シネマトピックス(2003年2月)
[ 2002 | 2003 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2004 | LastTopics ]
  2/1
タイの女優スワナン・コンギンが「タイのものだったアンコールワットを奪ったカンボジア人は嫌い」と発言したと報じられ暴動に発展した問題で、カンボジア警察は、記事を掲載したラスメイ・アンコール紙の発行人ら150人以上を逮捕したようだ。
「おかしな・おかしな・おかしな世界」("It's a Mad Mad Mad Mad World",1963年)、「アメリカ上陸作戦」("The Russians Are Coming, the Russians Are Coming",1966年)、「ハリーとトント」("Harry and Tonto",1974年)、「ファニー・レディ」("Funny Lady",1975年)などの作品で知られる、米喜劇俳優のクリフ・ノートンさんが先25日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
映像などの次世代産業の集積を目指す「さいたま新産業拠点」(SKIPシティ)が1日オープンしたようだ。
スパイク・リー製作総指揮、ダニー・グローヴァー、ウーピー・ゴールドバーグ共演のTV映画"Good Fences"が、2日米国で放送されるようだ。
1994年にリリースされたビョークのビデオ"Vessel"が、来月19日DVDで発売されるようだ。
飯田譲治監督、妻夫木聡、SAYAKA共演の新作「ドラゴンヘッド」のポスターが完成し、先月31日披露されたようだ。8日から全国の劇場に張り出されるらしい。
ジェイソン・ステイサム主演「トランスポーター」("The Transporter")に出演したスー・チーは「リュック・ベッソンの存在が仕事を引き受けた最大の理由」と語ったようだ。
NHK教育「アンニョンハシムニカ〜ハングル講座」に、4月から笛木優子がレギュラー出演するようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に登場するドビーが、ロシアのプーチン大統領とソックリだと話題になっていることに対し、ロシアでは訴訟に向けた動きもあるとか。
「ブギーナイツ」("Boogie Nights",1997年)でポルノ女優を演じたヒース・グレアムは、新作コメディ"The Guru"で再びポルノ女優を演じたことについて「(始めは)脚本は好きだけど、もう一度ポルノ女優を演じたくないと思ったわ。みんなが私をそういう目で見るようになるから。でも、リアルで気骨のある映画だったの。楽しい作品よ」と語ったようだ。
  2/2
南アフリカで、女性3人への暴行容疑で捜査を受けていたヴィニー・ジョーンズは先月30日、3人に対して謝罪を表明、女性らは起訴を取り下げたようだ。
ジェニファ・ロペス、ジョージ・クルーニー、オプラ・ウィンフリーらとの最初のインタビュー映像を再編集した特番"The Stars' First Time ... On Entertainment Tonight With Mary Hart"が14日、米CBSで放送されるようだ。
ヒット曲のPVや、主演映画「快盗ルビィ」(1988年)など、小泉今日子のデビュー以来20年間の映像を収録したDVDボックスセット「KYON8」が21日発売されるらしい。
公開中の映画「ラヴァーズ・キス」のロケ地・鎌倉をイメージした平山あやのイメージビデオ「平山綾 IN ラヴァーズ・キス」が発売され、1日都内で発売記念イベントが行われたようだ。
  2/3
国際アニメーション映画協会主催によるアニー賞が1日発表され、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が長編アニメ映画賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の4部門を獲得したようだ。
岩下志麻の父親で、「死闘の伝説」(木下恵介監督,1963年)、「永訣」(大庭秀雄監督,1969年)などの作品に出演したほか、「はなれ瞽女おりん」(篠田正浩監督,1977年)などでは製作を手掛けた、俳優・映画プロデューサーの野々村潔さんが先月22日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
6日開幕する第53回ベルリン国際映画祭には、リチャード・ギア、レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ニコラス・ケイジ、エドワード・ノートン、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレットらが登場する予定とか。小津安二郎生誕100年記念特集のほか、「吸血鬼ノスフェラトゥ」("Nosferatu, eine Symphonie des Grauens",1922年)などのフードリヒ・ウィルヘルム・ムルナウ監督作品も特集上映されるようだ。
オーソン・ウェルズの娘ベアトリス・ウェルズは先月31日、「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年)の映画化権は自分にあるとして、米Turner Entertainment社とRKO Picturesに対する訴訟を起こした模様。
米スペースシャトル・コロンビア号の空中分解事故を受けて、米Paramount Picturesは、新作SF大作"The Core"の予告篇上映を中止したらしい。スペースシャトルが登場するシーンと、来月28日の全米公開日に変更はない模様。
"Anything Goes"、"Kiss Me Kate"などの曲で知られる作詞・作曲家のコール・ポーターの半生を描く映画"De-Lovely"が製作される模様。アーヴィン・ウィンクラーが監督を務め、ケヴィン・クラインが主演するようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えている問題で、3日ロンドンで裁判が始まった模様。
ダニー・デヴィートは、「リアリティ・バイツ」("Reality Bites",1994年)、「ガタカ」("Gattaca",1997年)などを手掛けてきた映画製作会社Jersey Filmsについて、今年末に米Universal Picturesとの契約が終了するのに伴い、解散することを決めた模様。
米週末興収は、アル・パチーノ、コリン・ファレル共演"The Recruit"が1650万ドルで初登場1位、またシリーズ第2作"Final Destination 2"が僅差の1620万ドルで2位、ローレンス・フィッシュバーン主演のアクション"Biker Boyz"が1010万ドルで3位と、新作3本が上位を独占したようだ。また、スティーヴン・スピルバーグ監督「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は総興収1億5000万ドルを突破した模様。
スペイン映画芸術科学アカデミーが主催するゴヤ賞(Goya awards)の授賞式が1日マドリッドで開催され、フェルナンド・レオン監督"Los lunes al sol"("Mondays in the Sun")が、作品賞、監督賞、主演男優賞(ハヴィエル・バルデム)など5部門を制覇したようだ。また、ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")が最優秀欧州映画賞を受賞した模様。
ディズニー・アニメ「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")の特別試写会が2日都内で行われ、田畑智子らが舞台挨拶に立ったようだ。
吉永小百合が所有する台本やポスター、レコードなど500点あまりを展示する「吉永小百合展 五つの扉」が来月11日から日本橋三越本店で開催されるようだ。
「ダイ・アナザー・デイ」のプレミア試写会が2日都内で行われ、相川七瀬、小池栄子らが会場を訪れたようだ。
第24回ヨコハマ映画祭の授賞式が2日行われ、主演女優賞に「とらばいゆ」の瀬戸朝香が選ばれたようだ。
グウィネス・パルトロウは、スペインの小さな町タラベラの観光親善使に選ばれたらしい。
来月23日に開催されるアカデミー賞授賞式で、ジェニファー・ロペス、デンゼル・ワシントン、ジュリアン・ムーアらがプレゼンターを務めることが決まったようだ。
  2/4
亀井静香前自民党政調会長が会長を務める「死刑廃止を推進する議員連盟」は4日、憲政記念館で長澤雅彦監督「13階段」の試写会を行ったようだ。
株式会社アクアキャストはFOMA向けの映画配信サービスを開始すると発表したようだ。チャプリンの作品や、「フラッシュ・ゴードン」("Flash Gordon",1980年)などが提供されるらしい。
ソニー・コミュニケーション・ネットワークは、3日よりiモード版「So-net MOVIE」をスタートさせたようだ。
「裸のキッス」(1964年)などの映画やTVシリーズで活躍した、米俳優のアンソニー・アイズリーさんが先月29日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ザ・ビートルズやジョン・レノンらのアルバムを手掛けた、米音楽プロデューサーのフィル・スペクターが3日、殺人容疑で逮捕されたようだ。
ゲームボーイアドバンスに映画予告篇などの動画を提供するサービスが5月スタートするようだ。コンビニなどでスマートメディアに映像データを記録、専用アダプダで再生するらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)賞のTV部門のノミネーションが発表され、ジョン・フランケンハイマー監督による米HBOの"Path to War"や、ウィンストン・チャーチルを描いた"The Gathering Storm"など5作品がミネートされたようだ。
マイケル・J・フォックスは、米ABCが放送予定のコメディ"Hench at Home"で、脚本と製作総指揮を務めるようだ。
サミー・デイヴィスJr.の半生を描く映画"Yes I Can"が製作されるようだ。エディ・グリフィンの主演が決定した模様。
実在のボクサー、ジム・ブラドックを描くラッセル・クロウ主演の新作"Cinderella Man"は、降板したラッセ・ハルストレムに代わって、ロン・ハワードが監督を務めるようだ。
14日のバレンタイン・デーにジェニファー・ロペスと挙式か、との報道について、ベン・アフレックは「間に合わないよ!たぶん夏ぐらいになると思うよ」と語ったようだ。
180年の歴史を持つロンドンの劇場The Old Vicの芸術監督に、ケヴィン・スペイシーの就任が決まった模様。
未成年者の性行為が描かれているとして、カトリーヌ・ブレイヤ監督"A Ma Soeur!"の上映禁止を2001年11月に決定たカナダのオンタリオ映画委員会に対し、Lions Gate Filmsなどの映画配給会社が訴訟を起こしたところ、同映画委員会は決定を覆し、上映を認めたようだ。21日にトロントで封切られるらしい。
メリル・ストリープは「オスカー獲得競争は、まるで政治キャンペーンのようで、とても不愉快です」と語ったようだ。
クラウディア・シファー、マシュー・ヴォーン夫妻に先日誕生した男の子は、キャスパー・マシュー・デ・ヴィア・ドラムンド(Caspar Matthew De Vere Drummond)と名づけられたようだ。
各国で一部のキリスト教信者から悪魔崇拝的だと指摘されている「ハリー・ポッター」シリーズについて、ローマ法王庁は「誰でも、妖精や魔法、天使や魔女の世界を想像しながら成長する。それらは反キリスト的なものではなく、子供たちが善と悪の違いを理解するために役立つものだ」との見解を示したようだ。
ジャッキー・チェン主演最新作"Shanghai Knights"でヒロインを演じたファン・ウォンは「私にはハリウッドは必要ない。一番大切なのは、私が中国人で、中国の映画やTVシリーズに出たいということです」と語ったようだ。
英Evening Standard紙が主催する、2002イブニング・スタンダード映画賞(Evening Standard Film Awards)授賞式が3日開催され、「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが主演女優賞、"Dirty Pretty Things"のキウェテル・イジョフォー(Chiwetel Ejiofor)が主演男優賞したようだ。またダニエル・ラドクリフ、ヒュー・グラントらがプレゼンターとして登場、テリー・ギリアム監督「ロスト・イン・ラマンチャ」("Lost in La Mancha")にピーター・セラーズ・コメディ賞を授与したヒュー・グラントは次のように語ったとか。「この作品がどれだけ素晴らしくユニークな作品かを述べるのは難しい。なぜなら、私はこの作品を観ていないからです」
「猟奇的な彼女」に主演するチョン・ジヒョンは「千と千尋の神隠し」と「となりのトトロ」がお気に入りとか。
ピーター・セラーズの生涯を描く、ジェフリー・ラッシュ主演による米HBOのTV映画"The Life and Death of Peter Sellers"にエミリー・ワトソンの出演が決まったようだ。セラーズの最初の妻Anne Howeを演じる模様。
ブレット・ラトナー監督による「スーパーマン」シリーズ最新作の主演候補として、新たにアシュトン・カッチャーの名前が挙がっているようだ。
ラッセル・クロウはオファーを受けていた英アカデミー賞(BAFTA Awards)のプレゼンターを辞退した模様。結婚式の準備で忙しいから、とか。
マーティン・シーンは、次期大統領候補として元ニュー・イングランド州知事の民主党員ハワード・ディーンを支持する、と表明したようだ。ディーンのスタッフは、米NBCの人気ドラマ「ザ・ホワイト・ハウス」("The West Wing")でシーンが演じる大統領も、元ニュー・イングランド州知事の民主党員という設定で、しかもどちらも内科医の妻を持つという共通点があることを喜んでいるとか。
英BBCがグウィネス・パルトロウ主演で製作を進めている"Ted and Sylvia"に対し、テッド・ヒューズとシルヴィア・プラスの娘フリーダ・ヒューズは、意に反して自分の家族を題材にしたとして、"My Mother"と題した抗議の詩を書いたようだ。英TATLER誌最新号に掲載されるらしい。
マドンナは、一部で報道された妊娠説を否定したようだ。
アンドリュー・ラウ監督、トニー・レオン、アンディ・ラウ共演の新作「無間道」のリメイク権を、ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻らが設立した映画製作会社Trades Indicateが獲得したらしい。ブラッド・ピット主演の可能性もあるとか。
  2/5
木村拓哉、工藤静香夫妻に5日、第2子となる女の子が誕生した模様。光希と名づけられたようだ。
塩田明彦監督、草なぎ剛主演「黄泉がえり」は、2日までに興収10億円、観客動員数80万人を記録したようだ。東宝は3週間限定公開を撤回、8日から全国214館でロングラン上映することを決めた模様。
パラマウント・ピクチャーズの低価格DVDシリーズ「ハッピープライス」の発売記念イベントが4日都内で行われ、吉岡美穂らが出席したようだ。
フィリップ・ノイス監督「裸足の1500マイル」("Rabbit-Proof Fence")の公開にあわせ、アボリジニの作家ドリス・ピルキングトンと、アイヌの元参院議員、萱野茂の対談が、先月22日札幌市内で行われたようだ。
サンシャイン国際水族館の「バレンタイン水槽」では、14日までキッシング・グーラミィが展示されているようだ。韓国映画「シュリ」に登場したことから、国内でも人気があるとか。
JR札幌駅前に38階建ての高層ビル「JRタワー」が完成し、5日落成式が行われたようだ。百貨店やホテルなどのほか、12スクリーンのシネコンも入居しているらしい。
ミュージカル映画「シカゴ」("Chicago")について、ロブ・マーシャル監督は「リチャード・ギアがタップダンスを踊っていますが、彼はこれまでタップを踊ったことがありませんでした。足元のアップもありますが、すべてギア本人の足です」と語ったようだ。
Dark Castle Entertainment製作、ハル・ベリー、ペネロペ・クルス共演の新作ホラー"Gothika"は、マチュー・カソヴィッツが監督を務めるようだ。
米Paramount Picturesは、米CBSの人気西部劇シリーズ「西部のパラディン」("Have Gun Will Travel",1957-63年)を映画化するようだ。
トッド・フィリップス監督、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン共演による「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)の映画化で、既に製作費が6000万ドルを越えたため、Dimension FilmsがWarner Bros.と共同出資することになったようだ。
4日ヒースロー空港で逮捕されたコートニー・ラヴは、英警察から注意を受けた後、釈放されたようだ。航空機内で友人のファーストクラスへの立ち入りを拒否され、女性乗務員に対し"Why are you being a bitch about it?"と言ったとか。
米音楽プロデューサーのフィル・スペクターが3日殺人容疑で逮捕された事件の被害者は、ジョー・ダンテ監督「アメリカン・パロディ・シアター」("Amazon Women on the Moon",1987年)や、"Barbarian Queen"(1985年)などのB級作品に出演していた女優のラナ・クラークソンと判明したようだ。 [☆アル・パチーノ主演「スカーフェイス」("Scarface",1983年)にも端役で出演していたようです]
杉良太郎の息子山田純大が、橋本一監督の新作「新・仁義なき戦い/謀殺」でヤクザを演じているようだ。
「ボーン・アイデンティティー」プロモーションのため来日したマット・デイモンは、試写会で花束を贈呈した菊川怜にハリウッド・デビューを勧めたとか。 [☆まあ、リップサービスというやつでしょう・・・]
第1作「ゴジラ」(本多猪四郎監督,1954年)の公開から来年50年を迎えることから、東宝は松井秀喜外野手の50本塁打に期待しているらしい。
ジョナサン・グレイザー監督、ニコール・キッドマン主演のサイコ・スリラー"Birth"に、アン・ヘッシュが出演するようだ。
ウェズリー・スナイプスは、10年前に100万ドルで購入した邸宅の住宅ローンが未払いだとして、銀行から訴えられたらしい。 [☆「ブレイドIII」企画は・・・まだない。]
ジェニファー・ロペスは、新作アクション映画"Double or Nothing"で女性警官を演じるようだ。
実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")に、ベン・キングズレイの出演も決まったようだ。宿敵フッドを演じるらしい。
ドナルド・ペトリー監督最新作"How to Lose a Guy in 10 Days"のプレミア上映が先週ロサンゼルスとニューヨークで行われ、主演のケイト・ハドソンは夫のクリス・ロビンソンと共に会場を訪れたようだ。
新作「デアデビル」("Daredevil")で髪を赤く染めたベン・アフレックは「楽しかったよ。真っ赤なアフロヘアでその辺をうろつくとき以外はね。自分がロナルド・マクドナルドみたいに見えたよ」と語ったようだ。
コートニー・ラヴは、ロサンゼルス発ロンドン行きのVirgin Atlantic機内で乗務員に対し暴言を吐くなど騒ぎを起こしたため、ヒースロー空港で逮捕されたらしい。
  2/6
第57回毎日映画コンクール授賞式が6日開催され、山田洋次監督、宮沢りえらが出席したようだ。
セルゲイ・ボンダルチュク監督「戦争と平和」("War and Peace",1967年)やイーゴリ・タランキン監督「チャイコフスキー」("Chaikovsky",1969年)などの作品に出演した、ロシアの女優アントニナ・シュラノワさんが5日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ユースケ・サンタマリアの病気療養のため延期されていた、ロベルト・ベニーニ監督「ピノッキオ」の日本語吹替版収録が5日都内で行われたようだ。
シンセサイザーによるヒーリング・ミュージックで知られ、「天河伝説殺人事件」(市川崑監督,1991年)の音楽も手掛けた、音楽家の宮下富実夫さんが6日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2003年度に「スパイダーマン」「セサミストリート」「シュレック」の3つのアトラクションを完成させるようだ。総費用150億円を越え、大阪府が30億円を追加融資するらしい。
「エピソード2」公開時に興行会社の入場料割引を不当に妨害した疑いがあるとして、公正取引委員会は6日、20世紀フォックスの日本支社に対し立ち入り検査を行ったようだ。
角川書店は6日、角川大映映画が大映から映画製作・配給などの全事業を14億4300万円で譲り受けた、と発表したようだ。
ジョン・クリーズが、事実と異なる記事を掲載したとして英大衆紙を訴えていた裁判で、ロンドン高等法院は6日、英The Evening Standard紙に対し損害賠償1万3500ポンドの支払いを命じる判決を下したようだ。
スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーは、2001年アルゼンチン映画協会賞を獲得したスリラー"Nueve reinas"("Nine Queens")のリメイクを手掛ける模様。長年ソダーバーグの助監督を務めてきたグレゴリー・ジェイコブスの監督デビュー作となるようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)の組合員の一部が、これまで無料だったSAG賞選考期間中の劇場入場料が有料となったことに抗議、作品賞を空白のまま投票するよう求める草の根運動を始めたようだ。
「キリング・フィールド」("The Killing Fields",1984年)のローランド・ジョフィ監督は、18世紀の英国とインドの戦いを描く、製作費4000万ドルの超大作"The Invaders"を計画しているようだ。インドの人気スター、ヴィヴェク・オベロイ(Vivek Oberoi)が主演する模様。
アイス・Tは、ニューヨーク在住の女性の1歳3ヶ月になる男の子を認知したようだ。当初関係を否定したものの、DNA鑑定の結果、彼の子供であることが判明したらしい。
老朽化が進む英Old Vic劇場の修理費用を集めるチャリティ・コンサートが5日行われ、ケヴィン・スペイシーとエルトン・ジョンが"Someone Saved My Life Tonight"をデュエットしたようだ。また先日逮捕されたコートニー・ラヴも登場、エルトン・ジョンのピアノ演奏で"The Bitch Is Back"を歌ったとか。
ビデオゲーム"Enter the Matrix"の完成披露パーティが5日ロサンゼルスで開催され、出演するジェイダ・ピンケット・スミスらが出席したようだ。映画同様ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー兄弟が脚本を担当、映画版キャストによる約1時間のオリジナル映像も撮影されたらしい。
イタリア人男性をストーカー行為で告訴したクラウディア・シファーは、来月行われる裁判で証言台に立つようだ。
初監督作「コンフェッション」("Confessions of a Dangerous Mind")プロモーションのためローマを訪れたジョージ・クルーニーは「我々(映画製作者)は、より作品のレベルを向上させ、人々に厳しい問いかけをしていくべきだと思う」と語ったようだ。
クラウディア・シファーは5日、先日誕生したキャスパーちゃんと共に退院したようだ。
ケイト・ハドソンは、マシュー・マコノヒーと共演した新作ロマンチック・コメディ"How to Lose a Guy in 10 Days"について「ジョークともシリアスともとれるギリギリのラインを狙ったの。だから大げさにならないように気をつけたわ」と語ったようだ。
オーストラリア出身の女優エル・マクファーソンは、4日ロンドンで第2子となる男の子を出産したようだ。
日活は、今期4億円程度の赤字になる模様。来期黒字化に向けて、過去の映像資産の評価減などを一括して行うためのようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えている裁判で、Hello!誌側は「結婚式は公の性質を持ったものであり、プライバシーの侵害にはあたらない」と主張したようだ。
ファッション誌ViViのモデルを務める佐田真由美が、西村了監督、大沢たかお主演の「天使の牙」で女優デビューするようだ。
ウォルフガング・ペーターゼン監督、ブラッド・ピット主演の歴史超大作"Troy"に、ショーン・ビーンが出演する模様。
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー兄弟の監督・脚本、マット・デイモンとグレッグ・キニア共演による新作"Stuck on You"に、シェールの出演が決まったようだ。
「最高にスマートで笑えるコメディ」("National Lampoon's Van Wilder")、「今年最も電撃的で強烈に楽しめる映画!」("The Rules of Attraction")などいった映画宣伝広告が過剰広告にあたる可能性があるとして、米連邦取引委員会が調査を始めているらしい。
ニコラス・ケイジの1989年型ポルシェ911を盗んで湖に沈め、昨年有罪が確定していた米空軍下士官に対し、5年の懲役刑が言い渡されたようだ。
ケイト・ハドソンは、兄オリヴァー、母ゴールディ・ホーン、"父"カート・ラッセルらが運営する映画製作会社Cosmic Entertainmentの運営に参加するようだ。家族での共演の可能性については、ハドソンは否定したらしい。
  2/7
虫プロダクションの同窓会が6日都内で行われ、手塚治虫夫人の手塚悦子のほか、清水マリ、野沢那智、勝田久、矢島正明、永井一郎、小原乃梨子ら350人が出席したようだ。
宇田鋼之介監督「ワンピース デッドエンドの冒険」のアフレコ収録が6日都内で行われ、酒井美紀らが参加したようだ。
陣内孝則初監督作品「ROCKERS」の福岡ロケが行われ、中村俊介らが参加したようだ。
ローリング・ストーンズによる34年ぶりの無料コンサートが6日ロサンゼルスで開催され、大きな事故もなく無事終了したようだ。公演前のVIP向けパーティにはレオナルド・ディカプリオ、ピアース・ブロスナン、リサ・クードロウ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ディアス、クリスティーナ・アギレラ、ロブ・ライナーらが出席したらしい。
マーロン・ブランドのアシスタントを25年間務めた女性が6日、家の購入資金として贈与された18万5000ドルの返却を迫られているとして、ブランドに対する訴訟を起こした模様。
ルーマニア観光省は6日、ドラキュラ・テーマパークは、首都ブカレスト近郊に建設されると発表した模様。1930年から60年の間に7本のドラキュラ映画を製作した米Universal Studiosに数百万ドルの著作権料が支払われるとか。
スタニスワフ・レムは、リメイク版「ソラリス」("Solaris")について「スティーヴン・ソダーバーグ監督は、意欲的で芸術的な作品を作り上げた」と絶賛する一方「主人公2人の恋愛に焦点を当てたため、知性よりも感情が打ち勝ってしまっている」と語ったようだ。
第53回ベルリン国際映画祭が6日開幕した模様。「シカゴ」("Chicago")がオープニング上映され、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、レニー・ゼルウィガーが会場を訪れたようだ。
ハーバード大学演劇部によるハスティ・プディング賞(Hasty Pudding awards)の受賞式が6日行われ、受賞したアンジェリカ・ヒューストンがドラッグ・クイーンに扮装した学生達と共に構内をパレードしたようだ。その後、舞台に上がった彼女は出演作「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」の1シーンを再演、さらにホイットニー・"ヒューストン"のヒット曲"I Will Always Love You"を歌ったとか。
ロンドンで行われたEmpire Film Awards授賞式に出席したダスティン・ホフマンは「1人のアメリカ人である私にとって、今最も苦痛に感じることは、政府が9.11の出来事を利用し、国歌の悲劇を操作してきたことだ。これは非難されるべきことだと思う」と語ったようだ。
6日行われた第57回毎日映画コンクールの表彰式には、アニメ賞を受賞した「クレヨンしんちゃん」も出席したらしい。
中原早苗による手記「夫・深作欣二 最後の戦い」が10日発売の文藝春秋に掲載されるようだ。
石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎ら日活スターの歌声を収録したCD「シネマスタア・コレクション」の発売記念イベントが6日都内で行われ、宍戸錠らが参加したようだ。
ハル・ベリー主演か?とお伝えした、ピトフ監督が手掛ける"Catwoman"の主演候補に、今度はニコール・キッドマンの名前が挙がっているらしい。
ニコール・キッドマンとの不倫が一部で報道されたことに対し、ジュード・ロウはこれを否定したようだ。
ジョン・クリーズは、「007は二度死ぬ」("You Only Live Twice",1967年)や「チキ・チキ・バン・バン」("Chitty Chitty Bang Bang",1968年)などで脚本を手掛けたロアルド・ダールの児童文学「いじわる夫婦が消えちゃった!」("The Twits")の映画化を手掛ける模様。
米Tri-Star Pictures元会長マイク・メダヴォイと彼の妻イレーナは、イレーナが片頭痛治療のためBotoxの注入を受けたものの、症状が改善されないばかりか、呼吸器障害や発熱などの症状が現れたとして、BotoxメーカーのAllergan社に対する訴訟を起こしたようだ。
ジェニファー・ロペスは、先日行われたスーパーボウルの勝敗予想に25万ドルを賭け見事的中、65万ドルの払い戻しを受けたらしい。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞のノミネーションが6日発表され、オリジナル脚本賞には「ボウリング・フォー・コロンバイン」、「ギャング・オブ・ニューヨーク」、"Antwone Fisher"、"My Big Fat Greek Wedding"、"Far From Heaven"が、脚色賞には「アバウト・ア・ボーイ」、「シカゴ」、「めぐりあう時間たち」、"About Schmidt"、"Adaptation"が候補に挙がったようだ。
英Empire誌が主催するEmpire Film Awardsが開催され、ダスティン・ホフマンが特別功労賞を受賞したようだ。また、「マイノリティ・リポート」のスティーヴン・スピルバーグが監督賞、トム・クルーズが国際俳優賞、サマンサ・モートンが英国女優賞を、「アバウト・ア・ボーイ」のヒュー・グラントが英国男優賞、「スパイダーマン」のキルスティン・ダンストが国際女優賞をそれぞれ獲得、作品賞には「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」、英国作品賞に"28 Days Later"、ファン投票によるベスト・シーン賞には「エピソード2」のヨーダの決闘シーンが選ばれた模様。
英Old Vic劇場のチャリティ・コンサートに参加したコートニー・ラヴは、先日の航空機内での行動について謝罪を表明した模様。Virgin Atlantic航空社長のリチャード・ブランソン卿は「コートニーは少々調子が悪かったようだが、我々に謝罪した。我々はロスへの帰国のフライトも歓迎するよ」と語ったようだ。
  2/8
東京ロケーションボックスが盛況のようだ。学生などの利用も増えているとか。
塩田明彦監督「黄泉がえり」ロングラン決定を記念して、草なぎ剛、竹内結子が7日都内劇場で舞台挨拶を行ったようだ。海外公開も決定したらしい。
退任を発表したAOLタイムワーナーのテッド・ターナー副会長は、発表直後に同社の株式2000万ドル分を売却していたようだ。
大阪ロケーション・サービス協議会は今春、初の映画コンクールを開催する模様。現在出品作品を募集中らしい。
2人のアフガニスタン人難民がヨーロッパでの新しい生活を求め旅をする、マイケル・ウィンターボトム監督"In this World"が、開催中のベルリン国際映画祭で上映されたようだ。難民キャンプでスカウトされ主人公を演じた少年は、現実でも18歳まで英国での生活を許可されたとか。
死刑制度の是非を問う、アラン・パーカー監督、ケヴィン・スペイシー主演の新作"The Life of David Gale"が、開催中のベルリン国際映画祭でプレミア上映されたようだ。
昨年エバートンを退団した元フランス代表のダヴィド・ジノラが、英王立演劇学校(Royal Academy of Dramatic Arts)に入学したらしい。映画出演を目指しているとか。
米国のイラク攻撃が3月後半と予想されていることから、交戦状態に入った場合、3月23日に開催予定のアカデミー賞授賞式の延期もあり得るようだ。
「メラニーは行く!」("Sweet Home Alabama")のビデオ・DVDが4日米国でリリースされ、初日だけで200万本が売れたらしい。
トム・ハンクス主演の新作"Terminal"は、スティーヴン・スピルバーグが監督を務めることになる模様。現在、最終交渉中らしい。
米Paramount Classicsは、キース・ゴードン監督、ロバート・ダウニーJr.、ロビン・ライト・ペン、メル・ギブソン共演の新作"The Singing Detective"の北米配給権と、南米および日本での国際配給権を獲得したようだ。
ケリー・コンラン監督、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ共演によるSFスリラー"The World of Tomorrow"に、アンジェリーナ・ジョリーの出演が決まった模様。ジョヴァンニ・リビージ、バイ・リンも出演交渉中の模様。
米出版社Random Houseは7日、募集していた「ゴッドファーザー」シリーズ続編小説の執筆者に、フロリダ州の作家マーク・ワインガードナー(Mark Winegardner)を選んだ、と発表したようだ。
深作欣二監督に勲四等旭日小綬章が授与されることが、7日の閣議で決まったようだ。
東陽一監督、菅原文太主演「わたしのグランパ」でヒロインを演じる石原さとみは、来月放送のNHKドラマ「窓を開けたら」に出演するようだ。
「BRII特番 vol.1」が14日テレビ朝日で放送されるようだ。
シリーズ最新作"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の米国での希望小売価格は29.99ドルになるようだ。子供向けの小説にしては高すぎるとの批判に対し、出版社のScholastic Children's Booksは「印刷も紙もコストが上がっており、しかも前作より3割もページ数が多いのです。現実的になってください」と言っているらしい。
1930年代に行われたインタビューと当時の写真を元に奴隷制度を描くドキュメンタリー番組"Unchained Memories"が10日、米HBOで放送されるようだ。声を担当したアルフレ・ウッダードは「遠い昔のことのように思っていたけど、写真を見たとき、とても親しみを感じました。それは私の家族でした。彼らが奴隷だったと考えたことは一度もありませんでした」と語ったようだ。
来月23日開催される第75回アカデミー賞授賞式で、レニー・ゼルウィガーがプレゼンターを務めることが決まったようだ。
ジェイ・ラッセル監督、ジョン・トラヴォルタ、ホアキン・フェニックス共演の新作"Ladder 49"の撮影が、来月からボルティモアで始まるようだ。ボルティモアで撮影される映画としては最大規模になるとか。
ミニー・ドライヴァーは、5月にロンドンで開幕するデヴィッド・マメット作の舞台劇"Sexual Perversity In Chicago"に出演するようだ。
  2/9
第16回東京国際映画祭のゼネラル・プロデューサーに角川歴彦の就任が内定した模様。
長澤雅彦監督「13階段」が8日初日を迎え、反町隆史、田中麗奈、宮迫博之、大杉漣らが舞台挨拶に立ったようだ。
フランツィスカ・ブッフ監督「エーミールと探偵たち」("Emil und die Detektive")の日本語吹替版収録が8日都内で行われ、天地真理らが参加したようだ。
昭和の碁聖と呼ばれた呉清源九段の生涯を映画化する、田壮壮監督の新作の撮影が、今夏から始まる模様。米国の映画製作会社も参加、日本ロケも行われるようだ。
英BBCで放送中の人気ドラマシリーズ"EastEnders"(1985年-)に出演中のスティーヴ・マクファーデンが、他の作品に取り組むため、1年間番組を離れると発表したようだ。
吉本興業によるアクション女優育成プロジェクト「アストレス」の2期生、石川美津穂と桜花由美が、8日行われた吉本女子プロレスJd'大阪大会に出場したようだ。今後、アストレス主演のアクション映画製作も予定されているとか。
清水崇監督「呪怨」の主題歌「鍵が開かない」を歌う推定少女のミニライブが8日都内で行われたようだ。
  2/10
テレビ朝日で放送中のドラマ「恋は戦い!」に、おすぎが本人役で出演したらしい。13日放送されるようだ。
「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」のアフレコ収録が8日都内で行われ、エンディングテーマ「また会える日まで」を歌うゆずの北川悠仁と岩沢厚治も参加したようだ・
結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えている裁判で、10日マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが証言台に立ったようだ。ダグラスは「我々がライバル誌と契約したので、Hello!誌は我々に仕返しをしようとしたに違いない」と発言したらしい。
アカデミー賞ノミネーション発表を明日に控え、恒例のゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry awards)のノミネーションが10日発表されたようだ。作品賞には、マドンナ主演"Swept Away"、エディ・マーフィ主演"The Adventures of Pluto Nash"、ロベルト・ベニーニ監督主演「ピノッキオ」、ジョージ・ルーカス監督「エピソード2」などが候補に挙がったほか、女優ではブリトニー・スピアーズやジェニファー・ロペス、男優ではスティーヴン・セガール、アダム・サンドラーらの名前が挙がっている模様。
第75回アカデミー賞のノミネーションが11日、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)会長のフランク・ピアソンとマリサ・トメイによって発表されるようだ。CNN、BBCなどは発表の模様を生中継するらしい。
フランカ・ポテンテは、弱冠20歳の映画監督Josh Rofeの新作"Eyes of the Street"に主演するようだ。
ライアン・フィリップは、契約していたWilliam Morris Agency社のエージェントと、Brillstein Gray Entertainment社のマネージャを解任したようだ。
アシュトン・カッチャー、ブリタニー・マーフィ共演のロマンチック・コメディ"Just Married"がメキシコで公開され、初日46万6000ドル、5日間で150万ドルの興収を記録したようだ。また、フランスでは"Jungle Book 2"が週末興収250万ドル、日本では「レッド・ドラゴン」("Red Dragon")が350万ドルで、それぞれ初登場1位となった模様。
開催中のベルリン国際映画祭でドキュメンタリー映画"Traces of a Dragon: Jackie Chan & His Lost Family"が上映されたジャッキー・チェンは「ハリウッドには素晴らしいシステムがあるが、僕には合わない。映画を撮るならアジアに限るよ。ハリウッドはスタジオが口を出しすぎる」と語ったようだ。
全米週末興収は、ドナルド・ペトリー監督、ケイト・ハドソン、マシュー・マコノヒー共演の"How to Lose a Guy in 10 Days"が2410万ドルで初登場1位を記録、ジャッキー・チェン、オーウェン・ウィルソンが再共演する続編"Shanghai Knights"(1977万ドル)を2位に抑えたようだ。また、先週1位の"The Recruit"が5位に転落した一方、「シカゴ」("Chicago")は3位に浮上したようだ。
コートニー・ラヴは、結局British Airwaysで帰国したらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)と米テレビ・ラジオ・アーティスト連盟(American Federation of Television and Radio Artists)の合併に関する投票が8日行われたようだ。合併後は、俳優、放送タレント、レコーディング・アーティストの3組合から構成される組織に再編されるらしい。
ベルリン国際映画祭に出席したニコール・キッドマンは、トム・クルーズとの離婚後、ストーカーに悩まされていた時期に「めぐりあう時間たち」("The Hours")に出演したことについて「セラピーというわけではありませんが、人生で起こる物事には理由があると思います。この時期に役が巡ってきたことは、私にとって幸運でした」と語ったようだ。
ベルリン国際映画祭のコンペ部門に出品された「ソラリス」("Solaris")の記者会見に出席したジョージ・クルーニーは、トルコ人記者の「退屈な映画」という発言に反応「そんなこと言う前に、自分で映画を作ってみろ!ったくムカツクぜ!」と言ったとか。
ジュード・ロウとサディ・フロスト夫妻が、離婚調停のための弁護士を呼んだ、と一部で報道された模様。
佐々部清監督の新作「チルソクの夏」に、主題歌「なごり雪」を歌うイルカが出演するようだ。
  2/11
全米各地で大規模な反戦デモなどが行われているものの、主要メディアはあまり採り上げていないらしい。エイミー・ブレナマンらが出演し「罪のないイラクの人を殺す戦争は望まない」と訴えるCMが制作されたものの、CNNは放映を拒否したとか。
クリス・サンダース監督「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")の試写会が11日都内で行われ、キャシー中島らが会場を訪れたようだ。
瀧川治水監督「福耳」の完成披露試写会が10日都内で行われ、宮藤官九郎、田中邦衛、高野志穂、司葉子らが舞台挨拶に立ったようだ。
ロンドンのOld Vic劇場で上演中のシェイクスピア"The Tempest"に出演するデレク・ジャコビは、「ローレンス・オリヴィエが、まだ楽屋にいるような気がする」と語ったようだ。
「トラフィック」("Traffic",2000年)の脚本でアカデミー賞を獲得したスティーヴン・ガガン(Stephen Gaghan)は、アイルランド人ギャングを主人公にしたロマンス小説に基づく"And Dead I Well May Be"で監督を務めるようだ。
ペニー・マーシャル監督次回作は、アート・リンソン脚本のコメディ"Cover Me"になる模様。
デヴィッド・マメット監督・脚本の"Spartan"で、ヴァル・キルマーが主演を務めるようだ。
4月後半より撮影が開始される、ペドロ・アルモドヴァル監督最新作"La mala educacion"("Bad Education")で、ガエル・ガルシア・ベルナルが出演交渉中のようだ。
シリーズ最新作"Spy Kids 3-D: Game Over"に、シルヴェスタ・スタローンが悪役で登場するらしい。
米ParamountとNickelodeon Filmsは「パパは何でも知っている」("Father Knows Best",1954-60年)の映画化を企画しているようだ。ティム・アレンが主演する模様。
ベルリンに滞在中のジョージ・クルーニーは初監督作品「コンフェッション」("Confessions of a Dangerous Mind")について「ジュリア・ロバーツをこき使うのは楽しかったね」とジョークをとばした後「楽しかったけど、俳優業に不満があるわけじゃないよ」と語ったとか。
米Paramount Picturesは、リー・シンジェ主演で大ヒットした香港ホラー"The Eye"のリメイクを計画しているようだ。
26日からコロラド州のアスペンで開催される米コメディ・アート映画祭(HBO's U.S. Comedy Arts Film Festival)で、オープニング作品としてシャーロット・チャーチが共演するクレイグ・ファーガソン初監督・主演作品"I'll Be There"が上映されるようだ。そのほか、アダム・シャンクマン監督、スティーヴ・マーティン主演"Bringing Down the House"、ジョン・クリーズ、アリシア・シルヴァーストーン共演"Scorched"などが上映されるらしい。
マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズは競走馬を巡る新作スリラー"Monkeyface"で共演する模様。スティーヴン・フリアーズが監督を務めるようだ。
ミニー・ドライヴァー主演で5月からロンドンで上演されるデヴィッド・マメット作の舞台劇"Sexual Perversity In Chicago"で、マシュー・ペリーが舞台デビューするようだ。
ユニセフ親善大使として児童人身売買阻止の活動を続けてきたロジャー・ムーアは10日、ヨハネス・ラウ大統領からドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章(German Federal Service Cross)を授与されたようだ。ムーアは「アカデミー賞よりはるかに重要な賞を頂いた。ジェイムズ・ボンドにとっては、悪を見分けることは容易だったが、現実の悪を見つけることは困難であり、苦戦を強いられている」と語ったようだ。
ベルリンの壁崩壊の衝撃をコメディタッチで描いた、ウォルフガング・ベッカー監督"Goodbye, Lenin!"が、ベルリン国際映画祭のコンペ部門で上映されたようだ。13日からはドイツ全国で劇場公開される模様。
ベルリン国際映画祭に出席したリチャード・ギアは「ブッシュの始めようとしている戦争は、怪奇な悪夢だ。いかなる根拠も存在しない。それはまるで「白鯨」の物語のようだ」と語ったようだ。
12日発売の「週刊少年マガジン」は、真島ヒロによる「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のイラストが表紙を飾るようだ、
シリーズ最新作、朝原雄三監督「釣りバカ日誌14」で、高島礼子がマドンナ役を務めるほか、三宅裕司のゲスト出演も決まったようだ。今度は高知が舞台とか。
オーランド・ブルームとケイト・ボスワースが交際中らしい。
「インディ・ジョーンズ4」の公開が、当初予定の2005年夏から前倒しになる模様。早ければ今夏から撮影がスタートするようだ。
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-1-

◆最優秀作品賞[Best picture]
「シカゴ」
「ギャング・オブ・ニューヨーク」
「めぐりあう時間たち」
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」
「戦場のピアニスト」

◆最優秀監督賞[Best director]
ロブ・マーシャル (「シカゴ」)
マーティン・スコセッシ (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
スティーヴン・ダルトリー (「めぐりあう時間たち」)
ロマン・ポランスキー (「戦場のピアニスト」)
ペドロ・アルモドヴァル ("Talk to Her")

◆最優秀主演男優賞[Best actor]
エイドリアン・ブロディ (「戦場のピアニスト」)
ニコラス・ケイジ ("Adaptation")
マイケル・ケイン ("The Quiet American")
ダニエル・デイ=ルイス (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
ジャック・ニコルソン ("About Schmidt")

◆最優秀主演女優賞[Best actress]
サルマ・ハエック ("Frida")
ニコール・キッドマン (「めぐりあう時間たち」)
ダイアン・レイン (「運命の女」)
ジュリアン・ムーア ("Far From Heaven")
レニー・ゼルウィガー (「シカゴ」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-2-

◆最優秀助演男優賞[Best supporting actor]
クリス・クーパー ("Adaptation")
エド・ハリス (「めぐりあう時間たち」)
ポール・ニューマン (「ロード・トゥ・パーディション」)
ジョン・C・ライリー (「シカゴ」)
クリストファー・ウォーケン (「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」)

◆最優秀助演女優賞[Best supporting actress]
キャシー・ベイツ ("About Schmidt")
ジュリアン・ムーア (「めぐりあう時間たち」)
クイーン・ラティファ (「シカゴ」)
メリル・ストリープ ("Adaptation")
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ (「シカゴ」)

◆最優秀オリジナル脚本賞[Best screenplay (original)]
"Far From Heaven" (トッド・ヘインズ)
「ギャング・オブ・ニューヨーク」 (ジェイ・コックス他)
"My Big Fat Greek Wedding" (ニア・ヴァルダロス)
"Talk to Her" (ペドロ・アルモドヴァル)
「天国の口、終わりの楽園。」 (アルフォンソ・クアロン他)

◆最優秀脚色賞[Best screenplay (adaptation)]
「アバウト・ア・ボーイ」 (ピーター・ヘッジス他)
"Adaptation" (チャーリー・カウフマン他)
「シカゴ」 (ビル・コンドン)
「めぐりあう時間たち」 (デヴィッド・ヘア)
「戦場のピアニスト」 (ロナルド・ハーウッド)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-3-

◆撮影賞[Cinematography]
Dion Beebe (「シカゴ」)
Edward Lachman ("Far From Heaven")
Michael Ballhaus (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
Pawel Edelman (「戦場のピアニスト」)
Conrad L. Hall (「ロード・トゥ・パーディション」)

◆編集賞[Film editing]
Martin Walsh (「シカゴ」)
Thelma Schoonmaker (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
Peter Boyle (「めぐりあう時間たち」)
Michael Horton (「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
Herve de Luze (「戦場のピアニスト」)

◆視覚効果賞[Visual effects]
Jim Rygiel, Joe Letteri, Randall William Cook, Alex Funke (「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
John Dykstra, Scott Stokdyk, Anthony LaMolinara, John Frazier (「スパイダーマン」)
Rob Coleman, Pablo Helman, John Knoll, Ben Snow (「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」)

◆美術賞[Art direction]
John Myhre (「シカゴ」)
Felipe Fernandez del Paso ("Frida")
Dante Ferretti (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
Grant Major (「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
Dennis Gassner (「ロード・トゥ・パーディション」)

◆衣装デザイン賞[Costume design]
Colleen Atwood (「シカゴ」)
Julie Weiss ("Frida")
Sandy Powell (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
Ann Roth (「めぐりあう時間たち」)
Anna Sheppard (「戦場のピアニスト」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-4-

◆メイクアップ賞[Makeup]
John Jackson, Beatrice De Alba ("Frida")
John M. Elliott Jr., Barbara Lorenz (「タイムマシン」)

◆音響賞[Sound]
Michael Minkler, Dominick Tavella, David Lee (「シカゴ」)
Tom Fleischman, Eugene Gearty, Ivan Sharrock (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
Christopher Boyes, Michael Semanick, Michael Hedges, Hammond Peek (「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
Scott Millan, Bob Beemer, John Patrick Pritchett (「ロード・トゥ・パーディション」)
Kevin O'Connell, Greg P. Russell, Ed Novick (「スパイダーマン」)

◆音響効果賞[Sound editing]
Ethan Van der Ryn, Michael Hopkins (「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)
Richard Hymns, Gary Rydstrom (「マイノリティ・リポート」)
Scott A. Hecker (「ロード・トゥ・パーディション」)

◆オリジナル主題歌賞[Original song]
"Burn It Blue" ("Frida")
"Father and Daughter" ("The Wild Thornberrys Movie")
"The Hands That Built America" (「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
"I Move On" (「シカゴ」)
"Lose Yourself" ("8 Mile")

◆オリジナル作曲賞[Original score]
ジョン・ウィリアムス (「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」)
エルマー・バーンスタイン ("Far From Heaven")
エリオット・ゴールデンタール ("Frida")
フィリップ・グラス (「めぐりあう時間たち」)
トマス・ニューマン (「ロード・トゥ・パーディション」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-5-

◆最優秀アニメーション賞[Best animated feature film]
「アイス・エイジ」 (クリス・ウェッジ監督)
「リロ&スティッチ」 (クリス・サンダース監督)
「スピリット」 (ジェフリー・カッツエンバーグ監督)
「千と千尋の神隠し」 (宮崎駿監督)
「トレジャー・プラネット」 (ロン・クレメンツ監督)

◆最優秀ドキュメンタリー賞[Best documentary feature]
「ボウリング・フォー・コロンバイン」 (マイケル・ムーア監督)
"Daughter from Danang" (Gail Dolgin, Vincente Franco監督)
"Prisoner of Paradise" (Malcolm Clarke, Stuart Sender監督)
"Spellbound" (Jeffrey Blitz, Sean Welch監督)
「WATARIDORI」(ジャック・ペラン監督)

◆最優秀短編ドキュメンタリー賞[Best documentary short subject]
"The Collector of Bedford Street" (Alice Elliott監督)
"Mighty Times: The Legacy of Rosa Parks" (Robert Hudson, Bobby Houston監督)
"Twin Towers" (Bill Guttentag, Robert David Port監督)
"Why Can't We Be a Family Again?" (Roger Weisberg, Murray Nossel監督)

◆最優秀短編アニメーション賞[Best animated short film]
"The Cathedral" (Tomek Baginski監督)
「チャブチャブズ」 (エリック・アームストロング監督)
"Das Rad" (Chris Stenner, Heidi Wittlinger監督)
「マイクとサリーの新車でGO!」 (ピート・ドクター, ロジャー・ゴールド監督)
「Mt. Head/頭山」 (山村浩二監督)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-6-

◆最優秀外国語映画賞[Best foreign language film]
"El Crimen del Padre Amaro" (カルロス・カレラ監督、メキシコ)
「英雄」 (チャン・イーモウ監督、中国)
「過去のない男」 (アキ・カウリスマキ監督、フィンランド)
"Nowhere in Africa" (カロリーヌ・リンク監督、ドイツ)
"Zus & Zo" (ポーラ・ヴァン・ダー・エスト監督、オランダ)

◆最優秀短編映画賞[Best live action short film]
"Fait D'hiver" (Dirk Belien監督)
"I'll Wait for teh Next One ..." (Philippe Orreindy監督)
"Inja" (Steven Pasvolsky, Joe Weatherstone監督)
"Johnny Flynton" (Lexi Alexander, Alexander Buono監督)
"This Charming Man" (Martin Strange-Hansen, Mie Andreasen監督)
「ハンニバル」("Hannibal",2001年)を観た映画ファンが、FBIが指名手配中の10大凶悪犯の1人をロンドンで見た、と通報していたようだ。FBIは既に捜査を開始、パスポートなどが発見されたらしい。
ジョージ・ルーカスは、サンフランシスコの金門橋近くに建設している特殊効果専門施設Letterman Digital Arts Centerについて「これまで"ハリウッド"の名前に隠されていたサンフランシスコが、世界の映画製作の拠点としての基盤を築き始めると思う」と語ったようだ。
イラク攻撃前後になると予想されることから、第75回アカデミー賞授賞式は厳戒態勢の中で行われる事になる模様。プロデューサーのギル・ゲイツは「延期の予定はないし、受賞者が政治的内容のスピーチをすることを阻むこともない」と語ったようだ。
  2/12
前田哲監督「棒たおし!」に主演するLeadのファンクラブ・イベントが、11日都内で開催されたようだ。
ピーター・コズミンスキー監督「ホワイト・オランダー」の試写会が11日都内で行われ、藤田憲子がトークショーを行ったようだ。
落語を題材にした山村浩二監督「頭山」が、アカデミー賞短編アニメーション部門でノミネートされたようだ。
文化庁とASEAN加盟各国による「国際アニメ・マンガフォーラム」が来月10日から都内で開催されるようだ。
携帯電話へのボイス・メール機能を使って「マイノリティ・リポート」("Minority Report")のビデオ販売広告を発信したことに対し、英広告基準局(Advertising Standards Authority)はTwentieth Century Fox Home Entertainmentを非難する声明を発表したようだ。
ラッセ・ハルストレム監督の新作"An Unfinished Life"で、ロバート・レッドフォードがジェニファー・ロペスと共演するようだ。
英ブックメーカーとラスヴェガスのカジノによるアカデミー賞レース予想は、作品賞では「シカゴ」、主演男優がジャック・ニコルソン、主演女優がニコール・キッドマン、監督賞はマーティン・スコセッシが一番人気のようだ。
恐喝罪などで起訴されているニューヨーク・マフィア、ピーター・ゴッティらの裁判が11日行われ、スティーヴン・セガールが証言台に立ったようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えている裁判で、ダグラスらと写真掲載の契約を結んでいたOK!誌の元編集者は「ダグラスはデヴィッド・ベッカムのように派手な結婚式ではなく、プライベートな家族のイベントとして扱ってほしいと強調していた」と証言したようだ。
「戦場のピアニスト」("The Pianist")が、アカデミー賞作品賞、監督賞にノミネートされたロマン・ポランスキー監督は「大変光栄で、この作品を支持していただいたすべての人に感謝したい」とコメントしたようだ。しかし、彼のエージェントは「ポランスキー監督が米国を訪れる予定はありません。彼は欧州で暮らしており、法的な問題も決着していません」と語った模様。
HIVに感染した同性愛者達を追う、ルイーズ・ホガース監督のドキュメンタリー"The Gift"が、ベルリン国際映画祭で上映されたようだ。数日前に完成したばかりとか。
11日アカデミー賞ノミネーションを発表した、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)会長のフランク・ピアソンは「今年は女優たちの活躍が素晴らしく、その映画もバラエティに富んでいる」と語ったようだ。
"Hable con ella"("Talk to Her")がアカデミー賞監督賞にノミネートされたペドロ・アルモドヴァル監督は「テレビを見ていて思わず飛び上がってソファから転げ落ちてしまった。その後、息ができなくなって、それから涙に襲われて・・・もう自分の感情がコントロールできなくなってしまった」と語ったようだ。
米出版社のScholasticは11日、"Harry Potter and the Order of the Phoenix"の初版発行部数が史上最高の680万部になると発表したようだ。
第75回アカデミー賞ノミネーションが11日発表され、「シカゴ」("Chicago")が13部門で候補に挙がったほか、「ギャング・オブ・ニューヨーク」("The Gangs of New York")が10部門、「めぐりあう時間たち」("The Hours")が9部門でノミネートされたようだ。また長編アニメーション賞候補に、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が挙がった模様。
英週末興収は、ヒュー・グラント、サンドラ・ブロック共演のコメディ"Two Weeks Notice"が430万ドルで初登場1位を記録したようだ。また、先週1位の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」が2位、同3位の「シカゴ」は5位にそれぞれ順位を下げた模様。
シェカール・カプール監督、モーガン・フリーマン主演によるネルソン・マンデラの伝記映画のタイトルが"The Four Feathers"に決まった模様。 [☆ホント?同じタイトルの映画がつい最近もあったようですが・・・]
アカデミー賞最優秀オリジナル脚本賞にノミネートされた"My Big Fat Greek Wedding"のニア・ヴァルダロスは「友達が突然叫びだすから『どうしたの?誰か死んだの?』って聞いたら、彼女は『バカね!あなたがノミネートされたのよ!』って。それから二人で泣き叫んだわ」と語ったようだ。
Unifrance Film International会長で、アンジェイ・ワイダ監督「コルチャック先生」("Korczak",1990年)、ブノワ・ジャコ監督「トスカ」("Tosca",2001年)などの作品の製作を手がけたほか、クロード・ルルーシュ監督「レ・ミゼラブル」("Les Miserables",1985年)などの作品で俳優としても活躍した、映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエ(Daniel Toscan du Plantier)さんが11日亡くなった(61歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメ部門でノミネートされたことについて、プロデューサーの鈴木敏夫は「受賞したら米で拡大興行することになっているので、ここまで来たらぜひとりたい」と発言したようだ。宮崎駿監督のコメントはなかった模様。
井筒和幸監督「ゲロッパ!」に、藤山直美が極妻役で出演するらしい。
広末涼子、松田龍平共演、堤幸彦監督「恋愛寫眞」のニューヨークロケが、8日から行われているようだ。
Overstock.comでは、定価29.99ドルの"Harry Potter and the Order of the Phoenix"が14.38ドルで先行予約販売されるらしい。
ウェズリー・スナイプスの次回作はアクション・スリラー"Nine Lives"になるようだ。
ガス・ヴァン・サント監督は、再度「サイコ」("Psycho",1960年)のリメイクを検討しているらしい。
新作"How to Lose a Guy in 10 Days"に出演しているケイト・ハドソンは、「あの頃ペニー・レインと」("Almost Famous",2000年)で注目を浴びた当時について「本当に疲れていたの。とっても幸せで、すべてがエネルギーに溢れていたわ。3週間くらい眠りたいって言ってたけど、結局1年になっちゃったわね」と語ったようだ。
ベン・アフレック主演「デアデビル」("Daredevil")について、製作総指揮のスタン・リーは「スパイダーマンよりちょっと暗めかな」と言っているようだ。
男性誌GQの1月号に掲載されたケイト・ウィンスレットの写真は、細く見えるように修正されていたらしい。本人には知らされていなかったようだ。ウィンスレットは「偽善者だとか、急に10キロやせたとか思われたくない。ダイエットはしたこともないし、そんな風に見られるのは心外だわ」と語ったとか。
  2/13
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に登場するドビーが、ロシアのプーチン大統領と似ていると指摘されていることについて、大統領府副報道官は「大統領自身も似ていると気づいているが、ユーモアと受け止めているようだ」とコメントしたらしい。
新藤兼人監督の文化勲章受章を祝う会が12日都内で行われ、三國連太郎、大竹しのぶら400人が出席したようだ。
チャーリー・シーンは、デヴィッド・ザッカー監督"Scary Movie 3"に主演するようだ。
DMXは、アーネスト・ディッカーソン監督のスリラー"Never Die Alone"で、主演と製作を務めるようだ。デヴィッド・アークエット、マイケル・イーリーが共演するらしい。
「マーサの幸せレシピ」のハリウッド版リメイクを、ローレンス・カスダンが監督するようだ。
ピーター・バーグ監督、ザ・ロック、ショーン・ウィリアム・スコット共演による米Universalのアクション大作について、米Columbia Picturesが海外配給権の獲得に向け最終交渉に入っている模様。"Helldorado"のタイトルは変更になるようだ。
ピーター・ギャラガーは米FOXテレビの"The O.C."に、レベッカ・デモーネイは同じくFOXの"No Place Like Home"に、またケイディ・ストリクランドは米ABCの"The Street Lawyer"に、それぞれ出演が決まったようだ。
ロブ・ミンコフ監督は、「ファンタジア」("Fantasia",1940年)の一編「魔法使いの弟子」("The Sorcerer's Apprentice")を元にした、CGと実写の合成によるリメイクを計画しているらしい。 [☆ミッキーもCGで登場??]
米New Line Cinemaは、マーヴェルの人気コミック"Iron Man"を映画化するようだ。2005年頃の公開を予定しているらしい。
ショーン・ペンは、イラク攻撃反対を表明したことで新作"Why Men Shouldn't Marry"の役を降ろされたとして、1000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。これに対し映画プロデューサーのスティーヴ・ビングは、出演契約の事実はないにも関わらず1000万ドルを要求するのは恐喝だとして、ペンに対し1500万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしているらしい。
ベルリン国際映画祭に出席しているスパイク・リー監督は「ブッシュとトニー・ブレアは多くの人々を狼狽させている。全世界が彼らの望み通りになるという期待は滑稽だ。米国に他人の行動を指示する道徳的権利はない。私は、人々が立ち上がることを望んでいる」と語ったようだ。
1億4000万ドルの製作費を投入し7400万ドルの興収に終わっている「トレジャー・プラネット」("Treasure Planet")が、アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされたことから、米Walt Disneyは4月に予定されているビデオ・DVDの売上増を期待しているようだ。
ベルリン国際映画祭に出席したスパイク・リー監督は、エドワード・ノートン主演の新作"The 25th Hour"について「ニューヨーカーとして、(9.11以降)世界がどう変化し、ニューヨークがどう変わったかを無視した映画を撮りたくなかった」と語ったようだ。
「シカゴ」("Chicago")、「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")、「めぐりあう時間たち」("The Hours")と3作品がアカデミー賞にノミネートされた米Miramax Filmsは、各作品の上映劇場数の追加を決定したようだ。
独裁軍事政権下のアルゼンチンを描くマルセロ・ピニェイロ(Marcelo Pineyro)監督の新作"Kamchatka"が、ベルリン国際映画祭で上映されたようだ。
ベルリン国際映画祭に出席しているマーティン・スコセッシ監督は「暴力が世界を変えることはできないし、例え変わったとしても一時的なものに過ぎない、ということを思慮ある人々は理解すべきだと思う」と語ったようだ。
ベルリン国際映画祭に出席しているクリスティン・スコット・トーマスは、パスカル・ボニゼール監督"Petites Coupures"に出演したことについて「フランス語で演じることは問題ないわ。普段も使っているし。むしろ英語の舞台劇の方が恐ろしいわね」と語ったようだ。今は、ロンドンで上演されるチェーホフの「三姉妹」("The Three Sisters")のリハーサルで忙しいらしい。
中国の炭鉱を舞台にしたリー・ヤン監督"Blind Shaft"が、ベルリン国際映画祭で上映されたようだ。
沖縄でキャンプ中の日本ハムのトレイ・ヒルマン監督が12日、阪神のキャンプ地をお忍びで訪問したらしい。星野仙一監督がモデルとなった、高倉健、トム・セレック共演の映画「ミスター・ベースボール」("Mr. Baseball",1992年)を、来日前に何度も観たとか。
篠原哲雄監督「オー・ド・ヴィ」に出演する小山田サユリが、中国の中央電視台が放送予定の連ドラ「記憶的証明」の主役に起用されたようだ。
セルマ・ブレアの次回作は、トーマス・ベズチャ監督・脚本のコメディ"Hating Her"になるようだ。ビリー・クラダップ、ブリジット・モイナハン、ブライス・ダナー、モーラ・ティアニーらが共演するらしい。
「トラフィック」("Traffic",2000年)でオスカーを獲得したスティーヴン・ソダーバーグ監督は「アカデミー賞のステージに立って、スコセッシは一つももらってないし、ロバート・アルトマンも、ヒチコックも、ハワード・ホークスも、と考えると、なんだかバカらしくなって、誰か持っていってくれ、って気分になるよ」と語ったようだ。
アカデミー賞助演女優賞でノミネートされたクイーン・ラティファは「とても光栄に感じるし、(投票した人々が)少し目を開いてくれたとこが嬉しい」と語ったようだ。
Children's Wish Foundationのアレンジがきっかけでマドンナと知り合い、その後も互いに交流を続けていたカナダの17歳の女性が9日、肝臓癌で亡くなったようだ。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えいてる裁判で、記事を担当したThe Marquesa De Varelaは、彼女が写真の権利を雑誌に売ったとする嘘の書類にサインを迫られ、仕事を失いたくないのでサインした、と証言したようだ。また「(結婚式が行われた)プラザ・ホテルで100%独占取材が実現できると考えた彼らが幼稚に思えた」とも語ったらしい。
  2/14
日本映画テレビプロデューサー協会が主催する第27回エランドール賞の授賞式が13日都内で行われ、仲間由紀恵、菊川怜、柴咲コウ、藤原竜也、小澤征悦らが受賞したようだ。
山田大樹監督「ROUND1」の完成披露試写会が13日都内で行われ、畑山隆則、カン・ソンピルらが舞台挨拶に立ったようだ。
15日より公開のジャン=クロード・ヴァン・ダム主演「ディレイルド 暴走超特急」("Derailed")のPRイベントが13日、都電荒川線を貸し切って行われたようだ。原口あきまさ、中沢なつき、秋葉やすこらが参加したらしい。
マイク・マイヤーズと米DreamWorksは、既存の映画に新たなシーンなどを追加して別の作品とすることができる「フィルム・サンプリング」という映画製作契約を結んだようだ。 「国際秘密警察・鍵の鍵」(谷口千吉監督,1965年)の音声をそっくり入れ替え、新たなシーンを追加し作り変えてしまったウディ・アレンの"What's Up, Tiger Lily?"(1966年)のようなことを考えているらしい。
噂されていた中田秀夫監督のハリウッドデビュー作は、MGMがリリースする超自然サスペンス"True Believers"に決まったようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞ドキュメンタリー部門のノミネーションが13日発表され、5作品がノミネートされたものの、マイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")は候補に挙がらなかったようだ。
Nickelodeon Kids Choice awardsのノミネーションが発表され、映画部門では「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「アイス・エイジ」「スパーイダーマン」がそれぞれ3部門で候補に挙がったほか、音楽部門ではジェニファー・ロペス、ジャスティン・ティンバーレイクらがノミネートされた模様・
エドワード8世(1894-1972)とウォリス・シンプソン(1896-1986)のロマンスを描くTV映画"The Bahama Triangle"は、マイケル・ヨークとフェイ・ダナウェイが共演することになったようだ。ケヴィン・オコーナーの監督で6月末から撮影が始まる模様。
カナダ国内の映画作品を対象にした第23回ジーニー賞(Genie awards)の授賞式が13日行われ、アトム・エゴヤン監督"Ararat"が作品賞ほか5部門を獲得したようだ。またデヴィッド・クローネンバーグ監督「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする」("Spider")が監督賞を受賞した模様。
"Barbershop"のティム・ストーリー監督次回作は、黒人が経営するタクシー会社についての実話を基にしたドラマ"Society Cab"になるようだ。
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」が開催中のベルリン国際映画祭で上映され、大絶賛を浴びたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)と米レコード協会(Recording Industry Association of America)は、従業員によるP2Pファイル交換サービス利用を防止するためのガイドラインを作成、主要企業1000社に配布するようだ。
AOLタイムワーナーは、交渉が伝えられていたCNNとABCの合併について、今後検討の予定はないと発表したようだ。
ベン・アフレック主演「デアデビル」("Daredevil")について、マレーシア映画倫理委員会は「不健全な要素が含まれる」として、同国内での上映禁止を決めたようだ。しかし、すでに海賊版が出回っているらしい。
「ローン・レンジャー」("The Lone Ranger",1949-57年)や「ドクター・クイン 大西部の女医物語」("Dr. Quinn, Medicine Woman",1993-98年)など数多くのTVドラマと共に、「プリティ・ウーマン」("Pretty Woman",1990年)などにも出演したほか、ラジオ・パーソナリティや監督としても活躍した、米俳優のステイシー・キーチSr.(Stacy Keach Sr.)さんが13日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英統計局が2001年に行った国勢調査によると、「ジェダイ」を宗教とする人々が39万人以上いたようだ。
クロアチアとの国境の町から難民達をイタリアへと運ぶ、二人のスロベニア人の友情を描いたDamjan Kozole監督"Rezervni deli"("Spare Parts")が、ベルリン国際映画祭のコンペ部門で上映されたようだ。
野党議員買収工作を隠し撮りしたビデオが暴露されたことでフジモリ大統領を辞任に追い込んだ、元国家情報局顧問ブラディミロ・モンテシノスを描く、フランシスコ・ロンバルディ監督"Eyes That Don't See"がペルーでプレミア上映されたようだ。
「男と女」("Un homme et une femme",1966年)で知られるアヌーク・エーメが、開催中のベルリン国際映画祭で特別功労賞を受賞したようだ。功労賞には若すぎるのではと質問された彼女は「あなたは優しいのね。もちろん私はまだ若いし、年を取ったら、もっとたくさんの賞がもらえるといいわね」と語ったとか。彼女の出演する新作"La Petite Prairie aux Bouleaux"も上映された模様。 [☆70歳とは思えない美しさ]
アンソニー・ミンゲラ監督の新作"Cold Mountain"に出演したThe White Stripesのギタリスト、ジャック・ホワイトは、主演のニコール・キッドマンとジュード・ロウの恋愛関係の噂を否定したようだ。
ジョー・ダンテ監督は「インナースペース」("Innerspace",1987年)の続編を企画しているらしい。マーティン・ショート、デニス・クエイドも出演予定とか。 [☆メグ・ライアンも出ないかな?]
アンジェイ・セクラ監督"Old Soldiers"で、クリスチャン・スレイター、バート・レイノルズ、ジェイムズ・ウッズ、ティモシー・ダルトンが共演する模様。
La' cryma ChristiのボーカルTAKAが、梨木友徳監督「NOEL」に主演したようだ。平良とみ、須賀貴匡らが共演しているらしい。
アンソニー・ホプキンスは、19歳年下の元美術商の女性と結婚するらしい。
映画館や劇場内などでの携帯電話の使用を禁止する条例が12日、ニューヨーク市議会で成立したようだ。 [☆石原都知事さんも頼みますよ〜。マナー悪い人多くて迷惑してるんですよ〜。]
ロサンゼルス地区検察局は、ロマン・ポランスキーが米国に入国すればその場で逮捕すると表明したようだ。
チャールトン・ヘストンが声優を務めたアニメ版「ベン・ハー」("Ben-Hur")のビデオ・DVDが25日全米で発売されるようだ。「十戒」("The Ten Commandments",1956年)も計画中とか。
"Far From Heaven"でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジュリアン・ムーアについて、トッド・ヘインズ監督は「この映画に最も貢献しているのはジュリアンだ。彼女なしにこの映画はなかった」と絶賛したようだ。一方、デニス・クエイドがノミネートされなかったことについては困惑している、と語ったようだ。
  2/15
「マイノリティ・リポート」("Minority Report")のDVD日本語吹替版収録が、須賀貴匡、水樹奈々らの出演で14日行われる予定だったものの、スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズの要請で、急遽中止となった模様。「英国でのプロモーションで何らかの問題が起こった」らしいが「詳細はわからない」とか。 [☆例のボイスメールでの宣伝のことか?]
「D.I.」("Intervention Divine")プロモーションのため、エリア・スレイマン監督が来日し、14日都内で記者会見を行ったようだ。
第53回ベルリン国際映画祭の各賞が15日発表され、マイケル・ウィンターボトム監督"In this World"が金熊賞を獲得したほか、審査員特別賞にスパイク・ジョーンズ監督の"Adaptation"、監督賞に"Son frere"のパトリス・シェロー、男優賞に「コンフェッション」("Confessions of a Dangerous Mind")のサム・ロックウェル、女優賞に「めぐりあう時間たち」("The Hours")のメリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、芸術貢献賞にリー・ヤン監督「盲井」("Blind Shaft")がそれぞれ選ばれたようだ。また、アジア映画を対象にしたNETPAC賞に、SABU監督「幸福の鐘」が選出された模様。
中国司法当局が昨年押収し廃棄したCD、DVDなどの海賊版は9000万点以上にもなるようだ。
WOWOWは14日、フジテレビが筆頭株主となった、と発表したようだ。
ローレンス・オリヴィエ賞授賞式が14日ロンドンで開催され、サム・メンデスが特別功労賞とともに最優秀監督賞と最優秀リバイバル賞を獲得したようだ。3部門の同時受賞は史上初とか。
キューバのカストロ国家評議会議長の素顔を追う、オリヴァー・ストーン監督のドキュメンタリー映画"Comandante"が、開催中のベルリン国際映画祭で上映されたようだ。カストロ議長にも招待状が送られていたものの、12日に欠席の返事が来たらしい。
マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻が、結婚式の写真を無断で掲載したとして英Hello!誌を訴えいてる裁判で、Hello!誌のオーナーが14日証言台に立ち「写真掲載についてのオファーは、我々を含め、多くのメディアに対して行われており、彼らはプライバシーのためではなく、単に契約金を吊り上げるために我々を競争させた」と語ったようだ。
"Frida"のプレミア上映が13日ロンドンで開催され、サルマ・ハエックが会場を訪れたようだ。バレンタイン・デーは恋人のエドワード・ノートンと過ごす予定、と語ったとか。一方「ソラリス」("Solaris")チャリティ上映のためロンドンを訪れているジョージ・クルーニーは、14日も仕事をして過ごすようだ。
来月3日からラスヴェガスで開催されるShoWest 2003で、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの助演女優賞受賞が決まったようだ。
  2/16
"泣き虫先生"として知られる、京都・伏見工高ラグビー部の山口良治総監督の半生が映画化されるようだ。照英が主演、同校OBの関本郁夫が監督を務め、来月クランクインする模様。里見浩太朗も出演予定とか。
磯村一路監督「船を降りたら彼女の島」が15日初日を迎え、木村佳乃、大杉漣らが舞台挨拶に立ったようだ。
橋本一監督「新 仁義なき戦い/謀殺」が15日初日を迎え、高橋克典、小林稔侍らが舞台挨拶に立ったようだ。
ベルリン国際映画祭に出席したダニエル・デイ=ルイスは「12歳くらいのとき、自分が何になりたいか分かった。暗い寄宿学校時代に、演劇は世界を明るく照らしているように思えた」と語ったようだ。
噂されていたキース・ムーンの伝記映画への主演に向けて、マイク・マイヤーズが出演交渉に入ったようだ。
英国の児童保護団体は、ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")の上映中止を呼びかけているようだ。
アカデミー賞特別功労賞の辞退を表明していたピーター・オトゥールは、賞を受け取ることに合意した模様。
1960年代のルイジアナ州を舞台に、黒人たちとKKKとの戦いを描いたTV映画"Deacons for Defense"が16日米国で放送されるようだ。ビル・デュークが監督を務め、フォレスト・ウィテカーらが出演しているらしい。
ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")が15日初日を迎え、日劇1では「エピソード2」以来の立ち見となったとか。
  2/17
ギャガ・コミュニケーションズは17日から、携帯電話向けの映画情報サイト「cinemaGAGA」をスタートさせるようだ。
滝田洋二郎監督「陰陽師II」で、中井貴一が悪役を演じるようだ。
妻夫木聡は、田辺聖子の小説を映画化する犬童一心監督の新作「ジョゼと虎と魚たち」で池脇千鶴と共演するようだ。今秋公開予定とか。
横井健司監督「SEMI 鳴かない蝉」の舞台挨拶が16日都内劇場で行われ、遠藤憲一、嘉門洋子らが出席したようだ。
「おのみち映画コンテスト」の審査会が16日尾道市で行われ、太田昌宏の「俺の道」が大賞に選ばれたようだ。
全米週末興収は、ベン・アフレック主演「デアデビル」("Daredevil")が4350万ドルの大ヒットを記録し、初登場1位となったようだ。また、ディズニーの新作"The Jungle Book 2"は、1190万ドルで4位となった模様。
4月スタートのフジテレビ「ラブ・リバイバル!」で、江口洋介と財前直見が共演するようだ。映画配給会社が舞台とか。
応募、入場から終了後のアンケートまでを携帯電話を使って行う、「青の炎」の特別試写会が行われるようだ。
日本テレビで14日放送された、宮崎駿監督「もののけ姫」の視聴率は27.0%を記録した模様。
15日初日を迎えたロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")は、週末興収2億8590万円、観客動員数19万7400人を記録したようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」の先行オールナイトが15日、全国335スクリーンで行われ、興収3億1015万円、観客動員数20万0366人を記録したようだ。
ヒュー・グラント共演か?とお伝えした。ジャッキー・チェン主演による「80日間世界一周」("Around the World in 80 Days",1956年)のリメイクは、スティーヴ・クーガンが共演することにたった模様。
  2/18
塩田明彦監督「黄泉がえり」の主題歌で、柴咲コウ(RUI)が歌う「月のしずく」のシングルが、24日付けオリコン・シングルチャートで1位となったようだ。「黄泉がえり」の観客動員数は公開5週で142万人に達したとか。
コーリー・ユン監督「クローサー」プロモーションのため、カレン・モク、スー・チー、ヴィッキー・チャオが来日、17日記者会見を行ったようだ、
JR高田馬場駅の発車ベルが3月から「鉄腕アトム」の主題歌に変更されるようだ。アトムが2003年4月7日に高田馬場で生まれたことから、地元商店街が要望したらしい。
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」などのキャラクタ商品を、ネットオークションを通じて無断で販売したとして、雑貨販売会社「エディオック」社長ら2名が逮捕されたようだ。
英国週末興収は、ヒュー・グラント、サンドラ・ブロック共演"Two Weeks Notice"が360万ドルで2週連続1位を記録、ベン・アフレック主演「デアデビル」("Daredevil")は310万ドルで2位のスタートとなったようだ。
米自動車レースNASCAR(National Association for Stock Car Auto Racing)45周年を記念して、"NASCAR 3D: The IMAX Experience"が製作されるようだ。加Imaxと米Warner Bros.の共同製作で、来年春公開予定とか。 [☆迫力ありそう!]
"Barbershop"に出演したセドリック・ジ・エンターテイナー(Cedric the Entertainer)の、続編出演が決定した模様。監督は引き続きティム・ストーリーが務めるようだ。
ロンドンを訪れているニコール・キッドマンは「いつも私に演技なんて出来ない、と思っています。性格が繊細すぎると思っている母は、いつも女優を辞めなさいと言います。私が作家で、静かな生活を送っていれば母も安心するでしょうし、私もそう思います」と語ったようだ。
第17回米映画撮影監督協会(The American Society of Cinematographers)賞授賞式が16日行われ、1月に亡くなったコンラッド・L・ホール(「ロード・トゥ・パーディション」)が最優秀撮影賞に選ばれたようだ。また理事会賞がノーマン・ジュイソンに授与されたほか、「ジョーズ」("Jaws",1975年)などを手がけたビル・バトラーに特別功労賞が贈られたらしい。
結婚式の写真を無断で掲載した英Hello!誌のオーナーは、マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ夫妻に謝罪したようだ。裁判は継続される模様。
ハル・ベリー、ペネロペ・クルス共演、マチュー・カソヴィッツ監督の新作"Gothika"に、ロバート・ダウニーJr.が出演する模様。
ニア・ヴァルダロス主演の次回作"Connie and Carla"で、トニ・コレットが共演する模様。マイケル・レムベックが監督を務めるようだ。
  2/19
第45回ブルーリボン賞授賞式が18日都内で行われ、佐藤浩市、片岡礼子、宮沢りえ、小西真奈美、中村獅童らが出席したようだ。
京都市は18日、財政難を理由に、2003年度の京都映画祭を休止すると発表した模様。
ベトナム文化・情報省は、これまで国や公共団体にしか認めていなかった映画撮影スタジオの設立を、個人や民間団体にも認める決定を下した模様。
23日に開催される英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)賞授賞式には、エイドリアン・ブロディ、ニコラス・ケイジ、ダニエル・デイ=ルイス、サルマ・ハエック、ニコール・キッドマン、メリル・ストリープ、ジュリアン・ムーアらが出席する一方、ジャック・ニコルソンは参加しないようだ。また、ピーター・ジャクソン監督も「二つの塔」DVD化の作業が忙しく欠席する模様。
フランス映画芸術技術アカデミー(Academie des Arts et Techniques du Cinema)は、21日パリで行われるセザール賞授賞式で、メリル・ストリープ、スパイク・リーらに特別功労賞を授与する模様。
映画協会(Motion Picture Association)は、アジアでの海賊版DVDに関する情報提供者に対し、15万ドルの報奨金を提供すると発表したようだ。
記録的な大雪で、ブロードウェイでは「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の上演が中止になるなどの影響が出たようだ。
ミュージシャンのマーク・ウィルキンソンとこの夏結婚する、人気TVシリーズ「サブリナ」("Sabrina, the Teenage Witch",1996年-)主演のメリッサ・ジョアン・ハートに、米ABCが密着取材するらしい。
アシュレイ・ジャッドは、今秋上演の舞台「熱いトタン屋根の猫」("Cat on a Hot Tin Roof")でブロードウェイ・デビューを果たすようだ。
ウェストハリウッド市は2月18日を「アンナ・ニコル・スミスの日」と制定した模様。同性愛者コミュニティーへの貢献を称えてのことらしい。発表式典後には、彼女のファンが主人公の新作映画"Wasabi Tuna"のオーディションも行われたとか。
シリーズ第2作"The Amazing Spider-Man"に登場する悪役ドクター・オクトパス役に、アルフレッド・モリーナが起用されたらしい。
今夏から撮影開始予定のリドリー・スコット監督による歴史超大作"Tripoli"は、製作費が1億2000万ドルに達すると見込まれていることから、米20世紀FOXは共同出資するスタジオを探しているらしい。
ニック・ノルティ主演の新作"The Good Thief"プロモーションのためダブリンを訪れているニール・ジョーダン監督は「"The Butcher Boy"(1997年)のような映画をもう一度撮りたい。アイルランドを舞台にした作品がやりたいんだ」と語ったようだ。
デヴィッド・ゴードン・グリーン監督は、4月から新作"Undertow"の撮影に入る模様。ダーモット・マルロニー、ジョシュ・ルーカス、ジェイミー・ベルらが共演するようだ。
ジュネーブで行われている「たばこ規制枠組み条約」の最終策定交渉を推進する世界保健機関(WHO)事務局は「映画で17歳以下の若者がたばこを吸うシーンは見せるべきでない。また、映画にたばこの銘柄を映すべきでなく、禁煙広告を流すべきだ」と訴えたようだ。
パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)の小説「アルケミスト―夢を旅した少年」("The Alchemist")が、ローレンス・フィッシュバーンの監督・脚本・主演で映画化されるらしい。
19日から開催される第14回ナチェズ文学・映画祭(Natchez Literary and Cinema Celebration)で、ビリー・ボブ・ソーントンに対し、ホートン・フート(Horton Foote)特別功労賞が授与されるようだ。
第45回ブルーリボン賞に出席した崔洋一監督は「梁石日の『血と骨』をビートたけしと一緒にやろうと思う」と発言したようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」の観客を対象にしたアンケートが、携帯電話向けサイト「ザ★懸賞」で行われるようだ。回答すると抽選でオリジナルグッズがプレゼントされるとか。
ヴィン・ディーゼル主演「ピッチ・ブラック」("Pitch Black",2000年)の続編のタイトルは"Chronicles of Riddick"になる模様。ジュディ・デンチの出演も予定されているとか。
人気アニメシリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons")第300話"Barting Over"が16日米FOXテレビで放送され、視聴者数2120万人を記録したようだ。
妻殺害容疑で拘留されているロバート・ブレイクは17日、バーバラ・ウォルターズとのインタビューに応じたようだ。28日の米ABC"20/20"で放送される模様。
ローワン・アトキンソンは「ビーン」("Bean",1997年)の続編を企画しているらしい。
  2/20
コナミは、PS2用ゲームソフト「遊星からの物体X episode II」を27日に発売するようだ。ジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X」("The Thing",1982年)の続編として制作されたとか。
三原市は、三原商工会議所、三原観光協会と協力し、来月フィルムコミッションを設立するようだ。
トッド・ヘインズ監督"Far From Heaven"に出演したデニス・クエイドは、同作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジュリアン・ムーアについて「メリル・ストリープと並んで、彼女はいまアメリカで一番の女優だと思う」と語ったようだ。
ジェイ・ラッセル監督、ジョン・トラヴォルタ、ホアキン・フェニックス共演の新作"Ladder 49"で、ロバート・パトリックの共演が決まった模様。
ロバート・デ・ニーロ、キャシー・ベイツ、ガブリエル・バーン、ハーヴェイ・カイテル、F・マーレイ・エイブラハムらが共演する新作"The Bridge of San Luis Rey"の、フランスとスペインを除く世界配給権をSenator Internationalが獲得したようだ。
ダドリー・ムーア、ジュリー・アンドリュース、ボー・デレクが共演した「テン」("10",1979年)がリメイクされるらしい。ブレイク・エドワーズが再び監督を務めるようだ。タイトルは"10 Again"になる模様。
ジム・キャリー主演による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's a Series of Unfortunate Events")の映画化は、降板したバリー・ソネンフェルドに代わって、ブラッド・シルバーリングが監督を務めるようだ。
米国の映画館で、上映開始時刻と告知した時間以降に数分間のCMを上映することが習慣化されていることに対し、シカゴの教師らが損害賠償を求める集団訴訟を起こしたらしい。
グリム兄弟を主人公にしたテリー・ギリアム監督によるアクション・アドベンチャー"Brothers Grimm"に、マット・デイモン、ヒース・レジャー、ロビン・ウィリアムス、ジョナサン・プライスらの出演が決まった模様。6月からプラハで撮影が始まるようだ。
50年代から60年代にかけて活躍したジャズシンガーのボビー・ダーリンを描く映画は、タイトルが"Beyond the Sea"になるようだ。主演するケヴィン・スペイシーが監督とプロデュースも務める模様。
米Dimension Filmsは「ハイランダー」("Highlander")シリーズ第5作の2004年公開を計画しているらしい。アニメーション・シリーズも制作中とか。
米HBOは、ショービズ界の底辺を描いたDavid Rensinの著書"The Mailroom: Hollywood History From the Bottom Up"に基づくドキュメンタリー番組を制作するようだ。
ジミ・ヘンドリックスの晩年を描く映画"Cross Town Traffic"が製作されるようだ。ポール・グリーングラスが監督を務める模様。
ブッシュ大統領が「悪の枢軸」(The Axis of Evil)と呼ぶイラン、イラク、北朝鮮の映画が、26日から米ノースカロライナ州のDuke Universityで上映されるらしい。バフマン・ゴバディ監督「酔っぱらった馬の時間」("A Time for Drunken Horses",2000年)などの作品が上映されるようだ。
ケネス・ブラナーは11年ぶりにロンドンの舞台に立つようだ。英国立劇場でこの夏上演予定のデヴィッド・マメット作"Edmond"に主演するらしい。
デヴィッド・トゥーヒー監督「ビロウ」("Below")の男性限定試写会が19日都内で行われ、佐藤江梨子が出席したようだ。
田中光敏監督「精霊流し」の製作発表が20日行われ、さだまさし、松坂慶子、内田朝陽、田中邦衛らが出席したようだ。
映画ライターや評論家を養成する「CBカレッジ・シネマコミュニケーターTOKYO」が5月に渋谷で開校するようだ。 [☆主任講師の東野ひろあき氏から、掲示板にも書き込みを頂いております。興味のある方は是非。]
「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")の再映画化で、ジョエル・シュマッカーの監督が正式に決まった模様。アントニオ・バンデラスの出演も決まったようだ。 [☆1月は「バンデラス降板」というニュースでしたが・・・どっち??]
「ハロウィン」シリーズ第9作は「ハロウィン・レザレクション」("Halloween: Resurrection",2002年)の2年後という設定になる模様。 [☆「ハロウィン4 ブギーマン復活」の前編になるという話は??]
デルタ・バークは、米WBが放送するコメディ・ドラマのパイロット版"Sweet Potato Queens"に主演するようだ。
米CBSで4月に放送予定のTV映画"A Painted House"について、原作のジョン・グリシャムは、非常に満足している、と語ったようだ。また、ドラマの舞台でもある彼の故郷アーカンソー州ジョーンズボロでのプレミアを希望しているらしい。
来月1日に行われるアカデミー賞科学技術賞の授賞式で、ケイト・ハドソンがプレゼンターを務めるようだ。
  2/21
ソニー、フジテレビ、電通、三菱自動車など60社以上の企業が参加する「アトムドリームプロジェクト」が20日発表された模様。4月よりスタートするアニメシリーズ「アストロボーイ・鉄腕アトム」をはじめ、各社が関連商品を手がけるようだ。経済波及効果は5000億円と予測されているとか。
エドワード・ズウィック監督「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")の、トム・クルーズによる殺陣場面の写真が公開されたようだ。 [☆すでに予告篇もスタートしています。トムの刀さばきは・・・もうチョットかな?]
公開中の清水崇監督「呪怨」に2000万円を出資しているあおぞら銀行は「投資額の倍以上の収益を上げるのは確実」と言っているようだ。
"Adaptation"で13回目のアカデミー賞ノミネートを果たしたメリル・ストリープは「いまだにみんなが私の顔をスクリーンで見たがっているなんて驚きだわ」と語ったとか。
米視覚効果協会(Visual Effects Society)賞授賞式が19日開催され、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")がノミネートされていた9部門のうち、特殊効果賞、芸術賞、撮影賞など8部門を獲得したようだ、
ケネス・ブラナーが主演した16分の短編映画"Schneider's 2nd Stage"(2000年)が、長編としてリメイクされるらしい。短編を手がけたフィル・ストールが再度監督を担当、ケネス・ブラナーも出演交渉中のようだ。
11月公開予定の"The Cat in the Hat"で脚本を担当した、アレック・ベルク、デヴィッド・マンデル、ジェフ・シェファーの3人は、ヨーロッパを舞台にしたコメディ"Ugly Americans"で監督デビューするようだ。
来年3月に出版予定のBonnie Marsonの処女小説"Sleeping With Schubert"の映画化権を、米Paramount Picturesが獲得したようだ。
清水崇監督「呪怨」のハリウッドでのリメイクが正式に決定した模様。清水崇自身が監督を務め、サム・ライミらが製作として参加するらしい。
マイケル・ケイトンは、ディーン・マーフィ監督の新作コメディ"Strange Bedfellows"に主演するようだ。
2000年3月に電子ブックとして発表されたスティーヴン・キングの短編小説"Riding the Bullet"が映画化される模様。現在キャスティングが進行中で、5月には撮影がスタートするようだ。
ジョン・ダイガン監督、ペネロペ・クルス主演の新作"Head in the Clouds"に、シャーリーズ・セロン、スチュアート・タウンゼンド、トーマス・クレッチマンの出演が決まったようだ。撮影は来月始まり、モントリオール、パリ、ロンドンなどでロケが行われるらしい。
ゴールディ・ホーンの回想録"A Lotus Grows in the Mud: Footprints of a Spiritual Life"が出版されるようだ。また、ホーンは、脚本も手がけた新作"Ashes"の製作にまもなく入る模様。一部はインドでの撮影も予定されているとか。
マーティン・シーンも支持を表明している民主党の次期大統領候補の一人ハワード・ディーンは、ロブ・ライナーの支援も得たようだ。
アカデミー賞監督賞、脚本賞でノミネートされた"Hable con ella"("Talk to Her")について、ペドロ・アルモドヴァル監督は「この映画をどう説明していいのか分からない。さまざまな要素が絡み合っていて、言葉で説明するのは難しいし、2、3の単語で語るべきではないと思う」と語ったようだ。
マイク・ファレルらが設立したグループ"Artists United To Win Without War"は、イラク攻撃反対を訴えるTVスポットを26日からスタートさせる模様。スポットにはマーティン・シーンが出演「電話やFAXやメールで、ホワイトハウスや上院に反戦を訴えよう」と呼びかけるようだ。
長年パートナーとしての関係を続けるゴールディ・ホーンと先週末に結婚した、と噂されていることに対し、カート・ラッセルは「事実じゃないな。でも誰にも言わないでくれ。せっかくの噂を壊したくないよ」と冗談を言ったあと「僕らは実質的に結婚しているけれど、結婚というものを信じていないし、必要としていないんだ」と語ったようだ。 [☆素敵な関係だと思います]
歌舞伎「京鹿子娘道成寺」の継承を巡る人間模様を描く映画「娘道成寺」が製作されるようだ。高山由紀子が監督・脚本を手がけ、中村福助が主演、来春公開されるらしい。
フジテレビで4月スタートの「アストロボーイ・鉄腕アトム」の制作発表が20日行われ、主題歌を担当する藤井フミヤとZONEのメンバーらが出席したようだ。津村まこと、大和田伸也、丸山美紀、勝田久らが声優を務めるらしい。
キム・ユンジンは20日、「芸能活動支援に非協力的だった」として韓国の所属事務所に対し契約解除を求める訴訟を起こしたようだ。
来月からモロッコで予定されていたウォルフガング・ペーターゼン監督、ブラッド・ピット主演"Troy"の撮影が、イスラム教国での安全性が確保できないとして、延期された模様。
ジェフ・ダニエルズ、ロバート・デュヴァルらの共演で南北戦争を描く新作"Gods and Generals"について、ロン・マクスウェル監督は「我々の両親や祖父母の物語だ。彼らはこの大地を歩き、血を流した。この映画は、ありふれた兄弟の対立や、離散する家族、忠誠心の葛藤を描いた作品だ」と語ったようだ。
  2/22
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「シュレック 4-Dアドベンチャー」のアフレコ収録が21日都内で行われ、藤原紀香らが参加したようだ。
「エピソード2」と「エピソード3」の間をつなぐストーリーが展開するアニメーション・シリーズ"Star Wars: Clone Wars"が11月から米Cartoon Networkで放送されるらしい。
1982年に発売されたアルバム「石原裕次郎オリジナル'82―おれの心の港町―」に収録されていた「おやじの舟唄」が、来月シングルCDとして発売されるようだ。
クァク・ジェヨン監督「猟奇的な彼女」プロモーションのため来日中のチョン・ジヒョンが21日、大阪市内で行われた記者会見に出席したようだ。
監督作「青の炎」が来月公開となる蜷川幸雄は、チアン・ウェン監督「鬼が来た!」に触発され、すでに次回作を準備中とか。時代劇になるようだ。
昨年10月の米連続狙撃事件で公開が延期されていた、コリン・ファレル主演"Phone Booth"の全米公開日が4月4日に決定したようだ。
デヴィッド・ハッセルホフは21日、ロサンゼルスでHarley Davidsonを運転中に、突風にあおられ事故を起こした模様。ハッセルホフは腰や肋骨を骨折する重症、一緒に乗っていた妻も足首や手首などに怪我を負ったようだ。2人とも容態は安定している模様。
米Warner Bros.は、シリーズ第3作"Harry Potter and the Prisoner of Azkaban"で、マイケル・ガンボンがダンブルドア校長を演じる、と発表したようだ。
  2/23
ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")が22日、全国647スクリーンで封切られ、初日だけで興収4億5000万円、観客動員数30万人に達する見込みとか。
蛭子能収初監督作品「諫山節考」のDVD発売会見が22日、都内で行われたようだ。次回作として「地獄の歌舞伎町をぶらつく男を描きたい」と語ったとか。
ベルリンを訪れているジェニファー・ロペスは、彼女についてのさまざまなマスコミ報道について「どんなことも誇張されてしまうの。私は長い間それをやり過ごしてきた。今では、ちょっとしたユーモアだと思えるようになったわ」と語ったようだ。
「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督とチョン・ジヒョンが22日、大阪のナビオTOHOプレックスで舞台挨拶を行ったようだ。
横井健司監督「SEMI-鳴かない蝉-」が22日初日を迎え、鈴木紗理奈、嘉門洋子らが舞台挨拶に立ったようだ。
米ABCのバラエティ番組"The Drew Carey Show"などで人気のコメディアン、ドリュー・キャリー(Drew Carey)の星型が21日、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。「"The Supply Sergeant"(Hollywood Blvd.にある軍用品専門店)の前だなんて最高だ。だって、戦争が始まって皆が武器を買いに来たとき、僕のことを思い出してくれるだろ」と早速ジョークを飛ばしたとか。
セザール賞授賞式が22日パリで開催され、ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")が、作品賞、監督賞、主演男優賞(エイドリアン・ブロディ)など6部門を獲得したようだ。また新設されたEU作品賞にペドロ・アルモドヴァル監督"Talk to Her"、外国語映画賞にマイケル・ムーア監督「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")がそれぞれ選出された模様。
最新作"Harry Potter and the Prisoner of Azkaban"では、前2作でホグワーツ魔法学校として登場したアニック城(Alnwick Castle)とダーラム大聖堂(Durham Cathedral)でのロケは行わず、これまでに撮影された映像をデジタル処理して使うらしい。「秘密の部屋」の撮影では、スタッフの宿泊費だけで50万ポンドもかかったとか。
  2/24
「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう」("Everything You Always Wanted to Know About Sex",1972年)、「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」("Romancing the Stone",1984年)、「ブラック・ナイト」("Black Knight",2001年)などの作品を手がけた、米映画製作者のジャック・ブロドスキー(Jack Brodsky)さんが18日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
当摩寿史監督「最後の恋、初めての恋」で、渡部篤郎がシュウ・ジンレイ、ドン・ジエと共演するようだ。今秋公開予定とか。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、大人6900円、子供4900円で今年11月まで何度でも入場できる「ハリウッド・フレンド・パス」を来月15日から期間限定で販売するようだ。
米New York Times紙は、先日掲載した記事の中で「ディズニーは宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』がアカデミー賞にノミネートされたことに当惑している」と指摘しているらしい。
ヴィック・レヴィン監督のロマンチック・コメディ"The Last 2 People on Earth"で、ブルック・シールズの主演が決まった模様。
米Universal Picturesは、「メルニボネの皇子」("Elric of Melnibone")に始まる、マイケル・ジョン・ムアコック(Michael Moorcock)のSFファンタジー"Elric Saga"シリーズ全11巻の映画化権を獲得した模様。
米20世紀FOXは、ピーター・ウィアー監督、ラッセル・クロウ主演最新作"Master and Commander: The Far Side of the World"の公開日を、当初予定されていた6月から11月に延期すると発表したようだ。来年のオスカー獲得競争に照準を合わせた模様。
ロサンゼルスを舞台に80年代の音楽シーンを描く、製作費450万ドルの低予算映画"The Sky Is Green"で、ヴィンス・ヴォーン、スティーヴ・ブシェミ、マイケル・ラパポート、バーバラ・ハーシー、ミア・カーシュナー、シーモア・カッセルらが共演するようだ。ジョン・カサヴェテスの娘ザン・カサヴェテス(Xan Cassavetes)が監督デビューするらしい。
スーザン・サランドンは、ジョージ・ヒッケンルーパー監督の新作"A Whale in Montana"への出演契約にサインしたようだ。
1977年、ロマン・ポランスキー監督から性的関係を強要された被害者の女性は、米Los Angeles Times紙のインタビューに対し「彼に対しどんな感情も抱いていないし、彼は全くの他人です。彼や彼の作品は、その質によって評価されるべきで、私や私に起こった出来事とは無関係です」と語ったようだ。
劇作家テネシー・ウィリアムズの没後20年を記念する行事が22日キーウエストで開幕し、「欲望という名の電車」("A Streetcar Named Desire",1951年)、「バラの刺青」("The Rose Tattoo",1955年)の2作品がオープニング上映されたようだ。24日にはエリザベス・アシュレーも出席予定とか。
全米週末興収は、ベン・アフレック主演「デアデビル」("Daredevil")が1890万ドルで、2週連続1位となったようだ。またトッド・フィリップス監督のコメディ"Old School"が1750万ドルで初登場2位、ケヴィン・スペイシー主演の"The Life of David Gale"は720万ドルで6位のスタートとなった模様。
ドイツのTV番組に出演したジョージ・クルーニーは「アメリカの政策にはイライラさせられるよ。イラクとの戦争は避けられないと思う。しかし、本当の危機はその後に起こると思う」と語ったようだ。
英国アカデミー賞(Bafta Awards)授賞式が23日ロンドンで開催されたようだ。
■作品賞 「戦場のピアニスト」("The Pianist")
■監督賞 ロマン・ポランスキー(「戦場のピアニスト」)
■主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス(「ギャング・オブ・ニューヨーク」)
■主演女優賞 ニコール・キッドマン(「めぐりあう時間たち」)
■助演男優賞 クリストファー・ウォーケン(「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」)
■助演女優賞 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(「シカゴ」)
■脚本賞 "Talk To Her"(ペドロ・アルモドヴァル)
■脚色賞 "Adaptation"(チャーリー・カウフマン、ドナルド・カウフマン)
■外国語映画賞 "Talk To Her"(ペドロ・アルモドヴァル監督)
ケヴィン・スペイシー主演"The Life of David Gale"で、6年ぶりにハリウッド大作に出演したケイト・ウィンスレットは、「タイタニック」("Titanic",1997年)に出演したことについて「とても幸運だったと思います。でもその後ハリウッドに行くことは私にとってばかげたことだった。私は英国の女の子で、英国を愛していたし、離れたいと思ったことは一度もなかった」と語ったようだ。
ロマン・ポランスキー監督「戦場のピアニスト」("The Pianist")で共同製作を務めたルー・リュウィン(Lew Rywin)は、ポーランド当局から捜査を受けている、出版社に賄賂を求めた容疑についてこれを否定した上で「メディアや批評家が私のスキャンダルとこの作品とを明確に区別してくれることを望んでいます」と語ったようだ。
シリーズ第3作"Harry Potter and the Prisoner of Azkaban"の撮影が行われていた、スコットランドのハイランドにあるグレンフィナン高架橋(Glenfinnan Viaduct)付近で22日、火災があったようだ。火災発生時、撮影のためホグワーツ特急を走らせていたらしい。
「バトル・ロワイアルII」に千葉真一が出演するようだ。
吉永小百合のフォト&エッセー集「旅に夢みる」が来月13日に出版されるようだ。
バリー・レヴィンソン監督の次回作は、シークレット・サービスが主人公のサスペンス"The Sentinel"になる模様。マイケル・ダグラスが主演するらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」は週末興収11億3000万円、観客動員数80万3000人を記録したようだ。
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」のDVDが5月24日に発売されるようだ。
  2/25
是枝裕和監督作品「幻の光」(1995年)と「ワンダフルライフ」(1999年)のDVDが、それぞれ4月25日と3月28日に発売されるようだ。
東宝は25日、ヴァージン・シネマズ・ジャパンを100億円で買収すると発表した模様。
室賀厚監督「GUN CRAZY Episode-3 叛逆者の狂詩曲」「GUN CRAZY Episode-4 用心棒の鎮魂歌」の完成披露試写会が24日都内で行われ、仲根かすみ、大谷みつほ、加藤夏希、原史奈らが出席したようだ。
松竹は2003年2月期連結純利益を、子会社清算などに伴う特別損失の計上により当初見込みの18億9000万円から2億9000万円に下方修正した模様。一方「ハリー・ポッターと秘密の部屋」や「たそがれ清兵衛」などのヒットにより、単独売上高は842億円から847億円に上方修正したようだ。
「猿の惑星」に登場した、高さ2.3メートル、重さ1トンのサルの像が、都内の住宅街に出現したとか。ファンが54万円で購入、自宅前においたらしい。
東京電力と吉本興業の合弁会社casTYは、樋口可南子、板尾創路らが共演する短編映画「ミツワ」を来月1日から無料配信すると発表したようだ。
1979年にTVミニシリーズ「死霊伝説」として映像化されているスティーヴン・キングの小説「呪われた町」(Salem's Lot")が、米TNTで4時間ドラマとして映像化されるようだ。ロブ・ロウの主演が決まった模様。
第45回メキシコ映画賞のノミネーションが発表され、カルロス・カレラ監督の"El Crimen del Padre Amaro"("The Crime of Father Amaro")と、アグスティ・ヴィラロンガら3人の共同監督作品"Aro Tolbukhin - En la Mente del Asesino"("Aro Tolbukhin: In the Mind of the Murderer")が、それぞれ作品賞、監督賞を含む13部門でノミネートされたようだ。"Amaro"に主演したガエル・ガルシア・ベルナルは主演男優賞候補に挙がらなかった模様。
米Sony Pictures Classicsは、ケネディ、ジョンソン政権下で米国防長官を務めたロバート・S・マクナマラ(Robert S. McNamara)の生涯に焦点をあてるドキュメンタリー"The Fog of War"を計画しているようだ。
"Barbie in the Nutcracker"(2001年)、"Barbie as Rapunzel"(2002年)に続く、バービー人形が主人公のCGアニメ映画第3弾"Barbie of Swan Lake"が、9月に米国でビデオリリースされるようだ。ケルシー・グラマーらが声優として出演している模様。
パトリック・マーバー(Patrick Marber)作の舞台劇"Closer"が映画化される模様。マイク・ニコルズが監督を務め、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマンが主演候補に挙がっているようだ。
ダニエル・デイ=ルイスは、妻レベッカ・ミラーが監督するファミリー・ドラマ"Rose and the Snake"に主演するようだ。今年の夏より撮影が開始される模様。
ウォルフガング・ペーターゼン監督、ブラッド・ピット主演"Troy"に、ピーター・オトゥール、ジュリー・クリスティの出演が決まった模様。ブレンダン・グリーソン、ブライアン・コックスらも共演するようだ。また、撮影は4月からロンドンで開始され、公開日は2004年5月になるらしい。
米Columbia Picturesは、フレドリック・マーチ、ヴェロニカ・レイクが共演したコメディ「奥様は魔女」("I Married a Witch",1942年)をリメイクする模様。ダニー・デヴィートが監督を務め、トム・クルーズの主演が予定されているとか。一方、同じくColumbia Picturesが企画する人気TVドラマ・シリーズ「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の映画化では、ノーラ・エフロンが監督するらしい。ニコール・キッドマンの主演も確定したようだ。
英ブック・オブ・ザ・イヤーに、マイケル・ムーア著「アホでマヌケなアメリカ白人」("Stupid White Men")が選ばれたようだ。
各メディアが、英アカデミー賞(BAFTA awards)で主演女優賞を獲得したニコール・キッドマンを大きく取り上げるなど、オーストラリアでは米アカデミー賞への期待が高まっているようだ。
2002年にインドで製作された大作映画のほとんどが赤字となっており、ボリウッド全体では、100億ルピーの支出に対し40億ルピー(84億ドル)の損失となっている模様。インド映画の低迷についてある映画監督は「映画スターや音楽やダンスが映画を作ると考え、映画の魂である物語のことをみんな忘れている」と語ったようだ。
英ブックメーカーのLadbrokesによると、米アカデミー賞主演男優賞候補はダニエル・デイ=ルイスが1.9倍のオッズで1番人気のようだ。
各国の映画祭で注目され、イランでも記録的な大ヒットとなった「街の陰」("Under the Skin of the City",2001年)は、ラクシャン・パニエテマド監督が17年かけて脚本を完成させ、検閲を通すために3度書き直したらしい。「検閲の隙間をすり抜ける言葉を見つけること、それが私の専門分野になりました」と笑いながら語ったとか。
マーティン・スコセッシ監督は、"A Personal Journey with Martin Scorsese Through American Movies"(1995年)、"My Voyage to Italy"(1999年)に続く、ドキュメンタリー"A History of British Cinema"を企画しているようだ。
実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")に、アンソニー・エドワーズの出演も決まったようだ。ブレインズことHiram J. Hackenbackerを演じるらしい。 [☆オデコの広さで選んでないかぁ?]
サラ・ミシェル・ゲラーの次回作は、ジョエル・ガレン監督の"Romantic Comedy"になる模様。
ベン・アフレック主演「デアデビル」に登場する"エレクトラ"を主人公にした映画が企画されているらしい。
今月始めに殺害された女優ラナ・クラークソンの追悼会が23日、ハリウッドのHenry Fonda Music Box Theaterで開催され、主演した「野獣女戦士アマゾネス・クイーン」("Barbarian Queen",1985年)の上映などが行われたようだ。
メリル・ストリープに対し、フランス文化省は彼女の「勇気、繊細さ、感性、および決断力」を称え、芸術・文学勲章を授与したようだ。
  2/26
第12回日本映画批評家大賞の授賞式が25日都内で行われ、主演男優賞に佐藤浩市(「KT」)と加藤雅也(「荒ぶる魂たち」)、主演女優賞に宮沢りえ(「たそがれ清兵衛」)、新人賞に中村獅童(「ピンポン」)が選ばれたようだ。
「第20回DTC ダイヤモンド・パーソナリティ賞」授賞式が25日都内で行われ、吉永小百合に1000万円相当のダイヤのネックレスが副賞として贈られたようだ。
アカデミー賞授賞式のニューヨークへの誘致活動は、カリフォルニア州議会の猛反発などにより、結局立ち消えとなったようだ。
近鉄バファローズのルーキー下山真二は、キャンプ前「オールド・ルーキー」("The Rookie",2002年)を観て「おれもやるしかない」と思ったとか。
フランス政府は25日、吉田喜重監督に対し芸術文芸勲章オフィシエ章を授与したようだ。国立ギメ美術館で行われた授賞式には、夫人の岡田茉莉子も出席したらしい。
25日に亡くなったイタリアの国民的喜劇俳優アルベルト・ソルディ追悼のため、およそ6万人のファンが、ローマ市庁舎横の広場に安置された棺の前に集まったようだ。27日に大聖堂で行われる葬儀には、50万人が参列すると予想されているとか。
ジョン・ウーは、米MGMと結んでいた製作・監督契約を終了させ、新たに米Paramount Picturesと契約を結んだ模様。
アイス・キューブは、米Revolution Studiosと、最低2作品の製作・主演契約を結んだようだ。
米billboard誌は、米上院100議席のうち女性が14人を占めるのに対し、興収ベスト100の映画のうち女性監督作品は4作品しかなく「米上院ですらハリウッドより進歩的だ」と指摘したようだ。
米HBOとU.S. Comedy Arts Festivalが主催するコメディ映画賞(Comedy Film Honors)が発表され、「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")、「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy")、"Igby Goes Down"などが受賞したようだ。
デヴィッド・フィンチャー監督は"Mission: Impossible III"を降板、"Narc"のジョー・カーナハンが新たな監督となったようだ。
東京で出会った俳優と若い女性との物語を描く、ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"Lost in Translation"の北米配給権は、Focus Featuresが獲得したようだ。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は25日、アカデミー会員に投票用紙を発送したようだ。当日行われた式典では、同時に米郵政公社による記念切手"American Filmmaking: Behind the Scenes"の発表も行われた模様。ジーナ・ローランズ、アーネスト・ボーグナインらが描かれた切手は、芸術、撮影、衣装、監督、編集、メイクアップ、音楽、脚本、特殊効果、製作の、映画についての10の分野を描いており、アカデミー賞投票用紙の発送にもそれぞれの分野に合わせて使われたとか。
米NBCは、新作シチュエーション・コメディ"Once Around the Park"の主演として、ヘザー・ロックリア(Heather Locklear)と契約を結んだようだ。
「地上より永遠に」("From Here to Eternity",1953年)、「ピクニック」("Picnic",1955年)、「真夜中の向う側」("The Other Side of Midnight",1977年)などの作品を手がけ、米映画芸術科学アカデミーの会長も務めた、米脚本家のダニエル・タラダッシュ(Daniel Taradash)さんが22日亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ブルース・ウィリス主演のミステリー"Me Again"で、ダイアン・レインが共演候補に挙がっているらしい。現在出演交渉中のようだ。
聖マリア・ゴレッティの生涯を描いたTV映画がイタリアで放送され、視聴率35%、視聴者数1000万人を記録したようだ。
ブロードウェイの演奏家組合は、雇用する演奏家の最低数を定める契約条項について、制作者側と交渉中の模様。演奏家組合のストに備え、劇場側はコンピュータ制御による「バーチャル・オーケストラ」のリハーサルを行っているとか。
米Marvelは、Sony Pictures Entertainmentとの「スパイダーマン」の版権使用契約に関する訴訟を起こした模様。
米ABCのインタビューに応じたロバート・ブレイクは「もちろん私は無罪だ」と語ったようだ。
「白い酋長」("Lo Sceicco Bianco",1951年)や「青春群像」("I Vitelloni",1953年)、「フェリーニのローマ」("Roma",1972年)などのフェデリコ・フェリーニ監督作品をはじめ、数多くの作品に出演した、イタリア喜劇俳優のアルベルト・ソルディ(Alberto Sordi)さんが25日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英週末興収は「ザ・リング」("The Ring")が348万ドルで初登場1位を記録したようだ。Times紙のジェイムズ・クリストファーは「エクソシスト("The Exorcist",1973年)以来の恐ろしさだ」と絶賛しているとか。一方、首位をキープしていた"Two Weeks Notice"は2位、先週2位の「デアデビル」("Daredevil")は5位となった模様。
ソニーは、米Sony Pictures Entertainmentのジョン・キャリーCEOとの契約を2005年3月まで更新したと発表した模様。「スパイダーマン」などの大ヒットにより、2002年全米興収15億7000万ドル、世界興収28億7000万ドルを記録したことを評価したようだ。
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」("My Big Fat Greek Wedding")の大ヒットを受けて制作されたTVドラマシリーズ"My Big Fat Greek Life"が24日米CBSでスタート、平均視聴者数2290万人を記録したようだ。
「ローン・レンジャー」("The Lone Ranger")の新作が26日米WBで放送されるようだ。"Dawson's Creek"(1998-2003年)に出演していたチャド・マイケル・マーレイ(Chad Michael Murray)が主演を務めたらしい。
歌手デビューした上戸彩のライブツアーが、5月から全国6都市で開催されるようだ。また26日発売のニューシングル「Hello」には、初回限定盤10万枚にPVを収録したDVDが付くらしい。
ダグ・ライマン監督の新作スパイ・スリラー"Mr. and Mrs. Smith"は、ブラッド・ピットとニコール・キッドマンが共演することになる模様。
ケヴィン・レイノルズ監督の新作"Tristan & Isolde"にジェイムズ・フランコが出演する模様。
スティーヴン・ドーフの次回作は、ジェフリー・ライト(Geoffrey Wright)監督の新作アクション"Mule"になるようだ。
  2/27
「ハリー・ポッター」シリーズの表紙絵を手がけたトーマス・テイーラーは、婚約者の故郷フランスに引っ越すようだ。第1作「賢者の石」の報酬はたった300ポンド、競売にかけられた原画の利益も、ほとんどが出版社に渡ってしまったとか。
「バトル・ロワイアルII」にビートたけしが出演するようだ。回想シーンで登場するとか。来月に出演シーンの撮影が行われる模様。
三池崇史監督「許されざる者」の完成発表が26日都内で行われ、加藤雅也、藤竜也、相田翔子らが出席したようだ。
28日から立川市で「サンタマニア・ショートフィルム・フェスティバル」が開催されるようだ。
韓国盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は17日、教育相を除く19閣僚を任命したようだ。文化観光相には「ペパーミント・キャンディー」(1999年)などを手がけている映画監督の李滄東(イ・チャンドン)が起用されたらしい。
英BBCのインタビューに答えたジェニファー・ロペスは、バレンタインデーに予定したベン・アフレックとの挙式を延期した、とする一部の報道を否定したようだ。
米DreamWorksは、「ハリー・ポッター」に続くヒットが期待されている、英作家ルイザ・ヤングと10歳の娘イザベルによる児童書"Lionboy"と、それに続く2作について、映画化権を獲得したようだ。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクに対する予審が26日行われ、依然雇われていた私立探偵が出廷し、1999年に妻の妊娠を知った被告が「医者を雇って中絶させるか、それがだめなら殺す」と発言した、と証言したようだ。
ヒラリー・スワンク、チャド・ロウ夫妻は映画製作会社Accomplice Filmsを設立したようだ。「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde")のアマンダ・ブラウンによる小説"Family Trust"の映画化を含む3作品の企画があるらしい。
ミュージカル映画「野郎どもと女たち」("Guys and Dolls",1955年)のリメイクは、米Miramax Filmsが権利獲得交渉に入っている模様。
リチャード・プライヤーは、米ケーブル局Showtimeによる新作シチュエーション・コメディ"Pryor Offenses"に主演するようだ。
米CBS人気トークショー"Late Show"の司会を務めるデヴィッド・レターマンが、目の病気のため26日の放送を休んだようだ。代わりにブルース・ウィリスが司会を務めたらしい。
チャーリー・シーン出演が決まった"Scary Movie 3"に、妻デーニス・リチャーズも出演するらしい。
6月に予定されている"8 Mile"日本公開に合わせて、エミネムの来日が企画されているようだ。4月にはアルバム「ザ・エミネム・ショウ」の日本限定スペシャルパッケージも発売されるとか。
椎名林檎が企画・出演した「百色眼鏡」が、5月に開催される第56回カンヌ映画祭のコンペ部門に出品される模様。
ジェイムズ・ヴァン・ダー・ビークは、オフ・ブロードウェイで上演されるランフォード・ウィルソン(Lanford Wilson)作の舞台"Raindance"に出演するようだ。
"Mister Rogers' Neighborhood"(1966-2001年)などの子供向け番組で人気を集め、「キャスパー」("Casper",1995年)にも本人役で出演した、TV司会者のフレッド・ロジャーズさんが27日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
人気アニメシリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons")に、J・K・ローリングが出演するらしい。ローリング自ら声を担当したようだ。イアン・マッケランも登場するとか。
米脚本家組合(Writers Guild of America)の東海岸支部は、ノーラ・エフロンに特別功労賞を授与すると発表したようだ。来月8日に開催される第55回米脚本家組合賞授賞式で表彰される模様。
  2/28
「北京ヴァイオリン」("Together")プロモーションのため、チェン・カイコー監督と出演のタン・ユン、チェン・ホンらが来日、27日行われた記者会見に出席したようだ。
「ウルトラマン」シリーズの国外利用権を譲渡されたと主張するタイ映画製作会社のサンゲンチャイ・ソンポテ会長と、円谷プロダクションが争っていた裁判で、東京地裁は会長側に利用権を認める判決を下したようだ。
イタリアの国民的喜劇俳優アルベルト・ソルディの葬儀が27日、ローマの大聖堂で行われ、およそ25万人が参列したようだ。
ロバート・ブレイクに対する予審で証言に立ったスタントマンは、彼から1万ドルで妻殺害を依頼された、と語ったようだ。
ミケランジェロ・アントニオーニ、ウォン・カーウァイらと共に、デヴィッド・クローネンバーグ監督が手がける短編オムニバス"Eros"に、ロバート・ダウニーJr.とアラン・アーキンの出演が決まった模様。
米Palm Picturesは、コニー・ニールセン、クロエ・セヴィニー、ジーナ・ガーションらが共演するテクノ・スリラー"Demonlover"の、米国およびカリブ海地域での配給権を獲得したようだ。昨年のカンヌ映画祭コンペ部門に出品されたオリジナルより13分短いバージョンでの上映になるらしい。
"How to Lose a Guy in 10 Days"のドナルド・ペトリー監督次回作は、元米大統領を主人公にしたロマンチック・コメディ"Welcome to Mooseport"になるようだ。
ジャック・ブラックとウィル・ファレルが監督・脚本・主演を務める、コメディ映画が製作される模様。2人はロサンゼルスのバイク警官に扮するとか。
これまでに何度か映像化されているケネス・グラハム(Kenneth Grahame)の小説"The Wind in the Willows"を、ウォルト・ディズニーがCGと実写の合成で映画化する模様。ギレルモ・デル・トロが監督と脚本を務めるようだ。
6月3日に全米で発売される「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day")のDVDプロモーションのため、MGMは「ワイルド・スピードX2」("2 Fast 2 Furious")、「マトリックス・リローデッド」("The Matrix Reloaded")、「X-メン2」("X-Men 2")などの公開劇場で予告篇を上映するようだ。
7月からナミビアで予定されていたシリーズ最新作"Mad Max: Fury Road"の撮影は、イラクとの戦争の可能性が高まっていることから、秋まで延期されるようだ。
「メイド・イン・マンハッタン」("Maid in Manhattan")プロモーションのためロンドンを訪れているジェニファー・ロペスは、滞在中のホテルから100メートル先の別のホテルに向かうため、リムジン6台で移動したらしい。
米UPNの人気TVシリーズ「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997年-)は5月20日の放送での終了が決定したようだ。
OasisやSpice Girls、Blurなどの"Britpop"が世界を席巻していた90年代を振り返る、ジョン・ダウアー監督によるドキュメンタリー"Live Forever"が来月から英国で上映されるようだ。ノエル・ギャラガー、リアム・ギャラガー、ジャーヴィス・コッカー、デイモン・アルバーンらとのインタビューもあるらしい。
今シーズンでの終了が決定した人気TVシリーズ「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997年-)について、クリエイターのジョス・フェドン(Joss Whedon)は、「エンジェル」("Angel",1999年-)に続く新たなスピンオフを企画している模様。
宇田鋼之介監督「ワンピース デッドエンドの冒険」の主題歌「sailing day」のPVで、バンプ・オブ・チキンとアニメの主人公ルフィが共演しているらしい。
ボブ・ラフェルソン監督「ノー・グッド・シングス」("The House on Turk Street")の試写会と神田うのによるトークショーが27日都内で行われたようだ。 [☆映画とは別の話題で盛り上がったようで・・・]
「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)や「マイノリティ・リポート」("Minority Report",2002年)などで製作を務めているジェラルド・R・モレン(Gerald R. Molen)が、「ルパン三世」の映画化権を獲得した模様。
シャーロック・ホームズの捜査を手伝っていた子供たちを描く映画"Baker Street Irregulars"が製作されるようだ。クリストファー・リーがホームズを演じ、マルコム・マクダウェルが共演するらしい。
ブリジット・フォンダが27日、ロサンゼルスで1998年型Jaguarを運転中、大雨のため運転を誤り事故を起こしたらしい。軽症を負い、入院中の模様。
米Country Music Televisionが4月に放送するミュージック・ビデオ賞番組"Flameworthy 2003"で、カントリー・シンガーのトビー・キースと、「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)で知られる女優のパメラ・アンダーソンが司会を務めるようだ。