シネマトピックス(2003年12月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  12/1
「照葉のまちづくり」計画に関連して、宮崎駿監督は1日、福岡市政記者会が要請していた記者会見の申し入れを断ったようだ。
佐々部清監督「半落ち」に、原作者の横山秀夫が記者役で特別出演しているらしい。
米国でのDVD販売高は今年、年間映画興収を超える123億ドルに達すると予想されているようだ。
東京電力株式会社は、来年3月20日より国立科学博物館で開催される「スター・ウォーズ サイエンス アンド アート展」と連動した映像コンテンツの配信を「TEPCOひかり」加入者向けにスタートさせたようだ。
もともと「攻殻機動隊2」だったタイトルを「イノセンス」に変えるよう提案したのは鈴木敏夫プロデューサーだったとか。伊藤君子の歌う主題歌「Follow me」の選曲も鈴木氏で、「イノセンス、それはいのち」のコピーは糸井重里が担当したようだ。
新作「トロイ」("Troy")でアキレスを演じるブラッド・ピットが、撮影中に左足のアキレス腱を傷めたらしい。
小林千登勢の葬儀・告別式が30日都内で営まれ、徳光和夫、坪内ミキ子ら300人が参列したようだ。
米Walt Disneyのロイ・ディズニー(Roy Edward Disney)副会長は30日、マイケル・アイズナー(Michael D. Eisner)会長兼CEOに辞表を提出した模様。
「アリババと四十人の盗賊」("Ali Baba and the Forty Thieves",1944年)、「腰抜け二挺拳銃」("The Paleface",1948年)、「底抜けやぶれかぶれ」("The Caddy",1953年)、「砂漠の盗賊王子」("The Sword of Ali Baba",1964年)など数多くの作品を手掛けた、米脚本家のエドモンド・ハートマン(Edmund L. Hartman)さんが先月28日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
北海道穂別町の町民が自ら製作したビデオ映画「田んぼdeミュージカル」が9日都内で上映されるらしい。
ソフィア・コッポラ監督の、死ぬまでにやりたいことの一つが、日本で映画を作ることだったらしい。
ビル・パクストンの監督第2作は、20世紀初めに実在したゴルフ選手を描く"The Greatest Game Ever Played"になるようだ。
現在トロントで撮影中の、ドナルド・サザーランド、ジュリエット・ルイス共演の新作"Aurora Borealis"に、ジョシュア・ジャクソンの出演が決まったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のワールド・プレミアが1日、ニュージーランドのウェリントンで開催され、ピーター・ジャクソン監督、イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、リヴ・タイラーらが出席したようだ。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」("Catch Me If You Can",2002年)などに出演したナタリー・バイ(Nathalie Baye)は、Martial Fougeron監督によるフランス映画"36 Rue des Acacias"への出演契約にサインしたようだ。
ピーター・ジャクソン監督は「ロード・オブ・ザ・リング」の前編に当たる「ホビットの冒険」("The Hobbit")を、将来映画化する可能性はある、と発言したようだ。ただし、権利はまだ取得していないらしい。
全米週末興収は、エディ・マーフィ主演「ホーンテッド・マンション」("The Haunted Mansion")が2530万ドルでトップと報じられたものの、その後Universalが当初2470万ドルとしていたマイク・マイヤーズ主演「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' Cat in the Hat")の週末興収を2560万ドルに修正、結局「キャット」が2週連続1位となったようだ。ただし、感謝祭を含む5日間の興収は「マンション」がトップだったらしい。
全米週末興収は、エディ・マーフィ主演「ホーンテッド・マンション」("The Haunted Mansion")が2530万ドルで初登場1位を獲得、感謝祭を含む公開5日間の興収では3500万ドルに達したようだ。一方、ビリー・ボブ・ソーントン主演"Bad Santa"は1248万ドルで6位、トミー・リー・ジョーンズ、ケイト・ブランシェット共演の西部劇"The Missing"が1170万ドルで7位、SF超大作「タイムライン」("Timeline")は847万ドルで8位でのスタートとなった模様。「マトリックス・レボリューションズ」は公開4週目でTop10から脱落したらしい。
英Guardian紙は「現代の世界の名監督40人」を発表、デヴィッド・リンチ、マーティン・スコセッシ、コーエン兄弟が上位に選ばれたほか、宮崎駿は8位、北野武が30位、三池崇史が38位に入ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは先月29日、パリのPlanet Hollywood前にリムジンで現れたらしい。Planet Hollywoodのイメージ・キャラクタを務める彼は、積み上げられたグラスにシャンパンを注ぐという役割を終え、すぐに裏口から去っていったとか。
アン・リー監督「ハルク」("The Hulk",2003年)のDVD発売記念イベントが30日都内で行われ、眞鍋かをりらが出席したようだ。
パソコン用ゲームソフト"Star Wars Jedi Knight: Jedi Academy"が発売されたようだ。
レイチェル・グリフィスは先月24日、第1子となる男の子を出産したようだ。バンジョー・パトリック・テイラー(Banjo Patrick Taylor)と名づけられたらしい。前日には豪州映画協会賞授賞式で、"Japanese Story"のトニ・コレットに主演女優賞を授与するプレゼンターを務めたらしい。
エドワード・バーンズは、ブラッド・ソーン監督・脚本によるタイトル未定の作品で、アメリカン・フットボールの選手を演じるらしい。
クリストファー・ノーラン監督は"Batman: Intimidation Game"に登場するゴッサム・シティの市長役にクリント・イーストウッドを希望しているらしい。
  12/2
お台場フジテレビの7階に「パイレーツカフェ」がオープン、米倉涼子が参加し12日発売のDVD「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)のプロモーションを行ったようだ。
パク・チャンウク監督、チェ・ミンシク、ユ・ジテ共演の新作「オールド・ボーイ」が、公開1週目で観客動員数100万人を超える大ヒットとなっているようだ。
韓国MBCテレビ主催の第2回大韓民国映画大賞が先月30日開催され、ポン・ジュノ監督「殺人の追憶」が作品賞、主演男優賞、撮影賞、脚本脚色賞など6部門を獲得したようだ。
ロイ・ディズニー副会長の辞任に続き、米Walt Disney取締役のスタンリー・ゴールドも辞表を提出した模様。
「ゴシカ」("Gothika")で脚本を担当したセバスチャン・グティエレス(Sebastian Gutierrez)は、新作超自然スリラー"Rise"で監督と脚本を務めるようだ。
ニコール・キッドマンが引き続き主演する予定だった、ラース・フォン・トリアー監督「ドッグヴィル」("Dogville")の続篇"Manderlay"は、ロン・ハワードの長女ブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)が主演に向けて交渉に入ったようだ。
アカデミー会員以外への映画ビデオ配布を禁じた米映画協会(MPAA)に対し、独立系映画製作会社などが起こした訴訟で、Miramax Filmsのハーヴェイ・ウェインスタイン、Sony Pictures Classicsのマイケル・バーカー(Michael Barker)とトム・バーナード(Tom Bernard)、Focus Featuresのデヴィッド・リンデ(David Linde)とジェイムズ・シャムス(James Schamus)、United Artistsのビンガム・レイ(Bingham Ray)ら主要映画スタジオのトップに、3日行われる審理への召喚状が送付されたらしい。
「シュレック」("Shrek",2002年)などを手掛けたジョン・H・ウィリアムス(John H. Williams)がプロデュースする新作CGアニメ"Valiant"で、ユアン・マクレガーが主人公の声を担当することが決まった模様。ベン・キングズレイ、ジム・ブロードベント、ルパート・エヴェレット、ヒュー・ローリー、ジョン・ハートらも声優として参加するようだ。
来月15日より開催されるサンダンス映画祭(Sundance Film Festival)のコンペ部門出品作品が1日発表されたようだ。ドラマ部門ではクリストファー・ミュンチ(Christopher Munch)監督・脚本の"Harry and Max"、エニッド・ゼンテリス(Enid Zentelis)監督"Evergreen"、ジャレッド・ヘス(Jared Hess)監督"Napoleon Dynamite"、ビリー・ボブ・ソーントンが出演する"Chrystal"などが、またドキュメンタリー部門では、上位中流階級の黒人社会をとらえたスタンリー・ネルソン(Stanley Nelson)監督"A Place of Our Own"、イメルダ・マルコス元フィリピン大統領夫人を描く"Imelda"などの作品が上映されるようだ。
ロン・ハワード監督の新作西部劇"The Missing"が、来年2月5日に開幕する第54回ベルリン国際映画祭のコンペ部門に出品されることが決まったようだ。
ウェリントンで1日開催された「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のワールド・プレミアでは、会場までの5キロを、ピーター・ジャクソン監督やキャストらがパレード、また会場前には500メートル近いレッド・カーペットが敷かれ、ファンたちの歓声に答えたらしい。
日本ヘラルド映画の古川博三社長は、同社の配給作品を今後、買い付け額10億円前後の大作から5億円前後の作品へとシフトさせる、と語ったようだ。
ジェシカ・アルバは、10代の頃ボーイフレンドと一緒にキリスト教再生派にのめり込んでいたことを告白したようだ。週に3回は教会に通ったとか。
1980年代にロンドンの宝石店で500万ドルの宝石を盗み出した、"The Godmother"として知られるジョアン・ハリントン(Joan Harrington)の自叙伝が映画化されるらしい。マドンナも主演を希望していたものの、結局グウィネス・パルトロウが演じることになったようだ。
007シリーズのボンドガールのオファーを受けていたキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、以前「エントラップメント」("Entrapment",1999年)で共演したショーン・コネリーに相談したらしい。コネリーは「ボンドのベッドの柱の刻み目の一つになるつもりでないのなら、やってみては」とアドバイスしたとか。キャサリン・ゼタ=ジョーンズは主題歌も歌いたいといっているようだ。
レニー・ゼルウィガーが、ロサンゼルスでショッピングをしていたところ、二人の女の子が彼女の後をつけていることに気づき、サインをあげましょうかと話しかけたところ「あなたはとても美しいので、どんな化粧品を買うのか確かめたかったんです」という答えが返ってきたとか。レニーは二人に高価な化粧品をプレゼントしたらしい。
新作"King Arthur"に出演するキーラ・ナイトレイは、アーチェリーの練習をしていたところ、突然馬が飛び出してきて、危うく殺してしまいそうになった、と語ったようだ。
室井滋が主演した映画「のど自慢」(井筒和幸監督,1999年)が舞台化されるらしい。水前寺清子、前田吟、由紀さおり、あべ静江、川崎麻世、池乃めだか、チャーリー浜、中條健一、今いくよ・くるよらの出演で、来年3月に名古屋の御園座で上演されるらしい。
米人気コミック"Astro City"の映画化が決定したようだ。
デミ・ムーアは、バービー人形の実写映画化を企画しているらしい。ケン役には、アシュトン・カッチャーやイーサン・ホークらの名前が挙がっているとか。 [☆まさか自分で主演する気じゃ・・・]
ジョーイ・ローレン・アダムスが飲酒運転の疑いで逮捕されたらしい。
メル・ギブソンは、監督作"The Passion of Christ"の試写会を無断で行ったとして、米New York Post紙に対する訴訟を起こすようだ。
オランダで映画連続鑑賞の世界記録への挑戦が14日から行われるようだ。「エイリアン」シリーズから最新作「アンダーワールド」まで約40本が70時間に渡って上映され、150人が挑戦する予定らしい。これまでの世界記録は36本、63時間27分とか。 [☆ちなみに、僕の個人記録は24時間。深夜の「2001年宇宙の旅」は辛かった・・・]
リチャード・ドナー監督は、企画中の「グーニーズ」("The Goonies",1985年)の続編について、オリジナルキャストに新たな子供たちを加えた冒険映画にしたい、と言っているらしい。
ピーター・ジャクソン監督「キング・コング」("King Kong")で、イアン・マッケランに出演のオファーがあったようだ。
29日、30日の2日間行われたDisney/Pixer「ファンディング・ニモ」("Finding Nemo")の先行上映は、興収1億9300万円、観客動員数14万8000人を記録したようだ。 [☆(半年も待たされた)日本ではあまりヒットしない予感・・・]
スティーヴン・キングは先日、肺の手術を受けたようだ。4年前の交通事故で肺にダメージを受けたことによる後遺症らしい。キングは現在"Stephen King's Hospital"と呼ばれるTVドラマシリーズの脚本を執筆中とか。
バンダイビジュアル株式会社は、北野武監督「座頭市」のDVDを来年3月11日に発売する、と発表したようだ。初回生産分のみメイキングなどを収録した特典ディスクが付属するらしい。
  12/3
児童書「かいけつゾロリ」シリーズのTVアニメ化では、株式会社ポプラ社、株式会社ジャパン・デジタル・コンテンツなどが昨年3月に設立した特別目的会社「株式会社ゾロリエンターテイメント」が一括して資金調達、著作権管理およびライセンス事業の展開を行っているらしい。プロジェクト全体での売上は年間数十億円に達する見込みとか。
アンジェリーナ・ジョリー主演「すべては愛のために」("Beyond Borders")の、6日から放送されるCMに、フジ子・ヘミングが自分の演奏曲を無償提供したらしい。
シリーズ第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の日本語訳発売が、来年9月1日に決まったようだ。 [☆ずいぶん先ですね]
第4回東京フィルメックスが先月30日に閉幕し、最優秀作品賞にはニン・ハオ監督「香火」が選ばれたようだ。
梅田東映劇場など3つの映画館が入っていた大阪東映会館の解体工事現場で3日、作業中のパワーショベルが4階部分からビル内部に落下し、作業員一人が死亡した模様。
昨年のジョージ・ハリスン追悼コンサートの模様を追ったドキュメンタリー映画「コンサート・フォー・ジョージ」("Concert for George")の大阪での試写会は、当初予定の先月18日から、来月25日に延期されたようだ。
文化庁長官表彰の表彰式が3日都内で行われ、戸田奈津子、牧伸二ら25人と2団体が表彰されたようだ。
ニューヨークの刑務所に収監されている受刑者が、Sony Pictures Entertainmentの重役になりすまし、電話を使って100万ドル近い詐欺を働いていたことが発覚したらしい。Sonyセキュリティ部門のスティーヴ・バーナンド部長は「正直言って驚いています。犯人はこの1ヶ月に刑務所から1000回も電話をかけています。この人物は、様々な人物になりすまし電話で相手を説得することに長けていたようです」とコメントしたとか。
F・マーレイ・エイブラハムとショーン・パトリック・フラナリーは、米Sci Fi Channelのパイロット版ドラマ"Dead Lawyers"で共演するようだ。交通事故で死んだ非情な弁護士が地上に戻って無料弁護を引き受ける、というストーリーらしい。
New Line Cinemaによる若者向け音楽ドラマ"Heart of Summer"で、ヒラリー・ダフが主演を務める模様。ショーン・マクナマラ(Sean McNamara)の監督で、来月中旬に製作が始まるようだ。
Hollywood Reporter紙による"Women in Entertainment Power 100"が2日発表され、Sony Picturesのエイミー・パスカル(Amy Pascal)会長がトップに選ばれたようだ。また、オプラ・ウィンフリーが6位に入ったほか、ジュリア・ロバーツが13位、J・K・ローリングが55位、マドンナが67位、メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹が84位、メリッサ・ギルバートが89位となっているらしい。
第30回ピープルズ・チョイス賞(People's Choice)のノミネーションが2日発表され、映画俳優部門ではジョニー・デップ、メル・ギブソン、デンゼル・ワシントン、映画女優部門ではハル・ベリー、サンドラ・ブロック、ジュリア・ロバーツ、史上最高のエンターテイナー部門にはビル・コスビー、クリント・イーストウッド、トム・ハンクスが候補に挙がったようだ。
メル・ギブソンは監督作"The Passion of Christ"の特別試写会が2日ヴァチカンで行われる予定だったものの、編集作業がまだ終わっていないとして延期になったようだ。
1956年クリーヴランドでのコンサートに出演したエルヴィス・プレスリーの写真がロンドンで初公開されたようだ。地元紙のストのため、写真を撮影したのは当時17歳のルー・アレン(Lew Allen)だけで、写真は同氏の自宅に眠っていたらしい。
エルヴィス・プレスリーのヒット曲を散りばめたミュージカル"All Shook Up"のブロードウェイ公演は、2005年の春にスタートするようだ。また来年5月からコネチカット州のチェスター(Chester)で初演が行われる予定らしい。
ジーナ・デイヴィスが双子を妊娠中らしい。来春誕生予定とか。 [☆48歳とか]
アリス・クーパーの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わり、2日記念式典が開催されたようだ。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")のフランス語版が2日発売されたようだ。
マット・デイモンは「ベン(・アフレック)は、もう自分の写真が雑誌の表紙を飾るのを見たくない、最近のマスコミの反応にはうんざりする、とこぼしていたよ」と語ったようだ。
バート・レイノルズ主演による、製作費300万ドルの低予算映画"Fish in a Barrel"が、まもなくインディアナ州で始まるようだ。
ピーター・ジャクソン監督は、来月からウェリントンで次回作「キング・コング」("King Kong")の製作に入る模様。
20日より日本公開のジム・キャリー主演「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty")の宣伝部長に和田アキ子が就任、2日都内で就任式とトークショーが行われたようだ。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のプレミアが1日ロサンゼルスで開催され、トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之小雪、中村七之助、原田眞人らが出席したようだ。
ブレンダン・フレイザー、ドン・チードル、フォレスト・ウィテカー、エヴァ・メンデス、タンディ・ニュートンらが共演するポール・ハギス(Paul Haggis)監督の新作"Crash"で、出演予定だったヒース・レジャーが降板、代わりにライアン・フィリップの出演が決まったようだ。
来年2月からロンドンで上演される「恋人たちの予感」("When Harry Met Sally...",1989年)の舞台版で、ルーク・ペリーの主演が決定した模様。メグ・ライアンが演じたサリー役はまだ未定とか。
クリストファー・ノーラン監督"Batman: Intimidation Game"で、ケイティ・ホームズがヒロイン候補に挙がっているらしい。
  12/4
フルタ製菓株式会社は、玩具入り菓子「スタートレックフィギュア2」を来月より発売すると発表したようだ。今回のフィギュアは、歴代の「U.S.S.エンタープライズ NCC-1701」のほか、「U.S.S.ヴォイジャー」「U.S.S.ファラガット」「U.S.S.プロメテウス」など10種類とシークレット1種が用意されているらしい。
インフォシークは2003年の年間検索キーワードを発表、「エンタメタイトル」部門では「ハリー・ポッター」が昨年に引き続き1位となったほか、「マトリックス」が3位、「踊る大捜査線」が10位に入ったようだ。
「すべては愛のために」("Beyond Borders")の20日公開を記念したアンジェリーナ・ジョリーの写真展が3日、有楽町西武で開幕し、佐藤江梨子がオープニング・セレモニーに出席したようだ。
韓国の映画振興委員会などは、10月の1ヶ月間に韓国映画を鑑賞した観客は、全体の70%に当たる235万5592人だった、と発表したようだ。
映画館のない広島県西城町の住民らが「西城町で映画を楽しむ会」を結成、13日同町のホールでマイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)の上映会が行われるようだ。
江守徹の朗読による「ハリー・ポッターと賢者の石」のCDが12日発売されるようだ。発売記念のイベント「朗読劇場」が3日都内で行われたらしい。
ニューヨークのロックフェラー・センターで3日、年末恒例のクリスマスツリー点灯式が行われ、マーティン・シーンらが出席したようだ。
スタジオジブリは4日、2005年に開催される日本国際博覧会(通称愛知万博)に参加すると発表したようだ。三鷹の森ジブリ美術館の宮崎吾朗館長が監修を務め、会場内の森に「となりのトトロ」に登場する建物などを再現するらしい。
米映画協会(MPAA)による映画ビデオ配布禁止措置に対する訴訟は、5日に裁判所による判断が言い渡されるようだ。
ラッセル・クロウがボクサーを演じる新作"Cinderella Man"で、「13F」("The Thirteenth Floor",1999年)のクレイグ・ビアーコが出演交渉中のようだ。
ブレンダン・フレイザー、ドン・チードル、フォレスト・ウィテカー、エヴァ・メンデス、タンディ・ニュートン、ライアン・フィリップらが共演するポール・ハギス(Paul Haggis)監督による群衆劇"Crash"に、サンドラ・ブロックとマット・ディロンも出演する模様。8日からロサンゼルスで撮影が始まるようだ。
バーブラ・ストライザンドが、ウェブサイトに自宅の写真を無断で掲載したとして、同サイトを運営する資産家の男性に対し1000万ドルの損害賠償を求めていた裁判で、ロサンゼルス上級裁判所は3日、訴えを棄却する判決を下したようだ。
米Walt Disneyは3日、Buena Vista部門での今年の映画興行収入が、米国内で14億8000万ドル、海外で16億ドルの合わせて30億8000万ドルに達し、Sony Picturesが昨年記録した28億6000万ドルの記録を更新した、と発表したようだ。
第1回Spike TV Video Game Awards表彰式が2日ラスヴェガスで開催され、大ヒットゲーム"Grand Theft Auto: Vice City"に出演したレイ・リオッタが最優秀演技賞(Best Performance By A Human)を獲得したらしい。
ブリトニー・スピアーズの北米ツアーの日程が発表されたようだ。来年3月2日のサンディエゴを皮切りに、56日間で全米25都市をまわるらしい。
クリス・マーティンと交際中のグウィネス・パルトロウが妊娠したようだ。来年夏出産予定とか。
第19回インデペンデント・スピリット賞(Independent Spirit Awards)のノミネーションが3日発表され、ジム・シェリダン監督「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")が6部門で候補に挙がったほか、ピーター・ソレット(Peter Sollett)監督"Raising Victor Vargas"とポール・ジアマッティ主演"American Splendor"が5部門、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")とヘイデン・クリステンセン主演"Shattered Glass"が4部門にそれぞれノミネートされたようだ。
アカデミー会員以外への映画ビデオの配布を禁じた米映画協会(MPAA)に対し、独立系映画製作会社などによる団体が訴訟を起こしていた問題で、マンハッタンの連邦裁判所で3日審問が行われ、MPAAのジャック・ヴァレンティ会長は「著作権侵害は、我々の産業の表面に繁殖する有害なカビとなった。今回の政策によって著作権侵害を大幅に減退させることが出来るだろう」と証言したようだ。
ナショナル・ボード・オブ・レビュー(National Board of Review of Motion Pictures)が3日発表され、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")が作品賞、エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")が監督賞を獲得したようだ。また、「ミスティック・リバー」と「21グラム」("21 Grams")に出演したショーン・ペンが主演男優賞、"Something's Gotta Give"のダイアン・キートンが主演女優賞、"The Cooler"のアレック・ボールドウィンが助演男優賞、"Pieces of April"と"The Station Agent"に出演したパトリシア・クラークソンが助演女優賞にそれぞれ選出された模様。なお、ベスト10作品は以下の通り
1. Mystic River 「ミスティック・リバー」
2. The Last Samurai 「ラスト・サムライ」
3. The Station Agent
4. 21 Grams 「21グラム」
5. House of Sand and Fog
6. Lost in Translation 「ロスト・イン・トランスレーション」
7. Cold Mountain
8. In America 「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」
9. Seabiscuit 「シービスケット」
10. Master and Commander: The Far Side of the World 「マスター・アンド・コマンダー」
[☆いよいよ映画賞シーズン到来です!]
2002年4月のジェニン難民キャンプでのイスラエル軍による軍事攻撃を描いた、モハメド・バクリ(Mohammed Bakri)監督のドキュメンタリー映画"Jenin, Jenin"について、昨年12月イスラエルの映画倫理委員会が上映を禁じたことに対し、同国の最高裁判所は先月11日に上映を認める判決を下したものの、今月3日、同裁判所はその決定を保留とすると発表したようだ。映画は3日から同国で予定されていた上映は中止となった模様。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の仏語訳の一部が、フランスの中学の国語教科書に登場したらしい。
ヴィン・ディーゼルの飼っているマスチフ犬に股間を噛まれたとして、脚本家のマイケル・カーナー(Michael Kerner)は800万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。 [☆合計5針縫ったとか]
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のワールド・プレミアを終えたイアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、オーランド・ブルームらは2日、ウェリントン空港から帰国したようだ。集まったファンたちの前で、3人はお別れのダンスを踊ったとか。
"Alexander"撮影のためモロッコに滞在していたコリン・ファレルは、マラケシュのLe Meridien Hotelに14日間滞在、毎晩飲み明かしていた彼への請求額は6万4000ドルに達したとか。
映画プロデューサーのスコット・ルディン(Scott Rudin)とFox Searchlightは、ゾーイ・ヘラー(Zoe Heller)の小説"What Was She Thinking?"の映画化権を獲得した模様。マイク・ニコルズ監督による映画化も決定している舞台劇"Closer"などを手がけたパトリック・マーバー(Patrick Marber)が脚本を務め、ジュディ・デンチが主演するらしい。
モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、LL・クール・Jは、デヴィッド・バーク(David Burke)監督・脚本の新作"Edison"で共演するようだ。来年2月にバンクーバーで撮影が始まるらしい。
エドワード・ズウィック監督は、米国の画家ヘンリー・ダーガー(Henry Darger)の伝記映画を企画しているらしい。
ジャック・ニコルソンは、自伝映画を企画中とか。
先日、前立腺ガンであることを公表したロバート・デ・ニーロが、ニューヨークの病院に入院した模様。デ・ニーロ側は一切のコメントを拒否しているとか。
クエンティン・タランティーノ監督の次回作は第2次世界大戦を舞台にしたアクション"Inglourious Basterds"で、ジョン・トラヴォルタ主演による航空パニック映画企画はその後になるらしい。
  12/5
6日、全国730スクリーンで公開となるディズニー/ピクサーアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の前売り鑑賞券は60万枚以上の売り上げを記録しているらしい。興収200億円を目指すとか。 [☆先行上映は予想外に空いてましたが・・・]
「女心の唄」「青いゴムゾーリ」などのヒット曲で知られるほか、「さすらいは俺の運命」(井田探監督,1965年)、「夜霧の慕情」(松尾昭典監督,1966年)などの映画にも出演した、歌手のバーブ佐竹さんが5日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
曽利文彦プロデュース、荒牧伸志監督によるアニメ映画「アップルシード」の製作発表が4日都内で行われたようだ。三輪明日美らの演じた動きを取り込んで、CGでアニメ化するらしい。
来年3月日本公開のディズニー・アニメ映画「ブラザー・ベア」("Brother Bear")の日本語吹替版で、東山紀之が主人公の声を担当するらしい。
アキノ元フィリピン大統領の娘でタレントのクリス・アキノは、先月行われた主演映画披露会見で、2007年の上院選に出馬すると思う、と発言したようだ。
「平和・協同ジャーナリスト基金」の第9回基金賞が5日発表され、鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」が選ばれたようだ。
名古屋を中心に映画館などを展開するヘラルドコーポレーションが5日、民事再生法の適用を名古屋地裁に申請した模様。日本ヘラルド映画とは現在、資本関係はないようだ。
SMBCコンサルティングは4日、今年の「ヒット商品番付」を発表、東の横綱に「星野阪神」(西の横綱は該当なし)が選ばれたほか、西の前頭2枚目には「踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が入ったようだ。
カン・ウソク監督、アン・ソンギ主演の新作「実尾島」の映像が、チョー・ヨンピルの新曲「太陽の目」のミュージックビデオに使用されているらしい。
高松シネマクラブは、「エルミタージュ幻想」("Russian Ark",2002年)、「ラスト・プレゼント」("The Gift",2001年)、「初恋のきた道」("The Road Home",1999年)など話題作や県内未公開作品5本を集めた「世界の名作映画祭」を6日から開催するようだ。
DA PUMPが歌う「ライオン・キング」の主題歌「サークル・オブ・ライフ」のマキシシングルが発売されたようだ。
米国で今週末公開の作品では、2900館で上映されるエドワード・ズウィック監督、トム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")が3000万ドル以上の興収でトップになるとみられているようだ。
ピーター・バーグ監督による新作"Friday Night Lights"で、ビリー・ボブ・ソーントンがフットボール・チームのコーチを演じるようだ。
ロンドンでのテロを描く、米TNTによる6時間ドラマ"The Grid"で、ディラン・マクダーモットとジュリアナ・マルグリースが共演するようだ。来年夏に放送予定とか。
3日亡くなったデヴィッド・ヘミングスがキャストとして参加していた、英国のCM監督サイモン・フェロウズ(Simon Fellows)によるインディ作品"Samantha's Child"に、ヘザー・グラハム、ジェイムズ・ピュアフォイ、アンディ・サーキスの出演が決まったようだ。
"The Osbourne Family Christmas Special"が11日、米MTVで放送されるらしい。ジェシカ・シンプソン、デイヴ・ナヴァロ、カーメン・エレクトラらがゲスト出演するとか。
エドワード・ズウィック監督が、クルーズの熱心な取り組みがなければ「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の完成は困難だっただろうとコメント、トム・クルーズは「半分とか、4分の3とか、9割といった中途半端なことはできない。もし何かに取り組むなら、僕はとことんまでやる」と語ったようだ。
12日にナイト爵位を授与されるミック・ジャガーについて、キース・リチャーズは「王冠を被って、古い白テンの毛皮を見せびらかすようなやつとステージに上がりたくないね」とコメントしたとか。
グラミー賞のノミネーションが4日発表され、ビヨンセ・ノウルズ、Jay-Z、OutKastらが6部門にノミネートされるなど、R&Bやラッパーがリードしているようだ。
クライヴ・オーウェンは、次期ジェイムズ・ボンドとの情報について、ただの噂だと否定したようだ。
18日マンハッタン・シアターで開幕予定だった舞台"Rose's Dilemma"で、主演のメアリー・タイラー・ムーアが急遽降板した模様。せりふを覚えず、イヤホンで自分のセリフを伝えてもらっていた彼女に、脚本家のニール・サイモンがキレたらしい。
「エピソード1」でアミダラの影武者として出演したキーラ・ナイトレイは、ナタリー・ポートマンとそっくりで「衣装を着けると母親でも区別ができなかった」と伝えられたことについて「ナタリー・ポートマンは素敵な女性だし(似ていると言われることは)とっても嬉しいわ。もし『ジム・キャリーとそっくり』って言われたら困っちゃうけど。でも、実際の私たちは全然似てないわ」と語ったようだ。
21日発売となる「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」DVDのCMは、深作健太の監督、竹内力の出演で新たに撮影されたらしい。
「華麗なる殺人」("La Decima Vittima",1965年)のリメイク"10th Victim"に主演するブレンダン・フレイザーは、共演にレベッカ・ローミン=ステイモスを希望しているらしい。ドミニク・セナか?とお伝えした監督には、ジョン・マクティアナンが候補に挙がっているようだ。
「欲望」("Blow-Up",1966年)、「キャメロット」("Camelot",1967年)、「バーバレラ」("Barbarella",1968年)から「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York",2002年)、「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen",2003年)まで数多くの作品に出演したほか、「別れのクリスマス」("The Wild Little Bunch",1973年)などで映画監督としても活躍した、英俳優のデヴィッド・ヘミングス(David Hemmings)さんが3日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆ルーマニアで新作"Samantha's Child"の撮影中、心臓麻痺で亡くなったようです。]
米Rolling Stone誌の選ぶ2003年ベストテン映画が発表され、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")が1位に選ばれたようだ。
1. Mystic River 「ミスティック・リバー」
2. The Lord of the Rings: The Return of the King 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
3. Lost in Translation 「ロスト・イン・トランスレーション」
4. Master and Commander: The Far Side of the World 「マスター・アンド・コマンダー」
5. Cold Mountain
6. American Splendor
7. Big Fish
8. A Mighty Wind 「みんなのうた」
9. Kill Bill 「キル・ビル」
10. Angels in America
ジョディ・フォスター監督"Flora Plum"で、リュック・ベッソンのEuropa Corp.が製作に参加、北米を除く世界配給件を獲得したようだ。
ニール・マーシャル監督「ドッグ・ソルジャー」("Dog Soldiers",2002年)の続編製作が決定した模様。ケヴィン・マクキッド(Kevin McKidd)が引き続き主演を務めるようだ。
  12/6
第16回日刊スポーツ映画大賞が5日発表され、作品賞には森田芳光監督の「阿修羅のごとく」が選ばれたようだ。
■作品賞:「阿修羅のごとく」(森田芳光監督)
■監督賞:北野武(「座頭市」)
■主演男優賞:中井貴一(「壬生義士伝」)
■主演女優賞:寺島しのぶ(「赤目四十八瀧心中未遂」)
■助演男優賞:菅原文太(「わたしのグランパ」)
■助演女優賞:八千草薫(「阿修羅のごとく」)
■新人賞:石原さとみ(「わたしのグランパ」)
■外国作品賞:「戦場のピアニスト」("The Pianist", ロマン・ポランスキー監督)
■石原裕次郎賞:「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(本広克行監督)
■石原裕次郎新人賞:該当なし
20日より大阪で公開される西谷真一監督「」のPR会見が5日行われ、主演の大沢たかおらが出席したようだ。
手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」のPR会見が5日大阪市内で行われ、金子昇らが出席したようだ。
犬童一心監督「ジョゼと虎と魚たち」の試写会が5日大阪市内で行われ、池脇千鶴、妻夫木聡らが舞台挨拶に立ったようだ。
ジム・シェリダン監督「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")のロイヤルプレミア試写会が5日都内で行われ、秋篠宮ご夫妻が会場を訪れたほか、仁科亜希子、仁科仁美母娘らも出席したようだ。
東京ディズニーランドの「スペース・マウンテン」で5日、脱輪事故が発生したようだ。けが人などはない模様。
Dimension Filmsは、「ジキル博士とハイド氏」の物語をアレンジしたスティーヴ・ナイルズ(Steve Niles)のコミック"Hyde"の映画化件を獲得した模様。コミックは来年出版されるらしい。
米NBCによると、エレン・デジェネレスが司会を務めるトーク番組"The Ellen DeGeneres Show"(2003年-)のセカンドシーズンは、全米の30%をカバーする14の系列局で放送するほか、全体では50以上の市場に販売され、全米の60%以上で放送されるらしい。
高校での銃乱射事件を描いた新作「エレファント」("Elephant")を監督したガス・ヴァン・サントは、学校での暴力事件が起こる理由について「物事が否定的な方向に進むのは、それがそうなるからです。潮の満ち引きと同じで、そこに理由などないのです」と語ったようだ。
米CBSの人気TVシリーズ「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化で、Warner Bros.は「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky & Hutch",1975年)の映画かも手がけるジョン・オブライエン(John O'Brien)を脚本家に起用したようだ。
ブリジット・フォンダとダニー・エルフマンが結婚したらしい。
オーランド・ブルームは現在休養中らしい。「ロンドンに家を買ったんだ。内装を変えたり、映画を観に行ったり、自分自身に整理をつけたりして過ごすつもりだよ。別の映画の仕事を押し込むことも考えたけど、このペースで仕事を続けるのはクレイジーだったから、休養をとって、復帰に向けての力を見出すことにしたんだ。不満はないんだけど、22歳から26歳までタイムワープしたような感じなんだよ」と語ったようだ。
ヒラリー・ダフは「アシュトン・カッチャーと私が"Cheaper By The Dozen"を撮影しているとき、私とアマンダ・バインスがMTV Movie Awardsでプレゼンターを一緒にやったんだけど、彼女が『アシュトンて素敵よね』って言うから、私は『アシュトンなんかダメよ。コリン・ファレルを見て』って言ったの。そうしたら翌日のセットで、アシュトンに『用心しとけよ!』って言われたわ」と語ったようだ。その後、ヒラリー・ダフはアシュトン・カッチャー司会の人気番組"Punk'd"の犠牲者となった・・・。
黒土三男監督による藤沢周平の小説「蝉しぐれ」の映画化は、市川染五郎と木村佳乃が共演するようだ。山形県羽黒町でのロケは来年夏にスタートする模様。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")で映画デビューした小山田シン(21)は、映画俳優を夢見て18歳でハリウッドに渡り、その後演技や格闘技を学んで、渡米から2年で今回の役を獲得したらしい。 [☆活躍に期待しましょう!]
水谷さくらが、ウォルター・ヒル監督「デッドロック」("Undisputed")の宣伝プロデューサーに就任、5日都内の渡嘉敷ボクシングジムで記者会見を行ったようだ。
柄本明の次男、柄本時生が、来年夏公開の阿部雄一監督、石原さとみ主演による短編映画「すべり台」でデビューするらしい。
マイケル・ムーア監督次回作"Fahrenheit 9/11"は、米大統領選挙2ヶ月前の2004年9月に公開日が設定されたようだ。
米シークレット・サービスは、発表前に流出したEminemの曲"We Are American"に大統領を脅迫する意図があったかなどを確認するため、予備審査に入った模様。"I don't rap for dead presidents. I'd rather see the president dead"の詩が問題となったらしい。 [☆米国に言論の自由はない・・・]
マンハッタン連邦裁判所は5日、米映画協会(MPAA)による映画ビデオ配布禁止措置の一時差止を命じたようだ。
  12/7
エンドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")が6日、全国550館で初日を迎え、上映開始9時15分の丸の内ピカデリー1では朝7時30分から行列が出来たとか。
廣木隆一監督「ヴァイブレータ」が6日初日を迎え、都内劇場で寺島しのぶ、大森南朋らが舞台挨拶に立ったようだ。
三池崇史監督「着信アリ」のPR会見が6日大阪市内で行われ、主演の柴咲コウらが出席したようだ。
やすみ哲夫監督「あたしンち」が6日初日を迎え、声優を務めた渡辺久美子らが舞台挨拶に立ったようだ。
ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が6日、ディズニー作品としては史上最大規模の全国750館で公開されたようだ。都内劇場では、日本語吹替版で声優を務めた木梨憲武、室井滋らが舞台挨拶に立ったらしい。
作詞家の荒木とよひさが監督を務めた「いつかA列車に乗って」の完成披露試写会が6日都内で行われ、出演の津川雅彦らが舞台挨拶に立ったようだ。
USA Today、Washington Post、Washington Timesなどは「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")を酷評しているらしい。
マイアミに本拠を置くIntec Interactive社は、CrossGen、Marvelと提携、「デアデビル」「ハルク」「X-Men」などのコミックをデジタル化しDVDに収録したDigital Comic Bookを発売中とか。特典映像なども収録されているらしい。
第16回ヨーロッパ映画賞(European Film Awards)授賞式が6日ベルリンで開催され、ヴォルフガング・ベッカー(Wolfgang Becker)監督「グッバイ、レーニン!」("Good Bye, Lenin!")が作品賞、男優賞(ダニエル・ブリュール)、脚本賞など6部門を受賞したようだ。また監督賞には「ドッグヴィル」("Dogville")のラース・フォン・トリアー、女優賞には"Swimming Pool"のシャーロット・ランプリングが選ばれたらしい。
「座頭市2」について北野武監督は「3年待ってくれ」と答えたらしい。ハリウッドで製作とのウワサもあるようだ。
インターネットドラマ「NO MUSIC, NO LIFE」が映画化されるようだ。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督「1980」が6日初日を迎え、ともさかりえ、蒼井優らが舞台挨拶に立ったようだ。蒼井優は日大芸術学部演劇学科の推薦入学試験に合格したらしい。
那須博之監督「デビルマン」にも出演するスーパーモデルの冨永愛が6日、大阪市内でトークショーを行ったようだ。
ピーボ・ブライソンが「美女と野獣」("Beauty and the Beast",1991年)でセリーヌ・ディオンとデュエットした主題歌"Beauty and the Beast"と、「アラジン」("Aladdin",1992年)でレジーナ・ベルとデュエットした主題歌"A Whole New World"で獲得したグラミー賞のトロフィが競売にかけられるらしい。120万ドルの税負債を支払うためのもので、そのほかグランドピアノやゴールドディスク、ミキサー、美術品、数百足の靴、ベッド、ジャケット、さらにはマイアミ市の鍵までが売りに出されるとか。
  12/8
福岡市などが進める「照葉のまちづくり」で宮崎駿監督が名前とスケッチの使用を断ったことについて、市民団体「博多湾会議」は8日、市監査委員に住民監査請求を行ったようだ。
精密機器部品メーカーのアスクは、映画製作会社プランニング21と協力し、点字で字幕や解説を読むことが出来るバリアフリー上映システムを試作したらしい。13日都内で行われる上映会で初公開されるようだ。
ブルース・ウィリスと女優のブルック・バーンズが婚約した、と一部で報じられた模様。ウィリス側は否定しているようだ。
レン・ワイズマン監督と婚約しているケイト・ベッキンセイルは「来年には結婚するつもり」と語ったらしい。
第25回ヨコハマ映画祭の各賞が7日発表され、作品賞に廣木隆一監督「ヴァイブレータ」、主演男優賞に妻夫木聡、主演女優賞に寺島しのぶ、助演男優賞に大森南朋、助演女優賞に余貴美子が、それぞれ選ばれたようだ。
「小津安二郎DVD-BOX」記念トークショーが7日都内で行われ、岡田茉莉子が出席したようだ。
小津安二郎生誕100年を記念して製作されたホウ・シャオシェン監督「珈琲時光」が、小津監督の誕生日にあたる12日に完成披露されるようだ。
ジム・キャリー、メリル・ストリープ、ジュード・ロウ共演による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化で、ビリー・コノリーの共演が決まったようだ。
Master Pが本人役で出演する新作"Uncle P"を手掛けたBeacon Picturesは、Master Pの息子Lil' Romeoが出演するコメディ"Shorty"も製作するらしい。
米国文化への貢献を讃える第26回ケネディ・センター栄誉賞の表彰式が7日開催され、マイク・ニコルズ、ジェイムズ・ブラウン、ロレッタ・リン、イツァーク・パールマン、キャロル・バーネットの5人に賞が授与されたようだ。
米映画協会(MPAA)による映画ビデオ配布禁止措置に対し、連邦裁判所が5日差し止めを命じたことを受け、Sony Pictures Entertainmentはケースバイケースでビデオの配布を実施すると発表した一方、MGM、Walt Disney Studios、Warner Bros. Picturesなどは、現段階ではMPAAの方針に従うと表明したようだ。
イライジャ・ウッドは"指輪"を自宅の箱の中にしまってあるらしい。ベルリンで行われた「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のプレミアに参加した彼は「いや、もう身に着けたくはない。演じた役の記念としてとってあるだけだよ。それから、最後に使ったホビットの足も貰って帰ったんだ。地獄のように臭いと思うけど」と語ったようだ。
映画ビデオ配布禁止措置について、米連邦裁判所が5日差し止めを命じたことに対し、米映画協会(MPAA)は控訴を準備している模様。MPAAのジャック・ヴァレンティ会長は「第1日目から、今回の禁止措置の目的は、著作権侵害を縮小し映画産業を守ることにある。配布されたビデオは、国内および海外での違法コピーの素材となっていたことは間違いない。我々は、著作権侵害の脅威が現実のものであり、問題解決のために取り組んでいかなければならないことをアピールしていく」との声明を発表したようだ。
アダム・サンドラー次回作は、仕事中毒の建築家が自分の人生を早送りしたり巻き戻したり出来るリモコンを見つけて・・・というスティーヴ・コーレン(Steve Koren)とマーク・オキーフ(Mark O'Keefe)の脚本によるコメディ"Click"に決まったようだ。来年4月から製作が始まる模様。
全米週末興収は、エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("Last Samurai")が2440万ドルで初登場1位となったものの、トム・クルーズ主演作品としては「アイズ・ワイド・シャット」("Eyes Wide Shut",1999年)の2170万ドルに次ぐ低い記録となったようだ。また、ジェシカ・アルバ主演"Honey"は1400万ドルで2位のスタート、「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' Cat in the Hat")は先週比70%の大幅ダウンの734万ドルで6位に後退した模様。 [☆ニューヨークの大雪が影響したようです]
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、007シリーズのボンドガールのオファーを受けたとする一部の報道を否定した模様。
グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンは、サンタバーバラで結婚許可の申請を行った模様。
アントワン・フークア監督、クライヴ・オーウェン主演の新作"King Arthur"の撮影を終えたキーラ・ナイトレイについて、製作のジェリー・ブラッカイマーは「今や彼女の腕は僕より太いよ。彼女は弓矢を射る方法も知っているし、剣の扱いも出来るし、乗馬もこなすようになった。彼女はもう何でも出来るよ」と語ったようだ。
杉本彩が自作短編小説を自らの監督・主演で映像化した「指」を収録するDVD「月刊 杉本彩」の発売記念トークショー&サイン会が7日都内で行われたようだ。
来年2月公開の西澤昭男監督によるアニメーション映画「NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞」で、津軽三味線奏者の上妻宏光が音楽を担当しているようだ。また加藤登紀子の娘Yaeが主題歌と声優を務めているらしい。
石原慎太郎の小説「弟」がテレビ朝日でドラマ化されるらしい。ジェームス三木が脚本を担当、徳重聡が石原裕次郎役を演じるほか、渡哲也らが共演するようだ。来秋、5夜連続全10時間で放送され、総製作費は15億円とか。
ピーター・ジャクソン監督の次回作「キング・コング」("King Kong")の出演候補にジョージ・クルーニーとロバート・デ・ニーロの名前が挙がっているらしい。
  12/9
電通は「2003年の話題商品・ヒット商品」を発表、7位に「トリビアの泉」、9位に「ハリー・ポッター」が入ったようだ。
コダックは、10日より都内で開催される、世界の短編映画約160本を上映する映画祭「NUEVA 2003」に、自社の有機ELパネルを提供するようだ。サイズは2インチとか。
ヴィム・ヴェンダース監督「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」("Buena Vista Social Club",1999年)に出演したキューバのピアニスト、ルーベン・ゴンサレス(Ruben Gonzalez)さんが8日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
6日公開となった、ディズニー/ピクサーアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")は、週末興収11億1620万3900円、観客動員数90万447人に達し、「千と千尋の神隠し」の10億9440万9500円、79万8281人の記録を越えたようだ。一方、同日公開のエドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")は、興収9億235万円、観客動員数62万人を記録した模様。
ブリトニー・スピアーズが韓国を訪れ、8日ソウル市内でニューアルバム"In the Zone"のPR会見を行ったようだ。ブリトニーはチマチョゴリ姿で登場したらしい。 [☆日本では振袖?]
阪本順治監督「この世の外へ クラブ進駐軍」の完成披露試写会が8日都内で行われ、萩原聖人、オダギリジョーらが舞台挨拶を行ったようだ。
香川県でロケが行われている映画「ロード88」について、中村幻児監督は「協力的で撮影しやすかった。完成したら、まず四国で先行上映したい」と語ったようだ。
米Foxが企画するタイトル未定のTVアニメのパイロット版で、リサ・クードロウが声優を務めるらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")プレミアのためベルリンを訪問中のイアン・マッケランは「シェイクスピア劇では、自然さが求められるかと思えば、次の瞬間には修辞的になり、無韻詩を吟じるかと思えば、兵士達と時の声を上げる。ガンダルフを演じるには実にいい準備だよ」と語ったようだ。
北米を除く海外週末興収は、26カ国で上映中の「ファンディング・ニモ」("Finding Nemo")が4590万ドルを記録、4週連続で1位となった模様。海外総興収は2億8340万ドルに達し、3億ドル突破は確実となったようだ。
オジー・オズボーンが交通事故に遭い、鎖骨、ろっ骨、けい椎を骨折するなどの重症を負ったようだ。命に別状はない模様。
カリフォルニア州知事選前日の10月6日に、アーノルド・シュワルツェネッガーから「ターミネーター2」の撮影中セクハラを受けたと公表した女性が8日、自分が重罪人であるかのような中傷を受けたとして、州知事と選挙スタッフに対し損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")プレミアのためベルリンを訪問中のアンディ・サーキスは、ゴラムの声について「僕は飼っている猫を観察していてその声を見つけたんだ。猫が毛玉をはく時の声が『ゴラム、ゴラム』になったんだよ」と語ったようだ。その声を出し続けるために、彼は蜂蜜やレモンやジンジャーなどから作った特製「ゴラム・ジュース」をいつも飲んでいたとか。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")プレミアのためベルリンを訪問中のピーター・ジャクソン監督は、「ホビットの冒険」("The Hobbit")の映画化について、「ロード」の主要キャラクタは登場しないものの、イアン・マッケラン演じるガンダルフやゴラム、リヴ・タイラー演じるアルウェンなどは、再び重要な役割を演じるかもしれない、と語ったようだ。
グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンは、サンタバーバラで結婚式を挙げたらしい。10分ほどの簡単な式で、友人なども呼ばなかったようだ。ハネムーンはメキシコとか。
「放浪の王者」("If I Were King",1938年)、「銃弾都市」("The Crooked Way",1949年)など、1930年代から40年代にかけて活躍した、米女優のエレン・ドリュー(Ellen Drew)さんが3日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジャスティン・ティンバーレイクが4日、エンリケ・イグレシアス、ヴァル・キルマーらとロンドンのナイトクラブでパーティをしていたとき、外に止めてあったRange Roverが盗まれたらしい。9台のパトカーで20分追跡した結果、犯人は捕まったようだ。
で、ジャスティン・ティンバーレイクはそのロンドンのパーティで、見知らぬブロンドの女性とキスしていたらしい。
Entertainment Weekly誌による投票の結果、今年ブレイクした俳優の第1位にキーラ・ナイトレイが選ばれたようだ。
「ロード・オブ・イリュージョン」("Lord of Illusions",1995年)以降監督業から遠ざかっていたクライヴ・バーカーは、Universal Picturesのホラー"Tortured Souls"で復帰する模様。
サム・ロックウェル、トム・ウィルキンソン、アマンダ・ピート、ブレンダ・ブレシン、ヒュー・ボネヴィル、オースティン・ペンドルトン、トム・ホランダーらが共演するジョン・マッケイ監督の新作コメディ"Piccadilly Jim"に、フランシス・オコナーとアリソン・ジャネイの出演が決まったようだ。
ジョン・トラヴォルタ、デニー・デヴィート、ザ・ロックの共演が決まっている、「ゲット・ショーティ」("Get Shorty",1995年)の続編"Be Cool"で、ユマ・サーマンがキャストに参加するようだ。ヴィンス・ヴォーンも出るらしい。
米Sci Fi Channelで8日から放送される「宇宙空母ギャラクティカ」("Battlestar Galactica",1978年)の新作ミニシリーズ"Battlestar Galactica"では、サイロンがセクシーなブロンド美女に"進化"しているらしい。 [☆かなり酷評されているようですが・・・]
シン・ハギュンが主演した韓国映画"Surprise Party"(2002年)がハリウッドでリメイクされるようだ。ジェシカ・アルバが主演するらしい。
福井晴敏のミステリー小説「終戦のローレライ」の映画化が決定した模様。樋口真嗣が監督を務め、役所広司、妻夫木聡が共演するようだ。総製作費12億円で、CGだけで数億円を投入する予定とか。
ルーク・ペリーが主演する「恋人たちの予感」("When Harry Met Sally...",1989年)の舞台版で、キャメロン・ディアスとリース・ウィザースプーンがサリー役の候補に挙がっているらしい。
バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演による新作"Alexander the Great"は、製作中止の可能性もあるらしい。
ソフィア・コッポラとスパイク・ジョーンズが5日、離婚の手続きに入ったようだ。
ウェイン・クラマー(Wayne Kramer)監督の新作コメディ"The Cooler"でマリア・ベロと共演したウィリアム・H・メイシーは、ヌード・シーンについて「死ぬほど脅えたよ」と語ったようだ。
マリリン・モンローが「七年目の浮気」("The Seven Year Itch",1955年)で着用していたピンク色のサテン・ショールがビバリー・ヒルズでオークションにかけられ、5万8750ドルで落札されたらしい。また「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind",1939年)のポスターや「エイリアン」("Alien",1979年)でシガニー・ウィーヴァーが着用していた白いデニムの制服なども出品されたようだ。
アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"のワールド・プレミアが7日ハリウッドで開催され、ニコール・キッドマン、ジュード・ロウ、レニー・ゼルウィガーらが出席したほか、エイドリアン・ブロディ、リッキー・マーティンらがゲストとして会場を訪れたようだ。
米Newsweek誌による今年の映画トップ10が発表され、シャリ・スプリンガー・バーマン(Shari Springer Berman)監督、ポール・ジアマッティ主演"American Splendor"が1位に選ばれたようだ。
1. American Splendor
2. The Lord of the Rings: The Return of the King 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
3. Lost in Translation 「ロスト・イン・トランスレーション」
4. Finding Nemo 「ファインディング・ニモ」
5. School of Rock 「スクール・オブ・ロック」
6. Mystic River 「ミスティック・リバー」
7. The Man on the Train 「列車の男」
8. In America 「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」
9. Dirty Pretty Things
10. The Barbarian Invasions 「みなさん、さようなら。」
  12/10
「花の白虎隊」(田坂勝彦監督,1954年)、「悪名」(田中徳三監督,1961年)、「座頭市物語」(三隅研次監督,1962年)、「兵隊やくざ」(増村保造監督,1965年)など勝新太郎主演作38作品を連続上映する「追悼七回忌 勝新太郎映画祭」が、13日から大阪市のシネ・ヌーヴォで開催されるようだ。田中徳三監督のトークも予定されているらしい。
「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の第13シーズン全22話が、来月19日からCATV局/CS局のFOXで独占放送されるようだ。
シチズンCBM株式会社は、石原裕次郎をイメージした「Yujiroカジュアルウオッチ」2モデルを、15日から石原裕次郎記念館で計4000個限定で販売する、と発表したようだ。
12日発売の、江守徹の朗読によるCD「ハリー・ポッターと賢者の石」は10枚組みで6800円、収録時間は10時間10分にもなるらしい。第2巻以降も発売予定とか。
先月21日から韓国で上映中のパク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」は、3週連続週末興収1位を記録、総観客動員数は8日までに200万人を突破したらしい。
ロマのフ比嘉が手掛けたインディーズアニメ「URDA-ウルダ-」がDVD化されたようだ。
1月に閉館した「京都朝日シネマ」の元支配人神谷雅子は、来年12月に「京都シネマ」を新たにオープンさせるようだ。
来月のサンダンス映画祭の短編映画部門で上映される86作品が、3389本の応募作品の中から選ばれたようだ。アンドリュー・ジャレッキ(Andrew Jarecki)監督の"Just a Clown"、ハンク・アザリアが手掛けた"Nobody's Perfect"なども含まれているらしい。
アダム・サンドラーの制作会社は、2人組女性コメディアンのダナ・グッドマン(Dana Goodman)とジュリア・ウォロヴ(Julia Wolov)が主演するシチュエーション・コメディ番組を手掛けるようだ。まもなく米WBがパイロット版の制作を依頼する模様。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)のDVDとVHSが米国でリリースされ、発売第1週で合わせて1100万本の売り上げを記録、「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)の1000万本の記録を更新した模様。セルとレンタルを合わせた売上高は2億4000万ドルを上回ったらしい。
米HBOが7日放送した、マイク・ニコルズ監督、アル・パチーノ、エマ・トンプソン、メリル・ストリープ共演のミニシリーズ"Angels in America"は、平均視聴者数420万人を記録した模様。一方、Sci Fi Channelで8日放送された"Battlestar Galactica"は平均視聴者数390万人だったらしい。
ネーヴ・キャンベルは、無声映画時代に活躍した女優ルイーズ・ブルックス(Louise Brooks,1906-1985)の生涯を描いた、ピーター・ニコヴィッツ(Peter Nickowitz)とビル・オリヴァー(Bill Oliver)の脚本"Lulu"を獲得した模様。自ら主演で映画化するようだ。
ショーン・コネリーの次回作は、「スティング」("The Sting",1973年)風の詐欺映画"The Picaresque Revenge"になる模様。
メル・ギブソン監督"The Passion of Christ"が先週末、ヴァチカンで強い影響力を持つ人物らを招いて上映され「全員が好意的に受け止め、作品を認めた」らしい。
Fine Line Featuresが企画する、1920年代のパリ文学界に影響を与えた実在の人物を描く文学ドラマ"Harry & Caresse"で、ラッセ・ハルストレムが監督に向けて交渉中のようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は9日、CNNに対し「35年間この国にいて、告訴されたことはなかった。それが、選挙の数日前に突然16人の女性が告訴したのは、奇妙と言うほかない」と語り、これ以上の調査は行わないと明言したようだ。
12日からロサンゼルスで行われるオークションに出品される、「グリーン・ホーネット」("The Green Hornet",1966-1967年)でブルース・リーが運転した「Black Beauty」は、20万ドルから30万ドルの間で落札されると予想されているようだ。また、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」("Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back",1980年)で使用されたダース・ベイダーのヘルメットや、「アンタッチャブル」("The Untouchables",1987年)でロバート・デ・ニーロが着用したアルマーニのタキシード、「ゴッドファーザーPARTII」("The Godfather: Part II",1974年)でアル・パチーノが着ていたジャケット、「ターミネーター2」("Terminator 2: Judgment Day",1991年)でアーノルド・シュワルツェネッガーが使用したショットガン、カルトSF"The Creature Walks Among Us"(1956年)のポスターなども出品されるらしい。
マリア・シュライヴァーは9日、サクラメントで行われた女性達の集いに参加「2週間前に(NBCの)仕事に復帰しました。ニュースルームに戻ったとき、ホッとして、くつろぐことが出来ました。私はジャーナリズムという職業を愛していますし、語りたいことはたくさんあります」と語ったようだ。
今年の賞の中止を発表していたロサンゼルス映画批評家協会(Los Angeles Film Critics Association)は9日、米映画協会(MPAA)によるビデオ配布禁止措置が差し止めとなったことを受け、賞の投票を再開すると発表したようだ。今後の日程はまだ未定の模様。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)は、来月12日からロサンゼルスで撮影が始まるインディ作品"Odd Girl Out"で、ビジュー・フィリップス(Bijou Phillips)と共演するようだ。
英国週末興収は、リチャード・カーティス監督、ヒュー・グラント、エマ・トンプソン共演のロマンチック・コメディ「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually")が320万ポンドを記録、3週連続1位となったようだ。英国での総興収は2110ポンドに達した模様。一方、ディズニー・アニメ「ブラザー・ベア」("Brother Bear")は88万7000ポンドで初登場5位となったらしい。
自らの体験を基に描いた新作「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")について、ジム・シェリダン監督は「自分自身の物語を書こうとして初めて、現実の生活に(映画にあるような)プロットの転換点なんて無いんだという事に気づいたよ」と語ったようだ。
米DVDレンタル会社Netflix主催による、映画連続鑑賞の世界記録に挑戦するイベントが5日からニューヨークで開催され、11人が66時間30分の新記録を達成したようだ。「アニー・ホール」("Annie Hall",1977年)、「バックドラフト」("Backdraft",1991年)、「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz",1939年)、「博士の異常な愛情」("Dr. Strangelove Or: How I Learned To Stop Worrying And Love The Bomb",1964年)、「ラン・ローラ・ラン」("Lola Rent",1998年)など約35本を鑑賞、11人にはNetflixの終身会員権が贈られたらしい。 [☆オランダでは14日から連続70時間への挑戦が始まります・・・]
「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")で共演したトム・クルーズと渡辺謙は、合戦のシーンで監督から2人の馬を近づけるように繰り返し言われたとき、2人でカーペンターズの"Close to You"を大声で歌ったとか。また、真田広之とクルーズは「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の"Suddenly Seymour"を一緒に歌ったらしい。
"The Ellen DeGeneres Show"(2003年-)に出演したグウィネス・パルトロウは、司会のエレン・デジェネレスから、1145ドルもする高級ベビーカーをプレゼントされたらしい。デジェネレスは「とっても乗り心地がいいのよ!それに、全体を覆うことが出来るからパパラッチも退散。女王も使っているのよ」と語ったとか。
レニー・クラヴィッツは、ニューヨークのクラブでブラジル人女性アーティストIsis Arrudaと一緒にいるところをパパラッチされたらしい。
第11回Divine Design Galaが4日サンタモニカで開催され、エイドリアン・ブロディ、サラ・ミシェル・ゲラーらが最もスタイリッシュなセレブとして表彰されたらしい。
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー兄弟監督・脚本の新作"Stuck on You"でシャム双生児を演じたマット・デイモンとグレッグ・キニアは、特殊メイクに12時間かかるため、毎朝3時にはセットに入らなくてはいけなかったとか。
タトゥを主人公にしたアニメーション映画「t.A.T.u. PARAGATE」が日露共同で製作されるらしい。製作費5億円で、来年11月公開予定とか。 [☆その時までタトゥが存在してればいいですケド・・・]
ジェリー・サインフェルドは、米DreamWorksによるCGアニメ"Bee Movie"で、監督・脚本・主演を務めるようだ。
ウィル・フェレル、ロバート・デュヴァルが共演するタイトル未定のサッカー・コメディで、「トスカーナの休日」("Under the Tuscan Sun",2003年)に出演したケイト・ウォルシュ(Kate Walsh)が出演交渉中のようだ、
「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の新シーズンでは、メル・ギブソン、ブリトニー・スピアーズ、ドリュー・バリモア、エドワード・ノートンらの出演が予定されているとか。
  12/11
中塚睦子の製作・脚本・主演による日中合作映画「藍い月」が7日、那覇市のジャズライブハウスで上映され、中塚睦子のライヴも行われたようだ。
ホウ・シャオシェン監督「ミレニアム・マンボ」("Millennium Mambo",2001年)にも登場した、夕張市「キネマ街道」の居酒屋「滝見」は、9月に取り壊されて今はもうないらしい。 [☆知らなかった・・・]
「金色夜叉」(清水宏監督,1937年)、「戸田家の兄妹」(小津安二郎監督,1941年)、「わが恋は燃えぬ」(溝口健二監督,1949年)、「麦秋」(小津安二郎監督,1951年)、「女王蜂」(田口哲監督,1958年)など100本以上の映画作品で音楽を手掛け、今秋96歳で亡くなった作曲家の伊藤宜二の著作権使用料が、故郷の島根県瑞穂町に贈られることになったようだ。
中村獅童が、来年5月公開予定の奥秀太郎監督「赤線」で映画初主演を務めているようだ。既に撮影は終了しているらしい。
石橋義正監督によるマネキン・ドラマ「オー! マイキー」の未公開作品3本を再編集し映画化した作品が、来年2月に開催される第54回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品されるらしい。マイキーら主要キャストも"出席"する予定とか。
NHK衛星第2で28日、特別番組「まるごと大全集 永遠のヒーロー 石原裕次郎」が放送されるようだ。中山季征とコロッケが司会を務め、石原まき子、渡哲也、峰竜太らが出演するとか。また、25日からは「憎いあンちくしょう」(蔵原惟繕監督,1962年)など、主演映画6作品も放送されるらしい。
手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に出演する金子昇と吉岡美穂のトークショーが10日、HMV渋谷で行われたようだ。
香港映画界のカースタントの第一人者として映画やドラマで活躍した、ブラッキー・コー(柯受良)さんが9日亡くなった(51歳)。ご冥福をお祈りいたします。
J・K・ローリングの父親が「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」などの初版本4冊をオークションに出品、総額8万7600ドルで落札されたらしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の米国でのレンタル売り上げは5日間で1950万ドルに達したようだ。
アシュトン・カッチャー次回作は、ケイティ・ホームズの主演が主演候補に挙がっているDisneyのコメディ"A Lot Like Love"になる模様。「カレンダー・ガール」("Calendar Girls",2003年)のナイジェル・コールが監督を務めるようだ。
アン・ハサウェイ主演による「プリティ・プリンセス」("The Princess Diaries",2001年)の続編に、TVドラマなどで活躍する英国俳優カラム・ブルー(Callum Blue)の出演が決まったようだ。ジュリー・アンドリュースも引き続き出演する模様。
クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演による"Batman: Intimidation Game"に、「28日後...」("28 Days Later",2002年)に主演し、バットマン役の候補にも挙がっていたキリアン・マーフィが出演するらしい。さらに、ヴィゴ・モーテンセンが悪役候補に挙がっているようだ。
Disneyの新作アニメ"Chicken Little"で、「マンハンッタン殺人ミステリー」("Manhattan Murder Mystery",1993年)などに出演し、新作"Garden State"で映画監督デビューを果たすザック・ブラフ(Zach Braff)が、主役の声を務めるようだ。ジョーン・キューザック、スティーヴ・ザーン、ドン・ノッツ、エイミー・セダリス、ヘイリー・マーシャルらも声優として参加するらしい。
サンドラ・ブロック主演による「デンジャラス・ビューティー」("Miss Congeniality",2000年)の続編の監督は、「リーマン・ジョー!」("Joe Somebody",2001年)を手掛けたジョン・パスキン(John Pasquin)に決まったらしい。
ロバート・ベア(Robert Baer)の回想録"See No Evil: The True Story of a Ground Soldier in the Cia's War on Terrorism"が、「トラフィック」("Traffic",2000年)の脚本でオスカーを獲得したスティーヴン・グラハンの監督・脚本、ジョージ・クルーニーの主演で映画化されるらしい。
米音楽プロデューサーのフィル・スペクター宅で女優ラナ・クラークソンが射殺死体で発見された際、彼の運転手は警察に、フィル・スペクターが銃を手に家から出てきて「僕は彼女を撃ってしまったようだ」と言った、と伝えていたようだ。
アリシア・キーズのニューアルバム"The Diary of Alicia Keys"が、全米アルバムチャート初登場1位を記録したようだ。61万8000枚の売り上げを記録したらしい。
デヴィッド・リンチ監督は、ワシントンの不動産開発会社らと共同で、超越瞑想法(Transcendental Meditation)のインストラクターを養成する学校を設立するための資金を募っているようだ。この瞑想法により、暴力や戦争、テロなどが減少する、といった効果が期待できるらしい。
先月、クリスチャン・スレイターに怪我を負わせ、家庭内暴行の容疑で逮捕された妻のライアン・ハドン(Ryan Haddon)は、証拠不十分で不起訴となったようだ。
ニコール・キッドマンは、クリスマスをトム・クルーズや子供たちと一緒にフィジーで過ごすようだ。ペネロペ・クルスやレニー・クラヴィッツにも声をかけているらしい。
フランカ・ポテンテは、ベルリンの写真家オラフ・ハイネ(Olaf Heine)と交際中らしい。ドイツのムンスターで開催された新作"Blueprint"のプレミアにハイネ氏同伴で出席したポテンテは、報道陣の前で「見て、私の彼よ」と言ったとか。
製作中止か?と伝えられたレオナルド・ディカプリオ主演の"Alexander the Great"について、製作のディノ・デ・ラウレンティスは「全くのデタラメだ。バズ・ラーマンは脚本を完成させている」と語ったようだ。撮影は2005年に始まるらしい。 [☆2005年??]
アネット・ベニングとベン・キングズレイは、フィリス・ナジー(Phyllis Nagy)が初監督を務めるインディ作品"Mrs. Harris"で共演するようだ。"The Complete Scarsdale Medical Diet"などの著書で知られる心臓内科医のハーマン・ターノワー(Herman Tarnower)と彼を殺害した元恋人ジーン・ハリス(Jean Harris)を描く作品らしい。
アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"のプレミアに出席したニコール・キッドマンは「(レニー・クラヴィッツと)結婚する予定はないわ。指輪もないでしょう?」と発言したらしい。
「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity",2002年)の続編"The Bourne Supremacy"撮影中のマット・デイモンは、ハリウッドで最も堅実な男性の一人と言われていることについて「僕は世界一のナイス・ガイというわけじゃないけど、他の人と比べれば、そうなのかもしれない。人々への礼儀をわきまえ、プロに徹することは、それほどエネルギーを必要としないよ」と語ったようだ。
別れたと伝えられたドリュー・バリモアとファブリツィオ・モレッティは、再びくっついたらしい。
いしだ壱成は、来夏公開予定の映画「インディアン・サマー」で主演を務めるらしい。11日から群馬県で撮影が始まるようだ。
シドニー・ポラック監督、ニコール・キッドマン主演による国連を舞台にした新作スリラー"The Interpreter"で、ショーン・ペンが共演するらしい。
アンディ・バーマン(Andy Behrman)の自伝「エレクトロボーイ 躁鬱病をぶっとばせ」("Electroboy")が映画化されるらしい。トビー・マグワイアとMaguire Entertainmentが製作に参加、マグワイアが主演を務める模様。
ジェニファー・ガーナー主演の人気TVシリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)に、イザベラ・ロッセリーニがゲスト出演するらしい。
ヘレン・ミレンがチャールズ英皇太子からデイムの称号を授与されたようだ。
ホイットニー・ヒューストンは7日、夫ボビー・ブラウンがら殴られたとして、警察に通報したらしい。
  12/12
森崎東監督、原田芳雄、倍賞美津子共演「ニワトリはハダシだ」が、来年2月開催の第54回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品されるらしい。
エレクトロニック・アーツは、アクションアドベンチャーゲーム「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」を来月8日に発売すると発表したようだ。
AIIは、「冬のソナタ」韓国オリジナルノーカット版を12日からネット配信するらしい。
織田裕二の写真集「COLORS」が12日発売されるようだ。全国ツアーや、「踊る大捜査線 THE MOVIE2」などに密着して撮影されたとか。
日本テレビは11日、放送延期を決めた「戦後最大の疑獄事件!ドラマ…ロッキード事件」に替えて、29日午後時からは当初27日放送予定だった「九死に一生スペシャル」を放送、27日には「明日があるさ THE MOVIE」(岩本仁志監督,2002年)を放送する、と発表したようだ。
佐々部清監督「半落ち」の完成披露試写会が11日都内で行われ、寺尾聰、柴田恭兵、伊原剛志、鶴田真由らが舞台挨拶に立ったようだ。
ディズニーアニメ「ブラザー・ベア」("Brother Bear")の日本語吹替版で、森光子が声優として参加、東山紀之との声の共演を果たすようだ。
パリの国立ギメ東洋美術館は12日、「大人の見る絵本 生れてはみたけれど」(1932年)など小津安二郎監督作品2本を上映するようだ。
クリスチャン・フレイ監督「戦場のフォトグラファー」("War Photographer",2001年)に出演した戦争カメラマンのジェイムズ・ナクトウェイ(James Nachtwey)が10日、バグダッドで米兵と共に車両で移動中、投げ込まれた手榴弾が爆発し、負傷したようだ。同行していた米Times誌の記者は重症を負った模様。
小津安二郎監督生誕百年を記念する国際シンポジウム「OZU2003」が11日都内で始まり、蓮実重彦、岡田茉莉子、アッバス・キアロスタミらが参加したようだ。
第24回青龍映画賞授賞式が11日ソウル市内で開催され、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が監督賞、主演男優賞(チェ・ミンシク)、助演女優賞(カン・ヘジョン)の3部門を獲得、キム・キドク監督「春夏秋冬、そして春」が作品賞に選ばれたようだ。
田口トモロヲ監督「アイデン&ティティ」は、主演峯田和伸の出身地、山形県でも27日から公開されるようだ。当日夜には峯田和伸と田口監督による舞台挨拶も予定されているらしい。
小津安二郎監督の生誕100年を記念して製作された、ホウ・シャオシェン監督「珈琲時光」の完成披露試写が12日都内で行われ、主演の一青窈、浅野忠信らが監督と共に舞台挨拶に立ったようだ。
ミック・ジャガーは12日、チャールズ英皇太子からナイトの爵位を授与されたようだ。
薬物所持で起訴されているコートニー・ラヴの予備審問が、予定されていた11日から来月27日に延期されたらしい。理由は明らかにされなかった模様。
現在ケイマン諸島で撮影中の、オーランド・ブルーム、ビル・パクストン共演、フランク・E・フラワーズ(Frank E. Flowers)監督の新作"Haven"に、アグネス・ブルックナー、ボビー・カナヴェイル(Bobby Cannavale)、ロバート・ウィズダム(Robert Wisdom)、キャロライン・グッドール(Caroline Goodall)の出演が決まったようだ。
米NBCの人気TVシリーズ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のクリエイター、デヴィッド・コーハン(David Kohan)とジェイソン・"マックス"・マチニック(Jason "Max" Mutchnick)の2人は11日、番組の収益に見合った報酬が支払われていないとして、NBCとNBCスタジオに対する訴訟を起こした模様。
ロバート・レッドフォード、ヘレン・ミレン共演の新作"The Clearing"が、来月15日開幕のサンダンス映画祭でプレミア上映されるらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man II")の予告篇が米東部時間の15日12時1分、北米、南米、欧州およびアジアの13カ国に向けてインターネット上で公開されるらしい。
World Wrestling Entertainment(WWE)は、ホラー映画を製作するらしい。タイトルは未定で、メイン・キャラクタは、フレディやジェイソンのような、無慈悲で執拗で凶暴で残酷な怪物になるとか。
"Blade: Trinity"に出演するライアン・レイノルズは、同じNew Line Cinemaによる新作"Sex Talk"で主人公のスポーツ・レポーターを演じる模様。
BetWWTS.comでのオスカー・レースのオッズは、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が1番人気になっているらしい。作品賞では「ミスティック・リバー」("Mystic River")、"Cold Mountain"、"Big Fish"なども人気とか。
交通事故で重症を負ったオジー・オズボーンは事故直後、呼吸停止状態に陥っていたらしい。近くにいた警備員の蘇生措置によって一命を取り留めたとか。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、「ピンクパンサー」シリーズや、「ティファニーで朝食を」("Breakfast at Tiffany's",1961年)、「追跡」("Experiment in Terror",1962年)、「テン」("10",1979年)、「ビクター/ビクトリア」("Victor/Victoria",1982年)などの作品で知られる映画監督・脚本家のブレイク・エドワーズに、アカデミー賞名誉賞を授与すると発表したようだ。
ヒュー・ジャックマン主演のブロードウェイ・ミュージカル"The Boy from Oz"は、週末にかけての大雪にもかかわらず、先週1週間の興収が89万4330ドルに達し、感謝祭を含む前週の88万8023ドルを上回ったようだ。
エルヴィス・コステロとカナダ人ジャズ・シンガーのダイアナ・クラールが6日、英国のエルトン・ジョン邸で結婚式を挙げたようだ。ポール・マッカートニーらも出席したらしい。
英国映画産業界が組織する著作権侵害対策連盟(Federation Against Copyright Theft)は、12日より「海賊版撲滅キャンペーン」をスタートさせる模様。30秒間のCMを劇場で上映し、海賊版が年間4億ポンドの損失をもたらしていることを訴えるようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のプレミアが11日ロンドンで開催され、リヴ・タイラー、オーランド・ブルーム、イアン・マッケランらが会場を訪れたようだ。
ニコール・キッドマンは「私は仕事をして、子供を育て、そしていつかまた愛し愛される人を見つけたいと思っています。私は妻としての生活を楽しんだし、結婚生活も家庭も好きです。私はまだ、結婚というものを信じています」と語ったようだ。
新作"Jersey Girl"で再びベン・アフレックと共演したリヴ・タイラーは「初めて撮影に参加した日、朝の6時にロケが始まったとき外にはもう300人くらいのファンがいたわ。昼過ぎには1000人近くの人が通りに溢れて、放送局の車やパパラッチも集まってきたから、私は彼に『ベンジー、あなたがこんなに有名だったなんて知らなかったわ』と言ったの。まるで彼がThe Beatlesみたいに、みんな夢中になって、叫んだり泣いたりしていた。あんな光景は初めて見たわ」と語ったらしい。
米Lycosは今年の検索キーワードベスト100を発表、映画タイトル関連では、昨年1位の"Dragonball"は3位、"The Matrix: Reloaded/Revolutions"が12位、"Harry Potter"が13位、"X2: X-Men United"が35位、"Pokemon"が58位、"Star Wars"が68位、"2 Fast 2 Furious"が77位、"Star Trek"が96位となったようだ。
短編オムニバス映画第3弾「Jam Films S」がクランクアップしたようだ。行定勲、堤幸彦、北村龍平らに指名された新鋭監督7人が作品を手掛けたらしい。
マイケル・ケイン、ローレンス・オリヴィエが共演した「探偵スルース」("Sleuth",1972年)のジュード・ロウ主演によるリメイクに、マイケル・ケイン自身も、当時のオリヴィエが演じた役で出演するらしい。スティーヴン・フリアーズが監督を務めるようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")に、原作者J・R・R・トールキンのひ孫ロイド・トールキンが出演しているらしい。
  12/13
広末涼子が妊娠、モデル兼デザイナーの岡沢高宏と結婚するらしい。
東宝は12日、2004年〜2005年公開の新作ラインナップを発表、宮崎駿監督の新作「ハウルの動く城」について鈴木敏夫プロデューサーは「年内に絵コンテが完成することを祈ってます。宮崎監督には正月返上で頑張って欲しい」とコメントしたらしい。また、江国香織原作「東京タワー」、人気コミックの映画化「劇場版NARUTO-ナルト-」などが発表されたらしい。
フォン・シャオガン監督の新作「手機」の北京プレミアが16日開催されるようだ。
「フリー・ウィリー」("Free Willy",1993年)とそのシリーズに出演したシャチのケイコ(Keiko)が11日亡くなった(27歳)。ご冥福をお祈りいたします。
週末全米公開作品では、アカデミー賞有力作品の一つと噂されているダイアン・キートン、ジャック・ニコルソン共演の"Something's Gotta Give"、マット・デイモン、グレッグ・キニア共演によるファレリー兄弟作品"Stuck on You"、ニック・キャノン主演のティーン向けロマンス"Love Don't Cost a Thing"などが注目を集めそうだ。
ニュー・ラテンアメリカ映画祭(New Latin American Film Festival)がハバナで開催され、フェルナンド・ペレス(Fernando Perez)監督によるキューバ映画"Suite Habana"が、作品賞、監督賞、音楽賞などを獲得したようだ。
ジェニファー・ロペスの元夫のクリス・ジャッドは、米CATV局Bravoの人気番組"Queer Eye for the Straight Guy"に登場する5人のゲイFab Fiveの一人カーソン・クレスレイ(Carson Kressley)から恋愛についてアドバイスを貰ったらしい。ジャッドが「愛を維持していくにはどうすれば良いのか?」という問いにクレスレイは「はき慣れたお気に入りのジーンズを洗濯機に放り込んだりしないで、ドライクリーニングに出すでしょ。愛を維持するには努力が必要なの。全ての力を注ぎ込まなくてはいけないわ」と答えたとか。
マギー・ギレンホールは「下着を着けていないかもしれないと思わせるのもセクシーだと思うけど、コットンの下着がはっきりと透けて見えるのもセクシーだと思うわ」と語ったらしい。
「ハリウッドの妻たち」("Hollywood Wives")など映画業界の内幕を描いた小説で知られる作家のジャッキー・コリンズ(Jackie Collins)は、「私はジェニファー・ロペスと(元夫の)P・ディディが2人きりでいるところを見たわ。ジェニファーの心は今もディディにあるし、彼の元へと戻っていくでしょう」と語ったらしい。
トム・クルーズ降板の後"Cold Mountain"への出演を決めたニコール・キッドマンは「もし私達が別れていなかったとしても、もう一緒に映画を撮りたくはなかった」と語ったようだ。
ベン・アフレック「デアデビル」("Daredevil",2003年)の続編について「何も聞いてないよ。ケヴィン・スミスの脚本だったらやってもいいけど。僕がシリーズを復活させ始めたとしたら、それは僕のキャリアが本当に落ち目だということだよ」と語ったようだ。
宮崎信恵監督のドキュメンタリー映画「風の舞―闇を拓く光の詩」の上映会が12日、都内の早稲田大学で行われ、作品で詩の朗読を務めた吉永小百合が参加したようだ。
東宝は12日、ゴジラ映画50周年記念超大作「THE GODZILLA」の製作を発表した模様。
夏目雅子が出演した「二百三高地」(1975年)、「トラック野郎 男一匹桃次郎」(1977年)、「鬼龍院花子の生涯」(1982年)、「大日本帝国」(1982年)の東映4作品が21日DVDで発売されるらしい。来年6月30日までの売り上げの一部は、骨髄バンクの運営資金として寄付されるようだ。
日活撮影所の横浜への移転計画は白紙撤回となった模様。日活労働組合が、新藤兼人、岡本喜八、大林宣彦、山田洋次、森繁久彌、浅丘ルリ子、吉永小百合、竹中直人らおよそ1万人の映画関係者の名前と共に今年10月に提出した「日活調布撮影所を守る緊急アピール」を受け、会社側が撤回を決めたようだ。
アシュトン・カッチャーは、司会を務める米MTVの人気TV番組"Punk'd"を今シーズンで降板すると発表したようだ。20日の放送が最終回で、ビヨンセ・ノウルズが最後の犠牲者らしい。ただしMTVのサイトによると「ご心配なく。新シーズンは3月スタート」とか。
今月6月のロンドン発東京行きVirgin Atlanticの機内で、酒に酔って男性客に暴力を振るったとして起訴されていたヴィニー・ジョーンズは12日、裁判で起訴事実を認めたようだ。
米HBOは、ニック・スタール、クレア・デュヴァル、エイミー・マフィガンらが共演した、大恐慌時代のサーカスを舞台にしたTVドラマ"Carnivale"(2003年-)について、シリーズ継続を決定した模様。来シーズンに向け、13エピソードの制作を発注したらしい。
"Access Hollywood"に出演した、現在妊娠中のデブラ・メッシングは「ブルーベリー入り健康シリアル段階の時は1日3回食べてたわ。それからビッグ・バーガー段階が終わって、今はピザがいいわね。最近はブドウも好き」と語ったようだ。
新作"Something's Gotta Give"でダイアン・キートンと共演したジャック・ニコルソンは「彼女って素晴らしいだろ?彼女を見てごらん。彼女のコンディションは最高だよ」と語ったようだ。ただし、彼女の裸を見たのはスクリーン上だけで、その時現場にはいなかったとか。
  12/14
高杉亘と高田聖子が12日入籍したようだ。13日行われた手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の初日舞台挨拶で発表したらしい。
田中光敏監督「精霊流し」が13日初日を迎え、さだまさし、内田朝陽、松坂慶子、高島礼子、池内博之らが舞台挨拶に立ったようだ。
犬童一心監督「ジョゼと虎と魚たち」が13日初日を迎え、妻夫木聡、池脇千鶴らが舞台挨拶に立ったようだ。
シリアで開催されていた第13回ダマスカス映画祭で13日、北野武監督「Dolls」(2002年)が最優秀賞を獲得した模様。
BBCの調査によると、英国での愛読書第1位はJ・R・R・トールキン「指輪物語」だったようだ。J・K・ローリング「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が5位に入ったらしい。
台湾のアカデミー賞にあたる第40回台湾金馬奨の授賞式が13日開催され、アンドリュー・ラウ監督、トニー・レオン主演「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs / 無間道")が作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞(アンソニー・ウォン)など主要部門を独占したようだ。
新作"Mona Lisa Smile"のプレミアに、ショートヘアで現れたキルスティン・ダンストは「ちょっと今ショックなの。この小さな丸い顔と、その上にある奇妙なもののことで頭がいっぱいよ。いつかは気に入るようになると思うけど」と語ったようだ。
3人の小さなハリウッド俳優の仕事と生活を描くリアリティ・コメディ番組"Life is Too Short"に、ヴァーン・トロイヤーの出演が決まったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のプレミアのためロンドンを訪れていたリヴ・タイラーは、その後すぐ、大ファンのロックバンドKings of Leonのライヴを見に行ったようだ。ケイト・モス、ステラ・マッカートニー、サディ・フロストらも会場を訪れたとか。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで共演したイライジャ・ウッド、ビリー・ボイド、ドミニク・モナハンの3人は、共同でニュージーランドに家を買うことを計画しているらしい。イライジャ・ウッドは「この国とのつながりを失いたくないのです」と語ったようだ。
広末涼子は、香港のリー・チーガイ監督による新作「その時、私は死ぬことにした」のオファーを受けていたものの、妊娠を理由に辞退していたらしい。
ゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")プロモーションのため、トビー・マグワイアが来月13日に来日することが決まったようだ。
  12/15
都内の夜間中学に通う生徒と教師の姿を1年半にわたって記録した、森康行監督のドキュメンタリー映画「こんばんは」の上映会が10日、那覇市内で行われたようだ。
広末涼子は15日、岡沢高宏との結婚を正式に発表したようだ。出産は、来年5月になる模様。
広末涼子は、結婚・出産後も女優行を続ける模様。
来年2月19日より開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭2004の上映作品が15日発表されたようだ。ディズニーアニメ「ブラザー・ベア」や庵野秀明監督「キューティーハニー」など約50本が上映されるらしい。
高松信司監督「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!」の完成試写会が14日都内で行われ、ラサール石井、森尾由美森尾由美らが舞台挨拶に立ったようだ。
新聞之新聞社主催「社会部長が選ぶ今年の10大ニュース」が15日発表され、「番外」の1位に「宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』にアカデミー賞」が選ばれたようだ。
米国によるフセイン元大統領の拘束作戦の作戦名は"Red Dawn"で、チャーリー・シーン主演の映画「若き勇者たち」("Red Dawn",1984年)からとられたらしい。
先日亡くなったシャチのケイコの葬儀が15日、ノルウェーのフィヨルド近くで営まれたようだ。
オジー・オズボーンとケリー・オズボーンがデュエットした"Changes"が、英国ヒットチャートでNo.1になったようだ。
16日米国で発売されるゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")のDVDには、一般的な監督自身のオーディオコメンタリーではなく、ロス監督とスティーヴン・ソダーバーグとの対談が収録されているらしい。「自分の映画についての監督の無駄話より、映画製作者同士の会話を聞く方が面白いと思ったんだ」とロス監督は語ったようだ。
マーティン・スコセッシ監督"The Aviator"に出演する、ジョン・ヒューストン監督の息子のダニー・ヒューストンは、作品に登場する実在の人物についてこう語ったようだ。「例えば、(映画ではケイト・ベッキンセイルが演じる)エヴァ・ガードナーは僕の初恋の人だよ。僕が11歳くらいの時、彼女とロンドンで時を過ごしたんだ。彼女がDr. Schollsを履いていたのを覚えてるよ。ファッションは最高に魅力的というわけではなかったけど、彼女自身は本当に素敵な人だった。僕は母親に顔をひっぱたかれて言われたよ『しっかりしなさい。彼女はエヴァ・ガードナーなのよ』」
トーマス・マッカーシー監督のデビュー作"The Station Agent"で注目を集めた主演のピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)は「それは個人的なプロジェクトで、お金のためじゃなく、気の合う友達と映画を作りたかっただけなんだ。でも、みんながどうやって映画を作っているのか全然知らなかった」と語ったようだ。
米国映画協会(American Film Institute)は14日、今年の映画ベスト10を発表したようだ。(以下アルファベット順、順位はなし)
・American Splendor
・Finding Nemo 「ファインディング・ニモ」
・The Human Stain 「白いカラス」
・In America 「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」
・The Last Samurai 「ラスト・サムライ」
・The Lord of the Rings: The Return of the King 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
・Lost in Translation 「ロスト・イン・トランスレーション」
・Master and Commander: The Far Side of the World 「マスター・アンド・コマンダー」
・Monster 「モンスター」
・Mystic River 「ミスティック・リバー」
全米週末興収は、ダイアン・キートン、ジャック・ニコルソン、キアヌ・リーヴス共演のロマンチック・コメディ"Something's Gotta Give"が1700万ドルで初登場1位を記録した模様。マット・デイモンとグレッグ・キニアが共演したファレリー兄弟の新作"Stuck on You"は1000万ドルで3位、ニック・キャノン、クリスティーナ・ミリアン共演"Love Don't Cost a Thing"は653万ドルで4位のスタートとなった模様。
新作"The Aviator"にヒロイン役で出演するグウェン・ステファニーは、友人の写真家ハーブ・リッツ(Herb Ritts)が撮影した彼女の写真がTeen Vogue誌に掲載され、それがマーティン・スコセッシ監督の目に留まって出演が決まったらしい。
ブリトニー・スピアーズは、元恋人ジャスティン・ティンバーレイクと交際中のキャメロン・ディアスへのあてつけで、ディアスの元恋人ジャレッド・レトとデートしている、という一部の報道に対し「彼とのデートなんて考えたこともないわ」と否定したようだ。
アシュトン・カッチャーはデミ・ムーアに、結婚したら子供が欲しい、と言っているらしい。
上映時間約3時間20分となる「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")について、欧州の劇場ではインターミッションが挿入されるらしい。
"Bridget Jones: The Edge of Reason"に主演するレニー・ゼルウィガーは、追加撮影の可能性があるため、撮影終了後もしばらく体重を維持することになるらしい。
中断していたテリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演"The Man Who Killed Don Quixote"の製作が、来年再開されるらしい。
ゴールデン・グローブ賞の裏側を描くドキュメンタリー番組"The Golden Globes: Hollywood's Dirty Little Secret"が14日、米CATV局で放送されたようだ。監督とナレーションを務めたVikram Jayantiは「"裸の王様"の物語です。(主催するハリウッド外国人記者協会(Hollywood Foreign Press Association)のことを)我々は何百人もの一流ジャーナリストや批評家で構成された権威ある組織だと思い込んでいるのです」と語ったようだ。
100円ショップ「ザ・ダイソー」は、1枚300円のDVDシリーズ「世界名作アニメーション」を発売したようだ。米国で製作されたアニメ作品で「シンドバッドの冒険」、「ポカホンタス」、「ノートルダムの鐘」など20タイトルが用意されているとか。
清水崇監督によるハリウッドリメイク版「The Juon / 呪怨」("The Grudge")で、サラ・ミシェル・ゲラーが主演候補に挙がっているらしい。
  12/16
「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)のオードリー・ヘプバーンをあしらった営団地下鉄のパスネット(プリペイドカード)が15日発売され、4時間で完売したらしい。
「茶館」(1982年)で監督を務めたほか、「犬と女と刑老人」("An Old Man and His Dog / 老人与狗",1993年)、「花の影」("Tempress Moon / 風月",1996年)などの作品で俳優として活躍した、中国の監督・俳優、謝添さんが13日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
堤幸彦監督「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」の制作発表が15日都内で行われ、桜井翔、松本潤ら「嵐」のメンバー5人と井ノ原快彦が出席したようだ。前作「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」の3年後を描く作品で、来年3月1日公開予定とか。 [☆「ピカンチダブル」って読むらしいです]
「台湾映画祭2003」が23日から都内で開催されるようだ。ウー・ミーセン監督、武田真治主演「猫をお願い」、ウー・イーフォン監督「生命」、リン・チェンシェン監督「台北ソリチュード」などが上映されるらしい。
スー・チーがタイでの映画撮影中に階段から落下、腰を痛めて立てない状態らしい。主演予定だった新作「鳳舞龍飛」は降板、チャン・ツィイーらが代役候補に挙がっている模様。
斎藤耕一監督「おにぎり ARCADIA物語」の完成披露試写会が15日山形市内で行われ、出演の吉永雄紀、須貝智郎、塩田大、板垣和子らが舞台挨拶を行ったようだ。
「スーパーマン」("Superman",1978年)でクリストファー・リーヴが着用した衣装や、「スター・ウォーズ」("Star Wars",1977年)に登場したストームトゥルーパーのヘルメットなどが、ロンドンでオークションにかけられるらしい。
ティム・バートン監督最新作"Big Fish"の脚本を手掛けたジョン・オーガスト(John August)は、同監督の次回作"Charlie and the Chocolate Factory"でも脚本を担当することが決まったらしい。
サンフランシスコ映画批評家協会(San Francisco Film Critics Circle)は、今年の最優秀作品に、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")を選出、主演男優賞に同作のビル・マーレーを選んだようだ。一方、ボストン映画批評家協会(Boston Society of Film Critics)は、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")を最優秀作品に、「ロスト・イン・トランスレーション」を監督賞と主演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)に選んだ模様。
新人ジョーダン・ロバーツ(Jordan Roberts)の監督・脚本によるインディ作品"Around the Bend"で、クリストファー・ウォーケンに加え、マイケル・ケイン、ジョシュ・ルーカス、グレン・ヘドリーらが共演するらしい。
P・J・ホーガン監督「ピーター・パン」("Peter Pan")で映画デビューした12歳のカースン・グレイ(Carsen Gray)は、クイーン・シャーロット島として知られるカナダのハイダ・グワイ(Haida Gwaii)の出身で、アレサ・フランクリンにも匹敵すると言われるほどの歌手で、しかもハイダ族の王女なのだとか。バンクーバーのジャズ・レストランで歌った時の新聞記事がきっかけでスカウトされたらしい。
北米を除く海外週末興収は、26ヶ国で公開中の「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")が3150万ドルを記録し、5週連続1位を達成したようだ。海外総興収は3億3020万ドルに達した模様。
女優のドリス・バーンズ(Doris Burns)は12日、今年8月に放送されたMTVの"Doggy Fizzle Televizzle"で、夫とパジャマ姿でベッドルームにいる映像をまるで裸でいるかのように編集して放送したとして、MTVとスヌープ・ドッグに対する訴訟を起こしたようだ。
ウィノナ・ライダーの保護観察処分についての状況確認が15日ビバリーヒルズ上級裁判所で行われたようだ。裁判官は「ライダーさんについての報告はとても肯定的なものです。ライダーさん、私は保護観察期間のあなたの行いについて賛辞を贈りたい」と語ったとか。
間もなく全米公開となる新作「ピーター・パン」("Peter Pan")について、P・J・ホーガン監督は「原作に忠実なピーター・パンがやりたかった。そこには冒険や、悲劇や、ロマンスがたくさん詰まっているし、甘く明るいだけの物語ではない。1953年のディズニー・バージョンに慣れ親しんだ人は驚くと思うよ」と語ったようだ。
コナン・オブライエンは15日、人気トーク番組"Late Night with Conan O'Brien"について、来年2月10日から13日までトロントで撮影すると発表したようだ。記者会見に出席したオブライエンは「これが上手く行けば、番組を永久にウィニペグに移したい」と語ったらしい。
ニューヨーク映画批評家協会賞(New York Film Critics Circle Awards)が15日発表され、作品賞に「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が選ばれたほか、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost In Translation")のソフィア・コッポラが監督賞、ビル・マーレイが主演男優賞を獲得したようだ。また、"American Splendor"などに出演したホープ・デイヴィスが主演女優賞、"House of Sand and Fog"のShohreh Aghdashlooが助演女優賞、「みんなのうた」("A Mighty Wind")のユージーン・レヴィが助演女優賞、フェルナンド・メイレレス監督「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")が外国語映画賞をそれぞれ受賞した模様。
E! Entertainment Televisionは15日、特別番組"E!'s Entertainer of the Year 2003"放送、「今年の芸能人」にジョニー・デップが選ばれたほか、ジャスティン・ティンバーレイク、ビヨンセ・ノウルズ、コリン・ファレル、ウィル・フェレル、クイーン・ラティファ、アーノルド・シュワルツェネッガーらが各賞を受賞したようだ。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットは、今年10月にカリフォルニアのLake Arrowheadで発生した山火事での犠牲者を支援するパーティを開催したようだ。
ニコール・キッドマンは「ジェニファー・ロペスみたいな胸とお尻が欲しいわ」と発言したらしい。
「勝利の園」("Home in Indiana",1944年)、「ステート・フェア」("State Fair",1945年)、「一ダースなら安くなる」("Cheaper by the Dozen",1950年)、「抱擁」("The Joker is Wild",1957年)、「ハイジャック」("Skyjacked",1972年)など数多くの作品で活躍した、米女優のジーン・クレイン(Jeanne Crain)さんが15日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アンソニー・ミンゲラ監督の新作"Cold Mountain"に出演したニコール・キッドマンは「一番エキサイティングだったことの一つは、レニー・ゼルウィガーとの共演です。1本の映画の中で、同年代の女性が共に素晴らしい役を演じることはとても稀なことです。『めぐりあう時間たち』("The Hours",2002年)でジュリアン・ムーアやメリル・ストリープと共演しましたが、彼女達と会うことはありませんでした。でも今回はレニーと多くのことを分かち合うことができました」と語ったようだ。
ラジオ番組の司会を務めるハワード・スターンが、ベン・アフレックとのトークをアレンジできた人に1万ドルを支払う、と呼びかけたところ、本人から電話がかかってきたらしい。ジェニファー・ロペスとの結婚などについてインタビューに答えたようだ。1万ドルはチャリティに寄付するとか。
ブレット・ラトナー監督の次回作は、20世紀FOXの犯罪ドラマ"Josiah's Canon"になる模様。
今年俳優兼歌手のアンジェロ・ペイガン(Angelo Pagan)と結婚した、米CBS"The King of Queens"(1998年-)に主演するリア・レミニ(Leah Remini)が、来年6月に出産するようだ。
LOUIS VUITTONは、2003年秋のイメージキャラクタを務めたジェニファー・ロペスとの契約を更新しなかったようだ。ロペスは、撮影に使用した大量の商品をタダで持ち帰っていたらしい。
日本での「ファインディング・ニモ」の公開1週間の興収は16億3000万円に達した模様。一方「ラスト・サムライ」も15億9000万円を記録したようだ。
マイケル・ジャクソンは、今週中にも正式に起訴される模様。
  12/17
来月2日、3日にテレビ東京で放送されるショートドラマ3作品「青の女 クールダウン」、「黒の女 昴」、「白の女 cycling」で、ともさかりえが主演を務めるようだ。それぞれ、緒方明、林海象、廣木隆一が監督を務め、佐野史郎、香川照之、利重剛、田中美里、松岡俊介らが共演、映画館での上映も企画されているらしい。
大分県宇目町の轟地区にある「トトロの里」から、「メイ」の看板が何者かによって持ち去られたらしい。
全10スクリーン、2000席のシネコン「シネプレックス10」を中核とする複合商業ビルが、熊本市内に建設されるようだ。市内でのシネコンは初めてとか。来年12月に開業する模様。
マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)を共同製作したカナダのSalter Street Filmsについて、親会社のAlliance Atlantis Communicationsは16日、閉鎖を発表した模様。
ケイリー・グラントが主演した「ヒズ・ガール・フライデー」("His Girl Friday",1940年)をリ・イメージしたロマンチック・コメディ"Her Guy Friday"が、アンドリュー・フレミング脚本・監督で製作されるらしい。
ジェニファー・ロペスは選挙への参加を呼びかける公共広告の収録を12日に行った模様。来月から大統領選のある11月までMTVで放送されるらしい。
「アメリカン・ビューティ」("American Beauty",1999年)を手掛けたアラン・ボール(Alan Ball)が脚本・制作を務める人気TVシリーズ"Six Feet Under"(2001年)に、ミーナ・スヴァーリの出演が決まった模様。
リーアム・ニーソンは、オーランド・ブルーム主演、リドリー・スコット監督の新作"Kingdom of Heaven"への出演に向けて交渉中の模様。
マドンナの製作会社Maverick Filmsが手掛けるロマンチック・コメディ"Chasing Fate"で、キップ・パルデューが主演を務めるらしい。
マイケル・ジャクソンの起訴は19日までに行われるようだ。
米国会図書館は16日、ナショナル・フィルム・レジストリ(National Film Registry)に追加登録する25作品を発表した模様。「明日に向って撃て!」("Butch Cassidy and the Sundance Kid",1969年)、「ヤング・フランケンシュタイン」("Young Frankenstein",1974年)、「パットン大戦車軍団」("Patton",1970年)などの作品のほか、Pixar Studiosの短編"Tin Toy"(1988年)も選ばれたらしい。
米放送映画批評家協会(Broadcast Film Critics Association)賞のノミネーションが15日発表され、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")が作品賞、監督賞など8部門で候補に挙がったほか、ジム・シェリダン監督「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")やピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost In Translation")などが作品賞を含む複数部門にノミネートされたようだ。また、助演男優賞には「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の渡辺謙もノミネートされたらしい。
「X-Men2」("X2: X-Men United")に次ぐ全米3700館で17日公開がスタートする「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は、そのほか16カ国で同時公開となるほか、週末までに全世界14000スクリーンで上映されるらしい。
米Lions Gate Entertainmentは15日、Artisan Entertainmentとの吸収合併を2億ドル強で完了した、と発表したようだ。会社名はLions Gate Entertainmentとなるものの、Artisanの名称も一部で残る可能性はあるらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング」三部作に主演したイライジャ・ウッドは「マーク・ハミルが"ルーク・スカイウォーカー"から抜け出せなかった要因はたくさんあるけれど、一つには、誰も経験したことがないほど大規模になってしまったことや、彼が無名の存在だったことがあると思う。皆は彼をその役に結び付けるしかなかったんだ」と語ったようだ。
ピーター・ジャクソン監督は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")について「第3作の物語は、クライマックスへと向けて疾走していく。登場人物たちは友人を助けるために、自らを犠牲にすることになる」と語ったようだ。また、「ホビットの冒険」("The Hobbit")の映画化については、具体的な話はないとしながらも「他人が手掛けるとすれば、ちょっと奇妙な感じがするね」とコメントしたらしい。
ジョージ・クルーニーはTVシリーズ「私立探偵マグナム」("Magnum P.I.",1980-1988年)のリメイクを企画しているようだ。「特攻野郎Aチーム」("The A-Team",1983-87年)のハンニバル役もやりたいと言っているらしい。
シンガポールのDG2Lテクノロジーズは16日、MPEG-4技術による劇場用デジタル映画配信システムを開発したと発表した模様。
ヴィゴ・モーテンセンは、英BBCの刑事ドラマ"Mersey Beat"に出演する女優ジョージー・ダービー(Josie D'Arby)と交際中らしい。
ロンドンで夫クリス・マーティンと暮らすグウィネス・パルトロウは「私のようにカリフォルニアで育った人間には特に、ロンドンの気候にはうんざりするわ」と語ったようだ。
新作「21グラム」("21 Grams")での演技が高く評価されているナオミ・ワッツは、ニコール・キッドマンとアカデミー賞の主演女優賞を争うことになるだろうと噂されていることについて「それは褒め過ぎだけど、そのことを考えると少しナーヴァスになるし緊張するわ」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストの母親は、ハロウィンの時スタントマンを雇って自宅の屋根の上でアクションシーンを演じてもらって、子供たちの注目を集めたとか。また、クリスマスには近所と競い合うように家を電飾で飾るらしい。
紀里谷和明監督「CASSHERN」の主題歌を宇多田ヒカルが歌うことが決定した模様。現在行っているニューアルバムのレコーディング終了後創作活動に入り、3月10日にリリースされるようだ。
コリン・ファレルは、オリヴァー・ストーン監督"Alexander"の格闘シーンの撮影中、共演の元ボクサー、ゲアリー・ストレッチ(Gary Stretch)の腹を誤ってナイフで刺してしまったらしい。幸い、大事には至らなかったようだ。
来年3月3日に開幕する第10回米コメディ・アート・フェスティバル(U.S. Comedy Arts Festival)で、ドリュー・キャリー、クリス・ロック、サラ・ジェシカ・パーカーらの参加が決まったようだ。
新作"Something's Gotta Give"に主演したダイアン・キートンは、共演のジャック・ニコルソンについて「ジャックは大好きよ。彼がどんなに驚くべき人か、言葉で言い表すのは難しいわ。セットでは、真実を語り合ったし、いつも一緒にいたの。私達が運命的に結ばれたと見えるように」と語ったようだ。
アシュトン・カッチャーが降板したキャメロン・クロウ監督次回作"Elizabethtown"で、マット・デイモンが主演候補のトップに挙がっているらしい。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の監督候補にスチュアート・ベアードの名前が挙がっているようだ。
  12/18
独立行政法人の産業技術総合研究所は18日、TVゲームやアニメ、映画などの映像が生体に及ぼす影響を評価する方法について、今後3年間で標準化を進め、国際標準案を提案する、と発表したようだ。
第28回報知映画賞表彰式が17日都内で行われ、西田敏行、宮迫博之、寺島しのぶ、石原さとみ恩地日出夫らが出席したようだ。
ニコラ・フィリベール監督「パリ・ルーヴル美術館の秘密」("La Ville Louvre",1990年)の上映会が18日都内で行われ、ルーヴル美術館のアンリ・ロワレット館長が講演を行ったようだ。
新作「玉観音」プロモーションのため、ニコラス・ツェーとヴィッキー・チャオが28日、上海市内を走るバスで1日車掌を務めるらしい。
米Time WarnerとMGMが合併交渉を再開した模様。
米Playboy誌に掲載された作家の原稿やアートワークなど約300点が17日オークションにかけられ、総額270万ドルに達した模様。1953年の創刊号に掲載されたマリリン・モンローのカラーピンナップは1万7925ドルで落札されたらしい。
ベン・アフレックはクリスマスと新年をペルシャ湾で過ごすらしい。駐留米軍部隊を慰問し、新作「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")のプロモーションを行う予定とか。
リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演の次回作"Kingdom of Heaven"に、デヴィッド・シューリスの出演が決まったようだ。来月からスペインとモロッコで撮影が始まる模様。
ブレンダン・フレイザー、ドン・チードル、フォレスト・ウィテカー、エヴァ・メンデス、タンディ・ニュートン、ライアン・フィリップ、サンドラ・ブロック、マット・ディロンらが共演するポール・ハギス(Paul Haggis)監督の群衆劇"Crash"に、ジェイソン・アイザックス、ジェニファー・エスポジトの参加も決まったらしい。
来月30日に開幕する第19回サンタバーバラ国際映画祭(Santa Barbara International Film Festival)のランナップが17日発表され、アレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督"Valentin"がオープニングを飾るほか、ラース・フォン・トリアー監督「ドッグヴィル」("Dogville")などが上映されるようだ。また「ロード・オブ・ザ・リング」三部作のピーター・ジャクソン監督にモダン・マスター・アワード(Modern Master Award)が贈呈されるほか、ゲイリー・ロス監督らによるパネル・ディスカッションも予定されているらしい。
クリストファー・リーヴは1930年代が舞台の野球をテーマにしたアニメーション映画で監督を務めるらしい。2005年に公開予定とか。
17日深夜より全米2100館で公開された「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は800万ドルの興収を記録したらしい。
公開前から「女の子映画」(chick flick)と批判的な評価を受けている新作"Mona Lisa Smile"について、主演のジュリア・ロバーツは「私達は"女の子映画"を作ったつもりはない。"映画"を作ったの」とコメント、共演のジュリア・スタイルズも「"女の子映画"って何?おかしいわ。だって『マスター・アンド・コマンダー』を"男の子映画"と言わないでしょ?」と語ったようだ。
グウィネス・パルトロウは、夫クリス・マーティンに、子供はカリフォルニアで育てたい、と言っているらしい。
メッツに入団した松井稼頭央内野手のテーマソングとして、「燃えよドラゴン」("Enter the Dragon",1973年)のテーマ曲が使われるらしい。
パチンコメーカー、モナコの新機種「CRチャールズ・チャプリン」の発表会が17日都内で行われ、小倉優子がゲスト参加したようだ。「独裁者」「ライムライト」「黄金狂時代」などの名シーンが再現されているとか。 [☆チャプリンがパチンコになる時代なんですねぇ・・・]
JRAは、来月24日に日本公開となるゲイリー・ロス監督「シービスケット」("Seabiscuit")とのタイアップCMを元旦から放送するらしい。
デヴィッド・ヒュー・ジョーンズ監督、ジュディ・デンチ、ジェレミー・アイアンズ共演のTV映画"Langrishe, Go Down"(1978年)がビデオ発売されることになったようだ。ジュディ・デンチはベッドシーンをカットするよう求めているとか。
マシュー・コール・ワイス(Matthew Cole Weiss)監督の新作"Standing Still"は、ミーナ・スヴァーリ、アダム・ガルシア、エイミー・アダムス、コリン・ハンクス、ジェイムズ・ヴァン・ダー・ビークらが共演することに決まったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演したヴィゴ・モーテンセンは「緊張している暇もなかった。ただやるしかなかった」と語ったようだ。
メル・ギブソン監督"The Passion of Christ"を鑑賞したヨハネ・パウロ2世は、好意的な感想を述べたらしい。
DVDフォーラムに、Walt Disney Pictures and Television、Microsoft、三洋の3社が加わったようだ。
  12/19
NHKが共同製作したセディク・バルマク(Siddiq Barmak)監督のアフガニスタン映画「アフガン零年 OSAMA」("Osama")が、第61回ゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞にノミネートされたようだ。
白神山地のふもとの自然や生活を描く小池征人監督のドキュメンタリー映画「白神の夢」が20日、秋田県立大学で上映されるようだ。
第61回ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた渡辺謙が19日、都内で記者会見を行い「トムと一緒にノミネートされたのが一番うれしい」と語ったようだ。トム・クルーズからも電話があったとか。
柳浩太郎が交通事故で入院しているらしい。30日開幕のミュージカル「テニスの王子様」を降板したほか、映画の出演依頼についても調整中とか。
吉永小百合主演の第111作目「北の零年」で、渡辺謙の共演が決まったようだ。行定勲が監督を務めるらしい。
深作欣二、深作健太監督「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」の配給収入の1%に当たる907万6236円が「財団法人がんの子供を守る会」に寄付されたらしい。18日行われた贈呈式には竹内力らが出席したようだ。
アイス・キューブ主演の新作「トルク」("Torque")のプロモーション用に開発された、オリジナル3Dゲーム"Maximum Torque"が無料でダウンロードできるらしい。
心臓内科医のハーマン・ターノワー(Herman Tarnower)と彼を殺害した元恋人ジーン・ハリス(Jean Harris)を描く、フィリス・ナジー監督、アネット・ベニング、ベン・キングズレイ共演のインディ作品"Mrs. Harris"で、米HBOが資金提供に参加することが決まった模様。
シンガポールのギャングに属する5人の15歳の少年を描き、各国の映画祭で賞賛を浴びたロイストン・タン(Royston Tan)初の長編作品"15"は、同国で4ヶ月間の検閲を受けた後10月に公開が許可されたものの、20歳以下の鑑賞が禁止されたほか、幾つかのシーンはカットされたらしい。タン監督は次回作について「もっと静かな、孤独についての映画を撮りたい」と語ったようだ。
マイケル・ジャクソンは18日、サンタバーバラ検察当局より少年への性的虐待罪などの罪で起訴されたようだ。
ウェイン・クラマー(Wayne Kramer)監督の新作コメディ"The Cooler"に出演し、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされたマリア・ベロは「2歳の息子が昨日の夜、クリスマスの劇にライオン役をやったの。ノミネートされたことより、よっぽど興奮したわ。劇はとっても素晴らしくて、私が息子の写真を撮ろうと通路を動き回るから、先生に怒られたの。でも、いい写真がどうしても撮りたかったのよ」と語ったようだ。彼女は、18日朝にゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表されることすら知らなかったとか。
Warner Brothersは「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のImax版を通常版と同じ来年6月に公開すると発表、Imax社の株価が跳ね上がったらしい。また「ポーラー・エクスプレス」("Polar Express")、「夢のチョコレート工場」("Charlie and the Chocolate Factory")についてもImax版の公開に向けて交渉中とか。
新作"Cold Mountain"プレミアのためシドニーを訪れたニコール・キッドマンは、2年連続のオスカー獲得への期待が高まっていることについて「喜びの瞬間を味わって、仕事に戻る。人生が続くというのは素晴らしい。でも、期待を抱くことは自分を傷つけることになる」とコメントしたようだ。
ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが18日発表され、アンソニー・ミンゲラ監督、ニコール・キッドマン、ジュード・ロウ共演"Cold Mountain"が作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞など8部門で候補に挙がったほか、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")がそれぞれ5部門にノミネートされたようだ。また「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の渡辺謙が助演男優賞候補に挙がった模様。
第2回シアトル映画批評家賞が19日発表され、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」が監督賞、脚本賞、主演男優賞(ビル・マーレイ)、"American Splendor"が脚色賞と主演女優賞(ホープ・デイヴィス)を獲得したほか、「ミスティック・リバー」のマーシア・ゲイ・ハーデンが助演女優賞、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のショーン・アスティンが助演男優賞を受賞したようだ。また、クリストファー・リーに特別賞が贈られたらしい。
日本ヘラルド映画の株価が前日比5000円高と急上昇した模様。「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」の全米大ヒットのニュースを受け、国内での売り上げへの期待が高まったようだ。
コリン・ファレルは「S.W.A.T.」のポスターを、彼の右側の顔が写っている写真に変えさせていたらしい。ファレルは「僕は、右側からの方がかっこよく見えるんだ。それに左側の耳が嫌いだ」と語ったとか。
先週末ロサンゼルスで開催された"Cheaper by the Dozen"のプレミアに出席したヒラリー・ダフは、会場を訪れたリンゼイ・ローハンを見て「彼女を追い出して!」と叫んだらしい。恋人のアーロン・カーター(Aaron Carter)を巡る諍いらしい。
ビヨンセ・ノウルズの妹ソランジュ(Solange)は、米UPNのシチュエーションコメディに出演する模様。また、セドリック・ジ・エンターテイナー主演の映画"Johnson Family Vacation"にも出演するらしい。
ヴィゴ・モーテンセンは「去年まで、ファンレターに全て目を通して返事を書いていた。だけど、毎晩2、3時間をそれに費やすことになって、ある晩『こんなことは馬鹿げてる』と思ったんだ」と語ったようだ。なお、サインには喜んで応じてくれるとのこと。
オーランド・ブルームは、10年前ソマリアで殺害されたロイターの写真家ダン・エルドン(Dan Eldon)の物語を映画化するよう、ハリウッドの映画スタジオに働きかけているらしい。
デジタルガレージは18日、Bフレッツ回線を利用したオンラインビデオレンタルサービスの試験運用を来年2月から関東の一部でスタートすると発表した模様。当初は「グーニーズ」「マトリックス・リローデッド」「サウスパーク」「理由なき反抗」などの作品が提供されるらしい。
磯村一路監督「解夏」で共演した大沢たかおと石田ゆり子が、18日都内で行われたクリスマス・プレイベントに参加したようだ。
サラ・ミシェル・ゲラーは、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のスピンオフ"Angel"(1999年-)へのゲスト出演を断ったようだ。
グウィネス・パルトロウと新婚旅行中のクリス・マーティンが、サーフィン中に怪我をして、病院で3針縫ったらしい。
17日全米公開された「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の初日興収は3410万ドルに達した模様。
ロサンゼルス近くのバーバンク空港(Burbank Airport)が17日、ボブ・ホープ空港(Bob Hope Airport)へと改名されたらしい。
サンディエゴ映画批評家協会賞が18日発表され、スティーヴン・フリアーズ監督"Dirty Pretty Things"が作品賞と主演男優賞(キウェテル・エジョフォー)に、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が監督賞に選ばれたほか、「21グラム」("21 Grams")のナオミ・ワッツが主演女優賞、「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America")のジャイモン・ハンスゥが助演男優賞、"Cold Mountain"のレニー・ゼルウィガーが助演女優賞をそれぞれ獲得したようだ。
マイケル・ベイのプロデュースによる「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",1979年)のリメイクは、MGMとDimension Filmsの共同製作となる模様。
  12/20
東映太秦映画村の殺陣師らが19日、ニューヨークのラルドスクエアで"侍パフォーマンス"を披露したようだ。「ラスト・サムライ」に出演した西村匡生も参加したらしい。
黒澤明監督「七人の侍」をゲーム化したプレステ2用ソフト「SEVEN SAMURAI 20XX」のCM完成会見が19日都内で行われ、SAYAKAらが出席したようだ。音楽は坂本龍一が担当したらしい。
東京都教育委員会が、養護学校や小中学校の性教育に不当に介入しているとして、教師や保護者ら1000人以上が、東京弁護士会に人権救済を申し立てる模様。申立人には山田洋次らの名前も含まれるとか。
ウォン・カーウァイ監督、木村拓哉主演の新作「2046」は今月末にクランクアップする模様。撮影が秘密裏に進められているため、スタッフを買収しようとする動きもあるとか。
ブッシュ政権のイラクへの対応を批判するドキュメンタリー映画"Uncovered: The Whole Truth about the Iraq War"を監督したロバート・グリーンウォルド(Robert Greenwald)は、DVDやVHSの購入者に対し、そのコピーを別の人に渡すことを許可しているらしい。監督は「この映画は一つのツールなのです。あなたの意思に従ってそれを手に取り、活用して欲しい」と語ったようだ。
クリス・マーティンは、グウィネス・パルトロウがスクーターに乗ることを禁じたらしい。彼女とおなかにいる子供が心配なようだ。
ヘアケア用品を手掛ける米Wella社は19日、今年の有名人ベスト・ヘア賞を発表、ジェニファー・アニストンが選ばれたようだ。また、金髪賞にアリシア・シルヴァーストーン、ブルネット賞にジェニファー・ガーナー、赤毛賞にデブラ・メッシングが選出されたらしい。
新作"Alexander"のために髪をブロンドに染めたコリン・ファレルは、現在マイケル・ボルトンのようなスタイルの奇妙なブロンドのエクステをつけているらしい。それでも女の子にモテモテとか。
3部作最終章「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が公開されたことについて、主演のイライジャ・ウッドは「プロモーションが終わり、映画の公開が終了するときには、悲しみや離れ離れになる不安を感じるだろう。旅の仲間たちはこれからそれぞれの人生を歩んでいくことになるけれど、映画のために集まる必要がないとしても、僕らは互いに連絡を取り合って、何らかの形で集まることになると思う」と語ったようだ。
"Cold Mountain"でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたニコール・キッドマンは、同じくアンソニー・ミンゲラが監督を務めるラジオドラマ"The Glass Essay"に出演するらしい。
エミネムの、日本未発売のシングル7枚と新曲1枚を含むシングルCD11枚のボックスセット「エミネムの軌跡〜ザ・シングルズ」が25日、日本限定で発売されるらしい。30万セット限定とか。
「精霊流し」に出演した松坂慶子は「(来年は)本格的なアクション映画を撮りたい。スカッと弾けたい」と語ったようだ。
美空ひばりの好物などをメニューにそろえた喫茶店「ひばりかふぇ」が18日、お台場にオープンしたようだ。
  12/21
高松信司監督「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!」が20日初日を迎え、ラサール石井、平山あやらが舞台挨拶に立ったようだ。
当摩寿史監督「最後の恋,初めての恋」が20日初日を迎え、渡部篤郎らが舞台挨拶に立ったようだ。
手塚眞が監督を務めたTVアニメ「ブラック・ジャック〜命をめぐる4つの奇跡〜」が22日、日本テレビで放送されるようだ。
ルイ=パスカル・クヴレア監督「ミシェル・ヴァイヨン」("Michel Vaillant")が20日初日を迎え、主演のサガモール・ステヴナンが日比谷映画で舞台挨拶に立ったようだ。 [☆ガラガラで可哀想でした・・・]
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の資産が公開されたようだ。株や投資信託などを多数所有しているほか、数百万ドル単位で複数の国際基金に資金を提供しているらしい。
ブラジル人の女性パパラッチが、ニューヨークで行われた新作「モンスター」("Monster")のプレミア後のパーティで、シャーリ−ズ・セロンの謎の男友達に蹴られ、罵倒を浴びせられ、殴られたと主張しているらしい。一方、会場となったバーのオーナーは、パパラッチの方が唾を吐きかけたと言っているようだ。
ノーラ・エフロン監督による「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の映画化で、主人公サマンサを演じるニコール・キッドマンは、鼻を動かすことが出来ず困っているらしい。「みんな私にあれをやるのかって聞くのよ。でも簡単じゃないの。どうやって(エリザベス・モンゴメリーが)鼻を動かしたのか、さっぱり分からないわ」と語ったようだ。 [☆いざとなればCGという手がある!]
ジェニファー・コネリーとポール・ベタニー夫妻は、仕事と2人の子供の世話で忙しく、クリスマスの予定も立てられないと嘆いているとか。ジェニファー・コネリーは「クリスマスにはどこかに行きたいけれど、まだ何処にも予約してないの。今日は12月18日よ。とにかく、みんなで一緒に行きたいわ。そりに乗れさえすればいいの」と語ったようだ。
新作「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")のプレミアがマンズ・チャイニーズ・シアターで開催され、ベン・アフレックは共演のユマ・サーマンと登場、ジェニファー・ロペスは「風邪のため」一人で会場を訪れたようだ。
三池崇史監督「着信アリ」の主題歌となる、柴咲コウのニューシングル「いくつかの空」が来月14日リリースされるようだ。
  12/22
活弁士、澤登翠のリサイタルが29日、都内で開催されるようだ。パウル・レニ監督「笑う男」("The Man who Laughs",1928年)などが上映されるらしい。
映画ポータルサイトnkinoが3800人余を対象に行った投票の結果、ポン・ジュノ監督「殺人の追憶」が今年の韓国映画No.1に選ばれたようだ。以下、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」、チャン・ジュンファン監督「地球を守れ!」、キム・ジウン監督「薔花、紅蓮」、クァク・ジェヨン監督「クラシック」と続き、「極道の妻2-帰って来た伝説」がワースト1となったらしい。
ピーター・クラマー監督「クリビアにおまかせ!」("Ja Zuster Nee Zuster")プロモーションのため、主演のルス・ルカが来日したらしい。
元Touchstone Pictures社長のドナルド・デ・ライン(Donald De Line)は来月5日、Paramount Picturesの社長に就任するようだ。
ビリー・ボブ・ソーントンがフットボール・チームのコーチ役を演じる"Friday Night Lights"に、ルーカス・ブラックの出演が決まった模様。
話題作「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")や「最終絶叫計画」("Scary Movie")シリーズに出演しているアンナ・ファリスと、「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)のマーラ・ソコロフ(Marla Sokoloff)は、既にソーラ・バーチとジェナ・マローンの出演が決まっているリチャード・ゼルニカー(Richard Zelniker)脚本・監督の"Vinyl"で共演することが決まったようだ。
ラッセル・クロウの妻ダニエル・スペンサーは21日、第1子となる男の子を出産したようだ。チャールズ・スペンサー・クロウ(Charles Spencer Crowe)と命名されたらしい。
フィリピンの映画俳優フェルナンド・ポー・ジュニアは22日、来年5月の大統領選に野党の統一候補として立候補することを受諾した模様。
新作"Mona Lisa Smile"でジュリア・ロバーツやキルスティン・ダンストらと共演した、まだ無名の女優ジニファー・グッドウィン(Ginnifer Goodwin)は「ロマンチックコメディの登場人物はあまり当たり障りのないように書かれているけど、私は自分で恥ずかしくなるような役が好き。例えばアダム・サンドラーの映画で、女優の役目は彼を地に付かせることだけど、私はむしろアダム・サンドラーになりたい」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演したイアン・マッケランは「2作目のときは"Emile"の撮影に入っていたからプロモーションには参加しなかったが、私も参加した1作目より興収は上回った。一体私に何を必要としていると言うんだね?1作目のプロモーションで世界を回った時、素晴らしい思い出になると皆で語ったが、我々にその必要があったのだろうか?我々が皆家にいたとして何が違っただろうか?」と語ったらしい。
来月8日に開幕する第15回パームスプリングス国際映画祭(Palm Springs International Film Festival)で、ティム・バートン監督"Big Fish"とジョン・アーウィン(Jon Irwin)監督"The Boys From Country Claire"が、オープニングとクロージングにプレミア上映されるようだ。
オンラインDVDレンタルの米Netflix社は22日より、有名俳優らが夕食の席を囲んで語り合うIndependent Film Channelの人気番組"Dinner For Five"(2001年-)のファースト・シーズンの提供をスタートするようだ。
全米週末興収は、三部作完結編「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が7360万ドルを記録、ダントツの1位となったようだ。公開5日間の総興収はシリーズ中最高の1億2500万ドルに達した模様。一方、ジュリア・ロバーツ主演"Mona Lisa Smile"は1200万ドルでのスタートとなったらしい。
来月1日から発売されるジョナサン・フレイクス監督「サンダーバード」("Thunderbirds")の前売り鑑賞券に、メカ7種類のフィギュアが各1万個限定で付いてくるらしい。
ヒュー・ジャックマンが休暇のため、彼が出演中のブロードウェイ・ミュージカル"The Boy From Oz"は、2月1日〜6日と、3月28日〜4月2日は休演するらしい。
ユアン・マクレガーもジェイムズ・ボンド候補に挙がっているとか。
オーランド・ブルームは、二酸化炭素排出量抑制のための植林を進める慈善活動Future Forestの支持を訴えているらしい。「僕は、ニュージーランドでの撮影を通して、世界がこんなにも美しいところだと初めて知ったのです」と語ったようだ。
英Channel 4のスティーヴ・ジョーンズ(Steve Jones)は、ハル・ベリーとのインタビューの後、彼女に電話番号を尋ねられたらしい。
レオナルド・ディカプリオとジゼル・ブンチェンの結婚式は来年になる模様。日取りや場所はまだ未定のようだ。
C・S・ルイス「ナルニア国物語」シリーズ第2巻「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化は、来年初めからニュージーランドで製作がスタートする模様。「シュレック」("Shrek",2002年)を手掛けたアンドリュー・アダムソンが監督を務め、ピーター・ジャクソンのWeta Workshopが製作を担当するらしい。
AIのニューアルバム「ORIGINAL A.I.」に収録されている「戦場のメリークリスマス」が、オフィシャル・サイトで配信中らしい。
三池崇史監督、哀川翔主演の新作「ゼブラーマン」の主題歌が、ザ・ハイロウズの「日曜日よりの使者」に決まった模様。
降旗康男監督、常盤貴子主演の新作「赤い月」では、エンドクレジットにキャスト、スタッフら194人全員の直筆サインが使われているらしい。
ジャン・レノは、シラク仏大統領より市民名誉賞を授与されたようだ。
ジョン・グリシャムの小説を、ジョー・ロス監督、ティム・アレン主演で映画化する"Skipping Christmas"で、ジェイミー・リー・カーティスの共演が決まったようだ。
ショーン・アスティンは、エリック・ラーソン(Erik Larson)のベストセラー小説「1900年のハリケーン」("Isaac's Storm")の映画化を企画しているらしい。監督も希望しているとか。
大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")のロンドン公演に、リチャード・ドレイファスの出演が決まった模様。
「バス停留所」("Bus Stop",1956年)、「青春物語」("Peyton Place",1957年)、「嵐の季節」("Wild in the Country",1961年)、「ブルー・ベルベット」("Blue Velvet",1986年)、「今そこにある危機」("Clear and Present Danger",1994年)などの作品で活躍した、米俳優のホープ・ラング(Hope Lange)さんが19日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英Sunday Times紙は、過去60年間の叙勲辞退者を報道した模様。それによると、アルバート・フィニーは1980年にCBE、2001年にKBE(ナイト爵)を辞退、ヴァネッサ・レッドグレイヴもDBE(デイム)を辞退していたらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")に登場するパーバティ(Parvati)とパドマ(Padma)の双子姉妹役のオーディションが21日、ロンドンのウェスト・エンドで行われ、約2000人のアジア系の少女達が会場に集まったとか。
12日発売の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のDVDとVHSは、発売3日間で売り上げ65万枚を突破、出荷数では100万枚を越えたようだ。
米サウスイースタン映画批評家協会賞が21日発表され、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が作品賞と監督賞を獲得したほか、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost In Translation")のビル・マーレーが主演男優賞、「21グラム」("21 Grams")のナオミ・ワッツが主演女優賞、「ミスティック・リバー」("Mystic River")のティム・ロビンスが助演男優賞、"Cold Mountain"のレニー・ゼルウィガーが助演女優賞に、それぞれ選ばれたようだ。
デヴィッド・ウィーズナー(David Wiesner)著の絵本"The Three Pigs"を、ディズニーがアニメ映画化するらしい。
  12/23
犬童一心監督「死に花」のロケが千葉県内で行われ、宇津井健と戸田菜穂の"ラブシーン"が撮影されたらしい。
今月31日、富士急ハイランドで「仁義なき戦い」シリーズにちなんだカウントダウンイベントが行われるようだ。松方弘樹らが出演、公募された一般客108組に何かが起こるらしい・・・。
三池崇史監督「着信アリ」の試写会が22日都内で行われ、三池監督、柴咲コウらが舞台挨拶に立ったようだ。携帯電話に呪いがかからないよう、お払いも行われたらしい。
プロデューサーを務めた映画「地下鉄」プロモーションのため北京を訪れたウォン・カーウァイ監督は、新作「2046」について、すでに撮影は終了しており現在編集作業中だと語ったらしい。完成は来月末の見込みとか。
ロンドンで上演される「恋人たちの予感」("When Harry Met Sally...",1989年)の舞台版は、結局「アメリカン・パイ」("American Pie")シリーズのアリソン・ハニガン(Alyson Hannigan)がサリー役を務めることになったようだ。
ゲイリー・ロス監督、トビー・マグワイア主演「シービスケット」("Seabiscuit")のDVDとVHSが米国でリリースされ、発売1週目で合わせて500万本の売り上げを記録したようだ。
米Sci Fi Channelで放送されるミニシリーズ"Five Days to Midnight"で、ティモシー・ハットンとランディ・クエイドが共演するようだ。
来月開催される第15回パームスプリングス国際映画祭(Palm Springs International Film Festival)で、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")、「真珠の耳飾りの少女」("Girl With a Pearl Earring")などに出演したスカーレット・ヨハンソンにRising Star賞が、シドニー・シェルダンにSonny Bono Visionary賞が、"Cold Mountain"のプロダクション・デザインを手掛けたダンテ・フェレッティ(Dante Ferretti)にCareer Achievement賞が、それぞれ贈られるようだ。
ニュージーランドでの製作が決定した、C・S・ルイス「ナルニア国物語」シリーズ第2巻「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化は、同国が今年7月に発表した大作映画製作支援制度(Large Budget Screen Production Grant)の適応を受け、製作費の12.5%のリベートを受け取るようだ。
モントリオールのEquinoxe Filmsは、メル・ギブソン監督"The Passion of the Christ"のカナダでの配給権を獲得、米国と同じく灰の水曜日(2月25日)に公開する、と発表したようだ。
レスリー・アン・ウォーレンは、ジャック・クラグマン(Jack Klugman)、マイケル・ラーナー、シリ・アップルビー、ミリ・アヴィタル(Mili Avital)らと共に、サルヴァドール・リトヴァク(Salvador Litvak)監督が手掛けるコメディ"When Do We Eat"に出演するようだ。
公演中にホワイトタイガーに噛まれ重傷を負っていた「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーンが、ラスヴェガスの自宅に戻ったようだ。
米Warner Bros. Picturesは、ジェイソン・ケラー(Jason Keller)によるタイトル未定のアクション・スリラーの脚本を獲得した模様。プロットは明らかにされていないものの、2大俳優の共演が予定されているとか。
米インディ系配給会社Wellspringは、アンドレ・テシネ監督、エマニュエル・ベアール主演「かげろう」("Strayed")の米国内配給権を獲得したようだ。
1983年の映画"A Christmas Story"に登場した、女性の足をかたどったランプをイリノイ州の夫妻がeBayで100$で購入、妻の経営する店に飾ったところ人々の注目を浴びたことから、夫妻は量産化を決意、現在ネット上で販売中のようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の公開5日間の全世界興収は2億4900万ドルに達した模様。
英Channel 4が26日放送するTVスペシャル「ミュージカル・ベスト100」で、「シカゴ」「サウンド・オブ・ミュージック」「キャバレー」「ムーラン・ルージュ」「オズの魔法使い」「メリー・ポピンズ」などの名作と共に、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)の第6シーズンに放送されたミュージカル・エピソード"Once More With Feeling"がベスト20に入っているらしい。
"Cold Mountain"でジュード・ロウと共演したニコール・キッドマンは「彼とのキス・シーンは、今までで最高だったわ。(『ムーラン・ルージュ』("Moulin Rouge",2001年)で共演した)ユアン・マクレガーよりも上手だった」と語ったらしい。それを聞いたジュード・ロウは笑って「ニコールが何て言ったか、彼(ユアン)にも教えてあげよう」と答えたとか。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、アカデミー賞特殊効果部門のノミネート対象作品を発表、「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")、「X-MEN2」("X2: X-Men United")、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、「ハルク」("The Hulk")、「ピーター・パン」("Peter Pan")、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の7作品で、「マトリックス」シリーズは外れたようだ。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の監督候補にスチュアート・ベアードの名前が挙がっていると報じられたことについて、Warner Bros.はこれを否定したようだ。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の撮影が、当初予定の来月から4月に延期された模様。「トロイ」("Troy")で足を負傷したブラッド・ピットの回復を待つようだ。
  12/24
アイ・ビー・イーは、ホテルの客室向けに映画配信・インターネット利用環境を提供する「Video Tank VOD net」の販売を開始するようだ。
少年隊が主演するミュージカル「PLAYZONE」の来年の演目が「ウェストサイドストーリー」に決まったようだ。
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」のロケが23日川崎競馬場で行われ、渡哲也らが参加したようだ。共演の徳重聡について渡は「『西部警察』の時からいいと思っていた。神田、舘なんかどうしようもなかったし、神田は裕次郎さんが手取り足取り教えても駄目だった」とコメントしたらしい。
文化庁は24日、今年度のメディア芸術祭賞を発表、アニメーション部門では川本喜八郎「冬の日」が大賞に選ばれたほか、今敏監督「東京ゴッドファーザーズ」などが優秀賞に決まったようだ。
おのみち映画資料館は、今月29-31が休館日となり、来年元旦から開館するようだ。
新作「地下鉄」のプレミアが22日北京で行われ、プロデューサーのウォン・カーウァイと共に、出演のトニー・レオン、ミリアム・ヨン、チャン・チェン、ドン・ジェらが出席したようだ。
米ABCのコメディ・ドラマ「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter",2002年-)に、ジェイムズ・ガーナーがレギュラー出演することが決まったようだ。
ジョン・ムーア監督、デニス・クエイド主演による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクで、「スチュアート・リトル」("Stuart Little")シリーズのヒュー・ローリーの出演が決まったようだ。
米カリフォルニア州ヴァレンシアに本拠地を置くValcom社は、ラスヴェガスの中心部に映画・TV番組向けの製作スタジオを建設すると発表したようだ。ラスヴェガスでの映画/TV製作は、この5年間で年間5100万ドルから年間1億ドルへと倍増しているらしい。
全米クリスマス公開の作品では、3297館で公開される「1ダースなら安くなる」(1950年)をリメイク"Cheaper by the Dozen"、2840館で公開のP・J・ホーガン監督「ピーター・パン」("Peter Pan")のほか、ベン・アフレック主演「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")、アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"などが「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の牙城に挑むようだ。
P・J・ホーガン監督「ピーター・パン」("Peter Pan")で撮影を手掛けたドナルド・マカルパイン(Donald McAlpine)は、ブルースクリーンによる撮影で視覚効果をその場で確認するため、Canon EOS-1Ds、PowerBookG4、Apple Cinema DisplayにiPhotoとAdobe Photoshopを組み合わせた簡易的なシステムを開発して活用したらしい。「出演した子供たちは、自分の姿を見て喜んでいたよ。でも、本当の利点は視覚効果スタッフに関係しているんだ。ポストプロダクションのために普通は2、3時間かかる照明の設定も、静止画を使ってすぐに確認できるからね」と語ったようだ。
GameSpy.comによるゲーム・オブ・ザ・イヤーが23日発表され、"Star Wars: Knights of the Old Republic"が選出されたようだ。
ニューヨークのナイトクラブで「わいせつなパフォーマンスを行った」として有罪となり、その2年後の1966年に麻薬の過剰摂取により39歳の若さで亡くなったコメディアン、レニー・ブルース(Lenny Bruce)の特赦が23日発表された模様。弁護団やロビン・ウィリアムスらコメディアンがニューヨーク州知事に嘆願し実現したもので、ジョージ・パタキ(George Pataki)知事は「言論の自由はアメリカが保障する権利の一つであり、この特赦が、我々が戦い守っている自由について思い起こすきっかけとなることを望む」との声明を発表したようだ。
今年は"Cold Mountain"でオスカーレースに参戦するMiramax Filmsのハーヴェイ・ウェインスタイン会長について、米Columbia Picturesのエイミー・パスカル(Amy Pascal)社長は「私は彼をとても尊敬しています。しかし、オスカーは映画に与えられるべきものです。そのキャンペーンにではなく」と語ったようだ。
英国週末興収は、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が970万ポンドを記録、先行上映を含む総興収は1500万ポンドに達したものの、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)の週末興収1030万ポンド、総興収1890万ポンドの記録には及ばなかったようだ。
ラッセル・クロウの関係者は「来月のゴールデングローブ賞授賞式には『赤ん坊のおむつを取り替えるため』出席しないだろう」と言っているらしい。
Yahoo!動画が24日、70番組、約850タイトルでスタートしたようだ。
コリン・ファレルは次回作"Saint Patrick"で、アイルランドの守護聖人を演じるらしい。アンジェリーナ・ジョリー、キャメロン・ディアス、ピアース・ブロスナン、リーアム・ニーソンらが共演候補に挙がっており、来春にもアイルランドで撮影が始まるようだ。
ラッセル・クロウ、ダニエル・スペンサー夫妻の息子は、予定より4週間早く生まれたらしい。出産を待つ間、クロウは神経質そうにタバコを吸っていたとか。
ヘイデン・クリステンセンは、映画の出演契約の際には必ずクリスマス休暇が取れるか確認するらしい。「僕の家ではクリスマスは毎年家族みんなで祝うんだ。離れていた家族がみんな集まるから、家はお祭り騒ぎだよ。だから、毎年12月が来るのが待ちきれないよ」と語ったようだ。
英ウィリアム王子は20日、ノーフォークにある147席の映画館を友人と共に訪れ、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")を鑑賞したらしい。
Chanel No.5のCM撮影現場で、ニコール・キッドマンを盗み撮りしようとしたとして、2人のエキストラが解雇されたらしい。
シャロン・オズボーンは「今一番頭が痛いのは、早朝の3時、4時、5時に家の前に誰かが来て『オジー!愛してるよ!』と叫ぶことなの。私も彼を愛しているわ。でも睡眠も必要なの!」と語ったようだ。
広末涼子と岡沢高宏の結婚式は来月17日に都内で行われる模様。披露宴は豪華客船「シンフォニーII」の船上で行われるらしい。
第27回日本アカデミー賞の優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞などが24日発表されたようだ。
■優秀作品賞
▼「阿修羅のごとく」(森田芳光監督)
▼「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(本広克行監督)
▼「座頭市」(北野武監督)
▼「スパイ・ゾルゲ」(篠田正浩監督)
▼「壬生義士伝」(滝田洋二郎監督)
■主演男優賞
▼織田裕二 (「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」)
▼中井貴一 (「壬生義士伝」)
▼西田敏行 (「ゲロッパ!」)
▼藤原竜也 (「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」)
■主演女優賞
▼大竹しのぶ (「阿修羅のごとく」)
▼寺島しのぶ (「赤目四十八瀧心中未遂」)
▼上戸彩 (「あずみ」)
▼竹内結子 (「黄泉がえり」)
▼観月ありさ (「ぼくんち」)
ハリー・コニックJr.の次回作は、自らの企画によるロマンチックコメディ・ミュージカル"Ben Invention"になる模様。製作と音楽も手掛けるようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセンの双子姉妹は、揃ってニューヨーク大学に合格したようだ。
マチュー・カソヴィッツの監督次回作となるSFスリラー"Babylon Babies"で、ヴァンサン・カッセルの主演が決まったようだ。「ゴシカ」("Gothika")に続き、全編英語劇となる模様。
「ロード・オブ・ザ・リング」に出演したイアン・マッケランは「第一部が一番気に入っている。第二部以降の白のガンダルフより、第一部の灰色のガンダルフの方が、ちょっと面白い奴なんだ」と語ったようだ。
ロニー・ユー監督「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason",2003年)のDVDが、来年3月26日に発売されるようだ。本編ディスクと特典ディスクの2枚組みで、オーディオコメンタリーや未公開シーン、メイキングなどが収録されるらしい。
「レオン」の続編がジェット・リーとナタリー・ポートマンの共演で製作される、という噂があるらしい。 [☆噂だけで終わって欲しい・・・]
  12/25
タカハタ秀太監督「ホテル・ビーナス」のキャンペーン・イベントが24日都内で行われ、主演の草なぎ剛が招待された1000人と握手を交わしながらアネモネの球根をプレゼントしたらしい。
フォン・シャオガン監督の新作「手機」の海賊版が、公開6日目ですでに出回り始めているらしい。
「レクイエム・フォー・ドリーム」("Requiem for a Dream",2000年)、「ポロック 2人だけのアトリエ」("Pollock",2000年)、「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind",2001年)、「ハルク」("The Hulk",2003年)、そして新作"House of Sand and Fog"とやや重い役が続いているジェニファー・コネリーは「ホットな新しいコメディが来たらジェニファー・コネリーに、とは誰も思わないみたいね」と語ったようだ。
パソコン用ゲームソフト"The Lord of the Rings: War of the Ring"のオンライン・トーナメントがスタートしたようだ。来年3月の決勝戦での勝者には賞金4万ドルが贈られるとか。
グウィネス・パルトロウと結婚したクリス・マーティンは「大騒ぎになることなく結婚式を挙げられてよかった。時々自分が『ノッティングヒルの恋人』("Notting Hill",1999年)でヒュー・グラントが演じた役みたいだと思うよ。ごく普通の男なのに凄いことが起こるんだ」と語ったようだ。
ベン・アフレックは23日、ペルシャ湾上の空母USSエンタープライズを訪れ、新作「ペイチェック」("Paycheck")の試写会を行ったようだ。
マット・デイモンは毎年、クリスマスをボストンに住む兄の家族と過ごすらしい。「兄には6歳と4歳の子供がいて、僕が朝起きないと始まらないから、子供たちは朝の3時半になると『マッティおじさん、マッティおじさん』と騒ぎ始めるんだ。毎年起きる時間が早くなるよ」と語ったようだ。
ピーター・ジャクソン監督による「キング・コング」("King Kong")のリメイクについて、イアン・マッケランは「私も出演したいとしつこく言えば、ジャクソン監督も意を汲んでくれると思うよ」と語ったようだ。またイライジャ・ウッドは「島にいるコングが森を見回すと、遠くでホビットたちが卵やベーコンを投げているんだ。いいと思わない?」と語ったらしい。
広末涼子と岡沢高弘は23日、婚姻届を提出したようだ。また、来月17日に挙式・披露宴と報じられたことについて、所属事務所はこれを否定した模様。
第27回日本アカデミー賞優秀賞発表会見が24日都内で行われ、来年2月の授賞式で司会を務める宮沢りえらが出席したようだ。
竹内力主演「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズ全50作を収録したDVDボックスが発売されたようだ。総収録時間69時間、12万5000円で、先着200人にはDVDプレイヤーがオマケで付いてくるらしい。
角川大映映画は2004-05のラインナップを発表、京極夏彦、荒俣宏、宮部みゆき、水木しげるの共同原案による「妖怪大戦争」、福井晴敏の原作による「戦国自衛隊」、キャストを一新する「ガメラ4」などの大作に加え、大崎善生の原作を映画化する「アジアン・タム・ブルー」、三池崇史監督らによる日本・香港・台湾合作のホラー「アジアン・カース・ストーリー」、上戸彩主演「インストール」などの小品が製作されるらしい。
エリザベス・ハーレーは、タイトル未定のボリウッド映画で、「ぼくの国、パパの国」("East Is East",1999年)のオム・ブリと共演するらしい。
デヴィッド・ボウイの半生を描く映画が製作されるらしい。ジュード・ロウが演じるようだ。
「ボクはむく犬」("The Shaggy Dog",1959年)が、ティム・アレンの主演でリメイクされるらしい。ブライアン・ロビンスが監督を務めるようだ。
ベルナルド・ベルトルッチ監督の新作"The Dreamers"に出演する仏女優エヴァ・グリーン(Eva Green)は、リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演の次回作"Kingdom of Heaven"で、ヒロイン役を演じることが決まったようだ。
レイチェル・リー・クックは、俳優のダニエル・ギリース(Daniel Gillies)と婚約したようだ。
英国映画評議会(UK Film Council)は、2005年までに英国内のデジタルシネマ対応劇場を250館へと拡張するため、2000万ポンドを支出するようだ。
ジョージ・A・ロメロの次回作"Diamond Dead"への出演依頼の手紙が、ジョニー・デップ、デヴィッド・ボウイ、アリソン・ローマンらに送られたらしい。
  12/26
都内で行われている新作映画「インディアン・サマー」の撮影現場で25日、いしだ壱成の会見が行われたようだ。
映画チケット販売サイトmaxmovie.comは、24日から韓国で上映が始まったカン・ウソク監督「実尾島」のチケット売り上げが「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」を越える6万9000枚に達した、と発表したようだ。
真田広之が北京の映画製作所を訪れ、チェン・カイコーと会談を行った模様。セシリア・チャン、リィウ・イエらの出演が決まっている新作「無極」への出演交渉が行われたようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに「クリスマスの時期に爆弾を仕掛ける」という脅迫電話があったらしい。
米調査会社Harris Interactiveによる「米国で人気のTVパーソナリティ」の投票結果が発表され、オプラ・ウィンフリーが1位、デヴィッド・レターマンが2位、ビル・オライリーが3位、レイ・ロマーノが4位、ジェイ・レノが5位、という結果になったようだ。また、ウーピー・ゴールドバーグが9位、ジェニファー・アニストン、エレン・デジェネレス、マーティン・シーンが同率で10位に入ったらしい。
来年3月日本公開のディズニー・アニメ「ブラザー・ベア」("Brother Bear")で、ティナ・ターナーが歌った主題歌を、日本語吹替版では天童よしみが歌うらしい。
インデックスは来月1日より、携帯電話向け「着信アリ」公式サイトで、柴咲コウが歌う主題歌「いくつかの空」の着メロを先行配信するようだ。
米倉涼子の主演で来月16日からスタートするTBS「奥さまは魔女」のオープニングのナレーションは、オリジナルTVシリーズの日本語吹替版を担当した中村正が務め、あの名フレーズが復活するらしい。
米調査会社Harris Interactiveによる毎年恒例の「最も好きな映画スター」の調査結果が発表され、メル・ギブソンが1位に選ばれたようだ。以下、2位ジュリア・ロバーツ、3位ショーン・コネリー、4位トム・ハンクス、5位ハリソン・フォードとトム・クルーズ、7位ジョン・ウェイン、8位クリント・イーストウッド、9位デンゼル・ワシントンで、10位にジョニー・デップが初登場したらしい。
ジョン・ファヴロウ監督の新作ロマンチック・コメディ"Date School"で、主演予定だったドリュー・バリモアが降板した模様。
米ABCのコメディ・ドラマ「パパにはヒ・ミ・ツ」("8 Simple Rules for Dating My Teenage Daughter",2002年-)に、ジョナサン・テイラー・トーマスのゲスト出演が決まったようだ。
ゴア・ヴァービンスキー監督、ニコラス・ケイジ主演の新作"The Weather Man"に、マイケル・ケインの出演が決まったようだ。
Boston Red Soxの熱狂的ファンであるベン・アフレックは、当初New York Metsのファンという設定だった「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")での設定を、ジョン・ウー監督に頼んで書き直してもらったとか。
ヴェトナム戦争時代のロバート・S・マクナマラ国防長官を描いたドキュメンタリー映画"The Fog of War"を手掛けたエロール・モリス(Errol Morris)監督は「私が全ての人々に声を大にして言いたいのは、事実に目を向けて欲しいということです。20世紀に起こった紛争の中で、1億6000万人もの人々の命が失われたという事実です。人口が増加し、紛争の可能性がますます大きくなっている21世紀に、我々はそこから学ぶべきなのです」と語ったようだ。
若き日のクラーク・ケント=スーパーマンを描くドラマシリーズ"Smallville"(2001年-)に主演、新作映画"Cheaper by the Dozen"にも出演するトム・ウェリング(Tom Welling)は「僕が有名になる日が来るかもしれないけど、有名になることが目的のセレブになりたいとは思わない。仕事をして、家に帰って、プライベートな生活を送りたい。人生の全てをカメラの前に曝け出したくないし、タブロイド紙に出たくもない」と語ったようだ。
今年6月、恋人のクリスティン・ボームガートナー(Christine Baumgartner)にプロポーズしたケヴィン・コスナーは、寝室をバラの花びらとろうそくの明かりで満たし、ひざまずいて1880年代から伝わるダイヤモンドの指輪を彼女に捧げたとか。 [☆φ(。。)メモメモ...]
  12/27
アダム・サンドラー、ジャック・ニコルソン共演「N.Y.式ハッピー・セラピー」("Anger Management")に、ニューヨーク・ヤンキースのロジャー・クレメンス投手が本人役で出演しているらしい。
第16回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が26日開催され、北野武、中井貴一、八千草薫、寺島しのぶ、織田裕二らが出席、賞を手にしたようだ。
27日から年末休暇に入った小泉首相は、早速都内で「ラスト・サムライ」を鑑賞したらしい。
米CBSのインタビューに答えたマイケル・ジャクソンは「子供を傷つけるぐらいなら、自分の手首を切る」と語ったらしい。
ケイト・ウィンスレット、サム・メンデス夫妻に22日、男の子が誕生したようだ。ジョー・メンデス(Joe Mendes)と名づけられたらしい。
香港会議展覧センターで26日、人気俳優ダニエル・ウーが、初プロデュース作品「妖夜回廊」の原作小説へのサイン会を行ったようだ。
さくらんぼ東根温泉を会場にした「ひがしね湯けむり映画祭―わが青春の季節」が来年9月11日から開催されるらしい。昭和30〜40年代の作品が上映されるとか。
新作"Cold Mountain"を手掛けたアンソニー・ミンゲラ監督は「撮影を重ねる毎に、私は愛について問いかけられていることに気づいたが、それで頭がいっぱいというわけではない。私はロマンチックな人間ではないんだ」と語ったようだ。
新作「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")に主演したベン・アフレックは「思慮深い人々の多くが、タブロイド紙が基本的にフィクションだと思ってくれていることが、僕の慰めだよ。正直に言って、僕はとても傷つけられたし、家族や仲間達も心配してくれている」と語ったようだ。また"恋人"との結婚の時期について尋ねられた彼は「マット(・デイモン)と日取りを決めたよ」とジョークを飛ばしたとか。
25日クリスマスの米国興収は、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が1458万ドルで1位、「1ダースなら安くなる」(1950年)のリメイク"Cheaper by the Dozen"が820万ドルで2位、ジョン・ウー監督、ベン・アフレック主演「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")が517万ドルで3位、アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"が451万ドルで4位、P・J・ホーガン監督「ピーター・パン」("Peter Pan")が390万ドルで5位、という結果となったようだ。これにより、米国の年間総興収は、昨年を下回る92億7000万ドルに終わる、と予想されているらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が26日、オーストラリア内453スクリーンで封切られ、同国史上最高の初日興収526万8000ドルを記録したようだ。
米ABCのTVシリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)に主演するジェニファー・ガーナーは、「私は医者か、図書館員になりたかった。演技なんて出来なかったわ。私はこの分野について多くのことを学んだし、そのために私は貪欲になった。それは、もっと学びたいという気持ちから来ていて、『スターになりたい』と思ったことは一度もないわ」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスは先日、ホテルのバスルームに婚約指輪を忘れてしまったらしい。チャックアウト後に気づいた彼女は、半狂乱になってホテルに戻ったとか。指輪はメイドが見つけ金庫に保管されていたようだ。
子育ては故郷のカリフォルニアでと希望していたグウィネス・パルトロウだが、夫のクリス・マーティンは「ロンドンこそ我が家だ。アメリカで生活するつもりはない。注目を集めることにはうんざりだが、ロンドンを出ることは決してない」と語ったようだ。
新作"House of Sand and Fog"に元イラン空軍大佐の役で出演したベン・キングズレイは、すっかり基本的なイラン語(ファルシ語)をマスターしてしまい、共演したイラン人女優も驚いたとか。「私は別の言語で何かをすることが好きなのです。力を与えてくれる様に感じます。私は必要とされている以上にイラン語を学びました。イラン語のシーンは編集され、短くされてしまいましたが」と語ったようだ。
来月2日放送のテレビ東京開局40周年記念新春ワイド時代劇「竜馬がゆく」に出演する内山理名が26日、着物姿で会見を行ったようだ。
3月1日にWOWOWで生中継される「第76回アカデミー賞授賞式」で、藤原紀香と内藤剛志が司会を務めることになったようだ。
  12/28
中国の演劇界で活躍、「ラスト・エンペラー」("The Last Emperor",1987年)などにも出演したほか、1986年からは文化次官も務めた、俳優・演出家の英若誠さんが27日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
田口トモロヲ監督「アイデン&ティティ」が27日山形市内で公開され、田口監督と峯田和伸が舞台挨拶に立ったようだ。
ドリュー・バリモアは、今でもクリスマス・イヴには、部屋にクッキーとミルクを置いて眠るのだとか。「クリスマスを傷つけたくないの。クリスマスの伝統は、私にとってとてもエモーショナルでロマンチックなものだから」と語ったようだ。
ロバート・アルトマン監督の新作"The Company"に主演するネーヴ・キャンベルは、バレリーナ役を演じるため1日8.5時間のトレーニングを積んだものの、撮影に入る直前、カナディアン・ロッキーでスノーボードを楽しむためにヘリコプターから降りた際、膝を痛めてしまったらしい。その上、バレエのトレーニング中には肋骨を骨折したとか。
ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」での演技でオスカー獲得の期待がかかるビル・マーレイは「男優や女優がオスカーを欲しがっている姿というのは、あまり魅力的とは言えないね。授賞式で見せる彼らの死に物狂いの形相は、本当に醜い。それは僕の性格じゃ無いよ。人気コンテストもそうさ。たまに正しいこともあるけど、たいていは間違ってる。まあ、僕は気にしないけど」と語ったようだ。
  12/29
ブラッド・レンフロは、エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ共演のSFスリラー"The Jacket"に出演することが決まったようだ。来月から英国で撮影が始まる模様。
ローラ・インガルス・ワイルダー(Laura Ingalls Wilder)の小説「大草原の小さな家」("Little House on the Prairie")を再び映像化する米ABCのミニシリーズで、「キューティ・ブロンド2」("Legally Blonde 2: Red, White & Blonde",2003年)などに出演しているエリン・コットレル(Erin Cottrell)が、母キャロライン役を演じるようだ。
サウスイースタン映画批評家協会(Southeastern Film Critics Association)賞が発表され、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が作品賞と監督賞に選ばれたほか、「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")が外国映画賞、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")のビル・マーレーが主演男優賞、「21グラム」("21 Grams")のナオミ・ワッツが主演女優賞、「ミスティック・リバー」("Mystic River")のティム・ロビンスが助演男優賞、"Cold Mountain"のレニー・ゼルウィガーが助演女優賞をそれぞれ受賞したようだ。
17日公開された「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の全世界興収は、28日までに4億9210万ドルに達した模様。
全米週末興収は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が5122万ドルでトップの座を維持、総興収は2億2369万ドルに達した模様。一方、"Cheaper by the Dozen"は2823万ドルで2位、アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"は1454万ドルで3位、ベン・アフレック主演「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")は1390万ドルで5位、P・J・ホーガン監督「ピーター・パン」("Peter Pan")は1142万ドルで7位のスタートとなったようだ。
英BBCは、視聴者が選ぶ今年の映画ベスト10を、特別番組の中で発表したようだ。
1.「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")
2.「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")
3.「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")
4.「シティ・オブ・ゴッド」("City of God")
5.「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")
6.「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually")
7.「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side Of The World")
8.「千と千尋の神隠し」("Spirited Away")
9.「X-MEN2」("X2: X-Men United")
10.「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")
宮崎駿監督最新作「ハウルの動く城」は、製作の大幅な遅れのため、当初発表されていた来年7月から11月に公開が延期されたようだ。
舞台俳優として活躍したほか、「寄席芸人」("The Entertainer",1960年)、「汚れなき瞳」("Whistle down the Wind",1961年)、「その男ゾルバ」("Alexis Zorbas",1964年)、「恋する女たち」("Women In Love",1969年)、「ローズ」("The Rose",1979年)、「トータル・フィアーズ」("The Sum of All Fears",2002年)など、数多くの映画に出演した、英国の俳優アラン・ベイツ(Alan Bates)さんが27日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  12/30
人気歌手であり、「酔拳2」("The Legend of Drunken Master",1994年)、「レッド・ブロンクス」("Rumble in the Bronx",1995年)、「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2」("Who's the Woman Who's the Man",1996年)などの作品で女優としても活躍した香港の歌手、アニタ・ムイ(梅艶芳)さんが30日亡くなった(40歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国で大ヒットを記録している「実尾島」の公開5日間の観客動員数が、韓国映画としては史上最高の155万人に達した模様。一方、同国で17日公開された「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」は公開11日目で観客動員数300万人を突破したらしい。
韓国の李滄東文化観光相は30日、日本の劇場用アニメーション映画は2006年から前面開放すると正式発表したようだ。
フランスの作家Franck Le Calvezは、1995年に発表した児童書"Pierrot Le Poisson Clown"に登場するキャラクタが、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")に盗用されているとして、Walt Disney PicturesとPixar Animation Studiosに対する訴訟を起こしたようだ。 [☆確かにそっくりだ・・・]
インドで急速に増えつつある米国企業のコール・センターを舞台にした映画"American Daylight"が製作されるらしい。英国のロジャー・クリスチャンが監督を務め、ニューデリーとロンドンで撮影が行われるようだ。
米Walt Disney Studiosは今年10月末のハロウィーン直前に、新作「ブラザー・ベア」("Brother Bear")や「ホーンテッド・マンション」("The Haunted Mansion")の図柄をあしらったプラスチック・バッグを米国内5大市場で新聞と共に配布、子供たちがお菓子を集める時の入れ物として使われ、大きな宣伝効果をもたらしたらしい。
ユタ州の芸術家が制作したバービー人形のヌード写真に対し、玩具メーカのMattel社が訴訟を起こしていた問題で、米連邦上訴裁判所は29日、芸術家側の権利を認める判決を下した模様。
オンライン映画批評家協会(Online Film Critics Society)賞のノミネーションが発表され、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が10部門でノミネートされたほか、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")、クリント・イーストウッド監督「ミスティック・リバー」("Mystic River")などが複数部門で候補に挙がったようだ。またアニメーション部門では、今敏監督「千年女優」("Millennium Actress")、渡辺信一郎監督「COWBOY BEBOP 天国の扉」("Cowboy Bebop: The Movie")の邦画2作品がノミネートされた模様。
英国週末興収は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が700万ポンドで2週連続1位を獲得、総興収は既に2800万ポンドに達した模様。また、P・J・ホーガン監督「ピーター・パン」("Peter Pan")が136万ポンドで2位、限定公開されたアンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"が38万ポンドで6位に入ったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーとコリン・ファレルは、クリスマスをカイロで過ごしたらしい。
ブラッド・ピットが案内役を務めた、米Discovery Channel製作の灰色クマの生態を描いたドキュメンタリー番組"Growing Up Grizzly"(2001年)の続編が製作されるらしい。今度はジェニファー・アニストンが案内役を務めるようだ。
イワン・プィリェフ監督「カラマーゾフの兄弟」("The Brothers Karamazov",1969年)などに出演するロシアの俳優アンドレイ・ミャフコフ(Andrei Myagkov)は、プーチン大統領から国民賞を授与されたようだ。
人気コミック「ヘルブレイザー」("Hellblazer")の、キアヌ・リーヴス主演による映画化で、ピーター・ストーメアが悪役として出演するらしい。
「おかしな夫婦・大逆転!?」("The Bliss of Mrs. Blossom",1968年)などの映画や数々のTV番組でも活躍した、英国のコメディアン、ボブ・モンクハウス(Bob Monkhouse)さんが29日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  12/31
英国政府は31日、スティーヴン・ダルトリー監督、エリック・クラプトンらに大英帝国勲章第三位(CBE)を授与すると発表したようだ。また、ジョーン・プロウライトには大英帝国勲章第二位(DBE)の称号が与えられるらしい。
南カリフォルニアでは、映画のロケ地に立候補する公立学校が増えているとか。施設提供に対する収入が、削減の続く学校予算の貴重な財源となっているらしい。
文化庁が要求した2004年度の映画振興関連事業費は今年度比32%増の25億円で、新人監督作品の上映支援などのほか、小中学生を対象とした日本映画の普及事業や、映画学習などもスタートするらしい。
近代沖縄音楽の先駆者、宮良長包(1883-1939年)のドキュメンタリー映画が製作されるようだ。野村岳也と澤岻健が監督を務め、来年12月に完成予定とか。
第76回アカデミー賞の選考対象作品は最終的に254本となり、前回を25本下回ったようだ。アカデミー会員5803人に29日、全作品のリストが郵送された模様。
モバイル向けエンターテインメントソフト・メーカーの米Jamdat Mobile社は、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")を題材にしたゲームや壁紙などの配信を開始したようだ。
新作"Monster"で、実在の女性連続殺人鬼アイリーン・ウォルノス(Aileen Wuornos)を演じるため、シャーリーズ・セロンは体重を増やし、特殊メイクで醜く変身しているとか。ウォルノスの出した数百通もの手紙を読んで役作りをしたセロンは「彼女は、結局一人の人間だったのです。その点を、人々は見落としていると思います」と語ったようだ。
ネーヴ・キャンべルは「『スクリーム2』や『スクリーム3』に出演することには納得できたわ。でも『スクリーム4』には何の意味もない。このシリーズは私のキャリアにとって重要な作品だけれど、邪魔もしている。このキャラクタと運命を共にするつもりは無いの。シドニーは何度も殺されそうになったんだから、彼女は精神病院にいるべきなのよ」と語ったようだ。
レニー・ゼルウィガーは「私は、この年までには子供が欲しいと思ったことはないし、理想の男性や、理想の結婚式や、理想の人生を思い描いたりもしなかったわ。どんなことでも、正しいと思うことをすれば、自ずと道は開けるはずよ」と語ったようだ。
「卒業」("The Graduate",1967年)を、デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーの共演でリメイクする企画があるらしい。すでにスクリーンテストも行われた模様。 [☆え゙〜っ!]
メキシコに向かうため、ロンドンのガトウィック空港に現れたグウィネス・パルトロウとクリス・マーティンは、パルトロウが破れたジーンズと古い靴、マーティンが薄汚れたカーキのズボンとブーツという格好だったため、ファーストクラスへの搭乗を拒否されそうになったらしい。空港スタッフの一人は「規則では、ファーストクラスのお客様には清潔な服装をしていただくことになっております。今回は特例です」と語ったようだ。
元舞台女優で、トニー賞を設立したAmerican Theatre Wingで議長と会長を務めた、イザベル・スティーヴンソン(Isabelle Stevenson)さんが28日亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)にレギュラー出演しているマーリー・マトリン(Marlee Matlin)は26日、第4子となる女の子を出産したようだ。
1997年にカミングアウトした後、米ABCのコメディドラマ"Ellen"(1994-1998年)と恋人のアン・ヘッシュを失ったものの、今年スタートの"The Ellen DeGeneres Show"は高視聴率を記録、大ヒット映画「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")では声優を務め、人気を不動のものにしたエレン・デジェネレスは「みんながお世辞を言っておだててくれるから、味を占めちゃう」「キャリアを築くためにプランを立てるのは面白いけれど、全てをコントロールできるなんていう考えはバカげているわ」と語ったようだ。
「タップス」("Taps",1981年)、「シルバラード」("Silverado",1985年)、「スリーメン&ベビー」("Three Men and a Baby",1987年)などの映画やTVドラマで活躍した、米俳優のアール・ハインドマン(Earl Hindman)さんが29日亡くなった(61歳)。ご冥福をお祈りいたします。