シネマトピックス(2003年7月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  7/1
10月に開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭2003では、沖縄を舞台にした記録映画やドキュメンタリー、劇映画を含む50作品を上映する「沖縄特集」を、東京と那覇市でも行うようだ。
博多祇園山笠の飾り山の一つに、アーノルド・シュワルツェネッガーが登場するらしい。
東京ファッション協会は1日、日本で公開される映画の中から、映画関係者、会社経営者らで構成される審査委員会で年18作品を選んで鑑賞する「シネマ夢倶楽部」を設立したようだ。
はなわは、12日日本公開となるディズニー・アニメ「トレジャー・プラネット」("Treasure Planet")の「ディズニー名誉宣伝部長」に任命されたらしい。応援歌をつくるとか。
石原裕次郎が生前受けたインタビュー録音を活字に起こした「口伝 我が人生の辞」が4日出版されるようだ。日記代わりだった手帳の内容も公開されるらしい。
「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」プロモーションのため、加藤夏希、真木よう子、勝地涼の3人が四国新聞社を訪れたようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの、今年4月から6がつの入場者数は、前年同期比22.9%増の265万人となったようだ。
先日Royal Shakespeare Companyの芸術監督を辞任したエイドリアン・ノーブル(Adrian Noble)の映画監督デビュー作となる"Wedlock"で、メグ・ライアンの主演が決まったようだ。
人気TVゲーム「アローン・イン・ザ・ダーク」("Alone in the Dark")が映画化されるようだ。ウヴェ・ボール(Uwe Boll)が監督を務め、クリスチャン・スレイターが主人公の私立探偵エドワード・カーンビー役を演じるらしい。
1995年のノーベル文学賞受賞者シェイマス・ヒーニー(Seamus Heaney)は「エミネムという人物がいる。彼は同世代の人々に電圧を供給している。その破壊的姿勢だけでなく、彼の言葉のエネルギーによって」と語り、彼を評価したようだ。
ヴェルナー・ヘルツォーク監督の次回作は、ネッシー伝説にまつわるドキュメンタリー映画"The Enigma of Loch Ness"になるようだ。
第25回モスクワ国際映画祭の最優秀作品賞はスペインのMiguel Hermoza監督の作品"La Luz Prodogiosa"(The End of a Mystery)に贈られたようだ。
米Dimension Filmsは、「最終絶叫計画」("Scary Movie")に出演したレジーナ・ホール(Regina Hall)を主人公にした映画を企画中のようだ。
数々のTV番組で活躍したほか、「おかしなおかしなおかしな世界」("It's A Mad Mad Mad Mad World",1963年)、「ラブ・バッグ」("The Love Bug",1968年)、「リトル・マーメイド」("The Little Mermaid",1989年)などの作品に出演した、米喜劇俳優のバディ・ハケット(Buddy Hackett)さんが6月30日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
"Harry Potter and the Order of the Phoenix"が、英語の書籍としては史上初めて、フランスでベストセラー1位を獲得したようだ。
「スパイダーマン」ブランドの家電製品に関するライセンス契約を締結しようとしたところ、米Sony Electronics社が1999年のSony Pictures Entertainmentとの契約を理由にこれを阻止したとして、Marvel Enterprises社は6月27日、1000万ドルの損害賠償を求める訴訟をロサンゼルス上級裁判所に起こしたようだ。
ブッシュ米大統領は「キャサリン・ヘプバーンは、その類稀な才能で60年以上もの間、観客に喜びをもたらしてくれました。彼女はその知性と機知で知られており、この国の芸術的な宝物として人々の心に記憶されることでしょう」との声明を発表したようだ。
ニュージーランド政府は、大作映画およびTV番組の製作に対し、製作費の12.5%を援助する補助金制度を発表したようだ。同国内での製作費が5000万ドルを超えた場合、自動的に適応資格を得るほか、1500万ドルから5000万ドルの製作費でも70%が同国で費やされる場合、補助金を得ることが出来るらしい。初年度の予算は4000万ドルで、製作費1億7000万ドルが投入されるC・S・ルイス「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の実写映画化、リチャード・ギアが南極野生動物写真家ブルーノ・ゼーンダー(Bruno Zehnder)を演じる"Emperor Zehnder"、米Paramountの新作コメディ"Without a Paddle"の3作品が適用を受ける模様。
ロンドンで行われる「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")のプレミアでは、赤ではなくピンクのカーペットが敷かれ、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人がその上を歩くらしい。
「マトリックス・リローデッド」で使用されたキャディラックCTSが、1日からプランタン銀座正面に展示されるらしい。銃弾で穴だらけとか。
来月全米公開となるアニメーション映画「シンドバッド 七つの海の冒険」("Sinbad: Legend of the Seven Seas")に声優として参加したキャサリン・ゼタ=ジョーンズは「私のかわいい坊やがこの映画を観るのが待ちきれないわ。『ねえ、これがお母さんとお父さんのお仕事なのよ。これでおもちゃが買えるのよ』と言ってあげたいのも、この仕事を引き受けた理由の一つね」と語ったようだ。
ファンが持ち寄ったサザンオールスターズのお宝グッズを展示する「真夏の秘宝館!inお台場」が19日から開催されるようだ。フジテレビ1階のマルチシアターでは桑田佳祐監督作品「稲村ジェーン」(1990年)の上映会も行われるらしい。
米DreamWorksの新作フルCGアニメ「シンドバッド 七つの海の冒険」("Sinbad: Legend of the Seven Seas")は、100%Linuxシステムで製作されたらしい。
ぴあ通巻1000号を記念した展覧会「希望/HOPE-未来は僕等の手の中」では、北野武、浅野忠信、永瀬正敏、荒木経惟ら39人のアーティストによる作品が展示されているらしい。
「15ミニッツ」("Fifteen Minutes",2001年)のメリーナ・カナカレデス(Melina Kanakaredes)は、ミュージカル「キャバレー」("Cabaret")でブロードウェイ・デビューしたようだ。
「マーサの幸せレシピ」("Bella Martha",2001年)に出演したセルジオ・カステリットが監督を務める"Non Ti Muovere"で、ペネロペ・クルスが出演交渉中らしい。
「ハルク2」企画が進行中の模様。エリック・バナは出演をOKしている一方、アン・リー監督は態度を保留しているようだ。
トビー・マグワイアは、アルコール依存症であることを告白したようだ。
日米同時公開となった「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")、日本では週末興収6億2042万4150円、観客動員数41万6632人を記録、前作のほぼ2倍となったようだ。
英EMPIRE誌が、業界関係者の投票で選ぶ「最もなまりの下手な映画俳優」の1位に、「アンタッチャブル」("The Untouchables",1987年)のショーン・コネリーが選ばれたようだ。
ミネソタ州にあるジュディ・ガーランド博物館が先月リニューアル・オープンしたようだ。
スヌープ・ドッグが主催するチャリティ・バスケットボールの試合が6月28日、彼の母校Poly High Schoolで行われ、バイロン・ラッセルらプロ選手らと共に、ラッパーや俳優らが試合参加したようだ。
  7/2
北京博納文化交流有限公司、北京新画面影業有限公司、上海金棕櫚影視制作公司、広東大和影業有限公司、成都峨影影視文化伝播公司、北京連盟娯楽伝媒投資有限公司、中国華芸音像実業有限公司の7社は、中国民間企業として初めて同国内での配給資格を取得したようだ。
田中光敏監督「精霊流し」のキャンペーンが長崎県で行われ、松坂慶子、内田朝陽らが参加したようだ。ハウスデンボス内には、映画に登場するジャズバー「椎の実」が再現されたとか。
劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の前売り鑑賞券の売り上げが100万枚を突破した模様。ゲーム用データの引換券が人気を呼んだらしい。前作は15万枚だったとか。
矢口史靖監督、上野樹里主演「スウィングガールズ」は山形県の米沢市などでロケが行われるようだ。現在エキストラを募集中とか。
メルボルンのキリスト教系の学校が2日、魔法使いが美化されているのは教育上問題であるとして、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の禁止を発表したようだ。
1997年に「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")の脚本のオプション契約を結んだMPH Entertainment社の経営者ら3人は、映画の純益から3%が支払われるべきであるにもかかわらず何も受け取っていないとして、ニア・ヴァルダロスやHBOなどに対する訴訟をロサンゼルス上級裁判所に起こしたようだ。
8月27日に開幕する第60回ヴェネチア国際映画祭で、先日亡くなったキャサリン・ヘプバーンを追悼するため「旅情」("Summertime",1955年)が特別上映されるらしい。
「アバウト・シュミット」("About Schmidt")のアレクサンダー・ペイン監督次回作は、来年出版されるRex Pickettの小説を映画化するコメディ"Sideways"になるようだ。ポール・ジアマッティとサンドラ・オーが共演するらしい。
ブリタニー・マーフィ主演の新作ロマンチックコメディ"Little Black Book"に、ロン・リヴィングストンの出演が決まったようだ。
英国週末興収は、ジム・キャリー主演"Bruce Almighty"が720万ポンドで初登場1位となったようだ。また「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")が110万ポンドで2位、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は40万ポンドで3位となった模様。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)と米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)の合併の是非を問う投票が1日に行われ、SAGの投票者の57.78%、AFTRAの投票者の75.88%が合併を支持したものの、賛成票が両組合で60%に達しなかったため、合併案は否決されたようだ。
米Fox Movie Channelは、この夏の特集放送で予定していた、中国人探偵チャーリー・チャン(Charlie Chan)を主人公に1930年代に製作された一連のTV映画について、「映画のシチュエーションや描写が微妙な問題を含んでいる」として、放送を取りやめたようだ。NAATA(National Asian American Telecommunications Association)などが抗議していたらしい。
現在撮影中の"Wimbledon"に主演するキルスティン・ダンストは、女性版ジョン・マッケンローとして役作りをしていると発言したようだ。また、「セリーナ(・ウィリアムズ)とはおしゃべりをしました。彼女が大好きです。とってもクールだし。彼女はこの映画に出演するかもしれません。確かじゃないけど」とも語ったらしい。
米iAnywhere Solutions社とノルウェーのiTicket社は、映画配給会社が各映画館のチケット売り上げなどの情報をリアルタイムで追跡できるWebサービス・アプリケーション"iTicket Transfer"を発表したようだ。
ブロードウェイでは2日、キャサリン・ヘプバーン追悼のため、数秒間ビルボードの明かりを暗くするようだ。
ゴア・ヴァービンスキー監督「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に主演したジョニー・デップは、キース・リチャーズを参考に役作りをしたとか。撮影中も"Jumping Jack Flash"を大音量で聞いていたとか。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」の主題歌を、9月にデビューする新ユニット「GICODE」が歌うことになったようだ。グ監督自ら演出を手掛けるPVには、映画に出演する中島美嘉、市原隼人、池内博之、矢沢心らも登場するらしい。
ジョン・シングルトン監督「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")の日本語吹替版収録が1日都内で行われ、小池栄子らが参加したようだ。
Society for the Promotion of Japanese Animationが主催する第12回アニメ・エクスポが3日からロサンゼルスで開催されるようだ。「ユンカース・カム・ヒア」(佐藤順一監督,1995年)のプレミア上映も行われるらしい。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")プロモーションのため、アーノルド・シュワルツェネッガーとクリスタナ・ローケンが来日、2日記者会見を行ったようだ。
「ターミネーター3」の企業とのタイアップ数は50を越え、その宣伝効果は100億円以上とか。
ジョン・レグイザモは、ボクシングの世界を描いた米HBOのTV映画"Undefeated"で監督と主演を兼ねたようだ。今月26日に放送されるらしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")で脚本を担当したジョン・オーガスト(John August)は、「類人猿ターザン」の再映画化を手掛けるようだ。
ジャック・ニコルソンとの間に2人の子供をもうけた女優のレベッカ・ブロッサード(Rebecca Broussard)が、昨年航空機内で起こした暴力事件に対する裁判が6月30日に行われ、アルコールと精神安定剤などの薬物の1ヶ月摂取禁止と、ヴァージン・アトランティック航空に対する26000ドルの支払いが命じられたようだ。
米公共放送PBSで9月28日から放送される"Martin Scorsese Presents the Blues -- A Musical Journey"のプロモーションを、Sony LegacyとUniversal Music Enterprisesが共同で展開するようだ。ボニー・レイット、ヴァン・モリソン、カサンドラ・ウィルソンらの曲を集めたCD"The Best of the Blues"をはじめ、CDボックスセットやサントラCDなどが順次リリースされるらしい。
「黄金狂時代」("The Gold Rush",1925年)、「モダン・タイムス」("Modern Times",1936年)、「チャップリンの独裁者」("The Great Dictator",1940年)、「ライムライト」("Limelight",1952年)の4作品のデジタル・リマスター版DVDが1日米国で発売されたようだ。来年始めには「街の灯」("City Lights",1931年)、「キッド」("The Kid",1921年)、「チャップリンの殺人狂時代」("Monsieur Verdoux",1947年)、「サーカス」("The Circus",1928年)、「巴里の女性」("A Woman of Paris",1923年)、「ニューヨークの王様」("A King in New York",1957年)に加え、短編「担え銃」("Shoulder Arms",1918年)、「犬の生活」("A Dog's Life",1918年)、「給料日」("Pay Day",1922年)なども発売されるらしい。
  7/3
CSN1ムービーチャンネルは、総配信世帯数が500万世帯を突破したと発表したようだ。
明星食品は、カップ麺の新製品「明星 踊る大捜査線 ザ・湾岸ラーメン」を15日から発売するようだ。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」に登場するカップ麺「ザ・湾岸ラーメン」と同じパッケージデザインらしい。
ディズニー・アニメ「トレジャー・プラネット」("Treasure Planet")の試写会が3日行われ、声優を務めた加藤晴彦と、"ディズニー名誉宣伝部長"に任命されたはなわが出席したようだ。
2日の14時30分に来日したアーノルド・シュワルツェネッガーは、20社以上のインタビューを受けた後、今日の夕方には日本を出発、イラクへと向かい、4日の米独立記念日に合わせて米軍兵士の慰問を行うようだ
中国と香港は経済貿易協力強化(CEPA)の合意書に調印、中国国内ではこれまで外国映画と同じ扱いだった香港映画が、国産映画として上映できるようになったようだ。
来日中のアーノルド・シュワルツェネッガーが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われた「ターミネーター3」の試写会に出席したようだ。
"Freaky Friday"のマーク・ウォーターズ監督の次回作は、ティナ・フェイ(Tina Fey)主演のコメディ映画"Mean Girls"になるようだ。
New Line Cinemaは、大学を舞台にしたコメディ映画"GDI"の製作に取り掛かる模様。「アメリカン・パイ」("American Pie",1999年)とそのシリーズや「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy",2002年)を手掛けた、ポール・ワイツ、クリス・ワイツ兄弟がプロデュースに参加する模様。
ジョン・ストックウェル監督、ピアーズ・ブロスナン主演の新作"After the Sunset"で、サルマ・ハエックの共演が決まったようだ。10月より撮影が開始される模様。
ジェニファー・ロペスは、元マネージャーが資格なしに映画出演などの契約を取り利益を横領したとして、契約の無効を訴える請願書をカリフォルニアの労働基準局に提出したようだ。
12年ぶりのシリーズ最新作「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の先行上映が1日午後8時に全米2569館でスタート、その夜だけで興収404万ドルを記録したようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は2日、これまでの"指針"に代わる"規則"を発表したようだ。会員の発言や評論を広告に使用することを禁じたほか、会員資格の剥奪を含む厳しい罰則規定を設けたらしい。
米Turner Classic Moviesは、キャサリン・ヘプバーンを追悼する24時間連続放送を行うようだ。「メアリー・オブ・スコットランド」("Mary of Scotland",1936年)、「冬のライオン」("The Lion in Winter",1968年)、「招かれざる客」("Guess Who's Coming to Dinner",1967年)などに加え、1993年製作のドキュメンタリー"Katharine Hepburn: All About Me"も放送されるらしい。
キャメロン・ディアスはストレスなどでジンマシンが出てしまう体質らしい。1月に行われた「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")のロンドンプレミアもそのために欠席したらしい。1日の「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")のロンドンプレミアも、映画会社側が再現を恐れて欠席となるところだったとか。
オーストラリアのプロ・バスケットボール選手マイケル・キングマ(Michael Kingma)が、チューバッカの友人役で「エピソードIII」に出演するらしい。
25日発売の清水崇監督「呪怨」DVDに特典として添付される"厄除シール"の除霊式が2日新宿区の稲荷鬼王神社で行われ、上原美佐らが出席したようだ。
ブリタニー・マーフィ、アシュトン・カッチャー共演のロマンチック・コメディ「ジャスト・マリッジ」("Just Married")の日本公式サイトでは、アシュトン・カッチャーの来日嘆願署名運動を実施中らしい。
財団法人日本美術協会は2日、第15回高松宮殿下記念世界文化賞の受賞者を発表、演劇・映像部門ではケン・ローチ監督が選ばれたようだ。
グラハム・ノートンが司会を務める英TV番組に出演したダスティン・ホフマンが放送禁止用語を言ってしまい、視聴者から抗議を受けたようだ。
ローリー・カルキンの次回作は"Mean Creek"というオレゴンを舞台にした青春ドラマになる模様。
Amazon.comでは、オードリー・ヘプバーン出演作のDVDとVHSの売上げが急上昇しているらしい。
  7/4
笛木優子が、韓国の元所属芸能事務所から窃盗などの容疑で告訴されていた問題は、先月27日に不起訴となっていたようだ。
中国国家広播電影電視総局は、映画の等級制導入を検討しているらしい。2000人以上の映画ファンにインタビューを行い、参考意見とする予定とか。
「ミラクル・ワールド ブッシュマン」("The Gods Must Be Crazy",1980年)とそのシリーズや、「ブッシュマン4 ホンコン大パニック!」("Crazy Hong Kong/香港也瘋狂",1993年)などの香港映画にも出演した、ニカウ(N!xau)さんが2日亡くなった(推定59歳)。ご冥福をお祈りいたします。
4日全米公開となったフルCGアニメーション映画「シンドバッド 七つの海の冒険」("Sinbad: Legend of the Seven Seas")について、米DreamWorksのジェフリー・カッツェンバーグは「技術部門は、アーティスト達が描いたビジョンを実現するツールの構築に、昼夜を問わず情熱を燃やした。これこそ、今得られる最先端の技術の結晶だ」と語ったようだ。
シャロン・ストーンと、夫でSan Francisco Chronicle紙編集幹部のフィル・ブロンスタインが3日、離婚の手続きに入ったようだ。
パキスタンで"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の海賊本が出回っているらしい。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、第76回アカデミー賞外国語映画部門のエントリー作品を10月15日までに提出するよう、世界87ヶ国に伝えたようだ。
手塚昌明監督「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」のヒロインに吉岡美穂が起用されたようだ。自衛隊に1日体験入隊したとか。
「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の公開前々夜祭が3日都内で行われ、深作健太監督、藤原竜也、前田愛、忍成修吾、酒井彩名、あじゃらが出席したようだ。
「霊幻道士」("Geung si sin sang",1985年)などに出演していたテンテン(ムーン・リー)が、松竹エンタテインメントに所属し、日本での芸能活動を再開するようだ。 [☆芸名は「テンテン」になっちゃったんですかね?]
ロン・ハワード監督、トミー・リー・ジョーンズ主演の西部劇"The Missing"の撮影でニューメキシコ州を訪れたケイト・ブランシェットは、他のスタッフ・キャストらと共に、同地に拠点を置く環境保護団体Forest Guardiansに多額の寄付をしたらしい。
「天才少年ドギー・ハウザー」("Doogie Howser, M.D.",1989-93年)に主演したニール・パトリック・ハリスが主人公ピーター・パーカーの声を演じる、米MTVの"Spider-Man: The Animated Series"が11日からスタートするようだ。
  7/5
"You're the First, The Last, My Everything"をはじめとする数々のヒット曲で2度のグラミー賞を受賞、「アリー・myラブ」("Ally McBeal",1997-2002年)でも知られる、ソウル・シンガーのバリー・ホワイト(Barry White)さんが4日亡くなった(58歳)。ご冥福をお祈りいたします。
新作"Vanity Fair"撮影のためロンドンに滞在中のリース・ウィザースプーンは「この街は素晴らしいわ。プレッシャーを感じないの。アメリカにいる時と違ってリラックスできたわ。私が買い物に行ったり、子供を連れて公園に行っても、誰も気にしないもの。ここでは俳優もただの労働者で、誰も特別扱いしないから」と語ったようだ。
ニューヨークでニコール・キッドマンと食事を楽しんだジュード・ロウは、静かに食事をさせてくれたお礼にと、ウェイターに300ドルのチップを渡したらしい。
エドワード・ノートンとサルマ・ハエックは、やっぱり別れたらしい。ノートンがブロンドの美女をガールフレンドだと紹介していたようだ。
「シンドバッド 七つの海の冒険」("Sinbad: Legend of the Seven Seas")で主人公の声を担当したブラッド・ピットは「もっとましな俳優なら、もっとしっかりと演じただろうね。僕はといえば、ただ笑っていただけだよ。大声で脚本を読み上げた、という感じかな。僕の名前が声優としてクレジットされるけど、その役割はほんの小さなものなんだ。僕がキャラクタに命を与えた訳じゃない。400人のアニメーター達が4年以上をかけて創り上げたものなんだ」と語ったようだ。
小泉純一郎首相は先月30日、ペドロ・アルモドヴァル監督「トーク・トゥ・ハー」を銀座テアトルシネマで鑑賞したらしい。
Liverpool Hope大学で進学と宗教学の講師を務め、このほどリヴァプールの聖マルコ教会(St. Mark's Church)の牧師補となったシャノン・レッドベター(Shannon Ledbetter)は、「トゥモロー・ネバー・ダイ」("Tomorrow Never Dies",1997年)にボンド・ガールとして出演していたらしい。
  7/6
映画プロデューサーの黒澤久雄と女優の林寛子が、先月26日に離婚していたようだ。
「猫の恩返し/ギブリーズepisode2」のDVD発売記念イベントが5日都内で行われ、袴田吉彦らが出席したようだ。
松岡錠司監督「さよなら、クロ」が5日初日を迎え、妻夫木聡、伊藤歩らが舞台挨拶に立ったようだ。
湯山邦彦監督「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星ジラーチ」の先行試写会が5日都内で行われ、山寺宏一、山田ふしぎらと共に、宇宙飛行士の毛利衛も出席したようだ。
「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」が5日初日を迎え、深作健太監督、藤原竜也、酒井彩名、前田愛、竹内力らが舞台挨拶に立ったようだ。各地で前作を超える観客動員を記録している模様。
「拳銃無頼帖 不敵に笑う男」(野口博志監督,1960年)、「渡り鳥北へ帰る」(牛原陽一監督,1962年)など昭和30年代の映画ポスターや、雑誌「近代映画」などを展示した「続・黄金の日活映画展」が5日、広島県福山市の市民図書館でスタートしたようだ。
米Warner Bros.とTrades Indicateが獲得した、アンドリュー・ラウ監督、トニー・レオン主演「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs / 無間道",2002年)リメイク権の獲得額は、史上最高の175万ドルに達した模様。ブラッド・ピットの主演も決まったようだ。
  7/7
米SFドラマ・シリーズ「ダイノトピア」("Dinotopia",2002年)のDVD日本語吹替版収録が7日行われ、ダンディ坂野らが参加したようだ。
「ティファニーで朝食を」("Breakfast at Tiffany's",1961年)やTVシリーズ"The Beverly Hillbillies"(1962-71年)などの作品で知られる、米俳優のバディ・イブセン(Buddy Ebsen)さんが6日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
MSN.comは、予告編や撮影風景の写真を始め、プレミア・レポート、セレブへのインタビュー、映画を題材にしたゲーム、壁紙などのダウンロード、公開劇場情報やオンラインチケットまで、最新映画に関する様々なコンテンツを無料で提供する映画情報サイトmovies.msn.comをスタートさせたようだ。
ショッキングな性描写や性的暴力を描いたラリー・クラーク、エドワード・ラクマン共同監督作品"Ken Park"がオーストラリアで上映禁止となっていることに対し、映画製作者や批評らからなる団体Free Cinemaが2日、シドニー近郊での同作品の上映を企画、数百人が集まったものの、開始直後に警察が電力を切断、上映は中止となったようだ。逮捕者は出なかった模様。
スタン・ウィンストン原案によるコミック・シリーズ"Stan Winston's Trakk"が9月から発売されるようだ。ウィンストンは既にアクション・フィギュアのデザインを手掛けており、ゲーム化、映画化についても交渉中らしい。
エルモア・レナードの原作をドン・チードルの監督で映画化する"Tishomingo Blues"で、マシュー・マコノヒーが出演交渉中のようだ。9月から撮影に入る模様。
フェイ・ダナウェイの息子、リアム・オニール(Liam O'Neill)は、ジェイコブ・ジェントリー(Jacob Gentry)監督によるインディ作品"Last Goodbye"で映画俳優デビューするようだ。デヴィッド・キャラダインの娘カンザス・キャラダイン、シビル・シェパードの娘クレメンタイン・フォード、アンディ・ガルシアの娘ドミニク・ガルシア=ロリドらが共演、フェイ・ダナウェイとデヴィッド・キャラダインも出演するらしい。
全米週末興収は、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")がアーノルド・シュワルツェネッガー主演作としては過去最高、R指定作品としても史上2位の4405万ドルを記録し初登場1位となった模様。公開5日間の総興収は7250万ドルを超えたらしい。一方、リース・ウィザースプーン主演「キューティ・ブロンド2」("Legally Blonde 2: Red, White & Blonde")は2290万ドルの2位でスタート、またDreamWorksのフルCGアニメ「シンドバッド 七つの海の冒険」("Sinbad: Legend of the Seven Seas")は680万ドルで、総興収2億7490万ドルに達したディズニーの「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")には遠く及ばなかったようだ。
ブライス・ダナーは、娘グウィネス・パルトロウの婚約者クリス・マーティンが痩せすぎだと心配しているらしい。ステーキを食べさせるようにと娘に言っているとか。
"The Chronicles of Riddick"撮影のためバンクーバーに滞在中のヴィン・ディーゼルは、ガードマン二人を連れてゲイ・バーに現れたらしい。「すみません。間違えました!」とドアマンに言って出ていったとか。
ニコール・キッドマンとレニー・クラヴィッツに交際の噂があるらしい。P. Diddyの誕生日パーティなどで目撃されたとか。キッドマンの広報担当者はこれを否定したようだ。
ジェイムズ・キャメロン監督は「ターミネーター3」について「3作目をつくろうなんて全く考えていなかった。同じキャラクターで別のストーリーをひねり出すことは、もちろん僕にも出来たさ。でも「タイタニック」を終えて、僕には他にやりたいことがたくさんあったから、アーノルド(・シュワルツェネッガー)に『さあどうぞ』と言ったんだ。どんな出来か興味はあるよ。下らない出来であることを望んでもいるし、素晴らしい作品であって欲しいとも思っている」と語ったようだ。
映画版「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky & Hutch")に主演するベン・スティラーの母親アン・メアラ(Ann Meara)は、TV版「刑事スタスキー&ハッチ」の人気のため打ち切りとなったドラマ・シリーズに主演していたらしい。
「それいけ!アンパンマン ルビーの願い」の完成披露試写会が6日都内で行われ、工藤静香らが舞台挨拶に立ったようだ。
米Columbia PicturesのSF大作"Alien Prison"で、「フェイス/オフ」("Face/Off",1997年)のマイク・ワーブ、マイケル・コレアリーが脚本に起用されたようだ。ローランド・エメリッヒが監督候補に挙がっているらしい。
5日行われた「ターミネーター3」の先行オールナイトは、興収3億4383万円7550円、観客動員21万8310人に達し、「マトリックス・リローデッド」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に次ぐ歴代3位を記録したようだ。
5日公開された「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」は、週末興収3億3800万円、観客動員数23万人を記録、前作比168.8%のスタートとなったようだ。
撮影から上映までをフルデジタルで行う国内初の映画「ハート・オブ・ザ・シー 〜A heart of the sea 〜」の試写会が6日都内で行われ、監督の錦織良成のほか、宮村優子、須藤理彩、杉山清貴、黄川田将也らが出席したようだ。ビクターのD-VHSデッキと松下の3板式DLPプロジェクタで上映されたとか。
  7/8
ティム・バートン監督による、ロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」("Charlie and the Chocolate Factory")の映画化で、マイケル・キートンが主演候補に挙がっているらしい。
竹富島で行われている喜多一郎監督「星砂の島 私の島〜アイランド・ドリーミン」のロケに7日、BEGINのメンバーが参加したらしい。
森永製菓は「COSMIC RESCUE チュッパ」を11日から首都圏で限定販売すると発表したようだ。映画「COSMIC RESCUE」に出演する森田剛、三宅健、岡田准一の3人をイメージしたダイヤブロックジュニアのフィギュアが付いてくるらしい。
米Sony Pictures Entertainmentの会長兼CEOジョン・キャリーの後任者探しが行われているようだ。元Disney Studios会長で、現在Revolution Studiosを経営するジョー・ロスが候補に挙がっているらしい。
ヴィクトリア・ベッカムは、メル・ブルックスの映画を元にした大ヒット・ミュージカル"The Producers"の再映画化作品に出演するらしい。
ニュージャージー州で6日、車を強奪しようとした少年3人が逮捕されたようだ。「自由の戦死」と名乗る彼らは「マトリックス」を真似た黒い衣装を身につけ、大量の武器で武装していたらしい。
小泉純一郎首相が本部長を務める知的財産戦略本部は8日、「知的財産推進計画」を最終決定した模様。特許審査の迅速化や知的財産高等裁判所の創設のほか、アニメや映画などのコンテンツを活かしたビジネス振興の方策などが盛り込まれているようだ。
ヒース・レジャー、ウェス・ベントリー、ケイト・ハドソン共演「サハラに舞う羽根」("The Four Feathers")プロモーションのためシェカール・カプール監督が来日、記者会見を行ったようだ。
映画「ハリー・ポッターと賢者の石」で、ハリー・ポッターが育ったダーズリー家の家として登場した、イングランド中部にある家が、今月22日に競売にかけられるらしい。希望落札価格は25万ポンドとか。
リッチ・コーワン(Rich Cowan)監督による低予算スリラー"Main Line"で、マシュー・デイヴィス、ロビン・タニー、ジェイムズ・スペイダー、エイダン・クイン、ピーター・コヨーテらが共演する模様。
ミロス・フォアマン監督による、ハンガリーを舞台にした新作"Embers"で、ショーン・コネリーとウィノナ・ライダーの共演が決まったようだ。ウィノナ・ライダーは、ロバート・アルトマン監督の新作"The Widow Claire"にも主演するらしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")は、先週末より33ヶ国で公開がスタート、オランダを除いた全ての国で週末興収1位を獲得した模様。海外興収は4330万ドルに達したようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の北米を除く海外興収は4億1000万ドルを突破し、「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)に代わって歴代10位の記録となったようだ。
"Spike TV"の名称の使用中止を求めてスパイク・リー監督がViacomを訴えていた問題で、7日両者が和解したようだ。8日、共同声明が発表される模様。
ジェニファー・ロペスとベン・アフレックが週末挙式するという噂が飛び交い、米バーモント州のマンチェスターには多くのパパラッチが集まったらしい。しかし、ロペスは映画撮影のためロバート・レッドフォードとカナダに滞在中、アフレックもユマ・サーマンと共演する新作"Paycheck"の撮影でバンクーバーを訪れており、噂は全くのデマだったようだ。
「ターミネーター3」に出演したクリスタナ・ローケンは、最高の体形を維持するため、プロテイン・パウダー、果物、水、ピーナッツ・バターとツナ1缶をミキサーで混ぜた"ツナ・ダイキリ"を作って、毎朝鼻をつまみながら飲んでいたらしい。「苦悩の30秒だった」とか。 [☆うげ〜]
V6「COSMIC RESCUE」が14日付オリコン・シングルチャートで初登場1位となったようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の主題歌「Love Somebody」は、マイア(mya)が織田裕二とデュエットしているらしい。
ドリュー・バリモアと、The Strokesのドラマー、ファブリツィオ・モレッティ(Fabrizio Moretti)との結婚式は、来年1月1日に計画されているらしい。
米TVドラマ「ダラス」("Dallas",1978-1991年)が映画化されるらしい。ブルース・ウィリス、コリン・ファレル、ジェシカ・ラングらが共演するようだ。
「REVIVAL OF EVANGELION」「式日」などを上演する「庵野秀明スペシャルナイト」が18日新宿ミラノ座で開催されるようだ。実写版「キューティー・ハニー」の出演者がゲスト出演する監督のトークショーもあるとか。
「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")のプレミアに出席したショーン・コネリーは、スティーヴン・ノリントン監督が出席しなかったことについて「私が好きな人物について質問してくれ。この映画のスタッフと働くのは楽しかったよ。彼と以外は」と答えたらしい。
デミ・ムーアに出演以来が殺到しているとか。彼女の希望はロマンチック・コメディらしい。
"Ocean's Twelve"はヨーロッパが舞台になるらしい。ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツの出演も決定したとか。
1998年から続く米人気TVコメディ"That '70s Show"に主演するアシュトン・カッチャーは、2004-05年の出演契約を結んだようだ。全25エピソードで、出演料は500万ドルから700万ドルになるとか。
米FOX2000 Picturesは、ハン・ソッキュ主演の韓国映画「カル」("Tell Me Something",1999年)のリメイクを企画しているらしい。
  7/9
2003年の全米映画興行収入は、前年同期比4.4%減の46億5000万ドル、5月からのサマーシーズンも同3.3%減の21億1000万ドルとなったようだ。昨年は「スパイダーマン」の大ヒットがあったことに加え、今年は「マトリックス・リローデッド」「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」「X-MEN2」「ターミネーター3」「キューティ・ブロンド2」と続編が立て続けに公開され、観客が飽き始めている、との見方もあるようだ。
石原裕次郎の十七回忌法要が9日都内で行われ、渡哲也、石原慎太郎ら関係者400人が出席したようだ。
石原プロとスポーツ6紙が募集していた「天国の石原裕次郎さんへの手紙」の大賞受賞者6名が決定したようだ。合計2602通の応募があったとか。
佐藤信介監督、カミングセンチュリー主演のIMAX映画「COSMIC RESCUE」が、9月に開催されるトロント国際映画祭で上映されるようだ。
第12回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が17日から開催されるようだ。今年は「ハッピーライフ」をテーマに、ルディ・ボーケン監督「ブリトニーに逢いたくて」("Britney, Baby, One More Time",2002年)、イネス・パリス、ダニエラ・フェヘルマン共同監督「マイ・マザー・ライクス・ウーマン」("A mi madre le gustan las mujeres",2002年)などが上映されるらしい。
文化庁は9日、映画や落語などの日本の文化・芸術を海外に広める「文化交流使」12人を指名したようだ。映画評論家の田中千世子、俳優の小宮孝泰、脚本家の小山内美江子、落語家の笑福亭鶴笑らが選ばれたらしい。
大澤豊監督、忍足亜希子主演「アイ・ラヴ・ピース」の準備中に亡くなった映画照明技師、下村一夫の遺族は、香典の一部をアフガニスタンの戦災孤児らに寄付したようだ。
ダブリンの麻薬組織の実態を暴き、1996年に暗殺された女性ジャーナリストの実話を元に描いた、ジョエル・シュマッカー監督の新作"Veronica Guerin"で主人公を演じたケイト・ブランシェットは「ヴェロニカを演じている時、彼女の同僚や友人、家族に対する大きな責任を感じていました」と語ったようだ。
World Wrestling Entertainmentの映画部門、WWE Filmsが手掛けるタイトル未定のアクション映画の脚本に、「スポーン」("Spawn",1997年)のアラン・マッケロイ(Alan McElroy)が起用されたようだ。
Columbia Picturesとアダム・サンドラーの映画製作会社Happy Madisonが製作する、ジョゼフ・ファレス(Josef Fares)監督のスウェーデン映画"Kopps"のリメイクは、TVシリーズ"Spin City"(1996-2002年)などを手掛けた脚本家フィル・ウェン(Phil Wen)が最終交渉中のようだ。
「クジラの島の少女」("Whale Rider")のニキ・カーロ監督次回作は、ニュージーランドの作家エリザベス・ノックス(Elizabeth Knox)の小説"The Vintner's Luck"の映画化になるようだ。
以前William Morris Agencyと契約していたマイケル・ダグラスは、新たにEndeavor agencyと契約を結んだようだ。
ウィル・スミス、ジャダ・ピンケット・スミス夫妻の製作総指揮、ニック・キャッスルの監督によるロマンチック・コメディ"The Seat Filler"で、Destiny's Childのケリー・ローランドがデュアン・マーティンと共演するらしい。ローランドは来月全米公開となる「フレディVSジェイソン」("Freddy vs. Jason")にも出演しているようだ。
児童ポルノ関連法違反で起訴されていたジェフリー・ジョーンズに対し、5年間の保護観察処分と、性犯罪者としての終身登録処分が下ったようだ。
米ABCのインタビューに答えたアンジェリーナ・ジョリーは、元夫ビリー・ボブ・ソーントンについて「彼はとても素晴らしい人でした。でも、今は彼のことが分かりません。私たちはもう友人でもないのです。お互いに変わってしまいました。彼とどんな話しをすればいいのかも分かりません」と語ったようだ。離婚以来、会うこともないらしい。
英国週末興収は「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")が327万ポンドで初登場1位となり、先週1位のジム・キャリー主演"Bruce Almighty"は2位となったようだ。
1950年のサッカーW杯で英国を下した米国サッカーチームの実話に基づく映画"The Game of Their Lives"の撮影が、実際の舞台となったセント・ルイスで行われているようだ。製作費を抑えるため、ミズーリ州の税額控除制度を利用したようだ。同州での映画製作としては最大規模で、数百万ドルの経済効果が期待できるとか。撮影はこの後、リオ・デ・ジャネイロで行われるらしい。
ジョン・マルコヴィッチらが率いる映画製作会社Mr. Muddは、パトリシア・ハイスミスの小説「孤独の街角」("Found in the Street")の映画化を計画しているようだ。「セイブ・ザ・ラスト・ダンス」("Save the Last Dance",2001年)などに出演しているテリー・キニーの監督デビュー作になる模様。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")のドイツでのプレミアに出席したキャメロン・ディアスは、映画が期待ほどヒットしていないことについて「私たちには関係ないわ。記録を破ることに興味はないもの」と答えたようだ。また、ルーシー・リューも「もしこの映画の興収が1ドルだけだったとしても、たいしたことじゃないわ。お金を稼ぐために映画を作った訳じゃないもの」と語ったとか。
ディズニーの新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")でジョニー・デップを起用したことについて、製作総指揮のジェリー・ブラッカイマーは「ディズニーのイメージを覆すものが必要だと考えたんだ。彼の出演によって、この映画は何か違うぞ、と観客に伝えることが出来たと思う。『カントリー・ベアーズ』じゃないんだ、とね」と語ったようだ。
英ガーディアン紙の読者アンケートによると、最悪のラヴシーン第1位は「マトリックス・リローデッド」だったようだ。 [☆確かに長かった・・・]
ジャスティン・ティンバーレイクは、キャメロン・ディアスについて「彼女はパーフェクトさ。『マスク』("The Mask",1994年)が僕のターニングポイントだったんだ。彼女は最高に理想的な女の子だよ」と語ったようだ。
バンクーバーで撮影中の、ロバート・レッドフォード、モーガン・フリーマン共演の新作"An Unfinished Life"に出演しているジェニファー・ロペスは、ベン・アフレックが映画の女性スタッフと一緒にいるところを見て、怒り狂ったらしい。
マット・デイモン、ヒース・レジャー共演によるテリー・ギリアム監督最新作"The Brothers Grimm"で、ニコール・キッドマンが出演予定だったもののスケジュールが合わなくなり降板したらしい。既にチェコで撮影が始まっており、ギリアム監督は代役探しに必死とか。
林寛子と離婚した黒澤久雄の会見が8日都内で行われたようだ。「死ぬまでに1度はメガホンを取りたい」と語ったとか。
篠崎誠監督「犬と歩けば-チロリとタムラ」で、田中直樹とりょうが共演するらしい。吉村由美、片桐仁、唯野未歩子らも出演するようだ。現在、千葉県松戸市で撮影中の模様。
「踊る大捜査線」グッズは、「湾岸君」ぬいぐるみやライター、スタッフ・ジャンパーをはじめ、マグカップ、灰皿、オルゴールから最中まで、その数200アイテムに上るとか。 [☆最中?]
石原裕次郎の十七回忌イベントが9日、品川プリンスシネマでスタートしたようだ。3日間のイベントの総額は5億円とか。
ジェイムズ・ヴァン・ダー・ビークとヘザー・マッコームとの結婚式が週末マリブで行われたようだ。"Dawson's Creek"(1998-2003年)の共演者らも出席したらしい。
既に2人の子供をもうけているジョン・レグイザモとジャスティーン・モーラーが、先日ニューヨークで結婚式を挙げたようだ。
ニック・スタールは「T4」「T5」への出演契約を済ませたようだ。スタジオ側は「T6」までの構想を練っているとか。
バリー・レヴィンソン監督の次回作は、「リーマン・ジョー」("Joe Somebody",2001年)、「ブロンド・ライフ」("Life Or Something Like It",2002年)の脚本を手掛けたジョン・スコット・シェパード(John Scott Shepherd)の小説"Henry's List of Wrongs"の映画化になる模様。
  7/10
BMW Japanは、映画「ミニミニ大作戦」("The Italian Job")に登場するMINIと同じ仕様にできるアクセサリー・パッケージを来月1日から販売すると発表したようだ。
メディアウエストは、「ターミネーター3」に登場する女性型ターミネーター「T-X」のキャラクター・マウスを12日から発売する、と発表したようだ。クリックすると目が青く光るらしい。
リドリー・スコット監督は8日、エリザベス女王からナイトの爵位を授与されたようだ。
マーティン・スコセッシは、米Sci Fi Channelが2005年に放送を予定するミニシリーズ"The Twelve"で製作総指揮を務めることになったようだ。
ディズニーの新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")や、DreamWorksが製作するマイケル・マン監督、トム・クルーズ主演の"Collateral"などで脚本を担当しているスチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)は、Miramax Filmsが企画するジェイムズ・シーゲルの小説"Derailed"の映画化で、脚本を手掛けるようだ。
ジェフ・ブリッジスが製作と主演を務める、ロイス・ローリーのSF小説「ザ・ギバー 記憶を伝える者」("The Giver")の映画化で、「ロボコップ」("RoboCop")、「スターシップ・トゥルーパーズ」("Starship Troopers")などに参加しているエド・ニューメイヤー(Ed Neumeier)が脚本を担当することになったようだ。
米国の同性愛専門ホーム・ビデオ販売業者Wolfe Videoは、来年から劇場映画配給分野に参入するらしい。10日開幕した第21回ロサンゼルス・ゲイ&レズビアン映画祭(Outfest)で上演される、マルコ・フィリベルティ(Marco Filiberti)監督"Poco piu di un anno fa"(A Little More Than a Year Ago)と、ブラッド・フレイザー(Brad Fraser)の監督デビュー作"Leaving Metropolis"の2作品の配給権を既に取得したようだ。
ジェイダ・ピンケット・スミスとクーイン・ラティファが、Paramount Picturesのが企画するタイトル未定のアクション・コメディで刑事を演じるようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に出演するキーラ・ナイトレイは、ジョン・マッデン監督の新作"Tulip Fever"でジュード・ロウと共演するようだ。
キャメロン・クロウ監督次回作"Elizabethtown"で、キルスティン・ダンストとアシュトン・カッチャーの共演が決まったようだ。来年はじめにオレゴンとケンタッキーで撮影が始まるらしい。
ドイツで、ウェブ上のコミュニティによる"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の翻訳作業が進められているらしい。約8000人のファンが参加しているとか。 [☆ちなみに、正式なドイツ語訳の出版は11月8日とか。]
マドリードに住む21歳の女性が「ハリー・ポッター」を真似て魔法の薬の調合を試み、失敗して自宅を半焼させたらしい。 [☆マグルは真似をしないように!]
LL・クール・JはDef Jamとの契約を更新したようだ。
「スパイダーマン」のライセンス契約をめぐるMarvel EnterprisesとSony Pictures Entertainmentとの訴訟は、ロサンゼルス上級裁判所が審理を行うかどうかの判断を下しておらず、保留状態になっているらしい。
ケイト・ハドソン、マシュー・マコノヒー共演のロマンチック・コメディ「10日間で男を上手にフル方法」("How to Lose a Guy in 10 Days")のVHSとDVDが米国でリリースされ、発売5日間で合計300万本が売れたらしい。また、同日発売のマーティン・スコセッシ監督「ギャング・オブ・ニューヨーク」("The Gangs of New York")は、VHSとDVD合わせて250万本の売上を記録したようだ。
ロバート・ワグナーは、映画「チャーリーズ・エンジェル」("Charlie's Angels",2000年)と「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle",2003年)の利益の半分を受け取る権利があるとして、Sony Pictures Entertainmentに対する訴訟を起こしたようだ。ABCで放送されたTV版「チャーリーズ・エンジェル」(1976-1981年)の企画に参加し報酬を受け取る契約を結んでいた彼は、映画にもその契約が適応されると主張しているらしい。
伝記作家A・スコット・ベルグ(A. Scott Berg)によるキャサリン・ヘプバーンの伝記"Kate Remembered"が11日に出版されるようだ。彼女の死後出版する約束になっていたらしい。
シャロン・ストーンが離婚申請した翌日、彼女はロサンゼルスのフォー・シーズンズ・ホテルで、エイドリアン・ブロディと朝まで飲んでたらしい。
青山真治監督の母校である立教大学が、三上博史、とよた真帆共演の新作「月の砂漠」の特別協賛に決まったようだ。
「サハラに舞う羽根」("The Four Feathers")プロモーションのため来日中のシェカール・カプール監督が、11日に甲子園で行われる阪神x巨人戦で始球式を行うようだ。カプール監督は野球をやったことがないらしい。
9日放送のテレビ朝日「石原裕次郎十七回忌生放送スペシャル」は、平均視聴率11.5%を記録したようだ。
11月開幕する第16回東京国際映画祭のオープニング作品が、森田芳光監督「阿修羅のごとく」に決まったようだ。邦画での開幕は11年ぶりとか。また、コンペ部門の審査委員長はコン・リーが務めるらしい。
コリン・ファレルは、Ralph Laurenのイメージ・キャラクタに起用されたようだ。新作コレクションでモデルを務める可能性もあるとか。
ブレイク・エドワーズ監督は「追跡」("Experiment in Terror",1962年)を自らリメイクするらしい。
MTVの人気TVシリーズ"The Osbournes"の第3シーズンの制作が決定した模様。今秋から撮影が再開され、全20エピソードが来年はじめから放送されるらしい。
今夏スタートする米HBOの人気ドラマシリーズ"Sex and the City"の最終シーズンに、ブレア・アンダーウッドの出演が決まったようだ。
  7/11
EU諮問委員会は10日、EUの国家をベートーベンの第9とすることを決めたようだ。また、各国が外国映画やTV番組などの輸入制限を行う権利を認める草案をまとめた模様。
19日都内で行われる「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の初日舞台挨拶に、入院中のいかりや長介が出席する予定とか。 [☆無理をせずにゆっくりと療養して欲しいです]
12日公開となる飯塚健監督「サマーヌード」のPR会見が10日行われ、堀口文宏、川本成らが出席したようだ。
12日と13日に上演される水野晴郎演出の舞台「シベリア超特急00・7/モスクワより愛をこめて」にザ・グレート・サスケが出演するらしい。
今月末に旧型ビートルが生産中止になるのを受けて、Volkswagenのメキシコ工場では3000台特別仕様車をメキシコ国内で限定販売すると発表したようだ。「ラブバッグ」("The Love Bug",1968年)に登場したビートルがモデルになっているとか。
人々の経験や人生の価値を豊かに描いたテレビ・映画界の人物に贈られる、今年のHumanitas賞が10日発表され、脚本家のアントワン・フィッシャー、TVプロデューサーのデヴィッド・E・ケリー、「クジラの島の少女」("Whale Rider")のニキ・カーロ監督の3人が受賞したようだ。
デヴィッド・ヒュー・ジョーンズ監督、ジュディ・デンチ、ジェレミー・アイアンズ共演で1978年に製作され、英BBCでTV放映された映画"Langrishe, Go Down"が、18日からロサンゼルスで劇場上映されるらしい。
以前、マイケ・ファン・ディム監督、ウェズリー・スナイプス主演で企画されていたアクション・コメディ"Godforsaken"は、タイトルが"The Killer's Game"に変更、レニー・ハーリンが監督するようだ。
M・ナイト・シャマラン監督最新作"The Woods"に、ウィリアム・ハートの出演が決まったらしい。
「ルールズ・オブ・アトラクション」("he Rules of Attraction")に出演したクリフトン・コリンズJr.は、今週ロサンゼルスで撮影が始まったクリス・フィッシャー監督の低予算スリラー"The Hillside Strangler"に主演するようだ。
ニルス・ミュラー監督、ショーン・ペン主演のインディ作品"The Assassination of Richard Nixon"に、マイケル・ウィンコットの出演が決まったようだ。
フランク・コラチ監督、ジャッキー・チェン主演によるリメイク版「80日間世界一周」("Around the World in 80 Days")で、オーウェン・ウィルソンとルーク・ウィルソンがライト兄弟役でカメオ出演するらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man II")に出演するトビー・マグワイアは「出演できてほんとにハッピーさ。1作目よりも良くなっているよ。ストーリーは本当に良くなっている」と語ったようだ。
共に今週末全米公開となる、ジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")と、ショーン・コネリー主演「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")のガチンコ対決は、「リーグ・・・」が苦戦を強いられると予想されているようだ。 [☆タイトルの長さでも負けてる・・・]
ドイツの今年の映画興行収入は昨年同期を12.2%下回る、3億9900万ユーロとなっているようだ。チケット販売枚数も10.9%減の6750万枚とか。
テキサス大学の教授マイケル・エイデンミューラー(Michael Eidenmuller)が運営するサイトでは、映画に登場する歴史的スピーチを聴くことが出来るらしい。一番人気はメル・ギブソン主演「ブレイブハート」("Braveheart",1995年)のセリフ"Sons of Scotland, I am William Wallace"で、2番目はジョージ・C・スコットの「パットン大戦車軍団」("Patton",1970年)とか。
ジャック・ニコルソンがフランスで映画を撮っているらしい。セーヌ橋を撮影しようとしたところ、失業保険制度の見直しに反対しストライキ中のフランスの俳優やスタッフらが橋を占拠、結局撮影隊は撤収したようだ。ダイアン・キートンとキアヌ・リーヴスが共演しているとか。
「トゥームレイダー2」("Lara Croft and the Cradle of Life: Tomb Raider 2")に出演したアンジェリーナ・ジョリーは「前作の時はいろんなダイエット食品を食べたわ。でも、それでちょっとおかしくなった。だから、今回は普通の食事を摂ったの。ダイエット食品よりホンモノの食べ物の方がよっぽど効果的だと分かったわ」と語ったようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")でジョニー・デップと共演したオーランド・ブルームは、15歳の時から彼に憧れていたとか。「彼ほどクールな人物に出逢ったことは一度もないよ」と語ったようだ。
オーストラリアの俳優組合Media Entertainment and Arts Allianceは、給与体系の改革を求め、来週からのストライキを計画しているようだ。
動物学者で男女の性行動に関する研究で知られるアルフレッド・キンゼイ(Alfred Kinsey)の半生をビル・コンドン監督、リーアム・ニーソン主演で描く"Kinsey"で、Fox SearchlightとQwerty Filmsが共同出資に向けて交渉中のようだ。
National Geographic Filmsは、アラン・テナント(Alan Tennant)のノンフィクション小説"Aloft"を、ロバート・レッドフォードの主演で映画化するようだ。また、National Geographicは、グレゴリー・ホブリット監督、リチャード・ギア主演"Emperor Zehnder"の製作を今秋スタートさせるほか、アーネスト・シャクルトンの南極探検を描くウォルフガング・ペーターゼン監督"Endurance"などの製作にも取り掛かっているらしい。
ジュリア・ロバーツとダニー・モダーは、イタリアのパンテレリア島にあるジョルジオ・アルマーニの邸宅に滞在し、結婚1周年を祝ったようだ。
ブラッド・ピットは、海外も含めて展開するホテル・チェーンの設立を計画しているらしい。ジョージ・クルーニーらも加わるほか、シンディ・クロフォードの夫ランディ・ガーバー(Rande Gerber)にも参加を呼びかけているようだ。ブラッドは、現在ラス・ヴェガスで土地を物色中とか。
高山由紀子監督「娘道成寺〜蛇炎の恋」の撮影が10日、東映京都撮影所で行われ、中村福助らが参加したようだ。
UIPは、アン・リー監督「ハルク」("The Hulk")の日本での興収目標を、「ジュラシックパーク」("Jurassic Park",1993年)が記録した138億円に設定したようだ。
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の完成披露試写会が10日お台場で行われ、織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎らが出席したようだ。
「宇宙空母ギャラクティカ」("Battlestar Galactica",1978年)をリ・イメージしたミニシリーズ"Battlestar Galactica"が製作中らしい。主演のエドワード・ジェイムズ・オルモスは、オリジナル・シリーズのファンから多数の抗議や嫌がらせの手紙を受け取っているとか。
ウォルフガング・ペーターゼン監督、ブラッド・ピット主演の歴史超大作"Troy"の撮影中の事故が元で、エキストラ俳優の一人が死亡したらしい。
Marvelコミック"Captain America"の映画化で、ブラッド・ピットが主演候補に挙がっているらしい。
「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind",2001年)でオスカーを獲得、超大作「ハルク」("The Hulk")に出演しているジェニファー・コネリーは「食物連鎖の階層がまだあって、私は頂点にはいないわ。必ずしも売り上げに貢献しているとは言えないわね」と語ったようだ。
HMVは「ゴジラ×メカゴジラ」のDVDを購入すると、釈由美子のソフビフィギュア購入券がもらえる「HMV ゴジラ×メカゴジラ DVDキャンペーン」を25日から実施すると発表したようだ。
  7/12
ジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の全米公開が9日スタートし、初日興収1350万ドルを記録したようだ。
「二十六人の逃亡者」(田口哲監督,1959年)で映画デビュー、「けものみち」(須川栄三監督,1965年)、「夜霧よ今夜も有難う」(江崎実生監督,1967年)、「絞死刑」(大島渚監督,1968年)、「野獣都市」(福田純監督,1970年)、「仁義なき戦い 広島死闘篇」(深作欣二監督,1973年)、「さらば箱舟」(寺山修司監督,1984年)、「ミンボーの女」(伊丹十三監督,1992年)、「けものがれ、俺らの猿と」(須永秀明監督,2001年)など100を越える作品で名脇役として活躍した、俳優の小松方正さんが11日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
呉市の海上保安大学校を舞台にした映画「海猿」が12日クランクインしたようだ。エキストラも募集中とか。
海外の映画グッズを集めた「ISQシネマワールド」が11日から、香川県高松市のジェトロ・インポート・スクエアで開催されているようだ。雑誌やポスター、Tシャツなどのほか、ブラッド・ピットの直筆サイン入り写真や、ブルース・リー関連グッズなども展示されているとか。
ボブ・ディランの新録音による4曲が、22日発売の"Masked and Anonymous"のサントラに収録されているらしい。
キャロル・キング、エルトン・ジョン、カーリー・サイモンらの名曲をカバーした、マンディ・ムーアの4枚目のアルバム"Coverage"が9月に発売されるらしい。
12月よりロンドンで上演されるRoyal Shakespeare Companyの舞台「終わりよければすべてよし」("All's Well That Ends Well")に、ジュディ・デンチが出演するようだ。
シャロン・オズボーンは、9月に米WBでスタートするトーク番組"Sharon"でホストを務めることになったようだ。インタビューに答えたシャロンは「オプラ・ウィンフリーほど上手くは出来ないわ。本を推薦したりもしないわよ。私のスタイルじゃないもの。私の経験が全てよ」と語ったようだ。
グウィネス・パルトロウはかつて両親(ブルース・パルトロウ、ブライス・ダナー)と共に、アーノルド・シュワルツェネッガーの隣の家に住んでいたらしい。彼女が12歳の時「友達とイタズラしようってことになったの。それで、暗くなってから彼の庭に入って、木にトイレットペーパーで飾りつけをしたのよ。決して私がやったとは認めなかったけど」・・・とか。
デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーは、ビバリーヒルズに引っ越すらしい。
1998年に登場した人気ビデオゲーム"Half-Life"が映画化されるらしい。
ピーター・ヒューイット監督による「ガーフィールド」("Garfield")の実写映画化で、デブラ・メッシングが声優として出演するようだ。
米MGMとOverbrook Entertainmentは、トマス・ペリーのサイコ・スリラー小説"Pursuit"を、ウィル・スミスの主演で映画化するようだ。
喜多一郎監督「星砂の島 私の島〜アイランド・ドリーミン」の竹富島でのロケが終了したようだ。BEGINのほか、亀井絵里、道重さゆみも参加したらしい。
三池崇史監督「ゼブラーマン」が11日クランクインしたようだ。哀川翔の主演作としては「ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ〜」(高橋伴明監督,1990年)以来100本目とか。
31日より開幕する第3回国際ブラックパンサー映画祭(International Black Panther Film Festival)で、ダニー・グローヴァーが名誉会長を務めるようだ。
アイヴァン・ライトマン監督「アニマル・ハウス」("Animal House",1978年)のメイキング"Go Inside: Animal House"が、米TNNで来月放送されるらしい。
トム・クルーズは「7歳の時に、失読症だと言われた。読むことに集中しようとしたけれど、そのページを読み終わると、読んだことをほとんど覚えていなかった。でも、「トップ・ガン」("Top Gun",1986年)に出演した後、サイエントロジーと出会って、学びたいと思えばどんなことでも学ぶことが出来ると知ったんだ」と語ったようだ。
昨年10月に結婚した人気歌手ニック・ラシェイ、ジェシカ・シンプソン夫妻の日常生活を追うMTVの新番組"Newlyweds"が、来月19日にスタートするようだ。
  7/13
梶間俊一監督「プレイガール」が12日大阪で初日を迎え、佐藤江梨子らが舞台挨拶に立ったようだ。
9日から行われた「黒部の太陽」「栄光への5000キロ」の特別上映の来場者や、石原裕次郎十七回忌法要の参列者らに配られた「松竹梅」と「ZIPANG」のセットが、8月から一般販売されることになったようだ。
ぴあフィルムフェスティバルが12日開幕し、オープニング作品として三池崇史監督「牛頭」が上映されたようだ。
「それいけ!アンパンマン ルビーの願い」が12日初日を迎え、声優を務めた工藤静香と香坂みゆきが都内劇場で舞台挨拶を行ったようだ。
「沙羅双樹」が12日初日を迎え、河P直美監督らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
ジョナサン・モストウ監督「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")が12日、全国550スクリーンで公開され、初日興収は6億円に達する見込みとか。
ディズニー長編アニメ「トレジャー・プラネット」("Treasure Planet")が12日初日を迎え、日本語吹替版で声優を務めた加藤晴彦、小林聡美らが舞台挨拶に立ったようだ。 [☆午後には"名誉宣伝部長"はなわも登場してました。]
ダリル・ハンナは、11日公開のマイケル・ポーリッシュ監督"Northfork"をはじめ、今秋公開予定のジョン・セイルズ監督"Casa de Los Babys"、クエンティン・タランティーノ監督最新作"Kill Bill"と、年内公開の作品に立て続けに登場するようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、New Line Cinemaのファミリー・コメディ"Big Sir"の出演交渉に入った模様。Warner Bros.による「ウエストワールド」("Westworld",1973年)のリメイク企画も引き続き進行中の模様。
ビヨンセ・ノウルズは、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の85歳の誕生日を記念した米MTVの特別番組"Meeting Mandela: A Staying Alive Special"でナレーションを務めたようだ。
キルスティン・ダンストとジェイク・ギレンホールが、お揃いの指輪を購入したらしい。
スーザン・サランドンがハリウッド・リメイク版「Shall we ダンス?」("Shall We Dance?")で着用していた4000ドル相当のネックレスが盗まれ、ウィニペグのホテルで首を切断されて殺された男性の死体のそばで発見されたらしい。
  7/14
深作欣二・深作健太監督「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の観客動員数が12日までに50万人を突破したようだ。これを記念した舞台挨拶が13日都内劇場で行われ、深作健太監督、藤原竜也、前田愛、あじゃ、忍成修吾、酒井彩名らが出席したようだ。
北浦嗣巳監督「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」の完成披露試写会が13日都内で行われ、杉浦太陽、吹石一恵、市瀬秀和らが舞台挨拶に立ったようだ。
「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)などで知られる女優のトリ・スペリング(Tori Spelling)は、D.T.アルチエリ(D.T. Arcieri)の脚本による舞台"The Scream"の映画化権についてオプション契約を結んだようだ。
1950年のサッカーW杯での米国チームの活躍を描くデヴィッド・アンスポウ監督"The Game of Their Lives"に、グウェン・ステファニーの夫でBushのリードボーカルのギャヴィン・ロズデイル(Gavin Rossdale)が出演するようだ。
18日全米公開の「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")は、R指定での公開となるようだ。多数の銃弾を打ち込まれた死体や、神聖を汚された死体、そしてネズミの交尾シーンが指定の理由とか。
M・ナイト・シャマラン監督最新作"The Woods"に、シガニー・ウィーヴァーの出演も決まったようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の米国でのDVDとVHSの発売は10月14日になるようだ。メイキングなどに加え今年のMTV映画賞で上映されたパロディ版などの特典映像も収録されるらしい。
ウィリアム・フリードキン監督と原作者ウィリアム・ブラッティがWarner Bros.に対し、2000年に公開された「エクソシスト ディレクターズ・カット版」("The Exorcist: The Version You've Never Seen")について十分な利益配分が得られていないとして起こしている訴訟は、15日にロサンゼルス上級裁判所で陪審員の選出が始まるようだ。
米HBO製作、ポール・ニューマン主演によるベストセラー小説の映画化"Empire Falls"で、ニューマンの妻ジョアン・ウッドワードが共演するらしい。
チェコで開催されていた第38回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(Karlovy Vary International Film Festival)が13日閉幕し、トルコ出身のFerzan Ozpetek監督によるイタリア映画"La Finestra di fronte"が、作品賞、監督賞、主演女優賞(Giovanna Mezzorgiorno)の3部門を獲得したようだ。また、審査員特別賞では、リディア・ボブロヴァ(Lidia Bobrova)監督によるロシア映画"Babusya"に作品賞が、日本で働くフランス人女性を描いたアラン・コルノー(Alain Corneau)監督のコメディ「畏れ慄いて」("Stupeur et tremblements")に主演したシルヴィ・テスチュ(Sylvie Testud)に女優賞がそれぞれ贈られた模様。
「ストーミー・ウェザー」("Stormy Weather",1943年)、「キリマンジャロの雪」("The Snows of Kilimanjaro",1952年)などの映画や、「シカゴ特捜隊M」("M Squad",1957-1960年)などのTVドラマの音楽を手掛けたことでも知られる、アルトサックス奏者でジャズ作曲家のベニー・カーター(Benny Carter)さんが12日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
全英ヒットチャートは、ビヨンセ・ノウルズ"Crazy in Love"が2週連続1位を獲得、ピンクの歌う「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")の主題歌"Feel Good Time"は初登場3位となったようだ。
Virgin Recordsと新たに契約を結んだコートニー・ラヴのニューアルバム"America's Sweetheart"が10月28日発売となるようだ。
全米週末興収は、ジョニー・デップ主演「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")が4640万ドルで初登場1位を記録、総興収は既に7040万ドルに達したようだ。一方、ショーン・コネリー主演「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」("The League of Extraordinary Gentlemen")は2325万ドルで2位でのスタート、「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")は1960万ドルで3位まで順位を下げたものの、総興収は1億1000万ドルを越えた模様。
オーランド・ブルームは、反アパルトヘイト活動家だったハリー・ブルーム(Harry Bloom)の息子として育ったものの、13歳の時に彼が死に、家族の親しい友人だった人物が本当の父親だと知ったのだとか。
ジョニー・デップは、「スリーピー・ホロウ」("Sleepy Hollow",1999年)や「耳に残るは君の歌声」("The Man Who Cried",2000年)で共演したクリスティーナ・リッチについて「彼女と最初に会ったのは彼女がまだ8歳の時で、だから彼女とのラヴ・シーンは何だか妙な気分だった」と語ったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、養子に迎えたマドックスちゃんを、彼の故郷であるカンボジアで育てるつもりらしい。「息子がどこから来たのか教えることは私にとって大切なことです。彼は、カンボジアにある私達の家で暮らすことになるでしょう。ジャングルの中にあり、像や虎がいる私達の家で」と語ったようだ。
新作"Wimbledon"でテニス選手を演じるキルスティン・ダンストは、ダイアナ元英国皇太子妃がお気に入りだったロンドンのジムで、毎日体を鍛えているらしい。
手塚治虫原作、杉野昭夫、吉村文宏監督「ぼくの孫悟空」の舞台挨拶が13日都内劇場で行われ、優香、今井絵理子、堀越のりらが出席したようだ。
TOKYO FMのブロードバンド放送iiVチャンネルで、忌野清志郎が歌う「茄子 アンダルシアの夏」の主題歌「自転車ショー歌」のPVが14日から3日間限定で配信されるようだ。
実写版「キューティーハニー」の記者会見が13日都内の撮影現場で行われ、庵野秀明監督、佐藤江梨子らが出席したようだ。佐藤は30種類以上のコスプレを披露するらしい。また、永井豪も出演予定とか。 [☆一人チャーリーズ・エンジェル?]
大映製作、勝新太郎主演による「座頭市」シリーズ全18作品が9月からDVDボックスで順次発売されるようだ。特典には中村玉緒へのインタビュー映像がつくらしい。
「酒鬼薔薇」事件を題材に、加害者となった少年とその家族を描く、坂口香津美監督「カタルシス」が完成した模様。山口美也子、真名胡敬二、尾上寛之、斉藤麻衣、川上麻衣子らが出演、11月から公開されるようだ。
キャサリン・ヘプバーンの伝記によると、ジョン・トラヴォルタ、メラニー・グリフィス、ジュリア・ロバーツらが彼女のお気に入りの俳優だった一方、メリル・ストリープは好きではなかったらしい。
マフィアの世界を描くMGM製作の新作"Don Cornelius"で、アル・パチーノが出演候補に挙がっているようだ。
ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウ主演の新作"Cinderella Man"に、レニー・ゼルウィガーの出演が決まった模様。
12日公開となった「ターミネーター3」の週末興収は14億5000万円を突破した模様。
新作"Modigliani"撮影のためルーマニアを訪れている、キューバ出身の俳優アンディ・ガルシアは、1989年のルーマニア革命を目撃した人々と語り合い、革命を主導したイオン・イリエスク大統領とも面会したらしい。「キューバは、かつてのルーマニアと同様の独裁政権下にある。キューバ人の一人として、独裁政権から抜け出す日を待ち望んでいる」と語ったようだ。
  7/15
宝酒造は、石原裕次郎十七回忌を記念したセットボトル「FOREVER YUJIRO」を来月26日から数量限定で販売すると発表したようだ。
TVシリーズ「仮面の忍者赤影」(1967-1968年)の赤影役で知られる、俳優の坂口祐三郎さんが13日亡くなった(61歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジュリー・テイモア監督「フリーダ」("Frida")プロモーションのためサルマ・ハエックが来日、14日都内で記者会見が行われたようだ。
「ハルク」("The Hulk")プロモーションのためアン・リー監督が来日、14日行われた記者会見に出席したようだ。
金子文紀監督による映画版「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」が14日クランクアップ、最後の撮影には岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史らが参加したようだ。
浅野忠信主演「地雷を踏んだらサヨウナラ」(1999年)のモデルとなった戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の写真展と朗読劇が22日から渋谷のギャラリー・ルデコで行われるようだ。
ヴィム・ヴェンダース監督「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」("Buena Vista Social Club",1999年)で世界的に有名となったキューバ人歌手コンパイ・セグンド(Compay Segundo)さんが13日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
40年以上を英Evening Standard紙で過ごし、ピーター・セラーズの伝記を含む20冊以上の著書でも知られる、英国映画評論家のアレクサンダー・ウォーカー(Alexander Walker)さんが15日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米MGMは、仏メディア大手Vivendi Universalに対して提示しているUniversal Studiosを含むエンタテインメント部門の買収額を115億ドルに引き上げたようだ。
ウィリアム・フリードキンとウィリアム・ブラッティが「エクソシスト ディレクターズ・カット版」("The Exorcist: The Version You've Never Seen",2000年)の利益配分を求めWarner Bros.に対して起こしていた訴訟は、結局、14日に双方で和解が成立した模様。
ジョシュア・ジャクソン、デニス・ホッパー、レオノア・ヴァレラの3人は、スペインで撮影が行われている新人監督ケヴィン・ノーランド(Kevin Noland)による低予算作品"Americano"で共演するようだ。
New Line Cinemaは英国のキツネを主人公にした、実写とCGの合成によるファミリー映画"Outfoxed"を製作するようだ。
ベティ・トーマス監督の次回作はナタリー・ポートマン主演による"The Smoker"になるようだ。女子高を舞台に一人の生徒が英語教師に結婚を迫る・・・という話らしい。
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")は、新たに公開されたドイツ、スペイン、オーストリア、ブラジル、メキシコなどで週末興収1位を記録、北米を除く世界45の地域での週末興収は合計2120万ドルに達したようだ。
本年度エミー賞(Emmy Awards)のノミネーションが17日に発表されるようだ。これまで受賞を逃している「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos")をはじめ、「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing")、"24"、"Six Feet Under"、"Law & Order"などがノミネートされる模様。
「隣のヒットマン」("The Whole Nine Yards",2000年)の続編"The Whole Ten Yards"に出演するジョニー・メセナー(Johnny Messner)は、ドワイト・リトルが監督を務める「アナコンダ」("Anaconda",1997年)の続編の出演に向けて交渉中のようだ。モリス・チェスナット、サリー・リチャードソン、ケイディ・ストリクランドらが共演するらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、カリフォルニア州知事選に出馬するかどうかについて「来月までお伝えする」と発言したようだ。
8月スタートの米HBOの人気ドラマシリーズ"Sex and the City"最終シーズンに、デヴィッド・ドゥカヴニーがゲスト出演するらしい。
映画版"Captain America"への出演が決まったブラッド・ピットは、同コミックを購入し自宅に配達されるよう手配したものの、受け取ったジェニファー・アニストンはそれを送り返してしまったらしい。
スティーヴン・ブリル監督の新作コメディ"Without a Paddle"で、マシュー・リラード、セス・グリーン、ダックス・シェパードの3人が出演交渉中の模様。
バリー・ソネンフェルド監督、ジム・キャリー主演による「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)のリメイクで、キャメロン・ディアスが出演交渉に入った模様。
エリック・アイドル監督・脚本・主演"The Remains of the Piano"に出演かとお伝えしたオーランド・ブルームは、これを断っていたようだ。「脚本を読んで、素晴らしいとは思ったが、僕の役じゃないと思ってサインしなかった」と語ったらしい。
デミ・ムーアと交際中のアシュトン・カッチャーは「15歳の差だよ。50歳じゃないんだ。大した問題じゃないよ」と語ったらしい。彼が10歳の時「ゴースト/ニューヨークの幻」("Ghost",1990年)を観て恋に落ちたのだとか。
米Playboy最新号で、アルコール依存者更生会に出席していると報じられたトビー・マグワイアは「この件が記事になるとは思わなかった。記者にはオフレコでと言ったのに、裏切られた。実際には、何年も前のことだ」と語ったようだ。
宮崎駿監督は、30日発売のCD「〜日本の新しい歌〜お母さんの写真」をプロデュースしたようだ。糸井重里、久石譲、宮沢和史、矢野顕子らの作詞・作曲による16曲を上條恒彦が歌っているらしい。
ピアース・ブロスナンに名誉大英帝国勲章第四位(Honorary Officer of the Most Excellent Order of the British Empire)が授与されることが決まったようだ。
吉永小百合のフォトエッセー「旅に夢みる」の出版記念トークショーが14日大阪で行われたようだ。
12日呉市でクランクインした伊藤英明、加藤あい共演の「海猿 UMIZARU」は、羽住英一郎の監督デビュー作となるようだ。
ブルース・リー没後30年を記念した「ブルース・リー イン G.O.D 死亡的遊戯2003」が20日からテアトル池袋で特別上映されるようだ。ユン・ピョウがナレーションとして参加しているらしい。
リチャード・カーティス監督、ヒュー・グラント主演"Love Actually"で、グラントの従弟トーマス・サングスターの共演が決まったようだ。
  7/16
バリュークリックジャパンは、劇場映画の前売り鑑賞券を送料無料で宅配する新サービス「DVDZOOシネマチケット」をスタートすると発表したようだ。
北村龍平監督、釈由美子主演「スカイハイ」の撮影写真が15日初公開されたようだ。 [☆予告編も始まってます]
「転校生」(1982年)、「時をかける少女」(1983年)、「少年ケニヤ」(1984年)、「愛情物語」(1984年)、「天国にいちばん近い島」(1984年)、「さびしんぼう」(1985年)などの大林宣彦監督作品で知られる、脚本家の剣持亘さんが15日亡くなった(57歳)。ご冥福をお祈りいたします。
スティーヴン・カーターのスリラー小説"Emperor of Ocean Park"が映画化されるようだ。カール・フランクリンが監督を務める模様。
マーク・フォースター監督、ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ共演の超自然スリラー"Stay"に、ライアン・ゴズリングの出演が決まった模様。
TVドラマ"Xena: Warrior Princess"(1995-2001年)に主演したルーシー・ロウレス(Lucy Lawless)は、ニュージーランドで撮影中のスティーヴン・ケイ監督のスリラー"Boogeyman"で、バリー・ワトソンらと共演するようだ。
ヒル・ハーパーとナターシャ・リオンは、ポール・ブラック監督・脚本によるインディ作品"America Brown"で共演するようだ。
Columbia Picturesは、サンフランシスコ駅のトイレに赤ん坊の息子と住み着いていたホームレスの男性がビジネスに成功し億万長者となった、という実話をもとにした映画"Chris Gardner Project"を製作するようだ。ウィル・スミスが主演するらしい。
エイドリアン・ブロディも、M・ナイト・シャマラン監督最新作"The Woods"に出演するようだ。
ミッシェル・ヨー、チョウ・ユンファ共演による"Hua Mulan"、ディズニーアニメ「ムーラン」("Mulan",1998年)の続編"Mulan II"に加え、スタンリー・トン監督が来年の撮影を予定している"The Legend of Mulan"、さらに「猟奇的な彼女」("My Sassy Girl")のチョン・ジヒョンがムーランを演じる中国-韓国共同製作の映画も企画されているらしい。
米Walt Disneyは全米大ヒット中の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の続編製作に動き出した模様。ゴア・ヴァービンスキー監督と共に、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイの続投も既に決まっているようだ。
9月全米公開予定のウディ・アレン監督の新作"Anything Else"は、「シアン染料アナログ・サウンドトラック」と呼ばれる方法で音声トラックをプリントする初の映画になる模様。従来の方法で必要だった大量の水が不要となるため、全米で公開される全ての映画フィルムのプリントがこの方法に置き換わると、75000人分の1年間の飲料水に相当する水が節約できる計算になるとか。10年ほど前から検討されていたものの、DreamWorksが今回初めて採用を決めたようだ。
キャメロン・ディアスは、ロサンゼルスの写真家ジョン・ラッター(John Rutter)に対し、無名時代に撮影された写真の公表差し止めを求める訴訟を起こしたようだ。 [☆ヌード写真、と一部で報じられていますが・・・]
13日亡くなったキューバ人歌手コンパイ・セグンドの葬儀が15日サンティアゴで行われ、数千人の人々が見守る中、棺が墓地へと贈られたようだ。カストロ議長からも大きな花輪が届けられたとか。
マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演かとお伝えした、スティーヴン・フリアーズ監督の新作スリラー"Monkeyface"は、結局出演交渉に失敗した模様。
米国の子供達に人気の歌手Mr. Rayことレイ・ヨドロフスキ(Ray Yodlowsky)は、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")に登場するキャラクタ"Mr. Ray"が彼の評判を傷つけたとして、米Walt DisneyとPixar Animation Studiosに対し1000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
英国週末興収は「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")が158万ポンドで2週連続1位を獲得、以下、ジム・キャリー主演"Bruce Almighty"が2位、エディ・マーフィ主演"Daddy Day Care"が3位、ケイト・ブランシェット主演"Veronica Guerin"が4位、「ワイルド・スピードx2」("2 Fast 2 Furious")が5位と続き、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")は6位に後退したようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えていた裁判の損害賠償額が、16日ロンドン高等裁判所で言い渡されるようだ。
ロマン・ポランスキー監督は、1969年に殺害された妻シャロン・テイトの葬式に向かう途中、彼が女性をナンパしたかのような記事を掲載したとして、米Vanity Fair誌に対する訴訟を起こす予定らしい。
クエンティン・タランティーノ監督最新作「キル・ビル」("Kill Bill")は前後編に分けての上映となるらしい。前編は予定通り10月10日に公開され、後編は2〜6ヶ月後の上映となる模様。
マイケル・マン監督、トム・クルーズ主演の"Collateral"で、ジェイミー・フォックスの共演が決まった模様。10月から撮影が始まるようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、マドックスちゃんが来年3歳になり学校に通い始めたら、もう一人養子を迎えるつもりだと語ったようだ。
「ターミネーター3」で女性型ターミネーターT-Xを演じたクリスタナ・ローケンは「ある夜、家から閉め出された時、つい窓ガラスを叩き割ってしまった。それが普通のことに思えてしまったの。でも違った。手に傷が残ってしまったわ」と語ったようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の英国プレミアがロンドンで開催され、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイらが出席したようだ。ナイトレイは50万ポンド相当のAspreyのダイヤモンド・ネックレスと、アレキサンダー・マックイーンの黒いコルセットを身に着けて登場したらしい。
「ハルク」("The Hulk")の完成披露試写会が15日都内で行われ、来日中のアン・リーが出席したほか、米倉涼子が監督に花束を贈呈、会場には佐藤藍子、石川亜沙美、杉浦太陽らも訪れたようだ。
ティム・ハンター監督の次回作"Control"で、ウィレム・デフォーとマット・ディロンが共演するようだ。
アントニオ・バンデラスは、9月に米HBOで放送予定のTV映画"And Starring Pancho Villa as Himself"撮影のためメキシコを訪れているようだ。「ここはもう第2の祖国だね。もう6本もメキシコで映画を撮っているし、『マスク・オブ・ゾロ』("The Mask of Zorro",1998年)の続編撮影のため、また戻ってくる予定だ」と語ったらしい。
ビリー・ボブ・ソーントンは、新たにSanctuary Records Groupと契約、2枚目のアルバムとなる"The Edge of the World"が来月5日にリリースされるようだ。
  7/17
石原裕次郎の十七回忌が17日、横浜市の総持寺で営まれ、石原まき子、渡哲也らのほか、ファン約300人が訪れたようだ。全国から応募のあった手紙や試写会応募はがきのお焚き上げも行われたらしい。
株式会社ドコモAOLは17日、田崎竜太監督「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」の公開を記念した会員向け特設ページを開設した、と発表したようだ。
日本信販は、「ローマの休日」製作50周年を記念した「NICOSカード'オードリー・ヘプバーン'」を発行すると発表したようだ。3種類のデザインが用意されるらしい。
いかりや長介が、17日退院したようだ。19日行われる「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の初日舞台挨拶にも出席する模様。
「HERO」("Hero / 英雄")のプロモーション会見が16日都内で行われ、チャン・イーモウ監督、ジェット・リー、チャン・ツィイーらが出席したようだ。中国映画としては過去最高の全国350館での公開となるらしい。
11日なくなった小松方正の通夜が16日都内で営まれ、浅香光代、佐藤慶、篠田正浩、小山明子らが弔問に訪れたようだ。
バッグス・バニーをはじめワーナーのキャラクタが登場する56篇の短編アニメを収録した4枚組みDVDボックスセット"The Looney Tunes Golden Collection"が10月28日に米国で発売されるらしい。
コリン・ファレル、キーファー・サザーランド共演「フォーン・ブース」("Phone Booth")のDVDが米国でリリースされ、発売5日間のレンタル売り上げは1158万ドルに達したようだ。また、
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演の新作"Terminal"に、スタンリー・トゥッチの出演が決まったようだ。
当初スティーヴン・ソダーバーグが監督を予定していた、キューバの革命家チェ・ゲヴァラ(Che Guevara)の生涯を描くベニチオ・デル・トロ主演"Che"は、テレンス・マリックが新たな監督候補に挙がっている模様。
「アリー・myラブ」("Ally McBeal")に出演したギル・ベロウズ(Gil Bellows)は、「Kissing ジェシカ」("Kissing Jessica Stein",2001年)のジェニファー・ウェストフェルトと、スチュ・ポーランド(Stu Pollard)監督による低予算コメディ"Keep Your Distance"で共演するようだ。
「マンボ・キングス わが心のマリア」("The Mambo Kings",1992年)、「太陽に抱かれて」("The Perez Family",1995年)などにも出演していた、伝説的サルサ歌手のセリア・クルース(Celia Cruz)さんが16日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジョン・トラヴォルタは「僕は今でも『シカゴ』でリチャード・ギアが演じた弁護士役を蹴ってしまったことで、自分に腹を立てているんだ」と語ったとか。
動物愛護団体People for the Ethical Treatment of Animalsが行った投票の結果、ジョシュ・ハートネットが世界で最もセクシーな菜食主義者に選ばれたようだ。
ドリュー・バリモアとファブリツィオ・モレッティの結婚式は、スティーヴン・スピルバーグが所有する農場を会場に100万ドルを投入、キャメロン・ディアス、ルーシー・リューがブライドメイドを務める、らしい。
Disney Channelの人気TVコメディ"Lizzie McGuire"(2001-2004年)に主演するヒラリー・ダフは、米WBが放送する9月28日の彼女の16歳の誕生日記念した特別番組に出演するほか、同局のクリスマス・スペシャルでも司会を務めるようだ。
ジェニファー・ロペスは「もし、会場の外から(ベン・アフレックとの)結婚式の写真を撮りたいのなら、OKよ。2400万人の警備員を雇うつもりはないし。私達は素敵な結婚式にしたいだけなの。外から写真を撮られても、別に気にしないわ」と語ったとか。
ウォルト・ディズニー・ジャパンは15日、ブロードバンドコンテンツサービス「DisneyBB on フレッツ」を22日からスタートする、と発表したようだ。
ファラ・フォーセットとメリッサ・ギルバートが共演する米CBSのTV映画"Hollywood Wives: The New Generation"で、クリスティーナ・アギレラの出演が決まったようだ。
「どうぶつ奇想天外!」などに出演するさかなクンが、ディズニー・アニメ「ファインディング・ニモ」の応援団長に就任したらしい。
ニキ・カーロ監督「クジラの島の少女」("Whale Rider")プロモーションのため、主演のケイシャ・キャッスル=ヒューズらが来日、16日都内のニュージーランド大使館で会見が行われたようだ。柊瑠美が花束を贈呈したらしい。
ウォルフガング・ペーターゼン監督"Troy"の撮影で、主演するブラッド・ピットの足のクローズアップが、代役の足と差し替えられるらしい。細すぎたようだ。
「グッバイガール」("The Goodbye Girl",1977年)のTV版リメイクで、ジェフ・ダニエルズと共演しているパトリシア・ヒートンは「ジェフは悔しかったと思うわ。私を囲んでいたファン達は、ジェフをビル・プルマンやジェフ・ブリッジスと間違えるのよ」と語ったようだ。 [☆僕も間違えそうになる・・・]
自称スポーツ・ファンのジェイミー・フォックスは、ハリウッドで16日夜開催されるESPY賞授賞式でホストを務めるようだ。
販売店向けイベント「ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント2003年夏のコンベンション」が17日開催され、今年後半にリリースされるDVDのラインナップが紹介されたほか、コンベンション終了後には「ファインディング・ニモ」の試写会も行われたようだ。10月10日発売のDVD「ライオン・キング -スペシャル・エディション-」では、唐沢寿明、高橋マリ子、小川直也、朝倉匠子ら5人がスポークス・パーソンとして起用され、ポスターなどに登場するらしい。
パイオニア株式会社は17日、パイオニアLDC株式会社と米Pioneer Entertainmentの株式を、株式会社電通に譲渡することで基本合意に至ったと発表したようだ。
  7/18
小松方正の葬儀・告別式が17日都内で営まれ、多くの人々が弔問に訪れたようだ。
井坂聡監督「g@me.」の製作発表が17日都内で行われ、藤木直人、仲間由紀恵らが出席したようだ。
来月23日日本テレビで放送のドラマ「ふたり〜私たちが選んだ道」で長瀬智也、深田恭子、松浦亜弥らが共演するようだ。
藤子不二雄A原作のアニメ「忍者ハットリくん」が実写映画化されるらしい。香取慎吾が主演、鈴木雅之が監督を務めるようだ。
古厩智之監督「ロボコン」の舞台となった山口県周南市では、同市をPRする「それいけ! 『ロボコン』周南応援隊」が結成されたようだ。16日夜には試写会も開催されたらしい。
「バング・ザ・ドラム」("Bang the Drum Slowly",1973年)のジョン・ハンコック監督によるサイコ・ホラー"Suspended Animation"(2001年)の北米配給権を、独立系配給会社First Run Featuresが獲得したようだ。ハリウッドのアニメーターが主人公とか。
クイーン・ラティファ主演によるハリウッド・リメイク版"Taxi"に、"Saturday Night Live"で人気のジミー・ファロン(Jimmy Fallon)の出演が決まったようだ。
新人アレクサンダー・ウィットが監督を務める「バイオ・ハザード」("Resident Evil",2002年)の続編"Resident Evil: Apocalypse"に、オデッド・フェールとシェンナ・ギロリーの出演が決まったようだ。来月11日から撮影が始まる模様。
18日から全米公開となるウィル・スミス、マーティン・ローレンス共演「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")は、週末興収4000万ドル〜5000万ドルと予想されているらしい。
米Walt Disneyは、脚本家のライアン・ジョンソン(Rian Johnson)が学生時代に書いた叙事詩"Prince and the Pig"をアニメ映画化するようだ。月を盗もうとする少年とブタの冒険物語とか。
「フェイク」("Donnie Brasco",1997年)、「トータル・フィアーズ」("The Sum of All Fears",2002年)などを手掛けたポール・アタナシオ(Paul Attanasio)は、自然と人間の対立をテーマにしたUniversal Picturesのタイトル未定の新作で脚本を担当するようだ。ロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)、ジョージ・クルーニー、スティーヴン・ソダーバーグの3人がプロデュースするらしい。
Le Tour de Franceの第11ステージ(ナルボンヌ〜トゥールーズ)が17日行われ、総合首位をキープしたランス・アームストロング選手に、にアーノルド・シュワルツェネッガーからMaillot Jauneが手渡されたようだ。
18日より全米公開となる新作"Dirty Pretty Things"の監督スティーヴン・フリアーズは「僕は政治的な人物ではないし、僕の映画の大きな目的は娯楽だ」と語ったようだ。
米Reader's Digest誌最新号のインタビューに答えたジェニファー・ロペスは、2001年にベン・アフレックと親しくなったが、当時の夫クリス・ジャッドと別れるまで彼とは寝なかった、と告白したようだ。「私は貞節を守る人間よ。もし誰かに『ベンはあなたに気がある』と言われても、『私はそんな風に育てられなかった』と答えたわ」と語ったとか。
Media Action Network for Asian Americansのメンバー20人は17日、ハリウッドの米FOX局の前で、同局が放送中の番組"Banzai"に対する抗議活動を行ったようだ。日本人を馬鹿にしたような番組らしい。Fox側の広報担当者は「日本のゲーム番組のパロディ。おふざけ番組を真に受けないでほしい」と発言したとか。
今年度エミー賞のノミネーションが17日発表され、"Six Feet Under"(2001年-)が最多16部門にノミネートされたようだ。そのほかドラマ・シリーズ部門では「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)、「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)、「24」("24",2001年-)が、コメディ・シリーズ部門では「フレンズ」("Friends",1994年)、「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)、「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996年-)、"Sex and the City"(1998年-)、"Curb Your Enthusiasm"(2000年-)が、それぞれ作品賞候補に挙がったようだ。
米Cosmopolitan誌のインタビューに答えたアンジェリーナ・ジョリーは「自分は何をすべきなのかいつも考えていました。そして私はワシントンへ行き、国連について学び、世界を旅しました。そのことは私を大きく変えました」と語ったようだ。
「恋人までの距離」("Before Sunrise",1995年)の続編が製作される模様。リチャード・リンクレイターが引き続き監督を務め、イーサン・ホークとジュリー・デルピーが再び共演するようだ。
アルフォンソ・クアロンの製作会社Monsoon Entertainmentが製作するスリラー"Cronicas"で、ジョン・レグイザモの主演が決まったようだ。レオノール・ワトリングが共演するらしい。
全世界1900紙以上で連載されているディック・ブラウン(Dik Browne)の4コマ漫画"Hagar the Horrible"の実写映画化が決まったようだ。
「ヘヴィ・メタル」("Heavy Metal",1981年)にも登場したコミック・キャラクタ"Capt. Sternn"を主人公にしたCGアニメが製作される模様。フランク・ダラボンの製作会社Darkwoods Productionsがオプション契約を結んだ模様。TVシリーズやコミック、ビデオゲーム化も企画されているらしい。
ウィノナ・ライダーは、元Helmetのペイジ・ハミルトン(Page Hamilton)と交際中らしい。
ジェニファー・ロペスは自伝の出版を計画しているようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に出演するキーラ・ナイトレイは、「天国の口、終わりの楽園。」("Y Tu Mama Tambien",2001年)などに出演するガエル・ガルシア・ベルナルが好みのタイプらしい。
矢口史靖監督次回作「スウィングガールズ」に主演する上野樹里は、NHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」にもレギュラー出演するようだ。
ユイ・チョン監督「再見 ツァイツェン〜また逢う日まで」プロモーションのため主演のジジ・リョンが来日、17日都内で記者会見を行ったようだ。川村ひかるが花束を贈呈したらしい。
ANA国際線では8月からの2ヶ月間、吉永小百合主演「大空に乾杯」(斎藤武市監督,1966年)が機内上映されるらしい。
米国航空宇宙工学協会(American Institute of Aeronautics and Astronautics)は、商業飛行のPRに貢献したとして、ジョン・トラヴォルタを表彰したらしい。自らボーイング707を操縦して、授賞式会場のオハイオ州空軍博物館を訪れたとか。
ピーター・オトゥール、キャサリン・ヘプバーンが共演した「冬のライオン」("The Lion in Winter",1968年)がTV映画としてリメイクされるらしい。アンドレイ・コンチャロフスキーが監督を務め、パトリック・スチュワート、グレン・クローズが共演するようだ。
ダイアン・レインとジョシュ・ブローリンが婚約した模様。
長寿TVシリーズ"All My Children"(1970年-)に出演するスーザン・ルッチ(Susan Lucci)の娘で、NBCのドラマシリーズ"Passions"(1999年-)に出演しているリザ・ヒューバー(Liza Huber)は、ソフトウェア技術者のAlex Hesterbergと婚約したようだ。
シャロン・ストーンの、米ABC「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)へのゲスト出演が正式発表された模様。3エピソードに出演する彼女の役について、プロデューサーのデヴィッド・E・ケリーは「視聴者の驚きのために取っておきたい」として公表しなかったようだ。
  7/19
本広克行監督「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が19日初日を迎え、織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、水野美紀、柳葉敏郎らと共に、いかりや長介も舞台挨拶に立ったようだ。
三枝健起監督、浅見れいな主演による日米合作映画「JENIFA」がクランクアップしたようだ。
19日より始まる「フリーダ・カーロとその時代展」の開会式が都内で行われ、来日中のサルマ・ハエックも会場を訪れたようだ。
全国の映画祭の情報交換などを目的とした「全国映画祭コンベンション」が9月5日大阪で開催されるようだ。復元された溝口健二監督「瀧の白糸」(1946年)の上映も行われるらしい。
飲酒および薬物影響下での運転で昨年12月に有罪となったニック・ノルティが、保護観察規定違反の疑いがあるとして訴えられていた問題で、ロサンゼルス地方裁判所は18日、確かな証拠はないとして訴えを退けたようだ。
豪州メディア大手News Corporationを率いるルパート・マードック(72)に17日、6番目の子供が誕生したようだ。
「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年)でオーソン・ウェルズが獲得したアカデミー脚本賞のオスカー像が、25日オークションにかけられるようだ。 [☆またスピルバーグが買い戻すか?]
米Playboy Enterprisesは、TVアニメシリーズを企画しているらしい。
渡辺謙作監督、永瀬正敏主演の新作「ラブドガン」がクランクアップしたようだ。来春公開予定とか。
ウィリアム・シャトナーの元妻マーシー・ラファティ・シャトナーが、離婚協定の中で"新鮮で冷却された"種馬の精液を受け取ることになっていたにもかかわらず、"凍った"精液が提供されたとして起こしていた訴訟は、先月和解が成立したようだ。
"Ben and Jen: A Dateline NBC Special"のインタビューに答えたジェニファー・ロペスは、いつも大勢のスタッフを連れているとウワサされていることについて「映画の撮影現場なんかに、私がアシスタントと運転手と一緒に現れると、みんなは決まって驚くのよ『他の人たちはどこ?』って。」と語ったとか。
ロブ・マーシャル監督、レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア共演「シカゴ」("Chicago")のDVDが10月31日発売となるようだ。監督らによるオーディオコメンタリーや削除シーンなどを収録する「Special Edition」のほか、ブックレット、シガレットケース、網タイツなどのグッズを同梱した「Premium Box」も発売されるらしい。
  7/20
19日、全国408スクリーンで初日を迎えた「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の初日観客動員数は、前作の142%に達した模様。東宝は興収150億円突破確実と発表したらしい。
北浦嗣巳監督「ウルトラマンコスモス VS ウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」の試写会が19日大阪市内で行われ、杉浦太陽、吹石一恵らが舞台挨拶に立ったようだ。
豊田利晃監督「ナイン・ソウルズ」が19日初日を迎え、都内劇場で行われた舞台挨拶に原田芳雄、松田龍平らが出席したようだ。
湯山邦彦監督「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星ジラーチ」が19日初日を迎え、牧瀬里穂らが舞台挨拶に立ったようだ。
日本貿易振興会の調査によると、米国での日本製アニメーション市場の規模は、2002年で43億5911万ドルに達したようだ。
エルヴィス・プレスリーの髪の毛と歯がネットオークションに出品されたものの、最低落札価格の10万ドルに達せず、結局落札されなかったようだ。
ネルソン・マンデラ前南アフリカ大統領の85歳の誕生日を祝うパーティが19日ヨハネスブルクで催され、クリントン前米大統領夫妻やオプラ・ウィンフリー、U2のボノら1600人が出席したようだ。
19日、アイルランドの在ダブリン英国大使から名誉大英帝国勲章第四位(Honorary Officer of the Most Excellent Order of the British Empire)を授与されたピアース・ブロスナンは「このような名誉を頂いてとても謙虚な気持ちになりました。とても感動しています」と語ったようだ。
デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーは、ビバリーヒルズに350万ドルの大邸宅を購入した模様。
リース・ウィザースプーンは、夫ライアン・フィリップが精神分析医の診療を受けていると公言していることについて「とても勇気ある正直な人だと思うわ。多くの人々は精神療法を否定的に考えがちだけど、私はそうは思わない。私達はとても現実的だし、私達がパーフェクトだと思ったことはないわ」と語ったようだ。
シドニー・ポワチエの息子でハーバード大学の学生だと偽り上流階級の白人に取り入った詐欺師で、ウィル・スミスが主演した舞台やその映画版「私に近い6人の他人」("Six Degrees of Separation",1993年)のモデルともなった黒人青年、デヴィッド・ハンプトン(David Hampton)が先月39歳で亡くなったようだ。
  7/21
TBSチャンネル「向田邦子ドラマの魅力」の収録が20日都内で行われ、森田芳光監督「阿修羅のごとく」に出演する小林薫と、向田邦子の妹で作家の向田和子が対談したようだ。
米玩具メーカーのMattel社は、DVDに収録された約250作品の映画に関する映像から、その映画のタイトルを当てるボード・ゲーム"Scene It?"を発売するようだ。
第20回エルサレム国際映画祭授賞式が20日開催され、サヴィ・ガビゾン(Savi Gabizon)監督の"Nina's Tragedies (A Very Sad Comedy)"が最優秀賞を受賞したようだ。
サンディエゴで4日間に渡って行われた国際コミック・コンベンション(Comic-Con International)が20日閉幕したようだ。19日には、ハリウッドの主要スタジオ5社によるプレゼンも行われ、Warner Bros.は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の1シーンを公開したらしい。
ジェイミー・ケネディは、米Warner Bros.とMandeville Filmsによる新作コメディ"The Afterparty"に主演することが決まったようだ。
ロサンゼルス郡経済開発局は、今年始めに発表した2003-2004年の経済予測の国内映画興行収入について、昨年より1.8%減少すると下方修正したようだ。
8月27日に開幕する第60回ヴェネチア国際映画祭は、ウディ・アレン監督・主演、クリスティーナ・リッチ、ジェイソン・ビッグス、ダニー・デヴィート共演の新作"Anything Else"がオープニング上映されることになったようだ。アレンは「映画祭に出席するのを楽しみにしている」と語ったとか。
ケヴィン・ベーコンは、New Line Cinemaが企画するコメディ"My Life as a Dog"(仮題)に主演するようだ。
全米公開中のディズニーアニメ「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")は20日までの総興収が3億380万ドルに達した模様。
全米週末興収は、「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")が4650万ドルで初登場1位を記録、先週1位の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")は3400万ドルで2位となったものの、総興収は1億3200万ドルを突破した模様。一方、英国で大ヒットしたローワン・アトキンソン主演「ジョニー・イングリッシュ」("Johnny English")は913万ドルで5位のスタート、またマンディ・ムーア主演の"How to Deal"は580万ドルで8位だったようだ。
ロバート・ロドリゲス監督"Spy Kids 3-D: Game Over"に出演するシルヴェスタ・スタローンは「ロバートから電話がかかってきたとき、マイケル・キートンと番号を間違えたんじゃないかと思ったよ(笑)。2人の娘はシリーズがお気に入りだから大喜びだったよ。もし断っていたら、6歳のソフィアから勘当されただろうね」と語ったとか。
カンボジアに家を購入しているアンジェリーナ・ジョリーは、付近に埋められている地雷の撤去作業を国連と共に行ったらしい。すでに48個の地雷を発見し爆破処理したようだ。「『まずあなたの血液型を教えてください』と言われて、ちょっと怖気づいたわ」と語ったとか。
ロバート・ロドリゲス監督によるシリーズ第3作"Spy Kids 3-D: Game Over"は、ジェイムズ・キャメロンがPanavisionなどと開発した新しい3Dキャメラシステムで撮影されたらしい。製作費を前作と同じ3700万ドルに抑えることが出来たとか。
新作"Gothika"に出演するハル・ベリーは、撮影に参加していた40人ほどのエキストラの女性に、99ドルの美顔ケアと80ドルのマッサージが受けられるモントリオールの最高級スパの招待券をプレゼントしたらしい。
息子のマドックスと共にロンドンのホテルを訪れていたアンジェリーナ・ジョリーは、ロビーに父親のジョン・ヴォイトがいるのを見つけ、慌てて荷物をまとめてタクシーに飛び乗ったらしい。「マドックスの近くで怒鳴りたくなかった。子供の頃の怒鳴りあう両親を覚えていたから、息子の前で口論したくなかった」と語ったようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に出演したオーランド・ブルームは、共演したジョニー・デップから、スタントは危険なものだからその分野で経験を積んでいるスタントマンに任せるべきだ、とアドバイスを受けたらしい。
ケーシー高峰がヘルニアで入院したようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に出演するキーラ・ナイトレイが、プロモーションのため27日に来日するようだ。
「よしもとペットグランプリ」が20日、滋賀県のびわ湖わんわん王国で開催され、グランプリとなった大阪市在住のパピヨン犬「HALO」が吉本興業所属第1号のペットタレントとなったほか、特別賞を受賞した三重県在住の猫「マツ」も、来年公開予定の津田豊滋監督「丹下左膳」に出演することが決まったようだ。 [☆丹下左膳?]
「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の舞台挨拶が20日大阪ナビオTOHOプレックスで行われ、本広克行監督、織田裕二らが出席したようだ。
映画版「シカゴ」("Chicago",2002年)の大ヒットにより、現在全米各地を巡業中の舞台版も満席の状態が続いているらしい。
  7/22
19日公開となった「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の初日2日間の興収は、前作の2倍を越える12億3775万円となり、観客動員数も86万5000人に達した模様。また21日までの3日間では「千と千尋の神隠し」の記録を塗り替える興収18億397万8530円、観客動員数126万934人を記録したようだ。
グ・スーヨン監督「偶然にも最悪な少年」について、映倫管理委員会は当初設定していたR-15指定を「出来上がった作品は非常にさわやかで、不快感もない」として撤回、結局PG-12となったようだ。
蜷川幸雄の監督による新作「嗤う伊右衛門」の撮影が21日松竹京都撮影所で行われ、小雪らが参加したようだ。
ランダル・クレイザー監督の次回作は、童話「赤ずきんちゃん」("Red Riding Hood")のミュージカル映画になるらしい。ジョーイ・ファトーン、デビ・メイザー、レイニー・カザンらが共演するようだ。
米Walt Disneyは、「プリティ・プリンセス」("The Princess Diaries",2001年)の原作者メグ・キャボット(Meg Cabot)によるベストセラー小説"All-American Girl"を映画化するようだ。Disney Channelの人気コメディ・ドラマ"That's So Raven"のレイヴェン(Raven)が主演に起用された模様。
マーティン・ローレンスは、DreamWorks製作のファミリー・コメディ"Rage Control"で、大学バスケットボールのコーチを演じるようだ。
1988年に初演され世界各国でカルト的人気の舞台「トニーとティナの結婚式」("Tony 'n' Tina's Wedding")が映画化されるようだ。ロジャー・パラディソ(Roger Paradiso)が監督を務め、米FOXの"That '70s Show"(1998年-)に出演するミラ・クニス(Mila Kunis)と、同じくFOXの"Boston Public"(2000年-)に出演するジョーイ・マッキンタイア(Joey McIntyre)が共演するようだ。
今年のカンヌ映画祭では、ドイツの映画配給会社が、ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"や、フランソワ・オゾン監督"Swimming Pool"などの話題作の配給権を次々と獲得、ここ数年低迷していたドイツの映画市場は急速に回復しつつあるようだ、
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")は6つの地域で新たに公開がスタート、北米を除く世界20地域、1940スクリーンでの週末興収は1700万ドル、総興収は5390万ドルに達したようだ。オーストラリアでは、史上10番目のオープニングとなる週末興収490万ドルを記録した模様。一方、世界49地域、6184スクリーンで公開中の「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")は、週末興収1590万ドル、総興収1億760万に達し、米国内よりもむしろ海外で好調なようだ。
グウィネス・パルトロウと交際中の、英ロックバンドColdplayのリード・ボーカル、クリス・マーティンは20日、オーストラリアで報道カメラマンの車のフロントガラスを割り、警察当局から起訴されたらしい。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")のプレミアが21日ロンドンで行われ、アーノルド・シュワルツェネッガーが出席したようだ。
ケヴィン・レイノルズ監督、ジェイムズ・フランコ主演の新作歴史ロマンス"Tristan & Isolde"で、ソフィア・マイルズの共演が決定した模様。
Dimension Filmsと、トッド・フィリップス率いるGentlemen Picturesはゴルフ・コメディ"Range Rats"を手掛けるようだ。フィリップスがプロデュースを務める模様。
キアヌ・リーヴス、ティルダ・スウィントン、マシュー・マコノヒー、ヴィンセント・ドノフリオが共演するコメディ"Thumbsucker"に、ヴィンス・ヴォーン、ルー・テイラー・プッチ、ケリ・ガーナーの出演が決まったらしい。
トム・ハンクスらは米Universal Picturesと共に、ジョージ・クライル(George Crile)の小説"Charlie Wilson's War"の映画化権についてオプション契約を結んだようだ。
ロバート・ベントン監督、ポール・ニューマン、スーザン・サランドン主演の映画"Twilight"(1998年)のビデオのTVCMで、共演したリース・ウィザースプーンのヌードシーンが使われていることについて、ウィザースプーンは"Legally Blonde 2: Red, White and Blonde"のプロモーションに便乗したものであるとして、訴訟を起こす構えのようだ。
21日放送のJ-WAVE「HOLIDAY AIR CURRENT」に出演した長嶋茂雄は「映画も好きで『壬生義士伝』ではボロボロ泣いた」と語ったようだ。
東宝は、首都圏の電力不足に対応するため、マニュアルを作成して省エネを徹底、映画館でも上映中の照明を落とすなどの対策をとるようだ。ただし、館内の冷房温度はこれまで通りとか。
ヴィヴェク・オベロイ(Vivek Oberoi)が新作撮影中にバイクで転倒、それを見ていたマニ・ラトナム監督は軽い心臓発作を起こしたらしい。
ケイト・ブランシェットが、Donna Karanのモデルとして登場するようだ。
主演最新作"Gigli"のポスターに登場するジェニファー・ロペスは、画像処理でお尻を小さくしてもらったらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")の前売り鑑賞券が来月2日から発売となるようだ。「王の帰還メモリアル・ストラップ」(全6種類)が特典に付くらしい。
今年4月に結婚式を挙げたラッセル・クロウ、ダニエル・スペンサー夫妻に、来年1月待望の赤ちゃんが誕生するようだ。
1973年の突然の死から30年が経った今月20日、シアトルのLake View Cemeteryにあるブルース・リーの墓の前には、多くのファンが訪れたようだ。
民主党支持者バーブラ・ストライサンドの夫ジェイムズ・ブローリン(ジョシュ・ブローリンの父親)は、米CBSが11月に放送するミニシリーズ"The Reagans"で、ロナルド・レーガン元米大統領を演じるようだ。ジュディ・デイヴィスがナンシー・レーガン役で共演するらしい。
  7/23
「小間使いの日記」("Le Journal d'une femme de chambre",1964年)、「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」("Le Charme discret de la bourgeoisie",1972年)、「乱」("Ran",1985年)、「マックス、モン・アムール」("Max, mon amour",1986年)などの作品を手掛けたポーランド出身の映画プロデューサー、セルジュ・シルベルマン(Serge Silberman)さんが22日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マツダ「アテンザ 23Z」のスペシャルサイトで、リュック・ベッソン製作、ジェラール・クラヴジック監督による短編映画「RUSH」が公開中のようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の世界的大ヒットなどにより、AOL Time Warnerの第2四半期の純利益は前年同期比270%を越える11億ドルに達した模様。
ジュード・ロウ主演によるロマンチック・コメディ「アルフィー」("Alfie",1966年)のリメイクで、ニア・ロングの共演が決まったようだ。チャールズ・シャイアーが監督を務めるらしい。
Dimension Filmsは、ポール・W・S・アンダーソンが脚本と製作を手掛けるサイコ・ゴースト・ストーリー"Necropolis"のオプション契約を結んだようだ。
ポール・ハギス(Paul Haggis)監督による群集劇"Crash"で、ドン・チードルの出演が決まったようだ。
アレクサンダー・ペイン監督、ポール・ジアマッティ主演によるコメディ"Sideways"に、トーマス・ヘイデン・チャーチ(Thomas Haden Church)とヴァージニア・マドセンが出演するようだ。
リー・タマホリ監督の次回作は、Marvelのコミック"Deathlok"の映画化作品になるようだ。「ロボコップ」("Robocop",1987年)と「影なき狙撃者(失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1962年)を合わせたような話になるとか。
9月4日より開催される第28回トロント国際映画祭で、先日亡くなったカナダの作家キャロル・シールズ(Carol Shields)の小説を映画化した、ディーパ・メータ(Deepa Mehta)監督の新作"The Republic of Love"のワールドプレミアが行われることが決まったようだ。
「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")の北米を除く世界興収は4億3200万ドルとなり、米Warner Bros.の今年の海外興収は早くも10億ドルを突破したようだ。
シシー・スペイセク、アラン・カミング、ヘザー・グラハム共演によるロマンチック・コメディ"Gray Matters"が制作されるようだ。スー・クレイマー(Sue Kramer)の初監督作品として、10月から撮影が始まる模様。
新作"Seabiscuit"でトビー・マグワイアと共演しているエリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)は、Merchant Ivory productions製作によるニューヨークを舞台にしたドラマ"Heights"で主演を務める模様。ジェイムズ・マースデン、グレン・クローズも出演交渉中のようだ。
「チーチ&チョンのコルシカン・ブラザーズ」("Cheech & Chong's The Corsican Brothers?",1984年)以来となる、チーチ・マリンとトミー・チョン共演作の企画が進行中らしい。
英週末興収は、アン・リー監督「ハルク」("The Hulk")が350万ポンドで初登場1位となったようだ。また、ジム・キャリー主演"Bruce Almighty"は126万ポンドで先週に引き続き2位、先週1位の「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")は3位に後退した模様。
「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年)の脚本でオーソン・ウェルズが獲得したオスカー像が25日にオークションにかけられる予定だったものの、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)が1ドルで買い戻す権利があると主張、結局出品は取りやめとなったようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)やハリウッド主要映画スタジオなどが共同で製作した、不法コピー撲滅を訴える公共広告が、全米6つのTVネットワークと20以上のCATVのプライムタイム、および5000ヶ所の映画館で放映されるようだ。ベン・アフレックとジェイムズ・キャメロンが出演しているらしい。
マチュー・カソヴィッツ監督の超自然スリラー"Gothika"に出演するハル・ベリーは「私の母は35年間精神科で看護婦を務めていたので、心理学の世界についてはちょっと詳しいの。だから、このジャンルや脚本にはとても馴染み深く感じたわ」と語ったようだ。
シャーリーズ・セロンは、スチュアート・タウンゼンドとの結婚について「彼と出逢った頃の私は『ゴールディ・ホーンとカート・ラッセルのようになりたいの。紙切れが必要なの?』ていう感じだった。でも彼は、人々の前で『人生をあなたと過ごしたい』と宣言する特別な儀式の本当の素晴らしさを、私に教えてくれたの」と語ったようだ。
人気TVドラマ「サブリナ」("Sabrina, the Teenage Witch",1996-2003年)のメリッサ・ジョーン・ハート(Melissa Joan Hart)が、Course of Natureのリード・ボーカルのマーク・ウィルカーソンと、21日フィレンツェで結婚式を挙げたようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")に出演したキーラ・ナイトレイは、撮影中に船酔いの薬を飲んだところ、眠くなるという副作用があったらしい。撮影中に眠ってしまい、NGになったこともあったとか。
過密スケジュールの合間を縫って、キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクがマイアミでデートしていたようだ。
オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演による"Alexander"で、アンジェリーナ・ジョリーの出演が決まった模様。
ブラッド・ピットとニコール・キッドマンが共演か?とお伝えしたダグ・ライマン監督の新作スパイ・スリラー"Mr. and Mrs. Smith"は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが新たに主演候補に上がっているようだ。
米Paramountは、バート・レイノルズ主演のヒット作「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)のリメイクを企画しているようだ。アダム・サンドラーの映画製作会社Happy Madison Productionsとの共同製作で、サンドラー自身の出演もありうるらしい。
ジェニファー・ロペスは、ベン・アフレックが新作"Paycheck"で共演しているユマ・サーマンとの関係を気にしているらしい。頻繁に"Paycheck"の撮影現場を訪れているとか。
来年はじめの出産を予定しているケイト・ハドソンは、InStyle誌最新号の中で「この時をずっと待っていたの。素敵なマタニティ・ウェアを探しにいくのが待ち遠しいわ」と語ったとか。
米NBCの人気ドラマ"Friends"で、マット・ルブラン演じるジョーイ・トリビアーニを主人公にしたスピンオフが企画されているらしい。
"Spider-Man 2"でアルフレッド・モリーナが演じる新たな敵"Doc Ock"のイメージが公開されたようだ。 [☆壁紙もあります]
SARSの影響で延期となっていた降旗康男監督「赤い月」の中国ロケが8月下旬から再開されるようだ。
北村龍平監督「スカイハイ」のロケが22日、埼玉県庄和町で行われ、谷原章介らが参加したようだ。
金秀吉監督「天国への手紙」の製作発表が22日都内で行われ、主演の西山繭子らが出席したようだ。
「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のプロデューサー亀山千広は「1日でも長くどかないですむように、ディレクターズカットとかニューバージョンとかを作って、後半はそれを上映したい」と発言したらしい。
8月から「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の20種類近いTVCMが放映されるらしい。
ジョルジオ・アルマーニの別荘を夫ダニー・モダーと共に訪れていたジュリア・ロバーツが、胸の痛みを訴えて倒れたらしい。すぐに回復したものの原因は不明とか。
「痴漢電車」シリーズ100本目となる神野太監督「痴漢電車2003 さわられたい女」が8月に公開されるようだ。通常の3倍近い製作費1000万円を投入したとか。
CBSのコメディ・ドラマ"The King of Queens"に主演するリア・レミニ(Leah Remini)と、俳優兼歌手のアンジェロ・ペイガン(Angelo Pagan)の結婚式が19日ラスヴェガスで行われたようだ。
人気TVシリーズ"Jackass"(2000-2001年)やその映画版に出演した、スティーヴォー(Steve-O)ことスティーヴン・グローヴァーは、ペンシシルヴァニアで開催されたLollapalooza rock festivalの会場で、サインを求めて集まった人々に小便をかけたとして逮捕されたようだ。
映画「ハリー・ポッター」シリーズにハリーが育ったダーズリー家の家として登場した住宅が22日オークションにかけられたものの、最低希望価格の25万ポンドに達しなかったようだ。
  7/24
WOWOWは、同社のブロードバンド配信サービスで、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮によるTVミニシリーズ「バンド・オブ・ブラザース」("Band of Brothers",2001年)全10話を来月1日から配信する、と発表したようだ。
「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の大ヒットを受け、東宝の株価が大幅に上昇、一時前日比93円高の1255円まで上昇し年初来高値を更新したようだ。
小津安二郎監督生誕100年を記念した、ホウ・シャオシェン監督「珈琲時光」の製作発表が24日都内で行われたようだ。一青窈と浅野忠信が共演するらしい。二人とも小津作品を観たことがないとか・・・。
「日本の夜と霧」(大島渚監督,1960年)、「不毛地帯」(山本薩夫監督,1976年)、「黒い雨」(今村昌平監督,1989年)など31作品を上映する「社会派映画特集〜スクリーンが告発する社会の歪み」が、来月2日から池袋の新文芸坐で行われるようだ。
「バストで勝負」("La Bella mugnaia",1955年)、「怒りの荒野」("I Giorni dell'ira",1967年)、「暗殺の森」("Il Conformista",1970年)などの作品に出演したイタリア女優のイヴォンヌ・サンソン(Yvonne Sanson)さんが22日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マドンナが率いるMaverick Filmsは、Amie Steirの脚本によるロマンチック・コメディ"She Rocks"のオプション契約を結んだようだ。アマンダ・ピートが主演し、マドンナが製作総指揮を務める模様。
イーサン・ホークは、彼のベストセラー小説「痛いほどきみが好きなのに」("The Hottest State")の映画化で監督と脚本を務めるようだ。
米Columbia Picturesは、ジム・キャリー主演"Bruce Almighty"を手掛けたスティーヴ・コーレン(Steve Koren)、マーク・オキーフ(Mark O'Keefe)と、新作"Click"の脚本契約を175万ドルで結んだようだ。アダム・サンドラー主演作になるらしい。
ジャッキー・チェン主演"Shanghai Knights"のDVDが先週米国で発売され、発売5日間の販売売上トップを記録したほか、レンタル売上も1092万ドルに達したようだ。
強盗殺人で逮捕さた兄の無実を晴らすために自ら法律を学び、終身刑の判決から18年後に兄の無罪を証明した女性の実話を基にした映画"The Betty Ann Waters Story"が製作される模様。ナオミ・ワッツが主演するようだ。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットとキップ・パルデューは、シドニー・マッカートニー(Sydney Macartney)監督によるインディ作品"Whiter Shade of Pale"で共演するようだ。来月からアイルランドで撮影が始まる模様。
「蒸気船ウィリー」("Steamboat Willie",1928年)でのデビューから75周年を迎えるミッキー・マウスは、ディズニーワールドの新アトラクション"Mickey's PhilharMagic"で3Dアニメとして登場するほか、来年夏にはドナルド・ダック、グーフィと共演する"The Three Musketeers"に、また来年末にはフルCGアニメ"Mickey's Twice Upon a Christmas"に出演するようだ。ただし、どちらもビデオ発売のみとなる模様。
米Playboy誌は、創刊50周年を記念して12月に行うオークションに、イアン・フレミングによる「女王陛下の007」("On Her Majesty's Secret Service",1963年)の原作小説の原稿や、ジョーン・クロフォードの書簡、1960年に撮影されたマリリン・モンローの写真などがを出品するらしい。
「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II")のサントラが、全米アルバムチャート初登場1位を記録したようだ。
MGM、Paramount Pictures、Warner Bros.、Sony Pictures Entertainment、Universal Picturesなどが参加するオンライン映画サービスMovieLinkは、Walt Disneyと新たに契約を結んだようだ。
チャールトン・ヘストンは22日、ブッシュ米大統領より自由勲章(Medal of Freedom)を授与されたようだ。
「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")に出演するアンジェリーナ・ジョリーは「彼女はとてもセクシーで官能的ですが、それを武器にはしません。彼女は淑女であり知的でありながらダーティにもワイルドにもなれる完璧な女性だと思います」と語ったようだ。
"Spy Kids 3-D: Game Over"でサルマ・ハエックと共演した主演のダリル・サバラは、プロモーションのため出演したNBCの"Today"で「彼女はエドワード・ノートンと別れちゃったよ」と口を滑らせてしまったらしい。
12月といわれていたグウィネス・パルトロウとクリス・マーティンの結婚式は、秋頃に早まる模様。スティーヴン・スピルバーグがイースト・ハンプトンの自宅を会場に提供するとか。
ヒース・レジャーは、ブレイク前の1997年にゲスト出演したオーストラリアの人気TVドラマ・シリーズ"Home and Away"(1988年-)に再び出演することになったようだ。
米UPNで今秋放送予定のコメディドラマ"All of Us"で、妻ジェイダ・ピンケット・スミスと共にプロデュースを担当したウィル・スミスは「僕はシチュエーション・コメディが大好きなんだ。でも、僕の映画のギャラが高すぎるのが問題だね。僕がTVに戻ろうとしようものならマネージャーに目をくり抜かれるよ」と語ったとか。
骨髄移植推進財団への支援を目的としたチャリティ・オークションが28日からネット上で行われるようだ。唐沢寿明や反町隆史のサングラス、映画「冷静と情熱のあいだ」の竹野内豊直筆サイン入り写真パネル、江角マキコの「ショムニ」Tシャツなど、芸能プロ「研音」所属のタレントら39人の愛用品50点が出品されるらしい。今後は年2回の定期開催を予定しているとか。
「ダーク・エンジェル」("Dark Angel",2000-2002年)で共演したジェシカ・アルバ(Jessica Alba)とマイケル・ウェザリー(Michael Weatherly)が、婚約を解消した模様。
ジェリー・ブラッカイマーは、1966年のNCAA(National Collegiate Athletic Association)のバスケットボール選手権で、黒人選手を起用したテキサス・ウエスタン大学がケンタッキー大学を破った実話を元にした映画を製作するようだ。
クリス・オドネルの妻キャロラインは11日、第3子となる男の子を出産したようだ。
ネスレのWebサイト「ブレイクタウン」で、岩井俊二監督・脚本、鈴木杏主演による短編映画「花とアリス 第二章 〜花の嵐 I【秘密】」が25日から配信されるようだ。また、「花とアリス特別篇 Filming H&A Vol.2」を収録したDVDなどがセットになった「キットカットDVDパック 2」が来月4日に発売されるらしい。
  7/25
ジョナサン・ヘンズリー監督、トーマス・ジェイン主演によるマーヴェル・コミックの映画化"The Punisher"で、さらにサマンサ・マティスとウィル・パットンの出演が決まったようだ。
「バイオハザード」("Resident Evil",2002年)の続編"Resident Evil: Apocalypse"に、ジャレッド・ハリスの出演が決まったようだ。
シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のコブレット」("Harry Potter and Goblet of Fire")は、マイク・ニューウェルが監督を希望しているようだ。
新作"Seabiscuit"で、競走馬Seabiscuitのオーナーを演じたジェフ・ブリッジスは「私の祖父は競馬マニアだった。子供の頃、週に3、4回も競馬場に行ったことを思い出すよ。この役を演じることは、競馬を愛した祖父への賛辞でもあるんだ」と語ったようだ。
ジョン・マッデンが演出を手掛けた舞台"Proof"の映画化で、ジェイク・ギレンホールがグウィネス・パルトロウと共演するようだ。
2000年12月に発作で倒れ入院していた、「真夜中のカーボーイ」("Midnight Cowboy",1969年)、「2番目に幸せなこと」("The Next Best Thing",2000年)のジョン・シュレシンジャー監督から24日、生命維持装置が外されたようだ。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")プロモーションのためメキシコを訪れているアーノルド・シュワルツェネッガーは24日、同作品の海賊版DVDを記者から受け取り「このような行為を窃盗と同罪に扱う厳しい法律が必要だ」と語ったようだ。一方、カリフォルニア州知事選出馬については「発表することはありません。『ターミネーター3』のプロモーションが全て終われば、答えることができるだろう」と明言を避けた模様。
来月6日より開催されるロカルノ国際映画祭の上映作品が発表され、実話を基にした英国コメディ"Calendar Girls"など27作品のワールド・プレミア上映が行われるようだ。また、クロージングにはイタリア人監督パスクァーレ・シメカ(Pasquale Scimeca)監督、ヴィンセント・ギャロ主演による"The Undesirables"の上映が決まった模様。
今秋スタートする人気TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)の第5シーズンは、辞任したアーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)に代わって、「ER」("ER",1994年-)や「サード・ウォッチ」("Third Watch",1999年-)などを手掛けたジョン・ウェルズ(John Wells)が制作総指揮を務めるようだ。脚本家陣も一新されるものの、大きな変更はないとか・
先日お伝えした、マット・ルブラン演じるジョーイ・トリビアーニを主人公にした「フレンズ」("Friends")のスピンオフ企画が、米NBCから正式に発表されたようだ。2004年秋から放送予定とか。
米HBOは独立系作品を手掛ける新しい映画配給部門HBO Films Domestic Theatrical Releasingを設立した模様。コミック作家ハーヴィ・ピーカー(Harvey Pekar)の生活を虚実取り混ぜて描いたポール・ジアマッティ主演"American Splendor"や、カンヌ映画祭で監督賞を受賞したガス・ヴァン・サント監督"Elephant"などの配給を手掛けるようだ。
ラース・フォン・トリアー監督"Dogville"に続く2作へのニコール・キッドマンの出演は中止となった模様。キッドマンのスケジュールが空くまで監督が待てなかったようだ。
ニューポート国際映画祭(Newport International Film Festival)の事務局長に8ヶ月前就任したグレッグ・ディステファノ(Greg DiStefano)が、あまりに忙しすぎるとして辞任を表明したようだ。
今秋から始まる「スター・トレック エンタープライズ」("Enterprise",2001年-)第3シーズンについて、クリエイターのリック・バーマンは「スター・トレック4/故郷への長い道」("Star Trek IV: The Voyage Home",1986年)や「ファースト・コンタクト」("Star Trek: First Contact",1996年)などからインスピレーションを得た、と語ったようだ。"地球への攻撃"がメイン・プロットになる模様。ヴァルカン人のトゥポルも少しイメチェンするとか。
今秋撮影開始予定のウディ・アレン監督の新作で、ロバート・ダウニーJr.とウィノナ・ライダーが共演するらしい。
「ジュラシック・パークIV」にキーラ・ナイトレイが出演するようだ。「シリーズのファンだったのでビックリしたわ。スティーヴン(・スピルバーグ)は『ベッカムに恋して』("Bend it Like Beckham")が気に入って私と会ってみたい、と言ってくれたの。それに、以前共演したサム・ニールの推薦もあったと思うわ」と語ったようだ。
「ジャスト・マリッジ」("Just Married")で当時の恋人ブリタニー・マーフィと共演したアシュトン・カッチャーは「その映画に出演する前は結婚なんて信じなかった。けれど、映画の中で美しい女性が僕に一生を捧げると誓うのを見た時、とても不思議な感覚に襲われて、結婚がどんなに特別なことかを知りました」と語ったようだ。
ウィル・フェレルとクリスティーナ・アップルゲイトが共演するDreamWorks製作のコメディ"Anchor Man: The Legend of Ron Burgundy"に、「10日間で男を上手にフル方法」("How to Lose a Guy in 10 Days")でケイト・ハドソンと共演したキャスリン・ハーン(Kathryn Hahn)の出演が決まったようだ。
投資会社Cassandra Groupの破産管財人が、同社のオーナーだったデイナ・ジャケット(Dana Giacchetto)から不正な利益提供を受けていたとして、キャメロン・ディアス、トビー・マグワイア、ベン・スティラー、ティム・ロス、テッド・デミらを訴えていた問題で、キャメロン・ディアスは7万ドルの支払いに応じることで合意したようだ。
ウィノナ・ライダーの元担当医で、患者の求めに応じて処方箋を提供していたとして医師免許を剥奪されていた男性が、2人の女性に対しBotox注入などの治療を行ったとして今月始めに逮捕されたようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の完成披露試写会が24日都内で行われ、パイレーツの2人が出席したようだ。
ジェニファー・ロペスとベン・アフレックは10月5日にハワイで挙式するらしい。
ピーコによるトークショー「ピーコのおしゃれトーク」が9月2日に東京の帝国ホテルで開催されるようだ。戸田奈津子がゲストで参加するらしい。
ヒュー・ジャックマン主演か?とお伝えした、TVシリーズ"Adventures of Superman"(1952-57年)に主演し後に拳銃自殺したジョージ・リーヴス(George Reeves)を描く伝記映画"Truth, Justice and the American Way"は、ベン・アフレックが新たな主演候補に挙がっているらしい。
ケリー・クラークソンが、Candie'sのイメージ・キャラクターに起用されたようだ。
セリーナ・ウィリアムズは、米Showtime NetworksのTVドラマシリーズ"Street Time"(2002年-)の10月1日放送の回に、元ギャング役で出演するらしい。
25日全米公開のトビー・マグワイア主演"Seabiscuit"では、40頭ものサラブレッドが使用されたようだ。レースの技術コンサルタントを務めた元騎手のクリス・マッカロン(Chris McCarron)は「Seabiscuitのキャスティングは難しかった。どの馬も勝ちたがる中で、どの馬よりも速く走らなくてはならない。しかも、鹿毛で、見栄えのしない、小さな馬である必要があったんだ」と語ったようだ。
  7/26
「オースティン・パワーズ」シリーズの"ミニー・ミー"こと、身長85センチの俳優ヴァーン・トロイヤーが、身長190センチのモデル、ジュヌヴィエーヴ・ガレン(Genevieve Gallen)と婚約したらしい。
第25回ぴあフィルムフェスティバルが25日閉幕し、上田大樹監督「NEG.WONDERLAND」がグランプリに選出されたようだ。
昨年3月に結婚したライザ・ミネリとデヴィッド・ジェストは、現在別居中のようだ。
クライヴ・カッスラーの小説"ダーク・ピット"シリーズを映画化する"Sahara"は、マシュー・マコノヒーとスティーヴ・ザーンが共演するらしい。
新作"S.W.A.T."に出演するミシェル・ロドリゲスは、ティム・ハンター監督の新作"Control"で、マット・ディロン、ウィレム・デフォーと共演する模様。
バリー・ボロウスタイン(Barry Blaustein)監督による、スペシャル・オリンピックスを舞台にしたコメディ"The Ringer"で、ジョニー・ノックスヴィルの主演が決まったようだ。
3000人の映画ファンの投票による子役ベスト10が発表され、ハーレイ・ジョエル・オスメントが1位に選ばれたようだ。以下、ジュディ・ガーランド、マコーレー・カルキン、シャーリー・テンプル、ダニエル・ラドクリフ、ジョディ・フォスター、アンナ・パキン、ドリュー・バリモア、エイリーン・クイン、コリー・フェルドマンと続いたらしい。
ジェニファー・ロペスとCoty社は、"Glow"に続く新作の香水"Still"を発売するようだ。
アル・パチーノ、ウィノナ・ライダー共演「シモーヌ」("S1m0ne")に出演したスーパーモデルのレイチェル・ロバーツが、同作プロモーションのため、夫で監督のアンドリュー・ニコルと共に来月18日に来日するようだ。
アカデミー賞受賞作「真夜中のカーボーイ」("Midnight Cowboy",1969年)をはじめ、「或る種の愛情」("A Kind of Loving",1962年)、「日曜日は別れの時」("Sunday Bloody Sunday",1971年)、「マラソンマン」("Marathon Man",1976年)、「コードネームはファルコン」("The Falcon and the Snowman",1985年)など数々の名作を手掛けた映画監督のジョン・シュレシンジャー(John Schlesinger)さんが25日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
25日全米公開となったボブ・ディラン主演の映画"Masked and Anonymous"は、批評家らから酷評されているらしい。
「風の谷のナウシカ」のDVDが11月19日発売となるようだ。ナウシカや王蟲のフィギュアなどがセットになった「コレクターズBOX」も発売されるとか。CMキャラクターには香取慎吾が起用されたらしい。
  7/27
及川中監督「ラヴァーズ・キス」のDVD発売記念イベントが26日都内で行われ、平山あやが出席したようだ。
TVシリーズ「スタートレック(宇宙大作戦)」("Star Trek",1966-1969年)の宇宙船エンタープライズをデザインしたことで知られ、「大草原の小さな家」("Little House on the Prairie",1974-1983年)、「アンタッチャブル」("The Untouchables",1959-1963年)などのTVシリーズや映画「B52爆撃隊」("Bombers B-52",1957年)などで美術監督を務めたマット・ジェフリーズ(Matt Jeffries)さんが21日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米ABC「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)に、クリス・オドネルのゲスト出演が決まったようだ。殺人犯を演じるとか。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")で、マーク・ファミグリエッティが演じたケイト(クレア・デーンズ)の婚約者の役名が"Scott Peterson"から"Scott Mason"に変更されていたらしい。米国で昨年末に起こった妻と義理の息子の殺害事件の犯人と同じ名前だったためとか。 [☆公式サイトやパンフレットは"Scott Peterson"のままですが・・・エンド・クレジットでは変わってた??]
シドニー・ポラック監督は、国連を舞台にした新作スリラー"The Interpreter"に、ニコール・キッドマンの出演を希望しているらしい。
ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット・スミス夫妻がプロデュースする米UPNの新しいコメディ・ドラマ"All Of Us"に、2人と彼らの子供たちがゲスト出演するらしい。
飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」のPR会見が26日大阪市内で行われ、主演の妻夫木聡が出席したようだ。
山田勇男監督「蒸発旅日記」公開中の渋谷ユーロスペースで26日、出演する清水ひとみのトークショーが行われたらしい。
「さよなら、クロ」の初日舞台挨拶が26日心斎橋のパラダイススクエアで行われ、松岡錠司監督と妻夫木聡が出席したようだ。
高坂希太郎監督「茄子 アンダルシアの夏」が26日初日を迎え、小池栄子、筧利夫らによる舞台挨拶が都内劇場で行われたようだ。
全米公開中のダニー・ボイル監督「28日後...」("28 Days Later")で、25日からエンドクレジット後に5分間の別エンディング映像が上映されているようだ。昨年11月に英国で発売されたDVDに収録されている映像らしい。
  7/28
「花の白虎隊」(田坂勝彦監督,1954年)や「千姫」(木村恵吾監督,1954年)などで市川雷蔵らと共演した後、新派俳優として活躍した花柳武始さんが27日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
OVA「新・北斗の拳 第弐話」のアフレコが27日都内でスタートしたようだ。Gacktも参加するらしい。
高山由紀子監督、中村福助主演の映画「娘道成寺」の撮影が京都・南座で行われ、筑紫哲也がエキストラとして参加したらしい。
シングル・マ監督、ミシェル・ヨー主演の新作アクション映画「シルバー・ホーク」に出演予定だったBoAは、SARSの影響で撮影スケジュールがずれ込んだことから、出演を見送ったようだ。
ジョン・ストックウェル監督、ピアーズ・ブロスナン、サルマ・ハエック共演の新作"After the Sunset"で、ウディ・ハレルソンが出演交渉中のようだ。
MGMは、昨年10月に発売した「ドクター・ノオ」("Dr. No",1962年)など7タイトルを集めた007シリーズDVDボックス第1巻に続き、「ロシアより愛をこめて」("From Russia With Love",1963年)など7作品を集めた第2巻と、シリーズ最新作「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)を含む6作品を集めた第3巻を11月に発売するようだ。もともと第2巻までの発売予定だったものの、第1巻の反響が大きく、全作品の発売となったとか。
ジョン・ムーア監督による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクで、デニス・クエイドが主演に向けて出演交渉中のようだ。
全米週末興収は、ロバート・ロドリゲス監督による人気シリーズ第3作"Spy Kids 3-D: Game Over"が3250万ドルで初登場1位を記録、アンジェリーナ・ジョリー主演「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")は2176万ドルで4位、トビー・マグワイア主演"Seabiscuit"は2150万ドルで5位のスタートとなったようだ。
ハーバード大学で芸術や歴史、心理学を学ぶため、3年間女優活動から離れていたクレア・デインズは「少し恐ろしかった。自由や、ロマンスや、考える時間を持てることが嬉しかったけれど、どこかで、自分には女優としての才能があると自分に言い聞かせていた。名声が欲しかったわけではなくて、自己実現を果たしたかったし、後悔したくなかった」と語ったようだ。
今年1月にジャック・ニコルソンと破局したララ・フリン・ボイルは、大手自動車販売店経営者の息子で現在24歳の男性と交際中らしい。
ジェニファー・ロペスとベン・アフレックが共演する新作「タフ・ラブ」("Gigli")も、批評家から酷評されているらしい。
来月6日発売のV6のアルバム「∞INFINITY〜LOVE&LIFE〜」に、SABU監督によるV6主演映画「Hard Luck Hero」の上映会参加応募券が付くらしい。上映は9月28日に全国5都市のみで行われ、抽選で1万人が招待されるとか。
ブリトニー・スピアーズの出演が予定されている、自動車レースNASCARNational Association for Stock Car Auto Racing)を舞台にした映画のタイトルは、"Trading Paint"にになるようだ。
  7/29
株式会社インフォプラントは、iモード利用者約33000人を対象にした「映画」に関する調査結果を発表した模様。映画の情報入手先として「インターネット」を挙げた回答者は男性の割合が多く、また鑑賞頻度の高い回答者ほど「インターネット」の割合が増加したようだ。
青春ばかちん料理塾」「17才 旅立ちのふたり」の完成披露試写会が28日都内で行われ、石川梨華、藤本美貴、後藤真希らが舞台挨拶に立ったようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")プロモーションのためゴア・ヴァービンスキー監督とジェリー・ブラッカイマーが来日、28日都内で記者会見を行ったようだ。辺見えみりが花束贈呈に訪れたらしい。
羽住英一郎監督「海猿 UMIZARU」のロケが28日広島県呉市で行われ、伊藤英明、海東健らが参加したようだ。
「宇宙戦艦ヤマト」の著作者を巡って争われていた訴訟で、同作品が松本零士と西崎義展の共同著作であると双方が確認し、29日和解が成立したようだ。
米Walt Disneyは、携帯電話向けコンテンツ配信サービスへの参入に向けて、複数の携帯電話会社との交渉に入った模様。
米MGM傘下のZide/Perry Entertainmentは、18世紀に実在した海賊"黒ひげ"(Blackbeard)ことエドワード・ティーチ(Edward Teach)と、彼に挑んだロバート・メイナード(Robert Maynard)英国海軍中尉の戦いを描く"Devil's Crew"を製作するようだ。
ケン・クワピス(Ken Kwapis)監督によるインディ作品"Sexual Life"で、アン・ヘッシュ、エリザベス・バンクス、ケリー・ワシントン、トム・エヴェレット・スコットらが共演するようだ。
「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")は韓国など12の地域で新たに公開が始まった模様。北米を除く海外興収は8650万ドルに達し、今週末に英国、ドイツ、スペインなどで公開が始まることから、海外興収1億ドル突破は確実なようだ。
ゴールディ・ホーン、カート・ラッセルらが立ち上げた映画製作会社Cosmic Entertainmentは、Walt Disneyと共同で、ロマンチック・コメディ"Here Comes the Bride"の製作を手掛けるようだ。
スティーヴン・スピルバーグは、米TNTが西部開拓時代を描く全12時間のTVドラマシリーズで制作総指揮を務めるようだ。タイトルは未定で、来年夏から制作が始まる予定とか。
マレーシア首相府相のアブドゥル・ハミド・ザイナル・アビディン(Abdul Hamid bin Zainal Abidin)は、ジム・キャリー主演"Bruce Almighty"について「この映画は我が国で上映する作品として不適切だ。何人たりとも神と等しくはなり得ない。例えジョークであっても」と発言したようだ。
TV映画"Colette"の撮影のためリトアニアを訪れていた仏女優のマリー・トランティニャン(Marie Trintignant)が27日、何者かに暴行を受け入院したらしい。脳出血のため昏睡状態とか。
「ターミネーター3」「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」「ファインディング・ニモ」などの海賊盤DVDが、中国とマレーシアを拠点にしたウェブサイトで販売されているらしい。米映画協会(MPAA)は「活動を阻止するのにそれほど時間はかからない」と言っているようだ。また、DHLは、海賊盤の流通を阻止するため、マレーシアからの光ディスクの配送を自主的に停止しているらしい。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の全米興行収入は27日までに3億1310万ドルに達し、オリジナル版「ライオン・キング」("The Lion King",1994年)の興収3億1290万ドルの記録を超えた模様。ただし「ライオン・キング ラージ・スクリーン・フォーマット」(2002年)の興収を合わせると3億2842万ドルとなり、今のところ同作がアニメーション映画興収1位の座にあるようだ。
低調なスタートとなった「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")について、Paramount Picturesの幹部は、最新版ゲーム"Lara Croft Tomb Raider: The Angel of Darkness"の出来が悪かったからだ、と言っているらしい。
「カリフォルニア州知事選への出馬を断念した」と一部で報道されたことに対し、アーノルド・シュワルツェネッガーの広報担当者は「現在まだ検討中である」としてこれを否定したようだ。
27日亡くなった米喜劇俳優ボブ・ホープについて、ブッシュ米大統領は「米国は今日、最も偉大な宝物の1つを失った」との追悼声明を発表、各政府機関や米軍施設に対し、葬儀当日は半旗を掲げるよう命じたようだ。
「シンガポール珍道中」("Road to Singapore",1940年)、「腰抜け二挺拳銃」("The Paleface",1948年)、「パリの休日」("Paris Holiday",1958)、「5つの銅貨」("The Five Pennies",1959)など数多くの映画やTV番組で活躍した、米喜劇俳優のボブ・ホープ(Bob Hope)さんが27日亡くなった(100歳)。ご冥福をお祈りいたします。
28日ロサンゼルスで行われた新作"Gigli"のプレミアに出席した後、ジェニファー・ロペスは"Shall We Dance?"撮影のため一人でカナダのウィニペグに戻ったようだ。少なくともこの1週間、ベン・アフレックはウィニペグを訪れていないらしい。
ティム・バートン監督による「チョコレート工場の秘密」("Charlie and the Chocolate Factory")の映画化で、マイケル・キートン、リストファー・ウォーケンに続き、ジョニー・デップも主演候補に挙がっているようだ。撮影は来年になる模様。
現在メキシコで歴史超大作"Troy"の撮影に参加しているオーランド・ブルームは、恋人のケイト・ボスワースを毎週末に飛行機のファーストクラスで呼び寄せているらしい。
コリン・ファレルの元ガールフレンドで、9月に第1子を出産予定のモデル、キム・ボーデネイヴ(Kim Bordenave)は、コリンから100万ドルの家を提供されたらしい。ただし、彼女はそれを感謝しているものの、コリンを家に入れるつもりはないとか。
ベン・アフレックとジェニファー・ロペスが10月にハワイで挙式か?と報じられたことについて、アフレックの広報担当者は「いつどこで結婚するのか、彼の口からは7バージョンくらい聞いたかな。少なくともカウアイは一番暖かい場所だね」と語ったとか。
米国では前作の45%の週末興収でスタートした「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life")は、フィリピン、マレーシア、タイでは前作を越える大ヒットとなっている模様。
Misiaが歌う、飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」の主題歌「心ひとつ」のシングルCDが、来月27日発売となる模様。
「丹下左膳餘話・百萬両の壷」(山中貞雄監督,1935年)をリメイクする津田豊滋監督「丹下左膳 百万両の壺」は、豊川悦司が主演するようだ。江戸木純がプロデューサーを務め、恵比寿ガーデンシネマ10周年記念作品として来夏公開されるらしい。
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")プロモーションのためニア・ヴァルダロスと製作のゲイリー・ゴーツマンが来日、28日都内で記者会見を行ったようだ。
ジリアン・アンダーソンが自宅で階段から落ちて病院には困れたらしい。幸い骨などに異常はなかったとか。
「ロミオ+ジュリエット」("Romeo + Juliet",1996年)でレオナルド・ディカプリオと共演したクレア・デインズは、「タイタニック」("Titanic",1997年)への出演もオファーされてたものの、断っていたらしい。
5月にサム・メンデスと結婚式を挙げたケイト・ウィンスレットは現在妊娠中のようだ。
スペンサー・トレイシー主演「少年の町」("Boys Town",1938年)で有名になったネブラスカ州のボーイズ・タウンで映画製作65周年記念式典が行われ、スペンサー・トレイシーの孫らが出席したようだ。
オリヴァー・ストーン監督"Alexander"で、ロザリオ・ドーソンの出演が決まったようだ。
元Backstreet Boysのケヴィン・リチャードソンは、8月よりサンフランシスコで上演されるミュージカル「シカゴ」("Chicago")で、昨シーズンのブロードウェイに引き続き弁護士ビリーを演じるようだ。
昨年、契約交渉が決裂し「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)を降板、現在、米NBCで今秋放送のドラマ"The Lyon's Den"で主演と製作総指揮を務めるロブ・ロウは「TVに戻るのであれば、俳優としてこれまでとは違う分野について学び、成長できるところに戻りたかった。古い仕事にしがみついていたくはなかった」と語ったようだ。
ライザ・ミネリとデヴィッド・ジェスト(David Gest)夫妻の広報担当者は「2人は別居中だが離婚の予定はない」と語ったようだ。
  7/30
福岡ドーム前広場に30日映画「ハルク」("The Hulk")のPR隊と共に、高さ6メートルのハルクのバルーンが出現したらしい。
飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」の完成披露試写会が29日都内で行われ、妻夫木聡、SAYAKA、藤木直人、山田孝之らが舞台挨拶に立ったようだ。
宮崎駿の作詞によるハウスのCM曲「お母さんの写真」の発売記念イベントが29日都内で行われ、上條恒彦、糸井重里らが出席したようだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")のプレミア試写会が29日東京の日本武道館で行われ、ゴア・ヴァービンスキー、ジェリー・ブラッカイマーらが出席したほか、ケイン・コスギがステージ上のセットでワイヤーアクションを披露、また牧瀬里穂が花束贈呈に訪れたようだ。
フレディ・プリンズJr.は、米MTVが制作するタイトル未定のティーン向けTVコメディ映画で、脚本を担当することになったようだ。
米MGMは、仏メディア大手Vivendi Universalのエンタテインメント部門売却入札から撤退した模様。Vivendi側の提示した希望売却価格が140億ドルと高額だったためらしい。
クリストファー・リーヴは、自爆テロで半身不随となった青年を見舞うため、イスラエルのワイズマン研究所を訪れたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーの側近の一人は、彼がカリフォルニア州知事選への出馬を断念する見通しだと語ったようだ。妻のマリア・シュライヴァーが反対しているらしい。
Marvelの人気コミック"Fantastic Four"の映画化で、監督予定だったペイトン・リードが降板した模様。スタジオ側との意見の対立があったようだ。
米ビデオソフト・ディーラー協会(Video Software Dealers Association)による2003ホーム・エンタテインメント賞が29日発表され、ジョエル・ズウィック監督、ニア・ヴァルダロス脚本・主演「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")が大賞を受賞したようだ。米国でのVHSとDVDの売上は既に3億ドルを突破しており、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の3億3000万ドルに続く売上2位を記録しているとか。
Namco Hometek社は、「ニューヨーク1997」("Escape From New York",1981年)、「エスケープ・フロム・L.A.」("Escape From L.A.",1996年)に登場するキャラクター、スネーク・プリスケンを主人公にしたゲーム"The Snake Plissken Chronicles"を開発・販売する権利を獲得したようだ。カート・ラッセル自身が声優を務める予定とか。このほか、アニメーション映画、コミック、アクション・フィギュアなども企画されているらしい。
コーエン兄弟監督・脚本、トム・ハンクス主演による「マダムと泥棒」("The Ladykillers",1955年)のリメイクに、"Drumline"のジョン・ウィーヴァーが出演するようだ。
"Ken Park"に出演したミーヴ・クィンラン(Maeve Quinlan)は、グレゴリー・ジェイコブス監督によるアルゼンチン映画"Nueve reinas"のリメイク作品"Criminal"で、ジョン・C・ライリー、マギー・ギレンホール、ディエゴ・ルナらと共演するようだ。
デヴィッド・アンスポウ監督の新作"The Game of Their Lives"に、"Full Frontal"のデボラ・コーデイ(Deborah Corday)が出演する模様。
ハワード・ヒューズの半生を描くマーティン・スコセッシ監督最新作"The Aviator"に、サム・ヘニングス(Sam Hennings)が出演するようだ。
"A Guy Thing"のデヴィッド・コエチナー(David Koechner)は、米DreamWorks製作の"Action News"でスポーツ・キャスター役を務めるらしい。
"The New Guy"のロス・パターソン(Ross Patterson)は、ジム・キホー(Jim Kehoe)の初監督作品"The Hand Job"でロバート・ベネディクトと共演するようだ。
ポール・サリヴァン監督・脚本によるインディ作品"First Time Caller"に、パトリック・ウォーバートンとデヴィッド・アラン・ブッシェ(David Alan Basche)の出演が決まった模様。
"Legally Blonde 2: Red, White & Blonde"で共演したジェニファー・クーリッジとレジーナ・キングは、マーク・ロスマン監督、ヒラリー・ダフ主演の新作"A Cinderella Story"に出演することが決まったようだ。
TVシリーズ"Adventures of Superman"(1952-57年)でジョージ・リーヴスが着用していたスーパーマンの衣装や、「ターミネーター2」("Terminator 2: Judgment Day",1991年)でアーノルド・シュワルツェネッガーが使用した手袋など約360点が30日、米国でオークションにかけられるようだ。
まもなく全米公開となる「アメリカン・パイ」("American Pie",1999年)シリーズ第3作"American Wedding"について、クリエイターで脚本家のアダム・ヘルツ(Adam Herz)は「"American Baby"や"American Divorce"は無いよ。登場人物たちは皆、A地点からB地点へと行ってしまった。彼らの旅は終わりさ。僕らは、彼らが子供から大人へと成長するのを見届けたんだ」と語ったようだ。
28日ハリウッドで開催された新作"Gigli"のプレミアにベン・アフレックと共に出席したジェニファー・ロペスは「この映画は素晴らしいと思います。私達は素晴らしい仕事が出来たと思っています。この映画のベンや、スタッフ達を誇りに思います」と語ったようだ。
キーラ・ナイトレイはトレードマークのへそピアスについて「12歳の時、友達と絶交して落ち込んでいた私を元気づけようと母が決めたの。新作"Love Actually"への出演が決まったのも、リチャード・カーティス監督が『ベッカムに恋して』("Bend It Like Beckham")を見て、これを気に入ったからみたい。オーディションで監督に『君のへそピアスが僕の映画に欲しい』って言われたわ」と語ったとか。
マイアミでのデートの後、キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクはシカゴのフォー・シーズンズ・ホテルに滞在中らしい。
ショーン・ウィリアム・スコットは、イタリアのバーでファン達に囲まれ、勧められるままにお酒を飲んだらしい。「翌日は地獄だった。観光も出来ず、車の中で青い顔でじっとしてたよ。あれは恐ろしかった」と語ったようだ。
新作"Gigli"がまもなく全米公開となるベン・アフレックは「僕はティーンエイジャーの頃、女の子にモテたくて鏡の前で笑顔の練習をしたよ。マヌケだよな、効果なかったし」と語ったようだ。
ニコール・キッドマンが降板したテリー・ギリアム監督"The Brothers Grimm"は、ユマ・サーマンが代役を務めるらしい。
来月2日に撮影が始まる磯村一路監督「雨鱒の川」で、葉加瀬太郎が音楽を手掛けるようだ。劇中に登場する絵画も担当するらしい。
コネティカット州にあるキャサリン・ヘプバーンの自宅近くの海辺およそ1万6800平方メートルが、遺言により公共の保護地となるようだ。また、家は売りに出され、オスカー像や脚本、衣装などは慈善団体に寄付される模様。
  7/31
キリンビール株式会社は「夏目雅子メモリアルワイン」を9月11日から20000セット限定で販売する、と発表した模様。収益金は「夏目雅子ひまわり基金」に寄付されるようだ。
来月27日開幕の第60回ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門に、北野武監督「座頭市」が出品されるほか、コントロコレンテ部門に熊切和嘉監督「アンテナ」、ニュー・テリトリー部門に廣木隆一監督「ヴァイブレータ」が出品されるようだ、
「荒ぶる魂たち」(三池崇史監督,2002年)、「新・仁義の墓場」(三池崇史監督,2002年)などに出演した俳優の大地義行が30日、殺人と現住建造物放火の容疑で逮捕されたようだ。
来日中のニア・ヴァルダロスが30日、「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")上映中の丸の内プラゼールで舞台挨拶に立ったようだ。本人の希望で事前の告知は一切なかったとか。
フジテレビ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に"スリーアミーゴス"がゲスト出演するらしい。30日都内で行われたアフレコに、北村総一朗、斉藤暁、小野武彦の3人が制服姿で参加したようだ。来月10日放送とか。
ワコール「感じるブラ」試着&「恋は邪魔者」("Down With Love")試写会イベントが30日都内で行われ、川村ひかる、さとう珠緒らが参加したようだ。
2008年北京五輪組織委員会は31日、来月3日に同五輪のロゴ発表式典を行うと発表したようだ。式典はチャン・イーモウが総監督を務め、ジャッキー・チェン、コン・リーらが出席する予定とか。
南北朝鮮軍事境界線近くの50万平方メートルの敷地に、映画撮影所や劇場、ギャラリーなどが集まる文化芸術村「ヘイリ」が建設されているらしい。すでにパク・チャンウク監督の新作の撮影も始まっているようだ。
米Warner Bros.、香港広裕投資有限公司など3社の合弁による映画館「上海永楽電影城」が30日オープンしたようだ。
ニコール・キッドマンが、ジュード・ロウと交際していたという誤った記事によって信用が傷つけられたとして、英Daily Mail紙に対し訴訟を起こしていた問題で、ロンドン高等裁判所は31日、Daily Mailに謝罪と損害賠償の支払いを命じる判決を下したようだ。
マイケル・マンによる伝記"John Wayne - The man behind the myth"によると、ジョン・ウェインはスターリンに命を狙われていたらしい。
ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグが1999年に設立した映画製作会社Section Eightは、新たにTV番組制作会社Section Eight Televisionをスタート、米Warner Bros. Televisionと2年契約を結んだようだ。
全米週間ビデオレンタル・チャートで、ジャッキー・チェン、オーウェン・ウィルソン主演「シャンハイ・ナイト」("Shanghai Knights")が2週連続1位となったようだ。12日間のレンタル売上は2100万ドルに達した模様。一方「デッドコースター」("Final Destination 2")は初登場2位で、DVDセールスでは1位となったらしい。
米Columbia Picturesは、ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ビンチの暗号」("The Da Vinci Code")の映画化を企画している模様。ロン・ハワードが監督候補に挙がっているらしい。
米Warner Bros.は、スコット・ビンドリー(Scott Bindley)の脚本、ウィリアム・ビンドリー(William Bindley)の監督によるファミリー・コメディ"Say Uncle"の製作を決めたようだ。
「X-Men2」("X2: X-Men United")の脚本を手掛けたダン・ハリス(Dan Harris)の監督デビュー作となるインディ作品"Imaginary Heroes"で、シガニー・ウィーヴァーとエミール・ハーシュが共演するようだ。来月14日からニュージャージーで撮影が行われる模様。
チャールズ・シャイアー監督、ジュード・ロウ主演による「アルフィー」("Alfie",1966年)のリメイクで、スーザン・サランドンとマリサ・トメイが出演交渉中らしい。
ウィリアム・H・メイシーの次回作は、デヴィッド・R・エリス監督、キム・ベイシンガー、クリス・エヴァンス共演のスリラー"Cellular"になるようだ。9月に撮影が始まる模様。
トロント市は30日、同市のウォーターフロント地区に計画する映画産業複合施設の建設について、9月に入札を行うと公式に発表したようだ。
エリザベス・テイラーの自宅で長年働いていた庭師の男性が、執事からセクハラを受けた上、不当に解雇されたとして、テイラーに対して損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。 [☆誤訳がありましたので訂正致しますm(_ _)m]
共和党の広報担当者は、アーノルド・シュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事選出馬を断念することを決めた、と発言したようだ。
ボブ・ホープの葬儀が30日、ロサンゼルスのセント・チャーチル・ボロミオ教会(St. Charles Borromeo church)で営まれたようだ。追悼式は来月27日に行われるらしい。
ダイアン・レインは、ブルース・ウィリスとの共演で企画されていた映画"Me Again"で、彼女に支払われるべき契約料350万ドルの内270万ドルが支払われていないとして、映画製作会社Intermedia Film Equities USAに対する訴訟を起こしたようだ。
「ウォーク・トゥ・リメンバー」("A Walk to Remember",2002年)のシェイン・ウェストは、アシュトン・カッチャーは私生活を公の前で見せびらかすのをやめてデミ・ムーアを黙らせておくべきだ、と発言したらしい。
クリス・マーティンの友人らは、彼がグウィネス・パルトロウとの婚約を破棄するのではないかと噂しているらしい。
クリスタナ・ローケンは、タトゥを入れるのが好きらしい。肩に蛇と亀と三日月、足首に馬のタトゥがあるとか。「母に『あぁ、クリスタナ』と言われるから、新しいタトゥ入れても母には秘密にしているの」と語ったようだ。 [☆あぁ、クリスタナ・・・]
新作"Gigli"が批評家から酷評されているベン・アフレックとジェニファー・ロペスは、もう2度と共演しないと言っているらしい。ただし、二人が共演するケヴィン・スミス監督の新作"Jersey Girl"が、来年2月に公開される予定とか・・・。 [☆早くもラジー賞最有力候補!?]
Artisan Picturesは、エイドリアン・ブロディとミラ・ジョヴォヴィッチが共演したロマンチック・コメディ"Dummy"(2002年)の北米配給権を獲得した模様。9月に公開となるようだ。
NASCARを舞台にしたブリトニー・スピアーズ主演による映画のタイトルが"Trading Paint"に決まったようだ。ブリトニーが映画の中で歌うかどうかについては未定とか。
ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")プロモーションのため、イライジャ・ウッドが今秋にも来日する模様。来月2日に前売り鑑賞券を購入した人のみに応募はがきが配布され、抽選で1000人がシークレットイベントに招待されるらしい。
米IBMとThreshold Digital Research Labsは30日、CG映画製作のコストと時間を大幅に削減できるオンデマンド・システムを発表したようだ。現在製作中のCG映画"Foodfight!"の一部でこのシステムが使われたらしい。
人気TVシリーズ「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)に、ウェンディ・クルーソンがゲスト出演するようだ。
先日亡くなった伝説的サルサ歌手セリア・クルース(Celia Cruz)の生涯を描く映画が製作されるらしい。ウーピー・ゴールドバーグが主演するようだ。
ダンカン・ロイ(Duncan Roy)監督の新作"Method"撮影のため、エリザベス・ハーレーがルーマニアを訪れたようだ。
"Spy Kids 3-D: Game Over"で監督・脚本・編集・撮影・作曲・特殊効果と何役もこなしたロバート・ロドリゲスは「ラテン系の人々にとって、ポジティヴな役を演じるラテンアメリカ人が登場することはとても凄いことなんだ。とてもクールなことなんだよ」と語ったようだ。
New York Timesに掲載されたボブ・ホープの死亡記事は、2000年に亡くなたベテラン記者Vincent Canbyが数年前に書いたものだったようだ。
「サイダー・ハウス・ルール」("The Cider House Rules",1999年)などに出演しているラップ歌手兼俳優のヘヴィ・D(Heavy D)は、去年135ポンド(61キロ)減量したらしい。「オーディションを受けたら、ある監督に『君はこの役をものにしているが、君には相応しくない。暑苦しいんだ』と言われたよ。彼は正しい。自分でも分かっていたんだ」と語ったようだ。
ジム・キャリー、キャメロン・ディアスの共演が予定されている「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)のリメイクで、監督予定だったバリー・ソネンフェルドが急遽降板した模様。製作は「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's a Series of Unfortunate Events")の撮影が終了する2004年3月まで延期されるようだ。 [☆「世にも」でもソネンフェルド監督は降板してますが・・・]