シネマトピックス(2003年9月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  9/1
株式会社アミューズとNTT-BBは、ブロードバンドサービスBROBA上で、TVドラマシリーズ「スカイハイ」および北村龍平監督「スカイハイ 劇場版」ブロードバンド限定特典映像を、1日から有料配信すると発表したようだ。
北野武は、「座頭市」がコンペ部門で上映されるヴェネチア国際映画祭に出席するため31日、成田空港から現地に向かったようだ。
「荒野の七人」("The Magnificent Seven",1960年)、「大脱走」("The Great Escape",1963年)、「特攻大作戦」("The Dirty Dozen",1697年)、「狼よさらば」("Death Wish",1974年)など数多くの作品で活躍した、米俳優のチャールズ・ブロンソン(Charles Bronson)さんが先月30日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロシアと北朝鮮が共催する現代北朝鮮映画祭がモスクワで開催されたらしい。1991年以降初の開催で、入場無料にもかかわらず、観客はまばらだったとか。
開催中のヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された、1968年のフランスを舞台に性の目覚めを描いた新作"The Dreamers"について、監督のベルナルド・ベルトルッチは「米国では(R指定を得るために)ズタズタにカットされる危険がある。しかし(米国で配給するFox Searchlightとの)契約上フィルムは渡さなければならず、他の国とは異なるバージョンでの上映となる可能性が高い」と語ったようだ。
ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン共演の新作ロマンチック・コメディ"Lost in Translation"がヴェネチア国際映画祭アップストリーム部門で8月31日上映され、観客や批評家から絶賛されたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーのカリフォルニア州知事選出馬について、シルヴェスタ・スタローンは「危険海域だと思うよ。個人的には、俳優は俳優のままでいるべきだと思う。でも彼はそういう野心をずっと抱いてきたのだから、いい結果が出せるんじゃないかな」と語ったようだ。
ローレンス・フィッシュバーンの監督・脚本による、ベストセラー小説「アルケミスト-夢を旅した少年」("The Alchemist")の映画化は、ジェレミー・アイアンズとマドンナが共演するらしい。原作者のパウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)は「1993年以来、いくつもの脚本を拒絶してきた。読んで気に入ったのはフィッシュバーンの脚本が初めてだった」と語ったようだ。
コリン・ファレルは、主演映画"Intermission"のサントラで、The Crushの"I Fought The Law"を歌っているらしい。
来月2日に開幕する第39回シカゴ国際映画祭で、ロバート・ベントン監督、ニコール・キッドマン、アンソニー・ホプキンス共演の"The Human Stain"がオープニング上映されることが決まったようだ。
先日開催されたMTV Video Music Awardsで、マドンナ、ブリトニー・スピアーズとの共演が噂されていたものの、結局欠席したジェニファー・ロペスについて、広報担当者は"Shall We Dance?"の撮影のためだったと説明したようだ。
LucasArts社は先月27日、オンラインゲーム"Star Wars Galaxies"の会員数が2ヶ月間で27万5000人を突破したと発表したようだ 。
「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")がヴェネチア国際映画祭で無料上映されたらしい。ロバート・ロドリゲス監督、サルマ・ハエックらも出席したようだ。
米サマーシーズンの映画興行収入は「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")、「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty")、「X-MEN2」("X2: X-Men United")の5作品が2億ドルを突破、全体では昨年同期を2%上回る38億7000万ドルの興収を記録したようだ。
井坂聡長監督「ミスター・ルーキー」(2002年)のDVDが、「ミスター・ルーキー 限定プレミアムパック2003 猛虎ファン男泣き胴上げバージョン」として26日に再販されるようだ。復刻版タイガース・ユニフォーム風Tシャツが特典に付くらしい。
  9/2
「嵐を呼ぶ男」(井上梅次監督,1957年)にも出演した、ジャズ歌手の笈田敏夫さんが2日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「トゥームレイダー2」("Lara Croft And The Cradle Of Life: Tomb Raider 2")プロモーションのためアンジェリーナ・ジョリーが来日、1日記者会見を行ったようだ。
「土俗の乱声」(1991年)、「恨 芸能曼荼羅」(1996年)などを手掛ける記録映画監督の前田憲二は、今月韓国の慶州で開かれるシンポジウムに出席し、日本の渡来文化について発表するようだ。
1日の映画の日、都内映画館の7館で偽1万円札が見つかったらしい。
文化庁などが後押しする、映画撮影や舞台での子役の出演時間を午後10時まで延長する構造改革特区構想について、厚生労働省は「年少者の保護の観点から不適当」として反対している模様。
Westerns Channelは、サム・ペキンパー監督の作品や私生活を本人や家族のインタビューなどを通して描くドキュメンタリー番組を制作するらしい。ビリー・ボブ・ソーントン、ロジャー・イーバート、ハリー・ディーン・スタントンらとのインタビューも含まれるとか。
IFC Filmsは、登山家ジョー・シンプソン(Joe Simpson)の1988年のベストセラーをもとに、アンデス山脈での遭難事故を描いたケヴィン・マクドナルド監督のドキュメンタリー映画"Touching the Void"の、北米配給権を獲得したようだ。
コロラド州で開催されていた第30回テルライド映画祭(Telluride Film Festival)が1日閉幕し、スー・ブルックス監督"Japanese Story"に主演したトニ・コレットらが表彰されたようだ。
Lakeshore Entertainmentが製作する、ピュリッツァー賞受賞作家フィリップ・ロス(Philip Roth)の小説"The Dying Animal"の映画化で、Miramax Filmsが北米配給権を獲得する模様。監督、キャストは未定で、12月か来年1月に撮影が始まるらしい。
北米を除く海外週末興収は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が35ヶ国で合わせて2050万ドルを記録、総興収は1億4000万に達した模様。
1970年代のアルゼンチン軍事政権下のブエノスアイレスを舞台に描く、クリストファー・ハンプトン監督、アントニオ・バンデラス主演の"Imagining Argentina"がヴェネチア国際映画祭で上映され、ブーイングが飛んだらしい。共演したエマ・トンプソンは「否定的な反応には驚いていません。この作品はドキュメンタリーではなく詩なのです。それが、このテーマに対する私達の選んだアプローチなのです」と語ったようだ。
「ハリウッド的殺人事件」("Hollywood Homicide")プロモーションのためベルリンを訪れたハリソン・フォードは「私生活の質問は答えない。世界中のどの国でも、有名人の私生活を書いた記事に真実はない」と語ったようだ。またチャールズ・ブロンソンの死について「僕は映画ファンじゃないからあまり映画館には行かないんだ。彼の作品は僕の好みじゃなかったし」と答えたらしい。
ピアース・ブロスナンが、ある企業に対し"piercebrosnan.com"の商用サイトへのリダイレクトを止めるよう求めていた問題で、国連の世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)はブロスナン側の主張を認めたようだ。
オスカー候補作約30作品を含む60を越える作品を手掛け、現在も新作"Alexander the Great"を製作中の、イタリア出身の映画プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティス(Dino De Laurentiis)が1日、ヴェネチア国際映画祭で功労賞を受賞したようだ。
1日のLabor Dayを含む4日間の全米週末興収は、フランシス・フォード・コッポラ製作のホラー・シリーズ第2作"Jeepers Creepers 2"が、前作の1580万ドルを越える1850万ドルで初登場1位を記録したようだ。一方、2週連続1位を記録していた「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")は810万ドルで7位にまで転落した模様。
マドンナやロザンヌ・バー、ブリタニー・マーフィらも傾倒しているユダヤ教神秘主義の秘儀Kabbalahに、アシュトン・カッチャーも興味を示しているらしい。先日、ハリウッドのKabbalahセンターをデミ・ムーアと訪れ、神の名を表すヘブライ文字が描かれた78ドルのポスターを購入したとか。
新作"Abjad"(The First Letter)がヴェネチア国際映画祭で上映されるアボルファズル・ジャリリ監督は、イラン政府から出国許可が下りず、映画祭に出席することが出来なくなった模様。イスラムの少年がユダヤの少女に恋をするという内容に対し、イラン政府が妨害した、とプロデューサーは語ったようだ。
ヴィクトリア・ベッカムがセレブ達と対談するTVショーが英国で企画中らしい。
クリストファー・ノーラン監督による「バットマン5」の主演候補に、英国俳優のヒュー・ダンシーが挙がっているらしい。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は、公開39日で興収120億円、観客動員数900万人を越えた模様。
  9/3
ヤン・デ・ボン監督「トゥームレイダー2」("Lara Croft And The Cradle Of Life: Tomb Raider 2")のチャリティ試写会が2日都内で行われ、皇太子ご夫妻も出席、プロモーションのため来日中のアンジェリーナ・ジョリーと対面したようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で2日、北野武監督「座頭市」が上映され、喝采を浴びたようだ。
「ロボコン」の古厩智之監督と長澤まさみは2日、山口県周南市役所で行われた記者会見に出席したようだ。
SARSの影響で公開が延期されていた、フー・ピン監督、チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ、中井貴一共演の新作「天地英雄」が、23日から中国で公開されるようだ。米アカデミー賞出品候補にも挙がっているらしい。
あいち国際女性映画祭が3日、名古屋市のウィルあいちで開幕したようだ。
仏メディア大手Vivendi Universalは、娯楽事業部門売却交渉について、米NBCを単独の交渉相手に決めたと発表した模様。
独Stern誌のインタビューに答えたジョニー・デップは「アメリカは、みんなを噛んで傷つける大きな牙を持った愚かな子犬みたいだ。"フレンチフライ"を"フリーダムフライ"と呼んだ時には我を忘れたよ。政府の権力者が自らの愚かさを露呈したんだから」と語ったようだ。
9日スタートの、ウーピー・ゴールドバーグ主演による米NBCのシチュエーション・コメディ"Whoopi"は、キワドイ登場人物達が次々登場、ウーピーの毒舌も炸裂するらしい。
来年2月に開催されるベルリン国際映画祭では、13歳から17歳の子供達を対象とした作品を上映する部門を新設するようだ。ルーカス・ムーディソン監督「ショー・ミー・ラヴ」("Fucking Amal",1998年)や現在米国公開中のキャサリン・ハードウィック監督"Thirteen"のような作品が対象となるらしい。
Columbia Pictures製作の新作アクション"The Last Apostle"に、ポール・ウォーカーの主演が決まったようだ。「マトリックス」と「クロウ」を合わせたような作品になるとか。
米ABCのTVシリーズ"Dragnet"(2003年-)に出演しているロセリン・サンチェス(Roselyn Sanchez)は、ニック・キャノン、ショーン・アシュモア共演の新作学園コメディ"The Underclassman"に出演するらしい。
クリストファー・ノーラン監督による「バットマン」の主演を決める3日間のテストが、まもなくスタートするらしい。ジェイク・ギレンホール、クリスチャン・ベイル、ジョシュア・ジャクソン、キリアン・マーフィ、ヘンリー・カヴィル、イオン・ベイリー(Eion Bailey)ら若手ホープが集結するようだ。
ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、アンジェリカ・ヒューストン、ジェフ・ゴールドブラム、ピーター・ストーメアらが共演する、ウェス・アンダーソン監督の次回作"The Life Aquatic"に、ウィレム・デフォーとケイト・ブランシェットも出演するらしい。
映画配信サービスMovielinkは3日、閲覧ソフトの新しいバージョンMovielink 2.0を発表した模様。以前のバージョンでは1回鑑賞するとデータが削除されてしまい、一度に全編を見る必要があったが、新しいバージョンでは30日以内なら再度ダウンロードすることなく何度も借りることが可能になり、また途中で止めて後から鑑賞を続けられるレジューム機能も備わったようだ。
イタリアの高級別荘地に滞在中のジョージ・クルーニーは、マスコミの目がうるさく、なかなかデートが出来なくて辛い思いをしているらしい。最近ではカメラ付き携帯電話にも悩まされているとか。Vanity Fair誌のインタビューに答えた彼は「食事をしていたら女の子が僕のテーブルに来て『キスしてもいい?』と言って僕にキスしたんだけど、家に帰ったらその時の写真がもうTVに出てる。気が狂いそうになるよ」と語ったようだ。
アル・パチーノ主演「スカーフェイス」("Scarface",1983年)が、公開20周年記念とDVD発売プロモーションをかねて米国で限定上映されるらしい。
米FOXテレビは、National Asian American Telecommunications Associationなどの抗議で放送を取りやめていた、中国人探偵チャーリー・チャン(Charlie Chan)が主人公の1930年代のTV映画シリーズのうち4作品を、今月13日から放送するらしい。FOXが持つ放送権が今月末で切れるための決定で、ジョージ・タケイの司会で有識者らを集めた人種差別問題に関するパネル討論会も併せて放送されるようだ。
英ITNの発表によると、最も有名なニュース映像の1位には、ニール・アームストロング船長による月面歩行(1969年)が選ばれたらしい。以下、ケネディ大統領暗殺(1963年)、9.11テロ(2001年)、ダイアナ元皇太子妃の葬儀(1997年)、サッカーW杯を掲げる英国主将ボビー・ムーア(1966年)、ロンドンのイラン大使館包囲(1980年)、マーティン・ルーサー・キングの"I have a dream"演説(1963年)、サッチャー元首相の辞職(1990年)、飛行船ヒンデンブルク号の事故(1937年)、ミュンヘン・オリンピック虐殺事件(1972年)と続いたようだ。
リドリー・スコット監督、ニコラス・ケイジ主演の新作「マッチスティック・メン」("Matchstick Men")が、ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、好評だったようだ。
英国週末興収は、公開4週目の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が376万ポンドで1位に返り咲き、2週連続1位を記録した"American Wedding"は2位となったようだ。また、全米1位の"Jeepers Creepers 2"は初登場3位となった模様。
オリヴァー・ストーン監督"Alexander"で、コリン・ファレル演じる主人公のゲイの恋人役にブラッド・ピットがオファーされたものの、イメージが傷つくとジェニファー・アニストンが反対したため断っていたようだ。ジャレッド・レトがその役を演じているらしい。
新作"Le Divorce"が上映されたヴェネチア国際映画祭での記者会見中、イタリア人ジャーナリストがケイト・ハドソンとナオミ・ワッツをデートに誘ったところ、ハドソンは「妊娠中の女性とのデートがお好きなら」、ワッツは「母親同伴よ」とあしらわれたらしい。そのジャーナリストが食事とおしゃべりがしたかっただけと自己弁護すると、ハドソンは「イタリア人の手口はお見通しよ」と答えたとか。
草なぎ剛は、新作映画「The Hotel Venus/ホテル・ビーナス」に主演することが決まったようだ。全編韓国語で製作され、草なぎ扮するチョナン・カンの誕生秘話が描かれるとか。タカハタ秀太が監督を務めるらしい。
黒沢清監督、役所広司主演「ドッペルゲンガー」が、来月2日から開催される第8回釜山国際映画祭のオープニング上映作品に決まったようだ。
高山由紀子監督「娘道成寺〜蛇炎の恋〜」に主演する中村福助は「以前から自分の(『娘道成寺』を)踊る姿をフィルムに残したいと思っていた」と語ったようだ。
ジョン・セイルズ(John Sayles)監督、ダニー・ヒューストン、クリス・クーパー、ダリル・ハンナら共演の新作殺人ミステリー"Silver City"に、マリア・ベロの出演が決まったようだ。
リチャード・ドナーとスティーヴン・スピルバーグは「グーニーズ」("The Goonies",1985年)の続編を企画しているらしい。
ウェズリー・スナイプス主演による「ブレイド」シリーズ第3作"Blade: Trinity"に、クリスタナ・ローケンの出演が決まったようだ。
米20世紀FOXが手掛ける「ドラゴンボールZ」の実写映画化で、ローランド・エメリッヒが監督候補に挙がっているらしい。
スティーヴン・ソダーバーグ監督"Ocean's Twelve"に、ヴァンサン・カッセルの出演が決まった模様。
  9/4
ヴェネチア国際映画祭で上映された北野武監督「座頭市」について、ベルナルド・ベルトルッチ監督は「今回の作品が今までの中で1番いい」とコメントしたとか。
11月発売のビデオ映画「カポネ 六本木錬金の帝王」の製作発表が3日都内で行われ、山城新伍、梅宮辰夫、松方弘樹、丹波哲郎らが出席したようだ。1日発売となった第1弾「ファミリー」は既に2万本が売れたとか。
ヴェネチア国際映画祭で3日、北野武監督に「オープン2003特別賞」が授与されたようだ。
日本演劇興行協会などが、映画撮影や舞台への13歳未満の子役の出演を午後10時まで延長する"子役特区"(モーニング娘。特区)を提案していた問題で、坂口厚生労働相と鴻池特区担当相が3日会談を行い、全国一律に午後9時まで延長されることが決まったようだ。
20回目を迎える古湯映画祭が、20日から佐賀県富士町で開催されるようだ。「水の旅人 侍KIDS」(大林宣彦監督,1993年)など14本が上映されるほか、篠田正浩、大林宣彦らが参加するシンポジウムも行われるらしい。
仏国立映画センター(Center National de la Cinematographie)は、オリヴァー・ストーン監督による総製作費1億9600万ドルの歴史超大作"Alexander"への資金提供を決定した模様。
米Columbia Picturesは、マックジー監督との契約を3年間延長したようだ。
先月26日米国でリリースされた「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")の、5日間のレンタル収入は2289万ドルに達した模様。
米Sony Picturesは、キューバ・グッディングJr.主演の実話をもとにしたドラマ"Radio"の公開日を、当初予定の11月21日から10月24日に前倒ししたようだ。また、ロン・ハワード監督、トミー・リー・ジョーンズ、ケイト・ブランシェット共演の西部劇"The Missing"についても、12月10日限定公開の予定を、11月19日限定公開、同月26日全米公開に前倒しした模様。
映画「ハリー・ポッター」シリーズにホグワーツ急行として登場した蒸気機関車に、何者かが落書きをしたらしい。修復には3000ポンドの費用が必要とか。 [☆けしからん奴だ(怒)]
米Paramount Classicsは、間もなくフランスで公開となるギヨーム・カネ、マリオン・コティヤール共演の新作"Jeux d'Enfants"("Love Me If You Dare")の北米配給権獲得に向けて最終交渉に入ったようだ。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)に続いてジョス・ウェドン(Joss Whedon)が手掛けた、SFアクション・シリーズ"Firefly"(2002-2003年)の映画化が決定した模様。ウェドンの監督デビュー作となるようだ。
ラッキー・マッキー(Lucky McKee)監督によるサイコ・ホラー"The Woods"に、アグネス・ブルックナーとパトリシア・クラークソンの出演が決まった模様。M・ナイト・シャマラン監督の同名作品とは全く無関係とか。
マイケル・マン監督、トム・クルーズ主演の新作スリラー"Collateral"で、ジェイダ・ピンケット・スミスが出演交渉中らしい。
米CATV局Comedy Centralは、大ヒットアニメシリーズ「サウスパーク」("South Park",1997年-)の再放送権を獲得した模様。
19日に開幕するハンブルク映画祭で、ミヒャエル・ハネケ監督最新作"The Time Of The Wolf"に主演するイザベル・ユペールに、ダグラス・サーク賞(Douglas Sirk Prize)が授与されることが決まったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は3日、アカデミー賞候補作についての発言や評論記事、広告などに関するガイドラインをまとめた小冊子を会員に配布したらしい。罰則規定はないようだ。
カリフォルニア州立大学を遊説で訪れていたアーノルド・シュワルツェネッガーに、何者かが生卵をぶつけたらしい。上着を脱いで学生らを前に演説を行った後、記者達に「ベーコンも欲しいね」と語り笑い飛ばしたとか。
新作"The Tulse Luper Suitcases: Antwerp"がヴェネチア国際映画祭で上映されたピーター・グリーナウェイ監督は「居間にリモコンが出現した1983年に、映画は死んだ。私は物語に基づく映画という概念から離れようとしている。今の世代のキーワードは"ブラウズ(=拾い読み)"すなわち、好きなところから入り、好きなところで去ることが出来るということだ」と語ったようだ。
コーエン兄弟の新作ロマンチック・コメディ"Intolerable Cruelty"が、ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、主演のジョージ・クルーニーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが会場を訪れたようだ。
Us Weekly誌などは、ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが今月14日にサンタバーバラ近くで結婚式を挙げる、と報じたようだ。 [☆ハワイじゃないの?]
アンソニー・ミンゲラ監督の新作"Cold Mountain"について、主演のニコール・キッドマンは「私達の映画は他の作品とは大きく異なるのでは、と思いました。これはラヴ・ストーリーですが、複雑で痛みを伴うラヴ・ストーリーです。誰もが勝者となるラヴ・ストーリーではありません」と語ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは、キャメロン・ディアスのために、フランク・シナトラやサム・クックのラヴ・ソングを歌ったテープをプレゼントしたらしい。
「マンダム」のCMソング「男の世界」が収録されたコンピレーションアルバム「beautiful-彩美曲」に、チャールズ・ブロンソンの死後注文が殺到、品切れ状態らしい。
「スター・トレック・ネメシス」("Star Trek: Nemesis",2002年)のDVD発売を記念した、エンタープライズ号型バイクがネットオークションに出品されているとか。4日からは渋谷の電力館で展示されるらしい。
ユマ・サーマンとイーサン・ホークが別居するらしい。
先月30日ホノルルで誕生日を迎えたキャメロン・ディアスは、サーフィン中に鼻を折ってしまったらしい。「私は元気。でもサーフィンに行けなくなってガッカリ」とコメントしたようだ。
30日開幕する第25回アスペン映画祭では、ジョン・セイルズ監督、ダリル・ハンナ主演の"Casa de Los Babys"、ロバート・アルトマン監督、ネーヴ・キャンベル主演の"The Company"、ジャーナリストのハンター・S・トンプソンに関するドキュメンタリー"Breakfast With Hunter"などが上映されるようだ。
英イートン校の学生時代のジョージ・オーウェルが写ったフィルムが発見されたらしい。
米ABCの"20/20"でバーバラ・ウォルターズのインタビューに答えたマコーレー・カルキンは「世界中のどんな物とも、僕の経験と交換するつもりはないよ。僕は今とても幸福だし、過去を変えたいとは思わない」と語ったようだ。現在の恋人ミラ・クニス(Mila Kunis)との結婚の計画ついては「いや・・・僕らは婚約してないよ」と答えたとか。
  9/5
開催中の第27回モントリオール世界映画祭で4日、森田芳光監督「阿修羅のごとく」が上映されたようだ。
Forrester Research社は、音楽や映画の配信サービスの普及により、CDの売上は2008年までに全盛期の30%低下、DVDの売上は2005年までに8%低下する、との予想を発表したようだ。
磯村一路監督「雨鱒の川」の製作発表が4日都内で行われ、玉木宏、綾瀬はるか、中谷美紀、阿部寛らが出席したようだ。
松浦雅子監督によるweb映画「あなたへの、月」の上映会が4日都内で行われ、主演の平山あやらが舞台挨拶に立ったようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の観客動員数が公開47日目の4日、1008万9210人に達したようだ。総興収は136億2909万4260円を記録、日本興行収入歴代6位となったようだ。
茅根隆史監督による映画化も進行中の漫画「ナニワ金融道」の作者として知られる、漫画家の青木雄二さんが5日亡くなった(58歳)。ご冥福をお祈りいたします。
青原さとし監督によるドキュメンタリー映画「土徳―焼跡地に生かされて」が、6日から広島市西区の横川シネマで上映されるようだ。
アニタ・ムイは、子宮頸がんと診断されたことを明らかにしたようだ。5日香港で行われた記者会見には、ジャッキー・チェンやミシェル・ヨーらも同席したらしい。
コーエン兄弟の新作"Intolerable Cruelty"で離婚と結婚を繰り返す主人公を演じたキャサリン・ゼタ=ジョーンズは「そんな離婚を繰り返すような人にはなりたくない。私は絶対、絶対離婚しないの」と語ったとか。
米ABCは、リアリティ番組だけを対象に表彰する2時間番組を、今秋放送するようだ。一般視聴者による投票で受賞番組が決まるらしい。
シンガポールの政府諮問委員会は検閲基準の見直しを行い、深夜に限り"Sex and the City"(1998年-)の放送を認めたほか、同性愛をテーマとする映画も解禁することを決めたらしい。
タラ・リードは、米NBCが木曜ゴールデンタイムに放送するコメディドラマ"Scrubs"に出演するようだ。
チャズ・パルミンテリは、18日スペインで開幕する第51回サン・セバスチャン国際映画祭で審査委員長を務めるらしい。フェルナンド・ペレス監督"Suite Nuptial"がオープニングに、ケヴィン・コスナー監督・主演"Open Range"がクロージングに上映されるようだ。
来年1月17日に開幕する第10回スラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)は、パーク・シティとソルトレイク・シティの2ヵ所での開催となり、新たに短編映画部門などが新設されるらしい。
「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy",2002年)のクリス・ウェイツ監督は、現在開催中の第27回モントリオール世界映画祭の会場で映画を撮影しているらしい。"See This Movie"という仮題のその作品は、SNLの人気コメディアン、セス・マイヤーズ(Seth Meyers)とジェイク・バリモア(Jake Barrymore)が共演、7日の閉幕までに仮編集して映画祭で上映する予定とか。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門は、北野武監督「座頭市」、アンドレイ・ズヴャギンツェフ(Andrei Zvyagintsev)監督"The Return"、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督"21 Grams"などが最有力候補と噂されているようだ。「座頭市」は、米Miramaxの共同経営者ハーヴェイ・ウェインスタインもかなりお気に入りとか
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)は、映画界への貢献を讃えヒュー・グラントにスタンリー・キューブリック・ブリタニア賞(Stanley Kubrick Britannia Awards)を授与することを決めたようだ。11月8日に授賞式が行われるらしい。
SARSや大停電など、今年様々な災害に見舞われたトロントで4日、第28回トロント国際映画祭が開幕したようだ。
ジョニー・デップは、「アメリカは愚かな子犬のようだ」と発言したと報じられたことに対し「私はアメリカ人です。祖国を愛し大きな希望を抱いています。だからこそ私は率直に、時に批判的になります。アメリカという国が持つ自由から、大いなる恩恵を受けてきたことに、私は深く感謝しています」との声明を発表、報道が誤った引用によるものだと説明したようだ。
「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind",1939年)やTVシリーズ「名犬リンチンチン」("The Adventures of Rin Tin Tin",1954-1959年)などで知られる米俳優のランド・ブルックス(Rand Brooks)さんが1日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ザ・カップ 夢のアンテナ」("The Cup",1999年)のケンツェ・ノルブ監督による新作"Travelers & Magicians"が4日、ヴェネチア国際映画祭で上映されたようだ。
1978年3月16日に起きた赤い旅団によるアルド・モロ(Aldo Moro)イタリア元首相誘拐殺害事件を描いた、マルコ・ベロッキオ(Marco Bellocchio)監督の新作"Buongiorno, Notte"("Goodmorning, Night")が、ヴェネチア国際映画祭で上映されたようだ。
7日都内で行われる紀里谷和明監督「CASSHERN」の製作発表がネット中継されるらしい。
脚本家ザック・ヘルム(Zach Helm)と交際中のルーシー・リューは、結婚式は地味な方がいいと言っているらしい。「結婚式に時間やエネルギーを注ぎ込みたいとは思わない。ライスシャワーの中を走り抜ける私の写真に価値は感じない。もっと内面的なことなのよ」と語ったようだ。
ロバート・ロドリゲス監督「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")の日本語吹替版で、角田信朗がシルヴェスタ・スタローン、MEGUMIがサルマ・ハエックの声を担当するらしい。
昨年落馬で重傷を負い、リハビリを続けていた原田大二郎が、神山征二郎監督の新作「草の乱」で本格復帰するようだ。
ポール・W・S・アンダーソンの脚本によるサイコ・スリラー"Necropolis"を、ヴィンチェンゾ・ナタリが監督するらしい。
ヴェネチア国際映画祭で上映された"Intolerable Cruelty"の記者会見に出席したジョージ・クルーニーに、白いベールを被ったイタリアの女性記者が結婚を申し込んだらしい。クルーニーが「いいよ、おいで」と答えると、連れのカメラマンが指輪を取り出し神父に変身、女性記者と壇上に立ったクルーニーは「ついに、ついに結婚したぞ!」と叫んだとか。女性記者にキスをし、お祝いのワインを一口飲んだ後、彼はこう言ったようだ。「次の質問は?」
「恐竜100万年」("One Million Years B.C.",1966年)や「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde",2001年)にも出演している女優のラクエル・ウェルチ(Raquel Welch)は、先月30日ロサンゼルスで交通事故を起こし、腕を骨折するなどの重傷を負っていたようだ。
中田秀夫監督のハリウッドデビュー作"True Believers"は、マーク・ウォールバーグが主演するらしい。
  9/6
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!」の試写会が、舞台となった高知市で開催され、西田敏行が舞台挨拶に立ったようだ。
ヴェネチア国際映画祭で上映されたペンエーグ・ラッタナルアーン監督「ラスト・ライフ・イン・ザ・ユニバース」("Last Life in the Universe")の浅野忠信が、コントロコレンテ部門で主演男優賞を獲得した模様。
「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")の前売り鑑賞券は、フレディ券とジェイソン券の2種類が発売、売り上げ枚数の多い方にだけ初日プレゼントがあるらしい。 [☆とりあえず僕はフレディ券を買いました(^^;]
新作「座頭市」が出品されたヴェネチア国際映画祭に出席していた北野武監督が5日帰国したようだ。
カンヌ映画祭で脚本賞と女優賞を獲得したカナダのドゥニ・アルカン(Denys Arcand)監督の作品"Les Invasions barbares - le declin continue"("The Barbarian Invasions")が、トロント国際映画祭で上映されたようだ。アメリカ的物質文明を批判した同作品の米国公開が既に決まっていることについてアルカン監督は「私は知的な人々のために映画を作り、努力しています。そこにも多くの知性ある人々がいることにいつも驚かされます。それ以外の人々は『ジム・キャリーはMr.ダマー』("Dumb and Dumber",1994年)をどうぞ」と語ったとか。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、ナオミ・ワッツ共演"21 Grams"がヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、注目を集めたようだ。
「フル・モンティ」("The Full Monty",1997年)のサイモン・ボーフォイ(Simon Beaufoy)脚本による新作"This Is Not a Love Song"が、5日から公式サイト上でプレミア上映されているらしい。"世界初のe-プレミア"と言っているようだ。
しまね映画祭2003が開幕し、初日の5日にはジャック・ペラン監督「WATARIDORI」("Le Peuple Migrateur")の上映や、北川れい子のトークショーも行われたようだ。
グウィネス・パルトロウは、彼女を追い回すパパラッチを"パパラッチ"するために、ビデオカメラを持ち歩いているらしい。
ベン・アフレックとの結婚式の日取りが事前に漏れたことについて、ジェニファー・ロペスが激怒しているとか。ゲストや結婚式のスタッフは、法的拘束力のある秘密保持契約にサインさせられており、ロペスは情報を漏らした犯人を突き止めるよう、ウェディング・プランナーに指示したようだ。
キャメロン・ディアスは、マイアミの狭い動物園で飼育されている象のフローラを、テネシー州の自然保護区に開放するよう求める運動に参加しているらしい。
ジョニー・デップは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")でつけていた金歯をネットオークションに出品する予定とか。「初めは子供たちのためにとっておこうかと思ったけれど、嫌がるかもしれないしね。だから、Ebayに出してどんな値段が付くか見てみるつもりだよ」と語ったようだ。
ヴェネチア国際映画祭ニュー・テリトリー部門で、廣木隆一監督「ヴァイブレータ」が上演されたようだ。
東映は、田崎竜太監督「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」のエンドロールに登場するクレジット数4070を、ギネスブックに申請したらしい。エキストラで出演した3794人の名前が含まれているとか。
マーク・ウォールバーグと、モデルのレア・ダーハム(Rhea Durham)の間に第1子となる女の子が誕生した模様。しかし、同じ日に、ウォールバーグの姉が43歳の若さで亡くなってしまったようだ。
アンジェリーナ・ジョリー主演「トゥームレイダー2」("Lara Croft And The Cradle Of Life: Tomb Raider 2")について中国政府は、同国が無政府状態であるかのように描かれているなどとして、本土での上映を禁止する方針を明らかにしたようだ。
ロージー・オドネルは、11月にブロードウェイで開幕するボーイ・ジョージが手掛けたミュージカル"Taboo"でプロデューサーを務めるほか、自ら出資しているらしい。来年のトニー賞ベスト・ミュージカル部門受賞を確信しているようだ。
  9/7
6日初日を迎えた北野武監督「座頭市」の初回観客動員数は、同監督過去最高のヒット作「BROTHER」の280%を記録、初の興収10億円突破も確実となった模様。
「座頭市」が6日全国224館で初日を迎え、丸の内プラゼールでは北野武監督による舞台挨拶が行われたようだ。
井筒和幸監督「ゲロッパ!」が6日奈良県で初日を迎え、シネマデプト友楽EASTでは井筒監督による舞台挨拶が行われたようだ。地元奈良での舞台挨拶は「犬死にせしもの」(1986年)以来とか。
アーノルド・シュワルツェネッガーが立候補を表明しているカリフォルニア州知事選は、現職グレイ・デイヴィス知事のリコール成立そのものが微妙な状況となっているらしい。
韓国のサーマーシーズンは「薔花、紅蓮」「シングルス」「女子高怪談 三番目の物語:狐階段」などのヒットにより、国産映画の市場占有率は45.9%に達した模様。「マトリックス・リローデッド」「ターミネーター3」を除くハリウッド映画が低調だった一方、「ファインディング・ニモ」「シンドバッド 七つの海の冒険」「猫の恩返し」などのアニメ作品は好調だったようだ。
ニール・ヤングが、自身の同名アルバムを基に描くミュージカル・ドラマ"Greendale"が5日、トロント国際映画祭でプレミア上映されたようだ。
開催中のトロント国際映画祭でロバート・ベントン監督"The Human Stain"が上映され、主演のニコール・キッドマンとアンソニー・ホプキンスが会場を訪れたようだ。
第6回DVD Awardsが先月20日ロサンゼルスで開催され、「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring")のスペシャルエディションDVDが、最優秀オーサリング賞、最優秀ビデオ・プレゼンテーション賞など4部門を獲得したようだ。「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")は2部門の受賞だったらしい。
トロント国際映画祭で上映されたカナダの低予算映画"Emile"に主演したイアン・マッケランは、「X-Men 2」("X2: X-Men United")の撮影でカナダを訪れた時のことについて「少し罪悪感を感じていた。私はただの訪問者で、高い出演料をもらい、この美しい国でアメリカ映画を作っていた。その時の素晴らしい時間を得る権利など私にはないように思っていた」と語ったようだ。「X-Men 2」の15週間の撮影の内、マッケランの出演は15日しかなく、その合間に"Emile"に出演したらしい。
ヴェネチア国際映画祭を主催するヴェネチア・ビエンナーレ(Venice Biennale)のフランコ・ベルナベ(Franco Bernabe)会長は「もはや単なる芸術祭ではない。映画産業は、成功を得るためにヴェネチアを活用している。映画祭の成功を示す最も重要な指標は、ほぼ全ての作品の配給権が売れたということだ」と語ったようだ。
第60回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の各賞が6日発表され、「座頭市」の北野武が監督賞の銀獅子賞に選ばれた模様。また、最高賞の金獅子賞はロシアのアンドレイ・ズヴャギンツェフ(Andrei Zvyagintsev)監督の"The Return"("Vozvraschenie")に、グランプリはレバノンのランダ・チャハル・サバッグ(Randa Chahal Sabbag)監督の"The Kite" ("Le Cerf-Volant")にそれぞれ贈られたほか、"21 Grams"のショーン・ペンが主演男優賞を獲得したようだ。
「エピソードIII」のクライマックスである、アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーとなるシーンの撮影がオーストラリアのセットで行われている模様。ジョージ・ルーカスは警備を強化したようだ。
"That '70s Show"(1998年-)でアシュトン・カッチャーの恋人役を演じるシャノン・エリザベスは、デミ・ムーアがセットに見に来ることを知って、ナーバスになっているとか。「彼女が見ている前でカッチャーとのキスシーンは演じたくない。だって、彼女に許可を貰わなきゃいけないじゃない」といっているようだ。
ヘイデン・クリステンセンは、家賃を滞納したとしてハリウッド・ヒルズの邸宅から追い出されたらしい。
李相日監督「69 sixty nine」の佐世保ロケが行われ、妻夫木聡、安藤政信らが参加したようだ。
青山真治監督「月の砂漠」が6日初日を迎え、都内劇場で三上博史、とよた真帆らによる舞台挨拶が行われたようだ。
ニキ・カーロ監督「クジラの島の少女」("Whale Rider")の特別試写会が6日都内で行われ、佐藤江梨子らが出席したようだ。
トロント大学で7日世界最大の屋外ヨガ教室が行われるらしい。ロン・マン監督の新作ドキュメンタリー"Go Further"のプロモーションの一環で、主演のウディ・ハレルソンらキャストも出席、主催者側は500人から1000人の参加を見込んでいるようだ。
  9/8
7日閉幕したモントリオール世界映画祭で、東陽一監督「わたしのグランパ」がゴールデン・ゼニース部門の最優秀アジア賞を受賞したようだ。
映画協会(Motion Picture Association)は先月29日、DVD複製ソフトを開発した米321 Studiosを英高等裁判所に提訴した模様。
北野武監督「座頭市」の公開2日間の興収は5億円、観客動員数が37万人を越えた模様。
紀里谷和明監督「CASSHERN」の製作発表が7日都内で行われ、伊勢谷友介、麻生久美子、寺尾聰、樋口可南子らが出席したようだ。撮影は5日に終了、総製作費50億円規模とか。宇多田ヒカルが主題歌を手掛けるらしい。
クリスチャン・フレイ監督によるドキュメンタリー映画「戦場のフォトグラファー」("War Photographer",2001年)の公開に合わせ、同作品に出演した戦争カメラマンのジェイムズ・ナクトウェイ(James Nachtwey)が来日、公開初日の6日には東京都写真美術館で討論会が開催されたようだ。
開催中のトロント国際映画祭でカール・フランクリン監督の新作スリラー"Out of Time"が上映され、主演のデンゼル・ワシントンが会場を訪れたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、イーストロサンゼルスで7日開催されたメキシコ独立記念日の祝賀パレードに参加予定だったものの、直前に主催者側から招待を撤回されていたらしい。
Stratus Filmは、ブルース・ウィリスが主演予定のアクション"Hostage"の脚本を、Revolution Studiosがら取得した模様。ロバート・クライスの小説に基づく同脚本は、2001年にRevolution StudiosがMGMから取得していたもので、今回の製作会社の変更により、監督もポール・マクギガンからフロレント・シリ(Florent Siri)に変わったようだ。
モントリオール世界映画祭が7日閉幕し、セルビア・モンテネグロの監督ゴラン・マルコヴィッチ(Goran Markovic)の作品"Kordon"("The Cordon")に最優秀作品賞が授与されたようだ。また審査員賞にルイ・ベランジェ(Louis Belanger)監督の"Gas Bar Blues"、最優秀監督賞はに"Planta 4a"("4th floor")のアントニオ・メルセロ(Antonio Mercero)が選ばれたほか、主演女優賞には"El Polaquito"("The Little Pole")のアルゼンチンの女優マリナ・グレゼル(Marina Glezer)、主演男優賞には"Il Posto dell' Anima"("The Soul's Heaven")のイタリア人俳優シルヴィオ・オルランド(Silvio Orlando)が選出、脚本賞と国際映画批評家連盟賞は、セルビア・モンテネグロ作品の"Profesionalac"("The Professional")が受賞したらしい。森田芳光監督「阿修羅のごとく」は無冠に終わった模様。
サンダンス映画祭の"Party Monster"、カンヌ映画祭の"Dogville"と"Brown Bunny"、そしてトロント国際映画祭での"Shattered Glass"と、各国の映画祭出品作品に立て続けに出演しているクロエ・セヴィニーは「正直に言うと映画祭はあまり好きじゃないの。プレミアは好きよ。けれど、それ以外の質疑とかパネル討論会とかは、不安で眠れなくなるのよ。共演者や監督の前で話すなんて恐ろしくて。映画祭で眠れたことはないわ」と語ったようだ。
トロント大学で7日屋外ヨガ教室が開催され、約1000人の一般参加者と共に、新作プロモーションでトロント国際映画祭を訪れているウディ・ハレルソンやデンゼル・ワシントンらが、2時間のヨガ指導を受けたようだ。
全米週末興収は、デヴィッド・スペイド主演のコメディ"Dickie Roberts: Former Child Star"が700万ドルで初登場1位となった模様。ブライアン・ヘルゲランド監督、ヒース・レジャー主演のホラー"The Order"も431万ドルで6位と低調なスタートとなったようだ。
独Spiegel誌のインタビューに答えたハリソン・フォードは「アメリカ映画で悪役が中心人物になることはないが、ヒーローと同等に描かれることはある。悪役のオファーを受けたことはないが、思いっきり演じられるから、きっと楽しいだろうね。」と語ったようだ。
マンディ・ムーアの元恋人のウィルマー・ヴァルデラマ(Wilmer Valderrama)は、現在ロザリオ・ドーソンと交際中らしい。
米国で起きた雑誌記事捏造事件をもとに描いた、ビリー・レイ監督、ヘイデン・クリステンセン主演の新作"Shattered Glass"について、実際に記事捏造を見破った雑誌編集長のチャック・レイン(Chuck Lane)氏は「この映画に描かれていることと実際に起こったことの違いについて説明したら、丸一日かかるよ。重要なのは、物語の基本的な描写が公正なものであるということだ。これは一つの解釈であって、ドキュメンタリーではない」と語ったようだ。
米CBSは、「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)の第2のスピンオフを企画している模様。来年秋から放送を予定しているらしい。
United Talent Agencyのジョシュ・クラインは、現在Endeavorに所属するマーク・ウォールバーグを自社に勧誘したところ、ボクシングの試合で勝ったら、という条件を提示されたらしい。クラインは、ウォールバーグの自宅にあるリングで試合に挑み3回でKOされたものの、ウォールバーグはその勇気に感動して、移籍の検討を始めたとか。
新作"Party Monster"で実在の殺人犯マイケル・アリグ(Michael Alig)を演じたマコーレー・カルキンは、役作りのため実際に刑務所を訪れアリグと面会したらしい。
嵐が主演した堤幸彦監督「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」の続編製作が発表されたらしい。タイトルは「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」で、前作の5年後が舞台になるとか。
先月23日より公開中が始まった清水崇監督「呪怨2」は、公開1週間で興収3億円を記録した模様。韓国でも5日から公開が始まり、清水監督と主演の酒井法子が舞台挨拶に立ったようだ。サム・ライミ製作によるハリウッド版リメイクも年内に撮影に入る予定とか。
「ジーパーズ・クリーパーズ」シリーズのヴィクター・サルヴァ監督次回作は、小さな町の2人のウェイトレスを主人公にしたインディ作品"Deluxe Combo Platter"になる模様。ジェニファー・ティリーとレイチェル・ロバーツが共演するようだ。
ビリー・ボブ・ソーントンは、左腕の「アンジェリーナ」のタトゥを消したようだ。
アルフォンソ・クアロンの弟カルロス・クアロンが、メキシコのサッカーチームを描く新作"GOAL!"で長編監督デビューするらしい。ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナが共演するようだ。
  9/9
「座頭市」の配給権獲得に向けて、ハリウッドの大手映画スタジオなども動き出しているらしい。北野武監督は来月欧州を訪れてマスコミの取材を受ける予定とか。
劇団四季ミュージカル「ライオン・キング」の制作10周年記念イベント公演が8日都内で行われ、田中麗奈がゲスト参加したようだ。アニメーション版とミュージカルを交互に上演したらしい。
ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を獲得した北野武の記者会見が8日、都内で行われたようだ。
「意志の勝利」("Triumph of the Will",1934年)、「民族の祭典」("Olympia",1938年)などの作品で知られるほか、新作「ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海」("Impressionen unter Wasser",2002年)が日本でも公開中の、ドイツの女性映画監督レニ・リーフェンシュタール(Leni Riefenstahl)さんが8日亡くなった(101歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ハン・ソッキュは、彼の兄が代表を務める映画製作会社の新作アクション・スリラー「塩の人形」にノーギャラで出演することを決めたようだ。
スティーヴン・ブリル監督、マシュー・リラード、セス・グリーン共演の新作コメディ"Without a Paddle"に、"In-Laws"(2002-2003年)のボニー・サマーヴィル(Bonnie Somerville)が出演する模様。また、「ジョンQ -最後の決断-」("John Q",2002年)のイーサン・サプリー、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)のエイブラハム・ベンルビの出演も決まったようだ。
北米を除く海外週末興収は、39カ国5198スクリーンで上映中の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が3850万ドルを記録、総興収は1億8990万ドルに達し、2億ドル突破が確実となったようだ。
ニック・キャノン、ショーン・アシュモア共演の新作学園コメディ"The Underclassman"に、チーチ・マリンの出演が決まったようだ。
ウェズリー・スナイプス主演の「ブレイド」シリーズ第3作"Blade: Trinity"で、ドミニク・パーセルが出演契約にサインした模様。今月からバンクーバーで撮影が始まるらしい。
29日からオーランドでスタートするShowEastで、ロバート・ロドリゲス監督に優秀映画製作賞が授与されるようだ。
リチャード・リンクレイター監督次回作は、1980年代のテキサス大学を舞台にした作品になるようだ。1970年代のテキサスの高校を舞台にした同監督の"Dazed and Confused"(1993年)と似たタッチの作品になるらしい。「恋人までの距離」("Before Sunrise",1995年)続編製作終了後の2004年中ごろに撮影を始める模様。
ジョン・タートルトーブ監督、ニコラス・ケイジ主演の新作"National Treasure"で、"Gigli"に出演したジャスティン・バーサ(Justin Bartha)の出演が決まったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)が会員に配布したガイドラインには、次のようなことが書かれているらしい。
○投票者の第一の義務は、評価の高い作品を出来るだけ多く、理想的には劇場で観る事です。
○会員は、知識がないと感じたり、ずべての作品を見ていない部門に投票してはいけません。
○会員は、「アカデミー賞シーズン中の言論の自由を自粛」しなくてはなりません。特集記事の執筆や、編集者への手紙、広告への宣伝文、TVインタビュー、Webへの映画評の投稿などは控えてください。
○会員は、映画製作者によるキャンペーンを無視してください。
○もしオスカー・パーティに招かれたら「ほとんどのゲストが主催者の知り合いか?」「主催者がそのパーティの出資者か?」「映画スタジオや製作会社が資金を提供しているか?」といったことを自問してください。答えが「イエス」なら倫理的危険水域です。
TVシリーズ"Xena: Warrior Princess"(1995-2001年)に主演したルーシー・ロウレス(Lucy Lawless)は、米WBで来月スタートの新シリーズ"Tarzan"に出演するようだ。
ベネズエラでも、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の海賊版翻訳本が出回っているらしい。所々、翻訳できずに英文のままになっているとか。
米玩具メーカーのWham-O社は、デヴィッド・スペイド主演の新作コメディ"Dickie Roberts: Former Child Star"に、同社の玩具が無許可で使用されたとして、Paramount Picturesの親会社のViacomなどに対し訴訟を起こしたようだ
アーノルド・シュワルツェネッガーが1969年から5年間交際していた女性が、回想録"Surviving Arnold"を執筆中らしい。
トロント国際映画祭で上映された、アイルランドの女性ジャーナリストの実話を基に描いた新作"Veronica Guerin"について、主演のケイト・ブランシェットは「どう呼吸をし、どう言葉を選ぶのかが、その人の内面を浮き彫りにします。彼女は驚くほど複雑で並外れた人物だったので、演じる上でそのことはとても重要でした。でも私は女優であって模倣者ではありません。結局私は、この映画が真実だと思うのはおかしいと気づきました。それは空想的なものであって、舞台でも映画でも、実在の人物のように観客に信じさせることが、俳優の仕事なのですから」と語ったようだ。
米Walt Disneyは、開封後48時間で使用できなくなる使い捨てDVDソフトのテスト販売を、9日から米国4都市のコンビニや薬局などでスタートさせるようだ。
開催中のトロント国際映画祭で8日、ロバート・アルトマン監督の新作"The Company"がプレミア上映されたようだ。
8日トンドンで行われるデヴィッド・ボウイのスタジオ・ライヴが、英国内5館を含む欧州22館の映画館で同時中継されるほか、ニューヨークや東京、シドニー、ワルシャワ、トロントなど各国の映画館でも9日に上映されるらしい。
ユアン・マクレガーは、英国空軍のパイロットを務める兄コリン・マクレガーについて「兄に比べたら僕は女の子みたいだよ。2人の職業を比べることは出来ないけど、彼の職業は男性的で、彼に合っている。それに引き換え、僕は生活のためにメイクをしているんだ」と語ったようだ。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のスピンオフ"Angel"(1999年-)に、バフィー役のサラ・ミシェル・ゲラーが特別出演するらしい。
新作"Human Stain"でアンソニー・ホプキンス(65歳)と共演したニコール・キッドマンは「男女の間に年齢差が関係すると思ったことは一度もありません。この映画の中でアンソニー・ホプキンスは私に『これは初恋でも、偉大な愛でもないが、私の最後の恋なんだ』と語ります。こういう女性を演じられたことを私は誇りに思います」と語ったようだ。
「フェリーニの8 1/2」("Otto E Mezzo",1963年)を元にした大ヒットブロードウェイ・ミュージカル"Nine"で、ジェイン・クラコウスキー(Jane Krakowski)とアントニオ・バンデラスは来月5日で降板、代わってジェナ・エルフマンとジョン・ステイモスが舞台に立つようだ。
今月23日愛知芸術文化センターで、「とびだせ!東映特撮映画村!!」と題したイベントが行われるようだ。「恐竜・怪鳥の伝説」(倉田準二監督,1977年)、「飛び出す冒険映画 赤影」(倉田準二監督,1969年)の上映のほか、金子吉延らによるトークイベントも開催されるらしい。
磯村一路監督「雨鱒の川」が北海道でクランクインし、中谷美紀らが参加したようだ。
ジョニー・デップは、シャルロット・ゲンズブール、エマニュエル・セニエ共演のフランス映画"Ils Se Marierent Et Eurent Beaucoup D'Enfants"にカメオ出演するらしい。
第2次大戦中に活躍した実在の手品師、ジャスパー・マスケリンを描く、トム・クルーズ主演の新作"The War Magician"は、ピーター・ウィアーが監督を務めるらしい。
シェイクスピアの戯曲「マクベス」("Macbeth")が、トッド・ルイーゾの監督で映画化されるらしい。フィリップ・シーモア・ホフマンが主演するようだ。
M・ナイト・シャマラン監督最新作"The Woods"は、ルーシー・マッキー(Lucy McKee)監督によるサイコ・ホラー"The Woods"が先に登録されていたため、タイトルを変更するようだ。
米Cartoon Networkで11月スタートのアニメシリーズ"Star Wars: Clone Wars"が、日本でも11月10日からカートゥーンネットワークで放送されるようだ。
英タブロイド紙のSunは、「ハリー・ポッター」シリーズ第6巻のタイトルは"Harry Potter and the Mudblood Revolt"、第7巻は"Harry Potter and the Quest of the Centaur"になると報じた模様。二つのタイトルが最近商標登録されたらしい。 [☆ちなみに"Harry Potter and the Alchemist's Cell"、"Harry Potter and the Chariots of Light"、"Harry Potter and the Pyramids of Furmat"も商標登録されてますが、使われてません。]
先日有罪判決の下ったトム・サイズモアは、元アシスタントから嫌がらせと性的暴行で再び告訴されたようだ。
「戦場のピアニスト」("The Pianist",2002年)で獲得したアカデミー賞監督賞のオスカー像が7日、第29回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)の審査員長を務めるハリソン・フォードからロマン・ポランスキー監督に渡されたようだ。
  9/10
来月2日開幕する第8回釜山国際映画祭で、井筒和幸監督「ゲロッパ!」が招待作品として上映されるようだ。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」には、中島美嘉と市原隼人のキスシーンもあるとか。
ジョニー・トー監督「向左走向右走」の初回上映セレモニーが香港で開催され、主演の金城武とジジ・リョンが出席したようだ。
2002年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたジョージ・ハリスン追悼コンサートの模様を記録したドキュメンタリー映画"Concert for George"が、来月3日から米国で公開されるらしい。デヴィッド・リーランドが監督を務めたようだ。
「トゥモロー・ネバー・ダイ」("Tomorrow Never Dies",1997年)にボンド・ガールとして出演した後、リバプールの聖マルコ教会(St. Mark's Church)の助祭となったシャノン・レッドベター(Shannon Ledbetter)が、24日にマンチェスターで開催される聖職者向けファッションショーに出演するらしい。
先月ユニセフ親善大使としてコンゴ民主共和国を訪れたジェシカ・ラングは9日のインタビューの中で、民族抗争が続く同国で多くの女性が性的虐待を受けている実態を厳しく非難したようだ。
トロント国際映画祭で9日、2006年にオープンする新しい映画祭本部の詳細が発表された模様。総床面積14000平方メートルのフェスティバル・センターはに4スクリーン1300席の劇場が収容されるようだ。トロント出身のアイヴァン・ライトマンも開発に参加するらしい。
開催中のトロント国際映画祭では、配給権獲得交渉が続々と成立している模様。米United Artistsはジム・ジャームッシュ監督の短編シリーズ"Coffee and Cigarettes"、Sony Pictures Classicsはキム・ギドク監督「春夏秋冬そして春」("Spring Summer Fall Winter ... and Spring")、Newmarket Filmsは「しあわせな孤独」("Open Hearts")を手掛けたデンマークの監督アンダース・トーマス・ジェンセン(Anders Thomas Jensen)によるブラックコメディ"The Green Butchers"をそれぞれ獲得したらしい。
エイドリアン・ブロディが主演する、ジョン・メイバリー監督のSFサスペンス"The Jacket"で、キーラ・ナイトレイが出演交渉中のようだ。
アンドリュー・ウィルソン、ルーク・ウィルソン共同監督による新作"The Wendell Baker Story"で、エヴァ・メンデス、エディ・グリフィン、ウィル・フェレル、クリス・クリストファーソン、ヤコブ・ヴァーガス、シーモア・カッセル、ハリー・ディーン・スタントンらが共演するようだ。
新作コメディ"Dickie Roberts: Former Child Star"に主演したデヴィッド・スペイドは、アダム・サンドラーらが製作を務めるクリスマスをテーマにしたタイトル未定の新作コメディへの主演が決まったようだ。
米連邦通信委員会(FCC:Federal Communications Commission)は9日、過激なトークで知られるハワード・スターンのラジオ番組やTVショーをニュース番組と認定した模様。選挙候補者の地方TV局への出演時間は均等に与えなければならないとするFCCの規定では、ニュース番組は例外とされており、この認定によりカリフォルニア州知事選に立候補しているアーノルド・シュワルツェネッガーやポルノ女優メアリー・キャリーの出演が可能になったようだ。
開催中のトロント国際映画祭で9日、ジェーン・カンピオン監督、メグ・ライアン主演のエロチック・スリラー"In the Cut"が上映されたようだ。
クライヴ・カッスラー(Clive Cussler)の人気小説をマシュー・マコノヒー主演で映画化する"Sahara"で、ペネロペ・クルスが出演交渉中のようだ。ブレック・アイズナー(Breck Eisner)が監督を務め、今秋から製作がスタートする模様。
ジョエル・シュマッカー監督によるミュージカル映画「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")に、ミランダ・リチャードソン、キアラン・ハインズ、サイモン・カロウ、ジェイムズ・フリートらの出演が決まったらしい。
英国週末興収は、公開5週目の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が150万ポンドで先週に引き続き1位を獲得、"American Wedding"が2位、"Jeepers Creepers 2"が3位、「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")が4位と続き、英国コメディ"Blackball"が37万6000ポンドで5位に入ったようだ。
12日より全米公開の、イーライ・ロス監督による低予算ホラー"Cabin Fever"は、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)並に怖いのと同時に、恐怖に駆られた主人公達の行動が笑える作品になっているとか。
2001年8月にチャーター機の事故で亡くなったアリーヤの両親は、訴訟を起こしていたセスナ機の所有者と和解したようだ。
「デュエット」("Duets",2000年)でも歌声を披露したグウィネス・パルトロウは、恋人クリス・マーティンがリード・ボーカルを務めるColdplayの新曲に、ゲストボーカルとして参加することを計画しているらしい。
ジェニファー・ロペスはベン・アフレックに、浮気をしたら全財産の半分を譲渡するという契約書にサインさせたらしい。
アシュトン・カッチャーの双子の兄弟マイケルは、脳性小児麻痺で生まれ、その後心臓病を患ったのだとか。アシュトンは「彼は本当に楽しいやつだし、ユーモアのセンスも抜群だから、映画で共演できたら楽しいだろうな」と語ったようだ。
ヒース・レジャーは、今でも有名人の前では極度に緊張してしまうらしい。「舞台裏でエルトン・ジョンが僕を落ち着かせようとしてくれたんだけど、僕は『あなたはエルトン・ジョンなんだよ!あなたが僕を緊張させているんだ!』という気持ちだった」と語ったようだ。
ジャック・ペラン監督「WATARIDORI」("Le Peuple Migrateur")のDVDとVHSの日本語吹替版で、安田成美がナレーションを担当したようだ。久世光彦が日本語版の演出と脚本を手掛けたらしい。
1990年、ふるさと創生1億円を財源に、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をスタートさせた、前夕張市長の中田鉄治さんが亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
篠原哲雄監督「昭和歌謡大全集」を6回観たという原作者の村上龍は「この映画は、ほとんど完璧だ。自分の映画化作品の中で文句なく一番だ」と絶賛しているとか。
ユアン・マクレガー、ティルダ・スウィントン共演のエロチック・スリラー"Young Adam"は、米国での検閲で2人のヌードシーンがカットされた模様。配給側はラヴ・シーンのカットも検討中とか。
オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演の歴史超大作"Alexander"で、ヴァル・キルマーの出演が決まったようだ。
ロバート・ダウニーJr.の降板が決まっていた、ウディ・アレンのタイトル未定の新作は、ウィル・フェレルが代役に決まったらしい。
スティーヴン・ブリル監督、マシュー・リラード、セス・グリーン共演の新作コメディ"Without a Paddle"に、バート・レイノルズの出演が決まった模様。
ジョン・クリーズは、モンティ・パイソンのメンバー再集結の可能性について「僕らを一つの部屋に集めるだけでも(皆忙しすぎて)とても無理だよ。冗談抜きで。3年に1度が精一杯かな」と語ったようだ。
今年5月にマット・ルブランと結婚した元モデルのメリッサ・マクナイトは、現在妊娠中のようだ。マクナイトにとっては3人目、ルブランには初めての子供で、来年3月出産予定とか。
英映画製作会社のNew Concept Development Limitedは9日、昨年10月にバリ島で起こった爆弾テロ事件を題材にした映画を製作すると発表したようだ。
  9/11
HOUND DOGの新曲「泣くなよ」のPVが、井筒和幸の監督で撮影されたようだ。
横山秀夫のベストセラー小説「半落ち」が、佐々部清監督、寺尾聰主演で映画化されるようだ。柴田恭平、原田美枝子、鶴田真由、吉岡秀隆、樹木希林らが共演、来年1月に公開されるらしい。
ロバート・ロドリゲス監督「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")の日本語吹替版収録が10日都内で行われ、MEGUMI、角田信朗らが参加したようだ。
犬童一心監督「ジョゼと虎と魚たち」の完成披露試写会が10日都内で行われ、池脇千鶴、妻夫木聡らが出席したようだ。
アンディ・ラウ、サミー・チェンと、台湾の人気アイドルグループF4のジェリー・イェンが、香港で来年正月公開予定の新作「魔幻厨房」で共演するらしい。
松島哲也監督、北村一輝主演の映画「新しい風―若き日の依田勉三」の製作発表が11日、帯広市で行われたようだ。
第60回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得した"The Return"("Vozvraschenie")のアンドレイ・ズヴャギンツェフ(Andrei Zvyagintsev)監督に対し、プーチン大統領は祝辞の電報を送ったようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")のゴア・ヴァービンスキー監督は、来月2日に開催されるShowEastの授賞式で、年間監督賞(Director of the Year)が授与されることが決まったようだ。
IFC Filmsは、カズオ・イシグロの脚本を基にしたガイ・マディン(Guy Maddin)監督の新作"The Saddest Music in the World"の米国内配給権を獲得したようだ。一方、ドイツのマルガレーテ・フォン・トロッタ(Margarethe von Trotta)監督作品"Rosenstrasse"は、Samuel Goldwyn Filmsが契約を結んだ模様。
先月26日米国でリリースされた「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")のDVDとVHSは、2週目も1523万ドルのレンタル売上を記録、先週に引き続きNo1となったようだ。
アルバート・ヒューズ監督か?とお伝えしたロバート・デ・ニーロ主演の新作スリラー"Hide & Seek"は、ジョン・ポルソンが監督を務めることになったようだ。
ラウル・ガルシア(Raul Garcia)監督によるヒスパニック系アニメーション映画"Sian Ka'an"に、ミシェル・ロドリゲス、アルフレッド・モリーナ、チーチ・マリン、プラシド・ドミンゴらが声優として参加すらしい。
デイヴ・エガーズ(Dave Eggers)の自叙伝「驚くべき天才の胸もはりさけんばかりの奮闘記」("A Heartbreaking Work of Staggering Genius")の映画化権獲得に向けて、Universal Picturesが交渉中らしい。「ボーイズ・ドント・クライ」("Boys Don't Cry",1999年)の監督キンバリー・ピアースが製作に参加する模様。
来月15日から開催されるハリウッド映画祭で、ロン・ハワードに優秀監督賞、アンソニー・ホプキンスとゴールディ・ホーンに優秀俳優賞、オーランド・ブルームとスカーレット・ヨハンソンに新人俳優賞が、それぞれ授与されるようだ。
米DreamWorks製作の新作"Date School"で、ドリュー・バリモアが主演に向けて交渉中の模様。ティム・ストーリーが降板したため、監督は現在未定とか。
スペイン皇太子賞(Principe de Asturias Prize)の今年の受賞者に、「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングが選ばれたようだ。
全米26のTV局を持つ米Tribune Broadcastingは10日、HBOの人気TVドラマ"Sex and the City"の再放送権を獲得したと発表したようだ。
ウーピー・ゴールドバーグが主演する米NBCのコメディ番組"Whoopi"が9日スタート、平均視聴者数1470万人の高視聴率を記録したようだ。
TVシリーズ「0012捕虜収容所」("Hogan's Heroes",1965-71年)などの作品で知られ、その後テキサス州立大学で演劇の教鞭をとっていた、米俳優のラリー・ホヴィス(Larry Hovis)さんが9日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ベン・アフレックとジェニファー・ロペスの結婚式が延期となったようだ。「私たちは3組の"影武者"を雇うことを真剣に考えていましたが、何かおかしいと気づきました。マスコミの過度な注目が、人生で一番幸せな日を危うくするかもしれないと考え、結婚の延期を決めました」とする共同声明を10日発表したらしい。
後にカルト・ヒット作となった「スウィート・スウィートバック」("Sweet Sweetback's Baadasssss Song",1971年)を完成させようと奮闘するメルヴィン・ヴァン・ピーブルズ監督を、息子マリオ・ヴァン・ピーブルズが演じた新作"How To Get the Man's Foot Outta Your Ass"が、トロント国際映画祭で上映されたようだ。「スウィート」には13歳当時のマリオも出演していたとか。
マンディ・ムーアの3rdアルバム「Coverage」が来月16日に発売されるようだ。70's〜80'sのポップス、ロックのカヴァー集で、初回版には40分の映像を収録したDVDが付くらしい。
オーランド・ブルームは、ブラッド・ピット主演の歴史超大作"Troy"の撮影終了後、しばらく休暇をとる計画らしい。「ただ金を稼いで映画を撮るだけでは幸せにはなれないよ。ドライブをしたり、読書をしたり、音楽を聴いたり、友達や家族と会ったりして楽しむつもりさ」と語ったようだ。
オリヴァー・ストーン監督"Alexander"撮影のためモロッコを訪れたコリン・ファレルは、用意されたホテルが豪華すぎると言って、別の安いホテルに移動していたらしい。
シェカール・カプール監督「サハラに舞う羽根」("The Four Feathers")の特別試写会が10日Zeep東京で行われ、叶美香がトークショーに出席したようだ。
「瀬戸内少年野球団」(篠田正浩監督,1984年)、「瀬戸内少年野球団・青春編/最後の楽園」(三村晴彦監督,1987年)、「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」(篠田正浩監督,1997年)の3作品がDVD BOX化されるようだ。夏目雅子の誕生日に合わせ12月17日に発売されるらしい。
来月米国で公開となるリドリー・スコット監督「エイリアン」("Alien",1979年)のディレクターズカット版では、テンポを速めるために一部のシーンを短くする一方、2つの未公開シーンを追加したようだ。
ロン・ハワードの次回作は、New York Herald Tribune紙などの記者として働いた後、CBSの特派員として第二次世界大戦を伝えた、米ジャーナリストのエリック・セヴァライド(Eric Sevareid)の半生を描く作品になる模様。
米Autograph Collector誌が発表した「気さくにサインしてくれるスター」今年の第1位はコリン・ファレルだったようだ。ベスト10は以下、ケイト・ボスワース、アーシア・アルジェント、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、リアン・ライムス、オズボーン一家、ジェシカ・アルバ、ジェニファー・ガーナー、ケリー・ヒュー、ジェシカ・シンプソン、一方ワースト10には、キャメロン・ディアス、ブルース・ウィリス、デミ・ムーア、オーランド・ブルーム、シャノン・エリザベス、ジャネット・ジャクソン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、エリック・バナ、ヒュー・ジャックマン、クリスティーナ・アギレラの名前が挙がったらしい。
  9/12
ダニー・ボイル監督「28日後...」("28 Days Later")の4分間の別エンディングが、日本公開開始から28日後となる13日からオリジナル版終了後に追加上映されるらしい。 [☆もう一回観に行くのも悔しいなぁ・・・]
塚本晋也監督のタイトル未定の新作に浅野忠信が主演するらしい。人体解剖をモチーフにした作品になるとか。
写真展「永遠の夏目雅子展」が11日、渋谷の東急本店でスタートしたようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14 お遍路大パニック」のヒット祈願が11日、巣鴨とげぬき地蔵尊で行われ、西田敏行、三國連太郎、高島礼子らが参加したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、地元有力紙Los Angeles Timesに対し「自分に否定的な記事を流しすぎる」と怒っているらしい。
カントリー・ロック・バンドWilcoの活動を追ったドキュメンタリー映画"I Am Trying to Break Your Heart"を配給したCowboy Picturesは、シンガー・ソングライターのスティーヴ・アール(Steve Earle)を追う音楽ドキュメンタリー"Just an American Boy"の配給権を獲得したようだ。
人気TVコメディ"Three's Company"(1977-1984年)でエミー賞を獲得したほか、数多くのTVドラマや「プロブレム・チャイルド」("Problem Child",1990年)、「エド・ウッドのクレイジー・ナッツ 早く起きてよ」("I Woke Up Early the Day I Died",1998年)、「スリング・ブレイド」("Sling Blade",1996年)などの作品でも活躍した、米俳優のジョン・リッター(John Ritter)さんが11日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。
グラミー賞11回受賞のカントリー・ミュージックの大御所で、「刑事コロンボ/白鳥の歌」("Columbo: Swan Song",1974年)などTVドラマや映画で俳優としても活躍した、米歌手のジョニー・キャッシュ(Johnny Cash)さんが12日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」("Good Will Hunting",1997年)などを手掛けた映画プロデューサーのローレンス・ベンダーは、国際サッカー連盟(FIFA)と提携して、ヒスパニック系選手を主人公にしたサッカー三部作"GOAL!"を製作するらしい。
Universal Studios、Paramount Pictures、MGM、20世紀FOX、Orion Picturesの各社は先月27日、「さよならゲーム」("Bull Durham",1988年)、「タイタニック」("Titanic",1997年)などの作品からセックス・シーンだけを集めたビデオシリーズ"Hollywood's Hottest"を製作したRadioactive Filmsを、著作権侵害で告訴したようだ。Radioactive Films側は「我々の作品は、映画史における性的な場面を包括的に分析し、批判的に批評するものだ」とし、違法性はないと主張しているらしい。
ジョエル・ズウィック監督、キム・ベイシンガー、ジョン・コルベット共演の新作ロマンチック・コメディ"Elvis Has Left the Building"に、デニース・リチャーズが出演するらしい。
"Like Mike"(2002年)に主演したラップ歌手バウ・ワウ(Bow Wow)の次回作は、ある日突然大統領になった少年が主人公のコメディ"Mr. Prez"になる模様。ランディ・マーシャルとエリック・ウィリアムスの2人によるファット・キャッツ(Fat Cats)が監督するようだ。
クイーン・ラティファは、ランス・リヴェラ(Lance Rivera)監督の新作"The Cookout"で共同脚本を担当するらしい。クラン・ペンダー(Quran Pender)、ジャ・ルール、イヴ、ジョナサン・シルヴァーマン、ジェニファー・ルイス、ミーガン・グッド、ティム・メドウズ、ファラ・フォーセット、ダニー・グローヴァーらが共演、ラティファもチョイ役で出演するようだ。
米国週末公開作品では、ロバート・ロドリゲス監督"Once Upon a Time in Mexico"が週末興収2000万ドル前後で初登場1位となる、と予想されているらしい。
クリストファー・ノーラン監督による新しい「バットマン」は、クリスチャン・ベイルの起用が決まった模様。
仏国立映画センター(Center National de la Cinematographie)は11日、ジャン=ポール・ラプノー(Jean-Paul Rappeneau)監督、イザベル・アジャーニ、ジェラール・ドパルデュー、ヴィルジニー・ルドワイヤン共演の新作コメディ"Bon Voyage"を、米アカデミー賞外国語映画部門に出品すると発表したようだ。
15日放送の"The Oprah Winfrey Show"に、アーノルド・シュワルツェネッガーが妻マリア・シュライヴァーと共に主演するらしい。
米People誌による今年のベスト・ドレッサーが発表され、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ジェニファー・アニストン、ハル・ベリーらが選ばれたようだ。一方、ワースト・ドレッサーにはブリトニー・スピアーズ、リル・キム、マライア・キャリーの名前が挙がったらしい。
新作"Once Upon a Time in Mexico"がまもなく全米公開となるロバート・ロドリゲス監督は「(Columbia Picturesから3作目を作らないかと話があったとき)僕は、2900万ドルもらえれば作るよ、と答えたんだ。彼らは本気にしなかったけどね」と語ったようだ。実際、たった7週間で撮影と編集を終え、Columbia Picturesの幹部はビックリしたとか。
「アラビアのロレンス」("Lawrence of Arabia",1962年)や「ドクトル・ジバゴ」("Doctor Zhivago",1965年)などで知られる俳優のオマー・シャリフは「私がまだスターで若かった頃は、みんな僕のために脚本を書いてくれたからその役を演じられた。でも、老いた今の僕に、年寄りのアラブ人以外の役は回ってこない」と語ったようだ。
今月21日に開催されるエミー賞授賞式で、ビル・コスビーがボブ・ホープ人道賞(Bob Hope Humanitarian award)を受賞することが決まったようだ。
東京で撮影が行われたソフィア・コッポラ監督の新作"Lost in Translation"に主演したビル・マーレイは、何週間も続く時差ぼけに悩まされていたらしい。
現在17歳のメアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン双子姉妹は、意外に(?)普通の女の子らしい生活を送っているとか。マネージャーは「彼女達はとても保守的だよ。ショッピングモールへ行ったり、パジャマパーティーをしたり。コンビニで万引きするような子供たちじゃない。コンビニを買い取ることは出来るけどね」と語ったようだ。
トロント国際映画祭で、伝説的ポルノ俳優ジョン・ホームズを描く、ジェイムズ・コックス監督の新作"Wonderland"が上映され、主演のジョシュ・ルーカスが交際中のサルマ・ハエックと共に出席したようだ。ドラッグ中毒となっていく自分の役に対するハエックの反応が心配だった、と語ったとか。
ジョン・ストックウェル監督、ポール・ウォーカー主演による新作アクション・アドベンチャー"Into the Blue"に、ジェシカ・アルバの出演が決まったようだ。
英YouGovが11日発表した調査結果によると、「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind")、「嵐が丘」("Wuthering Heights")、「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz")、「駅馬車」("Stagecoach")、「スミス都へ行く」("Mr. Smith Goes to Washington")などが公開された1939年が"ハリウッドの全盛期"に選ばれたようだ。
  9/13
「ファンタジア」("Fantasia",1940年)などのディズニーアニメ作品の製作を手掛けたほか、「イカロス」("Icarus Montgolfier Wright",1962年)ではアカデミー賞短編アニメ部門でノミネートされた、アニメーション作家のジュールズ・エンゲル(Jules Engel)さんが6日亡くなった(94歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「トワイライト・ゾーン」("The Twilight Zone",1959-1964年)などの人気TVシリーズを手掛けた後、「動く標的」("Harper",1966年)、「脱走大作戦」("The Secret War of Harry Frigg",1968年)、「エアポート75」("Airport 1975",1974年)、「弾丸刑事ニック&フランク」("Number One with a Bullet",1987年)などの作品を監督した、米映画監督のジャック・スマイト(Jack Smight)さんが1日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
品川に実物大ゴジラのモニュメントを設置する計画が進められているらしい。実際には高さ10数メートルの頭部と長さ数メートルの尻尾を設置し「本体は地中に潜っているイメージ」になるとか。東宝は「安全や管理面が解決できないかぎりOKは出せない」と言っているようだ。
北野武監督「座頭市」の北米および豪州での配給権を、米Miramax Filmsが獲得した模様。
先日亡くなったドイツの女性監督レニ・リーフェンシュタールの追悼式が12日ミュンヘンで営まれ、独キルヒ・メディアの創始者レオ・キルヒや、独映画産業協会会長ら、およそ500人が参列したようだ。
ベン・アフレックとの結婚式延期を決めたジェニファー・ロペスは、発表直前に訪れた霊能者のアドバイスに従った、との噂があるらしい。
来年2月に上演される浅田次郎原作の舞台「ラブ・レター」で、大塚寧々と北村一輝が共演する模様。新藤兼人監督が脚本と演出を手掛けるらしい。
  9/14
瀧川治水監督「福耳」が13日初日を迎え、有楽町スバル座では、宮藤官九郎、高野志穂、司葉子らによる舞台挨拶が行われたようだ。
マリア・フォン・ヘランド監督「ビタースウィート」("Grosse Madcen Weinen Night",2002年)が13日渋谷のシアター・イメージフォーラムで初日を迎え、鈴木えみと沖樹莉亜による公開記念トークショーが行われたようだ。
古厩智之監督「ロボコン」が13日初日を迎え、都内劇場では長澤まさみらによる舞台挨拶が行われたようだ。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」が13日封切られ、市原隼人、中島美嘉、矢沢心、池内博之らによる舞台挨拶が行われたようだ。
斉藤郁宏監督「青春ばかちん料理塾」、澤井信一郎監督「17才 旅立ちのふたり」の初日舞台挨拶が13日都内劇場で行われ、後藤真希、石川梨華、藤本美貴らが出席したらしい。
ジョージ・ハリスンが、映画「レット・イット・ビー」("Let It Be",1970年)や、ビートルズ最後のライブと言われる1969年1月30日のアップル・レコード屋上でのライブで使用したギターFender Rosewood Telecasterがネット・オークションに出品され、43万4750ドルで落札されたらしい。
マドンナは、英Times紙のインタビューに対し「子供の頃、学校では気まずく場違いな感じを抱いていた。人気も魅力もなく、特別な存在でもなかったから、誰かに愛され、認めて欲しかった」と語ったようだ。
ブルックリン出身のロック・デュオThey Might Be Giantsを追うドキュメンタリー映画"Gigantic (A Tale of Two Johns)"(2002年)のDVDが、11月18日米国でリリースされるらしい。
シャーリー・マクレーンは、椎間板ヘルニアのため休養に入った模様。医師の診断によれば数日間の休養が必要なものの、深刻な症状ではないとか。
主演作"Underworld"のレン・ワイズマン監督と婚約したケイト・ベッキンセイルは、娘の父親で長年交際していたマイケル・シーンとの離別に苦しんでいるかのような報道に驚いているとか。「マイケルと私はいい関係を保っているの。彼もLAに住んでいるし、電話でも良く話すわ。お互いに娘を愛しているし。『ハリウッドの人たちはベッドを次々に飛び移っていくのね』とみんな思っているのでしょうけど、マイケルと私は8年も一緒にいたのよ」と語ったようだ。
ニコール・キッドマンは、痩せ過ぎが報道されているとこについて「私が、痩せ過ぎで死にかけているですって?今、ボーイフレンドもいないし、ほかに書く記事がなかったのね」と語ったとか。
Touch誌が選ぶ「パーティ好きハリウッド・セレブ」TOP10は、1位コリン・ファレル、2位シャロン・ストーン、3位ブリタニー・マーフィ、4位アシュトン・カッチャー、5位クイーン・ラティファ、6位エイドリアン・ブロディ、7位キム・キャトラル、8位ジャスティン・ティンバーレイク、9位タラ・リード、10位エヴァン・マリオット、とか。
昨年9月にフレディ・プリンズJr.と結婚したサラ・ミシェル・ゲラーは「私が働きすぎだとフレディは教えてくれたわ。家に帰って眠るだけのこともたまにある。でも私達は働かなきゃいけない。それでは、何をしてもうまく行くはずないもの」と語ったようだ。
13日、川合晃監督「IKKA:一和」の初日を迎えた新宿武蔵野館では、阪神応援グッズ着用の観客への割引サービスが実施され、多くの阪神ファン(?)を前に、國村隼、秋野暢子らによる舞台挨拶が行われたようだ。
「呪怨2」の大ヒット御礼舞台あいさつが13日都内劇場で行われ、清水崇監督とともに藤貴子、尾関俊哉のお化け母子も出席したようだ。すでに、前作の観客動員数35万人、興収5億円を突破、韓国でも観客動員50万人を越え大ヒット中とか。
  9/15
「不夜城 SLEEPLESS TOWN」(李志毅監督,1998年)で共演した、椎名桔平と山本未來が入籍したようだ。
ジュード・ロウは、デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻と、短編映画製作の約束をしたらしい。
フー・ピン監督、チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ、中井貴一ら共演の「天地英雄」が、中国の第76回アカデミー賞外国語映画賞出品作品に選ばれたようだ。
「ミニミニ大作戦」("The Italian Job",2003年)に出演したフランキー・Gは、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)などの人気TVシリーズを手掛ける制作会社John Wells Productionsと、新しいTVシリーズへの出演契約を結んだ模様。
ショーン・ウィリアム・スコットは、Creative Artists Agencyと新たに契約を結んだようだ。
18日からスペインで開催されるサン・セバスチャン国際映画祭で、イザベル・ユペール、ショーン・ペン、ロバート・デュヴァルの3人に特別功労賞が贈られる事が決まったようだ。
14日閉幕した第29回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)で、A・ディーン・ベル(A. Dean Bell)監督の"What Alice Found"がインディペンデント映画部門のグランプリを、またキャサリン・ハードウィック監督の"Thirteen"が審査員賞を獲得したようだ。
児童書"The Iguana Brothers: A Tale of Two Lizards"のアニメ版で、ジョン・レグイザモが声優を務めるらしい。
14日閉幕したトロント国際映画祭で、北野武監督「座頭市」が最高賞に当たる観客賞(People's Choice Awards)を、また、ドゥニ・アルカン監督の"The Barbarian Invasions"が最優秀カナダ映画賞を獲得したようだ。
全米週末興収は、ロバート・ロドリゲス監督、アントニオ・バンデラス主演のシリーズ第3作"Once Upon a Time in Mexico"が2400万ドルで初登場1位を記録、リドリー・スコット監督、ニコラス・ケイジ主演「マッチスティック・メン」("Matchstick Men")が1329万ドルで2位、エリ・ロス監督のホラー"Cabin Fever"が845万ドルで3位と、新作が上位を独占したようだ。また、23スクリーンで限定公開されたソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレイ主演の新作"Lost in Translation"は、3万9173ドル/スクリーンの高収益を記録した模様。
ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが(少なくとも一時的に)別れた、と報じられているらしい。週末を別々に過ごしたようだ。
両沢和幸監督が、マンション購入資金5000万円を投じた自主製作映画「KEEP ON ROCKING」が11月22日公開されるようだ。岡田浩暉、観月ありさもノーギャラで出演したとか。
  9/16
韓国政府は、日本の大衆文化の第4次開放措置として、来年1月よりR-18指定の日本映画や日本製ゲームソフトなどを前面開放するようだ。劇場用アニメーションについても開放される見込みとか。
クァク・キョンテク監督次回作のタイトルが「台風」に決まった模様。アミューズが製作費の投資を検討、日本人キャスト共演の可能性もあるようだ。
「エクソシスト・ザ・ビギニング」("Exorcist: The Beginning")のポール・シュレイダー監督降板が正式に発表された模様。既に撮影は終了しており、来年初めに予定通り公開されるようだ。完成した映画には、シュレイダー監督の名前も残るらしい。
ジョナサン・デミ監督、デンゼル・ワシントン主演による「影なき狙撃者(失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1962年)のリメイクに、「ジョンQ -最後の決断-」("John Q",2002年)で共演したキンバリー・エリスの出演が決まったようだ。
「28日後...」("28 Days Later")のダニー・ボイルは、ショーン・フリン(Sean Flynn)のノンフィクション小説"3000 Degrees: The True Story of a Deadly Fire and the Men Who Fought It"を映画する"Worcester Cold Storage"の監督に向けて交渉中の模様。
「閉ざされた森」("Basic",2003年)に出演したティム・デイリーは、ヴィネッサ・ショウ、ティム・ブレイク・ネルソン、エドワード・ハーマンらが共演するインディ映画"Bereft"で共同監督を務めるようだ。
北米を除く海外週末興収は、41カ国で上映中の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が2970万ドルで5週連続1位を記録、総興収は2億3850万ドルに達した模様。
クイーン・ラティファ主演によるリメイク版"Taxi"に、ブラジル出身のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン(Gisele Bundchen)の出演が決まったらしい。ジェニファー・エスポジト、クリスチャン・ケインらも共演し、16日から撮影が始まるようだ。
ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン主演による、「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity",2002年)の続編"The Bourne Supremacy"で、ジョアン・アレンが出演交渉中の模様。
WWEの人気レスラーTriple Hことマイケル・ポール・レヴェスク(Michael Paul LeVesque)は、WWE Films製作による劇場用映画第1作"Jornada del Muerte"への主演が決まったほか、ウェズリー・スナイプス主演の「ブレイド」シリーズ第3作"Blade: Trinity"にも出演するらしい。
15日"The Oprah Winfrey Show"に出演したアーノルド・シュワルツェネッガーが、以前Oui誌のインタビューである女性との性的関係を語った記事についてコメントしようとしたところ、妻のマリア・シュライヴァーは彼の口を押さえたらしい。「私のお母さんも見てるのよ、もう」と言って笑いながらも、少しあわてた様子だったとか。
イラク戦争で捕虜となった元米陸軍兵士ジェシカ・リンチは、11月11日放送のABC Newsで、ダイアン・ソーヤのインタビューに応じる模様。
先日亡くなったカントリー歌手ジョニー・キャッシュの葬儀が15日、テネシー州ナッシュビル近郊の教会で営まれ、ゴア前副大統領、エミロー・ハリス、シェリル・クロウ、クリス・クリストファーソン、ハンク・ウィリアムズJr.ら多数の参列者が故人に別れを告げたようだ。
本年度の全米図書基金米文学功労勲章(National Book Foundation Medal for Distinguished Contribution to American Letters)が、スティーヴン・キングに授与されるようだ。
来年エジンバラに完成するスコットランド国会議事堂のエレベーターに、案内の声としてショーン・コネリーの声が使われるとか。
「ロード・オブ・ザ・リング」の特殊効果技術に関する資料を集めた展示会が、16日からロンドンの科学博物館で開催されるようだ。前売り券の販売は、同館としては史上最高となる14000枚に達したとか。
21日に開催されるエミー賞授賞式では、TV映画"Door to Door"に主演したウィリアム・H・メイシーの受賞は確実、と見られているらしい。
ジョニー・デップ、ニック・ノルティ、ジョシュ・ハートネットらの出演が決まっている、ハンター・S・トンプソンの小説"The Rum Diary"の映画化で、共演のベニチオ・デル・トロが監督も務めるらしい。
ジェニファー・ロペスとCotyによる香水第2弾"Still Jennifer Lopez"が、来月6日より三越銀座店で先行販売されるようだ。
40歳を迎えたリサ・クードロウの誕生日パーティが6日、マリブのビーチハウスで催され、デヴィッド・シュワイマー、マット・ルブラン、メリッサ・マクナイト、コートニー・コックス、デヴィッド・アークエット、ジェニファー・アニストンら「フレンズ」("Friends")のキャストが出席したようだ。
ブラッド・シルバーリング監督、ジム・キャリー主演による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化で、メリル・ストリープとジュード・ロウの共演が決まったようだ。11月から製作に入る模様。
ジェニファー・ロペス主演の新作コメディ"Monster-in-Law"で、ジェーン・フォンダが共演するらしい。
ラッセル・クロウは、新作"Midlife Crisis"のオファーを受けたものの、メグ・ライアンと共演することに妻のダニエル・スペンサーが反対、出演を断ったらしい。
19世紀の舞台女優、サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt)とエレオノーラ・ドゥーゼ(Eleonora Duse)の2人を描く、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作"The Rivals"で、ニコール・キッドマンがベルナール役をオファーされたようだ。
塚本晋也監督次回作のエキストラを募集中のようだ。
Sony Pictures製作「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の監督候補に挙がっているロブ・マーシャルに対し、米Miramaxは契約により次回作もMiramaxで撮らなければならない、と主張しているらしい。
トム・クルーズは、マイケル・マン監督の新作"The Few"で、第2次世界大戦中の米軍パイロットを演じるらしい。
キャリー=アン・モスが今月初め出産したらしい。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の「完全版」が年内にも公開される、という噂があるらしい。
ジョン・リスゴウは14日、4冊目となる児童書"I'm a Manatee"プロモーションのため、ホモサッサ・スプリングス州立野生公園(Homosassa Springs State Wildlife Park)を訪れ、サイン会に出席したようだ。
チャーリー・シーン、デニース・リチャーズ夫妻に来年春、赤ちゃんが誕生するらしい。
  9/17
チャン・イーモウ監督による「HERO」("英雄")の続編で、金城武、アーロン・クォック、レオン・ライ、ジャッキー・チュン、アンディ・ラウ、チャン・ツィイーの共演が決定した模様。衣装は引き続きワダエミが、音楽は梅林茂が担当するらしい。
ユークスは、ディズニー・アニメ「ファインディング・ニモ」を題材にしたPS2、GC、GBA向けゲームソフトを発売すると発表したようだ。
東宝は、2003年8月中間期の単独経常利益が前年同期比15%増の87億円だったと発表した模様。公開59日間の興収が151億円、観客動員数1114万8000人を記録している「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の大ヒットが貢献したようだ。
高松市市民文化祭アーツフェスタたかまつ2003の「映画フォーラム」が15日開催され、新作「釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!」を手掛けた同市出身の朝原雄三監督が出席したようだ。
新作ホラー"Cabin Fever"にもエンドクレジット後にオマケ・シーン(=coda)がついているらしい。監督のエリ・ロスは「codaをつけることで子供たちにもう一度劇場に足を運んでもらうことが出来ます。もし映画が気に入って、でも学校の誰かがcodaのことを話しているのを聞いたら、損した気分になってもう一度観に行くことになるでしょう」と語ったようだ。
トロント国際映画祭で上映された、アレクサンドル・アジャ(Alexandre Aja)監督のホラー作品"Haute Tension"("High Tension")の北米配給権をLions Gate Filmsが獲得した模様。来春公開予定とか。
ビバリーヒルズの私立校を舞台にしたマルコス・シエガ(Marcos Siega)監督のブラックコメディ"Pretty Persuasion"で、エヴァン・レイチェル・ウッド、ジェイムズ・ウッズ、ロン・リヴィングストン、クリスティーナ・アップルゲイトらが共演するようだ。
「恋におちたジョージ・ルーカス」("George Lucas in Love",1999年)のジョー・ナスバウム(Joe Nussbaum)が監督を務める、アレクサ・ヴェガ主演の新作"Sleepover"で、ミカ・ブーレムの共演が決まった模様。
昨年6月にスタートしたシェールのファイナル・ツアーLiving Proof Farewell Tourは、来月31日のトロント公演で最終日を迎えるようだ。
アーヴィン・"マジック"・ジョンソンらが設立した映画製作会社Magic Hallway Picturesは、米Warner Bros.と4年契約を締結した模様。製作費800万ドルから1500万ドルの10作品を手掛けるらしい。
先日亡くなったジョン・リッターが出演していた今秋スタートのTVコメディ"8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter"について、米ABCは番組制作の継続を決定した模様。
18日からマドリッドで開催される第51回サン・セバスチャン国際映画祭で審査員長を務める予定だったチャズ・パルミンテリは、急な仕事を理由に参加を取りやめた模様。
タリバン政権下崩壊後はじめてアフガンで製作された映画"Osama"の監督セディク・バルマク(Siddiq Barmak)は「アフガン映画には素晴らしい未来があると思う。祖国を世界に紹介するためのいい方法だと思うし、メッセンジャーとして、お互いの理解を深める架け橋になると思う」と語ったようだ。
「真昼の決闘」("High Noon",1952年)、「ジャイアンツ」("Giant",1956年)、「シルバラード」("Silverado",1985年)など数多くの作品に出演、歌手としても活躍した、米俳優のシェブ・ウーリー(Sheb Wooley)さんが16日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ミラノやニューヨークなどで行われるファッションショーを訪れるセレブ達には"出演料"が支払われているらしい。「アルマーニ」("Giorgio Armani: A Man for All Seasons")でも描かれた2年前のジョルジオ・アルマーニのショーでは、リッキー・マーティンを最前列に座らせるための契約書は23ページにも及んだとか。ある業界関係者は「ジョージ・クルーニーが毎年ミラノのショーを訪れていることに注目してください。それは、彼がファッションに興味があるからではないのです」と語ったようだ。
ビヨンセ・ノウルズは「曲を書くことは出来るけど、料理は出来ないの。ママの料理は素晴らしいのよ。でも私はキッチンに入らなかった」と語ったようだ。
安倍晴明がまつられている京都の晴明神社で16日、鎮魂御祭が行われ、「陰陽師II」の野村萬斎、伊藤英明、今井絵理子、滝田洋二郎監督らが参加したようだ。また、京都・二条城で試写会も行われたらしい。
「S.W.A.T.」を公開する全国の劇場(一部を除く)では、公開初日の今月27日から来月24日まで、中学1年生に限り入場が無料になるらしい。 [☆お子様向け映画?]
グレッグ・キニア夫妻に女の子が誕生したようだ。
"Gladiator 2"は、ラッセル・クロウ演じたマキシマスとコニー・ニールセンが演じたルッシラの間に出来た息子ルーシャスが主人公になる模様。コニー・ニールセンも引き続き出演するらしい。
先月22日、銃を空に向けて発砲したギョーム・ドパルデューに対し、禁固9ヶ月の執行猶予つき有罪判決が下った模様。
  9/18
奥田瑛二監督第2作「るにん」で、松坂慶子が主演を務めるようだ。来年のカンヌ映画祭出品を目指しているとか。
株式会社シネマクルーズは18日、Universal Studios Internationalと、ダウンロード型VODサービスの長期ライセンス契約を締結した、と発表した模様。「スコーピオン・キング」("The Scorpion King",2002年)、「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity",2002年)、「スカーフェイス」("Scarface",1983年)などが順次配信されるらしい。
松下電器産業は円谷プロダクションと提携し、11月初旬からブロードバンド有料配信サービス「円谷チャンネル-BB」をスタートさせるらしい。「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」が月額800円で配信されるようだ。
コナミ株式会社と米DavisFilmsは、人気ホラーゲーム「サイレントヒル」("Silent Hill")を実写映画化することで合意した模様。クリストフ・ガンズが監督を務めるようだ。 [☆去年4月にも映画化の話しが出てましたが・・・]
蜷川幸雄の長女で写真家の蜷川実花が初めて監督を務めた短編映画「Cheap Trip」の試写会が17日都内で行われたようだ。韓英恵、今宿麻美らが出演、18日からWeb配信されるらしい。
11月1日開幕する第16回東京国際映画祭で上映される、コンペ部門15作品、特別招待作品22作品が17日発表されたようだ。邦画では、定勲監督「きょうのできごと」、菅原浩志監督「ほたるの星」、廣木隆一監督「ヴァイブレータ」がコンペ部門に出品されるらしい。また、初日にはフー・ピン監督チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ、中井貴一共演の新作「ヘブン・アンド・アース」("天地英雄")が上映されるほか、8日にはリュック・ベッソン製作・脚本の新作「ミシェル・ヴァイヨン」("Michel Vaillant")がプレミア上映される模様。オープニング・セレモニーには、100メートルのレッド・カーペットが用意されるとか。
日本民間放送連盟賞が18日発表され、テレビドラマ部門では久世光彦監督、小泉今日子、柄本明共演の「センセイの鞄」(WOWOW)が最優秀賞に選ばれたようだ。
大沢たかお、柴咲コウ共演、行定勲監督の新作「世界の中心で、愛をさけぶ」が香川県でクランクインした模様。
1969年の制作当初の演奏を最新のデジタル技術で忠実に再現した、ザ・ビートルズのアルバム"Let It Be...Naked"が11月17日世界リリースされるらしい。「これこそ、僕らがスタジオで作り出したサウンドだ」とポール・マッカートニーは語ったようだ。
ディズニーアニメ「眠れる森の美女」("Sleeping Beauty",1959年)のリマスター版DVD・VHSが米国でリリースされ、販売チャート1位を記録した模様。一方「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")のレンタル売り上げは、リリース19日間で4930万ドルに達したらしい。
ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー兄弟が手掛けるTVコメディのパイロット版"Why Blitt?"に、キャメロン・ディアスとシャノン・エリザベスがゲスト出演するらしい。
ジェリー・ルイス世界ユダヤ映画祭(Jerry Lewis World Jewish Film Festival)が、来年10月にテルアヴィヴで開催されるようだ。エルサレムに拠点を置くスティーヴン・スピルバーグ・ユダヤ映画アーカイブ(Steven Spielberg Jewish Film Archives)が開催に協力するらしい。
来月22日より開催されるロンドン映画祭で、ジェーン・カンピオン監督、メグ・ライアン主演の"In the Cut"がオープニング上映されるようだ。また、詩人シルヴィア・プラスの生涯を描いたクリスティン・ジェフス監督、グウィネス・パルトロウ主演の新作"Sylvia"がクロージングにプレミア上映されるらしい。
1993年にアーカンソーで起きた殺人事件の実話に基づくアレックス・スタイヤーマーク(Alex Steyermark)監督のインディ作品"West Memphis Three"に、ニック・スタールの出演が決まったようだ。
ダニー・ヒューストン、クリス・クーパー、クリス・クリストファーソン、チーチ・マリン、マリア・ベロ、ダリル・ハンナらが共演する、ジョン・セイルズ監督の新作殺人ミステリー"Silver City"に、ソーラ・バーチの参加が決まったらしい。
トム・ウィルキンソンは、オスカー・ワイルド「ウィンダミア卿夫人の扇」を映画化するマイク・バーカー監督の新作"A Good Woman"に出演が決まったほか、ジョン・マッケイ(John McKay)監督のインディ作品"Piccadilly Jim"にも出演することになったようだ。
ジョエル・ズウィック監督、キム・ベイシンガー主演のロマンチック・コメディ"Elvis Has Left the Building"に、ショーン・アスティンとアニー・ポッツの出演が決まったようだ。
ジョン・ムーア監督、デニス・クエイド主演による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクで、ジョヴァンニ・リビージとヤコブ・ヴァーガスの共演が決まった模様。来月20日からアフリカで撮影が始まるらしい。
ピトフ監督、ハル・ベリー主演による"Catwoman"に、ベンジャミン・ブラットが出演するようだ。今月29日から撮影がスタートするらしい。
米ABCが放送したジョン・リッターの追悼番組"John Ritter: Life of Laughter"が、平均視聴者数1400万人の高視聴率を記録したらしい。
エルヴィス・プレスリー"Rubberneckin"のリミックス・バージョンが、全米ヒットチャート初登場1位となったようだ。
まもなく全米公開される新作"Secondhand Lions"に主演したハーレイ・ジョエル・オスメントは「この映画では、より若い役から大人の役への移行時期にある俳優としての僕に見合うキャラクタを演じることが出来ました。一つの通過点となる作品です」と語ったようだ。
グレイス・ケリーの娘であるモナコのステファニー王女は17日、サーカス団員と再婚したらしい。
ジョナサン・リン監督の新作コメディ"The Fighting Temptations"で、品行に問題のあるシングル・マザーを演じたビヨンセ・ノウルズは「何か違った、リスキーなことに挑戦してみたかった。現実的な問題を抱えた現実的な人間を演じてみたかったの」と語ったようだ。
ジョージ・ギャロ監督・主演の新作"Friends Again"で、レイ・リオッタ、ヘザー・グラハム、ジョン・グッドマンが共演するらしい。
アダム・ラップ監督の"Winter Passing"で、エド・ハリス、ウィル・フェレル、ゾーイー・デシャネルの共演が決まったようだ。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")のサントラに収録されている"Shake Ya Tailfeather"のPVで、無断で工場内が撮影され企業秘密が公にされたとして、マイアミの葉巻専門店がP. ディディことショーン・コムズに対し損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
米ABC「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)などを手掛けるプロデューサーのデヴィッド・E・ケリーは、米FOXテレビの新シリーズ"Five Finger Discount"でシチュエーション・コメディに挑戦するらしい。
コリン・ファレルとキム・ボーデネイヴ(Kim Bordenave)の息子が12日誕生したようだ。
  9/19
米AOL Time Warnerは18日、社名をTime Warnerに変更すると発表したようだ。
カリフォルニア州知事選に立候補しているアーノルド・シュワルツェネッガーは、女性層の人気が今ひとつのようだ。
リンゼイ・ローハン(Lindsay Lohan)主演のティーン・コメディ"Mean Girls"で、「サンフランシスコの空の下」("Party of Five",1994-2000年)のレイシー・シャベール(Lacey Chabert)が共演するようだ。
「ジーパーズ・クリーパーズ」シリーズのヴィクター・サルヴァ監督は、第2次世界大戦を舞台にしたスリラー"The Watch"を手掛けるようだ。
主演作「トスカーナの休日」("Under the Tuscan Sun")が間もなく全米公開となるダイアン・レインの次回作が、心理スリラー"Need"に決まった模様。監督は未定で、来年初めに製作にはいるようだ。
米NBCで来週からスタートする「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)の第5シーズンでは、誘拐された娘が巻き込まれた国際危機に対処するため一時的に権利を放棄したマーティン・シーン演じる民主党のバートレット大統領に代わって、ジョン・グッドマン演じる共和党下院議長が最高司令官代行として大統領執務室に座るらしい。
M・ナイト・シャマラン監督最新作"The Woods"に、さらにマイケル・ピット、チェリー・ジョーンズ、ジェイン・アトキンソン、セリア・ウェストン、ブレンダン・グリーソンの出演が決まったようだ。
全米週末公開作品では、吸血鬼と狼男の世界を描くレン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル、スコット・スピードマン共演の"Underworld"が1500万ドルの週末興収でトップになると予想されているようだ。
Miramax Filmsは先月から、「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")、"The Barbarian Invasions"、"Dirty Pretty Things"、「マグダレンの祈り」("The Magdalene Sisters")、"The Station Agent"などの作品の上映に、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)会員を招待し始めたようだ。
米FOXテレビは、先月スタートしたピーター・ギャラガー主演のTVドラマ"The OC"の放送を、火曜夜から木曜夜に変更することを検討しているようだ。親会社News Corporationのピーター・チャーニン(Peter Chernin)会長兼CEOは「木曜日にアタックをかける必要がある。(NBCの)「フレンズ」("Friends")が終了する来年には、木曜日が大きく解放されることになると考えている」と語ったらしい。
CBSの元ニュース・アンカー、ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)は、フロリダの映画製作会社WJMKを、契約違反で訴えたようだ。教育が目的として出演した健康に関するビデオが、実際には製薬会社の広告として使用された、と主張しているらしい。
米MGMのアレックス・イェメニジアン(Alex Yemenidjian)CEOは「あるスターに2000万ドルの出演料を支払っても、興行収入に貢献しないことがあり、我々は非常に注意深くなっている。一つのスタジオだけで解決できる問題ではないが、業界誌を開いて誰かが2500万ドルで合意していないか常に確認している」と語ったようだ。
巨額の報酬で非難を浴び、17日辞任が発表されたニューヨーク証券取引所会長兼CEOのリチャード・グラッソ(Richard Grasso)については、数々のスキャンダルをドラマ化してきたハリウッドもあまり興味を示していないとか。CBSのTV映画"Sally Hemings: An American Scandal"(2000年)などを手掛けたプロデューサーのクレイグ・アンダーソン(Craig Anderson)は「特にセクシーなトピックではないね」と語ったようだ。
「本当にバカバカしいわ。"Bootylicious"という曲を書いたのは確か3年前で、今では辞書にもその単語が載っている。正直に言って、その言葉は大嫌い。楽しい曲なのよ。でも、どこへ行っても皆"Booty何とか"って言うから、ほんとイライラするわ」とビヨンセ・ノウルズは語ったようだ。
反ユダヤ主義を助長するとして論争を巻き起こしている、メル・ギブソンの新作"The Passion"について、ヴァチカンの枢機卿Dario Castrillon Hoyosは「世界中のカトリックの司祭にこの作品を見せたい。反ユダヤ主義は、他の人種差別主義と同様、人々を薄暗がりへと追い込むために事実を捻じ曲げようとします。この作品は、そういった類のものではありません。芸術と信仰の賜物です」と語ったようだ。
"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の中国語版発売が、海賊版が出回っていることから、21日に繰り上げられるらしい。
ベン・アフレックの母親は、ジェニファー・ロペスとの結婚に反対していたらしい。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットは、ハリウッドで最も事故に遭いやすいセレブの第7位に選ばれたようだ。昨年の米音楽賞(American Music Awards)に、アームバンドのようなヴィンテージものの宝石をつけて出席した彼女は皆から「腕は大丈夫?」と声をかけられたらしい。「クールなロックスターになれるチャンスだったのに、皆は骨が折れたんだと思ったの。おかげで今では"事故に遭いやすい人"。恥ずかしい!」と語ったとか。
第二次世界大戦下の英国を舞台にした新作"The Few"でトム・クルーズが演じる実在の米軍パイロットは、実際にはほとんど活躍しなかった人物らしい。製作側は「映画を売るためには、ヒーローはアメリカ人の方がいい。事実を曲げることもある」と言っているとか。
カリフォルニアのレッドランズ大学(University of Redlands)で講演を行ったスパイク・リー監督は「私達は、いわゆる大量破壊兵器よりも、ジェニファー・ロペスとベン・アフレックのことに目を向けがちだ」と語り、くだらないことよりもより重要な問題に目を向けるべきだと訴えたようだ。
ジェラール・ドパルデューは、息子ギョーム・ドパルデューについて「息子は私を感動させてくれる詩人だが、気難しく、手に負えない。今は、私達の間に接点はない」と語ったようだ。
  9/20
11月1日開幕の第16回東京国際映画祭で、リドリー・スコット監督「エイリアン ディレクターズカット」("Alien")が特別上映されるようだ。
「葵の暴れん坊」(山崎大助監督,1961年)、「忍者秘帖 梟の城」(工藤栄一監督,1963年)、「青春の門」(浦山桐郎監督,1975年)、「復讐するは我にあり」(今村昌平監督,1979年)、「典子は、今」(松山善三監督,1981年)、「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」(篠田正浩監督,1997年)など、数多くの作品で名脇役として活躍した、俳優の河原崎長一郎さんが19日亡くなった(64歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米人気アニメ・シリーズ「アルビンとチップマンクス」("Alvin & the Chipmunks",1983-1991年)の最新作"Little Alvin & the Mini-Munks"が11月にビデオ発売されるらしい。今後6年間、毎年"Mini-Munks"の新作をリリースする予定とか。
ブリトニー・スピアーズのニューアルバム"Get in the Zone"からのファーストシングル"Me Against the Music"に、マドンナが参加しているらしい。
ダライ・ラマ14世の亡命先であるインドのダラムサラの衛生環境を改善するため、リチャード・ギアとゴールディ・ホーンは、チベット亡命政府に対し100万ドルの資金を提供していたようだ。
ロバート・デュヴァルの星型が18日、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
17日ニューヨークで行われたDieselのファッションショーの会場に、ブリトニー・スピアーズが現れたものの、ボディガードが取り囲んだまま会場に入ったため、写真を撮れなかった記者らのブーイングを浴びたようだ。
サルマ・ハエックがコカ・コーラのイメージキャラクターに起用されたようだ。彼女が登場するCMは、22日から米国で放送されるらしい。
大相撲13日目の千代大海-魁皇戦に、「『座頭市』勝新太郎 DVD発売(株)ポニーキャニオン」という懸賞幕が登場したようだ。中村玉緒もこの日偶然に観戦に訪れていたとか。
「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky & Hutch",1975年)、「特別狙撃隊S.W.A.T.」("S.W.A.T.",1975-1976年)、「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」("Charlie's Angels",1976-1981年)、「女刑事ペパー」("Police Woman",1974-1978年)、「ザ・ルーキーズ 命がけの青春」("The Rookies",1972-1976年)の初回放送分を収録する2枚組DVD「ザ・グレイテスト'70sコップ・ショウ」が19日発売されたようだ。
開催中のWPC EXPO 2003で、Windows Media 9シリーズでデジタルシネマ化されたアンドリュー・ニコル監督、アル・パチーノ主演「シモーヌ」("S1m0ne")のプレミアム特別上映会が行われるようだ。Pentium4のWindows XPマシンが再生機として使用されるとか。
米音楽プロデューサー、フィル・スペクターの自宅で女優のラナ・クラークソンが射殺死体で発見された事件について、フィル・スペクターが自殺だったと主張していることに対し、ロサンゼルス市警の警部は「事故ではないし、自殺でもない。フィル・スペクターが彼女を撃った」とLos Angeles Timesに語ったようだ。
ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット・スミス夫妻の元家政婦が、1640時間分の超過勤務手当ての支払いを求めたところ解雇されたとして、夫妻に対する訴訟を起こしたようだ。
  9/21
河原崎長一郎の仮通夜が20日、都内の自宅で営まれ、岩下志麻、篠田正浩夫妻らが訪れたようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!」が20日初日を迎え、西田敏行、三國連太郎、浅田美代子、高島礼子らが舞台挨拶に立ったようだ。
陣内孝則監督「ロッカーズ」が20日、九州地区14館で先行公開され、福岡市内の劇場では中村俊介らによる舞台挨拶も行われたようだ。
  9/22
アカデミー賞授賞式の会場として使われたほか、ロバート・ケネディ上院議員が暗殺されたことでも知られる、ロサンゼルスのアンバサダーホテルの取り壊しが検討されているらしい。
ローレンス・ベンダーのプロデュースによるサッカー映画"GOAL!"で、デヴィッド・ベッカムが出演交渉中らしい。
千葉誠治監督「巌流島」の試写会が21日都内で行われ、中川家がゲスト出演したようだ。
21日開催された第55回エミー賞授賞式で、「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)でメイクを担当したカオリ・ナラ・ターナー(奈良佳織里)にメーキャップ部門の最優秀賞が授与されたようだ。
スティーヴン・セガールが、韓国で製作されるアクション映画「クレモンティーヌ」に出演するらしい。
第55回エミー賞授賞式が21日開催され、ドラマ部門では「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)が作品賞を受賞した一方、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)が主演男優(ジェイムズ・ガンドルフィーニ)、主演女優(イーディ・ファルコ)、助演男優(ジョー・パントリアーノ)、脚本、監督の各賞を獲得した模様。またコメディ部門では、「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996年-)が作品賞、助演女優賞(ドロリス・ロバーツ)、助演男優賞(ブラッド・ギャレット)を獲得、「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のデブラ・メッシングが主演女優賞、"Monk"(2002年-)のトニー・シャルーブが主演男優賞を受賞したようだ。
全米週末興収は、レン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル主演の"Underworld"が2200万ドルで初登場1位を記録、キューバ・グッディングJr.、ビヨンセ・ノウルズ共演のコメディ"The Fighting Temptations"は1320万ドルで2位、ハーレイ・ジョエル・オスメント主演"Secondhand Lions"が1287万ドルで3位、マイク・フィギス監督、デニス・クエイド、シャロン・ストーン共演"Cold Creek Manor"は830万ドルで5位のスタートとなったようだ。
井坂聡監督「g@me.」の主題歌をZEEBRAが担当するらしい。
英タブロイド紙News Of the Worldは、デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻が離婚の危機にある、と報じた模様。
21日開催される第55回エミー賞授賞式のプレゼンターには、リゾート&スパの利用券やポータブルDVDプレイヤー、化粧品など3万ドル相当の手土産が贈られるとか。
ニコール・キッドマンとサンドラ・ブロックが共演した「プラクティカル・マジック」("Practical Magic",1998年)がCBSでTVシリーズ化されるらしい。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは、11月19日に発売する「風の谷のナウシカ」(宮崎駿監督,1984年)DVDの音声仕様を変更し、擬似ステレオ音声の収録を取りやめると発表したようだ。
  9/23
田代まさし監督のVシネマ「実録・なにわ女侠伝」で馬渕英里何と嘉門洋子がヤクザを演じているらしい。
鈴木雅之監督「忍者ハットリくん」がクランクアップしたようだ。
クァク・ジェヨン監督の新作「僕の彼女を紹介します」で、「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンと「火山高」のチャン・ヒョクが共演するようだ。
人気TVドラマ「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)がTVゲーム化されるらしい。
デニス・リアリーは、米ケーブルTV局FXが来年夏に放送を予定するコメディ・ドラマ"Rescue Me"に主演するようだ。ニューヨークの消防士を演じるらしい。
「シティ・オブ・ゴッド」("City of God",2003年)で共同監督を務めたカティア・ルンド(Katia Lund)は、ヒップホップ版「ロミオとジュリエット」"Lil' Romeo and Lil' Juliet"を監督するようだ。ラッパーのリル・ロメオ(Lil' Romeo)が主演するらしい。また「シティ・オブ・ゴッド」の最後から5年後を描くTVシリーズも手掛けた模様。
Icon ProductionsとWarner Bros.は、来年発売となるウィリアム・クイーン(William Queen)の小説"Under and Alone"の映画化権獲得に向けて交渉中の模様。メル・ギブソンが製作・主演を務めるようだ。
ボリウッド俳優Deepak Tijoriの初監督作品"Oops!"は、ムンバイに実在する男性ストリッパー達を描いているらしい。
デビュー作"Roger Dodger"で注目を浴びたディラン・キッド(Dylan Kidd)監督の第2作"P.S."の撮影がマンハッタンで始まったようだ。ローラ・リニー、ポール・ラッド、マーシア・ゲイ・ハーデン、ガブリエル・バーン、トファー・グレイスらが共演しているらしい。
北米を除く海外週末興収は、公開6週目を迎えた「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が依然としてトップを維持、総興収は2億7050万ドルに達したようだ。
バート・ランカスター主演の「泳ぐ人」("The Swimmer",1968年)が、アレック・ボールドウィンの主演でリメイクされるらしい。
ロサンゼルス検察局は22日、今年2月に米音楽プロデューサーのフィル・スペクター宅で女優のラナ・クラークソンが射殺死体で発見された事件について、殺人事件と断定した模様。
米NBCで22日放送の"Tonight Show with Jay Leno"に、カリフォルニア州知事選挙候補135人の内およそ90人が出演したようだ。興奮したある候補は、客席に金をばらまき始め、警備員に排除されたとか。
キャサリン・ヘプバーンが所有していたマンハッタンの4階建てマンションが、495万ドルで売りに出されたようだ。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)の新シーズンに、ドナルド・サザーランドの息子で、新作「タイムライン」("Timeline")にも出演しているロシフ・サザーランド(Rossif Sutherland)がレギュラー出演するらしい。
第55回エミー賞ドラマ部門で主演男優賞を獲得したジェイムズ・ガンドルフィーニは、第6シーズンでの終了が伝えられている「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)について「暗いテーマが人気を失った原因だと思う。満足な終わり方ではない」と語ったようだ。第7シーズンの可能性には「ない」と即答したとか。
ピーター・ジャクソン監督による「キング・コング」("King Kong")のリメイクで、ナオミ・ワッツが主演候補に挙がっている模様。
タイトル未定のウディ・アレン監督次回作に、ジョシュ・ブローリンとブルック・スミス(Brooke Smith)の出演が決まったようだ。撮影は11月にスタートする模様。
米Columbia Picturesは、「コーリング」("Dragonfly",2002年)を手掛けたブランドン・キャンプとマイク・トンプソンによる脚本"911"を獲得した模様。救急電話の女性オペレーターを主人公にしたスリラーとか。
レン・ワイズマン監督と婚約したケイト・ベッキンセイルは「4歳の娘のリリーは、私の結婚式に着るドレスを選んでいるところよ。彼女は結婚式のことで少しナーバスになっているの。バラの花びらを撒く役目が上手く出来るか心配しているみたい」と語ったようだ。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督「1980」に出演する及川光博が、東馬健の芸名で演歌歌手デビューするらしい。
アンドリュー・ラウ監督「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs")プロモーションのため、アンディ・ラウが22日来日したようだ。成田空港には200人のファンが殺到したとか。
笑いコンビくりぃむしちゅー(海砂利水魚から改名)の有田哲平と上田晋也が、前田哲監督「パローレ」に主演するらしい。主題歌も歌うとか。
ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン共演、マイク・ニコルズ監督の新作"Closer"で、妊娠のため降板したケイト・ブランシェットに代わってジュリア・ロバーツが出演するらしい。
堤幸彦監督、北村龍平監督「DUEL〜対決『2LDK』VS『荒神』」の試写会が18日都内で行われ、加藤雅也、大沢たかお、小池栄子、野波麻帆らが舞台挨拶に立ったようだ。
篠原哲雄監督「昭和歌謡大全集」の試写会が18日都内で行われ、松田龍平、池内博之、斉藤陽一郎、安藤政信、近藤公園、村田充、内田春菊、鈴木砂羽、岸本加世子、樋口可南子、森尾由美、細川ふみえらが出席したようだ。
「ブラウン・バニー」("Brown Bunny")プロモーションのため、ヴィンセント・ギャロ監督が来日、22日行われた記者会見に出席したようだ。
「エピソード3」の撮影が予定より5日早くクランクアップしたようだ。
全米初登場1位となった新作"Underworld"に主演したケイト・ベッキンセイルは、ポスターに登場する彼女の胸を大きくするよう依頼したらしい。
  9/24
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、アニメ製作と海外配給の専門部署を国内に設置し、年2本程度のアニメーション映画を海外向けに配給すると発表したようだ。
フー・ピン監督「ヘブン・アンド・アース 天地英雄」のプレミアが23日北京で開催され、チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ、中井貴一らが出席したようだ。
陣内孝則監督「ロッカーズ」の試写会が23日都内で行われ、陣内監督らが舞台挨拶に立ったようだ。
ジョー・ナスバウム監督、アレクサ・ヴェガ主演の新作"Sleepover"で、ジェフ・ガーリン(Jeff Garlin)とジェイン・リンチ(Jane Lynch)が主人公の両親を演じるらしい。撮影は23日始まったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、まもなく第76回アカデミー賞授賞式の司会者を発表する模様。ビリー・クリスタルの指名が予想されているらしい。
ニック・キャノンは、Miramax Films製作の刑事スリラー"The Beltway"に出演、製作総指揮も務めるようだ。
英BBCなどが9-13歳の児童を対象に行った調査によると、ドラマなどの暴力シーンよりもニュースで報道される暴力事件により大きな脅威を感じており、また両者を明確に区別していることが分かったようだ。
メリッサ・ギルバートは24日、米映画俳優組合(Screen Actors Guild)会長に再選されたようだ。
老朽化と客離れが進んでいた、「人魚の夏休み」の舞台となった米フロリダ州のテーマパークについて、州関連機関は23日存続を決定した模様。
モハメド・アリ、トム・ハンクス、サラ・ジェシカ・パーカーら有名人78人がサイン入りの靴を提供したチャリティ・ネット・オークションが22日スタートしたらしい。
22日CBSでスタートしたチャーリー・シーン主演のコメディ"Two and a Half Men"は、平均視聴者数1810万人の好スタートを切った模様。
Reader's Digest誌のインタビューに答えたバーブラ・ストライサンドは「自分のレコードは10年は聴かない。気分が悪くなるの。だから、コンサートも止めたのよ」と語ったらしい。
ローリング・ストーンズの音楽制作過程を追ったジャン=リュック・ゴダール監督の前衛的な作品"Sympathy for the Devil"(1968年)のDVDが、来月21日米国で発売されるらしい。予告編や同曲のビデオクリップなども収録されているらしい。
今週末より全米公開の新作アクション"The Rundown"に主演するショーン・ウィリアム・スコットは「(アクションを演じるのは)ちょっと奇妙な感じだったね。そういう役とは無縁だと思われていたし、僕自身予想していなかったから」と語ったようだ。
「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)、「かっとび放送局WKRP」("WKRP in Cincinnati",1978-1982年)、「愉快なシーバー家」("Growing Pains",1985-92年)など数多くのTVドラマで活躍した、米俳優のゴードン・ジャンプ(Gordon Jump)さんが22日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「イル・ポスティーノ」("Il Postino",1994年)でも描かれた、チリの詩人パブロ・ネルーダ(Pablo Neruda)の没後30周年記念式典が23日、彼の故郷イスラ・ネグラの海岸で行われ、ラゴス大統領をはじめ多くのファンが集まったようだ。 [☆米国版サントラには、ハリウッド・スターたちによる朗読も収録されています。]
南アフリカのケープタウンに大規模な映画スタジオが建設される模様。「サラフィナ!」("Sarafina!",1992年)、「ヴァージン・フライト」("The Theory of Flight",1998年)などを手掛ける映画プロデューサー、アナント・シン(Anant Singh)が率いるコンソーシアムが依頼を受けたようだ。
ボリウッドのトップスター、アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)らが出演するKaizad Gustad監督の新作"Boom"が19日から公開され、(インド映画としては)過激なお色気シーンが話題となったものの、批評家からは「ソフトポルノだ」と酷評され、売り上げは落ち込んでいるらしい。ボー・デレクがカメオ出演しているとか。
リアリティ番組"Liza & David"の制作を一方的に中止したとして、ライザ・ミネリ夫妻が米VH1とMTVに対して起こしていた訴訟は、双方の話し合いの結果、取り下げられたようだ。
イラク戦争で捕虜となったジェシカ・リンチ元米国陸軍上等兵の救出劇を描く米NBCのTV映画"Saving Jessica Lynch"の撮影がテキサスで行われている模様。イラクの都市ナシリヤを再現したセットが組まれたようだ。
ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが22日、ジョージア州ハインズヴィルの裁判所に現れたものの、銃の所持許可証はどこでもらえるのかを尋ねただけだったとか。
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」("Monty Python and the Holy Grail",1975年)がブロードウェイ・ミュージカルになるらしい。2005年に上演予定とか。
P2PソフトKazaaを提供する米Sharman Networksは22日、ハリウッドの映画スタジオなどに対し、独禁法違反を訴える訴訟を起こしたようだ。
米国では未公開のチャウ・シンチー監督「少林サッカー」("Shaolin Soccer",2001年)が、米国のファイル交換ユーザーの人気を集めているらしい。
全米初登場1位を記録した、レン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル、スコット・スピードマン共演"Underworld"の続編製作が早くも決定した模様。
ミネソタ州のセント・ポールにあるランドマーク・センターに、スヌーピーをひざの上にのせたチャーリー・ブラウン、ルーシーとピアノを弾くシュローダー、石垣の向こうを覗いているライナスとサリー、の3体の彫像が設置されたようだ。マーシーとペパーミント・パティの彫像も現在制作中とか。
チャック・ベリーが所有するミズーリ州のモーテルが20日、火事で全焼したようだ。
Vogue誌最新号のインタビューに答えたグウィネス・パルトロウは「ニューヨークは大好きな街。でも、私と会ってコーヒーを飲む父(ブルース・パルトロウ)の姿がないと、全く違った場所に思えてしまう」と語ったようだ。またファッションについて「『その服どこで手に入れたの?』と言われるのが好き。Topshopでいろいろ買い集めてるのよ」と語ったとか。
11月4日に開催される英国インディペンデント映画賞(British Independent Film Awards)授賞式で、イアン・マッケランにVariety UKパーソナリティ賞が授与されるようだ。また、スティーヴン・リアーズ監督"Dirty Pretty Things"が作品賞など7部門で候補に挙がっているほか、"Young Adam"のユアン・マクレガー、"Buffalo Soldiers"のホアキン・フェニックスらが主演男優賞、"The Heart of Me"のヘレナ・ボナム・カーター、"Young Adam"のティルダ・スウィントン、オリヴィア・ウィリアムス、"In America"のサマンサ・モートンらが主演女優賞、「28日後...」のダニー・ボイル、"Young Adam"のデヴィッド・マッケンジー、"In America"のジム・シェリダン、"In This World"のマイケル・ウィンターボトムらが監督賞にノミネートされているらしい。
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン株式会社は、「ナイトライダー」("Knight Rider",1982-1986年)、「宇宙空母ギャラクティカ」("Battlestar Galactica",1978年)、「特攻野郎Aチーム」("The A-Team",1983-87年)、「超人ハルク」("The Hulk",1977-1982年)の人気TVシリーズ4作品のDVDボックスを11月27日に発売するらしい。
  9/25
エイベックスは25日、映画配給子会社エレファント・ピクチャーを10月1日に設立すると発表したようだ。
米カリフォルニア州知事選の候補者討論会が24日サクラメントで開催され、アーノルド・シュワルツェネッガーらが出席したようだ。
降旗康男監督、常盤貴子、香川照之、伊勢谷友介ら共演の「赤い月」の中国ロケが大詰めを迎えている模様。
ローワン・アトキンソン主演「ジョニー・イングリッシュ」("Johnny English")の試写会が24日都内で行われ、日本語吹替版で声優を務めた山口智充が舞台挨拶に立ったようだ。
「親分はイエス様」(斎藤耕一監督,2001年)のモデルとなった元暴力団組員の牧師、森口利一さんが14日、重さ30キロの十字架を背負って郡山市の教会を出発、八王子市の教会までのおよそ300キロを行進しているようだ。28日に到着予定とか。
イラク北部モスルのポルノ映画館で24日爆発があり、2人が死亡、20人が負傷したようだ。欧米の無修正ポルノ映画が上映されていたらしい。
被爆者37人が、原爆症認定の申請を却下した国に対し処分取り消しと損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が24日広島地裁で行われ、原告側は証拠として、記録映画「にんげんをかえせ」(橘祐典監督,1982年)のビデオなどを提出したようだ。
韓国で23日公開された「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」では、チョン・ドヨンとペ・ヨンジュンが代役なしでベッドシーンを演じているとか。
日本のモバイル放送と韓国のSKテレコムは25日、「移動体向け衛星デジタル放送」のための専用衛星を共同所有する契約に調印したようだ。携帯電話向けにニュースや映画を有料配信する計画とか。
米FOXテレビは、「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty")の脚本と製作を担当したスティーヴ・コレン(Steve Koren)に、来年秋スタートのコメディ・シリーズの制作を任せるらしい。
リース・ウィザースプーンが設立したType A Filmsは、「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996年-)のプロデューサーを務めるレズリー・カヴェニー(Leslie Caveny)が手掛けた脚本"Penelope"のオプション契約を獲得した模様。
ミシェル・ウィリアムズは、ヴィム・ヴェンダース監督のタイトル未定の新作で、ジョン・ディール、リチャード・エドソンらと共演するようだ。撮影は今週からロサンゼルスで始まるらしい。
アニメーション製作会社Klasky Csupoの運営者の一人ガボール・クスポ(Gabor Csupo)は、ミッキー&ベティ・パルスケヴァス作の漫画"Green Monkeys"の実写とCGアニメの合成による映画化で監督デビューするようだ。
ウェズリー・スナイプス主演"Blade: Trinity"に、パーカー・ポージーの出演が決まった模様。
スティーヴン・ヘレク監督、トミー・リー・ジョーンズ主演の新作アクション・コメディ"Cheer Up"に、アン・アーチャーの出演が決まったようだ。撮影は来月6日にオースティンで始まるらしい。
「ソウル・フード」("Soul Food",1997年)のジョージ・ティルマンJr.監督次回作は、ヴァチカンを訪れたFBI捜査官を主人公にした"Revelation"になるようだ。
4年前にスラムダンス映画祭(Slamdance Film Festival)で上映された、Jane's Addictionの再結成ツアーの模様を追ったドキュメンタリー映画"Three Days"(1999年)が、来月7日米国でDVD発売されるらしい。42分の未公開映像も収録されているようだ。
ボスニア-ヘルツェゴヴィナは、第76回アカデミー賞外国語映画部門への出品作品として、ロカルノ映画祭でSilver Leopard賞を獲得したPjer Zalica監督のコメディ"Fuse"を選出したようだ。一方メキシコからは、ドキュメンタリーとフィクションの映像を混ぜ合わせた作品"Aro Tolbukhin (En la Mente del Asesino)"が、またイスラエルからは、サヴィ・ガビゾン監督の"Nina's Tragedies (A Very Sad Comedy)"がそれぞれ出品されることが決まったらしい。
アンソニー・ホプキンスの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。24日行われた式典にはジョディ・フォスター、ゲイリー・シニーズらもお祝いに駆けつけたらしい。
米出版社のScholasticは、発売12週間で1100万部を販売した"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の成人向け広告キャンペーンを新たに展開するようだ。Rolling Stone誌などにも広告を掲載するらしい。
先日亡くなったジョン・リッターが主演する、米ABCのコメディ「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter")の今シーズン第1回が23日放送され、平均視聴者数1686万人を記録したようだ。
米映画芸術科学アカデミーは24日、来年2月29日に開催される第76回アカデミー賞授賞式の司会者をビリー・クリスタルが務めると発表したようだ。
南アフリカ出身のシャーリーズ・セロンは「ロサンゼルスに来るまで、私はセレブというものを知らなかったの!セレブについて書いてある読み物は南アフリカにはなかったのよ。映画は好きだったけど、トム・クルーズのこともクールな仕事をこなす男性、としか考えていなかったわ」と語ったようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に出演したジョニー・デップに、アカデミー賞獲得の期待が集まっているとか。Disneyはすでにオスカー・キャンペーンの準備を始めているらしい。
ケイト・ベッキンセイルは「2、3年米国で暮らした後、(英国の)家に帰ってテレビをつけてみると、"Naked Jungle"というゲーム番組に、以前子供番組の司会をやっていたキース・チェグウィン(Keith Chegwin)がほとんど裸で登場していてショックだった」と語ったようだ。
米MTVは、今年6月にスタートしたトム・グリーンが司会を務めるトークショー"The New Tom Green Show"の打ち切りを決定したようだ。
グレチェン・モルと、ファムケ・ヤンセンの元夫で映画監督のトッド・ウィリアムズが来年初めに結婚すようだ。
大人気TVシリーズ"Law & Order"(1990年)の、"Law & Order: Special Victims Unit"(1999年)、"Law & Order: Criminal Intent"(2001年)、"Crime & Punishment"(2002年)に続く第4のスピンオフ"Law & Order: Jury Duty"が制作されるらしい。
来月日本公開のジャン=クロード・ヴァン・ダム主演「ヘル」("The Savage")のTVCM撮影が24日川崎市内で行われ、杉本彩が参加したようだ。来月20日から放送予定とか。
11月リリースの一青窈の新曲「江戸ポルカ」が、東京国際ファンタスティック映画祭2003の予告篇BGMとして27日から都内映画館で流されるらしい。
フランコ・ゼフィレッリ監督「永遠のマリア・カラス」("Callas Forever")は、日比谷シャンテ・シネ公開作品の中で収1億円突破の最速を記録したとか。総興収は既に1億9000万円を越えているようだ。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のミーガン・ムラリーが、同番組や"Speaking of Sex"(2001年)、"Stealing Harvard"(2002年)などで共演しているニック・オファーマンと結婚したようだ。
マイケル・ダグラスは、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが女優業に専念できるよう、仕事を減らす予定とか。
パイオニアLDC株式会社は25日、来月1日より社名を「ジェネオン エンタテインメント株式会社(GENEON ENTERTAINMENT INC.)」に変更すると発表した模様。
株式会社バップは、高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」のDVDを12月21日に発売すると発表したようだ。
  9/26
アンドリュー・ラウ監督「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs")のプレミア試写会が25日都内で行われ、アンディ・ラウ、トニー・レオン、ケリー・チャン、エディソン・チャンと共に、松任谷由実が特別ゲストとして参加したらしい。
崔洋一監督「クイール」の製作発表が、現在撮影が行われている京都・亀岡市で行われ、主演の小林薫、椎名桔平らが出席したようだ。
来月25日に日本公開の、アントワ・フークア監督、ブルース・ウィリス主演「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun")のCMナレーション収録が25日都内で行われ、近藤サトが参加したようだ。
英BBCは26日、SFドラマシリーズ「ドクター・フー」("Doctor Who",1963-1989年)の新シリーズを制作、2005年にスタートすると発表したようだ。
スクウェア・エニックスはプレステ用ゲームソフト「ファイナルファンタジーVII」の続編となるCG映像作品「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」を製作、来年夏にDVDで発売すると発表したようだ。和田洋一社長は「今回は同じ轍は踏まない。製作も社内で行っており、コストを引き下げている」とコメントしたとか。
Columbia Picturesは、デボラ・カプランとハリー・エルフォントによる脚本"Married in the Morning"を97万5000ドルで獲得したようだ。
DreamWorksは、クリストファー・バード(Christopher Bird)の脚本"Non-Human Animal"を獲得した模様。「シュレック」("Shrek")、「タキシード」("The Tuxedo")などを手掛けたジョン・ウィリアムスが製作を担当するようだ。
マイケル・マン監督"Collateral"でトム・クルーズとの共演が決まっていたヴァル・キルマーは、オリヴァー・ストーン監督の歴史超大作"Alexander"とスケジュールが重なったため、"Collateral"を降板した模様。一方、デニス・ファリーナの"Collateral"への出演が決まったようだ。
Universal PicturesとImagine Entertainmentは「ひとまねこざる」("Curious George")をアニメーション映画化するようだ。ウィル・フェレルが声優として参加するらしい。
米CATV局Bravoは、ゲイの男性達が冴えないストレート男性を変身させる人気番組"Queer Eye for the Straight Guy"の第2シーズン制作に向けて、Scout Productionsとの交渉に入った模様。既に制作を依頼している7エピソードに加え、40エピソードの制作を要請しているらしい。
2000から3000を越えるスクリーンでの新作公開が相次ぐ中、ダイアン・レイン主演「トスカーナの休日」("Under the Tuscan Sun")を1200スクリーンでスタートさせたことについて、Buena Vistaは「我々はヒットを確信していますので、順次拡大公開していきます。ダイアン・レインのファンがまず駆けつけるでしょう。公開を広げるのはその後になります。我々は、口コミによるヒットを狙っています」と言っているようだ。
伊王室の末裔エマヌエレ・フィリベルト(Emanuele Filiberto)と仏女優のクロチルド・クロウ(Clotilde Courau)が25日、ローマで結婚式を挙げたようだ。 [☆クロチルド・クロウは「赤ずきんの森」("Promenons-nous dans les bois",2000年)、「甘い嘘」("En face",2000年)などに出演、昨年来日している。]
クイディッチ(Quidditch)のワールドカップが開催されるらしい。全世界で予選が行われ、12月21日に英国で決勝大会が開催されるとか。来月31日発売されるゲームソフト"Harry Potter: Quidditch World Cup"のゲームキューブ版が競技に使用されるようだ。
来月3日に米国内36ヶ所で限定公開されるドキュメンタリー映画"Concert for George"の試写会が24日ロサンゼルスで行われ、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターも出席したようだ。
ハリウッドの映画プロデューサーと脚本家が、「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")は自分たちのアイデアを盗用したものだとして、米20世紀FOXに対し1億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたらしい。FOX側は、同作はアラン・ムーアの同名グラフィック小説を映画化したものであり、全くばかげた主張だ、と言っているようだ。
週末全米公開作品では、ザ・ロック、ショーン・ウィリアム・スコット共演のアクション"The Rundown"が、最低でも1500〜1700万ドルの週末興収を記録すると予想されているらしい。一方、ダニー・デヴィート監督、ベン・スティラー、ドリュー・バリモア共演のコメディ"Duplex"はせいぜい600万ドル程度と見られているようだ。
TEPCOひかり、CASTY、角川書店が共同製作する、乙一原作、犬堂一心監督のブロードバンド映画「手を握る泥棒の物語」で、助演女優を一般からオーディション募集しているようだ(詳細はこちらへ)。来年2月に配信予定とか。
ビートたけしのインタビュー集「武がたけしを殺す理由―全映画インタヴュー集」が27日発売されるようだ。
ロニー・ユー監督「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")の試写会が、来月12日午前2時から東急東横線渋谷駅で行われるらしい。終電後にシャッターを閉め切り、特設スクリーンを設置して上映するとか。また、来月6日には港区の天現寺でも試写会を行う予定とか。
米Paramount Picturesは、アダム・サンドラーの映画製作会社Happy Madison Productionsと、宇宙人コメディ"Take Me to Your Leader"を製作するようだ。
続編製作か?とお伝えした"Underworld"は、どうやら3部作になるらしい。レン・ワイズマン監督は続投を表明した模様。
シガニー・ウィーヴァーは、シリーズ第5作"Alien: Earth"への出演を決めた模様。
「インファナル・アフェア」プロモーションのため来日中のトニー・レオン、アンディ・ラウ、ケリー・チャン、エディソン・チャンが25日都内で記者会見を行ったようだ。パート2、パート3の製作も既に決定しているとか。
米CATV局Bravoは24日、全6回の新シリーズ"Celebrity Poker Showdown"を今冬放映すると発表したようだ。マシュー・ペリー、マーティン・シーン、クーリオ、ジャック・ブラック、ハンク・アザリア、デヴィッド・シュワイマー、アリソン・ジャネイ、ブラッドリー・ウィットフォード、ジョン・スペンサー、リチャード・シフらが出演、毎週5人がポーカー(No Limit Texas Hold 'em)の腕を競い合うらしい。
  9/27
「狂った果実」(1956年)と「猟人日記」(1964年)を中平康監督自ら香港でリメイクした「狂恋詩」(1968年)、「猟人」(1968年)のフィルムが発見され、渋谷ユーロスペースで開催中の「中平康 レトロスペクティヴ」で上映されているようだ。監督本人も完成品を見たことがなかったとか。
「ハルク」("The Hulk")の海賊版を、インターネット経由でデジタルコピー可能にしたニュージャージー州在住の男性に対し、執行猶予3年、罰金7000ドルの判決が下ったようだ。
児童書"The English Roses"を出版したマドンナは、29日にニューヨークでサイン会を開くようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、無断で宣伝に名前を使用したとして、仏化粧品会社Caudalieに対し1500万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こした模様。
21日アポロ・シアターで営まれたグレゴリー・ハインズの追悼式に、ニコール・キッドマンがレニー・クラヴィッツと共に出席したほか、デンゼル・ワシントン、イザベラ・ロッセリーニ、ジョン・リスゴウ、ミハイル・バリシニコフらも会場を訪れたようだ。
ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")のワールドプレミアが、12月1日にニュージーランドの首都ウェリントンで行われることが正式に決定した模様。
ヨドバシビアガーデン梅田に26日「S.W.A.T.ギャルズ」が登場したらしい。さやか(S)、わかな(W)、あこ(A)、ともみ(T)で、S.W.A.T.とか・・・。 [☆配給会社さんもイロイロ大変ですね・・・]
11月7日発売の「アドベンチャーズ・オブ・インディージョーンズ コンプリートDVDコレクション」には、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」("Indiana Jones and the Last Crusade",1989年)に出演したリヴァー・フェニックスの未公開映像も収録されているらしい。
JTBは、映画「S.W.A.T.」とのコラボレーションによる体験ツアーを企画したようだ。ロサンゼルス市警の訓練所などの見学や、現職警察官との食事会などが予定されているとか。
現在プラハで撮影中のテリー・ギリアム監督、マット・デイモン、ヒース・レジャー、ジョナサン・プライス共演"The Brothers Grimm"に、モニカ・ベルッチが加わったようだ。
米Revolution Studiosは、実話に基づくPortia Iversonの小説"Strange Son"の映画化権を獲得した模様。自閉症の息子を持つロサンゼルスとインドに住む二人の母親が団結して、最新の医療研究を超える発見をしていくドラマで、ジュリア・ロバーツが製作・主演するらしい。
主演作"The Rundown"の公開がスタートしたザ・ロックの次回作は、1980年代にヒットしたアーケードゲームを映画化する"Spy Hunter"になるようだ。「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")のマイケル・ブラントとデレク・ハースが脚本を担当する模様。
後にフレッド・コー(Fred Coe)監督に映画化されたコメディ"A Thousand Clowns"などのブロードウェイ作品で知られるほか、"The Goodbye People"(1984年)、「俺たちブラボー・ブラザーズ ホラ吹って行こう!」("I'm Not Rappaport",1996年)では映画監督も務めた、米劇作家のハーブ・ガードナー(Herb Gardner)さんが24日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  9/28
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで28日、1組目の「ハリウッド・ウエディング」が行われたようだ。
ブルース・ウィリスは25日、イラク駐留の米軍基地を慰問に訪れたようだ。「米国のメディアがイラク戦争を悪い戦争として表現しているのは奇妙だ。イラクの人々は我々がここにいることを喜び、歓迎してくれている」と語ったとか。
陣内孝則監督「ロッカーズ」が27日初日を迎え、都内劇場で舞台挨拶が行われたようだ。
黒沢清監督「ドッペルゲンガー」が27日初日を迎え、役所広司、ユースケ・サンタマリアらが舞台挨拶に立ったようだ。
新藤兼人監督の記念講演会が27日、広島市中区の県民文化センターで行われたようだ。「午後の遺言状」(1995年)も上映されたらしい。
進行性筋ジストロフィー患者の阿部恭嗣さんのせいかつを描いたドキュメンタリー映画「生かされて生きる」を、仙台市の社会福祉法人「ありのまま舎」が製作したようだ。
「雨に唄えば」("Singin' in the Rain",1952年)、「ショウほど素敵な商売はない」("There's No Business Like Show Business",1954年)、「夜は夜もすがら」("Anything Goes",1956年)など数々のミュージカル映画で活躍した、米俳優のドナルド・オコナー(Donald O'Connor)さんが27日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
スペインで開催されたサン・セバスチャン国際映画祭の授賞式が27日行われ、ドイツのDito Tsintsadze監督作品"Schussangst"("Gun-shy")が作品賞に選ばれたほか、ボン・ジュノ監督「殺人の追憶」("Memories of murder")が最優秀監督賞および新人監督賞を受賞したようだ。
バーブラ・ストライザンドの60枚目となるアルバム"The Movie Album"が来月14日に発売されるようだ。「信じられる?想像もしなかったわ。サントラも含んでいるとはいえ、60枚もアルバムを作るなんて考えてもいなかった」と語ったとか。
カリフォルニア州知事選挙に立候補しているメアリー・キャリーは「私がブロンドで、胸が大きくて、ポルノに出ているからといって、バカじゃないということを、人々に示したかったの。州知事選に立候補したのは私自身の考えよ」と語ったようだ。
11月6日から16日まで開催される、米国映画協会(American Film Institute)主催のAFI映画祭では、映画祭を運営する200人以上のボランティアを募集しているようだ。詳しくはこちらまで
In Touch誌の選ぶ最悪のキスシーン第1位には、アカデミー賞授賞式での、アンジェリーナ・ジョリーと兄ジェイムズ・ヘヴンとのキスが選ばれたようだ。また、同夜のハル・ベリーとエイドリアン・ブロディとのディープキスや、「フレンズ」("Frends")でのジェニファー・アニストンとウィノナ・ライダーとのキスシーンが入選したほか、MTV Video Music Awardsでのマドンナとブリトニー・スピアーズとのキスも9位に入ったらしい。
ケイト・ハドソンは、母ゴールディ・ホーンが所有するカリフォルニアの別荘で、2つの児童福祉団体へのチャリティを目的としたパーティを開催、ケイト・キャプショー、リタ・ウィルソン、ジーナ・デイヴィス、シェリル・クロウら多くのセレブが集まったようだ。
北野武監督「座頭市」の英語字幕入りバージョンが、来月4日からヴァージンシネマズ六本木ヒルズで上映されるらしい。また、第8回釜山国際映画祭で4200席の野外上映される同作のチケットは即日完売だったとか。
「バス創業100周年記念バス・フェスティバル」が27日、日比谷公園で行われ、釈由美子が1日バスガイドを務めたらしい。
梶間俊一監督「プレイガール」のDVD発売記念イベントが27日都内で行われ、佐藤江梨子らが出席したようだ。
  9/29
ぴあは29日、携帯電話やICカードを利用した「電子チケット+電子クーポン」の本格商用サービスを来月22日からスタートさせる、と発表したようだ。都内14の映画館などに専用端末が設置されるらしい。
株式会社パワードコムが運営するコミュニケーションサイト「Cafesta」で使用するアバターの新アイテムとして、「トゥームレイダー2」のキャラクタなど6アイテムが期間限定で販売されるようだ。
CNNなどが28日発表した世論調査によると、カリフォルニア州知事選に立候補しているアーノルド・シュワルツェネッガーへの支持率は40%に達したようだ。
SABU監督、V6主演の新作「ハードラックヒーロー」の全国5都市同時試写会が28日行われたようだ。釜山国際映画祭と東京国際映画祭でも上映されるものの、劇用公開はなく、11月27日にはビデオとDVDが発売されるらしい。
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」が、第76回アカデミー賞外国語映画部門に出品されることが決まったようだ。
弟・喜味こいしとの兄弟漫才で人気を集め、「弥次喜多漫才道中 化け姫騒動の巻」(佐伯幸三監督,1955年)、「漫才学校 爆笑八人組」(穂積利昌監督,1956年)、「快傑黒頭巾」(松村昌治監督,1958年)、「ひばり・チエミのおしどり千両傘」(沢島忠監督,1963年)、「ガキ帝国」(井筒和幸監督,1981年)など数多くの映画やTVドラマなどで俳優としても活躍した、漫才師の夢路いとしさんが25日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ティム・ストーリーが監督を降板した、ドリュー・バリモア主演の新作"Date School"は、ジョン・ファヴロウが新たな監督候補に挙がっている模様。
Columbia Picturesは、ショーン・コネリーとクリストファー・ウォーケンが共演したシドニー・ルメット監督のスリラー「盗聴作戦」("The Anderson Tapes",1971年)のリメイクを企画している模様。前作で脚本を務めたフランク・ピアソンが製作総指揮を務めるようだ。
クイーン・ラティファ主演によるハリウッド・リメイク版"Taxi"に、アン=マーグレットの出演が決まったようだ。
エミー賞6部門を獲得した米TNTのTV映画"Door to Door"のスティーヴン・シャクター(Steven Schachter)監督と、ウィリアム・H・メイシーが、サイコスリラー"Belle of Indiana"で再び組むようだ。
まもなく製作が始まるマイケル・マン監督、トム・クルーズ主演の新作"Collateral"で、フランク・ダラボンと共に脚本を担当したスチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)は「17か18の時、空港からの帰りに乗ったタクシーの運転手と仲良くなって、自宅に付く頃にはまるで親友のように話していたんだ。その時ふと『もしかしたら僕は異常な殺人鬼かも知れないのに、運転手は友達のように話している。僕がどこの誰か分からないのに』と思った。そして、タクシーがとても奇妙な空間だと気づいたんだ。見知らぬ2人がこんなに狭い空間に閉じ込められ、暗黙の内にお互いを信用し合うのだから。それがこの作品のアイデアの元になったんだ」と語ったようだ。
「紳士協定」("Gentlemen's Agreement",1947年)、「欲望という名の電車」("Streetcar Named Desire",1951年)、「暗黒の恐怖」("Panic In the Streets",1950年)、「波止場」("On The Waterfront",1954年)、「エデンの東」("East of Eden",1955年)など数々の名作を手掛けたほか、「セールスマンの死」("Death of a Salesman")などブロードウェイの舞台演出でも高い評価を得ていた、米映画監督のエリア・カザン(Elia Kazan)さんが28日亡くなった(94歳)。ご冥福をお祈りいたします。
全米週末興収は、ザ・ロック主演のアクション"The Rundown"が1850万ドルで初登場1位を記録、ダイアン・レイン主演のロマンチック・コメディ"Under the Tuscan Sun"が940万ドルでそれに続いたようだ。一方、ダニー・デヴィート監督、ベン・スティラー、ドリュー・バリモア共演のコメディ"Duplex"は2000スクリーン以上での公開にもかかわらず、441万ドルと低調なスタートとなった模様。
「ハチ公物語」(1987年)がリメイクされるらしい。前作と同じく、神山征二郎が監督、新藤兼人が脚本を担当、キャストは一新されるとか。
デミ・ムーアは3人の子供たちと共にロサンゼルスに引っ越したようだ。TVコメディ"That '70s Show"(1998年-)でシャノン・エリザベスと共演するアシュトン・カッチャーが気になるらしい。
キアヌ・リーヴスは俳優を引退するのではないかと噂されているらしい。克服したと思われていた妹の白血病が再発、新作"Constantine"の撮影現場で撮影の合間、一人で座って下を見つめている彼が目撃されているとか。
未公開のインタビュー映像などを収録したDVD「よみがえる、マリア・カラス」が29日発売されたようだ。フランコ・ゼフィレッリ監督「永遠のマリア・カラス」("Callas Forever")のヒットを受けて、世界先行発売が決まったとか。
双葉社など3社は、中国で「クレヨンしんちゃん」(蝋筆小新)の携帯向けコンテンツ配信をスタートさせたようだ。
米Walt Disneyは、HDDを内蔵した専用端末を使用する、オンデマンド方式の映画レンタルサービスMoviebeamを29日からスタートさせるようだ。
先日亡くなった俳優の河原崎長一郎の葬儀・告別式が29日都内で営まれ、篠田正浩、市川森一、富司純子らおよそ200人が参列したようだ。
ジョナサン・デミ監督、デンゼル・ワシントン主演による「影なき狙撃者(失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1962年)のリメイクに、ジョン・ヴォイトの出演が決まったようだ。
米メリーランド州のフロストバーグ州立大学で、新しいゼミ"The Science of Harry Potter"がスタートしたようだ。「ハリー・ポッター」に登場する魔法を物理学的に解明するらしい。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは29日、来月10日発売のDVD「ライオン・キング -スペシャル・エディション-」の視聴会を都内で開催、同DVDに収録されている「5.1DTSディズニー・ホーム・シアター・ミックス」に関する解説とデモも行われたようだ。
  9/30
東宝は30日、2003年8月中間期の決算を発表、映画営業部門の売り上げは前年同期比37%増の167億円、映画興行は同17%増の112億円に達した模様。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」「劇場版ポケットモンスター 七夜の願い星ジラーチ」などのヒットが貢献したようだ。また「踊る大捜査線」の観客動員数は、21日までに1145万人を記録したらしい。
来年公開予定の藪内省吾監督「ファンタスティポ」で、堂本剛と国分太一が共演するらしい。宝田明、大河内奈々子らも出演するとか。
エフエム東京などは、ラジオ電波から
井筒和幸監督「ゲロッパ!」が上映される第8回釜山国際映画祭に、西田敏行も出席するようだ。
「デアデビル」("Daredevil")の海賊版DVDソフトを販売目的で所持していたとして、愛知県警は30日、中国人女子留学生を逮捕したようだ。容疑者の自宅からは、洋画やアニメなどの海賊版DVD800枚が押収されたとか。
10月1日にロンドンのウェストエンドで上演される舞台"House of Bernarda Alba"で、女性の囚人達が女優としてステージに立つらしい。チケットはすぐに売り切れたとか。
ラス・ヴェガスでは、シルク・ドゥ・ソレイユによるセクシーなステージ"Zumanity"が上演されているらしい。
9月の全米映画興収は、トータルで4億9490万ドルに達し、昨年同月を9%上回ったようだ。"Once Upon a Time in Mexico"が今月の興収1位を記録したほか、"Jeepers Creepers 2"、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")、"Underworld"などのヒットが貢献したらしい。
オスカー・シーズンに向けたアカデミー会員向けのビデオやDVDの配布について、海賊版への流出を防ぐため、米映画協会(Motion Picture Association of America)がその中止を提案していたものの、スタジオ側の一部から、ますます大作重視となり小規模な作品の公開が困難になるとの反対意見が提出され、合意に至らなかったようだ。MPAAは新たな方針を今週中に発表する模様。
米カリフォルニア州の共和党は29日、アーノルド・シュワルツェネッガーを同州知事選候補として公認することを決定した模様。
「ロード・オブ・ザ・リング」で使われたセットや小道具など、総額120万ドル相当の展示品を集めた特別展が16日からロンドン科学博物館で開催され、大人気となっているようだ。通常の週末で6000人程度の来館者数が、14000人に急増したとか。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットに対するストーカー行為などで起訴されていた47歳の女性が29日、有罪を認めたようだ。
米NBCの人気TVシリーズ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)に、ジョン・クリーズの出演が決まったようだ。
米ABCのTVシリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)に主演するジェニファー・ガーナーは、先日行われたエミー賞授賞式に両親を招待、母親にはManolo Blahnikの靴を用意したらしい。「素敵だったけど、母は靴が窮屈だったようね。終わりの頃には、別の靴に履き替えていたわ。でも、両親は楽しんだようよ。メリッサ・ギルバートに会えたのは感激だったみたい。それにロビン・ウィリアムスも」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")の新しい予告篇が公開(QuickTime Format/9.08 MB)されているらしい。
アリシア・シルヴァーストーンは、8人組のパンクバンドStunの追っかけをしているらしい。自分専用のベッドも用意して、米国ツアーを一緒に回っているとか。
廣木隆一監督「機関車先生」に主演した坂口憲二は29日、撮影の舞台となった香川県の真鍋武紀知事の表敬訪問を受けたようだ。
ジュード・ロウは、デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻との短編映画製作企画をキャンセルしたようだ。
ジュリエット・ビノシュは、ジャン・レノと共演した「シェフと素顔と、おいしい時間」("Decalage horaire",2002年)でのヌード・シーンについて「裸になるのは、ただ服を脱ぐことではなくて、自分をさらけ出すこと。本当の自分を見せることだから、肉体的にも精神的にも勇気がいる」と語ったようだ。
ブラッド・ピット主演の歴史超大作"Troy"が撮影されているメキシコを、先週巨大ハリケーンのMartyが襲い、船のセットなどを破壊してしまったらしい。さらに、クルー用のバギーなどを盗んだとして警備員6人が逮捕されたとか。
千葉誠治監督「巌流島」の完成披露記者会見が30日都内で行われ、本木雅弘、西村雅彦、筧利夫、金子昇、吉岡美穂、田村淳らが出席したようだ。
ポール・W・S・アンダーソン監督による"Alien vs. Predator"に、ランス・ヘンリクセンの出演が決まったらしい。撮影は10月からプラハで行われるようだ。