シネマトピックス(2005年4月)
[ 2004 | 2005 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2006 | LastTopics ]
  4/1
「喜びも悲しみも幾歳月」(木下恵介監督,1957年)にも登場した、宮城県牡鹿半島沖の金華山灯台が4月から無人化されるようだ。
ジョン・ウーは31日、日本のミコット・エンド・バサラなどと提携、荒牧伸志監督と共同でCGアニメ「ポセイドン」を製作すると発表したようだ。都内で行われた記者会見には木村佳乃も出席したらしい。
愛知万博の「サツキとメイの家」5月分入館予約が1日スタート、2万4800人分が70分で埋まったようだ。
レスリー・チャンの三回忌となる1日、香港のマンダリン・オリエンタル・ホテルでは献花が行われるほか、追悼集会やパーティも予定されているようだ。
東京国際アニメフェア2005が31日開幕し、宮崎駿監督「ハウルの動く城」などが出展されたようだ。
Nickelodeon MoviesとParamountは、フィル・ヘスター(Phil Hester)とアンディ・クーン(Andy Kuhn)によるグラフィックノベル"Fire Breather"の映画化権獲得に向けて交渉中のようだ。
マイケル・マイヤーの監督によるFox 2000の新作"My Friend Flicka"で、ティム・マクグロウ(Tim McGraw)、アリソン・ローマン、ライアン・クワンテン(Ryan Kwanten)が出演契約にサインしたようだ。
Lakeshore Entertainmentは、まもなく出版されるマイクル・コナリー(Michael Connelly)の犯罪小説"The Lincoln Lawyer"の映画化権を獲得した模様。
ミミ・ロジャースとレイチェル・マイナー(Rachel Miner)は、Ithaka Entertainmentによるインディ・ホラー企画"Penny Dreadful"の出演契約にサインしたようだ。リチャード・ブランデス(Richard Brandes)が監督を務める模様。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は先週、転売を禁じている第77回アカデミー賞授賞式の入場チケットを最大3万ドルで販売したとして、企業や団体などに対する訴訟を起こしたようだ。
米CBSの"60 Minutes"でインタビューに答えたジェーン・フォンダは、1972年に北ベトナムを訪問したことについて「『バーバレラ』("Barbarella",1968年)を演じ、ヘンリー・フォンダの娘であるジェーン・フォンダが、敵の機銃に座っていると言うイメージは、米国軍への裏切りだった。それは、私の最大の判断ミスだった」と語ったようだ。
ノア・ワイリーは、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)を今シーズンで降板すると発表したようだ。ただし、新シーズンにもゲスト出演するらしい。
全米週末公開作品では、3230館で上映がスタートするロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作の新作"Sin City"が、R指定作品としては最大規模のヒットになる、と予想されているようだ。
来日中のマライア・キャリーが31日、六本木ヒルズアリーナで野外ライヴを開催したようだ。ファン600人の招待に対し、200人の警備員が配置されたとか。
"ABC News Nightline"(1980年-)で25年間に渡って司会を務めて生きたテッド・コッペル(Ted Koppel)が、12月で終了する契約を更新せず、降板することが決まったようだ。
米ABCは"The Muppets' Wonderful Wizard of Oz"を来月20日に放送すると発表したようだ。
「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」("Pretty in Pink",1986年)公開20周年に合わせて続編が製作されるらしい。モリー・リングウォルド(Molly Ringwald)、ジョン・クライヤー(John Cryer)、アンドリュー・マッカーシー(Andrew McCarthy)は出演に同意、ジョン・ヒューズが再び監督を務めるようだ。
Buena Vista Picturesは、「仄暗い水の底から」(中田秀夫監督,2002年)のヴァルテル・サレス監督によるリメイク「ダーク・ウォーター」("Dark Water")の全米公開日を7月8日とする、と発表したようだ。
TVシリーズ「それゆけスマート」("Get Smart",1965-1970年)の映画化で主演予定のスティーヴ・カレルは「今企画を練っているところで、脚本の執筆が進行中だから、もうしばらくかかりそうだ。僕の次回作は"Little Miss Sunshine"と言うインディ作品で、6月に撮影が始まる予定だ」と語ったようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のTVスポットが公開されたようだ。
"The Legend of Zorro"に出演するキャサリン・ゼタ=ジョーンズは「剣を握るといつも、目をキラリと光らせて『なあ、かかっておいで』という感じだったわ。コルセットとペチコートで動き辛かったけれど」と語ったようだ。
シリーズ第2作"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"に再び出演するジャック・ダヴェンポートは「撮影は来年の1月まで続く。毎日働き詰めの哀れなクルーたちが一休みできるように、2作目と3作目の撮影の間でほんの少し中断はあるけどね。1作目が大金を稼いだからシリーズ化が決まったんだ。僕らは参加出来てラッキーだったよ」と語ったらしい。
ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック共演"The Longest Yard"のオンラインゲームが公式サイトで提供されているらしい。
ブリトニー・スピアーズは先月30日、米国内のタブロイド誌の出版社に手紙を送ったらしい。「あなた方は、嘘つきを好んで従業員として雇っているのでは、と危惧しています。太りすぎ、子供の行動、夫や恋人の浮気・・・あなた方が、自分自身の人生で起こっていることに直面しない限り、あなた方のタブロイド版は誤報を続けるでしょう」
MAC Cosmeticsの公益部門MAC Aids Fundは、Viva Glam V Lipstickのイメージキャラクタにパメラ・アンダーソンを起用した、と発表したようだ。
新作「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")でペネロペ・クルスと共演したマシュー・マコノヒーは「僕は彼女よりスペイン語に詳しいよ!でも、彼女にはそのことはまだ教えていないんだ。彼女が汚い言葉を使っても、僕は知らないふりをしているよ」と語ったようだ。
ニューヨークのマダム・タッソー蝋人形館に、アッシャー(Usher)の人形が登場したようだ。
松井秀喜外野手が打席に入る際のテーマ曲に、今期から布袋寅泰の「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」が使われるらしい。
ペ・ヒョンジュン監督「彼女を信じないでください」プロモーションのため、キム・ハヌルが来日したようだ。
ダーレン・アロノフスキーからポール・グリーングラスに監督交代と報じられていた、DCコミック"Watchmen"の映画化は、6月から1億ドルの製作費で撮影がスタートする予定だったものの、Paramount Picturesの上層部交代で予算が縮小され、製作が頓挫する可能性があるようだ。
Fox 2000 Picturesは、以前M・ナイト・シャマランが監督候補に挙がっていたヤン・マーテル(Yann Martel)のベストセラー小説"Life of Pi"の映画化で、アルフォンソ・クアロン監督と交渉に入ったようだ。
オリヴィア・ハッセー、マーゴット・キダーらが共演したボブ・クラーク(Bob Clark)監督のカルト・ホラー「暗闇にベルが鳴る」("Black Christmas",1974年)がリメイクされるらしい。2929 Productionsが権利を獲得、「ファイナル・デスティネーション」("Final Destination",2000年)のジェイムズ・ウォンがプロデュース、グレン・モーガン(Glenn Morgan)が脚本と監督を務めるようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の、ヨーダと皇帝の決闘などいくつかのシーンで、スティーヴン・スピルバーグが監督を務めたらしい。
人気TVシリーズ「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)で制作総指揮を務めるブラッド・カーン(Brad Kern)は、人魚を主人公にしたタイトル未定のドラマ・パイロットを企画しているらしい。世界各地でオーディションを行い、シドニーで選ばれた新人のナタリー・ケリー(Natalie Kelley)が主演に起用されるようだ。
「ディープ・スロート」("Deep Throat",1972年)などのポルノ作品に出演した女優リンダ・ボアマン(リンダ・ラヴレイス)を描く映画"Lovelace"が製作される模様。コートニー・ラヴが主演候補に挙がっているらしい。
ブロードウェイ公演の中止が発表されていた舞台"Sweet Charity"は、足の骨折で降板していたクリスティーナ・アップルゲイトがプロデューサーに懇願、来月4日からAl Hirschfeld Theaterで上演されることが決まったようだ。
米CBSの人気シリーズ「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)で、マージ・ヘルゲンバーガー(Marg Helgenberger)演じるキャサリン・ウィロウズの恋人役として、夫のアラン・ローゼンバーグ(Alan Rosenberg)が出演するらしい。
  4/2
開催中の「東京国際アニメフェア2005」で2日、東京アニメアワードが発表され、宮崎駿監督「ハウルの動く城」がアニメーションオブザイヤーに選ばれたほか、優秀作品賞に「イノセンス」(押井守監督,2004年)、「スチームボーイ」(大友克洋監督,2004年)、「ファインディング・ニモ」(アンドリュー・スタントン他監督,2003年)などが選出されたようだ。
歌舞伎座「四月大歌舞伎」が1日初日を迎え、中村七之助が舞台に復帰したようだ。2日都内劇場で行われる宮藤官九郎監督「真夜中の弥次さん喜多さん」の初日舞台挨拶にも出席するらしい。
日本テレビ放送網は1日、映像配信会社AIIに対し4億1310万円を出資し、業務提携を行うと発表した模様。
キム・ソンス監督「英語完全征服」の試写会が1日都内で行われ、デーブ・スペクターが出席したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")関連グッズが2日午前零時、時差の関係で世界一早くトイザらス亀戸店で発売がスタート、300人以上が列を作ったようだ。
愛知万博協会は、「サツキとメイの家」の予約枠を6月分から1割増やして1日あたり880人にする方針を決めたようだ。 [☆焼け石に水?]
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの2004年度の入場者数は、前年比180万人減の810万人だった模様。
「ブレイブハート」("Braveheart",1995年)で描かれたスコットランドの英雄ウィリアム・ウォレス(William Wallace,1272-1305)の使った剣が、ニューヨークで開催される「タータンの日」(Tartan Day)で展示されるために、初めて国外に運び出されたようだ。
バーブラ・ストライサンドのニューアルバムが9月に発売されるようだ。ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"(2004年)への出演がきっかけになったらしい。Bee Geesのバリー・ギブ(Barry Gibb)がプロデュースと作曲を手がける模様。
英BBCは1日、ボブ・マーリーとのインタビューを求めるEメールを、ボブ・マーリー財団(Bob Marley Foundation)に誤って送っていたことを明らかにしたようだ。同局の広報担当者は「大変恥ずかしいことです。財団の対応はとても好意的で、我々はこの誤りに対し謝罪しました。なお、これは本当に犯した過ちです(エイプリルフールではありません)」と語ったらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のTVスポット3種類が公式サイトで公開されたようだ。
ピーター・ジャクソン監督は1日、"King Kong"の続編企画("Son of Kong"?)がすでに進行中だ、と発表したようだ(ただしエイプリルフールの可能性もあるらしい)。
"Access Hollywood"のインタビューに答えたパメラ・アンダーソンは「私を誤解している人をみんな訴えてやりたいくらいよ。要するに、皆にタブロイドがひどい代物だと分かって欲しいの。彼らは誰かのネガティヴなストーリーをネタにした雑誌を売っているのよ。ハッピーなストーリーを買いたいと思う人は誰もいないみたいね」と語ったようだ。
クリスティーナ・ミリアンは、子供の頃いじめられっ子だったらしい。「全然人気は無かった。みんなからとても酷いことをされたわ。『あんたは何?白人?黒人?』というようなことがずっと続いたの。家に帰って母親に『私は何?』と言ったわ。でも、両親はいつも自分に誇りを持つように、と教えてくれたの」と語ったようだ。
クーリオは、来年になったらトレードマークの編んだ髪を切って、チャリティ・オークションに出品するつもり、と語ったらしい。
フランス版Premiere誌に「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")からの最新イメージが掲載されているようだ。
新作ホラー"House Of Wax"に出演したパリス・ヒルトンは「最高にクールな死の場面があるの。私は赤いランジェリー姿で死ぬの。すごくセクシーなレースのパンティとブラで。自分で見てもすっごくクールだったわ」と語ったらしい。
gooは、クォン・サンウ、チェ・ジウ共演「天国の階段」(2003年)、イ・ビョンホン、ソン・スンホン共演「Happy Together」(1999年)、イ・ビョンホン、チョン・ウソン共演「アスファルトの男」(1996年)、パク・シニャン、チョン・ジヒョン共演「私のハートを奪ってみて」(1998年)の4作品の有料配信をスタートしたようだ。
ケイティ・ホームズとジョシュ・ハートネットが交際中らしい。
ジェニファー・アニストンとの離婚手続きに入ったブラッド・ピットは、ハリウッドの邸宅のキーをアニストンに渡したようだ。
米トイレットペーパー・メーカーのAngel Softが主催する、地域社会に貢献した少年少女を表彰する第6回Angel Soft Angels in Actionプログラムのスポークスパーソンに、「恋するマンハッタン」("What I Like About You",2002年-)のジェニー・ガースが起用されたらしい。
新作"Guess Who"に出演したアシュトン・カッチャーは、撮影中カバラー神秘主義(Kabbalah)のブレスレットを外そうとしなかったため、デジタル処理で消したらしい。10万ドルの費用がかかったとか。
来日中のリチャード・ギアが、フジテレビ「SMAP×SMAP」に出演したようだ。4日放送されるらしい。
ジェイムズ・パターソン(James Patterson)によるアレックス・クロス刑事シリーズ"Roses are Red"が映画化される模様。Paramount Picturesは脚本にベン・ラムゼイ(Ben Ramsey)を起用したようだ。
Paramountは、スコット・サンドラー(Scott Sandler)、ケイン・ウン(Kane Ng)、ダン・ハノン(Dan Hannon)によるファミリー・アドベンチャーの脚本"Trudain Rising"を獲得したようだ。「スター・ファイター」("The Last Starfighter",1984年)と似たストーリーになるらしい。
デヴィッド・O・ラッセル監督によるタイトル未定の新作コメディに、ヴィンス・ヴォーンの参加が決まったようだ。
デヴィッド・ドゥカヴニーは「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)映画化第2弾について「僕の知る限りでは、来年の初めくらいから撮影が始まる。ジリアン・アンダーソンもクリス・カーターも参加するはずだ」と語ったらしい。
デヴィッド・ドゥカヴニーは、次回作となる"Parallel"について「とても面白くて、よく書けたSFスリラーなんだ。パラレルワールドを描いた古典的なタイプのSFで、僕はそれぞれの世界の別々の役を演じることになる」と語ったようだ。
新作コメディ"Wedding Crashers"でヴィンス・ヴォーンと共演するオーウェン・ウィルソンは「ヴィンスと僕は、女の子をナンパする目的で結婚式に出席する男を演じているんだ。結婚式ならいい女の子をゲットできるかも、という考えでね」と語ったようだ。
ゲオ・ビービーは、オンラインレンタルビデオサービス「GEO@チャンネル」の無料体験モニター募集を1日から始めたようだ。
  4/3
3日初日を迎える舞台版「あずみ」の公開舞台稽古が2日、東京・明治座で行われ、黒木メイサ、生田斗真、長谷川純、的場浩司、涼風真世らが参加したようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌16」に、尾崎紀世彦、ボビー・オロゴン、伊東美咲、金子昇らが出演するらしい。舞台は佐世保になる模様。
塩屋俊監督「ビートキッズ」が2日初日を迎え、相武紗季らが大阪市内の劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
宮藤官九郎監督「真夜中の弥次さん喜多さん」が2日初日を迎え、中村七之助、長瀬智也、研ナオコらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ウーヴェ・ボル監督「ハウス・オブ・ザ・デッド」("The House of the Dead",2003年)現在公開中の銀座シネパトスで2日、小学生3人組「Sweet Kiss」によるイベントが行われたようだ。
井上靖雄監督「隣人13号」が2日初日を迎え、小栗旬、吉村由美、劇団ひとりらが出席したようだ。
「大菩薩峠」(岡本喜八監督,1966年)、「燃えろ!青春」(松森健監督,1968年)、「王将」(堀川弘通監督,1973年)、「ハイティーン・ブギ」(舛田利雄監督,1982年)、「乱」(黒澤明監督,1985年)、「敦煌」(佐藤純彌監督,1988年)、「まあだだよ」(黒澤明監督,1993年)、「雨あがる」(小泉堯史監督,2000年)などの作品で活躍した、俳優の頭師孝雄さんが1日亡くなった(58歳)。ご冥福をお祈りいたします。
四国こんぴら歌舞伎大芝居が2日、香川県琴平町の金丸座で開幕し、中村吉右衛門の新作「日向嶋景清」、中村芝雀、中村歌昇、市川染五郎ら共演「釣女」などが上演されたようだ。
「アリラン」(キム・ソドン監督,1957年)、「豆満江よさらば」(イム・グォンテク監督,1962年)、「殉教者」(ユ・ヒョンモク監督,1965年)、「大戦場」(パク・ホテ監督,1971年)などの作品に出演した、韓国の俳優チャン・トンフィ(張東暉)さんが2日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
21日開幕する第48回サンフランシスコ国際映画祭(San Francisco International Film Festival)に、キム・ギドク監督「空き家」、イム・グォンテク監督「下流人生」、パク・フンシク監督「人魚姫」、パク・チャンウク他監督「スリー、モンスター」が出品されるようだ。
香川県直島町の「007資料館」整備運営委員会は3日、町外から募集したボランティア30人と共に、建設中の資料館の清掃作業などを行ったようだ。
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2004年度の合計入園者数は、前年度比1.8%減の2502万1000人だったようだ。前年実績割れは5年ぶりとか。
ドイツ音楽産業による音楽賞Echo Awardが2日発表され、ロビー・ウィリアムスが4年連続で最高賞を受賞したようだ。
ニール・ヤングが先月29日、脳動脈瘤の治療を受けていたらしい。回復は順調で、完全復帰は可能、と診断されている模様。
2日開催されるNickelodeon主催の第18回キッズ・チョイス賞(Kids' Choice Awards)授賞式で、ヒラリー・ダフが米CATV局E! Networksの特派員を務めるようだ。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"に出演するマーシャ・クロス(Marcia Cross)、エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)は、1日放送の"Access Hollywood"のインタビューで、ブリトニー・スピアーズによるタブロイド版非難への支持を表明したようだ。
アシュリー・シンプソンは、米女性向け靴メーカーによる慈善団体Candie's Foundationが来月3日にニューヨークで開催する"The Event to Prevent"を、昨年に引き続き共同で主催するようだ。ジュエルのライヴなどが行われるほか、ジェーン・フォンダらに功労賞が贈られるらしい。
ピーター・ジャクソンが1日明らかにした"King Kong"続編企画は、やはりエイプリルフールだったようだ。
イ・ビョンホン主演「甘い人生」のジャパンプレミアのチケットが、ネットオークションで35万円の値段をつけているらしい。一方、キアヌ・リーヴス主演「コンスタンティン」ジャパンプレミアは1万円以下とか。
「ベルンの奇蹟」("Das Wunder von Bern")の公開を記念したデザート「ベルンの奇蹟」が、16日からユーハイム・マイスター・レストラン ルミネ新宿店で期間限定発売されるらしい。
  4/4
米映画大手各社は、デジタル・シネマ普及のための支援として、全米の映画館に対し最大30億ドル規模の低利融資などの資金援助を実施する模様。
是枝裕和監督が、立命館大学の客員教授に就任したようだ。
東宝は4日、先月末にフジテレビジョン株を市場外相対取引で3万6496株取得したと発表したようだ。
日本水泳連盟は男子シンクロナイズドスイミングの競技化を検討しているらしい。
アン・ビョンギ監督「コックリさん」の試写会が3日大阪市内で行われ、レギュラーの松本康太と西川晃啓によるコントが披露されたようだ。
「親切なクムジャさん」の撮影現場が報道陣に公開されたようだ。パク・チャンウク監督は主演のイ・ヨンエについて「ニコール・キッドマンが『アイズ・ワイド・シャット』("Eyes Wide Shut",1999年)に出演したときと似た気持ちでは」と語ったらしい。
志水淳児監督「ふたりはプリキュア マックスハート」のぬいぐるみやシールで飾られた特別列車が3日、西武新宿線を走ったようだ。
来月4日から韓国で公開されるキム・デスン監督、チャ・スンウォン主演の新作「血の涙」の公式サイトにアクセスが集中しているらしい。
カナダの音楽賞ジュノ賞(Juno Awards)の授賞式が3日開催され。アヴリル・ラヴィーンが最優秀アーティスト賞など3部門を獲得したようだ。また脳動脈瘤の手術で出席できなくなったニール・ヤングに代わって、K.D.ラング(k.d. lang)が"Helpless"を熱唱したらしい。
北米を除く世界週末興収は、5900スクリーンで上映されたCGアニメ「ロボッツ」("Robots")が1070万ドルで1位となり、総興収は6920万ドルに達したようだ。また、英国では「ザ・リング2」("The Ring Two")が1位、日本では「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")が3週連続1位を獲得した模様。
ニック・キャノン主演次回作は、アクション・コメディ"Extra Protection"になる模様。キャノン自ら脚本を執筆したらしい。
ポール・ウォーカーのBlue Collar FilmsとCameo FJ Entertainmentによる新作インディ・コメディ"Bottoms Up"で、パリス・ヒルトンとジェイソン・ミューズが共演するらしい。脚本も担当しているエリック・マッカーサー(Erik MacArthur)が監督を務める模様。
すでにミッシー・ペレグリム(Missy Peregrym)、ヴァネッサ・レンジーズ(Vanessa Lengies)の出演が決まっている、脚本家ジェシカ・ベンディンガー(Jessica Bendinger)の監督デビュー作"Stick It"で、ジェフ・ブリッジスの共演が決まったようだ。
全米週末興収は、ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作の作"Sin City"が2810万ドル(3230館)で1位、クイーン・ラティファ主演のコメディ"Beauty Shop"が1250万ドル(2659館)で2位となったようだ。
ドワイト・ヨーカムのニューアルバム"Blame the Vain"が6月14日に、独立系レーベルNew Westからリリースされるようだ。6月以降、北米、欧州ツアーも予定されているらしい。
ポール・グリーングラス監督によるDCコミック"Watchmen"の映画化について、Paramount Picturesは1億2000万ドルの製作予算について入念な調査を行っている模様。為替レートの問題から、当初予定されていた英国以外の撮影地を探しているらしい。
DCコミック"The Flash"のデヴィッド・S・ゴイヤー監督による映画化で、主演予定のライアン・レイノルズは「デヴィッド・ゴイヤーが脚本を執筆中で、Warner Brothersが製作にGOサインを出すのを待っているところだ。彼は信じられないようなストーリーを用意している。度肝を抜くような物語で、すごく興奮しているよ」と語ったようだ。
米FOXで13日スタートの、パメラ・アンダーソン主演による新作コメディシリーズ"Stacked"で、第1話収録の際、観客があまりに笑いすぎたため、いくつかのシーンがカットされたらしい。
ヨアヒム・ローニング(Joachim Ronning)とエスペン・サンドバーグ(Espen Sandberg)の監督による新作ウェスタン・コメディ"Bandidas"でサルマ・ハエックと共演したペネロペ・クルスは「監督は、私達が親友同士だから、何のドラマも無くて退屈だと思っていたわ」と語ったようだ。
香港ディズニーランドが9月にオープンするランタオ島に、ブルース・リー記念博物館の建設が計画されているらしい。
東京国際アニメフェア2005で3日、米Cartoon Networkの人気アニメシリーズ"Hi Hi Puffy AmiYumi"日本公開を記念した、PUFFYのミニライヴが行われたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")を世界で一番最初に観賞する、Lucasfilmオフィシャルツアーが日本向けに開催されるらしい。ロサンゼルス郊外のシネコンに、200席が用意されるとか。
9日フジテレビで放送されるディズニー・アニメ「アラジン」("Aladdin",1992年)で、渡辺和洋、高橋真麻両アナウンサーがアラジンとジャスミンの衣装で番組ナビゲーターを務めるらしい。
二宮和也主演の舞台「理由なき反抗」が3日、東京グローブ座で初日を迎えたようだ。
ShoWestでジョージ・ルーカスが発表した「スター・ウォーズ」シリーズ3Dバージョンの公開について、プロデューサーのリック・マッカラン(Rick McCallum)は「実際の計画は何もない。ジョージはShoWestの1週間前まで『エピソードIV』の冒頭6分間の映像を見たことも無かった。彼はそれを望んではいるが、デジタルシネマを業界として前進させるまでは、実行に移すことは出来ない」と語ったようだ。
麻薬売人ジェシー・ジェイムズ・ハリウッド(Jesse James Hollywood)の実話に基づく、ニック・カサヴェテス脚本・監督、ブルース・ウィリス主演の新作"Alpha Dog"は、すでに撮影を終えポストプロダクションに入っていたものの、製作資金が底をついてしまったらしい。誰が残りの資金を支払うかで、配給のNew Lineとプロデューサーのシドニー・キンメル(Sidney Kimmel)がもめているようだ。
Nickelodeon主催の第18回キッズ・チョイス賞(Kids' Choice Awards)授賞式が2日開催され、人気作品賞に「Mr.インクレディブル」、人気男優賞にアダム・サンドラー、人気女優賞にヒラリー・ダフ、人気アニメ声優にウィル・スミス、Wannabe賞にクイーン・ラティファ、隠れた才能賞にジェイミー・フォックスが選ばれたようだ。
新作"Mr. and Mrs. Smith"で共演したブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、同作のPRイベントが行われるホテルに、夫婦を名乗ってチェックインしていたらしい。
  4/5
浦沢直樹の人気コミック「MONSTER」の映画化権をNew Line Cinemaが獲得した模様。
成島出監督、岡田准一、堤真一共演の新作「フライ,ダディ,フライ」で、Mr. Childrenが主題歌を担当するようだ。
「長屋紳士録」(小津安二郎監督,1947年)の劇団東京乾電池による舞台版が、下北沢で上演中らしい。柄本明が演出を手がけたようだ。
キム・ジウン監督「甘い人生」プロモーションのため、イ・ビョンホンが6日来日する模様。
ホ・ジノ監督、ぺ・ヨンジュン、ソン・イェジン共演の新作「四月の雪」(「外出」)で、チョ・ソンモが主題歌を歌うらしい。
キム・ジョンウン主演「家門の栄光」(2002年)が、「大変な結婚」のタイトルで7月23日から日本で公開されるらしい。
中国調査会社による、映画の鑑賞方法に関する調査によると、「DVDなどよりも映画館で鑑賞する方が多い」という回答は平均13%にとどまったようだ。また、2004年に映画館に行った回数では「1-3回」が43%、「0回」が32%だったらしい。
シュー・ジンレイは、自ら監督・主演を務める次回作の企画で、日本人男優の起用を検討しているらしい。唐の時代を舞台に、遣唐使と中国人女性との愛憎を描くようだ。
ブレック・アイズナー監督「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")のプレミアが4日ロサンゼルスで開催され、ペネロペ・クルスがラクダと共に参加したようだ。
スマトラ沖地震復興支援のためのチャリティ・イベント"Crossing Borders Fund Raising Show"の制作発表が4日香港で行われ、ジャッキー・チェンらが出席したようだ。エリック・ツァンらが出演するらしい。
サンダンス映画祭の主催で知られるSundance Instituteは4日、これまで米国内でのみ行っていたサンダンス演劇プログラム(Sundance Theater Program)を、今月14日からポーランドで開催すると発表したようだ。昨年のピュリッツァー賞受賞の"I Am My Own Wife"が上演されるらしい。
Electronic Artsの新作ビデオゲーム"From Russia With Love"に、ショーン・コネリーが登場するらしい。「007/ロシアより愛をこめて」("From Russia With Love",1963年)からの映像が使用され、デズモンド・リューウェリン、ロバート・ショウ(Robert Shaw)らオリジナル・キャストが"出演"するようだ。
ブライアン・シンガー監督の新作"Superman Returns"で、ヒュー・ローリーがスケジュールの都合で降板、フランク・ランジェラが代わってDaily Planetの編集長ペリー・ホワイト役を務めることになったらしい。
第一次大戦を舞台にした新作戦争映画"Flyboys"で、ジャン・レノとジェイムズ・フランコが共演するらしい。トニー・ビル(Tony Bill)の監督で、今月後半から英国で製作が始まる模様。
ピーター・フォンダが主演したホラー映画「悪魔の追跡」("Race With the Devil",1975年)がリメイクされるらしい。プロデューサーのクリス・ムーア(Chris Moore)の監督デビュー作になるようだ。
1994年4月に起こったルワンダでの大量虐殺を描いた"Hotel Rwanda"(2004年)が4日、ルワンダの首都キガリの競技場で上映され、数千人の生存者らが鑑賞したようだ。テリー・ジョージ監督は「1994年に何が起きたかというメッセージが世界に向けて発せられているということを知ってもらうために、この地に戻ってキガリの人々に作品を観てもらうことは、とても重要だ」と語ったらしい。
香港税関は先月23日、香港市内繁華街の海賊版販売店などで一斉摘発を行い、日本のアニメーションなど約20万枚の海賊版DVDなどを押収し、18人を逮捕したらしい。
「ヒッチャー」("The Hitcher",1986年)のリメイクに、「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)のジェシカ・ビールが出演するらしい。
スパイク・リー監督の新作"Inside Man"で、デンゼル・ワシントンが主演を務めるらしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の新しいTVスポットが公開されたようだ。
インフォプラントが発表したゲームソフトに関する調査結果によると、「007」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」「Mr.インクレディブル」などの映画を鑑賞した人のうち、ゲームを購入した人の割合は1割前後だったらしい。4人に1人が「ゲームがあるのを知らなかった」と答えたようだ。
ブリトニー・スピアーズは、米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)へのカメオ出演を希望していたものの、プロデューサーに断られたらしい。
アリシア・シルヴァーストーンは「Zagat(のレストランガイド)にはまっているの。いつも持ち歩いているのよ。私もいい店を知っているし、いつか私も出してみたいと思う。面白そうでしょ」と語ったらしい。
Advertising Women Of New Yorkは、2004年度のGBU(Good, Bad & Ugly)賞を発表、米シューズ・メーカーSkechersのCMに出演したクリスティーナ・アギレラがBad賞、Guess JeansのCMに出演したパリス・ヒルトンがUgly賞に選ばれたようだ。
バンダイチャンネルは、「サクラ大戦 活動写真」(本郷みつる監督,2001年)、「メトロポリス」(りんたろう監督,2001年)など9作品の配信を今月からスタートしたようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")の最新ポスターが公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")のワールドプレミアが、6月13日に日本武道館で開催されるらしい。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure",2004年)の続編製作が4日、正式発表された模様。ニコラス・ケイジの出演は未定とか。
デヴァリル・ウィークス(Deverill Weekes)監督によるドキュメンタリー作品"The Secret Life of Superfans"の製作がスタートした模様。ポップカルチャーのヒーローたち取り付かれた人々を描く作品で、ロブ・ゾンビ、ビライアン・シンガー、ゲイリー・オールドマン、マルコム・マクダウェルらとのインタビュー映像が含まれるらしい。
ロマンチック・コメディ"Danny Deckchair"(2003年)を手がけたジェフ・バルスメイヤー(Jeff Balsmeyer)監督次回作は、Warner Brothers Picturesのロマンチック・コメディ"Maid of Dishonor"になるようだ。
デヴィッド・S・ゴイヤー監督「ブレイド3」("Blade: Trinity")に出演したライアン・レイノルズは、彼の演じたハンニバル・キング(Hannibal King)らNightstalkersを主人公にしたスピンオフ企画について「やりたいとは思わないよ。『ブレイド』を観に来る人たちは、ウェズリー・スナイプスが見たいんだよ」と語ったらしい。
6月5日に開催される第59回トニー賞授賞式で、ヒュー・ジャックマンが昨年に引き続き司会を務めるらしい。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのゴシップ写真を装ったコンピュータ・ウィルスAhker-Fが発見されたらしい。
  4/6
ブレック・アイズナー監督「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")プロモーションのため、ペネロペ・クルスとマシュー・マコノヒーが来日するらしい。
引田天功は5日、"ハリウッド俳優"との婚約を発表したようだ。年内にも結婚するらしい。「知り合った1995年頃は売れてなかったけど、だんだん人気が出てきた」俳優らしい。 [☆だから誰なんだ?気になるなぁ・・・]
グレイス・ケリーと1956年に結婚した、モナコ公国のレーニエ3世が6日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
クリント・イーストウッドが43年ぶりに来日、6日東京都庁の石原慎太郎知事を表敬訪問し、次回作「硫黄島の星条旗」("Flags of Our Fathers: Heroes of Iwo Jima")撮影の協力を要請した模様。日本人監督を起用して「日本側の目線でもう一本撮りたい」と語ったらしい。
USENは、映画、音楽など月間約500番組を配信する無料ブロードバンド放送「GyaO」について、6日から試験放送、25日から本放送を開始するようだ。
中国の調査会社が行ったDVDやVCDの購入に関する調査によると、2004年にDVDやVCDを購入した人のうち50%以上が「海賊版を購入することが多い」と回答したらしい。
昨年亡くなったいかりや長介の遺産の総額は4億円を越えるらしい。
マイケル・ジャクソンの元メイドが5日、マコーレー・カルキンが子供時代に被告の寝室のベッドで寝ていたと証言したらしい。
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」("Transformers")の実写映画化で、マイケル・ベイが監督に向けて交渉中のようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新予告編がBIGLOBEストリームで配信されているらしい。
「ノミ・ソング」("The Nomi Song")の日本公開に合わせて、クラウス・ノミのアルバム「オペラ・ロック」("KLAUS NOMI")と「シンプル・マン」("SIMPLE MAN")が来月25日に発売されるらしい。
新作ホラー"House Of Wax"に出演するパリス・ヒルトンによるiPod向け音声配信"The Paris Hilton Podcast: Countdown to House of Wax"が今月29日から米公式サイトでスタートするらしい。
米ABCは、"Desperate Housewives"(2004年-)と"Lost"(2004年-)の第2シーズン、「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)第5シーズンの制作を発注したようだ。
ハリウッドのチャイニーズ・シアター前には、すでに「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の列が出来ている模様。しかし、20th Century FoxとLucasfilmは、数ブロック先にある別の劇場での公開を考えているらしい。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の特報用コンセプト・アートが公開されたようだ。
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演"Aeon Flux"のビデオゲーム版で、セロンが声優を務めるようだ。劇場公開と同時に発売される予定らしい。
エミネムのメンズファッション・ブランドShady Ltdが女性にも大人気のため、女性向けコレクションの立ち上げも検討されているらしい。
メアリー=ケイト・オルセンがラブラドル・レトリーバーを買った1ヵ月後、アシュレイ・オルセンも犬を飼い始めたらしい。ただし、アシュレイは動物保護センター(Animal Haven Adoption Center)で見つけてきたようだ。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは、2人の私生活を描くリアリティ番組全6話の制作について、米UPNと契約を結んだようだ・
Pizza Hutの新商品Buffalo Chicken PizzaのCMに、ジェシカ・シンプソンとアシュリー・シンプソンが登場しているようだ。以前、リアリティ番組"Newlyweds: Nick & Jessica"(2003年-)でジェシカがBuffalo Wing(手羽フライ)をバッファローの肉だと勘違いしたことをネタにしているらしい。「これって羽の生えたバッファローのことよね、ジェス?」と言うアシュリーにジェシカが「バッファローに羽なんて生えていないわよ」と答えると、羽の生えたバッファローが登場する・・・というCMとか。
ジェシカ・アルバは、新しいボーイフレンドを見つけたようだ。
ファッション誌Harpers & Queenは、最もファッショナブルな女性セレブTOP100を発表、グウェン・ステファニーが1位に選ばれたらしい。
本広克行監督「交渉人 真下正義」で、オープニングにTemptations、エンディングにJackson Fiveが歌う「サンタが町にやってきた」が使われるらしい。
ウィル・アイズナー(Will Eisner)のコミック"The Spirit"の映画化で、Odd Lot EntertainmentとBatfilm Productionsは、コミック作家のジェフ・ローブ(Jeph Loeb)を脚本に起用したようだ。
シェイクスピアの「十二夜」を現代版にアレンジするアマンダ・バインス主演の新作"She's the Man"で、アンディ・フィックマン(Andy Fickman)が監督を務めるようだ。
マイケル・アプテッド監督次回作は、18世紀の英国で奴隷制度廃止を唱えたウィリアム・ウィルバーフォース(William Wilberforce,1759-1833)の実話に基づく"Amazing Grace"になる模様。
"X-Men 3"で、ファムケ・ヤンセンが出演契約にサインした模様。
今年のMTV Video Music Awardsも、8月28日にマイアミで開催されるようだ。
米TVドラマシリーズ「ダラス」("Dallas",1978-1991年)の映画化にキャサリン・ゼタ=ジョーンズが出演、と一部で報じられたものの、ゼタ=ジョーンズの広報担当者はこれを否定したようだ。
ユアン・マクレガーは、「ムーラン・ルージュ」("Moulin Rouge",2001年)について「続編が出来ればすごくうれしい」とコメントしたらしい。
ジュリアン・マクマホンは、「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me",2004年)を観て以来、好きだったビッグマックをあまり食べなくなった、と語ったらしい。
Sony Pictures Entertainmentは、2006年から人気映画500本をオンライン映画配信サービスMovielinkに提供する、と発表したようだ。
プロダクションI.Gは、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」(北久保弘之監督,2000年)のTVシリーズ化と、米Cartoon Networkとの共同によるTVシリーズ「IGPX」の制作を発表したようだ。
リドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")プロモーションのためのオーランド・ブルーム来日に合わせ、今月11日から17日まで、六本木ヒルズで「オーランド・ブルーム写真展」が開催されるらしい。
1971年に自殺した米国の写真家ダイアン・アーバス(Diane Arbus)の生涯を描く、スティーヴン・シャインバーグ監督、ニコール・キッドマン、ロバート・ダウニーJr.共演の新作"Fur"は、ブルックリンに誕生した新しい映画スタジオSteiner Studiosで撮影されるらしい。
ロンドンのウェストエンドで上演される"The Vagina Monologues"に出演予定だったエイミー・オズボーン(Aimee Osbourne)が病気を理由に降板した模様。
リサ・マリー・プレスリーのニューアルバム"Now What"が今月リリースされるらしい。
新作"Sin City"に出演したジェシカ・アルバは「ヌードは絶対いやだったの。素っ裸なんて想像も出来ないわ。お父さんに勘当されてしまう」と語ったらしい。
リチャード・マシスン(Richard Matheson)のSF小説「地球最後の男」("I Am Legend")が再び映画化される模様。フランシス・ローレンスが監督、ウィル・スミスが主演という情報もあるとか。
  4/7
JR東日本は6日、鉄道施設を映画やドラマのロケ地として有料で提供するサービスを11日スタートする、と発表したようだ。料金は1時間当たり10万円前後とか。
5月27日からミュージカル「WE WILL ROCK YOU」が上演されるのに合わせ、新宿コマ劇場前にフレディ・マーキュリーの記念像が建てられるらしい。
パナソニック「ビエラ」の新製品発表会が6日都内で行われ、イメージキャラクタを務める小雪らが出席したようだ。小雪を主人公とした短編映画が製作され、ネットで配信される予定とか。
キム・ジウン監督「甘い人生」プロモーションのため、イ・ビョンホンが6日成田空港に到着、1200人以上のファンが殺到したらしい。
「ドラえもん」のテーマ曲は、15日から女子十二楽坊が担当するらしい。
結婚と出産で活動を中断していたシン・ウンギョンは、ユ・ソンドン監督「Mr.主婦クイズ王」とキム・ギョンヨン監督「今日の運勢」の2作品で復帰するらしい。両作品とも来月クランクイン予定とか。
キム・ハヌル、ソン・ヘギョ、キム・テヒの3人が、それぞれ所属事務所との契約を終了させ、現在移籍先を探しているらしい。
年末の上演が予定されている香港舞踏団公演「覇王・別姫」の覇王役に、アーロン・クォックの名前が挙がっているらしい。しかし、本人は「とても興味があるけど、全部京劇風だから・・・もう少し研究してから考えます」と言っているとか。
広島大学相撲部をモデルにした映画「ちゃんこ」が、サトウトシキ監督、須藤温子主演で製作されるらしい。
「グリーン・デスティニー」("Crouching Tiger, Hidden Dragon",2000年)の音楽を担当した二胡奏者マ・シャオフイ(馬暁暉)が9日、都内でリサイタルを開催するらしい。
英大衆紙The Sunは6日、ダニエル・クレイグが次期ジェイムズ・ボンド役に決まった、と報じたようだ。
マイケル・メイヤー監督、ティム・マクグロウ(Tim McGraw)主演の新作"My Friend Flicka"で、マリア・ベロ、ダニー・ピノ(Danny Pino)の共演が決まったようだ。
Spyglass Entertainment製作による新作ホラー"Stay Alive"で、フランキー・ムニッズ、ジョン・フォスター(Jon Foster)、サメーレ・アームストロング(Samaire Armstrong)が共演するらしい。来月からルイジアナで撮影が始まるようだ。
トム・ティクヴァ監督、ベン・ウィショウ(Ben Whishaw)、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン共演による、パトリック・ジュースキント(Patrick Suskind)のベストセラー小説「香水‐ある人殺しの物語」("Perfume: The Story of a Murderer")の映画化で、DreamWorksが北米配給権を獲得したようだ。製作は7月からミュンヘンとバルセロナで始まるらしい。
昨年米国で発売されたされた3部作のドキュメンタリー・シリーズ"Life & Times of Pope John Paul II"のDVDについて、販売元のGoldhil Entertainmentには「(法王が亡くなった)金曜日だけで、昨年5月の発売以来の売上を上回る注文があった」らしい。
米MTVは6日、ブロードバンド無料配信サイトMTV Overdriveの試験運用をスタートさせたようだ。25日に正式オープンするらしい。
「ガンジー」("Gandhi",1982年)のアラビア語吹替版の上映が6日、ルダン川西岸地区のラマラなどでスタートしたようだ。ebayの創設者ジェフ・スコール(Jeff Skoll)が企画、アッバス議長の支持を得て実現したらしい。来週にかけて、同地区とガザ地区で上映される模様。
「サイドウェイ」("Sideways")のDVDとVHSが5日米国で発売され、初日だけで合わせて150万本が売れたようだ。また、先月15日にリリースされた「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のDVDとVHSの売上は1400万本を突破した模様。
グレイス・ジョーンズが5日、ロンドンに向かうeurostarの車内で、1等車から特等車への変更に伴う追加料金の支払いを拒否した上、乗務員の腕をつかむなどしたため、通報で駆けつけた警官に身柄を拘束されたらしい。
米In-Three社では、450万ドルの基本料金で、通常の2D映画を3D映画に変換してくれるらしい。ただし、内容の複雑さに応じて料金は変わるとか。同社CEOのマイケル・ケイ(Michael Kaye)は「デジタルシネマを推進するにはコンテンツが重要になる。3Dはデジタル化に向かう第1の理由になる」と語ったようだ。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2006年)などで知られるヴィンセント・パストーレは、恋人への暴行容疑で起訴され、接近禁止を法廷で言い渡されたようだ。来月5日に公判が行われる模様。
米テレビ芸術科学アカデミー(Academy of Television Arts and Sciences)は、Primetime Emmy Awards授賞式の3時間にわたる放送のペースを速めるため、脚本賞、監督賞など一部の部門の発表を前の週に行われるCreative Arts Emmyの式典に移動させることを提案したものの、米監督組合(Directors Guild of America)と米脚本家組合(Writers Guild of America)が反発したため、あらかじめ収録した受賞スピーチを受賞者がステージに上がる間に流す、とする妥協案を発表したようだ。
ピアース・ブロスナンが再びジェイムズ・ボンドを演じる、という噂もまだあるらしい。
ブリトニー・スピアーズは、ケヴィン・フェダーラインと元ガールフレンドとの間に生まれた生後8ヶ月の子供について、赤ちゃんに慣れていないとして、世話をすることを2人から禁止されたらしい。
「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")に主演するトニー・レオンとアンディ・ラウへの質問ブログが開設されたらしい。11日まで質問を受け付けているようだ。
米SCI FI Channelの人気TVシリーズ"Battlestar Galactica"(2004年-)が、米CATV局Universal HDで10日から毎週日曜日に放送されるらしい。
米ABCの人気SFドラマ"Lost"(2004年-)に出演するイアン・サマーホルダーは、ABC、Touchstone TVと1年契約を結んだようだ。
東映は。映画配信サービスMovie Circusで「アニメ映画特集」をスタート、「サイボーグ009 超銀河伝説」(1980年)、「わが青春のアルカディア」(1982年)、「スラムダンク」(1994年)など7作品が公開されているようだ。
ジェイミー・フォックスは、50セント、カニエ・ウェストらと共にセカンド・アルバム"Southern Gentleman"(仮題)を制作中らしい。
「ソウ」("Saw",2004年)のジェイムズ・ワン監督と脚本のリー・ワネル(Leigh Whannell)のペアによる次回作は、Universal Picturesの"Silence"になる模様。「ソウ」とはまったく異なるタイプのスリラーになるとか。
メアリー=ケイト・オルセンが、ニューヨークのナイトクラブ・オーナー、リッチー・アキヴァ(Richie Akiva)とデートしているところが目撃されたらしい。
シリーズ最新作"Die Hard 4.0"で、ジャスティン・ティンバーレイクがブルース・ウィリスの息子を演じるらしい
米Amazon.comは、数十万冊の「ハリー・ポッター」シリーズ最新刊"Harry Potter and the Half-Blood Prince"を発売日の7月16日に全米に配送するため、米UPSおよび米郵政公社と提携したようだ。
樋口真嗣監督「ローレライ」が、フランス、スイス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、タイの6ヶ国で上映されることが決まったようだ。さらに北米、ロシアなどとも交渉中とか。
ロジャー・ミンチェフ(Roger Mincheff)のコミック"Proximity Effect"の映画化権をUniversal Picturesが獲得した模様。スティーヴン・ソマーズらが製作にあたるようだ。
ゲイリー・ウィニック(Gary Winick)監督、ダコタ・ファニング主演による「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化で、ロバート・レッドフォードが新たに声優として加わったようだ。
来日中のイ・ビョンホンが7日、キム・ジウン監督と共に伊勢丹新宿本店屋上で「甘い人生」の記者会見を行ったようだ。
先月行われたサラ・ジェシカ・パーカーの40歳の誕生パーティには、キム・キャトラル、シンシア・ニクソン、クリスティン・デイヴィス、クリス・ノスらが出席したらしい。
ブルース・ウィリスは「独身であるのがとても心地よくなった」と言っているらしい。
マーク・エヴァンス(Marc Evans)監督、シガニー・ウィーヴァー、アラン・リックマン共演の新作"Snow Cake"で、キム・キャトラルの共演が決まったようだ。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するテリ・ハッチャー、マーシア・クロス、エヴァ・ロンゴリア、ニコレット・シェリダンらが、Vanity Fair誌の水着写真撮影に臨んだものの、ABC側の警告にもかかわらずハッチャーが最初に水着を選んでしまったためロンゴリアが激怒、さらに撮影では、ハッチャーが中央になり、その横に立たされたクロスが怒ってセットから出て行ってしまったらしい。その後ハッチャーは、セットの片隅で涙ぐみながら携帯電話で話をしていたとか。
  4/8
三鷹商工会などは、愛知万博の人気パビリオン「サツキとメイの家」の三鷹市への誘致を目指す署名活動を行っているようだ。9日には、清原慶子市長も参加して署名活動が行われるらしい。
「キャビン・フィーバー」("Cabin Fever",2002年)のTVCMに原史奈が出演するらしい。7日都内でCMの撮影が行われたようだ。
ペ・ヨンジュンの写真展で展示されたパネル48点のネットオークションが9日から始まるようだ。
ローレンス・ガターマン監督「マスク2」("Son of the Mask")の試写会が7日都内で行われ、タッキー&翼が日本語版テーマ曲「仮面」を歌ったらしい。
村上正典監督「電車男」の製作発表が7日都内で行われ、山田孝之、中谷美紀らが出席したようだ。
「伊豆の踊子」(1954年)、「黄色いさくらんぼ」(1960年)、「コント55号と水前寺清子のワン・ツウー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」(1969年)、「砂の器」(1974年)、「八つ墓村」(1977年)、「鬼畜」(1978年)、「迷走地図」(1983年)など数多くの作品を手がけた、映画監督の野村芳太郎さんが8日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
9日開幕する「韓流シネマ・フェスティバル2005」参加のため、イ・ソンジェが7日に来日した模様。
キム・ジェウォン主演の「ワンダフルライフ」に出演する6歳の子役チョン・ダビンが注目を集めているらしい。CM出演契約では年間3000万ウォンのギャラをもらっているとか。
12日から開催されるブエノスアイレス国際映画祭(Buenos Aires International Festival of Independent Films)に、キム・ギドク監督「空き家」、「サマリア」、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」など韓国映画6作品が出品されるようだ。
戦艦大和の追悼式が7日、広島県の旧呉海軍墓地にある戦艦大和戦死者之碑の前で行われ、撮影中の新作「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)に出演する松山ケンイチらも出席したようだ。
パク・ヨンハのミニライヴが7日、JR京都駅ビルで行われたようだ。
1877-78年のロシア-トルコ戦争を描いたロシア映画"Turkish Gambit"が2月22日から同国で公開され、公開6週間で総興収1900万ドルを突破した模様。昨年大ヒットした"Night Watch"の1600万ドルの記録を更新したらしい。
ウェス・クレイヴン監督「サランドラ」("The Hills Have Eyes",1977年)のアレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja)監督によるリメイクは、製作がDimension FilmsからFox Searchlightに移ったらしい。
Sonyなどの投資連合によるMGM買収契約が8日にも成立する模様。 [☆ライオンの鳴き声も聞き納め(;_;)]
ジョゼフ・カノン(Joseph Kanon)の小説に基づくスティーヴン・ソダーバーグ監督の新作ロマンチック・スリラー"The Good German"で、ジョージ・クルーニーとケイト・ブランシェットが出演交渉に入ったらしい。
全米週末公開作品では、3267館で公開されるドリュー・バリモア、ジミー・ファロン共演のロマンチック・コメディ"Fever Pitch"と、3154館で公開されるペネロペ・クルス、マシュー・マコノヒー共演の「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")が、どちらも1000万ドルから1200万ドルの週末興収を記録すると予想されているようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)が企画した25編の短編ドキュメンタリーシリーズ"Selling Democracy: Films of the Marshall Plan, 1948-1953"が、来週開催されるワシントンDC国際映画祭(Washington D.C. International Film Festival)で上映されるらしい。
シャロン・オズボーンは、娘のエイミー・オズボーン(Aimee Osbourne)が乳がんの手術を受けたことを明らかにしたようだ。
まもなく公開されるリドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")でイスラム教指導者を演じたKhaled El Nabawyは「いいタイミングです。西洋が我々について理解を深めるべき時です。我々は西洋について、彼らが我々を知る以上に、よく知っています。私を知らない(西洋の)人は、私を悪く判断するでしょう。我々はテロリストではありません。我々は極めて文明的であり、我々の歴史がその目撃者です」と語ったようだ。
Red Soxの熱狂的ファンを主人公にした、ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー監督、ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン共演の新作ロマンチックコメディ"Fever Pitch"の"ハリウッド的"ラストシーンに対し、ボストンのRed Soxのファンから抗議の声が上がっているらしい。
ブリトニー・スピアーズは、遺書を書く前に死んだ場合に備えて、彼女の財産が夫のケヴィン・フェダーラインに相続されることを防ぐための法的書類を、結婚前に作成していたらしい。
クリスチャン・スレイターとの交際が報じられたリンゼイ・ローハンの広報担当者は「私が知る限り、彼がローハンのトレーラーを訪れたことは無い」と、報道を否定したようだ。
アシュリー・シンプソンは、恋人ライアン・カブレラ(Ryan Cabrera)について「クレイジーなスケジュールのおかげで大変だったけど、今は毎日デートしているの。彼以外の男の子と会うことは無いわ」と語り、順調な交際をアピールしたようだ。
ジョニー・ノックスヴィル、バート・レイノルズ、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェシカ・シンプソン共演による新作"The Dukes of Hazzard"の予告編からの画像が流出したらしい。
U2のボノとブラッド・ピットは6日、アフリカのAIDSと貧困に苦しむ人々を支援するための新しいキャンペーン"One"を発表したようだ。10日から放送される60秒間のTVスポットには、ジャスティン・ティンバーレイク、トム・ハンクス、ジェイミー・フォックスが出演するらしい。
4th MEDIAで7日から、イ・ビョンホン主演のドラマ「Happy Together」(1999年)と「美しき日々」(2001年)の配信がスタートしたようだ。
ロンドンで開催されたBritish Independent Film Awards授賞式に出席したイアン・マッケランは、"X-Men 3"に出演することを認めたようだ。
ブラッド・ピットはマリブに引っ越すらしい。900万ドルで家を買ったようだ。
米MTVのリアリティ番組"Trippin'"収録のためチリを訪れたキャメロン・ディアスは、ドリュー・バリモアとともに砂丘でのサーフィンに挑戦、転んだらしい。「また鼻が折れちゃったかしら?頭の中に砂が入っちゃったわ」と語ったとか。
「ベルンの奇蹟」("Das Wunder von Bern")の試写会が7日都内で行われ、ゼーンケ・ヴォルトマン監督が舞台挨拶に立ったようだ。
「ガーフィールド」("Garfield: The Movie",2004年)の続編製作が決定した模様。ティム・ヒル(Tim Hill)が新たな監督に起用され、全米公開は来年7月になる模様。
Carsey-Werner FilmsとStrike Entertainmentによる新作コメディ"You Are Going to Prison"で、ボブ・オデンカーク(Bob Odenkirk)が監督、ダックス・シェパード(Dax Shepard)とウィル・アーネット(Will Arnett)が主演を務めるようだ。
クレイグ・ギレスピー(Craig Gillespie)監督、ショーン・ウィリアム・スコット、ビリー・ボブ・ソーントン、スーザン・サランドン共演の新作コメディ"Mr. Woodcock"で、エイミー・ポーラー(Amy Poehler)の共演が決まったようだ。今月1日から撮影が始まっているらしい。
ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフ姉妹が、マーサ・クーリッジ監督の新作"Material Girls"で共演するらしい。18日からロサンゼルスで製作が始まる模様。ヘイリーは主題歌となるマドンナのヒット曲"Material Girl"も歌うらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")で再びチューバッカを演じるピーター・メイヒュー(Peter Mayhew)は「エピソードIIIではチューイはまだ若いから、違うコスチュームを作る必要があったんだ。毛の色が明るいんだよ。年を取ると色が変わる犬のような感じだ」と語ったらしい。
ジュリー・アンドリュースが、ロンドンで舞台版「メリー・ポピンズ」("Mary Poppins")を観劇したようだ。エリザベス・ハーレーらも出席したらしい。
米CBSのTVシリーズ「犯罪捜査官 ネイビーファイル」("JAG",1995年-)が、今月29日の放送で最終回を迎えるようだ。
英国の作家ジェイン・オースティン(Jane Austen,1775-1817)の半生を描く映画"Becoming Jane"が製作される模様。アン・ハサウェイが主演するらしい。
クッキー・モンスターは最近、野菜や果物をよく食べるようになったらしい。 [☆そんなのクッキー・モンスターじゃないっ!]
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー監督、ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン共演の新作ロマンチック・コメディ"Fever Pitch"のボストン・プレミアが6日開催されたようだ。Red Soxのジェイソン・ヴァリテック(Jason Varitek)投手らも参加したらしい。
ラスヴェガスのStardustホテルで1999年以来上演されている、ウェイン・ニュートンのショー"Danke Schoen"が20日の公演で幕を下ろすようだ。
米CBSの"Late Show with David Letterman"に出演したジェーン・フォンダは、イラク戦争について「戦争は間違っていると思います。それは誤りであり、我々は撤退すべきです」と語ったらしい。
Sony Computer Entertainment Americaは7日、先月24日から北米で発売されたPSPが、2日間で50万台を突破、1週間での売上額は1億5000万ドルを超えたと発表したようだ。
ロシアで大ヒットしたSFホラー"Night Watch"の米国版予告編が公開されたようだ。
  4/9
秋山貴彦監督「HINOKIO」で、YUIが主題歌「Tomorrow's way」を歌うようだ。
島田洋七の著書「佐賀のがばいばあちゃん」が映画化されるらしい。佐賀市内ですでに撮影が始まっており、吉行和子、島田紳助、緒形拳らが共演しているようだ。
ペ・ヨンジュンが、成均館大学に退学届を提出したようだ。
「ザ・リング2」("The Ring Two")の会見が8日都内で行われ、中田秀夫監督らが出席したようだ。次回作となる「the EYE【アイ】」("The Eye",2002年)のリメイクについて、キャストは未定だが真田広之が興味を持っている、と語ったらしい。
「サツキとメイの家」の愛知万博閉幕後の移築については、三鷹市のほか、東京都東村山市がすでに3万人以上の署名を集めたほか、岐阜県上石津町や埼玉県所沢市なども誘致の検討を始めているらしい。
「2005年フランス映画展」が7日北京市で開幕、ヴィッキー・チャオ、グォ・ヨウらが会場を訪れたようだ。
マイケル・ジャクソンの元コックが、マコーレー・カルキンに対する性的虐待を目撃した、と証言したらしい。カルキン本人は虐待を否定しているらしい。
ポール・ウェイランド監督の新作ダーク・コメディ"Three Bad Men"で、"Shaun of the Dead"(2004年)のサイモン・ペッグ(Simon Pegg)が、ブレンダン・フレイザー、ウディ・ハレルソンらと共演することになったようだ。
ジェフリー・ラッシュは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編"Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl"について「僕の小さなサルと一緒に登場するよ。小さな役だけどね」と語ったらしい。
英タブロイド紙The Sunは、シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"でのキーラ・ナイトレイのトレーニング風景の写真を掲載したようだ。
"Fever Pitch"のボストン・プレミアには、原作「ぼくのプレミア・ライフ」のニック・ホーンビィ(Fever Pitch)も出席「この映画を観たのは今日が初めてだ。これは、普通なら映画として描かれることの無い、ごく普通の人々を描いた作品なんだ」と語ったようだ。
ロサンゼルスのKabbalah Centreは、アシュトン・カッチャー、デミ・ムーア、マドンナの3人に、新製品の飲料200缶を試供品として送ったらしい。プロモーションに彼らの起用を考えているようだ。
パリス・ヒルトンは、"House Of Wax"撮影のため訪れていたオーストラリアの印象について「パパラッチは本当にうっとうしかった。私がお風呂に入ると必ず、翌日の雑誌の表紙を飾ることになったわ。それに、私の泊まったゴールドコーストのホテルは安っぽいアパートみたい。まるでモーテルだったわ」と語ったらしい。
妻ブリトニー・スピアーズと新しいリアリティ番組に出演するケヴィン・フェダーラインは、シリーズ終了後の新しい企画をすでに提案しているらしい。
ケリー・クラークソンは「マリリン・モンローはあまり好きになれないの。彼女は美しいしセクシーだと思うわ。でも、彼女の映画をいくつか観たけど、私にとってはそれほどじでもなかった。彼女って、今のパリス・ヒルトンみたいな感じだと思うの。それに彼女、5人くらいと結婚なかったっけ?」と語ったらしい。 [☆3人です。]
ニコール・リッチーは、ビバリーヒルズで買い物した帰り、彼女のハンドバッグから財布を盗もうとした女性を取り押さえたらしい。告発はしなかったようだ。
来日中のイ・ビョンホンが8日都内で行われたテレビ東京「たけしの誰でもピカソ」の収録に参加したようだ。「尊敬してやまない北野武監督に会えると思うと夜も眠れなかった」と語ったとか。
「電車男」が堤幸彦演出、武田真治主演で舞台化されるらしい。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)のジャック・バウアー(=キーファー・サザーランド)が、大塚製薬「カロリーメイト」のTVCMに登場するらしい。9日から放送されるようだ。
栗本薫「グイン・サーガ」シリーズがアニメ映画化されるらしい。
Metro-Goldwyn-Mayerは8日、Sony Corporation of Americaなどの投資連合による同社の買収が完了した、と発表したようだ。
ニック・フリン(Nick Flynn)の小説"Another Bullshit Night In Suck City: A Memoir"の映画化は、ポール・ワイツが脚本と監督を務めるらしい。
ファッション・ブランドやフィットネス・クラブ、レストランとビジネスを展開しているジャッキー・チェンは「それでも僕にとっての最大の収入源は映画だ。株も不動産投資も映画ほどには稼げないよ」と語ったらしい。
Access Hollywoodに出演したブラッド・ピットは、アンジェリナ・ジョリーとの交際は真実だと報じたUS Weeklyの記事について「全くのでたらめだ。タブロイドは金を稼ぐために、事実か否かに関係なく、彼らの記事を裏付けるためには何だってやる」と語ったようだ。
  4/10
傷害事件で謹慎していた柏原崇が、池内博之の監督による映画「13の月」の撮影に7日から参加しているようだ。
槙坪夛鶴子監督「母のいる場所」が9日初日を迎え、紺野美沙子、馬渕晴子、小林桂樹らが岩波ホールで舞台挨拶に立ったようだ。
森川時久監督「ハルウララ」が9日、高知市内で初日を迎え、賀来千香子らが舞台挨拶に立ったようだ。
ペ・ヨンジュンの記念切手が来月初めに日韓で同時発売されるらしい。
ジャキー・チェンの息子ジェイシー・チェンが主演する、イー・トンシン監督「早熟」が15日から中国大陸で公開されるらしい。
愛知万博「サツキとメイの家」について、万博協会は入館予約方法の見直しを進めているようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、先日亡くなった法王ヨハネ・パウロ二世について「1983年に妻と共に面会した際、日ごろの運動についても話していた。彼は毎朝5時にワークワウトしていた。腕立て伏せと腹筋運動をしていたんだ。彼はとても体力があり、スポーツも上手かった。素晴らしいスキーヤーでありサッカー選手だった」と語ったようだ。
来月6日と7日に福島県内で開催される「うつくしま―韓国文化交流事業」に、チ・ソン、キム・ソヨン、チョン・ドンファンらが参加するらしい。
アシュレイ・オルセン、メアリー=ケイト・オルセン姉妹は、寝室用家具2種類を新たに発売したようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")の最新ポスターがYahoo! Moviesで公開されたようだ。
米In Touch誌が行った「ハリウッド男優の胸ベスト10」の調査結果が発表されたようだ。
1.マシュー・マコノヒー
2.ジョシュ・デュアメル
3.ジョージ・クルーニー
4.ウィル・スミス
5.ブラッド・ピット
6.ショーン・ペン
7.スティーヴン・ドーフ
8.ライアン・フィリップ
9.アッシャー
10.ニック・ラシェイ
ジョン・ポルソン監督「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")のTVCMに飯田圭織が出演するらしい。21日の試写会、23日の初日舞台挨拶にも出席予定とか。
チャリティー公演「PLAY FOR PEACE」が9日都内で開催され、中島美嘉、マンディ・ムーアらが出演したらしい。
山本泰一郎監督「劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀」が9日初日を迎え、高山みなみらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
豪Business Review Weekly最新号は、オーストラリア出身芸能人の2004年収入ランキングを発表、ニコール・キッドマン(4000万豪ドル)、ラッセル・クロウ(2700万豪ドル)を抑え、子供向けバンドThe Wigglesが4500万豪州ドルで1位となったらしい。
  4/11
渋谷で10日、ローレンス・ガターマン監督「マスク2」("Son of the Mask")プロモーションのため、マスクをかぶった女子高生50人がチラシを配りながら街を歩いたらしい。
日本貿易振興機構は、ハリウッドの映画、アニメ、ゲーム製作会社などの情報を収集して日本企業に提供、対米進出を促進するJetro Entertainment Platformを12日に設置するようだ。
ぺ・ヨンジュン記念切手日韓同時発売の報道について、情報通信省郵政事業本部は11日「そういった事実はない」と否定、日本郵政公社も「計画していない」と発表したようだ。
大阪ドームで10日行われたプロ野球オリックス-楽天戦で、「マスク2」("Son of the Mask")の関西宣伝リーダーを務めるなかやまきんに君が、ロゴ入りの衣装で始球式を行ったようだ。
「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」の完成披露試写会が10日都内で行われ、声優を務めた波田陽区らが出席したようだ。
エバラ食品「きれいサラダ ノンオイルゼリードレッシング」のCMに出演中のチョ・インソンが来日、10日都内でPR会見を行ったようだ。
映画「真夜中の弥次さん喜多さん」メイキング本「くど監日記」の出版を記念したサイン会が10日都内で行われ、宮藤官九郎が出席したようだ。
「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)などの海賊版DVD54枚を販売目的で所持していたとして、大阪市在住の32歳の暴力団幹部が逮捕されたようだ。
韓国での公開が予定されていた「火垂るの墓」(高畑勲監督,1988年)について、テウォンデジタルエンターテイメントは11日、公開を無期延期すると発表したようだ。一部から「日本人を戦争被害者として描写している」として上映に対する抗議の声が上がっていたらしい。 [☆抗議するなら観てからにして欲しい。]
米Washington Post紙は8日、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy",2003年)について「非常にシリアスでタフな作品」とする映画評を掲載したようだ。
キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演「甘い人生」の写真集が日韓同時発売されるらしい。
米TIME誌最新号は「世界で最も影響力のある100人」を発表、日本人ではトヨタ自動車の渡辺捷昭次期社長と共に宮崎駿監督が選ばれたようだ。また、米国人ではジョージ・W・ブッシュ米大統領、マイケル・ムーア、スティーヴ・ジョブス、マーサ・スチュワートらが選出されたらしい。
米UPNは、ドラマシリーズ"Veronica Mars"(2004年-)のセカンドシーズン制作を決定した模様。一方、米ABCは好調なスタートを切ったサンドラ・オー出演の医療ドラマ"Grey's Anatomy"について、シーズンを通じて日曜夜10時に放送することを決めたようだ。
ペネロペ・クルス、マシュー・マコノヒー共演「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")は、英国でも週末興収1位を記録したようだ。また、ヨハネ・パウロ二世の葬儀が行われたイタリアでは「ザ・リング2」("The Ring Two")が270万ドル(410館)の週末興収で1位になったらしい。
全米週末興収は、ペネロペ・クルス、マシュー・マコノヒー共演「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")が1850万ドル(3154館)で1位を獲得、一方ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン共演のロマンチック・コメディ"Fever Pitch"は1300万ドル(3267館)で3位のスタートとなった模様。
ブレック・アイズナー監督「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")に主演したペネロペ・クルスは「ハリウッドの超大作にはいつも出演したいと思っていたけど、強い女性が描かれたアクション・アドベンチャーをこれまでは見つけることが出来なかった」と語ったようだ。
ソニーは、映画館で匂いを体験できるシステムを開発中とか。
井上靖雄監督「隣人13号」のPRイベントが1日大阪・十三のライブハウスで行われ、平川地一丁目が出演したようだ。
来日中のパク・ヨンハが10日、金沢市内でトークショーを行い、ファン900人が集まったらしい。
行定勲監督「北の零年」の特別上映会が10日、岩手県花巻市で開催され、吉永小百合が舞台挨拶に立ったようだ。
「ダーティハリー」("Dirty Harry",1971年)、「アメリカン・グラフィティ」("American Graffiti",1973年)、「ポリスアカデミー」("Police Academy",1984年)などの作品に出演した、米女優のデブラリー・スコット(Debralee Scott)さんが5日亡くなった(52歳)。ご冥福をお祈りいたします。
シンガポール政府がセントーサ島で計画している大規模リゾート開発で、ユニバーサル・スタジオの建設が計画されているらしい。
ウェブサイトSyFy Portalでは、SCI FI Channelの人気シリーズ"Battlestar Galactica"(2004年-)のエミー賞ノミネートを目指して、Hollywood Reporterへの広告掲載費の寄付を呼びかけているらしい。
スタン・ウィンストン(Stan Winston)は"Jurassic Park 4"の製作について「着実に前進している。また一緒に仕事が出来ることをみんな楽しみにしているよ。大家族の再会みたいなものだからね」と語ったようだ。
まもなく米国公開となる、デヴィッド・ドゥカヴニー監督デビュー作"House of D"に出演するロビン・ウィリアムスは、ここ数年シリアスな役が続いていることについて「僕のところに話しがきた中で、良いのが他になかったんだ。もしコメディの脚本を送ってくれたら喜んで出演するよ」と語ったようだ。
KDDIは、米CBS Paramount International Televisionとライセンス契約を結んだ模様。「コラテラル」("Collateral",2004年)、「スクール・オブ・ロック」("School of Rock",2003年)、「今そこにある危機」("Clear and Present Danger",1994年)、「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)などの配信が「光プラスTV」で既にスタートしているらしい。
米NBCのドラマシリーズ"Law & Order"(1990年-)にレギュラー出演(1996-1998年)していたキャリー・ローウェル(Carey Lowell)が、今年スタートのスピンオフ・シリーズ"Law & Order: Trial by Jury"(2005年-)にゲスト出演したようだ。
キルスティン・ダンストの広報担当者は、ジェイク・ギレンホールとの婚約報道について、彼らは"よい友人"であり結婚する計画は無い、とこれを否定したようだ。
アンドリュー・ラウ監督「頭文字(イニシャル)D」の記者会見が10日、上海市で行われ、ジェイ・チョウ、鈴木杏らが出席したようだ。
「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")プロモーションのため予定されていたケリー・チャンの来日は、体調不良のため中止となった模様。
「愛と死をみつめて」(斎藤武市監督,1964年)のラジオ朗読ドラマが、11日からニッポン放送でスタートするらしい。石原さとみが主人公を演じているようだ。
既にヤン・デ・ボンの監督が決まっている、スティーヴ・オルテン(Steve Alten)のベストセラー小説「メガロドン」("Meg")の映画化は、New Lineが映画化権を獲得したようだ。今秋製作開始、来年夏公開予定とか。
ダイアナ・ロスとシュープリームス(Diana Ross and the Supremes)を描いて大ヒットしたたブロードウェイ・ミュージカル"Dreamgirls"の、ビル・コンドン監督による映画化で、ビヨンセ・ノウルズが出演交渉中らしい。製作は秋頃スタートする模様。
Paramountは「地球最后の日」("When Worlds Collide",1951年)をリメイクするらしい。スティーヴン・ソマーズを監督と脚本に起用したようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督作品「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」("The Crazies",1973年)のリメイクで、Paramountはブラッド・アンダーソンを監督に起用したようだ。「マシニスト」("The Machinist",2004年)で組んだスコット・コーサー(Scott Kosar)が脚本を担当する模様。
Imagi Servicesによる新作CGアニメ映画"Cat Tale"で、ショーン・アスティン、エリシャ・カスバート、スタンリー・トゥッチ、アラン・カミングらが声優を務めるらしい。
トム・ペロッタ(Tom Perrotta)原作・脚本、トッド・フィールド監督による新作"Little Children"で、ケイト・ウィンスレットが出演交渉中らしい。
来日中のイ・ソンジェが、都内でトークショー&握手会を行ったようだ。
サム・ライミのGhost House Picturesが手がけるセバスチャン・グティエレス(Sebastian Gutierrez)脚本・監督の新作超自然スリラー"Rise"で、ルーシー・リューが主演するらしい。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは11日、UMD Video第1弾として「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)、「キング・アーサー」("King Arthur",2004年)、「トロン」("Tron",1982年)の3作品を来月25日に発売する、と発表したようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"について、米Universal Picturesは一部再撮影のための追加予算を承認した模様。
  4/12
野村芳太郎監督の通夜が11日都内で営まれ、山田洋次監督、森崎東監督、坂上二郎、穂積隆信、森口瑤子らが弔問に訪れたようだ。
仏歌手のシルヴィ・ヴァルタンが、世界保健機関(WHO)の親善大使に任命されたようだ。
是枝裕和監督の新作「花よりもなほ」で、岡田准一の主演が決まったようだ。撮影は今月下旬からスタートする模様。
ペ・ヨンジュン記念切手の日韓同時発売報道について所属事務所は11日、公式の記念切手ではなく日韓の郵政当局に事務所が制作を依頼するものだ、と説明したようだ。
アンドリュー・ラウ監督「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")プロモーションのため、アンディ・ラウが11日、来日したようだ。
フランシス・ローレンス監督「コンスタンティン」("Constantine")プロモーションのため、キアヌ・リーヴスが11日、来日したようだ。成田空港にはファン600人が集まったらしい。
"MTV Presents: The Next Generation Xbox Revealed"が来月12日と13日に、全世界のMTVで放送されるらしい。イライジャ・ウッドが司会を務めるようだ。
アンドリュー・ラウ監督「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")のプレミア上映会が11日行われ、来日中のアンディ・ラウらが出席したようだ。
2004年に県外から香川県を訪れた観光客は、前年比3.4%増の804万7000人に達した模様。「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)のヒットなども貢献したようだ。
カンヌで開催中の国際テレビプログラム見本市(MIPTV)で発表された最新の調査結果によると、国別の平均TV視聴時間は、日本が5時間でダントツ1位、2位が米国の4時間28分で、世界平均は約3時間だったようだ。
「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)に出演していたシャナン・ドハーティ(Shannen Doherty)は、米UPNのコメディ・パイロット"Wingwoman"への主演に向けて、最終交渉に入ったようだ。
米CATV局のAMCは、ヒラリー・スワンク、チャド・ロウの制作総指揮によるゲーム番組"Celebrity Charades"の制作を決定した模様。ハンク・アザリア、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロージー・ペレス、ピーター・ボグダノヴィッチ、アイザック・ミズラヒらが、映画をテーマにしたジェスチャーゲームで競い合うらしい。
英ITV放送の長寿ドラマ"Coronation Street"(1960年-)で、中高年同士の結婚式のエピソードが8日放送された、視聴者数は1200万人を記録したようだ。一方、翌日放送されたチャールズ皇太子の結婚式の視聴者数は730万人だったらしい。
Interactive Entertainmentは、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のビデオゲームを、映画公開と同じ今年11月に発売すると発表したようだ。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンらの顔がキャラクタとして使われているらしい。
Walt Disney Studios、Warner Bros. Pictures、Sony Picturesの3社は、映画上映のデジタル化を進めるTechnicolor Digital Cinemaと提携したようだ、
Yahoo!動画で、ペ・ヨンジュン主演のドラマ「愛の挨拶」(1995年)の第2〜5話が無料配信されているらしい。
米ファッション・デザイナー協議会(Council of Fashion Designers of America)は、今年のCFDA賞特別功労賞をケイト・モスらに授与すると発表したようだ。
シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"の撮影現場からの写真が大量に公開されているらしい。
マーク・スティーヴン・ジョンソン脚本・監督、ニコラス・ケイジ主演の新作"Ghost Rider"に登場するHell Cycleの画像が公開されたようだ。 [☆これで本当に走るんだったらスゴイ。]
OutKastのAntwan "Big Boi" Pattonは、17台の車を持っているにもかかわらず、アトランタの自宅には6台分の駐車スペースしかないらしい。1960〜1964年のChevrolet Impalasは5台も持っているとか。
ブリトニー・スピアーズは、学校新聞の取材で訪れた10歳の小学生のインタビューに応じ、ケヴィン・フェダーラインとの結婚などについて語ったようだ。妊娠についてはコメントしなかったものの、早く子供が欲しいし、男の子でも女の子でも嬉しい、と語ったらしい。
本広克行監督「交渉人 真下正義」の完成披露会見の模様が14日にストリーミング中継されるらしい。
サンドラ・ブロックは、恋人のジェシー・ジェイムズは不釣合いだというファンの声について「外見だけでその人を判断することは出来ないわ。見た目はとても純真そうでも、浮気をしたり、子供や動物の世話をしなかったり、人間性に欠ける人だっているし、全くその逆の人もいるのよ。大量殺人の犯人が捕まったときはいつも『彼はとてもいい人で、子供の面倒もよく見ていた』ってみんな言うでしょ。だから、人は見た目では判断できないのよ」と語ったらしい。
ブリタニー・マーフィは、2ヶ月以内に自動車の運転免許を取ると決心したとか。「6月までに必要なの。ロンドンで"Love and Other Disasters"という映画の撮影があるから、ロンドンで運転しなきゃいけないのよ」と語ったらしい。
ウォン・カーウァイ他監督「愛の神、エロス」("Eros",2005年)の試写会が11日都内で行われ、小沢真珠らが出席したようだ。
黒沢あすかが、メイクアップアーティストの梅沢壮一と2月に入籍していたらしい。「き・れ・い?」(松村克弥監督,2004年)でメイクを担当したことがきっかけとか。
「海猿」(羽住英一郎監督,2004年)の続編がTVシリーズとして制作されるらしい。引き続き、羽住英一郎が監督、伊藤英明、加藤あいら出演するほか、仲村トオル、夏八木勲、時任三郎らがキャストに加わるようだ。映画版第2弾も来春公開される模様。
「さらば冬のかもめ」("The Last Detail",1973年)で共演したジャック・ニコルソンとランディ・クエイドは続編"Last Flag Flying"の映画化を検討しているらしい。モーガン・フリーマンと出演交渉中とか。
当初「ザ・リング2」("The Ring Two")を監督する予定だったノーム・ムーロ(Noam Murro)は、アルフレッド・ヒチコック監督「見知らぬ乗客」("Strangers on a Train",1951年)のリメイク"Strangers"で監督を務めるらしい。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)で、来シーズンからアルフレ・ウッダードがキャストに加わるらしい。また、アントニオ・バンデラス主演によるNew Line Cinemaの新作"Take the Lead"にも出演が決まったようだ。
ブルース・マカロック(Bruce McCulloch)監督・脚本の新作ファミリー・コメディ"Comeback Season"で、レイ・リオッタ、ショーン・サイポス(Shaun Sipos)、レイチェル・ブランチャード、グレン・ヘドリーが共演するようだ。来月9日から製作が始まる模様。
New Lineは、トム・シャープリング(Tom Scharpling)とジョー・ヴェンチュラ(Joe Ventura)のコメディ脚本"Jeff the Demon"を映画化するようだ。落ちこぼれの高校生2人が黄泉の国から力を呼び出す方法が書かれた本を発見して・・・という話らしい。
"LEGO Star Wars: Revenge of the Brick!"が、米Cartoon Networkで5月8日に放送されるらしい。
Sony Pictures Entertainmentは、「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)の続編の配給について、Ghost House Picturesと契約を結んだようだ。サラ・ミシェル・ゲラーの出演はまだ未定とか。
ベン・スティラーは、第2子が誕生する今年の夏から1年間の育児休業に入る予定らしい。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演中のエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)は9日、ラスヴェガスのシーザーズ・パレスで上演されているショー"Pussycat Dolls"に特別出演したらしい。
コートニー・コックス・アークエットの生後10ヶ月になる娘ココ(Coco)ちゃんの洗礼式が9日、バーミンガムの教会で行われたようだ。ジェニファー・アニストンが名付け親の一人となったらしい。
スタンリー・トン監督、ジャッキー・チェン、レオン・カーフェイ、キム・ヒソン共演の新作"The Myth"の特報が公開されたようだ。
「戦場にかける橋」("The Bridge on the River Kwai",1957年)のリメイクに、ウィル・スミスが興味を示しているらしい。
  4/13
Sonyなどによる買収が完了したMGMは、1400人のスタッフのうち200人を解雇したようだ。数ヶ月以内に200人規模まで縮小する予定とか。
志水淳児監督「ふたりはプリキュア マックスハート」の完成披露試写会が12日都内で行われ、声優を務めた工藤静香が参加したようだ。
「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")のPR会見が12日都内で行われ、アンディ・ラウ、アンドリュー・ラウ監督らが出席したようだ。会見の最後に藤井隆が登場、「お腹は減っていますか?」と中国語で質問したらしい。
「コンスタンティン」("Constantine")のPR会見が12日都内で行われ、キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、フランシス・ローレンス監督が出席したようだ。
15日から韓国で公開されるパク・ホンシク監督、チョン・ジュノ主演の新作「逆転の名手」が、リュ・スンワン監督、チェ・ミンシク主演「拳が泣く」を抑え、予約率でトップになったようだ。
来月開催される第58回カンヌ映画祭に、イム・サンス監督「その時、その人々」、リュ・スンワン監督「拳が泣く」が出品されるようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、ハローキティやスヌーピーが登場する新しいパレードが14日から始まるらしい。また7月14日からは「シュレック」の期間限定パレードも開催されるようだ。
北米を除く海外週末興収は、35カ国、3583スクリーンで上映中の「ザ・リング2」("The Ring Two")が1500万ドルで1位となったようだ。
米ABCの人気SFドラマ"Lost"(2004年-)に出演するジョシュ・ホロウェイ(Josh Holloway)は、スチュワート・ヘンドラー監督(Stewart Hendler)、サラ・ウェイン・キャリーズ(Sarah Wayne Callies)共演の新作超自然スリラー"Whisper"への出演が決まったようだ。
レベッカ・ローミン、ジェイン・リーヴス、アン・ヘッシュ、ドン・ジョンソン、カムリン・マンハイムらの共演による米WB Networkのタイトル未定のドラマ・パイロットで、メラニー・グリフィスの出演が決まったようだ。
ブリトニー・スピアーズは妊娠を公表したようだ。
ジョージ・ルーカスは「この1作は私の人生の集大成だ。これで私はここから立ち去ることが出来る。ベストを尽くしたし、皆が観たい映画になったと思っている」と語ったらしい。
リドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")プロモーションのため、オーランド・ブルームが12日、来日したようだ。成田空港の到着ロビーには、報道陣200人と女性ファン700人が詰め掛けたらしい。
ホアキン・フェニックスは、アルコール依存症のリハビリ施設に入所した模様。
シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"に登場する海賊船Black Pearlが、アラバマ州のバイユー・ラ・バトル(Bayou La Batre)での建造を終え、今週末にもカリブ海に向けて出航するらしい。
全米大ヒットとなった舞台劇の映画化"The Diary of a Mad Black Woman"(2005年)を手がけたタイラー・ペリー(Tyler Perry)監督・脚本による新作"Madea's Family Reunion"で、ブレア・アンダーウッドが主演を務めるようだ。来年2月公開予定らしい。
米NBCは、ドナルド・トランプが進行役を務める人気リアリティ番組"The Apprentice"(2004年-)の今シーズン最終回を、来月19日にニューヨーク大学のSkirball Center for the Performing Artsから生中継すると発表したようだ。
キアヌ・リーヴス主演による新作"The 8th Voyage of Sinbad"を手がけるロブ・コーエン監督は「レイ・ハリーハウゼン(Ray Harryhausen)に会って『もしこの作品に参加していただければ大変光栄だ』と伝えた。彼はCGの無かった時代に『シンドバッド七回目の航海』("The 7th Voyage of Sinbad",1958年)のようなアクション・ファンタジー・アドベンチャーを実現させた。だから、彼にはクリエイティヴ・コンサルタントとして、我々の後見人として復帰してもらいたい」と語ったようだ。
米ABCの人気SFドラマ"Lost"(2004年-)に出演するイアン・サマーホルダーは、ニコラス・マスタンドレア(Nicholas Mastandrea)の監督デビュー作となるホラー映画"The Breed"に主演するようだ。今週末から南アフリカで撮影が始まるらしい。
「宇宙戦争」("The War of the Worlds")のオンラインゲームが4月14日に公式サイトでスタートするようだ。7ヶ国語に対応、無料で提供されるらしい。
ブリトニー・スピアーズが単独インタビューに応じた10歳の女の子は、Star誌の元編集長の娘だったらしい。しかし、インタビュー記事は学校新聞だけに使われたようだ。
ニック・ラシェイは、相次ぐジェシカ・シンプソンとの破局報道について「全くイライラするよ。友人や家族がタブロイドの記事を読んで『これって本当?』と思うんだ。でも、何をしても無駄だし、無視して通り過ぎるのを待つしかないんだ。皆がひどいことを言うのは、少なくとも興味を持ってくれいているということだしね」と語ったようだ。
Universal Picturesは、ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"の全米公開を、当初予定の10月21日から6月24日に前倒ししたようだ。
Vanity Fair誌が、米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)の出演者による水着写真撮影での顛末を伝えた記事について、エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)は「本当にがっかりしたわ。100%真実じゃないんだもの。私たちは、セットで楽しい時間を過ごしたのよ。まるでタブロイド誌の記事だわ」と語ったらしい。
来月6、7日に東京国際フォーラムで開催される「美しき日々コンサート」に、イ・ビョンホンとチェ・ジウが特別ゲストとして出演するらしい。
グリンダ・チャーダ監督の新作"Bride and Prejudice"(2005年)でハリウッド進出を果たしたアイシュワリヤー・ラーイの次回作は、Rajkumar Santoshi監督によるボリウッド映画"Saamna"になる模様。アジャイ・デーヴガン(Ajay Devgan)、アクシャイ・クマール(Akshay Kumar)、ナーナー・パーテーカル(Nana Patekar)らが共演、夏前に撮影が始まるようだ。
マーク・エヴァンス(Marc Evans)監督、シガニー・ウィーヴァー、アラン・リックマン共演の新作"Snow Cake"で、キャリー=アン・モスの共演が決まったらしい。
スティーヴ・カレル、グレッグ・キニア、トニ・コレットは、ジョナサン・デイトン(Jonathan Dayton)の監督デビュー作となる新作コメディ"Little Miss Sunshine"で共演するようだ。6月6日からロサンゼルスで撮影が始まるらしい。
30歳でNFLのPhiladelphia Eaglesのルーキーとなったヴィンス・パパレ(Vince Papale)の実話に基づく新作(旧タイトル"Invincible")で、Disneyはマーク・ウォールバーグと出演交渉中らしい。
「夕暮れにベルが鳴る」("When a Stranger Calls",1979年)のリメイクで、サイモン・ウェストが監督に向けて交渉中らしい。
バズ・ラーマン監督はオーストラリアを舞台にした時代ドラマを監督するらしい。「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)などを手がけたスチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)が脚本に起用された模様。「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind",1939年)のようなロマンスになるとか。
「運命を分けたザイル」("Touching the Void")を手がけたケヴィン・マクドナルド監督による、1970年代を舞台にした政治ドラマ"The Last King of Scotland"で、フォレスト・ウィテカーとジェイムス・マカヴォイの共演が決まったようだ。
ジョン・リスゴウは、6月9日に行われる今年のハーバード大学の卒業式でスピーチを行うようだ。
Full Frame Documentary Film Festivalで1997年以降会長を務めるマーティン・スコセッシ監督は「ドキュメンタリーの要素は私の作品に刺激を与えてくれる。映画を撮る際に我々が切望しているのはそれなんだ。人々が話し、動き、また沈黙する時、そこには真実と美がある。力がある。私は常に、劇映画の中でそれを表現しようとしている」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスは、パパラッチの乗った車と危うく事故を起こしそうになった、と語ったようだ。
  4/14
韓国の俳優や映画・ドラマのロケ地を写真パネルで紹介する「韓流展」が、13日から松山市のいよてつ高島屋で開催されているようだ。
慶応義塾大学の三田キャンパスに、4K(解像度4096×2160ドット) Silicon X-tal Reflective Display(SXRD)を搭載するソニー製プロジェクタ「SRX-R105」などを備えたデジタルシネマ上映施設が完成、13日報道陣に公開されたようだ。
リドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")のPR会見が13日都内で行われ、オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーンらが出席したようだ。
ぺ・ヨンジュン初来日1周年記念イベント「BYJ Meets Asia-ぺ・ヨンジュンとアジアの出逢い-」が、来月3日から横浜ランドマークタワーで開催されるらしい。来月15日から予約を開始する公式写真付切手「BYJ Stamp Collection」の先行販売も行われる模様。10日間で1万2000人の動員を予定しているとか。
東宝は13日、2005年2月期連結決算の見通しを、売上高2021億円、営業利益254億円、経常利益258億円に上方修正、いずれも過去最高となることを発表したようだ。「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督)、「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督)、「スウィングガールズ」(矢口史靖監督)などのヒットが貢献した模様。
山田洋次監督が、関西大学大学院文学研究科の客員教に就任したようだ。
Destiny's Childの3人が13日、都内の「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を訪れたようだ。
天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が13日赤坂御苑で開催され、1900人が出席したようだ。岩下志麻には「昔『古都』(中村登監督,1963年)を見たのですが。何年前になりますか」と話しかけたらしい。
来月4日から韓国で公開されるキム・デスン監督、チャ・スンウォン主演「血の涙」は、韓国映像物等級委員会からR-18指定を受けた模様。
カレン・モクのコンサート"The Extremely Karen Mok Show 2005"が6月10日と11日に香港コロシアムで開催されるらしい。アンディ・ラウがゲスト出演する予定とか。
フランス政府は、ブルース・ウィリスに芸術文化勲章を授与したらしい。文化・通信大臣のルノー・ドヌデュー・ド・ヴァーブル(Renaud Donnedieu de Vabres)は「米映画の力を象徴する俳優へのフランス流の敬意の表明」と説明しているとか。 [☆喜んでいいのか・・・]
シルク・ドゥ・ソレイユ専用常設劇場が2008年、東京ディズニーリゾートにオープンするらしい。
九州大学で今春から教養科目「冬ソナブームの総合的研究」が開講、第1回の講義には定員200人に対して600人近い学生が詰め掛けたらしい。
今月5日に米国で発売された「サイドウェイ」("Sideways")と「エレクトラ」("Elektra")のDVDは、発売1週間でそれぞれ200万本と170万本の売上を記録したようだ。
「影なき男」("The Thin Man",1934年)とそれに続く「夕陽特急」("After the Thin Man",1936年)、「第三の影」("Another Thin Man",1939年)、「影なき男の影」("Shadow of the Thin Man",1941年)、「風車の秘密」("The Thin Man goes Home",1945年)、「影なき男の息子」("Song of the Thin Man",1947年)のシリーズ6作品が、8月2日に米Warner Home VideoからDVDボックスとして発売されるらしい。特典ディスクを含む7枚組みで59.92ドルになる模様。
映画監督、脚本家、小説家としても成功している英俳優のジュリアン・フェローズは「ショービジネスは、人生と同じく、消耗戦だ。長年にわたってその世界に立ち続けて、ようやく皆に認められる。僕らの世代にとって、俳優というキャリアは正気ではかった」と語ったようだ。
150本以上の作品に出演しているボリウッドのスーパースター、アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)は、12日間にわたる特集上映に出席するためニューヨークを訪れているようだ。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル(Oliver Hirschbiegel)監督「ヒトラー 〜最期の12日間〜」("Der Untergang",2004年)が、イスラエルで公開されることが決まったようだ。先週、エルサレムで行われたテスト上映では観客の91%が作品を支持したらしい
新作映画"House of D"で監督と脚本を担当したデヴィッド・ドゥカヴニーは「俳優になった最初の理由は、舞台や映画の脚本について学ぶためだったんだ。だから、今回の作品は出発点に戻ったようなものだよ」と語ったらしい。
デヴィッド・シュワイマーは、来月からロンドンで上演される舞台"Some Girls"に出演するようだ。サフロン・バロウズ、レスリー・マンヴィルらが共演するらしい。
8月全米公開予定の新作コメディ"The 40-Year-Old Virgin"で映画監督デビューするプロデューサーのジャド・アパトウ(Judd Apatow)は「スケジュールも予算も予定通りにはいってないけど、おかげでプレッシャーは無くなった。でも、製作はうまく進んでいるし、誰も予算やスケジュールのことで怒鳴ったりしないから、みんなハッピーだよ」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズ、ケヴィン・フェダーライン夫妻の私生活を追う米UPNのリアリティ番組は、来月17日の1時間特番でスタートするようだ。
新作"Lonely Hearts"で共演するサルマ・ハエックとジャレッド・レトの撮影現場での写真が公開されたようだ。
キーラ・ナイトレイは「私の肌は本当にひどいの。(スクリーン上で完璧に見える肌は)4時間のお化粧と、とてもいい皮膚科医のおかげ」と語ったらしい。
リンゼイ・ローハンは、11日にニューヨークのBeacon Theaterで収録されたVH1 Save the Music Foundationによるコンサートに出演予定だったものの、映画"Just My Luck"の撮影から抜けられず、欠席したらしい。
ミーシャ・バートンの17歳の妹ハニア・バートン(Hania Barton)は「グウェン・ステファニーってすごくクールだと思うし、The Rolling StonesやModest Mouseやボブ・ディランをよく聴くの。詞も書き始めたし、ロック・スターになりたいな」と語ったらしい。
村上正典監督「電車男」で、ORANGE RANGEが主題歌を担当するらしい。
ホ・インム監督、クォン・サンウ、ハ・ジウォン共演「恋する神父」の前売り鑑賞券が今月9日から都内劇場で発売され、新宿武蔵野館では初日だけで955枚の売り上げを記録、歴代1位だった「バンジージャンプする」の285枚の記録を大幅に更新したらしい。
青山劇場で6月上演されるブロードウエイ・ミュージカル「ボーイ・フロム・オズ」の制作発表が13日都内で行われ、紫吹淳、坂本昌行らが出席したようだ。
ジャーナリストの実話に基づく、Warner IndependentとIntermediaの共同出資による新作"Spring Break in Bosnia"で、リチャード・シェパード(Richard Shepard)が脚本と監督を務めるようだ。
ロサンゼルスの青年保護観察センターでの実話に基づく、ザ・ロック主演の新作"Gridiron Gang"は、フィル・ジョアノーが監督に決まったらしい。ラッパーのXzibitも出演交渉中のようだ。来月末から撮影が始まる模様。
ポール・シュレイダー監督版"Exorcist: The Original Prequel"が、来月20日から米国で劇場公開されることが決まったようだ。
フランシス・フォード・コッポラ監督は、数年前に発表していたSF作品"Megalopolis"の企画について「非常に野心的な企画だが、それが行き過ぎてしまったようだ。だから、私は企画を中断し、再考することにした」と語ったらしい。
エマ・ロバーツの主演次回作は、Nickelodeon MoviesとParamount Picturesによるコメディ"Camp Couture"になるようだ。イアン・サウスウッド(Ian Southwood)が脚本を執筆中らしい。
バリー・ソネンフェルド監督、ロビン・ウィリアムス主演の新作コメディ"RV"で、クリスティン・チェノウェス(Kristin Chenoweth)の出演が決まったようだ。
「そして、ひと粒のひかり」("Maria Full of Grace",2004年)のジョシュア・マーストン(Joshua Marston)は、Warner Independent Picturesの新作"The Iraqi Convoy Project"で脚本と監督を務めるようだ。
アネット・カーティス・クラウス(Annette Curtis Klause)の小説"Blood and Chocolate"のカーチャ・フォン・ガルニエ(Katja von Garnier)監督による映画化で、オリヴィエ・マルティネスとアグネス・ブルックナーの共演が決まったようだ。
来月6日全米公開、14日日本公開のリドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")は、まだ完成していないらしい。
自動車事故と飲酒運転の疑いで今年2月に逮捕・起訴されていたリンゼイ・ローハンの父親マイケル・ローハン(Michael Lohan)の罪状認否が12日行われ、ローハンは無罪を主張したようだ。
オンキヨー株式会社は14日、Blu-ray Disc Associationへの参加を発表したようだ。
  4/15
東芝は15日、水平に置いた画面から立体映像を表示できる新型ディスプレイ技術を開発したと発表したようだ。 [☆これって画期的かも。]
「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")のPR会見が14日、梅田のヒルトン・ホテルで行われ、アンディ・ラウらが出席したようだ。また、同日夜に梅田ブルク7で行われた試写会にも出席した模様。
「コンスタンティン」("Constantine")のPR会見が14日、梅田のリッツカールトン・ホテルで行われ、キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、フランシス・フローレンス監督らが出席したようだ。15日に梅田ブルク7で行われる試写会で舞台挨拶が行われる模様。
シリーズ最新作「まだまだあぶない刑事」の製作発表が14日、東映東京撮影所で行われ、舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオルらが出席したようだ。韓国ロケも行われるらしい。10月公開予定とか。
山口百恵が主演したTBS"赤いシリーズ"がリメイクされるらしい。第1弾「赤い疑惑」は石原さとみ、第2弾「赤い運命」は綾瀬はるか、第3弾(タイトル未定)は深田恭子が主演するようだ。 [☆リメイクじゃなくて、再放送して欲しいんですけど。]
NHKエンタープライズは14日、「冬のソナタ」「美しき日々」「オールイン」などの韓国ドラマ関連商品の2004年度の売り上げが77億円に上る見通しを明らかにしたようだ。 [☆受信料未払い分を取り返した?]
「交渉人 真下正義」の完成記者会見が14日都内で行われ、本広克行監督、ユースケ・サンタマリア、水野美紀、小泉孝太郎らが出席したようだ。プロデューサーの亀山千広は、カンヌ映画祭への出品も検討しているらしい。
1957年にオープンした青森市の映画館「青森東映シネマ」が15日、閉館したようだ。
昨年米国で公開され興収111万ドルのヒットとなったカン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」は、観客の9割以上が韓国系米国人だったらしい。
米CBSの「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)、FOXの「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)などに出演するアイシャ・タイラーは、レイヴェン=シモーネ主演によるCATV局LifetimeのTV映画"For One Night"への出演が決まったようだ。また、ゲイリー・レノン(Gary Lennon)脚本・監督のダーク・コメディ".45"でミラ・ジョヴォヴィッチとの共演も決まったらしい。
ヨハネ・パウロ二世の半生を描くドラマ"Karol, The Man Who Became Pop"が、来週イタリアで放送されるらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)と米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)は、ビデオゲーム業界との新たな契約締結に向けた交渉に入っているらしい。
シドニー・ポラック監督、ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演「ザ・インタープリター」("The Interpreter")のプレミアが14日、ロンドンで開催されたようだ。
米UPNのコメディ・パイロット"The Show With A.J. Calloway"で、ジャスティン・ベイトマン(Justine Bateman)の出演が決まったようだ。
Paramount Pictures会長兼CEOのブラッド・グレイ(Brad Grey)は、アリ・シアマー(Alli Shearmur)副社長を共同社長に昇格させると発表したようだ。5月に新しいポストに就く模様。
パリス・ヒルトンとニコール・リッチーが出演する人気リアリティ番組"The Simple Life"(2003年-)で、新シーズンからニコール・リッチーが降板、新たにロッド・スチュワートの娘キンバリー・スチュワート(Kimberly Stewart)が出演する、と言う噂があるらしい。
MGM単独による最後の全米配給、そしてSony Picturesの一部門として初の公開作品となる、アンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督、ライアン・レイノルズ主演"The Amityville Horror"が15日から封切られるようだ。週末興収は2000万ドルかそれ以上になると予想されているらしい。
自伝"My Life So Far"の出版で注目を集めるジェーン・フォンダは「私は、私を越えた何かを人々に象徴している、という事実に責任を持たなくてはなりません。私はムーブメントの象徴であり、価値観の象徴なのです。私は、自分自身を失望させないために、それを抱えて生きていかなくてはなりません。自分の価値を具現する必要があるのです」と語ったようだ。
韓国で血液型占いが大流行、ロマンチック・コメディ「B型の彼氏」(チェ・ソグォン監督)がヒットする一方、B型の男性に対する偏見(自己中心的で短気、恋愛に不向き)が広がっているらしい。
13日スタートした米NBCの新シリーズ"Revelations"の第1回放送は、同局の午後9時代としては過去6ヶ月間で最高の視聴率を記録したらしい。
iiV Channelは、俳優やモデルの動画を無料配信する「coicale 〜恋彼〜」をスタートさせたようだ。第1回目は杉浦太陽と杉浦太雄が登場しているらしい。
クリストフ・ガンズ監督による人気ビデオゲームの映画化"Silent Hill"のセットの写真が公開されたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は14日、DVDの違法コピーを可能にするチップを販売したとして提訴していたESS Technologyとの和解を発表したようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)が、来月7日に米ABCで4時間スペシャルとして放送されるようだ。未公開映像やインタビュー、最新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のメイキングなどが本編と共に放送されるらしい。
Yahoo!動画で「大友克洋特集」が14日スタート、「ロボットカーニバル」(1987年)、「AKIRA」(1988年)、「迷宮物語」(1988年)、「ワールドアパートメントホラー」(1991年)、「老人Z」(1991年)、「MEMORIES」(1995年)、「メトロポリス」(2001年)の7作品が有料配信されているほか、大友監督のインタビュー映像が無料配信されているようだ。
ブラッド・ピットは、パパラッチから逃れるためにホテルを転々としているらしい。一方、ジェニファー・アニストンは親友のコートニー・コックス・アークエットと一緒にいるようだ。
ブリトニー・スピアーズの妊娠について公表した彼女の広報担当者は「母親も娘も順調です」と発言、赤ちゃんが女の子であることを(うっかり?)明らかにしたようだ。
エミネムは「ファーストアルバムをリリースする前に、50セント(50 Cent)と話したことを覚えているよ。僕は『君はビッグになる。だから、誰かを殴ったり、銃で撃ったりするな。音楽に集中しろ。トラブルに関わるな、刑務所とは距離をおけ。刑務所から愛の音楽を奏でることなど出来ない』とアドバイスしたんだ」と語ったようだ。
ブルース・ウィリス主演「ホステージ」("Hostage",2005年)を手がけたフロレント・シリ(Florent Siri)は、"Die Hard 4.0"の監督を依頼されているらしい。
短命に終わったスキート・ウールリッチ主演による米ABCのドラマシリーズ"Miracles"(2003年)が、未放送のエピソードを加えて、今月19日にDVDで発売されるらしい。
6月全米公開の新作"The Sisterhood of the Traveling Pants"に主演したアンバー・タンブリンは「撮影は、これまで出演したどんな映画よりも素晴らしかった。この作品を110%誇りに思うわ。」と語ったらしい。
「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")プロモーションのためローマを訪れたペネロペ・クルスは、「映画の中で一番よかったキスの相手は?」という質問に、少し考えた後「トリコロールに燃えて」("Head in the Clouds",2004年)で共演したシャーリーズ・セロンの名前を挙げ、同席していた恋人のマシュー・マコノヒーを驚かせたらしい。
デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム、山下智久共演によるエステティックTBCの新CMが、18日から放送されるらしい。
「KARAOKE -人生紙一重-」の試写会が14日都内で行われ、押尾学、吉岡美穂、星野仙一、辻裕之監督らが出席したようだ。福原愛が花束贈呈に訪れたらしい。
20th Century Foxの新作"John Tucker Must Die"で、ベティ・トーマスが監督に向けて交渉中のようだ。クラスで人気の男子に振られた3人の女子高生が・・・という話しらしい。
バーブラ・ストライザンドと彼女の運営するBarwood Filmsは、Gary Smith社などと共同で、サイモン・メイワー(Simon Mawer)の小説"Mendel's Dwarf"の映画化権を獲得したようだ。"The Station Agent"(2003年)のピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)が主演に決定、ソニー・マーレイ(Sonny Murray)が脚本を執筆中らしい。
人気アニメ「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)などを手掛けるマイク・ライス(Mike Reiss)の脚本"The Man Who Knew Everything"をParamountが獲得、アダム・サンドラーとジャック・ジャラプート(Jack Giarraputo)の製作で映画化するようだ。
ジョン・ウー監督、ザ・ロック主演の新作"Spy Hunter"は、「コラテラル」("Collateral",2004年)のスチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)が脚本を書き直すようだ。公開は来年夏ごろになる模様。
ルーシー・リューは、Ghost House Pictures制作、セバスチャン・グティエレス(Sebastian Gutierrez)脚本・監督の新作ホラー"Rise"への主演が決まったようだ。撮影は今夏から始まる模様。
アイザック・アダムスン(Isaac Adamson)の小説「東京サッカーパンチ」("Tokyo Sucker-Punch")が、エド・ソロモン(Ed Solomon)脚本、トビー・マグワイア主演で映画化されるらしい。
「招かれざる客」("Guess Who's Coming to Dinner",1967年)のリメイク"Guess Who"(2005年)を手掛けたジェイ・シェリック(Jay Scherick)とデヴィッド・ロン(David Ronn)は、人気TVシリーズ「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)のDreamWorks Picturesによる映画化で脚本を担当するらしい。来年夏公開予定とか。
ヴァル・キルマーは、ロンドンで来月末から上演される舞台「郵便配達は二度ベルを鳴らす」("The Postman Always Rings Twice")に主演するらしい。
「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")に主演したマシュー・マコノヒーは「彼のような役をずっと探していたんだ。アクションアドベンチャーの主人公は皆、ただ闘って走り回るだけの粗野なやつか、決して手を汚さない堅物のどちらかだった。でも、ダーク・ピットは海洋生物学について語った後に、海賊と金塊を取引するような人物だ」と、シリーズ化への期待を語ったようだ。
マーティン・ローレンス主演「ビッグ・ママス・ハウス」("Big Momma's House",2000年)の続編"Big Momma's House 2"に、ザカリー・リーヴァイ(Zachary Levi)とエミリー・ブロクター(Emily Procter)の共演が決まったようだ。
フィリップ・K・ディックの小説「ゴールデン・マン」("The Golden Man")に基づく、ニコラス・ケイジ主演"Next"で監督を務めるリー・タマホリは「捕らえどころの無い言い方だが、非常に扱いづらい企画だ。この作品の扱う時間のシフトは、非常に映像化しにくい。ニック・ケイジと僕は、新しいアプローチを模索しているところだ」と語ったようだ。
シリーズ第3弾"Cheating Death: Final Destination 3"のオープニングの大惨事は、ジェットコースターの上で起こるらしい。脚本を担当するグレン・モーガン(Glen Morgan)は「革新的と言うわけではないけど、誰も観たことのないシーンになる」と語ったらしい。
「ハリー・ポッター」シリーズや新作「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")などに出演するワーウィック・デイヴィスは、"Agent One-Half"というスパイ・アドベンチャー映画を企画しているらしい。「まだ、きわめて初期の段階。僕が『ウィロー』("Willow",1988年)に出演していた頃にストーリーを思いついたんだ。僕の夢の企画で、是非実現させたい」と語ったようだ。
ウェス・クレイヴン製作、ニコラス・マスタンドレア(Nicholas Mastandrea)監督による新作ホラー"The Breed"で、ミシェル・ロドリゲス、タリン・マニング、オリヴァー・ハドソン、ヒル・ハーパー、エリック・ライヴリー(Eric Lively)の共演が決まった模様。一方、当初主演予定だったイアン・サマーホルダーは降板したらしい。
トム・ダイ監督、マシュー・マコノヒー、サラ・ジェシカ・パーカー共演の新作コメディ"Failure to Launch"で、ゾーイー・デシャネルの共演が決まったようだ。
新作ホラー"The Breed"を降板したイアン・サマーホルダーは、ジム・ソンゼロ(Jim Sonzero)監督による「回路」(黒沢清監督,2001年)のリメイク"Pulse"の出演交渉に入ったようだ。撮影は今夏からルーマニアで行われるらしい。
  4/16
パク・ヨンハのミニライブとトークショーが16日青森市内で開催され、2000人のファンが会場に詰め掛けたようだ。
スタジオジブリは、「サツキとメイの家」を別の場所に1軒新設すると発表したようだ。時期や場所は未定とか。
桃井かおりは、NHK「夢・音楽館」で着用した衣装約65点をオークションに出品すると発表したようだ。集まった費用で冊子や新聞を発行、日米のホームレスの救済に役立てたい、と言っているらしい。
米General Electoric社は15日、2005年1-3月期の決算を発表、純利益は前年同期比25%増の40億4300万ドルに達した模様。傘下のNBCのVivendi Universal Entertainmentとの合併が効果を上げ、ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"(2004年)、ジェイミー・フォックス主演「Ray / レイ」("Ray",2004年)などのヒットが貢献したようだ。
ウディ・アレン監督「さよなら、さよならハリウッド」("Hollywood Ending",2002年)の試写会が15日都内で行われ、林家正蔵がゲスト出演したようだ。
愛知万博「サツキとメイの家」の入館予約は、6月分からはがきによる応募に変更されるようだ。
「自衛隊に入ろう」「コーヒーブルース」などの曲で知られ、その日常を追うドキュメンタリー映画「タカダワタル的」(タナダユキ監督,2004年)も製作されていた、歌手の高田渡さんが16日亡くなった(56歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ブルック・シールズが、16日からロンドンで上演されるミュージカル「シカゴ」("Chicago")に出演するらしい。
今年2月に飲酒運転で逮捕されたクリス・クラインの罪状認否が、今月29日に行われるらしい。
アイルランドでは、ブリトニー・スピアーズが娘にどんな名前をつけるかで、賭けが始まっているらしい。
ジェシカ・アルバが左手の薬指に指輪をして、恋人のキャッシュ・ウォレン(Cash Warren)と歩いているのが目撃されたらしい。アルバの広報担当者は婚約を否定、指輪の贈り主についても明らかにしなかったようだ。
新作"V For Vendetta"に出演するナタリー・ポートマンは、役作りのために頭を剃り、体重も落とすらしい。
アダム・サンドラーとドリュー・バリモアが共演した「ウェディング・シンガー」("The Wedding Singer",1998年)がブロードウェイ・ミュージカル化されるらしい。
TV Guide4月17日号は"Star Trek: Enterprise"特集、4種類の表紙が用意されるらしい。
リンゼイ・ローハンは、「クルーレス」("Clueless",1995年)のブロードウェイ舞台版への出演をオファーされているらしい。
恩田陸のベストセラー小説「夜のピクニック」が、長澤雅彦監督、唐沢寿明主演で"映画化"、ナナムジカのデビュー曲「Ta-lila〜僕を見つけて〜」のTVCM(全3話、各15秒)として16日から放送されるらしい。
「まだまだあぶない刑事」でエキストラを募集しているらしい。
  4/17
「午後の遺言状」(新藤兼人監督,1995年)の舞台版が、5月から上演されるらしい。小川真由美、水谷八重子らが共演するようだ。
第24回イスタンブール国際映画祭(The International Istanbul Film Festival)で16日各賞が発表され、ホウ・シャオシェン監督、浅野忠信、一青窈共演「珈琲時光」(2003年)が金賞にあたるゴールデン・チューリップ賞を受賞したようだ。
梅田ブルク7では、16日初日を迎えた「ふたりはプリキュア マックスハート」の当日券が午前11時までに全て売切れてしまったらしい。
滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」が16日初日を迎え、宮沢りえらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。豆まきも行われたらしい。
韓国映画振興委員会は新入社員1人を募集、231人が殺到したらしい。
22日にイタリアで開幕する第7回ウディネ極東映画祭で、「誰にでも秘密がある」「阿羅漢-掌風大作戦」など韓国映画10本が上映されるらしい。
韓国映画サイトのアンケート調査によると、「5月公開映画中、最も期待される俳優」の第1位に「血の涙」のチャ・スンウォン、2位に「南極日記」のソン・ガンホ、3位に同じく「南極日記」のユ・ジテが選ばれたようだ。
広島県尾道市は、佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」撮影のために建造された戦艦大和の実物大セットを撮影後も保存して一般公開することを検討しているらしい。
トニー・レオンとイーソン・チャンのコンサートが今月29日に北京で開催される、としてチケットの販売が行われていたものの、トニー・レオンの所属事務所は、そのような契約も予定もないと否定したようだ。
ヨハネ・パウロ二世暗殺未遂犯のトルコ人受刑者が、「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の著者ダン・ブラウン(Dan Brown)に続編執筆の協力を申し出る書簡を送ったほか、メル・ギブソンとの面会も希望しているらしい。
ロバート・デ・ニーロらが創設した第4回トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)が今月19日、シドニー・ポラック監督「ザ・インタープリター」("The Interpreter")の上映で開幕するようだ。11日間の期間中、世界45カ国から出品される158本を含む約250作品が上映されるらしい。
DMXは15日夜、ブロンクスの高速道路でパトカーを含む3台の乗用車と衝突事故を起こし、逮捕されたようだ。
"Superman Returns"のシドニーでの撮影の模様が、ニュース番組で報じられたようだ。
英Film Review誌による「最も人気のある英国映画スター」の調査の結果、オーランド・ブルームが1位となったほか、2位にキーラ・ナイトレイ、3位にクライヴ・オーウェン、4位にダニエル・クレイグが選ばれたようだ。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)に出演するミーシャ・バートンは、下品な言葉遣いが大嫌いなようだ。誰かが汚い言葉で悪態をつくと、その人物の前に飛んでいって「そんなしゃべり方は良くない」と注意するらしい。
米ABCのコメディ番組"The View"(1997年-)にアンナ・クルニコワがゲスト出演、ポーラ・アブドゥルやランディ・ジャクソンの前で歌声を披露したらしい。クルニコワは「私の声は、猫の金切り声みたい」とコメントしたとか。
英BBCは、SFドラマシリーズ"Doctor Who"(2005年-)のセカンドシーズンに、クリストファー・エクルストンに代わってデヴィッド・テナント(David Tennant)が出演する、と発表したようだ。
オーウェン・ウィルソン、ベン・スティラー共演によるTVシリーズの映画化「スタスキー&ハッチ」("Starsky & Hutch",2004年)のDVD発売を記念した、佐藤江梨子のトークショーが16日都内で行われたようだ。
ムトウユージ監督「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」が16日初日を迎え、都内劇場で坂井真紀とのはらしんのすけが舞台挨拶に立ったようだ。
ローレンス・ガターマン監督「マスク2」("Son of the Mask")が16日初日を迎え、吹き替えを担当した田中直樹、遠藤章造、ベッキーらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
  4/18
岡田主監督の新作「MAZE 南風」で、蟹江敬三が映画初主演するらしい。
ペ・ヨンジュンが出演するロッテ「アーモンドチョコレート」の新CMが18日から放送されるようだ。
キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演の新作「甘い人生」のメイキングDVD「甘い人生 イ・ビョンホンの代表作になるまで」が20日に発売されるようだ。既に予約が殺到、3万枚を初回出荷するらしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」のロケが、広島県尾道市に再現された戦艦大和の実物大セットで行われ、反町隆史、中村獅童、山田純大、松山ケンイチらが参加したようだ。セットだけで6億円、総制作費は25億円に達するらしい。
「KOREAN WAVE 2005 in 広島」が17日広島市内で開幕したようだ。18日行われるパク・ヨンハのファンの集いには、徹夜組の女性ファン100人がすでに列を作っているほか、19日からの映画上映には定員の3倍近い応募があり、すでに満席らしい。
黒土三男監督「蝉しぐれ」で使用された山形県羽黒町のオープンセットが一般公開されるらしい。24日には記念式典が行われるようだ。
落語芸術協会理事で、映画「負ケラレセン勝マデハ」(豊田四郎監督,1958年)にも出演した、落語家の桂文朝さんが18日亡くなった(63歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第58回カンヌ映画祭開催期間中の来月12日から、チェン・カイコー監督、真田広之、セシリア・チャン、チャン・ドンゴン共演の新作「THE PROMISE-無極-」のPRイベントがカンヌとその周辺都市で行われるらしい。
パク・ヨンハのミニライヴが18日広島市民球場で開催され、1万人のファンが詰め掛けたらしい。 [☆すごい!1万人!!]
北米に先行して16ヶ国、1157スクリーンで上映されたシドニー・ポラック監督、ニコール・キッドマンショーン・ペン共演「ザ・インタープリター」("The Interpreter")は、週末興収930万ドルを記録したようだ。ギリシャ、英国、スペイン、台湾などで初登場1位となった模様。
全米週末興収は、「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",1979年)のアンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督によるリメイク"The Amityville Horror"が、2330万ドル(3323館)で初登場1位となったようだ。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"の撮影風景が公開されたようだ。
「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch",2002年)の「スティッチウクレレ」が、今月下旬からディズニーストアで発売されるらしい。626本限定とか。
L'Orealの新しいイメージキャラクタに、米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演中のエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)が起用されたらしい。
ドン・D・スコット(Don D. Scott)の脚本によるNew Line Cinemaの新作コメディ"Miracle Cars"で、ニック・キャノンの主演が決まった模様。19歳の2人の男が起こした米国史上最大の自動車詐欺事件を題材にするらしい。
既にブルース・ウィリスの参加が決まっているDreamWorksの新作CGアニメ"Over the Hedge"で、ニック・ノルティ、キャサリン・オハラ、ウィリアム・シャトナー、スティーヴ・カレル、ユージーン・レヴィ、ワンダ・サイクス、アヴリル・ラヴィーンが声優としてキャストに加わったようだ。
デヴィッド・R・エリス監督、サミュエル・L・ジャクソン主演によるNew Line Cinemaの新作"Pacific Air 121"(旧タイトル"Flight 121"/"Snakes on a Plane")で、人気TVドラマ"The O.C."(2003年-)のベンジャミン・マッケンジー(Benjamin McKenzie)が共演するようだ。6月13日からバンクーバーで撮影が行われるらしい。
ダーレン・リン・バウズマン(Darren Lynn Bousman)監督による"Saw II"で、エマニュエル・ヴォージアの主演が決まった模様。
ジェニファー・ガーナーは、スザンナ・グラント(Susannah Grant)監督の新作ロマンチック・コメディ"Catch and Release"撮影のため、コロラド州のボールダー(Boulder)を訪れている模様。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは、ラスヴェガスのHard Rock Hotel & Casinoと同じ建物内にある250万ドルのマンションを購入するらしい。そのホテルの248号室で"子供を宿した"から、らしい。
池内博之が初監督を務める新作「13の月」の製作発表が17日行われ、柏原崇、大塚寧々らが出席したようだ。
11日ニッポン放送でスタートした朗読ドラマ「愛と死をみつめて」に、連日1000通を超える感想が寄せられているらしい。映画「愛と死をみつめて」(斎藤武市監督,1964年)に主演した吉永小百合のインタビューも18日に放送されるようだ。
Warner Bros. Picturesの新作"Stealing Cars"で、チャド・マイケル・マーレイが出演交渉中らしい。アリゾナの少年院が舞台のドラマになるようだ。
Montecito Pictureは、アイヴァン・ライトマン監督次回作として、マイケル・コルトン(Michael Colton)とジョン・アバウド(John Aboud)による脚本"Over My Dead Body"を獲得したようだ。コメディタッチのゴースト・ストーリーとか。
Warner Bros. Picturesは、ダニー・ウォレス(Danny Wallace)による未発表の著書"Yes Man"の映画化権を獲得したようだ。デヴィッド・ヘイマン(David Heyman)、ジャック・ブラック、マイク・ホワイトがプロデュース、デヴィッド・イーザーソン(David Iserson)が脚本を担当するらしい。
ヴォンディ・カーティス=ホール監督によるFocus Featuresの新作"Waist Deep"で、タイリースの主演が決まったようだ。車に乗ったままギャングに連れ去られた息子を、若い女性の力を借りて救い出す・・・という話しらしい。
脚本家マルコム・マッケイ(Malcolm McKay)の映画監督デビュー作となる新作"Who Killed Norma Barnes"で、レイフ・ファインズ、エミリー・モーティマー、エミリー・ブラント(Emily Blunt)が共演するようだ。ドストエフスキー(Fyodor Dostoyevsky,1821-1881)の「白痴」に基づく作品になるらしい。
メル・ギブソンは、ヨハネ・パウロ二世の伝記映画を企画しているらしい。葬儀の日に撮影クルーをヴァチカンに送り込んでいたようだ。
行定勲監督、妻夫木聡、竹内結子共演の新作「春の雪」のロケが、四国で行われているようだ。
ハリウッドの大手映画会社は、P2Pによるファイル共有技術「BitTorrent」を、映画作品の配信に使用することを検討しているらしい。
Advanced Access Content System License Administratorは14日、HD DVDやBlu-ray Discでの採用が決定している著作権保護規格Advanced Access Content System(AACS)の技術仕様ドラフトVer.0.9を公開したようだ。
  4/19
大西洋航行中の豪華客船が21メートルの高波を受け、乗客4人が負傷する事故が合ったらしい。船内は一時パニックになったものの、ピアニストが「タイタニック」("Titanic",1997年)のテーマを何度も演奏して、乗客を落ち着かせたとか。 [☆そんな曲を演奏したらかえってパニックになりそうな・・・]
ホ・ジノ監督、ぺ・ヨンジュン主演「四月の雪」の前売り鑑賞券販売が29日からスタートするらしい。ポストカード(全9種類)1枚が特典に付くようだ。
ぺ・ヨンジュンは、キム・ジョンハク監督による新作ドラマ「太王四神記」への出演が決まったようだ。10月から撮影に入るらしい、
豊田利晃監督「空中庭園」の完成披露試写会が18日都内で行われ、小泉今日子らが出席したようだ。
ブレック・アイズナー監督「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")プロモーションのため、ペネロペ・クルスとマシュー・マコノヒーが18日、来日したようだ。成田空港にはファン200人が集まったらしい。
浅草六区に、榎本健一から渥美清、萩本欽一、哀川翔まで、浅草ゆかりの有名人の写真を飾った街灯が登場したらしい。1枚だけ「予約済」と書かれたプレートは、「オイラが死んだら飾ってくれ」と言う北野武の予約席とか。
ソニー・コンピュータ・エンタテインメント・コリアは18日、韓国でのPSPの予約受付を締め切ったようだ。予約が殺到したため、当初予定していた12日間の予約期間を急遽6日に短縮したらしい。
イム・ピルソン監督、ソン・ガンホ、ユ・ジテ共演の新作「南極日記」のスペシャル映像がネット上で公開されたようだ。
DreamWorksの新作CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")プロモーションのため、ベン・スティラーが6月末に韓国を訪問するようだ。 [☆日本にも来る?]
ジョエル・シュマッカー監督「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の凱旋上映が29日から日劇PLEXでスタートするらしい。世界興収100億円の40%を日本が占めているとか。
マーロン・ブランドが所有していたフランス領ポリネシアの島が、4000万ドルをかけてリゾートとして開発されるらしい。
DreamWorks Animation SKGは、CPUメーカーのAdvanced Micro Devicesと3年契約を結んだ模様。
北米を除く海外週末興収の最終集計では、22カ国1908スクリーンで上映中のヴィン・ディーゼル主演"The Pacifier"が920万ドルを記録し1位を獲得、ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演「ザ・インタープリター」("The Interpreter")は870万ドルで2位だったようだ。
マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督、シャロン・ストーン主演による「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編"Basic Instinct 2: Risk Addiction"で、シャーロット・ランプリングとデヴィッド・シューリスの共演が決まったらしい。
ベテランTV司会者のトム・スナイダー(Tom Snyder)は、白血病と診断されたことを明らかにしたようだ。
昨年末同じアパートの住人の部屋に押し入り、飼い犬を脅したとして起訴されていたナターシャ・リオンは、18日行われた審問を欠席したため、マンハッタンの裁判所は逮捕状を発行したようだ。
Warner Bros. Studiosは、HD DVDソフトの発売に向けてMicrosoftと提携する模様。映像フォーマットにWindows Media Video 9(VC-1)を採用、2005年第4四半期からの発売を予定しているらしい。
ハリウッドのシネコンで15日、来月19日午前12時1分上映開始の「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のチケット販売がスタート、全て売り切れたらしい。
ハイウェイを走行中のトラックを武装集団が乗っ取ろうとしているという通報を受けたサンアントニオ警察が現場に急行し11人を逮捕したものの、彼らは(トラックの運転手を含めて)「マッドマックス」シリーズのファンで、「マッドマックス2」("Mad Max 2",1981年)のワンシーンを再現していただけだったらしい。
TVドラマシリーズ"One Tree Hill"(2003年-)で競演するチャド・マイケル・マーレイとソフィア・ブッシュが16日、サンタモニカのホテルで結婚式を挙げたようだ。
シリーズ第2弾"XXX: State of the Union"のプロデューサー、ロブ・コーエン(Rob Cohen)は「女性版XXXも是非観てみたいね」と語ったらしい。
「ワイルド・スピード」("The Fast and Furious",2001年)、「ワイルド・スピードx2」("2 Fast 2 Furious",2003年)に続くシリーズ第3作は、日本が舞台になるらしい。ただし、ポール・ウォーカーもヴィン・ディーゼルも出演しないようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のドイツ版TVスポットが公開されたようだ。
ジャウム・コレット=セラ(Jaume Collet-Serra)監督による「肉の蝋人形」("House of Wax",1953年)のリメイク"House of Wax"からの最新画像が公開されたようだ。
タラ・リードは先週行われたパーティで、米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するジェシー・メトカーフ(Jesse Metcalfe)にアタック、見事ゲットしたらしい。
ジェニファー・ガーナーが33回目の誕生日を迎えた16日、ベン・アフレックと結婚するという噂がたち、ガーナーの家の周りにはパパラッチが大挙して集まったらしい。誕生日に招かれた一人は、記者に「最高の結婚式だったよ」とジョークを飛ばしたとか。
鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」で、東京スカパラダイスオーケストラの新曲「Rudie's Calypso」が挿入曲として使われるらしい。
ジョン・ストックウェル監督、ポール・ウォーカー主演の海洋冒険アクション"Into the Blue"で共演したジェシカ・アルバは「サメの調教師がいたんだけど、彼らの足に大きな傷跡があったの。毎日マリア様に、サメに噛まれませんように、とお祈りしたわ」と語ったらしい。
Coachの主催で今月9日開催されたチャリティ・コンサートPlay For Peaceに出演したマンディ・ムーアは、その翌日都内で21歳の誕生日パーティを開いたらしい。シャノン・エリザベス、マコーレー・カルキンらの他、元恋人のウィルマー・ヴァルデラマも招待されたとか。
アッシャーは、20分の瞑想と30分のスタティック・ストレッチング、90分のマシン・ワークアウト、10分の腹筋運動を行った後、15分のサウナと冷たいシャワーで締めくくる、というトレーニングを最近始めたらしい。
アリシア・キーズは、ワシントンにある中学校を訪問したようだ。「大人たちはいつもあなた方に、何をすべきだとか、こうあるべきだとか言うでしょう。でも、あなたたちに『出来ない』と言う人は、あなたたちを理解していないし、理解することは出来ないわ。だから、彼らが間違っていることを証明するのよ」生徒たちを激励したらしい。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは、フォート・ウォルトンのビーチでアイスクリームを買ったものの、持ち合わせが無いことに気付き、近くにいたパパラッチに10ドルをもらったらしい。代わりに写真を撮らせてあげたとか。 [☆パパラッチも役に立つ?]
Buena Vista Gamesは、シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"に基づくビデオゲームを開発中らしい。
デニス・デューガン監督、ロブ・シュナイダー、デヴィッド・スペイド共演の新作野球コメディ"Bench Warmers"で、「ミーン・ガールズ」("Mean Girls",2004年)のティム・メドウス(Tim Meadows)がキャストに加わったようだ。
長澤雅彦監督、唐沢寿明主演による"世界最短15秒シネマ"「夜のピクニック」第1話が、ナナムジカの公式サイトでも公開されているらしい。
ヒュー・ジャックマンが、ブライアン・シンガー監督最新作"Superman Returns"で、回想シーンでのジョナサン・ケント役を演じるかもしれない、と一部で報じられたらしい。
来月11日から開催される第58回カンヌ映画祭で、鈴木清順監督最新作「オペレッタ狸御殿」がプレミア上映されるらしい。
実在の殺人鬼を題材にしたデヴィッド・フィンチャー監督の新作スリラー"Zodiac"で、ロバート・ダウニーJr.、ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロの共演が決まったようだ。8月から製作に入る模様。
米CBSのドラマシリーズ"The Equalizer"(1985-1989年)が映画化されるらしい。
ボブ・オデンカーク(Bob Odenkirk)監督、ダックス・シェパード(Dax Shepard)主演の新作コメディ"You Are Going to Prison"で、チ・マクブライドの共演が決まったようだ。撮影は今月からシカゴ近郊の刑務所で行われるらしい。
スパイク・リー監督、デンゼル・ワシントン主演の新作"Inside Man"で、ジョディ・フォスターとクライヴ・オーウェンの共演が決まったらしい。撮影開始は夏になる模様。
マイケル・ベイの映画製作会社Platinum Dunesは、「ヒッチャー」("The Hitcher",1986年)のリメイク版製作を正式に発表したようだ。
英タブロイド紙The Suは、"X-Men 3"にヴィニー・ジョーンズが出演、ジャガーノート(Juggernaut)を演じる、と報じたらしい。
26日に米国で発売されるデヴィッド・S・ゴイヤー監督「ブレイド3」("Blade: Trinity",2004年)のエクステンデッド・バージョンDVDでは、11分間の未公開シーンが追加されている他、エンディングが変更されているらしい。
シリーズ第3弾"Cheating Death: Final Destination 3"で、前2作に出演したトニー・トッドは登場しないらしい。
ダリル・ハンナは、Alpine PicturesとBox Office Productionsによる新作"Love is the Drug"への出演契約にサインしたようだ。CM監督のエリオット・レスター(Elliot Lester)の映画デビュー作で、来週からロサンゼルスで撮影に入るらしい。
Columbia Picturesは、ブレイク・エドワーズ監督「追跡」("Experiment in Terror",1962年)のリメイクを企画している模様。ロバート・プッチ(Robert Pucci)が脚本に起用されたようだ。 [☆監督本人がリメイクするというニュースもありましたが・・・]
ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")の「アナザー・エンディング版」が全国5都市の劇場で公開されるらしい。
ジョン・ポルソン監督「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")が初日を迎える23日、日比谷スカラ座の1回目終了後に飯田圭織と稲川淳二が舞台挨拶を行うようだ。
ベン・アフレックの監督デビュー作となる、デニス・ルヘイン(Dennis Lehane)のハードボイルド小説「愛しき者はすべて去りゆく」("Gone, Baby, Gone")の映画化で、すでに助演俳優が決定、現在主演のキャスティング中らしい。
韓国映画「イルマーレ」("Il Mare",2000年)の、アレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督、キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック共演によるリメイクで、Cook County森林保護区での撮影が許可された模様。Warner Bros. Picturesは10万ドルの撮影料に加えて、植林のための費用4万ドルを提供することで合意したようだ。
サンドラ・オーは15日、アレクサンダー・ペイン監督との離婚手続きに入ったようだ。
「欲望という名の電車」("A Streetcar Named Desire",1951年)の他、「片目のジャック」("One-Eyed Jacks",1961年)、「西部開拓史」("How the West Was Won",1962年)などの西部劇でも知られるカール・マルデン(Karl Malden)は16日にオクラホマ・シティのNational Cowboy & Western Heritage Museumで開催されたWestern Heritage Awards授賞式で、西部劇俳優の殿堂入りを果たしたようだ。
  4/20
米Sony Pictures Entertainmentは、米Hewlett-Packard社などと共同で、保有する映画やTV番組などのデジタル化を進める、と発表したようだ。年末までに映画作品500本をデジタル化するらしい。
2003年のカリフォルニア州知事選挙に立候補していたポルノ女優のメアリー・キャリー(Mary Carey)が、風俗営業条例違反などの容疑で逮捕された模様。
来月開催される第58回カンヌ映画祭のコンペ部門に、小林政広監督「バッシング」が出品されるようだ。
文化勲章受章者で、「人間模様」(市川崑監督,1946年)、「怒りの街」(成瀬巳喜男監督,1950年)、「恋文」(田中絹代監督,1953年)、「飢える魂」(川島雄三監督,1956年)などの映画化作品でも知られる、作家の丹羽文雄さんが20日亡くなった(100歳)。ご冥福をお祈りいたします。
福井県の自主映画制作グループ「FREDERIC-HANDS」による映画「福井青春物語」(森川陽一郎監督)が来月1日から3日まで、福井市内で上映されるらしい。福井市出身の津田寛治が主演しているようだ。
キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演「甘い人生」が、来月開催される第58回カンヌ映画祭で招待作品として上映されるらしい。
米下院議会で19日、劇場内での無断ビデオ撮影に対し最大3年の懲役を科することが出来る新しい法案が通過したようだ。
プロデューサーのスコット・ルディン(Scott Rudin)は、Paramount Picturesとの現在の契約を解消、新たにWalt Disneyと5年契約を結ぶようだ。
第4回トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)が19日、「ザ・インタープリター」("The Interpreter")のオープニング上映で開幕、シドニー・ポラック、ニコール・キッドマン、ナオミ・ワッツ、ロバート・デ・ニーロらの他、コフィ・アナン国連事務総長やテッド・ターナーらも出席したようだ。
来月11日に開幕する第58回カンヌ映画祭のコンペ部門に、デヴィッド・クローネンバーグ監督"A History of Violence"、ヴィム・ヴェンダース監督"Don't Come Knockin"、ラース・フォン・トリアー監督"Manderlay"、トミー・リー・ジョーンズ監督デビュー作"The Three Burials of Melquiades Estrada"、ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督"Sin City"、ミヒャエル・ハネケ監督"Hidden"、ジョニー・トー監督"Election"、ホウ・シャオシェン監督"The Best Of Our Times"、アトム・エゴヤン監督"Where the Truth Lies"、アモス・ギタイ監督"Free Zone"など20作品の出品が決まったようだ。
来月23日、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のテーマ曲"Battle of the Heroes"が英国でシングルリリースされるらしい。ヒットチャートTop10入りも期待されているとか。
ロンドンの映画館で来月16日、「スター・ウォーズ」シリーズ全6作品の連続上映が行われるらしい。ジョージ・ルーカス、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミッドらも出席予定とか。
加藤ミリヤの人気コラム「Dear Lonely girl」の映画化作品「ロンリーガール」の配信がExcite Cinemaでスタートしたようだ。
シャロン・ストーン主演"Basic Instinct 2: Risk Addiction"に、オランダの自動車メーカーSpykerC8 Lavioletteが登場するらしい。Spyker社は4台を映画に提供するようだ。
来月18日放送される米WBの人気TVシリーズ"Smallville"(2001年-)今シーズン最終回90分スペシャル版で、「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の8分間の特別映像が世界初公開されるらしい。
ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督の新作"V For Vendetta"のセットの写真が公開されたようだ。
新作映画"The Dukes of Hazzard"に出演するジェシカ・シンプソンは「自分自身の人格から大きくかけ離れないことが私にとって大切だった。もうみんなは私がどんな人なのか知っているから」と語ったらしい。
リース・ウィザースプーンは先週、ロサンゼルスでパパラッチの車に追跡され、警察を呼んだらしい。訴訟も検討しているようだ。
株式会社マーキュリーシステムは19日、DVDなどに接続するだけで通常の映像をリアルタイムに3D映像へと変換できる「3D MAVE」を開発、業務用として1台30万円で販売すると発表したようだ。 [☆30万円なら個人でも欲しい!と言う人も多いのでは?]
ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")の冒頭9分間の映像が、Yahoo!動画で配信されているらしい。
ポルノグラフィティのニューアルバム「THUMP」のCMに、神木隆之介が出演しているらしい。20日から放送されるようだ。
米脚本家組合西部支部(Writers Guild of America West)の会長を務めるダニエル・ピートリーJr.(Daniel Petrie Jr.)は、新作超自然スリラー映画"Wilson"を監督するらしい。
Warner Bros.は、Demolition Derbyを題材にしたジェシー・モス(Jesse Moss)監督のドキュメンタリー作品"Speedo: A Demolition Derby Love Story"(2003年)に基づく映画"Speedo"の製作を決定したようだ。
New Line Cinemaは新作コメディ"Bridge and Tunnel"の監督に、「ブロークン・ハーツ・クラブ」("The Broken Hearts Club: A Romantic Comedy",2000年)のグレッグ・バーランティ(Greg Berlanti)を起用したようだ。
ルーベン・ボリン(Ruben Bolling)のコミック"Tom the Dancing Bug"に登場するキャラクタHarvey Richards, Lawyer for Childrenの映画化権をNew Line Cinemaが獲得したようだ。
スペインの画家フランシスコ・ゴヤ(Francisco Goya, 1746-1828)を描く、ミロス・フォアマン監督の新作"Goya's Ghosts"で、ハヴィエル・バルデムとナタリー・ポートマンが出演交渉中らしい。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ美共演が決まったようだ。
「ハイ・フィデリティ」("High Fidelity",2000年)などで脚本も手掛けている俳優のスティーヴ・ピンク(Steve Pink)は、Universal Picturesの新作コメディ"Accepted"で映画監督デビューするらしい。
「サイドウォーク・オブ・ニューヨーク」("Sidewalks of New York",2001年)のエドワード・バーンズは、インディ作品"The Groomsmen"で監督・脚本・主演を務めるようだ。ブリタニー・マーフィ、ジョン・レグイザモ、ジェイ・モーア、ジェシカ・キャプショウ(Jessica Capshaw)、マシュー・リラード、ヘザー・バーンズ、ジョン・マホーニー、ドナル・ローグらが共演、19日からニューヨークで撮影が始まるらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のチャリティ上映が来月12日、全米10都市の映画館で行われるようだ。
「愉快なシーバー家」("Growing Pains",1985-92年)で知られる俳優のアラン・シック(Alan Thicke)が、恋人のターニャ・カラウ(Tanya Callau)と来月7日にメキシコで結婚式を挙げるようだ。
  4/21
韓国国会で20日、「韓流ブーム」に関する公聴会が開かれ、日本からはオリコンの小池恒社長が出席したようだ。
次世代DVD規格として、Blu-ray Discを推進するソニーと、HD DVD方式を提案する東芝が、規格統一に向けて交渉に入った模様。すでに、ハリウッドの映画会社にも統一規格の採用を打診しているらしい。
MOVIX京都のオープニングセレモニーが20日開催され、宮沢りえと市川染五郎がテープカットを行ったようだ。
羽住英一郎監督「逆境ナイン」の完成披露試写会が20日都内で行われ、玉山鉄二、堀北真希、藤岡弘、田中直樹らが出席したようだ。
Toshiba Web Streetで27日から配信される映画「真昼の花」の会見が20日都内で行われ、黒田アーサー、伊藤裕子らが出席したようだ。
ブレック・アイズナー監督「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara")プロモーションのため来日中のペネロペ・クルスとマシュー・マコノヒーの記者会見が20日、都内で行われたようだ。
米Playboy Enterprisesは、PSP向けコンテンツの提供をスタートさせるらしい。
マイケル・ムーア監督は20日、カリフォルニア州立大学サンマルコス校の学生のための"言論の自由"奨学金を設立した、と発表したようだ。「論の自由のため立ち上がった」2人の学生を対象に、年間2500ドルを支給するらしい。
カンザスシティの書店で20日行われたジェーン・フォンダの自伝"My Life So Far"の出版記念サイン会で、ヴェトナム帰還兵の男性(54歳)がフォンダの顔に唾を吐き、逮捕されたらしい。
フランスの作家Franck Le Calvezが、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",2003年)の主人公のキャラクタが、1995年に発表した児童書"Pierrot Le Poisson Clown"のキャラクタの盗用であるとして起こしていた訴訟で、パリの裁判所は20日、作家側の訴えを棄却した上で、Disneyへの3万8000ユーロ支払いと、裁判費用2万5000ユーロの支払いを命じたようだ。
1961年に世界ウェルター級チャンピオンとなったボクサー、エミール・グリフィス(Emile Griffith)の半生を追うドキュメンタリー"Ring of Fire: The Emile Griffith Story"が、米USA Networkで20日放送されるようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")のロンドンプレミアが20日Leicester Squareで開催され、ジョン・マルコヴィッチ、ビル・ナイらが出席したようだ。
シドニー・ポラック監督「ザ・インタープリター」("The Interpreter")について、国連の広報担当者は「国連にあまり関心を持っていなかった多くの人々が、映画館で国連について知ることになるでしょう。『ザ・インタープリター』の基本的なストーリーは、この組織の価値を示す見本になると考えています」と語ったらしい。
米CinemaNowはトランスコスモスと共同でCinemaNow Japanを設立、20日からオンデマンド映像配信サービスをスタートしたようだ。
シリーズ第4弾「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の特報が、来月13日に初日を迎える"Monster-in-Law"の公開劇場で上映されるらしい。
ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督、ナタリー・ポートマン主演の新作"V For Vendetta"に、スティーヴン・フライも出演しているようだ。
リチャード・ケリー監督、サラ・ミシェル・ゲラー、ショーン・ウィリアム・スコット共演の新作SFスリラー"Southland Tales"で、ザ・ロックの出演が決まったようだ。8月1日から撮影が始まるらしい。
チャールズ・ウィンクラー(Charles Winkler)監督による、「ザ・インターネット」("The Net",1995年)の続編"The Net 2.0"で、ニッキー・デローチ(Nikki DeLoach)、キーガン・コナー・トレイシー、ニール・ホプキンス(Neil Hopkins)の共演が決まったようだ。サンドラ・ブロックは出演しないらしい。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")に登場する慢性鬱病のアンドロイドMarvinの声(=アラン・リックマン)が公開されたようだ。
22日から全米公開される新作"A Lot Like Love"に主演するアシュトン・カッチャーは「全米No.1ヒットになったら、Calvin Kleinの下着のイメージキャラクタを務めることになっている。プロデューサーと賭けをしたんだ」と語ったらしい。
ケイティ・ホームズは「名声にはルールがあるということは分かっているの。公の目にさらされている以上、責任ある人物でなくてはならないわ。私は、記者や人目にさらされ過ぎたと感じたら、家に帰ることにしているの。私には家族がいるし、みんな同じ街に住んでいる。親友もみなそこにいるわ」と語ったようだ。
AIIは、ペ・ヨンジュン、ユンソナ共演の韓国ドラマ「愛の挨拶」(1995年)の5話までの無料配信をスタートしたようだ。
30日から劇場公開される映画「緑玉紳士」が、Yahoo!プレミアム会員、Yahoo! BB会員向けに無料配信されるらしい。
Buena Vista Gamesは、米ゲーム会社Avalanche Softwareを買収、カナダに新たなゲーム制作会社を設立した模様。
米ABCの人気シリーズ"Lost"(2004年-)に出演中のテリー・オクィン(Terry O'Quinn)は、「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)でFBI副局長役として再びゲスト出演するようだ。
リンゼイ・ローハンは、絶対に染めないと言っていた赤毛をプラチナ・ブロンドに染めたらしい。ローハンの広報担当者は「映画の役ために一時的に染めただけです。ウィグをつけるより簡単だからです」と説明したようだ。
英国を中心に展開している"Make Poverty History"(貧困を過去のものに)キャンペーンに参加するブラッド・ピットは、リチャード・カーティス監督と共に今週末アフリカに向かうようだ。旅の模様はTVで放映される予定とか。
イ・ヨンエ、イ・ジョンジェが共演した映画「ラスト・プレゼント」("The Gift",2001年)が、堂本剛、菅野美穂の共演によるTVドラマとしてテレビ朝日でリメイクされるらしい。
ウルトラシリーズ最新作「ウルトラマンマックス」が7月2日からTBSでスタートするようだ。金子修介監督と三池崇史監督が演出を担当、バルタン星人、ゼットンなどの人気怪獣が復活するらしい。青山草太、長谷部瞳が共演するほか「ウルトラマン」(1966年)の黒部進(ハヤタ隊員)と桜井浩子(フジ隊員)がも出演するとか。
スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット共演の新作ロマンチック・スリラー"The Good German"で、トビー・マグワイアの出演が決まったらしい。
フランク・コラチ監督、アダム・サンドラー主演の新作"Click"で、ケイト・ベッキンセイルとデヴィッド・ハッセルホフが出演交渉中らしい。
Paramount PicturesとScott Rudin Productionsによる新作ロマンチック・コメディ"Personal Shopping"で、マンディ・ムーアの主演が決まったようだ。ティム・サリヴァン(Tim Sullivan)が脚本・監督を担当するらしい。
アリ・Gことサシャ・バロン・コーエン(Sasha Baron Cohen)主演による新作コメディ"Borat"で、20th Century Foxは、降板したトッド・フィリップスに代わる監督として、ラリー・チャールズ(Larry Charles)と交渉中らしい。
Revolution Studiosは、新作ダークコメディ"Slammer"で、サラ・ジェシカ・パーカーを主演、アダム・シャンクマンを監督に起用したようだ。
ジャレッド・ヘス(Jared Hess)監督・脚本、マイク・ホワイト共同脚本による、Nickelodeon Moviesのタイトル未定の新作で、ジャック・ブラックが、閉鎖の危機にある孤児院を救うため覆面レスラーとして戦うメキシコ人神父を演じるらしい。
ニコラス・ケイジは、キャサリン・ライアン・ハイド(Catherine Ryan Hyde)の小説に基づくマーク・ペリントン監督の新作"Electric God"に主演するようだ。
「ブレイド3」("Blade: Trinity")に主演したウェズリー・スナイプスは、脚本・監督のデヴィッド・S・ゴイヤーと製作総指揮のトビー・エメリッヒ(Toby Emmerich)に対し、500万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたらしい。自分が監督を務めるつもりだったのにD・ゴイヤーが監督を務めることを直前まで知らされなかった、脚本の「お子様レベルのユーモア」に対し意見を言う機会を与えられなかった、主人公のブレイドからライアン・レイノルズとジェシカ・ビールが演じたサブ・キャラクタに中心が移った・・・のは契約違反だと主張しているようだ。
デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーがラスヴェガスで結婚式を挙げる、と一部で報じられた模様。
米HBOの「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2006年)でギャングを演じるマイケル・インペリオリが、NBCの"Law & Order"(1990年-)で刑事役を務めるらしい。「2人の間にたくさんの共通点を見つけたよ。彼らは、地理的にも、経済的にも、文化的にも似たような境遇で育ったんだ」と語ったようだ。
日立製作所は、同社のデジタル家電製品と、スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("The War of the Worlds")とのタイアップキャンペーンを来月1日からスタートする、と発表したようだ。
ラース・フォン・トリアー監督最新作"Manderlay"の予告編が公開されたらしい。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」("Howl's Moving Castle")の米国版予告編が公開された模様。
ジョージ・A・ロメロ監督最新作"Land of the Dead"の20分間の特別映像が、来月開催されるカンヌ映画祭で公開されるらしい。
  4/22
7月公開の映画「それいけ! アンパンマン ハピーの大冒険」で、ともさかりえが声優と主題歌を担当するらしい。また、同時上映の「くろゆき姫とモテモテばいきんまん」では、愛華みれが声優デビューするらしい。
米Warner Bros.は、「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind",1939年)の4枚組DVDを中国で発売したようだ。価格は99元(約12ドル)で、米国の10分の1とか。
「KARAOKE -人生紙一重-」の試写会が21日大阪市内で行われ、押尾学、吉岡美穂らが舞台挨拶に立ったようだ。福原愛が再び花束贈呈に登場したらしい。
キム・ギドク監督「春夏秋冬そして春」("Spring, Summer, Fall, Winter... and Spring",2003年)の日本語吹き替え版収録が21日都内で行われ、菅原文太らが参加したようだ。「日本の映画界は情けない。今の日本にはハングリー精神がなくなってしまった。そんな土壌では、こういった映画は生まれてこない」とコメントしたらしい。
韓国のシンガー・ソングライター、シン・スンフンが、「猟奇的な彼女」("My Sassy Girl",2001年)の主題歌"I Believe"の日本語詞版シングルを7月に日本で発売するらしい。
日本画家の田中一村(1908-1977)を描いた、五十嵐匠監督の新作「アダン」の完成披露試写会が21日、鹿児島県名瀬市で行われ、主演の榎木孝明らが出席したようだ。奄美大島で6月4日から先行上映されるらしい。
第24回藤本賞に、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)のプロデューサー、市川南と春名慶が選ばれたようだ。
内田けんじ監督「運命じゃない人」が、来月11日から開催されるカンヌ映画祭の批評家週間部門に出品されるようだ。
米Time Warnerと米CATV最大手のComcastは21日、2002年に経営破綻したCATV局のAdelphia Communicationsを176億ドルで買収すると発表したようだ。
「TATTOO<刺青>あり」(高橋伴明監督,1982年)、「ア・ホーマンス」(松田優作監督,1986年)、「きんぴら」(一倉治雄監督,1990年)、「故郷」(向井寛監督,1999年)などの映画でも活躍した、タレントのポール牧さんが22日亡くなった(63歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国の2005年第1四半期の国産映画占有率は、前年同期比28.1%減の45.5%だったようだ。
イ・ゲベク監督の新作ロマンチック・コメディ「野獣と美女」で、シン・ミナとリュ・スンボムが共演するようだ。来月クランクインするらしい。
キム・スンウは、新作「我が人生のスペシャル」で1年半ぶりにTVドラマに復帰するらしい。来月からロケが始まる模様。
USENは31日、日活の子会社化に向けた協議を始めることでナムコと合意したと発表したようだ。
黒木和雄監督「父と暮せば」が21日、マサチューセッツ工科大学で上映されたらしい。
ジョス・ストーン(Joss Stone)が歌うGAPのCMソングが、28日から無料配信されるらしい。
「パーフェクト・ストーム」("The Perfect Storm",2000年)のモデルとなった人物の遺族が、映画での描写が正確でないとしてWarner Bros. Entertainmentを訴えていた問題で、フロリダ州地方裁判所は21日、映画上の脚色は違法ではないとの判断を示したようだ。
ハル・ベリー主演の新作サイコスリラー"Perfect Stranger"で、ジェイムズ・フォーリーが監督に決まったようだ。
脚本家ザック・ヘルム(Zach Helm)の監督デビュー作となるインディ作品"Mr. Magorium's Wonder Emporium"で、ナタリー・ポートマンが出演交渉中らしい。
バリー・ソネンフェルド監督、ロビン・ウィリアムス主演の新作コメディ"RV"で、ジェフ・ダニエルズの共演が決まったようだ。
全米週末公開作品では、2758館で公開されるシドニー・ポラック監督「ザ・インタープリター」("The Interpreter")が2000万ドル台の週末興収を記録する、と予想されているようだ。
ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"(2004年)のDVDが米国で発売され、初日だけで300万枚の売上を記録したらしい。
米A&E Networkは20日、9.11テロでハイジャックされたユナイテッド航空93便を描くTV映画を製作すると発表したようだ。
「甘い人生」に主演したイ・ビョンホンのインタビュー映像が、ブロードバンド映像配信サービス「4th MEDIA」で22日から無料配信されるようだ。
20日放送された米NBCの新シリーズ"Revelations"第2回の平均視聴者数は、先週比13%減となったものの、1150万人に達したようだ。
クエンティン・タランティーノが監督を務める「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)第5シーズン最終回では、メイン・キャラクタのニック・ストークス(Nick Stokes)が、CSIに恨みを持つ何者かに誘拐されるらしい。
ブライアン・シンガーに代わって"X-Men 3"の監督を務めるマシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)は「シンガーがやらないと聞いて、エージェントに相談してみたんだ。魅力的でもあるけど、恐くもあるよ。完成までに与えられた時間は短いからね。でも、多くを学べるだろうと思ってやってみることにしたんだ」と語ったようだ。
サーチエンジンを開発する米blinkxはDisneyと提携、「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")のプロモーションを支援するようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")に出演するサミュエル・L・ジャクソンは「スター・ウォーズのファンがどんな作品を望んでいるのかは分からない。彼らは種族が違うんだよ。みんなそれぞれお気に入りの作品や、キャラクタや、シーンがあるんだ。履歴書の宗教欄に"ジェダイ"と書く人もいるくらいだからね」と語ったようだ。
ダニエル・クレイグは、次期ジェイムズ・ボンドの噂をあらためて否定した模様。
シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"に出演するビル・ナイは「僕はすごく、すごく、すごく、すごく悪い男の役で、誰も見たことのない新しいやり方で人々を苦しめるんだ」と語ったらしい。
ジェニファー・ロペスは、連続殺人事件を描くグレゴリー・ナヴァ監督の新作スリラー"Bordertown"への出演が決まったようだ。まもなく撮影に入る模様。
ジェリー・サインフェルドが監督・脚本・主演を務める米DreamWorksの新作CGアニメ"Bee Movie"で、レネー・ゼルウィガーが声優として参加するようだ。
ベン・アフレックは、ジェニファー・ガーナーの誕生日にHarry Winstonの4.5カラットのダイヤの婚約?指輪をプレゼントしたらしい。50万ドル相当とか。
アシュトン・カッチャーは「学生の頃はガールフレンドはほとんどいなかった。自分ではナイス・ガイだと思っていたし、第1印象も結構良かったと思うけど、高校に侵入して警察に捕まったりしていたからね。しばらくデートすると嫌われてしまうんだ」と語ったらしい。
不仲を理由に人気リアリティ番組"The Simple Life"(2003年-)からの降板が噂されているニコール・リッチーについて、パリス・ヒルトンは「ニコールと私がもう友達じゃないということは、秘密でもなんでもないわ。ニコールは自分のしたことが分かっているはず、とだけ言っておくわ」と語ったらしい。
「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督、イ・ヨンエ、チュ・サンミ、キム・ミンら共演による韓国ドラマ「招待」(1999年)の配信がgooでスタートしたようだ。
Platinum Studiosは、Hexagon Comicsの保有する500のコミック・キャラクタとタイトル全てのTV・映画化権を獲得したと発表したようだ。
米A&E Networkは、ジョージ・ルーカスとスティーヴン・スピルバーグとの関係を追う2時間ドキュメンタリー番組の制作を決定したようだ。
シドニー・ポラック監督「ザ・インタープリター」("The Interpreter")に主演したニコール・キッドマンは「この映画で一番大変だったのは、架空の言語を覚えなければならなかったことね。Matoboという架空の国の言葉を話さなければならなかったから、大変だったわ。でも、もう何も覚えてないの。試験勉強みたいに耳から耳に抜けちゃったみたい」と語ったようだ。
清水崇監督の新作ホラー「輪廻」で、優香、香里奈、椎名桔平らが共演するらしい。
ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")の試写会が21日、都内の国立博物館で行われ、飯田圭織らが出席したようだ。
渡辺謙、由美子夫妻の離婚が、今月8日に成立していたらしい。
Disneyの新作コメディ"Field Trip"で、ケヴィン・ジェイムズ(Kevin James)の主演が決まったらしい。社会科見学を引率することになった臨時教師を演じるようだ。
20th Century Foxは、「ホワイトウイザード」("Ofelas",1987年)のマーカス・ニスペル監督によるリメイク"Pathfinder"の配給権獲得に向けてPhoenix Picturesと交渉に入ったようだ。
ジェイソン・ホフス(Jason Hoffs)のプロデュースによるDreamWorksの新作キッズ・アクション"Brats"で、デヴィッド・エリオット(David Elliot)とポール・ラヴェット(Paul Lovett)が脚本に起用されたようだ。
Universal PicturesとPlaytoneのトム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン(Gary Goetzman)は、ペギー・パリッシュ(Peggy Parish)の児童書"Amelia Bedelia"シリーズを実写映画化するようだ。
新作"Ghost Rider"からの公式画像が公開されたようだ。主演のニコラス・ケイジは腕に"Ghost Rider"のタトゥを入れるほどの原作コミックの大ファンで「皮肉なことに、Ghost Riderを演じるためにGhost Riderのタトゥを隠さなければならなかった」とか。
新しいスーパーマンのコスチュームが公開されたようだ。
  4/23
東京商工会議所が行った新入社員の意識調査によると、「理想の社長」の第1位にライブドアの堀江貴文が選ばれたほか、北野武監督が3位に入ったらしい。
ハンセン病問題をテーマにした作品で知られる中山節夫監督は、元患者が殺人容疑で逮捕され、冤罪の訴えを退けて1962年に死刑が執行された「藤本事件」を題材にしたドキュメンタリー映画の製作を計画しているようだ。
鈴木浩介監督「オッパイ星人」の"未"完成披露試写会が22日都内で行われ、森下千里らが出席したようだ。短編全16話の内、最後の1話がまだ完成していないらしい。
石井隆監督「花と蛇2 パリ/静子」のPR会見が22日大阪市内で行われ、杉本彩らが出席したようだ。
中国での半日デモについて、アーロン・クォックは「中国人の不満な気持ちは理解できる」、ジェイシー・チェンは「小さい頃、僕は日本人が嫌いだった」、アンジェリカ・リーは「中国でのキャンペーンでは日本製の服は着ないようにしている」とコメントしたらしい。一方、金城武は20日上海で行われた新作映画発表会の出席を見合わせたようだ。
第12回日本ホラー小説大賞が22日発表され、恒川光太郎「夜市」が大賞、大山尚利「チューイングボーン」が長編賞、あせごのまん「余は如何にして服部ヒロシとなりしか」が短編賞に選ばれたようだ。
栗林公園などで行われていた、行定勲監督、妻夫木聡、竹内結子共演の新作「春の雪」の香川ロケが22日終了したようだ。
サンドラ・ブロック、ジェニファー・アニストンらは「ゾーンダイエット」、シャーリーズ・セロン、アンジェリーナ・ジョリー、ユマ・サーマンらは宅配サービス「NutriFit」、ケイト・ウィンスレット、ドリュー・バリモア、グウェン・ステファニー、オプラ・ウィンフリーらは「食べる量を減らしてたくさん運動」で、ダイエットに成功したらしい。
プロデューサーのブライアン・グレイザー(Brian Grazer)は、Universal Picturesによるタイトル未定の新作コメディの主演に、米FOXのコメディシリーズ"Arrested Development"(2003年-)に出演するウィル・アーネット(Will Arnett)を起用したようだ。「ウェルカム・トゥ・コリンウッド」("Welcome To Collinwood",2002年)のジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ兄弟が監督を務めるらしい。
ユニセフ親善大使を務めるジャッキー・チェンは21日、地雷廃絶キャンペーンのためカンボジアを訪れたようだ。地雷廃絶を訴える映画の撮影を検討しているらしい。
櫻井眞樹監督、伊崎充則主演「メタセコイヤの木の下で」が、 22日開幕した第38回WorldFest-Houston International Film Festivalで恋愛部門銀賞を受賞したらしい。
インディアナポリスで開催されているStar Wars Celebration IIIで21日、プロデューサーのリック・マッカラム(Rick McCallum)は「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が20日完成したと発表したようだ。
ジェニファー・ロペスは、パパラッチへの対処法をまとめた自己啓発本の出版を予定しているとか。「誰もそういう本を書いてくれないから、自分で書くわ」と語ったらしい。
マコーレー・カルキンは、マイケル・ジャクソンの裁判で証言することに合意した模様。
デヴィッド・リーランド脚本・監督の新作"The Decameron"撮影のためローマを訪れていたミーシャ・バートンは「幸運にもヨハネ・パウロ二世の葬儀という歴史的な出来事に立ち会うことが出来たの。400万人の人がローマに集まったとみんな言っていたけど、葬儀の夜は通りに誰もいなかったわ。店も閉まっていて、雰囲気が違っていた」と語ったらしい。
marie claire誌主催の「ホワイト・キャンペーン」展が22日青山スパイラルガーデンで開幕、大林宣彦、トッド・ソロンズ、小栗旬、小雪、広末涼子らのサイン入りTシャツなどが展示されたようだ。
2003年10月に飲酒運転で逮捕されたエイダン・クインの裁判が21日、メイン州のケネベック高等裁判所で行われ、罰金500ドルと90日間の免許停止が命じられたようだ。本人は、来月放送の米HBOのTV映画"Empire Falls"撮影のため欠席したらしい。
トム・ウェイツは、Opelが北欧でのTVCMに自分の曲を使用していることについて「コマーシャルに私の曲が使われるのは不自然。牛の乳房を私の顔に縫い合わせるようなもの。苦痛であり屈辱的だ」と語ったらしい。
  4/24
イ・ビョンホン主演「甘い人生」が23日初日を迎え、新宿武蔵館では上映開始2時間前に300人が列を作ったらしい。
青山真治監督、浅野忠信、宮崎あおい共演の新作「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」が、来月開催される第58回カンヌ映画祭の「ある視点部門」に出品されることが決まったようだ。
小栗康平監督の新作「埋もれ木」が、来月開催される第58回カンヌ映画祭の「監督週間」に出品されることが決まったようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演の新作「四月の雪」の撮影が23日ソウル市内の劇場で行われ、日本からの2600人を含む4000人のファンが集まったらしい。
三原光尋監督「村の写真集」が23日初日を迎え、藤竜也、海東健、原田知世らが出席したようだ。
「交渉人 真下正義チャンネル」がスカイパーフェクTV!で23日にスタート、都内で行われた公開生中継にユースケ・サンタマリアが出演したようだ。
日活の労働組合は23日、USENへの株式譲渡に反対する声明を発表したようだ。
「チップス先生さようなら」("Goodbye, Mr. Chips",1939年)、「大いなる遺産」("Great Expectations",1946年)、「ライアンの娘」("Ryan's Daughter",1970年)、「ガンジー」("Gandhi",1982年)、「ビーン」("Bean",1997年)など100本以上の作品で活躍した、英俳優のサー・ジョン・ミルズさんが23日亡くなった(97歳)。ご冥福をお祈りいたします。
TVシリーズ"Land of the Lost"(1974-1977年)が、ウィル・フェレルの主演で映画化されるようだ。
宗田理の「十七歳のチャレンジ〜ええじゃないか もう一度」に基づく菅原浩志監督の新作の第1回オーディションが23日、豊橋市で行われ、285人が参加したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の上映時間は2時間11分になるらしい(そのうちエンドクレジットが54分になる、とプロデューサーのリック・マッカラムはジョークを飛ばしたとか)。
来月放送される米ABCの人気SFドラマシリーズ"Lost"(2004年-)の今シーズン最終回に、ミシェル・ロドリゲスが登場するらしい。
ジョージ・ルーカスは、「スター・ウォーズ」のTVシリーズ2作品に取り組んでいるらしい。一方はCGアニメ、もう一方は実写で映像化され、脚本を全て完成させた後、来年から製作に入る予定のようだ。
リンゼイ・ローハンのロサンゼルスの自宅に強盗が侵入、TVやDVDなど1万ドル相当の電化製品を盗まれたらしい。本人は、ニューヨーク・ツアー中だったため無事だったようだ。
パク・ヒョンスクの著書「ジョンア姉さんの冬のソナタ」の出版記念トークショーが23都内で行われたようだ。
平原綾香のライヴが23日都内で行われ、佐々部清監督「四日間の奇蹟」の主題歌「Eternally」などを歌ったらしい。
土屋アンナの監修によるジーンズ「ViENUS JEAN by ANNA」の発売記念イベントが23日ラフォーレ原宿で行われたようだ。「下妻物語」(中島哲也監督,2004年)で着用した衣装なども展示されたらしい。
ジョン・ポルソン監督「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")のヒットを祈願するため、飯田圭織と稲川淳二が23日、銀座稲荷神社を訪れたようだ。
人気ゲーム「サイレントヒル」("Silent Hill")のクリストフ・ガンズ監督による映画化で、ラダ・ミッチェルの主演が決まったようだ。撮影は25日からトロントでスタートする模様。
  4/25
国連児童基金とと国連合同エイズ計画の親善大使を務めるジャッキー・チェンがベトナムを訪問、25日ハノイで記者会見を行ったようだ。
山田宗樹の小説「嫌われ松子の一生」が、中島哲也監督、中谷美紀主演で映画化されるらしい。来春公開予定とか。
玄真行監督、カン・サネ主演による日韓共同製作のドキュメンタリー映画「シャウト・オブ・アジア」が23日から都内で公開されているようだ。
林雅行監督によるドキュメンタリー映画「我が子の碑〜人形たちと生きた六十年〜」の上映会が26日から都内で行われるようだ。
最新作「理由」の上映が始まった深谷市の映画館「深谷シネマ」で24日、大林宣彦監督によるトークショーが行われたようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演の新作「四月の雪」(「外出」)のメイキング映像が公開されたようだ。
チュ・チャンミン監督の新作「愛を逃す」で、ソル・ギョングとソン・ユナの共演が決まったようだ。6月から撮影に入る模様。
韓国映画週刊誌「FILM2.0」が、ダイヤモンド出版社と2年間のライセンス契約を結んだ模様。
「アイ・ラヴ・ピース」(2003年)の大澤豊監督を囲む懇親会が24日、浜松市内で行われたようだ。
中国、韓国、日本合作による歴史アクション超大作「墨子攻略」で、アンディ・ラウの主演が決まった模様。ジェイコブ・チャン、ホアン・チエンシンが監督を務めるらしい。
韓国では歴史ドラマが人気を集めているらしい。9世紀の東アジアでの海上貿易で活躍したジャン・ボゴを描く「海神」が視聴率32%、16世紀に豊臣秀吉の水軍を撃破した李舜臣を描く「不滅の李舜臣」が視聴率27%を記録したようだ。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)の第8シーズン制作に向けて、NBCとプロデューサー、キャストとの契約が更改されたようだ。メインキャストの出演料は1300万ドルから1500万ドルになるらしい。
Touchstone Picturesは、ダックス・シェルビー(Dax Shelby)とロバート・スティーヴンス(Robert Stevens)による脚本原案"Off the Chain"を獲得したようだ。刑務所に入れられた二人の女性がシステムの不調で入れ替わってしまい・・・というコメディらしい。
トム・ペロッタ(Tom Perrotta)原作・脚本、トッド・フィールド監督、ケイト・ウィンスレット主演の新作"Little Children"で、ジェニファー・コネリーが出演交渉中らしい。
全米週末興収は、シドニー・ポラック監督、ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演「ザ・インタープリター」("The Interpreter")が2280万ドル(2,758館)で初登場1位を獲得、ナイジェル・コール監督、アマンダ・ピート、アシュトン・カッチャー共演"A Lot Like Love"は774万ドル(2,502館)で4位、ジェフ・バード(Jeff Byrd)監督、アンソニー・アンダーソン主演"King's Ransom"が227万ドル(1,508館)で10位のスタートとなったようだ。
CATV向けブロードバンド・インターネットサービス「@NetHome」で、「韓流スターマガジン」の配信が28日からスタートするようだ。
まもなく米国公開がスタートする「空き家」("3-Iron")について、キム・ギドク監督は「この作品は2つのアイデアに基づいています。一つは、ある日私が自宅に入ろうとした時、ドアに広告が挟まっているのを見つけたのですが、他の家のドアにも広告が挟まっていて、家に誰かいるかどうかがその広告の有無で分かる、という事に気付いたのです。もう一つは、かねてから興味を惹かれていた3番アイアンというゴルフクラブです。最も出番が少なく、最も扱いづらいクラブですが、正しく使えば、物凄いパワーを発揮するからです」と語ったようだ。
現在自らの半生を描く映画を企画中の50セント(50 Cent)は、アシュトン・カッチャー主演の「バタフライ・エフェクト」("The Butterfly Effect",2004年)がお気に入りらしい。「フラッシュバックや、撮影のやり方が好きなんだ。それに、最後の最後まで真相が分からないというところもね」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンは、米大手芸能プロEndeavorとの契約にサインしたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("The War of the Worlds")の60秒の最新予告編が、5月19日から全米の「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")公開劇場で、2分間の最終予告編が6月15日から「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")公開劇場で上映されるらしい。
L'Arc〜en〜Cielが主題歌を担当する「劇場版 鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜」の特報映像が公式サイトで公開されたようだ。
25日放送のフジテレビ「SMAP×SMAP」に、クォン・サンウがゲスト出演するらしい。
ネット上で開催されている国際短編映画祭「CON-CANムービー・フェスティバル」の一般視聴者審査が25日始まったようだ。
Sony Pictures Animationは、ロン・ミタ(Ron Mita)とジム・マクレイン(Jim McClain)によるタイトル未定の脚本を獲得したようだ。実話に基づく、動物たちを主人公にした作品になるらしい。
ウェス・クレイヴン製作総指揮、ジュリエット・スノウデン(Juliet Snowden)、スタイルズ・ホワイト(Stiles White)脚本によるインディ・ホラー作品"The Waiting"で、Gold Circle Filmsが製作に加わったようだ。
Rogue Picturesは、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)のエドゥアルド・サンチェス監督による新作ホラー"Altered"の世界配給権を獲得したようだ。撮影は来月からフロリダで始まるらしい。
6月28日からロンドンで撮影が始まるウディ・アレンの次回作(タイトル非公開)で、スカーレット・ヨハンソンの出演が決まったようだ。
ジェリー・ブラッカイマー製作、トニー・スコット監督による新作ロマンチック・スリラー"Deja Vu"で、デンゼル・ワシントンが出演に向けて最終交渉に入ったようだ。
Dark Castle Entertainmentによる最新ホラー映画"The Reaping"で脚本を手がけるケアリー・ヘイズ(Carey Hayes)、チャド・ヘイズ(Chad Hayes)兄弟は「撮影は7月に始まる。ヒラリー・スワンクが主演と聞いてすごく興奮しているよ。ある出来事をきっかけに信仰を失ってしまったある女性の物語で、彼女は、神が存在しないことをと証明するために奇蹟の正体を暴こうとする女性を演じることになる」と語ったようだ。
「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化について、プロデューサーのジョエル・シルヴァーは「ジョス・ウェドン(Joss Whedon)と契約を結んだ。彼は今脚本を執筆中で、新作"Serenity"が完成すれば、その脚本に注力することになるだろう。彼には素晴らしいアイデアがあるし、素晴らしい作品になるはずだ」と語ったようだ。
USENによる無料ブロードバンド放送「GyaO」が25日、正式スタートしたようだ。
"Survivor"(2000年-)などの人気リアリティ番組を手がけるマーク・バーネット(Mark Burnett)は、CBSの長寿ドラマ"Touched by an Angel"(1994-2003年)に着想を得た新企画"Giving Hope"に着手する模様。同ドラマに主演したローマ・ダウニー(Roma Downey)とデラ・リーズ(Della Reese)の出演も予定しているらしい。
ミシェル・ウィリアムズが今秋出産予定らしい。父親のヒース・レジャーとの結婚の予定は無い、と言っているらしい。
「恋愛適齢期」("Something's Gotta Give",2003年)で共演したキアヌ・リーヴスとダイアン・キートンの交際が噂されているらしい。
「スター・ウォーズ」シリーズ最新作!?"Star Wars: Revelations"がネット上で公開中らしい。
  4/26
柳町光男監督、柏原収史、吉川ひなの共演「カミュなんて知らない」が、第58回カンヌ映画祭の監督週間に出品されるようだ。
窪塚洋介は、深作健太監督の新作「同じ月を見ている」で本格復帰するらしい。11月公開予定とか。
写真集「像 THE IMAGE VOL.ONE」の撮影時にペ・ヨンジュンが着用した衣装など65点が、来月6日からネットオークションに出品されるらしい。
東宝は26日、2005年2月期連結決算を発表、売上高は3.7%増の2021億円、経常利益は14.8%増の258億円で、共に過去最高を記録したようだ。「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督)などのヒットが貢献した模様。
恐喝未遂罪で起訴されている萩原健一の初公判が26日東京地裁で行われ、萩原被告は「脅したのは事実だが、金を取るつもりはなかった」と無罪を主張したようだ。
ヨン・ジョンフンとハン・ガインの結婚式が26日、ソウル市内で行われるようだ。5000人収容可能な野外式場を会場に、ガーデンパーティ形式で行われるとか。
ヨン・ジョンフン、パク・チニが共演する新作「恋愛術師」のポスター撮影が行われたようだ。
ヤン・ユノ監督次回作「ホリデー」で、イ・ソンジェが実在の脱獄囚を演じるらしい。6月から撮影に入る模様。
人気アニメ「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)第350話が、来月1日に放送されるようだ。「ダラス」("Dallas",1978-1991年)の357話もまもなく突破、米TVシリーズとしては"The Adventures of Ozzie & Harriet"(1952-1966年)の435話、"My Three Sons"(1960-1972年)の380話に次ぐ、史上3位の長寿番組となるらしい。
コメディアンのジョージ・ロペスは、腎臓移植手術を受けたようだ。
来月開催されるカンヌ映画祭の「監督週間」で、出品される21作品の内4作品をフランス映画が占めることについて、芸術監督のオリヴィエ・ペレ(Olivier Pere)は「我々は大いに喜んでいます。このセクションで最も重要なのは映画としてのオリジナリティなのです。どこの国の作品で、誰がプロデュースし、テーマやスタイルが何ではなく」と語ったようだ。
米Walt Disneyは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズに基づくオンラインRPGを製作中らしい。
北朝鮮の人々の日常を追った、英国のドキュメンタリー映画監督ダニエル・ゴードン(Daniel Gordon)の作品"A State of Mind"が先週、米トライベッカ映画祭で上映されたようだ。以前に鑑賞した英国の外交官は、あまりにも"ノーマル"な日常生活が描かれていることに驚いたとか。
PSPの欧州発売は9月1日になるようだ。欧州版にも「スパイダーマン2」のUMDが付くらしい。
エルトン・ジョンは、長年のパートナー、デヴィッド・ファーニッシュ(David Furnish)と「12月半ばには結婚したい」と語ったらしい。一方、彼の広報担当者は「ジョンは、クリスマスまでか、それとも来年になるかもしれない、と言っている」とコメントしたようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")でライオンのアスランの声を務める予定だったブライアン・コックスが降板、ジェイソン・アイザックス、ショーン・ビーン、ティモシー・ダルトン、ジェラルド・バトラー、レイフ・ファインズ、イアン・マッケランらが代役候補に上がっているらしい。
ヴァンサン・ペレーズ監督作品"The Secret"で、デヴィッド・ドゥカヴニーが主演を務めるらしい。「秘密」(滝田洋二郎監督,1999年)と同じく、東野圭吾の小説を映画化するようだ。
マーク・フォースター監督、ウィル・フェレル、マギー・ギレンホール、エマ・トンプソン、クイーン・ラティファ、ダスティン・ホフマン共演の新作コメディ"Stranger Than Fiction"の撮影がシカゴで始まったようだ。
クエンティン・タランティーノが監督を務める「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)第5シーズン最終回について、主演のウィリアム・ピーターセンは「我々チームが犯罪に巻き込まれるスリラーで、一人の命を救うために時間との戦いになる」と語ったようだ。
「ヘルボーイ」("Hellboy",2004年)に出演したダグ・ジョーンズは、同じくギレルモ・デル・トロ監督によるスペイン語作品"Pan's Labyrinth"に出演することが決まったようだ。「デビルズ・バックボーン」("El Espinazo del Diablo",2001年)と対になる作品とか。
ロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)監督、ジョディ・フォスター主演最新作"Flightplan"の予告編が公開されたようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")からの最新画像が公開されたようだ。
ジョーダン・ブラットマン(Jordan Bratman)は、クリスティーナ・アギレラに結婚を申し込む際、ダイヤを小さなピンクの石が囲むデザインの婚約指輪をStephen Websterに依頼(11万4000ドル也!)したものの、彼女がピンク色のマニキュアをしていることに気付き、急遽交換してもらっていたらしい。
ケヴィン・フェダーラインとの間に2人の子供をもうけた元ガールフレンドのシャー・ジャクソン(Shar Jackson)は、ブリトニー・スピアーズが妊娠したことについて「赤ちゃんは犬とは違うの。捨てることは出来ないのよ。ブリトニーはどれだけ大変なことか分かっているのかしら」と語ったようだ。
クリスティーナ・リッチは「アダム(・ゴールドバーグ)と結婚するつもり。私ってすごく伝統的で保守的なの。絶対に子供が欲しいわ。結婚前に子供を作ることは考えていないけど、何が起こるかわからないでしょ」と語ったらしい。
アリシア・キーズ(Alicia Keys)は、ニューアルバム"The Diary Of Alicia Keys"と同じタイトルの自叙伝を執筆中らしい。
株式会社ディースリー・パブリッシャーは、米Buena Vista Gamesと提携、「キム・ポッシブル」「リロ&スティッチ」「ティム・バートン ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/パンプキン・キング」「チキン・リトル」「ナルニア国物語/ライオンと魔女」の5タイトルのゲームを日本で販売するようだ。
シングル・リリースされる「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のテーマ曲「英雄たちの戦い」("Battle of the Heroes")の先行配信がMoraでスタートしたらしい。
「オープン・ウォーター」("Open Water",2004年)プロモーションのため監督のクリス・ケンティスとプロデューサーのローラ・ラウ夫妻が来日、25日都内で記者会見を行ったようだ。辺見えみりが花束を贈呈したらしい。
パナソニック「VIERA」のイメージキャラクタを務める小雪が主演する短編映画「衣(KOROMO)」が26日からネット上で公開されたようだ。
Real Madridのジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)を主人公にした映画がフランスで製作中らしい。先日行われたホームでのビジャレアル戦では15台のカメラによる撮影が行われ、退場処分のシーンまで記録されてしまったとか。
Sobini Filmsは、ジェロルド・E・ブラウン(Jerrold E. Brown)によるサイコスリラー脚本"Prey"を獲得した模様。
Columbia Picturesは、ブレンダン・コウルズ(Brendan Cowles)とシェイン・クーン(Shane Kuhn)の脚本によるアクション大作"Twitch"の獲得に向けて最終交渉に入ったようだ。
マイケル・シャンバーグ(Michael Shamberg)とステイシー・シェア(Stacey Sher)のDouble Feature Filmsは、アンドレ・ベンジャミン(aka アンドレ3000)主演によるミュージカル映画を製作するらしい。トニー賞受賞の"Avenue Q"を手がけたジェフ・ホイッティ(Jeff Whitty)が脚本を担当するようだ。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)の来月12日の放送に、ジョージ・ルーカスがゲスト出演するらしい。
レゴのキャラクタが登場するビデオゲーム"LEGO: Star Wars"が今月米国で発売されるらしい。
「Shall we Dance?」("Shall we Dance",2004年)のピーター・チェルソム監督次回作は、アンソニー・カペラ(Anthony Capella)の小説に基づく、Warner Bros. Picturesの新作"The Food of Love"になる模様。
マーサ・クーリッジ監督、ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフ姉妹共演の新作"Material Girls"で、アンジェリカ・ヒューストン、ブレント・スパイナー、ルーカス・ハースの共演が決まったらしい。
Universal Picturesは、アルフレッド・ヒチコック監督「鳥」("The Birds",1963年)のリメイクを企画しているらしい。マイケル・ベイのPlatinum Dunesと、ピーター・ガーバーのMandalay Picturesが製作を手掛けるようだ。
ピアース・ブロスナンは、「トゥモロー・ネバー・ダイ」("Tomorrow Never Dies",1997年)の撮影中に共演のテリ・ハッチャー(現在"Desperate Housewives"(2004年-)に出演中!)に付きまとわれて困った、と語ったらしい。
ジェイムズ・カーンとリンダ・ストークス(Linda Stokes)が離婚の手続きに入ったようだ。
ジュード・ロウとシエナ・ミラーは、パパラッチを避けるためにニューヨークへ引っ越すつもりらしい。 [☆先月は「田舎に引っ越す」と言っていたのに・・・]
  4/27
ソニーは27日、2005年3月期の連結決算を発表、純利益は前年同期比85%増の1638億円を記録した模様。「スパイダーマン2」("Spider-Man 2",2004年)のヒットなど映画部門が好調だったようだ
中国国務院新聞弁公室が発表した「知的財産権保護の進展状況に関する白書」によると、版権行政管理部門が1995-2004年に没収した海賊版ソフトなどは3億5000万点に達したらしい。
「カサンドラ・クロス」("The Cassandra Crossing",1976年)、「ランボー 怒りの脱出」("Rambo: First Blood Part II",1985年)、「コブラ」("Cobra",1986年)、「リバイアサン」("Leviathan",1989年)、「トゥームストーン」("Tombstone",1993年)、「ザ・ターゲット」("Shadow Conspiracy",1997年)などの作品を手がけた、イタリア出身の映画監督ジョージ・P・コスマトス(George P. Cosmatos)さんが19日亡くなった(64歳)。ご冥福をお祈りいたします。
デヴィッド・S・ゴイヤー監督「ブレイド3」("Blade: Trinity")のPRイベントが26日都内で行われ、蝶野正洋とインリンが参加したようだ。
京都・南座6月公演「坂東玉三郎特別舞踊公演」の会見が26日都内で行われ、坂東玉三郎と中村獅童が出席したようだ。「船辨慶」などを上演するらしい。
緒方明監督「いつか読書する日」の会見が26日行われ、主演の田中裕子、岸部一徳らが出席したようだ。
「ハウルの動く城 大サーカス展」のオープニングセレモニーが26日、東京現代美術館で行われ、倍賞千恵子、鈴木敏夫プロデューサーらが出席したようだ。
キム・ギドク監督、チョン・ソンファン、ハン・ヨルム共演の新作「弓」が、来月開催される第58回カンヌ映画祭の「注目すべき視線」部門でオープニング上映されるようだ。
「冬のソナタ」でペ・ヨンジュンと共演したリュ・スンスは、ホ・ジノ監督の新作「四月の雪」(「外出」)にも出演しているらしい。
ヤン・ユノ監督、イ・ソンジェ主演の新作「ホリデー」に、チェ・ミンスが刑事役で共演するようだ。
ユン・テヨン監督の新作「少年、天国へ行く」で、ヨム・ジョンアがキャバレー歌手を演じるらしい。ダンスの特訓も受けたとか。
台湾の人気アイドルグループF4の4人、ジェリー・イェン、ヴィック・チョウケン・チュウ、ヴァネス・ウーが来日、27日都内で記者会見を行ったようだ。
中国星集団有限公司は26日、2004年12月期本決算を発表、売上高は前年比22.72%減の1億6530万香港ドル、純損益は3億321万香港ドルの赤字となったようだ。
マイケル・メイヤー監督の新作"My Friend Flicka"の撮影が行われていたサンフェルナンド・バレーのハンセン・ダム乗馬センター(Hansen Dam Equestrian Center)で25日、馬が引き手を自分で踏んでしまい首の骨を骨折、死んでしまったらしい。同映画では、2週間前にも馬が足を骨折し安楽死させられていたようだ。
Universal Picturesは、新しい製作会社Film 44を設立したピーター・バーグ、ジョン・キャメロン(John Cameron)、サラ・オーブリー(Sarah Aubrey)と、新作企画の製作について契約を結んだ模様。
Touchstone Picturesは、Entertainment Weekly誌の記者ジョシュ・ウォーク(Josh Wolk)が自らの経験を描いたノンフィクション小説"Cabin Pressure"の映画化権を獲得したようだ。
ナオミ・キャンベルは、"We Love Brazil"のロゴが入ったTシャツを世界各地の空港や店舗で販売、その収益をブラジルの子供達の支援に充てるキャンペーンをスタートさせたようだ。
「女体蟻地獄」("El Trueno Entre Las Hojas",1956年)、「渇き」("La Sed",1961年)などの映画化作品でも知られる、パラグアイの作家アウグスト・ロア・バストス(Augusto Roa Bastos)さんが26日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジャウム・コレット=セラ(Jaume Collet-Serra)監督"House of Wax"のプレミアが26日ロサンゼルスで行われ、エリシャ・カスバート、チャド・マイケル・マーレイらと共にパリス・ヒルトンも出席したようだ。
元乳母とのインタビュー記事を掲載したタブロイド紙News of the Worldの発行中止の裁判所命令を勝ち取ったデヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻は、元乳母に対し損害賠償を求める訴訟を起こすようだ。
森川時久監督の新作「不撓不屈」の撮影が27日、栃木県の藤岡公民館で行われ、主演の滝田栄らが参加したようだ。松坂慶子も共演しているらしい。
アレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja)監督の新作ホラー"Haute Tension"("High Tension")の最新予告編が公開されたようだ。
ロブ・ゾンビ監督による「マーダー・ライド・ショー」("House of 1000 Corpses",2003年)の続編"The Devil's Rejects"の"最後の晩餐"の画像が公開されたようだ。
クリストフ・ガンズ監督、ラダ・ミッチェル主演による人気ゲーム「サイレントヒル」("Silent Hill")の映画化で、ショーン・ビーン、ローリー・ホールデン、デボラ・カーラ・アンガー、キム・コーツ、タニア・アレン(Tanya Allen)の共演が決まった模様。
英タブロイド紙The Sunは、マドンナが「シュレック2」("Shrek 2",2004年)のスピンオフ"Puss in Boots"で声優を務める、と報じた模様。ただし、単なる噂のようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督"Serenity"の最新予告編が公開されたようだ。
ジュディ・デンチは、007シリーズ最新作"Casino Royale"にピアース・ブロスナンが再び出演する、と言っているらしい。「地球上の全員をテストしたとしても、彼の代わりは見つからないわ。夏までに発表があるはずよ」と語ったようだ。、
14歳のシンガーソング・ライターJojoは、早くもタブロイド紙に悩まされているらしい。「みんなは私を男の子とくっつけたがっているみたいね。バウ・ワウ(Bow Wow)やジェシー・マッカートニー(Jesse McCartney)とデートしたという噂もあったけど、事実じゃないわ。私は記事に書かれているような類の女の子じゃないの」と語ったようだ。
ある貧しい芸術家がダンボールの上に書いた作品を展示するギャラリーを訪れたアシュリー・シンプソンは、テーブルの上にジャケットを置いた際にろうそくの火が引火、スプリンクラーが回りだし、作品を全て台無しにしてしまったようだ。避難した後、彼女は「私のせいにしないで!」と号泣・・・そこへアシュトン・カッチャー("Punk'd")が登場したらしい。
"Sin City"でブルース・ウィリスと共演したジェシカ・アルバは「キスシーンがあって、私にとっては簡単だったけど、彼はロバート(・ロドリゲス監督)にそのシーンを変えたいと提案したの。彼は(キスシーンに)ナーバスになっていたの。あの『ダイ・ハード』のブルース・ウィリスがよ!すごくキュートだったわ」と語ったようだ。結局予定通りキスシーンが撮影され「とてもロマンチックで情熱的で美しいキスだった」と語ったらしい。
米MTVのリアリティ番組"Trippin'"収録のためキャメロン・ディアスと共にホンジュラスを訪れたジェシカ・アルバは「私たちは一緒の部屋に泊まって、ベッドも一緒だったの。だって怖かったのよ。でも、旅行前は彼女のことをほとんど知らなかったのよ。彼女はいびきはかかなかったわ」と語ったらしい。
出演料をめぐる恐喝未遂罪で起訴されている萩原健一について、「透光の樹」(根岸吉太郎監督,2004年)の岡田裕プロデューサーは26日「(萩原被告は)反省して謝ったと聞いている。事実を認め謝罪してもらうことが目的だった。弁護士同士で話し合い、和解しようと思う」と語ったらしい。
ジェイ・ラッセル監督、ジョン・トラヴォルタ、ホアキン・フェニックス共演「炎のメモリアル」("Ladder 49")の公開記念イベントが26日都内で行われ、宇梶剛士が出席したようだ。
Universal PicturesとImagine Entertainmentは、エミネム、50セント、ビヨンセ・ノウルズらのタトゥを手掛けているMister Cartoonを主人公にした映画"Ink"を製作するらしい。
ピーター・ヒューイット監督、ティム・アレン主演による、ジェイソン・レスコウ(Jason Lethcoe)の人気コミック"Zoom's Academy for the Super Gifted"の映画化"Zoom"で、コートニー・コックスの共演が決まったらしい。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するジェシー・メトカーフ(Jesse Metcalfe)は、20th Century Foxの新作"John Tucker Must Die"で映画デビューするらしい。ベティ・トーマスが監督を務め、今夏からニューオーリンズで撮影が始まるようだ。
ニコラス・ケイジ主演"Ghost Rider"からの写真が公開されたようだ。 [☆ちょっとキアヌ風!?]
テリー・ポロは、クリスチャン・チャールズ(Christian Charles)監督によるNew Line Cinemaの新作"Nothing but the Truth"で、ライアン・ピンクストンと共演するらしい。
トム・ダイ監督、マシュー・マコノヒー、サラ・ジェシカ・パーカー、ゾーイー・デシャネル共演の新作コメディ"Failure to Launch"で、ジャスティン・バーサの共演が決まったようだ。
Platinum Studiosは、イタリアのコミックシリーズ"Dylan Dog"の映画化"Dead of Night"で、「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara",2005年)のジョシュア・オッペンハイマー(Joshua Oppenheimer)とトム・ドネリー(Tom Donnelly)を脚本に起用したようだ。
グレゴリー・ナヴァ監督、ジェニファー・ロペス主演の新作スリラー"Bordertown"に、アントニオ・バンデラスの参加が決まった模様。
エリザ・ドゥシュク主演のTVシリーズ"Tru Calling"(2003年-)第2シーズンが先月末スタートしたものの、結局打ち切りになったらしい。
ケネス・ブラナーの監督によるウィリアム・シェイクスピアの「お気に召すまま」("As You Like It")の映画化で、アルフレッド・モリーナの共演が決まったようだ。19世紀の日本が舞台になるとか。
クリス・タッカーがスピード違反で逮捕されたらしい。
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがエチオピアの海岸で過ごしている写真が、米US Weekly誌に掲載されたらしい。
マギー・ギレンホールは先週、9.11テロについて「米国政府にも何らかの責任がある」と発言したために、彼女のファンサイトに非難の書き込みが殺到、サイト管理者は掲示板を一時閉鎖したらしい。ギレンホールは25日、広報担当者を通じて「9.11テロは、世界におけるアメリカの役割について敢然と疑問を投げかけるべき出来事です。このような疑問を持つ勇気を持たないことは、9.11テロの犠牲者への裏切りです」とする声明を発表したようだ。
  4/28
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の支持率が、4月の調査で45%にまで落ち込み、就任以来初めて不支持を下回ったようだ。
9月12日にオープンする香港ディズニーランドに合わせてデザインされた「地下鉄ディズニー線」の車両除幕式が25日行われたようだ。
次世代DVDの規格統一交渉で、ソニー側はBlu-ray Discのディスク構造のままHD DVDの信号処理技術を取り込む提案を、東芝側はHD DVDのディスク構造に3層以上の多層化技術を盛り込む提案を持ち寄っているらしい。 [☆ホントに統一できるのか?]
来月29日放送のTBSテレビ50周年特別ドラマ「美空ひばり物語-おでことおでこがぶつかって」の制作発表が27日都内で行われ、上戸彩、泉ピン子らが出席したようだ。泉ピン子は12kgの減量に成功したとか。
ウェズリー・スナイプス主演「ブレイド3」("Blade: Trinity")の試写会が27日大阪市内で行われ、大阪プロレスのスペル・デルフィン、スーパー・ドルフィンらが参加したようだ。
俳優マクシミリアン・シェルの姉で、「最後の橋」("Die Letzte Brucke",1954年)、「ナポレオン」("Napoleon",1955年)、「居酒屋」("Gervaise",1956年)、「オデッサ・ファイル」("The Odessa File",1974年)、「スーパーマン」("Superman",1978年)、「サン・スーシの女」("La Passante du Sans-Souci",1982年)などの作品で活躍した、オーストリア出身の女優、マリア・シェル(Maria Schell)さんが26日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。
熊澤尚人監督「ニライカナイからの手紙」の試写会が27日都内で行われ、蒼井優、金井勇太らが舞台挨拶に立ったようだ。
日本統治時代の朝鮮で製作された映画4作品が、28日から韓国の全州市で開催される国際映画祭で特別上映されるらしい。
高橋伴明監督、田中裕子主演「火火」の上映会が、28日から佐賀県内各地で開催されるようだ。収益金の一部は骨髄バンク運動に寄付されるらしい。
国産初のモーション・ライド系新アトラクション「ウルトラマン・ザ・ライド」が29日、和歌山県の白浜エネルギーランドに登場するらしい。
政府は28日付で2005年春の褒章の受章者を発表、紫綬褒章には倍賞千恵子、松本幸四郎、柳家小三治ら29人が選ばれたようだ。
韓国の国民的歌手チョ・ヨンナムが、独島や教科書問題で日本に好意的な発言をしたとして非難を浴び、人気TV番組の司会を降板したらしい。
アンドリュー・ラウ監督の新作「デイジー」で、チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェが共演するらしい。来月からオランダでロケが行われるようだ。
まんじゅう「ヒバゴンのたまご」が29日から広島で発売されるらしい。包装紙には、渡辺孝好監督「ヒナゴン」の井川遥、伊原剛志ら出演者の写真のほか、県内の上映劇場の名前も掲載されているとか。
「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz",1939年)でジュディ・ガーランドが着用した衣装が27日、ロンドンでオークションに出品され、14万ポンドで落札されたらしい。
米People誌による「最も美しい50人」に、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが共に選ばれたらしい。そのほか、マシュー・マコノヒー、ペネロペ・クルス、ジュード・ロウ、シエナ・ミラー、ジェイミー・フォックス、ヒラリー・スワンク、ミーシャ・バートン、エヴァ・ロンゴリア、オプラ・ウィンフリー、ジェニファー・ロペス、アリシア・キーズ、アッシャー、デヴィッド・ベッカム、マリア・シャラポワらも選ばれたようだ。29日発売の特別号の表紙は、ジュリア・ロバーツが飾るようだ。
BBC Worldwideは27日、人気コメディ"The Office"(2001-2003年)を手がけたリッキー・ジャーヴェイス(Ricky Gervais)とスティーヴン・マーチャント(Stephen Merchant)による新作コメディ・シリーズ"Extras"を、米HBOと共同制作すると発表したようだ。
19日米国で発売されたベン・スティラー主演"Meet the Fockers"(2004年)のDVDの発売1週間の売上は、セル、レンタルともに実写コメディとしては過去最高を記録したらしい。
ジョージ・W・ブッシュ米大統領は27日、劇場内での無許可のビデオ撮影を禁止する法案に署名したようだ。
アルフォンソ・クアロン監督の新作"Children of Men"で、クライヴ・オーウェンの主演が決まったようだ。
USENの無料ブロードバンド放送「GyaO」で、チェリム、チャン・ドンゴン、キム・ソヨン共演の韓国ドラマ「イヴのすべて」の配信が始まったようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督最新作"Land of the Dead"の予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
古代ローマを舞台に描く米ABCの全6時間のTVドラマ"Empire"が、6月28日の2時間スペシャルでスタートするようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の最新予告編が公開されたようだ。
神話のシン・へソンの新曲「同じ考え」のMVを、「マラソン」のチョ・ユンチョル監督が演出するらしい。
愛知万博で来月11日から22日まで、ソン・ヘソン監督「力道山」(2004年)、カン・ウソク監督「公共の敵」(2002年)、キム・ギドク監督「春夏秋冬そして春」(2003年)などの韓国映画が集中上映されるらしい。
ヨン・ジョンフン主演最新作「恋愛術士」の公式サイトがオープンしたようだ。来月20日から韓国で公開されるらしい。
ジェシカ・シンプソン、ニック・ラシェイ夫妻は、ラスヴェガスに100万ドルの家を買ったらしい。
水野晴郎名作映画劇場」と「ブロードバンド シベ超祭り」がShowTimeにオープンしたようだ。
角川映画がソニー・ミュージックと共同で大規模オーディション「ミス・フェニックス」を開催するらしい。グランプリ受賞者には、「野性の証明」(佐藤純彌監督,1978年)から「ぼくらの七日間戦争」(菅原比呂志監督,1988年)までの角川映画からリメイクされる新作への主演と、主題歌での歌手デビューが約束されるとか。
河野圭太監督「子ぎつねヘレン」で、大沢たかおが主演を務めるらしい。来月下旬から北海道ロケがスタート、来春公開予定とか。
ブライアン・マイケル・ストラー(Bryan Michael Stoller)監督「マイケル・ジャクソン IN ネバーランディングストーリー」("Miss Cast Away",2004年)のDVDが9月2日に日本で発売されるらしい。"ネバーランド"で撮影が行われたものの、マイケル・ジャクソンの逮捕でお蔵入りになっていたとか。
深作健太監督「同じ月を見ている」の製作発表が28日都内で行われ、窪塚洋介らが出席したようだ。エディソン・チャン、黒木メイサ、山本太郎らが共演、29日から撮影が始まるらしい。
Paramount Picturesは、Marvelが製作するコミックの映画化の独占配給について契約を結んだ模様。
DreamWorks Animationの新作CGアニメ"Bee Movie"は、2007年11月に全米公開となるらしい。また、ジェリー・サインフェルドとレニー・ゼルウィガーに加えて、ユマ・サーマン、キャシー・ベイツ、アラン・アーキン、ロバート・デュヴァル、ウィリアム・H・メイシー、ティム・ブレイク・ネルソン、パトリック・ウォーバートン、オプラ・ウィンフリーが声優として参加することが決まったようだ。
Paramount Picturesの新作ファミリー・コメディ"Dad Can't Lose"で、ウィル・アーネット(Will Arnett)が主演、ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ兄弟が監督を務めることになったようだ。
デヴィッド・ジェロルド(David Gerrold)のSF小説に基づく、メノ・メイエス監督、ジョン・キューザック主演の新作"The Martian Child"で、ソフィ・オコネドー、オリヴァー・プラット、子役のボビー・コールマン(Bobby Coleman)の共演が決まったようだ。来週から撮影に入るらしい。
TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」("Miami Vice",1984-89年)のマイケル・マン監督による映画化で、ナオミ・ハリスの共演が決まったらしい。
「合併結婚」("Yours, Mine and Ours",1968年)の、ラージャ・ゴスネル監督、デニス・クエイド、レネ・ルッソ共演のリメイクで、ジェリー・オコンネルの共演が決まったようだ。
ケアリー・ヘイズ(Carey Hayes)、チャド・ヘイズ(Chad Hayes)兄弟の脚本、ヒラリー・スワンクの主演による新作ホラー"The Reaping"について、製作のジョエル・シルヴァーは「7月にクラインクインで、スティーヴン・ホプキンスが監督を務める」と語ったようだ。
アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー兄弟が脚本を担当する新作"V for Vendetta"について、製作のジョエル・シルヴァーは「全く違う作品だ。『マトリックス』的要素もあるが、全く異なっている」と語ったらしい。
ジェイムズ・エルロイのオリジナル脚本"The Night Watchman"の映画化で、スパイク・リーに代わって、オリヴァー・ストーンが監督に向けて交渉中らしい。
ギリシャ実業界大物の息子パリス・ラシス(Paris Latsis)と交際中のパリス・ヒルトンは「彼の子供が欲しい」と発言したらしい。
来月11日から開幕するカンヌ映画祭では、エミール・クストリッツァが審査員長を務めるほか、ジョン・ウー、アニエス・ヴァルダ、サルマ・ハエック、ハヴィエル・バルデムらが審査員として参加するらしい。
中国当局は、ジャッキー・チェンが30日に西安で開催を予定していたチャリティコンサートを延期させたようだ。反日運動に展開することを恐れたらしい。
Warner Bros.が今年2月、バッグス・バニーとルーニー・テューンズのキャラクタの子孫たち登場する新シリーズ"Loonatics"を今秋スタートさせると発表した時、オクラホマに暮らす11歳の少年トーマス・アダムス(Thomas Adams)君は、未来風になったバニーやワイリー・コヨーテ、ロード・ランナーのキャラクタが、ダークで恐ろしいと感じたらしい。そこで彼は、ルーニー・テューンズを救え!という署名運動をインターネットで始めたところ注目を集め、ついにWarner Bros.はキャラクタをよりソフトで恐ろしくない感じに変更することを決めたようだ。
トム・クルーズは、ケイティ・ホームズとの交際を明らかにした模様。
  4/29
来月11日から開催される第58回カンヌ映画祭を中継するCS映画チャンネル「ムービープラス」の会見が28日都内で行われ、「カミュなんて知らない」(柳町光男監督)の吉川ひなの、「運命じゃない人」の内田けんじ監督らが出席したようだ。開会式の中継には高田万由子もゲスト出演するらしい。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演の新作「四月の雪」(「外出」)の特報が公開されたようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演の新作「四月の雪」(「外出」)の前売り券発売が29日スタートしたようだ。
キム・ジュヒョク、ポン・テギュ共演の新作「クァンシクの弟 クァンテ」のポスターが公開されたようだ。
クォン・サンウ、ユ・ジテ共演の新作「野獣」などを手掛ける韓国大手映画製作会社「ポップコーンフィルム」は、新たにプロダクションを設立、キム・ハヌルとイ・ソンジェが移籍したらしい。
神話のエリックは、ロッテ三岡のアイス「アロエ」のCMに出演するようだ。契約料は、6ヶ月で2億ウォンとか。
28日韓国260スクリーンで初日を迎えたパク・ヨンフン監督、ムン・グニョン主演「ダンサーの純情」は、前日の27日に前売り券販売率が76.72%に達し、「ブラザーフッド」(2004年)の76%の記録を更新したらしい。
「ゴッドファーザー」("The Godfather",1972年)の脚本をはじめとするマーロン・ブランドゆかりの品約330点が、6月30日にニューヨークで行われるオークションに出品されるらしい。
トッド・フィールド監督、ケイト・ウィンスレット主演の新作"Little Children"で、パトリック・ウィルソンが出演交渉中らしい。
2929 Entertainmentは、スティーヴン・ソダーバーグと新作6作品の監督契約を結んだようだ。契約には、作品の劇場、TV、DVDでの同時リリースに関する条項が含まれているらしい。
「ジョーズ」("Jaws",1975年)公開30周年記念版DVDが6月14日に米国で発売されるらしい。2時間のドキュメンタリーや削除シーンなどを含む特典ディスクとの2枚組になるようだ。
米国の今年の映画興行収入は、昨年同期比で6%低下しているらしい。昨年大ヒットしたメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の影響が尾を引いているようだ。同作を除くと11%の上昇になるとか。
薬物やタバコ、アルコール依存の影響を正しく描いた作品を表彰する第9回プリズム賞(Prism Awards)が28日発表され、「Ray / レイ」("Ray")のジェイミー・フォックス、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にゲスト出演したレイ・リオッタらが授賞したようだ。
ペドロ・アルモドヴァル監督、ペネロペ・クルス主演の次回作"Volver"で、カルメン・マウラが共演するらしい。撮影は7月からマドリードとラマンチャで行われるようだ。
全売週末公開作品では、「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")が2000万ドル台半ば、"XXX: State of the Union"が2000万ドル台前半の週末興収を記録する、と予想されているようだ。
ブロードウェイとオフ・ブロードウェイでの優れた上演作品を表彰する第50回ドラマ・デスク賞(Drama Desk Awards)のノミネーションが28日発表され、「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」("Monty Python and the Holy Grail",1975年)に基づくミュージカル"Monty Python's Spamalot"が最多12部門でノミネートされたようだ。また、1962年の同タイトルの映画に基づくミュージカル"The Light in the Piazza"が11部門で候補に挙がったらしい。
Lions Gate Filmsは、アンドリュー・ニコル脚本・監督、ニコラス・ケイジ、ジャレッド・レト、ブリジット・モイナハン、イーサン・ホーク共演の新作アクション・スリラー"Lord of War"の北米配給権を獲得したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")からの最新画像が公開されたようだ。
ロバート・ロドリゲス監督は来年2月から、"Sin City"の続編2本の撮影に入るらしい。
ブロードバンドサイトShowTimeで「韓国映画劇場 -Korean Theater-」がスタート、イ・ビョンホン主演「我が心のオルガン」(1999年)など4作品が配信されているようだ。
Platinum StudiosとThe Shop Productionsは、グラフィック・ノベルに基づくCGホラー映画"Bonesaw"の製作を発表したようだ。
U・ウォルフガング・ワーゲンクネヒト(U. Wolfgang Wagenknecht)監督によるインディ作品"White Air"で、ドミニク・スウェインとスノーボーダーのマーク・フランク・モントヤ(Marc Frank Montoya)が共演するらしい。来月10日からカリフォルニアのタホ湖とロサンゼルスで撮影が始まるようだ。
ジャイモン・ハンスゥは、メルヴィン・ジェイムズ(Melvin James)監督によるインディ作品"Redemption"に出演するようだ。6月に撮影に入る模様。
妊娠を公表したブリトニー・スピアーズは「子供の世話を誰かに任せるつもりは無いわ。それがキャリアの終わりを意味するとしても構わない」と語ったらしい。
オーランド・ブルームは、飲食代760ドルを支払わなかったとして、リオ・デ・ジャネイロのレストランのオーナーから起訴されたようだ。ケイト・ボスワースの22歳の誕生日を祝うため今年1月にレストランを訪れたものの、クレジットカードのシステムのトラブルで支払いが出来ず、そのままになっているらしい。
スティーヴン・ソマーズ監督は、「ハムナプトラ」シリーズ第3作の脚本を完成、年内にも撮影に入るらしい。
アシュトン・カッチャー、シンディ・クロフォード、ジェイソン・リッター、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、セリーナ・ウィリアムズ、ヴィーナス・ウィリアムズらがモデルを務めるチャリティ・ファッションショー、第3回Runway For Lifeが来月1日にロサンゼルスで開催されるようだ。
先日自宅から1万ドル相当の電化製品を盗まれたリンゼイ・ローハンは「最近、お金には印を付けるようにしているの。私から盗む友達がいるのよ」と語ったらしい。
米MTVのリアリティ番組"Trippin'"収録のため、キャメロン・ディアス、ジェシカ・アルバと共にホンジュラスを訪れたキッド・ロック(Kid Rock)とサーファーのケリー・スレイター(Kelly Slater)は、スキューバ・ダイビングの特訓を受けたらしい。一方、ディアスは19歳の時に、アルバは13歳の時にすでに資格を取っているとか。
"中村勘九郎"をCGで再現したデジタル・クローン俳優「勘クローン」の"襲名披露"が28日都内で行われ、中村勘三郎らが出席したようだ。音声を認識して自律的に動くらしい。 [☆「シモーヌ」("S1m0ne",2002年)がとうとう現実に・・・]
2004年ミス・インターナショナル日本代表の川原多美子が、都内で上演中のミュージカル「アニー」で女優デビューを果たしたようだ。「サンドラ・ブロックのようになりたい」と言っているらしい。 [☆「デンジャラス・ビューティー2」("Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous")の試写会に招待されるかも?]
「ザ・リング2」("The Ring Two")を題材にしたアトラクション「3-Dホラーハウス」が、29日から開催される「お台場学園」に登場するようだ。
カナダのTVドキュドラマ・シリーズ"Trailer Park Boys"(2001年-)の映画化が決定したようだ。TVシリーズを手掛けるマイク・クラッテンバーグ(Mike Clattenburg)が監督を務める模様。
リチャード・ドナー監督、ブルース・ウィリス主演の新作アクション"16 Blocks"で、モス・デフの共演が決まったらしい。
ジョージ・ルーカスによる実写TVシリーズ版「スター・ウォーズ」で、少なくとも3話をケヴィン・スミスが監督するらしい。
米タブロイド誌Star Magazine最新号も、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの写真を表紙に掲載、ただし8ページ目に「合成です」という注意書きがあるらしい。一方Us Weekly誌が掲載した"本物"の写真は、ロンドンの写真代理店から50万ドルで購入したものとか。
「ミーン・ガールズ」("Mean Girls",2004年)で脚本・出演も手がけている、"Saturday Night Live"のコメディアン兼脚本家、ティナ・フェイ(Tina Fey)は、9月に出産予定であることを明らかにしたようだ。
  4/30
「韓流パネル展」が福島空港でスタートしたようだ。「オールイン」、「美しき日々」などのドラマや「ブラザーフッド」などの映画のパネルが展示されているらしい。
草なぎ剛、ユースケ・サンタマリアが司会を務めるテレビ朝日「『ぷっ』すま」が、来月3日の放送で300回を迎えるようだ。水野美紀、小泉孝太郎がゲスト出演するらしい。
本広克行監督「交渉人 真下正義」のTVCMが、29日から一部差し替えられたらしい。公開は予定通りとか。
台湾アニメ映画「アークエとガッチンポー THE MOVIE/アークエと魔法のハンマー」「アークエとガッチンポー THE MOVIE/チェルシーの逆襲」が29日初日を迎え、声優を務めたインリン・オブ・ジョイトイらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカムが、私生活を暴露したとして元使用人の女性に対しておこしている訴訟の裁判が29日、ロンドンで行われ、元使用人は裁判が終了するまで新たな秘密は口外しないことで合意した模様。また、暴露記事を掲載したタブロイド紙News of the Worldからの報酬は12万5000ポンドだったことが明らかになったようだ。
Coldplayの新曲"Speed of Sound"が、全米ビルボードチャートで初登場8位を記録したようだ。英国バンドの初登場トップ10入りは、The Beatlesの"Hey Jude"(1968年)以来とか。
売れない作家とウォール街の銀行マン、2人のエール大学卒業生を追う」ドキュメンタリー"The American Ruling Class"が今週、ニューヨークで開催中のトライベッカ映画祭で上映されたようだ。世界初の"ドラマチック・ドキュメンタリー・ミュージカル"とか。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新予告編が、来月19日に公開されるらしい。
シリーズ第2弾"XXX: State of the Union"で主演を務めたアイス・キューブは「俺が演じたダリウス・ストーンは、(前作の)ヴィン・ディーゼルのキャラクタよりも強いね。ヴィン・ディーゼルのキャラクタはX Games小僧だが、ダリウスはストリートの出身だ。もっとダーティに演じたよ」と語ったようだ。
米DreamWorksと英Aardman Animationsによる新作クレイメーション"Flushed Away"で声優を務めるビル・ナイは「大量の幻覚剤を投与されて脳に障害を負った、元実験用のラットの声を演じているんだ。ホワイティという名前だよ」と語ったらしい。
「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編"Basic Instinct 2: Risk Addiction"からの最新画像が公開されたようだ。
TVシリーズ"Land of the Lost"(1974-1977年)のウィル・フェレル主演による映画化で、キルスティン・ダンストとジャック・ブラックが共演するらしい。
ジョージ・ルーカスは「インディ・ジョーンズ4」について「若いインディを登場させることを思いついたんだ。7、8年前だったかな。何度も脚本を書いたよ。脚本6本と書き直し2回だ。(ハリソン・フォードに代わる)若い俳優を使うつもりはなかった。でも、そういう可能性もあると思う」と語ったらしい。
ジェット・リー主演「ダニー・ザ・ドッグ」("Unleashed",2005年)からの最新画像が公開されたようだ。
リンゼイ・ローハンの唇整形疑惑?で、本人が「(グロスの)Lip Venomを使っているだけよ」と否定していることについて、カリフォルニアの整形外科医ボリス・アッカーマン(Boris Ackerman)は「それにしてはあまりに大きくなっている。Lip Venomにそれほどの効果があるとは思えない」とコメントしたらしい。
キャメロン・ディアスは26日の夜、友人たちと出かけようとした際に、待ち構えていたパパラッチに激怒したらしい。「やめなさい。お年寄りが一緒なのよ。車に乗ろうとしている時にフラッシュをたかないで頂戴。あなたたち、私の言っていることが分かってるの?」
トム・クルーズとの交際が報じられたケイティ・ホームズについて、父親のマーティン・ホームズ(Martin Holmes)は「幸せだし、とても喜んでいる。娘には分別があるし、彼女の判断を信じている。トム・クルーズは人道主義者であり、私たちはそのことにとても好感を抱いている」とする声明を発表したようだ。
レトルトカレー「横須賀海軍カレー 亡国のイージス版」が神奈川県内で発売中らしい。6月13日からは全国のローソンでも発売されるようだ。
Marvelコミック"Iron Man"の映画化で、監督に決まったと報じられていたニック・カサヴェテスは、実際にはまだ契約書にサインしていないらしい。監督、キャストが未定のままとなっているため、New Line Cinemaは、公開予定を2006年から2007年に延期した模様。