シネマトピックス(2004年1月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  1/1
フランスで31日、失業手当の改定に抗議した俳優やスタッフらおよそ100人が、エッフェル塔の天辺に旗を掲げようとしたため、エッフェル塔が20分ほど閉鎖される事態となったらしい。
「スタア誕生」("A Star is Born",1976年)、「アンカーウーマン」("Up Close & Personal",1996年)などの作品を手掛けたほか、ジャーナリスト、作家、文芸評論家としても活躍した、米脚本家のジョン・グレゴリー・ダン(John Gregory Dunne)さんが先月30日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
レオナルド・ディカプリオとジゼル・ブンチェンの結婚式はブラジルのサンパオロにあるジゼルの実家で行われる模様。ジゼル家族は、マドンナの結婚式のようなサーカスは望まないが、グウィネス・パルトロウのような駆け落ちも困る、と言ってるらしい。
興行的に大失敗した"Gigli"について、ベン・アフレックは「映画が大失敗なのは分かっていたよ。100点満点で28点とか31点とかそんなもんだ。もしほかの俳優が出演していたとしても"Gigli"が成功したとは思えないな。もっと静かに消えて行っただろうけど」と語ったようだ。
レネー・ゼルウィガーは、「ブリジット・ジョーンズ」シリーズへの出演で体重の増減ばかりが注目を集めることについて「悲しくなるわ。何でこれほど興味を引くのか理解できない。ただの仕事なのよ。演じるキャラクタに似せようとしているだけなの。1ポンド体重を増やすごとにボーナスが支払われるとか、1日20個ドーナツを食べたとか、そんな噂は全くのでたらめよ」と語ったようだ。
  1/2
敬虔なイスラム教国インドネシアの首都ジャカルタで、コメディ映画"Arisan!"が公開されたようだ。同性愛者のキスシーンや性的なシーンを含むにもかかわらず、検閲局はほとんどカットしなかったため、同国の映画産業関係者を驚かせているらしい。
レオナルド・ディカプリオは、アシュトン・カッチャーが司会を務める米MTVの人気TV番組"Punk'd"で、婚約者ジゼル・ブンチェンをイタズラの"犠牲者"に計画していると知り激怒、中止させたらしい。
先月29放送の米NBC"Tonight Show with Jay Leno"に出演したベン・アフレックは、「大晦日にジェニファー・ロペスとラスヴェガスに行く」と発言、ジェイ・レノが「(結婚の)噂が広まるぞ」と答えたことから、アフレックはあわてて「親友のマット・デイモンも一緒だ」と付け加え、墓穴を掘ってしまったらしい。
先月の誕生日パーティで、ブラッド・ピットはジェニファー・アニストンの好きなDuran DuranのSimon Le Bonの衣装を身にまとい、カラオケで"Wild Boys"を歌ったらしい。アニストンは大喜びだったとか。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")で、ピーター・ジャクソンは興行収入の5%を手にする契約となっていることから、監督は毎分1267ドルを稼いでいる計算になるとか。
インドで月20館のペースでデジタル映画館をオープンさせる企業が登場したらしい。また、中国、スウェーデンでも映画館のデジタル化が進んでいるようだ。
  1/3
角川ホールディングスは9日、映像作品の専門販売会社「角川エンタテインメント」を設立する模様。これまで他社に委託していたDVDの販売や、ブロードバンドでの映像配信などを自社に切り替えるようだ。
嵐のコンサートが2日横浜アリーナで行われ、3月公開の主演映画「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」の主題歌など全20曲を熱唱、会場は1万5000人のファンで超満員となったようだ。
出崎哲監督のアニメーション映画「ハードル」の製作を支援するため、宮城県古川市の市民団体が「ひとコマ製作券」を1枚1000円で販売しているようだ。鑑賞券を兼ねた「製作券」には、同じ青木和雄原作の長編アニメーション「ハッピーバースデー」の映画フィルム1コマが貼り付けられているらしい。
TVシリーズ"The Crocodile Hunter"(1996年-)やその映画版"The Crocodile Hunter: Collision Course"(2002年)にも出演しているスティーヴ・アーウィン(Steve Irwin)が、オーストラリアで2日行ったショーで、生後1ヶ月の息子を抱えたまま、巨大なワニに餌をやるなどしたため、観客らから非難を浴びているらしい。
英国で高視聴率を記録した同名番組に基づくリアリティ・シリーズ"Airline"18エピソードが、米CATV局のA&E Networkで5日から放送されるようだ。Southwest Airlinesの乗客やスタッフたちをカメラが追う番組らしい。
ウディ・アレン監督"Anything Else"に出演したジェイソン・ビッグスは「僕のヒーローと働くのは、本当に恐ろしかった。でも神経質になっている僕をなだめてくれたりはしなかったよ。彼は僕に『今のテイクは眠くなったよ』というようなメモを渡してくるんだ」と語ったらしい。
駐留米軍部隊慰問のため中東を訪れたベン・アフレックは「『足の裏を見せてはいけない』という習慣をすっかり忘れていたんだ。ある空港で足を投げ出して座っていたら、イエメンの王子が現れて、その護衛に怒鳴られたよ」と語ったようだ。
米国で制作された、「薬物乱用」「自尊心」「拒食症」「過食症」「アルコール依存症」「鬱」の6つをテーマにした、アニメーションによる公共広告で、バーバラ・ウォルターズ、ニコール・キッドマン、サラ・ジェシカ・パーカー、ハル・ベリー、ジェニファー・ロペスらがナレーションを務めているらしい。
TV番組"Entertainment Tonight"は、2003年のホットなセレブtop10を発表、1位にジェニファー・ロペスが選ばれ、以下、ジェニファー・アニストン、マイケル・ジャクソン、ベン・アフレック、ニコール・キッドマン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ブリトニー・スピアーズ、デミ・ムーアと続いたようだ。
米HBOの人気TVシリーズ"Sex and the City"(1998-2004年)の最終シーズンが4日スタートするようだ。その結末については全く明らかにされていない上、複数のエンディングが撮影されているらしい。
アルフレッド・ヒチコック監督の「三十九夜」("The 39 Steps",1935年)がリメイクされる模様。「チャイナタウン」("Chinatown",1974年)やトム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」シリーズの脚本を手掛けたロバート・タウニー(Robert Towne)が脚本を監督を務めるようだ。
  1/4
第46回ブルーリボン賞のノミネーションが3日発表され、作品賞に「阿修羅のごとく」「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」「座頭市」「ヴァイブレータ」「ジョゼと虎と魚たち」「ゲロッパ!」「六月の蛇」など13作品が候補に挙がったほか、主演男優賞に織田裕二、菅原文太、妻夫木聡、西田敏行、ビートたけしの5人、主演女優賞に池脇千鶴、市原悦子、竹内結子、寺島しのぶ、常盤貴子、観月ありさの6人がノミネートされたようだ。
ブリトニー・スピアーズが3日ラスヴェガスで結婚式を挙げた、と複数のメディアが報じた模様。相手は、幼馴染で同い年のジェイソン・アレクサンダー(Jason Alexander)という男性らしい。
新年最初の米国週末興収は、新作の全国公開がないため、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が2500万ドル前後で引き続きトップを維持、以下も前週とほぼ同様の順位となる模様。
ユマ・サーマンとの別居以降、イーサン・ホークは相当落ち込んでいるらしい。友人達は、ニューヨークで愛犬と暮らしている彼の健康を気遣っているとか。
オーランド・ブルームは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の続編出演について「英国の短くて寒い冬は耐えられないよ。僕は夏が好きなんだ。もうすぐ、ジョニー・デップとカリブ海に戻るんだ。カリブ海での仕事に不満なんか無いよ!」と語ったようだ。
マーク・ウォールバーグとジェシカ・アルバのデートが、マイアミで目撃されたらしい。
4年間交際を続けていたケイティ・ホームズとクリス・クラインが昨年末、婚約したようだ。結婚式の日取りはまだ未定とか。
フジテレビは、戦前に日本に渡った韓国女性チョン・ビョンチュンの半生を描くドキュメンタリー映画「母よ!」を製作する模様。昨年放送した同名のキュメンタリー番組の取材映像を再編集するらしい。
モデル兼タレントの佐藤純が、家永浩輔監督「DERIVERY HEALTH」で女優デビューするらしい。
  1/5
「バス通り裏」(1958-63年)、「事件記者」(1958-66年)、「おはなはん」などのドラマを手掛けた、NHK元会長の坂本朝一さんが先月31日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「誰よりも君を愛す」「お座敷小唄」などのヒット曲で知られ、「濡れ髪三度笠」(田中徳三監督,1959年)、「初春狸御殿」(木村恵吾監督,1959年)、「小雨の夜に散った恋」(吉村廉監督,1960年)などの映画にも出演した、和田弘とマヒナスターズのリーダー、和田弘さんが5日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「SPY_N」(スタンリー・トン監督,2000年)、「MOON CHILD」(瀬々敬久監督,2003年)などに出演しているワン・リーホンは、今年公開予定の日本映画に出演しているらしい。沖縄でロケが行われたようだ。
横綱審議委員会のけいこ総見が5日、東京・両国の国技館で行われ、山田洋次監督も参加したようだ。
3日ラスヴェガスで挙式したブリトニー・スピアーズは、同日午後、離婚の手続きに入ったらしい。
中国各地のCDショップでは、先月亡くなったアニタ・ムイの作品を集めた特設コーナーが設けられているとか。
楽天とローソンは5日、映画や演劇などのチケット販売で業務提携すると発表したようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの2003年10-12月の入場者数は、前年度同期比57.3%増の282万人となったようだ。
神山征二郎監督「草の乱」がクランクアップした模様。9月公開となるようだ。
愛知万博に合わせて名古屋駅近くに設置される「ささしまサテライト会場」の概要が5日発表されたようだ。映画館やライブハウス「Zepp」も開設されるらしい。
2003年の全米年間映画興行収入は、前年比0.5%ダウンの9億2700万ドルで、1991年以来初めて前年を下回ったようだ。
10日開催される米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)賞授賞式で、クリント・イーストウッドに特別功労賞が授与されることが決まったようだ。
11日行われる第15回パームスプリングス国際映画祭(Palm Springs International Film Festival)の授賞式で、ナオミ・ワッツにデザート・パーム功労賞(Desert Palm Achievement Award)が授与されるようだ。
全米週末興収は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が3075万ドルで3週連続1位を獲得、総興収は2億9000万ドルを越えた模様。そのほか先週と順位の大きな変動はなかったものの、拡大公開となった「カレンダー・ガールズ」("Calendar Girls")が9位に浮上したようだ。
元恋人ジャスティン・ティンバーレイクの"Cry Me a River"のミュージック・ビデオでストーカーのように描かれていることに傷ついたブリトニー・スピアーズは、新曲"Toxic"のPVで復讐するらしい。さらに、スチュワーデスや黒猫などのコスプレも披露するとか。 [☆電撃結婚も復讐か??]
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクは、コロラドのスキー場でスノーボードを楽しんだようだ。人目も気にせず熱いキスを交わしていたとか。
ニコール・キッドマンは、レニー・クラヴィッツと共に移り住んだニューヨークの高級マンションについて、あまりに目立つのでもっと静かな場所で暮らしたい、と言っているらしい。
「ゴールド・ディガース」("Gold Diggers of 1933",1933年)などのミュージカル映画やブロードウェイの舞台で女優としても活躍した、米国人歌手のエッタ・モーテン・バーネット(Etta Moten Barnett)さんが2日亡くなった(102歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米映画批評家協会(The National Society of Film Critics)賞が4日発表されたようだ。
■作品賞 "American Splendor"
■監督賞 クリント・イーストウッド(「ミスティック・リバー」)
■脚本賞 シャリ・スプリンガー・バーマン&ロバート・プルチーニ("American Splendor")
■主演男優賞 ビル・マーレイ(「ロスト・イン・トランスレーション」)
■主演女優賞 シャーリーズ・セロン("Monster")
■助演男優賞 ピーター・サースガード("Shattered Glass")
■助演女優賞 パトリシア・クラークソン("The Station Agent"ほか)
■ノンフィクション賞 「ぼくの好きな先生」("To Be and To Have")
■外国語映画賞 「過去のない男」("The Man Without a Past")
三池崇史監督、哀川翔主演「ゼブラーマン」に登場する主人公ゼブラーマンが4日、埼玉で開催された「ハッスル1」でプロレス・デビュー、日高郁人を必殺技"ゼブラーボム"で倒し、デビュー戦を勝利を飾ったようだ。
ニコール・キッドマン、ジュード・ロウ、レネー・ゼルウィガー共演の新作"Cold Mountain"のチャリティ・プレミアが、アンソニー・ミンゲラ監督の生まれ故郷であるワイト島で開催され、ミンゲラ監督が参加したようだ。
  1/6
吉行和子、原田美枝子共演の「折り梅」(松井久子監督,2002年)が、福岡を中心にヒットしているらしい。公開当初は注目されなかったものの、地方での自主上映で徐々に評価が高まったようだ。
石原プロモーションの仕事始め式が5日都内で行われ、舘ひろしは「今年はゼロからのスタートのつもりで取り組みたい」と挨拶したようだ。
16日より韓国で上映が始まるイ・ソンジェ、ソン・スンホン、キム・ハヌル共演の新作「氷雨」の、ミュージックビデオとポスター第2弾が公開されたようだ。
フォン・シャオガン監督の新作「手機」は、中国での公開10日間の興収が3500万元に達した模様。
ツイ・ハーク監督、ジェイ・チョウ主演による「頭文字D」の映画化は、3月から日本で撮影が始まる模様。エディソン・チャンのほか、ショーン・ユー、アンソニー・ウォンらも共演するらしい。
サミュエル・L・ジャクソンが実在の高校バスケット・コーチを演じる、トーマス・カーター監督の新作"Coach Carter"で、人気歌手アシャンティ(Ashanti)が映画デビューするようだ。今月から撮影が始まる模様。
Universal Studiosの親会社であったMCAで会長兼CEOを務めたルー・ワッサーマン(Lew Wasserman,1913-2002年)を描く長編ドキュメンタリー映画"The Last Mogul: The Life and Times of Lew Wasserman"が製作される模様。カナダのベテラン監督バリー・アヴリッチ(Barry Avrich)が脚本と監督を手掛けるようだ。なお、デニス・マクドゥーガル(Dennis McDougal)による伝記"The Last Mogul: Lew Wasserman, MCA and the Hidden History of Hollywood"とは関係ないらしい。
マイク・ニコルズ監督は、来月7日に開催される米監督組合(Directors Guild of America)主催の第56回DGA賞授賞式で、特別功労賞を受賞するようだ。
2003年の英国年間映画興行収入は、一昨年の8億1200万ポンドから僅かながら低下し、12年ぶりに前年割れとなった模様。
"Cold Mountain"で共演したジュード・ロウとの関係が何度も報じられたことについて、ニコール・キッドマンは「結婚している男性と関係を持つほど、私のモラルは低くはありません。ジュードにも私にも子供がいます。子供たちの前で結婚生活の終わりを見せるようなことは決してなかった」と語ったようだ。
新作「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")でユマ・サーマンとのラヴシーンを演じたベン・アフレックは「ジェニファー(・ロペス)は嫉妬なんかしてないよ。彼女は自信家だし、タフだし、理解してくれているからね。それに彼女も、"An Unfinished Life"でロバート・レッドフォードとラヴシーンを演じているし」と語ったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、カンボジアの環境保護のため150万ドルを寄付したようだ。
ウォルター・ヒル監督の新作西部劇"A Night in Old Mexico"に、ロバート・デュヴァルの出演が決まった模様。
エミー賞6部門を獲得した米TNTのTV映画"Door to Door"のスティーヴン・シャクター(Steven Schachter)監督と、主演のウィリアム・H・メイシーは、フロリダのストリップクラブを舞台にした実話に基づくTV映画で、再びコンビを組むようだ。
ウディ・アレンは、1972年にニューヨークで起きた宝石強奪事件を基にした犯罪映画を企画しているらしい。ジョン・キューザックらに声をかけているとか。
アカデミー賞音響効果賞のノミネート対象作品が発表され、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")、「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")、「シービスケット」("Seabiscuit")の7作品が選ばれたようだ。
クロエ・セヴィニーは、ヴィンセント・ギャロ監督・主演「ブラウン・バニー」("The Brown Bunny",2003年)に反対を押し切って出演したため、Creative Artists Agencyから代理人契約を打ち切られたらしい。セヴィニーはEndeavor agencyに移籍したようだ。
ジョン・フランケンハイマー監督「セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転進」("Seconds",1966年)が再映画化されるらしい。ジョナサン・モストウが監督と脚本を務めるようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)賞のノミネーションが5日発表され、映画部門ではアンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"、エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、ピーター・ウィアー監督「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")、ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")の6作品が候補に挙がったようだ。
第7回オンライン映画批評家協会(Online Film Critics Society)賞が5日発表されたようだ。
■作品賞 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")
■監督賞 ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■主演男優賞 ビル・マーレイ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
■主演女優賞 ナオミ・ワッツ (「21グラム」)
■脚本賞 ソフィア・コッポラ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
■外国語映画賞 「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")
■長編アニメーション賞 「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")
  1/7
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の公開以降クマノミが人気を集め、沖縄では乱獲が懸念されているようだ。
知的障害や学習障害の子供たちの日常を描く映画「命の風」が沖縄で製作されるようだ。製作費の3000万円は、募金やコンサートなどのイベントで募る予定とか。
東宝は7日、宮崎駿監督「ハウルの動く城」の公開について、当初予定の7月から秋に延期すると正式に発表した模様。上映時間は「千と千尋の神隠し」よりも長くなる見込みとか。
新作「ミスティック・リバー」("Mystic River")で監督を務めたクリント・イーストウッドは、オスカー獲得の可能性について「一番重要なのは作品賞だ」と語ったようだ。
立教大学は、2006年度から「表現思考学科」を新設、映画学概論、映画撮影論、デジタル画像制作論などの講義を行うらしい。映画監督を講師として招くことも健闘しているとか。
アーノルド・シュワルツェネッガー米カリフォルニア州知事による、就任後初の教書演説が6日行われ「知事は映画スターよりも素晴らしい仕事だ」と語ったようだ。
米CATV局Bravoの人気番組"Queer Eye for the Straight Guy"が、フランス、オーストラリア、スペイン、フィンランド、ニュージーランド、フィリピン、香港、南米各国で、ローカルバージョンとして制作され、放送されるらしい。
米Walt Disneyのマイケル・アイズナー(Michael Eisner)会長兼CEOは「我々はPixar Animation Studiosとの協議を進めている。いい結果を期待しているが、それは我が社の利益につながる場合に限られる」と語ったようだ。
英Stage紙が選ぶ、英国演劇界で最も重要な人物の第1位に、4年連続で作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーが選ばれたようだ。
"Sex and the City"の最終シーズンが米HBOで4日スタートし、総視聴者数640万人を記録したようだ。
米国大統領の娘を主人公にしたマンディ・ムーア主演の新作ロマンチック・コメディ"Chasing Liberty"は、ホワイトハウスでのシーンを含め、全てヨーロッパで撮影されたらしい。
ファッション・フォトグラファーとして活躍し、30年以上に渡ってCosmopolitan誌の表紙を撮り続けたほか、グレイス・ケリー、ブルック・シールズ、エリザベス・テイラー、マドンナ、アーノルド・シュワルツェネッガーら著名人の写真でも知られる、米写真家のフランセスコ・スカヴェーロ(Francesco Scavullo)さんが6日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
セリーヌ・ディオンの星型が6日、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
デヴィッド・アークエット、コートニー・コックス夫妻に待望の赤ちゃんが誕生するようだ。ここ数年何度も流産を繰り返していたらしい。
第30回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice Awards)の映画作品部門のノミネーションが6日発表され、人気作品部門では「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が、ドラマ部門では「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」、「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")、「ミスティック・リバー」("Mystic River")が、またコメディ映画部門では「ファインディング・ニモ」、「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty")、"Elf"が、それぞれ候補に挙がったようだ。
米映画監督組合(Directors Guild of America)は5日、今年のDGA賞のノミネーションを発表、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")、ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")、ピーター・ウィアー監督「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")が候補に挙がったようだ。アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"はノミネートされなかった模様。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の英国プレミアが6日ロンドンで開催されるようだ。ペネロペ・クルス同伴で出席予定のトム・クルーズは「サインが欲しい人にはあげるよ」と言っているらしい。
メル・ブルックス監督デビュー作を舞台化した大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")の再映画化は、2005年に撮影がスタートする模様。
グウィネス・パルトロウは、「幸運なことに、父(故ブルース・パルトロウ)のTVインタビューを録画したビデオが沢山あるの。だから、本当に落ち込んだときは、ビデオを見て思いっきり泣くのよ。でも、いつか私の子供が父の姿を見、父の声を聞き、父から何かを感じ取ってくれれば嬉しいわ」と語ったようだ。
米国の映画館経営者の投票によると、2003年最もチケット売り上げに貢献したスターは、ジム・キャリーとニコール・キッドマンだったようだ。そのほか、ジャック・ニコルソン、ジョニー・デップ、ジュリア・ロバーツ、ラッセル・クロウ、トム・ハンクス、トム・クルーズらがトップ10に入ったらしい。
コートニー・ラヴのソロ・アルバム"America's Sweetheart"が来月11日リリースされるようだ。
ブラジル人歌手イシス・アルーダ(Isis Arruda)との交際も伝えられていたレニー・クラヴィッツは大晦日、ミッシル・ロドリゲスに猛アタックしていたらしい。
ベン・アフレック、ジェニファー・ロペスと共にラスヴェガスで新年を祝ったマット・デイモンは、エヴァ・メンデスを同伴していたらしい。
"Catwoman"に主演するハル・ベリーは、"共演"したベンガル猫と仲良くなってしまい、化粧室やミーティングの席にも連れて歩いているとか。
プロ・テニスプレイヤー、アンディ・ロディック(Andy Roddick)の私生活を追うリアリティ番組で、恋人のマンディ・ムーアも出演依頼を受けたものの、断ったようだ。「リアリティ番組は好きだけど、出たいとは思わない」と語ったとか。
WOWOWで3月1日放送される「第76回アカデミー賞授賞式」で藤原紀香と共に司会を務める内藤剛志は、助演男優賞候補が期待されている渡辺謙とは20年来の親友とか。ノミネートされれば「自分が知っている謙のこともお話しできると思う」と語ったようだ。
人気アニメシリーズの映画化第5弾、竹之内和久監督「ワンピース 呪われた聖剣」で、中村獅童、久本雅美、ジャニーズの内博貴の3人が声優を務めるらしい。
カーティス・ハンソン監督、キャメロン・ディアス主演の新作"In Her Shoes"に、トニ・コレットの出演が決まった模様。
バズ・ラーマン監督によるChanel No.5のCMに出演したニコール・キッドマンは、350万ドルのギャラを手にするらしい。
ブロードウェイで上演中の大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")は、先週の8回の公演だけで160万ドルの収益を記録したようだ。
米NBCのコメディドラマ"Scrubs"(2001年-)の2月放送のエピソードに、マイケル・J・フォックスが出演するようだ。
米映画芸術科学アカデミーは5日、来月29日に開催するアカデミー賞授賞式で、ニコール・キッドマンがプレゼンターを務める、と発表したようだ。
  1/8
行定勲監督、吉永小百合主演「北の零年」に、石原さとみが出演するらしい。
新作"Chasing Liberty"のワールドプレミアが7日ハリウッドで開催され、主演のマンディ・ムーアらが出席したようだ。その数時間後には近くのナイトクラブでステージに立ち、ニューアルバム"Coverage"から6曲を歌ったらしい。
米製作者組合(Producers Guild of America)は、17日に開催するPGA賞授賞式で、「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")のジム・シェリダン監督にスタンリー・クレイマー賞(Stanley Kramer Award)を授与するようだ。
マット・デイモンとベン・アフレックの企画による米HBOのリアリティ・シリーズ"Project Greenlight"(2001年-)は、来シーズンからCATV局Bravoで放送されることになったようだ。
ロサンゼルス映画批評家協会(Los Angeles Film Critics Association)賞が7日発表されたようだ。
■作品賞 "American Splendor"
■監督賞 ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■脚本賞 シャリ・スプリンガー・バーマン,ロバート・プルチーニ ("American Splendor")
■主演男優賞 ビル・マーレイ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
■主演女優賞 ナオミ・ワッツ (「21グラム」)
■助演男優賞 ビル・ナイ (「ラブ・アクチュアリー」他)
■助演女優賞 ショーレー・アグダシュルー ("House of Sand and Fog")
■外国語映画賞 「列車の男」 ("Man on the Train")
■ニュージェネレーション賞 スカーレット・ヨハンソン (「ロスト・イン・トランスレーション」)
ジョン・トラヴォルタ、ダニー・デヴィート、ジェイムズ・ガンドルフィーニ、ザ・ロック、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、ジョー・ペシらの共演が決まっている、「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"で、さらにセドリック・ジ・エンターテイナーとクリスティーナ・ミリアンの参加が決まった模様。F・ゲイリー・グレイの監督で来月から撮影が始まるようだ。
トニー賞受賞の女優クリスティン・チェノウェス(Kristin Chenoweth)は、低予算ミュージカル映画"Asphalt Beach"でスクリーンデビューするようだ。2002年のサンダンス映画祭で上映された短編"Ernest & Bertram"を手掛けたピーター・スピアーズ(Peter Spears)が監督を務めるらしい。
アメリカン・フットボール・リーグのプロモーション用に製作される2分間のCMにジョン・ボン・ジョヴィが出演しているらしい。9日から米Regal Entertainment Groupの約400の劇場で上映されるようだ。
大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")の再映画化で、ネイサン・レインとマシュー・ブロデリックの共演が7日正式に発表されたようだ。撮影は来年1月に始まるらしい。
米CBSの"60 Minutes II"でインタビューに答えたロバート・デュヴァルは「スティーヴン・スピルバーグは最近『カストロ議長と過ごした7時間は最高だった』と発言したが、私は彼に言いたい『ホロコースト博物館の建設か、せめてカストロに虐殺された人々に敬意を払うつもりはないのか』と。私は2度とDreamWorksとの仕事はやりたくない」と語ったようだ。スピルバーグ側は、そのような発言はしていないし、キューバ訪問は政府公認だったと反論しているらしい。
「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun",2003年)、「隣のヒットマン2」("The Whole Ten Yards",2004年)でブルース・ウィリスと共演しているジョニー・メッスナー(Johnny Messner)は、フローレント・シリ(Florent Siri)監督によるインディ作品"Hostage"で、再びウィリスと共演するらしい。ベン・フォスターの出演も決まったようだ。今月後半から撮影が始まる模様。
ケヴィン・スペイシーのTrigger Street Productionsは、8歳から投資を始め150ドルの元手で7万ドルの利益を得たという高校生ティモシー・オルセン(Timothy Olsen)の著書"The Teenage Investor: How to Start Early, Invest Often & Build Wealth"に基づく、米FOXのコメディ・ドラマの制作を手掛けるらしい。スペイシー自身が制作総指揮を務めるようだ。
ケイト・ハドソンは7日、第1子となる男の子を出産、ライダー・ラッセル・ロビンソン(Ryder Russell Robinson)と命名されたようだ。 [☆ケイトはカート・ラッセルの娘ではないのですが・・・]
ハリソン・フォードとメリッサ・マシソンの離婚が成立した模様。
米映画芸術科学アカデミーの会員によるアカデミー賞ノミネート作品の投票期限は17日までとか。例年よりも投票が早まったことから、"Cold Mountain"や「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")などの注目作のほかは、直近のアカデミー賞シーズンに公開された作品よりも、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost In Translation")、「ミスティック・リバー」("Mystic River")など、数ヶ月前に公開された作品の方が、むしろ有利になっているようだ。
全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)による第35回NAACPイメージ賞のノミネーションが発表され、映画部門では「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")、「クジラの島の少女」("Whale Rider")、「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")、"The Fighting Temptations"などが作品賞の候補に挙がったようだ。
米脚本家組合(Writers Guild of America)西海岸部門の会長ヴィクトリア・リスキン(Victoria Riskin)が6日、会長職に就任する資格はなかったとする報告書を受けて辞任した模様。TVドラマシリーズ"Soul Food"(2000年)などを手掛けたチャールズ・ホランド(Charles Holland)が新たに会長に就任したようだ。
ビヨンセ・ノウルズは、Destiniy's Childでの活動を優先させるため、ソロ・アルバムの計画を延期したようだ。
「スター・ウォーズ」シリーズに出演するナタリー・ポートマンは「エピソードIII」について「ユアン・マクレガーとヘイデン・クリステンセンの戦いのシーンは凄かった。とってもかっこよかったわ。スタントマンにやらせようとしたみたいだけど、スタントマンよりよかった。本当に凄かったのよ」と語ったようだ。
クリス・マーティンがColdplayの1年間の活動休止を発表したことについて、グウィネス・パルトロウは音楽活動を止めないで欲しいと説得しているようだ。
4月から撮影が始まる予定の「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")で、キャストの変更がある模様。「オーシャンズ11」("Ocean's Eleven",2001年)でシャオボー・クィン(Shaobo Qin)が演じた、中国系アメリカ人でアクロバットの達人イエンのキャラクタについてオーディションが行われたようだ。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のプレミアがベルリンで開催され、トム・クルーズが出席したようだ。サインを求め、数百人のファンが会場に殺到したとか。
Vanity Fair誌最新号で、グウィネス・パルトロウは「結婚と妊娠は、悲しい年(父親ブルース・パルトロウの死)の後の嬉しいニュースだった。父の血を受け継ぐ子供が誕生することは素晴らしいわ」と語ったようだ。
那須博之監督「デビルマン」でデーモン族の女戦士シレーヌを演じる冨永愛は、特殊メイクに7時間をかけたとか。
キネマ旬報は8日、去年の邦画、洋画のベストテンを発表した模様。
【邦画】
1.「美しい夏キリシマ」
2.「赤目四十八瀧心中未遂」
3.「ヴァイブレータ」
4.「ジョゼと虎と魚たち」
5.「阿修羅のごとく」
6.「鏡の女たち」
7.「座頭市」
8.「蕨野行」
9.「ドッペルゲンガー」
10.「ぼくんち」
【洋画】
1.「戦場のピアニスト」("The Pianist")
2.「トーク・トゥ・ハー」("Talk to Her")
3.「めぐりあう時間たち」("The Hours")
4.「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")
5.「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")
6.「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")
7.「過去のない男」("The Man Without a Past")
8.「シカゴ」("Chicago")
9.「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs")
10.「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")
【個人賞】
■日本映画監督賞 黒木和雄監督 (「美しい夏キリシマ」)
■脚本賞 荒井晴彦 (「ヴァイブレータ」)
■主演女優賞 寺島しのぶ (「赤目四十八瀧心中未遂」他)
■主演男優賞 妻夫木聡 (「ジョゼと虎と魚たち」他)
■助演男優賞 大森南朋 (「ヴァイブレータ」他)
■助演女優賞 大楠道代 (「座頭市」他)
■新人女優賞 寺島しのぶ (「ヴァイブレータ」他)
■新人男優賞 柄本佑 (「美しい夏キリシマ」)
■外国映画監督賞 マイケル・ムーア監督 (「ボウリング・フォー・コロンバイン」)
「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason",2003年)を手掛けたマーク・スウィフト(Mark Swift)とダミアン・シャノン(Damian Shannon)は、ザ・ロック主演によるゲームの映画化"Spy Hunter"で脚本を担当するようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演したイライジャ・ウッドとドミニク・モナハンは、ニューオーリンズで開催されるお祭りマルディグラ(MardiGras)に特別参加するらしい。
ロバート・デュヴァルは、フランシス・フォード・コッポラ監督「ゴッドファーザーPartIII」("Godfather: Part III",1990年)に出演しなかった理由について「アル・パチーノのギャラが私の2倍だったとしても構わない。でも3倍、4倍となると話は別だ。コッポラ監督が私の家に来たとき、私は彼が好物のカニ料理をご馳走したが、彼は私が出演するかどうかより、カニ料理のレシピの方を気にしていたよ」と語ったようだ。
ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット主演による、ジェイムズ・エルロイの小説「ブラック・ダリア」("Black Dahlia")の映画化で、マーク・ウォールバーグの共演が決まった模様。
  1/9
イ・チャンドン監督「オアシス」("Oasis")の特別試写会が8日都内で行われ、ムン・ソリが舞台挨拶に立ったようだ。寺島しのぶが花束を贈呈したらしい。
先日亡くなった「和田弘とマヒナスターズ」の和田弘の告別式が8日都内で営まれ、吉永小百合、田代美代子ら500人が参列したようだ。
東宝は8日、大友克洋監督「スチームボーイ」の公開日について、当初予定の10月から7月に前倒しすると発表したようだ。宮崎駿監督「ハウルの動く城」の製作の遅れに対応させた模様。
デンマークのLEGO社は、世界30カ国で8000人の人員整理を行なうと発表した模様。「ハリー・ポッター」やディズニーなどのキャラクタ商品を投入したものの、売り上げが伸びなかったらしい。
JR西日本は8日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション登場にあわせ23日から走行させる「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド号」を公開したようだ。
「アート オブ スター・ウォーズPART2」が10日から京都国立博物館で開催されるらしい。アミダラ女王のガウンや、ダース・モールのマント、未完成のC-3POなど「エピソード1」「エピソード2」を中心とした約230点の衣装や模型が展示されるらしい。
アンジェリーナ・ジョリーがマドックスちゃんを養子にする際に仲介役を務めたハワイ在住の姉妹は、カンボジアの貧しい家庭から100ドルで子供を引き取り、孤児と称して養父母に1万500ドルを請求していたらしい。8日シアトルで裁判が始まったようだ。
ラスヴェガスで開催中の国際家電ショー(International Consumer Electronics Show)で8日行われた、米hp社カーリー・フィオリーナ会長兼CEOの基調演説の後、シェリル・クロウやベン・アフレック、アリシア・キーズらが登場し、デジタル著作権侵害の阻止を訴えたようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の全米週末興収は1700万ドルと予想されており、4週連続1位がほぼ確実なようだ。一方、全米2400館で拡大公開されるティム・バートンの新作"Big Fish"は1200万〜1500万ドルの週末興収になる模様。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)は、ディズニーの新作コメディ"Ice Princess"で主演を務めるようだ。アンドリュー・ウォラー(Andrew Waller)の監督で4月から撮影が開始される模様。
人気TVドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)に主演するジェイムズ・ガンドルフィーニは「自分の役に別れを告げる準備はまだだが、寂しくはない」と語ったようだ。
ラスヴェガスなどで行われたフランク・シナトラの物まねショー"Sinatra: The Main Event"について、広告やポスターの「非公認」の表記が小さく人々に混乱を与えた上、商標権が侵害されたとして、Sinatra Enterprisesが起こしていた訴訟で、ロサンゼルス連邦裁判所の陪審は、ショーの出演者とイベント会社に対し終局差し止め命令を発効すると共に、賠償金の支払いを命じたようだ。
先週末ボストンで開催された米国言語学会(American Dialect Society)の定例会議で発表された報告によると、米国では現在"So Cool"、"So Weird"など"so〜"という言い回しが流行しているとか。トロント大学の研究者は、人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)8シーズン分のすべてのセリフを解析、モニカ(コートニー・コックス)、フィービー(リサ・クードロウ)、レイチェル(ジェニファー・アニストン)の3人が他の登場人物より"so"を頻繁に使用、一般的に女性が流行語を作り出すとする過去の研究を裏付ける結果を得たようだ。また、"so"の頻度と番組の人気に相関関係があることも発見したらしい。
2003年の米国でのDVD・VHSレンタル人気No.1は、マット・デイモン主演「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity")で、7920万ドルの売上を記録したらしい。また、レオナルド・ディカプリオ主演「キャッチ・ミ・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can")が7550万ドルで2i、メル・ギブソン主演「サイン」("Signs")が7490万ドルで3位と続いたようだ。
英Daily Telegraph紙のインタビューに答えたベルナルド・ベルトルッチは、クエンティン・タランティーノ、ポール・トーマス・アンダーソン、ウォン・カーウァイ、ハーモニー・コリン、イタリアのEmmanuele Crialese、の5人の映画監督の名前を挙げ「映画を作ることは、常に努力と革新であると言うことを彼らは教えてくれる。彼らは皆、映画の革新に魅了されている。映画は今活発な時期にある。私はとても楽観している」と語り、若手監督に賞賛を贈ったようだ。
先月ノルウェーで亡くなった、「フリー・ウィリー」("Free Willy",1993年)シリーズの主人公シャチのケイコの追悼式が行われ、およそ300人の子供たち追悼のためメッセージを書いた石をお墓の上に置いていったようだ。同国のある捕鯨業者は「世界には飢餓で苦しみ、戦争に怯える人々がいるというのに、クジラの死に同情する必要などない」とこれを非難したらしい。
ロンドンで上演される「恋人たちの予感」("When Harry Met Sally...",1989年)の舞台版でサリー役を演じるアリソン・ハニガン(Alyson Hannigan)は、どの位"オルガズム"の練習をしているかと問われ「いつもよ。彼女(メグ・ライアン)と私とは違う人間だから、オルガズムも少し違ってくると思うの。でも、同じ様に笑えるシーンにしたいわ」と語ったようだ。
「フレンズ」("Friends",1994-2004年)で共演する(5歳児の母)リサ・クードロウ、(念願の妊娠を発表した)コートニー・コックス、(早く赤ちゃんが欲しい)ジェニファー・アニストン、の3人は、赤ちゃんの話題で盛り上がっているらしい。
トム・クルーズは、ペネロペ・クルスとの結婚について「特に計画は無いけど、可能性はあるよ。今年はうるう年だから、彼女の方から申し込みがあるかも!」と語ったようだ。 [☆Leap-year Proposal=うるう年には女性から結婚を申し込むと幸せになれるらしい]
ベン・アフレックは新作"Jersey Girl"について「とても美しい映画だ。僕も最高の演技が出来たし。大人のための知的で素晴らしい古典的なハリウッド映画だよ。ケヴィン・スミス監督作品の中でも最高の作品だと思う」と語ったようだ。
イライジャ・ウッドは、爪を噛む癖を止めると決心したようだ。「『ロード・オブ・ザ・リング』撮影中も噛んでいたから、アップのシーンでは爪がないのが分かるよ。みんなは『指輪の重荷のせいで爪を噛んでいるんだろう』と思ってくれたみたいだけど」と語ったようだ。
実在の連続殺人鬼を描く"Monster"で主人公にシャーリーズ・セロンを起用したことについて、パティ・ジェンキンズ監督は「どうしても彼女が欲しかった。彼女は、オーディションした多くの女優達のように『この役を演じられる』とは言わなかった。みんなは、この役の深刻さを理解していなかったのよ。でも彼女は違ったの」と語ったようだ。ヘザー・グラハムやケイト・ウィンスレットもオーディションを受けたらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")のスペシャル・エクステンデッド・エディションは、4時間15分になるらしい。
13日に都内で行われるゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")のジャパン・プレミアで、トビー・マグワイアらと共に武豊が舞台挨拶に立つらしい。
スサンネ・ビア監督「しあわせな孤独」("Open Hearts")の公開を記念して、さとう珠緒がオリジナル料理をプロデュース、8日都内で披露したようだ。
イ・チャンドン監督「オアシス」("Oasis")プロモーションのため主演のムン・ソリが来日、8日都内で行われた記者会見に出席したようだ。
10日フジテレビで放送のドラマ「はたち-1983年に生まれて-」に、松井稼頭央内野手が本人役で出演しているらしい。
ヴィン・ディーゼル主演のアクション・コメディ"The Pacifier"で、アダム・シャンクマンが監督に決まった模様。4月に撮影に入るようだ。
清水崇監督、サラ・ミシェル・ゲラー主演によるハリウッドリメイク版「The Juon / 呪怨」("The Grudge")で、「ロズウェル★星の恋人たち」("Roswell",1999-2002年)のジェイソン・ベア(Jason Behr)の共演が決まった模様。今月から東京で撮影が始まるらしい。
ジョニー・デップ次回作は、17世紀の実在の英国詩人ロチェスター伯爵(John Wilmot, the Earl of Rochester)を描く"The Libertine"になる模様。ローレンス・ダンモア(Laurence Dunmore)の初監督作品で、ジョン・マルコヴィッチ、サマンサ・モートンが共演、2月下旬からロンドン郊外で撮影が始まるらしい。
ロン・ハワード監督は、ダン・ブラウンのベストセラー小説「ダ・ビンチの暗号」("The Da Vinci Code")の映画化で、ラッセル・クロウとケイト・ベッキンセイルの共演を希望しているらしい。
人気アニメシリーズ"Rugrats"(1991年-)もデビューから12年目を迎え、始めは赤ん坊だったキャラクタたちも12歳に成長したようだ。
ライザ・ミネリとデヴィッド・ジェスト(David Gest)の離婚裁判が7日ニューヨークで行われたようだ。ミネリは出席したものの、ジェストはハワイに隠れているらしい。
映画監督のケン・ヴラナ(Ken Vrana)は、3年半の期間と28万ドルの自費を投じ、エルヴィス・プレスリーについての570人のインタビューを集めたらしい。11時間のDVDボックスとしてリリースを予定しているとか。
トム・グリーンは、米軍駐留部隊慰問のためイラクを訪れているようだ。
英国での昨年のDVD売り上げは、前年比75%増の1億4000万本を記録したようだ。DVDとVHSの売り上げトップ5は
1.「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord Of The Rings: The Two Towers")
2.「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and The Chamber Of Secrets")
3.「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")
4.「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")
5.「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord Of The Rings: The Fellowship Of The Ring")
ジャック・ブラックとカイル・ガスによるバンドTenacious Dを主人公にした新作"Tenacious D in the Pick of Destiny"の脚本が完成した模様。ブラックは「ロック映画の『市民ケーン』("Citizen Kane",1941年)になるだろう」と語ったとか。
  1/10
磯村一路監督「解夏」のPR会見が9日大阪市内で行われ、大沢たかお、石田ゆり子らが出席したようだ。
英BBCは、人気トーク番組"Kilroy"(1986年-)で司会者を務めるロバート・キルロイ=シルク(Robert Kilroy-Silk)が、新聞記事の中でアラブ人に対し差別的な表現をつかったとして、番組の中止を決定したようだ。
コール・ハウザーは、ホラー・スリラー"Cave"に主演することが決まったようだ。「マトリックス」シリーズなどに参加したブルース・ハント(Bruce Hunt)の監督デビュー作となる模様。
ロサンゼルス、ニューヨークなど一部地域で先月から上映されている映画"The Hebrew Hammer"の公式サイトが人気を集めているらしい。 [☆何故かは同サイトの「FUN SUTFF」のページへ]
ロサンゼルスで新作"Birdman"の撮影を始める予定だったヨナス・アカーランド(Jonas Akerlund)監督は、突然故郷のスウェーデンに帰ってしまったらしい。
米CATV局Bravoで新たにスタートする、マット・デイモンとベン・アフレックによるTVシリーズ"Projeck Greenlight"第3シーズンは、ホラーやスリラー映画の企画を採り上げるらしい。
オーランド・ブルームは、一時期否定していたケイト・ボスワースとのロマンスの噂について「僕は恋に恋してるんだ。誰かと恋に落ちるのは天国のようだし、彼女のことで頭がいっぱいになる」と語ったようだ。
美人コンテスト出場者の一団が無人島に不時着し、そこでノアの箱舟を発見する・・・という映画"Miss Cast Away"が製作されるらしい。マイケル・ジャクソンの出演も予定されているとか。 [☆ガセネタか??]
新作"Monster"で連続殺人鬼を演じたシャーリーズ・セロンは「感情を裸にすることは、服を脱いで裸になることよりずっと難しかった。私は12年間バレリーナをやっていたし、肉体は道具として使うだけよ」と語ったようだ。
ラスヴェガスで年末を過ごしたベン・アフレックとジェニファー・ロペスは、Wedding Bells Chapelを訪れていたらしい。
ブリトニー・スピアーズの"元夫"ジェイソン・アレクサンダーは、「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre")を一緒に観ていて結婚しようという話になった、と語ったらしい。
松竹は携帯電話向けサイト「タレント・エンタメ王国」で14日から、短編映画「チキン☆デカ」を配信するようだ。各2分全12話の全24分で、岩佐真悠子が主演しているらしい。
広末涼子かとお伝えした、ヤン・ユンホ監督の韓国映画「風のファイター」のヒロイン役は、平山あやに決まったようだ。来月から姫路などでロケが行われるらしい。
本木克英監督「ドラッグストア・ガール」に主演する田中麗奈のトレーディングカードが、前売り鑑賞券の特典として制作されたらしい。さらに柄本明、三宅裕司、伊武雅刀、徳井優、六平直政らのトレカもあるようだ。
アシュトン・カッチャーが降板したキャメロン・クロウ監督次回作"Elizabethtown"で、オーランド・ブルームが新たな主演候補に挙がっている模様。
マルコム・マクダウェルは、脚本家オーレン・ムーヴァーマン(Oren Moverman)の監督デビュー作となるダークコメディ"Cordless"で、スティーヴ・ブシェミ、フィッシャー・スティーヴンスらと共演するようだ。
Paramount Picturesは、マンディ・ムーア主演によるスリラー"Au Pair"を製作するようだ。逆「ゆりかごを揺らす手」("The Hand That Rocks the Cradle",1992年)と呼ばれている脚本で、タイトルは変更となる模様。
「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2")の全米公開は、当初予定の来月20日から4月16日に延期された模様。
アシュトン・カッチャーらが設立した製作会社Katalyst Filmsは、人気シリーズ"Punk'd"に続いて、MTVの新しいコメディシリーズ"My New Best Friend"の制作を手掛けるようだ。
  1/11
パトリック・ルシエ監督「ドラキュリアII 鮮血の狩人」("Dracula II: Ascension")の公開初日イベントが10日都内劇場で行われ、佐藤寛子が参加したようだ。
千葉誠治監督「メシア 伝えられし者たち」が10日初日を迎え、森田彩華らが舞台挨拶に立ったようだ。
佐々部清監督「半落ち」が10日全国236スクリーンで初日を迎え、丸の内東映では初回から「満員札止め」、全ての回が立ち見となったらしい。当初1回の予定だった寺尾聰、柴田恭兵らの舞台挨拶を2回に増やし、さらに3回目も寺尾と柴田が再度劇場に駆けつけ、挨拶に立ったようだ。 [☆あまりの人の多さに恐れをなして(?)渋谷東映に行きました。]
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、ナオミ・ワッツ共演の新作「21グラム」("21 Grams")について「我々は常につながっています。人は何かを理解することより、何かを感じることを求めているのだと思う。私はこの物語を皆さんの経験として感じて欲しかったんだ。ただポップコーンを食べるだけじゃなくてね」と語ったようだ。
米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)賞が10日発表されたようだ。
■作品賞 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")
■監督賞 ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■脚本賞 ジム・シェリダン他 (「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
■主演男優賞 ショーン・ペン (「ミスティック・リバー」)
■主演女優賞 シャーリーズ・セロン ("Monster")
■助演男優賞 ティム・ロビンス (「ミスティック・リバー」)
■助演女優賞 レネー・ゼルウィガー ("Cold Mountain")
■アンサンブル・キャスト賞 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
■作曲賞 ハワード・ショア (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■主題歌賞 「みんなのうた」("A Mighty Wind")
■アニメーション賞 「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")
■ファミリー映画賞 「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")
■ドキュメンタリー賞 "Capturing the Friedmans"
■外国語映画賞 "The Barbarian Invasions"
■若手俳優賞 ケイシャ・キャッスル=ヒューズ (「クジラの島の少女」)
■特別功労賞 クリント・イーストウッド
米NBCは、America Onlineユーザ向けに、最終シーズンを迎えた人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)のプロモーションを展開するようだ。エピソードの人気投票などか行われるらしい。
米Walt Disneyは、フロリダのアニメーション・スタジオを閉鎖する模様。260人のアニメーターたちの内の多くは、職を失うことになるようだ。 [☆マイケル・ムーアを呼ぼう!]
60年代に活躍した3組のフォーク・バンドの再結成コンサートを描いたクリストファー・ゲスト監督のコメディ「みんなのうた」("A Mighty Wind",2003年)で、キャストの一人マイケル・マッキーンは妻アネット・オトゥールと共に"A Kiss at the End of the Rainbow"を作曲、映画に提供したらしい。
ロックバンドMetallicaの活動やメンバーの葛藤などを描くドキュメンタリー"Metallica: Some Kind of Monster"が製作されているらしい。ジョー・バーリンジャー(Joe Berlinger)とブルース・シノフスキー(Bruce Sinofsky)が製作と監督を務め、サンダンス映画祭での上映のほか劇場公開も予定されているようだ。
ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシの、8本の映画作品と30年間に渡る友情を描いた回想録が、来年出版されるらしい。
アンソニー・ミンゲラ監督は、来月ベルリン国際映画祭と共に開催される"映画製作訓練キャンプ"で、案内役を務めるようだ。また、「イングリッシュ・ペイシェント」("The English Patient")でオスカーを獲得した編集のウォルター・マーチ(Walter Murch)や、作曲家のハワード・ショア、エルマー・バーンスタインらも参加するらしい。
1964年ツアーのために米国を訪れたザ・ビートルズを撮影した未公開映像が、来月発売のDVD"The Beatles: First U.S. Visit"に収録されているらしい。
ノルウェーで埋葬された「フリー・ウィリー」シリーズに主演したシャチのケイコの遺体について、同国の環境保護団体は体内に500グラム近いPCBが蓄積されている可能性があり、付近の土壌や地下水などを汚染する危険があると警告しているらしい。
アシュトン・カッチャーが、米MTVの人気番組"Punk'D"の降板を発表したことについて、一部で「発表自体がジョークだった」という噂が流れたものの、MTVはこれを否定したようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセンの双子姉妹は「自慢するつもりはないけど、私達は定期的に有名人に会うし、実際ほとんどの有名人には会ったわ。でも、会いたい人がまだ一人いるの。ウィリアム王子よ」と語ったとか。
唐沢寿明、山口智子夫妻が伊豆に約7000万円の別荘を購入したらしい。
毎日新聞の新年拡大正副会長会が10日都内で行われ、三池崇史監督「ゼブラーマン」に主演する哀川翔がゲスト出演したようだ。
  1/12
熊切和嘉監督「アンテナ」の舞台挨拶が11日都内劇場で行われ、加瀬亮、小林明実、木崎大輔、麻丘めぐみ、宇崎竜童らが出席したようだ。
藤沢周平の小説を映画化する、黒土三男監督「蝉しぐれ」のロケが11日、山形県で始まったようだ。
第30回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice Awards)授賞式が11日、パサデナで開催されたようだ。
■映画作品賞 「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")
■ドラマ映画賞 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King") ■コメディ映画賞 「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty") ■映画男優賞 メル・ギブソン
■映画女優賞 ジュリア・ロバーツ
■最優秀俳優賞 トム・ハンクス
"Cold Mountain"を手掛けたアンソニー・ミンゲラ監督は、現在"失業中"らしい。「次にすることが決まっていないのは、大学卒業以来だよ。普通私は、今の仕事を終える前に次の仕事を決める。あえてそうしなかったのは、今回が初めてだ」と語ったようだ。
新作"Win a Date With Tad Hamilton!"がまもなく全米公開されるロバート・ルケティック監督は「ケイト・ボスワースの幅の広さは凄いよ!『ブルークラッシュ』("Blue Crush",2002年)のサーファーガールから、"Wonderland"でのダークでドラマチックな演技、そして今回のロマンチックな役まで。彼女は大胆で華麗な演技を見せてくれた。それに、トファー・グレイスは僕にとって次のトム・ハンクスだよ。彼はこの作品に心を与えてくれている。それからジョシュ・デュアメルは、ハンサムで俳優としてのバランスがいいだけじゃなくて、繊細で複雑なんだ」と、主演の3人を絶賛したようだ。
西部劇"Open Range"(2003年)に監督・主演したケヴィン・コスナーは、次回作も西部劇になる模様。タイトルは"Horizon"で、やはり監督と主演を務めるようだ。
三部作完結編「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")のプロモーションもほぼ終えたピーター・ジャクソンは「終わったという感覚にはまだ慣れない。作品は人々にも興収にも大きなインパクトをもたらしているし、僕のキャリアや人生においてこの作品が果たす役割の大きさを実感している。でも、僕の人生の一章が終わったようでもあり、少し悲しい」と語ったようだ。
先月亡くなったアニタ・ムイ(梅艶花)の告別式が11日香港で営まれ、ジャッキー・チェン、ミシェル・ヨーら6000人以上が参列したようだ。
「エリン・ブロコビッチ」("Erin Brockovich",2000年)で脚本を手掛けたスザンナ・グラント(Susannah Grant)は、ロマンチックコメディ"Catch and Release"で監督デビューするようだ。
ポール・ヴァーホーヴェン監督の次回作が、スウェーデンの作家ヘニング・マンケル(Henning Mankel)の小説に基づくダーク・スリラー"One Step Behind"に決まったようだ。
ティム・バートン監督"Big Fish"が1450万ドルで週末興収1位となったことについて、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")を配給するNew Line Cinemaのデヴィッド・タッカーマン(David Tuckerman)副社長は「(Columbia Picturesの算出した興収は)少し高すぎるんじゃないか」と発言したらしい。New Lineでの計算によると"Big Fish"の週末興収は1370万ドルとか。
全米週末興収は公開4週目の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")が1412万ドルで2位に転落、拡大公開がスタートしたティム・バートン監督"Big Fish"が1450万ドルで1位となった模様。またエディ・グリフィン主演のコメディ"My Baby's Daddy"は784万ドルで6位、マンディ・ムーア主演のロマンチック・コメディ"Chasing Liberty"は600万ドルで7位のスタートとなったようだ。
ジェニファー・アニストンが10日放送の"Saturday Night Live"に出演、ブリトニー・スピアーズの結婚騒動を茶化したコントで、スピアーズの役を演じたらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーを「いつでも狙撃できる」とするメールをラジオ局に送ったとして昨年11月に逮捕された男性に対し、ロサンゼルス上級裁判所は9日、禁固1年、保護観察3年とともに、今後10年間のシュワルツェネッガーへの接近禁止を命じる判決を下したようだ。
リチャード・ドナー監督「タイムライン」("Timeline")の日本語吹替版で声優を務めた玉木宏が11日、都内で行われた試写会で舞台挨拶に立ったようだ。14日に誕生日を迎えることから、タイムマシン型のバースデーケーキが贈られたらしい。
深作欣二監督を偲ぶ会が15日都内で行われるようだ。約1000人の映画関係者が出席の予定で、監督作61本の名場面などを深作健太監督が編集したビデオ作品や、クエンティン・タランティーノ監督からのビデオレターの上映も予定されているらしい。
ベルギーの人気コミック"TINTIN"(「タンタン」)が10日、誕生から75周年を迎えたらしい。
  1/13
磯村一路監督「解夏」の試写会が12日都内で行われ、大沢たかお、石田ゆり子、さだまさしらがトークショーに参加したようだ。
田中光敏監督「精霊流し」を上映中の関東6館の映画館で12日、新成人の入場料を20円にするイベントが行われたらしい。
日本中央競馬会は13日、2003年度JRA賞馬事文化賞に、映画化もされた小説「シービスケット」("Seabiscuit")の著者ローラ・ヒレンブランドを選出した、と発表したようだ。
米E! Entertainment Televisionが、米NBCの人気番組"Saturday Night Live"の名場面を編集した"101 Most Unforgettable 'SNL' Moments"を放送しようとしたことに対し、NBCは著作権侵害と契約違反で訴訟を起こしたらしい。
米20世紀FOXは、来月全米公開予定のベルナルド・ベルトルッチ監督最新作"The Dreamers"について、ノーカットでの上映を決定した模様。「ベント 堕ちた饗宴」("Bent",1997年)以来6年ぶりのNC-17指定作品となるようだ。ベルトルッチ監督は「配給会社がオリジナル版を公開するという方針を持っていて安心した。とにかく、爆弾よりもオルガズムの方がずっといい」と語ったらしい。
米Lions Gate Filmsは、15日から開催されるサンダンス映画祭でプレミア上映されるジェイムズ・ワン(James Wan)監督のホラー"Saw"の世界配給権を獲得したようだ。北米公開は年内の予定とか。
アカデミー賞メイクアップ賞ノミネーションへの候補作品はとして、"Cold Mountain"、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")、「モンスター」("Monster")、「ピーターパン」("Peter Pan")、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の7作品が選ばれた模様。
英国音楽賞Brit Awardsのノミネーションが12日発表され、女性歌手ではビヨンセ・ノウルズ、クリスティーナ・アギレラ、カイリー・ミノーグらが候補に挙がったものの、ブリトニー・スピアーズとマドンナはノミネートされなかったらしい。
北米を除く海外週末興収は、51カ国で上映中の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が3520万ドルを記録した一方、13カ国で上映中のトム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")は3230万ドルに達したようだ。また「王の帰還」の海外総興収は4億5490万ドルとなり、前作「二つの塔」の同時期の記録を29%上回った模様。
リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演の次回作"Kingdom of Heaven"に、ジェレミー・アイアンズの出演が決まった模様。12日より製作がスタート、スペインとモロッコで撮影が行われるらしい。
「21グラム」("21 Grams")に主演したナオミ・ワッツは「最終版はヴェネチア国際映画祭で上映されたとき一度だけ観ました。観客と一緒に観るプレッシャーは大きいから、私にも(アカデミー賞投票者に配布される)ビデオが欲しいわ。それか、こっそりと映画館に忍び込んで観るのもいいかもしれないわね。まだやったことないし、面白そうだわ」と語ったようだ。
オレゴン州に1995年にオープンしたスタジアム形式(座席が階段状の床の上にある)の映画館に対し、車椅子用の客席が入り口付近の最前列にあるのは身体障害者保護法に違反するとして、3人の女性が映画館を展開するRegal Cinemasを訴えていた問題で、米連邦最高裁判所は12日、米法務省の法務次官に見解を求めたようだ。上訴裁判所で保護法違反との判決が下ったため、Regal Cinemas側が上訴しているらしい。
全米週末興収は当初1450万ドルで1位と発表されていたティム・バートン監督"Big Fish"が最終集計で1381万ドルへ下方修正、一方「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")は1421万ドルとやや上方修正され、「ロード」の4週連続1位がほぼ確定した模様。
ブルース・ウィリスは「ダイ・ハード4」への出演の可能性について「1作目の後、もうやりたくないと言ったが、結局2作目にも出演した。だから、もう予言はしないよ。脚本次第だね。ただ、過去3作のように虚構としてテロを描くことは、今の世の中では難しいだろうね」と語ったようだ。
ブラッド・ピット主演の新作「トロイ」("Troy")について、ウォルフガング・ペーターゼン監督は「ブラッドは大きな期待を寄せている。彼の人生でも最大で最も重要な作品になると思う」と語ったようだ。
「めまい」("Vertigo",1958年)、「ねえ!キスしてよ」("Kiss Me, Stupid",1964年)などの作品で人気を集めたキム・ノヴァック(Kim Novak)は「同じタイプの役ばかりをやらせようとするハリウッドに幻滅を感じて女優を辞めました。私は一人の人間として、淀んでいたくはなかった。常に発展していたかったのです」と語ったようだ。
人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)で共演するジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クードロウ、マット・ルブラン、マシュー・ペリー、デヴィッド・シュワイマーは、最終回から1年後を描く90分スペシャルへの出演に合意した模様。シリーズ最終話終了直後から撮影が始まり、11月に放送されるらしい。出演料は破格の一人200万ドルとか。
堀江慶監督「渋谷怪談」に主演する水川あさみが、東京・元赤坂の豊川稲荷で晴れ着姿を披露したようだ。
「スチュアート・リトル」などの作品で知られるE・B・ホワイト(E.B. White)の児童書"The Trumpet of the Swan"の実写映画化が決定した模様。「デンジャラス・ビューティー」("Miss Congeniality",2000年)などを手掛けたケイティ・フォード(Katie Ford)が脚本を担当するようだ。
アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品"Elling"(2001年)を手掛けたノルウェーの映画監督ペッター・ナエス(Petter Naess)による新作ラヴ・ストーリー"Mozart and the Whale"で、ジョシュ・ハートネットとレイチェル・ワイズが出演交渉中らしい。3月から撮影が始まるようだ。
国際アニメーション映画協会(International Animated Film Society)主催によるアニー賞(Annie Awards)のノミネーションが発表され、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が最多12部門でノミネートされたほか、「ブラザー・ベア」("Brother Bear")が7部門、「千年女優」("Millennium Actress")が6部門で候補に挙がったようだ。
脚本家のマイケル・アラン・エディ(Michael Alan Eddy)は12年前に執筆した脚本"West of the Rising Sun"が、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のベースとなっているにもかかわらず、クレジットされていないとして、製作会社やエドワード・ズウィック監督らに対する訴訟を起こしたらしい。
米NBCは、人気ドラマ・シリーズ「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Frasier",1993年-)の5月終了を発表した模様。
  1/14
チョウ・ユンファ主演「バレット モンク」("Bulletproof Monk")の試写会が13日、築地本願寺で開催され、観客全員が坊主のかつらをかぶって鑑賞したらしい。
林原めぐみが妊娠5カ月であることを公表したようだ。
新橋演舞場2月公演「空想 万年サーカス団」の制作発表が13日都内で行われ、藤山直美、中村勘九郎、柄本明らが出席したようだ。阪本順治が脚本、串田和美が演出を手掛けるしい。
ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")プロモーションのためトビー・マグワイアが来日、13日行われた記者会見に出席したようだ。
浅野忠信の監督による5話オムニバスDVD「トーリ」の製作発表が13日都内で行われ、浅野の兄で音楽を担当したKujunも出席したようだ。3月31日発売とか。
新作「飛鷹女侠」でミシェル・ヨーと共演した人気歌手リッチー・レン(任賢齊)は、アクションだけでなく女装も披露しているらしい。
フィリピン大統領選に立候補している人気俳優のフェルナンド・ポー・ジュニアに対し、本来米国籍のはずで立候補資格がないとする申し立てがあったらしい。
「指輪物語」の著者J・R・R・トールキンの名前がインターネットのドメイン名に無断で使用されているとして、遺族らが訴えいた問題で、国連の世界知的所有権機関は遺族側の主張を全面的に認める裁定を下したようだ。
人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)に出演するジェニファー・アニストンは、最終回が近づいていることについて「私たちはデリケートな磁器で、猛スピードで煉瓦の壁に向かっているところ。痛みは避けられないわ」と語り、リサ・クードロウは「そして、粉々に砕け散るの。思っていたより喪失感は深いわ」と付け加えたようだ。
クリス・コロンバス監督は、ケヴィン・ブロックマイアー(Kevin Brockmeier)が執筆中のファンタジック・ラヴ・ストーリー"The Brief History of the Dead"の映画化を検討しているらしい。
トム・ティクヴァ監督の次回作は、パトリック・ジュースキント(Patrick Sueskind)のベストセラー小説「香水-ある人殺しの物語」("Perfume: The Story of a Murderer")の映画化になる模様。オーランド・ブルームが主演候補に挙がっているらしい。
第18回米映画撮影監督協会(American Society of Cinematographers)賞のノミネーションが13日発表され、「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")のラッセル・ボイド(Russell Boyd)、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のアンドリュー・レズニー(Andrew Lesnie)、「シービスケット」("Seabiscuit")のジョン・シュワルツマン(John Schwartzman)、"Cold Mountain"のジョン・シール(John Seale)、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のジョン・トール(John Toll)の5人が選ばれたようだ。
1960年代のワイオミングとテキサスを舞台に二人のカウボーイの友情と恋愛を描く、アン・リー監督次回作"Brokeback Mountain"で、ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが出演交渉中らしい。
ドキュメンタリー作品"Riding Giants"の上映で15日開幕するサンダンス映画祭について、米HBOでドキュメンタリー部門を担当するシーラ・ネヴィンス(Sheila Nevins)執行副社長は「3年前の映画祭で、次の上映を待っている一人の少年に何を観たいのか尋ねたら、"Startup.com"(ハイテク企業の盛衰を描いたドキュメンタリー)という答えが帰ってきの。『サンダンスではドキュメンタリーが生きている!ハレルヤ!』と心の中で叫んだわ」と語ったようだ。
ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")のDVDとVHSの米国での売り上げが、合わせて650万本、1億3500万円ドルに達したらしい。
ブラックウェル氏の選ぶ2003年ワースト・ドレッサーが発表され、パリス・ヒルトンが1位に選ばれたほか、ブリトニー・スピアーズ、マドンナ、シャナイア・トゥエイン、ダイアン・キートンらが上位にランクされたようだ。一方ベスト・ドレッサーにはニコール・キッドマン、ジェニファー・ガーナー、ダイアン・レイン、サルマ・ハエック、オプラ・ウィンフリーらの名前が挙がったらしい。
「フォエバー・フレンズ」("Beaches",1988年)、「ザ・ペーパー」("The Paper",1994年)、「ニューヨークの恋人」("Kate & Leopold",2001年)などに出演している、俳優のスポルディング・グレイ(Spalding Gray)が行方不明になっているらしい。
ボーイ・ジョージの半生を基にしたミュージカル"Taboo"について、プロデューサーを務めるロージー・オドネルは、来月8日で上演を打ち切ると発表した模様。昨年11月の開幕以降、酷評を受けて半分が空席の状態が続いていたらしい。
南米チリを訪れたキャメロン・ディアスは、パパラッチに素っぴんの顔を撮られて激怒したらしい。
英国で家を買うのではという噂について、ベン・アフレックはこれを否定「ウェスト・エンドの舞台に立つ方が可能性が高いよ。ケイシー(・アフレック)とマット・デイモンが共演した舞台("This is Our Youth")は素晴らしかった。僕もぜひやってみたい」と語ったようだ。
英国キングストンで、新作"The Libertine"の撮影に入っているジョニー・デップは、2人の熱狂的な女性ファンに追い回されているらしい。2度もセットに侵入し、追い出されたとか。
ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")のプレミア試写会が13日都内で行われ、来日中のトビー・マグワイアと共に武豊が舞台挨拶に立ったようだ。
まもなく上映が終了する手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」はの成績は、興収19億円、観客動員数170万人だった前作「ゴジラ×メカゴジラ」の7割程度とか。
リュック・ベッソンがパリ郊外に建設を提案していた巨大な映画都市について、まもなく許可が下りる模様。
アカデミー会員向けに配布されたジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン共演"Something's Gotta Give"のビデオのコピーが、インターネット上に流出したらしい。映像中に暗号化されている情報などから、「ゴッドファーザーPARTII」("The Godfather: Part II",1974年)などに出演しているカーマイン・カリディ(Carmine Caridi)に送られたものと判明、米映画芸術科学アカデミーは経緯などを調査中の模様。
アレック・ボールドウィンと元妻のキム・ベイシンガーが、8歳になる娘の親権を巡って、来月23日に法廷に立つようだ。
アシュトン・カッチャーは、デミ・ムーアとの結婚について「手帳を確認したけど、そういう予定は入ってないね」と語ったようだ。
ダグラス・アダムスの小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の映画化で、ビル・ナイとマーティン・フリーマンの共演が決定したようだ。
  1/15
ニフティ株式会社は、今月3日からフランスのクレルモンフェランで開催される、第26回クレルモンフェラン・ショート・フィルム・フェスティバル(Clermont-Ferrand Festival Du Court Metrage)に、@niftyの短編映画サイトopenArtの作品37本を出展する、と発表したようだ。
荒牧伸志監督のフルCGアニメ映画「Appleseed」で、坂本龍一が音楽を手掛たようだ。
「杉良太郎のきもの」の発表会見が14日行われ、大阪・新歌舞伎座の座長公演引退をあらためて表明した杉良太郎は「これからはスクリーンもいい」と語ったようだ。
ハリソン・フォード、ジョシュ・ハートネット共演「ハリウッド的殺人事件」("Hollywood Homicide")の試写会が14日都内で行われ、菊川怜らが参加したようだ。
「となりのトトロ」に登場するメイのキャラクタを描いた作者不明の看板が昨年12月に持ち去られていた大分県宇目町轟地区で14日、2代目のメイの看板が出現したらしい。
韓国で公開中のカン・ウソク監督、アン・ソンギ主演「実尾島」が、公開19日間で505万人の観客動員を記録したらしい。
ハン・ガイン、クォン・サンウ、イ・ジョンジン共演の「マルチュク通り残酷史」、キム・ハヌル、イ・ソンジェ、ソン・スンホン共演の「氷雨」が、それぞれ16日から韓国で公開されるようだ。
韓国のレンタルビデオチェーンが運営するサイトCineTownの調査によると、昨年のレンタルビデオ人気No.1はチョン・フンスン監督「家門の栄光」だったようだ。上位7作品が韓国映画で、以下「アイ・アム・サム」("I am Sam")、「戦場のピアニスト」("The Pianist")などが上位に入った模様。また、アニメーションでは宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が人気No.1だったらしい。
来月5日に開幕する第54回ベルリン国際映画祭のコンペ部門に、キム・ギドク監督「サマリア」の出品が決定した模様。
瀬名秀明の小説「虹の天象儀」がプラネタリウム番組として映像化され、仙台市こども宇宙館で2月29日から公開されるらしい。
「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のビデオも、アカデミー会員から流出していたらしい。また「21グラム」("21 Grams")、「ミスティック・リバー」("Mystic River")の違法コピーも確認されている模様。
米Fine Line Featuresは、メグ・モリッツァー(Meg Wolitzer)が昨年発表した小説"The Wife"の映画化権を獲得した模様。「キルトに綴る愛」("How to Make an American Quilt")などの脚本を手掛けたジェイン・アンダーソン(Jane Anderson)が、監督と脚本を務めるようだ。
キャメロン・ディアスが世界の観光スポットを友人達と訪れる旅行番組が、米MTVで企画されているらしい。また、ヒラリー・ダフ、フランキー・ムニッズ、オーランド・ジョーンズらが出演するリアリティ番組も制作される模様。
来月10日発売の、米CATV局Bravoの人気番組"Queer Eye for the Straight Guy"のサントラに、デュラン・デュランの新曲"Sunrise"が収録されているらしい。また、スティングの"Never Coming Home"やエルトン・ジョンの"Are You Ready for Love"も収められているようだ。
昨年11月にイラクを訪れたショーン・ペンによるリポートが、14日付の米San Francisco Chronicle紙に掲載されたようだ。「米国の政策は長期的目標が欠け、人間性やアラブ人の文化を無視しており、火薬庫に火をつけることになりかねない」と語っているらしい。
来月25日米国で公開されるメル・ギブソン監督作"The Passion of Christ"は、独立系作品としては異例の全米2000館で上映されるらしい。
米製作者組合(Producers Guild of America)は14日、インテル社と協力して、ハリウッド映画製作者向けの技術セミナーや教育プログラムを開催すると発表したようだ。
「S.W.A.T.」("S.W.A.T.",2003年)のDVDとVHSのレンタル売り上げが、リリース第2週目で1579万ドルを記録、12日間の総売上は3270万ドルに達した模様。一方「アンダーワールド」("Underworld",2003年)はDVDセールスでNo.1を記録したほか、5日間のレンタル売り上げも1240万ドルを越えたようだ。
ジェイミー・ケネディ、アラン・カミングの出演が決まっている、「マスク」("The Mask",1994年)の続編"Son of the Mask"に、ボブ・ホスキンスの出演が決まったようだ。
ハリウッドの映画スタジオが、少なくとも欧州有料TV会社5社に対し映画放送権の同一価格での購入を要求し価格競争を阻害したとして、欧州委員会は近く公式に独占禁止法違反で告訴する模様。
ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソン共演による映画版"Starsky & Hutch"のポスターが公開されたようだ。
Warner Bros. Entertainmentは14日、Warner Bros. Interactive Entertainment社を新たに設立したと発表したようだ。"Matrix Online"などを手掛けたMonolith Productions社の元CEO、ジェイソン・ホール(Jason Hall)が上級副社長に就任した模様。
ジェニファー・ロペスは来月のヴァレンタイン・デーに、ロンドンでパーティを開催するようだ。多くの有名人が招待されるものの、ベン・アフレックの名前はリストにないらしい。
ヒラリー・ダフは、犬のための新ファッション・ラインLDD(=Little Dog Duff?)をプロデュースするらしい。
「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity",2002年)の続編"The Bourne Supremacy"撮影のためベルリンを訪れているマット・デイモンは、遊びにきたベン・アフレック合流、週末ナイトクラブで地元の女の子と朝まで飲んでいたらしい。
ロンドンで上演される「恋人たちの予感」("When Harry Met Sally...",1989年)の舞台版でサリー役を演じるアリソン・ハニガン(Alyson Hannigan)は「ずっとやりたかった役なの。それに、この劇場は美しい。ステージに立つだけで傑作に出演している気分になれる。言葉にならないわ」と語ったようだ。
米映画監督組合(Directors Guild of America)は13日、第56回DGA賞のTV部門のノミネーションを発表、"Sex and the City"(1998-2004年)、"Six Feet Under"(2001年-)、「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)、「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter",2003年-)、「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)などのエピソードを手掛けた監督が候補に挙がったようだ。
JTBワールド九州は人気女優チェ・ジウに会えることをうたった「冬のソナタ」ツアーを企画、200人の参加者が集まったものの、14日になってチェの所属事務所とまだ調整がついていないことが発覚した模様。ツアー客の第一陣は今日15日ソウルに向けて出発するらしい。
ヒラリー・ダフが16日に来日、テレビ朝日「ミュージックステーション」に生出演するらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のプロモーション・イベントが22日、東京・芝の増上寺で行われるらしい。イライジャ・ウッド、ピーター・ジャクソン監督らが参加する予定とか。
Paramount Picturesは、マシュー・マコノヒー主演作として、ジュリー・ティルスナー(Julie Tilsner)の小説"Attack of the Toddlers: Further Adventures on Planet Parenthood"を基にした新作"Dirty Little Secret"を製作するようだ。
テムエラ・モリソンがオートバイ事故で足を骨折したらしい。
Virginグループ会長のリチャード・ブランソン(Richard Branson)を描く映画が製作されるらしい。ジュード・ロウが主演候補に挙がっている模様。
小学館、HMV、セガの3社の合同製作によるオリジナルアニメDVD「東京大学物語」の制作記者発表会が15日都内でおおなわれ、声優を務める酒井若菜、井上和香、磯山さやからが出席したようだ。
「クジラの島の少女」("Whale Rider")のニキ・カーロ監督は、Warner Bros.とIndustry Entertainmentが共同製作する大作"Class Action"の監督に起用された模様。
クエンティン・タランティーノは"Kill Bill: Vol.3"を企画中らしい。
  1/16
株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、「隔週刊ロード・オブ・ザ・リング シネマフィギュアコレクション」を27日から発売する、と発表したようだ。創刊号には白のガンダルフのフィギュアが付いてくるらしい。
AIIは韓国ドラマポータルサイト「ドラマ韓」で16日より、アン・ジェウク主演のドラマ「星に願いを」「グッバイ・マイ・ラブ」の配信を開始したらしい。
CinemaNowは15日、ダウンロードした映画コンテンツを保持して何度でも再生できる"Download-To-Own"機能を追加したようだ。
リチャード・カーティス監督「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually")プロモーションのため、主演のヒュー・グラントが来日、15日都内で記者会見を行ったようだ。また同日夜開催されたジャパン・プレミアにも出席、辺見えみりから花束を受け取ったらしい。
ミュージカルの舞台などで活躍したほか、「洪水の前」("Avant le deluge",1954年)など1940年代後半から60年代にかけて数多くの映画作品に出演した、イタリアの女優デリア・スカラ(Delia Scala)さんが15日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
深作欣二監督をしのぶ会が15日都内ホテルで行われ、丹波哲郎、千葉真一、吉永小百合、山田洋次ら800人が出席、クエンティン・タランティーノ監督のビデオメッセージなども披露されたようだ。
旧正月シーズンの韓国映画では、今週末より公開の「マルチュク通り残酷史」の大ヒットが予想されているらしい・
韓国映画チャンネルOCNのアンケート調査によると、男優ではクォン・サンウが55%、女優ではハ・ジウォンが47%の支持を受けて「今年の映画界のホープ」に選ばれた模様。
タイの映画配給会社は、韓国で16日より公開のハ・ジウォン、キム・ジェウォン共演「愛しのサガジ」の映画館、ビデオおよびテレビの版権をあわせて6万3000ドルで獲得した模様。事前販売されたロマンチック・コメディーとしては過去最高額とか。
まもなく全米公開となる、アイス・キューブ、マーティン・ヘンダーソン、ウィル・ユン・リー共演のアクション大作「トルク」("Torque")を監督した韓国出身のジョセフ・カーンは、これまでにU2、エミネム、ディスティニーズ・チャイルド、エルトン・ジョンらのミュージックビデオ約300本を手掛けているらしい。
サンダンス映画祭は15日、ドキュメンタリー映画"Riding Giants"の上映でスタートしたようだ。「この作品は、ただスリルを味わうためだけにサーフィンをする人々を描いた作品だ。ある意味、ここに集まった我々と同じだ。映画を愛し、大いなる喜びを与えてくれる映画製作にスリルを感じるからこそ、我々はここにいる」とロバート・レッドフォードは語ったらしい。
アカデミー会員に配布されたビデオの内、"Something's Gotta Give"、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")、「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")、「サーティーン」("Thirteen")の4作品がインターネットに流出した事件について、FBIが調査を開始した模様。
「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」("Antwone Fisher",2002年)のデレク・ルークは、ビリー・ボブ・ソーントン、ルーカス・ブラックの出演が決まっているフットボール映画"Friday Night Lights"の出演に向けて交渉中のようだ。
ベストセラー作家のクライヴ・カッスラー(Clive Cussler)は、書面による承諾なしに映画の脚本を修正したのは契約違反であるとして、Crusader Entertainmentのプロデューサーらに対し1000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こした模様。作品は明らかにされなかったものの、マシュー・マコノヒー主演による「ダーク・ピット」シリーズの映画化"Sahara"のことのようだ。
来月5日より開催される第54回ベルリン国際映画祭のコンペ部門出品作品が15日発表されたようだ。パティ・ジェンキンス監督"Monster"、ケン・ローチ監督"Ae Fond Kiss"、リチャード・リンクレイター監督"Before Sunset"、エリック・ロメール監督"Triple Agent"、テオ・アンゲロプロス監督"Trilogy: the Weeping Meadow"、パトリス・ルコント監督"Intimate Strangers"、セドリック・カーン監督"Red Lights"などが上映されるらしい。
週末全米公開作品では、ジェニファー・アニストン、ベン・スティラー共演のコメディ"Along Came Polly"が、Martin Luther King Jr. Dayを含む週末4日間で興収2000万ドルに達すると予想されているらしい。また、2463館で上映されるマーティン・ヘンダーソン、アイス・キューブ共演のアクション大作「トルク」("Torque")が1400万ドルから1600万ドルの興収を記録する見込みとか。
ロシアの映画賞金鷲賞のノミネーションが15日発表され、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したアンドレイ・ズヴャギンツェフ(Andrei Zvyagintsev)監督"The Return"、昨年のモスクワ国際映画祭でオープニング上映されたアレクセイ・ウチテル(Aleksei Uchitel)監督"The Stroll"などが作品賞にノミネートされたようだ。
英ローレンス・オリヴィエ賞(Laurence Olivier Awards)のノミネーションが15日発表され、"Jerry Springer-The Opera"が8部門で候補に挙がったようだ。また、ケネス・ブラナーらが主演男優賞、ヘレン・ミレンらが主演女優賞にノミネートされた模様。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞のノミネーションが15日発表され、助演男優賞で「ラスト・サムライ」の渡辺謙が候補に挙がったようだ。そのほか、主演男優賞にショーン・ペン、ジョニー・デップ、ピーター・ディンクレイジ、ビル・マーレイ、ベン・キングズレイ、主演女優賞にパトリシア・クラークソン、ダイアン・キートン、ナオミ・ワッツ、シャーリーズ・セロン、エヴァン・レイチェル・ウッド、助演男優賞にはティム・ロビンス、アレック・ボールドウィン、クリス・クーパー、ベニチオ・デル・トロ、助演女優賞にはケイシャ・キャッスル=ヒューズ、ホリー・ハンター、レネー・ゼルウィガー、マリア・ベロ、パトリシア・クラークソンらがそれぞれノミネートされたようだ。
来月5日から開催される第54回ベルリン国際映画祭のオープニング作品が、アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"に決まったようだ。
ジェニファー・アニストンは、ダイアン・ソイヤーとのインタビューで「子供は最低でも二人欲しい」と語ったようだ。
凸版印刷は、PDA向け映画コンテンツ「PDAシネマコンテンツ」の有料配信を開始した模様。吉本昌弘監督による2作品「おしまいのほうほう」「ドーナッツ」のほか、今後は吉松幸四郎監督「左耳の精霊」「神舞の島」、諸江亮監督「濁怨」などがリリースされる予定とか。
蜷川幸雄監督「嗤う伊右衛門」プロモーションのため、唐沢寿明と小雪が、大阪北区のHEP FIVEにある観覧車を訪れたようだ。
ケルシー・グラマーは、大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")の出演交渉に入っている模様。4月に降板するネイサン・レインの役を引き継ぐらしい。
若き日のスーパーマンを描くTVシリーズ"Smallville"(2001年-)に、再びクリストファー・リーヴが出演するらしい。
サディ・フロストと昨年離婚したジュード・ロウは「結婚も離婚も人生を大きく変えてしまう。でも、僕は感情的に強くなったし、より幸福に感じている」と語ったようだ。
舞台「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」("Who's Afraid of Virginia Woolf?")などでトニー賞を獲得したほか、「悪を呼ぶ少年」("The Other",1972年)、「ブラジルから来た少年」("The Boys From Brazil",1978年)、「運命の逆転」("Reversal of Fortune",1990年)などの作品に出演した、ドイツ出身の女優ユタ・ヘイゲン(Uta Hagen)さんが14日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
TVアニメシリーズ「ドラゴンボール」全153話を収録したDVD-BOX「DRAGON BOX」が7月7日に発売されるようだ。予約限定生産で価格は10万円とか。
清水崇監督、サラ・ミシェル・ゲラー主演によるハリウッドリメイク版「The Juon / 呪怨」("The Grudge")で、クレア・デュヴァルの出演が決まった模様。
  1/17
マイケル・ジャクソンは16日、カリフォルニア州にある自宅「ネバーランド」を一般公開したらしい。
「冬のソナタ」ツアーは、主演女優チェ・ジウとの対面が果たせないまま参加者の半数が17日帰国、18日帰国する残り半数も対面出来る見込みはないようだ。JTBは旅費全額を返還する方針とか。
本木克英監督「ドラッグストア・ガール」のPR会見と試写会が16日大阪市内で行われ、田中麗奈らが出席したようだ。
2003年度日本映画ペンクラブ賞が17日発表され、市川崑監督と映画評論家の登川直樹が選出されたようだ。また、邦画では「美しい夏キリシマ」(黒木和雄監督)、洋画では「戦場のピアニスト」(ロマン・ポランスキー監督)が会員選出ベスト1に選ばれた模様。
「冬のソナタ」ツアー、結局用意されていた会場にチェ・ジウは現れなかったようだ。ドラマの出演で超多忙なため、時間の調整が困難らしい。参加者は17日夕方に帰国予定とか。
来月撮影がスタートする新作「青燕」で共演するチャン・ジニョンとキム・ジュヒョクは、役作りのため日本語のレッスンを受けているらしい。1920年代を舞台にした初の女性飛行士を描くドラマとか。
米CBSは、人気TVシリーズ「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)、"CSI: Miami"(2002年)に続く第3の"CSI"シリーズの制作すると発表したようだ。今度はニューヨークが舞台になるらしい。
ザ・ビートルズの米国での初演奏から40周年を記念したパーティとコンサートが、来月9日ニューヨークのHard Rock Cafeで行われるようだ。また、Lincoln Centerではザ・ビートルズ関連の映画やTV映像の特集上映が行われるほか、米国映画協会(American Film Institute)の劇場では6日より1週間「ハード・デイズ・ナイト」("A Hard Day's Night",1964年)が上映されるらしい。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)は、英アカデミー賞の選考対象作品を発表、アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"が19部門にリストされたようだ。そのほか作品賞には「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")、「シービスケット」("Seabiscuit")、「ミスティック・リバー」("Mystic River")、「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually")、"Station Agent"など15作品が挙げられ、また主演女優賞ではスカーレット・ヨハンソンが「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")と「真珠の耳飾りの少女」("Girl With a Pearl Earring")の2作品で名前が挙がっているほか、「クジラの島の少女」("Whale Rider")のケイシャ・キャッスル=ヒューズもリストされているらしい。
米NBCは、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の妻マリア・シュライヴァーのTVレポーターとしての出演について、継続を認めるべきか検討を進めているものの、まだ結論は出ていないらしい。
「ファースト・ワイフ・クラブ」("The First Wives Club",1996年)の原作小説などで知られる、米小説家のオリヴィア・ゴールドスミス(Olivia Goldsmith)さんが15日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆美容整形手術中に亡くなったらしいです]
結婚式の写真を無断掲載した英Hello!誌と、マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻の裁判での戦いが再開される模様。夫妻に1万4600万ポンド、OK!誌に103万ポンドの支払いを命じた判決に対しHello!誌が上告、一方夫妻側も「商業的信用が傷つけられた」とする前回の判決に対し、プライバシーの侵害を認めるよう求める考えのようだ。
マイケル・ジャクソンに対する罪状認否が16日、カリフォルニア州サンタアリアの裁判所で行われ、マイケル側は無罪を主張したようだ。5分の審問のために20分遅刻したマイケルを裁判官が叱責、再び遅刻しないよう警告したとか。公判前審問は来月13日に設定された模様。
ハリウッドリメイク版「新世紀エヴァンゲリオン」のコンセプト画がWeta Workshopから発表された?ようだ。
男運のないハル・ベリーは「もっと選り好みをして、自分自身のことを考えるようにしている。それから、月に2、3回セラピーにも通っているの。自分自身や他人を理解することを助けてくれているわ」と語ったようだ。
イライジャ・ウッドは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで共演したヴィゴ・モーテンセンについて「ヴィグのことは大好きだけど、彼は狂ってるよ。ちょっとした伝言を伝えるだけでも5、6分は話し続けるし、電話だと15分で済む用件を1時間もかけて話し続けるんだ。途中で口を挟むことなんて不可能だよ」と語ったようだ。
ブリタニー・マーフィは、タレント・マネージャーのジェフ・クワティネス(Jeff Kwatinetz)と婚約したようだ。映画館で結婚を申し込まれたらしい。
昨年1月5日放送のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」第1回のストーリーが、黒澤明監督「七人の侍」(1954年)に酷似しているとして、黒澤プロダクションはNHKに対し1億5400万円の損害賠償と再放送、ビデオ化の差し止めなどを求める訴訟を起こした模様。
「キューティーガール」(及川中監督,2003年)に出演しボウリングの楽しさを伝えたとして、小倉優子に第11回ボウリング・マスメディア大賞が授与されたようだ。
アンドレ・テシネ監督「かげろう」("Strayed")プロモーションのため、ギャスパー・ウリエルが来日したようだ。
ヒラリー・ダフ主演映画"Heart of Summer"で、ジョン・コルベット、レベッカ・デモーネイ、ジェイソン・リッター、アシュリー・シンプソンらの共演が決まった模様。また、リタ・ウィルソンが母親役で出演交渉中らしい。撮影は来週始まるようだ。
「パルプ・フィクション」("Pulp Fiction",1994年)、「ガタカ」("Gattaca",1997年)、「マン・オン・ザ・ムーン」("Man on the Moon",1999年)や新作"Along Came Polly"などの製作を共同で手掛けているマイケル・シャンバーグ(Michael Shamberg)とステイシー・シェール(Stacey Sher)は、キアヌ・リーヴス原案・主演のコメディと、ハリソン・フォード主演の医療ドラマでプロデューサーを務めるようだ。
ジェニファー・ロペス主演の新作コメディ"Monster-in-Law"への、ジェーン・フォンダの出演が正式に決定した模様。「アイリスへの手紙」("Stanley & Iris",1990年)以来14年ぶりのスクリーン復帰となるようだ。
来月29日に開催されるアカデミー賞授賞式で司会を務めるビリー・クリスタルは「(スティーヴ・マーティンが務めた)去年は司会をやりたくてムズムズしていたんだ。皆の注目を浴びていたかったし、プレッシャーも感じていたかった。イライラなんてしないと言うのは馬鹿げてるよ。一度僕が(司会を務める事に)『イエス』と答えたら最後、頭痛は『それでは皆さん、おやすみなさい』と僕が言うまで続くんだ」と語ったようだ。
人気TVドラマ「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)で、昨秋数ヶ月のオフを取って出演を休んだノア・ワイリーは「自分のいない『ER』を見ると当惑するよ。全く気に入らなかった。客観的に見てとても楽しめたけれど、切り離されたような感じがしたんだ」と語ったようだ。
米ABCテレビの人気ドラマ・シリーズ"NYPD Blue"(1993年-)の3月放送予定のエピソードで、ゴードン・クラップ(Gordon Clapp)演じるグレッグ・メダヴォイ刑事も、ついに"素肌"を披露するらしい。
  1/18
リチャード・ドナー監督「タイムライン」("Timeline")が17日初日を迎え、日本語吹替えを担当した玉木宏、上原美佐らが舞台挨拶に立ったようだ。
磯村一路監督「解夏」が17日初日を迎え、大沢たかお、石田ゆり子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
成島出監督「油断大敵」が17日初日を迎え、役所広司らが舞台挨拶を行ったらしい。
三池崇史監督「着信アリ」が17日初日を迎え、柴咲コウ、堤真一、吹石一恵らが舞台挨拶に立ったようだ。台湾他アジア各国でも上映されるほか、第54回ベルリン国際映画祭にも出品されるらしい。
5月2日の契約終了を前に、まもなく米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)との契約交渉に入る米脚本家組合(Writers Guild of America)は、DVDの売り上げ増に見合った支払いを要求する模様。2002年のDVDの売り上げ110億ドルの内、脚本家に支払われたのは0.16%の1800万ドルに過ぎない、とWGAは指摘しているようだ。
米CBS会長兼CEOのレズリー・ムーンヴス(Leslie Moonves)は。人気コメディシリーズ「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996年-)第9シーズンへの出演に消極的なレイ・ロマーノとの出演交渉について「結論は出ていない。問題は彼は8年間でやるべきことは全てやったと思っていることだ。金銭の問題ではない」と語ったようだ。
「雑草のような命」(滝沢英輔監督,1960年)の原作者の森山啓が、自ら映画のために作詞した主題歌の直筆原稿が、金沢市内の古書店で発見されたらしい。
ポルトガルの工場に勤める青年ジョアオは、16日行われた「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のプレミアのためマドリッドを訪れたトム・クルーズにある依頼をしたらしい。クルーズはその約束を果たし、国営テレビのカメラに向かって「ソニア、君はジョアオと結婚すべきだ。ジョアオと結婚してくれ。彼はカメラの後ろで叫んでいる」と語りかけたようだ。その放送を見たソニアはすぐにイエスと答えたとか。
キーラ・ナイトレイは、TVドラマ"Doctor Zhivago"出演のため中断していた学業を再開、Oxford Brookes大学で科学技術を学んでいるらしい。
ニコール・キッドマンはオーストラリアの地元紙に「俳優としての仕事の緊張感をほぐすために、より多くの時間を故郷で過ごすことになると思う」と語ったようだ。
ブラックスプロイテーションというジャンルを確立させた「スーパーフライ」("Superfly",1972年)に主演したほか、その続編で自ら監督も務めた"Super Fly T.N.T."(1973年)や「ファイナル・カウントダウン」("The Final Countdown",1980年)、「パペット・マスター5 最終戦争」("Puppet Master 5: The Final Chapter",1994年)などの作品に出演した、米俳優のロン・オニール(Ron O'Neal)さんが14日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロブ・マーシャル監督による「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の映画化で、主人公さゆり役は日本人からオーディションで選ばれるらしい。
広末涼子の結婚式と披露宴が17日、銀座の結婚式場で行われたようだ。
マイケル・ムーア監督は14日、民主党大統領候補として、クラーク元欧州連合軍最高司令官を支持すると表明した模様。
「ポパイ」の生誕75周年を祝うイベントが米国で行われているようだ。エンパイア・ステート・ビルは今週末「彼のほうれん草への愛に敬意を表して」緑色にライトアップしているとか。3DアニメによるTVスペシャルも予定されているらしい。
  1/19
矢沢あいの人気コミック「下弦の月」が「ラスト・クォーター」のタイトルで映画化される模様。二階健が監督を務め、栗山千明、成宮寛貴、緒形拳、陣内孝則らが共演するらしい。
「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")と「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の日本国内興収は共に90億円を越え、100億円突破がほぼ確実となったようだ。
ホイットニー・ヒューストンとボビー・ブラウンは、離婚の手続きに入っているらしい。
3月に開館予定の新しいサンシャインプラネタリウムでは、投影できる星の数が9千個から40万個に増えるほか、全天周デジタル映像装置も導入されるらしい。第1回目のプログラムでは宮地真緒がナレーションを務めるようだ。
「砂の器」(野村芳太郎監督,1974年)の公開から30年を迎え、ドラマの舞台となった島根県仁多町では、「松本清張サミット」や映画出演者を招いたシンポジウム、主題曲「宿命」の演奏会などを検討しているらしい。また、中居正広主演によるTVドラマのロケも、今月末から行われる予定とか。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)は19日、英アカデミー賞のノミネーションを発表、アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"が最多13部門でノミネートされたものの、主演ニコール・キッドマンは主演女優賞候補に選ばれなかったらしい。また、ピーター・ウェーバー監督、コリン・ファース主演「真珠の耳飾りの少女」("Girl With a Pearl Earring")が10部門で候補に挙がったようだ。
バーブラ・ストライサンドを見い出し「ファニー・ガール」("Funny Girl",1968年)、「追憶」("The Way We Were",1973年)などの作品を製作したほか、「トランザム7000」("Smokey and the Bandit",1977年)、「グッバイガール」("The Goodbye Girl",1977年)、「ペギー・スーの結婚」("Peggy Sue Got Married",1986年)など数多くの作品を手掛けた伝説的映画プロデューサー、レイ・スターク(Ray Stark)さんが17日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
開催中のサンダンス映画祭で17日行われた"The Butterfly Effect"プレミア上映には、主演のアシュトン・カッチャーがデミ・ムーアと共に出席したようだ。
週末3日間の全米興収は、ジェニファー・アニストン、ベン・スティラー共演のコメディ"Along Came Polly"が2764万ドルで初登場1位を獲得、また韓国出身のジョセフ・カーン監督によるアクション大作「トルク」("Torque")は1026万ドルで3位のスタートとなった模様。一方、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は1020万ドルで4位に後退したものの、総興収は3億2679万ドルに達したようだ。また、トム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の総興収も1億ドルを突破したらしい。
第15回米製作者組合(Producers Guild of America)賞が17日発表され、映画部門ではピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が受賞したようだ。
開催中のサンダンス映画祭で、MiramaxとFox Searchlightは、コンペ部門に出品されているザック・ブラフ(Zach Braff)監督・主演、ナタリー・ポートマン共演のロマンチック・コメディ"Garden State"の配給権を共同で獲得した模様。一方、Sony Pictures Classicsは、映画祭でオープニング上映されたサーフィンを描くドキュメンタリー映画"Riding Giants"を、Lions Gateは「ブレアウィッチ」+「ジョーズ」風の海洋スリラー"Open Water"を獲得したようだ。
松山ケンイチと佐藤めぐみが共演する新作「ウィニング・パス」(中田新一監督)が24日公開となるようだ。
タカハタ秀太監督「ホテル・ビーナス」に主演する草なぎ剛が、南麻布の韓国大使館を表敬訪問したらしい。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌15」のマドンナ役に、江角マキコが決まったようだ。4月から秋田市内などで撮影が行われる模様。
18日スタートしたTBS「砂の器」の初回平均視聴率は26.3%に達した模様。
韓国で放送中のドラマ「天国の階段」の1シーンで、チェ・ジウ演じるヒロインが携帯電話をかけ、その相手の着信画面が映ったため、実在したその携帯電話の番号に数百本の間違い電話が殺到したらしい。
メアリー=ルイーズ・パーカーは、昨年離婚したビリー・クラダップとの子供となる、男の子を出産したようだ。
オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演"Alexander"の、タイでのロケがスタートした模様。
実話に基づくテリー・ジョージ監督の新作"Hotel Rwanda"で、ホアキン・フェニックス、ニック・ノルティ、ドン・チードル、ソフィ・オコネドーらが共演するようだ。
英Sun紙の読者投票によるカーチェイス映画ベスト10が発表されたようだ。
1. 「ブリット」("Bullitt",1968年)
2. 「バニシング IN 60"」("Gone in 60 Seconds",1974年)
3. 「フレンチ・コネクション」("French Connection",1971年)
4. 「RONIN」("Ronin",1998年)
5. 「ミニミニ大作戦」("The Italian Job",1969年)
6. 「激突」("Duel",1972年)
7. 「トランザム7000」("Smokey and the Bandit",1977年)
8. 「マッド・マックス2」("Mad Max 2",1981年)
9. 「007/ゴールドフィンガー」("Goldfinger",1964年)
10. 「007/ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)
[☆「ブルース・ブラザース」("The Blues Brothers",1980年)が抜けてますね・・・]
  1/20
札幌市は「東アジア都市間文化交流事業」の一環として来月7日、長春映画製作所副所長で映画監督の韓志君を講師に招いた講演と、「香魂女―湖に生きる」(謝飛監督,1993年)の上映会を開催するようだ。
降旗康男監督「赤い月」の完成披露試写会が19日都内で行われ、常盤貴子、香川照之らが出席したようだ。
来月25日放送のテレビ東京「パートタイム探偵2」の完成披露会見が19日都内で行われ、松坂慶子、吉田栄作、三池崇史監督らが出席したようだ。
ブリトニー・スピアーズが出演するペプシの新CMが、今春から放送されるらしい。
「流転」(福田晴一監督,1960年)の原作者で、作詞家としても活躍した、作家の石濱恒夫さんが9日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の第1回放送が「七人の侍」に酷似しているとして、黒澤久雄らがNHKと脚本家の鎌田敏夫に対し損害賠償の支払いなどを求めている訴訟で20日、第1回口頭弁論が東京地裁で開かれたようだ。NHK側は「著作権侵害はない」として請求棄却を求める答弁書を提出した模様。
埼玉県春日部市の市名が、周辺3町との合併後も「春日部」になることが19日決まった模様。4月上旬に同市内で行われる「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」の試写会での特別住民票の交付も、予定通り行われるようだ。
韓国の映画サイトjoycine.comの調査による「最後のどんでん返しが最も印象的だった2003年公開映画」の第1位に、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が選ばれたようだ。以下、「薔花、紅蓮」、「"アイデンティティー"」、「地球を守れ!」と続いたらしい。
韓国兵務庁は、ウォン・ビンに対し、兵役のための入営延期の最長期限が今年12月31日までであることを通達したようだ。アン・グォンテ監督「うちの兄」の撮影が来月始まるため入営申請を延期しており、映画が公開される10〜11月ごろには入営する予定とか。
クァク・キョンテク監督の新作「台風」で、チャン・ドンゴンとイ・ジョンジェが共演するらしい。8月から撮影が始まる模様。
山口県でロケが行われた「ほたるの星」の菅原浩志監督は19日、出演した児童の一人が通う由西小学校を訪れ、「お話し会」に出席したようだ。今後、3月30日の県内先行公開までに、出演した児童が通う全ての小学校を訪問する予定とか。
埼玉県川口市のSKIPシティで3月に開催される国際デジタル・シネマ・フェスティバルの参加作品18本が20日発表されたようだ。38カ国の応募作品約600本の中から選ばれたらしい。
ニュージーランドの映画配給協会は19日、昨年映画興行収入が過去最高の1億5300万NZドルを記録した、と発表したようだ。「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")、「クジラの島の少女」("Whale Rider")などの大ヒットが大きく貢献したらしい。
CM界のベテランとして知られるクレイグ・ギレスピー(Craig Gillespie)が、ダークなロマンチック・コメディ"The Whole Pemberton Thing"で映画監督デビューするらしい。
「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の北米を除く海外週末興収は31の地域で合わせて4060万ドルを記録、総興収は1億5760万ドルに達したようだ。一方54ヶ国で公開中の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は週末興収が2310万ドル、総興収は4億9670万ドルに達し、前作「二つの塔」を25%上回る成績を記録しているらしい。
開催中のサンダンス映画祭には、エドワード・ノートン、マリオ・ヴァン・ピーブルズ、ランス・ベース、シャノン・エリザベス、ミニー・ドライヴァー、クリスティーナ・アップルゲイトらも姿を見せたようだ。
サンダンス映画祭を訪れたダニー・デヴィートは「ここは大好きだ。映画を観たりスキーをしたりして、(プロデュースした新作)"Garden State"と共に楽しんでいるよ」と語ったようだ。
サンダンス映画祭を訪れたコートニー・コックスは「彼(デヴィッド・アークエット)は6回来たけれど、私は初めて。彼がいなかったらここまでたどり着けなかったと思う。とっても助かったわ。でも、チクチクするセーターを着ないようにと私に教えてくれなかったけど」と語ったようだ。
スティーヴン・ボールドウィンは、彼自身のアイデアに基づくスケートボードをテーマにした企画"Robbin Hoodz"で、監督を務める予定とか。現在、脚本家を探しているようだ。
ピーター・ビスカインド(Peter Biskind)の著書"Down and Dirty Pictures"で、サンダンス映画祭と主催するロバート・レッドフォードが酷評されていることについて「我々は人間であり、失望することもあるし、無力な立場に置かれることもある。それでも我々は前に進んで行くしかない」と語った上で「そういった批判に動じることのないサンダンスはうまくいっていると思う。20年を経て、その結果は自ずから明らかだ」とコメントしたようだ。
現在ロサンゼルスで撮影中の、デヴィッド・シルバーグ(David Silberg)脚本・初監督作品"Getting Played"で、カーメン・エレクトラ、ヴィヴィカ・A・フォックスらが共演しているようだ。
来月5日に開幕する第54回ベルリン国際映画祭で、フランシス・マクドーマンドが審査委員長を務めることが決まったようだ。
Martin Luther King Jr. Dayを含む週末4日間の全米週末興収では、ジェニファー・アニストン、ベン・スティラー共演のコメディ"Along Came Polly"が3276万ドルを記録、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は1272万ドルで2位となったようだ。
ニコール・キッドマンとレニー・クラヴィッツは別れたようだ。
第58回毎日映画コンクールの各賞が19日発表されたようだ。
■日本映画大賞 「赤目四十八瀧心中未遂」(荒戸源次郎監督)
■日本映画優秀賞 「阿修羅のごとく」「座頭市」「スパイ・ゾルゲ」「ドッペルゲンガー」
■監督賞 崔洋一 (「刑務所の中」)
■主演男優賞 西田敏行 (「ゲロッパ!」ほか)
■主演女優賞 寺島しのぶ (「赤目四十八瀧心中未遂」)
■助演男優賞 柄本明 (「花」ほか)
■助演女優賞 大楠道代 (「赤目四十八瀧心中未遂」ほか)
■田中絹代賞 八千草薫 (「阿修羅のごとく」)
■新人賞 大西滝次郎 (「赤目四十八瀧心中未遂」)、宮迫博之、西川美和監督 (「蛇イチゴ」)
「仄暗い水の底から」(中田秀夫監督,2002年)の、ヴァルテル・サレス監督によるハリウッド・リメイク"Dark Water"で、ジェニファー・コネリーの主演が正式に決定した模様。ティム・ロス、ジョン・C・ライリー、ピート・ポスルスウェイトらが共演するらしい。トロントで19日から撮影に入ったようだ。
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンが共演する新作ロマンチック・コメディ"Wedding Crashers"に、クリストファー・ウォーケンの出演が決まった模様。監督はデヴィッド・ドブキンが務めるようだ。
5月終了が決定した人気ドラマ・シリーズ「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Frasier",1993-2004年)に出演中のジェイン・リーヴスは、昨年12月に男の子を出産していたようだ。
妊娠中のサマー・フェニックスは、ケイシー・アフレックと婚約したようだ。
離婚したハリソン・フォードが支払う慰謝料は1億ドル以上とか。
サンダンス映画祭を訪れたベン・アフレックは3月公開の新作"Jersey Girl"のプロモーションについて「ベン&ジェン(=ジェニファー・ロペス)の映画として売り込むことは、誰もやりたくないだろうね。これは僕とある女の子とのことを描いた映画だし、その事実をプロモーションすることになるよ」と語ったようだ。
アルバム"Bette Midler Sings The Rosemary Clooney Songbook"で、ローズマリー・クルーニーのアルバム"The Last Concert"と共にグラミー賞にノミネートされたベット・ミドラーは「私はローズマリーにグラミーを取って欲しい。私が彼女と対抗するなんてとんでもないことよ。辞退することも考えているわ。もし私が勝ったら最悪だもの。彼女はグラミーを取ったことがないのよ」と語ったようだ。
人気TV番組"Queer Eye for the Straight Guy"(2003年-)に登場するFab Fiveの一人ジェイ・ロドリゲス(Jai Rodriguez)がアルバムをリリースするようだ。彼は、ブロードウェイ・ミュージカルへの出演経験もあり、歌えるらしい。現在レコーディング中とか。
米CBSのコメディ・ドラマ"Two and a Half Men"で女好きの独身男を演じるチャーリー・シーンは「今はもう存在しない奴を受け入れることは楽しいよ」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演したショーン・アスティンは「撮影を終えたときには、いつでも立ち去る準備が出来ていたが。でも、世間はそうさせてくれないようだね」と語ったようだ。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞のTV部門のノミネーションが19日発表され、"Malcolm in the Middle"(2000年)、「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Fraiser",1993-2004年)、"Sex and the City"(1998-2004年)などがドラマ部門で、「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)などがアニメ部門でそれぞれノミネートされたようだ。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")にピーター・ウェラーの出演が決まったようだ。
  1/21
米Warner Bros.は、今後3〜4年間に中国主要都市にシネコン30館を展開すると発表したようだ。18日には、第1号館が天津市で開業したらしい。
羽生生純のコミック「恋の門」が、松尾スズキ監督、松田龍平、酒井若菜共演で映画化されるらしい。大竹しのぶ、大竹まこと、小日向文世、忌野清志郎らのほか監督自身も出演、既に17日にクランクインしており、5月に完成予定とか。
山田洋次監督次回作は、藤沢周平原作「隠し剣 鬼の爪」に決まったようだ。永瀬正敏、松たか子、小澤征悦、吉岡秀隆らの共演で、来月上旬に撮影開始、今秋公開予定とか。
中山美穂は14日、パリで男の子を出産した模様。
大阪市市は21日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社が、当初予定していた2006年までに累積損失を鑑賞することは困難だとする見通しを明らかにしたようだ。
西鹿児島駅の駅ビルとして建設中の「アミュプラザ鹿児島」の上棟式が21日行われたようだ。屋上に直径60メートルの観覧車が設置されるほか、映画館なども入るらしい。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社が、213億円の累積損失を抱えていることが20日、明らかとなったようだ。
山中貞雄(1909-38年)監督を描く映画が製作中らしい。黒木和雄の監督で、年内に京都でクランクイン予定とか。
春夏パリ・オートクチュール・コレクションで20日、Givenchyの新しい香水Very Irresistibleのイメージキャラクターを務めるりヴ・タイラーが会場でゲストに挨拶「とても光栄なことで嬉しく思いますが、すこし緊張してもいます。今も昔も、オードリー・ヘプバーンの存在に代わることはできる人はいないと思います」と語ったようだ。
米CBSは、トニー賞(Tony Awards)授賞式の2010年までの放映権を獲得したようだ。
ウェス・ベントリーは、リー・ダニエルズ(Lee Daniels)の監督デビュー作となるギャング映画"Shadowboxer"に主演することが決まったようだ。「チョコレート」("Monster's Ball",2001年)のウィル・ロコス(Will Rokos)が脚本を務めるらしい。
開催中のサンダンス映画祭で、International Creative Management、Creative Artists Agency、United Talent Agency、William Morris Agencyなどハリウッドの主要芸能プロダクションの主催によるパーティやイベントが連日開催され、多くの有名人が参加しているようだ。
ダグ・ライマン監督、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演による新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"に、米FOXの人気シリーズ"The O.C."に主演するアダム・ブロディ(Adam Brody)の出演が決まったようだ。同番組の製作総指揮を務めるリーマン監督が推薦し、脚本を書き換えさせたらしい。
1995年にボスニア上空で撃墜された後無事帰還した米空軍パイロットが、「エネミー・ライン」("Behind Enemy Lines",2001年)は自らの体験を無断で映画化したもので、また彼が作品を支持したかのようなプロモーションを行ったとして、米20世紀FOXなどに対して訴訟を起こしていた問題で、双方は和解に達したようだ。
ハワイでのロケが、ハリウッド映画を中心に盛んになっているらしい。「ウィンドトーカーズ」("Windtalkers",2002年)では南太平洋として、"The Rundown"(2003年)ではブラジルとして、「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun",2003年)ではアフリカとして登場したほか、新作"The Big Bounce"や"50 First Dates"ではハワイが舞台として選ばれたようだ。ハワイ州では、税制優遇措置などによる積極的な誘致活動も展開しているとか。
「ミート・ザ・ペアレンツ」("Meet the Parents",2000年)の続編"Meet the Fockers"で、ダスティン・ホフマンがベン・スティラーの父親役を演じるらしい。ロバート・デ・ニーロ、ブライス・ダナー、テリー・ポロらも引き続き出演するようだ。
サンダンス映画祭で行われた新作"November"のプレミア上映に出席したコートニー・コックスは、人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)の撮影終了後は映画に専念し「すぐにはシチュエーションコメディやその手のTVシリーズに出演したくない」と語ったようだ。
英国週末興収は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord Of The Rings: The Return Of The King")が5週連続1位、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")が2週連続2位となり、以下「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")、「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")、「ピーター・パン」("Peter Pan")と続いたようだ。
メル・ギブソン監督作"The Passion of the Christ"に対し、ヨハネ・パウロ二世がこの作品を賞賛したとする報道について、長年ローマ法王の秘書を務めるStanislaw Dziwisz大司教は「法王はこの映画について意見を周囲に述べたことはない」と語ったようだ。
新作"The Butterfly Effect"がプレミア上映されたサンダンス映画祭をデミ・ムーアと共に訪れたアシュトン・カッチャーは、カウボーイ・ハットに革のジャケットとスカーフ、ジーンズというカウボーイスタイルで登場「みんなに騙されたんだ。サンダンスに行くときは『明日に向って撃て!』("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)の格好をしなきゃいけないって」と発言したとか。
ジェニファー・アニストンは今、彫刻に夢中とか。「ここ数日、粘土を相手に創造的な日々を過ごしているわ」と語ったようだ。
ロサンゼルスのスシ・バーに入ったシャーリーズ・セロンとスチュアート・タウンゼンドは、あまりのもたくさん注文したために、店から追い出されたらしい。
エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ共演の新作SFスリラー"The Jacket"撮影のため、製作のジョージ・クルーニーもスコットランド入りした模様。
TVシリーズ「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)などの人気の影響で、カナダの病院ではスタッフが制服を返却せずに持ち帰るケースが多発、被害総額は25万カナダドルに達したとか。
  1/22
NHK定例会見が21日都内で行われ関根昭義放送総局長は、「武蔵 MUSASHI」の盗作問題について「著作権を侵害したとか、謝罪したとかいうことは一切ありません」とコメントしたようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord Of The Rings: The Return Of The King")プロモーションのため来日中のイライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、ドミニク・モナハン、ビリー・ボイド、アンディ・サーキスとピーター・ジャクソン監督が21日、都内で記者会見を行ったようだ。
3月下旬公開予定の3作品、安里麻里監督、東海林愛美主演「独立少女紅蓮隊」、西山洋市監督、佐藤仁美主演「稲妻ルーシー」、古澤健監督、松重豊主演「ロスト★マイウェイ」の会見が21日都内で行われたようだ。
1966年にNHKで放送された吉永小百合、加藤剛共演のドラマ「わが心のかもめ」の映像が発見され、来月1日に放送されるらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord Of The Rings: The Return Of The King")プロモーションのため来日中のピーター・ジャクソン監督、イライジャ・ウッドらは22日夜、都内増上寺で行われた指輪の奉納イベントに参加したようだ。東京タワーを悪の冥王サウロンに見立て、映画のクライマックスが再現されたとか。
サンダンス映画祭を訪れていた、ベルナルド・ベルトルッチ監督"The Dreamers"主演のマイケル・ピットは、PlayStation 2ロッジでファンを前にギター演奏を披露、ロッカーを気取ってギターを床に叩きつけたところ、客席にいた女性に膝に当たってしまったらしい。幸い女性に怪我はなく、ピットの謝罪を受け入れたようだ。
スティーヴン・キング原作、ジョニー・デップ主演の新作スリラー"Secret Window"の全米公開は、当初予定の4月23日から3月12日に前倒しされたらしい。
独立系配給会社IFC Filmsは、サンダンス映画祭で上映された擬似ドキュメンタリー映画"CSA: The Confederate States of America"の北米配給権を獲得した模様。米南北戦争で南軍が勝利を収めた世界を描いた作品とか。
ガエル・ガルシア・ベルナルは、3月から撮影が始まるジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督・脚本の新作"The King"で、サム・シェパードと共演するらしい。
Sony Pictures Classicsは、Merchant Ivory Productions製作の最新作となる、クリス・テリオ(Chris Terrio)監督、エイミー・フォックス、グレン・クローズ、ジェイムズ・マースデンら共演"Heights"の北米配給権を獲得したようだ。
ジェイムズ・キャメロン監督はDaily Variety紙に対し、ハイビジョン3Dビデオカメラを使用したタイトル未定のSF超大作の撮影を今年後半には始めたい、と語ったようだ。
来月開催されるベルリン国際映画祭で、B・B・キング、ソロモン・バーク、ナタリー・コールらのパフォーマンスを収めたアントワ・フークア監督のドキュメンタリー"Lightning in a Bottle"、新人オマー・ナイム(Omar Naim)監督、ロビン・ウィリアムス、ミラ・ソルヴィーノの共演のSFスリラー"The Final Cut"、ジョシュア・マーストン(Joshua Marston)監督によるサンダンス映画祭出品作"Maria Full of Grace"の3作品が米国から出品されるようだ。またキム・ギドク監督"Samaritan Girl"のほか、シルヴィア・チャン監督・主演"20:30:40"の上映も決まったらしい。
新しく設立されたWarner Independent Picturesは、ジョン・カラン(John Curran)監督、マーク・ラファロ、ローラ・ダーン、ピーター・クラウゼ、ナオミ・ワッツ共演の"We Don't Live Here Anymore"について、北米および英国での配給権を獲得したようだ。
サンダンス映画祭19日、ケヴィン・ベーコン主演の新作"The Woodsman"のプレミア上映が行われたようだ。小児愛者を演じたベーコンは「俳優としてどんなイメージを持たれるか気にしたことはほとんどない。正直に言って、僕のイメージがどうなのかもよく分からない」と語ったようだ。
DVD支援団体の米Digital Entertainment GroupはCreative Excellence Awardsを発表、最優秀劇場作品DVDに「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")、非劇場作品DVDにスティーヴン・スピルバーグ監督のTVミニシリーズ"Taken"などを選出したようだ。
イエス・キリストの最後を描いた問題作"The Passion of the Christ"を監督したメル・ギブソンは、ヨハネ・パウロ2世の賛辞が否定されたニュースについては触れなかったものの「僕の予想では、最悪の時はまだ訪れていない。僕が間違っていればいいけど。僕が間違っていればいいけど」と語ったようだ。
肌や大理石など半透明の表面についての光の散乱モデルを作成した米国の3人の大学教授に、アカデミー賞科学技術賞が贈られるようだ。
米Yahoo!は、オンライン・チケット販売のFandangoと長期契約を締結したようだ。映画チケットの購入サービスなどを手掛ける予定とか。
昨年サディ・フロストと離婚したジュード・ロウは「誰かに心の痛みについて相談したかったけれど、子供たちとは出来る限り会っていたいし、仕事もあって、とても疲れていた。仕事に打ち込むのはいいけれど、それで全てを埋めてしまいたくない。セラピーに行ってみたいとは思っている」と語ったようだ。
新作「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")プロモーションのためマドリッドを訪れたベン・アフレックは、記者会見をスペイン語で対応し記者達を驚かせたとか。「みんなはジェニファー(・ロペス)が僕に教えたと思っているみたいだけど、僕は10代の頃メキシコに住んでいてそこで覚えたんだ」と語ったようだ。
ショーン・アスティンは、Marvelの人気コミック"Fantastic Four"の映画化で監督デビューしたいと言っているらしい。スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーもこの作品を狙っていることについて「僕はジョージ・クルーニーとも友人だよ。彼なら完璧な作品が撮れると思う」と語ったようだ。
ニュージャージー州在住のブライアン・ハーズリンガー(Brian Herzlinger)は、ドリュー・バリモアを追いかける様子を自ら撮影した製作費1100ドルの超低予算ドキュメンタリー映画"My Date With Drew"について、現在配給先を探しているようだ。
常盤貴子のエッセー「No Love,No Life〜愛がなければ、生きられない〜」が来月4日に発売されるらしい。
第46回ブルーリボン賞が21日発表されたようだ。
■作品賞 「赤目四十八瀧心中未遂」(荒戸源次郎監督)
■監督賞 森田芳光 (「阿修羅のごとく」)
■主演男優賞 西田敏行 (「釣りバカ日誌14」「ゲロッパ!」)
■主演女優賞 寺島しのぶ (「赤目四十八瀧心中未遂」「ヴァイブレータ」)
■助演男優賞 山本太郎 (「MOON CHILD」「ゲロッパ!」「精霊流し」)
■助演女優賞 大楠道代 (「座頭市」「赤目四十八瀧心中未遂」)
■新人賞 石原さとみ (「わたしのグランパ」)
■外国映画賞 「インファナル・アフェア」
■特別賞 渡辺謙 (「ラスト サムライ」)
Warner Bros.は、Cecily von Ziegesarのベストセラー小説"Gossip Girl"の映画化権を獲得した模様。リンゼイ・ローハンが主演を務めるらしい。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)に再び続編企画が立ち上がっているらしい。ダニエル・マイリック, エドゥアルド・サンチェスが再び監督を務め、1作目以前の物語を描く予定とか。
リップ・トーンが、グリニッジ・ビレッジで追突事故を起こした模様。飲酒運転の疑いがあるようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」でゴラム役を演じたアンディ・サーキスの体験談"Gollum: How We Made Movie Magic"が出版されたようだ。
「ペーパー・ムーン」("Paper Moon",1973年)、「チャイナタウン」("Chinatown",1974年)、「ビッグ・バッド・ママ」("Big Bad Mama",1975年)、「グッドモーニング・ベトナム」("Good Morning, Vietnam",1987年)、「シティ・スリッカーズ」("City Slickers",1991年)、「アンカーウーマン」("Up Close & Personal",1996年)など数多くの作品で名脇役として活躍した、米俳優のノーブル・ウィリンガム(Noble Willingham)さんが17日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
3月に開催される第10回米コメディ・アート・フェスティバル(U.S. Comedy Arts Festival)で、ダイアン・キートンにAFIスター賞(AFI Star Award)が、脚本家のオーガスト・ウィルソン(August Wilson)に言論の自由賞(Freedom of Speech Award)がそれぞれ授与されることが決まったようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の映画化を手掛けるアルフォンソ・クアロン監督は、原作者のJ・K・ローリングについて「本当に素晴らしい人だ。彼女は私に『原作に忠実である必要はない』と激励してくれた。でも、オルガンを弾くシーンで、鍵盤の上を小人が飛び回るというシーンを書いたら彼女に『いいえ、ホグワーツに小人はいません』と言われてしまったよ」と語ったようだ。
米Cosmopolitan誌がによる今年のFun Fearless Maleにマシュー・ペリーが、Fun Fearless Femaleにアリシア・シルヴァーストーンが選ばれたようだ。そのほかCosmopolitan2月号では、ソフィア・コッポラ、アシャンティ、ルーシー・リュー、ホリー・ハンター、ミシャー・バートン、ダイアン・レインらに賛辞が贈られているらしい。
シカゴ映画批評家協会賞が21日発表されたようだ。
■作品賞 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord Of The Rings: The Return Of The King")
■監督賞 ピーター・ジャクソン(「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■主演男優賞 ビル・マーレイ(「ロスト・イン・トランスレーション」)
■主演女優賞 シャーリーズ・セロン("Monster")
■助演男優賞 ティム・ロビンス(「ミスティック・リバー」)
■助演女優賞 パトリシア・クラークソン("Pieces Of April")
■脚本賞 ソフィア・コッポラ(「ロスト・イン・トランスレーション」)
■外国語映画賞 「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")
  1/23
三池崇史監督「ゼブラーマン」の完成披露試写会が22日都内で行われ、哀川翔、宮藤官九郎らが舞台挨拶に立ったようだ。
蜷川幸雄監督「嗤う伊右衛門」のの完成披露試写会が22日都内で行われ、唐沢寿明、小雪、池内博之、香川照之、蜷川監督監督らが舞台挨拶に立ったようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」のオープニングセレモニーが22日行われ、菊川怜、陣内孝則、ボブ・サップらが出席したらしい。 [☆3人の関係は?]
「チャールズ・ブロンソン・メモリアルBOX」「チャールズ・ブロンソンDVDコレクションBOX」「THE BRONSON DVD-BOX」などチャールズ・ブロンソンの出演作を集めたDVDボックスが続々と発売されるらしい。
明治時代に日本で初めての孤児院を開設した石井十次の生涯を描く、山田火砂子監督の新作「石井のおとうさんありがとう」のヒロイン役に、自ら児童養護施設で育った経験を持つ今城静香がオーディションで選ばれたようだ。
含む総工費6500万ドルで2年前に建設された、コダック・シアターなどを含む複合施設Hollywood & Highlandが、2000万ドルで売却されることになったらしい。
フィリピン大統領選に出馬を表明している映画俳優のフェルナンド・ポー・ジュニアに対し、米国国籍のため立候補資格がないとして異議が申し立てられていた問題で、同国の選挙管理当局はこれを却下したようだ。
シャーリー・マクレーンが、カーティス・ハンソン監督、キャメロン・ディアス、トニ・コレット共演のコメディ"In Her Shoes"で共演することが決まったらしい。来月9日からロサンゼルスで撮影が始まるようだ。
第56回米脚本家組合(Writers Guild of America)賞のノミネーションが22日発表され、オリジナル脚本部門では「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")のグリンダ・チャーダ、「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")のジム・シェリダン、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")のソフィア・コッポラらが、脚色賞では"Cold Mountain"のアンソニー・ミンゲラ、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のフラン・ウォルシュ、「ミスティック・リバー」("Mystic River")のブライアン・ヘルゲランド、「シービスケット」("Seabiscuit")のゲイリー・ロスらが候補に挙がったようだ。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の北米を除く海外興収が、今週末で5億ドルを突破する模様。アニメーション作品では「ライオン・キング」("The Lion King")の4億5500万ドルを越えて史上最高、全ての映画作品でも5億ドルの突破は9番目とか。
昨年ヒットした低予算ホラー"Cabin Fever"で監督・脚本を務めたイーライ・ロス(Eli Roth)の次回作は、サイコスリラー"The Box"になるようだ。1985年にリバイバルされたTVシリーズ「トワイライト・ゾーン」("The Twilight Zone")の一話を映画化するらしい。
新作ダーク・コメディ"Eulogy"に出演したレイ・ロマーノがサンダンス・デビューしたようだ。「私はヴァージン。(実写)映画も初めて、サンダンスも初めて、全てが初めてだ」とコメントしたらしい。
アカデミー会員向けに配布されたビデオを違法コピーしたとして、FBIは22日、シカゴ郊外に在住の男性を逮捕した模様。自宅からは数百本のビデオが発見されたらしい。
今年の新作"Eulogy"を含めこれまで出演4作品がサンダンス映画祭に出品されている女優のゾーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)が、24日に開催される授賞式で司会を務めるらしい。「去年のビデオを見て私はインディペンデント映画界のビリー・クリスタルにならなければならない、と思った。恐ろしいわ。でも、みんなは私が何回トチったかなんて覚えていないと思う」と語ったようだ。
「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")の主題歌でゴールデン・ルローブ賞にノミネートされているU2のボノは、昨年の授賞式で"F***ing brilliant!"と発言し問題となったことについて「もう悪態の言葉を使わないことを誓うよ。毎日使っている言葉がつい口に出てしまうことはあると思う。僕は誰も怒らせるつもりはない」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスとベン・アフレックがついに破局したらしい。
NC-17での全米公開が決まったベルナルド・ベルトルッチ監督"The Dreamers"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
「イースター・パレード」("Easter Parade",1948年)、「踊る大紐育」("On the Town",1949年)、「キス・ミー・ケイト」("Kiss Me Kate",1953年)など数々の名作映画や舞台で活躍した、米女優のアン・ミラー(Ann Miller)さんが22日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
USA Networkは、TVドラマ"Frankenstein"のパイロット版制作を発注、ドラマ・シリーズ化するようだ。ベストセラー作家のディーン・R・クーンツ(Dean R. Koontz)が脚本とプロデュースを務めるほか、マーティン・スコセッシも製作に参加するらしい。
サンダンス映画祭を訪れたデミ・ムーアとアシュトン・カッチャーは、映画際主催者側にスキー用具一式を用意するよう要求、スキー板やブーツ、ウェア、グローブ、ゴーグルが無償で提供されたらしい。
ボビー・ダーリン(Bobby Darin)の半生を描く、ケヴィン・スペイシー監督・脚本・主演の新作"Beyond the Sea"でヒロイン役を演じたケイト・ボスワースは「いつも、彼がカイザー・ソゼだ、と思っていたの。彼が私のことを話していたときつい『あなたはカイザー・・・』と言ってしまいそうになったわ」と語ったようだ。
Chanelのイメージ・キャラクタを務めるニコール・キッドマンは、CM撮影用に用意された衣装に「野暮ったいわね。もっと若く見える服にしてよ。それにフリルはもうイヤよ」と文句をつけ、Chanelの重役達を怒らせたとか。 [☆ガセっぽいですが、念のため。]
ヒースロー空港で目撃されたブリトニー・スピアーズは、左手の薬指にダイヤモンドの指輪をしていたらしい。
人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)最終回のCM料は、30秒で190万ドルとか。これまでの史上最高額は「となりのサインフェルド」("Seinfeld",1989-1998年)の最終話での160万ドルだったらしい。
松竹は23日、都内で2004年度ラインナップ発表会を開催、「ドラッグストア・ガール」の田中麗奈、「クイール」の崔洋一監督、「釣りバカ日誌15」の西田敏行、「珈琲時光」の一青窈、「ラスト・クォーター」の栗山千明、「隠し剣 鬼の爪」の山田洋次監督らが出席したようだ。
グレアム・グリーン(Graham Greene)の小説「事件の核心」("The Heart of the Matter")が、マーティン・スコセッシの監督で再映画化されるらしい。
ブリトニー・スピアーズは、トビー・トビン(Tobi Tobin)の小説"Door to Door"の映画化で、プロデュースと主演を務めるらしい。
「南極物語」(蔵原惟繕監督,1983年)のハリウッド・リメイク版"Antarctica"で、"Win a Date With Tad Hamilton!"のジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)が主演に決まったようだ。ブルース・ヘンドリックス(Bruce Hendricks)の監督デビュー作となる模様。 [☆やっぱりアメリカ人の話になっちゃうんだ・・・]
米AOLは、ハリウッド作品10タイトルが1本99セントでダウンロードできるWinter Movie Specialを22日スタートさせたようだ。
トミー・チョン(Tommy Chong)がマリフアナ吸引パイプの販売で昨年有罪となって以来、彼の解放を訴えるfreetommychong.orgfreetommychong.netなどのサイトが登場、マリファナ合法化運動の象徴になっているらしい。
iMovieで編集された、総製作費218ドル32セントの長編映画"Tarnation"が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
12歳の少女と性的関係を持ったとして起訴されていたスコット・ベアストウに対し、禁固4ヶ月の実刑判決が下ったようだ。
スーザン・サランドンとロビン・ウィリアムズは米国南北戦争時代を舞台にした"The Conspirator"で共演するようだ。「プラトーン」("Platoon",1986年)などの作品で編集を手掛けているクレア・シンプソン(Claire Simpson)の監督デビュー作となるらしい。
ミュージカル化され大ヒットした「プロデューサーズ」("The Producers",1968)の再映画化で、ニコール・キッドマンが出演候補に挙がっている模様。
  1/24
第61回ゴールデン・グローブ賞授賞式に出席するため、渡辺謙が23日、成田空港を出発したようだ。
内閣府が24日発表した「文化に関する世論調査」によると、映画、音楽、演劇を1年間に劇場などで鑑賞したことがあると回答した人が50.9%だった一方、DVDやテレビなどで鑑賞すると答えた人は86.5%だったようだ。 [☆半分ですか・・・深刻な問題です。]
「会社員生活」(1929年)、「突貫小僧」(1929年)、「大人の見る絵本 生れてはみたけれど」(1932年)、「浮草物語」(1934年)などの小津安二郎監督作品に出演したほか、「無能の人」(竹中直人監督,1991年)、「忘れられぬ人々」(篠崎誠監督,2000年)など300本近い作品で活躍した、俳優の青木富夫さんが24日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
"Big Nudes"シリーズや石田えりの写真集「罪」などの作品で知られるほか、ピエール・カルダン、ナオミ・キャンベルら数多くの著名人を撮影、世界的写真家のヘルムート・ニュートンさんが23日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断掲載した英Hello!誌との訴訟費用400万ポンドの支払いを求めていた問題で、ロンドン高等裁判所は23日、Hello!誌に対しダグラス夫妻とOK!誌に200万ポンドの支払いを命じたようだ。
米国週末公開作品では、人気TVシリーズ"That '70s Show"(1998年-)で共演する、アシュトン・カッチャーとトファー・グレイスのライバル対決となる模様。アシュトン・カッチャー主演の"The Butterfly Effect"は2000万ドル、トファー・グレイス出演の"Win a Date With Tad Hamilton!"は1000万ドルの週末興収が予想されているようだ。
米国の朝の報道番組(TODAY?)でケイティ・クーリック(Katie Couric)のインタビューに答えていたアシュトン・カッチャーは、デミ・ムーアとの結婚について質問された時、突然怒り出し「この質問はしないと言ったじゃないか」と言って立ち去ってしまったらしい。そのあと戻ってきたカッチャーはクスクス笑いながら「このいやな感じが、"Punk'd"されたときの気分なんだ」と答えたとか。
滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」で市川染五郎が主演を務めるようだ。
松本清張「砂の器」原作本の売り上げが昨年末から急増、18日のドラマスタート後には1日1万冊のペースで売れているとか。
エンニオ・モリコーネの初来日公演が6月4日から東京国際フォーラムで開催されるようだ。
清水崇監督、サラ・ミシェル・ゲラー主演によるハリウッドリメイク版「The Juon / 呪怨」("The Grudge")で、真木よう子、石橋凌、藤貴子、尾関優哉の共演が決まった模様。全編日本でロケが行われ、総製作費は2000万ドルとか。
23日ロサンゼルスに向かった渡辺謙が乗った飛行機には、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」プロモーションのため来日していたイライジャ・ウッドらも同乗したらしい。
阪本順治監督「この世の外へ クラブ進駐軍」で萩原聖人が歌うジャズ2曲が、28日発売のアルバム「OUT OF THIS WORLD」に収録されているらしい。
子供向け番組"Captain Kangaroo"(CBS:1955-1985年、PBS:1986-1992年)で長年主人公を演じたボブ・キーシャン(Bob Keeshan)さんが23日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
The Friends of the USC Librariesが、映画の脚本家とその原作の作家を表彰する、USC脚本家賞(USC Libraries Scripter Award)が22日発表され、16年の同賞の歴史で初めて、「ミスティック・リバー」("Mystic River")と「シービスケット」("Seabiscuit")の2作品同時受賞となったようだ。
米環境保護団体Natural Resources Defense Councilのサンタモニカにある本部で22日、Leonardo DiCaprio e-Activism Zoneのオープニングセレモニーが開催され、レオナルド・ディカプリオらが出席したようだ。
  1/25
韓国映画「ラブストーリー」が24日初日を迎え、クァク・ジェヨン監督が都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーが5月に結婚へ、と米STAR誌が報じた模様。カッチャーは、クリスマスに17万ドル相当のダイヤのブレスレットを贈ったとか。
人気TVドラマ「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)のDVD発売記念イベントが24日都内で開催され、君島十和子がトークショーを行ったようだ。女優への復帰は否定したらしい。
サンダンス映画祭の各賞が24日発表され、ドラマ部門ではシェイン・カルース(Shane Carruth)脚本・監督による製作費7000ドルの超低予算映画"Primer"が、ドキュメンタリー部門ではオンディ・ティモナー(Ondi Timoner)監督が製作に7年間をかけた"DIG!"がそれぞれ選ばれたようだ。
米ユダヤ人団体Anti-Defamation League代表のエイブラハム・フォックスマン(Abraham Foxman)と、ロサンゼルスSimon Wiesenthal Center設立者であるラビのマーヴィン・ハイヤー(Marvin Hier)は23日、メル・ギブソン監督作"The Passion of the Christ"を非難する声明を発表した模様。ハイヤーは「この恐ろしい映画は、ユダヤ人を傷つけ、ユダヤ人に敵対する全ての人々を喜ばせる結果となるだろう」と語ったようだ。
エマ・ワトソンは「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のアルフォンソ・クアロン監督について「新しい監督との仕事は、異なる技術や考えを目の当たりにすることが出来たのは、とても素晴らしかったわ。3作目の映像を少し見たけど、前の2作とは明らかに違うスタイルになっている。キャメラのアングルやその映像は凄かった」と語ったようだ。
米Star誌による「笑顔の素敵な有名人トップ10」が発表され、キャメロン・ディアスが1位に選ばれたようだ。以下、ジェシカ・シンプソン、ジュリア・ロバーツ、Trae 'Chops' Lindley、パメラ・アンダーソン、オプラ・ウィンフリー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジェニファー・アニストン、ビヨンセ・ノウルズと続き、10位にはトム・クルーズが選ばれたらしい。
ウェストコーストでオーランド・ブルームとサーフィンを楽しんでいたビリー・ボイドは、サメに遭遇したらしい。「あれはイルカのヒレじゃなかった。僕らは海岸に向かってパドルし始めたんだけど、6フィート先にそいつは来たんだ。あんな恐ろしいことは生まれて初めてだったよ」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスとの破局が報じられたベン・アフレックはその日、ロサンゼルスのカジノで一晩を過ごしたらしい。相当落ち込んでいる様子だったとか。
竹中直人は、3年ぶりの監督作「サヨナラCOLOR」の撮影にまもなく入る模様。
「赤い月」の降旗康男監督と主演の常盤貴子が24日、大阪市内で記者会見を行ったようだ。
「悪霊喰」("The Order")が24日初日を迎え、都内劇場で小向美奈子による"心霊対談トークショー"が行われたらしい。
人気TVドラマ「フレンズ」("Friends",1994-2004年)最終回の収録が23日行われたようだ。
  1/26
米映画音楽業界が、P2PソフトKazaaを提供する豪Sharman Networksを著作権違反で提訴し、同社の逆提訴を認めないよう裁判所に求めていた問題で、連邦裁判所は23日までに、米映画音楽業界側の請求を棄却した模様。Sharman Networksは米映画音楽業界側がKazaaのエンドユーザー・ライセンス契約に違反していると主張しているらしい。
三池崇史監督「ゼブラーマン」の公開記念イベントが25日都内で行われ、哀川翔、遠藤憲一らが参加したようだ。哀川翔は自ら宮藤官九郎にはがきで脚本を依頼したらしい。
「地下広場」(1969年)、「風の景色」(1976年)などの作品で知られるドキュメンタリー映画監督の大内田圭彌さんが先月22日亡くなった。ご冥福をお祈りいたします。
韓国で公開中のハン・ガイン、クォン・サンウ、イ・ジョンジン共演「マルチュク通り残酷史」の公開10日間の観客動員数が200万人を突破した模様。
ジャッキー・チェンも出演した、Twins主演「ツインズ・エフェクト」("千機変")の続編「千機変2」で、ジャッキーの長男、陳祖明が映画デビューするらしい。
今井雅之初監督・脚本・主演作品「SUPPIN ぶるぅす ザ・ムービー」の完成披露試写会が25日、ロケ地の兵庫県城崎郡城崎町で行われたようだ。新山千春がヒロインを務めているらしい。
ゴールデン・グローブ賞授賞式を終えた渡辺謙が25日ロサンゼルスで記者会見を行い、助演男優賞を逃したことについて「賞が目標ではなく、いい映画を作ること」と語ったようだ。
清水崇監督、サラ・ミシェル・ゲラー主演によるハリウッドリメイク版「The Juon / 呪怨」("The Grudge")で、ビル・プルマンとウィリアム・メイポーザーの出演が決まったらしい。
「ロジャー・ラビット」を創作したゲイリー・ウルフ(Gary Wolf)が、米Walt Disneyに対しライセンス料やビデオ販売の収入からの報酬が支払われていないとして訴訟を起こしていた問題で、カリフォルニア上訴裁判所は21日、訴えを退けたロサンジェルス上級裁判所の判決について再審理を行うよう命じたようだ。
第61回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が25日開催されたようだ。
◆ドラマ部門
■作品賞 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
■主演男優賞 ショーン・ペン (「ミスティック・リバー」)
■主演女優賞 シャーリーズ・セロン ("Monster")
◆ミュージカル・コメディー部門
■作品賞 「ロスト・イン・トランスレーション」
■主演男優賞 ビル・マーレー (「ロスト・イン・トランスレーション」)
■主演女優賞 ダイアン・キートン ("Something's Gotta Give")
◆共通
■監督賞 ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■脚本賞 ソフィア・コッポラ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
■助演男優賞 ティム・ロビンス (「ミスティック・リバー」)
■助演女優賞 レネー・ゼルウィガー (「コールド・マウンテン」)
■作曲賞 ハワード・ショア (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■主題歌賞 アニー・レノックス "INTO THE WEST" (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■外国語映画賞 「アフガン零年 OSAMA」(セディク・バルマク監督)
[☆渡辺謙受賞ならず!]
全米週末興収は、アシュトン・カッチャー主演"The Butterfly Effect"が1710万ドルで初登場1位を獲得、ケイト・ボスワース、ジョシュ・デュアメル共演のロマンチック・コメディ"Win a Date with Tad Hamilton!"は750万ドルで3位のスタートとなったようだ。
ハバナを訪れたロバート・レッドフォードは25日、キューバの革命家チェ・ゲヴァラ(Che Guevara)を描いたヴァルテル・サレス監督"The Motorcycle Diaries"を、ゲヴァラの未亡人や子供らと共に鑑賞したようだ。
16日より全米公開中の「トルク」("Torque")、来月6日より公開の"Barbershop 2: Back in Business"、そして今年後半に公開予定の製作・脚本・主演作"Are We There Yet?"、さらに来年公開予定の"XXX2"と出演作が続くアイス・キューブは「いいペースで仕事をしている。金だけで仕事に飛びついたりはしたくない。僕が興味を持てる作品じゃないとだめだ」と語ったようだ。
ユアン・マクレガーの妻で脚本家のイヴ・マヴラキス(Eve Mavrakis)は、ダーク・スリラー"For Love of Art"の主人公に、夫ではなくジョニー・デップを望んでいるらしい。
香港の人気アイドルユニット「Twins」が主演する映画「ツインズ・エフェクト」("千機変")が来月28日公開されるらしい。
第7回文化庁メディア芸術祭受賞作が発表され、アニメーション部門では川本喜八郎ら35人の連作による「連句アニメーション 冬の日」が大賞に選ばれたほか、今敏監督「東京ゴッドファーザーズ」などが優秀賞を受賞したようだ。
マイク・ニューウェルが監督を務める「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")は総製作費3億ドルに達する模様。
  1/27
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の、第16回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞受賞を記念した上映会が26日都内で行われ、映画評論家の横森文らがゲストで参加したようだ。
ディズニー・アニメ「ブラザー・ベア」("Brother Bear")のオープニング曲収録が26日都内で行われ、天童よしみが参加したようだ。
次世代DVDの標準規格づくりを巡って不当な活動をした可能性があるとして、米司法当局は、ソニー、松下電器産業などによる「Blu-ray Disc」陣営に対する予備調査をはじめたようだ。
戦後の記録写真を使用した、阪本順治監督「この世の外へ クラブ進駐軍」プロモーション用の巨大ポスターが26日、新宿、渋谷、上野などJRの6駅に登場したらしい。
カン・ウソク監督、アン・ソンギ主演の新作「実尾島」で、国家情報院の前身である中央情報部が、北朝鮮でのスパイ活動のために育成した部隊の殺害を命じるシーンがあることについて、国家情報院の関係者は「事実無根であり、映画を事実として受け止め、国家情報院が殺人集団かのように思われる心配がある」と語ったようだ。国家情報院はこの作品をきっかけに、映画製作に積極的に協力することを表明したとか。
韓国の人気グループgodのメンバー、ユン・ゲサンが、ビョン・ヨンジュ監督の新作「バレエ教習所」で映画デビューするようだ。キム・ミンジョンが共演、来月クランクイン予定とか
来月6日韓国で公開されるカン・ジェギュ監督、チャン・ドンゴン、ウォンビン、コン・ヒョンジン共演の戦争超大作「太極旗を翻して」は、総製作費145億ウォン、エキストラ2万5000人、大規模セット20ヶ所と、同国史上最大規模の作品となったようだ。また、史上最多となる400スクリーンでの公開を予定しているとか。
来月5日から開催される第54回ベルリン国際映画祭のコンペ部門には、日本からの出品作品は1本もないようだ。
カナダの映画監督ジャラル・メリイ(Jalal Merhi)による歴史大作"Macedonia's Alexander the Great"で、英国出身の新人俳優サム・ユーアン(Sam Heughan)が主演に起用されたらしい。来月7日からギリシャとエジプトで撮影が行われる模様。公開予定は10月で、オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演"Alexander"(11月公開)に勝負を挑むようだ。
ケイティ・ホームズか?とお伝えした、ナイジェル・コール監督、アシュトン・カッチャー共演のロマンチック・コメディ"A Lot Like Love"の主演は、アマンダ・ピートに決まったようだ。
慢性的な肺繊維症のためステロイド剤による治療を受けた後、副作用で体重が増加したため、減量のための入院治療を受けていたジェリー・ルイスが退院した模様。22kgも痩せたらしい。
カリフォルニアのモントレー湾水族館では、2003年後半の入場者数が目標を1.4%上回る170万人を記録した模様。「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の大ヒットが影響したらしい。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の北米を除く世界週末興収は39カ国で3130万ドルを記録、総興収は2億ドルを突破した模様。一方、57カ国で公開中のピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は週末興収2870万ドルで、総興収は5億3870万ドルに達したようだ。
米Fox Searchlight Picturesは、エヴァン・レイチェル・ウッド、ホリー・ハンター共演"Thirteen"の審査用ビデオを、米映画俳優組合(Screen Actors Guild)のメンバー9万1000人に配布する代わりに、米No.1ビデオ・チェーンBlockbusterと提携、無料レンタル・クーポンを郵送する方法を取ったようだ。 [☆なるほど!]
ピーター・サースガードは、イアン・ソフトリー監督、ケイト・ハドソン主演のサイコホラー"Skeleton Key"に出演する模様。
ブリトニー・スピアーズ、ビヨンセ・ノウルズ、ピンクが共演したぺプシの新CMが完成、26日ロンドンでプレミア上映されたらしい。プライアン・メイが音楽を担当、"We will Rock You"をCM用にアレンジしているようだ。 [☆日本で見られるかな?]
英BBCのRadio Times誌の調査によると、「最も怖いTV番組」の第1位には、スティーヴン・キング原作"It"(1990年)が選ばれたようだ。また、2位に「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)、3位にはBBC制作のドキュメンタリー"Ghostwatch"(1992年)が入ったらしい。
キューバを訪れているロバート・レッドフォードは26日、カストロ国家評議会議長と会談したようだ。
第24回ゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry Awards)のノミネーションが26日発表され、ベン・アフレック、ジェニファー・ロペス共演"Gigli"が最多9部門で候補に挙がり、共演したアル・パチーノとクリストファー・ウォーケンも助演男優賞にノミネートされたらしい。そのほか、マイク・マイヤーズ主演「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' Cat in the Hat")が8部門で候補に挙がったほか、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")などが作品賞にノミネートされたようだ。
ベン・アフレックは新居を探しているらしい。ビバリーヒルズにある旧フランク・シナトラ邸に目をつけているようだ。
ペネロペ・クルスは、4月の30歳の誕生日までにサイエントロジー(Scientology)に関する教育課程を終え、改宗するつもりらしい。「私の改宗を終えれば、トム(・クルーズ)も喜んでくれると思うわ」と語ったようだ。
6月4日からのエンニオ・モリコーネ来日公演のチケットは、S席16,000円、A席13,000円、B席10,000円で来月14日から一般発売されるらしい。
アシュトン・カッチャーは「一度パーティでブラッド・ピットを見たことがあるけど、彼が嫌いな人でも『畜生!俺も彼のことが好きなんだ!』と思ってしまうほどカッコいいんだ。彼が入ってきた時、彼の髪型はパーフェクトだったから、風洞の中にいるみたいに見えたよ。もちろん風なんて吹いてないよ。それからレザーのジャケットは、たった今牛を殺して皮をはいで縫い合わせたみたいな感じだった。彼ならキルトを着ていても信頼できるよ」と語ったようだ。
竹之内和久監督「ワンピース 呪われた聖剣」のアフレコ収録が26日都内で行われ、内博貴、久本雅美らが参加したようだ。
天野ひろゆき監督の短編「CAGE」が、来月19日から開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映されることになったようだ。映画祭の担当者はキャイ〜ンの天野ひろゆきと知らずに入選を決めたていたらしい。
「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)のリメイクで、アダム・サンドラー、クリス・ロック、スヌープ・ドッグが共演するらしい。
米DVDコピー規制協会(DVD Copy Control Association)は21日、DVDのコピー防止技術を回避するコードをインターネット上に公開していたアンドリュー・バナー(Andrew Bunner)に対する訴訟を取り下げたようだ。1999年から全世界で公開されていた暗号解読コードに対し、カリフォルニア統一企業秘密法(California Uniform Trade Secrets Act)に違反すると主張するのは不利と判断したようだ。
人気TVドラマ「名犬ラッシー」("Lassie",1954-1974年)の再映画化が決定した模様。チャールズ・スターリッジが監督を務めるようだ。
レオナルド・ディカプリオが紛失したデジカメを探しているらしい。「絶対に失くしたくない写真」が入っているとか。報奨金は2万ドルとか。
「モナリザ・スマイル」("Mona Lisa Smile")に出演した4人の女性ジャズ・ミュージシャンが、報酬が半分しか支払われていないとして、ジュリア・ロバーツと彼女の製作会社を訴えたようだ。
米DreamWorksは"Shrek 3"の製作準備に入った模様。
「ハルク」("The Hulk",2003年)の続編企画が進行中らしい。アクションを中心とした娯楽性の高い作品になる予定とか。
「風と共に去りぬ」("Gone With the Wind")の続編「スカーレット」("Scarlett")の作者として知られる、小説家のアレクサンドラ・リプリー(Alexandra Ripley)さんが10日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/28
米民主党の大統領指名争いで、「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)で大統領を演じるマーティン・シーンが、ディーン候補の応援に駆けつけたようだ。
エイダ・チョイ、ウォン・ジーワー共演の新作「棟篤神探」の撮影が、香港で行われているようだ。
マレーシアで来月開催予定のマライア・キャリーのコンサートに対し「不道徳なステージは若者に悪い影響を与える」などとして、同国のイスラム政党が政府に中止を求める書簡を送ったらしい。
アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた渡辺謙が27日、滞在中のロサンゼルスで記者会見を行い「ずっと夢の中にいるようです」とコメントしたようだ。
真田広之は28日、「ラスト・サムライ」と「たそがれ清兵衛」の出演2作品がアカデミー賞にノミネートされたことについて「清兵衛あっての『ラスト・サムライ』だったので、2作品がハリウッドで出会えるのは本当にうれしい。ブームに終わらせないためにも、いい作品をつくり続けたい」とのコメントを発表したようだ。
米20世紀FOXは、現在全米235の劇場で公開中の「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")について、アカデミー賞10部門でのノミネートを受けて、30日から公開劇場数を1000館追加するらしい。
"The Fog of War"がアカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞にノミネートされたエロール・モリス監督は「1988年に"The Thin Blue Line"がノミネートされなかった時は驚いた。批評家の評判も高かったし、ノミネートされると思っていたから。それ以来、ノミネートを期待したことはなかった。だから、今回は驚くと同時にとても喜んでいる」と語ったようだ。
国連は、ニコール・キッドマンが国連の通訳を演じる、シドニー・ポラック監督、ショーン・ペン共演の新作"The Interpreter"の、本部内での撮影を認めた模様。安全保障理事会15人のメンバーから出た唯一の質問は「エキストラで出演できるか?」だったとか。
アカデミー賞のノミネートで、トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウら大作に出演した俳優が候補に挙がらず、小規模作品から多く選出されたことについて、助演女優賞にノミネートされたマーシア・ゲイ・ハーデンは「本当に素晴らしい演技がノミネートを獲得できる、ということを示しています。彼らの演技にはディテールへのこだわりがあります。ディテールにこそ最善がある、と俳優達はいつも言っています」と語ったようだ。
英国のブックメイカーによると、アカデミー賞作品賞最有力候補は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」で、オッズは1/3(=3ドル購入しても1ドルしか戻ってこない)とか。「ミスティック・リバー」には3倍、「ロスト・イン・トランスレーション」には4倍のオッズをつけているようだ。
「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")がアカデミー賞4部門でノミネートされたフェルナンド・メイレレス監督は「アカデミーは狂ったのかと思ったよ。ポルトガル語の映画が最優秀脚色賞候補?一体何が起こったんだ?全編ブラジルで撮影された映画が編集賞と撮影賞にノミネートされただって?」と語ったようだ。
英国週末興収は、パロディシリーズ第3作"Scary Movie 3"が350万ポンドを記録、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の6週連続1位を阻止した模様。
第76回アカデミー賞のノミネーションが27日発表され、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が最多11部門で候補に挙がったほか、ラッセル・クロウ主演「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")が10部門、ジュード・ロウ主演「コールド・マウンテン」("Cold Mountain")と、ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")が7部門でノミネートされたようだ。また、助演男優賞には「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の渡辺謙、外国語映画賞には山田洋次監督「たそがれ清兵衛」がノミネートされたらしい。
ジョシュ・デュアメルは昨年末、バスケットボールをプレーしていた時にアキレス腱を切ってしまったらしい。そのため、主演ドラマ"Las Vegas"(2003年-)の脚本が急遽書き換えられたようだ。
「ミート・ザ・ペアレンツ」("Meet the Parents",2000年)の続編"Meet the Fockers"で、バーブラ・ストライサンドがベン・スティラーの母親役で出演するらしい。
「たそがれ清兵衛」がアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたことについて、山田洋次監督は「最初は何のことか分からなかった。ハリウッドは世界の映画人の敵だが(笑)、彼らからノミネートされたことは素直にうれしい」とコメントしたようだ。
ザ・ビートルズが1964年2月に米国を訪れた時の模様を収録した映像が、3月31日にDVD「The Beatles: The First U.S. Visit」として発売されるらしい。
まもなく開催されるバンコク国際映画祭(Bangkok International Film Festival)で、オリヴァー・ストーン監督が功労賞を受賞するらしい。
"Catwoman"に主演するハル・ベリーが24日、撮影中セットに頭を強くぶつけ、病院に運ばれたらしい。幸い、大事には至らず、26日からは撮影に復帰したようだ。
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-1-

◆最優秀作品賞[Best Picture]
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")
「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")
「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")
「ミスティック・リバー」("Mystic River")
「シービスケット」("Seabiscuit")

◆最優秀監督賞[Best Director]
フェルナンド・メイレレス (「シティ・オブ・ゴッド」)
ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
ソフィア・コッポラ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
ピーター・ウィアー (「マスター・アンド・コマンダー」)
クリント・イーストウッド (「ミスティック・リバー」)

◆最優秀主演男優賞[Best Actor]
ジョニー・デップ (「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」)
ベン・キングズレー (「砂と霧の家」)
ジュード・ロウ (「コールド・マウンテン」)
ビル・マーレイ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
ショーン・ペン (「ミスティック・リバー」)

◆最優秀主演女優賞[Best Actress]
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ (「クジラの島の少女」)
ダイアン・キートン (「恋愛適齢期」)
サマンサ・モートン (「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
シャーリーズ・セロン ("Monster")
ナオミ・ワッツ (「21グラム」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-2-

◆最優秀助演男優賞[Best Supporting Actor]
アレック・ボールドウィン ("The Cooler")
ベニチオ・デル・トロ (「21グラム」)
ジャイモン・ハンスゥ (「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
ティム・ロビンス (「ミスティック・リバー」)
渡辺謙 (「ラスト・サムライ」)

◆最優秀助演女優賞[Best Supporting Actress]
ショーレー・アグダシュルー (「砂と霧の家」)
パトリシア・クラークソン ("Pieces Of April")
マーシャ・ゲイ・ハーデン (「ミスティック・リバー」)
ホリー・ハンター (「サーティーン」)
レニー・ゼルウィガー (「コールド・マウンテン」)

◆最優秀オリジナル脚本賞[Best Screenplay (Original)]
ドゥニ・アルカン (「みなさん、さようなら。」)
スティーヴ・ナイト ("Dirty Pretty Things")
アンドリュー・スタントン、他 (「ファインディング・ニモ」)
ジム・シェリダン、他 (「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
ソフィア・コッポラ (「ロスト・イン・トランスレーション」)

◆最優秀脚色賞[Best Screenplay (Adaptation)]
シャリ・スプリンガー・バーマン、他 ("American Splendor")
ブラウリオ・マントヴァーニ (「シティ・オブ・ゴッド」)
フラン・ウォルシュ、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
ブライアン・ヘンゲラルド (「ミスティック・リバー」)
ゲイリー・ロス (「シービスケット」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-3-

◆撮影賞[Cinematography]
セザール・シャローン (「シティ・オブ・ゴッド」)
ジョン・シール (「コールド・マウンテン」)
エドゥアルド・セラ (「真珠の耳飾りの少女」)
ラッセル・ボイド、他 (「マスター・アンド・コマンダー」)
ジョン・シュワルツマン (「シービスケット」)

◆編集賞[Film Editing]
ダニエル・レゼンデ (「シティ・オブ・ゴッド」)
ウォルター・マーチ (「コールド・マウンテン」)
アニー・コリンズ、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
リー・スミス (「マスター・アンド・コマンダー」)
ウィリアム・ゴールデンバーグ (「シービスケット」)

◆視覚効果賞[Visual Effects]
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
「マスター・アンド・コマンダー」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」

◆美術賞[Art Direction]
クリスティーナ・シェイファー (「真珠の耳飾りの少女」)
クリス・ブリアン=ムーア、他 (「ラスト・サムライ」)
ジョン・ブリークリー、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
ブルース・クローン、他 (「マスター・アンド・コマンダー」)
アンドリュー・ネスコロムニー (「シービスケット」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-4-

◆衣装デザイン賞[Costume Design]
ディーン・ファン・ストラーレン (「真珠の耳飾りの少女」)
ナイラ・ディクソン (「ラスト・サムライ」)
ナイラ・ディクソン、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
ウェンディ・スタイツ、他 (「マスター・アンド・コマンダー」)
ジュディアナ・マコフスキー (「シービスケット」)

◆メイクアップ賞[Makeup]
ジェレミー・ウッドヘッド、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
エドゥアルド・F・ヘンリクス、他 (「マスター・アンド・コマンダー」)
ヴィー・ニール、他 (「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-5-

◆音響効果賞[Sound Mixing]
「ラスト・サムライ」
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
「マスター・アンド・コマンダー」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」
「シービスケット」

◆音響編集賞[Sound Editing]
「ファインディング・ニモ」
「マスター・アンド・コマンダー」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」

◆オリジナル主題歌賞[Original Song]
"Into the West" / アニー・レノックス (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
"A Kiss at the End of the Rainbow" / Mitch & Mickey (「みんなのうた」)
"Scarlet Tide" / エルヴィス・コステロ、ヘンリー・バーネット (「コールド・マウンテン」)
"The Triplets of Belleville" / マチュー・シェディッド ("The Triplets of Belleville")
"You Will Be My Ain True Love" / スティング (「コールド・マウンテン」)

◆オリジナル作曲賞[Original Score]
ダニー・エルフマン (「ビッグ・フィッシュ」)
ガブリエル・ヤーレ (「コールド・マウンテン」)
トーマス・ニューマン (「ファインディング・ニモ」)
ジェイムズ・ホーナー (「砂と霧の家」)
ハワード・ショア (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)

◆最優秀短編映画賞[Best Live Action Short Film]
"Die Rote Jacke"("The Red Jacket") (Florian Baxmeyer監督)
"Most"("The Bridge") (Bobby Garabedian監督)
"Squash" (Lionel Bailliu監督)
"(A)Torzija" (Stefan Arsenijevic監督)
"Two Soldiers" (Aaron Schneider監督)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-6-

◆最優秀ドキュメンタリー賞[Best Documentary Feature]
"Balseros"(カルレス・ボッシュ、ジョゼ・マリア・ドメニク監督)
"Capturing the Friedmans" (アンドリュー・ヤレッキ監督)
"The Fog of War: Eleven Lessons from the Life of Robert S. McNamara" (エロール・モリス監督)
"My Architect: A Son's Journey" (ナサニエル・カーン監督)

◆最優秀短編ドキュメンタリー賞[Best Documentary Short Subject]
"Asylum" (Sandy McLeod、Virginia Reticker監督)
"Chernobyl Heart" (Maryann DeLeo監督)
"Ferry Tales" (Katja Esson監督)

◆最優秀アニメーション賞[Best Animated Feature Film]
「ブラザー・ベア」 (アーロン・ブレイス、ボブ・ウォーカー監督)
「ファインディング・ニモ」 (アンドリュー・スタントン, リー・アンクリッチ監督)
"The Triplets of Belleville" (シルヴァン・ショメ監督)

◆最優秀短編アニメーション賞[Best Animated Short Film]
"Boundin'" (Alex Orrelle監督)
"Destino" (Dominique Monfery監督)
"Gone Nutty" (Carlos Saldanha監督)
"Harvie Krumpet" (Adam Elliot監督)
"Nibbles" (Chris Hinton監督)

◆最優秀外国語映画賞[Best Foreign Language Film]
「みなさん、さようなら」(ドゥニ・アルカン監督)
"Ondskan"("Evil") (Mikael Hafstrom監督)
「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)
"De Tweeling"("Twin Sisters ") (Ben Sombogaart監督)
"Zelary" (Ondrej Trojank監督)
  1/29
米Time Warnerは28日、2003年通期決算が26億3900万ドルの黒字になったと発表した模様。
角川書店の角川歴彦会長は、29日行われた日本映画製作者連盟の会見で、「角川大映映画」を再編し4月1日から「角川映画」に名称変更すると発表したようだ。 [☆ちょっと残念なニュースです・・・]
樹木希林は昨年3月に左目を失明していたようだ。
NTTドコモ「iモード」の新CMにクリスタナ・ローケンが出演しているらしい。31日から放送されえるようだ。
石ノ森章太郎の七回忌法要が28日都内で行われたようだ。「仮面ライダー」「サイボーグ009」などのキャラクタを描いた絵皿が記念に制作され、関係者らに贈られたとか。
日本映画製作者連盟は29日、昨年1年間の国内映画興行収入が前年比3.3%増の2032億5900万円を記録した、と発表したようだ。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の大ヒットなどにより邦画が26%増の興収671億2500万円を記録した一方、洋画は5.1%減の1361億3400万円となったらしい。また、入場者数は同1%増の1億6234万7000人、映画館数は2%増の2681スクリーンとなった模様。 [☆嬉しいニュースです!]
毎日新聞企業人大学による第7回千葉イメージアップ大賞表彰式が28日千葉市内で開催され、「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」の脚本を担当した宮藤官九郎と、製作に協力した木更津商工会議所が受賞したようだ。
「親鸞 白い道」(三国連太郎監督,1987年)などの音楽を手掛けている、作曲家・打楽器奏者のYAS-KAZ(本名、佐藤康和)が28日、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されたようだ。
新作「人魚姫」撮影中のチョン・ドヨンは、釜山アクアリウムの大型水槽で10時間以上に渡るポスター撮影をこなしたようだ。
「JSA」「純愛中毒」やTVドラマ「美しき日々」などの出演するイ・ビョンホンに会えるツアーが来月行われるようだ。日本のファン約600人が来月6日から韓国に滞在し、ソウル市内のホテルで対面する予定とか。 [☆こちらは確実に会えそうです]
小室哲哉が音楽監督を務めるジョウ・シュン主演「恋愛中のベイビー」("恋愛中的宝貝")は、来月14日から中国全土で公開されるようだ。
ディズニーランド・パリ再建のため、ディズニーは世界第5位の資産家であるサウジアラビア王室のアル・ワリド王子に援助を求めているとか。
日本貿易振興機構は29日、東北新社やガイナックスなど独立プロダクション4社に対し、国際映画見本市参加を支援することを決定したようだ。来月下旬から米国開催されるAmerican Film Marketに商談スペースを確保するほか出展費用の約半分を補助するらしい。
「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind",2001年)で共演しその後結婚したジェニファー・コネリーとポール・ベタニーは、フィリップ・ロス(Philip Roth)のピュリッツァー賞受賞作のフィリップ・ノイス監督による映画化"American Pastoral"で、エヴァン・レイチェル・ウッドと共に出演交渉中のようだ。
米Warner Bros. PicturesとColumbia Picturesは28日、アカデミー会員向けビデオを無断複製したとして先日FBIに逮捕されたシカゴ在住の男性と、テープを男性に渡した俳優のカーマイン・カリディ(Carmine Caridi)に対する訴訟を起こしたようだ。
キューバの革命家チェ・ゲヴァラ(Che Guevara)を描くヴァルテル・サレス監督"The Motorcycle Diaries"でアドバイザーを務めた、ゲヴァラの友人アルベルト・グラナド(Alberto Granado)がゲヴァラとの旅や映画について語る、イタリア人監督ジャンニ・ミナ(Gianni Mina)によるドキュメンタリー映画"Traveling With Che Guevara"が、来月開催されるベルリン国際映画祭で上映されるらしい。
人工冬眠で1000年未来に目覚めた男を主人公に描く米20世紀FOXの新作コメディ"3001"で、ルーク・ウィルソンが主演に決まったようだ。マイク・ジャッジの監督で、4月中旬から撮影が始まる模様。
マーティン・フリーマンの主演によるダグラス・アダムスの小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の映画化で、モス・デフ、ゾーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)の出演が決まった模様。モス・デフがフォード・パーフェクト(Ford Prefect)を演じるらしい。
ラスヴェガスのMGM Mirageでは、ロイ・ホーンの負傷によって中止となった「ジークフリート&ロイ」のショーに代わって、ザ・ビートルズの音楽によるシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンス"Yellow Submarine"の上演を予定しているようだ。一方、Paris Hotel & Casinoは、クイーンのヒット曲を散りばめたミュージカル"We Will Rock You"をレギュラー上演することを検討しているらしい。
ジェイムズ・ブラウンが28日、家庭内暴力で逮捕された模様。
アカデミー賞ノミネートを受けて、シャーリーズ・セロン主演"Monster"が330スクリーンから800スクリーンに拡大されるほか、先週末133から1327スクリーンに拡大されたクリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」は今週43スクリーンがさらに追加されるようだ。
アカデミー賞主演女優賞に史上最年少でノミネートされた「クジラの島の少女」("Whale Rider")のケイシャ・キャッスル=ヒューズは「まだ実感がわきません。ちょっと不思議な感じがしています」と語ったようだ。
ケヴィン・スミス監督は、ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが共演している新作"Jersey Girl"のプロモーションについて「もともと、ジェニファーが参加する予定はなかったから、彼らが別れたことは影響しない。だが、ベンは質問攻めにあうだろうね」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズは「今後数年間は女優業に専念するつもり」と発言したらしい。ティム・アレン主演の新作コメディ"In The Pink"への出演に向けて、現在交渉中のようだ。
リアリティ番組"Newlyweds: Nick & Jessica"(2003年-)に出演中のニック・ラシェイ(Nick Lachey)は、米ABCおよびTouchstone TVと、自身が主演するシチュエーションコメディ、妻ジェシカ・シンプソンと共に司会を務めるバラエティ番組の制作と、ディズニー映画への出演に関する契約を結んだようだ。
アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた山田洋次監督「たそがれ清兵衛」("The Twilight Samurai")は3月から米国で限定公開されるほか、来月中旬から都内劇場で凱旋上映されるらしい。
デヴィッド・シュワイマーの次回作は、マット・マルハーン(Matt Mulhern)の監督によるインディ作品"Duane Hopwood"になる模様。ジャニーン・ガラファロ、ジューダ・フリードランダーらが共演、来月から撮影が始まるようだ。
「ジョン・カーペンターの要塞警察」("Assault on Precinct 13",1976年)がリメイクされるらしい。フランス人監督ジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)がメガホンをとるようだ。
ケイト・ベッキンセイルが虫垂炎で緊急手術を受けていたらしい。
まだ無名だったエルヴィス・プレスリーが1950年代にSun recordsで録音したテープが、2インチごとに切り離され記念の額縁に入れられて、495ドルで売りに出されるらしい。「今後10年間にどれだけ技術が進んでも、もはや再生不可能」なため、テープを所有するニュージャージーの企業が企画、Elvis Presley Enterprisesが許可したようだ。
来月22日に開催される米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞授賞式で、「欲望という名の電車」("A Streetcar Named Desire",1951年)、「あの高地を取れ」("Take the High Ground!",1953年)、「西部開拓史」("How the West was Won",1962年)、「ネバダ・スミス」("Nevada Smith",1966年)、「パットン大戦車軍団」("Patton",1970年)、「メテオ」("Meteor",1979年)など数多くの作品で活躍する俳優のカール・マルデン(Karl Malden)に特別功労賞が贈られるようだ。TVシリーズ「サンフランシスコ捜査線」("The Streets of San Francisco",1972-1977年)で共演したマイケル・ダグラスがプレゼンターを務める模様。
  1/30
「浪人街」(マキノ雅弘監督,1957年)の舞台化の制作発表が29日都内で行われ、唐沢寿明、松たか子らが出席したようだ。
CATVチャンネル「ムービープラス」の誕生記念イベントが29日都内で行われ、小雪らが参加したようだ。
ゴールデン・グローブ賞授賞式出席のためロサンゼルスを訪れていた渡辺謙が29日帰国したようだ。
樹木希林が29日都内で会見を行い、左目の失明について「1年前に突然見えなくなり絶望しました。前が真っ白になった。台本が読めない」と語ったようだ。
カン・ウソク監督、アン・ソンギ主演「実尾島」が公開37日で観客動員数800万人を突破、「友へ/チング」の43日の記録を更新したようだ。
水野晴郎監督・脚本・主演による「シベリア超特急」シリーズ最新作に、喜多真由美と石垣愛里によるユニットOLIVEが歌う「戦華」が挿入歌として使用されるらしい。 [☆シベ超って次は何作目だ?]
韓国映像物等級委員会は29日、村上龍監督「東京デカダンス」について「変態的な性愛の場面が過剰に登場し、国民情緒に反する」としての輸入申請を却下したらしい。
「サタデー・ナイト・ライブ」("Saturday Night Live",1975年-)出身のクリス・カタンは、Lincoln Center Theaterで6月から上演される舞台"The Frogs"で、ネイサン・レインと共演することになったようだ。
来月1日に開催される米NFLスーパーボウルのハーフタイムに、ジャネット・ジャクソン、P・ディディ、キッド・ロックらが出演するらしい。ステージは7分半で組み立て、6分で片付ける必要があるとか。
コニー・ニールセン、ティム・デイリー、エイダン・クインの3人は、ビレ・アウグスト監督のインディ作品"Return to Sender"での共演が決まったようだ。
ジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督・脚本、ガエル・ガルシア・ベルナル、サム・シェパード共演の新作"The King"で、ダリル・ハンナとポール・ダノが出演交渉中らしい。
ブライアン・レヴァント監督、アイス・キューブ製作・脚本・主演の新作コメディ"Are We There Yet?"に、人気TVシリーズ"NYPD Blue"(1993年-)に出演するヘンリー・シモンズ(Henry Simmons)の共演が決まった模様。
米NFLスーパーボウルが開催される今週末の全米公開作品は、ブライアン・ロビンス監督、スカーレット・ヨハンソン主演によるティーン向け犯罪コメディ"The Perfect Score"が2208館、エルモア・レナード原作、ジョージ・アーミテイジ監督、モーガン・フリーマン、オーウェン・ウィルソン共演の"The Big Bounce"が2304館、ヒップホップ・グループB2Kと、IMxのマルケス・ヒューストン(Marques Houston)らが出演するダンス映画"You Got Served"が1933館で上映されるものの、いずれも低調なスタートになると予想されているらしい。
米Pixar Animation Studiosは29日、Walt Disneyとの映画配給契約延長に向けた交渉が決裂したと発表したようだ。
パキスタンの人気女優Meeraが、タイトル未定のボリウッド映画スリラーに主演することが決まった模様。「インドとパキスタンの間には多くの対立がありました。しかし、平和のために手を取り合った私達を誰も止めることは出来ません。これは私の第一歩です。他の女優も続いてくれることを望みます」と語ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクと、TVゲーム「トゥームレイダー」の公式イメージ・キャラクタを務めたルーシー・クラークソン(Lucy Clarkson)の交際が報じられたようだ。ルーシーはロンドンでの最初のデートについて「彼はとってもチャーミング。彼は私のアクセントを気に入ってくれた。食事をして、キスをして別れた。キャメロン(・ディアス)のことはお互い全く考えていなかったわ」そして今月の2回目のデートについて「パパラッチがいたから最初は挨拶だけして立ち去ろうと思っていた。でも彼は私の緊張をすぐに解いてくれて、長い間おしゃべりをして、そしてまたキスをしたの」と語ったらしい。
家庭内暴力で逮捕されたジェイムズ・ブラウンは29日、保釈金なしで保釈されたようだ。「重要なことは、私が妻を傷つけたり殴ったりしたことなどないということだ。私は妻をとても愛している」とコメントしたらしい。
「モンスター」("Monster")での演技でゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロンは「27日は母の誕生日だったの。私が母に『誕生日には何が欲しい?』と聞いたら『ゴールデン・グローブ賞』と言ったわ。だから、凄いプレッシャーだった。もし獲れなかったら、一体どこで手に入れればいいというの?」と語ったようだ。
3月にスペインで行われるオークションに、ジョン・レノンの髪の毛1本が出品されるらしい。最低価格は1250ドルとか。また、アルフレッド・ヒチコック監督「サイコ」("Psycho",1960年)のオリジナル脚本も売りに出されるようだ。
ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、マーク・ウォールバーグ共演による、ジェイムズ・エルロイ原作「ブラック・ダリア」("The Black Dahlia")の映画化で、スカーレット・ヨハンソンの出演が決定した模様。
1999年、テキサスのTuliaに住む黒人の1割に相当する46人が一斉逮捕され、後に潜入捜査官の偽証が発覚した事件を描く新作"Tulia"で、ハル・ベリーが主演の弁護士役を演じるようだ。
ショーン・ペンの広報担当者は、今年のアカデミー賞授賞式には必ず出席する、と語ったようだ。
ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞したビル・マーレイは、新作撮影中のイタリアから当日チャーター機で駆けつけたらしい。往復で18万ドルかかったとか。
アメリカ人女性として初めてアカデミー賞監督賞にノミネートされたソフィア・コッポラは「とても興奮していますが、いまだに信じられません。でも、他の部門でのノミネートも含めてとても喜んでいます」とコメントしたようだ。
英監督組合(Directors Guild of Great Britain)によるDGGB映画&英国テレビ賞(DGGB Film & British Television Awards)のノミネーションが発表され、国際映画部門では「コールドマウンテン」「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」「ロスト・イン・トランスレーション」「21グラム」、英国映画部門では「真珠の耳飾りの少女」「イン・ディス・ワールド」「マグダレンの祈り」など、外国語映画部門では「シティ・オブ・ゴッド」「ぼくの好きな先生」「グッバイ、レーニン!」などが候補に挙がったようだ。
「スーパーマン」シリーズ最新作で、ジョニー・デップが悪役候補に挙がっているらしい。
  1/31
三田佳子の夫、高橋康夫がプロデューサーを務める本木克英監督「ドラッグストア・ガール」で、三田佳子と長男の森宮隆が共演しているらしい。
アカデミー賞ドキュメンタリー賞でノミネートされた"The Fog Of War"に出演した、元米国防長官のロバート・S・マクナマラ(Robert S. McNamara)は「(広島、長崎への)原爆投下が必要だったとは思わない。賢明な選択ではなかった」と語ったようだ。
「与太郎戦記 女は幾万ありとても」(弓削太郎監督,1970年)、「男はつらいよ 柴又慕情」(山田洋次監督,1972年)にも出演した、落語家の十代目桂文治さんが31日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国で公開中のカン・ウソク監督、アン・ソンギ主演「実尾島」の観客動員数が31日、820万人に達し、「友へ チング」(2001年)の818万人の記録を更新したようだ。
タカハタ秀太監督、草なぎ剛主演の新作「ホテル・ビーナス」には、ユミンこと笛木優子が写真のみで出演しているらしい。
北野武監督「座頭市」などの撮影に使われた、広島県福山市の「映画村」で30日、成人の白骨死体が発見されたらしい。40〜50歳の男性で、死後1〜2カ月が経過しているとか。
大阪ミナミの南街会館が2月1日に閉館するようだ。映画興行発祥の地と言われる場所にある同館には、1953年の開業以来8300万人が訪れたとか。跡地には丸井が出店し、上層階にシネコンが入るらしい。
イエス・キリストの最後を描いた"The Passion of the Christ"に対し、ユダヤ人指導者らが反ユダヤ主義を扇動すると非難していることについて、監督を務めたメル・ギブソンは「宗教的・政治的な非難はある程度予想はしていたが、まだ撮影も終えていない段階で論争が始まったのには驚かされた」と語ったようだ。
ラッセル・クロウが、新作"Cinderella Man"の役作りのためのボクシングのトレーニング中に肩を脱臼、手術を受けていたようだ。クランクインは1ヶ月遅れる見通しとか。
MTVの人気リアリティ番組"Newlyweds"に出演するジェシカ・シンプソンは、18歳で大リーグのピッチャーとなったデヴィッド・クライド(David Clyde)を描く映画"Walk On"で、主人公のガールフレンドを演じることになったようだ。
ロブ・ミンコフ監督「ホーンテッド・マンション」("The Haunted Mansion")の特別試写会が4月13日に日本武道館で開催されるようだ。ディズニーランド内にある同アトラクションが会場内に再現されるほか、プリンセス天功によるイルージョンも披露される予定とか。
成宮寛貴の初DVD「imagine」が3月17日に発売されるようだ。大喜多正毅が監督を務めたらしい。
犬童一心監督、内山理名主演の角川ブロードバンドシネマ「手を握る泥棒の物語」が来月17日から配信されるようだ。
犬童一心監督、山崎努、藤岡琢也、青島幸男、宇津井健、谷啓、長門勇、森繁久彌共演の「死に花」がクランクアップしたようだ。
篠原哲雄の演出、酒井彩名の主演で6年前に制作されたものの、神戸連続児童殺傷事件の影響でお蔵入りになっていたドラマ「ふたりのアリス」が来月4日にBSフジで放送されるようだ。
重量約170ポンド(77kg)のヨーダのブロンズ像が、輸送中のトラックから盗まれたらしい。限定品の像は2万ドル以上の価値があり、報奨金1000ドルで行方を追っているとか。
今月18日にスタートした、レズビアンの女性たちを描くジェニファー・ビールス、ミア・カーシュナー共演のドラマ"The L Word"が高視聴率を記録したことから、放送するShowtimeは早くもセカンドシーズンの制作を決定した模様。
人気TVコメディドラマ"The Odd Couple"(1970-1975年)の主演で知られるほか、最近では「恋は邪魔者」("Down with Love",2003年)にも出演していたトニー・ランドール(Tony Randall)が、先月バイパス手術を受けていたようだ。手術は成功し、順調に回復しているとか。
フランク・ダラボンは「インディ・ジョーンズ4」の脚本を完成させた模様。 [☆2002年12月にも一度同じニュースをお伝えしているのですが・・・]