シネマトピックス(2004年11月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  11/1
えちぜん鉄道の福井駅で流れる発車音が1日から変更されたようだ。福井県の出身で、「誰も知らない」(是枝裕和監督,2004年)などの音楽を手掛けている、作曲家の笠松泰洋が担当したらしい。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに高さ32.78メートルのクリスマスツリーが登場、1日行われた点灯式にはアニマル浜口、浜口京子親子が参加したようだ。
根岸吉太郎監督「透光の樹」を途中降板していた萩原健一が、出演料の全額支払をプロデューサー側に要求していたらしい。
第28回山路ふみ子映画賞が発表されたようだ。
・映画賞:黒木和雄(「父と暮せば」)
・映画功労賞:高林陽一
・文化賞:千野皓司(「血の絆」)
・文化財団特別賞:渡辺謙(「ラスト・サムライ」)
・福祉賞:是枝裕和(「誰も知らない」)
・女優賞:宮沢りえ(「父と暮せば」)
・新人女優賞:一青窈(「珈琲時光」)
19日開幕する予定の舞台「8人の女たち」に出演予定だった加藤治子が先月29日、不安定狭心症と診断され降板が決まったようだ。喜多道枝が代役を務める模様。
韓国の新作ドラマ「悲しい恋人」で、兵役逃れ問題で降板したソン・スンホンの代役にヨン・ジョンフンが決まった模様。
「第2のキム・ハヌル募集中」として、チョ・ソンモの新作PVに出演する新人女優の公開オーディションの募集を行ったところ、約2万人が応募したらしい。
チョウ・ユンファが先月29日、香港浸会大学で学生との座談会を行ったようだ。
CinemaNowによる、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のインターネット配信は、1日夜8時(東部標準時)にスタートするようだ。料金は9.95ドルらしい。
「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde",2001年)のロバート・ルケティック監督は、エイミー・グレイ(Amy Gray)の回想録"Spygirl: True Adventures From My Life as a Private Eye"に基づく米WB Networkによるドラマで、監督と製作総指揮を務めるようだ。
"Last Holiday"(1950年)のウェイン・ワン監督、クイーン・ラティファ、LL・クール・J共演によるリメイクで、ジェラール・ドパルデューとジャンカルロ・エスポジートの共演が決まったらしい。
全米週末興収は、清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")が2240万ドル(3348館)で1位を維持、ジェイミー・フォックスがレイ・チャールズを演じる"Ray"は2011万ドル(2006館)で2位、ジェイムズ・ワン監督によるスリラー「ソウ」("Saw")は1740万ドル(2315館)で3位、ニコール・キッドマン主演"Birth"は170万ドル(550館)で11位のスタートとなったようだ。
リチャード・ドレイファスは「映画でしたいことはもうないし、映画のほうも僕を求めてはいない」と語ったらしい。
31日閉幕した第17回東京国際映画祭でスティーヴン・スピルバーグ監督「ターミナル」("The Terminal")がクロージング作品として上映され、出席したトム・ハンクスに石原さとみが花束を贈呈したらしい。
男女の性行動について研究し、米国での性教育に大きな影響を与えているアルフレッド・キンゼイ(Alfred Kinsey)の半生を描く、ビル・コンドン監督、リーアム・ニーソン主演"Kinsey"が12日から米国で公開されるようだ。
Cheriが、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」にインスパイアされて書き下ろした新曲「LONGING」が、3日にリリースされるらしい。
AII「ドラマ韓」で、ぺ・ヨンジュン、チョン・ドヨン共演のドラマ「別れる6つの段階」(1995年)の配信がスタートしたようだ。チャ・テヒョンも特別出演しているらしい。
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演の新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"の撮影が無期限延期となっている模様。予算を大幅に超えた上、多くのシーンで再撮影が必要になっており、主演2人のスケジュール調整がつかないらいしい。
サラ・ミシェル・ゲラーは、「『キル・ビル』("Kill Bill")に出たかったわ。去年見た中でも、最高に素晴らしい作品だった。セットも美しいし、ユマ・サーマンも素晴らしかった。ユマ・サーマンもクエンティン・タランティーノも傑作を生み出したことに満足しているはずよ」と語ったようだ、
ハンス・バウアー(Hans Bauer)とクレイグ・ミッチェル(Craig Mitchell)による脚本"Motorcade"を、米DreamWorksが獲得した模様。「ザ・シークレット・サービス」("In the Line of Fire",1993年)と「ブラックホーク・ダウン」("Black Hawk Down",2001年)を合わせたような作品になるとか。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")を手掛けた、Playtoneのトム・ハンクスとゲイリー・ゴーツマン(Gary Goetzman)は、ジェニー・デュープロ(Jeanne DuPrau)のベストセラー小説「エンバー 失われた光の物語」("The City of Ember")の映画化権を獲得した模様。ギル・キーナン(Gil Kenan)が監督を務め、「シザーハンズ」("Edward Scissorhands",1990年)のキャロライン・トンプソンが脚本の執筆で交渉に入っているようだ。
リチャード・リンクレイター監督、ビリー・ボブ・ソーントン主演による「がんばれ!ベアーズ」("The Bad News Bears",1976年)のリメイクで、マーシア・ゲイ・ハーデンが出演交渉中らしい。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")を手掛けたアン・ピーコック(Ann Peacock)は、「メッセージ・イン・ア・ボトル」("Message in a Bottle",1999年)や「ウォーク・トゥ・リメンバー」("A Walk to Remember",2002年)、「きみに読む物語」("The Notebook",2004年)の原作で知られるニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の小説"Nights in Rodanthe"の映画化で脚本を担当するようだ。
「エンジェル」("Angel",1999-2004年)のデヴィッド・ボレアナズ(David Boreanaz)は、潜入捜査官を主人公にした米ABCの新作ドラマに主演するようだ。
映画ファンの投票によると、次期「ブリジット・ジョーンズ」候補には、ケイト・ウィンスレットが41%の圧倒的支持を受けて1位に選ばれたようだ。2位はリース・ウィザースプーン、3位はジェニファー・アニストンだったらしい。
  11/2
映画「爆裂都市」の試写会が1日都内で行われ、8月に脳梗塞で倒れ治療中の高山善広が出席したようだ。
来月3日に開催される「日韓女子プロゴルフ対抗戦」にイ・ビョンホンの出場が内定したらしい。一般ギャラリー向けのチケット販売は無いとか。
Pixar/Disneyの新作アニメ「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の日本語吹替版収録が1日都内で行われ、綾瀬はるからが参加したようだ。
松島哲也監督「ゴーヤーちゃんぷるー」を企画した森田健作が1日、出演する子役3人と共に、沖縄県の稲嶺恵一県知事を訪問したようだ。
紀里谷和明監督「CASSHERN」の26カ国での公開が決定したようだ。現在、全米公開向けに再編集作業が行われているらしい。
業務上過失傷害の疑いで逮捕されていた萩原健一が2日、横浜簡易裁判所に略式起訴され、同日罰金40万円の略式命令を受けたようだ。
酉の市が2日、浅草の鷲神社で始まったようだ。今年は「冬のソナタ」の熊手も登場したらしい。
政府は2日付けで、2004年秋の褒章受章者を発表、紫綬褒章には漫画家の黒鉄ヒロシ、撮影監督の長沼六男、女優の三田和代らが選ばれたようだ。
韓国SBSのドラマ「ガラス絵」で、金子昇がキム・ハヌル、イ・ドンゴンと共演するらしい。
ホ・ジノ監督次回作「外出」で、ペ・ヨンジュンの出演が決まったようだ。
韓国ビデオレンタルチャートでカム・ウソン主演「R-POINT」が1位を記録したようだ。
「チルソクの夏」の佐々部清監督と主演の鈴木淳評が1日韓国を訪れ、ソウル市内で行われた試写会に出席したようだ。
現在韓国で公開中のピョン・ヒョク監督の新作「朱紅文字」で、ハン・ソッキュとイ・ウンジュの濃密なラヴシーンが注目を集めているとか。
関内MGAなど6館7スクリーンの劇場を運営する、横浜市の中央興業が廃業することになったようだ。
ショーン・ペンが1日、ラスヴェガスで各家庭を訪問、ケリー候補支持を呼びかけたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)が、DVDの違法コピーを可能にする装置のメーカーにマイクロチップを販売したとして米Sigma Designs社を訴えていた問題で、MPAAは1日、和解が成立したと発表したようだ。
ドイツの映画週末興収は、グリム童話のパロディ"Seven Dwarves"が1130万ドルの大ヒットとなったようだ。一方フランスではジャン=ピエール・ジュネ監督"A Very Long Engagement"が970万ドルで興収1位となった模様。
英国のDVDレンタル会社の調査によると、「最悪のリメイク」の第1位には、オリジナルではマイケル・ケインが主演した、シルヴェスタ・スタローン主演「追撃者」("Get Carter",2000年)が選ばれたようだ。同じくマイケル・ケインが主演し、ジュード・ロウの主演でリメイクされた"Alfie"(2004年)も6位に入ったらしい。
National Enquirer紙やStar誌などを発行するAmerican Media社は1日、フィットネス雑誌Slyの出版についてシルヴェスタ・スタローンと提携する、と発表したようだ。来年1月がら発売されるらしい。
「スカパー!BB」が2日リニューアルオープン、押井守監修「風人物語」放送開始記念特別番組「風のゆくえ」などの配信がスタートしたようだ。
都内で開催された「ネットシネマカーニバル」で先月31日、林海象監督の主催による「映像探偵社」の株式会社化が発表されたようだ。ネットシネマ「探偵事務所5」シリーズ全26本の製作も発表されたらしい。
「ソウ」("Saw",2004年)の続編製作が発表された模様。来年のハロウィンに公開予定とか。
ピアース・ブロスナンは「(007役は)コリン・ファレルに譲るよ。彼には存在感があるし、彼ならいい作品が出来る」と語ったらしい。またクエンティン・タランティーノ監督と「カジノ・ロワイヤル」("Casino Royale",1967年)の再映画化について話し合ったことを明らかにしたようだ。
クエンティン・タランティーノ監督は、全編中国語によるカンフー映画を企画しているらしい。
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")は今月12日から全米500館で先行公開されることが決まったようだ。19日からは2500館に拡大されるらしい。
Emmett/Furla Filmsは、ギャングに立ち向かう自警団を描く新作"Saturday Night Special"の製作について最終交渉に入ったようだ。マイク・ジェンセン(Mike Jensen)が脚本を担当、音楽ビデオやCMで知られるマーティン・ワイズ(Martin Weisz)が監督を務める模様。
ヒラリー・ダフは、Good Charlotteのリードヴォーカル、ジョエル・マデン(Joel Madden)と交際中らしい。日本でのツアーの間、マデンの名前の入ったブレスレットをしていたようだ。
グウェン・ステファニーは「(2002年に)結婚した時、すぐに6〜7週間のツアーに出て、その間(夫の)ギャヴィン(・マグレガー・ロスデイル)とは会えなかったの。とても残酷だった。赤ちゃんが欲しい、映画に出たい、死んでしまいたい、という声が耳の中でずっと聞こえていたわ」と語ったようだ。
奥田民生による先月30日の広島市民球場でのライヴの模様と、地元女子高生のドラマを描く映画「10.30カスタムメイド」は、CM監督として活躍するA.N.I.K.I.が監督を務め、木村カエラがヒロインを務めるようだ。
小川洋子原作、小泉堯史監督の新作「博士の愛した数式」で寺尾聰が主演を務めるようだ。
オリコンシングルチャートで、ORANGE RANGE「花」が2週連続1位を獲得したようだ。男性グループによる劇映画主題歌の2週連続1位は、チェッカーズ「あの娘とスキャンダル」以来19年7ヵ月ぶりとか。
Single Cell Picturesは、マイケル・スタイプ(Michael Stipe)、サンディ・スターン(Sandy Stern)と共同で、ジョン・クロキダス(John Krokidas)脚本・監督による短編作品"Slo-Mo"の長編化についてオプション契約を結んだようだ。
「となりのサインフェルド」("Seinfeld",1989-1998年)などを手掛けたベテラン脚本家、グレッグ・カヴェット(Gregg Kavet)とアンディ・ロビン(Andy Robin)による新作コメディ"Live Free or Die"で、アーロン・スタンフォード、ポール・シュナイダー、マイケル・ラパポート、ケヴィン・ダン、ズーイー・デシャネル、ジューダ・フリードランダー(Judah Friedlander)、エボン・モス=バクラック(Ebon Moss-Bachrach)らが共演するらしい。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のブラッド・バード監督は、コスチューム・デザイナーのエドナの声も担当したらしい。「何人かの女優を試したんだが、結局『違う。もっと声を低く、こんな風に』と言い続ける羽目になったんだ」と語ったようだ。
米NBCは、CGアニメシリーズ"Father of the Pride"について11月分の放送を休止、代わりに新しいリアリティ番組"The Biggest Loser"を放送するようだ。残りのエピソードは、その後に放送される模様。
ジャスティン・セロウは、ジョン・スティンプソン(John Stimpson)監督のサイコスリラー"The Legend of Lucy Keyes"で、ジュリー・デルピーと共演するようだ。マサチューセッツで今月から撮影が始まる模様。
漫画家から脚本家に転向し、「ゴースト・ワールド」("Ghost World",2000年)などを手掛けているダニエル・クロウズ(Daniel Clowes)は、スコット・ルディン(Scott Rudin)とParamount Picturesの製作による新作"Backyard Resistance"で脚本を担当するようだ。「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」("Raiders of the Lost Ark",1981年)のリメイクを7年間かけて自主制作した3人の少年の実話に基づく作品になるらしい。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)、「エンジェル」("Angel",1999-2004年)などを手掛けたTVプロデューサのジョス・ウェドン(Joss Whedon)は、米FOXとの契約を打ち切った模様。しばらくはまもなく誕生する2人目の子育てに専念する予定とか。
パリス・ヒルトンは、テニスプレイヤーのマーク・フィリポーシス(Mark Philippoussis)と交際中らしい。
10月22日から24日まで開催された「東京国際エンタテイメントマーケット2004」の総入場者数は、3日間で59,809人に達したようだ。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の監督候補に、ジャン=ピエール・ジュネの名前が挙がっているらしい。
  11/3
第3回まんがの日大賞を受賞した佐藤江梨子は、1000冊の漫画本を新潟県中越地震の被災地の子供たちに寄付するらしい。
日本旅行は、森田芳光監督「海猫」のロケ地を巡る函館旅行ツアーを発売したようだ。
パワードコム、東芝、東京電力の3社は2日、光ファイバー経由でDVDレコーダーに映像を配信するサービスを発表したようだ。
政府は3日付で2004年秋の叙勲を発表、旭日小綬章には女優の香川京子、脚本・演出家の植田紳爾、作曲家の市川昭介らが選ばれたようだ。
イム・チャンサン監督「大統領の理髪師」が、4日からフランスで開催される第10回Asian Film & Culture Festivalのコンペ部門に出品されるようだ。
キム・ユンジンは、イム・ギョンス監督の新作「10月の日記」でスクリーンに復帰するようだ。
キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演の新作「甘い人生」の日本国内配給権を、日本ヘラルドとポニーキャニオンが320万ドルで獲得したらしい。
中国では、ドラマシリーズなどをより少ない枚数のDVDに収録した「圧縮DVD」と呼ばれる海賊版が今年から出回り始め、ライセンス収入が半分に落ち込むなどの影響が出ているらしい。
年末に中国で公開となるフォン・シャオガン監督、アンディ・ラウ、ルネ・リウ共演の新作「天下無賊」の映像権を広州飛仕音像公司が800万元で獲得、1週間後にはDVDを発売したい、との意向を明らかにした模様。一方、同作の配給会社は「規定では、映画上映2週間後に初めて映像ソフトを発売することができる」とし、「双方が交渉中」とコメントしたようだ。
米CBSは、ロブ・ロウ主演の新しいTVシリーズ"Dr. Vegas"について、視聴率が伸び悩んだことから、放送を中断した模様。
米大統領選パーティが3日ロンドンで行われ、レネー・ゼルウィガー、ヒュー・グラントらが出席したらしい。
ジェシカ・ラング、ネーヴ・キャンベル、エヴァン・レイチェル・ウッドは、「プラクティカル・マジック」("Practical Magic",1998年)を手掛けた脚本家ロビン・スウィコード(Robin Swicord)の監督デビュー作"The Mermaids Singing"の出演契約にサインしたようだ。
米FOXの人気ドラマ"The O.C."(2003年-)に、キム・デラニーのゲスト出演が決まったようだ。また、米NBCの人気TVドラマ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)にテリー・ポロが出演するらしい。
米CATV局ABC Familyの新作TVコメディ映画"Blended"で、ジョシー・ビセット(Josie Bissett)、ロブ・エステス(Rob Estes)夫妻の共演が決まった模様。
大統領選を前にした特番"Saturday Night Live Presidential Bash 2004: The Great Debates"が1日米NBCで放送され、同局の午後10時代の平均の約2倍となる視聴者数1310万人を記録した模様。
米CATV局FXは、イラクの最前線での兵士達と彼らが残してきた家族を描くドラマ"Over There"の制作を、"NYPD Blue"(1993-2005年)などを手掛けるベテラン・プロデューサーののスティーヴン・ボチコ(Steven Bochco)に依頼したようだ。
Paramount Pictures会長のシェリー・ランシング(Sherry Lansing)が、契約が終了する2005年末に会長を辞める、とLos Angeles Timesが報じた模様。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの遠縁に当るオランダ人映画監督のテオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)が2日、男に射殺されたようだ。イスラム社会での女性への虐待を描いた短編作品"Submission"が同国で8月にTV放映されて以来、殺害の脅迫を受けていた模様。
ウェス・アンダーソン監督、ビル・マーレイ主演最新作"The Life Aquatic With Steve Zissou"のポスターが公開されたようだ。
クリスチャン・ベイルとフレディ・ロドリゲス(Freddy Rodriguez)は、「トレーニング・デイ」("Training Day",2001年)のデヴィッド・エイヤー(David Ayer)の監督デビュー作となるインディ作品"Harsh Times"で共演するようだ。西海岸版「ミーン・ストリート」("Mean Streets",1973年)とか。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の最新ポスターが公開されたようだ。
Warner Bros. Picturesは、10日から全米公開予定のロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")を、全米500の劇場とIMAXシアターで6日に先行上映すると発表したようだ。
ダース・モールのように赤い目のアナキン・スカイウォーカー、Xウィングのプロトタイプ、チューバッカ率いるウーキー達、そして、ジェイムズ・アール・ジョーンズによるベイダーの声・・・?
ブリトニー・スピアーズは、母親になる前にタバコを止めると決意、英国の禁煙の第1人者アレン・カー(Allen Carr)氏のクリニックで5時間コースの診療を受けるつもりらしい。
ジェシカ・シンプソンは7-Upの広告契約を断ったようだ。「だってもし7-Upを受けたら、コカコーラやペプシは絶対出来ないでしょ。ベストな契約を結ぶべきよ。私はミュージシャンであると同時に賢いビジネスウーマンでもあるのよ」と語ったらしい。
イ・ビョンホンが来月3日開催の「ピンクスカップ日韓女子プロゴルフ対抗戦」に出場内定と報じられたことについて、所属事務所は「2週間ほど前に出場の打診があったが、仕事の都合でお断りしました」と出場を否定した模様。
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」("The Transformers")の実写映画化は、「キャットウーマン」("Catwoman",2004年)を手掛けたジョン・ロジャーズ(John Rogers)が脚本を担当する模様。
マーナ・ロイ(Myrna Loy)とウィリアム・パウエル(William Powell)が共演した"I Love You Again"(1940年)を、New Line Cinemaがリメイクするらしい。「ハネムーン・イン・ベガス」("Honeymoon in Vegas",1992年)などを手掛けたアンドリュー・バーグマン(Andrew Bergman)が脚本を担当するようだ。
リドリー・スコット監督は、米CBSの新作ドラマシリーズ"Numbers"を手掛けるらしい。FBI捜査官と天才的数学者の兄弟が事件を解決していく・・・という話らしい。
キューバ・グッディングJr.、バート・レイノルズ、ジェイムズ・ウッズの3人は、アンディ・チェン(Andy Cheng)監督の新作スリラー"Endgame"で共演するらしい。来年2月にワシントンで撮影が始まるようだ。
中国出身のオペラ監督チェン・シゼン(Chen Shi-Zheng)の映画監督デビュー作となる、メリル・ストリープ、リュウ・イエ共演の新作"Dark Matter"に、グレッグ・キニアの出演が決まったようだ。
「ロミオ・マスト・ダイ」("Romeo Must Die",2000年)の脚本家エリック・ベルント(Eric Bernt)は、カル・ペン(Kal Penn)、ジョナサン・ベネット(Jonathan Bennett)共演の"Vegas Baby"で監督デビューを果たすようだ。
来年公開予定の"Dungeons & Dragons 2: The Elemental Might"に続くシリーズ第3作の製作が決定した模様。
スコットランドの詩人ロバート・バーンズ(Robert Burns)を描く、ヴァディム・ジーン(Vadim Jean)監督、ジェラルド・バトラー主演の新作"Burns"で、ジュリア・スタイルズ、ブライアン・コックス、ジョン・ハンナ、ジェイムズ・マカヴォイ(James McAvoy)、ジェイムズ・コスモ、デヴィッド・オハラ(David O'Hara)、デヴィッド・ハイマンが共演するらしい。
ガイ・ピアースは、マーク・ファーガス脚本・監督の新作"First Snow"に主演する模様。霊能力者から死を予言された男がノイローゼに陥っていく話らしい。
USA Todayは、Disney/Pixarの最新作"Cars"からの画像を公開したようだ。「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の公開と同時に予告篇上映もスタートするらしい。
  11/4
NHKの海老沢勝二会長は4日の定例会見で、制作技術センター職員による452万円着服事件について謝罪したようだ。
ソン・スンホンは4日、徴兵のための身体検査を受けたようだ。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")の特別試写会が、今月27日に青函トンネル内で行われるらしい。海面下240メートルで行われる世界最深の試写会としてギネスブックに申請する予定とか。
ゴジラ生誕50年を祝う記念イベントが3日大阪・梅田で開催され、500人のファンが殺到したらしい。
米大統領選の民主党候補ケリー上院議員は3日、ブッシュ大統領への電話で敗北を認めた模様。
先月4日からスタートした韓国MBCの朝のトーク番組「イ・ヒョヌ、チェ・ウンギョンのいい予感」で司会を務めるイ・ヒョヌが、15日で降板する模様。「多忙なスケジュールで体調が良くない」ためらしい。
5日から韓国で公開されるチョン・ウソン、ソン・イェジン共演の新作「私の頭の中の消しゴム」のサントラが話題になっているらしい。
ピョン・ヒョク監督「朱紅文字」に出演したソン・ヒョナが「二重瞼と歯茎の整形手術を受けた」と告白したらしい。
天皇、皇后両陛下は4日、文化勲章受章者と文化功労者を招いた茶会を開き、山田洋次、井上ひさしらが出席したようだ。
エルトン・ジョンは、ロッド・スチュワート、ミック・ジャガー、フレディ・マーキュリー、デヴィッド・ボウイら大物ミュージシャンをモデルにしたTVコメディを企画しているらしい。
2日夜から放送された米大統領選挙関連番組では、米NBCが視聴者数1570万人を記録したほか、ABCが1370万人、CBSが1010万人に達した模様。
ラッセル・マルケイ監督次回作は実写とCGの合成によるコメディ作品"Russell"になる模様。アボリジニのシャーマンによってコアラに変えられてしまった男の話とか。
フロリダ州にあるテーマパークDisney MGM StudioのアトラクションThe Magic of Disney Animationに、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のキャラクタが登場したようだ。
エリック・クラプトンに大英帝国勲章第三位(CBE)が授与されたらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、P2Pによる映画作品の無断配信を行っている個人に対する訴訟の準備を進めているらしい。
Samuel Goldwyn Filmsは、9月のトロント国際映画祭でプレミア上映されたマイケル・マッゴーワン(Michael McGowan)脚本・監督、キャンベル・スコット、アダム・ブッチャー、ジェニファー・ティリー共演のコメディ"Saint Ralph"の米国内配給権を獲得したようだ。来春公開となる模様。
先月26日に米国で発売されたザック・スナイダー監督「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead",2004年)のDVDとVHSは、31日までの5日間に200万本以上の売上を記録したらしい。
まもなく全米公開となるPixar/Disneyの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のブラッド・バード監督は「馬鹿げているよ。もし、『ファインディング・ニモ』("Finding Nemo",2003年)より1ドルでも稼ぎが少ないと、みんな『Pixarの終焉の始まりだ』というつもりなんだろうけど」と語ったらしい。
ジェッキー・チェンは「どこまで行けるかは分からないが、進み続けるつもりだ。映画こそが僕の仕事だ。もし、スクリーンに登場しないとしても、監督かプロデューサーをやりたい」と語ったようだ。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演によるSFスリラー"The Island"のデトロイトでのロケが始まったようだ。
ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフ姉妹が、Maverick Filmsによる新作コメディ"Material Girls"で共演する模様。監督はまだ未定で、来年1月からの撮影開始が予定されているらしい。
クリント・イーストウッド監督最新作"Million Dollar Baby"のポスターが公開されたようだ。
ジェニファー・ロペスは、ロンドンのボンド・ストリートに開店したMaxmaraの新しいショップのオープニング・パーティに招待され、ドレス10着をプレゼントされていたものの、ペプシの広告撮影で疲れたと言って、結局会場には姿を現さなかったらしい。
スカーレット・ヨハンソンは「自分を愛してくれる人無しに暮らすには、ロサンゼルスはとても辛い場所。ものすごく孤独で、自分を大切にしていないと蝕まれてしまうわ」と語ったようだ。
ジー・モードは、角川ホラーシネマ「MAIL」を題材にしたEZweb向けゲームの配信をスタートしたようだ。
エルトン・ジョンが、10年以上交際していたカナダ人のデヴィッド・ファーニッシュ氏と結婚するらしい。
クライヴ・バーカー(Clive Barker)のMidnight Picture Showは、Armada Picturesと共同で新作ホラー・スリラー"Plague"を製作するらしい。ハル・メイソンバーグ(Hal Masonberg)が脚本と監督を務めるようだ。
Classic Mediaによる3D-CGアニメ"Peter Cottontail: The Movie"で、ロジャー・ムーア、モリー・シャノン、トム・ケニー、クリストファー・ロイドが声優として参加するようだ。
マーティン・スコセッシ監督"The Aviator"で映画デビューする子役のジェイコブ・ダヴィッチ(Jacob Davich)は、ロバート・ロドリゲス監督の新作"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D"への出演が決まったようだ。
ハンニバル・レクター・シリーズ最新作"Behind the Mask"の監督はピーター・ウェーバーに決まったらしい。
ロバート・ロドリゲス監督次回作"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl"への共同出資に向けて、SonyがDimension Filmsと協議中のようだ。
WWEのジョン・シナ(John Cena)が主演するジョン・ボニート(John Bonito)監督の新作"The Marine"で、ケリー・カールソンの共演が決まったようだ。撮影は今月からオーストラリアで始まる模様。
「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」("Oliver and Company",1988年)、「ルール2」("Urban Legends: Final Cut",2000年)などに出演しているジョセフ・ローレンス(Joseph Lawrence)は、2002年に結婚した妻ミシェル・ヴェラ(Michelle Vella)と別居している模様。
ジェイン・シーモアが、米WBのTVシリーズ「ヤングスーパーマン」("Smallville",2001年-)にゲスト出演するらしい。
「十二人の怒れる男」("Twelve Angry Men",1957年)のブロードウェイ舞台版で、フィリップ・ボスコ、ボイド・ゲインズ(Boyd Gaines)らの共演が決まったようだ。
ショーン・アスティンの母親で「奇跡の人」("The Miracle Worker",1963年)や「キスへのプレリュード」("Prelude to a Kiss",1992年)などに出演しているパティ・デューク(Patty Duke)が3日、アイダホの病院で心臓のバイパス手術を受けるらしい。
「ギルバート・グレイプ」("What's Eating Gilbert Grape",1993年)への出演当時"新しいマーロン・ブランド"と絶賛されたレオナルド・ディカプリオは「多くの人々に称賛されると、自分自身の重要性や自分の成し遂げてきたことに誤った感覚を抱いてしまう。自分は歴史の流れを変え、と思い込んでしまうんだ」とVanity Fair誌に語ったらしい。
ソニーは、解像度4,096×2,160ドットの4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)を採用したデジタルシネマ向けプロジェクタを来年3月に発売するようだ。
チャック・ノリスとダニエル・バーンハードは、ビル・タネン監督の新作アクション"The Cutter"で共演するらしい。
  11/5
宮崎駿監督「ハウルの動く城」で声優を務めた倍賞千恵子は「歌までやるのはちょっとやりすぎじゃないかしら、と思いました」と語ったようだ。
渡辺孝好監督「ヒナゴン」が総務省から推薦を受けることになり、主演の井川遥が5日、麻生太郎総務相から推薦状を受け取ったようだ。
羽住英一郎監督「逆境ナイン」のロケが4日三重県伊勢市で行われ、主演の玉山鉄二が投球フォームを初披露したらしい。
テレビ朝日開局45周年スペシャルドラマ「弟」の特別試写会が4日都内で行われ、渡哲也らと共に石原慎太郎都知事が出席したようだ。
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の予告篇第1弾日本公開は、20日から「ハウルの動く城」が上映される全国750館でスタートするようだ。
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは5日、2004年9月期中間連結決算を発表、売上高は前年同期比3.8%減の1571億円、経常利益は同24.5%減の135億円と、初の減収減益となったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、重罪による3度の有罪判決で終身刑となる"三振法"の改革に関する住民提案について、反対の立場を表明するTVCMを先月末から放送、今月2日の住民投票で改革案は否決されたようだ。一方、ヒト胚性幹細胞研究に30億ドルを投じる提案には賛成を表明、59%の賛成を得て成立したらしい。
ソン・ガンホ主演「反則王」(2000年)のモデルとなった銀行員が4日、ソウル市内で引退試合を行ったようだ。
「花とアリス」試写会出席のため韓国訪問中の岩井俊二監督は、「幼い新婦」に主演したムン・グニョンについて「機会があれば、ぜひ一度会いたい。彼女の爽やかなキャラクタは『花とアリス』に主演した蒼井優と似ている」と語ったらしい。
アイザック・ヘイズは4日、ハリウッドのロックウォーク(ロックスター版ウォーク・オブ・フェイム)用の手形を取ったようだ。
映画本編上映前のCMや予告編の音量が大きすぎるとのスティーヴン・ソダーバーグ監督らの指摘を受けて、米映画公共広告機構(Cinema Advertising Council)は、年末までに提言を行い、音量を一定以下とするための現在の活動を強化する用意がある、と発表したようだ。
デヴィッド・ゴードン・グリーン(David Gordon Green)とダニー・マクブライド(Danny McBride)は、ショーン・ウィリアム・スコット主演のタイトル未定の新作コメディで脚本を担当するようだ。
オスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」("Lady Windermere's Fan")に基づく、マイク・バーカー監督、ヘレン・ハント主演の新作"A Good Woman"の北米劇場配給権と有料TV放映権を、Lions Gate Filmsが獲得したようだ。
米CBSは今年スタートした新シリーズ"CSI: NY"について、フルシーズンでの放送を決定、10エピソードを追加発注したようだ。
ThinkFilmは、フランソワ・オゾン監督最新作"5x2"の全米配給権を獲得したようだ。
レイフ・ファインズ、ドナルド・サザーランドは、ロバート・エドワーズ(Robert Edwards)脚本・監督の政治ドラマ"Land of the Blind"で共演するようだ。撮影は来年1月にロンドンで始まる模様。
全米大ヒット中の清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の続編の脚本は、スティーヴン・サスコ(Stephen Susco)が引き続き担当するようだ。清水監督、サラ・ミシェル・ゲラーの続投については未定とか。
米FOXは、ティーン向け人気ドラマシリーズ"The O.C."(2003年-)のセカンドシーズンを、激戦区の木曜夜8時に移動するようだ。
米NBCは、"Saturday Night Live"への出演をかけたコメディアン達のオーディション番組を企画しているらしい。
12月劇場公開の短編オムニバス「恋文日和」のシリーズ第1作目となる「もうひとつの恋文日和〜郵便屋の恋〜」の無料配信がgooでスタートしたようだ。
ブレット・ラトナー監督の新作"After the Sunset"の冒頭6分間の映像が、8日からMovies.MSN.comで配信されるらしい。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、第77回アカデミー賞最優秀長編アニメーション部門のエントリー作品11作品を発表したようだ。
・"Clifford's Really Big Movie"
・"Disney's Teacher's Pet"
・「イノセンス」("Ghost in the Shell 2: Innocence")
・"Home on the Range"
・「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")
・"The Legend of Buddha"
・「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")
・「シャーク・テイル」("Shark Tale")
・「シュレック2」("Shrek 2")
・"Sky Blue"
・"The SpongeBob SquarePants Movie"
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の予告篇第1弾が公開されたようだ。 [☆現在は会員限定です。]
ジェニファー・ガーナー主演"Elektra"からの最新映像がネット上で公開されたうだ。
米FOXのティーン向け人気ドラマ"The O.C."(2003年-)のキャストとプロデューサーに、ドラマの舞台となっているカリフォルニアのニューポート・ビーチの街のカギが贈られたようだ。記念式典にはベンジャミン・マッケンジー、ピーター・ギャラガー、メリンダ・クラーク、アラン・デイルらが出席したらしい。
ジュード・ロウとサディ・フロストが3人の子供たちと共にハロウィン・パーティの会場を後にしようとした際、パパラッチが写真を撮り始めたためジュード・ロウが激怒、持っていた使い捨てカメラで彼らを写しながら「一体何なんだ?君達の車はどこだ?君達だって写真に撮られるのは嫌だろう」と叫んだらしい。
フレディ・プリンズJr.の企画・主演によるシチュエーションコメディ・シリーズが制作される模様。Warner Bros.、ABCとの契約にサインしたようだ。
3日アイダホ州の病院で心臓バイパス手術を受けたパティ・デュークは、現在集中治療室に入っているようだ。術後の経過は順調らしい。
来年1月11日スタートのフジテレビ「みんな昔は子供だった。」で国仲涼子が教師役で主演するようだ。
書籍「私たちの冬のソナタ」の発売記念イベントが4日都内で行われ、「冬のソナタ」の助監督アン・グンウが出席したようだ、
小林旭の自伝本「熱き心に」の発売記念サイン会が4日、都内書店で行われたようだ。
倍賞千恵子が歌う宮崎駿監督「ハウルの動く城」の主題歌「世界の約束」が、オリコン・シングルチャート初登場45位となったようだ。倍賞千恵子のチャートインは「忘れな草をあなたに」以来33年ぶりとか。
サラ・ミシェル・ゲラーは、アジフ・カパディア(Asif Kapadia)監督による超自然スリラー"Revolver"に主演するようだ。
2002年にスウェーデンで製作されたスリラー"Den Osynlige"("The Invisible")を、デヴィッド・S・ゴイヤー監督がリメイクするらしい。
Fox 2000 Picturesは、ローレン・ワイズバーガー(Lauren Weisberger)のベストセラー小説に基づく新作コメディ"The Devil Wears Prada"の脚本と監督にデヴィッド・フランケル(David Frankel)を起用した模様。
レオナルド・ディカプリオは、タイトル未定の新作アクションスリラーで製作と主演を務めるらしい。
ジョン・エンボン(John Enbom)の原案によるColumbia Picturesのアクション・アドベンチャー"Six Shooters"で、当初監督予定だったガイ・リッチーに代わって、ジョージ・ティルマンJr.(George Tillman Jr.)が監督に向けて交渉中のようだ。
NBAのチームに雇われたストリート・バスケットボールの選手を主人公にした、マット・オニール(Matt O'Neil)、クリス・パーカー(Chris Parker)脚本によるMGMの新作"Street"で、マイケル・シャピロ(Michael Shapiro)が映画監督デビューに向けて交渉中の模様。
イム・ウンギョン主演のホラー「人形師」("The Doll Master",2004年)のリメイク権を、米Dimension Filmsが獲得した模様。
マイクロソフト株式会社は、Xbox用ゲームソフト「Rocky: Legends」と「X-Men Legends」を来年1月27日に日本で発売すると発表したようだ。「X-Men Legends」では声優としてパトリック・スチュワートらが参加しているらしい。
米ABCのドラマシリーズ"NYPD Blue"(1993-2005年)で、1994年から1998年にかけてレギュラー出演していたジミー・スミッツが、再び出演する模様。ただし、病死したことになっているため"幻"として登場するらしい。
来年1月27日発売のニンテンドーゲームキューブ用ソフト「biohazard4」に、先着購入特典として「バイオハザード 4 シークレットDVD」が付くらしい。
Disney/Pixarの最新作"Cars"の予告篇第1弾が公開されたようだ。
  11/6
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」の前夜祭イベントが5日都内で行われ、チェ・ミンシク、ユ・ジテが舞台挨拶に立ったようだ。青木さやかが巨大ハンマーを贈呈したらしい。
スペインで開催されたバリャドリッド国際映画祭で、ウォン・カーウァイ監督「2046」が最優秀撮影賞を受賞したようだ。
住友商事は山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」、伊藤忠商事は二階健監督「下弦の月」、三菱商事は宮崎駿監督「ハウルの動く城」の製作費の一部を出資しているほか、劇場運営や関連商品の販売など、各商事会社は映画事業への関与を拡大しているようだ。
Lions Gate Filmsは、ジェイムズ・ワン監督「ソウ」("Saw")が米国で予想外の大ヒットとなったことについて、献血した人に無料で鑑賞してもらい、Tシャツをプレゼントするプロモーションを先月行ったため、との見解を明らかにしたようだ。
ミゲル・クルトワ監督、エドゥアルド・ノリエガ主演最新作"El Lobo"が5日、スペインでプレミア上映されるらしい。
米スポーツ専門チャンネルESPNのキャンペーンCMに、ダース・ベイダーやC-3POが登場するらしい。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、クリスチャン・スレイター主演による人気ゲームの映画化"Alone in the Dark"の北米配給権をLions Gate Filmsが獲得したようだ。
一青窈のセカンドアルバム「一青想」にライヴ映像収録のDVDが付いた「一青想 Limited Edition」が来月1日にリリースされるようだ。
岡野正広の総監督によるオムニバスホラー映画「日常恐怖劇場 オモヒノタマ」のDVD発売記念トークショーが5日HMV渋谷店で行われ、原史奈が出席したようだ。
萩原健一は5日、年内の芸能活動を自粛すると発表したようだ。
イアン・ソフトリー監督、ピーター・サースガード、ケイト・ハドソン、ジーナ・ローランズ、ジョン・ハート共演の新作ホラー・スリラー"Skeleton Key"が完成した模様。公開は来年夏になるようだ。
第77回アカデミー賞最優秀長編アニメーション部門に、トレイ・パーカー監督"Team America: World Police"がエントリーされなかったのは、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)が作品を実写作品と判断したためらしい。
第48回ロンドン映画祭(The Times bfi London Film Festival)が4日閉幕し、ジョナサン・カウエット(Jonathan Caouette)監督「ターネーション」("Tarnation")が最高賞を受賞したようだ。
  11/7
中村幻児監督「ロード88 [出会い路、四国へ]」が6日初日を迎え、村川絵梨、小倉久寛、須藤理彩、津田寛らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が6日初日を迎え、チェ・ミンシクとユ・ジテが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
崔洋一監督「血と骨」が6日初日を迎え、ビートたけし、鈴木京香、オダギリジョー、濱田マリ、柏原収史らが舞台挨拶に立ったようだ。韓国、シンガポール、タイのほか、アメリカ、イギリスでの公開も決定したらしい。
アニマル浜口が6日「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")プロモーションのため都内小学校を訪れ、森末慎二考案の"インクレ体操"を披露したらしい。
映画監督の和泉聖治の父親で、「屋根裏の散歩者」(1970年)、「みだれ枕」(1976年)、「鍵」(1983年)などのピンク映画で知られる、映画監督の木俣尭喬さんが7日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
007シリーズ最新小説「赤い刺青の男」("The Man with the Red Tatoo")の映画化とロケ誘致を目指す「007を香川に呼ぶ秘密情報部」の"エージェント会議"が7日、高松市内で開催されるようだ。署名活動などを行っている北海道登別市の内田史郎助役が出席、協力体制を確認する予定とか。
ジョージ・クルーニーは、1950年代の"赤狩り"時代の実話をもとに描く"Good Night, and Good Luck."で主演と監督を務めるらしい。
DreamWorksの「シュレック2」("Shrek 2")のDVDが、Disney/Pixerの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の劇場公開と同じ今月5日にリリースされたようだ。DreamWorksは、一般的な発売日である火曜日でなく金曜日としたことについて、大統領選と重なるのを避けた、と説明しているらしい。
米HBOは、人気TVドラマシリーズ"Six Feet Under"(2001年-)について来シーズンでの終了を決めた模様。
先月サンパウロ国際映画祭で上映され賞賛を浴びたドキュメンタリー映画"Nazi Gold in Argentina"を手掛けた、アルゼンチンの映画監督ロロ・ペレイラ(Rolo Pereyra)さんが亡くなった(53歳)。ご冥福をお祈りいたします。
26歳のオランダ系モロッコ人が、2日に殺害されたオランダ人映画監督テオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)に対する殺人容疑で告発されたようだ。
ゲーム版「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の予告篇が公開されたようだ。
マシュー・マコノヒーは、ジョー・クーマー(Joe Coomer)の小説を映画化するSR・バインダー(SR Binder)脚本・監督の"The Loop"に主演するようだ。撮影開始は来年4月になる模様。
ニュージーランド出身のベテラン撮影技師、アラン・ボリンジャー(Alun Bollinger)は、降板したヴィンセント・ウォードに代わって"River Queen"を監督するようだ。
ウィリアム・シャトナーが1968年にリリースしたものの全く売れず絶版となっていたアルバム"The Transformed Man"が、来月7日にGeffen Recordsから再リリースされるらしい。
  11/8
Dreams Come Trueの原案・主演による森淳一監督「アマレット」が、来月下旬から渋谷シネマライズで公開されるらしい。
ユニチャームは、「トイ・ストーリー」と「ディズニー・プリンセス」をデザインした紙おむつを今月中旬から限定販売する、と発表したようだ。
「アニーよ銃をとれ」("Annie Get Your Gun",1950年)、「ショウ・ボート」("Show Boat",1951年)、「キス・ミー・ケイト」("Kiss Me Kate",1953年)などのミュージカル映画や、TVシリーズ「ダラス」("Dallas",1978-1991年)などに出演した、米俳優のハワード・キール(Howard Keel)さんが7日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
テレビ朝日開局45周年スペシャルドラマ「弟」のサントラが10日発売されるらしい。「ホワイトアウト」(若松節朗監督,2000年)などを手掛けた住友紀人が音楽を担当、石原裕次郎が歌う「わが人生に悔いなし」も収録されているようだ。
葉月里緒奈が7日、第1子となる女の子を出産したようだ。
赤井英和の娘、沙希が7日都内で行われた写真集「Saki」の発売記念握手会に出席したようだ。
10日来日するアーノルド・シュワルツェネッガー州知事は「『ターミネーター』を宣伝するのではなく、知事として州を大いに売り込みたい」と語ったようだ。
新潟県中越地震で被害を受けた山古志村を支援するため、同村で昭和初期から行われたトンネル工事を追ったドキュメンタリー映画「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(橋本信一監督)のチャリティ上映会が、岩手、埼玉、千葉、大阪などで開催されるようだ。
5日韓国で公開がスタートしたイ・ジェハン監督、ソン・イェジン、チョン・ウソン共演「私の頭の中の消しゴム」は、7日までの3日間に観客動員数70万人を記録したようだ。
ホ・ジノ監督「外出」で復帰か?と伝えられていたコ・ヒョンジョンは「スケジュールの都合」で出演を断った模様。結局、来年1月スタートの韓国SBSのドラマが復帰作となるようだ。
韓国で大ヒット中のピョン・ヒョク監督、ハン・ソッキュ主演「朱紅文字」のサントラが発売されたようだ。イ・ウンジュが劇中で歌う「Only When I Sleep」も収録されているらしい。
広東省広州市で、DVDの製造工場が捜査を受け、「圧縮DVD」142万枚が押収されたらしい。
Texas Instrumentsは、携帯電話向けデジタルTVチューナー・チップを開発したようだ。ただし、搭載製品の発売は2007年になるとか。
Miramax Filmsは、MiramaxとDimensionが権利を持つ193本の映画作品について、米Cablevision社による新しい衛星ハイビジョン放送Voom HDに提供するようだ。
米UPNは、今年スタートのテイ・ディグス主演"Kevin Hill"とクリステン・ベル(Kristen Bell)主演"Veronica Mars"について、フル・シーズンでの放送を決定した模様。
米Sarnoff社は、海賊版ビデオの流通経路をオリジナル版にまで追跡可能にする新しい電子透かし技術"iTrace"を開発したようだ。
来年1月に開催される第16回パームスプリングス国際映画祭で、ケヴィン・スペイシーがSonny Bono Visionary Awardを、サミュエル・L・ジャクソンがCareer Achievement Awardを、リーアム・ニーソンとローラ・リニーががDesert Palm Achievement Awardをそれぞれ受賞することが決まったようだ。
北米を除く海外週末興収で「シャーク・テイル」("Shark Tale")が1130万ドルを記録、総興収は1億3000万ドルに達したようだ。
「パフォーマンス・キャプチャー」(performance capture)と呼ぶ新しい技術を導入、製作費1億6500万ドルを投じた新作「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")について、ロバート・ゼメキス監督は「初めての取り組みには、いつでもリスクが伴うものだ」と語ったようだ。
全米週末興収は、Disney/Pixerの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が7067万ドル(3933館)で初登場1位を獲得、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",2003年)の記録を突破したらしい。また、ジュード・ロウ主演"Alfie"は650万ドル(2215館)で5位のスタート、一方、2週連続1位だった清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")は1350万ドル(3336館)で3位に後退したものの、総興収は8950万ドルに達した模様。
リュ・シウォン、キム・ヒソン、ウォン・ビンが共演した韓国ドラマ「プロポーズ」(1997年)の有料配信が、ShowTimeでスタートしたようだ。
TVシリーズ「バットマン」("Batman",1966-68年)でキャットウーマンを演じた女優のジュリー・ニューマー(Julie Newmar)から嫌がらせを受けたとして、隣に住むジェイムズ・ベルーシが損害賠償を求める訴訟を起こしたらしい。 [☆訴えたのはジェイムズ・ベルーシの方でした。スミマセン]
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")でレネー・ゼルウィガーと共演したコリン・ファースは「ある役を演じるために俳優が外見を変えることは決して珍しいことではないけど、僕がやったとしてもそんなに話題にはならないだろうね。魅力的なハリウッド女優が挑戦すればみんなの興味を引くことは間違いない。多くの人は、向こう見ずとかそんな風に彼女を見るだろうけど」
人気アニメシリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の映画化は、2008年の公開になるらしい。
オンラインゲーム"The Matrix Online"で、ローレンス・フィッシュバーン、モニカ・ベルッチ、メアリー・アリス、ランベール・ウィルソン、ハロルド・ペリノー、ハリー・レニックス、ノーナ・ゲイらオリジナルキャストが声優を務めているらしい。
ジュリアン・マクマホンは、次期ジェイムズ・ボンド役のオファーを受けたものの、人気TVシリーズ"Nip/Tuck"(2003年-)の撮影を理由に断ったらしい。
ティム・バートン監督の新作"Charlie and the Chocolate Factory"に主演するジョニー・デップの写真がIn Touch誌に掲載されたらしい。
ジェシカ・シンプソンは、ティーン向けの洋服や下着、宝石などを扱う新しいブランドJSを、来年立ち上げるらしい。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")のポスターを見たジュリア・ロバーツは、自分の名前が一番後ろで、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが4番目にクレジットされていることに激怒したとか。
ジェシカ・シンプソンは、夫ニック・ラシェイの浮気が原因で離婚を考えている、とするAmerica's Star誌の記事について「私達の仲はこれまでに無く良いわ。離婚なんて絶対にありえない」と反論したようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹は、公式オンライン・ファンクラブを年内に立ち上げるようだ。
クォン・サンウが来月来日するらしい。お台場で開催される「HOT FANTASY ODAIBA〜キラキラ☆ホカホカな冬がある〜」にゲスト出演する模様。
「ありがとう7周年 葛飾柴又寅さん記念館まつり」が7日、葛飾柴又寅さん記念館で行われ、山田洋次監督が出席したようだ。
ガブリエル・ガルシア=マルケス(Gabriel Garcia Marquez)の小説「コレラの時代の愛」("Love in the Time of Cholera")の映画化は、New Line Cinemaが権利を獲得、「戦場のピアニスト」("The Pianist",2002年)を手掛けたロン・ハーウッド(Ron Harwood)が脚本を担当するようだ。
デヴィッド・ハバード(David Hubbard)のタイトル未定のコメディ脚本を、20th Century Foxが獲得したらしい。結婚15年目を迎えた男が、独身生活を送るもう一人の自分と入れ替わり・・・という話らしい。
ダニー・キャノン監督、ディエゴ・ルナ主演によるサッカー三部作"Goal!"で、ベッカム(David Beckham)、ジダン(Zinedine Zidane)、ラウル(Raul Gonzalez Blanco)が出演契約にサインしたようだ。
Regency Enterprisesによる近未来ドラマ"Sonic"で、ジェシカ・アルバが主演とプロデュースを務める模様。
DreamWorksは、近未来を舞台にロボット同士のボクシングを描く新作"Real Steel"について、ジェレミー・レヴェン(Jeremy Leven)を脚本に起用、またジョナサン・モストウが監督に向けて交渉中のようだ。
クリス・コロンバス監督によるブロードウェイ・ミュージカル"Rent"の映画化で、ミミ・マルケス役をロサリオ・ドーソンが演じることになったようだ。
ジョン・スワンベック(John Swanbeck)監督の新作"Thieves"で、トム・サイズモアとトーマス・ジェインが共演するようだ。トム・サイズモアの弟、アーロン・サイズモア(Aaron Sizemore)が脚本を担当したらしい。
ロジャー・カンブルの監督によるNew Line Cinemaの新作"Just Friends"で、アンナ・ファリスが出演に向けて最終交渉に入ったようだ。
来年5月公開予定の本広克行監督「交渉人 真下正義」で、延べ1万5千人のエキストラを募集しているらしい。"フォーマルスタイル"での参加が条件とか。
ミラ・ソルヴィーノが女の子を出産した模様。
ヒュー・ジャックマンは、次期ジェイムズ・ボンド役について「正式なオファーは無いが、僕も含めて、ボンド役をやりたくない男はいない」と語ったらしい。
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")の撮影終了後、レネー・ゼルウィガーは、過度のダイエットでガリガリになっているらしい。
1904年11月14日にシンシナティとニューヨークで第1号館をオープンさせ、現在は全世界に198館、2193スクリーンを展開するLoews Theaterの100周年を記念した特別展が、クイーンズのAmerican Museum of the Moving Imageで開催されているようだ。案内係を務めていたエルヴィス・プレスリーが仕事仲間を殴って解雇されたものの、数年後に銀幕上に帰ってきた、といった数々の逸話が写真などと共に紹介されているらしい。
カエルのカーミットやミス・ピギーなどのパペット達が、米国で切手になるようだ。来年3月に発売されるらしい。
ジョン・カーペンター監督次回作候補に、幽霊屋敷を舞台にしたホラー作品"The Second Line"が挙がっているらしい。
ナタリー・ポートマンがストリッパーを演じるマイク・ニコルズ監督の新作"Closer"、ポートマンのヌードシーンはカットされることになったらしい。
  11/9
韓国SBSで来月スタートのドラマ「ガラスの華」の撮影が神戸市でスタートしたようだ。9日同市で記者会見が行われ、共演のキム・ハヌル、イ・ドンゴン、キム・ソンス、金子昇らが出席したらしい。
ピーター・シーガル監督"The Longest Yard"にも参加したボブ・サップは、ジェニファー・ガーナー主演の"Elektra"にも出演しているらしい。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」は、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(本広克行監督,2003年)の408スクリーンを上回る、邦画史上最多の全国約450スクリーンで公開されるようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の完成披露試写会が8日都内で行われ、倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏が舞台挨拶に立ったようだ。
「荷車の歌」(山本薩夫監督,1956年)の原作者で、作家の山代巴さんが7日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
キム・ハクスン監督「ビデオを見る男」("Rewind")が、10日から開催される第10回コルカタ国際映画祭の国際映画部門に出品されるようだ。
チョ・ハンソンが、ぺ・ヨンジュン以上の筋肉質に変身して注目を集めているらしい。2か月前からトレーニングを始めたとか。
ペ・ヨンジュンの写真集「THE IMAGE VOL.ONE」の展示会が20日からソウル市内のホテルで開催されるようだ。今月末には東京でも行われるらしい。
ダニー・パン監督「ひとりにして」("阿ヲ有難")のプロモーションが6日香港で行われ、イーキン・チェンとTWINSのチャーリーン・チョイが出席したようだ。
オランダ南部エインドホーベンにあるイスラム系小学校で8日、爆弾が爆発したようだ。幸いけが人などは無かった模様。映画監督テオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)の殺害に対する報復とみられているらしい。
「流れ星十字打ち」(渡辺実監督,1958年)、「武士道残酷物語」(今井正監督,1963年)、「悪の階段」(鈴木英夫監督,1965年)などの映画や、NHK大河ドラマ「元禄太平記」の原作者として知られる、作家で経済学者の南條範夫さんが先月30日亡くなった(96歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジャネット・ジャクソンの衣装トラブル事件で米連邦通信委員会(FCC)から罰金を命じられた米CBS系列20局は、FCCの決定を不服として訴訟を起こしたようだ。
"Saturday Night Live"出身のクリス・カタン(Chris Kattan)は、「オースティン・パワーズ」シリーズのマイケル・マッカラーズ(Michael McCullers)と共同で、米ABCのタイトル未定の新作コメディ・シリーズを手掛けるようだ。
「シュレック2」("Shrek 2")のDVDとVHSが5日米国で発売され、発売3日間で1210万本の売上を記録したらしい。
ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人記者協会(Hollywood Foreign Press Association)は、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")について、ドキュメンタリー映画であるため同賞の選考対象にならない、と発表したようだ。また、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")についても、外国語映画であるとして選考から外れるらしい。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")のプレミアが8日ニューヨークで行われ、ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクスらが出席したようだ。
米CATV局Showtimeで7日スタートしたドラマ・シリーズ"Huff"で、中年の危機に直面した精神科医を演じるハンク・アザリアは「15年前にこの役を演じることは出来なかった。個人的な人生の悲劇や様々な経験を経てこそ、人生の悪い部分も見えてくるんだ」と語ったようだ。
コリン・ファレルは「僕がジェイムズ・ボンドを演じる、とマスコミが騒いでいるみたいだけど、事実じゃない。僕はやりたくないよ。もし僕が起用されたらアイルランド訛りでファンが混乱するよ」と語ったらしい。
児童虐待をテーマにしたグレッグ・アラキ(Gregg Araki)監督の新作"Mysterious Skin"の北米配給権をTartan Films USAとTLA Releasingが共同で獲得、来年5月の公開が決定したようだ。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の英国公開が5日スタート、週末興収330万ドルを記録し、初登場1位となったようだ。
「カサブランカ」("Casablanca",1942年)でデビューした女優のジョイ・ペイジ(Joy Page)が9日、80歳の誕生日を迎えたようだ。
韓国娯楽大手のCinema Serviceは8日、カン・ウソク監督、ソル・ギョング主演による「公共の敵」("Public Enemy",2002年)の続編"Another Public Enemy"を現在製作中で、来年2月に公開を予定していることを明らかにしたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)のダン・グリックマン(Dan Glickman)会長は8日、ロサンゼルス国際問題評議会(Los Angeles World Affairs Council)で演説し、著作権侵害こそ映画産業が直面する最も緊急の課題である、と訴えたようだ。
Sony Pictures StudiosとTechnicolorが提携、カリフォルニアのカルバーシティにある同スタジオ内に、Technicolorによる最先端のDigital Intermediate(フィルムをスキャンしてデジタル処理を行う工程)設備が設営されるようだ。Sony以外の作品にも開放されるらしい。
ユニセフ親善大使を務めるミア・ファローが7日、スーダンの難民キャンプを訪れたようだ。
ドイツ銀行は、Pixar Animation Studiosの格付けをホールドからセルに引き下げた模様。「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の大ヒットは予想されていたことであり、すでに株価に反映されている、という理由らしい。これを受けて8日の株価終値は、前週末比5.20ドル安の79.25ドルとなったようだ。
NCAA全米大学バスケットボール選手権での実話に基づく、ジェイムズ・ガートナー(James Gartner)監督の新作"Glory Road"の撮影風景の写真が、テキサス大学のサイト上で公開されたようだ。
来年2月全米公開予定の「マスク」("The Mask",1994年)の続編"Son of the Mask"の最新予告編が公開されたようだ。
「アメリカン・ヒストリーX」("American History X",1998年)のトニー・ケイ監督次回作は、コミック作家、小説化、ビデオゲーム作家として活躍するゲイリー・ウィッタ(Gary Whitta)の脚本によるスリラー"Reaper"になる模様。
ジェット・リーは、タイトル未定のロニー・ユー監督の新作に参加するようだ。精武館の創始者として知られる中国の英雄、霍元甲(1869-1910)を描く作品で、来年3月から中国で撮影が行われるらしい。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"The Island"に、マイケル・クラーク・ダンカンが参加しているようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作"Charlie and the Chocolate Factory"のポスターが公開されたようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは自叙伝"Justin Timberlake"の出版を延期させたらしい。ブリトニー・スピアーズに関する章を書き直しているようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演"The Aviator"に出演したグウェン・ステファニーは、来月行われるプレミアに出席することに不安を覚えているらしい。ジム・キャリーにアドバイスを求めたとか。
オリコンDVDチャートは「トロイ」が2週連続1位となったようだ。
Blue Star PicturesとRevolution Studiosは、セドリック・ジ・エンターテイナー主演の新作"Mr. Lucky"の監督に、ブライアン・レヴァント(Brian Levant)を起用したようだ。
Columbia Picturesは、ニック・フリン(Nick Flynn)の小説"Another Bullshit Night In Suck City: A Memoir"の映画化権を獲得した模様。
アッシャー(Usher)の映画デビュー作となる、Dimension Filmsのタイトル未定の新作は、"Ray"を手掛けたジェイムズ・ホワイト(James White)が脚本を書くらしい。
リース・ウィザースプーンは、ジャネット・エヴァノヴィッチ(Janet Evanovich)のミステリー小説"One for the Money"の映画化で、主演を務める模様。
アニメ作品「キャメロット」("The Magic Sword: Quest for Camelot",1998年)を手掛けたウィリアム・シフリン(William Schifrin)は、Walden MediaとCreative Batteryが製作するCGアニメ"Noah's Ark"で脚本を担当するようだ。
予告編第1弾にも登場していなかった「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")の悪役、グリーヴァス将軍(General Grievous)の写真が公開されたらしい。
「ソイレント・グリーン」("Soylent Green",1973年)のリメイクを手掛けるデヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)は「オリジナル版の結末は、我々の作品の第1幕の最後に登場する。つまりオリジナル版は我々の作品の第1幕と言えるし、その後に起こる出来事を描く作品になる」と語ったようだ。また、監督、脚本は担当せず、プロデューサーのみ務めるらしい。
東映のブロードバンド向けコンテンツサイトMovie Circusで、「ダイアモンドは傷つかない」(藤田敏八監督,1982年)、「セカンド・ラブ」(東陽一監督,1983年)など女優主演の5作品の配信が「女性映画特集」として9日からスタートしたようだ。
「ソウ」("Saw")に出演しているダイナ・メイヤーは、米FOXの新シリーズ"Point Pleasant"に出演することが決まったようだ。
3500万ドル相当以上の宝石を盗み出したビル・メイソン(Bill Mason)の実話"Confessions of a Master Jewel Thief"の映画化で、「ザ・コミットメンツ」("The Commitments",1991年)を手掛けたディック・クレメント(Dick Clement)とイアン・ラ・フレネ(Ian La Frenais)が脚本執筆に向けて交渉中らしい。
Warner Bros. Picturesは、イ・ヒョンスン監督「イルマーレ」("Il Mare",2000年)を、アルゼンチン出身のアレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)の監督でリメイクするらしい。ピュリッツァー賞受賞のデヴィッド・オーバーン(David Auburn)が脚本を手掛ける模様。
ケイト・ボスワースは、プリンストン大学での心理学の勉強に専念するため、しばらく女優業を休むらしい。
レオナルド・ディカプリオは、「タイタニック」("Titanic",1997年)と同時期に「ブギーナイツ」("Boogie Nights",1997年)のオファーを受けていたものの、断ったらしい。「そちらを選べばよかった」と後悔しているとか。
ユアン・マクレガーは、ロンドンのウェストエンドで来年6月に開幕するミュージカル"Guys and Dolls"に主演するらしい。
TVアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」のサントラ全5枚が、DVDオーディオ化され来月22日に発売されるらしい。
ジェニファー・ロペス、ジェーン・フォンダ共演の新作コメディ"Monster-in-Law"の予告篇が公開されたようだ。
  11/10
「DMZ 非武装地帯」の先行試写会が9日都内で行われ、キム・ジョンフンらが舞台挨拶に立ったようだ。
源孝志監督「東京タワー」の主題歌に、山下達郎の新曲「FOREVER MINE」が使われるらしい。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のTVCMに志村けんが出演するらしい。13日から放送されるようだ。
萩原健一が10日行われた記者会見に出席先月22日の交通事故について「全面的に私が悪い。反省している」と謝罪したようだ。一方、映画プロデューサーへの"恐喝"については全面否定した模様。
ジョン・タートルトープ監督、ニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")のプレミアがロサンゼルスで開催され、新庄剛志外野手夫妻も招待されたらしい。
河毛俊作監督、柳楽優弥主演「星になった少年」が、タイのチェンマイでクランクインしたようだ。常盤貴子の母親役も決まったらしい。
チェ・ミンシク、アン・ソンギ共演の「酔画仙」プロモーションのため、イム・グォンテク監督が来日、9日都内で記者会見を行ったようだ。
韓国で26日公開の映画「クィヨウォ」の製作会社が、同映画の公式サイトに「主演女優のオッパイ触りゲーム」を掲載、主演のイェ・ジウォンが謝罪を要求したようだ。
チャン・イーモウ監督の新作の撮影が、まもなく雲南省で始まるらしい。1920年代を舞台にした日本人の父子愛がテーマの作品で、高倉健も出演するらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事が10日、来日したようだ。
エリック・ベルント(Eric Bernt)の映画監督デビュー作となる新作"Vegas Baby"で、キャシー・グリフィン(Kathy Griffin)が出演契約にサインしたようだ。
マーティン・キャンベルが、007シリーズ最新作の監督に向けて現在交渉中らしい。
カーク・ダグラスとエドワード・ルイス(Edward Lewis)は8日、米現代文学研究所(Institute of Modern Letters)から表現の自由メダル(Freedom of Expression Medal)を授与されたようだ。赤狩り時代にブラックリストに載せられた脚本家ダルトン・トランボ(Dalton Trumbo)の名前を「スパルタカス」("Spartacus",1960年)のクレジットに実名で載せるよう尽力したことが評価されたらしい。
リンゼイ・ローハンのデビューアルバム"Speak"が来月7日にリリースされるようだ。
長年ライザ・ミネリのア元シスタントが先月、ミネリから暴行を受けたとして訴訟を起こしたのに対し、ミネリ側は9日、契約違反があったとして元アシスタントを逆提訴した模様。
今年8月に結婚したニッキー・ヒルトンと資産運用家トッド・マイスター(Todd Meister)との離婚が8日成立したようだ。
LucasArtsのジム・ウォード社長は、現在開発中の「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のゲームについて「ヘイデン・クリステンセンが製作チームに加わってライトセイバーによる戦いでの彼のスタイルを見せてくれた。映画の製作チームと我々は一体になって開発を進めている」と語ったようだ。
大ヒットミュージカル「プロデューサーズ」("The Producers")のロンドン公演が9日スタート、主演のネイサン・レインに対し観客から熱狂的な喝采が送られたようだ。
レネー・ゼルウィガーは「しばらく楽屋の椅子に座ることはないと思う。しばらく時間をとって人生経験を積みたいと思っているの」と語り、女優業からしばらく離れることを明らかにしたようだ。
米National Football Leagueは8日、2011年までのTV放映権料を合計80億ドルとすることで、米CBSおよびFOXと合意した、と発表したようだ。さらに、DirecTV Group社と5年間で35億ドルの取引を結んだ模様。
米Lifetime Entertainment Services社長兼CEOのキャロル・ブラック(Carole Black)が8日、来年3月末での辞任を表明した模様。
米IFC Filmsは、第52回サン・セバスチャン国際映画祭で最高賞を獲得したバフマン・ゴバディ(Bahman Ghobadi)監督"Turtles can fly"の米国内配給権を獲得したようだ。
Amazon.comは、リドリー・スコット、トニー・スコット兄弟による製作会社RSA USAなどと提携し、短編映画を配信するAmazon Theaterをスタートさせたようだ。
「海猫」でヒロインを務める伊東美咲が参加するYahoo! チャットイベントが、11日に行われるようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")のポスターが、先週末に開催されたLondon Film and Comic Conで公開されたらしい。
NHKは、「美しき日々」に主演するイ・ビョンホンらにも、紅白歌合戦への出演をオファーしているらしい。
DreamWorksは、人気TVシリーズ「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)の映画化権を獲得したらしい。2006年公開を予定しているとか。
ピアース・ガードナー(Pierce Gardner)とティム・デイヴィス(Tim Davis)は、Columbia Picturesによる新作ロマンチックコメディ"Why Don't You Try Me?"で脚本を担当するらしい。
米New Lineは、ジェイムズ・ドンソン(James Dodson)監督による新作コメディ"The Retreat"の脚本に、アラン・R・コーエン(Alan R. Cohen)とアラン・フリードランド(Alan Freedland)を起用したようだ。ホットドッグ売りの男がある会社に就職して出世し・・・という話らしい。
「トーマス・クラウン・アフェアー」("The Thomas Crown Affair",1999年)の続編が企画されているらしい。ピアース・ブロスナンの出演が決まった模様。
デヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)は、ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)の短編集"Smoke and Mirrors"に収録されている"Murder Mysteries"の脚本を書いたようだ。「今までで最高の出来だと思う。スタジオはまだ決まっていないが、僕が監督するつもりだ」と語ったらしい。
トム・フィッツジェラルド(Thom Fitzgerald)脚本・監督によるインディ作品"3 Needles"で、当初主演予定だったスコット・スピードマンが降板、代わりにショーン・アシュモアが起用されたようだ。ルーシー・リュー、サンドラ・オー、サラ・ポーリー、オリンピア・デュカキスらが共演するらしい。
ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ(Gary David Goldberg)監督・脚本の新作ロマンチック・コメディ"Must Love Dogs"でダイアン・レインと共演する予定だったキーラ・セジウィックがスケジュールの都合で降板、エリザベス・パーキンスが代役を務めることになったようだ。
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")のロンドン・プレミアが9日開催され、レネー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファースらが出席したようだ。
ティム・アレンは"Toy Story 3"への出演について「まだ分からない。この作品は大好きだが、(声優の)仕事はきついし孤独だから好きじゃない。でも、子供たちが喜んでくれたことは僕にとっても嬉しかったし、3作目、4作目を作る価値はあると思う」と語ったようだ。
"Sex and the City"(1998-2004年)ファイナルシーズンのDVDに、未放送の別エンディングが収録されているらしい。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の監督候補に名前が挙がっていたジャン=ピエール・ジュネは、オファーを断っていたようだ。
バート・レイノルズは、高額の和解金を支払わなければ怒鳴りつけられつま先を踏みつけられたことを公表する、と脅迫したとして、10年間付き合っていた元恋人を訴えたようだ。
マイクロソフト株式会社、ドルビーラボラトリーズインターナショナルサービスインク日本支社、パイオニア株式会社の3社は9日、11日発売のXbox用ゲームソフト「Halo2」のプレス先行体験会を開催したようだ。
ニコラス・ケイジの主演が予定されている「ゴースト・ライダー」("Ghost Rider")は、依然として製作段階に進んでいないようだ。
ミラ・ジョヴォヴィッチとショーン・レノンが交際中らしい。 [☆中田は・・・]
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編にサルマ・ハエックの出演が決まったらしい。
  11/11
富士写真フイルムは、インスタントカメラ「チェキ」用フィルム「instax mini」の「絵柄入りフレーム」タイプのラインアップに「Mr.インクレディブル」と「ミニーマウス」を追加する、と発表したようだ。
富士写真フイルムは、世界最高水準の粒状性を実現した映画用カラーネガフィルム「ETERNA 500」を、来年1月に発売する、と発表したようだ。
文化庁主催「日本映画 愛と青春 1965-1998」が10日、ソウル市内のシネコンで開幕したようだ。オープニング作品として「ヴァイブレータ」(廣木隆一監督,2003年)が上映されたらしい。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」に主演するチェ・ミンシクは、ハリウッドでのリメイクについて「(僕の役は)ショーン・ペンがいい。テクニックに頼らず、演技が幅広くて深い。でも僕よりも下手な俳優であってほしい」と語ったらしい。
新潟県中越地震の被災者のためのチャリティーイベント「ジャニーズ選抜スター野球大会」が12日に東京ドームで開催されるようだ。タッキー&翼、NEWS、KAT-TUN、関ジャニ8らが出場、トム・ハンクスも義援金の提供を申し出いているとか。
TVドラマ「私は貝になりたい」(1958年)などの演出を手掛けたほか、「愛の化石」(1970年)などの劇映画や、「世界人民に告ぐ!」(1977年)などのドキュメンタリー作品でも知られる、映像作家でジャーナリストの岡本愛彦さんが先月24日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。
30日間マクドナルドを食べ続けた自分自身を記録したモーガン・スパーロック(Morgan Spurlock)監督・主演「スーパーサイズ・ミー」("Super Size Me",2004年)の韓国版の実験が行われていたものの、ドクターストップにより24日間で中止となった模様。
上海で先月行われたオンラインモニターによる有名人の知名度に関する調査の結果、ジャッキー・チェンが93%で1位となったほか、アンディ・ラウが僅差で2位、チョウ・ユンファが92%で3位となった模様。女性では、コン・リー、ヴィッキー・チャオ、フェイ・ウォンらが上位を占めたらしい。
クリストファー・ドイルは、9日上海市で行われた「オーストラリア映画祭」のプロモーションに出席したようだ。
相模湖で撮影が行われた、三梨朋子脚本・監督作品「float」が、13日から渋谷アップリンクファクトリーで公開されるようだ。
米20th Century Foxは10日、英Vodafoneと提携、短編ドラマなど携帯電話向けコンテンツを提供する、と発表したらしい。「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)に基づくミニドラマなどが配信されるようだ。
ロバート・レッドフォード、ウィレム・デフォー、ヘレン・ミレン共演「二重誘拐」("The Clearing",2004年)のDVDとVHSが米国で9日発売され、初日だけで30万本の売上を記録した模様。
第14回ゴサム賞(Gotham Awards)のノミネーションが9日発表され、劇映画部門ではリチャード・リンクレイター監督"Before Sunset"、ミシェル・ゴンドリー監督"Eternal Sunshine of the Spotless Mind"、デヴィッド・O・ラッセル監督"I Heart Huckabees"など、ドキュメンタリー部門ではジョナサン・デミ監督"The Agronomist"、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")、ジョナサン・カウエット(Jonathan Caouette)監督「ターネーション」("Tarnation")などが候補に挙がったようだ。
ゲーム周辺機器メーカーの米Mad Catz Interactive社は、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")などWalt Disney作品の関連商品販売について、1年契約を結んだようだ。
10日の外国為替市場は、1カナダドル=0.836USドルと過去12年間で最も高い水準にある一方、米国の映画製作会社はカナダのスタジオに対し、為替レートを1カナダドル=0.78USドルに固定するよう要求しているらしい。
New Line Home Entertainmentが発売するジョン・ファヴロウ監督"Elf"(2003年)のDVDには、"飛び出す絵本"の様にデザインされたメニューや、幾つかのゲーム、映画製作の過程をわかりやすく解説した"Film School for Kids"など、様々な特典が収録されるらしい。
Lions Gate Filmsは、「ソウ」("Saw")を成功させたTwisted Picturesと、今後製作される9作品について配給することで合意したようだ。すべて、ホラー/スリラー作品になる予定とか。
米ABC系列の幾つかのローカル局が、「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)のノーカット版での放送を拒絶したらしい。卑猥な言葉遣いや暴力的なシーンに対する米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)の制裁を恐れたようだ。
新作"Beyond the Sea"で伝説的ジャズ・シンガー、ボビー・ダーリン(Bobby Darin)を演じたケヴィン・スペイシーは、来月からコンサート・ツアーを行うらしい。ニューヨーク、ロサンゼルスなど8、9箇所を回る予定とか。
Warner Bros. TVは、デニス・ホッパー主演、マット・ルブラン製作総指揮によるタイトル未定の新作コメディシリーズを企画しているようだ。
Columbia TriStar Home Entertainmentは、今月30日の「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のDVD発売に合わせ、社名をSony Pictures Home Entertainmentに変えるらしい。
トビー・マグワイアは、デヴィッド・オーバーン(David Auburn)の脚本によるColumbia Picturesの新作スリラー"Blackbird"で製作を務めるようだ。主演も検討しているらしい。
Warner Bros. Picturesは、イアン・コールドウェル(Ian Caldwell)、ダスティン・トマソン(Dustin Thomason)によるベストセラー小説"The Rule of Four"の映画化で、新人のデヴィッド・ポサメンティア(David Posamentier)とジェフ・ムーア(Geoff Moore)を脚本に起用したようだ。
バート・レイノルズと元恋人パメラ・シールズが、互いに訴訟を起こしたらしい。
米FOXで9日スタートした、リチャード・ブランソンのリアリティ番組"The Rebel Billionaire"は、平均視聴者数485万人に終わった模様。
ライザ・ミネリの元ボディガードが、性的関係を強要されたとして、ミネリに対し1億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたらしい。
ハリウッド女優育成を目指す「GO!ハリウッドプロジェクト」の会見が10日大阪市内で行われ、元吉本興業常務の木村政雄らが出席したようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズ4作品を手掛けたスティーヴン・クローヴス(Steven Kloves)は、ベストセラー小説"The Curious Incident of the Dog in the Night-Time"の映画化で監督を務めるため、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の脚本から退く模様。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"のニューヨーク・セットの写真がネット上で公開されたようだ。
米Walt Disneyに対する株主代表訴訟で、元取締役のスタンレイ・ゴールドが「マイケル・オーヴィッツ社長就任の数ヶ月前から、同氏との交渉の詳細についてマイケル・アイズナーCEOから聞いていた」と証言したらしい。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作"Charlie and the Chocolate Factory"の予告篇第1弾が、米国の「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")上映劇場で今週末から公開されるらしい。
米ディスカウントストアTargetのキャンペーン広告で、ダース・ベイダーとハイジ・クラムが共演しているらしい。
ジョナサン・ヘンズリー監督「パニッシャー」("The Punisher")の特別試写会が10日都内で行われ、ライブドアの堀江貴文社長がゲストとして参加したようだ。
ジョナサン・フレイクス監督「サンダーバード」("Thunderbirds",2004年)のDVDが、オリコンデイリーDVDチャートで初登場1位を獲得した模様。
来日中のアーノルド・シュワルツェネッガー州知事が10日、筑紫哲也と対談したようだ。
フジテレビジョングループは、音楽大手のシンコーミュージック・エンタテイメントから、約7万曲の洋楽著作権の利用権を譲り受けたと発表したようだ。「ロッキーのテーマ」なども含まれているらしい。
米FXは、ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグと共同で、十戒をテーマにした10人の監督による10時間のミニシリーズを企画しているらしい。
Columbia Picturesによるミュージカル映画「バイ・バイ・バーディー」("Bye Bye Birdie",1963年)のリメイクで、監督予定だった新人のジョン・チュウ(Jon Chu)が降板した模様。当初予定されていた2500万ドルの製作費が6500万ドルにまでアップしたことが原因らしい。
Paramount傘下のCruise/Wagnerは、クリストファー・ライヒ(Christopher Reich)による英国の女性スパイが主人公のスリラー小説"The Devil's Banker"の映画化権を獲得したようだ。
マイケル・ムーア監督は、ハーヴェイ・ウェインスタインと「華氏911」の続編を企画しているらしい。「今からキャメラをまわしておいて、2、3年かけて準備を進めたい。(今回の大統領選では)51%の人々に情報が伝わっていなかった。我々は彼らを教育し啓蒙したいんだ」と語ったようだ。
まもなく全米公開となる米人気TVアニメの映画化"The SpongeBob SquarePants Movie"では、声の収録を一人ひとり個別に行うのではなく、同じスタジオに声優を集めて収録を行ったらしい。
"Blade: Trinity"を手掛けたデヴィッド・S・ゴイヤー監督は、同作でジェシカ・ビールとライアン・レイノルズが演じるナイトストーカーのキャラクタを主人公にしたスピンオフを企画しているらしい。
ブレット・ラトナー監督は、米FOXのドラマ・パイロット"Prison Break"を手掛ける模様。
P・ディディことショーン・コムズは、「世界はもう黒人のジェイムズ・ボンドを見る準備が出来ている」と語ったらしい。ボンドガールにアンジェリーナ・ジョリーの名前を挙げたとか。
ヴァルテル・サレス監督「ダーク・ウォーター」("Dark Water")の予告篇が公開されたらしい。
  11/12
「犬夜叉 紅蓮の蓬莱島」の主題歌が、Do As Infinityの新曲「楽園」に決まったらしい。メンバーの伴都美子と大渡亮は、声優も務めるようだ。
コ・ヒョンジョンの復帰作となる韓国SBSのドラマは、酒井法子が主演した日本テレビのドラマ「星の金貨」(1995年)のリメイクらしい。チ・ジニ、チョ・インソンが共演するようだ。
韓国人気歌手ピが11日、大阪で行われた「ポップアジア2004」に出演ししたようだ。
来日中のアーノルド・シュワルツェネッガー州知事は11日、都内ホテルに旅行業界関係者ら約400人を招待し、観光PRを行ったようだ。
スタジオジブリは11日、新しいファッションブランド「仕立屋スタジオジブリ」を立ち上げるらしい。「紅の豚」(1992年)のポルコ・ロッソがイメージモデルとか。
ペ・ヨンジュン主演の新作「外出」について、日本の映画会社20社が既に関心を示しているらしい。シナリオがまだ未完成にも関わらす、すでに具体的な額を提示している会社もあるとか。
ニューヨークで撮影中の韓国ドラマ「悲しき恋歌」のロケ現場に、ソン・スンホンに代わって出演が決まったヨン・ジョンフンが合流したようだ。
第25回青龍映画賞では、各部門候補の選出にファンによるインターネット投票の結果が30%反映されたようだ。
ヴィッキー・チャオ、ルー・イーが共演するフォ・ジェンチィ監督の新作「情人結」で、主題歌もヴィッキー・チャオが歌うことになったようだ。
神戸100年映画祭が18日から市内3ヶ所で開催されるようだ。チャン・イーモウ監督「初恋のきた道」、佐々部清監督「チルソクの夏」、行定勲監督「きょうのできごと」などが上映されるらしい。
来春スタートのNHK朝の連続テレビ小説「ファイト」で、児玉清、由紀さおり、田中冴樹、川原亜矢子、三原じゅん子、田村高廣らの共演が決まったようだ。
来日中のアーノルド・シュワルツェネッガー州知事が12日、首相官邸を訪れ、小泉純一郎首相と会談したようだ。
米CBSは11日、ドラマシリーズ"CSI: NY"の終了5分前に放送を中断し、アラファト議長死去のニュースを報じたことを謝罪したようだ。
クリス・コロンバス監督によるブロードウェイ・ミュージカル"Rent"の映画化で、オリジナル・キャストのアダム・パスカル(Adam Pascal)が出演に向けての最終交渉に入った模様。
ジャン=ピエール・ジュネ監督は、仏政府が新作"A Very Long Engagement"は米国資本の提供を受けているとして補助金の交付を拒絶したことに対し、訴訟を起こしているらしい。その一方で、米映画「アレキサンダー」("Alexander")が仏の公的資金援助を受け取っていることについて「オリヴァー・ストーンの『アレキサンダー』はフランス映画だ。監督の母親はフランス人だし、ポスト・プロダクションもフランスで行われた。何の問題も無い。しかし、(フランスで撮影し、フランスの俳優が出演した)僕の作品はフランス映画じゃないと言うんだ。信じられるかい?」と語ったようだ。
ティム・アレン主演による「ボクはむく犬」("The Shaggy Dog",1959年)のリメイクで、米CBSのトークショー"The Late Late Show With Craig Kilborn"を9月に降板したクレイグ・キルボーンが出演交渉に入っているようだ。ダニー・グローヴァーの共演も決まったらしい。
クラウディア・シファーは11日、第2子となる女の子を出産したようだ。
エルヴィス・プレスリーの半生を描く米CBSのミニシリーズ"Elvis"の主演オーディションが10日、ロサンゼルスで行われ、ジャンプスーツとスエードの靴でキメた200人が列を作ったらしい。
ワーナー・ブラザース映画は、スティーヴン・ソダーバーグ監督「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")の日本公開に合わせ、12人のスペシャリストを募集、オンライン上の様々なミッションを繰り広げる、ソーシャルネットワークキャンペーンを開催するようだ。
ShowTimeは、クォン・サンウ主演の「太陽に向かって」(2003年)とチャ・テヒョン主演の「ジュリエットの男」(2001年)の配信を12日スタートしたようだ。
中部電力は、FTTHサービス「コミュファ」ユーザー向けに小中和哉監督「ULTRAMAN」を先行公開するらしい。
Pixar Animation Studiosの7-9月期決算は、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",2003年)の好調なビデオ販売が貢献し、70%の増益となった模様。
レン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル主演による「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編で、デレク・ジャコビの共演が決まったらしい。
"Elektra"の最新予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
ブリトニー・スピアーズは、ハリウッドのある店を夫と訪れた際「ブリトニー・スピアーズ参上!!ケヴィン・フェダーラインは最高にセクシー!」と、壁に落書きしたらしい。その店には、リンゼイ・ローハンの落書きもあるとか。
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")に出演したヒュー・グラントは、俳優業について「長くて退屈だから、いい演技をするのは難しい。僕はもう、半分リタイアしたようなものだよ。いい脚本が書ければ、とずっと考えているんだ」と引退をほのめかしたらしい。
マーティン・キャンベル監督、アントニオ・バンデラス主演"The Legend of Zorro"の撮影風景の写真が公開されたらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("War of the Worlds")のリメイクで、ニュージャージーでの撮影が今週から始まったようだ。来月には、ハドソン川沿いのアセンズ(Athens)で、1000人のエキストラが参加するロケも行われるらしい。
エルマンノ・オルミ監督「ジョヴァンニ」("Il Mestiere delle armi")のクリスト・ジフコフが来日、11日都内で行われたイベントに出席したようだ。坂井真紀が花束を贈呈したらしい。
香川県主催による「香川かがやき大使」の委嘱式が11日都内で行われ、「機関車先生」の坂口憲二と、「世界の中心で、愛をさけぶ」の長澤まさみが出席したようだ。
デジタル修復された「新・平家物語」(溝口健二監督,1955年)が、ニューヨーク近代美術館で21日から開催されるリニューアル・オープン記念映画祭で上映されるようだ。
ロバート・デ・ニーロ監督、レオナルド・ディカプリオ主演による"The Good Shepherd"で、Initial Entertainment Groupが融資から撤退したようだ。新たな融資元が見つかるまで製作は中断となる模様。
ニコラス・ケイジの次回作は、リー・タマホリ監督によるアクション・スリラー"Next"になる模様。フィリップ・K・ディックの「ゴールデン・マン」("The Golden Man")に基づく作品とか。
「L.A.LAW 七人の弁護士」("L.A. Law",1986-94年)のコービン・バーンセン(Corbin Bernsen)は、新作コメディ"Carpool Guy"に主演すると共に監督デビューを果たすらしい。今月末から南カリフォルニアで撮影が始まるようだ。
Imagine Entertainmentは、独立調査委員会の"9/11 Commission Report"に基づくミニシリーズの制作について、NBC Universal TVと契約を結んだようだ。
Revolution Studiosは、リチャード・プライス(Richard Price)のベストセラー小説に基づく"Freedomland"の映画化権獲得に向けてParamountと交渉中らしい。ジョー・ロスの監督、ジュリアン・ムーア、サミュエル・L・ジャクソンの共演が予定されているようだ。
ジェフリー・タンバーは、「ヘルボーイ」("Hellboy",2004年)の続編への出演契約にサインしたようだ。
"Wear Red"と題したチャリティ・オークションがeBayで18日まで行わていれるようだ。ニコール・キッドマンの赤い靴や、アネット・ベニングの赤いドレス、"Sex and the City"のメインキャスト全員のサイン入りの本、エレン・デジェネレスのサインが入ったPumaの赤と白のスニーカーなどが出品されているらしい。
ジャド・アパトウ(Judd Apatow)監督、スティーヴ・カレル(Steve Carell)主演の新作コメディ"The 40-Year-Old Virgin"で、キャサリン・キーナーの共演が決まったようだ。
マギー・スミス、ジュディ・デンチ共演の新作"Ladies in Lavender"の英国王室プレミアがロンドンで行われ、女王陛下が出席したようだ。
二人目の養子を希望しているアンジェリーナ・ジョリーが、ロシア人の赤ちゃんを"多額"の現金で"購入"した、と一部で報じられている模様。
エリザベス・ハーレーは、交際中の億万長者アルン・ナイヤー(Arun Nayer)と、インドでの結婚式を希望しているらしい。
ハンター・S・トンプソン(Hunter S. Thompson)"Fear and Loathing in Las Vegas"のサイン入り初版本や、アレック・ボールドウィンにボイスメッセージを録音してもらう権利、マーティン・スコセッシ監督"The Aviator"のプレミアへの招待などが、米文芸誌The Paris Review主催によるチャリティ・オークションに出品されるらしい。
今月初めに心臓バイパス手術を受けたパティ・デュークが、9日に無事退院したようだ。
  11/13
元宝塚スターの飯田イレネがメキシコで日本の無声映画の「スペイン語弁士」を務めているらしい。
ペ・ヨンジュンが、19日ソウル市内で行われる青龍映画賞の手形モニュメントイベントに出席する模様。すでに、18日から21日までの日本-ソウルの全便に予約が殺到、12日までにほぼ満席になったとか。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")プロモーションのためロバート・ゼメキス監督とトム・ハンクス来日、12日都内で記者会見を行ったようだ。工藤静香が花束を贈呈したらしい。
日本民間放送連盟の日枝久会長は12日、DVD録画再生機のCMカット機能が「著作権法に違反する可能性もある」と発言したらしい。
チェン・カイコー監督が9日、神戸学院大学で基調講演及びパネルディスカッションを行なったらしい。
ハローキティの誕生30周年記念パーティが10日ハリウッドの映画スタジオで開催され、ミュージシャンや俳優ら数百人が集まったらしい。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は11日、今年のNicholl Fellowshipを発表、新人脚本家6人に3万ドルの賞金を授与したようだ。
Newmarket Filmsは、ニコール・カッセル(Nicole Kassell)監督、ケヴィン・ベーコン主演"The Woodsman"の公開日を、アカデミー会員に投票用紙が郵送される12月27日の直前の同月24日に、あえて設定したらしい。ライバル作品が多く公開される秋を避けたようだ。
ロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")が10日全米3650館で公開され、初日興収257万ドルを記録した模様。しかし、同日の「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の興収は451万ドルに達し、週末興収でも逆転は難しいと予想されているようだ。
ローリング・ストーンズ、クリフ・リチャード、クイーン、マイケル・ジャクソン、ロビー・ウィリアムスが11日、英音楽の殿堂(U.K. Music Hall of Fame)入りを果たしたようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演最新作"The Aviator"の予告篇がMoviefoneで公開されたようだ。
チャン・イーモウ監督の「LOVERS」("House of Flying Daggers")の米国版ポスターが公開されたようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の特殊効果テスト映像が、KongisKing.netで公開されたらしい。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")の最新予告篇とポスターがYahoo! Moviesで公開されたようだ。
「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)のジョニー・ノックスヴィル、ショーン・ウィリアム・スコット、ジェシカ・シンプソン共演による映画化で、撮影現場での写真が公開されたようだ。
クリス・コロンバス監督によるミュージカル"Rent"の撮影が、サンフランシスコのトレジャー・アイランドで行われることになったようだ。
今やセックスシンボルとしてのステータスを確立したチャド・マイケル・マーレイは「それはお世辞だろうけど、でも奇妙な感じだ。高校時代は友達が一人もいなくて、のけ者にされていたんだ。おしゃれをすることも無かったし。"白いTシャツにジーンズの奴"ていう感じだったんだ」と語ったようだ。
米CBSは、アラファト議長死去のニュースで中断した"CSI: NY"の10日放送分を、12日に再放送したようだ。
森田芳光監督「海猫」に出演する伊東美咲が11日、Yahoo!のチャットイベントに参加、歴代3位となる15万件のアクセスがあったらしい。
デヴィッド・ベッカムは、ヴィクトリア・ベッカムへのクリスマスプレゼントに、合計10カラットのダイヤを散りばめた2億円相当のバイブレーターを用意している、と英国で報じられたらしい。
ぺ・ヨンジュンの写真集「像 The Image Vol.One」のインターネットでの予約販売が12日、公式サイトでスタートしたものの、アクセスが殺到しサーバーと回線がダウンしたらしい。
日本で公開される韓国映画の作品数が、今年初めて30本を越える模様。一方、フランスや香港映画の作品が激減しているとか。
デヴィッド・トゥーヒー監督は「リディック」("The Chronicles of Riddick",2004年)の続編製作の可能性について、来週発売のディレクターズカット版DVDの売上次第だ、と語ったようだ。
ブライアン・シンガー監督は「スーパーマン」シリーズ最新作について「彼が登場して多くの英雄的活躍をはじめてから数年後が舞台になる」と語ったようだ。製作開始は来年2月、公開は2006年の夏になる模様。
「リディック」("The Chronicles of Riddick",2004年)で、クリスティン・リーマンがShirahという役を演じていたものの、劇場公開版では全てカットされたらしい。DVDで復活する模様。「私はShirahの役をとても気に入っていたけれど、デヴィッド(・トゥーヒー監督)はカットしなければならない理由を私に伝えてくれたから、私は彼を信用したわ」と語ったようだ。
マドンナの新作絵本"The Adventures of Abdi"のサイン会が11日、ロンドンの書店で行われ、数百人のファンが徹夜で並んだものの、サインをもらえたのは最初の250人だけだったらしい。マドンナは地下駐車場から店内に入ったため、並んでいたファンをがっかりさせたとか。
  11/14
「鉄道員」("Il Ferroviere",1956年)、「イタリア式離婚狂想曲」("Divorzio all'italiana",1961年)、「続・黄金の七人/レインボー作戦」("Il Grande colpo dei sette uomini d'oro",1967年)など、数々の映画音楽を手掛けた、イタリアの作曲家カルロ・ルスティケリ(Carlo Rustichelli)さんが13日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
森田芳光監督「海猫」が13日初日を迎え、伊東美咲、仲村トオル、佐藤浩市らが舞台挨拶に立ったようだ。また、ヒットを祈願して東映本社屋上から風船を100個飛ばしたらしい。
磯村一路監督「雨鱒の川」が13日初日を迎え、中谷美紀、玉木宏、綾瀬はるからが舞台挨拶に立ったようだ。
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」に出演する吉川晃司が13日、都内で行われたトークショーに出席したようだ。
根岸吉太郎監督「透光の樹」の岡田裕プロデューサーは14日、同作品を降板した萩原健一を、恐喝未遂容疑で警察に告訴した、と発表したようだ。暴力団の名前を出して、出演料の全額支払を要求したとか。
ハ・ジウォン、ヨン・ジョンフン共演「あしながおじさん」のポスターが公開されたようだ。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")プロモーションのため、ニコラス・ケイジが来月13日に韓国を訪問するらしい。
「ネバーランド」("Finding Neverland")のプレミアが11日ロサンゼルスで開催され、マーク・フォースター監督、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマン、ラダ・ミッチェルらが出席したようだ。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")に主演したサラ・ミシェル・ゲラーは「バフィに見えないようにするのが少し難しかった。走るシーンを何度もやらされた時は、私が混乱しているんだと思ったの。でもそれは、私が運動選手みたいに走っていたからで、彼らは『もっと、腕をパタパタさせて!』といい続けていたわ」と語ったようだ。
ソン・スンホンは16日に入隊するらしい。また、チャン・ヒョク、ハン・ジェソクも今月入隊するほか、ウォン・ビン、イ・ドンゴン、ヤン・ドングンも入隊を予定しているとか。一方、ペ・ヨンジュンは視力が弱く、免除されたとか。
君塚良一監督、東山紀之主演の新作「MAKOTO」で、河口恭吾が主題歌「夢の真ん中」を歌うようだ。
来日中のアーノルド・シュワルツェネッガー州知事が13日、六本木ヒルズ特設会場で行われたイベントに出席したようだ。
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクが、パパラッチ2人から訴えられたらしい。暴行を受けたと主張している模様。
  11/15
セディク・バルマク監督「アフガン零年」("Osama",2004年)が16日、福島県白河市の市文化センターで上映されるようだ。
ブラッド・バード監督「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の試写会が14日都内で行われ、黒木瞳、綾瀬はるからがキャラクタのコスプレ姿で舞台に登場したようだ。
第1回大韓民国国際青少年映画祭が16日から走路で開催されるようだ。韓国、中国、日本の25歳以下の若手監督による100以上の作品が上映されるらしい。
7日付New York Timesは、「さゆり」("Memoirs of a Geisha")に主演するチャン・ツィイーの写真を掲載したようだ。
第32回米音楽賞(American Music Awards)授賞式が14日ロサンゼルスで開催され、アッシャー(Usher)がポップ・ロック部門とソウル・R&B部門でそれぞれ男性アーティスト賞とアルバム賞を獲得、ノミネートされていた4部門全てを受賞したようだ。
北米を除く海外週末興収では、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")が2670万ドルを記録し、No.1となったようだ。英国では1910万ドルの大ヒットとなった模様。
米ABCの系列局で12日行われた「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)のノーカット放送について、保守系キリスト教団体のAmerican Family Associationなどから米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)に苦情が寄せられたらしい。
ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化で、トム・ハンクスが主演を務めるらしい。
ウィリアム・キャッスル(William Castle)監督による「ティングラー/背すじに潜む恐怖」("The Tingler",1959年)がリメイクされるらしい。ニール・モリッツ(Neal Moritz)が製作、グレッグ・ペイス(Greg Pace)が脚本を務めるようだ。
全米週末興収は、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が5100万ドル(3933館)で2週連続1位を獲得、総興収は1億4400万ドルを突破した模様。一方、ロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")は2350万ドルで2位のスタートとなったほか、ブレット・ラトナー監督、ピアース・ブロスナン主演"After the Sunset"が1150万ドル(2819館)で3位、レニー・ゼルウィガー主演「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")が885万ドル(530館)で4位、シリーズ第5作"Seed of Chucky"が876万ドル(2061館)で5位となったらしい。
ステファン・シュワルツ監督、セス・グリーン、スチュアート・タウンゼンド、エイミー・スマート共演の新作"The Best Man"の製作がハンガリーのブタペストで始まったようだ。
リンゼイ・ローハンとウィルマー・ヴァルデラマは、人気TVコメディ"That '70s Show"(1998-2005年)で共演した直後、別れたらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演によるリメイク版「宇宙戦争」("War of the Worlds")の撮影が今週、ニュージャージー州のベイヨン橋(Bayonne Bridge)で行われるようだ。
劇団四季で活躍した後、「おていちゃん」や「ありがとう」などの人気TVドラマや、「スター千一夜」や「おもいッきりテレビ」などのバラエティ番組に出演した、俳優の荻島眞一さんが11日亡くなった(58歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、来月から携帯電話向けコンテンツ事業に参入するらしい。
ジョン・ランディス監督次回作は、Mount Film Companyによるダン・オダウド(Dan O'Dowd)の"Real Men"の映画化になるようだ。
Tollin/Robbins Productionsは、ハル・ベリー主演の新作"Tulia"の脚本にカレン・クロナー(Karen Croner)を起用したようだ。また、マイケル・バンバーガー(Michael Bamberger)の小説"">Wonderland: A Year in the Life of an American High School"に基づく新作"Pennsbury"では、ジョン・スコット・シェパード(John Scott Shepherd)が脚本を担当することになったらしい。
元ポン引きで後に作家となったIceberg Slimことロバート・ベック(Robert Beck)の小説「ピンプ」("Pimp: The Story of My Life")が、ラッパー兼俳優のプラーズ(Pras)の主演で映画化されるらしい。
MTV Filmsは、ジェイク・コバーン(Jake Coburn)の小説"Prep"の映画化権についてオプション契約を結んだようだ。
Universal Picturesは、ブライアン・ベルティーノ(Bryan Bertino)によるホラー脚本"The Strangers"を獲得したようだ。清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")を手掛けたロイ・リー(Roy Lee)とダグ・デイヴィソン(Doug Davison)が製作を務める模様。
南カリフォルニア大学のEntertainment Technology Centerでは、米Trakstar社が開発した、映画館で違法撮影を行うビデオカメラを自動検出するPirateEyeや、音声に「透かし」を挿入して違法撮影の場所と日時を特定できるようにするTrakstar TSVのデモンストレーションが行われているらしい。
ペネロペ・クルスは、マシュー・マコノヒーとの交際を認めたようだ。
  11/16
16日入隊したソン・スンホンを激励しようと、韓国春川市の部隊前には1000人近いファンやマスコミが詰め掛けたらしい。
浅倉卓弥のベストセラー小説「四日間の奇蹟」が、佐々部清監督、吉岡秀隆、石田ゆり子共演で映画化されるようだ。
ペ・ヨンジュンが、昨年9月から交際を続けていた映画監督志望の女性と今年6月に破局していた、と韓国で報じられた模様。
キム・スヒョン監督「クィヨウォ」が来年2月に開催される第16回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のヤング・コンペ部門に出品されるようだ。
2004アンドレ・キムベストスターアワーズの授賞式が15日ソウル市内で行われ、パク・チャンウク、キム・ギドク、イ・ヨンエ、クォン・サンウ、ピ、イ・ウンジュ、イ・ドンゴン、キム・テヒ、ソン・ユリ、パク・チョンア、ハン・イェスルらが受賞したようだ。
フォン・シャオガン監督の新作時代アクション「夜宴」が中国当局の審査を通過、来年初めにクランクインする模様。コン・リー、金城武、ファン・ビンビン、チャン・ドンゴンらが共演するとか。
米Family Fun誌による第1回年間ビデオ・ゲーム賞が発表され、「シュレック2」と「パワー・レンジャーズ・ディノ・サンダー」が受賞したようだ。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")が期待を裏切る低調なスタートとなったことで、Warner Bros.では「アレキサンダー」("Alexander")や「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")、「オペラ座の怪人」("The Phantom of the Opera")など今後公開される他の超大作へのプレッシャーが高まっているとか。一方、ある金融アナリストは「クリスマス・シーズンはこれからであり、失敗と決め付けることはまだ出来ないし、成功の可能性も残っている」と語ったらしい。
米CBSで14日放送されたミニシリーズ"Category 6: Day of Destruction"が、午後8時から11時で、18歳から49歳の成人の視聴者数が1940万人に達したようだ。
チェチェン紛争から帰還したものの、戦争で受けたトラウマにより、モスクワでの平和な生活に馴染むことが出来ない兵士を描いた、ヴァレーリー・トドロフスキー(Valeri Todorovsky)監督"My Step-Brother Frankenstein"が、まもなくロシアで公開されるようだ。
ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")のIMAX版が全米59のIMAXシアターで公開され、週末興収として過去最高の210万ドル、総興収300万ドルを記録したようだ。IMAXでは「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")やピーター・ジャクソン監督による"King Kong"などの公開に向けて、スタジオ側と交渉中とか。
Pixar/Disneyの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が全米大ヒットとなっていることについて、Pixar Animation Studiosのスティーヴ・ジョブスは「この成功によって、Disneyとの新しい契約に飛びつくことはない。我々は、ギリギリまで決断を下すつもりはない」と語ったようだ。
米Sci Fi Channelは、人気シリーズ"Stargate Atlantis"と"Stargate SG-1"の新シーズン各20エピソードの制作を発注したようだ。
「ハイランダー」シリーズ最新作"Highlander: The Source"は、ブレット・レナードが監督を務める模様。
ブリトニー・スピアーズは、マリブの新居に近いPepperdine Collegeに入学したらしい。
クリスティーナ・アギレラと交際中のジョーダン・ブラットマン(Jordan Bratman)は、Stephen Websterで20カラット、5万4000ドル相当のダイヤモンドの婚約指輪を購入したらしい。
クァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」の劇中曲として使用されているX JAPANの「Tears」が、来月8日発売のサントラにも収録されることになったようだ。
アサヒビールによるショートムービープロジェクト「THE SUPER DRY FILMS」の第3作「THE SCOOP」が完成したようだ。飯田譲治が監督を務め、柏原崇、石橋凌らが共演しているらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は米CATV局のCMに出演、外国出身の米国市民が大統領になることを禁じた憲法条項の撤廃を訴えた模様。
ぺ・ヨンジュン、チェ・ジウの「韓流ブームびな」など6種類の「変わりびな」が16日、都内で報道陣に公開されたようだ。
Nu Imageは、来年初めに予定していた新作"Black Hole"の製作開始を、今月28日に前倒ししたらしい。クリスティ・スワンソンとジャド・ネルソンが共演、ある研究所の実験でブラックホールを誕生させてしまい・・・というストーリーになる模様。総製作費350万ドルで、セントルイスで撮影が行われるようだ。
スパイク・リー監督の次回作"The Night Watchman"で、キアヌ・リーヴスが主演する模様。
トニー・ゴールドウィンは、Lakeshore Entertainmentの新作"The Last Kiss"で監督を務めるらしい。
スティーヴン・ザイリアン監督・脚本による「オール・ザ・キングスメン」("All the King's Men",1949年)のリメイクで、当初出演予定だったメリル・ストリープが降板したようだ。
ヴィン・ディーゼルは、莫大な製作費を投入したものの興行的に失敗に終わった「リディック」("The Chronicles of Riddick",2004年)の続編について「僕らは『ピッチ・ブラック』("Pitch Black",2000年)を2000万ドルで作った。シリーズの継続に予算は関係ない」と語ったらしい。
「トイ・ストーリー」シリーズ最新作"Toy Story 3"を製作中のWalt Disney Studiosは、新しいデジタル・アニメーション設備をカリフォルニアのグレンデールに建設しているらしい。
ドナルド・ペトリー監督、リンゼイ・ローハン主演のタイトル未定の新作(旧タイトル"Lady Luck")で、クリス・パイン(Chris Pine)の共演が決まったらしい。
Lions Gate Entertainmentは、クレイグ・シンガー(Craig Singer)監督、ジェイミー=リン・ディスカラ(Jamie-Lynn DiScala)主演のティーン・スリラー"Dark Ride"の配給権を獲得したようだ。
Project Greenlightによる新作ホラー"Feast"で、ナヴィ・ラワト(Navi Rawat)、バルサザール・ゲティ(Balthazar Getty)、クリスタ・アレン(Krista Allen)、ヘンリー・ロリンズ(Henry Rollins)、ジェイソン・ミューズ(Jason Mewes)の出演が決まったようだ。
レベッカ・ゲイハートと、「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)などにゲスト出演している俳優のエリック・デイン(Eric Dane)が、ラスヴェガスで先月29日に結婚式を挙げたらしい。
米CBSは、アラファト議長死去のニュースで"CSI: NY"の放送を中断させたプロデューサーを解雇したようだ。
予言者モハメッドの生涯を描くアニメーション映画"Mohammed: The Last Prophet"が14日から米国で公開されているようだ。もともと2002年に公開される予定だったものの、9.11テロの影響で延期されていたらしい。
トム・クルーズはエベレストへの登頂を計画しているらしい。
  11/17
井上靖雄監督「隣人13号」の完成披露試写会が17日都内で行われ、中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美らが出席したようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は16日、ファイル交換ソフトを利用して映画などを違法にダウンロードしている個人らに対する訴訟を起こした、と発表したようだ。映画1本につき最大3万ドルの損害賠償を要求しているらしい。
NHKは、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、イ・ビョンホンの3人に紅白歌合戦への出演を正式に依頼した模様。
「きみに読む物語」("The Notebook",2004年)プロモーションのため主演のライアン・ゴズリングが来日、16日都内で行われた試写会で舞台挨拶に立ったようだ。小倉優子も出席したらしい。
山口博樹監督「クリスマス・クリスマス」の新潟県中越地震チャリティー試写会が16日都内で行われ、伊藤歩らが出席したようだ、
韓国SBSドラマ「最後のダンスは僕と一緒に」に出演するチ・ソンが、役作りのために日本語を勉強中らしい。また、来年2月か3月には来日する予定とか。
韓国人気グループ「神話」のエリックが、イム・ギョンス監督、キム・ユンジン主演の新作「12月の日記」で映画デビューするらしい。 [☆「10月の日記」?「12月の日記」?どっち??]
オ・ジミョン監督デビュー作「ふざけるな」が、来月3日から韓国と米国で同時公開されるらしい。
上海サーチナの調査によると、「酒井法子」を知っていると回答した人は70%を越えたらしい。浜崎あゆみが2位、木村拓哉が3位に入ったようだ。
リンゼイ・ローハンが、予定していた飛行機の乗れずヒステリーを起こしたためにニューヨークからロサンゼルスへのフライトが遅れた、と非難されていることについて、ローハンの代理人は「リンゼイは2人の友人と旅行中でしたが、空港に着くと不思議なことに予定していたフライトが全てキャンセルされていたのです。リンゼイの落ち度ではありません。彼女たちは結局別の便に乗りました」と説明したようだ。
「韓中日青少年平和映画祭」に出品された韓国の青少年が製作した124本の作品の内、40%が暴力をテーマにした作品だったらしい。
「東京原発」(2001年)プロモーションのため山川元監督が15日、山口県柳井市を訪れたようだ。
カリーナ・ラウは、来月スタートするTVショッピング・チャンネル「TV Mart」の運営会社のCEOに就任したらしい。
チェン・カイコー監督最新作「無極」が、来年のカンヌ映画祭、ヴェネチア国際映画祭に出品される模様。
日本、韓国、中国、ロシア、マレーシア、インドネシアの6カ国18団体による連携組織、アジア・フィルムコミッション・ネットワーク(AFCNet)が設立されたようだ。
米ABCは16日、前日のNFL中継番組"Monday Night Football"の前に放送したドラマ"Desperate Housewives"(2004年)の番組CMに不適切な表現があったとして、謝罪したようだ。Philadelphia Eaglesのテレル・オーウェンズ(Terrell Owens)に、ドラマに主演するニコレット・シェリダン(Nicollette Sheridan)が全裸で抱きついたかのように思わせる映像だったらしい。米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は17日、この問題に対する調査を開始した模様。
米CBSで15日放送された"CSI: Miami"(2002年-)は、視聴者数2220万人を記録した模様。
ロマン・ポランスキー監督の弁護士は今週、英国の最高裁判所に、米Vanity Fair誌に対する名誉毀損の訴訟を起こすことを認めるよう要求する模様。児童との性的交渉を持ったとして米国で有罪判決を受けているため、米国と犯罪人引き渡し協定を結んでいる英国に入国した場合も米国に引き渡されることから、ビデオによる出廷を求めるらしい。
来月11日にノルウェーで開催されるノーベル平和賞のコンサートで、トム・クルーズとオプラ・ウィンフリーが司会を務めるようだ。
エリック・イーソン(Eric Eason)脚本・監督、ペル・ジェイムズ(Pell James)、スティーヴン・ストレイト(Steven Strait)、アシュリー・シンプソン共演による新作"Wannabe"の撮影が、今週からロサンゼルスで始まるようだ。
デヴィッド・ベッカムは、スティーヴ・マーティン主演"The Pink Panther"への出演を断ったようだ。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」("The Hitchhiker's Guide to the Galaxy")のコンセプト画の一部がネット上で公開されたらしい。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、第77回アカデミー賞のポスターを公開したようだ。
ジェイク・ギレンホールとよりを戻したキルスティン・ダンストは、すでにギレンホールの母親と結婚の計画について話し合っているらしい。
薗田賢次監督「鳶がクルリと」で、観月ありさの主演が決まったようだ。哀川翔、宇津井健、塩見三省、須藤元気、品川庄司らが共演するらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演「ターミナル」("The Terminal")の特別試写会が16日都内で行われ、おすぎと戸田奈津子が出席したようだ。
17日から放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ「弟」の試写会が16日都内で行われ、石原まき子らが出席したようだ。
NHK放送文化研究所の男性職員が、就業規則に違反して無断で映画会社のプロデューサーを兼業しているこが発覚したようだ。
「知恵蔵2005」の刊行記念イベントで、ワード・オブ・ザ・イヤー2004に「ヨン様」が選ばれたらしい。
ゲイリー・ウィニック(Gary Winick)監督によるE・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化で、Nickelodeon FilmsとKerner Entertainmentが製作に参加する模様。また、Walden Mediaも製作と出資に向けて交渉中らしい。製作開始は来年1月になるようだ。
ジョン・ムーア監督次回作は、Davis Entertainmentによる"The Last Mission"になる模様。元Navy SEALの娘がフィリピンで誘拐され・・・というアクションらしい。
Working Title Filmsは、「ザ・ビーチ」("The Beach",2000年)のアレックス・ガーランド(Alex Garland)による脚本"Time Keepers"を獲得したようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズと、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")のプロデューサーのジェリー・ワイントラウブ(Jerry Weintraub)は共同で、Warner Bros. Picturesのコメディ"The Ivy Chronicles"を手掛けるようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の映画化では、薬草学のスプラウト教授の登場シーンがカットされるようだ。
ジョージ・クルーニーは、新作"Syriana"での役作りのため、体重を18kg増やそうとしているらしい。
男女の性行動に関する研究で知られるアルフレッド・キンゼイ(Alfred Kinsey)の半生を描いた、ビル・コンドン監督、リーアム・ニーソン主演の新作"Kinsey"について、元同僚は「芸術的な観点から、いくつかの事実はねじ曲げられていたが、基本的に素晴らしい作品だ」と賞賛したようだ。
映画促進団体American Cinemathequeによる資金調達イベントが先週Beverly Hiltonで開催され、スティーヴ・マーティンが表彰されたようだ。ロビン・ウィリアムス、マーティン・ショートジョン・ロヴィッツ、リタ・ウィルソン、ロン・ハワードらが祝福に駆けつけたらしい。
大ヒットミュージカル「マンマ・ミーア!」("Mamma Mia!")の映画化が企画されている模様。キーラ・ナイトレイ、ニコール・キッドマン、アントニオ・バンデラスらがキャスト候補に挙がっているとか。
「ウォレスとグルミット」シリーズ最新作"Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit"からの最新画像が公開されたらしい。
  11/18
「恋人たちの世界」("Un monde nouveau",1966年)、「リスボン特急」("Un flic",1972年)、「ホワイトナイツ 白夜」("White Nights",1985年)、「ニュー・ジャック・シティ」("New Jack City",1991年)、「メジャーリーグ2」("Major League II",1994年)、「ステラが恋に落ちて」("How Stella Got Her Groove Back",1998年)、「スウェプト・アウェイ」("Swept Away",2002年)など数多くの作品で音楽を手掛けた、フランスの作曲家ミシェル・コロンビエ(Michel Colombier)さんが14日亡くなった(65歳)。ご冥福をお祈りいたします。
市川拓司の小説「いま、会いにゆきます」の発行部数が100万部に達したようだ。
源孝志監督「東京タワー」の完成会見が17日都内で行われ、黒木瞳、岡田准一、寺島しのぶ、松本潤らが出席したようだ。
オリヴァー・ストーン監督「アレキサンダー」("Alexander")プロモーションのため、コリン・ファレルが1月に初来日するようだ、
上海サーチナによる、日本の芸能人の好感度に関する調査の結果、知名度と同様に酒井法子がトップに選ばれたほか、深田恭子が2位、浜崎あゆみが3位となったようだ。一方、織田裕二が好きと答えたのは全体の10%程度だったらしい。
19日に開催される、ペ・ヨンジュン、チェ・ミンシク、チャン・ジニョン、イム・スジョンらが出席予定の第25回青龍映画賞手形モニュメントイベントで、人気コメディアンのシム・ヒョンソプが司会を務めることになったようだ。
石原裕次郎の生誕70周年を記念した「黄金の日活映画展」が17日、広島市でスタートしたようだ。「清水の暴れん坊」(松尾昭典監督,1959年)、「早射ち野郎」(野村孝監督,1961年)などのポスターほか100点が展示されているらしい。
ブライアン・シンガー監督は、ヴィン・ディーゼルによるビデオゲーム製作会社と共同で、アクションアドベンチャー・ゲーム"Secret Service"を手掛けるらしい。
海外で放送される"Sesame Street"の、文化的、政治的、社会的影響を調査するドキュメンタリー映画"The World According to Sesame Street"が製作されるらしい。リンダ・ゴールドスタイン・ノウルトン(Linda Goldstein Knowlton)とリンダ・ホーキンス(Linda Hawkins)が製作と監督を務める模様。
「リディック」("The Chronicles of Riddick",2004年)のDVDとVHSが16日米国で発売され、初日だけで150万本の売上を記録したようだ。
米Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOが、元社長のマイケル・オーヴィッツ(Michael Ovitz)について「危険」「檻の中の動物」「異常人格」などと呼んだことを記したメモが提示されたらしい。
米People誌による「最もセクシーな男性」に、今年はジュード・ロウが選ばれたようだ。
米Rolling Stone誌によるロックの名曲500選が発表され、1位にはボブ・ディランの"Like a Rolling Stone"が選ばれたようだ。
米国映画協会(American Film Institute)は17日、映画の名せりふ100選のための投票用紙を会員1500人に送付したようだ。結果は来年6月放送のCBSの特別番組で発表されるらしい。
山口博樹監督「クリスマス・クリスマス」のブロードバンド試写会が今月29日に行われる模様。
スティーヴン・キングの小説"Desperation"がTV映画化され、米ABCで来年放送されるらしい。
Tenacious Dのカイル・グラス(Kyle Gass)は、映画"Tenacious D in the Pick of Destiny"の撮影が来年3月に始まる、と語ったようだ。ジャック・ブラックも脚本などに参加、リアム・リンチ(Liam Lynch)が監督を務める模様。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、パソコン内に保存されている映画や楽曲、ファイル交換ソフトの有無などを監視するためのフリーソフトを提供すると発表したようだ。
米Burger Kingは、「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")のプロモーション・キャンペーンを展開する模様。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は17日、第77回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門のエントリー作品12本を発表したようだ。
"Born into Brothels"
"Home of the Brave"
"Howard Zinn: You Can't Be Neutral on a Moving Train"
"In the Realms of the Unreal"
"Riding Giants"
"The Ritchie Boys"
"The Story of the Weeping Camel"(「らくだの涙」)
"Super Size Me"(「スーパーサイズ・ミー」)
"Tell Them Who You Are"
"Touching the Void"(「運命を分けたザイル」)
"Tupac: Resurrection"
"Twist of Faith"
ジャスティン・ティンバーレイクは、ピーナッツを喉に詰まらせた友人をハイムリック法で救ったらしい。
14歳の時「モンタナの風に抱かれて」("The Horse Whisperer",1998年)に出演したケイト・ボスワースは、たった5分間の出演シーンについて「撮影には実際2ヶ月かかったわ。自分が何をしているのか分からなかった。出演したのは私が馬を愛していたからで、ほんの気まぐれでその世界に入ったの。(同い年の主演)スカーレット(・ヨハンソン)はもうベテランだったわ」と語ったようだ。
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」の公開を記念した、「レディ・ジョーカーカップ」が今月25日に川崎競馬で開催されるらしい。
オリヴァー・ストーン監督「アレキサンダー」("Alexander")のワールドプレミアが16日ハリウッドで開催され、コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー、ロザリオ・ドーソンらが出席したようだ。
イ・ビョンホンの公式DVD「L・B・H・DVDBOX」が17日発売され、初回限定のコレクターズ版と合わせて10万セットが出荷されたらしい。
「シュレック2」("Shrek 2",2004年)を手掛けたJ・デヴィッド・ステム(J. David Stem)とデヴィッド・N・ワイス(David N. Weiss)によるコメディ脚本"Mean Streak"を、Paramount Picturesが獲得したようだ。
「モンテ・クリスト伯」("The Count of Monte Cristo",2002年)を手掛けたジェイ・ウォルパート(Jay Wolpert)は、DreamWorksの新作アクション"Escape Artist"の脚本を執筆中らしい。
アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー兄弟の助監督を務めたジェイムズ・マクティーグ(James McTeigue)は、アラン・ムーア(Alan Moore)のグラフィック・ノベル"V for Vendetta"の映画化で監督デビューを果たす模様。
ビヴァリー・ブラント(Beverly Brandt)の小説の映画化"Room Service"で、ジェシカ・シンプソンの主演が決まった模様。
人気TVアニメの映画化"SpongeBob SquarePants Movie"のスティーヴン・ヒレンバーグ(Stephen Hillenburg)監督は、デヴィッド・ハッセルホフが本人役で登場することについて「有名人を登場させようということになって、彼の名前を思いついたんだ。面白いアイデアだったんで、彼の了解も取らずに全部のシーンを書き上げたよ」と語ったらしい。
「ロズウェル★星の恋人たち」("Roswell",1999-2002年)のエミリー・デ・レイヴィン(Emilie de Ravin)は、ホラー・コメディ映画"Santa's Slay"(仮題)に出演するらしい。
ビリー・ゼインは、デニス・ホッパー、アン=マーグレット共演のサイコスリラー"Mem-o-re"への出演が決まったようだ。
「シュレック」シリーズの脚本家の1人ジョー・スティルマン(Joe Stillman)は、来年出版予定の児童向けファンタジー小説"Percy Jackson and the Lightning Thief"の映画化に向けて、脚本を担当するようだ。
Ali Gこと、英コメディアンのサシャ・バロン・コーエン(Sacha Baron Cohen)は、英国コミックの映画化"The Mortdecai Mustache Mystery"への主演を希望しているらしい。
来年4月にブロードウェイで開幕する舞台"Julius Caesar"で、デンゼル・ワシントンがブルータスを演じるらしい。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインの婚姻手続きが16日、正式に完了した模様。
  11/19
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」の試写会が18日福岡市内で行われ、徳重聡らが舞台挨拶に立ったようだ。
米Walt Disneyは18日、2004年7-9月期の決算を発表、売上高が前年同期比8%増の75億4300万ドル、純利益が24%増の5億1600万ドルと、増収増益となったようだ。
「ウィンドトーカーズ」("Windtalkers",2002年)のモデルとなった、元米軍兵士のサミュエル・ビリソンさんが16日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
17日放送されたテレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマ「弟」の第1回は、平均視聴率23.6%を記録したようだ。テレビ朝日本社では、社長の発案で18日は食堂が無料になったとか。
NHKで放送中の韓国ドラマ「美しき日々」のエンディングテーマとして使用されている、S.E.N.S.の「Remembering Me」が、24日発売のアルバム「恋愛集」に収録されるらしい。
松竹は、下山天監督「忍 SHINOBI」のロサンゼルスでのプレミア開催を企画しているらしい。すでに、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアでの公開が決定しているほか、韓国からは出資のオファーも受けているとか。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の名場面が19日、都営地下鉄三田線大手町駅構内の「大手町ミュージアム」に展示されたらしい。
ソウルで19日行われた手形モニュメントイベントにペ・ヨンジュンらが登場、300人のファンが取り囲んだらしい。
「若い人」(豊田四郎監督,1937年)、「Zの戦慄」(丸根賛太郎監督,1948年)、「君の名は」(大庭秀雄監督,1953年)、「俺たちに太陽はない」(池田博監督,1960年)など数多くの作品で活躍した、俳優の市川春代さんが18日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。
周囲360度どの方向からでも立体映像を見ることが出来るディスプレイが、東京大学で開発されたらしい。
ペ・ヨンジュンは、写真集の発売に合わせて、26日頃に来日を予定している模様。
パク・ヨンフン監督、ムン・グニョン主演最新作「ダンサーの純情」がクランクインしたようだ。
「花とアリス」プロモーションのため韓国を訪れた岩井俊二監督は「韓国映画の撮影・照明技術は最近急速に発展したと思う。 日本で同じシーンを撮ることができるか疑問に思うほどだ」と語ったらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のDVD発売記念イベントが18日ロンドンで開催され、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントがナイトバスに乗って登場したらしい。
みずほ証券は18日、映画「忍 SHINOBI」に投資するファンドの取り扱いを、30日から個人投資家向けに開始すると発表したようだ。
「007を香川に呼ぶ秘密情報部」による署名が5万人に達したようだ。
日本映像ソフト協会の発表によると、全国のビデオレンタル店でのDVDの1店舗当りの月平均の売上は、2002年度比で239%増の140万円に達した模様。
メキシコで人気のメロドラマシリーズ「ゲーム・オブ・ライフ」の放送がKBS京都で先月スタート、来年4月からは全国放送も予定されているらしい。
朝鮮日報のインタビューに答えたペ・ヨンジュンは、紅白歌合戦への出演について「わたしがうまくやれる仕事ではない。バラエティショーというのは・・・」と語ったらしい。
全米週末公開作品では、ニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")が週末興収3000万ドル台でトップになると予想されているようだ。
ヴァネッサ・レッドグレイヴと弟のコリン・レッドグレイヴは、今月27日に新党「平和進歩党」を立ち上げるらしい。
MTV Europe Music Awardsの受賞式が18日ローマで開催され、OutKastがグループ賞など3部門、アッシャー(Usher)がアルバム賞など2部門を獲得したようだ。このほか、主要部門の受賞者は全て米国人アーティストだったらしい。
オジー・オズボーンは、リアリティ番組"The Osbournes"への出演について「1回25分の放送のために、撮影は丸1日かかる。その日の終わりには、もう嫌になっていた」と語ったようだ。
Sonyのハワード・ストリンガー副会長は、国際娯楽部門の独立について「検討に値する」と発言したらしい。
中国国家広播電影電視総局は、TV番組制作の合弁会社に対し外国企業が最大49%出資することを認めると発表したようだ。今月28日から実施される模様。
ジョー・ライト監督の新作"Pride and Prejudice"撮影中のキーラ・ナイトレイの写真が、ネット上で公開されたらしい。
米Sci Fi Channelは、エリック・ガルシア(Eric Garcia)の小説に基づくTV映画"Anonymous Rex"を来月4日に放送するようだ。サム・トラメル(Sam Trammell)、ダニエル・ボールドウィン、ステファニー・レメリン(Stephanie Lemelin)、アイザック・ヘイズ、フェイ・ダナウェイらが共演しているらしい。
大ヒットミュージカル"Bat Boy: The Musical"が、ジョン・ランディスの監督で映画化されるらしい。
新ジェイムズ・ボンド候補に、今度はヨアン・グリフィズ(Ioan Gruffudd)の名前が挙がっているらしい。
バーナード・マラマッド(Bernard Malamud)の小説に基づく、ディラン・マクダーモット、スヌープ・ドッグ共演の新作"The Tenants"の撮影が終わったようだ。
来年1月16日に開催される第62回ゴールデン・グローブ賞授賞式で、ロビン・ウィリアムスに対し功労賞に当たるセシル・B・デミル賞(Cecil B. DeMille Award)が授与されることが決まったようだ。
'N SyncのJC・シャゼイ(JC Chasez)は「1年以上、恋人がいないんだ。でも、一人になることを恐れてはいない。それってクールだよ」と語ったらしい。
14日開催された第32回米音楽賞(American Music Awards)授賞式で、プレゼンターを務めたアンナ・ニコル・スミスが"挙動不審"だったことについて、一部で酔っ払っていたと報じられたものの、彼女の弁護士は「彼女は目が悪く、プロンプターの文字を読むことが出来なかった」と説明したらしい。
下山天監督「忍 SHINOBI」の撮影が静岡県浜松市で行われ、仲間由紀恵、オダギリジョーらが参加したようだ。
石井隆監督「花と蛇2 パリ/静子」のパリロケが終了、主演の杉本彩が18日帰国したようだ。
11日からソウルで開催されている「日本映画 愛と青春 1965-1998」は、17日までに12作品で満席となるなど、韓国映画ファンの人気を集めているようだ。
デジタル修復された「新・平家物語」(溝口健二監督,1955年)が18日、国立近代美術館フィルムセンターで上映されたようだ。水谷八重子と小川真由美が出席したらしい。
シリーズ第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の監督は、デヴィッド・イエーツ(David Yates)に決まったようだ。
DreamWorksは、「シュレック2」("Shrek 2")に登場した"長靴を履いた猫"を主人公に描くビデオ用アニメ映画"Puss in Boots"を製作するらしい。エド・デクター(Ed Decter)とジョン・ストラウス(John Strauss)が脚本に起用されたようだ。アントニオ・バンデラスが再び声優を務める模様。
サム・ライミ監督とブルース・キャンベルは、「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)を自らリメイクを手掛ける模様。ただし、監督、主演はまだ未定とか。
J・J・エイブラムスは、ジェニファー・ガーナー主演のTVシリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)の第4シーズンについて、アンジェラ・バセットが新しいボスとして登場し、ミア・マエストロがレギュラーとして加わる、と語ったようだ。
「フラッシュ・ゴードン」("Flash Gordon")の再映画化を進めるプロデューサーのボブ・ダクセイ(Bob Ducsay)は「よりオリジナルに近い作品になる。1980年の作品がベースになることは無い」と語ったようだ。
「ミセス・ダウト」("Mrs. Doubtfire",1993年)の続編がFox 2000で企画されているらしい。ロビン・ウィリアムスが出演交渉中のようだ。
New Line Cinemaによる新作アクション・アドベンチャー"Jack"は、デヴィッド・ドブキンが監督、ダレン・レムケ(Darren Lemke)が脚本、ドブキンとニール・モリッツ(Neal Moritz)が製作を務めるようだ。
ウェズリー・スナイプスは、来月全米公開となる主演作"Blade: Trinity"について、一切のコメントを断っているらしい。
ヴィンセント・ドノフリオが自宅で突然気絶し、病院に運ばれたらしい。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズがスウォンジに所有する邸宅の近くに、42件の新しい家が建設されることになったらしい。地元住民の何人かは反対したものの、マイケル・ダグラス、ゼタ=ジョーンズ夫妻は特に反対していなかったようだ。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)のジェイムズ・ガンドルフィーニとトニー・シリコ(Tony Sirico)は、USO-Armed Forces Entertainmentツアーに参加、ペルシャ湾の米軍を慰問中らしい。
米FXの「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)にレギュラー出演することになったグレン・クローズは「私は出演するつもりは無かったけれど、彼らは説得力があったわ。"通勤"しなければならないことを除けば、とても楽しみよ」と語ったようだ。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")のDVDが、来年1月26日に発売されるようだ。
ウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot",2004年)のDVDが来年2月4日に発売されるようだ。「サニー」の頭部フィギュア付き「コレクターズBOX」も発売されるらしい。
  11/20
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の、韓国、フランス、台湾、香港での公開が決まった模様。最終的には世界50カ国で公開予定とか。
数々のブロードウェイミュージカルの音楽で知られ、「スイート・チャリティ」("Sweet Charity",1969年)、「ファミリービジネス」("Family Business",1989年)などの作品も手掛けた、米作曲家のサイ・コールマン(Cy Coleman)さんが18日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
白川由美が19日、自宅の階段から転落、左肩を捻挫したらしい。
土屋アンナが19日、第1子となる男の子を出産したようだ。
テレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマ「弟」第2回目は、平均視聴率20.8%だったようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」が20日全国448スクリーンで初日を迎え、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズでは午前零時から3スクリーンで上映されたらしい。鈴木敏夫プロデューサーも会場に駆けつけたようだ。
日本で歌手デビューするリュ・シウォンが来日、19日都内で記者会見を行ったようだ。12月1日発売のアルバム「約束」で、作詞を手掛けた前田亘輝も出席したらしい。
ホウ・シャオシェン監督、スー・チー主演の新作「最好的時光」が17日、台北市でクランクインしたようだ。
エリザベス・テイラーが、鬱血性の心臓疾患と診断されたらしい。
メル・ギブソンは、「パッション」("The Passion of the Christ")のアカデミー賞獲得のためのテレビやラジオなどでの広告には1セントも使わない、と発言した模様。その一方、Icon Productionsは、数千枚の「パッション」のDVDをアカデミー会員向けに郵送する予定とか。
エルヴィス・プレスリーが、RCA移籍後初めて収録した未編集のテープ6本が21日、オークションにかけられるらしい。
オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演「アレキサンダー」("Alexander")で、アレキサンダー大王がバイセクシャルとして描かれていることについて、ギリシャの弁護士グループは「公文書に基づくものではない」と表記することを要求、対応によってはWarner Bros.とストーン監督に対する訴訟も検討しているらしい。
20th Century Foxの新作"Fantastic Four"でDr. Doomを演じるジュリアン・マクマホンの最新画像が公開されたようだ。
メソッド・マン(Method Man)は、"Soul Plane"(2004年)などに出演するスヌープ・ドッグについて、「俳優もやっているヒップホップの連中の中でも、彼は最悪だよ。スヌープだってそれを分かってる。でも、かれは詐欺師だからね。表ではすまし顔さ」と語ったらしい。
日韓共同製作アニメ映画「新暗行御史」の日本公開版で、ユンソナが韓国語のナレーションを担当しているらしい。
水野晴郎監督・主演「シベリア超特急」のシリーズ第5作が完成、来年1月公開される模様。「来年6月クランクインの第6作でファイナル」になるらしい。
Evanescenceのエイミー・リー(Amy Lee)は、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")に楽曲を提供する、と語ったらしい。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")で声優デビューした、作家でラジオ・パーソナリティも務めるサラ・ヴァウエル(Sarah Vowell)は「実生活では歩いてばっかり。ウディ・アレンの映画よりもね。車の運転は恐ろしいし、泳ぐこととかも出来ない。だから、あんな凄いことが出来るキャラクタから自分の声が聞こえてくるのは、ものすごくワクワクするし、楽しいわ」と語ったようだ。
  11/21
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の米国公開版はピート・ドクター監督が監修を務めるようだ。声優は「僕ですら知っている有名な役者さん」(鈴木敏夫プロデューサー)とか。
ペ・ヨンジュンの写真展が20日ソウル市内のホテルで開幕、日本のファン800人が詰め掛けたらしい。オープニングセレモニーにヨン様が登場すると「一帯は瞬く間に修羅場と化し」挨拶も中止となったとか。
東京都調布市の角川大映撮影所第3スタジオで21日火災が発生、全焼した模様。「妖怪大戦争」の製作に使われていたものの、幸いけが人などはなかったようだ。
米CBSで18日「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)第100話が放送され、過去最高となる平均視聴者数3146万3000人を記録したようだ。
「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画版に出演するジェシカ・シンプソンは、共演のジョニー・ノックスヴィルとショーン・ウィリアム・スコットに、オリジナルのデイジーよりもお尻が大きいと言われて口論になったらしい。
まもなく新作"The Island"の撮影に入るスカーレット・ヨハンソンは「母親には睡眠をとりなさい、と言われるわ。でも、仕事のことが気になってオフが取れないの。休暇で出かけても、考えるのは仕事のことばかり」と語ったようだ。
ジェイムズ・キャメロンは、木城ゆきとのコミック「銃夢」("Battle Angel Alita")を映画化するらしい。
奥原浩志監督「青い車」が20日初日を迎え、宮崎あおい、麻生久美子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
浜名孝行監督「劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ THE FIRST GAME」で、西岡徳馬と山崎裕太が声優を務めるらしい。
  11/22
「映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島」のアフレコ収録が行われ、陣内智則が声優に挑戦したようだ。
崔洋一監督「クイール」のハリウッド・リメイクが決定した模様。
リンゼイ・ローハンのデビューアルバム"Speak"の日本発売は来年1月26日になるらしい。
西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」が実写映画化されるらしい。山崎貴が監督を務め、吉岡秀隆、堤真一、小雪らが共演する模様。来年11月公開予定とか。
韓国観光公社は来月25日から、日韓国交正常化40周年などを記念して、青森市と弘前市で「韓国映画祭」を開催、県民1600人を無料招待するらしい。「永遠の片想い」(2002年)と「純愛中毒」(2002年)が上映されるようだ。
20日より公開がスタートした宮崎駿監督「ハウルの動く城」は、公開2日間で邦画史上最高の観客動員数110万4980人、興収14億8384万円を記録した模様。東宝では「観客動員4000万人、興行収入500億円を目指す」と言っているらしい。
テレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマ「弟」の平均視聴率は、5夜連続で20%を越えたらしい。最終回は28.0%に達した模様。
人気アニメ「ドラえもん」の制作側は、大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、たてかべ和也、肝付兼太の5人の声優の交代を検討している模様。
ソン・ヘソン監督、ソル・ギョング主演「力道山」のワールドプレミアが、来月6日にソウル市内で開催される模様。中谷美紀、萩原聖人らも出席予定とか。
「しまね映画祭2004」の最終イベントが21日平田市内で行われ、「しまね映画塾」塾生によるオリジナル短編映画が上映されたらしい。
山形県鶴岡市で21日、「城下町つるおか時代劇映画祭」が開催されたようだ。「丹下左膳」(内川清一郎監督,1963年)、「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督,2002年)などが上映されたらしい。
「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")でニコラス・ケイジと共演したアニー・パリッセ(Annie Parisse)は、米NBCのドラマシリーズ"Law & Order"(1990年-)にレギュラー出演することになったようだ。
北米を除く海外週末興収は、18地域で公開中の「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")が2090万ドルを記録し、海外総興収は5930万ドルに達した模様。一方、11ヶ国で公開中の「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")は週末興収550万ドル、総興収1200万ドルとなったようだ。
清水崇監督、サラ・ミシェル・ゲラー主演「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)の米国でのDVD発売日が、来年2月1日に決まったようだ。合計55分間のメイキングなどの特典映像も収録されるらしい。
DCコミック"Watchmen"の映画化で、当初監督予定だったダーレン・アロノフスキーがスケジュールの都合で降板、「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")のポール・グリーングラスが監督を務めることになったようだ。
全米週末興収は、ニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")が3530万ドル(3017館)で1位、人気TVアニメの映画化"The SpongeBob SquarePants Movie"が3350万ドル(3212館)で2位となったようだ。
埼玉県の庄和排水機場で21日「地底文化フォーラム」が開催され、庵野秀明らがコメンテーターとして参加したようだ。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル共演"Bewitched"の公式サイトがオープンしたらしい。ポスターや予告編もまもなく公開される模様。
「ハウス・オブ・ザ・デッド」("The House of the Dead",2003年)の続編は、マイク・ハースト(Mike Hurst)が監督を務めるようだ。すでにカリフォルニアで撮影が始まっているらしい。
ドリュー・バリモアは「学生時代は辛かった。誰も私に話しかけようとしなかたし、友達も少なかった。男の子達は、タイトでホットな女の子達に夢中だったわ」と語ったようだ。
サラ・ジェシカ・パーカーは、自分自身の香水を作るため、自宅でオリジナルの香水調合をしているらしい・
ブラッド・バード監督「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の先行公開が、都内劇場で27日から24時間連続で行われるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演「ターミナル」("The Terminal")の特別試写会が21日、羽田空港の第2旅客ターミナルで開催されたようだ。古田敦也と堀ちえみのトークショーも行われたらしい。
"Sex and the City"(1998-2004年)ファイナルシーズンDVDプロモーションのためサラ・ジェシカ・パーカーが21日、来日したようだ。成田空港には300人の女性ファンが集まったらしい。
テレビ朝日「忠臣蔵」に出演中の松平健が21日、東映太秦映画村でサイン会を行ったようだ。1000人のファンが集まったとか。
阪本順治監督「亡国のイージス」の原作小説がコミック化され、週刊モーニングで連載されるらしい。
Revolution Studiosの新作スリラー"Perfect Stranger"で、ハル・ベリーの主演が決まったようだ。
「ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜」("Beyond the Sea",2004年)を手掛けたプロデューサーのアーサー・フリードマン(Arthur Friedman)は、Righteous Brothersのビル・メドレー(Bill Medley)とマネージャーのデヴィッド・B・コーエン(David B. Cohen)の半生の映画化に向けてオプション契約を結んだ模様。
スティーヴン・ザイリアン監督・脚本による「オール・ザ・キングスメン」("All the King's Men",1949年)のリメイクで、アンソニー・ホプキンス、パトリシア・クラークソン、ジェイムズ・ガンドルフィーニが出演交渉中らしい。
ロアルド・ダール(Roald Dahl)の児童文学「いじわる夫婦が消えちゃった!」("The Twits")の映画化は、「アリ・G」("Ali G Indahouse",2002年)のマーク・マイロッド(Mark Mylod)が監督を務める模様。
アーロン・エッカートは、ハンス・カノーサ(Hans Canosa)監督のインディ作品"Conversations With Other Women"でヘレナ・ボナム・カーターと共演するらしい。また、ジェイソン・ライトマン(Jason Reitman)の"Thank You for Smoking"にも出演が決まったようだ。
ダスティン・ホフマンとダックス・シェパード(Dax Shepard)は、Warner Bros.の新作"Car Wars"で共演するようだ。
J・J・エイブラムスは、「フェリシティの青春」("Felicity",1998-2002年)のケリー・ラッセルの主演による新作ドラマを検討しているらしい。
  11/23
「資本家ゴルダー」("David Golder",1930年)などの原作者として知られるユダヤ人女性作家、イレーヌ・ネミロフスキー(Irene Nemirowsky,1903-1942)の未発表小説「フランス組曲」が今年出版され、フランス文学賞のルノド賞を受賞したようだ。
21日放送されたテレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマ「弟」最終回で、瞬間最大視聴率33.1%を記録したらしい。再放送、DVD化も検討されているとか。
"Sex and the City"(1998-2004年)DVDプロモーションのため来日中のサラ・ジェシカ・パーカーが22日、都内で記者会見を行ったようだ。藤原紀香が花束を贈呈したらしい。
ORANGE RANGEの歌う映画「いま、会いにゆきます」の主題歌「花」が、29日付オリコン・シングルチャートで1位を獲得、映画主題歌としては15年ぶりとなる4週連続首位を達成したらしい。
チャン・イーモウ監督最新作「千里走単騎」で、高倉健が主演を務めることが正式に発表された模様。日本でのロケは来年2月になるようだ。
「渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説」の完成を記念した公開除霊イベントが22日都内で行われ、前田亜季らが参加したようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が、11日からモスクワで公開され好評を博しているらしい。
「ヒロシマ平和映画祭」が企画されているらしい。「原爆投下機B29エノラ・ゲイ」("Enola Gay: The Men, the Mission, the Atomic Bomb",1980年)や「ゴジラ」(本多猪四郎監督,1954年)などが上映候補に挙がっているようだ。28日に広島市内でプレイベントが行われる模様。
チャン・イーモウ監督、高倉健主演「千里走単騎」は、19日に雲南省でクランクインしたらしい。中井貴一、寺島しのぶも共演するようだ。
「猟奇的な彼女」("My Sassy Girl",2001年)の主題歌"I believe"の中国語版で一躍有名となったファン・イーチェンが21日、ニューアルバム「愛情程式」の発売記念イベントを台北市内で行ったようだ。
今年10月までに韓国を訪れた日本人観光客は、昨年同期比で40%増の191万1600人に達したらしい。
「悪魔と天使」("Angel on My Shoulder",1946年)が、ティム・マッキャン(Tim McCann)の監督、ジョナサン・シルヴァーマン(Jonathan Silverman)の出演でリメイクされるらしい。
今年の秋(Labor Dayの後から、感謝祭の前の週まで)の米国総映画興行収入は13億9000万ドルで、前年同期比14%の大幅な減少となった模様。
ピーター・フォークは、Universal Studiosのオフィスで、脚本家と共に「刑事コロンボ」("Columbo")シリーズ最新作の脚本執筆を進めていることを明らかにしたようだ。
J・R・R・トールキンが「指輪物語」("Lord of the Rings")などを執筆したオックスフォードにある邸宅が、歴史的に重要な建造物と認められ、英国政府によって保護されることが決まったようだ。
マイク・ニコルズ監督の新作"Closer"のプレミアが22日ロサンゼルスで開催され、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマンらが出席したようだ。
英国の家電小売大手Dixonsは、VHSの再生機器を今後店頭から撤去すると発表したらしい。
エルヴィス・プレスリーが、RCA移籍後初めて収録した未編集のテープ6本が21日オークションにかけられたものの、最低希望価格に達しなかったため、売買は成立しなかったようだ。
FilmThreat.comは「ハリウッドで最も寒い(=最もホットではない)有名人50人」を発表、ブッシュ大統領再選を阻止できなかった、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のマイケル・ムーア監督が1位に選ばれたようだ。2位はハル・ベリーらしい。
オジー・オズボーンの英国の自宅に22日、2人組みの強盗が押し入り、宝石などを大量に盗み出したらしい。事件当時自宅にいたオジーとシャロンに怪我などはなかったようだ。
英国の今年10月までの映画興行収入は、「シュレック2」("Shrek 2")が4800万ポンドで1位、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が4590万ポンドで2位、「トロイ」("Troy")は1800万ポンドで5位だったようだ。
人気トーク番組"Dr. Phil"(2002年-)の2008-09シーズンまでの延長が決定した模様。
Franz Ferdinandは、映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")に登場する魔法使いのバンドWyrd Sistersの役をオファーされていたものの、断ったらしい。結局、同作の音楽を担当するジャーヴィス・コッカーらが出演することになったようだ。
19世紀のニュージーランドを舞台にマオリ族と白人との戦いを描く、アラン・ボリンジャー(Alun Bollinger)監督、サマンサ・モートン主演の新作"River Queen"の戦闘シーンの撮影が、パテア・ビーチ(Patea Beach)で始まったらしい。
キアヌ・リーヴス主演最新作「コンスタンティン」("Constantine")のポスターと撮影風景の写真がネット上で公開されたようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)によるTVシリーズ"Firefly"(2002-2003年)の映画化"Serenity"の全米公開日が、当初予定の来年4月22日から、9月30日に延期されたようだ。
米Lions Gate Entertainmentは、Citigroupと共に売却先を探している模様。
「ポーラー・エクスプレス: An IMAX 3D Experience」("The Polar Express: An IMAX 3D Experience")の全米週末興収は、2週目も205万ドルを記録、総興収は600万ドルに達したようだ。
スカーレット・ヨハンソンは、ダンス・スターを目指して特訓を受けているらしい。
「ユージュアル・サスペクツ」("The Usual Suspects",1995年)の続編が企画されている模様。チャズ・パルミンテリは「(スタジオ側は)"話し合い"の段階を終えたところだ。僕も楽しみにしている。『カイザー・ソゼを探して』("Searching For Keyser Soze")というタイトルを考えているみたいだ」と語ったらしい。
津川雅彦が、「マキノ雅彦」の名前で映画監督デビューするらしい。中島らもの短編「寝ずの番」が原作で、中井貴一、木村佳乃、岸部一徳、長門裕之らが共演するようだ。
HDカメラで収録された野田秀樹演出、中村勘九郎主演の舞台「野田版鼠小僧」が、シネマ歌舞伎第1弾として来年1月15日から東劇でデジタル上映されるようだ。
第24回韓国映画評論家協会賞が発表され、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が、作品賞、監督賞、主演男優賞(チェ・ミンシク)、新人女優賞(カン・ヘジョン)、 音楽賞の5部門を獲得したようだ。
ジョン・シャーマン(Jon Sherman)監督は、Working Title Filmsの新作ティーン・コメディ"Wild Child"の監督に向けて最終交渉に入ったようだ。ロアルド・ダール(Roald Dahl)の娘、ルーシー・ダール(Lucy Dahl)が脚本を書いたらしい。
ローラ・リニーは、レイモンド・カーヴァー(Raymond Carver)の短編を映画化する"Jindabyne"に主演するようだ。レイ・ローレンス(Ray Lawrence)の監督、ガブリエル・バーン、デボラ=リー・ファーネス(Deborra-Lee Furness)、ジョン・ハワード(John Howard)、リア・パーセル(Leah Purcell)らの共演で、来年3月に撮影が始まるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演によるリメイク版「宇宙戦争」("War of the Worlds")は、当初の予定通り来年6月29日に全米公開されるようだ。今月7日より始まった撮影は75日間で終え、500のVFXシーンを含めてたった8ヶ月間で完成させるらしい。
Gold Circle Films、H2F Entertainment、Deacon Entertainmentの3社は共同で、超自然スリラー"Whisper"を製作するようだ。
リサ・クードロウと、"Sex and the City"(1998-2004年)で制作総指揮を務めたマイケル・パトリック・キング(Michael Patrick King)が手掛けた米HBOのパイロット版"Comeback"のシリーズ化が決定した模様。
サム・ライミの製作による「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)のリメイクで、主演候補にショーン・ウィリアム・スコット、ジャスティン・セロウらの名前が挙がっているらしい。
  11/24
東北新社は24日、2005年3月期の連結経常利益が前期比13%増の63億円になるとの見通しを発表したようだ。
住友信託銀行は、映画配給会社アーティストハウスから映画ソフトの販売権を受託し、小口化して投資家に転売する、知的財産信託を来年初めにスタートするようだ。
米MGMは来月17日に株主総会を開き、Sonyなどによる買収について、正式に承認するようだ。
来月公開予定の塚本連平監督「ゴーストネゴシエイター」について、細木数子が「タイトルを『ゴーストシャウト』に変えないとヒットしない」と発言した模様。製作側は「改題するかどうかについては、早急に結論を出します」と言っているらしい。改題の場合の費用は数千万円に上るとか。 [☆これでタイトル変えたらアホ。ヒットしなかったらそれは内容の問題です!]
開催中の東京フィルメックスで23日、「国際映画祭を語る」をテーマとしたシンポジウムが行われ、ビートたけし、是枝裕和、塚本晋也らが出席したようだ。たけしは「日本の映画評論家ほどバカヤローはいない。金もらって映画評論家だって言っているおかしいのもいる。何が『私は、この映画を見るために生まれてきた』だよ、まったく。それじゃ、それまでお前は一体何を見てきたんだ」と、某映画評論家を痛烈に批判したようだ。
チャン・ツィイーのセミヌード写真がネット上で公開されたらしい。マネージャーらは「合成写真だ」と激怒しているとか。
チャン・ツィイー主演最新作「ジャスミンの花開く」("茉莉花開")が、26歳の誕生日となる来年2月9日に中国国内で公開されるようだ。誕生日パーティも計画されているらしい。
ペドロ・アルモドヴァル監督「バッド・エデュケーション」("Bad Education")について、米映画協会(Motion Picture Association of America)はレイティングをNC-17に指定したようだ。
総製作費150万ドル以上のオリヴァー・ストーン監督による超大作「アレキサンダー」("Alexander")が24日、全米で公開されたようだ。
サラ・ジェシカ・パーカーが起用された石鹸の広告看板が、イスラエルで差し替えられたらしい。肌の露出が大きいことが問題視された模様。関係者は「冬に合わせて衣装替えした」と説明しているとか。
フランコ・ゼフィレッリ監督は、イタリア人として初めて、英国から名誉ナイトの爵位が授与されたようだ。
元米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)会員で俳優のカーマイン・カリディ(Carmine Caridi)が、プロモーションとして提供された「ミスティック・リバー」("Mystic River")と「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")のDVDを第三者に提供したとして訴えられていた問題で、米連邦地裁はWarner Bros.に対し罰金30万ドルの支払いを命じた模様。
米CBSの報道番組"CBS Evening News"のベテラン・ニュースキャスター、ダン・ラザー(Dan Rather)は23日、来年3月で番組を降板すると発表したようだ。
ヴィクトリア・ベッカムの広報担当者は、音楽活動を休止するだろうという一部の報道について「ヴィクトリアは今、ファッションを中心に活動しているが、今後音楽活動を望めば我々も考慮する」と語り、報道を否定したようだ。
オジー・オズボーン、シャロン・オズボーン夫妻の自宅から盗まれた宝石は、総額200万ポンドに達するらしい。23日に行われた記者会見で2人は、報奨金10万ポンドを提供すると発表したようだ。
全米前立腺癌連合(National Prostate Cancer Coalition)と2xistは共同でチャリティ・オークションを開催する模様。オーランド・ブルーム、ニック・ラシェイ、ガブリエル・ユニオンら多数の有名人がサインを寄贈するらしい。
ブレンダン・フレイザーの妻アフトン・フレイザーが、著書"Hollywood Picks The Classics: A Guide for the Beginner & The Aficionado"の出版記念サイン会をロサンゼルスで行ったところ、キアヌ・リーヴスが列に並んでサインをもらったらしい。
来月14日に米国で発売される「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション」("The Lord of the Rings: The Return of the King Special Extended DVD Edition")の予告編が、29日からLordoftheRings.netでプレミア公開されるようだ。2分間の特別映像が既に公開されているらしい。
コリン・ファレルは、ピアース・ブロスナンが次期ジェイムズ・ボンドに彼の名前を挙げたことについて「彼が僕に信頼を寄せてくれているというのは素晴らしいことだけど、(どこから僕の名前が出たのか)さっぱり見当もつかないね。ピアース以外からそんな話は聞いていないし、キャスティングでスタジオ側が彼の意見を聞いているとも思えないよ」と語ったようだ。
ブラッド・ピットは、米BravoTV製作による人気シリーズ"Inside the Actors Studio"への出演をオファーされたものの、俳優として十分な経験を積んでいないから、と出演を断ったらしい。
リンゼイ・ローハンは、ハリウッドの新しくオープンするレストランへの投資に向けて交渉中らしい。
チャン・ヒョンス監督「誰にでも秘密がある」で共演するイ・ビョンホンとチェ・ジウは、日本公開となる27日、ソウルからの生中継で、東京と大阪の劇場で舞台挨拶を行うようだ。
バート・フレインドリッチ(Bart Freundlich)監督・脚本、ジュリアン・ムーア、デヴィッド・ドゥカヴニー、マギー・ギレンホール、ビリー・クラダップ共演の新作ロマンチック・コメディ"Trust the Man"で、エヴァ・メンデスとジェイムズ・レグロス(James LeGros)の出演が決まったらしい。
ブライアン・ロビンス監督、ティム・アレン主演による「ボクはむく犬」("The Shaggy Dog",1959年)のリメイクに、ロバート・ダウニーJr.の出演が決まったようだ。
20th Century FoxによるフルCGアニメ「ロボッツ」("Robots",2005年)は、来年3月11日にIMAX版と同時公開されるようだ。
クリス・カーター(Chris Carter)は、「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)の映画化第2弾について「現在も(スタジオ側と)交渉中だ」と語ったようだ。
20th Century Foxが以前から企画していた、ジョン・D・マクドナルド(John D. Macdonald)によるTravis McGeeシリーズ第1作"The Deep Blue Good-by"の映画化で、ドイツ出身のロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)が監督に決まったようだ。
アレハンドロ・アメナーバル監督最新作"Mar adentro"("Out to Sea")がスペインで公開され、同国史上最高の興収を記録、250万人以上の観客を動員しているらしい。
トリ・スペリングは、訴訟問題に発展した2002年に起こした人身事故について、被害者の女性に慰謝料を支払い、示談を成立させたようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは、ロシアでの2目の養子縁組について「うまく行かなかった」と語ったようだ。
第4回日本映画エンジェル大賞が発表され、今川千佳夫、松村傑「ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ」、新井直子「全然大丈夫」、高閑者清光「夢の力」、串間美千恵「ギャストリーストーリーズ」の4作品が佳作を受賞したようだ。
ショーン・コネリーは、次期ジェイムズ・ボンド役にユアン・マクレガーを推薦したらしい。
角川エンタテイメントは23日、今月19日発売のDVD「シュレック2 スペシャル・エディション」と「シュレック&シュレック2 ツインパック」について、東芝とシャープの一部DVDレコーダで再生できない障害があると発表したようだ。
ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演"The Interpreter"の予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
  11/25
GMOメディアアンドソリューションズは、全国1400の映画館で上映される映画の情報をパソコンや携帯電話で検索できる情報システムを開発、25日からサービスをスタートしたらしい。
ぺ・ヨンジュンが25日来日、成田空港には3500人のファンが押し寄せたらしい。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の5000人特別披露試写会が24日都内で行われ、小川直也がザ・グレート・サスケ、藤井軍鶏侍と共に登場「ハッスル泥棒!映画がつまらなかったら"ハッスル"は外せ」などと発言したものの、上映終了後「ハッスル度100%のいい映画でした」と"謝罪"したらしい。
ペ・ヨンジュンの来日に際し、所属事務所は総額100億ウォンを超える傷害保険に加入したことを明らかにしたようだ。
国際青年会議所が、地域活動や社会貢献において"傑出した若者"を表彰する「TOYP」(The Outstanding Young Persons)賞の授賞式が24日福岡市内で行われ、ケリー・チャンら9人に賞が贈られたようだ。
ソル・ギョング主演「力道山」は、セリフの97%が日本語とか。韓国では韓国語の字幕付きで上映されるらしい。
在米韓国人の脱北者支援人権活動家ダグラス・シンは24日、"キム・ジョンイルと彼の最後"を描くドキュメンタリー映画を製作する、と発表したようだ。
第41回金馬獎授賞式が来月4日に台中市で行われるものの、8部門でノミネートされているウォン・カーウァイ監督「2046」の出演者は、誰も出席しないらしい。
高畑勲、神山征二郎らは24日、「映画人9条の会」を結成したようだ。平和を訴える映画上映会の開催や、「9条を奪われたらどうなるか」をテーマにした映画製作も検討しているらしい。
ジョージ・ハリスンが使用したGibson SGから、ブリトニー・スピアーズによる書評、カート・コバーンからコートニー・ラヴへの直筆の手紙など、ショービズ界の"お宝"400点以上が、来月17日にオークションに出品されるらしい。
マリリン・モンローのサイン入りヌード写真が、来月10日にロサンゼルスで競売に掛けられるらしい。落札予想価格は2万〜3万ドルとか。
24日全米公開となったオリヴァー・ストーン監督「アレキサンダー」("Alexander")について、映画批評家らは「高貴なる失敗」「平凡な叙事詩」などと酷評している模様。一方、作家のゴア・ヴィダル(Gore Vidal)は、バイセクシャルをハッキリと描いたことについて「既成概念を打ち破る」ものだとして絶賛しているらしい。
米ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン・インターナショナルは、中国電影集団傘下の華龍フィルム・デジタル・プロダクション(華龍数字制作有限公司)と、中国市場向けデジタルTV番組などを制作する合弁会社を設立した模様。
ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による映画化で、ジュリー・デルピーが共演候補に挙がっているらしい。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")でジョージ・クルーニーと共演したキャサリン・ゼタ=ジョーンズは「私にはイタズラをしないから、私は嫌われていると思っていた。でも、イタズラが完成するのに3年かかるということを知らされたの。ジョージ・クルーニーと知り合って2年たったから、来年は気をつけないと」と語ったらしい。
NHKは、ペ・ヨンジュンの紅白出演交渉について「本人の口から直接聞くまではあきらめない」と言っているらしい。25日に来日するのに合わせ、直接交渉する可能性もあるようだ。 [☆往生際が悪いというか・・・]
塚本連平監督による新作の"タイトル変更会見"が25日都内で行われ、南野陽子、滝沢沙織らが出席したようだ。結局細木数子の"お告げ"にしたがって「ゴーストネゴシエイター」を「ゴーストシャウト」に変更することにしたらしい。 [☆どアホ!あるいは、全てが配給会社の策略か・・・]
「エピソードIII」("Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith")でのパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)の衣装は、結局12着用意されたらしい。
「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」("Transformers")の実写映画化で脚本を手掛けるジョン・ロジャーズ(John Rogers)は「子供のとき大ファンだった。今でも人気があると知って少し驚いたよ。脚本家として、ハリウッドでも滅多に無いスケールの戦闘シーンや、奇想天外な事態に直面するカッコいいキャラクタたちを描けることに魅力を感じたんだ」と語ったようだ。
大ヒットドラマ"Desperate Housewives"(2004年-)に出演するエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)は、クリスチャン・ベイル主演の新作"Harsh Times"への出演が決まったようだ。
「ティアーズ・オブ・ザ・サン」("Tears of the Sun",2003年)に主演したブルース・ウィリスが、撮影中に負傷したとして、製作会社と特殊効果スタッフに対する訴訟を起こしたらしい。
クリント・イーストウッド監督・主演、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン共演の新作"Million Dollar Baby"の最新予告篇が公式サイトで公開されているようだ。
「ドラゴンボールZ」の実写映画化は、「ドラゴンボール」時代を含めて映像化される、らしい。
ジェイムズ・キャメロン監督によるIMAX-3D映画"Aliens of the Deep"の予告篇が公式サイトで公開されたようだ。
  11/26
「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」("Sky Captain and the World of Tomorrow")の特別映像披露&トークショー試写会が24日都内で行われ、千秋が出席したようだ。
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」の公開を記念した「レディ・ジョーカーカップ」が25日、ロケが行われた川崎競馬場で開催され、徳重聡がプレゼンターを務めたようだ。
来日中のペ・ヨンジュンが26日、都内で記者会見を行ったようだ。ホテル前での事故について「徹夜で待っていたファンを無視できなかった」と語り、笑顔を見せることは無かったとか。
ジョルジオ・アルマーニは、小雪の主演によるハリウッドでの映画製作を企画しているらしい。
ペ・ヨンジュンの来日について、韓国経済新聞は「経済効果は1兆ウォン」と1面トップで報じたらしい。
都内ホテルの正面玄関付近で26日、ホテルを出ようとしたペ・ヨンジュンの乗った車にファンが殺到、43歳〜65歳の女性10人が軽症を負い病院に運ばれたらしい。今日予定されていた写真展の式典は中止となった模様。
「ホテル」("Hotel",1967年)、「大空港」("Airport",1970年)などの原作者として知られる、英作家のアーサー・ヘイリー(Arthur Hailey)さんが24日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
27日からエストニアで開催される第8回タイリン・ブラックナイト国際映画祭(Tallinn Black Nights Film Festival)のコンペ部門に、キム・ギドク監督「空き家」、ウォン・カーウァイ監督「2046」、ジャ・ジャンクー監督「世界」などが出品される模様。
「2004年ソニー正規版サポート活動月間」が23日、北京師範大学で開催されたようだ。35の大学が参加、正規版DVDの無料上映会や普及活動を行うらしい。
26日発売のペ・ヨンジュンの写真集「像 The Image Vol.One」は、既に10万部に迫る勢いで予約が殺到しているとか。
ダニー・グローヴァーは25日、ユニセフ親善大使としてエチオピアを訪れたようだ。
「アレキサンダー」("Alexander")でジャレッド・レトとのキスシーンを演じたコリン・ファレルは「2秒間男とキスするか、20分間ウェイト・トレーニングをするかのどちらかを選べといわれれば、トレーニングを選ぶよ。2秒でも長すぎる」と語ったらしい。
ダ・チェン(Da Chen, 陳達)の小説「漂泊勇士」("Wandering Warrior")の映画化に向けて、Warner Bros.がオプション契約を結んだようだ。「中国版ハリー・ポッター」とか。
新作"Aeon Flux"の撮影に参加するシャーリーズ・セロンの写真が、ファンサイトにアップされたらしい。
チーチ・マリンは、Disney/Pixarの新作CGアニメ"Cars"に、声優として参加するようだ。
「シュレック」("Shrek",2002年)のプロデューサー、ジョン・H・ウィリアムス(John H. Williams)による英国産フルCGアニメ"Valiant"の予告篇が公開されたようだ。
米People誌が選ぶ「最もセクシーな男性」について、ブラッド・ピットはマット・デイモンを推しているらしい。「(今年選ばれなかったことは)マットもショックだったと思う。キャンペーンに懸命だったからね。でも、今年のように努力を続ければ、来年こそは選ばれるよ」と語ったようだ。
ロサンゼルスのTheatrical Entertainment Service社では、ハリウッドの主要スタジオからの依頼を受け、予告篇が契約通り上映されているか確認するために"スパイ"を全米の映画館に送り込んでいるらしい。ライバル作品の予告篇の出来をチェックすることもあるとか。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」の出演者17人による"解散コンサート"が、来月27日と28日に都内で行われるらしい。
いまおかしんじ監督、林由美香主演の"ピンク映画"「たまもの」(2004年)が、渋谷のユーロスペースで再上映されているらしい。初日は立ち見も出たようだ。初公開時のタイトルは「熟女・発情 タマしゃぶり」だったとか。
イ・ビョンホン、チェ・ジウ共演の新作「誰にでも秘密がある」の前売り券は、韓国映画としては初めて3万枚を突破したようだ。
マイケル・ダグラスの息子キャメロン・ダグラスと、ダスティン・ホフマンの息子ジェイク・ホフマンが、ジェフ・カニュー監督の新作コメディ"Adam and Eve"で共演するらしい。
倉持健一監督、松田一沙主演のWebシネマ「Cook Me Softly 〜クック・ミー・ソフトリー〜」が来月2日から配信されるらしい。
ヘザー・ロックリア、ブレア・アンダーウッド共演の新シリーズ"LAX"(2004年-)について、米NBCは追加エピソードの発注は行わないと発表したようだ。
アルフォンソ・クアロン監督は、米Warner Bros.と3年契約を結んだ模様。
英Broadcast誌は25日、TV番組バイヤー20人が選ぶ「米国から来た最もひどいテレビ番組」を発表、第1位には「ベイウォッチ」("Baywatch",1989-2001年)が選ばれたらしい。
ナタリー・ポートマンは、新作"Closer"でカットされたヌードシーンについて「どのバージョンでもこの作品にヌードシーンが入ることは無い」と語ったららしい。
  11/27
ペ・ヨンジュンの写真展「像 THE IMAGE VOL.ONE」が27日都内で開幕、午前9時半までに3500人が集まり、会場前に札止めとなったとか。
山路ふみ子映画賞の授賞式が26日都内で行われ、「父と暮せば」(黒木和雄監督)の宮沢りえ、「珈琲時光」(ホウ・シャオシェン監督)の一青窈らが出席したようだ。
日本テレビで29日、「緊急特集!私たちのカメラだけが許されたペ・ヨンジュン密着」が放送されるらしい。1時間を超える単独インタビューも行ったようだ。
映画の著作権などの知的財産権の信託を可能とする信託業法の改正案が、26日の参院本会議で全会一致で可決成立した模様。
十八代目中村勘三郎を襲名する中村勘九郎の襲名披露公演の日程と演目が27日発表されたようだ。「一條大蔵譚」「盛綱陣屋」などのほか、来年5月と7月には野田秀樹脚本・演出の「野田版・研辰の討たれ」を上演するらしい。
「国定忠治」(滝沢英輔監督,1954年)、「日本のいちばん長い日」(岡本喜八監督,1967年)、「トラ・トラ・トラ!」(舛田利雄,深作欣二監督,1970年)、「日本沈没」(森谷司郎監督,1973年)、「野菊の墓」(澤井信一郎監督,1981年)、「男はつらいよ 寅次郎の縁談」(山田洋次監督,1993年)などの映画や、NHK連続テレビ小説「ひらり」(1992年)などのTVドラマでも活躍した、舞台俳優の島田正吾さんが26日亡くなった(98歳)。ご冥福をお祈りいたします。
合成(?)のセミヌード写真がネット上に掲載されたことについて、チャン・ツィイー側は訴訟も検討している模様。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")の特別試写会が27日、青函トンネル内で開催されたようだ。
ブラジル政府は、カフェインの副作用を理由に嫌われることも多いコーヒーの効能を紹介するTVドキュメンタリー制作のため、ハリウッドのプロデューサーを起用することを検討しているようだ。
「大盗賊」("Cartouche",1962年)、「おかしなおかしな大冒険」("Le Magnifique",1973年)、「ベルモンドの怪盗二十面相」("L' Incorrigible",1975年)などのジャン=ポール・ベルモンド主演作品で知られる、仏映画監督のフィリップ・ド・ブロカ(Philippe De Broca)さんが26日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
New Line CinemaとNew Line Recordsは共同でオンライン・プロモーション"Blade: Trinity Music To Slay By Contest"を今月15日にスタートしたようだ。新作"Blade: Trinity"でジェシカ・ビール演じるキャラクタがヴァンパイアを退治(slay)する時に聴く音楽のプレイリスト(slaylist)を作成しサイトに投稿、人気を競うコンテストで、優勝者にはiPodがプレゼントされるらしい。
所属事務所によると、ペ・ヨンジュンはホテルでの事故について「ケガ人の治療について、すべて責任を持つ」と言っているらしい。
KICK THE CAN CREWのMCUが、27日公開の「2番目の彼女」(大森美香監督)で俳優デビューするらしい。
第8回函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞が発表され、長編部門のグランプリに栗原裕光の「あたしが産卵する日」、短編部門のグランプリに中島直俊の「タタズムヒト」が選ばれたようだ。
「ベルリン・フィルと子どもたち」("Rhythm Is It!",2004年)のチャリティ試写会が都内で開催され、ベルリン・フィルのメンバーらも出席したようだ。48万3千円が義援金として新潟中越地震被災者に寄付されたらしい。
ジャン=ピエール・ジュネ監督"A Very Long Engagement"は米国資本の提供を受けているとして、仏政府が"フランス映画"と認めず補助金の交付を拒否したことに対し、製作側が訴訟を起こしていた問題で、パリの裁判所は同作品が"ハリウッド映画"であるとの裁決を下した模様。製作側は直ちに控訴したようだ。
米製薬会社IMCloneの元CEOで、現在はインサイダー取引で有罪となり服役中のサム・ワクサル(Sam Waksal)の半生を描く映画が企画されているらしい。ハリソン・フォードとマット・デイモンの共演が予定されているとか。
  11/28
来年2月20日放送のWOWOW「心の砕ける音―運命の女」で、佐々部清が監督、鈴木京香、吉岡秀隆が主演を務めるらしい。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、人気アニメ「鋼の錬金術師」をテーマにしたアトラクションを来年3月にオープンするようだ。オリジナルの短編映画を上映するらしい。
「誰にでも秘密がある」が27日初日を迎え、イ・ビョンホンとチェ・ジウが衛星生中継で挨拶を行ったようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が、28日閉幕した第15回ストックホルム国際映画祭で観客賞を受賞した模様。
ポーランドのクラクフにある「日本美術・技術センター」の開館10周年記念行事が27日から始まり、アンジェイ・ワイダらが出席して式典が行われたようだ。
ニューライン"L.a.m.b"を発表するなど、最近はファッション・デザインを手掛けているグウェン・ステファニーは「デザインは一生続けて生きたい。情熱を注げるし、音楽活動のように感情的なストレスがないもの」と語ったらしい。
2000人の女性を対象に行った調査の結果、「フレンズ」("Friends",1994-2004年)に主演したジェニファー・アニストンの"レイチェル・カット"が、マリリン・モンローやファラ・フォーセットらを抑え「史上最も影響力のあるヘアカット」に選ばれたらしい。
今月20日に閉幕したトリノ国際映画祭で、井口奈己監督「犬猫」が審査員特別賞、国際批評家連盟賞、最優秀脚本賞特別賞を受賞したようだ。
  11/29
三菱商事はネオ・インデックス渡橋道で、CATV局へのVODシステムの販売を開始したようだ。ハリウッド映画やアニメなどが1本100円〜400円で配信されるらしい。
女優スーザン・セント・ジェイムズ(Susan Saint James)の夫で、米NBCのスポーツ部門の責任者ディック・エバーソル(Dick Ebersol)らが乗った小型飛行機が28日、離陸直後に墜落した模様。2名が死亡、同氏ら3人が重症を負ったようだ。
ぺ・ヨンジュンは29日、帰国したようだ。成田空港には1000人のファンが詰め掛けたものの、混乱を避けるため、一般旅客が立ち入れないエリアから出国したらしい。
来年2月28日に開催される第77回アカデミー賞授賞式のWOWOW生中継で、大林宣彦監督と藤原紀香が司会を務めることになったようだ。
薗田賢次監督「鳶がクルリと」の撮影に、窪塚洋介が参加したようだ。1シーンだけの友情出演となる模様。
韓国人気俳優の写真集「the man」を発売した文芸春秋が、写真を無断で使われたとして俳優側から抗議を受けていた問題で、文芸春秋はペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、ウォン・ビン、チャン・ドンゴンの4人に賠償金を支払っていたようだ。12万部の在庫については破棄することで合意した模様。
ジュリア・ロバーツは27日、男女の双子を出産したようだ。フィニウス・ウォルター(Phinnaeus Walter)、ヘイゼル・パトリシア(Hazel Patricia)と名づけられたらしい。
第25回青龍映画賞授賞式の公式ワインとして、ボルドーワインMouton Cadetが選ばれたらしい。
パク・チャンウク監督、イ・ヨンエ主演の新作「親切なクムジャさん」に、チェ・ミンシクの出演が決まった模様。来月初めに撮影がスタート、公開は来年6月になるようだ。
ソウル独立映画祭2004が来月10日に開幕するようだ。国内コンペ部門では47本のインディ作品が上映されるらしい。
小津安二郎監督の誕生日で命日である12月12日が「麦秋忌」と名づけられ、地元鎌倉でしのぶ会が開催されるようだ。
台風16号の影響で損壊した、香川県丸亀市本島町にある「機関車先生」(廣木隆一監督,2004年)のロケに使用された小学校跡地を再整備するため、ボランティア約30人が28日、復旧作業を行ったようだ。
Paramount Pictures、Universal Pictures、Warner Bros.、New Line Cinemaの4社は、次世代DVD規格として、東芝やNECが提唱する「HD DVD」の支持を表明したようだ。
北米を除く海外週末興収は、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")が4550万ドルに達し、Disney作品としては「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo",2003年)の3910万ドルを越え、過去最高を記録したようだ。
感謝祭の25日、米FOXは「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)を放送し平均視聴者数1040万人、米ABCは「グリンチ」("Dr. Seuss' How the Grinch Stole Christmas!",2000年)を放送し平均視聴者数840万人をそれぞれ記録したようだ。
全米週末興収は、ニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」("National Treasure")が3300万ドル(3243館)で2週連続1位を獲得、ジョン・グリシャム原作、ジョー・ロス監督、ティム・アレン主演の"Christmas with the Kranks"が2270万ドル(3393館)で3位、オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演「アレキサンダー」("Alexander")は1345万ドル(2445館)で6位のスタートとなったようだ。一方、「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の総興収は2億1470万ドルに達した模様。
第1回ドバイ国際映画祭が、来月6日から11日まで開催されるようだ。
英国映画協会(British Film Institute)はチケット販売枚数に基づく観客動員数歴代TOP100作品を発表したようだ。
1.「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind",1939年)
2.「サウンド・オブ・ミュージック」("The Sound of Music",1965年)
3.「白雪姫」("Snow White and the Seven Dwarfs",1937年)
4.「スター・ウォーズ」("Star Wars",1977年)
5."Spring in Park Lane"(1948年)
6.「我等の生涯の最良の年」("The Best Years of Our Lives",1946年)
7.「ジャングル・ブック」("The Jungle Book",1967年)
8.「タイタニック」("Titanic",1997年)
9.「妖婦」("The Wicked Lady",1946年)
10.「第七のヴェール」("The Seventh Veil",1945年)
11.「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Philosopher's Stone",2001年)
12.「グリース」("Grease",1978年)
13.「南太平洋」("South Pacific",1958年)
14.「ジョーズ」("Jaws",1975年)
15.「ジュラシック・パーク」("Jurassic Park",1993年)
16.「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring",2001年)
17."The Courtneys of Curzon Street"(1947年)
18.「007/サンダーボール作戦」("Thunderball",1965年)
19.「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King",2003年)
20.「聖メリーの鐘」("The Bells of St Mary's",1945年)
スティーヴン・タイラーは感謝祭の日、ボストンにある薬物・アルコール依存症の女性のためのリハビリ施設を訪れ、昼食を共にしたらしい。「流れに身を任せ神の御心に従えばうまくいく。僕がその生きた例さ」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演によるリメイク版「宇宙戦争」("War of the Worlds")の火星人に襲われるシーンの撮影で、2000人のエキストラを募集しているらしい。「白人だけが殺されることの無いようにしたい。アジア系や、黒人、ヒスパニック系のエキストラが必要だ。中国人や日本人の団体にも声をかけている」とキャスティング監督は言っているようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"のクライマックス・シーンのコンセプト画が公開されたようだ。
5年間に渡る「スター・ウォーズ」シリーズへの出演を終えたナタリー・ポートマンは「人生の変わり目はほろ苦いもの。大好きな人たちと繰り返し会うことが出来たわ。それは、映画では珍しいこと。普通は3ヶ月程度で、その後再会することも無い。だから、彼らとお別れするのは悲しいけれど、未来に待っていることを考えるとワクワクするわ」と語ったようだ。
劇団四季ミュージカル「マンマ・ミーア!」の東京公演が28日、千秋楽を迎えたようだ。
イエローキャブの野田義治が、26日の株主総会で社長を辞任したらしい。新社長にはデジタル・ティーヴィー・ジャパン社長の佐藤紳司が就任した模様。
「僕の彼女を紹介します」プロモーションのため、チョン・ジヒョンが29日来日する模様。
来日していたペ・ヨンジュンは28日、CM撮影を行ったらしい。29日に帰国するようだ。
ジャンナ・ビーチャム(Jahnna Beecham)とマルコム・ヒルガートナー(Malcolm Hillgartner)によるベストセラー"Scared Stiff"を、ウィリアム・モレイン(William Moreing)が映画化するようだ。
コナミの人気ゲーム「Metal Gear Solid」について、クリエイターの小島秀夫は、ハリウッドへの映画化権の売却を検討しているようだ。
ニコール・ホロフセナー(Nicole Holofcener)監督の新作"Friends With Money"で、キャサリン・キーナー、ジェニファー・アニストン、フランシス・マクドーマンド、ジョーン・キューザックの4人が出演交渉中らしい。
「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」("For Love of the Game",1999年)などを手掛けたダナ・スティーヴンス(Dana Stevens)は、フリーダイビングの第一人者フランシスコ・ピピン・フェレーラス(Francisco "Pipin" Ferreras)と、競技中に事故死した彼の妻オードリー・メストル(Audrey Mestre)を描く、ジェイムズ・キャメロン監督の次回作"The Dive"で脚本を担当するようだ。
Mandalay Entertainmentは、来年3月出版予定の"The Hookup Handbook: A Single Girl's Guide to Living It Up"の映画化について、オプション契約を結んだようだ。
シェリー・ロングが、鎮痛剤の過剰摂取で病院に運ばれていたらしい。
東映ビデオ株式会社は29日、来春発売を予定していた日本のTVドラマ版「スパイダーマン」DVD-BOXを「諸般の事情」で延期する、と発表したようだ。
ピジョン株式会社は、スクリーンやポールなどが全て紙製のホームシアター向けスクリーン「ペーパースクリーン」を12月中旬に発売するらしい。アスペクト比16:9の60型と80型が用意され、80型で6300円とか。 [☆試しに買ってみよう]
ブライアン・シンガー監督、ブランドン・ラウス主演による「スーパーマン」シリーズ最新作のロイス・レイン役には、ケイト・ボスワース、エリシャ・カスバート、クレア・デインズの3人が候補に挙がっているらしい。
  11/30
米国で、映画DVDの販売が急増しているらしい。2004年7-9月の出荷枚数は、前年同期比59%増の3億4100万枚に達したようだ。
行定勲監督「北の零年」の完成披露試写会が、来月6日に全国14会場で同時開催されるらしい。東京国際フォーラムで行われる吉永小百合、豊川悦司、柳葉敏郎、石田ゆり子らによる舞台挨拶が各会場に同時中継されるほか、ネット配信も行われる模様。直前の会見には、ロサンゼルスに滞在中の渡辺謙も衛星回線を通じて参加する予定とか。
クァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」プロモーションのためチョン・ジヒョンが29日に来日したものの、成田空港で予定されていた会見はドタキャンしたらしい。
来月10日発売の「ファンが選んだ美空ひばり東映映画DVD選集」の発表が29日都内で行われ、修復された「青空天使」(斎藤寅次郎監督,1950年)も上映されたようだ。
デンゼル・ワシントン主演「マイ・ボディガード」("Man on Fire")の公開記念イベントが29日都内で行われ、黒谷友香が出席したようだ。
サラ・ミシェル・ゲラー主演「The Juon / 呪怨」("The Grudge",2004年)の試写会が都内で行われ、清水崇監督らが出席したほか、オリジナル版に出演した奥菜恵、伊東美咲も参加したらしい。
芸術作品やドキュメンタリーを中心に上映するミニシアター「シネマテークたかさき」が来月4日、群馬県高崎市にオープンするようだ。
独Singulus Technology社とソニーは30日、Blu-ray Disc量産用の製造装置を共同開発すると発表したようだ。
テレビ朝日は30日、人気アニメ「ドラえもん」を来年4月から大幅にリニューアルすると発表したようだ。声優と共にスタッフも一新、映像もハイビジョン化されるとか。
韓国政府は、韓流スターを「国家的計画」として積極的に派遣する構想を、東南アジア諸国連合側に提示したらしい。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイム、ゴジラの星形が加わったようだ。29日行われた式典には、「ゴジラ FINAL WARS」の北村龍平監督、松岡昌宏、菊川怜らと共に喜多川務がゴジラのラバースーツで登場、白煙を吐いたとか。
ファイル交換ソフトWinnyを使って、「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind",2001年)などの作品をダウンロード可能にしたとして起訴された群馬県在住の井上義博被告に対し、京都地裁は30日、懲役1年執行猶予3年の判決を言い渡したようだ。
「冬のソナタ」を手掛けたユン・ソクホ監督は、第77回キネマ旬報賞の特別賞「日韓友好功労賞」を受賞することが決まったようだ。
ソル・ギョングは、教保生命の新しいイメージモデルに起用されたらしい。
ピョン・ヨンジュ監督の新作「バレエ教室」で映画デビューしたユン・ゲサンは、来月7日に入隊するようだ。
第25回青龍映画賞が発表され、カン・ウソク監督「シルミド/SILMIDO」が作品賞、監督賞、助演男優賞(チョン・ジェヨン)の3部門、カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」が主演男優賞(チャン・ドンゴン)、技術賞、撮影賞の3部門、チェ・ドンフン監督「犯罪の再構成」が新人監督賞、脚本賞、助演女優賞(ヨム・ジョンア)の3部門をそれぞれ獲得したようだ。
第5回「『明日のスター』映画俳優オーディション」決勝戦が27日、広東省広州市で行われ、男女1名ずつがグランプリを獲得したようだ。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のヒンズー語版で、シャー・ルク・カーンが主人公の声を担当するらしい。
ドリュー・バリモアの父親で、「口紅殺人事件」("While the City Sleeps",1956年)などの作品に出演した、俳優のジョン・ドリュー・バリモア(John Drew Barrymore)さんが29日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
トム・ティクヴァ監督の次回作は"Perfume: The Story of a Murderer"になる模様。パトリック・ジュースキント(Patrick Suskind)のベストセラー小説「香水‐ある人殺しの物語」に基づく、18世紀のフランスを舞台にしたスリラーで、来年夏よりフランスとドイツで撮影が行われるらしい。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演最新作"The Aviator"のプロモーションについて、MiramaxとCNNが協力するらしい。TVスポットを放送するほか、CNN.com上でもプロモーションを行うようだ。
来年1月に開催されるサンダンス映画祭で、外国作品を対象としたドキュメンタリー映画とドラマ映画のコンペ部門が新設される模様。ドキュメンタリー部門ではアルベルト・フジモリ元大統領に関する"The Fall of Fujimori"、ドラマ部門ではメキシコ系アメリカ人女性を3世代に渡って描く"How the Garcia Girls Spent Their Summer"などが出品されるらしい。
オンラインDVDレンタルサービスの米Netflix社は、第20回インデペンデント・スピリット賞(Independent Spirit Awards)の投票者9000人に、出品作品のDVDを無料で提供する、と発表したようだ。
Marvelの人気コミック"Iron Man"の映画化で、ニック・カサヴェテスが監督に決まったらしい。
FBI捜査官と天才的数学者の兄弟が事件を解決していく、リドリー・スコット監督による米CBSのドラマシリーズ"Numb3rs"は、来年1月21日に第1回が放送されるようだ。
スペリング・コンテスト全国大会に出場することになった11歳の少女を描く、ダグ・アッチソン(Doug Atchison)監督、ローレンス・フィッシュバーン共演の新作"Akeelah and the Bee"は、Lions Gate Filmsと2929 Entertainmentが出資と配給を担当するようだ。
ブロードウェイ・ミュージカル化で大ヒットしたジョン・ウォーターズ監督「ヘアスプレー」("Hairspray",1988年)の再映画化で、クレイグ・ザダン(Craig Zadan)とニール・メロン(Neil Meron)によるStoryline Entertainmentが製作を担当することで、New Line Cinemaと契約を結んだようだ。
「ポーラー・エクスプレス: An IMAX 3D Experience」("The Polar Express: An IMAX 3D Experience")の全米週末興収は、3週目も270万ドルを記録した模様。総興収は19日間で1000万ドルを突破し、IMAX映画としてはこれまで最短だった「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban: The IMAX Experience")の71日間の記録を大幅に更新したようだ。
アンドリュー・アダムソン監督「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")のアートワークが公開されたようだ。
マイケル・マン監督による、TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」("Miami Vice",1984-89年)の映画化で、コリン・ファレルが出演交渉に入った模様。
テリー・ギリアム監督最新作"Tideland"の撮影が、カナダのレジャイナで9月末から行われているらしい。先月には、列車の衝突シーンの撮影が行われ、撮影を知らない周辺住民を驚かせたとか。
米ABCのコメディ・シリーズ"Desperate Housewives"(2004年-)で、クリスティン・エスタブルックが演じている"マーサ・フーバー夫人"は、ドラマの中で死を遂げたにもかかわらず、撮影はまだ続いているらしい。エスタブルックは「フーバー夫人はターミネーターのように戻ってくるわ」と語ったとか。
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演"Mr. and Mrs. Smith"の予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
12月発売のDVD「セイブ・ザ・ワールド」("In-Laws",2003年)の試写会が29日都内で行われ、日本語吹き替えを担当した小川直也と橋本真也が出席したらしい。
平井堅の歌う「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌「瞳をとじて」が、2004年オリコンシングル年間チャート1位に決まった模様。
Paramount Picturesは、フレッド・ウルフ(Fred Wolf)脚本、ローン・マイケルズ(Lorne Michaels)製作によるコメディ"Jersey Dukes"を映画化する模様。
マット・ルブラン主演による米NBCのドラマシリーズ"Joey"(2004年-)で、ルーシー・リューのゲスト出演が決まったようだ。
オーウェン・ウィルソン製作・主演のタイトル未定の歴史コメディで、ハロルド・ライミスが監督・脚本・製作を務めるらしい。
ロバート・デ・ニーロの監督による新作"The Good Shepherd"で、主演予定だったレオナルド・ディカプリオが降板、マット・デイモンが新たに主演することになったようだ。また、Morgan Creekが海外配給権獲得に向けて交渉中らしい。
トム・クルーズ主演によるリメイク版「宇宙戦争」("War of the Worlds")で、スティーヴン・スピルバーグ監督は、ヴァージニア州のシェナンドア川流域を新たなロケ地に選んだ模様。
サム・ライミは"Spider-Man 3"について「脚本は初期の段階で、50ページのドキュメントをまとめたところだ。今はストーリーボード・アーティストと作業している。これから、アルヴィン・サージェント(Alvin Sargent)と第1稿に取り掛かるところだよ」と語ったらしい。
ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")の映画化でプロデューサーを務めるジョン・キャリー(John Calley)は「アキヴァ・ゴールズマン(Akiva Goldsman)が、複雑なストーリーを素晴らしい脚本に仕上げてくれた。原作との大きな違いは無い。つまり、ジェット機の墜落とかそんな類のアクションがタップリ、なんてことは無いよ」と語ったようだ。
米ABCの新ドラマシリーズ"Boston Legal"(2004年-)のキャストに、キャンディス・バーゲンが加わったようだ。
ケヴィン・スペイシー監督・脚本・主演の新作"Beyond the Sea"に出演したケイト・ボスワースは「ボビー・ダーリン(Bobby Darin)のことは映画に出るまで知らなかったけど、今では大ファン」と語ったようだ。
人気アニメシリーズの映画化"The SpongeBob SquarePants Movie"のプロモーション用の人形が、全米各地で盗まれる事件が相次いでいるらしい。
ジム・キャリー主演最新作「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")に、AFLAC(アメリカンファミリー生命保険会社)のアフラックダックがカメオ出演しているらしい。
新作"Closer"がまもなく公開となるマイク・ニコルズは、妻ダイアン・ソイヤー(Diane Sawyer)について「僕は頭に浮かんだことをすぐにしゃべる方だが、妻は『何を考えているんだい?』という質問に答えようとしないんだ。彼女は『たとえ愛する人でも、頭の中まで知る権利は無いわ』と思っているんだよ」と語ったようだ。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演"Bewitched"の予告篇が公開されたようだ。
富野由悠季は、ハリウッドの大手スタジオと、TVアニメ「機動戦士ガンダム」ファーストシリーズをベースにした映画化を進めている、と語ったらしい。