シネマトピックス(2003年5月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  5/1
チベットの女/イシの生涯」("益西卓瑪",2000年)のシエ・フェイ(謝飛)監督が、SARSウィルスに感染し入院しているようだ。症状は好転しているらしい。
TVシリーズ「アリー・myラブ」の試写会が1日都内で開催され、菊川怜のトークショーが行われたようだ。
"T2: Extreme DVD"が来月3日米国で発売されるようだ。2枚組みの内1枚はDVD-ROM仕様で、Microsoft Windows Media 9 Seriesでエンコードされた、通常のDVDの3.5倍となる高解像度バージョンが収録されているらしい。また16分間の未公開映像やジェイムズ・キャメロンによる新たなオーディオ・コメンタリーも収められている模様。
ケヴィン・ベーコンの次回作は、新人監督ニコール・カッセル(Nicole Kassell)によるドラマ"The Woodsman"になる模様。キーラ・セジウィック、ベンジャミン・ブラット、デヴィッド・アラン・グリアらが共演するようだ。
デヴィッド・コープ監督、ジョニー・デップの主演によるスティーヴン・キング「秘密の庭、秘密の窓」("Two Past Midnight: Secret Window, Secret Garden")の映画化で、マリア・ベロ、ティモシー・ハットン、ヴィング・レイムスが出演交渉中のようだ。
1億4000万ドルの製作費を投入し興行的に失敗したディズニー・アニメ「トレジャー・プラネット」("Treasure Planet")のVHSとDVDが米国で発売され、発売初日で100万本を超える売り上げを記録したようだ。
「特攻野郎Aチーム」("The A-Team",1983-87年)でお馴染みのミスターTは、「ロッキー3」("Rocky III",1982年)のボクシング・シーンを無断で広告キャンペーンに使用したとして、米Best Buy社に対する訴訟を起こしたようだ。
マドンナの最新アルバム"American Life"が、全米アルバムチャート初登場1位を記録した模様。発売1週間で24万1000枚が売れたらしい。
ザ・ビートルズのアルバム"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"のジャケットに使われた、メンバー4人のサインが入ったマレーネ・デートリッヒの実物大写真がロンドンで競売にかけられ、137,700ドルで落札されたようだ。 [☆右端に立ってます]
SARSウィルスの影響で、ジェニファー・ロペス主演による「Shall We ダンス?」のハリウッド版リメイクの撮影が、トロントからウィニペグに変更となったようだ。
南米を舞台にテロリズムを描いた初監督作品"The Dancer Upstairs"について、ジョン・マルコヴィッチは「9.11の時、息子の初登校日で、僕はフランスの自宅にいた。数週間後N.Y.に飛んで、友人達に(すでに完成していた)この映画を見せたが、とても気に入ってくれた。もちろん、人々が違った目でこの作品を見るだろうということは分かっているが、特に修正や変更を加えたりはしなかった」と語ったようだ。
トム・ケアンズ監督による、同名の舞台を映画化したインディ作品"Marie and Bruce"で、ジュリアン・ムーアとマシュー・ブロデリックが共演するようだ。
米People誌が選ぶ今年の「世界で最も美しい50人」が発表され、ハル・ベリーが最新号の表紙を飾ったようだ。そのほか女性ではジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマン、ジェニファー・ロペス、スーザン・サランドン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、サルマ・ハエック、ジェニファー・アニストン、クイーン・ラティファ、ジュリアン・ムーアらが、男性ではベン・アフレック、ジョージ・クルーニー、ヒュー・ジャックマン、ダニエル・デイ=ルイス、コリン・ファレル、レオナルド・ディカプリオらが選ばれたらしい。
「グリース」("Grease",1978年)や、TVシリーズ"Taxi"(1978-1983年)、"Babylon 5"(1994-1998年)などに出演したジェフ・コナウェイ(Jeff Conaway)は、昨年6月に彼を連れ出そうとしたカジノの職員に腕を折られたと主張して、ラスヴェガスMandalay Bayのオーナーに対する訴訟を起こしたようだ。
  5/2
「私は泣かない」(1966年)、「モスクワわが愛」(1974年)、「宇宙皇子」(1989年)などの作品を手掛けたほか、「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」(石黒昇、河森正治監督,1984年)では製作を担当した、映画監督の吉田憲二さんが1日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「細雪」(阿部豊監督,1950年)、「王将」(伊藤大輔監督,1962年)、「アラビアンナイト シンドバッドの冒険」(1962年)など数多くの作品を手掛けた、映画美術監督の進藤誠吾さんが1日亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
山形県南陽市などを舞台にした映画「おにぎり ARCADIA物語」が、斎藤耕一の監督で製作されるようだ。
ブロードウェイとオフ・ブロードウェイでの優れた上演作品を表彰する第48回ドラマ・デスク賞(Drama Desk Awards)のノミネーションが1日発表され、ジョン・ウォーターズ監督の映画をミュージカル化した「ヘアスプレー」("Hairspray")が最多14部門で候補に挙がったようだ。また、"Long Day's Journey Into Night"に出演するヴァネッサ・レッドグレイヴとリン・レッドグレイヴの姉妹が共に主演女優賞にノミネートされたらしい。
全米3,741スクリーンで上映がスタートする「X-Men 2」("X2: X-Men United")は、35〜40のTechnicolor Digital Cinema館でデジタル上映されるものの、Boeing Digital Cinema館では上映されないようだ。万が一システム・ダウンで上映できなかった場合でも一切の責任を負わないとするBoeing側の契約条項を、20世紀FOXが拒否したためらしい。
シリーズ最新作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の出版を記念した、J・K・ローリングによる特別講演が、来月26日ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されるようだ。4000人の学生が抽選で招待されるとか。スティーヴン・フライも出演するらしい。 [☆邦題は「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」?]
ジャズ・ミュージシャン、チェット・ベイカーの伝記映画製作が計画されているらしい。
2日より全米公開となった人気TV番組の映画化"The Lizzie McGuire Movie"について、ディズニーはすでに続編の製作を計画しているらしい。
スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーが製作を担当するアルゼンチン映画"Nueve reinas"("Nine Queens")のリメイク"Criminal"で、「セクレタリー」("Secretary")のマギー・ギレンホールが出演交渉中のようだ。
グウィネス・パルトロウ出演とお伝えしたドン・ルース監督の新作"Happy Endings"は、ジェニファー・ガーナーが代わって主演を務めることになったようだ。パルトロウは父ブルース・パルトロウの死を悼む時間が欲しいとして、降板した模様。
人気TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)のクリエイター、アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)が、同番組の制作総指揮を辞任すると発表したようだ。
第46回サンフランシスコ国際映画祭が先月30日閉幕し、ニュージーランド映画「クジラの島の少女」("Whale Rider")と、アレクサンドル・ロゴシュキン監督による反戦コメディ"The Cuckoo"が、観客賞を受賞したようだ。
先月25日から中国で「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")の上映がスタートしたものの、翌26日にSARSウィルスの影響で映画館や劇場などの娯楽施設の閉鎖が決まり、上映も中止となったようだ。
ロンドンで上演されるヘンリク・イブセン作の舞台"The Master Builder"のリハーサルを休んで「X-Men 2」("X2: X-Men United")のプロモーションに参加しているパトリック・スチュワートは「私は舞台に立ちたくて俳優になった。キャメラの前やトレイラーの中で過ごすためじゃない。もちろん映画に異議を唱えるつもりはない。だが、私が今取り組んでいる舞台は、脚本が129ページあって、その内120ページは私のセリフだ。今75ページぐらいのところだが、もうじき『よし!台本なしで通し稽古が出来るぞ!』と言える時が来る。そこが映画との大きな違いだ」と語ったようだ。
「X-Men 2」("X2: X-Men United")で共演したイアン・マッケランについて、パトリック・スチュワートは「先週、彼の主演するアウグスト・ストリンドベリの舞台"Dance of Death"を観たが、彼は非常に素晴らしかった。舞台のプログラムとガンダルフやマグニートの写真を持った大勢のファンに囲まれていたよ」と語ったようだ。
コートニー・ラヴは、新しいツアー・バンドの女性ベーシストを募集する広告を、L.A. Weekly紙とThe Village Voice紙に掲載したようだ。ベースあるいはギターが弾けることはもちろん、美人であることも応募の条件とか。
渡辺孝好監督「ぷりてぃ・ウーマン」のTVCMで、綾小路きみまろがナレーションを担当しているようだ。
ケイト・ブランシェットの次回作は、マーガレット・アトウッド(Margaret Atwood)のミステリー小説"Alias Grace"の映画化作品になるようだ。
  5/3
北村龍平監督、上戸彩主演「あずみ」の10分間のCMが、4日深夜1時25分からTBSで放送されるらしい。CM扱いのため、番組表には載らないとか。
「姉妹坂」(1985年)、「彼のオートバイ、彼女の島」(1986年)などの大林宣彦監督作品で音楽を担当したほか、CM曲などでも知られる、作曲家の宮崎尚志さんが2日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
映画製作会社「幻燈社」を設立し、「サード」(東陽一監督,1978年)、「化身」(東陽一監督,1986年)、「愛はクロスオーバー」(栗原剛志監督,1987年)などの作品を手掛けた、映画プロデューサーの前田勝弘さんが2日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マドンナは、夫ガイ・リッチーに影響されて、パブでビールを飲むのが好きになった、と語ったようだ。
3069年の荒廃した地球を舞台にしたパペット・アニメーション"Live Freaky! Die Freaky!"が製作中らしい。ティム・アームストロングが製作とナレーションで参加するほか、Rancidのメンバーやヴィゴ・モーテンセンらが声優を務めるようだ。
まもなく開幕するトライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)では、レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー共演のロマンチック・コメディ"Down With Love"がオープニングに、マーク・ウォールバーグ主演によるリメイク版「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")がクロージングに上映されるほか、エディ・マーフィ主演の"Daddy Day Care"や「劇場版ポケットモンスター/水の都の護神 ラティアスとラティオス」といった作品も上映されるらしい。
ロンドンで上演されるデヴィッド・マメット作の舞台劇"Sexual Perversity In Chicago"で、舞台デビューするマシュー・ペリーは「テレビや映画では我を通して結局失敗するけど、舞台では黙って聞くことを即座に学んだ。これで、自己流から抜け出すことが出来るよ」と語ったようだ。
瀬々敬久監督「MOON CHILD」のエンディング曲が、3日からGacktの歌う「birdcage」に差し替えられることになったようだ。 [☆ファンの方はもう一回観なきゃいけないということで・・・]
旧「プレイガール」のメンバー、桑原幸子、太田きよみ、沢たまき、應蘭芳、西尾三枝子、夏樹レナの6人が歌うCD「プレイガール・フォーエバー」が、8月発売のDVD「プレイガール プレミアム・コレクション・ボックス」の特典に付くらしい。
中山美穂のイメージビデオやライブの模様など、1985年のデビューから18年間の映像をまとめたDVD「Miho Nakayama Complete DVD BOX」が7月に発売されるようだ。
勝新太郎、田宮二郎共演の映画「悪名」(田中徳三監督,1961年)をもとにした、山本譲二座長公演「悪名」が2日梅田コマ劇場で初日を迎えたようだ。
ブライアン・シンガー監督「X-MEN 2」("X2: X-Men United")の前夜祭上映が2日ヴァージンシネマズ六本木ヒルズで行われ、ヒュー・ジャックマンが舞台挨拶に立ったようだ。吉岡美穂もゲストで参加したらしい。
米CBSで18日と20日に放送予定のTV映画"Hitler: The Rise of Evil"について、かつて番組制作に対する非難を表明していた、ユダヤ人組織の反名誉棄損同盟(Anti-Defamation League)のアブラハム・フォックスマン会長は「ロバート・カーライルがモンスターとしてのヒトラーを見事に演じているだけでなく、民主主義がいかに脆弱で、悪がいかに強力かを我々に教えてくれる」と作品を絶賛したらしい。
ティム・ロビンスとスーザン・サランドンの反戦的発言を理由に、米野球殿堂(Baseball's Hall of Fame)が「さよならゲーム」("Bull Durham",1988年)公開15周年記念イベントを中止したことについて、同作品に主演したケヴィン・コスナーは「彼らは素晴らしい人たちだし、スーザン・サランドンは思慮深い人物だ。私は彼らの発言全てに賛成するわけではないが、彼らを切り離す必要はない。ティム・ロビンスやスーザン・サランドンは我々に必要な人物なんだ」と語ったようだ。
  5/4
中江裕司監督の新作「ホテル・ハイビスカス」が来月22日、舞台となった名護市で先行上映されるようだ。
森繁久彌映画祭開催中の池袋・新文芸坐で4日、淡島千景によるトークショーが行われたようだ。
「くまのプーさん」("Winnie the Pooh")の著作権返還を求め、原作者A・A・ミルンの孫クレア・ミルンと共に、米ウォルト・ディズニーが米Stephen Slesinger社に対して起こしていた訴訟で、ロサンゼルス連邦地裁はディズニー側敗訴の暫定的な判断を示した模様。敗訴が確定すれば、ディズニーの損失は数億ドルに達するとか。
向田邦子「阿修羅のごとく」が映画化されるようだ。森田芳光が監督を務め、八千草薫、黒木瞳、大竹しのぶ、深津絵里、深田恭子らが共演するらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のクライマックスとなるアクション・シーン撮影終了後、キアヌ・リーヴスは12台のHarley-Davidsonを届けさせ、彼のスタントマンたちにプレゼントしたらしい。総額20万ドル相当とか。 [☆キアヌらしい逸話です]
真木蔵人は、今年2月に結婚していたらしい。
ベン・スタッセン監督によるジャイアント・スクリーン3D映画「向井千秋のSOSプラネット」("S.O.S. Planet")が今秋公開となるようだ。宇宙飛行士の向井千秋が案内役となり地球環境保護を訴えるフルCG映画とか。
  5/5
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のDVD発売記念イベントが5日都内で行われ、カイヤが子連れで参加したようだ。
ヴェネチアでの映画撮影が今後一切禁止されることになったらしい。昨年12月に行われた、マーク・ウォールバーグ主演によるリメイク版「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")のヴェネチア・ロケで、歴史的建造物を破壊するなどの被害が出たことが原因のようだ。
米HBOの人気ドラマシリーズ"Six Feet Under"(2001年-)に出演するレイン・ウィルソン(Rainn Wilson)は、米ABCの新作コメディ"Slice o' Life"のパイロット版でジャーニン・ガラファロと共演するようだ。また、マリオ・ヴァン・ピーブルスが監督を務めるインディ作品"Gettin' The Man's Foot Outta Your Ass and Other Life Lessons"への出演も決まった模様。
ジョニー・ノックスヴィル(Johnny Knoxville)は、ロサンゼルスを舞台に二人のホットドッグ屋が競い合う、という展開のタイトル未定のコメディで、主演と製作を務めるようだ。
サミュエル・L・ジャクソン主演の新作アクション"S.W.A.T."に出演するジェレミー・レナー(Jeremy Renner)は、ヴァン・フィッシャー(Van Fischer)監督によるインディ映画"Neo Ned"で、ガブリエル・ユニオンと共演するようだ。
米Paramount Picturesは"Grease 3"を企画しているらしい。
米NBC人気TVドラマ「フレンズ」("Friends")のマット・ルブラン(Matt LeBlanc)と、元モデルのメリッサ・マクナイト(Melissa McKnight)が3日、ハワイのカウアイ島で結婚式を挙げたようだ。
全米週末興収は、ブライアン・シンガー監督「X-MEN 2」("X2: X-Men United")が8585万ドルを記録し初登場1位となったものの、「スパイダーマン」("Spider-Man")の1億1480万ドルや、「ハリー・ポッター」シリーズ2作の記録には及ばなかったようだ。一方、人気TVドラマの映画化"The Lizzie McGuire Movie"は1700万ドルで2位のスタートとなった模様。
世界同時公開がスタートした「X-MEN 2」("X2: X-Men United")は、週末3日間の世界興収が1億5520万ドルを記録した模様。
「アサヒスーパードライ」などのCMを手掛けた村上なおが、「アイノカラダ」で映画監督デビューするようだ。菅野美寿紀らが主演、9月公開予定とか。
「完全なる飼育」シリーズ第4作「秘密の地下室」が製作されるようだ。水谷俊之が監督を務め、山本太郎、加藤治子、しらたひさこ、竹中直人らが共演する模様。
5日放送のフジテレビ「東京ラブ・シネマ」に、ロザンナ・アークエットが監督を務めたドキュメンタリー作品「デブラ・ウィンガーを探して」("Searching for Debra Winger")が登場するらしい。ウーピー・ゴールドバーグとのインタビュー・シーンも放送されるとか。
トライベッカ映画祭(Tribeca film festival)に合わせて9日に開催される無料コンサートに、ロビー・ウィリアムスの出演が決まったようだ。
  5/6
窪塚洋介、明日結婚発表か?
ジャッキー・グリーソンが主演したTVドラマ"The Honeymooners"(1955-1956年)の映画化は、"Like Mike"のジョン・シュルツ(John Schultz)が監督を務める模様。セドリック・ジ・エンターテイナー(Cedric the Entertainer)とマイク・エップス(Mike Epps)が主演するようだ。
ピアース・ブロスナンは、リチャード・シェパード監督・脚本による新作スリラー"The Matador"に主演することが決まったようだ。
「インディ・ジョーンズ」シリーズのDVD発売が決定した模様。11月4日に"The Adventures of Indiana Jones - The Complete DVD Movie Collection"として世界発売されるようだ。メイキング映像などを収録した特典ディスクがつくものの、オーディオ・コメンタリーは無いらしい。
カリフォルニア州での子供達のための課外活動支援プログラム設立のために結成されたArnold's All-Starsの結成1周年を記念したイベントが3日、ロサンゼルスのエクスポジション公園で開催され、アーノルド・シュワルツェネッガーらが参加したようだ。
"The Big Palooka"(1929年)、"Midnight Daddies"(1930年)などの作品に出演した後1940年に引退していた、米女優のアディ・マクファイル(Addie McPhail)さんが先月14日亡くなった(97歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英産業機関Women in Film and Televisionと米United International Picturesは、若手女性監督の映画業界への進出を支援する"Directing Change"と呼ぶプロジェクトをスタートさせた模様。ジェーン・カンピオン監督、グリンダ・チャーダ監督の参加が決まったほか、アラン・パーカー、アンソニー・ミンゲラ、マイク・ニューウェル、スティーヴン・フリアーズ、マイケル・アプテッドらがプロジェクトを支援するようだ。
スタンリー・トン監督、ジャッキー・チェン主演による新作アクション"Titanium Rain"は、タイトルが"Time Breaker"に変更、脚本もインディ・ジョーンズ風の冒険活劇に変更になるようだ。
英Channel 4による人気映画俳優投票で、アル・パチーノが1位に選ばれたようだ。以下、ロバート・デ・ニーロ、トム・ハンクス、ケヴィン・スペイシー、ハリソン・フォード、ジャック・ニコルソン、アンソニー・ホプキンス、ショーン・コネリー、ユアン・マクレガー、ケイリー・グラントと続き、女優ではオードリー・ヘプバーンの13位が最高だったとか。
新作"Down With Love"プロモーションのためインタビューに答えたデヴィッド・ハイド・ピアースは、出演する米NBCの人気ドラマ・シリーズ「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Fraiser",1993年-)について「次のシーズンで終わりになると思う」と語ったようだ。
米デジタルTV局Music Choiceの調査による「最悪のビートルズ・カバー」に、ウィリアム・シャトナーが歌った"Lucy in the Sky With Diamonds"が選ばれたようだ。また、6位には、ジム・キャリーによる"I Am The Walrus"もランクイン、Music Choiceのサイモン・ベルは「彼らは本業に専念すべきだ」と語ったとか。 [☆聴いてみたい気もする・・・]
OSK日本歌劇団による公演「ミュージカル・レビュー ザ・フェニックス」が5日、あやめ池遊園地内円形劇場で千秋楽を迎えたようだ。OSK日本歌劇団は30日に解散、市民歌劇団に生まれ変わるらしい。
坂上忍が離婚していたようだ。6日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」で公表するらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")プロモーションのため、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、ヒューゴ・ウィーヴィングが23日来日するようだ。ヴァージンシネマズ六本木ヒルズで26日行われる先行上映での舞台挨拶も予定されているらしい。
ベトナムで2月から上映されている、売春反対を訴える政府宣伝映画"Bar Girls"が、同国史上最高のヒット作となっているらしい。ダフ屋ではチケットに3倍の値段がついているとか。 [☆逆効果?]
ジェイムズ・アイヴォリー監督は、脚本や写真などをはじめ映画製作に使用した資料26箱分を、母校のオレゴン大学に寄贈したようだ。
ティム・バートンは、東欧の民話を題材にしたストップモーション・アニメ"Corpse Bride"の製作を手掛ける模様。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")のDVDが米国で8月26日発売となるようだ。また、未公開シーンを追加した"Special Extended Edition"も11月18日に発売される模様。
来月21日発売予定の"Harry Potter and the Order of the Phoenix"2冊が、英サフォーク州の野原に捨てられていたらしい。散歩中の男性が発見、英Sun紙に届けたとか。
ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル(New Orleans Jazz and Heritage Festival)に観客として訪れていたジョン・グッドマンは、演奏していたクラリネット奏者のピート・ファウンテンにステージに上がるよう促され、「聖者が町にやってくる」("When the Saints Go Marching In")を歌い喝采を浴びたようだ。
ナッシュビル映画祭(Nashville Film Festival)で2日行われたインディ映画"Charlie's War"のプレミアに、オプラ・ウィンフリーが出席したようだ。ナッシュビルで理髪店を営む彼女の父親が出演しているらしい。
「パリの恋人」("Funny Face",1957年)、「あしやからの飛行」("Flight from Ashiya",1964年)などの作品に出演したほか、モデルとしても活躍した、米女優のスージー・パーカー(Suzy Parker)さんが3日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  5/7
5日閉幕したイタリア映画祭2003のゲストとして、アレッサンドロ・ダラトリ(Alessandro D'Alatri)監督が来日したようだ。
新作「あずみ」の上戸彩と北村龍平監督によるトークショーが7日都内で行われたようだ。
堤幸彦監督「恋愛寫眞」の完成披露試写会が7日行われ、広末涼子、松田龍平らが出席したようだ。
窪塚洋介は、10月に父親になるようだ。
米Variety紙は、香港でSARSを題材にしたコメディ映画"The City of SARS"がまもなく撮影に入る、と伝えているようだ。また中国でもコン・リーを主演にした映画が企画されているらしい。 [☆ちょっとウソっぽいけど・・・]
米MTVはネルソン・マンデラ前南アフリカ大統領を描くドキュメンタリー番組を制作中のようだ。
ドイツのメディア・グループEM.TV & Merchandising AGが売却先を探していた、カエルのカーミットやミス・ピギーなどのマペットの制作で知られるJim Henson社は、創始者の故ジム・ヘンソンの子供達が7800万ドルで買い取ることになったようだ。
英国の監督ダンカン・ロイ(Duncan Roy)が手掛ける製作費700万ドルの低予算作品"Method"で、エリザベス・ハーレーが出演交渉中のようだ。撮影は7月からルーマニアで開始される模様。
大統領の娘を主人公にした米Warner Bros.のタイトル未定の新作で、マンディ・ムーアとジェレミー・ピヴェンが共演する模様。アンディ・カディフ(Andy Cadiff)が監督を務め、来月中旬に撮影がスタートするようだ。
「スリー・キングス」("Three Kings",1999年)などで脚本を手掛けたジョン・リドリー(John Ridley)は、自身の脚本によるスリラー"Let Me Take You Down"で監督を務めることになったようだ。
コーエン兄弟監督・脚本、トム・ハンクス主演による「マダムと泥棒」("The Ladykillers",1955年)のリメイクで、マーロン・ウェイアンズの共演が決まったようだ。
ルイ・アームストロングの生涯を描く伝記映画"Saint Louis Blues"が製作されるようだ。ペイジ・キャメロン(Paige Cameron)が監督、ショーン・パトリック・トーマスが主演を務めるほか、デヴィッド・フォスターがサントラのプロデュースを担当するらしい。
児童ポルノ関連法違反で起訴されているジェフリー・ジョーンズの弁護団は、司法取引に応じて今月中に決着を図る方針のようだ。
1998年にレオナルド・ディカプリオの仲間に襲われたとして、脚本家のロジャー・ウィルソンが4500万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしている問題で、ディカプリオは1日、ウィルソン側の弁護士からの尋問を受けたようだ。
People en Espanol誌の選ぶ「最も美しい25人」で、メキシコ人歌手Thaliaが1位に選ばれたほか、サルマ・ハエックが2位、アンディ・ガルシアが3位に選ばれたようだ。
英国週末興収は「X-Men 2」("X2: X-Men United")が初登場1位を獲得、ローワン・アトキンソン主演の"Johnny English"は2位に後退したようだ。
「X-Men 2」("X2: X-Men United")でジーン・グレイを演じたファムケ・ヤンセンは「X-Menシリーズへの出演は最優先にしたいの。第3作の出演にもサインしたわ」と語ったようだ。 [☆と、言うことは、やっぱり・・・]
「X-Men 2」("X2: X-Men United")に出演したアンナ・パキンは、「今のキャリアは(「ピアノ・レッスン」("The Piano",1994年)で獲得した)アカデミー賞のおかげだから、オスカー像にはとても神聖な気持ちになるの。ハル(・ベリー)も同じ気持ちだと打ち明けてくれたわ」と語ったようだ。第3作への出演契約にもすでにサインしたらしい。
キャサリン・ヘプバーンの主演で映画化もされた「夜への長い旅路」("Long Day's Journey Into Night")の舞台版がブロードウェイで開幕したようだ。ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブライアン・デネヒー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロバート・ショーン・レナードらが共演しているらしい。
トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)のオープニング作品"Down With Love"に主演したレニー・ゼルウィガーは「まだ2年目の映画祭だから全く違うものを想像していたけど、本当に圧倒されたわ。あと数年で、サンダンスやカンヌにも匹敵する映画祭になるんじゃないかしら」と語ったようだ。一方、主催するロバート・デ・ニーロは「カンヌは大好きだし、サンダンスも素晴らしい。だが、比べるのはあまり好きじゃない」と発言したとか。 [☆ゼルウィガー、嫌われたか?]
窪塚洋介は、2歳年下のダンサーとの結婚を公表したようだ。
清水厚監督、小向美奈子主演のホラー「チェーン」は7月に公開されるようだ。大浦龍宇一、高井奈緒らが共演しているらしい。
「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition",2002年)が遺作となった撮影監督コンラッド・L・ホール(Conrad L. Hall)の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
フランク・オズ監督、ニコール・キッドマン主演による「ステップフォードの妻たち」("The Stepford Wives",1975年)のリメイクで、共演予定だったジョーン・キューザック、ジョン・キューザック姉弟が降板したようだ。マシュー・ブロデリック、ベット・ミドラーが代わって出演するらしい。また、クリストファー・ウォーケン、グレン・クローズの出演も決まった模様。
シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の2冊が、英サフォーク州の野原に捨てられていた問題で、出版元のBloomsbury社は6日、本は近くの印刷工場から盗まれたとみられるとの声明を発表したようだ。
エルトン・ジョンとバーニー・トーピンは、アン・ライスの小説「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」("Interview With the Vampire")、「ヴァンパイア・レスタト」("The Vampire Lestat")、「呪われし者の女王」("Queen of the Damned")に基づくブロードウェイ・ミュージカルで音楽を担当するようだ。
ビリー・ボブ・ソーントン主演によるレイ・マッキノン監督の長編デビュー作"Chrystal"に、リサ・ブラウント(Lisa Blount)の出演が決まった模様。ソーントンの故郷、アーカンソー州で今月から撮影がスタートするようだ。
アニメ版チャーリーズ・エンジェル"Charlie's Angels: Animated Adventures"が、13日からネット上で公開されるようだ。
  5/8
映画監督の大林宣彦の父親、大林義彦さんが8日亡くなった(94歳)。ご冥福をお祈りいたします。
窪塚洋介が7日、婚姻届を都内区役所に提出したものの、書類に不備があり受理されなかったようだ。
広島市中区の市女性教育センターは、アート系映画館サロンシネマなど3館と共同でセミナーを開催するようだ。今月はアキ・カウリスマキ監督「過去のない男」("Mies vailla menneisyytta")など20作品が上映されるらしい。
KDDIは8日、光ファイバ回線による放送事業に参入すると発表したようだ。映画などを配信するビデオ・オン・デマンド・サービスも検討中らしい。
ニューヨークで上演されていた舞台"The Play What I Wrote"で7日、出演していたロジャー・ムーアが倒れ、病院に運ばれたらしい。容態は安定している模様。
シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の2冊が、英サフォーク州の野原に捨てられていた問題で、英警察は8日、16歳の少年ら4人を逮捕したと発表したようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")と「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")では、ウォシャウスキー兄弟の製作会社とWarner Bros.が設立したESC社が特殊視覚効果を担当、VFXは2000ショットにも及び、特撮だけで1億ドル近い費用が投入されたらしい。
ジム・キャリーが主演した大ヒット映画「マスク」("The Mask",1994年)の続編"Son of the Mask"で、アラン・カミングが悪役として出演するらしい。今夏より製作がスタートする模様。
1100万ドルの興収を記録したホラー"House of 1000 Corpses"の続編が製作される模様。ロブ・ゾンビ(Rob Zombie)が再び監督と脚本を務めるようだ。来年4月に公開予定とか。
フランソワ・トリュフォー監督の「大人は判ってくれない」("Les Quatre cents coups",1959年)、「夜霧の恋人たち」("Baisers voles",1969年)、「家庭」("Domicile conjugal",1970年)、「逃げ去る恋」("L'Amour en fuite",1979年)と、短編「アントワーヌとコレット」("Antoine et Collette",1962年)を収録したDVDボックスが米国で発売されたようだ。ドキュメンタリーやインタビューなどの特典映像も収録されているらしい。
ヴァネッサ・ウィリアムズは、米NBCのドラマシリーズ"Boomtown"(2002年-)の第2シーズンへの出演契約にサインしたようだ。
米NBCの"The Tonight Show Starring Johnny Carson"(1962-1992年)等で知られるタレントのエド・マクマホン(Ed McMahon)が、ロサンゼルスの自宅が有害物質で汚染され愛犬が死んだとして、数社の企業を訴えていた問題は、700万ドルを支払うことで和解が成立したようだ。
クリストファー・リーヴは7日米議会を訪れ、脊髄損傷や卒中、多発性硬化症などによる麻痺やリハビリの研究に取り組む新法案への支持を訴えたようだ。
今年3月飲酒運転で事故を起こしたロバート・コンラッドは、部分的な麻痺が残っているようだ。麻痺は一時的なもので、まもなくリハビリ治療が終了する模様。法廷審問は来月10日に延期されたらしい。
ビヨンセ・ノウルズのソロ・デビュー・アルバム"Dangerously in Love"が7月8日リリースされるようだ。ワールド・ツアーも計画されているらしい。
先月脳のバイパス手術を受けた、コメディアンのロドニー・デンジャーフィールドが、手術後初めて記者会見を行い「この病院は素晴らしい。毎日シーツを交換してくれるんだ。別のベッドのシーツとね」「(医学的な質問に対し)僕が事情に詳しいことを聞いてくれよ。ドラッグとか売春とか」などとジョークを連発、回復ぶりをアピールしたようだ。
ヒュー・グラント、サンドラ・ブロック共演「トゥー・ウィークス・ノーティス」("Two Weeks Notice")のビデオが先月29日米国でリリースされ、5日間のレンタル売上は844万ドルを記録、DVDの売上枚数も推定130万枚に達したようだ。
1995年に離婚したウィリアム・シャトナーの元妻マーシー・ラファティ・シャトナーは、離婚協定の中で「新鮮で冷却された」種馬の精液の提供を受けるとあるにもかかわらず「凍った」精液が送られてきたとして、ウィリアム・シャトナーに対する訴訟を起こしたようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のワールド・プレミアが、ロサンゼルスのMann Village Theatreで開催され、キアヌ・リーヴス、キャリー・アン・モス、モニカ・ベルッチらが出席したほか、ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット・スミス夫妻、アリッサ・ミラノ、アマンダ・バインズ、ダリル・ハンナ、ケイティ・ホームズ、ランス・ベース、宇多田ヒカルらも会場を訪れたようだ。
ティント・ブラス監督「ティント・ブラス 秘蜜」("Senso '45",2002年)のビデオ&DVDの日本語吹替版収録が7日都内で行われ、杉本彩らが声優を務めたようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のクライマックス・シーンの撮影が6日深夜都内で行われ、織田裕二らが参加したようだ。
銀座シネパトスで行われているレスリー・チャン追悼上映企画「〜あなたを忘れない〜フォーエバー・レスリー」で、新たに「花の影」(1996年)と「夢翔ける人 色情男女」(1996年)の上映が決定した模様。
レオナルド・ディカプリオがアレクサンダー大王を演じる、バズ・ラーマン監督"Alexander the Great"の公開は2005年末以降になるようだ。ディカプリオのスケジュールが空かないらしい。
次期ジェイムズ・ボンド俳優を選ぶ人気投票が行われ、レイフ・ファインズが1位に選ばれたようだ。ジョージ・クルーニー、クライヴ・オーウェンらも上位に入ったらしい。
来月開催されるマウイ映画祭(Maui Film Festival)で、長年の映画製作への貢献を称え、アンソニー・ホプキンスにSilversword賞が授与されるようだ。
トミー・リー・ジョーンズ主演のアクション・コメディ"Cheer Up"は、スティーヴン・ヘレクが監督を務めることになったようだ。
"The Dancer Upstairs"で初監督を務めたジョン・マルコヴィッチは「私はこれまでも自分なりの表現方法を追求してきた。その大切さは、若いときにたたき込まれた。私は、他人の世界観を利用したり、盗んだり、借りたりはしない。なぜなら、それは自分のものではないからだ」と語ったようだ。
  5/9
朗読CD「望郷詩集」の完成記者会見が9日都内で行われ、森繁久彌らが出席したようだ。
窪塚洋介は8日午後都内区役所に婚姻届を提出したものの、戸籍謄本がなく、受理されなかったようだ。 [☆前途多難・・・?]
12月公開予定の香月秀之監督「実録ヒットマン 北海の虎・望郷」で(赤レンジャーの)誠直也と(全日本プロレスの)武藤敬司が共演するようだ。今月から新潟でロケが行われるらしい。
西村了監督、大沢たかお主演の新作「天使の牙」の主題歌に、タトゥの"Not Gonna Get Us"が使われるらしい。来月シングルがリリースされるほか、8月の映画公開に合わせてタトゥの来日も企画されているとか。
松竹映画劇場など不動産管理会社2社は8日、渋谷西武A館、B館、ロフトなどが入る同社所有ビルからの立ち退きと違約金23億円を求める訴訟を、西武百貨店に対して起こしたようだ。
来月全米公開となる「ワイルド・スピード」("The Fast and the Furious",2001年)の続編"2 Fast 2 Furious"では、三菱自動車がLancer Evolution VII、Eclipse Spyderなど10数台の自動車を提供すると共に、映画の1シーンを使ったCMの放送や特別版DVDのプレセントなどのプロモーションでも全面協力しているようだ。
ディズニー・アニメ「ライオン・キング」("The Lion King",1994年)とビデオ・リリースされた続編「ライオン・キングII」("The Lion King II: Simba's Pride",1998年)の間をつなぐ新作"The Lion King 1 1/2"が、来年春にビデオ発売されるようだ。マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン、アーニー・サベラらオリジナル・ボイス・キャストが集結するほか、エルトン・ジョンとティム・ライスも再び音楽を手掛ける模様。
来月6日開幕するシドニー映画祭(Sydney Film Festival)は今年で50周年を迎えるようだ。ジョージ・クルーニー初監督作品「コンフェッション」("Confessions of a Dangerous Mind")、チェン・カイコー監督「北京バイオリン」("Together")、カトリーヌ・ブレイヤ監督"Sex Is Comedy"などが上演されるらしい。
今年第9回目を迎えるIPFロサンゼルス映画祭(IFP Los Angeles Film Festival)は、ウィリアム・H・メイシー主演のコメディ"The Cooler"をオープニング作品に迎え、来月11日開幕するようだ。
ソニーが設立したアニメ部門Sony Pictures Animationは、漫画家スティーヴ・ムーアの"Open Season"や児童書"Cloudy With a Chance of Meatballs"をアニメ化する他、ケルト民族の民話に基づく"Tam Lin"や、ロミオとジュリエットを題材にしたサーフィン映画"Surf's Up!"、短編「チャブチャブズ」("The ChubbChubbs!")の長編化などを手掛けるようだ。
「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")のグリンダ・チャーダ監督が手掛ける、ジェイン・オースティン作「高慢と偏見」("Pride and Prejudice")に基づくタイトル未定のボリウッド・ミュージカルの北米および南米での配給権を、米Miramax Filmsが獲得したようだ。
英国の音楽心理学者の調査によると、英サッカー選手が"士気を高める音楽"として聞く人気No1のCDは、エミネムの「8 Mile」だったようだ。
ローランド・エメリッヒ監督の新作"The Day After Tomorrow"に出演するオースティン・ニコルズ(Austin Nichols)は、テニス・プレイヤーを描くリチャード・ロンクレイン(Richard Loncraine)監督の新作"Wimbledon"で、キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニーと共演するようだ。
米Miramax Filmsはチョ・ジンギュ監督の韓国映画「妻は極道」("My Wife Is a Gangster",2001年)をリメイクするらしい。クイーン・ラティファが主演するようだ。また、リュ・スンワン監督「血も涙もなく」("No Blood No Tears",2002年)のリメイクでも、クイーン・ラティファが主演を務めるとか。
トム・クルーズがナレーションを担当したIMAX-3D映画「スペース・ステーション」("Space Station 3D")の全米興収が、公開55週で5000万ドルに達したようだ。ジャイアント・スクリーン3D作品としては史上最速とか。また「T-Rex」("T-Rex: Back to the Cretaceous",1998年)の興収は7500万ドを突破したらしい。
TVシリーズ"Adventures of Superman"(1952-57年)に主演し1959年に拳銃自殺したジョージ・リーヴス(George Reeves)の死の謎に迫る映画"Truth, Justice and the American Way"は、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos")のアレン・コールター(Allen Coulter)が監督を務めるようだ。
マドンナの設立した映画製作会社Maverick Filmsは、俳優のマーク・ファミグリエッティ(Mark Famiglietti)とレイン・ギャリソン(Lane Garrison)によるロマンチック・コメディの脚本"Chasing Fate"の映画化権を獲得したようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督「ゾンビ」("Dawn of the Dead",1978年)がリメイクされるようだ。ザック・スナイダー(Zack Snyder)が監督を務め、ヴィング・レイムスとサラ・ポーリーが主演するらしい。
ショーン・ペンが、イラク戦争反対を表明したことを理由に映画を降板させられたとして1000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こそうとしたことに対し、被告の映画プロデューサー、スティーヴ・ビングが訴訟差し止めを請求していたものの、ロサンゼルス地方裁判所は証拠不十分でこれを却下したようだ。
2年目を迎えたトライベッカ映画祭、昨年のチケット販売枚数が19,000枚だったのに対し、今年は既に49,000枚が売れたらしい。
開催中のトライベッカ映画祭で審査員を務めるAmazon.com会長兼CEOのジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は「(審査員を務めることは)決して困難ではなく、むしろ楽しい。そして、新人映画製作者を発掘してAmazonの顧客に紹介するまたとないチャンスでもあります」と語ったようだ。
ジェラール・クラヴジック監督「TAXiB」の試写会が8日都内で開催され、テリー伊藤、吉岡美穂によるトークショーも行われたようだ。
矢口史靖監督「ウォーターボーイズ」(2001年)がフジテレビでドラマ化されるようだ。山田孝之、森山未來、瑛太、石垣佑磨、石井智也、宮地真緒、眞鍋かをり、杉本哲太らが共演、7月から放送されるらしい。現在、シンクロの特訓中とか。
財団法人ヒロシマ・ピースセンターは8日、今年の谷本清平和賞を吉永小百合に授与すると発表したようだ。
第1回L.A.アニメ・フェスティバルが2日ハリウッドで開幕し、森田宏幸監督「猫の恩返し」("The Cat Returns")がプレミア上映されたようだ。大友克洋監督「MEMORIES」(1995年)、片渕須直監督「アリーテ姫」("Princess Arete",2001年)などの上映も予定されているらしい。
写真家、市原基の写真集「貌 三國連太郎」が発売されたようだ。
「マトリックス・リローデット」("The Matrix Reloaded")のワールド・プレミアに出席した宇多田ヒカルを、Reutersは"JAPANESE NUMBER ONE POP SINGER AIKO"と紹介したらしい。
「ホワイトハウスの陰謀」("Murder at 1600",1997年)、「アート・オブ・ウォー」("The Art of War",2000年)などを手掛けている脚本家ウェイン・ビーチの監督デビュー作となるスリラー"Slow Burn"で、レイ・リオッタとLL・クール・Jの共演が決定した模様。
「愛しのクローディン」("Claudine",1974年)などに出演しているローレンス・ヒルトン=ジェイコブス(Lawrence Hilton-Jacobs)が、女性友達への暴行の容疑で逮捕されたらしい。
トッド・フィリップス監督、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン共演による「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)の映画化で、ジュリエット・ルイス、ヴィンス・ヴォーン、クリス・ペン、エイミー・スマート、フレッド・ウィリアムソンらの共演も決定した模様。
松竹ホームビデオはDVD「ギャング・オブ・ニューヨーク スペシャル・エディション」の発売を7月25日から8月8日に延期すると発表したようだ。仕様や価格などに変更はない模様。
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン株式会社は「アドベンチャーズ・オブ・インディージョーンズ コンプリートDVDコレクション」を11月7日に発売すると発表したようだ。THXデジタル・リマスターで修復された「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」("Raiders of the Lost Ark",1981年)、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」("Indiana Jones and the Temple of Doom",1984年)、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」("Indiana Jones and the Last Crusade",1989年)の3作品と、メイキングやドキュメンタリーを収録した特典ディスクの計4枚組で、価格は13,800円とか。 [☆これでLDボックスが捨てられる?・・・捨てられない・・・]
  5/10
室賀厚監督「GUN CRAZY Episode-3 叛逆者の狂詩曲」「GUN CRAZY Episode-4 用心棒の鎮魂歌」が10日初日を迎え、仲根かすみ、大谷みつほ、加藤夏希、原史奈らが舞台挨拶に立ったようだ。
渡辺孝好監督「ぷりてぃ・ウーマン」が10日初日を迎え、淡路恵子、風見章子、草村礼子、馬渕晴子、西田尚美らが舞台挨拶に立ったようだ。
四分一節子監督のアニメーション映画「もも子 かえるの歌がきこえるよ。」の試写会が10日行われ、声優を務めた伊藤つかさ、間宮くるみらが舞台挨拶に立ったようだ。
劇団四季のミュージカル「ライオンキング」が10日夜、日本公演通産3000回に達したようだ。延べ330万人が観劇したとか。
北村龍平監督「あずみ」が10日、全国255館で初日を迎え、上戸彩、岡本綾らが舞台挨拶に立ったようだ。東宝は興収15億円を見込んでおり、続編も企画されているらしい。
先日舞台出演中に倒れたロジャー・ムーアは、ペースメーカーを付けて、9日退院したようだ。
アル・ヤンコヴィック(Weird Al Yankovic)の新曲は、アカデミー賞を受賞したエミネム"Lose Yourself"のパロディ"Couch Potato"になるらしい。許可を求めたヤンコヴィックに対し、エミネム側は基本的に曲の使用を許可したものの、ビデオについては"Couch Potato"の出来を確認してから、と返答したようだ。 [☆"Couch Potato"は今月20日シングル・リリース予定!とか]
ラリー・クラーク監督「BULLY」について、北海道は青少年保護育成条例に基づき「有害興行」と指定したらしい。配給元のアミューズは「映画という芸術をいとも簡単に指定という言葉で規制する一方的な通達は遺憾」との声明を発表したようだ。
「榎木孝明美術館」が10日、大分県の飯田高原にオープンするようだ。カマル・タブリーズィー監督「風の絨毯」で訪れたイランの風景画なども展示されているらしい。
トム・サイズモアが、元恋人への暴行事件で証言台に立つ予定だった"Hollywood Madam"ことハイディ・フライスに対し、出廷の取り消しを強要したとして、脅迫容疑で再逮捕されたようだ。
クイズ番組"Who Wants To Be a Millionaire"のプロデューサーは、2001年9月の同番組収録中に行われた不正事件を題材にした映画の製作を計画しているらしい。
米NBCの人気番組"Late Night with Conan O'Brien"のクレイ・アニメーション版が製作されたらしい。昨年10月に放送されたエピソードをオープニングからCMへの導入部にいたるまですべてクレイ・アニメで再現したとか。ジョニー・ノックスヴィル、デヴィッド・ボウイ、ミスターTらがゲスト出演しているようだ。
米FOXの"America's Most Wanted"の司会でも知られるジョン・ウォルシュは、TV番組"The John Walsh Show"の「信じられない特技を持つ驚くべき子供達」("Amazing Kids with Unbelievable Talents")と題されたエピソードを収録中、スケートボードに乗って転倒、左足首を骨折したらしい。 [☆「レスリー・ニールセンの裸の銃<ガン>を持つ逃亡者」("Wrongfully Accused",1998年)などにも俳優として出演]
  5/11
深作欣二監督作品55本の特集上映が開催されている三百人劇場で11日、中原早苗がトークショーを行ったようだ。
第11回橋田賞の授賞式が10日都内で行われ、唐沢寿明、田中邦衛、上戸彩らが出席したようだ。
日本映像学会関西支部研究会が10日広島女学院大で開かれ、「市川崑における喜劇的表現の変遷」などの研究発表が行われたようだ。
ジャッキー・チェン主演"Around the World in 80 Days"の英国中央銀行のシーンの撮影が、ベルリンで行われたようだ。ロンドンの建物は現代的過ぎたらしい。また、同映画プロデューサーは、アーノルド・シュワルツェネッガーのカメオ出演に向けて交渉中だと語ったらしい。
14日開幕する第56回カンヌ映画祭では、アジアからの出席者に対し健康診断の実施を求めているほか、テロ対策として数千人の警備体制を敷くようだ。
ブリジッド・バルドーは新著"A Scream in the Silence"の中で「フランスのイスラム化には反対する」と発言しているようだ。
7年前のバイク事故で右足を負傷したギョーム・ドパルデュー(Guillaume Depardieu)は、治療で使用した抗生物質などが原因で感染症にかかり、来月6日右足の切断手術を受けることになったようだ。また9日にもパリでバイク事故を起こしたらしい。
奈良弁護士会は10日、日本弁護士連合会製作の映画「裁判員-決めるのはあなた」の上映会を奈良市東寺林町の市ならまちセンターで開催したようだ。
高木聡、ワダケンジ、宮坂まゆみ、大喜多正毅、三木聡、薮内省吾の6人が監督を務めた短編映画「優香座シネマ」が21日DVDで発売されるようだ、
9日夜ロサンゼルスで行われた米NBAのSan Antonio Spurs対Los Angeles Lakers戦の試合中、ジャック・ニコルソンがコートに飛び出し、シャキール・オニールにファウルを取った主審に大声で抗議したらしい。その後のハーフタイムでニコルソンは「俺はこのシートに大金を払ってるんだ。誰も俺に座れと言う資格は無い」と言ったとか。
  5/12
1946年から活動を続ける平均年齢72歳のバンド「白百合クラブ」が昨年行った東京公演「ウチナ・ビスタ・白百合クラブ」の模様を追った、中江裕司監督のドキュメンタリー映画「白百合クラブ東京へ行く」が完成し、10日石垣市で試写会が行われたようだ。7月には都内でも上映されるらしい。
ソフォス株式会社は、第56回カンヌ映画祭のコンピュータネットワークに、同社のウィルス対策ソフト「Sophos Anti-Virus」が採用された、と発表したようだ。
「トゥー・ウィークス・ノーティス」("Two Weeks Notice")プロモーションのためサンドラ・ブロックとヒュー・グラントが来日、12日都内で記者会見を行ったようだ。
キャリスタ・フロックハートは、母校ラトガース大学(Rutgers University)で「栄誉卒業生の殿堂」入りを果たしたようだ。
BBCラジオのインタビューに答えたマドンナは「英国を訪れていたグウィネス・パルトロウに偶然出逢ったけれど、彼女はとても才能があると思う」と語ったようだ。
Sundance Channelは、今年のサンダンス映画祭で審査員賞を受賞した、マーク・ラッカー監督、フランシス・コンロイ、フィリップ・ベイカー・ホール、ジェイソン・プリーストリー共演"Die Mommie Die"の、米国での上映権を獲得したようだ。
グウィネス・パルトロウは、先日降板を決めた"Happy Endings"に続いて、デヴィッド・O・ラッセル監督の新作"I Love Huckabee's"も降板を決めた模様。ナオミ・ワッツが新たに出演交渉中のようだ。
トライベッカ映画祭で11日夜各賞の発表が行われ、炭鉱を舞台にしたリー・ヤン監督「盲井」("Blind Shaft")が作品賞、チェン・カイコー監督「北京ヴァイオリン」("Together")が観客賞を受賞したようだ。
米CBSの人気コメディー"Everybody Loves Raymond"に主演するレイ・ロマーノは、出演料約5000万ドルで第8シーズンへの出演契約にサインしたようだ。TV俳優の出演料としては過去最高とか。
ブロードウェイ・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」("Hello, Dolly!")や映画「モダン・ミリー」("Thoroughly Modern Millie",1967年)などへの出演で知られる女優のキャロル・チャニング(Carol Channing, 82歳)が、83歳の男性と結婚したようだ。男性は中学生時代の交際相手で、チャニングが最近出版した"Just Lucky, I guess"をきっかけに再会したとか。
「X-Men 2」("X2: X-Men United")の公開10日間の世界興収は2億7100万ドルに達した模様。
全米週末興収は、「X-Men 2」("X2: X-Men United")が4140万ドルで2週連続1位を獲得、総興収は1億4900万ドルに達した模様。エディ・マーフィ主演のコメディ"Daddy Day Care"は2760万ドルで2位のスタートとなったようだ。
北野武監督「座頭市」のロケが、広島県御調郡で行われ、北野武演じる座頭市の殺陣シーンが撮影されたようだ。
デミ・ムーアが、牧場の管理に雇った男性からセクハラで訴えられたらしい。
アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク共演のサスペンス"Taking Lives"に、キーファー・サザーランドの出演が決まった模様。
10日より公開された北村龍平監督「あずみ」は、週末興収1億5389万円、観客動員数11万人を記録したようだ。
「ドクター・クイン 大西部の女医物語」("Dr. Quinn, Medicine Woman",1993-98年)などのTVドラマで女優としても活躍する、歌手のジューン・カーター・キャッシュ(June Carter Cash)は7日心臓手術を受けたものの、10日危篤状態に陥ったようだ。
Dolby Laboratoriesの日本支社は、現状のドルビーデジタル5.1chにサラウンドバック2chを追加した、7.1chのホームシアター向けの新フォーマットを構想中であると発表したようだ。 [☆8本もスピーカー並べるんですか?]
  5/13
岡田主監督「実録ヒットマン 北海の虎・望郷」の製作発表が13日都内で行われ、武藤敬司、誠直也、小島聡らが出席したようだ。
大ヒット曲"One More Time"などを収録したDaft Punkのアルバム"DISCOVERY"のプロモーションのために製作された、総設定・デザイン松本零士、監督竹之内和久によるアニメーション作品「Interstella5555」が、第56回カンヌ映画祭の監督週間で上映されるようだ。
ロンドン大学のスー・クレイトン(Sue Clayton)が行った研究によると、大ヒットする映画のレシピは「アクション=30%、コメディ=17%、善と悪の対決=13%、セックス、ロマンス=12%、特撮=10%、プロット=10%、音楽=8%」らしい。「トイ・ストーリー2」("Toy Story 2",1999年)が最もこのレシピに近いとか。
ヴィン・ディーゼル、ジュディ・デンチ、タンディ・ニュートンらが共演する「ピッチ・ブラック」("Pitch Black",2000年)の続編"Chronicles of Riddick"に、人気TVドラマ"Angel"(1999年-)などに出演している新人俳優アレクサ・ダヴァロス(Alexa Davalos)の参加が決まった模様。
聖書に次いで、アメリカで最も影響力のある本と言われる、アイン・ランド(Ayn Rand)による1957年の小説「肩をすくめるアトラス」("Atlas Shrugged")が映画化される模様。「コンタクト」("Contact",1997年)などを手掛けたジェイムズ・V・ハートが脚本を担当するらしい。
14日開幕する第56回カンヌ映画祭で審査委員長を務めるパトリス・シェローは「ハードな10日間になるだろう。やるべき仕事を決して過小評価はしていない」と意気込みを語ったようだ。
セガと、ジョン・ウーが出資する米ゲーム制作会社Tiger Hill Entertainmentが、ゲーム制作に関するパートナー契約を結んだようだ。
来年5月に放送される、人気ドラマシリーズ「フレンズ」("Friends")の最終回2時間スペシャルで、NBCは通常45万ドル程度の30秒のCMスポット枠に200万ドルの広告料を提示しているらしい。
米Walt Disneyは12日、米ディズニー・ワールドとディズニーランドの無料チケットを米国軍に提供する、と発表したようだ。
ジョージ・ルーカスは、Industrial Light & Magicの1部門として、デジタル・アニメーションを手掛けるLucasfilm Animationを設立するようだ。
児童ポルノ関連法違反で起訴されているジェフリー・ジョーンズは12日、検察側との司法取引がまもなくまとまる見通しだと発表したようだ。
メル・ギブソンが運営するIcon Productionsからの製作支援が中止となった、マイケル・ムーア監督の次回作"Fahrenheit 9/11"は、米Miramax Filmsから数百万ドルの資金援助を受けることになったようだ。
1年以上に渡ってサンドラ・ブロックへのストーカー行為を行ったとして、ロサンゼルス上級裁判所は9日、カリフォルニア州在住の34歳の男性に対し、200ヤード以内への接近禁止を命じたようだ。
米ビデオ・ゲーム制作会社Take-Two Interactive Softwareは、TVシリーズ「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky & Hutch",1975年)に基づくゲームを開発中であると発表したようだ。
米NBCはこの秋スタートの番組ラインナップを発表、ジェイムズ・カーン主演"Las Vegas"、アリシア・シルヴァーストーン、ライアン・オニール共演"Miss Match"、ウーピー・ゴールドバーグ主演のコメディ"Whoopi"などの新シリーズがスタートするようだ。また、「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)の新シーズンで、降板していたロブ・ロウが復帰する模様。
第57回トニー賞(Tony Awards)のノミネーションが12日発表され、1988年のジョン・ウォーターズ監督作品をミュージカル化した「ヘアスプレー」("Hairspray")が最多13部門でノミネートされたほか、ビリー・ジョエルの音楽が盛り込まれた"Movin' Out"が10部門、「フェリーニの8 1/2」("Otto E Mezzo",1963年)に基づく、アントニオ・バンデラス主演の"Nine The Musical"が8部門、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブライアン・デネヒー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロバート・ショーン・レナードの豪華キャストが共演する舞台"Long Day's Journey Into Night"が7部門で候補に挙がったようだ。
竹下昌男監督「ジャンプ」の製作発表が12日都内で行われ、原田泰造、牧瀬里穂、笛木優子らが出席したようだ。
高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」の完成披露試写会が12日都内で行われ、小池栄子、大泉洋、筧利夫らが出席したようだ。
アリソン・ピアソンの小説"I Don't Know How She Does It"が、アンソニー・ミンゲラ監督、ニコール・キッドマン主演で映画化される模様。
ジェニファー・ロペスの新曲"I'm Glad"のPVが「フラッシュダンス」("Flashdance",1983年)そっくりであるとして、米Paramount PicturesはSonyを著作権侵害で訴えたようだ。
新"Superman"の2004年公開は無くなった模様。
「8 Mile」がミュージカル化されるらしい。エミネム自身は出演しない模様。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")のワールド・プレミアはニュージーランドで開催されるようだ。ウェリントン市長は、350万NZドルを投入して会場のEmbassy Theaterを改装すると約束したとか。
Instant Films社では、7〜9分の短編映画を48時間以内に製作・上映できる環境を提供しているらしい。新人だけでなく、第一線で活躍する監督や俳優、脚本家なども参加しているとか。
10日行われたマイアミ大学医学部の卒業式で、マイケル・J・フォックスがスピーチに立ち「数年前まで携帯電話(cell phone)でエージェントと話していた僕が、今では第一線の医師達と細胞生物学(cell biology)を語るまでになった。皆さんも是非、この分野に関心を持って欲しい」と語ったようだ。
  5/14
31日開催されるMTV映画賞(MTV Movie Awards)授賞式では、コリン・ファレル、ハリソン・フォード、サミュエル・L・ジャクソン、クイーン・ラティファらがプレゼンターを務めるほか、エイドリアン・ブロディ、ジョシュ・ハートネット、ポール・ウォーカーらが出席するようだ。
東京国立近代美術館フィルムセンターは14日、ロシアで発見された多数の日本映画のフィルムの中から、「海を渡る祭礼」(稲垣浩監督,1941年)、「新雪」(五所平之助監督,1942年)などを購入したと発表したようだ。
"チリ人妻"アニータ・アルバラードが主演する映画の撮影が、チリで進行中のようだ。キャバレーの踊り子役とか。
まもなく全米公開がスタートする「マトリックス・リローデット」("The Matrix Reloaded")は、14日夜に約1500スクリーンで先行上映されるほか、15日からは史上最大の全米3600館、8400スクリーン以上で上映されるらしい。
トーマス・ジェイン主演によるマーヴェル・コミック"The Punisher"の映画化で、ジョン・トラヴォルタが悪役を演じるようだ。
トミー・チョン(Tommy Chong)が、ネット上でマリフアナ吸引パイプを販売したとして起訴されていた問題で、チョン側は連邦検察当局との司法取引に応じ有罪を認めた模様。
アントワン・フークア監督、クライヴ・オーウェン主演の新作"King Arthur"で、「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")のキーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)の共演が決まったようだ。
ブリトニー・スピアーズが、契約不履行を理由に米シューズ・メーカーSkechers USAに対して150万ドルの損害賠償を求ていた訴訟で、先週和解が成立したようだ。
ジェニファー・ガーナーとスコット・フォーリーは13日、正式に離婚の手続きに入ったようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のプロデューサー、ジョエル・シルヴァーは「この作品は、映画全体の半分でしかない」と発言したようだ。 [☆1作品として独立していない、と言うことでしょうか?11月まで欲求不満が残りそう・・・]
第19回イスラエル映画祭(Israel Film Festival)が、ロサンゼルスのSamuel Goldwyn Theaterを拠点に、今月28日から開催されるようだ。新作映画、ドキュメンタリー、テレビ番組、学生による短編作品などが上映されるらしい。
来年の第61回ゴールデン・グローブ賞授賞式は、例年行われる1月第3週の日曜日を1週間遅らせて、1月25日に開催されることになった模様。アカデミー賞のノミネーション発表は1月27日に行われるため、ゴールデン・グローブ賞の結果が影響を与えることはないものの、アカデミー賞の最終投票には影響を及ぼす可能性もあるようだ。
米国での調査によると、12歳から24歳の映画ファンの内70%は、映画本編上映前の(特報や予告編を除く)CMについて、特に気にならないと回答したらしい。
フランス政府が検討を進める退職に関する法案の改正に反対する公務員のストライキが13日行われ、これに伴い多くの民間企業でもストが行われ、国内の交通機関がマヒ状態となったことから、カンヌ映画祭参加者の移動にも大きな影響が出たようだ。
イタリアの画家モジリアーニを描く、ミック・デイヴィス監督作品"Modigliani"で、アンディ・ガルシアの主演が決まったようだ。
エマニュエル・ベアールのヌードが表紙を飾った5日発売の仏ELLE誌最新号が、各紙が取り上げた今週に入って爆発的な売上を記録、51万5000部が2日で完売したとか。
インドとパキスタンの関係改善に向けて、インドの映画監督Mahesh Bhattは、パキスタンを舞台にしたヒンズー教徒とイスラム教徒のラヴストーリーを企画しているようだ。両国の俳優が共演するらしい。
米WBネットワークは今秋からの番組ラインナップを発表、レイチェル・リー・クックが連邦捜査官を演じる"Fearless"などの新番組がスタートするほか、「スパイダーマン」("Spider-Man")の製作スタッフによる"Tarzan and Jane"なども企画されているようだ。
ぴあは14日、iモードの赤外線通信機能を使った電子チケットのプレサービスを来月スタートする、と発表したようだ。試写会と劇場指定席先行販売を行うらしい。
今夏放送予定のNHKハイビジョン朗読ドラマ「夫婦善哉」の収録が13日大阪法善寺横丁で行われ、藤山直美、井筒和幸らが参加したようだ。
「スター・トレック エンタープライズ」("Enterprise",2001年-)のトゥポル役、ジョリーン・ブラロック(Jolene Blalock)が、先日ジャマイカで結婚式を挙げたようだ。
トム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のニュージーランド・ロケが終了したようだ。
マイケル・ダグラスは、Bridgestone Firestone社のタイヤ・リコール問題を描くアダム・ペネンバーグ(Adam Pennenberg)のノンフクション小説"Tragic Indifference"の映画化を手掛けるようだ。出演もするらしい。
"Spider-Man II"の製作者は、一時トビー・マグワイアの降板を決定していたものの、マグワイアの友人であり恋人の父親でもある米Universal Studiosの社長兼CEOロン・マイヤー(Ron Meyer)が復帰させるよう説得したらしい。 [☆持つべきものは"友人"]
  5/15
広末涼子のDVD付き写真集「NEWYORK RH Avenue」が来月6日発売されるようだ。堤幸彦監督「恋愛寫眞」出演のため滞在したニューヨークで撮影されたらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")が上映されるカンヌ映画祭を訪れたキアヌ・リーヴスは、イラク戦争を巡るアメリカとフランスとの緊張関係を感じるかとの質問に「僕自身は感じていない。映画や映画祭では共に集まりその芸術性や人間性を祝うべきだ。そのような対立は恥ずべきことだ」と語ったようだ。
カンヌ映画祭でオープニング上映されたジェラール・クラヴジック監督、ペネロペ・クルス主演"Fanfan La Tulipe"の評判は、"そこそこ"だったようだ。
イスマイル・マーチャントとジェイムズ・アイヴォリーが手掛けてきたコスチューム・ドラマのパロディ"Remains of the Piano"が、エリック・アイドルの監督・脚本・主演で製作されるようだ。ジェフリー・ラッシュ、アンジェリカ・ヒューストン、パトリック・スチュワート、キャサリン・オハラ、オーランド・ブルーム、アルフレッド・モリーナ、ベーヴ・キャンベル、ビリー・コノリー、マイケル・ヨーク、ジュリアン・サンズらが共演するほか、ダニエル・デイ=ルイスも出演するらしい。
ケヴィン・ベーコンは、彼の妻キーラ・セジウィックが主演する"Loverboy"で監督を務めるようだ。
フォレスト・ウィテカー監督による、大統領の娘が主人公のロマンチック・コメディ"First Daughter"で、マーク・ブルカスがケイティ・ホームズの相手役に選ばれたようだ。
先月International Creative Managementを離れたジュリア・ロバーツは、ニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガー、グウィネス・パルトロウ、ハル・ベリー、ジュリアン・ムーア、キャメロン・ディアス、サンドラ・ブロック、ケイト・ハドソンらが所属するCreative Artists Agencyと契約したようだ。
「フライング・ハイ」("Airplane!",1980年)がリメイクされるらしい。スヌープ・ドッグが主演するようだ。
米DreamWorksの新作コメディ"Anchor Man: The Legend of Ron Burgundy"でウィル・フェレルとクリスティーナ・アップルゲイトが共演する模様。
「チャイナタウン」("Chinatown",1974年)、「ゴッドファーザー」("The Godfather")などを手掛けた大物映画製作者ロバート・エヴァンスを追ったドキュメンタリー"The Kid Stays in the Picture"のDVDとVHSが、8月19日米国でリリースされるようだ。
ピーター・パオ監督、ミシェル・ヨー主演の新作"Hua Mulan"で、チョウ・ユンファの共演が決まった模様。8月から中国で製作がスタートするようだ。
「ヘアスプレー」("Hairspray")がトニー賞13部門にノミネートされたことについて、主演のハーヴェイ・ファイアシュタイン(Harvey Fierstein)は「舞台を大変誇りに思っているが、ノミネートされるべきではなかった。相手を打ち破る野球の試合ではないのです。私は私の舞台に立ち、彼は彼の舞台に立つ。評価するのは観客の皆さんなのです」と語ったようだ。
カンヌ映画祭に出席した米Variety紙の記者ジョナサン・ビングは「カンヌは、ワシントンとパリの気まずい関係とは隔離されています。アーノルド・シュワルツェネッガーとクリント・イーストウッドの2人の保守主義者の訪問には注目したいし、敬意を表すべきだと思う」と語ったようだ。
"Hollywood Madam"ことハイディ・フライスに対する脅迫容疑で先日再逮捕されたトム・サイズモアは、16件の容疑で起訴されたようだ。
カンヌ映画祭で審査員を務めるメグ・ライアンは「カンヌに来たのは3回目か4回目。最初は17歳の時で、友達2人とバックパックを背負ってやって来たの。海岸で眠ったわ」と語ったようだ。
カンヌ映画祭でオープニング上映されたジェラール・クラヴジック監督"Fanfan La Tulipe"について、主演のペネロペ・クルスは「こういったタイプの作品がもう少し必要だと思います」と語ったようだ。またトム・クルーズが同伴しなかったことについて「彼は仕事中です」と答えたとか。 [☆「ラスト・サムライ」のロケが終わって自宅にいるはずですが・・・]
「X-Men 2」のMazda RX-8、「トゥームレイダー2」のJeep Wrangler、「マトリックス・リローデッド」のCadillac Escalade EXTなどに加え、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")ではToyotaがこの秋発売する新型ピックアップ・トラック Tundraが登場するなど、自動車産業にとっても大作映画は不可欠な存在になりつつあるようだ。
ローワン・アトキンソン主演のスパイ・コメディ"Johnny English"のサントラには、ロビー・ウィリアムズが新曲"A Man for All Seasons"を提供しているようだ。
"ハンニバル・レクター"シリーズ第4作"The Lecter Variation: The Story of Young Hannibal Lecter"が製作されるらしい。12歳から25歳までの若きハンニバルを4人の俳優が演じるとか。
サミーは、ロサンゼルスで開催中のElectronic Entertainment Expoで、黒澤明監督「七人の侍」に基づく新作アクション・ゲーム"SEVEN SAMURAI 20XX"を発表したようだ。黒澤プロが全面バックアップ、メビウス・ジャン・ジローがキャラクタ・コンセプトを手掛けるほか、坂本龍一が音楽を担当しているらしい。
アマンダ・フィリパッチ(Amanda Filipacchi)の小説の基づくニール・ラビュート監督の次回作"Vapor"で、サンドラ・ブロックとレイフ・ファインズが共演するようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督と、"E! News Live"(2002年-)などの番組で司会を務めるジュールズ・アスナー(Jules Asner)が結婚式を挙げたらしい。家族やダイアン・ソイヤー、マイク・ニコルズら友人をニューヨークの自宅に招いて行われたようだ。
大友克洋監督最新作「スチームボーイ」で、鈴木杏が主人公の少年の声を担当するようだ。10月公開予定で、米国でも年内に公開されるらしい。
押井守、きうちかずひろ、大川俊道、河田秀二、辻本貴則の5人の映画監督が手掛けるオムニバス映画「KILLERS」のブロードバンド試写会が22日から「デジタル・エブリディ」で開催されるようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のコピーがネット上に流出した、と噂されているらしい。
英国で製作される子供向け映画"Tooth"で、ヴィニー・ジョーンズ、ハリー・エンフィールド、ジム・ブロードベント、スティーヴン・フライらが共演するらしい。
「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)に登場したボンド・カーAston Martin V12 Vanquishがオークションにかけられ、約4000万円で落札されたようだ。落札したピーター・ネルソンは車輌博物館のオーナーで、25台のボンド・カーを所有しているとか。
ジャン=ポール・サロメ監督の新作"Arsene Lupin"(アルセーヌ・ルパン)で、クリスティン・スコット・トーマスとロマン・デュリスが共演するようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーのもとに、1977年のドキュメンタリー映画「アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男」("Pumping Iron")のゲーム化のオファーが来ているらしい。
米スペイン語TV局Telemundoは、新しいプロダクション・パートナーとして、ジェニファー・ロペスと複数年契約を結んだようだ。
ユマ・サーマン主演のロマンチック・コメディ"Accidental Husband"で、ブレンダン・フレイザーの共演が決まった模様。当初ユマ・サーマン自身が監督する予定だったものの、ヒュー・ウィルソンが監督を務めるようだ。
  5/16
森田芳光監督「阿修羅のごとく」の製作発表が15日都内で行われ、大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子らが出席したようだ。
オーストラリア出身のアンソニー・ミア(Anthony Mir)監督は、連続殺人鬼がThe Village Peopleのメンバーを襲う・・・というブラック・コメディ"You Can't Stop The Murders"のプロモーションのため、映画祭開催中のカンヌを訪れているようだ。
欧州で人気のコミック"Asterix and the Vikings"がアニメーション映画になるようだ。製作費2500万ドルは、欧州製アニメーション映画としては過去最高とか。
イーサイ・モラレス、A・マルチネス、ロザンナ・デソトが、マティア・カレル(Matia Karrell)監督のロマンチック・コメディ"Isla Bella"で共演するようだ。
バーニー・マック、アンジェラ・バセット共演の野球コメディ"Mr. 3000"で、マイケル・リスポーリの共演が決まったようだ。"Drumline"のチャールズ・ストーン3世が監督を手掛ける模様。
ユアン・マクレガー共演のロマンチック・コメディ"Down With Love"に主演したレニー・ゼルウィガーは「笑わせてくれた。脚本が気に入ったの。とても洗練されているわ。二重の意味を持ったセリフで演じるのは楽しかった。それに素早いの、キャデラックみたいに」
ジョニー・キャッシュの妻で、「ドクター・クイン 大西部の女医物語」("Dr. Quinn, Medicine Woman",1993-98年)などのTVドラマで女優としても活躍した、歌手のジューン・カーター・キャッシュ(June Carter Cash)さんが15日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ペネロペ・クルス、ロバート・ダウニーJr.らが共演する、マチュー・カソヴィッツ監督の新作"Gothika"の撮影中に、ハル・ベリーが腕を骨折した模様。既に退院し、来週には撮影に復帰するとか。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")に主演するキアヌ・リーヴスは、「インディ・ジョーンズ」を演じたハリソン・フォードの様にイメージが固定される危険性について「ハリソン・フォードはのキャラクタそのものだったし、映画の中心人物だった。ネオは全体の一部でしかない」と語ったようだ。
ライフスタイル・コーディネーターとして人気を博し、その後ImClone Systems社株のインサイダー取引疑惑が持ち上がった、マーサ・スチュワートの半生を描くTV映画"Martha, Inc.: The Martha Stewart Story"が、19日に米NBCで放送されるようだ。シビル・シェパードがマーサを演じているらしい。
TVシリーズ「アンタッチャブル」("The Untouchables",1959-1963年)に主演したほか、「東京暗黒街・竹の家」("House of Bamboo",1955年)、「風と共に散る」("Written on the Wind",1956年)、「フライング・ハイ」("Airplane!",1980年)など数多くの映画作品でも活躍した、米俳優のロバート・スタック(Robert Stack)さんが14日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
スウェーデンのヨハネス・ルーンボルグ(Johannes Runeborg)監督によるスリラー"Sleepwalker"(2000年)がハリウッドでリメイクされる模様。リチャード・ギアが主演に向けて交渉中のようだ。
ケヴィン・ブレイ監督、ザ・ロック主演による「ウォーキング・トール 怒りの街」("Walking Tall",1973年)のリメイクで、アシュレイ・スコット、クリスティン・ウィルソンの共演が決まった模様。7月から撮影が始まるようだ。
孤児から億万長者になった男が、9人の孤児を預かることになって・・・という展開の米Columbia Picturesの新作コメディ"Nine Bastards"で、アダム・サンドラー、クリス・ファーレイ、デヴィッド・スペイドが共演するようだ。
渋谷センター街の3大マルチビジョンでは15日から、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の2分間の予告編が、午後6時から9時まで延々と上映されるらしい。
ディーン・マーフィ監督の新作コメディ"Strange Bedfellows"で、ポール・ホーガンとマイケル・ケイトンが共演するようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス共演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can")のDVDが米国で11日にリリースされ、レンタル売り上げは1640万ドルを記録したようだ。
タイムワーナー・エンターテイメントジャパン株式会社は、定価500円の「1コインDVD」6タイトルを7月25日から発売する、と発表したようだ。「トムとジェリー」「チキチキマシン猛レース」などが発売されるらしい。
  5/17
ブルック・シールズは15日、女の子を出産したようだ。
「ターミネーター2」("Terminator 2: Judgment Day",1991年)のHD DVD-ROMを含む2枚組みDVDが来月発売されることについて、小売店側は既に2度DVDが発売されていることから話題性が無いと見る一方、発売元のArtisan Home Entertainmentは、7月に公開される「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")との相乗効果を狙って、プロモーションに400万ドルを投入したらしい。
内容が不完全だとして米HBOが5月の放送を中止した、カストロ国家評議会議長を追うドキュメンタリー"Comandante"の追加撮影のためオリヴァー・ストーン監督はキューバに向かったようだ。
第30回デイタイム・エミー賞(Daytime Emmy Awards)が16日発表され、今年40年目を迎えたTVドラマシリーズ"General Hospital"が主要3部門を獲得したほか、"As The World Turns"(1956年-)が最優秀ドラマシリーズ賞を受賞したようだ。
数々の舞台で活躍したほか、「ピグマリオン」("Pygmalion",1938年)、「エレファント・マン」 ("The Elephant Man",1980年)などの映画やTVドラマで活躍した、英女優のウェンディ・ヒラー(Wendy Hiller)さんが14日亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")に出演したアーノルド・シュワルツェネッガーは「今回は今までに無く年真に取り組んだが、アクション・シーンの撮影はとてもハードだった」と語ったようだ。
アンドレ・テシネ監督最新作"Les Egares"がカンヌ映画祭で上映されたようだ。主演のエマニュエル・ベアールは「魅力的な役を演じました。私の祖母は、この映画のように、子供達を連れてナチス・ドイツから逃れ、生き延びたのです。彼女の経験や内面的な強さが役作りの参考になりました」と語ったようだ。
サミラ・マフマルバフ監督の最新作"At Five in the Afternoon"が16日、開催中のカンヌ映画祭でプレミア上映されたようだ。監督は「TV局はアメリカが『ランボー』のようにアフガニスタンを救ったかのような印象を与えます。この映画を通して、私はメディアが伝えるアフガニスタンについての誤った情報を正したいと考えています」と語ったようだ。
キアヌ・リーヴスやペネロペ・クルスら映画祭を訪れるスター達を一目見ようと、世界中のファンがカンヌを訪れ、会場周辺で1日を過ごしているらしい。
15日全米公開がスタートした「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は、初日興収4250万ドル(前日の先行上映を含む)を記録した模様。「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)が初日(金曜日)に記録した3940万ドルを上回ったようだ。
ウディ・アレン監督・脚本による舞台"Writer's Block"が、マンハッタンのAtlantic Theater Companyで16日開幕したようだ。ポール・ライザー、ジェイ・トーマス、ベベ・ニューワースらが共演しているらしい。
16年間にわたってロングランが続けられたブロードウェイ・ミュージカル「レ・ミゼラブル」("Les Miserables")が、18日の公演で幕を閉じるようだ。3月に閉幕予定だったもののチケット購入が殺到、5月まで延期されたらしい。
「カルメン」("Carmen")の映画化企画の話を持ちかけたジェニファー・ロペスにそのアイデアを盗まれたとして、アダム・シャンクマン監督が訴訟を起こしたようだ。
ハンス・マシソン、サム・ニール、キーラ・ナイトレイらが共演した、英Granada Productions製作のTVミニシリーズ"Doctor Zhivago"(2002年)が、ロシアでも放送されることになったようだ。
「スウェプト・アウェイ」("Swept Away",2002年)のアイデアを提供したと主張するある男性が、対価が支払われていないとして、ガイ・リッチーとマドンナに対する訴訟を起こしたものの、4月の審問に男性側の弁護士の一人が欠席、その後、訴えを却下するよう裁判官に求めたらしい。その弁護士には罰金が科せられたようだ。 [☆ある男性=ヴィンセント・ドノフリオ?]
オスカー・ワイルド「ウィンダミア卿夫人の扇」("Lady Windermere's Fan",1892年)が"A Good Woman"のタイトルで映画化されるようだ。マイク・バーカーが監督を務め、キム・ベイシンガー、ジョセフ・ファインズ、スカーレット・ヨハンソン、トム・ウィルキンソンらが共演する模様。
EU諸国が舞台の新人監督作品に贈られる今年のEU映画賞に、ピーター・ミュラン監督"The Magdalene Sisters"が選ばれたようだ。
  5/18
映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は15日と16日、第1回アカデミー賞を受賞したウィリアム・A・ウェルマン監督「つばさ」("Wings",1927年)を、オーケストラ演奏つきで上映したようだ。
カマル・タブリーズィー監督「風の絨毯」の舞台挨拶が18日シネスイッチ銀座で行われ、工藤夕貴らが出席したようだ。「私が出演する予定ではなかった」などと発言したらしい。
「風の絨毯」に出演する榎木孝明が17日、大阪市内でPR会見に出席したようだ。
第5作まで制作された、ヘレン・ミレン主演のTVドラマ「第一容疑者」("Prime Suspect")シリーズが6年ぶりに復活するらしい。
白血病研究へのチャリティのため中年の女性たちがヌード・カレンダーを制作した、という実話に基づく、ヘレン・ミレン、ジュリー・ウォルターズ共演の新作"Calendar Girls"が、カンヌ映画祭でプレミア上映されたようだ。
ユアン・マクレガー主演の犯罪スリラー"Young Adam"がカンヌ映画祭で上映され、「『トレインスポッティング』("Trainspotting",1996年)以来最も素晴らしい演技」と絶賛されたようだ。
エミネムのニューアルバムに、元恋人マライア・キャリーからのボイスメールがサンプリングされている、という噂に対しマライアは「彼が一体何をやってるのか分からない。ちょっと度が過ぎるし、少し女々しくない?」と語ったようだ。レコード会社側は、サンプリングの事実は無い、と否定しているようだ。
ダニエル・オートゥイユ主演「発禁本 SADE」("Sade",2000年)の公開を記念して、銀座シネパトスでは初日の24日、先着50人に、SM女王七海玲央から愛のムチが1発プレゼントされるらしい。 [☆うげぇ〜]
1998年米雑誌への記事捏造が発覚した元記者のスティーヴン・グラスが、自らの体験を元にした小説"The Fabulist"を出版するようだ。映画化も予定されているらしい。
  5/19
KDDIは、Marc Newsonデザインによるコンセプトモデル「talby」を、20日から開催される「ビジネスシヨウ TOKYO 2003」に出展すると発表したようだ。ジョン・カーペンター監督長編デビュー作「ダーク・スター」("Dark Star",1974年)に登場するキャラクタからその名が付いたとか。
高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」が18日カンヌ映画祭で上映され、上映終了後は満席の観客から大きな拍手が沸き起こったようだ。
レジナルド・ミルズ監督、フレデリック・アシュトン主演「ピーターラビットと仲間たち ザ・バレエ」("Tales of Beatrix Potter",1971年)が、ピーターラビット絵本シリーズ出版100年記念を兼ねて、来月28日都内で上映されるようだ。
「インディ・ジョーンズ4」の製作が本格スタートした模様。来年撮影が行われ、公開は2005年夏頃になるようだ。
Blind Willie Johnson、Skip James、Lou Reedら伝説的ブルース・シンガーを取り上げた、ヴィム・ヴェンダース監督のドキュメンタリー映画"The Soul of a Man"が、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
米Disneyは、欧州で製作されたアニメーション映画"Renaissance"の米国内上映権を獲得したようだ。来年までに1500スクリーン以上で公開する予定とか。
「タイタンズを忘れない」("Remember the Titans",2000年)のボアズ・イエーキン監督が率いる、低予算ホラー専門の映画製作会社Raw Nerveが発足したようだ。
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")のジョエル・ズウィック監督の新作"Family of the Year"で、レイ・リオッタの主演が決まった模様。
「Kissing ジェシカ」("Kissing Jessica Stein",2001年)に主演したジェニファー・ウェストフェルトは、新作ロマンチック・コメディ"50 Ways to Leave Your Lover"に主演することが決まったようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は、フランス、オーストラリア、オランダ、台湾、タイなどでも公開がスタート、北米を除く週末興収は合わせて3190万ドルを記録、北米を加えた公開4日間の世界興収は1億6770万ドルに達したようだ。
英ニック・フラン(Nick Huran)監督が手掛けるロマンチック・コメディ"Little Black Book"で、ブリタニー・マーフィとホリー・ハンターが共演するようだ。
「エンダーのゲーム」("Ender's Game",1985年)などの作品で知られるSF作家オースン・スコット・カード(Orson Scott Card)は、米Majesco Sales社が開発するビデオゲーム"Advent Rising"の制作に協力するようだ。小説化、映画化も計画されているらしい。
第48回ドラマ・デスク賞(Drama Desk Awards)授賞式が18日開催され、ジョン・ウォーターズ監督の映画をミュージカル化した「ヘアスプレー」("Hairspray")が最優秀ミュージカル賞を含む10部門を獲得したようだ。
フランソワ・オゾン監督、シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ共演の"Swimming Pool"がカンヌ映画祭コンペ部門で上映され、絶賛を浴びたようだ。
プロではない実際の学生達をキャストに起用して高校での暴力事件を描いた、ガス・ヴァン・サント監督"Elephant"が18日、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
「ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密」("Ghosts of the Abyss")が、IMAX-3D映画としては初めてカンヌ映画祭で上映されたようだ。
全米週末興収は「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")が9330万ドルに達し、「スパイダーマン」の1億1500万ドルに次ぐ史上2位の記録でのスタートとなったようだ。総興収は1億3576万ドルを突破した模様。また、拡大公開がスタートしたユアン・マクレガー、レニー・ゼルウィガー共演の「恋は邪魔者」("Down With Love")は759万ドルで4位となったらしい。
映倫は、深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」について、作品のテーマと血が吹き出るシーンなどを理由に、R-15指定とする意向を東映に伝えたようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の日本国内でのDVDとVHSの売り上げが、発売10日間で200万本を突破したようだ。「賢者の石」よりも早いペースとか。
マイケル・ムーア、マーティン・シーン、スーザン・サランドン、ショーン・ペン、バーブラ・ストライザンド、ジョージ・クルーニーらイラク戦争反対を訴えたセレブ達の顔が描かれたトランプが、www.newsmaxstore.comで今月始めに発売され、既に3万セットの注文があったとか。
コーエン兄弟製作、スーザン・サランドン主演のミュージカル映画"Romance & Cigarettes"は、脚本に加え監督もジョン・タトゥーロが担当するようだ。ケイト・ウィンスレットの共演も決まったらしい。
ピーター・ラビットの生みの親ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)の生涯を描く、ブルース・ベレスフォード監督最新作"Miss Potter"で、ケイト・ブランシェットの主演が決まったようだ。
Xbox用ゲーム・ソフト"Dead to Rights"が映画化されるようだ。ニコラス・ケイジの主演が決まった模様。
ボリウッド映画史上最高の1000万ドルの製作費が投入された、シャー・ルク・カーン、アイシュワリヤー・ラーイ共演のラヴ・ロマンス"Devdas"が、17日ヨハネスブルグで開催された第4回インド国際映画祭(India International Film Awards)で、作品賞、監督賞を含む7部門を獲得したようだ。
映画本編に、2枚組7時間以上の特典映像を追加した3枚組DVD「ブラックホーク・ダウン -COLLECTOR'S BOX- 」が7月16日に発売されるらしい。
米Buena Vista Home Entertainmentは、利用開始から48時間のみ鑑賞可能なDVD「EZ-D」を使ったレンタルサービスを8月から試験的にスタートさせるようだ。 [☆観終わったら、ゴミ?環境にはやさしくない!]
  5/20
芥川賞作家、目取真俊の短編小説「風音」を東陽一監督が映画化するようだ。8月に沖縄でロケが行われ、来年公開予定とか。
株式会社インフォシークは20日、株式会社ギャガ・コミュニケーションズと提携した無料英語講座「映画で語学を学ぼう」をスタートさせたようだ。「シカゴ」や「ザ・コア」などが教材として使用されているらしい。
黒沢清監督「アカルイミライ」がカンヌ映画祭コンペ部門で上映され、オダギリジョー、浅野忠信、藤竜也らも出席したようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14」のロケが19日、四万十川の勝間沈下橋で行われ、西田敏行、三國連太郎、高島礼子らが参加したようだ。中村市では、橋に「ハマちゃんスーさん橋」という愛称を付けることも検討しているとか。
「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に主演する金子昇が、結婚を公表したようだ。
「TAXi」シリーズに主演するサミー・ナセリが、2000年10月に起こした暴走行為で免停になったようだ。
フィリップ・シーモア・ホフマンは、ユージーン・オニールの"Long Day's Journey into Night"でブロードウェイの舞台に立ち、スタンディング・オベーションを受けたようだ。
ミヒャエル・ハネケ監督の新作"The Time of the Wolf"がカンヌ映画祭で上映され、喝采と共にブーイングも浴びたようだ。審査委員長のパトリス・シェローが出演しているため、パームドールの選考からは外されているらしい。
カンヌ映画祭コンペ部門では、ヘクトール・バベンコ監督"Carandiru"、フランソワ・オゾン監督"Swimming Pool"、サミラ・マフマルバフ監督"Panj E Asr"、ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"が、話題を集めているようだ。
カンヌ映画祭で好評を得た"Calendar Girls"の題材となった、白血病研究のチャリティとしてヌード・カレンダーを制作した女性たちについて、舞台となった英ヨークシャーでは意見が分かれているようだ。ある村民は「3年前なら、世界で一番住みよい場所と答えたけれど、今は村を出たいと考えている」と語ったらしい。
米Artisan Entertainmentはサーフィンの歴史を描くドキュメンタリー映画"Step Into Liquid"を製作するようだ。ブルース・ブラウン監督の娘デイナ・ブラウンが監督を務めるらしい。
米New Line Cinemaは、コミック"Y - The Last Man"の映画化権を獲得した模様。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は、米国でR指定を受けているにもかかわらず、観客の22%は18歳未満だとか。
"Elephant"がカンヌ映画祭コンペ部門で上映されたガス・ヴァン・サント監督は「以前からカンヌにいきたいと思っていた。「誘う女」("To Die For",1996年)が特別上映されたが、コンペ部門に出品したことは無かった。だから、今回部門に出品できたことはとても嬉しい」と語ったようだ。To Die For
スティーヴン・ケロッグの児童書"Paul Bunyan"の実写とCGの合成による映画化で、エディ・グリフィンが声優として参加するようだ。
Kaley Cuocoの初監督作品となる低予算ホラー"Hollow"で、Backstreet Boysのニック・カーターが俳優デビューするらしい。
カンヌ映画祭に出席しているニコール・キッドマンは「10歳の時『危険な年』("The Year of Living Dangerously",1982年)の撮影現場を訪れたとき『あ、メル・ギブソンが私を見たわ』と思ったのを覚えています。彼は絶対覚えていないでしょうけど」と語ったようだ。
米Miramax Filmsは、オランダのBen Sombogaart監督によるベストセラー小説の映画化作品"De Tweeling"(Twin Sisters,2002年)の米国での上映権を獲得したようだ。
8月に開催される第56回ロカルノ国際映画祭で、特別賞に当たるGolden Leopard賞が、ケン・ローチ監督に授与されるようだ。また、同映画祭ではジャズをテーマに、クリント・イーストウッド監督「バード」("Bird",1988年)、ジョン・カサヴェテス監督「アメリカの影」("Shadows",1959年)、シャーリー・クラーク監督「クール・ワールド」("The Cool World",1963年)など50作品が特集上映されるらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の米週末興収は最終集計で9180万ドル、公開4日間の興収は1億3430万ドルとなったようだ。
ラース・フォン・トリアー監督、ニコール・キッドマン主演"Dogville"の配給権獲得競争がカンヌ映画祭を舞台に繰り広げられているようだ。米国で400万ドルから600万ドル、英国で160万ドルから330万ドルまで獲得額が上昇しているらしい。
米Sony Picturesは「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の公開に合わせて、オンライン・ビデオゲーム"Charlie's Angels: Angel X"を来月リリースすると発表したようだ。
ロッキー山脈を舞台にした新作"Dogville"を監督したラース・フォン・トリアー監督は「すっかりアメリカ人になった気分だ。でも、イラク解放キャンペーンが終わったら、アメリカ解放キャンペーンを始めたいね。アメリカは美しい国だとは思うが、行きたいとは思わない。今は、アメリカのあるべき姿とは思えないから」と語ったようだ。 [☆舞台はロッキー山脈でも、撮影はもちろんスウェーデン]
「マトリックス」("The Matrix",1999年)に"タンク"役で出演したマーカス・チョン(Marcus Chong)は、続編への出演契約が無断で破棄され中傷を受けたとして、AOL Time Warnerと製作者に対する訴訟を起こしたようだ。2000年にスタジオ側が出演料交渉を打ち切った後、チョンは嫌がらせを繰り返し、脅迫罪で逮捕されていたらしい。
殺人犯が「マトリックス・リローデッド」の影響を受けていたなどとする報道について、ジョエル・シルヴァーは「現実には起こりえないファンタジーだ。1500万人がこの作品を観ているが、彼らがどう行動するかについてコメントはできない」と語ったようだ。
米Hollywood Reporter誌は、カンヌ映画祭に合わせて豪華ヨット上で行われた「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")プロモーション・パーティを、"Four Martini"賞に選出したようだ。ロブスターやカキが素晴らしく、一人一人に握手でこたえたアーノルド・シュワルツェネッガーの対応も評価されたらしい。一方、リッツ・カールトンで行われたHong Kong Film Nightは、中華料理は良かったものの日本料理が今ひとつで、"Three Martinis"の評価となった模様。
ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"に主演したニコール・キッドマンは「ずっと女優を続けるつもりはありません。他にも興味をひかれることはあるし、もし恋に落ちたら女優を引退すると思います」と語ったようだ。
オプラ・ウィンフリーは、1986年から続く人気TV番組"The Oprah Winfrey Show"の出演契約を2年間延長することで合意し、2008年までの放送が決定したようだ。
ラース・フォン・トリアー監督最新作"Dogville"が、カンヌ映画祭で上映されたようだ。主演のニコール・キッドマンは「撮影前から監督と私はお互いに先入観を抱いていました。私と監督は森の中に入って、3時間の間、自分をさらけ出して、率直な思いを叫びながら歩きました。それで、お互いに強い結びつきを得ることが出来ました」と語ったようだ。2人は既に第二部の製作に取りかかっている模様。
手塚治虫原作のアニメーション映画「ぼくの孫悟空」で、今井絵理子が主題歌を歌うようだ。
古谷一行主演・製作による映画「手紙」が、来月2日から都内で上映されるようだ。
NHK朝の連続テレビ小説「こころ」で仲村トオルが演じる朝倉優作について、「死なせないで」という視聴者からの要望が殺到しているとか。
アントワン・フークア監督、クライヴ・オーウェン主演の新作"King Arthur"で、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ディレインの共演が決まったようだ。
ロバート・アルトマンの次回作"Ultraviolet"で、サルマ・ハエック、ジェイムズ・フランコが共演するようだ。ニューヨークが舞台のミステリーとか。
ヘンリー・セリック監督「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」("The Nightmare Before Christmas",1993年)がビデオゲームになるらしい。2004年のハロウィン頃に発売予定とか。
ホアキン・フェニックス主演"Buffalo Soldiers"のポスターで、軍服姿のホアキンがピースサインを出していることから、批判を浴びているらしい。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ニコール・キッドマンによるハワード・ヒューズの伝記映画"The Aviator"で、ジュード・ロウがチョイ役で出演するらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、ブッシュ政権が検討する公立学校の課外授業予算4億ドル削減案について「アメリカの未来は危機に瀕している」と批判したようだ。
  5/21
来月18日放送のテレビ朝日「裕次郎 最期の真実」で、石原慎太郎、北野武、渡哲也による座談会も放送されるようだ。
山城新伍監督・主演のビデオ映画「ファミリー」の製作発表が21日都内で行われ、梅宮辰夫、松方弘樹、高橋かおり、松村雄基らが出席したようだ。1本1800円で9月1日から発売されるらしい。製作費5億円とか。
岩下志麻の監督・撮影によるビデオ「わが心の『スパイ・ゾルゲ』」のPR会見が21日都内で行われたようだ。今日から発売らしい。
佐藤信介監督「COSMIC RESCUE」の製作発表が21日都内で行われ、森田剛、三宅健、岡田准一らが出席したようだ。
来月18日放送のテレビ朝日「裕次郎 最期の真実」で、これまでテレビ未公開だった「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)の一部が放送されるらしい。
知的財産戦略本部は21日、映画やアニメなどのプロデューサー要請のための専門職大学設置や奨学金制度などを盛り込んだ「知的財産推進計画案」の骨子をとりまとめたようだ。
日本音楽著作権協会は21日、2002年度の著作権使用料分配額ランキングを発表、1位は「千と千尋の神隠し」のBGMだったようだ。
米人気司会者ジェリー・スプリンガーが出演する映画"Citizen Verdict"がカンヌ映画祭で上映されたようだ。悪役を演じているとか。
SF・ファンタジー・ホラー映画アカデミー(Academy of Science Fiction, Fantasy and Horror Films)による第29回サターン賞(Saturn Awards)授賞式が18日開催され、スティーヴン・スピルバーグ監督「マイノリティ・リポート」("Minority Report")が監督賞、SF映画賞などを受賞したほか、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")がファンタジー映画賞、助演男優賞(アンディ・サーキス)などに選ばれたようだ。
M・ナイト・シャマランの次回作は"The Woods"というタイトルになるようだ。内容については全く公表されていないものの、シャマラン監督は「とてもロマンチックな作品になる」と言っているらしい。アシュトン・カッチャー、キスルティン・ダンスト、ホアキン・フェニックスらが出演交渉中の模様。
リース・ウィザースプーンは、ジャッキー・ライデン(Jacki Lyden)の回想録の映画化作品"Daughter of the Queen of Sheba"に主演するようだ。
ロバート・ルケティック監督、ケイト・ボスワース、ジョシュ・デュアメル、ネイサン・レイン共演のロマンチック・コメディ"Win a Date With Tad Hamilton!"で、ショーン・ヘイズが出演交渉中のようだ。
米Sony Pictures Imageworks製作の短編CGアニメーション"Early Bloomer"が、エディ・マーフィ主演"Daddy Day Care"と同時上映されているらしい。オタマジャクシが主人公とか。
ヴィンセント・ドノフリオとジョー・パントリアーノは、「ツイン・フォールズ・アイダホ」("Twin Falls Idaho",1999年)で編集を手掛けたレオ・トロンベッタ(Leo Trombetta)の脚本・監督による"Little Victories"で共演するようだ。
30日より全米公開となる新作アニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")について、Pixar社のジョン・ラセターは、水面下の映像をリアルに見せる技術の開発などによって「観客達を"存在してないことは分かっているけど、でも本物みたいに見える"素晴らしい場所へと誘ってくれます」と語ったようだ。
カンヌ映画祭では、没後10年を迎えるフェデリコ・フェリーニの作品20本が特集上映されているようだ。
サンパウロ刑務所を訪れた医師の体験を基にした、ヘクトール・バベンコ監督によるブラジル映画"Carandiru"が、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
米Marvel Enterprisesが「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)のライセンス契約を巡ってSony Pictures Entertainmentに対する訴訟を起こしている問題で、ロサンゼルス上級裁判所は20日、陪審員裁判を求めていたMarvel側の要求を退け、双方が選出して法廷が任命する"審判員(referee)"が裁定を行う方法による裁判を行うことを決定したようだ。
カンヌ映画祭コンペ部門で上映された「アカルイミライ」の黒沢清監督は「(これまで出品した「ある視点」部門などとは)全く違う体験だった。心憎い演出もあり、ここまで気持ちの良い上映は初めて。作って良かったと思わせてくれた」と語ったようだ。
カンヌ映画祭のレッドカーペットの上に、Gucciの赤いドレスで現れたニコール・キッドマンは、裸足だったとか。ラース・フォン・トリアー監督に「もし私がカンヌに来たら、靴を脱いで裸足でレッドカーペットを歩くと約束して」と言われていたらしい。キッドマンは「私は約束を守る女です。だから靴を脱ぎました」と語ったようだ。
カンヌ映画祭に出席したニコール・キッドマンが記者会見を行った際、"Dogville"で共演したステラン・スカルスガルドとタバコを吸っていたことについて、反喫煙団体Action on Smoking and Healthはこれを非難する声明を発表したようだ。代表のアン・ジョーンズは「彼女にはタバコを吸う権利があります。しかし、私が言いたいのは、何百万人もの人々の前でタバコを吸うことは、名声と喫煙を関連付けてしまうことになりかねない、ということです」と語ったらしい。
48時間で視聴不能となるDVDによるレンタルサービスを発表したBuena Vista Home Entertainmentに対し、環境保護論者などから疑問の声が上がっているようだ。このDVDを開発したFlexplay社社長のアート・ルブランは「埋め立てても害の無いことは確認済みだ。また、使用済みディスクをGreenDisk社に郵送してもらえば、Flexplay社が費用を負担してリサイクルする」と語ったようだ。
アメリカの優れたコメディアンに贈られるマーク・トウェイン賞(Mark Twain Prize for American Humor)に、今年はリリー・トムリンが選ばれたようだ。
マーティン・スコセッシは、ボブ・ディランの歩みを描くドキュメンタリーを監督するらしい。
北村龍平監督「あずみ」の海外向け売り込みが、カンヌ映画祭で展開されているらしい。米国、仏、独、スペイン、韓国、香港など12カ国の配給会社からオファーが殺到しているとか。8月に開催されるモントリオール世界映画祭からも出品依頼が来ているようだ。
さだまさしの小説「解夏」が映画化されるようだ。大沢たかお、石田ゆり子が共演するらしい。磯村一路が監督を務め、来年1月に公開される模様。
「チョコレート」("Monster's Ball")の脚本を手掛けたミロ・アディカは、実在の天才詐欺師を主人公にした自らの脚本"The French Hustler"で監督デビューする模様。
米ABCの法廷ドラマ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)で、ディラン・マクダーモット、ララ・フリン・ボイルらレギュラー6人の降板が決まった模様。第8シーズンは新キャストを迎えてスタートするようだ。
「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")に出演するポール・ウォーカーは「(実生活では)あまり外出はしないんだ。幼馴染とたむろしたり、キャンプに行ったり、バーベキューをするくらいさ」と語ったらしい。4歳になる娘との時間を大切にしているようだ。
「新世紀エヴァンゲリオン」が実写映画化されるらしい。米ADV Films、GAINAX、WETA Workshopの3社が共同製作するようだ。
  5/22
井筒和幸監督「ゲロッパ!」のプレミア試写会が22日都内で行われたようだ。
アニメーション映画「蓮如物語」(1998年)の配給収入を巡って、真宗大谷派が製作・配給を依頼した松方弘樹が代表を務める松プロダクションに対し起こしていた訴訟は22日、松プロ側が2300万円を支払うことで和解したようだ。
「ドニー・ダーコ」("Donnie Darko",2001年)のリチャード・ケリー監督の次回作は、超自然スリラー"Knowing"になるようだ。
ミミ・レダー監督の次回作は、マイクル・コナリーの小説"Void Moon"の映画化になる模様。9月に製作に入るようだ。
Urban Entertainmentのサイトで公開されているアニメ・シリーズ"Pookie Poo"に基づく、Universal Picturesのコメディ"Ralph"で、"Barbershop"のティム・ストーリーが監督候補に挙がっているようだ。エディ・マーフィが主演に興味を示しているとか。
マーク・ハミルが監督・主演し、「スパイダーマン」のスタン・リー、「シンプソンズ」のマット・グローニングや、「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」のケヴィン・スミスらが出演する、セミ・フィクションのドキュメンタリー"Comic Book: The Movie"の配給権を、米Miramax Filmsが獲得したようだ。
ペイトン・リード監督によるMarvelの人気コミック"Fantastic Four"の映画化で、「600万ドルの男」("The Six Million Dollar Man",1974-1978年)などを手掛けたマーク・フロストが脚本を担当するようだ。
スー・ブルックス監督、トニ・コレット主演によるオーストラリア映画"Japanese Story"の米国内配給権を、Samuel Goldwyn Filmsが獲得したようだ。秋頃公開予定とか。
各国映画作品の上映権などの取引が行われているカンヌ映画祭では、DVD市場の重要性の向上などが傾向として見られるほか、韓国などの非英語圏の作品への注目も大きくなっているようだ。
19世紀後半のカリフォルニアを舞台にポーランドの歌姫の苦悩を描く、パリGemini Films製作の"In America"で、イザベル・ユペールが主演を務めるようだ。
開催中のカンヌ映画祭コンペ部門では、ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"が、パーム・ドール最有力となっているほか、フランソワ・オゾン監督"Swimming Pool"、ヘクトール・バベンコ監督"Carandiru"などが有力視されているものの、全体としては際立つ作品がなく、混戦模様のようだ。
オーストラリアの長者番付で、ニコール・キッドマンが女性部門の10位に入ったようだ。キッドマンの資産は前年比10%増の1億2300万オーストラリアドルとか。
最新全米アルバム・チャートで、「マトリックス・リローデッド」のサントラが5位に入ったようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のロンドン・プレミアが21日開催され、キアヌ・リーヴス、ヒューゴ・ウィーヴィング、ローレンス・フィッシュバーン、ジェイダ・ピンケット・スミスらが会場を訪れたようだ。
シリーズ最新作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"のAmazon.comでの注文が、21日までに50万部を突破したらしい。全世界では87万5000部を超えたとか。
新作"The Brown Bunny"がカンヌ映画祭で上映されたヴィンセント・ギャロは、性的なシーンについて「脚本のアイデアを練っていた時、それ以外のやり方は考えられなかった。エロティスズムやポルノ、スキャンダルといったコンセプトに取り付かれているわけではない」と語ったようだ。また、ウィノナ・ライダーとキルスティン・ダンストが共演候補に上がっていたものの、ライダーは万引きで、ダンストはエージェントとそりが合わず、それぞれ断っていたことを明らかにしたらしい。
オーストラリアの砂漠を舞台にした、スー・ブルックス監督、トニ・コレット主演の"Japanese Story"がカンヌ映画祭で上映され、絶賛を浴びたようだ。
マイケル・ラドフォード監督は「ヴェニスの商人」("The Merchant of Venice")の映画化を手掛ける模様。アル・パチーノ、ケイト・ブランシェット、イアン・マッケラン、ジョセフ・ファインズらが共演するらしい。
ピアーズ・ブロスナンが世界的大泥棒を演じる新作"After the Sunset"は、「ブルークラッシュ」("Blue Crush")のジョン・ストックウェルが監督を務めるようだ。
"Scooby Doo 2: Monsters Unleashed"に、ピーター・ボイルが出演するらしい。
「アカルイミライ」が上演されたカンヌ映画祭に出席した、出演の藤竜也は「心臓に毛が生えているつもりだったけど、エンディングまでは逃げ出したかった」と語ったようだ。
元代議士、村山富市が8月公開の映画「八月のかりゆし」(高橋巖監督)で俳優デビュー、松田龍平らと共演したらしい。
  5/23
北野武監督「座頭市」が、カンヌ映画祭で早くも注目を集めているとか。完成前にもかかわらず、すでに配給権交渉の申し入れもあるようだ。
アン・リー監督「ハルク」の22分間のダイジェスト版上映が22日都内で行われたようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の日本語吹替版収録が23日都内で行われ、藤原紀香らが参加したようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")プロモーションのため、キアヌ・リーヴスが23日来日したようだ。200人以上のファンが空港に集まったとか。
スティーヴン・スピルバーグ監督「マイノリティ・リポート」("Minority Report")のDVD発売記念イベントが23日都内で行われ、日本語吹替版でトム・クルーズの声を担当した須賀貴匡が1日宣伝部長を務めたようだ。
マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")の日本興収は3億8000万円に達し、ジャック・ペラン監督「WATARIDORI」("Le Peuple Migrateur")も1億2000万円の大ヒットとなっているようだ。
「イラン文化週間」が22日から28日まで、東京の国際交流基金フォーラムで開催されるようだ。イラン映画の上映などが行われる模様。
ロウ・イェ監督"Purple Butterfly"がカンヌ映画祭で上映され、共演した仲村トオル、チャン・ツィイーらも会場を訪れたようだ。
New Line Cinemaは、現代ニューヨークを舞台にシャーロック・ホームズの子孫が探偵として活躍するタイトル未定のスリラーを企画しているらしい。
Echelon Entertainmentは、一人はナチとして、一人はユダヤ人として育てられた双子の兄弟を描く、実話を元にした脚本"Double Destiny"の映画化権を獲得したようだ。
6月からロサンゼルスで撮影が開始されるサスペンス・ドラマ"Three Way Split"で、ジーナ・ガーション、ジョイ・ブライアント、アリ・ラーター、デズモンド・ハリントンらが共演するようだ。
「フライング・ハイ」("Airplane!",1980年)のリメイク"Soul Plane"で、トム・アーノルドが出演交渉中らしい。
ラース・フォン・トリアー監督、ニコール・キッドマン主演の話題作"Dogville"の北米配給権を、Lions Gate Filmsが獲得した模様。最終獲得額は公表されなかったようだ。
13日からネット上で公開されている"Charlie's Angels: Animated Adventures"には、既に200万以上のアクセスがあったらしい。
ザ・ビートルズの1967年のアルバム"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"のジャケットをデザインしたピーター・ブレイクが、自らの作品を改良、マーロン・ブランドやシャーリー・テンプルらに代わって、ハル・ベリーやマイク・マイヤーズ、"スポーティ・スパイス"ことメル・Cら、リヴァプールにゆかりのある人物がが新たにコラージュされたようだ。
ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコンらが共演する、クリント・イーストウッド監督作品"Mystic River"が、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
映画祭開催中のカンヌで22日、エリザベス・テイラー主催のチャリティ・イベント、第10回Cinema Against AIDSが開催され、エルトン・ジョンとライオネル・リッチーがデュエットを披露したほか、エイドリアン・ブロディ、エリザベス・ハーレー、ティム・ロビンス、メグ・ライアン、スティーヴン・ソダーバーグ、アイシュワリヤー・ラーイらが出席したようだ。モニカ・セレシュのテニス・レッスン受講権やシャロン・ストーンがデザインした化粧バッグなどが競売にかけられ、130万ドル以上が集まったとか。
ラリー・ウォシャウスキー監督と離婚係争中の妻ティア・ブルームは夫が資産を隠していると主張、ロサンゼルス地裁は21日、ウォシャウスキー監督の事業資産を凍結した模様。
カンヌ映画祭を訪れている女優のジェラルディン・チャプリンは、父チャーリー・チャプリンについて「父の影にいることを、私は愛しています。その影のおかげで私は生きていけるし、その影なしでは迷ってしまうでしょう」と語ったようだ。
カンヌ映画祭で3年前からスタートした、映画の中の犬を表彰するThe Palm Dog賞が22日発表され、"Dogville"でニコール・キッドマンと共演した雑種犬のモーゼに首輪が贈られたようだ。 [☆ちなみに昨年の受賞犬は「過去のない男」の"ハンニバル"]
アントン・チェーホフの戯曲「かもめ」("The Seagull")をクロード・ミレール監督が映画化した"La Petite Lili"が、カンヌ映画祭で上映されたようだ。
小池一夫の劇画「子連れ狼」("Lone Wolf and Cub")が、ダーレン・アロノフスキー監督で映画化されるらしい。
ロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」("Charlie and the Chocolate Factory")が映画化される模様。ティム・バートンが監督を務めるようだ。
D・J・カルーソー監督、アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク共演のサスペンス"Taking Lives"に、オリヴィエ・マルティネス、ジーナ・ローランズの出演が決まったようだ。
19世紀の舞台女優、サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt)とエレオノーラ・ドゥーゼ(Eleonora Duse)を主人公にしたドラマ"The Rivals"の脚本を、スティーヴン・スピルバーグが米DreamWorksから個人的に買い取ったらしい。
「ポストマン」("The Postman",1997年)などに出演している俳優のスコット・ベアストウ(Scott Bairstow)は、妻の親戚の12歳の少女と性的関係を持ったとして、第2級強姦罪で告訴されたようだ。
ケヴィン・コスナー主演「コーリング」("Dragonfly")の試写会が22日都内で行われ、辺見えみりらが会場を訪れたようだ。
青山真治監督、役所広司、薬師丸ひろ子共演によるミステリー映画「レイクサイド マーダーケース」が山梨県でクランクインした模様。豊川悦司、柄本明黒田福美、鶴見辰吾、杉田かおるらも出演するらしい。
「少女の髪どめ」("Baran")のマジッド・マジディ監督の来日が決定した模様。27日、渋谷シネマライズで舞台挨拶に立つようだ。
米CBSは、来月開催されるトニー賞授賞式の司会に、ヒュー・ジャックマンを起用した模様。
ジョナサン・デミ監督、デンゼル・ワシントン主演による「影なき狙撃者(失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1962年)のリメイクで、メリル・ストリープの共演が決まった模様。
モロッコで行われる予定だった、バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演による"Alexander the Great"の撮影は、テロの危険を避けるため、オーストラリアで行われることになったようだ。すでにマラケシュ近郊に設営されたスタジオは放棄されるとか。
  5/24
ジャン=リュック・ゴダール監督「ウィークエンド」("Week End",1967年)、「ボーマルシェ フィガロの誕生」("Beaumarchais, l'insolent",1996年)、「ジェヴォーダンの獣」("Le Pacte des loups",2001年)など数多くの作品に出演したほか、監督なども務めた、仏俳優のジャン・ヤンヌさんが23日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「優香座シネマ」のDVD発売記念イベントが24日都内で行われ、優香らが出席したようだ。
「ピーター・パン2 ネバーランドの秘密」("Return to Never Land")のDVD&ビデオ発売記念イベントが24日都内で行われ、日本語吹替版を担当した上戸彩らが出席したようだ。
堤幸彦監督「恋愛寫眞」の記者会見が24日大阪市内で行われ、主演の広末涼子らが出席したようだ。
「六月の蛇」が24日初日を迎え、塚本晋也、黒沢あすからが舞台挨拶に立ったようだ。
26日ヴァージンシネマズ六本木ヒルズで行われる「マトリックス・リローデッド」のジャパン・プレミアでは、レッド・カーペットからキャストらが入場するほか、藤原紀香、渡辺謙、西城秀樹ら芸能人も多数訪れる予定とか。また、プレミア上映が行われる劇場を除く8スクリーンで、舞台挨拶の様子が生中継されるとか。
スー・ブルックス監督、トニ・コレット主演の"Japanese Story"で共演した綱島郷太郎も、カンヌ映画祭を訪れたようだ。
Universal Studios Hollywoodで23日、「シュレック」を題材にしたスリルライド系新アトラクションが登場したようだ。
河P直美監督「沙羅双樹」が、カンヌ映画祭で上映され、主演の福永幸平、兵頭祐香も出席したようだ。
植民地時代の1926年に製作されたナ・ウンギュ監督作品をリメイクした、イ・ドゥヨン監督「アリラン」("Arirang",2003年)が、韓国と北朝鮮でほぼ同時に公開されることになったようだ。
余分なサービスを一切省いた、入場料20ペンス(約38円)の映画館easyCinemaが英国で23日オープンしたようだ。10スクリーン、2000席の映画館にはチケット売り場も売店も無く、チケットはインターネットでのみ販売、「飲食物は自分の好きなものを持ってきてください。」ただし、「マトリックス・リローデッド」のような超大作の上映はないとか。 [☆100円で2回観られる!]
新作"The Brown Bunny"がカンヌ映画祭でブーイングを受けたヴィンセント・ギャロは「もう映画は撮らない。本気だ」と発言したらしい。「やじられるのは気持ちのいいものではない。映画にとって災難だったし、時間の無駄だった。出資者にはお詫びしたいが、もったいぶった、やりたい放題の、無意味な、魅力の無い映画を撮ったつもりは全く無い」と語ったとか。 [☆Dr.ギャロらしくない、弱気な発言・・・。]
まもなく73歳の誕生日を迎えるクリント・イーストウッドは「この30年間、引退のことを考えていた。以前はよく監督業について語ったものだが、今やその場所にいる。その時期は意外に近いかもしれない」と発言したようだ。また、「シリアスな大人のための物語が好きだ。皆と同じくらいアドベンチャー映画も好きだが、コミックを映画にするには年を取りすぎたよ。だが"Mystic River"は重いテーマの作品だったので、多くのスタジオから拒絶された。だから、もっと軽い作品を撮るべきなんだろうね」と語ったらしい。
1993年に米アーカンソー州で起こった殺人事件を元に描く映画"West Memphis Three"で、マイケル・ピット、ジェイコブ・レイノルズ、ウィリアム・H・メイシー、ジェイソン・リーらが共演するようだ。
マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")のDVDが、8月19日米国で発売されるらしい。特典映像では、ムーア監督がアカデミー賞授賞式でのスピーチについて、インタビューに答えているとか。ただし、スピーチの模様は写真のみで、映像は米映画芸術科学アカデミーの許可が得られず、収録されていないようだ。
どん底の生活から、Calvin Kleinのモデルやパンク-メタル・バンドGutterboyのリードボーカルを務めるまでになった、ディト・モンティエル(Dito Montiel)の自伝を、自らの監督・脚本で映画化する"A Guide to Recognizing Your Saints"に、ロバート・ダウニーJr.の出演が決まった模様。
中田新一監督「ウィニング・パス」で、松山ケンイチが主演を務めるようだ。事故で半身不随となった高校生が車いすバスケットと出会う、という物語とか。 [☆「AIKI」との違いをどう出すか・・・]
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の事前上映は、完成披露試写会とマスコミ試写会の2回のみで、一般向け試写会が一切行われないらしい。
人気TVシリーズ"Jackass"(2000-2001年)やその映画版にも出演したスティーヴォーが、麻薬の入ったコンドームを飲み込んで密輸入しようとしたとして、22日スウェーデンで逮捕された模様。
  5/25
東映は、27日から映画有料配信サービス「おとなの映画BB」をスターとさせるようだ。1作380円で1週間視聴できるらしい。
ピーター・グリーナウェイ監督"The Tulse Luper Suitcases: The Moab Story"がカンヌ映画祭で上映されたようだ。グリーナウェイ監督は「今日のほとんどの映画は19世紀の小説を映像化したものに過ぎず、形式的で新鮮さに欠ける。マルチメディアやインターネットなどの進展によって、従来の映画は死に絶えた。10年後にはおそらくカンヌ映画祭の存在意義はなくなっているだろう」と語ったようだ。
25日発表されるカンヌ映画祭パルムドール最有力候補について、作品に批判的な批評家でさえ、ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"を挙げているとか。他に無いらしい。
「マトリックス・リローデッド」の先先行オールナイト上映が24日全国540館で行われ、渋谷パンテオン(東急文化会館1F)では入場開始の午後7時までに、同館8階までの列が出来たとか。先先行オールナイトとしては「エピソード2」の3億5900万円を上回る興収を記録する可能性もあるらしい。
エミネムの来日公演が24日幕張メッセで行われ、4万人のファンが殺到したようだ。
ブノワ・ジャコ監督、ダニエル・オートゥイユ主演「発禁本 SADE」("Sade",2000年)が24日銀座シネパトスで初日を迎え、SM女王七海玲央のムチ1発が先着50名にプレゼントされる予定だったものの、結局希望者は16人だけだったようだ。"常連客"もいたとか。 [☆うげっ]
塚本晋也監督は、次回作のボランティアスタッフを募集中らしい。
  5/26
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のプレミア試写会が26日ヴァージンシネマズ六本木ヒルズで行われ、キアヌ・リーヴスらが舞台挨拶に立ったようだ。京タワーもグリーンにライトアップされたとか。
24日行われた「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の先先行オールナイトは、観客動員数25万8073人、興収4億1622万6300円に達し、「エピソード2」の記録を超えて、歴代最高を記録したようだ。
大澤豊監督、忍足亜希子主演の「アイ・ラヴ・ピース」の国内ロケが終了した模様。来月からアフガニスタンでロケが行われるようだ。完成後には同地での上映も計画しているとか。
8月公開予定の田崎竜太監督「仮面ライダー555」で、織田裕二主演「T.R.Y.」にも出演した米国出身の俳優ピーター・ホーが、シリーズ初の外国人ライダーとして登場するらしい。
MTV Video Music Awards Japan 2003が25日さいたまスーパーアリーナで開催され、来日中のキアヌ・リーヴスがプレゼンターとして登場したらしい。
カンヌ映画祭審査員特別賞(グランプリ)を受賞したトルコ映画"Uzak"に主演し、同映画祭の男優賞を受賞したメフメット・エミン・トプラク(Mehmet Emin Toprak)は、昨年12月に自動車事故で亡くなっていたようだ。
リン・レッドグレイヴ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ姉妹の母親で、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」("Tom Jones",1963年)、「ジェーン・エア」("Jane Eyre",1970年)などの映画や、舞台、TVなどで活躍した、英女優のレイチェル・ケンプソン(Rachel Kempson)さんが24日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。、
昨年10月に無くなったドキュメンタリー映像作家チャールズ・グッゲンハイム(Charles Guggenheim)が6年間取り組んできた最後の作品"Berga: Soldiers of Another War"がまもなく完成する模様。ドイツ軍に捕えられユダヤ人として強制労働収容所に送られた米軍兵士を描いた作品のようだ。
先日映画版も公開された人気TVコメディ"Lizzie McGuire"(2001-2004年)に主演するヒラリー・ダフ(Hilary Duff)は、同番組のシリーズ継続等ついて米Walt Disneyと会談を行ったものの、決裂したようだ。ただし、映画版"The Lizzie McGuire Movie"の続編製作については、予定通り行われる模様。
全米週末興収は、ジム・キャリー主演"Bruce Almighty"が7050万ドルで初登場1位となったらしい。戦没者追悼記念日の26日を含む週末4日間の興収は8610万ドルに達すると見られ、同時期の公開作品としては「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」("The Lost World: Jurassic Park",1997年)の9020万ドルに続く記録となる模様。一方、3720万ドルで2位となった「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は、「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)の9日間に次ぐ、11日間で総興収2億ドルを突破したようだ。
カンヌ映画祭が25日閉幕し、高校での銃乱射事件を描いたガス・ヴァン・サント監督"Elephant"に最高賞のパームドールが贈られたようだ。監督は「何年もの間カンヌ映画祭に挑戦してきたが、今こうして受賞できたことはとても嬉しい」と感激した様子で語ったとか。
森田芳光監督「阿修羅のごとく」の撮影が目黒雅叙園で行われ、深津絵里、中村獅童らが参加したようだ。
来年公開予定の阪本順治監督「クラブ進駐軍」の製作発表が25日都内で行われたようだ。萩原聖人、オダギリジョー、村上淳、松岡俊介、MITCHらが共演するほか、ピーター・ミュランも出演するらしい。
松竹は、映画オリジナルグッズが購入できる携帯サイト「Movieモバイルストア」を来月7日オープンさせるようだ。
田中直樹と、タレントの小日向しえがまもなく結婚を発表するらしい。
オードリー・ヘプバーン展が27日より銀座三越で開幕するようだ。147点の写真のほか、ポスターやドレスなどが展示されるらしい。
米Atari社のビデオゲーム"Enter the Matrix"は、発売1週間で100万本以上の売り上げを記録したらしい。
24日行われたニューハンプシャー大学の卒業式で、メリル・ストリープがスピーチに立ったようだ。卒業生に彼女の甥がいたらしい。
「フェリシアの旅」("Felicia's Journey",1999年)の原作などで知られる、ウィリアム・トレヴァーの小説をTV映画化した"My House In Umbria"が25日、米HBOで放送されたようだ。マギー・スミス、クリス・クーパー、ティモシー・スポールらが共演したらしい。
「ルパン三世 ルパンVS複製人間」(吉川惣司監督,1978年)、「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」(鈴木清順、吉田しげつぐ監督,1985年)、「ルパン三世 風魔一族の陰謀」(大塚康生監修,1987年)の3作品をセットにしたDVD-BOX「ルパン三世 DVD LIMITED BOX」が10月24日に発売されるらしい。予告篇や、TVシリーズの全オープニング、エンディング曲などを収録した特典ディスクも付くらしい。
  5/27
宮崎駿監督が制作したハウス食品のCM「おうちで食べよう。」シリーズ4作が27日、スタジオジブリで発表されたようだ。宮崎監督作詞の「お母さんの写真」を上條恒彦が歌っているとか。来月1日から放送されるらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のPR会見が27日都内で行われ、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェイダ・ピンケット・スミス、ジョエル・シルヴァーらが出席したようだ。報道陣600人、カメラ150台、TVカメラ40台が集まり、一部の記者は会場に入れなかったとか。
真木蔵人が、ファンの男性二人に対する暴行容疑で、警視庁から任意の事情聴取を受けていたようだ。真木側も暴行を受けたとして被害届けを提出しているらしい。
鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」が7月3日に広島市、5日に三次市、19日に福山市で上映されるようだ。
フー・ピン監督、チアン・ウェン、ヴィッキー・チャオ共演の新作「天地英雄」は、SARSの影響で公開が9月か10月に延期されるようだ。中井貴一も出演しているらしい。
クリント・イーストウッド監督"Mystic River"にも出演したエミー・ロッサム(Emmy Rossum)は、アンドリュー・ロイド・ウェバーが音楽と脚本を手掛けるミュージカル映画「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")で、ジェラルド・バトラー、パトリック・ウィルソンと共演するようだ。
New Line Cinemaは、ストリート・バスケットボールの世界を描く映画"Money Game"を製作する模様。「7人の侍」+「ハスラー2」風の展開になるとか。
ビクトリア王朝期を舞台に、成功を勝ち取っていく一人の娼婦を描いたMichael Faberの小説"The Crimson Petal and the White"の映画化は、「8 Mile」のカーティス・ハンソンが監督を手掛ける模様。キルスティン・ダンストが主演候補に挙がっているようだ。
「X-MEN2」("X2: X-Men United")と「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の大ヒットなどにより、今年の全米映画興行収入は14億2000万ドルに達したようだ。
米Miramax Filmsは、カンヌ映画祭で脚本賞と女優賞を獲得した、ドゥニ・アルカン(Denys Arcand)監督・脚本、マリー・ジョゼ・クローズ(Marie-Josee Croze)主演のカナダ映画"Les Invasions barbares - le declin continue"(The Barbarian Invasions)の米国内配給権を獲得したようだ。
Las Vegas Mercury Short Film Festivalが31日開催されるようだ。1分〜25分の短編60作品が上映されるらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の公開10日間の全世界興収は、北米を含めて3億6350万ドルに達したようだ。英国では歴代4位の1980万ドル、ドイツで同6位の1410万ドル、スペインで同2位の700万ドルのオープニングを記録した模様。
ライザ・ミネリは25日、滞在中のイタリアのホテルで転倒、膝頭を骨折する重傷を負ったようだ。27日夜に開催されるチャリティ・コンサートには予定通り出演し、ルチアーノ・パヴァロッティと"New York, New York"をデュエットするとか。
戦没者追悼記念日を含む週末4日間の全米週末興収は、ジム・キャリー、ジェニファー・アニストン、モーガン・フリーマン共演のコメディ"Bruce Almighty"が8640万ドルで初登場1位となった一方、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は4563万ドルで2位に後退したようだ。また、「あきれたあきれた大作戦」("The In-Laws",1979年)をマイケル・ダグラス主演でリメイクした"The In-Laws"は913万ドルで5位のスタートとなった模様。
来日中のキアヌ・リーヴスは、多くのセレブがSARSの影響で来日を取り止めていることについて「僕は何も恐れてないよ」と語ったようだ。
27日行われる「マトリックス・リローデッド」来日記者会見の模様がネット中継されるらしい。キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェイダ・ピンケット・スミスらが出席予定とか。
31日に73歳の誕生日を迎えるクリント・イーストウッドの「ダーティハリー」復帰を望む声は、今もハリウッド幹部にあるようだ。イーストウッドは「僕がハリー・キャラハン復活の提案をしたこともあった。だが、立ち去るべき時は来るものだし、今の僕に相応しくはない」と語ったようだ。 [☆ヒュー・ジャックマン主演で新シリーズ、って言うのはダメ?]
31日から有楽町スバル座で開催される「Love Chaplin! チャプリン映画祭」は、チャーリー・チャプリンの特集上映としては30年ぶりとか。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演による人気TVシリーズ「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の映画化で、ジム・キャリーがダーリン役の候補に上がっているようだ。
クエンティン・タランティーノは、英Premier Leagueを舞台にしたサッカー映画"Goal!"を企画しているらしい。3部作になる予定とか。
  5/28
松岡錠司監督「さよなら、クロ」の出演者による会見が28日都内で行われ、妻夫木聡、伊藤歩、新井浩文らが出席したようだ。
篠田正浩監督は28日、母校早稲田大学の大隈講堂で講演を行ったようだ。
ルイ=パスカル・クヴレア監督、ジャン=ユーグ・アングラード主演「略奪者」("Sueurs")のPRイベントが28日都内で行われ、安岡力也、根本はるみらが参加したようだ。
東京目黒の日の丸自動車学校の建物に組み込まれた巨大な球形のオブジェが、来月公開のSF映画「ザ・コア」の広告に変身しているらしい。映画の立体広告としては史上最大規模とか。 [☆目黒の"オデキ"もこれで見栄えが良くなった・・・]
「東京物語」(1953年)、「秋刀魚の味」(1962年)など小津安二郎監督作品34本を収録する「小津安二郎DVD-BOX」が9月から発売されるようだ。28日都内で行われた松竹の発売発表会には有馬稲子らが出席したらしい。
さだまさし原作、磯村一路監督「解夏」の長崎ロケが27日行われ、大沢たかお、石田ゆり子らが参加したようだ。
来月18日放送のテレビ朝日「裕次郎 最期の真実」内で放送される、石原まき子と長嶋茂雄の対談が25日行われたようだ。
「ミッション・クレオパトラ」("Asterix & Obelix: Mission Cleopatre")でモニカ・ベルッチが着用した18万ドル相当のクレオパトラの衣装が25日夜、カンヌのホテルから盗まれていたらしい。ホテルのウェイターが27日、窃盗容疑で逮捕された模様。衣装は戻ったものの、ボロボロだったとか。
米20世紀FOXは、人気TVシリーズ"American Idol"からのスピンオフ映画"From Justin to Kelly"のビデオリリースについて、当初劇場公開される来月13日の6週間後を予定していたものの、劇場主側が難色を示したため、9月前半まで延期したようだ。
Electronic Artsが11月に発売するビデオゲーム"James Bond: Everything or Nothing"では、ピアース・ブロスナン、シャノン・エリザベスらが声優として参加しているほか、007シリーズを手掛けるブルース・フェアスタインが脚本を担当しているらしい。
トニー賞受賞の"Thoroughly Modern Millie"を手掛けた舞台監督のマイケル・マイヤー(Michael Mayer)は、米Warner Bros.製作の"A Home at the End of the World"で映画監督デビューするらしい。コリン・ファレル、ロビン・ライト・ペン、シシー・スペイセクらがキャストの候補に挙がっているらしい。
米国合衆国憲法の中に隠された暗号を解読し、1700年代に埋められた宝の行方を追う、という展開のディズニーの新作"National Treasure"でニコラス・ケイジの主演が決まったようだ。ジョン・タートルトーブが監督を務め、ジェリー・ブラッカイマーらが製作にあたるらしい。
ピーター・ホーウィット監督、ピアーズ・ブロスナン、ジュリアン・ムーア共演のロマンチック・コメディ"The Laws of Attraction"に、「サハラに舞う羽根」("The Four Feathers")などに出演しているマイケル・シーンの参加が決まったようだ。パーカー・ポージーも共演するらしい。
米Paramount Picturesは、アヴリル・ラヴィン(Avril Lavigne)の大ヒット曲"Sk8er Boi"の歌詞を元にした映画を製作するらしい。ミュージカルではないものの、音楽に重点をおいた作品になるとか。
ルチアーノ・パヴァロッティらが主催するイラク難民支援のためのチャリティ・コンサートが27日イタリアのモデナで開催され、ボノらが出演したようだ。また、骨折で入院していたライザ・ミネリは、病室からの中継で登場、"Life is a cabaret, my friends"をアカペラで歌ったとか。
松竹は28日、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")の国内興収について、当初予想の120億〜150億円を大幅に下回る80億円にとどまる模様であると発表したようだ。
マドンナは、傾倒しているユダヤ教神秘主義(Kabbalah)が建設する新しいビルに数百万ドルを寄付したらしい。自宅のすぐ近くに建設されるとか。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のあるシーンで、壁一面に埋め込まれたビデオモニターに悪の指導者としてアドルフ・ヒトラーと共にジョージ・W・ブッシュが映っているとして、米団体Patriotic Americans Boycotting Anti-American Hollywoodは、同作品をボイコット・リストに加えた模様。実際には、ガンジーやジョン・ケネディらも映っているのを見逃した(?)ようだ。
ベン・アフレックとジェニファー・ロペスは、結婚式の写真の独占契約交渉を進めている模様。英OK!紙が有力候補とか。
29日100歳の誕生日を迎えるボブ・ホープは、自宅で家族と共に誕生日を祝う予定とか。
ブルガリ・ブリリアントドリーム・アワード2003の授賞式が27日都内で行われ、中村獅童に個人賞が、スタジオジブリに団体賞が贈られたようだ。
清水崇監督、酒井法子主演「呪怨2」の完成披露試写会が27日都内で行われたようだ。上映前に降霊師高野モナミによる降霊が、上映後にはお払いが行われたとか。
来日中のキアヌ・リーヴスは、27日の六本木ヒルズでの記者会見の後、京都入りしたようだ。
コリン・ファースの次回作は、内戦の続くアンゴラを舞台にしたドラマ"The Dead Wait"になるようだ。
今年7回目のエミー賞を獲得した、読書の楽しさを子供達に紹介する米TV番組"Reading Rainbow"(1983年-)が、資金難から存続の危機にあるらしい。番組開始時からホストと制作総指揮を務める(ジョディ・ラ=フォージこと)レヴァー・バートンは「子供達や自分たち自身にとってこの番組がどれほど大切か、語らずにいた日はありません」と番組継続を訴えたようだ。
ケネス・ブラナーと、TVドラマのアート・ディレクターを務める恋人のリンゼイ・ブルノックが、先週末結婚式を挙げたようだ。現在ハネムーン中で、場所などは公表されていない模様。
ロサンゼルスの高校生数百人が、社会科教育の一環としてスティーヴン・スピルバーグ監督との会合を開き、「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)について語り合ったようだ。
  5/29
井坂聡監督「マナに抱かれて」の完成会見が29日都内で行われ、川原亜矢子、西島秀俊、松田弘らが出席したようだ。
アンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントンの離婚が27日正式に成立したようだ。
井上靖の「蒼き狼」が、日本=モンゴル共同製作で映画化されるようだ。製作費10億円で2006年公開予定とか。
「ネメシス/S.T.X」("Star Trek: Nemesis")のDVDが25日米国で発売され、発売5日間で130万枚が売れたらしい。
第21回ロサンゼルス・ゲイ&レズビアン映画祭(Outfest)が7月10日から21日まで開催されるようだ。マコーレー・カルキン、セス・グリーン、クロエ・セヴィニー、ディラン・マクダーモットらが共演する新作"Party Monster"がオープニング上映されるらしい。
ドロシー・アリソン(Dorothy Allison)のベストセラー小説"Cavedweller"が映画化されるようだ。キーラ・セジウィックが主演と、共同製作総指揮を務めるほか、夫のケヴィン・ベーコンも脇役で出演するらしい。
TVドラマシリーズ"Without a Trace"(2002年-)でアンソニー・ラパリアと共演するポピー・モンゴメリー(Poppy Montgomery)は、新作ロマンチック・コメディ"50 Ways to Leave Your Lover"で、ポール・シュナイダー、ジェニファー・ウェストフェルト、フレッド・ウィラードらと共演するようだ。
「ゴスフォード・パーク」("Gosford Park",2001年)の脚本でアカデミー賞を獲得した俳優のジュリアン・フェローズが、英国映画"A Way Through the Woods"で監督デビューするようだ。トム・ウィルキンソン、エミリー・ワトソンが共演するらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の公開12日間の全米興収が2億950万ドルに達したことから、今年のWarner Bros.の総興収は4億8620万ドルとなり、15.6%のトップシェアを獲得した模様。以下、ディズニーが4億5810万ドル(14.7%)、ソニーが4億2570万ドル、20世紀FOXが4億2540万ドルで続いているようだ。
全米興収2100万ドルに終わったデンゼル・ワシントン初監督「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」("Antwone Fisher")のDVDとVHSが米国でリリースされ、発売5日間で2600万ドルの売上を記録したようだ。DVDだけで100万枚以上が売れたらしい。
「フライング・ハイ」("Airplane!",1980年)を現代版にした、スヌープ・ドッグ主演の新作コメディ"Soul Plane"で、"Friday After Next"(2002年)のソンモア(Sommore)と、「奪還 DAKKAN アルカトラズ」("Half Past Dead",2002年)のモニーク(Mo'Nique)が出演交渉中のようだ。
ロン・ハワード監督の娘、ブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)が、M・ナイト・シャマラン監督の次回作"The Woods"で映画デビューするらしい。出演候補だったキルスティン・ダンストが、キャメロン・クロウ監督・脚本の"Elizabethtown"に興味を示し候補から降りたため、新たな主演女優として名前が挙がったようだ。
「サラマンダー」("Reign of Fire")を製作したSpyglass Entertainmentは、同映画を題材にしたビデオゲーム"Reign of Fire"の著作権料が未払いであるとして、ゲーム制作会社に対する訴訟を起こしたようだ。
ミュージカル版「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings")が、2005年春にロンドンで上映されるらしい。総製作費1300万ドルとか。
右ひざを骨折していたライザ・ミネリの手術が28日行われ、無事成功したようだ。
全米大ヒット中のジム・キャリー主演"Bruce Almighty"に登場する"神様への電話番号"が、通常映画で使われる555で始まる架空の番号ではなく実在する番号だったため、全米各地でイタズラ電話が殺到しているらしい。
フィラデルフィアの作曲家2人が、ブリトニー・スピアーズに対してメロディを盗作したとして訴訟を起こしていた問題で、米地方裁判所は十分な証拠がないとして、訴えを棄却したようだ。
サンディエゴの高校生グループは、ウィノナ・ライダーの万引き事件を題材にしたミュージカル"Sticky Fingers: A Tale of Saks, Lies and Videotape"を製作したらしい。今週から上演される舞台にはライダーも招待されたものの、返事は来ていないとか。
清水崇監督、酒井法子主演「呪怨2」の世界24カ国での配給が決定した模様。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")プロモーションのため来日中のキアヌ・リーヴスらが28日、大阪市内で記者会見を行ったようだ。記者400人が集まったとか。
草なぎ剛は、30日放送のフジテレビ「チョナン・カンSP」の企画で、「二重スパイ」に主演するハン・ソッキュと対談したようだ。
ニコラス・ケイジ主演による「ウィッカーマン」("The Wicker Man",1973年)のリメイクは、ニール・ラビュートが監督を務める模様。アンジェリーナ・ジョリーとウィノナ・ライダーが共演候補に挙がっているとか。
  5/30
米映画協会はロバート・デ・ニーロに功労賞を授与すると発表したようだ。
深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の、英国、ドイツ、ロシアほか世界13カ国での公開が決定した模様。カンヌ映画祭のマーケット会場でダイジェスト版が上映され注目を集めたようだ。
キム・ヒョンジョン監督「二重スパイ」プロモーションのため、主演のハン・ソッキュが来日、29日都内で記者会見を行ったようだ。
ゆふいん文化・記録映画祭」が30日、大分県湯布院町で開幕したようだ。
「セイブ・ザ・ラスト・ダンス」("Save the Last Dance",2001年)のトーマス・カーターは、リッチモンド高校バスケットボール・チームで活躍した実在のコーチを描く"Back in the Day"で監督を務める模様。
ボブ・ホープの100祭の誕生日を祝うイベントが29日ハリウッドで開催されたようだ。これに合わせ、ハリウッドの交差点が"Bob Hope Square"と改称されたほか、カリフォルニア州ほか全米30州がこの日を"Bob Hope Day"と宣言したらしい。
30日より全米公開される新作アニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の海賊版対策として、Walt Disneyはセキュリティ会社Burns Pinkertonと契約、金属探知器や暗視ゴーグルなどを使って試写会の観客をチェックしたらしい。警備を務めた人物は「ほとんどの人はテロ対策だと思っている」と語ったようだ。
30日より全米3374スクリーンで公開がスタートする、Pixar Animation Studios製作の最新フルCGアニメーション「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")は、「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.",2001年)のオープニング興収6260万ドルの記録を超えることは難しいものの、2週目を迎える"Bruce Almighty"を抑えて、初登場1位となるのは確実なようだ。
ボリス・アクーニン(Boris Akunin)の探偵エラスト・ファンドーリン・シリーズ最新作「堕ちた天使―アザゼル」("The Winter Queen")の映画化権を、ポール・ヴァーホーヴェンが獲得したようだ。
「コットンクラブ」("The Cotton Club",1984年)、「タップ」("Tap",1989年)などにも出演した伝説的タップ・ダンサーの"サンドマン"ことハワード・シムズ(Howard Sims)さんが20日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジェニファー・ロペスは、ベン・アフレックとの結婚式の写真の独占報道契約について、ある雑誌社から100万ポンドを提示されたものの、これを断ったらしい。
高倉健のエッセー「旅の途中で」が30日発売されたようだ。
フルーツ・チャン監督「ハリウッド★ホンコン」("Hollywood Hong-Kong")に主演するジョウ・シュンの来日が決定した模様。来月8日、HMV渋谷でトーク&サイン会が開催されるらしい。
「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編"Bridget Jones: The Edge of Reason"に主演するレニー・ゼルウィガーの出演料は2250万ドルとか。体重もまた9キロ増やすらしい。
ベン・アフレックは、Lorealのメンズ製品のイメージキャラクタに起用されたようだ。
マーク・フォースター監督による超自然スリラー"Stay"に、ユアン・マクレガーが出演する模様。
米Walt Disneyは、ロバート・シュベントク監督、ジェット・リー主演のアクション映画"Labor Day"を企画しているらしい。
米ブロードウェイでの過去1年間の興行収入は7億2090万ドルに達し、前年比で12%上昇したようだ。イラク戦争による旅行客の減少や、音楽家らのストなどがあったものの、ミュージカル「ヘアスプレー」("Hairspray")の大ヒットを始め、スタンリー・トゥッチ、エディ・ファルコ共演の"Frankie and Johnny in the Clair de Lune"、サム・メンデス監督によるミュージカル"Gypsy"などが牽引役となった模様。
ブレイク・エドワーズ自ら監督を務める「テン」("10",1979年)のリメイクで、コリン・ファレルとクリスタナ・ローケンの主演が決まったようだ。
  5/31
ハリソン・フォードの星型が30日、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。式典にはキャリスタ・フロックハートと出席、お祝いに駆けつけたスティーヴン・スピルバーグは「インディ・ジョーンズ4」の来年製作開始を宣言したとか。
ボブ・ドルマン監督、ゴールディ・ホーン、スーザン・サランドン共演「バンガー・シスターズ」("The Banger Sisters")が31日公開され、銀座シネパトスで吉井怜による公開記念トークショーが行われたようだ。
「それいけ!アンパンマン ルビーの願い」と同時上映されるアニメ映画「怪傑ナガネギマンとドレミ姫」の公開アフレコが日都内で行われ、香坂みゆきらが参加したようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")プロモーションのため、キャメロン・ディアス、ルーシー・リューが来日したようだ。 [☆いろいろあったようですが・・・キャメロンようやく来日!]
バーブラ・ストライザンドは、カリフォルニア海岸の侵食の現状を記録するウェブサイトに自宅の写真が掲載されているのはプライバシーの侵害であるとして、写真の削除と1000万ドルの支払いを求める訴訟を起こしたようだ。
ショーン・ペンは、対イラク戦争を批判する4000語の公開文書を、米New York Times紙に掲載したようだ。
リアン・ライムスは、リース・ウィザースプーン主演"Legally Blonde 2: Red, White & Blonde"の主題歌"We Can"をレコーディングしたようだ。
Revolution Studiosは、ティム・ファーリントン(Tim Farrington)の小説"The Monk Downstairs"のオプション契約を取得した模様。ジュリア・ロバーツの製作会社Red Om Filmsと「アバウト・シュミット」("About Schmidt")のプロデューサー、マイケル・ベスマン(Michael Besman)が製作にあたり、「フィラデルフィア」("Philadelphia",1993年)を手掛けたロン・ナイスワーナー(Ron Nyswaner)が脚本を担当するようだ。
ミラ・ジョヴォヴィッチは、カート・ウィマー監督・脚本による21世紀後半を舞台にしたヴァンパイア映画"Ultraviolet"に主演するようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")に主演するキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人が、来月2日に六本木ヒルズで行う来日会見の模様がネット中継されるらしい。
作曲家コール・ポーターの半生を描く、アーウィン・ウィンクラー監督、ケヴィン・クライン、アシュレイ・ジャッド共演の新作"De-Lovely"で、エルヴィス・コステロ、アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、ロビー・ウィリアムス、ダイアナ・クラールらがミュージカル・シーンに出演するようだ。
終了した人気TVシリーズ「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)にジャイルズ役で出演したアンソニー・スチュワート・ヘッドは、役のイメージを払拭したいか?という問いに対し「そんなことは無い。番組としても、ビジネスとしてもとても素晴らしいものでした。一生そのイメージに付きまとわれるぞ、と皆には言われたけど、何の問題もないよ」と語ったようだ。
新作コメディ"13 Going on 30"を撮影中のジェニファー・ガーナーは「『ビッグ』("Big",1988年)のような映画なんだけど、ナーヴァスにさせられる。だって、トム・ハンクスはとても輝いていて、素晴らしくて、美しかったから、自分と比べてしまうとイライラするわ」と語ったようだ。