シネマトピックス(2003年4月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  4/1
ジグノシステムジャパン株式会社は、EZweb向け携帯電話サイト「スタートレック」の提供を開始した模様。待ち受け画面、着メロ、着ボイスなどの配信も行うようだ。
アルフォンソ・クアロン監督「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の日本公開は2004年夏に決定した模様。
りょうは1日、ロックバンドBRAHMANのTOSHI-LOWと入籍したと発表したようだ。7年前から交際していたとか。女優は続けるらしい。
ニック・ノルティは「僕は今62歳...だったと思う。僕は長いこと年齢を上にごまかしていたんだ。40の時は50歳だと言ったよ。でも今は60だ。70歳だと嘘をつきたくはないな」と語ったようだ。
英国政府観光庁は、ローワン・アトキンソン、ジョン・マルコヴィッチ共演の新作スパイ・コメディ"Johnny English"のロケ地を案内する、4カ国語の観光マップを制作したようだ。
Vanity Fair誌最新号のインタビューに答えたヒューグラントは「結婚して子供がほしい」と語ったたらしい。「もし今夜パーティですてきな女の子にバッタリ出会ったとして、3年前のボクなら短期間の関係に終わっただろうけど、今のボクはいつでも結婚を受け入れることが出来るよ」とコメント、また「演技は大嫌いだ。とくに映画は」とも発言したとか。 [☆ど、どうしたんでしょう急に?]
マドンナは、新曲"American Life"のPVの米国での放映を中止することを決めた模様。反戦的な内容が含まれた映像が、現在の状況では誤解を招きかねないため、と説明したようだ。
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の全米週末興収は、最終集計で1,765,491ドルに達し、先週の81位から15位に急上昇したようだ。
新宿コマ劇場8月公演は、ミュージカル「サタデーナイト・フィーバー」になるらしい。大澄賢也、パパイヤ鈴木らが出演するようだ。
米Warner Bros.は"Scooby-Doo 2"の製作を14日スタートさせる、と発表したようだ。ラジャ・ゴズネルが再び監督を務め、フレディ・プリンズJr.、サラ・ミシェル・ゲラー、マシュー・リラード、リンダ・カーデリーニら前作のキャストも再集結するらしい。来年3月公開予定とか。
ブレット・ラトナー監督は、フィリップ・プルマン(Philip Pullman)の児童書「ライラの冒険」("His Dark Materials")シリーズ3部作を映画化したい、と語ったようだ。現在トム・ストッパード(Tom Stoppard)が脚本を執筆中らしい。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作に続くピーター・ジャクソン監督の次回作は「キング・コング」("King Kong")のリメイクになるようだ。2005年公開予定とか。
ミミ・ロジャースが、プロデューサーのクリス・シアッファと結婚したようだ。
ジャッキー・チェンは、水が怖いらしい。「水に囲まれていると落ち着かない」と語ったとか。
フランク・コラチ監督、ジャッキー・チェン主演によるリメイク版「80日間世界一周」("Around the World in 80 Days")に、キャシー・ベイツの出演が決まった模様。ヴィクトリア女王を演じるとか。
米DreamWorks製作のアニメ「きれいな涙 SPIRIT」("Spirit: Stallion of the Cimarron")の日本語吹替を担当した中村俊介と、日本語版の音楽を担当した森重樹一の記者会見が1日、都内で行われたようだ。
マイケル・ムーア監督の次回作は"Fahrenheit 9/11"というドキュメンタリーになる模様。ブッシュ大統領の父親とオサマ・ビンラディンの父親のビジネス関係を暴く内容とか。
「セサミ・ストリート」("Sesame Street")などのTV番組で活躍したほか、「天使にラブ・ソングを2」("Sister Act 2: Back in the Habit",1993年)、「グリーンマイル」("The Green Mile",1999年)、「ジュラシック・パークIII」("Jurassic Park III",2001年)などの作品に出演、またトム・ハンクス主演の新作"The Polar Express"への出演も決まっていた、米俳優のマイケル・ジェター(Michael Jeter)さんが先月30日亡くなった(50歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アート系フィルムを放映している英国の有料チャンネルFilmFour ExtremeとFilmFour Worldが、メジャー作品を中心に放映するFilmFourに統合されるようだ。
  4/2
広島やイラク、米国など世界各国の"被爆者"を描くドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」が、8月9日に和歌山市内で上映されるようだ。
製作費20億円の超大作「スパイ・ゾルゲ」の完成会見が2日都内で行われ、篠田正浩監督、岩下志麻、本木雅弘、イアン・グレン、永沢俊矢、夏川結衣、小雪、葉月里緒菜、椎名桔平らが出席したようだ。
6日スタートのBS-iのオムニバスドラマ「恋する日曜日」の制作発表が2日都内で行われ、若松孝二監督、大沢樹生、星野真里らが出席したようだ。若松監督は、昨年3月に肺がんの手術を受けたことを明らかにしたらしい。
ジョン・ウー監督「男たちの挽歌」(1986年)、チェン・カイコー監督「さらば、わが愛 覇王別姫」(1993年)、ウォン・カーウァイ監督「ブエノスアイレス 春光乍洩」(1997年)などの作品で知られ、また歌手としても活躍した香港俳優のレスリー・チャンさんが1日亡くなった(46歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆自殺と報じられているようです・・・]
長野県諏訪市は1日、「諏訪フィルムコミッション」を開設したようだ。
マイケル・レーマン監督の次回作は、スクラブルの全国大会でチャンピオンを目指す男女を主人公にしたロマンチック・コメディ"Your Word Against Mine"になるようだ。
ネーヴ・キャンベルと、脚本家兼監督のダン・アイルランド(Dan Ireland)は、ギ・ド・モーパッサン(Guy de Maupassant)の小説「ピエールとジャン」("Pierre et Jean",1952年)に基づいた低予算映画"The Legacy"の製作に共同で取り組むようだ。6月から英国で製作が開始される模様。
今月7日に行われる予定のラッセル・クロウとダニエル・スペンサーの結婚式には、家族や親しい友人ら80名ほどが招かれるようだ。ニコール・キッドマンは出席しない一方、スティングの出席が噂されているらしい。ウェディングドレスはGiorgio Armani、指輪はCartierとか。
TVシリーズ「ワイルド・ウェスト」("The Wild Wild West",1965-1970年)に主演したロバート・コンラッドが31日、自動車事故を起こし病院に運ばれた模様。飲酒運転だったようだ。
病気療養のため、米CBSの人気トークショー"Late Show with David Letterman"を休んでいたデヴィッド・レターマンが1日の放送で復帰、米NBCの人気番組"The Tonight Show with Jay Leno"を越える高視聴率を記録したらしい。
映画やTV番組でのアルコールや煙草、薬物中毒の正確な描写を表彰するPrism Awardsのノミネーションが1日発表され、映画部門では「チェンジング・レーン」("Changing Lanes")、「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」("The Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood")、「NARC」("NARC")、「荒野の絆」("Skins")、"Salton Sea"の5作品がノミネート、俳優ではジェレミー・アイアンズ、アシュレイ・ジャッド、ヴァル・キルマー、サミュエル・L・ジャクソン、バーニー・マック、ネーヴ・キャンベルらが候補に挙がったようだ。
英国週末興収は、コリン・ファレル、アル・パチーノ共演の"The Recruit"が92万ポンドで初登場1位を獲得、SF超大作「ザ・コア」("The Core")は3位、ジェット・リー主演「ブラック・ダイヤモンド」("Cradle 2 The Grave")は5位のスタートとなった模様。
米Warner Bros.は、ロックバンドThe White Stripesのアルバム"White Blood Cells"に収録された"The Union Forever"の詞やタイトルが、「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年)がら無断で借用されたものであるとして、著作権侵害の疑いで調査中であることを明らかにしたようだ。
蜷川幸雄監督「青の炎」の舞台挨拶が1日、大阪と兵庫の3劇場で行われ、二宮和也が出席したようだ。
ジャック・ニコルソンに8歳の隠し子がいたらしい。
Linuxの生みの親リーナス・トーバルズらへのインタビュー映像などで構成されたドキュメンタリー映画"Revolution OS"のDVDが先月28日米国で発売されたようだ。DVDのコピー防止システムであるCSSなしでリリースされたらしい。
「ロレンツォのオイル 命の詩」("Lorenzo's Oil",1992年)を手がけた、豪州の脚本家ニック・エンライト(Nick Enright)さんが31日亡くなった(52歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ニア・ヴァルダロス、トニ・コレット共演の新作"Connie and Carla"に、デヴィッド・ドゥカヴニーが出演するようだ。
イアン・ソフトリー監督の次回作は、サイコホラー"Skeleton Key"になる模様。ケイト・ハドソンが主演候補に挙がっているようだ。
シェールは、TV Guide4月5日号のインタビューの中で「マイケル・ジャクソンのことはもう好きではありません。子供を窓から突き出すなんて信じられません」と語ったようだ。
ポール・ニューマンは、TV Guide4月5日号のインタビューの中で「(マーロン)ブランドやリー・J・コッブ、(ローレンス)オリヴィエは偶像だが、私は違う」と語ったようだ。また「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition")が引退作(=swan song)になるのではという問いに「いや、白鳥の歌というよりハゲワシの歌に近いな。まだ引退するつもりはないよ」と語ったとか。
米Warner Bros.は、新作コメディ"What a Girl Wants"の広告を差し替えたようだ。主演のアマンダ・バインスが国旗の描かれたタンクトップを着てVサインを出しているポスターが政治的なメッセージとして受け取られる可能性があると判断したらしい。
  4/3
「ライフカード」の新CMに広末涼子が起用されたようだ。窪塚洋介が登場する前作同様、岩井俊二監督が演出を手がけたらしい。7日から放送とか。
北村龍平監督「あずみ」の完成会見が3日都内で行われ、上戸彩らが出席したようだ。まもなく英語版も完成、米国公開に向けた交渉に入るらしい。
第11回橋田賞が3日都内で発表され、個人部門を「利家とまつ」の唐沢寿明らが受賞したほか、新人賞に柴咲コウと上戸彩、特別賞に田中邦衛が選ばれたようだ。
昨年TBSで放映されたドラマ・シリーズ「木更津キャッツアイ」の映画化が決定した模様。金子文紀が監督を務め、岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、小日向文世、薬師丸ひろ子らが出演するようだ。
三鷹の森ジブリ美術館の入館者数が3日、開館以来100万人を突破したようだ。
1967年、氷点下のウィスコンシン州グリーン・ベイで行われたNFL地区予選Green Bay Packers対Dallas Cowboysの試合を描くTV映画が製作されるようだ。米ESPNで12月に放送されるらしい。
ヴィン・ディーゼル、ジュディ・デンチの共演が決まっている「ピッチ・ブラック」("Pitch Black",2000年)の続編"Chronicles of Riddick"に、カール・アーバンの出演が決まったようだ。また、タンディ・ニュートンも出演交渉中の模様。
ショーン・ペン主演の新作"The Assassination of Richard Nixon"で、ドン・チードルが出演交渉中のようだ。
米Mandalay Picturesは、1990年にボストンのイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館(Isabella Stewart Gardner Museum)から3億〜5億ドル相当の絵画を盗み出したとされる、米国史上最大の美術品強盗マイルス・コナー(Myles Connor)の半生の映画化権を獲得したようだ。 [☆この時盗まれた絵画には、フェルメールの「合奏」も含まれており、現在も発見されていない・・・]
ヒップホップ・グループB2Kと、IMxのマルケス・ヒューストン(Marques Houston)が、ダンス映画"You Got Served"で共演するようだ。
英映画広告協会(Cinema Advertising Association)の報告によると、英国での2月の映画興行収入は前年比21%減の1503万ドルだったようだ。ただし、昨年2月は「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.")と「オーシャンズ11」("Ocean's Eleven")のヒットで過去最高の興収を記録しており、週平均ではそれ以降で最も高い興収記録だったとか。
レイ・ロマーノ、ジーン・ハックマン共演の新作"Welcome to Mooseport"に、モーラ・ティアニーが出演するようだ。
"Jackass: The Movie"のVHSとDVDが先週米国で発売され、1週間でDVD250万枚、VHS100万本の販売を記録したようだ。また初日5日間のレンタル売り上げも811万ドルに達した模様。一方、ジェニファー・ロペス、レイフ・ファインズ共演のロマンチック・コメディ「メイド・イン・マンハッタン」("Maid in Manhattan")のビデオもリリースされ、初日5日間のレンタル売り上げは1661万ドルを記録、No.1ヒットとなったらしい。
ジム・キャリーの元妻のメリッサ・キャリーは、15歳の娘の養育費が月1万ドルでは不足しているとして、増額を求める訴訟を起こしたようだ。ボディガードやピラティスの個人トレーナーを雇うほか、20万ドルで娘のジェイン専用のスタジオを建てたいと言っているらしい。
31日から開催される予定だった香港アジア映画融資会議(Hong Kong Asia Film Financing Forum)2003では、全世界から450以上の企業を招いて、アジアの映画製作者らが24のプロジェクトを披露する予定だったものの、重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響で無期延期となったようだ。
「ブッシュはサダムから"370HSSV-0773H"という暗号メッセージを受け取り、CIAに回したが、CIAは解読できずビル・クリントンに送った。すると彼は『逆さまだ』と指摘した("HELLO-ASSHOLE")」「イラクの状況は低俗な映画の再上映のようだとブッシュ大統領は言った。ブッシュがホワイトハウスにいて、経済は地獄へまっ逆さま、石油を巡ってイラクと戦争・・・そう言えば、こんな映画観たことあるぞ」ジェイ・レノのジョークより。
レスリー・チャンが飛び降りた香港のMandarin Oriental Hotel前には、多くのファンが訪れて花や手紙を供えているようだ。
オリジナルの「キング・コング」("King Kong",1933年)に主演したフェイ・レイ(Fay Wray)は、ピーター・ジャクソン監督によるリメイクについて「とても素晴らしいと思うし、監督がオリジナルに忠実でありたいと言っているのは立派なことだわ」と語ったようだ。 [☆今年95歳だそうです]
2000年10月に結婚した、ジェニファー・ガーナーとスコット・フォーリーが離婚したらしい。
ウィリアム・フリードキン監督「ハンテッド」("The Hunted")プロモーションのため予定されていたベニチオ・デル・トロの来日が中止となった模様。「お花見と、同じ名前の寿司(トロ)を楽しみにしていたのに」とコメントしたとか。
森繁久彌の卒寿(90歳)を記念した朗読CD「望郷詩集」が発売されるようだ。3月に収録したらしい。
米TV Guide誌が3日、創刊50周年を迎えたようだ。
  4/4
深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」のロケが4日山梨県大月市で行われ、三田佳子らが参加したようだ。
水野晴郎が、大阪芸術大学芸術学部の客員教授に就任するらしい。また、島田歌穂が舞台芸術学科の助教授、里中満智子が文芸学科の教授に就任するようだ。
香港電影金像奨の授賞式は、予定通り開催される模様。
レスリー・チャンの葬儀は10日に行われるようだ。
グウィネス・パルトロウ、リサ・クードロウが出演するドン・ルース監督の新作"Happy Endings"に、レイ・リオッタの出演が決まったようだ。
ザ・ロックが主演か?とお伝えしたマーヴェルのコミック"The Punisher"の映画化は、トーマス・ジェインが主演することになったようだ。「アルマゲドン」("Armageddon")などを手がけた脚本家ジョナサン・ヘンズリー(Jonathan Hensleigh)の監督デビュー作となる模様。
米Miramax Filmsは、香港のCelestial Picturesと提携、邵氏兄弟(Shaw Brothers)ライブラリーから「大酔侠」("Come Drink With Me",1965年)、「少林寺三十六房」("The 36th Chamber of Shaolin",1977年)などを含む全50作品のDVD・ビデオ販売権を獲得したようだ。
コレン・ファレル、ロビン・ライト・ペンが共演、マイケル・メイヤーが監督を務める、マイケル・カニンガムの小説「この世の果ての家」("A Home at the End of the World")の映画化で、シシー・スペイセクの出演が決まった模様。
米インターネット映画配信サービスCinemaNowは3日、米20世紀FOXと提携したと発表したようだ。
ソーントン・ワイルダー(Thornton Wilder)の小説を映画化するメアリー・マクガキアン(Mary McGuckian)監督の新作"The Bridge of San Luis Rey"撮影のため、ロバート・デ・ニーロは3日、スペインのマドリード入りしたようだ。
米Peopleのインタビューに答えたニコール・キッドマンは、アカデミー書受賞直後、ニュージーランドにいるトム・クルーズに電話をかけたことを告白したらしい。「(息子の)コナーや、そしてトムと話すことがとても大切に思えたのです。今はお互い全く違う生活をしていますが、私はいつでも彼や彼の人生の力になりたい、とトムに伝えました」と語ったようだ。
ジョン・ウェインの長男で、「アラモ」("The Alamo",1960年)、「グリーンベレー」("The Green Berets",1968年)、「大列車強盗」("The Train Robbers",1973年)などの作品を手がけた、米映画プロデューサーのマイケル・ウェインさんが3日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロージー・オドネルは、彼女とパートナーのケリー・カーペンターが破局寸前だった、とする記事を掲載した米National Enquirer紙に抗議、記事の撤回を求めているようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Philosopher's Stone")の盗作であるとして、J・K・ローリングらがロシアの作家Dmitry Yemetsによる"Tanya Grotter and the Magical Double Bass"の出版差し止めを求めていた訴訟で、アムステルダム地方裁判所は3日、原告の訴えを認める判決を下したようだ。
クラウディア・シファーがストーカー行為で告訴していたイタリア人男性は、裁判にはかけられず、精神病治療のため入院させることが決まったようだ。
リヴ・タイラーと、ロックバンドSpacehogのリードボーカル、ロイストン・ランドン(Royston Langdon)は先週、カリブ海で結婚式を挙げたようだ。
「COWBOY BEBOP 天国の扉」(渡辺信一郎監督,2001年)の上映が4日シカゴでスタートしたようだ。R指定らしい。
米Microsoftは、単館系映画館チェーンのLandmark Theatres社と提携したと発表した模様。全米53館、177スクリーンにWindows Media 9 Seriesによるデジタル上映システムが導入されるようだ。
新作"A Man Apart"に主演するヴィン・ディーゼルは「僕は外交的な人間だったから、友達と地下鉄に乗って一人芝居をやってたよ。オーディションに行くときは、車両の隅に立って見知らぬ乗客の前で一人芝居を演じたものさ。楽しかったな」と語ったようだ。
7日に結婚式を挙げるラッセル・クロウは、自宅のあるニュー・サウス・ウェールズ州ナハ・グレン上空を飛行禁止区域にするようオーストラリア政府に要請していたものの却下されたようだ。パパラッチを追い払いたかったらしい。
米MGMは、大ヒットしたアイス・キューブ主演"Barbershop"のスピンオフ企画への製作・主演と、"Barbershop 2"へのカメオ出演について、クイーン・ラティファと交渉中のようだ。
ベティ・トーマス監督「アイ・スパイ」("I Spy")プロモーションの一環として、鈴木宗男の元秘書ジョン・ムウェテ・ムルアカが3日、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント町田治之社長の1日私設秘書に任命されたらしい。 [☆それでプロモーションになるのか!?]
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の作画監督を務めた高坂希太郎が、7月26日公開のアニメ映画「茄子 アンダルシアの夏」で監督デビューするようだ。大泉洋、筧利夫、小池栄子らが声優を務めるらしい。
「ハンガリー映画祭」が4日、赤坂の国際交流基金フォーラムで開幕したようだ。タル・ベーラ監督の450分の長編「サタンタンゴ」("Satantango",1994年)も上映されるらしい。
ミシェル・ファイファーの新作はコメディ"She's Gone"になるようだ。
エイドリアン・ブロディは、イタリアのメンズ・ブランド"ErmenegildoZegna"のモデルに起用されたようだ。
ブラッド・アンダーソン監督の次回作は、サスペンス・ホラー"The Machinist"になるようだ。クリスチャン・ベイルの主演も決まった模様。
TVシリーズ「バットマン」("Batman",1966-68年)でロビンを演じたバート・ウォードは、サンタナ水質管理委員会から、自宅の排水から基準の40倍以上のバクテリアを検出した、と指摘された模様。ウォードは私設の動物救護センターを運営し、犬を30匹ほど買っていることから、近隣住民が苦情を言ったらしい。ウォードは汚水浄化槽の設置を約束したようだ。
新作SF超大作「ザ・コア」("The Core")に主演したアーロン・エッカートは「ヒーローを演じたかったんだ。これまで僕が出演したほとんどの映画は、家族と観に行ける作品じゃなかった。両親は、好人物を演じる僕を観たがってるからね」と語ったようだ。
ラッセル・クロウの結婚式に、リドリー・スコットも出席するようだ。
  4/5
昨年12月にイラクを訪れたジャーナリストの吉岡逸夫が撮影したドキュメンタリー「笑うイラク魂―民の声を聞け」が5日から大阪市内の映画館で上映されるようだ。
来月17日から上演される舞台「山ほととぎすほしいまま」プロモーションのため、高橋恵子と江守徹によるトークショーが4日都内で行われたようだ。高橋恵子には、6月に初孫が生まれるとか。
ロボットコンテストを舞台にした、古厩智之監督「ロボコン」のロケが山口県徳山市で行われ、主演の長澤まさみらが参加したようだ。
中国のオンライン追悼サイト「網同記念」には、レスリー・チャン追悼のためのページが10以上登録され、これまでに30万人以上がアクセスしたようだ。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")に主演するアーノルド・シュワルツェネッガーが缶にデザインされた、サントリー「純生」「スーパー<マグナムドライ>」「ダイエット<生>」が来月20日から発売されるようだ。
廣木隆一監督「機関車先生」の製作発表が4日都内で行われ、坂口憲二、堺正章、中山麻聖らが出席したようだ。
  4/6
アカデミー賞短編アニメーション部門でノミネートされた「頭山」を含む、山村浩二監督の12作品を集めた「ヤマムラアニメーション図鑑」が4日から渋谷ユーロスペースで公開されているようだ。
ボリウッド人気女優アイシュワリヤー・ラーイが、007シリーズ第21作の出演オファーを受けているらしい。
篠田正浩監督「スパイ・ゾルゲ」の試写会が5日埼玉県本庄市で行われ、篠田監督と岩下志麻が舞台挨拶に立ったようだ。6月の公開までに全国22道府県でトークショーなどのキャンペーンを展開する予定とか。
鹿島勤監督「黄龍 イエロードラゴン」が5日初日を迎え、宮本真希らが舞台挨拶に立ったようだ。
吉田喜重監督「鏡の女たち」が5日初日を迎え、一色紗英らが舞台挨拶に立ったようだ。
東陽一監督「わたしのグランパ」が5日初日を迎え、菅原文太、石原さとみ、波乃久里子、平田満、宮崎美子、筒井康隆らが舞台挨拶に立ったようだ。菅原文太の舞台挨拶は「トラック野郎 故郷特急便」(鈴木則文監督,1979年)以来24年ぶりとか。
北村龍平監督「荒神」が、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(Brussels International Festival of Fantastic Film)で審査員特別監督賞を獲得したようだ。
  4/7
米Dolby Laboratoriesは、デジタルビデオ処理技術を手掛けるDemoGraFX社の資産を買収する、と発表したようだ。
北野武監督「座頭市」のロケが広島県福山市でスタートし、浅野忠信らが参加したようだ。衣装は黒澤和子が担当しているらしい。
韓国人歌手のBoAが、シングル・マ監督、ミシェル・ヨー主演のアクション映画に、歌手の役で出演することが決まったようだ。6月から上海で撮影が行われる模様。
ラッセル・クロウとダニエル・スペンサーの結婚式が7日、オーストラリアのコフス・ハーバー近くにこの日のために建てた教会で行われたようだ。リドリー・スコットや歌手のウェンディ・マシューズらが出席したらしい。
レスリー・チャンの告別式が7日香港で営まれ、国内外から数百人のファンが訪れたようだ。
新作ロマンチック・コメディ"What a Girl Wants"に主演しているアマンダ・バインズは「何が自分に向いているか見つけたいの。TVでも映画でもいい仕事がしたいわ。ヒットすることだけが目的の映画はやりたくない。計画的にキャリアを築こうなんて思ってない。毎日こつこつとやっていくだけよ」と語ったようだ。 [☆アマンダ・バインス17歳です。達観してます。]
復讐がテーマのビデオゲーム"Vexx"プロモーションの一環として、ゲーム・メーカーのAcclaim Entertainmentが英国で行った「報いを受けるべき有名人」の調査によると、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マイケル・ダグラス夫妻が22%の得票率で1位に選ばれたようだ。
ダニエル・デイ=ルイス主演、レベッカ・ミラー監督の新作"Rose and the Snake"で、カミーラ・ベルが出演交渉中のようだ。ポール・ダノ、ボー・ブリッジスの出演も決まった模様。
"Scooby-Doo 2"にセス・グリーンの出演が決まったようだ。
梅津泰臣監督・脚本によるアニメ「A KITE」(1998年)が、ハリウッドで実写リメイクされるようだ。ロブ・コーエンが監督を務める模様。
ピーター・セラーズの半生を、スティーヴン・ホプキンス監督、ジェフリー・ラッシュ主演でTV映画化する、米HBOの"The Life and Death of Peter Sellers"で、ジョン・リスゴウがエドワード・ブレイク監督を、またスタンリー・トゥッチがスタンリー・キューブリック監督を、それぞれ演じることになったようだ。
13日から米NBCが放送するArena Football LeagueのTV中継で、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の2分30秒の予告編が放映されるようだ。各競技場のジャンボスクリーンでも上映されるらしい。
7日行われるラッセル・クロウの結婚式を前に、新郎チームと新婦チームによるクリケットの試合が行われたようだ。
米メディア大手Viacomのサムナー・レッドストーン会長(79)歳が小学校教師を務める女性(40)と6日、ニューヨークで結婚式をを挙げたようだ。シルヴェスタ・スタローンやトニー・ベネットら各界の著名人も参列したらしい。
米DreamWorks、MGM、Sony、Columbia TriStar、20世紀Fox、Universal Studios、Warner Bros.などが参加する、ビデオ・オン・デマンド・サービスInDemandに、Paramount Picturesが新たに加わったようだ。
香港電影金像奨授賞式が6日香港で開催され、「無間道」("Infernal Affairs")が作品賞、監督賞(アンドリュー・ラウ)、主演男優賞(トニー・レオン)など7部門を獲得、一方、チャン・イーモウ監督「英雄」("Hero")も撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞など同じく7部門を獲得したものの主要部門の受賞は逃したようだ。また「the EYE【アイ】」("The Eye")のリー・シンジェが主演女優賞を、クァク・ジェヨン監督「猟奇的な彼女」("My Sassy Girl")がアジア映画賞をそれぞれ獲得したらしい。
全米週末興収は、公開が延期されていたコリン・ファレル主演"Phone Booth"が1500万ドルで初登場1位を獲得、アマンダ・バインズ主演のコメディ"What A Girl Wants"は1210万ドルで2位、ヴィン・ディーゼル主演のアクション"A Man Apart"は1120万ドルで3位のスタートとなったようだ。また、「シカゴ」("Chicago")の総興収が1億5000万ドルを突破した模様。
ヒュー・グラント、サンドラ・ブロック共演「トゥー・ウィークス・ノーティス」("Two Weeks Notice")に、新庄剛志外野手が"出演"しているらしい。昨年5月のメッツ×ジャイアンツ戦で撮影が行われたようだ。
マイケル・ケイン、ローレンス・オリヴィエが共演した「探偵スルース」("Sleuth",1972年)がリメイクされるようだ。ジュード・ロウが主演するらしい。
ピーター・ホーウィット監督、ローワン・アトキンソン主演のスパイ・コメディ"Johnny English"のプレミアが、6日ロンドンで行われたようだ。ローワン・アトキンソンは「ミスター・ビーンではロマンスは期待できなきけど、ジョニー・イングリッシュなら話は別さ」と語ったとか。
  4/8
天皇制を題材とした映画「腹腹時計」の神奈川県民ホールでの上映を認めなかったとして、渡辺文樹監督が神奈川県に100万円の損害賠償を求めていた訴訟で、横浜地裁は8日「不承認は地方自治法に違反する」として県に20万円の支払いを命じる判決を下したようだ。
1980年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「モスクワは涙を信じない」("Moscow Does Not Believe in Tears",1979年)をはじめ、「デタッチド・ミッション」("Solo Voyage: Revenge",1985年)など数多くの作品に出演したロシアの俳優、アレクサンドル・ファチューシン(Aleksandr Fatyushin)さんが6日亡くなった(52歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ガンスモーク」("Gunsmoke",1955-75年)、「快傑ゾロ」("Zorro",1957-59年)、「弁護士ペリー・メイソン」("Perry Mason",1957-66年)、「ボナンザ」("Bonanza",1959-73年)などのTVドラマで活躍したほか、「アスファルト・ジャングル」("The Asphalt Jungle",1950年)、「ゼブラ軍団」("Zebra Force",1976年)など数多くの映画にも出演した、米俳優のアンソニー・カルーソ(Anthony Caruso)さんが4日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「未来少年コナン」で、おじいとラオ博士の声を担当したほか、「サイボーグ009」(1966年)、「攻殻機動隊」(押井守監督,1995年)などのアニメ作品や、洋画の吹替えなどで活躍した、声優の山内幹雄さんが7日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
イラク軍に捕らえられ救出された米陸軍女性兵士ジェシカ・リンチ上等兵の家族のもとには、ハリウッドから映画化のオファーが殺到しているらしい。
レオン・カーフェイ、デヴィッド・モース共演の「ダブル・ビジョン」("Double Vision")プロモーションのため、チェン・クォフー監督が来日し、8日都内で記者会見を行ったようだ。奥菜恵が花束贈呈に訪れたとか。レオン・カーフェイの来日も予定されていたものの、SARSの影響で中止となったらしい。
レスリー・チャンの葬儀が8日、香港島・北角の「香港殯儀館」で営まれ、トニー・レオン、フェイ・ウォン、ニコラス・ツェーらと共に数千人のファンが別れを告げたようだ。
ウィノナ・ライダーは、ビバリーヒルズのSax's Fifth Avenueで万引きした5500ドル相当の衣類などを、チャリティ・オークションに出品したい、と言っているようだ。
テクモの人気3D格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE」がハリウッドで実写映画化されるようだ。「モータル・コンバット」("Mortal Kombat",1995年)、「バイオハザード」("Resident Evil",2002年)のポール・アンダーソン監督が設立したImpact Picturesが映画化を手掛ける模様。
英国週末興収はアル・パチーノ、コリン・ファレル共演の"The Recruit"が120万ドルで2週連続1位を獲得、ジャッキー・チェン主演"Shanghai Knights"は2位のスタートとなったようだ。また、イタリアでは「デアデビル」("Daredevil")、スペインでは"Just Married"、ドイツでは"Jungle Book 2"が週末興収1位となった模様。
米DreamWorksは、デヴィッド・リンゼイ=アベアー(David Lindsay-Abaire)作のオフ・ブロードウェイの舞台"Kimberly Akimbo"の映画化権を獲得したようだ。
全米公開中115作品の週末興収の合計は、前年同期比11%減の9850万ドルとなった模様。一方、香港の先週末の映画興行収入は、前年比で80%も減少したらしい。重症急性呼吸器症候群(SARS)が影響したようだ。
ロビン・ウィリアムスは、レバノン出身の新人監督オマー・ナイム(Omar Naim)によるSFスリラー"Final Cut"に主演するようだ。6月から製作が始まる模様。
TV脚本家兼俳優ミッチ・ラウズ(Mitch Rouse)の監督デビュー作となるダーク・コメディ"Employee of the Month"で、マット・ディロン、スティーヴ・ザーン、クリスティーナ・アップルゲイトが出演交渉中の模様。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)は、13日に開催するBAFTAテレビ賞授賞式で、個人に対する最高賞であるBritish Academy Fellowshipを英TV俳優のデヴィッド・ジェイソンに授与すると発表したようだ。
アーネスト・ヘミングウェイがマレーネ・ディートリヒに宛てた30通の手紙が、初期の小説や詩の原稿と共に、ジョン・F・ケネディ・ライブラリーに寄贈されたようだ。
ティム・アレンは、Revolution Studiosの新作ロマンチック・コメディ"In the Pink"で、化粧品のセールスマンを演じるようだ。
メリーランド州のシルヴァー・スプリングで、米国映画協会(American Film Institute)の新しい本部となるAFI Silver Theater and Cultural Centerのオープネング・セレモニーが4日行われ、クリント・イーストウッドがゲストとして出席した模様。1938年に建設された映画館を全面改装したらしい。イーストウッドは「この劇場はまさに芸術品です。この修復を目の当たりにすることが出来たことを嬉しく思います」と語ったようだ。
韓国ホラー映画「ボイス」("Phone")の試写会が7日都内で行われ、アン・ビョンギ監督と主演のハ・ジウォンが舞台挨拶に立ったようだ。
米HBOの人気ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos")に、スティーヴ・ブシェミが出演するらしい。
トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演の新作"Man on Fire"に、ロバート・ダウニーJr.の出演が決まったようだ。
レオナルド・ディカプリオは、米National Geographic Kids誌のゲスト編集者を務めることになったようだ。5月に発売予定とか。
ウィノナ・ライダーの保護観察に関する進行状況確認が7日ビバリーヒルズの裁判所で行われ、カリフォルニアのがん治療センターCity of Hopeでの480時間の公共奉仕を終えたことなどを報告した模様。「これまでの活動を是非続けてほしい」と告げた裁判官に対しライダーは「OK」と答えたようだ。次回の進行状況確認は10月10日に行われるらしい。
復活祭の日の20日にBBCで放送される特別番組にキャメロン・ディアスが出演しているようだ。クレイグ・ドイル(Craig Doyle)が中央アメリカのジャングルをカヌーで下る紀行番組で、撮影現場に偶然居合わせたディアスに出演を依頼したところ、即OKしたらしい。
  4/9
平山秀幸監督「魔界転生」の完成披露試写会が9日都内で行われ、窪塚洋介、佐藤浩市らが出席したようだ。
ヤンキースの松井秀喜外野手が8日満塁ホームランを放ったことについて、富山省吾東宝映画副社長は「元気をもらいました。松井選手の活躍に負けないように映画も華々しく大暴れしてほしい」と語ったようだ。
14日スタートのフジテレビ「東京ラブ・シネマ」の制作発表が9日都内で行われ、江口洋介、財前直見らが出席したようだ。
及川中監督「キューティーガール」の製作発表が9日都内で行われ、小倉優子らが出席したようだ。桜木睦子、鎗田彩野、パイレーツ、山下真司、眞鍋かをりらが共演するらしい。
「座頭市牢破り」(山本薩夫監督,1967年)、「座頭市喧嘩太鼓」(三隅研次監督,1968年)で脚本を手掛けた、日本舞踊家の猿若清さんが9日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「巨匠たちの伝説」「小津安二郎と茅ヶ崎館」などの著書でも知られる、映画評論家の石坂昌三さんが7日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米Paramount Picturesは、エリック・ラーソン(Erik Larson)のミステリ小説"The Devil in White City: Murder, Magic and Madness at the Fair That Changed America"の映画化権を獲得した模様。キャスリン・ビグロウが監督を務めるようだ。
トッド・フィリップス監督、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン共演による「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)の映画化で、カルメン・エレクトラがハッチの恋人役で出演交渉中のようだ。
テリー・ギリアム監督によるドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラマンチャ」("Lost in La Mancha")が、今秋フランスで上映されることになったようだ。
ロバート・ルケティック監督、ケイト・ボスワース、ジョシュ・デュアメル主演の新作ロマンチック・コメディ"Win a Date With Tad Hamilton!"で、ネイサン・レインが出演交渉中のようだ。
第27回香港国際映画祭が8日開幕、重症急性呼吸器症候群(SARS)の蔓延が懸念される中、テディ・チャン、ジョニー・トー、チェン・ペイペイらがオープニング・セレモニーに出席したようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズが設立したMilkwood Filmsは、仏Pathe Picturesと共同で、舞台劇"Getting and Spending"を映画化するようだ。ゼタ=ジョーンズ自身が製作、主演を担当するらしい。
ロンドン郊外のLeavesden Studiosで、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のビデオ/DVD発売記念イベントが8日行われ、クリス・コロンバス監督をはじめ、ロビー・コルトレーン、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、ミリアム・マーゴリーズら主要キャストが出席、450人以上の報道陣が詰めかけたようだ。
ニコラス・ケイジが主演予定のマーヴェル・コミックの映画化"Ghost Rider"で、「デアデビル」("Daredevil")のマーク・スティーヴン・ジョンソンが監督と脚本を務めることになったようだ。
米Paramount Picturesの新作ロマンチック・コメディ"Dear Deliah"に、マシュー・マコノヒーが主演するようだ。
米HBOは、来年有料チャンネルで放送予定のドキュメンタリー"Elaine Stritch at Large"の劇場公開を計画している模様。ブロードウェイで上演された、舞台女優エレイン・ストリッチによる一人芝居"Elaine Stritch at Liberty"の舞台裏を、ドキュメンタリー映画監督のD・A・ペネベイカー(D.A. Pennebaker)が追った作品で、HBOは来年のアカデミー賞を狙っているようだ。
一昨年心臓発作で入院したロドニー・デンジャーフィールド(Rodney Dangerfield)は、主演最新作"The 4th Tenor"のビデオが発売された8日、UCLA医療センターで脳のバイパス手術を受けたようだ。数週間後に心臓バイパス手術を受ける模様。
ペネロペ・クルスは、事実とは異なる中傷的な記事を掲載し名誉を傷つけられたとして、豪New Idea誌に対する訴訟を起こしたようだ。
メアリー・J・ブライジ、ジュエル、チャカ・カーンらが出演する今年の"VH1 Divas"コンサートの司会を、クイーン・ラティファが務めるようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」に、小西真奈美が出演しているようだ。
来年公開予定の竹下昌男初監督作品「ジャンプ」で、原田泰造と牧瀬里穂が共演するらしい。
Baytech Cinema社は7日、映画用デジタルカメラに装着して使用するフィルム・マガジン型のデジタルレコーダー"CineRAM"を発表したようだ。最大8分間の非圧縮記録が可能とか。
米TNTがロブ・ロウの主演でスティーヴン・キング原作「呪われた町」をTVドラマする"Salem's Lot"で、レベッカ・ギブニーの共演が決まった模様。監督はマイケル・サロモンが務めるようだ。
マイケル・マン監督の次回作は苦悶するスーパー・ヒーローを描く"Tonight, He Comes"になるようだ。
サッカー・チームを描くUniversal Picturesの新作コメディにウィル・フェレルの出演が決まった模様。
ぞうのババール」("Babar the Elephant")シリーズの作者ジャン・ド・ブリュノフの妻で、自分の子供たちのためのおとぎ話として小象の物語を創作した、セシルド・ブリュノフさんが7日亡くなった(99歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マイケル・ケインが主演した「アルフィー」("Alfie",1966年)が、ジュード・ロウの主演でリメイクされるらしい。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")DVDの11日発売を前に、英Amazon.co.ukにはすでに4万件の予約が入っているようだ。同サイトの予約件数としては過去最高とか。
  4/10
バンダイは、ゲームソフト「ENTER THE MATRIX」を6月19日に発売する、と発表したようだ。
7月10日に初日を迎える「ディズニー・オン・アイス 美女と野獣」のプロモーション・サポーターをホンジャマカの石塚英彦が務めるようだ。9月には「モンスター・インク」のショーも開幕するらしい。
メディア大手の豪News Corporationは9日、米DirecTVなどを保有するHughes Electronicsの経営権を66億ドルで取得する、と発表したようだ。
廣木隆一監督「機関車先生」ロケのため9日、主演の坂口憲二らが香川県を訪れたようだ。
米Time誌アジア版は10日「アジアの英雄20人」を発表、宮崎駿監督、ヤンキースの松井秀喜選手、NBAのヤオ・ミン選手らが選ばれたようだ。
香川県庵治町の国立ハンセン病療養所大島青松園に入所する詩人、塔和子の半生を追った宮崎信恵監督のドキュメンタリー映画「風の舞 闇を拓く光の詩」の試写会が10日、同園で行われたようだ。
ティム・ストーリー監督続投か?とお伝えした"Barbershop 2"は、ケヴィン・サリヴァンが監督を務めることになったようだ。今夏シカゴで撮影がスタートする模様。
イタリア最高の映画賞David di Donatello Awardsの第48回授賞式が9日ローマで開催され、トルコ出身のFerzan Ozpetek監督によるロマンス"La Finestra di fronte"が作品賞を含む5部門を獲得したようだ。また、外国語映画賞にはロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")が選ばれた模様。
DreamWorks Home Entertainmentが6月10日にリリースするトッド・フィリップス監督"Old School"のDVDには、NG集や削除シーンなどの他、出演したウィル・フェレル、ヴィンス・ヴォーン、ルーク・ウィルソンによる"Inside the Actors Studio"のパロディが特典映像として収録されているようだ。
アンソニー・ホプキンス主演「レッド・ドラゴン」("Red Dragon")のDVDが米国で発売され、発売5日間で販売枚数150万枚を記録、レンタル売上も1320万ドルに達したようだ。
全米7劇場に計43スクリーンの映画館を展開するMadstone Theatersは、劇場未公開のインデペンデント映画を特集上映する"Film Forward"を、来月1日から6月11日まで開催するようだ。
Columbia Picturesは、ミュージカル映画「バイ・バイ・バーディー」("Bye Bye Birdie",1963年)をリメイクするようだ。南カリフォルニア大学を卒業したばかりのジョン・チュウ(Jon Chu)が監督を務めることになる模様。
「ワンス・アンド・フォーエバー」("We Were Soldiers")でベトナム兵を演じ、母国政府から売国奴と批判されていたドン・ズオンは、家族と共に米国に移住するようだ。
アイス・Tは、著作権侵害で問題となっているファイル交換サービスKazaaのサイトを通じて、ニューアルバム"Repossession"を4.99ドルで販売するようだ。
MTVヨーロッパは、カンヌ映画祭開催に合わせて「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")を記念したパーティをSonyとの共催で来月17日に行う、と発表したようだ。ピエール・カルダンの別荘Le Palais Bullesが会場となり、アーノルド・シュワルツェネッガー、クリスタナ・ローケン、ニック・スタール、クレア・デインズ、ジョナサン・モストウらが出席する予定とか。
メキシコ・シティで8日、第45回アリエル賞(Ariel Awards)授賞式が開催され、カルロス・カレラ監督"El Crimen del Padre Amaro"("The Crime of Father Amaro")が、作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞、助演女優賞ほか9部門を獲得したほか、フェイク・ドキュメンタリー作品"Aro Tolbukhin: En la mente del asesino"が主演男優賞、主演女優賞など7部門を受賞したようだ。
7日結婚式を挙げたラッセル・クロウとダニエル・スペンサーの新居は、シドニーのウールムールー湾に面した高級マンションで、購入価格は1400万豪ドルで、シドニーの不動産取引史上最高額とか。
7月公開予定の「それいけ!アンパンマン ルビーの願い」で、工藤静香がヒロインの声を担当するようだ。また、同時上映の「怪傑ナガネギマンとドレミ姫」には、香坂みゆきが声優として出演するらしい。
ジョン・キューザックとメグ・ライアン、ホントに結婚か?
イライジャ・ウッドは、Warner Bros.の新作アニメ"Happy Feet"で、主人公のペンギンの声を担当するらしい。ジョージ・ミラーらが脚本を担当するようだ。
米MTVで22日"Madonna on Stage and on the Record"が放送されるようだ。マドンナは、当日発売となるニュー・アルバムからタイトル曲"American Life"を歌うほか、その反戦的なプロモーション・ビデオについてのコメントもあるようだ。
シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のコブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の映画化について、プロデューサーのデヴィッド・ヘイマンは「7日、脚本に取り組み始めた。1本の映画として最後まで撮影する予定だが、長すぎる場合は2部作にする」と語ったようだ。
  4/11
エンターブレインの浜村弘一社長は「ゲーム・ソフト業界は、各国のクリエイターが得意な分野を担当する、多国籍な映画産業のような制作スタイルなっていくだろう」と語ったようだ。
6月公開予定の広末涼子、松田龍平共演、堤幸彦監督「恋愛寫眞」の前売り券は、一律1000円で販売されるようだ。また当日学生料金も1000円になるらしい。
「女の一生」(亀井文夫監督,1949年)、「ひめゆりの塔」(今井正監督,1953年)、「浮雲」(成瀬巳喜男監督,1955年)、「氷点」(山本薩夫監督,1966年)など数々の名作を手掛けた、脚本家の水木洋子さんが8日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ヴィン・ディーゼルは、最新のハイテク軍艦を舞台にしたアクション"Dreadnaught"への出演に向けて交渉中の模様。ドミニク・セナが監督を務めるようだ。
来月3日から開催されるトライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)では、アル・パチーノ監督作"Chinese Coffee"を特別上映しその映画について語り合う"An Evening of Chinese Coffee and Conversation With Al Pacino"が企画されているらしい。
ベルギーの映画賞、第18回ジョセフ・プラトー賞(Joseph Plateau Awards)授賞式が10日開催され、リュック・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟の監督による"Le Fils"が、作品賞、監督賞、主演男優賞を獲得したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の新作"Terminal"で、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが共演候補に挙がっているようだ。
ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、ジュリー・クリスティ、ピーター・オトゥールらが共演する、ウォルフガング・ペーターゼン監督の歴史超大作"Troy"で、ドイツ出身の新人女優ダイアン・クルーガー(Diane Kruger)がヒロインに抜擢されたようだ。
デヴィッド・フィンチャーが監督予定だった超自然スリラー"Stay"は、「チョコレート」("Monster's Ball",2001年)のマーク・フォースターが監督を務めることになるようだ。
米Mattel社のミニカー"Hot Wheels"をマックジーの監督で実写映画化する企画は、ジェイムズ・ロビンソンが脚本を担当するようだ。また、ロビンソンは、大友克洋原作・監督のアニメ「アキラ」("AKIRA",1988年)の実写映画化でも、脚本を務めるらしい。
米Walt Disneyは、新作アドベンチャー"Trouble in Paradise"の脚本に、「サンタクロース・リターンズ!」("The Santa Clause 2")のエド・デクター、ジョン・J・シュトラウスらを起用したようだ。16歳の女の子が主人公の、ジュニア版「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」("Romancing the Stone",1984年)風の展開になるとか。
11日トルコで開幕した第22回イスタンブール国際映画祭では、イラク攻撃の影響で多くのゲストが欠席を表明しているようだ。監督作"The Dancer Upstairs"が上映されるジョン・マルコヴィッチは予定通り出席するとか。
米Palm Picturesは、クロード・シャブロル監督、ナタリー・バイ、ブノワ・マジメル共演の新作"La Fleur du mal"の米国内上映権を獲得したようだ。
ティム・ブレイク・ネルソン監督の新作"Love in Vain"で、P. Diddyことショーン・コムズがブルース・シンガーのロバート・ジョンソンを演じることになったようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えていた裁判で、ロンドン高等法院は11日、夫妻の訴えを認める判決を下した模様。
アンジェリーナ・ジョリーは、カンボジアの反政府武装組織クメール・ルージュ(Khmer Rouge)が支配していた49,500エーカーの森林地帯を自然保護地区とするための資金として、今後15年間に500万ドルを提供することで、慈善団体Cambodian Vision in Developmentと合意したようだ。すでに35万ドルが支払われたらしい。
11日全米3551館で上映がスタートする、ジャック・ニコルソン、アダム・サンドラー共演のコメディ"Anger Management"に大ヒットの期待がかかっているようだ。
米NBCは、イラク軍に捕らえられた米陸軍女性兵士ジェシカ・リンチ上等兵の救出劇をTVドラマ化することを決定した模様。ただし、まだドラマ化の権利は獲得していないらしい。
ショーン・ペンの愛車、1987年型BUICK Grand Nationalが盗まれたらしい。
米野球殿堂(Baseball's Hall of Fame)は、今月26日から予定していた「さよならゲーム」("Bull Durham",1988年)公開15周年記念イベントを中止した模様。出席予定だったティム・ロビンスとスーザン・サランドンの反戦活動がその理由らしい。
16日から全米公開されるコメディ映画"Chasing Papi"は、、急増するヒスパニック系アメリカ人を対象にした作品で、新たなマーケットへの試金石としても注目されているようだ。
プレステ2用アクション・シューティング・ゲーム「ロボコップ〜新たなる危機〜」が、コナミから7月に発売されるようだ、
HYDEとGacktが共演した瀬々敬久監督「MOON CHILD」がコミック化され、24日発売の週刊ヤングサンデーに掲載されるようだ。
義肢装具士を目指す聴覚障害者を描く、大澤豊監督、忍足亜希子主演の映画「アイ・ラヴ・ピース」が製作される模様。今月から島根県で撮影が行われるほか、アフガニスタンでのロケも予定されているらしい。
ブルース・ウィリス、デンゼル・ワシントン、アーノルド・シュワルツェネッガーの3人は、写真を無断で新聞広告に使用したとして、米電気店チェーンに対し損害賠償を求める訴訟を連名で起こしたようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")が、来月15日にカンヌ映画祭でプレミア上映されるようだ。
ボリウッド人気女優アイシュワリヤー・ラーイが、インド人女優としては初めて、カンヌ映画祭の審査員に任命されたようだ。
  4/12
人間国宝の染織作家、宮平初子の記録映画「彩なす首里の織物―宮平初子―」の完成披露試写会が8日都内で行われたようだ。7月に銀座で上映会が予定されているらしい。
冨樫森監督「星に願いを。」が12日初日を迎え、竹内結子、吉沢悠らが舞台挨拶に立ったようだ。
古尾谷雅人の遺作となった宮坂武志監督「人斬り銀次」が新宿東映で先行上映され、竹内力らが舞台挨拶に立ったようだ。
阪本順治監督「ぼくんち」が12日初日を迎え、観月ありさらが舞台挨拶に立ったようだ。
ロサンゼルス連邦裁判所は、野生生物写真家のジェイムズ・フレイザーが発明したPanavision Frazier Lensの特許を無効とする判決を下したようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")が、昨年の英国図書館貸し出しランキングで1位となったようだ。
「戦場のピアニスト」("The Pianist")で描かれるピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの息子で、九州大非常勤講師を務めるクリストファー・シュピルマンは、イラク戦争後の米統治について「米国が解散を叫び、価値観を押し付けても、イラク国民の反発を招くだけだ」と語ったようだ。
スティーヴン・ダルトリー監督、ニコール・キッドマン主演「めぐりあう時間たち」("The Hours")が、ドイツ映画賞(Lola Awards)の最優秀外国語映画に選出された模様。6月9日にベルリンで開催される授賞式で、Lola賞が授与されるようだ。
アントニオ・バンデラス、メアリー・スチュアート・マスターソンらの共演で、先月よりブロードウェイでリバイバル上演中の、「フェリーニの8 1/2」("Otto E Mezzo",1963年)のミュージカル化作品"Nine"は、上演期間が当初予定の6月29日から8月10日まで延長されたようだ。
ロバート・カーライルの主演でヒトラーの青春時代を描く、CBSのミニシリーズ"Hitler: The Rise of Evil"を手掛けたベテラン・プロデューサーのエド・ガーノン(Ed Gernon)が解雇されたようだ。TV Guide最新号に「これは米国への警告の物語だ。ヒトラーは恐怖で国家を支配し、市民の権利を奪い、世界を戦争へと導いた。この歴史を振り返るのに、今ほどふさわしい時はない」と発言したためらしい。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断掲載した英Hello!誌に勝訴したことについて、独占契約を結んで写真を掲載したライバル誌OK!の編集長は「OK!誌にとっても夫妻にとっても歴史的な圧勝だ」と語ったようだ。
第11回スポニチ文化芸術大賞の贈賞式が11日都内で行われ、映画プロデューサーの岡本みね子がグランプリを獲得したようだ。夫の岡本喜八監督のほか、仲代達矢、竹中直人、鈴木京香らがお祝いに駆けつけたらしい。
アレクサンドル・ソクーロフ監督「エルミタージュ幻想」("Russian Ark")のハイビジョン上映が13日と14日の2日間、渋谷ユーロスペースで行われるようだ。
  4/13
廣木隆一監督「機関車先生」の撮影が、瀬戸内海の詫間町志々島で13日本格スタートしたようだ。今後、丸亀市などでもロケが行われるらしい。
人気アニメシリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons")の、一家が英国を訪れる特別編に、トニー・ブレア英国首相も登場するようだ。11日に本人が声の収録を行った模様。
みうらじゅんのコミック「アイデン&ティティ」が、田口トモロヲ監督、宮藤官九郎脚色、峯田和伸主演で映画化されるらしい。中村獅童、マギー(ジョビジョバ)、大森南朋、麻生久美子らが共演するようだ。ライブシーンのエキストラを緊急募集中(締め切り14日午前10時!)とか。
梶間俊一監督「プレイガール」が12日初日を迎え、佐藤江梨子、岡元夕紀子、加藤明日美、八幡えつこらが舞台挨拶に立ったようだ。
  4/14
高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」のアフレコが14日都内で行われ、筧利夫、小池栄子、大泉洋らが参加したようだ。
ジョナサン・フレイクス監督による実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")は、来年夏に日米で公開される模様。
レスリー・チャン、マギー・チャンが共演したテイラー・ウォン監督「縁イ分」(1984年)が、香港で約20年ぶりに上映され、多くのファンが訪れたようだ。15日にはDVDも発売されるらしい。
東京商工会議所が今年の新入社員を対象に実施した調査によると、理想の上司の1位は北野武が選ばれたようだ。
DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWの再生が可能な新型プレステ2が、来月15日発売されるようだ。DVDビデオのプログレッシブ出力に標準で対応するほか、ファンノイズも1/4に低減されているとか。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)主催の、BAFTAテレビ賞授賞式が13日開催され、BBCの人気コメディ"The Office"が、シチュエーション・コメディ賞と最優秀コメディ演技賞(リッキー・ジャーヴェイス)を獲得したほか、"The Gathering Storm"のアルバート・フィニーが主演男優賞、"Murder"のジュリー・ウォルターズが主演女優賞を受賞した模様。
人気アニメシリーズ「サウスパーク」("South Park")が先週第100回を迎えたらしい。
東京ディズニーランドが15日、開園20周年を迎えるようだ。1983年の開園以来、3億900万人が訪れたとか。
全米週末興収は、ジャック・ニコルソン、アダム・サンドラー共演のコメディ"Anger Management"が、4月の週末興収としては「スコーピオン・キング」("The Scorpion King",2002年)の3610万ドルを大きく上回る4450万ドルを記録、初登場1位となったようだ。一方、ロブ・ゾンビ(Rob Zombie)が監督を務めたホラー"House of 1,000 Corpses"は340万ドルで7位のスタートとなった模様。
11日に盗難に遭ったショーン・ペンの愛車、1987年型BUICK Grand Nationalが、現場から9マイル離れたリッチモンドで発見されたようだ。ただし、車の中にあった拳銃2丁は無くなっていたらしい。
USA Video Technologyは、MGM、Paramount Pictures、Warner Bros.、Sony Pictures Entertainment、Universal Picturesの5社が設立したオンライン映画合弁企業Movielinkを、特許権侵害で提訴したらしい。
水島努監督「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」の完成披露試写会が13日都内で行われ、矢島晶子らが舞台挨拶に立ったようだ。
「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」のクランクアップ会見が13日都内で行われたようだ。深作健太監督はアフガニスタン・ロケを行うことを発表したらしい。アフガン行きを希望していた深作欣二監督の遺骨も持参するとか。
コリン・ファースとミーナ・スヴァーリが、マーク・エヴァンス監督の新作サイコ・スリラー"Trauma"で共演するようだ。
7年のロングランを続けるブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」("Chicago")に、7月からメラニー・グリフィスが出演するようだ。
1930年代から40年代の「ターザン」映画に"出演"していたチンパンジーのCheetaが71歳を迎え、世界長寿記録を更新したようだ。Cheetaはカリフォルニアのパーム・スプリングで暮らしており、National Geographicをながめたり、テレビアニメを見ながら過ごしているとか。
  4/15
犬童一心監督「ジョゼと虎と魚たち」の製作発表が15日都内で行われ、妻夫木聡、池脇千鶴らが出席したようだ。
第22回藤本賞授賞式が15日都内で行われ、「たそがれ清兵衛」の山田洋次監督が受賞したようだ。
チャン・イーモウ監督「HERO」プロモーションのためマギー・チャンが来日、15日記者会見を行ったようだ。
高知東生、高島礼子夫妻の自宅マンションに空き巣が入り、腕時計と現金数百万円が盗まれたらしい。 [☆タンス預金も考え物・・・]
香川県庵治町の国立ハンセン病療養所大島青松園に入所する詩人、塔和子の半生を追った宮崎信恵監督のドキュメンタリー映画「風の舞 闇を拓く光の詩」に対し、香川県は全国で開催される上映会などのPR費用のうち300万円を補助する、と発表したようだ。
特別展"Marilyn Monroe - Life of a Legend"を開催中のロンドンCounty Hall Galleryから、マリリン・モンローが所有していた4万ポンド相当の指輪と腕輪が盗まれたらしい。
ローワン・アトキンソン主演"Johnny English"が、英国週末興収340万ポンドで初登場1位を記録したほか、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリアでも週末興収1位を記録したようだ。
シドニー・ポラック監督の次回作は、国連を舞台にしたスリラー"The Interpreter"になる模様。
パトリシア・ハイスミスの小説「贋作」("Ripley Under Ground")に基づく、ロジャー・スポティスウッド監督によるタイトル未定の新作で、バリー・ペッパーとトム・ウィルキンソンが出演交渉中のようだ。バリー・ペッパーはまた、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演"Aviator"への出演も決まった模様。
Columbia Picturesは、スウェーデンで大ヒットしたジョゼフ・ファレス(Josef Fares)監督のアクション・コメディ映画"Kopps"のリメイク権を獲得した模様。アダム・サンドラーの映画製作会社Happy Madisonが映画化を手掛けるようだ。
米Walt Disneyは、10代の女の子を主人公にしたミュージカル映画を企画しているらしい。
SFXアーティストのスタン・ウィンストンがキャラクタ・デザインなどを手掛けたビデオゲーム"The Four Horsemen of the Apocalypse"が発売されたようだ。映画化や、アクション・フィギュアの販売も計画されているらしい。
8日UCLA医療センターで脳のバイパス手術を受けたロドニー・デンジャーフィールドは、順調に回復しているようだ。人工呼吸器がはずされるとすぐに、人気トークショー番組"The Jerry Springer Show"(1991年-)が見たい、と言ったとか。
デニー・ゴードン監督の新作は、メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセンのオルセン双子姉妹が主演するアクション・コメディ"New York Minute"になる模様。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)と、米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)の運営理事会は13日、両組織の合併とそれに伴う規約の改定を提案し、6月にその可否を問う全体投票を行うことを決定した模様。
トッド・フィリップスがプロデューサーを務めるDimension Filmsの新作コメディ"The Von Doozers"で、"Spin City"(1996-2002年)などを手掛けたフィル・ウェン(Phil Wen)が脚本を担当することになったようだ。
米DreamWorksとNBCは、ジークフリート&ロイのホワイト・ライオンとホワイト・タイガーの一家を主人公にした、全編フルCGのTVシリーズ"Father of the Pride"を製作すると発表したようだ。来年秋から放送されるらしい。
MTV映画賞(MTV Movie Awards)のノミネーションが14日発表され、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")、「スパイダーマン」("Spider-Man")がそれぞれ作品賞を含む5部門でノミネートされたようだ。また、今年から最優秀バーチャル・パフォーマンス賞が新設され、「エピソード2」("Star Wars: Episode II - Attack of the Clones")のヨーダ、「スクービー・ドゥー」("Scooby-Doo")のスクービー・ドゥー、「二つの塔」のゴラム、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のドビーらが候補に上がったらしい。
9.11後の罪と罰を描く、米HBOのTV映画"Strip Search"で、バリー・レヴィンソンが製作総指揮、シドニー・ルメットが監督、トム・フォンタナが脚本を務めるようだ。
まもなく全米公開となる"Malibu's Most Wanted"にも主演しているジェイミー・ケネディは、同じくWarner Bros.の新作コメディ"Dream Girl"に主演することが決まったようだ。「ノッティングヒルの恋人」("Notting Hill",1999年)とコメディ風「危険な情事」("Fatal Attraction",1987年)を合わせたような作品になるとか。
米ABCは、これまでAIDSや中絶、薬物・アルコール依存など様々な社会問題をテーマとして扱ってきた、エミー賞受賞のドラマ"All My Children"(1970年-)の22日放送の回で、米昼ドラとしては初めて、女性同士のキス・シーンを放送するらしい。
ロブ・ボーマン監督、トム・クルーズ主演か?とお伝えした、クライブ・カッスラー著のベストセラー小説「死のサハラを脱出せよ」("Sahara")の映画化は、マシュー・マコノヒーが主演に向けて最終交渉に入った模様。米Walt Disney社長マイケル・アイズナーの息子ブレック・アイズナーが監督を務めるようだ。
生後9週間でタイタニック号に乗り込み救助されたミルヴィナ・ディーン(Milvina Dean)さんは、ジェイムズ・キャメロン監督による新作IMAX-3D映画"Ghosts of the Abyss"の上映に招待されていたものの、全て断ったらしい。「父のその時の苦しみを思うと、とても観に行く気にはなりません」と語ったようだ。
田辺誠一の監督による短編オムニバス映画「ライフ・イズ・ジャーニー」の一編「No where」で、hitomiが主演を務めているらしい。1月にリスボンで撮影が行われたようだ。
人気女形役者の橘大五郎が、北野武監督「座頭市」で映画デビューするようだ。
アントワ・フークア監督、コリン・ファレル主演か?とお伝えしたSFサスペンス"The Jacket"は、ジョン・メイバリーが監督、マーク・ウォールバーグが主演を務めることになったらしい。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のDVDが11日から英国で発売され、2日間で1,012,000枚の売り上げを記録したようだ。前作「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Philosopher's Stone")を上回る、英国史上最速の販売記録となった模様。
「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")を手掛けたグリンダ・チャーダ(Gurinder Chadha)監督は、これまで何度か映像化されているジェイン・オースティン作「高慢と偏見」("Pride and Prejudice")の映画化を手掛ける模様。「ザ・リング」("The Ring")のマーティン・ヘンダーソンとインドの人気女優アイシュワリヤー・ラーイが共演する、ボリウッド・スタイルのミュージカルになるらしい。
米アニメーション専門局Nickelodeon主催のキッズ・チョイス賞(Kids' Choice Awards)授賞式が開催され、「タキシード」("The Tuxedo")で共演したジェニファー・ラヴ・ヒューイットとジャッキー・チェンがお気に入りButt Kicker賞を受賞したほか、映画作品では「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember")、映画男優にはアダム・サンドラー、映画女優とTV女優にアマンダ・バインス、TV男優にはフランキー・ムニツがそれぞれ選ばれた模様。
  4/16
「シカゴ」("Chicago")プロモーションのため23日に予定されていた、ロブ・マーシャル監督の来日が中止となった模様。SARSが理由のようだ。
義肢装具士を目指す聴覚障害者を描く、大澤豊監督「アイ・ラヴ・ピース」の製作発表が15日松江市で行われ、忍足亜希子、宍戸開、佐藤康恵、三船美佳らが出席したようだ。
広島県三原市で、新藤兼人監督作品の特集上映「新藤兼人ウイーク」が来月30日から開催されるようだ。「原爆の子」(1952年)、「らくがき黒板」(1959年)、「裸の島」(1960年)、「午後の遺言状」(1995年)など7作品のほか、新藤風監督作品「Love/Juice」(2000年)なども上映される模様。舞台挨拶やトークショーも行われるらしい。
広島県の三原市、三原商工会議所など5団体は15日、「フィルム・コミッションみはら」を設立したようだ。
ハリウッドの映画スタジオ5社が設立したオンライン映画サービスMovielinkは、映画情報サイトHollywood.com上で映画ダウンロード・サービスを提供する協定にサインしたようだ。
伝説的ジャズ・シンガー、ボビー・ダーリン(Bobby Darin)の半生をケヴィン・スペイシー主演で描く新作"Beyond the Sea"で、「ブルー・クラッシュ」("Blue Crush")のケイト・ボスワース(Kate Bosworth)が出演交渉中の模様。
ザ・ロックが主演する「ウォーキング・トール 怒りの街」("Walking Tall",1973年)のリメイクでニール・マクドノウの共演が決まったようだ。
16歳の美人双子姉妹メアリー=ケイト・オルセンとアシュレイ・オルセンは、米ABC Family Channelが企画するTV映画で製作総指揮を務めるほか、同チャンネルのファッション・スペシャルでも司会と製作総指揮を担当することになったようだ。
マドンナの新曲"American Life"のために新たに制作されたPVが、16日に米VH1の特別番組"Madonna Speaks"に続いて放送されるようだ。オリジナルのPVは、反戦的な内容から米国での公開を中止したため、今回はパフォーマンスだけのビデオになっているらしい。
「アメリカン・パイ」("American Pie",1999年)への出演で一躍有名になったユージーン・レヴィは「『アメリカン・パイ』が大きな転機となったことは疑いようがない。私は演じることが好きだし、その気持ちは変わらないが、(『パイ』が)何かとても素晴らしいことの出発点になったんだ」と語ったようだ。新作"A Mighty Wind"ではフォーク・シンガーを演じているらしい。
来月100歳の誕生日を迎えるボブ・ホープが、ハリウッドの"Citizen of the Century"に指名されたようだ。記念のビデオ"The Bob Hope 100th Birthday Tribute Collection"や、特別番組"100 Years of Hope and Humor"の放送も予定されているらしい。
レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア主演「シカゴ」("Chicago")の全米興収が1億5710万ドルに達し、米Miramax Filmsの作品としては、1億3900万ドルを記録した「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」("Good Will Hunting",1997年)や、子会社のDimension Filmsが配給した「最終絶叫計画」("Scary Movie",2000年)の1億5700万ドルを越え、歴代1位となった模様。
最近は米国でもトップ・スターの広告出演が増えてきているようだ。シンディ・クロフォード、パトリシア・ヒートン、ジニファー・ガーナー、ハル・ベリーらへの依頼が多く、バーニー・マックやジェリー・サインフェルドらコメディアンも人気が高いらしい。キーファー・サザーランドは、TVシリーズ"24"(2001年-)に主演して以来ナレーションの仕事が多いとか。
女優としても活躍するR&Bシンガーのトニ・ブラクストン(Toni Braxton)は、エルトン・ジョンとティム・ライスが手掛けたブロードウェイ・ミュージカル"Aida"で主演を務めることが決まったようだ。
パトリシア・コーンウェル(Patricia D. Cornwell)の小説「真犯人」("Cruel and Unusual")が映画化されるらしい。ジョエル・シュマッカーが監督候補に挙がっている模様。
マイケル・ムーア監督がテキサス大学で4400人の学生を前に講演、「ブッシュ大統領は国内の問題から国民の目をそらすために、イラクとの戦争を始めた。大量破壊(destruction)兵器ではなく、大量錯乱(distraction)兵器だ」と批判を展開したようだ。
CMディレクター具秀然の初監督作品「偶然にも最悪な少年」で、市原隼人と中島美嘉が共演するらしい。
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」のDVDが15日、米国で発売されたようだ。「天空の城ラピュタ」は英語版が製作されたものの未公開のままになっていたもので、アンア・パキン、ジェイムズ・ヴァン・ダー・ビーク、マーク・ハミルらが声優として出演しているらしい。
セバスチャン・ジャプリゾ(Sebastian Japrisot)のベストセラー小説を映画化するジャン=ピエール・ジュネ監督の次回作"A Very Long Engagement"で、オドレイ・トトゥが主演を務めることになったようだ。
  4/17
北村龍平監督「あずみ」のPR会見が17日行われ、上戸彩らが出席したようだ。
新作「ドリームキャッチャー」("Dreamcatcher")に出演したモーガン・フリーマンは「悪人に変化していくのを演じるのは楽しかった」と語ったようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14」は26日に都内でクランクインするようだ。西田敏行も翌日から撮影に参加するらしい。
日本PTA全国協議会の調査によると「子どもに見せたくない番組」のトップに「クレヨンしんちゃん」が選ばれたらしい。
「惚れたって駄目よ」(井田探監督,1962年)、「起きて転んでまた起きて」(前田陽一監督,1971年)などの作品を手掛けたほか、「時間ですよ」などのTVドラマでも知られる、脚本家の小松君郎さんが16日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アン・ホイ監督、ニコラス・ツェー、ヴィッキー・チャオ共演の新作「玉観音」が撮影に入った模様。
7月19日から都内で開催される移動型テーマパーク「ジュラシック・パーク・インスティテュート・ツアー」は16日、事業資金の一部を1口50万円で公募する、と発表した模様。
昨年アカデミー賞短編映画賞を受賞した"The Accountant"を手掛けたレイ・マッキノン(Ray McKinnon)監督の長編デビュー作"Chrystal"に、ビリー・ボブ・ソーントンの出演が決まった模様。
パム・グリアがシングル・マザーの警官を演じた劇場未公開作品"Wilder"が、来月13日に米国でビデオリリースされるようだ。3年前に製作された作品で、ルトガー・ハウアーも出演しているらしい。
ハル・ベリー、ペネロペ・クルス共演、マチュー・カソヴィッツ監督の超自然スリラー"Gothika"に、チャールズ・S・ダットンの出演が決まったようだ。
「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」("Antwone Fisher")で自らの半生を描いた脚本家のアントワン・フィッシャーは、New Lineの手掛けるタイトル未定のコメディで脚本を担当することになったようだ。
11日米国で発売となった「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のビデオは、VHSとDVD合わせて1日で600万本の売り上げを記録したらしい。また全世界で売り上げ本数は13日までに1100万本に達した模様。
J・R・R・トールキンが生前所有していたオックスフォードにある家が、74万5000ポンドで売却されたらしい。
マーロン・ブランドと14年間共に生活し3人の子供をもうけたと主張する女性が慰謝料1億ドルと養育費を求めていた裁判は16日、和解が成立した模様。
ブリトニー・スピアーズが、横浜市在住の41歳の日本人男性Masahiko Shizawaをストーカー行為で訴えていた裁判は、18日にもスピアーズ側が訴え取り下げを申請する模様。
リサ・マリー・プレスリーのデビュー・アルバム"To Whom It May Concern"が、発売1週間で14万2000枚の売り上げを記録、全米アルバムチャート初登場5位を記録したらしい。
中国戯劇研究学院でマーシャル・アーツを学んだジャッキー・チェンは「ここ数年は誰も興味を示さなくなって、香港の雑技団はみんなつぶれてしまった。早起きして、椅子の上で逆立ちして、5000回のパンチとキックを繰り返すようなトレーニングは、僕だってもうやりたくないよ。僕は、スタント・コーディネイターやアクション監督を養成する学校を香港に作りたいんだ」と語ったようだ。
スリランカの首都コロンボを訪れているアンジェリーナ・ジョリーは16日、20年間に渡る内戦で荒廃したスリランカの和平プロセスのための支援を、国際社会に訴えたようだ。
来月開催される第56回カンヌ映画祭の審査員に、メグ・ライアン、ダニス・タノヴィッチ、ジャン・ロシュフォール、スティーヴン・ソダーバーグ、チアン・ウェンらも参加するようだ。
1946年から放送された英子供番組の人気キャラクタ"Muffin the mule"が、アニメーションとして2005年に英BBCで復活するようだ。
東京芸術劇場で上演される舞台「黄金の羊」で、桜庭あつこが主演を務めるようだ。「潤の街」(1989年年)の金佑宣監督が演出を手掛けるらしい。
フレディ・プリンズJr.は、あと2、3年で俳優を引退して脚本家を目指したい、と語ったらしい。
チョウ・ユンファは、主演最新作"Bulletproof Monk"プロモーションのため予定していた渡米を、SARSウイルスの影響を考慮してキャンセルしたようだ。
米Dimension Filmsは「サスペリア」("Suspiria",1977年)のリメイクを企画しているらしい。
シェリル・クロウやシンディ・クロフォード、ティア・レオーニ、ジェニファー・アニストン、ゴールディ・ホーンら49人の有名人がデザインしたブラジャーが、乳がん研究基金のためのチャリティー・オークションに出品されているようだ。アネット・ベニングは自ら縫ったらしい。
ロック歌手メリッサ・エスリッジ(Melissa Etheridge)と女優のタミー・リン・マイケルズ(Tammy Lynn Michaels)が、年末に結婚式を挙げるようだ。
  4/18
シネコン「T・ジョイ」や専門店街などが入った大型再開発ビル「リバーウォーク北九州」が北九州市小倉北区に完成し、18日記念式典が行われたようだ。10月には北九州芸術劇場もオープンするらしい。
角川書店主催「DVD&ビデオでーた大賞」授賞式が18日都内で行われ、「トリック」に主演した仲間由紀恵がベストタレント賞を受賞したようだ。
「X-メン2」("X-Men 2")プロモーションのため、ケリー・ヒューとアラン・カミングが来日し、18日都内で記者会見を行ったようだ。釈由美子が花束を贈呈したらしい。
7月公開予定の「ナイン・ソウルズ」の完成披露試写会が18日都内で行われ、原田芳雄、松田龍平らが出席したようだ。
米NBCの"Today"でニュースキャスターを務めるケイティ・クーリック(Katie Couric)と"Tonight Show"のジェイ・レノが、来月12日から月1回、司会を交代するらしい。クーリックのアイデアとか。ジェイ・レノは「彼女の個性は感染力があるし、彼女はとってもキュートだから、失敗しても許されるよね。僕が失敗したら、ブーイングの嵐さ」と語ったようだ。 [☆ケイティ・クーリックは「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」にチラっと出演してます。]
今週末は、チョウ・ユンファ主演"Bulletproof Monk"が2955スクリーン、ベストセラー児童書の映画化"Holes"が2331スクリーン、Warner Bros.のコメディ"Malibu's Most Wanted"が2503スクリーンでそれぞれ全米公開されるものの、ジャック・ニコルソン、アダム・サンドラー共演"Anger Management"が、先週に引き続き興収1位になると予想されているらしい。
KaZaAのようなP2Pファイル交換サービスによる違法コピーを防ぐため、マドンナのニューアルバム"American Life"では、マドンナ自身の声で"What the f**k do you think you're doing?"と問いかける"おとりファイル"が使用されているらしい。また、ジャーナリストへの事前配布は行わず、広報担当者のオフィスまで聴きに来るように依頼するなど、著作権侵害対策を徹底しているようだ。
デヴィッド・ザッカー監督、チャーリー・シーン、デニース・リチャーズ共演の新作"Scary Movie 3"に、レスリー・ニールセン、カムリン・マンハイムの出演が決まったらしい。
米HBOは、キューバのカストロ国家評議会議長の素顔を追った、オリヴァー・ストーン監督のドキュメンタリー映画"Comandante"の5月放送を中止した模様。「キューバの現状を考えると、内容が不十分だと判断した」らしい。HBOは、外部からの圧力については否定、ストーン監督に追加インタビューを依頼しているようだ。
「X-メン2」("X-Men 2")では、レベッカ・ローミン=ステイモス演じるミスティークが"素顔"を披露するらしい。
ジェニファー・ロペスがLOUIS VUITTONの新しいイメージ・キャラクタに起用されたらしい。
スーザン・サランドンが実在の女性医師ジェリ・ニールセン(Jerri Nielsen)を演じるTVドラマ"Ice Bound: A Woman's Survival at the South Pole"が、米CBSで20日夜放送されるらしい。ロジャー・スポティスウッドが監督を務めたようだ。
米CBSの人気ドラマ「フレンズ」("Friends")への出演を果たしたアイシャ・タイラーは「私はエディ・マーフィのようなアクションン・コメディ映画がやりたいの。だって、女性はまだ誰もやっていないでしょ。誰もやっていないことをやるのってクールだわ」と語ったようだ。
BIGLOBEと東映ビデオが運営するサイト「東映/BIGLOBE映画特設シアター」で、メイキングDVD「魔界の誕生〜映画 魔界転生の世界」が21日からオンライン販売されるようだ。完成披露試写会の模様なども配信されるらしい。
  4/19
水島努監督「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」が19日初日を迎え、主題歌を歌う華原朋美が舞台挨拶に立ったようだ。
瀬々敬久監督「MOON CHILD」が19日初日を迎え、Gackt、HYDEらが舞台挨拶に立ったようだ。
河P直美監督「沙羅双樹」が完成し、6月21日から奈良県他関西の7映画館で先行公開されるらしい。23日には奈良国立博物館で特別披露上映会も開催されるようだ。
奥山かずお作の児童文学作品「のどしろの海」がアニメ映画化されるようだ。四辻たかおが監督と脚本を務める模様。
米Marvel Enterprisesが、Sony Pictures Entertainmentに対し「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)のライセンス契約に関する訴訟を起こしている問題は、Marvel側が陪審員裁判を要求する一方、Sonyは、ライセンス契約などの最高機密書類が開示されることを避けるため、仲裁裁判での解決を求めているようだ。
瀬々敬久監督、HYDE、Gackt主演の「MOON CHILD」が、来月から台湾でも上映されるらしい。
三池崇史監督のビデオ映画作品「極道恐怖大劇場 牛頭」が、来月開催される第56回カンヌ映画祭の「監督週間」に出品されることが決まったようだ。7月のビデオ発売に加え、劇場公開も検討中とか。
ジュリエット・ルイスは、1999年に結婚したプロ・スケートボーダーの夫スティーヴ・ベラとの離婚手続きに入ったようだ。
2月に亡くなった子供番組の司会者フレッド・ロジャーズの追悼式が、彼が1962年に卒業したピッツバーグ神学校で来月2日に行われるようだ。翌日には"Mister Rogers' Neighborhood"(1966-2001年)を制作したFamily Communications社主催による追悼式もピッツバーグのHeinz Hallで行われるらしい。
ウィル・フェレルは21日に開催されるボストン・マラソンに出場するらしい。数年前から本格的に走り始め、2001年のニューヨーク・シティ・マラソンでは5時間1分でゴールしたとか。体重も11kgやせて「旧友や以前共演した人から『見違えたよ』と言われるよ。いい気分さ」と語ったようだ。
  4/20
ドキュメンタリー映画「南島劇場青春篇 与那国COWBOYS」の一般公開が12日から石垣市で始まり、20日には島洋一監督らによるトークショーが開催されたようだ。
三池崇史監督の新作ホラー「着信アリ」の撮影が20日都内で行われ、柴咲コウ、堤真一らが参加したようだ。
写真集「上戸彩versusあずみ」の発売記念イベントが20日都内で行われた模様。
ロブ・マーシャル監督「シカゴ」("Chicago")の日本公開が19日スタートした模様。すでに7週間の上映が決定しているほか、ロングランも検討されているようだ。配給のギャガは興収40億円以上を見込んでいるとか。
「マタ・ハリ」("Mata Hari",1931年)、「暗黒街の顔役」("Scarface",1932年)、「麦秋」("Our Daily Bread",1939年)などの作品に出演した、米女優のカレン・モーリー(Karen Morley)さんが3月8日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  4/21
ともさかりえが、舞台演出家で俳優の河原雅彦と婚約したようだ。
加藤晴彦は、ディズニー・アニメ「トレジャー・プラネット」("Treasure Planet")の日本語吹替版で主人公の声を担当するようだ。
けらえいこの人気コミックを原作にしたテレビ朝日のアニメ「あたしンち」の映画化が決定したようだ。12月公開予定とか。
SF専門の博物館Science Fiction Experienceが、来年シアトルにオープンするらしい。Microsoft創設者の一人ポール・アレンが2000万ドルを出資、SF作家のグレッグ・ベアが諮問委員会議長を務めるようだ。Astounding Science Fiction誌のバックナンバーや、アイザック・アシモフの「ファウンデーション」サイン入り初版本などの他、「スター・トレック」のオリジナル・シリーズでカーク艦長が座った艦長席など、テレビや映画で使用された小道具なども展示されるとか。
クレイメーションのパイオニアとして知られるウィル・ヴィントンは、27年前に設立したアニメーション・スタジオWill Vinton Studiosの取締役を辞任したようだ。
「大脱走」("The Great Escape",1963年)に基づくビデオ・ゲームが、米Gotham Gamesから発売されるようだ。スティーヴ・マックイーンの顔や声もそのまま使われているらしい。
米New Line Cinemaは、退役後に子供達のためのバレエ学校を設立した元米海軍大佐マイケル・ウィリ(Michael Wyly)の実話に基づく映画を製作するようだ。「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos")などを手掛けるジム・マノス(Jim Manos)が脚本を担当するらしい。
人気クイズ番組"Who Wants to be a Millionaire?"の不正事件を追うドキュメンタリー番組が、英ITV1で21日放送されるようだ。未放映だった不正場面も同番組内で公開されるらしい。
「X-Men 2」、「マトリックス・リローデッド」、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」、「ターミネーター3」、"2 Fast 2 Furious"、"Legally Blonde 2: Red, White & Blonde""Bad Boys II"、"Spy Kids 3-D: Game Over"、"Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life"、"When Harry Met Lloyd: Dumb and Dumberer"、"Freddy vs. Jason"・・・今年の夏も続編目白押しのようだ。
全米週末興収は、ジャック・ニコルソン、アダム・サンドラー共演"Anger Management"が2560万ドルで2週連続1位を獲得、総興収は8000万ドルを突破した模様。一方、シガニー・ウィーヴァー、ジョン・ヴォイト共演"Holes"は1700万ドルで2位、チョウ・ユンファ主演"Bulletproof Monk"は860万ドルで4位のスタートとなったようだ。
カーク・ダグラス、マイケル・ダグラス、キャメロン・ダグラスの親子3代が共演する新作"It Runs in the Family"は、何年も前から企画していたものの、9.11のテロ事件をきっかけにマイケルが父親を説得して、ようやく実現したとか。
「デアデビル」("Daredevil")のスピンオフ企画"Elektra"の製作が正式に決定したらしい。ジェニファー・ガーナーが主演を務めるようだ。
こだま兼嗣監督「名探偵コナン 迷宮の十字路」で声優を務める高山みなみ、神谷あきら、山崎和佳奈が20日京都宝塚劇場で舞台挨拶に立ったようだ。興収は40億円を突破する見込みで、第8弾の製作も決定したとか。
ミシシッピ州の劇場Elkin Theaterの保存活動に、モーガン・フリーマンが加わったようだ。同劇場で行われたチャリティ・イベントでは「ドライビング・ミス・デイジー」("Driving Miss Daisy",1989年)が上映されたとか。
ニコール・キッドマンは、米ファッション・デザイナー協議会(Council of Fashion Designers Association)が選出する、2003年ファッション・アイコン賞(CFDA Fashion Icon Award)の受賞が決まったようだ。
ジェニファー・アニストンは、米New Line Cinemaによるタイトル未定のコメディで、製作と主演を務めることになったようだ。
ディーン・パリソット監督の新作"Me Again"で、主演予定だったブルース・ウィリスが降板した模様。出演料でもめたらしい。
西部劇の名作「シェーン」("Shane",1953年)が24日、公開50周年を迎えるようだ。舞台となったワイオミング州のグランドチトン国立公園には、今でも撮影された場所を訪れる観光客も多いとか。
「アリスのレストラン」("Alice's Restaurant",1969年)、「シルクウッド」("Silkwood",1983年)などの作品に出演したほか、TVシリーズ「フェーム」("Fame",1982-1987年)、"7th Heaven"(1996年-)などでも活躍した、米俳優のグラハム・P・ジャーヴィス(Graham P. Jarvis)さんが16日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英Odeon Cinemasの調査によると、最も人気のある映画の1シーンは、「ターミネーター」("The Terminator",1984年)の"I'll be back"だったようだ。続編の"Hasta la Vista, baby"も4位に入ったとか。また、「風と共に去りぬ」("Gone With The Wind",1939年)のクラーク・ゲーブル最後のセリフ"Frankly, my dear, I don't give a damn."(「正直言って、俺の知ったことじゃない」)が2位、「ショーシャンクの空に」("Shawshank Redemption",1994年)のラストシーンでのモーガン・フリーマンのナレーション"Get busy living, or get busy dying"(「必死に生きるか、必死に死ぬか」)が3位に選ばれたほか、「ブレードランナー」("Blade Runner",1982年)のルトガー・ハウアー最期のシーン("All those moments will be lost in time like tears in the rain ...")も8位に入ったらしい。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")のDVDが7月25日に国内発売されるようだ。メイキングやインタビューなど70分の映像特典なども収録されているらしい。
  4/22
「映画地方論」「熊本シネマ巷談」などの著書でも知られる、映画評論家の藤川治水さんが22日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
22日都内で開催された「MUSIC TALKS2003」に林明日香が出演、「劇場版ポケットモンスター 七夜の願い星ジラーチ」のエンディングテーマ「小さきもの」を歌ったようだ。
滝田洋二郎監督「陰陽師II」に出演する深田恭子の男姫姿が21日初公開されたらしい。
高島礼子の実家も、昨年末から2度も空き巣の被害に遭っていたらしい。
廣木隆一監督「機関車先生」のロケ現場を22日、真鍋香川県知事が訪れたようだ。
Regency Enterprisesは、Michael Avon OemingとMark Wheatleyによる劇画"Hammer of the Gods"の映画化権獲得に向け交渉中のようだ。
マイク・バインダー脚本・監督の新作"The Upside of Anger"で、ジョアン・アレンとケヴィン・コスナーが共演するようだ。コスナーは引退した野球選手を演じるらしい。
米Lakeshore Entertainmentは、フィリップ・ロスのピュリッツァー賞受賞作"American Pastoral"の映画化権を獲得した模様。
まもなく公開となるスケートボード映画"Grind"で監督デビューするキャシー・ラ・スカラ(Casey La Scala)監督の次回作は、モトクロス・レースの世界を描く作品になるようだ。
米Sony Picturesは、PS2用ゲーム"The Getaway"の映画化権獲得に向けて、最終交渉中らしい。
今月公開の新作"S Club Seeing Double"で映画デビューも果たした、英人気アイドル・グループのS Clubが、5月いっぱいでの解散を発表したようだ。
米Marvel Enterprisesが起こした「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)のライセンス契約に関する訴訟に対し、Sony Pictures Entertainmentが非公開での訴訟手続を求めていたことについて、ロサンゼルス上位裁判所は21日、要求を却下したようだ。
米AOL Time Warnerは、米Viacomとの合弁で運営するケーブルTV局Comedy Centralの株式を、Viacom側に売却する方向で交渉を進めている模様。
No Doubtのボーカル、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)は「まだ決めてはいないけど、もしいい役があれば映画に出演してみたい」と語ったようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは20日、第2子となる女の子を出産した模様。キャリーズ・ゼタ・ダグラス(Carys Zeta Douglas)と名付けられたようだ。
東宝は22日、2003年2月期の連結純利益を発表、前期比19%減の84億円となった模様。また、映画事業では売上高が20%減の903億円、営業利益が27%減の66億円となり、映画館入場者数も16%減の2024万人だったようだ。
22日発売の「東京ウォーカー」は窪塚洋介が表紙を飾っているようだ。男性が表紙に起用されるのは先週号のキアヌ・リーヴスに続いて2人目とか。
森田剛、三宅健、岡田准一らが出演する、7月公開のSF映画「COSMIC RESCUE」(佐藤信介監督)に、昨年スカウトされたばかりの新人、堀北真希がヒロインを演じているらしい。
クリストファー・ノーラン監督は、クリストファー・プリーストのファンタジー小説"The Prestige"の映画化を手掛けるようだ。弟のジョナサン・ノーランが脚本を務め、主演にはジュード・ロウが候補に挙がっているらしい。
スティーヴ・ブシェミは、財政難に伴うニューヨーク市内8つの消防署の閉鎖に反対するデモに参加したようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の上映後に、「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")の予告篇第1弾が上演されるらしい。
来月16日、「さよなら渋谷東急文化会館『イヤー・オブ・ザ・マトリックス スペシャルNIGHT』」が開催されるようだ。「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")もオールナイト上映されるらしい。
「野郎どもと女たち」("Guys and Dolls",1955年)のリメイクでヴィン・ディーゼルとニコール・キッドマンが共演か?というニュースは、ディーゼルの勝手な思い込みだと、プロデューサーは言っているらしい。
マーティン・スコセッシ監督は、トム・イードスン(Tom Eidson)の小説「セント・アグネスの戦い」("St. Agnes' Stand")の映画化を手掛けるようだ。
ジョージ・ルーカスは、「エピソード3」の第一稿を完成させた模様。6月30日にクランクインの予定とか。
エドワード・バーンズ主演の新作"Confidence"で、共演のダスティン・ホフマンはたった2シーンしか出演していないらしい。
米MTVは「嵐が丘」("Wuthering Heights")をミュージカル映画化するらしい。エリカ・クリステンセン、マイク・ヴォーゲル、キャサリン・ハイグルらが出演交渉中のようだ。
  4/23
ドキュメンタリー映画"Revolution OS"の無料配信が、23日から日経BizTech内でスタートするようだ。より正確な対訳を視聴者から募集し、8月に発売するDVDに反映させる予定とか。
ヴァージンシネマズ六本木ヒルズのオープニング・レセプションが23日行われ、東宝松岡功会長、沢口靖子らが宣誓式を行ったほか、千葉真一、KONISHIKIら著名人、映画関係者ら600人が出席したようだ。
角川春樹が「セーラー服と機関銃」などの1976-93年に製作された角川映画59作品の著作権の確認を求めていた訴訟で、東京地裁は23日、全ての映画の製作者は角川春樹事務所か角川書店であり著作権は角川書店にある、として訴えを退けたようだ。
来月から行われる予定だった降旗康男監督「赤い月」の中国ロケが、SARSウィルスの影響で延期されたようだ。ロケは9月以降、公開は来年2月以降に延期される模様。
伊藤秀裕監督、片桐夕子、寺島まゆみ、小川美那子、風祭ゆき、日向明子、白川和子共演の新作「ママズ・アタック」が完成したようだ。来月25日にビデオ発売されるらしい。
来月開催される第56回カンヌ映画祭のコンペティション部門に黒沢清監督「アカルイミライ」と河P直美監督「沙羅双樹」の出品が決まったらしい。
SARSウィルスの影響で、香港では映画館60館の1日の収入が50万香港ドルを下回る日もあるらしい。香港映画産業従事者協会は政府に支援を求めているようだ。
東京急行電鉄は22日、昨年より試行していた、駅や車両、関連施設などをTVや映画、CMなどのロケに提供する事業を5月から正式にスタートする発表したようだ。
そごう横浜店が新社会人を対象に行った調査によると、理想の上司は北野武、理想の社会人は松嶋菜々子が、それぞれ1位に選ばれたようだ。
O・J・シンプソンが出演するリアリティ番組が6月から米国で放送されるらしい。
ミーラー・ナーイル監督の新作"Vanity Fair"で、リーズ・ウィザースプーンとジェイムズ・ピュアフォイが共演するようだ。1840年代のロンドンを舞台にしたドラマで、来月から撮影がスタートする模様。
イタリア人映画監督ダリオ・ピアナ(Dario Piana)のハリウッドデビュー作となるアクション・スリラー"Werewolf"で、DMXが主演とプロデュースを務めるようだ。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project")のジョシュア・レナードは、来月ルーマニアで撮影が始まるホラー映画"Madhouse"に主演するらしい。
レイ・ロマーノ、ジーン・ハックマン共演の新作コメディ"Welcome to Mooseport"に、マーシア・ゲイ・ハーデンの出演が決まった模様。
ジム・キャリーの元妻が、月1万ドルでは少ないとして娘の養育費の増額を求めていた裁判は、和解が成立した模様。和解内容については公表されなかったようだ。
「ザ・コア」「8 Mile」"Anger Management"などの試写会会場で不正に映画を録画し海賊版を作製しようとしたとして、カリフォルニア在住の33才の男性が22日逮捕された模様。
DVDの"バックアップ"を可能にするソフトウェアを配布した321 Studiosに対し、ハリウッド主要映画スタジオが著作権侵害で訴えている訴訟の審問が、25日にカリフォルニア連邦裁判所で行われるようだ。
英週末興収は、ローワン・アトキンソン主演のスパイ・コメディ"Johnny English"が2週連続1位を獲得、公開2週間での興収は1340万ドル(860万ポンド)に達した模様。また、コリン・ファレル主演"Phone Booth"が210万ドルで2位、チョウ・ユンファ主演"Bulletproof Monk"は5位でのスタートとなったようだ。
スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーが手掛ける、アルゼンチン映画"Nueve reinas"("Nine Queens")のリメイクで、ジョン・C・ライリーとディエゴ・ルナが出演交渉中のようだ。
高坂希太郎初監督作品「茄子 アンダルシアの夏」が第56回カンヌ映画祭の「監督週間」に出品されることが決まったようだ。
ロシア国際映画祭は、映画界への貢献を称え、レオナルド・ディカプリオにタワー賞を授与したようだ。
米人気ドラマシリーズ「フレンズ」("Friends")に出演するジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クードロウ、マット・ルブラン、マシュー・ペリー、デヴィッド・シュワイマーの6人は、リクライニング・チェアのデザインを手掛けたようだ。米家具メーカーLa-Z-BOYとのコラボレーションによるもので、5月にチャリティ・オークションにかけられるらしい。
ロバート・モーソンの小説「ラザロの子」("The Lazarus Child")が映画化されるらしい。アンディ・ガルシア、アンジェラ・バセット、フランシス・オコナーらが共演するようだ。
オードリー・ヘプバーンゆかりの品が21日、サザビーズのチャリティ・オークションにかけられ、総額17万7000ドルに達したようだ。収益金はオードリー・ヘプバーン子供基金(Audrey Hepburn Children's Fund)の支援に使われるとか。
ローワン・アトキンソン、ジョン・マルコヴィッチ共演のスパイ・コメディー"Johnny English"は、シンガポール、マレーシア、香港、タイ、フィリピン、オーストリアなどでも大ヒットを記録しているらしい。
  4/24
田壮壮監督「春の惑い」の試写会が24日都内で行われ、二胡奏者のチェン・ミンが出席、同映画のイメージ曲「もうひとりの私」を演奏したようだ。
SABU監督の新作「ハードラックヒーロー」の製作発表が24日横浜で行われたようだ。坂本昌行らV6のメンバーが主演する、音楽と映画を融合させた作品で、映画館上映しない特別な形での公開になるとか。
ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナルジャパンは24日、世界で63カ国目となるディズニー・チャンネルを今冬日本で開局すると正式発表したようだ。
デビュー作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」(1961年)をはじめ、「狼と豚と人間」(1964年)、「仁義なき戦い」(1973年)、「復活の日」(1980年)から「バトル・ロワイアル特別篇」(2001年)まで、深作欣二監督作品55本の特集上映が、26日から三百人劇場で開催されるようだ。
日本映画振興策を検討していた文化庁の懇談会は24日、東京国立近代美術館フィルムセンターへのフィルム納入義務づけなど12の施策を提言する最終報告書をまとめたようだ。報告書は脚本家の鈴木尚之がシナリオ風にまとめたとか。 [☆その報告書は公開してもらえないのでしょうか?]
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「セサミストリート」が完成、24日オープニング・セレモニーが行われたようだ。ビッグバードやクッキーモンスターなどが登場する3D映画を、振動や香りなどの特殊効果とともに上映するとか。
昨年9月にイランのヤズドで開催された映画祭で、女優のゴハル・ケイランディッシュ(Gohar Kheirandish)が、最優秀監督を受賞したアリ・ザマニ(Ali Zamani)の額にキスし握手したことが、公然での男女の身体的接触を禁じるイスラム法違反に問われていた裁判で、イランの裁判所はケイランディッシュに対し執行猶予付きのむち打ち刑(74回)の判決を下したようだ。
"Agent Cody Banks 2"の監督は、前作のハラルド・ツワート(Harald Zwart)に代わって、ケヴィン・アレンが務めることになったようだ。
フォレスト・ウィテカー監督作品"First Daughter"で、ケイティ・ホームズが出演交渉中のようだ。来月より撮影が開始され、来年1月に公開となる模様。
米IMAXは、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")、「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")のIMAX版を製作すると発表した模様。IMAX社の開発した新しいデジタリ・リマスタリングによって35mmフィルムから変換するもので「リローデット」は6月6日、「レボリューションズ」は11月3日に同時公開となるようだ。 [☆いぃなぁ・・・日本でも公開してよ〜]
"Resident Evil: Nemesis"の監督は新人のアレクサンダー・ウィットが務める模様。ポール・W・S・アンダーソンは脚本と製作のみのようだ。ミラ・ジョヴォヴィッチの続投は決定したらしい。
サンフランシスコ国際映画祭(San Francisco International Film Festival)は、長年の映画界への貢献を讃え、ダスティン・ホフマンとロバート・アルトマンにピーター・J・オーウェンズ賞(Peter J. Owens award)を授与したようだ。
米AOL Time Warnerは24日第1・四半期決算を発表、1年ぶりに赤字を脱却し3億9600万ドルの黒字に転換したようだ。映画部門などが好調だった模様。
「愉快なシーバー家」("Growing Pains",1985-92年)などのTVドラマで知られる俳優のアラン・シック(Alan Thicke)が、ホッケーの試合をしていたところ、パックが頭部に直撃し、歯を5本失い30針縫う怪我を負ったらしい。
まもなく公開となる新作"City of Ghosts"で監督を務めたマット・ディロンは「これは一つの転換点だが、俳優としての活動は続けていきたい。しかし、監督業が今回限りでないことは確かだ。素晴らしい体験だったからね」と語ったようだ。
ビョーク(Bjork)は、"Debut"、"Post"、"Homogenic"、"Vespertine"の4枚のアルバムの収録曲のライヴ・バージョンを集めた"Live Box Set"のリリースを予定しているようだ。また、Vespertineツアーの模様を追った3本のドキュメンタリー"Southbank Show"、"Inside Bjork"、"Minuscule"もDVDで発売されるらしい。
親子3代が共演した新作"It Runs in the Family"について、マイケル・ダグラスは「大きな喜びと驚きは(息子の)キャメロンだった。最初は彼に演技が出来るか心配だったが、出来ると分かってからは楽しかったよ。リラックスできたし、幸せだった」と語ったようだ。
第56回カンヌ映画祭のコンペティション部門には、クリント・イーストウッド監督"Mystic River"、ガス・ヴァン・サント監督"Elephant"、ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"、ヴィンセント・ギャロ監督"The Brown Bunny"、ピーター・グリーナウェイ監督"The Tulse Luper Suitcases"、フランソワ・オゾン監督"Swimming Pool"などの出品が決まったほか、仲村トオルとチャン・ツィイーが共演したロー・イェ監督"Purple Butterfly"も出品されるようだ。
現在、新作"Van Helsing"撮影中のヒュー・ジャックマンは「(ヘンリク・イブセン作の)"The Master Builder"という舞台劇を観て『ボクがやりたいのはこれだ』と思ったんだ。それからユタ・ヘイゲン(Uta Hagen)の"Respect for Acting"を手にして、演劇クラスに通い始めた。最初は面白半分だったが、本を読み演劇に通ううち、それが生涯を費やす価値があるということに気づいた。そこで、演劇学校の試験を受けて本格的に演技の勉強を始めたんだ」と語ったようだ。
カンヌ映画祭出品が決まった黒沢清監督「アカルイミライ」に主演するオダギリジョーは「アカデミー賞よりカンヌで受賞した作品に映画としてのステータスを感じていた。(カンヌに)いつかは行きたいと思っていた」と語ったようだ。監督や共演の浅野忠信、藤竜也らと共に上映に合わせて渡仏する予定とか。
アン・ビョンギ監督「ボイス」("Phone")のTVCMに「子供が怖がる」などの苦情が殺到、配給元のブエナ・ビスタはCMの放送を深夜に限定したほか、昼間は別バージョンのCMに差し替えたらしい。 [☆話題づくり?]
「赤ちゃんに乾杯!」("3 hommes et un couffin",1985年)、「ポンヌフの恋人」("Les Amants du Pont-Neuf",1991年)、「ザ・クロウ」("The Crow: City of Angels",1996年)、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」("Good Will Hunting",1997年)、「抱擁」("Possession",2002年)など数々の作品を手掛けてきた、映画撮影監督のジャン=イヴ・エスコフィエ(Jean-Yves Escoffier)さんが亡くなった(52歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆「2046」も担当していたようですが・・・]
"Scooby-Doo 2"に、アリシア・シルヴァーストーンの出演が決まった模様。
ブレット・ラトナー監督の次回作は、米国政府を内部告発した人物の実話を元にしたドラマ"The Last Full Measure"になるようだ。
21日開催されたボストンマラソンに出場したウィル・フェレルは、3時間56分12秒でゴールしたようだ。
ソニーは24日、2002年度連結決算を発表、営業利益は前年比37.7%増の1,854億円、純利益は750%増の1,155億円に達したようだ。映画部門では「トリプルX」「スパイダーマン」「メン・イン・ブラック2」等のヒットなどにより、売上高は過去最高の8,028億円を記録した模様。
ヒース・レジャー、マット・デイモンが共演するテリー・ギリアム監督最新作"Brother's Grimm"の撮影が、6月からプラハでスタートするようだ。撮影期間は17週間とか。
  4/25
チャールトン・ヘストンは、98年以来務めてきた全米ライフル協会(National Rifle Association)会長を、今季限りで辞任する意向を明らかにしたようだ。
ロブ・ボウマン監督「サラマンダー」("Reign of Fire")のTVCMに菊川怜が出演するようだ。来月6日から放送されるらしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の日本語吹替版で、藤原紀香がキャメロン・ディアスの声を担当することになったようだ。
東京都墨田区立文花中の夜間学校に通う生徒達を描いた、森康行監督によるドキュメンタリー映画「こんばんは」が26日、北九州市の市立小倉南市民センターで上映されるようだ。ナレーションを倍賞千恵子が担当しているらしい。
マイケル・ダグラスは、写真の無断掲載で英Hello!誌を訴えていた裁判に関連する英国での報道について「私は妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の気持ちを思うと怒りを感じた。ここは彼女の祖国なのに、報道には彼女に対する軽蔑の要素があった」と語ったようだ。
ウィル・スミス主演でアイザック・アシモフの小説「われはロボット」を映画化する"I, Robot"で、チ・マクブライドの共演が決まったようだ。来月5日よりヴァンクーヴァーで撮影がスタートする模様。
SARSウィルスの蔓延を理由にWHOがトロントへの渡航延期勧告を出したことに対し、トロント映画テレビ・コミッショナーのRhonda Silverstoneは24日「一般市民に何ら危険はありません。トロントは現在も安全な映画ロケ地です」と表明した模様。しかし、27日から開催予定だったカナダ・ケーブルTV協会の定例会議が延期となったほか、今後予定されている映画やTVドラマの撮影への影響も確実なようだ。
エミー賞受賞の映画監督シェリー・セイウェル(Shelley Saywell)は、来月5日にイラクへと飛び、1995年のドキュメンタリー"Fire and Water"の続編の撮影にはいるようだ。25日よりトロントで開催されるホット・ドックス・カナダ国際ドキュメンタリー映画祭(Hot Docs Canadian international documentary festival)では、"Fire and Water"を含むセイウェル監督の6作品が特集上映されるらしい。
26日に閉幕するイスタンブール国際映画祭のコンペ部門で上映予定だった、トルコとイラクの国境付近にあるクルド人の村での生活を描く作品"Sari Gunler"について、トルコ政府は「一部の場面の台詞に問題がある」として上映を禁止したようだ。 [☆同映画祭では、昨年もトルコに暮らすクルド人少女を描く"Hejar"が上映禁止になっている。]
今週末から全米公開となる、米MTVのリアリティ番組"The Real World"の映画版"The Real Cancun"について、キャスティングを担当したサシャ・アルパートは「"World"では番組もよく知られているのでキャストを集めるのは簡単だったが、"Cancun"は新しい試みだったので応募を呼びかける必要があったし、ポルノ映画じゃないのかと問い合わせてくる父親達を説得する必要もあった」と語ったようだ。結局、"World"では25,000ほど集まる応募者も、"Cancun"では6,000人ほどだったとか。 [☆最終的には16人の大学生が選ばれ、映画に出演している・・・]
全米大ヒット中のコメディ"Anger Management"は、3週目も週末興収1位が期待されている模様。その他今週末は、ジョン・キューザック主演"Identity"が2733スクリーン、リアリティ番組の映画版"The Real Cancun"が2,261スクリーン、エドワード・バーンズ主演の犯罪劇"Confidence"が1871スクリーンで、それぞれ公開がスタートするようだ。
DVDの"バックアップ"を可能にするソフトウェアを配布した321 Studiosに対し、ハリウッド主要映画スタジオが訴訟を起こしている問題で、25日カリフォルニア地裁で予定されていた審問が延期となった模様。
前作「ニューヨークの恋人」から一転、ジョン・キューザック、レイ・リオッタ、アマンダ・ピートらが共演するサイコ・ホラー"Identity"を監督したジェイムズ・マンゴールドは「レッテルを貼られたくないし、これまでもそれを避けてきた」と語ったようだ。
スペインからの交換留学生としてメキシコの映画学校で学ぶEmiliano Altunaは、刑務所で詩を綴る3人の兄弟を描いたドキュメンタリーを製作中「映画の製作を中止しなければ、残念な結果になる」という匿名の脅迫状を受け取ったらしい。彼は「私を脅えさせることには成功したが、私は決して断念しない」と作品の完成を誓ったようだ。
Infogrames社は24日、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")に基づいたビデオゲームを開発中であると発表したようだ。映画同様、アーノルド・シュワルツェネッガーがターミネーターとして登場するらしい。ジョナサン・モストウ監督がゲームのために手掛けた5分間のムービーも収録されているとか。
キャメロン・ディアスとジャレッド・レトは、破局したらしい。
「夫婦善哉」(豊田四郎監督,1955年)、「喜劇 駅前弁当」(久松静児監督,1961年)、「海峡」(森谷司郎監督,1982年)など出演作42本を連続上映する「森繁久彌映画祭」が26日か池袋新文芸坐で開催されるようだ。
ニルス・ミュラー監督、ショーン・ペン主演の新作"The Assassination of Richard Nixon"で、ナオミ・ワッツの共演が決まったようだ。
O・J・シンプソン出演するリアリティ番組が6月から米国で放送される、との先日の報道に対し、O・J・シンプソンはこれを否定したようだ。「アプローチはあったが、やるつもりはない」と語ったとか。
人気スポーツキャスターのボブ・コスタスが司会を務める米HBO"On the Record With Bob Costas"の第3シーズンが来月2日からスタートするようだ。第1回目には、先日米野球殿堂(Baseball's Hall of Fame)が公開15周年記念イベントを中止したことで話題となった「さよならゲーム」("Bull Durham",1988年)のロン・シェルトン監督や出演したロバート・ウールらのほか、ティム・ロビンス、スーザン・サランドン夫妻も出演、野球や映画、政治について語り合うらしい。
英ITVの刑事ドラマ"The Bill"の撮影に参加していた俳優のトッド・カーティ(Todd Carty)が、肺炎で入院したようだ。SARSウィルス感染の疑いもあるらしい。
ジョニー・デップの主演によるスティーヴン・キングの短編「秘密の庭、秘密の窓」("Two Past Midnight: Secret Window, Secret Garden")の映画化で、ジョン・タトゥーロの共演が決まったようだ。
  4/26
テツandトモは、ポニーキャニオンの低価格DVDキャンペーンのイメージキャラクターを務めることになったようだ。「スワロウテイル」(岩井俊二監督,1996年)、「がんばっていきまっしょい」(磯村一路監督,1998年)、「梟の城」(篠田正浩監督,1999年)など日本映画60作品が2500円で販売されるらしい。
平山秀幸監督「魔界転生」が26日初日を迎え、窪塚洋介、佐藤浩市、麻生久美子らが舞台挨拶に立ったようだ。24日から徹夜組が並び始めたとか。東宝は興収20億円を見込んでいるらしい。
ともさかりえは26日、舞台俳優の河原雅彦と入籍したようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のDVD発売PR会見が26日都内で行われ、白石美帆らが出席したようだ。
山口県を舞台にした菅原浩志監督の新作「ほたるの星」の製作発表が25日山口県で行われ、主演の小澤征悦らが出席したようだ。
米20世紀FOXは「X-Men 2」("X2: X-Men United")を、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")や「スパイダーマン」("Spider-Man")の公開時を上回る、全米3700スクリーンで公開するほか、世界93地域の全3800スクリーンで世界同時公開をスタートさせる、と発表したようだ。
高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」、三池崇史監督「極道恐怖大劇場 牛頭」も出品される、第56回カンヌ映画祭の「監督週間」では、フランスをはじめ、英国、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、イラン、イスラエル、韓国など28ヵ国からの作品が上映されるようだ。
マライア・キャリーは、6月24日の大阪公演を皮切りに、3年間にわたるワールドツアーをスタートさせるようだ。
千葉県内のみで上映された瀧澤正治監督「ベースボールキッズ」が来月都内でも上映されるようだ。プリティ長嶋もモノマネなしで出演しているらしい。
  4/27
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14」の撮影が27日都内スタジオで行われ、西田敏行が仕事復帰したらしい。来月8日から高知ロケに向かうようだ。
佐々部清監督「チルソクの夏」を応援する「山口市民の会」が結成されたようだ。試写会の開催などを通じて、同作品をPRしていく計画とか。
米NBCの人気コメディ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)で知られる女優のシェリー・モリソンが、先週始めに万引きの容疑で逮捕されたらしい。罪状認否は来月14日に行われるようだ。
今週の英Sunday Times紙が発表した長者番付によると、J・K・ローリングは2億8000万ポンドを稼いで、122位にランクされたようだ。ちなみに、エリザベス女王は133位とか。
昨年エール大学の演劇学科を卒業、米NBCの人気シリーズ"Law & Order"(1990年-)に端役での出演も果たしていた、女優のリリック・ベンソン(Lyric Benson)が25日、別れたボーイフレンドに拳銃で撃たれ、死亡したようだ。
ジェイミー・フォックスと彼の妹が26日、ニューオリンズのカジノで乱闘騒ぎを起こし、逮捕されたらしい。
  4/28
スティーヴン・セガール主演「奪還 DAKKAN アルカトラズ」("Half Past Dead")の試写会が28日都内で開催され、根本はるみがトークショーを行ったようだ。
北村龍平監督「あずみ」の試写会が28日ヴァージンシネマズ六本木ヒルズで行われ、上戸彩らが舞台挨拶に立ったほか、ISSA、加藤雅也らも会場を訪れたようだ。
大林宣彦監督が、成安造形大の客員教授に就任するようだ。
「新・仁義なき戦い」(阪本順治監督,2000年)などに出演している佐川満男が、今月9日に胃がんの手術を受け、28日退院したようだ。
「トゥー・ウィークス・ノーティス」("Two Weeks Notice")プロモーションのため、来月11日にサンドラ・ブロックが来日するようだ。ヒュー・グラントも来るらしい。
政府は28日、2003年春の褒章受章者を発表、紫綬褒章には十朱幸代、原田芳雄、木村大作ら42人が選ばれたようだ。
レスリー・チャンのヒット曲「風継続吹」をタイトルにした、彼の生涯を描く映画が製作中らしい。
アンジェリーナ・ジョリーの背中に、古代クメール文字のタトゥーが新たに加わったらしい。
来年のアカデミー賞授賞式は2月29日に開催される模様。これに伴い、英アカデミー(BAFTA)賞、ゴールデングローブ賞などのほか、グラミー賞などの音楽賞も、日程が前倒しになるようだ。
「がちょうのおやじ」("Father Goose",1964年)でアカデミー賞を受賞したほか、エミー賞、3度のトニー賞も獲得している、脚本家のピーター・ストーン(Peter Stone)さんが亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米国のインディ・コミック"Brotherman: Dictator of Discipline"の映画化が企画されている模様。
米GreeneStreet Filmsは、ジョアン・アレン、サム・ニール共演、サリー・ポッター脚本・監督の最新作"Yes"の世界配給権を獲得したようだ。
ラッセ・ハルストレム監督、ロバート・レッドフォード、ジェニファー・ロペス共演の新作"An Unfinished Life"に、モーガン・フリーマン、カムリン・マンハイム、ダミアン・ルイスの出演が決まった模様。
「エピソード3」で、チューバッカが再登場するらしい。ジョージ・ルーカスはすでにピーター・メイヒューと出演契約を結んだようだ。ケニー・ベイカーも引き続きR2役で出演する模様。
映画「アイリス」("Iris")でも描かれた英作家アイリス・マードック(Iris Murdoch)の蔵書約1000冊が、売りに出されることになったようだ。マードック本人によるメモや感想などが書き込まれたものも多く、その価値は総額15万ポンドになるとか。
第22回イスタンブール国際映画祭が26日閉幕し、アルゼンチン出身の新人監督ディエゴ・レルマン(Diego Lerman)監督による、同性愛カップルが主人公のロード・ムービー"Tan De Repente"が、最高賞を獲得した他、"Personal Velocity"のレベッカ・ミラーが審査員特別賞を受賞したようだ。
全米週末興収は、ジョン・キューザック主演のスリラー"Identity"が1700万ドルで初登場1位となり、"Anger Management"の3週連続1位獲得を阻止したようだ。また、エドワード・バーンズ主演"Confidence"は5位、ダグラス一家が共演する"It Runs in the Family"は9位、リアリティ番組の映画版"The Real Cancun"は10位でのスタートとなった模様。
全米のバス停に張り出された「X-Men 2」("X2: X-Men United")のポスターの内、168枚が盗まれたらしい。米20世紀FOXマーケティング部の重役は「ファン達がこんなにエキサイトしてくれるなんてワクワクするよ。でも、そのポスター1枚は決して安くはない」と語ったとか。1枚40ドルほどするようだ。
瀬々敬久監督「MOON CHILD」の舞台挨拶が27日梅田ピカデリーで行われ、HYDE、Gacktらが出席したようだ。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」の撮影が27日都内で行われ、中島美嘉らが参加したようだ。津川雅彦、大滝秀治、高橋克典、永瀬正敏、ともさかりえらも出演するほか、柄本明と柄本佑の親子も共演するらしい。
  4/29
「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の前売り鑑賞券が、発売2日間で28万枚の売り上げを記録したらしい。
花堂純次監督「夢 追いかけて」の舞台挨拶が29日銀座シネパトスで行われ、河合純一、栗田梨子、永山たかしらが出席したようだ。
「フェリーニのアマルコルド」("Amarcord",1974年)、「イタリア不思議旅」("It's Happening Tomorrow",1988年)など数多くの作品に出演したイタリアの喜劇俳優チッチョ・イングラッシア(Ciccio Ingrassia)さんが28日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
シリーズ最新作のタイトルは「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に決定、手塚昌明が監督と務め、金子昇が主演に決まったようだ。
政府は29日、2003年春の叙勲と賜杯の受章者を発表、仲代達矢、冨田勲らが勲4等旭日小綬章を受賞したほか、有馬稲子が勲4等宝冠章、黒柳徹子が勲3等瑞宝章に選ばれたようだ。
米Paramountの新作コメディ"Without a Paddle"で、「Mr.ディーズ」("Mr. Deeds")のスティーヴン・ブリルが監督を務める模様。
米Walt Disneyが手掛けるバーニー・マック主演の野球コメディ"Mr. 3000"で、アンジェラ・バセットの共演が決まったようだ。
ジョエル・シュマッカー監督による「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の再映画化で、ジェラルド・バトラーの主演が決まった模様。アン・ハサウェイが共演するようだ。 [☆バンデラスはやっぱり降板]
米Universal Picturesは、ポール・ウォーカー主演で企画していたロマンチック・ドラマ"Heart of a Solider"の製作中止を決定したようだ。
来月香港で開催予定だった映画テレビ見本市(Filmart)は、SARSウィルスの影響で、9月に延期されたらしい。また、トロントで開催中のホット・ドックス・カナダ国際ドキュメンタリー映画祭(Hot Docs Canadian international documentary festival)では、2日間にわたって行われる予定だった映画フォーラムをWeb上で行うことにしたようだ。
ローワン・アトキンソン主演のスパイ・コメディ"Johnny English"は、英国、ドイツ、香港など各国でヒットを続け、公開3週目の世界興収は7700万ドルに達したようだ。
16日から北米で公開中のチョウ・ユンファ主演"Bulletproof Monk"のDVDとVCDが、21日中国で発売されたようだ。発売元の香港Panorama Entertainmentが、同作が劇場公開の検閲を通る可能性が低いと判断、海賊盤が出回る前に先手を打ったらしい。
サルマ・ハエック主演「フリーダ」("Frida")で歌声を披露した、メキシコの歌姫リラ・ダウンズ(Lila Downs)が注目を集めているようだ。
マーク・ウォールバーグの次回作は、インディアナ・ジョーンズ風冒険活劇"The Adventures of Wyatt McHenry"になる模様。
ニューヨークで開催される第2回トライベッカ映画祭に合わせて、来月9日にバッテリー・パークで行われる無料コンサート"100% NYC: A Concert Celebrating the Tribeca Film Festival"に、ノラ・ジョーンズの出演が決まったようだ。
ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」("Ma femme est une actrice")プロモーションのためイヴァン・アタル監督とシャルロット・ゲンズブールが来日、25日都内で記者会見を行ったようだ。 [☆あれ?来日中止と聞いていたのに・・・]
サム・ペキンパー監督「ワイルド・バンチ」("The Wild Bunch",1969年)のリメイク企画が進行中の模様。
シガニー・ウィーヴァーは、リドリー・スコット監督と「エイリアン5」の打ち合わせをしているらしい。
Entertainment Weekly誌最新号の表紙に掲載されたジム・キャリーが、キアヌ・リーヴスそっくりに写っているらしい。 [☆確かにやせたように見えますが、"ゴム顔"の彼のことですから・・・]
RevokeTheOscar.comでは、マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")がドキュメンタリーではないと主張、オスカー無効を訴えるキャンペーンを展開中らしい。
先日カジノで乱闘を起こし逮捕されたジェイミー・フォックスに対する罪状認否が28日行われ、フォックス側は無罪を主張したようだ。
同性愛者の保護団体Gay and Lesbian Alliance Against Defamationによる第14回GLAAD Media賞授賞式が26日ロサンゼルスで開催され、「めぐりあう時間たち」("The Hours")が映画部門賞を獲得したほか、米NBCの「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)がコメディ部門賞で、HBOの"Six Feet Under"(2001年-)がドラマ部門賞をそれぞれ受賞したようだ。
有名人が一般人と立場を交換し1日を過ごす模様を映し出すという、米NBCが企画するリアリティ番組"Celebrity Temps"に、カーメン・エレクトラの出演が決まったようだ。
人気TVドラマシリーズ「ER」に、「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham")でヒロインを演じたパーミンダ・K・ナーグラのレギュラー出演が決定したようだ。
  4/30
「クロウ」シリーズ第4作"Wicked Prayer"が製作される模様。ランス・マンギアが監督を務め、デヴィッド・ボレアナズ、エドワード・ファーロング、デニス・ホッパー、タラ・リードが共演するらしい。
米Warner Bros.が企画中のタイトル未定のスリラーに、ポール・ウォーカーの主演が決まった模様。
カンボジアの王子ノロドム・ラナリット(Norodom Ranariddh)の初監督作品"Raja Bori"が完成したようだ。父シアヌーク国王は、これまでに21本の映画を製作したとか。
ジョアン・アレン、ケヴィン・コスナー共演の新作"The Upside of Anger"で、エリカ・クリステンセン、マンディ・ムーア、ローレン・アンブロウズ、アリシア・ウィットが出演交渉中の模様。
グレッグ・ハリソン監督、コートニー・コックス・アークエット主演の新作"November"で、アン・アーチャー、ジェイムズ・レグロス、ノーラ・ダンが出演交渉中のようだ。
ミケランジェロ・アントニオーニ監督は、まもなく新作ドキュメンタリー"Michelangelo Seen by Michelangelo"の撮影に取り掛かるようだ。
仏メディア大手のVivendi Universalは29日、Universal Studiosを含むエンタテインメント部門の売却計画を正式に発表したようだ。
ニューヨークのメトロポリタン美術館内に新たに開設された服飾展示場のオープンを祝うパーティが開催され、ニコール・キッドマンらがホストを務めたほか、マイケル・J・フォックス、ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ダイアナ・ロスら多数の著名人も出席したようだ。
高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」のエンディング・テーマは、忌野清志郎の歌う「自転車ショー歌」になるようだ。「投げたダイスが明日を呼ぶ」(井田探監督,1964年)の挿入歌「自動車ショー歌」を手掛けた星野哲郎が作詞を担当したとか。
来月6日放送の「きっかけは、フジテレビ。」に吉永小百合が出演するようだ。
11月公開の井坂聡監督「g@me.」で、藤木直人と仲間由紀恵が共演するようだ。撮影は7月下旬からスタートする模様。
ルーシー・リュー主演の新作"Charlie Chan"は、「X-Men 2」のマイケル・ドアティとダン・ハリスが脚本を担当するようだ。
ベン・スティラーの次回作は、スポーツジムを舞台にしたコメディ"Underdogs"になる模様。ヴィンス・ヴォーン、クリスティン・テイラーが共演するようだ。
人気TVシリーズ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)でディランを演じたルーク・ペリーは、1993年に結婚した妻ミニーとの離婚手続きに入ったようだ。
人気TVシリーズ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)の同窓会"Beverly Hills, 90210: 10-Year High School Reunion"が来月11日、米Foxで放送されるようだ。ジェイソン・プリーストリー、ルーク・ペリー、シャナン・ドハーティ、ジェニー・ガース、ガブリエル・カーテリスらが出演、当時の思い出を語り合うとか。
渋谷HMVでは、塚本晋也監督「六月の蛇」の公開を記念した公開記者会見を21日に行うようだ。また17日からは「六月の蛇展」も開催される模様。