シネマトピックス(2003年8月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  8/1
米Walt Disneyの4-6月期決算は、売上高が前年同期比6.6%増の61億7500万ドル、純利益は同9.9%増の4億ドルに達した模様。「ファインディング・ニモ」などの大ヒットが貢献したようだ。
ギャガ・コミュニケーションズは31日、2003年9月期の連結最終損益が14億7000万円の赤字になる見通しだと発表したようだ。「シカゴ」は好調だったものの「ザ・コア」「二重スパイ」などの大作が振るわず、映画配給事業の売上高は前期比5%減の51億7000万円、粗利益ベースで20億5000万円の赤字になる模様。
「マトリックス・リローデッド」の日本国内興収が公開54日間で100億円を突破、観客動員数は715万人に達したようだ。
「極道の妻たち」(五社英雄監督,1986年)とそのシリーズの原作で知られる家田荘子が先月17日、大阪の実業家と入籍したようだ。4度目の結婚とか。
及川中監督「ファイト☆ガールズ」の製作発表が31日都内で行われ、安藤希、ダンディ坂野らが出席したようだ。
新聞、雑誌などの映画評やインタビューでも知られ、日本大学芸術学部の映画学科で講師も務めていた、映画評論家の八森稔さんが31日亡くなった(63歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジャッキー・チェンが出演する香港政府観光局のCMに松任谷由実も登場するらしい。1日から香港でロケが行われるようだ。
インド西部ムンバイで31日民家が爆発し、7人が死亡26人が負傷した模様。爆発したのはインド映画撮影スタジオの従業員で、爆発物を家に保管していたらしい。しかし、アドバニ副首相はパキスタンによるテロだと言っているようだ。
カンヌ映画祭にも出品された、ロウ・イェ監督、チャン・ツィイー、仲村トオル共演の「紫胡蝶」("Purple Butterfly")の上映が先月25日から広州で始まったものの、客の入りは今ひとつのようだ。
「ロボコン」プロモーションのため古厩智之監督と長澤まさみが31日、高松高専を訪問したようだ。
ジャン=ルイ・トランティニャンの娘で、「主婦マリーがしたこと」("Une Affaire De Femmes",1988年)、「ポネット」("Ponette",1996年)、「赤ずきんの森」("Promenons-nous dans les bois",2000年)、「ジャニス・アンド・ジョン」("Janis et John",2003年)などの作品に出演した、仏女優のマリー・トランティニャン(Marie Trintignant)さんが1日亡くなった(41歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、6日放送の"The Tonight Show With Jay Leno"に出演、カリフォルニア州知事選出馬について語るらしい。
米ABCで放送中のスパイ・アクション"Alias"(2001年-)に主演するジェニファー・ガーナーは、2007-08年のシーズンまでの出演契約を結んだらしい。
Lakeshore Entertainmentは、フィリップ・ロス(Philip Roth)のピュリッツァー賞受賞作"American Pastoral"の映画化を決定した模様。フィリップ・ノイスが監督を務めるようだ。
キアヌ・リーヴス、マシュー・マコノヒー、ヴィンセント・ドノフリオらの共演が決まっている、マイク・ミルズ(Mike Mills)の監督デビュー作"Thumbsucker"に、ベンジャミン・ブラットの出演が決まったようだ。
Sony Pictures Entertainment製作による"The Weather Man"で、ゴア・ヴァービンスキーが監督、ニコラス・ケイジが主演を務める模様。離婚した気象予報士が主人公のドラマとか。
Sライト級ボクサー、ミッキー・ウォード(Micky Ward)と、彼の兄でトレーナーのディック・エクランド(Dick Eklund)の成功と挫折を描く映画が製作されるらしい。
米国の週末公開作品では、「アメリカン・パイ」シリーズ第3作"American Wedding"が週末興収3000万ドルに達する、と予想されているらしい。
1日より米国で限定公開されるピーター・ミュラン監督「マグダレンの祈り」("The Magdalene Sisters")に対し、カトリック教会は、反カトリックのプロパガンダ映画だと非難しているらしい。配給するMiramaxの広報担当者は「この映画は実際に起こったことを描いており、人々はこの作品を観た上で自分自身で判断すべきだと思う」と語ったようだ。
ボブ・クラーク監督作品「デッド・オブ・ナイト」("Dead of Night",1972年)がリメイクされるらしい。ゴールディ・ホーンの息子オリヴァー・ハドソンらが設立したWorkshed Entertainmentの製作で、「悪魔の毒々モンスター4/新世紀絶叫バトル」("Citizen Toxie: The Toxic Avenger Part 4",2000年)に出演するイーライ・ロス(Eli Roth)が監督を務めるようだ。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")と「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の大ヒットで、Buena Vistaの米国内映画興行収入は、今週末にも10億ドルに達する模様。同スタジオとしては史上最速とか。
「ブロウ」("Blow",2001年)にも出演しているジュリア・ロバーツの12歳の姪、エマ・ロバーツ(Emma Roberts)が、ベス・ラミュア(Beth LaMure)監督のインディ作品"Daisy Winters"でレイチェル・ワイズと共演するようだ。
映画撮影中のリトアニアで恋人のロック歌手に暴行を受け重体となっていたマリー・トランティニャンは31日、意識不明のままフランスの自宅に戻ったようだ。
「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider 2: The Cradle of Life")に主演したアンジェリーナ・ジョリーは「前作の撮影でナーバスになったことは、コスチュームを着けたら全部忘れてしまったわ。認めたくはないけど、ララと私は全く同一の人物になってしまったように思えるの」と語ったようだ。
新作"Le Divorce"のプレミアが先月29日ロサンゼルスで開催され、妊婦姿のケイト・ハドソンらが出席したようだ。
Warner Bros.はTVシリーズ「それゆけスマート」("Get Smart",1965-1970年)を映画化するらしい。ウィル・フェレルが主演するようだ。
Warner Bros.による人気TVドラマ「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化で、アシュトン・カッチャーとポール・ウォーカーが主演に興味を示しているらしい。
人気TVシリーズ"Sex and the City"(1998-2003年)に、「ホワイトナイツ 白夜」("White Nights",1985年)のミハイル・バリシニコフがゲスト出演するらしい。
オーランド・ブルームも、トム・クルーズと同じ読書障害に悩んでいたらしい。
人気ゲーム・シリーズ最新作"Aliens versus Predator: Extinction"が米国で発売されたようだ。
セルジオ・カステリット監督"Non Ti Muovere"への出演が決まったペネロペ・クルスは、現在イタリア語を猛勉強中とか。
ブルース・キャンベルが自動車事故に遭ったものの、幸い軽症で済んだようだ。飲酒運転の車が彼の車に突っ込んできたらしい。
Washington Post紙にに掲載されたフランチェスカ・セグレ(Francesca Segre)の記事"Bride and Joy: Guiding Mom Down the Aisle"が、ゴールディ・ホーンの主演で映画化されることになったようだ。
サム・ライミが製作総指揮を務めたTVシリーズ「アメリカン・ゴシック」("American Gothic",1995-1996年)が映画化されるらしい。ゲイリー・コールの出演も決まったようだ。
批評:"Gigli"がここ数年で最悪の映画というわけではないが、フィルムの浪費であることに変わりはない。 [☆・・・]
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")のサントラが、全米アルバムチャート2週連続1位を記録したようだ。
「ブルークラッシュ」("Blue Crush")で注目を集めたケイト・ボスワースは「誰かがおいしい話を持ちかけたら、私はその裏にある真意について考える。恐ろしいことだけど、この業界で100%無垢な人は生きてはいけないわ」と語ったようだ。
  8/2
ヴァージンシネマズ六本木ヒルズでは、「マトリックス・リローデッド」の興収が1億4400万円を突破した模様。ニューヨークの映画館を越える世界一の記録とか。
ボリウッド初のSF映画"Found Someone"が来週公開されるようだ。人気俳優リティック・ローシャン(Hrithik Roshan)の主演で、子供の心のまま大人になった青年が宇宙人と遭遇する、という物語とか。リティックの父ラケッシュ・ロシャン(Rakesh Roshan)が監督を務めたらしい。
アリッサ・ミラノは、「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)で共演したエリック・デイン(Eric Dane)と交際中らしい。
交際中と伝えられていたサンドラ・ブロックとライアン・ゴズリングは、数ヶ月前に破局していたようだ。
シリーズ第3作"American Wedding"にも出演するアリソン・ハニガンは、「アメリカン・サマー・ストーリー」("American Pie 2",2001年)出演後、婚約者のアレクシス・デニソフ(Alexis Denisof)と田舎町を旅行していたところ、あるガソリンスタンドの売店で、フルートを持って立っている彼女の写真がビーフジャーキーの箱に使われているのを発見したらしい。全く知らなかったとか。
及川中監督「キューティーガール」の完成披露試写会が1日都内で行われ、小倉優子らが出席したようだ。
コリン・ファレルは、モデルのキム・ボーデネイヴ(Kim Bordenave)が出産予定の子供について「9月だったよね?そう、男の子が生まれるんだ。男の子だよ。(キムは)素晴らしい女性さ。本当に楽しみだよ」と語ったようだ。
来月4日より開催される第28回トロント国際映画祭で、ジェーン・カンピオン監督、メグ・ライアン主演"In the Cut"、リドリー・スコット監督、ニコラス・ケイジ主演"Matchstick Men"、マイケル・ウィンターボトム監督、ティム・ロビンス、サマンサ・モートン共演"Code 46"のプレミア上映が決定した模様。
  8/3
西村了監督「天使の牙」の試写会が2日都内で開催され、主演の佐田真由美によるトークショーが行われたようだ。
北浦嗣巳監督「ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」が2日初日を迎え、杉浦太陽、吹石一恵らが舞台挨拶に立ったようだ。
新作「フェイス」の撮影に参加しているシン・ヒョンジュンは2日、記者会見でソン・テヨンとの破局を認めたらしい。
チャン・イーモウ総監督の演出による2008年北京五輪大会ロゴマーク発表式典が3日、北京の天壇公園で行われ、ジャッキー・チェンらが参加したようだ。
"World of Tomorrow"でジュード・ロウと共演するアンジェリーナ・ジョリーは、ジュードと妻サディ・フロストとの不仲についての報道が英国で過熱していることについて「彼を解放してあげてください。彼は素晴らしい人です。私の最初の結婚式で夫(ジョニー・リー・ミラー)の隣に立っていたのが彼でした。彼とはそれ以来の友人で、彼と仕事が出来てとても嬉しい」と語ったようだ。
新作"Legally Blonde 2: Red, White & Blonde"で1600万ドルのギャラを手にしたリース・ウィザースプーンは「ギャラはあまり重要じゃないの。弁護士には(脚本さえ良ければ)無料でも喜んで出演すると言ってあるのに、彼は誰にもそのことを教えていないみたい。もちろん、これはビジネスだし、私の市場価値を見極める必要はあるわ。今の場所に留まれるよう努力は続けていくつもりよ」と語ったようだ。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")に出演するガブリエル・ユニオンは、19歳の頃働いていた店で強盗に銃を突きつけられた経験があるようだ。「私が銃を突きつけるシーンでは震えてしまいました。とてもリアルなことに感じられて、震えを止めることが出来ませんでした」と語ったようだ。
ミッシェル・オスロ監督「キリクと魔女」("Kirikou et la sorciere")が2日初日を迎え、高畑勲、浅野温子、神木隆之介が舞台挨拶に立ったようだ。
「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")の日本公開記念イベントが2日都内で行われ、五十嵐結花、かわいかおりらが参加したようだ。
  8/4
井坂聡監督「g@me.」の撮影が3日都内スタジオで行われ、仲間由紀恵、藤木直人らが参加したようだ。
文化庁が企画した、人間国宝の萩焼陶芸家、三輪寿雪の制作風景などを記録した映画「萩焼―十一代三輪休雪の鬼萩」が完成したようだ。7日に萩市で完成記念の式典と上映会が開催される模様。
核開発拠点のあるロスアラモスに、広島の「原爆の子の像」の姉妹像を建設しようとした、米アルバカーキの子供たちの活動を描く映画「Sadako - Angels of the World」のロケが6日、広島市で行われる平和記念式典でスタートするようだ。全編英語で製作され、リポーター役で工藤夕貴が出演する模様。
日本リーバは、来月から写真家の蜷川実花が監督した短編映画を配信するらしい。
ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」に登場するデメテル号の航海日誌をもとにした映画"The Last Voyage of the Demeter"が製作されるようだ。ドイツ出身のRobert Schwentkeが監督する模様。
まもなく新作"Casa De Los Babys"が公開となるジョン・セイルズ(John Sayles)監督は、コロラドの小さな町を舞台にした殺人ミステリー"Silver City"で監督を務めるようだ。ダニー・ヒューストンの主演が決まったほか、クリス・クーパー、クリス・クリストファーソン、チーチ・マリンらが出演交渉中の模様。
シガニー・ウィーヴァー主演のブラック・コメディ"Imaginary Heroes"に、ジェフ・ダニエルズとキップ・パルデューの出演が決まったようだ。
Dark Castle Entertainment、今度はアンドレ・ド・トス監督「肉の蝋人形」("The House of Wax",1953年)をリメイクするらしい。
米Paramount Picturesは、ロバート・シルヴァーバーグのSF小説"The Book of Skulls"を映画化する模様。ウィリアム・フリードキンが監督するらしい。
ゴールディ・ホーンらが設立したCosmic Entertainmentが製作する超自然ドラマ"Invisible"は、ジェイムズ・スペイダーとミニ・ドライヴァーが共演した「SLOW BURN 伝説のダイヤモンド」("Slow Burn",2000年)で監督デビューしたクリスチャン・フォード(Christian Ford)が監督と脚本を務めるようだ。
北米7月度の映画興行収入は、1997年以来初めて2億ドルを下回った模様。
Paramount Picturesは、アルフレッド・ベスター(Alfred Bester)のSF小説「破壊された男」("The Demolished Man",1953年)を映画化する模様。エリック・バナ主演「チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼」("Chopper",2000年)を手掛けたアンドリュー・ドミニク(Andrew Dominik)が監督するらしい。
「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)のキャスリーン・ロバートソン(Kathleen Robertson)は、インディ作品"Until the Night"でノーマン・リーダスとの共演が決まったほか、ウィレム・デフォー主演のスリラー"Control"にも出演するらしい。
全米週末興収は、「アメリカン・パイ」("American Pie")シリーズ第3作"American Wedding"が3420万ドルで初登場位を記録、ベン・アフレック、ジェニファー・ロペス主演の"Gigli"は380万ドルで7位のスタートとなったようだ。また、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")は公開4週目で総興収2億ドルを突破、公開3週目の「バッド・ボーイズ2バッド」("Bad Boys II")も1億ドルを越えた模様
来月5日開幕する第29回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)で、ハリソン・フォード主演"Hollywood Homicide"のオープニング上映が決まった模様。また、クリント・イーストウッド監督"Mystic River"がクロージング上映される模様。
レニー・ゼルウィガーは、ハンプトンの自宅に住み着いた"リリアン"という老婦人のポルターガイストに悩まされているらしい。ゴーストバスターを呼んだとか。
リース・ウィザースプーンは、夫ライアン・フィリップとの再共演の可能性について「共演?素晴らしいわ。『クルーエル・インテンションズ』("Cruel Intentions",1999年)の時は楽しかったし、もう一度共演したいわ。でも、私達の方向性は全く違うから、個別の仕事をすべきだと思う」と語ったようだ。
「フレンズ」("Friends")のスピンオフ企画で、主演のマット・ルブランは1600万ドルの出演料を手にするらしい。
現在カリフォルニアで暮らしているメアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセンのオルセン双子姉妹は、9月から大学に進学するためニューヨークに引っ越すようだ。どの大学に通うかは、安全上の問題から公開されていないらしい。
ボブ・サップが出場する、15日ラスヴェガスで開催のK-1のワールドGP米国大会には、ハリウッドの映画スタジオ各社がプロデューサーを派遣する予定とか。
小松隆志監督「青い稲妻」の撮影が3日都内で行われ、主演の岡田義徳らが参加したようだ。
  8/5
鈴木雅之監督、香取慎吾主演による実写版「忍者ハットリくん」で、田中麗奈、ゴリ、伊東四朗、知念侑李の共演が決まったようだ。
手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の出演者らによる会見が4日都内スタジオで行われ、金子昇、中尾彬、小泉博、虎牙光揮、高杉亘らが出席したようだ。六本木ヒルズも破壊されるらしい。
「カサブランカ」("Casablanca",1942年)の公開60周年記念上映が、11日リンカーン・センターのアリス・タリー・ホールで開催されるようだ。また、未公開シーンなど4時間の特典映像を含むDVDも5日発売されたらしい。
Dimension Filmsは、クリスティーナ・リッチらの主演によるウェス・クレイヴン監督の新作ホラー"Cursed"の撮影を、4週間の撮影スケジュールを残して、先月中断させたらしい。関係者は特殊効果追加のためで9月に撮影が再開されると説明しているものの、Dimension Filmsの幹部が映画の出来に不満を持っている、と言う噂もあるようだ。
若きクラーク・ケントが主人公のTVドラマシリーズ"Smallville"に、ルドガー・ハウアーが悪役で出演するらしい。
ジョン・セイルズ監督の新作"Casa De Los Babys"に主演するダリル・ハンナは、同監督次回作の"Silver City"にも出演するようだ。
レニー・ハーリン監督の新作サイコ・スリラー"Mindhunters"に出演するパトリシア・ヴェラスケス(Patricia Velazquez)は、アルフォンソ・アラウ監督の次回作"Zapata"で、メキシコの革命家エミリオ・ザパタ(Emilio Zapata)の妻を演じるようだ。主演は、人気歌手アレハンドロ・フェルナンデス(Alejandro Fernandez)が務めるらしい。
ジョン・マッデン監督、ジュード・ロウ、キーラ・ナイトレイ共演の新作"Tulip Fever"で、ジム・ブロードベントが出演交渉中の模様。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の北米興行収入は3日までに3億2002万760ドルに達し、「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring")、「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Sorcerer's Stone")を超えて、史上10位の記録となった模様。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の日本週末興収は460万ドルに達し、日本におけるディズニーの実写作品としては史上3番目の記録となったらしい。
SARS問題からの復興支援を目的に香港政府が資金を提供、ジョニー・トー、ワイ・カーファイ、フルーツ・チャン、テディ・チェン、ツイ・ハーク、スティーヴン・チョウ、ピーター・チャン、アンドリュー・ラウらが手掛けた11本の短編が完成、4日プレミア上映されたようだ。アンディ・ラウ、サミー・チェン、アントニー・ウォン、トニー・レオンらが出演しているらしい。ウォン・カーウァイ監督にも依頼があったものの、"2046"の製作で忙しく、断ったとか。
米Miramax Filmsは、今年のカンヌ映画祭「ある視点」(Un Certain Regard)部門で最高賞を受賞した、上映時間6時間のイタリア映画"La Meglio Gioventu"の、北米配給権を獲得したようだ。上映方法については未定とか。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の週末興収は、ドイツ、英国を含む12の地域で初登場1位を記録、北米を除く全世界での週末興収は3400万ドル、総興収は1億3950万ドルに達したようだ。
ラッセル・クロウ率いるバンド30 Odd Foot Of Gruntsのシカゴ公演が17日から行われる模様。
サハラ・テレビ制作のドラマ"Karishma - The Miracles of Destiny"に対し、米作家バーバラ・テイラー・ブラッドフォードが小説「女資産家」("A Woman of Substance")の盗作であるとして放送差し止めなどを求めていた訴訟で、インド最高裁は4日、訴えを棄却したようだ
キャメロン・ディアスが、無名時代に撮影された写真の公表差し止めを求めていた訴訟で、ロサンゼルス上位裁判所は4日、写真とビデオテープの封印を命じたようだ。
人気TVドラマ「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化で、ブリトニー・スピアーズが、アシュトン・カッチャー、ポール・ウォーカーと共演するらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")の前売り鑑賞券の発売初日の販売枚数が、9大都市30館で1万3642枚を記録、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の1万1220枚を上回る洋画新記録を達成したらしい。丸の内ピカデリーだけで2081枚を販売、全国では3万667枚の売り上げを記録したとか。 [☆僕も買いました(^^;]
瀬々敬久監督「MOON CHILD」に出演した台湾の人気歌手ワン・リーホンが、ブルボン「チュエル」のCMに登場するらしい。日本語によるCM曲「愛の奇蹟」も歌うようだ。
立教大学の協賛で、来月6日からテアトル池袋で公開される青山真治監督「月の砂漠」で、9月20日と23日の第1回終了後、青山監督と同大学文学部教授、映画サークルの学生との対談が企画されれているほか、27日には"立教グッズ"もプレゼントされるらしい。ちなみに協賛の費用は10万円程度とか。
Teen Choice Awards授賞式が2日開催され、アシュトン・カッチャーが大賞を受賞したほか、ジム・キャリー、コリン・ファレル、ヒラリー・ダフ、アダム・サンドラーらが各賞を受賞したらしい。
バズ・ラーマン監督は、レオナルド・ディカプリオ主演"Alexander the Great"で、少年時代の主人公を演じる子役を探しているらしい。
「いつか晴れた日に」("Sense and Sensibility",1995年)で共演後、交際を続けていたエマ・トンプソンとグレッグ・ワイズが、先月29日スコットランドで結婚式を挙げたようだ。
ニューヨーク市警の記録によると、今年銃の携帯が許可された3600人の市民の中には、ロバート・デ・ニーロ、ハ−ヴェイ・カイテル、ハワード・スターンらが含まれる一方、「グッドフェローズ」("Goodfellas",1990年)のポール・ソルヴィーノ、「アナライズ・ミー」("Analyze This",1999年)のチャズ・パルミンテリ、そして「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガールらには許可が下りなかったらしい。
D・J・カルーソー監督の新作サスペンス"Taking Lives"で共演中のアンジェリーナ・ジョリーとオリヴィエ・マルティネスが交際中?と一部で報道されたらしい。
1969年にロマン・ポランスキーの妻シャロン・テイトらが殺害されたマンソン・ファミリーによる連続殺人事件を描く、3時間のTV映画"Helter Skelter"を、米CBSが製作するようだ。CBSは1976年にもスティーヴ・レイルズバック(Steve Railsback)の主演でTV映画化しており、今回は「グリマーマン」("The Glimmer Man",1996年)のジョン・グレイが監督と脚本を務めるらしい。
過去2年間で9作品に出演、"21 Grams"、"The Assassination of Richard Nixon"など4作品が公開待機中のナオミ・ワッツは「以前よりもいい味が出せていると思うわ。この1年半は立て続けに映画に出演したけれど、誰かに何か言われた訳ではなくて、全部自分で決めたの。成功がもたらしてくれた幸運の一つね」と語ったようだ。
冷戦時代のアメリカ兵士を描くコメディ"Buffalo Soldiers"に主演するホアキン・フェニックスは「最初に脚本を読んだ時から、これが米軍への批判だとは考えていないよ。実際、何かを批判する映画ではないんだ」と語ったようだ。
「AKIRA」のハリウッド版リメイクを手掛ける予定だったスティーヴン・ノリントンが監督を降板した模様。「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")でのショーン・コネリーとの確執を理由に、ハリウッドから一時離れるらしい。
  8/6
「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")プロモーションのため、ポール・ウォーカー、デヴォン青木、エヴァ・メンデスらが来日、5日都内で記者会見が行われたようだ。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」のPR会見が5日大阪市内で行われ、中島美嘉、市原隼人らが出席したようだ。
英首相報道官が、イラク大量破壊兵器の誇張問題で自殺したデヴィッド・ケリー博士を、「虹を掴む男」("The Secret Life of Walter Mitty",1947年)に登場する夢想家の主人公に例える発言をし、非難を浴びているようだ。
イラク戦争で捕虜となったジェシカ・リンチ上等兵の救出劇を描く米NBC製作のTV映画"Saving Jessica Lynch"で、「インプラント」("They",2002年)のローラ・リーガン(Laura Regan)が主演に決まった模様。
ダグ・ライマン監督の新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"は、ニコール・キッドマンに続きブラッド・ピットも出演を取りやめる模様。現在撮影中の"Troy"の後"Ocean's Twelve"の撮影に入るため、スケジュールが合わなかったようだ。ウィル・スミスやジョニー・デップが新たな主演候補に挙がっているらしい。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン双子姉妹が共演するデニー・ゴードン監督の新作コメディ"New York Minute"に、ユージーン・レヴィの出演が決まったようだ。
「フロム・ヘル」("From Hell",2001年)のアルバート・ヒューズ監督による新作スリラー"Hide & Seek"で、ロバート・デ・ニーロが出演交渉中の模様。
米ABCのバラエティ番組"The Drew Carey Show"に出演するクレイグ・ファーガソン(Craig Ferguson)とキャシー・キニー(Kathy Kinney)が、オレン・ゴールドマン(Oren Goldman)監督のファミリー映画"A Dog and His Boy"で共演するようだ。マイケル・ウィンスロウ、ジョー・モートンらも出演するらしい。
ベン・アフレックが主演するDisney製作のコメディ"Ghosts of Girlfriends Past"は、ベティ・トーマスが監督に決まったようだ。
「恐竜100万年」("One Million Years B.C.",1966年)で知られる女優のラクエル・ウェルチ(Raquel Welch)は、4番目の夫であるリッチー・パーマー(Richie Palmer)との離婚に合意したようだ。
英国週末興収は「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")が960万ドルで初登場1位を記録、「キューティ・ブロンド2」("Legally Blonde 2: Red, White & Blonde")は2位、"Spy Kids 3-D: Game Over"は3位でのスタートとなり、先週1位の「ハルク」("The Hulk")は5位までランクダウンしたようだ。
米タブロイド誌National Enquirerは、カナダのナイトクラブで浮気をしたという同誌の報道をベン・アフレックが否定したことに対し、無実を証明したければウソ発見器のテストを受けるべきだ、と主張しているらしい。
ジェイミー・リー・カーティス主演によるリメイク版"Freaky Friday"に出演したリンゼイ・ローハン(Lindsay Lohan)は、マーク・ウォーターズ監督の次回作"Mean Girls"にも出演することが決まったようだ。
マイケル・ベイは、宇宙旅行の実現を夢見るスミソニアン博物館の科学者を主人公にした映画"Do Not Go Gently"の製作を手掛けるようだ。
キム・ベイシンガーは、ジョエル・ズウィック監督のロマンチック・コメディ"Elvis Has Left the Building"に主演するらしい。
コリン・ファレルは「もし夢中になった女性が女優だったらそれは素晴らしいし、水道管の洗浄員でもいいし、無職だってかまわない。ユーモアは素晴らしいし、タフな女性も好きだけれど、自分のことを分かっている女性であることも大切だな」と語ったようだ。
ブリタニー・マーフィは「17歳のカルテ」("Girl, Interrupted",1999年)で共演したウィノナ・ライダーについて「彼女は、あらゆる経験の中から学び取ることが出来る種類の人」と語ったようだ。
Universal Picturesは、南アフリカで殺害されたアメリカ人女性の実話を元にしたシンディウェ・マゴナ(Sindiwe Magona)の小説「母から母へ」("Mother to Mother")を映画化する模様。リース・ウィザースプーンが製作と主演を務めるようだ。
デヴィッド・R・エリス監督、キム・ベイシンガー主演の新作スリラー"Cellular"に、ジェイソン・ステイサムの出演が決まったようだ。
ケヴィン・コスナーの次回作は、ロマンチック・コメディ"Taming Ben Taylor"になる模様。ミシェル・ファイファーが共演候補に挙がっているらしい。
ミロス・フォアマン監督次回作"Embers"でウィノナ・ライダーと共演予定だったショーン・コネリーが急遽降板した模様。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に主演するオーランド・ブルームは5日、衛星中継で叶姉妹と対談したらしい。
綿矢りさの小説「インストール」が、上戸彩の主演で映画化されるようだ。TV番組の演出を手掛ける片岡Kが監督を務める模様。
HMVはDVDボックス「ウルトラマン the movie ULTIMATE DVD COLLECTION」の発売を記念したキャンペーンを展開、23日にはHMV渋谷で黒部進、桜井浩子、実相寺昭雄監督によるトークショー&サイン会を開催するようだ。
レイフ・ファインズは、英国詩人クレイグ・レイン(Craig Raine)による戯曲"Acts of Grace and Decency"の映画化で監督デビューするらしい。
米NBCは、番組間のCMタイムに放送する1分間の短編映画シリーズを製作すると発表したようだ。マイケル・リチャーズ、カーメン・エレクトラ、トム・アーノルドらが出演、今秋からスタートするらしい。
ダン・シモンズ(Dan Simmons)のSF小説「ハイペリオン」("Hyperion")シリーズを、三部作で映画化する企画が進行中らしい。 [☆どうやって映画化するつもりなんでしょ?]
「スピーシーズ3」の製作が企画されているらしい。ビデオ発売のみとなる模様。
  8/7
ピーター・ミュラン監督「マグダレンの祈り」("The Magdalene Sisters")プロモーションのため、主演のノーラ=ジェイン・ヌーンが来日、6日都内で記者会見を行ったようだ。
5日ドジャースタジアムで行われたドジャースxレッズ戦の始球式に、シャロン・ストーンが登場したようだ。
米NBCは、イラク戦争で捕虜となったジェシカ・リンチ上等兵の救出劇を描くTV映画"Saving Private Lynch"の「公認」に向けて、リンチ側との最終交渉に入った模様。
ロバート・デュヴァル、マーク・ハーモンらが共演したアラン・スミシー名義の作品「ハリー奪還」("Let's Get Harry",1986年)を、Columbia Picturesがリメイクするらしい。
昨年モフセン・マフマルバフ監督「カンダハール」("Kandahar")の配給を手掛けた米Avatar Filmsは、高校襲撃を計画する2人の若者を描くBen Coccioの初監督作品"Zero Day"の米国内配給件を獲得した模様。来月3日の公開を予定しているようだ。
香港映画製作者連合は6日、アンドリュー・ラウ監督、トニー・レオン主演「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs / 無間道")を、第76回アカデミー賞外国語映画賞の公式エントリー作品に選出した、と発表したようだ。
先週末の米国週末興収上位15作品に占める英国映画のシェアが、昨年同期の2倍にあたる13%に達した模様。現在、「ジョニー・イングリッシュ」("Johnny English")、「ベッカムに恋して」("Bend it like Beckham")、「28日後...」("28 Days Later")、「マグダレンの祈り」("The Magdalene Sisters")などが米国公開中であることについて、英国映画評議会(UK Film Council)のCEOは「それらが『ハルク』や『チャーリーズ・エンジェル』とは違ったタイプの作品である、ということが重要なポイントだ」と語ったようだ。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」にも出演したシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)は、New Line Cinemaの新作(作品は未定)に主演するほか、ウィル・スミス主演"I, Robot"への出演も決まったようだ。
「デブラ・ウィンガーを探して」("Searching for Debra Winger")にも登場している米人気映画評論家ロジャー・イーバート(Roger Ebert)は、唾液腺癌治療のため今月から放射線治療を始め、来年2月に手術を行うことを明らかにしたようだ。いくつかの映画祭を欠席するほかは、これまで通りの活動を続ける予定とか。
ベン・アフレックがストリップ・クラブで浮気したと報道されていることについて、一緒にいたクリスチャン・スレイターの妻ライアン・ハドンは「ベンは誰ともセックスしなかった。音楽を聞いて、ぶらぶらして、みんなと話しをして、それだけよ」と語ったようだ。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")のサントラが、全米アルバムチャート3週連続1位を記録したようだ。
第56回ロカルノ国際映画祭が6日開幕し、ヴィンセント・ミネリ監督のミュージカル「バンド・ワゴン」("The Band Wagon",1953年)のリマスター版が屋外上映されたようだ。
6日放送の米NBC"The Tonight Show with Jay Leno"に出演したアーノルド・シュワルツェネッガーは、カリフォルニア州知事選への出馬を表明したようだ。「彼らは私に対して経験がないとか、女たらしの恐ろしい奴だと言って攻撃するだろう。グレイ・デイヴィス(現知事)は、汚い選挙キャンペーンには長けているが、州の運営はまるでだめだ」と語ったらしい。
先日なくなった仏女優マリー・トランティニャンの葬儀が6日パリで行われ、父ジャン=ルイ・トランティニャンをはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・バーキン、クロード・ルルーシュらが参列したようだ。
第26回ケネディ・センター栄誉賞の受賞者が5日発表され、ジェイムズ・ブラウン、イツァーク・パールマン、キャロル・バーネット、ロレッタ・リン、マイク・ニコルズの受賞が決まったようだ。昨年受賞を辞退したポール・マッカートニーの名前はなかったとか。
大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")の来年1月からのアンコール公演で、ネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが再出演に向けて交渉中らしい。
独Stern誌のインタビューに答えたジョージ・クルーニーは「僕は外見なんて気にしていない。個人的なスタイリストだっていないよ。そんなことを気にするなんて、男らしくもないしセクシーでもない」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズとジャスティン・ティンバーレイクが、GAPのCM出演に向けて交渉中らしい。
ジェイムズ・アイヴォリー監督"Le Divorce"で共演したケイト・ハドソンとナオミ・ワッツは、撮影で過ごしたパリがすっかりお気に入りのようだ。ハドソンは「それは音楽的で、どこに行っても目の保養になる。建物はどれも美しいし、それに全てがロマンチック」と語ったとか。
新作"Freaky Friday"に出演するジェイミー・リー・カーティスは今、16歳になる娘が極端な菜食主義に走っていることが心配なようだ。「一番クールな母親になりたいわけじゃなくて、普通の母親でいたいのよ。子供たちの友達からも信頼されて、お互いに悩みを打ち明けられるような母親になりたいの」と語ったようだ。
オリヴィエ・マルティネスやイーサン・ホークとの交際が噂されているアンジェリーナ・ジョリーは、ドイツの記者に対し「私の息子に父親必要かしら?私が今デートしている男たちを見て、父親に相応しいかどうか判断してみてください」と語ったらしい。
清水崇監督「呪怨」の韓国での観客動員数が6日までに100万人を突破した模様。酒井法子主演による「呪怨2」も韓国でほぼ同時公開されるらしい。
オダギリジョーと水野美紀が交際中らしい。
ジェニファー・ロペスとブリトニー・スピアーズはそれぞれ、来年秋のスタートに向けたトーク番組を企画しているらしい。ただし、本人達は録画で一部登場するのみとか。
ポール・ベタニー、ジェニファー・コネリー夫妻に5日、男の子が誕生したようだ。
  8/8
16日公開「ゲロッパ!」の完成披露試写会が7日都内で行われ、井筒和幸監督、西田敏行、常盤貴子、山本太郎らが出席したようだ。
日本で最初にカラーフィルムの映画を製作した大日本天然色映画による「千人針」(三枝源次郎監督,1937年)のフィルムの一部が、モスクワで発見されたらしい。現存するカラーの日本映画としては最古のものとか。
椎名勲の小説「未来」を映画化した滝沢正治監督、布施博、藤田朋子、小林綾子共演の「ベースボールキッズ」が16日から広島県内で巡回上映されるようだ。
ジム・ジャームッシュが1986年から手掛けてきた短編映画シリーズ"Coffee and Cigarettes"の完成版がトロント国際映画祭で上映されるようだ。11のストーリーから構成され、ロベルト・ベニーニ、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、イギー・ポップ、ケイト・ブランシェットらが出演しているらしい。
9月4日開幕のトロント国際映画祭で、アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン共演"The Human Stain"、ケイト・ブランシェット主演"Veronica Guerin"、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督"21 Grams"などのプレミア上映が決まったようだ。また、ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレイ主演の新作"Lost in Translation"や、リチャード・カーティス監督、ヒュー・グラント主演のロマンチック・コメディ"Love Actually"の未完成バージョンも上映されるらしい。
ドキュメンタリー映画"My Date With Drew"を企画中のインディ映画製作者ブライアン・ハーズリンガー(Brian Herzlinger)は、映画製作とドリュー・バリモアという2つの夢を、その作品で実現しようとしているようだ。彼のサイトで公開中のデジタルビデオ日記には、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」のプレミア・パーティに忍び込もうとして失敗した時の映像などを見ることが出来るらしい。
ジョン・ストックウェルが監督か?とお伝えした、ピアーズ・ブロスナン、サルマ・ハエック共演の"After the Sunset"は、ブレット・ラトナーが監督を務めることになったらしい。
「サウンド・オブ・サイレンス」("Don't Say a Word",2001年)のゲイリー・フレダー監督は、米Sony Pictures Televisionが制作するTVシリーズで監督とプロデュースを務めるらしい。
今年6月にEndeavorからCreative Artists Agencyに移籍したばかりのジェニファー・ロペスは、再びEndeavorに戻ったらしい。
まもなく全米公開がスタートする「フレディVSジェイソン」("Freddy vs. Jason")は、製作開始以来7年間で12人の作家が参加したものの、New Line Cinemaはいい脚本を見つけられなかったようだ。最終的に、マーク・スウィフトとともに脚本を完成させたダミアン・シャノンは「僕らはこれが本質的にファンのための映画であることが必要だと考えた。だから、どちらのキャラクタのファンにも楽しんでもらえる脚本にしたかった」と語ったようだ。スタジオ側からの要求は"地獄のようなバイオレンス"だけだったとか。
Walt Disney、Vivendi Universal、20世紀FOXの3社が、「ムーラン・ルージュ」「ジュラシック・パークIII」などの海賊盤DVDを製作した中国の企業に対し起こしていた訴訟で、上海の裁判所はスタジオ側の主張を認め、上海の企業2社に対し損害賠償の支払いと謝罪を命じる判決を下したようだ。
ジャマイカ政府は7日、「ハーダー・ゼイ・カム」("The Harder They Come",1973年)や「クラブ・パラダイス」("Club Paradise",1986年)にも出演しているレゲエ・ミュージシャン、ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)に対し、功労勲章を授与すると発表したようだ。
ユニセフ親善大使のジェシカ・ラングは7日、アフリカのコンゴを訪れたようだ。「この1年、国内外の声を無視するかのような米国政府のやり方にはうんざりしていた」と発言したらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーは7日、ロサンゼルスの登録・記録局を訪れ、立候補届出書類を受け取ったようだ。事務所の前にはマスコミやファンら数百人が集まったとか。
オーストラリアのオンライン調査会社Hitwiseは、各映画のウェブサイトへのアクセス状況に関するデータを24時間以内に提供できると発表した模様。多くのウェブ調査サービスは結果報告までに1ヶ月近くかかるらしい。同社の調査によると、これまでのところ「マトリックス・リローデッド」がシェアNo1で「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」がそれに続くという、興行収入と一致する結果が出ているとか。
今週末全米公開作品では、コリン・ファレル、サミュエル・L・ジャクソン共演のアクション「S.W.A.T.」("S.W.A.T.")が、2500万ドルから3000万ドルの週末興収を記録すると予想されているらしい。
カリフォルニア州知事選出馬を表明したアーノルド・シュワルツェネッガーについて、ダナ・カーヴィは「アーノルドが指でちょっとはじけば、グレイ・デイヴィスなんか部屋の向こうに飛んでいって、赤ちゃんのうんちに着地だね」と、オーストリア訛りで語ったとか。
来年の第76回アカデミー賞授賞式のTV放送は、「あなたが寝てる間に・・・」("While You Were Sleeping",1995年)、「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun",2003年)などを手掛けたジョー・ロス(Joe Roth)がプロデュースを務めることになったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーが生まれたオーストラリアの町サール(Thal)でも、カリフォルニア州知事選出馬を歓迎する声が上がっているようだ。
「ドクトル・ジバゴ」("Doctor Zhivago",1965年)で知られる俳優のオマー・シャリフは、先月パリ郊外のカジノで警官に暴行を加えたとして、執行猶予付きの拘留1ヶ月と1700ドルの罰金を科せられたようだ。
シャロン・オズボーンが現在製作を進めている夫オジー・オズボーンの伝記映画で、ジョニー・デップが主演を希望しているらしい。デップは「彼はとても魅惑的な人物です」と語ったとか。
グウィネス・パルトロウ主演"View From the Top"の英国での劇場公開が中止となった模様。米国での成績が芳しくなかったことがその理由らしい。ビデオ発売のみとなるようだ。 [☆日本では公開してね>GAGAさん]
米ABCの"Primetime Thursday"に出演したケヴィン・コスナーは、かつてダイアナ元英国皇太子妃の共演で企画した「ボディガード」("The Bodyguard",1992年)の続編について「彼女は物静かな人だった。僕が『キスシーンもある』と言うと、彼女は笑っていたよ。結局、彼女はイエスと言わなかったけれど、彼女の人生が変わりつつあることは分かっていると僕に伝えてくれた」と語ったようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は6日までに、興収65億5622万3250円、観客動員数487万2677人を記録、公開20日目の7日には観客動員数500万人を突破した模様。また、明星食品「ザ・湾岸ラーメン」の売上も150万個、3億円に達したとか。
「永遠の夏目雅子展 祈り-いのちいつまでも輝いて」が来月11日から東急百貨店本店で開催されるらしい。
スティーヴン・セガールから仕事上の関係を解消され、マフィアに依頼してセガールから金銭をゆすり取ろうとしたとして訴えられている、プロデューサーのジュリウス・R・ナッソーは、検察側との司法取引に応じ、有罪を認めることに合意したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーが出演した6日放送の"The Tonight Show with Jay Leno"は、今年2番目となる平均視聴率17%を記録した模様。地域別では、サクラメントで29%、ロサンゼルスで23%に達した一方、ニューヨークでは14%だったとか。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の会長に、フランク・R・ピアソンの3選が決まったようだ。
ジョエル・ズウィック監督、キム・ベイシンガー主演によるロマンチック・コメディ"Elvis Has Left the Building"は、今秋からニューメキシコ州で撮影が行われるらしい。同州の映画製作奨励制度がロケ地選択の理由のようだ。
カルカッタで11月1日より開催される映画祭で、マザー・テレサの活動を追った英Channel4製作のドキュメンタリー"Hell's Angel"と、ジェラルディン・チャップリン主演の"Mother Teresa: In the Name of God's Poor"の上映が予定されていたものの、「神の愛の宣教者会」(Missionaries of Charity)から描写が正確ではないとの指摘を受け、上映が中止となったようだ。
  8/9
「嵐来たり去る」(舛田利雄監督,1967年)、「黒い雨」(今村昌平監督,1989年)、「プレイガール」(梶間俊一監督,2003年)などの作品に出演し、公明党参院議員を務めていた、女優の沢たまきさんが9日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
小泉純一郎首相は8日、品川プリンスシネマで「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を鑑賞したらしい。息子、小泉孝太郎の演技について「なかなかうまかったじゃないか。初めてにしては」とコメントしたとか。
"Dateline NBC"でキャスターを務めるマリア・シュライヴァーは、夫アーノルド・シュワルツェネッガーの選挙キャンペーン期間中、番組を降板するようだ。
米FOXの"Fox and Friends"に出演したアーノルド・シュワルツェネッガーは「州は極めて困難な状況にあり、財政赤字は氷山の一角に過ぎない。まず最初に取り組まなければならないのは、カリフォルニアにビジネスを取り戻すことだ」と語ったようだ。また、教育と子供たちへの取り組みが最優先事項になる、とコメントした模様。
イーサン・ホークの広報担当者は、"Taking Lives"で共演しているアンジェリーナ・ジョリーや、22歳のモデルJen Perzowとの関係がタブロイド誌で報じられていることについて「週末はいつもユマ・サーマンと過ごしているし、別の女性がいるなんてばかげているよ」とこれを否定したようだ。
「アメリカン・パイ」("American Pie",1999年)に出演して一躍有名となったショーン・ウィリアム・スコットは「出演が決まった時はHome Depotで配管工をしてたんだ。撮影が終わって、別の仕事を探していた時、友達がロサンゼルス動物園の仕事を紹介してくれたんだ。売店でプレッツェルを作る仕事だったけどね」と語ったようだ。
コリン・ファレルは1997年のある日、アイルランドのパブの横に止めていた車の運転席にビール瓶を抱えて座っていたところを警察に見つかったらしい。「僕が『飲んでるけど運転してないよ』と言ったらその警官に『それは重要じゃない。キーがイグニッションに入っている』と言われたよ。」結局捕まった彼は、それ以来運転をしていないとか。
北野武監督「座頭市」に出演している大衆演劇の女形、橘大五郎の写真集「DAIGORO」が25日発売されるらしい。
荒戸源次郎監督「赤目四十八瀧心中未遂」の公式試写会が8日都内で行われたようだ。車谷長吉の直木賞受賞作の映画化で、寺島しのぶ、内田裕也、大楠道代らが出演しているらしい。
金城一紀の短編小説を映画化した、西谷真一監督、大沢たかお主演の「花」が完成したようだ。
  8/10
茅根隆史監督「ナニワ金融道 死角はどこだ\-THE MOVIE-」の製作発表が9日都内で行われ、杉浦太陽、津川雅彦、杉本哲太、鈴木紗理奈、豊原功補、生瀬勝久らが出席したようだ。韓国、中国でも公開予定とか。
東陽一監督「わたしのグランパ」の再上映が9日スタートし、渋谷ユーロスペースで石原さとみによる舞台挨拶が行われたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは9日、カリフォルニア州知事選の立候補手続きを行ったようだ。株や債権、不動産など6800万ドルの資産を所有していることも明らかとなった模様。
サルヴァドール・ダリとWalt Disneyのコラボレーションによって1946年に製作が開始されたものの未完成だった短編アニメーション作品"Destino"が、ロイ・ディズニーらの手によって完成、8日閉幕したメルボルン国際映画祭で上映され、短編映画部門のグランプリを獲得したようだ。
独Internationalmedia社のCEOモリッツ・ボーマン(Moritz Borman)は「いい脚本があれば、第4のターミネーターもあり得る。アーノルド(・シュワルツェネッガー)が出演する、しないに関わらず」と発言したらしい。「ターミネーター3」の撮影中、彼が選挙に当選した場合の代案について、シュワルツェネッガーと話し合った、と言っているようだ。
森田芳光監督「阿修羅のごとく」が、27日開幕する第27回モントリオール世界映画祭のコンペ部門に出品されるようだ。
アンジェリーナ・ジョリーが提案していた、旧クメール・ルージュの拠点2箇所の森林保存計画について、カンボジア政府が承認したようだ。ジョリーは、今後5年間で150万ドルの資金を提供するらしい。
  8/11
OVA「新・北斗の拳」第弐話のアフレコ収録が10日行われ、Gacktらが参加したようだ。
日本映画専門チャンネルは14日から、「ハワイ・マレー沖海戦」(山本嘉次郎監督,1942年)、「日本のいちばん長い日」(岡本喜八監督,1967年)、「連合艦隊」(松林宗恵監督,1981年)、「ひめゆりの塔」(今井正監督,1982年)など太平洋戦争をテーマにした13作品を、30時間連続放送するようだ。
11日午前、三重県津市の立体駐車場にライフル銃のようなものを構える男が目撃され、警察官十数人が現場に駆けつけたところ、東大生ら3人が映画の撮影をしていたらしい。 [☆撮影は許可を取ってからにしましょう]
仏メディア大手Vivendi Universalによる、Universal Picturesを含む娯楽資産売却の入札が18日頃行われる模様。Vivendiは依然として売却額140億ドルに固執しているらしい。
カリフォルニア州知事選挙に立候補したアーノルド・シュワルツェネッガーの資産について、同陣営の法律顧問は、過去の州知事を遙かに上回っている、と発言したようだ。
マレーシア首相府相の発言により同国での上映が危ぶまれていたジム・キャリー主演"Bruce Almighty"について、配給するBuena Vistaは11日、マレーシア映画検閲局から上映許可が下りたと発表したようだ。
「ブルークラッシュ」("Blue Crush")のジョン・ストックウェル監督による海中アクション・アドベンチャー"Into the Blue"に、ポール・ウォーカーの主演が決まったようだ。10月から撮影が始まる模様。
ポーランドで製作が始まったレオン・ポーチ監督の新作"Out of Reach"で、マット・シュツルとスティーヴン・セガールが共演するようだ。
これまでサム・メンデス監督やブラッド・ピット、トム・ハンクス、レオナルド・ディカプリオらが興味を示してきた、「マイノリティ・リポート」("Minority Report")のスコット・フランク脚本によるスリラー"The Lookout"は、デヴィッド・フィンチャー監督が現在交渉中の模様。
バリー・レヴィンソン監督の次回作は、旅客機墜落事故を追う米運輸安全委員会の調査員を描く"The Crash Detectives"になる模様。
昨年10月に亡くなった音楽プロデューサー、トム・ダウド(Tom Dowd)の功績を描くドキュメンタリー"Tom Dowd and the Language of Music"の北米配給権をPalm Picturesが獲得した模様。米Sundance Channelが10月3日に放送した後、年末に限定劇場公開され、来年にはDVD化される予定とか。エリック・クラプトン、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、オールマン・ブラザーズ・バンドらも登場しているらしい。
シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の監督は、「フォー・ウェディング」("Four Weddings and a Funeral",1994年)のマイク・ニューウェルに決定した模様。来年4月から製作がスタートするようだ。 [☆残る問題は、主演の3人・・・]
全米週末興収は、コリン・ファレル、サミュエル・L・ジャクソン共演のアクション「S.W.A.T.」("S.W.A.T.")が3700万ドルで初登場1位を記録、ジェイミー・リー・カーティス主演によるリメイク"Freaky Friday"は2230万ドルで2位のスタートとなったようだ。
「太陽が知っている」("La Piscine",1968年)、「ボルサリーノ」("Borsalino",1969年)、「フリック・ストーリー」("Flic Story",1975年)、「パリ警視J」("Le Marginal",1984年)など数々の名作を手掛け、"フランスのヒチコック"とも呼ばれた、仏映画監督のジャック・ドレー(Jacques Deray)さんが9日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アニメ映画"Rugrats Go Wild!"に新曲"Lizard Love"を提供したほか、7月18日に米国で限定公開された"This Thing of Ours"ではジョー・ペリー(Joe Perry)がスコアを担当、ブラッド・ウィットフォード(Brad Whitford)がカメオ出演するなど、最近のエアロスミスの映画での活動について、ペリーは「同じ種類の映画に傾倒する必要はない。バンドとして積極的に取り組める映画音楽を選んでいるんだ」と語ったようだ。
数多くのブロードウェイ・ミュージカルで活躍したほか、「メル・ブルックス 珍説世界史PARTI」("History of the World Part I",1981年)、「コットンクラブ」("The Cotton Club",1984年)、「ホワイトナイツ 白夜」("White Nights",1985年)、「天使の贈りもの」("The Preacher's Wife",1996年)、「彼女を見ればわかること」("Things You Can Tell Just by Looking at Her",2000年)などの作品にも出演した、ダンサーで俳優のグレゴリー・ハインズさんが9日亡くなった(57歳)。ご冥福をお祈りいたします。
メル・ギブソンは、イエス・キリスト最後の12時間を描いた監督作"The Passion"について、2004年の灰の水曜日(四旬節の最初の日。2004年は2月25日?)の公開を予定しているらしい。
ブリトニー・スピアーズは、今年後半に予定しているニュー・アルバムの発売までに禁煙しようとしているらしい。ニコチン・パッチからはり治療までいろいろ試したものの、全て失敗したとか。
ジュード・ロウ主演の新作"Tulip Fever"で共演するキーラ・ナイトレイとジム・ブロードベントは、年齢差36歳のラヴシーンを演じる予定とか。ブロードベントは「来年、彼女と共演できるのがとても楽しみです」と語ったようだ。 [☆そりゃ、楽しみでしょう・・・]
北浦嗣巳監督「ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」の舞台挨拶が10日シネ・リーブル梅田で行われ、市瀬秀和らが出席したようだ。同席したプロデューサーの鈴木清は「いま新しいテレビシリーズを企画中」と発言したらしい。
  8/12
今年のプライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)の授賞式では、ワンダ・サイクス(Wanda Sykes)、エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)をはじめ、ジョージ・ロペス、コナン・オブライエン、マーティン・ショートら少なくとも9人の人気コメディアンが登場して進行役を務めるらしい。
米20世紀FOX製作の新作コメディ"In Her Shoes"はキャメロン・ディアスの主演が決まったようだ。カーティス・ハンソンが監督を務める模様。
「オン・ザ・ライン 君をさがして」("On the Line",2001年)のエリック・ブロス監督次回作は、Miramax Filmsのアクション・コメディ"Project Bigfoot"になるようだ。
今秋からスペインで撮影開始予定だったシリーズ第3作"Asterix and Obelix in Spain"について、原作者のAlberto Uderzoは製作の中止を発表したようだ。第2作「ミッション・クレオパトラ」("Asterix & Obelix: Mission Cleopatre",2002年)の出来が不満だったらしい。
「コン・エアー」("Con Air")などを手掛けた脚本家のスコット・ローゼンバーグ(Scott Rosenberg)は、新作"And So It Goes"で監督デビューするようだ。「ビューティフル・ガールズ」("Beautiful Girls")と「めぐりあう時間たち」("The Hours")と「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy")を合わせたようなストーリーとか。
ジョアン・アレン、ケヴィン・コスナー共演の新作"The Upside of Anger"に、エヴァン・レイチェル・ウッドの出演が決まった模様。
AOL Time Warnerは、社名からAOLを削除することを検討している模様。
Versaceのモデルも務めたレスリー・アン・ウッドワード(Leslie Ann Woodward)は、ドキュメンタリー映画「くたばれ!ハリウッド」("The Kid Stays in the Picture")にも描かれている伝説的映画プロデューサー、ロバート・エヴァンスとの離婚訴訟を起こしたようだ。二人の結婚は昨年の11月で、エヴァンスにとっては6度目。女優キャサリン・オクセンバーグ(Catherine Oxenberg)とは10日間で離婚したとか。
ジェニファー・ロペスと共演した新作"Gigli"について、ベン・アフレックは「それぞれのシーンにいいところはあるし、演技も良かったと思うよ。映画全体としては結局いい出来ではなかったと思うけどね」と語ったようだ。
ペネロペ・クルスがハリウッドへ去ってしまったスペイン映画界では、その後継者として「ノボ」("Novo",2002年)などに出演している26歳の女優パス・ヴェガ(Paz Vega)に注目が集まっているようだ。ペネロペ・クルスが主演予定だったヴィセンテ・アランダ監督の新作"Carmen"に主演、英語の勉強も始めているとか。
メル・ギブソン監督作"The Passion"について、ユダヤ人組織の反名誉棄損同盟(Anti-Defamation League)は11日「この映画は明らかに、ユダヤ人の権威や群衆を、キリストを十字架に張り付けにすることを決めた人々として描いています。我々は、もしこのままこの作品が公開されれば、嫌悪や偏見、反ユダヤ主義が蔓延することになると危惧しています」との声明を発表したようだ。
北米を除く海外週末興収は、引き続き「ターミネーター3」("Terminator 3: The Rise of the Machines")が好調で、52の市場で合わせて2750万ドルを記録、総興収は1億8610万ドルに達し、今週末には2億ドルに達する模様。
フランシス・フォード・コッポラは、6年ぶりの新作"Megalopolis"のインスピレーションを得るため、ブラジルのクリティバ(Curitiba)を訪れているようだ。「私は、セシル・B・デミル監督のローマ叙事詩と、現代ニューヨークを混ぜ合わせたような作品を作りたいんだ」と語ったらしい。
米カトリック司教協議会はメル・ギブソンに対し、監督作"The Passion"の脚本を公開前に入手し、同作品を非難したことについて謝罪したようだ。脚本はギブソンが盗まれたと主張しているもので、ギブソン側に返却される模様。
北海道厚田村の廃校になった小学校が、ドキュメンタリー・フィルムなどを保管する「厚田・岩波映像資料センターえい・あい館」として生まれ変わったようだ。
全米2215スクリーンで公開2週目を迎えたベン・アフレック、ジェニファー・ロペス共演"Gigli"は、週末興収67万8,640ドルで18位となったものの、スクリーン平均は上位50作品で最低の306ドルを記録したようだ。 [☆1日102ドル、入場料平均6ドルとして・・・17人/日・スクリーン!!]
ニコール・キッドマンとレニー・クラヴィッツは来月、豪華ヨットを借りて、南フランスで3週間の余暇を過ごす予定らしい。
グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンは、マーティンが生まれ育った家に近い、英国ダートムーアのボーヴェイ城(Bovey Castle)での結婚式を希望しているようだ。
"Late Show with David Letterman"に出演したブリタニー・マーフィは、以前の恋人アシュトン・カッチャーとデミ・ムーアの交際について「彼らの関係の最も重要なポイントは、彼にとって年齢は関係ないし、彼女にとってサイズは関係ない、ってことね。彼はうまくやったと思うわ」と笑いながら答え、その後すぐ「冗談よ、冗談」とあわてて否定したとか。
「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)などにも出演しているトビー・スティーヴンスは、アミール・カーン、アイシュワリヤー・ラーイ共演のボリウッド映画"The Rising"に出演するらしい。10月から撮影が始まる模様。
マシュー・コール・ワイス(Matthew Cole Weiss)の監督による新作"Standing Still"で、ライアン・レイノルズ、エステラ・ウォーレン、マイケル・ラパポート、ジェイムズ・ヴァン・ダー・ビークらが共演するらしい。
「ビッグ・ママス・ハウス」("Big Momma's House",2000年)の続編が製作される模様。マーティン・ローレンスの出演も決まったようだ。
ユニセフ親善大使としてコンゴを訪れているジェシカ・ラングは11日声明を発表「驚くべき残虐行為を生き延びた女性達や子供達の、肉体的、情緒的、心理的ダメージは、一生消えることはないでしょう。世界は、このような恐怖を阻止し、生き延びた人々に救いの手を差し伸べなくてはなりません。これは戦争犯罪であり、加害者は国際法廷で裁かれるべきです」と語ったようだ。
来月1日発売のビデオ映画「ファミリー」の"完成披露試写会&阪神優勝前祝必勝トーク"が11日大阪市内で行われ、監督・主演の山城新伍が出席したようだ。
ケヴィン・コスナーの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。11日行われた記念式典には2000人ものファンが駆けつけたとか。
イスマイル・マーチャント監督の次回作はティナ・ターナー主演による"The Goddess"になる模様。インドで撮影されるらしい。
ジェイムズ・キャメロンは、「オーシャンメン」("Ocean Men: Extreme Dive",2001年)にも出演しているフリーダイビングの第一人者フランシスコ・ピピン・フェレーラスと競技中の事故でなくなった彼の妻を描く、実話をもとにした映画で監督と脚本を務めるようだ。
ジョン・メイバリー監督のSFサスペンス"The Jacket"に主演予定だったマーク・ウォールバーグは、主演女優が決まらないことを理由に降板した模様。エイドリアン・ブロディが新たな候補に挙がっているようだ。
ベン・アフレック、ジェニファー・ロペス共演"Gigli"の米国でのTVCMは打ち切りとなったらしい。宣伝費だけで2200万ドルを投入したとか。 [☆日本公開も消えたようです・・・(;_;)]
カナダのオンタリオで開催された第72回Couchiching Conferenceのパネル・ディスカッションに出席したエド・アスナー(Ed Asner)は、過去15年間でカナダにおける映画・テレビ産業が急速に発展する一方、ロサンゼルスでは主要企業がコスト削減を求めて海外に逃れたため仕事が失われていると発言、北米自由貿易協定(NAFTA)が米国での映画・テレビ製作を低迷させていると非難したようだ。
  8/13
中江裕司監督「白百合クラブ東京へ行く」が17日、石垣市民会館で上映されるようだ。当日は白百合クラブによるライブも予定されているとか。
東京都現代美術館で開催中の「スタジオジブリ立体造形物展」の来館者数が12日、15万人を突破したようだ。
石原プロモーションとテレビ朝日は13日、「西部警察2003」の制作中止を発表した模様。 [☆恐れていたことが・・・]
広東省汕尾市で12日、海賊版DVDを破砕機械にかけるイベントが中国政府の主催で行われたようだ。今後4日間で、現地で押収した2600万枚を処分する予定とか。
スティーヴ・カー監督"Daddy Day Care"の続編"Daddy Day Camp"が製作される模様。エディ・マーフィが再び主演するようだ。
27日開幕するモントリオール世界映画祭のコンペ部門に出品される19作品の内、米国映画はウラジミール・アレニコフ(Vladimir Alenikov)監督の"The Gun"だけとなったようだ。
来月4日開幕のトロント国際映画祭では、ヴェトナム戦争時代のロバート・S・マクナマラ国防長官を描写するエロール・モリス(Errol Morris)監督"The Fog of War"、ハイチの政治活動家ジーン・ドミニクの横顔を描くジョナサン・デミ監督"The Agronomist"、カンボジアでの大量虐殺を報告するリティ・パン(Rithy Panh)監督"S21, the Khmer Rouge Machine of Death"などのドキュメンタリー作品も上映されるようだ。
ジム・カヴィーゼルは、ローディ・ヘリントン(Rowdy Herrington)監督の新作"Stroke of Genius"で、伝説的ゴルファーのボビー・ジョーンズを演じるらしい。
ロバート・ダウニーJr.、ウィノナ・ライダー共演か?とお伝えしたウディ・アレン監督のタイトル未定の新作は、ライダーに代わって「フォーン・ブース」("Phone Booth")のラダ・ミッチェルが主演するようだ。「ブラウン・バニー」("The Brown Bunny")に出演したクロエ・セヴィニーの出演も決まった模様。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン双子姉妹が共演するデニー・ゴードン監督の新作コメディ"New York Minute"に、コメディアンのアンドレア・マーティン(Andrea Martin)、"Saturday Night Live"で人気のダレル・ハモンド(Darrell Hammond)、MTVのコメディ番組"Loveline"(1996-2000年)で司会を務めたドリュー・ピンスキー(Drew Pinsky)の3人の出演が決まったようだ。
NickelodeonのTVアニメシリーズ"The Fairly Odd Parents"の映画版が製作されるらしい。
カリフォルニア州知事選期間中、米国ではアーノルド・シュワルツェネッガー出演作のTV放送は行われないらしい。連邦通信委員会の規定によるものとか。
英国週末興収は、ジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が376万ポンドで初登場1位を記録、「ターミネーター3」は2位、「キューティ・ブロンド2」は3位に後退した模様。
先日亡くなったグレゴリー・ハインズがゲスト出演した、米NBCの人気ドラマ・シリーズ"Law & Order"の今年3月26日放送のエピソードが、13日夜再放送されるらしい。
27日開幕するモントリオール世界映画祭(Montreal World Film Festival)は、マーティン・スコセッシ監督への敬意を表するようだ。また、先日亡くなったマリー・トランティニャンが出演した"Les marins perdus"がクロージング上映されるらしい。
ボストンのラジオ局WBCNは、14日ボストンの映画館でジェニファー・ロペス、ベン・アフレック共演の新作"Gigli"の最終回を最後まで観た人全員に"I Survived Gigli"と書かれたTシャツをプレゼントする、と発表したようだ。"ラッキー"なリスナー130人へのチケット・プレゼントも用意しているとか。
27日開幕する第60回ヴェネチア国際映画祭は、「明日に生きる」("I Compagni",1963年)や、最近「ウェルカム・トゥ・コリンウッド」("Welcome to Collinwood",2002年)としてリメイクされた"I Soliti Ignoti"(1958年)などの作品で知られる"イタリアン・コメディの父"マリオ・モニチェッリ(Mario Monicelli)監督が審査委員長を務めるようだ。また、イタリア人俳優ステファノ・アコルシ(Stefano Accorsi)や、初期のリュック・ベッソン監督作品で知られる脚本家のピエール・ジョリヴェ(Pierre Jolivet)、「女人、四十。」(1994年)のアン・ホイ(許鞍華)監督らが審査員として加わる模様。
ミュージカル「オペラ座の怪人」("Phantom of the Opera")が12日、ロンドンの舞台で7000回目の公演を迎えたようだ。全世界での総収益は26億ドル以上、観客動員数は7000万人を上回るとか。まもなくジョエル・シュマッカー監督、ジェラルド・バトラー主演による映画の撮影も始まるらしい。
ビリー・ボブ・ソーントンは来月4日、リアン・ライムスと共にノースカロライナ州の米軍基地を訪れ演奏会を開くようだ。「イラクから戻ってきた兵士達に何かしてあげたい」と個人的に申し出たらしい。
キャメロン・ディアスは、彼女のヌード写真を無許可で掲載しているウェブサイトを取り締まるよう弁護士に指示したようだ。
ジェニファー・ロペスは、Vera Wangにウェディング・ドレスのデザインを依頼した模様。
「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")の日本公開は、米国と同じく11月5日(水)になるらしい。 [☆時差を考えると、日本が世界初公開に??]
茅根隆史監督「ナニワ金融道 死角はどこだ\ THE MOVIE」の製作発表が12日大阪市内で行われ、杉浦太陽、津川雅彦らが出席したようだ。水野晴郎が製作監修として参加するらしい。
New Line Cinemaは「エルム街の悪夢」シリーズ最新作"Elm Street: The First Murders"を企画中の模様。フレディとジェイソンがアッシュと対決するという別企画もあるらしい。
ピーター・ジャクソン監督は、次回作となる「キングコング」("King Kong")のリメイクで、史上最高となる2000万ドルの監督料と、さらに総収益の20%を手にする契約を結んだらしい。引き換えに、予算内、期限内の作品の完成を約束したとか。
Amazon.comでは、先日なくなったグレゴリー・ハインズが出演する「ホワイトナイツ 白夜」("White Nights",1985年)のビデオ・セールスが1600%の急上昇を記録、売り上げNo.1となったらしい。「タップ」("Tap",1989年)も2150%の上昇で2位となったようだ。
  8/14
ヤン・デ・ボン監督「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")プロモーションのため、アンジェリーナ・ジョリーが息子マドックスちゃんと共に来日するようだ。
井筒和幸監督「ゲロッパ!」の公開記念トークショーが13日都内で行われ、梅宮アンナが出席したようだ。
高山由紀子監督、牧瀬里穂主演による「娘道成寺〜蛇炎の恋」が13日、横浜大桟橋の撮影でクランクアップしたようだ。
文化庁は13日、アニメーションなどの企画を新人から公募し、製作資金を援助する制度を来年度からスタートさせるらしい。
チャン・イーモウ監督「HERO」について、チェン・カイコー監督は「中身が空っぽ」と発言したらしい。
新作「重案」撮影開始の式典が13日香港で行われ、出演するアーロン・クォック、イーソン・チャン、ユミコ・チェン、ホァン・ピンユァンらが出席したようだ。
本広克行監督は今月22日に香川県を訪れ、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が上映されている高松東宝とワーナー・マイカル・シネマズ宇多津で舞台挨拶を行うようだ。
千野皓司監督による日本とミャンマーの合作映画「THWAY 血の絆」の撮影が完了したようだ。
全米の話題をさらっているアーノルド・シュワルツェネッガーのカリフォルニア州知事選出馬について、ブッシュ米大統領は「この国で最大の政治的話題かね?」と語ったようだ。
ジェイ・レノは、来月22日放送の"The Tonight Show with Jay Leno"にカリフォルニア州知事選候補者全員を招待する、と発表したようだ。
ジョン・グッドマンは、米CBSが来年秋から放送するシチュエーション・コメディへの出演契約にサインしたようだ。
「X-ファイル」("The X-Files",1993-2002年)や「ダーク・エンジェル」("Dark Angel",2000年)などのTVシリーズを手掛けてきたデヴィッド・ナッター(David Nutter)は、ヴァンパイア・スリラー"Darksiders"で監督を務める模様。
「スパイキッズ」シリーズのアレクサ・ヴェガは、MGMのコメディ"Sleepover"への出演が決まったようだ。「恋におちたジョージ・ルーカス」("George Lucas in Love",1999年)のジョー・ナスバウム(Joe Nussbaum)が監督を務める模様。
人気シンガーソングライターのジュエルが母親と設立した映画製作会社Gravitas Entertainmentが手掛けるインディ作品"Wave"は、ジュエル自身が主演を務めることになったようだ。 [☆先日の報道ではMagic Lantern Entertainmentでしたが・・・?]
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のDVDボックスセットが米国で発売となったようだ。ファーストシーズン22話を収録した4枚組みセットには、数百万本の予約が殺到したとか。
ロサンゼルスの写真家ジョン・ラッターは13日、無名時代に撮影した写真と引き換えにキャメロン・ディアスに330万ドルを要求したとして、恐喝未遂で起訴されたようだ。
ノア・ワイリーは、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)の2004-05シーズンへの出演契約にサインしたようだ。一方、まもなく始まる第10シーズンは、9ヶ月になる息子との時間を増やしたいとして、3エピソードのみの出演となるらしい。
ピーター・カッシング、クリストファー・リー共演「吸血鬼ドラキュラ」("Dracula",1958年)をはじめ、「原子人間」("Quatermass Xperiment",1955年)、「フランケンシュタイン 死美人の復讐」("Frankenstein Created Woman",1967年)など数々の作品を手掛け、「ドラゴンvs7人の吸血鬼」("The Legend of the 7 Golden Vampires",1974年)を最後に映画製作から撤退していた英国の伝説的映画製作会社Hammer Filmsが、オーストラリアのPictures in Paradiseと手を組み、今後5年間で6本の低予算映画を製作すると発表したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、投資家で世界第2位の億万長者ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)を経済アドバイザーとして陣営に迎え入れたようだ。
CBSの人気TVシリーズ"Everybody Loves Raymond"(1996年-)でレイ・ロマーノと共演するブラッド・ギャレットは、出演料の値上げを求めて、まもなく制作が始まる第8シーズンへの出演を拒否しているらしい。
ロドリゴ・ガルシア(Rodrigo Garcia)、ロブ・スペラ(Rob Spera)、ジャレド・ラパポート(Jared Rappaport)の3人がそれぞれ脚本と監督を担当する、3つの物語で構成される映画"Fathers and Sons"が製作されるらしい。ブラッドリー・ウィットフォード、サマンサ・マティス、キャシー・ベイカー、クレア・デュヴァル、ロン・エルダード、ジョン・マホーニーらの出演が決まった模様。
Fox Searchlight Pictures製作の新作コメディ"El Romantico"は、クリス・カタンの主演が決まった模様。
アシュトン・カッチャーは学生時代、友人達と深夜の学校に侵入して、警察に捕まったことがあるらしい。
ブライアン・デ・パルマ監督「ファム・ファタール」("Femme Fatale")プロモーションのため、レベッカ・ローミン=ステイモスが来日するようだ。映画に登場する12億円相当の"蛇のビスチェ"も披露されるらしい。
今年2月にオープンした埼玉県川口市のSKIPシティで、来年3月20日より「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が開催されるようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")でオーランド・ブルームと共演したキーラ・ナイトレイも、子供の頃に読書障害と診断されていたようだ。
ブレア・アンダーウッドは、タナナリヴ・デュー(Tananarive Due)の小説"My Soul to Keep"の映画化作品に主演するようだ。彼の兄弟フランク・アンダーウッドが脚本を手掛け、"Brown Sugar"(2002年)のリック・ファミュイワ(Rick Famuyiwa) が監督を務めるらしい。
ケヴィン・スミス監督は、チェヴィ・チェイス主演で映画化された「フレッチ」シリーズの続編"Fletch One"の第一稿を完成させたようだ。ベン・アフレック、ブラッド・ピット、ウィル・スミス、アダム・サンドラーらが主演候補に挙がっているらしい。来年1月に撮影開始の予定とか。また、"Fletch One"の後、SFアドベンチャー"Ranger Danger and the Danger Rangers"の製作に入る模様。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")のサントラが、今年初の全米アルバムチャート4週連続1位を記録したようだ。
3月に自動車事故を起こし飲酒運転などの容疑で起訴されているロバート・コンラッドに対する罪状認否が12日サン・アンドレアスの裁判所で行われ、コンラッドは無罪を主張したようだ。予審は11月18日に開かれる模様。
「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")プロモーションのためプラハを訪れたショーン・コネリーは、ヴァーツラフ・ハヴェル(Vaclav Havel)前大統領と面会し、昨年洪水の被害にあったプラハの再建に役立ててほしいと、84万5000チェコ・コルナ(5万9500ドル)の小切手を手渡したようだ。
  8/15
中島哲也監督、深田恭子、土屋アンナ共演「下妻物語」の製作発表が14日都内で行われた模様。茨城県下妻市での撮影も始まっているようだ。
昨年再婚したジャン=ポール・ベルモンド夫妻に13日、女の子が誕生したようだ。
「ゆきゆきて、神軍」(1987年)の原一男監督が手掛ける初の劇映画「またの日の、知華」の撮影が今月下旬から山形県酒田市で始まる模様。資金不足で3年前に製作が中断されていた作品で、10月までに後半部分を撮り終える予定とか。吉本多香美、渡辺真起子、金久美子、桃井かおり、宇崎竜童、田中実、田辺誠一、緒形直人らが出演しているらしい。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン双子姉妹共演の新作コメディ"New York Minute"に、オジーの息子ジャック・オズボーンの出演が決まったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演の新作"Terminal"に、ゾーイ・サルダナとディエゴ・ルナの出演が決まったようだ。来月末にロサンゼルスで撮影が始まるらしい。
HBOは、刑事ドラマシリーズ"The Wire"(2002年-)のサードシーズン制作を決定した模様。
マーク・ウォールバーグ主演「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")が、今月29日から全米1500〜2000館で再上映されるらしい。
全米週末公開の新作では「フレディVSジェイソン」("Freddy vs. Jason")が週末興収2000万ドルで初登場1位、ブリタニー・マーフィ主演のコメディ"Uptown Girls"と、ケヴィン・コスナー主演の西部劇"Open Range"が1000〜1200万ドルで3位か4位になると予想されているようだ。
米ロサンゼルス地裁は14日、キャメロン・ディアスに対する恐喝未遂で起訴された写真家ジョン・ラッターに対する保釈金を25万ドルとしたようだ。
先日亡くなったマリー・トランティニャンの死に関わっている可能性があるとして、フランスの担当判事がリトアニアに向かい、拘束されているロック歌手ベルトラン・カンタに対する取調べを行う模様。
米CATV局Sci Fi channelは、今月24日に予定していた「キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2」("Conan The Destroyer",1984年)、「バトルランナー」("The Running Man",1987年)などアーノルド・シュワルツェネッガー主演3作品の放送を取りやめると発表したようだ。
スウェーデン映画研究所(Svenska Filminstitutet)に寄贈されたイングマール・ベルイマン監督のフィルムや写真、製作ノート、日記、脚本などを展示する回顧展"Ingmar Before Bergman"が、ストックホルムをはじめ、ヘルシンキ、パリ、ローマ、トリノで開催されるようだ。来年にはインターネットでも公開されるらしい。
米NBCがCMの間に放送する1分間の短編シリーズ"1MMs"を今秋から放送するのに続き、ABCも新人タレントのPRを目的とした3分間の"Micro-Mini Series"の放送を企画しているようだ。
ボスニアでは2002年までの12年間でたった2本の映画しか製作されなかったものの、ダニス・タノヴィッチ監督「ノー・マンズ・ランド」("No Man's Land",2001年)の成功を受けて、この1年で3本の作品が完成したようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズの脚本を担当するスティーヴ・クローヴス(Steve Kloves)は、第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")について、2時間半の1本の映画にするよう指示を受けたらしい。また、主演3人のキャスティングもまもなく発表される模様。
アンジェリーナ・ジョリーは「今の生活は今までにないほどワイルドよ。でも焦点は絞っている。以前は、自分の中のエネルギーをどこにぶつけていいのか分からなかった。今は国連のために世界を飛び回って、シエラレオネで恐ろしい時を過ごしたりもしたけれど、本当に大切なもののためなら危険に身を投じることはいとわないわ」と語ったようだ。
"Bridget Jones: The Edge of Reason"のため増量中のレニー・ゼルウィガーは、体重1ポンド(0.45kg)当たり112,000ドルのボーナスを受け取ることになっているらしい。すでに13kg体重を増やしたとか。
豪メディア大手News Corporationが2003年6月期の決算を発表、119億6,200万豪ドルの赤字を記録した昨年から一転、18億1,000万豪ドルの純益を計上した模様。映画部門の収益は前年同期比21.6%増の10億9,900万豪ドルで、「アイス・エイジ」("Ice Age",2002年)、「愛しのローズマリー」("Shallow Hal",2001年)などのDVD・VHSの売り上げが貢献したようだ。
ビデオ映画「ファミリー」"完成披露試写会&阪神優勝前祝必勝トーク"が14日都内でも開催され、山城新伍が出席したようだ。
石川梨華、藤本美貴、後藤真希らが出演する映画「17才 旅立ちのふたり」「青春ばかちん料理塾」と番組宣伝を組み合わせたテレビ東京で放送中のCMは、全部で100種類以上あるらしい。ファンからの問い合わせが殺到しているとか。
ニッポン放送で15日放送の「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」「テリー伊藤のってけラジオ」「垣花正のニュースわかんない!?」の3番組に井筒和幸監督が連続出演、新作「ゲロッパ!」のPRを展開するらしい。
「トラック野郎」が哀川翔の主演で復活するらしい。香月秀之監督による「デコトラの鷲〜祭りばやし〜」で、こずえ鈴、柳沢慎吾、ルー大柴、宮下順子、石橋蓮司、さとう珠緒、あき竹城らが出演しているようだ。 [☆う〜ん・・・やっぱり文太さんとキンキンだな]
スパイク・リー監督次回作は、アンソニー・マッキー、ニア・ロング、ウーピー・ゴールドバーグ、ジム・ブラウン共演によるコメディ"She Hate Me"になる模様。ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソンとも出演交渉中のようだ。
実在のボクサー、ジム・ブラドックを描くロン・ハワード監督の新作"Cinderella Man"に主演するラッセル・クロウは、モハメド・アリとも対戦した英国の元へビー級チャンピオン、ジョー・バグナーからレッスンを受けているらしい。
ジュード・ロウとサディ・フロストは離婚を決めたようだ。
「シー・デビル」("She-Devil",1989年)のロザンヌ・バー(Roseanne Barr)は、来週子宮摘出手術を受けるようだ。彼女が出演するABCの新シリーズ"Domestic Goddess"の制作は一時中断となり、9月20日からの放送開始に間に合うかは不明とか。
米化粧品メーカーEstee Lauderの新しいフレグランス"Beyond Paradise"のCMが、全米1万の映画館で来月から上映されるようだ。同社のイメージキャラクタを務めるスーパー・モデルのキャロライン・マーフィ(Carolyn Murphy)が出演、マドンナの"Love Profusion"がフィーチャーされたそのCMは、リュック・ベッソンが監督したらしい。
ロニー・ユー監督は、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」(北久保弘之監督,2000年)の実写リメイクを企画しているらしい。
  8/16
田崎竜太監督「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」が16日初日を迎え、半田健人らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ブラッド・ピットは、ジェイムズ・ディーン主演「エデンの東」("East of Eden",1955年)のリメイク権獲得に動いているらしい。
チャン・イーモウ監督は今月末、「HERO」("英雄")に続くアクション映画の撮影に入る模様。チャン・ツィイー、金城武、アンディ・ラウ、アニタ・ムイらが出演者として噂されているらしい。
文化庁は、古い日本映画の保存のため、現在年間200本程度の映画会社からの作品購入量を来年度10倍に増やすらしい。
人気TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)で大統領補佐官を演じたロブ・ロウは、カリフォルニア州知事選に立候補したアーノルド・シュワルツェネッガーの選挙運動支援を表明したようだ。
ベン・アフレックと関係したと報じられたカナダのストリップクラブのダンサーが、記事が事実に反するとして、National Enquirer誌の記者らに対する訴訟を起こした模様。
トム・サイズモアは15日、"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライスに対する暴行や脅迫など7件の罪で有罪判決を受けたようだ。判決後10万ドルの保釈金を支払い、釈放された模様。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")プレミアのためブタペストを訪れたプロデューサーのアンドリュー・G・ヴァイナ(Andrew G. Vajna)も「アーノルドなしの『ターミネーター4』もあり得る。続編製作は未定だが、いい脚本があればつくりたい」と語ったようだ。
エルヴィス・プレスリーの未発表曲"I'm a Roustabout"が今秋発売されるらしい。ウィンフィールド・スコット(Winfield Scott)、オーティス・ブラックウェル(Otis Blackwell)の作詞作曲で、「青春カーニバル」("Roustabout",1964年)の主題歌として録音されたものの、プロデューサーのNGで使われなかった曲らしい。
田崎竜太監督「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」のPRイベントがHMV渋谷で行われ、泉政行、加藤美佳らが出席したようだ。
  8/17
16日全国350館で公開がスタートしたチャン・イーモウ監督「HERO」について、配給のワーナー・ブラザースは「興行収入30億円を目指したい」といっているようだ。これまでのアジア映画最大のヒットは、チャウ・シンチー監督・主演「少林サッカー」の28億円とか。
新作「ゲロッパ!」が16日初日を迎え、井筒和幸監督、西田敏行、岸部一徳、太田琴音らが舞台挨拶に立ったようだ。井筒監督は満員の客席に涙を見せたとか。
ワーナー・マイカル・シネマズでは、この夏の観客動員が昨年比3割増を記録しているとか。
ニコール・キッドマンは、第18回American Cinematheque Awardの受賞が決まったようだ。授賞式は11月14日に開催される模様。
エルヴィス・プレスリー26回目の命日を迎えた16日、グレイスランドで行われた恒例のキャンドルナイトに、今年も5千人のファンが参加したようだ。
"Uptown Girls"に出演したダコタ・ファニングは、以前妹とヒラメを飼っていたらしい。「ある晩、私達が眠っている時、彼が水槽から飛び出して、死んじゃったの。だから、ヒラメのことを考えると、悲しい演技が出来るの」と語ったようだ。
ジョニー・デップは、「ロスト・イン・ラマンチャ」("Lost in La Mancha")にも描かれた、テリー・ギリアム監督の企画"The Man From La Mancha"について「テリーは、今でもとても熱心にキホーテのことを語っているよ。もし、彼がやりたくて、それが可能なら、僕も参加する」と語ったようだ。
MISIA初の沖縄公演が16日行われ、映画「ドラゴンヘッド」のテーマソング「心ひとつ」などを熱唱したようだ。
恩地日出夫監督による市原悦子初主演作「蕨野行」は、今年10月の全国公開が決まったようだ。
「劇場版・爆竜戦隊アバレンジャー」が16日初日を迎え、大阪・道頓堀東映で西興一朗、小向美奈子らが舞台挨拶に立ったようだ。
  8/18
So-netは、韓国で高視聴率を記録したパク・ソニョン、チェ・ジウ共演のTVドラマシリーズ「真実」全16話の有料配信を18日開始したようだ。
英国映画評議会(UK Film Council)は、「フル・モンティ」("The Full Monty",1997年)などを手掛けたサイモン・ボーフォイ(Simon Beaufoy)の脚本による新作"This is not a Love Song"を、来月5日に劇場とインターネットで同時公開すると発表したようだ。
村上龍の小説「69 sixty nine」が映画化される模様。李相日が監督、宮藤官九郎が脚本を手掛け、妻夫木聡が主演するらしい。
錦織良成監督「ハート・オブ・ザ・シー」が17日シネマ下北沢で初日を迎え、須藤理彩らが舞台挨拶に立ったようだ。
古厩智之監督「ロボコン」に主演する長澤まさみは17日、日本科学未来館で行われたイベント「ロボットGoGo!」にASIMOと共に出席したようだ。
西村了監督「天使の牙 B.T.A.」のPRイベントが17日都内で行われ、佐田真由美らが出席したようだ。
文化庁は18日、小中学生への映画教育や、映画関連団体による映像コンクール入賞者への製作資金補助などを中心とした新たな事業を来年度からスタートさせるようだ。 [☆文化庁、いろいろやるようですね。]
ピーター・ミュラン監督「マグダレンの祈り」("The Magdalene Sisters")で女優デビューしたノーラ=ジェイン・ヌーンは「いとこがエージェントをやってて、『マグダレンの祈り』のオーディションのことをこっそり教えてくれた。学校で少し演劇をやったこともあって、演技に興味があったから受けてみることにしたの」と語ったようだ。
18日行われる、仏メディア大手Vivendi Universalの娯楽資産売却の入札には、米NBC、Viacom、Liberty Mediaの3社が参加する模様。
来月4日開幕のトロント国際映画祭で、カール・フランクリン監督、デンゼル・ワシントン主演のスリラー"Out of Time"と、マリオ・ヴァン・ピープルズ監督のインディ作品"How to Get the Man's Foot Outta Your Ass"のプレミア上映が決まったようだ。
米20世紀FOXは、毎月100万人に送信しているメルマガを通じて、ベン・アフレック主演「デアデビル」("Daredevil")のDVD5%割引オンライン・クーポン券を配布したらしい。米Coupons社との提携によるもので、先着5万人にのみクーポン券が発行されたとか。
全米週末興収は、「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")が予想を大きく上回る3640万ドルで初登場1位を記録、ケヴィン・コスナー監督・主演の西部劇"Open Range"は1410万ドルで3位、ブリタニー・マーフィ主演のコメディ"Uptown Girls"は1120万ドルで5位のスタートとなったようだ。 [☆停電の影響は少なかったのでしょうか?]
トビー・マグワイア主演"Seabiscuit"にも出演している、米トップ騎手のゲイリー・スティーヴンス(Gary Stevens)は16日、第21回アーリントンミリオン(Arlington Million)で5歳馬Storming Homeと共に1着でゴールした直後に落馬、病院に運ばれたようだ。意識はしっかりしている模様。進路妨害でStorming Homeは4着へ降着となったらしい。
ジュード・ロウとの離婚手続きに入ったサディ・フロストと、22歳のフラメンコ・ギタリスト、ジャクソン・スコットとの交際が報じられたようだ。
陶芸家、板谷波山の半生を描いた五十嵐匠監督「HAZAN」の完成披露試写会が17日茨城県下館市で行われ、主演の榎木孝明らが舞台挨拶に立ったようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン双子姉妹は、新作"New York Minute"プロモーションのため、来年オーストラリアを訪れるようだ。
16日初日を迎えた田崎竜太監督「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」の舞台挨拶が大阪の梅田ブルク7で行われ、半田健人、泉政行、芳賀優里亜らが出席したようだ。
米ABCのTVシリーズ"Alias"(2001年-)で共演したジェニファー・ガーナーとマイケル・バルタンが交際中らしい。
16日初日を迎えたチャン・イーモウ監督「HERO」は、週末興収6億3447万8500円、観客動員数43万3786人に達し、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の記録を上回ったようだ。
  8/19
実写映画版「鉄人28号」の製作発表が18日都内で行われ、中村嘉葎雄、高岡蒼佑、蒼井優、池松壮亮、中沢裕子、柄本明らが出席したようだ。製作費10億円とか。
香港の人気歌手ジジ・リョン(梁詠h)は18日、映画「愛断了線」のミュージックビデオを撮影したらしい。
19日ロンドンで開催される「トゥームレイダー2」("Lara Croft And The Cradle Of Life: Tomb Raider 2")のプレミアに、ヤン・デ・ボン監督とアンジェリーナ・ジョリーが出席するようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーの発言を集めたサイトWelovearnold.comが登場したとか。
マイケル・マン監督、トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス共演の新作スリラー"Collateral"に、ヴァル・キルマーの出演が決まったようだ。
クリス・ロックの次回作はコメディ"Sick Day"になる模様。監督はまだ未定のようだ。
週末海外興収は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")がフランス、スペイン、ベルギー、オランダで初登場1位を記録、北米を除く21の地域で2400万ドルの興収を記録した模様。一方「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の海外興収はトータル2億ドルを突破したようだ。
"Seabiscuit"に続く良質の作品として、来月全米公開となるビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン共演の東京を舞台にした新作"Lost in Translation"に期待が集まっているようだ。監督を務めたソフィア・コッポラは「東京は大好きな街です。至る所に西洋文化の要素があり親しみやすさも感じるのですが、奇妙です。どこか異質で不思議な、違うバージョンなのです」と語ったようだ。パークハイアット東京での撮影は、他の客の妨げにならないよう早朝などに行われ、撮影期間はは27日間だったとか。
オンライン映画祭Chrysler Million Dollar Film Festivalで優勝したジェフ・ワドロウ(Jeff Wadlow)の企画"Living the Lie"の製作が、10月からスタートするようだ。
カリフォルニア州知事選に立候補したアーノルド・シュワルツェネッガーは18日、グレイ・デイヴィス現知事や他の主要候補者らと討論を行う意向を表明した模様。
米HBOが来月14日より放送予定の新しいドラマ・シリーズ"Carnivale"の撮影が進行中の模様。1930年代を舞台に各地を旅するサーカス団を描くという、これまでにないタイプの作品となるようだ。
10月3日より開催される第41回ニューヨーク映画祭(New York Film Festival)は、クリント・イーストウッド監督・主演「ミスティック・リバー」("Mystic River")で幕を開けるようだ。また、ガス・ヴァン・サント監督"Elephant"、ドゥニ・アルカン(Denys Arcand)監督・主演「幸せな最期」("Les Invasions Barbares")、ラース・フォン・トリアー監督「ドッグビル」("Dogville")など、今年のカンヌ映画祭で話題となった作品が多数上映されるらしい。
今年「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")と「マトリックス・レボリューションズ」("The Matrix Revolutions")を公開するWarner Bros.は、来年のアカデミー賞での食い合いを避けるため「レボリューションズ」のみを出品する方向で検討を進めているようだ。一方、10月に第1部、来年第2部の公開が予定されているクエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」("Kill Bill")について、Miramax Filmsは、第2部をぎりぎり年内に公開して1作品として出品することも検討しているらしい。
アシュトン・カッチャーとデミ・ムーアは2人でヌード写真を撮影するらしい。ブルース・ウィリスが激怒しているとか。
ベン・アフレックは、カナダでの浮気報道以来、ジェニファー・ロペスと住んでいたロサンゼルスのマンションにから閉め出されているらしい。
ブリトニー・スピアーズとジャレッド・レトのデートが目撃されたとか。
「座頭市」が完成し、19日都内でビートたけし、浅野忠信による記者会見が行われたようだ。プロデューサーの森昌行は「謙虚に言って100万人の動員を目指したい」と発言したとか。
ジョン・シュルツ(John Schultz)監督、セドリック・ジ・エンターテイナー、マイク・エップス共演による、TVドラマ"The Honeymooners"(1955-1956年)のリメイクの脚本は、「星の王子ニューヨークへ行く」("Coming to America",1988年)や「ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合」("The Nutty Professor",1996年)とその続編などを手掛けた、バリー・ブラウスタイン(Barry Blaustein)とデヴィッド・シェフィールド(David Sheffield)が担当するようだ。
アシャンティ主演か?とお伝えした、ミュージカル映画"Sparkle"(1976年)のリメイクは、人気コメディドラマ"That's So Raven"(2002年-)のレイヴェン(Raven)の主演が決まった模様。"Like Mike"(2002年)マイケル・エリオットが脚本を担当、ホイットニー・ヒューストンらがプロデュースするらしい。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")のDVD米国発売は、カリフォルニア州知事選挙終了後の11月11日に決まったようだ。2枚組み19.95ドルで、ジョナサン・モストウ監督によるオーディオ・コメンタリーや未公開映像などが収録されるらしい。
DreamWorksは、新作フルCGアニメーション"Sharkslayer"の公開日を、当初予定していた2004年11月5日から、10月1日に前倒ししたようだ。同じく11月5日に公開されるWalt DisneyのCGアニメ"The Incredibles"との衝突を避けた模様。
スティーヴン・セガールが脚本を手掛けた"Into the Sun"が、自身の主演で映画化されるようだ。
西村了監督「天使の牙 B.T.A.」のプレミア試写会が18日都内で行われ、大沢たかお、佐田真由美、黒谷友香、萩原健一、佐野史郎、嶋田久作、小木茂光らが舞台挨拶に立ったようだ。
30日公開の「デス・フロント」("Deathwatch")プロモーションのため、ジェイミー・ベルが来日したようだ。
デヴィッド・フィンチャーは、予定していた"Lords of Dogtown"の監督を降板した模様。製作費でスタジオ側と折り合いがつかなかったようだ。
サルマ・ハエックとジョシュ・ルーカスが交際中らしい。
スパイク・ジョーンズとソフィア・コッポラ夫妻の不仲が噂されているものの、ソフィアの広報担当者は「(お互いに)単に忙しいだけ」とこれを否定したようだ。
主演ロザンヌ・バーの子宮摘出手術のため、来月20日から放送予定だった米ABCの新シリーズ"Domestic Goddess"の放送中止が決まったようだ。
トビー・マグワイア主演"Seabiscuit"で描かれた、1930年代に活躍した伝説の競走馬Seabiscuitが使用したサドルの一つが競売にかけられるようだ。出品者は25万ドルの値がつくことを期待しているとか。
米Billboard誌による今年のCentury Award受賞者に、スティングが選ばれたようだ。12月にラスヴェガスで開催されるBillboard Music Awardsで授与されるらしい。
Game Show Networkは、"Who Wants to Be Governor of California? The Debating Game"を10月1日放送するらしい。ゲイリー・コールマンとメアリー・キャリーの出演が決まったようだ。
  8/20
北野武監督「座頭市」は、「BROTHER」の170館を上回る、全国220館以上で公開されるようだ。
ワルシャワを訪れている小泉首相は20日、同市のホテルでスティーヴン・セガールと懇談したらしい。ロケで滞在中のセガールが、小泉首相訪問を知って、宿泊していたスイートルームを譲ったとか。
再開発が進むJR品川駅東口の高層ビル群が映画やドラマのロケ地として人気とか。実写版「美少女戦士セーラームーン」や、井坂聡監督「g@me.」などにも登場するらしい。
英国週末興収はシリーズ第3作"American Wedding"が650万ドルで初登場1位を記録、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")は2位、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")が3位に後退、「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")は4位でのスタートとなったようだ。
「ドゥーム・ジェネレーション」("The Doom Generation",1995年)のグレッグ・アラキ(Gregg Araki)監督によるインディ作品"Mysterious Skin"で、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、新人ブレイディ・コーベット、エリザベス・シューらが共演するようだ。
スヌープ・ドッグらヒップホップ・アーティストのミュージックビデオで活躍するクリス・ロビンソン(Chris Robinson)は、Warner Bros.によるアトランタのローラースケート場を舞台にした音楽映画"Jelly Beans"で監督を務める模様。
「X-Men」シリーズでアイスマンを演じたショーン・アシュモア(Shawn Ashmore)は、マルコス・シエガ(Marcos Siega)監督の"The Underclassman"で、ニック・キャノンと共演するらしい。月からロサンゼルスとバンクーバーで撮影が始まる模様。
"Seabiscuit"にも出演、16日のレースで落馬し重傷を負っていた米騎手ゲイリー・スティーヴンスが19日、無事退院したようだ。
来月4日開幕のトロント国際映画祭には、ニコラス・ケイジ、ニコール・キッドマン、デンゼル・ワシントン、メグ・ライアン、アンソニー・ホプキンス、イアン・マッケラン、ショーン・ペン、ロバート・ダウニーJr.、ヴァル・キルマー、ケイト・ブランシェット、ティム・ロビンス、イザベラ・ロッセリーニ、オマー・シャリフら多数の大物俳優が出席する模様。リドリー・スコット監督「エイリアン」("Alien",1979年)のディレクターズカット版やフランシス・フォード・コッポラ監督「ワン・フロム・ザ・ハート」("One from the Heart",1982年)も上映されるらしい。
耳の不自由な俳優らによるブロードウェイ・ミュージカル"Big River"が人気を集めているようだ。「ハックルベリー・フィンの冒険」に基づく舞台は、声と手話の両方によるセリフと歌で進行していくらしい。
仏メディア大手Vivendi Universalは、Universal Studiosを含む娯楽部門の売却について、米General Electricと同社傘下のNBCと交渉を進めるようだ。
New York Post紙とのインタビューに応じたケヴィン・スミス監督は、新作"Jersey Girl"でベン・アフレックと共演するジェニファー・ロペスの出演シーンを"Gigli"の失敗を見て減らした、とする記事を同紙が掲載したことについて「決してそんなことは言っていない」と抗議したようだ。
ベン・アフレックの浮気報道以降、ジェニファー・ロペスは、元恋人のP. Diddyことショーン・コムズと再接近しているらしい。
Stuff誌の調査による「もっとも愛すべきラテン女性」No1は、人気歌手シャキーラ(Shakira)が選ばれ、以下、サルマ・ハエック、デイジー・フェンテス(Daisy Fuentes)、ジェニファー・ロペスと続いたようだ。
"I slept with Colin Farrell and all I got was this lousy t-shirt!"(コリン・ファレルと寝た私が手に入れたのは、この最低なTシャツだけだった!)と書かれたTシャツがアメリカで人気らしい。
来月20日公開の加藤文明監督「新・影の軍団 第参章/地雷火」に、"フブキ隊員"こと市瀬秀和が出演しているようだ。
19日行われた「座頭市」の完成会見に出席した北野武は、ヴェネチア国際映画祭への出品について「仕込みづえを持っていって、フィルムが止まるようなことがあったら、たたっ斬ってやろうかなーと思っている」と語ったとか。
着メロサイト「えらべるJ-POP」に、クエンティン・タランティーノ監督「KILL BILL」コーナーがオープンするようだ。
クイーン・ラティファは、今年春に胸を小さくする手術を受けていたらしい。11.3kgも減量したとか。
ジョン・マッケンジー監督「長く熱い週末」("The Long Good Friday",1980年)の続編が製作されるらしい。ボブ・ホスキンス、ヘレン・ミレン、ピアーズ・ブロスナンらオリジナル・キャストが再出演する予定とか。
パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)のベストセラー小説「アルケミスト-夢を旅した少年」("The Alchemist: A Fable About Following Your Dream")が映画化されるようだ。マドンナの出演が予定されているらしい。
ビデオレンタル大手Blockbuster社の調査によると、「映画のなかのベスト・ママ」No1は、「エリン・ブロコビッチ」("Erin Brockovich",2000年)のジュリア・ロバーツだったようだ。2位は「ハリー・ポッター」シリーズのジュリー・ウォルターズ、ワースト1には「キャリー」("Carrie",1976年)のパイパー・ローリーが選ばれたとか。
「白バイ野郎ジョン&パンチ」("CHiPs",1977-1983年)のエリック・ストラーダ(Erik Estrada)は、製作中止となった映画"Four Corners of the Mafia"への3日分の出演料75,000ドルが支払われていないとして、映画製作会社White Tiger Filmsに対する訴訟を起こしたようだ。
マーク・アンソニーの妻で、元ミス・ユニバースのダヤナラ・ムニツ(Dayanara Muniz)は16日、第2子となる男の子を出産したようだ。
本年度プライムタイム・エミー賞(Primetime Emmy Awards)のアニメ声優賞に「シンプソンズ」("The Simpsons")のハンク・アザリアが選ばれたようだ。
オンキヨー株式会社は、株式会社ギャガ・コミュニケーションズと協力関係を結び、ホームシアター関連製品の展示にギャガ配給作品のDVD予告篇を使用するほか、カタログにも映画の場面写真などを掲載していくらしい。
  8/21
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")プロモーションのため、トム・クルーズが28日に来日するらしい。同日行われる記者会見には共演の渡辺謙、真田広之、小雪らも出席するようだ。
ブライアン・デ・パルマ監督「ファム・ファタール」("Femme Fatale")プロモーションのため、レベッカ・ローミン=ステイモスが夫ジョン・ステイモスと共に来日、20日都内で記者会見を開いたようだ。
滝田洋二郎監督「陰陽師II」の完成会見が20日都内で行われ、野村萬斎、伊藤英明、中井貴一、今井絵理子、深田恭子らが出席したようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の興収が公開1ヶ月で110億9131万630円に達し、「南極物語」(蔵原惟繕監督,1983年)の持つ110億円の記録を超え、実写日本映画で1位、アニメも含めて史上3位の興収記録となったようだ。
ドキュメンタリー映画「白百合クラブ東京へ行く」の那覇での公開を前に、中江裕司監督らは21日、同市で記者会見を行ったようだ。
「シカゴ」("Chicago")のDVDとVHSが米国で発売され、発売初日に合わせて200万本の売上を記録した模様。
「夏休みのレモネード」("Stolen Summer")のピート・ジョーンズ監督次回作は、インディ作品"Doubting Riley"になる模様。製作と主演も務めるようだ。今週からシカゴで撮影が始まるらしい。
ハル・ベリー主演"Catwoman"に、シャロン・ストーンが悪役で出演するらしい。
サンタモニカに拠点を置くCommunications, Entertainment and Technology Research and Information Serviceが来月発表する調査結果によると、プレステ2やXboxなどのゲーム機で過去30日以内に映画DVDを鑑賞した人は54%に達し、予想以上にゲーム機がDVDプレイヤーとして利用されている実態が明らかになったようだ。
キアヌ・リーヴス主演による人気コミック「ヘルブレイザー」("Hellblazer")の映画化"Constantine"で、レイチェル・ワイズが出演交渉中の模様。フランシス・ローレンス(Francis Lawrence)の監督デビュー作となるようだ。
英国で行われた「クールな有名人」の調査によると、デヴィッド・ベッカムが1位に選ばれたようだ。また、50歳以上の部門では、ショーン・コネリーとジュディ・デンチが1位となったとか。
ウェズリー・スナイプス主演による「ブレイド」シリーズ第3作"Blade: Trinity"で、ライアン・レイノルズが出演交渉中のようだ。
カリフォルニア州知事選立候補後初めてとなるアーノルド・シュワルツェネッガーの記者会見が20日、ロサンゼルスのホテルで1時間に渡って行われたようだ。経済政策については「財政赤字の問題に直ちに取り組む必要がある。予算の削減は行うが、教育関連は対象とはならない。また増税を行うつもりもない。増税は最後の手段だ」と語ったらしい。
来月5日開幕する第29回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)のコンペ部門には、マイケル・ポーリッシュ監督、マーク・ポーリッシュ主演の"Northfork"や、グレッグ・マルクス(Greg Marcks)監督、ヒラリー・スワンク、レイチェル・リー・クック共演の"11:14"のほか、キャサリン・ハードウィック監督"Thirteen"、マシュー・ライアン監督"The United States of Leland"、A・ディーン・ベル監督"What Alice Found"などが出品されるようだ。
ニコール・キッドマンが降板したダグ・ライマン監督のスパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"は、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの共演が決まった模様。
28日に開催される2003 MTV Video Music Awardsに、ビヨンセ・ノウルズとメタリカの出演が決まった模様。そのほか、50セント、コールドプレイ、クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、イギー・ポップ、DMX、P・ディディ、アシャンティ、ケリー・クラークソン、スヌープ・ドッグ、セリーナ・ウィリアムズらも出演するようだ。
ハル・ベリー主演の"Catwoman"に、「バットマン・リターンズ」("Batman Returns",1992年)でキャットウーマンを演じたミシェル・ファイファーがカメオ出演するらしい。
「スクービー・ドゥー」("Scooby-Doo",2002年)のリンダ・カーデリーニが、今シーズンの「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)出演するらしい。
オスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」("Lady Windermere's Fan",1892年)を映画化するマイク・バーカー監督"A Good Woman"に、ヘレン・ハントの出演が決まったようだ。
新作"Master and Commander: The Far Side of the World"の役作りのため100kg以上に体重を増やしたラッセル・クロウは、ピーター・ウィアー監督から機敏な演技を求められ、結局減量することにしたらしい。
来月4日開幕のトロント国際映画祭で、コリン・ファース、トム・ウィルキンソン共演の「真珠の耳飾りの少女」("Girl With a Pearl Earring")と、ファニー・アルダン、エマニュエル・ベアール、ジェラール・ドパルデュー共演の"Nathalie"のプレミア上映が決定したようだ。
  8/22
23日から中江裕司監督「白百合クラブ東京ヘ行く」が上映される桜坂シネコン琉映で21日、白百合クラブのライヴが行われたようだ
経済産業省と文化庁は、11月開幕する第16回東京国際映画祭で、日本の映画やアニメ作品をアジア向けに売り込む見本市を開くようだ。
アンドリュー・ニコル監督「シモーヌ」("S1m0ne")プロモーションのため、レイチェル・ロバーツが来日、21日都内で記者会見を行ったようだ。
Doug TenNapelの長編コミック"Creature Tech"が映画化されるようだ。
「初体験/リッジモンド・ハイ」("Fast Times at Ridgemont High",1982年)のエイミー・ヘッカリング監督は、ヴィンス・ヴォーン主演のコメディ"No Place Like Home"で監督を務める模様。
スコット・トゥロウ(Scott Turow)のベストセラー小説に基づく米CBSのミニシリーズ"Reversible Errors"で、ウィリアム・H・メイシーとトム・セレックが共演するようだ。
"Legally Blonde 2: Red, White & Blonde"などにも出演しているコメディアンのボブ・ニューハート(Bob Newhart)が、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にゲスト出演するようだ。
米Walt Disneyは、"National Lampoon's Van Wilder"のデヴィッド・ワグナーとブレント・ゴールドバーグの脚本によるコメディ"The Other Guy"を映画化するようだ。アダム・シャンクマンが監督を務める模様。
先日お伝えしたクリフトン・コリンズJr.主演による低予算スリラー"The Hillside Strangler"と同じく、1977年〜78年に起こった連続女性殺人事件を描くインディ作品が製作されるらしい。C・トーマス・ハウェルとニコラス・タートゥロ(Nicholas Turturro)の共演が決まったようだ。
ジェイン・クラコウスキーは、アレック・ボールドウィン主演の新作"Simply Halston"で、ライザ・ミネリを演じるらしい。また、チャールズ・シャイアー監督、ジュード・ロウ主演による「アルフィー」("Alfie",1966年)のリメイクにも出演が決まったようだ。
ウォルフガング・ペーターゼン監督の歴史超大作"Troy"に出演するダイアン・クルーガー(Diane Kruger)は、ジョン・タートルトーブ監督の新作"National Treasure"でニコラス・ケイジと共演することが決まったようだ。
マルコム・マクダウェルは、ジム・カヴィーゼルが伝説的ゴルファー、ボビー・ジョーンズを演じる"Stroke of Genius"への出演契約にサインしたようだ。今月からスコットランドとアトランタで撮影が始まる模様。
M・ナイト・シャマラン監督最新作"The Woods"に、ジュディ・グリアの出演が決まったらしい。撮影は10月から始まる模様。
「イノセント・ボーイズ」("The Dangerous Lives of Altar Boys",2002年)のピーター・ケア監督次回作は、両親のパソコンを使って億万長者になってしまう16歳の少年が主人公のコメディ"Bridge and Tunnel"になるようだ。シア・ラビオフ(Shia LaBeouf)が主演候補に挙がっているらしい。
ジョン・ウォーターズ監督の次回作"A Dirty Shame"の主演はトレイシー・ウルマンに決まった模様。クリス・アイザックの出演も決まったようだ。
全米週末興収3640万ドルの好スタートを切った「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")について、Upcoming Moviesでは、1999年1月にニュースを掲載して以来多くの注目を集めており、常に期待作トップ10にランクインしていたとか。現在は「悪魔のいけにえ」("The Texas Chainsaw Massacre",1974年)のリメイクと「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman")の映画化に期待が集まっているらしい。
今週末は、ジャッキー・チェン主演"The Medallion"が全米公開されるものの、週末興収1000万ドルには達しないとの見方が多いらしい。「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")が1500万ドルで今週も1位になると予想されているようだ。
ビリー・クリスタルは、児童書2冊作を執筆するらしい。第1作"I Already Know I Love You"が来年4月に出版されるようだ。
ユタ州在住の少女エリザベス・スマート(Elizabeth Smart)が9ヶ月間に渡って誘拐された事件のTV映画化権を、米CBSが獲得したようだ。11月に放送予定とか。
ロバート・レッドフォードの映画製作会社Catalyst Film Worksの元幹部二人が、2001年に成立した和解に基づいた和解金750,000ドルの支払いがなされていないとして、レッドフォードに対する訴訟を起こしたようだ。
ソルトレイクシティで発生した少女誘拐事件を米CBSがTV映画化する"The Elizabeth Smart Story"は、カナダ出身の女優ローラ・リーガン(Laura Regan)が主演するようだ。
ユアン・マクレガーは、「エピソード1」(1999年)でオビ=ワン・ケノービを演じて以来、国際的映画スターとしてのプレッシャーから、アルコールに頼るようになり、「ムーラン・ルージュ」("Moulin Rouge",2001年)の成功が、それに拍車をかけてしまったようだ。「マスコミと会う前は、いつも飲んでいた。でも「エピソード2」(2002年)の後、インタビュー前に飲むのは止めたよ。今では、出演してよかったと思っているよ」と語ったらしい。
「トレインスポッティング」("Trainspotting",1996年)の続編"Porno"にユアン・マクレガーが出演する、とジョニー・リー・ミラーは言っているらしい。
St. Jude Children's Research Hospitalの主催によるチャリティ・ファッションショーが19日夜、ロサンゼルスで開催され、ジェニファー・アニストン、アリソン・ジャネイ、カリスタ・フロックハート、ガブリエル・ユニオン、ジェニファー・ラヴ・ヒューイットらが参加したようだ。200万ドルの義援金が集まったらしい。
28日開催のMTV Video Music Awardsで、ブリトニー・スピアーズ、マドンナ、ジェニファー・ロペスの3人が一緒に歌うらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、「17歳のカルテ」("Girl, Interrupted",1999年)でアカデミー賞を獲得した後、誰かを殺してしまったと思いこみ、UCLA病院の精神神経疾患研究所に3日間入院していたらしい。「自分の抱えていた深い苦悩で話すことも出来ず、自分自身や他人を傷つけてしまいそうだった」と語ったようだ。
片山恭一のベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」が行定勲の監督で映画化されるようだ。大沢たかお、柴咲コウが共演、森山未來、長澤まさみ、山崎努らも出演するらしい。
22日と29日深夜放送のニッポン放送「クレイジーケンバンド横山剣のオールナイトニッポンR」にビートたけしが出演するようだ。新作「座頭市」などについて語ったらしい。
マーク・ロック監督「えびボクサー」("Crust")が、23日からテアトル梅田でも公開されるらしい。
新作「座頭市」のPR会見が21日大阪市内で行われ、北野武監督らが出席したようだ。
シネマパリジャンは、「リード・マイ・リップス」("Read My Lips")の予告篇ナレーションに桃井かおり、「再見 ツァイツェン〜また逢う日まで」("Roots and Branches")の予告篇ナレーションに岡江久美子をそれぞれ起用したようだ。
ジェニファー・ロペスとベン・アフレックの結婚式は、来月13日から2日間にわたってハワイのカウアイ島で行われるようだ。マット・デイモン、ブルース・ウィリス、コリン・ファレル、ホワキン・フェニックス、マシュー・ペリー、アレック・ボールドウィンらが招待されているとか。
マーク・ウォールバーグが降板したジョン・メイバリー監督のSFサスペンス"The Jacket"は、エイドリアン・ブロディの主演が決まった模様。
リチャード・ギアが南極野生動物写真家ブルーノ・ゼーンダー(Bruno Zehnder)を演じるNational Geographic Films製作の"Emperor Zehnder"は、南極の天候悪化などを理由に、撮影が1年延期されたようだ。
Macrovision社の調査によると、映像ソフトの一般利用者による違法コピーがもたらす映画会社などの損失は、米国で年間最大10億ドルに達するらしい。
人気TVシリーズ「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)は、米Parents Television Councilから俗悪番組No1に選ばれたようだ。
まもなく全米公開の新作アクション"The Medallion"に出演するジャッキー・チェンは、来年は低予算のラヴ・ストーリーで無名のハリウッド女優と共演する、と発言したようだ。
  8/23
中国政府による映画賞「華表奨」の第9回授賞式が、30日北京で開催されるようだ。
「赤狩り」によって共和党にアレルギー反応を示してきたハリウッドの映画関係者らは、カリフォルニア州知事選に共和党から立候補したアーノルド・シュワルツェネッガーの陣営との関わりを避けているらしい。
ディズニー・アニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の全米興収が21日、3億2870万ドルに達し、「ラージ・スクリーン・フォーマット」(2002年)版を含む「ライオン・キング」("The Lion King",1994年)の総興収3億2842万ドルを越え、アニメ映画史上最大のヒット作となったようだ。
オーランド・ブルームはニュージーランドで行われた「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")の追加撮影に参加したようだ。「かつらをつけるのも、尖った耳をつけるのもそれで最後。(レゴラスに)別れを告げるような、とても優しく、楽しく、甘く、悲しい3日間だった。弓矢とカチンコは記念にもらったよ。それから耳も」と語ったようだ。
ガイ・リッチーは、次回作に予定していた"Revolver"を一時中止し、南北戦争時代を舞台にした"Six Shooters"の監督に向けて交渉に入ったようだ。
マンディ・ムーアは、週末興収580万ドルでの低調なスタートとなった新作"How To Deal"について「これが最後と言うわけではないし、もっといい作品に出演できる機会もまだあると思う」と語ったようだ。
大ヒットコメディ"Dude, Where's My Car?"(2000年)に出演したアシュトン・カッチャーは、続編"Seriously Dude, Where's My Car?"には出演するつもりはないらしい。「もしショーン・ウィリアム・スコットも出演するなら出てもいいよ。それから、ブラッド・ピットとメリル・ストリープとロバート・デ・ニーロとトム・クルーズも。それに、マーティン・スコセッシかキャメロン・クロウの監督だったらね」と発言したとか。
Vogue誌9月号は、ニコール・キッドマンがファンション・アイコンであると宣言、若手女優達が彼女のスタイルに注目している、と言っているようだ。Gucciのトム・フォードも「とても洗練され、優美で、落ち着いて、上品で、教養のある、スターとしてのキャラクタを、彼女は作り上げてきた」と語ったとか。
プロデューサのリック・マッカラム(Rick McCallum)によると、「エピソード3」の冒頭10分以内に、クリストファー・リー演じるドゥ―クー伯爵は死んでしまうらしい。
羽住英一郎監督「海猿 UMIZARU」で、元バービーボーイズの杏子が女優デビューするらしい。食堂のおばちゃん役とか。
12月17日の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")全米公開を前に、未公開シーンを追加した「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring")特別版(208分)が12月5日から、同「二つの塔」("Lord of the Rings: The Two Towers")特別版(214分)が12月12日から、北米100〜150館で連続上映されるらしい。
グレン・スタンドリング(Glenn Standring)監督によるヴァンパイア映画"Perfect Creature"で、ダグレイ・スコットとサフロン・バロウズの共演が決まったようだ。ジョナサン・リース=マイヤーズも出演交渉中らしい。
  8/24
「星砂の島 私の島―アイランド・ドリーミン」に主演した大多月乃と喜多一郎監督は20日、撮影の行われた竹富を訪れ、原作本50冊を寄贈したようだ。
清水崇監督「呪怨2」が23日初日を迎え、酒井法子、新山千春、堀江慶、市川由衣、葛山信吾らがヴァージンシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立ったようだ。
西村了監督「天使の牙 B.T.A.」が23日初日を迎え、新宿東急では、大沢たかお、佐田真由美、黒谷友香、佐野史郎らによる舞台挨拶が行われたようだ。
けらえいこ原作のアニメ映画「あたしンち」は12月6日公開が決定したようだ。
ブレット・ラトナーがスケジュールの都合で断った、「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"の監督は、F・ゲイリー・グレイが現在交渉中のようだ。11月に製作がスタートする模様。
ジェイミー・リー・カーティス(44)は、デミ・ムーア(40)とアシュトン・カッチャー(25)の交際について「とやかく言うつもりはないけど、みんな自分の年齢に相応しい行動をとるべきだわ。私は大人の正規会員よ。私はそうしているし、自分の年齢に相応しい相手を選んだわ。この間『パーフェクト』("Perfect",1985年)に出演した自分を見て『まあ!私ってホットだわ』とは思ったけど」と語ったようだ。 [☆チョッピリ羨ましい?]
23日放送の毎日テレビ「せやねん!」に、ブライアン・デ・パルマ監督「ファム・ファタール」で使われた12億円相当の"蛇のビスチェ"が登場したらしい。
  8/25
「ドラゴンヘッド」に主演する妻夫木聡のトークショーが、25日都内で行われたようだ。
松久淳、田中渉共著「天国の本屋」の映画化が正式に決定した模様。篠原哲雄が監督、竹内結子、原田芳雄、香川照之、玉山鉄二、香里奈らが共演するようだ。
マイケル・ベイ監督「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")プロモーションのため、ウィル・スミスとガブリエル・ユニオンが24日、来日したようだ。
Los Angels Times紙が24日発表した世論調査によると、カリフォルニア州知事選立候補者への支持は、ブスタマンテ現副知事が35%でトップ、アーノルド・シュワルツェネッガーは22%で2位だったようだ。
27日開幕する第60回ヴェネチア国際映画祭には、ニコール・キッドマン、ショーン・ペン、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、ジョージ・クルーニーらが会場を訪れる予定とか。
ウェイン・ワン監督、ジェフ・ダニエルズ主演の新作"Because of Winn-Dixie"で、デイヴ・マシューズが俳優デビューするらしい。来月後半から撮影が始まるようだ。
エジンバラ国際映画祭の授賞式が24日開催され、ユアン・マクレガーとティルダ・スウィントンが共演したエロチック・スリラー"Young Adam"最優秀作品賞に選ばれたようだ。
ランダル・クレイザー監督によるミュージカル映画「赤ずきんちゃん」("Red Riding Hood")では、レイニー・カザン(Lainie Kazan)が3人のおばあちゃんを演じているらしい。撮影はたった18日間だったとか。 [☆3人もいるの?]
サミュエル・L・ジャクソンは、実話を基にしたトーマス・カーター監督の新作"Back in the Day"で、高校のバスケットボール・コーチを演じるようだ。
高校の銃乱射事件に巻き込まれ重傷を負った少女を主人公にしたポール・ライアン監督"Home Room"上映のため、コロンバイン高校に近いコロラド州デンバーを訪れたことについて、主演のエリカ・クリステンセンは「本当に気が重かった。ほんの数年前の記憶に新しい事件だったから、皆がどういう反応を示すか全く分からなかった。上映の後、事件で足を撃たれた少女が私のところに来て、"Home Room"を作ってくれてありがとうと言ってくれてた。とても感激しました」と語ったようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の北米を含む世界興収は7億3000万ドルに達した模様。「E.T.」("E.T. The Extra-Terrestrial",1982年)の7億5700万ドルに次ぐ史上13番目の記録とか。
"ハリウッド・マダム"ことハイディ・フライスに対する暴行や脅迫など7件の罪で有罪判決を受け、10月に量刑が言い渡される予定のトム・サイズモアは、25日からソルト・レイク・シティで撮影が始まるモーガン・J・フリーマン監督のインディ作品"Piggy Banks"に出演した後、来月後半にはアーシア・アルジェント監督・主演の"The Heart Is Deceitful Above All Things"にも出演する予定らしい。
全米週末興収は「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")が1350万ドルで2週連続1位を獲得、ジャッキー・チェン主演"The Medallion"は820万ドルで5位、アシュトン・カッチャー主演のコメディ"My Boss's Daughter"は500万ドルで10位のスタートとなったようだ。
ピーター・ジャクソン監督は、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")がシリーズの中で最も大規模な戦争となるだろう、と語ったようだ。また、原作では「二つの塔」から描かれている巨大な蜘蛛の魔物シェロブ(Shelob)も、「王の帰還」に登場するらしい。
「ジュラシック・パークIV」はサイモン・ウエストが監督を務めるようだ。
アイリング・ウォルシュ監督によるスリラー"Return to Sender"に、コニー・ニールセンの出演が決まった模様。来月からバンクーバーで撮影が始まるようだ。
1930年代から40年代を中心にエジプト映画界で活躍した、女優のアミナ・リズク(Amina Rizk)さんが24日亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
国連親善大使としてロシアを訪れたアンジェリーナ・ジョリーは24日、イング−シ共和国(Ingushetia)にいる数千人のチェチェン難民を戦争で荒廃した母国に強制送還しないよう、ロシア政府への個人的な嘆願を行ったようだ。
  8/26
ギヨーム・ドパルデューは23日、フランスのトゥルービルでファンと口論になり、銃を空に向けて発射したらしい。25日、検察官による取調べが行われた模様。
まもなく開幕する第60回ヴェネチア国際映画祭について、映画祭の監督を務めるモーリッツ・デ・ハデルン(Moritz de Hadeln)は「今回の大きなテーマは、私はあまり多くを語りたくはないのですが、セックスです。あからさまなセリフやシーンが多く見られます。しかし、高い芸術性によって全ては正当化されます」と語ったようだ。
新人監督マーク・クリストファー(Mark Christopher)のコメディ"Pizza"で、ジューダ・フリードランダー(Judah Friedlander)とイーサン・エンブリーの共演が決まったようだ。
アトランタのFathom Studiosによる第1回劇場用作品となるCGアニメ映画"Delgo"で、アン・バンクロフト、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、ヴァル・キルマー、マイケル・クラーク・ダンカン、クリス・カタンらが声優を務める模様。
「アーノルド・シュワルツェネッガーのSF超人ヘラクレス」("Hercules in New York",1970年)で共演したアーノルド・スタング(Arnold Stang)は「彼に俳優としての将来はないと思ったよ。ただの筋肉男だったし、訛りもキツかったからね」と語ったようだ。
北米を除く海外週末興収は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が2050万ドルを記録、総興収は1億620万ドルに達したようだ。
製作期間5年を費やした韓国の長編アニメーション映画"Wonderful Days"が、4月30日の公開以来興収130億ウォンの大ヒットを記録しているようだ。
ジム・キャリーは、デンマーク出身の23歳のモデル、ベティナ・ホルト(Betina Holte)と交際中らしい。
トム・サイズモアの出演も伝えられている、モーガン・J・フリーマン監督のインディ映画"Piggy Banks"には、ガブリエル・マンが共演するほか、マシュー・モディンとトム・アーノルドも出演交渉中のようだ。
キアヌ・リーヴス主演によるコミックの映画化"Constantine"で、ティルダ・スウィントンが出演交渉中の模様。
飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」の特別試写会が25日都内で行われ、妻夫木聡らが舞台挨拶に立ったようだ。
マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」のDVD発売記念試写会が21日行われ、日本語吹替えでマリリン・マンソンの声を務めた松岡充らが参加したようだ。
村上龍の小説を映画化する李相日監督、妻夫木聡主演「69 sixty nine」のヒロインに、ファッション誌のモデルなどで活躍する太田莉菜の起用が決まったようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!」の"ハマちゃん魚拓付き扇子"付き前売り券は、前作の4倍の売れ行きとか。
リサ・クードロウ、デイモン・ウェイアンズ共演のコメディ"Marci X"は、週末興収380万ドルで7位だった"Gigli"を遥かに下回る、87万3000ドル、17位でのスタートとなったようだ。 [☆スクリーン数が違うし単純比較はちょっとかわいそうな気もしますが・・・]
米TRITTON Technologies社は、映画DVDの複製が可能なコピーソフトを発売したらしい。
人気TVシリーズ「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)などを手掛けるカナダの映画TV製作会社Alliance Atlantis Communications社の第1・四半期決算が25日発表され、純利益は1080万カナダドルに達し、昨年同期の880万カナダドルを大きく上回ったようだ。
家庭内暴力などの被害者を支援するチャリティ・オークションが行われ、競売人をメリル・ストリープが務めたようだ。彼女の夫である彫刻家ドン・ガンマー(Don Gummer)の作品などが出品されたらしい。
既に2人の子供がいるジュリアン・ムーアと映画監督のバート・フレインドリッチ(Bart Freundlich)が、先週ニューヨークで結婚式を挙げたようだ。
来年1月に第1子が誕生する予定のラッセル・クロウは、新作"Cinderella Man"の撮影開始を来年1月から3月に延期させたようだ。
10代の子供たちを描いたキャサリン・ハードウィック監督の新作"Thirteen"について、共同脚本も務めた主演のニッキ・リード(Nikki Reed,1988年生まれ)は「この映画がR指定を受けたことは知っているけど、子供たちに見てもらうことが大切だと思う」と語ったようだ。
O・J・シンプソンは、Playboy誌のインタビューに「私は無罪です。しかし、もし私に金がなければ、無罪を証明できたかどうか分かりません。それは、この国にとって恥ずべきことです」と語ったようだ。
  8/27
ディズニーアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の日本語吹替版で、木梨憲武が父マーリンの声を担当するらしい。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")プロモーションのため、ウィル・スミス、ガブリエル・ユニオン、ジェリー・ブラッカイマー、マイケル・ベイが来日、26日都内で記者会見を行ったようだ。
ブラジルのTV俳優ら文化人8人は25日、TVや映画の出演者の3割以上を黒人にするよう求める提案書を政府に提出したようだ。
仏メディア大手Vivendi Universalの娯楽部門売却交渉は、元会長で大株主のエドガー・ブロンフマンの投資グループと、米General Electric傘下のNBCの2社と進められるようだ。140億ユーロの売却希望価格に対し、ブロンフマン元副会長側は55億ユーロ、NBC側は35億-40億ユーロを提示している模様。
舞台劇を映画化するグウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール共演"Proof"に、ホープ・デイヴィスが出演するようだ。
Pixar Animation Studiosは、残り2作で提携契約が終了する米Walt Disneyと距離を置く方向で検討している模様。Pixarのスティーヴ・ジョブスCEOは、少なくとも成人の間ではブランドイメージはディズニーを超えている、と言っているらしい。
英国週末興収は、"American Wedding"が140万ドルで2週連続1位を記録、「トゥームレイダー2」("Lara Croft And The Cradle Of Life: Tomb Raider 2")は95万5千ドルで3位のスタートとなった模様。
米Palm Picturesは、ジミー・ウォン監督・主演の台湾映画「片腕カンフー対空飛ぶギロチン」("Master of the Flying Guillotine",1975年)のリメイク権を獲得したようだ。ヒップホップのサントラを使い、都会的な感覚の作品にする予定とか。
ウディ・アレン監督のタイトル未定の新作に、ジョニー・リー・ミラーの出演が決まったようだ。撮影は今秋ニューヨークで行われる模様。
ジェシカ・ビール(Jessica Biel)は、「悪魔のいけにえ」("The Texas Chainsaw Massacre",1974年)のリメイクに続き、「ブレイド」シリーズ第3作"Blade: Trinity"への出演も決まったようだ。
ニューヨーク州のパタキ知事は、カリフォルニア州知事選に立候補したアーノルド・シュワルツェネッガーを支持するようだ。
カリフォルニアやニューヨークなど全米24の州は、米映画協会(Motion Picture Association of America)のジャック・ヴァレンティ会長に宛てて、映画での喫煙シーンを減らすよう求める書簡を送ったようだ。「映画での喫煙シーンを減らすだけでも、我が国の若者達を喫煙の害から守ることが出来る」と訴えているらしい。
"Everybody Loves Raymond"(1996年-)への出演を拒否していたブラッド・ギャレットは、CBS側との出演料交渉が決着、セットに戻るようだ。
1998年1月に英国の食肉加工場から逃げ出し、後に「明日に向って撃て!」("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)にちなんで、Butch Cassidy、Sundance Pigと名づけられた2頭の豚の物語を、英BBCが映画化するようだ。CGと実写の合成で描かれ、2頭の豚の声を英国TV俳優のルーシー・デイヴィス(Lucy Davis)とライアン・カートライト(Ryan Cartwright)が担当する模様。
ジョシュ・ハートネットは「スーパーマン」のオファーを断ったことについて「僕のやりたい役じゃなかったんだ。その役を演じる自分が見えてこなかった。こういうタイプの映画に出るなら、悪役をやりたいな。楽しめる役が多いし、1回だけの出演で済むしね。必ず死ぬから」と語ったようだ。
「エピソード3」で再びアナキン・スカイウォーカーを演じるヘイデン・クリステンセンは「ジョージ(・ルーカス)は、俳優が感じたままに演じられるように、積極的に取り組んでいるよ。今回の彼ははるかにリベラルだね」と語ったようだ。
高山由紀子監督、中村福助主演「娘道成寺〜蛇炎の恋」がクランクアップしたようだ。
MISIAがパーソナリティを務めるJ-WAVE「24STREET」の収録が都内で行われ、飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」に主演する妻夫木聡がゲスト出演したようだ。30日に放送される模様。
「幸福の黄色いハンカチ」(山田洋次監督,1977年)がハリウッドでリメイクされるらしい。「セントラル・ステーション」("Central do Brasil",1998年)などを手掛けてきたブラジル出身の映画プロデューサー、アーサー・コーン(Arthur Cohn)と松竹が正式に契約を結んだようだ。10年ほど前からリメイクのオファーはあったものの「脚本が商業的すぎる」などとして断っていたとか。
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の全米興行収入が、公開49週目を迎えた24日、1000万ドルを突破したようだ。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」について、東映上層部は「わしらには理解できん」と言ったとか。「全国200館での劇場公開は危険」との声もあったようだ。
グウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール共演による舞台の映画化"Proof"で、アンソニー・ホプキンスが出演交渉中の模様。
伝説的ゴルファー、ボビー・ジョーンズの半生をジム・カヴィーゼルの主演で映画化する"Stroke of Genius"に、クレア・フォーラニの出演が決まった模様。
フランスの女流作家シドニー・ガブリエル・コレット(Sidonie Gabrielle Colette)の小説「シェリ」("Cheri")が、クリストファー・ハンプトンの監督で映画化される模様。ジェシカ・ラングが主演候補に挙がっているようだ。
Morgan Creek Productionsは、すでに撮影が終了している「エクソシスト・ザ・ビギニング」("Exorcist: The Beginning")のポール・シュレイダー監督を解任した模様。血の気が少なかったかららしい。
クリスティーナ・アギレラは、以前ブリトニー・スピアーズに契約不履行で訴えられた米シューズ・メーカーSkechersのイメージ・キャラクタを務めることになったようだ。
来月3日に開催される第4回ラテン・グラミー賞授賞式の司会を、ジョージ・ロペスが務めるようだ。
  8/28
ギャガ・コミュニケーションズが27日発表した2002年10月-2003年6月期の連結業績は、経常損益が69億1000万円の赤字となった模様。「ザ・コア」「二重スパイ」は広告宣伝費を回収できず赤字だったようだ。
開催中の第60回ヴェネチア映画祭で、エジプト人俳優のオマー・シャリフと、映画プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスに功労賞が授与されるようだ。
北村龍平監督「スカイハイ 劇場版」の撮影報告会見が27日都内で行われ、釈由美子らが出席したようだ。ハリウッドでの映画化、ドラマ化も企画されているとか。
ロバート・ロドリゲス監督、アントニオ・バンデラス主演の"Once Upon a Time in Mexico"がヴェネチア国際映画祭で上映され、共演のジョニー・デップらが会場を訪れたようだ。
「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")プロモーションのため来日したトム・クルーズは28日午後、首相官邸で小泉純一郎首相と面談したらしい。クルーズは面談後「彼は本当に並外れた人物だ。そして、歌声も素晴らしい。エルヴィスを一緒に歌ったよ」と語ったとか。エルヴィスのどの曲を歌ったのかは、明らかにしなかったようだ。 [☆ちょっと、職権乱用じゃないの〜?]
来月からプエルトリコで撮影が始まるジェイムズ・ハンター(James Hunter)監督のインディ作品"Back in the Day"で、ヴィング・レイムスとジャ・ルールが共演するようだ。
ABCで放送中のスパイアクション・シリーズ"Alias"(2001年-)に主演するジェニファー・ガーナーに、米中央情報局CIAの新人募集ビデオへの出演依頼が来ているらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")のDVDとVHSが26日米国で発売され、初日だけで350万本の売上を記録した模様。
26日税国で発売された2枚組DVD"The Simpsons: Season 3"の初日売上枚数は50万枚に達し、"Season 1"の倍、"Season 2"の20%増を記録したようだ。
スペイン1部リーグAtletico de Madridの選手らは今季、「ハリウッド的殺人事件」("Hollywood Homicide")の広告が入ったユニフォームで試合に出場するらしい。27日マドリッドで行われた式典に主演のハリソン・フォードが出席したようだ。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")の試写会が27日都内で行われ、来日中のウィル・スミスが舞台挨拶に立ったようだ。菊川怜、朝青龍らも出席したらしい。
先月亡くなったボブ・ホープの告別式が27日、ロサンゼルスの教会で営まれ、ショービズ界からはフィリス・ディラー、バーバラ・エデン、ロニー・アンダーソン、ブルック・シールズ、エド・マクマホン、トム・セレック、コニー・スティーヴンス、ラクエル・ウェルチらが参列したようだ。
「復活の日」(深作欣二監督,1980年)や「帝都大戦」(藍乃才、一瀬隆重監督,1989年)の主題歌でも知られる米女性歌手のジャニス・イアンが、長年交際していた女性弁護士と、トロントで結婚したようだ。
11月26日に全米公開が予定されていたティム・バートン監督の新作"Big Fish"は、12月18日に限定公開、来年1月23日に全米公開へと延期された模様。Sony Picturesは、プロモーションにもっと時間をかけるため、と説明しているようだ。
「ノートルダムのせむし男」("The Hunchback of Notre Dame",1956年)、「九月になれば」("Come September",1961年)など1950年代から60年代にかけて活躍したイタリア女優ジーナ・ロロブリジーダ(Gina Lollobrigida)は、ヴェネチア国際映画祭が彼女の貢献を認めないばかりか、今年はパーティにも招待されなかったと怒っているようだ。「彼らは、私が昏睡状態になるのを待っているのよ 」と語ったとか。
ヒュー・グラントが英国首相を演じる新作ロマンチック・コメディ"Love Actually"に、ローワン・アトキンソンがカメオ出演しているらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクの祖母は「キャメロン(・ディアス)は、まだウェディングドレスを着るとは思えないわ。ジャスティンは彼女のことが好きだけど、真剣な付き合いだとは思えない」と語ったようだ。
フランク・オズ監督による「ステップフォードの妻たち」("The Stepford Wives",1975年)のリメイク版の撮影が、主演のニコール・キッドマンが香水の広告撮影のため中断されたらしい。撮影スタッフ達は彼女のディーヴァのような態度に腹を立てている、とNew York Daily Newsは伝えているようだ。キッドマンの広報担当者は、一切を否定した模様。
ジェニファー・ロペスとの結婚や"Gigli"の失敗についての報道が過熱していることについて、ベン・アフレックは「何が起こっているか理解しているよ。俳優になった時からの契約事項さ。ショーン・ペンとマドンナが結婚したのは僕が15歳の時だったけど、僕はそれを見て、マスコミがそういうことに対していかにクレイジーか気づいたんだ」と語ったようだ。
金子文紀監督、岡田准一主演の「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」で、ユンソナが映画デビューするらしい。
来年公開予定の鶴見昂介監督「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」で、藤原竜也がヤクザを演じているらしい。木村了、岡本綾らが共演するようだ。
10月に発売されるディズニー・アニメ「ライオン・キング」DVDの広告のため、格闘家の小川直也が特殊メイクでライオンに変身、写真撮影が行われたようだ。ポスターは来月22日から駅構内などに登場するらしい。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")プロモーションのため、トム・クルーズが28日来日、都内で記者会見を行ったようだ。渡辺謙、真田広之、小雪らも出席した会見には、世界20カ国、700人以上の報道陣が集まったとか。
ロバート・ゼメキスが製作を務めるDreamWorksの新作ホラー"Monster House"は、新人ギル・キーナン(Gil Kenan)の初監督作品となるようだ。
ティム・ハンター監督、ウィレム・デフォー、ミシェル・ロドリゲス共演で現在製作中の新作"Control"で、共演予定だったマット・ディロンが降板、レイ・リオッタの出演が決まったようだ。
マイケル・アプテッド監督の新作サスペンス"Scheherazade"で、ジュリエット・ビノシュ、ローレンス・フィッシュバーン、ゲイリー・シニーズ、サミュエル・ボールが共演するようだ。「アラビアン・ナイト」をベースにした物語になるとか。
ウディ・アレン監督の新作でウィノナ・ライダーと共演予定だったロバート・ダウニーJr.の降板が決まった模様。ジェイソン・ビッグスが新たな候補に挙がっているようだ。
第60回ヴェネチア国際映画祭が27日、ウディ・アレン監督"Anything Else"の上映で幕を開けたようだ。
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」("Kill Bill")のサントラには、梶芽衣子「修羅の花」、布袋寅泰「新・仁義なき戦いのテーマ」も収録されているらしい。
  8/29
東映は1965年まで実施されていた「芸術職研修契約者募集」制度を復活させるようだ。プロデューサー、助監督、脚本家を公募するらしい。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」の完成披露試写会が28日都内で行われ、市原隼人、中島美嘉、池内博之らが出席したようだ。
「トリプルX」("XXX",2002年)の続編製作が進行中らしい。前作を手掛けたロブ・コーエンが監督権を持つものの、Columbia Picturesの新作"Stealth"を次回作として選んだ場合、リー・タマホリが監督になる模様。
ハイチの国民的ヒーローとして知られ2000年に暗殺されたジーン・ドミニク(Jean Dominique)を描く、ジョナサン・デミ監督のドキュメンタリー"The Agronomist"の北米配給権を、米ThinkFilmが獲得した模様。
第30回テルライド映画祭(Telluride Film Festival)が29日コロラド州で開幕したようだ。バスター・キートン主演の古典から、ピーター・ウェーバー監督、コリン・ファース主演の新作「真珠の耳飾りの少女」("Girl With a Pearl Earring")まで、様々な作品が上映される中、プレミア上映される20作品のうち半数が新人監督による作品となったらしい。
ヴェネチア国際映画祭に出席したウディ・アレン監督は「僕は良性の神経症患者だ。僕はエレベーターに乗るのが嫌いだし、トンネルを通り抜けるのも嫌い。シャワーを浴びる時は真ん中よりも隅にいる方が好き。毎朝、バナナを7つに切ってシリアルに入れる。誰かを傷つけるわけじゃないけど、でもこれは神経症だ」と語ったようだ。
2003 MTV Video Music Awards授賞式が28日ニューヨークで開催され、ミッシー・エリオット、ビヨンセ・ノウルズ、ジャスティン・ティンバーレイクらが受賞したようだ。オープニングではブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、マドンナの3人が"Like a Virgin"を歌ったらしい。
全米週末公開作品では、"Jeepers Creepers 2"が「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason")と週末興収1位を争うことになる模様。United Artistsは、前作「ジーパーズ・クリーパーズ」("Jeepers Creepers",2001年)の週末4日間の興収1580万ドルを超えることを期待しているようだ。
2004年度版ギネスブックに、年間出演料収入が最も高いハリウッド女優として、2001年に4000万ドルを稼いだキャメロン・ディアスが掲載されたようだ。男優は4700万ドルのアダム・サンドラーらしい。
長年ヴェニスでタクシー・ボートの運転手を務めるフランチェスコ・グレコ氏は、これまでオリヴァー・ストーン、グレン・クロース、ジョエル・シルヴァー、ロバート・デ・ニーロ、ハリソン・フォード、マドンナら多くの有名人を乗せ、彼らの友人になったとか。
ハナ・マフマルバフ監督作品"Joy of Madness"が、ヴェネチア国際映画祭で上映されたようだ。イタリアではレイティングが設定されていない映画を未成年者が鑑賞することが法律で禁じられているものの、主催者側はマフマルバフ監督(14歳)にレッドカーペットを歩き、公式上映に出席することを特別に認めたらしい。
英チャールズ皇太子主催のチャリティ・ショーで、「恋におちたシェイクスピア」("Shakespeare in Love",1998年)で共演したグウィネス・パルトロウとジョセフ・ファインズが「ロミオとジュリエット」のバルコニー・シーンを演じるらしい。
アントニオ・バンデラス主演のシリーズ第3作"Once Upon a Time in Mexico"に出演したジョニー・デップは「カメオ出演だと思っていたんだ。ほんの小さな役で、チラっと登場するだけの。でも映画を観たエージェントや妹に『出ずっぱりだった』と言われたよ。全然知らなかったんだ。たった9日間の撮影だったし」と語ったようだ。
007シリーズ第21作は、ツイ・ハークが監督候補に挙がっているとか。ピアーズ・ブロスナンがジェイムズ・ボンド役で続投、キーラ・ナイトレイがボンドガールを演じるらしい。
パチンコの新機種「モナコ バック・トゥ・ザ・フューチャー」の発表会が28日大阪市内で行われ、藤川京子らが出席したようだ。
来月13日公開「ロボコン」の古厩智之監督と長澤まさみが28日、大阪市内で記者会見を行ったようだ。
来月より北米で限定公開される今敏監督「千年女優」(2001年)が、アカデミー賞最優秀アニメーション賞にノミネートされる可能性があるらしい。
若き日のハンニバル・レクターを描くシリーズ第4作"The Lecter Variation: The Story of Young Hannibal Lecter"で、マコーレー・カルキンが主演候補に挙がっているらしい。
ヒュー・ジャックマンは10月から上演されるブロードウェイ・ミュージカル"The Boy from Oz"で、1992年に亡くなったシンガー・ソングライターのピーター・アレン(Peter Allen)を演じるらしい。
英放送基準委員会(BSC)、英独立テレビ委員会(ITC)とBBCが行った調査によると、昨年英国で放送されたTV番組でのセックスやヌードのシーンが、前回調査の行われた1997と比較して、2倍から3倍に増加していたようだ。
  8/30
飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」が30日、全国238スクリーンで初日を迎え、有楽町の日劇2では妻夫木聡、SAYAKAらが舞台挨拶に立ったようだ。
豪メディア大手のNews Corporationは、スカパーの全株式約18万2000株を、フジテレビ、ソニー・放送メディア、伊藤忠商事の3社に売却したと発表したようだ。
1967年製作の「ヒロシマ」でパリ国際アマチュア映画祭のリポート部門1位に選出された、日本アマチュア映像作家連盟副会長で内科医の松原博臣さんが29日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ピース・トーク・マラソン2003-2007in東京」が30日都内で行われ、大澤豊監督「アイ・ラヴ・ピース」撮影のためアフガニスタンを訪れた宍戸開らが出席したようだ。
米ABCの人気スパイ・ドラマ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)の再放送権獲得に、Spike TVとFXが名乗りを上げたらしい。
「フットルース」("Footloose",1984年)のリメイクに、ブリトニー・スピアーズの出演が噂されているらしい。また、バズ・ラーマンが監督候補に挙がっているようだ。
2003 MTV Video Music Awards授賞式で司会を務めたクリス・ロックは「次のプレゼンターは母の日のために貯金しています。エミネムに拍手を!」「(クリスティーナ・アギレラの歌の後)今後数年間はストリップ・クラブでこの歌を聴くことなるよ」「(Coldplayの暗い演奏の後)みんな手首を切ったりしないでくれよ」などと毒舌を炸裂させたらしい。
来年初めの出産を予定しているケイト・ハドソンは「数週間前にラスヴェガスへニール・ヤングのコンサートに行ったら、赤ちゃんも踊っていたわ。音楽大好きな私と似ているみたい」と語ったようだ。
"Entertainment Tonight"は、ジョニー・デップがCQ誌に「子供が大きくなったらマリファナを吸わせたい」と語ったと報道、デップは誤った引用だと激怒しているらしい。新作"Once Upon a Time in Mexico"に出演する彼への、同番組のインタビューを拒否したようだ。
推定少女のミニライブが29日都内で行われ、清水崇監督「呪怨2」の主題歌「間違い」など5曲を演奏したようだ。
矢口史靖監督の新作「スウィングガールズ」の撮影が山形県米沢市でスタートし、上野樹里、貫地谷しほり、竹中直人らが参加したようだ。
ザ・ビートルズ主演の映画「レット・イット・ビー」("Let It Be",1970年)がついにDVD化されるようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")のDVDとVHSの日本発売が10月17日に決定したようだ。DVDは2枚組みで2980円とか。
クエンティン・タランティーノ監督"Kill Bill: Vol.2"の全米公開日は来年2月20日に決定した模様。
キャメロン・ディアスの無名時代の写真を使って330万ドルを脅し取ろうとしたとして起訴された、ロサンゼルスの写真家ジョン・ラッターに対する罪状認否が28日行われ、ルッター側は無罪を主張したようだ。
クレジットカード会社のVisaは、米国カード会員が今年のサマーシーズンの映画に支払った金額が4億6200万ドルに達した、と発表したようだ。オンラインチケット販売が普及しつつあることが、売り上げ増につながっているらしい。
デヴィッド・レターマンが司会を務める米CBSの人気番組"Late Show With David Letterman"が30日、放送10周年を迎えたようだ。
  8/31
水谷俊之監督「完全なる飼育 秘密の地下室」が30日初日を迎え、山本太郎、しらたひさこらが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
「ゲロッパ!」の公開が30日スタートしたシネ・リーブル梅田で、井筒和幸監督、西田敏行、常盤貴子、岸部一徳らによる舞台挨拶が行われたようだ。
シリーズ第5作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"中国語訳の海賊版が出回っているらしい。
英国で1970年代から80年代にかけて放送された、伝説的音楽ライヴ番組"The Old Gray Whistle Test"の貴重な映像を収録したDVDが来月16日に発売されるようだ。ジョン・レノン、US、ポリス、ラモーンズ、ボニー・レイットら28組の演奏のほか、エルトン・ジョン、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロバート・プラントらのインタビュー映像なども収録されているらしい。 [☆日本版の発売は?]
「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")プロモーションのためヴェネチア国際映画祭を訪れているシルヴェスタ・スタローンは、彼にインタビューしようとしてボディガードに空手で阻止された高齢の記者を助け上げ、ボディガードを叱責したらしい。
ヴェネチア国際映画祭出席のためヴェニスを訪れているジョニー・デップは「昔、道楽者とか、悪ガキとか、遊んでばかりだとか、そんなことをさんざん言われたのを思い出すよ。自分には関係ないことだと思っていたけど、それから逃れることは出来なかった。何年もの間、映画の出来よりも、私生活のことばかりに目を向けていた。でもヴァネッサ(・パラディ)と出会い、父親になって、人生で何が大切なのかに気づいたんだ」と語ったようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭で30日、ロバート・ベントン監督。ニコール・キッドマン、アンソニー・ホプキンス共演"The Human Stain"がプレミア上映されたようだ。キッドマンは米国での撮影スケジュールがいっぱいで、会場を訪れることができなかったとか。
コリン・ファレルは、オリヴァー・ストーン監督の新作"Alexander"撮影中のため、来月の息子の誕生には立ち会えないようだ。「僕は神経質な人間じゃないが、今回は別だ」と語ったとか。
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクは、ロサンゼルスで新居を探しているらしい。
激痩せしたニコール・キッドマンが目撃され、心配されているようだ。
タラ・リードはアメフトが好きらしい。「男の人たちよりもずっと詳しいわ。New York Giantsの試合を見て育ったし、Green Bay PackersやNew England Patriotsには友達もいるのよ。TVを観て大声で叫ぶのが好き。だから、スポーツを見ない男の人は嫌い」とか。
マイケル・バルタンは、交際が伝えられているジェニファー・ガーナーとともに、米ABCのTVシリーズ"Alias"(2001年-)に基づくビデオゲームと第1シーズンのDVDセットの発売記念イベントに出席したものの、途中で気分が悪くなり、同席していたヴィクター・ガーバーに送られて自宅に帰ったようだ。軽い食中毒だったらしい。
大阪・西区のシネ・ヌーヴォで開催中の「深作欣二・追悼特集」で、深作健太監督によるトークショーが行われ、「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」に出演した仁科貴も飛び入り参加したらしい。仁科は今秋発売のVシネマ「新・極道三国志 首都攻防戦」にも出演するようだ。
ペンエーグ・ラッタナルアーン監督、浅野忠信主演の新作「ラスト・ライフ・イン・ザ・ユニバース」("Last Life in the Universe")が、開催中のヴェネチア国際映画祭コントロコレンテ部門で29日、上映されたようだ。