シネマトピックス(2003年6月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  6/1
いかりや長介は、都内病院に入院しているようだ。
昨日来日したキャメロン・ディアス、オフの今日は六本木で「カラオケをしたい」と言っているらしい。
英民族多文化メディア・アカデミー(Ethnic Multicultural Media Academy)主催のEMMA賞授賞式が30日開催され、映画部門では「ベッカムに恋して」("Bend it like Beckham")に映画製作賞、「フリーダ」("Frida")に主演したサルマ・ハエックに映画女優賞、"The Guru"に主演したジミ・ミストリー(Jimi Mistry)に映画男優賞が、それぞれ贈られたようだ。
2003MTVムービーアワード授賞式が31日開催され、「ロード・オブ・ザ・リング, 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")が作品賞ほか4部門を獲得したようだ。
世界保健機構(WHO)は世界禁煙デーの31日、インドの映画業界に対し、ヒーローやヒロインがタバコを吸う描写を止めるように求める声明を発表したようだ。
ジョン・トラヴォルタは、「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"の出演交渉に入った模様。MGMは、ブレット・ラトナーの監督を希望しているとか。
アンジェリーナ・ジョリーは、養子に迎えた1歳8ヶ月の息子マドックスのために、早くも学校選びを始めているらしい。「学校のパンフレットを集めて、制服を着た息子を想像しているところよ」と語ったとか。
来月スタートのTBS「高原へいらっしゃい」に出演予定だったいかりや長介が、体調不良のため降板した模様。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の撮影は既に終了しているようだ。
  6/2
米NYTimes.comは先月30日、映画情報サイトMovies.nytimes.comをスタートさせたようだ。過去20年間のNew York Times紙に掲載された映画レビューも閲覧できるらしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")プロモーションのため、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人が2日、六本木ヒルズで記者会見を行ったようだ。報道陣1000人、ファン2000人が詰め掛けたとか。藤原紀香も参加したらしい。
「ゼスプリ・ゴールドキウイ」のCMキャラクタに、昨年に引き続き坂口憲二が起用されたようだ。3800人から選ばれた蛯原友里が共演するらしい。
京極夏彦の小説「嗤う伊右衛門」が、蜷川幸雄の監督で映画化されるようだ。唐沢寿明と小雪が共演するらしい。
「伝説のヤクザ〜ボンノ」(2002年)の続編となる、辻裕之監督「伝説のヤクザ〜最後の博徒」が現在製作中のようだ。赤井英和と松方弘樹共演するらしい。
8月日本公開となる、ゴア・ヴァービンスキー監督、ジョニー・デップ主演最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")は、海賊映画史上最高の1億2500万ドルの製作費が投入されたとか。7日から予告編、ポスターなどが解禁となる模様。 [☆沈没しなけりゃいいですが・・・]
都内病院に緊急入院しているいかりや長介は、頸部リンパ節がんと診断されたようだ。
石原プロは2日、石原裕次郎の17回忌の法要に合わせて、品川プリンスシネマで7月9日から特別上映される「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)と「栄光への5000キロ」(蔵原惟繕監督,1969年)に、抽選で3万人を無料招待すると発表したようだ。当選者には特別醸造の「松竹梅」大吟醸と焼酎「ZIPANG」、写真集もプレゼントされるらしい。
NTT西日本は2日、京都などで開催される「アート・オブ・スター・ウォーズ展」と連動して、メイキングなどの映像を24日からフレッツ・スクウェアで配信すると発表したようだ。
エンタテイメント業界でのヒスパニック系の人々の活躍を讃える、米Imagen Foundation主催の第18回Imagen Awards授賞式が開催され、映画部門では「フリーダ」("Frida")が最優秀作品賞に選ばれたほか、サルマ・ハエックが女優賞、アルフレッド・モリーナが男優賞、ロバート・ロドリゲスが監督賞を受賞したようだ。
チャールズ・ストーン監督、バーニー・マック、アンジェラ・バセット共演の野球コメディ"Mr. 3000"で、米FXテレビの刑事ドラマシリーズ"The Shield"(2002年-)に出演する、ブライアン・ホワイトの共演が決まったようだ。
ブライアン・レヴァントは、アイス・キューブ主演の新作コメディ"Are We There Yet?"の監督に決まったようだ。
全米週末興収は、Walt DisneyとPixar Animation StudiosによるフルCGアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が、アニメ作品としては「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.",2001年)の6250万ドルを超える、7060万ドルを記録し、初登場1位となったようだ。一方、マーク・ウォールバーグ主演のリメイク「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")は1930万ドルで3位、ロブ・シュミット監督のティーン・ホラー"Wrong Turn"は501万ドルで7位のスタートとなった模様。「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は1504万ドルで4位まで転落したものの、総興収は2億3200万ドルを超えたらしい。
カプコンとギャガ・コミュニケーションズは2日、人気ゲームソフト「デビルメイクライ」を実写映画化すると発表したようだ。ハリウッドの映画製作会社と共同製作し、世界公開を目指すとか。
森田芳光監督「阿修羅のごとく」の撮影が1日、都内の東宝撮影所で行われ、妊婦姿の深田恭子らが参加したようだ。
エミネム主演「8 Mile」のサントラが、昨年10月の発売以来31週目の9日付けオリコン・アルバムチャートで1位となることが確実となったようだ。洋楽ヒップホップの1位は初とか。
サンドラ・ブロックは、ジョージア州タイビーに所有する自分の土地周辺の未開発の海岸を保護するため、その一部を購入したようだ。
「我等の町」("Our Town",1940年)、「ベン・ハー」("Ben-Hur",1959年)、「エアポート'75」("Airport 1975",1974年)などの映画やTV作品で活躍した、米女優のマーサ・スコット(Martha Scott)さんが亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「イースター・パレード」("Easter Parade",1948年)、「野郎どもと女たち」("Guys and Dolls",1955年)など170もの映画作品の音楽を手掛けたほか、「ボナンザ」("Bonanza",1959-73年)などのTVシリーズでも知られる、作曲家のアルバート・センドリー(Albert Sendrey)さんが先月18日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マイクロソフト株式会社は、6日から六本木ヒルズで開催されるShort Shorts Film Festival 2003で、Windows Media 9シリーズを利用したデジタルシネマの上映を行うと発表したようだ。
マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")の、日本でのDVD発売は8月27日になるようだ。同監督の未公開作品「ザ・ビッグワン」("The Big One",1997年)との2枚組「アポなしBOX」も同時発売されるらしい。
  6/3
「仮面ライダー555」「爆竜戦隊アバレンジャー」の製作発表が3日行われ、初の外国人ライダーを演じるピーター・ホーらが出席したようだ。22日埼玉県内で行われるクライマックス・シーンの撮影で、1万人のエキストラを募集中とか。
ロブ・マーシャル監督「シカゴ」("Chicago")は、7日から全国123館でロングランがスタート、8月まで上映されるようだ。
先月31日行われた「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")先行オールナイト上映は、、全国592館で観客動員数29万6853人、興収4億7545万円を記録、先行オールナイトとしては「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の4億4892万5500円の記録を更新したようだ。先先行オールナイトと合わせると、観客動員数は55万5382人、興収は8億9236万4000円に達した模様。
済州島で数万人が虐殺された1948年の4・3事件を描くドキュメンタリー映画「レッドハント」をソウルで上映し起訴されていた京都出身のソ・ジュンシク(徐俊植)に対し、韓国大法院は、国家保安法違反にいついて無罪とする判決を下したようだ。
日本テレビアナウンサーの松本志のぶは3日、「あした」(大林宣彦監督,1995年)、「MARCO 母をたずねて三千里」(楠葉宏三監督,1999年)などの作品にも参加している、作曲家・音楽プロデューサーの岩代太郎と結婚することを公表したようだ。
「戦場のピアニスト」("The Pianist")で描かれたピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの息子で九州大大学院で非常勤講師を務めるクリストファー・スピルマンが3日、福岡市の西南学院大で講演会を行ったようだ。
大道珠貴の芥川賞受賞作「しょっぱいドライブ」が映画化されるようだ。大嶋拓が監督を務め、来春から撮影に入る模様。
「ハリー・ポッターと賢者の石」の初版本が3日、ロンドンでオークションにかけられるようだ。
これまで、ロン・ハワード、スパイク・ジョーンズらが興味を示してきた、F・スコット・フィッツジェラルド(F. Scott Fitzgerald)の短編小説"The Curious Case of Benjamin Button"は、ゲイリー・ロスの監督で映画化されるようだ。
ブリタニー・マーフィは、Warner Bros.が企画するコメディ"Major Movie Star"への出演が決まったようだ。
メルボルンの映画博物館Australian Center for the Moving Imageは、昨年10月のオープン以来75万人以上が訪れる人気スポットとなっているようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は62ヶ国に公開が拡大され、北米を除く海外週末興収は5530万ドル、海外総興収は2億5000万ドルに達した模様。北米を含む総興収は4億8270万ドルとなり、前作「マトリックス」("The Matrix",1999年)の4億5690万ドルをあっさり更新したようだ。
"Les invasions barbares"の演技でカンヌ映画祭の女優賞を獲得したマリー=ジョゼ・クローズ(Marie-Josee Croze)は、以前はマクドナルドでバイトしていたとか。「誰も私が受賞するなんて思ってなかったし、受賞が発表された時、私は茫然としました。そういった賞は、映画の主役級の俳優に贈られるものだと思っていたのです」と語ったようだ。同作品に彼女が登場するのは、始まってから45分後らしい。
13日より全米公開となるアクション・コメディ"Hollywood Homicide"で、カー・アクションの撮影中、ジョシュ・ハートネットが事故を起こしていたらしい。彼は脳震盪を起こしたものの、ハリソン・フォードに怪我はなかったようだ。
8月14日よりブロードウェイで予定されていたミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」("Little Shop of Horrors")の上演がキャンセルされたらしい。プロデューサーは「制作段階で、マジックや、化学反応が起こらなかった」と語ったようだ。
トロントで上演中のミュージカル「ライオン・キング」("The Lion King")の、9月28日閉幕が決定した模様。SARSの影響で客足が遠のいているためらしい。
デミ・ムーアが悪役で出演する「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")に、元夫のブルース・ウィリスがカメオ出演しているらしい。ムーア自らウィリスの出演を勧めたとか。
"Blade III"の製作が今夏スタートする模様。前2作で脚本を担当したデヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)が監督を務めるようだ。
第12回日本映画プロフェッショナル大賞が発表され、塩田明彦監督「害虫」が作品賞と監督賞に選ばれたほか、「新・仁義の墓場」の岸谷五朗に主演男優賞、「UNloved」の森口瑤子に主演女優賞が贈られたようだ。
キアヌ・リーヴスが「マトリックス・リローデッド」「マトリックス・レボリューションズ」の2作で手にするギャラは、1億4800万ドルから3億330万ドルに達するとか。
西川流家元、西川右近の著書「やっぱり古いが面白い」が出版されたようだ。市川雷蔵、勝新太郎、佐久間良子、水谷八重子、美空ひばりらとの交友関係などについて語っているらしい。
「キング・ソロモンの秘宝」("King Solomon's Mines",1985年)で知られるリチャード・チェンバレンが、ゲイであることを公表したようだ。
サイモン・ウエスト監督の新作クライム・アクション"RPM"に、ニコラス・ケイジの主演が決まったようだ。
Starwars.comは10日から有料コンテンツ"Hyperspace"をオープンさせるようだ。様々な特別映像などのほか、@starwars.netのメールアドレスも使えるようになるらしい。
米ケーブルテレビ局 E! Entertainment Televisionの番組"RANK"によると、史上最悪の続編映画に「エピソード1」が選ばれたようだ。「エピソード2」も3位で、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」("Batman & Robin",1997年)が2位だったようだ。
1日ロサンゼルスで開催されたBookExpo Americaに、マイケル・ムーア監督とオルブライト米国務長官がゲストとして出席したようだ。
  6/4
篠田正浩監督「スパイ・ゾルゲ」の特別試写会が4日都内で行われ、長嶋茂雄、石原慎太郎、扇千景らが出席したようだ。
BSデジタル放送8社が合計500本の映画を放送する「BSデジタル映画祭」が来月1日スタートするようだ。片岡鶴太郎、有馬稲子がイメージ・キャラクタを務めるらしい。
幾つかのメジャー・スタジオが獲得に動いていた、カルブ・ウィルソンとマット・アレンの脚本によるファミリー・コメディ"Four Christmases"は、Spyglass Entertainmentが獲得したようだ。「ミート・ザ・ペアレンツ」("Meet the Parents",2000年)と「ア☆メ☆リ☆カの災難」("Flirting With Disaster",1996年)と「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」("Home for the Holidays",1995年)を合わせたようなストーリーとか。2004年のクリスマス・シーズンに公開される模様。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ニコール・キッドマン共演によるハワード・ヒューズの伝記映画"The Aviator"で、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセイル、グウェン・ステファニーの出演も決まったようだ。
リー・タマホリは、以前「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編として企画されたMGMのエロチック・スリラー"Risk Addiction"で、監督を務めることになったようだ。
米国映画協会(American Film Institute)は、米CBSで3日夜放送の特別番組"AFI's 100 Years ... 100 Heroes and Villains"でヒーローと悪役のベスト50を発表、ヒーロー部門では「アラバマ物語」("To Kill a Mockingbird",1962年)でグレゴリー・ペックが演じたアティカス・フィンチ、悪役部門では「羊たちの沈黙」("The Silence of the Lambs",1991年)でアンソニー・ホプキンスが演じたハンニバル・レクターがそれぞれ1位に選ばれたようだ。
ローランド・エメリッヒ監督、デニス・クエイド主演の最新SFアクション"The Day After Tomorrow"で、500から700ショットに及ぶ視覚効果を担当するセカンドユニットの監督は、ハリウッドでも珍しい女性の撮影技師アナ・フォースター(Anna Foerster)が務めているらしい。「オフィスに座っている人たちの中には『うまくいくわけないよ。彼女は女じゃないか』と言う人もいる。でも、彼らが再考を迫られるのは時間の問題ね」と語ったようだ。
主演と監督が交代したシリーズ第2作「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")は、マイアミに舞台が移り、スリリングなレース・シーンはそのままに、前作にはなかった笑いの要素が加わっているらしい。ヴィン・ディーゼルが出演しなかったことについて、ジョン・シングルトン監督は「彼が出演しなくて良かったよ。全く新しい映画に仕上がったからね」と語ったとか。
「グッドナイト・ムーン」("Stepmom",1998年)が自分の脚本の盗作であるとして、脚本家のナンシー・シルヴァーズ(Nancy Silvers)が米Sony Pictures Entertainmentに対し訴訟を起こしている問題で、米連邦高裁は3日、製作会社に雇われていた脚本家に訴訟の権利はないとするSonyの訴えを退け、訴訟の継続が可能であるとの判断を下したようだ。
今月26日、4000人の子供達を招いてロンドンのRoyal Albert Hallで行われるJ・K・ローリングの講演会の模様が、インターネットで生中継されるらしい。
3日ロンドンでオークションにかけられた「ハリー・ポッターと賢者の石」初版本は、1万575ポンドで落札されたらしい。また、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のJ・K・ローリングのサイン入り初版本は1646ポンドの値が付いたとか。
北米で発売中のゲームソフト「ENTER THE MATRIX」の売上は、発売18日で100本を越えたらしい。
英国週末興収は「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")が600万ドルで2週連続1位となったようだ。英国内での総興収は3500万ドルを超えた模様。
アレハンドロ・アメナーバル監督の次回作は、尊厳死の権利を訴え続けたスペイン人活動家ラモン・サンペドロ(Ramon Sampedro)の実話に基づくスペイン語映画"Mar adentro"になるようだ。ハビエル・バルデムが主演を務める模様。
「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")でポール・ウォーカーと共演したタイリース(Tyrese)は、ジョン・シングルトン監督の次回作となる新作犯罪スリラー"Extortion"に主演することが決まったようだ。
イライジャ・ウッドが主人公のペンギンの声を演じる、ジョージ・ミラー監督によるフルCGアニメ"Happy Feet"で、ブリタニー・マーフィが声優として参加するほか、ロビン・ウィリアムスがナレーションなど4役をこなすらしい。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の脚本を手掛けたマイケル・フェリス(Michael Ferris)とジョン・ブランケイト(John Brancato)は、アーノルド・シュワルツェネッガーが製作・主演を務める「ウエストワールド」("Westworld",1973年)のリメイクで、脚本を担当することになったようだ。
MISIAは、飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」の主題歌「心ひとつ」を歌うようだ。14日から上映される予告篇にも使われているらしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")プロモーションのため来日中のキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人は、3日都内でパーティを開催し、叶姉妹、石田純一、長谷川理恵、安西ひろこら150人が参加したらしい。
アダム・サンドラーが、婚約していた女優のジャッキー・ティトンと今月末に結婚するらしい。
DreamWorks製作のマイケル・マン監督最新作"Collateral"で、トム・クルーズが主演候補に挙がっているようだ。
ジョーン・キューザック、ジョン・キューザック姉弟の父親で、「マイ・ボディガード」("My Bodyguard",1980年)、「逃亡者」("The Fugitive",1993年)などの作品に出演した、米俳優のリチャード・キューザック(Richard Cusack、別名ディック・キューザック)さんが2日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米メディア大手Viacomが、同社のケーブルTV局を"Spike TV"と改名しようとしていることに対し、スパイク・リー監督が名称の使用禁止を求める訴訟を起こしたらしい。
  6/5
堤幸彦監督「恋愛寫眞」のイベント試写会が5日都内で開催され、広末涼子、松田龍平、小池栄子によるトークショーが行われたようだ。
28日公開となる奥山和由監督のドキュメンタリー映画「クラッシュ」の完成披露試写会が5日都内で行われたようだ。
手塚治虫原作、杉野昭夫、吉村文宏監督「ぼくの孫悟空」の公開が、当初予定されていた8月から、急遽7月12日に前倒しとなった模様。興収の一部をSARSの被害が深刻な中国に寄贈するようだ。
冒険家ロッキー青木の娘デヴォン青木が、ジョン・シングルトン監督「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")でハリウッド・デビューしたらしい。
呉市の海上保安大学校を舞台にした映画「海猿」が製作されるようだ。伊藤英明、加藤あい、藤竜也らが共演、来年夏の公開予定とか。
マックジーが再び"Superman"の監督候補に挙がっているようだ。
今年のサンダンス映画祭で話題となった"The Cooler"のウェイン・クレイマー(Wayne Kramer)は、New Line Cinemaの新作スリラー"Westward"で監督を務めるようだ。
ウェス・アンダーソン監督・脚本の次回作"The Life Aquatic"では、「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」("The Royal Tenenbaums")にも出演したビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、アンジェリカ・ヒューストンのほか、ジェフ・ゴールドブラム、ピーター・ストーメアらが共演するようだ。
米Columbia Picturesは、Marvelのコミック"Luke Cage"の映画化権を獲得したようだ。 [☆ニコラス・ケイジの芸名は、このコミック・ヒーローからとったとか]
セドリック・ジ・エンターテイナー(Cedric the Entertainer)は、MGMの新作スポーツ・コメディ"Flash"で、主演とプロデュースを務めるらしい。
DreamWorks製作のマイケル・マン監督最新作"Collateral"で、トム・クルーズの共演候補にアダム・サンドラーの名前が挙がっているらしい。
先月より撮影が始まっているミーラー・ナーイル(Mira Nair)監督、リース・ウィザースプーン主演の新作"Vanity Fair"で、ジム・ブロードベントの共演が決まったようだ。
"Calendar Girls"がカンヌ映画祭で話題となったナイジェル・コール監督は、ピアース・ブロスナンが製作として参加する新作"Lover's Leap"で監督を務める模様。
Walt DisneyとPixarによるフルCGアニメ次回作"The Incredibles"の公開日は、米DreamWorksによるフルCGアニメ"Sharkslayer"と同じ、2004年11月5日に設定された模様。 [☆わざわざケンカ売るようなことしなくても・・・]
女優のラナ・クラークソンを銃で殺害した容疑で逮捕・起訴されている米音楽プロデューサーのフィル・スペクターは、米Esquire誌のインタビューに対し「彼女は銃にキスした。何でそんなことをしたのかは分からない。私は彼女のことを知らなかったし、その晩まで会ったこともなかった。彼女がどんな人間か全く分からなかった。彼女は自殺した」と語ったようだ。
米Amazon.comは、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の予約注文が100万部を突破したと発表したようだ。
大ヒットでのスタートとなったフルCGアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")では、製作費はDisneyとPixarが折半する一方、Disneyには利益の60%が入るほか、所有権と続編の権利もDisney側が保持する契約になっているらしい。今後製作される"The Incredibles"と"Cars"の2作品も同様の契約とか。Disneyのマイケル・アイズナー会長は「Pixar社との関係は変わっていくだろうが、彼らとのビジネスは今後も続くだろう」と語り、新たなPixar社との契約を示唆したようだ。
近畿地区の映画館で「優勝祈願!ドラゴン退治でサラマンダー割引」が実施中、とか。阪神が中日に勝つと、翌日の「サラマンダー」("Reign of Fire")の入場料が終日1000円になるらしい。 [☆(笑)]
ビデオ映画「ファミリー」撮影中の山城新伍は、「阪神が優勝したら、阪神をテーマにしたドラマができてしかるべきだし、ぜひやってみたい」と語ったらしい。星野仙一監督の出演を希望しているとか。
4日行われた「スパイ・ゾルゲ」の試写会に出席した石原慎太郎東京都知事は、篠田正浩監督に「あんたはまだ辞めちゃだめだ。脳梗塞になる前にあと2、3作は作れるだろ。政治家だって辞めるといって辞めないヤツはいくらでもいるんだから」と発言したとか。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)に出演するシェリー・モリソンが、446ドル相当の物品を万引きしたとして重窃盗罪に問われていた問題で、モリソン側が司法取引に応じ罪を全面的に認めたことなどから、ロサンゼルス地方検察局は軽窃盗罪を適用、1年間の保護観察と300ドルの罰金を課したようだ。
松下電器産業株式会社は5日、DVDレコーダー「DIGA」の全世界向けプロモーションに、オリヴァー・ストーン監督を起用したと発表したようだ。ただし、日本は対象地域から外されているらしい。
  6/6
案納正美監督「良寛さん」の完成披露試写会が6日都内で行われ、声優を務めた菅原文太は「『千と千尋の神隠し』の釜爺役よりはうまくいったと思う」と発言したらしい。 [☆釜爺は失敗だったのか・・・]
Short Shorts Film Festival 2003が6日六本木ヒルズで開幕し、石原慎太郎、神田うの、別所哲也らが出席したようだ。
20日発売のVHS&DVD「ピノキオ スペシャル・エディション」のプロモーションとして5月からTV、ラジオなどで流されていた「星に願いを」は、矢沢永吉が歌っていたらしい。5日には東京ディズニーシーに突然登場、同曲を熱唱したとか。
当初4月上映予定だったもののSARSの影響で延期されていた「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("指環王2")が、今月10日から北京で公開されるようだ。
18日開幕するフランス映画祭横浜2003の実行委員会は6日、SARS問題を考慮して、韓国や香港などの海外バイヤーの招待を取りやめたと発表したようだ。
New Line Cinemaの新作コメディ"Rad Brad, Modern Warrior"で、ジャック・ブラックが製作と主演を務めるようだ。
ピーター・ホーウィット監督、ピアーズ・ブロスナン、ジュリアン・ムーア共演のロマンチック・コメディ"The Laws of Attraction"に、フランシス・フィッシャーとノーラ・ダンの出演が決まったようだ。
米Comedy Centralの"Strangers With Candy"(1999-2000年)に主演したエイミー・セダリス(Amy Sedaris)は、同シリーズの映画化を企画しているらしい。
米ABCテレビの人気ドラマ・シリーズ"NYPD Blue"などで知られる俳優のリック・シュローダー(Rick Schroder)は、監督デビュー作"Black Cloud"を製作中のようだ。カントリー歌手のティム・マクグロウ(Tim McGraw)が出演しているらしい。
中国映画局の検閲により上映が禁止されていたホアン・ジエンジョン(黄健中)監督の作品"Dahong Rice Shop"(1995年)は、今年4月に北京などで公開される予定だったものの、中国国家広播電影電視総局(State Administration of Radio, Film and Television)の許可を得ていなかったとして、上映直前に中止に追い込まれていたようだ。
コートニー・ラヴは、Virgin Recordsとの契約に向けて最終交渉に入っているようだ。
元米国大統領夫人ヒラリー・クリントンを主人公にしたTV映画が製作されるようだ。シャロン・ストーンが主演するらしい。
アン・リー監督「ハルク」("The Hulk")の撮影中、主演のエリック・バナがIDを忘れ、警備員にスタジオへの入場を止められた時、彼のリムジンの運転手は「おい、後ろのシートに座っているのはハルクなんだぞ。彼を怒らせたくはないだろ」といったとか。
アン・リー監督は、20日より全米公開となる「ハルク」("The Hulk")の編集を2日早朝、ようやく終えたようだ。
深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」のポスター(広告看板)のキャッチコピー「"殺しに行け!"と、先生が言った。」に対し、全国のPTAや学校から苦情が殺到、東映は急遽コピーを変更したポスターに張り替える事を決めたようだ。
手塚治虫原作のアニメーション映画「ぼくの孫悟空」の公開日変更を伝える記者会見が5日、都内の日中友好会館で行われ、優香、今井絵理子らが出席したようだ。
キネマ旬報社主催による「映画製作セミナー」が8月2日都内で行われるようだ。大杉漣、行定勲らも講師として参加するらしい。現在参加者募集中とか。
米Esquire誌最新号のインタビューで、アーノルド・シュワルツェネッガーは、カリフォルニア州知事選出馬の意思があると語っているらしい。
コートニー・ラヴは、米Vanity Fair誌最新号で、元恋人のエドワード・ノートンへの愛を語っているらしい。
「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")の撮影を終えたアンジェリーナ・ジョリーは、「(1作目の)ララ・クラフトは嫌いだった。ミニのパンツをはいたバカな女というだけだった」と語ったらしい。2作目は気に入っているとか。
「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)がリメイクされるらしい。バリー・ソネンフェルドが監督、ジム・キャリーが主演を務めるようだ。
"Spider-Man 2"撮影中のトビー・マグワイアは、前作"Seabiscuit"ために落とした体重を取り戻すため、ヨガやウェイト・トレーニングに励むと共に、食事のメニューも変更したようだ。ただし、マグワイアは菜食主義者らしい。
動物学者で男女の性行動に関する研究で知られるアルフレッド・キンゼイ(Alfred Kinsey)の半生を描く映画が製作されるらしい。ビル・コンドンが監督・脚本を務め、リーアム・ニーソン、ローラ・リニーが共演するようだ。
米テレビ批評家協会(Television Critics Association)賞のノミネーションが発表され、Comedy Centralの"The Daily Show With Jon Stewart"(1999年-)と、NBCの"Boomtown"(2002年-)がそれぞれ4部門で候補に挙がったようだ。また、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)は3部門でノミネートされたらしい。
  6/7
SARSを題材にしたコメディ映画、香港で本当に製作中らしい。「バレット・オブ・ラブ」のラウ・ワイキョンが監督を務め、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、カリーナ・ラウらが出演するようだ。 [☆以前、ウソっぽい、なんて書いちゃいました。スミマセンm(_ _)m]
"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライスに対する脅迫、暴行など容疑で起訴されているトム・サイズモアは6日、ロサンゼルス地方裁判所に出廷し、容疑を否認したようだ。
サンドラ・ブロックへのストーカー行為を繰り返していた34歳の男性に対し、ロサンゼルス地方裁判所は6日、180メートル以内への接近と、3年間の連絡禁止を命じたようだ。
第53回ドイツ映画賞(Lola Awards)の授賞式が6日ベルリンで開催され、ベルリンの壁崩壊の衝撃をコメディタッチで描いた、ウォルフガング・ベッカー監督"Good Bye, Lenin!"が作品賞、監督賞、主演男優賞など7部門を獲得したようだ。また、外国語映画賞はニコール・キッドマン主演「めぐりあう時間たち」("The Hours")が受賞した模様。
7日オープンするPRADA青山店で6日、祝賀パーティが開催され、ミラ・ジョヴォヴィッチらが訪れたようだ。
落語家林家しん平が「ガメラ4・真実」を自主製作したらしい。無料公開を条件に角川大映が許可したとか。今月13日になかのZEROホールで上映されるほか、宮崎映画祭、日本SF大会などで公開されるようだ。
堤幸彦監督「恋愛寫眞」と山下達郎の歌う主題歌「2000トンの雨」のコラボレートCMが、9日から5日間のみフジテレビで放送されるらしい。
ケヴィン・コスナーが、9年前彫刻家ペギー・デトマーズ(Peggy Detmers)に製作を依頼していた、水牛など17体のブロンズ像からなる彫刻"Tatanka - the Story of the Bison"が、サウスダコタ州デッドウッドで7日から展示されるようだ。
ミネソタ州エディナで4日、新作"Hollywood Homicide"のチャリティ・プレミアが開催され、主演のジョシュ・ハートネットが参加したようだ。数多くの女性ファンが詰め掛け、7万5千ドルが集まったとか。義援金は、ミネアポリスの児童虐待審査センターに寄付されるらしい。
米CBSは、ロナルド・レーガン元大統領の夫人ナンシー・レーガンの生活を描くTVドラマを企画しているらしい。ジュディ・デイヴィスが主演に向けて交渉中らしい。
カルロス・サンタナは、13日からスタートする米国ツアーの収益を、全てアフリカのAIDS対策支援のために寄付すると発表した模様。5日行われた記者会見には、ノーベル平和賞受賞の人権活動家デズモンド・トゥトゥ師のほか、サミュエル・L・ジャクソン、アルフレ・ウッダード、ブレア・アンダーウッドらも出席したようだ。
5日行われたハーバード大学の卒業式で、ウィル・フェレルがスピーチに立ったようだ。ブッシュ大統領からの手紙を紹介するふりをして「君達がまず直面する問題は、この停滞する経済環境下で仕事を見つけることである。実際、仕事を見つけるチャンスは、イラクの砂漠から大量破壊兵器を見つけ出すチャンスに、ほぼ等しい」と語ったとか。
  6/8
写真集「BOB's BODY」を出版したボブ・サップが、8日都内で行った握手会で「ハリウッドからいくつかオファーをもらっている。今年は俳優デビューしたい」と発言したらしい。
「沙羅双樹」の河P直美監督によるトークイベントが6日、奈良女子大学と奈良県文化会館で開催されたようだ。
松岡錠司監督「さよなら、クロ」の製作に参加したボランティア・スタッフらが7日、松本駅前でチラシなどを配り、映画をPRしたようだ。
詩人で元ハンセン病患者の塔和子を描くドキュメンタリー映画「風の舞―闇を拓く光の詩」の上映会が、19日高松市玉藻町の県民ホールアクトホールで開催されるようだ。宮崎信恵監督らも出席予定とか。
アカデミー賞受賞で注目を浴びるエイドリアン・ブロディは、次回作について「登場人物たちの個性や体験を描く、現代を舞台にした作品を探しているんだ。歴史や、民族や、政治思想を描く作品ではなくて」と語ったようだ。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の日本語吹替版で、ISSAがジョン・コナー役を担当するらしい。日本語版エンディングには、ソロアルバム「EXTENSION」収録の「FIGHT THE FUTURER」が使われているとか。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の日本公開が7日全国666スクリーンでスタート、先先行、先行オールナイトを含めた週末興収は22億円、観客動員数は160万人が見込まれているとか。
井坂聡監督「マナに抱かれて」が7日初日を迎え、川原亜矢子、西島秀俊らが舞台挨拶に立ったようだ。
キム・ヒョンジョン監督、ハン・ソッキュ主演「二重スパイ」が7日初日を迎え、共演のコ・ソヨンが舞台挨拶に立ったようだ。
米CBSの人気ドラマシリーズ「フレンズ」("Friends")に出演するマシュー・ペリー、マット・ルブラン、ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クードロウ、デヴィッド・シュワイマーの6人が、米家具メーカーLa-Z-BOYとのコラボレーションでデザインしたリクライニング・チェアがネット・オークションに出品され、合わせて125,000ドルで落札されたようだ。収益は、小児AIDS基金に寄付されるらしい。
  6/9
来月11日スタートのNHK時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」の完成試写会が9日都内で行われ、高橋英樹、星野真里、淡路恵子らが出席したようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の、先先行、先行オールナイトを含む週末興収は22億2285万4550円を記録、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の20億5487万8350円を超え、歴代記録を更新したようだ。しかし、観客動員数は148万6743人で、「秘密の部屋」の161万人には及ばなかったらしい。
10日放送のテレビ朝日「ニュースステーション」に矢沢永吉が生出演、「星に願いを」など2曲を歌うらしい。テレビでの生ライヴは初めてとか。
テレビ東京で昨年11月まで放送された「オー!マイキー」の全米放送が決定したようだ。
蜷川幸雄演出による「オイディプス王」が来年7月、紀元2世紀に建造されたアテネの野外劇場ヘロド・アティクス音楽堂で上演されることになったようだ。
第57回トニー賞(Tony Awards)授賞式が8日ニューヨークで開催され、ミュージカル部門ではジョン・ウォーターズ監督作品を舞台化した「ヘアスプレー」("Hairspray")が作品賞、主演男優賞、主演女優賞など8部門を獲得したようだ。また、演劇部門では「夜への長い旅路」("Long Day's Journey")で共演したブライアン・デネヒーとヴァネッサ・レッドグレイヴが、それぞれ主演男優賞、主演女優賞を受賞したらしい。
2月に米WBで放送された"Lone Ranger"に主演したチャド・マイケル・マーレイは、マーク・ロスマン監督の新作"Cinderella Story"で、ヒラリー・ダフと共演することになったようだ。
ほぼ全編がLSDの幻覚映像で構成される、ロジャー・コーマン監督、ジャック・ニコルソン脚本、ピーター・フォンダ主演「白昼の幻想」("The Trip",1967年)について、これまで審査を拒否してきた英国映像等級審査評議会(British Board of Film Classification)は9日、同作品のレイティングを18禁とすると発表したようだ。
ミーラー・ナーイル監督"Vanity Fair"に出演するリース・ウィザースプーンは、撮影に入る直前に妊娠が分かったことから、脚本を修正してもらったらしい。
米AOLとMovieFlix.comは、ブロードバンド・ユーザー向けにB級映画を無料配信するサービスをスタートさせたようだ。来月はSF映画月間と題し、「緑の地獄からの怪物」("Monster From Green Hell",1957年)、「宇宙から来たティーンエージャー」("Teenagers From Outer Space",1959年)などを配信するとか。
米PBSで18日放送の"Dance in America: Lar Lubovitch's Othello From San Francisco Ballet"で、「フリーダ」("Frida")でアカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞したエリオット・ゴールデンサル(Elliot Goldenthal)が音楽を手掛けたようだ。
ジェニファー・ロペスは、New Line Cinemaの新作コメディ"Monster-in-Law"に主演するらしい。
全英ヒットチャートは、「デアデビル」("Daredevil")のサントラにも収録されている、米ロックバンドEvanescenceの"Bring Me to Life"が初登場1位となったようだ。
全米週末興収は「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")が5210万ドルで初登場1位となった模様。一方、CGアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")は4580万ドルで2位となったものの、総興収は公開2週目で早くも1億4330万ドルに達したようだ。一方、公開4週目の「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は910万ドルで5位まで後退したらしい。
米Chrysler社は、2回目となるオンライン映画祭Chrysler Million Dollar Film Festivalをスタートさせたようだ。
フルーツ・チャン監督「ハリウッド★ホンコン」("Hollywood Hong-Kong")プロモーションのため来日中のジョウ・シュンが、8日HMV渋谷で行われたPRイベントに出席したようだ。
沖縄県竹富島を舞台にした映画「星砂の島 私の島〜アイランド・ドリーミン〜」が製作されるようだ。喜多一郎が監督、大多月乃を務めるほか、主題歌を歌うBEGINのメンバーも出演するらしい。津田寛治、櫻井淳子、勝野洋、谷啓、筧利夫らも共演する模様。
日本テレビで6日放送された「マトリックス」("The Matrix",1999年)の平均視聴率は、関東地区で25.1%を記録したらしい。同局の過去10年間の洋画放送で最高の視聴率とか。
ヒップホップ・アーティストTupac ShakurとNotorious BIGの殺害事件を元にした映画が、シルヴェスタ・スタローンの監督・脚本・主演で製作されるようだ。
20日発売のDVD「ピノキオ スペシャル・エディション」には、「星に願いを」を歌う矢沢永吉のミュージック・クリップも収録されているらしい。
  6/10
日刊スポーツ、スポーツニッポン、報知新聞、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ、デイリースポーツの6社は、石原裕次郎の十七回忌を記念した「手紙」の募集を始めたようだ。石原プロの企画で、最優秀作品は賞金などが贈られるほか、法要の席で朗読されるらしい。
9日午後、中野武蔵野ホールが1階に入る「中野武蔵野ホテル」の2階部分から出火、カーペットや衣類などの一部が焼けたようだ。
マレーシアの警察当局は先月末より、海賊版VCDなどの一斉取り締まりを実施、VCD240万枚を押収、460人以上を逮捕したようだ。
アレクサンダー・バルクレイ(Alexander Bulkley)監督・脚本による、実在の連続殺人鬼を描いたインディ作品"In Control of All Things"で、ロビン・タニー、フィリップ・ベイカー・ホール、ジャスティン・チェンバースが共演するようだ。
来年1月16日に全米公開が予定されていた、ロン・ハワード監督、トミー・リー・ジョーンズ、ケイト・ブランシェット共演の新作西部劇"The Missing"について、ヒットが見込めると判断したRevolution Studiosは公開の前倒しを決定、今年12月10日にニューヨークなどで限定公開、来年1月9日に全米公開されることになったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演の新作"Terminal"に、チ・マクブライドの出演が決まったようだ。撮影は9月からロサンゼルスで行われる模様。
「アイス・エイジ」("Ice Age")を手掛けた米20世紀FOX、Blue Sky Studiosとクリス・ウェッジ監督は、フルCGアニメ"Robots"の製作を発表したようだ。ハル・ベリー、ユアン・マクレガー、メル・ブルックスらが声優として参加するらしい。
週末興収5050万ドルで初登場1位のスタートとなったジョン・シングルトン監督「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")は、黒人監督作品としては、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督「最終絶叫計画」("Scary Movie",2000年)の4230万ドルを超える、歴代最高の興収となったようだ。
6日開幕したシドニー国際映画祭で上映予定だったラリー・クラーク、エドワード・ラクマン共同監督作品"Ken Park"について、豪州映画文学分類局(Office of Film and Literature Classification)は「モラルや品位に反する性的なテーマを扱っている」としてレイティングの設定を拒否したため、上映が出来なくなっているらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の公開は、62ヶ国9400スクリーンに拡大、北米を除く世界興収は3億ドルを突破した模様。
「モータル・コンバット」("Mortal Kombat",1995年)や、ゴア・ヴァービンスキー監督最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)にも出演していた、オーストラリア人俳優のトレヴァー・ゴダード(Trevor Goddard)さんが亡くなった(37歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆自殺だったようです・・・]
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデスは先月末、カリブ海で結婚式を挙げていたようだ。
新作"Hollywood Homicide"に出演するハリソン・フォードは「コメディをやりたかったんだ。今までシリアスな役ばかりだったから。これまで出演したロマンチック・コメディでもマジメな男だったし。この作品は、コメディに挑戦するいい機会だった」と語ったようだ。
ジェイ・ローチ監督の新作コメディ"Used Guys"で、ベン・スティラーとヴィンス・ヴォーンが共演するようだ。
ロブ・ミンコフ監督は、実写とCGの合成による"Mr. Peabody & Sherman"の映画化を企画しているらしい。
エドワード・バーンズは、モデルのクリスティ・ターリントン(Christy Turlington)と、週末サンフランシスコで結婚式を挙げたようだ。U2のボノが歌ったほか、ヴィン・ディーゼル、スティングらも出席したとか。
スカイパーフェクTV!などで20日放送される「サマームービーSP 映写室の鍵貸します」の収録が9日都内で行われ、長谷川初範と原口あきまさが出演したようだ。
杉山清貴が出演し、主題歌も担当したフルデジタル映画「ハート・オブ・ザ・シー」のトーク&プレビューが、来月6日の東京国際フォーラムから全国10都市で行われるらしい。
「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の関連書籍が、合計10冊も発売されるらしい。1本の映画としては史上最高とか。
アシュトン・カッチャーは、デヴィッド・ザッカー監督の新作ロマンチック・コメディ"My Boss's Daughter"で、タラ・リード、モリー・シャノン、カーメン・エレクトラらと共演しているようだ。
ジョン・ボン・ジョヴィは、自らのアイデアをもとに製作される"One Wild Night"に出演することが決まったようだ。監督は新人のディラン・キッドが務める模様。
メル・ブルックスの監督デビュー作を舞台化したミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")が、再び映画化されるようだ。舞台版のネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが主演、演出を手掛けたスーザン・ストローマンが監督するらしい。
米Universal Picturesは「バック・トゥ・ザ・フューチャー4」の製作を検討しているらしい。
日本でも話題となったTVシリーズ「V」("V",1983,1984-1985年)の20年後の世界を描く続編"V: The Second Generation"の製作が決定した模様。3時間のTV映画として放送されるようだ。マーク・シンガー、フェイ・グラント、ロバート・イングランドらオリジナル・キャストも出演予定とか。
ケヴィン・コスナー監督・主演「ダンス・ウィズ・ウルブズ」("Dances with Wolves",1990年)のDVDが8月22日発売されるようだ。同時発売となる「スペシャル・エディション」には237分の"拡大バージョン"も収録されているらしい。
  6/11
9月より順次発売される「小津安二郎DVD-BOX」のため、松竹では原版フィルムの修復作業が急ピッチで行われているようだ。
勝新太郎の7回忌法要が11日、都内の連乗寺で営まれ、中村玉緒、鴈龍太郎、奥村雁龍太郎、奥村真粧美ら親族25人が参列したようだ。
エジプトの映画検閲委員会は9日、過度に暴力的で宗教上の問題があるとして「マトリックス・リローデッド」の上映禁止を決めたようだ。
ウィルソン・イップ監督の新作ラヴ・ストーリーで、レオン・ライとフェイ・ウォンが共演するようだ。今月中旬から撮影が始まる模様。
米TV番組"Access Hollywood"に出演したブラッド・ピットは、「自宅に育児部屋をつくっている」という噂を否定したようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)の会長を務めるメリッサ・ギルバートは10日、米人気ラジオ番組"The Howard Stern Show"に出演、米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)との合併支持を訴えたようだ。
ジャッキー・コリンズのベストセラー小説"Hollywood Wives: The New Generation"が、米CBSでTV映画化されるようだ。ファラ・フォーセットとメリッサ・ギルバートが共演するらしい。コリンズ自身も製作総指揮として参加する模様。
フランスの観光PRビデオにウディ・アレンが出演したらしい。
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」("The Transformers")の実写映画化が決定した模様。「X-Men」シリーズを手掛けたトム・デサントらがプロデュースするらしい。
バリー・ソネンフェルド監督、ジム・キャリー主演による「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)のリメイクで、キャメロン・ディアスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが共演候補に挙がっているらしい。
マーク・フォースター監督、ユアン・マクレガー主演の超自然スリラー"Stay"に、ナオミ・ワッツの出演が決まった模様。
米MGMは、先月第1巻が発売となったスティーヴ・ナイルズ(Steve Niles)のコミック・シリーズ"Criminal Macabre"(全5巻)の映画化権を獲得したようだ。
マット・デイモン、ヒース・レジャー共演によるテリー・ギリアム監督最新作"The Brothers Grimm"に、レナ・ヘディ、ピーター・ストーメア、ジョナサン・プライスの出演が決まった模様。
「ツイン・ピークス」("Twin Peaks",1990-1991年)の脚本を手掛けたトリシア・ブロック(Tricia Brock)の監督・脚本による映画"Bottleneck"が製作中の模様。ウィリアム・リー・スコットとルーカス・ブラックが共演するようだ。
安倍なつみが8月13日発売のシングル「22歳の私」でソロデビューするようだ。石川梨華、藤本美貴が主演する9月公開の映画「17才 旅立ちのふたり」の主題歌にも起用されたらしい。
7日閉幕したアヌシー国際アニメーション映画祭(Festival international du film d'animation d'Annecy)で、山村浩二監督「頭山」が短編部門のグランプリを獲得したようだ、
ジェイムズ・キャメロン監督は、先月行われた大型フォーマット映画協会(Large Format Cinema Association)の総会で、次回作がフルデジタルのIMAX-3D映画になるとコメントしたようだ。内容については明らかにしなかったものの、来年始めに製作に入る予定とか。
1947年にテキサス州で起こった爆発事故を描いたBill Minutaglioのノンフィクション小説"City on Fire: The Forgotten Disaster That Devastated a Town and Ignited a Landmark Legal Battle"が映画化される模様。トム・クルーズが製作に参加するようだ。
ボリウッド映画"Desire"は、17回のキスとビキニ・ガール達・・・と宣伝、連日満席の大ヒットとなっているらしい。
  6/12
ホウ・シャオシエン監督は、小津安二郎監督生誕100年を記念した映画を製作する模様。8月から東京と夕張で撮影が行われるようだ。台湾側スタッフは健康診断を受けるなどSARS対策には万全を期すとしているものの、数件の都内ホテルからは宿泊を拒否されているとか。 [☆ホテル業界の皆さんも是非ご協力を・・・]
映画の著作権保護期間を公表後70年に延長する改正著作権法が12日の衆院本会議で全会一致で可決、成立したようだ。
香港のマダム・タッソー蝋人形館(Madame Tussaud's)に、ケリー・チャンの蝋人形が登場したようだ。製作費50万香港ドルとか。
007シリーズ最新作「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day")のDVDとVHSが米国で発売され、初回出荷だけで合わせて500万本、発売1週目で800万本の売り上げを記録したようだ。また、発売5日間でのレンタル売り上げも1350万ドルに達したとか。
アントワン・フークア監督、クライヴ・オーウェン主演の新作"King Arthur"に、「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」("Knockin' On Heaven's Door",1997年)のティル・シュヴァイガーの出演が決まったようだ。
ディラン・マクダーモット、ララ・フリン・ボイルらの降板が決まった、米ABCの法廷ドラマ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)で、ジェイムズ・スペイダーが新レギュラーとして出演する模様。
Warner Bros.は、米ABCで放送された人気TVドラマ「俺たち賞金稼ぎ!フォールガイ」("The Fall Guy".1981-1986年)の映画化を決定した模様。「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化も進行中らしい。
Metallicaの5年ぶりのニューアルバム"St. Anger"は、発売4日間で41万8000枚の売上を記録、全米アルバムチャート初登場1位を獲得した模様。「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")のサントラは5位だったようだ。
オードリー・ヘプバーンの記念切手が、11日に米国で発売されたようだ。
「ザ・ブランク・ジェネレーション」("The Blank Generation",1976年)のエイモス・ポー(Amos Poe)監督が手掛けた、カントリー・シンガーのスティーヴ・アール(Steve Earle)のライヴ・ツアーの模様などを追ったドキュメンタリー"Just An American Boy"が、先日トロントで開催されたNorth By Northeast Music and Film Festivalでプレミア上映されたようだ。
2001年11月に行われたTV番組"The Rosie O'Donnell Show"の収録で、番組中スタッフが投げたゴムのボールが口に当たり痛みや腫れなどの症状が出たとして、ニューヨーク在住の71歳の女性が300万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。「ボーイフレンドのと関係にも悪影響を及ぼした」とも主張しているらしい。
21日発売となるシリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"について、J.P. Morganはシリーズのファンが購入する割合は予想より低いと指摘したようだ。Amazon.comでの注文が100万部を突破したことについても、定価の4割引の値段が付いていることが原因と分析しているらしい。
新作アニメ"Rugrats Go Wild"のプレミアに出席したブルース・ウィリスは「エレベータに乗っていたら20代の若い女の子2人が来て『わー!写真を撮ってもいい?』って言うから『もっと人間的にいこうよ。挨拶だけでいいだろ』って言ったら、2人とも黙ってエレベータを降りて行ったよ。僕はもう、サーカスのサルであることに興味はないんだ」と語ったようだ。
ジョン・ウォーターズ監督の次回作は"A Dirty Shame"に決定した模様。ジョニー・ノックスヴィル、セルマ・ブレア、ポール・ジアマッティらが共演するらしい。
チャーリー・シーン、デニース・リチャーズ共演によるシリーズ最新作"Scary Movie 3"に、「ドグマ」("Dogma",1999年)のジョージ・カーリンと、「ワイルド・スピード」("The Fast and the Furious",2001年)のジャ・ルールの出演が決まったようだ。
スティーヴン・ホプキンス監督「アンダー・サスピション」("Under Suspicion")のPR会見が11日都内で行われ、カイヤらが出席したようだ。
サイナップス・コミュニケーションズサン・アールアンドピイは、人工知能を持つキャラクタと会話するように文字を入力することで映画情報が入手できるiアプリ「マイデジタルフレンド」の提供を来月7日から始めるようだ。
11日、勝新太郎の七回忌に合わせて都内ホテルで「偲ぶ会」が行われ、森繁久彌、津川雅彦、松平健、渡哲也、ビートたけし、倉本總、石原まきこら600人が出席したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、10日カリフォルニア州で開かれた集会で演説に立ち「世界恐慌以来の予算危機にある。教師や警官は解雇され、納税者は増税に直面し、カリフォルニア州の将来は危険な状態にある」と語り、現職州知事の政策を非難したようだ。
シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"のJ・K・ローリングのサイン入り初版本が3月に行われたチャリティ・オークションで5000ポンドで落札されたものの、買い手と連絡がつかなかったらしい。出品者の慈善団体は、あらためてネット・オークションに出品するようだ。
ジェラール・ドパルデューの息子ギョーム・ドパルデューの右足切断手術が、先週末行われたようだ。
ジェニファー・ロペスは、業界最大手の芸能プロダクションCreative Artists Agencyと契約を結んだ模様。
  6/13
18日放送のテレビ朝日「裕次郎 最期の真実」で、石原裕次郎と宇野重吉が共演する松竹梅の60秒CMが初公開されるらしい。舛田利雄監督が撮影したものの、60秒バージョンは使われなかったようだ。
東京都現代美術館で開催される「ジブリがいっぱい スタジオジブリ立体造型物展」が、14日の開幕を前に報道陣に公開されたようだ。「風の谷のナウシカ」(1984年)から最新作「ハウルの動く城」(2004年)までの15作品の立体模型のほか、「千と千尋の神隠し」(2001年)で受賞したオスカー像なども展示されているらしい。
「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)、「ナバロンの要塞」("The Guns of Navarone",1961年)、「アラバマ物語」("To Kill a Mockingbird",1962年)、「オーメン」("The Omen",1976年)、「ブラジルから来た少年」("The Boys From Brazil",1978年)など数多くの作品で活躍した、米俳優のグレゴリー・ペック(Gregory Peck)さんが12日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館に、ブリトニー・スピアーズの蝋人形が登場するらしい。
米国映画協会(American Film Institute)による特別功労賞授与式が12日ハリウッドで開催され、マーティン・スコセッシ、ジョディ・フォスター、レオナルド・ディカプリオ、ジョー・ペシ、ミミ・ロジャーズら数多くのゲストが、ロバート・デ・ニーロの受賞を称えたようだ。ステージに上がったデ・ニーロは感謝の気持ちを述べた後「おやすみ、おやすみ、グレゴリー・ペック」と語ったようだ。 [☆(涙)]
サミー・ナセリ主演「TAXi」("Taxi",1998年)のハリウッド版リメイクは、クイーン・ラティファが主演することになったようだ。ティム・ストーリーが監督を務める模様。 [☆えっ?]
人気シリーズ「フェリシティの青春」("Felicity",1998-2002年)や"Alias"(2001年-)に出演、「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember",2002年)にもチラッと登場しているグレッグ・グランバーグ(Greg Grunberg)は、コーエン兄弟監督・脚本、トム・ハンクス主演による「マダムと泥棒」("The Ladykillers",1955年)のリメイクに出演することが決まったようだ。
以前スティーヴン・スピルバーグが予定していた「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の監督に、「シカゴ」("Chicago")のロブ・マーシャルの名前が挙がっているらしい。
以前、マーク・ロマネクやマイク・フィッギスらが監督に名乗りを上げ、ブラッド・ピットも主演に興味を示したWarner Bros.の"Urban Townies"は、「セクレタリー」("Secretary")のスティーヴン・シャインバーグが監督を務めることになったようだ。トビー・マグワイアが設立したMaguire Entertainmentも製作に参加、マグワイアが主演する可能性もあるらしい。
8月に米国で発売される「シカゴ」("Chicago")のDVDには、劇場公開版でカットされたクイーン・ラティファとキャサリン・ゼタ=ジョーンズのデュエット"Class"のシーンなどが追加されているらしい。米Miramax Filmsは、来月から劇場公開も計画しているようだ。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督は、第二次世界大戦でのドイツ軍のロシア侵攻を描く"Leningrad"の脚本に取り組んでいるようだ。脚本は年内に完成予定で、世界の一流俳優を集めた歴史超大作になるらしい。
ロサンゼルス地裁は、薬物影響下での運転で3年間の保護観察処分を受けているニック・ノルティに対し、保護観察規定違反の疑いがあるとして13日に出廷するよう命じたようだ。ノルティが飲酒運転をしていた、という匿名情報が裁判所に寄せられたらしい。
米People誌最新号のインタビューの中で、ハリソン・フォードはキャリスタ・フロックハートへの愛を語っているらしい。「ロマンチックな恋は、エキサイティングで心を豊かにしてくれる愛の形だ。人生の中でいつだってその可能性はあると思う」と言っているようだ。
Paramount Picturesは、来年5月21日を予定していた"Mission: Impossible III"の公開延期を決めたようだ。Warner Bros.の歴史超大作"Troy"と公開日がぶつかることや、20世紀FOXのSF"Day After Tomorrow"、Sony Picturesによるコミックの映画化"Hellboy"などと公開日が近いことによる判断らしい。新しい公開日は未定で2004年末から2005年5月の公開になる模様。
ロビン・ウィリアムス主演、新人監督オマー・ナイムによるSFスリラー"Final Cut"で、ミラ・ソルヴィーノの共演が決まった模様。今月末から撮影が始まるようだ。
ジェイムズ・L・ブルックスは、自ら脚本を手掛けたロマンチック・コメディ"Spanglish"で製作と監督を務めるようだ。アダム・サンドラーとティア・レオーニが出演交渉中らしい。
米20世紀FOXは、Deborah Scrogginsの小説"Emma's War"の映画化権のオプション契約を結んだようだ。トニー・スコットが監督を務め、ニコール・キッドマンが主演するらしい。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2/レインボーブリッジを封鎖せよ!」に登場する、小野武彦、北村総一朗、斎藤暁の"スリーアミーゴス"が、東芝のCMに登場するらしい。16日から放送とか。
スティーヴン・スピルバーグ監督「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can")が、ブロードウェイ・ミュージカルになるようだ。
児童向けTVアニメ・シリーズ"Bob the Builder"が映画化されるようだ。ハリソン・フォードが声優として出演したいと言っているらしい。
レニー・ゼルウィガーは現在、1日20個のドーナツをはじめ、ステーキやパスタを食べまくっているらしい。今秋から始まる"Bridget Jones: The Edge of Reason"の撮影のため、体重を13kg増やす予定とか。
米ABC"This Week With David Brinkley"(1981-1996年)の司会などで知られるTVニュースキャスターのデヴィッド・ブリンクリー(David Brinkley)さんが11日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米HBOの人気TVシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)に出演するジェイムズ・ガンドルフィーニは、番組の成功はキャストの結束力にあるとして、自らの資金およそ50万ドルを、他のキャストに分配したらしい。
6月3日発売となったアニメ・オムニバス「アニマトリックス 特別版」のDVDは、発売6日間で実売10万枚を突破したようだ。
  6/14
小津安二郎監督生誕100年を記念した「三重映画フェスティバル2003」が14日開幕したようだ。小津監督作品22本が上映されるほか、筑紫哲也らによるシンポジウムなども行われる予定とか。
今年の東京国際ファンタスティック映画祭は、新宿ミラノ座で10月30日〜11月3日まで開催されると発表されたようだ。
東京国立近代美術館フィルムセンターに、17日から「映画の広場」がオープンするようだ。
2000年の第72回アカデミー賞授賞式直前に盗まれた55体のオスカー像の内、行方不明となっていた3体の像の内の一つが12日、フロリダ州で発見された模様。
東京都三鷹市の国立天文台で13日「4次元デジタル宇宙実験シアター」の公開がスタートしたようだ。月1回ずつの上映とか。
第二次世界大戦の沖縄戦に動員された白梅学徒看護隊の生存者達の証言を集めたドキュメンタリー映画「友の碑―白梅学徒の沖縄戦」の試写会が14日那覇市で行われたようだ。
カンヌ映画祭でも上映された"Interstella 5555: The 5tory of the 5ecret 5tar 5ystem"について、Daft Punkのトマ・バンガルテル (Thomas Bangalter)は「2000年にこのプロジェクトは生まれた。1時間の音楽と僕らのスクリプトと共に東京に飛んだ。(松本)零士は僕らを暖かく受け入れてくれた。音楽を聴いたあとすぐに、彼はやるといってくれた。そして3年後、僕らの夢はかなったんだ」と語ったようだ。
保護観察規定違反の疑いがあるとして、ニック・ノルティに出廷を命じたロサンゼルス地裁は13日、来月18日までに証拠を提出するよう検察側に命じたようだ。
12日亡くなったグレゴリー・ペックの告別式は、16日にロサンゼルスの教会で行われるようだ。
メル・ギブソンは、監督作品"The Passion"が反ユダヤ的だとする指摘に対し、「私も映画も、反ユダヤ的ではありません。反ユダヤ主義は私の信条に反するばかりでなく、私の映画に込めたメッセージにも反します」と語ったようだ。
ヴァイアグラの生産工場があるアイルランドのRingaskiddyを舞台にした2本の映画が製作中のようだ。
「ハルク」("The Hulk")に主演するエリック・バナは現在、ブラッド・ピットと共演する"Troy"撮影のため、マルタを訪れているらしい。「皆は僕に、次のスターだと言うが、僕はそれに否定的だ。僕は今地球の裏側にいて、マトリックスのポスターさえ貼ってない場所にいるから、まだそういう事態には直面していないよ」と語ったようだ。
「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")プロモーションのためシャーリーズ・セロンが13日、来日したようだ。婚約しているスチュアート・タウンゼントも一緒らしい。
かつてTVドラマにもゲスト出演したことがあるセリーナ・ウィリアムズは、リチャード・ロンクレイン監督、キルスティン・ダンスト主演の"Wimbledon"への出演を断ったことについて「私はいい女優だと思うし、スキルもある。けれど、テニス映画に出演することは挑戦のし甲斐が全くない。私は自分の演技力を試してみたいし、皆にもそれを見てもらいたい」と語ったようだ。
"Harry Potter and the Order of the Phoenix"のオーディオ・ブックを発売する米Random Houseは、105秒のダイジェスト版の公開を開始したようだ。21日に第1巻が発売となるオーディオ・ブックは全5巻で、合わせてCD23枚、26時間30分にも及ぶとか。 [☆「105分」を「105秒」、「発売」を「公開」にそれぞれ訂正いたしますm(_ _)m]
4月から米ケーブルTV局TNNを"Spike TV"と改称した米メディア大手Viacomに対し、スパイク・リー監督が名称の使用禁止を訴えていた問題で、ニューヨーク州最高裁判所は12日、Viacom側に名称の一時使用禁止を命じたようだ。
  6/15
「スパイ・ゾルゲ」が14日初日を迎え、篠田正浩監督、岩下志麻、本木雅弘、葉月里緒菜らが舞台挨拶に立ったようだ。
秋元康監督・脚本による映画「銃声 LAST DROP OF BLOOD」が14日初日を迎え、石橋貴明、高島礼子、保坂尚輝、さとう珠緒らが舞台挨拶に立ったようだ。
堤幸彦監督「恋愛寫眞」が14日初日を迎え、広末涼子、松田龍平らが舞台挨拶に立ったようだ。
「警視庁物語 逃亡五分前」(小沢茂弘監督,1956年)をはじめとする「警視庁物語」シリーズのほか「東京アンタッチャブル」(村山新治監督,1962年)、「七人の刑事」(大槻義一監督,1963年)、「幸せなら手をたたこう」(湯浅憲明監督,1964年)など数多くの作品を手掛けた脚本家で、美術評論家としても知られる長谷川公之さんが15日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
独キルヒの破産管財人は14日、経営破たん後1年以上経過した現在まで一括売却先が見つからなかったことから、中核企業キルヒ・メディアを清算処理する方針を発表、映画放映権売買事業は第三者に売却されるようだ。
「ホテル・ハイビスカス」公開2日目を迎えた15日、渋谷シネマライズで中江裕司監督による舞台挨拶が行われました。
来月15日全米発売となる「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")のサントラには、P・ディディ、ジャスティン・ティンバーレイク、ビヨンセ・ノウルズ、スヌープ・ドッグらが参加、全曲が新曲で構成されているらしい。
ダニエル・ラドクリフは、勉強に専念したいから「ハリー・ポッター」シリーズ第4作には関わらないつもりだ、と友人に語ったらしい。
リース・ウィザースプーン主演「メラニーは行く!」("Sweet Home Alabama")が公開された日劇3で、抽選で選ばれた女性客10人が占い師マダム・ミハエルからアドバイスを受けたらしい。
グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンの婚約パーティが13日、ニューヨークで行われたようだ。
中江裕司監督「ホテル・ハイビスカス」が14日初日を迎え、蔵下穂波、照屋政雄らが舞台挨拶に立ったようだ。
ルイ=パスカル・クヴレア監督「略奪者」("Sueurs")が公開された渋谷東急3で14日、川島なお美のトークイベントが行われたようだ。
スティーヴン・ホプキンス監督「アンダー・サスピション」("Under Suspicion")が公開された14日、都内劇場で叶美香が舞台挨拶に登場したようだ。 [☆出演はしてません。念のため。]
英政府は14日、ロジャー・ムーアにナイトの爵位、ヘレン・ミレンにデームの爵位を授与すると発表したようだ。
  6/16
来月8日開幕のミュージカル「阿国(OKNI)」の制作発表が16日都内で行われ、木の実ナナらが出席したようだ。
喜多一郎監督「星砂の島 私の島〜アイランド・ドリーミン〜」の製作発表が16日都内で行われ、大多月乃、亀井絵里、BEGINの比嘉栄昇らが出席したようだ。
「与太郎戦記」(弓削太郎監督,1969年)とそのシリーズの原作でも知られ、同シリーズや「かあちゃん」(市川崑監督,2001年)などの作品では俳優としても活躍した、落語家の春風亭柳昇さんが16日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
詩人で元ハンセン病患者の塔和子を描くドキュメンタリー映画「風の舞―闇を拓く光の詩」が21日、広島市西区民文化センターで上映されるようだ。宮崎信恵監督による舞台挨拶なども予定されているらしい。
週末公開となる「ハルク」("The Hulk")を監督したアン・リーは「この映画を作ることへの責任感から強いストレスを感じていた。目に見えないプレッシャーがあった」と語ったようだ。
「マイノリティ・リポート」("Minority Report")のプロデューサー、ジェラルド・モレン(Gerald Molen)と彼が設立したWhitelight Entertainmentは、ラリー・バークダル(Larry Barkdull)の小説「ナゲキバト」("The Mourning Dove")の映画化と、タイトル未定のアクション・アドベンチャー映画の2作品の脚本を、デヴィッド・レインズ(David Ranes)に依頼したようだ。
米Walt Disneyは、アフリカを舞台にした長編アニメ"Lafiya"の脚本に、新作コメディ"The Fighting Temptations"(2003年)を手掛けたエリザベス・ハンター(Elizabeth Hunter)を起用したようだ。
若きヒトラーを描いたジョン・キューザック主演"Max"を手掛けたオランダ人監督メノ・メイエス(Menno Meyjes)の次回作は、犯罪スリラー"Inside Man"になる模様。
ジョン・トラヴォルタが主演する、「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"で、ブレット・ラトナー監督がMGMとの交渉に入ったようだ。
クリストファー・ウォーケンは、今秋から撮影が行われる予定のジョーダン・ロバーツ(Jordan Roberts)監督・脚本によるインディ作品"Around the Bend"への出演に向けて交渉中らしい。
米Universal Picturesは、Yahoo!の全広告スペースを「ハルク」("The Hulk")に置き換えるPRキャンペーンをスタートさせたようだ。15日午後9時から24時間限定で、Yahoo!登録ユーザに対しては郵便番号を元に最寄りの劇場の上映時間情報も自動的に表示されるらしい。
全米週末興収は先週初登場1位を記録した「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")が1910万ドルで2位に転落した一方、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が2920万ドルで1位に返り咲いたようだ。また、アニメ・シリーズ最新作"Rugrats Go Wild"は3位、ハリソン・フォード主演"Hollywood Homicide"は4位、コメディ"Dumb and Dumberer: When Harry Met Lloyd"は6位でのスタートとなった模様。「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の総興収は2億5000万ドルを突破したらしい。
ソニー・コミュニケーション・ネットワークは、インターネットを通じてテレビ向けに音楽や映画を配信するサービスを、来年中にスタートさせるらしい。
週末行われたマウイ映画祭授賞式で、Silversword賞を受賞する予定だったアンソニー・ホプキンスは、家族の急病のため急遽欠席となったようだ。代わりにエイドリアン・ブロディが舞台に登場、ファン達の質問に答えたらしい。
「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")の全米公開を受けて、米国の警察ではドラッグ・レーサー達に対する警戒を強めているようだ。13日には、映画を観た17歳の少年が他の車とレースをして事故死する事件も発生したらしい。
ネイサン・レイン、ローリー・メトカーフ共演による米CBSの新しいコメディドラマ・シリーズ"Charlie Lawrence"が15日スタートしたようだ。
南アフリカの脚本家エイソル・フガード(Athol Fugard)による戯曲"Master Harold... and the boys"がブロードウェイで上演されるようだ。21年前の初演で主演の少年を演じたロニー・プライス(Lonny Price)が監督を務め、当時端役で出演していたダニー・グローヴァーも再び舞台に上がるらしい。
シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の21日発売に合わせ、米出版社のScholasticは、300万ドルから400万ドルの巨費を投じた発売キャンペーンを展開するらしい。タイムズスクエアでのカウトダウン・イベントも企画されているとか。
  6/17
中田英寿は対パラグアイ戦を終えた11日夜、六本木でとミラ・ジョヴォヴィッチとデートしてたらしい。
作詞家荒木とよひさの初監督作品「いつかA列車に乗って」の撮影が16日終了したようだ。内田吐夢監督「たそがれ酒場」(1955年)のリメイクで、津川雅彦、小林桂樹らが共演しているとか。
JR小樽駅4番ホームの愛称を「裕次郎ホーム」とする命名式が17日同駅構内で行われ、石原まき子らが出席したようだ。
スティーヴン・スピルバーグの広報担当者は16日、「インディ・ジョーンズ4」について、来年夏から撮影に入り公開は2005年夏になる、と正式に発表したようだ。
グレゴリー・ペックの葬儀が16日ロサンゼルスのCathedral of Our Lady of the Angelsで行われ、「アラバマ物語」で共演したブロック・ピーターズが弔辞を述べたほか、映画関係者やファンら3000人が出席したようだ。
レイ・リオッタとLL・クール・Jが共演するウェイン・ビーチの監督デビュー作"Slow Burn"に、TVシリーズ「エンタープライズ」("Enterprise")でヴァルカン人の副長トゥ・ポルを演じるジョリーン・ブラロック(Jolene Blalock)の出演が決まったようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ニコール・キッドマン共演によるハワード・ヒューズの伝記映画"The Aviator"で、アレック・ボールドウィンとダニー・ヒューストンの出演が決まったようだ。
米国による対イラク攻撃でイラク軍から救出された米陸軍女性兵士ジェシカ・リンチ上等兵のインタビューを得ようと、ABC、CBS、NBC、Foxの米TV各局がしのぎを削っているようだ。ただし、リンチ上等兵の怪我は回復に向かっているものの、救出時の様子はほとんど覚えていないらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の北米を除く海外総興収は3億4760万ドルに達したようだ。公開4週目を迎えた英国での総興収は4640万ドルとなり、週末興収も4週連続1位を記録したらしい。
スタンリー・キューブリック監督の名を騙ってロンドンで詐欺を働いた男の実話を元にしたコメディ映画"Color Me Kubrick"が製作されるようだ。「アイズ・ワイド・シャット」("Eyes Wide Shut")のスタッフとして参加したブライアン・コック(Brian Cook)が監督を務め、ジョン・マルコヴィッチが主演する模様。
ケイト・ベッキンセイルはサンタモニカのレストランで14日、レン・ワイズマン監督からプロポーズを受けたらしい。
女優ジェシカ・タンディ(1909-1994)の夫で、「クレオパトラ」("Cleopatra",1963年)、「ガープの世界」("The World According to Garp",1982年)、「コクーン」("Cocoon",1985年)など数多くの作品で活躍した、俳優のヒューム・クローニンさんが15日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「メリーに首ったけ」("There's Something About Mary",1998年)のボビー・ファレリー, ピーター・ファレリー兄弟は、米FOXのTVコメディ・シリーズを手掛けるようだ。思いがけず脚本家として成功したものの、身長が低いためにハリウッドからも女性からも相手にされない男が主人公の"自伝的"作品になるとか。今秋から制作が始まる模様。
キアヌ・リーヴス、ティルダ・スウィントンが共演するダーク・コメディ"Thumbsucker"に、マシュー・マコノヒーとヴィンセント・ドノフリオの出演が決まったようだ。
F・ゲイリー・グレイ監督「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")の試写会が16日六本木ヒルズで行われ、来日中のシャーリーズ・セロンが舞台挨拶に立ったようだ。
スポーツ紙6紙と石原プロが募集中の、石原裕次郎への手紙で、最優秀賞受賞者には石原夫妻が愛用していた洋食器などもプレゼントされるらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の公開1週間の日本国内興収が、「千と千尋の神隠し」の35億3200万円を超える35億6600万円を記録、歴代1位となったようだ。公開5日間での興収30億円突破も歴代最短、公開9日間の興収も歴代最高となる46億6100万円となった模様。
21日発売のシリーズ最新作"Harry Potter and The Order of the Phoenix"計7680冊を積んでいたトレーラーが英国で盗まれたらしい。被害総額は100万ポンドとか。
アン・リー監督は新作「ハルク」("The Hulk")について、「とにかく全部やりたかった。アクション映画として満足できる作品にすると同時に、心理劇として、アクションが感動を生む作品として仕上げたかった」と語ったようだ。
  6/18
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「シュレック4-Dアドベンチャー」が18日報道関係者に公開され、藤原紀香がフィオナ姫のコスプレで登場したようだ。
深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の主題歌が、インディーズ・バンドのスタンスパンクスが歌う「真夜中少年突撃団」に決まったようだ。
北村龍平監督「ALIVE」の試写会が17日行われ、出演のりょうらが舞台挨拶に立ったようだ。
河P直美監督「沙羅双樹」が全国に先駆けて21日から奈良観光会館地下劇場で公開されることを受けて、地元商店街がオリジナルうちわをプレゼントするなどのPRをスタートさせたようだ。
パトリック・スチュワート主演によるヘンリク・イブセン作の舞台"The Master Builder"が18日、ロンドンで開幕したようだ。スチュワートは「今までのキャリアの中で、今最も人生と仕事をエンジョイしている」と語ったとか。
J・K・ローリングは、新作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"で、主要登場人物の死を書いた時のことについて「私はキッチンに行って泣いていたわ。夫が『一体どうしたんだ?』と言うので私は『人を殺してしまったの』と答えたの」と語ったようだ。誰が死んだかは、夫もまだ知らないとか。
米Paramount Picturesは、「トゥームレイダー2」("Lara Croft and the Cradle of Life: Tomb Raider 2")を米国大手映画館チェーンRegal Entertainment Groupのシネコン47館に配給しないことを決めたようだ。Paramountが映画に登場するJeep Wrangler Rubiconの劇場ロビーでのPRを求めたところ、Regal側が会社方針を理由にこれを拒否したためらしい。
ベン・アフレックは、Disneyが企画するコメディ"Ghosts of Girlfriends Past"と、New Lineの企画するコメディ"Sex Talk"に主演する模様。
世界のスターらが撮影したレンズ付きフィルムのチャリティ・オークションが17日パリで行われ、総額6万5000ユーロを集めたようだ。本人は1枚も写していないソフィ・マルソーのカメラが4500ユーロで落札された一方、シャーロット・ランプリングは500ユーロ、ヴァンサン・ペレーズは400ユーロどまりだったらしい。
人気TVシリーズ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield")に出演するマイケル・チクリス(Michael Chiklis)の元マネージャーが、チクリスに給料をピンはねされたとして100万ドルの支払いを求める訴訟を起こしたようだ。
「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督の次回作は、第一次世界大戦当時を舞台にしたラヴロマンス"Un Long Dimanche de Fiancailles"になる模様。オドレイ・トトゥが再び主演を務めるようだ。
米HBOの人気TVシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)の第6シーズン制作が正式に決定した模様。ただし、10話のみの制作になるようだ。
シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の映画版は2005年11月に公開、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"はその18ヵ月後の公開が予定されているようだ。
英Eidosは、既に2度延期している新作ゲーム"Lara Croft: The Angel of Darkness"の発売日を今月20日に設定しているものの、現在もバグフィックスに追われている模様。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")にカメオ出演したPinkは「瞬きしてたら見逃しちゃうかも。とっても重要で難しい役だったのよ。歌っている方が簡単だわ。セリフを言っているとちょっとマヌケな感じだったけど、でも楽しかった」と語ったようだ。
アレックス・プロヤス監督、ウィル・スミス主演によるアイザック・アシモフ「われはロボット」の映画化"I, Robot"で、ジェイムズ・クロムウェルとブルース・グリーンウッドの出演が決まったようだ。
手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」で、元キックボクサーの虎牙光揮が金子昇と共演するらしい。
「吸血鬼ブラキュラ」("Blacula",1972年)、「フィッシャー・キング」("The Fisher King",1991年)などの映画をはじめ、舞台やTVドラマで活躍した、俳優のウィリアム・マーシャル(William Marshall)さんが11日亡くなった(歳)。ご冥福をお祈りいたします。
MTVの人気コメディ番組"Punk'd"(2003年-)で、アシュトン・カッチャーと共演するライアン・ピンクストン(Ryan Pinkston)は、MTVの企画する新シリーズに主演することが決まったようだ。
CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)に出演するウィリアム・ピーターソンが、恋人でもと小学校教師のGina Cirroneと、先週末イタリアで結婚式を挙げたようだ。
  6/19
手塚治虫原作の新作アニメ映画「ぼくの孫悟空」のブロードバンド試写会が来月4日、NTT-BBのBROBAで開催されるようだ。
三枝健起監督による日米合作映画「Jenifa」の製作発表が19日都内で行われ、ジェニファー・ホームズ、山田孝之、浅見れいな、高橋ひとみらが出席したようだ。
ゲームソフト「エンター・ザ・マトリックス」の特別試写会が19日都内で行われ、釈由美子らが参加したようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の試写会が19日都内で開催され、佐藤江梨子によるトークショーも行われたようだ。
「スパイ・ゾルゲ」で使用された衣装を紹介するファッションショーが18日都内で開催され、篠田正浩監督と森英恵のトークショーも行われたようだ。
高山由紀子監督「娘道成寺〜蛇炎の恋」の製作発表が18日都内で行われ、中村福助、牧瀬里穂、風間トオル、須賀貴匡、真矢みきらが出席したようだ。
全日本テレビ番組製作社連盟主催「ATP賞2003」の授賞式が18日都内で行われ、「黄泉がえり」やフジテレビ「僕の生きる道」での演技が評価された草なぎ剛に個人賞が贈られたようだ。
映画「それいけ!アンパンマン ルビーの願い」のアフレコ収録が18日都内で行われ、工藤静香らが参加したようだ。
鎌仲ひとみ監督によるドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」の無料上映が、21日東大弥生キャンパスの弥生講堂で行われるようだ。
ニューデリーの映画館で17日未明、客席で男性が死んでいるのが発見されたらしい。上映されていなのは「ブート」というホラー映画で、上映前に「心臓に問題のある方、妊娠中の女性は、ご注意!」という警告が表示されるとか。
スー・チーの次回作は、リィウ・イェと共演する「美人草」になる模様。来月から撮影が始まるようだ。
効果音やセリフを工夫し、視覚障害者と健常者がともに楽しむことが出来るバリアフリー映画「未来への贈りもの」の上映会が8月16日、尾道市で行われるようだ。
140公演以上をこなしたシェールのファイナル・ツアーLiving Proof Farewell Tourは1億3000万ドルの収益を記録、ベスト・アルバム"The Very Best of Cher"も100万枚を突破するなど、歌手としての実力を見せ付けているようだ。
フランク・コラチ監督、ジャッキー・チェン主演によるリメイク版「80日間世界一周」("Around the World in 80 Days")に、ロブ・シュナイダーの出演が決まったようだ。
米Columbia Picturesは、エルモア・レナード原作、デルマー・デイヴィス監督の西部劇「決断の3時10分」("3:10 to Yuma",1957年)のリメイクを企画しているらしい。ジェイムズ・マンゴールドが監督を務めるようだ。
ケイティ・ホームズが大統領の娘を演じる、フォレスト・ウィテカー監督のロマンチック・コメディ"First Daughter"で、マイケル・キートンが父親の大統領役に決まったようだ。
トッド・フィリップス監督のコメディ"Old School"のDVDが10日米国で発売され、発売1週間で220万枚の売り上げを記録したようだ。
デヴィッド・ドゥカヴニーは、今秋から製作が開始される"House of D"で脚本・監督デビューするらしい。自身も出演するほか、ティア・レオーニ、ロビン・ウィリアムスらが共演するようだ。
トム・スケリットは、性的不能治療薬の広告に無断で顔写真が使用されたとして、販売元に対して販売差し止めと損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
ニューヨークの映画館Loews Cineplexでは、乳幼児連れの父母を歓迎する"Reel Moms"プログラムをスタートさせたらしい。映画館側は、平日昼間の売り上げにも貢献すると期待して売るようだ。今秋までに全米15館に拡張されるとか。
新作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"からの抜粋をタブロイド紙に無断で掲載したとして、出版社のScholasticとJ・K・ローリングは米New York's Daily Newsに対する訴訟を起こしたようだ。
今年のサンダンス映画祭のドキュメンタリー部門で作品賞を受賞、性犯罪で10代の末息子が逮捕されたユダヤ人一家を追った"Capturing the Friedmans"は、どこまでが真実なのか、議論になっているようだ。監督のアンドリュー・ジャレッキ(Andrew Jarecki)は「私は、観客が自ら結論を引き出すために必要な全ての情報を盛り込むようにした。『僕の考えを説明させてくれ』って言うつもりは毛頭ないよ。これは、調査を進める過程で実際に起こったことなんだ」と語ったようだ。
Fox Searchlightは、「フォーン・ブース」("Phone Booth")のラリー・コーエン(Larry Cohen)脚本によるサイコ・スリラー"Captivity"を製作するようだ。ミュージック・ビデオで知られるハイプ・ウィリアムス(Hype Williams)が監督を務める模様。
米People誌最新号は独身男性ベスト25人のリストを掲載、ただし、1位はウィリアム王子とアシュトン・カッチャーの2人から読者のオンライン投票で決定されるとか。表紙も2種類用意されているようだ。
スティーヴン・スピルバーグは、トニー賞受賞のミュージカル「スウィーニー・トッド」("Sweeney Todd")の映画化を企画しているらしい。
2002年4月に婚約していたパメラ・アンダーソンとキッド・ロックが破局したらしい。
トニー・シャルーブ主演による刑事ドラマ・シリーズ"Monk"の第2シーズンが20日スタートするようだ。
スパイク・リー監督の訴えにより"Spike TV"の名称使用禁止を命じられた米ケーブルTV局TNNは、16日に使用を停止したものの、最初の週だけで1680万ドルの損失となったとか。最終的な損失は数億ドルに達する模様。
米オーディション番組"American Idol"で優勝したルーベン・スタッダード(Ruben Studdard)が、"Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed"にカメオ出演するらしい。
英Amazon UKは、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の予約注文が35万件に達したと発表したようだ。
  6/20
「マトリックス・リローデッド」の国内興収が17日で50億2571万7950円に達し公開11日で50億円を突破、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の12日の記録を更新したようだ。
ライフは、「踊る LIFE CARD」を発行すると発表したようだ。
10月公開予定だった大友克洋監督の新作長編アニメ「スチームボーイ」は、製作の遅れから公開が来年に延期されることが決まった模様。 [☆期待して待つことにしましょう。]
「ゴジラ」(本多猪四郎監督,1954年)、「サラリーマン出世太閤記」(筧正典監督,1957年)、「独立愚連隊」(岡本喜八監督,1959年)、「ガス人間第一号」(本多猪四郎監督,1960年)、「火の鳥」(市川崑監督,1978年)、「大誘拐」(岡本喜八監督,1991年)など数多くの作品で脇役として活躍した、俳優の山本廉さんが17日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米ビデオソフト・ディーラー協会(Video Software Dealers Association)は19日、15日までの1週間のDVDレンタル本数が2820万本に達し初めてVHSを上回った、と発表したようだ。
J・K・ローリングは"Harry Potter and the Order of the Phoenix"について「ハリーはとても怒っています。本の中のほとんどの部分で怒っています」と語ったようだ。また「ハリーは、今回初めて"ある種の"関係を持ちます。それはとても書くのが楽しかった。彼はとても混乱します。女の子の気持ちが理解できないのです」とも語ったらしい。
トム・ウィルキンソン、エミリー・ワトソン共演によるジュリアン・フェローズ初監督作品"A Way Through the Woods"に、ルパート・エヴェレットの出演が決まったようだ。
ピーター・チェルソム監督、リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス共演による「Shall We ダンス?」("Shall We Dance?")のハリウッド・リメイク版に、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、リチャード・ジェンキンス、ニック・キャノン、ブロードウェイのベテラン女優デボラ・イエーツらが出演するらしい。
「デッドコースター」("Final Destination 2")のデヴィッド・R・エリス監督による新作スリラー"Cellular"で、キム・ベイシンガーとクリス・エヴァンスが出演交渉中のようだ。9月から撮影に入る模様。
J・K・ローリングは、既に「ハリー・ポッター」第6巻の執筆に取り掛かっているようだ。また、既に第7巻の最終章は完成しているらしい。
仏Elle誌の元編集長で、1995年に脳梗塞で全身麻痺となったジャン=ドミニク・ボービー(Jean-Dominique Bauby)の自伝"Diving Bell and the Butterfly"が映画化されるようだ。「戦場のピアニスト」("The Pianist")のロナルド・ハーウッド(Ronald Harwood)が脚本を手掛けるらしい。
イランと周辺地域に駐留する米軍の慰問ツアーが行われ、キッド・ロック、ウェイン・ニュートン、ブリタニー・マーフィらが参加したようだ。
米Forbes誌による2003年度セレブ・トップ100が発表され、昨年のブリトニー・スピアーズに代わってジェニファー・アニストンが1位となったようだ。そのほか、スティーヴン・スピルバーグが4位、ジェニファー・ロペスが5位、ベン・アフレックが7位、トム・ハンクスが9位、J・K・ローリングが15位に選ばれたらしい。
ケイト・ハドソンが妊娠したようだ。
米モバイル・サービス会社Movisoは、20日全米公開となる「ハルク」("The Hulk")のプロモーション権を獲得、ゲームや着メロなどを配信するようだ。
"Intimate Relations"(1996年)でジュリー・ウォルターズと共演したほか、TVドラマなどに出演していた英女優のローラ・サドラー(Laura Sadler)さんが19日亡くなった(22歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米映画俳優組合は、ジョン・ヴォイトが組合に無許可で進めていた映画"Deadly Course"の製作を中止させたようだ。ジェイムズ・クロムウェルらも参加していたらしい。
ヘザー・グラハムは、Valerie Frankelの小説"The Accidental Virgin"の映画化で主演とプロデュースを務めるようだ。
ペルグリム・G・ウッドハウス(Pelham Grenville Wodehouse)の小説"Piccadilly Jim"が映画化されるようだ。ジョン・マッケイが監督を務め、サム・ロックウェルが主演するらしい。
レニー・ゼルウィガー主演"Bridget Jones: The Edge of Reason"の監督は、「迷子の大人たち」("Used People",1992年)のビーバン・キドロンに決まったようだ。
マーク・ロマネク監督の次回作は、実話を元にしたドラマ"A Cold Case"になる模様。トム・ハンクス、エリック・ロスらが共演するらしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")のプレミアが18日ロサンゼルスで開催され、アシュトン・カッチャー、デミ・ムーアのペアに、ブルース・ウィリスが3人の娘を連れてレッド・カーペットを一緒に歩いたらしい。
三輪明日美が先月5日に入籍していたらしい。
昨年覚せい剤取締法違反などで有罪となった川谷拓三の長男、仁科貴が「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」で復帰しているらしい。深作欣二監督が声をかけたようだ。
Redbook誌最新号の表紙を飾ったジュリア・ロバーツの写真は、別々の写真から顔と体を合成していたらしい。出版元のHearstは今週初めに「度が過ぎていた」と謝罪を表明したようだ。ちなみに顔は去年のピープルズ・チョイス賞授賞式、体は4年前の「ノッティングヒルの恋人」("Notting Hill",1999年)のプレミアの時の写真とか。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のDVD日本発売は10月1日になるようだ。40分の未公開映像を追加した4枚組み「スペシャル・エクステンデッド・エディション」も12月3日になる模様。 [☆また両方買うことになりそう・・・]
  6/21
英国の作家ジョージ・オーウェルは、チャーリー・チャプリンら38人の「隠れ共産主義者」リストを作成し、英国情報機関に提供していたらしい。
大林宣彦監督「あした」(1995年)に登場した木造船を展示する「呼子丸展」が尾道福屋パブリックギャラリーで開催中のようだ。
「映画を三倍楽しむ講座」が20日広島市女性教育センターで開催され、戸田菜穂らによる対談が行われたようだ。
台湾の人気歌手アーメイ(張恵妹)の新曲「勇敢」のPVが約30分の短編映画として製作され、28日から台北で劇場公開されることになったようだ。 [☆どこかで聞いたような話だ・・・]
米Max Factorの相続人で3人の女性に対する強姦罪で起訴されたものの、保釈中に逃亡したアンドリュー・ラスター(Andrew Luster)を主人公にしたTV映画"A Date With Darkness: The Trial of Andrew Luster"が製作中だったものの、18日にラスターがメキシコで逮捕されたため、急遽エンディングを変更、追加撮影を行うことになったようだ。8月11日米国で放送予定とか。
米Walt Disneyが企画する、ロシアの大帝エカテリーナ2世を主人公にした"Love and Honor"で、アンジェリーナ・ジョリーが主演に向けて交渉中らしい。ランダル・ウォレスが監督と脚本を手掛けるようだ。
"Harry Potter and the Order of the Phoenix"が21日世界同時発売となり。ロンドンで行われた発売記念イベントには、ジュディ・デンチも孫を連れて出席したようだ。日本でも洋書では異例の同時発売となったものの、邦訳の出版は来年になるとか。
ジョエル・シュマッカー監督によるミュージカル映画「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")に、ミニー・ドライヴァー、アラン・カミングの出演が決まった模様。
磯村一路監督「解夏」の長崎ロケが行われ、大沢たかお、石田ゆり子らが参加したようだ。
ザ・ゴールデン・カップス、ジャッキー吉川とブルー・コメッツがオリジナルメンバーで復活する「GSフェステイバル'03 "夏の陣"」の製作発表が20日都内で行われ、デイブ平尾、ミッキー吉野らが出席したようだ。ドキュメンタリー映画も製作されるらしい。
現在開催中の第11回フランス映画祭横浜2003で、日本を舞台にしたアラン・コルノー監督のコメディ「畏れ慄いて」("Stupeur et tremblements",2002年)が21日公開されたようだ。
米Paramount Picturesが製作するジャニス・ジョプリンの伝記映画で、レニー・ゼルウィガーの主演が決定した模様。プロデュースにも参加するようだ。 [☆う〜ん・・・]
米スポーツ専門チャンネルESPNの主催で来月16日開催される第11回ESPN賞授賞式の司会にジェイミー・フォックスが起用されたようだ。
芸術や文化活動への支援者を表彰する第11回Montblanc Arts Patronage Awardの授賞式が18日開催され、Rush Philanthropic Arts Foundationを設立・運営してきたラッセル・シモンズに授与されたようだ。授賞式にはアラン・カミングらも出席したらしい。
ロンドンで上演中のデヴィッド・マメット作"Sexual Perversity In Chicago"で舞台デビューを果たしたマシュー・ペリーは「(初日は)もう恐ろしくて、吐くか心臓発作で倒れるかと思ったよ」と語ったようだ。
ハリウッド商工会議所(Hollywood Chamber of Commerce)が19日発表したところによると、ブリトニー・スピアーズ、ケヴィン・コスナー、ハル・ベリー、グレン・クローズ、アンソニー・ホプキンス、ジョン・シングルトン、テッド・ターナー、ジャーニー、メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹らの星型が、来年ウォーク・オブ・フェイムに加わるようだ。 [☆オルセン姉妹って、まだ17歳なんですけど・・・]
  6/22
「ホテル・ハイビスカス」の撮影が行われた名護市辺野古で21日、同映画の無料上映会が行われ、中江裕司監督らが舞台挨拶に立ったようだ。
「七年目の浮気」("The Seven Year Itch",1955年)、「ティファニーで朝食を」("Breakfast at Tiffany's",1961年)、「さよならチャーリー」("Goodbye Charlie",1964年)など数多くの作品を手掛けた、米劇作家・脚本家のジョージ・アクセルロッド(George Axelrod)さんが21日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
京都国立博物館で24日から「アート・オブ・スター・ウォーズ展」が開催されるようだ。ダース・ベイダーの衣装やヨーダの模型など200点以上が展示されるらしい。
写真集「前田愛inバトル・ロワイアルII」の発売記念握手会が21日都内で行われたようだ。
北村龍平監督「ALIVE」が21日初日を迎え、榊英雄らが舞台挨拶に立ったようだ。北村監督は「来年はハリウッドで映画を作る。『VERSUS』のリメイク企画も進行中」と語ったらしい。
河P直美監督「沙羅双樹」が21日初日を迎え、樋口可南子、福永幸平、兵頭祐香らが大阪市内の劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ショートショートフィルムフェスティバル2003 in 松本が21日開幕したようだ。
21日世界発売となった"Harry Potter and the Order of the Phoenix"について、英国最大の書店WH Smithの広報担当者は「今までにないスピードで売れている。1秒間に8冊以上がレジを通っている。事前注文は前作の10倍もある」と語ったようだ。
米HBOの"On the Record With Bob Costas"に出演したアーノルド・シュワルツェネッガーは、(「ターミネーター3」のようなアクション映画を)もうしばらく続けるつもりですか、との問いに対し「僕は今キャリアの真っ最中にいると思っているよ」と答えたようだ。
木下ほうか監督「17才」の初日舞台挨拶が21日都内劇場で行われ、三輪明日美らが出席したようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の先行オールナイト上映が21日行われ、丸の内ピカデリー1には600人以上が列を作ったようだ。配給元のソニー・ピクチャーズは「スパイダーマン」の80億円を超える興収100億円を狙っているとか。 [☆期待は大きかったけど、いま一つウケが良くなかったような・・・]
加藤夏希の写真集「夏希17歳、もうひとつのBRII」の発売記念イベントが21日都内で行われたようだ。
  6/23
株式会社手塚プロダクションとハンゲームジャパン株式会社は、映画「ぼくの孫悟空」に登場するキャラクタのアバター(ネット上の分身)アイテムの販売について提携したと発表したようだ。
田崎竜太監督「仮面ライダー555」のクライマックスシーンのロケが22日埼玉スーパーアリーナで行われたようだ。エキストラ1万1000人も参加したとか。
庵野秀明監督による実写版「キューティーハニー」が来月10日にクランクインするらしい。佐藤江梨子が主演するようだ、
深作欣二・深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の完成披露試写会が22日都内で行われ、藤原竜也、前田愛、竹内力、酒井彩名らが出席したようだ。
文化庁は22日、著作権法を改正し条文を簡素化する方針を固めたようだ。映画の「上映権」は、「上演権」「演奏権」などと共に「公衆伝達権」に一本化、また小説の映画化作品など「2次的著作物」の利用権が著作権譲渡後も原作者に残るとする現行法の規定を廃止、当事者間の契約に従う形に改正されるらしい。来年の通常国会に改正案が提出される模様。
パイオニアは、同社子会社のパイオニアLDCの一部株式を電通に売却する方向で検討に入ったようだ。
26日からスタートする米TNTのアニメシリーズ"Stripperella"で、パメラ・アンダーソンが主人公の声を担当しているようだ。
23日開幕した第117回ウィンブルドン選手権の大会開催中に、リチャード・ロンクレイン監督、キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニー共演による新作ロマンチック・コメディ"Wimbledon"の撮影が行われるようだ。
21日発売となった"Harry Potter and the Order of the Phoenix"は米国でも爆発的な売り上げを記録している模様。米最大の書店チェーンBarnes & Nobleでは初日だけ89万6000部を記録、毎秒80部の割合で売れ続けていることから、発売2日間で100万部突破もあり得るとか。
クイーン・ラティファやランDMCなどのミュージック・ビデオで知られるブライアン・バーバー(Bryan Barber)は、ヒップホップ・デュオOutkastが8月にリリースするニュー・アルバム"SpeakerBoxxx/The Love Below"に基づく映画で監督を務めるようだ。米HBOが企画する6作品の内の第1作で、TV映画として放送される予定とか。
来月4日からチェコで開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(Karlovy Vary International Film Festival)のコンペ部門上映作品が発表されたようだ。キム・ギドク監督、チャン・ドンゴン主演による韓国映画「海岸線」("The Coast Guard")、トルコ出身のFerzan Ozpetek監督によるロマンス"La Finestra di fronte"など16作品が選ばれた模様。
22日閉幕したロサンゼルス映画祭で、パクストン・ウィンターズ監督、ポール・シュナイダー、デヴィッド・コノリー共演の"Crude"が劇映画部門の最優秀作品賞に、また、ピーター・ミュラン監督"The Magdalene Sisters"が観客賞にそれぞれ選ばれたようだ。
全米週末興収は、アン・リー監督、エリック・バナ主演「ハルク」("The Hulk")が、6月としては史上最高の6260万ドルで初登場1位を記録したようだ。ディズニーの新作アニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")は2位となったものの、公開4週目で総興収は2億2800万ドルに達したらしい。また、ロブ・ライナー監督、ルーク・ウィルソン、ケイト・ハドソン共演のロマンチック・コメディ"Alex & Emma"は624万ドルで7位のスタートとなった模様。
アラン・パーカー初の小説"Sucker's Kiss"が11月に出版されるらしい。
テレビ朝日「サムズアップ 人生開運プロジェクト」に、「借金を返済して、構想中の新作映画の準備金に使いたい」として出演したガッツ石松が、見事1000万円を獲得したらしい。 [☆どんな映画を作るんでしょうか]
グリンダ・チャーダ監督「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")のDVDが10月3日に発売となるようだ。日本語吹替では椎名へきるが主人公の声を演じているらしい。
「エピソード3」のワーキングタイトルが"Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith"に決まったらしい。
  6/24
佐藤蛾次郎が乗っていたタクシーが23日、都内で事故を起こしていたらしい。
「天国と地獄」(黒澤明監督,1963年)、「日本沈没」(森谷司郎監督,1973年)、「マルタイの女」(伊丹十三監督,1997年)など数多くの映画作品をはじめ、TVドラマ、舞台などで活躍した、俳優の名古屋章さんが24日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
映画プロデューサー増田久雄によるエッセー集「石原裕次郎の贈りもの」が25日出版されるようだ。99年に出版した「太平洋の果実」の続編として執筆したとか。
カプコンのプレステ2用ゲーム「影武者3」の声の収録が都内スタジオで行われ、金城武らが参加したようだ。ジャン・レノも出演するらしい。
石原裕次郎の17回忌に合わせて行われる「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)と「栄光への5000キロ」(蔵原惟繕監督,1969年)の無料上映に47万通もの応募があったらしい。
兵庫県で23日、32歳の男性が映画のスタントの真似をして車から飛び降り、頭の骨を折る重傷を負ったらしい。 [☆バカ]
ジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演による新作"Un Long Dimanche de Fiancailles"で、ジョディ・フォスターが出演交渉中らしい。
ジョセフ・ルーベン監督の心理ドラマ"The Forgotten"で、ドミニク・ウェストがジュリアン・ムーアと共演するようだ。
米映画協会とDiscovery Channelの主催による、第1回シルヴァードックス・ノンフィクション映画祭(Silverdocs nonfiction film festival)が22日閉幕し、ナサニエル・カーン(Nathaniel Kahn)による自伝的ドキュメンタリー作品"My Architect"が、最高賞のスターリング賞を受賞したようだ。
クレイグ・チェスター(Craig Chester)監督・脚本によるロマンチック・コメディ"Adam & Steve"で、クリス・カタンとパーカー・ポージーの共演が決まったようだ。
「太陽に灼かれて」("Burnt by the Sun",1994年)、「シベリアの理髪師」("The Barber of Siberia",1998年)などの脚本を手掛けたルスタム・イブラギムベコフ(Rustam Ibragimbekov)の次回作は、18世紀のカザフスタンを舞台にした歴史劇"The Nomad"になるようだ。
9.11のテロ事件に関連してドラマが展開する、シドニー・ルメット監督の新作"Strip Search"で、グレン・クローズ、マギー・ギレンホール、ダニエル・サウリ(Daniel Sauli)の共演が決まった模様。来月からニューヨークで撮影が始まるようだ。
"Bloody Sunday"のポール・グリーングラス監督は、「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity")の続編、"The Bourne Supremacy"の監督に決まったようだ。マット・デイモンが引き続き主演を務める模様。
「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")の各国での上映がスタート、週末興収460万ドルを記録した英国のほか、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなど14の地域で初登場1位を記録したようだ。
ショーン・ペンが、イラク戦争反対を表明したことを理由に映画を降板させられたとして1000万ドル損害賠償訴訟を起こしたことに対し、映画プロデューサーのスティーヴ・ビングが、事実のない出演契約を理由に損害賠償を求めるのは恐喝に当たるなどとして1500万ドルを求める逆訴訟を起こしていた問題で、ロサンゼルス高等裁判所は23日、ビング側の訴えを却下したようだ。
Glasgow Animationで製作中の短編アニメ映画"Billy the Vet"に、ショーン・コネリーとアラン・カミングが声優として参加するようだ。TVシリーズ化も予定されているとか。
"Harry Potter and the Order of the Phoenix"は、発売初日の21日だけで英国では177万7541部が、米国では500万部以上が売れたらしい。
アダム・サンドラーは、婚約していたモデル兼女優のジャッキー・タイトーン(Jackie Titone)と、週末に結婚式を挙げたようだ。
北野武監督「座頭市」に、タップダンス・ユニットTHE STRIPESが参加するようだ。振り付けのほか、出演もするらしい。
クリストファー・ノーラン監督による"Batman"で、ガイ・ピアースが主演候補に挙がっているらしい。
米Warner Bros.が企画する、人気TVドラマ「俺たち賞金稼ぎ!フォールガイ」("The Fall Guy",1981-1986年)の映画化で、ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ステイサムらが出演候補に挙がっているようだ。
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクが交際中らしい。
21日、全国315館で行われた「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の先行オールナイトは。観客動員数9万5000人、興収1億5000万円を記録したようだ。
J・K・ローリングは20日、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"のサイン入り初版本をニューヨーク市立図書館に寄贈したようだ。
  6/25
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の試写会が24日都内で開催され、藤原紀香によるトークショーも行われたようだ。
「長靴をはいた猫」(1969年)、「メトロポリス」(りんたろう監督,2001年)などのアニメ映画や、「くまのプーさん」「トムとジェリー」などの吹き替えでも知られる、俳優の八代駿さんが25日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ファラ・フォーセットとメリッサ・ギルバートが共演する米CBSのTV映画"Hollywood Wives: The New Generation"に、コメディ映画"Head of State"でクリス・ロックと共演したロビン・ギヴンス(Robin Givens)の出演が決まったようだ。
来月より撮影が始まるクレア・キルナー(Clare Kilner)監督のロマンチック・コメディ"Something Borrowed"で、ダーモット・マルロニーと、「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のデブラ・メッシング(Debra Messing)の共演が決まったようだ。
大ヒットアニメ「サウスパーク」("South Park")のクリエイター、トレイ・パーカーとマット・ストーンは、以前"American Heroes"と呼ばれていた人形劇スタイルの映画企画で、監督、脚本と声優を務めるようだ。
米Columbia Picturesによる新作コメディ"The Dinner Party"で、アシュトン・カッチャーとバーニー・マックの共演が決まった模様。
スパイク・リー監督が"Spike TV"の名称使用中止を求めて、米メディア大手Viacomに対して起こした訴訟について、ニューヨーク地裁は8月18日から陪審抜きの裁判を行うことを決めたようだ。
ジョン・ヘンダーソン監督によるロンドンを舞台にした新作コメディ映画"Cabbages and Queens"で、ケリー・ラッセルとネイサン・レインが共演するようだ。
米出版社のScholasticは24日、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の第3版80万部の印刷を開始すると発表したらしい。発行総数は930万部に達するとか。
米Miramax Filmsは、1958年にスタンリー・ドーネン監督で映画化されているブロードウェイ・ミュージカル「くたばれ!ヤンキース」("Damn Yankees")の再映画化を企画しているらしい。なお、「野郎どもと女たち」("Guys and Dolls",1955年)のリメイクについては、現在も交渉が継続しいている模様。
「栄光への脱出」("Exodus",1960年)、「トパーズ」("Topaz",1969年)などの原作小説で知られ、「OK牧場の決斗」("Gunfight at the O.K. Corral",1957年)では脚本も手掛けた、米ベストセラー作家のレオン・ユリス(Leon Uris)さんが21日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
9月4日より開催される第28回トロント国際映画祭の上映作品が24日発表された模様。第56回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したドゥニ・アルカン(Denys Arcand)監督「幸せな最期」("Les Invasions Barbares")のオープニング上映に続いて、エミリー・ゴウドロウ(Emile Gaudreault)監督のコメディ"Mambo italiano"、ロバート・アルトマン監督、ネーヴ・キャンベル主演の新作"The Company"、ラース・フォン・トリアー監督、ニコール・キッドマン主演"Dogville"などが上映されるほか、Contemporary World Cinemaでは河P直美監督「沙羅双樹」も上映されるようだ。
New Line Cinemaは、「チャイルド・プレイ」("Child's Play",1988年)から「チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁」("Bride of Chucky",1998年)まで4作が製作されている同シリーズの続編を企画しているらしい。
"Grease 3"はランダル・クレイザーが再び監督を務める模様。ケリー・クラークソンが主演候補に挙がっているようだ。オリヴィア・ニュートン=ジョンは出演するものの、ジョン・トラヴォルタは出ないらしい。
ホイットニー・ヒューストンとボビー・ブラウンは、映画"Beffy and Charlie"での夫婦共演を計画しているらしい。
米調査会社の報告Ipsos U.S. Expressによると、今一番別れそうな有名人カップルとして42%の人々が、ジェニファー・ロペスとベン・アフレックを挙げたようだ。 [☆僕も1票]
トロントで来月30日に開催される、8時間にわたる野外コンサート"Molson Canadian Rocks for Toronto"では、ローリング・ストーンズをはじめ、AC/DC、ジャスティン・ティンバーレイクらも出演、ダン・エイクロイドとジェイムズ・ベルーシが司会を務めるらしい。 [☆ブルース・ブラザーズ復活!?]
"Spike TV"と名前を変更した米ケーブルTV局TNNに対し、スパイク・リー監督が名前の使用中止を求めて訴訟を起こしている問題で、(1940年代から50年代に活躍した歌手)スパイク・ジョーンズの息子は「スパイク・リーは、"Spike"という名前を使用する個人的権利など持っていないし、私や他の誰かがその名前を使うことを阻止できる権利などない」と証言したようだ。
パイオニアLDCは24日、21日発売のDVD「ターミネーター2 劇場公開版 dts T3劇場公開記念バージョン」で、DTS非対応の機器では無音のまま再生がスタートする、との告知を同社サイト内に掲載したようだ。
  6/26
株式会社ビーバットは、株式会社チームオクヤマと共同で、奥山和由監督「クラッシュ」を28日からの劇場公開と同時にブロードバンド有料配信すると発表したようだ。
7月31日開幕する鈴鹿8時間耐久ロードレースに「仮面ライダー555」が出場するらしい。ホンダが東映に提案し、実現したとか。 [☆リタイアは許されませんっ!]
米人気女性シンガーのアシャンティ(Ashanti)が、007シリーズ次回作のボンドガール役候補に挙がっているらしい。
香港の董建華行政長官は25日、中国大陸での香港映画の公開条件や共同製作の条件が大幅に緩和される見込みである、と発表したようだ。
在日ドイツ大使館は26日、ドイツ映画の研究で知られ「美の魔力―レーニ・リーフェンシュタールの真実」など数多くの著書や翻訳書を執筆している、明治大学の瀬川裕司教授に対し、本年度のシーボルト賞を授与すると発表したようだ。
リチャード・ロンクレイン監督、キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニー共演"Wimbledon"撮影のため、26日ウィンブルドンのセンターコートで行われる予定だった男子シングルス2回戦の開始時間が30分遅らされたらしい。
LL・クール・Jがジェイムズ・トッド・スミス(James Todd Smith)名義で主演したロマンチック・コメディ"Deliver Us From Eva"のDVDが米国でリリースされ、5日間のレンタル売り上げは577万ドルに達したようだ。
「ジャズ・ミー・ブルース」("Bix",1991年)を手掛けたプピ・アヴァティ(Pupi Avati)監督の次回作は、現代イタリアのジャズ・シーンを描く"Quando Arrivano Le Ragazze?"になるようだ。来月中旬から撮影に入る模様。
米Discovery Channel製作による初のオリジナル映画"12 Days of Terror"が製作中の模様。すでにケープタウンでの撮影を終えたようだ。「ヒドゥン」("The Hidden",1987年)のジャック・ショルダーが監督を務め、ジョン・リス=デイヴィスらが出演、来年はじめに放送されるらしい。
「アメリ」("Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain",2001年)などに出演しているアルチュス・ド・パンゲルン(Artus de Penguern)が監督を務めたロマンチック・コメディ「グレゴワール・ムラン vs. 人類」("Gregoire Moulin contre l'humanite",2001年)がハリウッドでリメイクされるようだ。ショーン・ウィリアム・スコットが主演する模様。
「ザ・セル」("The Cell",2000年)などに出演している英国俳優ジェイク・ウェバーは、ウィリアム・タイラー・スミス監督による低予算作品"Summerhill"に主演するようだ。ドアーズのキーボーディスト、レイ・マンザレクが音楽を提供するらしい。
米Miramax Filmsは、ボブ・フォッシーによるブロードウェイ・ミュージカル「ピピン PIPPIN」("Pippin")の映画化権を獲得したようだ。
トーマス・ジェイン、ジョン・トラヴォルタ共演によるマーヴェル・コミックの映画化"The Punisher"で、ローラ・ハリングの出演が決まった模様。来月からフロリダで撮影が始まるようだ。
10月3日より開催される第41回ニューヨーク映画祭で、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")のオープニング上映が決まった模様。
8月28日に開催される第20回MTV Video Music Awardsで、クリス・ロックが4年ぶりに司会を務めることになったようだ。
米CBSのTVドラマシリーズ"The Brotherhood of Poland, New Hampshire"を製作中のデヴィッド・E・ケリーのプロダクションなどに対し、映画"Brotherhood"を製作したニュー・ハンプシャーに拠点を置くMJM Productionsが、著作権と商標の侵害を理由に訴訟を起こしたようだ。
全米公開中のアン・リー監督「ハルク」("The Hulk")を無断で複製し、劇場公開前にネット上で配布していた男性に対する審問が25日、マンハッタン連邦裁判所で行われ、男性は有罪を認めたようだ。
イラク戦争の影響でモロッコでの撮影が中止となっていた、レオナルド・ディカプリオ、ニコール・キッドマン共演の歴史超大作"Alexander the Great"の撮影は、オーストラリアの砂漠地帯にあるブロークンヒルで行われる可能性があるようだ。バズ・ラーマン監督がロケハンに訪れたらしい。
クリス・タッカーは、ブレッド・ラトナー監督によるシリーズ第3弾"Rush Hour 3"への出演に向けて交渉中のようだ。
米ABCの法廷ドラマ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)の新シーズンに、シャロン・ストーンがゲスト出演するらしい。
サイモン・ウエスト監督の次回作は、サルヴァドール・ダリの半生を描く"Dali"になるようだ。
SARS感染指定地域の解除を受けて、香港では観光客を呼び戻す一大キャンペーンを展開、TV広告にはジャッキー・チェンも登場するらしい。
「レポマン」("Repo Man",1984年)、「ウォーカー」("Walker",1987年)のDVD発売を記念した、アレックス・コックス監督によるトークショーが来月3日、HMV渋谷で開催されるようだ。田中要次も参加予定とか。
  6/27
20日発売のDVD&ビデオ「ピノキオ〜スペシャル・エディション〜」の売り上げが、発売1週間で20億円を突破した模様。主題歌「星に願いを」を歌った矢沢永吉は、米ディズニー社からゴールドディスクを贈られたようだ。
「スカイハイ」DVD化記念イベントが26日都内で行われ、釈由美子らが出席したようだ。北村龍平監督による映画版は来月から撮影に入り、11月8日に公開される模様。
来日中のマライア・キャリーは27日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れ、大阪市内の福祉施設の子供達1250人を招待する計画を発表したようだ。
「悪魔の毒々モンスター4/新世紀絶叫バトル」("Citizen Toxie: The Toxic Avenger Part 4",2000年)などに出演しているイーライ・ロス(Eli Roth)が監督する心理ホラー"Drawn"は、「ノイズ」("The Astronaut's Wife",1999年)などを手掛けたランド・ラヴィッチ(Rand Ravich)が脚本を担当するようだ。
米DreamWorksは、キム・ジウン監督のホラー映画「薔花、紅蓮」("A Tale of Two Sisters",2003年)のリメイク権を100万ドルで獲得した模様。
ブリタニー・マーフィ、ジュリアン・ニコルソンが共演するロマンチック・コメディ"Little Black Book"に、キャシー・ベイツの出演が決まったようだ。ニック・ハラン(Nick Hurran)の監督で、8月から撮影が開始されるらしい。
米DreamWorksは、アーサー・ヘルツォーク(Arthur Herzog)のSF小説"IQ 83"を映画化する模様。「バンド・オブ・ブラザーズ」("Band of Brothers",2001年)などを手掛けたデヴィッド・フランケル(David Frankel)が監督と脚本を務めるようだ。
ピーター・ヒューイット監督による「ガーフィールド」("Garfield")の実写映画化で、ビル・マーレイとニック・キャノンが声優として参加するようだ。
「アイリス」("Iris")のリチャード・エア監督の次回作は、17世紀のロンドンに実在した俳優Edward Kynastonを描く"Compleat Female Stage Beauty"になるようだ。ビリー・クラダップ、クレア・デインズが共演するほか、ルパート・エヴェレット、トム・ウィルキンソン、ベン・チャップリン、リチャード・グリフィスらが出演するらしい。
3月に6スクリーンで米国公開がスタートしたグリンダ・チャーダ監督「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")は、現在公開16週目を迎え301館に拡大、2300万ドルの興収を記録しているようだ。 [☆日本では思いのほか低調でしたが・・・]
デヴィッド・E・ケリーが手掛ける米CBSのTVドラマ"The Brotherhood of Poland, New Hampshire"で、既に出演が決まっているランディ・クエイド、ジョン・キャロル・リンチに、クリス・ペンが加わるようだ。
米NBCの人気ドラマ・シリーズ"Law & Order"に1994年から出演しているサム・ウォーターストン(Sam Waterston)は、2004年から始まる第15シーズンへの出演契約にサインしたようだ。
ドワイト・ヨーカムは、スコット・ジール監督、ドミニク・パーセル、ジーナ・ガーション、ジョイ・ブライアント、アリ・ラーター、デズモンド・ハリントン共演によるスリラー"Three Way Split"に出演することが決まったようだ。
人気TVシリーズ"The Beverly Hillbillies"(1962-71年)に出演していたバディ・イブセン(Buddy Ebsen)が、カリフォルニア州の病院に入院しているようだ。
子供達4000人を招いたJ・K・ローリングによる講演会が26日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたようだ。
ケヴィン・コスナーは、恋人のクリスティン・ボームガートナー(Christine Baumgartner)と婚約したようだ。
米AOLタイムワーナーは、上海最大の映画館、上海永楽影院の株式49%を1,396万5,000元で取得した模様。
英テクノバンドThe Orbのニューアルバム"Bicycles & Tricycles"のPVに、ドラえもんのキャラクタ達が登場しているらしい。
2001年からテレビ東京で放送されたアニメシリーズ「サイボーグ009」が、米Cartoon Networkで30日から放送されるらしい。
オンラインゲーム"Star Wars Galaxies"が26日リリースされたようだ。舞台は「エピソードIV」と「エピソードV」の間に設定されているとか。
ジョン・マッデンの監督による、デボラ・モガー(Deborah Moggach)の小説「チューリップ熱」("Tulip Fever")の映画化で、ジュード・ロウの出演が決まったようだ。
英国の作家アラン・デヴィッドソンは、映画「チキンラン」("Chicken Run",2000年)が同氏の小説"Escape from Cold Ditch"の盗作であるとして、DreamWorksとニック・パークらに対する訴訟を起こしたようだ。
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン株式会社は、11月7日に発売予定の「アドベンチャーズ・オブ・インディージョーンズ コンプリートDVDコレクション」を、通常価格13,800円のところ年内限定で9,800円で販売すると発表したようだ。
  6/28
今年5月になくなった映画プロデューサーの前田勝弘さんを追悼する「前田勝弘曼荼羅まつり」が来月5日から大阪市淀川区の新僑飯店大ホールで開催されるようだ。
「俺たちに明日はない」("Bonnie and Clyde",1967年)、「夕陽の群盗」("Bad Company",1972年)、「スーパーマン」("Superman",1978年)、「サンタ・クロース」("Santa Claus",1985年)、「ムーンウォーカー」("Moonwalker",1988年)などの作品を手掛けた、米脚本家のデヴィッド・ニューマン(David Newman)さんが26日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
24日亡くなった名古屋章の告別式が28日、中野区の宝仙寺で営まれ、井上やすし、江波杏子、仲谷昇、高橋昌也、藤真利子ら300人が弔問に訪れたようだ。
来春放送のテレビ朝日「それからの日々」の制作発表が28日都内で行われ、松本幸四郎、山田太一らが出席したようだ。
先日なくなった名古屋章の通夜が27日都内で営まれ、中村雅俊、丹波哲郎ら600人が訪れたようだ。
COSMIC RESCUE: The Moonlight Generations」に主演するカミングセンチュリーの森田剛、三宅健、岡田准一が、10月から開催される世界宇宙飛行士会議のサポーターに任命されたようだ。映画の収益の一部が同会議実行委員長に寄付されるらしい。
劇作家・演出家として活躍したほか、「ボクサー」(寺山修司監督,1977年)、「さらば箱舟」(寺山修司監督,1984年)、「1999年の夏休み」(金子修介監督,1988年)、「白い馬」(椎名誠監督,1995年)などの作品で脚本を手掛けた、岸田理生さんが28日亡くなった(57歳)。ご冥福をお祈りいたします。
28日にZepp Tokyoで予定されていたタトゥの来日記念イベントが急遽中止となったようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)は、ABC、CBS、Fox、NBCの4大ネットワークでの人気ドラマあるいはコメディのエピソードの内80%以上を白人男性が監督していると指摘、マイノリティや女性監督を起用していない番組もあるなど、依然として偏りが大きいことを訴えたようだ。
カリフォルニア州知事グレイ・デイヴィスへのリコール運動が起こっていることについて、「選挙から7ヶ月しかたっておらず、リコール運動は収束してしまうのでは?」とのリポーターの問いに対し、アーノルド・シュワルツェネッガーは「人々がどのように感じているかが問題だ。州知事のやり方に人々は不満を感じていると思う」と答え「そろそろ続編を作る時かな、『トータル・リコール』の」と付け加えたとか。
入院しているバディ・イブセン(Buddy Ebsen)は27日、集中治療室を出た模様。まもなく退院するようだ。
米Disney Channelの人気TVコメディ"Lizzie McGuire"(2001-2004年)に主演するヒラリー・ダフ(Hilary Duff)は、先月Disneyとの来シーズンの出演交渉が決裂したものの、同番組の映画版"The Lizzie McGuire Movie"のサントラが大ヒットとなったことをうけ、Buena Vista Music Groupとアルバム製作契約を結んだようだ。
  6/29
ドキュメンタリー映画「クラッシュ」が28日初日を迎え、奥山和由監督らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")が28日、全国500館で公開されたようだ。
「デブラ・ウィンガーを探して」("Searching for Debra Winger")が28日初日を迎え、監督を務めたロザンナ・アークエットが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。「ラブ・シネマ」に出演する白石美帆が花束を渡したらしい。
カリブ海のセントキッツ&ネヴィス連邦で行われたコンサートで、不謹慎な言葉を使用したとして、ラップ歌手のDMXが逮捕されたらしい。保釈金を払って一旦帰国したものの、裁判に出席するため30日には島に戻るようだ。
  6/30
株式会社セガは、短編オムニバス映画「Jam Films」を7月28日からブロードバンドで有料配信すると発表したようだ。
1956年にオープンした東急文化会館が30日、閉館したようだ。最終日には、映画館やプラネタリウムに長蛇の列が出来たらしい。
「愛の嗚咽」("A Bill of Divorcement",1932年)で映画デビュー、「若草物語」("Little Women",1933年)、「旅情」("Summertime",1955年)、「冬のライオン」("The Lion in Winter",1968年)、「黄昏」("On Golden Pond",1981年)、「めぐり逢い」("Love Affair",1994年)など数多くの名作に出演した、米女優のキャサリン・ヘプバーンさんが29日亡くなった(96歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第25回モスクワ国際映画祭の各賞が29日発表され、「ふくろう」の新藤兼人監督に特別功労賞が、同作品の大竹しのぶに最優秀女優賞がそれぞれ授与されたようだ。
「うなぎ」(今村昌平監督,1997年)、「鏡の女たち」(吉田喜重監督,2003年)、「夢 追いかけて」(花堂純次監督,2003年)などの作品を手掛けた映画製作会社グルーヴコーポレーションは30日、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請しようだ。
朝鮮民主主義人民共和国で、国内の反米意識を高めることを目的とした記録映画「朝鮮の答え」が製作されたらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)の会合が28日ロサンゼルスの本部で行われ、マーサ・クーリッジに代わる次期会長に、英国の映画監督マイケル・アプテッドが選出されたようだ。
パトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith)の小説「贋作」("Ripley Under Ground")を映画化する、ロジャー・スポティスウッド監督、トム・ウィルキンソン主演の新作"White on White"で、ウィレム・デフォーとジャシンダ・バレット(Jacinda Barrett)の出演が決まったようだ。
ミュージック・ビデオで知られるマルコス・シエガ(Marcos Siega)は、ニック・キャノンの企画・主演によるアクション・コメディ"The Underclassman"で、映画監督デビューするようだ。
ジャック・ヴァレンティが米映画協会(Motion Picture Association of America)会長兼CEOからの辞任を表明したのを受けて、現在後任者選びが進められているものの、MPAAを含む主要映画スタジオ7社のトップの同意が必要なため、人選が難航している模様。
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")のジョエル・ズウィック監督は、ビル・コスビーが主演したTVアニメシリーズ"Fat Albert and the Cosby Kids"(1972-1979年)の実写映画化を手掛けるらしい。もともと、フォレスト・ウィテカー監督、オマール・ベンソン・ミラー主演で進められていた企画とか。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")などの大ヒットにより、6月の全米興行収入は昨年同月を5%上回る9億60万ドルに達し、6月としては初めて9億ドルを突破したようだ。
全米週末興収は、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")が初登場1位を記録したものの、前作「チャーリーズ・エンジェル」("Charlie's Angels",2000年)のオープニング記録4010万ドルを下回る3800万ドルにとどまったようだ。一方、アン・リー監督「ハルク」("The Hulk")は公開2週目で総興収1億ドルを突破、ダニー・ボイル監督のホラー「28日後...」("28 Days Later")は973万ドルで3位のスタートとなった模様。
舞台版「シベ超」シリーズ第2弾「シベリア超特急00・7/モスクワより愛をこめて」が7月12日と13日に上演されるらしい。各日別バージョンの上演とか。
現在妊娠6ヶ月のリース・ウィザースプーンは、「ここ数年働きづめだったし、出産後はしばらく家族と一緒に過ごしたい」と言っているようだ。
ゴア・ヴァービンスキー監督、ジョニー・デップ主演最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")のワールドプレミアが28日、ロサンゼルスのディズニーランドを貸し切って行われたらしい。ヴァージニア・マドセンとYOSHIKIもペアで訪れたとか。
アン・リー監督は、「ターミネーター3」の監督オファーを受けていたものの、断ったていたらしい。
マーヴェル・コミックの映画化"The Punisher"には、レベッカ・ローミン=ステイモスも出演するらしい。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは、DVD「ライオン・キング -スペシャル・エディション-」を10月10日に発売すると発表したようだ。新たなミュージカルシーンが追加された特別版も収録されているほか、メイキングなどの特典映像が収録された特典ディスクも付くらしい。