町で塩谷瞬、沢尻エリカらが舞台挨拶に立ったようだ。
「がめつい奴」(千葉泰樹監督,1960年)のモデルとして知られる大田はるが経営するアパート管理会社が、大阪国税局の税務調査を受け、計3億1000万円の所得隠しを指摘されたらしい。
キューバでは、来月から映画館や公共施設などでの喫煙が禁止されるらしい。
21日閉幕したバンコク国際映画祭で、レハンドロ・アメナバール監督「海を飛ぶ夢」が作品賞、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が監督賞を獲得したようだ。
ハ・ジウォン、ヨン・ジョンフン共演の新作「あしながおじさん」のシナリオが韓国で小説化されたらしい。
チャウ・シンチー監督「カンフーハッスル」の中国大陸での総興収が1億5500万元に達し、チャン・イーモウ監督「LOVERS」の記録を更新したようだ。
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で今月10日、「ハリウッド・マジック」上演中に出演者に花火の火の粉が落下、衣装に燃え移り軽い火傷を負っていたらしい。
大阪市浪速区の映画館(動物園前シネフェスタ?)で22日、旧札の偽1万円札が使われたらしい。
スマトラ島沖地震による津波被災者救援のためのチャリティコンサートが22日英国で開催され、エリック・クラプトン、シャーロット・チャーチら20組が参加したようだ。
アシャンティは「休みが取れる週末には、いつも何処か熱帯に行くのよ。1日半でもかまわない。プールサイドでヴァージン・ストロベロー・ダイキリを飲むの」と語ったようだ
英菓子メーカー大手のCadburyマダム・タッソー蝋人形館は共同で、チョコレートによるジェニファー・ロペスの像を制作、ロンドンの蝋人形館に展示したらしい。
1970年代から80年代にかけて、主にアミターブ・バチャン(Amitabh Bachchan)主演作品で活躍したインド人女優のパルヴィーン・バビ(Parveen Babi)さんが亡くなった。ご冥福をお祈りいたします。
ソフィ・マルソーか?、と報じられたロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")のヒロイン役は、オドレイ・トトゥに決まったらしい。
今春公開予定の映画「ブラッドエンジェル」で矢吹春奈が映画デビューするらしい。
小林政広監督「フリック」が22日初日を迎え、都内劇場で大塚寧々、香川照之らが舞台挨拶に立ったようだ。
高橋伴明監督「火火」が22日初日を迎え、シネスイッチ銀座で田中裕子らが舞台挨拶に立ったようだ。
ドナルド・トランプが、24歳年下のモデルと結婚したらしい。
  1/24
1979年10月26日のパク・チョンヒ大統領暗殺事件を描く映画「その時、その人々」の試写会が24日ソウル市内で行われたようだ。イム・サンスが監督を務め、ハン・ソッキュ、パク・ユンシクが共演しているらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」の音楽を、トレヴァー・ジョーンズが担当するらしい。
テイラー・ハックフォード監督「レイ」("Ray")の特別試写会が23日都内で行われ、和田アキ子らが参加したようだ。
来日中の韓国人気グループSHINHWA(神話)が23日、都内でコンサートを行ったようだ。
「掌蹠膿疱症」のため療養中の奈美悦子が23日、都内で記者会見を行ったようだ。2月から復帰する予定とか。
日韓国交正常化40周年を記念した「韓国映画祭」が24日、都内で開幕したようだ。初日には、チェ・ジウの映画デビュー作「パク・ボンゴン家出事件」が上映されたらしい。
「東京物語」(小津安二郎監督,1953年)、「秋日和」(小津安二郎監督,1960年)、「コント55号と水前寺清子のワン・ツウー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」(野村芳太郎監督,1969年)、「シコふんじゃった。」(周防正行監督,1992年)、「がんばっていきまっしょい」(磯村一路監督,1998年)、「スウィングガールズ」(矢口史靖監督,2004年)などの映画や、舞台、TVドラマなどでも活躍した、女優の桜むつ子さんが23日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
北米を除く海外週末興収では、マイク・ニコルズ監督、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン共演"Closer"がフランス、スペインなど4カ国で1位を獲得したようだ。一方「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")は史上25番目となる総興収6億ドル突破となったらしい。
開催中のサンダンス映画祭に、"The Matador"のピアース・ブロスナンと"The Upside of Anger"のケヴィン・コスナーがゲストとして出席したようだ。
Paramount PicturesとMTV Filmsは23日、サンダンス映画祭出品作品"Hustle & Flow"とまだ製作前の低予算作品2作品の配給権について、ジョン・シングルトンと契約を結んだ模様。
米NBCの"The Tonight Show Starring Johnny Carson"(1962-1992年)での司会で知られる、コメディアンのジョニー・カーソンさんが亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。
全米週末興収は、ブライアン・レヴァント監督、アイス・キューブ主演"Are We There Yet?"が1850万ドル(2297館)で初登場1位を獲得、ジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)監督、ジャ・ルール主演による「ジョン・カーペンターの要塞警察」(1976年)のリメイク"Assault on Precinct 13"は700万ドル(2709館)で6位のスタートとなったようだ。
第77回アカデミー賞授賞式で司会を務めるクリス・ロックは、ノミネートが確実なジェイミー・フォックスについて「(もし彼が受賞しなかったら)授賞式の間ずっとそのことをしゃべり続けるつもりさ。彼が、オスカーなしで会場を後にすることは無いよ」と語ったようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)賞授賞式が22日ロサンゼルスで行われ、マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")が映画部門の作品賞に選ばれたようだ。
ニール・マーシャル監督"Dog Soldiers"(2002年)の続編"Fresh Meat"の撮影が、4月からハンガリーで始まるらしい。
「エンジェル」("Angel",1999-2004年)のエイミー・アッカーと、夫で俳優のジェイムズ・カルピネロ(James Carpinello)の間に男の子が誕生したようだ。
中田秀夫監督は新作"The Ring Two"について、パート3の余地は残してあるし、もし3作目があれば監督を務めたい、と語ったらしい。
「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)第150話に、ジュリアン・マクマホンがコール・ターナー役で再登場するらしい。4月に放送予定とか。
アシュトン・カッチャーの企画による米WBの新しいリアリティ番組は、7人のオタクと7人の美女をデートさせる"Beauty and the Geek"になるらしい。
Warner Bros.は、ジェニファー・アニストン主演の新作コメディ"Rumor Has It"の米国公開を4月から12月に延期した模様。
新作"The Tenants"に出演したスヌープ・ドッグは、ケネディ大統領が暗殺されたAmbassador Hotelでの撮影について「気味が悪いよ。横たわることもできない。幽霊と一緒なんて最悪だよ。僕は幽霊を信じてるんだ。撮影中にも見たんだよ。ドアが突然開いて、また閉まったんだ」と語ったようだ。
ジー・モードは携帯電話向けゲーム配信サイトで、映画「MAIL」(高橋巌監督)のDVDプレゼントキャンペーンを1月24日から行うようだ。
石田ひかりが23日、第2子となる女の子を出産したようだ。
Warner Bros. Picturesは、全米図書賞(National Book Award)を獲得したナンシー・ファーマー(Nancy Farmer)の小説"House of the Scorpion"の映画化権を獲得したようだ。ジェシカ・ポスティゴ(Jessica Postigo)が脚本を担当
ジョン・マッデン監督次回作は、エルモア・レナードの小説"Killshot"の映画化になる模様。現在キャスティング中のようだ。
ニール・ジョーダン監督「モナリザ」("Mona Lisa",1986年)がリメイクされるらしい。「KEN PARK」("Ken Park",2002年)のラリー・クラーク(Larry Clark)が監督を務める模様。
Miramax Filmsは、リチャード・シェパード監督、ピアース・ブロスナン主演"The Matador"の配給権獲得に向けて最終交渉に入ったようだ。
「あのころ僕らは」("Don's Plum",2001年)のケヴィン・コナリーは、レオナルド・ディカプリオの製作会社Appian Wayによる新作ダークコメディ"Gardener of Eden"で映画監督デビューを果たすようだ。
エリザベス・バンクスとマイケル・ルーカーは、ジェイムズ・ガン(James Gunn)脚本・監督の新作ホラー"Slither"で共演するらしい。撮影は来月からバンクーバーで行われるようだ。
ニコラス・ケイジは、英雄的ギャンブラー、アマリロ・スリム・プレストン(Amarillo Slim Preston)の自叙伝"Amarillo Slim in a World Full of Fat People: The Memoirs of the Greatest Gambler Who Ever Lived"の映画化に主演する模様。ミロス・フォアマンが監督を務めるようだ。
マーティン・スコセッシ監督による「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs",2002年)のリメイク"The Departed"で、マーク・ウォールバーグの共演が決まったらしい。
「陽のあたる場所から」("Stormy Weather")の試写会が24日都内で開催され、カウンセラーの河野喜代美によるトークイベントが行われたようだ。
マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督、シャロン・ストーン、デヴィッド・モリッシー共演による「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編"Basic Instinct 2: Risk Addiction"で、ビル・マーレイの共演が決まったらしい。
新作"Coach Carter"に出演した元Henderson State Universityのバスケットボール選手Nana Gbewonyoは、いつもNGを出させようとする主演のサミュエル・L・ジャクソンを引っかけようと、あるシーンで彼が受け取るユニフォームを、空気人形と取り替えたらしい。「サムは引っかからなかったよ。彼は、そのシーンの間、空気人形がユニフォームであるかの様に演じきったんだ。それで、もう僕らは諦めた。彼は決して揺るがないんだ」と語ったようだ。
米PBSで今夏放送予定の"American Masters"の1作としてボブ・ディランの初期の活動を中心に描く映画を製作中のマーティン・スコセッシは、まだ本人と会っていないらしい。「直接その男と話をしたいとは思わないよ。まず、物語を発見し、そして私が正しいと思う方法でそれを演出したいんだ」と語ったようだ。
「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me")で監督・主演を務めたモーガン・スパーロックが、同作にも登場した恋人のアレクサンドラ・ジェイミソンと婚約したようだ。
  1/25
「冬のソナタ」の写真付き切手が発売されるらしい。全国の郵便局などで25日から予約受付が始まる模様。
ヴィッキー・ジェンソン監督「シャーク・テイル」("Shark Tale")の日本語吹替版収録が24日都内で行われ、香取慎吾が参加したようだ。
マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")プロモーションのため、レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞授賞式直後の3月1日に来日するらしい。
ビートたけしが教授に就任する東京芸大大学院の映像研究科映画専攻には、定員32人に対し245人が出願したようだ。
JRA賞馬事文化賞の授賞式が24日都内で行われ、施丸巴の著書「馬映画100選」が受賞したようだ。
出版科学研究所の発表によると、2004年の書籍の推定販売額は前年比4.1%増の9429億円で、8年ぶりの増加となった模様。「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「世界の中心で、愛をさけぶ」などが貢献したようだ。
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演の新作「外出」の撮影は、来月10日頃に始まるようだ
ヨム・ジョンア主演「女教師vs女子生徒」が、韓国ビデオレンタルチャートで2週連続1位を獲得したようだ。
「コンスタンティン」("Constantine")に主演するキアヌ・リーヴスが、韓国の映画ポータルサイトで監督のフランシス・ローレンスと共に質問に答えるらしい。
カン・ヘジョン、パク・ヘイル共演の新作「恋愛の目的」が現在撮影中の模様。5月公開予定らしい。
米20th Century Foxは、モバイル・エンターテインメント制作・配信大手のSorrento社は2年契約を締結、新作「ロボッツ」("Robots")の携帯電話向けゲームなどのコンテンツを共同で配信するようだ。
「日韓友情年2005」の開幕式が25日都内で行われたようだ。来日中の「神話」も参加したらしい。
仏セザール賞(Cesar Awards)のノミネーションが24日発表され、ジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")が作品賞、監督賞、主演女優賞など12部門で候補に挙がったようだ。
ニューヨークのFMラジオ局WQHT(HOT 97)は24日、スマトラ島沖地震による津波犠牲者を嘲るようなパロディ・ソングを放送したとして、謝罪したようだ。市議会議員らは、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)が同局に制裁を課すよう働きかけている模様。
シドニーにあるニコール・キッドマンの自宅の向かいにある家から、盗聴が可能な集音装置が発見されたらしい。
J・K・ローリングは23日、第3子となる女の子を出産したようだ。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は24日、昨年11月に米ABCの系列局でノーカット放送された「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)への苦情を却下すると発表したようだ。そのほか、「フレンズ」("Friends",1994-2004年)、「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)、「オースティン・パワーズ:デラックス」("Austin Powers: The Spy Who Shagged Me",1999年)等に対する36件の苦情についても却下した模様。
「ウィ・アー・ザ・ワールド」("We Are the World")収録20周年を記念して、28日の米東部時間正午に、世界各国のラジオ局が同曲をいっせいに放送するらしい。
米Enron社の破綻を追ったアレックス・ギブニー(Alex Gibney)監督のドキュメンタリー映画"Enron: The Smartest Guys in the Room"がサンダンス映画祭で上映されたようだ。
第25回ゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry Awards)のノミネーションが24日発表され、ハル・ベリー主演「キャットウーマン」("Catwoman")が最多7部門、コリン・ファレル主演「アレキサンダー」("Alexander")が6部門で候補に挙がった模様。また、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のジョージ・W・ブッシュ大統領が最悪俳優賞にノミネートされたらしい。
ロンドンで上演の舞台「カッコーの巣の上で」("One Flew Over the Cuckoo's Nest")に出演していたクリスチャン・スレイターは21日の夜、公演を終えて劇場を出たところ、ナイフを持った男性に襲われたらしい。幸い怪我はなかったようだ。
「劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game」で、インパルスの堤下敦と板倉俊之が声優を務めたらしい。29日の初日には舞台挨拶も予定しているようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクの祖母は「(ブリトニー・スピアーズと)別れた時の彼は悲嘆に暮れていたし、彼女のことをずっと愛しているはずよ。キャメロン(・ディアス)がすぐに結婚したがっているとは思えないわ。間違った推測よ。ブリトニーが戻ってきてくれたら大歓迎だわ」と語ったらしい。
ドリュー・バリモアが女性の友人と共に、ニューヨークのBridal Suite Of Manhattanを訪れたらしい。
髪をブラウンに染めたリース・ウィザースプーンは「この髪でも、みんなわ私だと分かってくれるみたい。みんな騙されると思ったけど、昨日空港に行った時も、ほとんどの人は私だと気付いたわ」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング共演「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの最新画像が公開されたようだ。
ウィル・スミス、エヴァ・メンデス共演の新作コメディ"Hitch"からの最新画像が公開されたようだ。
キアヌ・リーヴス主演「コンスタンティン」("Constantine")からの最新画像が公開されたようだ
コール・ハウザー主演の新作ホラー"The Cave"のポスターが公開されたようだ。
トミー・リー・ジョーンズ主演の新作コメディ"Man of the House"のポスターが公開されたようだ。
ジェニファー・ロペス、ジェーン・フォンダ共演の新作コメディ"Monster-in-Law"のポスターが公開されたようだ。
来月12日に開催されるアカデミー科学技術賞(Scientific and Technical Awards)授賞式で、スカーレット・ヨハンソンがプレゼンターを務めることになったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、スマトラ島沖地震による津波被害を受けたスリランカへの訪問を希望しているようだ。TV番組のインタビューに答えたジョリーは「両親を失った孤児たちを調べるつもりです。時が経つにつれて、私の家族はどんどん大きくなっていくでしょうね」と語ったらしい。
「エレニの旅」("Trilogia: To livadi pou dakryzei",2004年)のPR会見が24日都内で行われ、テオ・アンゲロプロス監督と岸恵子が出席したようだ。
26日の放送のTBS「ウォッチ!」に久石譲が録画で出演、「ハウルの動く城」のテーマ曲などを披露するらしい。
「南極物語」(蔵原惟繕監督,1983年)のフランク・マーシャル監督によるリメイク"Antarctica"で、ポール・ウォーカーの主演が決まったようだ。隕石を求めて南極に向かった探検家が犬ぞり用の犬を残して帰らざるを得なくなり・・・という話しになるらしい。
ロバート・ハンセン(Robert Hansen)の小説"The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford"に基づく、アンドリュー・ドミニク(Andrew Dominik)監督の新作で、ブラッド・ピットが西部開拓時代のガンマン、ジェシー・ジェイムズを演じるようだ。 [☆というニュースは去年の3月にもお伝えしたのですが・・・]
アーロン・エッカート、ロバート・デュヴァル、ケイティ・ホームズの共演が決まっているジェイソン・ライトマン(Jason Reitman)監督によるインディ作品"Thank You for Smoking"で、ウィリアム・H・メイシー、アダム・ブロディ、サム・エリオット、キャメロン・ブライト(Cameron Bright)、J・K・シモンズ、デヴィッド・ケックナー(David Koechner)、キム・ディケンズらの共演が決まったようだ。
"Mission: Impossible III"で監督を務めるJ・J・エイブラムスは、長年の友人であるグレッグ・グランバーグのために役を用意するつもりらしい。
インドのムンバイを訪れているマイケル・ダグラスは24日、全編をインドで撮影する新作アドベンチャー"Racing the Monsoon"で共同製作と出演を務める、と発表したようだ。「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」("Romancing the Stone",1984年)、「ナイルの宝石」("The Jewel of the Nile",1985年)の続編的作品でスティーヴ・カーが監督を務める模様。現在、主演女優としてアイシュワリヤー・ラーイと交渉中らしい。
サム・スウォープ(Sam Swope)らによる絵本"The Krazees"が、ロビン・ウィリアムスの主演で映画化されるらしい。
ドイツ出身の女性監督カーチャ・フォン・ガルニエ(Katja von Garnier)は、MGMとLakeshore Entertainmentによるアネット・カーティス・クラウス(Annette Curtis Klause)の小説に基づく新作ホラー・スリラー"Blood and Chocolate"の監督に向けて交渉中のようだ。
  1/26
ワオ・コーポレーションは、来年4月に都内にアニメーション専門職大学院を設立する、と発表したようだ。
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")プロモーションのため、ジョエル・シュマッカー監督、ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサムらが来日、25日都内で記者会見が行われたようだ。上原多香子がゲストとして出席したらしい。
インドの若手人気俳優ヴィヴェク・オベロイ(Vivek Oberoi)が、スマトラ島沖地震による津波被害の大きかった漁村で、仮設住宅を提供するなどの支援を行っているようだ。
「野生の犬ディンゴ」("The Wild Dog Dingo",1962年)、「7/6 ソビエトのいちばん長い日」("The Sixth of July",1968年)、「チェーホフのかもめ」("The Seagull",1970年)などの作品を手掛けた、ロシアの映画監督ユーリー・カラシク(Yuli Karasik)さんが23日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ソウル市内に27日「冬のソナタランド」がオープンするらしい。
新作「B型の彼氏」の試写会が25日ソウル市内で行われ、記者会見に出席した主演のイ・ドンゴンは「ハン・ジヘと何度も共演していたら、変な方向に関心がいく」とコメントしたらしい。
来月開催される第55回ベルリン国際映画祭で、イム・グォンテク監督に特別功労賞が授与されるようだ。「春香伝」(2000年)など7作品を上映する特別回顧展も開催されるらしい。
フェイ・ウォンとリー・ヤーポンが4月に結婚、と一部で報じられたようだ。
「ベアーズ・キス」("Bear's Kiss",2002年)のセルゲイ・ボドロフが香港を訪れニコラス・ツェーに面会、新作への出演交渉を行った模様。
ペ・ヨンジュンの肉体改造を手掛けたイム・ジョンピルによる著書「100日ダイエットプログラム」が来月日本で発売されるらしい。
第77回アカデミー賞ドキュメンタリー賞にノミネートされた「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me")のモーガン・スパーロック監督は「(知らせを聞いて)シャンパンを開けたよ。朝の9時にだよ!発表を待って一晩中起きていたよ。クリスマスを待つ子供みたいに、眠ることが出来なかったんだ」と語ったようだ。
「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたケイト・ウィンスレットは「とてもビックリしています。『サンシャイン』はずいぶん前に公開されたので、忘れ去られていると思っていました。でも、皆さんはこの作品を愛してくれた。とてもファンタスティックです」と語ったようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたモーガン・フリーマンは「素晴らしい気分です。演技は朝鮮ではありません。演技は悦びです。そして、クリント(・イーストウッド)との仕事は、人生の素晴らしい悦びの一つです」と語ったようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたヒラリー・スワンクは「私は俳優として働くことが出来てとても幸運です。多くの友人は役を得ることさえ出来ません。私はただ、私のしたことにその価値があった、と考えるようにしています」と語ったようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")が第77回アカデミー賞の作品賞、監督賞など7部門で候補に挙がったことについて、クリント・イーストウッドは「私自身として、またこの素晴らしい作品を代表して、アカデミーに感謝の意を表したい。同僚に認められることは常に喜ばしいことだし、それがクリエイティヴな素晴らしい仲間達と分かち合えるなら尚更だ。これは私や関わった人々それぞれの思いが込められた作品であり、アカデミーのサポートに深く感謝したい」とする声明を発表したようだ。
第77回アカデミー賞の11部門でノミネートされた「アビエイター」("The Aviator")のマーティン・スコセッシ監督は「『アビエイター』の映画化には多くの人々の努力が何年にも渡って注ぎ込まれた。そんな作品がアカデミーに認められて、とても興奮している」とコメントしたようだ。
「アビエイター」("The Aviator")でプロデュース、「コラテラル」("Collateral")で監督を務めたマイケル・マンは、第77回アカデミー賞で合計13のノミネートを受けたことについて「凄いことだ。驚くべきことだよ。映画の道のりは長い。そこには苦闘が満ち溢れている。それは冒険の一部なんだ。こういった瞬間が訪れると、人は歴史を振り返るものだ。私は普段そんなことはしないが、今朝は別だった」と語ったようだ。
レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci,1452-1519)が作業場として使用していた部屋がフィレンツェの修道院で発見されたらしい。
ニール・ヤングは、4月3日にトロントで開催されるJuno Awards授賞式に出席するようだ。
ゴールデン・グローブ賞を獲得したミック・ジャガーとデヴィッド・スチュワートが歌う映画"Alfie"の主題歌"Old Habits Die Hard"がノミネートされなかった一方、「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")の主題歌"Believe"が第77回アカデミー賞主題歌賞の候補に挙がったことについて、アラン・シルヴェストリと共に同作の音楽を手掛けたグレン・バラード(Glen Ballard)は「時々驚かされることがあるね。みんな本当にと聴いてくれているんだと思えるよ。彼らは、有名な曲をチェックしていないだけなんだ」と語ったようだ。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")と「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")を担当し、第77回アカデミー賞の音響編集賞と音響効果賞で合わせて4つのノミネートを受けたことについて、ベテラン音響デザイナーのランディ・トム(Randy Thom)は「今朝は遺伝子が再配列されたような気分だよ。少しだけ人生が変わる経験だね」と語ったようだ。
マイケル・ラパポートは、米FOXのコメディ・パイロット"The War at Home"への出演が決まったようだ。
ストッカード・チャニングが飲酒運転で起訴されたらしい。
米MTV Neworksは、日本製アニメの声優を務めるアメリカ人を主人公にしたアニメシリーズ"Kappa Mikey"全26話の米国内と全世界での放映権を、ニューヨークのAnimation Collectiveから購入した模様。
第77回アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされた、レイ・チャールズの半生を描く「レイ」("Ray")は、テイラー・ハックフォード監督が1987年に映画化権を獲得して以来、どのスタジオも興味を示さなかったらしい。監督は「(今回のノミネートは)我々を拒絶した人々への胸のすく復讐劇だと言わせてもらうよ」とコメントしたようだ。
「アビエイター」("The Aviator")、「ネバーランド」("Finding Neverland")など、米Miramax作品は第77回アカデミー賞で合わせて20部門にノミネートされたようだ。ボブ・ウェインスタイン、ハーヴェイ・ウェインスタインは「最優秀作品賞へのノミネーションは素晴らしい栄誉であり、Disney傘下のMiramax作品にさらなる価値と名声を与えました」とする共同声明を発表したらしい。
アドルフ・ヒトラー最後の12日間を描いたドイツ映画"Der Untergang"("The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich")が、第77回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたことについて、オリヴァー・ヒルシュビーゲル(Oliver Hirschbiegel)監督は「私の作品は大きな議論を呼んでいます。映画製作者として、ヒトラーを一人の人間として描くべきか、彼をモンスターとして描くべきか。私達には、犠牲者のためにも、彼が地獄からの悪魔ではなく、オーストリアで生まれドイツで育った一人の男であることを示す義務があります。私はこの作品を誇りに思いますし、私の最高の作品です」と語ったようだ。
コロンビア映画初のアカデミー賞ノミネートとなった「そして、ひと粒のひかり」("Maria Full of Grace")のカタリーナ・サンディノ・モレノ(Catalina Sandino Moreno)は「国を代表することが出来てとても嬉しく思います。幼い頃、私はとても引っ込み思案で、それを直そうと劇団に入りました。でも、最近は仕事にあぶれて、女優をやめるつもりだったのです」と語ったようだ。
第77回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた"Yesterday"のダレル・ルート(Darrell Roodt)監督は「5年から10年の間に、我々南アフリカの作品の何本かがアカデミー賞を受賞することになるだろう。外国語映画賞だけではなく、主演男優賞や主演女優賞もだ」と語ったようだ。
ロンドンのブックメイカー各社による、アカデミー賞レースの最新オッズでは、作品賞は「アビエイター」("The Aviator")、主演男優賞はジェイミー・フォックス、主演女優賞はヒラリー・スワンクが1番人気となっているようだ。
第77回アカデミー賞で監督賞、主演女優賞など3部門でノミネートされた「ヴェラ・ドレイク」("Vera Drake")のマイク・リー監督は「トラウマになっているのは、『秘密と嘘』("Secrets and Lies",1996年)が5部門でノミネートされて、1つも取れなかったことだ。だから、わざわざ長旅をして、タキシードに締め付けられてまで授賞式に出席するのは一大事だよ」と語ったらしい。
25日発表された第77回アカデミー賞ノミネーションで、主演男優賞に「サイドウェイ」("Sideways")のポール・ジアマッティが候補に挙がらなかったことについて、助演男優賞にノミネートされたトーマス・ヘイデン・チャーチと、助演女優賞にノミネートされたヴァージニア・マドセンは「彼はこの作品の成功の鍵となった人で、とても残念」とコメントしたようだ。
第77回アカデミー賞のノミネーションが25日発表され、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演「アビエイター」("The Aviator")が最多11部門で候補に挙がったほか、ジョニー・デップ主演「ネバーランド」("Finding Neverland")とクリント・イーストウッド監督・主演「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")がそれぞれ7部門でノミネートされたようだ。また、ジェイミー・フォックスは「レイ」("Ray")で主演男優賞、「コラテラル」("Collateral")で助演男優賞と2部門にノミネートされた模様。
J・K・ローリングは、先日誕生した女の子をマッケンジー(Mackenzie)と名づけたようだ。
Lions Gate Filmsは、サンダンス映画祭で上映された、デヴィッド・スレイド(David Slade)監督、パトリック・ウィルソン、エレン・ペイジ(Ellen Page)共演の新作サイコ・スリラー"Hard Candy"の、(英国、スペイン、豪州を除く)全世界配給権を獲得したようだ。
グレゴリー・ナヴァ監督による新作スリラー"Bordertown"で、ジェニファー・ロペスが出演交渉中の模様。撮影は、3月7日からメキシコで始まるようだ。
米20th Century Foxは、28日より全米公開となるロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演の新作スリラー「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")のフィルムを、最終巻を除いて全米各劇場に送付する模様。事前の情報漏れを防ぐための措置で、最終巻は警備員が劇場側に手渡しするらしい。 [☆よっぽどスゴイ結末が待っているのでしょうか?]
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)で共同監督を務めたエドゥアルド・サンチェスの次回作は、Haxan Filmsの新作ホラー"Probed"になる模様。撮影は5月からオーランドのUniversal Studiosで始まるようだ。
レオナルド・ディカプリオは恋人のジゼル・ブンチェンについて「僕はジゼルと4年間を共にしているし、僕らは一緒にいられて幸せだよ。一夫一婦制はいい関係を築くカギだ」と語ったようだ。
米Femmes Fatale誌の読者投票による、「レザーの衣装を着た最もセクシーな女優2004」が発表され、「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」("Sky Captain and the World of Tomorrow")のアンジェリーナ・ジョリーとバイ・リンが1位と2位に選ばれたらしい。"Blade: Trinity"のジェシカ・ビールが3位、「キャットウーマン」("Catwoman")のハル・ベリーは6位だったようだ。
カバラー神秘主義を学ぶブリトニー・スピアーズは、首の後ろにヘブライ文字の刺青を入れたらしい。
人気TVシリーズ「アメリカン・ヒーロー」("The Greatest American Hero",1981-83年)第1シーズンのDVDが、来月15日に米国で発売されるらしい。
松竹は26日都内で「2005年度ラインナップ」を発表、「釣りバカ日誌16」(朝原雄三監督)の西田敏行、三國連太郎、「MAKOTO」(君塚良一監督)の和久井映見、東山紀之らが会場を訪れたようだ。北野武監督の新作の公開も発表されたらしい。
ジョン・フェルソン(Jon Felson)とラスティ・ゴーマン(Rusty Gorman)は、プロデューサーのアンドリュー・ヴァイナ(Andrew Vajna)とCinergi Pictures Entertainmentによる新作"No Quarter Given"で脚本を担当する模様。1924年のパリ・オリンピックに出場した米国ラグビーチームの奇跡的勝利を描く作品になるらしい。
リー・タマホリ監督によるシリーズ第2作"XXX: State of the Union"で、ヴィン・ディーゼルに代わって主演を務めるアイス・キューブは「全く新しいエージェントさ。同じ奴を演じるつもりはないよ。全く違う問題には、全く別の奴が必要なんだ。(スタジオが)賢いのは、毎回違うXXXを登場させようとしていることだ。毎回違う奴が主演する違う映画になるだろう。売上が2億ドルを越えなければね。まあ、彼らは僕に戻って欲しいと頼むだろうけど」と語ったらしい。
開催中のサンダンス映画祭で22日、デヴィッド・ラシャペル(David LaChapelle)監督のドキュメンタリー作品"Rize"が、無線ブロードバンド規格WiMAX(IEEE802.16)などを経由してストリーミング上映されたようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")にも出演しているマイケル・ペーニャが、米FXの人気シリーズ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)のキャストに加わったようだ。3月15日からスタートする第4シーズンで少なくとも12エピソードに出演するらしい。
ジェニー・ガースが主演するTVコメディシリーズ「恋するマンハッタン」("What I Like About You",2002年-)に、「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)でも共演したルーク・ペリーが出演することになったようだ。高校時代の知り合いを演じるらしい。
「日比谷映画劇場」「みゆき座」の閉館に伴い、今年4月から「ニュー東宝シネマ」が「有楽座-YURAKUZA」、「日比谷スカラ座1」が「日比谷スカラ座」、「日比谷スカラ座2」が「みゆき座」へと館名が変更されるらしい。
「ソン・フレール 兄との約束」("Son frere")プロモーションのためパトリス・シェローが来日、19日都内で記者会見を行ったようだ。
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-1-

◆最優秀作品賞[Best Picture]
「アビエイター」("The Aviator")
「ネバーランド」("Finding Neverland")
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")
「レイ」("Ray")
「サイドウェイ」("Sideways")

◆最優秀監督賞[Best Director]
マーティン・スコセッシ(「アビエイター」)
クリント・イーストウッド(「ミリオンダラー・ベイビー」)
テイラー・ハックフォード(「レイ」)
アレキサンダー・ペイン(「サイドウェイ」)
マイク・リー(「ヴェラ・ドレイク」)

◆最優秀主演男優賞[Best Actor]
ドン・チードル("Hotel Rwanda")
ジョニー・デップ(「ネバーランド」)
レオナルド・ディカプリオ(「アビエイター」)
クリント・イーストウッド(「ミリオンダラー・ベイビー」)
ジェイミー・フォックス(「レイ」)

◆最優秀主演女優賞[Best Actress]
アネット・ベニング("Being Julia")
カタリーナ・サンディノ・モレノ(「そして、ひと粒のひかり」)
イメルダ・ストーントン(「ヴェラ・ドレイク」)
ヒラリー・スワンク(「ミリオンダラー・ベイビー」)
ケイト・ウィンスレット(「エターナル・サンシャイン」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-2-

◆最優秀助演男優賞[Best Supporting Actor]
アラン・アルダ(「アビエイター」)
トーマス・ヘイデン・チャーチ(「サイドウェイ」)
ジェイミー・フォックス(「コラテラル」)
モーガン・フリーマン(「ミリオンダラー・ベイビー」)
クライヴ・オーウェン(「クローサー」)

◆最優秀助演女優賞[Best Supporting Actress]
ケイト・ブランシェット(「アビエイター」)
ローラ・リニー("Kinsey")
ヴァージニア・マドセン(「サイドウェイ」)
ソフィ・オコネドー("Hotel Rwanda")
ナタリー・ポートマン(「クローサー」)

◆最優秀オリジナル脚本賞[Best Screenplay (Original)]
ジョン・ローガン(「アビエイター」)
チャーリー・カウフマン(「エターナル・サンシャイン」)
キアー・ピアソン、テリー・ジョージ("Hotel Rwanda")
ブラッド・バード(「Mr.インクレディブル」)
マイク・リー(「ヴェラ・ドレイク」)

◆最優秀脚色賞[Best Screenplay (Adaptation)]
リチャード・リンクレイター、ジュリー・デルピー、イーサン・ホーク(「ビフォア・サンセット」)
デヴィッド・マギー(「ネバーランド」)
ポール・ハギス(「ミリオンダラー・ベイビー」)
ホセ・リヴェラ(「モーターサイクル・ダイアリーズ」)
アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー(「サイドウェイ」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-3-

◆撮影賞[Cinematography]
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")
「アビエイター」("The Aviator")
「LOVERS」("House of Flying Daggers")
「パッション」("The Passion of The Christ")
「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")

◆編集賞[Film Editing]
「アビエイター」("The Aviator")
「コラテラル」("Collateral")
「ネバーランド」("Finding Neverland")
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")
「レイ」("Ray")

◆視覚効果賞[Visual Effects]
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")
「アイ,ロボット」("I, Robot")
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")

◆美術賞[Art Direction]
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")
「アビエイター」("The Aviator")
「ネバーランド」("Finding Neverland")
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")
「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-4-

◆衣装デザイン賞[Costume Design]
「アビエイター」("The Aviator")
「ネバーランド」("Finding Neverland")
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")
「レイ」("Ray")
「トロイ」("Troy")

◆メイクアップ賞[Makeup]
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")
「パッション」("The Passion of The Christ")
「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-5-

◆音響賞[Sound Mixing]
「アビエイター」("The Aviator")
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")
「レイ」("Ray")
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")

◆音響効果賞[Sound Editing]
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")

◆オリジナル主題歌賞[Original Song]
"Accidentally In Love" / Counting Crows (「シュレック2」)
"Al Otro Lado Del Rio" / ホルヘ・ドレクスレール (「モーターサイクル・ダイアリーズ」)
"Believe" / ジョシュ・グローバン (「ポーラー・エクスプレス」)
"Learn To Be Lonely" / ミニー・トライヴァー (「オペラ座の怪人」)
"Look To Your Path (Vois Sur Ton Chemin)" / ジャン=バティスト・モニエ (「コーラス」)

◆オリジナル作曲賞[Original Score]
ヤン・A・P・カチュマレク(「ネバーランド」)
ジョン・ウィリアムス(「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」)
トーマス・ニューマン(「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」)
ジョン・デブニー(「パッション」)
ジェイムズ・ニュートン・ハワード(「ヴィレッジ」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-6-

◆最優秀ドキュメンタリー賞[Best Documentary Feature]
"Born into Brothels" (ザナ・ブリスキ監督)
「らくだの涙」("The Story of the Weeping Camel") (ビャンバスレン・ダヴァー, ルイジ・ファロルニ監督)
「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me") (モーガン・スパーロック監督)
"Tupac: Resurrection" (ローレン・ラジン監督)
"Twist of Faith" (カービー・ディック監督)

◆最優秀短編ドキュメンタリー賞[Best Documentary Short Subject]
"Autism is a World" (Gerardine Wurzburg監督)
"The Children of Leningradsky" (Hanna Polak, Andrzej Celinski監督)
"Hardwood" (Hubert Davis監督)
"Mighty Times: The Children's March" (Robert Hudson, Bobby Houston監督)
"Sister Rose's Passion" (Peter LeDonne監督)

◆最優秀アニメーション賞[Best Animated Feature Film]
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles") (ブラッド・バード監督)
「シャーク・テイル」("Shark Tale") (ヴィッキー・ジェンソン監督)
「シュレック2」("Shrek 2") (アンドリュー・アダムソン他監督)

◆最優秀短編アニメーション賞[Best Animated Short Film]
"Birthday Boy" (Simon Brown監督)
"Gopher Broke" (Jeff Fowler監督)
"Guard Dog" (Bill Plympton監督)
"Lorenzo" (Mike Gabriel監督)
"Ryan" (Chris Landreth監督)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-7-

◆最優秀短編映画賞[Best Live Action Short Film]
"Everything in this Country Must" (Gary McKendry監督)
"Little Terrorist" (Ashvin Kumar監督)
"7:35 in the Morning (7:35 de la manana)" (Nacho Vigalondo監督)
"Two Cars, One Night" (Taika Cohen監督)
"Wasp" (Andrea Arnold監督)

◆最優秀外国語映画賞[Best Foreign Language Film]
"As It is in Heaven (Sa som i himmelen)" (ケイ・ポラック監督, スウェーデン)
「コーラス」("Les Choristes") (クリストフ・バラティエ監督, フランス)
"The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich (Der Untergang)" (オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督, ドイツ)
「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside") (アレハンドロ・アメナーバル監督, スペイン)
"Yesterday" (ダレル・ルート監督, 南アフリカ)
  1/27
2001年1月に都内でホームから転落した人を助けようとして亡くなった韓国人留学生のイ・スヒョンを主人公にした映画「あなたを忘れない」の製作が26日に発表された模様。来年春に日韓同時公開される予定とか。
三上博史主演のミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」が6月16日から都内で再演されることになったようだ。
「ゲゲゲの鬼太郎」が堤幸彦の監督で実写映画化されるらしい。松竹の久松猛朗常務は「イメージだと鬼太郎は堂本剛君、目玉親父はさすがにCG」とコメントしたようだ。
中島美嘉、宮崎あおい共演で映画化される、矢沢あいの人気コミック「NANA」のトリビュート盤「LOVE for NANA〜Only 1 Tribute〜」が3月16日に発売されるらしい。西川貴教、大塚愛、ZONE、Do As Infinity、布袋寅泰ら13組が参加するようだ。
樋口真嗣監督「ローレライ」の公開に合わせ、主題歌を歌うヘイリーが来日する模様。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse",2004年)のDVD発売記念イベントが26日都内で行われ、ミラ・ジョヴォヴィッチの等身大の氷像と共に、井上和香がゲストとして登場したようだ。
ネット配信映画「マリンバ・アンサンブル」(秋原正俊監督)の公開会見が26日都内で行われ、紺野まひる、松田洋治らが出席したようだ。
第17回日刊スポーツ映画大賞作品賞受賞を記念した崔洋一監督「血と骨」の上映会が26日、都内で開催されたようだ。
「若いふたり」(堀池清監督,1962年)にも出演した、歌手の北原謙二さんが26日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「B型の彼氏」に主演したイ・ドンゴンは、新聞のインタビューに対し「今年は、国内ではこれ以上作品に出演しない」と語ったらしい。
3月6日に開催される香港金紫荊奨の10大外国語映画に「オールド・ボーイ」("Oldboy")、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")、「21グラム」("21 Grams")、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")、「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2")、「パッション」("The Passion of the Christ")などが選ばれた模様。
Sony Picturesは、ハロルド・ロイド(Harold Lloyd)の生誕112周年を記念して、「豪勇ロイド」("Grandma's Boy",1922年)、「ロイドの要心無用」("Safety Last!",1923年)、「猛進ロイド」("Girl Shy",1924年)、「ロイドの人気者」("The Freshman",1925年)、「田吾作ロイド一番槍」("The Kid Brother",1927年)、「スピーディ」("Speedy",1928年)などのサイレント作品を、4月20日からニューヨークで上映するようだ。多くの作品で、音楽は新たに録音しているらしい。
開催中のロッテルダム国際映画祭で、昨年11月に殺害されたオランダ人監督テオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)による10分間の短編作品"Submission Part 1"が上映されたようだ。
ホームレスから投資金融業者に転身、億万長者となった男性の実話に基づくColumbia Picturesの新作"Pursuit of Happyness"で、ウィル・スミスの主演が決まったようだ。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator",2004年)のDVDとVHSが米国で25日に発売され、初日だけで合わせて190万本の売上を記録したらしい。
ウェズリー・スナイプスが、子供の認知を求めるインディアナ州の女性の申請を受けてニューヨーク市の家庭裁判所が出した逮捕状の取り消しを求めていた訴訟で、ニューヨークの地方裁判所は26日、スナイプスの訴えを却下したようだ。
"Meet the Fockers"プロモーションのためマドリッドを訪れているダスティン・ホフマンは、ロバート・デ・ニーロとのトイレでのシーンについて「幼かった頃、我が家ではトイレが家族の会話の場所だったんだ。兄弟か誰かがトイレに入ると、僕はバスタブの縁に腰掛けて、楽しい会話をしたものだった」と語ったようだ。
ニコール・キッドマンの乗った車を追い回したとして、シドニーの地方裁判所は2人のフリーカメラマンに対し接近禁止命令を下したようだ。シドニーの自宅の向かいから発見された集音装置も彼らが設置していたらしい。
"Hotel Rwanda"でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたソフィ・オコネドーは「私はあんまり有名じゃなかったから、私がこの役を演じることを誰も望んでいなかった。でも、おかげで私の選択肢は広がったわ」と語ったようだ。
「レイ」("Ray")が第77回アカデミー賞6部門でノミネートされたことを受けて、Universal Picturesは現在全米293館の公開劇場数を、同作のDVD発売の4日前となる28日から、503館に増やすようだ。一方、Miramaxも「アビエイター」("The Aviator")を2250館から2600館に、「ネバーランド」("Finding Neverland")を870館から1200館に、Warner Bros. Picturesは「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")を147館から2010館に、Fox Searchlightは「サイドウェイ」("Sideways")を696館から1700館へと、公開劇場数をそれぞれ増やすらしい。
ケイン・コスギが26日都内で行われたチャリティ・オークションに出席、Daimler Chrysler社の新車Chrysler 300Cを450万円で落札したらしい。
「エレクトラ」("Elektra")に出演するボブ・サップが来日、27日都内で記者会見を行ったようだ。
ゲームソフト会社Ubisoftは、Sony Pictures Consumer Productsとライセンス契約を締結、Sony Pictures Animationの新作長編アニメ作品"Open Season"と"Surf's Up"に基づくゲームの開発を手掛けるようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の撮影は今月、ニュージーランドからチェコ共和国に移ったようだ。ロケ現場の写真がネット上で公開されたらしい。
「クラークス」("Clerks",1994年)の続編"The Passion of The Clerks"について、ケヴィン・スミス監督は「1月に製作をスタートする予定だったが遅れている。4月前半にクランクインする見込みだ」と語ったようだ。
アカデミー賞ドキュメンタリー部門の選考除外規定が、来年の第78回から変更される模様。これまで劇場公開から9ヶ月以内にTV放映された作品を選考除外としていた規定を、6ヶ月以内へと短縮するらしい。
第77回アカデミー賞授賞式のプレゼンターに、ティム・ロビンスが加わったようだ。
ブリトニー・スピアーズは、自ら監督と振り付けを担当した"Do Something"のビデオで、自分を「モナリザ」とクレジットしているらしい。「私の分身みたいな感じ。意地悪だったり怒鳴りつけている時には、ブリトニーの代わりにモナリザと呼ばれる方が楽だわ」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハンのデビューアルバム"Speak"が、全米レコード協会(RIAA)からプラチナディスクに認定されたらしい。
パリス・ヒルトンは、彼女の愛犬ティンカーベルをフィーチャーした新しいTシャツをデザインしているらしい。
ロバート・ゼメキスは、ジョナサン・フランゼン(Jonathan Franzen)による全米図書賞(National Book Awards)受賞作「コレクションズ」("The Corrections")の映画化を企画している模様。監督も務めるようだ。
Intermediaは不条理コメディ"Heavy Metal Thunder"の映画化権を獲得、ルーク・ウォーカー(Luke Walker)、ジェレミー・ウォーカー(Jeremy Walker)兄弟の監督デビュー作となるようだ。
(原文) (駄訳)
STAR
WARS

Episode III

REVENGE OF THE SITH

War! The Republic is crumbling
under attacks by the ruthless
Sith Lord, Count Dooku.
There are heroes on both sides.
Evil is everywhere.

In a stunning move, the
fiendish droid leader, General
Grievous, has swept into the
Republic capital and kidnapped
Chancellor Palpatine, leader of
the Galactic Senate.

As the Separatist Droid Army
attempts to flee the besieged
capital with their valuable
hostage, two Jedi Knights lead a
desperate mission to rescue the
captive Chancellor....
スター
ウォーズ

エピソードIII

シスの復讐

戦争!非情なシス卿、
ドゥークー伯爵の攻撃により
共和国は崩壊しつつあった。
双方に英雄が現れ、
悪は至る所に蔓延った。

驚くべき策略により、
ドロイド部隊の残忍な指揮官
グリーヴァス将軍は、共和国の
首都を攻略、元老院のリーダー
であるパルパティーン最高議長
を誘拐した。

分離主義者のドロイド部隊が、
重要な人質と共に首都の包囲網を
突破しようとしている頃、
2人のジェダイが、捕らえられた
議長を救い出すための無謀な任務
を遂行しようとしていた・・・。

・・・らしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編のキャストに、ステラン・スカルスガルドが加わったようだ。オーランド・ブルームの父親を演じるらしい。
ボビー・カナヴェイル(Bobby Cannavale)主演による、1970年代のニューヨークを舞台にした米NBCのタイトル未定の刑事ドラマで、ドニー・ウォールバーグ(Donnie Wahlberg)が出演交渉中らしい。
ジョージ・クルーニーは脊柱の手術を受けていたらしい。スティーヴン・ギャガン監督による新作スリラー"Syriana"撮影中に負傷したようだ。
Turner Classic Moviesによる「オスカーに最も相応しい人物」の調査の結果、第1位にアルフレッド・ヒチコックが選ばれ、以下マーティン・スコセッシ、スタンリー・キューブリック、リドリー・スコットと続いたようだ。
ボブ・ディランの自伝"Chronicles, Vol. I"が、全米批評家協会賞(National Book Critics Circle Awards)にノミネートされたものの、3月18日の授賞式はコンサートのため欠席するようだ。
開催中のサンダンス映画祭新"Rize"が上映された、映画監督で写真家のデヴィッド・ラシャペル(David LaChapelle)は22日、パークシティのクラブから2人の女優をエスコートするために警備していた警官と口論になり、逮捕されていたらしい。
リンゴ・スターはスタン・リーと提携しジョイントベンチャーを設立、自らを主人公にしたスーパーヒーロー・アニメを製作するらしい。当初60分〜90分のDVDを発売、その後はTV放映や映画化などを計画しているとか。
ライブドアは26日、メイキング映像などを収録したDVD「冬のソナタPlus」を発売すると発表したようだ。
  1/28
川崎市が早稲田大広告研究会と共同で制作した同市のPRビデオが完成、6月に開催される第52回カンヌ国際広告祭に出品されるらしい。
オランダ人監督テオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)が昨年11月に殺害された事件の初公判が26日行われ、検察側は、イスラム原理主義組織による組織的犯だと主張したようだ。
「日韓友情年2005」の開幕式が27日ソウル市内で行われ、CHEMISTRYとリナ・パークがテーマソング「Dance With Me」を歌ったほか、Ryuが「冬のソナタ」の主題歌を披露したらしい。
樋口真嗣監督「ローレライ」の完成会見と試写会が27日都内で行われ、役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇らが出席したようだ。
行定勲監督、柴咲コウ主演による短編作品「髪からはじまる物語 三部作」が、来月1日からコーセーコスメポート「サロンスタイル」のサイトで配信されるらしい。
キム・ソナは、慶煕(キョンヒ)大学の演劇映画学科3年に編入学したようだ。
27日に韓国で公開されたカン・ウソク監督「公共の敵2」は、初日観客動員数20万8000人を記録したようだ。
チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ共演の新作「台風」の撮影セットで28日火災が発生、3分の1が燃えたようだ。撮影前だったため、負傷者はいなかった模様。
韓国CATV局のキャッチオンは、来月7日からの韓国映画特集で、「犯罪の再構成」「ブラザーフッド」など新作7本を放送するらしい。
日本レストランエンタプライズは、来月1日から「冬のソナタ弁当」を発売する、と発表したようだ。東京駅、上野駅などで3月末までの限定販売とか。
2004年の骨髄バンクへのドナー登録は、過去最高の2万8364人に達したようだ。「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督)、「半落ち」(佐々部清監督)の大ヒットなどが貢献した模様。
Warner Independent Picturesは、サンダンス映画祭で上映された、ポール・ディネロ(Paul Dinello)監督・主演、エイミー・セダリス(Amy Sedaris)、スティーヴン・コルベア(Stephen Colbert)共演のコメディ"Strangers With Candy"の配給権を獲得した模様。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞ドキュメンタリー部門のノミネーションが27日発表されたようだ。
"Control Room"(ジハーン・ヌージャイム監督)
"Bright Leaves"(ロス・マケルウィー監督)
"Home of the Brave"(パオラ・ディ・フロリオ監督)
"In the Realms of the Unreal"(ジェシカ・ユー監督)
「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me") (モーガン・スパーロック監督)
心臓発作で入院していたTV司会者のディック・クラーク(Dick Clark)が26日退院、マリブの自宅に戻ったようだ。
今年のスラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)でオープニング上映されたエイミー・スーエル(Amy Sewell)監督の低予算ドキュメンタリー映画"Mad Hot Ballroom"の配給権をParamount ClassicsがNickelodeon Moviesと共同で獲得した模様。
全米週末公開作品では、ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")が興収トップと見込まれているものの、ダコタ・ファニングがデンゼル・ワシントンと共演した「マイ・ボディガード」("Man on Fire",2004年)の記録した2280万ドルには達しないと予想されているらしい。
開催中のサンダンス映画祭で、シネマヴァリエ(ドキュメンタリー風のリアリティを表現する映画技法)のテクニックを用いた2作品、スティーヴン・マーシャル(Stephen Marshall)監督の"This Revolution"と、トラヴィス・ウィルカーソン(Travis Wilkerson)監督の"Who Killed Cock Robin?"が上映されたようだ。
Focus Featuresは、サンダンス映画祭に出品されているギャビー・デラル(Gaby Dellal)監督、ピーター・ミュラン、ブレンダ・ブレシン共演の英国映画"On a Clear Day"の北米配給権を約100万ドルで獲得したようだ。
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンによる映画製作会社Plan B Entertainmentは、今後も活動を継続するようだ。マーティン・スコセッシ監督による「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs",2002年)のリメイク"The Departed"などを手掛ける模様。
ロバート・ワイズが監督した「罠」("The Set-Up",1949年)のリメイクで、フランク・レイエス(Franc. Reyes)監督が正式にサインした模様。撮影は4月からロサンゼルスとラスヴェガスで行われるようだ。
クリスティーナ・アギレラは、恋人のジョーダン・ブラットマン(Jordan Bratman)と婚約した模様。
E・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化で、ダニー・エルフマンが音楽を担当することになったようだ。
「The Juon / 呪怨」("The Grudge")でプロデューサーを務めたサム・ライミは、続編について「先週、ストーリーについての会議を行った。清水崇が再び監督として戻ってくる。ロサンゼルスに来た彼とColumbia Picturesの小さな部屋で会って、続編のドラフト第1稿のアウトラインを作った。彼は、第1作と同じく繊細でエレガントな作品を考えているようだ」と語ったようだ。
第77回アカデミー賞授賞式のプレゼンターに、サルマ・ハエックが加わったようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")のキャラクターグッズが米国で数ヵ月後に発売されるらしい。
「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")に主演したダコタ・ファニングは「(オファーを受けたとき)脚本を全部読んで、ものすごくこの役がやりたかったの。これまで演じてきた役とは全く違うキャラクタだったし、自分自身ともまるで違う。これまでの役には自分と共通する部分もあったけど、この役には全くないわ」と語ったようだ。
米FOXの医療ドラマ・シリーズ"House"に、チ・マクブライドのゲスト出演が決まったようだ。
ビヨンセ・ノウルズは先週、ニューヨークで行われたNew York KnicksとHouston Rocketsのバスケットボールの試合を、ボーイフレンドのJay-Zと共に観戦したようだ。3800ドルのStella McCartneyデザインによるカウボーイ・ブーツが注目を集めていたらしい。
アッシャーの映像作品"Rhythm City Volume 1: Caught Up"の特別試写会が24日ロンドンで開催されたようだ。試写会終了後、アッシャーは徒歩2分のパーティ会場まで車で移動し、ファンをがっかりさせたとか。
「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の清水崇監督が27日、大阪市内でインタビューに答え、続編の監督を務めることを認めたようだ。
ロバート・デ・ニーロ監督、マット・デイモン主演の新作"The Good Shepherd"で、アンジェリーナ・ジョリーの共演が決まったようだ。製作は3月に始まる模様。
ザ・ロックは、Universal Picturesの新作SF映画"Species Human"に主演する模様。宇宙動物園で飼育されている人間を演じるらしい。
元ペルー大統領アルベルト・フジモリ(Alberto Fujimori)を描く、エレン・ペリー(Ellen Perry)監督のドキュメンタリー"The Fall of Fujimori"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。元大統領の権力の乱用や政治腐敗と共に、崩壊した家族を描いたこの作品について監督は「シェイクスピア劇を思わせる物語です。私はそこに惹かれました。そして9/11テロの後、この物語が世界にとっても大切だと気付いたのです」と語ったらしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編に、ナオミ・ハリスの出演が決まったらしい。
新作ホラー"House of Wax"に出演するチャド・マイケル・マーレイは、昨年6月の撮影現場での事故について「脚本の書き直しはなかった。ただ、セットを作り直してもう一度撮影しただけだよ」と語ったようだ。
昨年1月に婚約が伝えられていたジェイムズ・ガンドルフィーニとローラ・ソモザ(Lora Somoza)が破局していたらしい。
クリスチャン・スレイターと妻のライアン・ハドン(Ryan Haddon)が別居したらしい。「試験的」とか。
「文春きいちご賞」が週刊文春1月27日号に掲載されたようだ。1位には「デビルマン」(那須博之監督)、2位には「CASSHERN」(紀里谷和明監督)が選ばれたらしい。
フィリップ・K・ディック「暗闇のスキャナー」のリチャード・リンクレイター監督による映画化"A Scanner Darkly"からの最新画像が公開されたようだ。
  1/29
「奇人たちの晩餐会」("Le Diner de cons",1998年)、「クリクリのいた夏」("Les Enfants du marais",1999年)、「ピエロの赤い鼻」("Effroyables jardins",2003年)などの作品で知られる、仏俳優のジャック・ヴィユレ(Jacques Villeret)さんが28日亡くなった(53歳)。ご冥福をお祈りいたします。
新作「故郷の香り」プロモーションのため、フォ・ジェンチイ監督が来日したようだ。
山田耕筰の最後の弟子で、「川上哲治物語 背番号16」(滝沢英輔監督,1957年)、「山と谷と雲」(牛原陽一監督,1959年)、「クレージーの花嫁と七人の仲間」(番匠義彰監督,1962年)、「姿三四郎」(渡辺邦男監督,1970年)などの映画音楽も手掛けた、作曲家の牧野由多可さんが29日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
カリフォルニア州ロサンゼルス郡でのロケ撮影件数は、前年比19%増の5万2707件に達し、過去最高を記録した模様。
ハヴィエル・バルデムは、ニューヨークのナイトクラブで顔を殴られ鼻の骨が折れた、と言う女性から訴えられたらしい。
四肢麻痺患者のラグビー選手達を追った、ヘンリー・アレックス・ルービン(Henry Alex Rubin)、ダナ・アダム・シャピロ(Dana Adam Shapiro)監督によるドキュメンタリー映画"Murderball"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
英BBCは28日、同局の人気ドラマシリーズ"EastEnders"(1985年-)で制作総指揮を務めていたキャスリーン・ハッチソン(Kathleen Hutchison)が降板した、と発表したようだ。シリーズ開始以来最低の視聴率を記録した責任を取ったらしい。
スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)、デイヴ・メイソン(Dave Mason)と共に結成したTrafficでドラマー兼ボーカルとして活躍、2004年には米ロックの殿堂入りを果たした、ジム・キャパルディ(Jim Capaldi)さんが28日亡くなった(60歳)。ご冥福をお祈りいたします。
シャロン・ストーンは28日、スイスのダヴォスで開催中の世界経済フォーラム年度総会に参加、マラリアを媒介する蚊への対策支援を求めるタンザニアのムカパ大統領の訴えに応じ「もしよろしければ、蚊帳を購入するための資金として1万ドルを寄付します」と表明したようだ。さらに「私達と共に立ち上がって資金を提供していただける方はいませんか?」と呼びかけたところ次々と手が挙がり、結局100万ドルが集まったらしい。
ピーター・ジャクソンは4週間の中断の後、"King Kong"の撮影を再開したようだ。1933年ごろのニューヨークを再現したセットからの映像がkongisking.netで公開されたらしい。
ニコール・リッチーは、ペットのチワワを"ビヨンセ"と名づけたらしい。
ロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")で、「北の零年」の大後寿々花が主人公の少女時代を演じているらしい。
「ゆかいなブレイディー一家」("The Brady Bunch",1969-1974年)で知られるバリー・ウィリアムス(Barry Williams)の妻エイラ・マリー・マット・ウィリアムス(Eila Mary Matt Williams)は、25日に離婚訴訟を起こしたようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")に主演したヒラリー・スワンクは、足の水ぶくれに気付きながらも役作りのトレーニングを続けていたところ、激痛を感じ、医者に駆け込んだらしい。「『深刻な状態だ。(それは細菌感染症で)あと2時間遅かったら3週間の入院が必要だった。もし心臓に達していたら、それで終わりだった』と言われたわ。でもクリント(・イーストウッド監督)やプロデューサーには言わなかった。それはボクサーによくあることなの。水ぶくれが出来て、感染して、負傷して、それでも彼らはやり通すのよ」と語ったらしい。 [☆主演女優賞をあげてください。]
"Matter"、"Burning Cage"などの舞台を手掛けた女優で劇作家のニコール・デュフレーヌ(Nicole duFresne)が27日早朝、マンハッタンのLower East Sideで強盗に射殺された模様。犯人は逃走中のようだ。
ジャネット・ジャクソンは、今年のNFLスーパーボウルの前夜祭に参加するらしい。
  1/30
「冬のソナタ」や「秋の童話」などに出演するベテラン俳優チョン・ドンファンが来日、29日都内でサイン会を行ったらしい
スティーヴン・ホプキンス監督「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」("The Life and Death of Peter Sellers")が29日初日を迎え、田中直樹企画・主演の短編「Inspector Clouseau」が併映されたようだ。カンヌ国際映画祭短編部門への出品も計画されているとか。
市川準監督「トニー滝谷」が29日初日を迎え、テアトル新宿でイッセー尾形、宮沢りえらが舞台挨拶に立ったようだ。
ペ・ヨンジュン公式グッズ第1弾「ジュンベア」の購入競争率は1000倍に達したとか。
「劇場版 テニスの王子様」が29日初日を迎え、声優らが新宿シネマミラノで舞台挨拶に立ったようだ。立ち見も出たとか。
フォ・ジェンチイ監督「故郷の香り」が29日初日を迎え、香川照之らが銀座テアトルシネマで舞台挨拶に立ったようだ。
サンダンス映画祭の各賞が29日発表され、ドラマ部門ではアイラ・サックス(Ira Sachs)監督"Forty Shades of Blue"、ドキュメンタリー部門ではユージーン・ジャレキ(Eugene Jarecki)監督"Why We Fight"が最高賞の審査員賞を受賞したようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞が29日発表され、「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")のクリント・イーストウッド監督が選ばれたようだ。
カリフォルニア州知事選に出馬したアーノルド・シュワルツェネッガーを描くTV映画"See Arnold Run"が30日、米CATV局A&E Networkで放送されるようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、シャロン・ストーンが世界経済フォーラム年度総会でタンザニアへの寄付を申し出たことについて「(セレブのスタントプレーは、利益よりもむしろ)ダメージを与えることになりかねないわ。セレブたちは、自分達の発言したことの意味について知っておく責任がある。それも、長い期間」と語ったようだ。
吉川晃司が来月1日に行う日本武道館でのライヴを、三池崇史監督が映像化するらしい。
"X-Men 3"についてアラン・カミングは「僕は2本の出演契約にサインしたから出るつもりだ。6月20日に撮影が始まると聞いているが、まだ脚本も出来ていないし監督も決まっていない。でも、公開は2006年の5月と決まっているし、夏には撮影を始めないと」と語ったようだ。
Destiny's Childのケリー・ローランド(Kelly Rowland)と、米NFLのDallas Cowboysのロイ・ウィリアムス(Roy Williams)は、婚約を破棄した模様。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)の2月10日放送のエピソードに出演する予定だったシシー・スペイセクが、スケジュールの都合で降板、フランシス・フィッシャーが代役を務めることになったようだ。
第77回アカデミー賞授賞式で、マーティン・スコセッシがプレゼンターを務めるらしい。
スティーヴン・ケイ監督、バリー・ワトソン主演の新作スリラー「ブギーマン」("Boogeyman")からの最新画像がYahoo! Moviesで公開された
模様。
デイヴ・マッキーン(Dave McKean)監督、ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)脚本による新作"MirrorMask"の最新予告篇が公開されたようだ。
今月スタートし高視聴率を記録しているトリシア・アークエット主演のドラマシリーズ"Medium"(2005年-)について、米NBCはセカンドシーズン22エピソードの制作を決定したほか、今シーズンについても3エピソードを追加発注した模様。
ジェイムズ・ガン(James Gunn)脚本・監督、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー共演の新作ホラー"Slither"に、グレッグ・ヘンリーの共演が決まった模様。
「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画版に出演中のジェシカ・シンプソンの写真が公開されたようだ。
ジョン・クリーズは、"Shrek 3"で再び声優を務めるようだ。
アリシア・キーズは25日、ニューヨークのボーリング場で24回目の誕生日を祝ったらしい。「私って世界で最もダサイ?ボーリング場の照明を全部消したの。そうすると、ピンもボウルも暗闇の中で光り出すのよ。音楽をガンガンに流して、友達もみんないて、凄く楽しかったわ。私って地上最悪のボウラーね」と語ったとか。
ブラッド・アンダーソン監督「マシニスト」("The Machinist")の試写会が29日都内で行われ、小倉優子が出席したらしい。
第77回アカデミー賞授賞式で司会を務めるクリス・ロックは「上品でも注意深くもないけど、母親の前で汚い言葉を使うことは絶対無いよ」と語ったようだ。
  1/31
上海ディズニーランドの建設予定地が、浦東川沙工業園の南西部に内定した模様。
岡村力監督「1リットルの涙」が来月5日から首都圏で公開されるようだ。地元の愛知県豊橋市では単館公開にも関わらず1万人を動員したらしい。
日本映画製作者連盟は31日、2004年の映画興行収入が過去最高の2109億1400万円、観客動員数は1億7009万2000人を記録した、と発表した模様。総興収1位は宮崎駿監督「ハウルの動く城」の200億円、2位はエドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の137億円だったようだ。
パク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演の新作「親切なクムジャさん」の未発表のティーザーポスターが、米映画サイトAin't It Coolで公開されたらしい。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演の新作「外出」で、イム・サンヒョとリュ・スンスの出演が決まった模様。撮影は来月4日から始まるようだ。
ロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")の撮影完了記者会見が31日都内で行われ、コン・リー、ミシェル・ヨー、桃井かおり、渡辺謙、役所広司、工藤夕貴、大後寿々花らが出席したようだ。
第32回アニー賞(Annie Awards)が20日発表され、ブラッド・バード監督「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が作品賞、監督賞、脚本賞、プロダクションデザイン賞など10部門を獲得したようだ。
米CATV局Spike TVのアルビー・ヘクト(Albie Hecht)社長が30日、辞意を表明したようだ。
北米を除く海外週末興収は、20カ国で上映中のベン・スティラー主演"Meet the Fockers"が1990万ドルでトップとなり、総興収は5800万ドルに達したようだ。
スペイン映画芸術科学アカデミーが主催するゴヤ賞(Goya awards)授賞式が30日マドリッドで開催され、アレハンドロ・アメナーバル監督「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")が、作品賞、監督賞、主演男優賞(ハヴィエル・バルデム)、主演女優賞(ロラ・ドゥエニャス)など14部門を獲得したらしい。
全米週末興収はロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")が2200万ドル(3005館)で初登場1位を獲得、また上映館数が増えたクリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")が1180万ドル(2010館)で3位に入ったようだ。一方、ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、クリスチャン・スレイター主演による人気ゲームの映画化"Alone in the Dark"は250万ドル(2124館)で14位のスタートとなった模様。
パリス・ヒルトンは「16歳の時からいつも誰かと付き合っていたから、シングルになるのはこれが初めて。私は若いし、自分のキャリアにとって、自分を見つめなおす機会も必要よ。今は、シングルでいることをとても喜んでいるわ」と語ったらしい。
"All My Children"(1970年-)や"Dallas"(1978-1991年)などのTVドラマで活躍する女優スーザン・ルッチ(Susan Lucci)の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
So-net「韓動ドラマ!」で、チャ・テヒョン、ソン・ユリ、キム・ナムジン共演のドラマ「いつか楽園で!」(2004年)の配信がスタートしたようだ。
元シークレットサービスのジェラルド・ペティヴィッチ(Gerald Petievich)の小説"The Sentinel"の、マイケル・ダグラス製作・主演による映画化で、大ヒットドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)の共演が決まったようだ。
ロンドンに滞在していたアッシャーは25日、一晩で3つのパーティを開催、2万ドル以上を注ぎ込んだらしい。
水野晴郎監督・主演「シベリア超特急5」の完成披露試写会が30日都内で行われ、中野良子、大槻ケンヂらが出席したようだ。劇中、片岡未来が若き日の小森和子を演じているらしい。
ウォン・ビンがイメージキャラクタを務めるフォーバルの巨大広告が、来月3日から渋谷駅周辺に貼り出されるらしい。
ニコール・キッドマンと彼女の設立した映画製作会社Blueprint Filmsは、「アビエイター」("The Aviator")を手掛けたInitial Entertainment Grouと3年契約を結んだ模様。この契約を通じて、Blueprintはミーガン・ドウム(Meghan Daum)の小説"The Quality of Life Report"の映画化権を獲得したらしい。
Warner Bros. PicturesとDark Castleは、新作超自然スリラー"The Reaping"の監督に、"Wonderland"(2003年)のジェイムズ・コックス(James Cox)を起用した模様。
リチャード・ロンクレイン(Richard Loncraine)監督、ハリソン・フォード、ポール・ベタニー共演の新作スリラー"The Wrong Element"で、ヴァージニア・マドセンの共演が決まったようだ。
ローワン・アトキンソン次回作は、ナイアル・ジョンソン(Niall Johnson)脚本・監督のコメディ"Keeping Mum"になる模様。クリスティン・スコット・トーマス、パトリック・スウェイジ、マギー・スミスらが共演するらしい。また、"Bean 2"の製作も今年後半にはスタートするようだ。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"The Island"に出演するジャイモン・ハンスゥは「僕の演じる役は、『ブレードランナー』("Blade Runner",1982年)のハリソン・フォードのようなキャラクターだ。クローンを追い続けている。この物語はクローンと関係があるんだ」と語ったらしい。
ダーレン・アロノフスキー監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作"The Fountain"に出演するレイチェル・ワイズは「これまで観たSFとは全く異なる作品よ。壮大なラヴ・ストーリーで、SFでもある。とてもオリジナルな作品で、説明するのが難しいわ」と語ったようだ。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"で、サム・ハンティントンがジミー・オルセン役に決まったらしい。
オーランド・ブルームとケイト・ボスワースが破局した模様