シネマトピックス(2004年12月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  12/1
第29回報知映画賞が30日発表されたようだ。
■最優秀作品賞 「誰も知らない」(是枝裕和監督)
■主演男優賞 妻夫木聡
■主演女優賞 松たか子
■助演男優賞 原田芳雄
■助演女優賞 長澤まさみ
■監督賞 崔洋一
■新人賞 土屋アンナ
■海外作品賞 「シービスケット」("Seabiscuit")
有線ブロードネットワークスは1日、映像コンテンツをダウンロードし1週間以内ならば何度でも観られるサービスをスタートしたようだ。韓国ドラマ「太陽に向かって」、「ジュリエットの男」が第1弾として配信されるらしい。
11月19日からスタートした、PUFFYの2人が主人公のTVアニメシリーズ"Hi Hi Puffy AmiYumi"の初回視聴率は、6-11歳の子供で4.6%に達し、米Cartoon Network「開局以来最高の数字」を記録したらしい。
日本メンズファッション協会主催の今年の「ベストドレッサー賞」には、ペ・ヨンジュン、佐藤浩市、石川亜沙美らが選ばれたようだ。
「僕の彼女を紹介します」プロモーションのため来日中のチョン・ジヒョンが30日、都内で記者会見を行ったようだ。
英BBCは1日、日本向けエンターテインメント専門チャンネル「BBC JAPAN」の放送を開始したようだ。ローワン・アトキンソン主演のコメディなどが放送されるらしい。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」が、キム・ギドク監督「空き家」、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」に続いて、ロシアで公開されるようだ。
自由国民社、日本通信教育連盟共催の「2004ユーキャン流行語大賞」の表彰式が1日都内で行われ、「チョー気持ちいい」の北島康介選手が対象を受賞したようだ。「セカチュー」「冬ソナ」なども選出されたらしい。
来年1月20日から開催されるサンダンス映画祭の上映作品が30日発表されたようだ。オープニングにはドン・ルース監督、マギー・ギレンホール、トム・アーノルド、リサ・クードロウ共演"Happy Endings"が上映されるほか、ピアース・ブロスナン主演"Matador"、ケヴィン・ベーコン監督、サンドラ・ブロック主演"Loverboy"などがプレミア上映されるらしい。
第7回英国インディペンデント映画賞(British Independent Film Awards)が30日発表され、マイク・リー監督"Vera Drake"が作品賞、監督賞、主演女優賞(イメルダ・スタウントン)、主演男優賞(フィル・デイヴィス)など6部門を獲得したようだ。また、海外作品賞にはパク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が選ばれたらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)と、姉妹組織の米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)は30日、新たな3ヵ年労働協約の締結に向けて、米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)と協議を始める、と発表したようだ。
第20回インデペンデント・スピリット賞(Independent Spirit Awards)のノミネーションが30日発表され、アレクサンダー・ペイン監督、ポール・ジアマッティ主演"Sideways"が6部門で候補に挙がったほか、ジョシュア・マーストン(Joshua Marston)監督"Maria Full of Grace"が5部門、ロドニー・エヴァンス(Rodney Evans)監督の"Brother to Brother"などが4部門でノミネートされたようだ。
Columbia Picturesは30日、ロン・ハワード監督による「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で、トム・ハンクスが主演を務めると正式に発表したようだ。全米公開日は、2006年5月19日に設定されたらしい。
英国週末興収は「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が630万ポンドで初登場1位を獲得、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")の3週連続1位を阻止したようだ。
ジョニー・キャッシュの半生を描く、ジェイムズ・マンゴールド監督、ホアキン・フェニックス主演の新作"Walk the Line"からの写真がネット上で公開されたようだ。
オートバイの世界最高速度を記録したニュージランド人バート・モンロ(Burt Monro)の半生を描く、ロジャー・ドナルドソン脚本・監督、アンソニー・ホプキンス主演の新作"The World's Fastest Indian"の撮影に使用されたレプリカのバイクの写真が公開されたようだ。
ファッション・デザイナーとして活動中のグウェン・ステファニーは「自分のお金で800ドルのVivienne Westwoodのコルセットを買って、ビデオで着たの。実際に彼女に会った時は、まるで女王様に会うような気分だったわ」と語ったようだ。
ウィルマー・ヴァルデラマとの破局の直前、リンゼイ・ローハンは「18歳で、格好や息の匂いも気にせずに、好きな人と朝を迎えるなんて思ってもいなかった。若いうちに結婚して、お母さんになりたい」と語っていたらしい。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」のワールドプレミアが30日、ハリウッドのチャイニーズ・シアターで開催され、松岡昌宏、菊川怜らが出席したほか、スティーヴン・セガールも会場を訪れたらしい。
ペ・ヨンジュンの写真集「像 THE IMAGE VOL.ONE」が30日、初版の10万部を完売したようだ。追加販売は来年1月の予定とか。
井口奈己監督「犬猫」の試写会が30日都内で行われ、榎本加奈子らが出席したようだ。
ジェイムズ・ワン監督「ソウ」("Saw")の日本での観客動員数は、公開30日間で17万人に達したようだ。
リチャード・ロクスバーグとトム・スターリッジ(Tom Sturridge)は、グレゴリー・リード(Gregory Read)監督、トニ・コレット主演の新作"Like Minds"のキャストに加わったようだ。
ミーラー・ナーイル監督は、「女神が家にやってきた」("Bringing Down the House",2003年)の脚本家ジェイソン・フィラルディ(Jason Filardi)と共同で、ボリウッド映画のリメイク"Gangsta M.D."を手がけるようだ。
ポール・ジアマッティは、脚本家ミッシェル・マロニー(Michele Mulroney)、キーラン・マロニー(Kieran Mulroney)の監督デビュー作となる新作コメディ"Paper Man"に主演するようだ。撮影開始は来年4月になる模様。
アッシャーは、Lions Gate Filmsの新作"Dying for Dolly"に主演するようだ。一方、MGMもアッシャー主演の新作"Step in the Name of Love"を企画しているらしい。
新作ゲーム"Oz"が、ジェリー・ブラッカイマーの製作で映画化されるらしい。ゲームのクリエイターであるアメリカン・マギー(American McGee)が自ら脚本を書くことになったようだ。
Kevin Misher Productionsは、新作アクションコメディ"Mad Dog, an Englishman"の脚本に、グレン・ジャーマン(Glenn German)とアダム・ロジャーズ(Adam Rogers)を起用したようだ。
4世紀のスカンジナビアを舞台にしたジェイソン・トッド・イプソン(Jason Todd Ipson)監督によるホラー映画"The First Vampire"で、Relativity Managementによる出資が決まったようだ。撮影は2005年の第1・四半期に始まる模様。
ニューヨークで行われた「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")のプロモーションに出席する予定だったジョージ・クルーニーは、椎間板ヘルニアのため欠席したようだ。
2006年3月日本公開予定の「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の記者発表が、先月30日に都内で行われたらしい。
「バッドサンタ」("Bad Santa",2003年)のテリー・ツワイゴフ監督は「当初ジャック・ブラックを主演にと製作側から依頼されたが断った。ビル・マーレイに脚本を送ったら『出演したい』という返事があったが、契約の段階になって姿を消してしまった。製作側から今度はジャック・ニコルソン、ロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン、そしてビリー・ボブ・ソーントンの4人の名前が挙がった。ソーントン以外の3人はスケジュールが合わずに諦めた」と語ったらしい。
  12/2
ニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")で、新庄剛志が宣伝プロデューサーを務めることになったようだ。
東映アニメーション株式会社と米TOEI ANIMATION社は、アニメシリーズ3作品「スラムダンク」「エアマスター」「インタールード」のDVDを来年3月から米国で発売するようだ。
4日東京ドームで行われる「K-1 WORLD GP決勝大会」で、来日中のチョン・ジヒョンが開会宣言を行うらしい。
「やくざ先生」(松尾昭典監督,1960年)、「黒い太陽」(蔵原惟繕監督,1964年)、「日本沈没」(森谷司郎監督,1973年)などの作品でも活躍した、劇団民芸の俳優、新田昌玄さんが先月18日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
来年4月に開設される東京芸術大学大学院映像研究科で、北野武が教授に就任、映画専攻の専攻長を務めるらしい。黒沢清監督も教授に就任するようだ。
アンディ・ラウは、香港映画界再建のため、自ら映画製作に乗り出す意向を明らかにしたようだ。
オリヴィエ・アサイヤス監督"Clean"のプレミアが先月29日香港で行われ、主演のマギー・チャンらが出席したようだ。
「力道山」に主演したソル・ギョングは「山本太郎という日本の俳優を殴るシーンがあった。撮影前、お互いに挨拶をしろと監督に言われたが、断った。撮影に入るや否や、思いっきり殴った」と語ったらしい。
チョン・ジヒョン主演「僕の彼女を紹介します」は、日本で公開される韓国映画としては過去最高となる、全国310スクリーンで公開されるようだ。
ヤフーとウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニーキャラクターの携帯電話向け配信サービスを共同展開すると発表したようだ。
函館港イルミナシオン映画祭が2日、開幕したようだ。
「ソウ」("Saw")のDVDが、米国で来年2月15日に発売されるらしい。
第14回ゴサム賞(Gotham Awards)が1日発表され、アレクサンダー・ペイン監督"Sideways"が劇映画部門、ジョナサン・デミ監督"The Agronomist"がドキュメンタリー部門で、それぞれ作品賞を獲得したようだ。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)のマイケル・インペリオリ(Michael Imperioli)は、米NBCの"Law & Order"(1990年-)にゲスト出演することになったらしい。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの陪審団が選出され、1日就任の宣誓を行ったようだ。
ナショナル・ボード・オブ・レビュー(National Board of Review of Motion Pictures)が1日発表され、マーク・フォースター監督「ネバーランド」("Finding Neverland")が作品賞、テイラー・ハックフォード監督「レイ」("Ray")のジェイミー・フォックスが主演男優賞、イシュトヴァン・サボー監督"Being Julia"のアネット・ベニングが主演女優賞に選ばれたようだ。また、「コラテラル」("Collateral")のマイケル・マンが監督賞、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")がアニメーション賞、アレハンドロ・アメナーバル監督"The Sea Inside"が外国語映画賞を獲得したらしい。さらに、TOP10作品は以下のように発表された模様。
1."Finding Neverland"「ネバーランド」(マーク・フォースター監督)
2."The Aviator"「アビエイター」(マーティン・スコセッシ監督)
3."Closer"(マイク・ニコルズ監督)
4."Million Dollar Baby"(クリント・イーストウッド監督)
5."Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
6."Kinsey"(ビル・コンドン監督)
7."Vera Drake"(マイク・リー監督)
8."Ray"「レイ」(テイラー・ハックフォード監督)
9."Collateral"「コラテラル」(マイケル・マン監督)
10."Hotel Rwanda"(テリー・ジョージ監督)
片山恭一の小説「世界の中心で、愛をさけぶ」が300万部を突破した模様。
ペ・ヨンジュン主演のドラマ「パパ」(1996年)の有料配信がgooで始まったようだ。イ・ヨンエ、チャ・テヒョン、ユン・ソナらが共演しているらしい。
ピーター・ジャクソンは、新作"King Kong"の撮影を、年内にニュージーランドの2カ所の劇場で行う予定らしい。
フィリップ・ノイス監督次回作は、アパルトヘイト時代の南アフリカでのテロリズムを題材にした"Hot Stuff"になるようだ。来春からアフリカで製作に入る模様。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演"War of the Worlds"の公式サイトがオープンしたようだ。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")のスクリーンセーバーが、公式サイトで公開されたようだ。
マンディ・ムーアは「学生時代、大きな友達グループの中にいたんだけど、よく知らない女の子から『あんたは仲間じゃない』と言われたの。私はみんなの前で泣き出してしまって、トイレに駆け込んだわ。女の子って凄く残酷なことがあるのよ。でも、そんなことを言う子は、人生で何も成し遂げられないと悟ったわ」と語ったようだ。
Yahoo!は、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演"War of the Worlds"からの写真を掲載したようだ。
矢沢あいの人気コミック「NANA」が、大谷健太郎監督、中島美嘉、宮崎あおいの主演で映画化されるらしい。松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二らが共演、来秋公開予定とか。
「冬のソナタ」にも出演した韓国人歌手ユ・ヨルが、12日都内で行われるベストアルバム「ユ・ヨル ベストセレクション」発売記念イベントに出席するらしい。「冬ソナ」第9話のスキー場のシーンを再現する企画や、裏話などが聞けるファン懇親会も予定されているようだ。
クァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」のジャパン・プレミアが1日都内で行われ、チョン・ジヒョンと共に、主題歌「Tears」を歌う元X JAPANのYOSHIKIも出席、上映後には生演奏も披露したらしい。
「スパイダーマン2」DVD発売記念イベントが1日都内で行われ、はなわと若槻千夏による即席デュオが、はなわ作詞作曲「スパイダーマン2伝説」を熱唱したらしい。
任天堂はアニメ映画製作部門を設立、ハリウッドへの進出を図るようだ。
Revolution Studiosによるジョン・カーペンター監督「ザ・フォッグ」("The Fog",1980年)は、ルパート・ウェインライトが監督を務めるようだ。
プエルトリコで撮影中のデヴィッド・バーク(David Burke)監督の新作"Animal"で、主演を務めるヴィング・レイムスが、キップ・コンワイザー(Kip Konwiser)と共に製作も担当することになったようだ。
ケヴィン・スペイシーは、ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"でレックス・ルーサー役を演じるという報道について「彼らは僕にやって欲しいようだ。あとは、スケジュールの問題だ」と語ったらしい。
サム・ライミ監督は「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のDVDについて「これは、僕が知る限り初めて4K(=4096×2160ドット)で処理された作品だ。以前よりもクリアな映像を楽しんでもらえると思う」と語ったようだ。
ゲームボーイアドバンス用動画再生システム「アドバンスムービー」用長編映画ソフト第1弾「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版」が来年1月1日に発売されるようだ。
1940年代に活躍したウェスタン・スウィング・バンドのリーダー、スペイド・クーリー(Spade Cooley)を描く新作"Shame on You"で、デニス・クエイドが監督デビューするらしい。主演も務めるようだ。ケイティ・ホームズが妻役で出演交渉中の模様。
アガサ・クリスティ原作「情婦」("Witness for the Prosecution",1957年)がリメイクされるらしい。アル・パチーノが主演を務める模様。また、ロバート・ベントンが監督に向けて交渉に入ったようだ。
Chanel No.5のイメージキャラクタを務めるニコール・キッドマンが、CMで最も高額なギャラを獲得した女優としてギネスブックに掲載されるらしい。4分のCMで371万ドルを受け取ったとか。
2年前にカーク・ダグラスの運転する車に接触されヘルニアになったとして、64歳の男性が医療費と慰謝料などの支払いを求める訴訟を起こしたようだ。
ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ主演による「三国志」に基づく中国映画"The War of the Red Cliff"で、ジェット・リー、トニー・レオン、コン・リー、チャン・ツィイーらが共演候補に挙がっているらしい。
  12/3
Amazon.co.Jpに「ゴジラ」コーナーが登場したらしい。
エイチ・アイ・エスは、「シン・ヒョンジュン「天国の階段」での出逢い!!」ツアーを、3日から販売するようだ。トークショー、サイン会、握手会などが予定されているらしい。
「冬のソナタ」の舞台となった韓国春川市の姉妹都市、岐阜県各務原市では、4日からライトアップイベント「ノクターン・ライツ各務原〜光の夜想曲〜」が開催されるようだ。
テレビ朝日で4日「渡哲也の素顔に迫る! レディ・ジョーカー緊急特番」が放送されるらしい。
東京芸術大学の平山郁夫学長が2日、北野武と黒沢清の映画専攻教授就任を正式に発表したようだ。会見を欠席した北野監督は「映画の教育を受けてこなかった自分が、人に教えるというのは実に変な話。だからこそ、自分なりの方法で、映画を通して伝えられる表現の可能性を若い人に伝えるチャンスと思った」とのコメントを寄せたらしい。
山崎貴監督「ALWAYS 三丁目の夕日」の製作発表が2日都内で行われ、吉岡秀隆、小雪、堤真一、堀北真希、薬師丸ひろ子、三浦友和らが出席したようだ。
リュ・シウォンは2日、都内でミニトークライヴを行ったようだ。7000人の女性ファンが集まったとか。
SMBCコンサルティングは2日、2004年のヒット商品番付を発表、東の横綱には「冬のソナタ」と「韓流関連商品」が、東の大関には「世界の中心で、愛をさけぶ」が選ばれたらしい。
11月28日閉幕した第5回東京フィルメックスでは、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督のタイ映画「トロピカル・マラディ」が最優秀作品賞に選ばれたようだ。
松坂屋銀座店の開店80周年記念誌「松坂屋 銀座とともに八十年」が社員らに配布されているようだ。「ゴジラ」(本多猪四郎監督,1954年)で破壊されたことなども紹介されているとか。
「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督が6日、建国大学で映画演出をテーマにした特別講義を行うようだ。新作「怪物」についても語る予定とか。
製作費1億6500万ドルを投じた「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")は、11月10日の全米公開以降、総興収が8430万ドルに達したものの、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")などの強力なライバルが公開中で、さらに"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"が17日から公開されるため、最終的な総興収は1億1500万ドルから1億2000万ドルに終わる、と予想されているようだ。
中国当局は3日、「シュレック2」("Shrek 2")の海賊版ディスクを1100万枚を押収したと発表したようだ。
ミミ・ロジャースは、米FOXのタイトル未定のコメディパイロットに出演するようだ。
英BBCは、来年1月27日のホロコースト記念日(Holocaust Memorial Day)に、生存者、加害者合わせて100人近いインタビューとCGによる再現映像で構成するドキュメンタリー番組"Auschwitz"を放送するようだ。「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)、「ライフ・イズ・ビューティフル」("La Vita e bella",1997年)、「戦場のピアニスト」("The Pianist",2002年)などのヒット作があるにも関わらず、英国の35歳未満の女性の60%がアウシュビッツを聞いたことがない、と答えたらしい。
全米週末公開作品では、ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、クライヴ・オーウェン、ナタリー・ポートマン共演の"Closer"が476館、ジム・カヴィーゼル主演「アイ・アム・デビッド」("I Am David")が226館で封切られるようだ。クリスマス・シーズン前の小休止らしい。
オンラインDVDレンタルのNetflixは2日、会員を対象とした無料サービス"friends"をスタートさせると発表したようだ。DVDのレンタル履歴の情報を会員同士で共有できるようになるらしい。
「ゴジラ FINAL WARS」で製作を務める富山省吾は「ゴジラには二つの特質があります。ゴジラは恐ろしい存在ですが、しかし人々はその破壊性に共感することも出来ます。彼は戦争と平和の矛盾を具現しているのです。科学の産物であり、同時に犠牲者なのです。だからこそ人々は、彼が破壊者であることを許せるのです」と語ったようだ。
オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演「アレキサンダー」("Alexander")で、主人公がバイセクシャルとして描かれていることに対し、史実と異なるとして抗議している弁護士グループは、法的処置を講じるかどうかを決定するために、2日に同作品を鑑賞するようだ。
「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画版に出演するジェシカ・シンプソンの写真がネット上で公開されたようだ。
ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフ姉妹が米CBSの人気ドラマ"Joan of Arcadia"(2003年-)にゲスト出演するらしい。ヒラリーは来年2月4日、ヘイリーは同月11日、18日、25日の放送に出演するようだ。
第62回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが13日に発表されるようだ。
11日都内で開幕するフジテレビのイベント「HOT FANTASY ODAIBA」の発表会見が2日行われ、同局女子アナが「スウィングガールズ」(矢口史靖監督,2004年)をイメージした(?)セーラー服姿で出席したらしい。15日にはパク・ヨンハによるミニライヴも行われるようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション」("The Lord of the Rings: The Return of the King Special Extended DVD Edition")が来年2月26日から日本のみで劇場公開されるらしい。
ウェイン・ワン監督、クイーン・ラティファ、LL・クール・J共演による"Last Holiday"(1950年)のリメイクで、ティモシー・ハットンの共演が決まったようだ。
"Sex and the City"(1998-2004年)のストーリー・エディターを務めたグレッグ・ベーレント(Greg Behrendt)とリズ・タシーロ(Liz Tuccillo)共著によるノンフィクション小説"He's Just Not That Into You: The No-Excuses Truth to Understanding Guys"の映画化権を、New Lineが獲得したようだ。
「ウォルター少年と、夏の休日」("Secondhand Lions",2003年)を手掛けたティム・マッキャンリーズは、ピアーズ・アンソニー(Piers Anthony)の小説"A Spell for Chameleon"の映画化で脚本を担当する模様。ウォルフガング・ペーターゼンが監督を務めるようだ。
Walt Disney Picturesは、ゴスペル合唱団に参加した女性を主人公にしたデンマーク映画"Oh Happy Day"(2004年)をリメイクするらしい。
クリスチャン・ベイルとフレディ・ロドリゲス(Freddy Rodriguez)が共演する、デヴィッド・エアー(David Ayer)の監督デビュー作"Harsh Times"は、来年1月末からロサンゼルスとメキシコで製作が始まるようだ。
ダーシー・コスパー(Darcy Cosper)の小説に基づくParamountの新作ロマンチックコメディ"Wedding Season"で、ニコール・キッドマンの主演が決まった模様。
ジェリー・ブラッカイマーは、Walt Disney PicturesによるCG実写合成のファミリー映画"G-Force"をプロデュースするようだ。「アビス」("The Abyss",1989年)、「アルマゲドン」("Armageddon",1998年)などを手掛けたVFXスーパーバイザーのホイト・イエトマン(Hoyt Yeatman)の監督デビュー作となる模様。
Universal PicturesによるMarvelコミックの映画化"Sub-Mariner"で、クリス・コロンバスの監督と製作が正式に決まったようだ。「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition",2002年)を手掛けたデヴィッド・セルフ(David Self)が脚本と製作総指揮を務める模様。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2",2004年)のDVDとVHSが先月30日米国でリリースされ、初日だけで合わせて600万本の売上を記録したらしい。
「マスク」("Mask",19984年)、「スチュアート・リトル」("Stuart Little",1999年)などに出演しているエステル・ゲティ(Estelle Getty)が、痴呆症を患っているようだ。
米Public Interest Research Groupの調査による、今年の子供向け商品の危険リストTrouble in Toylandが発表され、ヒラリー・ダフのキャラクターグッズHilary Duff Twinkle Toes Pedicureもリストに入ったらしい。溶剤としてキシレンを含んでいるようだ。
ダン・エイクロイドは、「ブルース・ブラザース」("The Blues Brothers",1980年)のシリーズ第3作を、ビデオ映画として企画しているらしい。ジェイムズ・ベルーシとの共演を考えているとか。
米CBSの"Joan of Arcadia"(2003年-)と「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2004年)が、第6回米ファミリー・テレビ賞(Family Television Awards)を受賞したようだ。
  12/4
パナソニック「VIERA」のCMで使用されているエンヤ「菫草〜SUMIREGUSA〜」のプロモーションビデオが制作されたらしい。CMと同じく小雪が出演、25日の日本テレビ「HAPPY XmasSHOW 今夜限りの音楽ワンダーランド!!2004」で放送されるようだ。
NHK放送文化研究所の世論調査によると、「冬のソナタ」の視聴者の26%が「韓国のイメージが変わった」と回答したようだ。
第17回日刊スポーツ映画大賞が3日発表されたようだ。
■作品賞:「血と骨」(崔洋一監督)
■監督賞:黒木和雄(「父と暮せば」、「美しい夏キリシマ」)
■主演男優賞:ビートたけし(「血と骨」)
■主演女優賞:小雪(「嗤う伊右衛門」)
■助演男優賞:中村獅童(「いま、会いにゆきます」)
■助演女優賞:鈴木京香(「血と骨」)
■新人賞:長澤まさみ(「世界の中心で、愛をさけぶ」)
■外国作品賞:「ラスト・サムライ」("The Last Samurai",エドワード・ズウイック監督)
■石原裕次郎賞:「半落ち」(佐々部清監督)
■石原裕次郎新人賞:オダギリジョー(「血と骨」)
第25回日本SF大賞が4日発表され、「イノセンス」(押井守監督)が大賞に選ばれたようだ。
作家の福井晴敏の結婚披露宴が3日都内で行われ、「亡国のイージス」の阪本順治監督、「ローレライ」の樋口真嗣監督「戦国自衛隊1549」の手塚昌明監督らも出席したようだ。
米Daily Variety誌によると、日本で最も高い興行収入を記録した作品は、エドワード・ズウイック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai",2003年)の137億円だったようだ。2位はアルフォンソ・クアロン監督「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban",2004年)で、132億円とか。
ニック・ノルティに強姦されたとして、10代の少女の両親が訴訟を起こしたようだ。
番組開始以来、繰り返し視聴率0.0%を記録していたジョン・マッケンロー司会のトーク番組"McEnroe"について、CNBCは放送中止を決定したようだ。
ケヴィン・クラインの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ
第31回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice Awards)作品部門のノミネーションが3日発表され、「シュレック2」("Shrek 2")が映画部門のほぼ全てで候補に挙がったらしい。そのほか、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")、「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")が作品賞にノミネートされたようだ。
イタリア首相のシルヴィオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)は「映画を作りたいと思っている」と語ったらしい。
「アレキサンダー」("Alexander")の主人公の描写に抗議していたギリシャの弁護士グループは、憂慮しいていたような明示的な場面は無かったとして、法的措置は取らないことを決めたようだ。 [☆結局、宣伝になっただけかも。]
ウィルマー・ヴァルデラマ(Wilmer Valderrama)と破局したリンゼイ・ローハンは、彼が昔の恋人のマンディ・ムーアと仲がいいことに嫉妬していたらしい。
スタン・リー原案による米Sci Fi Channelの新シリーズ"Lightspeed"(仮題)で、アンドリュー・スチーヴンス(Andrew Stevens)とジェフ・フランクリン(Jeff Franklin)が、脚本を担当することになったようだ。放送は2005-2006年になる模様。
ジョージ・ルーカスは、カリフォルニア州立大学の映画学科に10万ドルを寄付したらしい。同大学では、10月のハリケーンで設備などに被害を受けていたようだ。
"Law & Order"(1990年-)のジェリー・オーバック(Jerry Orbach)は、前立腺癌と診察されたらしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の最新予告篇が、12月10日公開の「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")と、12月8日公開の「ブレイド3」("Blade: Trinity")の劇場で上映されるらしい。
ペ・ヨンジュンの写真展が3日、韓国の釜山で開幕し、日本人ファン500人が詰め掛けたらしい。
フジテレビのイベント「HOT FANTASY ODAIBA」では、「火山高」(2001年)、ドラマ「天国の階段」のクォン・サンウも来日するらしい。また、チャン・ドンゴンも写真集「チャン・ドンゴン プレミアBOX」プロモーションのため23日に来日するようだ。
「2000人の狂人」("Two Thousand Maniacs!",1964年)のリメイク"2001 Maniacs"でロバート・イングランドと共演したリン・シェイはジョージア州にある南北戦争当時の建物を撮影で使ったの。それに当時の衣装を自前で用意してくれるエキストラを募集することになったの。でも彼らに脚本を送ったら『これはポルノだ。全く最低だ。この企画で我々が出来ることは皆無だ。南部の呪いにかかるがいい』という手紙が助監督のところに届いたの。翌日、その助監督はトレイラーの階段から落ちて頭を打ったわ。救急車で運ばれて、結局戻ってこなかった。それに監督のティム・サリヴァンはオオクマバチに首を刺されて数日ダウンしたわ」と語ったようだ。
「マスク2」("Son of the Mask")に主演するジェイミー・ケネディは「第1作の『マスク』("Mask",19984年)はダークな部分もあったけど、今回はファミリー映画の要素が強いんだ。子供がいる人ならだれでも思い当たることだと思うよ。『スリーメン&クレイジー・ベビー』っていう感じなんだ」と語ったようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")に出演するナタリー・ポートマンは「もっとダークな作品になるわ。撮影は大変だったけど、みんな一所懸命だった。ヘイデン(・クリステンセン)もユアン(・マクレガー)も素晴らしかった。イアン・マクダーミッドも。いい作品になることを期待しているわ」と語ったようだ。
"Aeon Flux"に主演するシャーリーズ・セロンは「同じことをやり続けたいとは思わない。チャレンジすることは素晴らしいと思うわ。このジャンルについては詳しくなかった。だからこそ、この仕事に挑戦してみたかったの」と語ったようだ。
東京ジョイポリスに新アトラクション「着信アリ2 〜特別編〜」が18日オープンするらしい。
「パッション」("The Passion of the Christ",2004年)のメル・ギブソンに対するストーカー行為で逮捕された男性について、カリフォルニア上級裁判所は2日、十分な証拠があるとして、裁判を行うことを決定した模様。
  12/5
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が4日初日を迎え、吹替版で声優を務めた三浦友和、綾瀬はるか、宮迫博之らが舞台挨拶に立ったようだ。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」が4日、全国290スクリーンで封切られ、都内劇場では松岡昌宏、菊川怜らが舞台挨拶に立ったようだ。既に中国での上映も決まったらしい。
チョン・ユンチョル監督「マラソン」の撮影現場に、フランスTV5が取材に訪れたらしい。5日の特集番組で、監督とのインタビューなどが放送されるようだ。
作家・小林多喜二(1903-1933年)の実像に迫る、池田博穂監督によるドキュメンタリー映画「多喜二の時代」の撮影が行われているようだ。1口1万円での製作費支援も呼びかけているらしい。
インフォシークによる検索キーワード年間ランキングによると、エンタメタイトル部門では「冬のソナタ」が1位、男性有名人部門では、「ペ・ヨンジュン」が1位、「パク・ヨンハ」が4位だったようだ。
メル・ギブソンが「20年以上も続けられているES幹細胞研究は何の病気の治療にも役になっていない」と語ったインタビュー記事を生徒達に紹介した、ニューヨークのスクールバスの運転手が解雇されたらしい。
第41回金馬獎授賞式が4日台中市で開催され、ルー・チューアン(陸川)監督「可可西里」("Kekexili: Mountain Patrol")が最優秀作品賞を受賞したようだ。また、主演男優賞は「インファナル・アフェア 終極無間」("Infernal Affairs III")のアンディ・ラウ、主演女優賞は「月光下我記得」("The Moon also Rises")のヤン・クイメイ、監督賞は「大事件」("Breaking News")のジョニー・トーが監督した模様。
Warner Home Videoはmini-DVDプレイヤーを発売すると発表したようだ。小型ゲーム機より一回り大きい筐体に2.5インチのディスプレイを備え、価格は120ドル以下とか。mini-DVDのソフトも約30タイトルが発売され、来春までには50タイトルが揃う模様。主に子供をターゲットにした製品らしい。
久保直樹監督「あゝ一軒家プロレス」が4日都内劇場で初日を迎え、ソニンらが舞台挨拶に立ったようだ。
ニック・カサヴェテスの監督が決まったMarvelコミック"Iron Man"の映画化で、ジャスティン・ティンバーレイクの主演がウワサされているらしい。
レオナルド・ディカプリオは、強迫性障害(頭に浮かぶ不安を振り払おうと、何度も同じ行動を繰り返す病気)であることを明らかにしたようだ。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の最新ポスターが公開されたようだ。
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演"Mr. and Mrs. Smith"の最新ポスターが公開されたようだ。
現在ジェフ・ネイサンソン(Jeff Nathanson)が執筆中の「インディ・ジョーンズ4」の脚本について、ジョージ・ルーカスは満足しているらしい。また「4」は出来るとかとの問いに、ハリソン・フォードは「間違いない」と答えたとか。
「K―1 WORLD GP 2004 決勝戦」が4日東京ドームで開催され、来日中のチョン・ジヒョンが開幕宣言を行ったようだ。
東京のキャピトル東急ホテルは4日、ペ・ヨンジュンと同じ部屋に宿泊できる「微笑みの貴公子宿泊プラン」をスタートさせたらしい。1泊40万円とか。 [☆なんじゃそりゃ]
  12/6
木村裕一の絵本シリーズ「あらしのよるに」がアニメ映画化されるらしい。杉井ギサブローが監督、中村獅童、成宮寛貴らが声優を務めるようだ。
ソン・ヘソン監督、ソル・ギョング、中谷美紀共演の新作「力道山」の試写会が6日、ソウル市内で行われたようだ。日本公開は来年6月になる模様。
竹内啓雄監督によるアニメーション映画「あした元気にな〜れ! 〜半分のさつまいも〜」の製作発表が5日都内で行われ、声優を務める上戸彩らが出席したようだ。ナレーションを吉永小百合、主題歌を林明日香が担当するらしい。
薗田賢次監督、観月ありさ主演「鳶がクルリと」が5日、都内でクランクアップしたようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の観客動員数が、公開16日間で521万9176人に達したようだ。
キム・スンウが5日、ソウル市内でファンミーティングを行い、日本のファン700人が参加したらしい。
新宿区は、大地震の際の避難や宿泊の拠点として、歌舞伎町の4つの映画館と協定を結ぶ方向で検討を進めているらしい。
国営中国中央テレビで5日、日中戦争を描くドラマ「記憶的証明」がスタートしたようだ。制作側は当初チアン・ウェン監督「鬼が来た!」を意識していたものの、完成後1年半に渡る検閲を受け、大幅に修正されたらしい。
新潟県中越地震で被害を受けた小千谷市塩谷地区と山古志村で撮影が行われた映画「鯉のいる村」(神山征二郎監督,1971年)のチャリティ上映会が全国各地で行われているようだ。神山監督のデビュー作で富永みーなが出演しているらしい。
第27回ケネディ・センター栄誉賞(Kennedy Center Honors)授賞式が5日ワシントンで開催され、ウォーレン・ベイティ、ジョン・ウィリアムス、オジー・デイヴィス、ルビー・ディら6人が受賞したようだ。祝賀会にはフェイ・ダナウェイ、ロバート・ダウニーJr.、スティーヴン・スピルバーグらも出席したらしい。
北米を除く海外週末興収では、26の地域で公開中の「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が3700万ドルを獲得、総興収は1億500万ドルに達した模様。英国では820万ドルで2週連続1位、日本では760万ドルで初登場2位となったらしい。
ジャック・ウォーデン、ジョージ・シーガル、オジー・デイヴィス、リップ・トーン、ビリー・バーク(Billy Burke)の5人は、チャーリー・ピサーニ(Charlie Picerni)監督の新作インディ・コメディ"Retirement"で共演するらしい。来年2月からニューオーリンズとラスヴェガスで撮影が行われる模様。
全米週末興収は、「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")が1710万ドル(3243館)で3週連続1位を獲得、一方、ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、クライヴ・オーウェン、ナタリー・ポートマン共演の"Closer"は770万ドル(476館)で6位、金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウ共演の「LOVERS」("House of Flying Daggers")は41万7000ドル(15館)で18位のスタートとなったようだ。
エフティ資生堂「シーブリーズ」のCMキャラクタに、新庄剛志外野手が起用されたらしい。来年4月から登場するようだ。契約金は1億円とか。
レオナルド・ディカプリオは、以前企画されていたバズ・ラーマン監督の"Alexander the Great"について、今後の製作の可能性を否定した模様。
"X-Men"、"Superman"などのコミックを手掛けたジョー・ケイシー(Joe Casey)の新作グラフィック・ノベル"Full Moon Fever"の映画化が決まった模様。レニー・ハーリンが手掛けるようだ。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")プロモーションのため、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンキャサリン・ゼタ=ジョーンズが来年1月12日に来日するらしい。
サム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール、ジェイミー・フォックス共演の新作"Jarhead"で、ピーター・サースガードの共演が決まったようだ。
Fantastic Films Internationalは、メビウス原作によるSFアニメ"Thru the Moebius Strip"を配給するようだ。香港のGDC Entertainmentが製作で、グレン・チャイカが監督、マーク・ハミル、マイケル・ドーン、ジョナサン・テイラー・トーマス、ジーン・シモンズらが声優を務めるらしい。
マーク・スヴェンヴォルド(Mark Svenvold)のノンフィクション"Elmer McCurdy: The Misadventures in Life and Afterlife of an American Outlaw"の映画化について。Bull's Eye Entertainmentとリチャード・N・グラッドスタイン("Richard Gladstein")が共同でオプション契約を結んだ模様。
ロバート・ロドリゲス監督の新作"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D"で、デヴィッド・アークエットとクリスティン・デイヴィスの共演が決まった模様。
Beacon Communicationsは、ジョシュア・サフラン(Joshua Safran)の脚本による新作"Random Acts of Kindness"の主演に、アシュトン・カッチャーを起用する見込みらしい。
ローラ・ダーンは先月28日、第2子となる女の子を出産したようだ。
ベルギーのバストーニュで15日から開催される、バルジの戦いから60周年を記念するセレモニーに、「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)のトム・ハンクスが出席するらしい。
先月19日発売のDVD「シュレック2」が一部DVDレコーダで再生できない問題について、東芝は6日、対応アップデートを開始したようだ。
ロブ・マーシャル監督「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の撮影現場からの写真がネット上で公開されたようだ。
  12/7
SABU監督、手越祐也主演の新作「疾走」で、中谷美紀が共演するようだ。寺島進演じる地上げ屋の愛人役とか。
「冬のソナタ」の舞台となった韓国の春川市が製作する、ペ・ヨンジュンの等身大像がほぼ完成したらしい。来週にも設置される予定とか。 [☆何か、顔が崩れてない?]
リュ・シウォンが、10日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」に生出演するようだ。「美しき日々」の劇中歌「約束」を歌うらしい。
行定勲監督「北の零年」の完成会見と試写会が6日都内で行われ、吉永小百合らが出席したようだ。
東芝とメモリーテックは8日、HD DVDと現行DVDの映像を1枚に収録できる再生用ディスクを開発した、と発表したようだ。
第25回青龍映画賞で主演男優賞を受賞したチャン・ドンゴンは、その夜大酒を飲み「生まれて初めて記憶をなくした」らしい。
2004コリア・ファッション・ワールド・アワードの授賞式が6日ソウル市内で行われ、タレント部門にアン・ジェウクとチャン・ソヒ、俳優部門ではキム・ジュヒョクとキム・ジョンウンが受賞したようだ。
新潟県中越地震で被災した新潟県山古志村を支援する、ドキュメンタリー映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(橋本信一監督,2003年)のチャリティ上映会が8日、広島市内で開催されるようだ。
フォン・シャオガン監督「天下無賊」のプレミアが5日上海で開催され、アンディ・ラウ、ルネ・リウ、グォ・ヨウらが出席したようだ。
楽天トラベルは7日、「冬のソナタ」グッズのプレゼントや免税店での割引などを行う、韓国ホテル予約キャンペーンをスタートしたようだ。
久月は7日、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの「冬ソナ」羽子板など、9作品の「変わり羽子板」を発表したようだ。
サンスターの調査によると、「歯が魅力的な有名人」の1位は、男性が新庄剛志外野手、女性が松嶋菜々子だったようだ。ペ・ヨンジュン、伊東美咲、藤原紀香が2位に入ったらしい。
被爆者の実態を伝えるドキュメンタリー映画を製作するため来日中のロバート・リクター(Robert Richter)監督が広島市を訪れ、7日市内の放射線影響研究所などで撮影を行ったようだ。
17日から鹿児島県指宿市で小泉純一郎首相とノ・ムヒョン大統領による日韓首脳会談が開催されるのを前に、13日から3日間「韓流ウイークin鹿児島」が開催されるようだ。パク・ヨンハによるミニトークショーとサイン会や、クァク・ジェヨン監督「ラブストーリー」("Classic",2003年)の上映会などが予定されているらしい。
「すべての美しい馬」("All the Pretty Horses",2000年)の原作などで知られるコーマック・マッカーシー(Cormac McCarthy)の新作小説"No Country for Old Men"を、スコット・ルディン(Scott Rudin)が映画化するらしい。
英BBCのミニシリーズ"State of Play"(2003年)を、Universal Picturesが映画化するらしい。
第1回ドバイ国際映画祭(Dubai International Film Festival)が6日開幕し、オーランド・ブルームもレッドカーペットを歩いたらしい。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの裁判は、重要書類の入った弁護士のパソコンが盗まれたため2週間延期となり、今月20日に冒頭陳述が行われることになったようだ。
マイケル・ムーア監督は「多くの保守派の政治評論家達は、どう民主党員がハリウッドの影響から逃れるかという話ばかりしている。現実は逆だ。民主党員はハリウッドを抱き込む必要がある。彼らの必要なのは、どうストーリーを伝えるかを学ぶことだからだ」と語ったようだ。
「スクービー・ドゥー」シリーズなどを手掛けた脚本家のジェイムズ・ガン(James Gunn)は、新作"Slither"で監督デビューするらしい。
「火星のジョン・カーター」シリーズ第1作「火星のプリンセス」("A Princess of Mars")を映画化するケリー・コンラン監督は、タンザニアにあるEdgar Rice Burroughs社のオフィスを訪れ、エドガー・ライス・バロウズの孫ダントン・バロウズ(Danton Burroughs)と、映画化について協議した模様。
ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演の新作"Pride and Prejudice"の撮影風景の映像が、英BBCの映画番組で6日放送されたらしい。
行定勲監督、吉永小百合、渡辺謙主演「北の零年」のチャリティ・オンライン試写会が、NTT東日本エリアの「フレッツ」ユーザ1000人を対象に、来年1月11日から開催されるらしい。
Twentieth Century Foxは、当初22日の予定だった"Flight of the Phoenix"の公開日を17日に前倒ししたようだ。25日公開となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演"The Aviator"との衝突を避けた模様。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演"War of the Worlds"の撮影が、ニューヨーク州のアセンズ(Athens)で6日から始まったようだ。
チャリティ・ネットオークション"Staplers Of The Stars"が行われ、パリス・ヒルトン、シェール、リンゴ・スターら有名人のサイン入りホッチキスが出品されたようだ。
オーランド・ブルームは、4日ロンドンの創価学会国際仏教徒センターで行われた宗教儀式に出席したらしい。
Platinum Studiosのコミック"The Darkness"を、Dimension Filmsが実写映画化するらしい。
フィリップ・K・ディックの「ゴールデン・マン」("The Golden Man")に基づく、リー・タマホリ監督、ニコラス・ケイジ主演のSFスリラー"Next"で、ジュリアン・ムーアが出演交渉中らしい。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作の新作"Sin City"に出演するクライヴ・オーウェンは「ロドリゲス監督は、原作に忠実であることを重視していた。彼は、次々と映像を再構成していく。僕らはただ、毎日グリーン・スクリーンの前に立つだけだった。奇妙な体験だったよ」と語ったようだ。
"Superman Returns"で脚本を担当するダン・ハリス(Dan Harris)は、前4作からは離れた作品になる、と語ったようだ。
「2300年未来への旅」("Logan's Run",1976年)のリメイクについて、ブライアン・シンガー監督は"Superman Returns"の後で着手するつもりのようだ。
英国インディペンデント映画賞(British Independent Film Awards)授賞式に出席したジリアン・アンダーソンは、ガリガリに痩せていたらしい。
英国パン製造会社Warburtonsが、チーズ風味のクランペットの発売を記念して行った調査によると、「最も安っぽい(cheesiest)映画の瞬間」の第1位は、「タイタニック」("Titanic",1997年)でレオナルド・ディカプリオが言うセリフ"I'm the king of the world!"だったようだ。
BIGLOBEは7日、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のDVD発売に合わせて、動画コンテンツの無料配信をスタートしたようだ。
シガニー・ウィーヴァーは「エイリアン5」の可能性について「メジャースタジオは55歳のおばさんが主人公の映画なんて撮りたがらないわ」と発言したらしい。
  12/8
株式会社アーティストハウス株式会社シニアコミュニケーションは、共同出資による新会社「翔年社」を24日設立、50歳以上のシニア層を対象にした映画や書籍の企画・製作を行うらしい。
キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演「甘い人生」が、来年4月中旬に日韓同時公開されるらしい。日本の配給はポニーキャニオン、日本ヘラルド映画が手掛け、契約額は320万ドルとか。 [☆韓国では3月公開?]
崔洋一監督と松本零士が、宝塚造形芸術大学に新設されるメディア・コンテンツ学部の教授に就任するらしい。
映画やドラマのロケ地を紹介する季刊情報誌「ロケーションジャパン」が、来年度から隔月刊になるらしい。
7日ソウル市内で行われたチェ・ソグォン監督「B型の彼氏」の記者会見に出席したイ・ドンゴンは「これ以上、歌手として活動する気はない」と発言したらしい。自分の意志と無関係に、日本でアルバムが発売されたことにショックを受けた、とコメントした模様。
北朝鮮と中国が映画「力道山の秘密」を共同製作、来年2-3月に公開されるらしい。
2004年の年間ベストセラーが8日発表され、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")が1位、「世界の中心で、愛をさけぶ」が2位、「いま、会いにゆきます」が10位となったようだ。
第47回グラミー賞のノミネーションが7日発表され、カニエ・ウェスト(Kanye West)が10部門、アリシア・キーズとアッシャーが8部門、レイ・チャールズが7部門でノミネートされたようだ。
ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館に7日、キリスト降誕の場面を再現した新たな人形が登場したようだ。デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻がヨセフとマリアに、ブッシュ大統領、ブレア首相、エジンバラ公らが東方三賢人に扮しているほか、サミュエル・L・ジャクソン、ヒュー・グラントらの人形も置かれているらしい。
マイケル・ラドフォード監督の新作「ヴェニスの商人」("The Merchant of Venice")に主演したアル・パチーノは、「リア王」や「マクベス」などの映画化も検討している、と語ったらしい。
Disney/Pixar共同製作によるCGアニメ映画"Cars"の全米公開は、当初予定の2005年11月から、2006年6月9日に延期されたようだ。サマーシーズン公開の方がヒットを見込めると判断した模様。日本公開は同年7月15日になるらしい。
英国議会で成立する見通しの反テロ法案に宗教的憎悪の扇動を禁じる条項があることについて、ローワン・アトキンソンは、自らの作品や「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」("Monty Python's Life of Brian",1979年)といった宗教を風刺する作品がまでもが対象となり、言論の自由を侵害するものだ、と非難したようだ。
Amazon.comは、ダリル・ハンナ主演の短編映画"Careful What You Wish For"の配信をスタートしたようだ。
9日行われる本広克行監督「交渉人 真下正義」の製作発表の模様がネット配信されるらしい。ユースケ・サンタマリア、水野美紀、小泉孝太郎らが出席する予定とか。
"Son of the Mask"のポスター予告編が公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演"War of the Worlds"の公式サイトで、10日から予告編第1弾が公開される模様。
新作"MirrorMask"を手掛けた脚本のニール・ゲイマン(Neil Gaiman)と監督のデイヴ・マッキーン(Dave McKean)は、グラフィック・ノベル"Signal to Noise"の映画化を企画しているらしい。
「ジョン・カーペンターの要塞警察」(1976年)のジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)監督によるリメイク版"Assault on Precinct 13"のポスターが公開されたようだ。
ジェニファー・ロペスは、今年のクリスマスにブロンクスのホームレス保護施設で歌うことを計画しているらしい。
サミュエル・L・ジャクソンは、トーマス・カーター監督の新作"Coach Carter"で共演したアシャンティ(Ashanti)が、休憩時間中はほとんどネリー(Nelly)と一緒で、菜食主義者の彼女のためにネリーが毎日のように食事を持ってきていた、と語ったらしい。
グォン・サンウは12日に来日するようだ。
「呪怨」(清水崇監督,2002年)とその続編で"ヒロイン"伽椰子を演じた藤貴子が、同じ劇団「円」に所属する夫の渡辺穣と離婚したようだ。
「APPLESEED」(荒牧伸志監督,2004年)を手掛けたMicott & Bazaraは、続編2作品の製作について米Axis Entertainmentと契約した模様。TVシリーズや実写化も計画しているらしい。
ニコラス・ストーラー(Nicholas Stoller)によるロマンチック・コメディの脚本"Palms Fitness"を、Paramount Picturesが獲得したようだ。
N・E・ボード(N.E. Bode)文、ピーター・ファーガソン(Peter Ferguson)絵による児童書"The Anybodies"の映画化権をParamount PicturesとNickelodeon Moviesが獲得した模様。
Hollywood Reporterは7日、ハリウッド女優出演料トップ10を発表したようだ。
1.ジュリア・ロバーツ (2000万ドル)
2.キャメロン・ディアス (2000万ドル)
3.ニコール・キッドマン (1500万ドル)
4.リース・ウィザースプーン (1500万ドル)
5.ドリュー・バリモア (1500万ドル)
6.ハル・ベリー (1400万ドル)
7.サンドラ・ブロック (1200万-1500万ドル)
8.アンジェリーナ・ジョリー (1200万-1500万ドル)
9.レネー・ゼルウィガー (1200万ドル)
10.ジェニファー・ロペス (1200万ドル)
第32回アニー賞(Annie Awards)のノミネーションが発表され、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が16部門、「シュレック2」("Shrek 2")と「シャーク・テイル」("Shark Tale")が14部門で候補に挙がったほか、「イノセンス」("Ghost in the Shell 2: Innocence")も作品賞、監督賞など4部門にノミネートされたらしい。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"で共同脚本を務めるダン・ハリス(Dan Harris)は「『X-Men 2』("X2: X-Men United",2003年)はビッグだったが、今度はさらにもう一段大きな作品を目指している。来年3月からオーストラリアで撮影を始める予定だが、メトロポリスの巨大なオープンセットを建築するためには、もう少し時間が必要だ」と語ったらしい。
「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化で主演を務めたジム・キャリーは「僕の演じたオラフは、奇妙なことに僕のオヤジとソックリになったんだ。僕はいつも自分の役に父親の要素を入れるんだ。僕の映画を観てくれる家族への合図みたいな感じでね。でも、今回の作品を観た家族達には『私達を怖がらせようとしている』って言われたよ」と語ったようだ。
ジョエル・シュマッカー監督「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")で主演を務めたジェラルド・バトラーは、有名なキャラクタを演じることについて「演技に集中して、それ以外のものはすべてシャットアウトする。それでもプレッシャーを感じることはあるが、それさえも利用しなければならない」と語ったようだ。
元ラッパーのマーク・ウォールバーグと、現在ニューヨーク州の刑務所に拘留中のラッパー、シャイン(Shyne)が共同で、自らの半生を振り返るドキュメンタリー映画を製作するらしい。来年夏に公開予定とか。
ゲイリー・ウィニック(Gary Winick)監督によるE・B・ホワイト(E.B. White)の児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化で、ダコタ・ファニングの主演が決まったようだ。
ブラッド・ピットは、エイズと貧困の撲滅に向けて活動するTheOneCampaign.orgのスポークスマンとして、南アフリカとエチオピアを訪問したようだ。
ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で製作者側は、アキヴァ・ゴールズマン(Akiva Goldsman)による脚本について、キリスト教学者らに監修を依頼しているらしい。
3年間の大改修を終えたミラノのスカラ座が7日、アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri,1750-1825)作"Europa riconosciuta"の上演で再び幕を開けたようだ。会場にはソフィア・ローレン、ジョルジオ・アルマーニらも訪れたらしい。
  12/9
「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」(深作欣二、深作健太監督,2003年)の8割を再編集した「バトル・ロワイアルII 特別篇 REVENGE」のDVDが、来年2月に発売されるらしい。
米DreamWorks Animationは8日、株式公開後初の決算を発表、7-9月期の売上高は、前年同期比5倍の2億4130万ドルに達し、純利益も2030万ドルと黒字転換したようだ。「シュレック2」のヒットが貢献した模様。
「冬のソナタ」ロケ地の韓国春川市が500万ウォンをかけて制作したぺ・ヨンジュンの等身大人形について、韓国国内から「ひど過ぎて恥ずかしい」といった抗議が殺到、破棄されることになったらしい。
黒木瞳のフォトエッセー「もう夫には恋はできない」が9日発売されたようだ。
米Walt Disneyは8日、次世代DVD規格として「Blu-ray Disc」を支持する、と発表したようだ。
タイのバンコクで9日閉幕したCineAsia 2004で、韓国シネコンチェーンのメガボックスが、年間映画館賞(Exhibitor of the Year)を受賞したらしい。
2005年2月14日公開となるヴィッキー・チャオ、ルー・イー共演の新作「情人結」のポスター数が、中国国内映画としては過去最多になるらしい。
樋口真嗣監督「ローレライ」に登場する潜水艦の模型は、海洋堂が製作しているらしい。
「冬のソナタ」のロケに使用された韓国国立がんセンターは8日、日本人女性を対象にした集団がん検診「ヨン様プラン」を来年スタートさせると発表したようだ。撮影に使われた病室に一泊できるプランも検討しているとか。
Yahoo! Internet GuideによるWeb of the Year 2004が8日発表され、話題賞には「冬のソナタ」、「世界の中心で、愛をさけぶ」などが選ばれたようだ。
「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")のDVDとVHSが7日米国で発売され、初日だけで250万本の売上を記録したらしい。また、同日発売の"Dodgeball: A True Underdog Story"は210万本に達したらしい。
米製作者組合(Producers Guild of America)は、来年1月のPGA賞授賞式で授与するスタンリー・クレイマー賞(Stanley Kramer Award)に、"Hotel Rwanda"と"Innocent Voices"の2作品を選んだようだ。3作品が選ばれるのは初めてとか。
第17回ヨーロッパ映画賞(European Film Awards)授賞式が11日、スペインのマドリッドで開催される模様。ファティ・アキン(Fatih Akin)監督"Gegen die Wand"(Head-On)、ペドロ・アルモドヴァル監督「バッド・エデュケーション」("Bad Education")がそれぞれ7部門で候補に挙がっているらしい。
マーサ・スチュワートは、来年秋スタートの新番組でTVに復帰するらしい。
Jay-Zは、Def Jam Recordingsの社長兼CEOに任命されたようだ。
ビルボード音楽賞(Billboard Music Awards)授賞式が8日ラスヴェガスで開催され、アッシャーが11部門、アリシア・キースが7部門、OutKastが5部門を獲得したらしい。
米音楽番組"American Bandstand"(1952-1989年)で司会を務めたディック・クラーク(Dick Clark)が、心臓発作で入院しているらしい。
カタールのTV局Al-Jazeeraに関するドキュメンタリー映画"Control Room"(2004年)が、開催中のドバイ国際映画祭で上映されたようだ。
デヴィッド・ベッカム夫妻らの人形でキリスト降臨を再現したマダム・タッソー蝋人形館の新しい展示に対し、ヴァチカンをはじめ、英国教会、カトリック教会、長老教会などが非難の声明を発表したようだ。
ウェス・クレイヴン監督の新作"Cursed"について、Dimension FilmsはレイティングをRからPG-13にするためにカットすることを検討しているらしい。
BIGLOBEは、ソン・スンホン主演「夏の香り」の無料配信をスタートしたようだ。
新作"Cars"公開延期の発表を受け、米ナスダック市場では8日、Pixar Animation Studiosの株価終値が前日比4.71%安となったようだ。
東映は、「実録三億円事件 時効成立」(石井輝男監督,1975年)、「暴走パニック 大激突」(深作欣二監督,1976年)、「狂った野獣」(中島貞夫監督,1976年)の有料配信をスタートしたようだ。「資金源強奪」(深作欣二監督,1975年)も16日から配信されるらしい。
Morgan Creekは、ポール・シュレイダー監督版「エクソシスト ビギニング」("Exorcist: The Beginning")の劇場公開を計画しているらしい。
ジョン・シングルトン監督、マーク・ウォールバーグ主演の新作復讐スリラー"Four Brothers"で、アイス・キューブの共演が決まった模様。撮影は来年1月から始まるようだ。
「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"の公式サイトがオープンしたらしい。
「悪魔の棲む家」(1979年)のアンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督、ライアン・レノルズ主演によるリメイク"The Amityville Horror"の予告編第1弾が公開されたようだ。
DreamWorksは8日、「シュレック3」("Shrek 3")の全米公開日を2006年11月から2007年5月に延期すると発表したようだ。
先週末行われたスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演"War of the Worlds"の撮影で、2体のマネキンがコネチカット川に流されてしまったらしい。
SFドラマ・シリーズ「バビロン5」("Babylon 5",1994-1998年)が、スティーヴン・ベック(Steven Beck)の監督で映画化されるらしい。タイトルは"The Memory of Shadows"で、来年4月から撮影が始まる模様。
米DreamWorksと英Aardman Animationsによるクレイメーション作品"Flushed Away"で、ケイト・ウィンスレットが声優として参加しているらしい。
ウェス・アンダーソン監督、ビル・マーレイ主演最新作"The Life Aquatic With Steve Zissou"の、撮影風景などの2分間の映像が公開されたらしい。
ピンク(Pink)は、自身の日記の映画化"The Diary Of Pink"を企画しているらしい。
トニー・スコット監督「マイ・ボディガード」("Man on Fire")の特別試写会が8日都内で行われ、安倍麻美、野田義治、雛形あきこらが会場を訪れたようだ。
「ゴジラ FINAL WARS」の北村龍平監督、浅田英一特技監督、富山省吾プロデューサーが8日、日本外国特派員協会で記者会見を行ったようだ。
浅野忠信が明智小五郎を演じるオムニバス映画「乱歩地獄」の撮影が進行中らしい。成宮寛貴らが共演しているようだ。
アダム・サンドラーの製作会社Happy Madisonによる新作野球コメディ"Bench Warmers"で、ロブ・シュナイダーとデヴィッド・スペイドの共演が決まったようだ。アダム・サンドラーは出演しないらしい。
ベン・スティラーは新作"Tropic Thunder"で脚本、主演、監督を務めるらしい。映画撮影のための基礎訓練キャンプに参加した5人の俳優を描くコメディとか。
ジム・キャリーは新作「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")について「子供たちにとってダーク過ぎるとは思わない。子供の頃は、僕も怖いことが大好きだった。4歳の子供を連れて来ることは無いと思うけど、怖いと言うより、楽しい作品になっているよ」と語ったようだ。
"Aeon Flux"に主演するシャーリーズ・セロンは「肉体的にチャレンジングな作品だった。それに、私の衣装では、天候的にもチャレンジングだったわ」と語ったらしい。
マイク・フィギス監督次回作は、New Line Cinemaの新作スリラー"Guilty Pleasure"になる模様。
ディノ・デ・ラウレンティスは、ジョヴァンニ・ボッカチオ(Giovanni Boccaccio,1313-1375)の古典「デカメロン」("The Decameron")を再映画化するらしい。デヴィッド・リーランドが脚本・監督、ミーシャ・バートンが主演を務めるようだ。撮影は来年フィレンツェとローマで行われる模様。
椎間板ヘルニアのため「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")のプロモーションを欠席したジョージ・クルーニーは、手術を受ける可能性もあるらしい。
ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻が破局、という一部の報道に対し、双方の広報担当者は否定したようだ。
インドの携帯電話会社Airtelは、第3世代携帯電話向けに、公開直前の長編映画を配信するらしい。
DVD Copy Control Associationは、500枚分のDVDコンテンツをホームサーバにコピーしDVDなしで再生可能とする、家庭向けDVDジュークボックススシステムを製造する米Kaleidescape社に対する訴訟を起こしたようだ。
  12/10
スティーヴン・ソダーバーグ監督「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")のワールドプレミアが8日ロサンゼルスで開催され、主演のジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、キャサリン・ゼタ=ジョーンズらが、全長250メートルのレッドカーペットを歩いたらしい。ジョージ・クルーニーは、日本のマスコミからの「次回作は日本で」との声に「いいアイデアだ」と答えたとか。
源孝志監督「東京タワー」で共演する黒木瞳と岡田准一が9日、都内で行われたクリスマスツリーの点灯式に出席したようだ。
ノ・ドンソク監督「マイ・ジェネレーション」が、第55回ベルリン国際映画祭のヤング・フォーラム部門に出品されるらしい。
チャウ・シンチーは、中国四川省にある西南民族大学芸術学院で客員教授を務めることになったらしい。
住友生命保険は9日「創作4字熟語」の優秀・入選50作品を発表、「様様様様」などが選ばれたらしい。 [☆座布団ヨン枚!]
メル・ギブソンは、東京急行電鉄が保有するフィジー諸島のマゴ島を1500万ドルで購入したらしい。
「AKIRA KUROSAWA DRAWINGS 黒澤明アート展」が10日、六本木の森アーツセンターギャラリーで開幕したようだ。
ヴァチカンの大学で、エクソシスト養成講座が開講するらしい。
チャーリー・チャプリンが「チャップリンの独裁者」("The Great Dictator",1940年)で使用した付け髭と「モダン・タイムス」("Modern Times",1936年)で使用したステッキ、「スター・ウォーズ」シリーズで使われたストームトルーパーのヘルメットなどの映画関連グッズが、来週ロンドンで行われるオークションに出品されるらしい。
中国当局は6日、米NBAのレブロン・ジェイムズ(Lebron James)が出演するNIKEの新CMの放送中止を命じた模様。アニメ化されたカンフーの達人や中国の伝統衣装を着た女性、龍などを次々と倒す姿が「国民感情を害した」らしい。NIKEは謝罪を表明したようだ。
人気TVシリーズ"The Beverly Hillbillies"(1962-71年)の主題歌で知られる、カントリー&ウェスタン歌手のジェリー・スコギンス(Jerry Scoggins)さんが亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
全米週末公開作品では、3290館で上映されるスティーヴン・ソダーバーグ監督「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")が、前作を上回る4000万ドルの興収を記録すると予想されているようだ。一方、8日公開となったウェズリー・スナイプス主演のシリーズ第3作"Blade: Trinity"の週末興収は、前作「ブレイド2」("Blade II")の3250万ドルと同程度になる模様。
Nielsen Media Researchによると、今年9月末までのゴールデンアワーに放送されたTV番組中に、Coca-Cola Classicは245回登場したのに対し、Pepsiは1109回だったようだ。米国ではTiVoなどによるCMスキップ機能対策として、番組中に商品を登場させる手法が増えているらしい。
PixarとDreamworksが、相次いで新作の公開をサマーシーズンに変更したことについて、ウォール街のアナリストらの多くは否定的なようだ。
Samuel Goldwyn Filmsは、レバノン出身のジアド・ドゥエイリ(Ziad Doueiri)監督による「西ベイルート」("West Beyrouth",1999年)の続編"Lila Says"(Lila dit ca)の北米配給権を獲得した模様。
ゲイリー・フレダー監督は、米NBCのボストン警察学校を舞台にした昼ドラ、米ABCの拘留中の犯罪者と共に事件を解決していくFBI捜査官のドラマなどを手掛けるほか、CATV局のWB Network、UPN、TNTの新ドラマ企画にも参加しているらしい。
ウェブサイトXfactorsdate.comの調査によると、クリスマスにデートしたい有名人の1位に、男性ではジュード・ロウ、女性ではカイリー・ミノーグが選ばれたらしい。 [☆Xfactorsdate.comなるサイトを見つけることが出来ませんでした・・・]
じゃりン子チエ 劇場版」(高畑勲監督,1981年)のDVD発売記念イベント「テツと試写会inなんばグランド花月」が9日開催され、西川のりおらが出席したようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")で、ブライアン・コックスがライオンのアスランの声を演じるらしい。
「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"の予告編が、Yahoo! Moviesで公開されたようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作"Charlie and the Chocolate Factory"の予告篇第1弾がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
人気コミックの映画化"Fantastic Four"からの最新画像がネット上で公開されたようだ。
ヴァルテル・サレス監督「ダーク・ウォーター」("Dark Water")の最新予告篇が公開されたらしい。
キアヌ・リーヴス主演「コンスタンティン」("Constantine")の最新予告篇が公開された模様。
リー・タマホリ監督、アイス・キューブ主演によるシリーズ第2作"XXX: State of the Union"の予告篇が、公式サイトで公開されたようだ。
レオナルド・ディカプリオは「どんな女性も、僕の母親とは比較にならない。母は常に僕の手本だった。母のことを語らずに、僕自身を語ることはできない」と語ったようだ。
ウィルマー・ヴァルデラマ(Wilmer Valderrama)と破局したリンゼイ・ローハンは「映画への出演も止めて、彼と一緒にいるつもりだった。今の私は抜け殻のよう。私は人生の全てを捧げたのに、彼は去ってしまったわ」と語ったらしい。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の国際版ポスターが公開されたようだ。
本広克行監督「交渉人 真下正義」に登場する、地下鉄指令室のセットが9日報道陣に公開されたようだ。1億5000万円かけたらしい。
ワーナー・ホーム・ビデオの「スーパー・ハリウッド・プライス101タイトルキャンペーン」のイメージキャラクターに青木さやかが起用されたようだ。新CMは12月27日から来年1月3日まで放送されるらしい。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can",2002年)などの脚本を担当したジェフ・ネイサンソン(Jeff Nathanson)は、ベン・アフレックの降板などで製作が中断していたDisneyの新作コメディ"Ghosts of Girlfriends Past"で監督を務めることになったようだ。
人気TVシリーズ"The Man From U.N.C.L.E."(1964-68年)の映画化で、マシュー・ヴォーンが監督に向けて交渉中らしい。
サナ・ハムリ(Sanaa Hamri)の監督デビュー作となる、異人種間のラヴ・ストーリーを描く新作"42.4 Percent"で、サイモン・ベイカーとサナ・レイサンの出演が決まったようだ。
マイケル・シャピロ(Michael Shapiro)の映画監督デビュー作となるバスケットボール映画"Street"で、アレック・ボールドウィンがコーチ役として出演交渉中の模様。また、Columbia Picturesによる「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)のリメイクにも出演するらしい。
スヌープ・ドッグがコーチを務め、息子も所属する少年アメフト・チームRowland Heights Raidersの実話に基づく映画が製作されるらしい。スヌープ・ドッグは、出演契約にサインした模様。
マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン共演による「プロデューサーズ」("The Producers",1968年)の再映画化で、共演予定だったニコール・キッドマンが降板した模様。ラッセル・クロウ共演の新作"Eucalyptus"に出演するため十分なリハーサルの時間が取れない、という理由らしい。
ポール・W・S・アンダーソンは、「バイオハザード」シリーズ第3作について「まだコンセプトの段階だが、2作目のほうがヒットしたので、3作目をやる話は当然ある。僕は以前から3部作を考えていた。まだ交渉中だが、作る意志はある」 と語ったようだ。
「X-Men」シリーズでアイスマンを演じたショーン・アシュモアは、シリーズ第3作について「出演契約にはサインした。でも、どんな脚本なのか、だれが監督なのか、何も知らない」と語ったらしい。
リンゼイ・ローハンが生番組で2曲を披露したところ、口パクだという抗議の電話が殺到したらしい。ローハン側は否定しているようだ。
モリー・シャノンは、来年3月に2人目を出産予定らしい。
ジョエル・シュマッカー監督「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")のロンドン・プレミアが6日開催され、エミー・ロッサム、ミニー・ドライヴァー、アンドリュー・ロイド・ウェバーらが出席したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")の予告篇第1弾が公開されたようだ。
  12/11
11日東京グローブ座で開幕する舞台「TAPE」の公開舞台稽古が10日行われ、佐藤アツヒロ、赤坂晃、小池栄子が参加したようだ。
第一生命経済研究所の試算によると、「冬のソナタ」が日韓両国にもたらす経済効果は約2300億円に達するらしい。
演劇座、青年座などで活躍したほか、「ひめゆりの塔」(今井正監督,1953年)にも出演した、女優の徳永街子さんが10日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
パン・ギムン外交通商部長官は10日、韓仏首脳会談では「シラク大統領が韓国映画の芸術的価値と技術を高く評価、ばらくの間その話題で持ちきりだった」と語ったようだ。
香港メディアグループのTOM集団は、中国の華誼兄弟傳媒集団有限公司への出資を発表、9日北京で記者会見を行ったようだ。TOM集団所属のロザムンド・クワン、グォ・ヨウ、フォン・シャオガンらも出席したらしい。
トニー・レオンは、第41回金馬獎で主演男優賞を受賞したアンディ・ラウについて「彼は自他共に認める映画界の帝王だ」と語ったようだ。
中国の国家発展・改革委員会は「外商投資産業指導目録」を発表、TV番組の制作・放映のほか、映画製作も外資に開放されることが盛り込まれたようだ。来年1月1日から施行されるらしい。
正月初売りの福袋、東武百貨店は映画への出演権、西武百貨店はぺ・ヨンジュン「なり切り」グッズを販売するらしい。
9.11テロで飛行機をハイジャックしたテロリストの人間的側面を描いた英TVドラマ"The Hamburg Cell"(2004年)が、開催中のドゥバイ国際映画祭で上映されたようだ。ハイジャック犯を演じたエジプト出身のマラル・カメル(Maral Kamel)は、上映後の会見で「今夜はとてもナーバスだった。誰かに物を投げられるのではと思っていた」と語ったらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")は、第62回ゴールデン・グローブ賞の外国語映画部門にエントリーされているらしい。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻と、2人の結婚式の写真を無断掲載した英Hello!誌との法廷闘争が、13日から再開されるらしい。
ジェイムズ・ブラウンは、前立腺癌と診断され15日に手術を受けるようだ。
Columbia Picturesは、ハロルド・ロイドが主演した「ロイドの要心無用」("Safety Last!",1923年)をリメイクするらしい。
グウェン・ステファニーは「(現在の夫)ギャヴィン(・マグレガー・ロスデイル)と初めて会った時、バンド仲間はみんな私が彼とデートするのに反対したの。とでも孤独だったわ」と語ったようだ。
リュ・シウォンの公式グッズを販売する「KPR」が15日、六本木にオープンするらしい。KPRとはKorean Prince Ryu Siwonの略、とか。
アーシュラ・K・ル・グィンの小説「ゲド戦記」シリーズに基づく、全4時間のミニシリーズ"Earthsea"が、13日から米Sci Fi Channelでスタートするようだ。
フィリップ・プルマン(Philip Pullman)の児童書「ライラの冒険」("His Dark Materials")シリーズの映画化について、The Times of Londonは、反宗教的な要素は削除されるだろう、と報じた模様。監督のクリス・ワイツは「New Line Cinemaからは、『ライラの冒険』が反宗教的だとする評価は、この企画の存続を危うくする、と説明された」と語ったらしい。
ピーター・ジャクソン監督は、9日までバンコクで行われていたCineAsia 2004で、新作"King Kong"で使用した模型やスケッチの一部を公開したらしい。「これはラヴ・ストーリーではありません。愛についての物語です」と語ったとか。
  12/12
ザ・ロックは、来年4月3日に開催されるWWE WrestleMania21のロサンゼルス大会に参戦するようだ。
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」が11日、230スクリーンで初日を迎え、都内劇場では渡哲也、徳重聡、斉藤千晃らが舞台挨拶に立ったようだ。舘ひろしも花束贈呈に登場したらしい。
クァク・ジェヨン監督、チョン・ジヒョン主演「僕の彼女を紹介します」が11日、韓国映画としては史上最多の全国302スクリーンで風紀されたようだ。
シリーズ最終作となる北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」の公開を記念したトークショーが11日都内で行われ、水野久美と土屋嘉男が出演したようだ。
仏電機大手のThomsonは、次世代DVD規格として「Blu-ray Disc」と「HD DVD」の両方を支持すると発表したようだ。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")プロモーションのため、ニコラス・ケイジが、妻アリス・キムと共に10日、韓国を訪れたようだ。
カリーナ・ラウは8日、CEOを務めるTVショッピング番組制作会社TV Martの放送開始イベントに出席したようだ。ウォン・カーウァイらも会場を訪れたらしい。
第30回ロサンゼルス映画批評家協会(Los Angeles Film Critics Association)賞が11日発表されたようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 アレクサンダー・ペイン("Sideways")
■脚本賞 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー("Sideways")
■主演男優賞 リーアム・ニーソン("Kinsey")
■主演女優賞 イメルダ・スタウントン("Vera Drake")
■助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ("Sideways")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン("Sideways")
■外国語映画賞 「LOVERS」(チャン・イーモウ監督)
インドネシア映画祭の各賞が12日発表され、同性愛をテーマとした作品"Arisan!"が、作品賞、主演男優賞、助演男優賞などを受賞したらしい。
第17回ヨーロッパ映画賞(European Film Awards)授賞式が11日スペインで開催され、作品賞にファティ・アキン(Fatih Akin)監督"Gegen die Wand"(Head-On)、監督賞に"Mar Adentro"(The Sea Inside)のアレハンドロ・アメナーバル監督、主演男優賞に同作のハヴィエル・バルデム、主演女優賞に「ヴェラ・ドレイク」("Vera Drake")のイメルダ・スタウントン、欧州外作品賞にウォン・カーウァイ監督「2046」が選ばれたようだ。
「ウィ・アー・ザ・ワールド」("We Are the World")の20周年を記念した2枚組みDVD"We Are the World: The Story Behind the Song"が、来年2月1日に米国で発売されるらしい。
スティーヴン・キング原作のTV映画"Desperation"の撮影が行われていたツーソンのコンベンション・センターで10日火災が発生、2000人が避難し、5人が負傷したらしい。
新作「アビエイター」("The Aviator")でハワード・ヒューズを演じるレオナルド・ディカプリオは「いつか、人々や、環境や、子供たちのために貢献できるように、十分な資金を貯めておきたいと思っている。20年後か30年後が目標だ。個人的なものにではなく、みんなのために使いたいんだ」と語ったようだ。
"The Ring Two"のポスター第1弾が公開されたようだ。
フジテレビのイベント「HOT FANTASY ODAIBA〜キラキラ☆ホカホカな冬がある〜」が11日、お台場で開幕したようだ。チェ・ジウの手形なども展示されているらしい。
スリランカで行われていた、シャー・ルク・カーンのコンサート会場で11日、何者かが手榴弾を客席に投げ込み、2人が死亡、少なくとも12人が負傷した模様。シャー・ルク・カーンら出演者に怪我はなかったようだ。
ブルース・ウィリスは、アイダホ州に所有する土地を、新空港建設のために提供すると申し出たらしい。
ノーベル平和賞コンサートが11日ノルウェーで開催され、トム・クルーズとオプラ・ウィンフリーが司会を務めたようだ。
  12/13
ブリトニー・スピアーズがニューヨークに向かう機中で靴を脱いだところ、機内に悪臭が充満、客席から苦情が相次いだとか。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで12日、クリスマスツリー点灯式が行われ、関ジャニ8が参加したようだ。
クォン・サンウが12日に来日し、成田空港には3000人のファンが詰め掛けたらしい。
井筒和幸監督「パッチギ!」の完成イベントが、来月20日に京都大学西部講堂で開催されるらしい。井筒監督や、主人公のモデルとなった坂崎幸之助らが出席する予定とか。
「交渉人 真下正義」(本広克行監督)に続く「踊る大捜査線」シリーズのスピンオフ第2弾「容疑者 室井慎次」の製作が決定したらしい。君塚良一が監督を務め、柳葉敏郎、筧利夫、真矢みきのほか、田中麗奈、八嶋智人、哀川翔らが共演するようだ。
「冬のソナタ」第9話に出演した歌手ユ・ヨルが12日、都内で行われたベストアルバム「ユ・ヨル ベスト・セレクション」発売記念のイベントに出席したようだ。
「神戸行進曲」(印南弘監督,1930年)、「故郷」(木村荘十二監督,1931年)、「暁の麗人」(曽根千晴監督,1935年)、「愛怨峡」(溝口健二監督,1937年)、「太平洋行進曲」(深田修造監督,1940年)などの作品で活躍、戦後は「山路ふみ子自然科学振興財団」、「山路ふみ子文化財団」などを設立した、女優の山路ふみ子さんが6日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
フィリピンの人気俳優で、今年5月の大統領選挙にも出馬したフェルナンド・ポー・ジュニアが11日、意識不明の重体となった模様。脳梗塞らしい。
吉永小百合、ソフィア・ローレン、手塚治虫、田中角栄ら、TV出演者のメイクを40年にわたって手がけた岡野宏の著書「一流の顔」が出版されたようだ。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")プロモーションのため韓国訪問中のニコラス・ケイジが13日、ソウル市内で記者会見を行ったようだ。「『オールド・ボーイ』はインパクトのある映画だった。ハリウッドのリメイクには関心があるし、出演したい」と語ったらしい。
韓国の映画配給会社の調査によると、2004年の総観客動員数は1億3000万人、韓国映画占有率は56%と、いずれも前年を大きく上回ったものの、1本当たりの収益は3億4000万ウォンと前年比32%の減少、国内市場のみでは1本当たり5億9000万ウォンの赤字となったらしい。
韓国訪問中のニコラス・ケイジらは10日、ソウル市内のNANTA専用劇場で公演を鑑賞したらしい。
フォン・シャオガン監督「天下無賊」の中国本土での公開が9日スタートしたようだ。
電通は13日、今年の話題・注目商品を発表、「世界の中心で、愛をさけぶ」が3位、ペ・ヨンジュンが8位、「ラスト・サムライ」が9位に入ったらしい。
パメラ・アンダーソンは、米FOXの新作シチュエーションコメディに主演するらしい。
先月殺害されたオランダ人監督テオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)が、2002年5月に起こった政治家ピム・フォルタイン(Pim Fortuyn)暗殺事件を基に描いた遺作"06-05 de film"(2004年)が、15日にインターネット上でプレミア公開されるらしい。
米国映画協会(American Film Institute)は12日、今年の映画ベスト10を発表したようだ。(以下アルファベット順、順位はなし)
・"The Aviator"(「アビエイター」)
・"Collateral"(「コラテラル」)
・"Eternal Sunshine of the Spotless Mind"(「エターナル・サンシャイン」)
・"Friday Night Lights"
・"The Incredibles"(「Mr.インクレディブル」)
・"Kinsey"
・"Maria Full of Grace"
・"Million Dollar Baby"
・"Sideways"
・"Spider-Man 2"(「スパイダーマン2」)
「エグゼクティブ・デシジョン」("Executive Decision",1996年)、「インサイダー」("The Insider",1999年)、「スリー・キングス」("Three Kings",1999年)などで悪役を演じてきたエジプト出身の俳優サイード・バドレヤ(Sayed Badreya)が主演する短編映画"T for Terrorist"が、開催中のドバイ国際映画祭で上映されたようだ。
北米を除く海外週末興収では、37の地域で上映中の「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が3210万ドルで1位となったようだ。また、36の地域で上映中の「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")は1340万ドルを記録、総興収は1億3010万ドルに達した模様。
全米週末興収は、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")が4080万ドル(3290館)で初登場1位を獲得、シリーズ第3作"Blade: Trinity"は1610万ドル(2912館)でのスタートとなったようだ。
Lions Gate Filmsは、「ソウ」("Saw",2004年)の続編について、2005年10月28日を全米公開日に設定、現在脚本の執筆が進行中の模様。既に獲得していた別のホラー作品の脚本に基づく作品になるらしい。前作の監督のジェイムズ・ワンと脚本のリー・ワネル(Leigh Whannell)は、製作総指揮として参加するようだ。
ニューヨーク映画批評家オンライン(New York Film Critics Online)は11日、各賞を発表したようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 マーティン・スコセッシ(「アビエイター」)
■脚本賞 「エターナル・サンシャイン」(チャーリー・カウフマン)
■主演男優賞 ジェイミー・フォックス(「レイ」)
■主演女優賞 イメルダ・ストーントン("Vera Drake")
■助演男優賞 トーマスヘンデン・チャーチ("Sideways")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン("Sideways")
■撮影賞 「HERO」(クリストファー・ドイル)
■アニメーション賞 「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
■外国語映画賞 「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")
今月9日放送の"Live With Regis And Kelly"(1989年)で、リンゼイ・ローハンが新曲を歌う予定だったものの、喉の不調により取りやめたらしい。
ケリー・オズボーンは、自らのプロデュースによるファッションラインStiletto Killersを立ち上げたようだ。
行定勲監督「北の零年」の全国キャンペーンが12日、兵庫県淡路島の洲本城でスタート、吉永小百合、石田ゆり子らが出席したようだ。
12日放送のNHK大河ドラマ「新選組!」最終回は、平均視聴率21.8%を記録したようだ。一方、日本テレビで10日放送の「千と千尋の神隠し」は26.1%、フジテレビで11日放送の「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」は16.3%だったらしい。
吉永小百合、浜田光夫が共演した「愛と死をみつめて」(斎藤武市監督,1964年)の原作本が復刊され、今月15日に発売されるらしい。
チャック・ゴードン(Chuck Gordon)は、ティム・マクグロウ(Tim McGraw)のグラミー賞ノミネート曲"Live Like You Were Dying"の映画化権を獲得したらしい。
Phobos Entertainmentは、アーシュラ・K・ル・グィン(Ursula K. Le Guin)のSF小説「闇の左手」("The Left Hand of Darkness")の全メディアに対する権利を獲得したようだ。映画化およびゲーム化を検討しているらしい。
ルーク・グリーンフィールド監督は、Regency Enterprisesによるタイトル未定の新作コメディ・ドラマを手掛けるようだ。ノーベル賞受賞の遺伝学者が、12歳になった自分自身のクローンを疎遠だった息子に遺して・・・という話らしい。
Disney傘下のMandeville Filmsは、「南海漂流」("Swiss Family Robinson",1960年)の再映画化を来年夏にスタートさせるほか、ディズニーランドの人気アトラクション、ジャングル・クルーズ(Jungle Cruise)の映画化も手掛ける模様。また「南極物語」(蔵原惟繕監督,1983年)のリメイクも、来年2月に始めるようだ。
シェルドン・ターナー(Sheldon Turner)は、「X-Men」シリーズに登場するマグニートを主人公にしたスピンオフの脚本を執筆中らしい。
ウィリアム・ボールドウィン、チャイナ・フィリップス夫妻に、第3子となる女の子が誕生したようだ。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にレギュラー出演していたミン・ナが降板した模様。
塚本晋也監督「ヴィタール」が11日初日を迎え、浅野忠信、柄本奈美、KIKIらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。ロケに使われた病院は、浅野忠信が生まれた病院だったらしい。
Yahoo!ムービーは、トム・ハンクス主演「ターミナル」("The Terminal")の特集サイトを10日にオープンしたようだ。
キム・ジウン監督「箪笥」("A Tale of Two Sisters",2003年)のハリウッドリメイクで、メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹が主演候補に挙がっているらしい。
ボストン映画批評家協会(Boston Society of Film Critics)賞が12日発表されたようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 チャン・イーモウ(「LOVERS」)
■脚本賞 "Sideways"
■主演男優賞 ジェイミー・フォックス(「レイ」)
■主演女優賞 ヒラリー・スワンク("Million Dollar Baby")
■助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ("Sideways")
■助演女優賞 シャロン・ウォレン(「レイ」)
  12/14
終戦から60年を迎える来年、中国では抗日戦争を題材にした映画やドラマが60作品以上も製作されるらしい。
ソン・ヘソン監督「力道山」が、15日から韓国の350スクリーンで公開されるらしい。
あだち充の人気コミック「タッチ」が、犬童一心監督、長澤まさみ主演で映画化されるらしい。来年秋公開予定とか。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の関連イベントとして、ニッポン放送は13日「ありえねー流行語大賞」授賞式を開催、長井秀和の「間違いない」が1位に選ばれたようだ。
先月放送されたテレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマ「弟」のキャスト・スタッフに、社長賞が贈られることになったようだ。
ゴジラ大辞典」が出版されたらしい。怪獣・兵器・人物・建物など1800項目が詳細に解説されているとか。
200本以上のアクション映画で活躍した、フィリピンの人気俳優フェルナンド・ポー・ジュニアさんが14日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国訪問中のニコラス・ケイジは13日、ジョン・タートルトーブ監督らと共にソウル市内のディスコを訪れたらしい。
磯村一路監督「目を閉じて抱いて」が27日から韓国で上映される模様。R-18指定となり、5分ほどカットされているらしい。
元S#arpのイ・ジヘのソロデビュー曲「愛しています」のPVを、キム・ギドク監督が手掛けたらしい。
ピーター・チャン監督、レオン・ライ、ジャッキー・チュン、ヴィッキー・チャオ、アンソニー・ウォン、金城武共演の新作ミュージカル映画「Perhaps Love」で、ジョウ・シュンが出演に向けて調整中らしい。撮影は今月から北京と上海で行われる模様。
「冬のソナタ」のロケ地を訪れた観光客による写真を展示する写真展が、20日から香川県高松市で開催されるらしい。
今年3月、島根県江津市にオープンした「松林宗恵映画記念館」には、県内外から多くの映画ファンが訪れているらしい。
米ABCは、ディック・クラークの司会による大晦日恒例の特別番組"Dick Clark's New Year's Rockin' Eve"について、今年は"Who Wants to be a Millionaire"のレジス・フィルビン(Regis Philbin)が司会を務める、と発表したようだ。
米ABCの系列局で先月12日に放送されたノーカット版「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)について、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)のマイケル・パウェル(Michael Powell)会長は、放送した159のTV局に対する制裁は行わないとの結論を下したようだ。
ニューヨーク映画批評家協会賞(New York Film Critics Circle Awards)が13日発表されたようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 クリント・イーストウッド監督("Million Dollar Baby")
■脚本賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー)
■主演男優賞 ポール・ジアマッティ("Sideways")
■主演女優賞 イメルダ・ストーントン("Vera Drake")
■助演男優賞 クライヴ・オーウェン("Closer")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン("Sideways")
■撮影賞 「HERO」(クリストファー・ドイル)
■アニメーション賞 「Mr.インクレディブル」(ブラッド・バード監督)
■ドキュメンタリー賞 「華氏911」(マイケル・ムーア監督)
■外国語映画賞 「バッド・エデュケーション」(ペドロ・アルモドバル監督)
来年1月21日から開催されるスラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)では、23作品の世界および米国プレミアが行われるらしい。オープニングにはエイミー・スーエル(Amy Sewell)監督のドキュメンタリー"Mad Hot Ballroom"、クロージングにはマイケル・フランティ(Michael Franti)が現在製作中の"I Know I Am Not Alone"が上映されるようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、海賊版映画コンテンツを配信するサーバ管理者に対する訴訟を準備しているらしい。
100万人が暮らすモンゴルの首都ウランバートルには、5つの映画学校と、200を越すプロダクション・スタジオがあるらしい。若い世代は、デジタル機器を積極的に取り入れているとか。 [☆「らくだの涙」とかを観ると、つい誤解してしまいます。]
出版社Amusement Businessの発表によると、全世界50ヶ所のテーマパークの今年の総入場者数は、前年比2.2%増の2億5240万人に達する模様。フロリダのWalt Disney Worldは1520万人、南カリフォルニアのDisneylandが1340万人、東京ディズニーランドが1320万人、東京ディズニーシーが1220万人となったらしい。
マダム・タッソー蝋人形館で、キリスト降臨を再現したデヴィッド・ベッカム夫妻の人形が何者かに押し倒され、損害を受けた模様。
まもなく全米公開となる新作「アビエイター」("The Aviator")を手掛けたマーティン・スコセッシ監督は「問題は、ある種の期待がある、ということだ。だが、観客に受け入れられるかどうかは分からないよ」と語ったようだ。
第62回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが13日発表され、アレクサンダー・ペイン監督"Sideways"が7部門で候補に挙がったほか、マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")が6部門、マイク・ニコルズ監督"Closer"、マーク・フォースター監督「ネバーランド」("Finding Neverland")、クリント・イーストウッド監督"Million Dollar Baby"がそれぞれ5部門でノミネートされたらしい。
フレッド・スケピシ監督、エド・ハリス、ポール・ニューマン、ジョアン・ウッドワード、ヘレン・ハント、ロビン・ライト・ペン、フィリップ・シーモア・ホフマンら共演による米HBOのTV映画"Empire Falls"(2004年)の撮影に着用された衣装や宝石、靴、ソファーなど300点あまりが売りに出されたらしい。エド・ハリスによる"使用済み"靴下を購入した女性もいたとか。売上は、映画の製作費に回されるようだ。
ジョン・トラヴォルタは、自分へのクリスマス・プレゼントとして1000万ドルの小型機を購入したらしい。
ヒュー・グラントは、マダム・タッソー蝋人形館に展示されている自分の人形について「まるでヘロイン中毒のジュリー・アンドリュースみたいだ」と発言したらしい。
「メリー・ポピンズ」("Mary Poppins",1964年)の公開40周年とDVD発売を記念したイベントがハリウッドのEl Capitan Theatreで開催され、ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイクらが出席したようだ。DVDは2枚組で、14日から米国で発売されるらしい。
Cosmopolitan誌のインタビューに答えたジェニファー・ラヴ・ヒューイットは、「ラストサマー」("I Know What You Did Last Summer",1997年)、「ラストサマー2」("I Still Know What You Did Last Summer",1998年)に続くシリーズ第3作の可能性について「最初は私たちが再び出演、次に私たち抜きでやるという話しになって、それからTV映画でということになった。でも今は、私たちで第3作をやりたがっていると聞いているわ。簡単にはいきそうもないけど」と語ったらしい。
全世界77ヶ所のIMAXシアターで公開中の「ポーラー・エクスプレス: An IMAX 3D Experience」("The Polar Express: An IMAX 3D Experience")の週末興収は253万ドルを記録、公開5週間での総興収は1800万ドルに達し、"The Matrix Reloaded: The IMAX Experience"が22週間で達成した1400万ドルの記録を更新したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")からの"流出画像"がアップされたらしい。
ジム・キャリー主演"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"に出演するエミリー・ブラウニング(Emily Browning)が登場キャラクタを紹介する映像が公開された模様。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の最新予告編が公開されたようだ。
スティーヴン・ケイ監督、バリー・ワトソン主演「ブギーマン」("Boogeyman")のポスター第1弾が公開されたらしい。
ブリトニー・スピアーズは、ラスヴェガスのBellagio Hotelに滞在した際、高級レストランPicassoで、ペットのチワワのために180ドルのステーキを注文したらしい。
Avid Technologyは、3D-CGアニメ制作ソフト「Softimage XSI」のユーザカンファレンスを都内で開催し、スタジオジブリの新作「ハウルの動く城」などが活用事例として紹介されたらしい。
アシュリー・シンプソンの新曲「ラ・ラ」のPV配信がスタートしたようだ。
22日に日本で発売予定の写真集「チェ・ジウ」について、韓国の所属事務所側は「日本国内で写真集が発売されると誤解されている。写真集の企画を進めてはいるが、年内の発売はない」と発言したらしい。
来年1月4日放送のフジテレビ「本上まなみ夢の旅 サハラの風に抱かれて」のためサハラ砂漠を訪れていた本上まなみが13日、都内で記者会見を行ったようだ。
11日に全国302スクリーンで公開されたクァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」は、週末興収2億3425万7400円、観客動員数16万6093人を記録、共に「ブラザーフッド」を上回る韓国映画史上最大のヒットとなったようだ。
「シャーク・テイル」("Shark Tale")で共同監督、共同脚を担当したロブ・レターマン(Rob Letterman)は、Universal Picturesによる軍隊コメディ"The Unprofessionals"で、初めて実写映画の脚本を手掛けるらしい。
融資および製作を手掛けるEndgameは、デヴィッド・クレイン(David Crane)、ラリー・コーエン(Larry Coen)によるオフ・ブロードウェイ作品"Epic Proportions"について、オプション契約を結んだ模様。ジョン・ランディスが監督を務めるらしい。
アーサー・ナーセシアン(Arthur Nersesian)の小説"Manhattan Loverboy"の映画化で、オースティン・チック(Austin Chick)が脚本と監督を務める模様。
クリスティン・デイヴィス(Kristin Davis)とジュリア・ルイス=ドレイファスは、オーガスティン・バロウズ(Augusten Burroughs)の小説"Sellevision"の映画化で、出演交渉中らしい。マーク・ボゼク(Mark Bozek)が脚本と監督を務める模様。
ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン共演による、ジェイムズ・エルロイ原作「ブラック・ダリア」("The Black Dahlia")の映画化で、ヒラリー・スワンクの共演が決まった模様。来年4月4日からブルガリアで撮影が始まるらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の追加撮影が行われる模様。サミュエル・L・ジャクソンは「先週突然連絡があったんだよ。1月にロンドンに戻る予定だ」と語ったらしい。また、彼の演じるメイス・ウィドウの運命について「死だ!詳しくは言えないが尊厳ある死だよ。『エピソードIV』が始まる時、残っているジェダイはルーク、オビ=ワン、ヨーダ、ダース・ベイダーの4人だけだ。他の全員は、暗殺され、殺され、消されるわけだ」と語ったようだ。
ブレット・ラトナー監督による、米FOXのドラマ・パイロット"Prison Break"で、ドミニク・パーセル(Dominic Purcell)、ウェントワース・ミラー、ロビン・タニーの共演が決まったようだ。
ロバート・デュヴァルとケイティ・ホームズは、ジェイソン・ライトマン(Jason Reitman)監督、アーロン・エッカート主演の新作"Thank You for Smoking"に参加するようだ。
フレディ・プリンズJr.の父親で28年前に亡くなっている、俳優のフレディ・プリンズSr.の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わることが決まったようだ。14日に式典が行われるらしい。
ジョン・ハートに、大英帝国勲章第三位(CBE)が授与されたようだ。
サンフランシスコ映画批評家協会(San Francisco Film Critics Circle)賞が12日発表されたようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 アレクサンダー・ペイン("Sideways")
■主演男優賞 ポール・ジアマッティ("Sideways")
■主演女優賞 ジュリー・デルピー (「ビフォア・サンセット」)
■助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ("Sideways")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン("Sideways")
■外国語映画賞 "Maria Full of Grace"(ジョシュア・マーストン監督)
■ドキュメンタリー賞 「華氏911」(マイケル・ムーア監督)
  12/15
14日ロンドンで行われたオークションで、チャーリー・チャプリンが「モダン・タイムス」("Modern Times",1936年)で使用したステッキが4万7800ポンド、「チャップリンの独裁者」("The Great Dictator",1940年)で使用した付け髭が1万7925ポンド、「007/ダイヤモンドは永遠に」("Diamonds Are Forever",1971年)に登場した月面走行車が2万3900ポンドで落札されたらしい。
IT関連企業フォーバルのTVCMに、ウォン・ビンが出演するらしい。来年1月1日から放送されるようだ。
来日中のパク・ヨンハが14日、都内で行われたセカンドアルバム「Fiction」発売記念イベントに出席、1000人の女性ファンの前で3曲を披露したようだ。
塚本連平監督「ゴーストシャウト」の試写会が14日都内で行われ、滝沢沙織、南野陽子らが出席したようだ。
ペ・ヨンジュンが14日に、極秘来日したらしい。「個人的な旅行」とか。
ムン・グニョンの母方の祖父は、30年間服役した統一運動家のリュ・ナクジンだった、と韓国の新聞が報じたようだ。
韓国の済州申栄映画博物館で、「シルミド/SILMIDO」と「ブラザーフッド」の衣装や小道具などを展示する特別展が開催中らしい。
新潟県中越地震の被災者を支援する、ドキュメンタリー映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(橋本信一監督,2003年)のチャリティ上映会が13日、山口県周防大島町東和総合センターで行われたようだ。
「カンフーハッスル」のプロモーション・イベントが12日、広東省広州市で行われ、チャウ・シンチー、イヴァ・ホワン、チェン・グォクンらが出席したようだ。
竹書房は15日、22日に予定していた写真集「チェ・ジウ」の出版を延期した、と発表したようだ。
Spike TVは14日"Video Game Awards 2004"を放送、"Grand Theft Auto: San Andreas"がゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得したようだ。
米Electronic Arts社は、「ゴッドファーザー」("The Godfather",1972年)をゲーム化するらしい。マーロン・ブランドが登場するほか、ニーノ・ロータによる音楽の権利も既に獲得済みとか。
来秋スタートするタイラ・バンクス司会の新番組"The Tyra Banks Show"が、オレゴン州ポートランドにあるNBC系列局KGW-TVで放送されることが決まったようだ。
ロサンゼルス市警は、ロバート・ブレイクの弁護士からパソコンを盗んだ若者2人を逮捕したようだ。
米NBCは、新作コメディ"Lies and the Wives We Tell Them To"のパイロット版制作を発注したようだ。
シャロン・ストーンが、ビバリーヒルズの整形外科医を訴えたらしい。ストーンに美容整形を施したとする虚偽の発言で名誉を傷つけられた、と主張しているようだ。
アンソニー・スウォフォード(Anthony Swofford)の回想録「ジャーヘッド アメリカ海兵隊員の告白」を映画化する、サム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール、ジェイミー・フォックス、ピーター・サースガード共演の新作"Jarhead"で、クリス・クーパーがキャストに加わったようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)は、来年1月22日のPGA賞授賞式の開催場所を、例年行われているCentury Plazaから、カルヴァーシティのCulver Studiosに変更すると発表したようだ。Century Plazaで会社側と労働組合側との契約交渉が難航していることに配慮したらしい。西部米脚本家組合(Writers Guild of America West)も来年2月19日の式典について、場所の変更を予定している模様。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"The Island"で、ショーン・ビーンの共演が決まったようだ。
アンナ・クルニコワとエンリケ・イグレシアスが結婚したらしい。
先日発表されたゴールデン・グローブ賞のノミネーションで、ジェイミー・フォックスが主演男優賞(ミュージカル・コメディ映画部門)、助演男優賞、主演男優賞(TV映画・ミニシリーズ部門)の3部門でノミネートされたことについて、ハリウッド外国人記者協会(Hollywood Foreign Press Association)のロレンツォ・ソリア会長は「彼は、3つの全く異なるジャンルの作品で素晴らしい演技を見せました。3部門での同時ノミネートは先例がありません。彼はそれに相応しい俳優だ、ということです」と語ったようだ。
まもなく全米公開となる"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"(「世にも不幸なできごと」)の原作者、レモニー・スニケットことダニエル・ハンドラー(Daniel Handler)は「なんでこんな類の物語に誰もが興味を持つのか、未だに混乱している。出版社が興味を持ってくれただけでも驚いているのに・・・私は映画会社が正気を失ったと思った」と語ったらしい。
ティム・ストーリー監督「TAXI NY」("TAXi",2004年)のプロモーションキャンペーンが14日福岡市で行われ、根本はるみが出席したようだ。
「スター・ウォーズ」の日本語公式サイトがオープンしたらしい。
フィリップ・プルマン(Philip Pullman)の児童書「ライラの冒険」("His Dark Materials")シリーズの映画化で、監督予定だったクリス・ワイツが降板を表明した模様。
コナミの人気ゲーム「サイレントヒル」("Silent Hill")で脚本を担当するロジャー・エイヴァリー(Roger Avary)は彼の公式サイトで「プリプロが始まった。ロケ現場で脚本を磨き上げるために、トロントに向かうところだ。この映画のために素晴らしいスタッフが集まっている。これらか毎日報告する(出来れば写真も)」とコメントしたようだ。
11月28日にバンクーバーで撮影がスタートした「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編"Underworld: Evolution"のセットからの写真が、ネット上で公開されたらしい。
メアリー=ケイト・オルセンは、モデルのカール・リンデマン(Karl Lindeman)と交際中らしい。
リンゼイ・ローハンは「クリスマスに一つだけ願い事がかなうのなら、タブロイド紙に私の記事を載せないで欲しい」と語ったらしい。
ネリー(Nelly)はアシャンティ(Ashanti)との交際を正式に認めた模様。
トム・アーノルド脚本・製作・主演、ペネロープ・スフィーリス(Penelope Spheeris)監督よる新作コメディ"The Kid & I"に、アーノルド・シュワルツェネッガーとジェイミー・リー・カーティスがカメオ出演するらしい。
樋口真嗣監督「ローレライ」の主題歌が、ヘイリーの歌う「モーツァルトの子守歌」に決まったらしい。
「オー!マイキー」の新作が、Vodafone live! BBで配信されるらしい。
エレイン・メイ(Elaine May)監督「ふたり自身」("The Heartbreak Kid",1972年)のリメイクで、当初監督予定だったバリー・ソネンフェルドが降板、TVコメディ"Da Ali G Show"(2000年-)を手掛けたジェイムズ・ボビン(James Bobin)の映画監督デビュー作となるようだ。
「ヘルレイザー」("Hellraiser",1987年)がTVシリーズ化されるらしい。
20th Century Foxは、TVアニメシリーズ"King of the Hill"(1997年-)を手掛けるシヴェルト・グララム(Sivert Glarum)とマイケル・ジャミン(Michael Jamin)の脚本"The Only Child"を獲得したらしい。
Columbia Picturesは、ウィル・フェレル主演の新作コメディ"Bronze God"の脚本に、アレックス・グレゴリー(Alex Gregory)とピーター・ヒュイック(Peter Huyck)を起用したようだ。ライフガードを務める主人公がビーチバレーボール大会に参加し・・・という話しらしい。
ミニー・ドライヴァーも「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化に興味があるらしい。「みんなは私よりもキャサリン・ゼタ=ジョーンズのコルセットとショートパンツ姿の方が見たいでしょうけど。『オペラ座の怪人』("The Phantom of the Opera")に出演してさらに興味が湧いたわ。私は、彼女がオペラチックなスーパーヒーローだと思うの」と語ったようだ。
"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"を監督したブラッド・シルバーリングは、製作に入る前に原作を読んだ子供たちを集めて意見を聞いたらしい。「かごにぶら下がっている赤ちゃんなんて見たくないよね、と言うと彼らは『やって、やって!』、オラフ伯爵がクラウスを殴るシーンは映画ではやらない方がいいよね、と言うと彼らは『やって、やって!』と叫ぶんだ。彼らは最高だったよ。物語を体裁良く繕ってしまう危険を教えてくれたんだ。それで出資者が安心する訳じゃないけど、全部隠してしまうのでなければ、それが最良の方法だよ」と語ったようだ。
ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)による児童書「コララインとボタンの魔女」("Coraline")の映画化で、監督を務めるヘンリー・セリック監督は「ニール・ゲイマンは、出版される前にプロジェクトに参加しないかと私に声をかけてくれた。3年半前の話だ」と語ったらしい。
リヴ・タイラーは14日、第1子となる男の子を出産したようだ。「どうしたらいいかわからないくらいハンサムな子」とか。
ベルリンでロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)監督の新作スリラー"Flight Plan"撮影中のジョディ・フォスターは「スリラーは大好きだけどロマンチック・コメディにも出演したい。誰もオファーしてくれないけど。私ってそういうタイプじゃないし」と語ったらしい。
バンダイネットワークス株式会社は、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイをデザインコンセプトにしたiPodを、2000台限定で販売するらしい。22日から予約を受け付けるようだ。
エレン・デジェネレスは、ポーシャ・デ・ロッシと同棲中らしい。アレクサンドラ・ヘディソンとは破局した模様。
  12/16
鈴井貴之監督「銀のエンゼル」のチャリティ試写会が15日都内で行われ、浅田美代子、佐藤めぐみらが出席したようだ。収益は新潟県中越地震の被災者への義援金となるらしい。
バンダイネットワークス株式会社は、映画「ULTRAMAN」の公開を記念してデザインされたデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z55」を発売すると発表したようだ。17日から予約を受け付けるらしい。
NHK関根昭義放送総局長は15日、ペ・ヨンジュンらとの出演交渉について「NHKの思惑通りには進んでいない」と語ったらしい。
ぺ・ヨンジュンの極秘来日は、ホ・ジノ監督の新作「外出」への出演を前にした休養が目的らしい。
第7回日本シナリオ作家協会菊島隆三賞が15日発表され、山田洋次が選ばれたようだ。
ペ・ヨンジュンは、現在開催中の写真展の収益20億ウォンを日韓の慈善事業基金に寄付、さらに数十億ウォン規模の社会奉仕財団を設立するらしい。
Dreams Come Trueの吉田美和、中村正人が製作・主演した森淳一監督「アマレット」の試写会が15日、舞浜のイクスピアリで行われたようだ。
「冬のソナタ」のロケが行われた韓国春川市の南怡島では、昨年の14万人だった外国人観光客が、今年9月までに23万人を突破したらしい。現在も、日本や中国、台湾などから観光客が押し寄せているとか。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、来年3月から新アトラクション「スヌーピー・アクション・ステージ」がスタートするらしい。
ミン・ジュンギ監督「天軍」に出演するパク・チュンフンが15日、撮影中に顔に重傷を負ったらしい。30針も縫ったようだ。
15日から公開が始まったソン・ヘソン監督「力道山」のソル・ギョングによる舞台挨拶に合わせて、ロケ地となった広島県竹原市の市民が韓国を訪問しようとしたものの、60人分の航空チケットしか確保できなかったらしい。特製の「力道山酒」を手渡す予定とか。
9日公開が始まったフォン・シャオガン監督「天下無賊」は、上映から1日で海賊版が出回り始めたらしい。
「80デイズ」("Around the World in 80 Days")プロモーションのため、ジャッキー・チェンが12日、ベルリンを訪れたようだ。
ウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot")のDVDとVHSが15日米国で発売され、初日だけで合わせて260万本の売上を記録したらしい。また、7日発売されたマット・デイモン主演「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")は初日250万本、12日までに500万本が売れたようだ。
リス・エヴァンス、ミランダ・オットーが共演したオーストラリア映画"Danny Deckchair"(2003年)は、今年8月に米国で限定公開され興収はたったの16万ドルに終わったものの、まもなく発売されるビデオは、クリスマスシーズンのレンタルで好成績を記録するのではないかと期待されているらしい。
米ABCのリアリティ番組"Wife Swap"のプロデューサーは、米FOXの放送する"Trading Spouses"が「事実上同一」の企画であるとして、同局を著作権侵害で訴えたようだ。
英国文学賞の一つ、ウィットブレッド賞(Whitbread Book Awards)の審査員の一人にヒュー・グラントが選ばれたようだ。
米NBCは、ロビン・ウィリアムスが出演した米ABCのTVドラマシリーズ"Mork & Mindy"(1978-1982年)の舞台裏を描く、TV映画"Behind the Camera: The Unauthorized Story of Mork & Mindy"の制作を決定した模様。ブロードウェイ版「フル・モンティ」("The Full Monty")に出演したクリス・ディアマントポロス(Chris Diamantopoulos)がウィリアムス役を務めるらしい。
前立腺癌と診断されたジェイムズ・ブラウンが15日、アトランタのMidtown Urology Surgical Centerで手術を受け、無事成功したようだ。そのまま退院したらしい。
デヴィッド・ドゥカヴニーの次回作は、平行世界を舞台にした"Parallel"という作品になるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新ポスターが公開されたらしい。
プロデューサーのデヴィッド・ヘイマン(David Heyman)は、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の撮影状況について「160日の予定の内、120日目が終了したところだ。水中シーンはトリッキーだったよ。ダニエル(・ラドクリフ)の周りに3人のダイバーが潜って、彼に酸素を送っていた。でもキャメラが回り始めると彼は息を止めなければならなかったんだ。長いときは2分近くもね!」と語ったらしい。
フランク・ダラボンは「今、(スティーヴン・キングの)『霧』("The Mist")の脚本を執筆中だ。私の次の監督作品になる。おそらく来年には取りかかる」と語ったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、第77回アカデミー賞授賞式でシドニー・ルメット監督に名誉賞を授与する、と発表したようだ。
"Stargate SG-1"(1997年-)の第9シーズンで、「ファースケープ」("Farscape",1999-2003年)に主演したベン・ブロウダー(Ben Browder)のレギュラー出演が決まったようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")のメイキング映像が公開されたようだ。
キルスティン・ダンストとジェイク・ギレンホールの結婚が秒読みに入った模様。反対していたジェイクの母親の説得に時間がかかっていたとか。
昨年400万ドルでハリウッド・ヒルズの邸宅を購入したブリタニー・マーフィは「ブリトニー(・スピアーズ)とジャスティン(・ティンバーレイク)がその家を建てた時、自分達の家具を持ち込んでいたの。でも彼らが別れて引っ越した時、なにもかも全部置いていったのよ。ジャスティンの小さなグランド・ピアノもそのまま置いてあるわ」と語ったらしい。
新作"Blade: Trinity"に出演したジェシカ・ビールは、彼女を有名にした人気TVドラマシリーズ"7th Heaven"(1996年-)でのメアリー役について「彼女はもう長くは無い。いろんなスキルを手にしたから、もう彼女の存在を打ちのめすことが出来るわ。テレビに毎週出演していると、他に何も出来ないと思われてしまう。だから『見て、私だってもっと出来るのよ』と言いたくなるの」と語ったようだ。
米AOLが発表した、2004年の検索キーワード・ランキングによると、映画では"Harry Potter"(「ハリー・ポッター」)シリーズが1位、"The Passion of the Christ"(「パッション」)が2位、"Lord of the Rings"(「ロード・オブ・ザ・リング」)シリーズが3位だったようだ。また、人物ではブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトン、ジャネット・ジャクソンと上位を女性が独占したらしい。
パク・ヨンハのセカンドアルバム「Fiction」の発売記念イベントが15日、お台場で開催中の「HOT FANTASY ODAIBA」で行われ、1200人のファンが集まったらしい。
崔洋一が演出する、賀集利樹、真中瞳共演の舞台「近松バイオレンス 崔版女殺油地獄」が15日、シアターアプルで初日を迎えたようだ。
手塚昌明監督「戦国自衛隊1549」で、綾瀬はるかが斎藤道三の娘、濃姫役を演じているようだ。
ハリソン・フォードは、現在のイラク戦争を描いたビング・ウェスト(Bing West)の著書"No True Glory: Fallujah And The Struggle In Iraq, A Frontline Account"の映画化に出演するらしい。
Mobius Entertainmentは、ジャンケン大会を描くコメディ映画"Rockit"を製作するようだ。
"Urinetown"などを手掛けたブロードウェイの舞台監督ジョン・ランド(John Rando)は、Warner Bros. Picturesによるキャンパス・コメディ"The College Experience"で監督を務めるようだ。
英国の作家ウィル・セルフ(Will Self)の小説"Cock & Bull"の映画化で、サラ・ポーリーとクリス・オドネルが出演交渉中らしい。マット・ニックス(Matt Nix)が脚本と監督を務めるようだ。
ハーラン・コーベン(Harlan Coben)の"Deal Breaker"から始まったスポーツ・エージェントMyron Bolitarシリーズ全7作の映画化権を、Columbia Picturesとプロデューサーのジョン・キャリー(John Calley)が獲得した模様。セス・グリーンランド(Seth Greenland)が脚本を担当するらしい。
オーガスティン・バロウズ(Augusten Burroughs)の回想録"Running With Scissors"の映画化で、アネット・ベニングが主演を務めるらしい。ライアン・マーフィ(Ryan Murphy)が脚本と監督を務める模様。
Platinum Studiosは、ティツィアノ・スクラヴィ(Tiziano Sclavi)のコミックに基づくCGアニメ映画"Dylan Dog: The Fourth Kingdom"の製作を発表したようだ。イアン・ピアソン(Ian Pearson)の監督で、来年3月から製作が始まる模様。
"Son of the Mask"に主演したジェイミー・ケネディは「一番嫌だったのは走るシーン。人形の赤ちゃんを抱えながらあちこち走らされたよ。アクション映画的なところもあって大変だった」と語ったようだ。
ウェス・アンダーソン監督「ライフ・アクアティック」("The Life Aquatic With Steve Zissou")で水中シーンを手掛けたヘンリー・セリックは、同作のアンダーソン監督と脚本家のノア・ボーンバッハ(Noah Baumbach)が、ロアルド・ダール(Roald Dahl)の小説"The Fantastic Mr. Fox"をアニメ映画化することについて「脚本は公表されていないが、私は1ページ目を読んだ。何より興奮するのは、異なる観点を持った二人の才能あるストーリーテラーがそれを書いているということだ」と語ったようだ。
米国の学校教員が自主制作したiPodのCMが話題になっているらしい。
世界的チェス・プレイヤーのガルリ・カスパロフ(Garry Kasparov)とIBMが設計したコンピュータDeep Blueとの1997年5月の対戦を検証するドキュメンタリー映画"Game Over: Kasparov and the Machine"が、現在全米7都市で公開中らしい。
米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)賞のノミネーションが15日発表され、アレクサンダー・ペイン監督"Sideways"が作品賞、主演男優賞(ポール・ジアマッティ)、助演男優賞(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、助演女優賞(ヴァージニア・マドセン)など8部門にノミネートされたほか、「ネバーランド」("Finding Neverland")が7部門。「アビエイター」("The Aviator")が6部門で候補に挙がったようだ。
テクモのXbox用ゲームソフト「FATAL FRAME」がDreamWorksで映画化されるらしい。ジョン・ロジャース(John Rogers)とスティーヴン・スピルバーグが脚本を担当、来年11月公開予定とか。
  12/17
「極妻」シリーズ最新作「極道の妻たち 情炎」が来年3月公開されるらしい。橋本一が監督を務め、高島礼子が再び主演するようだ。杉本彩らが共演するとか。
松竹は、創業110周年を迎える来年、アンケート結果を基に選んだ1979年までの110作品のDVDを順次発売するらしい。
ぺ・ヨンジュンは、直筆メッセージとサインの入ったブロマイドを、先月26日にホテル前で負傷した主婦ら10人宛てに送ったらしい。
パク・ヨンハの写真が車体にプリントされた九州新幹線「つばめ」の運行が16日スタートし、鹿児島中央駅で行われた出発式ではパク・ヨンハ自らテープカットを行った模様。その後、鹿児島市で行ったトークショーには女性ファン8000人が集まったとか。
15日韓国で公開が始まった、ソン・ヘソン監督、ソル・ギョング主演「力道山」の初日観客動員数は10万人を記録したようだ。
渡辺孝好監督「ヒナゴン」関連グッズとして、卓上カレンダーと清酒が登場したらしい。
ジャッキー・チェンは、マレーシアで父親の誕生日パーティを開き、ダニエル・ウーら友人や家族100人を招待したらしい。父親がマレーシアを旅行中だったため現地で開催、旅費やホテル代など100万香港ドルは、ジャキーの自腹とか。
ニューヨーク市議会は16日、同市内に拠点を置く映画製作会社に対する5%の税制優遇制度を可決したようだ。
来月6日から開催される第16回パームスプリングス国際映画祭(Palm Springs International Film Festival)では、サミュエル・L・ジャクソン主演"Coach Carter"がオープニングを飾るほか、ジュディ・デンチ、マギー・スミス共演の"Ladies in Lavender"がクロージングに上映されるようだ。
米ラジオ局SFX Broadcastingの創設者としても知られる興行事業者のロバート・F・X・シラーマン(Robert F.X. Sillerman)は16日、エルヴィス・プレスリーの名前の使用権、肖像権、音楽・映画・TV番組からの収入権などを含む資産の85%を1億ドルで買収する、と発表したようだ。グレイスランドにある邸宅の所有権は引き続きリサ・マリー・プレスリーが所有する模様。
イタリアのスポーツ紙La Gazzetta dello Sportは、トレードマークのピンク色の表紙を、16日だけ緑色に変えたようだ。「シュレック2」("Shrek 2")が同日公開されるのに合わせたらしい。
全米週末公開作品の週末興収は、ジム・キャリー主演"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"が3000万ドル強、アダム・サンドラー主演"Spanglish"が1000万ドル代後半、デニス・クエイド主演"Flight of the Phoenix"が1000万ドル弱と予想されているらしい。
ロンドン大学のエリザベス・サンプスン(Elizabeth Sampson)博士らは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings")シリーズに登場するゴラムに関する精神医学的な分析を行い「分裂病質性人格障害」と診断、British Medical Journalに発表したらしい。精神分裂や多重人格とは症状が異なるようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、アカデミー賞でのミュージカル部門復活の要望について「十分な数のミュージカル映画がない」として却下したようだ。
ブロードウェイの大ヒットミュージカル"Hairspray"の主演でトニー賞を獲得しているマリッサ・ジャレット・ウィノカー(Marissa Jaret Winokur)は、米ABCによるタイトル未定の新作シチュエーションコメディに出演するらしい。
ロンドンのClaridge's Hotelで16日火災が発生した模様。新作"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"プロモーションのため滞在中だったジム・キャリーは「いい兆候だね」とコメントしたらしい。同ホテルでは「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の記者会見も予定されていたものの、中止となったようだ。
前売り券だけで2000万ドルの売上を記録した舞台"Mary Poppins"のプレミアが15日、ロンドンで上演されたらしい。主演を務めたローラ・ミシェル・ケリーについて、Evening Standard紙は「スターの誕生」、Independent紙は「素晴らしい才能で、興味をかきたてる」、Daily Mail紙は「全ての面においてジュリー・アンドリュースより優れている」と絶賛したらしい。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」に主演する松岡昌宏が16日、大阪の東宝関西支社で大ヒット御礼キャンペーンを行ったようだ。
gooは、フレッツユーザ向けに「秋の童話」「冬のソナタ」などの3Mbpsでの配信をスタートするようだ。
WETA Workshopは、マーティン・キャンベル監督、アントニオ・バンデラス主演"The Legend of Zorro"の特殊効果の製作を来月からスタートさせるようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新ポスターが正式に公開されたらしい。
加IMAXと米Warner Bros. Picturesは16日、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作"Charlie and the Chocolate Factory"のIMAX版を、来年7月15日から35mm版と同時公開する、と発表したようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、第78回アカデミー賞授賞式の開催日を2006年3月5日とすると発表したようだ。冬季オリンピックの閉会式と日程が重なることから、1週間遅らせたらしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編に、チョウ・ユンファが出演するらしい。
"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"からの10分間の映像が、Moviefoneで公開された模様。
ジェイムズ・L・ブルックス監督の新作ロマンチック・コメディ"Spanglish"でアダム・サンドラーと共演したティア・レオーニのインタビュー映像が公開されたらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは「私は確かに反抗的な部分もあるけど、それは誰でもそうだし、でなければ生きている意味が無いわ。演じる役の世界を生きたこともあったけど、今は私自身の人生のほうが大切」と語ったようだ。
Yahoo! JAPANの「2004年 検索キーワードランキング」が15日発表され、「韓流」ランキングでは、「冬のソナタ」「ペ・ヨンジュン」「パク・ヨンハ」「イ・ビョンホン」「美しき日々」の順となったらしい。
ジョン・タートルトーブ監督「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")プロモーションのため、ニコラス・ケイジが16日に来日したようだ。
イ・ジョンヒョンが16日、お台場でミニライヴと握手会を行ったようだ。
レーベルモバイルは、2004年着うた年間ランキングを発表、第1位は映画「いま、会いにゆきます」の主題歌「花」(ORANGE RANGE)、2位は映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌「瞳をとじて」(平井堅)、3位がドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌「かたちあるもの」(柴咲コウ)となったらしい。
まもなく日本で劇場公開されるマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の短編アニメーション「岸辺のふたり」("Father and Daughter",2000年)が、「ロードショー公開される世界で一番短いアニメーション」としてギネスブックに認定されたらしい。
「ザ・コア」("The Core",2003年)を手掛けた監督のジョン・アミエルとプロデューサーのデヴィッド・フォスター(David Foster)は、長野オリンピックで金メダル獲得直後に足を痛め、復帰不可能と診断されたものの4年後再びオリンピックに出場した、ダウンヒル・スキーヤーのピカボ・ストリート(Picabo Street)を描く映画を製作するらしい。
デヴィッド・S・ゴイヤーは、Warner Bros. PicturesによるDCコミック"The Flash"の映画化で、脚本・製作・監督を務めることになったようだ。
トム・クランシーによるビデオゲーム"Splinter Cell"の映画化権をParamountが獲得、監督にピーター・バーグを起用したらしい。
サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン、クレア・デインズ、レイチェル・マクアダムス、ダーモット・マルロニー、ルーク・ウィルソンらが、Fox 2000のタイトル未定のロマンチックコメディで共演するらしい。トーマス・ベズーチャ(Thomas Bezucha)が監督を務め、来年2月末からロサンゼルスとコネチカットで製作がスタートするようだ。
チャン・ツィイーは、韓国・中国共同製作による「花嫁はギャングスター」("My Wife is a Gangster",2001年)シリーズ第3作に出演するらしい。第1作を手掛けたチョ・ジンギュが再び監督を務め、来年3月に撮影が始まる模様。
Revelstone EntertainmentとMark Gordon社は共同で、スティーヴン・R・ドナルドソン(Stephen R. Donaldson)のSF小説"The Chronicles of Thomas Covenant"を映画化するらしい。「バンド・オブ・ブラザース」("Band of Brothers",2001年)を手掛けたジョン・オルロフ(John Orloff)が脚本を担当する模様。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")プロモーションのため来日中のニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー、ジェリー・ブラッカイマーらが17日、都内で記者会見を行ったようだ。ケイジは「清水崇監督、ぜひ僕に次回作の脚本をまわして下さい」と発言したとか。新庄剛志も駆けつけたらしい。
ニコール・キッドマンは「子供を生みたい。再婚して2人で子供を育てたい」と語ったらしい。
ガイ・リッチー監督、レイ・リオッタ、ジェイソン・ステイサム共演の新作アクション"Revolver"に、マドンナのカメオ出演が噂されているらしい。
トニー・スコット監督"Domino"撮影中のキーラ・ナイトレイが、マシンガンを撃つシーンで薬きょうが当り、火傷を負ったらしい [☆顔じゃなければいいですけど]
12月23日の「世界の中心で、愛をさけぶ」DVD発売を記念して、今月20日からビックカメラ有楽町店の外壁に同作のタイトルをあしらったLEDイルミネーションによるクリスマスツリーが飾られるらしい。
ベン・アフレックと交際中のジェニファー・ガーナーが妊娠か?と噂されているらしい。
  12/18
CM総合研究所が17日、今年のCMタレント好感度を発表、男性部門では1位に3年連続で木村拓哉が選ばれたほか、ペ・ヨンジュンが初登場6位となったようだ。女性の1位は松浦亜弥だったらしい。
文化庁メディア芸術祭受賞作品が17日発表され、アニメ部門の大賞に「マインド・ゲーム」(湯浅政明監督,2004年)が選ばれたようだ。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」のプレミアが16日、香港で開催されたようだ。
2年前にフィルムコミッションが設立された京都府舞鶴市では今年、田壮壮監督「呉清源」のロケをはじめ、TVや写真集など16件のの撮影が行われたらしい。
中国国家広播電影電視総局は、来年から映画観賞の年齢制限を導入することを決めたようだ。
ヒラリー・ダフは「ビジネスの世界にいたから、皆より少し成長が速かった。17歳の子たちと同じ感情を私が感じているかどうか分からない。世界への怒りとか、みんな私を理解してくれないとか、両親を憎むとか、そんな感情を抱くことは無いわ。辛くて泣くこともあるけど、仕事のおかげで他の人が経験しないような素晴らしいことも経験できるわ。だから、物事をそれほど深刻に考えないようにしているの」と語ったようだ。
Star誌のアンケート調査による「今年最もうっとうしい人TOP10」が発表されたらしい。
1.ブリトニー・スピアーズ
1.パリス・ヒルトン
2.アンナ・ニコル・スミス
3.スター・ジョンズ・レイノルズ(Star Jones Reynolds)
4.アシュリー・シンプソン
5.キャメロン・ディアス
6.リンゼイ・ローハン
7.エルトン・ジョン
8.グウィネス・パルトロウ
9.マイケル・ムーア
10.ビル・オライリー(Bill O'reiily)
篠原哲雄監督の短編映画「桃」で、長谷川京子が主演を務めたようだ。「Jam Films」シリーズ第4弾の1編として来年夏に公開されるらしい。
jig.jpは、動画閲覧用iアプリ「jigチャンネル」を21日から提供するらしい。開始当初はcinemacafe.netと協力し、新作映画の予告編が配信されるようだ。
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")に出演するエミー・ロッサムは「新鮮な命を与えることが出来る、こういったキャラクタを演じられたのは、私にとって素晴らしい経験だった。でも、この作品での私の責任は大きかった。私は撮影中に17歳になったけれど、普通、ハリウッドのミュージカル大作の役が無名の16歳に与えられることなんて無いわ」と語ったようだ。
  12/19
元全日本女子プロレスの納見佳容が、22日開幕の舞台「革命の林檎 両家と戦争とシュルレアリスム」に出演するようだ。
大谷健太郎監督「約三十の嘘」が18日初日を迎え、椎名桔平、妻夫木聡らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
「ドラえもん」の声優オーディションは、テレビ朝日のアナウンサー65人も募集の対象となるらしい。
筧利夫が今月11日、8年間交際していた女性と入籍していたらしい。
萩原健一が18日、離婚に向けた話し合いを行っていることを明らかにしたようだ。
ケイト・ベッキンセイルは「もし機会があれば大学に戻りたい。私は今31歳。もし大学に戻るとすれば、今しかない」と語ったらしい。
MGMとSony Corporation of Americaなどからなる企業連合は18日、17日開催されたMGMの特別株主総会で吸収合併が承認された、と発表したようだ。
米映画芸術科学アカデミーは18日、第77回アカデミー賞視覚効果部門のエントリー作品7本を発表したようだ。
・「アビエイター」("The Aviator")
・「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")
・「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")
・「アイ,ロボット」("I, Robot")
・「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")
・「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」("Sky Captain and the World of Tomorrow")
・「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")
「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化で、主演候補にサラ・ミシェル・ゲラーの名前も挙がっているらしい。
ポール・W・S・アンダーソン監督「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")が18日に初日を迎え、有楽町マリオン前にはエイリアンとプレデターの実物大フィギュアが登場したらしい。
塚本連平監督「ゴーストシャウト」が18日初日を迎え、永井大、南野陽子、滝沢沙織、井澤健らが舞台挨拶に立ったようだ。初日は立ち見も出たとか。
  12/20
来年夏公開予定の「劇場版 鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜」のオープニングとエンディングテーマを、L'Arc〜en〜Cielが歌うらしい。
「黒木香」の芸名で活動していた元女優が20日、「肖像権、プライバシー権を侵害された」として、小学館など6社に対して総額8400万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
キム・ジェウォンが19日に来日、20日都内で行われるファン交流イベントに参加するようだ。
19日放送された「NHKに言いたい」の平均視聴率(関東)は6.5%だったらしい。
特集番組「NHKに言いたい」が19日NHKで放送され、海老沢勝二会長が謝罪したものの、視聴者から寄せられた2万7466件の意見に対し直接答えたのは3件のみだったとか。出演した鳥越俊太郎は冒頭で「この番組はガス抜きするためではないか」、最後には「この番組見て、さらに受信料支払いの拒否が増えるのでは」と発言したらしい。 [☆「NHKは言いたい」というタイトルにすべきだったのでは?]
ソウル市内で行われた、オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演「アレキサンダー」("Alexander")試写会の観客を対象に行った調査によると、「アレキサンダー大王役に最も相応しい俳優」の第1位にはチャン・ドンゴンが選ばれたらしい。
来日中のリュ・シウォンが19日、六本木のちゃんこ店で記者会見を行い、自らプロデュースしたクリスマスケーキを披露したらしい。
韓国の大学生を対象にした「今年の話題」の調査によると、文化・芸能部門では「ペ・ヨンジュンの韓流ブーム」が1位(31.3%)、「映画『オールド・ボーイ』人気」が2位(26.3%)、「ドラマ『パリの恋人』人気」が3位(20.8%)だったようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」が、29日から韓国で公開されるらしい。サントラ盤も発売されたようだ。
韓国KBS「海神」に出演中のチェ・スジョンに、映画出演のオファーが殺到しているらしい。
23日中国大陸で公開がスタートするチャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の携帯電話向けサイトが登場したらしい。
William Morris Agencyは17日、デイヴ・ウィルトシャフター(Dave Wirtschafter)を社長に、アーヴ・ワイントラウブ(Irv Weintraub)をCOOに指名したようだ。
ハリー・コニックJr.のアルバム"Only You"が、Billboardジャズアーティスト部門の年間アルバムチャートで1位となったようだ。
D・L・ヒューリー(D.L. Hughley)は、米CATV局のComedy Centralと新しいトーク番組への出演について交渉中らしい。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの裁判が20日、ようやく始まったようだ。
北米を除く海外週末興収では、27ヶ国で公開中の「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")が2890万ドルで1位、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が2670万ドルで2位となったようだ。また海外総興収は「Mr.インクレディブル」が1億8950万ドル、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")は1億5430万ドルに達した模様。
全米週末興収は、ジム・キャリー主演"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"が3020万ドル(3620館)で1位、アダム・サンドラー主演"Spanglish"が900万ドル(2438館)で3位、デニス・クエイド主演"Flight of the Phoenix"が515万ドル(2,604館)で8位のスタートとなったようだ。一方、スロースタートだったトム・ハンクス主演「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")は855万ドル(2868館)で4位を維持、総興収は1億2350万ドルに達したらしい。
「オリバー!」("Oliver!",1968年)で、マーク・レスター(Mark Lester)が演じた主人公オリヴァー・ツイストの歌声は、ミュージカル監督ジョン・グリーン(John Green)の娘ケイテ・グリーン(Kathe Green)が葺き替えていたらしい。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演"Charlie and the Chocolate Factory"からの最新画像がネット上にアップされたらしい。
Warner Bros. Picturesは、Karl Iagnemmaの短編"On the Nature of Human Romantic Interaction"の映画化について、オプション契約を結んだようだ。ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストンらがプロデュースするらしい。
「トロイ」("Troy",2004年)や「トゥームレイダー」("Lara Croft: Tomb Raider",2001年)シリーズなどでセカンドユニット監督を務めたサイモン・クレイン(Simon Crane)は、Intermediaの新作アクション"Adrenaline"で監督デビューするようだ。
チャーリー・シーン、デニース・リチャーズ夫妻に来年6月、第2子が誕生する模様。
ワシントンD.C.映画批評家協会(Washington, DC Area Film Critics Association)賞が17日発表されたようだ。
■作品賞 「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")
■監督賞 ミシェル・ゴンドリー (「エターナル・サンシャイン」)
■主演男優賞 ジェイミー・フォックス (「レイ」)
■主演女優賞 イメルダ・スタウントン (「ヴェラ・ドレイク」)
■助演男優賞 ジェイミー・フォックス (「コラテラル」)
■助演女優賞 ケイト・ブランシェット (「アビエイター」)
■アンサンブル演技賞 「エターナル・サンシャイン」
■オリジナル脚本賞 チャーリー・カウフマン (「エターナル・サンシャイン」)
■脚色賞 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー ("Sideways")
■外国語映画賞 "Maria Full of Grace" (ジョシュア・マーストン監督)
■アニメーション映画賞 「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
■ドキュメンタリー賞 「華氏911」("Fahrenheit 9/11")
  12/21
田壮壮監督による日中合作映画「呉清源」のロケが18日から20日まで、岐阜県の白川村で行われたようだ。
「電車男」のコミック化での原作料と単行本化時の印税、TV、映画化での原作料が、新潟県中越地震の被災者に全額寄付されることになったらしい。総額1000万円を超える見通しとか。
東映アニメーションは、フランスのパリに現地法人TOEI ANIMATION EUROPE S.A.S.を設立すると発表したようだ。
人気コミック「花より男子」が原作の台湾ドラマ「流星花園」(2001年)のDVDは、今年1年で3万3000本の売上を記録したらしい。
加賀まりこは、TBSのプロデューサーと交際中らしい。
ぺ・ヨンジュンの写真集「像 THE IMAGE VOL.ONE」の予約受付が、21日に再会されたようだ。
薮内省吾監督「ファンタスティポ」で共演した国分太一と堂本剛が、新ユニット「トラジ・ハイジ」として同映画の主題歌を来月26日にシングルリリースするらしい。
NHKは21日、第55回紅白歌合戦の曲目を発表、Ryuは「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」、イ・ジョンヒョンは「Heaven2004」、松平健は「マツケンサンバII」を歌うらしい。
1979年10月26日のパク・チョンヒ大統領暗殺事件を描く映画「その時、その人々」が、来年2月に韓国で公開されるらしい。
キム・スンウが26日に来日する模様。お台場にあるホテル・グランパシフィック・メリディアンの特別階に滞在するらしい。
15日から韓国320スクリーンで公開が始まったソル・ギョング主演「力道山」は、19日までの観客動員数が66万人に達し、週末興収1位となったようだ。
行定勲監督「北の零年」の披露試写会が20日広島県府中町で行われ、吉永小百合らが舞台挨拶に立ったようだ。
中国の最高裁判所に当る最高人民法院と最高人民検察院は21日「映画、音楽などを無断で5000枚以上複製した場合、3年以上7年以下の懲役と罰金を課す」と発表したようだ。
フォン・シャオガン監督、アンディ・ラウ主演「天下無賊」の興収が公開10日間で8000万元を突破、記念のパーティが20日北京市内で行われたらしい。
日本トイザらスは、ダース・ベイダーの音声変換機能付きマスクを28日から発売するらしい。
米国のクリスマス商戦では、「シュレック2」「スパイダーマン2」「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」など新作DVDが人気を集めているらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)は、来月29日に開催する第57回DGA賞授賞式の会場を、Century Plaza HotelからBeverly Hiltonに変更すると発表したようだ。
ウェズリー・スナイプスは20日、子供の認知を求めているインディアナ州在住の女性の申請を受けてニューヨーク市の家庭裁判所が逮捕状を出したのは管轄外であり不当だとして、逮捕状の破棄を求める訴訟を起こしたようだ。
米CATV局Showtimeは、「マリファナの狂気」("Tell Your Children",1936年)を舞台化したオフブロードウェイ・ミュージカル"Reefer Madness"をTV映画化するらしい。舞台版を手掛けたアンディ・フィックマン(Andy Fickman)が監督を務め、アラン・カミングらが出演するようだ。
米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission)は20日、Walt Disney社に対し、役員の子供3人を株主に伝えることなく雇用し、年間6万ドルから15万ドルの報酬を支払っていたとして、今後は開示義務に従うよう命じたようだ。
欧州最大のCATV局UPCが行った調査によると、クリスマスシーズンにTV番組での暴力シーン禁止を希望する人は全体の3分の2、家族向け映画を見たいとする人は60%に上ったようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")からの最新画像が公開されたようだ。
J・K・ローリングは20日、「ハリー・ポッター」シリーズ第6巻"Harry Potter and the Half-Blood Prince"が完成し、原稿を出版社に送った、と発表したようだ。出版日は来年7月16日に設定された模様。
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演の新作"Aeon Flux"からの最新画像が公開されたようだ。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督の新作"Sin City"のポスター予告編が公開されたらしい。
新作"Meet the Fockers"のプレミアに出席した脚本家のジェイムズ・ハーツフェルド(James Herzfeld)は、「"Toy Story 3"のドラフトをちょうど書き上げたところだ。次回作にもオリジナル・キャストが戻って欲しい。計画通りなら3年以内に公開できるはずだ」 と語ったらしい。
"The Ellen DeGeneres Show"で今月始まった観客へのプレゼントコーナーにジンジャーブレッド・マンの着ぐるみが登場、最終日の17日、エレン・デジェネレスが着ぐるみの頭を外すと、中にはジャスティン・ティンバーレイクが入っていたらしい。
Heavy.comは「今年の悪い子」を発表、女性はリンゼイ・ローハンが、男性はオサマ・ビン・ラディンが1位に選ばれたようだ。
17日に日本発売となった「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のDVDは、3日間で93万3770枚の売上を記録した模様。
塚本晋也監督「ヴィタール」のパンフレットは320ページもあるらしい。
ロンドンで新作"Derailed"撮影中だったジェニファー・アニストンは、親友の死を知りニューヨークに一時帰ったらしい。「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")プロモーション中だったブラッド・ピットも全ての予定をキャンセル、妻に付き添っているとか。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")撮影のためヴァージニア州を訪れているトム・クルーズは、アイスクリーム屋に立ち寄った際、大怪我をした地元の少女のための募金箱を見て、5000ドル以上寄付したらしい。
新作ロマンチック・コメディ"Spanglish"に主演したアダム・サンドラーは「過去に出演したどの映画も大好きだし、どの作品も一生懸命に取り組んできたけれど、自分のキャリアを振り返る時、この作品に出演したことを誇りに思うはずだ」と語ったようだ。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」のDVDが来年3月25日に発売されるらしい。2枚組の「スペシャル・エディション」、3枚組の「プレミアム・エディション」も合わせて発売されるようだ。
アダム・サンドラー主演"The Longest Yard"の最新予告篇が公開されたようだ。
シカゴ映画批評家協会賞が21日発表されたようだ。
■作品賞 "Sideways"(アレクサンダー・ペイン監督)
■監督賞 クリント・イーストウッド("Million Dollar Baby")
■主演男優賞 ポール・ジアマッティ("Sideways")
■主演女優賞 イメルダ・ストーントン(「ヴェラ・ドレイク」)
■助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ("Sideways")
■助演女優賞 ヴァージニア・マドセン("Sideways")
■脚本賞 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー("Sideways")
■外国語映画賞 「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")
■ドキュメンタリー賞 「華氏911」("Fahrenheit 9/11")
  12/22
米Sony Pictures Entertainmentの今年の映画興行収入は19日までに12億6600万ドルに達し、シェア14.6%でトップとなったようだ。2位はWarner Bros. Picturesで11億2400万ドル、3位はBuena Vistaで11億600万ドルの興収を記録している模様。
イ・ビョンホンのファンミーティングが21日都内で行われ、5万通の応募の中から選ばれた2300人のファンが来場したらしい。新作「甘い人生」の予告編も上映されたようだ。
イ・ソンジェ主演の新作「シン・ソッキ・ブルース」のメディア向け試写会が21日ソウル市内で行われたようだ。
広州泰盛公司は、チャウ・シンチー監督・主演の新作「カンフーハッスル」について、海賊版発見者にディスク1枚に付き0.5元の報奨金を支払う、と発表したようだ。
「冬のソナタ」の撮影に使われ、無料開放されている春川市の民家で、観光客の急増で「私生活が侵され、精神的・肉体的にも疲れた」などとして、家主が市側に公開の中止を要請したようだ。
東芝、NEC、メモリーテック、三洋電機などは22日、次世代DVD規格「HD DVD」の普及団体「HD DVDプロモーショングループ」を設立したようだ。
来年2月10日から開催される第55回ベルリン国際映画祭で、レジス・ヴァルニエ監督、ジョセフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス共演の新作"Man to Man"がオープニングでワールドプレミア上映されるらしい。
22日から米国で公開される"Hotel Rwanda"のヨハネスブルグでの撮影中、4万ドルの給料を運ぶトラックがマシンガンで武装した4人組に襲われる事件があったらしい。製作助手の一人が腕を撃たれたものの、幸い「誰も死ななかった」(テリー・ジョージ監督)とか。
14日亡くなったフィリピンの映画俳優フェルナンド・ポー・ジュニアの葬儀が22日、マニラ市内で営まれ、5万人近い人々が沿道に集まったようだ。
「HERO」(2003年)、「LOVERS」(2004年)と。2作続けてマーシャル・アーツ作品を手がけたチャン・イーモウ監督は「その手の映画が嫌いというわけじゃない。だが、文化大革命の最中に育った我々は、映画学校の入るまでブルース・リー作品から学び、武侠映画を見る機会が無かった。我々の世代の監督は芸術性の高い作品を手がけてきたが、時代は変わった。中国経済は発展し、人々は娯楽を求め、興行収入が重要となっている。我々には、こういった作品を製作する文化的義務がある」と語ったようだ。
ゴールデン・グローブ賞最多7部門ノミネートなど米映画賞を総なめしている話題作"Sideways"に主演したポール・ジアマッティは「アレクサンダー(・ペイン監督)に会ったときは、ほとんど脚本を読んでいなかったんだ。僕はあれこれ注文をつける性質じゃないから、どんな仕事でも引き受ける。ただ、アレクサンダーとはいつか一緒に仕事をしたいと思っていた。でも、僕を主役にすると聞いて、彼は気が狂ったんじゃないかと思ったよ」と語ったようだ。
英国週末興収では、ジム・キャリー主演"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"が200万ポンドで1位を獲得、以下「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")、「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")、「ブレイド3」("Blade: Trinity")、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")と続いたようだ。
アーノルド・ヴォスルーが、来月9日にスタートする米FOXの人気シリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第4シーズンでテロリストを演じるらしい。
ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウ主演"Cinderella Man"の最新予告編が公開されたようだ。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"The Island"からの最新画像が公開されたようだ。
全世界77ヶ所のIMAXシアターで公開中の「ポーラー・エクスプレス: An IMAX 3D Experience」("The Polar Express: An IMAX 3D Experience")の総興収は2230万ドルに達した模様。
アヴリル・ラヴィーンは、米Cosmopolitan誌の写真撮影日前日にミュージックビデオのスタイリストが間違って髪をピンク色に染めてしまい、激怒したらしい。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)に出演するレイチェル・ビルソンは10代の頃、顔を洗うとニキビが出来ると信じ、顔を一切洗わなかったらしい。
アンナ・クルニコワとエンリケ・イグレシアスはまだ結婚していない、とPeople誌が報じた模様。
ORANGE RANGEの歌う「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督,2004年)の主題歌「花」のシングル出荷枚数が100万枚を突破した模様。
滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」で、スティングの歌う「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」が主題歌として使われるらしい。
Yoshiの新作小説「もっと、生きたい…」が21日出版されたようだ。映画化、コミック化の企画も進行中とか。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のDVDとVHSの発売記念イベントが21日都内で行われ、小倉優子が出席したようだ。
「IZO」(三池崇史監督,2004年)に出演した中山一也、内田裕也、原田龍二、ボブ・サップ、桃井かおり、山本太郎らと三池監督は、新潟県中越地震被災者のためのチャリティ・オークションを開催するらしい。
ウィレム・デフォーは、Millennium Films製作の新作"The Widow's Lover"に出演するようだ。デフォー自身が脚本に参加、ジアダ・コラグランデ(Giada Colagrande)が共同脚本、監督、主演を務めるらしい。製作は1月からニューヨークで始まる模様。
リンゼイ・ローハンとコリン・ファレルが交際中らしい。
「東京タワー」の源孝志監督次回作は、「大停電の夜に」になるようだ。豊川悦司、田口トモロヲ、吉川晃司、原田知世、寺島しのぶ、井川遥、宇津井健らが共演、来年1月にクラックアップ予定とか。
塚本連平監督「着信アリ2」の完成会見が21日都内で行われ、ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香らが出席したようだ。
ジェイク・ロイドとダニエル・ローガンが来日、21日東京恵比寿にリニューアルオープンしたカンティーナでサイン会を行ったようだ。
ソニー株式会社は、新プロジェクション方式「GxL」を使用し10m×50mの超ワイド映像を実現する「レーザードリームシアター」を、愛知万博に出展すると発表したようだ。
バンダイビジュアル株式会社が、Blu-ray Disc Associationに加入したようだ。
株式会社オープンゲートは、PSPで再生可能な映像コンテンツの有料配信を24日から開始するらしい。吉松幸四郎監督による「左耳の精霊」「神舞の島」「瑠璃」「chocolate@fish」の4作品がリリースされるようだ。
ピーター・ジャクソン監督次回作は、第一次世界大戦でのオーストラリアとニュージーランドの連合軍の活躍を描く作品になる模様。
  12/23
第29回報知映画賞表彰式が22日都内で行われ、妻夫木聡、松たか子、長澤まさみらが出席したようだ。主演女優賞を受賞した松たか子は、副賞の石油1000リットルを灯油に替えて新潟県中越地震の被災者に寄付したい、と語ったらしい。
韓国人気スターのピが、都内で行われたファンミーティングに出席したようだ。抽選で選ばれた200人のファンが集まったらしい。
新潟県中越地震被災者チャリティ・イベントとして、写真展「冬のソナタ STORY PARK」が27日から東京国際フォーラムで開催されるらしい。
来年2月21日からポルトガルで開催される第25回ポルト国際映画祭(Oporto International Film Festival)に、パク・フンシク監督「人魚姫」、アン・ビョンギ監督「コックリさん」("分身娑婆")、ヤン・ユンホ監督「風のファイター」、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」など8本の韓国映画が出品されるらしい。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演の新作「外出」で、ソン・イェジンの共演が決まったようだ。
23日に北京など中国各地で公開が始まるチャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」は、前売券の販売も好調で、「少林サッカー」(2001年)の興収記録を更新すると予想されているようだ。
2004年の中国大陸での映画興行収入は前年比50%増の15億元を記録、チャン・イーモウ監督「LOVERS」が興収1億5300万元でダントツの1位だったらしい。
ココ・リー、ジョン・ローン共演の新作コメディ「自娯自楽」が台湾で公開されたものの、不調らしい。台北の映画館では3日間の興収が1万台湾ドル(約3万2000円)にも届かなかったとか。
韓国現代経済研究院の試算によると、ペ・ヨンジュンの経済効果は日韓合わせて3兆ウォンを超える、らしい。
2004年の全米総映画興行収入は、2002年に記録した93億ドルを上回り、過去最高の94億ドルに達すると予想されているようだ。一方、チケット販売枚数は2002年の16億枚から15億枚に減少する模様。
22日全米公開となった「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")について、New York Timesは「この手のスペクタクルは舞台ではいいかもしれないが、これは映画である。深い感情表現と、精巧なセットデザインの一方で、記憶に留まるようなロマンスやスリルに欠けている」とする映画評を掲載したらしい。
ジャレッド・ヘス監督のティーン向けコメディ"Napoleon Dynamite"のDVDとVHSが21日米国で発売され、初日だけで140万本の売上を記録した模様。
「TAXI NY」("TAXi",2004年)のPRイベントが22日都内で行われ、根本はるみらが参加したようだ。
スティーヴン・ケイ監督、バリー・ワトソン主演「ブギーマン」("Boogeyman")の国際版予告篇が公開されたようだ。
トム・クルーズ主演のシリーズ最新作"Mission: Impossible III"に出演するスカーレット・ヨハンソンは、来年後半の撮影開始に向けて、既に武器トレーニングを始めているらしい。
Sony Picturesは、非圧縮4K(4096×2160ドット)デジタル上映システムによる「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の上映会を、来年1月13日にHollywood Pacific Theatreで開催するようだ。
マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン共演による「プロデューサーズ」("The Producers",1968年)の再映画化で、降板したニコール・キッドマンに代わって、ユマ・サーマンの出演が決まったらしい。
テレンス・マリック監督、コリン・ファレル主演の新作"The New World"の公式サイトがオープンした模様。
新作"Elektra"に主演するジェニファー・ガーナーは、撮影のためバンクーバーを訪れていた際、恋人と噂されるベン・アフレックについて「彼に会えなくて寂しい。間抜けな歩き方でやってきて、私を笑わせてくれる彼のことが大好きなの」と語ったらしい。
来年7月の出版が発表された「ハリー・ポッター」シリーズ最新作"Harry Potter and the Half-Blood Prince"は、Amazon.comでの予約が130万件を突破、すでにベストセラーとなっているらしい。
ジェイムズ・アイヴォリー監督、カズオ・イシグロ脚本、レイフ・ファインズ主演の新作"The White Countess"に、真田広之の出演が決まった模様。
第28回日本アカデミー賞の各部門優秀賞が22日発表されたようだ。来年2月18日に開催される授賞式では、関口宏と寺島しのぶが司会を務めるらしい。
■優秀作品賞
・「隠し剣 鬼の爪」
・「スウィングガールズ」
・「世界の中心で、愛をさけぶ」
・「血と骨」
・「半落ち」
■優秀監督賞
・崔洋一(「血と骨」)
・佐々部清(「半落ち」)
・矢口史靖(「スウィングガールズ」)
・山田洋次(「隠し剣 鬼の爪」)
・行定勲(「世界の中心で、愛をさけぶ」)
■優秀主演男優賞
・哀川翔(「ゼブラーマン」)
・大沢たかお(「解夏」)
・寺尾聰(「半落ち」)
・永瀬正敏(「隠し剣 鬼の爪」)
・役所広司(「笑の大学」)
■優秀主演女優賞
・鈴木京香(「血と骨」)
・竹内結子(「いま、会いにゆきます」)
・常盤貴子(「赤い月」)
・深田恭子(「下妻物語」)
・松たか子(「隠し剣 鬼の爪」)
ニック・カサヴェテス監督「きみに読む物語」("The Notebook",2004年)のイメージソングとして、CHEMISTRYの新曲「ココロノドア」が使われるらしい。
川原泉の人気コミック「笑う大天使」が、小田一生監督、上野樹里主演で映画化されるようだ。
米Access Hollywoodは21日、同TV局への露出度に基づく「2004年のトップスター10人」を発表したようだ。
1.ブリトニー・スピアーズ
2.ビヨンセ・ノウルズ
3.ドナルド・トランプ
4.マイケル・ジャクソン
5.トム・クルーズ
6.ジェシカ・シンプソン
7.パリス・ヒルトン
8.ニコール・キッドマン
9.ジェニファー・ロペス
10.ホイットニー・ヒューストン
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」を題材にしたミニゲームの無料配信が、携帯電話向けサイトshockwave.com mobileで始まったようだ。
  12/24
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDが発売された22日、長澤まさみがファン100人と握手会を行ったようだ。すでに92万枚の出荷が決定、年内にも100万枚突破の見込みとか。
チャン・ドンゴンのファンミーティングが23日都内で行われたようだ。
「冬のソナタ」の舞台となった韓国の春川市で24日、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウの等身大の銅像の除幕式が行われるらしい。 [☆今度は大丈夫?]
映画「劇場版 とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ!ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔」が23日初日を迎え、松浦亜弥、石川梨華、道重さゆみらが舞台挨拶に立ったようだ。
出版科学研究所の発表によると、今年11月までの書籍の売上は前年同期比4.1%増の8706億円に達したようだ。「世界の中心で、愛をさけぶ」「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」などの人気が貢献した模様。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」のチャリティ試写会が22日、ソウル市内で行われたようだ。
チェ・ソグォン監督、イ・ドンゴン主演の新作「B型の彼氏」の製作会社が行った調査によると、「クリスマスを一緒に過ごしたい男性の血液型」の第1位にはB型が選ばれたようだ。 [☆あんまり意味の無い調査だと思いますが・・・]
韓国映画専門誌によるアンケート調査の結果、チェ・ドンフン監督「犯罪の再構成」が今年最高の映画に、ソ・セウォン監督「多黙 安重根」が最悪の映画に選ばれたようだ。
中国で、映画、音楽などを5000枚以上違法に複製した場合、3年以上7年以下の懲役と罰金を課すことを定めた「知的財産権侵害刑事裁判の具体的な法律適用に関する若干の問題についての解釈」が施行され、当日上海の2軒の民家から海賊版の「圧縮DVD」1万4100枚が没収されたらしい。
今月2日に六本木でコンサルタント会社社長が刺殺された事件は、殺害の方法がチャン・ドンゴン主演「友へ/チング」(2001年)年のラストシーンと酷似しているらしい。
香港電視広播有限公司は、芸術有限公司が出資・製作する映画の放送権を、900万香港ドルでCelestial Productionsに付与すると発表したようだ。
昨年1月5日に放送されたNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」第1回の内容が「七人の侍」(黒澤明監督,1954年)の盗作であるとして、黒澤久雄らがNHKと脚本家に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は24日、請求を棄却した模様。
デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻は23日、ロンドンの邸宅でクリスマス・パーティを開催、エルトン・ジョンやエリザベス・ハーレー、元Spice Girlsのメンバーら多数の著名人が招待されたらしい。
「レイ」("Ray",2004年)でレイ・チャールズの母親役を演じたシャロン・ウォレン(Sharon Warren)は、米CBSと契約、来秋放送予定のドラマに出演することが決まったようだ。
「怪物家族大暴れ」("Munster Go Home",1966年)に主演した女優のデビー・ワトソン・テイラー(Debbie Watson Taylor)は、無断で映像と音声を使用したとして、米スロットマシンメーカーのInternational Game Technology社などに対する訴訟を起こしたようだ。
24日より米国で限定公開される"The Woodsman"で小児愛者を演じたケヴィン・ベーコンは「存在しないふりをするのは、とても危険なことだ。現実を直視せず『ああいう奴らはただの怪物で、ならず者を送り込んで始末させればいい』と言うのは危険なことなんだ。これは、多くの犠牲を伴う、広範囲で悲劇的な問題だ」と語ったようだ。
篠原俊哉監督「映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島」が23日初日を迎え、雪野五月らが大阪市内の劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック共演"The Longest Yard"のポスター予告篇が公開されたようだ。
リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演"Kingdom of Heaven"の予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
ダイアン・クルーガーは、第一次大戦下のクリスマスイヴに、フランス軍とドイツ軍の双方が武器を置き、中間地帯でサッカーを楽しんだ、という逸話に基づくフランス映画"Joyeux Noel"に出演するようだ。また、交響曲第9番作曲中のベートーヴェンと助手との恋を描く"Copying Beethoven"で、エド・ハリスと共演するらしい。
「アビエイター」("The Aviator")プロモーションのためロンドンを訪れたレオナルド・ディカプリオは、パーティの後、3軒のクラブをはしごしたらしい。
Twist誌は、セレブの慈善活動家トップ10を発表したようだ。
1.アンジェリーナ・ジョリー
2.ジェシカ・シンプソン、ニック・ラシェイ
3.ネリー
4.ショーン・コムズ
5.ベン・アフレック
6.アリシア・キーズ
7.タイラ・バンクス
8.ジャスティン・ティンバーレイク
9.ドリュー・バリモア
10.ジェニファー・ロペス
第8回全日本美少女コンテストでグランプリを獲得した阪田瑞穂が、来年初夏公開予定の中村義洋監督「あそこの席」に主演するようだ。細田よしひこ、浅香友紀らが共演するらしい。
行定勲監督「北の零年」に出演する吉永小百合、豊川悦司、柳葉敏郎、石原さとみ、石田ゆり子らが、来月11日に都内で行われる新潟県中越地震の被災者のためのチャリティ・イベントに出演するらしい。
ジェリー・ブラッカイマーは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)シリーズ第3作への出演について、ジェフリー・ラッシュと交渉中のようだ。また、キース・リチャーズの出演の噂については、コメントするのは時期尚早だと語ったらしい。
米NBCは、「アビス」("The Abyss",1989年)風の深海アクション・アドベンチャー"Fathom"の制作を決定した模様。
ジョシュ・ブローリンが、妻のダイアン・レインに暴力を振るったとして逮捕されたらしい。
ジェニファー・ロペスの元夫オジャニ・ノア(Ojani Noa)は、パサデナにある彼女が所有するレストランを突然解雇されたのは「正当な理由無しに解雇しない」とした契約に違反するとして、訴訟を起こしたようだ。
視聴者の投票で今年の映画を選ぶ"Film 2004"が英BBCで放送されたようだ。
1.「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")
2.「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")
3.「ネバーランド」("Finding Neverland")
4.「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")
5.「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")
6.「ショーン・オブ・ザ・デッド」("Shaun of the Dead")
7.「HERO」("Hero")
8.「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
9.「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")
10.「コラテラル」("Collateral")
日本ビクター株式会社は、1層Blu-ray Discと2層DVDを1枚のディスクとした「BD-DVDコンネーションROMディスク」を開発したと発表したようだ。
  12/25
ペ・ヨンジュンの公式サイトに23日、不正アクセスが殺到し、サイトが閉鎖された模様。再開は年明けになる見込みとか。
NASAなどは新たな火星走行探査計画を発表、搭載する高解像度3Dカメラの開発にはジェイムズ・キャメロンが参加するらしい。
愛知万博の長久手会場で、「サツキとメイの家」の建設工事がほぼ完了したようだ。
新潟県長岡市の中学校で25日、山古志村の小中学生のためのクリスマスプレゼントとして、宮崎駿監督「ハウルの動く城」が無料上映されるらしい。鈴木敏夫プロデューサーも会場を訪れる予定とか。
1995年に北朝鮮から韓国に脱出したチョン・ソンサンの映画監督デビュー作「赤い天使たち」がまもなく完成するようだ。北朝鮮では平壌の演劇映画大学を卒業、モスクワ国立映画大学に留学していたらしい。
チャン・イーモウ監督は、チャン・ツィイーについて「彼女の成功は運だ、という見方もあるが、それは彼女の努力を知らないだけ。例え強運の持ち主でも、才能や努力がなければ成功はできない」と語ったようだ。
「じんけんフェスタ2004」が25日、香川県高松市で開催され、水野晴郎が講演を行ったようだ。
ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの銅像の除幕式が24日、韓国の春川市で行われたようだ。今のところ"批判"は起きていない模様。
「新しい風 若き日の依田勉三」(松島哲也監督,2004年)の撮影に使われた十勝地方開拓時代の家のセットを、大樹町在住の夫婦が譲り受け、広尾町で建て直しているらしい。
マーロン・ブランドのビジネス・マネージャーとして働いていた女性が、セクハラを受けた上に契約違反があったとして、350万ドルの損害賠償を求める裁判を起こしたようだ。
パリ・エッフェル塔、ニューヨーク・エンパイアステートビル、東京・新宿センタービルなどの素手での"登頂"に成功している、フランスの"スパイダーマン"ことアラン・ロベール(Alain Robert)は25日、世界一高いビルとして31日オープンする「台北101」に挑戦、見事成功したようだ。
ニューヨーク大学に通うアシュレイ・オルセンは、ドラマ・クラスを受講しているらしい。
31日に開催される第46回日本レコード大賞で、渡辺謙がプレゼンターを務めるらしい。
家主が公開中止を春川市に申請していた"チュンサンの家"は、来年以降も家を開放することで双方が合意した模様。
「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me")のモーガン・スパーロック監督が実験後に食べていた"解毒メニュー"が、来月7日から都内のカフェで提供されるらしい。
2004年公開の外国映画興収TOP10がほぼ確定したようだ。
1.「ラスト・サムライ」("The Last Samurai",137億円)
2.「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban",135億円)
3.「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",110億円)
4.「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King",104億円)
5.「スパイダーマン2」("Spider-Man 2", 65億円)
6.「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow",51.5億円)
7.「トロイ」("Troy",42億円)
8.「アイ,ロボット」("I, Robot",38億円)
9.「ホーンテッド・マンション」("The Haunted Mansion",34億円)
10.「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing",28億円)
2004年公開の日本映画興収TOP10がほぼ確定したようだ。
1.「ハウルの動く城」(宮崎駿監督,200億円以上)
2.「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,85億円)
3.「いま、会いにゆきます」(監督,47億円)
4.「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス」(湯山邦彦監督,43.8億円)
5.「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」(芝山努監督,30.5億円)
6.「名探偵コナン 銀翼の奇術師」(山本泰一郎監督,28億円)
7.「クイール」(崔洋一監督,23億円)
8.「スウィングガールズ」(矢口史靖監督,21.5億円)
9.「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」(鈴木雅之監督,19.3億円)
10.「半落ち」(佐々部清監督,18.5億円)
10.「ワンピース 呪われた聖剣」(竹之内和久監督,18.5億円)
  12/26
片岡K監督「インストール」が25日初日を迎え、上戸彩、神木隆之介らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
Ryuの新曲「聞こえない告白」発売記念イベントが25日、京都駅ビルで行われたようだ。ファン5000人が集まったとか。 [☆なんか人が多いと思ったら・・・]
ミョン・セビン、ソン・ソンミ、オ・スンヒョンの3人の写真展が28日からソウルで開催されるらしい。展示される写真はオークションにかけられ、収益は身体障害者の支援団体に寄付されるようだ。
中国で製作された3DCGアニメ「龍刀奇縁」("Dragon Blade")のアフレコ収録が行われ、カレン・モク、ダニエル・ウーらが参加したようだ。
来月26日発売のリンゼイ・ローハンのシングル「ルーモアズ」のPVが公式サイトで公開されたようだ。
憲法九条をテーマにした是枝裕和監督によるドキュメンタリー番組は、フジテレビで来年2月8日に放送されるようだ。
押尾学のクリスマスライヴが25日都内で行われたようだ。新作映画「KARAOKE-人生紙一重-」の主題歌「光陰」など24曲を熱唱したらしい。
松島哲也監督「新しい風 若き日の依田勉三」が25日初日を迎え、北村一輝らが舞台挨拶に立ったようだ。
  12/27
「アバウト・ラブ/関於愛」のメイキング集なども収録したフォトブック「TWO」の発売記念イベントが26日都内書店で行われ塚本高史が参加、1000人のファンが集まったらしい。
沖電気工業は、FeliCa対応の「Webチケット発券機」を松竹に納入した、と発表したようだ。歌舞伎座、新橋演舞場、浅草公会堂、東劇の4ヵ所で稼動しているほか、来年6月からは京都南座、大阪松竹座、有楽町マリオン、渋谷ピカデリー、MOVIX京都、梅田松竹会館などにも設置される予定とか。
小泉純一郎首相は26日、都内映画館で山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」を鑑賞したらしい。
元T-BOLANの森友嵐士らが参加する「Peace Children プロジェクト」は、戦闘地域で兵士として駆り出される子供たちの現状を伝える映像を制作、今月24日からネット上で配信を始めたようだ。
石原プロモーションの大忘年会が26日、山梨県甲府市のホテルで開催され、映画、テレビ、マスコミ関係者ら300人以上が出席したようだ。
ヴィッキー・ジェンソン監督「シャーク・テイル」("Shark Tale")の日本語吹替版で、香取慎吾が主人公の声を担当するらしい。
マーク・フォースター監督「ネバーランド」("Finding Neverland")の試写会が26日都内で行われ、榊原郁恵が出席したようだ。
26日にスマトラ島沖で発生したM9.0の地震で、モルディブで休暇中だったジェット・リーが津波に遭い、行方不明になっている模様。
31日放送の「第55回紅白歌合戦」に、イ・ビョンホンが特別ゲストとして出演するらしい。ペ・ヨンジュン、チェ・ジウの出演は実現しなかったようだ。
キム・スンウがファン・ミーティング開催のため来日、27日都内で記者会見を行ったようだ。
中国の北京青年報は27日、今年の10大国際人物を発表、6位にはマイケル・ムーア監督が選ばれたらしい。
デヴィッド・キャラダインとラッパーのクラプト(Kurupt)が、南北戦争末期の米国を舞台にした西部劇"Click"で共演するらしい。サントラにはヒップ・ホップが使われるとか。ジャン=クロード・ラ・マレ(Jean-Claude La Marre)が監督を務めるようだ。
麻薬密輸の罪で2003年1月に禁固7年を言い渡され、パキスタンの刑務所に拘留されていた米俳優のエリック・オード(Erik Aude)が釈放され、26日ロサンゼルスの自宅に帰宅したようだ。
北米を除く海外週末興収では、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")が2400万ドルで1位となり、総興収は6900万ドルに達したようだ。一方「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の海外週末興収は2110万ドル、総興収は2億2390万ドルを記録した模様。また、アジア5地域で公開が始まった「カンフーハッスル」("Kung Fu Hustle")は週末興収1510万ドルとなったらしい。
全米週末興収は、ベン・スティラー主演のシリーズ第2弾"Meet the Fockers"がホリデー・シーズンとしては過去最高の4460万ドル(3518館)で初登場1位を獲得したようだ。また、人気TVアニメの実写映画化"Fat Albert"は1240万ドル(2674館)で3位、アンナ・パキン、レナ・オリン共演のホラー「ダークネス」("Darkness")は640万ドル(1700館)で6位、ジョエル・シュマッカー監督「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")は420万ドル(622館)で10位のスタートとなった模様。
AIIは、「櫻の園」(中原俊監督,1990年)、「12人の優しい日本人」(中原俊監督,1991年)、「ザ・中学教師」(平山秀幸監督,1992年)などのアルゴプロジェクト配給作品を配信する「That's アルゴ・ピクチャーズ」をスタートさせたらしい。
マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")に出演したグウェン・ステファニーは、インタビューに対し「私は映画スターじゃないの。ほんの数分しか出ていないのに、映画のことについて話すのは恥ずかしいわ。映画には出演したかったけど、いい役を見つけるのは難しい。歌手としての自分と同じくらい、女優として知られるようになれば嬉しいけれど」と語ったようだ。
アシャンティ(Ashanti)は、小説の執筆を計画しているらしい。
イザベラ・ロッセリーニは、米盲導犬基金(Guide Dog Foundation for the Blind)の活動に参加、将来盲導犬として訓練される子犬を10ヶ月前から育てているらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、自分自身のクリスマスプレゼントとして、イタリア製のオートバイMV Agusta Brutaleを購入したらしい。
トビー・マグワイアがモデルに転身か?恋人でRalph Laurenで役員を務めるジェン・メイヤー(Jen Meyer)が、彼を広告キャンペーンのモデルに起用しようとしているらしい。
イトーヨーカ堂は、ペ・ヨンジュンのポスターとフォトカードを全国183店舗で来月1日から限定販売するらしい。
富士重工「NEW SUBARU R2」の新CMで、観月ありさが人気アニメ「マッハGoGoGo」の主題歌をスウェーデン語で歌っているらしい。
当時13歳の美空ひばりが花菱アチャコ、横山エンタツらと共に出演した映画「青空天使」(斎藤寅次郎監督,1950年)のDVDが、今月から発売されている「美空ひばり東映映画DVD選集」の購入者にプレゼントされるらしい。
新作"River Queen"で、降板していたヴィンセント・ウォードが監督に復帰したらしい。
ブレット・ラトナーの監督による、米FOXのドラマ・パイロット"Prison Break"に、ステイシー・キーチ(Stacy Keach)の出演が決まったようだ。
「あのころ僕らは」("Don's Plum",2001年)のプロデューサー、ジョン・シンドラー(John Schindler)は、同作の米国でのビデオ販売を中止させたレオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイアに対する訴訟を起こしたようだ。
  12/28
セガなど3社は、TVアニメ「甲虫王者ムシキング〜森の民の伝説〜」を制作、来年4月からテレビ東京系列局で放映すると発表したようだ。
第17回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の授賞式が28日都内で行われ、ビートたけし、小雪、寺尾聰、オダギリジョー、長澤まさみらが出席したようだ。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)のサイトに「ドラえもん」そっくりのキャラクタが登場、藤子プロ側が警告しているにもかかわらず、委員会は無視しているらしい。 [☆アメリカもやることがセコいね。]
ペ・ヨンジュンは、新潟県中越地震の被災者に義援金3000万円を寄付していたらしい。
先月21日の火事で中断していた三池崇史監督「妖怪大戦争」の撮影が、来月5日から再会されるようだ。被害額は数億円に上るとか。
松竹は27日、来年の110周年記念企画の概要を発表、「阿修羅城の瞳」(滝田洋二郎監督)、「忍 SHINOBI」(下山天監督)などの映画作品の公開、「18代目中村勘三郎襲名公演」(歌舞伎座,3-5月)、「4代目坂田藤十郎襲名公演」(京都南座,12月)などの上演に加え、新人タレント発掘のオーディションも行うらしい。また、来月9日と10日には、新潟県中越地震の被災者のための「男はつらいよ」無料上映会が開催されるようだ。
スマトラ島沖の地震による津波で行方不明と報じられていたジェット・リーは、足に軽い怪我をしただけで無事だったようだ。 [☆ホッとしました。よかった。]
昨年放送のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」第1回放送の内容が「七人の侍」(黒澤明監督,1954年)に酷似しているとしてNHKなどに損害賠償を求めた裁判で、請求を棄却した東京地裁の判決を不服として、黒澤久雄ら原告側は28日、控訴したようだ。
イ・ビョンホン主演「甘い人生」のポスターが公開されたようだ。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」は、台湾では公開初日だけで3000万台湾ドルの興収を記録、過去最高となったようだ。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の中国での初日興収は1100万元に達した模様。
ライザ・ミネリが27日ベッドから落ちて頭を打ち、救急車でニューヨーク市内の病院に運び込まれたらしい。
ドン・チードルは主演最新作"Hotel Rwanda"のアカデミー賞ノミネートに向けて、積極的なプロモーション活動を行っているらしい。「僕にとって、最優秀主演男優賞なんて意味が無いよ。でも、シリアスなテーマで売り込みも難しいこの作品のためなら、注目は大歓迎だ」と語ったようだ。
以前から企画されていたスヌープ・ドッグ主演"Boss 'N Up"の製作が来月初旬から始まるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")の撮影現場の写真がネット上で公開されたようだ。
リンゼイ・ローハンは今年の大晦日、カリフォルニアのサウスビーチで行われるパーティでジェシカ・アルバとホスト役を務め、その後ニューヨークで行われるMTV"Total Request Live"の収録に参加、さらにその後マイアミに飛ぶ予定らしい。
World Entertainment News Networkによるクリスマス投票の結果が発表されたようだ。
■最優秀作品賞 「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2")
■最優秀男優賞 ジョニー・デップ
■最優秀女優賞 スカーレット・ヨハンソン
■ベストカップル賞 ブラッド・ピット+ジェニファー・アニストン
■ベストスキャンダル賞 ブリトニー・スピアーズの結婚
■最優秀新人賞 スカーレット・ヨハンソン
■男性スタイリッシュ賞 ジュード・ロウ
■女性スタイリッシュ賞 グウェン・ステファニー
■最優秀セレブ賞 アンジェリーナ・ジョリー
■最も嫌われたセレブ賞 ブリトニー・スピアーズ
矢口史靖監督「スウィングガールズ」に出演した上野樹里ら17人によるジャズバンドが27日、都内で解散コンサートを開催したようだ。コンサートの模様を収録したCDとDVDが来年発売される予定らしい。
22日発売された「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDは、3タイプ合わせて28.9万枚の売上を記録した模様。
カースティ・アレイ(Kirstie Alley)が、Jenny Craig社の新しい減量プログラムのTV広告キャンペーンに登場するらしい。
ナターシャ・リオンは、同じアパートの住人の部屋に押し入り、飼い犬を脅したとして逮捕されたようだ。
マイケル・ムーア監督が次回作のテーマとして、米保健維持機構(Health Maintenance Organization)や保険会社、製薬会社などの健康保険産業を挙げていることから、米国内の少なくとも6つの製薬会社では、従業員に対しマイケル・ムーアに警戒するよう命じているらしい。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2",2004年)に出演したデヴィッド・キャラダインは「私の役は元々ウォーレン・ベイティがキャスティングされていたが、監督は彼にキャラダインのように演じてほしいと指示し続けたんだ。結局私にその役が回ってきたが、ピッタリだったよ。実際、私について書かれたものだったからね。彼は降板させられたわけじゃない。この映画と私の真の運命を理解したんだよ。彼はもう、特別功労賞をもらっているしね」と語ったらしい。
映画「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")での演技で、ナショナル・ボード・オブ・レビューの新人女優賞を獲得したほか、ゴールデン・グローブ賞、米放送映画批評家協会賞などにもノミネートされているエミー・ロッサムは「準備が大変なの。セットに来ても自分がどのシーンを演じているのか知らない俳優もいるけど、私はそんなことしたら気が狂ってしまうわ。私って完璧主義者なのよ。私の最大の欠点は、最大の財産でもあるということね」と語ったようだ。
ジャッキー・チェン主演の新作企画"Drunken Master 3"で、「マッハ!!!!!!!!」(2003年)のトニー・ジャーが出演候補に挙がっているらしい。
  12/29
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は28日、長編作品267本のリストをアカデミー会員5808人宛てに発送した、と発表したようだ。
来月13日から開催されるバンコク国際映画祭の国際コンペ部門に、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy")、ヴァルテル・サレス監督「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")、マイク・リー監督「ヴェラ・ドレイク」("Vera Drake")などが出品されるようだ。また、クロージングにはトニー・ジャー主演の新作"Tom Yum Goong"が上映されるらしい。
琉映は28日、桜坂シネコン琉映を来年4月10日で閉館することを決定したようだ。
核爆弾から"身を護る方法"を教える冷戦時代のアニメーション作品"Duck and Cover"(1951年)が、今年のナショナル・フィルム・レジストリ(National Film Registry)追加作品に選ばれたことについて、映画保存計画を指揮するグレゴリー・ルコウ(Gregory Lukow)は「一般公募では2番目に多く票を獲得した」と語ったようだ。CONELARDによるキャンペーンが影響しているらしい。
米国会図書館は28日、ナショナル・フィルム・レジストリ(National Film Registry)に追加登録する25作品を発表したようだ。
・"Ben-Hur"(「ベン・ハー」,1959年)
・"The Blue Bird"(「青い鳥」,1918年)
・"A Bronx Morning"(1931年)
・"Clash of the Wolves"(「仇敵めがけて」,1925年)
・"The Court Jester"(「ダニー・ケイの黒いキツネ」,1956年)
・"D.O.A."(「都会の牙」,1950年)
・"Daughters of the Dust"(「自由への旅立ち」,1991年)
・"Duck and Cover"(1951年)
・"Empire"(1964年)
・"Enter the Dragon"(「燃えよドラゴン」,1973年)
・"Eraserhead"(「イレイザーヘッド」,1978年)
・"Garlic Is As Good As Ten Mothers"(1980年)
・"Going My Way"(「我が道を往く」,1944年)
・"Jailhouse Rock"(「監獄ロック」,1957年)
・"Kannapolis, NC"(1941年)
・"Lady Helen's Escapade"(1909年)
・"The Nutty Professor"(「底抜け大学教授」,1963年)
・"OffOn"(1968年)
・"Popeye the Sailor Meets Sinbad the Sailor"(「船乗りシンドバッド」,1936年)
・"Pups is Pups"(1930年)
・"Schindler's List"(「シンドラーのリスト」,1993年)
・"Seven Brides for Seven Brothers"(「掠奪された七人の花嫁」,1954年)
・"Swing Time"(「有頂天時代」,1936年)
・"There It Is"(1928年)
・"Unforgiven"(「許されざる者」,1992年)
作家、批評家、エッセイスト、劇作家などとして活躍、"Promised Lands"(1974年)などで映画監督も務めた、スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)さんが28日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
タイのプーケット島を訪れていたリチャード・アッテンボローの孫娘が、26日のスマトラ島沖地震に伴う津波で死亡した模様。長女らも行方不明になっているらしい。
「エルヴィス・プレスリーが1977年2月のコンサートで飲み残した水」がネットオークションに出品され、455ドルで落札されたらしい。
大ヒット・ミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")のロンドン公演に出演していたネイサン・レインは、背骨を傷めたためドクターストップがかかり、降板が決まったようだ。
カリフォルニアのDisneylandで27日、クリスマス・ファンタジー・パレードのアラジンのカーペットが風に流されて観客4人と接触、1人は意識不明で病院に搬送された模様。
ヴァル・キルマーは、「アレキサンダー」("Alexander")で共演したコリン・ファレルと、ロサンゼルスを舞台にしたコメディ"What Love Is and What's It All About"で再び共演するらしい。ロバート・ダウニーJr.も参加しているようだ。
1813年にイギリス陸軍の軍医に仕官、世界各地で伝染病治療などに携わり、その死後に女性だったことが判明したジェイムズ・ミランダ・バリーの生涯を描く歴史ドラマ"James Miranda Barry"が、マルレーン・ゴリス(Marleen Gorris)監督、レイチェル・ワイズ主演で製作されるようだ。ショーン・ビーン、ショーン・パートウィ、ジャネット・サズマンらが共演、来年初めから英国と南米で撮影が始まる模様。
アンソニー・ミンゲラ監督は次回作について「幾つかアイデアがあるんだが、その一つは聖書の一節にある『金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい』という言葉。もう一つは強盗の物語だ」と語ったらしい。
グウェン・ステファニーはピザが大好物らしい。「食べたいと思ったときはそうするわ。でも、キュートな服を着たい時は食べない。その服を着るために、ハイキングなんかで運動をして、トレーナーと一緒にワークアウトするの」と語ったようだ。
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")に出演するリーアム・エイケンは「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Philosopher's Stone",2001年)のオーディションを受けていたらしい。「イギリスに飛んで、1週間後に僕に決まったという連絡があったけど、その翌日、変更がきまったんだ。でも、よく分かるよ。ジェイムズ・ボンドと同じで、ハリーも英国人が演じないとね」と語ったようだ。
アンダーグラフのデビューシングル「ツバサ」の長澤まさみが出演するPVが、28日から公式サイトで限定公開されているらしい。
来年2月にニューオーリンズで開催されるマルディグラ(MardiGras)のパレードに、ショーン・アスティンとイライジャ・ウッドが参加するらしい。
大ヒットゲームシリーズ"Grand Theft Auto"の映画化が企画されているらしい。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)や「サード・ウォッチ」("Third Watch",1999年-)などに出演しているボビー・カナヴェイル(Bobby Cannavale)は、米NBCの新シリーズ"NY-70"への出演が決まったようだ。クラーク・ジョンソンが監督を務めるらしい。
エルヴィス・プレスリーの公演に参加したほか、「夢の渚」("Follow That Dream",1962年)の音楽にも協力した、ギタリストのハンク・ガーランド(Hank Garland)さんが27日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  12/30
1月1日から放送のIT関連企業フォーバルのTVCMに出演するウォン・ビンは、上半身裸で登場するらしい。
1日から全国のイトーヨーカ堂で発売される、ぺ・ヨンジュン公式グッズが29日公開されたようだ。フォトカードには未公開写真2枚が含まれているらしい。
韓国映画「力道山」主演のソル・ギョングと、北朝鮮映画「力道山の秘密」主演のキム・ソンスの対面が企画されていたものの、結局中止になる模様。
26日のスマトラ沖地震の影響で、タイで行われる予定だったクァク・キョンテク監督、チャン・ドンゴン主演の新作「台風」の撮影が延期された模様。
チャン・ドンゴンが今月23日に来日した際、移動の機内で日本の女性ファンがビジネスクラスを占領、約2時間の間ファンに囲まれて過ごす羽目になったらしい。それでも、快くサインに応じたとか。
IMDb STARmeter's Top 25が発表されたようだ。
1.ジョニー・デップ
2.リンゼイ・ローハン
3.オーランド・ブルーム
4.キーラ・ナイトレイ
5.アンジェリーナ・ジョリー
6.ブラッド・ピット
7.ヒラリー・ダフ
8.トム・クルーズ
9.ケイト・ベッキンセイル
10.パリス・ヒルトン
11.スカーレット・ヨハンソン
12.キルスティン・ダンスト
13.エマ・ワトソン
14.ニコール・キッドマン
15.シャーリーズ・セロン
16.ジェニファー・アニストン
17.エリシャ・カスバート
18.ヴィン・ディーゼル
19.ハル・ベリー
20.ダニエル・ラドクリフ
21.ナタリー・ポートマン
22.ジェニファー・ガーナー
23.ヴィゴ・モーテンセン
24.モニカ・ベルッチ
25.クエンティン・タランティーノ
ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"の全米興収が、29日に1億ドルを突破した模様。
例えば、Lions Gateの「パニッシャー」("The Punisher")の劇場興収は3300万ドルに終わった一方、ビデオ販売とレンタルの売上は4400万ドルに達し、またDisneyの「ブラザー・ベア」("Brother Bear")は劇場興収8530万ドルに対しビデオ売上1億8580万ドルを記録するなど、米国ではビデオによる収入が劇場興収を上回る傾向がより顕著になっているようだ。
アフリカ系アメリカ人映画批評家協会(African American Film Critics Association)が選ぶ、今年のTop10作品が発表されたようだ。
1.「レイ」("Ray")
2."Hotel Rwanda"
3.「ネバーランド」("Finding Neverland")
4.「アビエイター」("The Aviator")
5."Sideways"
6."Baadasssss!"
7."Brother to Brother"
8."Woman, Thou Art Loosed"
9."Million Dollar Baby"
10.「コラテラル」("Collateral")
2004年のブロードウェイでの劇場興行収入は、前年比3%増の7億4900万ドル、チケット販売枚数は1.8%増の1130万枚に達したようだ。外国人観光客の増加が影響したらしい。もっとも成功したワンマンショーはビリー・クリスタルの"700 Sundays"で、1週間で77万5000ドル以上の収益を上げたとか。
ブロードウェイのステージや、人気シリーズ"Law & Order"(1990年-)など数多くのTVドラマで活躍したほか、「プリンス・オブ・シティ」("Prince of the City",1981年)、「F/X 引き裂かれたトリック」("F/X - Murder by Illusion",1986年)、「ダーティ・ダンシング」("Dirty Dancing",1987年)、「ユニバーサル・ソルジャー」("Universal Soldier",1992年)などにも出演した、米俳優のジェリー・オーバック(Jerry Orbach)さんが28日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ウィリアム・H・メイシーは、スチュアート・ゴードン監督、デヴィッド・マメット脚本による新作ダーク・コメディ"Edmond"で主演を務める模様。ジュリア・スタイルズ、ジョー・マンテーニャ、ベッカ・ピジョン、マリア・コンチータ・アロンゾ(Maria Conchita Alonzo)、バイ・リン、トム・サイズモアが共演するようだ。
「ドッジボール」("Dodgeball: A True Underdog Story",2004年)の続編が企画されているらしい。
中島美嘉主演による映画「NANA」で、エキストラを募集しているらしい。
IMAX-3D映画"NASCAR 3D: The IMAX Experience"が、今年3月の公開以来2000万ドルの興収を記録したようだ。
Yahoo! Moviesは、"Fantastic Four"のメイキング映像を公開したようだ。
E・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化は、オーストラリアのウィリアムズタウンとグリーンデイルで、来年1月下旬から撮影が行われる模様。
パリス・ヒルトンは注意欠陥障害(Attention Deficit Disorder)に悩まされているらしい。「夜寝るときは枕を3つ用意して、顔に風を当てて、アイマスクをして、顔をTシャツで覆っているの。気が狂った様に見えるでしょうけど、そうしないと眠ることが出来ないの」と語ったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は28日、およそ半世紀にわたってPanavision社で撮影技術の開発に貢献した同社上級副社長の宮城島卓夫に、アカデミー科学技術賞(Scientific and Technical Awards)のゴードン・E・ソイヤー(Gordon E. Sawyer)賞を授与すると発表したようだ。
「ライフ・アクアティック」("The Life Aquatic With Steve Zissou")に主演したビル・マーレイは「苦痛に満ちた経験だった。仕事にいくのが嫌だったよ。自分が惨めで、毎日働くのは本当に辛かった。監獄の中にいる気分だったね」と語ったらしい。
ケイト・ベッキンセイルは、ロンドンでスリの被害に遭ったらしい。
台湾女優でアンディ・ラウの元恋人、ユエ・ホーヤン(喩可欣)が暴露本を出版するらしい。
オリジナル版からカットされたシーンを復活させた「戦艦ポチョムキン」("Battleship Potemkin",1925年)の修復版が、来年2月に開催されるベルリン国際映画祭で上映されるらしい。
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」("Monty Python and the Holy Grail",1975年)に基づく新作ミュージカル"Spamalot"で脚本と作詞・作曲を手掛けたエリック・アイドルは「僕にとってはミュージカル・コメディが一番だよ。とてもおかしなショーで、良く書けたおかしな歌があれば、そのミュージカルは最高だね」と語ったようだ。
  12/31
紅白歌合戦に特別ゲストとして出演するイ・ビョンホンが30日来日したようだ。一青窈の後に登場する予定とか。
紅白歌合戦に出演するイ・ジョンヒョンは、小指に小型マイクをつけて歌うらしい。
ホノルルの焼肉店にペ・ヨンジュン(のそっくりさん)が出没しているらしい。
「童謡詩人 金子みすゞ展」が30日、松屋銀座店で始まったようだ。70編の作品を映像や人形で再現するほか、金子みすゞを描いた映画やドラマなどの資料も展示されているらしい。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の中国全土での興収が、29日までに8600万元を突破した模様。
「香川かがやき大使」を務める長澤まさみが、県のPRポスターに起用されたようだ。首都圏を中心に掲示されるらしい。
「冬のソナタ」の撮影に使われ、観光客に無料公開されていた韓国春川市の民家は、来年2日から有料(5000ウォン)で公開されることになったらしい。
石油王ハワード・マーシャル2世死後の遺産相続を巡る裁判で、米連邦上訴裁判所は30日、未亡人アンナ・ニコル・スミスに8800万ドルの権利を認めた2002年の判決を覆したらしい。
エヴァ・ガードナー、ラナ・ターナー、イヴリン・キースら有名女優と結婚・離婚を繰り返し、「110番街交差点」("Across 110th Street",1977年)などにカメオ出演した、米ジャズクラリネット奏者のアーティ・ショー(Artie Shaw)さんが30日亡くなった(94歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米軍が侵攻するイラクに生きる子供たちを描いた新作"Turtles Can Fly"について、バフマン・ゴバディ(Bahman Ghobadi)監督は「元々この映画を撮る予定ではなかった。戦争の直前まで、テヘランを描く映画を撮っていた。地雷の被害に遭った子供たちを見た時、その問題が私を変えた。イランに戻った後しばらく眠ることが出来なかった。そして、私はその企画を止めて、イラクに向かい、この映画を撮ったんだ」と語ったようだ。
社会に不満を抱き、大統領を暗殺しようとした実在の人物を描く新作"The Assassination of Richard Nixon"に主演したショーン・ペンは「誰かを評価する基準は、我々が望むように彼が行動するかどうかではなく、その人物が内面に持っているもの、心の純粋さにあると思う」と語ったようだ。
先日亡くなったジェリー・オーバックが出演する新シリーズ"Law & Order: Trial by Jury"(2005年-)について、米NBCは予定通り放送すると発表したようだ。既に6話分の収録が終わっており、その後新メンバーが加わるらしい。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")でも、トファー・グレイスが本人役でカメオ出演しているらしい。
Linkin Parkは、スマトラ島沖地震の被災者を支援するため、赤十字と共同でMusic For Reliefをスタートさせた模様。ミュージシャンやファンから10万ドルの寄付を募るらしい。
「冬のソナタ」が来月から韓国でも再放送されるらしい。
エルヴィス・プレスリーの半生を描く米CBSの4時間ミニシリーズで、ジョナサン・リース=マイヤーズの主演が決まった模様。ローズ・マッゴーワン、ランディ・クエイドらが共演するらしい。