シネマトピックス(2005年10月)
[ 2004 | 2005 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2006 | LastTopics ]
  10/1
来月発売の「ハウルの動く城」(宮崎駿監督,2004年)DVDのCMで、木村拓哉、美輪明宏、養老孟司が共演するらしい。
ジェイムズ・ディーン(James Dean)没後50年を迎えた30日、インディアナ州マリオンにある彼の墓前には数百人のファンが集まったらしい。
新橋演舞場10月公演「恋ぶみ屋一葉」の舞台稽古が30日行われ、浅丘ルリ子、高橋英樹らが参加したようだ。2人の共演は「戦争と人間 第三部 完結篇」(山本薩夫監督,1973年)以来、32年ぶりとか。
「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ビョンフン監督は、続編制作の噂を否定したようだ。
30日の韓国人気ドラマ「頑張れクムスン」最終回は、30分長い65分のスペシャル版として放送されたようだ。
香港のSTAR TVは、キム・ジョンウン主演の韓国SBSドラマ「ルル姫」の版権を94万ドルで獲得したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は30日、"対パパラッチ法案"に署名したようだ。
米AMCで、新しい30分番組"Movies 101"がスタートしたようだ。ニューヨーク大学のリチャード・ブラウン(Richard Brown)教授が30年以上にわたって続けてきた授業のTV版で、第1回のゲストはウーピー・ゴールドバーグだったようだ。
「8月のクリスマス」(長崎俊一監督)に「鈴木写真スタジオ」として登場する空き店舗を利用して8月24日にオープンした8月のクリスマス記念館の来場者数が、先月28日までに1800人を越えたようだ。主演の山崎まさよしファンが多く詰め掛けているらしい。
キム・ヨンジュン監督、イ・ソジン、ユン・ソイら共演の新作アクション「無影剣」の世界配給権を、New Line Cinemaが獲得した模様。英、仏、伊、豪州、ニュージーランドなどでの上映が既に決定しているようだ。
シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")のキャスティング部門のスタッフは、現在英国中の学校をまわってルーナ・ラブグッド(Luna Lovegood)役の女の子を探しているらしい。
ケリー・クラークソンが「ヒラリー・ダフっていつも誰かとケンカしてるってニュースで言ってない?私が次の相手になってあげるわ」と発言したことに対し、ヒラリー・ダフの恋人ジョエル・マデン(Joel Madden)の双子の兄弟のベンジー・マデン(Benji Madden)が過剰反応、Good Charlotteのサイトで彼女を非難したらしい。クラークソンの広報担当者は「全く正気じゃない。ケリーはヒラリーのことが大好きなの。私達は上手くやっていけるはず」とのコメントを発表、マデン側も「彼女の軽いジョークをシリアスに受け止めてしまった。僕は狭量な奴だよ」と語り、落ち着きを取り戻したようだ。
ヒラリー・ダフも、Elizabeth Ardenと共同で自分の香水ブランドを立ち上げるらしい。「素晴らしい香水を身にまとうことがとても好き。香水なしのドレスなんて考えられない」と言っているようだ。
24日に開催される第9回ハリウッド賞(Hollywood Awards)授賞式で、"North Country"のシャーリーズ・セロンと"Walk The Line"のホアキン・フェニックスに主演俳優賞が、"The Producers"のマシュー・ブロデリックと「エリザベスタウン」("Elizabethtown")のスーザン・サランドンに助演俳優賞が授与されるようだ。
The Neptunesのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、もうすぐ結婚するつもりらしい。
Touchstone PicturesとSummit Entertainmentは、タイトル未定の音楽映画の主演にレイチェル・グリフィスを起用したようだ。チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン(Jenna Dewan)、マリオ(Mario)らが共演、アダム・シャンクマン監督の下で長年振付師を務めてきたアン・フレッチャー(Anne Fletcher)が監督するらしい。
18歳の誕生日を迎えたヒラリー・ダフは、恋人のジョエル・マデン(Joel Madden)と「ティム・バートンのコープスブライド」("Tim Burton's Corpse Bride")を観に行くことにしていたものの、ジョエルが「チケットを忘れた」ため、彼の家に取りに帰ったらしい。そこにはケーキとたくさんのプレゼントが用意されていて、2人だけのバースデーパーティを楽しんだとさ。めでたし、めでたし。 [☆で「コープスブライド」の件はどうなった?]
クリストファー・ノーラン監督の次回作"The Prestige"で、クリスチャン・ベイルとヒュー・ジャックマンが共演に向けて交渉中らしい。撮影は来年1月にスタートする模様。
MotoGPの世界を描くドキュメンタリー「FASTER」("Faster",2003年)の続編として製作された「FASTER & FASTER」("Faster & Faster '03-'04, The Sequel",2004年)が、10月1日にテアトル新宿で上映されるらしい。 [☆DVDの映像特典として収録された作品のようです。]
  10/2
黒土三男監督「蝉しぐれ」が1日初日を迎え、市川染五郎、木村佳乃、ふかわりょう、石田卓也、佐津川愛美らが舞台挨拶に立ったようだ。
薗田賢次監督「鳶がクルリと」が1日初日を迎え、観月ありさ、哀川翔、宇津井健、杉浦太雄らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
法務省などの主催する裁判員制度をテーマにしたトークショーが4日、都内で開催されるようだ。中村雅俊の監督・出演による「裁判員制度―もしもあなたが選ばれたら―」の上映と、加藤夏希らの参加によるトークショーが行われるらしい。
総製作費100億円の香港、米国、韓国、日本合作映画「孔子」が企画されているらしい。カン・ジェギュが監督候補に挙がっているとか。
ロサンゼルスで開催中のホラーコミック大会NecroComiconで30日、O・J・シンプソンが久しぶりに公の場に姿を現したようだ。
チェ・ジンウォン監督、キム・レウォン主演最新作「ミスター・ソクラテス」は、来月10日から韓国で公開されるようだ。
LL・クール・Jは「ラップは今いい状況にあると思う。商業的にも成功しているし、素晴らしいライフスタイルを人々に提供している。だが、そのメッセージはバランスを欠いている。多くの人々はラップに対して誤った印象を抱いていると思う。もしカントリー歌手がガソリンスタンドを襲う歌ばかり歌っていたとすれば、カントリー・ミュージックはそういうものだと思い込んでしまうだろう。僕はラップのファンだし、愛している。だがバランスに問題がある」と語ったようだ。
ロバート・デ・ニーロは、家政婦を募集しても誰も希望せず困っているらしい。彼の妻グレイス・ハイタワー(Grace Hightower)にこき使われるからと敬遠されているとか。
元'N Syncのジャスティン・ティンバーレイクは「子供の頃から俳優になるのが夢だった。ミュージシャンである必要はない。夢を追い続ければ、それは実現するんだ」と語ったようだ。
ケイン・コスギと東尾理子は破局したらしい。
ロブ・コーエン監督「ステルス」("Stealth")の日本語吹替版テーマソング「COUNTDOWN」を歌うHYDEの無料ライヴが1日、六本木ヒルズで行われたようだ。
チェ・ソグォン監督「B型の彼氏」プロモーションのため、イ・ドンゴンが今月末に来日するようだ。
短命に終わったFOXのコメディ・シリーズ"Andy Richter Controls the Universe"(2002-2003年)を手がけたヴィクター・フレスコ(Victor Fresco)による新しいシチュエーション・コメディについて、米NBCはパイロット版制作を決めたようだ。
パリス・ヒルトンは、パリス・ラシスとの婚約を解消したようだ。
  10/3
PUFFYが主人公の米人気アニメ「ハイ! ハイ! パフィー・アミユミ」("Hi Hi Puffy AmiYumi",2004年-)が、6日からテレビ東京「おはスタ」内で放送されるらしい。
エリザベス・テイラーは現在、重い鬱状態で、この1ヶ月はベッドから起きあがることも出来ない状態らしい。
8日開幕する「ジャパン・コリア アジアン・ビート2005」のプレイベントが2日大阪市内で開催され、イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」の試写会と岡部まりのトークショーが行われたようだ。
第9回山形国際ドキュメンタリー映画祭が7日開幕するようだ。
"Ma Rainey's Black Bottom"、"The Piano Lesson"、"Gem of the Ocean"などの作品で知られる、米劇作家のオーガスト・ウィルソン(August Wilson)さんが2日亡くなった(60歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米Paramount Home Entertainmentは2日、Blu-Ray Disc規格に対応したソフトを発売すると発表したようだ。
ソン・ドンユン監督の新作「私たちの先生」で、キム・テウ、ユ・スンホ、オ・スアらが共演しているらしい。
1日に閉幕した第50回アジア太平洋映画祭で、カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」が作品賞と監督賞を受賞したようだ。また、リン・チェンシェン監督「月光の下、我思う」が脚本賞、「頭文字D」のアンソニー・ウォンが助演男優賞、台湾初の3D-CGアニメ「ファイヤーボール」が最優秀アニメーション賞を獲得したらしい。
韓国週末映画興行成績は、「君は僕の運命」が観客動員数25万1140人で1位、「家門の危機」が14万9021人で2位、「強力3班」が14万4387人で3位だったようだ。
ソン・ヒョナ主演のホラー「チェロ〜ホン・ミジュ一家殺人事件」の、台湾、マレーシア、シンガポール、香港での上映が決定したようだ。
先月30日放送の韓国MBCドラマ「頑張れグムスン」最終回の視聴率は40.1%に達したらしい。
米Walt Disneyは、長編アニメ「シンデレラ」("Cinderella",1950年)のスペシャル・エディションDVDの一大プロモーションを展開するようだ。2日にニューヨークのWaldorf Astoria Hotelで行われる子供たちのための「シンデレラ舞踏会」ではカボチャの馬車まで用意、発売日の4日にはHollywood Theaterで特別上映も行われるらしい。さらにTVCMやタイアップなど、合わせて1億5000万ドルのマーケティング費用を投じる模様。
全米週末興収は、ジョディ・フォスター主演「フライトプラン」("Flightplan")が1500万ドルで2週連続1位を獲得、ジョシュ・ウェドン監督"Serenity"は1010万ドルで2位、ポール・ウォーカー主演「イントゥ・ザ・ブルー」("Into the Blue")は700万ドルで5位のスタートとなったようだ。
ジェニファー・アニストン、ブラッド・ピット元夫妻が暮らしていたビバリーヒルズの邸宅が、2800万ドルで売りに出されたようだ。
身長約80cmの純金製ミッキーマウス像が制作され、香港の宝石店に展示されたようだ。138万香港ドルとか。
ラスヴェガスで1日、恵まれない子供達を支援するチャリティ・イベントが開催され、ロビン・ウィリアムスらが参加したようだ。
ユンナが歌う映画「タッチ」(犬童一心監督)の挿入歌のPVが3日、24時間限定でSony Music Online Japanで公開されているようだ。
リュ・スンワン監督「ARAHAN/アラハン」の日本語吹き替え版で、劇団ひとりが主人公の声を担当するらしい。
New Lineは、新人デヴィッド・クラウソン(David Clawson)の脚本"Heirhead Apparent"を獲得したようだ。甘やかされて育った大手スーパー社長の娘が、従業員たちと共に危機に立ち向かう、という話らしい。
「ミリオンダラー・ベイビー」("Million Dollar Baby",2004年)を手がけた製作会社Ruddy Morganは、F・X・トゥール(F.X. Toole)の最新小説"Pound for Pound"のオプションを獲得したようだ。若いボクサーとトレーナーの話らしい。
ルイス・マンドーキ監督次回作は、Gold Circle Filmsによる"The Winged Boy"になる模様。今年4月に亡くなったジョン・ミルズの未亡人メアリー・ヘイリー・ベル(Mary Hayley Bell)による未出版の小説が原作らしい。
4K(解像度4096×2160ドット)デジタルシネマ規格による映像を、慶応大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校間でストリーミング配信する実験が先月26日に行われ、成功したらしい。
トッド・ホランド(Todd Holland)監督、ジョシュ・ハッチャーソン主演の新作"Firehouse Dog"で、ブリー・ターナー(Bree Turner)の共演が決まったようだ。
Burberryは、シエナ・ミラーを広告キャンペーンに起用する模様。
トニー・スコット監督、キーラ・ナイトレイ主演の新作「ドミノ」("Domino")からの最新画像が公開されたようだ。
東芝は、4日から開催されるCEATEC JAPAN 2005に、HD DVDプレーヤーを参考出展すると発表したようだ。松竹、角川映画、ポニーキャニオンなどがデモ映像を提供するらしい。
  10/4
大谷健太郎監督「NANA」のアジアプレミアが2日香港で開催され、中島美嘉、松田龍平らが出席したようだ。報道陣300人、ファン1000人が詰め掛けたとか。
米Warner Bros.は今週中にも、Blu-ray Disc支持を表明する模様。
「逃亡者」("The Fugitive",1947年)や「第三の男」("The Third Man",1949年)の原作者として知られる英作家グレアム・グリーン(Graham Greene,1904-1991)の肖像写真が3日、ロンドンでオークションにかけられ、2万400ポンドで落札されたらしい。「1枚の写真の価格としては史上最高値」とか。
佐々部清監督「出口のない海」の製作発表が3日都内で行われ、市川海老蔵、上野樹里、伊勢谷友介らが出席したようだ。
「僕と彼女の×××」の完成披露試写会が3日都内で行われ、高橋真唯、塩谷瞬らが舞台挨拶に立ったようだ。
クレンジング・フォームのCMの撮影に参加したチョン・リョウォンは、指示通りノーメイクで現場に入ったにもかかわらず、監督から「何で化粧を落としてこないんだ」と叱られてしまったとか。
ペ・ヨンジュンは、釜山国際映画祭の欠席を正式に発表したようだ。
「猟奇的な彼女」("My Sassy Girl",2001年)のハリウッド・リメイク版は、ジェシカ・アルバが主演するらしい。
韓国で大ヒット中のシン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン共演「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」は、間もなく観客動員数が800万人を越える模様。
チョン・ドヨン、キム・ジュヒョク共演による韓国SBS「プラハの恋人」の2日放送の視聴率は、22.2%に達したようだ。
17日に開催される「香港ポップカルチャー・シンポジウム」と、同日開幕する「香港映画祭」の記者会見が3日行われたようだ。「シンポジウム」には、バリー・ウォン監督、セシリア・チャンらが参加するらしい。
ブリトニー・スピアーズは、ハリケーンKatrina被災者支援のため、ビキニや宝石をちりばめたブラ、靴、ジーンズ、ハンドバッグ、ソファなど自分の「すべて」をネットオークションに出品したらしい。
グウェン・ステファニーの"Hollaback Girl"の、有料音楽配信サイトでのダウンロード回数がまもなく100万回に達する模様。
崔洋一監督が出席する「バトルトーク 山形映画祭-仁義なき戦い-」が9日、山形市内で行われるらしい。
米国の主要映画スタジオは、2005年第4四半期のDVD売り上げについて、前年比10%前後の成長率を見込んでいるらしい。
パメラ・アンダーソンに対するストーカー行為で起訴されていた英国男性に対し、ロサンゼルス上位裁判所は3日、3年間の接近禁止を命じたようだ。
ドキュメンタリー番組"Kate Moss: Fashion Victim?"が3日、英Sky Oneで放送されたようだ。ケイト・モスがコカインを吸い込む映像も公開されたらしい。
ビヨンセ・ノウルズはVanity Fair誌のインタビューに答え、ジェイ・Z(Jay-Z)との結婚や婚約の噂を否定したようだ。
ニコラス・ケイジ、アリス・キム夫妻に3日、男の子が誕生したようだ。スーパーマンにちなんでカル=エル・コッポラ・ケイジ(Kal-el Coppola Cage)と名づけられたらしい。
北米を除く海外週末興収では、ティム・バートン監督「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")が1020万ドル(52ヶ国)で依然としてトップを維持、海外総興収は2億1900万ドルに達したようだ。
ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash,1932-2003)の半生を描く、ジェイムズ・マンゴールド監督の新作"Walk the Line"のサントラが、来月15日に米国で発売されるようだ。キャッシュ夫妻を演じたホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンの歌声も収録されているらしい。
1950年代の"赤狩り"時代を描いた新作「グッドナイト&グッドラック」("Good Night, and Good Luck.")で監督を務めたジョージ・クルーニーは、実際の映像で登場するジョゼフ・マッカーシー(Joseph McCarthy,1908-1957)上院議員について「アカデミー賞助演男優賞のノミネートに向けてキャンペーンをやるつもりだ」と半分冗談で語ったようだ。
武田鉄矢原作のコミック「お〜い!竜馬―青春篇―」が舞台化され、6日から都内で上演されるようだ。
ビヨンセ・ノウルズは「今年のアカデミー賞授賞式で『オペラ座の怪人』を歌う時、靴が脱げそうになって、それから耳のモニタも切れてしまったの。それでも歌が始まってしまって、『どうしよう。靴は脱げそうだし、モニタは入ってないし、大恥をかくことになりそう・・・階段から落ちてしまう』って考えていたのよ」と語ったようだ。
CinemaNow Japanは、金城武、レスリー・チャン、アーロン・クォック、マギー・チャン、アニタ・ムイらが出演する中国映画80タイトルの配信をスタートさせたようだ。
"Indiana Jones 4"に、元ミス・ユニバースでモデルのローラ・ダッタ(Laura Dutta)の出演が決まったらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")からの最新画像が公開されたようだ。
007シリーズ第21作"Casino Royale"で、ボリウッド俳優のガルシャン・グローヴァー(Gulshan Grover)が悪役に起用されたらしい。
カン・ウソク監督の新作「韓半島」で、カン・スヨンがワンシーンだけ出演、明成皇后(1851-1895)を演じているらしい。
ニコール・キッドマン、イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムス、ヒュー・ジャックマン、ブリタニー・マーフィらが声優として参加する、ペンギンを主人公にした新作ミュージカルアニメ"Happy Feet"について、IMAX 3Dでの同時上映が決定したようだ。
ジョン・エアーズ(John Eyres)監督による2060年を舞台にしたSFスリラー"The Last Warrior"に、ヴァンサン・ペレーズの出演が決まったようだ。来年1月からプラハで撮影に入る模様。
ラスヴェガスで21歳の誕生日を迎えたアシュリー・シンプソンは、ギャンブルが出来るようになることを楽しみにしていたとか。「よく姉(ジェシカ・シンプソン)のIDを使って騙そうとしたけど、すぐにバレちゃったの。ポーカーのやり方も知らないし、ギャンブルに興味もないけど、誰かに肩をたたかれて『IDを見せなさい』って言われてみたいわ」と語ったらしい。
ニューヨークの"Hell's Kitchen"と呼ばれる貧しい地域で育ったアリシア・キーズは「私の人生に何が起こっているのか知っておきたいの。ビジネスでも、お金でも、それがどこでどう使われているかを意識するようにしている。人に嫌われても気にしない。全てを手に入れ、全てを失った人たちの仲間入りはしなくない。他人に利用されるだけだから」と語ったようだ。
コートニー・コックスは、離婚が成立したジェニファー・アニストンについて「私達には協定があるの。もし何かに悩まされた時、1秒たりともそれを抑え込んだりしないって。私達が初めて会った時から、ジェニファーは私に彼女の恋愛関係について話してくれたわ。彼女は信じられないほど誠実な友人で、私の結婚や父の死の時も、いつも寄り添ってくれた。私は彼女のことが大好きよ」と語ったようだ。
タラ・リードは「ヨーロッパのマスコミはまだまし。アメリカほど断定的じゃないから。彼らの思うように私達を作り変えてしまおうとはしない」と語ったようだ。
鳥井邦男監督「まだまだあぶない刑事」の公開を記念して、TVシリーズ「あぶない刑事」(1986年)の10話までの無料配信がYahoo!動画で1日からスタートしたようだ。
「スター・トレック」("Star Trek",1966-1969年)と「バビロン5」("Babylon 5",1994-1998年)の対決を実現させた自主制作作品"Star Wreck: In The Pirkinning"がDVD化されたらしい。
ローレンス・フィッシュバーン、デレク・ルーク共演「バイカーボーイズ」("Biker Boyz",2003年)のDVD発売記念イベントが3日都内で行われ、森下千里が出席したようだ。
デヴィッド・ウォース(David Worth)監督による新作アクション"Honor"に、K-1のレミー・ボンヤスキー(Remy Bonjasky)が出演しているらしい。
米NBCは、ダグ・リーマン監督によるコメディ・ドラマ"Heist"のパイロット版制作を決定したようだ。
Universal Picturesによる「ひとまねこざる」("Curious George")のアニメ映画化からの画像が公開されたようだ。週末全米公開の「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")の上映劇場で予告編第1弾が公開されるらしい。
エリザ・ドゥシュクは、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)を手がけたジョス・ウェドン(Joss Whedon)について「どこへだって彼についていく。彼は天才よ。彼は女性を描き、女性について理解している。TVと縁を切るつもりはないけど、ジョスは『ワンダー・ウーマン』っていう小さな映画をやるって聞いたわ(笑)」と語ったらしい。
キャスリン・ビグロウ監督「ニア・ダーク/月夜の出来事」("Near Dark",1987年)のリメイクが企画されているらしい。
フランスの大泥棒ジャック・メスリーヌ(Jacques Mesrine,1936-1979)を描く映画が、ジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)監督、ヴァンサン・カッセル主演で製作されるようだ。2部構成、総製作費500万フランの超大作で、来年夏に撮影に入る模様。
Paramount Picturesは、ウィル・アーネット(Will Arnett)とダックス・シェパード(Dax Shepard)による、日本を舞台にしたコメディ企画"Get 'Em Wet"を獲得したようだ。
Vanguard Filmsは、脚本家ミカ・ハーマン(Micah Herman)とカイル・ニューマン(Kyle Newman)によるコメディ企画"Gnomes!"を獲得したようだ。庭にあるノームの人形が本当は生きていることに気付いた少年の話らしい。
サム・ライミ監督による「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)のリメイクについて。テッド・ライミは「企画はあるらしいが、僕の知る限り、まだ何も始まっていない」と発言したらしい。
米ABCの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)へのゲスト出演に向けて、コートニー・コックスが交渉中らしい。
Pixar AnimationとWalt Disneyによる最後?の作品となる新作CGアニメ「カーズ」("Cars")の最新予告編が公開されたようだ。
  10/5
日韓で米軍基地の撤退を求める人々を追った、藤本幸久監督によるドキュメンタリー映画「Marines Go Home」の試写会が4日、那覇市内で行われたようだ。
桂望実の小説「県庁の星」が、西谷弘監督、織田裕二、柴咲コウ共演で映画化されるようだ。来年2月に公開される模様。
韓国で上映中のファン・ジョンミン主演「君は僕の運命」は、公開12日目の4日、観客動員数200万人を突破したようだ。
ロッテ「ホカロン」のCMにペ・ヨンジュンが出演するらしい。
ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」のプロモーション活動をまとめた「ASIA TOUR NOTE」が6日出版されるようだ。
「日経エンタテインメント!」の調査による「好き!嫌い!全国5100人が選んだ韓流スター人気ランキング」で、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウが1位に選ばれたようだ。
イ・ビョンホンの日本公式ファンクラブ「LeeByungHun Japan official Fanclub」が11月に発足するようだ。
「頭師父一体」の続編となるキム・ドンウォン監督「闘師父一体」の撮影の安全と作品のヒットを祈願する儀式が4日、舞台となる京幾道河南市の高校で行われ、チョン・ジュノ、チョン・ウンイン、チョン・ウンテク、キム・サンジュンらが参加したようだ。
クァク・キョンテク監督、チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ共演「台風」のポスター第2弾が公開されたようだ。
フォ・ジェンチィ監督「情人結」(2005年)で共演したヴィッキー・チャオとルー・イーが、TVドラマ「車神」で再び共演するらしい。
韓国で行われた調査によると「愛玩犬を最も上手く飼いそうな芸能人」の第1位にムン・グニョンが選ばれたようだ。また「マルチーズ犬に最も似ている芸能人」の1位にもムン・グニョンが選ばれたらしい。 [☆その根拠はどこに!?]
英王立医学協会(Royal Society of Medicine)誌最新号に、過去20年間に製作されたハリウッド映画87本について、無防備なセックスや麻薬の使用、飲酒、喫煙などの不健全なシーンの登場回数を調査した報告書が掲載されたらしい。
東京・丸の内に来月完成する東京ビルの2階にナイトクラブ「コットンクラブ」がオープンするらしい。
東芝などは4日、HD DVD規格による映像ソフト35作品の発売が決定したと発表したようだ。マーティン・スコセッシ監督「アビエイター」("The Aviator",2004年)やイ・ビョンホン主演の韓国映画なども含まれるらしい。
ミヒャエル・エンデ(Michael Ende,1929-1995)の小説「はてしない物語」("Die Unendliche Geschichte")のラルフ・イーザウ(Ralf Isau)による続編「ファンタージエン 秘密の図書館」が発売されたようだ。
ケネディ暗殺を題材にしたエミリオ・エステヴェス監督・脚本・主演の新作"Bobby"で、さらにシャロン・ストーン、ニック・キャノン、フレディ・ロドリゲス(Freddy Rodriguez)の共演が決まったようだ。
ブラジルの麻薬密売人を追ったドキュメンタリー映画"Favela Rising"の北米配給件をThinkFilmとHBO/Cinemax Documentary Filmsが獲得したようだ。
ローランド・エメリッヒ監督次回作は、Columbia Picturesによる"10,000 BC"になる模様。滅亡へと向かう種族を救うため未知の領域へと旅に出た若きマンモス・ハンターの物語とか。来年から撮影に入る模様。
Adams Media Researchのトム・アダムス(Tom Adams)は、2005年の米国でのDVD売上は前年比12%増の173億ドル、2006年はさらに9%増の189億ドルに達する、と予測しているようだ。
2003年の戦火のイラクを舞台にしたロベルト・ベニーニ監督の新作ロマンチック・コメディ"La tigre e la neve"("The Tiger and the Snow")が4日、ローマで上映されたようだ。
米Apple Computerは12日、California Theaterで"One more thing..."と題したスペシャル・イベントを開催、新製品を発表するようだ。 [☆iPodとは別ラインの製品になるとみた。]
NBC Universalの会長兼CEOのボブ・ライト(Bob Wright)は4日、年内にもオンライン映画ダウンロード・サービスをスタートさせる、と発表したようだ。
シャロン・ストーンは「ケイト・モスのための言いたいのは、彼女は謝罪し生活を変えようとしている、ということ。それが一番大切なことだと思う。人は誰でも人生で誤りを犯すということに、私達は気付くべきだと思う」と語ったようだ。
リュ・スンボム、シン・ミナ共演「野獣と美女」の最新ポスターが公開されたようだ。
シャーロット・チャーチがタクシーに乗り込んだ際、2人の男がドアを空け、彼女の靴を盗んで去っていたらしい。チャーチの母親は「一番いい靴じゃなくて良かったわ」とコメントしたとか。
手塚眞監督・脚本による短編ホラー「ザ・バースデイ」全12話が、5日オープンしたCOMPASS-TVで有料配信されるようだ。第1弾「獅子座の怪人」は松嶋初音、橋本彩が共演しているらしい。
アンナ・ファリス主演によるシリーズ最新作"Scary Movie 4"は、「ソウ」("Saw",2004年)のパロディがメインになるらしい。
Universal PicturesとTwentieth Century Foxは4日、人気ビデオゲーム"Halo"の映画化について、ピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ(Fran Walsh)が製作総指揮を務める、と発表したようだ。
ジェシカ・アルバは、Eminem率いるD12の曲"My Band"に自分の名前が登場することを、弟から聞いて初めて知ったらしい。しかし、彼女がEminemに会ったのは、ジムで友人と勘違いして声をかけた時だけとか。
MTVの"Total Request Live"にキャメロン・ディアスが出演した際、ファンの一人が彼女に忍び寄ろうとしたらしい。MTVの警備員が彼を取り押さえたものの、ディアスは「大丈夫よ。彼を追い出さないで」と叫んだとか。
タラ・リードは、パリス・ヒルトンの真似をするほどバカじゃない、と語ったらしい。「私がこれまでにやった最悪のことは、テーブルの上で踊ったこと」とか。
アマンダ・バインスはニューヨーク大学に進学するらしい。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")の東京国際映画祭出品に合わせ、ニック・パークの来日が決定した模様。
Lions Gate Filmsは、ジェイムズ・ルイス(James Lewis)、ボビー・J・トンプソン共演による新作ファミリー・コメディ"Kidnapped"の監督に、ミュージックビデオ監督のライアン・スミス(Ryan Smith)とフランク・ボーリン(Frank Borin)を起用したようだ。クイーン・ラティファが製作に参加するらしい。
Warner Bros.は、新作"Species X"の脚本に、TVシリーズ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)で制作総指揮を務めたカート・サッター(Kurt Sutter)を起用したようだ。殺人事件を捜査していたある警察官が、自分が人間ではないと気付き・・・という話しらしい。
ジェリー・ブラッカイマー製作、デンゼル・ワシントン主演による新作ロマンチック・スリラー"Deja Vu"で、監督予定だったトニー・スコットが降板した模様。ハリケーンKatrinaの影響で撮影が延期となり、スケジュールが合わなくなったようだ。
ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ兄弟監督、オーウェン・ウィルソン、ケイト・ハドソン共演の新作コメディ"You, Me and Dupree"で、マイケル・ダグラスの出演が決まったようだ。
アイ・オー・データ機器は、「仮面ライダー THE FIRST」(長石多可男監督)のキャラクタやロゴをデザインしたUSBメモリを28日に発売すると発表したようだ。
「デュース・ビガロウ 激安ジゴロ!?」("Deuce Bigalow: Male Gigolo",1999年)の続編"Deuce Bigalow: European Gigolo"に、当初デヴィッド・ベッカムのそっくりさんが男娼として登場していたものの、編集段階でカットされたらしい。
エリザベス・ハーレーと婚約中のインド人億万長者アルン・ナイヤー(Arun Nayer)は、イタリア人の妻ヴァレンティナ・ペドローニ(Valentina Pedroni)との離婚がまもなく成立する模様。
テリー・ジョージ(Terry George)監督、ドン・チードル主演「ホテル・ルワンダ」("Hotel Rwanda",2004年)の日本公開が決定した模様。メディア・スーツの配給で、来年正月第二弾としてシアターN渋谷で上映されるらしい。
マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン、ユマ・サーマン、ウィル・フェレルら共演の新作"The Producers"のポスターが公開されたようだ。
「SAW2」("Saw II")の最新TVスポットが公開されたようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の最新ポスターが公開されたようだ。
リンゼイ・ローハンの乗ったMercedes-Benzが4日、ウェストハリウッドでバンと衝突、ローハンを含む3人が病院に運ばれたらしい。ローハンは軽症の模様。パパラッチに追いかけられていた、という目撃情報もあるようだ。 [☆1963年型Volkswagen Beetleに乗るべき]
「ウィズ」("The Wiz",1978年)、「ワイルドキャッツ」("Wildcats",1986年)などの作品でも活躍した、米俳優・コメディアンのニプシー・ラッセル(Nipsey Russell)さんが日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")の最新画像が公開されたようだ。
  10/6
藤沢周平原作、山田洋次監督の新作「武士の一分」で、木村拓哉が主演を務めるらしい。盲目の侍を演じるようだ。
東宝シンデレラオーディションの応募総数は、過去最多の3万7443通に達したらしい。来月から地区予選がスタート、来年1月に決勝大会が行われるようだ。
ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare,1564-1616)の作品とされている戯曲は、シェイクスピアの遠い親戚で外交官のヘンリー・ネヴィル(Henry Neville,1562-1615)によるものだった、とする論文が英国で発表されたようだ。
「のど自慢」(井筒和幸監督,1999年)の続編製作が決定した模様。金田敬が監督を務め、斉藤由貴、平田満、緑魔子、濱田岳、冨浦智嗣、寺島咲らが共演するらしい。
韓国KBS「ウェディング」に出演するチャン・ナラは、共演するリュ・シウォンを「パパのように慕っている」とか。気に入った高価な人形を買ってもらったチャン・ナラは「シウォンさんの横にいると、いろんなものがもらえる」と言っているらしい。
イム・キョンス監督、エリック(ムン・ジョンヒョク)、キム・ユンジン共演の新作「6月の日記」が、先月30日にクランクアップしたようだ。韓国公開は12月1日になる模様。
22日から日本公開となるイ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」を配給するギャガ・コミュニケーションズは、プロモーションに6億円を投入するらしい。
米FOXで5日放送された"Good Day LA"にキム・ユンジンがゲスト出演、米ABCのドラマ"Lost"(2004年-)と韓国映画「6月の日記」をPRしたようだ。
韓国MBCで6日放送の時事番組「MBC100分討論」に、アン・ソンギとパク・チュンフンがパネリストとして出演するらしい。
ソウル芸大を休学中のソン・イェジンは「出席日数が足りず、除籍されそう」と語ったらしい。現在、オ・ギファン監督の新作「作業の定石」の撮影中とか。
アン・パンソク監督の新作「国境の南側」で、チャ・スンウォンが北朝鮮の青年役を演じるらしい。
イ・ハンベ監督、キム・ソンス主演の新作「モノポリー」で、ファッションモデルのユン・ジミンが映画デビューするようだ。
子供達を支援するチャリティ企画「挙世最大公益箱」のPRイベントが5日香港で行われ、レオン・ライらが参加したようだ。
6日開幕する釜山国際映画祭に出席するイ・ビョンホンと妻夫木聡は、8日行われる「オープントーク」に参加するらしい。
新作"The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford"撮影中のブラッド・ピットを狙っていたイタリア人パパラッチが4日、カナダで拘束されたらしい。前日にもアメリカ人パパラッチが拘束されたとか。
ロブ・コーエン監督「ステルス」("Stealth")をはじめ、洋画の日本語吹き替え版の仕上げの作業は、最新設備の揃うロサンゼルスで行われることが多いとか。
ベストセラー・ファンタジー小説"Shadowmancer"の著者グラハム・P・テイラー(Graham P. Taylor)は、英国の小学校で子供達に向かって「ハリー・ポッターだけがただ一人のゲイというわけじゃない」と発言、教師に追い出されたらしい。テイラーは「ジョークだった。コメディ番組からのジョークだと子供達は分かっているよ」と釈明したとか。
4日ロサンゼルスでバンと衝突事故を起こしたリンゼイ・ローハンは、事故はパパラッチのせいだと主張しているようだ。一方、Los Angeles Times紙は、スピードの出しすぎだったという目撃証言を掲載したらしい。また、警察は、相手側の車が無理な方向転換をしたことが原因と見ている模様。
アイルランドの警察官が、50着以上の制服を盗んだとして逮捕されたようだ。映画や舞台の衣装として売っていたらしい。
米メディア大手Viacomは5日、CBSを中心とするTV・ラジオ部門と、MTV、Paramount Picturesを中心とするCATV・映画部門の分割についての目論見書を米当局に提出したようだ。
オジー・オズボーンは、CD/DVDデュアルディスク仕様によるニューアルバム"Under Cover"を来月1日に発売するようだ。CD面ではジョン・レノンの"Woman"、DVD面ではthe Beatlesの"In My Life"をカバーしているらしい。
Electronic Arts、Warner Bros. Interactive Entertainment、DC Comicsの3社は4日、ブライアン・シンガー監督の新作"Superman Returns"を題材にしたビデオゲームを、来年6月30日の映画公開と同時に発売すると発表したようだ。
ソニー、松下電器産業などのBlu-ray Discは5日、年内にも再生専用規格を決定すると発表したようだ。
数多くのTVシリーズや、「ロビンとマリアン」("Robin and Marian",1976年)などの映画でも活躍した、英コメディアンのロニー・バーカー(Ronnie Barker)さんが3日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
映画スタジオ経営をシミュレーションするゲーム"The Movies"が来月8日に米国で発売されるようだ。ゲーム中に製作した映画を専用サイトで公開する機能もあるらしい。
OnGen USEN MUSIC SERVERで、アンダーグラフが歌う「私の頭の中の消しゴム」のイメージソング「遠き日」の配信がスタートしたようだ。CD化は未定とか。
第18回東京国際映画祭の関連情報を配信する「cyber TIFF on フレッツ」が7日に開設されるようだ。
カナダで活動中のバンドThe Wyrd Sistersが、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter And The Goblet Of Fire")に同名のバンドが登場するのはトレードマークの侵害だとして、Warner Bros.に対する訴訟を起こしたらしい。
スティーヴン・ギャガン監督、ジョージ・クルーニー主演の新作スリラー"Syriana"の予告編がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
"Mission: Impossible III"の撮影が、ヴァージニア州リッチモンドで行われているらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督最新作"Munich"の撮影現場からの最新画像が公開されたようだ。
DreamWorksの新作CGアニメ"Over the Hedge"の特報が公開されたようだ。
パリス・ヒルトンとの婚約を解消したパリス・ラシス(Paris Latsis)は「彼女の決断を尊重するし、彼女の優しさにはとても感謝している。私の人生で最高の経験だった」とコメントしたようだ。
ウィルマー・ヴァルデラマ、今度はジェイミー・プレスリーと交際を始めたらしい。
新作スリラー"Derailed"でクライヴ・オーウェンと共演するジェニファー・アニストンは、その脚本を受け取った時「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve",2004年)撮影中のジュリア・ロバーツと一緒だったらしい。「(『クローサー』("Closer",2004年)でオーウェンと共演したばかりの)ジュリアは突然、だれかクライヴ・オーウェンと共演した人はいる?って言ったの。私は"お告げ"だと思った。彼女は『もしチャンスがあれば彼と共演すべきよ。彼ってウットリするような人なの』って言っていたわ」とアニストンは語ったようだ。
ジェシカ・アルバは「人生の目標はいつもはっきりしているの。キャリアが欲しいと思っていたし、(いずれ生まれる)子供達には世界を旅して、広い心を持って欲しいと思っている。同じ感覚を持ったパートナーと出逢えるとは思っていなかったけど、(恋人の)キャッシュ・ウォレン(Cash Warren)とは全く同じなの。私は彼の全てが好き」と語ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクの映画デビュー作となった、デヴィッド・バーク(David Burke)監督、モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、LL・クール・J共演の新作"Edison"は、「スター総出演によるB級映画のクズ」「(キャストは)カイロプラクティックを始められそうなほど姿勢がいい(=気取っている)」「陳腐なセリフのオンパレード」など、批評家から酷評されているらしい。
リュ・スンワン監督「ARAHAN/アラハン」の日本語吹き替え版収録が5日都内で行われ、劇団ひとりらが参加したようだ。
ISSAは、今度は伊東美咲と交際中らしい。
長渕剛と角川春樹の制作によるコンセプトアルバム「YAMATO」が19日に発売されるようだ。「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)の主題歌のPVを収録したDVDも付くらしい。
来月公開の小松隆志監督「奇談」で、藤澤恵麻が主演を務めているらしい。
ニック・ハラン(Nick Hurran)監督の新作学園コメディ"It's a Boy Girl Thing"で、ケヴィン・ゼガーズとサミーア・アームストロング(Samaire Armstrong)が主演するようだ。シャロン・オズボーン(Sharon Osbourne)、モーリー・チェイキン、ムポ・コアホ(Mpho Koaho)らが共演するらしい。既にトロントで撮影がスタート、来月にはイギリスに移動する模様。
フランク・ミラーのグラフィック・ノベル"300"の、ザック・スナイダーが監督、ジェラルド・バトラー主演による映画化で、レナ・ヘディの共演が決まったようだ。デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ヴィンセント・リーガン、ロドリゴ・サントロらも出演するらしい。今月17日からモントリオールで製作に入る模様。
デヴィッド・ザッカー監督によるシリーズ最新作"Scary Movie 4"に、クレイグ・ビアーコの出演が決まったようだ。
Walt Disney Picturesは、アイルランド首相バーティ・アハーン(Bertie Ahern)の娘のセシリア・アハーン(Cecelia Ahern)の小説"If You Could See Me Now"の権利を獲得、ヒュー・ジャックマンの主演でミュージカル映画化するようだ。
「グッドモーニング・ベトナム」("Good Morning, Vietnam",1987年)、「トイズ」("Toys",1992年)のバリー・レヴィンソン監督とロビン・ウィリアムスは、新作コメディ"Man of the Year"で再びコンビを組むようだ。晩秋からトロントで撮影に入る模様。
Paramountは、「火星のジョン・カーター」("John Carter of Mars")の映画で、ジョン・ファヴロウを監督に起用したようだ。
E・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」の映画化"Charlotte's Web"に主演したダコタ・ファニングは「クモとネズミ以外は全て実写。ブタは47〜60匹もいて凄かった。いろんな大きさのがいて、すぐに大きくなるから、新しいブタを連れてこなくちゃいけなくなるの。最初はこんなに小さいのに、次の瞬間にはすごく大きくなるのよ。私も子ブタを抱えてえさをあげたわ。すごくかわいかった」と語ったようだ。
フィリップ・K・ディックの小説「暗闇のスキャナー」の映画化"A Scanner Darkly"に出演するウディ・ハレルソンは「原作を読んだけど、正直に言って何が起こっているのかさっぱり分からなかったよ。出演を決めたのは、ただやりたいと思ったからだ。リチャード・リンクレイター監督や、キアヌ・リーヴス、ロバート・ダウニーJr.、ウィノナ・ライダーと共演したかったんだ。でも、どんな映画なのかはまだ分からない。ただ、本当に面白いということだけは分かっている」と語ったらしい。 [☆大丈夫か?]
20th Century Fox Home Entertainmentの2作品「ロボッツ」("Robots")と"Family Guy Presents Stewie Griffin: The Untold Story"のDVDが、10月2日付全米売上チャートで1位、2位を独占したようだ。また「カリートの道」("Carlito's Way",1993年)の続編"Carlito's Way: Rise to Power"が4位に入ったらしい。
トーマス・ミューレン(Thomas Mullen)の小説"The Last Town on Earth"の映画化で、DreamWorksは「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)のロバート・ロダット(Robert Rodat)を脚本に起用したようだ。
米国で行われた調査によると「HDTVで最も映りが悪いセレブ」の1位に「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)のテリ・ハッチャーが選ばれたらしい。
ケイティ・ホームズは妊娠6ヶ月らしい。
  10/7
東京国際映画祭の特別招待作品として上映される「ブラザーズ・グリム」("The Brothers Grimm")のテリー・ギリアム監督らによる記者会見に、上戸彩が「赤ずきんちゃん」のコスプレで出席するらしい。
杉山慶一監督「銀色の髪のアギト」の主題歌となるKOKIAの新曲「愛のメロディー」のPVに出演するヒロイン役の募集が、7日からYahoo!で行われるようだ。
MA(ミュージカルアカデミー)主演のミュージカル「FAME」の制作発表が6日都内で行われ、屋良朝幸、米花剛史、町田慎吾、秋山純らが出席したようだ。
第10回釜山国際映画祭が6日開幕し、ハン・ソッキュ、カン・スヨンが司会として登場、ホウ・シャオシェン監督「スリー・タイムズ」がオープニング上映されたようだ。
松浦徹監督「ギミー・ヘブン」の完成試写会が6日都内で行われ、江口洋介、安藤政信、宮崎あおいらが出席したようだ。
「チーム★アメリカ ワールドポリス」("Team America: World Police",2004年)DVDの日本語吹き替え版収録が6日都内で行われ、松尾貴史らが参加したようだ。
山崎貴監督「ALWAYS 三丁目の夕日」の完成報告会が6日都内で行われ、吉岡秀隆、堤真一、小雪、三浦友和、薬師丸ひろ子、もたいまさこ、堀北真希らが出席したようだ。
「サラリーマン出世太閤記」(筧正典監督,1957年)、「ニッポン無責任野郎」(古沢憲吾監督,1962年)などにも登場した、東京・大手町の大和証券グループ本社ビルの取り壊しが決まった模様。
米Warner Bros.は、Blu-ray Disc方式によるソフトの発売を決めた模様。
第10回釜山国際映画祭で12日に行われるユン・ジョンチャン監督「青燕」のPRイベントにキム・ジュヒョクが出席するようだ。
「韓流文化フェスティバル」が26日から福岡市で開催されるようだ。「マイ・リトル・ブライド」と「バンジージャンプする」の無料上映も行われるらしい。
開催中の第10回釜山国際映画祭で8日、アンドリュー・ラウ監督、チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ共演の新作「Daisy」のPRイベントが開催されるようだ。海外からも注目が集まっているとか。
6日行われた釜山国際映画祭の開幕イベントにBoAが出演、オープニング上映されたホウ・シャオシェン監督「スリー・タイムズ」の主題歌などを披露したらしい。
第10回釜山国際映画祭出席のため、新作"The Myth"で共演するジャッキー・チェンとキム・ヒソンが5日、釜山を訪れたようだ。
「オードリー・ヘップバーン展」の開幕セレモニーが6日、広島県のふくやま美術館で行われたようだ。
the Beatlesのアルバム"Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band"のジャケットに使われていた蝋人形のオリジナルが、ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館で発見され、今月末にオークションにかけられるらしい。
京都府は6日「京都府あけぼの賞」の受賞者を発表、「京都シネマ」を開館した如月社社長の神谷雅子らが選ばれたようだ。
俳優のオスカー・オルランド・トレス(Oscar Orlando Torres)が少年時代に体験したエルサドバドルでの内戦の恐怖を基に描く、ルイス・マンドーキ監督"Innocent Voices"(2004年)が、14日からニューヨークで公開されるようだ。
チャド・ロウの監督デビュー作となる、ウィリアム・ハート主演の新作"Beautiful Ohio"で、リタ・ウィルソン、ジュリアナ・マルグリース、ミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)の共演が決まったようだ。3日からブルックリンで撮影に入っているらしい。
ショーン・レヴィ監督次回作は、20th Century Foxの新作ファミリー・コメディ"Night at the Museum"になるようだ。自然史博物館に展示されている生物たちが古代の呪文で蘇り・・・という話しらしい。
「チャンス」("Being There",1979年)、「ロッキー5/最後のドラマ」("Rocky V",1990年)などの撮影が行われたことでも知られる、パサデナの大邸宅が火事で全焼したらしい。しかし、TVシリーズ「バットマン」("Batman",1966-1968年)でウェイン邸として登場したすぐ近くの家は無事だったようだ。
全米週末公開作品では、英Aardman Animationsによる新作アニメ「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")が、前作「チキンラン」("Chicken Run",2000年)が記録した1750万ドルを越える週末興収を記録すると予想されているようだ。
2005年のイグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prize)が発表され、「スター・ウォーズ」鑑賞中のバッタの脳細胞の活動を研究した英ニューキャッスル大学の研究者2人が平和賞を受賞したようだ。
新作「エリザベスタウン」("Elizabethtown")の撮影のためケンタッキーのルイスヴィルに滞在したオーランド・ブルームは、そこで見つけたレザー・グッズの店が気に入り、愛犬や友人のためにいろいろ買い込んだらしい。"The Oprah Winfrey Show"にゲスト出演した際も、オプラ・ウィンフリーに犬用の革紐をプレゼントしたとか。
アシャンティも、新しい香水ブランドPrecious Jewelを始めるようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督の新作"Serenity"の冒頭9分間の映像がネット上で公開されたようだ。
「花火」(秋元康原作、萩原聖人主演)、「フィルム」(秋元康原作、野波麻帆主演)、「ON THE ROCK」(山下澄人監督・主演)の3作品が、NETCINEMA.TVで無料配信されているようだ。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2005が7日開幕するようだ。「肘折物語」(小川紳介監督,1992年)、「雪国」(石本統吉監督,1939年)の2作品がオープニングに日本語字幕付きで上映されるらしい。
徳島県鳴門市を舞台にした出目昌伸監督「バルトの楽園」の鳴門ロケサポート協議会は、専用ホームページを開設したようだ。
パク・フンシク監督の新作「愛してる、マルスンさん」に主演するムン・ソリは、役のために眉を剃り落としたらしい。
007シリーズ第21作"Casino Royale"を手がけるマーティン・キャンベル監督は、新しいジェイムズ・ボンド役の俳優について「本当にたくさんの俳優をテストした。10日ほど前にもう少しテストをしたが、先頭ランナーはいない。10日間で決定するかどうかは分からない。正しい人物を選ぶということが重要だ」と語ったようだ。 [☆イマイチだった、ということでしょうか]
米国のタブロイド各紙は、ジェシカ・シンプソンとニック・ラシェイの破局を連日のように報じているらしい。本人たちは否定を繰り返しているようだ。
アシュトン・カッチャーとアダム・ゴールドバーグは、米WBと新しいリアリティ番組"Fountain Of Youth"の制作について契約を結んだようだ。大学生と老人のペア8組がアメリカ横断レースに挑む、という内容とか。
婚約解消を発表したパリス・ヒルトンは、マスコミや人目を避けるため、グレーのかつらをかぶり、ニセの鼻とあごをつけ、杖を突いて出かけているらしい。
「まだまだあぶない刑事」(鳥井邦男監督)の劇中で使用された衣装などが、7日から「楽天オークション」に出品されるらしい。
人気コミック「東京大学物語」が、原作者・江川達也の監督、三津谷葉子の主演で映画化されるらしい。
豊田利晃監督「空中庭園」の劇場用パンフレットに、原作者の角田光代による続編「夜道の家族」が掲載されているらしい。
Paramountは、ベラ・ポレン(Bella Pollen)の小説"Midnight Cactus"の映画化権を獲得したようだ。
ニール・マーシャル(Neil Marshall)監督次回作は、近未来の北イングランドとスコットランドを舞台にした政治アクション・スリラー"Doomsday"になるようだ。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、ジェイソン・ステイサム、リーリー・ソビエスキー共演による人気ゲーム「ダンジョン シージ」("Dungeon Siege")の映画化は"In the Name of the King: A Dungeon Siege Adventure"というタイトルで来年秋に公開となるようだ。上映時間は、現段階で3時間20分になる予定とか。
人気ゲームの映画化"Doom"に主演するザ・ロックは「R指定の映画がやりたかったんだ。PG-13にするつもりはない。ほかのビデオゲームの映画化とは違った作品になるよ」と語ったらしい。
第10回釜山国際映画祭が開幕した6日、行定勲監督と妻夫木聡がレッドカーペットを歩いたようだ。
ディズニーアニメ「チキン・リトル」("Chicken Little")の日本語吹き替え版収録が5日都内で行われ、中村雅俊らが参加したようだ。
米UPNで先月27日にスタートしたデニース・リチャーズ主演のTVドラマシリーズ"Sex, Love & Secrets"の制作が、既に撮影が終了している第7話でストップしているらしい。第1話の視聴率がかなり低かったようだ。
シエナ・ミラーとレオナルド・ディカプリオが、ロサンゼルスのクラブでデート?していたらしい。
トニー・スコット監督、キーラ・ナイトレイ主演「ドミノ」("Domino")からの特別映像(R指定!)が公開されたようだ。
"Mission: Impossible III"の撮影現場からの最新画像が公開されたようだ。Lamborghiniが爆破されたらしい。
ベンジャミン・ブラット、タリサ・ソト夫妻に4日、第2子となる男の子が誕生したようだ。
デヴィッド・フィンチャー監督、ロバート・ダウニーJr.、ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、アンソニー・エドワーズ、ゲイリー・オールドマン共演の新作"Zodiac"の撮影現場からの最新画像が公開されたようだ。
「ひとまねこざる」の映画化"Curious George"の予告編が公開されたようだ。
  10/8
第10回釜山国際映画祭で7日、行定勲監督「春の雪」が特別招待作品として上映され、妻夫木聡らが舞台挨拶に立ったもののファンが殺到、1分で中止となったらしい。
佐々部清監督「カーテンコール」の試写会が7日、大阪市内で行われ、伊藤歩らが舞台挨拶に立ったようだ。
ぺ・ヨンジュンの"公式Tシャツ"と称した商品が無断で販売されているとして、日本事務所のIMXが注意を呼びかけているようだ。
ジョージ・W・ブッシュ大統領、リチャード・B・チェイニー副大統領、コンドリーザ・ライス国務長官の3人の写真とともに"Meet the Fuckers"とプリントされたTシャツを着てロサンゼルス発サウスウエスト航空の飛行機に乗った米国人女性が、乗客からの苦情で降ろされたらしい。
イム・キョンス監督の新作「6月の日記」に出演するエリックは、俳優ムン・ジョンヒョクとして第10回釜山国際映画祭を訪問、8日にファンとの交流イベントに参加するようだ。
三池崇史監督「ワル-FINAL-」の撮影に岡田眞澄が参加、アクションシーンもこなしたらしい。
「JAPAN KOREA ASIAN BEAT」が8日、大阪市で開幕し、オープニングセレモニーに木村佳乃らが出席したようだ。
立命館大学の客員教授に就任した是枝裕和監督による初講義が、7日行われたようだ。
グレゴリー・ナヴァ監督、ジェニファー・ロペス、アントニオ・バンデラス共演の新作スリラー"Bordertown"の撮影が、現在メキシコで行われているようだ。リポーターを演じるロペスは、ブロンドのウィグを着けているらしい。
ボーイ・ジョージが7日、コカイン違法所持でニューヨークで逮捕されたようだ。
ヴァージニア州で6日行われたRolling Stonesのコンサートで爆弾騒ぎがあり、捜索のためライヴが45分間中断したらしい。
"The Myth"の野外上映が7日、釜山国際映画祭で行われ、ジャッキー・チェン、キム・ヒソンのほかイ・ビョンホンも会場を訪れたようだ。
007シリーズ第21作"Casino Royale"を手がけるマーティン・キャンベル監督は、新しいジェイムズ・ボンド役のキャスティングについて「まだ、誰にするかは決まっていない。28か、30、31歳くらいの俳優を探しているんだ。テストは客観的に進めているよ。1度決まれば3本は出演することになるから責任は重大だよ」と語ったようだ。
「スター・ウォーズ」シリーズのプロデューサー、リック・マッカラム(Rick McCallum)は、実写版TVシリーズについて「撮影は世界中で行われるだろうが、拠点はシドニーになるだろう」と語ったようだ。
来月1日に青山にオープンする「Xbox 360 LOUNGE」で、スティーヴン・スピルバーグ監督「宇宙戦争」("War of the Worlds",2005年)とのタイアップイベントが行われるらしい。
韓国で行われた調査によると、「今月一番観てみたい映画」の1位にクォン・ジョンクァン監督「サッドムービー」が選ばれたようだ。
米FOXのドラマシリーズ"House"(2005年-)に、シンシア・ニクソンのゲスト出演が決まったようだ。
キーラ・ナイトレイは「自分の演技を見るのは辛いわ。全く違う風にすればよかったと思ってしまうから」と語ったようだ。
来月Harajuku Loversツアーをスタートさせるグウェン・ステファニーは、ステージ衣装のデザインのアイデアを公式サイトで募集しているらしい。
ジェニファー・ロペスは、新しい香水"Live Jennifer Lopez"のCMで、メキシコ人俳優のエドゥアルド・ヴェラステーギ(Eduardo Verastegui)と共演しているらしい。
ソフィア・ブッシュとチャド・マイケル・マーレイの夫妻は、別居中にもかかわらず、TVドラマシリーズ"One Tree Hill"(2003年-)で引き続き恋人役を演じなければならないらしい。
ディズニー・アニメ「チキン・リトル」("Chicken Little")からの特別映像が公開されたようだ。
「親切なクムジャさん」プロモーションのため、パク・チャンウク監督が来日、7日都内で記者会見を行ったようだ。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")を手がけたニック・パーク監督の次回作は"Crude Awakening"という作品になるらしい。ジョン・クリーズが声優として参加する予定とか。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督は、人気ゲーム「ダンジョン シージ」の映画化"In the Name of the King: A Dungeon Siege Adventure"について「PG-13を捨てるにはリスクが大きすぎる。戦いのシーンは多いし、血が飛び散ればPG-13を得られるチャンスは無くなる。PG-13を取るつもりだが、R指定のDVDバージョンも作ることになるだろう」と語ったようだ。
人気ゲーム"Doom"の映画化に出演するカール・アーバンは「銃を撃つのは大好きだ。撮影では本当にぶっ放したんだ。このセットをアサルト・ライフルを手に歩いていると、俺はなんて幸運な男なんだと思えるよ。3Dバージョンの"Doom"で毎日遊べるんだからね」と語ったようだ。
クリストフ・ガンズ監督、ラダ・ミッチェル主演による人気ゲームの映画化「サイレントヒル」("Silent Hill")からの最新画像が公開されたようだ。
米Esquire誌による「最もセクシーな女性」に、今年はジェシカ・ビールが選ばれたようだ。また、コン・リー、シャロン・ストーン、レネ・ルッソらも上位にランクされたらしい。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のDVD日本発売は11月23日に決まったようだ。
「オーメン」("The Omen",1976年)の、ジョン・ムーア監督によるリメイク"The Omen 666"で、ミア・ファローが共演しているらしい。
  10/9
エンニオ・モリコーネによる来日公演が8日、東京国際フォーラムで初日を迎えたようだ。小泉純一郎首相も鑑賞したらしい。
「空中庭園」が初日を迎え、小泉今日子、大楠道代らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
塩田明彦監督「この胸いっぱいの愛を」が8日初日を迎え、伊藤英明、ミムラらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
札幌市営地下鉄で8日、ダース・ベイダーが1日駅長を務めたようだ。
韓国MBCで来月7日スタートのミニシリーズ「スパイ」で、モデルのデニス・オが俳優デビューするようだ。
開催中の釜山国際映画祭で8日、イ・ビョンホンと妻夫木聡によるトークショーが行われたようだ。イ・ビョンホンは、最も印象的な出演作として「バンジージャンプする」を挙げたらしい。一方、妻夫木聡は途中トイレで一時退席したとか。
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」("Good Will Hunting",1997年)、「SAYURI」("Memoirs of a Geisha",2005年)などで編集を手がける横山智佐子は、日本人向け映画専門学校を来年9月にハリウッドで開校するらしい。
「オードリー・ヘップバーン展」開催中の広島県福山市で8日、戸田奈津子による講演会「映画とわたし」が行われたようだ。
キム・ヒソンの写真集が、28日に韓国で出版されるようだ。Christian DiorやValentinoなどの広告写真でも知られる、ファッション・フォトグラファーのパオロ・ロベルシ(Paolo Roversi)が参加しているとか。
ハル・ベリーは、自家用ジェット機を購入するらしい。サンタモニカの空港でセールスマンと商談を進めていたとか。
李相日監督「スクラップ・ヘブン」が8日初日を迎え、加瀬亮、オダギリジョー、栗山千明らが舞台挨拶に立ったようだ。
キース・エマーソンの来日公演が、13日に大阪、14、15日に都内で行われるらしい。
ピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")の英国版ポスターが公開されたようだ。
  10/10
チェ・ジウ、クォン・サンウ、リュ・シウォンががゲスト出演した韓国バラエティ番組「夜心萬萬」のDVDが、来月25日に日本先行発売されるらしい。
米Time誌は「優雅に年齢を重ねた米国人10人」を発表、ポール・ニューマン、ローレン・バコール、ロバート・レッドフォード、マーサ・スチュワートらの名前を挙げたようだ。
イ・ビョンホン主演「甘い人生」のDVDが来月2日に発売されるようだ。通常版、特別日本版、完全版の3種類が発売されるらしい。
D・J・チェン監督「僕の恋、彼の秘密」プロモーションのためトニー・ヤンが来日、9日都内で記者会見を行ったようだ。
鳥井邦男監督「まだまだあぶない刑事」のPRイベントが9日、横浜・赤レンガ倉庫で行われ、舘ひろし、柴田恭兵らが出席したようだ。
「キューポラのある街」(浦山桐郎監督,1962年)、「血と海」(野村孝監督,1965年)などの原作者として知られる、作家の早船ちよさんが8日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。
チャン・ドンゴンは、主演最新作「台風」で完璧な北朝鮮訛を披露して話題になっているとか。
チェ・ジヌォン監督、キム・レウォン主演「ミスターソクラテス」のポスターが公開されたようだ。
ジャッキー・チェンは、次回作で韓国人俳優と共演する考えのようだ。
佐々部清監督「出口のない海」の製作発表が9日、山口県周南市で行われ、製作中の実物大「回天」2基も公開されたようだ。
ヴィック・チョウ、ケン・チュウ、ビビアン・スーが共演するドラマ「LoveStorm〜狂愛龍捲風〜」の日本版サントラが19日に発売されるらしい。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")は、北米を除く海外週末興収でも920万ドル(13ヶ国)で1位を記録、一方、2位となった「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")は総興収2億3330万ドルに達した模様。
アントワン・フークア監督は、20th Century Fox TVと新作ドラマの制作総指揮について契約を結んだよう。
アリシア・ウィット、リーリー・ソビエスキー、ニール・マクドノウの3人は、ジョン・アヴネット監督、アル・パチーノ主演の新作スリラー"88 Minutes"で共演が決まったようだ。
全米週末興収は、「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")が1610万ドル(3645館)で1位を獲得、カーティス・ハンソン監督「イン・ハー・シューズ」("In Her Shoes")は1000万ドル(2808館)で3位のスタートとなったようだ。
チョン・ヨンギ監督「家門の危機」の観客動員数が8日までに528万7千702人に達し、コメディ作品としては過去最高の「花嫁はギャングスター」による525万人の記録を突破したようだ。
ペ・ヨンジュン主演次回作となるキム・ジョンハク監督の新作時代劇ドラマ「大王四神記」のクランクインが延期されているらしい。
レオナルド・ディカプリオとジゼル・ブンチェンは、ニューヨークのPerry Streetにあるリチャード・マイヤー(Richard Meier)デザインのビルの10階を購入したようだ。
エンヤのニューアルバム「AMARANTINE」が来月発売されるようだ。 [☆「SUMIREGUSA」は収録されているのでしょうか・・・]
長渕剛の全国ツアー「LIVE TOUR 2005 YAMATO」が9日、横浜アリーナで開幕したようだ。
デヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)監督、ジャスティン・チャットウィン主演の新作スリラー"The Invisible"で、マーシア・ゲイ・ハーデンの共演が決まったようだ。
Universal Picturesは、ジェイソン・レスコウ(Jason Lethcoe)の新作児童書"Tales From the Wishworks Factory"の映画化権を獲得したようだ。
Hyde Park EntertainmentとVincent Newman Entertainmentは、ジョン・ミルトン(John Milton,1608-1674)の叙事詩「失楽園」("Paradise Lost")を映画化するらしい。
グウィネス・パルトロウ、マーティン・フリーマン、サイモン・ペッグは、グウィネス・パルトロウの弟ジェイク・パルトロウの脚本・監督による新作ロマンチック・コメディ"The Good Night"で共演するようだ。
プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)は、「コンスタンティン」("Constantine",2005年)の続編について「キャラクタが大好きだし、もう1本やりたい。Warner Brothersに電話してプッシュするつもりだ」と語ったものの、キアヌ・リーヴスが「続編に出演する気はない」と発言したことについては「聞いてない」とコメントしたらしい。
Stan Winston Studiosのジョン・ローゼングラント(John Rosengrant)は、「ターミネーター」シリーズの新作の可能性についてジョナサン・モストウ監督と話しをしたらしい。新しいターミネーターのデザインについては「まだ時期尚早だよ。脚本を読んでそこからきっかけを得て、監督と話してビジョンを見極めないとね」と語ったようだ。
  10/11
三越は松竹と業務提携を結んだようだ。三越が、映画や歌舞伎をテーマにしたオリジナル商品の開発や、歌舞伎役者による講演などを行うらしい。
釜山国際映画祭で10日、SABU監督「ホールドアップダウン」が上映され、井ノ原快彦、森田剛が出席したようだ。また、坂本昌行、長野博、三宅健、岡田准一は渋谷にオープンする「V6 10th ANNIVERSARY MUSEUM」で同日行われた完成披露会に出席した模様。
黒木瞳は来月23日、新曲「運命(ぐうぜん)」をシングル・リリースするらしい。「破線のマリス」(井坂聡監督,2000年)のイメージソング「片方のつばさ」以来6年ぶりとか。
Louis Vuittonパリ本店のリニューアル・オープンを記念したパーティが9日開催され、シャロン・ストーン、ユマ・サーマン、イ・ヨンエ、米倉涼子らが招待されたようだ。
ロブ・マーシャル監督「SAYURI」("Memoirs of a Geisha")のワールドプレミアが、来月29日に両国国技館で行われるらしい。
ソン・ユナのファン・ミーティングが17日都内で行われるらしい。2000枚のチケットは既に売り切れとか。
チョウ・ユンファは「イ・ヨンエと映画を撮りたい」と語ったらしい。
エリックが主演する韓国MBCの新作ドラマ「狼」で、当初イ・ウンジュが共演にキャスティングされていたらしい。
釜山国際映画祭で10日、シン・ドンイル監督、カン・ジファン、カン・ジェロク共演の新作「訪問者」が上映されたようだ。
韓国SBSで放送のドラマ「天よ」の主題歌「泣かせたまえ」を、ナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri)が歌うらしい。
ユ・ハ監督の新作「卑劣な通り」に主演するチョ・インソンは、最高3億ウォンの保険を掛けたらしい。
キム・ジョンハク監督、ペ・ヨンジュン主演による新作ドラマ「大王四神記」は、来月からロケに入るようだ。ペ・ヨンジュンは現在、CM撮影のため米国に滞在中らしい。
新作「再説一次我愛[イ尓]」のプレミア上映が10日北京市で行われ、アンディ・ラウ、チャーリー・ヤン、シャーリーン・チョイらが出席したようだ。
Warner Bros.は、NTT、NTT西日本、東宝と共同で、日米間を光ファイバで結んだデジタル映画配給センターを大阪と横須賀に設立するようだ。ソニーの開発した4K(4096×2160ドット)デジタルシネマ・プロジェクターを東京と大阪の東宝系映画館に設置、「ティム・バートンのコープスブライド」("Tim Burton's Corpse Bride")の上映から運用をスタートさせ、1年間をかけて検証を行うらしい。 [☆大阪はTOHOシネマズ高槻で実施!]
Warner Bros. Pictures Japanは、豊田和真の小説「キャッチ ア ウェーブ」("Catch a Wave")を映画化するようだ。フジテレビ「ウォーターボーイズ」を手がけた高橋伸之が監督を務めるらしい。
ブリトニー・スピアーズは、ハリケーンKatrina被災者支援のためのチャリティ・オークションに出品していた私物のうち、宝石をちりばめたブラの出品を取り下げたようだ。ステージで着用したものと誤解されている可能性があるため、という理由とか。
米Online Testing eXchange社の調査によると、2005年のサマーシーズンに13-24歳までの男性が劇場で鑑賞した映画の本数は、2003年に比べて24%減少したらしい。
現在公開中の新作「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")などを手がけた英Aardman Animationsの倉庫で10日火災が発生、全焼したようだ。過去に製作された人形や小道具、フィルムなどが全て焼失した模様。
ロビー・ウィリアムスのコンサートが9日ベルリンで開催され、欧州11カ国の映画館などに同時配信されたらしい。
コカイン違法所持で逮捕されたボーイ・ジョージは9日、英国に帰国したようだ。
サッカー三部作の第2弾"Goal! 2"で、ジョス・ストーン(Joss Stone)が映画デビューするらしい。
ブラッド・ピットとエドワード・ノートンは、HBO、National Geographicと共同で、スティーヴン・E・アンブローズ(Stephen E. Ambrose)の著書"Undaunted Courage: Meriwether Lewis, Thomas Jefferson, and the Opening of the American West"を、全10話のTVミニシリーズとして制作するようだ。
ジュード・ロウは、シエナ・ミラーをあきらめたようだ。
開催中の山形国際ドキュメンタリー映画祭2005で10日、ヤン・ヨンヒ監督「Dear Pyongyang」上映前に、おすぎが舞台挨拶に立ったようだ。同作品は釜山国際映画祭でも上映されたらしい。
「私の頭の中の消しゴム」のオンライン試写会が、15日から17日までGyaOで開催されるらしい。
「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」("Fantastic Four")で使用された「KirikirimaiFantastic Four Remix」を含む、ORANGE RANGEのニューアルバム「ИATURAL」からの新曲5曲のビデオクリップが、12日までSony Music Online Japanで無料公開されているようだ。
シリーズ第3弾"The Fast and the Furious: Tokyo Drift"の撮影が、カリフォルニアのヴィクターヴィル(Victorville)で行われているようだ。
「火星のジョン・カーター」("John Carter of Mars")の映画で監督に起用されたジョン・ファヴロウは「75年も前から『火星のジョン・カーター』の映画化は企画されていたんだ。実際『白雪姫』("Snow White and the Seven Dwarfs",1937年)と同時期に企画されていたんだ。Disney最初の長編アニメになるはずだったんだよ」と語ったらしい。
シンディ・ローパーのニュー・アルバム"The Body Acoustic"が来月9日に発売されるようだ。Puffy AmiYumiもゲスト参加しているらしい。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督の次回作のタイトルは、以前報じられた"Goner"ではなく"Goners"になる模様。
イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」の試写会が10日都内で行われ、川村ひかるらが出席したようだ。
ボー・ブリッジス、ミランダ・リチャードソン、ミケルティ・ウィリアムソンの3人は、レベッカ・ギルマン(Rebecca Gilman)の戯曲"Spinning into Butter"の映画化で、サラ・ジェシカ・パーカーと共演するようだ。マーク・ブロコウ(Mark Brokaw)の監督で、来月からニューヨークで撮影に入る模様。
ジョー・カーナハン監督次回作は、17歳にして7000万ドルを稼ぐ麻薬組織を築き上げたウィル・ライト(Will Wright)の半生を題材にした作品になるようだ。
米WBは、ジャレッド・パダレッキ(Jared Padalecki)、ジェンセン・アクレス(Jensen Ackles)共演の新シリーズ"Supernatural"(2005年-)のフル・シーズン制作を決定した模様。
「デトロイト・ロック・シティ」("Detroit Rock City",1999年)のアダム・リフキンは、新作コメディ"Homo Erectus"で監督・脚本・主演を務めるようだ。
"Mission: Impossible III"に、サイモン・ペッグの共演が決まったようだ。
ヒュー・グラントは髪を短くしたらしい。「坊主頭のレズビアンみたいになってしまった」と不満とか。
アシュリー・シンプソンは、8日放送の"Saturday Night Live"に出演、「去年の出演(口パク事件)の後にこの歌を書きました」と言って"Catch Me When I Fall"を歌ったようだ。
先月2日、Disney's California Adventureを訪れていたリース・ウィザースプーンの写真を撮ろうとして拒否されたパパラッチが、一緒にいた母子や従業員2人に暴行を加えたとして、起訴されたようだ。
ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社は、「マトリックス」シリーズ、「ハリー・ポッター」シリーズを含む全10タイトルのUMD Videoを来月25日に発売するようだ。
コン・スチャン監督、カム・ウソン主演主演のホラー「R-Point」(2004年)がハリウッドでリメイクされるらしい。監督候補にはチャン・イーモウの名前も挙がっているとか。
  10/12
堤幸彦監督「サイレン」の製作発表が11日都内で行われ、市川由衣、森本レオ、高橋真唯、田中直樹らが出席したようだ。
ディズニー・アニメ「チキン・リトル」("Chicken Little")のえかきうたを、佐藤弘道が歌うことになったらしい。
東京国際ファンタスティック映画祭でクロージング上映される、ロシアで大ヒットしたSFホラー「ナイト・ウォッチ」("Nochnoy dozor",2004年)について、配給元の米20th Century Foxは、残虐なシーンがあるとして日本公開にストップをかけたらしい。これに対し、20世紀フォックス・ジャパンが日本公開を求める署名活動を展開しているとか。 [☆ま、これもプロモーションでしょう]
ロッテ「ホカロン」の新CM発表会見が11日都内で行われ、中村玉緒と横峯さくらが出席したようだ。12月放送の新CMではペ・ヨンジュンもドライバーのスイングを披露するらしい。
開催中の釜山国際映画祭で、イム・ギョンス監督「6月の日記」のPRイベントが開催され、エリックことムン・ジョンヒョクが参加、数千人のファンが殺到したらしい。
第9回ハリウッド映画祭のワールド映画賞部門に、パク・チャンウク監督「親切なクムジャさん」がノミネートされたらしい。
新作「卑劣な通り」に主演するチョ・インソンは、ファッション・ブランド「CRENCIA」のグラビア撮影に参加したようだ。
伊藤博文、井上馨ら幕末から明治にかけて活躍した5人を描く映画「長州ファイブ」の製作発表が11日、山口県庁で行われ、五十嵐匠監督、松田龍平、山下徹大らが出席したようだ。12月から萩市で撮影に入る模様。
ジェイソン・ステイサム主演「トランスポーター2」("Transporter 2")の公開に合わせて韓国で行われた調査によると、「最後まで約束を守る義理固い俳優」の第1位にはチャン・ドンゴンが選ばれたらしい。
ヨン・ジョンフンがアルバム「All for you」で歌手デビューするらしい。
TBSは、来月1日からVODサービス「TBS BooBo BOX」をスタートさせるようだ。映画では「秘密」(滝田洋二郎監督,1999年)、「WASABI」(ジェラール・クラウジック監督,2001年)、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」(クリス・ナオン監督,2001年)などが配信されるらしい。
松平健と松本友里が結婚するらしい。
11日放送の"Access Hollywood"に出演したシャーリーズ・セロンは「結婚を望む人には幸せになって欲しいけど、私には関係のないことよ」と語ったらしい。何度も結婚の噂があったスチュアート・タウンゼントについては「彼との関係はとても幸せだし、子供は欲しい」とコメントしたとか。
米CATV最大手のComcastは、Playboy Enterprises製作の映画を、VODで配信することで合意したようだ。
コカインの不法所持で先日逮捕されたボーイ・ジョージは、有罪の場合、最大15年の禁固刑となる可能性もあるらしい。
米Time Warnerは、CATV事業の25%分離を検討している模様。
ニック・パーク監督は、Aardman Animationsの倉庫の火災で人形や小道具などを失ったことについて「僕らは前を見つめて新しい作品を撮り続けなければならない。過去に囚われてはいけない。僕はいつも新しい『ウォレスとグルミット』のアイデアを考えているし、ずっとそれを続けたいと思っている」と語ったようだ。
ネット上で開催されている第2回「CON-CANムービー・フェスティバル」の一般視聴者審査がスタートしたようだ。会員登録すれば誰でも審査に参加できるらしい。
シルヴェスタ・スタローン主演のシリーズ最新作"Rocky 6"の撮影が12月にロサンゼルスでスタートするようだ。スタローンは監督も務めるらしい。また、相手役にはIBFミドル級からWBAヘビー級まで4階級でチャンピオンとなった元ボクサーで俳優のロイ・ジョーンズJr.(Roy Jones Jr.)を起用する模様。
開催中の山形国際ドキュメンタリー映画祭で12日、元木隆史監督「僕は神戸生まれで、震災を知らない」が上映されるようだ。
マイク・マイヤーズは、「オースティン・パワーズ」("Austin Powers")シリーズ第4弾の可能性について「望みはある!みんなで集まって話している。僕もあのキャラクタたちに早く会いたいよ」と語ったようだ。
アシュトン・カッチャーは「デミ・ムーアの夫となり、3人のかわいい女の子達の義父になれたことを誇りに思う。僕らの愛は世界中に響き渡って、いつの日かそのこだまが聞こえてくることを願っている。それに、"boy toy"(若い愛人)と呼ばれるのはうんざりだしね」と語ったようだ。
ウォルター・ヒル監督「ウォリアーズ」("The Warriors",1979年)をリメイクするトニー・スコット監督は、舞台をニューヨークから西海岸に移すらしい。「オリジナル版はお気に入りだし、だからこそリメイクするんだが、オリジナルをコピーするつもりはない」と語ったようだ。
キャメロン・クロウ監督は「エリザベスタウン」("Elizabethtown")に出演したキルスティン・ダンストについて「彼女は『あの頃ペニー・レインと』("Almost Famous",2000年)のオーディションを受けたんだけど、いい結果が出なかった。だから今回、彼女に出演してもらえてよかったよ」と語ったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、残虐な描写のあるゲームを18歳未満の未成年に販売、貸し出しすることを禁じる法案に署名したようだ。
ジェフ・ライマン(Geoff Ryman)の小説"Air"が、カナダ人の作家によるSF小説に授与されるSunburst Awardを受賞したようだ。
ブルース・キャンベルの著書"Make Love! The Bruce Campbell Way"のオーディオ・ブックが、iTunes Music Storeで販売されているらしい。
英Daily Mail紙は、次期ジェイムズ・ボンド役はダニエル・クレイグになる、と報じているようだ。 [☆ダニエル・クレイグは37歳。もう少し若い人になるのでは?]
白鳥哲監督「ストーンエイジ」の完成披露試写会が11日都内で行われ、佐藤藍子らが舞台挨拶に立ったようだ。
開催中の釜山国際映画祭で10日行われた、キム・ソンス監督「美しき野獣」のPRパーティに出席したクォン・サンウは「ヒゲを剃って、ぜひ日本に行きたい」と語ったようだ。
ビル・コンドン監督、ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ共演によるブロードウェイ・ミュージカルの映画化"Dreamgirls"で、Paramount Picturesが共同出資と海外配給の契約にサインしたようだ。製作は来年1月にスタートする模様。
Warner Bros.は、007シリーズの原作者イアン・フレミング(Ian Fleming)の半生を映画化するらしい。
id Softwareのトッド・ホーレンスヘッド(Todd Hollenshead)CEOは「"Quake"の映画化についても以前から話があった。問題は、どれを映画化するかだ。"Quake 2"と"3"は全く異なるし、"Quake 4"は"2"の前編に当たる作品だ。だから、映画では"Quake 2"と"Quake 4"の世界が舞台になるだろう」と語ったようだ。
"Doom"に主演したザ・ロックは、スタント・シーンについて「観客も抜け目がないし、僕も映画で観たいのは僕本人だ。だから、出来ることは自分でやる。(監督の)アンジェイ(・バートコウィアク)にも『僕がやって出来なかったら、それだけのことだ。スタントマンを呼べばいい』と言ったんだ」と語ったらしい。
新作"Southland Tales"の撮影を終えたザ・ロックは「ほんの少し未来、2008年が舞台になる。1億5000万ドルもかけた『宇宙戦争』("War of the Worlds",2005年)のような映画とは違う。人々をの心を動かし、奮い立たせるような特別な作品なんだ」と語ったらしい。
スーザン・クーパー(Susan Cooper)の冒険ファンタジー小説「闇の戦い」("The Dark is Rising")シリーズの映画化で、Walden Mediaは「トレインスポッティング」("Trainspotting",1996年)のジョン・ホッジ(John Hodge)を脚本に起用したようだ。
マイク・ニューウェル監督次回作は、ガブリエル・ガルシア=マルケス(Gabriel Garcia Marquez)の小説「コレラの時代の愛」("Love in the Time of Cholera")の映画化になるようだ。
エドワード・ズウィック監督、レオナルド・ディカプリオ主演の新作スリラー"Blood Diamond"で、ジェニファー・コネリーが出演交渉中らしい。
レネー・ゼルウィガーは、アイルランド人歌手ダミアン・ライス(Damien Rice)と交際中、と報じたNew York Post紙を発行する新聞社を訪れ、担当記者に直接抗議したらしい。
英Total Film誌は「最高のホラー映画50」を発表、1位には「悪魔のいけにえ」("The Texas Chainsaw Massacre",1974年)が選ばれたようだ。
  10/13
台湾の人気俳優マイク・ハーが主演するドラマ「Express Boy-悪男宅急電-」が、来月7日から東京MXテレビで放送されるらしい。
三谷幸喜作・演出による舞台「12人の優しい日本人」が、江口洋介、石田ゆり子、堀部圭亮らの共演で来月30日から再演されるらしい。
田崎竜太監督「小さき勇者たち〜ガメラ〜」の製作発表が12日都内で行われ、夏帆、津田寛治らが出席したようだ。
オペラや映画産業への助成を3分の1以上削減することを決めたイタリア政府に抗議するため、同国の芸術・娯楽関連の労組や業界団体などは、14日に全国一斉ストを行うようだ。
韓国で大ヒット中のパク・グァンヒョン監督「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」、日本での公開はまだ未定とか。
クォン・ジョングァン監督、チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョンら共演による新作「サッドムービー」の日本配給権が、韓国恋愛映画としては過去最高額で販売されたらしい。
18日にソウル市内で行われるシム・ウナの結婚式には、芸能関係者は1人も招待されていないらしい。
チョン・ジュノ、チョン・ウンイン、チョン・ウンテク共演によるシリーズ第2作「頭師父一体2」がクランクインした模様。
妻夫木聡がソン・イェジンと共演、と韓国で報じられたらしい。
香港特別行政区は12日、映画業界との情報交換・意思疎通を行うための映画発展委員会を創設する方針を明らかにしたようだ。
中央電視台、中視伝媒、南京電影制片場などが制作費2000万元を投入した新作ドラマシリーズ「王昭君」の撮影が、内モンゴル自治区で進行中らしい。
イ・ビョンホンの所属事務所は、日本で発売される予定だったDVD「私の心のイ・ビョンホン」に無許可の映像が含まれているとして、DVD販売する場合には法的手段を取る、と発表したようだ。
イタリアの映画監督ピエル・パオロ・パゾリーニ(Pier Paolo Pasolini,1922-1975)が17歳の少年に殺害されたとされる事件について、ローマ地検は、今年5月から行っていた再捜査の打ち切りを決定したようだ。
英国諜報機関MI6は13日、ホームページで新人スパイの募集を始めたようだ。
米FOXは、パリス・ヒルトン、ニコール・リッチー出演のリアリティ番組"The Simple Life"(2003年-)について、第4シーズンの制作中止を決定した模様。
IMAX社は、来年ロシアにオープン予定のシネコンに大型スクリーン施設を設置する契約を、地元企業と結んだようだ。
映画撮影で性行為を行う場合、俳優の名前と年齢のリストを提出しなければならないとする米連邦法について、インディアナ州・共和党のマイク・ペンス(Mike Pence)下院議員が提出した「児童安全法2005」(Children's Safety Act of 2005)では、映画やTV番組で多く行われているような性行為の真似についてもその範囲に含めることを要求しているらしい。
Sony Pictures Entertainmentは、007シリーズ第21作"Casino Royale"でジェイムズ・ボンドを演じる俳優をについて、14日にロンドンで発表するようだ。
iTunes 6のリリースを発表した米Apple Computerと、Walt DisneyがTV番組の配信で提携したことを受け、DisneyとPixar Animationが再び関係を強めるとの見方が出ているようだ。
読者が優れた文学作品を選ぶ第1回Quills賞が11日発表され、J・K・ローリング「ハリー・ポッターと混血のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")や、ボブ・ディランの自伝"Chronicles, Vol. I"などが受賞したようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、今年の国連・世界人道的活動賞を受賞したようだ。
米Apple Computerは12日、2.5インチワイド液晶ディスプレイでビデオ再生が可能な新しいiPodと、ビデオ配信に対応したiTunes 6を発表したようだ。これに合わせ、iTunes Music Storeでは約2000本のミュージックビデオや「バウンディン」("Boundin'",2003年)などのPixar Animationによる短編アニメ作品の販売がスタートしたほか、米ABCやDisney Channelの人気番組の配信もまもなく始まる模様。
AIIは、韓国アニメ「いい話」の配信を14日からスタートするようだ。
米メディア大手Viacomは、インターネットを通じたVODを提供するiFilmを買収するようだ。
「スター・ウォーズ」シリーズでチューバッカを演じた英俳優のピーター・メイヒューは、17日に行われる式典で米国市民となるようだ。
ロバート・アルトマン監督次回作は"The Tortoise and the Hare"という作品で、来年ロンドンで撮影される模様。エマ・トンプソンが出演交渉中らしい。
伝説的サルサ歌手エクトル・ラヴォー(Hector Lavoe,1946-1993)を描くマーク・アンソニー、ジェニファー・ロペス夫妻共演による新作"El Cantante"の撮影が、来月14日からニューヨークで始まるようだ。
第18回日本メガネベストドレッサー賞のッ表彰式が12日都内で行われ、寺尾聰がサングラス部門、笑福亭鶴瓶が芸能界部門に選ばれたほか、石川亜沙美に特別賞が贈られたようだ。
呉美保監督「酒井家のしあわせ」の撮影が12日、三重県伊賀市でスタートしたようだ。
orange pekoeによる「まだまだあぶない刑事」(鳥井邦男監督)のオープニングテーマ「空の庭」のシングルが12日発売されたようだ。ジャケットには、映画ポスターにorange pekoeのメンバーが合成された画像が使用されているとか。仲村トオルと浅野温子が消されているらしい。
キーラ・ナイトレイは「プレミアはあまり得意じゃない。文字通り、引きずられて行くの。凄く怖いのよ。車の冷房を効かせるんだけど、汗びっしょりになってしまう。でも、仕事だから行かなくちゃいけない。何でこんな風に反応するのか自分でも分からないわ」と語ったようだ。
ミーナ・スヴァーリは「たまたま、演技をしているだけ。一生女優を続けたいという強い願望があるわけじゃないの。もしモデルをやっていなければ、今頃は心理学を勉強して博士号を目指していたと思う。でも、これからでも遅くはないわ。50代で学位をとった人も知っているし。とりあえず、俳優業がどうなるか様子を見るわ」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストは「大金でも積んでもらわない限り、"Spiderman III"が最後よ」と語ったらしい。
ホン・サンス監督「女は男の未来だ」プロモーションのため、キム・テウが29日都内劇場で初日舞台挨拶を行うようだ。
新作"Doom"でサマンサ・グリム博士(Dr. Samantha Grimm)役を演じたロザムンド・パイクは「(『ダイ・アナザー・デイ』("Die Another Day",2002年)で)ボンド・ガールも演じていたし、準備は万端だったの。スタント・コーディネーターに付いて銃の扱いも練習したわ。かなり上達したのに、でも、それを使うチャンスはなかったの」と語ったようだ。
ザ・ロックは、新作"Doom"に登場するBFG(Bio-Force Gun)について「僕が使った実物は、本当に重かった。でも、その重さを感じさせることが出来たから良かったよ。リアルさのためにわざと重く作ったんだ。そのBFGは今、僕の家に鎮座しているよ」と語ったようだ。
米CBSは、新作ドラマ・シリーズ"Ghost Whisperer"について、フルシーズン制作を決定した模様。
"Wedding Crashers"(2005年)のデヴィッド・ドブキン監督と製作会社Tapestry Filmsは、タイトル未定の新作R指定コメディで再び手を組むようだ。
サイエントロジー(Scientology)信者のジョン・トラヴォルタ、ケリー・プレストン夫妻は、ケイティ・ホームズに、"サイレント・バース"という出産方法を勧めているとか。母親は、痛みの声を上げてはいけないらしい。
昨年12月の飲酒運転で起訴されていたストッカード・チャニングは有罪を認め、390ドルの罰金と、36ヶ月の保護観察を言い渡されたようだ。
ジェイムズ・エルロイ原作、ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"The Black Dahlia"のフランス版ポスターが公開されたようだ。
  10/14
1985年にオープンした沖縄県名護市の名護シアターが、今年12月30日で閉館するようだ。
宮崎あおいの写真集「光」が、来月下旬に発売されるようだ。
次期ジェイムズ・ボンド役にダニエル・クレイグの起用が決定した模様。
韓国サムスン電子の携帯電話「Anycall」のミュージックドラマ形式によるCM「エニークラブ」第2弾の公開試写会が13日ソウル市内で行われ、共演するイ・ヒョリ、クォン・サンウ、エリックが出席したようだ。
映画祭開催中の釜山で12日行われたユン・テヨン監督「少年、天国へ行く」のパーティに出席したヨム・ジョンアは「愛していれば年下でも構わない」と語ったらしい。
開催中の釜山国際映画祭で11日「オペレッタ狸御殿」が上映され、鈴木清順監督が記者会見に出席したようだ。
財団法人ヒロシマ・ピース・センターによる第17回谷本清平和賞は、新藤兼人監督に送られることが決まったようだ。来月13日に広島市内で授賞式が行われるらいし。
ヴィッキー・チャオ、チェン・パオクオら共演の新作ドラマ・シリーズ「京華煙雲」の記者会見が12日、北京市内で行われたようだ。18日から中央電視台で放送されるらしい。
韓国LGテレコムの新CMに、イム・ジョンウンが起用されたようだ。
韓国KBS第2チャンネルで放送中のチェ・ジンシル主演「バラ色の人生」は、12日の放送で視聴率47%を記録したらしい、
パレスチナ難民キャンプの人々を描くドキュメンタリー映画「アルナの子どもたち」の上映会と、ジュリアノ・メルハミース監督らによる対談が、16日に京都大学で行われるようだ。
米Electronic Arts社は14日、スティーヴン・スピルバーグと共同で、新作ゲーム3作品を制作すると発表したようだ。
1989年から1992年にかけてオーストラリアで7人の旅行者が殺害された事件に基づく新作ホラー映画"Wolf Creek"について、来週から始まる事件の容疑者に対する裁判に影響を与える可能性があるとして、オーストラリア北部での公開延期が決まったようだ。
全米週末公開作品では、キャメロン・クロウ監督、オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト共演「エリザベスタウン」("Elizabethtown")が1200万ドル〜1500万ドルの週末興収で1位となる模様。一方、キーラ・ナイトレイ主演「ドミノ」("Domino")は500万ドル前後のスタートとなると予想されているらしい。
トリ・スペリング(Tori Spelling)とチャーリー・シャニアン(Charlie Shanian)は、離婚の手続きに入ったようだ。
エリック・クラプトンの自伝が、2007年春に出版されるらしい。
ピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")の製作過程を追ったドキュメンタリーDVD"KING KONG Peter Jackson's Production Diaries"が、全米公開前日の12月13日に米国で発売されるらしい。
スパイク・リー監督は、ハリケーンKatrinaの被災者と政府の対応を追うドキュメンタリー映画を企画しているようだ。
ハリウッドで16年間スタントマンとして活躍するマーク・チャドウィック(Mark Chadwick)は、自動車のCMで地上40階の高さにハーネスで固定されていた時、索具が壊れはじめたことがあるらしい。「『あぁ、なんて最悪なんだ。』もし落ちていたら、地面にたたきつけられるまでの間にそう思っただろう。それから(死を)潔く受け入れるだろうね」と語ったようだ。
新作「エリザベスタウン」("Elizabethtown")が公開となるキャメロン・クロウ監督は「(興行的に失敗した)『あの頃ペニー・レインと』("Almost Famous",2000年)では面目を失ったように思われていた。新作でも同じようなことが起こっている。でも、今や誰も劇場でコケたことなんか覚えていない。皆が覚えているのは、映画の印象だけだ」と語ったようだ。
「ラスト・タイクーン」("The Last Tycoon",1976年)、「フランス軍中尉の女」("The French Lieutenant's Woman",1981年)など映画やTVの脚本も手がけ、「テイラー・オブ・パナマ」("The Tailor of Panama",2001年)などでは俳優としても活躍する、英劇作家のハロルド・ピンター(Harold Pinter)が、今年のノーベル文学賞を受賞することが決まったようだ。
オーランド・ブルームは「僕が出演してきたアクション・アドベンチャー映画では、素晴らしい経験をして多くを学んだ。でも、セリフが少なくて助かったよ。映画が台無しになるところだった」と語ったらしい。
29日にDVD発売となる「ビートキッズ」(塩屋俊監督,2005年)のインターネット試写会がeonetで行われるようだ。
第18回東京国際映画祭の開催に合わせて、「Production I.G スペシャル」イベントが六本木ヒルズ 行われるようだ。TVシリーズ「BLOOD+」の先行上映や、押井守と鈴木敏夫トークショーなどが予定されているらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、カルガリーのバーを訪れた際、ガーナの貧困に喘ぐ子供達が描いた絵が展示されているのを見つけ、新しい学校建設のためだと知った彼女は、5枚の絵を購入したらしい。
米In Touch誌はハリウッドのパーティ・アニマルトップ10を発表したようだ。
1.タラ・リード
2.ショーン・コムズ
3.パリス・ヒルトン
4.アヴリル・ラヴィーン
5.ウィルマー・ヴァルデラマ
6.コリン・ファレル
7.ジェシカ・シンプソン
8.ジェイミー・フォックス
9.リンゼイ・ローハン
10.オーウェン・ウィルソン
ジェシカ・アルバは「私は小さい時からジェイムズ・ボンドの大ファンなの。ボンド・ガールは、世界で最もゴージャスな女性だと思ってきた。それに、彼女達がヴァラエティに富んでいることも好き。黒人もアジア人も白人も東欧の女性も、なんでもありだもの」と語ったようだ。
米ABCの人気ドラマ"Lost"(2004年-)に出演するジョシュ・ホロウェイ(Josh Holloway)は、ホノルルの自宅に妻といたところを強盗に襲われ、現金やクレジットカードとMercedes-Benzを盗まれたらしい。
「宮廷女官チャングムの誓い」の配信がgooでスタートしたようだ。
NHKスペシャル「絆〜高倉健が出会った中国の人々〜」が来月19日に放送されるらしい。チャン・イーモウ監督の新作「単騎、千里を走る。」の撮影現場にカメラが入り、高倉健の素顔と現代中国を追ったドキュメンタリー番組とか。
「天空の草原のナンサ」("Die Hohle des gelben Hundes",2005年)プロモーションのためビャンバスレン・ダヴァー(Byambasuren Davaa)監督が来日、13日都内で記者会見を行ったようだ。
ジョー・カーナハン監督次回作"Smokin' Aces"で、アンディ・ガルシアの共演が決まったようだ。ベン・アフレックも出演するらしい。
エドワード・ズウィック監督、レオナルド・ディカプリオ主演の新作スリラー"Blood Diamond"で、ジャイモン・ハンスゥの共演が決まったようだ。
アラン・リックマン、メアリー・スティーンバージェン、ブライアン・グリーンバーグ(Bryan Greenberg)の3人は、ランドール・ミラー(Randall Miller)監督の新作ファミリー・ドラマ"Nobel Son"で共演するようだ。ショーン・ハトシー、エリザ・ドゥシュク、ビル・プルマン、ダニー・デヴィートらも出演、来週からロサンゼルスで撮影に入る模様。
Warner Bros. Picturesは、Vanity Fair誌2月号に掲載されたジュディ・バクラック(Judy Bachrach)の記事"U Want Me 2 Kill Him?"の映画化で、ファーンレイ・フィリップス(Fernley Phillips)を脚本に起用したようだ。
Universal Picturesは、大ヒットコメディ"The 40-Year-Old Virgin"(2005年)に主演したスティーヴ・カレルのアイデアに基づく新作コメディを製作するようだ。
Warner Bros.は13日、スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイア共演の新作ロマンチック・スリラー"The Good German"の撮影が先月27日にスタートした、と正式発表したようだ。
新作"Doom"に主演したザ・ロックは、プラハでの撮影について「4ヶ月間をプラハのサウンドステージで過ごして、全く太陽を拝めなかった。朝は4時か5時に目覚めて、帰りは夜の8時。サウンドステージの外にいるときは全く太陽がなかったんだ」と語ったらしい。
キーラ・ナイトレイは「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編について「甲板の向こうにいる見えない巨大なイカに引きずられるシーンの撮影があったの。私は、ずっと触手にからまれているフリをしていて、監督は『僕は触手だ、僕は触手だ』って言いながら周りを走り回っていたわ。どんな風になっているかサッパリ分からないけど、上手くいっているといいわ」と語ったようだ。
Jerry Bruckheimer Filmsは、ロビンソン・ヤング(Robinson Young)によるスポーツ・コメディ"Ballers"の映画化を決定した模様。
ヒュー・ローリー主演による米FOXのドラマシリーズ"House, M.D."(2004年-)で、シンシア・ニクソンのゲスト出演が決まったようだ。
キャメロン・クロウ監督、オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト共演「エリザベスタウン」("Elizabethtown")からの最新画像が公開されたようだ。
  10/15
米国での調査によると、インターネット利用者の56%がオンライン・ビデオを鑑賞、1ヶ月の平均視聴時間は一人当たり73分間に達したようだ。
第10回釜山国際映画祭が14日、閉幕したようだ。過去最多の19万2000人の観客動員を記録したらしい。
「宮廷女官チャングムの誓い」がアニメ化されるらしい。今月末から韓国MBCで放送されるようだ。
サトウトシキ監督「ちゃんこ」の前夜祭が14日、T・ジョイ東広島で行われ、主演の須藤温子らが出席したようだ。
ヴィック・チョウのファーストアルバム「Make A Wish」が、19日に日本で発売されるようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の日本での興行成績は、興収92億円、観客動員数700万人にとどまり、目標を大きく下回ったようだ。
オペラや映画産業への助成金35%カットを決定したイタリア政府に抗議して、同国のほぼ全ての劇場、映画館が14日、24時間ストライキを行ったようだ。また、同日ローマ市内では抗議デモが行われ、ロベルト・ベニーニ監督ら1000人以上が参加した模様。
米Warner Home Videoは、キング・ヴィダー(King Vidor)監督「ハレルヤ」("Hallelujah",1929年)、ウィリアム・キーリー(William Keighley)監督「緑の牧場」("The Green Pastures",1936年)、ヴィンセント・ミネリ(Vincente Minnelli)の監督デビュー作"Cabin in the Sky"(1943年)の3作品のDVDを、来年1月10日に発売するようだ。また、20th Century Fox Home Entertainmentもアンドリュー・L・ストーン(Andrew L. Stone)監督「ストーミー・ウェザー」("Stormy Weather",1943年)、ロバート・ロッセン(Robert Rossen)監督「日のあたる島」("Island in the Sun",1957年)などの古典作品を同日リリースするらしい。
メアリー=ケイト・オルセンはニューヨーク大学を休学したようだ。エンタテイメント企業の経営に集中するためとか。
Sony Pictures EntertainmentとMGMは14日、ダニエル・クレイグを第6代ジェイムズ・ボンドに起用した、と正式発表したようだ。
開催中の第38回シッチェス・カタルーニャ国際映画祭で、ジョディ・フォスターが名誉賞(Honorific Prize)を受賞したようだ。
開催中の第38回シッチェス・カタルーニャ国際映画祭で11日、三池崇史監督「妖怪大戦争」が上映され、栗山千明らが出席したようだ。
"X-Men 3"の特報が公式サイトで公開されたようだ。
ヘイデン・クリステンセンは、モデルでダンサーのローラ・スカイ(Lola Skye)と、カリブ海の島で休暇を過ごしたらしい。
ダイアナ元英国皇太子妃の事故死直後の英王室と政府を描くスティーヴン・フリアーズ監督、へレン・ミレン、ジェイムズ・クロムウェル、マイケル・シーン共演の新作"The Queen"について、Miramax Filmsが北米配給権を獲得したようだ。
リンゼイ・ローハンの新曲"Confessions Of A Broken Heart"のミュージックビデオで、ローハンの足にジャレッド・レトのサインが書かれているらしい。
ジェニファー・アニストンとコートニー・コックスは、共同で映画製作会社を設立する準備を進めているらしい。
ブルース・ウィリス、リンゼイ・ローハン、エディ・マーフィらとパーティに出席していたパリス・ヒルトンが、ビジュー・フィリップスと共にロサンゼルスのクラブを出ようとしたとき、ヒルトンのボディガードとパパラッチとの間で小競り合いがあったらしい。
ドリュー・バリモアは、イタリアのファッション・ブランドMissoniのイメージ・モデルに起用されたようだ。
クリスティーナ・アギレラは、Pepsiのイメージキャラクタに起用されたようだ。
オーランド・ブルームは「学ぶべきことは、まだたくさんある。大作の重圧を感じずに学び続けることが出来る、舞台や小規模な映画に戻ることが必要だと思っている」と語ったようだ。
KBS第2テレビ「ウェディング」に出演するリュ・シウォン、ミョン・セビン、イ・ヒョヌの3人は、宮崎県の台風14号の被災者に対するメッセージビデオを制作、みやざき観光コンベンション協会が14日に受け取ったようだ。
東京国際ファンタスティック映画祭が14日開幕し、初日は「スパイモンキー」("Spymate",2003年)、「奇妙なサーカス」(園子温監督)などが上映されたようだ。
"House of the Dead 2: Dead Aim"の撮影を終えたエマニュエル・ヴォージアは「楽しかったわ。私は特殊作戦の士官の役で、エド・クインが私のパートナーを演じているの。狭い場所での展開で、いろんなことが明らかになる。前作よりずっと良くなっていることを期待しているわ」と語ったようだ。
来月開催される米国映画協会(American Film Institute)主催のAFI Festで、ジョニー・デップに名誉賞が贈られるようだ。
  10/16
須賀大観監督「最終兵器彼女」の主題歌に、メレンゲの新曲「すみか」が起用されたようだ。
日向寺太郎監督「誰がために」が15日初日を迎え、池脇千鶴、エリカ、宮下順子らが出席したようだ。
イ・ビョンホン主演の韓国ドラマ「オールイン 運命の愛」の原作者が、無断で小説やマンガを販売し著作権を侵害されたとして、日本放送出版協会と講談社に対する訴訟を起こすようだ。
ジョージ・マイケルが自らの過去を語ったドキュメンタリー映画「ジョージ・マイケル〜素顔の告白〜」("George Michael: A Different Story",2005年)が、12月に日本でも公開されるらしい。
佐藤純彌監督「男たちの大和/YAMATO」全国公開初日を迎える12月17日から、映画館のない広島県尾道市でも同作品の上映会が開催されることが決まったようだ。
イザベル・アジャーニは、親友の男性との写真を掲載し、男性の名誉を傷つける記事を無断で掲載したとして、雑誌・新聞に対する訴訟の準備を進めているようだ。
東映太秦映画村を、大型パーティの施設として貸し出すサービスが人気を集めているらしい。
Variety紙は、過去100年でもっとも影響力のある芸能人トップ100を発表、エルヴス・プレスリー、チャーリー・チャプリン、フランク・シナトラ、マリリン・モンロー、マーロン・ブランド、ハンフリー・ボガート、ミッキーマウスらを抑え、The Beatlesが1位に選ばれたようだ。
米NBC Universalは、DreamWorks SKG買収に向けて新たな提案を行い、先月末に決裂した交渉を再開させるようだ。
2009年4月7日までに米国の全てのTV放送をデジタル化し、電波の再割り当てを行う競売で少なくとも48億1000万ドルを回収し予算とする法案のドラフトが、米上院商務委員会(Senate Commerce Committee)からまもなく提出されるようだ。
今年7月に亡くなったジェイムズ・ドゥーアン(James Doohan,1920-2005)の遺灰は、12月6日にSpace Services社のロケットFalcon Iで宇宙へと旅立つようだ。ロケットから放出される、ドゥーアンら120人の遺灰を載せたカプセルは、50〜200年間地球軌道を周回した後、大気圏で燃え尽きるらしい。
パン・ウンジン監督、オム・ジョンファ主演の新作「オーロラ姫」プロモーションとして、カナダ観光局の後援による「オーロラ体験旅行」イベントが韓国で企画されているらしい。
ピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")の音楽は、ハワード・ショア(Howard Shore)から、ジェイムズ・ニュートン・ハワード(James Newton Howard)に交代したようだ。ジャクソン監督と意見の相違があった模様。
トニー・ギルロイ(Tony Gilroy)脚本・監督、ジョージ・クルーニー主演の法廷スリラー"Michael Clayton"に、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラックの出演が決まったようだ。来年1月からニューヨークで撮影が始まる模様。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)に出演するミーシャ・バートンは、出演料のアップを要求しているらしい。700万ドルの邸宅の支払いが月3万ドルになることや、米石油王の息子ブランドン・デイヴィス(Brandon Davis)との破局が背景にあるようだ。
アイヴァン・ライトマン監督、新作ロマンチック・コメディ"Super Ex"でルーク・ウィルソンと共演するユマ・サーマンは「ずっとコメディはやりたいと思っていたのよ。誰も私にやらせてくれなかったけど」と語ったようだ。今月からニューヨークで撮影に入るらしい。
ネリー(Nelly)の星型が、ミズーリ州セントルイスのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
オペラや映画産業への助成金35%カットを決定したイタリア政府に抗議するロベルト・ベニーニ監督は、15日放送の人気ニュース番組でのインタビュー中、突然シャツを脱ぎ始め、上半身裸になったらしい。
「燃えよドラゴン」("Enter the Dragon",1973年)などを手がけた映画プロデューサーのレイモンド・チョウ(Raymond Chow)は、ブルース・リー(Bruce Lee,1940-1973)の死因について、頭痛薬の成分のせいだと語ったらしい。
  10/17
出目昌伸監督、松平健主演の新作「バルトの楽園」で、ブルーノ・ガンツの共演が決まったらしい。日独同時公開も予定されているとか。
アルバイト情報誌「フロムエー」の表紙を北野武とビートたけしが飾るらしい。新作「TAKESHIS'」とのタイアップで、首都圏の車内広告にも登場するようだ。
ペ・ヨンジュンの手形が、日比谷シャンテ前の「合歓の広場」に加わるらしい。海外の俳優ではトム・クルーズに続いて2人目とか。
出目昌伸監督、松平健主演の新作「バルトの楽園」のオープンセット完成式典が16日、徳島県鳴門市で行われたようだ。撮影終了後は一般公開される予定とか。
「SAW2」("Saw II")のダーレン・リン・バウズマン(Darren Lynn Bousman)監督が来日、開催中の東京国際ファンタスティック映画祭にゲスト出演したようだ。
「山の彼方に」(千葉泰樹監督,1950年)、「えりことともに」(藤本真澄監督,1951年)、「山の音」(成瀬巳喜男監督,1954年)、「永すぎた春」(田中重雄監督,1957年)、「痴人の愛」(木村恵吾監督,1960年)などの映画や、TVドラマ「キイハンター」などで活躍した、女優の角梨枝子さんが12日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
夕刊フジが「韓流クォン・サンウ頻繁に来日するワケ」と題した記事を掲載、「某人気グラビアタレントとは熱愛も噂されている」などと報じたことに対し、クォン・サンウの所属事務所は「全くの事実無根であり、法的措置を講じる」とコメントしたらしい。
クォン・サンウ、ユ・ジテ共演の新作「美しい野獣」のメイキング映像が公開されたようだ。
慶尚南道統営市のメムル島で新作「波浪注意報」撮影中のソン・ヘギョのファンが、ソウルから12時間かけて撮影現場を訪れ、ソン・ヘギョは感激の涙を流したとか。
韓国で公開中のパク・チンピョ監督、ファン・ジョンミン、チョン・ドヨン共演「君は僕の運命」の観客動員数は、15日までに266万4545人に達し、恋愛映画として過去最高を記録したようだ。
「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")に主演するアントニオ・バンデラスは15日、ロサンゼルスで韓国記者とのインタビューに答え「過去10年間、韓国映画が世界で注目を浴びてきたことは良く知っているし、映画産業の面でも考慮しなければならない事実だ」と語ったようだ。
ファン・ジョンミン、オム・ジョンファイム・チャンジョン、キム・スロら共演の「私の生涯で最も美しい一週間」が、週末観客動員数31万1577人を記録、2週連続1位となったようだ。一方、ジャッキー・チェン、キム・ヒソン共演"The Myth"は14万8744人で2位となった模様。
チュ・チャンミン監督の新作「愛を逃す」で、ソル・ギョングが再び軍服姿を披露するようだ。
"韓国初の女性飛行士"パク・キョンウォンを描く新作「青燕」に対し、中国に亡命後1925年に中国空軍で女性パイロットとなったクォン・ギオクの方が3年早く、事実と異なる、とする声が挙がっているらしい。製作会社側は「映画は民間人として初の女性パイロットとなったパク・キョンウォンの物語だ」とコメントしているようだ。
ふくやま美術館で開催中の「オードリー・ヘップバーン展」は、開幕9日目の16日、来場者数1万人を突破したようだ。
「香港ポップカルチャー・シンポジウム」が17日都内で行われ、ウォン・ジン監督、セシリア・チャンらが出席したようだ。
ピーター・チャン監督、ジャッキー・チュン、金城武、ジョウ・シュン、チ・ジニ共演の新作ミュージカル映画「如果愛」("Perhaps Love")が、12月2日から中国で公開されるようだ。
イスラム法に反するとして映画上映が禁じられていたサウジアラビアで来月、20年ぶりに映画が公開されるらしい。首都リヤドのホテルに女性と子供限定の特設映画館が設けられ、アニメーション映画が上映されるとか。
シカゴ国際映画祭(Chicago International Film Festival)のコンペ部門表彰式が15日行われ、Krzysztof Krauze監督のポーランド映画"Moj Nikifor"("My Nikifor")が最高賞のゴールド・ヒューゴ(Gold Hugo)を獲得したようだ。
14日に閉幕したバンクーバー国際映画祭(Vancouver International Film Festival)で、フランス-イスラエル合作によるラデュ・ミエレアニュ(Radu Mihaileanu)監督作品"Va, vis et deviens"("Go, See, and Become")が観客賞を受賞したようだ。
北米を除く海外週末興収では、「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")が2640万ドルで先週に引き続きトップを維持、総興収は4000万ドルに達した模様。
米Mattel社は、バービー人形をイメージしたファッションブランド「バービー・ラックス」を立ち上げるようだ。10代後半から30代のファッションに敏感な人がターゲットとか。
全米週末興収は、ルパート・ウェインライト監督によるリメイク版"The Fog"が1229万ドル(2,972館)で初登場1位を記録、オーランド・ブルーム主演「エリザベスタウン」("Elizabethtown")は1100万ドル(2,517館)で3位、キーラ・ナイトレイ主演「ドミノ」("Domino")は468万ドル(2,223館)で6位のスタートとなったようだ。
第2次大戦での硫黄島の戦いを描くクリント・イーストウッド監督の新作"Flags of Our Fathers"は、日本側の視点による作品"Lamps Before Wind"(仮題)と同時公開されるらしい。米国版はポール・ハギス(Paul Haggis)、日本版はアイリス・ヤマシタ(Iris Yamashita)が脚本を担当、日本版は来年2月に撮影に入る模様。
オーランド・ブルームは「僕は全くのテクノ音痴なんだ。コンピュータも持ってないし、メールアドレスもない。せいぜい電話を使うくらいさ。相性が悪いんだ」と語ったらしい。
ケイティ・ホームズは、スペイド・クーリー(Spade Cooley,1910-1969)の生涯を描くデニス・クエイドの監督デビュー作"Shame on You"への出演を取りやめた模様。胎児への影響を心配しているらしい。
元Spice Girlsのジェリ・ハリウェル(Geri Halliwell)が妊娠したらしい。父親は「ターミナル」("The Terminal",2004年)などを手がけた脚本家サーシャ・ガヴァシ(Sacha Gervasi)とか。
ラスヴェガスのHard Rock Hotelで、ナイトクラブBody Englishのオープン1周年記念パーティが開催され、パリス・ヒルトン、キンバリー・スチュワート、ビジュー・フィリップスらが出席していたものの、ホテル宿泊客が投げたタバコの火が椰子の樹に燃え移り、火災となったらしい。
萩原健一は、17日放送のテレビ朝日「ワイド!スクランブル」のインタビューに答え、妻との離婚をあらためて表明したようだ。
松本大洋の人気コミック「鉄コン筋クリート」がCGアニメとして映画化されるらしい。「アニマトリックス」("Animatrix",2003年)シリーズを手がけたマイケル・アリアスが監督を務めるようだ。
キルスティン・ダンストは、救援活動に参加していたイラクで自爆テロにより殺害されたアメリカ人女性の半生を描くParamount Picturesの新作に主演するようだ。
Columbia PicturesとRed Wagonは、ホリー・ピーターソン(Holly Peterson)の小説"The Manny"を映画化するようだ。子守を務める男が、雇い主の母親に恋をするという話らしい。
ボー・ブリッジス(Beau Bridges)とシャヒーン・カーンは、American Pride Films Groupによる新作ロマンチックコメディ"Americanizing Shelly"で共演するようだ。ハリウッドで製作されるボリウッド・スタイルの作品になるらしい。「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2006年)などを手がけるTV界のベテラン、ロレーヌ・セナ(Lorraine Senna)が監督を務める模様。
カール・アーバンとロザムンド・パイクは、"Doom"の続編への出演契約にサインしたようだ。ただし、続編製作の計画はまだないらしい。
南北戦争時代を舞台にした、ハリソン・フォード主演の新作"Manhunt"で、エクアドル出身のセバスチャン・コルデロ(Sebastian Cordero)が監督に起用されたようだ。
クライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン、ヴァンサン・カッセル共演の新作スリラー"Derailed"の予告編が公開されたようだ。
  10/18
ソン・ユナの来日会見とファンミーティングが17日都内で行われたようだ。
ロサンゼルスで16日開催されたマーティン・キャンベル監督「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")のプレミアに出席したキャサリン・ゼタ=ジョーンズは「来年1月には日本に行きたい」と語ったらしい。
森田健作がパーソナリティを務めるbayfm78の番組「青春スピリット」の収録が17日都内で行われ、スティーヴン・セガールが参加したようだ。セガールは、森田健作企画・製作、月野木隆監督による新作「I am 日本人」にもゲスト出演するらしい。
福岡芳穂監督「愛してよ」の完成披露試写会が17日都内で行われ、西田尚美らが出席したようだ。
東京有楽町の「丸の内ルーブル」の命名権を久光製薬が取得、12月10日から「サロンパス ルーブル丸の内」に変更されるらしい。 [☆なんか「サロンパス」の臭いしそう・・・]
「ジョゼと虎と魚たち」(犬童一心監督,2003年)が、今月29日にソウルで再上映されるらしい。
釜山国際映画祭でクロージング上映された、ファン・ビョングク監督の新作「私の結婚遠征記」が、来月23日から韓国で公開されるようだ。
「私の頭の中の消しゴム」プロモーションのため、ソン・イェジンが18日に来日、テレビ朝日「徹子の部屋」A出演したようだ。
イ・ジェヨン監督の新作「多細胞少女」で、キム・オクピン、イ・キョン、パク・チヌ、キム・ビョル、パク・ヘウォンら若手が共演するようだ。
韓国KBS第2テレビのコメディドラマ「オールドミスダイアリー」の27日放送の回に、ユン・ドヒョンがスリの役でゲスト出演しているらしい。
チョン・ウソンは、「私の頭の中の消しゴム」のプロモーションで来日したため、18日に行われる親友のシム・ウナの結婚式に出席できないようだ。
キム・デウ監督の新作「淫乱書生」で、ハン・ソッキュとイ・ボムスが韓服姿を披露するようだ。
ホ・ジノ監督、ペ・ヨンジュン主演「四月の雪」の日本国内興収が16日までに23億円に達し、「僕の彼女を紹介します」の20億円を越え、韓国映画歴代1位となったようだ。
奥田瑛二の監督による新作「長い散歩」が、岐阜県多治見市でクランクインしたようだ。緒形拳らが出演するらしい。
ディズニー・アニメ「チキン・リトル」("Chicken Little")の日本語版エンディングテーマ「いつかきっと」を岡本真夜が歌うようだ。
ジャッキー・チェン主演最新作"The Myth"の上映会が17日、北京大学で行われ、ジャッキー・チェンによる講演も行われたようだ。
シム・ウナは18日、大学院教授のチ・サンウクと結婚式を挙げたようだ。
2003年放送のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」第1回放送の内容が「七人の侍」(黒澤明監督,1954年)に酷似しているとして、黒澤久雄らがNHKと脚本家に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は18日、黒澤側の上告を棄却、敗訴が確定したようだ。
アシュトン・カッチャーは、米FOXの新作シチュエーションコメディ"30 Year Old Grandpa"(仮題)のパイロット版を制作するようだ。
米人気アニメシリーズ"SpongeBob SquarePants"(1999年-)が、12月28日から中国でも放送されるらしい。
米Apple Computerによる、iTunes Music Storeで配信する映像コンテンツの調達が難航している模様。
シャロン・ストーンらは、ハリケーンKatrina被災者支援のためのシングルビデオ"Come Together Now"を発売すると発表したようだ。
TVシリーズ"Saturday Night Live"(1975年-)出身で、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」("Dances with Wolves",1990年)、「ジム・キャリーはMr.ダマー」("Dumb and Dumber",1994年)、「ホワイトハウスの陰謀」("Murder at 1600",1997年)などの作品でも活躍した、米俳優のチャールズ・ロケット(Charles Rocket)さんが7日亡くなった(56歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ウェス・クレイヴンと彼の製作会社Craven/Maddalena Filmsは、アダム・アレカ(Adam Alleca)のスリラー"Home"のオプションを獲得したようだ。
Sony Pictures Animationの新作CGアニメ"Neanderthals"で、ジョン・ファヴロウが脚本とプロデュースを担当するようだ。
今年のトロント国際映画祭で上映された、エイドリアン・シェルゴールド(Adrian Shergold)監督のデビュー作"Pierrepoint"の北米配給権を、IFC Filmsが獲得したようだ。
米2929 Entertainmentは、インディ作品向けの配給会社Truly Indieを設立したようだ。同社の映画館チェーンLandmark Theaterやマーケティング、配給の仕組みを定額料金で提供、製作者側が作品に関する全ての権利を保持したまま劇場公開を可能にするらしい。 [☆料金さえ払えば誰でも映画を劇場公開することが出来る・・・画期的だと思います]
Sundance Institute設立25周年を記念した11枚組みDVD-BOX"Sundance Film Festival Collection: Celebrating 25 Years of Sundance Institute"が、来月22日に米国で発売されるようだ。スティーヴン・ソダーバーグ監督の「セックスと嘘とビデオテープ」("Sex, Lies and Videotape",1989年)、ケヴィン・スミス監督「クラークス」("Clerks",1994年)、クリス・エア監督「スモーク・シグナルズ」("Smoke Signals",1998年)など10作品と、特典映像が収録されているらしい。
米Walt Disneyは、1400ドルのミッキーマウスのTシャツや、630ドルのティンカーベルのイヤリングなど高額なキャラクターグッズにも力を入れ、人気を集めているらしい。
S.two社が製造販売する、ギターアンプサイズの持ち運び可能な映画向けデジタルレコーダーDigital Field Recorderが、リシャール・ボーランジェ主演の新作"Le Poulain"に使用されるようだ。
Dian Fossey Gorilla Fund Internationalで副会長を務め、ルワンダで野生のゴリラの研究を行っているパトリック・メールマン(Patrick Mehlman)は「オリジナル版の『キング・コング』("King Kong",1933年)はお気に入りの映画だ。子供だった私が類人猿への興味を抱いた一つのきっかけになったと思う」と語ったようだ。「愛は霧のかなたに」("Gorillas in the Mist",1988年)でも描かれたゴリラ研究家の名前を冠したDian Fossey Gorilla Fundは、12月5日のピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")の公開にあわせた資金調達イベントも企画しているらしい。
米NBCは、先月スタートしたSFドラマ・シリーズ"Surface"(2005年-)のフルシーズン制作を決定した模様。
ロサンゼルス映画批評家協会(Los Angeles Film Critics Association)は、今年の特別功労賞(Career Achievement Award)を、「暗黒の恐怖」("Panic In the Streets",1950年)、「ノックは無用」("Don't Bother to Knock",1952年)、「折れた槍」("Broken Lance",1954年)などの数多くの作品で活躍しているリチャード・ウィドマーク(Richard Widmark)に授与すると発表したようだ。
大谷健太郎監督「NANA」で伊藤由奈が歌う劇中歌「ENDLESS STORY」が、24日付オリコンシングルチャートで4位に入り、女性ソロアーティスト初のデビュー曲6週連続ベスト5入りを記録したようだ。
パーカッショニストとして活躍するエヴリン・グレニー(Evelyn Glennie)を追ったドキュメンタリー映画"Touch the Sound"(2004年)が、So-netで配信されるようだ。来春には劇場公開されるらしい。
米Twentieth Century Foxは、Christie/AIXによるデジタルシネマ上映システム向けに作品を配給することで合意したようだ。Christie/AIXによる上映システムは、今後数年間で最大4000台が米国及びカナダの劇場に配備される予定とか。
パク・ジョンチョル、キム・ミンヒらが共演した韓国ドラマ「純粋の時代」(2002年)の配信が、ShowTimeでスタートしたようだ。
Kindred Media Groupは、マイケル・ホフマン監督、マイケル・キートン、ロバート・ダウニーJr.共演の新作"Game 6"の北米配給権を獲得したようだ。来年3月に主要都市で公開する模様。
ジェイムズ・スペイダー主演のTVドラマシリーズ"Boston Legal"(2004年-)に、マイケル・J・フォックスがゲスト出演するようだ。
エリカ・クリステンセンとビジュー・フィリップスは、ヘンリー・ピンカス(Henry Pincus)脚本・監督によるアンサンブルドラマ"You Are Here"で共演するようだ。来月からロサンゼルスで製作に入る模様。
ニック・ラシェイが先月、故郷のコネチカットを訪れた際、25歳の元恋人と浮気しようとした、と少年時代のラシェイの友人が語ったらしい。
モーガン・フリーマンが監督・主演を予定している新作で、アッシャー・レイモンドが出演交渉中らしい。殺し屋が主人公の作品で、アッシャーはフリーマンの青年時代を演じるようだ。
シカゴのホテルのバルコニーで抱きしめあうジェニファー・アニストンとヴィンス・ヴォーンが目撃されたようだ。
「アレキサンダー」("Alexander",2004年)撮影中のタイで手首と足首を骨折したコリン・ファレル。当時はパーティで酔って階段から落ちた、と説明していたものの、実は浴室の窓から飛び降りたためだったらしい。
ジェシカ・アルバは「痩せすぎじゃない女の子達にとって、他の誰かより私が主人公を演じた方が安心できる、と思うようになったの。私なら、若い女の子達の抱くボディ・イメージを取り払うことが出来るんじゃないかと思うわ」と語ったようだ。
小泉堯史監督「博士の愛した数式」の完成披露試写会が17日都内で行われ、寺尾聰、深津絵里らが出席したようだ。
ピーター・カッタネオ監督「ポビーとディンガン」("Opal Dreams",2005年)の試写会が17日都内で行われ、ヒロインを演じたサファイア・ボイス(Sapphire Boyce)が出席、小倉優子が花束贈呈に訪れたようだ。
ソーラ・バーチとトビー・スティーヴンスは、レイ・ガウワー(Ray Gower)監督・脚本によるホラー"Dark Corners"で共演するようだ。
ドリュー・マッキーニー(Drew McWeeny)とスコット・スワン(Scott Swan)の脚本によるホラー"Invasion"の製作が決まったようだ。
オキサイド・パン、ダニー・パン監督による「the EYE【アイ】」("The Eye",2002年)の続編"The Eye 2"(2004年)もハリウッドでのリメイクが決まったようだ。
USA Networkは、イアン・ソフトリー監督"The Skeleton Key"(2005年)とジョス・ウェドン(Joss Whedon)監督"Serenity"(2005年)のUniversal Pictures作品2本のTV放映権を獲得したようだ。
Marvel Entertainmentは、インドのアニメーション制作会社First Serve Toonzと、"X-Men"のTVアニメシリーズを制作するようだ。ウルヴァリンが主人公になるらしい。
「フォーエバー・フレンズ」("Beaches",1988年)などに出演したメイム・ビアリク(Mayim Bialik)が、第1子となる男の子を出産したようだ。
ミン・ナ、エリック・マイケル・ジー(Eric Michael Zee)夫妻に、第2子となる男の子が誕生したようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、最近編み物に夢中らしい。
スティーヴン・スピルバーグは「肉体的に映画を体験」出来るようになる新しい技術を開発したらしい。現在特許申請中で詳細はまだ秘密とか。
米雑誌編集者協会(American Society of Magazine Editors)は、過去40年間の雑誌の表紙ベスト10を発表、1位にはRolling Stone誌1981年1月号のジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真、2位にはVanity Fair誌1991年8月号のデミ・ムーアの妊婦ヌードが選ばれたようだ。
ウェス・クレイヴン監督「鮮血の美学」("The Last House on the Left",1972年)がリメイクされるらしい。
007シリーズ第21作"Casino Royale"のボンドガールには、アンジェリーナ・ジョリー、シエナ・ミラー、ジェシカ・アルバ、セシル・ドゥ・フランスらが噂されているとか。
  10/19
ニューヨーク市立ハンター大学(Hunter College)の映画クラスで18日、マドンナらが出演する新作ドキュメンタリー映画"I'm Going to Tell You a Secret"が上映され、上映終了後マドンナ本人が突然教室に登場、講義を行ったらしい。
ギャガ・コミュニケーションズは19日、2005年8月期の連結決算を発表、営業損益は12億8500万円の黒字となった模様。「オペラ座の怪人」「Shall we Dance?」等のヒットが貢献したようだ。
高田雅博監督「ハチミツとクローバー」のロケが18日、神奈川県茅ヶ崎市で行われ、櫻井翔、蒼井優らが参加したようだ。
イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」のジャパンプレミアが18日都内で行われ、チョン・ウソン、ソン・イェジンが舞台挨拶に立ったようだ。
経済産業省は、日本、中国、韓国、インド、東南アジア諸国連合の14カ国が参加する閣僚級会合「アジアコンテンツ産業セミナー」を、28日に都内で開催すると発表したようだ。
マリリン・モンローが、ジョン・F・ケネディ大統領にプレゼントしたとされるロレックスの腕時計が18日、ニューヨークでオークションにかけられ、12万ドルで落札されたらしい。
ドキュメンタリー映画「ニッポン国・古屋敷村」(小川紳介監督,1982年)の舞台となった山形県上山市の古い民家集落が、住民が減り維持・補修費用も市で賄えないことから、崩壊の危機にあるらしい。
「妻恋峠」(関喜誉仁監督,1956年)、「落語野郎 大脱線」(杉江敏男監督,1966年)などで俳優としても活躍した、漫才コンビ「Wけんじ」の宮城けんじさんが19日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
山田優の都内の自宅から、400万円相当の貴金属類が盗まれていたらしい。大半は近所の庭に捨てられていたとか。
ソン・ヒョナ主演の新作「愛人」のポスターが公開されたようだ。
来月2日からソウルで開催される第3回アシアナ国際短編映画祭で、イ・ミョンセ監督が審査委員長、キム・ミンソンとカール・ユーンが特別審査員を務めることになったようだ。
キム・ソンス監督、クォン・サンウ主演「美しき野獣」がクランクアップしたようだ。
ジェイコブ・チャン監督、アンディ・ラウ主演による中国、韓国、日本合作による歴史アクション超大作「墨攻」は、韓国からはアン・ソンギと新人のチェ・シウォンらが参加するらしい。 [☆日本は?]
米FOXは、アシュトン・カッチャーとデミ・ムーアのカップルに着想を得た、新作シチュエーションコメディ"30-Year-Old Grandpa"(仮題)を制作するようだ。
映画やTVでの性行為の演技までも規制の対象となる法案「児童安全法2005」(Children's Safety Act of 2005)を提出したインディアナ州・共和党のマイク・ペンス(Mike Pence)下院議員は「法案は映画やTV産業を対象としたものではなく、未成年の子供を使ったポルノ作品を自宅で制作する小児愛者小児愛者を捕らえることを意図したものだ、と語ったようだ。
ティルダ・スウィントンとアンバー・タンブリンは、ヒラリー・ブラウアー(Hilary Brougher)脚本・監督のインディ作品"Stephanie Daley"で共演するようだ。既にニューヨーク州で製作に入っている模様。
Walt Disney PicturesとJerry Bruckheimer Filmsは、俳優としても活躍するアーメット・ザッパ(Ahmet Zappa)の新作児童書"The Monstrous Memoirs of a Mighty McFearless"を獲得したようだ。
デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻は、英タブロイド紙News Of the Worldを名誉毀損で訴えたようだ。12月には法廷で証言するらしい。
暴力的な内容のゲームを18歳以下に販売禁止とする新しい州法は不当だとして、米ビデオソフト取引業者協会(Video Software Dealers Association)は17日、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事に対する訴訟を起こしたようだ。
「私の頭の中の消しゴム」の挿入歌「A moment to remember」が、NHK連続テレビ小説「あすか」のテーマ「風笛」に酷似しているとの指摘について、配給のギャガ・コミュニケーションズは「(作曲の)大島ミチルは、カバー曲として韓国の製作側と合意している」と発表したようだ。
「私の頭の中の消しゴム」のサントラが、MaXMuseで有料配信されているようだ。
新作"Kiss Kiss, Bang Bang"でロバート・ダウニーJr.、ヴァル・キルマーらと共演するミシェル・モナハンは「正直に言って、どんな役をもらっても、いつも驚いているわ。『今回はあなたの飛躍となる役ですか』といつも聞かれるけど、飛躍にならなかった役は一つもないわ」と語ったようだ。
Monique LhuillierJimmy Chooのデザインによるシンデレラのドレスと靴が、Disney Auctionsでネットオークションに出品されるようだ。
シルヴェスタ・スタローン監督・主演"Rocky 6"で、ライトへビー級チャンピオンのアントニオ・ターヴァー(Antonio Tarver)が出演に向けて最終交渉に入った模様。
ジェシカ・アルバは「彼(交際中のキャッシュ・ウォレン)はとても頭が良くて、礼儀正しいの。でも、男は女性に敬意を払うべきよ。私はまだ気品があって女性らしさがあるけど、残念ながら多くの男たちは騎士道精神を失ってしまったわ。ドアを開けてくれたり、支払いを申し出てくれる方私は好き。でも、お金を払って欲しいとか、私が何をすべきで何をすべきでないかを教えて欲しいということじゃない。そんなことは望んでいないの。私もいつか結婚して子供が生まれるでしょうけど、でも仕事は続けるつもりよ」と語ったようだ。
ロバート・ゼメキス監督の新作"Beowulf"でアンジェリーナ・ジョリーと共演しているレイ・ウィンストンは「彼女は(ブラッド・ピットと)結婚するんだろ?うん、彼女は結婚するよ」とコメントしたらしい。
パリス・ヒルトンは、米FOXが制作中止を発表したリアリティ番組"The Simple Life"について「11月1日から撮影に入る。他局が奪い合いをしているわ」と語ったらしい。
MTVの自然紀行番組"Trippin'"に出演するキャメロン・ディアスは「私は動物学や海洋学のような科学にとても興味があるの。この惑星の営みには心を奪われるわ。動物達からこの惑星について多くを学ぶことが出来る。多くの人たちに、この惑星のことや人間がその一部であることを知ってもらいたいから、有名人としての影響力を活用してみることにしたの」と語ったようだ。
50セント(50 Cent)とヤング・バック(Young Buck)は、50セントの設立したG-Unity Foundationを通じて、Nashville Alliance for Public Educationに2万5000ドル、ヒューストンのTeach for Americaに10万ドルの資金を提供するようだ。
エマ・ワトソンは「私の生活はこう。(「ハリー・ポッター」のスタジオから)2時間かかるオックスフォードに住んでいるから、朝6時に起きて、帰ってくるのは夜の9時。これが1年のうち11ヶ月間続くの。それ以外の時は、学校に行って勉強の遅れを取り戻して、それから家族や友達と会うの。男の子とのデートはリストの最後の方ね」と語ったようだ。
角川ホールディングスは、香港新華メディア集団と香港に合弁会社「新華角川影業(香港)集団」を設立、中国本土の各都市でのシネコンの運営を行うようだ。
深作健太監督「同じ月を見ている」の試写会が18日大阪市内で行われ、窪塚洋介らが舞台挨拶に立ったようだ。
ピーター・ジャクソン監督最新作「キング・コング」("King Kong")の34分間の特別映像が18日、都内で上映されたようだ。
Universalは、サイモン・キンバーグ(Simon Kinberg)とブレット・マシューズ(Brett Matthews)によるSF脚本を獲得したようだ。詳細は秘密とか。
米Spike TVは「スター・ウォーズ」シリーズ全6作の放映権を6500-7000万ドルで獲得した模様。
Original Film、Benderspinkとメイスン・ノヴィック(Mason Novick)は、キンバリー・ロフストロム・ジョンソン(Kimberly Lofstrom Johnson)のスリラー脚本"Curve"を獲得、共同で映画化するようだ。
Rogue Picturesは、ロバート・ベン・ガラント(Robert Ben Garant)監督による新作コメディ"Balls of Fury"の主演に、トニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル"The 25th Annual Putnam County Spelling Bee"に出演したダン・フォグラー(Dan Fogler)を起用したようだ。
米ABCの人気シリーズ「エイリアス」("Alias",2001年-)の今シーズン初回に殺されてしまったはずのマイケル・ヴァルタン(Michael Vartan)が、再び収録に参加しているらしい。
新作「ザスーラ」("Zathura")のジョン・ファヴロウ監督は「宇宙船のシーンは古い『スター・ウォーズ』のように撮影した。新しい方じゃなくてね。CGに金を注ぎ込むよりも、ミニチュア・モデルを造って、ストップモーション・コントロールを使って、ミニチュア・セットで撮影して、それを組み合わせたんだ。昔ながらのやり方だよ。楽しかったね」と語ったようだ。
クリステン・スチュワートは、オキサイド・パン、ダニー・パン監督による新作ホラー"The Messengers"に主演するようだ。
ロン・パールマンは、Swordplay Entertainmentによる「コナン」シリーズのアニメ化"Conan: Red Nails"で主人公の声を担当するようだ。マーグ・ヘルゲンバーガー、ジェイムズ・マースデン、マーク・ハミルらも声優として参加するらしい。
The Rolling Stonesの元ギタリスト、ブライアン・ジョーンズ(Brian Jones,1942-1969)を描いた映画"Stoned"の予告編が、公式サイトで公開されたようだ。
ニール・ジョーダン監督、キリアン・マーフィ、リーアム・ニーソン共演"Breakfast on Pluto"の予告編が公開されたようだ。
  10/20
米民間調査会社Forrester Researchの発表によると、次世代DVD規格はBlu-ray Disc方式がHD DVDに勝利するらしい。
USENは2005年8月期の連結を発表、営業利益は前期比69%増の95億円となった模様。ただし「GyaO」は5〜10億円の赤字らしい
深作健太監督次回作は、大阪の西成暴動を題材にした「Lの乱」(仮題)になる模様。押井守が脚本を担当するらしい。
ペ・ヨンジュンが19日、非公式に来日したようだ。
映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の製作発表が19日都内で行われ、ドラえもん役の水田わさび、ゲスト声優を務める神木隆之介、劇団ひとりらが出席したようだ。
シネカノンが運営するシネコン「CQNミョンドン」が、来月4日にソウルでオープンするようだ。5スクリーンの内少なくとも1スクリーンは常時日本映画を上演する予定とか。
ウォン・ビンは、来月29日に入隊するようだ。「入隊前の演技活動はない」模様。
イ・シミョン監督「吸血刑事ナ・ドヨル」で、キム・スロとチョ・ヨジョンが共演するらしい。現在撮影中で、韓国公開は来年2月になる模様。
チョン・ジョンミョンとパク・イェジンが21日に来日、プロモーション活動を行うようだ。
韓国観光公社の発表によると、「韓流」観光商品を利用して韓国を訪れた外国人観光客は、今年8月までに32万人を越え、前年同期比10%増となったようだ。「宮廷女官チャングムの誓い」の人気が貢献したらしい。
14日に閉幕した第12回トリノ国際女性映画祭(Torino Internaional Women's Film Festival)で、チェ・ジヨン監督「散歩」が、短編部門の2位となったようだ。
韓国の映画専門チャンネルOCNは、開局10周年記念番組「韓国映画の力!若いリーダー10人」を21日から3日間に渡って放送するようだ。ファン・ジョンミン、ユ・ジテ、チョン・ジェヨン、パク・クァンヒョン、チェ・ドンフン、チョン・ユンチョルら10人を採り上げるらしい。
韓国テノール歌手のイム・ヒョンジュは、キム・ヨンジュン監督の新作アクション「無影剣」の映像を使ったミュージックビデオを制作するようだ。
第42回金馬獎のノミネーションが19日発表され、ジョニー・トー監督「黒社会」が最多11部門で候補に挙がったほか、チャウ・シンチー監督「カンフーハッスル」、ホウ・シャオシェン監督「最好的時光」などが複数部門でノミネートされたようだ。
現在妊娠中のケイティ・ホームズの胎児の超音波映像が、"Mission: Impossible III"のプロモーションや、ラージャ・ゴスネル監督、デニス・クエイド、レネ・ルッソ共演の新作"Yours, Mine and Ours"に使われるらしい。 [☆ギャラは?]
国連教育科学文化機関(UNESCO)の総会が20日パリで開催され、映画などの芸術、文化表現の多様性の保護を目的とした「文化多様性条約」を採択するようだ。
酒税の引き下げを求めるイベント「重税にさよならを」が20日都内で行われ、応援団長に任命された井筒和幸監督らが参加したようだ。
Blu-ray Disc方式を支持する米Hewlett-Packardは、HD DVDが標準で搭載するHDDへのコピー機能とインタラクティブ機能について互換性を持たせるべきだと、Blu-ray Disc陣営側に提案したようだ。 [☆Micr○s○ftからの圧力か?]
ジョン・ヴォイトの主演でヨハネ・パウロ二世(1920-2005)の生涯を描く、米CBSのミニシリーズのワールドプレミアが、来月17日にローマ法王庁で開催されるらしい。ローマ法王ベネディクト16世も出席予定とか。
Sony Computer Entertainment Americaは、年末ホリデーシーズンのPSPの北米での販売台数は250万〜300万台に達するとの見通しを明らかにしたようだ。
レフトビハインド」("Left Behind")シリーズ第2作"Left Behind: World at War"のプレミアが、今月19日に全米3200ヶ所以上の教会で開催されるようだ。
オンラインDVDレンタルの米Netflix社は19日、映画ダウンロードサービスの試験導入を無期限に延期すると発表したようだ。
カリフォルニア州の「ムービーランド蝋人形」(Movieland Wax Museum)が、今月末で閉館するようだ。
リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演「キングダム・オブ・ヘブン」("Kingdom of Heaven",2005年)のDVDが11日に米国で発売され、週間販売チャートおよびレンタルチャートで1位を獲得したようだ。
ソフトバンクは20日、インターネット動画配信サービス「TV Bank」の実証実験をスタートさせたようだ。
ジェイムズ・キャメロンは惑星協会(The Planetary Society)からコスモス賞(Cosmos Award)を授与されることが決まったようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに、アントニオ・バンデラスの星型が加わったようだ。
ANIKI監督「カスタムメイド10.30」の公開を記念して24日開催される「奥田民生×木村カエラ プレミアLIVE」が、Yahoo!で無料生中継されるらしい。
シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の映画化で、イメルダ・スタウントンの出演が決まったようだ。ドローレス・アンブリッジ(Dolores Umbridge)教授役を演じるらしい。
ドナルド・サザーランドとサマンサ・モートンは、ニコラス・ローグ(Nicolas Roeg)監督によるアイルランド映画"Puffball"で共演するようだ。
髪の毛をブルネットからブロンドに戻したアシュリー・シンプソンは「みんなの私に対する愛想が良くなったわ。通りを歩いていても、みんな私に微笑みかけてくるし。おかしいわ。髪の毛の色が変っても、人の中身まで変わるわけじゃないのに」と語ったようだ。
ジム・シェリダン監督による半自伝的映画"Get Rich or Die Tryin'"で映画デビューする50セント(50 Cent)について、共演のテレンス・ハワードは「演技についてもう少し学ぶ必要があるね」と語ったらしい。
Vanity Fair誌最新号の表紙を飾ったビヨンセ・ノウルズの肌の色が、明るく修正されているとRadar誌の記者が指摘したことについて、Vanity Fair側は「肌の色の淡い黒人もいる。ビヨンセもその一人だ」とコメント、Radar誌の主張を否定したようだ。
パリス・ヒルトンは、絶交中のニコール・リッチーと仲直りしようとしているらしい。
22日都内で開催される「終戦被爆60年 すべての武器を楽器にムーブメント 戦争よりも祭りを!核兵器廃絶ピースコンサート」に出演するスティーヴン・セガールと喜納昌吉は19日、都内で記者会見を行ったようだ。
ティム・バートン監督「チャーリーとチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")の日本での興行収入が20日までに44億円を突破、観客動員数は343万人に達した模様。
「大アマゾンの半魚人」("Creature From the Black Lagoon",1954年)のリメイクは、結局ブレック・アイズナーが監督を務めるようだ。
Paramount Picturesは、ボブ・ライス(Bob Reiss)が執筆中の新作小説"Black Monday"の権利を獲得したようだ。
「アイス・エイジ」("Ice Age",2002年)の続編"Ice Age: The Meltdown"で、クイーン・ラティファ、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェイ・レノらも声優を務めているらしい。
デヴィッド・ハッセルホフはオーストラリアのTV番組で、「ナイトライダー」("Knight Rider",1982-1986年)の映画化企画は現在も進行中だと語ったようだ。
ハリケーンKatrinaの影響で撮影が延期となりトニー・スコットが監督を降板していた、ジェリー・ブラッカイマー製作、デンゼル・ワシントン主演による新作ロマンチック・スリラー"Deja Vu"は、予定通りニューオーリンズで撮影ができることになり、トニー・スコットも監督に復活したようだ。
コートニー・コックスは、Paramount Picturesによるタイトル未定の新作コメディに主演するようだ。夫のデヴィッド・アークエットがプロデュースするらしい。
ノア・ワイリー、トレイシー・ワイリー(Tracy Wyle)夫妻に、第2子となる女の子が誕生したようだ。
ケヴィン・ソルボ(Kevin Sorbo)、サム・ジェンキンズ(Sam Jenkins)夫妻に、第3子となる女の子が誕生したようだ。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")からの最新画像が公開されたようだ。
ウィリアム・シャトナーが18日、米ABCのドラマシリーズ"Boston Legal"(2004年-)の撮影中に背中の痛みを訴え、病院に搬送されたらしい。
「スター・ウォーズ」シリーズでチューバッカを演じた英俳優のピーター・メイヒューは17日、テキサス州アーリントンで行われた宣誓式に出席し、米国市民となったようだ。
  10/21
米Paramount Picturesは、DreamWorks SKGの買収を断念した模様。
TVCM制作会社ティー・ワイ・オーは20日、映像制作会社ビルドアップを買収したと発表したようだ。
ジャパン・デジタル・コンテンツ信託は20日、個人投資家向け映画ファンド「シネマ信託〜シネカノン・ファンド第1号〜」を組成すると発表したようだ。
マイケル・ジャクソンはバーレーンに移住するらしい。
丹波哲郎のエッセー「オーラの運命」が21日発売されるようだ。
「ブラザーズ・グリム」("The Brothers Grimm")プロモーションのため来日中のテリー・ギリアム監督が20日、大阪市内で記者会見を行ったようだ。
日比谷シャンテ前の合歓の広場に20日、ペ・ヨンジュンの手形が加わったようだ。
「死者の学園祭」(篠原哲雄監督,2000年)などで共演している深田恭子と内田朝陽の交際が、一部週刊誌で報じられた模様。
「まだまだあぶない刑事」(鳥井邦男監督)のトークイベントが20日都内で行われ、舘ひろしが参加したようだ。
北野武監督最新作「TAKESHIS'」のジャパンプレミアが20日都内で行われ、ビートきよしも舞台挨拶に立ったようだ。
PSPの全世界での出荷台数が、発売10ヶ月で1000万台を突破した模様。
ピ主演のドラマ「このろくでなしの愛」が、韓国KBSで今月31日からスタートするようだ。
朝鮮日報が韓国映画制作者12人を対象に行った調査によると、最も観客動員力のある俳優に、男優ではチャン・ドンゴン、女優ではムン・グニョンが選ばれたようだ。
ロバート・ルケティック監督「パーフェクト・ウェディング」("Monster-in-Law",2005年)の韓国公開に合わせて、婚約中のカップルを対象に行った調査によると、「パーフェクトな花嫁・花婿候補」の1位は、ヒョン・ビンとハン・ヘジンだったようだ。
新作韓国ドラマ「宮」で、キム・ジョンフンが主演を務めるようだ。
源孝志監督「大停電の夜に」のPRイベントが20日名古屋で行われ、名古屋港周辺施設の灯りが一斉に消されたらしい。豊川悦司、田畑智子らも出席したようだ。
P&G「PANTENE」の新製品発表会が18日、北京市内で行われ、イメージキャラクタを務めるチョン・ジヒョンが出席したようだ。CMはアンドリュー・ラウが監督を務めたらしい。
来月8日のカリフォルニア州民投票に向けて資金調達に奔走するアーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、同じく資金集めのため間もなくロサンゼルス入りするジョージ・W・ブッシュ大統領について「こっちに来ても会わない」と怒っているらしい。
英Prospect誌と米Foreign Policy誌が読者を対象に行った調査によると、「世界最高の有識者」に言語学者のノーム・チョムスキー(Noam Chomsky)が選ばれたようだ。
「バイオハザード」("Resident Evil",2002年)シリーズ第3作"Resident Evil: Afterlife"の脚本を執筆中のポール・W・S・アンダーソンは「予算のことは常に頭にある。『バイオハザード』は大好きだし、出来るだけ長くシリーズを続けて生きたい。でも、"Resident Evil 3"の製作費に1億ドルをかけたら、"Resident Evil 4"はおそらくないだろう」と語ったようだ。
ジョージ・ルーカスは、ワシントンに建設予定のマーティン・ルーサー・キングJr.(Martin Luther King Jr.,1929-1968)記念館のための費用として100万ドルを寄付したようだ。
加IMAXは、ブラジルの映画館に、小型の上映システム「MPX」を納入するようだ。
米Sony Picturesは、スティーヴン・ザイリアン監督、ショーン・ペン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジェイムズ・ガンドルフィーニ、マーク・ラファロ、パトリシア・クラークソン、アンソニー・ホプキンスら共演の新作"All the King's Men"の米国公開を、当初予定の今年12月から来年に延期したようだ。新しい公開日はまだ未定の模様。
「愛は霧のかなたに」("Gorillas in the Mist",1988年)で動物学者のダイアン・フォッシー(Dian Fossey,1932-1985)を演じたシガニー・ウィーヴァーは、フォッシーの足跡を追う米Animal Planetのドキュメンタリー特番"Gorillas Revisited With Sigourney Weaver"に出演するようだ。来年6月に放送される模様。
スティーヴン・キング原作、ジョージ・A・ロメロ監督「クリープショー」("Creepshow",1982年)が、Warner Bros. Picturesによってリメイクされるらしい。一瀬隆重らがプロデューサーを務めるようだ。
マイケル・ジャクソンは、カリフォルニア州サンタマリア地方裁判所で行われる裁判の陪審員に指名されたらしい。ジャクソン側は、まもなく「ネバーランド」から住所を移す、として召還を拒否している模様。
IBMは20日、NFLおよびNFL Filmsと提携し、全ての試合の映像をデータベース化し検索可能にするシステムを構築すると発表したようだ。
米ABCは、ジーナ・デイヴィスが初の女性合衆国大統領を演じる新作ドラマシリーズ"Commander in Chief"(2005年-)について、フルシーズン制作を決定したようだ。
20日放送の"Access Hollywood"のインタビューに答えたケイティ・ホームズは「夢が叶ったの。これほどの幸せはこれまで一度も味わったことがなかった。とても晴れやかな気分」と語ったようだ。今は、編み物を習っているとか。
間もなく結婚式を挙げるクリスティーナ・アギレラとジョーダン・ブラットマン(Jordan Bratman)は、結婚祝いのプレゼントを買う代わりに、そのお金をハリケーンKatrinaとRitaの被災者に寄付して欲しい、と書いた招待状を送ったらしい。
来月10日からソウル市内での映画館で開催される「第2回メガボックス日本映画祭」で、小泉堯史監督「博士の愛した数式」がオープニング上映されるらしい。「櫻の園」(中原俊監督,1990年)、「ウンタマギルー」(高嶺剛監督,1989年)なども上映されるようだ。
今年9月までに韓国で劇場公開された日本映画20本の観客動員数は29万5千人で、5本のみ公開された中国映画の46万人よりも少なかったらしい。
神話(SHINHWA)のエリックが主演する韓国ドラマ「新入社員」が、BSフジで20日スタートしたようだ。フジテレビでも27日から放送されるらしい。
Yahoo! BBとMTV JAPANによる音楽映像コンテンツ配信サービス「Video Music Streaming」が21日スタートしたようだ。
ジョン・ブアマン監督の次回作は、アントニオ・バンデラス主演による"Memoirs of Hadrian"になる模様。パス・ヴェガが出演交渉中らしい。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)の前編となる新作"The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning"(仮題)の撮影が、テキサス州のオースティンで今週から始まったようだ。米国公開は来年10月になる模様。
「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編"Underworld: Evolution"の予告編が、Yahoo! Moviesで公開されたようだ。
ネリー(Nelly)の映画出演第2作は、コメディ"Swap Meet"になる模様。来年1月からロサンゼルスで撮影に入るようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の最新TVスポットが公開されたようだ。
50セント(50 Cent)は「曲を書いたり、ビジネスを扱うのは得意なんだ。でも、女性はあまり得意じゃない。外見的にも経済的にも問題ないから、ゲットするのは難しくないけど、長続きしないんだ」と語ったらしい。
Weezerの新曲"Perfect Situation"のPVに、エリシャ・カスバートが出演しているらしい。
ブリトニー・スピアーズは、出産1ヶ月目の14日、ケヴィン・フェダーラインとマリブのレストランで食事をしたようだ。すっかり以前の体型に戻っていたとか。
テレビ朝日「トリック 新作スペシャル」が来月13日に放送されるようだ。映画版新作も来年公開される模様。
覚せい剤取締法違反などの容疑で起訴されている映画監督の豊田利晃被告に対し、東京地裁は20日、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡したようだ。
シェカール・カプール監督による新作「仏陀」の製作発表が20日、都内で行われたようだ。総製作費6000万ドルを投入、来年から撮影に入るらしい。主演候補にはオーランド・ブルーム、ブラッド・ピットらの名前も挙がっているとか。 [☆やっぱりキアヌ・リーヴスでしょ。一度演ったけど。]
米TBSは、マーティン・キャンベル監督「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")のオープニング6分間を、劇場公開前日の今月27日に放映するらしい。
Section EightとBlue Print Picturesは、ホラー映画"Wind Chill"を製作するようだ。グレッグ・ジェイコブス(Greg Jacobs)が監督、ジョー・ガンジェミ(Joe Gangemi)、スティーヴン・カッツ(Steven Katz)が脚本を担当する模様。大学生2人が休日を過ごすために故郷に向かう途中、車が故障して・・・という話らしい。
イ・ジホ(Jieho Lee)監督の新作犯罪ドラマ"The Air I Breathe"で、サラ・ミシェル・ゲラー、渡辺謙、ディエゴ・ルナが出演交渉中らしい。来年1月からメキシコシティで撮影に入るようだ。
20th Century Foxは、人気ビデオゲーム"Hitman"のヴィン・ディーゼル主演による映画化で、「ソードフィッシュ」("Swordfish",2001年)のスキップ・ウッズ(Skip Woods)を脚本に起用したようだ。
ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)の児童書「コララインとボタンの魔女」のヘンリー・セリック監督によるアニメ映画化"Coraline"で、ダコタ・ファニングが主人公の声を担当するようだ。
第18回東京国際映画祭で上映されるイ・ドンゴン主演「B型の彼氏」のチケットは、発売開始45秒で売り切れたらしい。
「陽のあたる場所」("A Place in the Sun",1951年)、「アンネの日記」("The Diary of Anne Frank",1959年)などの作品で知られるシェリー・ウィンターズ(Shelley Winters)が、14日に心臓発作を起こしたようだ。順調に回復し、1週間以内に退院できる予定とか。
ジェニファー・アニストンとヴィンス・ヴォーンがキスしている写真が、21日発売の米People誌最新号に掲載されるらしい。
米Warner Bros.がBlu-ray Disc Associationへの加盟を表明したことについて、東芝は「最終的にはHD DVDが最も優れたフォーマットとして支持を獲得すると信じている」とするコメントを発表したようだ。
米Warner Bros.とWarner Home Videoは20日、Blu-ray Discでのタイトル投入を表明したようだ。
  10/22
長崎への原爆投下直後から被爆者の救護に当たり、アニメーション映画「NAGASAKI・1945〜アンゼラスの鐘〜」(有原誠治監督,2005年)で主人公として描かれた、医師の秋月辰一郎さんが20日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第18回東京国際映画祭が22日、六本木ヒルズで開幕したようだ。
柳町光男監督、柏原収史、吉川ひなの共演の新作「カミュなんて知らない」の、米国7都市での公開が決定した模様。第43回ニューヨーク映画祭などに出品され、注目を集めたようだ。
イランの最高文化革命評議会は、親米や世俗主義などを助長する外国映画の上映や放送を禁止することを決定した模様。
第18回東京国際映画祭の開催に合わせ、日本で企画中の新作を海外に紹介する商談会「Tokyo Project Gathering」が26日から行われるようだ。
韓国SBSドラマ「プラハの恋人」で、イ・ジョンギル)演じる大統領が、ノ・ムヒョン大統領に似ているとして話題になっているらしい。脚本家のキム・ウンスクは「特定の大統領をモデルにしたのではない。あえて挙げるなら『ザ・ホワイトハウス』("The West Wing",1999年-)」とコメントしたようだ。
ローラ・ハリングは、米FXの人気ドラマ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)の第5シーズンに出演するようだ。
今年5月に乳癌の治療を受けたカイリー・ミノーグは21日「健康状態は申し分ない」とする声明を発表、劇痩せや、代替療法を探しているとする一部の報道を否定したようだ。
20th Century Foxの新作ファンタジー映画"Eragon"からの最新画像が、ファンサイトで公開されたようだ。
フランク・ミラーは「シン・シティ」("Sin City")の続編製作を遅らせる模様。忙しすぎるらしい。ジェシカ・アルバは「彼は"Sin City 2"をやりたがっているけど、今はハリウッドスター並の忙しさなの。彼と食事をしたけど、ナンシーについてクールなアイデアがあるみたい。彼はグラフィック・ノベルと同時に続編をリリースするかもしれない」と語ったようだ。
英国映像等級審査評議会(British Board of Film Classification)は、シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")について「これまでのシリーズよりも暗く、恐ろしい。多くの親は幼い子供達に同伴すると思うが、臆病な子供達が動揺しないように気を配る必要がある」として、12Aのレイティングを設定したようだ。
野村恵一監督「小津の秋」の撮影が、長野県茅野市で行われているようだ。沢口靖子、藤村志保、栗塚旭らが共演しているらしい。
「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")からの最新予告編が公開されたようだ。
「機動戦士ZガンダムII -恋人たち-」の特集がYahoo!動画でスタートしたようだ。
ジョー・ケサダ(Joe Quesada)とジミー・パルミオッティ(Jimmy Palmiotti)によるコミック・キャラクタのTV映画化"Painkiller Jane"は、12月10日にSci Fi Channelで放送されるようだ。主演のエマニュエル・ヴォージアは「彼女は『エイリアス』("Alias",2001年-)と『G.I.ジェーン』("G.I. Jane",1997年)を合わせたような感じで、ちょっと特殊な能力があるの」と語ったようだ。
Lucasfilm Animation Co. Singaporeが今月27日に開設されるようだ。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines",2003年)を手掛けたハル・リーバーマン(Hal Lieberman)は、キャサリン・パターソン(Katherine Paterson)の児童書「テラビシアにかける橋」("Bridge to Terabithia")のWalt Disney PicturesとWalden Mediaによる映画化でプロデューサーを務めるようだ。
米CBSの"Late Show with David Letterman"に出演したマドンナは、デヴィッド・レターマンと共にマンハッタンで乗馬に再挑戦したらしい。
1930年代に製作された短編映画「ちびっ子ギャング」("Our Gang Comedies / The Little Rascals")シリーズのPorky役で子役として活躍した、ユージン・ゴードン・リー(Eugene Gordon Lee)さんが16日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  10/23
鳥井邦男監督「まだまだあぶない刑事」が22日初日を迎え、舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル、原沙知絵、窪塚俊介、水川あさみらが舞台挨拶に立ったようだ。
献血キャンペーンのイベントが22日都内で行われ、ミムラらが出席したようだ。
「四月の雪」の公開を記念して制作されたペ・ヨンジュンの手形が、今月28日にまでTOHOシネマズ高槻で展示されているらしい。
韓国人歌手SE7ENのライヴが22日、横浜アリーナで行われ、1万人を動員したようだ。
兵役中のソン・スンホンについて、所属事務所の代表は「少し前に会う機会があったが、かなり変わっていた。軍隊生活で多くを学んでいるようだ」と語ったらしい。
「パリの恋人」などの韓国ドラマがウズベキスタンでも放送されるらしい。「冬のソナタ」も人気とか。
休館している山口県周南市の映画館「テアトル徳山I」で22日、名作映画を上映する「周南シニア劇場」がスタート、第1弾として「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)が上映されたようだ。
ANIKI監督「カスタムメイド10.30」が22日、広島市内で初日を迎え、奥田民生、木村カエラらが舞台挨拶に立ったようだ。
中国国家広播電影電視総局との共催による「第5回彩の国さいたま中国映画祭」が、来月5日から開催されるようだ。「わが家の犬は世界一」など5作品が上映されるらしい。
第18回東京国際映画祭のアジアの風部門で22日、オープニング作品「長恨歌」が上映され、スタンリー・クワン監督、サミー・チェン、フー・ジュンらが舞台挨拶に立ったようだ。
第18回東京国際映画祭で22日、オープニング作品「単騎、千里を走る。」の記者会見が行われ、チャン・イーモウ、高倉健が出席したようだ。
タッド・ダニエルスキー(Tad Danielewski)監督、早川雪洲、伊丹十三、ジュディ・オングら共演による日米合作映画「大津波」("The Big Wave",1961年)が、今月29日に長崎県雲仙市で上映されるらしい。
第78回アカデミー賞外国語映画部門のイタリア出品作品は、クリスティーナ・コメンチーニ監督"La Bestia Nel Cuore"が選ばれたようだ。
ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash,1932-2003)の生涯を描くジェイムズ・マンゴールド監督"Walk the Line"の米国公開2日前の来月16日、米CBSで特番"I Walk the Line: A Night for Johnny Cash"が放送されるらしい。U2、Foo Fighters、ノラ・ジョーンズ、ジェリー・リー・ルイスらがパフォーマンスを披露するほか、映画に出演するホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン、デニス・クエイドらも登場予定とか。
ブリトニー・スピアーズの赤ちゃんの写真がインターネット上に流出したものの、21日までに大部分のサイトから削除されたようだ。スピアーズ側は、写真は盗まれたものであり、公表、販売すれば法的処置をとる、とする声明を発表した模様。
山本草介監督、玉井夕海主演による映画「もんしぇん」が22日、撮影の行われた熊本県御所浦町で先行上映されたようだ。
高知市の映画館「高知シネプラザ」が来月11日、「高知東宝」が来年1月末に閉館されることが決まったようだ。
グウィネス・パルトロウが2人目を妊娠したらしい。
開催中の東京国際映画祭で22日、マキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品「寝ずの番」が上映され、木村佳乃、中井貴一らが舞台挨拶に立ったようだ。渡辺謙も会場を訪れ、客席から鑑賞したらしい。
  10/24
松竹による大型新人女優発掘オーディション「松竹 STAR GATE」の最終審査は、来月26日に歌舞伎座で行われるようだ。山田洋次監督、中村勘三郎が特別審査員を務めるらしい。
映画制作会社21cityとネオプレックスは、近未来の日本を舞台にしたCG-実写合成によるSF映画「BRIDGE」を製作、欧米と韓国向けにネット配信するらしい。「マトリックス」("The Matrix",1999年)シリーズなどでVFXを担当したジョン・ゲイター(John Gaeta)を監督に起用するようだ。
栗山千明が、TOKYO FMの新番組「SCHOOL OF LOCK!」内の「GIRLS LOCKS!」でパーソナリティを務めるらしい。 [☆LOCK?]
開催中の東京国際映画祭で23日、特別招待作品「ブラザーズ・グリム」("The Brothers Grimm")の記者会見が行われ、テリー・ギリアム監督と共に、赤ずきんちゃんの衣装の上戸彩が馬車に乗って登場したらしい。
「四月の雪」の公開を記念して制作されたペ・ヨンジュンの手形が22日、TOHOシネマズ高槻に展示され、1日で1000人が訪れたらしい。
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")のニック・パーク監督が来日、開催中の東京国際映画祭で23日、宮崎駿監督と対談したようだ。
TBSと電通はAmazon.co.jpと共同で、地上デジタル放送の画面からDVDソフトが購入できるサービスの実験を、来月スタートせるようだ。
ミッキーマウスなどのキャラクタがデザインされた切手シートが発売されるらしい。
「宮廷女官チャングムの誓い」の中国でのブームがますます加熱しているらしい。美容整形でイ・ヨンエの顔に似せるため、韓国を訪れる若い女性もいるとか。
来月スタートする韓国KBSの新番組「フォトドキュメンタリー」の第1回は、ペ・ヨンジュンを取り上げるらしい。各界の有名人がヨン様について語るらしい。インタビューに答えた一人、スタイリストのホン・ウンギョンは「日本で流行ったヨン様マフラーは、ソウル高速バスターミナルで2000ウォンで買った」と語ったとか。
ユ・ハ監督の新作「卑劣な通り」でチョ・インソンが主人公のヤクザを演じているらしい。
キム・ヘゴン監督の新作「会いたい顔」で、チャン・ジニョン、キム・スンウが共演するようだ。済州道で26日に撮影に入るらしい。
キム・ソンジュン監督、チェ・ジウ、チョ・ハンソン共演の新作「連理枝」のデートシーンの撮影現場が公開されたようだ。
MaxFactorは「SK-II」の中国でのイメージキャラクタにカレン・モクを起用したようだ。
22日から日本公開がスタートした「私の頭の中の消しゴム」が、週末興収2億2528万9000円、観客動員数16万4964人で1位を獲得した模様。
スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick,1928-1999)の遺品が英国の大学に寄贈されることになったようだ。脚本、写真、小道具など段ボール箱400個以上になるとか。
凸版印刷による無料DVD「codeNEO」の配布がスタートしたようだ。創刊準備号には、「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督)の吉岡秀隆、小雪、「シン・シティ」("Sin City")のブルース・ウィリスらのインタビュー映像などが収録されているらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は23日、今年3月にCEOに就任したグレッグ・ヘッシンジャー(Greg Hessinger)を解雇したようだ。
北米を除く海外週末興収は、「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」("Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit")が1710万ドル(26ヶ国)で引き続きトップを維持、「ティム・バートンのコープスブライド」("Tim Burton's Corpse Bride")が970万ドル(13ヶ国)で2位、「フライトプラン」("Flightplan")が870万ドル(21ヶ国)で3位となったようだ。
Walt Disney StudiosとAmerica Onlineは、「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe")の独占的コンテンツ提携を発表、専用サイトで予告編やメイキング、写真などの配信をスタートさせたようだ。
米HBOの「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999-2006年)に出演するシャロン・アンジェラ(Sharon Angela)は、マフィアをテーマにした4話オムニバス映画"Made in Brooklyn"で監督デビューするらしい。リチャード・ポートナウ(Richard Portnow)、ヴィンセント・カラトーラ(Vincent Curatola)、マイケル・リスポリ(Michael Rispoli)、キャサリン・ナルドゥッチ(Katherine Narducci)、ダン・グリマルディ(Dan Grimaldi)ら「ソプラノズ」のキャストも多数出演するようだ。
Walt Disneyの映画情報サイトMovies.comが25日から大幅リニューアル、ハリウッドのゴシップ記者ジャンヌ・ウルフ(Jeanne Wolf)による新コーナー"The Tipster"や、セレブのファッションをチェックするブログ"Carpet Burn"等がスタートするようだ。
米上院商務委員会(Senate Commerce Committee)は、米国での全てのTV放送を2009年4月7日までにデジタル化する法案Digital Transition and Public Safety Act of 2005を承認したようだ。
キャメロン・クロウ監督は、新作「エリザベスタウン」("Elizabethtown")で使った音楽について「The Holliesの"Jesus Was a Crossmaker"だけは脚本に書き込んだ。『明日に架ける橋』("Bridge Over Troubled Water")の厄介者の義兄弟みたいな曲だ。エンディングのようなこの曲こそ、映画の始まりにふさわしいと思ったんだ」と語ったようだ。
全米週末興収は、ザ・ロック主演"Doom"が1538万ドル(3044館)で初登場1位を獲得、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング共演"Dreamer: Inspired by a True Story"は930万ドル(2007館)で2位、シャーリーズ・セロン主演"North Country"は647万ドル(2555館)で5位のスタートとなったようだ。
人身売買を題材にしたミニシリーズ"Human Trafficking"が24日と25日に米CATV局Lifetime Televisionで放送されるらしい。ミラ・ソルヴィーノ、ドナルド・サザーランド、ロバート・カーライルらが共演しているようだ。
Fulcrum Global Partnersのアナリスト、リッチ・グリーンフィールド(Rich Greenfield)は、Walt Disneyの新作アニメ映画「チキン・リトル」("Chicken Little")について「私の直感では、Disneyアニメが復活したとみなされるには、世界興収が3億5000万ドルを超える必要がある。もし2億ドルか2億5000万ドル程度なら、Pixar社に取って代わることはないと判断されるだろう」と語ったようだ。
「来来!キョンシーズ」(1988年)の配信がGyaOでスタートしたようだ。
アン・ジェウクが主演した韓国ドラマ「星に願いを」(1997年)の配信がShowTimeでスタートしたようだ。
NECビューテクノロジーは、幅25mのスクリーンまで東映可能なDLP Cinemaプロジェクタ「NC2500S」の受注を開始したようだ。3D映像の投影にも対応しているらしい。
米喜劇集団Broken Lizardによる映画次回作は"Beerfest"になる模様。来年1月からニューメキシコで撮影に入るようだ。Oktoberfest(シンシナティで行われるドイツ系アメリカ人のお祭り)に参加する2人の兄弟を描く「ビール版『ファイト・クラブ』("Fight Club",1999年)」とか。
シリーズ第2弾"Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest"に新たに登場する船Edinborugh Traderは、「戦艦バウンティ」("Mutiny On The Bounty",1962年)で使われたHMS Bountyをリフォームして使っているらしい。
浅沼昌弘監督によるビデオ映画「あの夏、タイムマシーンにのって」の完成発表会が22日と23日、撮影の行われた岩手県宮古市で行われたようだ。
離婚の危機が噂されているジェシカ・シンプソン、ニック・ラシェイ夫妻は今月初め、イタリア旅行に出かけたらしい。
ザ・ロックは、米Men's Journal誌11月号の表紙を飾った自分の写真について「雑誌は好きだが、写真は嫌いだ。ニヤついて下品に見える。何かやらかそうとしているみたいだ。何だよこれは。良くないね」と語ったらしい。 [☆確かに]
三鷹の森ジブリ美術館で公開される短編アニメ3作品が製作中らしい。
コブクロの新曲「桜」のTVCMに、天海祐希、速水もこみち、成海璃子が出演しているらしい。長澤雅彦監督が演出を担当したようだ。
当初、12月に単館公開予定だった「スクールデイズ」(守屋健太郎監督)が、全国30館での公開が決まったようだ。主演の森山未來がフジテレビ「危険なアネキ」に出演、劇場からの問い合わせが殺到したとか。
The Weinstein Co.は、「シン・シティ」("Sin City")をTVシリーズ化するらしい。
ヤン・マーテル(Yann Martel)の小説「パイの物語」("Life of Pi")のFox 2000 Picturesによる映画化は、ジャン=ピエール・ジュネが監督に決まったようだ。来年夏に撮影開始、一部はインドで撮影される模様。
「ザスーラ」("Zathura")に主演する11歳のジョシュ・ハッチャーソン(Josh Hutcherson)は「僕はボードゲームの方が好き。ビデオゲームほとんどやらないんだ」と語ったようだ。
シリーズ第2弾"Underworld: Evolution"で、夫となった監督レン・ワイズマンと仕事をするケイト・ベッキンセイルは「以前のように怖くないわ」と語ったようだ。それに対しワイズマンは「残念だよ。実際、威嚇することも出来なくなってしまった。でも、正直言って素晴らしいよ。主演女優と議論できなくて神経質になることも多いからね」と語ったようだ。
ジーナ・デイヴィス主演による米ABCの新ドラマシリーズ"Commander in Chief"(2005年-)のキャストに、"NYPD Blue"(1993-2005年)などに出演したマーク=ポール・ゴスラー(Mark-Paul Gosselaar)が加わるようだ。
007シリーズ第21作"Casino Royale"で、ジュディ・デンチが再びMを演じるらしい。 [☆若返り作戦は失敗?]
ヴァル・キルマーは、「トップガン」("Top Gun",1986年)の続編が企画されていたことを明らかにしたようだ。トム・クルーズの反対で実現しなかったとか。 [☆脚本も完成していたことは、以前から知られていたはずですが。]
  10/25
柴田恭兵の二男が、昨年末に心臓発作で亡くなっていたらしい。
12月9日から大阪で開催される「韓国エンタテインメント映画祭」に、チェ・ミンシクの出席が決まったようだ。10日の「クライング・フィスト」(「拳が泣く」)の上映で舞台挨拶に立つらしい。
「マダムと女房」(五所平之助監督,1931年)、「カルメン故郷に帰る」(木下恵介監督,1951年)、「東京物語」(小津安二郎監督,1953年)、「二十四の瞳」(木下恵介監督,1954年)など松竹映画41作品が、来月19日からシネスイッチ銀座で特集上映されるらしい。
Toshiki & The Sneakersが歌う「ガッツ伝説〜愛しのピット・ブル〜」(野伏翔監督)の主題歌「愛しのピット・ブル」のCD発売記念ライヴが24日都内で行われ、主演のガッツ石松も応援に駆けつけたようだ。
新作映画「ユメ十夜」の撮影が24日都内で行われ、小泉今日子、松尾スズキらが参加したようだ。
開催中の東京国際映画祭で24日、行定勲監督「春の雪」の会見が行われ、妻夫木聡、及川光博、高岡蒼佑らが出席したようだ。
ANIKI監督「カスタムメイド10.30」のPRイベントが24日都内で開催され、同映画の試写会と木村カエラ、奥田民生によるライヴが行われたようだ。
「二十歳前後」(吉村廉監督,1950年)、「稲妻」(成瀬巳喜男監督,1952年)、「七つの顔の銀次」(三隅研次監督,1955年)、「銀河の都」(村山三男監督,1957年)、「細雪」(島耕二監督,1959年)、「大菩薩峠」(三隅研次監督,1960年)、「帰ってきたウルトラマン 次郎くん怪獣に乗る」(山際永三監督,1972年)など、数多くの映画やTVドラマで活躍した、俳優の根上淳さんが24日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ゴア・ヴァービンスキー監督"The Weather Man"のプレミアが24日ニューヨークで開催され、主演のニコラス・ケイジが妻アリス・キム同伴で出席したようだ。
ヴィッキー・チャオが北京電影学院の監督学科・修士課程に合格した、と報じられているらしい。出願はしたが、まだ試験は受けていない、というコメントもあるようだ。
「中国映画生誕100年記念-日中友好映画の夕べ」が24日都内で開催され、「単騎、千里を走る。」が上映されたようだ。出席したチャン・イーモウ監督は、東京国際映画祭で高倉健とレッドカーペットを歩いたことについて「"神様"と一緒に歩くことができて、夢のようだった。レッドカーペットは苦手という高倉健が、私達のと友情を表したいと特別に歩いてくれた」と語ったらしい。
第14回金鶏百花映画祭が来月9日、中国海南省で開幕するようだ。今年から、外国映画部門が新設されるらしい。
佐々部清監督「出口のない海」の撮影に使用される人間魚雷「回天」の浮上テストが25日、山口県の徳山湾で行われたようだ。
ロサンゼルスの骨董品店の店主が、料金が未払いだとしてマイケル・ジャクソンを訴えていた問題は、ジャクソン側が商品の一部を返却することで和解したようだ。
「ショコラーデ」("Meschugge",1988年)などを手掛けたダニ・レヴィ(Dani Levy)監督の次回作は、ヒトラーをテーマにしたコメディ"Mein Fuhrer: Die wirklich wahrste Wahrheit uber Adolf Hitler"になるらしい。
米Rainbow Media Holdingsは、インディ作品の劇場とVODへの同時配信をスタートさせるようだ。年間18〜24作品の配信を計画しているらしい。
ジェイミー・フォックスは、MTV Films、Paramount Picturesと、新作プロデュースに関する2年契約を結んだようだ。
映画スタジオと映画館経営者らが一堂に集うShowEastの年次総会が24日、フロリダで始まったようだ。今年の映画興行収入が前年同期比6%減、チケット販売枚数で9%減となっていることについて、オープニングセッションで講演した20th Century Fox Internationalのポール・ハヌマン(Paul Hanneman)は、過剰な宣伝がファンをうんざりさせ「公開が始まる前にもう観てしまった気分にさせている」と指摘したらしい。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles",2004年)のDVD売り上げ予想を誇張し、投資家に不利益をもたらしたとして、Pixar Animation Studiosの株主らが同社に対する集団訴訟を起こしたようだ。
ボストン科学博物館で27日から、"Star Wars: Where Science Meets Imagination"がスタートするようだ。ランドスピーダーを使ったリニアモーターカーの説明や、ドロイドやアナキン・スカイウォーカーの右手を使ったロボット・テクノロジーの解説、C-3POが案内するミレニアムファルコンのコクピット型のプラネタリウムなどの展示があるらしい。
米NBC UniversalとTime Warner Cableは24日、VODや双方向TVサービスなどに関する新たな契約を締結したと発表したようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")で再び主人公を演じたダニエル・ラドクリフは「何より素晴らしかったのは両親。僕を落ち着かせてくれたから、自惚れたりせずに済んだ。僕は自分を有名人だなんて思わないよ。僕が有名になるのは年に2日のプレミアの時だけ」と語ったようだ。
英Total Film誌の映画評論家による「史上最高の映画100」が発表されたようだ。
1.「グッドフェローズ」("Goodfellas",1990年) / マーティン・スコセッシ監督
2.「めまい」("Vertigo",1958年) / アルフレッド・ヒチコック監督
3.「ジョーズ」("Jaws",1975年) / スティーヴン・スピルバーグ監督
4.「ファイト・クラブ」("Fight Club",1999年) / デヴィッド・フィンチャー監督
5.「ゴッドファーザーPARTII」("The Godfather: Part II",1974年) / フランシス・フォード・コッポラ監督
6.「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年) / オーソン・ウェルズ監督
7.「東京物語」("Tokyo Story",1953年) / 小津安二郎監督
8.「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」("Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back",1980年) / アーヴィン・カーシュナー監督
9.「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings",2001-2003年) / ピーター・ジャクソン監督
10.「ヒズ・ガール・フライデー」("His Girl Friday",1940年) / ハワード・ホークス監督
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")で監督を務めたマイク・ニューウェルは「数ヶ月前に撮影に入った時、予算が少ないことに腹を立てたことを良く覚えている。まともな映画を作るにはまるで予算が足らなかったから、本当にイライラしたよ」と語ったようだ。「炎のゴブレット」の予算は1億3000万ドルから1億7000万ドルに達する、といわれているらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")に登場する、ジャーヴィス・コッカー(Jarvis Cocker)のボーカル、ジョニー・グリーンウッド(Jonny Greenwood)のギター、フィル・セルウェイ(Phil Selway)のドラムによるバンドThe Wyrd Sistersは、映画以外での活動をJ・K・ローリングに禁じられたらしい。
富野由悠季原作・総監督によるオリジナルアニメ「リーンの翼」(全6話)が、12月からネット配信されるようだ。
DreamWorks Picturesは、21日から全米公開がスタートした、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング共演"Dreamer: Inspired by a True Story"について、500スクリーンでの追加上映を決定したようだ。
シリーズ第6作「ハリー・ポッターと混血のプリンス」("Harry Potter and the Half-Blood Prince")の映画化は、第5作を降板していたスティーヴ・クローヴス(Steve Kloves)が再び脚本を担当するようだ。
米Running with Scissorsは24日、同社のゲームソフト"Postal"をウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督が映画化すると発表したようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のサントラは来月15日に発売されるらしい。AOL Musicで試聴がスタートしているようだ。
"Access Hollywood"のインタビューに答えたジャスティン・ティンバーレイクは、ブリトニー・スピアーズと赤ちゃんの写真がネット上に流出したことについて「ちょっと狂ってるよ。彼女みたいに素敵な人が初めて赤ちゃんを産んだんだ。そっとしておいてやれよ」とコメントしたようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン2」("Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest",2006年)のキャラクタグッズが、Zizzleから発売されるらしい。
米スタンフォード大学(Stanford University)で先週行われた授業にキャメロン・ディアスが突然登場、環境建築家として知られる友人のウィリアム・マクドノウ(William Mcdonough)と共に「環境に優しいデザイン」について講義を行ったようだ。有名人が大学で講義を行うMTVのシリーズ"Stand In"で放送されるらしい。
シャーリーズ・セロンは「(新人の頃)何年もの間、ダブダブのズボンにボサボサの髪という格好でオーディションを受けていたの。見た目なんて気にしていないと証明するために。辛かったわ。でも、そのやり方しか私にはなかった。そのおかげで、俳優としての今の私がある、とも思っているの」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンとニコール・リッチーの対立は、既に2年前から始まっていたらしい。
アンジェリーナ・ジョリーが使ったヘアブラシがネットオークションに出品されたようだ。ロバート・デ・ニーロ監督の新作"The Good Shepherd"の撮影中に使用したものらしい。髪の毛も付いているとか。
開催中の東京国際映画祭で24日、山崎貴監督「ALWAYS 三丁目の夕日」が上映され、吉岡秀隆、小雪らが舞台挨拶に立ったようだ。
Platinum Studiosのスコット・ミッチェル・ローゼンバーグ(Scott Mitchell Rosenberg)は、ゲイル・アン・ハード(Gale Anne Hurd)のValhalla Motion Picturesと共同で、コミック"Magdalena"を映画化するようだ。
Threshold Animation StudiosとLions Gate Family Entertainmentが共同製作するラリー・カザノフ(Larry Kasanoff)監督の新作コメディ・アニメ"Foodfight!"で、チャーリー・シーン、エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)、ウェイン・ブレイディ(Wayne Brady)、クリス・カタン、クリストファー・ロイドが声優として参加するようだ。
The Weinstein Co.は、ライアン・ガティス(Ryan Gattis)の小説"Kung Fu High School"の映画化権を獲得したようだ。
Screen Gemsは、教会から盗みを働いた2人の泥棒を主人公にした新作"First Sunday"の脚本と監督に、劇作家・舞台監督として活躍するデヴィッド・E・タルバート(David E. Talbert)を起用したようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のマイク・ニューウェル監督は、レイティングがPG-13となったことについて「僕にとって、これはキッズ・ムービーじゃない。冒険物語であり、壮大な娯楽作品なんだ。ボリウッド映画みたいにありとあらゆる要素が詰まっている。物語は第1作から進歩してきた。もしPG-13指定を受けなかったら、第1作から観始めて、今14、15、16歳の人や64歳の人は、なんでいつまでも子ども扱いするんだと思うだろうね」と語ったようだ。
米FOXは、THQの人気ビデオゲーム"Destroy All Humans!"の権利を獲得、アニメ・シリーズ化するらしい。
Warner Bros. Picturesの新作コメディ"Fred Claus"で、マイク・ミッチェル(Mike Mitchell)が監督に決まったようだ。サンタクロースのお兄さんが主人公になるらしい。
開催中の東京国際映画祭で24日、「女たちとの会話」("Conversations With Other Women")が上映され、ハンス・カノーサ(Hans Canosa)監督とアーロン・エッカートによるティーチ・インが行われたようだ。
ハリケーンStanで大きな被害を受けたメキシコに、メル・ギブソンが多額の寄付を申し出たようだ。
ジェイムズ・ガン(James Gunn)監督、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー共演の新作ホラー"Slither"の予告編最新画像が公開されたようだ。
  10/26
エミネムが登場するiPodの新CMが、米Lugz社が2002年に制作したCMと酷似しているらしい。
米Walt Disney Studiosは、アカデミー賞審査用に配布するDVDについて、Dolby Laboratories子会社のCineaが開発したコンテンツ保護技術を採用すると発表したようだ。
東京MXテレビで7日スタートの台湾ドラマ「Express Boy-悪男宅急電-」PRのため、主演のマイク・ハーが来日、25日都内で記者会見を行ったようだ。
SABU監督「ホールドアップダウン」先々行プレミア試写会が25日、ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらいで行われ、V6のメンバーが一人ずつ交代で6スクリーン同時に舞台挨拶を行ったようだ。
ジヌ・チェヌ監督による日中合作映画「鳳凰」で、中井貴一が主演とプロデュースを務めるようだ。
開催中の東京国際映画祭で25日、深作健太監督「同じ月を見ている」が上映され、主題歌「君のそばに」を歌う久保田利伸による上映記念ライヴが行われたようだ。窪塚洋介、黒木メイサ、エディソン・チャン、山本太郎らも出席したらしい。
オ・ギファン監督、ソン・イェジン主演の新作「作業の定石」の撮影現場が公開されたようだ。
チェ・ジヌォン監督の新作「ミスター・ソクラテス」のサントラに、主演のキム・レウォンも参加しているらしい。
韓国で公開中のパク・クァンヒョン監督「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」の観客動員数が、23日までに797万1532人に達したようだ。
キム・ソンス監督「美しき野獣」の音楽を担当する川井憲次が24日、韓国入りしたようだ。
韓国KBSドラマ「このひとでなしの愛」でピと共演するシン・ミナは「ピは俳優として、文句の付けどころがない」と絶賛したようだ。
チョ・インソンは、イメージキャラクタを務める富士フィルム「FinePix F460」発売記念サイン会を、29日にソウル市内で行うようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は25日、第78回アカデミー賞外国語映画部門への応募作品が、過去最多の58ヶ国から集まったと発表したようだ。
東宝は、2006年2月期の連結業績予想を、売上高1950億円、経常利益210億円と上方修正したようだ。「交渉人 真下正義」(本広克行監督)、「電車男」(村上正典監督)、「NANA」(大谷健太郎監督)などのヒットが貢献している模様。
ロサンゼルスで駐車場係員に暴行したとして、オマー・シャリフが訴えられたらしい。料金をユーロで支払おうとして断られ、激怒したとか。
東京地検は26日、映画配信会社の日本映画衛星放送の元社員2人を業務上横領容疑で逮捕したようだ。1億9530万円を横領したらしい。
Warner Bros.は、インターネットなどによるデジタル配信に向けてWarner Bros. Home Entertainment Groupを再編成、新たにWarner Bros. Digital Distribution部門を設立したようだ。一方、Warner Home Videoの社長を、ジム・カードウェル(Jim Cardwell)からロン・サンダース(Ron Sanders)に交代させた模様。次世代DVD規格を巡る混乱の責任を取らされたらしい。
米CATV局のA&Eのドキュメンタリー映画製作部門A&E IndieFilmsは、インディアナの小さな町の高校の生徒達を追う"American Teen Movie"(仮題)と、ノースダコタの小さな町の教会が行ったサマーキャンプに参加した子供達を追う"Jesus Camp"(仮題)の、2作品の劇場用ドキュメンタリー映画を製作中らしい。
自らの半生を基にしたグレゴリー・デヴィッド・ロバーツ(Gregory David Roberts)の小説"Shantaram"のWarner Bros.による映画化で、ジョニー・デップの主演が決定した模様。エリック・ロス(Eric Roth)が脚本を担当するようだ。
マルコス・シエガ(Marcos Siega)監督、ライアン・レイノルズ主演のロマンチック・コメディ新作"Chaos Theory"で、エミリー・モーティマーが出演交渉中のようだ。来年1月からバンクーバーで撮影に入る模様。
イザベル・コイシェ監督、サラ・ポーリー、ティム・ロビンス共演の新作"The Secret Life of Words"が21日、スペインで公開されたようだ。
「ア・フュー・グッドメン」("A Few Good Men",1992年)がロブ・ロウの主演で舞台化され、ロンドンで上演中らしい。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」("Godzilla: Final Wars",2005年)のDVDとUMD Videoが、12月13日に米国で発売されるようだ。
米Teen People誌は、読者投票に基づく「エゴの強い有名人Top10」を発表したようだ。
1.パリス・ヒルトン
2.カニエ・ウェスト
3.アッシャー・レイモンド
4.ビヨンセ・ノウルズ
5.クリスティーナ・アギレラ
6.ジャック・ホワイト
7.ジャスティン・ティンバーレイク
8.アヴリル・ラヴィーン
9.R・ケリー
10.リンゼイ・ローハン
「ダブル・インパクト」("Double Impact",1991年)のシェルドン・レティック(Sheldon Lettich)監督による新作"The Hard Corps"で、ジャン=クロード・ヴァン・ダムとウェズリー・スナイプスが共演するらしい。来月からカナダのブリティッシュ・コロンビア州で製作がスタート、その後ルーマニアでロケを行うようだ。
飯塚雅弓が声優を務める新作アニメ「下町エイリアン パピピピプピ」が、Yahoo!で無料配信されているようだ。来月10日から第2弾「ブタヅカ」、同月24日から第3弾「Buonomo」も配信されるようだ。
「スター・ウォーズ」("Star Wars: Episode IV - A New Hope",1977年)、「フラッシュ・ゴードン」("Flash Gordon",1980年)、「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」("Raiders of the Lost Ark",1981年)、「ホワイトナイツ 白夜」("White Nights",1985年)、「バットマン」("Batman",1989年)、「リバー・ランズ・スルー・イット」("A River Runs Through It",1992年)、「D.N.A.」("The Island of Dr. Moreau",1996年)、「エヴァンジェリスタ」("Blessed",2004年)、「ディア・ウェンディ」("Dear Wendy",2005年)など数多くの作品で活躍した、米俳優のウィリアム・フットキンス(William Hootkins)さんが23日亡くなった(58歳)。ご冥福をお祈りいたします。
北野武監督最新作「TAKESHIS'」のサントラが、来月2日に発売されるようだ。NAGI、美輪明宏、坂本スミ子、DJ HANGER、鈴木慶一らが参加しているらしい。
米SCI FI Channelは、"Stargate SG-1"(1997年-)と"Stargate: Atlantis"(2004年-)の来シーズン放送に向け、各20話の制作を発注したようだ。
ドン・コスカレリ(Don Coscarelli)監督は、カルト・ホラー「ファンタズム」("Phantasm",1979年)シリーズのリメイクについて「New Lineが3部作をリメイクすると報じられたが、事実ではない。交渉は成立しなかった」と否定したようだ。一方、"Bubba Ho-tep"(2002年)の続編製作については「いつやるか」だけの問題、と語ったらしい。
ジェシカ・シンプソンのマネージャーを務める彼女の父親は、ニック・ラシェイとの離婚の噂について「2人はまだ一緒にいる。イタリア旅行から戻ったところだ。2人で一緒に過ごして、ロマンチックな夕食や、オペラを楽しんだようだ。むしろ、私と縁を切りたいんじゃないかな」とコメントしたようだ。
Backstreet Boysのニック・カーター(Nick Carter)は、Girls Aloudのサラ・ハーディング(Sarah Harding)に一目惚れしたらしい。「ブロンドの彼女はホットだよ。写真を見たけど、バンドのメンバーはみんなホットだね。彼女たちと是非会いたい。サラは僕の理想の女性だ」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズの赤ちゃんの写真がネット上に流出したことについて、TangibleBrit.comWorldOfBritney.comBritneySpears.orgなどのファンサイトが謝罪、写真を削除したようだ。
キルスティン・ダンストは「自分の歯が好き。母親には直すようにしつこく言われているけど。八重歯って凄くセクシー」と言っているようだ。そんな彼女はパトリシア・アークエットの大ファンらしい。
ロンゼイ・ローハンは今年初めに過労で入院した時のことについて「いろんなことがあったし、働きすぎで自分の体のことなんか考えていなかった。9-11kgぐらい体重が落ちていたの。点滴静注を受けたわ。もう少しで死ぬところだったの」と語ったようだ。
ホ・ジノ監督「四月の雪」プロモーションのため、ペ・ヨンジュンが来月、北京を訪問するようだ。人民大会堂で行われる試写会で舞台挨拶を行うらしい。
Dimension Filmsは、スティーヴン・キングの短編ホラー小説"1408"を、ミカエル・ハフストローム(Mikael Hafstrom)監督、ロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)製作で映画化するようだ。
Summit EntertainmentとMandalay Picturesは、リチャード・マシスン(Richard Matheson)の短編"Death Ship"の権利を獲得、"Countdown"のタイトルで映画化するようだ。なぞの惑星に着陸した宇宙飛行士が、自分自身の死体を発見して・・・という話らしい。
キウェテル・イジョフォーは、アルフォンソ・クアロン監督"Children of Men"と、マイケル・アルメレイダ監督"Tonight at Noon"への出演が決まったようだ。
「マーサの幸せレシピ」("Bella Martha",2001年)のスコット・ヒックス監督、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演によるリメイクで、アーロン・エッカートの共演が決まったようだ。
Paramountは、ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)のファンタジー小説"Stardust"の映画化の監督とプロデュースについて、マシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)と最終交渉に入った模様。
007シリーズ第21作"Casino Royale"について、マーティン・キャンベル監督は「ジェイムズ・ボンドはヴェスパー・リンド(Vesper Lynd)という女性エージェントとチームを組む。彼女が我々が良く知るボンドへと彼を変えていくんだ。彼はヴェスパーを深く愛し、それが彼を永遠に変えてしまう。今回の作品では、ボンドのよりパーソナルな面を描く」と語ったようだ。Qは登場しないものの、なぜボンドは一晩限りの関係を好むのか、なぜマティーニは「ステアでなく、シェイク」なのか、なぜAston Martinにこだわるのか、などが明らかにされるとか。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")に主演したダニエル・ラドクリフは、水中シーン撮影のため6ヶ月間、水泳とスキューバダイビングの特訓を受けたとか。撮影前は、ほとんど泳げなかったらしい。
ゲイリー・ロス監督は、ジェリー・ブラッカイマー(Jerry Bruckheimer)と共同で、米NBCの新作ドラマ"Invisible"を手がけるようだ。なぞの病気の原因を追う研究者を主人公にした医療スリラーらしい。
開催中の東京国際映画祭で25日、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」("The Three Burials of Melquiades Estrada")の記者会見が行われ、監督・主演を務めたトミー・リー・ジョーンズが出席したようだ。
アル・パチーノの広報担当者は、カースティ・アレイとの恋愛の噂を否定したようだ。
来年のカリフォルニア州知事選挙の民主党側の候補として、ウォーレン・ベイティとロブ・ライナーの名前が挙がっているらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の記者会見が25日ロンドンで行われ、マイク・ニューウェル監督、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントらが出席したようだ。
  10/27
ホ・ジノ監督「四月の雪」の主題歌を歌うウ・ソンミンが26日、都内で行われた日本デビューアルバム「The Road」の発売記念イベントに出席したようだ。
TOHOシネマズ高槻に展示されているペ・ヨンジュンらの手形について、展示期間が来月4日まで延長されたようだ。連日1000人以上のファンが訪れているとか。
12月9日から大阪で開催される「韓国エンタテインメント映画祭」では、チェ・ミンシク主演「クライング・フィスト」(「拳が泣く」)など新作8本のほか、「シュリ」("Swiri",1999年)、「JSA」("JSA: Joint Security Area",2000年)、「血と骨」(崔洋一監督,2004年)、「パッチギ!」(井筒和幸監督,2005年)なども上映されるらしい。
Time誌アジア版の表紙をチャン・ドンゴンが飾るらしい。
12月に開催される「ソウル独立映画祭2005」に、青山真治監督が出席するようだ。最新作「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」を含む5作品が上映されるらしい。
ユ・ジテの監督デビュー作「盲人はどんな夢を見るでしょうか?」が、韓国KBS第1テレビで27日に放送されるらしい。
クァク・キョンテク監督、チャン・ドンゴン主演の新作「タイフーン」のワールドプレミアが、12月初旬に行われるようだ。日本からだけでも35のメディアから100人が参加する予定とか。
25日放送された韓国KBS第2テレビ「ウェディング」最終回の視聴率は13.9%だったようだ。
中国中央テレビ(CCTV1)の人気歌番組「同一首歌」の収録が今月29日、東京国際フォーラムで行われるらしい。NHKも制作に参加するようだ。シン・スンフンが特別ゲストとして出演する模様。
キム・ヒソンの写真集「Marvelously - Kim Hee Seon」が28日に韓国で発売されるようだ。撮影を手掛けたファッション・フォトグラファーのパオロ・ロヴェルシ(Paolo Roversi)は「ソフィ・マルソーのように通俗的な雰囲気と、イザベル・アジャーニのように神聖な雰囲気を兼ね備えている」とコメントしたらしい。
広東省で新作撮影中のセシリア・チャンは、先日まで体調不良で入院していたらしい。撮影終了後はしばらく休養を取る予定とか。「愛する人の赤ちゃんを産みたい」とも語ったようだ。
南アフリカ出身のガヴィン・フッド(Gavin Hood)は、11歳で大学を卒業した実在の少年を描く"Prodigy"で監督を務めるようだ。
世界最大の小売業Wal-Mart Stores社を描くドキュメンタリー映画"Wal-Mart: The High Cost of Low Price"が、来月から全米3000ヶ所の個人宅や教会などで上映されるほか、ニューヨークとロサンゼルスで11月4日から限定劇場公開される模様。小さな町を破壊し、最低賃金しか支払わない巨大企業として描いているらしい。一方、Wal-Martによって恩恵を受ける一家を描いたドキュメンタリー"Why Wal-Mart Works: And Why That Drives Some People Crazy"のDVDも来月12日に発売されるようだ。
「パックマン」("Pac-Man")誕生25周年を記念して、Namcoは"Pac-Man World 3"を来月発売するようだ。
ブラッド・ピット主演の新作"The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford"の撮影現場の写真が公開されたようだ。
"Final Destination 3"のポスターが公開されたようだ。
Universal Studios Hollywoodの入り口に設置されている巨大な地球儀には、ニュージーランドがなかったらしい。ハリウッドで映画製作に携わるニュージーランド出身のロジャー・ワドハム(Roger Wadham)がウェブサイトを立ち上げ修正を訴えたところ、Universal Studiosに抗議のメールが殺到、このほど無事ニュージーランドが追加されたようだ。
ブルース・A・エヴァンス(Bruce A. Evans)共同脚本・監督による新作サイコスリラー"Mr. Brooks"で、ケヴィン・コスナーが主人公の連続殺人鬼を演じることが決まったようだ。来年4月からポートランドで撮影に入る模様。
新作"Wolf Creek"(2005年)に主演した豪州出身の俳優ジョン・ジャラット(John Jarratt)は、連作ホラー"Grind House"をロバート・ロドリゲスと共に監督するクエンティン・タランティーノから出演をオファーされたらしい。
Peace Arch Entertainment Groupは、スティーヴ・ブシェミ、マイケル・ピット、アリソン・ローマン共演による新作"Delirious"の製作を決定したようだ。来月9日からニューヨークで撮影に入る模様。
米M8 EntertainmentとOdd Lot Entertainmentは26日、ベストセラー小説「娘たちのための狩りと釣りの手引き」("The Girls' Guide to Hunting and Fishing")のサラ・ミシェル・ゲラー主演による映画化作品を含むOdd Lot製作5作品について、M8が国際配給を手掛けることで合意したと発表したようだ。
離婚後もTVドラマシリーズ"One Tree Hill"(2003年-)でチャド・マイケル・マーレイと共演しているソフィア・ブッシュは「仕事は仕事、私生活は私生活。しっかりと分けている。簡単じゃないけど、自分の仕事には愛情と誇りを持っているし、私情を持ち込んで台無しにするつもりはないわ」と語ったようだ。
新作「エリザベスタウン」("Elizabethtown")に主演したオーランド・ブルームは「川の上にかかる美しい黄色い橋での撮影では、たくさんの人が見物に集まっていた。そこは、僕が演じるキャラクタが全ての束縛から解放される場面で、僕は踊らなければならなかったんだ。パパラッチや見物人がたくさんいたから、本当に恥ずかしかったよ」と語ったようだ。
米Marie Claire誌は「10 Best Movie Hair Moments of 2005」を発表したようだ。 1.リース・ウィザースプーン / "Just Like Heaven"
2.ニア・ロング / "Are We There Yet?"
3.シエナ・ミラー / "Casanova"
4.ヒラリー・ダフ、ヴァネッサ・レンジーズ / "The Perfect Man"
5.シャーリーズ・セロン / "Aeon Flux"
6.アンジェリーナ・ジョリー / 「Mr. & Mrs. スミス」
7.ジェシカ・アルバ / 「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」
8.ジェニファー・ロペス / "Monster-In-law"
9.エヴァ・メンデス / 「最後の恋のはじめ方」
10.ドリュー・バリモア / "Fever Pitch"
ブリトニー・スピアーズの妹、ジェイミー・リン・スピアーズは「ハリケーンKatrinaが上陸した時、ママと叔父さんと一緒に(ルイジアナの)家にいたの。でもブリトニーとケヴィン(・フェダーライン)はロサンゼルスにいたから、4日間も連絡を取れなかったの。辛かったわ。自分の無事を家族に知らせることができないのって、本当に恐ろしい」と語ったようだ。
ビヨンセ・ノウルズは、昨年誕生した妹ソランジュ(Solange)の子供について「本当にいい子なの。すごく可愛くて、もう死ぬほど愛してるわ。朝4時に目が覚めて『明日帰ってしまうまでに、彼を見ておかなきゃ』と思って、寝てなきゃいけない時間なのに、彼を眺めていたわ。乳母がいれば助かるけど、自分の子供とは一緒にいたいわ。ママもそうしてくれたし」と語ったようだ。
ジム・シェリダン監督の新作"Get Rich or Die Tryin'"で、主演の50セント(50 Cent)が両手に銃とマイクを持ったポスターが広告に使われたことから、Project Islamic HOPE、The National Action Network、Justice For Murdered Childrenなどの団体がボイコットを呼びかけているらしい。
「50回目のファースト・キス」("50 First Dates",2004年)のDVD発売記念イベントが26日都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた乙葉が出席したようだ。
DreamWorksは、ジョナサン・リーセム(Jonathan Lethem)の小説"As She Climbed Across the Table"の映画化権を獲得したようだ。人類学者と、彼の素粒子物理学者の恋人と、彼女が夢中になっているブラックホールとの三角関係を描くラヴストーリー?らしい。
Mayhem Projectは、Capcomのビデオゲーム"Clock Tower 3"の映画化でトッド・ファーマー(Todd Farmer)を、オリジナルの超自然スリラー"Sanctuary"にロニー・クリステンセン(Ronnie Christensen)を、それぞれ脚本に起用したようだ。
ジョー・ダンテ監督「ピラニア」("Piranha",1978年)のチャック・ラッセル脚本によるリメイクは、フランスの製作会社Wild Bunchが手がけるようだ。
シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の撮影は、ロンドンの北に位置するLeavesdenを中心に、引き続き英国内で行われるようだ。来年2月から撮影に入る模様。
米CBSのSFドラマシリーズ"Threshold"(2005年-)の来月11日放送のエピソードに、エリザベス・バークレイが特別ゲストとして出演するらしい。
ピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")の上映時間は3時間になる模様。製作費は2億700万ドルに達したらしい。 [☆大丈夫かなぁ・・・予告編観てると、大コケしそうな気がするんですけど・・・]
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ、リーリー・ソビエスキー共演による人気ゲーム「ダンジョン シージ」("Dungeon Siege")の映画化"In the Name of the King: A Dungeon Siege Tale"は、2部構成となるようだ。前編が来年11月3日、後編が12月1日から公開されるらしい。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)などを手掛けたマーティ・ノクソン(Marti Noxon)は、サム・ライミ、アイヴァン・ライミ(Ivan Raimi)兄弟と共同で、新作の脚本を執筆中らしい。"The Curse"という仮題で、医者とモンスターと精神病患者と魔女が登場する話とか。
ロバート・デ・ニーロは、バリー・レヴィンソン監督の新作"What Just Happened"でハリウッドのプロデューサーを演じるらしい。「ヒート」("Heat",1996年)、「ファイト・クラブ」("Fight Club",1999年)などを手掛けた実在のプロデューサー、アート・リンソン(Art Linson)がモデルとか。ショーン・ペンらがカメオ出演するようだ。
ケネディ暗殺を題材にしたエミリオ・エステヴェス監督・脚本・主演の新作"Bobby"で、リンゼイ・ローハンの出演が決まったようだ。
ビル・コンドン監督、ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ共演によるブロードウェイ・ミュージカルの映画化"Dreamgirls"で、ダニー・グローヴァーが出演契約にサインしたようだ。
100人以上の患者を安楽死させ有罪となった医師ジャック・キヴォーキアン(Jack Kevorkian)の自伝"You Don't Know Jack"のバーバラ・コップル監督による映画化で、バーバラ・ターナー(Barbara Turner)が脚本を手掛けるようだ。
D・J・カルーソー監督次回作は、Yari Film Groupによるアクション・ロマンス"Man on a Ledge"になるようだ。出所したばかりの前科者がダイヤの強奪を計画し・・・というストーリーらしい。
「ダイナソー」("Dinosaur",2000年)のラルフ・ゾンダッグ監督次回作は、ケリー・アラン・ウィリアムソン(Kelly Alan Williamson)の児童書"Ollie the Otter"のCGアニメ映画化になるようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")のDVDが18日に米国で発売され、1週間で400万枚の売り上げを記録したようだ。
アンナ・フリエル、レイチェル・ワイズ、ケイト・ベッキンセイルらの名前が挙がっていた、新作スパイ・スリラー"Daisy Scarlett: Semper Occultus"の主演には、現在ナターシャ・ヘンストリッジ、ナオミ・ワッツ、シエナ・ミラー、キーラ・ナイトレイらが候補に挙がっているらしい。
"CSI: Miami"(2002年-)と"CSI: NY"(2004年-)の来月放送される特別エピソードに、マドンナの新曲"Hung Up"が使われるらしい。
TVシリーズ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997-2004年)や新作「ダーク・ウォーター」("Dark Water",2005年)に出演するカムリン・マンハイム(44)は、関節リウマチに悩まされているらしい。
米ABCの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」("Desperate Housewives",2004年-)に出演するニコレット・シェリダン(Nicollette Sheridan)は、スウェーデン出身の俳優ニクラス・セーデルブロム(Niklas Soderblom)との婚約を解消した模様。
ニック・ノルティ、メグ・ライアンらの共演が予定されていた、アーネスト・ヘミングウェイを描く新作"Papa"は、製作費の調達が難航、中止の可能性もあるようだ。
  10/28
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)が12月2日に日本テレビで放送されるようだ。ダニエル・ラドクリフは「&日テレ」のCMにも登場するらしい。
開催中の東京国際映画祭で27日、小林正樹監督「スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006」が上映されたようだ。
ソニーは27日2005年9月度中間連結決算を発表、最終利益は前年同期比72.3%減の212億円となったようだ。映画部門の営業損益も66億円の赤字となった模様。
インデックスは27日、2005年8月期の連結決算を発表、連結経常利益は当初予想を16億円下回る69億円となったようだ。
米SureWest Communications社は、同社のFTTH網を使ったHD動画の配信サービスを来月スタートさせるようだ。
樋口真嗣監督「日本沈没」の製作発表が27日都内で行われ、草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、國村隼らが出席したようだ。
根上淳の告別式が27日、都内で営まれたようだ。
清水崇監督「輪廻」が27日、開催中の東京国際映画祭で上映され、優香、椎名桔平、香里奈らが舞台挨拶に立ったようだ。
今月31日にソウル市内で開催される「映画の日」記念式典で、クォン・サンウとチェ・ジウに今年の映画人賞特別賞が贈られるようだ。
イム・キョンス監督、シン・ウンギョン、キム・ユンジン、ムン・ジョンヒョク(エリック)共演の新作「6月の日記」のポスターが公開されたようだ。
イ・ハ監督、ムン・ソリ主演「女教授の隠密な魅力」のポスターが公開されたようだ。
パク・ シニャンは25日、ソウル市内の病院でヘルニアの手術を受けたようだ。現在撮影中のパク・クァンス監督「コンテナの男」には来月復帰する模様。
佐々部清監督「カーテンコール」PRのため、大学生の樽見謙慈郎が今月24日下関を出発、自転車で映画館を巡りながら東京を目指しているらしい。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)で空飛ぶ自動車として使われた青のFord Angliaが、英国のスタジオから盗まれたらしい。
米Forbes誌は、故人の著名人長者番付を発表、エルヴィス・プレスリーが4500万ドルで5年連続1位となったようだ。また、マーロン・ブランドが6位、マリリン・モンローが7位となったらしい。
ハロウィンを含む全米週末公開作品では、「SAW2」("Saw II")と「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")が共に週末興収2000万ドルを越えると予想されているようだ。
フロリダ南部を襲ったハリケーンWilmaは、映画館チェーンにも大きな打撃を与えた模様。最大手のRegal Entertainment Groupは14ヶ所を閉館、AMC Theatresも5館を閉鎖したようだ。
ブルック・シールズが妊娠したようだ。来春出産予定とか。
ジム・シェリダン監督、50セント(50 Cent)主演の新作"Get Rich or Die Tryin'"のポスターが銃暴力などを賛美しているとして非難を受けていた問題で、配給を手がける米Paramount Picturesは27日、ロサンゼルス市内に掲示されているポスターを一部鉄橋すると発表したようだ。
米Microsoftは、来月発売されるXbox360について、爆発的にではなく今年度を通して緩やかなペースで売れる、との見通しを示したようだ。 [☆弱気じゃん]
ケイト・モスは、今週初めに米アリゾナのリハビリ施設から退院したようだ。来月からロサンゼルス、パリ、ニューヨークでモデルとしての活動を再開する模様。
英国の2人の歴史学者が、ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")を出版するRandom Houseに対する訴訟を起こすようだ。1982年に2人が出版したノンフィクション"The Holy Blood and the Holy Grail"の全体構成を盗用したと主張しているらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、もう一人養子が欲しいと言っているらしい。
ハリケーンWilmaの襲来で、トム・クルーズとケイティ・ホームズが結婚式を予定していたカンクンのRitz Carltonホテルも大きな被害を受けたらしい。
新作"Perfect Stranger"でハル・ベリーと共演したブルース・ウィリスは「ハルに一目惚れしたんだ。彼女が僕の家に("Perfect Stranger"の)脚本を持ってきて、これを読んで欲しいって言うから、脚本を読んだんだよ」と語ったようだ。
オンラインゲーム"Star Wars Galaxies"の日本語版「スター・ウォーズ ギャラクシーズ」は、来年3月末でサービスを終了するようだ。
20th Century Foxの新作ファンタジー映画"Eragon"からの最新メイキング映像が、ファンサイトで公開されたようだ。
製作会社Ghost House Picturesの公式サイトが、ハロウィンの31日にオープンするようだ。
Kindred Media Groupは27日、Solaris Entertainmentと共同で、エド・ラドッキ(Ed Radtke)脚本・監督の新作"Superheroes"を製作すると発表したようだ。
アンナ・ファリスは、ディラン・ハガティ(Dylan Haggerty)脚本、グレッグ・アラキ(Gregg Araki)監督による新作インディ・コメディ"Smiley Face"に主演するようだ。来年1月下旬からロサンゼルスで撮影に入る模様。
Yahoo! JAPANはDestiny's Childのミュージックビデオを再編集した「Destiny's Child 1997〜2005 -ヒストリー映像-」を、年代ごとに4章に分けて無料配信するようだ。
ポップ・スターを夢見るケヴィン・フェダーラインがレコーディングを行ったものの、妻のブリトニー・スピアーズに失笑され「彼のデビューCDは運がよければ100枚、まあ1000枚は売れるんじゃない」と言われたらしい。ケヴィンは深く傷ついた様子だったとか。
ヒラリー・ダフは「なんでもゴシップネタにするマスコミは大嫌い。私生活を一切明かさないナタリー・ポートマンはすごいわ。彼女はとても才能があるし、彼女にとってはそれもまた仕事なのよ」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンに対抗して?、ニコール・リッチーも自らの香水ブランドを立ち上げるようだ。
歌手兼女優のブランディ(Brandy)は、New York Knicksのクエンティン・リチャードソン(Quentin Richardson)との婚約を解消したようだ。
米ABCの人気ドラマシリーズ"Lost"(2004年-)の来年5月放送のエピソードで、ダーレン・アロノフスキーが監督を務めるらしい。
Lucasfilm Animation Singaporeが27日、公式にオープンしたようだ。敷地面積は3700平方メートルで、19ヶ国から35人のスタッフが集められたらしい。
カナダのカルガリーで新作"The Assassination Of Jesse James By The Coward Robert Ford"撮影中のブラッド・ピットは、借りている丸太小屋にヒグマがいるのを発見、警察に通報したらしい。駆けつけた森林警備隊員は、ドアを開けっ放しにしていたブラッド・ピットを叱責したとか。
米タブロイド誌National Enquirerは、"Ashley Olsen Caught In A Drug Scandal"(アシュレイ・オルセン、ドラッグスキャンダルに巻き込まれる)と題した記事を掲載したことについて、あたかもドラッグスキャンダルを起こしたかのような印象を与えたとして、アシュレイ・オルセンに謝罪したようだ。
松田美由紀監修によるメモリアルブック「松田優作全集」が、十七回忌を迎える来月6日に出版されるようだ。また「暴力教室」(岡本明久監督,1976年)、「俺達に墓はない」(沢田幸弘監督,1979年)、「ヨコハマBJブルース」(工藤栄一監督,1981年)、「それから」(森田芳光監督,1985年)、「ア・ホーマンス」(松田優作監督,1986年)の5作品がDVD-BOXとして来月21日に発売されるらしい。
デヴィッド・ボウイが主演した「地球に落ちてきた男」("The Man Who Fell to Earth",1976年)を、Warner Independent PicturesとCherry Road Filmsがリメイクするようだ。
マイケル・ケインは、アルフォンソ・クアロン監督、クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア共演の新作SFアドベンチャー"Children of Men"への出演が決まったほか、「バットマン ビギンズ」("Batman Begins",2005年)のクリストファー・ノーラン監督と新作"The Prestige"で再び組むようだ。
ナンシー・マイヤーズ脚本・監督、キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット共演の新作ロマンチック・コメディ"Holiday"に、ジャック・ブラックが出演するようだ。
ウォルト・ベッカー(Walt Becker)は、Touchstone Picturesによる新作コメディ"Wild Hogs"で監督を務める模様。
Millennium Films、Emmett/Furla Films、Equity Picturesは共同で、シルヴェスタ・スタローン主演"Rambo IV"を製作するようだ。製作費は5000万ドルとか。
開催中の東京国際映画祭で28日、山口晃ニ監督「ベルナのしっぽ」が上映され、白石美帆らが舞台挨拶に立ったようだ。
レイチェル・ダンと破局したマシュー・ペリーは、以前の恋人ローレン・グレアムと交際を始めたようだ。
「スター・トレック」シリーズのヒカル・スルー役で知られるジョージ・タケイは、米Frontiers誌最新号で、ゲイであることを告白したようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは24日、エチオピアにエイズ治療のための小児科医療センターを設立する、と発表したようだ。
ジャネット・ジャクソンは、18歳になる隠し子がいる、という元夫の兄弟による発言を否定したようだ。
ジョン・タトゥーロ監督のミュージカル・コメディ"Romance & Cigarettes"の予告編が公開されたようだ。
  10/29
30日に大阪市内で開催される「第21回ワンコリアフェスティバル2005で、パク・ヒョンスク、クォン・ヘヒョ、イム・ホによるトークショーが行われるようだ。
開催中のWPC EXPO 2005で28日、HG EntertainmentのイベントにレイザーラモンHGが登場、来年3月にハリウッドデビューすると宣言したらしい。
山崎貢監督「ALWAYS 三丁目の夕日」のPR会見が28日、大阪市内で行われ、吉岡秀隆、小雪らが出席したようだ。
「ガメラ」がアニメシリーズ化され、2007年春から米Cartoon Networkで放送されるらしい。
東京国際映画祭で28日行われたパク・チャンウク監督「親切なクムジャさん」の上映会に、杉田かおるが出席したようだ。
根岸吉太郎監督「雪に願うこと」の会見が28日、開催中の東京国際映画祭で行われ、佐藤浩市、伊勢谷友介、小泉今日子、吹石一恵らが出席したようだ。
兵役中のソン・スンホンの手紙が、ファンクラブに公開されたようだ。「軍隊では本当に多くのものを学び、感じている」と綴っているらしい。
韓国で公開中のパク・ジンピョ監督、チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン共演「君は僕の運命」の観客動員数が、28日までに300万人を突破した模様。
インドではデジタルシネマが急速に広まりつつあるようだ。現在、全国1万3000ヵ所の映画館の内、デジタル化されているのは2%未満に過ぎないものの、来年には"E-Cinema"と呼ばれるより低価格なデジタルシネマ・システムが本格的に導入される見通しとか。フィルムに比べ低コストで配給できるほか、海賊版防止の効果もあると期待されているらしい。
メル・ギブソンは、監督次回作"Apocalypto"撮影のため、メキシコのベラクルスに入ったようだ。全編でマヤ語"が使われ「(欧州による)征服前が舞台になるから、欧州風の顔は登場しない。先住民の人々やメキシコシティの俳優を使う」と語ったらしい。11月から撮影に入る模様。
50セント(50 Cent)は、主演映画"Get Rich or Die Tryin'"のポスターデザインが非難を浴びていることについて「ありがたいね。メディアで宣伝してくれるんだから。助かるよ」と語ったらしい。
27日放送の"The Oprah Winfrey Show"にレオナルド・ディカプリオが出演、プリンストン大学教授のマイケル・オッペンハイマー(Michael Oppenheimer)博士と共に、地球温暖化の問題の深刻さを訴えたようだ。
パーティに行ってもお酒は飲まない、と公言するパリス・ヒルトンについて、「蝋人形の館」("House of Wax",2005年)で共演したエリシャ・カスバートは「撮影中に1、2回差しで飲みに行ったわ。私は飲める方だけど、彼女は私より強いと思う。私はJack Daniel'sが好きで、パリスも気に入ったみたい。カクテルかなんか飲んでたから『飲むならウィスキーにしましょう』って言ったの」と語ったようだ。
レスリー・ケイヴニー(Leslie Caveny)監督、クリスティーナ・リッチ、リース・ウィザースプーン共演の新作コメディ"Penelope"で、ヘイデン・クリステンセンの共演が決まったようだ。
アンディ・ウォーホルのミューズとして有名になったイーディ・セジウィック(Edie Sedgwick,1943-1971)の半生を描く、ジョージ・ヒッケンルーパー(George Hickenlooper)監督、シエナ・ミラー主演の新作"Factory Girl"で、ガイ・ピアースがウォーホル、ヘイデン・クリステンセンがボブ・ディランを演じるらしい。ジミー・ファロンも共演するようだ。
オーストラリアを舞台に観光客を襲う巨大ワニを描く、グレッグ・マクリーン(Greg McLean)脚本・監督の新作"Rogue"で、マイケル・ヴァルタン(Michael Vartan)とラダ・ミッチェルが共演するようだ。
角川映画、角川ヘラルド、アスミック・エースの3社は28日「角川グローバル・フィルム・プロジェクト2006」を発表したようだ。米The Weinstein Co.と共同で鈴木光司の短編小説「漂流船」や伊藤潤二のコミック「富江」をハリウッドで映画化するほか、「着信アリFinal」と貴志祐介原作の「黒い家」を韓国CJエンターテインメントと共同製作するらしい。
ジョン・ストックウェル監督、ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバ共演「イントゥ・ザ・ブルー」("Into The Blue")の試写会が28日都内で行われ、小向美奈子らの審査による水着コンテストも開催されたようだ。
ホラー映画専門チャンネル「ホラーTV」が、スカパー!で来月1日からスタートするようだ。
  10/30
長石多可男監督「仮面ライダー THE FIRST」の試写会が29日大阪市内で行われ、黄川田将也らが出席したようだ。
東京国際映画祭で29日、須賀大観監督「最終兵器彼女」が上映され、前田亜季、貫地谷しほりらが舞台挨拶に立ったようだ。
東京国際映画祭で29日、ロマン・ポランスキー監督「オリバー・ツイスト」("Oliver Twist")が上映され、主演のバーニー・クラークが舞台挨拶に立ったほか、神木隆之介が花束贈呈に訪れたようだ。
東京国際映画祭で29日、黒澤賞が発表され、ホウ・シャオシェン監督が選ばれたようだ。
キム・ソナとユン・ウネが、DHCコリアの新しいCMモデルに起用されたようだ。
第4回大韓民国映画大賞のノミネーションが発表され、パク・グァンヒョン監督、チョン・ジェヨン、イム・ハリョン、カン・ヘジョンら共演の「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」が作品賞、監督賞など最多13部門にノミネートされたようだ。
チェ・ジウは、日本の化粧品ブランドと20億ウォンでモデル契約を結んだ模様。
韓国MBCで29日スタートの「別巡検」で、チョ・アン、チョン・ユソク、イ・ギヨン、チェ・ギュファンらが共演しているようだ。
「同一首歌 2005日中友好歌謡祭」が29日、東京国際フォーラムで行われ、ワン・リーホン、アーメイ、酒井法子、夏川りみらが出演したようだ。
韓国ドラマ「春の日」で共演したチ・ジニとチョ・インソンが30日、ソウル市内で日本のファン400人を招待したファンミーティングを開催するようだ。
元モデルで女優のローレン・ハットン(Lauren Hutton)は、来月発売の米Big誌でヌードを披露するようだ。ヌードは映画「お前と俺」("Little Fauss and Bog Halsy",1970年)以来、35年ぶりとか。
香川県観光協会は、行定勲監督「春の雪」のロケ地マップを作成したようだ。撮影の行われた栗林公園、玉藻公園や高松空港などで配布されるらしい。
ジョージ・クルーニーは「希望は失っていない。友人のアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットはとても愛し合っている。僕にも人生を共にする女性が見つかる頃だよ」と語ったらしい。
パリス・ヒルトンは、ザ・ザ・ガボール(Zsa Zsa Gabor)の半生を描くTVドラマで主演候補に挙がっている模様。パリスの曽祖父コンラッド・ヒルトン(Conrad Hilton)はガボールと結婚したことがあり(1942-1947)、義理の曾祖母、ということになるらしい。
米Radar誌は、スティーヴン・スピルバーグが、彼の友人の精神科医に嫌がらせをしたとして、トム・クルーズとサイエントロジー(Scientology)の指導者デヴィッド・ミスキャベッジ(David Miscavige)を非難した、と報じたようだ。双方の広報担当者は「ノーコメント」とか。
1000年前の北米を舞台にバイキングとネイティブ・アメリカンの戦いを描く、マーカス・ニスペル監督、カール・アーバン、ムーン・ブラッドグッド(Moon Bloodgood)、クランシー・ブラウン、ジェイ・タヴァレ、ナサニエル・アーカンド(Nathaniel Arcand)、ラルフ・モーラー、ラッセル・ミーンズ(Russell Means)ら共演による新作"Pathfinder"の撮影が、バンクーバーで始まったようだ。
Walden Mediaは、ジュール・ベルヌ(Jules Verne,1828-1905)の古典SF小説「地底探検」("Journey to the Center of the Earth")を再び映画化するようだ。全編3Dで撮影されるらしい。
"Final Destination 3"の予告編が公開されたようだ。
「ディア・ウェンディ」("Dear Wendy")プロモーションのため、主演のジェイミー・ベルがトマス・ヴィンターベア監督と共に30日に来日するようだ。
高橋雄弥監督「最後の言葉 dear beloved」が29日初日を迎え、主演したシンガー・ソングライターの川嶋あいらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
桃井かおりが、小説「無花果の顔」を自らの監督・脚本・出演で映画化するらしい。
「機動戦士ZガンダムII-恋人たち-」が29日初日を迎え、富野由悠季総監督、飛田展男、古谷徹、池田秀一らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ANIKI監督「カスタムメイド10.30」が29日初日を迎え、木村カエラ、奥田民生らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
行定勲監督「春の雪」が29日初日を迎え、妻夫木聡、及川光博、高岡蒼佑らが舞台挨拶に立ったようだ。
Walt Disney PicturesによるCGアニメ次回作"Meet the Robinsons"に登場するキャラクタの画像が公開されたようだ。
  10/31
12月16日に横浜で開催されるMTVのイベントで、アシュリー・シンプソンと倖田來未が共演するらしい。
テリー・ギリアム監督「ブラザーズ・グリム」("The Brothers Grimm")の試写会が30日都内で行われ、野村沙知代が"鏡の女王"のコスプレでゲスト出演したようだ。
長石多可男監督「仮面ライダー THE FIRST」の公開記念イベントが30日都内で行われ、高野八誠、黄川田将也、小嶺麗奈、ISSAらが出席したようだ。
来月5日放送のテレビ朝日「SmaSTATION-5」に出演した北野武監督は、「僕を映画に使ってください!」と言う香取慎吾に「次の脚本ができたら」と答えたらしい。
フー・ビンの写真集「ニューフェイス」の発売記念イベントが30日都内で行われたようだ。フー・ビンは、小林政広監督、鈴木京香主演の新作「ええじゃないか、ニッポン 気仙沼伝説」にも出演しているらしい。
プリンセス天功は29日、自らスポンサーとなっているラスヴェガスでのオークションで、「イマジン」("Imagine",1973年)で使用された1956年型Austin Princessの霊柩車を15万ドルで落札したようだ。
東京国際映画祭で30日、源孝志監督「大停電の夜に」が上映され、豊川悦司、原田知世、寺島しのぶ、宇津井健、淡島千景らが出席したようだ。
東京国際映画祭で30日、杉井ギサブロー監督「あらしのよるに」が上映され、声優を務めた中村獅童、成宮寛貴坂東英二らが舞台挨拶に立ったようだ。
第18回東京国際映画祭の各賞が30日発表され、根岸吉太郎監督「雪に願うこと」が東京サクラグランプリ、監督賞、主演男優賞(佐藤浩市)、観客賞の4部門を獲得したようだ。また、ハンス・カノーサ(Hans Canosa)監督「女たちとの会話」("Conversations With Other Women")が審査員特別賞と主演女優賞(ヘレナ・ボナム・カーター)の2部門を受賞した模様。
来年3月スタートの韓国KBS第2テレビ「グッバイ、ソロ」で、チョン・ジョンミョン、ユン・ソイ、ミンヒ、イ・ジェリョンらが共演するようだ。
韓国SBSで来年スタートの「恋愛時代」で、ソン・イェジン、カム・ウソンが共演するようだ。
イム・グォンテク監督100本目の新作「千年鶴」で、オ・ジョンヘがヒロイン役に起用されたようだ。
韓国週末公開作品では、リュ・スンボム、シン・ミナ共演の新作「野獣と美女」が観客動員数20万5328人で1位となったようだ。
キム・ヨンジュン監督の新作「無影剣」に主演するシン・ヒョンジュンは、米E! Entertainment Televisionの番組でインタビューに答えたようだ。
実在の知的障がい者をモデルにした新作映画「裸足のキボン」で、シン・ヒョンジュン、キム・スミ、タク・ジェフン、イム・ハリョン、チョ・トクヒョンらが共演するようだ。29日に撮影に入った模様。
キム・ソンジュン監督、チェ・ジウ主演の新作「連理枝」で舞台となる済州道の牛島に、テーマパークが建設されるらしい。映画に登場する家も「チェ・ジウ・ハウス」として公開される予定とか。
31日にソウル市内で開催されるアンドレ・キム(Andre Kim)のファッションショーで、「プラハの恋人」に出演する新人女優ユン・セアがモデルを務めるようだ。
11月1日に入隊するヨン・ジョンフンは、30日も新作「Sweet Dreams」(チン・ヒョンテ監督)の撮影に参加した模様。徹夜での撮影になるらしい。
山崎貢監督「ALWAYS 三丁目の夕日」PRのため、同作に登場する「ダイハツ ミゼット」が30日、広島県の福山自動車時計博物館から神辺町のシネコン「エーガル8シネマズ」までを走行したようだ。来月25日まで劇場ロビーに展示されるらしい。
ジェラール・ドパルデューは「私に失うものは何もない。170本もの映画に出演した。証明すべきことはもう残っていない。愚か者のように(俳優業に)しがみ付くつもりはない。映画界から足を洗おうとしているところだ」と語ったらしい。
ジーナ・デイヴィスが合衆国大統領を演じる米ABCのドラマシリーズ"Commander In Chief"(2005年-)に、ポリー・バーゲン(Polly Bergen)が母親役で出演するようだ。
全米週末興収は「SAW2」("Saw II")が3050万ドル(2949館)で初登場1位を獲得、「レジェンド・オブ・ゾロ」("The Legend of Zorro")が1650万ドル(3520館)で2位、ユマ・サーマン、メリル・ストリープ共演"Prime"は639万ドル(1827館)で3位、ニコラス・ケイジ主演"The Weather Man"は422万ドル(1510館)で6位のスタートとなったようだ。
米Image Entertainmentは、1995年にUPNで1シーズンだけ放送されたSFシリーズ"Nowhere Man"のDVDを12月27日に発売すると発表したようだ。
オーランド・ブルームは「8歳か9歳の頃、僕は女の子のスカートめくりをやってた。面白いと思って痛んだよ。まだ幼かったんだ。ぶたれたから良く覚えているよ」と語ったらしい。
まもなく「回路」(2001年)の米国公開がスタートする黒澤清監督は、同作のハリウッド・リメイク版について「私は全く関わっていない。私が許可したわけでもなく、私のアイデアでもない。リメイクについては詳細は何も知らない」と語ったようだ。また次回作について「昨年『ロスト』という恋愛ホラーを撮ったが、まだ日本では公開されていない。それから、新作ホラーの脚本も書き終えたところだ」と語ったらしい。
金田敬監督「青いうた」の青森県むつ市での撮影が30日にスタート、濱田岳、平田満らが参加したようだ。
第25回ハワイ国際映画祭で29日、千葉真一に特別功労賞に当たるMaverick Awardが贈られたようだ。
NHKの公開番組「チャングム ファンミーティング」の収録が30日都内で行われ、「宮廷女官チャングムの誓い」に出演するヤン・ミギョン、子役のチョ・ジョンウンらが出席したようだ。
自閉症の息子とコミュニケーションをとるための画期的な方法をインド人女性と共に発見したPortia Iversonの著書"Strange Son"の映画化で、Revolution Studiosはナイジェル・コールを監督に起用したようだ。
新作"The Weather Man"を手がけた脚本家のスティーヴ・コンラッド(Steve Conrad)は、Dimension Filmsの新作コメディ"Quebec"で監督デビューするようだ。
The Weinstein Co.は、アダム・F・ゴールドバーグ(Adam F. Goldberg)とアーネスト・クライン(Ernest Cline)の脚本に基づくコメディ"Fan Boys"の権利獲得に向けて最終交渉に入ったようだ。熱狂的「スター・ウォーズ」ファンの若者たちが、余命わずかな友人をSkywalker Ranchに連れて行こうと決心し・・・という話らしい。カイル・マン(Kyle Mann)監督、ダン・フォグラー(Dan Fogler)主演で来年2月1日から撮影に入る模様。
シリーズ最新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")で再びロン・ウィーズリーを演じるルパート・グリントは「ずっと、ロンとは何かつながりがあるような気がしているんだ。お互い赤毛だし、背が高いし、大家族だし。ロンをずっと演じてきたし、彼のことは良く分かっているから、誰か他の俳優が演じるなんて考えたくないよ」と語ったようだ。
「SAW2」("Saw II")に出演したドニー・ウォールバーグは、「ソウ」("Saw",2004年)のジェイムズ・ワン監督による新作"Silence"で再び刑事役を演じるらしい。「同じ役を選ぶつもりはないし、同じ人物を演じるつもりもない。"Silence"は超自然サイコ・スリラーだ。『SAW2』とは全く違う」と語ったようだ。
「虹を掴む男」("The Secret Life of Walter Mitty",1947年)の、マーク・ウォーターズ監督、オーウェン・ウィルソン主演によるリメイク企画が頓挫しているようだ。スカーレット・ヨハンソンがヒロイン役候補に挙がったものの契約に至らず、オーウェン・ウィルソンも降板してしまったらしい。
ジェニファー・ガーナーと彼女が設立したVandalia Filmsは、エロチック・スリラー企画"Sabbatical"をTouchstone Picturesに売ったようだ。ジェニファー・ガーナー自身が主演を務める模様。停滞期を迎えた結婚7年目の夫婦がそれぞれ2週間の"長期休暇"を過ごした後、夫が姿を消してしまう・・・という話らしい。
第18回東京国際映画祭が30日、閉幕したようだ。クロージング上映されたのソン・ヘソン監督「力道山」では、ソル・ギョングと中谷美紀が舞台挨拶に立ったらしい。