シネマトピックス(2003年1月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  1/1
「サラリーマン出世太閤記」(筧正典監督,1957年)、「サザエさんの婚約旅行」(青柳信雄監督,1958年)、「宇宙大戦争」(本多猪四郎監督,1959年)などに出演、1961年に三橋達也と結婚し引退した、元女優の安西郷子さんが先月28日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
深作欣二監督が肺炎で入院しているようだ。
レイチェル・グリフィスは31日、芸術家のアンドリュー・テイラーと結婚式を挙げたようだ。
テルアヴィヴを訪れていた、架空のギャングスタ・ラッパー"Ali G"こと、英コメディアンのサシャ・バロン・コーエンのホテルの部屋に、M-16ライフルから発射された弾丸が打ち込まれたようだ。隣の部屋で2人の男性が自殺、その弾丸が壁を突き抜けたらしい。
国連親善大使を務めるアンジェリーナ・ジョリーはコソヴォを訪問、NATO平和維持軍や少数民族のリーダーらと会談したようだ。
ニューヨークの芸能関係者、政治家らのグループは30日、アカデミー賞授賞式のニューヨークへの誘致計画を断念した、と発表したようだ。
「ハリー・ポッター」次回作のダンブルドア校長役候補として、新たにマイケル・ガンボンの名前が挙がっているらしい。ただし、米ワーナー・ブラザーズは5日まで休業のため、正確な情報は不明とか。 [☆マイケル・ガンボンは近作では「シャーロット・グレイ」や「ゴスフォード・パーク」に出演。しかし、これもガセネタか??]
  1/2
8世紀の東北地方に登場し、朝廷軍の侵略に対抗した蝦夷の指導者を描くアニメーション映画「アテルイ」を、仙台市の映画製作会社「シネマとうほく」が製作したようだ。
米映画俳優組合(The Screen Actors Guild)会長のメリッサ・ギルバートは年頭の挨拶で、他のハリウッド組合組織との円滑な関係を強調したものの、交渉が決裂したままとなっている米タレント代理人協会(Association of Talent Agents)との関係については言及しなかったようだ。
17日より全米公開予定だったブライアン・ヘルゲランド監督の新作"Sin Eater"は、特殊効果シーンの作り直しで、公開延期が決まったようだ。人体から飛び出す"罪"が「食用イカ」みたいだ、と指摘されたらしい。また、タイトルも"The Order"に変更となった模様。
「戦場のピアニスト」("The Pianist")で若いドイツ軍将校を演じたThomas Kretschmannは、ロマン・ポランスキー監督について次のように語ったようだ。「彼は8歳のとき、彼の母親が連れ去られるのを目撃したのです。ラッシュを見たとき彼は『これは私自身の体験したことです』と言いました。この映画は彼の子供の頃の記憶なのです。しかし、この映画について尋ねる時、監督はこう言うでしょう。『これは希望についての映画です。』ロマン・ポランスキーは複雑な人です。」
米A&Eは、先月11日オスローで行われた、ジミー・カーター元大統領のノーベル平和賞受賞を祝う記念コンサートの模様を10日放送するようだ。コンサートはジェニファー・ロペス、サンタナ、ウィリー・ネルソン、ホール&オーツらが出演、ジェシカ・ラング、アンソニー・ホプキンスが司会を務めたらしい。
「600万ドルの男」("The Six Million Dollar Man",1974-78年)に主演したリー・メイジャースは、同TVシリーズで利益の15%を出演料として支払う契約が守られていないとして、Universal City Studiosに対する訴訟を起こしたようだ。
  1/3
韓国の市民団体「統一連帯」は、007シリーズ最新作"Die Another Day"上映中止を訴える集会を今月11日、全国145ヶ所の映画館前で行うようだ。
ラスヴェガス映画批評家協会賞が発表されたようだ。
■最優秀作品賞 "Confessions of a Dangerous Mind"(ジョージ・クルーニー監督)
■監督賞 ピーター・ジャクソン(「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
■主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
■主演女優賞 ニコール・キッドマン("The Hours")
■助演男優賞 ジョン・C・ライリー(「シカゴ」他)
■助演女優賞 スーザン・サランドン("Moonlight Mile"他)
■アニメーション賞 「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")
■外国語映画賞 「天国の口、終わりの楽園。」("Y tu mama tambien")
ペドロ・アルモドヴァル監督は、4月より新作"La mala educacion"(Bad Education)の撮影に入るようだ。主要キャストは未定の模様。
ワシントンD.C.映画批評家賞が発表されたようだ。
■作品賞 「ロード・トゥ・パーディション」
■監督賞 サム・メンデス(「ロード・トゥ・パーディション」)、デンゼル・ワシントン("Antwone Fisher")、スパイク・ジョーンズ("Adaptation")
■主演男優賞 ジャック・ニコルソン("About Schmidt")
■主演女優賞 ジュリアン・ムーア("Far From Heaven")
■助演男優賞 クリス・クーパー("Adaptation")
■助演女優賞 キャシー・ベイツ("About Schmidt")
■脚本賞 ニア・ヴァルダロス("My Big Fat Greek Wedding")、チャーリー・カウフマン("Adaptation")
■アニメーション賞 「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")
■外国語映画賞 該当なし
■大失望賞 「ソラリス」("Solaris")
米ワーナー・ブラザーズの昨年の海外興収は、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の大ヒットなどにより16億ドルに達したようだ。「タイタニック」の大ヒットで20世紀FOXが1998年に記録した19億7000万ドルに次ぐ記録とか。
ピーターパンの著作権を持つロンドンの病院から出版差し止めを求められている、"After the Rain: A New Adventure for Peter Pan"を出版したカナダの作家エミリー・ソマは、ジェイムズ・バリーの死後50年が経過しピーターパンの著作権は消滅したとして、米サンフランシスコ連邦地裁に提訴したようだ。
「スプラッシュ」("Splash",1984年)、「オー・ブラザー!」("O'Brother, Where Are Thou?",2001年)、「オールド・ルーキー」("The Rookie",2002年)などの作品に出演したほか、「ダラス」("Dallas",1978-91年)、「ツイン・ピークス」("Twin Peaks",1990-91年)などの人気TVドラマシリーズでも知られる、俳優のロイス・アップルゲイトさんが1日亡くなった(63歳)。ご冥福をお祈りいたします。
シリーズ最新作「シベリア超特急3」が2日初日を迎え、水野晴郎らが舞台挨拶に立ったようだ。17日上演の舞台版「シベリア超特急4」もチケットが完売となる好評で、5月に再演の計画もあるとか。また、すでにアクションものの「5」と、ラブストーリーの「6」を準備中で、ユン・ピョウ、栗原小巻らに出演依頼を出しているらしい。
メリーランド州ボルティモアの市長は、ジョン・ウォーターズ監督「ヘアスプレー」("Hairspray",1988年)のブロードウェイ・ミュージカル版を、舞台となった同市で上演し、観光客誘致につなげたい考えのようだ。
ユタ州のオレムにあるコンビニでロバート・レッドフォードのクレジットカードを拾った男性が、サイン入りの記念品を謝礼として要求したものの、レッドフォードは「そういうことはしない」と断ったとか。その後、警察がその男性のアパートを発見、犯罪性はなかったとして告発は免れたようだ。
米FOXテレビのドラマシリーズ"24"に出演するキーファー・サザーランドは「週5日、1日16時間はセットで過ごしている。今や、私の生活はこのドラマを中心に動いている。感謝しているよ」と語ったようだ。ジョエル・シュマッカー監督は「ロストボーイ」("The Lost Boys",1987年)撮影中の彼について「若い頃から働き者だった。朝4時までパーティにいた後、ワーナーの警備室の隣に車を止めて、警備員に6時になったら起こしてくれ、と頼んでいたよ」と語ったとか。
ロブ・コーエン監督は2004年公開予定の"xXx2"("Triple-X squared")について「現在2種類の脚本を開発中だが、ゴム印を押したように同じものにしたくない。第1作とは全く違う印象の作品になるだろう」と語ったようだ。
  1/4
「俺は待ってるぜ」(1957年)、「キタキツネ物語」(1978年)、「青春の門」(1981年)、「南極物語」(1983年)など数々の作品を手掛けてきた、映画監督の蔵原惟繕さんが先月28日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第45回ブルーリボン賞のノミネーションが3日発表され、山田洋次監督「たそがれ清兵衛」が、作品賞と個人賞すべての部門でノミネートされたようだ。
千葉真一主演の時代劇シリーズ「影の軍団」(1980-85年)が映画化される模様。高野八誠が主演を務め、松方弘樹、船木誠勝、山口祥行らが共演、千葉真一も服部半蔵役で出演するらしい。
  1/5
ハワイ入りした内田裕也は「久々に映画の予定があるので、頑張ります」と語った後「ロックンロール!」と叫びながら、空港を後にしたとか。
「のら<家をとびだした子どもたち>」など数々の舞台で演出を手掛けたほか、TVアニメ「リボンの騎士」(1967-68年)や、アニメーション映画「千夜一夜物語」(山本暎一監督,1969年)で脚本を手掛けた、熊井宏之さんが5日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
松岡錠司監督「さよなら、クロ」のロケが3日松本深志高校で再開したようだ。参加するボランティア20人がスタッフのために雑煮の炊き出しをしたとか。
小泉純一郎首相は5日、都内劇場で「ギャング・オブ・ニューヨーク」を鑑賞したようだ。安倍晋三官房副長官夫妻も偶然同じ映画を見に来ていたとか。
北朝鮮の学生団体は"Die Another Day"について「北朝鮮を"悪の枢軸"と呼び南北朝鮮の対立を扇ぐことで、戦争を引き起こそうとする米国の敵意を反映した作品だ」と非難したようだ。
米映画批評家協会(The National Society of Film Critics)賞が4日発表されたようだ。
■作品賞 「戦場のピアニスト」("The Pianist")
■監督賞 ロマン・ポランスキー (「戦場のピアニスト」)
■脚本賞 ロナルド・ハーウッド (「戦場のピアニスト」)
■主演男優賞 エイドリアン・ブロディ (「戦場のピアニスト」)
■主演女優賞 ダイアン・レイン (「運命の女」("Unfaithful"))
■助演男優賞 クリストファー・ウォーケン ("Catch Me If You Can")
■助演女優賞 パトリシア・クラークソン ("Far From Heaven")
■外国語映画賞 「天国の口、終わりの楽園。」("Y Tu Mama Tambien")
米CBSの人気シチュエーション・コメディ"The King of Queens"(1998年-)に出演しているレア・レミニ(Remini Engaged)が、歌手で俳優のアンジェロ・ペイガン(Angelo Pagan)と結婚する、と発表したらしい。 [☆アンジェロ・ペーガンは「ソードフィッシュ」("Swordfish",2001年)に出演してます]
ミュージカル映画「シカゴ」("Chicago")の演技でゴールデン・グローブ賞にノミネートされるなど高い評価を受けているクイーン・ラティファは「この作品を愛しているわ。エンドクレジットさえ輝いて見えるもの。撮影中は、他の人たちの演技もセットに行って観ていたわ」と語ったようだ。ただ、彼女の歌う"When You're Goodto Mama"は、上映時間の関係でカットされてしまったとか。
オーストラリアで開催中の長距離ヨットレースStrathfield Pittwater and Coffs Harbour Offshore Seriesで、ラッセル・クロウと10名のクルーが乗り込んだTravelex号が19時間24分でゴールし、2位となったようだ。
ニュージーランドのトールキン協会は「映画『ロード・オブ・ザ・リング』を観た人は原作も読むべきだ。そうすれば、映画で描かれている物語がより豊かに感じられるだろう」と言っているようだ。
第75回アカデミー賞の対象作品は279作品に上るとか(ただし、ドキュメンタリー、外国語映画、アニメーションおよび短編を除く)。来週アカデミー会員にリストが郵送され、来月11日にノミネーションが発表されるようだ。
「リフ・ラフ」("Riff-Raff",1990年)、「バタフライ・キス」("Butterfly Kiss",1995年)などの映画やTVドラマでも活躍している俳優のリッキー・トムリンソン(Ricky Tomlinson)が、10年間付き合っていた恋人のリタ・クミスキー(Rita Cummiskey)と結婚式を挙げたようだ。 [☆「ケミカル51」にも出演しているようです]
  1/6
先月31日韓国で封切られた"Die Another Day"は、公開2日間で観客動員数19万5033人を記録、予想を上回るスタートとなったようだ。
ジョン・リー・ハンコック監督の新作"The Alamo"で、ジェイソン・パトリックの共演が決まったようだ。
「明日に向って撃て!」("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)、「ボビー・フィッシャーを探して」("Searching for Bobby Fischer",1993年)、「アメリカン・ビューティ」("American Beauty",1999年)などの作品を手掛け、最新作「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition",2002年)では今年のアカデミー賞有力候補と言われていた、キャメラマンのコンラッド・L・ホール(Conrad L. Hall)さんが4日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
全米週末興収は「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")が2570万ドルで3週連続1位を記録、総興収は2億6170万ドルに達し、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の総興収(2億5200万ドル)を追い越したようだ。その他、拡大公開が始まった"About Schmidt"が5位に浮上した以外は、大きな変動はなかった模様。
何故か、イアン・マッケランが死んだとする噂が広がっているとか。彼の公式サイトでは、ダンブルドア校長を引き継ぐ、結婚してカナダに移住する、といった噂も含めて、あらためて否定したようだ。
元クラッカーで現在保護観察期間中のケヴィン・ミトニック(Kevin Mitnick)は、ケヴィン・スペイシーと共同で映画製作会社を設立し、企業向けセキュリティ・トレーニング・ビデオを製作するらしい。
近隣2町との合併が決まっている石川県根上町の平田文雄町長は新しい市の名称について「松井市とか、ゴジラ市とかにすれば、いいんじゃないでしょうか」と発言したらしい。
「グラディエーター」("Gladiator")の続編に、ラッセル・クロウ出演の可能性があるとか。マキシマスの生まれ変わりとして登場するらしい。
デヴィッド・フィンチャー監督「セブン」("Seven",1995年)の続編が製作されるらしい。モーガン・フリーマンの出演は既に決まっているようだ。
"Confessions of a Dangerous Mind"で初監督を務めたジョージ・クルーニーは「しばらくは監督はやりたくないな。思ってたよりも難しかったよ。演技中に監督を怒鳴ることも出来ないしね」と語ったようだ。
喜劇俳優のボブ・ホープと彼の妻ドロレスは、フロリダの米空軍居住区に建設される未亡人のための公会堂に、100万ドルを寄付したようだ。
  1/7
デヴィッド・グリーンスパン監督「おはぎ」("Bean Cake",2001年)や、マイケル・フィモニアリ監督の「クリスマスにお茶碗を」("Ocha Cups for Christmas",2002年)などで音楽を手掛けた作曲家の鋒山亘が、今年のカンヌ映画祭に招待されたらしい。
石原プロは、石原裕次郎の生涯を追うドキュメンタリー番組を制作するようだ。17回忌を迎える今年7月17日に放送されるらしい。
国際アニメーション映画協会主催によるアニー賞のノミネーションが6日発表され、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が、長編アニメ映画賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の4部門でノミネートされたようだ。
"The Quiet American"の海賊版がベトナムでの公開直後から出回っていることについて、フィリップ・ノイス監督はベトナム当局に対して対策を講じるよう求める書簡を送ったようだ。
米FOXの人気コメディ番組"The Bernie Mac Show"に、ウェズリー・スナイプスがゲスト出演するようだ。
イアン・ソフトリーは、フランスの作家ジャン=バプティスト・ロッシの1964年の小説を映画化する"Trap for Cinderella"で、監督とプロデュースを務めるようだ。
「アナコンダ」("Anaconda",1997年)の続編が企画されているらしい。ドワイト・リトルが監督候補に挙がっている模様。
若きクラーク・ケントを描くTVドラマ・シリーズ"Smallville"に、クリストファー・リーヴがゲスト出演するらしい。来月下旬に放送予定とか。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の、北米を含む世界興収は7億7100万ドルに達したようだ。
ガイ・リッチーがプロデュースを務める、犯罪現場を隠し撮りする英Channel Fiveの新番組"Swag"の撮影中、カメラマンが犯人に足を刺されたらしい。幸い傷は浅く、犯人は逮捕されたとか。
2年間活動を休止していた人気バンドPhishが大晦日にニューヨークで開催したコンサートに、トム・ハンクスがカメオ出演していた、と一部で伝えられたものの、ハンクスの広報担当者はこれを否定したようだ。ハンクスは家族でスキーに行っていたらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督"Catch Me If You Can"に出演したクリストファー・ウォーケンは「事前に原作本を読んだり、実在の人たちを訪ねたりはしなかったのだが、ある日セットに本物のフランク(アバグネイル)がやってきて、握手した。なんて素敵で立派な人物なんだ、とショックを受けたよ」と語ったようだ。
エドワード・ズウィック監督"The Last Samurai"の撮影のため、トム・クルーズは5日プライベート・ジェットでニュージーランドのニュープリマス空港に到着したようだ。
石原プロは、同社がフィルムを所有する石原裕次郎主演作品、「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)、「栄光への5000キロ」(蔵原惟繕監督,1969年)、「富士山頂」(村野鉄太郎,1970年)の復活上映を行うようだ。小林正彦専務は「都内では、できれば無料上映にしたい」と発言したらしい。 [☆無料で抽選になるよりも、有料でいいからみんなが観られるようにしてほしいですね。]
オンライン映画批評家協会(Online Film Critics Society)は6日、同協会の選出する各賞を発表したようだ。
■作品賞 「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")
■監督賞 ピーター・ジャクソン(「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
■主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
■主演女優賞 ジュリアン・ムーア("Far From Heaven")
■助演男優賞 デニス・クエイド("Far From Heaven")
■助演女優賞 サマンサ・モートン(「マイノリティ・リポート」)
■外国語映画賞 「天国の口、終わりの楽園。」("Y Tu Mama Tambien")
■アニメ映画賞 「千と千尋の神隠し」
「バトル・ロワイアルII」からの降板が決定した深作欣二監督について、東映の岡田裕介社長は「2月には復帰させたい」と発言したらしい。
現在撮影中の「バトル・ロワイアルII」で、深作欣二監督の降板が決定した模様。監督の長男、深作健太が監督代行を務めるようだ。
"Mission: Impossible III"のヒロイン役にケリー・ブルックの名前が挙がっているらしい。
「マッドマックス」シリーズ第4作"Fury Road"で、メル・ギブソンはロバート・ダウニーJr.の共演を希望しているようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに、今年最初に星型が加わる人物として、スティーヴン・スピルバーグが選ばれたようだ。10日に式典が開催されるらしい。
"The Quiet American"に主演したマイケル・ケインは、製作後に米国同時多発テロ事件が発生、米Miramax社長のハーヴェイ・ウェインスタインが無期公開延期を決定した時のことについて「ハーヴェイは親しい友人だから、彼に電話してこう言ったよ『私はもうすぐ70だ。オスカーを得る機会が後どれだけ残っていると思う?』」と語ったようだ。
ジョージ・クルーニーはSunday Mirror誌のインタビューの中で「仕事に追い詰められて、女性との関係をうまく築けないんだ。だから、一人の女性と長い関係を維持できる可能性は低いと思う」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスは、バレンタイン・デーにベン・アフレックと結婚する、という一部の報道を否定したようだ。
ドリュー・バリモアは、The Strokesのドラマー、ファブリツィオ・モレッティ(Fabrizio Moretti)と結婚するらしい。
タイムワーナー・エンターテイメントジャパン株式会社は、定価500円のDVD「トムとジェリー」5タイトルを、今月下旬から埼玉県内のセブン-イレブンで試験的に販売する、と発表したようだ。
  1/8
夏公開予定の清水崇監督「呪怨2」は、酒井法子が主演するようだ。
榎本孝明の16冊目の画集「自分への旅」刊行を記念した絵画展が、7日都内で開催されたようだ。映画「風の絨毯」の撮影のためイランを訪れた際に描きためた作品が中心とか。
昨年9月にドイツの宝石店で指輪124個を盗んだ男性に対し、ベルリン州地裁は7日、精神病院への強制収用を命じる判決を下したようだ。男性はクラウディア・シファーの熱狂的ファンで「彼女に選んでもらうために指輪がたくさん必要だった。それに、指輪のサイズも分からなかった」と証言したとか。
以前ジョン・トラヴォルタ主演か?とお伝えした、野球選手が主人公のコメディ"Mr. 3000"は、TV番組"The Bernie Mac Show"で人気のバーニー・マックが主演するようだ。
米A&Eは、1950年代のベティ・デイヴィスを描くTV映画を制作するようだ。スーザン・サランドンが主演する模様。
米HBOの人気ドラマシリーズ"Sex and the City"は、第6シーズンで終了するようだ。全20話のうち12話が今年6月から放映され、残り8話はミニ・シリーズとして来年1月から放送されるらしい。
フランスの2002年の国内興収は前年比1.5%減となったものの、1億8300万ドルを達成したようだ。1450万ドルの興収を上げた「ミッション・クレオパトラ」("Asterix & Obelix: Mission Cleopatre")がNo.1ヒットとなった模様。
18日開幕するサンダンス映画祭(The Slamdance Film Festival)で、ケン・バウザー監督のドキュメンタリー映画"Easy Riders, Raging Bulls"が上映されるようだ。また、最終日の24日にはアラン・ミンデル監督の"Milwaukee, Minnesota"がプレミア上映されるらしい。
ジェニファー・ロペスは、ラッセ・ハルストレム監督の新作"An Unfinished Life"に主演する模様。
ブラックウェル氏の選ぶ2002年ワースト・ドレッサーに、元プレイメイトのアンナ・ニコル・スミスが選ばれたようだ。また、2位にケリー・オズボーン、4位にキャメロン・ディアス、8位にメグ・ライアンが選ばれたらしい。
ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館が選ぶ、最も美しい女性にカイリー・ミノーグが選ばれたようだ。ハル・ベリーが第2位とか。
DVDのコピーを可能にするソフトを配布したノルウェー在住の男性に対し、映画協会(Motion Picture Association)が著作権侵害で訴えていた訴訟で、オスローの裁判所は7日、男性に対し無罪の判決を下したようだ。
米映画芸術科学アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、本年度の科学技術アカデミー賞を発表、3DアニメーションソフトMayaを開発したAlias/Wavefront社、キャメラ・システムの技術開発に貢献したArnold & Richter Cine Technik社Panavision社にオスカー像が贈られるようだ。
大森一樹監督「T.R.Y.」のPR会見が7日大阪市内で行われ、織田裕二らが出席したようだ。「ライバルは『マイノリティ・リポート』」と発言したとか。
大森一樹監督「T.R.Y.」の103センチ×147センチの大型ポスターが全国44ヶ所の駅に登場、ポスター上に貼られた112枚のはがき大のステッカーを剥がすと、裏側がクロスワードパズルになっているとか。
17型のワイド液晶モデルと12型液晶モデルの2機種の新PowerBook G4を発表した米Apple Computerは、イメージ・キャラクタとして、ミニー・ミーことヴァーン・トロイヤーと、身長226cmのNBA選手ヤオ・ミンを起用したようだ。
米CBSが今秋から放送予定のドラマ・シリーズ"Chi-Town"で、メル・ギブソンが製作総指揮を務めるようだ。
ドリス・デイの主演で映画化された「ひな菊を食べないで」("Please Don't Eat the Daisies",1960年)の原作やブロードウェイの戯曲なども手掛けた、米作家のジーン・カー(Jean Kerr)さんが5日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英国での昨年のDVDプレイヤー販売台数はおよそ380万台だったようだ。またDVDソフトの売上高は前年比111%増を記録、最も売れた作品は「ロード・オブ・ザ・リング」の400万だったらしい。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")のプレミア上映が7日ロンドンで開催され、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ダニエル・デイ=ルイスらが会場を訪れたようだ。
  1/9
キネマ旬報は9日、去年の邦画、洋画のベストテンを発表した模様。
【邦画】
1.「たそがれ清兵衛」
2.「刑務所の中」
3.「KT」
4.「OUT」
5.「AIKI」
6.「笑う蛙」
7.「阿弥陀堂だより」
8.「ごめん」
9.「ピンポン」
10.「とらばいゆ」
【洋画】
1.「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition")
2.「ノー・マンズ・ランド」("No Man's Land")
3.「鬼が来た!」(鬼子來了)
4.「マルホランド・ドライブ」("Mulholland Drive")
5.「まぼろし」("Sous le sable")
6.「酔っぱらった馬の時間」("A Time for Drunken Horses")
7.「ゴスフォード・パーク」("Gosford Park")
8.「チョコレート」("Monster's Ball")
9.「息子の部屋」("La Stanza del Figlio")
10.「アモーレス・ペロス」("Amores Perros")
【個人賞】
■日本映画監督賞 山田洋次(「たそがれ清兵衛」)
■脚本賞 山田洋次、浅間義隆(「たそがれ清兵衛」)
■主演女優賞 宮沢りえ(「たそがれ清兵衛」他)
■主演男優賞 真田広之(「たそがれ清兵衛」)
■助演女優賞 北林谷栄(「阿弥陀堂だより」)
■助演男優賞 香川照之(「KT」他)
■新人女優賞 小西真奈美(「阿弥陀堂だより」他)
■新人男優賞 田中泯(「たそがれ清兵衛」)
■外国映画監督賞 「鬼が来た!」
金鳥、ダスキン、ツムラ、永谷園、森永製菓の5社がCMを共同制作、浅野忠信が出演しているようだ。
塩田明彦監督「黄泉がえり」の完成披露試写会が8日都内で行われ、草なぎ剛、竹内結子らが舞台挨拶に立ったようだ。
井筒和幸監督「ゲロッパ!」のロケが愛知県蒲郡市内で行われ、西田敏行、常盤貴子らが参加したようだ。
米コカコーラは、CMキャラクタにペネロペ・クルス、コートニー・コックスらが起用された模様。
2月28日から開催されるサンタバーバラ国際映画祭(The Santa Barbara International Film Festival)では、"Confessions of a Dangerous Mind"、"The Hours"、"City of God"、"Narc"、「戦場のピアニスト」("The Pianist")などの話題作が上映されるようだ、
麻薬取引を描く「トラフィック」("Traffic",2000年)を手掛けたプロデューサーのローラ・ビックフォード(Laura Bickford)の次回作は、製薬業界の裏側を描く"Rx."という作品になる模様。
ディーン・パリソット監督の新作"Me Again"に、ブルース・ウィリスの主演が決定したようだ。「隣のヒットマン」("The Whole Nine Yards",2000年)の続編"The Whole Ten Yards"撮影終了後の4月から製作に入る模様。
米映画芸術科学アカデミーは8日、アカデミー賞視覚効果賞のノミネート候補作を発表、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「メイン・イン・ブラック2」「マイノリティ・リポート」「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」「スパイダーマン」「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」「トリプルX」の7作品が選ばれたようだ。
昨年の米国でのビデオソフト販売実績は、セルが121億ドル、レンタルが82億ドルに達したらしい。セルとレンタルをあわせた売り上げNo.1は3億8480万ドルを記録した「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.")、レンタルでは8397万ドルで「サウンド・オブ・サイレンス」("Don't Say a Word")が1位だったようだ。また、劇場興収が8410万ドルだった「アトランティス 失われた帝国」("Atlantis: The Lost Empire")も1億3000万ドルの売り上げを記録したとか。
先週の全米アルバムチャートは、エミネム主演の映画"8 Mile"のサントラが、売り上げ枚数11万9000枚で2週連続1位となったようだ。
児童ポルノ関連法違反で起訴されているジェフリー・ジョーンズは、報道陣に対し無罪を主張したようだ。
ニコール・キッドマンが主演し話題となった舞台"The Blue Room"が北アイルランドで上演されることになったものの、そのエロチックなシーンが問題となっているようだ。
ジョージ・クルーニーは新作"Solaris"について「僕のオシリが売り上げに貢献するなら何の問題もないよ。でも、派手なSFXもないシリアスな映画だから、この手の作品はプロモーションが難しいね」と語ったようだ。
米映画芸術科学アカデミーは8日、アカデミー賞音響効果賞のノミネート候補作を発表、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」「ロード・トゥ・パーディション」「スパイダーマン」「ワンス・アンド・フォーエバー」「トリプルX」の7作品が選ばれたようだ。
シリーズ第3作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the prisoner of Azkaban")にゲイリー・オールドマンが出演するようだ。シリウス・ブラックを演じるらしい。
米テキサス州ダラスの映画批評家協会賞でも、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が最優秀アニメーション賞に選ばれたようだ。
8日放送の関西テレビ「痛快!エブリデイ」に出演した藤岡弘は、10数年前に芸名を「藤岡弘、」に改名していたことを明らかにしたようだ。「流されないで立ち止まって自分を見つめる、という覚悟と『いまだ完成せず』の意味」で改名したものの、あまり浸透しなかったらしい。
「ブルワース」("Bulworth",1998年)で共演したハル・ベリーとウォーレン・ベイティが"急接近"、と報じられたようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のサントラ販売が苦戦しているらしい。29日には壁紙やスクリーンセーバーなどのデータを収録したスペシャル版を発売、巻き返しをはかるとか。 [☆オマケと言うより、@1作目を買ったら2作目はいらない、Aサントラ買うならDVDを買う、というのが売れない理由のような気がしますが?]
クリント・イーストウッドの娘アリソン・イーストウッドが、米PLAYBOY誌2月号の表紙を飾り、ヌードを披露しているとか。
かなり以前にお伝えした、モーガン・フリーマン主演によるネルソン・マンデラの伝記映画製作が正式決定した模様。マンデラの自伝小説「自由への長い道−ネルソン・マンデラ自伝」("Long Walk to Freedom")を基に、シェカール・カプール監督が映画化するようだ。
  1/10
ブライアン・シンガー監督"X-Men 2"に、マツダRX-8の特別仕様車「マツダ RX-8 X-MEN Car」が登場するようだ。
黒澤明監督「用心棒」(1961年)が原案のアニメ作品を実写映画化した「旋風の用心棒」が25日公開となるようだ。川原圭敬が監督を務め、仲村靖秀、松永恵美、川原亜矢子、かとうかずこ、大和田伸也らが出演しているらしい。
米ロサンゼルス・タイムズ紙は、「千と千尋の神隠し」、「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")、「アイス・エイジ」("Ice Age")、「きれいな涙 SPIRIT」("Spirit: Stallion of the Cimarron")の4作品が、アカデミー賞長編アニメ部門賞でノミネートされるだろう、と報じたようだ。
オードリー・ヘプバーン主演「いつも2人で」に登場した英国車「MG-TD」のレプリカの製造をマレーシアの企業が始めたようだ。トヨタのエンジンを載せているとか。
韓国の市民団体は、007シリーズ最新作"Die Another Day"の上映中止を求める抗議活動を、11日実行に移すようだ。一部の映画館では興行不振で上映が打ち切られたらしい。
米国でリリースされた、ヴィン・ディーゼル主演「トリプルX」("XXX")のDVDとVHSの売り上げは、発売1週間でで1億700万ドルを記録したようだ。
かつてジョン・フランケンハイマー監督、バート・ランカスター主演「終身犯」("The Birdman of Alcatraz",1962年)として映画化された実話が、その後判明した新たな事実を加えて、"The Madman of Alcatraz"として再び映画化されるようだ。ブラッド・ピットがプロデュースするほか、主演も予定しているらしい。
ジョエル・シルヴァーが設立したDark Castle Entertainment製作による新作ホラー映画"Gothika"で、ハル・ベリーとペネロペ・クルスが共演するらしい。
ドイツの昨年の映画興行収入は、ドル換算では前年を上回ったものの、ユーロでは前年の9億8730万ユーロを下回る9億2270万ユーロとなったようだ。
シカゴ映画批評家協会賞が8日発表され、"Far From Heaven"が監督賞(トッド・ヘインズ)、主演女優賞(ジュリアン・ムーア)、助演男優賞(デニス・クエイド)など6部門を獲得したようだ。また、主演男優賞にダニエル・デイ=ルイス(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)、ドキュメンタリー賞に「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")、外国語映画賞に「天国の口、終わりの楽園。」("Y tu mama tambien")が選ばれたらしい。
幼児ポルノ所持で起訴され、無罪を主張しているポール・ルーベンスについて、その写真を実際に見たコートニー・コックス、デヴィッド・アークエット夫妻は「芸術とそのほかのものを混同することは有り勝ちなこと。彼は幼児ポルノなどに興味は持っていない」と語ったようだ。
10日発行される英国の紳士録"Who's Who"の最新版に、ヒュー・グラント、エミリー・ワトソンらの名前が加わったようだ。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")プロモーションのためロンドンを訪れているマーティン・スコセッシ監督は、イラク攻撃の姿勢を崩さない米国政府の対応について「罪のない一般市民を巻き込むのではなく、知性をもって、外交的に解決されることを望む」と発言したようだ。
スティーヴン・セガールは、最新作"Half Past Dead"撮影中にベルリンの邸宅を借りた際、ドイツ・マフィアから脅迫を受けたとして、損害賠償を求める訴訟をロサンジェルス上位裁判所で起こしたようだ。
香港政府は8日、映画産業への5,000万HKドルの支援など、10項目の経済環境改善の目標を発表したようだ。
長澤雅彦監督、反町隆史主演の「13階段」が、16日開幕するサンダンス映画祭のワールドシネマ部門で上映されるようだ。
米USAネットワークは「刑事コジャック」("Kojak",1973-78年)の新シリーズを放送するらしい。ヴィング・レイムスが主演するようだ。
エルヴィス・プレスリーが使用していた白いKnabeのグランドピアノが、Blue Moon Group社の会長マイケル・ムジノに685,000ドルで売却されたようだ。
ラスヴェガスで開催中のAV機器・デジタル家電の総合展示会"2003 Internatioal CES"で9日、ソニー社長兼COOの安藤国威による基調講演が行われ、ドリュー・バリモアが登場したほか、ジェイムズ・キャメロンもビデオでメッセージを寄せたようだ。
  1/11
不登校経験者らが参加する自主映画「不登校の真実」が製作中らしい。作家の巨椋修が監督と脚本を務めているようだ。
及川中監督「ラヴァーズ・キス」の完成披露試写会が10日都内で行われ、平山あやらが舞台挨拶に立ったようだ。
広島大、広島市立大、広島修道大の3つの大学の映画研究会が合同で行う映画祭「ヒロシマ・オープン・フィルム・フェスティバル」が19日JR広島駅南口で行われるようだ。
ジェニファー・コネリーとポール・ベタニーは、昨年末スコットランドで結婚式を挙げていたらしい。
ダイアナ・ロスは、先週トゥーソン市裁判所で行われた罪状認否で、飲酒運転容疑を否認したようだ。
英国映画協会(British Film Institute)の新しい会長にアンソニー・ミンゲラが指名されたようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムにスティーヴン・スピルバーグの星型が埋め込まれ、10日記念式典が行われたようだ。ケイト・キャプショー、マイク・マイヤーズ、ジョン・ウィリアムス、ジェフリー・カッツェンバーグらも出席した模様。
「ソフィー・マルソーの刑事物語」("Police",1985年)、「悪魔の陽の下に」("Sous le soleil de Satan",1987年)、「ヴァン・ゴッホ」("Van Gogh",1991年)などの作品を手掛けた、映画監督、脚本家、俳優のモーリス・ピアラ(Maurice Pialat)さんが10日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ポーランドの国会は10日、「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)、「戦場のピアニスト」("The Pianist",2002年)などを手掛けた映画プロデューサーのルー・リュウィン(Lew Rywin)が、Gazeta Wyborcza紙の編集者に1750万ドルの賄賂を要求したとされる問題で、証人喚問を行ったようだ。
宇田鋼之介監督「ワンピース デッドエンドの冒険」で、酒井美紀がゲスト声優として出演するようだ。
ジョン・F・ケネディJr.の生涯を描くTV映画"America's Prince: The John F. Kennedy Jr. Story"が12日、米TBSで放送されるようだ。ジャクリーン・ビセット、ポーシャ・デ・ロッシらが出演しているらしい。
1970年代に盗まれたおよそ500本のザ・ビートルズの録音テープが、オランダで押収されたようだ。1969年にリリース予定だったアルバム"Get Back"のための演奏などが収録されているらしい。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")プロモーションのためベルリンを訪れているレオナルド・ディカプリオは「歪曲したり飾り立てたりすれば、やみくもに愛国的なだけで、民主主義国家の形成の醜い側面を提示する作品にはならなかっただろう」と語ったようだ。
初監督作品"Confessions of a Dangerous Mind"上映のためサンタバーバラを訪れたジョージ・クルーニーは、松葉杖姿だったようだ。自宅でバスケットボールをしていて転んだらしい。
5月に開催される第56回カンヌ映画祭の審査委員長は、フランスの映画監督パトリス・シェロー(Patrice Chereau)に決まったようだ。
  1/12
「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」(千葉真一主演、1961年)で監督デビュー、以降「黒蜥蝪」(1968年)、「トラ・トラ・トラ!」(共同監督,1970年)、「仁義なき戦い」(1973年)、「ドーベルマン刑事」(1977年)、「復活の日」(1980年)、「青春の門」(1981年)、「魔界転生」(1981年)、「蒲田行進曲」(1982年)、「里見八犬伝」(1983年)、「火宅の人」(1986年)、「いつかギラギラする日」(1992年)、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(1994年)、「バトル・ロワイアル」(2000年)など数々の作品を手掛けた、映画監督の深作欣二さんが12日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
大森一樹監督「T.R.Y.」が11日初日を迎え、織田裕二らが舞台挨拶に立ったようだ。丸の内東映前には9日の朝から列が出来ていたとか。総興収40億円を見込んでいるとか。
一倉治雄監督「姐御 ANEGO」が11日初日を迎え、高島礼子、江波杏子、石橋凌らが舞台挨拶に立ったようだ。
「籠の鳥」(松本英一監督,1924年)、「夜ごとの夢」(成瀬巳喜男監督,1933年)など無声映画時代の作品に数多く出演した、女優の澤蘭子さんが11日亡くなった(99歳)。ご冥福をお祈りいたします。
松竹元取締役の藤沢彦二さんが11日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
トニ・コレットは、ミュージシャンのデイヴ・ガラファッシ(Dave Galafassi)と結婚式を挙げたようだ。「ミュリエルの結婚」("Muriel's Wedding",1994年)で共演したレイチェル・グリフィスも出席したとか。
米HBOの人気ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos")に出演するエディ・ファルコ(Edie Falco)が10日、友人の犬を散歩していたところ、突然その犬が逃げ出してハドソン川に落ちてしまったらしい。消防に通報し、無事救出されたとか。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のロケで、タラナキ山(Mt. Taranaki)が撮影されることについて、山を神聖視するマオリ族が反対を表明したようだ。 [☆タナラキ山はニュージーランドの富士山と呼ばれているとか]
第75回アカデミー賞ノミネーションのための投票用紙が米映画芸術科学アカデミー会員5616人に郵送されたようだ。今月29日までに回収され、来月11日に結果が発表される模様。
  1/13
オーストラリアに滞在中の松方弘樹は、17日帰国の日程を繰り上げ、深作欣二監督の葬儀・告別式に出席するため16日までに帰国するようだ。
東映は12日、現在製作中の「バトル・ロワイアルII」のエンドロールに「深作欣二監督」のクレジットを入れ、深作監督の遺作とする方針を決定したようだ。
「バトル・ロワイアルII」の撮影は、深作欣二監督の葬儀・告別式が行われる16日まで中止されるようだ。
高岩淡東映会長は、亡くなった深作欣二監督について「黒澤明監督亡き後の日本一の監督だったと思う」と語ったようだ。
米AOLタイムワーナーは12日、スティーヴ・ケイス会長が5月の株主総会で退任すると発表した模様。合併の効果が出せなかった責任を取ったようだ。
2002年のイタリアの映画興行収入は前年比2%増の4億8500万ドルに達した模様。No.1ヒットは興収2610万ドルを記録したロベルト・ベニーニ監督「ピノッキオ」("Pinocchio")だったようだ。
ジム・キャリー主演による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's a Series of Unfortunate Events")の映画化で、監督予定だったバリー・ソネンフェルドが降板したようだ。
ニア・ヴァルダロスは、大ヒット中の脚本・主演作"My Big Fat Greek Wedding"で得た報酬の15%が支払われていないのは契約違反だとして、マネジメント会社のMarathon Entertainmentから訴えられているようだ。
スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーは、"Ocean's Twelve"の製作開始時期として2004年3月を考えているようだ。
ロビン・ウィリアムスの次回作は、マーク・マイロッド(Mark Mylod)監督によるダーク・コメディ"The Big White"になるようだ。
ジェイ・ラッセル監督、ホアキン・フェニックス主演の新作"Ladder 49"に、ジョン・トラヴォルタの共演が決まったようだ。
第29回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice)の授賞式が12日開催され、人気映画部門では「スパイダーマン」("Spider-Man")と「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings: Fellowship of the Ring")の2作品が受賞、"Big Fat Greek Wedding"がコメディ映画賞に選ばれたようだ。また、人気映画女優賞は4年連続でジュリア・ロバーツが獲得、男優にはメル・ギブソンが選ばれたらしい。
全米週末興収は、アシュトン・カッチャー、ブリタニー・マーフィ共演のロマンチック・コメディ"Just Married"が1800万ドルで初登場1位を記録、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")は2位となったものの、総興収は2億8360万ドルを越えた模様。また、3位の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me if You Can")も総興収が1億ドルを突破、「シカゴ」("Chicago")は公開劇場数が362館と少ないものの、6位に浮上したようだ。
「バトル・ロワイアルII」に出演する藤原竜也は、亡くなった深作欣二監督について「しっかり演じ切ることで恩返ししたい」と語ったようだ。
「いつかギラギラする日」(1992年)に主演した力也が12日都内で記者会見を行い、亡くなった深作欣二監督への思いを語ったようだ。
東映顧問の佐藤雅夫らが12日東映本社で会見を開き、現在製作中の「バトル・ロワイアルII」について「撮影を無事終えることが最優先。東映は深作健太を最大限バックアップする」と語ったようだ。
菅原文太は、深作欣二監督の容態急変を聞き12日深夜に急遽病院を訪れ、深作監督の家族らと共に最期を看取ったようだ。
英国の最も貧しい地域の一つである、グラスゴーのイースターハウス出身の俳優ビリー・ボイドは「俳優になることは簡単ではないが、こういった地域の出身者のチャンスはさらに限られている。そういう状況が変わることを願っている」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can")の総興収1億ドル突破により、2002年公開作品の興収1億ドル突破作品は23本となり、2000年の22本の記録を更新したようだ。
  1/14
東映は、深作欣二監督をしのぶ会を、3月下旬に東映東京撮影所で行うことを検討しているようだ。
マンハッタン五番街の大型店はトム・ハンクス主演「ビッグ」("Big",1988年)の撮影にも使用された、創業140年のおもちゃ小売り大手FAO社が13日、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用をデラウェア州の連邦破産裁判所に申請したようだ。
米NBCとワーナー・ブラザーズは、「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing")のシリーズ継続に向けて交渉中の模様。NBCはワーナーに対して、これまでの3倍となる、1話当たり500万ドルから700万ドルのライセンス料を支払うことになるようだ。
米Variety紙は13日、深作欣二監督の訃報を伝えたようだ。
2003―04年秋冬ミラノ・メンズコレクションのヴェルサーチのショーに出席したシャロン・ストーンは、デニス・クエイドと共演したマイク・フィギス監督"Cold Creek Manor"について「これまでは悪役が多かったけど、追われる側を演じることはやりがいがある」と語ったようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに、ニコール・キッドマンの星形が加わり、13日記念式典が行われたようだ。
昨年モスクワで、W杯サッカー日本xロシア戦を巨大スクリーンで観戦していたファンが暴動を起こした問題で、モスクワ上訴裁判所は、同じスクリーンに映された「ビッグ・リボウスキ」("The Big Lebowski",1998年)の一場面が暴動を助長したとして、広告代理店に対し10,000ドルの罰金を課したようだ。バットで車を叩くシーンが上映されたらしい。 [☆とんだトバッチリ?]
エイダン・クインは、米A&EのTV映画"Benedict Arnold: A Question of Honor"で、ベネディクト・アーノルドを演じているようだ。ケルシー・グラマーらが共演している模様。
陣内孝則が監督を務める音楽青春映画「ROCKERS」で、ライヴ・シーンでのエキストラを募集しているようだ。
深作欣二監督がアクション・シーンなどの演出を手掛けたプレステ2用ゲームソフト「クロックタワー3」が発売中のようだ。
深作欣二監督「バトル・ロワイアルII」の特報が、全国東映系劇場で上映中のようだ。
釈由美子が主演した佐藤信介監督「修羅雪姫」に対し、ハリウッドからリメイクのオファーが来ているらしい。日本版は3月から米国でも公開されるようだ。
第7回ゴールデン・サテライト賞(Golden Satellites Awards)が12日発表され、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が最優秀アニメ賞に選ばれたようだ。
ジョナサン・フレイクス監督が手掛ける実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")のキャスティングが進行中のようだ。ソフィア・マイルズ、ロン・クックらの名前が挙がっているらしい。
リチャード・ハリスの遺族らは、ダンブルドア校長役にピーター・オトゥールを推薦しているようだ。
米USAネットワークは、ロバート・ブレイクが主演した人気ドラマ・シリーズ「刑事バレッタ」("Baretta",1975-78年)の新シリーズの放送を予定しているようだ。既にジェフリー・ライト、ジョン・レグイザモらに脚本が渡されているらしい。
中国で公開中のチャン・イーモウ監督の新作「英雄」("Hero")は、公開3週間の興収が2億1000万元に達し、中国映画としては過去最高を記録したようだ。既に海賊盤DVDも出回っているとか。
  1/15
深作欣二監督の通夜が15日、都内の築地本願寺で営まれ、菅原文太、津川雅彦、千葉真一、渡哲也、北野武ら数多くの弔問客が訪れたようだ。
森繁久彌は、昨年末に心筋梗塞で倒れていたようだ。一時危険な状態となったものの、現在は回復している模様。
深作欣二監督の通夜の準備が14日、築地本願寺で行われたようだ。献花用の花も3000本以上用意されたとか。
来月22日に京都で開催される第8回ボランティアフェスティバルで大澤豊監督「アイ・ラヴ・フレンズ」が上映されるようだ。現在、八幡市の朗読ボランティアサークルが、画面の様子を説明する「副音声」の吹き込み作業を行っているらしい。
かつて"Hollywood Madam"と呼ばれ、1993年に売春斡旋容疑で逮捕されたハイディ・フライスの半生を描く映画"Pay the Girl"を、米パラマウントが製作するようだ。ニコール・キッドマンの主演が予定されているらしい。
米ドリームワークス製作の新作アクション・スリラー"Wish You Were Here"に、ジョシュ・ハートネットの主演が決まったようだ。
昨年11月に飲酒運転で逮捕されたクイーン・ラティファが容疑を認め、有罪が確定したようだ。3年間の保護観察処分などが言い渡された模様。
「明日に向って撃て!」("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)、「スローターハウス5」("Slaughterhouse-Five",1972年)、「キャリー」("Carrie",1976年)、「ゴースト・ハンターズ」("Big Trouble in Little China",1986年)などの作品でプロデューサーを務めたほか、「V」("V",1984-85年)などのTVシリーズで脚本を手掛けた、ポール・モナシュ(Paul Monash)さんが14日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
欧州委員会は、映画のTV放映権売買に関して競争法違反の可能性があるとして、大手ハリウッド・スタジオと欧州の有料テレビ会社の調査を行っているようだ。
2002年に英国でロケまたは製作に関わった映画は115本で、その投資総額は9億1000万ドルに達したようだ。
新作"Kangaroo Jack"についてプロデューサーを務めたジェリー・ブラッカイマーは「試写してみるとカンガルーが子供たちに人気で、じゃあもう100万ドル使おうということになって、カンガルーの登場シーンを増やしたんだ」と語ったようだ。
人気TVシリーズ「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997年-)にウィロー役でレギュラー出演するアリソン・ハニガン(Alyson Hannigan)と、以前ウェスリー役で出演していたアレクシス・デニソフ(Alexis Denisof)が婚約したようだ。9月か10月には結婚式を挙げるとか。
米TNTのTV西部劇"Monte Walsh"に主演するトム・セレックは「間違っているかもしれないが、『私立探偵マグナム』("Magnum, P.I.",1980-88年)以来最高の役だよ」と語ったようだ。
米UPNは、現在第7シーズン放送中の「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997年-)について、今シーズンでの打ち切りを検討しているようだ。
"The Last Samurai"撮影のためニュージーランドを訪れているトム・クルーズを追って、ニコール・キッドマンがタラナキに向かう、と一部で報道されたことについて、キッドマンの広報担当者はこれを否定したようだ。
来月13日開幕のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、深作欣二監督「白昼の無頼漢」(丹波哲郎主演,1961年)が上映されるらしい。追悼イベントも検討中とか。
東映は深作欣二監督作品の追悼盤DVDの発売を検討しているようだ。アクション、文芸、任侠、時代劇、特撮の5ジャンルから代表作が選ばれるらしい。
リメイク版「魔界転生」を手掛ける平山秀幸監督は「深作監督にも転生してきてほしい。そしてぼくの作品を見ていただきたい」と語ったようだ。
「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day")プロモーションのため、ハル・ベリーが今月下旬に来日するようだ。
NECはN504iSの発売を記念した「N504iS iショットコンテスト」を開催するようだ。岩井俊二監督が審査員を務めるとか。 [☆(当然)N504iSからのみ応募可能・・・]
ユアン・マクレガーは昨年、ジュード・ロウらと設立した映画製作会社Natural Nylonを離脱していたようだ。ジュード・ロウの離脱も噂されているらしい。
オーディション番組"American Idol"で審査員を務めたサイモン・カウェル(Simon Cowell)は、米CBSがこの夏から放送予定のドラマ・シリーズ"Cupid"に出演するようだ。
ブライアン・グレイザーとImagine Entertainmentは、リンダ・ボアマン(リンダ・ラヴレイス)が主演したポルノ映画「ディープ・スロート」("Deep Throat",1972年)の文化的衝撃を描くドキュメンタリーを制作するようだ。
「1ダースなら安くなる」("Cheaper by the Dozen",1950年)がリメイクされる模様。ショーン・レヴィが監督を務め、スティーヴ・マーティンが主演する模様。
米CBSが企画する"My Big Fat Greek Wedding"のTV版は、"My Big Fat Greek Life"のタイトルで2月から放送される模様。ニア・ヴァルダロスを始め、映画版のキャストがほぼそのまま出演するようだ。
  1/16
近代映画社でグラビアを担当した後に独立し、女性写真の第一人者として数多くの作品を手掛けた、写真家の秋山庄太郎さんが16日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
NTTデータと米Media Design Institute社は、米CinemaNow社が持つ1200本以上の映画コンテンツの日本での配信事業を、2003年上期にスタートさせると発表したようだ。
来月13日に開幕する、第14回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の上映作品が15日発表されたようだ。「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day")上映されるらしい。
本木克英監督による新作コメディ映画「ドラッグストア・ガール」に田中麗奈の主演が決まったようだ。秋公開予定とか。
深作欣二監督の葬儀が16日午後、築地本願寺で営まれ、崔洋一ら映画人やファンら1100人が参列、岡田茂東映相談役、菅原文太らが弔辞を述べたようだ。
米連邦最高裁は15日、著作権保護期間を20年間延長した98年の改正著作権法について、合憲とする判断を下した模様。これにより、今年切れるミッキーマウスの著作権も20年延長されることになったようだ。
レオン・カーファイが先日飲酒運転で逮捕され、1万2000香港ドルの罰金と18カ月の免許停止が決まったようだ。
大阪市北区のテアトル梅田は16日、性別を問わないサービスデーを設けると発表した模様。性同一性障害の人の手紙がきっかけになったようだ。来月10日から上映する「ロバート・イーズ」("Robert Eads",2001年)では11日を「ロバート・イーズ・サービスデー」として、モーニングショーとレイトショーを1000円均一にするらしい。
岩波ホール総支配人の高野悦子が座長を務める、日本映画振興策を検討する文化庁の懇談会は16日、全ての映画作品を東京国立近代美術館フィルムセンターに納入させ国が保存すべきだ、などとする中間報告をまとめたようだ。フィルムセンターには、これまで製作された10万本の日本映画のうち2万本しか保管されていないらしい。
英ローレンス・オリヴィエ賞(Laurence Olivier awards)のノミネーションが16日発表され、最優秀女優賞では、大ヒットした舞台"Proof"に主演したグウィネス・パルトロウ、"Uncle Vanya"に主演したエミリー・ワトソンらが候補に挙がったようだ。
ヴァル・キルマーとジョー・マンテーニャは、リヴァージ・アンセルモ監督の新作"Stateside"で共演するようだ。レイチェル・リー・クック、アグネス・ブルックナー、キャリー・フィッシャー、ダイアン・ヴェノーラらも出演する模様。
パトリシア・クラークソンは、1980年のロサンゼルス・オリンピックで金メダルを獲得したホッケーチームを描くディズニーの新作"Miracles"に主演するようだ。カート・ラッセルが共演、ギャヴィン・オコナーが監督を務め、3月から撮影が開始される模様。
De Beers LVは、ゴールデン・グローブ賞の開催に合わせて、ビバリーヒルズで高級ジュエリーの新作ラインナップを発表したようだ。最高経営責任者のアラン・ロレンツォは「1ページの雑誌広告と、我々のジュエリーを身につけたスターの写真では比較にならない。その宣伝効果には値段のつけようがない」と語ったようだ。
同性愛の関係にあったと主張したポルノ男優チャド・スレイターに対しトム・クルーズが起こしていた訴訟は、先月スレイターが虚偽の発言を認めたため、トム・クルーズの勝訴が確定、1000万ドルの損害賠償を勝ち取ったようだ。賠償金は慈善団体に全額寄付するとか。
「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」("The Fearless Vampire Killers",1967年)をミュージカル化したブロードウェイの舞台"Dance of the Vampires"が、マイケル・クロフォード主演で昨年末から上演されていたものの、批評家からの酷評を受け興行的にも失敗、今月25日で幕を閉じるようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の発売日が6月21日に決定したようだ。英語版は全世界同時発売となる模様。「炎のコブレット」(191,000語)よりさらに長い全38章、255,000語の超大作とか。 [☆日本での発売時期は未定・・・]
英国週末興収は「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("Lord of the Rings: The Two Towers")が380万ポンドを記録、4週連続1位となったようだ。また、封切りとなった「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")は260万ポンドで2位に着けた模様。
深作欣二監督の通夜に弔問に訪れた千葉真一は「監督とクエンティン・タランティーノと3人で何かやろうと話していた。やり残したことは健太とやりたい」と語ったようだ。
深作欣二監督「魔界転生」(1981年)が、池袋の新文芸坐で25日レイトショー上映されるようだ。上映後には同作で衣装を担当した辻村ジュサブローのトークショーも予定されているらしい。
実写版「まいっちんぐマチコ先生」がビデオ映画として3月22日に発売されるようだ。仲谷かおりが主演、三浦和義が共演しているとか。
加藤夏希の新作DVD「不可思議的夏希〜多姿多彩〜」が16日発売されたようだ。
深作欣二監督の棺には、愛用のバンダナやメガホン、「バトル・ロワイアル」の撮影時に使われたハリセンなどが納められたらしい。また深作健太代行監督は、未完成だった「バトル・ロワイアルII」の撮影稿を徹夜で完成させ、16日の葬儀で棺に入れるようだ。
15日行われた深作欣二監督の通夜の会場では、「仁義なき戦い」「蒲田行進曲」「バトル・ロワイアル」などのテーマ曲が流されたとか。喪主を務める深作健太が選曲したらしい。
米Wired誌が主催する、様々な分野で活躍した人物を表彰する第4回Rave Awardsが13日開催され、映画界からはスパイク・ジョーンズ監督が受賞したようだ。
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の再映画化で、ジョエル・シュマッカーが監督候補に挙がっているようだ。主演予定だったアントニオ・バンデラスは降板した模様。
ニール・ジョーダン監督は歴史大作"Odysseus' Return"を手掛けるようだ。
  1/17
日本映画ペンクラブ賞が発表され、アスミック・エースエンタテインメント会長の原正人が選ばれたようだ。また会員選出による映画作品では、邦画部門が「たそがれ清兵衛」、洋画部門が「ロード・トゥ・パーディション」、日本映画ノンシアトリカル部門は「チョムスキー9・11」がそれぞれ1位に選ばれたらしい。
沖縄県で入院していた森繁久彌は17日午前、退院したようだ。
香港の映画配給会社アバカス・エンターテイメントは15日、映画の予告篇を自由に視聴できる映像端末「MK1」25台をHMVなどに設置、今月31日からサービスをスタートすると発表したようだ。DVDの10%割引券も発行されるらしい。今後日本や欧州でも展開予定とか。
文部科学省は、映画の著作権保護期間の公表後50年から70年への延長などを含む、著作権法の改正案を次期通常国会に提出するようだ。
「花の吉原百人斬り」や山田五十鈴の舞台「たぬき」などの作品で知られ、また「血みどろ絵金」は新藤兼人の脚本で「闇の中の魑魅魍魎」(中平康監督,1971年)として映画化もされた、劇作家の榎本滋民の自宅から16日全焼し遺体が発見されたようだ。
先月発表された米国映画協会(American Film Institute)賞の受賞者を招いた昼食会が16日ハリウッドで開催され、シドニー・ポラックヒュー・グラント、スパイク・ジョーンズ、レニー・ゼルウィガー、ニコール・キッドマン、ジョン・アヴネット、スティーヴン・ダルドリー、フィリップ・ノイス、マーティン・スコセッシ、ジュリー・テイモア、デンゼル・ワシントン、マイケル・ケイン、ブレンダン・フレイザー、サルマ・ハエック、ウィリアム・H・メイシー、ニア・ヴァルダロスらが顔を揃えたようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)は3月に開催される第55回DGA賞で、マーティン・スコセッシ監督に生涯功労賞を授与すると発表したようだ。
フィリップ・K・ディック原作、ジョン・ウー監督、ベン・アフレック主演の新作"Paycheck"は、米パラマウントとドリームワークスの共同制作となるようだ。
米製作者組合(The Producers Guild of America)の選出するPGA賞のノミネーションが発表され、作品賞には"Adaptation"、「シカゴ」、「ギャング・オブ・ニューヨーク」、"My Big Fat Greek Wedding"、「ロード・トゥ・パーディション」、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」の6作品が候補に挙がったようだ。
12日米TBSで放送されたドラマ"America's Prince: The John F. Kennedy Jr. story"で、事実と異なる部分があるとして、ジャクソン・ブラウンは該当シーンの削除を求めているようだ。
英国の映画ファンが選出する2002年オレンジ映画賞(Orange Film of the Year Award)のノミネート作品が16日発表され、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」「スター・ウォーズ エピソード2」「スパイダーマン」「スクービー・ドゥー」「メン・イン・ブラック2」「オーシャンズ11」「ダイ・アナザー・デイ」「モンスターズ・インク」「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」の10作品が候補に挙がったようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻は、結婚式の写真を無断で掲載しプライバシーが侵害されたとして、英Hello!誌を訴えているようだ。27日に行われる裁判に二人が出席する模様。
サンダンス映画祭が16日開幕し、モーガン・フリーマン、ホリー・ハンター共演の"Levity"がオープニング上映されたようだ。ロバート・レッドフォードも舞台に上がったものの、出席予定だったビリー・ボブ・ソーントンは病気で欠席したらしい。
東映京都撮影所で16日深作欣二監督の「お別れ会」が行われ、渡瀬恒彦、加勢大周らが参加したようだ。
16日行われた深作欣二監督の葬儀には、ジョン・ウー監督からの弔電や、クエンティン・タランティーノ監督からの生花も届いたとか。
東映と東映ビデオは「新仁義なき戦い」シリーズ3作品のDVDボックスを4月21日に発売すると発表したようだ。また深作欣二監督追悼DVDとして「現代やくざ 人斬り与太」「火宅の人」などの作品を順次リリースする模様。
16日行われた深作欣二監督の葬儀で喪主を務めた深作健太は「これからは心の中の深作欣二との戦い」と語ったようだ。
「バトル・ロワイアルII」の撮影は18日から大泉の東映撮影所で再開されるようだ。17日には深作健太によるスタッフ・ミーティングが行われ、スケジュール調整などが行われた模様。撮影現場には、深作監督の遺骨が置かれるとか。
オンライン書店Amazonには、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の発売日発表から24時間で、既に3万冊の予約注文が入ったとか。
  1/18
第57回毎日映画コンクールが発表されたようだ。
■日本映画大賞 「たそがれ清兵衛」
■監督賞 平山秀幸(「OUT」他)
■男優主演賞 真田広之(「たそがれ清兵衛」他)
■女優主演賞 大塚寧々(「笑う蛙」他)
■男優助演賞 塚本晋也(「クロエ」他)
■女優助演賞 宮沢りえ(「たそがれ清兵衛」他)
■スポニチグランプリ新人賞 中村獅童、市川実日子、金守珍
■田中絹代賞 吉行和子
■アニメーション映画賞 「クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」
5月開館予定だった佐賀県伊万里市に建設予定の黒澤明記念館は、寄付で賄う予定だった資金が集まらず、計画を大幅に見直すことになったようだ。
塩田明彦監督「黄泉がえり」が18日初日を迎え、草なぎ剛、竹内結子らが舞台挨拶に立ったようだ。舞台挨拶への抽選には1万8000通もの応募があったとか。
米ウォルト・ディズニーは17日、ウォルト・ディズニー・ジャパン内にコンテンツ取得部門を新設し、日本のアニメや特撮番組の海外放映権獲得に乗り出すと発表したようだ。共同制作も検討しているとか。
「東京国際映像センター〈スタジオシティTOKYO〉」構想がスタートするようだ。東京湾岸地域に、ハリウッドと協力して大型映画スタジオや映像関連の教育機関などを開設、国際的な映像拠点にする計画らしい。
17日退院した森繁久彌について、担当医師は「1日1日の回復のスピードがすごい。血管だけをみれば40代〜50代のもの」と語ったようだ。
米NBCは17日、人気TVシリーズ"Friends"が今秋放送の第10シーズンで終了すると正式に発表した模様。一方、"The West Wing"は2シーズン継続が決まったようだ。
「寛容に向かって」("Toward Tolerance")をテーマに来月6日から開催されるベルリン国際映画祭では、コンペ部門に、ドイツとポーランドの国境を舞台にした"Distant Lights"、スロヴェニアの人身売買を描く"Spare Parts"、セネガルの未婚の母を主人公にした"Madame Brouette"などの社会派作品が出品されると共に、スティーヴン・ソダーバーグ監督"Solaris"、スパイク・リー監督"The 25th Hour"、スパイク・ジョーンズ監督"Adaptation"、スティーヴン・ダルトリー監督"The Hours"などもエントリー、娯楽性と政治意識の両立が図られているようだ。
大ヒット映画"My Big Fat Greek Wedding"で、主演のニア・ヴァルダロスが着たウェディング・ドレスが150万ドルで売りに出されているらしい。もとは2000ドル程度で買ったものとか。
東映は、キム・ヒョンホン監督、ハン・ソッキュ主演の新作「二重スパイ」をギャガ=ヒューマックスと共同配給するようだ。東映邦画系での外国映画上映は「大福星」(1985年)以来で、他社との共同配給は創立以来初めてとか。
米USAネットワークは「警部マクロード」("McCloud",1970-77年)の新シリーズをスターとさせるようだ。ブレット・バトラー(Brett Butler)が主演するらしい。 [☆刑事モノ復活が続きます・・・]
人気アニメシリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons")を放送する米FOXは、2005年の第16シーズンまでのシリーズ継続を決定した模様。「気をつけろ『ガンスモーク』("Gunsmoke",1955-75年)、次はお前だ!」と制作総指揮のアル・ジーンは言ったとか。
  1/19
滝田洋二郎監督「秘密」のロケ地横浜を訪れるツアーが韓国で企画され、23日から90人が来日するようだ。主演した広末涼子のトークショーも予定されているとか。
1949年に田中絹代が日米親善大使として渡米した際に、自ら撮影したフィルムが発見されたようだ。修復が行われ、来月開幕するゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映されるらしい。
滝田洋二郎監督「壬生義士伝」が18日初日を迎え、中井貴一、佐藤浩市らが舞台挨拶に立ったようだ。「たそがれ清兵衛」を上回る観客動員を記録、松竹は「興収15億円を目指したい」と言っているようだ。
黒沢清監督「アカルイミライ」が18日初日を迎え、オダギリジョー、浅野忠信、藤竜也らが舞台挨拶に立ったようだ。
中田圭監督「LADY DROP」が18日初日を迎え、北川弘美、曲山えり、石橋奈美、小林加奈らが舞台挨拶に立ったようだ。
米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)賞が17日発表され、最優秀アニメ賞には宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が選ばれたようだ。
開催中のサンダンス映画祭の初日、ロバート・ダウニーJr.、ロビン・ライト・ペン共演の新作"The Singing Detective"がプレミア上映されたようだ。
「バトル・ロワイアルII」の撮影が18日東大泉の東映撮影所で再開され、深作健太監督、竹内力、前田愛らキャスト80人、スタッフ約70人が集結したようだ。
「砲艦サンパブロ」("The Sand Pebbles",1966年)、「暗くなるまで待って」("Wait Until Dark",1967年)、「ランボー」("First Blood",1982年)、「フラミンゴ・キッド」("The Flamingo Kid",1984年)など、数多くの映画やTV作品に出演した、米俳優のリチャード・クレンナさんが17日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/20
江崎グリコは「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」フィギュア(全8種類)入りタマゴ型チョコレート「キンダーサプライズ<ロード・オブ・ザ・リング>」を来月4日から80万個限定で販売する、と発表したようだ。
開催中のサンダンス映画祭で、"Masked and Anonymous"(ジェフ・ブリッジス、ペネロペ・クルス共演)、"The Maldonado Miracle"(ピーター・フォンダ主演)、"A Foreign Affair"(デヴィッド・アークエット主演)、"Milk and Honey"(クリント・ジョーダン主演)の長編4作品が、Windows Media 9 Seriesを使用しDLPで上映されるらしい。
数多くの広告写真やタレントの写真集などを手掛け、カンヌ映画祭CM部門グランプリを始め国内外の多数の賞を獲得、また龍村仁監督「キャロル」(1974年)では特別撮影として参加した、写真家の横須賀功光さんが14日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
元劇団四季団員で数々の舞台に出演したほか、伊丹十三監督の「タンポポ」(1985年)、「マルサの女」(1987年)、「ミンボーの女」(1992年)などの映画でも活躍した、俳優の田中明夫さんが19日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ゴールデン・グローブ賞授賞式にジャック・ニコルソンとともに訪れたララ・フリン・ボイルは、ピンク色のチュチュとトゥシューズ風の靴で現われたらしい。 [☆早くも今年のワーストドレッサー決定!]
新作"Ultimatum"を南アフリカで撮影中のヴィニー・ジョーンズが、女性に対する暴行容疑で捜査を受けているらしい。
ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞したジャック・ニコルソンは、"The Hours"で役を演じるために鼻を高くしていたニコール・キッドマンを見て「普段の鼻の時は、あんまりかわいくないね」とジョークを飛ばしたとか。
ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞を獲得したメリル・ストリープは、ステージに上がると「これが789回目のノミネートだったのよ!あそこに座ってのんびりと長い冬のうたた寝をしていたわ」と言ったとか。
第60回ゴールデン・グローブ賞が19日発表されたようだ。
■ドラマ部門
◆作品賞 "The Hours"
◆主演男優賞 ジャック・ニコルソン("About Schmidt")
◆主演女優賞 ニコール・キッドマン("The Hours")
■ミュージカル・コメディー部門
◆作品賞 「シカゴ」
◆主演男優賞 リチャード・ギア(「シカゴ」)
◆主演女優賞 レニー・ゼルウィガー(「シカゴ」)
■共通
◆監督賞 マーティン・スコセッシ(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
◆助演男優賞 クリス・クーパー("Adaptation")
◆助演女優賞 メリル・ストリープ("Adaptation")
◆主題歌賞 U2 "The Hands That Built America" (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
◆外国語映画賞 "Hable con ella (Talk to Her)"
開催中のサンダンス映画祭に出品されている、ウィリアム・H・メイシー主演"The Cooler"の米国内配給権をLions Gate Filmsが150万ドルで獲得したようだ。
サンダンス映画祭に出席したロバート・ダウニーJr.は「(刑務所と薬物リハビリを経て)少し年をとって、ちょっとは賢くなったよ」と語ったようだ。
全米週末興収は、新作"Kangaroo Jack"が1770万ドルで1位、"National Security"が1570万ドルで2位となったようだ。また、拡大公開となった話題作"The Hours"が9位に浮上、一方「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")は4位に転落したものの、総興収は2億9900万ドルに達し、まもなく3億ドルを突破する模様。
キム・ソンス監督、チャン・ツィイー主演の「武士」が、来月開催の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で招待作品として上映されるようだ。
ケイト・ハドソンの次回作はロマンチック・コメディ"Can You Keep a Secret?"になる模様。製作も務めるようだ。
ジョン・アーヴィングの小説「未亡人の一年」("A Widow for One Year")を基に映画化される、トッド・ウィリアムズ監督、ジェフ・ブリッジス、クリスティン・スコット・トーマス共演の新作"The Door in the Floor"に、キム・ベイシンガーの出演が決まった模様。
ゲイリー・マーシャル監督は「プリティ・プリンセス」("The Princess Diaries",2001年)の続編を企画している模様。アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュースが再び共演するようだ。
  1/21
ディズニー・アニメ「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")プロモーションのためクリス・サンダース監督らが来日し、20日都内で記者会見を行ったようだ。サンダース監督は「特に『となりのトトロ』が大好き。宮崎駿監督は私のヒーロー」と語ったとか。白石美帆が花束贈呈を務めたらしい。
広島県尾道市と尾道商工会議所、尾道観光協会は「おのみちフィルム・コミッション」を設立したようだ。
北野武監督の次回作は「座頭市」になる模様。自らの主演で、今春から撮影に入る模様。 [☆今年は時代劇ブームになりそうな予感・・・]
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演でハワード・ヒューズの生涯を描く"The Aviator"で、ニコール・キッドマンがエヴァ・ガードナーを、グウィネス・パルトロウがキャサリン・ヘプバーンを演じるらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")のイタリアでの公開がスタート、公開4日間の興収は同国史上最高の910万ドルに達したようだ。また、北米を除く全世界興収は4億ドルを突破した模様。
現在製作中のメル・ギブソン監督最新作"The Passion"で、イエス・キリストを演じているジム・カヴィーゼルは、十字架の上での撮影が15日間も続き、肩を脱臼したらしい。「計り知れない苦痛がそこにあったが、幸運にも神が助けて下さった」と語ったとか。
ウィノナ・ライダーの"復帰"第1作は、レイ・ロマーノ主演のコメディ"Eulogy"になる模様。デブラ・ウィンガー、ハンク・アザリア、モニカ・ポッター、リップ・トーンらが共演、マイケル・クランシーが脚本と監督を務めるようだ。
スペイン警察は、海賊盤製造拠点の一斉摘発を実施、CDやDVD計24万枚を押収したらしい。「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のDVDも含まれていたとか。
もっとも有望な男優に贈られるフランスのジャン・ギャバン賞が発表され、パトリス・ルコント監督"L' Homme du train"に主演したロック歌手のジョニー・アリディが選ばれたようだ。また、最も有望な女優に贈られるロミー・シュナイダー賞はフランソワ・オゾン監督「8人の女たち」("8 Femmes")のリュディヴィーヌ・サニエに決まった模様。
米CBSが企画する実話を元にしたドラマ"Rediscovered Love"で、テッド・ダンソン、メアリー・スティーンバージェン夫妻が、夫婦役で出演することになったようだ。
ベルリン国際映画祭のパノラマ部門の上映作品が発表され、アレックス・ロウ監督"Traces of a Dragon: Jackie Chan and his Lost Family"がオープニング作品に決まったようだ。またキューバのカストロ国家評議会議長を追う、オリヴァー・ストーン監督"Comandante"、ジターノ(ロマ)の文化を描くドミニク・アベル監督"Seville, South Side"などが上映される模様。
開催中のサンダンス映画祭に出席しているロバート・レッドフォードは、映画祭で演説中の彼の足下にビデオテープを放り投げた若い映画製作者がいたことを認めたようだ。その若者を非難したりはしなかったとか。
イングランド3部リーグのExeter City Football Clubの名誉監督に、デヴィッド・ブラウズが就任するようだ。同クラブで共同会長を務めるユリ・ゲラーは「いつか、ダース・ベイダーの姿でピッチに現れるよう、彼を説得する」と語ったとか。
米ユニバーサル・スタジオ売却に関して、多くの娯楽系企業が関心を示しているものの、Vivendi Universalはまだ売却を決定していないようだ。
「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編"Bridget Jones: The Edge of Reason"に主演するレニー・ゼルウィガーは「準備はバッチリよ。喜んで体重を元に戻すわ」と語ったとか。
人気ドラマシリーズ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年〜)に、マドンナがゲスト出演することが決まったようだ。5月放送予定とか。
長澤雅彦監督「13階段」の完成披露試写会が20日都内で行われ、反町隆史らが舞台挨拶に立ったようだ。
「ネメシス/S.T.X」("Star Trek: Nemesis")の評判が芳しくないパトリック・スチュワートは「(ファン達には)中つ国やホグワーツが居心地がよさそうに見えるんだよ」と語ったとか。
マイケル・ウィンターボトム監督の新作"Freedomland"で、モーガン・フリーマンとジュリアン・ムーアが共演する模様。
「ランボー4」では、タリバン政権を一人で倒すらしい。
ハリウッド版「七人の侍」の脚本はスコット・マーシャル・スミスが手掛けるようだ。
米Entertainment Weekly誌の読者による人気女優投票の結果、リース・ウィザースプーンが1位に選ばれたようだ。以下、レニー・ゼルウィガー、ニコール・キッドマン、ジュリア・ロバーツ、ジュリアン・ムーア、ハル・ベリー、キルスティン・ダンスト、ジェニファー・ロペス、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモアと続いたらしい。
ウィル・スミスは、米ソニー・ミュージックから解雇されたようだ。ミュージシャンとしての盛りを過ぎ、俳優として専念すべきだ、という理由らしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」の完成披露試写会が21日都内で行われ、ヴィゴ・モーテンセン、カール・アーバンらが舞台挨拶に立ったようだ。
アイオワ州のトウモロコシ畑には、今もあの「フィールド・オブ・ドリームス」("Field of Dreams",1989年)の球場が残されており、年間7万5000人もの人々が訪れているとか。
チャーリー・チャプリンからマルクス・ブラザーズ、ジェリー・サインフェルド、ジェイ・レノら数多くの有名人の似顔絵を描いた、米風刺漫画家のアル・ハーシュフェルド(Al Hirschfeld)さんが20日亡くなった(99歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マーティン・ルーサー・キングJr.の誕生日を記念するイベントが18日フロリダで行われ、数百人の子供たちを前に基調講演を行ったスパイク・リー監督は、昨年公開されたアイス・キューブ主演"Barbershop"でキングらを揶揄するセリフがあったことについて「あまりに多くの大人たちが笑っていたが、彼らは子供たちに公民権運動家達の功績について教えるべきだ。もし、子供たちがこの映画で受けた印象を持ったまま成長すれば、我々は困難な状況に陥ることになる」と語ったようだ。
19日夜行われたゴールデン・グローブ賞授賞式でダイヤモンドを身につけていた女優は少数派だったようだ。ミーガン・ムラリーはピンクのダイヤモンド・リングとイヤリング、ハル・ベリーはブルーのダイヤモンド・ペンダントとイヤリングなど、色つきのダイヤが目だったとか。
英国週末興収は、エミネム主演"8 Mile"が450万ポンドで初登場1位となり、4週連続1位だった「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」を首位の座から引きずりおろしたようだ。
アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演の新作"Fifty First Kisses"は、ピーター・シーガルが監督を務めるようだ。
  1/22
2002年の日本国内の映画興行収入は、前年に引き続き2000億円前後を維持を維持した模様。「ハリー・ポッター」シリーズのヒットなどが貢献したようだ。
「新造人間キャシャーン」(1973-74年)が実写映画化されるらしい。宇多田ヒカルの夫、紀里谷和明が監督を務める模様。
米Pixarは、2006年公開予定のタイトル未定のアニメーション映画の脚本家として、エミリー・クックとキャシー・グリーンバーグを指名したようだ。ネズミが主人公の、高級レストランを舞台にしたアドベンチャーとか。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のDVDが、4月11日に、米、英、独、豪で同時発売されるようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞のノミネーションが21日発表され、スティーヴン・ダルドリー("The Hours")、マーティン・スコセッシ(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)、ロマン・ポランスキー(「戦場のピアニスト」)、ロブ・マーシャル(「シカゴ」)、ピーター・ジャクソン(「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)の5名が候補に挙がったようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズ最新作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の日本語版出版は、今年末頃になるようだ。
米ビデオゲーム会社Activisionは、DreamWorksの新作アニメーション映画"Sharkslayer"(声:ウィル・スミス、ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー)、"Madagascar"(声:クリス・ロック、ベン・スティラー)、"Over the Hedge"の3作を、ビデオゲーム化すると発表したようだ。
人気TVシリーズ「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Frasier",1993年-)について、米NBCは来シーズンでのシリーズ終了を決定した模様。
ジャッキー・チェンは「F-16戦闘機に乗れとか、暴れ馬でハードル越えをやれとか、2回転宙返りを2回やれとか言われたら、僕もスタントを使うよ。でも宙返り1回なら、自分でやる。自分で出来ることはやるけれど、自分の能力を越えたことまでやる気はないよ」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")の全米興収は20日、3億ドルを突破した模様。
「フィアー・ドット・コム」("Fear Dot Com")の試写会が21日都内で行われ、水沢アキがゲストとして登場したようだ。 [☆なんで、水沢アキ??]
「サンセット大通り」("Sunset Blvd.",1950年)がリメイクされるらしい。アンドリュー・ロイド・ウェバーが製作、ライザ・ミネリが主演候補に挙がっている模様。
米ユニバーサル・スタジオに「シュレック」("Shrek")を題材にしたスリルライド系の映像アトラクションが登場するようだ。
ダニエル・クロウズのコミック"Art School Confidential"をテリー・ツワイゴフ監督が映画化する模様。ジョン・マルコヴィッチが製作と主演を務めるようだ。
ブリトニー・スピアーズが「ダイ・ハード4」に、ジョン・マックレーンの娘役として出演するらしい。
若きアドルフ・ヒットラーを描く"Max"に出演したジョン・キューザックは「先鋭芸術として映画を成功させるためには、ヒットさせ利益を上げなきゃいけないから、そのバランスが難しい」と語ったようだ。
英国で放送された、マイケル・ガンボン、ミランダ・リチャードソン共演のTV映画"The Lost Prince"について、BBCは米国での劇場公開に向けて交渉中であることを明らかにしたようだ。
TSUTAYAで、2002年にレンタルされた映像ソフトは3億926万本に達したらしい。その内DVDは3,649万枚で、前年比216%の伸びとか。
  1/23
クァク・ジェヨン監督「猟奇的な彼女」プロモーションのためチョン・ジヒョンが来日、22日都内で記者会見を行ったようだ。
牧野省三監督の息子で、「丹下左膳 乾雲必殺の巻」(月形龍之介主演,1936年)、「鞍馬天狗 竜攘虎搏の巻」(嵐寛寿郎主演,1938年)、「旗本退屈男 どくろ屋敷」(市川右太衛門主演,1954年)など数多くの時代劇シリーズを手掛けた、映画監督の松田定次さんが20日亡くなった(96歳)。ご冥福をお祈りいたします。
来月6日より開催される第53回ベルリン国際映画祭のコンペ部門に山田洋次監督「たそがれ清兵衛」の出品が決まったようだ。また、パノラマ部門に、阪本順治監督「ぼくんち」、中田秀夫監督「ラストシーン」も出品されるらしい。
「シカゴ」("Chicago")のサントラが米国で発売され、週末の19日だけで8万3千枚が売れたらしい。
米Miramaxは、開催中のサンダンス映画祭で上映されたトム・マッカーシー監督のデビュー作"The Station Agent"の、英語圏とイタリアでの配給権を150万ドルで獲得した模様。またFox Searchlightはキャサリン・ハードウィック監督"thirteen"の世界配給権を200万ドルで獲得したようだ。
MGMとDreamWorksはピーター・セラーズが主演したコメディ「パーティ」("The Party",1968年)をリメイクするようだ。ジェイ・ローチが監督を務め、プリシラ・プレスリーが製作に参加する模様。
MGMは「ウォーキング・トール 怒りの街」("Walking Tall",1973年)をリメイクする模様。ザ・ロックの主演で、今夏から製作に入るらしい。
開催中のサンダンス映画祭で初監督作品"The Maldonado Miracle"が上映されたサルマ・ハエックは「仕事に対しては一生懸命だけど、自分自身のことは気楽に考えているの。とても疲れたけど、この経験を通してエネルギーを得ることが出来たわ」と語ったようだ。
年齢により差別しているとして、175人の脚本家らがTV局やハリウッドの映画スタジオなどに対する集団訴訟を起こしていた問題で、ロサンゼルス上位裁判所は、個別に対応すべき問題であるとして、訴えを退ける判決を下したようだ。
顔写真を無断でCMに使用したとして、アーノルド・シュワルツェネッガーは、オハイオ州の自動車販売会社に対し2000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
最新作"Shanghai Knights"プロモーションのため上海に滞在中のジャッキー・チェンは「カンフー以外のアクション映画に出るプランはないよ。ファンやプロデューサーが許してくれないしね」と語ったようだ。
クリス・ジャッドとジェニファー・ロペスの離婚が26日に成立するようだ。
ダグ・ライマン監督「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity")プロモーションのため、マット・デイモンが来日、23日都内で会見したようだ。
「サンダーバード」("Thunderbirds",1966年)が4月からNHK教育で再放送されるようだ。「ひょっこりひょうたん島」(カラーリメイク版,1991年)、「プリンプリン物語」(1979年)なども復活するとか。
ロベルト・ベニーニ監督・主演「ピノッキオ」("Pinocchio")の日本語吹替版で、ユースケ・サンタマリアが主人公の声を担当するようだ。
銀座オメガショップでは来月3日より「007フェア」を開催、「ゴールデンアイ」("GoldenEye",1995年)、「トゥモロー・ネバー・ダイ」("Tomorrow Never Dies",1997年)、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」("The World Is Not Enough",1999年)の3作品で使用された腕時計を展示するようだ。
第17回高崎映画祭の各賞が発表され、作品賞に「ハッシュ!」(橋口亮輔監督)、監督賞に平山秀幸監督(「OUT」)、主演女優賞に原田美枝子(「OUT」)、主演男優賞に真田広之(「たそがれ清兵衛」)と田辺誠一(「ハッシュ!」)が、それぞれ選ばれたようだ。
24日放送される宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」について、日本テレビは目標視聴率40%を掲げているらしい。ちなみに1999年1月に放送された「もののけ姫」の視聴率は35.1%だったとか。
リドリー・スコットとトニー・スコットは、ジョー・R・ランズデイルの小説"The Big Blow"を映画化するようだ。リドリー・スコットの息子ジェイク・スコットが監督を務める模様。
2001年9月11日、世界貿易センタービルでの救出活動中に亡くなったニューヨーク市警の警察官の生前のインタビュー映像を元に製作された30分のドキュメンタリー"Twin Towers"が、開催中のサンダンス映画祭で上映されたようだ。
バンコク国際映画祭(Bangkok International Film Festival)が開催され、作品賞(Golden Kinnaree award)にペドロ・アルモドヴァル監督の"Hable con ella"("Talk to Her")が、また監督賞にもアルモドヴァル監督が選ばれたようだ。主演男優賞には"The Quiet American"のマイケル・ケインが選ばれた模様。
シドニーで開催される幹細胞研究推進会議に出席するため、クリストファー・リーヴがオーストラリアを訪れたようだ。
ブレット・ラトナー監督は"Superman5"の監督を降板した模様。マイケル・ベイが新たな監督候補に挙がっているらしい。
「ハロウィン」シリーズ第9作が製作される模様。「ハロウィン4 ブギーマン復活」("Halloween 4: The Return of Michael Myers",1988年)の前編になるらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のルーピン先生役にデヴィッド・シューリスが決定した模様。
  1/24
ダグ・ライマン監督「ボーン・アイデンティティー」のプレミア試写会が23日都内で行われ、来日中のマット・デイモンが舞台挨拶に立ったようだ。菊川怜も登場したらしい。
文化庁の文化審議会著作権分科会は24日、映画の著作権保護期間を公表後70年に延長すること、などの提言をまとめたようだ。
シドニーを訪れているクリストファー・リーヴは、受精卵の胚性幹細胞を利用する脊髄損傷の治療の研究について「いくつかの事例で科学者達の挑戦は続いており、実現するかどうか分からないような夢物語ではない。しかし、ヒトのクローニング技術と混同されており、それが治療法実現の妨げになる恐れがある」と語ったようだ。
米映画撮影監督協会(The American Society of Cinematographers)賞のノミネーションが発表され、先日亡くなったコンラッド・ホール(「ロード・トゥ・パーディション」)の他、マイケル・ボールハウス(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)、パウウェル・エデルマン(「戦場のピアニスト」)、エド・ラチマン("Far From Heaven")、ロドリゴ・プリエト("Frida")の5人が候補に挙がったようだ。
来月開催の第53回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門上映作品が23日発表された模様。日本を含む24ヶ国から52の作品が上映されるようだ。
米国民の半分が観るといわれる26日のNFLスーパーボウルのTV中継に合わせ、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")、「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")、「ハルク」("The Hulk")などの超大作のTVプロモーションが展開されるようだ。
開催中のサンダンス映画祭に出品された"Northfork"に出演するダリル・ハンナは「以前はメジャーな作品ばかり押し付けられてきたが、今はこれまで出会えなかった面白い作品に出演している」と語ったようだ。
開催中のサンダンス映画祭に出品されたピーター・ヘッジス(Peter Hedges)の監督デビュー作"Pieces of April"の世界配給権を、United Artistsが350万ドルで獲得した模様。
1970年代のスケートボード・カルチャーを描く映画"The Lords of Dogtown"が、デヴィッド・フィンチャーの監督で製作されるようだ。
米Miramaxは、拡大公開がスタートした、ジョージ・クルーニー監督作「コンフェッション」("Confessions of a Dangerous Mind")の上映館で、「シカゴ」("Chicago")の先行上映を行うようだ。
人気シチュエーション・コメディ"Gimme a Break!"(1981-87年)などのTVドラマに出演したほか、ブロードウェイ・ミュージカルでも活躍した、米女優・歌手のネル・カーター(Nell Carter)さんが23日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。
4月11日に米英他で発売となる「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のDVDには、映像特典として削除された19シーン、ダニエル・ラドクリフら主演3人やJ・K・ローリングとのインタビュー映像、ゲームなどが収録されるらしい。
日本映画テレビプロデューサー協会は23日、深作欣二監督に第27回エランドール賞の特別賞を授与すると発表したようだ。また、作品賞に「たそがれ清兵衛」「北の国から2002〜遺言〜」、新人賞に小澤征悦、藤原竜也、菊川怜、柴咲コウ、仲間由紀恵が選ばれた模様。
ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」プロモーションのため来日中のヴィゴ・モーテンセンとカール・アーバンが23日都内で行われた記者会見に出席、モーテンセンは米政府のイラク攻撃への姿勢を批判したようだ。
日本テレビは、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」に対抗して、映画「巌流島」を製作する模様。本木雅弘が武蔵を演じ、田村淳、吉岡美穂らが共演するらしい。
東映は23日、深作欣二監督追悼特別上映として、「仁義なき戦い」シリーズ5作品や「魔界転生」(1981年)、「バトル・ロワイアル特別篇」(2000年)の7作品を都内2館で来月1日から上映すると発表したようだ。3月以降名古屋、大阪、京都、福岡などでも上映が行われる模様。
サンダンス・オンライン映画祭で上映されている3D-CGアニメ"Lots of Robots"を一人で製作したアンディ・マードックは「『ファイナル・ファンタジー』は1億2000万ドル、約300人が作業して、結果はひどい映画だった。人材と資金を山ほど投入しても成功が保証されるわけではない」と語ったようだ。
テイ・ディグスが、ブロードウェイ・ミュージカル「レント」("Rent")で共演したイディナ・メンゼルと結婚したようだ。
マシュー・ブロデリックとサラ・ジェシカ・パーカー夫妻は、無断で2人の写真を広告に使用したとして、米化粧品チェーンSephora USAに対し、1500万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
アシュレイ・ジャッド主演か?と以前お伝えした"Catwoman"は、ハル・ベリーが新たな主演候補に挙がっているようだ。監督はピトフに決定した模様。
フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini)監督の遺品を展示する博物館が10月、イタリアのリミニにオープンするらしい。
リサ・マリー・プレスリーとの離婚について、ニコラス・ケイジは「僕はシングルになって、自分の精神と向き合うことが出来るようになった。落ち込んだりはしてないよ」と語ったようだ。
来月5日ロンドンで開催されるOld Vic劇場基金のためのコンサートで、ケヴィン・スペイシーがエルトン・ジョンとデュエットするらしい。その他、シンニード・オコーナー、ルル、エルヴィス・コステロらが参加するようだ。
新作撮影のため南アフリカを訪れているヴィニー・ジョーンズから暴力を受けカメラを盗まれた、と一人の男性が主張していたものの、撤回したようだ。女性に対する暴行容疑については依然捜査中の模様。
石井輝男監督、浅野忠信主演「ねじ式」(1998年)のDVDが3月28日に発売されるようだ。
  1/25
24日東京湾クルーズ船「シンフォニーモデルナ」上で行われた、東映アニメ映画「ワンピース デッドエンドの冒険」の製作発表に出席していた、週刊少年ジャンプ編集長の高橋俊昌さんが倒れ、病院に運ばれたものの、同日亡くなった(44歳)。ご冥福をお祈りいたします。
恩地日出夫監督の新作「蕨野行」が24日山形市で初公開され、出演した市原悦子、石橋蓮司、樋田慶子、清水美那らが舞台挨拶に立ったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は24日、ピーター・オトゥールにアカデミー賞名誉賞を授与すると発表したようだ。
26日開催のNFLスーパーボウルの試合前に、ボブ・ホープの100歳記念式典が行われるようだ。
ストーカー行為を受けたとして、ブリトニー・スピアーズが、横浜市在住の41歳の日本人男性Masahiko Shizawaを訴えている裁判で、24日行われた審理で被告側は「原告に迷惑をかける意図はなく、文化的誤解である」と主張したようだ。 [☆文化を誤解しているのは、果たしてどちらか??]
"Barbershop"に出演したセドリック・ジ・エンターテイナー(Cedric the Entertainer)が、全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)主催の第34回NAACPイメージ賞の司会に選ばれたようだ。
ジョン・クリーズは、誤った記事で名誉を傷つけられたとして、英The Evening Standard紙に対する訴訟を起こしたようだ。
昨年交通事故で重傷を負い入院していた女優ザ・ザ・ガボールは、Motion Picture and Television病院のスイートルームに移ったようだ。
  1/26
滝田洋二郎監督「秘密」の韓国公開がきっかけとなった、広末涼子ファンの日韓交流イベントが25日、映画のロケ地となった横浜市内で行われたようだ。
及川中監督「ラヴァーズ・キス」が25日初日を迎え、平山あや、宮崎あおいらが舞台挨拶に立ったようだ。
清水崇監督「呪怨」が25日初日を迎え、奥菜恵、伊東美咲、上原美佐、市川由衣らが舞台挨拶に立ったようだ。
サンダンス映画祭で25日各賞の表彰式が行われ、コミック作家ハーヴィ・ピーカー(Harvey Pekar)の人生を、ピーカー本人が登場する映像とアニメを取り混ぜながら描いた、シャリ・スプリンガー・バーマン(Shari Springer Berman)監督、ポール・ジアマッティ主演"American Splendor"がドラマ部門の最優秀作品(Grand Jury Prize)に選ばれたようだ。また、ドキュメンタリー部門では、末息子が逮捕されたユダヤ人一家をとらえた、アンドリュー・ジャレッキ(Andrew Jarecki)監督の"Capturing the Friedmans"が選ばれた模様。
「アラスカ珍道中」("Road to Utopia",1946年)、「決戦攻撃命令」("Above and Beyond",1952年)、「ホワイト・クリスマス」("White Christmas",1954年)などの脚本を手掛けたほか、「すてきな気持」("That Certain Feeling",1956年)、「ミサイル珍道中」("The Road to Hong Kong",1962年)などの作品では監督も務めた、米脚本家・監督のノーマン・パナマさんが13日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
前田哲監督「棒たおし!」の製作発表が25日宮崎市内で行われ、主演するグループLeadの4人が出席したようだ。
ジェニファー・ロペス主演「イナフ」の公開初日トークショーが渋谷で行われ、梅宮アンナが出演したようだ。
開催中のサンダンス映画祭で24日、長澤雅彦監督「13階段」が上映され、反町隆史らが舞台挨拶にたったようだ。上映終了後、大きな喝采を浴びたとか。
清水崇監督「呪怨」に、ハリウッドからリメイクのオファーがあるようだ。
  1/27
「ギルダ」("Gilda",1946年)でリタ・ヘイワースが歌った"Put the Blame on Mame"など、数々のヒット曲を手掛けた、米作曲家のドリス・フィッシャーさんが15日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロベルト・ベニーニ監督「ピノッキオ」("Pinocchio")の日本語吹替版収録が26日行われる予定だったものの、主役を担当するユースケ・サンタマリアがインフルエンザでダウンし、急遽中止となったようだ。
24日日本テレビで放送された宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の視聴率は、関東地区で46.9%に達した模様。これまで最高だった1979年フジテレビ放送「キタキツネ物語」(蔵原惟繕監督,1978年)の44.7%を越え、歴代映画視聴率最高記録となったようだ。
T-MobileのCMに出演し、メディアから非難を浴びているキャサリン・ゼタ=ジョーンズは「日本やヨーロッパでのCM出演がOKで、米国ではだめなんてばかげている」と語ったとか。
児童ポルノ所持の容疑で起訴されているポール・ルーベンスの弁護士は、所持していた写真などは20世紀初頭のものも含めていずれも古く、すでに時効を迎えているとして、起訴取り下げを求める申し立てを行ったようだ。
スティーヴン・キングの短編「秘密の庭、秘密の窓」("Two Past Midnight: Secret Window, Secret Garden")が、デヴィッド・コープ脚本・監督、ジョニー・デップ主演で映画化されるようだ。
来月6日開幕する第53回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で、フェントン・ベイリー監督、マコーレー・カルキン主演の新作"Party Monster"と、ダスティン・ホフマン、スーザン・サランドン共演の"Moonlight Mile"が上映されるようだ。
アダム・ゴールドバーグ監督の新作"I Love Your Work"でクリスティーナ・リッチとジョヴァンニ・リビージの共演が決まった模様。フランカ・ポテンテ、ヴィンス・ヴォーン、ジョシュア・ジャクソン、ジェイソン・リーらが出演するほか、エルヴィス・コステロもカメオ出演するらしい。
全米週末興収は、ジョナサン・リーブスマン監督の低予算ホラー"Darkness Falls"が1250万ドルで初登場1位となったようだ。また、「シカゴ」("Chicago")が先週の6位から3位まで浮上、さらに、拡大公開がスタートしたジョージ・クルーニー初監督作品「コンフェッション」("Confessions of a Dangerous Mind")が8位となった模様。
ライ・クーダーと、キューバの伝説的ギタリスト、マニュエル・ガルバン(Manuel Galban)によるアルバム"Mambo Sinuendo"が発売されたようだ。クーダーは、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」("Buena Vista Social Club",1999年)以降何度もキューバを訪れるうち、ガルバンの存在を知ったとか。
柴咲コウがRUIの名義でリリースした、映画「黄泉がえり」の主題歌「月のしずく」のCDが、15日の発売開始以来20万枚を出荷し、シングルチャートベスト10入りが確実となった模様。
26日行われた大阪国際女子マラソンに出場し、初マラソンで2時間21分51秒の好タイムを記録した坂本直子は、映画「ロッキー」("Rocky",1976年)のDVDを繰り返し観て、イメージトレーニングしたとか。
ハリー・ポッター」公式サイトに27日、オンラインストア「魔法使いの店」がオープンしたらしい。
江角マキコが、「ショムニ」などを手掛けたフジテレビのディレクター平野眞と入籍するらしい。28日に婚姻届を提出する模様。
  1/28
ギャスパー・ノエ監督「アレックス」("Irreversible")プロモーションのためヴァンサン・カッセルが来日、27日行われた記者会見に出席したようだ。小池栄子が花束贈呈に訪れたほか、浅野忠信も会場を訪れたようだ。
「レッド・ドラゴン」("Red Dragon")プロモーションのためブレット・ラトナー監督とエドワード・ノートンが来日し、27日都内で記者会見を行ったようだ。ノートンは「お好み焼き大好き」とか。
井上ひさし、小田実、山田洋次ら13人は28日、政府に対し国立大学法人法案の提出取りやめを求める声明を発表したようだ。
アイルランド国立大学は、ジョン・ヒューストン監督への敬意を込めて、この秋開校する映画学校をHuston Film Schoolと命名したようだ。
米NBCが今秋放送予定のドラマ"Lyon's Den"で、ロブ・ロウが主演とプロデュースを務めることが決まったようだ。
「バットマン」シリーズ最新作を、クリストファー・ノーラン監督が手掛けるようだ。ガイ・ピアースが主演候補に挙がっている模様で、ダーレン・アロノフスキー監督による"Batman: Year One"とは別企画らしい。
グウィネス・パルトロウ主演の"View From the Top"では、デジタル処理でHeinekenのビールがCoorsにすりかえられているらしい。
エリク・ラ・サルは「マイ・フェア・レディ」("My Fair Lady")を現代版にアレンジした"M'Lady"を監督するようだ。
ゲイリー・ウィニック監督の新作ロマンス"13 Going on 30"で、マーク・ラファロとジェニファー・ガーナーが共演するようだ。
大ヒットとなった"Darkness Falls"のジョナサン・リーブスマン監督の次回作は、第二次大戦を背景に描くサスペンス・スリラー"The Watch"になる模様。
チャン・イーモウ監督「英雄」("Hero")は、タイ、マレーシア、台湾、シンガポールでも大ヒットを記録しているらしい。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の北米を除く海外興収は5億6820万ドルに達し、「ジュラシック・パーク」("Jurassic Park",1993年)を超える、歴代3位の記録となったようだ。
レオナルド・ディカプリオ主演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can")を見た感想について、モデルとなったフランク・アバグネイルは「とてもネガティヴな経験になるかと思っていたが、肯定的に受け止めることが出来た」と語ったとか。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載した英Hello!誌に対して起こした訴訟についての裁判が、来月3日から始まるようだ。夫妻も出席する模様。
新作「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can")についてスティーヴン・スピルバーグ監督は「これはジェイムズ・ボンドへの敬意を表した作品。主人公は、医者や弁護士、時には女の子を口説くために007のようなスパイのふりもするが、そういうシーンは撮っていて楽しかった」と語ったようだ。
英Total Film誌の読者アンケートによると、ジェイムズ・ボンドを演じて欲しい俳優人気No.1は、ジュード・ロウだったようだ。ユアン・マクレガー、クリスチャン・ベイル、クライヴ・オーウェン、ラッセル・クロウらのほか、ヒュー・グラント、ロビー・ウィリアムズの名前も挙がったとか。また、黒人ではコメディアンのリチャード・ブラックウッドが1位だったらしい。
ハーバード大学が「エンタテイメント界に貢献した人々」を表彰する、今年のハスティ・プディング賞(Hasty Pudding awards)に、マーティン・スコセッシ監督とアンジェリカ・ヒューストンが選ばれたようだ。
スティーヴン・スピルバーグは、ドイツの学生達を対象に、「異文化間の相互理解の促進」をテーマとしたプレゼンテーションのコンテストを行うようだ。
第26回日本アカデミー賞の各部門優秀賞が27日発表され、山田洋次監督「たそがれ清兵衛」が全13部門で優秀賞を獲得したほか、作品賞には「阿弥陀堂だより」(小泉堯史監督)、「突入せよ!『あさま山荘』事件」(原田眞人監督)、「陽はまた昇る」(佐々部清監督)、「ピンポン」(曽利文彦監督)が選ばれたらしい。また、会長特別賞が、蔵原惟繕監督、深作欣二監督に贈られるようだ。
ハル・ベリーは、「ダイ・アナザー・デイ」撮影中に夫の浮気を知り、睡眠薬で自殺しようとしたらしい。
「ダイ・アナザー・デイ」プロモーションのため、リー・タマホリ監督、ハル・ベリー、ロザムンド・パイクらが来日、28日都内で記者会見を行ったようだ。
エリック・ロシャン監督の新作"Resistantes"で、クリスティン・スコット・トーマスとヴィルジニー・ルドワイヤンが共演するようだ。
ラッセル・クロウは、英アカデミー賞(BAFTA Awards)のプレゼンターをオファーされているらしい。
ウィノナ・ライダーは、万引きした品物を法廷から引き取り、オークションにかけるらしい。収益はチャリティに寄付するとか。
キャメロン・ディアスとジャレッド・レトが婚約したというウワサが流れているらしい。 [☆ディカプリオと急接近とのウワサも・・・]
3月にラスヴェガスで開催されるShoWest 2003で表彰される"今年の女優"に、「運命の女」("Unfaithful")に主演したダイアン・レインが選ばれたようだ。
来月23日に授賞式が行われる英アカデミー賞(BAFTA awards)のノミネーションが発表され、「シカゴ」("Chicago")と「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")がそれぞれ12部門で候補に挙がったようだ。その他、作品賞には「めぐりあう時間たち」("The Hours")、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")、「戦場のピアニスト」("The Pianist")が、また俳優ではダニエル・デイ=ルイス、マイケル・ケイン、ジャック・ニコルソン、レニー・ゼルウィガー、ニコール・キッドマン、メリル・ストリープらがノミネートされた模様。
米ディズニーは、プレステ2ソフト「キングダム ハーツ」の映画化を検討しているらしい。
「ジョーズ5」が製作される模様。ジュノー・シュウォークが監督を務めるらしい。
アン・リー監督の次回作は、伝説的魔術師ハリー・フーディーニの半生を描く"Houdini"になるようだ。
  1/29
東芝は29日、アミューズピクチャーズを買収すると発表した模様。
株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、「週刊 スタートレック -ファクトファイル-」(全100号予定)を来月18日から全国で発売すると発表したようだ。
来月8日公開の米アニメ映画「Hello! オズワルド」の日本語吹替版で、BEGINのボーカル比嘉栄昇とベッキーが声優を務めたようだ。
蜷川幸雄監督「青の炎」の完成披露記者会見が28日都内で行われ、蜷川監督、二宮和也、松浦亜弥らが出席したようだ。
Fox Searchlight Picturesは、アントニオ・セラノ監督、セシリア・ロス主演のメキシコ映画"La Hija del canibal"("The Cannibal's Daughter")の北米、仏、豪、日本などでの配給権を獲得したようだ。
ロン・ハワード監督の次回作は西部劇"The Missing"になる模様。トミー・リー・ジョーンズ、ケイト・ブランシェット、エヴァン・レイチェル・ウッドらが出演するらしい。
マーティン・キャンベル監督は、BBCで放送されたミニシリーズ"Edge of Darkness"(1985年)を映画化するようだ。また、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス再共演による"Zorro 2"も企画中らしい。
先日、アカデミー賞名誉賞を授与すると発表した米映画芸術科学アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)に対し、ピーター・オトゥールは「申し出は魅惑的だが、私はまだ現役だし、オスカー像は自分の実力で勝ち取りたい。名誉賞は80歳になるまで待ってもらえないだろうか」とする書簡を送ったようだ。これに対しアカデミーは「名誉賞の授与は映画界への貢献を讃えるもので、引退を意味しているわけではない」と表明、再考を促した模様。
スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作"The Informant!"に、マット・デイモンの主演が決まった模様。米国大手穀物加工メーカーArcher Daniels Midland社が日本のライバル企業と価格操作を行っていた事件を描くようだ。
米ウォルト・ディズニーは昨年、会長兼最高経営責任者のマイケル・アイズナーに500万ドルのボーナスを支給したようだ。
英国週末興収は、エミネム主演"8 Mile"が250万ポンドで2週連続1位となった模様。また、「シカゴ」が190万ポンドで2位、以下「ギャング・オブ・ニューヨーク」、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」、"I Spy"と続いたようだ。
米映画俳優組合(The Screen Actors Guild)によるSAG賞のノミネーションが28日発表され、「シカゴ」("Chicago")が5部門、「めぐりあう時間たち」("The Hours")が4部門でノミネートされた模様。また作品賞に当たるアンンサンブル・キャスト賞には、"Adaptation"、"My Big Fat Greek Wedding"、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("Lord of the Rings: The Two Towers")も候補に挙がったようだ。
第45回ブルーリボン賞が28日発表されたようだ。
■作品賞 「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)
■監督賞 崔洋一(「刑務所の中」)
■主演男優賞 佐藤浩市(「KT」)
■主演女優賞 片岡礼子(「ハッシュ!」)
■助演男優賞 津田寛治(「模倣犯」他)
■助演女優賞 宮沢りえ(「たそがれ清兵衛」)
■新人賞 小西真奈美(「阿弥陀堂だより」他)、中村獅童(「ピンポン」)
■外国作品賞 「少林サッカー」(チャウ・シンチー監督)
これまでに授与された100以上のオスカー像を集めた展示会が、米映画芸術科学アカデミーのギャラリーで先週スタートしたようだ。「フィラデルフィア」("Philadelphia",1993年)で主演男優賞を獲得したトム・ハンクスや、「スイング・ホテル」("Holiday Inn",1942年)の"White Christmas"で主題歌賞を獲得したアーヴィン・バーリンらのオスカーのほか、オリジナルのプロトタイプや、第2次大戦中に石膏で作られたオスカー像なども展示されているらしい。
3月にラスヴェガスで開催されるShoWest 2003で、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に出演したクリストファー・ウォーケンに助演男優賞が贈られることが決まったようだ。
3週間前「ギャング・オブ・ニューヨーク」プロモーションのためロンドンを訪れたレオナルド・ディカプリオが、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレミア上映のため再びロンドンを訪れているようだ。
宮崎駿監督「天空の城ラピュタ」("Le Chateau Dans Le Ciel",1986年)がフランスで公開され、公開1週間で22万人を動員する大ヒットとなっているようだ。
  1/30
梶田征則監督「ミラーを拭く男」の制作発表が29日都内で行われ、緒形演、津川雅彦らが出席したようだ。栗原小巻、辺土名一茶、国仲涼子が共演しているらしい。
行定勲監督「きょうのできごと A DAY ON THE PLANET」の撮影が29日調布の日活撮影所で行われ、主演の田中麗奈、妻夫木聡らが参加したようだ。
「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする」("Spider")プロモーションのためデヴィッド・クローネンバーグ監督が来日、29日渋谷HMVで行われた記者会見に出席したようだ。
米AOLタイムワーナーは29日、2002年決算を発表、最終損益は986億9600万ドルの損失となったようだ。テッド・ターナー副会長の辞任も発表された模様。
タイの人気女優スワナン・コンギンが「タイのものだったアンコールワットを奪ったカンボジア人は嫌い」と発言した、とカンボジア各紙が報道したため、カンボジアの学生らがプノンペンのタイ大使館前に集まり抗議、大使館に放火したらしい。スワナン・コンギンは報道を否定、報道した各紙の情報源もはっきりしないとか。
日本映画製作者連盟の発表によると、2002年の映画館入場者は前年比1.5%減の1億6000万人、興行収入は同1.7%減の1960億円となったようだ。作品別では、邦画が「猫の恩返し」の64億6000万円、洋画は「ハリー・ポッターと賢者の石」が203億円で、それぞれトップだったらしい。
英BBCは、エドワード8世(1894-1972)とウォリス・シンプソン(1896-1986)のロマンスを描くTV映画を企画しているようだ。グウィネス・パルトロウが主演候補に挙がっている模様。
ナンシー・マイヤーズ監督、ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーヴス共演のタイトル未定のコメディに、フランシス・マクドーマンドの出演が決まった模様。
人気TVシリーズ"The Bernie Mac Show"、"Malcolm in the Middle"などで監督を務めたケン・クワピス(Ken Kwapis)は、アン・ブラッシェアーズ(Ann Brashares)の小説の映画化"The Sisterhood of the Traveling Pants"で監督を務めるようだ。
「シカゴ」("Chicago")のサントラが、全米アルバムチャート2位となったようだ。
年間8000人が交通事故で亡くなっているフランスの交通安全推進団体は、「Taxi」シリーズが無謀運転を助長していると批判しているようだ。これに対しリュック・ベッソンは「観客は現実に体験出来ないことを映画に求めているんだ。"Taxi 3"を観た人が、サミー・ナセリみたいに時速400キロで運転したりはしないよ」と語ったとか。
「めぐりあう時間たち」("The Hours")に出演したメリル・ストリープが、先日発表された米映画俳優組合(The Screen Actors Guild)賞のノミネーションで候補に挙がらなかったのは、コロンビア・ピクチャーズが誤って彼女を主演として申請したためだと、広報担当者らは主張しているらしい。
"The Recruit"のプレミア上映がハリウッドで行われ、主演のコリン・ファレルはブリトニー・スピアーズ同伴で会場を訪れたようだ。
"The Banger Sisters"プレミア上映が28日ロンドンで開催され、スーザン・サランドン、ゴールディ・ホーンが会場を訪れたようだ。実の娘エヴァ・アムーリと共演したサランドンは「私は娘のことばかり見ていたの。でも彼女はもう2度と私と共演したくないと言っているわ」と語ったとか。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")撮影のための大掛かりな屋外セットが、米ワーナー・ブラザースのスタジオ内に登場したようだ。全長200メートルのセットに明治時代の東京の街並みが再現されているとか。
ゲイリー・マーシャル監督、ケイト・ハドソン主演の新作コメディ"Raising Helen"で、ヘレン・ミレン、ジョーン・キューザック、ジョン・コルベットの共演が決まった模様。
ダーレン・アロノフスキー監督は、米Regency Enterprisesと、新作の脚本・製作・監督に関する3年契約を結んだ模様。プロジェクト第1弾はセオドア・ロスザック(Theodore Roszak)の小説「フリッカー、あるいは映画の魔」("Flicker")の映画化になるようだ。
マドンナが英国の家を出た、と一部のタブロイド紙が報道したことについて、マドンナはこれを否定したようだ。
日本テレビ「白い牙」(1974年)のDVD発売記念イベントが、3月29日に渋谷HMVで開催される模様。藤岡弘によるトークショーが行われるようだ。
  1/31
米TiVo社は米20世紀FOXと提携し、同社のサービスTiVo Showcasesでの映画プロモーション映像の配信をスタートするようだ。第一弾はベン・アフレック主演の「デアデビル」("Daredevil")で、予告篇のほかインタビューやメイキングなどが配信されるらしい。。
広末涼子は、来月23日放送のWOWOW「ヒロスエ・ミーツ・ジャポニズム」に出演するようだ。
角川大映映画は30日、「大魔神」(安田公義監督,1966年)と「妖怪大戦争」(黒田義之監督,1968年)のリメイク企画が進行中であると発表したようだ。また「眠狂四郎」シリーズのリメイクも検討中らしい。
陣内孝則初監督作品「ROCKERS」の製作発表が30日都内で行われたようだ。中村俊介が主演、玉木宏、玉山鉄二、上原美佐らが共演する模様。
岩波ホール総支配人の高野悦子が座長を務める、日本映画振興策を検討する文化庁の懇談会は31日、全ての映画作品の東京国立近代美術館フィルムセンターでの保存や、インターネットを利用した新たな映画流通市場の創設などを提言した中間報告をまとめた模様。来月発売のキネマ旬報に中間報告が掲載されるようだ。
ニコール・キッドマンは、トム・クルーズとの離婚について「35年の人生で最悪の時で、悲嘆にくれていた。今も、男性と付き合うことに臆病になっている」と語ったようだ。
チョウ・ユンファは新作アクション"Walk Like a Dragon"に主演するようだ。もともとザ・ロック主演で企画されていた映画らしい。米Paramount Picturesは出演料1500万ドルを提示しているとか。
ビリー・ボールドウィンは、NBCが放送する法廷ドラマ"EDNY"のパイロット版に主演するようだ。
"Two Weeks Notice"のプレミア上映が30日、大雪の降るロンドンで開催され、主演のヒュー・グラント、サンドラ・ブロックが会場を訪れたようだ。
大ヒット作"8 Mile"のDVDが3月8日に米国で発売されるようだ。エミネムの新しいミュージック・ビデオ"Superman"も収録されるらしい。
米Mattel社のミニカー"Hot Wheels"シリーズを題材にした映画が製作されるようだ。「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックジーが監督を務める模様。
シリーズ最新作"Mad Max: Fury Road"の米国公開日が2004年7月23日に決定した模様。また、ウィル・スミス主演"I, Robot"は2004年7月2日に公開されるようだ。
ジョナサン・フレイクス監督による実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")に、ビル・パクストンの出演が決まった模様。ジェフ・トレイシーを演じるらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーは「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")撮影中の昨年秋に左肩を負傷していたらしい。撮影を優先し見合わせていた手術が29日行われ、翌日退院した模様。
クラウディア・シファー、マシュー・ヴォーン夫妻に30日、第一子となる男の子が誕生したようだ。帝王切開だったらしい。
独フォルクス・ワーゲン社は、来月6日開幕の第53回ベルリン国際映画祭のメインパートナーとして、最高級車フェートン40台を始め計60台の車輌を提供するらしい。
井坂聡監督「マナに抱かれて」のハワイロケが29日終了したようだ。川原亜矢子が14年ぶりに主演しているらしい。
来月28日Zepp Tokyoで行われる宇田鋼之介監督「ワンピース デッドエンドの冒険」の試写会で、主題歌を歌うBUMP OF CHICKENのミニライヴが行われるようだ。
クァク・ジェヨン監督「猟奇的な彼女」プロモーションのため来日していたチョン・ジヒョンは、2泊3日の箱根温泉旅行を楽しんだとか。
NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の音楽を手掛けるエンニオ・モリコーネが、今秋初来日するようだ。 [☆モリコーネは飛行機嫌いらしい・・・]
サディ・フロストが産後うつ病のため入院している模様。自殺未遂したと一部の英タブロイド誌で報道されたことについては、サディ・フロスト、ジュード・ロウ夫妻の広報担当者はこれを否定したようだ。
ブロードウェイで上演中のノーラ・エフロン演出による舞台"Imaginary Friends"は、来月16日に上演76回で幕を閉じるようだ。また、マイク・ニコルズ監督「卒業」("The Graduate",1967年)の舞台版も3月2日に上演380回で閉幕する模様。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、22日発売の「ジョン・カーペンターDVDコレクターズボックス」に、一部のプレイヤーで映像に乱れが生じる不具合があったと発表したようだ。2月上旬から交換用のディスクを発送するらしい。
マルチェロ・マストロヤンニが主演した「華麗なる殺人」("La Decima Vittima",1965年)がリメイクされるらしい。ブレンダン・フレイザーが主演、ドミニク・セナが監督するらしい。
「ジョーズ5」製作のニュースはデマだったようだ。 [☆allcinemaはガセネタが多いですね。気をつけます(^^;]