シネマトピックス(2005年3月)
[ 2004 | 2005 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2006 | LastTopics ]
  3/1
「冬のソナタ」のロケ地となった韓国江原道のキム・ジンソン知事は28日、次回日韓首脳会談をドラマ撮影現場に誘致する考えを明らかにしたようだ。
イ・ウンジュが出演していたキム・デスン監督「バンジージャンプする」は、予定通り今月中旬から日本で公開されるようだ。
「透光の樹」(根岸吉太郎監督,2004年)を途中降板したにもかかわらず出演料の支払いを要求したとして、東京地検は28日、恐喝未遂罪で萩原健一を起訴したようだ。
韓国スクリーン誌は韓国で最も影響力のある俳優100人を発表、男優ではソル・ギョング、チャン・ドンゴン、ソン・ガンホ、イ・ビョンホンが、女優ではイ・ヨンエ、チョン・ジヒョン)、キム・ジョンウン、ハ・ジウォンがそれぞれ1〜4位に選ばれたようだ。
カン・ヘジョン、パク・ヘイル共演の新作「恋愛の目的」のポスターが公開されたようだ。
27日米ABCで中継された第77回アカデミー賞授賞式は、平均視聴者数4150万人を記録、昨年より200万人の減となった模様。
米ABCのドラマシリーズ"NYPD Blue"(1993-2005年)の最終回が、1日放送されるようだ。
ハル・ベリーの自宅に脅迫状を送りつけるなどした男性に対し、ロサンゼルスの裁判所は28日、3年間自宅と仕事場への接近と電話を禁止する命令を下したようだ。
予想外の大ヒットとなった"Diary of a Mad Black Woman"について、Lions Gateは今週末より全米公開劇場数を現在の1483館からさらに数百館拡大する模様。
ドイツのコンピューター技術者が、インターネットで知り合った男性を本人に依頼されて殺害しその人肉を食べた、という実際の事件に基づく、マーティン・ワイズ(Martin Weisz)監督の新作"Butterfly, a Grimm Love Story"で、トーマス・クレッチマンとケリー・ラッセルが共演するようだ。今週からドイツで製作が始まる模様。
プロデューサーのロバート・エヴァンス(Robert Evans)は、スタン・リー(Stan Lee)と共同で、ニュー・スーパーヒーロー"Foreverman"を映画化するようだ。Paramount Picturesは「ヘルボーイ」("Hellboy")のピーター・ブリッグス(Peter Briggs)を脚本に起用したらしい。
中国の新聞は1日、「アビエイター」("The Aviator")のマーティン・スコセッシ監督がオスカーを獲得出来なかったことについて「中国の多くの映画ファンは、アカデミー賞が米映画業界の最も優れたの一人を再び冷たくあしらった事に失望している」と報じたらしい。
英国映像等級審査評議会(British Board of Film Classification)は、残虐シーンを一部カットした、メル・ギブソン監督「パッション」("The of the Christ",2004年)の再編集版のレイティングを、15歳未満は鑑賞不可の"15"に設定、オリジナル版の"18"より引き下げたようだ。今月25日から公開されるらしい。 [☆そういえば、どこかのサイトが勘違いして"残酷描写を追加した"と報じてました・・・]
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は28日、米ABCの系列局でノーカット放送された「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)について、放送規制に違反していなかったと全会一致で決定したようだ。
第77回アカデミー賞授賞式で、オスカー授与の方法が一部変更されたことについて、司会のクリス・ロックは「来年は駐車場で配るんじゃないかな。ドライブ・スルーが出来るよ」とジョークを飛ばし、暗に批判したようだ。また、「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")でメイクアップ賞を獲得したビル・コルソ(Bill Corso)は、舞台上に並ばされた候補者たちについて「美人コンテストみたいだね。でも、時には古風なものも最高だ」と語ったらしい。
「インファナル・アフェア 終極無間」("Infernal Affairs III")の公開前映画試写会が、4th MEDIAで来月8日から行われるようだ。
米UPNは、「スター・トレック エンタープライズ」("Star Trek: Enterprise",2001-2005年)の人気エピソードのオンライン投票を実施、今月25日から人気の高かった3話を放送するらしい。
インドの売春宿の子供たちを描いた"Born Into Brothels"が第77回アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞を受賞したことに対し、そこで働く売春婦らの団体は「事前の作品の鑑賞も拒否され、ザナ・ブリスキ(Zana Briski)が自己の利益のために我々を利用した」とする抗議の書簡をアカデミーに送る意向を明らかにしたようだ。
デヴィッド・アークエットは、米CBSのドラマ・パイロット"The Commuters"に主演するようだ。
ピーター・ジャクソン監督の製作会社Wingnut Filmsは、「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring",2001年)で得た利益からの配分が正しく支払われていないとして、New Line Cinemaに対する訴訟を起こしたようだ。
マーティン・ローレンス主演「ビッグ・ママス・ハウス」("Big Momma's House",2000年)の続編は、来月18日からロサンゼルスとニューオーリンズで撮影が始まる模様。
スーザン・ストローマン(Susan Stroman)監督、マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン、ユマ・サーマン共演による「プロデューサーズ」("The Producers",1968年)の再映画化の撮影が28日、ブルックリンでスタートしたようだ。
ケヴィン・スミス監督は、「フレッチ」シリーズ最新作"Fletch Won"の主演として、ザック・ブラフ(Zach Braff)を第1候補に挙げているらしい。
ララ・フリン・ボイルは「以前、素敵なドレスがあってESPY賞の授賞式に着て行こうとした時『ゴールドのハイヒールが必要だわ』と思ったの。それで、ガレージに行ってスプレーでハイヒールを金色に塗ったの。上手くいったんだけど、その時は外が暑くて、ショーの終わりには私の足が金色になっていたわ」と語ったらしい。
脚本家のマイク・ワーブ(Mike Werb)は、「フェイス/オフ」("Face/Off",1997年)の続編について、ジョン・ウー監督と検討に入っているらしい。アンジェリナ・ジョリーが主演候補に挙がっているとか。また、人気ゲーム「鉄拳」("Tekken")の映画化で、フットボール選手のブライアン・ホワイト(Brian White)が出演交渉中であることも明らかにしたようだ。
ジョン・タートルトーブ監督、ニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")のジャパンプレミアが28日都内で行われ、新庄剛志らが出席したようだ。
先日亡くなった那須博之監督の遺作となった哀川翔主演「真説・タイガーマスク」が、来月25日にDVDとVHSで発売されるらしい。WOWOWでも今春放送予定とか。
アンナ・ファリスは、米NBCのコメディ・パイロット"Blue Skies"に出演が決まったらしい。
アン・ターナー(Ann Turner)監督・脚本による新作スリラー"Irresistible"で、スーザン・サランドンが主演を務めるようだ。今月中旬からメルボルンで撮影が始まる模様。
メル・ギブソン製作・主演の新作"Under and Alone"で、アントワン・フークア監督が交渉中らしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の最新予告編が、10日の"The O.C."(2003年-)の放送で初公開されるらしい。また、同日公式サイトのHyperspace会員にも公開され、11日からは全米の「ロボッツ」("Robots")公開劇場で上映されるらしい。
映画版「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")では、2001年に亡くなっている原作者のダグラス・アダムスが、製作総指揮としてクレジットされているらしい。
先月26日に亡くなった、米Apple ComputerのMacintoshの考案者の一人で名付け親でもあるジェフ・ラスキン(Jef Raskin)の伝記映画が、現在製作中らしい。
メル・ギブソンは、モンタナに所有していた4万5000エーカーの牧場を数百万ドルで売却したらしい。
ブロードウェイで15日からリバイバル上演される予定だった「ガラスの動物園」("The Glass Menagerie")は、ダラス・ロバーツに代わってクリスチャン・スレイターが急遽出演することになったため、初日が22日に延期されたようだ。
ジョーン・リヴァース、メリッサ・リヴァース母娘は、今年のアカデミー賞でのスターたちのファッションについて「ワースト・ドレッサーは誰もいなかったわ!」とコメントしたようだ。ケイト・ブランシェットのValentinoのガウンや、サルマ・ハエックのHarry Winstonのダイヤとサファイアのイヤリングなどを絶賛したらしい。
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー兄弟の監督、ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)共演の新作"Fever Pitch"の予告編が公開されたようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の最新予告編が公開されたようだ。
  3/2
埼玉県の大宮公園野球場で今月29日から行われる長澤まさみ主演の映画「タッチ」の撮影で、エキストラを募集しているらしい。
韓国の劇団「シンシ・ミュージカル・カンパニー」によるミュージカル「GAMBLER〜黄金の鍵」が5月から日本で再上演されることが決定、1日福岡市内でプレイベントが行われ、ホ・ジュノ、チョン・ソナらが出演したようだ。
「コーラス」("Les Choristes")プロモーションのため、主演のジャン=バティスト・モニエが来日する模様。11日に都内で行われるジャパン・プレミアに出席、歌声を披露する予定とか。
手塚昌明監督「戦国自衛隊1549」の主題歌に、Full Of Harmonyの新曲「涙の数だけ」が起用されたようだ。
サンフランシスコの金門橋からの飛び降り自殺の瞬間を1年間に渡って記録したドキュメンタリー映画"Joy of Life"がサンダンス映画祭で上映されたことがきっかけとなり、金門橋高速道路交通管区は先月25日に行われた公聴会で、自殺防止フェンスの設置について検討する方針を固めたようだ。ただし、設置には2000万ドル以上の費用が必要らしい。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の観客動員数が1日までに1422万6000人に達し、「もののけ姫」(1997年)の記録を超えた模様。
イム・サンス監督「その時、その人々」について、パク・チョンヒ元大統領の長男が起こした訴訟では、損害賠償5億ウォンを要求しているらしい。
イ・ウンジュがイ・ビョンホンと共演した「バンジージャンプする」は、大阪でも予定通り5月に公開される模様。
「69 sixty nine」(李相日監督,2004年)プロモーションのため、安藤政信が韓国を訪問、7日にソウル市内で行われる特別試写会に出席するらしい。
「第2回 挑戦!眠らず映画を観る大会」が先月25日からソウル市内の映画館で行われ、二人の男性が66時間41分56秒の韓国新記録で優勝したようだ。世界記録の70時間1分が目前だったものの、ドクターストップがかかったとか。
2003年に亡くなったアニタ・ムイの生涯を描くTVドラマシリーズの制作が、中国で企画されているらしい。
「冬のソナタ」に登場した現代アートを紹介する展覧会が神戸市内で開催中らしい。
実相寺昭雄監督が演出を手がけるオペラ「魔笛」が、4日から新国立劇場オペラ劇場で上演されるらしい。漫画家の加藤礼次朗が衣装をデザインしたほか、怪獣も登場するとか。
全米週末興収初登場1位となった舞台劇の映画化"Diary of a Mad Black Woman"で製作、出演、脚本を担当した劇作家・俳優のタイラー・ペリー(Tyler Perry)は、彼の手がけた舞台劇7作品のDVD販売について、Lions Gate Entertainment社と契約を結んだようだ。
米CATV局のTNTは、スティーヴン・キングの短編集「いかしたバンドのいる街で-ナイトメアズ&ドリームスケープス」("Nightmares & Dreamscapes")をミニシリーズ化するらしい。
米映画館チェーン最大手のRegal Entertainment Groupは1日、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ",2004年)での利益配分について訴訟を起こしていたIcon Distributionと和解に達したと発表したようだ。
先月28日、ニューアルバム"The Massacre"(=大虐殺)プロモーションのため50セント(50 Cent)が出演していたニューヨークのラジオ局前で、彼の関係者の一人が何者かに足を銃で撃たれたらしい。
AIの新曲「Crayon Beats」が「映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃!」の主題歌に決まったようだ。
ジョーダン・ブラットマン(Jordan Bratman)と婚約したクリスティーナ・アギレラは「日取りはまだ決めていませんが、冬の結婚式が素敵だと思う」と語ったようだ。
アカデミー会員向けに配布された「ミスティック・リバー」("Mystic River",2003年)、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai",2003年)などのビデオを無断でコピーしたとして実刑判決を受けていた52歳の男性が、ロサンゼルスの刑務所内で死亡したらしい。死因については調査中の模様。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"The Island"の特報が、18日より全米公開される「ザ・リング2」("The Ring Two")の劇場で上映されるらしい。
USA NetworkのSFドラマ"The 4400"(2004年-)の第2シーズン制作が、今週からバンクーバーで始まる模様。放送開始は6月5日の2時間スペシャルになるようだ。
タイ映画「フェーンチャン〜ぼくの恋人」("Fan Chan")のチャリティ試写会が1日都内で開催され、来日した監督6人と出演者3人が舞台挨拶に立ったほか、小沢真珠が花束を贈呈したようだ。秋篠宮殿下と紀子様も出席したらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")の特報第2弾が、今月18日から全米の「ザ・リング2」("The Ring Two")上映劇場で公開されるらしい。
ブレンダン・フレイザーは、英コメディアンのトニー・ホークス(Tony Hawks)による小説"Round Ireland with a Fridge"の映画化で、主演に向けて交渉中らしい。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のIMAX版が製作され、35mm版と同じ6月17日から全米で公開されるようだ。
リンゼイ・ローハンの父親マイケル・ローハン(Michael Lohan)は、先月飲酒運転による事故で逮捕される前に、米ABCとのインタビューで「彼女にはこれまでになくオファーが殺到している。どんな宣伝でもいい宣伝になるだろ?みんなは、いいものばかりじゃなくて、汚いものも欲しがるんだ」と語っていたらしい。
ジェニファー・ロペスが7日に予定している来日記者会見の模様がネット配信されるらしい。
パリス・ヒルトンは、2010年までに結婚して3人子供を作りたい、と言っているらしい。
破局したオーランド・ブルームとケイト・ボスワースが、先週開催されたGlobal Green主催のチャリティ・イベント"Rock The Earth"パーティに、ティム・ロビンス、サルマ・ハエック、ペネロペ・クルス、ジュリー・デルピーらと共に出席したようだ。
本広克行監督「交渉人 真下正義」専門チャンネルが、来月23日から5月12日までの期間限定でスカイパーフェクTV!に開局するらしい。関係者へのインタビューやメイキング映像などの放送ほか、完成披露試写会や初日舞台挨拶の生中継も行われるようだ。
山本又一朗プロデューサーは、上戸彩主演「あずみ」シリーズ第3作の企画が進行中であることを明らかにしたようだ。
Warner Bros. Picturesの新作"Death and Dishonor"で、ポール・ハギスが脚本と監督を務めるようだ。
Paramount Picturesは、ロバート・カークマン(Robert Kirkman)のコミック"Invincible"の映画化権を獲得したようだ。
マイケル・デイヴィス(Michael Davis)は、New Line Picturesの新作アクション"Shoot-Em-Up"で脚本と監督を務めるようだ。
ロン・リヴィングストン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ウド・キア、クリス・ペンは、ガイ・モシェ(Guy Moshe)監督の新作"Holly"で共演するようだ。すでにカンボジアで撮影が始まっているらしい。
New Lineは"Elf"(2003年)の続編について、ウィル・フェレルと出演交渉中のようだ。出演料は2000万ドルを越えるらしい。
マシュー・モディンは米WBのタイトル未定のドラマ・パイロットに、エリク・ラ・サルはCBSのドラマ・パイロット"Conviction"にそれぞれ出演が決まったようだ。また、デヴィッド・シュワイマーはFOXのコメディ・パイロット"New Car Smell"の監督に決まったらしい。
ジェニファー・ロペスは、米UPNのドラマ・パイロット"South Beach"を、トニー・クランツ(Tony Krantz)、フィリップ・レヴェンス(Philip Levens)、サイモン・フィールズ(Simon Fields)と共にプロデュースするらしい。
"National Lampoon's Van Wilder"(2002年)のウォルト・ベッカー(Walt Becker)監督次回作は、Touchstone Picturesの新作コメディ"In the Navy"になる模様。8月に撮影開始、来年夏公開となるようだ。
ジョージ・ルーカスは「何かをやり終えるというのは素晴らしいことだ。「エピソードIII」はほぼ完成した。先週、音楽を完成させたところだ。1ヶ月以内には全て終わるだろう」と語ったようだ。また、次回作について「"Red Tails"という、第二次大戦が舞台の黒人の戦闘機パイロットを主人公にした映画をプロデュースする予定だ」と語ったらしい。
ベン・スティラー、クリスティン・テイラー夫妻にまもなく第2子が誕生するらしい。
リーアム・ニーソンは当初、5代目ジェイムズ・ボンド役の第一候補に挙がっていたらしい。
ユアン・マクレガーは「エピソードII」("Star Wars: Episode II - Attack of the Clones",2002年)についても「満足していない」とコメントしたらしい。
レベッカ・ローミンとジョン・ステイモスの離婚が1日までに成立した模様。
ナタリー・ポートマンは、アモス・ギタイ監督の新作"Free Zone"のエルサレムでのロケでキス・シーンを演じ、現地のユダヤ教徒から抗議を受けたことについて「私は、誰かの信念を汚すことは望んでいません。それは過ちでした」と語ったようだ。
メル・ギブソンが、東急グループが保有していたフィジー諸島のマゴ島を1500万ドルで購入したことについて、島の出身者らは取引は無効だと主張しているらしい。
第77回アカデミー賞授賞式で、デジタル・ビデオ・レコーダーTiVo利用者が最も多く再生したシーンは、ジェイミー・フォックスが主演男優賞を受賞した場面だったらしい。また、授賞式前のレッド・カーペットの中継では、ケイト・ブランシェットとケイト・ウィンスレットの人気が高かったようだ。
第19回ソウル・トレイン音楽賞(Soul Train Music Awards)授賞式が先月28ロサンゼルスで開催され、アッシャー(Usher)が男性R&B/ソウル・シングル賞と同アルバム賞、アリシア・キーズ(Alicia Keys)が女性R&B/ソウル・シングル賞と同アルバム賞をそれぞれ獲得したほか、二人がデュエットした"My Boo"がR&B/ソウル・シングル賞のグループ/デュオ部門も受賞したようだ。
4月21日から上演されるミュージカル「スイート・チャリティ」("Sweet Charity")で、クリスティーナ・アップルゲイトがブロードウェイ・デビューを果たすようだ。
  3/3
すずきじゅんいち監督が米国で製作する新作サスペンスホラー「Death Ride」で、吉川ひなのがヒロイン役を務めるらしい。まもなくロサンゼルスで撮影が始まる模様。
先月27日亡くなった那須博之監督を偲ぶ会が2日都内で営まれ、清水宏次朗、哀川翔、的場浩司、押尾学、伊崎央登・右典兄弟、酒井彩名、小沢仁志、島田楊子、永井豪ら350人が参列したようだ。
ソニー・コンピュータ・エンタテインメントは、UMD Video対応ソフトを4月から順次発売すると発表したようだ。 [☆DVDソフトを持っている人が買いなおすだろうか?DVDはレンタルでという人が買うだろうか?]
リドリー・スコット監督「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")プロモーションのため、オーランド・ブルームが来月12日に来日するらしい。
年内に入隊予定のウォン・ビンは、兵役前に出演する最後の映画について「もっと男らしさがあふれる作品に出てみたい。男として成熟した姿を見せたいと思う」と語ったようだ。
フルCGアニメ「シャーク・テイル」("Shark Tale")のイベント試写会が2日、来月8日オープンする都内の水族館アクアスタジアムで行われ、声優を務めた香取慎吾、松方弘樹、水野美紀、西村雅彦らが出席したようだ。
中国国家広播電影電視総局は、中国独自の次世代DVD規格「EVD(Enhanced Versatile Disk)」によるEVDデジタル劇場プラットフォームのテストを、今年前半にもスタートさせる模様。EDVコンテンツを提供する北京今典集団は「デジタル劇場設備価格は輸入品の70分の1であり、チケットは今までの映画の半額になる。数年後には中国全土に10万-20万館のEVDデジタル劇場を誕生させることも不可能ではない」と説明しているようだ。
イ・ウンジュがデビュー当時の1997年に出演したCMが、韓国のネット上で話題になっているらしい。
ヴイストン株式会社は3日、「鉄人28号」をモデルにした2足歩行型ロボットを発売したようだ。一体35万1750円とか。
第32回デイタイム・エミー賞(Daytime Emmy Awards)のノミネーションが2日発表され、米ABCの長寿ドラマシリーズ"All My Children"(1970年-)が最多18部門で候補に挙がったほか、エレン・デジェネレス司会のトーク番組"The Ellen DeGeneres Show"(2003年-)とバーバラ・ウォルターズのコメディ番組"The View"(1997年-)がそれぞれ11部門にノミネートされたらしい。
「パッション」("The Passion of the Christ",2004年)のメル・ギブソンに対するストーカー行為で起訴されている男性に対する裁判が2日ロサンゼルスで行われ、被告側の弁護士は「昨年の6月から、メル・ギブソンは神の使者だと主張する手紙を書き始めた。被告は神からギブソンと共に祈るように告げられたと信じていた」と語ったようだ。
ディズニー・アニメ「バンビ」("Bambi",1942年)のDVDとVHSが米国で発売され、初日売上本数は合わせて100万本を記録したようだ。一方、週間レンタルチャートでは「ソウ」("Saw",2004年)が710万ドルでトップとなった模様。
英国週末興収では、ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング共演「ハイド・アンド・シーク/暗闇の隠れんぼ」("Hide and Seek")が初登場1位を記録、同じくロバート・デ・ニーロがベン・スティラーと共演した"Meet the Fockers"の5週連続1位を阻止したようだ。
ブルキナファソの首都ウァガドゥグ(Ouagadougou)で開催中の第19回汎アフリカ映画テレビ祭(Panafrican Film and Television festival)で審査員を務めるダニー・グローヴァーは、セネガル出身の映画監督ウスマン・センベーヌ(Ousmane Sembene)による小説"God's Bits of Wood"の権利を事前に獲得、資金難に悩むアフリカでの映画化に向けて奔走しているらしい。
「マッハ!!!!!!!!」("Ong-Bak",2003年)のトニー・ジャーは、子供のころから子象に飛び乗っていたため、象の成長とともにジャンプ力がついた、らしい。
人気アニメ・シリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons")は1989年のスタート以来、韓国ソウルのAKOM Production社で制作されているらしい。
坂本龍一が1976年に500枚だけリリースした幻のファーストアルバム「ディスアポイントメント―ハテルマ」がCD化されるらしい。
ユン・ソクホ監督、イ・ヨンエ、チュ・サンミ、キム・ミンら共演のドラマ「インビテーション〜"私"への招待状」が今月29日からスカパー!で放送されるらしい。4日からは第1話無料ブロードバンド試写会も行われるようだ。
「エンジェル」("Angel",1999-2004年)でスパイク(Spike)役を務めたジェイムズ・マースターズ(James Marsters)は、スパイクが主人公のTV映画企画について「あと4、5年の間なら、出来るだけ参加する。でも、それ以上先だと僕は年を取りすぎだよ」と語ったらしい。
アダム・シャンクマン監督の新作"The Pacifier"で"コメディに挑戦したヴィン・ディーゼルは「『トリプルX』("XXX",2002年)や『リディック』("The Chronicles of Riddick",2004年)を見てくれたなら、そこにユーモアを感じてくれたと思う。どんなにダークな内容でもコメディの要素があるし、それが僕の性分なんだ」と語ったようだ。
新作"Be Cool"に出演したアンドレ3000ことアンドレ・ベンジャミンは「ハーヴェイ・カイテルに会ったときは凄く興奮したよ。それから、ジョン・トラヴォルタは(彼が出演していたTVドラマシリーズ)"Welcome Back, Kotter"(1975-1979年)の頃からファンだったんだ。僕はもうおずおずしながら、トチらないように演技するのが精一杯だったよ」と語ったようだ。
「パーフェクト・ストーム」("The Perfect Storm",2000年)などを手掛けているVFXスーパーバイザーのシュテフェン・ファンマイアー(Stefen Fangmeier)は、クリストファー・パオリーニ(Christopher Paolini)のベストセラー・ファンタジー小説"Eragon"の映画化で監督デビューするようだ。
ブリトニー・スピアーズは、自分の飼い犬がパリス・ヒルトンの愛犬「ティカーベルよりずっとかわいい」と発言したことについて「本気で受け止めないで欲しいの。もちろんティカーベルはとってもキュートだと思うわ」と弁解したらしい。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督の新作"Sin City"に出演したジェシカ・アルバは「ストリッパーを演じるからとてもナーバスだったの。小さな下着しか着けていなくて、おしりは丸出し!すごく恥ずかしかったわ。でも、ビヨンセ・ノウルズの"Baby Boy"のビデオを見て『彼女に出来るんだから、私だって出来るわ』と思ったの」と語ったらしい。
大阪府の太田房江知事は、今秋開催される「御堂筋パレード」などのイベントに、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの参加を呼びかける方針を明らかにしたようだ。 [☆財政難の府の予算を知事の個人的趣味に使うのはいかがなものかと・・・]
ニューヨークの国連本部で行われている「女性の地位委員会」閣僚級会合で2日、メリル・ストリープが演説し「日本では女性だけが離婚後、半年間も再婚を禁じられている」と批判したようだ。
毎日映画社は、昭和30年から製作されたニュース映画を配信するEZweb向けサイト「ニュース映画館」を今月31日にスタートさせるようだ。
近畿日本ツーリストは、ホ・ジノ監督、ぺ・ヨンジュン主演「四月の雪」(「外出」?)の映画ロケ現場が見学できるツアーを7日に発売するらしい。すでに問い合わせが殺到しているとか。
Disneyは、アラン・R・コーエン(Alan R. Cohen)とアラン・フリードランド(Alan Freedland)の脚本による殺人ミステリー・コメディ"Nutjobs"を、アダム・シャンクマンの監督で映画化するらしい。
「フライト・オブ・フェニックス」("Flight of the Phoenix",2004年)のジョン・ムーア監督次回作は、マイケル・クリーガー(Michael Krieger)によるノンフィクション小説"All the Men in the Sea: The Untold Story of One of the Greatest Rescues in History"の映画化になるようだ。
New Line Cinemaによるスザンナ・クラーク(Susanna Clarke)のベストセラー小説"Jonathan Strange & Mr. Norrell"の映画化で、クリストファー・ハンプトン(Christopher Hampton)が脚本を務めるようだ。
シビル・シェパードとブルース・ウィリスが共演した人気TVシリーズ「こちらブルームーン探偵社」("Moonlighting",1985-1989年)の第2シーズンまでのDVDが、5月に米国で発売されるらしい。
ジーナ・デイヴィスは米ABCのドラマ・パイロット"Commander in Chief"に、レベッカ・ローミンはWBの"Pepper Dennis"に、ミッシー・パイルはNBCのコメディ"Blue Skies"に、ウィリアム・フィクナーはABCの"Invasion"に、それぞれ出演する模様。
シャニン・ソサモンとピンク(Pink)ことアリーシア・ムーア(Alecia Moore)は、デヴィッド・エリオット(David Elliot)、トム・コーカー(Tomm Coker)共同脚本・監督による新作"Catacombs"で共演するようだ。撮影は来週からルーマニアのブカレストで始まるらしい。
デニース・リチャーズは、チャーリー・シーンとの離婚申請を裁判所に提出した模様。
セルジオ・カステリット監督「赤いアモーレ」("Non ti muovere",2004年)に出演したペネロペ・クルスは、役作りのために腕や足の体毛を剃るのを止めていたらしい。
トム・クルーズと交際中のコロンビア人女優ソフィア・ヴェルガラ(Sofia Vergara)が、サイエントロジー(Scientology)の本部を訪れたらしい。
「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)のリメイクで、一時パク・チャンウクが監督候補に挙がっていたらしい。
  3/4
三島由紀夫「春の雪」が、行定勲監督、妻夫木聡、竹内結子の共演で映画化されるらしい。
橋本一監督「極道の妻たち 情炎」のPR会見が3日大阪市内で行われ、高島礼子らが出席したようだ。
石井隆監督「花と蛇2 パリ/静子」の完成試写会が3日都内で行われ、杉本彩らが出席したようだ。
先月27日亡くなった那須博之監督の「お別れの会」が3日都内で営まれ、仲村トオルらが参列したようだ。
アレクサンダー・ペイン監督「サイドウェイ」("Sideways")のトークイベントが3日都内で行われ、石田純一らが出席したようだ。
「北斗の拳」がアニメ映画化される模様。阿部寛、柴咲コウらが声優として参加、来年3月公開予定とか。
周防正行、黒沢清、青山真治らを輩出した立教大学は、映画製作者の育成を目指す「映像身体学科」を来年4月に新設するようだ。万田邦敏監督らが専任教員を務めるらしい。
チョン・ジウ監督「親知らず」に主演するキム・ジョンウンは、出演契約に「相互協議なき内容を任意に撮影することはできない」という条項を入れたらしい。共演は9歳年下の新人イ・テソンに決まったようだ。
キム・スンウの韓日合同誕生日パーティが6日、ソウル市内で開催されるらしい。歌声も披露する予定とか。
チェ・ジンウォン監督の新作犯罪アクション「ミスター・ソクラテス」でキム・レウォンの出演が決まった模様。5月9日にクランクインするようだ。
「冬のソナタ」の制作現場を再現した韓流ドラマ体験スタジオが3日、ソウル市内にオープンしたらしい。
チャン・イーモウ監督、高倉健主演「千里走単騎」がクランクアップした模様。
成瀬巳喜男監督生誕100周年を記念して、「めし」(1951年)、「山の音」(1954年)、「浮雲」(1955年)、「流れる」(1956年)、「女が階段を上る時」(1960年)、「娘・妻・母」(1960年)、「放浪記」(1962年)、「乱れる」(1964年)、「女の中にいる他人」(1966年)、「乱れ雲」(1967年)の10作品が5日からヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映されるらしい。
「アビエイター」("The Aviator")の日本メディア向け記者会見が2日ビバリーヒルズで行われ、レオナルド・ディカプリオらが出席したようだ。マーティン・スコセッシ監督は「共同会見には出たくない」と言ってドタキャンしたらしい。
東京地裁は4日、萩原健一被告の保釈を認める決定をした模様。保釈保証金は800万円で、すでに納付されているらしい。
米FOXは、アリシア・シルヴァーストーン主演によるコメディ・パイロット"Queen B"の制作にゴーサインを出した模様。
レイ・チャールズ最後のアルバム"Genius Loves Company"を手がけたサウンド・エンジニアで、先月窃盗の容疑で逮捕されたテリー・ハワード(Terry Howard)の自宅から、レイ・チャールズが所有していたオリジナル・マスターテープが回収されたらしい。
ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演による新作"Marie Antoinette"で、モリー・シャノンの共演が決まったらしい。来月からパリで撮影が始まる模様。
米Academy of Country Music Awardsのノミネーションが3日発表され、ティム・マクグロウ(Tim McGraw)が最多6部門で候補に挙がったようだ。
「宇宙戦争」("War of the Worlds")が6月に、またミュンヘン・オリンピックでのテロ事件を描く新作が12月に公開される予定となっていることから、「ジュラシック・パーク」("Jurassic Park")と「シンドラーのリスト」("Schindler's List")が公開された1993年と同様、翌年のアカデミー賞はスティーヴン・スピルバーグ監督が独占する、と予想されているらしい。
カーティス・ハンソン監督、エリック・バナ、ドリュー・バリモア共演の新作"Lucky You"で、ロバート・デュヴァルの共演が決まったようだ。撮影は今月23日からラスヴェガスで始まるらしい。
「チャレンジ・キッズ 未来に架ける子どもたち」("Spellbound",2003年)、「らくだの涙」("The Story of the Weeping Camel",2003年)や、第77回アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞受賞の"Born Into Brothels"を配給するThinkFilmの劇場配給担当部長マーク・アーマン(Mark Urman)氏は「我々はドキュメンタリーだけに特化したいとは考えていない。だが、我々は全ての重要なドキュメンタリー作品にとって頼れる存在だと思われたい」と語ったようだ。
全米週末公開作品では、ジョン・トラヴォルタ主演"Be Cool"が2000ドル台後半、ヴィン・ディーゼル主演"The Pacifier"が2000万ドル台前半の週末興収になると予想されているようだ。
トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)を主催するロバート・デ・ニーロは、Amazon.comと共同で、オンライン短編映画コンテンストを開催するらしい。デ・ニーロが広告スポークスマンを務めるAmerican Expressがスポンサーとして参加、優勝者には5万ドルのプリペイドカードが提供されるようだ。「締め切りは来月13日までなので急いで欲しい」とのこと。
ラース・フォン・トリアー監督は、最新作"Manderlay"でロバを実際に殺害する場面について、動物愛護団体からの抗議を受け、該当シーンをカットしたようだ。
予想外の大ヒットとなった舞台劇の映画化"Diary of a Mad Black Woman"の観客は、74%が女性、72%が25歳以上で「データはないが大半が黒人」だったようだ。
英キリスト教圧力団体Christian Instituteは3日、米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガーの半生を描いたミュージカル"Jerry Springer - The Opera"を1月に放送したBBCに対する訴状を、英国高等裁判所に提出したようだ。
第77回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside") のアレハンドロ・アメナーバル監督は、帰国後の会見で「ハリウッドではいつも、メルルーサのような気分になります。私の目の前で、広報係がマスコミをあちらこちらへと誘導し、彼らは私にインタビューしてきます。まるで、鯛や平目が通り過ぎるようです。そして私はメルルーサです」と語ったらしい。
チャウ・シンチーは「俳優としては長年活動してきたが、監督業は自分にとってまだ新しい。学ぶべきことは依然多い」と語ったようだ。
「アナコンダ2」("Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid")の宣伝課長に小向美奈子が就任したらしい。 [☆課長?]
リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")の日本版特報が公開されたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")第2弾予告編の予告編(TVスポット)が公開されたようだ。 [☆「予告編の予告編」です。タイプミスではありません。]
ケイティ・ホームズとクリス・クラインは婚約を破棄した模様。
離婚の手続きに入ったデニース・リチャーズとチャーリー・シーンは共同で「私たちは深い悲しみの中にあります。娘のサム、これから生まれてくる子供、そして私たち2人のために、プライバシーを尊重していただく様、お願いいたします」とする声明を発表したようだ。
ジェシカ・ビールが、ラスヴェガスで今月開催されるShoWestで「明日の女性スター」(Female Star of Tomorrow)として表彰されることが決まったようだ。
英Empire誌による「史上最悪のアカデミー賞作品賞受賞映画」に、「ブレイブハート」("Braveheart",1995年)が選ばれたらしい。
マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン共演による「プロデューサーズ」("The Producers",1968年)の再映画化に出演するユマ・サーマンは「歌は上手くなかったけど、そこそこ歌えるようになった、と言ったところかしら。誰もまだ私の歌を吹き替えるとは言ってくれていないわ。ふーっ!って感じよ」と語ったようだ。
新作"Be Cool"で、ゲイで俳優志望のボディーガード役を演じたザ・ロックは「この役を引き受けたのは、充実した役だったし、僕にとってチャレンジだったからだ。俳優として怖れを捨て崖から飛び降りるのならこの役だと思ったんだ。俳優志望というところは5年前の僕だし、金がないというのは8年前の僕と同じだ。それに、幸運にも僕の長年の良き師は、強くて、確固として、誠実なゲイの男で、彼からはたくさんのポジティヴな影響受けているんだ」と語ったようだ。
米ABCのドラマシリーズ"NYPD Blue"(1993-2005年)に出演していたリック・シュローダー(Rick Schroder)は、米Lifetime Televisionの医療ドラマシリーズ"Strong Medicine"(2000年-)のキャストに加わるようだ。6月から始まる第6シーズンに登場するらしい。
「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"で再び主演を務めたジョン・トラヴォルタは「(続編までに時間がかかったのは)エルモア・レナードが映画から大きな刺激を受けたということがある。もちろん彼が(第1作の)原作を書いたのだが、"Be Cool"と言う続編の小説を書きたいと彼が思ったのは『ゲット・ショーティ』を観たからなんだ。それで、数年後に続編小説が完成した後、映画化しようというアイデアが生まれたんだ」と語ったようだ。
"Sin City"の最終版ポスターが公開されたようだ。
樋口真嗣監督「ローレライ」をモチーフにしたアトラクション「ローレライ3Dサウンドアトラクション」が、今月5日からお台場のフジテレビジョン本社25階「球体展望室」で公開されるらしい。
ザ・ロックが歌手デビューか?新作"Be Cool"で歌声を披露、サントラにも収録されているらしい。「『歌えロレッタ!愛のために』("Coal Miner's Daughter",1980年)がお気に入りの映画なんだ。だから、ロレッタ・リンを歌うぞ、って思ったんだ」と語ったらしい。
英ソウル・シンガーのジョス・ストーン(Joss Stone)が、GAPの秋物のモデルを務めることになったようだ。
「マスク2」("Son of the Mask")の日本語吹替版公開アフレコが3日都内で行われ、ココリコの田中直樹と遠藤章造、ベッキーらが参加したようだ。
キャメロン・ディアスは、ジャスティン・ティンバーレイクが頻繁に元恋人のブリトニー・スピアーズに電話するので怒っているらしい。
クリスティーナ・アギレラは、有名人たちが次々とファッション・ラインを立ち上げていることについて「品がないと思う」と発言したようだ。
マーサ・スチュワートが4日、5カ月の刑期を終えて出所した模様。
ジャン=ピエール・ジュネ監督「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")プロモーションのため、ギャスパー・ウリエルが9日に来日するらしい。
犬童一心,他監督「いぬのえいが」の試写会が3日都内で行われ、中村獅童、小西真奈美らが舞台挨拶に立ったようだ。
浅丘ルリ子と小林旭の対談が「kamzine カムジン」誌最新号に掲載されるらしい。
アダム・サンドラーのHappy Madisonが製作する野球コメディ"Bench Warmers "で、ロブ・シュナイダー、デヴィッド・スペイド、クレイグ・キルボーン、ジョン・ロヴィッツらが共演するらしい。デニス・デューガン(Dennis Dugan)の監督で来月撮影が始まるようだ。
ニール・ラビュート監督、ニコラス・ケイジ主演による「ウィッカーマン」("The Wicker Man",1973年)のリメイクは、7月15日からバンクーバーで撮影が始まる模様。
キム・ウーゼンクラフト(Kim Wozencraft)の小説"Wanted"が、ジェニファー・アニストンとメリル・ストリープの共演で映画化されるらしい。
トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")でプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「スティーヴン(・スピルバーグ)がこれほど楽しんでいるのは、長い間見たことがなかったわ」と語ったようだ。
ウォルフガング・ペーターゼン監督による「ポセイドン・アドベンチャー」("The Poseidon Adventure",1972年)のリメイクで、クライヴ・オーウェンの主演が決まったらしい。一方、次期ジェイムズ・ボンドとの噂についてオーウェンは「僕へのアプローチは一切無いよ。単なる噂だ」と否定したようだ。
ヒュー・ローリー主演による米FOXの医療ドラマシリーズ"House"(2005年-)のセカンド・シーズン制作が決定した模様。
ダイヤモンド密輸組織の世界を舞台にした、Warner Bros. Picturesの新作アドベンチャー映画"Diamond"(旧タイトル"Okavango")は、エドワード・ズウィックが監督に決まったようだ。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の新作"Babel"で、ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが出演交渉中のようだ。ガエル・ガルシア・ベルナルも共演する模様。モロッコ、チュニジア、メキシコそして日本が舞台になるらしい。
新宿ジョイシネマ3で発売中のクォン・サンウ主演「ひとまず走れ!」の前売り券は、すでに3500枚が販売され、同劇場の販売枚数記録を更新した模様。 [☆なお、関西では3/5からテアトル梅田で発売されます。公開は3/26から。]
ロンドンで上演中の"Whose Life Is It Anyway?"に出演するキム・キャトラルのアパートに男性が侵入、帰宅した彼女が発見し、逮捕されたらしい。
エヴァ・メンデスは、DOLCE & GABBANAの男性下着の広告モデルに起用されたらしい。
リチャード・ドレイファスがロサンゼルス郊外に所有している邸宅を売りに出した模様。大工時代のハリソン・フォードが建てたジムが庭にあるらしい。
ジョージ・クルーニーの伯母で、2002年に亡くなった歌手のローズマリー・クルーニーは、デビー・ブーン(Debby Boone)の義理の母親に当たるらしい。ニューアルバム"Reflections of Rosemary"で、クルーニーの歌を歌い義母に捧げているようだ。 [☆デビー・ブーン!懐かしい・・・]
「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)での共和党候補アラン・アルダと民主党候補ジミー・スミッツによる大統領選に関する"世論調査"によると、視聴者の28%がアラン・アルダを支持したのに対し、ジミー・スミッツの支持率は44%に達したらしい。
リンゼイ・ローハンは「父は、出かけたまま夜になっても帰ってこなかったこと以外、私のキャリアのために何もしてくれなかった」と語ったようだ。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは「スパイダーマン2」("Spider-Man 2",2004年)、「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse",2004年)、「ヘルボーイ」("Hellboy",2004年)の3タイトルのUMD Videoを4月13日に発売すると発表したようだ。1タイトル3990円とか。 [☆DVDより高いじゃないかっ! 500円なら買ってあげてもいいけど・・・。]
リチャード・リンクレイター監督、ビリー・ボブ・ソーントン主演による「がんばれ!ベアーズ」("The Bad News Bears",1976年)のリメイクの予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
キャサリン・ハードウィック監督、ヒース・レジャー、エミール・ハーシュ主演"Lords of Dogtown"の最新予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
  3/5
村上正典監督による「電車男」の映画化で、山田孝之と中谷美紀の共演が決まった模様。
塩田明彦監督「カナリア」に出演するりょうは4日、妊娠6ヶ月であることを発表したようだ。
「エイブル」(2002年)、「ホストタウン エイブル2」(2004年)の小栗謙一監督は、開催中のスペシャル・オリンピックス冬季世界大会を描くドキュメンタリー映画「ビリーブ」を製作中らしい。
NBC Universalは4日、ファミリー・ホーム・エンターテインメント部門(Universal Studios Home Entertainment Family Productions)を設立したようだ。所有するタイトルのDVD化を進めると共に、ビデオゲーム化や商品化が可能なファミリー向け作品の製作を行うらしい。
メル・ギブソンに対するストーカー行為で逮捕されていた34歳の男性に対し、ロサンゼルスの裁判所は4日、有罪の判決を下した模様。
映画製作のための資金調達が難しいアフリカでは「デジタルが映画の民主化をもたらす」(Idrissa Ouedraogo監督)として、映画製作者の注目を集めているらしい。Ouedraogo監督は「私は35mmフィルムについて学んだが、今日ではそれは実現不可能な夢だ。一方、最近のデジタルビデオカメラは安くなり、誰でも監督になることが出来るようになった。いい作品と同様に悪い作品も生まれるだろう。しかし、さしあたりそれは重要なことではない。われわれにまず必要なのは量だ。質は後からついてくる」と語ったようだ。
ボリウッド映画"Sins"で、カトリックの司祭が法衣を着て十字架を身につけたまま若い女性とセックスするシーンが描かれていることに対し、インドのカトリック教徒らが劇場前で抗議活動を展開、該当シーンの削除か上映の中止を要求しているらしい。
「レーシング・ストライプス」("Racing Stripes")の日本語吹き替え版で、ますだおかだの増田英彦と岡田圭右も声優を務めているらしい。 [☆お笑い系?]
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"のセットからの最新画像が公開されたようだ。
Beverly Hills Film Studios社は4日、新作超自然スリラー"Angel's Blood"を製作、2006年に公開すると発表したようだ。
ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督、ジェイムズ・ピュアフォイ、ナタリー・ポートマン共演の新作"V For Vendetta"で、スティーヴン・レイの出演が決まった模様。
"V For Vendetta"の製作発表が4日ベルリンで行われ、ジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)監督、ジェイムズ・ピュアフォイ、ナタリー・ポートマン、プロデューサーのジョエル・シルヴァーらが出席したようだ。
ザ・ロック主演の次回作"Doom"はすでに撮影が終了、ポスト・プロダクションに入っているようだ。米国でのレイティングはRに指定された模様。
ダニー・ボイル監督次回作は、太陽での宇宙ミッションを描くSF映画"Sunshine"になる模様。7月に製作開始の予定らしい。
バンダイチャンネルは、「未来忍者 慶雲機忍外伝」(1988年)、「ゼイラム」(1991年)など雨宮慶太監督作品の配信をスタートしたようだ。
SF・ファンタジー・ホラー映画アカデミー(Academy of Science Fiction, Fantasy and Horror Films)主催による第31回サターン賞(Saturn Awards)で、「インデペンデンス・デイ」("Independence Day",1996年)、「ファンタスティック・フォー」("Fantastic Four",2005年)などを手がけたFox Themed Entertainmentの会長トム・ロスマン(Tom Rothman)と、「特攻野郎Aチーム」("The A-Team",1983-87年)などを手掛けたTV脚本家・プロデューサーのスティーヴン・J・キャネル(Stephen J. Cannell)に、名誉賞が贈られることが決まったようだ。
レネー・ゼルウィガーは、アイルランド人の歌手ダミアン・ライス(Damien Rice)と交際中らしい。
パク・ヨンハが来日する9日、京成成田空港駅から京成上野駅まで「ヨンハライナー」が臨時運行されるらしい。定員300人とか。
ミュージカル「スペクタクル 十戒」が4日国立代々木競技場第一体育館で初日を迎えたようだ。八代亜紀、加藤紀子らも会場を訪れたらしい。
「宇宙戦争」("The War of the Worlds")の脚本を手がけたデヴィッド・コープの監督次回作が、ロマンチック・コメディ"Ghost Town"に決まったようだ。
  3/6
5月開幕のミュージカル「GAMBLER〜黄金の鍵」のプレイベントが5日都内で行われ、ホ・ジュノ、キム・ホヨン、ソ・ジヨン、チョン・ソナ、イ・ゴンミョンらが出席したようだ。
「蒲田行進曲」(深作欣二監督,1982年)のリメイク企画が韓国で進行中らしい。
ヨン・ファン監督、松坂慶子主演「桃色」は5月日本公開となる模様。
アレクサンダー・ペイン監督「サイドウェイ」("Sideways")が5日初日を迎え、梅田のナビオTOHOプレックスではカリフォルニア・ワインRivercrestの試飲会が行われたらしい。 [☆Rivercrestはピノ種ではありません。大変お安いテーブルワインです。念のため。]
細田守監督「ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」が5日初日を迎え、丸の内TOEI1では声優らによる舞台挨拶が行われたようだ。100人が徹夜したらしい。
樋口真嗣監督「ローレライ」が5日初日を迎え、役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、堤真一、石黒賢、香椎由宇らが日劇2で舞台挨拶に立ったようだ。
梶間俊一監督「渋谷物語」が5日初日を迎え、村上弘明らが舞台挨拶に立ったようだ。
ルディ・スジャルウォ監督「ビューティフル・デイズ」("Ada apa dengan cinta?",2002年)が5日初日を迎え、主演のディアン・サストロワルドヨが恵比寿ガーデンシネマで舞台挨拶を行ったようだ。
パク・チャンウク監督「親切なクムジャさん」の銃撃戦の撮影が、釜山の住宅街で8日から行われる模様。
韓国IMピクチャーズの調査によると、2005年2月の韓国映画観客占有率は前月より40ポイント上昇し、65.9%に達したらしい。
キム・デスン監督、チャ・スンウォン、パク・ヨンウ、チ・ソン共演「血の涙」がクランクアップした模様。
韓国CJグループは、米国に設立するCJエンターテインメント海外法人の代表に、キム・ギドク監督「悪い男」やイ・ウンジュの遺作となった「朱紅文字」などを手がけた映画プロデューサーのイ・スンジェを内定した模様。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」のエキストラの第1回演技指導が5日、広島県呉市で行われたようだ。
渡辺孝好監督「ヒナゴン」の先行上映が5日、撮影の行われた広島県西城町で始まったようだ。
第19回汎アフリカ映画テレビ祭(Panafrican Film and Television festival)の各賞が5日発表され、1950年代ヨハネスブルクのジャズ・クラブを描いた、ゾラ・マセコ(Zola Maseko)監督"Drum"が最高賞を受賞したようだ。
アーシア・アルジェントは、ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演による新作"Marie Antoinette"への出演が決まったらしい。
リンゼイ・ローハンは「変に思われるかもしれないけど、リアリティ番組が助けになってくれるかもしれない。少なくとも皆に真実を伝えることが出来る」と語り、彼女の両親の離婚についてのリアリティ番組に出演する意向を明らかにしたようだ。
アヴリル・ラヴィーンは去年の4月1日(エイプリル・フール)、母親に「妊娠したの」と電話したらしい。マネージャーには「ひどい事故に遭ってERにいる。鼻の骨が折れて目にアザが出来た」と電話したとか。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するジェシー・メトカーフ(Jesse Metcalfe)は「ほとんどの人は、セットで裸でいることについて聞くけど、僕はこれまでにも昼ドラでたくさんラヴ・シーンを演じてきたから慣れているよ。でも、全米2000万人の人が僕の裸を見るわけだから、ベストの状態で見せたい。だから、週に5回はワークアウトしている」と語ったようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督作品「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」("The Crazies",1973年)のリメイクについて、Paramount Picturesは「マシニスト」("The Machinist",2004年)のブラッド・アンダーソン監督と協議に入った模様。
ロビン・ウィリアムスは、「ミセス・ダウト」("Mrs. Doubtfire",1993年)の続編企画について「実現するとは思えないよ。でもスタジオ側は脚本を書こうとしている。うまく書ければいいが、いい脚本が出来なければやる価値は無いね」と語ったようだ。
シルヴェスタ・スタローンは「9月に次の『ランボー』の撮影を始めたい」と語ったらしい。
宝塚歌劇団月組公演「エリザベート-愛と死の輪舞-」が5日、宝塚大劇場で上演回数500回を迎えたようだ。
  3/7
ソニーは7日、出井伸之会長兼グループCEOと安藤国威社長が6月で退任、ハワード・ストリンガー副会長を会長、中鉢良治副社長を社長とする人事を発表したようだ。
東映ビデオとYahoo! JAPANが提携、19日劇場公開される新作短編オムニバス「ZOO」を同日から有料配信するらしい。
ソニーは、愛知万博に出展する「レーザー ドリームシアター」を報道陣に公開したようだ。レーザー抗原を使用する独自開発のGxLプロジェクタ12台で、2005インチの巨大スクリーンに映像を投影するらしい。
14日テレビ東京で放映されるイ・ジェヨン監督「スキャンダル」で、昨年4月に収録されたペ・ヨンジュンのインタビュー映像が本編開始前に放送されるらしい。12日には「スキャンダル特番」も放送予定とか。
香椎由宇の写真集「you」の発売記念サイン会が6日都内で行われ、600人のファンが集まったらしい。「ウォン・カーウァイ監督作品にも出てみたい」と語ったとか。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("The War of the Worlds")の撮影が終了した模様。
韓国人男性デュオSoRiの新曲「OVER THE SEA」のミュージックビデオを、大森一樹監督が演出したらしい。
「冬のソナタ」関連商品の、昨年12月の日本での売上は2億円で、同年5月の12億円から急落した模様。一方、2004年の日本での韓国映画収入額は42億4000万円で前年比3倍に達したようだ。
6日パリで行われたLouis Vuittonの新作発表会場に、同社の広告キャンペーンに起用されたユマ・サーマンが、アイヴォリー・シルクのコートとジーンズというスタイルで恋人のアンドレ・バラス(Andre Balazs)と共に会場を訪れ、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)のデザインによる新作以上に注目を集めていたらしい。
アレハンドロ・アメナーバル監督「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")の米国でのビデオ発売日は、5月17日に設定されたようだ。
Lions Gate Entertainmentは、「ソウ」("Saw")、「オープン・ウォーター」("Open Water")、「パニッシャー」("The Punisher")などの新作や、「ランボー」("First Blood",1982年)、「トータル・リコール」("Total Recall",1990年)などの旧作あわせて12作品のUMD Video対応ソフトを発売する、と発表したようだ。価格はDVDと同程度で、旧作が10-20ドル、新作は20-30ドルになる模様。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)のダニエル・マイリック監督は、カリフォルニアのヴェニス・ビーチを舞台にした実験的映像作品を配信するサイト"The Strand"を今月15日にスタートさせるらしい。第1話は無料で、以降は1話当たり99セントの有料配信になるようだ。
北米を除く海外週末興収は、25カ国2955スクリーンで上映されたウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch")が、2100万ドルでトップとなったようだ。一方、ベン・スティラー主演"Meet the Fockers"の海外総興収は2億ドルを突破したらしい。
ピーター・チャン監督、金城武、ジョウ・シュン共演によるミュージカル"Perhaps Love"で、クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")を手がけたRuddy Morgan Organizationが製作に参加するようだ。
全米週末興収は、ヴィン・ディーゼル主演のアクション・コメディ"The Pacifier"が3020万ドル(3131館)で1位、ジョン・トラヴォルタ主演による「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"が2350万ドル(3216館)で2位、エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ共演の新作SFスリラー"The Jacket"は270万ドル(1331館)で10位のスタートとなったようだ。
英BBCは、同局の人気コメディ番組だった"The Office"(2001-2003年)の米国版(2005年)を、英国に逆輸入するらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)の新しい常任理事兼CEOに、39歳のグレッグ・ヘッシンジャー(Greg Hessinger)が選出された模様。
「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-」の公開を記念して、マキシシングル「Z・刻を越えて/水の星へ愛をこめて」が来月27日に発売されるらしい。
先月亡くなった米作家ハンター・S・トンプソン(Hunter S. Thompson)の追悼式が7日ロサンゼルスで営まれ、ジョニー・デップ、ジョン・キューザックらも出席したようだ。
新作"The Island"のマイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、ショーン・ビーンのインタビューとセットからの映像が、Yahoo! Moviesで公開されたようだ。
18日夜全米公開のウディ・アレン監督最新作「メリンダとメリンダ」("Melinda and Melinda")と9月30日公開予定のジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督の新作SF"Serenity"に出演するキウェテル・イジョフォーは、8月12日公開予定のジョン・シングルトン監督"Four Brothers"(仮題)にも悪役で出演、さらにジュリアン・ジャロルド(Julian Jarrold)監督の新作"The Kinky Boot Factory"の撮影も終えたらしい。
サマンサ・モートンが主演か?と報じられていた、1971年に自殺した米国の写真家ダイアン・アーバス(Diane Arbus)の伝記映画"Fur"は、ニコール・キッドマンが主演することになった模様。ロバート・ダウニーJr.が共演するらしい「セクレタリー」("Secretary",2002年)のスティーヴン・シャインバーグが監督を務め、5月にニューヨークで撮影が開始されるようだ。
最近劇やせしているリンゼイ・ローハンは「今日診てもらった医者にさえ『あなたは拒食症ですか?自分で吐いていませんか?ドラッグはやっていませんか?』と聞かれたの。私は『あなたはこの雑誌の記事を読んだからそんなこと聞くのね』と言ったわ。誰でも成長期には脂肪が落ちて痩せるのよ。(2003年の)Vanity Fair誌の写真撮影のときなんか、ほかの女の子たちはサラダを食べてたけど、私はパスタを食べたわ。それでもみんなは私を摂食障害だと言うのね」と語ったようだ。
有名人女性ボディ・イメージチェンジBEST10が発表されたようだ。
1.ジェニファー・ロペス
2.ビヨンセ・ノウルズ
3.ジェシカ・シンプソン
4.ジェニファー・ガーナー
5.クリスティーナ・アギレラ
6.ジェニファー・アニストン
7.リンゼイ・ローハン
8.オプラ・ウィンフリー
9.ニコール・リッチー
10.ケイト・ウィンスレット
パリス・ヒルトンは「モナコで本物のレーシングカーでレッスンを受けたの。速い車は大好き」と語ったようだ。
秋山貴彦監督「HINOKIO」などに出演する堀北真希のファンクラブ「ほりきたコレクション」結成イベントが6日都内で行われ、800人のファンが参加したようだ。
志水淳児監督「ふたりはプリキュア マックスハート」のアフレコ収録が6日都内で行われ、工藤静香らが参加したようだ。エンディング曲「心のチカラ」も歌うらしい。
ピーター・チェルソム監督「Shall We Dance?」とニューアルバム「REBIRTH」プロモーションのため、ジェニファー・ロペスが6日来日したようだ。
ドンドレ・T・ウィットフィールド(Dondre T. Whitfield)、グラハム・ベッケル(Graham Beckel)、エンジェル・デサイ(Angel Desai)は、米FOXの超自然ドラマ・パイロット"Briar & Graves"で共演するらしい。
Warner Bros. Picturesは、ピーター・クレイグ(Peter Craig)の最新小説"Blood Father"の映画化権を獲得したようだ。
ビデオゲーム版「リディック」("The Chronicles of Riddick")などの脚本を手がけているフリント・デイル(Flint Dille)とジョン・ズール(John Zuur)は、Dimension Filmsと2年契約を結んだようだ。2人が提供するゲームのコンセプトをDimensionが映画化するらしい。
アシュレイ・ジャッドは、ポール・ヨハンセン(Paul Johansson)監督の新作"Unless That Someone is You"に主演する模様。
"Shrek 4"の脚本には、ティム・サリヴァン(Tim Sullivan)が起用されたようだ。
「スター・トレック/ヴォイジャー」("Star Trek: Voyager",1995-2001年)で7年間にわたってタラクシア人のコック、ニーリックスを演じてきたイーサン・フィリップス(Ethan Phillips)は、新作スリラー"The Island"への出演について「メイクする必要が無いのは最高だよ。すごく感謝している。1日5時間の節約になるからね」と語ったらしい。
映画プロデューサーのウォルター・F・パークス(Walter F. Parkes)とローリー・マクドナルド(Laurie MacDonald)は、新作SF映画"No Man's Land"のプリプロダクションに入っている模様。「宇宙戦争」("War of the Worlds",1953年)と「チャイナタウン」("Chinatown",1974年)をあわせたような作品とか。
P2Pシステムで出品作品をダウンロードして鑑賞する第15回シネクエスト映画祭が2日から開催されているらしい。
米UPNのドラマ・パイロット"Crazy"にララ・フリン・ボイル、クリストファー・ロイド主演によるCBSのタイトル未定のコメディにヘンリー・ウィンクラー、FOXのドラマ・パイロット"Bones"にエミリー・デシャネル(Emily Deschanel)、NBCのコメディ・パイロット"Thick and Thin"にジェシカ・キャプショウ(Jessica Capshaw)、CBSの"Love Monkey"にジェイソン・プリーストリーとリンゼイ・プライス(Lindsay Price)の出演が、それぞれ決まったようだ。
婚約したジュード・ロウとシエナ・ミラーは、パパラッチを避けるために田舎に引っ越す予定らしい。
「野郎どもと女たち」("Guys and Dolls",1955年)のリメイクで、主演予定のヴィン・ディーゼルはロビー・ウィリアムスとの共演を希望しているらしい。
  3/8
「レーシング・ストライプス」("Racing Stripes")の試写会が7日都内で行われ、日本語吹き替えを担当した田中麗奈、島谷ひとみらが出席したようだ。
VODサービスを展開するネオ・インデックスは7日、米NBC Universalと映画配信契約を結んだ、と発表したようだ。「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」("The Mummy Returns",2001年)、「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2",2004年)、「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing",2004年)などの配信が開始される模様。
保釈された萩原健一は8日「今回の件は深く反省している。被害者の方に対しては誠意を尽くして謝罪してきたが、今後ともご理解を得るように努めていく」とのコメントを発表したようだ。
近畿日本ツーリストが企画した、ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」の撮影現場見学ツアーの予約受付が7日スタート、電話回線がパンクしたらしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」は、反町隆史と中村獅童が主演するらしい。
文化庁は8日、第55回芸術選奨の受賞者29人を発表、文部科学大臣賞には舞台「喪服の似合うエレクトラ」などの大竹しのぶ、映画「父と暮せば」の宮沢りえ、「ニワトリはハダシだ」の森崎東監督らが、また、文部科学大臣新人賞には、映画監督の朝原雄三、舞台演出の長塚圭史、「三鷹の森ジブリ美術館」館長の宮崎吾朗らが選ばれたらしい。
2003年に亡くなったアニタ・ムイの生涯を描くTVドラマ「梅艶芳菲」で、アンディ・ラウが出演候補に挙がっているようだ。
すずきじゅんいち監督、吉川ひなの主演の新作ホラー「Death Ride」の製作発表が7日、ロサンゼルスの禅宗寺で行われたらしい。
「Shall we Dance?」プロモーションのため来日中のジェニファー・ロペスが7日、都内で記者会見を行ったようだ。9日までの滞在での総費用は約7000万円とか。
伊藤忠商事とNTT西日本は7日、映画やアニメなど約900作品を月2415円の定額で配信するサービスを9日に開始すると発表したようだ。
米HBOは、新作TVドラマの制作について、サラ・ジェシカ・パーカーらが設立したPretty Matches Productionsと提携したようだ。
米CBSのドラマ・パイロット"The Unit"に、レジーナ・キングの出演が決まったようだ。
米WB Networkは、ラッパー兼俳優のバウ・ワウ(Bow Wow)が自らを演じるドラマ・パイロット"Bow"の制作を承認した模様。
ジョエリー・フィッシャー(Joely Fisher)とマット・レッシャー(Matt Letscher)は米FOXのタイトル未定のドラマ・パイロットに、チャールズ・メジャー(Charles Mesure)とエリザベス・ローム(Elisabeth Rohm)は同局の"Briar & Graves"に、ジェニファー・エスポジトはWB Networkのタイトル未定の新作に、それぞれ出演が決まったようだ。
National Lampoonは、Majestic Entertainmentとの合弁会社National Lampoon Clubhouseを設立、8歳から18歳の子供を対象とした作品の製作を行うようだ。第1弾となる"Trick or Treat"は10月に劇場公開予定とか。
Sony Picturesは7日、ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演の新作"Bewitched"を、予定より2週間早い6月24日に公開する、と発表したようだ。
Backstreet Boysのニック・カーターが5日、飲酒運転の現行犯で逮捕されていたらしい。
先日出所したマーサ・スチュワートが7日、Martha Stewart Living Omnimediaに出社、600人余りの従業員を前に挨拶したようだ。
米CATV局Showtimeでスタートするシチュエーションコメディ"Fat Actress"のプレミア上映が6日ロサンゼルスで行われたようだ。出席した主演のカースティ・アレイは「ゲストの皆さんにこの巨大スクリーンで上映されます、と説明していたんだけれど、その途中で『Oh my God』って言ってしまったわ。幅が100フィート(約30.5メートル)もあるスクリーンに映し出されるのが、ちょっと心配になったの」と語ったらしい。
Mandeville Filmsは、「南海漂流」("Swiss Family Robinson",1960年)の再映画化の製作を、9月からクイーンズランドのWarner Roadshow Studiosでスタートする、と発表したようだ。
来月19日開幕する第4回トライベッカ映画祭で、シドニー・ポラック監督、ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演の新作"The Interpreter"がオープニング上映されることが決まったようだ。
1950年代の"赤狩り"時代の実話をもとに描くジョージ・クルーニー監督・主演"Good Night, and Good Luck."で、ロバート・ダウニーJr.、デヴィッド・ストラザーン、パトリシア・クラークソンの共演が決まったようだ。今週からロサンゼルスで撮影が始まるらしい。
シャノン・エリザベスの広報担当者は7日、夫ジョセフ・ライトマンとの離婚を決めた、とのコメントを発表したようだ。
マイケル・T・ワイス(Michael T. Weiss)らが出演したTVシリーズ「ザ・プリテンダー/仮面の逃亡者」("The Pretender",1996-2000年)の第1シーズンのDVDが、今月22日に米国で発売されるらしい。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督、ジェシカ・アルバ主演"Sin City"の最新予告編がMoviefoneで公開されたようだ。
スティーヴ・マーティン主演"The Pink Panther"からの最新画像が公開されたようだ。
クエンティン・タランティーノが、「13日の金曜日」("Friday the 13th")シリーズ最新作"The Ultimate Jason Voorhees"の脚本・監督に向けて交渉中らしい。
現在撮影中の新作"Just My Luck"で共演しているリンゼイ・ローハンとMcflyのドラマー、ハリー・ジャッド(Harry Judd)がデートしているらしい。
タブロイド紙National Enquirerは、同紙を名誉毀損で訴えたアシュレイ・オルセンの弁護士から送られた書簡の全文を掲載したらしい。
小田一生監督「笑う大天使」の撮影が7日都内で行われ、上野樹里らが参加したようだ。
中村拓監督「シナリオライター★松本マリコの課題」で、オセロの松嶋尚美が映画デビューするらしい。
新作アニメーション映画「あした元気にな〜れ! 半分のさつまいも」の完成披露試写会が7日都内で行われ、声優を務めた上戸彩、原作者の海老名香葉子らが出席したほか、林家こぶ平、林家いっ平、春風亭小朝による落語も披露されたらしい。
ゲームロフト株式会社は、スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」を題材にした携帯電話向けゲームを開発する、と発表したようだ。
Paramountは、"Blind Horizon"(2003年)を手がけたポール・ベンツ(Paul Benz)とスティーヴ・トムリン(Steve Tomlin)のスリラー脚本"Snow Blind"を獲得、ロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)の製作で映画化するようだ。「逃亡者」("The Fugitive",1993年)や「ブレーキ・ダウン」("Breakdown",1997年)のような方向性の作品になるらしい。
トッド・ロビンソン(Todd Robinson)脚本・監督、ジョン・トラヴォルタ、ジェイムズ・ガンドルフィーニ共演の新作"Lonely Hearts"で、サルマ・ハエックの共演が決まったようだ。
スザンナ・グラント(Susannah Grant)の監督デビュー作となる、ジェニファー・ガーナー主演のロマンチック・コメディ"Catch and Release"で、ティモシー・オリファントの共演が決まった模様。
Screen Gemsは、コリー・グッドマン(Cory Goodman)の脚本"Priest"を獲得、マイク・デ・ルカ(Mike De Luca)、サム・ライミらのプロデュースで映画化するようだ。ヴァンパイアものらしい。
サイモン・ブランド(Simon Brand)監督による新作ダーク・ミステリー"Unknown"で、ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、ジョー・パントリアーノ、ブリジット・モイナハン、ジェレミー・シスト、ピーター・ストーメアが共演するようだ。今月から撮影が始まるらしい。
ブロードウェイ・ミュージカルとして大ヒットしたジョン・ウォーターズ監督「ヘアスプレー」("Hairspray",1988年)の再映画化で、ビリー・クリスタルとアレサ・フランクリンが出演交渉中らしい。
カーメン・エレクトラは、米Sci Fi Channelの人気アニメシリーズ"Tripping the Rift"(2004年)の第2シーズンで声優を務めるようだ。
デニス・ホッパーは、米NBCのドラマ・パイロット"E-Ring"への出演が決まったようだ。
「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")プロモーションのためリドリー・スコット監督が来日、7日都内で記者会見を行ったようだ。小倉優子が花束を贈呈したらしい。
エド・マクマホン(Ed McMahon)が今月4日、ビバリーヒルズの自宅で転倒、軽い脳震盪と頭部の怪我で入院しているらしい。
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で、ジム・キャリーが出演候補に挙がっているらしい。
「ハロウィン」("Halloween",1978年)、「ザ・フォッグ」("The Fog",1980年)、「ニューヨーク1997」("Escape from New York",1981年)、「フィッシャー・キング」("The Fisher King",1991年)、「エスケープ・フロム・L.A.」("Escape From L.A.",1996年)などの作品を手がけた、脚本家・プロデューサーのデブラ・ヒル(Debra Hill)さんが7日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  3/9
愛知万博にスタジオジブリが出品する「サツキとメイの家」が完成、8日報道陣に公開されたようだ。糸井重里が名誉館長を務めるらしい。また、すでに予約が殺到している入館引換券について、6月分からは一度に予約できる枚数を6枚から4枚に制限する模様。
富士写真フイルムは、映画用高感度タングステンカラーネガフィルム「ETERNA 400」を今月下旬に発売する、と発表したようだ。
パク・ヨンハが9日来日、成田空港には2500人のファンが殺到したらしい。
「ピザーラ」の新CMに、ペ・ヨンジュンが出演するらしい。12日から放送されるようだ。
「オオカミの誘惑」の試写会が8日大阪市内で行われ、チョ・ハンソンとイ・チョンアが舞台挨拶に立ったようだ。
5月27日に閉幕する韓流シネマ・フェスティバルのクロージングに、キム・レウォン、ムン・グニョン共演「幼い新婦」が上映されるらしい。
トニー・レオンは、恋人のカリーナ・ラウと北海道で結婚式を挙げたという噂について「毎年、友人と一緒にスキーに行っている。いい関係だし、変える必要もない」と結婚を否定した模様。
今月4日中国で公開された、シュー・ジンレイ監督・主演、チアン・ウェン共演の新作「一個陌生女人的来信」は、公開3日間の興収が400万間を突破したらしい。
米メリーランド大学の研究チームが、笑える映画と重苦しい映画を20人のボランティアに見せ、血管の反応の変化を測定したところ、笑っているときは血流が22%増加したのに対し、ストレスを感じているときは35%減少したらしい。研究チームを率いるマイケル・ミラー氏は「週3回30分間運動し、毎日15分笑うと血管系統に良い」と結論したとか。 [☆毎日15分笑う、というのは以外に難しそう・・・]
「懐かしき笛や太鼓」(木下恵介監督,1967年)の舞台となった香川県丸亀市の小手島中学校が、在校生不在のため来月1日から2年間休校になるようだ。
米MTVは、「マツケンサンバII」のPVを今夏から大量オンエアする予定とか。
北方領土問題を描く映画「遙かなる島影」が、花村彪の監督で製作されるらしい。
1977年に世界初のビデオレンタル店をロサンゼルスにオープンさせた、ジョージ・アトキンソン(George Atkinson)さんが3日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
Columbia Picturesが長年企画していた新作"The 8th Voyage of Sinbad"で、キアヌ・リーヴスが出演交渉に入った模様。また、ロブ・コーエンも監督に向けて交渉中らしい。
今年のトライベッカ映画祭は開幕を2週間前倒しし、来月19日から5月1日までの13日間の開催となるようだ。ワールドプレミア60本、国際プレミア8本、北米プレミア34本が上映されるらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の再編集(recut)バージョンについて、DVDがすでに発売されていることなどから、大多数の劇場チェーンは上映しないことを決めている一方、当初の計画を大幅に上回る全米950スクリーンで11日から公開が始まるようだ。
フロリダ州立大学在籍中の若きジム・モリソンが出演している、1964年に制作された同大学のPR映像が、インターネット上で公開されているらしい。
ラッセル・クロウは、アルカイダの誘拐の標的となっている可能性があるとして、「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind",2001年)と「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World",2003年)の撮影時にFBIの警護を受けていたほか、2001年のゴールデン・グローブ賞授賞式では秘密捜査官に護られていた、と雑誌インタビューで語ったようだ。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務めるアンジェリーナ・ジョリーが8日、ワシントンで行われた昼食会に出席、親善大使の役割についてスピーチしたようだ。
各国の映画館入場料を、それぞれの国の必要労働時間で表した新しい指標に関する調査結果を、英Screen Digest社が発表したようだ。
・インド 16分
・米国 24分
・英国 35分
・日本 48分
・ブルガリア 123分
世界平均は57分で、アイルランド、ベルギー、ドイツ、フランス、スペインは平均より低く、イタリア、ハンガリー、メキシコ、ポーランド、ロシアは平均より高かったらしい。 [☆映画1本観るのに、日本人はアメリカ人の2倍働かないといけない、ということです。]
ZARDが歌う映画「名探偵コナン〜水平線上の陰謀」の主題歌「夏を待つセイルのように」のシングルCDが、来月20日に発売されるらしい。
キャサリン・ハードウィック監督、ヒース・レジャー主演"Lords of Dogtown"(2005年)を手がけたステイシー・ペラルタ(Stacey Peralta)は、サム・ジョージ(Sam George)と共同で、1950年代にハワイで活躍したサーファーのグレッグ・ノール(Greg Noll)の伝記映画"Riding Giants"の脚本を執筆中らしい。ヒース・レジャーが主演候補に挙がっているようだ。
ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演"Marie Antoinette"の撮影が今週フランスで始まったようだ。11週間の撮影の大部分が、ヴェルサイユ宮殿で行われるらしい。
Disney Interactiveは8日、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")に基づく新作ゲームの詳細を発表したようだ。PSP用も発売されるらしい。
7日ニュージーランドのカピティ・コースト(Kapiti Coast)で行われたピーター・ジャクソン監督"King Kong"の撮影で、撮影クルーの乗ったボートが浸水する事故があったようだ。
"Napoleon Dynamite"(2004年)の主人公ナポレオンと、新作「ロボッツ」("Robots")に登場するフェンダー(Fender)が、NapoleonVsFender.comでガチンコ対決しているらしい。
ザ・ロック主演による人気ゲームの映画化"Doom"からの最新画像が公開されたようだ。
新作"Doom"に主演するザ・ロックは「この作品は、僕の最初のR指定映画なんだ。堂々のR指定映画だよ。それだけじゃなくて、登場するモンスターも本物だ。CGIじゃない。『ジュラシック・パーク』や『プレデター』のスタン・ウィンストンが創ったんだ。重量感があって、エイリアンみたいな奴なんだ。僕は今からBMFOTPと呼ぶことにするよ。意味は何かって?"Baddest MotherF***er On The Planet"さ」と語ったようだ。
Scholastic社は、"Harry Potter and the Half-Blood Prince"の表紙デザインを発表したようだ。
ダーレン・アロノフスキー監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作"The Fountain"からの最新画像が公開されたようだ。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")で使用されたアメリカ合衆国独立宣言書とそのケースなどが、Yahoo!オークションに出品されるらしい。
ブリトニー・スピアーズは「ヴェガスでショーに出演するセリーヌ・ディオンのやり方がいいと思うの。みんな、彼女のショーを観にやってくる。子供が生まれたら、私もそうするわ」と語ったらしい。
永井豪がデザインを手掛けた実在のプロレスラーを主人公にした映画「兜王ビートル」が製作されるらしい。監督の河崎実は「(人気ゲーム「ムシキング」の)全くの便乗企画です」と言っているとか。
キム・ギドク監督「サマリア」の公開を記念した、荒木経惟によるクァク・チミンとハン・ヨルムの写真展「アラーキーとサマリアの少女たちの美しく切ない旅」が、今月26日からBook1st渋谷店で開催されるらしい。
第42回ゴールデン・アロー賞授賞式が都内で行われ、映画賞に長澤まさみ、演劇賞に中村獅童、放送賞(ドラマ部門)に米倉涼子が選ばれたほか、芸能功労賞が昨年亡くなったいかりや長介に贈られたようだ。
アラン・ドロンとマリアンヌ・フェイスフルが共演した「あの胸にもういちど」("La Motocyclette",1968年)のDVDが5月11日に発売されるらしい。
Paramount Picturesは、ジャッキー・ライデン(Jacki Lyden)の小説"Daughter of the Queen of Sheba"の映画化で、ラッセ・ハルストレムを監督に起用したようだ。
Bristol Bay ProductionsとKennedy/Marshallは共同で、ネルソン・デミル(Nelson DeMille)のベストセラー小説"The Charm School"を映画化する模様。フランク・マーシャルがプロデューサーを務めるらしい。
New Lineの新作アクション・コメディ"Ride Along"で、ザ・ロックとライアン・レイノルズが共演するらしい。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)を手がけたプロデューサーのマイク・フレイス(Mike Fleiss)は、Screen Gemsの新作ホラー"Hostel"を手がけるようだ。イーライ・ロスが監督、ジェイ・ヘルナンデスが主演を務める模様。
ヴィン・ディーゼルの映画製作会社One Race FilmsはBlur Studioと共同で、独立系アニメ製作会社による短編作品に基づくCGI映画"Rockfish"を製作するようだ。ヴィン・ディーゼルが主人公の声も担当するらしい。
エリク・ラ・サルの設立したHumble Journey Filmsは、ジョン・ショア(John Shors)の小説"Beneath a Marble Sky: A Novel of the Taj Mahal"の映画化権を獲得したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の最新ポスターが公開されたようだ。
「偽りの花園」("The Little Foxes",1941年)、「ミニヴァー夫人」("Mrs. Miniver",1942年)、「我等の生涯の最良の年」("The Best Years of Our Lives",1946年)、「征服者」("California Conquest",1952年)、「ある日どこかで」("Somewhere in Time",1980年)、「レインメーカー」("The Rainmaker",1997年)などの作品で活躍した、米女優のテレサ・ライト(Teresa Wright)さんが6日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
違法に映画などをダウンロードしたとして、アリゾナ大学の学生が有罪判決を受け、3年間の保護観察、200時間の社会奉仕、5400ドルの罰金が命じられたらしい。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットが主演する米CBSのタイトル未定のドラマで、アイシャ・タイラーの共演が決まったようだ。
今月27日からブロードウェイのPublic Theaterで上演される舞台"This Is How It Goes"で、出演予定だったマリサ・トメイが急遽降板、アマンダ・ピートが代役を務めることになったようだ。
ガエル・ガルシア・ベルナルは、第77回アカデミー賞授賞式を欠席した理由について、主題歌賞にノミネートされた「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")の"Al Otro Lado Del Rio"を、オリジナルのホルヘ・ドレクスレールではなくアントニオ・バンデラスが歌うことに抗議するため、と説明したらしい。
ピーター・ジャクソン監督最新作"King Kong"からの最新映像の上映会が、世界の配給会社から200人を招待して、ニュージーランドで行われたらしい。
"Days of Our Lives"(1965年-)などの昼ドラで知られる俳優のジェイソン・クック(Jason Cook)が7日、マリファナの残ったパイプを所持していたとして、アイオワ州のデモイン国際空港で逮捕されたらしい。
新作"Be Cool"プロモーションのため、自ら操縦する自家用ジェットでロンドンを訪れたジョン・トラヴォルタは「昨日家を出て、子供たちにお別れのキスをして、裏庭に出て、ジェットに乗ってロンドンまで飛んできたんだ。それって、結構クールだろ」と語ったらしい。
  3/10
十六銀行は9日、昨年末に岐阜県各務原市で行われたイベント「『冬のソナタ』春川物語」の経済効果は総額66億円に達した、と発表したようだ。
ペ・ヨンジュンの個人トレーナー、イム・ジョンピルによるエピソード本「100DAYS OF BAE YONG JOON」が来月8日に発売されるようだ。未公開写真も収録されているらしい。
秋スタートのNHK朝の連続テレビ小説が、湯布院と大阪を舞台にした「風のハルカ」に決まった模様。「ロード88 [出会い路、四国へ]」(中村幻児監督,2004年)に主演した村川絵梨がヒロインを務めるようだ。
マライア・キャリーがニューアルバム「The Emancipation Of Mimi」プロモーションのため28日に来日する模様。ライヴハウスでのイベントも予定されているらしい。
橋本一監督「極道の妻たち 情炎」の完成披露試写会が9日都内で行われ、高島礼子、杉本彩らが舞台挨拶に立ったようだ。
ユニセフ親善大使を務めるアグネス・チャンとジャッキー・チェンが9日、東京都品川区の京陽小学校を訪問したようだ。
短編オムニバス「『超』怖い話 闇の映画祭」の1本を、快楽亭ブラックが監督するらしい。「四谷怪談」を題材にした作品で、自身が主演、市川左團次、沢村宗之助、林由美香、野上正義、山本龍二らが共演するようだ。
「ウンタマギルー」(高嶺剛監督,1989年)、「パイナップル・ツアーズ」(真喜屋力監督,1992年)にも出演した沖縄県出身の漫談家、照屋林助さんが10日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
チョ・スンウとコン・ヒョンジュが、アイスクリーム「Shall we dance」の新CMで共演するらしい。10日から韓国で放送されるようだ。
韓国で公開中のチョン・ユンチョル監督、チョ・スンウ主演「マラソン」の観客動員数が500万人を突破した模様。
韓国ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」の、ケリー・チャンが歌う香港版主題歌「希望」のミュージックビデオが8日公開されたようだ。
米Variety紙最新号が、阪本順治監督「亡国のイージス」に関する記事を掲載したようだ。
アニメーション映画「ガラスのうさぎ」(四分一節子監督)の製作発表が10日都内で行われ、原作者の高木敏子らが出席したようだ。竹下景子が声優として出演するらしい。
ジェイムズ・キャメロンらは、海洋探索を推進する新しいプロジェクトDeep Ocean Oneを立ち上げ、9日サンタ・モニカで記者会見を行ったようだ。
ラスヴェガスで14日から開幕するShoWestで、ジョージ・ルーカスがShoWest Galactic Achievement Award、ドリュー・バリモアがDistinguished Decade of Achievement in Film awardを受賞するようだ。
Universal Picturesは、ソフィ・キンセラ(Sophie Kinsella)の新作小説"The Undomestic Goddess"の映画化権を獲得したようだ。法律事務所を解雇された女性弁護士が、ロンドンでメイドの仕事に就く・・・という話しらしい。
20th Century Fox AnimationとBlue Sky Studiosは、ドクター・スース(Dr. Seuss)の児童書「ぞうのホートンひとだすけ」("Horton Hears a Who!")の映画化権を獲得、CGアニメ化するらしい。
プリンセス天功が、2日行われたニッポン放送「笑顔満開!ひでたけ・のりこの大吉ラジオ」の収録で、ハリウッドの人気俳優と今秋結婚する、と発表していたらしい。 [☆だから誰なんだ?ベン・アフレックか?]
東映の映画配信サービス「Movie Circus」は、「旅笠道中」(佐々木康監督,1958年)、「草間の半次郎 霧の中の渡り鳥」(内出好吉監督,1960年)、「血煙り笠」(松田定次監督,1962年)、「任侠木曽鴉」(工藤栄一監督,1965年)の4作品の配信をスタートしたようだ。
Yahoo!動画で、「人間の証明」(佐藤純彌監督,1977年)、「野生の証明」(佐藤純彌監督,1978年)、「戦国自衛隊」(斎藤光正監督,1979年)など角川映画17作品の有料配信がスタートしたようだ。
映画版「スター・トレック」("Star Trek")シリーズ第11作の脚本を執筆中のエリック・ジェンドレセン(Erik Jendresen)は「ストーリーのコンセプトは、かなり大がかりなものになるよ。カーク艦長が生まれる160年以上前の時代に遡る予定だ」と語ったらしい。
村上龍の小説「コインロッカー・ベイビーズ」("Coin Locker Babies")が映画化される模様。リヴ・タイラー、ヴァル・キルマー、アーシア・アルジェント、浅野忠信が共演、CMやMVを手掛けるマイケル・チヴェッタ(Michele Civetta)が監督を務めるようだ。ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが脚本に参加するらしい。
"Superman Returns"を監督するブライアン・シンガーは、ジョー・エル役を演じたマーロン・ブランドの映像を挿入することを計画しているらしい。「スーパーマンII 冒険篇」("Superman II",1980年)のために撮影されたものの、カットされた映像を使用するらしい。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットは、彼氏探しが難航している模様。「ある男性は、夕食の間じゅう叫び続けていたわ。『なんでステーキをそんな風に食べるの?』とか『なんでケチャップを欲しがるの?』とか。それから別の男性からはいきなりAltoidsを渡されたわ。『後でやるときに・・・』って。それに、会って2秒後に自分たちをカップルと呼ぶ男性もいたわね。もうブラインド・デートはうんざりよ」と語ったようだ。
飲酒運転の現行犯で逮捕されたBackstreet Boysのニック・カーターは「深く反省している。医師が処方した薬が原因だった」とする声明を発表したらしい。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは、愛犬Bit Bitと共にビバリーヒルズのレストランCrustaceanに入ったところ、規則違反だからと追い出されたらしい。
ジェシカ・シンプソンとニック・ラシェイは、共にニューアルバムのレコーディングに入っている模様。
エマ・ロバーツは、サラ・ムリノウスキ(Sarah Mlynowski)のファンタジー・コメディ小説"Bras and Broomsticks"の映画化で、主演を務めるようだ。
リンダ・ブラッドワース=トマソン(Linda Bloodworth-Thomason)は、ハリー・トンプソン(Harry Thomason)と共に自らの小説"Liberating Paris"の脚本を執筆中のようだ。ミッシェル・ファイファー、ビリー・ボブ・ソーントン、ドワイト・ヨーカムらの共演で映画化されるらしい。
「トスカーナの休日」("Under the Tuscan Sun",2003年)のオードリー・ウェルズ監督は、Touchstone Picturesの新作ロマンチックコメディ"Rearranged"で、脚本を監督を務めるらしい。
アダム・サンドラーのHappy Madison製作、デニス・デュガン(Dennis Dugan)監督、ロブ・シュナイダー、デヴィッド・スペイド共演の新作野球コメディ"Bench Warmers"で、ジョン・ヘダー(Jon Heder)の共演が決まったようだ。
ダニー・ボイルは、「28日後...」("28 Days Later",2002年)の続編"28 Weeks Later"の企画について「すごくいいアイデアがあるんだ。英国には誰もいない。みんな死んだ。そして6ヵ月後、復興のためにと米国人がやってくるんだ」と語ったようだ。
「ザ・リング2」("The Ring Two")に出演したサイモン・ベイカーは「カメラテストのとき興味深いものを目撃したんだ。サマラの奇妙な歩き方をどうやって撮っているかわかるかい?後ろ向きの歩く女の子を撮影して、それを逆回ししているんだ。ちょうどそのテストをやっていたとき、監督の中田秀夫が顔を手で覆って首を横に振っていたんだ。大丈夫ですか?と声をかけたら、彼は『7年か8年前に「リング」(1998年)でやったことを、ハリウッドまで来てまたやっている』と答えたよ」と語ったようだ。
「コンスタンティン」("Constantine")のフランシス・ローレンス(Francis Lawrence)監督は、フィリップ・アーダ(Philip Ardagh)の児童向けファンタジー小説「あわれなエディの大災難」("A House Called Awful End")の映画化"Awful End"で監督を務めるようだ。実写とアニメの合成になるらしい。
ダニー・デヴィートは、アリシア・シルヴァーストーンが主演する米FOXのコメディ・パイロット"Queen B"で、監督を務めるらしい。
エイダン・クイン主演による米NBCのドラマ・パイロット"Book of Daniel"で、エレン・バースティンの共演が決まったらしい。司教を演じるようだ。
New Line Cinemaは、ドン・コスカレリ(Don Coscarelli)監督のカルト・ホラー作品「ファンタズム」("Phantasm",1979年)のリメイクに向けて、同監督と最終交渉に入っている模様。コスカレリ監督はプロデューサーとして参加することになるようだ。
第77回アカデミー賞主演女優賞を獲得したヒラリー・スワンクは、夫のチャド・ロウと共にメキシコで休養したらしい。
  3/11
ジョージ・ルーカスはシリーズ最終作となる「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")について「よりダークで、エモーショナルで、悲劇的な作品になる。僕の感覚では、『スター・ウォーズ』初のPG-13指定になるだろう」と語ったようだ。
「日中交流新世紀」が10日名古屋市内で開催され、篠田正浩監督らによる対談が行われたようだ。
NTT西日本フレッツサービスのイメージキャラクタに長澤まさみが起用されたようだ。「マトリックス」をイメージした映画予告編風のCMとか。
ピーター・チェルソム監督「Shall we Dance?」プロモーションのため、リチャード・ギアが今月来日する模様。30日に新高輪プリンスホテル「飛天の間」で行われるジャパンプレミアに出席するようだ。
映画「ガス燈」("Gaslight",1944年)を舞台化した、11日から上演の「ガス燈」の舞台稽古が10日都内で行われ、藤真利子らが参加したようだ。
「海を飛ぶ夢」("The Sea Inside")プロモーションのためアレハンドロ・アメナーバル監督が来日、10日都内で記者会見を行ったようだ。
Blu-ray Disc Associationは10日、幹事企業(Board of Directors)にApple Computerが加わったと発表したようだ。
韓国の江原道は、10日から仙台、青森、福井、大分、福岡の5都市で「冬のソナタの夕べ」販促イベントを開催するらしい。
開催中の「花フェスタ2005ぎふ」で10日、韓国をテーマにしたステージイベントが行われ、パク・トンハらが参加したようだ。11日には神話のミヌも来るらしい。
台湾人気アイドルグループF4のヴィック・チョウが来日した模様。11日からは都内パルコミュージアムで「流星花園・F4 World展」も開催されるらしい。
キム・ジウン監督「甘い人生」のプロモーション向けMVを、主演のイ・ビョンホンが自ら演出するらしい。本編から削除されたシーンを使用するとか。
東京都千代田区主催の「平和へのつどい2005」が10日行われ、吉永小百合が原爆詩10編を朗読したようだ。
経済産業省の発表によると、1月の映画館の売上高は前年同期比4.7%増の144億9900万円で、3ヶ月連続の増加を記録したようだ。
米NBCは、人気TVシリーズ「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)の2007-08シーズンまでの放送を決定した模様。
ジェーン・フォンダは、近いうちに人工股関節を入れる手術を受ける、と彼女の広報担当者が語ったようだ。
米FOXのドラマ・パイロット"Briar & Graves"で、コルム・ミーニイの共演が決まったようだ。
ヘザー・グラハムは、米ABCのドラマ・パイロット"Emily's Reasons Why Not"に主演が決まったようだ。
アンナ・ファリスは、"Scary Movie 4"への出演契約にサインしたらしい。デヴィッド・ザッカーが前作に引き続き監督を務める模様。 [☆邦題はどうする?「最'悪'絶叫計画」??]
"NYPD Blue"(1993-2005年)でもレギュラーを務めたリック・シュローダー(Rick Schroder)の映画監督デビュー作で、カントリー歌手ティム・マクグロウ(Tim McGraw)の俳優デビュー作となった"Black Cloud"(2004年)が、11日からロサンゼルス、ニューヨーク、ボストンなどで上映されるようだ。
薬物やアルコール依存の影響を正しく描いた作品を表彰する第9回プリズム賞(Prism Awards)のノミネーションが発表され、ジェイミー・フォックス主演「Ray / レイ」("Ray")が作品賞、演技賞などの候補に挙がったようだ。
米Walt Disneyとの12年間の契約を解消し、Miramax Filmsから去ることになるハーヴェイ・ワインスタインは、800タイトルのライブラリや大手スタジオの庇護を失うにもかかわらず、引き続き大きな存在であり続ける、と業界関係者は見ているようだ。
全米週末公開作品では、20th Century FoxとBlue Sky Studiosによる新作CGアニメ「ロボッツ」("Robots")が週末興収3000万ドル台でトップになると予想されているようだ。一方、ブルース・ウィリス主演の新作"Hostage"は1000万ドル台になる見込みとか。
ニューヨーク国際児童映画祭(New York International Children's Film Festival)に出席したダニー・ボイル監督は、銀行強盗が盗んだ金を手にした少年二人を描く新作"Millions"と、出世作「トレインスポッティング」("Trainspotting",1996年)との比較について「それほど大きな違いがあるとは思わないが、合理性や知性のレベルでは大きな違いがあるね。一方はエディンバラのヤク中で、もう一方はマンチェスターの8歳の少年を描いた作品だが、どちらも彼らの世界を活き活きと描きたかった」と語ったようだ。
過激なセックス描写が含まれているマイケル・ウィンターボトム監督最新作"9 Songs"について、英国映像等級審査評議会(British Board of Film Classification)が昨年10月に"18"指定によるノーカット上映を認めて以来、同委員会には抗議が殺到しているらしい。BBFCの広報担当者は「約100通の手紙を受け取りましたが、私たちの決定を支持しているのは1通だけでした」と語ったようだ。
ペンタックスは、映画「ハルウララ」の公開を記念したデジタルカメラを1000台限定で発売するらしい。
「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"の最新予告編が公開されたようだ。
"Fantastic Four"からの最新画像が公開されたようだ。
マイク・バインダー脚本・監督の新作コメディ"The Upside of Anger"に主演したジョアン・アレンは「すばらしかったわ。この作品がものすごく気に入っているの。こういった作品は初めてだったから、最初は少し不安だった。だから、マイクとの関係はとても重要だった。私は彼を「ザ・コンテンダー」("The Contender",2000年)の時から知っていたから、大きな助けになったわ。彼の仕事やテイストは本当に尊敬している」と語ったようだ。
ジェリー・B・ジェンキンズ(Jerry B. Jenkins)の小説「レフトビハインド」("Left Behind")シリーズに基づく最新作"Left Behind: World War III"の撮影がトロントで始まった模様。カーク・キャメロン(Kirk Cameron)が引き続き主演を務めるほか、ルイス・ゴセットJr.らが共演しているらしい。
新作"Mr. and Mrs. Smith"でブラッド・ピットと共演したアンジェリーナ・ジョリーは「脚本を読んだときは面白いと思ったけど、自分のユーモアのセンスに自信が無かったの。でもブラッドが助けてくれた。彼は私を信頼してくれたわ」と語ったようだ。
アラン・パーカー監督は9日、フランス芸術文化勲章オフィシエを受章したようだ。
佐々部清監督「四日間の奇蹟」の主題歌に、平原綾香の新曲が起用されるようだ。
ティム・アレン主演の新作コメディ"In the Pink"にブリトニー・スピアーズの共演が決まった模様。シェール、ベット・ミドラーも出演するらしい。
Regency Enterprisesは、人気アニメ「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)を手がけたドン・ペイン(Don Payne)の脚本による新作コメディ"Super Ex"の映画化について、アイヴァン・ライトマン監督と交渉中のようだ。スーパーパワーを持った女性と付き合っていた男性が、彼女と別れようとしたとき・・・と言う話らしい。
ラッセ・ハルストレムは、ハワード・ヒューズの偽の伝記小説を執筆しMcGraw-Hillに売りつけたクリフォード・アーヴィング(Clifford Irving)を描く"Hoax"を監督するようだ。リチャード・ギア、アルフレッド・モリーナらが出演に向けて交渉中らしい。
Initial Entertainment Groupとジョニー・デップは、イラクの原子物理学者マハディ・オベイディ(Mahdi Obeidi)とPeople誌のカート・ピッツァー(Kurt Pitzer)によるノンフィクション小説"The Bomb In My Garden: The Secrets of Saddam's Nuclear Mastermind"のオプションを獲得した模様。
「チーパー・バイ・ダズン」("Cheaper by the Dozen",2003年)の続編が製作されるらしい。アダム・シャンクマンが監督を務める模様。スティーヴ・マーティンが引き続き主演するらしい。
男性専用エステブランド「ダンディハウス」の新CMに、リチャード・ギアが出演するらしい。14日から放送されるようだ。
サリー・フィールドは、米CBSのドラマ・パイロット"Conviction"に出演するようだ。ジョン・アヴネットが監督を務めるらしい。
アレハンドロ・アメナーバル監督は、実写版「ドラゴンボール」のオファーを受けていたらしい。
サンドラ・ブロックは、クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")について「数年前に映画会社に企画を持ち込んだけれど、女性のボクシング映画は売れないと言われて断られた」と語ったらしい。
ビバリー・ヒルズにあるキャリー・フィッシャーの自宅で先月末、彼女の長年の友人で米政治アドバイザーのグレッグ・スティーヴンス(Greg Stevens,42)が死亡していたようだ。死因は心不全で、フィッシャーは「彼は、彼の愛する場所で亡くなりました」とのコメントを発表したらしい。
昨年8月にニューヨークで行われた大規模な反ブッシュ・デモ中に、映画撮影中だったロサリオ・ドーソンらが「2枚のハンカチで顔を覆っていた」として逮捕された事件で、マンハッタン刑事裁判所は8日、裁判を行う決定を下したようだ。
  3/12
「レーシング・ストライプス」("Racing Stripes")が公開される丸の内プラゼールが、館内の内装をシマウマ柄に模様替え、従業員もシマの衣装を着て観客を出迎えるらしい。
「マイノリティ・リポート」("Minority Report",2002年)で助言を行ったジョン・アンダーコフラー(John Underkoffler)は11日、Game Developers Conferenceで人間のジェスチャーを利用したユーザー・インタフェース技術「g-speak」を披露、デモンストレーションの模様をビデオで上映したらしい。
「ロング・エンゲージメント」("A Very Long Engagement")プロモーションのためジャン=ピエール・ジュネ監督とギャスパー・ウリエルが来日、11日都内で記者会見を行ったようだ。
「デジタルときわ荘」による初の劇場用アニメ作品「TANK S.W.A.T.01」(士郎正宗原作)が今夏公開されるらしい。18日に大阪市内で製作発表が行われる模様。
「平成狸合戦ぽんぽこ」(高畑勲監督,1994年)では声優も務めた、落語家の五代目桂文枝さんが12日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米Forbes誌は11日、2005年版中国有名人番付を発表、1位は昨年に引き続きNBAのヤオ・ミン、2位にはチャン・ツィイーが入ったようだ。
ピーター・ジャクソン監督は「ホビットの冒険」("The Hobbit")の映画化について「あと3年か4年はかかると思う。やりたいと言う気持ちは強いが、その前に大勢の弁護士たちと契約について話し合わなきゃいけないだろうね」と語ったようだ。
ジョー・パントリアーノとドナルド・フェイソン(Donald Faison)は、マイク・セローン(Mike Cerrone)、スティーヴ・セローン(Steve Cerrone)兄弟の脚本・監督による"Under My Skin"で共演するようだ。撮影は来月からロードアイランドで行われる模様。
"Fantastic Four"のポスター第1弾が公開されたようだ。
ウィル・スミスは「96%の人は僕が誰だか分かるけど、僕が体重99kg、身長188cmで「アリ」("Ali",2002年)のために1年半鍛え上げた黒人の男だと言うことを、みんな忘れている。いい男は軟弱だ、とみんなは考えているみたいだ」と語ったようだ。
ジュリア・スタイルズは、シルヴィア・プラスの"The Bell Jar"の映画化企画で共同製作と主演を予定していたものの、もう一人のプロデューサーが監督と共謀して別の女優を主演にしたとして、そのプロデューサーに対する訴訟を起こしたようだ。
結婚以降ステージから遠のいているブリトニー・スピアーズは、公式サイトで「『嵐の前の静けさ』今はこの言葉の意味がよくわかるわ」と発言したらしい。
パリス・ヒルトンは、以前ニック・ラシェイと交際していたと一部で報じられたことについて「ニックとデートしかことなんて無いわ!ジェシカ(・シンプソン)と結婚するまで、彼が誰かさえ知らなかったんだから」と語ったらしい。
愛知万博に再現された「サツキとメイの家」の無料入館引換券が、ネットオークションで高額で取引されているらしい。楽天は出品を削除したものの、ヤフーは「オークションの利便性が損なわれる」として削除に応じていないようだ。
「コーラス」("Les Choristes")のプレミア試写会が11日都内で行われ、主演のジャン=バティスト・モニエと共に千秋がゲスト参加したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の全キャストとスタッフの名前が、公式サイトで公開されたようだ。
ヴィン・ディーゼルは、"Hannibal the Conqueror"の完成後に「リディック」("The Chronicles of Riddick",2004年)の続編に取り掛かる、と語ったようだ。
ヒラリー・スワンクはDark Castle Entertainmentによる最新ホラー映画"The Reaping"への出演に向けて、最終交渉中らしい。
ポール・ニューマンは11日、引退をほのめかしたらしい。「(俳優業もレーサーも)どちらもそろそろ終わりだと思う。レースはもう一年続けるつもりだ」と語ったようだ。映画は「縁起を担いで」もう1本出演する予定とか。 [☆2000年にも「あと1本撮ったら引退する」と言っていましたが・・・]
「ミート・ザ・ペアレンツ」("Meet the Parents",2000年)、「サスペクト・ゼロ」("Suspect Zero",2004年)などに出演した、米女優のニコール・ダハフ(Nicole DeHuff)さんが先月16日亡くなった(31歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英ITVの長寿昼ドラ"Coronation Street"(1960年-)に、イアン・マッケランの出演が決まったらしい。
マドンナの設立した映画製作会社Maverick Filmsの元従業員が、セクハラを受けたとしてマドンナと幹部社員に対する訴訟を起こしたようだ。
「デンジャラス・ビューティー2」("Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous")のワールド・プレミアが9日、ロンドンのレスター・スクエアで行われたようだ。出席したサンドラ・ブロックは「前作(『デンジャラス・ビューティー』("Miss Congeniality",2000年))のプレミアの時、ここで(レッドカーペットに)つまずいちゃったから、名誉挽回しなきゃと思ったの。普通に歩いて入れれば埋め合わせになると思うわ」と語ったらしい。ヒュー・グラントが同伴していた模様。
  3/13
携帯電話向けコンテンツ会社「ドワンゴ」の新CMに、倉木麻衣が出演するようだ。ロサンゼルス市内でロケが行われ、ミュージック・ビデオのベテラン、ナイジェル・ディック(Nigel Dick)が監督を務めたらしい。
劇団☆新感線の舞台を上映する「髑髏城の七人〜アオドクロ」が12日、丸の内TOEI1で初日を迎え、市川染五郎、鈴木杏らが舞台挨拶に立ったようだ。
金子修介監督「あずみ2 Death or Love」が12日初日を迎え、日比谷映画で上戸彩、石垣佑磨、小栗旬らが舞台挨拶に立ったようだ。
塩田明彦監督「カナリア」が12日初日を迎え、都内劇場で石田法嗣、西島秀俊らが舞台挨拶に立ったようだ。
ロッド・スチュワートが交際を続けていた33歳のモデル、ペニー・ランカスター(Penny Lancaster)と結婚するらしい。エッフェル塔の上でプロポーズしたとか。
地下鉄サリン事件被害者で作家のさかはらあつしが監督を務める短編映画「Destined」が製作中らしい。
「ドラえもん」の新キャストが12日発表されたようだ。
ドラえもん・・・水田わさび(30)
のび太・・・大原めぐみ(29)
ジャイアン・・・木村昴(14)
スネ夫・・・関智一(32)
しずか・・・かかずゆみ(31)
来月15日の放送から新しい声優陣に変わるらしい。
[☆これで、あと30年くらいは大丈夫?]
来月2日から開催される第24回イスタンブール国際映画祭(The International Istanbul Film Festival)で、韓国映画特集が行われるらしい。イ・チャンドン監督「オアシス」、ポン・ジュノ監督「殺人の追憶」、キム・ギドク監督「サマリア」、カン・ウソク監督「シルミド」など9作品が上映されるようだ。
キム・ギドク監督「空き家」("3-Iron")が来月29日に米国で公開されるらしい。
アッシャー(Usher)は「トム・クルーズと一緒にアクション映画を撮る予定なんだ。トムと会って話をしたよ」と語ったらしい。
アシュリー・シンプソンは、リンゼイ・ローハンの元恋人ウィルマー・ヴァルデラマとのデートが報じられたことについて「私はライアン(・カブレラ)以外の男の子に興味は無いわ」と否定したようだ。
マット・デイモンは「テーブルの上で踊ったり、誰かをバーで殴ったりして記者を自ら招くようなことをしなければ、メディアは放っておいてくれるよ」と語ったようだ。
米In Touch誌の読者投票による「セレブの足ベスト10」が発表されたようだ。
1.グウェン・ステファニー
2.ユマ・サーマン
3.ジェニファー・ロペス
4.キャメロン・ディアス
5.ファーギー(Black Eyed Peas)
6.ティナ・ターナー
7.ブリトニー・スピアーズ
8.アンナ・クルニコワ
9.ヒラリー・スワンク
10.エリザベス・ハーレー
昨年3月に亡くなったいかりや長介を「偲ぶ会」が12日都内で営まれ、加藤茶、志村けん、仲本工事、高木ブーのドリフターズのメンバーのほか、いしだあゆみ、由紀さおり、宅麻伸、中尾ミエ、ユースケ・サンタマリア、小泉孝太郎ら700人が会場を訪れたようだ。
デヴィッド・S・ゴイヤー監督「ブレイド3」("Blade: Trinity")プロモーションのためジェシカ・ビールが来日、12日都内で記者会見を行ったようだ。
  3/14
「カルピスウォーター」と「カルピスソーダ」のイメージキャラクタに長澤まさみが起用されたようだ。25日から新CMが放送されるらしい。
「モナリザお京」(1971年)などを手がけた、映画監督の石井岩太郎さんが12日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ニッポン放送は、同社が保有するポニーキャニオンの株をフジテレビに売却することを検討しているようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」のロケ現場公開が17日に行われるようだ。国内が400人の報道陣が出席する予定とか。
イ・ユンギ監督「女、ジョンヘ」が、第7回ドーヴィル・アジア映画祭(Deauville Asian Film Festival)で審査員特別賞を受賞したようだ。
コ・ソヨン7年ぶりの復帰作かと伝えられていた5月スタートの韓国MBCのドラマ「悪い愛」は、結局出演交渉がまとまらなかったらしい。
米Time誌最新号は、ザルカウィが米国の映画館などへの攻撃について側近らと議論していた、と報じたらしい。
北米を除く海外週末興収では、ウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch")が、英国で800万ドル、シェア40%、スクリーン平均1万1283ドルで初登場1位を記録するなど、先週に引き続きトップトップとなったようだ。
"Toy Story 3"の監督は、ブラッドリー・レイモンド(Bradley Raymond)に決まった模様。これまで「ライオン・キング3 ハクナ・マタタ」("The Lion King 1 1/2",2004年)などのビデオ作品を手がけているらしい。
全米週末興収は、CGアニメ「ロボッツ」("Robots")が3650万ドル(3776館)で初登場1位を獲得、ブルース・ウィリス主演"Hostage"は980万ドル(2123館)で4位のスタートとなった模様。
ラスヴェガスで14日開幕する今年のShoWestでは、費用と技術的な問題で遅れてきた、劇場へのデジタルシネマ・システムの導入が大きな話題のひとつとなるようだ。
22日に発売される、メーカー希望価格49.98ドルのオジー・オズボーンの4枚組みCDセットに、今夏開催されるOzzfestで使える40ドル分のクーポンが付くらしい。
米New York Times紙は13日、Walt Disneyの役員会が、ロバート・アイガー(Robert Iger)社長を、2005年9月にCEOを辞任する予定のマイケル・アイズナー(Michael Eisner)の後任に指名した、と報じたようだ。
第23回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で12日、国際ボディペインティング・コンテストが開催されたらしい。
ジョージ・クルーニー監督・主演"Good Night, and Good Luck."で、ジェフ・ダニエルズの共演が決まったようだ。
"X-Men 3"の監督はマシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)が務める模様。ヒュー・ジャックマン、ファムケ・ヤンセン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、アラン・カミングらの出演が決まっている一方、ハル・ベリーはまだ確定していないらしい。
かつてクリストファー・ティモシーの主演で人気を集めた英TVシリーズ"All Creatures Great And Small"(1978-1990年)(「ヘリオット先生奮戦記」)が、ダニエル・ラドクリフの主演で復活するらしい。
「サイドウェイ」("Sideways")のアレクサンダー・ペイン監督、サンドラ・オー夫妻は12日、離婚することを決めた、と発表したようだ。
動物保護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)は「再三にわたり毛皮への支持を止めるよう求めているにもかかわらず、それを無視している」として、ジェニファー・ロペスを非難する声明を発表したようだ。
「ピーターパン」の著作権を所有するロンドンのGreat Ormond Street Hospitalが、2007年に欧州での権利が終了する同作からの著作権料収入を維持するために公募していた続編の執筆者に、「不思議を売る男」("A Pack of Lies")などの作品で知られる英国の作家ジェラルディン・マコーリアン(Geraldine McCaughrean)が選ばれたようだ。
マライア・キャリーの新曲"It's Like That"のPVフル視聴が公式サイトでスタートしたようだ。
ジェニファー・アニストン主演最新作"Friends with Money"からの最新画像が公開されたようだ。
TVアニメシリーズ「NARUTO」が、9月から米Cartoon Networkで放送されるようだ。テレビ東京は「昨夏の劇場版(『劇場版 NARUTO 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!』(岡村天斎監督,2004年))も世界公開を目指したい」と言っているらしい。
ジョン・アヴネットは、Phoenix Picturesの新作サイコスリラー"The Understudy"で監督と脚本を務めるようだ。
独立系アニメ製作会社Vinton Studiosは、来年出版予定の児童書"The Wall and the Wing"の映画化権を獲得、CGI映画として製作するようだ。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」("The Nightmare Before Christmas",1993年)のヘンリー・セリックが監督するらしい。
Universal PicturesとImagine Entertainmentは、アントワン・フークア監督の降板で製作中止となっていた"American Gangster"について、監督に"Hotel Rwanda"のテリー・ジョージ(Terry George)を起用、製作を再開するようだ。ドン・チードルが主演か、と噂されているらしい。
ダン・ミルマン(Dan Millman)の自伝「聖なる旅 ピースフル・ウォリアー」("Way of the Peaceful Warrior")のヴィクター・サルヴァ監督による映画化"Peaceful Warrior"で、ニック・ノルティの共演が決まったようだ。
New Line Cinemaの新作"Horrible Bosses"で、フランク・オズが監督に向けて交渉中らしい。
ジェイムズ・エルロイ原作「ブラック・ダリア」("The Black Dahlia")の、ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン共演による映画化で、アーロン・エッカートの共演が決まったらしい。
デヴィッド・S・ゴイヤー監督「ブレイド3」("Blade: Trinity")プロモーションのため来日中のジェシカ・ビールは、映画で使用した衣装をYahoo!オークションに出品するらしい。売り上げはメイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパンに寄付されるようだ。
  3/15
リチャード・ギア主演「Shall we Dance?」の日本公開用テーマソング「a Love Story」を久保田利伸が歌うらしい。
香港ディズニーランドで、4-6月に従業員3000人を募集するらしい。
ペ・ヨンジュン主演のドラマ「ホテリアー」の海賊版DVDをネットオークションで販売したとして、兵庫県在住の34歳の男性が逮捕されたようだ。
ポニーキャニオンは15日、全社員を対象にした全体会議を開催、佐藤修社長は「経営陣としてはフジサンケイグループに残りたい」と表明したようだ。
9日発売されたV6のDVD「Very best LIVE」、「Film V6 act4 DANCE CLIPS and more」、「Film V6 act4 BALLAD CLIPS and more」の3タイトルが、21日付オリコンのDVD総合チャートで1から3位を独占したようだ。トム・クルーズ主演「コラテラル」("Collateral",2004年)が4位だったらしい。
角川ホールディングスは15日、韓国大手映画会社CJエンターテインメントと事業提携を行うと発表したようだ。現在「着信アリ3」の製作準備中らしい。
イ・ジュヨンが、新作「バトルボーイズ」で映画デビューするらしい。
新作「甘い人生」に主演したイ・ビョンホンは「僕のように顔を知られている場合、役を演じても新鮮さに欠ける。それを克服するには、よりリアルな演技が求められる」と語ったようだ。
神話のキム・ドンワンが、来月28日開幕する2005年全州国際映画祭のPR大使に選ばれたようだ。ドンワン主演の「回し蹴り」も上映されるらしい。
キム・ホジュン監督「ジェニ、ジュノ」で共演したパク・ソニョンとキム・ヘソンが、韓国SBS「2005飢餓体験24時間」に参加するらしい。ニュージーランドで40時間の断食に耐えながら、募金活動を行うらしい。
韓国産業政策研究院の報告によると、国内映画産業の直接的経済的波及効果が2000年の2477億5800万ウォンに対し、2003年は8067億6000万ウォンに達したらしい。また、韓流ブームによる国内への総合経済效果は全世界で4兆5000億ウォン、その内中国が3兆3506億ウォンを占めたようだ。
韓国週末公開映画では、イ・ムンシク、イ・ジョンジン、キム・ウルドン、キム・スミ、ヨ・ウンゲ共演のコメディ「マパド」が、観客動員数47万2000人(242スクリーン)で初登場1位を記録、クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")を2位に抑えたようだ。
京都市の龍谷大学と黒沢プロダクションは15日、黒澤明監督作品の映画スチール写真や台本、創作ノートなどをデジタル化して保存する計画を発表したようだ。
愛知万博のパビリオン「三井・東芝館」の開館式が15日行われたようだ。同館で上映されるフルCG映画「グランオデッセイ」に主演する加山雄三らが出席したらしい。
Pixar Animation Studiosは、マイケル・アイズナー会長兼CEOが9月に辞任することから、Walt Disneyとの提携交渉を再開させるようだ。
第20回ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入り記念式典が14日ニューヨークで開催され、U2、The Pretendersらが殿堂入りしたようだ。
シャロン・ストーンは14日、エイズ撲滅運動に寄与したとして、ハーバード大学でハーバード財団人道賞を受賞、記念の講演を行ったようだ。
パトリック・ジュースキント(Patrick Suskind)のベストセラー小説「香水‐ある人殺しの物語」("Perfume: The Story of a Murderer")のトム・ティクヴァ監督による映画化で、ダスティン・ホフマンとアラン・リックマンの共演が決まったようだ。
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」("Monty Python and the Holy Grail",1975年)に基づくブロードウェイ・ミュージカル"Spamalot"が17日開幕するようだ。プレビューでは90%の座席が埋まる人気だったらしい。
「みうらじゅん的映画祭」が来月からスカパー!BB、チャンネルNECO、渋谷ユーロスペースで開催されるらしい。
The Whoのロジャー・ダルトリーは、米WBのタイトル未定のドラマ・パイロットに出演するらしい。ナタリー・ケリー(Nathalie Kelley)演じる人魚が主人公の物語とか。
米FOXは、短命に終わったSFドラマシリーズ"The Lone Gunmen"(2001年)全13話のDVD-BOXを今月29日にリリースするらしい。
マット・デイモンはシリーズ第3作"Bourne Ultimatum"について「1年半後には取り掛かるだろう。みんな出演契約にはサインしているしやりたがっているが、それにはまずいい脚本が必要だ。第3作を作るなら、前2作と同じくらいすばらしい作品にする必要がある。それが出来ないなら、第3作は無い」と語ったようだ。
「13日の金曜日」("Friday the 13th")シリーズ最新作"The Ultimate Jason Voorhees"を監督、と報じられたクエンティン・タランティーノは「まったくの嘘っぱちだ。ジェイソンは大好きだが、監督する気は無い。ホラー映画はやってみたいと思うが、『13日の金曜日』じゃない。次回作は多分"Inglourious Basterds"になるだろう」と語ったようだ。
クリス・コロンバス監督によるミュージカル"Rent"の撮影が、ニューヨークとサンフランシスコで始まった模様。
50セント(50 Cent)は、一度も自分で洗濯したことが無いらしい。「以前は祖母がやってくれたけど、今は別の人たちがやってくれる」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハンがブルース・ウィリスと交際!?と一部で報じられたらしい。ローハンの広報担当者は「新作"Just My Luck"のプロデューサーとして以外に、彼女はブルース・ウィリスに興味は無い」とコメントしたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の最新予告編が一般公開されたようだ。
サミュエル・L・ジャクソンは、"Flight 121"(旧タイトル"Snakes on a Plane")への出演に向けて交渉中のようだ。
テッド・グリフィン(Ted Griffin)、ショーン・べイリー(Sean Bailey)脚本によるスリラー"Solace"で、ブルース・ウィリスが出演契約にサインした模様。監督もまもなく発表されるらしい。
オキサイド・パン監督「the EYE【アイ】」("The Eye",2002年)がハリウッドでリメイクされるようだ。トム・クルーズのC/W Productionsが製作し、中田秀夫が監督に起用された模様。
ジョン・ダイクストラは、マックジー監督の新作"Hot Wheels"でVFXを担当することになり、"Spider-Man 3"を降りたようだ。
米UPNは、クリス・ロックの子供の頃の経験に基づくドラマ・パイロット"Everybody Hates Chris"を制作するようだ。クリス・ロックはナレーションを務めるらしい。
ヒラリー・スワンクは、リンゴとオレンジを無断でニュージーランドに持ち込もうとしたとして、150ドルの罰金を課せられたらしい。
キーラ・セジウィック主演、ケヴィン・ベーコン監督の新作"Loverboy"が、来月6日からニューヨークで開催される第10回ジェン・アート映画祭でオープニング上映されるらしい。
デニース・リチャーズとの離婚の手続きに入ったチャーリー・シーンは、浮気が原因との一部報道を否定したようだ。
ミュージカル「スイート・チャリティ」("Sweet Charity")に出演するクリスティーナ・アップルゲイトが11日のシカゴでの公演中に足を骨折した模様。18日からのボストンでの公演は降板するものの、来月4日のニューヨークでのプレヴューには復帰する予定とか。
  3/16
22日から開催される第29回香港国際映画祭で、「花咲く港」(1943年)、「カルメン故郷に帰る」(1951年)、「野菊の如き君なりき」(1955年)、「この子を残して」(1983年)など木下恵介監督作品18本が特集上映されるらしい。山田洋次監督と山田太一によるシンポジウム「木下恵介監督を語る」も行われるらしい。
少女漫画「花より男子」に基づく、F4主演の台湾ドラマ「流星花園」が、来月6日からKBS京都で放送されるらしい。
ケヴィン・スミス監督「世界で一番パパが好き!」("Jersey Girl",2004年)プロモーションのため、ラクエル・カストロが来日、15日都内で記者会見を行ったようだ。遠藤章造が花束を贈呈したらしい。
「九月の空」(山根成之監督,1978年)の他、舞台やTVドラマで俳優としても活躍した、漫才師の星ルイスさんが10日亡くなった(57歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ホ・ジノ監督「四月の雪」で、ペ・ヨンジュンと共演するソン・イェジンは、韓国ウンジン食品の茶飲料「茶実路」のイメージキャラクタに起用されたようだ。
1953年に住民らが組織した独島守備隊を描く映画2作品が、韓国で製作される模様。イ・ミニョン監督による作品は7月にクランクイン予定、キム・キョシクの著書「ドキュメンタリー 独島守備隊」に基づくもう1本は現在監督を選定中とか。
「ダニー・ザ・ドッグ」("Unleashed",2005年)プロモーションのため、ルイ・ルテリエ監督とジェット・リーが来日、9日都内で記者会見を行ったようだ。
昨年8月にニューヨークで行われた大規模な反ブッシュ・デモ中に、映画撮影中だったロサリオ・ドーソンらがハンカチで顔を覆っていたとして逮捕された事件で、検察側は15日、すべての告発を不起訴としたようだ。
「サブリナ」("Sabrina, the Teenage Witch",1996-2003年)のメリッサ・ジョーン・ハート(Melissa Joan Hart)は、米FOXのドラマ・パイロット"Dirtbags"に出演するようだ。
ティナ・マジョリーノは、米ABCのタイトル未定のコメディ・パイロットでピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)と共演するようだ。
Walt Disney Picturesは、9月に出版されるキャスリーン・フリン=ホイ(Kathleen Flynn-Hui)のロマンチック・コメディ小説"Beyond the Blonde"の映画化権を獲得、ルーシー・ダール(Lucy Dahl)を脚本に起用したようだ。
カナダのユダヤ人団体(League for Human Rights of B'nai Brith)の調査によると、同国における反ユダヤ主義者による事件が、2003年の9件から、2004年は32件に急増、内9件は2月に発生したらしい。昨年2月に公開されたメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")が原因、と分析しているようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、マーク・ウォールバーグ、ジャック・ニコルソン共演による「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs",2002年)のリメイク"The Departed"で、アンソニー・アンダーソンが出演交渉中らしい。
ローマのウォルター・ヴェルトローニ(Walter Veltroni)市長は、新しい国際映画祭の開催を計画している模様。ヴェネチア国際映画祭とほぼ同等の600万ユーロの予算を考えているらしい。
2929 Entertainmentは、4K(解像度4,096×2,160ドット)のSilicon X-tal Reflective Display(SXRD)を採用したSONYのデジタルシネマ・プロジェクタ6台を購入した模様。
米映画協会(Motion Picture Association of America)のダン・グリックマン(Dan Glickman)会長は15日、2004年の北米での映画チケット販売は95億4000万ドルに達し、3年連続で90億ドルを突破した、と発表したようだ。また、北米を除く海外でのハリウッド映画の2004年チケット販売は、前年比13.7%増の149億ドルに達したらしい。
ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")について、ローマ・カトリックの枢機卿タルシジオ・ベルトーネ(Tarcisio Bertone)は「下劣でふざけた方法で、教会とその歴史に疑いの目を向けさせようとする作品」と非難したようだ。
ミュージカル舞台版「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings")の制作が15日、ロンドンで発表されたようだ。来年3月にトロントで開幕するらしい。音楽はA.R.ラフマーンが担当するとか。
大英帝国支配下のインドを舞台にした、ヴィク・サリン(Vic Sarin)監督、クリスティン・クルック、ジミ・ミストリー共演の新作"Partition"で、ネーヴ・キャンベルが出演交渉中らしい。
米UPNのドラマ・パイロット"The Lot"で、ジーナ・ガーションの出演が決まったようだ。また、ピーター・ウェラーは米ABCのドラマ・パイロット"Westside"でピーター・ファシネリとの共演が、アルフレ・ウッダードは米NBCの"Inconceivable"への出演が、それぞれ決まったらしい。
「インディ・ジョーンズ4」のヒロイン役として、トム・クルーズはスティーヴン・スピルバーグ監督にスカーレット・ヨハンソンを薦めているらしい。
デミ・ムーアが妊娠8週間、と報じられたことについて、デミ・ムーアの広報担当者は「デミは子供を望んでいますが、残念ながら彼女は妊娠していません」と否定したようだ。
ShowTimeは、ソン・イルゴン監督、カム・ウソン主演「スパイダー・フォレスト/懺悔」のブロードバンド試写会を26日と27日に開催するらしい。
「宇宙戦争」("War of the Worlds")の特報第2弾が、18日から公式サイトで公開されるらしい。
チ・マクブライドは、米FOXのドラマ・パイロット"Deviant Bahavior"への出演が決まったようだ。
「タイタニック」("Titanic",1997年)の2枚組スペシャル・エディションDVDと、4枚組コレクターズ・エディションDVDが10月に米国で発売されるらしい。
ビデオゲーム"Doom III"のバック・ストーリーを担当したマット・コステロ(Matt Costello)は、ピーター・ジャクソン監督"King Kong"を小説化するらしい。前編も合わせて執筆するようだ。
アシュレイ・ジャッドは、ジョーイ・ローレン・アダムスの監督デビュー作となる"Come Early Morning"に主演するようだ。撮影は来月末からアーカンソーで行われるらしい。
Texas Instrumentsは15日、ラスヴェガスで開催中のShoWestで、DLP Cinemaプロジェクターによる3D映画のデモンストレーションを行うと発表したようだ。「スター・ウォーズ」("Star Wars: Episode IV - A New Hope",1977年)や"Aliens of the Deep"(2005年)などの3D映像が、Christie CP2000 DLP Cinemaで上映されるらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のプロモーション・ポスターの画像が公開されたようだ。
5月3日に発売される「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のサントラ収録曲のタイトルが発表されたらしい(以下少しネタバレあり)。
1.Star Wars and The Revenge Of The Sith Medley
2.Star Wars Album Version
3.The Revenge Of The Sith
4.Anakin's Betrayal
5.Battle Of The Heroes
6.Anakin's Dream
7.The Reunion Of Anakin And Padme
8.Welcome, Lord Vader
9.Padme's Ruminations
10.Grevious Travels To Palpatine
11.I Am The Senate
12.General Grevious
13.Palpatine's Dark Teachings
14.Anakin vs. Obi-Wan
15.Anakin's Dark Deeds
16.The Immolation Scene
17.The Birth Of The Twins and Padme's Destiny Medley
18.The Birth Of The Twins Album Version
19.Padme's Destiny Album Version
20.A New Hope and End Credits Medley
21.A New Hope Album Version
22.End Credits
70分の映像を収録したDVDがおまけに付くようだ。
Soleil Filmは、ジェフ・セレンターノ(Jeff Celentano)監督の新作"Say It in Russian"の撮影を5月末までにスタートする、と発表したようだ。モスクワ、パリ、ロサンゼルスでロケが行われるらしい。
"日本版"「キル・ビル」2作を合わせた、"Kill Bill: The Whole Bloody Affair"がNC-17のレイティングで全米公開されるらしい。
"Superman Returns"からの最新画像が公開されたようだ。
クリスティーナ・アギレラは今「ビリー・ホリデイとレナ・ホーンを聴いている」らしい。
ブリトニー・スピアーズは「私は妊娠していないし、そのために何か努力をしているわけでもありません」と語ったようだ。
悪役として活躍するボリウッド俳優シャクティ・カプール(Shakti Kapoor)が、女優として成功を望む女優に性的関係を要求していたことが、インドのTV番組の取材で明らかになったようだ。インド映画TV製作者組合(Film and Television Producers Guild of India)は「シャクティ・カプールを起用しないように」と呼びかけているらしい。
「老人Z」(北久保弘之監督,1991年)のDVD「老人Z HDマスター版」が来月13日にリリースされるようだ。
ジョエル・シルヴァーは、「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化について、近日中に何らかの発表を行うらしい。ジョス・ウェドン(Joss Whedon)の起用が正式発表される模様。
"Superman Returns"のブライアン・シンガー監督によるビデオ日記が、ウェブサイトで公開されるようだ。
トッド・ロビンソン(Todd Robinson)脚本・監督、ジョン・トラヴォルタ、ジェイムズ・ガンドルフィーニ共演の新作"Lonely Hearts"で、サルマ・ハエックが実在の連続殺人犯の一人マーサ・べック(Martha Beck)を演じることについて、スタジオの情報筋は「ベックは巨漢でしたが、サルマは体重を増やすことはしないでしょう。ただ、外見を恐ろしくすることについて、彼女は何も危惧していません」と語ったようだ。
シルヴィア・プラス"The Bell Jar"の映画化企画を横取りした共同製作者に対する訴訟を起こした、と報じられたジュリア・スタイルズについて、彼女のマネージャーは「コロンビア大学卒業のための試験中の彼女を妨害しようと、彼女の元ビジネスパートナーがでっち上げたまことしやかな訴訟から、自身を守ろうとしている、と言うのが真実です。彼らは"The Bell Jar"の権利を盗もうとしました。Studiocanalは彼女と彼女の製作会社だけに権利がある、と言っています。この映画企画には、脚本も、監督も、融資もまだ決まっていません。それが真実のすべてです」とする声明を発表したようだ。
人気少女漫画「NANA」のトリビュートアルバム「LOVE for NANA〜Only 1 Tribute〜」が16日から全国のCD店、書店、コンビニなどで発売されるらしい。
芸術選奨文部科学大臣賞贈呈式が15日都内で行われ、宮沢りえ、大竹しのぶらが出席したようだ。
Echo Bridge Entertainmentは、デヴィッド・ディヴァイン(David Devine)監督、ディーン・ケイン、ローリー・ホールデン、ティム・カリー、ジェニファー・ティリー共演のコメディ"Bailey's Billion$"の配給権を獲得したようだ。
Columbia Picturesは、セス・グリーンランド(Seth Greenland)の処女小説"The Bones"の映画化権を獲得したようだ。デヴィッド・マメットが監督を務めるらしい。
フィリップ・ノイス監督次回作は、ケイト・ジェニングス(Kate Jennings)の小説"Moral Hazard"の映画化になるようだ。
ハル・リーバーマン(Hal Lieberman)はScreen Gemsの新作ホラーサスペンス"Vacancy"でプロデューサーを務めるようだ。モーテルの部屋で隠しカメラを発見した若いカップルが・・・という話しらしい。
ブリタニー・マーフィの次回作は、アレック・ケシシアン(Alek Keshishian)監督による新作ロマンチック・コメディ"Love and Other Disasters"になるようだ。ロンドンとパリで撮影されるらしい。
ヘザー・ロックリアは、米ABCのドラマシリーズ"Boston Legal"(2004年-)にゲスト出演するらしい。
ケネス・ブラナーは、ウィリアム・シェイクスピアの「お気に召すまま」("As You Like It")の映画化で監督を務めるようだ。ケヴィン・クラインとブライス・ダラス・ハワードが共演するらしい。
米劇場経営者協会(National Association of Theater Owners)の発表によると、2004年のレイティング別チケット売り上げ高は、PG指定が23億ドル、PG-13指定が44億ドル、R指定が21億ドルで、20年ぶりにPG指定の売り上げがR指定を上回ったようだ。
「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)第7シーズンの制作が決定した模様。
ジーナ・デイヴィス主演による米ABCのドラマ・パイロット"Commander in Chief"で、ドナルド・サザーランドの共演が決まったようだ。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")を手掛けたチャールズ・セガーズ(Charles Segars)の新作脚本"Fort Knox"を、Warner Bros. Picturesが獲得したようだ。
「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)などに出演したマイケル・バーゲン(Michael Bergin)は、昨年飲酒運転で女性をはねた事件について、禁固30日、60日間の社会奉仕活動、3年間の保護観察を命じられたようだ。
キャメロン・ディアスが自宅で転倒、タンスの引き出しが頭に落下して19針を縫う大怪我をしたらしい。
ウィリアム・シェイクスピア「真夏の夜の夢」("A Midsummer Night's Dream")のメンデルスゾーン作曲による劇音楽の演奏会が22日、リンカーン・センターのAvery Fisher Hallで開催されるらしい。マーシア・ゲイ・ハーデン、キャンベル・スコット、ジェイソン・ロバーツ、コリーン・デューハースト、ホープ・デイヴィスらの共演による準舞台形式で行われ、ニューヨーク・フィルハーモニック管弦楽団が演奏するようだ。
ウォーレン・ベイティは、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事に対し「アクション・ヒーローであれ。君にはそれが出来る。強くあれ。ブッシュの減税で年間120億ドルの恩恵を受けるカリフォルニアの1%の裕福層に立ち向かえ」とアドバイスを送ったようだ。
英Empire誌による第10回Empire Awards授賞式が13日ロンドンで開催され、クエンティン・タランティーノ監督がFilm Icon of the Decadeを受賞したほか、マット・デイモン主演「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")が作品賞と男優賞、「ビフォア・サンセット」("Before Sunset")のジュリー・デルピーが女優賞、「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind")のケイト・ウィンスレットが英国女優賞、"Dead Man's Shoes"のパディ・コンシダインが英国男優賞、"Layer Cake"のマシュー・ヴォーンが英国監督賞を獲得したようだ。
マイケル・マン監督による、TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」("Miami Vice",1984-89年)の映画化で、コン・リーが出演候補に挙がっているらしい。
  3/17
角川ホールディングスは17日、日本ヘラルド映画を株式交換で完全子会社化すると発表したようだ。
渡辺謙が妻由美子との離婚を求めていた裁判で、東京高裁は16日、妻側の控訴を棄却したようだ。
舘ひろし、柴田恭兵共演のドラマシリーズ「あぶない刑事」が7年ぶりに映画化されるらしい。浅野温子、仲村トオル、木の実ナナ、小林稔侍らのほか佐藤隆太、窪塚俊介も共演するようだ。タイトルは「まだまだあぶない刑事」とか。
「コンスタンティン」("Constantine")プロモーションのため来月11日に来日するキアヌ・リーヴスは、同月14日に梅田ブルク7で行われる前夜祭に出席するらしい。一方、「インファナル・アフェア 終極無間」("Infernal Affairs III")プロモーションのためアンディ・ラウとケリー・チャンが同じく4月11日に来日、14日大阪入りして梅田ブルク7で行われる有料試写会で舞台挨拶を行うようだ。
今井雅之監督・脚本・主演による映画「THE WINDS OF GOD〜KAMIKAZE」の製作発表が16日都内で行われ、渡辺裕之、ニコラス・ペタスらが出席したようだ。来月から鹿児島で撮影が始まる模様。
「TOHOシネマズ 府中」のオープニングセレモニーが16日行われ、長澤まさみが出席したようだ。
「ハウルの動く城」(宮崎駿監督,2004年)が6月から全米60都市で公開されるようだ。主人公ソフィはジーン・シモンズ、ハウルはクリスチャン・ベイル、荒地の魔女はローレン・バコールが声を担当するらしい。
渋谷公会堂の天井裏に、はがれ落ちた大量のアスベストが積もっているらしい。
ディズニー・アニメ「バンビ」("Bambi",1942年)と「ピノキオ」("Pinocchio",1940年)を手塚治虫が1950年代に漫画化した作品が、来月10日に出版されるらしい。
来月10日に北京で予定されているイベントに、チェン・カイコー監督、チャン・イーモウ監督、チャン・ツィイーらと共に、韓国からチャン・ソヒが参加するらしい。
韓国対外経済政策研究院は16日、「韓国の映画流通市場は競争状態が維持されており、市場占有率の低い外国配給会社による競争妨害の恐れはほとんどない」とする報告書を発表、スクリーンクォータ制の廃止による影響は低いとの見解を示したようだ。
韓国デソングループは16日、ピーター・ジャクソン監督がCEOを務めるニュージーランドのPark Road Post社と提携、新たな映画会社を設立すると発表したようだ。
渡辺孝好監督「ヒナゴン」のロケ地となった広島県西城町内の商店など15店が「ヒナゴン語り部の店」として観光PRを行っているようだ。ロケ地マップが観光客に配布されるほか、エキストラ出演した体験などを語ってくれるらしい。
易凱資本有限公司の「中国映画市場研究報告書」によると、2004年の中国での映画関連産業の収益は41億元に達したらしい。2007年には100億元を越える、と予想しているようだ。
アンディ・ラウ主演の新作「童夢」が15日クランクインしたようだ。 [☆大友克洋のコミックとは関係ない?]
ハーバード大学映画学科は、選択科目の一つに韓国映画講座を開設したらしい。
ブラッド・バード監督は、自ら声も演じた「Mr.インクレディブル」のキャラクタ、エドナ・モードについて「一番気に入っているキャラクタ。日本人とドイツ人とのハーフなんだ。川久保玲がモデルという噂もあるらしいけど、それは事実じゃない」と語ったようだ。
スヌーピーが映画監督に扮して西部劇を監督する、という新しいショーが17日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで報道陣に公開されたようだ。
米NBCは、ドラマシリーズ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)の来シーズンについて、制作会社Warner Bros. Televisionに支払う契約料を1話あたり600万ドルから300万ドルに半減させる方向で、最終交渉に入ったようだ。
米CNNは16日、人気トーク番組"Larry King Live"(1985年-)のラリー・キングと、4年間の契約更新を行ったと発表したようだ。契約金は年間700万ドルとか。
妻殺害容疑で起訴されていたロバート・ブレイクに対し、ロサンゼルス郡高等裁判所の陪審は16日、証拠不十分で無罪評決を出したようだ。
New Line Cinemaによるオードリー・ニッフェネガー(Audrey Niffenegger)のベストセラー小説"The Time Traveler's Wife"の映画化で、ガス・ヴァン・サントが監督に向けて交渉中のようだ。
今年のベルリン国際映画祭で銀獅子賞(芸術貢献賞)を受賞した、ツァイ・ミンリャン監督"The Wayward Cloud"が18日から台湾で上映されるようだ。全裸や性的描写があるにもかかわらず、ノーカットでの上映が認められたらしい。監督は「上映禁止になると思っていたし、自分もそれを望んでいたところがあるが、私の作品について議論して欲しい」と語ったらしい。
オーウェン・ウィルソンは、Paramount Picturesの"Stalker: A Love Story"と、Universal Picturesの"Me, You and Dupree"の2つの新作コメディで、製作と主演を務めるようだ。また、ウィルソンはジョン・フォーク(John Falk)の著書"Hello To All That: A Memoir Of War, Zoloft, And Peace"のオプションを獲得、自らの製作・主演で映画化するらしい。
「マックイーンの絶対の危機」("The Blob",1958年)の"ブロブ"風の物体が登場する、英国の栄養食品"MARMITE"のTVCMに対し、子供が怯えたという苦情が寄せられているらしい。 [☆オトナは笑えます、このCM。]
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles",2004年)のDVDとVHSが15日米国で発売され、初日だけで合わせて500万本が売れたらしい。
ヴィンス・ヴォーン主演によるUniversal Picturesの新作コメディ"The Break-Up"で、ジェニファー・アニストンの共演が決まったようだ。ペイトン・リードが監督を務めるらしい。
ブルース・ウィリス主演によるNew Line Cinemaの新作スリラー"Solace"の監督は、シェカール・カプールに決まったようだ。
ジャッキー・チェンは15日、California Fitnessと共同でフィットネスクラブを香港に設立する、と発表したようだ。今後クアラルンプールやシンガポールなどのアジア地域から全世界へと展開していく予定とか。
Lucasfilmは、米CingularWirelessと「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のコンテンツ配信について独占契約を結んだようだ。
東映ビデオとヤフーは、映画「ZOO」に出演する市川由衣のチャットイベントを22日に開催するようだ。
ジョーン・キューザックは「完璧な世の中なら、映画の仕事はもっと生活にやさしいものになるのでしょうけど。ちょっとした役を演じて、家で子供たちと過ごすことが出来ることには感謝しているわ。(新作)"Ice Princess"は気に入っているの。撮影がトロントで、家からほんの1時間の距離なんですもの。それに、子育てがテーマの作品だし」語ったようだ。
米メディア大手Viacomは、TV・ラジオ部門からCATV・映画部門を分離してMTVとParamount Picturesを統合、分社化することを検討しているらしい。
「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)に主演するジェニファー・ガーナーは、5月放送のエピソードで監督も務めるらしい。
ラスヴェガスで開催中のShoWestで、"A Scanner Darkly"をはじめとする新作のポスターが公開されたようだ。
"Scary Movie 4"で、フレディ・プリンズJr.、アンドレ3000、シャイア・ラブーフが共演する模様。
アレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督、キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック共演によるリメイク版「イルマーレ」("Il Mare",2000年)の撮影が、米イリノイ州のオーロラで始まっているようだ。
"Toy Story 3"は、バズ・ライトイヤーが組み立てられた台湾の工場が舞台になるらしい。トム・ハンクスとティム・アレンの出演についてはまだ未定とか。
Warner Bros. Picturesは、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")のスピンオフ・サイトとして、Wonka Industriesの公式サイトをオープンしたようだ。
ジョン・タートルトーブ監督は「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")の続編について「撮影はロマンチックで神秘的な国がいい。中国が僕の中では第一候補だ。いま、脚本家を探している」と語ったらしい。
18日から限定公開される大友克洋監督「スチームボーイ」("Steamboy")米国版で声優を務めたアンナ・パキンアルフレッド・モリーナパトリック・スチュワートのインタビュー映像が公開されたようだ。
アレクサ・ヴェガは16歳の誕生日を迎え、ロバート・ロドリゲスからRange Roverをプレゼントされたらしい。
パパラッチに悩まされているブリトニー・スピアーズは「アーノルド・シュワルツェネッガー州知事と、彼らを取り締まる法律について話したいわ。特別なイベントなら彼らがいるのは構わないけど、個人的な時間では、それはストーカーよ」と語ったようだ。
「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)のアレクサンドラ・ポール(Alexandra Paul)は15日、General Motorsが人気の出なかった電気自動車EV1を廃棄しようとするのを妨害したとして、逮捕されたようだ。ポールは、イラク戦争反対運動でも2度逮捕されているらしい。
シンガポール情報通信開発庁(Infocomm Development Authority)は、ラスヴェガスで開催中のShoWest 2005で、ブロードバンド回線を通じて米国からアジア各地の映画館にコンテンツを配給する「Cross-Continent Digital Content Transmission」プロジェクトのパイロット実験に成功した、と発表したようだ。
来月9日から都内で開催される「韓流シネマ・フェスティバル2005」で上映予定の、クォン・サンウ主演「同い年の家庭教師」、ソン・スンホン主演「氷雨」、イ・ビョンホン主演「誰が俺を狂わせるか」の3作品が、新宿ミラノ座で追加上映されることが決まったようだ。来月10日からチケットが販売されるらしい。
スティーヴン・ソダーバーグ監督次回作は、ジョゼフ・カノン(Joseph Kanon)の小説に基づくロマンチック・スリラー"The Good German"になる模様。白黒で撮影されるらしい。撮影開始は9月になるようだ。
大恐慌時代を舞台にした、ティム・ブレイク・ネルソン監督・脚本の新作"Seasons of Dust"で、ケイト・ボスワースの主演が決まった模様。8月からオクラホマで撮影が始まるようだ。
今月26日からスタートする、SFドラマ「ドクター・フー」("Doctor Who",1963-1989年)の新シリーズのパイロット版がネット上に流出した事件は、英BBCが意図的に行った可能性があるらしい。BBCはそれを否定しているようだ。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のニコラス・ブレンドンは、米FOXのドラマ・パイロット"Kitchen Confidential"に出演が決まったようだ。また、ジョディ・リン・オキーフは米ABCの"Adopted"で主演を務めるらしい。
「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)の映画化で、ジョス・ウェドン(Joss Whedon)が監督・脚本を務める、と正式発表された模様。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)のイーディ・ファルコ(Edie Falco)は、昨年12月に男の子を養子に迎えていたようだ。
ビリー・ジョエルは「アルコール依存症治療のため」リハビリ施設に入所した模様。
米Buena Vista Home Entertainmentは、「ナショナル・トレジャー」("National Treasure",2004年)、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)、「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1",2003年)、「サラマンダー」("Reign of Fire",2002年)、「HERO」("Hero",2002年)の5タイトルのUMD Videoを今春発売する、と発表したようだ。
  3/18
「冬のソナタ」の舞台となった韓国の春川市は18日、岐阜県各務原市、山口県防府市など日本の姉妹提携自治体に対し、文化交流の無期限延期を通告する書簡を送ったらしい。
「マスク2」("Son of the Mask")の日本語版テーマ曲「仮面」をタッキー&翼が歌うらしい。
ホ・ジノ監督「四月の雪」のロケ現場が17日報道陣に公開され、ペ・ヨンジュン、ソン・イェジンらによる記者会見が行われたようだ。「竹島」問題に質問が集中したものの、ペ・ヨンジュンは「今日は映画のことを話す」とかわしたらしい。
佐々部清監督「四日間の奇蹟」のクランクアップ会見が17日都内で行われ、吉岡秀隆、石田ゆり子、松坂慶子、西田敏行らが出席したようだ。
樋口真嗣監督「ローレライ」の興収が、公開12日間で10億円を突破した模様。TOHOシネマズ府中で17日、記念舞台あいさつが行われ、役所広司、妻夫木聡、香椎由宇らが出席したようだ。
クリス・ウェッジ監督「ロボッツ」("Robots")の日本語吹き替え版で、矢田亜希子が声優として参加したらしい。
キム・ヒョンソク監督の新作「クァンシクの弟クァンテ」でボン・テギュ、キム・アジュンの共演が決まった模様。
ミュージカル「hedwig」(「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」)に主演するチョ・スンウについて、演出を手がけるイ・ジナは「憎たらしい俳優。演出家が本当に必要かと落ち込んでしまうほど」とコメントしたらしい。
ジャッキー・チェンとイ・ビョンホンは2年前、日本で偶然に出会い、「義兄弟」の契りを交わしていた、と中国新聞社が報じたらしい。
レスリー・チャンの遺作となった、ロー・チーリョン監督「カルマ」("異度空間",2002年)が、来月1日の命日に合わせて中国で上映されるらしい。
クリスティン・バランスキーは、米ABCのドラマ・パイロット"Adopted"で主人公の養母役を演じるらしい。
「マスク2」("Son of the Mask")の脚本を手がけたロブ・マッキトリック(Rob McKittrick)は、New Line Cinemaの新作ロマンチック・コメディ"The Wingman"で監督を務める模様。
ジョージ・ルーカスは、「スター・ウォーズ」("Star Wars: Episode IV - A New Hope",1977年)公開30周年を迎える2007年から、毎年1作品ずつ「スター・ウォーズ」シリーズを再リマスタリングし、3D版として公開する構想を明らかにした模様。
New Line Cinemaの新作コメディ"We're the Millers"で、ピーター・カッタネオが監督に決まったようだ。
全米週末公開映画では、3332館で上映がスタートする中田秀夫監督「ザ・リング2」("The Ring Two")が、清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)の3910万ドル(3245館)を超える週末興収を記録する、と予想されているらしい。
「ザ・フォッグ」("The Fog",1980年)のルパート・ウェインライト監督によるリメイクで、セルマ・ブレア、デレイ・デイヴィス(DeRay Davis)、ラデ・シェルベッジアの共演が決まった模様。
ジョージ・ルーカスは「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")について「宇宙版『タイタニック』("Titanic",1997年)だ」と語ったらしい。ShoWestに出席したルーカス監督は「第1作とは違う。よりエモーショナルで、涙を誘う作品」とコメントしたようだ。
新作「メリンダとメリンダ」("Melinda and Melinda")がまもなく米国で公開されるウディ・アレンは「いかに偉大なコメディでも、『欲望という名の電車』や『セールスマンの死』の幕が下りるときほどのインパクトを与えることはできない。コメディは、ただ楽しくて愉快なだけだ。チャンスがあればドラマチックな作品もやってみたい。でも僕はまだ、テネシー・ウィリアムズやイングマール・ベルイマンの域には達していないよ」と語ったようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の最新ポスターが公開されたようだ。
イ・ドンゴン主演のドラマ「勝手にしやがれ」の第1話から第5話が、18日からAIIで無料配信されるらしい。
マイケル・ベイ監督"The Island"の最新予告編が公開されたようだ。
「宇宙戦争」("War of the Worlds")の特報第2弾が公開されたようだ。
ジョン・ウー監督、ザ・ロック主演"Spy Hunter"のプロダクション・アートが公開されたようだ。
"Ice Age: The Meltdown"の特報がネット上で公開されたようだ。
ダーレン・アロノフスキー監督の新作"The Fountain"に主演したヒュー・ジャックマンは「これまで出演した映画の中で、最高に素晴らしい作品だった」と語ったようだ。"X-Men 3"撮影前に、4月からベルリンで撮影される"Good"という小規模作品に出演するらしい。
クロエ・セヴィニーは「"Spider-Man 3"に出たい!悪者の女の子の役があって、それがやりたいの」と語ったらしい。
ジェニファー・ロペスは「素晴らしい映画になる作品を選ぶのは難しいわ。私は素晴らしい素材を選んできたけど、すべてが素晴らしい映画になったわけではない。でも、そんな作品から逃げていたら、自分に失望したと思う。だから、失敗だったと考えたことはないわ」と語ったようだ。
ジェニファー・アニストンとブラッド・ピットが復縁か?とメディアが報じていることについて、アニストンの広報担当者は「ジェンとブラッドの関係に変化はありません。別居を表明した彼らの声明は、依然として真実です」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストが飲酒運転で逮捕された・・・のは"Punk'd"(2003年-)だったようだ。4年前、デートの誘ったにもかかわらず電話もかけてこなかったダンストに対する、アシュトン・カッチャーの"復讐"だったらしい。
新作コメディ"Ice Princess"に出演するミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)は「もうティーン向け映画に出たいとは思わない。もっとキャラクタ重視のインディ作品に出演したいわ」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズは、昨年1月に幼馴染と結婚式を挙げ直後に離婚したことについて「私の家族への苦し紛れの叫びだったんだと思う」と語ったらしい。
来月3日に都内で開催される「東京国際アニメフェア」で、米Cartoon Networkの"Hi Hi Puffy AmiYumi"が特別上映されるらしい。Puffyの吉村由美と大貫亜美が日本語版の吹き替えも担当したようだ。8月からスカイパーフェクTV!274Chで放送されることも決まった模様。
滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」のエンディング曲をはじめ、スティングが映画のために提供した18曲を集めたアルバム「マイ・ファニー・ヴァレンタイン〜スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ」が23日に発売されるらしい。
「80デイズ」("Around the World in 80 Days",2004年)のフランク・コラチは、Columbia PicturesとRevolution Studiosの新作"Click"で、ファン・ホセ・カンパネラ(Juan Jose Campanella)に代わって監督を務めるらしい。撮影は6月中旬に始まる模様。
米ソーシャル・ネットワーク・サービスFriendsterを題材にしたロマンチック・コメディを、ハロルド・ライミスとトファー・グレイスが製作するらしい。
1990年代初めにキューバのグアンタナモ米海軍基地でタヒチ人の移民を拘留したことについて米国政府と大統領を訴えた、エール大学の法科学生と教授らを描く、まもなく出版される小説"Storming the Court"の権利をWarner Bros.が獲得、マイケル・サイツマン(Michael Seitzman)の脚本・監督で映画化するらしい。
タラ・リードは、米FOXのドラマ・パイロット"Hitched"への出演が決まった模様。一方、「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")のジャスティン・バーサは、米NBCのコメディ・パイロット"Filmore Middle"に出演するらしい。
ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"で、パーカー・ポージーが悪役を演じるらしい。
「ミラクルマスター 七つの大冒険」("The Beast Master",1983年)の原作「ビースト・マスター」をはじめ、「魔法の世界エストカープ」("Witch World")とそのシリーズや「ゼロ・ストーン」("The Zero Stone")などの作品で知られる、SF・ファンタジー作家のアンドレ・ノートン(Andre Norton)さんが17日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ディズニー長編アニメ「シンデレラ」("Cinderella",1950年)のDVDが10月に発売されるらしい。
アン・リー監督は「グリーン・デスティニー」("Crouching Tiger, Hidden Dragon",2000年)の続編準備に入った、という噂があるらしい。
  3/19
都内で開催中の「第1回韓流まつり」で広報大使を務めるパク・ソルミが18日、会場で行われたテープカットに参加したようだ。
19日都内で公開が始まるイ・ビョンホン主演「バンジージャンプする」(2001年)とクォン・サンウ主演「ひとまず走れ!」(2001年)の前売り券は、それぞれ4000-5000枚売れたらしい。
宮藤官九郎監督「真夜中の弥次さん喜多さん」の完成披露試写会が18日都内で行われ、長瀬智也らが出席したようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy",2003年)の特別試写会が18日、ロサンゼルスの韓国文化院で開催されたようだ。ハリウッド映画関係者、エンターテイメント業界関係者らが招待された模様。
ジェット・リーはロサンゼルスの邸宅を売りに出した模様。上海に帰る予定とか。
北海道のばんえい競馬を題材にした映画「輓馬」が、根岸吉太郎監督、伊勢谷友介、佐藤浩市、吹石一恵共演で製作中らしい。
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」("Monty Python and the Holy Grail",1975年)に基づくブロードウェイ・ミュージカル"Monty Python's Spamalot"が17日初日を迎え、劇場はバカ笑いと喝采に包まれたらしい。New York Times紙は「輝くほどにくだらない」作品と評したものの、批評家の反応も概ね好評のようだ。
ウェス・クレイヴン監督の新作スリラー"Red Eye"の最新予告編が公開されたようだ。
「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2005年)などを手がけたベテランTV監督のウィル・シュライナー(Wil Shriner)は、カール・ハイアセン(Carl Hiaasen)の児童書「HOOT」("Hoot")の映画化で監督を務めるようだ。7月5日からフロリダで製作がスタートする模様。
リンゼイ・ローハンは、ニューヨークで行われていたタイトル未定の新作映画撮影中に足首をくじいたらしい。撮影は中断している模様。
来月2日に開催される、Nickelodeon主催の第18回キッズ・チョイス賞(Kids' Choice Awards)授賞式で、ウィル・スミスが新曲"Switch"を披露するようだ。また、ジャスティン・ティンバーレイク、キャメロン・ディアス、ジェイミー・リン・スピアーズらも出席予定とか。
昨年のブリトニー・スピアーズとの結婚式でケヴィン・フェダーラインが着ていた"ポン引き"風の真っ白なスウェット・スーツについて、カリフォルニアの衣料メーカーSweatsedoは「在庫は全て無くなった」と発表したようだ。
クリスティーナ・アギレラが、有名人の立ち上げるファッション・ラインについて「品がない」とコメントしたことに対し、アギレラと数百万ドルの契約を結ぶ英アパレル会社Basic Boxの社長をカンカンに怒らせたらしい。結局、契約は破棄されたようだ。
米MTVのリアリティ番組"Trippin"に出演するキャメロン・ディアスは「この番組での経験は、私たちのあらゆる行動が、自分の周囲だけでなく地球上の人々に影響を与えているということに、目を開かせてくれた」と語ったようだ。
アシュトン・カッチャーは「デミ(・ムーア)と彼女の友達と『トロイ』("Troy",2004年)観たんだけど、(ほとんど裸の)ブラッド・ピットが登場するたびに、彼女たちは『おぉ!』とか『あぁ!』とか騒ぐんだ。『ねえ、僕はここだよ!』っていう感じだったよ。仕方ないから、僕もブラッド・ピットの個人トレーナーを雇ったんだ」と語ったらしい。
19日と来月5日発売の小学館「少女コミック」に咲坂芽亜作のコミック「上戸彩物語」が掲載されるらしい。
  3/20
ジョン・タートルトーブ監督「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")が19日初日を迎え、梅田三番街シネマでは入場者100人に1ドル札が配られたらしい。
滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」のPR会見が19日大阪市内で行われ、市川染五郎、宮沢りえらが出席したようだ。
池田敏春監督「ハサミ男」が19日初日を迎え、豊川悦司、麻生久美子、斎藤歩、樋口浩二らがシネマメディアージュで舞台挨拶に立ったようだ。
犬童一心監督他「いぬのえいが」が19日初日を迎え、伊東美咲、乙葉らがテアトル新宿で舞台挨拶に立ったようだ。香港と台湾でも上映が決まったらしい。
冨樫森監督「鉄人28号」が19日初日を迎え、新宿シネマミラノで池松壮亮、蒼井優らが舞台挨拶に立ったようだ。
The Beatlesが使用したことでも知られるロンドンのレコーディング・スタジオAbbey Road Studiosで19日、Abbey Road Film Festivalが開幕したようだ。同スタジオが音楽収録に関わった「ハード・デイズ・ナイト」("A Hard Day's Night",1964年)、「007/死ぬのは奴らだ」("Live and Let Die",1973年)、「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」("Raiders of the Lost Ark",1981年)、「ピンク・フロイド/ザ・ウォール」("Pink Floyd The Wall",1982年)、「バック・ビート」("Backbeat",1994年)、「エイリアン2」("Aliens",1986年)、「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings")三部作などが上映されるらしい。
イ・ビョンホン主演「甘い人生」は、韓国映像物等級委員会からR-18指定を受けた模様。
韓国で公開中のチョン・ユンチョル監督「マラソン」の観客動員数が、公開52日間で500万人を突破した模様。
新藤兼人監督は19日、広島市で「私の故郷」と題した講演を行ったようだ。「原爆の子」(1952年)、「午後の遺言状」(1995年)などの映画資料も展示されたらしい。
HIV/AIDSに苦しむ女性たちを支援するためのチャリティコンサートが19日に南アフリカで開催され、ウィル・スミス、アニー・レノックス、Queenらが出演、1万5000人以上のファンが集まったようだ。
Force of Nature for Tsunami Aid concertが18日、マレーシアのクアラルンプールで開催され、ジャッキー・チェン、ミシェル・ヨーらも参加したようだ。
USA Todayが米国の雑誌編集者を対象に行った、5点満点による有名人カップル格付けランキングが発表されたようだ。
1.ニック・ラシェイ+ジェシカ・シンプソン (4.0)
1.ベン・アフレック+ジェニファー・ガーナー (4.0)
1.ジャスティン・ティンバーレイク (4.0)
2.ジェニファー・ロペス+マーク・アンソニー (3.3)
3.デミ・ムーア+アシュトン・カッチャー (3.2)
4.ビヨンセ・ノウルズ+ジェイ・Z (2.8)
4.ペネロペ・クルス+マシュー・マコノヒー (2.8)
5.ブリトニー・スピアーズ+ケヴィン・フェダーライン (1.8)
[☆ちなみに、「もっとも破局しそうな」ランキングです。]
オーランド・ブルームとケイト・ボスワースは、1泊6000ドルのロサンゼルスの超高級ホテルChateau Marmont Hotelで、将来について語り合ったらしい。
米ディズニーランドのアトラクションStorybook Land Canal Boatsで16日、4歳の男の子が親指を切断する事故が起こっていたらしい。
北野武が教授に就任する東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻の合格者が発表されたようだ。
「ライトニング・イン・ア・ボトル 〜ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜〜」("Lightning in a Bottle",2004年)が19日初日を迎え、鮫島秀樹、マーティ・フリードマン、高山善廣の3人によるトークショーが渋谷シネマライズで行われたらしい。
是枝裕和監督の時代劇「花よりもなほ」で、宮沢りえの出演が決まったようだ。
荻上直子監督「恋は五・七・五!」の完成披露試写会が19日都内で行われ、関めぐみらが出席したようだ。
  3/21
加藤ミリヤのコラム「Dear Lonely girl」の映画化は、ジャン・クロード・マキナカが監督、橋野麻依子、小森純が主演を務め、来月15日からネット配信されるらしい。
アン・ビョンギ監督「コックリさん」の試写会が20日都内で行われ、イ・セウン、優香、戸田菜穂らが出席したようだ。
ヨム・ジョンアは、新作「少年、天国へ行く」で3億ウォンのギャラを手にするらしい。
パク・シニャンの国際版公式サイト(http://www.parkshinyang.com)がオープンしたらしい。
キム・ジウン監督「甘い人生」で、イ・ビョンホンがウジ虫だらけになるシーンが撮影されていたものの、結局カットされたらしい。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、賞味期限を誤って1年短く表記した菓子が販売されていたとして、運営会社が回収を始めた模様。
北米を除く海外週末興収では、48カ国5160スクリーンで上映中のウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch")が2300万ドルを記録、3週連続1位を獲得したようだ。
英監督組合(Directors Guild of Great Britain)賞が20日発表され、"Kinsey"のビル・コンドンが国際映画部門で、"Dead Man's Shoes"のシェイン・メドウス(Shane Meadows)と、"My Summer of Love"のパヴェウ・パヴリコフスキ(Pawel Pawlikowski)が英国映画部門で、それぞれ表彰されたようだ。
シンシア・ニクソン(Cynthia Nixon)は、アレックス・スタイヤーマーク(Alex Steyermark)監督の新作映画"One Last Thing ..."で、末期症状の子供の母親役を演じるらしい。マイケル・アングラーノが息子役を務めるようだ。
全米週末興収は中田秀夫監督「ザ・リング2」("The Ring Two")が3500万ドル(3332館)で初登場1位を獲得したものの、清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)の3910万ドル(3245館)の記録には及ばなかったようだ。また、ティム・フィウェル(Tim Fywell)監督、ミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)主演によるWalt Disneyの新作コメディ"Ice Princess"は700万ドル(2501館)で4位のスタートとなった模様。
ピーター・ジャクソン監督は"King Kong"のクランクアップを記念して、ニュージーランドに建設したニューヨークのセットで19日盛大なパーティを開催、キャストやスタッフら1000人を招待したらしい。
デヴィッド・ゴイヤー監督によるDCコミック"The Flash"の映画化で、ライアン・レイノルズが主人公を演じるらしい。
ジェイムズ・ウォン監督によるシリーズ第3作"Cheating Death: Final Destination 3"で、「ザ・リング2」("The Ring Two")で共演しているライアン・メリマンとメアリー・エリザベス・ウィンステッド(Mary Elizabeth Winstead)の出演が決まったらしい。
すでに「ザ・リング」("The Ring")シリーズ第3作の脚本が進行中らしい。
ロバート・ロドリゲス監督は、6月公開予定の新作"The Adventures of Shark Boy and Lava Girl in 3-D"について「小さな子供のスーパーヒーローたちが登場するんだ。すごくクールな作品だよ。誰も見たことが無い子供たちが出演するんだ」と語ったらしい。また、"Sin City"の続編についても「撮るつもり」と答えたようだ。
14日テレビ東京で放映されたイ・ジェヨン監督、ペ・ヨンジュン主演「スキャンダル」の平均視聴率は9.6%に終わったらしい。 [☆TV向きの映画じゃないし]
日本好きのクリスティーナ・ミリアンは「前にインタビューで『サルとスシが好き』と答えたら、それ以来いつもサルのぬいぐるみとスシをプレゼントしてくれるの。だから、今度はおカネとヴィトンが好きって言ってみようかしら!」と語ったらしい。
デヴィッド・ドゥカヴニーとティア・レオーニは、マリブから出て行くつもりとか。近くにブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーライン夫妻が引っ越してきたため、パパラッチがうろつくようになってしまったらしい。
全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)による第36回NAACPイメージ賞(NAACP Image Awards)が19日発表され、「Ray / レイ」("Ray")が作品賞、主演男優賞(ジェイミー・フォックス)、主演女優賞(ケリー・ワシントン)、助演女優賞(レジーナ・キング)の4部門を獲得、また「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby")のモーガン・フリーマンが助演男優賞を受賞したようだ。
ニコール・リッチーのデビューアルバムが年内にも発売される模様。「ロックとソウルをミックスしたような感じで、ダンスも少し入っているわ。ピアノとバイオリンとチェロも自分で演奏するつもりよ」と語ったらしい。
Sony PicturesはMarvel Entertainmentと共同で、コミック・キャラクタKillravenを主人公にしたSF映画の製作に向けて協議中らしい。
「バタフライ・エフェクト」("The Butterfly Effect",2004年)の続編が製作される模様。キャストは一新され、秋から撮影が始まるらしい。"Mortal Kombat: Annihilation"(1997年)のジョン・R・レオネッティ(John R. Leonetti)が監督を務めるようだ。
エディ・マーフィは、DreamWorksとImagine Entertainmentによる新作アクション・コメディ"Johnny Blaze"で主演を務めるようだ。
"Sin City"の記者会見に出席したクライヴ・オーウェンは、次期ジェイムズ・ボンドという噂について否定したようだ。
ジャニーン・ガラファロは、ポーカー世界チャンピオン大会女性初の優勝者アニー・デューク(Annie Duke)の半生に基づく米NBCのコメディ・パイロット"All In"で主演を務めるようだ。
  3/22
「冬のソナタ」の撮影風景の写真や衣装などを展示する「『冬のソナタ』STORY PARK」が、来月6日から前橋市内で開催されるらしい。
森川時久監督「ハルウララ」の完成披露試写会が21日高知市内で行われ、渡瀬恒彦、忍成修吾、七海まいらが舞台挨拶に立ったようだ。
キム・デスン監督「バンジージャンプする」でバンジージャンプを5回飛んだイ・ビョンホンは「その日の夜は、素っ裸でバンジージャンプの飛び降り台に横たわっている夢を見た」らしい。
ペ・ヨンジュンは21日、独島問題について「独島は韓国領土」とした上で、両国政府の賢明な対応を信じる、とのコメントを発表した模様。
キム・キドク監督「サマリア」の女子高生限定試写会が21日都内で行われ、ソニンらが出席したようだ。
キム・レウォン主演の新作クライム・アクション「ミスター・ソクラテス」で、相手役のオーディションが行われるらしい。
韓国で公開中のチュ・チャンミン監督「麻婆島」の観客動員数が、21日までに120万人を越えた模様。25日にソウルで開催される「独島守護特別上映会」でも上映され、収益金は独島警備隊に贈られるらしい。
韓国マーケティング会社が仁川国際空港を訪れた海外からの観光客372人を対象に行った「韓国スター好感度」調査によると、日本からの観光客はぺ・ヨンジュン、中国はチョン・ジヒョン、台湾はイ・ヨンエ、香港はチェ・ジウがトップに選ばれたようだ。
Lions Gate Family Entertainmentは、ラリー・カザノフ(Larry Kasanoff)のThreshold Animation Studiosと共同で新作CGアニメ"Foodfight!"を製作すると発表したようだ。ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフ姉妹が声優を務めるらしい。公開は来年秋になる模様。
「サイドウェイ」("Sideways")のトーマス・ヘイデン・チャーチは、「スパイダーマン」("Spider-Man")シリーズ第3作で敵役を演じるらしい。
ジェイソン・ベイトマンは、「ふたり自身」("The Heartbreak Kid",1972年)のジェイムズ・ボビン(James Bobin)監督によるリメイクに主演するようだ。
"X-Men 3"の監督がマシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)に正式決定した模様。
ジェニファー・アニストンは21日放送の米TV番組"Access Hollywood"に出演、新作"The Break-Up"(=破局)への出演について「私はただ、いいチャンスだと思っただけよ」と語ったらしい。
ブラジルカトリック教会の枢機卿Claudio Hummesは、ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")について「大きな問題ではない。大げさな茶番劇で、商業的に成功していることも知っている。多くの人たちがその本について語れば語るほど、作者を喜ばせるだけだ」とコメントしたらしい。
アレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督、キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック共演によるリメイク版「イルマーレ」("Il Mare",2000年)で、「砂と霧の家」("The House of Sand and Fog",2003年)のショーレー・アグダシュルーの共演が決まったようだ。オランダ人女優ヴィレケ・ファン・アメローイ(Willeke van Ammelrooy)も出演するらしい。
ワインのグローバル化と均質化を描いたドキュメンタリー映画"Mondovino"(2004年)を手がけたジョナサン・ノシター(Jonathan Nossiter)監督は「私はワイン映画を撮るつもりはまったくありませんでした。ワインを取り巻く気取った世界を助長したくなかったのです。この作品を見るために、ワイン通である必要はありません。ワインが人生にとって重要だと考えたことも無い人々のための作品なのです」と語ったようだ。
「デンジャラス・ビューティー2」("Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous")に主演したサンドラ・ブロックは「ここ10年か15年のロマンチック・コメディじゃない女性が主演のコメディ映画の名前を挙げてみて。それってかなり難しいわ。コメディは大変なのよ。上手くいかなかったとき、これほど痛々しいものは無いもの」と語ったようだ。
ロバート・ロドリゲス監督は新作"Sin City"について、「"スペシャルゲスト"のクエンティン・タランティーノが監督していたとき、僕はずっとカメラを回していたんだ。その映像から多くを学べると思うよ。DVDに収録するつもりだ」と語ったらしい。
ブラッド・ピットは「ハリウッドの自宅が監獄のように思えてきた。世界から締め出されたような感じがする。庭にローンチェアを置いて車が通り過ぎるのを眺めていたいんだ」と語ったらしい。
Warner Bros. Picturesは21日、ブライアン・シンガー監督"Superman Returns"の撮影がシドニーで進行中である、と正式発表したようだ。
ロブ・マッキトリック(Rob McKittrick)監督の新作ロマンチック・コメディ"The Wingman"で、クリストファー・ウォーケンの出演が決まったようだ。
オースン・スコット・カード(Orson Scott Card)の小説「エンダーのゲーム」("Ender's Game")と「エンダーズ・シャドウ」("Ender's Shadow")のウォルフガング・ペーターゼン監督による映画化で、「トロイ」("Troy")のデヴィッド・ベニオフ(David Benioff)が脚本に加わったようだ。
「スター・ウォーズ」公式サイトが「エピソードIII」公開に向けてリニューアルしたらしい。
映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")のTVスポットが公開されたようだ。
全米大ヒットでのスタートとなった「ザ・リング2」("The Ring Two")の中田秀夫監督は「もう1作撮るといわれても驚かない。ぜひ3作目も監督したい」と語ったようだ。
Volvoが主催する世界一周ヨットレースVolvo Ocean RaceにWalt Disneyが参戦、シリーズ第2作"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"のプロモーションを展開するらしい。ジョニー・デップ、キーラ・ナイトレイ、オーランド・ブルームの3人も乗船する予定とか。
ケヴィン・フェダーラインは「僕が初めてブリトニー(・スピアーズ)と出逢ったのは、彼女がビッグになり始めた頃で、彼女が18歳で僕が22歳だった。その時は、その後こんなことになるなんて思いもしなかったよ。それから数年後に再開して、今に至るわけさ」と語ったようだ。
ヘイデン・クリステンセンは、「エピソードII」("Star Wars: Episode II - Attack of the Clones",2002年)に対する批判について「誰にでも自分の意見を言う権利はあるし、批評の中には公正なものもあった。僕は少し割り引いた上で、批判をすべて受け止めるよ」と語ったようだ。
「赤目四十八瀧心中未遂」(荒戸源次郎監督,2003年)の脚本などを収録した「赤目大全」の出版記念イベントが21日都内で行われ、寺島しのぶが出席したようだ。
「デス・レース2000」("Death Race 2000",1975年)のリメイク"Death Race 3000"は、ポール・W・S・アンダーソンが監督・脚本を手掛けることが決まったようだ。
Sony Pictures Entertainmentは、キャスリン・タラレイ(Kathryn Talalay)の著書"Compositions in Black and White"を、アリシア・キーズの主演で映画化するらしい。「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")のホセ・リヴェーラ(Jose Rivera)を脚本に起用した模様。
「ミスティック・リバー」("Mystic River",2003年)の原作者デニス・ルヘイン(Dennis Lehane)の小説「愛しき者はすべて去りゆく」("Gone, Baby, Gone")の映画化で、ベン・アフレックが監督デビューするようだ。出演はしないらしい。
乙一原作の短編オムニバス映画「ZOO」が19日初日を迎え、村上淳、市川由衣、神木隆之介、小林涼子、須賀健太、鈴木かすみらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
  3/23
26日から公開されるマーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator")の本編上映前に、レオナルド・ディカプリオのメッセージ映像が流されるらしい。27日までに2日間限定とか。
「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督)などの大ヒットを受けて、東宝は22日、今年2月期の1株当たりの年間配当を前期比7円増の20円、期末配当を7円増の15円とする見通しを発表したようだ。
キム・テギュン監督「火山高」("Volcano High",2001年)の米国版DVDで、スヌープ・ドッグ、アンドレ3000、メソッド・マンらが吹き替えを担当したらしい。
香港映画誕生100周を記念した「香港電視娯楽博覧」が21日、香港会議展覧中心で開幕し、チョウ・ユンファ、ジャッキー・チェン、トニー・レオン、マギー・チャンらが式典に出席したようだ。
恐喝未遂罪で起訴されている萩原健一の初公判が、来月26日に開かれることが決まったようだ。
パク・ヨンハのミニコンサートが、来月7日にJR京都駅で開催されるらしい。
メキシコの法務局は、同国内の海賊版DVD制作・販売拠点の摘発を実施、6箇所の制作拠点、1箇所のパッケージ拠点、4箇所の流通拠点で、334台のDVD-RとCD-Rドライブ、28400本の海賊版映画、50台のTVとDVDプレイヤーなど、総重量20tの設備等を押収したようだ。
第55回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した南アフリカのマーク・ドーンフォード=メイ(Mark Dornford-May)監督"U-Carmen eKhayelitsha"が、23日から同国で上映されるようだ。
22日開幕した第29回香港国際映画祭で「隠し剣 鬼の爪」がオープニング上映され、山田洋次監督、永瀬正敏が記者会見に出席したようだ、
"The Island"の国際版特報が公開されたようだ。
米FOXは人気TVドラマ"The O.C."(2003年-)第3シーズンの制作を発注した模様。
ゲイリー・レノン(Gary Lennon)脚本・監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演による、1970年代のニューヨークを舞台にしたダーク・コメディ".45"で、アンガス・マクファデン、アンディ・マクダウェル、スティーヴン・ドーフが共演するらしい。来月11日からトロントで撮影が始まる模様。
ジリアン・アンダーソンは、アーネスト・ヘミングウェイの3人目の妻で女性初の従軍記者マーサ・ゲルホーン(Martha Gellhorn,1908-1998)の半生を描いたキャロライン・ムーアヘッド(Caroline Moorehead)の著書"Gellhorn: A Twentieth-Century Life"の権利を獲得した模様。キーラ・ナイトレイの母親シャーマン・マクドナルド(Sharman Macdonald)が脚本を担当、アンダーソンの主演で映画化するようだ。
アッシャー(Usher)は、自らの名前を冠した香水ブランドを立ち上げたようだ。
ビヨンセ・ノウルズとジェニファー・ロペスは、どちらも新曲のプロモーションビデオに、デヴィッド・ベッカムの出演を切望しているらしい。
元Spice Girlsのエマ・バントン(Emma Bunton)は、英国のTVドキュメンタリーの企画で、新作ボリウッド映画"Pal Tham Gaya"にカメオ出演したところ、別の作品に出演をオファーされたらしい。
ロンドンを訪れたマライア・キャリーは、午前2時過ぎにホテルに到着した際、リムジンからホテルのドアまでのカーペットにキャンドルを灯すよう指示したらしい。
アシュトン・カッチャーが"Saturday Night Live"でゲスト司会者を務めたものの、会場を訪れていたデミ・ムーアは居眠りしていたらしい。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムにサンドラ・ブロックの星型が加わる模様。24日に式典が開催されるようだ。
「レジェンド 三蔵法師の秘宝」("The Touch",2002年)プロモーションのためミシェル・ヨーが来日、22日都内で記者会見を行ったようだ。
Sony Pictures Classicsは、ウォン・カーウァイ監督「2046」の北米配給権を獲得したようだ。今秋公開となる模様。
New Lineは、新作コメディ"Good Luck, Chuck"の監督に、「アフター・ザ・サンセット」("After the Sunset",2004年)などを手がけたベテラン映画編集者のマーク・ヘルフリック(Mark Helfrich)を起用したようだ。
Paramount Picturesは、スペイン軍の侵略によるアステカ王国の滅亡を描く"The Serpent and the Eagle"で、ロン・ハワードを監督に正式起用したようだ。ブライアン・ヘルゲランド(Brian Helgeland)が新しいドラフトを書くらしい。
ベン・アフレックとNeo Art & Logicのジョエル・ソアソン(Joel Soisson)、マイク・リーヒー(Mike Leahy)は、"Project Greenlight"第3シーズンで最終選考に残ったリック・カー(Rick Carr)のSFコメディ脚本"Does Anybody Here Remember When Hanz Gubenstein Invented Time Travel?"のオプションを獲得した模様。
バリー・ソネンフェルド監督、ロビン・ウィリアムス主演の新作コメディ"RV"で、シェリル・ハインズ(Cheryl Hines)の共演が決まったようだ。
Twisted PicturesとLions Gate Filmsは、「ソウ」("Saw",2004年)の続編の監督にミュージック・ビデオなどを手がけるダーレン・リン・バウズマン(Darren Lynn Bousman)を起用した、と正式に発表した模様。来月2日からトロントで撮影が始まるようだ。
「サンタクローズ」("The Santa Clause")シリーズ第3作が製作されるらしい。Walt Disney Picturesは、「コニー&カーラ」("Connie and Carla",2004年)のマイケル・レムベックを監督に起用した模様。ティム・アレンが引き続き主演し、11月から撮影に入るようだ。
オンライン・ゲーム"The Matrix Online"の北米向けサービスが22日スタートしたようだ。
フレディ・プリンズJr.主演による米ABCのタイトル未定のコメディ・パイロットで、「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)のブライアン・オースティン・グリーン(Brian Austin Green)の共演が決まったようだ。
現在シカゴで撮影中の、アレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督、キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック共演による「イルマーレ」("Il Mare",2000年)のリメイクで、ディラン・ウォルシュがキャストに加わったようだ。
ジョン・リー・ハンコックは、エイドリアン・マッキンティ(Adrian McKinty)の小説"Dead I Well May Be"の映画化で脚本と監督を務めるようだ。
ニコール・アリ・パーカーは今月5日、第1子となる女の子を出産したようだ。ソフィ・テイ・ナアキ・リー(Sophie Tei Naaki Lee)と名づけられたらしい。
モリー・シャノンは15日、第2子となる男の子を出産したようだ。ノーラン・シャノン・チェスナット(Nolan Shannon Chesnut)と命名された模様。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演「アビエイター」("The Aviator")のプレミア試写会が22日都内で行われ、筑紫哲也と阿川佐和子が挨拶に立ったようだ。
塚本晋也監督は「鉄男」シリーズ第3作を企画しているらしい。
ジェラール・ピレス(Gerard Pires)監督のコメディ映画"Double zero"(2004年)に出演した元スーパーモデルのリ・シン(Li Xin)が、クエンティン・タランティーノ監督から新作カンフー映画の主演をオファーされた、と語ったらしい。
  3/24
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、2004年の映画1作品当たりのマーケティング費用は、前年比12%減の3440万ドルだったと発表したようだ。
「アラビアのロレンス」("Lawrence of Arabia",1962年)、「ドクトル・ジバゴ」("Doctor Zhivago",1965年)、「オリバー!」("Oliver!",1968年)、「華麗なるギャツビー」("The Great Gatsby",1974年)、「トゥルー・ナイト」("First Knight",1995年)などの作品を手がけた、英国出身の映画美術監督ジョン・ボックス(John Box)さんが7日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
新藤兼人・原爆を撮る」が24日出版されたようだ。
犬童一心監督、長澤まさみ主演「タッチ」のロケが24日高崎市内で行われ、萩本欽一率いる茨城ゴールデンゴールズが出演したらしい。
IMXとNTTレゾナントは23日、iモード向け動画配信「韓国テレビジョン」をスタートしたようだ。「冬のソナタ」「ホテリアー」などの韓国ドラマ750本をはじめ、音楽芸能番組、ニュースを視聴できるらしい。
PSPが24日、全米で発売されたようだ。
日本経団連は23日、映像コンテンツをブロードバンド配信する際の著作権利用料率について、日本映画製作者連盟、日本映像ソフト協会、日本民間放送連盟など映像コンテンツ関連団体と著作権団体が合意した、と発表したようだ。
「シュレック2」("Shrek 2")のDVDとVHSは、全世界で5500万本が売れたらしい。「ライオン・キング」("The Lion King")、「タイタニック」("Titanic")に次ぐ記録とか。
Warner Bros. Picturesはフランソワ・プラス(Francois Place)の児童書「最後の巨人」("The Last Giants")のオプションを獲得、実写映画化するらしい。
米Warner Home VideoはDVD"The Film Noir Classic Collection Volume Two"を7月5日に発売するようだ。「生れながらの殺し屋」("Born to Kill",1947年)、「熱い夜の疼き」("Clash by Night",1962年)、「十字砲火」("Crossfire",1947年)、「犯罪王ディリンジャー」("Dillinger",1945年)、「その女を殺せ」("The Narrow Margin",1952年)の5作品がデジタル・リマスターで蘇るらしい。
ホイットニー・ヒューストンが、薬物中毒治療のための厚生施設に再び入所した模様。
「リング」(中田秀夫監督,1998年)、「呪怨」(清水崇監督,2002年)、「仄暗い水の底から」(中田秀夫監督,2002年)、「The Juon / 呪怨」(清水崇監督,2004年)などを手掛けた映画プロデューサーの一瀬隆重は「日本のホラーは米国のホラーより恐い。日本の作品は人々の日常の生活に入り込んでくる幽霊を描いている。観客は家に帰った後も、エレベーターや風呂場で恐怖を感じるはずだ。不気味な感覚が持続するんだ」と語ったようだ。
24日より全米公開される「デンジャラス・ビューティー2」("Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous")の週末4日間の興収は、前作「デンジャラス・ビューティー」("Miss Congeniality",2000年)の記録した1300万ドルの倍になるだろう、と予想されているようだ。
マダム・タッソー蝋人形館を運営するTussauds Groupが、ドバイ政府が所有する非公開投資会社に8億ポンドで買収されたらしい。
2003年にアーノルド・シュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事選に出馬した際、英TVレポーターのアンナ・リチャードソン(Anna Richardson)が「2000年にロンドンのホテルで行ったインタビューの際に胸を触られた」と発言したことに対し、Los Angeles Timesが「故意にでっち上げたものだ」とする記事を掲載、リチャードソンが州知事らから中傷を受けたと申し立てていた問題で、英高等裁判所は23日、シュワルツェネッガー州知事に対する訴訟は可能であるとの以前の判決を是認した模様。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"で共演するナオミ・ワッツとエイドリアン・ブロディの写真が公開されたようだ。
米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するジェイムズ・デントン(James Denton)の妻、エリン・オブライエン・デントン(Erin O'Brien Denton)が22日、第2子となる女の子を出産したようだ。Maiinと名づけられたらしい。
アン・リー監督が「グリーン・デスティニー」("Crouching Tiger, Hidden Dragon",2000年)の続編準備に入った、という噂について、同作のプロデューサーはこれを否定した模様。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演の新作"Bewitched"の予告編が公開されたようだ。
サンドラ・ブロックは「小ジワ対策に一番効果があるのは痔の軟膏」と発言したらしい。
デヴィッド・ゴードン・グリーン(David Gordon Green)は、ブラッド・ランド(Brad Land)の小説"Goat: A Memoir"の映画化で監督を務める模様。
米HBOとNew Line Cinemaは24日、インディ作品専門の劇場配給会社を共同で設立すると発表したようだ。
5月25日放送の「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)今シーズン最終回90分スペシャルで、レナ・オリンがジェニファー・ガーナーの母親役として再び登場するらしい。
第2次世界大戦を舞台にしたクエンティン・タランティーノ監督次回作"Inglourious Basterds"に出演するマイケル・マドセンは「彼(監督)は(「キル・ビル」のように)いくつかのパートに分けるかもしれない」と語ったらしい。
エリザ・ドゥシュク主演のTVシリーズ"Tru Calling"(2003年-)第2シーズンが、31日放送の2時間スペシャルでスタートするらしい。
新作"Ice Princess"に主演したミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)は「『バフィー 恋する十字架』("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)に出演した後は、本の虫みたいな役のオファーばかりきたわ。それで"EuroTrip"(2004年)に出演したの。皆は『彼女がエッチなティーン・コメディに出演するなんて信じられない!』と思ったみたいね。それから、Disneyからオファーが来て、私は『アイススケートはやってみたいわ。それって大変?』って言ったの。ちょっと大変だったわ」と語ったようだ。
アシュトン・カッチャーは「"Punk'd"の対象外となっている人が4人いる。例えばもしデミ(・ムーア)の娘に何か重大なことが起こって、僕がデミに電話しなければならない時、僕が狼のふりをする少年であってはならないんだ」と語ったようだ。
グウェン・ステファニーは「高校生の時、ピッコロが吹けるとウソをついてマーチングバンドに入ったの。ほとんどの時間は、ドラム・ルームでボーイフレンドと過ごしていたわ」と告白したらしい。
"Saturday Night Live"に出演したアシュトン・カッチャーは、ケヴィン・フェダーラインとジュリア・ロバーツを"演じた"らしい。
シルヴィ・ヴァルタンが来日、13年ぶりの公演が27日と28日に都内で行われるようだ。
滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」のプレミア試写会が23日都内で行われ、宮沢りえ、市川染五郎らが出席したようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、マーク・ウォールバーグ、ジャック・ニコルソン共演による「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs",2002年)のリメイク"The Departed"で、ヴェラ・ファーミガの共演が決まったようだ。
Paramount PicturesとMTV Filmsによる、ジム・シェリダン監督、50セント(50 Cent)主演のタイトル未定の新作で、ヴィオラ・デイヴィスの共演が決まったようだ。
Warner Independent PicturesとMission EntertainmentはCanal Plusと、アンドレ・テシネ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演作品「夜の子供たち」("Les Voleurs",1996年)のリメイクについて契約を結んだ模様。舞台はニューオーリンズに移るらしい。
Warner Bros. Picturesは、バーチャルペット・サイトNeoPetsと提携、同サイトに登場する50種類のペットが登場するCGアニメを製作するようだ。
M・ナイト・シャマラン脚本・監督次回作はファンタジー・スリラー"Lady in the Water"になるようだ。マンションの管理人がプールの中を泳ぐ海の精を発見して・・・という話とか。製作は8月にスタート、公開は来年7月になる模様。
ジェイムズ・スペイダー主演のTVドラマシリーズ"Boston Legal"(2004年-)にレギュラー出演中のニカ・ポッターが、妊娠中であることを公表したようだ。
ケヴィン・スミス監督「世界で一番パパが好き!」("Jersey Girl",2004年)の試写会が23日都内で行われ、ガッツ石松、鈴木佑季親子が出席したようだ。」
来月2日にコペンハーゲンで開催される、ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen,1805-1875)生誕200周年記念コンサートに、オリヴィア・ニュートン=ジョンが出演するらしい。
Global Green USAは22日、清潔な水を得ることは人間の基本的権利であると訴える国際キャンペーンWorld Water Dayをスタート、レオナルド・ディカプリオが演説を行ったようだ。彼が製作を支援した短編映画も上映されたらしい。
  3/25
竹内力プロデュースによる映画「捨て犬」(浅生マサヒロ監督)と「幻覚」(宮坂武志監督)が劇場公開されるらしい。
韓国ドラマ「ホテリアー」でぺ・ヨンジュンが乗っていたJaguar S-TYPEがオークションにかけられるようだ。25日発売の「特別プレミアムDVD-BOX」を購入すると、入札に参加できるらしい。
「パリの恋人」のシン・ウチョル監督が手がける新作ドラマ「プラハの恋人」で、キム・ジュヒョクとチョン・ドヨンが共演するらしい。
ぴあによる映画満足度ランキングで、イ・ビョンホン主演「バンジージャンプする」が平均90.1点で1位になったようだ。クォン・サンウ主演「ひとまず走れ!」は87.2点で5位、カン・ドンウォン主演「オオカミの誘惑」は12位、チェ・ミンス主演「清風明月」は14位だったらしい。
ポン・ジュノ監督、ソン・カンホ主演の新作「怪物」の日本国内配給権をハピネット・ピクチャーズが470万ドルで獲得した模様。興収に応じて追加収益を分配する契約になっているらしい。
米男性誌FHMは「世界で最もセクシーな女性100」を発表したようだ。
1.アンジェリーナ・ジョリー
2.ジェニファー・ガーナー
3.パリス・ヒルトン
4.シャーリーズ・セロン
5.ハル・ベリー
6.アリッサ・ミラノ
7.テリ・ハッチャー
8.パメラ・アンダーソン
9.スカーレット・ヨハンソン
10.リンゼイ・ローハン
高知県内の自主上映グループが製作した映画「赤ぱっち」(堀内佳子監督)が完成、来月3日から高知市内の映画館で公開されるらしい。
"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライス(Heidi Fleiss)への暴行罪での保護観察違反で起訴されていたトム・サイズモアに対し、ロサンゼルス地裁は24日、21カ月の実刑判決を言い渡したようだ。ただし、暴行事件での上訴審判決が出るまでの保釈が認められたらしい。
サンドラ・ブロックの星型が24日、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。記念式典には、ジョージ・ロペスらが出席したらしい。
米TVドラマシリーズ「ダラス」("Dallas",1978-1991年)の映画化で監督を務めるロバート・ルケティックは「映画が公開される2006年に存在するように、ユーイング家を一から作り直している。登場するのはみなとんでもない人々だ。僕はスタジオ側に辛辣な作品にしたいと言っている」と語ったようだ。
「招かれざる客」("Guess Who's Coming to Dinner",1967年)のリメイク版"Guess Who"に出演したアシュトン・カッチャーは「(1967年に)映画が公開された時の人種の壁が1マイルだったとすれば、今は街の1ブロックに縮まった。だが、僕らはまたその1ブロックを取り除かなくてはならないんだ」と語ったようだ。
ガイ・リッチー監督、レイ・リオッタ、ジェイソン・ステイサム共演の新作"Revolver"の配給先が見つからないらしい。 [☆フランスではリュック・ベッソンのEuropaCorp.が配給。]
クエンティン・タランティーノは「『カジノ・ロワイヤル』("Casino Royale",1967年)を再映画化するなら俺に監督させて欲しかった。でもピアース・ブロスナンが降板したと聞いて、興味が無くなったよ」と語ったらしい。
ボクシングの世界を舞台に若い女性を主人公にした、ジョナサン・オギルヴィ(Jonathan Ogilvie)脚本・監督の新作"The Tender Hook"で、ラダ・ミッチェル、レイ・ウィンストン、マット・ル・ネヴェス(Matt Le Nevez)が共演するようだ。
米NBCで25日スタートする新シリーズ"Law & Order: Trial by Jury"(2005年-)の第1回に、ブルース・デイヴィソンとキャンディス・バーゲンがカメオ出演しているらしい。
29日放送の「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」("Law & Order: Special Victims Unit",1999年-)に、キャシー・モリアーティがゲスト出演するらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」("War of the Worlds")からの最新画像が公開されたようだ。
Weta Collectiblesから、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")のフィギュア・シリーズが発売されるらしい。
5月13日の「スター・トレック エンタープライズ」("Star Trek: Enterprise",2001-2005年)最終回は、2エピソードが連続放送されるらしい。1話目にはピーター・ウェラーが、最終話にはジョナサン・フレイクスとマリーナ・サーティスがゲスト出演するようだ。
Weta Collectiblesから、"King Kong"のフィギュア・シリーズが発売されるらしい。
「ひとまねこざる」("Curious George")のアニメ映画化で、ウィル・フェレル、ドリュー・バリモア、デヴィッド・クロス、ユージーン・レヴィ、ディック・ヴァン・ダイク、ジョーン・プロウライト、エド・オーロス(Ed O'Ross)らが声優を務めるらしい。
「ザ・フォッグ」("The Fog",1980年)のルパート・ウェインライト監督によるリメイク版の撮影が、バンクーバーでスタートした模様。
ジェシカ・アルバは「ジェイムス・キャメロンと(海洋学者の女性が水中で特殊なパワーを発揮する)コミック"Fathom"の映画化について色々と話しているの。ただ、スキューバ・ダイビングはかれこれ7年もやっていないから、復習しておくべきね」と語ったようだ。
シリーズ第2作"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"の撮影に参加しているオーランド・ブルームは、カリブ海の小島に別荘を持つつもりらしい。
ブリトニー・スピアーズは22日、新しい香水ラインを発表したようだ。
三池崇史監督他「美しい夜、残酷な朝」の完成披露試写会が24日都内で行われ、長谷川京子らが舞台挨拶に立ったようだ。
下山天監督、仲間由紀恵、オダギリジョー共演の映画「忍 SHINOBI」で、松竹が募集していた映画ファンドには、1295人から約5億円が集まったらしい。製作費は8億5000万円で、興収20億円が損益分岐点になるようだ。 [☆当初、松竹は「製作費15億円のうち10-12億円を募集したい」と言っていました・・・]
来月15日放送のテレビ東京「たけしの誰でもピカソ」にイ・ビョンホンが出演するらしい。
桂春團治が、保坂延彦監督「そうかもしれない」で映画デビューするらしい。
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")に出演するエミリー・ブラウニングとリーアム・エイケンがブラッド・シルバーリング監督監督と共に来日、25日都内で記者会見を行ったようだ。
「愉快なシーバー家」("Growing Pains",1985-1992年)のトレイシー・ゴールドが昨年、家族を乗せた車を運転中に事故を起こし飲酒運転の容疑で起訴されていた問題で、裁判所は保護観察3年、免許停止1年、奉仕活動240時間を命じられたようだ。
米NBCはTVシリーズ「サード・ウォッチ」("Third Watch",1999年-)を第6シーズンで終了とすることを決定した模様。
Brightcoveは、インディ映画を直接販売するサイトを年内に立ち上げるらしい。
オスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」("Lady Windermere's Fan")に基づく、マイク・バーカー監督、ヘレン・ハント、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"A Good Woman"の予告編が公開されたようだ。
  3/26
楳図かずお「恐怖劇場」に収録されている「蟲たちの家」「絶食」「プレゼント」など6作品が映画化されるらしい。黒沢清、山口雄大らが監督を務めるようだ。
村田雄浩、江波杏子ら共演の舞台「丘の上のイエッペ」が25日、紀伊国屋ホール公演で初日を迎えたようだ。
森川時久監督「ハルウララ」でデビューした七海まいの写真集「うみより深い愛 空よりたかい夢」の発売記念イベントが26日都内書店で行われるようだ。
26日クランクインする佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」の撮影安全祈願が25日、広島県の日立造船向島西工場で行われ、プロデューサーの角川春樹、原作者の辺見じゅんらが出席したようだ。
ウォン・カーウァイらが監督を務める「愛の神、エロス」("Eros",2005年)に対し、台湾の新聞局審査委員会は「過激な裸のシーンをカットしなければ、上映は許さない」と言っているらしい。
ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻は25日、裁判所に離婚届を提出したようだ。
ヴァチカンで説教師を務める司祭ラニエロ・カンタラメッサ(Raniero Cantalamessa)は25日、聖金曜日(Good Friday)の説教の中で「小説、映画、演劇の果てしの無い流れの中で、作家たちは、空想の産物でしかない書物や発見を装って、キリストの姿を操っている。これが文学のジャンルになりつつある」と語り、ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")について暗に批判したようだ。
Entertainment Weekly誌4月5日号の表紙は6種類もあるらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")からの画像が一部流出した模様。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")のコンセプト・アートが公開されたようだ。
マライア・キャリーは、人気番組"American Idol"の審査員をオファーされたものの断っていたらしい。「誰かに意地悪したくないし、する必要も無いもの」と語ったようだ。
サンドラ・ブロックはポルシェの長期レンタル契約を、愛犬のために更新しなかったようだ。「私の犬たちはあまり気に入っていないの。もう少し分別のある車にするわ」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズは、父親が経営するファストフード店JJ Chillでアルバイトするつもりらしい。自分のユニフォームのデザインも考えているとか。
リンゼイ・ローハンと破局して以来、マンディ・ムーアやアシュリー・シンプソンとの関係が噂されているウィルマー・ヴァルデラマは、それらの報道をデタラメだと否定しつつ「皆がそう思ってくれるというのは嬉しくなるよ。アンジェリーナ・ジョリーの名前が出た時は『やった!』と思ったね」と語ったようだ。
Coldplayが来日、30日都内でスペシャル・スタジオ・ライヴを開催する模様。
ニューアルバム「MIMI」PRのため来日するマライア・キャリーは、30日に行われるフジテレビ「めざましテレビ」の公開インタビュー収録に参加するようだ。
米ABCの人気SFドラマ"Lost"(2004年-)のキャストに、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のエマ・コールフィールド(Emma Caulfield)が加わるらしい。
米WBの「エンジェル」("Angel",1999-2004年)のプロデューサー、ジョス・ウェドン(Joss Whedon)と、スパイク(Spike)役を演じたジェイムズ・マースターズ(James Marsters)は、スパイクを主人公にしたTV映画を検討しているらしい。
米GQ誌4月号に掲載されたジェシカ・アルバの写真を見て、彼女の父親が激怒したらしい。
リンゼイ・ローハンは「最近の映画は、女の子が馬鹿を演じたり、醜く見せたり、裸になったり、レズビアンを演じたり、体重を増やしたり・・・それがオスカーへの近道なのよ。でも唯一、ジュリア・ロバーツだけはその必要が無かった。彼女は決して服を脱ぐことは無かったわ」と語ったようだ。 [☆スルドイ意見だと思う・・・]
CGアニメ映画「ロボッツ」("Robots")のPR車「ロボッツカー」の出発式が25日都内で行われ、クリス・ウェッジ監督、北野大、小池百合子環境大臣らが出席したようだ。
青山劇場で6月10日開幕するミュージカル「ボーイ・フロム・オズ」で、坂本昌行がピーター・アレン、紫吹淳がライザ・ミネリ役を演じるらしい。
「X-Men」シリーズのプロデューサー、アヴィ・アラッド(Avi Arad)は、"X-Men 3"にミュータント"Angel"が女性として登場するという噂について「女性のAngelにはならないよ。話の出所は分からない」と否定したようだ。また、Dark Phoenixの登場について「決して一つのストーリーにはすべきではない。メイン・キャラクタは、ジーン・グレイよりも重要だ。もっと大きなストーリーなんだ。みんなDark Phoenixに期待しているようだけど、Dark Phoenixは中心人物じゃない。キャラクタの一人、それだけだ」と語ったらしい。
「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編"Underworld: Evolution"は、中世の村から物語がスタートするらしい。主演のケイト・ベッキンセイルは「私がヴァンパイアになる前の出来事よ。ビル・ナイとトニー・カランがよろいを着て馬にまたがって登場するの」と語ったらしい。
「ライフ・アクアティック」("The Life Aquatic With Steve Zissou")プロモーションのためウェス・アンダーソン監督が来日、25日都内で記者会見を行ったようだ。
サンドラ・オーが外科医のインターンを演じる米ABCのドラマシリーズ"Grey's Anatomy"が27日スタートするようだ。
  3/27
USENは、来月から映画や音楽など500番組を無料配信するブロードバンド放送「GyaO」をスタートさせるようだ。
荻上直子監督「恋は五・七・五!」が26日初日を迎え、関めぐみらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
橋本一監督「極道の妻たち 情炎」が26日初日を迎え、高島礼子、杉本彩らが都内劇場で舞台挨拶を行ったようだ。
キム・ギドク監督「空き家」に出演するジェヒの写真集が日本で発売されるらしい。来月末に都内で撮影が行われる模様。発売日は未定とか。
「スウィングガールズ」の矢口史靖監督、豊島由佳梨、金崎睦美、あすかによるトークショーが26日、山形市内で行われたようだ。
フランス版Premiere誌最新号に「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")からの写真が掲載されているらしい。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演による「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs",2002年)のリメイク"The Departed"で潜入捜査官を演じるマット・デイモンは、マサチューセッツ警察で3日間訓練を受けたらしい。最終日には麻薬密売人の逮捕の現場にも立ち会ったとか。
TVアニメシリーズ"Star Wars: Clone Wars"の新作5話が無料配信されているらしい。 [☆ただし、米国内でのみ視聴可能。残念。]
リンゼイ・ローハンの父方の祖母は、彼女の幼い頃の写真やビデオを売りに出しているらしい。
エイドリアン・ブロディ主演のSFスリラー"The Jacket"に出演したキーラ・ナイトレイは「私はずっと、完全なものより不完全なものの方に魅力を感じていたの。誰でも完全な役をやりたがるけど、それって退屈だし、真実ではないわ。深く傷ついたキャラクタを見る方が100万倍面白い」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスは、マイアミビーチに所有する1100万ドルの邸宅を売りに出したようだ。ベン・アフレックとの思い出が染み付いているらしい。
  3/28
ロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")に出演した桃井かおりは、米映画俳優組合(Screen Actors Guild)に加入していたようだ。
マライア・キャリーの野外ライヴが31日、六本木ヒルズで行われるらしい。
「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」のアフレコ収録が27日都内で行われ、波田陽区、坂井真紀らが参加したようだ。
4月13日に行われる皇后両陛下主催の春の園遊会に、山田洋次、岩下志麻、蜷川幸雄らが招待されたようだ。
著名人の足形の陶板をはめ込んだ「足形みち」が広島県尾道市に完成、27日オープニング式典が行われたようだ。新藤兼人、大林宣彦、板東英二、大空真弓、岸田今日子ら116人の足形が国道2号沿いの歩道などに埋め込まれているらしい。
「Shall we Dance?」プロモーションのためピーター・チェルソム監督とリチャード・ギアが来日、28日都内で記者会見を行ったようだ。
愛知万博の「サツキとメイの家」に、開幕以来3日間で318人の予約者が当日現れなかったらしい。
28日都内で会見したリチャード・ギアは「EUは中国への武器輸出禁止の措置を解除すべきではないとする、あなた方の首相の意見を支持します。私は彼とまったく同意見です」と発言したようだ。
第24回香港電影金像奨の授賞式が27日行われ、作品賞にチャウ・シンチー監督「カンフーハッスル」が選ばれたほか、「2046」のトニー・レオンが主演男優賞、チャン・ツィイーが主演女優賞を獲得したようだ。
全米週末興収は、アシュトン・カッチャー、バーニー・マック共演のコメディ"Guess Who"が2100万ドル(3147館)で1位、サンドラ・ブロック主演「デンジャラス・ビューティー2」("Miss Congeniality 2")が1450万ドル(3233館)で2位のスタートとなったようだ。一方、先週1位の中田秀夫監督「ザ・リング2」("The Ring Two")は1380万ドル(3341館)で3位となり、総興収は5800万ドルとなった模様。
来月8日に行われるイ・ビョンホンの来日記者会見の模様が、BIGLOBEストリームでネット配信されるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「宇宙戦争」とは別の、ティモシー・ハインズ(Timothy Hines)監督による"The War of the Worlds"は、米国公開が今月30日から来月下旬に延期された模様。
映画プロデューサーのピーター・バート(Peter Bart)とピーター・ガーバー(Peter Guber)が司会を務めるTV番組"Sunday Morning Shootout"(2003年-)にロバート・ロドリゲス監督が出演、次回作"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D"について「2ヶ月ほどで公開だが、(僕の)子供たちは待ちきれないでいるよ。これが終わったらすぐに戻って仕上げに取り掛かる。"Sin City"と同時進行させたんだ。僕は、全く違うプロジェクトを同時進行させるのが好きなんだよ」と語ったようだ。
ベン・アフレックとマット・デイモンによる脚本コンテスト番組"Project Greenlight"の第3回優勝作品"Feast"の映画化で製作総指揮を務めるウェス・クレイヴンは「僕は番組の大ファンだったんだ。素晴らしいドラマだし、参加してみるのも面白そうだと思ったんだ。誰かにチャンスを与える、というこの番組はすごく気に入っているよ」と語ったようだ。
米MTVの新番組"Trippin"収録のためジャスティン・ティンバーレイクと共にタンザニアを訪れたキャメロン・ディアスは「私たちは仕事として旅行しました。私たちは一緒に働いています。番組のプロデューサー兼クリエイターとして、私の満足できることをやりたいと思いますが、それはジャスティンと私のこととは関係ありません。彼は、ゲストの一人でしかありません」と語ったようだ。
上戸彩の写真集「Last Teen」とトレカ「ヴィジュアル フォトカード コレクション 上戸彩」の発売記念握手会が27日都内で行われたようだ。
「インファナル・アフェアIII 終極無間」("Infernal Affairs III")の先行プレミア上映のチケットが27日発売され、東京が15分、大阪が27分で完売したらしい。
トム・クランシーの小説「レインボー・シックス」("Rainbow Six")の映画化で、Paramountはザック・スナイダーを脚本と監督に起用したようだ。
「ビーン」("Bean",1997年)の続編について、ローワン・アトキンソンは俳優兼監督のサイモン・マクバーニー(Simon McBurney)と組むようだ。年末までに製作に入る模様。
人気TVシリーズ"The Man From U.N.C.L.E."(1964-68年)の映画化について、監督予定のマシュー・ヴォーンは脚本のジョン・ホッジ(John Hodge)と企画を進行中らしい。ストーリーはオリジナルになる模様。
「アンデッド」("Undead",2003年)のピーター・スピエリッグ(Peter Spierig)、マイケル・スピエリッグ(Michael Spierig)兄弟は、Lions Gateの新作ヴァンパイア映画"Daybreakers"のドラフトに取り掛かっているようだ。
ジェリー・ブラッカイマー製作によるWalt Disney Studiosの新作ロマンチック・スリラー"Deja Vu"で、トニー・スコットが監督を務めるようだ。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントはUMD Video第2弾として「パニッシャー」("The Punisher",2004年)、「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」("Once Upon a Time in Mexico",2003年)、「インビジブル」("Hollow Man",2000年)、「PiNMeN rework」の4作品を5月に発売するようだ。
オンキヨー株式会社は28日、HD DVDプロモーショングループに加入すると発表したようだ。
ソニーは、一部のオーディオ製品でDualDiscを使用するとDVD面に傷を付ける可能性があるとして、利用しないよう呼びかけているらしい。
ウォン・カーウァイ監督「2046」のDVDが来月27日に発売されるようだ。トニー・レオン、木村拓哉ら8人のメインキャストをプリントしたポストカードが特典に付くらしい。
  3/29
マライア・キャリーが28日、成田空港に到着したようだ。
元チーフプロデューサーらによるNHKの番組制作費流用事件の総被害額は、少なくとも1億7000万円に上るらしい。
韓国SBSのドラマ「グリーンローズ」に出演するコ・スは「撮影に入ってから8キロも痩せた」らしい。
新作"The Myth"で共演するジャッキー・チェンとキム・ヒソンが、同作のプロモーションのため5月に開催されるカンヌ映画祭に出席するらしい。
クォン・サンウ主演の新作「野獣」に対し、日本の映画会社から配給権獲得のオファーが殺到しているらしい。
来月1日より韓国で公開されるリュ・スンワン監督「拳が泣く」のチェ・ ミンシクとリュ・スンボムは、今月31日から来月10日まで全国47ヶ所の映画館で舞台挨拶を行うらしい。
チョン・セファン監督の新作「恋愛術師」に出演するパク・チニは、自ら申し出て同作品のスクリプターも務めたらしい。「ただ演技に役立つと考えてやっているだけ」とか。
「鋼の錬金術師・コスプレ大会」が26日、香港で開催されたらしい。香港でもTVアニメが放映され大人気とか。
東京都大田区の中学校で、R-15指定の「バトル・ロワイアル」(深作欣二監督,2000年)を授業中に生徒に見せていたらしい。
海上自衛隊下総航空基地で「ハウルの動く城」や「踊る大捜査線」等の海賊版DVDを販売していたとして、防衛庁職員の44歳の男性が逮捕されたようだ。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督"Sin City"のプレミア試写会が28日ロサンゼルスで行われ、ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバらが会場を訪れたようだ。
ジョン・レグイザモ主演による米CBSのタイトル未定のドラマ・パイロットで、クレア・フォーラニ、クレイグ・ビアーコ、マイケル・ペーニャ(Michael Pena)、サム・ラーナー(Sam Lerner)が共演するようだ。
マイケル・ジャクソンの裁判で、マコーレー・カルキンが証人として指名されたらしい。
マルコス・シエガ(Marcos Siega)監督、エヴァン・レイチェル・ウッド主演のダーク・コメディ"Pretty Persuasion"で脚本を担当したスカンダー・ハリム(Skander Halim)は、新作ホラー・スリラー"The Perfect Ghost"で映画監督デビューするらしい。脚本も担当する模様。
Crossroads Filmsは、デヴィッド・ゴードン・グリーン(David Gordon Green)脚本の新作"Snow Angels"で、サム・ロックウェルとアマンダ・ピートをキャスティングしたようだ。エミリー・モーティマーにも出演をオファーしているらしい。
Samuel Goldwyn Filmsは、ランドール・ミラー(Randall Miller)監督、ロバート・カーライル、マリサ・トメイ共演の新作ロマンチック・コメディ"Marilyn Hotchkiss' Ballroom Dancing and Charm School"の北米配給権を獲得したようだ。
Paramount Picturesは、ベネット・イェリン(Bennett Yellin)とジェイムズ・ジョンストン(James Johnston)の脚本によるホラー企画"Let's Scare Jessica"の映画化権を獲得したようだ。「呪われたジェシカ」("Let's Scare Jessica to Death",1971年)のリメイクらしい。
ニール・バーガー(Neil Burger)監督、エドワード・ノートン主演による、スティーヴン・ミルハウザー(Steven Millhauser)の短編小説「幻影師、アイゼンハイム」("Eisenheim the Illusionist")の映画化"The Illusionist"で、ジェシカ・ビールとルーファス・シーウェルの共演が決まったようだ。来月4日からプラハで撮影が始まる模様。
北米を除く海外週末興収は、41カ国、5179スクリーンで上映されたCGアニメ映画「ロボッツ」("Robots")が1710万ドルで1位となったようだ。3週連続1位を記録していたウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch")は1660万ドルで2位に後退したものの、海外総興収は1億2500万ドルに達した模様。
来日中のリチャード・ギアは29日、首相官邸を表敬訪問し小泉純一郎首相と対面したようだ。
クライヴ・オーウェンが次期ジェイムズ・ボンドに決定した、と一部で報じられた模様。
DreamWorks Animation筆頭株主のポール・アレン(Paul Allen)は、売却制限期間が終了する4月26日以降、自身の持ち分の内クラスA株987万株を放出する予定らしい。
ローソンは「映画『機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-』公式パスポート」付き前売りチケットの予約を開始したと発表したようだ。
ベン・スティラー、ロバート・デ・ニーロ共演"Meet the Fockers"(2004年)のDVDが来月19日に米国で発売されるようだ。合計15分間の削除シーンが追加されているほか、85のNGシーンなどの映像特典も多数収録されているらしい。
松竹は28日、来月公開の「阿修羅城の瞳」(滝田洋二郎監督)を対象に、著作権信託によるファンドを日本で初めて組成する、と発表したようだ。
オーランド・ブルームは、MiramaxとDreamworksが企画する若きジェイムズ・ボンドを主人公にした新シリーズに主演を希望しているらしい。「そのアイデアが気に入っているんだ。もっと冒険好きで、さらにアクションをこなせるようになるからね。ジェイムズの成長を20年間演じてみたい、と思うくらいだよ」と語ったようだ。
映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")でザフォド・ビーブルブロックス(Zaphod Beeblebrox)役を演じたサム・ロックウェルは「ヴィンス(・ヴォーン)とふざけてエルヴィス(・プレスリー)風に演じてみたんだ。だからザフォドには、ヴィンスが少しと、エルヴィスが少し、それからビル・クリントンと、それにジョージ・W・ブッシュの要素も入っているんだ」と語ったらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のデジタル版は、35mmフィルム版と内容が異なる可能性があるらしい。プロデューサーのリック・マッカラム(Rick McCallum)は「デジタルなら1週間半前まで修正が可能だ」と言っているようだ。
ShoWestで上映された"Fantastic Four"の予告編がネット上で公開されたようだ。
アレクサ・ヴェガ主演のTV映画"Odd Girl Out"が、来月4日に米Lifetimeで放送されるようだ。
ウィル・スミスとジョン・ヴォイトは、ジフォーニ映画祭(Giffoni Film Festival)の来月ロサンゼルスで開催される姉妹イベントを支援する、と発表したようだ。
ローズ・バーンは「『トロイ』("Troy",2004年)の時のメディアの狂気を切り抜けるために助けてくれたのが、ブラッド・ピットでした。彼は、信じられないほど現実的で、ライフスタイルのことをまず考え、そして完璧なジェントルマンです」と語ったようだ。
足の骨折でクリスティーナ・アップルゲイトが降板していたミュージカル「スイート・チャリティ」("Sweet Charity")は、結局ボストンでの上演のみで終了し、ブロードウェイ公演は中止となった模様。
Louis Vuittonのイメージキャラクタに起用されたユマ・サーマンは「これまでの人生でこれ以上の楽しみはなかったわ」と語ったようだ。
マドンナは、米ABCの人気ドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)への出演を希望している、という噂を否定したようだ。番組自体、よく知らないらしい。
26日、25回目の誕生日を迎えたマライア・キャリーは、自分の等身大のケーキで祝ってもらったらしい。Harrodsのシェフ17人が制作、お値段は9500ドルとか。
ヘイリーのミニライヴが28日都内で行われ、「ローレライ」の樋口真嗣監督、香椎由宇がゲストとして参加したようだ。
鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」プロモーションのためチャン・ツィイーが来日、29日都内でオダギリジョーらと記者会見を行ったようだ。
Universal PicturesとDreamWorksによる新作"The Power of Duff"で、ロン・ハワードが監督、ラッセル・クロウが主演を務める模様。クロウはニュースキャスターを演じるらしい。
「となりのサインフェルド」("Seinfeld",1989-98年)などのTVシリーズや、「まごころを君に」("Charly",1968年)、「ミスター・アーサー」("Arthur",1981年)などの映画で活躍した、米俳優のバーニー・マーティン(Barney Martin)さんが21日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
30日から開催されるヴェイル映画祭(Vail Film Festival)では、アンドリュー・ウィルソン、ルーク・ウィルソン共同監督、オーウェン・ウィルソン出演の新作"The Wendell Baker Story"、トッド・ソロンズ監督、ジェイソン・リー、エレン・バーキン共演「おわらない物語 アビバの場合」("Palindromes")、アレクサンドラ・カサヴェテス(Alexandra Cassavetes)監督"Z Channel: A Magnificent Obsession"などが上映されるらしい。
ポール・トーマス・アンダーソン監督次回作は、アプトン・シンクレア(Upton Sinclair)の著書"Oil"の映画化になる模様。脚本も担当するようだ。
トニー・スコット監督、キーラ・ナイトレイ主演の新作"Domino"の予告編が公開されたようだ。
  3/30
P2Pソフトが著作権侵害に当たるかが問われている裁判で米連邦最高裁判所は29日、原告のMGMと被告のGroksterの双方から主張を聞く審問を行ったようだ。
アルマーニ・ブランドの発足30周年、韓国進出10周年を記念したイベントが来月2日にソウル市内で開催される模様。チャン・ソヒらが招待されたらしい。
チョン・ユンチョル監督、キム・ミスク、チョ・スンウ共演「マラソン」の観客動員500万人突破記念パーティが29日、ソウル市内で開催されたようだ。
第24回香港電影金像奨の祝賀パーティに出席したトニー・レオンは「これから半年はゆっくり休んで、カリーナ・ラウとの時間を大切にしたい」と語ったらしい。
「杉並アニメーションミュージアム」が今月、東京都杉並区にオープンしたようだ。来年には監督やプロデューサーを養成する大学院も開設されるらしい。
韓国観光公社は30日「KOREAN WAVE 2005 in 広島」を来月17日から広島市内で開催すると発表したようだ。ミュージカル「ナンタ」の上演や韓国映画祭のほか、パク・ヨンハのミニライヴも予定されているらしい。
マライア・キャリーは、ニューアルバム"The Emancipation of Mimi"の発売記念パーティを、来月ニューヨークのタイムズスクエアで行うらしい。
19年ぶりとなるQueenのコンサートツアーが28日、ロンドンでスタートしたようだ。
サンドラ・オーらが出演する米ABCの医療ドラマ"Grey's Anatomy"が27日スタート、平均視聴者数1620万人を記録したらしい。
ハーヴェイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタインは29日、Miramax Filmsから退くことで、米Walt Disneyと最終合意に達したようだ。
全米冬季映画興行収入は、過去最高を記録した昨年の17億8200万ドルをわずかに下回る、17億7900万ドルに達したようだ。一方、チケット販売枚数は昨年同期比3%減の2億8100万枚となった模様。
ジム・ソンゼロ(Jim Sonzero)監督デビュー作となる「回路」(黒沢清監督,2001年)のリメイク"Pulse"で、米UPNのドラマシリーズ"Veronica Mars"(2004年)に出演したクリステン・ベル(Kristen Bell)と、新人のスティーヴ・タリー(Steve Talley)が共演するようだ。
マイケル・マン監督による、TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」("Miami Vice",1984-89年)の映画化で、コン・リーの共演が決まったようだ。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作の新作"Sin City"では、第1部"Hard Goodbye"でカナダのHybride Technologiesが600ショット、第2部"Big Fat Kill"でサンタモニカのCafeFXが600ショット、第3部"Yellow Bastard"でサンフランシスコのOrphanageが600ショット、それぞれSFXを担当したらしい。
歴史学者のジェイムズ・レストンJr.(James Reston Jr.)は、リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven")の脚本が、2001年に出版した著書"Warriors of God: Richard the Lionheart and Saladin in the Third Crusade"に「極めて酷似している」として、Twentieth Century Foxに対し著作権侵害で訴えるとする書簡を送ったらしい。これに対しFOX側は「歴史を独り占めすることは出来ない」と回答したようだ。
第77回アカデミー賞最優秀短編ドキュメンタリー賞を受賞した、ボビー・ヒューストン(Bobby Houston)監督作品"Mighty Times: The Children's March"に対し、再現シーンを含んでいるため受賞資格はないとする抗議があった問題で、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、アカデミー賞の規定では再現シーンを含むことを認めておりオスカーを剥奪することは無いが、調査結果によっては今後規定を変える可能性もある、と発表したようだ。
英国週末興収は、ウィル・スミス主演「最後の恋のはじめ方」("Hitch")が160万ポンドで1位を獲得、「ロボッツ」("Robots")が147万ポンドで2位となったようだ。
SFドラマ「ドクター・フー」("Doctor Who",1963-1989年)の新シリーズが26日、英BBCでスタート、平均視聴者数1060万人を記録したようだ。
「ミュータント・タートルズ」("Teenage Mutant Ninja Turtles")がアニメ映画化されるらしい。
米CATV局Showtimeは新しいホラー・アンソロジー・シリーズ"Masters of Horror"の製作を発表した模様。ダリオ・アルジェント(Dario Argento)、ジョン・カーペンター、ラリー・コーエン、ロジャー・コーマン、ドン・コスカレリ(Don Coscarelli)、ジョー・ダンテ、ミック・ギャリス(Mick Garris)、スチュアート・ゴードン、トビー・フーパー(Tobe Hooper)、ジョン・ランディス、ジョージ・A・ロメロらが監督を務めるらしい。 [☆顔ぶれがスゴ過ぎ]
先週行われた"Sin City"の記者会見で、クライヴ・オーウェンは、次期ジェイムズ・ボンドを演じるのかとの問いに「イエス」とも「ノー」とも答えず、「しばらくは忙しい」とだけ答えていたらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の"PG-13"シーンの画像?が流出したらしい。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー主演の新作"The Island"に出演したスカーレット・ヨハンソンは「間違いなく『真珠の耳飾りの少女』("Girl with a Pearl Earring",2003年)よりも過酷な撮影だったわ。早くから過労性脛部痛に悩まされたの。ワーク・アウトしなきゃ、と思ったわ」と語ったようだ。
まもなく発売されるジェニファー・ガーナー主演「エレクトラ」("Elektra")のDVDには、削除されたベン・アフレックのカメオ出演シーンも収録されているらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、マレーシアにおいて海賊版製造・販売に対する取締りが強化されていることを明らかにしたようだ。
新作「サハラ」("Sahara")に主演するペネロペ・クルスは、激しいアクションに備えて体を鍛えなおしたらしい。「筋肉をつけたのなんて生まれて初めて。いつも鏡で眺めているの」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズについて、米エンターテインメント・コラムニストのノーム・クラーク(Norm Clarke)は「彼女はもうすぐママになる。まもなく発表があるだろう。すべての兆候がある。彼女は禁煙したし、体形を気にすることなく体重を増やしていし、それに、リラックスできるように仕事を減らしている」と語ったらしい。
アリシア・シルヴァーストーンは、新作"Beauty Shop"で共演したクイーン・ラティファについて「私たちは本当に仲がよくなったの。彼女は存在感があって、エネルギッシュで、面白くって、とっても綺麗な人。彼女の美しさは白昼夢を見るようだし、彼女を抱きしめたくなるの」と語ったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、米ABCのドキュメンタリー番組"Extreme Makeover: Home Edition"(2003年-)にカメオ出演、家庭での太陽光発電の推進するMillion Solar Roofs Initiativeへの支持を訴えたようだ。
韓国ドラマ「パリの恋人」の挿入歌「君一人だけ」の日本語カバーを小柳ゆきが歌うらしい。来月27日「最後に記憶を消して」のタイトルでリリースされるようだ。
クォン・サンウ、ハ・ジウォン共演「恋する神父」の特典付前売鑑賞券が来月9日から都内劇場でスタートするようだ。
大空真弓と山本学が共演したTBSドラマ「愛と死をみつめて」(1939年)が、来月30日にTBSチャンネルで再放送されるらしい。
黒人初の大リーガー、ジャッキー・ロビンソン(Jackie Robinson)とBrooklyn Dodgersのジェネラル・マネージャー、ブランチ・リッキー(Branch Rickey)を描く、ロバート・レッドフォード主演によるタイトル未定の新作で、「Ray / レイ」("Ray",2004年)を手がけたハワード・ボールドウィン(Howard Baldwin)がプロデューサーに加わったようだ。
サミュエル・ゴールドウィンJr.、ジョン・ゴールドウィン親子共同プロデュースによる「虹を掴む男」("The Secret Life of Walter Mitty",1947年)のリメイク企画で、「フォーチュン・クッキー」("Freaky Friday",2003年)のマーク・ウォーターズが監督に指名された模様。
「燃えよニンジャ」("Enter the Ninja",1981年)に始まるショー・コスギ主演のニンジャ・シリーズ最新作"The Return of the Ninja"が製作される模様。スティーヴン・デ・スーザが脚本を担当したらしい。
トッド・ロビンソン(Todd Robinson)脚本・監督、ジョン・トラヴォルタ、ジェイムズ・ガンドルフィーニ、サルマ・ハエック共演の新作"Lonely Hearts"で、ローラ・ダーンとジャレッド・レトの共演が決まったようだ。
TVアニメシリーズ"Star Wars: Clone Wars"も手がけるジョージ・ルーカスは「以前、アニメーション映画を監督するつもりはあるか、と尋ねられたことがあったが、アニメは長い時間がかかるし、僕は俳優と仕事をするのが好きなんだ」と語ったようだ。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にダニー・グローヴァーがゲスト出演するらしい。
上海のナイトクラブの歌手を主人公に描く、トニー・エアーズ(Tony Ayres)監督の新作"The Home Song Stories"で、ジョアン・チェンの出演が決まったようだ。
クリスチャン・ベイル、シビ・ブラジック(Sibi Blazic)夫妻に24日、女の子が誕生したようだ。
ラッセル・クロウ率いるバンド30 Odd Foot of Gruntsが解散を発表したようだ。
リチャード・プライヤーの娘、レイン・プライヤー(Rain Pryor)がフィラデルフィアで行われているショー"Fried Chicken and Latkes"に出演しているらしい。
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンは、25日発売のデジタル・リマスター版DVD「ポリス・ストーリー」シリーズの収録時間表記に誤りがあったと発表したようだ。DVD用に製作された劇場公開版とは異なるバージョンが収録されているらしい。
「テラー・トレイン」("Terror Train",1980年)のリメイクは、新人のライアン・エスリンガー(Ryan Eslinger)が脚本を担当する模様。
  3/31
「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)のロケ地となった香川県庵治町の皇子神社を囲む金網に、今年1月頃から映画を見たファンが南京錠を掛けるようになったらしい。
羽住英一郎監督「逆境ナイン」の主題歌が、岡村孝子の「夢をあきらめないで」に決まったらしい。「夢をあきらめないで『逆境ナイン』リマスタリング・バージョン」として6月にシングルCDも発売されるようだ。
米Microsoftは30日、携帯端末向け有料映像配信サービスMSN Video Downloadsをスタートさせたようだ。年額19.95ドルでTV番組や短編映画などが好きなだけダウンロードできるらしい。
EUの欧州委員会は30日、SonyによるMGMの買収計画を承認したようだ。
韓国人気歌手ヤンパが歌う、キム・ジウン監督「甘い人生」の主題歌のMVを、イ・ビョンホンが監督したらしい。来月4日からネット上でも配信されるようだ。
エステ「ソシエ」の新CMにソフィ・マルソーが出演するらしい。
「黄泉がえり」(塩田明彦監督,2003年)、「鉄人28号」(冨樫森監督,2004年)などの音楽を手がけた千住明のソロコンサートが、来月25日都内で行われるようだ。新日本フィルハーモニー交響楽団が演奏、大貫妙子、千住真理子らも参加するらしい。
パク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演「親切なクムジャさん」の撮影現場が報道陣に公開され、日本からは24のメディアから56人が取材に訪れたらしい。
チョン・セファン監督「恋愛術師」に出演するヨン・ジョンフンとパク・チニが、サントラにも参加するらしい。
NBAのヤオ・ミンを追ったドキュメンタリー映画"The Year of the YAO"が、来月から米国で公開されるようだ。マイケル・ジョーダン、チャールズ・バークレイ、シャキール・オニールらも登場するらしい。
香川県のJR琴平駅とことでん琴平駅で来月1日から、「阿修羅城の瞳」(滝田洋二郎監督)のパネル展が開催されるらしい。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムで30日、人気ゲーム・キャラクタのマリオが殿堂入りを訴えたようだ。
英国バッキンガムシャー州にあるオジー・オズボーンの邸宅で火災が発生、警報機の音でシャロン・オズボーンと共に庭に逃げ、2人とも無事だったようだ。暖炉の火が近くの木製のパネルに引火したらしい。
元Run DMCのジョセフ・シモンズ(Joseph Simmons)が、米MTVの新しいリアリティ番組に出演するらしい。
Warner Bros. Picturesは、少年の成長を描くアドベンチャー映画"The Treehouse"の脚本に、「ブラザー・ベア」("Brother Bear",2003年)などのアニメ作品を手がけたロン・フリードマン(Ron Friedman)とスティーヴ・ベンシック(Steve Bencich)を起用したようだ。ウェス・ボール(Wes Ball)の監督デビュー作となる模様。
DreamWorks Animation SKGのジェフリー・カッツェンバーグ(Jeffrey Katzenberg)CEOは、アニメーション映画が供給過剰気味であるとする見方は「唯一最大のフィクション」であるり「全てが同じ映画というわけではない。特徴の出しようが無いジェイムズ・ボンド映画のような作品とは違う」と語ったようだ。
ピーター・チェルソム監督「Shall we Dance?」のジャパンプレミアが30日都内で開催され、リチャード・ギアらと共に、周防正行監督、草刈民代も出席したようだ。ギアはひざまずいて草刈民代に花束をプレゼントしたとか。
Sony Computer Entertainmentは、3月に予定していた次世代ゲーム機の概要発表を延期すると発表したようだ。
BBCが今年1月、米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガーの半生を描いたミュージカル"Jerry Springer - The Opera"を放送したことに対し、5万5000人以上の視聴者から苦情が殺到していた問題で、同局の独立諮問委員会Governors' Program Complaints Committeeは30日「番組の高い芸術性は一部の視聴者の反感を越えるものであり、番組の放送は正当なものだった」とする見解を発表したようだ。
昨年10月に行われた小林旭の50周年記念のコンサートを中心にしたドキュメンタリー映画を日活が製作、6月に写真集つきコンプリートBOXとして発売されるらしい。
リンゴとオレンジを無断でニュージーランドに持ち込もうとしたとして罰金を科せられていたヒラリー・スワンクが裁判所に異議を申し立てていたものの、却下されたようだ。
インターネット専用に製作された映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の予告編が、4月1日から全米の劇場で上映されることになったようだ。
ロブ・ゾンビ監督「マーダー・ライド・ショー」("House of 1000 Corpses",2003年)の続編"The Devil's Rejects"の最新予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のキャラクタ・グッズが来月2日から全米で一斉に発売されるらしい。限定品もあるようだ。
ハル・ベリーは"X-Men 3"について「まだ脚本は読んでいないの。もし、ストームが原作コミックにより近い姿で描かれていたら出演するし、そうでなければ降りるわ。私はストームが好きよ。だから、最新作にも出演したいとは思っているの」と語ったらしい。
ドナルド・ペトリー監督の新作"Just My Luck"に出演するリンゼイ・ローハンは「撮影の初日、私の台詞に『今怪我をしている余裕はないの』というのがあって、その通りになってしまったの。足首をくじいてしまって大声で叫んだわ。もう少しで靭帯を切るところだったのよ」と語ったらしい。
モブキャストが来月から有料配信する短編映画「学校の階段」と「山手線デス・ゲーム」の舞台挨拶が30日都内で行われ、篠原哲雄監督、近野成美磯山さやか、堀北真希、加藤未央らが出席したようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のクリストファー・ノーラン監督は「この規模の映画としては、CGショットの数は記録的に少ないと思う。バットモービルはデジタル処理すべきだという声もあったが、僕らは『バカを言え。僕らは実物を作る』と答えた。あの車は本当にすごいよ」と語ったようだ。
ウィル・スミスは、来月2日開催されるNickelodeon主催の第18回キッズ・チョイス賞(Kids' Choice Awards)授賞式で、"Access Hollywood"の特派員を務めるらしい。
"Spider-Man 3"でトーマス・ヘイデン・チャーチが演じる悪役はSandmanになるらしい。
安良城紅が歌う「コール・ミー、ビープ・ミー」が、米ディズニー・チャンネルの人気アニメシリーズ"Kim Possible"のサントラに収録されるらしい。全世界のディズニー・チャンネルでPVがオンエアされる予定とか。
SABU監督、V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、三宅健、森田剛、岡田准一共演の映画「ホールドアップダウン」が製作される模様。来月クランクイン、今秋公開予定とか。
新作"Lady in the Water"で、M・ナイト・シャマラン監督は「ヴィレッジ」("The Village",2004年)のブライス・ダラス・ハワードを主演に希望しているようだ。また、ポール・ジアマッティも出演候補に挙がっているらしい。
ジョン・ストックウェル監督次回作は、"Turistas"というスリラーになる模様。5月下旬からブラジルで撮影が始まるらしい。ジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)が主演に向けて交渉中のようだ。
アシュレイ・オルセン、メアリー=ケイト・オルセン姉妹は、大学に通うためにマンハッタンのウェスト・ヴィレッジに購入していた560平米、730万ドルのマンションを売りに出すようだ。広すぎたらしい。
レネー・ゼルウィガーは、ポール・マッカートニーに「ひとめ惚れした」と語ったらしい。
ピーター・ホーウィット監督の新作"Dangerous Parking"で、ガイ・ピアースとミーナ・スヴァーリが共演する模様。
米出版社のScholasticは、「ハリー・ポッター」シリーズ最新作"Harry Potter and the Half-Blood Prince"の初版部数を、過去最高の1080万部とすると発表したようだ。