シネマトピックス(2003年10月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  10/1
株式会社ソリッド・エクスチェンジは、国内未公開のハリウッド作品を中心とした有料映画配信サービス「BROAD CINEMAS V.I.P.」を1日よりスタートさせたようだ。
黒澤明監督の作品を舞台化する、新宿コマ劇場11月公演「用心棒」の制作発表が30日都内で行われ、松平健、永島敏行、横内正、近藤洋介、藤村俊二、大空真弓らが出席したようだ。
2日開幕する第8回釜山国際映画祭では、1949年に初めて製作された作品「わが故郷」を含む7本の北朝鮮映画も上映されるようだ。
米視覚効果協会(Visual Effects Society)が来年2月に開催する、第2回VES賞授賞式で、ジョージ・ルーカスに功労賞が授与されるらしい。
来月10日から開催されるAFIロサンゼルス国際映画祭で、オマー・シャリフ出演4作品の特集上映が行われるようだ。
米Independent Film Channelは、昨年亡くなったテッド・デミ監督へのトリビュート作品"In Search of Ted Demme"の製作をスタートしたようだ。ケヴィン・スペイシー、ジョニー・デップ、エレン・デジェネレス、ジェリー・ブラッカイマー、ジョエル・シルヴァーらも出演するらしい。
リドリー・スコット監督次回作は"Kingdom of Heaven"になる模様。12世紀から13世紀の十字軍遠征を背景に、女王と恋に堕ちる騎士を描く作品とか。マートン・チョーカシュ、ポール・ベタニー、オーランド・ブルーム、ダニエル・デイ=ルイスらが主演候補に挙がっているらしい。 [☆"Tripoli"は中止だっけ?]
中田秀夫監督、黒木瞳主演「仄暗い水の底から」のハリウッド・リメイク"Dark Water"で、ジェニファー・コネリーが主演候補に挙がっているらしい。「セントラル・ステーション」("Central do Brasil",1998年)のヴァルテル・サレスが監督を務め、来年1月から製作がスタートする模様。
米FOXは、ティーン向けドラマシリーズ"The O.C."の放送時間を、当初予定していた木曜日から、水曜夜9時に変更した模様。「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)などの人気番組との衝突を避けたようだ。
カリフォルニア州知事選挙に立候補しているアーノルド・シュワルツェネッガーが、スタッフの刷新を公約に掲げていることに対し、現知事スタッフに懸念が広がっているらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は30日、アカデミー賞ノミネート作品のアカデミー会員へのビデオ・DVDの配布を中止する、と発表したようだ。低予算作品の上映の場が減少するとの懸念に対して、MPAAのジャック・ヴァレンティ会長は「上映の機会を2倍に増やす」と言っているらしい。
米ルイジアナ州では、同州内での映画及びテレビ番組製作に対する税制優遇制度を導入した結果、それまで平均2000万ドルから3000万ドルだった年間の総製作費が、1億ドルまで跳ね上がったらしい。Touchstone Picturesの"Mr. 3000"、や20世紀FOXの"Runaway Jury"、Crusader Entertainmentによるレイ・チャールズの伝記映画"Unchain My Heart"などが製作されたようだ。
インターネット映画配信サービスのMovielinkとCinemaNowは、Microsoftが発売するエンタテインメントPC用OS"Windows XP Media Center Edition"向けに映画を提供していくことで合意したようだ。
米Procter & Gamble(P&G)は、来月全米公開予定のマイク・マイヤーズ主演「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' The Cat in the Hat")と連動した、2500万ドルから3000万ドルの広告キャンペーンを計画しているようだ。
P. Diddyことショーン・コムズは来月2日に行われるニューヨーク・マラソンに出場するらしい。ニューヨークに住む子供たちの健康管理と教育のための100万ドルのチャリティを計画しているようだ。
マリア・シュライヴァーは、夫アーノルド・シュワルツェネッガーの選挙が終わった後について「再びTVジャーナリストとしての仕事を再開するつもりです。26年間続けてきた仕事であり、ジャーナリズムは私の情熱です」と語ったようだ。
ジャック・ブラックは、新作コメディ"The School of Rock"で演じた、ロックスターになり損ねた代用教員役について「エンタテイメント界で成功しなかった平行宇宙での僕か、8年前に仕事がなくて苦労していた頃の僕のことだよ」と語ったようだ。
コール・ポーターの半生を描く新作"De-Lovely"撮影のため英国で3ヶ月間を過ごしたアシュレイ・ジャッドは、ケンタッキーの自宅に夫と共においてきた5匹の猫と2匹の犬に会いたくて仕方なかったらしい。「動物の持込を禁じた英国の法律は極悪非道よ。ペットと一緒にいられず数ヶ月を過ごすなんて二度とごめんだわ。どんな映画でも関係ない」と語ったようだ。
「エピソードIII」の撮影が終了したことについて、プロデューサーのリック・マッカラム(Rick McCallum)は「撮影は、映画全体からすればほんの一部分に過ぎない。ジョージ(・ルーカス)はスカイウォーカー・ランチに戻って次の工程に取り掛かっているよ。ジョージと僕にってはまだ中間地点なんだ。公開までまだ、あと18ヶ月あるからね」と語ったようだ。
新作"The Rundown"に主演したザ・ロックは、左腕と肩を覆う新しいタトゥを入れたようだ。伝統的なサモアのタトゥで、完成までに2日間で34時間かかったらしい。苦痛に耐えるため、友達と酔っ払っていたとか。
先週、カリフォルニアの大阪屋(Osaka restaurant)を訪れたジョニー・デップが、近くに座っていた女性ファンに挨拶しようと近づいたところ、妊娠中だったその女性は興奮して破水してしまったらしい。デップは急いでナプキンにサインして渡したとか。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は、9月30日までに興収160億円、観客動員数1200万人を突破した模様。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の海外公開向けの新バージョン「国際戦略版」が製作されるようだ。上映時間が18分短縮され、LucasFilmのSkywalker Soundでサウンドミックスが行われる模様。日本でも12月から公開されるらしい。
石原裕次郎の「着うた」が、au向けに配信されるらしい。「嵐を呼ぶ男」「銀座の恋の物語」「夜霧よ今夜も有難う」など100曲が用意されているとか。
「小津安二郎DVD BOX発売記念フェア」の一環として、有馬稲子のトーク&サイン会が11日、HMV渋谷で開催されるようだ。今後、淡島千景、岡田茉莉子らのトークショーも開催予定とか。
「恋は邪魔者」("Down With Love")のポスターで、ユアン・マクレガーの額にあるホクロが消されているらしい。
米CBSの人気TVシリーズ「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)第4シリーズの試写会が、カリフォルニア犯罪科学研究所の専門家らを招いて行われたようだ。番組から同研究所に多額の寄付も贈られた模様。
クエンティン・タランティーノは、新作「キル・ビル」("Kill Bill")について「若い女の子にこそ見て欲しい。(PG13指定だが)他の映画のチケットを買ってもぐりこめばいい。お金のことはいいから」と語ったとか。
写真家Guy Bourdinの息子は、"Hollywood"のミュージック・ビデオが父親の作品から構図を盗用しているとして、マドンナに対する訴訟を起こしたようだ。
英BBCが出版する週刊誌The Radio Times最新刊の特集"Radio Times Guide to TV Comedy"で、最も偉大なTVコメディシリーズの第1位に、米CBSが放送した"The Phil Silvers Show"(1955-1959年)が選ばれたようだ。そのほか、米国作品として「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Fraiser",1993年-)、"M*A*S*H"(1972-1983年)、「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)などがベスト20に選ばれたらしい。
先日行われたエミー賞で、ジェニファー・アニストンやコートニー・コックス、マシュー・ペリーらが身に着けていた衣装が、eBayのチャリティ・オークションに出品されているようだ。
007シリーズ次回作のジェイムズ・ボンド役に、クライヴ・オーウェンの名前が挙がっているらしい。
  10/2
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」が来年1月23日にオープンするようだ。
12月に劇場版も公開される、テレビ朝日で放送中のアニメ「あたしンち」の「母」が、経済産業省によるリサイクル運動のキャンペーンキャラクターに起用されたようだ。
1日米カリフォルニア州のサクラメントで行われた集会に出席したアーノルド・シュワルツェネッガーは「就任の用意は整った。カリフォルニアを民衆の手に取り戻す」と発言したらしい。
西田敏行は、所属する劇団青年座を年内で退団するらしい。同劇団3月公演「乳房」を急性心筋梗塞で降板したことなどがきっかけとなった模様。
11日台北で行われるワン・リーホンのコンサートに、瀬々敬久監督「MOON CHILD」で共演したGacktがゲスト出演するらしい。
秩父事件を描く神山征二郎監督「草の乱」がまもなくクランクインするようだ。
文化庁は、関係省庁や映画関係者と共に、映画ロケに関する規制の緩和に向けた協議を始めるようだ。警察庁、国土交通省、環境省、フィルムコミッション58団体、山田洋次監督、日本映画撮影監督協会の高村倉太郎名誉会長らが参加する予定とか。
ハリソン・フォードの主演で映画化もされた、ロシアの原子力潜水艦K-19の解体作業が、1日までにほぼ終了した模様。司令室は永久保存されるらしい。
米Los Angeles Times紙は2日、過去30年間の間に6人の女性がアーノルド・シュワルツェネッガーからセクハラを受けた、と報じたようだ。
ジェイソン・アレクサンダーは、米CBSが企画する新作コメディ・シリーズに主演するらしい。
ジミー・スミッツは、米NBCが放送を予定する私立探偵が主人公のタイトル未定のドラマシリーズに主演するらしい。
ニック・カサヴェテスは、詐欺師の父親と旅をすることになった息子を描くドラマ"Five Dollars a Day"の監督を務めるようだ。
ハル・ベリー主演による"Catwoman"に、アレックス・ボースタインとマイケル・マッシーの出演が決まったようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)が、アカデミー賞ノミネート作品のDVD・VHSの配布中止を発表したことに対し、Independent Film Projectは1日、ロバート・アルトマン、ジョン・ヒューズ、ビル・コンドン、セルマ・ブレア、ヒラリー・スワンク、クロエ・セヴニーら33人の連名による声明文を発表、独立系作品の多様性と質に深刻な打撃を与えかねないとして、MPAAの方針を非難したようだ。
ハル・ベリーは1日、2001年1月に結婚した歌手のエリック・ベネイ(Eric Benet)と別居したと発表したようだ。
「ワイルド・スピードx2」("2 Fast 2 Furious")のDVDとVHSが米国で発売され、発売初日に200万本以上の売上を記録したらしい。また、同日発売となったアル・パチーノ主演「スカーフェイス」("Scarface")も83万本が売れたらしい。
Amnesty Internationalなどに企画によるチェチェン紛争に関する映画の特集上映が、1日からモスクワで予定されていたものの、中止となったようだ。劇場の支配人は「どんな映画を上映するのか全く連絡がなかった。これらの外国の映画には反ロシア的な偏見があり、我々の劇場では上映しない。政治に関わるつもりなはい」と語ったらしい。
ロンドンのセントオラヴ(St. Olave)病院跡地に残る守衛所に、マイケル・ケイン出生の地であることを示す銘板が設置されたようだ。記念式典に出席したマイケル・ケインは「ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに私の星形を貰ったが、何の意味もない。これこそ、私が一番欲しかったものだ」と語ったようだ。
マフィアに資金を提供していたとして逮捕されていた、ボリウッド映画界最大の出資者Bharat Shahに対し、懲役1年の実刑判決が下った模様。しかし、2001年の逮捕以降14ヶ月を刑務所で過ごし、刑は執行済みであるとして、既に釈放されているらしい。早くも、アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)主演による製作費5億ルピーの新作を企画中とか。
昨年のソニー・ミュージック・オーディションで4万人の応募者から選ばれた女子高生、北出菜奈が29日にシングル「消せない罪」でデビューするようだ。TBSで4日スタートのアニメ「鋼の錬金術師」のエンディングテーマに起用されたほか、PVは薗田賢次監督が手掛けたらしい。
ナオミ・ワッツとヒース・レジャーは破局していたらしい。
ジェイク・ギレンホールの次回作は、エリック・イーソン監督が手掛ける犯罪ドラマ"Wanna-Be"になるらしい。
先月29日放送の"Tonight Show with Jay Leno"に、新作「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")プロモーションのため出演したクエンティン・タランティーノは、酔っ払っていたらしい。
"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライスに対する暴行や脅迫など7件の罪で有罪判決が下った、トム・サイズモアに対する量刑の言い渡しは10月9日に延期されたようだ。現在、薬物中毒の治療中らしい。
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社は2日、「タイタニック」("Titanic",1997年)、「インデペンデンス・デイ」("Independence Day",1996年)、「ホーム・アローン」("Home Alone",1990年)の3作品のDVDを、12月19日から各980円で販売すると発表したようだ。
ウェス・クレイヴン監督「サランドラ」("The Hills Have Eyes",1977年)がリメイクされるらしい。
  10/3
Movielinkと米ISPのRoad Runnerは2日、オンライン映画レンタルサービスに関する複数年の提携を結んだと発表したようだ。
ユウキロック主演の映画「浪商のヤマモトじゃ!」の記者会見が2日行われたようだ。渋谷公会堂など全国4都市で10日から公開されるらしい。
米Sony Pictures Entertainmentのジョン・キャリー会長兼CEOが退任したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは「アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男」("Pumping Iron",1977年)の製作中に答えたインタビューで「ヒトラーはすごい演説者だ。その能力を使って権力の座まで上り詰めたことを讃える」と語ったらしい。シュワルツェネッガーはこの件について「何も覚えていない」とコメントしたとか。
李相日監督「69 sixty nine」のクライマックスシーンの撮影が2日、静岡県の東海大一高旧校舎で行われ、妻夫木聡、安藤政信らが参加したようだ。
「橋のない川」の著者、住井すゑの生涯を描いた橘祐典監督の記録映画「住井すゑ百歳の人間宣言」が11日から、三浦半島の各地で上映されるようだ。
新日本製鉄は3日、堺製鉄所の遊休地を、ホームセンターや映画館などが入る大型商業・アミューズメント地域に再開発すると発表したようだ。
高知地裁が先月30日、シネコンの建設を認めないのは違法であるとして高知市の建築不許可処分を取り消した判決について、高知市は3日控訴しないことを決めたようだ。
コートニー・ラヴは、薬物過剰摂取の疑いで病院に一時収容されていたらしい。
バリー・ソネンフェルドが降板したジム・キャリー、キャメロン・ディアス共演による「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)のリメイクは「ギャラクシー・クエスト」("Galaxy Quest",1999年)のディーン・パリソットが監督を務めるようだ。
キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督の新作コメディ"White Chicks"で、マーロン・ウェイアンズ、ショーン・ウェイアンズ、ビジー・フィリップス、メイトランド・ウォードらが共演するようだ。
クイーン・ラティファ、メイシー・グレイ、リュダクリスらのミュージックビデオで知られるブライアン・バーバー(Bryan Barber)は、教会を舞台にしたコメディ"Holy War"の監督に向けて交渉中のようだ。
「ブルックリン最終出口」("Last Exit to Brooklyn",1989年)などで知られるユーリ・エデル監督は、リヒャルト・ワーグナーのオペラ「ニーベルングの指輪」("The Ring of the Niebelungs")を英語バージョンで映画化するらしい。
「アダプテーション」("Adaptation.")のスパイク・ジョーンズ監督、チャーリー・カウフマン脚本のペアは、タイトル未定のホラー映画を手掛けるらしい。
ナポレオン・ソロが主演した1960年代の人気TVシリーズ"The Man From U.N.C.L.E."(1964-68年)の映画化が決定した模様。
Paramount Picturesは、今週末公開のとなるジャック・ブラック主演のコメディ"The School of Rock"について、若者と中高年層、さらにコアな映画ファンを呼び寄せることで、2000万ドル弱の週末興収を狙っているらしい。
ヴィン・ディーゼルとロブ・コーエン監督は「トリプルX」("XXX",2002年)の続編には参加しないようだ。代わりにアイス・キューブが主演し、リー・タマホリが監督を務めるらしい。
ニューヨーク映画祭(New York Film Festival)が3日、クリント・イーストウッド監督最新作"Mystic River"で開幕するようだ。マスコミ向け試写会後の記者会見で過去の作品での人物像が話題にのぼると、イーストウッドは「昔は昔、今は今だ。それぞれの映画について釈明するつもりはない。時は流れ、人は変わる。それが人生じゃないか」と語ったらしい。
クエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")のロンドン・プレミアが2日開催されたようだ。
Los Angeles Times紙のセクハラ報道について、アーノルド・シュワルツェネッガーは「私は何度か悪い行いをしました。私はふざけてやったつもりだったのですが、今は、それらの行為が人々の感情を害するということを理解しています。私は、彼女達に深くお詫びしたい。私が知事になったら、私が女性たちにとっての擁護者になることを証明したい。私にそのチャンスを下さい」と語ったらしい。
Radio Timesとのインタビューに答えたコリン・ファレルは、俳優として成功する前、酒とドラッグに溺れていたことを告白したようだ。「精神科医に1週間分を書き出すように言われた。エクスタシーが20錠、コカインが4グラム、スピードが6錠にマリファナ半オンス、ジャック・ダニエル3本、赤ワイン12本、ビール60本、それに1日タバコ40本。『自分が躁鬱だと考えたことはありますか?』と言われたよ」と語ったとか。
デミ・ムーアは、TVシリーズ"That '70s Show"でシャノン・エリザベスと共演するアシュトン・カッチャーにずっと目を光らせているらしい。 [☆こわーい]
シャロン・オズボーンは、ジェニファー・ロペスとの結婚式が中止となったベン・アフレックが買った100万ドルのピンク・ダイヤの婚約指輪を譲ってもらえないかしら、と声をかけたらしい。"Sharon Osbourne Show"に出演した彼女は「夫にいくらまでなら出せるって相談したら『千ドルだな。それ以上の価値はねえ』ですって。ベン、何とか夫に5ケタまで出させるから連絡してね」と語ったとか。
アントワン・フークア監督「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun")の試写会が2日都内で行われ、乙葉らが出席したようだ。
来月5日の「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")の日本公開は、米国公開に合わせて午後11時からになるようだ。初日にはウォシャウスキー兄弟とキアヌ・リーヴスも来日するらしい。
お台場ジョイポリスに登場する新アトラクション「スカイハイ」の発表会見が2日都内で行われ、釈由美子らが出席したようだ。
4日公開の「自殺マニュアル」で監督を務めた福谷修は「あくまでエンターテインメント。自殺を考えることは生きること。映画を見れば、自殺志願者も踏みとどまってくれると思う」と語ったらしい。
「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind",2001年)の監督ロン・ハワード、製作ブライアン・グレイザー、脚色アキヴァ・ゴールズマンが、ダン・ブラウンのベストセラー小説「ダ・ビンチの暗号」("The Da Vinci Code")の映画化で再び集結するようだ。
クリストファー・ノーラン監督の次回作は、Doug Miersのカルト・コミック"The Exec"の映画化になる模様。弟のジョナサン・ノーランが脚本を務めるようだ。
ケイト・ブランシェットは、「オスカーとルシンダ」("Oscar and Lucinda",1997年)以来となるオーストラリア映画"Little Fish"に出演するようだ。ローワン・ウッズが監督を務める模様。
ウィル・スミス、ロバート・デ・ニーロ、レニー・ゼルウィガー、アンジェリーナ・ジョリーら豪華キャストが声優を務める、米DreamWorksの新作フルCGアニメーション"Sharkslayer"は、タイトルが"Shark Tale"に変更されたようだ。
イタリアのアカデミー賞外国語映画部門出品作品が、ガブリエレ・サルヴァトレス監督の"Lo Non Ho Paura"("I'm Not Scared")に決まったようだ。また、フランスからは、ジャン=ポール・ラプノー監督の"Bon Voyage"が出品されるらしい。
ロンドンで2日初日を迎えた、仏映画「奇人たちの晩餐会」("Le Diner de cons",1998年)を基にした舞台"In See You Next Tuesday"で、パッツィ・ケンジットがのウェストエンド・デビューを果たしたようだ。
ケヴィン・ベーコンの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
  10/4
第5回伊万里・黒澤映画祭の前夜祭が3日行われ、加藤武、黒澤久雄、小泉堯史、野上照代、原田美枝子、真矢みらが出席したようだ。
「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」("Star Wars: Episode II - Attack of the Clones",2002年)の公開時に入場料割引を妨害したとして、公正取引委員会は4日、20世紀フォックス日本支社に対し独禁法違反(不公正な取引方法)で排除勧告する方針を固めたようだ。
窪塚洋介夫妻に3日、男の子が誕生したようだ。
アントニオ・バンデラス、ルーシー・リュー共演「バリスティック」("Ballistic: Ecks Vs. Sever")のキャンペーン・イベントが3日都内で行われ、「ちぇきな」の2人が登場したようだ。
小泉純一郎首相は3日夜、北野武監督「座頭市」を都内劇場で鑑賞、「面白かった。疲れが吹っ飛んだよ」とコメントしたらしい。
3日付米Variety紙に、バーブラ・ストライサンド、ジャック・ニコルソン、シビル・シェパード、アネット・ベニングらハリウッド俳優46人による、カリフォルニア州知事リコール反対を訴える意見広告が掲載されたらしい。
アカデミー会員向けのVHSやDVDの配布が禁止となったことを受けて、米Fox Searchlight Picturesは、11月26日に全米公開が予定されているジム・シェリダン監督「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")を、今月9日からロサンゼルスの4劇場で先行公開すると発表したようだ。アカデミー会員は無料で入場でき、一般客にも通常料金で解放されるらしい。
仏メディア大手Vivendi Universalと米NBCは、娯楽部門売却に関する最終交渉に入った模様。
ジャスティン・ティンバーレイクとの破局後、1年間の休養に入っていたブリトニー・スピアーズは「精神的な活力を取り戻して、ただ楽しみたかっただけなの。でも、マスコミはみんな私が落ち込んでいると書いているけど、そんなことは全然ない。でも、休養を取らなかったら、気がおかしくなっていたでしょうね」と語ったようだ。
アンソニー・ミンゲラ監督の新作"Cold Mountain"に主演するニコール・キッドマンは、共演のレニー・ゼルウィガーとすっかり親友になったらしい。キッドマンは「彼女はとってもゆったりしているの。でも、何にでも挑戦して、簡単に自分のものにしてしまう。それに、彼女の唇は世界一魅力的!(LooneyTunesの)トゥイティ(Tweety Pie)みたいな美しい顔だから、彼女のことをトゥイティって呼んでるのよ」と語ったらしい。
短編オムニバス「JAM FILMS」の第2弾で、音楽ビデオで知られる丹下絋希、高橋栄樹、小島淳二、井上秀憲が映画監督デビューするらしい。
  10/5
坂本龍一が監督総指揮を務めたTBSなどの制作による映像作品「エレファンティズム」が、アフリカ国営ラジオ・テレビ局組織連盟の映像祭で特別賞を受賞した模様。
滝田洋二郎監督「陰陽師II」が4日初日を迎え、野村萬斎、中井貴一、伊藤英明、深田恭子らが舞台挨拶に立ったようだ。
恩地日出夫監督「蕨野行」が4日初日を迎え、市原悦子、中原ひとみらが舞台挨拶に立ったようだ。
雑誌「女性自身」のカメラマンが4日、窪塚洋介から暴行を受けたとして、神奈川県警に被害届けを提出したようだ。週明けにも事情聴取が行われるらしい。
斎藤耕一監督「おにぎり ARCADIA物語」の最終ロケが4日、山形県南陽市で行われたようだ。
小津安二郎監督作品の特集上映が4日からマンハッタンのリンカーン・センターで始まったようだ。「東京物語」(1953年)、「秋刀魚の味」(1962年)など36作品が上映されるらしい。初日には香川京子、山内静夫らが舞台挨拶を行い、アン・リー監督らも会場を訪れた模様。
「みんな僕に向かって叫ぶんだ『パーティで騒ごう』って。でも、みんなが思うほど僕はパーティ好きじゃないんだ。少し世捨て人的なくらいさ」と、ジャック・ブラックは語ったらしい。人ごみも好きではなく、ファンを避けて、夜中にこっそり映画を観に行ったりしているとか。
新作"Collateral"で、妻ジェイダ・ピンケット・スミスがトム・クルーズと共演していることについて、ウィル・スミスは「僕はやきもちを焼く夫のタイプじゃないよ。ジャダがトム・クルーズと共演していると知ってもね。僕は彼女を全面的に信頼している。でも、数人の男達にトムを注意深く監視させているよ。だから、彼は僕の妻には手が出せないし、そうしたらどうなるか分かっているはずさ」と語ったらしい。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill")に主演したユマ・サーマンは、出産直後の出演となったことについて「唯一良かったのは、撮影中子供が泣いたらすぐに駆け寄って、彼が満足するまであやすことが出来たことね。それから、またアクションに戻ったの。それでも、「パルプ・フィクション」の後、もう一度彼の作品に出演できる機会を逃すわけにはいかなかったわ」と語ったらしい。
斉藤由貴は3日、第2子となる男の子を出産したようだ。
「シュレック」("Shrek",2002年)の原作者としても知られる、イラストレーターで絵本作家のウィリアム・スタイグ(William Steig)さんが3日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジークフリート&ロイのロイ・ホーンが3日、ラスヴェガスでのショーの最中にホワイト・タイガーに襲われ、首を噛まれる等の重症を負った模様。
  10/6
北村龍平監督「スカイハイ 劇場版」の主題歌は、HYDEの新曲「HORIZON」が使われるようだ。
第8回釜山国際映画祭で5日「ゲロッパ!」が上映され、井筒和幸監督、西田敏行、常盤貴子らが会場を訪れたようだ。
タカハタ秀太監督「The Hotel Venus/ホテル ビーナス」の撮影報告会見が4日都内で行われ、草なぎ剛、香川照之らが出席したようだ。中谷美紀、市川正親、パク・ジョンウらが共演し、来春公開予定とか。
DEENが主演を務めた鈴木浩介監督「君のままで」が、来月15日にスタートする全国ツアーでライブ前に上映されるようだ。劇場公開の予定はないとか。
造幣局は、ミッキーマウス映画デビュー75周年記念の貨幣セットを販売するようだ。
1971年の実尾島事件を描く、カン・ウソク監督「実尾島」が4日クランクアップした模様。ソル・ギョング、アン・ソンギらが共演、総製作費100億ウォンが投じられたとか。
ミャンマーを舞台にした、千野皓司監督「THWAY-血の絆」の撮影が完了した模様。来年秋に劇場公開されるようだ。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2003が、10日から山形市中央公民館など4会場で開催されるようだ。インターナショナル・コンペティション部門では、呉乙峰監督「生命」、ラルフ・マルシャレック監督「炎のジプシーバンド」など15作品が上映されるらしい。
デンマーク出身の映画監督トマス・ヴィンターベア(Thomas Vinterberg)の次回作"Dear Wendy"で、ジェイミー・ベルと、17歳の新人女優アリソン・ピル(Alison Pill)が共演するらしい。
ニコール・キッドマンの降板とアンジェリーナ・ジョリーの起用が報じられた"Mr. and Mrs. Smith"を手掛けるダグ・リーマン監督は「僕はインデペンデント映画の世界で苦労してきたから、マスコミに取り上げられるのは運のいいことだけれど、製作中の作品に皆が興味を持つということにあまり慣れていないんだ。でも、連邦検察官だった兄は大きな事件を手掛けてNew York Timesに載ったことも何度かあるし、(作家で上院の顧問も務めた)父もそうだった。そういう環境に育ったから、僕も全く下らない理由でNew York Timesに載るんだろうね」と語ったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーのセクハラを報道したLos Angeles Times紙に読者からの抗議が殺到、1000人以上が購読を中止したとか。
2002年11月29日にロンドンで開催されたジョージ・ハリスン追悼コンサートの模様を追った、現在米国で限定公開中のドキュメンタリー映画"Concert for George"は、米国では来月18日にDVDが発売されるようだ。
ロバート・ロドリゲス監督は「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")の撮影が始まってから、ジョージ・クルーニーにカメオ出演を依頼したらしい。「3ヶ月は待ってくれ」というクルーニーに、監督は個人で所有するハイビジョンカメラを持ってクルーニの自宅に押し掛けたとか。監督は「ライトを二つ用意して、パジャマ姿のクルーニーの上半身だけスーツを着せて、自分で撮影したんだ。20分で終わったよ」と語ったようだ。
デヴィッド・クローネンバーグ監督「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする」("Spider",2003年)が4日、第2回カナダ監督組合(Directors Guild of Canada)賞の監督賞など3部門を獲得したようだ。3部門にノミネートされていたアトム・エゴヤン監督「アララトの聖母」("Ararat",2002年)は賞を逃したらしい。
ピーター・ウェーバー監督、コリン・ファース主演「真珠の耳飾りの少女」("Girl With a Pearl Earring")が5日、フランスで開催された第14回ディナール英国映画祭(Festival du Film Britannique de Dinard)で最高賞を受賞したようだ。
オリヴァー・ストーン監督の新作"Alexander"を手掛けるドイツの映画プロデューサー、トマス・シューリー(Thomas Schuhly)は、12世紀を舞台にしたウンベルト・エーコ(Umberto Eco)の小説"Baudolino"の映画化を企画しているようだ。ミロス・フォアマンに監督を依頼しているらしい。
クエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」("Kill Bill")のプロデューサー、ローレンス・ベンダー(Lawrence Bender)は「僕らは(先週月曜日のワールドプレミア直前の)金曜日の夜まで編集作業をしていて、週末は色補正の作業、月曜日にようやく最終プリントが完成したんだ。冷や汗ものだったよ。何週間か前に仮バージョンの上映はやったけど、プレミアで上映したのが最終プリントだったんだ。初めてゆったりと映画を楽しむことが出来たよ」と語ったようだ。
全米週末興収は、ジャック・ブラック主演のコメディ"The School of Rock"が2020万ドルで初登場1位を果たしたようだ。また、デンゼル・ワシントン主演の"Out of Time"は1700万ドルで2位のスタートとなった模様。
アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"撮影のためルーマニアを訪れていたニコール・キッドマンは、同国で孤児院の環境改善のために活動を続ける英国の慈善団体Faraに対し、支援を約束したようだ。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill")に主演するユマ・サーマンは「女性のアクションが当たり前になる時が来たと思う。女性は強く勇敢な存在。逃げ回って誰かに守ってもらうだけの存在として描くことに固執するのは、浅はかなことよ」と語ったようだ。
米CATV局 E! Entertainment Televisionは、視聴者の投票による「最も熱いハリウッド映画カップル」ベスト10を発表したようだ。
1. ジェニファー・ロペス&ジョージ・クルーニー / 「アウト・オブ・サイト」("Out of Sight",1998年)
2.ジュリア・ロバーツ&リチャード・ギア / 「プリティ・ウーマン」("Pretty Woman",1990年)
3.オードリー・ヘプバーン&グレゴリー・ペック / 「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)
4.デミ・ムーア&パトリック・スウェイジ / 「ゴースト/ニューヨークの幻」("Ghost",1990年)
5.フェイ・ダナウェイ&スティーヴ・マックイーン / 「華麗なる賭け」("The Thomas Crown Affair",1968年)
6.キャサリン・ヘプバーン&スペンサー・トレイシー / 「アダム氏とマダム」("Adam's Rib",1949年)
7.キャスリーン・ターナー&ウィリアム・ハート / 「白いドレスの女」("Body Heat",1981年)
8.ジュリー・クリスティ&ドナルド・サザーランド / 「赤い影」("Don't Look Now",1973年)
9.ローレン・バコール&ハンフリー・ボガート / 「脱出」("To Have and Have Not",1944年)
10.グレイス・ケリー&ケイリー・グラント / 「泥棒成金」("To Catch a Thief",1955年)
米NBCの人気TVドラマ「フレンズ」("Friends")の最終シーズンは、来年1月までの全18話で終了する模様。夫ブラッド・ピットとの生活を優先させたいジェニファー・アニストンが、第10シーズン出演の条件として提示したらしい。
新作"Alexander"でコリン・ファレルを主演に起用したオリヴァー・ストーン監督は「彼はダーク・ヘアだったからアレクサンダーになれるとは思ってなかった。テストのためにかつらを付けてもらったがどれも最悪だった。でも彼は美しいブロンドになったよ。それに、彼は反逆精神を備えていたし、年齢も体格もピッタリだった。正に彼のための役だったよ」と語ったようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、夫マイケル・ダグラスが「カッコーの巣の上で」("One Flew Over the Cuckoo's Nest",1975年)で獲得したオスカー像がなくなっていることに気づき、真っ先にジョージ・クルーニーのイタズラかと思ったらしい。すぐに思い直して夫に電話すると、彼がオスカー像を持って「カッコーの巣の上で」について語っている所だったようだ。「もし出来るなら、私のはネックレスにして首から下げておきたいわ」と語ったとか。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill")のロゴ・ステッカーを貼った「相互タクシー」700台が、5日から大阪市内で運行を開始したようだ。
来月公開の短編オムニバス「監督感染」で、品川祐、鈴木一真、榊英雄、松岡俊介、サーフェン智の5人が監督と脚本を担当したようだ。原田芳雄、萩原聖人、オダギリジョー、西島秀俊、阿部寛、大杉漣らが出演しているらしい。
J.Loブランドの香水第2弾"Still Jennifer Lopez"の先行発売が、6日から銀座三越で始まったようだ。
グウィネス・パルトロウは、婚約者クリス・マーティンのために、詩人シルヴィア・プラスを演じた新作"Sylvia"のプライベート試写会を開いたようだ。ダニエル・クレイグとのラヴ・シーンを事前に見て欲しかったらしい。
セルマ・ブレアは、フランク・ザッパの息子で、「パパは雪だるま ジャック・フロスト」("Jack Frost",1998年)などで俳優として活躍するアーメット・ザッパ(Ahmet Zappa)と婚約したらしい。
ダグラス・アダムスのSF小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の映画化が正式にスタートするようだ。新人のガース・ジェニングスが監督を務める模様。
  10/7
NTTデータコンテンツプランニング、シネマクルーズ、シュタルクの3社は7日、ハリウッド映画のダウンロード型VODサービスを共同で展開すると発表した模様。
雑誌カメラマンに対する暴行容疑で、神奈川県警浦賀署は7日、窪塚洋介から任意で事情を聴いた模様。
「サンダーパンツ!」("Thunderpants")のプロモーション・イベントが6日都内で行われ、山田花子が宇宙服姿で出席したようだ。
市川準監督「トニー滝谷」の製作発表が6日都内で行われ、宮沢りえらが出席したようだ。
ディズニーアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の日本語吹替版収録が6日都内で行われ、木梨憲武、室井滋らが参加したようだ。
米カリフォルニア州知事のリコール投票と、リコール成立時の次期知事を決める選挙の投票が、現地の7日午前7時よりスタートするようだ。
イスラエル出身の映画監督アヴィ・ネッシャー(Avi Nesher)は、新作"End of the World"を製作中の模様。ネゲブ砂漠を舞台にしたコメディで、イスラエルで撮影された映画としてはおよそ20年ぶりとか。
英国週末興収はウィル・スミス、マーティン・ローレンス共演「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")が318万ポンドで初登場1位を記録した模様。
マット・デイモン主演のシリーズ第2作"The Bourne Supremacy"で、カール・アーバンが出演交渉中のようだ。
ノーベル平和賞の候補にマイケル・ジャクソンの名前が挙がっているらしい。
北米を除く全世界週末興収は、24の地域で公開された「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")が1460万ドルで1位となり、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の8週連続1位を阻止したようだ。45の地域で公開中の「パイレーツ」の週末興収は1110万ドルで、総興収は3億1010万ドルに達した模様。
モロッコで開催中のマラケシュ国際映画祭で6日、現在新作"Alexander"を撮影中のオリヴァー・ストーン監督とコリン・ファレルが出席したらしい。ストーン監督は「撮影はスケジュール通り予算通りで、うまく行っている。変わりやすい天候は予期していなかったが、全て順調に進んでいる」と語ったようだ。
ジークフリート&ロイのロイ・ホーンがホワイトタイガーに噛まれたことについて、ショーのジェネラル・マネジャーは「彼がもう一度ステージに立つことは出来ないだろうと考えている。『シークフリード&ロイ』ショーの再開はまず無理だろう」と語ったらしい。
エヴァ・メンデスは13歳の時、学校でシラミが大流行し丸坊主にされたことがあるらしい。
オズボーン一家に設置されているカメラに、大きなネズミが写っていたらしい。
Limp Bizkitのフレッド・ダースト(Fred Durst)は、ハル・ベリーと交際中との報道に対し「僕らは友人になったが、それだけだ」と語り、恋愛関係を否定したようだ。一方、ダーストとソーラ・バーチが腕を組んで歩く姿も報じられたらしい。
かつてベン・アフレックと交際していたと言うノースカロライナ州在住の女性が、先月25日にアフレックから電話で脅されたと警察に訴えたらしい。
「ガンジー」("Gandhi",1982年)などの音楽でも知られるシタール奏者ラヴィ・シャンカル(Ravi Shankar)と、人気ポップ・スターとなった娘ノラ・ジョーンズとの関係を描いた映画"Song of Life"がインドで製作されていることに対し、ノラ・ジョーンズは「私達のことなど何も知るはずもないのに、真実を物語ることなど出来るはずがない」と不快感を示したようだ。監督と主演を務めるデヴ・アナンド(Dev Anand)は当初、娘役にニコール・キッドマンかサルマ・ハエックを希望したものの、現在はもっと若い女優を探しているらしい。
クイーン・ラティファは、米プロダクション会社Creative Batteryと、アルバム、20都市のツアー、TV特番、ビデオなどのリリースを含む取引にサインしたようだ。ツアーは来年秋にスタートする予定らしい。
「フレンズ」("Friends",1994年-)に出演するリサ・クードロウは、最初の出演の頃、共演の男優を覚えていなかったらしい。「みんなが『誰が出てるの』って聞くから私は『デヴィッドていう人が何人かと、マットていう人が数人。覚えてないわ』って答えた」とか。
道端で若いファンに声をかけられたキャメロン・ディアスは「誰も私に話しかけないで!誰も私を見ないで!」と叫んだらしい。
ニコール・キッドマンは、ラース・フォン・トリアー監督「ドッグヴィル」("Dogville")のプレミアに出席したものの「レイプシーンなどは大きなスクリーンで見るには辛すぎる」と言って途中で退席してしまったらしい。
ジョアン・アレン共演の新作ロマンチック・コメディ"The Upside of Anger"で、ケヴィン・コスナーは出演料を1000万ドルとすることで合意したようだ。
Pixar Animation Studiosが手掛ける、高級レストランに住み着いたネズミが主人公の新作アニメーションのタイトルが"Ratatouille"(ラタトゥイユ)に決まった模様。短編作品「ゲーリーじいさんのチェス」("Geri's Game",1997年)を手掛けたヤン・ピンカヴァ(Jan Pinkava)が監督を務め、2006年に公開となるようだ。
昨年、一人が死亡、3人が怪我をする人身事故を起こしたサルマーン・カーンが6日、過失致死や飲酒運転など11の罪で正式に起訴されたようだ。
昨年婦女暴行未遂で逮捕されたリース・ウィザースプーンの兄弟ジョン・ウィザースプーンに対し、執行猶予2年の有罪判決が下ったようだ。
新作「キル・ビル」("Kill Bill")に出演するユマ・サーマンは「女の殺し屋というキャラクタのアイデアは(「パルプ・フィクション」("Pulp Fiction",1994年)撮影中に)私が出したのよ」と語ったようだ。タランティーノはすぐに冒頭シーンの脚本を書いたものの、結局2000年になってから1年かけて書き直したらしい。
米NBCは、人気TVシリーズ「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」("Charlie's Angels",1976-1981年)の舞台裏を描く"Behind the Camera: The Unauthorized Story of Charlie's Angels"の制作を決定したようだ。
12月に「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")ワールド・プレミアの開催が決まったニュージーランドのEmbassy Theatreは6日、出資者の名前が記された銘板を座席に残すことが出来るスポンサー・シート・プログラムを発表したところ、日本や米国、カナダなどから希望者が殺到、すでに748席の内613席の出資者が決まったようだ。なお、プレミアでその座席に座る権利は与えられないとか。
  10/8
ブリトニー・スピアーズに対するストーカー行為で起訴されていた横浜市在住の日本人男性Masahiko Shizawaに対し、ロサンゼルス地裁は7日、270メートル以内への接近を3年間禁止する命令を下したようだ。
先日亡くなった夢路いとしのお別れの会が、27日に大阪市内のホテルで行われるようだ。
デヴィッド・ドブキン監督「シャンハイ・ナイト」("Shanghai Knights")に主演するジャッキー・チェンは、シリーズ第3作にタイトルは"Shanghai Dawn"で、エジプトを舞台にしたい、と語ったらしい。
佐々部清監督「半落ち」の製作発表が7日都内で行われ、寺尾聰、原田美枝子、柴田恭兵、鶴田真由、伊原剛志、國村隼、樹木希林らが出席したようだ。来年1月10日に公開される模様。
米カリフォルニア州知事のリコール投票と後任知事選挙が7日行われ、現職知事のリコールとアーノルド・シュワルツェネッガーの当選がほぼ確定した模様。
「マディソン郡の橋」("The Bridges of Madison County",1995年)の撮影に使用された農家が6日半焼したらしい。放火の疑いもあるとか。
「リベラ・メ」("Libera Me",2000年)のヤン・ユンホ監督の新作「風のファイター」に広末涼子の出演が決まったようだ。
今月2日に韓国で公開がスタートしたイ・ジェヨン監督、ペ・ヨンジュン、チョン・ドヨン共演の時代劇「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」は、韓国映画史上最短の公開4日間で観客動員数100万人を突破する大ヒットとなっているようだ。
「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」("Star Wars: Episode II - Attack of the Clones",2002年)や「猿の惑星」("Planet of The Apes",2001年)など76作品の興行に際し映画館側の割引を妨害したとして、公正取引委員会は8日、20世紀フォックス・ジャパンに対し排除勧告したようだ。
仏メディア大手Vivendi Universalと米General Electricは8日、Vivendi娯楽事業部門のGE傘下のNBCへの売却契約にサインしたと発表したようだ。
15日開幕する第7回ハリウッド映画祭では、ヒラリー・スワンク主演"11:14"、ヘイデン・クリステンセン主演"Shattered Glass"など、10作品のワールドプレミア、28作品の米国プレミア上映が行われるようだ。また、"The Human Stain"の特別上映がアンソニー・ホプキンスを招いて行われるらしい。
「S.W.A.T.」に出演したジェレミー・レナー(Jeremy Renner)は、カイル・バーガーセン(Kyle Bergersen)監督・脚本による刑務所を舞台にしたドラマ"Love Comes to the Executioner"に出演が決まったようだ。
サンダンス映画祭2002の観客賞受賞作"Real Women Have Curves"を手掛けたパトリシア・カルドーゾ(Patricia Cardoso)監督の次回作は、ハル・ベリー主演のコメディ・ドラマ"Nappily Ever After"になるようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)が、アカデミー賞ノミネート作品のアカデミー会員へのビデオ・DVDの配布を中止すると発表したことに対し、独立系映画製作会社が組織する米映画販売協会(American Film Marketing Association)は7日「MPAAの方針に強く反対する」との声明を発表したようだ。
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンは、米New Line製作の新作ロマンチック・コメディ"The Wedding Crashers"で共演するようだ。監督はまだ未定の模様。
メリーランド州知事の妻ケンデル・エーリッヒ(Kendel Ehrlich)は、先週行われたドメスティック・バイオレンスに関する会議の中で「もしチャンスがあれば、私はブリトニー・スピアーズを撃ち殺すだろうと思います」と発言したらしい。現在、その釈明の追われている模様。
スティーヴン・スピルバーグと米CATV局Sci Fi Channelは7日、3部作のミニシリーズ"Nine Lives"を2005年に放送すると発表したようだ。スピルバーグが製作総指揮を務め、「テイクン」("Taken")のレスリー・ボエーム(Leslie Bohem)が脚本を担当するらしい。
クエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」("Kill Bill")について、「アゴが外れるほどの肉体アクション・シーンは見逃せない」という賞賛の声の一方、「ハリウッド1年分の切断された腕や足を床にまき散らし、ゾッとさせる」と批判的な評価もあり、批評家の意見は分かれているようだ。
レベッカ・デモーネイの父親で、トーク番組の司会者として活躍したウォーリー・ジョージ(Wally George)さんが5日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ケリー・オズボーンは"The Osbournes"を見ていないらしい。「TVで自分を見るなんて最悪」とか。
まもなく待望の第1子が誕生するケイト・ハドソンは「(夫の)クリス(・ロビンソン)はツアー良好の時間が多いけど、もし私だったらツアーバスの中で育っていくのも楽しいかなって思ったの。もちろん、学校もあるし私も仕事があるけど、それ以外のときはバスで生活するつもりよ。きっと楽しくなるわ」と語ったようだ。
神奈川県警浦賀署から任意で事情聴取を受けた窪塚洋介は「突然で、びっくりして蹴った」と供述、暴行容疑を認めた模様。
今敏監督「東京ゴッドファーザーズ」の完成披露試写会が7日都内劇場で行われ、声優を務めた江守徹、岡本綾らが舞台挨拶に立ったようだ。
マイケル・ウィンターボトム監督「イン・ディス・ワールド」("In This World")の、中学生・高校生を対象にした試写会が30日都内で行われるようだ。
「愉快なシーバー家」("Growing Pains",1985-92年)などのTVシリーズで知られるトレイシー・ゴールド(Tracey Gold)に3人目の子供が誕生するようだ。
ロマン・ポランスキー監督の伝記映画が製作されるらしい。米CATV局Showtimeが放映するTV映画で、ロブ・コーエンが監督を務めるらしい。
ティム・バートンとヘレナ・ボナム・カーターの間に4日、男の子が誕生したようだ。
テリー・ギリアム監督が一旦製作を開始したものの度重なる災難で中止となった"The Man Who Killed Don Quixote"の企画を、アンドリュー・デイヴィス監督が引き継いだと一部で報道されたことに対し、デイヴィス監督は「ドン・キホーテの企画を進めていることは事実だが、テリー・ギリアムの企画とは関係ない」と否定したようだ。
  10/9
森田芳光監督「阿修羅のごとく」の完成披露試写会が8日都内で行われ、大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子らが舞台挨拶に立ったようだ。
窪塚洋介夫妻と先日誕生した長男の愛流ちゃんが8日、神奈川県横須賀市の病院を退院したようだ。
金子文紀監督「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」の完成披露試写会が8日都内で行われ、岡田准一、塚本高史、岡田義徳、宮藤官九郎らが出席したようだ。来月1日から木更津で先行公開されるらしい。
今関あきよし監督はチェルノブイリを題材にした自主製作映画「少女カリーナに捧ぐ」に取り組んでいるらしい。「資金はモー娘作品の印税」とか。
カリフォルニア州知事選に勝利したアーノルド・シュワルツェネッガーは、8日の記者会見で「24時間フルタイムで働く。映画に関わっている余裕はない」と語ったようだ。
「麗しのサブリナ」("Sabrina",1954年)にも登場したフランスの料理学校、ル・コルドン・ブルー・パリの神戸校が来年1月に開校するらしい。
Dark Castle Entertainmentは、ウィリアム・キャッスル監督の"I Saw What You Did"(1965年)をリメイクする模様。
米New Regencyは、National Lampoonの最新作"National Lampoon's Back to College"などを手掛けたクレイグ・モス(Craig Moss)とスティーヴン・ショーンバーグ(Steven Schoenburg)の脚本"Night Girls"を獲得したようだ。
アンソニー・アンダーソンは、New Line Cinema製作の新作コメディ"Little Orphan Anthony"で主演とプロデュースを務めるらしい。
「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)のキャスリーン・ロバートソン(Kathleen Robertson)は、「おはぎ」("Bean Cake",2001年)のデヴィッド・グリーンスパン(David Greenspan)監督による新作"Mall Cop"への出演が決まったようだ。
モロッコで開催されたマラケシュ国際映画祭は8日、ボスニアの映画監督Pjer Zalicaによるブラックコメディ"Fuse"に最高賞を授与したようだ。また、トム・マッカーシー監督"The Station Agent"が審査員賞を獲得した模様。
アシュレイ・スコットは、ジョン・ストックウェル監督、ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバ共演の海洋冒険アクション"Into the Blue"への出演が決まったようだ。
現在製作中の新作"The Village"("The Woods"から改題)に続く、M・ナイト・シャマランの新作は、Yann Martelのベストセラー小説に基づく"Life of Pi"になる模様。「シックス・センス」("The Sixth Sense",1999年)以来組んでいたWalt Disneyを離れ、20世紀FOXと交渉中のようだ。
ロジャー・ムーアは9日、英エリザベス女王からナイトの爵位を授与されたようだ。「女王は私のUNICEFでの活動や、007シリーズについてお話された。ペースメーカーのおかげで心臓を落ち着かせることが出来たよ」と語ったとか。
「囁く廊下〜女校怪談〜」("Whispering Corridors",1998年)のパク・キヒョン監督最新作「アカシア」が10日、第8回釜山国際映画祭のクロージング作品として上映されるようだ。監督は「観客を怖がらせることが目的ではありません。どうやったら観客が一番ショックを受けるかといったことはあまり考えていません。ホラーと言うジャンルは、私にとって物語を語るための手段に過ぎないのです」と語ったらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーの選挙戦が終了したことを受け、米NBCは8日、同局の報道番組へのマリア・シュライヴァーの復帰を発表したようだ。ただし、カリフォルニア州の政治に関する報道からは外されるらしい。
「ライオン・キング」("The Lion King")のDVDとVHSが米国で7日発売され、初日だけで合わせて200万本の売り上げを記録したらしい。ちなみに1995年3月のVHSリリースでは、発売初日に450万本が売れ、トータル3200万本が売れているとか。
Vivendi Universalの娯楽部門を獲得した米NBCは、"Law & Order"などを放映するクライム・チャンネルや、Universal Picturesの作品のみを放映するチャンネルなどの新設やVODサービスの提供を計画、10%の増収を見込んでいるようだ。
米国の分析グループの試算では、次期カリフォルニア州知事に選ばれたアーノルド・シュワルツェネッガーが、選挙期間中TV広告に投じた費用は4800万ドルに達するとか。
米ABCのコメディ「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter")の、先日亡くなったジョン・リッターが最後に出演したエピソードが7日放送され、平均視聴者数1700万人を記録したようだ。
ブリタニー・マーフィは、今週末全米公開となる"Good Boy!"でイタリアン・グレイハウンドの声を担当しているらしい。
ジェイ・レノは「批評家達は『彼は俳優だ、知事の仕事は無理だ』なんて言ってたね。もちろん、アーノルドは大喜びだと思うよ。彼のキャリアで初めて、批評家達が彼を俳優と呼んだんだ。今夜は歴史的な夜だよ!」と言ったらしい。また、クエンティン・タランティーノ監督は「『ターミネーター3』("Terminator 3: Rise of the Machines")は今年一番のお気に入り」と語ったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーのカリフォルニア州知事への当選が確実となったことで、米国のビデオレンタル店では売り上げ増を期待しているとか。
ブラジルのベストセラー作家パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)は、「アルケミスト-夢を旅した少年」("The Alchemist")の映画化について「私はローレンス・フィッシュバーンが素晴らしい映画にしてくれると確信しています。彼が監督し、脚本を書き、そしてアルケミストを演じています。彼はとても素晴らしく、また繊細な人物です。そして、彼は信頼できる人物です」と語ったようだ。
オーランド・ブルームは、ケイト・ボスワースとのロマンスの噂について「誰が僕のガールフレンドなんて言ったんだい?GAPの広告で一緒に仕事をしたよ。彼女はかわいい娘だけれど、そういうプライベートなことを話すのは僕は好きじゃない。この業界にいると、恋をする心を守るために10メートルの高さの壁を作らなきゃいけないね。さもないと、ジェニファー・ロペスとベン・アフレックみたいになっちゃうよ」と語ったらしい。
アシュトン・カッチャーは、デミ・ムーアと共に故郷のアイオワ州を訪れたらしい。地元フットボールチームの試合を観戦するつもりだったものの、実家にパパラッチが来ていたため計画を中止、家族と静かに過ごしたようだ。
ハーレイ・ジョエル・オスメントは「教師にこそ最も高い給与が支払われるべきです。我々の未来は彼らが教える子供たちにかかっているのです。現在の学校制度に対する支援の少なさには悲しくなります。我々は、より多くの資金を投入すべきです」と語ったようだ。 [☆15歳。立派です。]
新作"Mystic River"がまもなく公開となるクリント・イーストウッドは「どういうわけか俳優になったが、僕は音楽の方から流れてきた。もう少し練習していれば、今頃はどこかのバーでピアノを弾いてチップを稼いでいたかもしれないな」と語ったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーのカリフォルニア州知事選勝利について、ビートたけしは「いいよねー。アメリカはバカだねー」と語ったとか。
KDDIは8日、光ファイバー網を利用した放送事業を12月に開始すると発表したようだ。映画3チャンネルを含む28の専門チャンネルが用意されるほか、約2000作品の映画を配信するVODサービスも提供されるらしい。
ジェイムズ・アイヴォリー監督、カズオ・イシグロ脚本の新作"The White Countess"で、レイフ・ファインズ、ナターシャ・リチャードソン、ヴァネッサ・レッドグレイヴが共演するようだ。
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー兄弟が手掛ける「三バカ大将」("The Three Stooges")の映画化で、ベニチオ・デル・トロが主演候補に挙がっているらしい。
ジークフリート&ロイのジークフリート・フィッシュバッカーは8日、ロイ・ホーンの事故について「ホワイトタイガーは、舞台で転んだロイを助けようとした。殺そうとしたのなら、一瞬で終わっていたはずだ」と語ったようだ。一方、米農務省は動物愛護法違反の疑いで実態調査を開始した模様。
リース・ウィザースプーンが設立したType A Filmsは、「バニーレークは行方不明」("Bunny Lake Is Missing",1965年)のリメイクを手掛ける模様。
  10/10
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のDVD発売記念イベントが8日ロサンゼルスで開催され、キアヌ・リーヴスらが出席したようだ。「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")の映像も一部公開されたとか。プロデューサーのジョエル・シルヴァーは「これで本当に終わり。次はない」と語ったとか。
12月開幕のミュージカルコメディー「イーストウィックの魔女たち」の制作発表が9日都内で行われ、森公美子、一路真輝、涼風真世、陣内孝則らが出席したようだ。森公美子のフライングもあるとか。
韓国で大ヒット中の「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」で映画デビューしたペ・ヨンジュンが、11日と12日にソウル市内の映画館で舞台挨拶を行うようだ。
SARS撲滅に向けて活躍する人々を描いた中国映画「■心動魄」("Profoundly Affecting")のポスターが北京に登場したようだ。(■=りっしんべん+京)
シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の韓国語版が来月発売されるようだ。初版部数は100万部とか。 [☆日本は遅いな・・・]
公正取引委員会から排除勧告を受けた20世紀フォックス・ジャパンは10日「割引を拘束したことはなく、劇場での料金設定に介入していることもない」との見解を発表したようだ。
ニコラ・フィリベール監督のドキュメンタリー「ぼくの好きな先生」("Etre et avoir",2002年)に出演した教師のジョルジュ・ロペスは、完全な承諾のないまま映画が製作され教室のイメージの所有権が侵害されたなどとして、映画製作会社に対し25万ユーロの支払いを求める訴訟を起こしたようだ。 [☆ちょっとイメージダウン]
英国の詩人ロバート・グレイヴス(Robert Graves)を描く映画"Poetic Unreason"が、ジェイムズ・ピュアフォイとフランシス・オコナーの共演で製作されるようだ。新人のウィリアム・ヌネツ(William Nunez)が監督を務める模様。
「女神が家にやってきた」("Bringing Down the House",2003年)のアダム・シャンクマン監督は、ファミリー・コメディ"Four Christmases"の監督に向けて交渉中のようだ。
ジョン・グリシャム原作「陪審評決」("Runaway Jury")の映画化を手掛けたゲイリー・フレダー監督は「(2001年の秋に読んだ)脚本は良かったが、気に入らなかった。俳優でも監督でも、映画には何か引っかかるもの、心の琴線に触れるものが欲しい。脚本にはそれがなかった。だが、(2002年2月に送られてきた脚本を)もう一度読んでみると、法廷劇ではなく、犯罪劇になっていた。ニヤリとしたよ」と語ったようだ。
アイルランドが舞台のコメディ「ウェイクアップ!ネッド」("Waking Ned Devine",1998年)が、中国でリメイクされるらしい。香港と北京に拠点を置く映画製作会社International Pacific Artsが権利を獲得した模様。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演による人気TVシリーズ「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の映画化で、ダーリン役はウィル・フェレルに決まった模様。
元CBS Recordsの社長ウォルター・イエットニコフ(Walter Yetnikoff)は、インディ系映画のサントラを専門に扱う新しいレコード・レーベルCommotion Recordsを立ち上げるようだ。小規模映画作品の製作者と組んで、音楽制作の支援なども行うらしい。
8日放送の米NBC"Tonight Show with Jay Leno"にアーノルド・シュワルツェネッガーが飛び入り出演したようだ。一方、グレイ・デイヴィス現知事は、10日放送のCBSのライバル番組"Late Show with David Letterman"に出演するらしい。
今週末の全米公開作品では、クエンティン・タランティーノ監督作品「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")が2000万ドル台前半の週末興収、またコーエン兄弟の新作"Intolerable Cruelty"は2000万ドル弱の興収になると予想されているようだ。
ブリトニー・スピアーズを「チャンスがあれば撃ち殺す」と発言した、米メリーランド州知事の妻は9日、謝罪を表明したようだ。
ウォルト・ディズニー・ワールドに登場した新アトラクション"Mission: Space"はロケットの発射や宇宙船の着陸、無重力状態などがリアルに再現されているとか。あまりにリアルで気分が悪くなるとか。
米CATV局のA&E Networkは9日、アーノルド・シュワルツェネッガーのカリフォルニア州知事選勝利に基づくTV映画"See Arnold Run"を製作すると発表したようだ。来年夏に放映予定とか。
ウディ・アレンが自叙伝を書くらしい。多くの出版社が興味を示しているようだ。
アルフォンソ・クアロン監督「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")に、エマ・トンプソンが占い学の先生シビル・トレローニー役で出演するらしい。
クエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」("Kill Bill")のプレミアに出席した後、キャメロン・ディアスと共にニューヨークのナイトクラブでパーティをしていたジャスティン・ティンバーレイクは、キャメロンが踊り狂うのを見て「バカみたいだから止めろよ」と言ったところ、キャメロンはそれを拒否、怒ったジャスティンはクラブを出て行ってしまったとか。
ケヴィン・スミス監督の新作"Jersey Girl"のプロモーション・チームは、映画のポスターに主演のベン・アフレックとジェニファー・ロペスの顔を使わないことを決めたらしい。"ケヴィン・スミスの映画"としてプロモーションしていく予定とか。
ハル・ベリーは、男性誌FHMの表紙にボクシンググローブとセクシーな衣装を身に着けて登場したことに一部で批判の声が挙がっていることについて、彼女の代理人は「新作"Gothika"は若い男性をターゲットにした作品で、写真やインタビューは理にかなったものです。それに、オスカー女優だからといってセクシーなピンナップに登場し、あらゆるジャンルで活躍する女優であってはいけないのでしょうか?『チョコレート』("Monster's Ball",2001年)でオスカーを獲得したからと言って、世界で最もセクシーな女性であることに変わりはありません!」と反論したとか。
今敏監督「東京ゴッドファーザーズ」の音楽はムーンライダーズの鈴木慶一が担当したようだ。エンディング曲「No.9」は、ベートーベンの第九に鈴木がオリジナルの歌詞をつけたものとか。
クリント・イーストウッドは、英Oxford Unionで講演を行うようだ。470席分のチケットは数分で売り切れたとか。
アーノルド・シュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事に就任することに対し、カナダの映画産業界は、同国内での映画製作需要がさらに減少するのではないかと懸念しているようだ。
三池崇史監督「ゼブラーマン」で、哀川翔が扮するゼブラーマンの勇姿が披露されたようだ。公開は来年2月とか。
ウィリアム・ワイラー監督「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)のDVDが12月17日に発売されるようだ。発表会見が9日行われ、オードリー・ヘプバーンの吹き替えを担当した池田昌子らが出席したようだ。
米映画協会(MPAA)会長のジャック・ヴァレンティは、アカデミー会員へのVHSやDVDの配布を禁止するとした同協会の方針について、再検討を進めている模様。
"The Rundown"に主演したザ・ロックは、撮影中に共演のショーン・ウィリアム・スコットをナイフで傷つけてしまったらしい。撮影終了後、お詫びの印にそのナイフを額に入れてショーンにプレゼントしたとか。
ジェイソン・リーと婚約者ベス・ライスグラフ(Beth Riesgraf)との間に男の子が誕生したようだ。Pilot Inspektor Riesgraf Leeと名づけられたらしい。
先日、薬物の過剰摂取で一時病院に収容されたコートニー・ラヴは、今月2日に窓ガラスを割って家屋に侵入しようとしたとして、8日起訴されたようだ。
アイザック・アシモフの「ファウンデーション」("Foundation")が映画化されるらしい。シェカール・カプールが監督候補に挙がっているとか。
チャズ・パルミンテリが監督を務める"Noel"で、ポール・ウォーカー、スーザン・サランドン、ペネロペ・クルスの共演が決まったようだ。パルミンテリも出演するらしい。
  10/11
英Oxford Unionで講演を行ったクリント・イーストウッドは、カリフォルニア州知事選出馬の要請を政界から受けていた、と告白したらしい。
テレビ朝日「内村プロデュース」の企画・制作による、クエンティン・タランティーノ「キル・ビル」("Kill Bill")の15分間の特別映像が、全国44館のワーナーマイカルシネマズで限定上映されるらしい。
2000年4月にオープンした「おのみち映画資料館」の入館者数が10日、10万人を突破したようだ。10万人目となった広島市在住の女性には、認定証と、石原裕次郎主演「夜のバラを消せ」(舛田利雄監督,1966年)のポスター、「東京物語」(小津安二郎監督,1953年)のビデオが贈られたとか。
米20世紀FOXと、ウォン・カーウァイの映画製作会社は、英語による映画3作品を製作する契約を結んだようだ。来年撮影が始まる第1作はアクション映画で、トニー・レオン、チャン・チェンらが主演候補に挙がっているとか。
米映画協会(MPAA)が打ち出した、アカデミー会員へのノミネート作品のVHS、DVD配布禁止の方針に反対する、ロバート・アルトマン、ロバート・レッドフォード、ジョディ・フォスター、マーティン・スコセッシ、ジョエル・コーエンら130名以上の連名による公開書簡が、Daily VarietyとHollywood Reporterに全面広告として掲載されたようだ。
18歳のキーラ・ナイトレイは「5年後もして年を取ったら、私もbotoxや美容整形や鼻の整形をする」と語ったようだ。
ダイアン・ソイヤー(Diane Sawyer)とのTVインタビューに答えたグウィネス・パルトロウは、1996年のブラッド・ピットとの婚約解消について「大きな過ちだった」と語ったようだ。「彼を傷つけましたか?」との問いには「ええ」とつぶやいたとか。
ジョン・ポルソン監督の新作"Hide and Seek"で、ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニングが共演するようだ。 [☆Hollywood Reporter]
「ライオン・キング」("The Lion King",1994年)DVDの米国でのD売り上げは、発売2日間で300万枚を突破した模様。
ピアース・ブロスナンは、MGMのアクション・スリラー"Mexicali"に主演するようだ。「JFK」("JFK",1991年)、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」("Good Will Hunting",1997年)、「グラディエーター」("Gladiator",2000年)、「ブラックホーク・ダウン」("Black Hawk Down",2001年)など数々のヒット作の編集を手掛けたピエトロ・スカリア(Pietro Scalia)の監督デビュー作となるらしい。
ウィル・フェレルは、新作"The Salesman"で、つい嘘をついてしまうステレオのセールスマンを演じるらしい。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")で共同監督を務めたアンドリュー・スタントンは「観客は限られるだろうと確信していたんだ。公開前にこの映画が大ヒットするなんて言う奴がいたら、僕はそいつがドラッグをやっていると思っただろうね」と語ったようだ。
  10/12
堤幸彦監督「2LDK」が11日、千日前国際シネマで初日を迎え、小池栄子、野波麻帆らが舞台挨拶に立ったようだ。
千葉誠治監督「巌流島」が11日初日を迎え、本木雅弘、田村淳、吉岡美穂、金子昇、筧利夫らが有楽町スバル座で舞台挨拶に立ったようだ。
陣内孝則監督「ロッカーズ」11日、シネ・リーブル梅田で初日を迎え、陣内監督、中村俊介らが舞台挨拶に立ったようだ。
香月秀之監督「デコトラの鷲〜祭ばやし」が11日初日を迎え、こずえ鈴らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ベン・アフレックとジェニファー・ロペスは、11日ボストンで行われたヤンキース対レッドソックス戦を観戦したようだ。
第46回Monterey Jazz Festivalで、マーティン・スコセッシ製作総指揮のTVミニシリーズ"The Blues"の一編"Piano Blues"が上映され、監督を務めたクリント・イーストウッドが出席したようだ。細かいカット割をせずにピアニスト達の演奏を写し続ける映像が賞賛されると「アンチMTVのつもりさ」と語ったとか、
米CBSの"Late Show with David Letterman"に出演したカリフォルニア州グレイ・デイヴィス現知事は、アーノルド・シュワルツェネッガーに10の助言を与えたようだ。
10.知事として、自分が何をやっているか分からなくなったときは、電話をくれ
9.ボディービルのオイルはイタリア製のシルクのソファーを汚す
8.有権者の声を聞きなさい。マイケル・ジャクソンを除いて
7.(すまない、ジョークNo.7はリコールされた)
6.支持率を改善したければ、レノの所へ行け。もし追い出されたら、レターマンの所へ行け
5.師ジョージ・W・ブッシュに学びなさい
4.「ターミネーター3」の出演料を寄付すれば財政赤字問題は解消できる
3.最悪の事態に陥ったらこう叫べ「助けてくれ、スーパーマン!」
2.スピーチの時に「サンタクルーズ、サンタバーバラ・・・同じだろ」とは決して言うな
1.発音は正しく"California"と
松任谷由実「シャングリラ2 氷の惑星」の香港公演が10日と11日に行われ、ジャッキー・チェンが花束を持ってステージに上がったほか、アンディ・ラウ、カレン・モク、レオン・ライらも会場を訪れたようだ。
ソフィア・ローレン、ビル・クリントン前米大統領、ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領らがナレーションを務めたCD「ピーターと狼/狼のたどる道」の輸入版CDが売れているらしい。
  10/13
24日開催される「浅草名人伝説5」では、立川談志、快楽亭ブラックらと共に山城新伍が出演するようだ。
今月25日公開のイザベル・コイシェ監督「死ぬまでにしたい10のこと」("My Life Without Me",2002年)のPRイベントが12日都内で行われ、神田うのらが出席したようだ。
ロニー・ユー監督「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")の試写会が12日深夜、東急渋谷駅構内で行われ、およそ100人が参加したようだ。配給の日本ヘラルドは「ギネスブックへの申請も考えている」とか。
"Out of Time"でデンゼル・ワシントンと共演したディーン・ケイン(Dean Cain)は「彼との共演はとても気分が良かったし、大作映画に出演できたことも嬉しかった。こういった作品にもっと出演したい。幸運なことに、そのことをみんな真剣に考えてくれている。僕は何も変わっていないけど、(監督の)カール・フランクリンとデンゼルがチャンスをくれたんだ」と語ったようだ。
新作"Mystic River"プロモーションのためロンドンを訪れたクリント・イーストウッドは、新たな西部劇への出演の可能性について「いい脚本がないんだ。ストーリーが全てだよ。ブーツを履いてサドルにまたがるには、ドラマが必要だ」と語ったようだ。
「ピンクの豹」("The Pink Panther",1964年)のリメイクで、スティーヴ・マーティンがクルーゾー刑事役で出演交渉中の模様。
来月21日に開催される予定だったニュージーランド映画賞(New Zealand Film Awards)は、スポンサー不足で延期となった模様。
マドンナの"Ray of Light"やU2の"Beautiful Day"などの音楽ビデオで知られるスウェーデン出身のヨナス・アカーランドは、モ・ヘイダー(Mo Hayder)のスリラー小説"Birdman"の映画化で監督を務めるようだ。
AintItCoolNews.comでは、3ヶ月前にメル・ギブソン監督"The Passion of Christ"("The Passion"から改題)の海賊版予告篇をアップしたところ、1日で35万ものアクセスが殺到、サイトがダウンしてしまったらしい。
全米週末興収はクエンティン・タランティーノ最新作「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")が2218万ドルで初登場1位となったようだ。また、ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演によるコーエン兄弟の新作"Intolerable Cruelty"は1307万ドルで3位、マシュー・ブロデリックやブリタニー・マーフィらが声で出演しているコメディ"Good Boy!"1300万ドルで4位のスタートとなった模様。
今年の初め、ヒースロー空港でダイエット薬Zantrex-3の青いボトルを持つブリトニー・スピアーズの姿が報じられたことから、ネット上では彼女の名前を使ったZantrex-3のPRが行われているらしい。スピアーズ側は訴訟を起こす構えのようだ。
キーラ・ナイトレイは「明日は何が起こるか分からない。女優が一生の仕事?そんなおとぎ話は信じていないわ。高みに上ったら次の瞬間に突き落とされるのがこの職業よ。せいぜい2、3年がいいところね」と語ったらしい。
ハル・ベリーがエリック・ベネイと別居したのは、シャロン・ストーンのアドバイスがきっかけになった、という噂があるらしい。
ユマ・サーマンとの破局が伝えられているイーサン・ホークは、妻がクエンティン・タランティーノと関係していると疑い、それで浮気をした、と言っているらしい。
ジュリア・ロバーツの恋愛遍歴を特集する番組の制作を企画した米CATV局のE!に対し、ロバーツ側は、番組の制作を中止すれば新作"Mona Lisa Smile"の独占取材に応じると提案、企画は潰れたようだ。
  10/14
2000年4月以来中断していたウォン・カーウァイ監督、木村拓哉、トニー・レオン、マギー・チャン、フェイ・ウォン共演「2046」の撮影が、今月中に再開される模様。
クエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」の公開にあわせて制定された「ベスト黄色ニスト」の授賞式が13日都内で行われ、ダンディ坂野に黄色のジャージーが贈られたようだ。
ゴッドフリー・レジオ(Godfrey Reggio)監督「コヤニスカッツィ」("Koyaanisqatsi",1983年)とその続編「ポワカッツィ」("Powaqqatsi",1988年)の上映と共に、音楽を担当したフィリップ・グラスらが生演奏を付けるライヴが、17日と18日に都内トリフォニーホールで開催されるようだ。
大澤豊監督「アイ・ラヴ・ピース」の完成記者会見が14日松江市内で行われ、主演の忍足亜希子らが出席したようだ。
リチャード・ドレイファスの映画製作会社は、先月ロサンゼルス国際短編映画祭(Los Angeles International Short Film Festival)で上映された、アシュヴィン・クマール(Ashvin Kumar)監督の48分の作品"Road to Ladakh"を長編映画化するらしい。
ブレット・ラトナー監督、ピアーズ・ブロスナン主演の新作"After the Sunset"に、ドン・チードルの出演が決まったようだ。
ヴェトナム戦争時代を舞台にした、ウィリアム・ディア(William Dear)監督の"The Beginning of Wisdom"で、マシュー・ペリー、ジョン・ベネット・ペリー、フランシス・オコナーらが共演するようだ。
北米を除く海外週末興収は、41の地域で公開中のウィル・スミス、マーティン・ローレンス共演「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")が1610万ドルでトップとなり、総興収は6430万ドルに達した模様。
全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)唯一の白人メンバーとして、人種差別撤廃に尽力した若き弁護士ジャック・グリーンバーグ(Jack Greenberg)の物語が映画化されるようだ。
スティーヴ・マーティン原作、アナンド・タッカー監督、クレア・デインズ主演のコメディ"Shopgirl"に、ブリジット・ウィルソンの出演が決まったようだ。
メキシコの革命家エミリオ・ザパタ(Emilio Zapata)を描くアルフォンソ・アラウ監督の新作"Zapata"は、メキシコ映画史上最高の1000万ドル以上の製作費が投入されたらしい。同国では、ハリウッド向けのザパタをつくり上げたとする批判に対し、アラウ監督は既に20カ国以上での配給が決まったが、米国の映画配給会社との交渉は始めてもいない、と語ったようだ。
先週、第3回マラケシュ国際映画祭で上映された"Zaman, the Man From the Reeds"は、イラクでの撮影後フランスに持ち帰ろうとしたビデオテープ29本がイラク政府当局に押収され、賄賂を支払って24本は取り戻したものの、不適切な内容を含むとして5本は戻らなかったらしい。その後、主演したサミ・カフタン(Sami Kaftan)が、テープが当局管理者の個人宅にあることを突き止め、その家に向かったところ、別の一族の間で銃撃戦が始まってしまい、結局取り戻すことは出来なかったとか。監督は、残りの映像を編集して映画を完成させたようだ。
米脚本家組合(Writers Guild of America)は13日、米映画協会(MPAA)が発表したアカデミー会員へのノミネート作品のビデオ配布禁止の方針に対し、「ゴッド・アンド・モンスター」("Gods and Monsters",1998年)のビル・コンドン、「ゴスフォード・パーク」("Gosford Park",2001年)のジュリアン・フェローズ、「サイダー・ハウス・ルール」("The Cider House Rules",1999年)のジョン・アーヴィングらはビデオの配布によって注目を集めアカデミー賞を獲得したと訴え、方針への反対を表明したようだ。
米ABCは来月11日に、バーバラ・ウォルターズとインサイダー取引で起訴されているマーサ・スチュワートとのインタビューを放送するようだ。
米Warner Bros.は、世界最小の独立国家Principality of Sealandの誕生を描いたショーン・ソレンセン(Sean Sorensen)の脚本を獲得したようだ。
"Die Hard 4"の脚本は、現在製作中のキアヌ・リーヴス主演"Constantine"などを手掛けているマーク・ボンバック(Mark Bomback)が担当することになったようだ。
「28日後...」("28 Days Later",2002年)に出演したナオミ・ハリスは、ブレット・ラトナー監督、ピアーズ・ブロスナン、サルマ・ハエック共演の新作"After the Sunset"への出演が決まったようだ。今月から製作が始まる模様。
クリストファー・パオリーニ(Christopher Paolini)のベストセラー小説"Eragon"の映画化権をFox 2000 Picturesが獲得したようだ。
トム・クルーズ主演"Collateral"で、降板したヴァル・キルマーに代わって、マーク・ラファロが出演する模様。
E・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")が映画化されるようだ。ブラッド・シルバーリングが監督候補に挙がっているらしい。
人気TVシリーズ「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)に主演するマイケル・チクリス(Michael Chiklis)は、レイモンド・デ・フェリータ(Raymond De Felitta)の監督・脚本によるコメディ"Make Someone Happy"に主演するようだ。
「ピアノ・レッスン」("The Piano",1993年)でのデビュー以降多くの作品に出演しているクリフ・カーティスは、「クジラの島の少女」("Whale Rider",2002年)への出演について「この作品は、長い間僕が待ち望んでいたものだった。ハリウッド映画に出演する以前から関わってきた。こういう作品のためにキャリアを積み、技術を磨いてくることが出来た良かったよ」と語ったようだ。
ボーア戦争からノルマンディ上陸作戦まで、ニュースフィルム3500時間分からスキャンされた1200万枚の歴史的写真が13日、英British Patheのサイトで公開されたようだ。
詩人シルヴィア・プラスの生涯を描く新作"Sylvia"に主演したグウィネス・パルトロウは「この役を演じた経験は、本当に私を変えたと思う。困難で辛かったが、そこから得たものも大きかった。平凡な生活で時間を無駄にしたくない、と思うようになった」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスは来月18日、マキシ・シングル"Baby I Love U"と17曲のミュージック・ビデオを収録したDVDをセットにした"The Reel Me"をリリースするようだ。
韓国で公開2週目を迎えたイ・ジェヨン監督「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」は、11日までに観客動員数が200万人を突破した模様。
シャロン・オズボーンが製作を進めている夫オジー・オズボーンの伝記映画で、ジャック・ブラックも主演を希望しているようだ。"Sharon Osbourne Show"に出演した彼は「あなたはどこかのアイルランド野郎(=コリン・ファレル)を主演に考えているようだけど、それは間違いだ。僕こそがオジーなんだ。コリンは確かにカッコいいが、奴はロックを知らない」と語ったようだ。感銘を受けたシャノンは「オジーはボストンで(この番組を)見ているわ。きっと話が来るはずよ」と答えたとか。
27日にニューヨークで開催される、デニス・リアリーによる消防士基金のためのチャリティで、「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のプレミアにトム・クルーズと出席する権利や、エリザベス・ハーレーとロンドンでお茶を飲む権利、ヒュー・グラントとスコットランドでゴルフをする権利などがオークションにかけられるらしい。
マイアミ市長は、3月8日を「エヴァ・メンデスの日」に制定したらしい。
吉永小百合が詩の朗読を務めた、宮崎信恵監督のドキュメンタリー映画「風の舞―闇を拓く光の詩」が第16回東京国際女性映画祭で上映されるようだ。来月8日からは渋谷ユーロスペースで一般上映されるらしい。
公開が延期されていた山川元監督「東京原発」(2001年)が、30日から開催される東京国際ファンタスティック映画祭で上映されるようだ。来年2月には一般公開される予定とか。
米Revolution Studiosは、スティーヴン・スピルバーグ監督最新作"Terminal"などを掛けるサーシャ・ガヴァシ(Sacha Gervasi)によるロマンチック・コメディの脚本"The Hypnotist"の獲得に向け交渉中のようだ。ジム・キャリーが主演する予定とか。
「ロッキー」("Rocky",1976年)のモデルとなったチャック・ウェプナー(Chuck Wepner)は、映画プロモーションに対する対価が十分に支払われていないとして、シルヴェスタ・スタローンに対する訴訟を起こすようだ。
「カラーパープル」("The Color Purple",1985年)がブロードウェイ・ミュージカルになるらしい。2005年に上演予定とか。
マシュー・マコノヒーの次回作は、麻薬捜査官を主人公にしたコメディ"Arrested Development"になるようだ。
ジョン・タートルトーブ監督、ニコラス・ケイジ主演の新作"National Treasure"で、ショーン・ビーンの出演が決まったようだ。
ジェリー・ブラッカイマーとマイケル・ベイは、TVシリーズ「アンタッチャブル」("The Untouchables",1959-1963年)のリメイクを企画しているらしい。
11日より公開されたロバート・ロドリゲス監督「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")は週末3日間の興収が3億ドル、観客動員数は25万人に達したようだ。 [☆子供たちに大人気です!]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは、来月19日に予定していた「風の谷のナウシカ コレクターズBOX」の発売を12月5日に延期すると発表したようだ。「予想を超える注文が寄せられ、生産が間に合わなくなったため」とか。
  10/15
アンジェリーナ・ジョリーに、第9回国連記者協会賞で新設されたセルジオ・ヴィエイラ・デ・メーロ国連記者協会賞が授与されることが決まったようだ。
木村拓哉は、数日前にフィットネスジムでトレーニング中、右肩を脱臼、左手人差し指を負傷したらしい。ウォン・カーウァイ監督「2046」の撮影には予定通り参加するとか。
カルロス・サウラ監督「サロメ」("Salome",2002年)のスペシャルプレミアが14日都内で行われ、主演のアイーダ・ゴメスのほか藤原紀香も出演したようだ。
政府は、映画やアニメなどのコンテンツ産業を主要産業へと育成するための「コンテンツビジネス振興法」の検討を知的財産戦略本部で進め、来年度の通常国会に提出するようだ。
埼玉県春日部市の市制50周年を記念して、「のはらしんのすけ」が住民登録されるらしい。
デヴィッド・ベッカムは14日、映画やCMなどの出演交渉などを担当してきたマネージメント会社SFXとの契約更新を行わないと発表したようだ。本業に専念するらしい。(
1997年に発見された小津安二郎監督のサイレント映画「和製喧嘩友達」(1929年)のフィルムがデジタル処理で復元されたようだ。来月18日から東京国立近代美術館フィルムセンターで一般公開されるらしい。
米ポルノ映画界の伝説的俳優ジョン・ホームズ(John Holmes)の半生を描いた、ジェイムズ・コックス監督"Wonderland"で主演を務めたヴァル・キルマーは「僕はポルノに興味はなかったし、初めは、この作品の主人公について全く理解できなかった。こんな陰惨な出来事を語る価値を見いだせなかった」と語ったようだ。
ウィル・フェレルがサッカーチームのコーチを務めるタイトル未定の新作コメディで、「ミート・ザ・ペアレンツ」("Meet the Parents",2000年)などのジェイ・ローチ監督作品でセカンドユニット監督を務めたマルコ・シュナベル(Marco Schnabel)が、監督に向けて最終交渉に入ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグが長年企画していた、スティーヴン・キングの小説「タリスマン」("The Talisman")の映画化は、年末全米公開予定の"The House of Sand and Fog"でデビューするヴァディム・ペレルマン(Vadim Perelman)が監督を務めるようだ。
ローランド・エメリッヒ監督次回作は、若きツタンカーメンを主人公にしたアクション・アドベンチャー"Tut"になるようだ。
米連邦取引委員会の発表によると、13歳から16歳までの未成年者がR指定作品の入場券を購入できる映画館は、2001年の48%から、この2年間で36%に減少したようだ。
ケリー・ヒューは、ニック・キャノン主演の新作アクション・コメディ"Underclassman"に出演するらしい。
元ニューヨーク市警長官のバーナード・ケリク(Bernard Kerik)の自伝"The Lost Son: A Life in Pursuit of Justice"の映画化権を、米Miramax Filmsが獲得した模様。
44年間に渡ってルイジアナの刑務所でボランティアを務め、彼がボクシングを教えた数百人もの受刑者の代理父となった、元ボクシング・チャンピオンのビリー・ロス(Billy Roth)の伝記映画が製作されるようだ。ニコラス・ケイジが主演を務めるらしい。
ニール・ジョーダンは、Columbia Picturesの"Me and My Monster"で監督を務める模様。スタン・ウィンストンが製作で参加しているらしい。
イアン・フレミングがジェイムズ・ボンドのモデルにしたと言われる、元英国海軍少佐のパトリック・ダルゼル=ジョブ(Patrick Dalzel-Job)さんが亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米映画俳優組合は、今年度の特別功労賞を、「欲望という名の電車」("A Streetcar Named Desire",1951年)、「パットン大戦車軍団」("Patton",1970年)などの作品で知られるカール・マルデン(Karl Malden)に授与すると発表したようだ。
米ABCは、ジョン・F・ケネディらケネディ一族を描く連続ドラマ"The Kennedys"を企画しているらしい。
米映画協会(MPAA)による、アカデミー会員へのノミネート作品のビデオの配布禁止の方針に対し、エイドリアン・ブロディ、スーザン・サランドン、キアヌ・リーヴスらの連名による方針撤回を求める意見広告が、15日付のDaily VarietyとHollywood Reporterに掲載されるようだ。
先月ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得した"Vozvrashcheniye"("The Return")のアンドレイ・ズヴャギンツェフ(Andrei Zvyagintsev)監督は「(ロサンゼルスの映画会社から既にアプローチがあったが)私の知る限り、ハリウッドは大量生産の世界だ。そこで自由であることは非常に難しい。"Vozvrashcheniye"は全く自由に作ることが出来たし、ハリウッドに興味はない」と語ったようだ。
英国週末興収は公開2週目の「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が、先週トップの「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")を抑え、1230万ドルで1位となったようだ。
ニコール・キッドマンが、ジュード・ロウとの恋愛関係が彼の離婚の原因となった、と報じた英タブロイド紙Sunに対し起こしていた訴訟で、ロンドン高等裁判所は14日、キッドマン側の訴えを認める判決を下したようだ。
STILL A PUNK ジョン・ライドン自伝」("Rotten: No Irish, No Blacks,No Dogs")が映画化されるらしい。ペネロープ・スフィーリスが監督を務めるようだ。
「キル・ビル」("Kill Bill")プロモーションのため、クエンティン・タランティーノ監督が17日に来日するようだ。19日都内で行われる試写会には深作健太監督も招待されるらしい。
Digital Domain製作、ポール・フェルナンデス監督の新作"Instant Karma"で、ザ・ロックが主演を務めるようだ。金庫破りの男が別の動物に生まれ変わっていくというストーリーで、ピアース・ブロスナン、ミラ・ソルヴィーノ、ダヴィッド・アラン・グリアらが共演するほか、バート・レイノルズ、ドム・デルイーズ、ジーン・ワイルダーらが声優として参加する予定とか。
グルジア共和国はアーノルド・シュワルツェネッガーに、同国への訪問を条件に、ロシアとの国境にある山の一つを"シュワルツェネッガー山"と命名したい、と申し出たようだ。
「イルカの日」("The Day of the Dolphin",1973年)、「ブルワース」("Bulworth",1988年)、「アトランティス 失われた帝国」("Atlantis: The Lost Empire",2001年)、「恋は邪魔者」("Down with Love",2003年)など数々の映画や、舞台、テレビなどでも活躍した米女優のフローレンス・スタンレイ(Florence Stanley)さんが亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。
既にアントニオ・バンデラスの主演が決まっている「マスク・オブ・ゾロ」("The Mask of Zorro",1998年)の続編は、マーティン・キャンベルが前作に引き続き監督を務めるようだ。キャサリン・ゼタ=ジョーンズとアンソニー・ホプキンスにも出演を依頼しているとか。
「オーシャンメン」("Ocean Men: Extreme Dive",2001年)にも出演しているフリーダイビングの第一人者フランシスコ・ピピン・フェレーラスと競技中の事故でなくなった彼の妻オードリーを描く、ジェイムズ・キャメロン監督の次回作で、サルマ・ハエックがオードリー役の候補に挙がっている模様。
「フェリーニの8 1/2」("Otto E Mezzo",1963年)を元にした大ヒットブロードウェイ・ミュージカル"Nine"に出演予定だった、ジェナ・エルフマンの降板が決まった模様。
クエンティン・タランティーノ監督は「パルプ・フィクション」("Pulp Fiction",1994年)の続編を考えているらしい。
  10/16
「ヒポクラテスたち」(大森一樹監督,1980年)などの映画やTVドラマで活躍した、俳優の宮沢元さんが先月21日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
若尾文子主演で映画化された「雪の喪章」(三隅研次監督,1967年)の原作者で、作家の水芦光子さんが13日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米Paramount Picturesが計画するテーマパークの建設予定地は、福岡県久山町に決まった模様。広さは約50ヘクタールで、2008年に完成予定とか。
吉永小百合のイメージビデオ「小百合日和」が16日発売されたようだ。
「情熱の花」(堀池清監督,1960年)、「素敵な野郎」(富本壮吉監督,1960年)、「アフリカの鳥」(磯見忠彦監督,1975年)、「仔鹿物語」(澤田幸弘監督,1991年)などの作品やTVドラマなどを手掛けた、脚本家の勝目貴久さんが11日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
高松信司監督「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!」の吹替え収録が15日都内で行われ、ラサール石井、森尾由美、平山あやらが参加したようだ。
行定勲監督、大沢たかお、柴咲コウ共演の新作「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ現場を16日、真鍋香川県知事らが訪問したようだ。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2003が16日閉幕し、国際コンペ部門では中国の王兵監督作品「鉄西区」が大賞に選ばれたようだ。
核をテーマにしたドキュメンタリー作品を特集上映する「核への挑戦!」が、17日と18日に東京都多摩市のパルテノン多摩小ホールで開催されるようだ、
ミシェル・フェイバー(Michel Faber)の小説"The Crimson Petal and the White"が、カーティス・ハンソン監督、ニコラス・メイヤー脚本、キルスティン・ダンスト主演で映画化されるようだ、
Paramount Picturesが企画するタイトル未定のウェディング・コメディで、「ライアーライアー」("Liar Liar",1997年)などを手掛けたスティーヴン・メイザー(Stephen Mazur)が脚本に起用されたようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")が全米公開される12月17日の前日、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の連続上映が行われるらしい。9日に25ドルから49ドルで発売されたチケットは数時間で売り切れ、オークションサイトでは450ドル以上の値が付いているとか。
National Lampoonのコメディー・ショー4作品が、来年DVDでリリースされるようだ。
ヴィック・サリン(Vic Sarin)が監督を務める、小さな町のウェイトレスを主人公にしたロマンチック・コメディ"Deluxe Combo Platter"で、マーラ・ソコロフ(Marla Sokoloff)、ジェニファー・ティリー、カナダのベテラン・コメディアンのデイヴ・トーマスの共演が決まったようだ。
ニューヨークの中国人コミュニティを舞台にしたロマンチック・コメディ"Saving Face"で、ジョアン・チェンの主演が決まったようだ。ウィル・スミスがプロデュースを務め、新人のアリス・ウー(Alice Wu)が監督を務めるらしい。今週から撮影が始まる模様。
米Los Angeles Times紙は15日、Sony Pictures Entertainmentが今後1年間で300人の人員削減を計画していると報じたようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のDVDとVHSが14日米国で発売され、初日だけで合わせて400万本の売上を記録したらしい。
ソニー・アメリカのハワード・ストリンガー(Howard Stringer)会長は、米映画協会(MPAA)が発表したアカデミー会員へのノミネート作品のビデオ配布禁止の方針について「我々が、独立系作品が生き残るための酸素を止める様なことはしないと確信している。ビデオ配布禁止については後から知った」と語ったようだ。
カナダ出身の劇作家兼、演出家兼、俳優兼、映画監督のロベール・ルパージュ(Robert Lepage)が監督・出演した映画"The Far Side of the Moon"が来週からカナダで公開されるようだ。アイルランドと英国で上演された同名の舞台を自ら映画化したらしい。
米Caterpillar社は14日、"George of the Jungle II"(ビデオ発売のみ)が同社の商標を侵害しているとして、Walt Disneyに対する訴訟を起こしたようだ。主人公が戦う"悪党"が、Caterpillar社のブルドーザーに乗っていることで同社に悪い印象を与えている、と主張しているらしい。
拒食症の悲惨さを訴えるTVCMで、キャサリン・ゼタ=ジョーンズとジュリアン・ムーアがナレーションを務めたようだ。
グウィネス・パルトロウは、パパラッチから逃れるためにスクーターに乗っているとか。「道が混んでいる時ほど安心。パワーのあるバイクではなくて、ドライヤーにタイヤがついているみたいな感じ。走り回っても、誰も私だと気づかないのがいいわ」と語ったようだ。
来月1日公開のジャン=クロード・ブリソウ監督「ひめごと」("Choses Secretes",2002年)の前売りペア鑑賞券を劇場窓口で買うと、仏Aubadeの女性用下着がオマケで付いてくるらしい。
ロブ・コーエンが監督を務めるColumbia Picturesのアクション超大作"Stealth"で、ジョシュ・ルーカスが主演を務めるようだ。来年1月に撮影が始まり、公開は2005年の夏になる模様。
ゴア・ヴァービンスキーが「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の続編の監督を務めることが正式に決定したようだ。
「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」("Queen of the Damned",2002年)に影響されて友人を殺害した22歳の英国人男性に対し、エジンバラ高等裁判所は終身刑の判決を下したようだ。
先月亡くなったジョン・リッターの追悼式が14日夜、ロサンゼルスのエル・カピタン劇場で営まれ、1000人以上が参列したようだ。
パトリック・スチュワートは、2000年8月に結婚した妻ウェンディ・ノイス=スチュワートとの離婚の手続きに入った模様。
Entertainment Weekly誌が選定する今年のハリウッド有力者101人が発表され、映画プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが1位に選ばれたようだ。そのほかトップ10には、スティーヴン・スピルバーグ、トム・ハンクス、J・K・ローリング、トム・クルーズ、エミネムらが入った一方、昨年1位のデンゼル・ワシントンは22位にランクダウンしたらしい。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")DVDの日本発売は12月19日に決まったようだ。メイキングやNG集などの映像を収録した特典ディスクとの2枚組みで3980円とか。
  10/17
デヴィッド・リーン監督「逢びき」("Brief Encounter",1945年)の舞台となった英国北部のカーンフォース(Carnforth)駅の改装工事が終了し、17日オープンするようだ。
来月29日公開の、奥山和由製作、中島多圭子監督「TAIZO」で、戦場カメラマンの故・一ノ瀬泰造の声を坂口憲二が担当しているようだ。
16日カリフォルニア州を遊説で訪れたブッシュ米大統領は、アーノルド・シュワルツェネッガーと会談したようだ。会談後の集会では、シュワルツェネッガーが大統領の紹介に立ったらしい。
パメラ・アンダーソンは、米ケンタッキー・フライド・チキンに対しニワトリの取り扱いを改善するよう訴えている動物保護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)のキャンペーンに参加、「KFCが年間7億5000万羽のニワトリに対し行っている行為は文明的なものではなく受け入れがたい。PETAの友人たちに対応の改善を約束するまで、私はKFCのボイコットを訴え続ける」とする公開書簡を発表したようだ。
アカデミー会員へのノミネート作品のビデオ配布を禁じた米映画協会(MPAA)の方針について、ハリウッド主要映画スタジオ幹部とMPAA会長ジャック・ヴァレンティとの電話会談が16日行われた模様。スタジオ側は禁止措置の緩和を申し入れたようだ。
今週末の米国公開作品では、「悪魔のいけにえ」(1974年)のリメイク"The Texas Chainsaw Massacre"が週末興収2000万ドル〜2500万ドルで1位、ジョン・グリシャム原作、ジョン・キューザック、ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、レイチェル・ワイズら豪華キャスト共演の"Runaway Jury"が1700万ドル〜1800万ドルで2位になると予想されているらしい。
Stan Lee Media社を巡る証券詐欺詐欺容疑で拘留中のハリウッド・プロデューサー、ピーター・ポールは14日、ビル・クリントン前大統領とヒラリー・クリントン上院議員に対する訴訟を起こしたようだ。200万ドルの献金を前大統領夫妻から要求されたことが、証券詐欺罪での起訴につながったと主張しているらしい。
米Revolution Studiosは16日、試合展開に重大な影響を与えてしまう野球ファンを主人公にした映画の企画を発表したようだ。14日のカブス対マリーンズの第6戦で起こったファンの捕球妨害による逆転劇がヒントになったとか。TVシリーズ"The King of Queens"(1998年-)のケヴィン・ジェイムズが主演するらしい。
先日亡くなったジョン・リッターが出演していた米ABCのコメディドラマ「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter")で、ジェイムズ・ガーナーが新たに主人公として出演することになったようだ。
新作ホラー「ゴシカ」("Gothika")に出演したハル・ベリーは「ある晩、マッサージ師と私は、犬がほえる様な不思議な音を聞いたの。マッサージが終わって、財布からお金を出そうとした時、突然冷たい空気を感じたわ。それから、私達は3階を歩き回る音を聞いたので警察を呼んだけれど、結局異常は見つからなかった」と語ったらしい。その出来事の後、ロバート・ダウニーJr.との共演中に腕を骨折したようだ。
エドワード・ノートンは「賞の授賞式がやたらに増えるのには当惑させられるよ。毎週のように同じメンバーが顔を合わせて賞賛しあっているのを見ていたら、アカデミー賞の驚きやインパクトが薄れてしまう」と語ったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、国連親善大使を任命されるに当たって「変わり者という私に対する世間での噂が、あなた方の評判を落とすかも知れませんよ」と国連幹部に語ったらしい。しかし、リスクを負うのは彼女の方だったようだ。「私が寄付を決めたら、殺しの脅迫があった」とか。
ソフト・オン・デマンド社長の高橋がなりの企画・製作、久保直樹の監督による「あゝ!一軒家プロレス」がクランクインしたようだ。プロレスラーの橋本真也が主演を務め、ソニンが共演するらしい。製作費3億円、宣伝費2億円を投入するとか。
岸惠子の小説「風が見ていた」の出版を記念したトークショーが来月4日都内で行われるようだ。実相寺昭雄監督も出席するほか、第2部では「おとうと」(市川崑監督,1960年)も上映されるらしい。
サイモン&ガーファンクルの北米ツアー初日公演が16日ペンシルベニア州で行われ、「卒業」("The Graduate",1967年)の映像を背景に歌った「ミセス・ロビンソン」をはじめ代表曲24曲を熱唱したようだ。
第51回民間放送全国大会が16日都内で開催され、篠田正浩による「私の映像体験〜フィルムからデジタルへ」と題した講義が行われたようだ。
深作欣二監督の遺骨が11日、川崎市内の墓地に納骨されたようだ。来日するクエンティン・タランティーノ監督が墓参りする可能性もあるとか。
Universal Picturesの新作"Bit Players"で、ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、ロバート・デュヴァルの共演が決まったようだ。
「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"で、ジョン・トラヴォルタと共に、ザ・ロックが出演交渉に入っているらしい。
シンガポールの検閲当局は、ジム・シャーマン監督「ロッキー・ホラー・ショー」("The Rocky Horror Picture Show",1975年)の上映を認めたようだ。来月1日に公開されるらしい。
トミー・リー・ジョーンズ主演の新作"Cheer Up"の撮影が14日、テキサス州知事の公邸で行われたようだ。リック・ペリー知事が本人役で出演したらしい。
27日英国で発売されるDVD"Lennon Legend"の試写会が14日ロンドンで行われ、出席したオノ・ヨーコは「ジョンとの生活を思い起こさせる映像はあまりにたくさんあって、製作には大変苦労しました」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでギムリ役を演じたジョン・リス=デイヴィスは、昨年撮影が行われたミニ・シリーズ"La Femme Musketeer"の撮影中の事故で重症を負ったとして、プロデューサーらに対する訴訟を起こしたようだ。
米NBCの人気ドラマ・シリーズ"Law & Order"(1990年-)にレギュラー出演していたアンジー・ハーモン(Angie Harmon)は14日、第1子となる女の子を出産したようだ。
  10/18
深作健太監督が、クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」の予告篇を製作するらしい。来月30日放送のWOWOW「私のシネマ予告編! Part2」でのみ公開されるとか。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のDVDが17日発売され、初日の売り上げは史上最高となる18万740枚を記録した模様。これまでの最高記録は、今月1日に発売された「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 コレクターズ・エディション」の5万1464枚だったとか。
大澤豊監督「アイ・ラヴ・ピース」の完成披露会見が17日都内で行われ、忍足亜希子、三船美佳、宍戸開らが出演したようだ。会見後の完成披露試写会には秋篠宮妃紀子さまも出席したらしい、
アントワン・フークア監督「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun")の公開記念トークショーが17日都内で行われ、梅宮アンナらが出席したようだ。
11年前、米国留学中に射殺された服部剛丈さんの事件を描いたドキュメンタリー映画「世界に轟いた銃声」のビデオ100本が、配給会社から両親の元に届けられたようだ。
国連教育科学文化機関の総会が17日パリで開催され、映画などの芸術、文化表現の多様性の保護を目的とした「文化多様性条約」策定に取り組む決議を採択したようだ。
13日に設立された米PSVRatings社は、映画や音楽、ゲームなど様々なメディアについて「言葉づかい(Profanity)」「セックス(Sex)」「暴力(Violence)」の3項目をそれぞれ緑、黄、赤の3色で分類する、新しい評価システムの提供を始めるようだ。
ロサンゼルス市検察当局は、ビル壁面に描かれた幅30メートル、高さ12メートルの「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")のDVDの広告が、市の広告規制条例に違反しているとして、ビルの所有者を告発したらしい。
米国映画協会(American Film Institute)は17日、メリル・ストリープに特別功労賞を授与すると発表したようだ。来年6月の式典で贈られるらしい。
昨年イスラム過激派グループとコンタクトを取ろうとして誘拐され殺害されたWall Street Journalの特派員ダニエル・パールの回想録"A Mighty Heart: The Brave Life and Death of My Husband Danny Pearl"が映画化されるようだ。Warner Bros.がオプション契約を結んだ模様。
アンジェリーナ・ジョリーは「今、コリン・ファレル、ヴァル・キルマーと一緒に"Alexander"の撮影中よ。『トゥームレイダー3』があるとは思わないけど、今出来る限りのことはやっていきたいわ。その後は、もう一人養子をもらって、それからしばらく休みを取って飛行機の操縦を習いたいの」と語ったようだ。
ネイティヴ・アメリカンを祖先に持つキャメロン・ディアスは、デザイナーDavid Jet Black Horseのアクセサリー1万2000ドル分を購入、喜んだデザイナーはお礼として、彼女にネイティヴ・アメリカン名"Firedancer"を授けたとか。
ドリュー・バリモアは、期待通りのヒットとならなかった「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle",2003年)について「映画の中で、デミ・ムーアが演じたキャラクタはエンジェル達に暗い影を落とすけど、実際にもそうなったわね」と語ったらしい。
歴史超大作"Troy"に主演するブラッド・ピットは、短いスカートのような古代ギリシャ人の衣装について「もちろん、本当のギリシャ人たちはその下に何も身に着けていなかったけど、R指定にされるから、僕らはそうしなかったよ」と語ったようだ。
沖縄県竹富島を舞台にした喜多一郎監督「星砂の島 私の島〜アイランド・ドリーミン〜」が完成し、同島で試写会が行われたようだ。
ウェイン・ニュートンは、今月29日から開催されるラスヴェガス・コメディ・フェスティバルで、ボブ・ホープ特別功労賞を受賞するようだ。
エンターテイメント番組"Access Hollywood"でキャスターを務めるパット・オブライエン(Pat O'Brien)は、GQ誌最新号のインタビューで「いつか(サウスダコタ州の)州知事選に立候補したい。気まぐれで言っているわけじゃなくて、ずっと考えているんだ」と語ったようだ。
"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライス(Heidi Fleiss)の半生を描くTV映画"Going Down: The Rise and Fall of Heidi Fleiss"が製作されるようだ。「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)のジェイミー=リン・ディスカラ(Jamie-Lynn DiScala、旧姓シグラー)が主人公を務めるらしい。
  10/19
New York Post紙は17日、交際中のレオナルド・ディカプリオとジゼル・ブンチェンが結婚すると報じたようだ。
ウォン・カーウァイ監督「2046」撮影が18日上海で再開された模様。木村拓哉も17日に現地入りしたようだ。
「E.T. 20周年アニバーサリー特別版」("E.T. The Extra-Terrestrial: 20th Anniversary Edition",2002年)などを手掛けた映画プロデューサーのマーク・ラッセルや、「ゴジラ」シリーズなどの特技監督で知られる川北紘一らを招いた映画祭が18日、松江市の技術支援施設「テクノアークしまね」で開催されたらしい。
新作"The School of Rock"に主演したジャック・ブラックは「ミリ・ヴァニリ(Milli Vanilli≒口パク)は無しだ。ロック映画をきちっとつくるのは大変なんだ。ほとんどのロック映画はカスだよ。奴らはロックのことを何も分かっちゃいない」と語ったようだ。
家賃の滞納でハリウッド・ヒルズの邸宅から追い出された、と先月報じられたことについて、ヘイデン・クリステンセンは「家主の策略だよ。追い出されたわけじゃない。実際はこういうことさ。ロサンゼルスの家を借りたんだけど、家主はその家を売りたがっていたんだ。僕は、買い取るつもりはなかったから、引っ越すことにしたんだ」と語ったようだ。
ヒラリー・ダフが23日に来日するらしい。
先日亡くなったジョン・リッターが主演していた米ABCのコメディ「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter")に、「恋愛専科」("Rome Adventure",1962年)、「鳥」("The Birds",1963年)や、"The Bob Newhart Show"(1972-1978年)などのTVドラマで知られるベテラン女優、スザンヌ・プレシェット(Suzanne Pleshette)の出演が決まったようだ。 [☆米国版「千と千尋の神隠し」では湯婆婆の声を担当しています]
  10/20
「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")は、故深作欣二監督に捧げられるらしい。
ウォンビンは、映画「素足の青春」への出演契約に違反したとして、製作会社フィルム・ムイから13億5000万ウォンの損害賠償を求める訴訟を起こされたようだ。ウォンビン側は、前所属事務所のJMラインが本人に無断で出演契約を取り交わした、と主張しているらしい。
ヴィンス・ヴォーンは、Revolution Studiosのコメディ"The Break-Up"に主演するらしい。
Icon Productions製作の"Test Drive"は、マディ・ムーア主演"Chasing Liberty"("First Daughter"から改題)を手掛けたデレク・ギレイ(Derek Guiley)とデヴィッド・シュナイダーマン(David Schneiderman)が脚本を担当することになったようだ。
Guns N' Rosesやブリトニー・スピアーズらのクリップなど、これまで260本以上を手掛けた英ミュージック・ビデオのベテラン、ナイジェル・ディック(Nigel Dick)は、マドンナの映画製作会社Maverick Filmsが企画するロマンチック・コメディ"Chasing Fate"で監督を務めるようだ。
Regency Enterprisesが企画する新作ファンタジー映画"Bagloria"で、「スター・トレック/ヴォイジャー」("Star Trek: Voyager",1995-2001年)などを手掛けたロバート・レダーマン(Robert Lederman)が監督を務めるようだ。
「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)のゲイリー・ドゥーダン(Gary Dourdan)は、音楽ビデオ監督サム・スタイルズ(Samm Styles)が手掛けるインディ作品"Black August"に主演が決まったようだ。
来年前半に放送予定の米MTVのTV映画"Monster Island"で、カーメン・エレクトラが本人役で出演するらしい。TVシリーズ「バットマン」("Batman",1966-68年)に主演したアダム・ウェストも、マッド・サイエンティスト役で出演するとか。
ウィル・フェレルが主演するタイトル未定のサッカー・コメディに、ロバート・デュヴァルの共演が決まった模様。
映画賞投票者向けのVHSやDVDを製作するTechnicolor Home Entertainment Servicesの広報担当者は「通常VHSの製作には1週間が必要だが、各々のテープに受取人の名前を焼き付けることも、同じ時間で可能だ」と言っているようだ。
セディク・バルマク(Siddiq Barmak)監督のアフガニスタン映画「アフガン零年 OSAMA」("Osama")が、モントリオールで開催されたNew Movie and New Media Festivalで19日、最高賞を獲得した模様。また、審査員特別賞がモロッコのHakim Belabbes監督の作品"Les fibres de l'ame"("The Soul's Fibers")に贈られたようだ。
ショーン・ウィリアム・スコットは、Paramount Picturesのコメディ"Sebastian Knight"で主人公のCIA捜査官を演じるようだ。
"Saturday Night Live"出身のアナ・ガステヤー(Ana Gasteyer)は、リンゼイ・ローハン(Lindsay Lohan)主演のティーン・コメディ"Mean Girls"で、主人公の母親を演じるらしい。
第30回フランダース国際映画祭の表彰式が18日ベルギーで行われ、ジム・シェリダン監督「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")が大賞を獲得したようだ。
ジョン・ファヴロウ監督、ドリュー・バリモア主演のロマンチック・コメディ"Date School"で、オーウェン・ウィルソンが出演交渉中らしい。
ロサンゼルス映画批評家協会(Los Angeles Film Critics Association)は19日、米映画協会(MPAA)が映画賞投票者へのノミネート作品のビデオ配布の禁止措置を取りやめなければ、今年のロサンゼルス映画批評家協会賞の投票を中止せざるを得ない、と発表したようだ。
全米週末興収は、「悪魔のいけにえ」(1974年)をリメイクした「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre")が2910万ドルで初登場1位となったようだ。先週1位の「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")は1250万で2位に後退、ジョン・グリシャム原作、ジョン・キューザック、ジーン・ハックマン共演の"Runaway Jury"は1210万ドルで3位のスタートとなった模様。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の全米総興収が、公開15週で3億ドルを突破した模様。
19日都内で行われた「キル・ビル」の記者会見に出席したユマ・サーマンは、メディアから渡されたおもちゃの刀を見て「これは映画の中で使ったのとは全然違うわ。"大人のおもちゃ"みたい」と語ったとか。
来日中のクエンティン・タランティーノ監督は、ユマ・サーマン、ルーシー・リュー、千葉真一、栗山千明、ジュリー・ドレフィスらと共に、19日行われた記者会見に出席したようだ。若者達への影響を尋ねられた監督は「そんなこと聞かないでほしいな。若者達に僕が伝えたいのは、古い映画や新しい映画に対する僕の愛と情熱なんだ。僕はアメリカの映画監督というだけではない。この地球の映画監督なんだ。僕の情熱を伝え、若者達の欲求に応えたいんだよ」と語ったようだ。
実在のバスケットボール・チームのコーチを主人公にしたジョー・ロス監督次回作"Willy"で、ジョン・キューザックとアイス・キューブが共演する模様。
ロバート・ロドリゲス監督「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")の予想外の大ヒットで、一部劇場では3Dメガネが不足しているとか。
  10/21
CINEMA@PLALAは21日、「シャンハイ・ナイト」「インファナル・アフェア」「ティアーズ・オブ・ザ・サン」「バッドボーイズ2バッド」などの作品を紹介する「男気特集」をスタートさせたようだ。
井坂聡監督「g@me.」の完成披露試写会が20日都内で行われ、藤木直人、仲間由紀恵らが出席したようだ。
佐々部清監督「半落ち」に、西田敏行が友情出演するようだ。
「男と女」("Un homme et une femme",1966年)の主題歌で知られる、ピエール・バルー(Pierre Barouh)によるボサノバのライヴが、24日から九州各地で開催されるらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーの州知事当選で注目を集めたカリフォルニアの州都サクラメントでは、町おこしへの期待が高まっているとか。
米CATV局のSCI FI Channelなどは、NASAと米空軍に対し、「ニュー・ロズウェル」と呼ばれる1965年のオペンシルヴァニアでのUFO目撃に関する機密文書の公開を求める訴訟を起こすつもりらしい。
キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督、マーロン・ウェイアンズ、ショーン・ウェイアンズ共演の新作コメディ"White Chicks"に、ジェイムズ・キングの出演が決まったようだ。
ジョン・ムーア監督、デニス・クエイド主演による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクで、トニー・カランの共演が決まったようだ。
デニス・クエイドは、「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy",2002年)のクリス・ワイツ, ポール・ワイツ兄弟脚本監督によるコメディ"Synergy"の主演に向けて交渉中のようだ。
第76回アカデミー賞外国語映画部門には、これまでで最も多い55作品が出品されたようだ。
米映画協会(MPAA)とハリウッドの映画スタジオは、MPAAが先月末に発表した映画賞投票者へのノミネート作品のビデオの配布禁止措置について、DVDではなくビデオテープのみ配布を認める妥協案で間もなく合意する模様。
米Caterpillar社が商標権の侵害を理由に、21日発売のビデオ映画"George of the Jungle 2"の販売差し止めをWalt Disneyに求めていた訴訟で、イリノイ州の連邦裁判所は20日、Caterpillar社側の訴えを退けたようだ。
フロリダ州知事のジェブ・ブッシュ(Jeb Bush)は、2期目が終了する2007年までに、映画、TV、音楽産業のトップグループとの相互関係を築きたいと言っているようだ。本人も大の映画好きで、毎週のように映画館に通っているらしい。
英国週末興収は、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が960万ポンドで先週に引き続き1位を獲得、クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")は430万ドルで2位のスタートとなった模様。
北米を除く世界週末興収は、50地域で公開中の「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")が1620万ドルを記録し、先週に引き続きトップとなった模様。「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")が1060万ドルで2位、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が1010万ドルで3位と続いたようだ。
10年間に渡って所属していたCreative Artists Agencyとの契約を解消したマイケル・ベイ監督は、新たにWilliam Morris Agencyと契約を結んだ模様。今後は、アクションではなく、よりリスキーで型破りな作品に取り組みたいと言っているらしい。
アン・ホルム(Anne Holm)の小説"North to Freedom"に基づく、ジム・カヴィーゼル、ジョーン・プロウライト共演の映画"I Am David"について、Artisan EntertainmentとWalden Mediaは、北米での共同配給を行うと発表したようだ。
Universal Domestic Televisionは、ジェニファー・ロペスの妹リンダ・ロペスが司会を務めるトーク番組を制作するようだ。
ロバート・デ・ニーロが前立腺がんと診断されたらしい。
"Carmen Electra's Aerobic Striptease"のDVD全5巻が発売されるようだ。出演するカーメン・エレクトラは「ストリッパーたちは最高のボディを持っているわ。彼女達が一晩中踊っているからよ。彼女達の動きをフィットネスに取り入れれば、自信を高め、セクシーさを感じ、そして驚くほどのエクササイズ効果を得ることが出来るの」と語ったとか。
TVシリーズ「マッシュMASH」("M*A*S*H",1972-83年)や「ハート・オブ・ウーマン」("What Women Want",2000年)などの出演作で知られる俳優のアラン・アルダは19日、司会を務める米PBSのドキュメンタリー番組"Scientific American Frontiers"(1990年-)の撮影で訪れていたチリで、腸閉塞のため緊急入院し手術を受けたようだ。
英Informa Media Groupは20日、インターネット上での映画配信産業は2010年までに年間8億ドルの市場規模になり得るものの、海賊版の違法なダウンロードがなくなれば13億ドルを上回る、との試算を発表したようだ。同社の推定によると、現在全世界で1日14万4000本もの映画が違法にダウンロードされているとか。
インターネット映画配信サービスの米Movielinkは20日、インターネット・ポータルのLycosと共同ブランド契約を結んだと発表した模様。
18日閉幕した第30回フランダース国際映画祭で、イム・サンス監督「浮気をした家族」が、監督賞に当たるRobert Wise Awardを受賞したようだ。
昨年父ブルース・パルトロウを失くしたグウィネス・パルトロウは、いまだにその痛手から立ち直っていないようだ。「何日かは気分のいい日もあるけど、その後3、4日は落ち込んでいるの。でも、何とか前に進み続けている。どうすればいいのかよく分からないけど、自分の気持ちを切り離すのではなく、向き合うようにしているわ」と語ったらしい。
コートニー・コックスは夫デヴィッド・アークエットとレストランを訪れた帰り、パパラッチに囲まれ車で走り去ろうとしたところ、5回もエンストしてしまったらしい。「1957年型のChevrolet Chevyに乗っていったの。美しい車よ。とっても控えめな・・・紫色で炎が描かれているの!でも、デヴィッドは車を出すことが出来なかった。私は一生懸命笑顔を作っていたけど、とっても恥ずかしかったわ」と語ったとか。
新作"Alexander"のため髪の毛を金髪にしたコリン・ファレルは「軟弱なサーファーボーイみたいだ」と嫌がっているとか。「女性よりもゲイの男が寄ってくる」ので、出かける時は帽子を被っているらしい。
オリヴァー・ストーン監督"Alexander"で共演したアンジェリーナ・ジョリーとヴァル・キルマーに、ロマンスの噂があるらしい。
テレビ東京「ウラ関根TV」の収録が20日都内で行われ、千葉真一がゲスト出演したようだ。
三池崇史監督「着信アリ」の主題歌が、柴咲コウが歌う新曲「いくつかの空」に決まったようだ。秋元康が作詞を務めたらしい。
「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")のマスコミ向け試写会が19日、ハリウッドのワーナースタジオで行われ、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、製作のジョエル・シルヴァーらが出席したようだ。招待されたのは、世界30ヶ国80人の報道関係者のみだったらしい。先週木曜日に完全に完成したばかりとか。
ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニングの共演が決まっているジョン・ポルソン監督の新作"Hide and Seek"に、ファムケ・ヤンセンが出演するようだ。
Microsoftは、無料映像配信サービスMSN Videoのβ版をリリースした模様。MSNBC.comが提供する各種ニュースや映画予告篇などの映像を視聴できるらしい。
バーバラ・コップル監督の"Havoc"で共演予定だったマンディ・ムーアとジェナ・マローンが降板、代わってアン・ハサウェイとビジュー・フィリップスの出演が決まったようだ。
ハル・ベリーは、ジョエル・シルヴァーに「(今年の)新年から仕事がない」ともらしたことがきっかけで、「ゴシカ」("Gothika")への出演が決まったらしい。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre")の続編企画が動き出したらしい。
リチャード・ケリー監督「ドニー・ダーコ」("Donnie Darko",2001年)のディレクターズ・カット版が来年3月に米国で上映されるらしい。
  10/22
張加貝監督「歌舞伎町案内人」の製作発表が21日都内で行われ、主演のチューヤンと坂井真紀が出席したようだ。
第16回東京国際映画祭で来月2日に上映される北村龍平監督、釈由美子主演「スカイハイ 劇場版」の舞台挨拶が、全国4ヶ所の会場とインターネット上で生中継されるらしい。
今年2月に焼鳥店経営の男性と結婚した小松千春が、妊娠3ヶ月らしい。出産後には女優業に復帰する予定のようだ。
「すべては愛のために」("Beyond Borders")のプレミアが20日ニューヨークで行われ、主演のアンジェリーナ・ジョリーらと共に、アナン国連事務総長も出席したようだ。
塩田明彦監督、草なぎ剛主演の「黄泉がえり」が、31日から韓国の100館以上の映画館で上映されるらしい。
ジャン=クロード・ブリソウ監督「ひめごと」("Choses Secretes",2002年)のギャル限定試写会が21日都内で行われ、六條華らが参加したようだ。
小津安二郎監督が晩年に仕事場とした別荘「無芸荘」が、蓼科高原の通称"プール平"に移築され、21日完成式が行われたようだ。来月1日から開催される第六回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭で無料公開されるらしい。
2007年世界陸上選手権の組織委員会設立総会が21日、開催地の大阪市で行われ、理事に高橋尚子や篠田正浩監督が加わると発表したようだ。
まもなく全米公開となるマーティン・キャンベル監督「すべては愛のために」("Beyond Borders")に主演したアンジェリーナ・ジョリーは「5年前に脚本を読んだときとても感動しましたが、その背景については何も知りませんでした。そして、シエラレオネを訪れて、私の人生は大きく変わりました。これほどの恐怖と苦痛を目の当たりにしたことはありませんでした」と語ったようだ。
パトリシア・カルドーゾ(Patricia Cardoso)監督の"Real Women Have Curves"に出演したアメリカ・フェレーラ(America Ferrera)は、新人ジョージナ・ガルシア・リーデル(Georgina Garcia Riedel)の脚本・監督によるインディ作品"How the Garcia Girls Spent Their Summer"に主演するようだ。今月からアリゾナで撮影が開始されるらしい。
サンドラ・ブロックは「デンジャラス・ビューティー」("Miss Congeniality",2000年)の続編で主演と製作を務めることで、Warner Bros.と合意した模様。また、サンドラ・ブロックの製作会社Fortis FilmsとWarner Bros.は2年間の延長契約を結んだようだ。
トム・ハンクスの映画製作会社Playtone Productionsは、ピュリッツァー賞作家デヴィッド・マラニス(David Maraniss)の著書"They Marched Into Sunlight: War and Peace Vietnam and America October 1967"の映画化権についてオプション契約を結んだようだ。
ロンドンで出会った若者にフーリガンの世界へと導かれていく大学生を描く、レクシー・アレクサンダー(Lexi Alexander)監督のインディ作品"Hooligans"で、イライジャ・ウッドと「ケイティ」("Abandon",2002年)のチャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)が共演するようだ。
ジェイムズ・ブローリン主演でロナルド・レーガン元米大統領を描く、来月CBSで放送のTVミニシリーズ"The Reagans"について、長男のマイケル・レーガンは「このミニシリーズは、概して父にとって好ましくないものになるだろう。ハリウッドは自由主義左派に乗っ取られた」と語ったらしい。
2002年3月にライザ・ミネリと結婚したデヴィッド・ジェスト(David Gest)は、今年6月ロンドンのホテルで、酔ったミネリにランプを投げつけられた上に顔を殴られたため、恒常的な頭痛が残ったとして、ミネリに対し1000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
ハル・ベリーとブリトニー・スピアーズは18日放送の"Saturday Night Live"にゲスト出演したようだ。
アシュトン・カッチャーとデミ・ムーアは、来年のヴァレンタイン・デーにラスヴェガスでの結婚式を計画しているらしい。100万ドルの豪華な式になるとか。
クライヴ・オーウェンが次期007候補に挙がっていることについて、ピアース・ブロスナンは「彼が望むなら楽々と演じることが出来るだろう。もうしばらく待つ必要があるけどね」と発言したようだ。
新作「ゴシカ」("Gothika")で、ハル・ベリーの腕を骨折させてしまったことについて、ロバート・ダウニーJr.は「あれは事故だった。彼女がまだ怒っているとしたら、申し訳なく思う」と謝罪したようだ。
団鬼六の「花と蛇」が、杉本彩の主演で6度目の映画化、石井隆が監督を務めたようだ。
シンクウェアは、KDDIの新サービス「CDMA 1X WIN」向けに、映画紹介番組「CinemaXpress*BB*」を配信すると発表したようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が興収3億ドルを越える大ヒットとなったことから、続編を1度の撮影で複数本製作することも検討されているらしい。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは「時期尚早だ」と明言を避けた模様。
「ナーク」("Narc",2002年)のジョー・カーナハン監督は、18歳の時に執筆した処女脚本を自ら映画化するらしい。"Mission: Impossible 3"の後になる模様。
「メリー・ポピンズ」("Mary Poppins",1964年)が英国でミュージカル舞台化されるようだ。ウェストエンドで2004年12月15日から上演される予定らしい。
ポール・W・S・アンダーソン監督"Alien vs. Predator"は、古代アステカから物語が始まるとか。まもなくプラハでの撮影が始まるようだ。
  10/23
来年9月に開催されるウラジオストク国際映画祭に、淺井康博の初監督・主演作品「逢いたい」が招待されるようだ。
27日発売のオリジナルコンフィデンス誌で、ビートたけしとホアキン・コルテスが対談しているらしい。
今年5月、SARSに苦しむ市民を勇気付けるために製作された、チャウ・シンチーら15人の監督、トニー・レオン、アンディ・ラウ、アーロン・クォックらの出演による短編オムニバス「1:99」のDVDが、来年1月21日、日本で発売されるようだ。
庵野秀明監督「キューティーハニー」の製作発表が22日都内で行われ、佐藤江梨子、及川光博、片桐はいり、篠井英介らが出席したようだ。永井豪もカメオ出演するらしい。
リース・ウィザースプーン主演「キューティ・ブロンド ハッピーMAX」("Legally Blonde 2: Red, White & Blonde")の特別試写会が22日都内で行われ、辺見えみりがチワワ犬とペアルックで登場したようだ。
窪塚洋介から暴行を受けたとしていた雑誌カメラマンは22日、告訴を取り下げたようだ。神奈川県警浦賀署は、23日に暴行容疑で書類送検する模様。
ソニーは23日、9月中間連結決算を発表、売上高は前年同期比3.2%減の3兆4007億円、純利益は66.4%減の340億円だったようだ。映画部門も赤字となった模様。
ベルリン国際映画祭の事務局は22日、監督や俳優、脚本家を目指す若者を育成する"タレント・キャンパス"を今年に引き続き、来年2月の映画祭に合わせて実施する、と発表したようだ。現在参加者を募集中らしい。
暴行を受けたとして夫デヴィッド・ジェスト(David Gest)から提訴されたライザ・ミネリは、夫の主張を否定したようだ。
Walt Disneyは、ベティ・トーマス監督、ベン・アフレック主演でスタートしていたウェディング・コメディ"Ghosts of Girlfriends Past"の製作中止を決定した模様。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は22日、著作権の尊重を訴える"Movies. They're Worth It"(「映画。その価値あるもの」)と題したキャンペーンの一環として、映画館向け公共広告の第2弾を24日から全国5000の劇場で上映する、と発表したようだ。今回は、スタントマンとして活躍するManny Perry氏が登場するらしい。
レニー・ゼルウィガー主演による「ブリジット・ジョーンズの日記」("Bridget Jones's Diary",2001年)の続編"Bridget Jones: The Edge of Reason"で、「ルール2」("Urban Legends: Final Cut",2000年)などに出演しているジャシンダ・バレット(Jacinda Barrett)の共演が決まったらしい。
来年1月からバンクーバーで撮影がスタートする、新人監督パット・ホールデン(Pat Holden)のコメディ"The Long Weekend"で、クリス・クラインとブレンダン・フェアが共演するようだ。
米Universal Picturesは、マーク・ペレス(Mark Perez)によるカレッジ・コメディの脚本を125万ドルで獲得したようだ。トム・シャドヤックのShady Acres Productionが製作を手掛けるものの、シャドヤックは監督しない模様。
Miramax Filmsは、アンドリュー・ラウ監督「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs")の、北米、メキシコを除く南米、イタリア、スペインでの配給権を獲得した模様。
「猿の惑星」("Planet of the Apes",1968年)の公開35周年を記念した、2枚組みDVDボックスセットが来年2月3日に米国でリリースされるようだ。劇場公開時のアスペクト比により近いアナモルフィック・ワイドスクリーン(anamorphic widescreen)での収録となるほか、DTS音声、未公開映像、ロディ・マクドールやジェリー・ゴールドスミスらによるオーディオ・コメンタリーなども収録される予定とか。
「アドベンチャーズ・オブ・インディージョーンズ コンプリートDVDコレクション」("The Adventures of Indiana Jones - The Complete DVD Movie Collection")が21日米国でリリースされ、初日だけで60万セットの売り上げを記録したらしい。
昨年、パレスチナは国家と認められておらず資格がないとして、アカデミー賞への出品が取り下げられた、エリア・スレイマン監督「D.I.」("Intervention Divine")が、第76回アカデミー賞外国語映画部門に出品されたようだ。
22日開幕した第47回ロンドン映画祭で、メグ・ライアン主演「イン・ザ・カット」("In the Cut")がプレミア上映されたようだ。
来月リリースされるブリトニー・スピアーズのニューアルバム"Get in the Zone"には、ジャスティン・ティンバーレイクへの謝罪と関係の修復を請うかのような詩の曲(タイトル未定)が含まれているらしい。
キルスティン・ダンストは「『チャーリーズ・エンジェル』を見たけど、キャメロン・ディアスのボディは完璧に鍛え上げられていた。彼女のボディを私に合成して欲しいわ。それに、ケイト・モスのような細い体にも憧れているの。彼女は大好きなモデルよ」と語ったようだ。
来月12日に復刊する「野性時代」の表紙に、3号連続で柴咲コウが登場するらしい。
黒澤優は19日、第2子となる男の子を出産したようだ。
キャロル・ライ監督の新作「戀之風景」が16日香港で公開され、大ヒットとなっているらしい。
ラッセル・クロウ率いるRussell Crowe & Thirty Odd Foot Of Gruntsのニューアルバム"Other Ways Of Speaking"が22日発売されたようだ。
メル・ギブソンは、監督作"The Passion of Christ"の北米配給について、Newmarketと契約を結んだようだ。ギブソンは来年2月25日の"灰の水曜日"の公開を希望しているらしい。
「600万ドルの男」("The Six Million Dollar Man",1974-1978年)がトッド・フィリップス監督、ジム・キャリー主演で映画化されるらしい。
ロバート・レッドフォードの次回監督作は、ロマンティック・スリラー"The Company You Keep"になるようだ。
「ウォレスとグルミット」シリーズの最新劇場用長編"The Great Vegetable Plot"で、レナ・ボナム・カーターとレイフ・ファインズが声優を務めるらしい。
「トレインスポッティング」("Trainspotting",1996年)の続編"Porno"に、ロバート・カーライルの出演が決まった模様。ユアン・マクレガーの出演はまだ未定のようだ。
「馬上の間諜」("Trailin' West",1949年)、「流砂」("Quicksand",1950年)、「ローハイド」("Rawhide",1951年)、「真昼の決闘」("High Noon",1952年)など数多くの作品で、主に悪役として活躍した、米俳優のジャック・エラム(Jack Elam)さんが20日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ガス・ヴァン・サント監督「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」("Good Will Hunting",1997年)の主題歌"Miss Misery"でアカデミー賞にもノミネートされた、シンガー・ソングライターのエリオット・スミス(Elliott Smith)さんが21日亡くなった(34歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆自殺だったようです]
ポール・シュレイダーが降板した「エクソシスト・ザ・ビギニング」("Exorcist: The Beginning")の監督に、レニー・ハーリンが起用された模様。一部撮り直しも行われるらしい。
フィリップ・プルマン(Philip Pullman)の児童書「ライラの冒険」("His Dark Materials")シリーズの映画化で、リドリー・スコットが監督として加わっているらしい。
  10/24
「萌の朱雀」(1997年)、「火垂」(2000年)、「沙羅双樹」(2003年)など河P直美監督作品の上映と、監督を招いた講演会が、来月2日と3日に前橋市の群馬会館で開催されるようだ。
ヴィン・ディーゼル主演「ブルドッグ」("A Man Apart",2003年)のTVCMに、高山が出演しているらしい。
雑誌カメラマンへの暴行で書類送検された窪塚洋介は、代理人を通じてカメラマンに謝罪、22日示談が成立していたようだ。
中島多圭子監督のドキュメンタリー映画「TAIZO」のナレーション収録が行われ、坂口憲二らが参加したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは23日、カリフォルニア州サクラメントの州庁舎を訪れ、グレイ・デイヴィス現知事と知事職の業務引継ぎを行ったようだ。
米HBOは、トム・ハンクス、スティーヴン・スピルバーグ共同制作のTVミニシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」("Band of Brothers",2001年)の放映権販売をCATV各局に打診しているようだ。History Channelが興味を示しているらしい。
ブリトニー・スピアーズに対するストーカー行為で270メートル以内への接近禁止命令を受けた、横浜市在住のMasahiko Shizawaは23日、スピアーズのボディガードに銃口を突きつけられ精神的苦痛を受けたとして、ボディガードを告訴したらしい。
"Taxi"のハリウッド・リメイク版を手掛けた脚本家トーマス・レノン(Thomas Lennon)とロバート・ベン・グラント(Robert Ben Garant)は、TVシリーズ"Herbie the Love Bug"(1982年)の映画化の脚本を担当することで、Walt Disneyと契約したようだ。
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンが共演するNew Line Cinemaの新作"The Wedding Crashers"で脚本を担当するスティーヴ・フェイバー(Steve Faber)とボブ・フィッシャー(Bob Fisher)は、同じくNew Line Cinemaの"Moving Day"で再びコンビを組むようだ。
今週末の米国公開作品では、3500スクリーンで公開される大ヒットシリーズ第3作"Scary Movie 3"が3000万ドルの週末興収でトップになると見られているほか、3000スクリーンで公開のキューバ・グッディングJr.主演"Radio"、1800スクリーンで公開のアンジェリーナ・ジョリー主演「すべては愛のために」("Beyond Borders")などが注目を集めているらしい。
アンジェリーナ・ジョリー主演「すべては愛のために」("Beyond Borders")、Walt Disneyの"The Miracle"、デヴィッド・R・エリス監督の新作スリラー"Cellular"と立て続けに新作に出演するノア・エメリッヒは「この間なんか、12時間を"Cellular"のセットで過ごして、その後は僕の映画製作会社のオフィスに直行して電話と会議の世界に突入さ。オフィスに来て2、3時間経った頃、メイクを落としていなかったことに気づいたよ」と語ったとか。
Marvelコミックのキャラクタ"Man-Thing"の映画化が進行中のようだ。IMAX-3D映画「ジークフリート&ロイ マジック・ボックス IN 3D」("Siegfried & Roy: The Magic Box")などを手掛けたブレット・レナードが監督を務め、ジャック・トンプソン、ラウィリ・パラティーンらが出演しているらしい。来年8月27日の公開も決まった模様。
キルスティン・ダンストとアシュトン・カッチャーが共演する、キャメロン・クロウ監督の新作"Elizabethtown"は、撮影開始が来年1月から来春に延期となった模様。監督が希望したらしい。
米ABCは24日、来月23日に収録予定だった「リアリティ番組賞」の企画を中止すると発表したようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)が先月末に発表した、アカデミー賞投票者へのビデオ配布禁止措置への抗議を受けて、MPAAは23日、特別に暗号化されたビデオテープの配布を認める、とする妥協案を発表したようだ。ただし、アカデミー賞以外の審査員への配布は依然として禁止しているため、この妥協案に対しても反対の声は挙がっているものの、MPAAのジャック・ヴァレンティ会長は、これが最終決定であると明言したらしい。
キリスト最後の12時間を描く、メル・ギブソン監督"The Passion of Christ"の米国公開が、来年2月25日(灰の水曜日)に決まった模様。
AT&T研究所の調査によると、インターネット上で不法に交換されている人気映画の77%が、映画業界で働く人々によって持ち出されたものである、という実態が明らかとなったようだ。
Daft Punkの原案、松本零士の総設定・デザインによる、竹之内和久監督のアニメーション作品「インターステラ 5555」("Interstella 5555: The 5tory of the 5ecret 5tar 5ystem",2003年)が、12月3日DVDリリースされるらしい。松本零士のインタビューなどの特典映像なども収録されているらしい。
ヘイデン・クリステンセンは卓球が好きらしい。「僕は強いよ。"Shattered Glass"の撮影中もセットに卓球台を用意させて、撮影の合間はいつもピーター・サースガードや兄弟のトーヴ(Tove)と試合をしていたんだ」と語ったようだ。
新作"Chasing Liberty"で、英国俳優マシュー・グード(Matthew Goode)と共演したマンディ・ムーアは「彼はとってもゴージャスな英国俳優で、若いヒュー・グラントみたいな感じ。みんな映画の中の彼に恋をすると思うわ。だって私もそうだったから」と語ったらしい。
ジェシカ・アルバ主演の新作映画"Honey"に、ミッシー・エリオット(Missy Elliott)がカメオ出演しているらしい。
全米No1ヒットとなった「テキサス・チェーンソー」("Texas Chainsaw Massacre")に主演したジェシカ・ビールは「人里はなれたところでの撮影だったので、トイレにいくのも怖かったの。森から誰かが出てくるだけでも怖かったけど、手のひらほどの大きさのクモにはゾッとしたわ」と語ったようだ。
昨年婚約も伝えられたマット・デイモンとオデッサ・ホイットマイア(Odessa Whitmire)が破局したらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、息子マドックスが誘拐され殺される危険もあるとの警告を受け、チェチェン行きを取りやめたようだ。「子供がいる以上、自分の命を危険にさらすことは出来ません。でも、子供を持つ数百万の難民の人々はどうなるのでしょう?彼らも私の息子と同じです。息子もそういう国からやってきたのですから」と語ったようだ。
TVコメディ"What's Happening!!"(1976-1979年)で知られるほか、現在米国公開中の映画"Dickie Roberts: Former Child Star"に本人役で出演していた、米俳優のフレッド・ベリー(Fred Berry)さんが亡くなった(52歳)。ご冥福をお祈りいたします。
日本サムスンは、「マトリックス」に登場する携帯電話「SPH-N270」を、来月1日からYahoo!オークションに出品すると発表したようだ。
ニコラス・ケイジ主演"Ghost Rider"を手掛けるマーク・スティーヴン・ジョンソン監督は、MGMのホラー映画"Succubus"で監督を務めるようだ。
ケネス・ロナーガン(Kenneth Lonergan)監督次回作は、バスの事故を目撃した17歳の少女を主人公に描く"Margaret"になる模様。シドニー・ポラックとアンソニー・ミンゲラが製作を務めるようだ。
スティーヴ・ブシェミは監督第3作"Lonesome Jim"の撮影を来年2月にスタートするようだ。リヴ・タイラーとケイシー・アフレックが共演するらしい。
ハリソン・フォードは回旋腱板の手術を受けたようだ。 [☆五十肩?]
9月にアンナ・リンド(Anna Lindh)スウェーデン外務大臣が暗殺された事件で、容疑者として逮捕された男性が、トム・クルーズを弁護士に雇いたいと言っているらしい。「ア・フュー・グッドメン」("A Few Good Men",1992年)を見て感銘を受けたとか。 [☆「ザ・ファーム/法律事務所」("The Firm",1993年)もあります]
ジェニファー・ロペスとCoty社による香水ブランド"Glow by J. Lo"に対し、Glow Industries社が商標権の侵害を訴えていた問題について、22日両者は和解を発表したようだ。
  10/25
民放系BS放送局5局とテレビメーカー6社は、BSデジタル放送普及のための企画として、B'zの北米ライブツアーの模様を放送する特別番組を共同制作するようだ。
川崎市内の倉庫で25日、映画撮影実習をしていた日本映画学校の生徒7人が、気分の悪さを訴え病院に運ばれたようだ。発電機の排ガスによる一酸化炭素中毒だったようだ。
東北芸術工科大東北文化研究センターの研究員と大学生らが製作したドキュメンタリー映画「牛房野のカノカブ―山形県尾花沢市牛房野の焼畑」が、第23回「地方の時代」映像祭で市民自治体部門の優秀賞に選ばれたようだ。
福岡市総合図書館映像ホール・シネラで来月1日から「フィリピン映画祭」が開催されるようだ。現存する最古のフィリピン映画「まことの母」(1939年)なども上映されるらしい。
全国59のフィルムコミッションや映像制作関係者、国土交通省などが参加する全国会議「文化力としてのフィルムコミッション」が24日都内で行われたようだ。
イランで開催された第48回アジア太平洋映画祭で、大森一樹監督「T.R.Y.」(2003年)の織田裕二が主演男優賞に選ばれたようだ。
DVDブームのおかげで米国では、「ZOMBIO/死霊のしたたり」("Re-Animator",1985年)、「ゾンゲリア」("Dead and Buried",1980年)、「ハウリング」("The Howling",1981年)、「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)などのカルト・ホラーが続々とDVDで登場しているらしい。
米Forbes誌は、故人の著名人長者番付を発表、エルヴィス・プレスリーが4000万ドルで3年連続1位となったようだ。2位は「Peanuts」のチャールズ・シュルツ、3位は「指輪物語」のJ・R・R・トールキンで、マリリン・モンローも10位に入ったらしい。
米NBCのTVドラマシリーズ"Crossing Jordan"(2001年-)は、主演のジル・ヘネシー(Jill Hennessy)が先日誕生した子供と過ごす時間が欲しいと希望、第3シーズンの制作開始が来年1月に延期されたようだ。
チャーリー・シーン、デニース・リチャーズ夫妻は、5匹の犬と3匹の猫を飼っているとか。
中山忍は、故郷の秋田県横手市にある実家のイタリアンレストランで、デビュー15周年記念イベントを開くらしい。
「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",1979年)がリメイクされるらしい。マイケル・ベイらが製作を手掛けるようだ。
レニー・ハーリン監督が引き継いだ「エクソシスト・ザ・ビギニング」("Exorcist: The Beginning")の再撮影は、来月半ばから6週間にわたって行われる模様。
来月7日から南アフリカで撮影が始まる、実話を基にした作品"Drum"で、テイ・ディグスの主演が決まったようだ。
今月28日からプラハで撮影がスタートするポール・W・S・アンダーソン監督"Alien vs. Predator"は、サナ・レイサン(Sanaa Lathan)が主演、「トスカーナの休日」("Under the Tuscan Sun",2003年)に出演したイタリア人俳優ラウル・ボヴァ(Raoul Bova)も出演するようだ。
ピーター・フォンダの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
ユニセフ親善大使としてカンボジアを訪れているロジャー・ムーアは、ヨード不足による病気を予防するためのヨード添加塩の普及を訴えたようだ。
  10/26
「スカイハイ 劇場版」のPRトークショーが25日HMV渋谷で行われ、釈由美子、北村龍平監督らが参加したようだ。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」が25日、全国377スクリーンで公開されたようだ。興収50億円を見込んでいるとか。
西川美和監督「蛇イチゴ」の舞台挨拶が25日大阪市内の劇場で行われ、西川監督とプロデュースを務めた是枝裕和が出席したようだ。
森田芳光監督「阿修羅のごとく」のPR会見が25日大阪市内で行われ、森田監督と黒木瞳が出席したようだ。
名古屋市内の繁華街でアダルトビデオを撮影したとして、女優の清水あゆみら3人が逮捕されたようだ。
次期007役にクライヴ・オーウェンの名前が挙がっていることについて、アンジェリーナ・ジョリーは「彼のように魅力的で強い主演俳優は、ここしばらく登場しなかったわね。彼は魅力的な男性だし、2人の子供と妻を大切にする家庭的な人。彼は素敵よ」と語ったようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")にカメオ出演したPinkは「もっと映画に出たいわ。演技を学びたいとは思わない。私の恵まれた才能を使いたいの。小規模なインディ系の作品がいいわね。メジャー作品に出るのは簡単だけど、興味はないわ」と語ったようだ。
ニコール・キッドマンとレニー・クラヴィッツが半年以内に結婚する、と彼らの友人達は噂しているとか。
ダニエル・ラドクリフは、シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")への出演を決めた模様。
薬物所持による懲役刑とリハビリの後に初めて主演した"The Singing Detective"について、ロバート・ダウニーJr.は「気持ちをしっかり持ち、十分なサポートが得られれば、絶望的な状況からでも奇跡的な回復を果たすことが出来る。これは、成長の過程についての映画だと思うよ」と語ったようだ。
荒戸源次郎監督「赤目四十八瀧心中未遂」が25日初日を迎え、寺島しのぶ、内田裕也、大楠道代、大西滝次郎らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。林海象監督が進行役を務めたらしい。
  10/27
先月なくなった夢路いとしさんのお別れの会が27日大阪市内で行われ、喜味こいし、桂米朝、藤田まこと、京唄子ら400人が訪れたようだ。
「劇場版とっとこハム太郎 ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡」のアフレコ収録が26日都内で行われ、安倍なつみ、ミカ、高橋愛、辻希美、加護亜依らが参加したようだ。
犬童一心監督「死に花」の概要が26日発表されたようだ。老人ホームが舞台の作品で、山崎努、宇津井健、青島幸男、藤岡琢也、谷啓、長門勇、森繁久彌、松原智恵子らが共演するらしい。
「マタンゴ」(本多猪四郎監督,1963年)、「伊豆の踊子」(恩地日出夫監督,1967年)、「はだしのゲン」(山田典吾監督,1976年)、「ゴジラVSビオランテ」(大森一樹監督,1989年)など数多くの作品を手掛けた、映画美術監督の育野重一さんが26日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
イラクからの撤退を求める反戦デモが25日、ワシントンとサンフランシスコで行われ、「7月4日に生まれて」("Born on the Fourth of July",1989年)の原作者ロン・コヴィック(Ron Kovic)らも参加したようだ。
日本貿易振興機構は、国内独立プロ製作の映画の海外展開を支援するため、来年から国際映画見本市への参加費補助や商談支援などを行う事業をスタートするようだ。
女性誌Rosieに関する提携の破棄について、ロージー・オドネルと出版社Gruner+Jahrの双方が訴訟を起こしていた問題は、今週ニューヨークで裁判が始まるようだ。
米HBOと英BBCは、古代ローマを舞台にしたドラマシリーズ"Rome"を共同制作するようだ。制作は来年からスタートし、放送は2005年になる模様。全12話で制作費は1話当たり500万ドルとか。
アメリカの優れたコメディアンに贈られるマーク・トウェイン賞(Mark Twain Prize for American Humor)の授賞式が16日ワシントンで行われ、リリー・トムリンに賞が贈られたようだ。
全米週末興収は、大ヒットシリーズ第3弾"Scary Movie 3"が、10月公開作品としては史上最高の4970万ドルを記録し、No.1を獲得した模様。キューバ・グッディングJr.主演"Radio"は1400万ドルで3位、アンジェリーナ・ジョリー主演「すべては愛のために」("Beyond Borders")は200万ドルで11位の低調なスタートとなったようだ。
3枚目のアルバムとなるカバー曲集"Coverage"をリリースしたマンディ・ムーアは「レーベルは私がレコーディングしていることは知っていたけど、どんなレコードを作っているかは知らなかった。コンセプトに不安があったし、彼らが気に入るかどうか自信がなかったのよ。でも、情熱を感じていたし、みんなに『この曲を歌うべきじゃなかった』と言われないようにしたかった」と語ったようだ。
25日ラスヴェガスで開催されたボディービル・コンテストMr. Olympiaで、アーノルド・シュワルツェネッガー特別ゲストとして招待され、プレゼンターを務めたらしい。
メグ・ライアンは11歳の息子ジャックと「ミニミニ大作戦」("The Italian Job",2003年)を観に行ったらしい。「カーチェイスがたっぷりのクールな映画だったわ。それにとっても役に立ったのよ。映画が終わってジャックと車に戻ったら、パパラッチのバンが5台待ち伏せしていたの。何度か素早くカーブを切って、巻いてやったわ」と語ったとか。
イーサン・ホークと別居中のユマ・サーマンは、子供たちのために関係を修復したい、とVanity Fair誌に語ったようだ。
いつもズボンにスポーツ・シューズという地味な格好で登場するエレン・デジェネレスは、ファン達がもっと女性的な衣装を着て欲しいとの嘆願を受けて、1日だけファンの望みを叶えることに決めたらしい。「みんなを喜ばせることは出来ないわ。長いことこの格好だから着心地がいいのよ。でも、1日だけ挑戦してみることにしたわ。皆さん、私のどこをどんな風に変えて欲しいのか、アイデアを教えてちょうだい!」と語ったとか。
今月初めにラスヴェガスで開催された有名人ポーカー大会に出席したベン・アフレックは、その後レストランで高級ワイン1本を空けてしまったらしい。
ニコール・キッドマンは、Chanel No.5のイメージキャラクタに起用されたようだ。12月から撮影が行われるCMシリーズは、バズ・ラーマンが手掛けるらしい。
デミ・ムーアと交際中のアシュトン・カッチャーは「彼女は僕の全てだ。ユーモアがあって、優しくて、どんなことも彼女の望みのまま。それに成長していく子供たちとの生活は、信じられないほど素晴らしいことだよ」と語ったようだ。
ディズニー・アニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")のヒットのおかげで、米国の子供たちは飼っていた魚を海に帰してあげようとトイレに流してしまうケースが多発しているとか。声優を務めたエレン・デジェネレスは「帰してあげようという気持ちはえらいけど、トイレに流すのはよくないことよ」と呼びかけているとか。
25日に日本公開となったクエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」は、公開2日間で、観客動員数26万人、興収3億8400万円を記録したようだ。
ハル・ベリー演じるジンクスを主人公にした007のスピンオフ企画について、MGMは中止を決めたようだ。
  10/28
東宝は28日、2003年8月中間連結決算を発表、純利益は前年同期比25%増の59億円となったようだ。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」などの大ヒットが寄与した模様。
スカイパーフェクTV!などで放送中のナショナル・ジオグラフィック・チャンネルは、来年1月1日にウェブサイト「NGCIdeas.com」を開設、全世界のドキュメンタリー制作者からオンラインで企画を受け付けると発表したようだ。
ジャン・レノが、PS2用ゲーム「影武者3」に登場するらしい。
水野晴郎監督・主演「シベリア超特急」とBS-i「ケータイ刑事 銭形舞」が"コラボレーション"するらしい。来月2日放送のエピソードに「山下泰文陸軍大将」が出演するとか。
2003年度の文化功労者が28日政府より発表され、映画音楽の伊福部昭、歌舞伎の三代目中村鴈治郎ら15人が選ばれたようだ。
伝説的ジャズ作曲家・ピアニストのセロニアス・モンク(Thelonious Monk)を描く映画が来年初めから製作に入る模様。ラテンアメリカの詩人ミゲル・ピニェロ(Miguel Pinero)の伝記映画「ピニェロ」("Pinero",2001年)を手掛けたレオン・イチャソ(Leon Ichaso)が監督を務めるようだ。
ジョン・ムーア監督、デニス・クエイド主演による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクで、ミランダ・オットーが出演交渉中のようだ。
セドリック・ジ・エンターテイナー(Cedric the Entertainer)は、New Lineの新作アクション・コメディ"Traces"に主演する模様。ブレット・ラトナーが製作を担当するようだ。
北米を除く海外週末興収は、12の地域で公開されたコーエン兄弟の新作コメディ「ディボース・ショウ」("Intolerable Cruelty")が1240万ドルでトップとなった模様。一方、20地域で上映中のクエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")は1210万ドルの興収を記録したようだ。
"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライスに対する暴行や脅迫など7件の罪で有罪となった、トム・サイズモアに対する量刑の言い渡しが27日行われ、懲役6ヶ月と3年間の保護観察処分、anger managementカウンセリングの受診が言い渡されたようだ。
28日に開廷する予定だった、ロージー・オドネルと出版社Gruner+Jahrとの裁判は、今週後半に延期された模様。
ニュージーランド政府は、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")プロモーションのため、400万NZドル(240万USドル)を拠出すると発表した模様。12月18日にウェリントンで開催されるワールド・プレミアでの式典などに使われるらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)がアカデミー賞投票者以外へのビデオ配布を禁止したことに対し、英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)、欧州映画企業連合(European Film Companies Alliance)などは、「MPAAの傲慢さと、世界の映画の豊かさへの無知を示す証拠だ」などと表明、厳しく非難したようだ。
新作「21グラム」("21 Grams")を監督したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは「監督である私にとって一番難しいのは、映画について語り、売り込むことです。しかし、配給会社が公開してこそ、私が作り出した映画という輪が閉じるのです。映画が失敗したとすれば、それは私の責任です」と語ったようだ。
モデルから女優に転向したイワナ・ミルセヴィッチ(Ivana Milicevic)は、ショーン・アスティン、ヴィニー・ジョーンズ共演のSF作品"Slipstream"に出演するようだ。デヴィッド・ヴァン・アイセン(David van Eyssen)が監督を務め、今月から南アフリカで撮影が始まるらしい。
長寿TVシリーズ"All My Children"(1970年-)で3度Daytime Emmy賞にノミネートされたドンドレ・T・ウィットフィールド(Dondre T. Whitfield)は、マーク・ブラウン監督、ヴィヴィカ・A・フォックス主演のコメディ"Beauty Shop"に出演が決まったようだ。
現代のニューヨークを舞台にした、Merchant Ivory productions製作の新作"Heights"に出演するジェイムズ・マースデンは「みんな、英国アクセントなの?とか、どんな髪型?とかって聞くんだよね。Merchant Ivoryの作品に出るのは俳優として夢だったし、セントラル・パークでの撮影も嬉しい」と語ったようだ。
「キューティ・ブロンド」シリーズに出演したジェニファー・クーリッジは、ブラッド・シルバーリング監督による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化でジム・キャリーと共演するらしい。
サイモン・ウィンサー監督、ビリー・ゼーン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、クリスティ・スワンソン、トリート・ウイリアムズ共演「ザ・ファントム」("The Phantom",1996年)で映画化された人気コミックが再映画化されるようだ。Crusader Entertainmentは、水泳のオリンピック金メダリストで脚本家に転向したメル・スチュワート(Mel Stewart)を脚本に起用したらしい。
Lions Gate Entertainmentは27日、Artisan Entertainmentを1億6000万ドルで買収すると発表したようだ。
28日からスタートの人気TVシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第3シーズンにゲスト出演するウェンディ・クルーソンは「私の名前はDr. Ann Packard。私が女性で、医師の役であることは察しがつくわね。言えるのはそれだけよ」と語ったとか。
フランク・ダラボン監督は、第二次大戦中の日本から連合軍向けの宣伝放送「ゼロ・アワー」でアナウンサーを務めた「東京ローズ」こと戸栗郁子(アイバ・トグリ・ダキノ)の半生を描く作品を手掛けるようだ。
英Channel 4は「最高に恐ろしい瞬間100」を放送、第1位には「シャイニング」("The Shining",1980年)でジャック・ニコルソンが"Here's Johnny!"と叫ぶシーンが選ばれたようだ。
サンドラ・ブロックは、Le Tour de Franceなどに出場した自転車レース界のスーパースター、ランス・アームストロング(Lance Armstrong)と交際中らしい。
グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンは、来年夏に英国ダートムーアで結婚式を挙げる計画らしい。
アン・バンクロフトは、ジェイムズ・L・ブルックス監督の新作ロマンチック・コメディ"Spanglish"で、アダム・サンドラー、ティア・レオーニらと共演するようだ。
Myriad PicturesとMission Picturesは、ジュリアン・フェローズ脚本、ジョン・マッケイ監督によるコメディ"Piccadilly Jim"を共同制作するようだ。サム・ロックウェル、トム・ウィルキンソン、アマンダ・ピートらが共演、来月から撮影が始まるらしい。
ブロードバンドサービスBROBAは、テレビ向けブロードバンドコンテンツ配信試験サービスのモニター300名の募集を東京地区限定で27日スタートしたようだ。「TAXI」("Taxi",1998年)、「ドラゴン危機一髪」("The Big Boss / 唐山大兄",1971年)などが配信されるらしい。
ハリウッドで行われた"Scary Movie 3"のプレミアで、レッドカーペットを歩いていたアンナ・ファリスのドレスが脱げてしまったらしい。「胸がなくてずり落ちちゃったのよ。でもみんな私が小さい男の子だと思ったみたいで助かったわ」と語ったとか。
デミ・ムーアは、アシュトン・カッチャーと来年のヴァレンタイン・デーに結婚する、という一部の報道を「全くのデタラメ」と否定したようだ。
香月秀之監督「プチ美人の悲劇」の試写会が27日都内で行われ、とよた真帆、松嶋尚美らが舞台挨拶に立ったようだ。
米NBCで先月スタートした、ロブ・ロウ主演のTVドラマシリーズ"The Lyon's Den"(2003年-)に、ケリー・ウィリアムズとピーター・マクニコルのゲスト出演が決まったようだ。
「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年〜)に出演していたシャナン・ドハーティのグラビアが、米Playboy誌最新号に掲載されるらしい。
インターネット上でのファイル共有による音楽や映画の著作権侵害を防止するキャンペーンの一環として、米映画協会(Motion Picture Association of America)は、全米の5年生から9年生の子供たち約90万人に対する今後2年間の教育プログラムの資金として、10万ドルを提供するようだ。
来年1月に待望の赤ちゃんが誕生するラッセル・クロウは「学校に入るまでは、彼は私と旅をすることになるよ。僕がそばにいてやることが大切だと思うんだ。でも、一旦学校に上がったら、毎日迎えに行く以上のことはやらないつもりだ」と語ったようだ。
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社は28日、12月18日に980円で販売すると発表していた「タイタニック」("Titanic",1997年)、「インデペンデンス・デイ」("Independence Day",1996年)、「ホーム・アローン」("Home Alone",1990年)の3作品のDVDについて、「諸般の事情」を理由に販売を中止すると発表したようだ。
  10/29
シリーズ完結編「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")のワールド・プレミアが27日、先日オープンしたばかりのWalt Disney Concert Hallで開催され、キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー・アン・モスらが出席したほか、シャロン・ストーン、ウィル・スミス、シンディ・クロフォードらも会場を訪れたようだ。
「Deep Love〜アユの物語〜」の映画化が決定した模様。原作者のyoshi自身が脚本・監督を担当、オーディションで選ばれたモデルの重泉充香が主演するほか、竹中直人、黒田アーサー、古田敬多らが共演するようだ。
「ポロック 2人だけのアトリエ」("Pollock",2000年)で監督・主演を務めたエド・ハリスは、今後は舞台俳優に戻りたい、と言っているらしい。
奥山和由監督のドキュメンタリー映画「クラッシュ」でも描かれた自動車レーサーの太田哲也が、1998年5月3日の全日本GT選手権第2戦での事故について、主催者の富士スピードウェイなどに対し損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁は29日、被告側に9000万円の支払いを命じる判決を下したようだ。
「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs / 無間道",2002年)シリーズ第3作「終極無間」が、12月中旬から中国大陸と香港で上映されるようだ。人民大会堂でのワールド・プレミアも予定されているとか。
米Henry J. Kaiser Family財団の調査によると、米国の6歳までの子供は1日平均2時間もテレビやパソコンの画面を見ているらしい。また、2歳までの子供のうち43%がテレビを見ており、そのうち26%には寝室にもテレビが置いてあるとか。
原作者A・A・ミルンの孫クレア・ミルンと米Walt Disneyが、米Stephen Slesinger社に「くまのプーさん」("Winnie the Pooh")の著作権返還を求めている訴訟で、米連邦地裁は28日、今年5月に下された原作者側暫定敗訴の判断に対する抗告権を認めたようだ。
リメイク版"Freaky Friday"でジェイミー・リー・カーティスと共演したリンゼイ・ローハン(Lindsay Lohan)は、高校を舞台にしたWarner Bros.の新作"Dramarama"に主演する模様。
ジョン・リー・ハンコック監督、デニス・クエイド、ビリー・ボブ・ソーントン共演の新作"The Alamo"の公開は、当初予定されていた12月25日から、来年4月に延期されたようだ。
オーランド・ブルームは、12世紀の欧州を舞台にしたリドリー・スコット監督の新作"Kingdom of Heaven"で主演を務めるようだ。
インドを訪問中の英チャールズ皇太子は、英国支配下のインドで1857年に起こったセポイの乱を描く、アーミル・カーン、アイシュワリヤー・ラーイ共演のボリウッド映画"The Rising"の撮影現場を訪れ、カチンコを打つらしい。
トム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の撮影が行われたニュージーランドのMaori Journeys社は、ロケ地を巡るパッケージ・ツアーの提供を始めたようだ。
今月初め恋人の自宅に窓を割って侵入しようとしたとして逮捕されたコートニー・ラヴは28日、麻薬不法所持でビバリーヒルズ警察出頭したようだ。
リース・ウィザースプーン、ライアン・フィリップ夫妻に23日、第2子となる男の子が誕生したようだ。ディーコン(Deacon)と名付けられたらしい。
ジョー・ダンテ監督、ブレンダン・フレイザー主演「ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション」("Looney Tunes: Back in Action")の来月14日全米公開を前に、1930年から1969年までに製作された作品を収録した4枚組DVDセット"Looney Tunes Golden Collection"と2枚組セット"Looney Tunes Premiere Collection"、さらに新作21本を収録した"Looney Tunes Reality Check"と19本を収録した"Looney Tunes Stranger than Fiction"が28日、米国でリリースされたようだ。
2002年ノーベル文学賞を受賞したハンガリーの作家イムレ・ケルテース(Imre Kertesz)の小説「運命のない人の物語」("Fateless")が映画化されるようだ。ハンガリー出身の撮影技師ラホス・コルタイ(Lajos Koltai)が監督を務め、12月から撮影が始まるらしい。
英国週末興収は「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が660万ドルで3週連続1位を獲得、クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")は先週に引き続き2位、コーエン兄弟の新作「ディボース・ショウ」("Intolerable Cruelty")は3位でのスタートとなったようだ。
英Vodafoneは米20世紀FOXと契約、人気アニメ「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の着メロやゲームなどのケータイ向けコンテンツを配信するようだ。
先日亡くなったシンガー・ソングライター、エリオット・スミスの追悼コンサートが来月3日、ロサンゼルスで行われるようだ。収益は、エリオット・スミス財団を通じて虐待を受けた子供たちのために使われるらしい。
松竹は29日、2003年8月中間期の連結決算を発表、営業利益は前年同期比3.2%増の29億6600万円に達したようだ。「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")などのヒットが寄与した模様。
007シリーズ「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)に登場した"ジンクス"のスピンオフ企画をMGMが中止したことに対し、ハル・ベリーは「何の説明もなかった」と激怒しているらしい。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre")に出演したジェシカ・ビールは、撮影中に喉を痛めて叫び声が出なくなってしまったらしい。結局、叫び声を上げる演技だけをして、声は後で合成したとか。
ジョン・ムーア監督、デニス・クエイド主演による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクで、タイリースの出演が決まったようだ。
ヒラリー・ダフは、アシュトン・カッチャーが司会を務める米MTVの人気番組"Punk'd"の今シーズン最初に犠牲者になったようだ。来週の犠牲者はトミー・リーらしい。
ヘイデン・クリステンセンは、オーストラリアに戻ってグレート・バリア・リーフを探検したい、と言っているようだ。スターウォーズの撮影中は忙しくてどこにも行けなかったらしい。
Real Madridのロナウド(Ronaldo Luiz Nazario de Lima)選手の半生がブラジルで映画化されるらしい。本人も出演するようだ。
久保直樹監督「あゝ!一軒家プロレス」の撮影が都内日活撮影所で行われ、橋本真也、ソニンらが参加したようだ。
カリフォルニア州で発生した大規模な山火事は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の新作"The Aviator"のセットに飛び火、一部が焼失したらしい。
「フル・モンティ」("The Full Monty",1997年)を手掛けたサイモン・ボーフォイ(Simon Beaufoy)は、ティム・アレンが主演予定の新作コメディ"In the Pink"で脚本を担当するようだ。
Universal Picturesとマイケル・マン率いるForward Passは、元KGBで武器商人のVictor Boutを描いたピーター・ランデスマン(Peter Landesman)によるNew York Times Magazineの記事"Arms and the Man"のオプション契約を獲得した模様。ランデスマンが脚本を担当、マイケル・マンが監督を希望しているようだ。
モーリス・センダック(Maurice Sendak)の児童書「かいじゅうたちのいるところ」("Where The Wild Things Are")が、トム・ハンクス製作、スパイク・ジョーンズ監督で映画化されるらしい。
クリス・ワイツ, ポール・ワイツ兄弟の脚本・監督による新作"Synergy"で、トファー・グレイスがデニス・クエイドとの共演に向けて出演交渉中のようだ。
NTT東日本と西日本は、11月5日に新宿ミラノ座で行われる「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")の舞台挨拶をフレッツユーザー向けに無料配信すると発表したようだ。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は、デジタルテレビ受信機器に信号中のブロードキャスト・フラグの検知機能を搭載するよう義務付ける新たな規制案を策定したようだ。このフラグにより、家庭内でのコピーは自由に可能となるものの、インターネットへのアップロードが不可能になるらしい。
ブリトニー・スピアーズに対するストーカー行為で接近禁止命令を受けた横浜市在住のMasahiko Shizawaは27日、昨年捜査を受けた際に尊厳を傷つけられたとして、ロサンゼルス市に対し損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
ブリトニー・スピアーズは、英国に移住したい、と発言したらしい。
「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)ファーストシーズンのDVDボックスが、12月19日に発売されるらしい。
カート・ヴォネガット・ジュニアの小説「猫のゆりかご」("Cat's Cradle")が映画化されるらしい。ダーレン・アロノフスキーが監督を務める模様。
  10/30
キヤノン「IXY DIGITAL」の新CMで、中田英寿とミラ・ジョヴォヴィッチが共演しているらしい。31日から放送されるようだ。
NHKは29日、手塚治虫の「火の鳥」をハイビジョンでアニメ・シリーズ化し、来春からNHK総合テレビなどで放送する、と発表したようだ。
来年3月公開予定の岩井俊二監督「花とアリス」の製作発表が29日都内で行われ、鈴木杏、蒼井優らが出席したようだ。「ネスレ キットカット」日本発売30周年を記念して製作されたインターネット配信の短編作品を長編化するらしい。岩井監督作品としては過去最大の全国100館規模での上映になるとか。
クァク・ジェヨン監督「ラブストーリー」("Classic",2003年)プロモーションのため、主演のソン・イェジンが来日、29日都内で行われた記者会見に出席したようだ。「冬のソナタ」の続編でヒロインを演じるらしい。
佐々部清監督「半落ち」のクライマックスシーンの撮影が29日都内東映大泉撮影所で行われ、寺尾聰、柴田恭兵、樹木希林、伊原剛志、鶴田真由、吉岡秀隆、國村隼らが参加したようだ。
中国の文化大革命で農村などに下放された人々のその後を描き、欧米各国の国際映画祭で高い評価を得た、池谷薫監督のドキュメンタリー映画「延安の娘」が、来月11日から東京都写真美術館で公開されるようだ。
バンダイは、来年公開予定のジョナサン・フレイクス監督による実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")関連玩具の、全世界での独占製造・販売権を獲得した模様。
ジェリー・イェン、サミー・チェン、アンディ・ラウらが共演する新作コメディ「魔幻厨房」がクランクアップしたようだ。来年の春節に公開される模様。
メキシコ移民局は29日、メキシコで映画スタッフとして不法に働く外国人に対し、断固たる措置をとると発表したようだ。
「あきれたあきれた大作戦」("The In-Laws",1979年)のリメイクを手掛けたアンドリュー・フレミング監督の次回作は、コメディ"Faith Buffalo"になるようだ。
カルト的人気となっているホラー映画"House of 1000 Corpses"で監督デビューしたロブ・ゾンビ(Rob Zombie)は、新しいコミック・シリーズ"Rob Zombie's Spook Show International"を今週発売するようだ。
ダニー・ボイル監督「28日後...」("28 Days Later",2002年)のDVDが米国でリリースされ、発売5日間の売り上げは、同日発売の「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle",2003年)を上回る170万枚を記録したらしい。購入層がPS2ユーザーと重なったことがヒットの要因らしい。
アイザック・アシモフの「永遠の終わり」("The End of Eternity")が映画化されるらしい。製作するトム・クルーズのC/W Productionsは、キース・ゴードンを脚本に起用したようだ。
蛙やトカゲなど、オーストラリアの保護動物およそ200匹を密輸しようとしたとして起訴された、英国の野生生物映画作家マイケル・リンレイ(Michael Linley)に対する裁判が30日行われ、被告は有罪を認めたようだ。
「バイオハザード」("Resident Evil",2002年)の続編"Resident Evil: Apocalypse"で監督を務めるアレクサンダー・ウィットの次回作は、冷戦時代の東ドイツを舞台にしたアクション・スリラー"Cold Shelter"になるようだ。ウォルフガング・ペーターゼン率いるRadiant Productionsが製作するらしい。
「ふたりの男とひとりの女」("Me, Myself & Irene",2000年)のテイラー・ハワードは、「マスク」("The Mask",1994年)の続編"Son of the Mask"への出演が決まったようだ。
21日米国で発売された「アドベンチャーズ・オブ・インディージョーンズ コンプリートDVDコレクション」("The Adventures of Indiana Jones - The Complete DVD Movie Collection")は発売1週間で110万セットを販売、ボックスセットとしては過去最高を記録したようだ。
ノルマンディ上陸作戦から60年を迎える来年に米A&Eで放送予定のTV映画"Eisenhower: Thunder in June"で、トム・セレックがアイゼンハワー大統領を演じることになったようだ。チャーチル首相はまだ未定とか。
ブリトニー・スピアーズの北米ツアーは、来年3月3日にスタートするようだ。
今月3日「ジークフリート&ロイ」の公演中にホワイトタイガーに噛まれ、ラスヴェガスの病院で治療を受けていたのロイ・ホーンは、カリフォルニア大学ロサンゼルス医療センターに移された模様。
米NBCは29日、今秋スタートしたウーピー・ゴールドバーグ主演のTVコメディシリーズ"Whoopi"のフルシーズン制作を決定した模様。
ジョージ・ワシントン大学医療センターの医師Howard Bennettは、少なくとも3人の子供が、870ページもあるシリーズ最新刊"Harry Potter and the Order of the Phoenix"を読むことによる身体的なストレスのために頭痛を訴えた、と警告を発したらしい。Bennett氏は「ホグワーツ頭痛」と命名したようだ。
ジュード・ロウとサディ・フロストの離婚が成立した模様。
カリフォルニア一帯での山火事の影響で、ウィル・スミス、ジャダ・ピンケット・スミス夫妻やリサ・マリー・プレスリー、アリッサ・ミラノ、トム・セレックらも非難を余儀なくされているらしい。
ニコール・キッドマンとレニー・クラヴィッツは、ニューヨークにある5階建て21部屋のタウンハウスを4回ほど訪れたらしい。売値は2100万ドルとか。
「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")に出演したジェイダ・ピンケット・スミスは「私やこの映画を観る人にとって、これは非現実的な作品ではありません。私が信じる女性の真実の姿を描いてくれたラリーとアンディ(・ウォシャウスキー)にとても感謝しています」と語ったようだ。
ブレンダン・フレイザーが"The Quiet American"(2002年)などの撮影中や旅行で撮った白黒のスナップ写真が、ロサンゼルスの24th Street Theaterに展示され、売りに出されているらしい。収益は劇場に寄付され、周辺の子供たちを劇場に招待する教育プログラムに使われるようだ。
ヘイデン・クリステンセンは、新作"Shattered Glass"で演じた、米国の一流誌に捏造した記事を寄稿した実在のジャーナリスト、スティーヴン・グラスが、現在も記者として働き、弁護士として成功したと知ってショックを受けたらしい。「彼のレポートを皆が信用しているなんて驚きだよ。どうして彼に第2のチャンスが与えられたのか分からない」と語ったようだ。
前田哲監督「ガキンチョ★ROCK」が29日からうめだ花月で公開されるらしい。漫才コンビのキングコング(西野亮廣、梶原雄太)らが出演しているとか。
今敏監督「東京ゴッドファーザーズ」が12月に米国で公開されることが決まった模様。アカデミー賞ノミネートを狙っているらしい。
プロミスのイメージキャラクタに井上和香が起用されたようだ。来月1日から新CMが放送されるらしい。
佐々部清監督「半落ち」のラッシュが29日、都内東映撮影所で報道陣に公開されたらしい。完成が12月初旬、公開は来年1月10日の予定で、宣伝期間が十分にとれないことから、異例の措置となったようだ。
「デビルマン」が実写映画化されるらしい。那須博之が監督を務め、伊崎央登、伊崎右典、冨永愛、酒井彩名、宇崎竜童、阿木燿子らが共演するようだ。
次期ジェイムズ・ボンド役候補に、ヒュー・ジャックマンの名前も挙がっているらしい。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")に出演したノーナ・ゲイは、撮影当初出番がなく暇そうにしていたところキアヌ・リーヴスに「何がしたい?」と声をかけられ、「フランス語を習いたい」と答えると、キアヌは彼女に6週間のレッスンをアレンジしてくれたとか。
ダスティン・ホフマンは28日、全米ライフル協会(National Rifle Association)に対し同協会のブラックリストに自分の名前を載せるよう嘆願する書簡を送ったらしい。
オクラホマ市の連邦ビル爆弾事件の共犯者テリー・ニコルズ(Terry Nichols)の弟として、「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)に出演したジェイムズ・ニコルズ(James Nichols)は、映画への出演は騙されたものであり、誹謗中傷やプライバシーの侵害で精神的苦痛を被ったとして、マイケル・ムーア監督に対し損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
昨年のレース中に事故で大怪我をしたジェイソン・プリーストリーは「本当に楽しいからね・・・もうレースには出ないと自分に言い聞かせるのは難しいよ。この冬にテスト走行して感覚を確かめるつもりだよ」と語ったようだ。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)が、地上波デジタル放送移行のためデジタルチューナーの内臓を義務付けたこと対し、TVやビデオ機器メーカーらが「コストがかかりすぎる」として起こしていた訴訟について、米控訴裁判所は訴えを退ける判決を下したようだ。
  10/31
北村龍平監督「スカイハイ 劇場版」で、テレビ朝日の野村真季アナウンサーが映画デビューしているらしい。
AIIはタツノコプロ作品を配信する「タツノコワールド」を31日にオープン、「科学忍者隊ガッチャマン」「マッハGoGoGo」「ハクション大魔王」「新造人間キャシャーン」「宇宙の騎士テッカマン」の有料配信をスタートしたようだ。
「冬のソナタ」を手掛けたユン・ソクホ監督によるドラマ「夏の香り」の有料配信が、31日からスタートしたようだ。
崔洋一監督「クイール」の特製バッグ付き前売り券が、来月1日から発売されるようだ。一枚につき100円が全国盲導犬施設連合会に寄付されるらしい。
「スパイシー・ラブスープ」("Spicy Love Soup",1998年)のシュー・ジンレイが自ら製作・監督を務める「一個陌生女人的来信」で、チアン・ウェンとレオン・ライが共演するらしい。
DreamWorks SKGは、同社の音楽部門DreamWorks RecordsをUniversal Music Groupに1億ドルで売却するらしい。
冴えないストレートの男性を変身させる米CATV局Bravoの人気番組"Queer Eye for the Straight Guy"に登場する5人のゲイ達(Fab Five)は、新シーズン制作に向けて新たな出演契約にサインしたようだ。出演料は、これまでの1エピソード3000ドルから8000ドルにアップしたらしい。
アン・リー監督「ハルク」("The Hulk")の、Xbox用ゲームのサンプルつき2枚組みDVDが28日米国でリリースされ、発売2日間で250万枚の売り上げを記録した模様。
バーブラ・ストライサンドは、衣装や小物など数百点をeBayのチャリティオークションに出品する模様。「ファニー・ガール」("Funny Girl",1968年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞していた際に着ていたスーツや「またまたおかしな大追跡」("For Pete's Sake",1974年)での衣装、「晴れた日に永遠が見える」("On a Clear Day You Can See Forever",1970年)で被っていた帽子なども出品されるらしい。
ホワイトタイガーに噛まれ重傷を負った「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーンについて、相方のジークフリート・フィッシュバッカーは「ロイは今、生存から回復の段階へと移行しつつあります。この先の道のりはまだ遠いですが、私たちはロイの見せた生きる意志や勇気、信念に力づけられています」と語ったようだ。
かつて米NBCの人気番組"Saturday Night Live"にレギュラー出演していたコメディアンのデニス・ミラー(Dennis Miller)は、米CATVのビジネスチャンネルCNBCで、来年1月からスタートするトークショーの司会と制作総指揮を務めることになったようだ。
全米週末公開作品では、先週2スクリーンで限定公開され、1スクリーン当たり14万5970ドルの驚異的な興収を記録したディズニーアニメの新作「ブラザー・ベア」("Brother Bear")に注目が集まっているようだ。
女性誌Rosieの提携破棄を巡るロージー・オドネルと出版社Gruner+Jahrとの裁判が30日、マンハッタン最高裁判所で始まったようだ。
スパイ・スリラー"End Game"の主役として契約したものの、映画製作のための資金調達の見込みもないまま2年間拘束されたとして、ショーン・コネリーがMandalay Entertainmentなどに対し出演料1700万ドルの支払いを求めていた訴訟は29日、和解が成立したようだ。
エレン・デジェネレスは、カリフォルニアの山火事での犠牲者を支援するために、現金や食料品、衣料品などを、米国赤十字か彼女が司会を務めるトーク番組"The Ellen DeGeneres Show"宛てに送って欲しい、と訴えたようだ。デジェネレス自身も数年前の山火事の被害にあった経験があるらしい。
2000年11月29日にロンドンで行われたジョージ・ハリスン追悼コンサートの模様を追ったドキュメンタリー映画「コンサート・フォー・ジョージ」("Concert for George")のプレミア特別上映会が、来月13日に都内で、18日に大阪でそれぞれ開催される模様。東京会場ではエリック・クラプトンとオリヴィア・ハリスの舞台挨拶も予定されているらしい。詳しくはこちらまで。
ジェニファー・ロペスの元夫クリス・ジャッドは、彼女の名声が離婚の原因ではと言われていることについて「そんなことは、これっぽっちも気にしていなかった。僕らが2人でいる時は、彼女はスタートしてのジェニファー・ロペスではなくて、女の子としてのジェニファーだったんだ。僕のひざの上に座って僕を抱きしめ、外の世界で起こっていることを忘れさせてくれる彼女に、僕は恋をしたんだ」と語ったようだ。
来月8日公開「g@me.」のPR会見が30日大阪市内で行われ、井坂聡監督、藤木直人らが出席したようだ。井坂監督は「何年かに1本は野球をテーマにした作品を撮りたい」と語ったとか。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")に使われた、梶芽衣子の「修羅の花」と「怨み節」が、12月17日にシングルリリースされるらしい。
ラース・フォン・トリアー監督、ニコール・キッドマン主演「ドッグヴィル」の製作の模様を追ったドキュメンタリー「メイキング・オブ・ドッグヴィル」が、渋谷シネマライズでレイトショー上映されるらしい。
1966年のNCAA全米大学バスケットボール選手権に出場した、史上初めての全員黒人のチームと彼らを率いたコーチを描く、ジェリー・ブラッカイマー製作の新作"Glory Road"に、ベン・アフレックの主演が決まったようだ。
Miramax製作によるハリウッド・リメイク版「Shall we ダンス?」("Shall We Dance?")に主演したジェニファー・ロペスは、Paramount Picturesの"Dance Lessons"への主演が決まったらしい。
ミニー・ドライヴァーは、俗に"Sweat Shop"と呼ばれる、衣料品メーカーの下請けとして劣悪な条件で労働を課しているカンボジアの工場での労働を自ら体験し、処遇の改善を世界に訴えたい、と言っているようだ。
アンソニー・ホプキンスが、自ら映画の脚本を書いたらしい。インディ系作品として来春映画化されることが決まったようだ。
現在撮影中のチャーリー・シュタードラー(Charley Stadler)監督によるアクション・コメディ"Dead Fish"で、ロバート・カーライル、ゲイリー・オールドマン、テレンス・スタンプ、ビリー・ゼインが共演するらしい。
昨年妊娠中の妻を殺害後逃亡、今年4月にメキシコで逮捕されたスコット・ピーターソン(Scott Peterson)を描く、USA NetworkのTV映画"The Perfect Husband"の撮影が来月からスタートするようだ。"Lois & Clark: The New Adventures of Superman"(1993-1997年)に主演したディーン・ケインが主人公を演じるらしい。
クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演による「バットマン」シリーズ最新作で、モーガン・フリーマンとアンソニー・ホプキンスが出演候補に挙がっているらしい。