シネマトピックス(2005年5月)
[ 2004 | 2005 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2006 | LastTopics ]
  5/1
11日開幕する第58回カンヌ映画祭で、民放TV局として初めてTBSが特設ブースを設置、中島美嘉、宮崎あおい共演「NANA」、中村獅童、成宮寛貴らが声優を務めるアニメ「あらしのよるに」、吉岡秀隆、石田ゆり子共演「四日間の奇蹟」などの海外への売込みが行われるらしい。
野伏翔監督「ガッツ伝説〜愛しのピット・ブル〜」の撮影が30日、埼玉県蕨市で行われ、ガッツ石松、坂上二郎らが参加したようだ。
岩田ユキ監督他によるオムニバス映画「ヘアスタイル」が30日初日を迎え、浅見れいならが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
「鉄路の弾痕」(安田公義監督,1950年)、「真空地帯」(山本薩夫監督,1952年)、「ひめゆりの塔」(今井正監督,1953年)、「荷車の歌」(山本薩夫監督,1959年)、「安寿と厨子王丸」(藪下泰司監督,1961年)、「理由」(大林宣彦監督,2004年)などの映画をはじめ、舞台でも活躍した、女優の利根はる恵さんが27日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
岡田主監督、蟹江敬三主演の新作「MAZE 南風」の撮影が、3日から高知県香美郡夜須町を中心に行われるらしい。仁科亜季子、北村一輝、星野真里らが共演するようだ。
第4回トライベカ映画祭の授賞式が30日ニューヨークで行われ、作品賞にリー・シャオホン監督"Stolen Life"が選ばれたようだ。また、米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演中のフェリシティ・ハフマン(Felicity Huffman)がインディ作品"Transamerica"で女優賞を獲得したらしい。欠席したハフマンに代わって夫のウィリアム・H・メイシーが賞を受け取り「彼女は妻(housewife)としてやるべきことがあってね。僕の妻としてだよ。ABCじゃなくて」とジョークを飛ばしたとか。
ローマ訪問中のトム・クルーズは、ケイティ・ホームズが「トム・クルーズの大ファンで、小さい頃は彼のお嫁さんになると信じていた」と語った昨年10月のSeventeen誌のインタビュー記事のことを記者から教えられ、顔を真っ赤にするホームズを見つめながら「彼女をがっかりさせたくないな」と語ったらしい。
韓国映画情報サイトの調査によると、今月最も観たい映画の第1位に、キム・デスン監督、チャ・スンウォン主演「血の涙」が選ばれたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新ポスターが公開されたようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演の新作「四月の雪」(「外出」)の前売り券発売が先月29日スタート、日比谷スカラ座では初日だけで2600枚が売れたらしい。
「コナン・ザ・グレート」("Conan the Barbarian",1982年)、「キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2」("Conan the Destroyer",1984年)に続く「コナン」シリーズ第3弾企画で、ロバート・ロドリゲスが監督に起用されたらしい。アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の主演が決まった場合、以前ジョン・ミリアス(John Milius)監督が準備していた"King Conan: Crown of Iron"で製作が進められるものの、出演できない場合は全く新たな脚本が用意されるようだ。
米FOXの"That '70s Show"(1998年-)に出演するミラ・クニス(Mila Kunis)は、仕事が無い時はニューヨークのバーでバーテンダーをしているらしい。「お金を稼ぐためじゃないの。面白いからやっているのよ。それに友達とタダで飲めるし」と語ったようだ。
マット・デイモンは、交際中のインテリアデザイナー、ルチアナ・バロッソ(Luciana Barroso)にプロポーズしたらしい。デイモンの広報担当者はこの件についてコメントを控えたようだ。
ローマで先月29日、イタリア最高の映画賞David di Donatello Awardsの授賞式が行われ、特別功労賞を受賞したトム・クルーズが、ケイティ・ホームズ同伴で出席したようだ。
米MicrosoftとSamsung Electronicsは30日、次世代Xboxに搭載されるHDTV機能の共同プロモーションを行う、と発表したようだ。
  5/2
内村光良の監督による映画「ピーナッツ」が製作されるようだ。2日に横浜市内でクランクインした模様。
ヴィンス・ヴォーン主演「ドッジボール」("Dodgeball: A True Underdog Story",2004年)が1日初日を迎え、お笑いトリオのロバートが都内劇場でトークショーを行ったようだ。
1977年にオープンした宮崎県宮崎市の映画館「宮崎セントラル会館」が1日閉館したようだ。ショッピングセンター内に移転、17日からシネコンとして再スタートするらしい。
ピーター・チャン監督、レオン・ライ、ジャッキー・チュン、ヴィッキー・チャオ、アンソニー・ウォン、金城武ら共演の新作ミュージカル"Perhaps Love"で、韓国からはチ・ジニが出演するようだ。
カン・ジェギュ監督は「日本と中国が独島問題を提起し歴史歪曲を行うのは、韓流ブームに対する危機感から出たものだ」と語ったらしい。 [☆笑っちゃうほど、とんでもない誤解!]
ジャッキー・チェン主演最新作"The Myth"プロモーションのためカンヌ映画祭を訪れるキム・ヒソンは、その後パリでファッション・フォトグラファーのパオロ・ロヴェルシ(Paolo Roversi)によるグラビア撮影に入るらしい。写真集は今年7月に日本と韓国で先行発売されるようだ。
米同性愛者保護団体Gay and Lesbian Alliance Against Defamationによる第16回GLAAD Media賞授賞式が先月30日にロサンゼルスで開催され、リーアム・ニーソン主演"Kinsey"が作品賞を受賞したほか、監督のビル・コンドンには特別功労賞が贈られたらしい。
カリフォルニア大学の調査結果によると、レイティングがPG(親または保護者の同伴が望ましい)と指定された映画の5本に1本には、PG-13指定(13歳未満の児童には不適当)の作品よりも暴力的なシーンが含まれ、10本に1本にはR指定(17歳未満は保護者の同伴が必要)の平均を超える暴力描写が含まれていることが明らかになったようだ。
全米週末興収は、「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")が2170万ドル(3133館)で初登場1位を獲得、アイス・キューブ主演によるシリーズ第2弾"XXX: State of the Union"は1370万ドル(3480館)で3位のスタートとなったようだ。
ボリウッド映画賞(Bollywood Movie Awards)授賞式が先月30日アトランティック・シティで開催され、デヴィッド・ハッセルホフが「今年の国際的スター賞」を受賞したらしい。
世界第2位の億万長者ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の投資会社Berkshire Hathawayの年次総会が行われ、同社の活動などを紹介する1時間の映像が上映されたようだ。バフェットの娘が製作を担当、ビル・ゲイツやアーノルド・シュワルツェネッガーも登場したらしい。
今年の米国サマーシーズンでは、"House of Wax"、「ダーク・ウォーター」("Dark Water")、"High Tension"、"The Skeleton Key"など、昨年の約2倍となる12本以上のホラー映画が公開されるらしい。ニューヨーク大学医療センターの精神分析医チャールズ・グッドスタイン(Charles Goodstein)博士はこの傾向について「ホラー映画には(戦争やテロが続く)恐ろしい現実への、ある種の鎮静作用があるのです。その小さな世界で誰もがとても恐ろしい思いをしますが、それでも生きて元気に劇場を後に出来るのです」と語ったようだ。
アグニェシュカ・ホラント(Agnieszka Holland)監督、エド・ハリス、ダイアン・クルーガー共演の新作"Copying Beethoven"からの画像が公開されたようだ。
"Shrek 3"に、ジャスティン・ティンバーレイクが声優として参加するらしい。若きアーサー王を演じるとか。
ペ・ヨンジュン公式ダイアリー「Joon 2005」の日本での販売が、今月末まで延長されたようだ。
「クォン・サンウのすべて」という雑誌(ムック?)が日本で製作中らしい。20万部限定で発売されるようだ。
韓国プレミア誌による「最も偉大な映画スター50人」が発表され、アン・ソンギが3位、ソン・ガンホが4位、チョン・ドヨンが10位に選ばれたようだ。一方、「四天王」のチャン・ドンゴンは29位、イ・ビョンホンは32位、ペ・ヨンジュンは43位、ウォン・ビンは50位だったらしい。
チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ共演の新作「台風」の水上チェイス・シーンの撮影が、今月中旬から釜山で行われるらしい。
ニール・バーガー(Neil Burger)監督、エドワード・ノートン主演"The Illusionist"のセットが、チェコ共和国のターボル(Tabor)に建設されたようだ。
新作"King Kong"製作中のピーター・ジャクソン監督は「彼(キング・コング)を凄く恐ろしいキャラクタにしたいし、その方がずっと面白いと思う。凶暴なゴリラのイメージから、次第に彼の魂や心が見え始めるんだ」と語ったようだ。
米ABCで7日放送される「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)のTVCMがアップされたようだ。 [☆「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」からの映像がチラッと見られます。]
シングル・リリースされる「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のテーマ曲「英雄たちの戦い」("Battle of the Heroes")のMVが公開されたらしい。
米Newsweek誌最新号に「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の記事が写真とともに掲載されるらしい。また、7日から世界30カ国以上でTVスポットが放送されるようだ。
ジェニファー・ロペスは「パパラッチへの対処法をまとめたハウツー本の出版を予定している」と語ったことについて「世間の目にさらされることで大金を稼いでいると思われている人の不満なんて、誰も聞きたがらないわ。セレブのためだけに本を書く?いいえ、一儲けするつもりはないし、何の価値も無いわ」と語ったらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクとキャメロン・ディアスは、先週行われた大リーグLos Angeles Dodgers対Arizona Diamondbacks戦を観戦したらしい。
米CBSの"Late Show with David Letterman"に出演したパリス・ヒルトンは、彼女が5歳の時に妹のニッキーと共に出演した「ウィッシュマン」("Wishman",1991年)の1シーンを観て「すっかり忘れていたわ。妹とハワイのビーチにいたとき、母の友人から『エキストラとして出てくれない?』と頼まれたの。でも、観るのは初めてよ」と語ったらしい。
People誌による「完璧な顔のための有名人のパーツ」の読者投票の結果、目はケイト・ボスワース、髪はジェシカ・シンプソン、唇はアンジェリーナ・ジョリー、鼻はシエナ・ミラー、胸の谷間はサルマ・ハエックが選ばれたようだ。
Coldplayのライヴ映像集「GLASTONBURY ANTHEMS - THE BEST OF GLASTONBURY 1994-2004」が今月25日にDVDで発売されるらしい。
オムニバス映画「メールで届いた物語」の公開記念イベントが1日都内で行われ、相武紗季らが参加したようだ。
松本潤主演の舞台「エデンの東」が1日、東京グローブ座で初日を迎えたようだ。
ウィリアム・ディア監督による新作インディ・ホラー作品"Simon Says"で、クリスピン・グローヴァーとマイケル・パロマ(Michael Paloma)が共演するようだ。今週クランクインするらしい。
New Line Cinemaの新作コメディ"Man in Uniform"で、ケヴィン・ジェイムズ(Kevin James)が出演交渉中らしい。
トッド・ヘインズ脚本・監督によるボブ・ディランの伝記映画"I'm Not There"で、ケイト・ブランシェット、コリン・ファレル、エイドリアン・ブロディ、リチャード・ギア、ジュリアン・ムーア、シャルロット・ゲンズブールが共演するらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のIMAX版が、35mm版と同じ11月18日に公開されるようだ。
5億ドルのダイヤモンドを狙う宝石泥棒を主人公にしたデヴィッド・ローガン(David Logan)の脚本"The Rip"の映画化は、ロジャー・ミッチェルが監督を務めるらしい。
「エリザベス」("Elizabeth",1998年)の続編"Golden Age"が製作されるらしい。引き続きシェカール・カプールが監督、ケイト・ブランシェットが主演を務めるようだ。
リチャード・リンクレイター監督次回作は、ジャンクフード業界での実話に着想を得たスリラー"Fast Food Nation"になる模様。「そして、ひと粒のひかり」("Maria Full of Grace")のカタリーナ・サンディノ・モレノ(Catalina Sandino Moreno)が主演するようだ。
ローラ・プリポン(Laura Prepon)、ティム・ブレイク・ネルソン、ダイアン・ラッド(Diane Ladd)の3人は、ジョーイ・ローレン・アダムス監督デビュー作"Come Early Morning"で共演するようだ。先週からアーカンソーで撮影に入った模様。
ローレン・ワイズバーガー(Lauren Weisberger)のベストセラー小説"The Devil Wears Prada"の映画化で、メリル・ストリープの主演が決まったようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の観客動員数が、公開163日目の今月1日、1500万人を突破した模様。
  5/3
原田知世が、イラストレーターのエドツワキとの結婚を発表したようだ。
日韓友情年2005記念うつくしま-韓国文化交流事業」が6日から福島県で開催されるらしい。チ・ソン、キム・ソヨンらの会見や、チョン・ドンファンのトークショーなどが予定されているようだ。
パク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演の新作「親切なクムジャさん」が先月28日にクランクアップしたようだ。7月に韓国で公開されるらしい。
アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督、ジェイ・チョウ、鈴木杏共演の新作「頭文字D」のワールドプレミアが6月19日に北京で行われるようだ。
台湾人気アイドルグループF4のジェリー・イェンが、アンディ・ラウ、サミー・チェンらと共演した「マジック・キッチン」(「魔幻厨房」,2004年)、ヴァネス・ウーがキム・ヒョンジュと共演した「スター・ランナー」(「少年阿虎」,2003年)、ケン・チュウとジジ・リョンが共演した「スカイ・オブ・ラブ」(「愛、断了線」,2003年)などが今夏日本で公開されるようだ。
マーサ・スチュワートが司会を務める新番組"Martha"が米NBCで9月にスタートするらしい。
ジョージ・オーウェル(George Orwell)の小説「1984」が、アメリカの作曲家ローリン・マーゼル(Lorin Maazel)によって5年がかりでオペラ化され、3日ロンドンで初演されるようだ。
ウィル・スミス主演の新作"Pursuit of Happyness"は、ガブリエレ・ムッチーノ(Gabriele Muccino)が監督を務める模様。
Paramount Picturesは、スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")のプロモーションサイトAlienGlyph.comをスタートさせるようだ。
オーランド・ブルームは「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編について「第3作の撮影も始まっているけど、まだ脚本は見てないんだ!」と語ったらしい。
DreamWorksの新作CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")からの最新画像が公開されたようだ。
"House of Wax"の国際版予告編が公開されたようだ。
有名人のペットの犬ベスト10が発表されたようだ。
1. Sidi (オーランド・ブルーム)
2. Daisy (ジェシカ・シンプソン)
3. Sheba (オリヴィエ・マルティネス)
4. Luca (メアリー=ケイト・オルセン)
5. Tinkerbell & Bambi (パリス・ヒルトン)
6. Atticus (ジェイク・ギレンホール)
7. Honey Child (ニコール・リッチー)
8. Sid (ジェシカ・アルバ)
9. Bit Bit (ブリトニー・スピアーズ)
10. Boris (ケリー・オズボーン)
アッシャー(Usher)は「30とか40になってもツアーを続けるアーティストになるつもりは無いよ。38歳で汗でシャツをぬらしながらステージを走り回るなんてごめんだよ」と語ったらしい。
ソフィア・コッポラ監督最新作"Marie Antoinette"に主演するキルスティン・ダンストの画像が公開されたようだ。
1972年のミュンヘン・オリンピックでのテロ事件を題材にした、スティーヴン・スピルバーグ監督、エリック・バナ、ダニエル・クレイグ共演の新作"Vengeance"の製作が、6月からハンガリーで始まるようだ。
英タブロイド紙News Of The Worldは、ジャスティン・ティンバーレイクとキャメロン・ディアスが今週末にニースで結婚式を挙げる、と報じた模様。
ヒラリー・ダフの母親スーザン・ダフ(Susan Duff)は、娘の恋人でGood Charlotteリードヴォーカルのジョエル・マデン(Joel Madden)が気に入っているらしい。「2人はお互いに支えあっているし、本当に大切に思っているわ」と語ったようだ。
Real Madridとそのファンを描く映画が、スペイン、日本、米国、ベネズエラ、セネガルの5カ国で製作され、短編オムニバスとして公開されるらしい。日本では「ボクの彼女はベッカムが好き」(仮題)のタイトルで製作され、太田在がヒロイン役を務めるようだ。
宮坂武志監督、松方弘樹主演「猿飛佐助II〜闇の軍団〜」で、井上和香が映画デビューするらしい。
ジョン・ストックウェル監督、ジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)主演の新作サスペンス・スリラー"Turistas"で、メリッサ・ジョージの共演が決まったようだ。今月25日からブラジルで撮影が始まる模様。
Paramount Picturesは、ダン・ゼヴィン(Dan Zevin)の小説"The Day I Turned Uncool: Confessions of a Reluctant Grown-Up"の映画化権を獲得した模様。
ジョン・グリシャムによる高校フットボール小説"Bleachers"をJ・ミルズ・グッドロー(J.Mills Goodloe)が脚色、Revolution Studiosが映画化するようだ。
Universal Picturesは、ジェニファー・コックス(Jennifer Cox)の自伝"Around the World in 80 Dates"の映画化権を獲得、ジェフ・レイク(Jeff Rake)を脚本に起用したようだ。リース・ウィザースプーンの製作会社U-based Type Aが製作を手がけ、脚本しだいでウィザースプーン自身の出演もあるらしい。
ニック・ホーンビィ(Nick Hornby)の最新小説"A Long Way Down"の映画化権を、Warner Bros. Picturesが獲得した模様。ジョニー・デップらが製作で参加するようだ。
「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")を手がけたウィリアム・モナハン(William Monahan)は、リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演の"Marco Polo"で脚本を務めるようだ。
USA Todayは、映画「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")に登場するアスラン(Aslan)の顔を掲載したようだ。
「ウォー・ゲーム」("WarGames",1983年)の続編"War Games II: The Deadly Key"の撮影が7月からヨーロッパで始まるらしい。来年DVDでリリースされる模様。
2929 ProductionsとThis Is That Productionsの製作による新作コメディ"Fast Track"で、ザック・ブラフ(Zach Braff)とアマンダ・ピートが出演に向けて交渉中らしい。ジェシー・ペレス(Jesse Peretz)の監督で7月からロサンゼルスで撮影が始まる模様。
2012年の夏季オリンピック開催候補地の一つであるパリは、IOC総会でのプレゼン用ビデオの製作をリュック・ベッソンに依頼したらしい。
ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン共演による、ジェイムズ・エルロイ「ブラック・ダリア」("The Black Dahlia")の映画化で、ローズ・マッゴーワンの出演が決まったようだ。
  5/4
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の"宇宙人侵略"シーンが、4日、5日、20日の東京ドームでのプロ野球巨人戦の中継で再現されるらしい。 [☆視聴率稼ぎ苦肉の策?]
韓国貿易協会の分析結果によると、「韓流ブーム」が昨年韓国にもたらした経済効果は1兆4339億ウォンに達し、GDPを0.18%押し上げる効果があったらしい。
ぺ・ヨンジュン初来日1周年記念イベント「BYJ Meets Asia-ぺ・ヨンジュンとアジアの出逢い-」が3日横浜ランドマークタワーで開幕、初日から1200人のファンが駆けつけたらしい。
今井雅之監督・主演「THE WINDS OF GOD -KAMIKAZE-」のロケが鹿児島県内で行われているようだ。
釜山で3日開幕した日韓親善アリランヨットレースで、チャン・ドンゴン主演の新作「台風」のスタッフがスタート風景の撮影を行ったらしい。
第9回ウェビー賞(Webby Awards)が3日発表され、イ・スヨン監督「4人の食卓」の公式サイトがMovie and Film部門を受賞したようだ。
パク・ヘイル、カン・ヘジョン共演の新作「恋愛の目的」の公開を記念したパーティが今月16日に開催されるらしい。18歳以上の男女400人が招待されるとか。
先月28日に韓国で公開されたパク・ヨンフン監督、ムン・グニョン主演「ダンサーの純情」は、週末観客動員数54万212人(272館)を記録し、初登場1位となったようだ。また、下山天らが監督を務め、伊藤美咲、塚本高史らが出演する「アバウト・ラブ/関於愛」が3位になった模様。
チョン・セファン監督、ヨン・ジョンフン、パク・チニ共演の新作「恋愛術師」は、韓国映像物等級委員会からR15指定を受けたようだ。
韓国ドラマ「太王四神記」の制作発表会見のため、ぺ・ヨンジュンが7月に再来日するらしい。
岡田主監督「MAZE 南風」のロケが3日、高知県安芸市内の小学校で始まったようだ。
夏目漱石の生涯を描く映画「夢十夜」が製作される模様。松井良彦が監督を務め、来春クランクインするらしい。熊本と愛媛を中心に撮影が行われるようだ。
11日開幕する第58回カンヌ映画祭のコンペ部門に、ホン・サンス監督「映画物語」(「劇場前」)が追加エントリーされたらしい。
米People誌による「最も美しい50人」には、チャン・ツィイーも選ばれたらしい。
米サマーシーズンの先陣を切って公開される「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")のリドリー・スコット監督は「サマー・ムービーは期待が大きいし、確かにプレッシャーは凄く感じるよ」と語ったようだ。
「Ray / レイ」("Ray",2004年)がブロードウェイ・ミュージカル化されるらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、Creative Artists Agencyと契約したようだ。
27日から韓国で公開される「アンニョン、兄ちゃん」が5日、小児がんの子供たちとその家族を対象にした試写会で上映されるらしい。
大和総研によると「映画がヒットすると株価は下がる」らしい。
キャメロン・ディアスの広報担当者は、ジャスティン・ティンバーレイクとの結婚報道について「来週南フランスでの結婚式もないし、婚約もしていない」と否定したようだ。
「マスク・オブ・ゾロ」("The Mask of Zorro",1998年)の続編"The Legend of Zorro"の特報が、Yahoo! Moviesで公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")について、プロデューサーのキャスリーン・ケネディは「『インデペンデンス・デイ』("Independence Day",1996年)とは全く違います。『宇宙戦争』とても恐ろしい作品です」と語ったようだ。
ヴィニー・ジョーンズは"X-Men 3"への出演を認めたようだ。
6月4日スタートの韓国SBSドラマ「オンニユ」で、ハン・チェヨン、チョ・ヒョンジェが共演するらしい。
「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)のロケが行われた豊川市で、当時の撮影現場の写真やポスターなどを展示する「黒部の太陽展」が3日、始まったようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の地図が公開されたようだ。またTVスポット第1弾は米ABCで7日放送される「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)で公開され、48時間以内に日本を含む32カ国でも放送されるらしい。
サミュエル・L・ジャクソンは、米Spike TVが放送するアニメ"Afro Samurai"で声優を務めるらしい。GONZOとフジテレビジョンが全5話を製作、来年放送されるようだ。
ジョージ・ルーカスは「インディ・ジョーンズ4」について「スティーヴン・スピルバーグが来年監督すると約束した。昨日最新の脚本を受け取ったよ」と語ったようだ。
アッシャー(Usher)は「知っておいて欲しいのは、僕は何よりもまずビジネスマンだということだ。マーサ・スチュワートやラッセル・シモンズやショーン・コムズや50セントの才能は凄いし、彼らがライセンス契約で成し遂げたことに注目して欲しい。僕にも同じことが出来るチャンスだ。腕時計や衣料品、香水、オーデコロン、化粧品まで、可能性はたくさんある」と語ったようだ。
ニューヨークのマダム・タッソー蝋人形館にパリス・ヒルトンの人形が登場、除幕式に本人が席したものの「もっときれいなドレスにして欲しいわ。それに髪も切ってね。長すぎるわ」と文句をつけたらしい。
リンゼイ・ローハンは、「ハービー 機械じかけのキューピッド」("Herbie: Fully Loaded")のプロモーションでヨーロッパをまわった後、イラクを訪問する予定らしい。
トム・クルーズは先週末、ラスヴェガスのMGMグランドで上演中のCirque De Soleilの公演にケイティ・ホームズを招待、ステージに上がってバク転も披露したらしい。
イラストレーター天野喜孝の個展「マニエラ」が3日、上野の森美術館で開幕したようだ。「花と蛇2 パリ/静子」(石井隆監督,2005年)のポスター原画も展示されているらしい。
7日発売の「別冊フレンド増刊『別フレVIVA!』」に、福井晴敏書下ろしによる「亡国のイージス」のサイドストーリーが掲載されるらしい。
「北の零年」(行定勲監督,2004年)で使用されたロケセットの一部が夕張市内に移設され、9月3日から一般公開されるらしい。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")からの特別映像が、6日放送のフジテレビ「めざましテレビ」で放送されるらしい。 [☆フライング?]
ミュージック・ビデオを手掛けるサンジ・セナカ(Sanji Senaka)は、Regency Enterprisesによる新作スリラー"Into the Mirror"で監督に向けて交渉中らしい。
DreamWorksは、イアン・ロバーツ(Ian Roberts)、ジェイ・マーテル(Jay Martel)による脚本"CEO"を獲得、アダム・マッケイ(Adam McKay)の監督で映画化するようだ。
F・スコット・フィッツジェラルド(F. Scott Fitzgerald)の短編小説"The Curious Case of Benjamin Button"のデヴィッド・フィンチャー監督による映画化で、ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが出演交渉中らしい。 [☆いよいよ動き出した?]
ダニエル・ラドクリフは、シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")にも出演すると語ったようだ。
SF・ファンタジー・ホラー映画アカデミー(Academy of Science Fiction, Fantasy and Horror Films)主催による第31回サターン賞(Saturn Awards)が3日発表されたようだ。
■SF映画賞 「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")
■ファンタジー映画賞 「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")
■ホラー映画賞 "Shaun of the Dead"
■アクション/アドベンチャー/スリラー映画賞 「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol. 2")
■アニメ映画賞 「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
■主演男優賞 トビー・マグワイア(「スパイダーマン2」)
■主演女優賞 ブランチャード・ライアン(「オープン・ウォーター」)
■助演男優賞 デヴィッド・キャラダイン(「キル・ビル Vol.2」)
■助演女優賞 ダリル・ハンナ(「キル・ビル Vol.2」)
■若手俳優賞 エミー・ロッサム(「オペラ座の怪人」)
■監督賞 サム・ライミ(「スパイダーマン2」)
■脚本賞 アルヴィン・サージェント(「スパイダーマン2」)
■音楽賞 アラン・シルヴェストリ(「ヴァン・ヘルシング」)
■衣装賞 ケヴィン・コンラン(「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」)
■メイクアップ賞 「ヘルボーイ」("Hellboy")
■特殊効果賞 「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")
メリッサ・バンク(Melissa Bank)の著書"The Girls' Guide to Hunting and Fishing"に基づくWarner Independent Picturesのタイトル未定の新作で、サラ・ミシェル・ゲラーが主演を務めるようだ。
「マディソン郡の橋」("The Bridges of Madison County")の一つで、1884年に造られたHogback Bridgeの修復作業が始まるようだ。
"Mr. and Mrs. Smith"でブラッド・ピットと共演したアンジェリーナ・ジョリーは「私たちは銃のトレーニングをしたわ。2人の俳優が出来る最も危険なことの一つね。実弾を込めた銃を持って後ろにいても、相手を信頼しなければならなかったし、すぐにお互いを信頼するにようになったわ」と語ったようだ。一方、ピットとの熱愛報道については「全くのでっち上げ」と否定したらしい。
  5/5
山下敦弘監督「リンダ リンダ リンダ」に出演するペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織の4人がガールズバンド「パーランマウム」としてCDデビューするらしい。
山田洋次の原作・脚本によるドラマ「祖国」が8月にWOWOWで放送されるようだ。堀川とんこうが監督を務め、上川隆也、マコ・イワマツ、木村佳乃、高橋マリ子らが共演するらしい。
加藤ローサが、小林正樹監督「TAKI183」と丹野雅仁監督「イツカ波ノ彼方ニ」の2作品でヒロインを務めるらしい。
韓国中央選挙管理委員会は4日、ムン・グニョンとパク・ジュヨン(朴主永)をイメージキャラクタに起用した、と発表したようだ。
「2006年 世界消防競技大会 資金調達顧問委員会」の任命式が3日香港の消防局で行われ、PR大使に任命されたジャッキー・チェンが出席したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")に主演するヘイデン・クリステンセンは「アナキンの変化を目の当たりにするエピソードだ。ダークサイドへと向かっていくのはとても楽しかったよ」と語ったようだ。
エンタテイメント業界でのヒスパニック系の人々の活躍を讃える、米Imagen Foundation主催による第20回Imagen Awardsのノミネーションが3日発表され、映画部門の作品賞には「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")、「そして、ひと粒のひかり」("Maria Full of Grace")、"Spanglish"などが候補に挙がったようだ。また、主演女優賞には"Spanglish"のパス・ヴェガ、「そして、ひと粒のひかり」のカタリーナ・サンディノ・モレノ(Catalina Sandino Moreno)らがノミネートされた一方、主演男優賞には誰もノミネートされなかったらしい。
フランク・シナトラは一度、マフィアの運び屋を務めて危うく逮捕されそうになり、350万ドルの現金が入ったブリーフケースを持って逃げたことがある、とジェリー・ルイスが暴露したらしい。
MTV Movie Awardsのノミネーションが4日発表され、リンゼイ・ローハン主演「ミーン・ガールズ」("Mean Girls")が女優賞など4部門で候補に挙がったようだ。また、同作にも出演しているレイチェル・マクアダムスが、「きみに読む物語」("The Notebook")での女優賞など5部門にノミネートされたらしい。
新作「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")に対し、史実に基づいていないといった批判の声が上がっていることについて、リドリー・スコット監督は「彼らは他人から聞いた噂だけで意見を言っているんだ。まったく、何も観ていないし、我々と話してもいないのに意見を言うことは出来ないよ。歴史学者じゃないんだから」と語ったようだ。
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演"Mr. and Mrs. Smith"からの最新画像が公開されたようだ。
"Mission: Impossible III"で監督を務めるJ・J・エイブラムスは、キャリー=アン・モスとスカーレット・ヨハンソンが出演しないことを明らかにしたようだ。「脚本を書き直したんだ。私は彼女たちの大ファンだったが、彼女たちを念頭に脚本を書き直してくれ、というのもおかしな話だった。まっさらな状態からスタートさせたかったんだ」と語ったらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")で元老院議員Bana Breemu役を演じたバイ・リンは、自分の出演シーンがカットされたことを涙ながらに明らかにしたようだ。
カリフォルニアのDisneylandで、開園50周年を記念した18ヶ月間に渡るイベントが5日開幕するようだ。
エレン・ポンピオ、サンドラ・オー、アイザイア・ワシントンら共演の医療ドラマ"Grey's Anatomy"(2005年-)について、米ABCはセカンド・シーズンの制作を決定した模様。
マーティン・キャンベル監督、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演"The Legend of Zorro"のポスターが公開されたようだ。
アッシャー(Usher)は「男は、女性とはレディとして接するべきだ。商売女のように扱ってはいけない。音楽に惑わされるな」と語ったようだ。
オーランド・ブルームは、英長寿ドラマ・シリーズ"Coronation Street"(1960年-)への出演を熱望しているらしい。「イアン・マッケランも出演しているしね。彼は素晴らしいよ。僕は多分、イアンがパブにいる時に、尖った耳をつけて弓と矢を背負って登場するはずだよ」と語ったらしい。それに対し、ドラマの広報担当者は「オーランド・ブルームが出演してくれたら、若い女性は喜んでくれるでしょう」とコメントしたようだ。
パリス・ラシス(Paris Latsis)と交際中のパリス・ヒルトンは「彼が14歳で私が16歳の時にモナコのクラブで初めて会ったの。彼が私のところに来て『やあ、僕はパリスだよ』って言うから『私もよ!』って答えたの。その後、一晩中踊ったわ。去年の12月に再会して、それで恋の落ちたのよ」と語ったようだ。
メアリー=ケイト・オルセンが2日、ニューヨークのメトロポリタン美術館のトイレでタバコを吸っていたらしい。同じく記念式典に出席していたアマンダ・ピートが目撃した模様。美術館の広報担当者は「館内は禁煙です。発見できなかったのは残念です。化粧室についてはセキュリティ・システムがありませんでした。来年に向けて対策を検討します」とコメントしたようだ。 [☆ニューヨークでは公共の場での喫煙は禁じられています。]
Dark Horse Comicsは、ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督の新作"Serenity"をコミック化、全3巻の観にシリーズとして発売するようだ。
「マイノリティ・リポート」("Minority Report",2002年)を手がけたゲイリー・ゴールドマン(Gary Goldman)は、カート・シオドマク(Curt Siodmak)のSF小説"Skyport"に基づく脚本を、Warner Bros. Picturesに売ったようだ。
ポール・ヴァーホーヴェン監督次回作は"Beast of Bataan"になる模様。第二次大戦後、フィリピンのバターン半島での「死の行進」の責任を問われた軍事法廷で有罪となり処刑された本間雅晴陸軍中将を描くようだ。ローレンス・テイラー(Lawrence Taylor)の著書"A Trial of Generals"の映画化らしい。
トロントで"Saw II"の製作がスタートした模様。 第1作に出演したショウニー・スミス、ダイナ・メイヤー、トビン・ベルのほか、ドニー・ウォールバーグ、フランキー・G、グレン・プラマー(Glenn Plummer)、エマニュエル・ヴォージア、ビヴァリー・ミッチェル(Beverley Mitchell)らが参加しているようだ。
ロリー・ウィンストン(Lolly Winston)の小説"Good Grief"の映画化で、ジュリア・ロバーツの主演が決まったようだ。「めぐりあう時間たち」("The Hours",2002年)のマイケル・カニンガム(Michael Cunningham)が脚本を執筆中らしい。
ナンシー・マイヤーズ監督の新作ロマンチック・コメディ"Holiday"で、キャメロン・ディアスが主演するようだ。
製作が中断したオーストラリア映画"Eucalyptus"で共演する予定だったラッセル・クロウとニコール・キッドマンは、バズ・ラーマンの監督による歴史劇で共演するらしい。
クリス・タッカーは、New Line Cinemaと2作品で4000万ドルの出演契約にサインする模様。ジェフ・ネイサンソンは、タッカーが出演契約を結び次第"Rush Hour 3"の脚本執筆に入るようだ。
韓国アニメーション・スタジオDG Spotとその製作部門Morphは、米国のグラフィック・ノベル"Masterminds"のアニメ映画化についてオプションを獲得したようだ。
「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)のリメイク版をプロデュースしているサム・ライミは「オリジナル版を撮影した家が不幸にも焼けてしまったことを知って、悲しかったよ」と語ったようだ。また、ブルース・キャンベルの出演については、出演させるなら続編のほうがまし、と語ったらしい。
ポール・シュレイダー監督による"Dominion: Prequel to the Exorcist"のマスコミ向け試写会が4日、ロサンゼルスで行われたようだ。
「ザ・フォッグ」("The Fog",1980年)のリメイクで製作総指揮を務めるジョン・カーペンターは「監督はやりたくなかった。もう、一度やっているからね。それに、僕にとってこの作品はあまりいい経験じゃなかったんだ。難しい作品で、一度撮影した後に、もう一度やり直さなければならなくなったんだ。だから、今度は若い監督に、と言ったんだ」と語ったようだ。
20th Century Foxのトム・ロスマン(Tom Rothman)会長は、「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator",2004年)について「間違いなくもう1作やる。第1作は大成功だった。新しい『エイリアンvs.プレデター』では、今度こそ彼らが我々の世界に入り込んでくる」と語ったらしい。
サム・ライミ監督は「僕は、(SPE会長の)エイミー・パスカル(Amy Pascal)が『スパイダーマン』を6本作りたがっている、と聞いている。彼女は言ったことは実現させる女性だ。彼女が6本といえば、6本になるだろう」と語ったらしい。また、第3作でトーマス・ヘイデン・チャーチが悪役を務めることも認めたようだ。
Marvelと20th Century Foxは、"Fantastic Four"と"X-Men 3"を終えた後、"Silver Surfer"の映画化に入る模様。
「"Hellboy 2"の脚本は今月完成した」とロン・パールマンが語ったようだ。来年1月から製作に入る模様。
「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編"Underworld: Evolution"で、Luma Picturesが視覚効果の主要部分を請け負ったようだ。デジタル・マット画やCG、グリーン・スクリーンによる合成などを担当する模様。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインの私生活を追う新しいリアリティ番組のタイトルは"Britney and Kevin: Chaotic"に決まったようだ。今月17日の1時間スペシャルでスタートするらしい。
  5/6
Pixar Animation Studiosは5日、2005年1-3月期の決算を発表、売上高は前年同期比3.0倍の1億6120万ドル、純利益は同3.1倍の8190万ドルに達したようだ。
今度は、ファンが選んだ「冬のソナタ」の名場面が切手になるらしい。15日から全国のローソンなどで予約受付を開始するようだ。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」で、渡哲也、奥田瑛二の共演が決まったようだ。
キム・デスン監督、チャ・スンウォン主演「血の涙」が4日、韓国310スクリーンで公開され、2日間で39万人の観客を動員したようだ。
ニュージーランドでロケが行われた、イム・ピルソン監督、ソン・ガンホ、ユ・ジテ共演の新作「南極日記」のニュージーランド大使館主催による試写会が、今月10日と13日にソウル市内で行われたようだ。
クォン・サンウのサイン会が7日、ロッテデパート釜山店と蔚山店で行われるらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")で、妊娠中のパドメ・アミダラが韓服風の衣装で登場するらしい。
米Newsweek最新号は中国を特集、表紙をチャン・ツィイーが飾ったようだ。
チャン・ツィイーは、香港の富豪、霍啓山と破局した、と一部で報じられている模様。
スタンリー・クワン監督の新作「長恨歌」の撮影が進行中のようだ。リンパ癌の噂についてサミー・チェンは「とっても元気です」と否定、レオン・カーフェイは「ただ体調が悪いというだけで、こんな風に記事を書くとは」と激怒したとか。
加Imaxは5日、2005年1-3月期の決算を発表、純利益は前年同期89万6000ドルの赤字に対し120万ドルの黒字化、総収入は前年同期比26%増の3140万ドルとなったようだ。
米Disneylandの開演50周年記念イベントが5日開幕、クリスティーナ・アギレラが「星に願いを」("When You Wish Upon A Star")を歌ったほか、ジュリー・アンドリュースがゲストとして出席したようだ。
米Pixar Animation Studiosは5日、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles",2004年)のDVDとVHSが、先月15日の発売以来国内だけで1770万本の売上を記録した、と発表したようだ。また、海外では570万本を売上げ、同社では「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",2003年)に次ぐ記録となった模様。
「スカーフェイス」("Scarface",1983年)がビデオゲーム化されるらしい。アル・パチーノも登場するようだ。
ジョニー・ノックスヴィル、バート・レイノルズ、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェシカ・シンプソン共演の新作"The Dukes of Hazzard"の予告編が公開されたようだ。
子供靴製造米大手のKedsは、現在イメージ・キャラクタとして起用しているミーシャ・バートンとの契約を拡大・延長したと発表したようだ。
新作CGアニメ「ロボッツ」("Robots")でサラ・コナー(Sarah Connor)が歌うドイツ語版主題歌"From Zero To Hero"のPVが公開されているようだ。
ジェーン・フォンダが主催するGeorgia Campaign for Adolescent Pregnancy Preventionの設立10周年を記念した、新作"Monster-in-Law"のプレミアが5日、アトランタのFox Theatreで開催されるようだ。ジェーン・フォンダ、ジェニファー・ロペス、マーク・アンソニー、ワンダ・サイクス、マイケル・ヴァルタン、テッド・ターナー、ロバート・ルケティック監督らが出席するらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")がカンヌ映画祭で上映される15日、ジョージ・ルーカスに映画祭のトロフィが贈られるらしい。クイーンメリー2世号で記念式典が行われるようだ。
ウェス・クレイヴン監督「サランドラ」("The Hills Have Eyes",1977年)のリメイクを手掛けるアレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja)監督は「オリジナル版のスピリットや残酷さや後味の悪さはそのままにしたいが、もっと『わらの犬』("Straw Dogs",1971年)風にしようと考えている」と語ったようだ。
ボブ・マイヤー(Bob Meyer)とランディ・ビュッシャー(Randy Buescher)の戯曲"Drunk Boat"の映画化で、ジョン・マルコヴィッチが主演するらしい。今月23日からシカゴで撮影が行われるようだ。
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演"Mr. and Mrs. Smith"の最新予告編が公開されたようだ。
"Shrek 3"では、シュレックとフィオナが<遠い遠い国>の王と王妃となる義務があると告げられ、もしそれが嫌なら別の王位継承者を見つけなければならない・・・というところから話しが始まるらしい。
リチャード・ロンクレイン監督の新作スリラー"Firewall"(a.k.a. "The Wrong Element")に出演するハリソン・フォードの写真が公開されたようだ。
米Spike TVは、「ブレイド」("Blade")をTV映画化し来年放送する、と発表したようだ。映画シリーズを手がけたデヴィッド・S・ゴイヤーが製作総指揮を務めるらしい。
ケイティ・ホームズは、2日にニューヨークで開催されたメトロポリタン美術館服飾研究所の式典に招待されていたものの、トム・クルーズとの関係が大きく報じられていたため、欠席したようだ。
妊娠を公表したブリトニー・スピアーズは「2人のために食べるのは凄く楽しみ。たくさん、たくさん食べるの」と語ったようだ。
オーランド・ブルームは、破局したケイト・ボスワースについて「僕らはとても緊密な関係だったけれど、仕事のためにいつも離れ離れだった。それで、僕らはそれぞれの道を行くことにしたんだ」と語ったようだ。また「優しくて自立心のある人を探している。僕は強い女性が好きなんだ」とも語ったらしい。
Dark Horse Comicsは、「ザ・フォッグ」("The Fog",1980年)のリメイクに合わせて、同作の数百年前を舞台にしたグラフィック・ノベルを出版するらしい。
イ・ビョンホンとチェ・ジウが5日来日したようだ。
トッド・ルイーゾの脚本・監督によるウィリアム・シェイクスピアの戯曲「マクベス」("Macbeth")の映画化で、ジェニファー・コネリー、フィリップ・シーモア・ホフマンの共演が決まったようだ。年末に撮影が始まるらしい。
Walden Mediaは、スーザン・クーパー(Susan Cooper)による冒険ファンタジー小説「闇の戦い」("The Dark is Rising")シリーズの映画化権を獲得した模様。
ランディ・シルツ(Randy Shilts)の著書"The Mayor of Castro Street: The Life and Times of Harvey Milk"が、ブライアン・シンガーの監督で映画化されるようだ。
バリー・ソネンフェルド監督、ロビン・ウィリアムス主演の新作コメディ"RV"で、米FOXのコメディシリーズ"Arrested Development"(2003年-)に出演するウィル・アーネット(Will Arnett)の共演が決まったようだ。今月からバンクーバーで撮影が始まるらしい。
スティーヴ・マーティン、リリー・トムリンが共演したコメディ「オール・オブ・ミー/突然半身が女に!」("All of Me",1984年)がリメイクされるらしい。ブレント・ゴールドバーグ(Brent Goldberg)とデヴィッド・ワグナー(David Wagner)が脚本を担当、ワンダ・サイクスが主演を務めるようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のTVスポット2本が新たに公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("The War of the Worlds")にカメオ出演している1953年版のアン・ロビンソン(Ann Robinson)は「映画でジーン・バリー(Gene Barry)と私を見たら『あの2人結婚したんだわ。フォレスター博士とシルヴィアは結局結ばれたのね!』とみんな思うでしょうね」と語ったようだ。ダコタ・ファニングの祖母役で登場するらしい。
韓国映画「イルマーレ」("Il Mare",2000年)のアレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督、キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック共演によるリメイクで、共演するショーレー・アグダシュルーは「(SF関連作品に出演することについて)少し驚いていますが、嫌だとは思いません。SFは大好きです。この作品で私は医者を演じていますが、私にとって初めてのステレオタイプじゃない役だ、と友人は言っています」と語ったようだ。
アキヴァ・ゴールズマン(Akiva Goldsman)の監督デビュー作となる、デイヴ・キング(Dave King)の小説"The Ha-Ha"の映画化で、チャック・レーヴィット(Chuck Leavitt)が脚本に起用されたようだ。
ショーン・レヴィ製作・監督、ニック・カルゾン(Nick Kurzon)脚本によるタイトル未定の新作コメディが製作されるようだ。自分の体内時計がカチカチと音を立てて時を刻んでいることに気付いたある男が・・・という話しらしい。
アイリーン・アトキンス(70歳)は「去年、映画の撮影中に28歳の俳優に誘われたの。断ったけど、嬉しかったわ」と語ったようだ。"Ask the Dust"(2005年)で共演したコリン・ファレルのことらしい。
米People誌は「25歳未満のホットなスター25人」を発表、アリシア・キーズ、ジェシカ・シンプソン、アシュリー・シンプソン、ジェシー・マッカートニー、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェシカ・アルバ、ブリトニー・スピアーズ、ジェイク・ギレンホール、イライジャ・ウッド、リンゼイ・ローハン、ナタリー・ポートマンらが選ばれたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")は、PG13指定を受けたようだ。
オンライン・カジノGolden Palaceは、ブリトニー・スピアーズが使用した家庭用妊娠検査薬を5001ドルで購入した、と発表したようだ。
  5/7
「うつくしま―韓国文化交流事業」が6日、福島県の会津若松市で開幕し、チョン・ドンファン、チ・ソン、キム・ソヨンのトークショーが行われたようだ。
6日開幕したプロ野球セ・パ交流戦の日本ハム-阪神戦に、ダース・ベイダーの衣装をまとった新庄剛志外野手がストーム・トルーパーを従えて登場、始球式を行ったらしい。
犬童一心監督、長澤まさみ主演「タッチ」が6日、都内の東宝スタジオでクランクアップしたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)の調査によると、米主要映画配給会社7社の2004年の収入は、前年比9%増の448億ドルに達し、過去最高を記録したようだ。内、DVD/VHS化による収入は前年比10%増の210億ドルに達した一方、劇場興行収入は74億ドルだったらしい。
「俺たちは狂ってない」(阿部毅監督,1958年)、「薔薇大名」(池広一夫監督,1960年)、「釈迦」(三隅研次監督,1961年)、「六神合体ゴッドマーズ」(今沢哲男監督,1982年)、「それから」(森田芳光監督,1985年)、「極道の妻たち」(五社英雄監督,1986年)、「マルサの女」(伊丹十三監督,1987年)、「金融腐蝕列島 [呪縛]」(原田眞人監督,1999年)などの映画やTV時代劇をはじめ、TVアニメや洋画の吹き替えなどでも活躍した、俳優の小林勝彦さんが6日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第14回日本映画批評家大賞が6日発表されたようだ。
■作品賞 「スウィングガールズ」(矢口史靖監督)
■主演男優賞 松平健(「石井のおとうさんありがとう」)
■主演女優賞 秋吉久美子(「透光の樹」)
■新人賞 香里奈(「深呼吸の必要」)
「美しき日々コンサート」が6日東京国際フォーラムで開催され、イ・ビョンホンとチェ・ジウがゲスト出演したようだ。
角川グループは、「妖怪大戦争」(三池崇史監督,角川映画)、「亡国のイージス」(阪本順治監督,日本ヘラルド)、「マダガスカル」(エリック・ダーネル監督,アスミック・エースエンタテインメント)のいずれかの作品を鑑賞できる「ドリームチケット」を6月から発売すると発表したようだ。
「ある兵士の賭け」(千野皓司 他監督,1970年)、「甦える大地」(中村登監督,1971年)、「錆びた炎」(貞永方久監督,1977年)などの映画をはじめ、「子連れ狼」シリーズ、「必殺」シリーズなどのTVドラマを手がけた、脚本家の猪又憲吾さんが1日亡くなった(64歳)。ご冥福をお祈りいたします。
国連難民高等弁務官事務所の親善大使を務めるアンジェリーナ・ジョリーはパキスタンを訪問、ペルヴェズ・ムシャラフ(Pervez Musharraf)大統領、ショーカット・アジズ(Shaukat Aziz)首相と面会し、300万人を越えるアフガニスタン難民の問題について話し合ったようだ。
マリリン・モンローの遺品200点が、来月4日にロサンゼルスでオークションに出品されるようだ。映画の出演契約書やジョー・ディマジオとの離婚届、サインの入った領収書、ケネディ大統領に贈った絵なども含まれているらしい。
鳥取県大栄町に設置されている「江戸川コナン」のブロンズ像が、右腕をもぎ取られる被害に遭っていたらしい。これまでにも6回壊され、被害総額は210万円になるようだ。
角川ホールディングスは6日、2005年3月期の連結決算を発表、売上高は前期比33.0%増の1228億円、営業利益は同59.3%増の76億9800万円に達したようだ。ダン・ブラウン(Dan Brown)の小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の大ヒットや、DVDなどの売り上げ増が貢献したらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のティーザーポスターが公開されたらしい。 [☆これって本物?]
中国で昨年製作された映画は212本で、米国、インドに次ぐ世界第3位となったようだ。
マコーレー・カルキンは、マイケル・ジャクソンの裁判で証言に立つかどうか、まだ決めていないらしい。
ケン・クワピス(Ken Kwapis)監督、アンバー・タンブリン(Amber Tamblyn)主演の新作"Sisterhood of the Traveling Pants"からの最新画像が公開されたようだ。
スティーヴン・ストレイト(Steven Strait)、キップ・パルデュー、シャニン・ソサモン、キャリー・フィッシャー、ピーター・ウェラー、アシュリー・シンプソンらが共演する新作"Undiscovered"からの画像が公開されたようだ。
ジョージ・クルーニー監督・主演、ロバート・ダウニーJr.、デヴィッド・ストラザーン、パトリシア・クラークソンら共演による"Good Night, and Good Luck."の一場面の画像が公開されたようだ。
「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編"Underworld: Evolution"からの最新画像が公開されたようだ。
ザ・ロック主演による人気ゲームの映画化"Doom"からの最新画像が公開されたようだ。
「肉の蝋人形」("House of Wax")に出演するパリス・ヒルトンが死ぬ場面(アニメ版?)が公開されたようだ。 [☆R指定です!]
米In Touch誌は「ただでプレゼントがもらえる有名人ベスト6」を発表したようだ。
1.ジェシカ・シンプソン
2.リンゼイ・ローハン
3.エヴァ・ロンゴリア
4.ミーシャ・バートン
5.ハル・ベリー
6.ジェニファー・ロペス
ORANGE RANGEの歌う「電車男」の主題歌「ラヴ・パレード」の先行試聴が公式サイトでスタートしたようだ。
4日から韓国で公開されているキム・デスン監督、チャ・スンウォン主演「血の涙」は、今週末にも観客動員数100万人を突破する見込みとか。
ジョナサン・リース=マイヤーズの主演でエルヴィス・プレスリーの半生を描く、全4時間のミニシリーズ"Elvis"が米CBSで8日と11日に放送されるようだ。
リンゼイ・ローハンの母親は「娘はファッションとショッピングが大好きだったわ。彼女がまだ小さかった時、ショッピング・センターでもっと買い物がしたいと駄々をこねたことがあったの。私は、ショッピング・センターは6ヶ月禁止よ、と言ったわ。結局1ヶ月になったけど。今では洋服を共有するようになったわ。いい友達ね」と語ったようだ。
新番組"Britney and Kevin: Chaotic"に出演するブリトニー・スピアーズは「ドキュメンタリーなんて絶対やりたくないし、"リアリティ番組"に私たちが出演するなんて正気じゃないと思っていたわ。でもやるべきだと気付いたの。去年はあまりにも多くのことがあまりに速く起こってしまったから、この機会にじっくりと考えたかったのよ。自分自身へのセラピーみたいなものね」と語ったようだ。
Limp Bizkitのフレッド・ダースト(Fred Durst)とラスヴェガスで"熱愛"、と一部で報じられたジェシカ・シンプソンについて、シンプソンの広報担当者は「ジェシカとフレッド・ダーストには共通の友人がいて、彼らと一緒にいました。それ以外は全くのでたらめです」と記事を否定したようだ。
現在リメイク版"The Fog"を撮影中のルパート・ウェインライト監督は「これは『ザ・フォッグ』(1980年)の最新バージョンだ。ずっと現代的になっている。オリジナル版は素晴らしい作品だった。でもここにいる顔ぶれを見れば分かるだろうけど、彼らの年齢はオリジナル・キャストの半分だ」とジョークを飛ばしたらしい。
リチャード・ドナー監督、ブルース・ウィリス、モス・デフ共演の新作アクション"16 Blocks"の撮影がスタートしたようだ。
加IMAXは6日、大ヒットとなった「ポーラー・エクスプレス: An IMAX 3D Experience」("The Polar Express: An IMAX 3D Experience",2004年)を今年11月10日から再上映すると発表したようだ。
来日中のイ・ビョンホンが、「甘い人生」上映中の川崎チネチッタで8日、舞台挨拶に立つらしい。
リドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")のTVCMに山田優が出演するらしい。
ブレンダン・フレイザー、サンドラ・ブロック、ドン・チードルらが共演するポール・ハギス(Paul Haggis)監督の群衆劇"Crash"に出演したマイケル・ペーニャは「僕自身のストーリーが15分もあるなんて初めてだったよ。それにギャングの一味みたいな役もやったことがなかった。でも、暴力でなく話し合いで問題を解決しようとする良き父親でもあるんだ。ヒスパニック系の俳優にこういう役は少ないから、この役が気に入っているよ」と語ったようだ。
パク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演の新作「親切なクムジャさん」の予告編が公開されたようだ。
  5/8
韓国人気グループ東方神起が、7日都内で行われたニューシングル「Stay With Me Tonight」の発売記念イベントに参加したようだ。
本広克行監督「交渉人 真下正義」が7日初日を迎え、ユースケ・サンタマリア、水野美紀らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
国連難民高等弁務官事務所の親善大使としてパキスタンに滞在中のアンジェリーナ・ジョリーが7日、イスラマバードで記者会見を行い、アフガン難民への国際社会からの支援を訴えたようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)の脚本でアカデミー賞にノミネートされたポール・ハギス(Paul Haggis)は、6日米国で公開が始まった監督・脚本作"Crash"について「僕をTV屋だとみなして、ハリウッドの大手スタジオは製作費を出そうとはしなかった。いまだに彼らはレッテルを貼っている。誰かが大きな躍進を遂げたとしても、彼らはそれを一時の例外だと考えている。ハリウッドには紳士気取りが現存しているんだ」と語ったようだ。
米NBCで7日放送の"Saturday Night Live"に、ポーラ・アブドゥルがゲスト出演するらしい。
ゴールディ・ホーンの自叙伝"Goldie, A Lotus Grows in the Mud"が出版されたようだ。インタビューに答えた彼女は「自分自身を笑い飛ばすことはとても大切。自分に対してシリアスになりすぎるのは悪いことよ」と語ったらしい。
スティーヴン・スピルバーグ、フィリップ・K・ディック、レイ・ハリーハウゼン(Ray Harryhausen)らが「SFの殿堂」(Science Fiction Hall of Fame)入りを果たし、6日シアトル市内で記念式典が行われたようだ。
チェ・ジンウォン監督、キム・レウォン主演の新作アクション「ミスター・ソクラテス」で、カン・シンイル、キム・レウォンが共演するらしい。今月中旬に撮影に入る模様。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の予告編が公開されたようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の予告編が公開されたようだ。
美空ひばり出演映画28作品が、来月18日から都内の新文芸坐で特集上映されるらしい。沢島忠監督、雪村いづみによるトークショーも予定されているようだ。
米CATV局Showtimeによるホラー・アンソロジー・シリーズ"Masters of Horror"で、監督の一人に指名されているジョン・カーペンターは「1話1時間で、撮影期間は10日間だ。最初の監督はジョン・ランディスが起用された。だが、彼は予算もスケジュールもオーバーしている。だから"Masters of Horror"はこれで終わりかもね」とふざけた後「ダリオ・アルジェント(Dario Argento)が来週から撮影に入る。僕は来年7月の予定で、ドリュー・マッキーニー(Drew McWeeny)の書いた"Cigarette Burns"を担当する。こんなユニークな作品は他に見たことがないよ」と語ったようだ。
ラッパーのネリー(Nelly)は、Judith Leiberのデザインしたハローキティのバッグをオークションに出品するらしい。全てダイヤモンドの12万5000ドル相当の品物とか。収益は、白血病患者の支援団体に寄付されるようだ。
ジョーダン・ブラットマン(Jordan Bratman)とクリスティーナ・アギレラは婚約記念パーティをサンタモニカで開き、ペネロペ・クルス、マシュー・マコノヒーら約100人が招待されたようだ。
オーランド・ブルームが、"Total Request Live"(1998年-)でVJを務めるヴァネッサ・ミニーロ(Vanessa Minnillo)と、ニューヨークのナイトクラブで一緒にいるところが目撃されたらしい。
清水浩監督らによる短編オムニバス映画「メールで届いた物語」が7日初日を迎え、多部未華子、吹石一恵、原沙知絵、相武紗季らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
プロテニス選手のレイトン・ヒューイット(Lleyton Hewitt)と婚約している豪州出身の女優レベッカ・カートライト(Rebecca Cartwright)が妊娠したようだ。
  5/9
「甘い人生」上映中の川崎チネチッタで8日、イ・ビョンホンが舞台挨拶に立ったようだ。入場できなかったファンも1000人以上集まったらしい。
仲間由紀恵、阿部寛共演の人気ドラマ「トリック」の映画化第2弾が製作中らしい。TVスペシャル版の撮影も今月始まるようだ。
経済産業省は、11日開幕するカンヌ映画祭で、日本の映画作品やロケ地、日本文化などを紹介するコーナーを設置するらしい。
米Kopin社は、両眼タイプで重さ60gのHMDの試作品を先月発表したらしい。価格は100ドル以下になる予定とか。
「ブレイド」が8日、大阪デルフィン・アリーナでブラックバファローと対戦したようだ。大阪プロレスは「映画キャラのプロレスを定番にしたい」と言っているらしい。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の完成会見がロンドンで行われ、渡辺謙らが出席したようだ。今月下旬にはクリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、モーガン・フリーマンらが来日、31日にヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されるワールドプレミアに出席するらしい。
ジュネーブ郊外にあるアラン・ドロンの邸宅が350万スイスフランで売却されたらしい。新しい住所は不明とか。
東京都台東区は、フィルム・コミッション事業の名称を「Tokyoダウンタウンアートサポート」と決定したようだ。
11日開幕するカンヌ映画祭のフィルムマーケットで、チェ・ジンウォン監督、キム・レウォン主演の新作アクション「ミスター・ソクラテス」のPRが行われるようだ。
「血と骨」(崔洋一監督,2004年)が、韓国のシネマテク釜山でノーカット上映されるらしい。
F4のジェリー・イェンが主演する台湾ドラマ「白色巨塔」が今月クランクインする模様。1話当たりの出演料は、過去最高の25万台湾ドルとか。
全米週末興収は、リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")が2000万ドル(3216館)で1位、ジャウマ・コレット=セラ(Jaume Collet-Serra)監督、エリシャ・カスバート主演「肉の蝋人形」("House of Wax")が1220万ドル(3111館)で2位と、いずれも低調なスタートとなったようだ。また、1864館で公開されたポール・ハギス(Paul Haggis)監督"Crash"は910万ドルで初登場4位となった模様。
アシュリー・シンプソンは、髪をブロンドに戻したらしい。
ジェニファー・ガーナーが妊娠、と一部で報じられた模様。
新作ホラー「かつら」に主演するチェ・ミンソは、役のために髪を剃ったらしい。
来日中のチェ・ジウが9日、都内で行われたDVD&写真集「Jiwoo Travel in Diary」の制作発表記者会見に出席したようだ。7月下旬の発売で、インターネットで先行予約受付中らしい。
007シリーズ最新作"Casino Royale"の撮影は、過去の作品で使用されていた英Pinewood Studiosに代わって、プラハのBarrandov Studiosで行われるらしい。11月から撮影が始まるようだ。
ケン・クワピス(Ken Kwapis)監督、アンバー・タンブリン(Amber Tamblyn)主演の新作"Sisterhood of the Traveling Pants"のプロモーション・サイトwww.friendshipquiz.netがオープンしたらしい。
エミネムは、新しい映画の脚本を探しているらしい。今のところ「全部クズ」とか。
ブリトニー・スピアーズの"元夫"ジェイソン・アレクサンダー(Jason Alexander)は、55時間だけの結婚生活について「みんなはジョークだったと思っているけど、僕には無理だ。彼女は普通の生活に戻っていったけど、僕の心は戻れずにいる。全てを台無しにされてしまった。彼女のことを思っていたし、彼女を愛していた。彼女も同じ気持ちだと思っていた。でも、彼女は突然僕の前から姿を消した。TVで彼女の顔を見るのは辛い。辛いし頭にきているけど、彼女のせいにはしない」と語ったようだ。
オーランド・ブルームは「ロンドンに戻って舞台に立ちたいと考えている。舞台に立つチャンスが今までなかったけれど、超大作の映画に出る前にやっておくべきだと感じていたんだ」と語ったようだ。
「スター・ウォーズ」のTVシリーズは、シドニーで製作されるらしい。ジョージ・ルーカスは「シリーズの脇役達を中心にした実写ドラマをやるつもりだ。スピンオフなので、メイン・キャラクタは登場しない。『エピソードIII』と『エピソードIV』の間の世界が舞台になる予定だ」と語ったようだ。
Universal Picturesは、クリストファー・ゴールデン(Christopher Golden)とトーマス・F・スニエゴスキ(Thomas F. Sniegoski)によるファンタジー小説"Outcast"シリーズの映画化権を獲得、チャーリー・ミッチェル(Charlie Mitchell)を脚本に起用したようだ。
エリノア・リプマン(Elinor Lipman)の小説"Then She Found Me"の映画化で、ヘレン・ハントがで監督デビューするらしい。自身が主演し、ダイアン・キートン、ウディ・ハレルソンが共演に向けて交渉中のようだ。
マット・ウィリアムス(Matt Williams)脚本・監督のインディ作品"Walker"で、ドレア・ド・マッテオ、ケイディ・ストリクランド、サム・シェパード、ブルース・ダーンが共演するようだ。
デヴィッド・フィンチャー監督、ロバート・ダウニーJr.、ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ共演の新作スリラー"Zodiac"で、アンソニー・エドワーズの出演が決まった模様。8月から製作にはいるらしい。
アダム・シャンクマン監督、スティーヴ・マーティン主演による「チーパー・バイ・ダズン」("Cheaper by the Dozen",2003年)の続編で、ユージーン・レヴィの共演が決まったようだ。
ピーター・ヒューイット監督次回作は、Nickelodeon Moviesの新作"Chuckle Bears"になるらしい。テディ・ベアにそっくりな宇宙人が地球を訪れて・・・というファンタジーになるようだ。
ローランド・ジョフィ監督の新作スリラー"Captivity"で、エリシャ・カスバートの主演が決まったようだ。マンハッタンが舞台の作品にもかかわらず、5月からモスクワで撮影が行われるらしい。
ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督の新作"V For Vendetta"で、主演予定だったジェイムズ・ピュアフォイが降板、ヒューゴ・ウィーヴィングが代役に決まったようだ。
Tiger Hill Entertainmentなどが次世代ゲーム機(Xbox2?)向けに開発中のアクションゲーム"Demonik"が、ジョン・ウーとクライヴ・バーカー(Clive Barker)のプロデュースで映画化されるようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の試写で、スティーヴン・スピルバーグは感動して泣いたらしい。
松下電器産業株式会社は3日、Blu-ray Discの量産試作ラインやオーサリング施設などを今月中旬に立ち上げ1層BD-ROMの量産を開始する、と発表したらしい。ハリウッドの映画スタジオなどへのデモンストレーションに利用するようだ。
  5/10
緒方明監督「いつか読書する日」が完成、来月11日から長崎で先行上映されるらしい。
「日本一のホラ吹き男」(1964年)、「青い山脈」(1975年)などを手がけた河崎義祐監督は、お年寄りのために映画上映の出前をするNPO法人「シネマネットジャパン」の設立を目指しているらしい。
黒土三男監督「蝉しぐれ」で、一青窈がイメージソング「かざぐるま」を歌うらしい。
「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督,2004年)で共演した中村獅童と竹内結子が交際中らしい。
中村獅童が10日都内で会見、竹内結子が妊娠3カ月であることを明らかにしたようだ。来月入籍予定とか。
石原裕次郎らの墓がある、横浜市鶴見区の曹洞宗大本山・総持寺で10日、敷地内の供養所「梅樹庵」から出火、建物が全焼した模様。けが人は無かったようだ。
キム・ヒソンとオム・ジウォンは、韓服姿でカンヌ映画祭に出席するらしい。
毎年世界的女優をイタリア本社に招待しているSalvatore Ferragamoが、今年はキム・ソヨンを選んだようだ。
米連邦控訴裁判所は6日、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)が、デジタルテレビ受信機器に信号中のブロードキャスト・フラグの検知機能を搭載するよう義務付けた規制について、無効とする裁定を下したようだ。
フランス政府は、EU憲法への支持を国民に呼びかけるため、ジェラール・ドパルデューを起用したようだ。
「白雪姫」("Snow White and the Seven Dwarfs",1937年)の王妃と魔女のデザインをはじめ、「ダンボ」("Dumbo",1941年)、「わんわん物語」("Lady and The Tramp",1955年)、「ポカホンタス」("Pocahontas",1995年)など数多くのディズニー・アニメでキャラクタ・デザインや脚本を手がけた、ジョー・グラント(Joe Grant)さんが6日亡くなった(96歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第55回ドイツ映画賞(Lola Awards)のノミネーションが9日発表され、戦後初のドイツ系ユダヤ人コメディ「何でもツッカー!」("Alles auf Zucker")が作品賞、監督賞など10部門で候補に挙がったほか、「ヒトラー 〜最期の12日間〜」("Der Untergang")が主演男優賞(ブルーノ・ガンツ)など3部門でノミネートされたようだ。
リドリー・スコット監督最新作「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")について、中東では、アラブ人やイスラム教徒が公正に描かれている、として好意的に受け止められているらしい。
米Outer Critics Circle Awardsが9日発表され、"Doubt"がブロードウェイ演劇部門で作品賞、監督賞(ダグ・ヒューズ)、主演女優賞(チェリー・ジョーンズ)、主演男優賞(ブライアン・F・オバーン)、"Monty Python's Spamalot"が同ミュージカル部門の作品賞、監督賞(マイク・ニコルズ)、衣装デザイン賞、主演女優賞(サラ・ラミレス)を、それぞれ獲得したようだ。
来月ラスヴェガスで開催されるCineVegas Film Festivalのクロージング作品に、ジョージ・A・ロメロ監督最新作"Land of the Dead"が選ばれたようだ。
チョウ・ユンファは、ジェイムズ・ファーゴ(James Fargo)脚本・監督の新作アクション・スリラー"Deadly Deception"に主演するらしい。ジョン・レグイザモ、ロセリン・サンチェスが共演、今月から香港、アルゼンチン、ロサンゼルスで撮影が行われる模様。
Premiere誌6月号の記事で、「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の脚本を手がけたデヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)が「次回作でバットマンがジョーカーを倒すが、殺しはしない。3作目でジョーカーは裁判を受けることになるだろう」と語っているらしい。
ナタリー・ポートマンは、ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督の新作"V For Vendetta"に出演するため、頭を丸坊主にしたらしい。「つい撫で回しちゃうの。とっても柔らかいし。しばらくこのままにするかも」と語ったとか。 [☆似合ってるかも]
ベストセラー小説「メガロドン」("Meg")の映画化について、原作者のスティーヴ・オルテン(Steve Alten)は「小説と同様、メガドロンは幽霊のような白い色になる。そして、なんと言っても、彼女は巨大になる。とても大きくなるよ」と語ったようだ。
実写TVシリーズ版「スター・ウォーズ」は、各エピソード1時間で全100話が製作されるらしい。
クリスティーナ・アギレラは「ブリトニー・スピアーズを結婚式に招待するつもりはないわ。彼女が私を鼻であしらったんだから、私もそうしてやるの」と語ったらしい。
オーランド・ブルームは、無難な役ばかり演じているという批判について「自分がどういうイメージで受け止められているかについて、考えたりしない。自分自身の正直であろうとしている。悪役が必要な時、必ずしも僕に連絡があるわけではないが、イメージを変えるつもりはない」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは、ネット上で広まっている"カツラ疑惑"について「全部私自身の髪の毛よ。お手入れにものすごくお金がかかっているんだから。私はシェールじゃないのよ!」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンが、今度はノートパソコンを紛失したらしい。プライベート写真やビデオ映像が入っているとか。
下山天監督、仲間由紀恵、オダギリジョー共演の新作「忍 SHINOBI」で、浜崎あゆみが主題歌を歌うらしい。
「がんばっていきまっしょい」(磯村一路監督,1998年)がTVドラマ化されるらしい。鈴木杏、錦戸亮、内博貴、相武紗季、岩佐真悠子らが共演、フジテレビで7月5日にスタートするようだ。
リチャード・エア監督の新作"Notes From a Scandal"で、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが共演するようだ、8月から撮影に入る模様。
「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy",2004年)の脚本を手掛けたトニー・ギルロイ(Tony Gilroy)の監督デビュー作となる法廷スリラー"Michael Clayton"で、ジョージ・クルーニーが主演を務めるらしい。
ジョージ・ルーカスは「エピソードIV、V、VIはダース・ベイダーの物語を意図していたし、ダース・ベイダーの物語なのだが、ルークとレイアが中心人物になってしまった。だが、もし私がダース・ベイダーを正当に描けば、全ては悲劇の物語であると皆が理解し、作品への見方も変わるだろうと考えた。だから私は、もう一度このシリーズに取り組んだんだ」と語ったようだ。
モーセの十戒を描く米ABCによる4時間のミニシリーズ"The Ten Commandments"で、ダグレイ・スコット、オマー・シャリフ、ナヴィーン・アンドリュース、ミア・マエストロ、ライナス・ローチの共演が決まったようだ。今月23日からモロッコで撮影が始まるらしい。
ジェニファー・ビールスが妊娠中らしい。
ノルウェーでTV番組撮影中のためマット・デイモンが乗っていたヘリが故障、危うく墜落するところだったらしい。
ダニエル・クレイグは、次期ジェイムズ・ボンド役候補に挙がっていることを認めた模様。 [☆先月は否定していたのに・・・]
7日から公開された「交渉人 真下正義」は、週末興収5億5413万1360円、観客動員数38万9155人を記録したようだ。
レネー・ゼルウィガーと、カントリー歌手のケニー・チェズニー(Kenny Chesney)が結婚したらしい。今年1月に行われた津波支援コンサートで知り合ったとか。
日本経済新聞が10日「次世代DVDをソニー方式で統一」と報じたことについて、東芝とソニーはそれぞれ、交渉中であることを認めながらも「0.1mm方式で統一」とする報道については否定したようだ。
  5/11
短編オムニバス作品「female」のプレミア試写会が10日都内で行われ、長谷川京子、高岡早紀らが出席したようだ。
「二世部隊」("Go for Broke!",1951年)、「東は東」("Japanese War Bride",1952年)などに出演した日系米国人俳優のレイン・ナカノ(Lane Nakano)さんが先月28日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
11日開幕する第58回カンヌ映画祭で、北野武監督の新作「TAKESHIS'」の製作発表が行われるらしい。すでに撮影に入っているらしい。
東芝は10日、次世代DVD規格「HD DVD-ROM」で、最大容量45GBとなる片面3層化技術と、合計容量38.5GBとなるHD DVD-ROM片面2層/DVD-ROM片面2層のハイブリッドディスクを開発した、と発表したようだ。
27日から韓国で公開されるイム・テヒョン監督の新作「バイバイ、お兄ちゃん」がコミック化されるらしい。14日には、出演のペ・ジョンオクらによる出版記念サイン界がソウル市内で行われるようだ。
韓国SBSで28日スタートのドラマ「その夏の台風」で、チョン・ダビンとハン・イェスルが異母姉妹でライバル女優同士、という役を演じるようだ。全30話もあるらしい。
「最強アニメ展2004」が13日からソウル市内で開催されるようだ。世界4大アニメフェスティバルでの受賞作品58本を上映するらしい。
映画「桃色 colour blossoms」のPR会見が10日都内で行われ、ヨン・ファン監督、松坂慶子、韓国ニューハーフ・タレントのハリスらが出席したようだ。
ブラッド・ピットがロンドンで家を探している、と英タブロイド紙The Sunが報じた模様。アンジェリーナ・ジョリーの自宅の近くを希望しているとか。
デヴィッド・ベッカムのの誕生パーティが9日、マドリードのクラブで行われたらしい。総費用は25万ポンドとか。
The Rolling Stonesは10日、ワールドツアーを8月からスタートすると発表したようだ。ミック・ジャガーは「最後のツアーになると言ったことはないし、考えたこともない」とコメントしたらしい。
アストリッド・リンドグレーンの「長くつ下のピッピ」("Pippi Longstocking")がスウェーデンでバレエ化され、12日からストックホルムで上演されるらしい。
米Majesco Entertainmentは、「タクシー・ドライバー」("Taxi Driver",1976年)をビデオゲーム化するため、Sony Pictures Consumer Productsとライセンス契約を結んだらしい。
映画祭開催直前のカンヌでは、「ハービー 機械じかけのキューピッド」("Herbie: Fully Loaded")、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")、「宇宙戦争」("War of the Worlds")、「カンフーハッスル」("Kung Fu Hustle")、「シン・シティ」("Sin City")、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")、"Ice Age: The Meltdown"などのポスターが街中に貼られているらしい。
独メディア大手のBertelsmannは、米CD/DVD販売会社Columbia Houseを4億ドルで買収する模様。
「リトル・ダンサー」("Billy Elliot",2000年)のミュージカル舞台版がロンドンでまもなく初演されるらしい。演出を手掛けたスティーヴン・ダルドリーは「マーガレット・サッチャーも絶対観に来るべきだと思うよ」と語ったらしい。
世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)は10日、モーガン・フリーマンの名前を不正にドメイン名に使用したとして、ドメイン名の所有権を返却するようサイト管理者に命じたようだ。
第59回トニー賞のノミネーションが10日発表され、"Monty Python's Spamalot"が最多14部門で候補に挙がったほか、宮本亜門演出の「太平洋序曲」が最優秀リバイバル・ミュージカル賞など4部門でノミネートされたらしい。
米DreamWorks Animationは10日、2005年1-3月期の決算を発表、売上高は前年比4倍の1億6700万ドル、純利益も4570万ドルに達したものの、1株損益はアナリストの予想を下回ったようだ。
米半導体大手のAMDは、16日にロンドンで開催される「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の公開イベントに、技術スポンサーとして協力すると発表したようだ。
Maxim誌恒例の「Hot 100」リストのNo.1に選ばれた"Desperate Housewives"(2004年-)のエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)は「嬉しいけれど驚いているわ。だって去年は91位だったのよ。私が選ぶなら(7位の)アンジェリーナ・ジョリーね。彼女こそがセクシーの定義よ。彼女の力、信頼、強さ、美しさ、性格、モラル・・・そのどれもがセクシーなの」と語ったようだ。
タイラー・ペリー(Tyler Perry)監督・脚本・主演、ブレア・アンダーウッド共演による新作"Madea's Family Reunion"で、ボリス・コジョー(Boris Kodjoe)、ヘンリー・シモンズ、リン・ウィットフィールド(Lynn Whitfield)、ジェニファー・ルイス、タンギ・ミラー(Tangi Miller)の出演が決まったようだ。
沿岸警備隊を描くアンドリュー・デイヴィス監督の新作"The Guardian"で、ケヴィン・コスナーとアシュトン・カッチャーが共演するらしい。10月からの撮影開始に向けて、現在ルイジアナでロケハンが行われているようだ。
ルイ・ルテリエ監督「ダニー・ザ・ドッグ」("Unleashed",2005年)に主演したジェット・リーは「数年前(プロデューサーの)リュック(・ベッソン)が新しいアクション映画のアイデアを話してくれたんだが、僕はあまり気に入らなかった。僕はこれまでに演じる機会がなかった役がやりたかったんだ。僕には一つのアイデアがあった。伝えたかったのは"暴力が唯一の解決策ではない"ということだった。数日後、彼は『音楽で救われる犬の役っていうのはどうだい?』と言ってきた。僕はそれが凄く気に入って、我々は脚本を書き始めたんだ」と語ったようだ。
ケヴィン・マクドナルド監督、ジェイムス・マカヴォイ、フォレスト・ウィテカー共演の新作"The Last King of Scotland"で、ジリアン・アンダーソンの共演が決まったようだ。
地球から650万光年離れた、2連星を巡る惑星Darwin IVに生息する未知の生物たちを、CGI、アニメーション、特殊効果を交えて描く番組"Alien Planet"が、米Discovery Channelで14日放送されるらしい。同局としては初めて、ハイビジョンと同時放送するようだ。
「ドラムライン」("Drumline",2003年)、「最後の恋のはじめ方」("Hitch",2005年)を手掛けたプロデューサーによる、Warner Bros.配給のタイトル未定の新作で、18歳から21歳のアフリカ系アメリカ人の出演者を募集しているらしい。ローラースケートが出来ることが条件とか。
米Ubisoftが開発中のビデオゲーム"Peter Jackson's King Kong"が、ロサンゼルスで3開催されるElectronic Entertainment Expoで初披露されるらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクはゴルフに夢中らしい。「クールじゃないけど、もう何年もプレーしているんだ。キャメロン(・ディアス)もはまっているよ」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンは「以前はたくさん友人がいたのに、今はいなくなってしまった。私のことを気にしてくれないニセの友達ばかりだったの。本当の友人は、家族と、妹(ニッキー)と、ボーイフレンド(パリス・ラシス)と、あと2、3人だけ。誰も信用できないのよ。特にL.A.ではね」と語ったようだ。
"Mission: Impossible III"の撮影が7月に北京と上海で行われる、と中国で報じられた模様。
イアン・ソフトリー監督の新作"Trap for Cinderella"で、Odd Lot EntertainmentとHyde Park Entertainmentが製作と出資を手掛け、Hyde Park Internationalが海外配給を担当することになったようだ。
Pathe Pictures Intlernationalは、ケン・ローチ監督の新作"The Wind That Shakes the Barley"の主演に、キリアン・マーフィとリーアム・カニンガムを起用したようだ。1919年のアイルランドを舞台にしたドラマで、2人はゲリラで戦う兄弟を演じるらしい。
Warner Independent Picturesは、第二次大戦を舞台にしたルイス・ベグリー(Louis Begley)の小説"Wartime Lies"の映画化について、John Wells Productionsと契約を結んだようだ。「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")を手がけたウィリアム・モナハン(William Monahan)が脚本に起用されたらしい。
チャールズ・ブロンソンとアラン・ドロンが共演したフランス映画「さらば友よ」("Adieu l'ami",1968年)、チャールズ・ブロンソン、マルレーヌ・ジョベール共演「雨の訪問者」("Le Passager de la pluie",1969年)、アラン・ドロン主演「最後の標的」("Le Choc",1982年)の3作品を、ジョン・ウーとテレンス・チャン(Terence Chang)によるLion Rock Productionsと、フランスのStudioCanalが共同でリメイクするらしい。「さらば友よ」はジョン・ウー自身が監督をするようだ。
アンドレ・ベンジャミン(アンドレ3000)は、彼の設立した製作会社Moxie Turtleを通じた映画とCATV企画の製作について、MTV、Nickelodeonと契約を結んだらしい。第1弾はアンドレ・ベンジャミン主演・共同製作による映画"The Hit"になる模様。
Universal Picturesの新作"American Dreamz"で、「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy",2002年)のポール・ワイツが監督に決まったようだ。ヒュー・グラントが主演するらしい。アメリカの政治とショービズ界を風刺するドラマで、デニス・クエイドが共演するほか、クリス・クライン、マンディ・ムーアらも出演交渉中の模様。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")でパルパティーンを演じたイアン・マクダーミッドは「正直に言って、私はユアン・マクレガーやヘイデン・クリステンセンやサミュエル・L・ジャクソンと違って、私は剣術のエキスパートではないよ。だが、私は全てのシーンを演じたし、ジョージ(・ルーカス)も気に入ってくれた。彼はエネルギーを、目を、意志を欲しがっていたからね。でも、全てを自分自身でやることは出来なかった。私のスタントを務めたのはマイケル・バーン(Michael Byrne)だ。彼の名前も大きくクレジットされるべきだよ」と語ったようだ。
現在離婚手続き中のキーファー・サザーランドが、アイスランド人モデルのクリスティン・ハラルズドッティル(Kristin Haraldsdottir)と交際中らしい。
伊坂幸太郎の小説「陽気なギャングが地球を回す」が、前田哲監督、大沢たかお、鈴木京香、佐藤浩市、嶋田久作、佐藤佐吉、松尾スズキらの共演で映画化されるらしい。
来月4日に開催されるMTV Movie Awards授賞式で、Nine Inch Nailsとエミネムがパフォーマンスを披露するらしい。また、ヒラリー・スワンク、ヴィン・ディーゼル、ジェシカ・シンプソン、ジョニー・ノックスヴィル、ジェシカ・アルバ、ヒラリー・ダフ、ザック・ブラフ、リンゼイ・ローハン、ビリー・ボブ・ソーントン、ケイティ・ホームズらがプレゼンターを務めるようだ
プロダクション I.G制作のTVアニメシリーズ「BLOOD+」の制作発表が9日、東京大学本郷キャンパス大講堂で行われ、押井守、栗山千明らが出席したらしい。「BLOOD THE LAST VAMPIRE」(北久保弘之監督,2000年)をベースにした作品で、10月からTBSで放送されるようだ。
  5/12
米Walt Disneyは11日、2005年1-3月期決算を発表、純利益は前年同期比30%増の6億9800万ドル、売上高は同8.9%増の78億3000万ドルとなったようだ。
北アルプス奥穂高岳の「穂高岳山荘」開設80周年を記念した記録映画「山の彼方の空遠く〜穂高岳山荘物語〜」が製作されたらしい。29日に飛騨市内の「船津座」で上映会が行われるようだ。
アニメーション映画「あした元気にな〜れ! 半分のさつまいも」の試写会が14日、つくば市内で行われるようだ。
第58回カンヌ映画祭「監督週間」で、辻直之の自主製作による木炭画アニメが、昨年に引き続き上映されるらしい。
河毛俊作監督「星になった少年」プロモーションのため、モデルになったゾウのランディが、来月6日から東京、名古屋、京都、高松、広島など全国をまわるらしい。東京と京都では柳楽優弥も参加するようだ。
イム・ピルソン監督「南極日誌」の完成披露試写会がソウル市内で行われ、ソン・ガンホ、ユ・ジテらが舞台挨拶に立ったようだ。イ・ビョンホン、クォン・サンウらも会場を訪れたとか。
アンドリュー・アダムソン監督「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の8ヶ月間に渡る撮影が、ニュージーランドで終了したようだ。
「半落ち」(佐々部清監督,2004年)の柴田恭兵と寺尾聰が、7月スタートのテレビ朝日の新刑事ドラマ(タイトル未定)で共演するらしい。石原良純、大塚寧々、生田斗真らも出演するようだ。
作家小林多喜二(1903-1933)のドキュメンタリー映画「時代を撃て・多喜二」(池田博穂監督)が、来月から秋田県内で上映されるらしい。
愛知万博「サツキとメイの家」の初抽選会が11日名古屋市内で行われ、20万9000通の応募の中から2万4200人が選ばれたようだ。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」が、11日フランスで公開されたようだ。
「エンジェル・スノー」のハン・ジスン監督、「シルミド」のキム・ヒジェ脚本によるTVドラマシリーズ「someday」の制作が11日、発表されたようだ。日本でもロケが行われ、来年初めに韓国と日本で同時放送する予定とか。
「2LDK」(堤幸彦監督,2003年)と「荒神」(北村龍平監督,2003年)が、13日から韓国で公開されるらしい。
NHKは、イ・ビョンホンのドキュメンタリー番組を制作するらしい。カンヌ映画祭でも取材が行われるようだ。
森川時久監督、滝田栄主演の新作「不撓不屈」の撮影が11日、前橋市の群馬会館で行われたようだ。
来月16日開幕するロサンゼルス映画祭(Los Angeles Film Festival)で、デヴィッド・ジェイコブソン監督、エドワード・ノートン、エヴァン・レイチェル・ウッド共演の"Down in the Valley"がオープニング上映されるようだ。また、ジョージ・クルーニーにSpirit of Independence Awardが授与されることも決まったらしい。
20日から米国で公開される"Dominion: Prequel to the Exorcist"のポール・シュレイダー監督は「私は今、汚名返上というよりも、復讐というよりも、ホッとしたという気持ちだ。これからの人生を、私のこの映画がどんな作品だったかを説明して過ごす必要がなくなったからね」と語ったようだ。
11日開幕したカンヌ映画祭のコンペ部門で、イラク出身のHiner Saleem監督作品"Kilometer Zero"が上映されたようだ。
デヴィッド・ベッカム(David Beckham)、ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)、ラウール・ゴンサレス(Raul Gonzalez)、ロナウド(Ronaldo Luiz Nazario de Lima)らReal Madridの選手の実際の活躍シーンが織り交ぜられるフィクション作品"Real, The Movie"が、カンヌのフィルムマーケットでも注目を集めているらしい。
第58回カンヌ映画祭が11日、ドミニク・モル監督、シャーロット・ランプリング主演の新作"Lemming"の上映で開幕したようだ。
ジョージ・ルーカスは「シリーズを終えてホッとしているよ。大学を卒業する学生の気分だ。両親とは週末にしか会えなくなるが、同時に親元を離れることが嬉しい。目の前に広がる自分の未来を手にしたんだ」と語ったようだ。
マコーレー・カルキンは11日、マイケル・ジャクソンの裁判で証人席に座り「彼が誰かに何か不道徳なことをするのを見たことは一度もない」と語ったようだ。
NPO法人「北海道コミュニティシネマ・札幌」は、中学生を対象にした映画製作ワークショップを来月開催するらしい。
「ハサミ男」の池田敏春監督が、同作に公開にあわせて出身地の山形市を訪れたようだ。
全100時間に及ぶ実写TVシリーズ版「スター・ウォーズ」について、プロデューサーのリック・マッカラム(Rick McCallum)は「ジョージ(・ルーカス)は、エピソードIIIとエピソードIVの間ならシリーズ化できるだろうと考えている。映画シリーズのインターバルとしては20年は最も長いからね。デス・スターが完成するのに20年かかることになるが、そこは上手くやる必要があるよ」と語ったようだ。
"Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit"のポスターが公開されたようだ。
ホン・サンス監督、キム・サンギョン、イ・ギウ、オム・ジウォン共演の新作「映画物語」(「劇場前」)の試写会が11日、ロケの行われたソウル市内の映画館で行われたようだ。
クエンティン・タランティーノは「僕自身のTV番組に興味がある。映画にするには長すぎるいくつかのアイデアがあるんだ」と語ったようだ。
チャド・マイケル・マーレイは、新作"House of Wax"で共演したパリス・ヒルトンについて「妻(ソフィア・ブッシュ)とパリスは仲がいいんだ。パリスは本当にいい人だよ」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは、スマトラ島沖地震による津波被災者支援のためのTシャツをデザインしたようだ。Marie Claire誌を通じて販売され、収益は全てDuang Prateep Foundationに寄付されるらしい。
モデルから賞金稼ぎに転向した実在の女性を描いた、トニー・スコット監督の新作アクション・スリラー"Domino"について、主演するキーラ・ナイトレイは「出演が決まった時は『高慢と偏見』("Pride and Prejudice")に出演していて、エリザベス・バーネット役の後にドミノを演じる、ということに凄くスリルを覚えたわ」と語ったようだ。
津田寛治監督・主演「悪霊」、矢部美穂監督・主演「カフカの夜」、快楽亭ブラック監督・主演「『四谷怪談』でござる」、石川均監督、遠藤憲一主演「すげぇ!アニキ」、平山夢明監督「深夜ノ墜落」の5作品からなる短編オムニバス・ホラー「『超』怖い話」の試写会が11日、都内で行われたようだ。
ジェイ・ラッセル監督「炎のメモリアル」("Ladder 49")の試写会が11日都内で行われ、乙葉がトークショーに参加したようだ。
ミュージカル「ボーイ・フロム・オズ」でライザ・ミネリを演じる紫吹淳が11日、都内でトークショーを行ったようだ。
アンドリュー・アダムソン監督「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の8ヶ月間に渡るニュージーランドでの撮影が完了したらしい。
アンソニー・ホロヴィッツ(Anthony Horowitz)によるベストセラー・シリーズ「女王陛下の少年スパイ!アレックス」の第1作「ストームブレイカー」("Stormbreaker")が、ジェフリー・サックス(Geoffrey Sax)の監督で映画化される模様。英国のインディ作品としては最大級の4000万ドルの製作費が投入されるらしい。7月4日からPinewood Studiosとマン島で撮影に入るようだ。
ライアン・エスリンガー(Ryan Eslinger)の企画する製作費200万ドルのインディ作品"When a Man Falls in a Forest"で、シャロン・ストーンが主演を務めるらしい。また、エスリンガーは、シャロン・ストーン監督作品の脚本も執筆中とか。
ジョン・マッデン監督によるエルモア・レナードの小説"Killshot"の映画化で、ヴィゴ・モーテンセン、ダイアン・レイン、ミッキー・ローク、ジャスティン・ティンバーレイクらの出演が噂されているようだ。
コリン・ファースとベン・キングズレイは、滅亡へと向かうローマ帝国を舞台にした新作アクション・アドベンチャー"The Last Legion"で共演するようだ。「スパイダーマン」("Spider-Man")などでセカンドユニット監督を務めたダグ・レフラー(Doug Lefler)の映画監督デビュー作になる模様。
ジュリアン・マクマホンは、デヴィッド・アルフォード(David Alford)とロバート・リン(Robert Lynn)の脚本・監督による新作インディ作品"Prisoner"で主演を務めるようだ。現在、テネシー州立刑務所で撮影中らしい。
ドン・ウィンズロウ(Don Winslow)の小説「ボビーZの気怠く優雅な人生」("The Death and Life of Bobby Z")が、ポール・ウォーカーの主演・製作で映画化されるようだ。
大ヒットミュージカル"Dreamgirls"のビル・コンドン脚本・監督、ビヨンセ・ノウルズ主演による映画化で、ジェイミー・フォックスとアッシャー(Usher)がキャストに加わったようだ。
ある高校の生徒達が綴った日記を彼らの教師がまとめた"The Freedom Writers Diary: How a Teacher and 150 Teens Used Writing to Change Themselves and the World Around Them"の映画化は、リチャード・ラグラヴェネーズ(Richard LaGravenese)が監督を務め、ヒラリー・スワンクが主演するようだ。 [☆以前はリース・ウィザースプーンの名前も挙がっていましたが・・・]
デヴィッド・アルフォード(David Alford)とロバート・リン(Robert Lynn)の脚本・監督によるインディ作品"Prisoner"で、ジュリアン・マクマホン、イライアス・コティーズ、ダグマーラ・ドミンスク、キム・レイヴァー(Kim Raver)、ロッキー・キャロル、トーマス・グイリーらが共演するらしい。現在テネシー州立刑務所で撮影中のようだ。
滅亡へと向かうローマ帝国を舞台にした新作アクション・アドベンチャー"The Last Legion"で、コリン・ファースとベン・ギングズレイが共演するらしい。「スパイダーマン」("Spider-Man")などでセカンドユニット監督を務めたダグ・レフラー(Doug Lefler)の映画監督デビュー作になるようだ。
ヘイデン・クリステンセンは「ダース・ベイダーとの対面は、僕にとっても、作品のために働いている人々にとっても、一つの事件だったよ。セットに入って、用意された更衣室で15分ほどでコスチュームを身に付けて再びセットに戻った時、ダース・ベイダーをじっと見つめる大勢の人たちの顔を見るのは、凄くクールだったよ。
10時間の制限時間内に3分半の映画を完成させるCinemasportsが7日、カリフォルニアで開催されたらしい。20チームが参加し午前9時に製作開始、10チームの作品が当日夜8時からSanta Cruz Film Festivalで上映されたようだ。
パク・チャンウク監督「JSA」("JSA: Joint Security Area",2000年)のオプションを、「グラディエーター」("Gladiator",2000年)などを手掛けた脚本家のデヴィッド・フランゾーニ(David Franzoni)が獲得した模様。米国とメキシコの国境に舞台を移すようだ。 [☆チョコパイは?]
ブライアン・レヴァント監督次回作は、ロブ・ライフェルド(Rob Liefeld)の未発表コミックに基づくファミリー映画"Planet Terry"になる模様。銀河間目撃者保護プログラムにより地球に潜んでいたエイリアンを、あるSF好きの男が発見して・・・という話らしい。
実写とアニメを融合した米MTVが企画する新作アクション・パイロット"Dirt Squirrel"で、デヴィッド・アークエットとコートニー・コックスがプロデュースを務め、共演するらしい。ポール・ルーベンス、ルーカス・ハースも出演するようだ。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のミーガン・ムラリーが、米NBCの企画するトーク番組で司会を務めるらしい。来年秋からスタートするようだ。
「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")に出演したエヴァ・グリーンは、大幅にカットされたオーランド・ブルームとのラヴシーンについて「どれだけカットされているか知ったときはショックだった。素晴らしいシーンばかりだったのに」と語ったようだ。
インディアナ州出身のシンガーソングライターが、ブリトニー・スピアーズを著作権侵害で訴えたらしい。
東芝が10日発表した片面3層HD DVD-ROMとHD DVD/DVD-ROM両面ハイブリッドディスクについて、米Warner Home Video、Universal Studios Home Entertainment、Paramountなどが支持を表明したようだ。
  5/13
先月29日から発売が始まったホ・ジノ監督、ぺ・ヨンジュン主演「四月の雪」の劇場前売り鑑賞券は、11日までに2万224枚の売上げを記録、ハリウッド超大作を凌ぐ人気らしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」で、長渕剛が主題歌を担当することになったようだ。12日には広島県尾道市の撮影現場を訪れたらしい。
ミュージカル「ピーターパン」に主演する宮地真緒が、8月発売のジョニー・デップ主演「ネバーランド」("Finding Neverland",2004年)のDVD日本語吹き替え版で声優を務めているらしい。
新作CGアニメ「ロボッツ」("Robots")の日本語吹き替え版で声優を務める草なぎ剛、矢田亜希子、山寺宏一らが12日、都内でPR会見を行ったようだ。
日本映画批評家大賞の授賞式が12日都内で行われ、香里奈、神木隆之介らが受賞したようだ。
君塚良一監督「容疑者 室井慎次」の製作発表が12日都内で行われ、柳葉敏郎、筧利夫、哀川翔、柄本明、佐野史郎、田中麗奈、真矢みきらが出席したようだ。
米Microsoftは12日、次世代ゲーム機「Xbox360」の概要を発表したようだ。年末発売されるらしい。 [☆あいかわらずパッとしないデザイン・・・]
キム・ギドク監督監督最新作「弓」が12日、ソウル市内の映画館で初日を迎えたようだ。
アイシュワリヤー・ラーイは、ジャグ・マンドーラ(Jag Mundhra)監督による英インディ作品"Provoked"で、ナンディター・ダース(Nandita Das)、ミランダ・リチャードソン、ナヴィーン・アンドリュース、ロビー・コルトレーン、レベッカ・ピジョンらと共演するようだ。虐待を受けた夫を殺害し有罪となった実在のインド人女性を描く作品らしい。
カンヌ映画祭で12日、ウディ・アレン監督、スカーレット・ヨハンソン主演"Match Point"のワールド・プレミアが行われたようだ。記者会見に出席したウディ・アレンは、ロンドンが舞台となったことについて「米国で融資を受けるのがますます大変になっているから、英国で撮影したんだ。米国では撮影にスタジオや出資者が参加するのは当たり前になってしまって、彼らはキャスティングや脚本にまで口を出し、時よりセットにも顔を出してくる。そんなところで僕は撮影できないよ。僕は絶対に他人に脚本を読ませないし」と語ったらしい。
米CBSの人気ドラマ「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2005年)の最終回が16日に放送されるようだ。
開催中の第58回カンヌ映画祭で12日、コンペ部門に出品されている小林政広監督「バッシング」が公式上映されたようだ。実際のイラク人質事件で被害者が"バッシング"を受けたことについて、監督は「正直に言って私も説明するのは難しい。だが、小泉純一郎首相が、責任は人質となった人たちの行動にある、とする非常にネガティヴなスタンスをとったことが原因にあると思う。報復として弱者を攻撃しようとする日本は病んでいると思う」と語ったようだ。
28日から公開される瀬々敬久監督「肌の隙間」の女性限定ブロードバンド試写会が、24日からShowTimeで行われるらしい。
スティーヴン・ギャガン監督、ジョージ・クルーニー主演の新作スリラー"Syriana"からの最新画像が公開されたようだ。
New Lineの新作アクション・コメディ"The Cleaner"で、エリザベス・ハーレー、ルーシー・リュー、セドリック・ジ・エンターテイナーが共演するらしい。レス・メイフィールドが監督を務めるようだ。
チャールズ・スターリッジ監督によるTVドラマ「名犬ラッシー」("Lassie",1954-1974年)の映画化は、23日からアイルランドとマン島で撮影に入るらしい。ピーター・オトゥール、サマンサ・モートン、ピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)らが共演するようだ。すでに松竹が日本での配給権を獲得している模様。
ブライアン・プリースト(Brian Priest)脚本、タリア・ルガシー(Talia Lugacy)監督の低予算作品"Decent"で、ロサリオ・ドーソンの主演が決まったようだ。撮影は9月からニューヨークで始まるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの最新特別映像が公開されたようだ。
ウディ・アレンは、次回作もスカーレット・ヨハンソンが主演すると語ったようだ。「偶然にも、次の作品にも自分にぴったりの役があるんだ。だから出演するつもりだよ」とコメントしたらしい。やはりロンドンが舞台になる模様。
ロバート・ロドリゲス監督の新作"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D"の最新ポスターが公開されたようだ。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作「アイランド」("The Island")のティーザーポスターが公開されたようだ。
米CATV局Bravoで、映画やTV、コミックなどの「究極のスーパーヒーロー」「究極の悪役」「究極のスーパーウーマン」を特集する特別番組が24日から3夜連続で放送されるようだ。ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ハリソン・フォード、ベン・アフレック、マイク・マイヤーズ、ジェイムズ・アール・ジョーンズ、キルスティン・ダンスト、ヒュー・ジャックマン、ジェシカ・アルバ、ヴィヴィカ・A・フォックス、ブライアン・シンガー、スタン・リーらがインタビューに答えているらしい。
ブリトニー・スピアーズは「体重の問題はずっとあると思うわ。ジャンクフードが大好きだしたまには贅沢な食事をすることもある。でも、普段はきちんと食べているのよ。鏡を見て『私って世界一美しい女の子』なんて思ったりしないわ。欠点が見えても、気にしてないの。スタバにファンシーなドレスを着ていくと思っているのなら大間違い。結婚後の私は、身なりをあまり気にしてない大勢の人たちの中の一人なのよ」と語ったようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の国際版予告編が公開されたようだ。
DreamWorks Animation SKGは、カンヌ映画祭で"Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit"のプロモーションを展開中のようだ。会場には高さ9メートルのグルミットのバルーンも登場したらしい。
クリスティーナ・リッチは、Reebokのイメージキャラクタに起用されたらしい。
ルーシー・リューは「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle",2003年)について「下らなかったわ。私はもっといい仕事をしてきたし、そこに戻るつもりはないわ」と語ったらしい。
サプコの琉球もろみ酢「感美」のCM撮影が12日都内で行われ、クォン・サンウが参加したようだ。来月下旬から放送されるらしい。
ハーヴェイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタイン兄弟のThe Weinstein Companyは、ハワード・マッケイン(Howard McCain)脚本・監督によるSF作品"Outlander"の配給を手掛けるようだ。別の銀河からやってきた男がバイキング時代の地球に不時着して・・・という話しらしい。カール・アーバンが主演候補に挙がっている模様。
「ジェイソンX 13日の金曜日」("Jason X",2001年)のジム・アイザック監督による、狼人間を主人公にした新作"Skinwalkers"の、ドイツを除く世界配給権をLions Gate Filmsが獲得したようだ。今秋より製作に入るらしい。
「ドッジボール」("Dodgeball: A True Underdog Story",2004年)のローソン・マーシャル・サーバー監督次回作は、エディ・マーフィ主演のコメディ"Norbit"に決まったようだ。
The Beatlesの楽曲をフィーチャーしたジュリー・テイモア監督による新作ミュージカル映画"All You Need Is Love"(仮題)で、エヴァン・レイチェル・ウッドの主演が決まったようだ。
「トレインスポッティング」("Trainspotting",1996年)のアーヴィン・ウェルシュ(Irvine Welsh)によるオリジナル脚本"The Meat Trade"が、アントニア・バード(Antonia Bird)監督、ロバート・カーライル、コリン・ファース共演で映画化されるようだ。エジンバラを舞台にしたゴシック・ホラー・コメディとか。
カーステン・シェリダン(Kirsten Sheridan)監督、デヴィッド・マーレイ(David Murray)脚本によるファンタジー・ラヴストーリー"August Rush"で、Warner Bros.が北米配給権を獲得したようだ。フレディ・ハイモア、ロビン・ウィリアムス、リヴ・タイラーが出演交渉中らしい。8月からニューヨークで撮影が始まる模様。
20th Century Foxは、グレン・スタンドリング(Glenn Standring)監督、ダグレイ・スコット、サフロン・バロウズ共演によるヴァンパイア映画"Perfect Creature"の配給権を獲得したようだ。ニュージーランド映画としては最大級の取引となったらしい。
"Napoleon Dynamite"(2004年)で助監督を務めたティム・スクーセン(Tim Skousen)は、新作コメディ"The Sasquatch Dumpling Gang"で脚本と監督を務めるらしい。
アダム・シャンクマン監督、スティーヴ・マーティン主演による「チーパー・バイ・ダズン」("Cheaper by the Dozen",2003年)の続編で、ヒラリー・ダフが再び主人公の娘役を演じることが決まったようだ。
ジョン・カーペンター監督次回作は、連続殺人事件を追う刑事を主人公にしたスリラー"The 13th Apostle"になるようだ。
ミーナ・スヴァーリ、夫で撮影監督のロバート・ブリンクマン(Robert Brinkmann)との離婚を申請したようだ。
英ハリー王子が、友人のパーティにナチスの制服姿で出席し批判を浴びたことについて、王子の友人であるラッセル・クロウは「プライベートな会だから、彼が好きなものを着ていけばいい」とコメントしたらしい。
リヴ・ウルマン監督は11日、ノルウェー王室が授与する最高位の名誉賞である聖オラフ勲章を授賞したようだ。
シャロン・ストーンが、誕生して間もない男の子を養子に迎えたようだ。
DreamWorks PicturesとAardman Animationsのコラボレーションによるアニメーション作品第4弾"Crood Awakening"の製作が発表されたようだ。原始人を主人公にした作品で、ジョン・クリースが脚本を担当しているらしい。
キャメロン・ディアスが、出演中のMTVのリアリティ番組"Trippin"のプロデューサー、シェイン・ニッカーソン(Shane Nickerson)とキスしているところが目撃されたらしい。ディアスの広報担当者はロマンスを否定しているようだ。
  5/14
「サッカー小僧」("Fimpen",1974年)などの映画やTVドラマで女優としても活躍した、スウェーデンの人気ジャズ歌手のモニカ・ゼタールンド(Monica Zetterlund)さんが12日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
松田優作の二男、松田翔太が、前田哲監督、大沢たかお主演の「陽気なギャングが地球を回す」で映画デビューするらしい。鈴木京香、佐藤浩市らが共演するようだ。
カンヌ映画祭「監督週間」に出品される小栗康平監督「埋もれ木」のプレス向け試写会が行われ、小栗監督と主演の夏蓮が出席したようだ。
吉田秋生監督「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」の製作発表が13日都内で行われ、主演の黒川芽以らが出席したようだ。第3弾の「ノブヒロさん」も内山理名主演で年内に劇場公開されるらしい。
日本映像国際振興協会とフランスの国立映画センターは14日、カンヌ映画祭会場で「日仏映画協力覚書」に調印したようだ。
チェン・カイコー監督「THE PROMISE-無極-」の記者会見が12日、映画祭開催中のカンヌで行われ、セシリア・チャン、チャン・ドンゴン、真田広之、ニコラス・ツェーらが出席したようだ。12分の特別映像も上映されたらしい。
香港紙のインタビューに答えたウォン・カーウァイ監督は、低迷する香港映画産業について「若い観客のせいでもある。彼らは我慢をしない。作品の意味を問うこともせず『わかんない』と言うだけだ」と語ったらしい。
監督デビュー作"Layer Cake"(2004年)が13日から米国で公開されたマシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)は「ジョージ・ルーカスと対決だって?無理だよ」とコメントしたらしい。
「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")が予想を下回るスタートを切るなど、低調なままサマーシーズン突入したハリウッドでは「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")による"リバウンド"に期待がかかっているらしい。20th Century Fox国内配給部門のブルース・スナイダー(Bruce Snyder)は「興収が昨年より下回っているかどうかは知らないが、『スター・ウォーズ』はみんなが待っている作品だと思うよ」とコメントしたようだ。
先月末からニューヨークとロサンゼルスで上映され、13日から拡大公開される「ラヴェンダーの咲く庭で」("Ladies in Lavender")で監督デビューしたチャールズ・ダンスは「簡単に大ヒットするような作品ではないのに反響は素晴らしく、とても喜んでいる。私が思っていたよりも若い観客達を惹き付けているようだ」と語ったらしい。
カンヌ映画祭を訪れているオリヴァー・ストーン監督は、ジェイムズ・エルロイのオリジナル脚本"The Night Watchman"を監督する、という報道を否定した模様。以前に脚本家と企画をつめていたが「上手く行かなかった。もう関わっていない」らしい。また、マーガレット・サッチャーの伝記映画製作?という噂についても「メリル・ストリープ主演なら素晴らしい作品になる、という冗談を言ったんだ」とコメントしたようだ。
"House of Wax"プロモーションのためカンヌを訪れているパリス・ヒルトンは「私も24歳。パーティガールだったのは16歳の頃。ニューヨークに引っ越して、今は凄く忙しいの。私はビジネスウーマンで、毎日働き詰めでデートも出来ないのよ。みんなにもそれを分かってもらいたいわね」と語ったらしい。
全米週末公開作品の週末興収は、ウィル・フェレル主演によるファミリー・コメディ"Kicking & Screaming"が2000万ドル超でトップ、ジェニファー・ロペス主演のロマンチック・コメディ"Monster-in-Law"がそれに続く、と予想されているようだ。
カンヌ映画祭コンペ部門でプレミア上映されたアトム・エゴヤン監督"Where the Truth Lies"で、過激な性描写が問題となっていることについて、主演のケヴィン・ベーコンは「セックスする時は裸になるし、だからこそ興奮するんだ。そんなことでみんなが大騒ぎするのは残念だね。僕から見れば、この映画での性描写は極めて適切だよ」と語ったようだ。
カンヌ映画祭に出席したガス・ヴァン・サント監督は、1994年に自殺したカート・コバーン(Kurt Cobain)を描いた新作"Last Days"が、"based on"(に基づく)ではなく"inspired by"(に着想を得た)となっていることについて「伝記映画という当初のアイデアが間違っていることに気付いた。彼の人生についてはあまりにも多く話がある。だが、本当に何が起こったのか僕らは知らないんだ。コバーンの妻(コートニー・ラヴ)から訴えられるのも怖かったしね」と語ったようだ。
13日の金曜日、1970年代に公開されたアレハンドロ・ホドロフスキー監督「エル・トポ」("El Topo",1970年)、ジョージ・A・ロメロ監督「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」("Night of the Living Dead",1968年)、ジョン・ウォーターズ監督「ピンク・フラミンゴ」("Pink Flamingos",1972年)、デヴィッド・リンチ監督「イレイザーヘッド」("Eraserhead",1977年)、ペリー・ヘンゼル監督「ハーダー・ゼイ・カム」("The Harder They Come",1973年)、ジム・シャーマン監督「ロッキー・ホラー・ショー」("The Rocky Horror Picture Show",1975年)の6作品が与えた影響を追ったドキュメンタリー"Midnight Movies: From the Margin to the Mainstream"が、開催中のカンヌ映画祭で上映されたようだ。また同日、ジョージ・A・ロメロ監督最新作"Land of the Dead"からの20分の特別映像も披露されたらしい。
ジェニファー・ガーナーの妊娠は、「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)第5シーズンにも「影響を与えるだろう」とJ・J・エイブラムスは語ったようだ。
米NBCで21日放送の"Saturday Night Live"第30シーズン最終回に、リンゼイ・ローハンとColdplayが出演するらしい。
アリティ番組"Britney and Kevin: Chaotic"で私生活を披露するブリトニー・スピアーズは、夫ケヴィン・フェダーラインについて「私と同じように、みんなも彼に恋をすると思うわ。彼は世界一セクシーだし、完璧な夫だし、彼って最高よ」と語ったらしい。
エミネムは、金色に塗ったサイン入りのレンガ30個をネットオークションに出品するらしい。売り上げは、主演映画で有名になったデトロイトの8 Mile通り周辺の地域活性化のために使われるようだ。
オーランド・ブルームはライスプディングが大好物らしい。「Ambrosia Creamed Riceを買いだめしている」とか。
HBOとNew Line Cinemaは13日、共同で新しい配給会社Picturehouseを設立したと発表したようだ。
開催中のカンヌ映画祭で13日、ミッシェル・オスロ監督の新作アニメーション映画"Kirikou et les betes sauvages"が、2000人の子供達を招待して上映されたようだ。「キリクと魔女」("Kirikou et la sorciere",1998年)の続編らしい。
「ドント・ルック・バック」("Don't Look Back",1967年)や「ソウル・サヴァイヴァー」("Only the Strong Survive",2002年)などを手掛けるD・A・ペネベイカーが、ニューアルバム"Rebirth"制作中のジェニファー・ロペスを追うドキュメンタリーを監督したらしい。Sonyはその仕上がりに満足している一方、ロペス本人は、映画スタッフに怒鳴り散らしている場面などが気に入らないらしい。
先月スピード違反で逮捕されたクリス・タッカーは、6999ドルの罰金を支払ったようだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)プロモーションのため、ヒラリー・スワンクとモーガン・フリーマンが来日するらしい。28日の公開初日に丸の内ピカデリー1での舞台挨拶も予定されているようだ。
Jim Henson Companyは、「ダーククリスタル」("The Dark Crystal",1982年)の続編を企画しているらしい。"The Power of the Dark Crystal"のタイトルで、監督はまだ未定とか。
サミュエル・L・ジャクソン主演「コーチ・カーター」("Coach Carter",2005年)や、今月20日に米ABCで放送の"The Muppets' Wizard of Oz"に出演するアシャンティは「女優業はもっとやってみたい。もちろんレコードもリリースし続けたいけど、何か違うことも開拓したい」と語ったようだ。
Columbia Pictures Film Production Asiaは、チャウ・シンチーが「カンフーハッスル」("Kung Fu Hustle",2004年)の続編製作に入っている、と発表したようだ。年内に撮影が始まるらしい。
アントニオ・バンデラスは、フランシス・フランコ(Francisco Franco,1892-1975)独裁政権時代のスペインを舞台にした映画を監督するらしい。
パリス・ヒルトンが、米ハンバーガー・チェーンCarl's Jr.の新CMに出演するらしい。17日から米国で放送されるようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のチャリティ・プレミアが12日、米国内10ヵ所の劇場で行われたようだ。
  5/15
秋田県能代山本地区の映画愛好者らによる「能代フィルムコミッション」が17日に設立されるようだ。
石井隆監督「花と蛇2 パリ/静子」が14日初日を迎え、杉本彩、宍戸錠らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
香川県小豆島の化粧品製造販売会社小豆島ヘルシーランドが、「二十四の瞳」を商標登録したらしい。同社では「商標は一企業として使用せず、小豆島内で有効活用していきたい」と言っているようだ。これに対し、「二十四の瞳映画村」を運営する財団法人岬の分教場保存会は「名称は島民の財産。一企業が所有するのは問題で、イメージダウンが心配」と反発、特許庁に商標登録無効を請求する模様。
「四畳半襖の裏張り」(神代辰巳監督,1973年)が17日、カンヌ映画祭のフィルムマーケットで上映されるらしい。英語タイトルは"The World of Geisha"とか。
下山天監督「忍 SHINOBI」の13分間の特別映像がカンヌ映画祭のフィルム・マーケットで上映され、主演のオダギリジョーも会場に駆けつけたようだ。
アシュトン・カッチャー主演「バタフライ・エフェクト」("The Butterfly Effect",2004年)が14日初日を迎え、眞鍋かをりが都内劇場でトークイベントに出席したようだ。
リュ・シウォンのニューシングル「桜」の発売記念イベントが14日、東京と大阪で行われたらしい。
ガス・ヴァン・サント監督は、1994年に自殺したカート・コバーン(Kurt Cobain)を描いた新作"Last Days"について「コートニー・ラヴにも見て欲しいとは思うが、あまりにも苦痛で心をかき乱すかもしれない。彼女にとってはエンタテインメントではないし、興味をひくテーマだとは思えない。でも彼女はこの作品について僕に尋ねてきた。関心はあるようだ」と語ったようだ。
ミヒャエル・ハネケ監督、ジュリエット・ビノシュ主演の新作"Cache"("Hidden")が、カンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。その結末の解釈について「説明してしまったら逆効果になっただろうね。見終わった後も疑問が残るように、この映画を構成したんだ」と語ったようだ。
テロの脅威を背景に米国で拡大する新保守主義を描いた英BBC製作のドキュメンタリー"The Power of Nightmares"(2004年)が、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock,1912-1956)の未発表作品32点が発見されたらしい。映画監督のアレックス・マター(Alex Matter)が両親の遺品の中から見つけたようだ。
カンヌ映画祭の非コンペ部門に出品されているキム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演「甘い人生」のプレス向け上映が行われ、好評を得ているらしい。
ユ・ウィガン監督、チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ共演の新作「デイジー」がオランダでクランクインした模様。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演"Bewitched"の最新予告編が公開されたようだ。
リュック・ベッソン製作、サルマ・ハエック、ペネロペ・クルス共演のウェスタン・コメディ"Bandidas"からの最新画像が公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの最新画像が公開されたようだ。
NASCARドライバーを主人公にした新作"Trading Paint"で、ブリトニー・スピアーズは主演のほかプロデュースも務めるらしい。カンヌ映画祭で製作が発表された模様。
辻仁成の新作小説「幸福な結末」が日仏合同で映画化されるらしい。辻仁成自ら監督を務め、リュック・ベッソンのEuropaCorpが製作を手がけるようだ。
  5/16
「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督,2004年)がTBSでドラマ化されるらしい。ミムラと成宮寛貴が共演、7月3日スタートするようだ。
ABCテレビ「おはよう朝日です」の視聴者限定イベント「チェ・ジウ ドラマクラシックコンサート」が来月24日にソウル市内で行われるようだ。
SABU監督、V6主演の新作「ホールドアップダウン」のクライマックスシーンの撮影が行われたようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪」の撮影が佐世保で行われ、西田敏行、三國連太郎、伊東美咲、金子昇、ボビー・オロゴンらが参加したようだ。尾崎紀世彦も出演するらしい。
辻裕之監督「KARAOKE -人生紙一重-」公開中のワーナー・マイカル・シネマズ板橋で15日、主演の押尾学、吉岡美穂らが舞台挨拶に立ったようだ。
「幕末太陽伝」(川島雄三監督,1957年)の上映会が15日、青森市内で行われたようだ。
閉館した「関内MGA」の元従業員らが14日、地域で自主上映会などを行う「横浜キネマ倶楽部」を発足させたようだ。
「HD DVDプロモーショングループ」は16日、Blu-ray Discのディスク構造を採用することはできない、とする姿勢を明らかにしたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のプレス向け上映が15日、カンヌ映画祭で行われたようだ。
中村獅童、竹内結子が共演した「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督,2004年)のロケ地となった山梨県北杜市のヒマワリ畑について、同市に問い合わせが殺到しているらしい。「ヒマワリの種を『幸せの種』として配ることも検討中」とか。
結婚・出産で休業していたシン・ウンギョンが、歌手KCMのMVでチョン・ジュンホ、キム・ヒョジンらと共演するらしい。
サトウトシキ監督、須藤温子主演「ちゃんこ」のロケが15日、広島大学のキャンパスで始まったようだ。
鈴木清順監督「すべてが狂ってる」(1960年)、「探偵事務所23 くたばれ悪党ども」(1963年)、「肉体の門」(1964年)、「河内カルメン」(1966年)の4作品がDVD化され、21日発売されるようだ。
メキシコ市内のバス停に掲示されていた「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のポスター300枚が、19日の公開を前にほとんど盗まれたらしい。
台湾の2004年映画興行収入では、地元作品の占有率はわずか1.13%で、約300本の公開作品のうち台湾映画は24本しかなかったらしい。
全米週末興収は、ジェニファー・ロペス、ジェーン・フォンダ共演の"Monster-in-Law"が2400万ドル(3424館)で1位、ウィル・フェレル主演"Kicking & Screaming"が2090万ドル(3455館)で2位、ジェット・リー主演「ダニー・ザ・ドッグ」("Unleashed")が1060万ドル(1957館)で3位のスタートとなったようだ。また、クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")が公開22週目で総興収1億ドルを突破した模様。
メキシコ映画"Batalla en el Cielo"("Battle in Heaven")が15日、カンヌ映画祭で上映されたようだ。カルロス・レイガダス(Carlos Reygadas)監督は冒頭シーンについて「これはセックス映画でもポルノ映画でもない。ポルノは観客を性的に興奮させるための映画だが、これは違う。単純なセックスとは全くかけ離れたシーンにしたつもりだ」と語ったらしい。
藤原竜也主演「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」(鶴見昴介監督,2004年)が、ShowTimeで有料配信されているらしい。
イ・ビョンホンが自ら監督した「甘い人生III」ミュージッククリップの配信がポニーキャニオンの携帯向け映像配信サービス「@ポニーキャニオン」「@ポニーキャニオンムービー」でスタートしたようだ。
カンヌ映画祭コンペ部門に出品された小林政広監督「バッシング」について、ロンドン発行のアラブ紙アルハヤトは15日「重要な問題を提起する作品で、日本社会の閉鎖性に果敢に向き合っている」と賞賛する記事を掲載したようだ。
Arclight Filmsは、ジャッキー・チェン主演「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」("New Police Story",2004年)の米国配給権を、Miramax Films、The Weinstein Company、Lions Gate Filmsに売却したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が初日を迎える19日と翌20日、米国では欠勤者が大幅に増加すると予想されているようだ。米再就職支援会社Challenger, Gray & Christmasの調査によると、企業に与える損失は2日間で6億2700万ドルに達する可能性もあるとか。
クォン・サンウ、ユ・ジテ共演の新作「野獣」の日本での配給権が、400万ドル以上で販売されたらしい。
中田新一監督の新作「風のダドゥ」が15日、熊本市内でクランクインしたようだ。
ペドロ・アルモドヴァル監督、ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ共演による新作コメディ"Volver"について、Sony Pictures Classicsが北米配給権を獲得したようだ。撮影は7月からマドリードで行われる模様。
ブリトニー・スピアーズの元"夫"、ジェイソン・アレクサンダー(Jason Alexander)は「僕の新しいガールフレンドの名前はブリトニーなんだ。偶然の一致だよ。2人の違い?彼女は素のままでも美しいけど、ブリトニー・スピアーズは厚化粧に頼っていたことかな」と語ったらしい。
ジェニファー・ロペスは、元恋人のベン・アフレックについて「彼には幸せになって欲しい。彼は素晴らしい人よ。彼との時間は素晴らしかったわ。彼が居場所と幸せを見つけることを願っている。それは、彼にとって美しいものになるはずよ」と語ったようだ。
In Touch誌は「ハリウッド女優の曲線ベスト10」を発表したようだ。
1.ビヨンセ・ノウルズ
2.ペネロペ・クルス
3.ジェニファー・ロペス
4.パメラ・アンダーソン
5.タイラ・バンクス
6.ハル・ベリー
7.スカーレット・ヨハンソン
8.ニコレット・シェリダン
9.デブラ・メッシング
10.ケイト・ウィンスレット
昨年のコンサートで3人の女性に暴行を加えたとして起訴されている50セント(50 Cent)が司法取引に応じ、ドラッグを断つことなどを条件に懲役2年の実刑を免れたらしい。
キャメロン・ディアスは、MTVのリアリティ番組"Trippin"のプロデューサー、シェイン・ニッカーソン(Shane Nickerson)との情事を報じた英The Sun紙に対する訴訟を起こした模様。
井上春生監督、斉藤和義、松田一沙、加藤ローサ、肘井美佳ら共演による短編映画「ため息の理由」が製作され、今月29日から渋谷シネクイントで無料上映されるらしい。
高橋しんのコミック「最終兵器彼女」が、須賀大観監督、前田亜季、窪塚俊介の主演で実写映画化されるらしい。来年2月公開予定とか。
ギレルモ・デル・トロ監督の新作"Pan's Labyrinth"で、アルフォンソ・クアロンらがプロデューサーを務めるようだ。撮影は7月からマドリードとスペイン北部で始まる模様。マリベル・ヴェルドゥ(Maribel Verdu)、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ(Alex Angulo)らが共演するらしい。
ジェイムズ・エルロイの小説「ブラック・ダリア」("The Black Dahlia")の、ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン共演による映画化で、Universal Picturesが北米配給権を1000万ドル以上で獲得したようだ。
CMなどを手掛けるクリス・アップルバウム(Chris Applebaum)の映画監督デビュー作となる新作ホラー・スリラー"Water's Edge"で、ジョーダナ・ブリュースターが主演に起用されたようだ。撮影は9月からアリゾナとロサンゼルスで行われるらしい。
ロバート・アルトマン監督、メリル・ストリープ、リンゼイ・ローハン共演の新作"A Prairie Home Companion"で、ジョン・C・ライリー、リリー・トムリン、マヤ・ルドルフ(Maya Rudolph)の共演が決まったほか、ケヴィン・クラインも出演交渉中らしい。
Sony Picturesは、まもなく出版されるエリザベス・コストヴァ(Elizabeth Kostova)の処女小説"The Historian"の映画化権を獲得したようだ。ドラキュラとヴァンパイアの世界を描く作品らしい。
カンヌ映画祭でプレス向けに上映された「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")について、ジョージ・ルーカス監督は「脚本を書いたときはイラク戦争は無かった。我々はサダム・フセインに資金を提供し、彼に大量破壊兵器を与えていた。その時点で、彼が敵だと我々は考えていなかった。我々はイランに狙いを定め、彼を代理として使っていたのだ」と語ったようだ。また「私は、民主主義がどう独裁政権に変わっていくのかを描きたかった。人々は、民主主義の崩壊がいかに危険なことか、この作品で気付いてくれると思う」とも語ったようだ。
ソフィア・ブッシュ(Sophia Bush)とブリタニー・スノウ(Brittany Snow)は、20th Century Foxの新作"John Tucker Must Die"への出演に向けて最終交渉に入ったようだ。ストーリーは女子高生版「ファースト・ワイフ・クラブ」("The First Wives Club",1996年)とか。
ミシェル・ファイファーは、スコット・ルディン製作、エイミー・ヘッカリング(Amy Heckerling )監督のロマンチックコメディ"I Could Never Be Your Woman"に主演するようだ。
マドンナは、カンヌ映画祭の審査員のオファーを、"カバラ信仰"を理由に断っていたらしい。
  5/17
16日公示された2004年分高額納税者のうち映画関係では、渡辺謙が4966万円、一瀬隆重プロデューサーが4218万円、山田洋次監督が3977万円、中村獅童が3076万円、竹内結子が2365万円を納めたらしい。
来月4日ロサンゼルスでオークションに出品されるマリリン・モンローの遺品約300点が16日、ニューヨークで公開されたようだ。
富野由悠季監督「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」のプレミア試写会が16日都内で行われ、主題歌を歌うGacktらが出席したようだ。
中村拓監督「シナリオライター★松本マリコの課題」のマスコミ試写会が16日都内で行われ、主演の松嶋尚美らが出席したようだ。
ナムコが、USENへの日活の株式譲渡を検討している問題で、日活労働組合は16日、労使間協議が整うまで取締役会がUSENへの株式譲渡を承認しないよう要求、東京都労働委員会に斡旋を申請したようだ。
英国南東部の海岸で先月7日、ずぶ濡れのタキシード姿の20-30代と見られる男性が発見されたらしい。全く口をきこうとしないものの、プロ並みのピアノ演奏を披露、「沈黙のピアニスト」として話題になっているらしい。 [☆映画のネタになりそう・・・と思ったら「ラヴェンダーの咲く庭で」("Ladies in Lavender",2004年)と設定がそっくりらしい。]
CM総合研究所は17日、2004年度のCM好感度白書を発表、総合部門ではSMAPが8年連続1位、男性部門でも1位の木村拓哉以下全員がトップ10入りしたらしい。また、ペ・ヨンジュンが初登場で総合部門10位、男性部門6位となった模様。女性部門では松浦亜弥が1位、上戸彩が2位だったようだ。
新作ホラー映画「チェロ」で、ソン・ヒョナとパク・ホビンが共演するようだ。17日から撮影に入る模様。
ブラジルの作家パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)の小説「ベロニカは死ぬことにした」が、日本で映画化されるらしい。タイトルは「その時わたしは死ぬことにした」で、韓国の俳優イ・ワンが主演するようだ。16日から撮影に入った模様。
カン・ジン監督の新作「拍手する時に去れ」で、チャ・スンウォンとシン・ハギュンが共演するようだ。チャ・スンウォンは役作りのため7kg減量したらしい。
アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督の新作「頭文字D」の公式サイト立ち上げ記念イベントが16日北京市内で行われ、ジェイ・チョウ、チャップマン・トウらが出席したようだ。ジェイ・ジョウは、共演の鈴木杏に初めて会った際、自分のCDをプレゼントして「これで自分のことを理解してほしい」と言ったとか。
ソニー・コンピュータエンタテインメントは16日、次世代ゲーム機「プレイステーション3」を発表したようだ。発売は2006年春になるらしい。 [☆ロゴのフォントは「スパイダーマン」と同じ?]
中村勘九郎(現十八代目中村勘三郎)が「アッちゃん」を演じた「アッちゃんのベビーギャング」(杉江敏男監督,1961年)、「ベビーギャングとお姐ちゃん」(杉江敏男監督,1961年)などの原作で知られる、漫画家の岡部冬彦さんが16日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第一次世界大戦中のクリスマス・イヴに、ドイツ、フランス、スコットランドの兵士が武器を置いてサッカーをした、という逸話に基づく新作"Joyeux Noel"が16日、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
英BBCは、9月からインターネットによる番組配信試験をスタートさせるらしい。
米Time Warnerは、中国放送大手の中央電視台、上海文化広播媒体集団の2社と、番組制作分野の提携について交渉を進めているようだ。
カイリー・ミノーグは初期の乳がんと診断された模様。今秋スタートを予定していたオーストラリアは中止となったらしい。
ロビン・ウィリアムスが、「似すぎている」として物まね芸人を訴えていた問題で、被告が物まねの演目から今後ロビン・ウィリアムスを外すことで16日、和解が成立した模様。
カンヌ映画祭の主催者側は14日、コンペ部門のトミー・リー・ジョーンズ監督"The Three Burials of Melquiades Estrada"、ある視点部門のジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督"The King"、批評家週間部門のカリン・アルボウ(Karin Albou)監督"La Petite Jerusalem"の3作品について、出品資格を取り消した、と発表したようだ。いずれもTV用に製作されたもので、映画祭の規定に違反しているらしい。
ラース・フォン・トリアー監督最新作"Manderlay"が、カンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。監督は「我々はみなアメリカの、それも非常に悪い影響の下にある。私の国(デンマーク)では全てがアメリカと関係がある。アメリカは世界を抑えつけようとしているのだ。私の脳と人生における私の経験の60%はアメリカと関わっている。だから、事実上私も"アメリカ人"だ。だが、投票も、何かを変えることも出来ない。だからこの作品を撮った」と語ったらしい。
インドの英国軍に刀剣や鎧などを供給するため1943年に開業したインドのWindlass Steelcrafts社は、リドリー・スコット監督最新作「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")をはじめ、「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」("The Mummy Returns")、「トロイ」("Troy")、「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings")シリーズなどのハリウッド映画に武器を供給しているらしい。
開催中のカンヌ映画祭、現在のところパルムドール最有力候補は、ミヒャエル・ハネケ監督、ジュリエット・ビノシュ主演"Cache"("Hidden")のようだ。当初期待されていたアジア系作品は、あまり評判が良くないらしい。
インデックスとタカラトミーは、9月1日を目処に新戦略事業会社「タカラトミーネットワークス」を設立する、と発表したようだ。タカラトミーが保有するキャラクタなどの映像権販売や、映像コンテンツへの展開を行うらしい。
デヴィッド・クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセン、エド・ハリス、マリア・ベロ、ウィリアム・ハート共演の新作"A History of Violence"の予告編が、カンヌ映画祭の公式サイトで公開されたようだ。
ローラ・リニーとジュリー・ウォルターズは、脚本家ジェリー・ブルックス(Jeremy Brocks)の監督デビュー作となる"Driving Lessons"で、ルパート・グリントと共演するようだ。撮影は来月からロンドンとエジンバラで行われるらしい。
DreamWorksの新作CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")からの特別映像2種類、TVスポット4種類、本編からの映像9種類が公開されたようだ。
Eve誌の読者投票による「最も美しいボディを持つ30代女性」の調査の結果、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが1位、アンジェリーナ・ジョリーが2位、ハル・ベリーが3位に選ばれたようだ。
パリス・ヒルトンは、愛犬Tinkerbellをモデルにしたぬいぐるみの販売について、米玩具メーカーGundとライセンス契約を結んだようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、TV番組の録画映像を無許可でネット上に配信したとして、複数のサイトに対する訴訟を起こした模様。
米Lifetime Televisionは、「新スタートレック」("Star Trek: The Next Generation",1987-1994年)の脚本家ロバート・ヒューイット・ウルフ(Robert Hewitt Wolfe)とハンス・ベイムラー(Hans Beimler)の企画する新シリーズ"Scarlett"のパイロット版制作を発注したようだ。アン・ライス風の女性ゴシック・ホラー作家がニューオーリンズの古い屋敷に引っ越して・・・という話らしい。
キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演「甘い人生」が15日、カンヌ映画祭で特別招待作品として上映されたようだ。午前1時のスタートでファンやマスコミもまばらだったとか。
佐々部清監督、吉岡秀隆、石田ゆり子共「四日間の奇蹟」の完成披露試写会が16日都内で行われ、安倍晋三自民党幹事長代理も会場を訪れたらしい。同郷の佐々部監督とは友人同士、とか。
美空ひばりの17回目の命日を迎える来月24日「歌声はひばりと共に2005」が武道館で開催されるらしい。森光子、つんく♂、松浦亜弥らが出演するようだ。
人気ゲーム「鉄拳」("Tekken")のチャールズ・ストーン3世監督による映画化は、Crystal SkyがSony傘下のScreen Gemsと共同で製作するようだ。製作費5000万ドルで、今秋から製作に入る模様。
リチャード・プライヤーの半生が、ウォルター・ヒル監督、マイク・エップス主演で映画化されるらしい。プライヤー自身が妻のジェニファー・リー・プライヤー(Jennifer Lee Pryor)と共にプロデュースを手がける模様。
MTV Filmsは、新人脚本家アンドリュー・コクラン(Andrew Cochran)のコメディ脚本"Adult World"獲得に向けて交渉中らしい。詩人を目指すスタンフォード大の女子学生が、小さなアダルト書店で働くことになり・・・という物語のようだ。
New Lineは、新人脚本家ショーン・ディクソン(Sean Dickson)のスリラー脚本"Trap Door"を獲得したようだ。
ロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)らは、「ディック・トレイシー」("Dick Tracy")のTVシリーズ化について、原作コミックの権利を持つTribune社と契約したようだ。ただし先週、ウォーレン・ベイティが同キャラクタの権利を持つと主張して、Tribune社を訴えたらしい。ビーティも続編を企画しているとか。
New Lineは新人ジャンゴ・サーカス(Jango Sircus)の脚本"R5"を獲得したようだ。ロサンゼルスを舞台に、スナイパー同士の決闘を描くらしい。
WWE Filmsは、ジョン・ヘファーナン(John Heffernan)によるアクション脚本"A Chance for Both Barrels"を獲得、所属レスラーの主演で映画化するらしい。誰が出演するかはまだ未定のようだ。
メアリー・マクガキアン(Mary McGuckian)監督による新作"Funny Farm"で、キャシー・ベイツがマルコム・マクダウェル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ルパート・グレイヴス(Rupert Graves)、ルーシー・デイヴィス(Lucy Davis)、イアン・ハートらと共演するようだ。セレブが治療を受けるドラッグ・アルコール依存症リハビリ施設を舞台にした作品で、キャストが自ら役を選び、脚本なしで撮影されるらしい。今秋からニューメキシコで撮影が始まる模様。
ジョージ・ルーカスは「皆がどのエピソードが好きかということは、あまり気にしていない。ここ数年で分かったことだが、ファンは2つの層に分かれている。25歳以上と、25歳未満だ。25歳以上のファンは初期の3作品を好む。エピソードIとIIの評判が悪いのは、マスコミやウェブの中心にいるのが25歳以上の人々だからだ」と語ったらしい。
Icon Entertainmentは、デヴィッド・フォン・アンケン(David Von Ancken)の監督デビュー作"Seraphim Falls"で、リチャード・ギアとリーアム・ニーソンの共演が決まった、と発表したようだ。南北戦争後の米国を舞台にした心理アクションになるらしい。
イーサン・ホークとジュリー・デルピーは、Bauer Martinez出資・製作・配給による新作"Bathory"への主演に向けて最終交渉に入ったようだ。ジュリー・デルピーが脚本を担当、映画監督デビューするらしい。
ジェイソン・プリーストリーとメイクアップ・アーティストのナオミ・ロウド(Naomi Lowde)が、バハマで結婚式を挙げたらしい。
イーディ・セジウィック(Edie Sedgwick,1943-1971)の半生を描くジョージ・ヒッケンルーパー(George Hickenlooper)監督の新作"Factory Girl"で、主演予定だったシエナ・ミラー(Sienna Miller)が降板、ケイティ・ホームズが代役を務めるらしい。
コリン・ファレルは、ロック・ハドソン、アーネスト・ボーグナインが共演した「北極の基地/潜航大作戦」("Ice Station Zebra",1968年)のリメイクを希望しているらしい。
  5/18
「アンニョン韓国映画祭」が今月29日、島根県出雲市で開催されるようだ。「韓国好き」の女性36人が実行委員を務めているらしい。
セルゲイ・ボドロフ監督「モンゴル」の製作が17日、カンヌ映画祭で発表されたようだ。浅野忠信がチンギス・ハーンを演じるらしい。7月からモンゴルで撮影に入る模様。
北野武監督の日常を追ったジャン=ピエール・リモザン監督のドキュメンタリー映画「北野武 神出鬼没」("Takeshi Kitano, l'imprevisible",1999年)が、カンヌ映画祭クラシック部門で上映されたようだ。開場前から200人が列を作ったとか。
「オーシャンズ11」("Ocean's Eleven",2001年)が落語化される?らしい。桂小春団治が、来月4日に大阪市内で行う独演会で、創作落語「お庄屋と11人」を披露するようだ。
マライア・キャリーが、29日開催されるMTV Video Music Awards Japan 2005出演のため、再び来日するようだ。
オノ・ヨーコ、リチャード・ギアらが諮問委員を務める「国際平和映画祭」が来年、大分県別府市で開催されることになったようだ。
角川春樹事務所は、黒澤明監督作品「用心棒」(1961年)、「椿三十郎」(1962年)のリメイク権を3億円で獲得したらしい。福井晴敏に小説化を依頼、漫画化、ゲーム化も企画されているようだ。
任天堂は17日、次世代ゲーム機「Revolution」(開発コード)と、携帯ゲーム機「Game Boy Micro」を発表したようだ。
チャ・スンウォン、シン・ハギュン共演の新作「拍手する時に去れ」に、キム・ジスが特別出演するらしい。
キム・キドク監督とチョ・ジェヒョンが、韓国Digital Device社のプラズマテレビのCMで共演するらしい。
パク・ヘイル、カン・ヘジョン共演の新作「恋愛の目的」の主題歌「NAUGHTY GIRL」のMVが公開されたようだ。
アニバル・マサイニ・ネト(Anibal Massaini Neto)監督のドキュメンタリー映画「ペレよ永遠に」("Pele Eterno",2004年)が17日、カンヌ映画祭で上映され、ペレも現地を訪れたようだ。
「中国に関する議会・政府委員会」の公聴会が16日ワシントンで行われ、出席した国際知的財産同盟(International Intellectual Property Alliance)のエリック・スミス会長は、中国で出回る米国映画の95%が偽造品で年間10億ドルの被害を米国に与えている、などの実情について報告したようだ。
「アジア海洋映画祭」が9月に幕張新都心で開催されるらしい。海に関連した日本未公開の長編6作品が上映されるようだ。
「スウィングガールズ」(矢口史靖監督,2004年)の舞台となった山形県では、昨年の公開直後から、30-50代の男性の間でサックスがブームになっているらしい。 [☆上野樹里というより竹中直人に感化された?]
ジム・ジャームッシュ監督、ティルダ・スウィントン、ビル・マーレイ、ジュリー・デルピー、シャロン・ストーン、クロエ・セヴィニー、ジェシカ・ラング、クリストファー・マクドナルドら共演の新作"Broken Flowers"が17日、カンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。
Comedy Centralの人気コメディ番組"Chappelle's Show"(2003年-)第2シーズンのDVDが今月24日に米国で発売されるようだ。当初第3シーズン開始に合わせて2月に発売される予定だったものの、新シリーズの放送が延期されたため、DVDの発売もずれ込んだらしい。
米CBSで16日放送された人気ドラマ「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2005年)最終回は、視聴者数3200万人を記録したらしい。
ワン・シャオシュアイ(王小帥)監督"Shanghai Dreams"が、カンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。監督は「検閲当局は撮影に口を挟まないだけでなく、我々が望むように撮影することを許してくれました。許可証は額に入れて家に飾ってあります」と語ったらしい。
「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me",2004年)のモーガン・スパーロックによる新しいリアリティ番組"30 Days"が来月16日に米FXでスタートするようだ。「原理主義者のクリスチャンがイスラム教徒として過ごす」「保守的なストレートの男性がゲイのルームメイトと生活する」などの実験の模様が放送されるとか。スパーロック自身も「最低賃金だけで生活する」らしい。
ニューヨークの映画館前で「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の初日を待つファンの一人は「喪失感を感じるよ。これまでの人生では、常に新しい『スター・ウォーズ』が地平線の彼方に存在していた。でも、5月19日から、もう一つの人生が始まるんだ。奇妙な感じだよ。全てが終わってしまうなんて」と語ったようだ。
次世代DVDの規格統一に向けて、ソニー、松下電器産業、東芝3社のトップ会談が、今週中にも行われる模様。
「ザッツ・エンタテインメント」("That's Entertainment!")シリーズや「エンドレス・ラブ」("Endless Love",1981年)などの編集を手がけたマイケル・J・シェリダン(Michael J. Sheridan)の製作・監督・脚本・編集によるドキュメンタリー映画"James Dean: Forever Young"が、カンヌ映画祭で18日上映されるようだ。
フランク・ミラー(Frank Miller)は、既に「シン・シティ」("Sin City",2005年)の続編の脚本に取りかかっているらしい。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の特報が公開されたようだ。来月30日にパリで製作が始まる模様。
トーマス・ロックウェル(Thomas Rockwell)の児童書「ミミズ・フライの食べ方」("How to Eat Fried Worms")が実写映画化されるらしい。「バンガー・シスターズ」("The Banger Sisters",2002年)のボブ・ドルマンが監督を務めるようだ。7月19日からテキサス州オースティンで撮影が始まる模様。
「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編"Basic Instinct 2: Risk Addiction"からの最新画像が公開されたようだ。
「ファンタスティック・フォー」("Fantastic Four")の最新予告編が、19日全米で初日を迎える「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")上映劇場で公開されるらしい。
ウィルマー・ヴァルデラマは自らのファッション・ラインを立ち上げると発表したようだ。
富野由悠季総監督「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」の特集ページがYahoo!動画でスタートしたようだ。
リンゼイ・ローハンが"Mission: Impossible III"への出演交渉に入った模様。一方、カンヌを訪れているスカーレット・ヨハンソンは、スケジュールの都合で降板すると語ったようだ。
メイクアップ・アーティストのスコット・ヴィンセント・ボルバ(Scott Vincent Borba)がプロデュースする「Borba Water」の非公式スポークスパーソンに、ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフが加わったようだ。
「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")に主演するオーランド・ブルームに対し、米国の映画評は「彼はラッセル・クロウではない」「カリフォルニアの気の抜けたサーファー・ボーイが真面目な"アーティスト"になろうとしているように見える」と酷評しているらしい。
ブリトニー・スピアーズは「ジャスティン・ティンバーレイクとの別れは一番つらい経験だった。私達は長い間ずっと一緒だったし、生涯を一緒に暮らすと思っていた」と語ったらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」が16日、カンヌ映画祭のフィルム・マーケットで上映されたようだ。真田広之も出席したらしい。既に32ヶ国からオファーが寄せられているとか。
DreamWorksの新作CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")のニューヨーク・プレミアが17日開催され、ベン・スティラーらと共に日本語吹き替え版で声優を務める玉木宏も出席したらしい。
レクシー・アレクサンダー(Lexi Alexander)監督次回作は、ロンドンの現代音楽シーンを背景に描くラヴ・ストーリー"Life 'n' Lyrics"になるようだ。
ジョン・カーペンターはTitan Productionsと共同で、新作映画"Psychopath"とそのビデオゲーム版を同時に製作・監督するらしい。
Regency Enterprisesは、タイで大ヒットしたスリラー"Shutter"(2004年)のリメイク権を獲得したようだ。
ハンター・S・トンプソン(Hunter S. Thompson)の小説"The Rum Diary"のジョニー・デップ主演による映画化は、「キリング・フィールド」("The Killing Fields",1984年)などを手掛けたブルース・ロビンソンが脚本と監督を担当することになったようだ。
007シリーズ第21作"Casino Royale"は、撮影開始が2006年夏までずれ込む模様。2006年11月の公開も延期になるようだ。
「ホステージ」("Hostage",2005年)プロモーションのため、ブルース・ウィリスが来日する模様。
「シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦」("Dilwale Dulhania Le Jayenge",1995年)が、ボンベイの映画館で公開500週の記録を達成したらしい。
デヴィッド・リンチ監督次回作は、ローラ・ダーン、ハリー・ディーン・スタントン、ジェレミー・アイアンズ共演による"Inland Empire"になる模様。
カンヌ映画祭で13日、ソフィ・マルソーのドレスが肩から落ちてしまうハプニングがあったらしい。あわてることなく優雅に肩をすくめたとか。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2006年)最終シーズン撮影中のジェイムズ・ガンドルフィーニは、米CBS"60 Minutes Wednesday"のインタビューで「僕はちょっと癇癪持ちだ。無駄な癇癪だけどね。それで何かを成し遂げるわけじゃない。ただわめき散らして暴言を吐くだけだ。(脚本の)デヴィッド(・チェイス)はそれを見て、キャラクタに取り入れたんだろうね。脚本家はみんな吸血鬼だよ。気が付かないようにじっと観察して、それを書き込むんだ」と語ったようだ。
17日放送の"Ellen: The Ellen DeGeneres Show"(2003年)に、ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインが夫婦で出演したらしい。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")の最新予告編が公開されたようだ。
  5/19
化粧品製造販売会社「小豆島ヘルシーランド」が「二十四の瞳」を商標登録したことに対し、財団法人「岬の分教場保存会」は19日、特許庁に商標登録の無効審判を請求したようだ。
佐々部清監督「四日間の奇蹟」の原作本売り上げが107万部を突破したらしい。
北野武監督監督最新作「TAKESHIS'」の巨大ポスターがカンヌ映画祭マーケット会場に張り出され、内容が全く明らかにされていないにも関わらず、既に35ヶ国以上と配給交渉が進んでいるらしい。
人気ビデオゲーム"Dead or Alive"のコーリー・ユン監督による映画化"DOA"で、ケイン・コスギの出演が決まったらしい。
韓国人歌手SE7ENのファンイベントが18日都内で行われたようだ。セカンドシングル「STYLE」購入者先着777人限定のイベントで、開店直後に売り切れたとか。
愛知万博「サツキとメイの家」で、展示品が破損するケースが相次いでいるらしい。博覧会協会は「大切に触れてほしい」と呼びかけているようだ。
松下電器産業の中村邦夫社長は19日、次世代DVD規格の統一交渉について「白紙に戻ったようなもの」と語ったらしい。予定されていたソニー、東芝との3社トップ会談も延期になったようだ。
香港専業教育学院観塘分校スタントマン養成コースが今年2月にスタート、23人の学生が第2のジャッキー・チェンを目指して、カンフーなどの中国武術や、テコンドー、ムエタイなどの特訓を積んでいるらしい。
19日韓国で初日を迎えるイム・ピルソン監督、ソン・ガンホ、ユ・ジテ共演の新作「南極日記」は、18日現在、各チケット販売サイトで人気No.1となっているようだ。
イ・ミョンセ監督、ハ・ジウォン主演「刑事Duelist」が、カンヌ映画祭のフィルムマーケットで上映され、連日満員になっているとか。
チョン・インファが8年間イメージキャラクタを務める韓国化粧品会社の新CMで、イ・ヨンエが共演するらしい。
韓国KBSは、ドラマ「快傑春香」のリメイクに関する契約を、中国パノラマメディアと結んだようだ。制作スタッフも中国に派遣するらしい。
打木村治の小説「天の園」を原作としたアニメーション映画「雲の学校」(黒田昌郎監督)が完成、舞台となった埼玉県東松山市で22日、先行上映会が行われるらしい。
今年2月に中国で行われた、日本のアニメキャラクタ知名度調査によると、「クレヨンしんちゃん」と「ちびまる子ちゃん」が7割、「スラムダンク」「ドラえもん」「名探偵コナン」が6割を超えたらしい。
アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督、ジェイ・チョウ、鈴木杏共演による新作「頭文字D」を鑑賞した原作のしげの秀一は、「日本人ができなかったものを、香港の監督は私の思っていた通りに撮ってくれた」と絶賛したらしい。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督「シン・シティ」("Sin City")が18日、カンヌ映画祭コンペ部門で公式上映され、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ベニチオ・デル・トロ、ブリタニー・マーフィらが出席したようだ。
第二次大戦前夜のイタリアを舞台にした恋愛ドラマ"The Moon and the Stars"で、アルフレッド・モリーナが、キャサリン・マコーマック、ジョナサン・プライスと共演するようだ。ジョン・アーヴィン(John Irvin)の監督で、来月からハンガリーとローマで撮影が始まるらしい。
ジョージ・ルーカスは、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のキャラクタ商品関連で、30ヶ国以上の約400社とライセンス契約を結んでいるらしい。
「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me",2004年)のモーガン・スパーロック監督が、2002年に企業を立ち上げた際にオフィス・スペースを提供していた会社が、4000万ドルの利益配分を求めて訴訟を起こしたらしい。スパーロック監督は「100万ドルの稼ぎさえないのに」とコメントしたようだ。
米国では、19日から3700館で公開される「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の前売りチケットが、記録的な売れ行きとなっているらしい。オンラインチケットサービスのFandangoでは18日、1秒に4枚の割合で売れたとか。
"The Myth"プロモーションのためカンヌ映画祭を訪れているボリウッド女優のマリカ・シェラワット(Mallika Sherawat)は「真新しい市場が私のために開かれました。欧州や米国のメディアの私に対する反応は非常に素晴らしいものでした。私はこのチャンスを両手でつかみ取るつもりです」と語ったようだ。
最新作"The Myth"プロモーションのためカンヌ映画祭を訪れているジャッキー・チェンは「西洋が真にグローバル化したいのなら、世界の人口の半分が暮らす中国とインドを無視することは出来ない。カンヌは、外国の女優を紹介する場としてうってつけだと思う。1950年代はブリジット・バルドー、それからグレース・ケリーも訪れて・・・そして2005年は(共演したボリウッド女優)マリカ・シェラワット(Mallika Sherawat)だ」とコメントしたらしい。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラスの結婚式の写真を無断で撮影したとして、英Hello!誌がライバル誌OK!に100万ポンド以上の支払いを命じた裁判の控訴審は18日、Hello!による写真の掲載は、OK!誌の商権を侵害するものではないとする判決を下した模様。
ジェイソン・コネリーは、インディSF映画"Night Skies"で主演するらしい。
アラン・ホワイト(Alan White)監督によるインディ作品"Broken"で、ヘザー・グラハムの主演が決まったらしい。撮影は7月からロサンゼルスで始まるようだ。
ロブ・コーエン監督、ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックス共演のアクション超大作「ステルス」("Stealth")の最新予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
「ファンタスティック・フォー」("Fantastic Four")の最新予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
007シリーズ第21作"Casino Royale"の共同プロデューサー、マイケル・G・ウィルソン(Michael G. Wilson)は「主演はまだ分からない。撮影開始は来年1月17日、公開は2006年10月19日。ボンド・カーはAston Martin。監督はマーティン・キャンベル。ロケ地はプラハと南アフリカ。M役にはジュディ・デンチが戻ってくる。ハル・ベリーは出演しないが、彼女とは別の作品をやりたいと思う」とコメントしたようだ。
ケルシー・グラマーが"X-Men 3"に出演する模様。Marvel Studiosの社長兼CEOアヴィ・アラド(Avi Arad)は「第3作には、Angel、Beast、Kitty Pryde、そしてJuggernautが登場する。Juggernautはヴィニー・ジョーンズが演じる、というニュースは正解だ。AngelとKitty Prydeはまだ決まっていないが、Beastはケルシー・グラマーが演じる」と語ったらしい。
Nellyは、未成年者の飲酒を警告するTVキャンペーンに登場するらしい。
グウェン・ステファニーは、新しいファッション・ライン"Harajuku Lovers"を立ち上げたようだ。「(原宿の女の子達は)みんなアクセサリとしてカメラを持っているのよ。服に合わせたカメラを持つ、っていうのもカワイイって思ったの。私のデザインした下着ともマッチするわ」と語ったらしい。Tシャツや下着のほか、帽子や携帯アクセサリー、バッグなども揃えて、来月15日からUrban OutfittersHello Kittyストアで販売されるらしい。
浅野忠信主演「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」が18日カンヌ映画祭で公式上映され、青山真治監督もとよた真帆同伴で出席したようだ。
ブレック・アイズナー監督「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」("Sahara",2005年)の日本語版テーマ曲としてDA PUMPの新曲「Like This」が使われるらしい。
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」(木下亮監督,1982年)が、稲垣吾郎の主演でTVドラマ化されるらしい。今秋、フジテレビで放送されるようだ。
チョン・ユンチョル監督「マラソン」日本公開版テーマソングとして、小田和正の新曲「そして今も」が使われるようだ。
原隆仁監督「いらっしゃいませ、患者さま。」の完成披露試写会が18日都内で行われ、渡部篤郎らが参加したようだ。
カンヌ映画祭フィルム・マーケットで、河毛俊作監督、柳楽優弥主演「星になった少年」の5分間の特別映像が上映され、問い合わせが殺到しているらしい。既にアジア7ヶ国での上映が決定したとか。
柳町光男監督「カミュなんて知らない」が18日、カンヌ映画祭監督週間部門で公式上映され、主演の吉川ひなのらが出席したようだ。
Universal PicturesとWorking Titleは、ラファエル・イグレシアス(Rafael Yglesias)とトム・シュルマン(Tom Schulman)による犯罪スリラー脚本"Worst Case"を獲得したようだ。
Paramount Picturesは、マイケル・フィンケル(Michael Finkel)の新作ミステリー・スリラー小説"True Story: Murder, Memoir, Mea Culpa"を、ブラッド・ピットのPlan B製作、ケヴィン・マクドナルド監督で映画化するようだ。
Sony Picturesは、「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.",2001年)を手掛けたロバート・L・ベアード(Robert L. Baird)とダニエル・ガーソン(Daniel Gerson)の脚本によるファミリー・アドベンチャー超大作"Monster Hunter"の主演に、ケヴィン・ジェイムズ(Kevin James)を起用した模様。ウィル・スミスとジェイムス・ラシター(James Lassiter)がプロデューサーを務めるらしい。
"Mission: Impossible III"で監督を務めるJ・J・エイブラムス(J.J. Abrams)は「(「フェリシティの青春」("Felicity",1998-2002年)の)ケリー(・ラッセル)にピッタリだと思う役があるんだ。でも(彼女をキャスティングする前に)手続きを踏まないとね」と語ったらしい。リンゼイ・ローハンが語った役と同じかどうかは不明とか。
Playtone Productionsのトム・ハンクスとゲイリー・ゴーツマン(Gary Goetzman)は、Sidney Kimmel Entertainmentのシドニー・キンメルと共同で、コリン・ハンクス主演の"The Great Buck Howard"を製作するようだ。ケヴィン・クラインが出演交渉中のほか、トム・ハンクス自身も特別出演するらしい。ショーン・マッギンリー(Sean McGinly)の監督で、撮影開始は9月になる模様。
カプコンが来月発売予定のPS2用ゲーム「戦国BASARA」と、手塚昌明監督「戦国自衛隊1549」が"ダブル戦国キャンペーン"を、来月からスタートさせるらしい。両作品のロゴが入ったiPod miniがプレゼントされるようだ。
スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)の小説"In America"を、ポーランド出身のイェジー・スコリモフスキ(Jerzy Skolimowski)監督が映画化するらしい。イザベル・ユペール、デニス・ホッパー、ヘレン・ミレンが出演契約にサインしたほか、ハーヴェイ・カイテルも出演交渉中のようだ。
人気ドラマシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)は、第6シーズンまでの制作が決定した模様。
ヴェルナー・ヘルツォーク監督の新作"Rescue Dawn"で、クリスチャン・ベイルとスティーヴ・ザーンの共演が決まったらしい。撮影はタイで行われるようだ。
TVシリーズ「バットマン」("Batman",1966-1968年)のリドラー(ナゾラー)役で知られるほか、「シャム猫FBI ニャンタッチャブル」("That Darn Cat!",1965年)、「12モンキーズ」("Twelve Monkeys",1995年)など数多くの映画やTVドラマで活躍した、米俳優のフランク・ゴーシン(Frank Gorshin)さんが17日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
レネー・ゼルウィガーと結婚したカントリー歌手のケニー・チェズニー(Kenny Chesney)が、17日開催された第40回カントリー音楽賞授賞式でエンターテイナー賞を受賞したようだ。
  5/20
元全日本女子プロレスの納見佳容が、宮坂武志監督、松方弘樹主演「猿飛佐助II 闇の軍団」で映画デビューするらしい。
先月9日から行われた、ペ・ヨンジュンの写真展で展示されたパネル48点のネットオークションは、落札総額7900万円に達したらしい。
カンヌ映画祭批評家週間に出品された内田けんじ監督「運命じゃない人」には、11ヶ国から配給契約のオファーがあったらしい。リメイクの申し出もあったとか。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が19日午前0時1分、全米2900スクリーンで上映され、初回だけで1650万ドルの興収を記録したらしい。
手塚昌明監督「戦国自衛隊1549」の完成披露イベントが19日、都内六本木ヒルズで行われ、江口洋介、鹿賀丈史、北村一輝、綾瀬はるか、中尾明慶、宅麻伸、伊武雅刀、嶋大輔らが出席したほか、陸上自衛隊の装甲車や騎馬武者も参加らしい。イベント費用は約3000万円とか。
チャーリー・チャプリンが「ベニスの子供自動車競争」("Kid Auto Races at Venice",1914年)で着用していたスーツ一式が英国でオークションにかけられ、3100ポンドで落札されたらしい。
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、右翼関連企業に約20年間に渡って本社社屋の清掃業務を委託していたらしい。
株式会社サーチナが今年2月に中国全土の200人の男女を対象に行った調査によると、「アニメを見ることが非常に好き」と回答した四川省の女性は4割を超え、北京でも35%に達したらしい。
カンヌ映画祭コンペ部門のパルムドール最有力候補は、デヴィッド・クローネンバーグ監督の"A History of Violence"と、ミヒャエル・ハネケ監督"Cache"で、ヴィム・ベンダース監督の"Don't Come Knocking"、ジム・ジャームッシュ監督の"Broken Flowers"、リュック・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟の"L'Enfant"がそれを追う展開のようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の海賊版がネット上に流出している模様。タイムコードが入っており、業界内部から漏れたらしい。既に1万6000人以上がダウンロードしているとか。
"Spider-Man 3"で、トファー・グレイスが悪役の一人として出演することが決まったようだ。
ヴィム・ヴェンダース監督"Don't Come Knocking"が19日、カンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。監督は「この作品を誇りに思うよ。撮影している時から、我々は正しいことをしているという感覚があったんだ」と語ったらしい。
米国では今年5月6日現在、劇場公開映画からDVD化された作品数が、前年に比べて28.8%も減っているらしい。しかし、劇場公開された作品数は前年とほぼ同じで、DVD全体の発売タイトル数は2%増えているようだ。
アモス・ギタイ監督"Free Zone"が19日、カンヌ映画祭コンペ部門で公式上映されたようだ。
Revelations EntertainmentとIntelは共同で「ヴァーチャル・デジタル・ホーム」のデモンストレーションをカンヌのホテルで行い、モーガン・フリーマンらが参加したようだ。
豪州の長者番付が19日発表され、ニコール・キッドマンは1億9,000万豪ドルで女性7位、総合136位だったようだ。
23日放送の"Access Hollywood"でインタビューに答えたトム・クルーズは、ケイティ・ホームズについて「僕はこの女性を愛しています。彼女は素晴らしい。今は最高に幸せだよ」と語ったらしい。
乳癌の治療に入ったカイリー・ミノーグは「この2日間の、たくさんの人々からの励ましのメッセージに、本当に感謝しています。(恋人の)オリヴィエ(・マルティネス)は側にいてくれますし、家族や友人達が支えてくれています。オーストラリアで、そして世界で同じ病気と戦う女性達の回復を心より祈っています」とするコメントを発表したようだ。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作「アイランド」("The Island")の予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
Weinstein Companyは、デヴィッド・リーランド監督、ヘイデン・クリステンセン主演"Decameron"、ダグ・レフラー(Doug Lefler)監督、コリン・ファース主演"Last Legion"、ピーター・ウェーバー監督"Young Hannibal"の3作品の北米配給権を獲得したようだ。
フロリダのOrlando Public Libraryで今月23日、中学生によるエッセーコンテストが開催されるようだ。優勝者には1000ドルの奨学金が与えられるほか、7月からフロリダで撮影が始まるカール・ハイアセン(Carl Hiaasen)の児童書「HOOT」("Hoot")の映画化に、端役として出演できるらしい。
パヴェウ・パヴリコフスキ(Pawel Pawlikowski)監督"My Summer of Love"からの画像が公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新予告編が公開されたようだ。
ケリー・オズボーンは「最近の若い女優は痩せていてきれいだけど、空腹で惨めに見えるわ。ある娘と去年の夏に会って『とってもきれいよ。体重も完璧よ』って言ったんだけど、冬に会った時はほとんど死んでいるように見えたわ。『いったいどうしたの?あなたは18歳なのよ』って彼女に言ったわ」と語ったようだ。その女優の名前は明かさなかったらしい。
来月全米公開されるベストセラー小説の映画化"Sisterhood of the Traveling Pants"の試写会が今月21日、国内55ヵ所のRegal Entertainment Groupの劇場で行われるようだ。原作者アン・ブラッシェアーズ(Ann Brashares)とのインタビューも衛星同時中継されるらしい。
ロンドンを訪れたパリス・ヒルトンは「ロサンゼルスの天気があるなら、ここに住むのに。トラファルガー広場で鳩に餌をやるのが好きなの。永遠に餌をやっていてもいいわ。買い物に行くよりも、そっちのほうがいい」と語ったようだ。ただし、ロンドンでは無許可で鳩に餌をやると罰金が科せられるらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")に出演したナタリー・ポートマンは「アクション・シーンは減ったわ。妊娠している女性がアクションするなんておかしいもの。倫理的じゃない」と語ったらしい。
小泉堯史監督、寺尾聰主演の新作「博士の愛した数式」が19日、千葉県蓮沼村のロケでクランクアップしたようだ。
イ・ビョンホン主演「甘い人生」のサントラが今月13日に限定2万枚で発売され即日完売、急遽1万5000枚を追加しさらに1万5000枚を追加販売、23日付オリコンのウイークリーアルバムチャートで20位に入ったらしい。
魚喃キリコの人気コミック「ストロベリーショートケイクス」が、矢崎仁司監督、池脇千鶴、中越典子、中村優子、岩瀬塔子共演で映画化されるらしい。現在、都内で撮影中のようだ。
New Lineは、ジェイク・ウェイド・ウォール(Jake Wade Wall)のホラー脚本"Amusement"を獲得したようだ。トラウマを抱えたある女性が、ピエロ、ホテル、コンボイが関わる3つの物語について、警官と精神科医から質問を受ける・・・という話らしい。
「ファイト・クラブ」("Fight Club",1999年)の脚本を手掛けたジム・ウールス(Jim Uhls)は、デヴィッド・バウカー(David Bowker)の最新ミステリー小説"How to be Bad"の映画化についてオプションを獲得したようだ。
20th Century Foxは、サム・ルウェリン(Sam Llewellyn)の小説"Little Darlings"シリーズ3部作のオプションを獲得、ロンドンのJigsaw Filmsの製作で映画化するらしい。
エド・ストーン(Ed Stone)監督デビュー作となるロマンス映画"Griffin and Phoenix"で、アマンダ・ピートとダーモット・マルロニーの共演が決まったようだ。
リュック・ベッソン監督による3D映画"Arthur"の撮影がノルマンディでスタートした模様。ミア・ファローとフレディ・ハイモアが共演するほか、マドンナ、デヴィッド・ボウイ、スヌープ・ドッグらが声優として参加するようだ。
エヴァン・レイチェル・ウッド主演のダーク・コメディ"Pretty Persuasion"(2005年)を手掛けたマルコス・シエガ(Marcos Siega)監督次回作は、ダニエル・タプリッツ(Daniel Taplitz)脚本によるロマンチック・コメディ"Chaos Theory"になるようだ。
パトリス・ルコント監督の"Confidences trop intimes"("Intimate Strangers",2004年)を、フレデリック・ゴルチャン(Frederic Golchan)がリメイクするらしい。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督は「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化について「原作は時代が第二次大戦にまで戻るが、映画は現代が舞台になる。ただし、ワンダー・ウーマン自身は決して現代には現れないだろう」と語ったらしい。 [☆どういうこと?]
ジャック・ニコルソンは、ビバリーヒルズにある故マーロン・ブランド邸を550万ドルで購入したらしい。
今年スタートのスピンオフ・シリーズ"Law & Order: Trial by Jury"(2005年-)について、米NBCは今シーズンでの打ち切りを決めたようだ。
People誌最新号のインタビューに答えたリンゼイ・ローハンは、最近の激ヤセについて「ワークアウトしているの。トレーナーをつけたのよ。ヨガとかピラティス(Pilates)とかじゃなくて、昔ながらのワークワウトよ」と語ったらしい。
マイケル・ジャクソンの裁判で19日、ラリー・キングが弁護側の証人として出廷したものの、カリフォルニア州地裁は陪審員の前で公式に証言することを認めなかったらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")にカメオ出演したジョージ・ルーカスは「群集シーンには娘たちも出演していて、しつこく言われたから、僕も出ることにしたんだ」と語ったらしい。
  5/21
カンヌ映画祭ある視点部門の受賞作品が20日発表され、クリスティ・プイウ監督「ラザレスク氏の死」が選出されたようだ。また、友愛賞にアラン・キャバリエ監督「フィルムマン」、希望賞にS・ピエール・ヤメオゴ監督「デルウェンデ」が選ばれたらしい。
三鷹の森ジブリ美術館で21日から新企画展示「アルプスの少女ハイジ展〜その作り手たちの仕事〜」が開催されるようだ。
手塚昌明監督「戦国自衛隊1549」のPRイベントが20日、大阪城西の丸庭園内の迎賓館で行われ、江口洋介らが参加したようだ。
SAYAKAが芸能活動を一時休止したようだ。
鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」が20日、カンヌ映画祭で上映されたようだ。上映前の会見で主演のチャン・ツィイーは「ハリウッド映画にも出ましたが、ハリウッド女優だとは思っていません。ハリウッドや米国に移ることも考えたことはありません。北京にいて幸せですし、そこが我が家のように思っています」と語ったらしい。
熊本県八代市で21日、「エメラルド・カウボーイ」("Esmeraldero",2002年)の上映会が行われるらしい。20日には監督・主演の早田英志が母校の県立八代高校を訪れたようだ。
カンヌ映画祭批評家週間に出品された内田けんじ監督「運命じゃない人」が、フランス作家協会賞(脚本賞)と金のレール賞(鉄道関係者賞)を受賞したようだ。
クエンティン・タランティーノ監督による「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)第5シーズン最終回が19日放送され、視聴者数は3000万人を超えたようだ。
カイリー・ミノーグは20日、メルボルン郊外の病院で乳癌の手術を受け、無事成功したようだ。
20日からインドで公開予定の、シュリパル・モラキア監督、ウルミラ・マトーンドカル主演のボリウッド映画"Naina"に対し、眼科医が上映中止を求めているようだ。オキサイド・パン監督「the EYE【アイ】」("The Eye",2002年)のリメイクらしい。
19日全米で公開された「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の初日興収は5000万ドル(3661館)に達し、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の4040万ドル(4152館)、「シュレック2」("Shrek 2")の4480万ドル(4163館)の記録を更新したようだ。
カンヌ映画祭で20日、トミー・リー・ジョーンズ監督作品"The Three Burials of Melquiades Estrada"がコンペ部門で公式上映されたようだ。「監督の仕事は、どんなにやりたいと思ってもなかなかまわってこない。監督よりも俳優としての仕事を得るほうがまだ少し簡単だ。でも、どちらの仕事も僕は大好きだよ」と語ったようだ。また記者会見では「クリント(・イーストウッド)はどんな監督にとってもいいお手本だよ。僕は一つクリントと共通のところがあるんだ。それは、3テイクまでしか撮らないということ。ファーストテイクで上手くいくように準備を整えておくべきだし、セカンドテイクはバックアップ、サードテイクはネガに傷が入ったとかそういう時のためだよ」と語ったらしい。
ポール・ラッド、ピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)、ケン・マリーノ(Ken Marino)は、ケン・マリーノ脚本、キャサリン・ディークマン(Katherine Dieckmann)監督によるインディ作品"Diggers"で共演するようだ。撮影は7月からロングアイランドで始まる模様。
森田健作企画、松島哲也監督「ゴーヤーちゃんぷるー」が、21日から石垣市内のシネマ石垣で上映されるようだ。
メンズウェアのブランドを立ち上げるアッシャー(Usher)は「ぶっちゃけ、俺はスーツの男だ。PradaGucciRoberto Cavalliじゃなくてもね。イタリアのデザイナーには凄く興味があるし、実はその方向で行く予定なんだ。いつかはまだ決まってないけど、来年には出すよ」と語ったらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、最初の夫ジョニー・リー・ミラーが出演する舞台"Someone Who'll Watch Over Me"をロンドンのNew Ambassador's Theatreで観劇、その後2人はレストランで食事をしたらしい。
ケイティ・ホームズは、クリス・クラインとの婚約を破棄した直後にトム・クルーズとの交際を始めたことについて「後悔とかは一切感じていないわ。なにも間違ったことはしていないもの。大きな夢を持つことはいいことだし、そのことを恥じたり謝ったりする必要はないと思う」と語ったようだ。
「サイエンティスト」などCOLDPLAYのPV3曲が、公式サイトで配信されているらしい。戸田奈津子が字幕を担当したとか。
ホ・インム監督、クォン・サンウ、ハ・ジウォン共演「恋する神父」の特典第2弾(オリジナルポストカード1枚)付前売り鑑賞券が28日から発売されるようだ。
水島精二監督「劇場版 鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜」のアフレコ収録が20日都内で行われ、小栗旬、小栗了、かとうかずこらが参加したようだ。
  5/22
賀大観監督、前田亜季、窪塚俊介共演「最終兵器彼女」のロケが21日、JR札幌駅南口のJRタワーで行われたようだ。
綿井健陽の監督によるドキュメンタリー映画「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」の先行上映会が21日大阪市内で行われたようだ。
活動休止を発表したSAYAKAは「親元を離れて今後を考え、信念を通していきたい」とするメッセージをファンクラブ会員に郵送したようだ。ファンクラブは閉鎖される模様。
三木聡監督「イン・ザ・プール」が21日に初日を迎え、主演の松尾スズキらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")に出演するジャスティン・チャットウィン(Justin Chatwin)が来日、21日横浜市内で行われたファンミーティングに参加したようだ。
21日ハウステンボスで開催された「DRAMATIC KOREA in HUIS TEN BOSCH」に、チェ・ジウが参加したようだ。
リュ・スンワン監督、チェ・ ミンシク、リュ・スンボム共演「拳が泣く」が、第58回カンヌ映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したようだ。
羽住英一郎監督「逆境ナイン」の試写会が31日に三重県内の劇場で行われるようだ。玉山鉄二らの舞台挨拶も予定されているらしい。
映画資料収集家で無声映画の弁士を務めていた岡山市在住の松田完一が21日、大正から昭和にかけて製作された映画の16ミリフィルム38本を広島市に寄贈したようだ。「孝女白菊」(賀古残夢監督,1925年)、「江戸怪賊伝 影法師 前篇」(二川文太郎監督,1925年)など貴重なフィルムも含まれているらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の海賊版DVDが北京で出回っているらしい。
カリフォルニア大学バークレイ校の卒業式でスピーチに立ったウォーレン・ベイティは「(アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の)弾力性に欠ける保守主義には反対する。州知事に立候補したいとは思わないが、彼よりもましな仕事は出来る」と語ったらしい。
マーサ・ファインズ監督、ペネロペ・クルス主演"Chromophobia"が21日、カンヌ映画祭でワールドプレミア上映されたようだ。
最新作「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")を含む海賊版DVD50万枚が20日、マレーシアで押収されたらしい。
第32回デイタイム・エミー賞(Daytime Emmy Awards)が20日発表され、長寿ドラマシリーズ"General Hospital"(1963年-)が新記録となる8回目のソープオペラ賞に選出されたほか、人気トーク番組"The Ellen DeGeneres Show"(2003年-)が2年連続となるトーク番組賞に加え、司会者賞(エレン・デジェネレス)を獲得したようだ。
第58回カンヌ映画祭の授賞式が21日行われ、パルムドールにリュック・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟監督"L'Enfant"が選出されたようだ。また、グランプリにジム・ジャームッシュ監督"Broken Flowers"、監督賞にミヒャエル・ハネケ監督"Cache"、男優賞に"The Three Burials of Melquiades Estrada"のトミー・リー・ジョーンズ、女優賞に"Free Zone"のハンナ・ラズロ(Hana Laszlo)がそれぞれ選ばれた模様。
英国の映画配給会社は、イム・ピルソン監督、ソン・ガンホ、ユ・ジテ共演「南極日記」の配給権を15万ドルで獲得したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの最新画像が公開されたようだ。
アリシア・シルヴァーストーンとクリス・ヤレッキ(Chris Jarecki)は、今年の夏にも結婚式を挙げるらしい。ステラ・マッカートニー(Stella Mccartney)にウェディング・ドレスのデザインを依頼する予定とか。
ジェイ・Z(Jay-Z)、ウィル・スミス、ジャダ・ビンケット・スミスらは、米化粧品会社Carol's Daughterに対し共同で1000万ドルを投資すると発表したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の公開2日目となる20日の全米興行収入は3550万ドル(3661館)に達した模様。
雪村いづみが41年ぶりに主演を務めた、保坂延彦監督「そうかもしれない」の撮影が終了したようだ。年内公開予定とか。
カンヌ映画祭で20日、アンガールズの田中卓志がレッドカーペットを歩いたらしい。日本テレビ「金のA様×銀のA様」での企画とか。 [☆どうせやるなら、主演映画を作って出品するくらいのことはやって欲しいね]
8月に開催される「お台場映画王 2005」で、「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第4シーズン全24話の連続上映が決まったようだ。スペシャルゲストの"来日"も交渉中とか。
  5/23
ワーナー・マイカル・シネマズ茅ケ崎では、「ブルークラッシュ」("Blue Crush",2002年)、「クリスタル・ボイジャー」("Crystal Voyager",1975年)などサーフィン映画5本を、期間限定で公開しているらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)と米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)は、ビデオゲーム業界との新たな契約締結交渉が今月中旬に決裂したため、ストライキにはいる構えを見せているようだ。
黒澤明監督をテーマにした和食店「レストラン黒澤」が米国に進出するらしい。米国の著名監督にアドバイスを依頼しているとか。
マイケル・ジャクソンは、"ネバーランド"を約3500万ドルで売却したらしい。
クォン・サンウが22日来日したようだ。成田空港には3500人のファンが詰めかけた模様。都内で記者会見を行った後、幕張メッセで行われたイベントに参加したらしい。
「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ」で、PUFFYが主題歌「はじまりのうた」を歌うらしい。
アンソニー・ダニエルズやILMのスタッフらによる講演会「スター・ウォーズと特撮技術の変遷」が22日、愛知万博で行われたようだ。また、ゴッドフリー・レジオ監督「コヤニスカッツィ」("Koyaanisqatsi",1983年)の上映会とフィリップ・グラスによるコンサートも同日開催されたらしい。
チェ・イクァン監督の新作「女子高怪談4:声」(2005年)でデビューした新人女優のソ・ジヘが、来月27日スタートの韓国KBSドラマ「ボーイ」でキム・ナムジン、キム・ヒョジンらと共演するようだ。
サトウトシキ監督、須藤温子主演「ちゃんこ」の撮影が22日、広島県の熊箇原八幡神社で行われたようだ。エキストラ150人も参加したらしい。
米Time誌は22日「ベスト映画100本」を発表、「カサブランカ」("Casablanca",1942年)、「アラビアのロレンス」("Lawrence of Arabia",1962年)、「ゴッドファーザー」("The Godfather",1972年)、「E.T.」("E.T. The Extra-Terrestrial",1982年)、「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)、「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring",2001年)、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",2003年)などのほか、日本映画から「生きる」(黒澤明監督,1952年)、「東京物語」(小津安二郎監督,1953年)、「雨月物語」(溝口健二監督,1953年)、「用心棒」(黒澤明監督,1961年)の4作品が選ばれたらしい。 [☆面白いところでは、「酔拳2」("Drunken Master II",1992年)も選ばれている・・・。]
インドのニューデリーで22日、2ヶ所の映画館で相次いで爆発があった模様。49人が負傷、少なくとも1人が死亡したようだ。上映されていた映画の内容に対しシーク教徒団体から批判が出ていたらしい。
第58回カンヌ映画祭で審査員長を務めたエミール・クストリッツァは、コンペ部門出品作品について「平均はそれほど高くなかったように思う。ほとんどの作品は、私の期待をほんの少し下まわっていた」と語ったらしい。
全米週末興収は、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が1億850万ドル(3661館)で圧勝、19日からの総興収は1億5850万ドル、全世界での総興収は3億300万ドルに達した模様。
乳癌の手術を無事終えたカイリー・ミノーグに、オリヴィエ・マルティネスがプロポーズしたらしい。
米Ubisoftは、ジョン・マクティアナン監督と共同で、ロシアを舞台にしたアクションゲームを制作中らしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の公開に伴い、公式サイトへのトラフィックが前週比32%増となった模様。またAOLでの検索キーワードも、公開前日の18日には"Star Wars Revenge of the Sith"、"Natalie Portman"、"Hayden Christensen"、"Darth Vader"、"Yoda"が上位を独占したらしい。
全100話のTVシリーズ版「スター・ウォーズ」の主演候補に、「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」("Queen of the Damned",2002年)などに出演しているオーストラリア人俳優、マシュー・ニュートン(Matthew Newton)の名前が挙がっているようだ。ジョージ・ルーカスがアナキン・スカイウォーカー役の第2候補として選んだ俳優とか。
2012年のオリンピック開催を目指すスペインのマドリードで来月5日行われるPRイベントで、シャキーラ(Shakira)が新曲3曲を披露するらしい。
下村勇二監督の新作アクション「Death Trance」に剣太郎セガールの出演が決まったようだ。芸名を本名の武剣太郎に改めるらしい。
ペ・ヒョンジュン監督「彼女を信じないでください」が上映されるヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで28日、キム・ハヌルの初日舞台挨拶が行われるらしい。
Fox 2000は、ロバート・カーソン(Robert Kurson)が執筆中の著書"Into the Light"の映画化権を獲得した模様。生まれたときから盲目だった男性が手術によって視覚を取り戻し・・・という実話らしい。
Paramount Picturesは、ロバート・ラドラム(Robert Ludlum)の政治スリラー小説「囁く声」("The Chancellor Manuscript")をレオナルド・ディカプリオの主演で映画化するようだ。
Regency Enterprisesは、ケリー・アラン・ウィリアムソン(Kelly Alan Williamson)の児童書"Ollie the Otter"のCGアニメ映画化で、「マダガスカル」("Madagascar",2005年)を手掛けたビリー・フロリック(Billy Frolick)を脚本に起用したようだ。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ブラッド・ピット主演"Babel"撮影のためモロッコを訪れていたケイト・ブランシェットは、息子が火傷を負ったためロンドンに戻ったらしい。
英国で先月発見され話題となっている"沈黙のピアニスト"について、ハリウッドの映画プロデューサーが映画化に興味を示している模様。
「死霊のえじき」("Day of the Dead",1985年)のリメイクが決まったらしい。
  5/24
写真家・一ノ瀬泰造の生涯を追った中島多圭子監督によるドキュメンタリー映画「TAIZO」の試写会が23日、有楽町の日本外国特派員協会で行われたようだ。森山良子が主題歌を歌っているらしい。
ドキュメンタリー番組「ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け」前編12話の配信が23日、Yahoo! JAPANでスタートしたようだ。
来月公開の映画「バースデー・ウエディング」に出演している木村多江が、電通の社員と6月に結婚するらしい。
「ホステージ」("Hostage",2005年)プロモーションのためブルース・ウィリスが来日、23日都内でPR会見を行ったようだ。中田秀夫監督の新作"The Tourist"で出演交渉中であることを明らかにしたらしい。
英BBCラジオが、過去50年間のヒット曲について10年毎の人気投票を行ったところ、The Beatlesの曲が1曲も1位に選ばれなかったらしい。
1955-1964: "You Really Got Me" / Kinks
1965-1974: "Space Oddity" / デヴィッド・ボウイ
1975-1984: "Bohemian Rhapsody" / Queen
1985-1994: "West End Girls" / Pet Shop Boys
1995-2004: "Angels" / ロビー・ウィリアムス
チ・ソンが来月7日に入隊するようだ。
新作"The Myth"でキム・ヒソンと共演したジャッキー・チェンが「もう二度と韓国人俳優とは一緒に仕事をしたくない。ギャラは高いが、演技がいまいちだ」と発言した、と中国で報じられた模様。
19日から韓国で公開されたイム・ピルソン監督、ソン・ガンホ、ユ・ジテ共演「南極日記」は、週末観客動員数60万2000人(319スクリーン)を記録したようだ。また、パク・ジンヒ、ヨン・ジョンフン共演「恋愛術士」が27万人(200スクリーン)で2位となった模様。
昨年4月に亡くなった横山光輝の遺産総額は、約11億2000万円に上るらしい。
ブロードウェイとオフ・ブロードウェイでの優れた上演作品を表彰する第50回ドラマ・デスク賞(Drama Desk Awards)が22日発表され、"Doubt"が監督賞(ダグ・ヒューズ)など5部門、"Monty Python's Spamalot"が新作ミュージカル賞など3部門を獲得したようだ。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)第1シーズン最終回が22日放送され、平均視聴者数3030万人を記録したようだ。
米ハンバーガー・チェーンCarl's Jr.の新CMにパリス・ヒルトンが登場、特設サイトで60秒バージョンを公開したところ4時間に渡ってサイトがダウンしたらしい。
グウィネス・パルトロウは、米化粧品メーカーEstee Lauderのイメージキャラクタに起用されたようだ。
英BBCで23日、24時間ストが行われ、ニュース番組などが休止となった模様。
カンヌ映画祭恒例のパルム・ドッグ(Palm Dog)賞は、モンゴル映画"The Cave of the Yellow Dog"に出演したモンゴリアン・シープドッグに贈られたようだ。
Walt Disney StudiosはEMI Musicと契約、「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")に基づく2枚のサントラを制作するらしい。
「スター・ウォーズ」シリーズ全6作品のサントラが、24日からMoraで配信されるようだ。
24日行われる「Yahoo! JAPAN ライブトーク」第2回に、「四日間の奇蹟」で主題歌「Eternally」を歌う平原綾香が登場するようだ。
マイク・ミッチェル(Mike Mitchell)監督、マイケル・アンガラーノ、カート・ラッセル、ケリー・プレストン、ダニエル・パナベイカー(Danielle Panabaker)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(Mary Elizabeth Winstead)、ブルース・キャンベル、デヴィッド・フォーリー、スティーヴン・ストレイト(Steven Strait)、リンダ・カーター共演による新作スーパーヒーロー・コメディ"Sky High"のキャラクター・バナーが公開されたようだ。
Walt Disney PicturesによるフルCGアニメ「チキン・リトル」("Chicken Little")の最新予告編が公開されたようだ。
パリス・ヒルトンは「(恋人の)パリス(・ラシス)と私は一緒に暮らしているけど、ペット達は私の別の家で暮らしているの」と語ったらしい。パリス・ラシスが動物嫌いのようだ。ヒルトンは100匹以上の動物を飼っているとか。
初登場1位でのスタートとなった"Monster-In-law"に主演したジェニファー・ロペスは「これは、私がいい女優だと言う証拠よ」と語ったらしい。
激ヤセが話題のリンゼイ・ローハンは「自分の生活には満足しているし、食べることも大好きよ。今はただ、出演したい映画("Fashionistas")のためにトレーニングしているだけ」と語ったらしい。
「モディリアーニ〜真実の愛〜」("Modigliani",2004年)と「逆境ナイン」(羽住英一郎監督,2005年)の試写会が来月、ブロードバンド映像配信サービス「Plala.TV on 4th MEDIA」で行われるようだ。
Movietickets.comでは、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のオンラインチケット販売が、ピーク時に毎秒30枚を記録したらしい。
23日広島県岩子島で行われた佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」のロケに、蒼井優が参加したようだ。
"Desperate Housewives"(2004年-)に悪役としてゲスト出演していたロジャー・バートは、来シーズンからレギュラーとして登場するらしい。
カール・ハイアセン(Carl Hiaasen)の児童書「HOOT」("Hoot")の映画化で、ローガン・ラーマンが主演に起用されたらしい。
アレックス・カーツマン(Alex Kurtzman)とロベルト・オーチー(Roberto Orci)は、新作"2:22"をプロデュースするようだ。同じ毎日が繰り返されるようになったある芸術家の話らしい。
Paramount Picturesは、ハーバート・リーバーマン(Herbert Lieberman)の小説"Crawlspace"の映画化で、「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)を手掛けたスティーヴン・サスコ(Stephen Susco)を脚本に起用したようだ。
シルヴェスタ・スタローンは、エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe,1809-1849)の生涯を描く"Poe"で脚本と監督を務める模様。ロバート・ダウニーJr.が主演候補に挙がっているらしい。
"Ghost Rider"のマーク・スティーヴン・ジョンソン監督は、デヴィッド・S・ゴイヤーによるオリジナル脚本を書き直したことについて「良い悪いということではない。僕はただ別のストーリーを選んだだけで、脚本は本当に気に入っていた。僕がやりたいストーリーではなかった、というだけなんだ。僕はデヴィッドの作品が大好きだし、彼の大ファンだよ」と語ったようだ。
英BBCの大ヒットSFドラマシリーズ"Doctor Who"(2005年-)に出演する歌手のビリー・パイパー(Billie Piper)は、セカンドシーズン途中で降板するらしい。
米NBCのドラマシリーズ"Law & Order: Criminal Intent"(2001年-)の新シーズンで、アナベラ・シオラのレギュラー出演が決まったようだ。
ベティ・トーマス監督、ソフィア・ブッシュ(Sophia Bush)、ブリタニー・スノウ(Brittany Snow)主演の新作"John Tucker Must Die"で、アシャンティ(Ashanti)の共演が決まったらしい。
オーストラリア人俳優のネイサン・フィリップス(Nathan Phillips)は、デヴィッド・R・エリス監督、サミュエル・L・ジャクソン主演の新作"Pacific Air Flight 121"で米国映画デビューするらしい。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)のタイトル未定の前編は、「黒の怨」("Darkness Falls",2003年)のジョナサン・リーベスマン(Jonathan Liebesman)が監督を務めるようだ。レザーフェイスの誕生が描かれるらしい。
レネー・ゼルウィガーは、夫ケニー・チェズニー(Kenny Chesney)のMVに出演するらしい。
「シン・シティ」("Sin City",2005年)の続編についてロバート・ロドリゲス監督は、"A Dame to Kill For"が原作になる、と語ったらしい。
ジェーン・フォンダが主演した「9時から5時まで」("Nine to Five",1980年)の続編が企画されているらしい。
「踊る大紐育」("On the Town",1949年)が、ケヴィン・コスナーの主演でリメイクされるらしい。
  5/25
行定勲監督、妻夫木聡、竹内結子共演「春の雪」のポスターが公開されたようだ。来月から全国300館の劇場に掲示されるらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」の完成披露試写会が24日都内で行われ、真田広之、中井貴一、佐藤浩市、安藤政信、チェ・ミンソらが舞台挨拶に立ったようだ。自衛隊基地内での"隊員限定試写会"も企画されているとか。
ブルース・ウィリスが、富士重工業「ニューレガシー」の新CMに出演するらしい。25日から放送されるようだ。
オランダ国際球根協会主催による第4回「Ms. Lily」に桃井かおりが選ばれ、24日都内で行われた授賞式に出席したようだ。「もう1本ハリウッド映画出演が決まった」と語ったらしい。
デジタル映画上映の実験施設として、客席数168の劇場が日本工学院専門学校内に完成したようだ。若手制作者の発表の場や、地域の上映施設としても開放されるらしい。
米監視団体Dove Foundationは、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")とタイアップした子供向け商品のプロモーション・キャンペーンを中止するようBurger Kingに要請したらしい。
奈良県では「奈良にゆかりの映画情報」を募集しているらしい。データベース化してインターネットで公開する予定とか。
英国に住む20歳の男性と17歳の女性が、「スター・ウォーズ」に登場する"ライト・セーバー"の代用として蛍光灯にガソリンを注いで火を付けたところ爆発、2人とも重傷を負ったらしい。 [☆蛍光灯の中でガソリンに火がついて光る・・・と思ったんでしょうか?]
チェ・ジンウォン監督、キム・レウォン主演の新作アクション「ミスター・ソクラテス」が19日にクランクインした模様。
映画界を舞台にしたドラマ「その夏の台風」が、28日から韓国SBSでスタートするようだ。チョン・ダビン、ハン・イェスルが共演するらしい。
4日から韓国公開されているチャ・スンウォン主演「血の涙」の観客動員数は、22日までに211万人に達したようだ。
「B・B・キング記念館」が故郷のミシシッピ州に建設されるらしい。
パリス・ヒルトンが出演した米ハンバーガー・チェーンCarl's Jr.のCMに対し、米監視団体のParents Television Councilが会員に抗議を呼びかけているようだ。米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)への通告も検討している模様。
マイケル・ジャクソンの裁判で24日、ジェイ・レノが証言したようだ。クリス・タッカーも最後の証人として証言を行うらしい。
米政治団体MoveOn PACは、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の公開に合わせ、新しい広告キャンペーン"Save the Republic"をスタートさせたようだ。
レネー・ゼルウィガーの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
イ・ファンギョン監督の新作「角砂糖」で、イム・スジョンの主演が決まったようだ。女性騎手を演じるらしい。
中田新一監督「風のダドゥ」の製作発表が25日、ロケ地の阿蘇で行われ、榎木孝明、勝野洋らが出席したようだ。
1960年代後半を舞台にした新作ファミリー映画"Derby"で、ダリル・サバラの主演が決まったようだ。両親を事故でなくした少年が、叔父・叔母の暮らすSoap Box Derbyが盛んな小さな町で暮らすことになり・・・という話らしい。8月からニューメキシコで製作が始まる模様。
capsuleの新曲「space station No.9」のMVを、百瀬義行が監督したらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新日本版ポスターが公開されたようだ。
渋谷ドキュメンタリー映画「サーフ・アドベンチャー」("Surf Adventures - O Filme",2002年)の公開記念イベントが27日に渋谷で行われるようだ。Fantastic Plastic Machineの田中知之がゲストDJとして参加するらしい。
アンソニー・ミンゲラ監督、ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペン共演の新作"Breaking and Entering"で、マーティン・フリーマン、レイ・ウィンストン、マーク・ベントンの出演が決まったようだ。
ウェス・クレイヴン監督「サランドラ」("The Hills Have Eyes",1977年)のアレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja)監督によるリメイクで、エズラ・バジントン(Ezra Buzzington)の出演が決まったようだ。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の撮影が、英リンカンシャー州のリンカン大聖堂(Lincoln Cathedral)で行われるらしい。ロンドンのウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)として使われるようだ。
フィル・ジョアノー監督、ザ・ロック、Xzibit共演の新作"Gridiron Gang"の撮影が24日、サンタモニカ山地で始まったようだ。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")のティーザー・サイトがオープンしたらしい。
キーラ・ナイトレイは、ハリウッドに引っ越すらしい。恋人のジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)も付いて来るようだ。
「フレンズ」("Friends",1994-2004年)の映画化に向けて、デヴィッド・シュワイマー、ジェニファー・アニストン、マシュー・ペリー、マット・ルブラン、コートニー・コックス、リサ・クードロウの6人が出演交渉に入っている模様。 [☆出演料は一人1900万ドル!?その6倍で・・・]
マコーレー・カルキンはMiramax Booksと契約、作家デビューするらしい。
リンゼイ・ローハンは「私だって(キーラ・ナイトレイやスカーレット・ヨハンソンのように)一生懸命やっているのに、マスコミは(2歳年上の)彼女たちをずっと大人のように思わせているわ。彼女たちのファンが大人で、私のファンが若いからなのよ。だから、マスコミは私が四六時中デートしているように書くんだわ」と語ったらしい。
ラース・フォン・トリアー監督によるアメリカ三部作完結篇"Wasington"で、第1作「ドッグヴィル」("Dogville",2003年)に主演したニコール・キッドマンが出演交渉に入った模様。"Manderlay"(2005年)で主人公を演じたブライス・ダラス・ハワードとの"共演"も検討されているらしい。
Focus Featuresの新作紹介映像が公開されたようだ。
"Mission: Impossible III"に、ミシェル・モナハンとジョナサン・リース=マイヤーズの出演が決まったようだ。撮影は7月18日からイタリアのカゼルタで始まる模様。
New Line Cinemaは、Tapestry Filmsと脚本家のブレント・ゴールドバーグ(Brent Goldberg)、デヴィッド・ワグナー(David Wagner)によるタイトル未定のロマンチック・コメディ企画を獲得したようだ。最悪の結婚式を何度も追体験する女性が主人公らしい。
ブライアン・リー・オマリー(Bryan Lee O'Malley)のグラフィック・ノベル"Scott Pilgrim's Precious Little Life"のエドガー・ライト(Edgar Wright)監督による映画化で、Universal Picturesはマイケル・バコール(Michael Bacall)を脚本に起用したようだ。
New Line Cinemaは、ジェフ・パーカー(Jeff Parker)の自主出版によるグラフィック・ノベル"Interman"の映画化権を獲得した模様。「エクソシスト ビギニング」("Exorcist: The Beginning",2004年)のアレクシ・ホウリー(Alexi Hawley)が脚本を執筆中らしい。
Warner Bros.は、ジョッシュ・シュトルベルク(Josh Stolberg)、ボビー・フローシャイム(Bobby Florsheim)によるコメディ脚本"Man-Witch"を獲得したようだ。"魔女"としての能力に気付いた男性教員が、幼い魔女達が通う学校に入学し・・・という話しらしい。
クライヴ・バーカー(Clive Barker)のホラー小説"The Midnight Meat Train"の、パトリック・タトポロス(Patrick Tatopoulos)監督による映画化で、Lakeshore Entertainmentの出資が決まったようだ。今秋から製作に入るらしい。
ジョージ・A・ロメロ監督「死霊のえじき」("Day of the Dead",1985年)のリメイクは、Millennium Films、Taurus Entertainment、Emmett/Furla Filmsが手掛けるらしい。
「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)の第8シーズン制作が決まったらしい。
New York Post紙は、"Mission: Impossible III"に「ケイティ・ホームズが出演する可能性がある」と報じたらしい。
23日放送の"The Oprah Winfrey Show"にトム・クルーズが出演、ケイティ・ホームズとの交際を語る彼は、(嬉しさのあまり?)何度もソファの上で飛び跳ねたらしい。
米E! Entertainment Televisionは、旅行番組"Wild On!"の新シリーズを8月にスタートすると発表したようだ。タラ・リードが司会を務めるらしい。
  5/26
南Q太のコミック「さよならみどりちゃん」が、古厩智之監督、星野真里、西島秀俊共演で映画化されたようだ。8月27日から公開される模様。
ギャガ・コミュニケーションズは25日、2005年3月中間期の連結決算を発表、最終損益は38億8700万円の赤字となったようだ。DVD発売作品数の半減により映像版権部門が不振だった模様。
日本コカ・コーラ「七色亜茶」のCMに、ペ・ヨンジュンが出演するようだ。来月8日から放送されるらしい。撮影はタイで行われたとか。
映画「殴者」の試写会が25日都内で行われ、桜庭和志、高山善広らが出席したようだ。
前田哲監督「陽気なギャングが地球を回す」クライマックスシーンの撮影が愛知県豊橋市で行われ、大沢たかお、鈴木京香裸眼参加したようだ。ロサンゼルスでのロケも予定されているとか。
7月16日から開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2005」の短編部門で、高嶋政伸が審査委員長を務めることになったようだ。
堀江慶監督「そのとき私は死ぬことにした」の製作発表が25日、群馬県嬬恋村で行われ、真木よう子、市村正親、イ・ワンらが出席したようだ。風吹ジュン、荻野目慶子、中嶋朋子らも共演するらしい。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)プロモーションのため、ヒラリー・スワンクとモーガン・フリーマンが来日、25日都内で記者会見を行ったようだ。栗山千明が花束を贈呈したらしい。
イ・ビョンホンの所属事務所は25日、「甘い人生」の写真集が扶桑社から出版されたことについて「昨年ポニーキャニオンと契約した際は出版社の名前について明らかにされなかった。扶桑社が出版社であると知った後、ポニーキャニオンにこれ以上写真集を流通させないよう正式に抗議した」と釈明し、謝罪したようだ。
飛騨高山の高山祭で使用される屋台の制作過程を13年間に渡って追った、乾弘明監督のドキュメンタリー映画「平成職人の挑戦」が、7月10日に愛知県犬山市南部公民館で上映されるらしい。三國連太郎がナレーションを務めているようだ。
広島市の被爆直前の町並みを、生存者の証言やCG映像で再現する、爆心地復元映像制作委員会制作による映画のロケが25日、同市内で始まったようだ。
7月にロンドンで開催されるチャリティコンサートLive AID IIで、Spice Girlsが再結成されるらしい。
SC鳥取は26日、角川映画と契約し「妖怪大戦争」(三池崇史監督)のロゴをユニフォームに採用すると発表したようだ。
スウェーデン議会は25日、映画や音楽などの著作物を無許可でダウンロードすることを禁じる法案を可決したようだ。
「眺めのいい部屋」("A Room with a View",1985年)、「ミスター&ミセス・ブリッジ」("Mr. & Mrs. Bridge",1990年)、「ハワーズ・エンド」("Howards End",1992年)、「日の名残り」("The Remains of the Day",1993年)、「サバイビング・ピカソ」("Surviving Picasso",1996年)、「金色の嘘」("The Golden Bowl",2000年)、「ル・ディヴォース〜パリに恋して〜」("Le Divorce",2003年)など、ジェイムズ・アイヴォリー監督作品を数多く手掛けた、映画プロデューサーのイスマイル・マーチャント(Ismail Merchant)さんが25日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
DreamWorksの新作CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")で親友ベン・スティラーと共に声優を務めたクリス・ロックは、一番好きなスティラーのコメディ作品を尋ねられた時「僕はベンのことをあまり評価してないんだ」と答え、スティラーを笑わせたらしい。
米司法省とFBIは25日、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")など1万8000本近い映画やソフトウェアを無許可でネット上に流出させたとして、全米10ヶ所で一斉摘発を行ったと発表したようだ。
今年のサンダンス映画祭のドキュメンタリー部門で最高賞を受賞したユージーン・ジャレキ(Eugene Jarecki)監督"Why We Fight"の北米配給権を、Sony Pictures Classicsが獲得したようだ。今年後半の公開が予定されているらしい。
来月3日から全米公開される、実在のボクサーを描いたロン・ハワード監督、ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー共演の新作「シンデラレラマン」("Cinderella Man")は、すでにアカデミー賞など本年度映画賞レースの最有力候補の一つと噂されているようだ。
E!が24日「ジェシカ・シンプソンが離婚訴訟」とオンラインで報じ、1時間後に消していたらしい。シンプソンはUS Weeklyに対し「全くのでたらめよ。記事を引っ込めてなければ訴えてやったわ」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズは、実は飛行機嫌いだったようだ。
神話のエリックは、来月から映画「6月の日記」の撮影に合流、シン・ウンギョン、キム・ユンジンらと共演するようだ。 [☆「10月の日記」→「12月の日記」→「6月の日記」→?]
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")からの最新画像が公開されたようだ。
ジョセフ・ラスナック監督による新作ロマンス"Elvis and Annabelle"で、アンバー・タンブリンとシャイア・ラブーフが共演するらしい。ミス・テキサスに選ばれた女性がステージで急死して・・・という話しとか。
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演"Aeon Flux"のビデオゲーム版予告編が、公式サイトで公開されたようだ。
ジョニー・ノックスヴィル、バート・レイノルズ、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェシカ・シンプソン、ウィリー・ネルソン共演の新作"The Dukes of Hazzard"のポスターが公開されたようだ。
ヴァルテル・サレス監督、ジェニファー・コネリー、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス、ダグレイ・スコット、ピート・ポスルスウェイト、アリエル・ゲイド(Ariel Gade)共演の新作「ダーク・ウォーター」("Dark Water")からの最新画像が公開されたらしい。、
新作"Mr. and Mrs. Smith"のダグ・リーマン監督は、共演予定だったニコール・キッドマンが降板して、ブラッド・ピットを留まるように説得するのは大変だった、と語ったらしい。
ヘイデン・クリステンセンは「ハリウッドに興味がわかないんだ。だから、建築学を勉強しようと思っている。映画は製品で、俳優として出来るのは自分自身を売り渡すことだけ。自分の誠実さを売り渡せるようになるまでは、食卓につくことは出来ないんだ。オーランド・ブルームには出来ても、僕には出来ないよ」と語ったらしい。
Yahoo! Moviesに、利用者の好みに合わせて映画を推薦する機能が追加されたらしい。
アン・クォンテ監督、ウォン・ビン、シン・ハギュン共演「マイ・ブラザー」の公開を記念した切手が発売されるらしい。関東と関西の主要郵便局などに申込用紙が設置され、来月1日から予約受付が行われるようだ。
5月25日付オリコンデイリーシングルチャートで、ORANGE RANGEの歌う「電車男」の主題歌「ラヴ・パレード」が1位、Gacktが歌う「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」の主題歌「Metamorphoze〜メタモルフォーゼ〜」が2位、平原綾香が歌う「四日間の奇蹟」の主題歌「Eternally」が15位に入ったようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の最新予告編が、28日から全国1175スクリーンで上映されるらしい。全国9都市で前売り券発売も始まるようだ。
ホイットニー・ヒューストンが、薬物中毒のリハビリ治療を終えたようだ。
Paramount Picturesの元社長、トム・ジェイコブソン(Tom Jacobson)は、アルフレッド・ベスター(Alfred Bester)のSF小説「分解された男」("The Demolished Man")の映画化について、Paramountと契約を結んだようだ。
Warner Bros. Picturesは、ジェイムズ・パターソン(James Patterson)のベストセラー"When the Wind Blows"とその続編"Maximum Ride"の映画化権を獲得したようだ。
Walt Disney Picturesは、実写とCGの合成による新作"Enchanted"で、「ターザン」("Tarzan",1999年)、「102」("102 Dalmatians",2000年)を手掛けたケヴィン・リマを監督に起用したようだ。アニメの世界を追い出されたお姫様気取りの女の子が、ニューヨークで真の愛を探す・・・という話しらしい。
クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがそれぞれ60分のホラー映画を監督、"Grind House"として来春公開されるらしい。
現在撮影中のニコラス・ケイジ主演"Ghost Rider"で共演するエヴァ・メンデスは「彼は本当におかしくて、彼のユーモアのセンスは最高。監督のマーク・スティーヴン・ジョンソンもまた面白い人で、私は2人に挟まれて笑いっぱなしよ」と語ったようだ。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー主演の新作「アイランド」("The Island")で共演したスカーレット・ヨハンソンは「初日からずっと筋肉痛で、走ることも出来なかったわ。でもそれが5ヶ月間の撮影の初日だったのよ!あんまりたくさん走って、死ぬかと思ったわ。でも、ユアン・マクレガーは初日からあざだらけで、彼の苦痛を思えば、私なんてたいしたことないと思ったの」と語ったようだ。
「アイランド」("The Island")の記者会見に出席したマイケル・ベイは、アルフレッド・ヒチコック監督「鳥」("The Birds",1963年)のリメイク企画の質問に「それについて話すつもりはないよ。やるかどうかもまだ分からないしね」と応えたようだ。それを聞いたスカーレット・ヨハンソンは少し驚いて「『鳥』をリメイクするの?ティッピ・ヘドレンが出てたあれを?ヒチコック作品をリメイクするなんて無理よ!」と発言、ベイ監督は「リメイクは危険な坂道だよ。僕がリメイクすべきでないと思うのは『シャイニング』("The Shining",1980年)かな。キューブリックを愛しているし、双子の廊下のシーンはどんな映画よりも恐ろしいよ」と語ったらしい。
PS2用ゲームソフト「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」が、7月9日に発売されるらしい。
ピーター・ヒューイット監督、ティム・アレン、コートニー・コックス共演の新作コメディ"Zoom"で、チェヴィ・チェイスの出演が決まったようだ。
24日行われたピーター・シーガル監督によるリメイク版「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard")のプレミアに出席したバート・レイノルズは、取材を求めてきたニュース番組のプロデューサーがリメイク版も1974年のオリジナル版を観ていないと認めたとき、彼を平手打ちにして「お前何様のつもりだ?」と言ったらしい。その模様はWCBS-TVで25日朝放送されたようだ。レイノルズの広報担当者は「からかっただけ」と説明したとか。
社団法人日本映像ソフト協会は25日、会長に角川歴彦、副会長に高井英幸を再任したと発表したようだ。
ガイ・リッチー監督、レイ・リオッタ、ジェイソン・ステイサム共演の新作"Revolver"の予告編が公開されたようだ。
「ドッグ・ソルジャー」("Dog Soldiers",2002年)のニール・マーシャル監督による新作"The Descent"の特報が、公式サイトで公開されたようだ。
  5/27
野伏翔監督、ガッツ石松主演の新作「ガッツ伝説〜愛しのピット・ブル〜」では、埼玉県蕨市の中仙道蕨宿商店街が撮影に全面協力、18店舗が実名で登場するらしい。 [☆元蕨市住民としては気になります・・・]
「いま、会いにゆきます」(土井裕泰監督,2004年)のロケ地となったヒマワリ畑などが、北杜市冨士の国やまなしフィルム・コミッションのサイトで紹介されているようだ。
クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)のジャパンプレミアが26日Zepp Tokyoで行われ、来日中のヒラリー・スワンクとモーガン・フリーマンが舞台挨拶に立ったようだ。藤原紀香、安倍晋三自民党幹事長代理らも会場を訪れたとか。
アンドリュー・ホーン監督「ノミ・ソング」("The Nomi Song")の試写会が26日都内で行われ、レイザーラモンの住谷正樹、出渕誠がゲスト参加したようだ。
村上正典監督「電車男」の完成披露試写会が26日、ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、山田孝之、中谷美紀、国仲涼子らが舞台挨拶に立ったようだ。香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、タイでの公開も決まったらしい。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の完成披露試写会が26日都内で行われたようだ。東京、大阪、パリ、ロンドン、リオデジャネイロ、メキシコシティ、シドニー、香港の8都市の建物を背景にしたポスターが製作され、大阪城版は来月7日から大阪のJR主要駅などに掲示されるとか。
BSデジタルテレビ8社の共同企画による「BSデジタル映画祭05」のナビゲーターに加藤浩次、田中直樹が起用されたようだ。
現在撮影中のクァク・キョンテク監督の新作「台風」では、チャン・ドンゴンが海賊、イ・ジョンジェが海軍将校を演じているらしい。来月からはウラジオストクでロケが行われ、公開は12月になる模様。
米People誌の調査によると、トム・クルーズとケイティ・ホームズのロマンスについて、読者の62%が映画の宣伝工作だと回答したらしい。 [☆隠すと暴かれ、公表すると疑われ・・・ちょっと可哀相かな?]
カンヌ映画祭フィルムマーケットで2度にわたって行われた阪本順治監督「亡国のイージス」の試写会には20ヶ国29社が訪れたほか、32ヶ国55社から問い合わせが合ったらしい。真田広之に対する評価も高いようだ。
米NBCで25日放送された人気ドラマシリーズ"Law & Order: Criminal Intent"(2001年-)今シーズン最終回に、個人を中傷する表現があったとして、テキサス州選出のトム・ディレイ(Tom DeLay)下院議員院内総務は、NBCの社長に対して抗議の書簡を送ったらしい。
Marie Claire誌のインタビューに答えたアンジェリーナ・ジョリーは「(ブラッド・ピットとの関係は)一切なかった。私の父(ジョン・ヴォイト)が母を裏切ったように、結婚した男と親密な関係になることは許すことが出来ない」と語ったようだ。
「グラディエーター」("Gladiator",2000年)の3枚組みDVDが8月23日に米国でリリースされるらしい。17分間の未公開シーンが追加されているほか、ラッセル・クロウによるコメンタリーも収録されるらしい。コメンタリーは今週ロサンゼルスで収録する予定とか。
7月14日モントリオールで開幕するコメディ・フェスティバルJust for Laughs Comedy Festivalで、ジェイムズ・ベルーシ、デイム・エドナ(Dame Edna)、エディ・イザードらが司会を務めるようだ。
米4大ネットワークによる2004-05年シーズンの視聴率競争で、米FOXが、CBS、ABC、NBCを抑えて初の1位を獲得した模様。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)のメンバーである民主党のジョナサン・アデルスタイン(Jonathan Adelstein)は「TV番組のスポンサーを公表しないことは違法である」として、急増するプロダクト・プレイスメントについて政府が調査を行うべきだと発言したようだ。
東芝の岡村正社長は、次世代DVD規格について「どちらの規格が良いかは、消費者や消費者に近いハリウッドが決めることになる」と発言したようだ。 [☆どちらに転んでも責任は消費者にある・・・身勝手すぎません?]
Xzibitは米運動靴メーカーのDadaと2年契約を結んだようだ。
ジェシカ・アルバは「私って本当に間抜けだと思う。いつもバカなことをしてしまうの。つまずいたり、ものをひっくり返したり。この間も、ドアに自分の頭をぶつけちゃったわ。恋人の車に乗って、頭がまだ外にあるのにドアを閉めちゃったのよ」と語ったらしい。
E! Onlineは、「ジェシカ・シンプソンが離婚訴訟」とする記事を掲載したことについて、記事を訂正し謝罪したようだ。
Yahoo!動画に「韓国俳優情報」コーナーがオープン、ペ・ヨンジュンカン・ドンウォンピウォン・ビンの4人の最新情報などが紹介されているらしい。
Amazon.co.jpに「スター・ウォーズ」ストアがオープンしたようだ。
「ゴーストシャウト」(塚本連平監督,2004年)が27日からShowTimeで有料配信されるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds")の最新予告編が公開されたようだ。
リュダクリス主演"Hustle & Flow"を手掛けたクレイグ・ブリュワー(Craig Brewer)監督の次回作"Black Snake Moan"で、サミュエル・L・ジャクソンとクリスティーナ・リッチが共演するらしい。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")の最新予告編が公開されたようだ。
MTVの紀行番組"Trippin'"収録のため、Frankfurt Zoological Societyのスタッフと共にタンザニアを訪れているキャメロン・ディアス、ジャスティン・ティンバーレイクらは、ライオンへの伝染病の感染源となる犬への予防接種や、ライオンからの血液採取、発信機の取り付けなどを体験したらしい。
来月4日に開催されるMTV Movie Awardsで、トム・クルーズ主演による短編パロディ作品が上映されるらしい。
ビデオ流出、愛犬失踪、個人情報流出と、ここ数年災難が続いているパリス・ヒルトンは「いつも、どうしてこんなことになるの?と思うけど、でもみんな他人のやったことで、私のせいじゃない。神は、私が善良な人間であることをご存知だわ」と語ったらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクの母親は、ゴシップ記事で傷つけられた息子の名声を守るため、自伝を執筆中らしい。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作「アイランド」("The Island")の最新予告編国際版予告編が公開されたようだ。
アダム・サンドラーは、「アタック・オブ・ザ・キラートマト」("Attack of the Killer Tomatoes!",1978年)のリメイクを企画しているらしい。
三池崇史監督「妖怪大戦争」の主題歌「愛を謳おう」は、忌野清志郎と井上陽水がデュエットしているらしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」に、長嶋一茂が出演するらしい。
キム・テヒが、北朝鮮で行われたファッションショーにモデルとして参加したらしい。
Warner Bros.は「誰が為に鐘は鳴る」("For Whom the Bell Tolls",1943年)を再び映画化するようだ。「トロイ」("Troy")のデヴィッド・ベニオフ(David Benioff)が脚本を執筆中で、レオナルド・ディカプリオが出演交渉中らしい。
映画プロデューサーのリンダ・オスト(Lynda Obst)とWalt Disney Picturesは、「ベビーシッター・アドベンチャー」("Adventures in Babysitting",1987年)のリメイクを企画しているらしい。ヒラリー・ガラノイ(Hilary Galanoy)とエリザベス・ハッケット(Elizabeth Hackett)が脚本を担当するようだ。
セバスチャン・グティエレス(Sebastian Gutierrez)脚本・監督、ルーシー・リュー主演の新作ホラー・スリラー"Rise"で、マイケル・チクリスの共演が決まった模様。来月から撮影に入るようだ。
ミシェル・マクラーレン(Michelle MacLaren)監督の新作サイコ・スリラー"Population 436"で、ジェレミー・シストが主演するようだ。Limp Bizkitのフレッド・ダースト(Fred Durst)も出演するらしい。100年間もの間436人の人口が変わっていない町を訪れた国勢調査員が・・・という話しとか。
20th Century Foxは、新作"Ghost of 21"の脚本に、"Without a Paddle"(2004年)のミッチ・ロウズ(Mitch Rouse)とジェイ・レゲット(Jay Leggett)を起用したようだ。結婚を間近に控えた30歳の男を主人公にしたコメディらしい・
DreamWorks Picturesは"The Ring 3"の製作を決めたようだ。前2作よりも小規模な作品となり、ナオミ・ワッツも出演しない模様。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")で、ポール・ベタニーが共演するようだ。
ジョニー・デップ主演の新作「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")を手がけたティム・バートン監督は「(ロアルド・ダールの)原作が大好きだったんだ。今でこそ『ハリー・ポッター』のおかげでポピュラーになったけど、僕が子供の頃は、こういう作品を書く人物はほとんどいなかったよ」と語ったようだ。
スカーレット・ヨハンソンは、"Mission: Impossible III"を降板した理由について「スケジュールがぶつかってしまったの。M:I 3のように大きなプロジェクトでは、簡単に交代は出来ないわ。私はウディ(・アレン)と仕事がしたかったの。残念だけど、不慮の災難だと思うわ」と語ったようだ。
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」("Transformers")の映画化で脚本を担当するアレックス・カーツマン(Alex Kurtzman)は「僕らは"Campbell Soup: The Movie"と呼んでいるんだ。究極のプロダクト・プレイスメントだよ(笑)。どうやって、ただのプロダクト・プレイスメントだと思わせないようにするか、大きなチャレンジだ」と語ったようだ。
So-netは、今月31日にヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催される「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のワールドプレミアの模様を無料でライブ配信するらしい。
アダム・シャンクマン監督、スティーヴ・マーティン主演"Cheaper by the Dozen 2"で、カーメン・エレクトラが共演するようだ。
「ダラス」("Dallas",1978-1991年)などのTVドラマに多数出演したほか、「ミスター・アーサー」("Arthur",1981年)、「ビバリーヒルズ・コップ」("Beverly Hills Cop",1984年)などの映画でも活躍した、米俳優のスティーヴン・エリオット(Stephen Elliott)さんが21日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  5/28
ペ・ヨンジュンの公式ホームページにある掲示板が、27日から再開されたようだ。
下瀬ゆふ監督「レストラン」で、加藤つかさが主演を務めるらしい。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")プロモーションのため、クリスチャン・ベイルが27日、来日したようだ。
キム・ホジュン監督「マイ・リトル・ブライド」に主演するムン・グニョンが来日、27日新宿のシネマスクエアとうきゅうで舞台挨拶に立ったようだ。
韓国国防省は27日、映画「シルミド/SILMIDO」(2003年)の題材となった実尾島事件などの調査する「国防省過去史真相糾明委員会」を発足させたようだ。
「透光の樹」(根岸吉太郎監督,2004年)を途中降板したにもかかわらず出演料の支払いを要求したとして、恐喝未遂罪で起訴されている萩原健一被告に対し、検察側は懲役1年6月を求刑した模様。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」(「外出」)は、韓国、日本、台湾などアジア10カ国で9月9日に同時公開されることが決まったようだ。
チャン・イーモウ監督が、再びオペラ「トゥーランドット」を演出するらしい。今回はフランスで上演されるようだ。
「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)、「オクラホマ!」("Oklahoma!",1955年)、「陽はまた昇る」("The Sun Also Rises",1957年)、「荒野の女たち」("7 Women",1966年)、「ふたり自身」("The Heartbreak Kid",1972年)、「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)、「エアポート'80」("The Concorde: Airport '79",1979年)など映画や、「農園天国」("Green Acres",1965-1971年)などのTVドラマで活躍した、米俳優のエディ・アルバート(Eddie Albert)さんが26日亡くなった(99歳)。ご冥福をお祈りいたします。
2929 Entertainmentが先月、スティーヴン・ソダーバーグと新作6作品の劇場、DVD、CATVでの同時リリースに関する契約を結んだことに対し米国内の劇場主が反発、ソダーバーグ監督の新作の上映拒否を発表しているようだ。
最近太り気味でメディアからの攻撃を浴びているマット・ルブランは「僕は36歳のイタリア人の男だよ。僕に何を期待しているんだ?」と語ったとか。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の全米興行収入が、公開8日で200億ドルを突破、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の記録と並んだようだ。全世界興収はすでに3億5690万ドルに達したらしい。
来シーズンの「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)に、ジャスティン・ティンバーレイクがゲスト出演するらしい。ゲイの役を演じるとか。
パリス・ヒルトンは「自分自身でお金を儲けることは、何よりも素晴らしいことよ。私はお金と共に成長してきたし、お金のことについて考えたことは一度もなかったわ。でも、私は『DCブランドの服しか着ないの』ていう人間じゃないわ。私が古着屋で5ドルの素敵なドレスを見てちゃいけないの?」と語ったらしい。
米ABCで25日放送された、人気SFドラマシリーズ"Lost"(2004年-)の今シーズン最終回は、平均視聴者数2070万人を記録したようだ。
ウェス・クレイヴン監督、レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィ共演の新作スリラー"Red Eye"のポスターと最新画像が公開されたようだ。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")を手がけるデヴィッド・イエーツ(David Yates)監督は「映画のハイライトは、ホウキにまたがったテムズ川でのハイスピードのチェイスシーンになるだろう。とてもエキサイティングだが、撮影は難しそうだ。このシーンでは17の地方自治体の協力が必要だが、そのうちのいくつかは否定的なようだ。ロケーション・マネージャーはこれから4ヶ月間、そういった調整に追われることになる」と語ったようだ。
「ファンタスティック・フォー」("Fantastic Four")の最新ポスターが公開されたようだ。
テリー・ギリアム監督、マット・デイモン、ヒース・レッジャー、モニカ・ベルッチ共演"The Brothers Grimm"のポスターが公開されたようだ。
ピが27日、来日したようだ。空港には500人のファンが集まったらしい。29日に開催されるMTV Video Music Awards Japanに出演、30日には表参道でトークイベントに参加するようだ。
瀬々敬久監督「肌の隙間」(2004年)のレイトショー公開が28日、渋谷ユーロスペースでスタートしたようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ、ケヴィン・スミス、リチャード・リンクレイターの3人は、米CATV局Independent Film Channelが来月17日ニューヨークにオープンするIFCセンターの相談役に就任するようだ。また、アルフォンソ・クアロン、エロール・モリス、ジョン・セイルズ、レベッカ・ミラー、ゲイリー・ウィニックが取締役に就くらしい。
ハンター・S・トンプソン(Hunter S. Thompson,1937-2005)の記念碑が、彼の亡くなったコロラド州のアスペンに建てられるらしい。高さ50メートルで、先端には大砲が置かれるとか。ジョニー・デップが資金を提供するようだ。
マライア・キャリーの新曲"We Belong Together"が、ビルボード・シングルチャートで16枚目となる1位を獲得、The Beatlesの20枚、エルヴィス・プレスリーの18枚に次ぐ記録となったようだ。
  5/29
ペ・ヒョンジュン監督「彼女を信じないでください」が28日初日を迎え、キム・ハヌルがヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立ったようだ。速水もこみちがゲストとして参加したらしい。
鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」が28日初日を迎え、鈴木監督、オダギリジョー、薬師丸ひろ子、由紀さおりらが丸の内ピカデリー2で舞台挨拶に立ったようだ。
クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)が28日初日を迎え、ヒラリー・スワンクとモーガン・フリーマンが丸の内ピカデリー1で舞台挨拶に立ったようだ。
ムン・スンウク監督の新作「ロマンス」で、チョ・ジェヒョンとキム・ジスが共演するらしい。来月中旬から撮影に入る模様。
渡邊孝好監督「ヒナゴン」が28日、Tジョイ東広島など広島県内5ヶ所の映画館で初日を迎え、伊原剛志、井川遥らが舞台挨拶を行ったようだ。
「スウィングガールズ」(矢口史靖監督,2004年)の撮影に使用された高校の旧校舎が28日、一般に公開されたらしい。老朽化のため7月には解体されるようだ。
日系三世のスティーヴン・オカザキ(Steven Okazaki)監督は、米CATV局で来年放送される、広島、長崎の被爆者を描くドキュメンタリー番組を制作することになったようだ。
オリヴァー・ストーン監督が27日、飲酒運転と麻薬所持で逮捕されたようだ。
The Whoの40年間の活動を追ったマーレイ・ラーナー(Murray Lerner)監督によるドキュメンタリー映画"My Generation: Who's Still Who"(仮題)が来年にも完成するらしい。監督は「別世界に皆さんを連れて行く。SF映画みたいにね。オペラのようにやってみるつもりだ。インタビューの声と音楽を行き来させて遊んでみるよ」と語ったようだ。製作側は、作品に使用する素材をファンから募集しているとか。
Nine Inch Nailsは27日、MTV Movie Awardsへの出演をキャンセルする、と発表したようだ。ジョージ・W・ブッシュ大統領の映像を背景に"The Hand That Feeds"を演奏することに、MTV側が難色を示したためらしい。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の新たなキャラクタ商品が発表されたようだ。 [☆右下の子供の顔がカワイイです。]
シルヴェスタ・スタローン主演"Rambo IV"の撮影が、来年1月にブルガリアで始まるらしい。家族と共に15年間平和に暮らしていたランボーが10歳の娘を人質に取られ・・・という話になるとか。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")では、総量927.4キロリットルのニセのチョコレートが川や滝のシーンで使用されたほか、Nestleの包装にくるまれた11万個のプラスチック製キャンディ・バーや、Nestle製の本物のチョコレート・バーも1850個用意されたらしい。
クリスティーナ・アギレラは先日ハリウッドのクラブで、カウチの上に立ち、ある男に向かって「出て行け!」と怒鳴り散らしていたらしい。危うくケンカになりそうな雰囲気だったものの、ガードマンが彼女を押さえ、その男を店から追い出して、事なきを得たようだ。
「Dear フランキー」("Dear Frankie")プロモーションのため、ジェラルド・バトラーが29日に来日するようだ。
富野由悠季総監督「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」の主題歌を歌うGacktが28日、TOKYO FM スペイン坂スタジオで行われた公開生放送に出演したようだ。
ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」("Deep Blue",2003年)のDVDが28日発売され、オリコンDVDチャートで1位となったらしい。
  5/30
リンゼイ・ローハン主演「ハービー 機械じかけのキューピッド」("Herbie: Fully Loaded")のPRキャンペーンが29日、群馬県前橋市内で行われ、フォルクスワーゲン53台が集まったらしい。
7月5日スタートのフジテレビ「海猿」で共演する伊藤英明、加藤あいが29日、東京湾で行われた海上保安庁の総合訓練、観閲式に出席したようだ。
岡田主監督、蟹江敬三主演「MAZE 南風」が29日、高知県でクランクアップしたようだ。来年のベルリン国際映画祭への出品もすでに決まっているらしい。
27日から韓国で公開中のイム・テヒョン監督の新作「バイバイ、お兄ちゃん」が、総観客動員数35万人を突破した模様。チョン・セファン監督、ヨン・ジョンフン、パク・チニ共演「恋愛術師」もヒットしているらしい。
ファン・ビョングク監督、チョン・ジェヨン、ユ・ジュンサン、ス・エ共演の新作「私の結婚遠征記」("My Wedding Campaign")撮影のため、キャスト、スタッフ70人が27日、ウズベキスタンに向かったらしい。
チャン・イーモウ演出によるオペラ「トゥーランドット」が28日、パリ郊外のフランス・スタジアムで上演され、3万3000人の観客が訪れたようだ。
中国の若手女優、陳小芸が出演するカルシウム補助食品のCMが、北京市当局により放送中止となったらしい。「有名芸能人の広告出演は大衆の間で誤解を招く恐れがある」として、有名タレントが出演する健康食品、薬品、化粧品などのCMを規制していく方針のようだ。
全英シングルチャートで、Coldplayの新曲"Speed of Sound"を押さえ、携帯着信音として史上初めて"Crazy Frog Axel F"が1位を獲得したようだ。
In Touch誌による男性有名人のベスト・パーツが発表され、アッシャーの背中、デヴィッド・ベッカムの足、マシュー・マコノヒーの腹筋、ニック・ラシェイの腕、コリン・ファレルのおしり、がそれぞれ1位に選ばれたらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の全米興行収入は、28日までに2億3673万3000ドルに達した模様。また、27-28日の週末興収では「エピソードIII」が3630万ドル(3663館)で1位を維持、リメイク版「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard")が3380万ドル(3634館)で2位、CGアニメ「マダガスカル」("Madagascar")が3220万ドル(4131館)で3位のスタートとなったようだ。
オジー・オズボーン主催のOzzfestツアーに、ジェイダ・ピンケット・スミス率いるメタルバンドWicked Wisdomが参加する模様。しかも、夫ウィル・スミスと一緒にステージに上がることを検討していると発表したため、一部のファンが反発しているらしい。ウィル・スミスは最近、メタルに目覚めたとか。
「ガメラ」シリーズ最新作「小さき勇者たち〜ガメラ〜」が田崎竜太の監督で製作されるようだ。富岡涼、夏帆が主演、津田寛治、寺島進らが共演するらしい。来月クランクインし来春公開予定とか。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の記者会見が30日都内で行われ、クリスチャン・ベイル、モーガン・フリーマン、リーアム・ニーソン、渡辺謙、ケイティ・ホームズらが出席したようだ。
ショーナ・オーバック監督「Dear フランキー」("Dear Frankie")プロモーションのためジェラルド・バトラーが29日来日、成田空港には2000人以上の女性ファンが集まったらしい。
ジェフ・ネイサンソン(Jeff Nathanson)による"Indiana Jones 4"の脚本が、ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグの承認を得た模様。ただし、ハリソン・フォードはまだ未読で、映画化には彼の承認が必要らしい。一方、ネイサンソンが脚本を執筆する予定の"Rush Hour 3"は、クリス・タッカーとの出演交渉が決裂したようだ。
第2次世界大戦を舞台にしたクエンティン・タランティーノ監督次回作"Inglourious Basterds"で、ティム・ロス、アダム・サンドラー、エディ・マーフィがマイケル・マドセンと共演するらしい。
ショーン・ペンは「十分な貯えは出来た。台本がつまらなくなったら僕は消える」と語ったらしい。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)プロモーションのためのヒラリー・スワンクの来日には、夫のチャド・ロウも同行したらしい。
ローソンは、7月22日に発売される「ULTRAMAN」(小中和哉監督,2004年)のDVDに、オリジナル予約特典として劇場パンフレットを付けた特別版を発売するらしい。
アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督、ジェイ・チョウ、鈴木杏共演「頭文字D」の最新予告編が公開されたようだ。
  5/31
「ドイツ映画祭2005」が来月4日からとないでかいさいされるようだ。日本未公開作品20本を含む25本が上映され、「ヒトラー 〜最期の12日間〜」("Der Untergang")のブルーノ・ガンツ、アレクサンダー・ヘルド、オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督らの来日も予定されているらしい。
7月7日スタートのフジテレビ「電車男」で、白石美帆の出演が決まったらしい。映画版にも1シーンだけ出演しているようだ。
映像制作会社のティー・ワイ・オーは来月10日、中国で合弁会社「大連東方龍動画発展」を設立、アニメーション制作事業に参入する模様。
サンリオは30日、人気キャラクタ「シナモロール」と辻信太郎による絵本「森のメルヘン」「大切な仲間たち」の3作品をアニメ映画化し、2007年3月に劇場公開する、と発表したようだ。それ以降も、年1本のペースで製作する計画らしい。
ジャンゴ・フェット(テムエラ・モリソン)とボバ・フェット(ダニエル・ローガン)が来日、7月1日に千葉マリン球場で行われるプロ野球ロッテ対西武戦で始球式を務めるらしい。「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の予告編上映も行われるようだ。
「冬のソナタ」などに出演する俳優のグォン・ヘヒョが30日、韓国市民団体の広報大使として、平壌を訪問した模様。
チャン・イーモウ監督「あの子を探して」(1999年)に主演したウェイ・ミンジは、2003年に新設された西安の映画テレビメディア学院に入学、映画監督を目指して勉強中らしい。
東京大学大学院の中村仁彦教授は、着用した網目模様の服で人の動きを計測する「メッシュマーカ・モーションキャプチャーシステム」を開発したようだ。これまでに比べ、計測箇所が10倍以上に増え、より滑らかな動きが再現できるようになったらしい。
大江健三郎らが結成した「9条の会」の活動を追ったドキュメンタリー映画「9 nine - 憲法9条は訴える!」が完成、製作費の出資者に対しDVDとして配布されるようだ。
イ・ミョンセ監督、ハ・ジウォン、カン・ドンウォン、アン・ソンギ共演の新作「刑事 Duelist」の撮影現場が公開されたようだ。
スタンリー・トン監督は、ソン・イェジン、イ・ヨンエ、チョン・ジヒョン、チャン・ドンゴン、ウォン・ビンら韓国人俳優の名前を挙げ「才能があり魅力的な俳優が多い。次回作では韓国人俳優、特にソン・イェジンと一緒にやってみたい」と語ったらしい。アジア版「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)のような作品を構想中とか。
全国のワーナー・マイカル・シネマズで、8月末までに3回映画を観ると1回無料となるキャンペーンがスタートするらしい。
米20th Century Foxが先週行った調査によると、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")を観た人の10%以上が「2回以上観た」と回答したらしい。
香港政府が放送している中国国歌「義勇軍行進曲」のCMに、ジャッキー・チェンらが新たに起用されたようだ。
ニューヨークの小学校に通う11歳の子供達が社交ダンスに挑戦する姿を追った、エイミー・スーエル(Amy Sewell)監督のドキュメンタリー映画"Mad Hot Ballroom"が今月13日から米国の57の劇場で限定公開され、人気を集めているらしい。
ミス・ユニバース世界大会の決勝が31日バンコクで行われ、カナダ代表のナタリー・グレボワ(Natalie Glebova)が優勝したようだ。
パリス・ヒルトンはパリス・ラシス(Paris Latsis)と婚約したらしい。
戦没者追悼記念日を含む週末4日間の全米映画興行収入は、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")が7075万ドル(3663館)で1位、「マダガスカル」("Madagascar")が6100万ドル(4131館)で2位、「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard")が6000万ドル(3634館)で3位となったようだ。「エピソードIII」の世界興収は5億2010万ドルに達した模様。
50 Centは、ジャ・ルールについて「奴のキャリアは終わったよ。誰も奴の音楽なんか聴かないよ。俺が奴をこの業界から追い出してやったのさ」と語ったらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のサントラが、オリコンアルバムチャートで6位となったようだ。
山崎まさよし主演の映画「8月のクリスマス」のサントラが、8月24日に発売されるようだ。同名主題歌も同時発売されるらしい。
「チャレンジ・キッズ 未来に架ける子どもたち」("Spellbound",2003年)の日本公開を記念したトークイベントが28日行われ、横浜市教育委員会教育委員の義家弘介がゲストとして参加したようだ。
シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"には巨大な××が登場する、とオーランド・ブルームがBBCラジオでバラしてしまったらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは「私は良い妻だったと思うけど、夫に助けを求めることは決してないわ。家を買ったとしても『自分のものは自分で片付けるわ。明日別れたとしても、何がどこにあるか分かるように』と言ってしまうの。私達はチームになれなかったのよ」と語ったようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")では、ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンの3人からニキビを消し去るため、特殊効果が使われたらしい。
飲酒運転や暴行などの罪で起訴されていたリンゼイ・ローハンの父親に対し、実刑判決が下った模様。最大4年の懲役刑になるようだ。
パリス・ヒルトンは「1週間は男にキスさせちゃだめ。それから1ヶ月は彼を抑えさせるの。気のないふりがとても大切よ。軽い女と思われないようにするためには」と語ったようだ。
ピとSHIHOが30日、都内で行われたヨガのイベントに参加したようだ。
襲名十八代」の出版を記念した中村勘三郎を囲む会が30日都内で行われ、森光子、阪本順治らが出席したようだ。
河野圭太監督、大沢たかお主演「子ぎつねヘレン」で、松雪泰子が共演しているようだ。現在、網走市内でロケが行われているらしい。
上映中止となっていたユ・ジンソン監督、ペ・ヨンジュン出演「初恋白書」(1995年)が、来月18日から渋谷アミューズCQNで公開されることが決まったようだ。
FOMA「N901iS」のイメージキャラクタに、イ・ビョンホンが起用されたようだ。
来月18日から日本公開となるクリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")で、本編上映前に列車衝突シーンがあることを事前に告知すると共に、監督らの名前でJR福知山線脱線事故後の犠牲者への哀悼の意が捧げられるらしい。
Paramount Picturesは、レイチェル・デウォスキン(Rachel DeWoskin)の自叙伝"Foreign Babes In Beijing"の映画化権を獲得、フランク・ダラボンのDarkwoods Productionsの製作で映画化するらしい。
Columbia Picturesとプロデューサーのアーウィン・ウィンクラー(Irwin Winkler)は、「クレイマー、クレイマー」("Kramer vs. Kramer",1979年)の原作などで知られるエイヴリー・コーマン(Avery Corman)の小説"A Perfect Divorce"の映画化権を獲得した模様。「ゴースト/ニューヨークの幻」("Ghost",1990年)のブルース・ジョエル・ルービン(Bruce Joel Rubin)を脚本に起用したらしい。
スザンナ・グラント(Susannah Grant)監督、ジェニファー・ガーナー、ティモシー・オリファント共演の新作ロマンチック・コメディ"Catch and Release"で、ジュリエット・ルイスがキャストに加わったらしい。
Universal Picturesとテリー・ジョージ(Terry George)監督は、新作"American Gangster"で、ドン・チードルに主演を依頼しているようだ。
アダム・サンドラーのHappy Madison製作による新作コメディ"The Gilmores of Beverly Hills"で、クリス・ロックが主演、脚本、共同製作を担当するらしい。監督はまだ未定の模様。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作「アイランド」("The Island")には、実は"島"が全く登場しないらしい。タイトルの変更も検討されたものの、結局「アイランド」に戻ってしまったとか。脚本のアレックス・カーツマン(Alex Kurtzman)は「営業部もタイトルを提案してきたんだ。中でも"I Think I'm a Clone Now"は最悪だったな」と語ったようだ。
米ポルノ映画界の伝説的俳優ジョン・ホームズ(John Holmes)の半生を描いた、ジェイムズ・コックス監督「ワンダーランド」("Wonderland",2003年)が公開されている都内劇場で来月4日、AV男優の加藤鷹によるトークショーが行われるらしい。
米UPNで今秋スタート予定の新作ドラマ"Love, Inc.""で、主演予定だったシャナン・ドハーティ(Shannen Doherty)が降板させられたようだ。試写会での反応が良くなかったためらしい。
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」("Transformers")の映画化で、マイケル・ベイの監督が正式に決定した模様。