シネマトピックス(2004年8月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  8/1
映画「ハルウララ」の製作発表が1日、高知競馬場で行われ、監督を務める森川時久らが出席したようだ。主演の渡瀬恒彦と賀来千香子は台風の影響で欠席したらしい。竹中直人、前田吟、ガッツ石松らが共演予定とか。
1940年代から50年代にかけて製作された「ポパイ」の短編アニメシリーズでブルートの声を演じたほか、「スーパーマン」などのアニメ作品からウディ・アレン監督「ラジオ・デイズ」("Radio Days",1987年)まで数多くの作品で活躍した、米声優のジャクソン・ベック(Jackson Beck)さんが先月28日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ドラマ「ヤンキー母校に帰る」でも描かれた、北星学園余市高の教師、義家弘介をモデルにした映画「不良少年の夢」の製作が進行中のようだ。花堂純次が監督を務め、松山ケンイチ、真野響子らが共演しているらしい。
黒木和雄監督「父と暮せば」が31日初日を迎え、宮沢りえ、原田芳雄らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
廣木隆一監督「機関車先生」が31日に初日を迎え、坂口憲二らが舞台挨拶に立ったようだ。
「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)のリメイクに出演するため、ビル・ゴールドバーグ(Bill Goldberg)、ケヴィン・ナッシュ(Kevin Nash)と共にアメフトの練習をしていた元WWEのスティーヴ・オースティン(Steve Austin)は、ひざ裏の腱を痛めてしまったらしい。
東宝ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」や「マイ・フェア・レディ」などを手掛けた、演出家の佐藤浩史さんが先月31日亡くなった(61歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロシアで、マフィア幹部が自作自演したTVドラマ・シリーズ「スペェツ(プロフェッショナル)」が先月中旬から放送されているらしい。映画館での上映も検討しているとか。
ソン・スンホンは、ツイ・ハーク監督の新作「七剣下天山」への出演を決めたようだ。
多くの歴史書で知られる英国の歴史家アントニー・ビーヴァー(Antony Beevor)は、「ロビン・フッド」("Robin Hood: Prince of Thieves",1991年)、「プライベート・ライアン」("Saving Private Ryan",1998年)、「U-571」("U-571",2000年)などのハリウッド映画は歴史を捻じ曲げており「破廉恥で無責任極まりない」と非難したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")について、英国駐在のサウジアラビア大使は、ムーア監督が同国での取材を行わず事実を歪曲している、と非難したようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズに対するストーカー行為で起訴されている女性に対し、ロサンゼルス上級裁判所は先月30日、精神面での責任能力について評価を受けるよう命じたようだ。
「甘い生活」("La Dolce vita",1960年)、「カンタベリー物語」("I Racconti di Canterbury",1972年)、「ラストタンゴ・イン・パリ」("Ultimo tango a Parigi",1972年)、「1900年」("1900",1976年)、「アニエスv.によるジェーンb.」("Jane B. par Agnes V.",1987年)など数多くの作品に出演した、伊女優のラウラ・ベッティ(Laura Betti)さんが亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ケヴィン・スミスの長編監督デビュー作「クラークス」("Clerks",1994年)の公開10周年を記念した特別版"Clerks X"が、3枚組みDVD-BOXで来月7日にMiramax Home Entertainmentからリリースされるようだ。
米TVショッピングで話題となったビデオ"Girls Gone Wild"を販売するMantra Films社に対し、1本だけ注文した顧客にも毎月ビデオを送りつけ費用を請求しているのは違法だとして、米連邦取引委員会(Federal Trade Commission)が訴訟を起こしていた問題で、Mantra Filmsが110万ドルを和解金として支払うことで合意に達したようだ。
全米興収が1億ドルを突破した「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のマイケル・ムーア監督は「Disneyについてあまり悪く言いたく無いよ。だって、この映画は、今年のDisneyのどの映画よりも稼いじゃったからね」と語ったようだ。
ジェシカ・シンプソンの夫ニック・ラシェイは、「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)第7シーズンの6エピソードへの出演が正式に決まったようだ。
ブリトニー・スピアーズは11月の予定だった結婚式を今月に前倒ししたらしい。
トレイ・パーカーとマット・ストーンによる新作アクション・コメディ"Team America: World Police"の予告篇がネット上で公開されたようだ。
1993年に亡くなった伝説的サルサ歌手エクトル・ラヴォー(Hector Lavoe)の生涯をマーク・アンソニーの主演で映画化する企画で、プロデュースに専念すると伝えられていたジェニファー・ロペスは、やはり夫と共演したがっているらしい。
  8/2
クウェート政府は、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が隣国サウジアラビアの王家を侮辱しているとして、上映を禁止したようだ。
「狐の呉れた赤ん坊」(丸根賛太郎監督,1945年)を舞台化した、新橋演舞場の舟木一夫特別公演「ちゃんの肩ぐるま」が1日、初日を迎えたようだ。
1997年にフジテレビで放送されたアニメシリーズ「中華一番!」が中国でドラマ化されるようだ。押尾学がメインキャストとして出演、9月から撮影に入るらしい。
イラクの政府系新聞は1日、フセイン元大統領が自分自身を主人公にした映画の脚本を執筆中だと報じたようだ。
覚せい剤取締法、麻薬取締法違反などの容疑で起訴されている清水健太郎の初公判が2日東京地裁で行われ、懲役3年が求刑されたようだ。今月9日に判決が言い渡される模様。
プレイボーイ・モデルのイ・サビが、キム・インシク監督「顔のない美女」でスクリーンデビューを果たしたようだ。
リュ・ジャンハ監督、チェ・ミンシク主演の新作「花咲く春が来れば」がクランクアップしたようだ。来月17日に韓国で公開されるらしい。
先月16日より韓国で公開されているパク・チェヒョン監督「私の男のロマンス」の観客動員数が、公開12日で100万人を突破した模様。
フジテレビは、ユミンこと笛木優子やカン・ジェギュ監督、TVプロデューサーのイ・チャンハンらにインタビュー、韓国ドラマの人気の秘密を追うドキュメンタリーを今月放送するらしい。
1994年にルワンダで起こった大量虐殺を描く、マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督、ジョン・ハート主演の新作"Shooting Dogs"で、ヒュー・ダンシーの共演が決まったようだ。撮影はすでに始まっており、事件が実際に起こった場所でのロケも行われるらしい。
米CBSの災害をテーマにしたミニシリーズで、ブライアン・デネヒー、ダイアン・ウィースト、ランディ・クエイド、トーマス・ギブソン、ナンシー・マッキーオン(Nancy McKeon)が共演するようだ。
デヴィッド・クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセン主演の新作"A History of Violence"で、エド・ハリスとウィリアム・ハートが出演交渉中らしい。
今週末全米公開となる新作"Little Black Book"に出演するロン・リヴィングストンは先月28日、その前日に番組終了が発表された"On-Air with Ryan Seacrest"(2003年-)に出演、収録終了後リヴィングストンは「全てが少し沈んだ感じだったよ。ライアンは普段どおりだったけど、彼らにとってはハードな日だったと思うよ」と語ったようだ。
米Apple Computer社CEOのスティーヴ・ジョブスは先週、膵臓癌の切除手術を受けた模様。手術は成功し来月には仕事に復帰する予定とか。
ダニー・レイナー監督の新作"Harold & Kumar Go to White Castle"の公開にあわせ、米ファストフード店White Castleの特設店がハリウッドのSunset Blvd.に先月22日オープン、無料配布されるハンバーガーを目当てに、ブリタニー・マーフィ、マーティン・ローレンス、ヴィヴィカ・A・フォックス、カーメン・エレクトラ、デイヴ・ナヴァロ、ブレア・アンダーウッドら多くのセレブも店を訪れたとか。
北米を除く海外週末興収は、17カ国で公開中のウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot")が2050万ドルでトップとなったようだ。一方、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の週末興収は1750万ドルで、海外総興収は3億ドルを突破した模様。
今年7月の全米興収は、3億3580万ドルの大ヒットとなった「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")などにより、前年同月比10%増の13億2000万ドルに達した模様。
FlickStationなどは、自動DVDレンタル機のオフィスビルやフィットネスクラブ、大学などへの設置をスタートさせているらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、パシフィック・パリせーズの高級住宅街に所有する3件の不動産、約1800万ドル相当を売却、もう1件の不動産を第三者委託としたらしい。
全米週末興収は、M・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")が5081万ドルで初登場1位を獲得、デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ共演"The Manchurian Candidate"は2020万ドルで3位でのスタートとなったようだ。一方、ジョナサン・フレイクス監督「サンダーバード」("Thunderbirds")は、2057館での公開で265万ドルに留まり、Top10にも入らなかったらしい。
小泉純一郎首相は2日、今月日本公開となるマイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")を観る予定があるかとの記者の質問に「その計画はないですね」「政治的な立場の偏った映画は、あまり見たいとは思わないね」と答えたようだ。 [☆映画を観る前に批判するのはいかがなものか、と思う]
ロビー・コルトレーンは、今後の「ハリー・ポッター」シリーズでハグリッド役を演じるかどうかについて「分からない。残り3作がどういう状況なのか全く知らないんだ。ただ、あと2年以内に第6巻と第7巻が出版されないと、子供たちが彼らの役を演じるには年を取りすぎてしまうし、彼らもそれを望まないだろう。だから、状況はまだはっきりしないんだ」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストは、マリー・アントワネットを主人公にしたソフィア・コッポラ監督の新作に出演するようだ。
今年2月、新作"The Jacket"で共演したキーラ・ナイトレイとのデートが報じられたエイドリアン・ブロディは「みんなはキーラと僕がキャンドルライトの下でディナーとパスタを食べたなんて言っているけど、パスタは食べてないし、キャンドルに灯をつけた覚えもない。僕らは一緒だった。映画を観たんだ。一緒に仕事をするんだし、互いのことをもっと知りたかったんだ。全くばかげているよ。パパラッチがカメラを持って、窓の外や、暗闇や、木の影に潜んでいるなんて」と語ったようだ。
高樹沙耶と、水中写真家の菅原真樹は婚約を解消していたようだ。高樹沙耶は「オスカープロモーション」に復帰、芸能活動を本格的に再開するらしい。
ジュールス・バス(Jules Bass)監督のアニメーション作品「怪物の狂宴」("Mad Monster Party",1967年)が、実写でリメイクされるらしい。
Single Cell Picturesのマイケル・スタイプ(Michael Stipe)とサンディ・スターン(Sandy Stern)はUnited Artistsと提携、来年出版予定のアマンダ・フィリパッチ(Amanda Filipacchi)の小説"Love Creeps"を映画化するようだ。"Saved!"(2004年)のブライアン・ダネリー(Brian Dannelly)が監督を務める模様。
「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",1979年)のアンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督によるリメイクで、フィリップ・ベイカー・ホール、ジェシー・ジェイムズ、クロエ・グレイス・モレッツ(Chloe Grace Moretz)の共演が決まったようだ。
20th Century Foxは、クリスチャン・フォルト(Christian Forte)の脚本によるタイトル未定のアドベンチャー作品を映画化するようだ。ダイヤモンドを盗み出すため、刑務所に入ることを完璧なアリバイとして利用しようとする泥棒の話らしい。
ゲイリー・フレダー監督次回作は、スーザン・アイゼンバーグ(Susan Eisenberg)の小説"We'll Call You If We Need You: Experiences of Women Working Construction"に基づく"Fear of Heights"になるようだ。
トニー・スコット監督による新作アクション・スリラー"Domino"に、キーラ・ナイトレイの出演が決まったらしい。俳優ローレンス・ハーヴェイ(Laurence Harvey)の娘、ドミノ・ハーヴェイ(Domino Harvey)の実話に基づく物語とか。ロサンゼルスとラスヴェガスで来月から撮影が始まるようだ。
「誰も知らない」の完成披露会見が先月29日に都内で行われ、是枝裕和監督、柳楽優弥らが出席したようだ。
株式会社東北新社は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督「21グラム」("21 Grams")のDVDを、11月5日に2100円で発売する、と発表したようだ。
ロブ・マーシャル監督による「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の映画化で、ミシェル・ヨーとコン・リーも出演交渉中らしい。
  8/3
「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)のピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック共演によるリメイクに、ボブ・サップも出演するらしい。
クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の撮影でロンドンに滞在中の渡辺謙が、報道陣の取材に応じ「『ラスト・サムライ』("The Last Samurai",2003年)よりも楽しんでいる」と語ったようだ。今後ロサンゼルスに活動の拠点を移す予定とか。
NHKが先月「冬のソナタ」最終回を記念した公開番組の観覧希望者を募集したところ、約8万通の応募があったらしい。
映画音楽15曲を収録した、チョ・スミ4年ぶりのニューアルバム「be HAPPY」が、発売2週目で4万枚のセールスを記録したようだ。
現在高校2年生のムン・グニョンは、演劇映画学科への進学を決めたようだ。
「LOVERS」("十面埋伏")プロモーションのため、チャン・イーモウ監督、アンディ・ラウ、チャン・ツィイー、金城武が今月10日に韓国を訪れるようだ。
渡邊孝好監督「いとしのヒナゴン」の撮影が2日、台風の影響で1日遅れでスタートした模様。雨のため井川遥の出演シーンは延期、伊原剛志の出演シーンなどが撮影されたようだ。
ミシェル・ヨーは、自ら製作・主演する予定だった「花木蘭」(ムーラン)を降板した模様。共同製作する予定だった恋人のトーマス・チョンと破局したためらしい。代役候補にはチャン・ツィイーの名前が挙がっているものの、引き受ける可能性は低い模様。
香川県庵治町の町役場で先月24日から開催されている、行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ写真展には、3日までに2400人が訪れたらしい。
本広克行監督「サマータイムマシン・ブルース」のロケが、香川県善通寺市などでスタートしたようだ。瑛太、上野樹里らが共演するらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の、銃を持った首振り人形を販売していたOhio Discount Merchandiseに対し、知事側が訴訟を起こしていた問題は、2日までに和解が成立した模様。利益の一部が課外活動支援プログラムArnold All-Starsに寄付される一方、銃を持たない人形については、販売が許可されることになったようだ。
現在全米公開中の"Maria Full of Grace"に出演するカタリーナ・サンディノ・モレノ(Catalina Sandino Moreno)は「以前、映画の中のマリアのように、花の栽培場で働いたことがあります。始めは他の働き手から嫌われていたのですが、そのうち気に入られて話しかけられるようになったんです。それで私は、保険や労働条件や残業のことについてみんなに尋ね始めました。働き始めて2週間後、私は解雇されました。お前は質問が多すぎる、と言われたのです」と語ったようだ。
Sundance CATVチャンネルは来月7日から、アル・フランケン(Al Franken)が司会を務める3時間のラジオ番組を1時間に編集したものを放送するらしい。
パトリック・フィジットは、大学を舞台にした新作コメディ"Bickford Schmeckler's Cool Ideas"で主演を務めるようだ。脚本を手掛けたスコット・ルー(Scott Lew)の映画監督デビュー作となる模様。
「デュース・ビガロウ 激安ジゴロ!?」("Deuce Bigalow: Male Gigolo",1999年)の続編"Deuce Bigalow: European Gigolo"に、ティル・シュヴァイガーがドイツ人のジゴロ役で出演するらしい。
クリントン前大統領をテーマにしたドキュメンタリー映画"The Hunting of the President"を配給するRegent Entertainmentの社長ポール・コリッチマン(Paul Colichman)は、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")によって他の政治映画にも注目が集まり、「華氏」に合わせたプロモーションが出来たのは幸運だった、と語ったようだ。
英国のバンドBustedが歌う映画「サンダーバード」("Thunderbirds")のテーマを収録した"Thunderbirds/3 a.m."が、英国シングルチャートで1位となったようだ。
マイケル・ウィンターボトム監督は、新作「コード46」("Code 46")について「未来が舞台のSF映画だ。しかし、映画の中心になるのは登場人物と彼らが住む社会との関係だ。どんなジャンルに分類されたとしても、興味があるのはジャンルではなく、そこに描かれている人々なんだ」と語ったようだ。
Lucasfilm Animation Singaporeの設立が2日発表されたようだ。「私はかねてからアジアのアニメーションやイラストレーションのファンだった。アジア映画は私の作品にも大きな影響を与えてきた。新しいアニメーションの技術を開発することを考え始めた時、二つを結びつけることは自然な流れだった。シンガポールに拠点を持つことで、東洋と西洋が合わさった新しいアニメーションのスタイルを創造し、かつてない作品を提供できるだろう」とジョージ・ルーカスはコメントしたらしい。
19世紀のニュージーランドを舞台にしたヴィンセント・ウォード監督の新作"River Queen"は、主演のサマンサ・モートンがインフルエンザにかかったため、撮影が数週間遅れる模様。
新しいジェイムズ・ボンド役としてエリック・バナが交渉に入っている、と英タブロイド紙News of the Worldが報じた模様。しかし、単なる噂らしい。
AIIは、韓国ドラマ購入者に、冬ソナロケ地ツアーやミニョンのかつら、ぺ・ヨンジュンモデルのサングラスなどをプレゼントする「ドラマな夏のプレゼント」をスタートしたようだ。
三池崇史監督「ゼブラーマン」のDVD発売を記念したトークショーが2日都内で行われ、哀川翔、水木一郎らが出演したようだ。
イ・ビョンホンの写真集が9月29日、2枚組DVDが11月17日に発売されることが決まったようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」プロモーションのためチェ・ミンシクとカン・へジョンが来日、2日都内で記者会見を行ったようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("Oldboy")のUniversal Picturesによるリメイクは、ジャスティン・リン(Justin Lin)が監督を務めるようだ。
Universal Picturesは、スティーヴン・ソマーズ、ボブ・デュクセイ(Bob Ducsay)のプロデュースで、サラ・ダン(Sarah Dunn)の小説"The Big Love"を映画化する模様。スティーヴン・ソマーズが監督も務めるらしい。
TVシリーズ「それゆけスマート」("Get Smart",1965-1970年)の映画化で、スティーヴ・カレルがマックスウェル・スマートを演じるらしい。
"James Bond 21"は来年11月18日に公開日が設定され、来年3月までに撮影がスタートする予定とか。
ジョージ・ミラー監督の新作フルCGアニメ"Happy Feet"で声優を務めるブリタニー・マーフィは「Happy Feetは凄く楽しいわ。収録はまだ続いているの。1週間前にもレコーディングをやったばかりよ」と語ったようだ。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作の新作"Sin City"の撮影を終えたブリタニー・マーフィは「映画は3部構成で、別々の3つの映画というわけではないけど、3つの物語があるの」と語ったようだ。ブリタニー・マーフィは全ての物語に登場するキャラクタShellieを演じているらしい。
ジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督・脚本、ガエル・ガルシア・ベルナル、サム・シェパード共演の新作"The King"で、出演予定だったダリル・ハンナがスケジュールの都合で降板、ローラ・ハリングが代役に起用されたようだ。
20th Century FoxによるMarvelコミック"Fantastic Four"の映画化で、ジュリアン・マクマホンが悪役Dr. Doomを演じるようだ。
Comedy Centralは、人気コメディ番組"Chappelle's Show"(2003年-)の2シーズン継続を決定、デイヴ・シャペルと新たな契約を結んだ模様。
ジョニー・デップは、2万8千ドルの新車のベンツを家の門に激突させてしまったらしい。修理費は約1万8千ドルとか。
「私立探偵マグナム」("Magnum P.I.",1980-1988年)、「超音速攻撃ヘリ エアーウルフ」("Airwolf",1984年)、「ロズウェル」("Roswell",1994年)などのTV作品をはじめ、「スローターハウス5」("Slaughterhouse-Five",1972年)、「コルベット・サマー」("Corvette Summer",1978年)、「エグゼクティブ・デシジョン」("Executive Decision",1996年)などの映画でも活躍した、米俳優のユージン・ロッシュ(Eugene Roche)さんが先月28日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
先月25日にサメに腕を噛まれ、ヒューストンの病院で4時間の大手術を受けた11歳の少年が、2日行われた記者会見に、口を大きく開けたサメの写真がプリントされたTシャツを着て出席したらしい。少年は、前日にDiscovery Channelを見てサメに襲われたときの対処法を知っていたので、サメにパンチを喰らわせて助かったようだ。「でっかくて醜いヤツだった。お父さんより大きかったよ」と語ったとか。
TSUTAYAは、よみうりテレビで6日から放送の連続ドラマ「駄目ナリ!」のDVDを、毎週放送即日からレンタルすると発表したようだ。
  8/4
TBSは4日、2004年4-6月期の連結業績を発表、経常利益は前年同期比8%増の88億円、売上高は同1%増の763億円となったようだ。映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒットなどによりその他事業収入は20%増となったらしい。
電通が4日発表した04年上半期話題・ヒット商品ランキングで、4位にペ・ヨンジュン、5位に「ラスト・サムライ」("The Last Samurai",2003年)、6位に「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King",2003年)、7位にハルウララ、8位に小説「世界の中心で、愛をさけぶ」が入ったようだ。
ディーンP(Dean Paraskevopoulos)監督による日米合作映画「SAKURA-Blue Eyed Samurai」の撮影が3日、東映京都撮影所で行われ、ウィリアム・ボールドウィン、菅田俊、亜美らが参加したようだ。
「悲しきヒットマン」(一倉治雄監督,1989年)、「極道戦争 武闘派」(中島貞夫監督,1991年)などの映画や、NHK大河ドラマ「天と地と」などの作品を手掛けた、脚本家の杉山義法さんが3日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「青春の音」(関川秀雄監督,1956年)、「黒い河」(小林正樹監督,1956年)、「青春残酷物語」(大島渚監督,1960年)、「組織暴力」(佐藤純弥監督,1967年)、「帰って来たヨッパライ」(大島渚監督,1968年)、「女囚701号 さそり」(伊藤俊也監督,1972年)、「動脈列島」(増村保造監督,1975年)、「新幹線大爆破」(佐藤純彌監督,1975年)、「野性の証明」(佐藤純彌監督,1978年)など数多くの映画に出演したほか、「連想ゲーム」「くいしん坊!万才」「遠くへ行きたい」などのTV番組でも活躍した、俳優の渡辺文雄さんが4日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「箪笥」プロモーションのため来日していたムン・グニョンは、帰国する際、日本側のスタッフ10人に日本語でお礼の手紙を書いて渡したとか。
第8回ソウル国際漫画アニメーションフェスティバルが4日開幕したようだ。世界41カ国の117作品がコンペ部門で上映されるほか、「プロダクションI.G特別展」などの展示会も開催されるらしい。
チャン・ヒョンス監督「誰にでも秘密がある」で共演するイ・ビョンホンとチェ・ジウのファン交流イベントが先月30日と31日にソウルで開催され、日本や香港などアジア各国のファンが会場を訪れたようだ。
ヴィッキー・チャオは現在北京でニューアルバムのレコーディング中らしい。「シュレック2」の記者会見が5日予定されているものの、声優を務めたヴィッキー・チャオの出席は未定とか。
ウォン・カーウァイ監督「2046」のプレミアが、来月末に上海市、北京市、広州市の3都市で共同開催されるらしい。タイトルに合わせ、2046万元の費用が投入される予定とか。
オペラ「アイーダ」が来年春、エジプト南部の古代遺跡ルクソール神殿前で、7年ぶりに上演されることが決まったようだ。
タラ・リードは、ザック・ブラフが主演する米FOXのTVコメディ"Scrubs"(2001年-)に、主人公の恋人役で出演するらしい。
フィジーは、映画製作に対する税制優遇措置をスタートしたようだ。「アナコンダ」("Anaconda",1997年)の続編"Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"もフィジーでロケが行われたらしい。
DVDの複製を可能にするプログラムを開発・配布し主要映画スタジオをはじめ多くの企業から訴訟を起こされていた米321 Studios社が2日、業務を停止したようだ。
「コラテラル」("Collateral")でトム・クルーズと共演したジェイミー・フォックスの演技に注目が集まっているらしい。
ジェイムズ・マンゴールド監督、ホアキン・フェニックス主演によるジョニー・キャッシュの伝記映画"Walk the Line"で、シンガー・ソングライターのシェルビー・リン(Shelby Lynne)が、母親でカントリー歌手のキャリー・キャッシュ(Carrie Cash)を演じるらしい。
「キャットウーマン」("Catwoman")の英国プレミアが3日ロンドンで開催され、ハル・ベリー、シャロン・ストーンらが参加したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")がキューバでTV放映されたことについて、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の広報担当者は、不正な海賊版がTV放映された場合は、劇場公開から9ヵ月以内にテレビまたはインターネットで配信されたドキュメンタリー作品はノミネーションの対象にならない、とする既定の対象とはならない、との見解を示したようだ。
ソニー、松下電器産業、サムスン電子、フィリップスなど13社は、Blu-ray Discの再生専用規格を今秋までに決定すると発表したようだ。
"Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith"に参加したコンセプト・アーティストらによる12のエピソードを収録したグラフィック・ノベル"Star Wars: Visionaries"が、来年4月にDark Horse Comicsから出版されるらしい。
人気アクションホラー・ゲーム"BloodRayne"の映画化で、クリスタナ・ローケンが主演を務めるようだ。今月からルーマニアで撮影が始まる模様。
バーニー・マック主演の新作野球コメディ"Mr. 3000"のポスターが公開されたようだ。
「スター・ウォーズ」シリーズに出演したナタリー・ポートマンは「新しい作品が始まるたびにいつもワクワクしていましたし、撮影を終えるのはいつも少し悲しく感じました。出演にサインしてから全ての撮影を終えるまでに10年が経ち、私は23歳になりました。3本の『スター・ウォーズ』は私にとってとても意義深い作品です。素晴らしい人々と出逢い、ユニークな体験をして、それは今の私の一部になりました」と語ったようだ。
ブッシュ米大統領を批判する短編映画"Straight Talk!"が米国で人気を集めているらしい。現在全米公開中の"Anchorman: The Legend of Ron Burgundy"のアダム・マッケイ(Adam McKay)が監督、ウィル・フェレルが主演を務めたようだ。
AIIは、「プレタポルテ」("Pret-a-Porter",1994年)、「カーマ・スートラ/愛の教科書」("Kama Sutra: A Tale of Love",1996年)、「グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版」("Le Grand Bleu: Version Longue",1992年)、「インティマシー/親密」("Intimacy",2002年)など11作品の配信をスタートしたようだ。
「キャットウーマン」("Catwoman")プロモーションのため、ハル・ベリー、シャロン・ストーン、ランベール・ウィルソン、ベンジャミン・ブラットが2日、北京を訪れたようだ。
マイケル・ウィンターボトムが監督を降板していたサッカー三部作"Goal!"で、ダニー・キャノンが新しい監督に決まったようだ。
ジョン・ファヴロウ監督、ティム・ロビンス主演による「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"で、ジョシュ・ハッチャーソン(Josh Hutcherson)とジョナ・ボボ(Jonah Bobo)の2人の子役の出演が決まったようだ。
"Blade: Trinity"にヴァンパイア・ハンター役で出演するジェシカ・ビールは、30から40ヤード先からキャメラに向かって矢を放つシーンで、30万ドルもするレンズを射抜いてしまったらしい。その映像は映画本編に使用されたようだ。
ロベルト・シュヴェンケ(Robert Schwentke)監督、ジョディ・フォスター主演の新作スリラー"Flight Plan"で、エリカ・クリステンセンの共演が決まった模様。ショーン・ビーンも出演交渉中らしい。
「大草原の小さな家」("Little House on the Prairie",1974-1983年)など数多くのTVドラマや、「太平洋機動作戦」("Operation Pacific",1951年)などの映画で活躍した、米俳優のサム・エドワーズ(Sam Edwards)さんが先月28日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米共和党は、米大統領選民主党候補のジョン・ケリーを批判する11分の短編ビデオを製作、共和党支持者800万人にEメールで送付したらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban",2004年)のDVDは、米国では11月に発売されるようだ。特典映像にはJ・K・ローリングのインタビューも収録されているらしい。
「恋することを止めることは決してない。僕は女性を愛している。もう一度結婚したいし、諦めるつもりはない」と、トム・クルーズは語ったようだ。
今月29日にマイアミで開催される第21回MTV Video Music Awardsでは、デイヴ・シャペル、パリス・ヒルトン、トニー・ホーク、レニー・クラヴィッツ、リュダクリス、LL・クール・J、ジョン・スチュワート、アシュリー・シンプソン、ショーン・コムズらがプレゼンターとして登場するらしい。
まもなく米映画協会(Motion Picture Association of America)の会長を退任するジャック・ヴァレンティは、Los Angeles Timesのコラムの中で「私は生き残った。惑星サイズのエゴが生息する、不安定で予測不可能な活動の場を耐え抜いたことは、決して小さな業績ではない」と語ったようだ。
米CATV局VH1は、マイケル・ジャクソンの半生を描くTV映画"Man in the Mirror: The Michael Jackson Story"を13日に放送するようだ。フレックス・アレクサンダー(Flex Alexander)がマイケルを演じているらしい。
英Company誌による最もセクシーな男性TOP100が発表されたようだ。
1.ブラッド・ピット
2.オーランド・ブルーム
3.ナイジェルー・ハーマン(Nigel Harman)
4.デヴィッド・ベッカム
5.ジャスティン・ティンバーレイク
6.コリン・ファレル
7.ジョニー・デップ
8.ジュード・ロウ
9.ロビー・ウィリアムス
10.ダンカン・ジェイムズ(Duncan James)
一方、最もセクシーでない男性には、1位にマイケル・ジャクソン、2位にクリス・エヴァンスが選ばれたらしい。
  8/5
ファミリーマートは、映画「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」とのタイアップ商品を今月10日から30日までの期間限定で販売する、と発表したようだ。
「冬のソナタ」の主題歌を歌うRyuが4日、日本デビューアルバム「初恋」の発売記念ライヴを都内で行ったようだ。
歌手引退宣言をしたイム・チャンジョンが、13日から韓国で公開されるシン・ジョンウォン監督のホラー映画「時失里2km」に出演しているらしい。独特の髪型は「クレヨンしんちゃん」からヒントを得たとか。
新作コメディ映画「ドンテルパパ」で、イム・ホがトランスジェンダーを演じているらしい。
チャ・ スンウォン、チャン・ソヒ主演「幽霊が住む」のポスターが公開されたようだ。
来月8日から韓国KBS第2テレビで放送される「ハッピーエンド」で、オ・ヨンスとキム・ヨンホが共演するようだ。
「チョン・ウニムのFM映画音楽」のパーソナリティなどで知られる、韓国MBCのアナウンサー、チョン・ウニムさんが4日亡くなった(36歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米下院情報特別委員会の公聴会に出席したCIAのミシック次官は、同時テロ直後にCIA内でテロ専門組織Red Cellを結成、「想像力を鍛えるため」重要任務として映画監督やSF作家と会合を持っていた、と証言したらしい。
Miramax Filmsと元Sony Musicのトミー・モットラ(Tommy Mottola)は、Pink Floydのロックオペラ"The Wall"のブロードウェイ・ミュージカル化について契約を結んだようだ。ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)が脚本と音楽のアレンジを担当するらしい。
リンゼイ・ローハン主演による「ラブ・バッグ」("The Love Bug",1968年)の現代版リメイク"Herbie: Fully Loaded"で、マット・ディロンが出演契約にサインした模様。ブレッキン・メイヤー、ジャスティン・ロングも出演交渉中らしい。
"Hellboy"のDVDが米国でリリースされ、全米セールスチャート初登場1位となったようだ。先週1位の"Starsky & Hutch"が2位に後退、「隣のヒットマン2」("The Whole Ten Yards")が3位のデビューとなった模様。
製作費10万ドルの低予算海洋スリラー"Open Water"が6日から全米で公開されるようだ。50匹近いサメを餌でおびき寄せた上で、出演者を実際にそこで泳がせて撮影したとか。200万ドルで配給権を獲得したLions Gate Filmsは、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)のような大ヒットを期待しているらしい。
6年前にスタートしたBBC Americaは、視聴世帯数4000万軒を達成したらしい。
「アイ,ロボット」("I, Robot")の英国プレミアが4日ロンドンで開催され、主演のウィル・スミスらが出席したようだ。
"Sky Captain and the World of Tomorrow"の公式サイトで、サイトデザインのコンテストが行われているようだ。入賞者にはパソコンやポスターが贈られるらしい。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の撮影は来月から始まる一方、ウェリントンの最新サウンド・ステージでの製作は3分の2が終了した模様。
マイク・ニューウェル監督「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")にレイフ・ファインズとミランダ・リチャードソンの出演が決まったようだ。レイフ・ファインズがヴォルデモードを演じるらしい。
D12主演の映画2作品が製作されるらしい。1本はデビューアルバム"Devil's Night"と同じタイトルのホラー映画、もう1本はデトロイトを舞台にした"Runyon Cash"になる模様。
ジョン・アッシャー(John Asher)監督、ジェニー・マッカーシー主演の新作ロマンチック・コメディ"Dirty Love"で、ジョエル・デヴィッド・ムーア(Joel David Moore)、ヴィクター・ウェブスター(Victor Webster)、ロシリン・ムンロの出演が決まったようだ。また、ララ・フリン・ボイルとカーメン・エレクトラも出演交渉中らしい。
マシュー・リラードは「『スクービー・ドゥー3』はない。Warner Brothersは第2作の公開時期(2004年3月)を誤ったと思う。僕は2作目のほうがずっと良かったと思うし、大ヒットすると思っていた。でも、公開日が悪かった。翌週までに13本も別の作品が公開されたんだ」と語ったようだ。
先日カリフォルニアで結婚式を挙げたニコラス・ケイジと韓国系女性アリス・キムの新婚旅行先はニューヨークらしい。
ジェニファー・アニストンは、かつてスタンダップ・コメディエンヌとしてニューヨークのクラブのステージに立っていた時のビデオの公開を禁止するよう、弁護士に依頼したようだ。「私のどうしようもないパフォーマンスのことを思い悩んでいると言うより、こんなものに誰かがお金を払うことがイヤなの」と語ったらしい。
ビヨンセ・ノウルズの妹ソランジュ(Solange,18歳)の出産記念パーティが1日に行われ、ビヨンセとJay-Zや、ケリー・ローランド、ミシェル・ウィリアムズら300人以上が出席したようだ。
ハル・ベリーは、People誌のインタビューに「言わせてもらえば、美しい女性と見なされることに、何一つ得することはありません。美しさは本質的に無意味で、常に一時的なものです」と語ったようだ。
山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」のプレミア試写会が4日都内で行われ、永瀬正敏、松たか子、小澤征悦、緒形拳、吉岡秀隆らが出席したようだ。
7月1日から開催されている「グレーター トウキョウ フェスティバル2004」の一環として、iモード FeliCa端末で入場できる「ヴァン・ヘルシング」の試写会が5日行われたようだ。
プラッチャヤー・ピンゲーオ監督「マッハ!!!!!!!!」("Ong-Bak",2003年)を配給するギャガ・コミュニケーションズは「興行収入10億円が見えた」と言っているらしい。
Warner Bros.は、今年1月にフランスで公開されたアラン・シャバ監督のコメディ映画"RRRrrrr!!!"(2004年)のリメイク権を獲得、ジョナサン・エイベル(Jonathan Aibel)とグレン・バーガー(Glenn Berger)を脚本に起用したようだ。
スティーヴン・ソマーズ監督は、「フラッシュ・ゴードン」("Flash Gordon")の映画化権を獲得した模様。
ニール・モリッツ(Neal Moritz)の製作会社Originalがプロデュースする新作"Gridiron Gang"で、ザ・ロックが主演を務めるようだ。ロサンゼルスの青年保護観察センターでの実話に基づく物語らしい。
リチャード・ドナー監督、リチャード・プライヤー主演の「おもちゃがくれた愛」("The Toy",1982年)がリメイクされるようだ。
Paramount Picturesが企画する、9.11テロ後の世界を舞台にしたスリラー"Triggerfish"で、ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ兄弟が監督を務めるようだ。
ジョン・ファヴロウ監督、ティム・ロビンス主演による「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"に、ダックス・シェパード(Dax Shepard)の出演が決まったようだ。
人気コミック"Fantastic Four"の映画化で、Mr. Fantasticことリード・リチャーズ(Reed Richards)役を演じるヨアン・グリフィズは「物語の始まりでは、我々は普通の人間として登場し、我々の友情を描くことになると思う」と語ったようだ。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")に主演するサラ・ミシェル・ゲラーは「日本の感性を失うことなく、両方の世界のいいところを合わせた作品になったと思う。『呪怨』(2003年)はとてもユニークだけれど、"The Grudge"では違った雰囲気の作品になっている」と語ったようだ。
"Mission: Impossible III"に出演するキャリー=アン・モスは「『マトリックス』の後でもう二度とアクション映画はやらないと言ったけど、オファーを受けた時、イエスと答えるのが正しいと感じたの。人生は面白い。決してやらないとは言わないわ」と語ったようだ。
MTVのアニメシリーズ"Aeon Flux"(1995年)のカリン・クサマ監督による実写映画化で、主人公を演じるシャーリーズ・セロンは「この5日間、監督やキャストと一緒に過ごした。まだ準備の段階よ。これは、単にSFX映画というだけじゃなくて、ラヴ・ストーリーでもあるところに惹かれたの」と語ったようだ。
ダーレン・アロノフスキー監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作SF"The Fountain"で、レイチェル・ワイズの共演が決まったようだ。
7日からエディンバラで上演される舞台「カッコーの巣の上で」("One Flew Over the Cuckoo's Nest")に出演する予定だったクリスチャン・スレイターは、ロンドンでのリハーサル中に水疱瘡にかかってしまい、出演の延期を決めたようだ。
4枚組みDVD-BOX「リマスター版 トップをねらえ!」が10月22日に発売されるようだ。
  8/6
野澤和之監督によるドキュメンタリー映画「HARUKO」が、来月韓国で開催される光州国際映画祭に正式招待されることが決まったようだ。
黒木和雄監督「父と暮せば」に主演する宮沢りえ、原田芳雄らは6日、原爆の日を迎えた広島市の平和記念公園の原爆資料館を訪れ、地元テレビ局の番組に出演したようだ。同日午後には市内の映画館で舞台挨拶に立ったらしい。
トレイ・パーカーとマット・ストーンによるアクション・コメディ・ミュージカル・アニメ"Team America: World Police"には、北朝鮮の金正日総書記も"出演"しているらしい。ジョージ・ブッシュ、ジョン・ケリーらのほかアレック・ボールドウィン、ジョージ・クルーニー、リヴ・タイラーらも"共演"、マイケル・ムーア監督も登場するとか。
11月スタートの韓国MBC「12月の熱帯夜」で、オム・ジョンファの主演が決まったようだ。
韓国ビデオレンタルチャートは、先週に引き続き「シルミド/SILMIDO」と「マッハ!!!!!!!!」が1位、2位を維持したようだ。
ホ・インム監督、クォン・サンウ、ハ・ジウォン共演の「神父授業」が、アフリカのスーダンでも公開されることになったらしい。
ロブ・マーシャル監督「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の撮影が、来月から日本で始まるようだ。チャン・ツィイー、コン・リー、ミシェル・ヨーの3人に加えマドンナも共演、主演男優には渡辺謙が起用されたらしい。 [☆ホント?]
米保守派市民団体Citizens Unitedが、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のTVCMは選挙法違反に当るとして放送差し止めを求めていた問題で、米連邦選挙委員会は5日、請求を却下したようだ。
20th Century Foxは米オークションサイトeBayと提携、「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")などの広告キャンペーンをeBay上で展開するようだ。
20th Century Foxは、ブライアン・シンガー監督との2年契約を終了させた模様。"X-Men 3"の監督を断ったことが原因のようだ。
全米週末公開作品では、3188館で上映がスタートするトム・クルーズ主演「コラテラル」("Collateral")が2000万ドルから2200万ドル、2445館で封切られるブリタニー・マーフィ主演の"Little Black Book"が1000万ドル強の週末興収を記録する、と予想されているようだ。
「ハリエットのスパイ大作戦」("Harriet the Spy",1996年)、「恋は嵐のように」("Forces of Nature",1999年)などのコメディを手掛けてきたブロンウェン・ヒューズ監督による、アパルトヘイト問題を背景に描いたインディ作品"Stander"が6日から米国で公開されるようだ。ヒューズ監督は「(『恋は嵐のように』の後)たくさんのオファーがありました。もしリッチになりたかったのなら、それを受けていたでしょう。でも、繰り返しは嫌だったのです。ジョナサン・デミやマイケル・ウィンターボトムのように、スタジオ作品とインディ作品を行き来できることが、私にとって究極のキャリアなのです」と語ったらしい。
米NBCが企画する、レストランを経営するアイルランド人一家を描くドラマシリーズで、「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」("In America",2003年)のジム・シェリダンとナオミ・シェリダンが脚本と制作総指揮を担当するようだ。スケジュールが合えば、ジム・シェリダンはパイロット版の監督も手掛ける予定とか。
27日に米国公開となるヴィンセント・ギャロ監督「ブラウン・バニー」("The Brown Bunny",2003年)の、ロサンゼルス市内の繁華街に掲げられていた巨大広告看板が撤去されたようだ。
オプラ・ウィンフリーは、"The Oprah Winfrey Show"(1986年-)の出演契約を2011年まで延長、女性としては米国で史上最高額の出演料を得るようだ。
スパイク・リーは自らの映画製作会社のロサンゼルス支局を閉鎖、ブルックリン本社の開発部門も規模を縮小したようだ。
Pixar Animation Studioは5日、2004年第2四半期の決算を発表、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")DVDの好調な売れ行きなどにより、前年同期比92%増の3740万ドルの純利益を得たようだ。
ビル・クリントン前大統領が3日"Late Show with David Letterman"に出演、ライバル番組"The Tonight Show with Jay Leno"を越える視聴率を記録したようだ。"Letterman"が"Leno"を越えたのは、今年3月にジャネット・ジャクソンが出演した時以来とか。
第47回グラミー賞授賞式は、来年2月13日にロサンゼルスで開催されることが決まったようだ。
ヴィンセント・ギャロ監督「ブラウン・バニー」("The Brown Bunny",2003年)の米国公開が今月27日にスタートするようだ。予告篇に批評の一部を引用するなど、酷評を逆手にとったプロモーションを展開しているらしい。
ニール・ジョーダン監督と、既に監督との間に2人の子供がいる恋人のブレンダ・ローン(Brenda Rawn)との結婚式がダブリンで行われ、ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻も出席したらしい。
Pixar Animation Studiosは6日、2006年以降に製作される新作アニメーション映画4作品のゲーム化などの権利をTHQ社に提供することで合意した、と発表したようだ。
マイク・ミッチェル監督、ベン・アフレック、ジェイムズ・ガンドルフィーニ共演"Surviving Christmas"のポスターが公開されたようだ。
ここ最近、比較的地味な衣装を着るようになったクリスティーナ・アギレラは「私は成長しているし、もうそういう衣装を着る必要はないの」と語ったようだ。
「哀愁の花びら」("Valley Of The Dolls",1967年)のベティ・トーマス監督によるリメイクで、主演候補だったクリスティーナ・アギレラが出演を断り、ジャネット・ジャクソンが現在出演交渉中らしい。
カタールのTV局Al-Jazeeraに関するドキュメンタリー映画"Control Room"に出演した米海軍のジョシュ・ラッシング(Josh Rushing)は、上官からこれ以上映画についての公的な発言を控えるように指示されたらしい。ラッシングは軍を去ることを計画しているとか。
大林宣彦監督によるCANSION主演の短編映画「嘘つき。THE MOVIE」の配信がスタートしたようだ。
コリン・ファレルは、新しい映画に取り掛かるときはいつも"幸運のパンツ"をはいているらしい。「兄弟にもらったんだ。幸運のお守りなんだよ。少し古くなってきたけど手放せないんだ」と語ったようだ。
次期ジェイムズ・ボンドか?と報じられたエリック・バナは「僕はやるつもりはないと100万回は言ったのに」と、報道をあらためて否定したようだ。
パメラ・アンダーソンの作家デビュー作"Star"が出版されるようだ。既に続編に取り掛かっているらしい。
イーディ・ファルコ(Edie Falco)が乳がんの治療を終え、健康を回復した、と広報担当者が4日発表したようだ。
「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"を手掛けるジョン・ファヴロウ監督は「あべこべで漠然とした世界で、すべての物事が複雑に絡み合う今だからこそ、特に若い人々には、希望を抱かせる何かが必要だと思う。僕には2人の幼い子供がいるから、こんなおとぎ話や妖精の物語を語ることは、今の僕にとってはとても気高いことなんだ」と語ったようだ。
トム・クルーズは"Mission: Impossible III"の監督を「今探しているところだ。検討にはもう少し時間がかかる」と語ったようだ。
1980年に自殺したJoy Divisionのボーカル、イアン・カーティス(Ian Curtis)の伝記映画は、ジュード・ロウが主演候補に挙がっているらしい。New Orderのピーター・フック(Peter Hook)は、ジュード・ロウも悪くはないが、「24アワー・パーティ・ピープル」("24 Hour Party People",2002年)でカーティスを演じたショーン・ハリスの方がいい、と言っているとか。
Warner Bros. Picturesは、近未来を舞台にしたリチャード・モーガン(Richard K. Morgan)の小説"Market Forces"の映画化権を獲得したようだ。
Working Title Filmsは、ロアルド・ダール(Roald Dahl)の娘、ルーシー・ダール(Lucy Dahl)による脚本"Wild Child"を取得したようだ。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第4シーズンに、「サード・ウォッチ」("Third Watch",1999年-)のキム・レイヴァー(Kim Raver)の出演が決まったようだ。
「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)の第4シーズンに、アンジェラ・バセットがゲスト出演するらしい。
Walt Disneyは5日、ミッキーマウス型PC「Disney Dream Desk PC」を発表したようだ。本体小売価格は599ドルで、モニターは299ドルとか。
英ファッション誌New Womanは「最も美しいセレブ50人」を発表、女性ではキーラ・ナイトレイ、男性ではブラッド・ピットがそれぞれ1位に選ばれたようだ。
  8/7
渡辺文雄の通夜が6日都内の青山葬儀所で営まれ、藤田弓子、梅宮辰夫、小山明子、水谷八重子ら850人が参列したようだ。
ヤン・ユンホ監督、ヤン・ドングン、平山あや共演の新作「風のファイター」に加藤雅也も出演しているらしい。韓国公開は12月になるようだ。
黒澤明、山本嘉次郎、関川秀雄の共同監督による映画「明日を創る人々」(1946年)が、来月から東京国立近代美術館フィルムセンターで上映されるらしい。
パリス・ヒルトン、ニッキー・ヒルトン姉妹の住むハリウッドの家に何者かが侵入、宝石やパソコンなどを盗まれたらしい。
アッシュ(Ash)の監督による新作"The BBC"に、ハーヴェイ・カイテル、ジェイムズ・ウッズ、ジョン・レグイザモらと共にレニー・クラヴィッツが出演するようだ。
シリーズ第2作"The Bourne Supremacy"に主演したマット・デイモンは「プレッシャーから開放されたよ。映画がヒットして嬉しい。でも第3作をやるのなら、いい脚本が必要だね」と語ったようだ。
ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオは、エリス・アンバーン(Ellis Amburn)の"Subterranean Kerouac: The Hidden Life of Jack Kerouac"に基づく、作家ジャック・ケルアック(Jack Kerouac)とニール・キャサディ(Neal Cassady)の友情を描く映画を企画しているらしい。
新作「コラテラル」("Collateral")に出演するジェイダ・ピンケット・スミスについて、マイケル・マン監督は「ジャダは実生活でもユニークなカリスマを持った人物だし、彼女の演じるキャラクタにもそれが現れていると思う。映画の冒頭に登場する彼女は、我々に強烈な印象を残す必要があった。彼女が再び登場するのは、かなり後だからね」と語ったようだ。
12月11日から東京グローブ座で上演される舞台「TAPE」で、佐藤アツヒロ、赤坂晃、小池栄子が共演するようだ。
「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")の日本語吹替版エンディングテーマに、氷室京介の新曲「Wild Romance」が使われるようだ。
ビヨンセ・ノウルズは今年11月に、ソロとして初めて来日することが決まったようだ。
「仄暗い水の底から」(中田秀夫監督,2002年)のリメイク"Dark Water"を手掛けるヴァルテル・サレス監督は「何よりもまず、都会の孤独について、我々自身の内なる悪について描いた作品だと思う。脚本は面白かった。だが個人的に興味を引かれたのは母と娘の関係を描いていたからだ」と語ったようだ。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作の新作"Sin City"に出演したブリタニー・マーフィは「フランクはみんなにとってのヨーダみたいな存在。ロバートは彼のコミックやスケッチからストーリーボードを起こしたの。だからストーリーボードは文字通りフランク・ミラーの全てだったわ。彼はコミックの絵をそのまま映像にしていったのよ」と語ったようだ。
「キャットウーマン」("Catwoman")のドイツ・プレミアのためハンブルクを訪れたハル・ベリーは「続編にもぜひ出演したい」と語ったらしい。
クリントン前大統領は、"Saturday Night Live"への出演依頼を断ったようだ。
英ラジオ局BBC6の音楽番組"Andrew Collins Show"のリスナー1万人が選んだベスト・サントラの第1位は「ブルース・ブラザース」("The Blues Brothers",1980年)だったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーとヴァル・キルマーが交際中、と一部で報じられている模様。
  8/8
志水淳児監督「劇場版 金色のガッシュベル!! 101番目の魔物」が7日初日を迎え、主題歌を歌う上戸彩らが舞台挨拶に立ったようだ。
ジョナサン・フレイクス監督「サンダーバード」("Thunderbirds")が7日初日を迎え、日本語吹き替え版で声優を務めたV6が都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。初日観客動員数は20万人で、興収25億円は確実、とか。
「誰も知らない」が7日初日を迎え、是枝裕和監督、柳楽優弥、YOUらが舞台挨拶に立ったようだ。
ウォン・カーウァイ監督「2046」の中国公開は来月28日になるようだ。
香川県仁尾町を舞台にした、永野知朗監督による短編映画「あめりか」が完成、8日同町の総合文化会館で無料上映会が行われるようだ。
渡辺文雄の葬儀・告別式が7日青山葬儀所で営まれ、C・W・ニコル、宍戸錠、金井克子、岸朝子ら650人が参列したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は6日放送の"The Tonight Show with Jay Leno"に出演、先月の予算折衝の際、民主党議員を"girlie men"と呼んだことについて「同性愛者への攻撃だと解釈されてしまったが、そんなつもりはなかった。ジョークだった」と語ったものの、謝罪はしなかったようだ。
  8/9
鈴木雅之監督「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」の主題歌「HATTORI3(参上)」が25日にリリースされるようだ。香取慎吾が歌っているらしい。
長崎原爆の日の9日、長崎市内の映画館で黒木和雄監督「父と暮せば」の舞台挨拶が行われ、宮沢りえらが出席したようだ。
ジョン・ウェインが主演した「ヘルファイター」("Hellfighters",1968年)のモデルとなった油田火災消火の世界的権威、ポール・アデアさんが7日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「戦う太鼓」("Daniel Boone, Trail Blazer",1956年)、「原始怪獣ドラゴドン」("The Beast of Hollow Mountain",1956年)、「大砂塵の女」("La Cucaracha",1959年)、「価値ある男」("Animas Trujano",1962年)などの作品を手掛けたメキシコの映画監督、イスマエル・ロドリゲス(Ismael Rodriguez)さんが7日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「黒線地帯」("石井輝男",1960年)などで助監督を務めた後、「黒と赤の花びら」(1962年)で監督デビュー、その後「ケンちゃん」シリーズなどのTVドラマを手掛けた、映画監督の柴田吉太郎さんが7日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「僕の彼女を紹介します」プロモーションのため台湾を訪れたチョン・ジヒョンに対し、台湾のメディアは「無愛想だ」と酷評しているらしい。
「ロード88」の中村幻児監督と主演の村川絵梨らが8日、香川県善通寺市の総本山善通寺を訪れ、作品のヒットを祈願したようだ。
北米を除く海外週末興収は、31の地域で公開中の「アイ,ロボット」("I, Robot")が3130万ドルで1位を維持、一方、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")は公開された67の地域で全て初登場1位を記録、海外総興収は3億2910万ドルに達したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演「ターミナル」("The Terminal")のモデルとなった、イラン出身の男性アルフレッド・マーハン(Alfred Merhan)は、DreamWorksから30万ドルを受け取ったにもかかわらず、今もパリのシャルル・ドゴール空港で生活しているらしい。6月の米国公開以来、レポーターが取材に訪れたり、ファンレターが届いたりしているとか。マーハン氏は「私は有名かもしれない。でも生活は何も変わってはいない。ずっとここに座っている。おしゃれなアパートなどではなくてね」と語ったようだ。
「鬼教師ミセス・ティングル」("Teaching Mrs. Tingle",1999年)、「ゴシップ」("Gossip",2000年)などに出演するマリサ・カフラン(Marisa Coughlan)は、Warner Bros. Televisionと契約、今シーズン放送のパイロット版や他のドラマへ出演するようだ。
マイケル・ベイ監督の新作SFスリラー"The Island"で、ユアン・マクレガーの主演が決まったようだ。
新作「コラテラル」("Collateral")でトム・クルーズと共演したジェイミー・フォックスは「トム・クルーズはどんな億万長者よりも真っ当な人間だよ。トム・クルーズは僕を有名にしてくれた。彼はダスティン・ホフマンに有名にしてもらったから、そのお返しをしたんだ」と語ったようだ。
米国47館で公開がスタートし週末興収100万ドルを記録した低予算海洋スリラー"Open Water"は、クリス・ケンティス(Chris Kentis)とローラ・ラウ(Laura Lau)の夫妻が監督とプロデュースを手掛けたらしい。ケンティス監督は「(配給する)Lions Gateは法務部や製作部門と話がしたいと電話をかけてくるけど、ブルックリンのアパートに僕ら2人がいるだけなんだ」と語ったようだ。
米ABCのドラマシリーズ"NYPD Blue"(1993-2005年)などに出演するシャロン・ローレンスは(Sharon Lawrence)は、スティーヴ・クーガン、レベッカ・ローミン=ステイモス共演のインディ作品"Alibi"と、デヴィッド・モース、ジョーダナ・ブリュースター共演の"Nearing Grace"への出演を決めたようだ。
全米週末興収は、マイケル・マン監督、トム・クルーズ主演「コラテラル」("Collateral")が2440万ドルで初登場1位を獲得、ブリタニー・マーフィ主演の"Little Black Book"は700万ドルで5位でのスタートとなったようだ。一方、47館で限定公開された低予算海洋スリラー"Open Water"は、劇場平均で2万2000ドルの興収を記録した模様。
食料雑貨店での商品代5470ドルが支払われていないとして訴えられていたドン・ジョンソンに対し、コロラド州のピトキン郡地方裁判所は、約6000ドルの支払いを命じたようだ。
スヌープ・ドッグは、「フライング・ハイ」("Airplane!",1980年)をリメイクした新作"Soul Plane"が「黒人を型どおりに描いている」と批評されていることについて「観客はただ楽しみたいだけなんだよ。なのに、黒人がこういう映画を作ると何で奴らは大騒ぎするんだ?全くイラつくよ。白人同士で『ジム・キャリーはMr.ダマー』("Dumb and Dumber",1994年)みたいにバカげた映画を作ったって、誰も何も言わないじゃないか」と語ったようだ。
中田秀夫監督、ナオミ・ワッツ主演"The Ring 2"は、当初予定されていた11月の全米公開を来春まで延期した模様。製作が遅れているようだ。
新作「ヴィレッジ」("The Village")プロモーションのため、M・ナイト・シャマラン監督が今月22日に来日するようだ。
角川春樹、角川歴彦、辺見じゅんの母親で、俳人の角川照子さんが9日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
Universal Picturesは、「レーシング・ストライプス」("Racing Stripes",2005年)などを手掛けるマイク・サモネク(Mike Samonek)のコメディ脚本"Spartan News"を獲得したようだ。
Paramount Picturesはプロの殺し屋の世界を描くアクション・スリラー"The Killer's Game"の製作について、Intermediaと最終交渉中の模様。以前、ジョン・ウー、アレックス・プロヤス、レニー・ハーリン、ウォルフガング・ペーターゼンらが興味を示していたものの、現在のところ監督は未定とか。
New Lineは、企業を舞台にしたコメディ"The Retreat"の監督にジェイムズ・ダドソン(James Dodson)を起用したようだ。
スティーヴ・ナイルズ(Steve Niles)のコミック・シリーズ"Criminal Macabre"のMGMによる映画化で、ブラーギ・シャット(Bragi Schut)が脚本を担当するようだ。
アンドレ・ブラウアーが主演する米CATV局FXの新作ドラマ・パイロット"Thief"に、リンダ・ハミルトンとマイケル・ルーカーの出演が決まったようだ。
34歳の誕生日を迎えたケヴィン・スミス監督は、ジェニファー・スミス(Jennifer Schwalbach Smith)夫人とラスヴェガスで2度目の結婚式を挙げたらしい。
「ロッキー6」の共演候補にヴィン・ディーゼルの名前が挙がっているらしい。
スカーレット・ヨハンソンがジェイク・ギレンホールに急接近中とか。
  8/10
三池崇史監督「IZO」の完成披露試写会が9日都内で行われ、中山一也、桃井かおり、魔裟斗らが出席したようだ。
株式会社GDHは、フランスのアニメ制作会社GO-Nの全株式の40%を7000万ドルで取得したようだ。また、米玩具大手のHasbro社と、人気キャラクタGI JoeのTVアニメシリーズ制作について契約を結んだらしい。
東映アニメーション株式会社は、新作TVアニメシリーズ「冒険王ビィト」と「リングにかけろ1」を今秋より放送すると発表したようだ。
鈴木清順監督最新作「オペレッタ狸御殿」の撮影が9日、都内の東宝スタジオで公開され、チャン・ツィイー、オダギリジョーらが参加したようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban",2004年)の日本での国内総興収が、公開43週目で100億円を突破、観客動員数850万人を記録したらしい。シリーズ3作品全ての100億円突破は史上初とか。
「日本漫画映画の全貌」展が東京都現代美術館で開催中らしい。「太陽の王 ホルスの大冒険」(高畑勲監督,1968年)、「長靴をはいた猫」(矢吹公郎監督,1969年)、「どうぶつ宝島」(池田宏監督,1971年)、「ルパン三世 カリオストロの城」(宮崎駿監督,1979年)のイメージボードや絵コンテなど、800点の資料が展示されているようだ。
韓国で公開中のキム・インシク監督「顔のない美女」に女性客が殺到しているらしい。製作会社はキム・へスのヌード・シーンへの好奇心ではないか、と分析しているとか。
「LOVERS」プロモーションのためチャン・イーモウ監督が9日、韓国を訪れたようだ。11日にはアンディ・ラウ、チャン・ツィイー、金城武らと合流し、ソウル市内で記者会見を行うらしい。
英BBCで来年放送される、広島への原爆投下の前後を描くドキュメンタリー・ドラマのロケが9日、広島県の竹原市と豊田郡安芸津町でスタートしたようだ。
戦艦大和の最後を描いた辺見じゅんのノンフィクション「男たちの大和」が、佐藤純彌の監督で映画化されるようだ。製作費20億円の内、15億円を角川春樹が個人で出資するらしい。来年3月にクランクイン、公開は秋の予定とか。
パトリック・リョン監督「千機変2 花都大戦」のプレミアが上海で開催され、TWINS、ダニエル・ウーらが出席したようだ。ジャッキー・チェンの長男ジェイシー・チェンもこの作品で映画デビューするらしい。
ドナルド・ダックの星形が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。9日に記念式典が行われたらしい。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)の2003年4月22日放送のエピソードと「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)の2003年3月31日放送のエピソードに放送上不適切な内容があったとして、Parents Television Councilなどが米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)に訴えていた問題で、FCCは9日、いずれの訴えも退けたようだ。
Walt Disneyは、ボブ・ウェインスタインとの新たな4年契約と、ハーヴェイ・ウェインスタインによる独立系映画製作会社の設立について、今週中にもMiramax Filmsと協議に入る模様。
ニック・ケイヴ(Nick Cave)の脚本による、19世紀のオーストラリアを舞台にした歴史劇"The Proposition"で、ガイ・ピアースが主演に決まったようだ。ジョン・ヒルコート(John Hillcoat)の監督で、6週間以内にオーストラリアで撮影が始まる模様。
「バタリアン」シリーズ第4作"Return of the Living Dead 4: Necropolis"のロケが、チェルノブイリで行われるらしい。
「カサブランカ」("Casablanca",1942年)、「OK牧場の決斗」("Gunfight at the O.K. Corral",1957年)、「1000日のアン」("Anne of the Thousand Days",1969年)など、87年の生涯で300本以上の映画を手掛けた映画プロデューサー、ハル・B・ウォリス(Hal B. Wallis)の実像を描いた、バーナード・F・ディック(Bernard F. Dick)による伝記"Hal Wallis: Producer to the Stars"が出版されたようだ。
「卒業」("The Graduate",1967年)を基にした、ジェニファー・アニストン主演のタイトル未定の新作は、撮影開始1週間で監督のテッド・グリフィンが降板、ロブ・ライナーが新たに監督を務めることになったらしい。
全米週末興収は、先週1位のM・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")が前週比68%減の1650万ドル、公開3週目のマット・デイモン主演「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")が同40%減の1440万ドル、デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ共演"The Manchurian Candidate"が49%減の1030万ドル、ブリタニー・マーフィ主演の"Little Black Book"が710万ドルに終わるなど軒並み低迷、全米Top50の興収は、前年同期比22%減、前週比28%減の1億1230万ドルとなったようだ。
DreamWorksによる旅客機を舞台にしたスリラー"Red Eye"で、ウェス・クレイヴンが監督に決まった模様。
米Foxは、NBCの企画"The Contender"の真似だと批判されている新人ボクサー発掘番組"The Next Great Champ"を、NBCより2ヶ月早い来月10日にスタートさせるようだ。
M・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")の展開と結末が、マーガレット・ピーターソン・ハディックス(Margaret Peterson Haddix)の処女小説"Running Out of Time"と酷似しているとして、同小説を出版しているSimon & Schuster社は、Walt Disneyとシャマラン監督に対する訴訟を検討しているらしい。
Miramaxは今週にも120人以上のリストラを発表する模様。
「四枚の羽根」("The Four Feathers",1929年)、「キング・コング」("King Kong",1933年)、「肉の蝋人形」("Mystery of the Wax Museum",1933年)、「蜘蛛の巣」("The Cobweb",1955年)などの作品で活躍した、米女優のフェイ・レイ(Fay Wray)さんが8日亡くなった(96歳)。ご冥福をお祈りいたします。
今月28日にNHKホールで公開収録が行われる「冬のソナタ」最終回記念番組に、8万通の観覧希望の応募があったらしい。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")からの2種類の映像クリップ、"Face Off"と"Alien Predator Fight"が、QuickTime Movie Trailersで公開されているらしい。
セス・グリーンは「オースティン・パワーズ」シリーズ第4作の可能性について「マイク・マイヤーズからそんな話は一度も聞いていない。無関係な人が流したウワサだよ。3部作はうまくまとまっていたし、もっと観たいなんて誰も思わないよ」と語ったようだ。
「スーパーマン」シリーズ最新作の主演候補に、"Smallville"(2001年-)のトム・ウェリング(Tom Welling)の名前が挙がっている、と噂されているようだ。
土井裕泰監督「いま、会いにゆきます」の撮影が長野県上諏訪市で行われ、竹内結子、中村獅童らが参加したようだ。
三池崇史監督「妖怪百物語」が、鳥取でクランクインした模様。公開は来年夏以降になるらしい。
Intermediaは、アダム・デイヴィス(Adam Davies)の小説"The Frog King: A Love Story"に基づく、ブレット・イーストン・エリス(Bret Easton Ellis)の脚本についてオプション契約を結んだようだ。"The Warrior"(2001年)のアジフ・カパディア(Asif Kapadia)が監督に向けて交渉中の模様。
まもなく全米公開となるE・エリアス・マーハイジ監督のサスペンス"Suspect Zero"について、主演のアーロン・エッカートは「"remote viewing"という超能力の設定については何も知らなかったんだ。最初に脚本を読んだ時、そんなことは何処にも書いてなかった。エリアスが後になって脚本に組み込んだんだよ」と語ったようだ。
ケネス・オッペル(Kenneth Oppel)の児童書"Airborn"が、アルバート・ルディ(Albert Ruddy)、アンドレ・モーガン(Andre Morgan)、スティーヴン・ソマーズらのプロデュースで映画化されるようだ。
京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」が、実相寺昭雄の監督で映画化されるらしい。堤真一、永瀬正敏、阿部寛、原田知世、いしだあゆみ、宮迫博之らが共演するようだ。
「ターザン紐育へ行く」("Tarzan's New York Adventure",1942年)、「明日なき男」("Highway 301",1950年)、「アラモの砦」("The Last Command",1955年)、「裸のキッス」("The Naked Kiss",1964年)、「大空港」("Airport",1970年)など数多くの作品で活躍した、米女優のヴァージニア・グレイ(Virginia Grey)さんが先月31日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
キャサリン・ヘプバーンのコネチカット州の自宅が、同じ地区に住む建築家に売却されたようだ。
2004 Teen Choice Awards授賞式が8日開催され、「フォーチュン・クッキー」("Freaky Friday",2003年)と"Mean Girls"(2004年)に主演したリンゼイ・ローハンが、コメディ映画女優賞など4部門を獲得したようだ。
「プリティ・プリンセス」("The Princess Diaries",2001年)に主演したアン・ハサウェイは「飛行機でも上映されたみたいで、普段こういう映画を観ないビジネスマンの人たちが、私に『君の映画を飛行機で観たけどとてもよかったよ』と言ってくれるの」と語ったようだ。
先月6日、マンハッタンのマンションで遺体で発見されたカーク・ダグラスの末息子エリック・ダグラス(Eric Douglas)について、ニューヨーク検死局は、死亡の原因はアルコールと精神安定剤、鎮痛剤の服用による急性中毒だった、と発表したようだ。
「極楽ピアノ騒動」("The Music Box",1932年)など多数のコメディ映画で知られるコメディアン、オリヴァー・ハーディ(Oliver Hardy)とスタン・ローレル(Stan Laurel)が共演した"The Laurel-Hardy Murder Case"(1930年)のドイツ語版"Spuk um Mitternacht"(1931年)のフィルムが、ミュンヘン映画博物館で発見されたらしい。
「天と地と」(角川春樹監督,1990年)、「REX 恐竜物語」(角川春樹監督,1993年)のDVDが10月22日に発売されるようだ。
  8/11
ギャガ・コミュニケーションズは、FOMA向け着信動画配信サービスを16日にスタートするようだ。「マッハ!!!!!!!!」や「シカゴ」などの名シーンの動画200本以上を提供する予定とか。
Walt Disneyは10日、2004年4-6月期決算を発表、売上高は前年同期比17%増の74億7100万ドル、純利益も同20%の6億400万ドルと、増収増益となったようだ。
高校生バンドHUNGRY DAYSが主演する映画「ビート・キッズ」の撮影が11日東大阪市内で行われ、太田房江知事が出演したらしい。
コン・スチャン監督の戦争ホラー映画「R-POINT」の公開を記念したアンケート調査によると「呪いをかけられても堂々と悪霊に立ち向かうことのできそうな女優」の第1位に「カル」のシム・ウナが選ばれたらしい。
ソン・ヘソン監督「力道山」の試合シーンの撮影が今月4日から4日間に渡って行われ、主演のソル・ギョングは全身アザだらけとなった上、右足首を痛めたものの、長時間の撮影をこなしたらしい。
PUFFYの2人が主人公のTVアニメシリーズ"Hi Hi Puffy AmiYumi"が、11月19日から米Cartoon Networkでスタートするらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of The Christ")のマレーシアでのプレミア上映が11日行われたようだ。同国ではキリスト教徒のみ鑑賞が許されているものの、既に15リンギット(4ドル)で海賊盤が出回っているらしい。
ケネス・ブラナーは、米HBOのTV映画"Warm Springs"でフランクリン・D・ルーズヴェルトを演じるようだ。制作は今秋スタート、来年はじめに放送予定らしい。
マーク・ペレスが脚本を執筆中のタイトル未定のファミリー・コメディで、ダイアン・キートンが主演するようだ。
来月9日から開催される第29回トロント国際映画祭で、デヴッド・ラッセル(David Russell)監督の"I Heart Huckabees"、ビル・コンドン監督の"Kinsey"、ジョン・ダイガン(John Duigan)監督の"Head in the Clouds"、ダン・ハリス(Dan Harris)監督"Imaginary Heroes"などがプレミア上映されるようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズに対するストーカー行為で起訴されている女性について、ロサンゼルス上級裁判所は10日、精神科医による精神鑑定を行い9月までにその報告書を提出するよう命じたようだ。
ヴァネッサ・ウィリアムズとリック・フォックス(Rick Fox)が離婚の手続きに入った模様。
英国週末興収は、ウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot")が470万ポンドで初登場1位を獲得、ジェニファー・ガーナー主演のロマンチックコメディ"13 Going on 30"が120万ポンドで2位となり、先週1位の「キング・アーサー」("King Arthur")は3位に転落したようだ。また、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の総興収は2300万ポンドに達した模様。
ロナルド・シュセット(Ronald Shusett)とダニエル・オールター(Daniel Alter)は、まもなく出版予定のコミックに基づくSFホラー映画"Megacity"を製作するようだ。
柴咲コウが歌うドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌「かたちあるもの」のPVが11日から3日間限定で、公式サイトで配信されているらしい。
人気ゲームソフト"BloodRayne"の、ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、クリスタナ・ローケン主演による映画化で、ベン・キングズレイ、ミシェル・ロドリゲス、ウィル・サンダーソン(Will Sanderson)らが共演するようだ。
9日にダラスで開催予定だったグロリア・エステファンのライヴが中止になったようだ。ショーのためのコンピュータがクラッシュしたらしい。
「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)にジャネット・ジャクソンがゲスト出演するらしい。
ロードアイランド国際映画祭が10日開幕したようだ。6日間の開催期間中に265作品が上映される予定とか。
ヒラリー・ダフのコンサートが8日、アトランタ近くのGwinnett Arenaで開催されたものの、頭上のスピーカーがショートして火災が発生、1時間ほど中断したらしい。
「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life",2003年)の興行的な失敗について、アンジェリーナ・ジョリーは「ポスターからセクシュアリティをエアブラシで消してしまったから」と言っているらしい。
マット・デイモンは、ジェニファー・ロペスと破局したベン・アフレックについて「ベンは、彼女と付き合うことが彼のキャリアにとって最悪だと分かっていたけど、彼らは本当に愛し合っていたし、キャリアのことなんか気にしていなかった。でも、雑誌に彼の生活が細かく書かれているのに、彼の新作映画を10ドル払って観ようと思う人なんていないよ」と語ったようだ。
ヒラリー・ダフは運転免許を取ったようだ。「Range Roverを買ったの。試験に合格する前に。家の前に止めてある車のことが気になって仕方なかったわ。試験に合格した今は『やったわ!私は自由よ!』という感じね」と語ったらしい。
来月16日と17日にBunkamuraオーチャードホールで、東京フィルハーモニー交響楽団による「冬のソナタ・クラシック・コンサート〜音楽で綴るもう一つのラブストーリー〜」が開催されるらしい。チェ・ジウがスペシャルゲストとして参加する予定とか。
阪本順治監督「亡国のイージス」のロケが、青森県の三沢基地で行われ、真木蔵人らが参加したようだ。航空自衛隊が全面協力、F-2支援戦闘機の飛行シーンの撮影なども行われているらしい。
東野圭吾の小説「変身」が、佐野智樹の監督、玉木宏、蒼井優、佐田真由美、松田悟志、山下徹大らの共演で映画化されるらしい。
「リディック」("The Chronicles of Riddick")のロンドン・プレミアが9日開催され、デヴィッド・トゥーヒー監督、ヴィン・ディーゼル、アレクサ・ダヴァロスらが出席したようだ。
チェ・ジウは、韓国のトーク番組で「恋人はいるのか?」との質問に「いる」と答えたらしい。
DreamWorksは、サム・ハム(Sam Hamm)とダーリン・モーガン(Darin Morgan)によるタイトル未定のコメディ脚本を獲得したようだ。ある精神科医が、行方不明の娘を探すために、スーパーヒーローの存在を空想する男と調子を合わせなければならなくなり・・・という話らしい。
Sony傘下のScreen Gemsは、「夕暮れにベルが鳴る」("When a Stranger Calls",1979年)のリメイクとその続編"When a Stranger Returns"を企画しているらしい。ジェイク・ウェイド・ウォール(Jake Wade Wall)が脚本を執筆中のようだ。
ミュンヘン・オリンピックでのテロ事件を描くスティーヴン・スピルバーグ監督のタイトル未定の新作で、エリック・ロスによるオリジナル脚本をトニー・カシュナー(Tony Kushner)がリライトすることになったようだ。
Universal Picturesが権利を獲得した、ブライアン・バロウ(Bryan Burrough)のベストセラー小説"Public Enemies"が、マイケル・マンの監督、レオナルド・ディカプリオの主演で映画化されるようだ。
Digital DomainとBarnet Bain Filmsは、リチャード・バック(Richard Bach)のベストセラー小説"Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah"の映画化権を獲得した模様。「世界でいちばん不運で幸せな私」("Jeux d'enfants")のヤン・サミュエル(Yann Samuell)が監督を務めるようだ。
銃社会としてのアメリカを描くIFC Filmsの新作"American Gun"で、トニー・ゴールドウィン、メリッサ・レオ(Melissa Leo)、クリストファー・マークエット(Christopher Marquette)の共演が決まったようだ。アリック・アヴェリノ(Aric Avelino)の監督デビュー作となる模様。
"Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith"に、チュー・バッカの故郷Kashyyykが登場するらしい。コンセプトデザインを手掛けるライアン・チャーチ(Ryan Church)は「トロピカルだが、寒い星なんだ。ジョージ(・ルーカス)から指示があったのは、彼らが巨木の森の中で暮らしているということだけだ」と語ったらしい。
「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の清水崇監督は「日本でオリジナル版を製作した時は、アメリカで公開されるとは思っていませんでした。日本の観客を怖がらせることだけを考えていました。アメリカでのリメイクでは、アメリカ人の感じる恐怖に自分の考えをあわせる必要がありました。しかし同時に、アメリカのプロデューサーは、オリジナル版は本当に怖いし、だからこそリメイクを決めたと言っていました。彼らがオリジナル版を怖いと思っていなければ、リメイクはなかったと思います」と語ったようだ。
ロリー・コクレイン(Rory Cochrane)は"CSI: Miami"(2002年-)を降板する模様。映画に専念するようだ。
The Beach Boysは、新作ブロードウェイ・ミュージカル"Good Vibrations"での楽曲の使用について合意したようだ。来年1月の開幕が予定されているらしい。
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」("Ossessione",1943年)、「山猫」("Il Gattopardo",1963年)、「ベニスに死す」("Morte a Venezia",1971年)など、ルキノ・ヴィスコンティ監督作品全19本を特集上映する「ビスコンティ映画祭」が10月8日から都内で開催されるようだ。
今月28日に千葉県の幕張で行われる北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」の撮影で、エキストラを募集しているらしい。
米DreamWorksは「シュレック2」("Shrek 2")のDVD米国発売日を11月5日に設定したようだ。Pixar/Disneyの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の全米公開日に合わせたらしい。
8月3日の高知競馬場で「スパイダーマン2特別」レースが開催されたらしい。出走場が全てスパイダーマン柄のメンコを着けて走ったらしい。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")のペーパーバック版が10日に米国で発売されたようだ。初版は200万部で、出版元の米Scholastic社は、100万ドルのプロモーション費用を投入しているらしい。
DVDの複製が可能なソフトウェアを配布し著作権侵害で訴えられていた321 Studiosは、米映画協会(Motion Picture Association of America)に対し賠償金を支払うことで和解したようだ。
Imax社とNational Amusements社は、来年以降、英国に12ヵ所のIMAXシアターをオープンさせると発表したようだ。
  8/12
ソニー、松下電器産業などは11日、Blu-ray discの再生用ディスクの仕様を決定、関連企業に公開したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の試写会が12日都内で行われ、民主党の岡田克也代表や海部俊樹元首相らも出席したようだ。
テレビ朝日「西部警察スペシャル」が10月31日に放送されることが決まったようだ。
日本とドイツが共同製作した日本最初の国際合作映画「武士道」(賀古残夢、ハインツ・カール・ハイラント監督,1926年)が、来月開催される第4回京都映画祭で特別上映されるようだ。ロシア国立映画保管所に保存されていたのが発見されたらしい。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」に出演する西田敏行、三國連太郎、江角マキコが11日、東京湾を屋形船で周遊したようだ。
1935-1940年に製作されたニュース映像を検索・視聴できるサイト「蔵出しニュース映像館」が12日スタートするようだ。
チョン・チョシン監督の新作「夢精期2」で、パク・スルギとオーディションで選ばれた新人のカン・ウンビが共演するようだ。
「阿羅漢-掌風大作戦」が韓国ビデオレンタルチャート初登場1位となったようだ。
「LOVERS」プロモーションのため韓国訪問中のチャン・イーモウ監督は参鶏湯が大好物らしい。昨年オペラ「トゥーランドット」公演準備のために1ヶ月間韓国に滞在した際も、毎日食べていたとか。
コン・スチャン監督の戦争ホラー映画「R-POINT」の特別試写会が、韓国の国会で開催されるらしい。
「韓流特別展in広島」が11日、そごう広島店でスタートしたようだ。韓国の映画やドラマのロケ写真やポスターなど約350点が展示されているほか、ペ・ヨンジュンら俳優の実物大写真との記念撮影コーナーもあるらしい、
渡邊孝好監督「いとしのヒナゴン」のロケが11日、広島市内で行われ、井川遥、伊原剛志らが参加したようだ。
「冬のソナタ」の舞台となった韓国・春川市の市長が、小泉純一郎首相に招待状を送ったらしい。
米ビデオレンタル大手のBlockbuster社は11日、オンラインDVDレンタルをスタートさせたようだ。
サラ・シルヴァーマンは、自身が主演しヒットしたオフ・ブロードウェイの舞台"Jesus Is Magic"の映画化で主演を務めることになったようだ。今月から撮影が始まる模様。
マイケル・ムーア監督は、ブッシュ大統領からCIA長官に指名されたポーター・ゴス(Porter Goss)下院情報特別委員長が、今年3月のインタビューで「CIAの仕事を引き受けることは出来ない。私にその能力はない」と語っていたことを明らかにしたようだ。
H・G・ウェル原作、スティーヴン・スピルバーグ監督、デヴィッド・コープ脚本、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("The War of the Worlds")のリメイクは、撮影開始が11月から夏に前倒しとなったようだ。
トム・サイズモアが11日、規制薬物所持で逮捕された模様。
クエンティン・タランティーノ監督は「キル・ビル」が2部作となったことについて「映画を二つに分けたことによって、映画賞の時期を逃してしまった。ユマ(・サーマン)にとって、主演女優賞にノミネートされなかったことは辛かったと思う」と語ったようだ。また、次回作について「一つ分かっているのは、僕はエべレストに登ったということだ。今までで一番ハードな仕事だった。もう一度エベレストに登りたいかどうか、まだ分からない」と答えたらしい。
米CBSの"60 Minutes"で知られるベテランレポーターのマイク・ウォレス(Mike Wallace)が逮捕されたようだ。彼の乗っていたタクシーの運転手に検査官が尋問した際、その間に入って検査官に無礼な態度をとったためらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of The Christ")を鑑賞後、恋人の殺害を認め自首したテキサス州の男性に対する罪状認否が11日、同州の裁判所で行われ、被告は有罪を認めたようだ。
ユニセフ親善大使を務めるロジャー・ムーアは、AIDSで保護者を亡くした孤児72人のサマーキャンプでの宿泊を北京市内のホテルや学校が拒否したことについて「恥ずべきことだ」と非難したようだ。
"X-Men 3"の監督は契約が打ち切られたブライアン・シンガーに代わってジョス・ウェドンが務める、と噂されているらしい。ウェドンは、オファーはまだないが、あれば是非やりたい、と言っているようだ。また、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のアニメシリーズ化についても計画段階にあると語った模様。
ソフィア・コッポラ監督、キルシティン・ダンスト主演の新作"Marie Antoinette"で、ジェイソン・シュワルツマンがルイ16世を演じるらしい。来年2月にフランスで製作がスタートする模様。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは結婚式の直前にタトゥーを入れることを計画していたものの、それを知ったブリトニーの母親が激怒、計画は中止になったらしい。
来月からニューヨーク大学に通うメアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹は、グリニッジ・ヴィレッジにある730万ドルペントハウスを購入したらしい。広さ530平米で、窓からは自由の女神も見えるとか。
ジュリア・スタイルズは「ある日楽屋に入っていくと、机の上に偽物のおっぱいが積まれていたの。プロデューサーが置いていったのよ。彼らは、私の胸を大きくしたかったようね。本当に見え透いているわ。私はバカじゃないし、その意味くらいは分かる。でも、そんなことはしなかったし、するつもりもないわ」と語ったようだ。
世界最大のビデオゲーム会社Ubisoftは、オリヴァー・ストーン監督最新作に基づくゲーム"Alexander"の制作を発表したようだ。11月の映画公開に合わせて発売されるらしい。
アンドリュー・アダムソン監督「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")で、レイ・ウィンストンがMr. Beaverの声を演じるらしい。
総製作費1億500万ドルを投入したものの世界興収が6700万ドルに留まっている「リディック」("The Chronicles of Riddick")について、ヴィン・ディーゼルは「最初から僕は3部作として考えていた。『ピッチ・ブラック』("Pitch Black",2000年)はキャラクタを紹介するための前編だ。第2作では宇宙へと挑む。第1作はPG-13だったが、宇宙に出ればレイティングはRになる。宇宙では常に戦争が繰り広げられているからだ。そして第3作でリディックは故郷の星フューリアへと帰ることになる」と構想を語ったようだ。
カナダの映画監督アンドリュー・クリストファー・エリン(Andrew Christopher Erin)は、マドンナのMaverick Productionsと契約、彼が2002年に製作した短編ホラー"Sam's Lake"を長編としてリメイクするようだ。
1915年製作の白黒映画"Birth of a Nation"の上映がハリウッドのSilent Movie Theatreで上映される予定だったものの、全米有色人種地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)の抗議で中止させられたようだ。今日の映画の表現手法の基礎となった画期的作品として知られているものの、人種差別を賞賛する内容らしい。
マーク・エヴァンス監督の新作サイコ・スリラー"Trauma"で、コリン・ファースがミーナ・スヴァーリの口の上に毒蜘蛛を落とすシーンの撮影が行われたらしい。ただし、その後、蜘蛛が口に入っていくシーンは代役が務めたようだ。
カプコンは携帯電話向け「バイオハザード」キャンペーンサイトを11日スタートさせたようだ。
まもなく開幕するアテネ・オリンピックでは、スティーヴン・スピルバーグ、ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン、ジュリア・ロバーツ、ジャック・ニコルソン、ム・クルーズ、ジョージ・クルーニー、トム・ハンクス、ハリソン・フォード、アンジェリーナ・ジョリー、マドンナ、ブリトニー・スピアーズらも観戦予定とか。
米CBSはリアリティ番組"The Amazing Race"(2001年-)の第7シーズンの制作も決めたようだ。
「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の清水崇監督は「ストーリーはオリジナル版と基本的に同じです。でも私はオリジナル版も監督しています。だから、アメリカ版は少し違う物語にしたかった」と語ったようだ。
新作"Never Was"に出演するアーロン・エッカートは「魔法の王国に足を踏み入れたような感じのドラマだ。精神病院が舞台で、自分はNever Wasの王だと信じている男が主人公で、イアン・マッケランが演じている。僕には現実的な物語に思えるけれど、(監督・脚本の)ジョシュア・マイケル・スターンがどう仕上げるのかは分からない」と語ったようだ。
ジェイムズ・マーシュ(James Marsh)監督・脚本、ガエル・ガルシア・ベルナル主演の新作"The King"で共演予定だったサム・シェパードが急遽降板、ウィリアム・ハートが代役に起用されたようだ。
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクが婚約したようだ。
米ABC「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997-2004年)のジェイムズ・スペイダー主演によるスピンオフ・シリーズ"Boston Legal"(2004年-)に、フレディ・プリンズJr.がゲスト出演するらしい。
ジョン・マッケンローが出演する新番組"McEnroe"が先月CNBCでスタート、初回は視聴率0.3%、7月27日と8月2日の放送では視聴率0.0%を記録したらしい。
アリシア・キーズの歌う"Diary"に「何か心配なことがあったら489-4608に電話して」というフレーズがあるため、ジョージア州のステーツボロ(Statesboro)に暮らすJ・D・ターナー氏の家には「アリシア・キーズと話したい」と言う電話が多い日には20本以上かかってくるらしい。
米Esquire誌は今年のベストドレッサーにアンドレ3000を選んだようだ。ファッション・ディレクター、ニック・サリヴァン(Nick Sullivan)は「アンドレ3000はとても個性的だが、それこそがポイントだ」と絶賛したらしい。
ペ・ヨンジュンが主演した映画「スキャンダル」のDVDが来月24日に発売されるらしい。
Film Review誌の選ぶ「最もセクシーなSFキャラクタ」に「バーバレラ」("Barbarella",1968年)でジェーン・フォンダが演じた主人公が選ばれたようだ。 [☆4位にレイア姫と言うのは納得いかん・・・]
007シリーズ第21作の監督候補に、「チャーリーズ・エンジェル」("Charlie's Angels",2000年)や「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)などでスタント・コーディネーターとセカンド・ユニット監督を務めた、ヴィク・アームストロング(Vic Armstrong)の名前が挙がっているらしい。
  8/13
鈴木雅之監督「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」に主演する香取慎吾が12日、同映画とのタイアップ商品を販売するファミリーマートを訪れたようだ。
ロバート・デ・ニーロにイタリア市民権を贈る計画が進んでいるらしい。
韓国の映画チケット予約率は、先週のホ・インム監督「神父授業」に続いて今週はヤン・ユンホ監督「風のファイター」が1位となり、全体のシェアでも韓国映画が80%を占めたようだ。
昨年北朝鮮を脱出し韓国入りした後、映画監督として活動していた人物が、映画撮影のために訪れていた中国で逮捕されたらしい。
駐米韓国大使館は、韓国映画33作品を上映する2004 Korean Film Festivalを、来月16日からワシントンDCで開催すると発表したようだ。
日中韓共同によるアニメーション映画「金玉鳳凰」の製作が決定した模様。監督は劇場版「名探偵コナン」を手掛けた日本人を起用するようだ。 [☆こだま兼嗣?]
小泉純一郎首相は13日、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズで、ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」("Deep Blue")を鑑賞したようだ。
「スティグマータ 聖痕」("Stigmata",1999年)のルパート・ウェインライト監督は、アネット・カーティス・クラウス(Annette Curtis Klause)の小説"Blood and Chocolate"の映画化について交渉中らしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")、「アイ,ロボット」("I, Robot")など最新作を含む海賊盤DVDを販売したとして、ネヴァダ州在住の3人が起訴された模様。最大で25万ドルの罰金と5年以内の懲役が課せられる可能性もあるとか。
マンハッタンのトイザラスで、"大統領候補版"バービー人形が限定販売されているらしい。
米Foxは、ハワイの高級ホテルを舞台にした6月スタートのドラマ"North Shore"について、フルシーズンに拡張することを決定したようだ。
パトリック・マクギリガン(Patrick McGilligan)の著書"Clint: The Life and Legend"の家庭内暴力の記述は事実に反するとして、クリント・イーストウッドが著者と出版社を名誉毀損で訴えていた問題は、イーストウッドが妻を殴ったとする記述を削除することで著者側が同意、訴訟は取り下げられたようだ。
ウェズリー・スナイプス主演のシリーズ第3作"Blade: Trinity"からの映像が、ネット上で公開されたようだ。
ジョニー・デップは、17世紀の英国詩人ロチェスター伯爵を描く新作"The Libertine"の撮影を終えたようだ。バイセクシャルだったロチェスター伯爵の"恋人"役を演じた無名の俳優ルパート・フレンド(Rupert Friend)は、かなりハンサムらしい。
Teen Choice Awardsの授賞式に出席したパリス・ヒルトンは、レッドカーペットの上で蜂に追い回されたらしい。ダイアナ・デガルモ(Diana DeGarmo)は「パリスのヘアスプレイが蜂を惹きつけているのよ」、マーロン・ウェイアンズは「蜂は、彼女がうっとうしいから、頭を刺してやろうと思ったのさ」とコメントしたとか。
米ABCのTV映画"Their Eyes Were Watching God"出演のためロングヘアのハル・ベリーは「本当の髪は肩の所までよ。(撮影が終わったら)ショートヘアに戻すわ。私は隠し事のない人間になりたいの。秘密は無し。オープンでいたいのよ」と語ったようだ。
アシュトン・カッチャーは、人気スポットとなったロサンゼルスのレストランDolceに続いて、11月にオープン予定のウェスト・ハリウッドのGeisha Houseにも投資したらしい。 [☆芸者ハウス??]
フランク・ピアソン(Frank Pierson)は、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の会長に再選されたようだ。
今年5月にクリスティーナ・アギレラを撮影しようとした際、彼女のボディガードに殴られ唾を吐きかけられたとして、カメラマンが訴訟を起こしたようだ。
クリストファー・フォウラー(Christopher Fowler)の小説に基づく、Fine Line Featuresの新作スリラー"Roofworld"で、チャーリー・シュタードラー(Charley Stadler)が監督を務めるようだ。
Sony Pictures Entertainmentは、カレン・ジョイ・ファウラー(Karen Joy Fowler)のベストセラー小説"The Jane Austen Book Club"の映画化権を獲得した模様。
以前米ABCのドラマシリーズ"NYPD Blue"(1993-2005年)に出演していたジミー・スミッツ(Jimmy Smits)は、「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)への出演に向けて交渉中らしい。
Castle Rock Entertainmentによる新作コメディ"In the Land of Women"で、メグ・ライアンと、米FOXのドラマシリーズ"The O.C."(2003年-)に出演するアダム・ブロディ(Adam Brody)が共演するらしい。ジョナサン・カスダン(Jonathan Kasdan)の監督デビュー作となる模様。
マーク・ウォールバーグ、サンドラ・ブロック、トビー・ジョーンズが共演する、トルーマン・カポーティ(Truman Capote)の伝記映画"Every Word Is True"で、グウィネス・パルトロウがペギー・リーを演じることになったようだ。また、シガニー・ウィーヴァーも共演するらしい。
来月全米公開となる英国映画"Shaun of the Dead"は、ゾンビ映画とロマンチック・コメディを融合させた作品らしい。監督・脚本を務めたエドガー・ライト(Edgar Wright)は「ゾンビに関する部分はあくまでもシリアスに、メインキャラクタのリアクションがコメディになっているんだ」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("The War of the Worlds")のリメイクで、デニス・ミュレン(Dennis Muren)とILMがVFXを担当するようだ。
ケイト・ブランシェット主演の新作犯罪スリラー"Little Fish"で、ダスティン・グェン(Dustin Nguyen)の共演が決まったようだ。
エルヴィス・プレスリーが14歳から4年間を過ごしたメンフィスのアパートが、一般向けに貸し出されるらしい。
TVドラマ・シリーズ「ラバーン&シャーリー」("Laverne & Shirley",1976-83年)に主演したペニー・マーシャルとシンディ・ウィリアムズ(Cindy Williams)の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
天文学者エドウィン・ハッブル(Edwin Hubble,1889-1953)の伝記映画が製作されるらしい。
  8/14
東北新社は配給するドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」("Deep Blue")を、当初予定の約20館から最終的に100館へと拡大、5億円の興収を見込んでいるようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の日本公開が14日午前0時、恵比寿ガーデンシネマで始まったようだ。
「広島アニメーションビエンナーレ2004」のファンタジアコンサートが13日スタート、広島交響楽団に、井上あずみ、木村弓、宗次郎らが加わり、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「もののけ姫」などの音楽が演奏されたようだ。
広島県西城町で13日「ヒバゴン郷 どえりゃあ祭」が開催され、オープニング式典には「いとしのヒナゴン」の渡邊孝好監督と井川遥も出席したようだ。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」の記者会見が12日秋田県内で行われ、西田敏行、三國連太郎、江角マキコらが出席したようだ。14日から同県で先行上映されるらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")を米国で配給するLions Gate Filmsなど3社は、同作品の米軍基地での上映が妨害されていると非難する声明を発表したようだ。これに対し、米軍基地内の160の映画館に作品を配給するArmy and Air Force Exchange Serviceは、劇場公開からDVD発売までの期間を短くするビジネス的戦略によるもので、今月16日からは基地内の映画館で上映される、と反論した模様。
Christian Diorの香水J'adoreの新しいイメージキャラクタに、シャーリーズ・セロンが起用されたようだ。3年契約で300万〜500万ドルを受け取るらしい。
ジュード・ロウ、ナオミ・ワッツ共演の新作コメディ"I Heart Huckabees"に登場する架空の団体Open Spaces Coalitionのサイトがオープンしたようだ。
スティーヴン・ブリル監督、セス・グリーン、マシュー・リラード共演の新作コメディ"Without a Paddle"の冒頭10分間の映像が、ネット上で公開されたようだ。
ハル・ベリーは"X-Men 3"に出演しないらしい。プロデューサーとの出演料交渉が折り合わなかったようだ。
クリスティーナ・アップルゲイトは「13歳の時、髪の毛を全部剃り落として、ママに『もうドラマには出たくない』って言ったの。ママはただ『いいわよ』と言ったわ。でも15分後には、次のオーディションを受けることに決めたの。結局合格したわ。丸坊主の若い女優なんて私だけだったから」と語ったらしい。
10月日本公開の「マッスルモンク」("Running On Karma")に主演するアンディ・ラウの肉体は、全て特殊メイクとか。20kgもあったらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の試写会が13日都内で行われ、石田純一やライブドア社長の堀江貴文も会場を訪れたようだ。
ピーター・グラマー監督「クリビアにおまかせ!」("Ja Zuster Nee Zuster")のDVDが10月6日に発売されるようだ。劇中の25曲を収録したカラオケCDがおまけに付くらしい。
ダーレン・アロノフスキー監督によるDCコミック"Watchmen"の映画化で、ジュード・ロウが出演候補に挙がっているらしい。
脚本家のカートニー・ウェアン(Cartney Wearn)は、超自然ホラー"Pray for Morning"で監督デビューするようだ。
今年4月に亡くなったZombiesのギタリスト、ポール・アトキンソン(Paul Atkinson)を讃えるチャリティ・オークションが来月16日からeBayで行われるらしい。Zombiesのメンバーのサインが入った"Odessey and Oracle"のリトグラフをはじめ、エルトン・ジョン"Honky Chateau"のサイン入りゴールド・ディスク、トム・ハンクスのサイン入りDVD、石井和久投手のサイン入りボールなども出品されるらしい。
オプラ・ウィンフリーは、シカゴのコック郡刑事裁判所で行われる裁判の陪審員候補に選ばれたらしい。
「ミリイ 少年は空を飛んだ」("The Boy Who Could Fly",1985年)や「ルールズ・オブ・アトラクション」("The Rules of Attraction",2002年)などの出演しているフレッド・サヴェージが、幼馴染のジェニファー・リン・ストーン(Jennifer Lynn Stone)と今月7日に結婚式を挙げたようだ。
ロバート・デ・ニーロにイタリアの市民権が贈られる計画について、イタリア系アメリカ人団体Order Sons of Italy in Americaは、デ・ニーロが演じてきたマフィアの役が悪いイメージを与える、として反対を表明したようだ。
  8/15
福島県選挙管理委員会では来月5日の知事選投票を呼びかける啓発用スポットを、県内の映画館で23日から放送するようだ。
ロブ・ゾンビ監督「マーダー・ライド・ショー」("House of 1000 Corpses",2003年)が14日初日を迎え、都内劇場で電撃ネットワークの南部虎弾によるトークショーが行われたようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が14日、恵比寿ガーデンシネマで初日を迎え、最終回の入場券も6時間前に売り切れる大ヒットとなっているようだ。山本寛斎もチケットを求める列に並んでいたとか。配給のギャガは20億円の興収を見込んでいるらしい。
インディ作品や海外作品の新作を毎月DVDで会員に提供する米Film Movementは、IKA Mediaと提携し、Continental Airlines向け機内映画チャンネルContinental Presents Independent Filmを立ち上げたようだ。
Miramax Filmsは13日の金曜日、全社員の約13%に当る65人を解雇した、と発表したようだ。
ピーター・ジャクソン監督の新作"King Kong"に、オペラ歌手から俳優に転向した英国のロボ・チャン(Lobo Chan)の出演が決まったようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"に、デニス・ホッパーの出演が決まった模様。
チャド・マイケル・マーレイは「9.11テロが起こったとき、僕はLAへと向かう飛行機に乗っていた。その時、緊急着陸のため3万2000フィートを3分間で降下したんだ。今でも飛ぶのは恐ろしいよ」と語ったようだ。
市川準監督「トニー滝谷」が14日、ロカルノ国際映画祭で審査員特別賞など3つの賞を受賞したようだ。
パリス・ヒルトンとLimp Bizkitのフレッド・ダースト(Fred Durst)のデートが目撃されたらしい。
13日全米公開された"Yu-Gi-Oh! The Movie"の入場者プレゼントとして配布されていた4種類のトレーディングカード2400枚が、カリフォルニアの劇場から盗まれたらしい。
ジェシカ・シンプソンとアシュリー・シンプソンは、クリスマス・アルバムのために"Little Drummer Boy"をデュエットしたらしい。ニック・ラシェイとのデュエットも噂されているとか。
  8/16
児童買春禁止法違反などで起訴されている映画監督の今関あきよしに対し、横浜地裁は16日、懲役2年4月の実刑判決を下した模様。
韓国各地で今月開催されているイ・サンフン監督「ドンテルパパ」の試写会で、コンドーム1万個が観客に配布されるらしい。
英国のドキュメンタリー映画監督ダニエル・ゴードン(Daniel Gordon)とニコラス・ボナー(Nicholas Bonner)は、北朝鮮に脱走した元米兵を題材にした新作"Crossing the Line"の撮影を9月にもスタートするらしい。すでに、ジェンキンス氏にも面会しているとか。
パリス・ヒルトンの妹ニッキー・ヒルトンが、資産運用家トッド・マイスター(Todd Meister)とラスヴェガスで結婚式を挙げた模様。
キャリスタ・フロックハートは、ジャウマ・バラゲロ(Jordi Galceran)監督によるインディ作品"Fragile"に出演するようだ。今月末からバルセロナで撮影が始まる模様。
「シュレック2」("Shrek 2")の海賊版DVDがネットオークションに出回り、DreamWorksの依頼で掲載が削除されていたらしい。劇場でビデオ撮影された粗悪なものが大半だが、中にはスタジオから流出したと思われるものもあるらしい。
北米を除く海外週末興収は、「アイ,ロボット」("I, Robot")が590万ドルで英国トップとなるなど、35の地域で合わせて2100万ドルを獲得、総興収は1億800万ドルに達したようだ。一方「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の総興収は3億4770万ドル、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")は5億ドルを突破した模様。
ゲイリー・マーシャル監督「プリティ・プリンセス2」("Princess Diaries 2: The Royal Engagement")に出演したヘクター・エリゾンドは「中年の男たちのバスケの試合に招待されたんだ。僕は中年じゃなかったけど参加した。お互いに紹介もなく試合を始めたんだが、僕がパスしたボールが誰かの口に当って、その人がうずくまってしまった。皆が集まっていくから『一体何事だって言うんだ。誰でも怪我くらいするだろう』と思っていたとき彼が僕に声をかけてきた。『君は素晴らしい俳優だが、パスは下手クソだ。君のために映画を撮ろうと思う。』意味が通っていなかったね。それがマーシャル監督との出逢いだ」と語ったようだ。
マイク・ミッチェル(Mike Mitchell)監督、マイケル・アンガラーノ主演によるティーン向けコメディ"Sky High"に、「ワンダー・ウーマン」("Wonder Woman",1976-1979年)のリンダ・カーター(Lynda Carter)が出演するらしい。ブルース・キャンベル、デヴィッド・フォーリーも共演するようだ。
「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)のピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック共演によるリメイクでコーチ役を演じるバート・レイノルズは「引退後のビッグ・イベントは一つしかない。僕はずっと演技を続けて行きたいよ」と語ったようだ。
今秋スタートのTVアニメシリーズ"Father of the Pride"で、DreamWorksからCGアニメーションの製作を請け負っている香港のImagi Internationalは、もともとプラスチック製クリスマスツリーを作っていたらしい。大学を出たばかりの息子フランシス・カオ(Francis Kao)が父親を説得してツリー部門を売却、デジタル・アニメーション・ハウスとして再スタートさせたようだ。現在はバンダイとの契約で、80分間の3Dアニメ"Digital Monster X-Evolution"も製作中、9月に完成予定とか。
Destiny's Childは、CDとDVDを1枚のディスクの両面としたニューアルバムを11月16日に発売するらしい。
全米週末興収は、「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")が3825万ドルで初登場1位を獲得、「プリティ・プリンセス2」("The Princess Diaries 2: Royal Engagement")は2300万ドルで2位、"Yu-Gi-Oh! The Movie"は936万ドルで4位のスタートとなったようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"のポスター第1弾が登場したらしい。
エルヴィス・プレスリーの命日である16日、メンフィスには今年も多くのファンが訪れているようだ。
スパイク・リー監督最新作"She Hate Me"について、黒人作家のロザリンド・ロイド(Rosalind Lloyd)は「本当のレズビアンならどんな理由があっても男と寝ることは有り得ません」、詩人のエリカ・ドイル(Erica Doyle)は「この映画でのレズビアンの描写は非常に有害です。この作品は、妊娠する唯一の方法は男性との"自然"な性交である、という誤った暗示を与えています」と語るなど、一部の黒人同性愛者から非難を受けているようだ。
ハイチ建国200年記念クルーズに参加する予定だったダニー・グローヴァーは、同国の政局の混乱を理由に参加を取りやめた模様。
10月21日発売予定のPS2用ゲームソフト「ティム・バートン ナイトメアー ビフォア クリスマス ブギーの逆襲」に、先着特典としてティム・バートン監督による最新オリジナル映像などが収録されたDVDが付くらしい。
11月に開催される第5回東京フィルメックスで、映画評論家のドナルド・リチーが審査員長、ムン・ソリが審査員に選ばれたらしい。
ジェイムズ・ガンドルフィーニは、タイトル未定の新作でアーネスト・ヘミングウェイを演じるらしい。ロビン・ライト・ペンが共演候補に挙がっているとか。
ジョン・ウー監督の次回作は「三国志」に基づく中国映画"The War of the Red Cliff"になる模様。チョウ・ユンファが主演、中国映画史上最大の3600万ドルの製作費が投入されるらしい。
チャック・ゴードン(Chuck Gordon)とエイドリアン・アスカリー(Adrian Askarieh)は、今年6月に発売されたビデオゲーム"Psi-Ops"の映画化についてMidway社とオプション契約を結んだようだ。
11月出版予定のアリス・ブランチャード(Alice Blanchard)の小説"The Breathtake"が映画化されるようだ。ジョン・ウェルズ(John Wells)が製作、ショーン・フッド(Sean Hood)が脚本を担当するらしい。
アネット・カーティス・クラウス(Annette Curtis Klause)の小説"Blood and Chocolate"の映画化で監督に決まったルパート・ウェインライトは、「アウター・リミッツ」("The Outer Limits",1963-1965年)の映画化も手掛けるらしい。
テリー・ツワイゴフ監督、ジョン・マルコヴィッチ主演の"Art School Confidential"に、イーサン・サプリーの出演が決まったようだ。
トニー・スコット監督「マイ・ボディガード」("Man on Fire")が、舞台となったメキシコ・シティで上映されたようだ。
ジョン・ウー監督、ザ・ロック主演によるアーケード・ゲームの映画化"Spy Hunter"は、来年3月に製作がスタートする模様。
スコットランドのエジンバラで開催されたEdinburgh International Book FestivalにJ・K・ローリングが出席「第7作でも彼(ハリー・ポッター)は生き残るでしょう。でも、彼がどのくらい年を取るのかについては話したくありません」「何故ハリーは生き残ったのか、そして何故ヴォルデモートは死ななかったのかと言う疑問が残っています。後者については、何故ダンブルドアがヴォルデモートを殺さなかった、あるいは殺そうとしなかったのか、ということを考えてみてください」と語ったようだ。 [☆"Harry, I am your father!" "Noooooooo!"とか?]
  8/17
ビデオゲーム制作会社ディースリー・パブリッシャーは、ゲーム版「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の日本国内販売権を獲得したようだ。12月に発売予定とか。
崔洋一監督「クイール」が7日から香港で公開され、興収トップとなったらしい。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")プロモーションのためミラ・ジョヴォヴィッチが来日するようだ。「たい焼きを食べたい。キティちゃんグッズを買いたい」と言っているらしい。
日本テレビは来月6日から、韓国連続ドラマ用1時間枠「ドラマチック韓流」をスタート、第1弾はユンソナ、ウォン・ビン共演の「レディ・ゴー!」、第2弾はぺ・ヨンジュン主演の「ホテリアー」が放送されるらしい。
「冬のソナタ」に登場する「ポラリスネックレス」の国内独占販売権を持つ貴金属販売会社エムトレーディングドットコムが、模造品を販売していた3社に対して起こしていた訴訟は、通販会社ツタヤオンラインなど2社との和解が成立した模様。
Septemberの無料コンサートが16日横浜で開催され、「冬のソナタ」の日本語版主題歌「冬のソナタ〜最初から今まで〜」などを歌ったようだ。
「CHECKERS IN TAN TAN たぬき」(川島透監督,1985年)、「チェッカーズ SONG FOR U.S.A」(斎藤光正監督,1986年)などにも出演した、元チェッカーズのドラマー、徳永善也さんが17日亡くなった(40歳)。ご冥福をお祈りいたします。
12日韓国で公開されたヤン・ユンホ監督「風のファイター」が、観客動員数70万2574人を記録、興収トップとなったようだ。
18日より開幕する第58回エディンバラ国際映画祭のクロージング作品として、ペ・ヨンジュン主演「スキャンダル」が上映されるらしい。イム・サンス監督「浮気な家族」、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」なども出品されるようだ。
香川県の真鍋知事は16日、本広克行監督「サマータイムマシン・ブルース」のロケ現場を訪れたようだ。
麻薬所持など2件の重罪で起訴されているコートニー・ラヴへの判決は、来月30日に下されるようだ。有罪の場合、最大3年8ヶ月の禁固刑となる可能性もあるとか。
オプラ・ウィンフリーは結局、陪審員に選ばれたようだ。
現在ロサンゼルスで撮影中のデミアン・リヒテンシュタイン監督による新作コメディ"Venus and Vegas"で、ドナルド・フェゾン、エディ・ケイ・トーマス、エディ・グェルラ(Eddie Guerra)の3人が共演しているらしい。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」("The Blair Witch Project",1999年)やブライアン・デ・パルマ監督の新作"Black Dahlia"などを手掛けた撮影技師のニール・L・フレデリックさんが14日亡くなった(35歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆新作撮影中の飛行機事故だったそうです。]
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、クリスタナ・ローケン主演による人気ゲームソフト"BloodRayne"の映画化で、マイケル・マドセンの出演が決まったようだ。
ダイアン・レインとジョシュ・ブローリンが、先週末に結婚したらしい。
お盆休みの週末となった日本の週末興収は、公開から6週間の「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")が前週比31%増の250万ドルを記録、総興収は4890万ドルに達したようだ。
英国映画評議会(UK Film Council)は、低予算作品や海外作品、古典作品の上映に使用することを交換条件に、国内150館の劇場にデジタルプロジェクターを設置する計画を明らかにしたようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のDVDは、10月5日に米国で発売されるようだ。削除シーンなども収録されているらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の海賊盤DVDが、クウェートで人気らしい。
Paramount Picturesは、"Mission: Impossible III"の新監督が、「アルマゲドン」("Armageddon",1998年)や「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)を手掛けているJ・J・エイブラムス(J.J. Abrams)に決まった、と発表したようだ。撮影は来年夏に始まるらしい。
パメラ・アンダーソンの小説"Star"が発売される11月1日に、元夫トミー・リーの自叙伝"Tommyland"も出版されるらしい。
14日深夜2時からNHK総合で放送された「冬のソナタ」第19話は、平均視聴率10.0%を記録したらしい。
リュ・シウォンの著書「リュ・シウォンの美味しい誘惑」の発売記念握手会が16日都内書店で行われ、約1000人のファンが殺到したらしい。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」の撮影が16日、都内の東宝スタジオで行われ、エビラ、クモンガ、ヘドラ、キングシーサー、ガイガン、アンギラス、ラドン、カマキラス、モスラの歴代怪獣と新登場のモンスターX、そしてゴジラの全11体が勢ぞろいしたようだ。
"Die Hard 4"の第1稿を担当したマーク・ボンバック(Mark Bomback)は、同じく20th Century Foxの新作"Runaway Train"で脚本を務めるようだ。
CM監督のノーム・ムーロ(Noam Murro)は、DreamWorksの新作"All Families Are Psychotic"で映画監督デビューを果たすらしい。
1956年製作のサイコスリラー「悪い種子」("The Bad Seed")が、イーライ・ロスの監督でリメイクされるようだ。
「アナコンダ」("Anaconda",1997年)の続編"Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"の舞台となるボルネオには、アナコンダは1匹もいないらしい。主演のジョニー・メッスナーは「そんなことはどうでもいいんだよ。これは『イングリッシュ・ペイシェント』("The English Patient",1996年)じゃないんだから。ポップコーンを食べながら楽しんでもらえればそれでいいんだ」と語ったようだ。
ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック共演のリメイク版"The Longest Yard"に、ニコラス・タートゥロ(Nicholas Turturro)の共演が決まったらしい。
New Lineは、サム・ライミ監督と"Freddy vs. Jason vs. Ash"の企画について会談中らしい。
  8/18
津川雅彦が、頚椎の変形による痛みのため先月2日から入院、手術を受けていたようだ。
芸能事務所のBOFは、「ペ・ヨンジュン」ブランドのグッズの販売を検討しているらしい。かばんや財布などが登場する予定とか。
銀座ソニービルに、ペ・ヨンジュンがイメージキャラクタを務めるハンディカムの、縦25m×横5mの巨大広告が登場したらしい。また、ビル内には「ヨン様コーナー」も開設され、メイキング映像の上映も行われているようだ。
在米韓国人を対象にしたイベントを企画する韓国MBCには、開催予定のロサンゼルスだけでなくシカゴ在住の韓国人からも、イ・ヨンエをゲストに呼んで欲しい、という要望が殺到しているらしい。
伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)を描く、ソ・セウォン監督の新作「多黙 安重根」の試写会が15日、ソウル市内で開催されたようだ。
バンダイが、0〜12歳の子供とその保護者を対象に行った調査の結果、好きな本の第1位には「ハリー・ポッター」シリーズ、見せたい映画の1位には「となりのトトロ」が選ばれたようだ。
宮崎合名社は、山形市内の映画館「シネプラッサ」と「シネマ e'ta」を8月末で閉館する、と発表したようだ。
チャン・イーモウ監督「HERO」の米国プレミアが17日ハリウッドで開催され、ジェット・リー、チャン・ツィイーらのほか、クエンティン・タランティーノ監督も出席したらしい。
第10回サラエボ映画祭が20日開幕するようだ。
米CATV局のShowtimeは、元The Beach Boysのブライアン・ウィルソンが制作開始から37年を経てリリースしたアルバム"Smile"に関するドキュメンタリー番組"Beautiful Dreamer: Brian Wilson and the Story of Smile"を10月に放送するらしい。
米NBCが放送する4時間のミニシリーズ"Hercules"で、英国の新人ポール・テフター(Paul Tefter)演じる主人公の母親役をエリザベス・パーキンスが務めるようだ。タイラ・メイン、キム・コーツの共演も決まったらしい。
ジム・ジャームッシュ監督によるタイトル未定の新作コメディに、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニーの出演が決まったようだ。撮影は来月スタートする模様。
ジェイムズ・マースデン次回作は、来月撮影が始まるチャズ・パルミンテリ原案、ボビー・モレスコ(Bobby Moresco)監督のインディ作品"10th and Wolf"になるようだ。
パリス・ヒルトンの主演による新作コメディ"National Lampoon's Pledge This!"で、「最‘狂'絶叫計画」("Scary Movie 3",2003年)のサイモン・レックス(Simon Rex)の共演が決まったようだ。
Columbia Picturesは、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のオスカー獲得に向けたキャンペーンを早くも開始、アカデミー会員らに同作品が劇場で鑑賞できるクーポン券を送付したらしい。
パメラ・アンダーソンは、アテネ・オリンピック女子体操団体で銀メダルを獲得した米国体操チームの一人、Mohini Bhardwaj選手に資金を提供していたらしい。今年6月、借金を抱えていたBhardwajがオリンピック選考会に出場するためカンパを募っていることを知ったアンダーソンが2万5000ドルの小切手を手渡したとか。
昨年ロサンゼルスにオープンしたWalt Disney Concert Hallが、ピアース・ブロスナン、ウディ・ハレルソン共演の新作スリラー"After the Sunset"に、博物館として登場するらしい。使用許可を得るためにかなり苦労したとか。
ウェス・アンダーソン監督の新作"The Life Aquatic"の予告篇がネット上で公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("War of the Worlds")のリメイクは、史上最高の製作費が投入されるらしい。
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演の新作"Aeon Flux"の撮影が18日、ドイツのスタジオでスタートしたようだ。
ILMのスタッフは、"Star Wars: Episode VII"〜"Episode IX"に関する秘密保持契約にサインさせられた、という噂があるらしい。
ジェイク・ギレンホールと破局したキルスティン・ダンストは、女の子たちとパーティを開くなど、シングル・ライフをエンジョイしているとか。
ブリトニー・スピアーズは、ケヴィン・フェダーラインとの結婚を中止か?
ダンカンは、自らの脚本による「七人の弔」で映画監督デビューするようだ。自ら主演、河原潤平、柳生美結、渡辺いっけい、高橋ひとみらが共演するらしい。
杉良太郎の還暦を祝う会が大阪市内で行われ、約600人が出席したようだ。「今後は歌に力を入れていきたい」と語ったとか。
那須博之監督「デビルマン」の公開を記念したスペシャルイベントが、来月6日から全国のHMVで順次開催されるらしい。伊崎右典、酒井彩名らのトークショーなどが予定されているようだ。
スバルのCMシリーズでポール・ホーガンと共演したグレッグ・クーリッジ(Greg Coolidge)は、Lions Gate Filmsの新作"Employee of the Month"で、脚本のリライトを務めると共に、同作で監督デビューするらしい。
米Spike TVは、アニメシリーズ"Howard Stern: The High School Years"の制作を発表したようだ。来年夏に放送予定とか。
Sony Pictures Animation製作の新作"Surf's Up!"は、アッシュ・ブラノン(Ash Brannon)とクリス・バック(Chris Buck)が共同監督を務めるようだ。
人形アニメ番組"The Magic Roundabout"(1964年)のフルCGによる映画化"The Magic Roundabout Movie"で、イアン・マッケランが声優として参加するようだ。ロビー・ウィリアムズ、ジム・ブロードベント、レイ・ウィンストン、カイリー・ミノーグ、ビル・ナイらも声優を務めるらしい。
"Exorcist: The Beginning"の予告篇に、「エクソシスト」("The Exorcist",1973年)のリンダ・ブレアーの映像が使用されているものの、ブレアには米映画俳優組合(Screen Actors Guild)の定める最低賃金の279ドルしか支払われていないらしい。「私の映像を観て、私の声を聞いたとき、とてもショックでした。観客は、私がその映画に登場すると思うに違いありません。私は女優の仕事がしたい。でもこのイメージを取り払うのは困難です」とリンダ・ブレアは語ったようだ。
18日開幕する第58回エディンバラ国際映画祭で予定されていた、ウォン・カーウァイ監督「2046」の上映は中止になる模様。現在も編集作業中とか。
ジュリアン・マクマホンは、次期ジェイムズ・ボンド役として、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ(Barbara Broccoli)と交渉に入ったらしい。
  8/19
株式会社GDHは、東京三菱銀行、日本政策投資銀行、UFJ銀行などの融資を得て、新作TVアニメシリーズ「ソルティーロック」と「スピードグラファー」に関するコンテンツファンド運用のための特別目的会社をそれぞれ設立したようだ。
香取慎吾主演「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」と連動した「キリン 伊賀忍茶」が24日から全国で発売されるらしい。
倖田來未が「イッツ・ア・スモール・ワールド」をカバーするらしい。ジャッキー・チェン主演「80デイズ」("Around the World in 80 Days")の日本語版主題歌として使われるようだ。
塚本連平監督「着信アリ2」の撮影が18日都内で行われ、ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香らが参加したようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは19日、景品として配布したクマの縫いぐるみから、長さ6・75センチの縫い針が見つかったため、計8万7798個を全品回収すると発表したようだ。
ユミンこと笛木優子が、化粧品メーカー「オルビス」のイメージキャラクタに起用されたようだ。出演料2億ウォンで1年間の専属契約を結んだらしい。
シン・ハギュンは、パク・クァンヒョン監督の新作「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」に韓国軍の将校役で出演するらしい。カン・ヘジョン、チョン・ジェヨンらが共演するようだ。
「幽霊が住む」に出演したチャン・ソヒは、キム・サンジン監督から次回作品の契約金として1万ウォンを受け取ったらしい。共演のチャ・スンウォン、ソン・テヨンも1万ウォンを渡されたとか。
広島国際アニメーションフェスティバルが19日、「ファンタジア」("Fantasia",1940年)の上映で開幕したようだ。59カ国1539本の応募作品から選ばれた短編映画69作品が公開審査されるほか、約500作品が上映されるらしい。
中国映画賞「華表奨」のノミネーションが発表され、女優賞には「茉莉花開」のチャン・ツィイー、男優賞には「ヘブン・アンド・アース」のチアン・ウェン、作品賞にはフォン・シャオガン監督「手機」などが候補に挙がったようだ。授賞式は今月29日に開催されるらしい。
山梨県のフィルム・コミッションが20日から始動するようだ。ロケ地の検索が出来るサイトの運用も始まるらしい。
米FOXが今秋スタートを発表したボクシングのリアリティ番組"The Next Great Champion"に対し、アイデアの盗用であるとして米NBCが差し止めを求めていた訴訟で、ロサンゼルス地裁は18日、NBC側の訴えを却下したようだ。
J・R・R・トールキンの「指輪物語」の権利を所有するソウル・ゼインツ(Saul Zaentz)は、2000万ドル以上のロイヤルティが未払いであるとして、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを製作したNew Line Cinemaに対する訴訟を起こしたようだ。
「十戒」("The Ten Commandments",1957年)、「荒野の七人」("The Magnificent seven",1960年)、「大脱走」("The Great Escape",1963年)、「モダン・ミリー」("Thoroughly Modern Millie",1967年)、「アニマル・ハウス」("National Lampoon's Animal House",1978年)、「ゴーストバスターズ」("Ghostbusters",1984年)、「ランブリング・ローズ」("Rambling Rose",1991年)、「レインメーカー」("The Rainmaker",1997年)、「エデンより彼方に」("Far From Heaven",2002年)など数多くの映画音楽を手掛けた、作曲家のエルマー・バーンスタイン(Elmer Bernstein)さんが18日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マイケル・ムーア監督は出版社のSimon & Schusterと契約、イラクに駐留する兵士からムーア監督に送られた手紙を出版するらしい。
米FOXのコメディ・パイロット"Spellbound"で、デイヴ・アナブル(Dave Annable)とマギー・ローソン(Maggie Lawson)の共演が決まったようだ。魔法使いの男が人間の女性に恋をする、という「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の逆バージョンとか。
サマンサ・モートンは、1971年に自殺した米国の写真家ダイアン・アーバス(Diane Arbus)の伝記映画"Fur"の主演に向けて交渉中らしい。スティーヴン・シャインバーグが監督を務める模様。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、ネイティヴ・アメリカンのポモ族に、大規模カジノの設立と営業を許可したようだ。
迷子になっていたパリス・ヒルトンの愛犬ティンカーベル(チワワ)が無事発見されたようだ。賞金が支払われたかどうかも含めて、詳細は明らかにされていない模様。
オプラ・ウィンフリーが陪審員を務めた殺人事件の裁判は、有罪判決となったようだ。「私の人生で最も悲しい経験だった」と語ったらしい。
「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2",2004年)のDVDが米国でリリースされ、5日間のレンタル売上は1570万ドルに達したようだ。
ヒラリー・ダフは「本当に今とても忙しい。疲れ果てて、何でここまでしなきゃいけないの、と思うこともある。でも働くことは大好きだし、幸せよ。自分が世界で一番ラッキーだと思っているわ」と語ったようだ。
Newsweek.comの調査による、この夏の最悪映画ベスト5が発表されたようだ。
1.「キャットウーマン」("Catwoman")
2.「華氏911」("Fahrenheit 9/11")
3."White Chicks"
4.「リディック」("The Chronicles OF Riddick")
5.「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")
新作"Vanity Fair"のニューヨーク・プレミアに出席したリース・ウィザースプーンは、髪の毛をブラウンに染めて登場、ファンを驚かせたらしい。夫ライアン・フィリップと会場を訪れた際、多くのカメラマンが彼女と気付かなかったとか。
ジェット・リーは次回作で僧侶の役を演じるらしい。「仏教の勉強に多くの時間を費やしたよ。昨年末にインドとチベットでそれぞれ2週間を過ごした。それからニューヨークにある寺院を訪ねて10日間を過ごしたよ。一言もしゃべらずにね。30本以上もアクション映画を続けてきたから、違うタイプの作品に出演したかったし、マーシャル・アーツに新しい見方が欲しかったんだ」と語ったようだ。
角川春樹、角川歴彦、辺見じゅんの母親、角川照子の葬儀・告別式が18日都内で営まれ、野村宏伸、黛まどか、森村誠一ら1500人が参列したようだ。
鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」に美空ひばりが"出演"するらしい。コンピュータで姿と声を再現、新曲「霊峰・快羅須山のララバイ」も披露するとか。
日本旅行は、「冬のソナタ」ロケ地ツアーに羽田空港までの往復送迎バスをセットした旅行商品を19日から発売するようだ。
英国の数学者らがホラー映画の完璧度を数量化する方法を考案し、様々な作品に当てはめたところ、スタンリー・キューブリック監督「シャイニング」("The Shining",1980年)が世界一完璧なホラー映画、という結果になったらしい。
テツandトモが、「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」の日本語カバー曲を発売、18日都内で記念ライヴを行ったようだ。
"CSI: Miami"(2002年-)の新レギュラーに、ジョナサン・トーゴ(Jonathan Togo)が加わるようだ。
スティーヴン・ソマーズのSommers Companyは、ピエール・ボワロ(Pierre Boileau)とトーマス・ナルスジャック(Thomas Narcejac)の小説「犠牲者たち」("Les Victimes")の映画化権を獲得したようだ。
ゲイリー・フレダー監督次回作は、Paramount PicturesとIcon Productionsの共同製作による"Skeleton Coast"になるようだ。南アフリカを舞台にした、世界最大のダイヤモンドを巡るスリラーらしい。
「エンジェル」("Angel",1999-2004年)のデヴィッド・ボレアナズ(David Boreanaz)は、同シリーズの映画化に乗り気ではない、という噂を否定したものの「(TV映画ではなく)劇場公開されるベきだよ」と語ったようだ。
スティーヴン・デ・スーザは、Four Winds Picturesによる新作超自然スリラー"The Presence"で脚本と監督を務める模様。
ケヴィン・スミス監督は「報道が事実なら、(Miramaxの)ハーヴェイ(・ウェインスタイン)は会長を降りると思う。でも、まだ契約が残っているから、あと1年は何も起こらないだろう。いずれにしても"The Green Hornet"の製作は来年の3月か4月にはスタートさせる」と語ったようだ。
監督次回作はサミー・デイヴィスJr.の伝記映画か?と報じられていたデンゼル・ワシントンは、Miramaxの新作"The Great Debaters"の監督を務める、と語ったようだ。サミー・デイヴィスJr.の伝記映画についてはプロデューサーとして参加するらしい。
脚本家兼プロデューサーのジョーン・シングルトン(Joan Singleton)は、メグ・キャボット(Meg Cabot)の小説2作品、"Teen Idol"と"Every Boy's Got One"についてオプション契約を結んだようだ。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")のポール・W・S・アンダーソン監督は「僕が監督するかどうかは分からないが、第3作も是非観てみたい」と語ったようだ。
マシュー・リラードとヘザー・ヘルム(Heather Helm)夫妻に、今年10月第2子が誕生する予定とか。
Atlantic Theater Companyは今年後半から来年のラインナップを発表、ウディ・アレン作・演出による"A Secondhand Memory"が11月からプレミア上演されるほか、来年5月からのチェーホフ「桜の園」("The Cherry Orchard")では、メアリー・スティンバーゲンも出演するらしい。
スティーヴン・ギャガン監督の新作スリラー"Syriana"に兵士役で出演するジョージ・クルーニーは、体重を増やし、髪の毛を剃ることを求められているらしい。
パリス・ヒルトンの愛犬ティンカーベル(チワワ)が行方不明になったらしい。発見者には5000ドルの賞金を支払う、と言っているようだ。
トム・クルーズは、米大統領選でどちらに投票するかを記者に問われ「個人的なことだから答えるつもりはない」と語ったとか。
来月スタートの「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)新シーズンにゲスト出演するニック・ラシェイは、アリッサ・ミラノのファンだったらしい。以前はロッカーに彼女のポスターを貼っていたとか。一方、アリッサ・ミラノは「彼の瞳はラベンダーみたい。仕事中でも彼を見つめることが出来ないわ。彼ってホットね」と語ったようだ。
"The Patty Duke Show"(1963-1966年)を始めとする数多くのTV番組や、「キスへのプレリュード」("Prelude to a Kiss",1992年)などに出演している女優パティ・デューク(Patty Duke)の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
  8/20
株式会社アイ・シー・エフは、株式会社グローパートナーと提携し、インターネット映画を利用した広告・プロモーション事業の推進を共同で行う、と発表したようだ。
アシュリー・シンプソンが来日、19日都内でライヴを行ったようだ。
ぺ・ヨンジュンが出演するロッテ「フラボノガム」、チェ・ジウが出演する「キシリトールガム+2」の新CMが、24日から放送されるようだ。
関本郁夫監督「スクール・ウォーズ HERO」の完成披露試写会が19日都内で行われ、照英、SAYAKA、内田朝陽らが参加したようだ。内田朝陽は撮影中に左足のすねを剥離骨折していたとか。
鈴木雅之監督「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」に主演する香取慎吾は19日、開催中の「お台場冒険王」のイベントに参加、キリンビバレッジの新製品「伊賀忍茶」をPRしたようだ。ブッシュ大統領のソックリさんも登場したらしい。
ホウ・シャオシェン監督が、台北市で開設された「台湾民主学校」の校長に就任したようだ。政界進出を狙っているらしい。
マイケル・ムーア監督は、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")について「政治的に偏っているから見たくない」と語った小泉純一郎首相について「真実に目を伏せ、無知なままでいたいだなんて、最愛のブッシュに似てきた」と語ったらしい。
「嫁ぐ日」(新藤兼人監督,1956年)、「青べか物語」(新藤兼人監督,1962年)、「氷点」(山本薩夫監督,1966年)、「白い巨塔」(山本薩夫監督,1966年)、「妖怪大戦争」(黒田義之監督,1968年)、「黒の斜面」(貞永方久監督,1971年)、「化粧」(池広一夫監督,1984年)など数多くの映画音楽を手掛けた、作曲家の池野成さんが13日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
12日韓国で公開されたヤン・ユンホ監督「風のファイター」が公開1週間で観客動員数100万人を突破したようだ。
ロサンゼルスのリトル東京でも「冬ソナ」ブームらしい。関連商品が飛ぶように売れているとか。
リュ・ジャンハ監督、チェ・ミンシク主演の新作「花咲く春が来れば」のポスターが公開されたようだ。
チェン・カイコー監督の新作「無極」に主演するセシリア・チャンは、9月のクランクアップ後半年間、カナダとアメリカに留学して英語を学ぶ予定とか。
米連邦控訴裁判所は19日、GroksterやMorpheusなどのファイル共有ソフトを合法とする判断を下したようだ。
女優兼歌手のブランディ(Brandy)は、米FOXが企画するコメディ・シリーズに出演するようだ。
デヴィッド・アンブロウズ(David Ambrose)の超自然スリラー小説"Superstition"が、ニール・マーシャル・スティーヴンス(Neal Marshall Stevens)の脚本・監督で映画化される模様。
MGMは、ボブ・ヒルゲンバーグ(Bob Hilgenberg)とロブ・ミュアー(Rob Muir)によるコメディ脚本"Infantile"を獲得したようだ。
人気コメディシリーズ"Malcolm in the Middle"(2000年-)に出演するクリストファー・マスターソン(Christopher Masterson)は、若い発明家を主人公にした"Intellectual Property"で主演と製作を務めるほか、ロサンゼルスの水道施設を襲うテロリストを描くインディ作品"Waterborne"にも出演するらしい。
米国週末公開作品では、「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")が前週比60%減の1300-1500万ドル、「プリティ・プリンセス2」("The Princess Diaries 2: The Royal Engagement")が50%減の1100-1300万ドルの週末興収が見込まれる一方、新作「エクソシスト・ザ・ビギニング」("Exorcist: The Beginning")と"Without a Paddle"は1000万ドル台前半に終わると予想されているようだ。
米ビデオゲーム会社Majescoは、スティーヴン・スピルバーグ監督「ジョーズ」("Jaws",1975年)のゲーム化権を獲得、公開30周年を迎える来年夏、PS2とXbox用に発売するらしい。ジョン・ウィリアムスによるテーマ曲の使用についても交渉中とか。
ジャレッド・レト次回作は、ジョビー・ハロルド(Joby Harold)監督・脚本によるインディ作品"Awake"になる模様。11月からニューヨークで撮影が始まるようだ。心臓移植を必要としている主人公が、彼の相続する莫大な遺産を外科医が狙っていると知り・・・という話しらしい。
パイパー・ペラーボは、ジェイムズ・マースデン主演の"10th and Wolf"と、オリヴァー・パーカー監督、レナ・ヘディ主演のロマンチック・コメディ"Click"への出演が決まったようだ。
ジェレミー・レナーは、マイケル・ケスタ(Michael Cuesta)監督の"12 and Holding"と、 バルタザール・コルマウクル(Baltasar Kormakur)監督の"A Little Trip to Heaven"への出演が決まったようだ。
ダコタ・ファニングの次回作は、ジョン・ゲイティンス(John Gatins)監督、カート・ラッセル主演の"Dreamer"になるようだ。クリス・クリストファーソンも共演するらしい。
ディエゴ・ルナ主演の新作"Nicotina"が、メキシコ映画としては異例の全米116館で20日から公開されるようだ。
米ABCの医療ドラマ"Grey's Anatomy"に、ジャスティン・チェンバースの出演が決まったようだ。
AIIは、イ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォン、ソン・スンホン、チョン・ジヒョン、チャ・テヒョンらが参加した日韓国交正常化40周年記念プレイベント「Korea & Japan Friendship Week in JEJU 2004」の配信をスタートしたようだ。
Universal Picturesと傘下のFocus Featuresは、"The Grudge"(「呪怨」)、"Dark Water"(「仄暗い水の底から」)、"A Tale of Two Sisters"(「箪笥」)などのリメイクを手掛けている独立系映画製作会社Vertigo Entertainmentと複数年契約を結んだようだ。
ロブ・マーシャル監督「さゆり」("Memoirs of a Geisha")で、工藤夕貴と役所広司が出演に向けた最終交渉に入っている模様。
Emmett/Furla Filmsは、ロデリック・テイラー(Roderick Taylor)とブルース・テイラー(Bruce Taylor)による"Love and Hate"、スチュアート・ヘイゼルダイン(Stuart Hazeldine)による"Underground"、マット・ライリー(Matt Reilly)による"Altitude Rush"の脚本3作品を獲得したようだ。
マイケル・ラドフォード監督、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ共演による「ヴェニスの商人」("The Merchant of Venice")の映画化で、Sony Pictures Classicsが北米とドイツでの配給権を獲得したようだ。トロント国際映画祭とヴェネチア国際映画祭で上映され、年末に劇場公開されるらしい。
キルスティン・ダンストはオーランド・ブルームに急接近中とか。
ビヨンセ・ノウルズは、世界的化粧品メーカーL'Orealとのイメージキャラクタ契約を更新したようだ。契約料は470万ドルとか。
サンドラ・ブロックは、オースティン湖のほとりに建てた家の建築費用が支払われていないとして、不動産開発業者から訴えられているらしい。一方ブロック側は、粗悪な建築で修理費がかさみ、また業者に30万ドルを騙し取られたとして逆提訴したようだ。
日韓合作アニメ「新暗行御史」のナレーションを、「オールイン 運命の愛」のチサンが務めるらしい。
阪本順治監督「亡国のイージス」のヒロインにチェ・ミンソが起用されたらしい。
20th Century Foxは、新作アクション"Hong Kong Heist"で、ダン・マクダーモット(Dan McDermott)を脚本に起用したようだ。
20th Century Foxは、F・スコット・フィッツジェラルド原作の映画「夜は帰って来ない」("Tender Is the Night",1962年)をリメイクするらしい。ジェシー・ウィグトゥ(Jesse Wigutow)が脚本を担当するようだ。
ポール・W・S・アンダーソンは、ジョン・フォーセット(John Fawcett)監督、マリア・ベロ、ショーン・ビーン共演の新作サイコスリラー"The Dark"のプロデューサーを務めるようだ。
"Mission: Impossible III"の新監督に決まったJ・J・エイブラムス(J.J. Abrams)は「このシリーズで働けることは夢のようだ。とても興奮しているよ。ずっと監督作を探していたけれど、このオファーを受けてラッキーだった。来年夏まで撮影は始まらないけど、待ちきれないよ」と語ったようだ。
"Jersey Girl"(2004年)が興行的に失敗したケヴィン・スミス監督は、新作"The Green Hornet"について「監督するかどうかは分からない。仮に僕が監督を務めるにしても、一人でやるつもりはない。誰かを共同監督に据えると思う。自分自身が信用できないんだ」と語ったらしい。
「エンジェル」("Angel",1999-2004年)のカリスマ・カーペンター(Charisma Carpenter)は、「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)新シーズンにゲスト出演するらしい。
オーストラリアで発見された、The Beatlesの公演マネージャ、マル・エヴァンス(Mal Evans)が所有していたとされる写真やパンフレットなど数百点を、英国の専門家が鑑定したところ、偽物と判明したらしい。
  8/21
横浜市鶴見区の曹洞宗大本山総持寺にある石原裕次郎の墓に、荒らされたような跡があるのが見つかったらしい。被害はなかったようだ。
文部科学省は20日、是枝裕和監督「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭主演男優賞を獲得した柳楽優弥を大臣表彰する方針を決めたようだ。
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」日本語版は、来月1日の午前5時に販売が解禁されるようだ。大阪の旭屋書店本店では同時刻から販売を始めるらしい。
開催中の広島アニメーションビエンナーレ2004の特別企画、「ハウルの動く城」展とフィギュア大博覧会が21日開幕したようだ。
マギー・チャンは「女性の同性愛者から特別な感情をもたれることもある」とコメントしたらしい。
いずみよしはる監督・主演の映画「恋するイノセントマン」のロケが23日から、香川県高松市や丸亀市で行われるらしい。来年春に、東京で単館上映される予定とか。
元ボーイフレンドの自宅で別の女性に危害を加えたとして起訴されているコートニー・ラヴに対する罪状認否が20日ロサンゼルス上級裁判所で行われ、コートニー・ラヴは無罪を主張したようだ。予備審問は10月7日に設定された模様。
J・M・バリーから寄贈され「ピーターパン」の著作権を所有するロンドンのGreat Ormond Street Hospitalは、2007年に権利が切れることから、著作権料収入を維持するため、続編の執筆者を探しているらしい。
4月30日から8月15日までの全米サマーシーズンの映画興行収入は、前年比1.54%増の35億9000万ドルに達したものの、観客動員数は2%減の5億7400万人だったようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が21日、全国166館で封切られたようだ。
パパラッチに悩まされているシャーリーズ・セロンは「まだ無名の頃『ディアボロス-悪魔の扉-』("Devil's Advocate",1997年)で共演したアル・パチーノとこのことについて話したの。彼は、キャリアをスタートさせた時に人生がどうなるかを誰かが教えてくれていたなら、俳優を続けていなかっただろう、と言っていたわ。彼ほどの人物がそんなことを言うのは悲しいことだと思うけど、それが真実なのよ。まるで、檻の中の動物のように感じさせるの。もし私の人生が同じ方向へと進むのなら私は女優を辞めるわ」と語ったようだ。
まもなく結婚が予定されているブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは、米MTVとリアリティ番組出演に向けて交渉中らしい。ジェシカ・シンプソンとニック・ラシェイ夫妻による人気番組"Newlyweds: Nick & Jessica"(2003年-)の後を継ぐことになる模様。
Bjorkが、アテネ・オリンピック開会式で歌った新曲"Oceania"のPVが公開されたようだ。
スヌープ・ドッグが主演した映画"Tha Eastsidaz"(2001年)のDVDが来月24日にリリースされるらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のDVD米国発売日が、11月30日に決定した模様。2枚組みになるようだ。
渋谷、原宿、池袋の大型ビジョンで、あびる優主演の連続ドラマ「恋骨」(全7話)が20日から上映されているらしい。
"Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith"でクリーチャー制作を担当するデイヴ・エルシー(Dave Elsey)は「初期の作品に登場する多くのキャラクタたちも創り直している。皇帝はもちろん、アナキンがどうダース・ベイダーに変わるかも見せる。『ジェダイの復讐』の終わりで、彼がヘルメットを外した時の様子が分かるから、それについてはしっかりリサーチしなければならなかった」と語ったようだ。
ハリウッド・フォーエバー墓地(Hollywood Forever Cemetery)で古典映画の野外上映会が定期的に開催され、人気を集めているらしい。
米MTVは、パブリシストとして活躍する女性リジー・グラブマン(Lizzie Grubman)の生活を追う新しいリアリティ番組"PoweR Girls"を来春からスターとさせるようだ。
29日に開催される2004 MTV Video Music Awardsでは、The Beastie Boys、Evanescenceのエイミー・リー(Amy Lee)、ブランディ(Brandy)、クイーン・ラティファらもステージに立つようだ。
  8/22
窪塚洋介が21日、TBS「ブロードキャスター」に出演したようだ。
チョ・スンウの次回作は、チョン・ユンチョル監督「マラソン」になる模様。自閉症の青年を演じるらしい。
今年1月から7月のソウルでの韓国映画占有率は58.3%に達し、前年同期の47.1%を大きく上回ったようだ。また、ソウル地域での観客動員数は2832万1698人を記録したらしい。
リック・ユーンの弟カール・ユーンが、「アナコンダ」("Anaconda",1997年)の続編"Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"に出演しているらしい。
韓国空気清浄機メーカー清風のCMキャラクタにイ・ウンジュが起用されたようだ。半年契約で出演料は2億ウォンとか。
森川時久監督、渡瀬恒彦主演の新作「ハルウララ」で、来月11日と12日に高知競馬場で行われるレースシーンの撮影のエキストラを募集しているらしい。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクが雇っていた探偵ウィリアム・ジョーダン(William Jordan)が20日、ロサンゼルス上級裁判所で行われた審問で証言台に立ち「(妻ボニー・リー・バクリーの)写真を(ブレイクから)見せてもらったが、そのほとんどで服を着ていなかった。彼女は子供を育てるには母親として不適格だと思った。ブレイクは、娘がいい家庭といい教育の中で育って欲しいと願っていた」と語ったようだ。
4月に別居を公表していたジョン・ステイモスとレベッカ・ローミン=ステイモスが、正式に離婚の手続きに入った模様。レベッカ・ローミンは"ステイモス"の名前を外す予定とか。
クリスティーナ・アギレラは「ブリトニー・スピアーズは自分で自分の婚約指輪を買ったのよ。信じられないわ。近くで見たけど、QVCで買ったんじゃないかしら。もちろん、ブリトニーはトレーラー暮らしの貧乏人なんかじゃない。でも彼女の行動はそれと同じだわ」と語ったらしい。
飛行機の操縦を習っているアンジェリーナ・ジョリーは、最初の教官をクビにしたらしい。「極度に神経質で、有名人である彼女とほとんど話すことができなかったため」とか。
朝原雄三監督「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」が21日に初日を迎え、西田敏行、三國連太郎、江角マキコ、浅田美代子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
「冬のソナタ」の主題歌を歌うRyuのライヴが21日、京都駅ビルで行われたようだ。
岡村天斎監督「劇場版 NARUTO 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」が21日初日を迎え、声優を務めた石塚英彦、主題歌を歌うYUKIらが舞台挨拶に立ったようだ。
梶田征則監督「ミラーを拭く男」が21日初日を迎え、緒形拳らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
三池崇史監督「IZO」が21日初日を迎え、中山一也、内田裕也らが出席したようだ。
フジテレビ「東京湾景」の最終回にパク・ヨンハが再登場するらしい。
  8/23
電通とNTTレゾナントは、TVCMとブログを連動させた映画プロモーションを展開するらしい。来月公開予定の浅野忠信主演「SURVIVE STYLE5+」が第1弾となるようだ。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)の第3シーズン全24話が21日からフジテレビ主催「お台場映画王」で連続上映され、110人がが鑑賞したようだ。また、第2シーズンが10月1日からフジテレビで連続放送されるらしい。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」の上野樹里ら出演者によるジャズライヴが22日、都内で行われたようだ。
米航空宇宙局(NASA)は、来月探査機ジェネシスが放出するサンプル入りのカプセルを、地上に落下する前にヘリコプターでキャッチして持ち帰る、という計画を発表したようだ。ハリウッド映画に数多く出演しているベテランパイロット2人がNASAと契約したとか。
NHK総合で21日放送された「冬のソナタ」最終回の視聴率は関東地区で20.6%、関西地区では23.8%に達したらしい。
イム・ピルソン監督、ソン・ガンホ主演「南極日記」の撮影が、ニュージーランドで行われているようだ。
「80デイズ」("Around the World in 80 Days")関連の記者会見が19日上海で行われ、主演のジャッキー・チェンが出席したようだ。
ホ・インム監督「神父授業」で使用された衣装や小道具が先月ネットオークションにかけられ、収益金700万ウォンは慈善団体に寄付されるようだ。
パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」が、来月2日からドイツ国内150館で上映されるらしい。また「友へ/チング」「シルミド/SILMIDO」「おばあちゃんの家」「ブラザーフッド」「箪笥」など韓国映画9作品が今後連続上映されるようだ。
第5回宝塚映画祭が10月23日から開催されるようだ。女優の寿美花代、映画監督の黒沢清によるトークショーも行われるらしい。
日本の大手映画配給会社11社の2004年1月-6月の総売上高が910億円に達した、と米Variety紙が報じたようだ。
若き日のリチャード・プライヤーを題材にした米Showtimeのコメディ・パイロット"Pryor Offenses"で、エディ・グリフィンとジョナサン・シルヴァーマンの共演が決まったようだ。
全米週末興収は「エクソシスト・ザ・ビギニング」("Exorcist: The Beginning")が1817万ドルで初登場1位を獲得、スティーヴン・ブリル監督のコメディ"Without a Paddle"は1370万ドルで2位のスタートとなったようだ。また、先週1位の「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")は、前週比67%減の1250万ドルで4位となった一方、拡大公開がスタートした低予算海洋スリラー"Open Water"は1175万ドルで5位に上昇した模様。
「コレリ大尉のマンドリン」("Captain Corelli's Mandolin",2001年)の原作小説で知られる英国の作家ルイ・ド・ベルニエール(Louis de Bernieres)の自宅からパソコンが盗まれたらしい。執筆中の新作"A Partisan's Daughter"が保存されていたとか。
DIONは、韓国ドラマやネットシネマなどの動画コンテンツを会員向けに無料配信する「動画ざんまい!」をスタートさせたようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の新作"The Aviator"のポスターが発表されたらしい。
Odd Lot Entertainmentは、ウィル・アイズナー(Will Eisner)のコミック"The Spirit"の映画化権を獲得した模様。
先日突然結婚し、マスコミに追い回されているニッキー・ヒルトンは「あんなに大騒ぎになると思わなかった。私達はずっと親友だったし。でも、この間新聞を読んでいたら『元ミス・ヒルトン』って書いてあったの。『元?何なのこれは!』と思ったわ」と語ったようだ。
Dr.ドレらが設立、トゥパック・シャクール(Tupac Shakur)、スヌープ・ドッグらが所属していたヒップホップ・レーベルDeath Row Recordsの実像を描くドキュメンタリー作品「ウェルカム・トゥ・デス・ロウ」("Welcome to Death Row",2001年)が、来月都内で劇場公開されるようだ。
かつてジュリア・ロバーツと交際、その後タリサ・ソトと結婚したベンジャミン・ブラットは「僕の妻は世界一美しい女優だよ。でも彼女が特別なのは、内面もまた美しいということだ。彼女には耐え難いエゴなんてないんだ」と語ったらしい。
アンディ・マクダウェルは、母校のウィンスロップ大学から芸術分野の名誉メダルを受賞することが決まったようだ。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")の日本公式サイトではFLASHバナーコンテストが開催されているらしい。最優秀作品は公式バナーとして採用されるほか、ノートパソコンが商品として贈られるらしい。
11月に開催される第5回東京フィルメックスでは、ボランティアスタッフを募集しているようだ。
アテネ・フランセ文化センターでは、ピンク映画12作を特集上映する「日本映画考-A New School of Pink-Movies」が24日からスタートするようだ。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")プロモーションのため、主演のミラ・ジョヴォヴィッチが来日、23日都内で記者会見を行ったようだ。
来シーズンの「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)にアラン・アルダ、マーリー・シェルトン、メアリー・マコーマックの出演が決まったほか、ジミー・スミッツも出演交渉中らしい。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にリーランド・オーサーのレギュラー出演が決まったようだ。
「オー! ゴッド」("Oh, God!",1977年)がエレン・デジェネレスの主演でリメイクされるようだ。
10月全米公開予定のアクション・コメディ・ミュージカル・アニメ"Team America: World Police"について、レイティングがNC-17になると一部で報じられたものの、監督のトレイ・パーカーとマット・ストーンは契約上、R指定にしなければならないらしい。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)の脚本でエミー賞に4度ノミネートされているテレンス・ウィンター(Terence Winter)は、トニー・スコット監督による「ウォリアーズ」("The Warriors",1979年)のリメイクに参加するようだ。
ジェリー・ブラッカイマー制作によるペンタゴンを舞台にしたドラマシリーズの企画が、米NBCで進行中らしい。
「ビッグ・ママス・ハウス」("Big Momma's House",2000年)の続編が製作されるらしい。ジョン・ホワイトセルが監督を務め、マーティン・ローレンスが引き続き主演を務める模様。
来月9日から開催される第29回トロント国際映画祭で、マーク・エヴァンス監督、コリン・ファース、ミーナ・スヴァーリ共演の新作サイコ・スリラー"Trauma"がオープニング上映されることが決まったようだ。マイケル・ウィンターボトム監督"9 Songs"も上映されるらしい。
ローランド・エメリッヒ監督「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow",2004年)のDVDが10月2日に発売されるようだ。2枚組みの特別編には未公開シーンやメイキングなど4時間の特別映像を収録しているらしい。
  8/24
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")の試写会が23日都内で行われ、来日中のミラ・ジョヴォヴィッチが舞台挨拶に立ったようだ。日本の何が好きかという質問に「ナカタ!」と絶叫したとか。
三男の自殺が報じられた岡田眞澄が23日、都内で会見を行ったようだ。
第10回広島国際アニメーションフェスティバルが23日閉幕し、グランプリに山村浩二監督「頭山」が選ばれたようだ。
「花と竜」(舛田利雄監督,1962年)、「東京流れ者」(鈴木清順監督,1966年)、「どですかでん」(黒澤明監督,1970年)、「昼下りの情事 噂の看護婦」(藤井克彦監督,1974年)、「野性の証明」(佐藤純彌監督,1978年)、「野獣死すべし」(村川透監督,1980年)、「マルサの女」(伊丹十三監督,1987年)、「月の砂漠」(青山真治監督,2003年)など数多くの作品で活躍した、俳優の江角英明さんが22日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで先月31日に開催されたGLAYのコンサートで、許可されていない場所から花火が打ち上げられたとして、大阪府は主催のキョードー大阪に厳重注意したらしい。 [☆火薬関係には縁があるようで・・・]
オ・ジミョン監督・主演による新作アクション「ふざけるな」が現在撮影中らしい。チェ・ブラムらが共演、11月公開予定とか。
イ・ボムス主演の新作「スーパースター☆カム・サヨン」のポスターが公開されたようだ。
韓国MBCで10月2日スタートの「漢江数打令」で、キム・ヘス、キム・ソグン、キム・ミンソン、チェ・ミンス、ポン・テギュ、パク・ハンビョル、イ・ユンジ、チェ・ソンジュンらが共演するようだ。
ムン・グニョンは、パク・ヨンフン監督の新作「ダンサーの純情」に主演するようだ。10月末に撮影が始まるらしい。
第24回金鶏賞のノミネーションが発表され、チャン・イーモウ監督「LOVERS」("十面埋伏")が、ドキュメンタリー映画賞、監督賞、美術賞、録音賞の4部門で候補に挙がったようだ。 [☆ドキュメンタリー映画?]
米政治団体の運営するサイトMoveOn.orgは24日、反ブッシュ・キャンペーンをスタート、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンらによる意見広告を順次ネット上に流すようだ。
第29回湯布院映画祭が25日から開幕するようだ。新藤兼人脚本作品の特集上映などのほか、新作では奥田瑛二監督第2作「るにん」、竹中直人監督「サヨナラCOLOR」などが上映されるらしい。
米監督組合(Directors Guild of America)は、来年6月末に終了する米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)との契約の更新に向けて24日から交渉を開始する、と発表したようだ。
26日の"The Oprah Winfrey Show"で、グウィネス・パルトロウの出産後初めてのインタビューが放送されるらしい。"Sky Captain and the World of Tomorrow"で共演したジュード・ロウも出演するようだ。
Paramount PicturesとNickelodeon Moviesはクリス・ヴァン・オールズバーグ(Chris Van Allsburg)の児童書「魔法のホウキ」("Widow's Broom")を映画化するようだ。オールズバーグ自身が脚本を担当、サム・ワイズマンが監督を務めるらしい。
キーネン・アイヴォリー、マーロン、ショーンのウェイアンズ兄弟は、1960年代のTVコメディ「マンスターズ」("The Munsters",1964-1966年)の映画化について、Universal Picturesと契約を結んだようだ。
ビル・クリントンやデヴィッド・E・ケリー、ミシェル・ファイファーらを集めて昨年末に行われたチャリティ・イベントで、寄付金の一部を着服したとして、ロサンゼルス地裁は23日、イベントを企画したアーロン・トンケン(Aaron Tonken)に対し禁固63ヶ月と380万ドルの返還を命じる判決を下したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の日本での週末興収は230万ドル(2億5000万円)に達した模様。
HIVポジティヴの女性を主人公にしたボリウッド映画"Phir Milenge"("Let's Meet Again")が製作されたらしい。シルパ・シェッティ(Shilpa Shetty)が主演、アビシェック・バッチャン(Abhishek Bachchan)、サルマーン・カーンらが共演しているようだ。
「ブレイブハート」("Braveheart",1995年)、「パール・ハーバー」("Pearl Harbor",2001年)などの脚本で知られるランダル・ウォレスによる、ロシアの大帝エカテリーナ2世を描いた歴史小説"Love and Honor"が来週出版されるようだ。自らの脚本・監督、アンジェリーナ・ジョリー主演による映画化も決定しており、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチも出演に興味を示しているらしい。
北米を除く海外週末興収は「キング・アーサー」("King Arthur")が1230万ドルで1位を維持、海外総興収は9170万ドルに達したようだ。また、9カ国で上映されているM・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")は1180万ドルを記録したらしい。一方、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の総興収は5億1400万ドル、「シュレック2」("Shrek 2")は3億8220万ドル、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")は3億6170万ドル、「アイ,ロボット」("I, Robot")は1億2850万ドルとなった模様。
「レーズン・イン・ザ・サン」("A Raisin in the Sun",1961年)、「レザレクション/復活」("Resurrection",1980年)、「アパッチ砦・ブロンクス」("Fort Apache, The Bronx",1981年)、「コクーン2/遥かなる地球」("Cocoon: The Return",1988年)などの作品のほか、数多くのTV映画を手掛けた、米映画監督のダニエル・ペトリ(Daniel Petrie)さんが22日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
株式会社バンダイは、PS2用ゲームソフト「宇宙戦艦ヤマト イスカンダルの追憶」を10月6日に発売する、と発表したようだ。TVシリーズ「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」を基にした「暗黒星団帝国編」シリーズ3部作の第1弾とか。初回限定版には60分の特典映像を収録したDVDが付くらしい。
米IN TOUCH誌による投票の結果「最高のショービジネス・ママ」に、ジャスティン・ティンバーレイクの母親が選ばれたらしい。
1.ジャスティン・ティンバーレイク のママ
2.クリスティーナ・アギレラ のママ
3.ビヨンセ・ノウルズ のママ
4.ブリトニー・スピアーズ のママ
5.ジェシカ・シンプソン のママ
6.フランキー・ムニッズ のママ
7.ヒラリー・ダフ のママ
8.アマンダ・バインズ のママ
9.アッシャー のママ
10.リンゼイ・ローハン のママ
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演の新作"Aeon Flux"で、マートン・チョーカシュ、ジョニー・リー・ミラー、ソフィ・オコネドー(Sophie Okonedo)、アメリア・ワーナー(Amelia Warner)、フランシス・マクドーマンドの共演が決まったようだ。
ジョン・ウーが任天堂の人気ゲームソフト「Metroid」の映画化権を獲得した、と報じられたことについて坂本賀勇は「映画化について進捗はない。幾つかの誤解があったようだ。正確にはジョン・ウーの製作会社がNintendo of AmericaとMetroidの映画化について交渉権を得たということだ。映画化については正式に決まっておらず、リリースの計画もない」と語ったらしい。
クリスチャン・ベイルは"Batman Begins"の撮影中、丘の上に止めてあったPlymouthがセットに向かって動き出したのに気付き、車を追いかけて窓から飛び乗り、被害を防いだらしい。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")プロモーションのため来日したミラ・ジョヴォヴィッチの記者会見の模様が、エキサイトシネマで無料配信されているらしい。
テレビ朝日「特捜戦隊デカレンジャー」に主演する載寧龍二が23日、新宿警察署の一日署長を務めたようだ。
林明日香が23日、15歳以下の限定ミニライヴを都内で開催、廣木隆一監督「機関車先生」の主題歌「SANCTUARY〜夢の島へ〜」など6曲を歌ったようだ。
来月21日に都内で開催される第21回TheaterKINOkuniyaで「マックイーンの絶対の危機」("The Blob",1958年)が上映されるらしい。
ジョシュ・ハートネットの次回作は、ポール・マクギガン監督の新作"Lucky Number Slevin"になるようだ。撮影は11月にスタートする模様。
ハリソン・フォード主演の新作スリラー"The Wrong Element"で、監督予定だったマーク・ペリントンが降板した模様。先週、妻を亡くしたらしい。
Sony Pictures Animationは、宇宙を舞台にしたフルCGミュージカルアニメ"Big Nasty"を製作するようだ。"Barbershop"(2002年)とその続編を手掛けたドン・D・スコット(Don D. Scott)が脚本と製作を務める模様。
米CBSが企画するバハマを舞台にしたタイトル未定の探偵ドラマで、バリー・ソネンフェルドが制作総指揮を務めるようだ。
米国で10月5日にリリースされるディズニー・アニメ「アラジン」("Aladdin",1992年)のDVDでは、オリジナル版で削除されたシーンに未発表曲"Proud of Your Boy"が使われているらしい。
まもなく米国公開がスタートする「HERO」に出演したジェット・リーは、チャン・イーモウ監督について「彼は芸術家だから、僕らが思いもよらない方法をとりたがる。例えば彼は、人物を撮影するには朝の方がいいことを知っている。彼は日が昇るのを待って、光をより柔らかく、女性をより美しく撮るんだ。彼はとてもユニークなものの見方をする人物だよ」と語ったようだ。
トリート・ウィリアムズが主演する米WBのドラマシリーズ"Everwood"(2002年-)で、アン・ヘッシュのレギュラー出演が決まったようだ。
米ABCが企画するTV映画"The Muppets' Wizard of Oz"(仮題)で、アシャンティとクイーン・ラティファが出演交渉中らしい。さらに、クエンティン・タランティーノが自分自身の役で出演する予定とか。"It's a Very Merry Muppet Christmas Movie"(2002年)を手掛けたカーク・R・サッチャー(Kirk R. Thatcher)が監督を務めるようだ。
21日公開となった岡村天斎監督「劇場版 NARUTO 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」は、週末興収3億5000万円、観客動員数32万6000人を記録した模様。
ロンドンにウォーク・オブ・フェイムが登場、第1号にジミー・ペイジが選ばれたようだ。
来年初めに出産予定のジュリア・ロバーツは、しばらく育児休業する予定らしい。
「ディープ・エンド・オブ・オーシャン」("The Deep End of the Ocean",1999年)の原作などで知られる作家ジャクリーン・ミチャード(Jacquelyn Mitchard)による児童書"Baby Bat's Lullaby"が出版されたようだ。マディソン近郊の農場に暮らすミチャードは「コウモリは大好き。小さな茶色いコウモリたちは、私の友達よ。コウモリたちは自分の体重の2倍の蚊を毎晩食べてくれるの」と語ったらしい。
ジャスティン・ティンバーレイク最大のライバルと言われるアッシャー(Usher)は「ジャスティンと競うつもりはないし、僕自身以外の誰とも競うつもりはない。ワルなイメージを期待しているわけでもないし、僕はトラブルを求めるような人間じゃない」と語ったようだ。
KDDIの映像配信サービス「光プラスTV」で25日から「冬のソナタ」の配信がスタートするようだ。
株式会社オプトウェアは23日、「世界で初めて、コリニア方式によるホログラム光技術を用い、反射型ホログラム光ディスクに動画を記録・再生することに成功した」と発表したようだ。DVDと同サイズのディスクで1テラバイトの情報記録が可能になるらしい。
ハワード・スターンのラジオ番組に出演したM・ナイト・シャマラン監督は「アンブレイカブル」("Unbreakable",2000年)のことについて「一応そのことについては考えている」と語ったらしい。 [☆以前にもそんな発言がありましたが・・・]
  8/25
渡辺謙作監督「ラブドガン」の上映会が28日に福島市内で行われるようだ。渡辺監督と宮崎あおいの舞台挨拶も予定されているらしい。
TOKYOPOPは、米DreamWorksと提携、「シュレック2」("Shrek 2")のシネマンガを米国でのDVD発売に合わせて出版するようだ。
「ちびまる子ちゃん」などに出演した声優360人が、日本アニメーションと音響映像システムに対しビデオ化に伴う声の使用料を求めていた訴訟で、東京高裁は25日、一審判決の一部を取り消し、日本アニメーションも連帯して使用料を支払うよう命じる判決を下したようだ。
V6のコンサート「サマー・スペシャル・ドリーム・ライブ2004」最終公演が24日都内で行われたようだ。映画「サンダーバード」("Thunderbirds")をイメージしたステージで、新曲「サンダーバード-your voice-」など30曲を熱唱したようだ。また、ベスト盤「Very best」と最新アルバム「INFINITY〜LOVE&LIFE〜」が10月に韓国でリリースされることも発表されたらしい。
黒澤和子の著書「回想 黒澤明」が25日に出版されるようだ。
「黒豹」(田中重雄監督,1953年)、「狂った関係」(野口博志監督,1957年)、「東支那海の女傑」(小野田嘉幹監督,1959年)などの作品のげんさくで知られる、作家の小泉譲さんが19日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。
国連大学で24日「日韓学生のフォーラム」が行われ、日本、韓国、在日コリアンの学生ら31人が参加、「冬のソナタ」などによる韓国ブームなどについて討論が行われたようだ。
ソン・イルゴン監督第2作「蜘蛛の森」の試写会が27日、ソウル市内で行われるようだ。上映後には監督と映画評論家シム・ヨンソプによる対談も予定されているらしい。
イ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」の予告篇で、主演のチョン・ウソン自身がナレーションを務めているらしい。
ジョアン・チェンは、かねてからの企画で、1800年代にサンフランシスコへと向かった中国人女性を描く「扶桑」の製作をスタートさせるようだ。スー・チー、チャン・ツィイー、コン・リーがヒロイン役の候補に挙がっているらしい。
「二十四の瞳」映画製作五十周年記念委員会の主催による「第四回懐かしの栄学校」が、舞台となった香川県内海町田浦の岬の分教場で25日行われ、親子連れら41人が参加したようだ。
是枝裕和監督「誰も知らない」に出演しカンヌ映画祭で男優賞を受賞した柳楽優弥は25日、河村建夫文部科学相から文化関係者文科大臣表彰を受けたようだ。ディズニーランドの入場券もプレゼントされたらしい。
「サード・ウォッチ」("Third Watch",1999年-)を手掛けた元警官のエドワード・アラン・バーネロ(Edward Allen Bernero)は、20th Century Fox TVの新作警察ドラマ2作品でプロデューサーを務めることになったようだ。
「フレンズ」("Friends",1994-2004年)で制作総指揮を務めたアンドリュー・ライヒ(Andrew Reich)とテッド・コーエン(Ted Cohen)は、米CBSの新作コメディ・パイロット"Three"(仮題)を手掛けるようだ。
米CATV局FXは、デニス・レアリー主演のドラマシリーズ"Rescue Me"(2004年-)のセカンドシーズン制作を決定した模様。
クイーン・ラティファは来月28日にニューアルバム"The Dana Owens Album"をリリースするようだ。ラップではなく、ジャズ、ソウル、ポップ・クラシックなどを歌っているらしい。
ロドニー・デンジャーフィールドが心臓弁手術のためロサンゼルスの病院に入院した模様。「うまくいけば1週間、うまくいかなきゃ1時間半で済むよ」とジョークを飛ばしたとか。
ジョン・キューザックの主演によるデヴィッド・ジェロルド(David Gerrold)のSF小説"The Martian Child"の映画化で、当初監督予定だったニック・カサヴェテスが降板、「アドルフの画集」("Max",2002年)のメノ・メイエスが監督を務めることになったようだ。
Marvelコミック"Deathlok"の映画化で、デヴィッド・セルフ(David Self)が脚本を書き直すようだ。当初リー・タマホリが監督する予定だったものの、現在は未定らしい。
米作家トルーマン・カポーティ(Truman Capote)を描くUnited Artistsのタイトル未定の新作で、フィリップ・シーモア・ホフマンが主演、サマンサ・モートン、クリス・クーパーが出演交渉中らしい。一方、Warner Independent Picturesによる同じくトルーマン・カポーティの伝記映画"Every Word Is True"で、出演予定だったマーク・ウォールバーグは降板したようだ。
ボブ・ディランの回想録"Chronicles: Volume One"が今秋出版されるらしい。全3巻の予定とか。
まもなく米国公開がスタートする「ブラウン・バニー」("The Brown Bunny",2003年)のヴィンセント・ギャロは「悪評も悪い感じじゃない。悪評は風刺を生み出してくれる」と語ったようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、DVDのコピーを可能にするマイクロチップを販売したとして、Sigma Designs社とMediaTek社に対する訴訟を起こしたようだ。
劇作家、映画監督として知られるデヴィッド・マメットは、「ザ・シールド〜ルール無用の警察バッジ〜」("The Shield",2002年-)を手掛けるショーン・ライアン(Shawn Ryan)と共同で、テロに立ち向かう特別部隊の活躍を描くCBSのドラマシリーズを制作するようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of The Christ",2004年)の撮影に使用されたイタリアの町マテラ(Matera)を24日、数百万匹のイナゴの大群が襲ったらしい。
アドルフ・ヒトラーの人間的側面を描いた映画"Der Untergang - Hitler und das Ende des 3. Reichs"("The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich")が来月16日にドイツで公開されるようだ。ブルーノ・ガンツがヒトラーを演じているらしい。 [☆, ]
英国週末興収は、M・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")が294万ポンドで1位を獲得、マット・デイモン主演「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")が150万ポンドで2位、ウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot")が130万ポンドで3位、ヒラリー・ダフ主演"A Cinderella Story"が61万1000ポンドで4位と続いたようだ。
米CBSは来月22日に放送を予定していたドキュメンタリー番組"60 Minutes"(1968年-)、コメディシリーズ"The King of Queens"(1998年-)、新作コメディ"Center of the Universe"(2004年-)の今シーズン第1回放送を翌週に延期、22日には2時間特番"A Dr. Phil Primetime Special: Family First"と"CSI: NY"の第1回が放送されるようだ。
東京都、日本経団連などが連携し、映画、アニメなどの映像コンテンツ産業の育成・振興を目指す機関を年内に設立するらしい。
"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"でジム・キャリーが演じるオラフ伯爵(Count Olaf)の公式サイト?がオープンしたらしい。ブログもあるようだ。
ケヴィン・フェダーラインとの結婚を控えているブリトニー・スピアーズは、ボビー・ブラウンのカヴァー曲"My Prerogative"のPVに結婚式のシーンを挿入するようだ。ケヴィン・フェダーラインのソックリさんが登場するか、あるいは55時間で離婚したジェイソン・アレクサンダーとの結婚式のパロディになるらしい。
キャメロン・クロウ監督の新作"Elizabethtown"で共演しているオーランド・ブルームとキルスティン・ダンストの仲を、オーランドと交際中のケイト・ボスワースが不安に感じていたらしい。オーランドは「キルスティンはただの友達だし、彼女は(ジェイク・ギレンホールと)別れたばかりだから、周りに友達が必要なんだ」と説明して、ケイトを安心させたとか。
来月9日から開催される第29回トロント国際映画祭のContemporary World Cinema部門で、是枝裕和監督「誰も知らない」、崔洋一監督「クイール」、ジョニー・トー監督「大事件」("Breaking News")、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」("OldBoy")などが上映されるようだ。
エレクトロニック・アーツ株式会社と米Lucas Artsは、オンラインゲーム"Star Wars Galaxies"の完全日本語版「スター・ウォーズ ギャラクシーズ」を12月に発売すると発表したようだ。
ヘイデン・クリステンセンは、Louis Vuittonのイメージキャラクタに起用されたようだ。
土井裕泰監督「いま、会いにゆきます」の主題歌が、ORANGE RANGEの新曲「花」に決まったようだ。10月20日にシングルリリースされるらしい。
青山真治監督「レイクサイド マーダーケース」のトークショーが24日都内で行われ、薬師丸ひろ子らが出席したようだ。
「ヴィレッジ」("The Village")プロモーションのためM・ナイト・シャマラン監督とブライス・ダラス・ハワードが来日、24日都内で記者会見を行ったようだ。
スティーヴ・オーデカーク製作・脚本・監督のフルCGアニメ"Barnyard"で、コートニー・コックス、ダニー・グローヴァー、サム・エリオット、ワンダ・サイクスが声優として参加することが決まったらしい。
"Son of the Mask"の脚本を担当したロブ・マッキトリック(Rob McKittrick)は、New Line Cinemaの新作コメディ"Man Crush"で監督を務めるらしい。
リーリー・ソビエスキー、ティモシー・ハットン、デヴィッド・ストラザーン、ビル・セイジ、アンソニー・マッキーは、1931年のスコッツボロ事件(黒人青年冤罪事件)を描くインディ作品"Heavens Fall"で共演するようだ。テリー・グリーン(Terry Green)が脚本と監督を担当、来週からアラバマで撮影が始まるらしい。
「バニシング・ポイント」("Vanishing Point",1971年)がリメイクされるらしい。PVやCMを手掛けるサミュエル・ベイヤー(Samuel Bayer)が監督を務めるようだ。
アンナ・ファリスは、今週から撮影がスタートするポール・マイヤーズ(Paul Myers)、ブレナン・シュロフ(Brennan Shroff)の監督・脚本によるインディ作品"Southern Belles"で主演を務めるらしい。ローラ・ブリッケンリッジ(Laura Breckenridge)、ジャスティン・チェンバース、フレッド・ウェラー(Fred Weller)らが共演する模様。
"Doonesbury"で知られるコミック作家のゲイリー・トルドウ(Garry Trudeau)は、Phoenix Picturesと、Walden Mediaと契約、アメリカの小さな町で町長になろうとする少年を描くオリジナル作品の脚本を担当するようだ。
「アンタッチャブル」("The Untouchables",1987年)の前編となるアントワン・フークア監督の新作"The Untouchables: Capone Rising"で、デヴィッド・レヴィーン(David Levien)とブライアン・コッペルマン(Brian Koppelman)が脚本を担当する模様。
ジェニファー・ガーナー主演"Elektra"からの最新映像がネット上で公開されたようだ。
「マトリックス」シリーズのDVD-BOXが12月7日に米国でリリースされるようだ。10枚組みになるらしい。
ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation",2003年)のDVDが12月3日に発売されるようだ。特典映像には、メイキングや監督とビル・マーレイの対談などの他、劇中に登場するTV番組「Matthew's Best Hit TV」も全編が収録されているらしい。
「ホーンテッド・マンション」("The Haunted Mansion",2003年)のDVDは奪いを記念した特別展示が来月2日からビックカメラ有楽町店で行われるようだ。実際の撮影に使われた小道具などが展示されるらしい。
トム・クルーズは、アンソニー・ウォン主演の香港映画「ブラック・シティ 黒白森林」("Colour of the Truth",2003年)のリメイクを企画しているらしい。
  8/26
来月5日からBS-iで放送される「ケータイ刑事 銭形泪 アナザーストーリー シベリア超特急刑事」の試写会が25日都内で行われ、水野晴郎、黒川芽以らが出席したようだ。 [☆なんじゃそりゃ!?]
窪塚洋介は今月中旬に退院していたようだ。
ヒュー・ジャックマン主演「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")のジャパン・プレミアが31日、神宮外苑の「聖徳記念絵画館」で開催されるらしい。5000万円をかけてドラキュラ城に変身させるとか。スティーヴン・ソマーズ監督らも出席するようだ。
本広克行監督「交渉人 真下正義」の製作発表が25日都内で行われ、主演のユースケ・サンタマリアらが出席したようだ。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の1年後、地下鉄ジャックが発生し・・・というストーリーらしい。来年5月公開となる模様。
Ford Motor社のビル・フォード会長兼CEOは、米カリフォルニア州上院がハイブリッド車を優遇する法案を可決したのは日本車に対する優遇だ、と非難する書簡をアーノルド・シュワルツェネッガー州知事に送ったらしい。
来月9日にスタートするトロント国際映画祭では、キム・ギドク監督「空き家」、ソン・イルゴン監督「蜘蛛の森」、イム・グォンテク監督「下流人生」の上映されるらしい。
マギー・チャンは、2002年に離婚したオリヴィエ・アサイヤス監督について「彼にとって一番大切なのは自分ではなく映画だった」と語ったらしい。
「新警察故事」("New Police Story")のプロモーションが香港で行われ、ジャッキー・チェンらが出席したようだ。来月24日から、中国、マレーシア、シンガポール、台湾、韓国、タイなどで一斉に公開されるらしい。
崔洋一が監修したビデオ映画「田んぼdeミュージカル」(2003年)に続く第2弾「田んぼdeファッションショー」の製作発表が25日、北海道穂別町で行われたようだ。お年寄りらによるファッションショーが来月26日に開催され、それまでの過程がビデオ映画になるらしい。
DreamWorksは、「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」を、ダコタ・ファニングの主演で映画化するらしい。
ベン・ヤンガー監督・脚本のロマンチック・コメディ"Prime"に主演予定だったサンドラ・ブロックが降板した模様。脚本が気に入らなかったようだ。来月7日に撮影開始予定だったらしい。
ローレン・ホリー、アンガス・マクファデン、レイシー・シャベール、レイチェル・ドラッチ、ジェイソン・ミューズ、ミート・ローフが、犯罪スリラー"The Pleasure Drivers"で共演するようだ。「パルプ・フィクション」("Pulp Fiction",1994年)などで撮影監督を務めたアンジェイ・セクラ(Andrzej Sekula)が監督するらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のDVDをMGMが10月5日に米国でリリースするのに合わせ、Miramax Filmsは「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)と「ザ・ビッグワン」("The Big One",1997年)のセットに特典映像を追加した3枚組みDVD-BOX"Michael Moore DVD Collector's Set"を同じ日に発売するらしい。「ボウリング」は特別版で、4時間もの特典映像が収録されているとか。
米DreamWorksが英Aardman Animationsと共同製作するコメディアニメ"Flushed Away"で、イアン・マッケランとアンディ・サーキスが声優を務めるらしい。ヒュー・ジャックマンも参加するようだ。
ドリュー・キャリー(Drew Carey)は、2002年の離婚訴訟に際して400万ドルを騙し取られたとして、当時の弁護士デニス・アーディ(Dennis Ardi)に対する訴訟を起こしたようだ。
米政府調査機関は、「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーンが昨年公演中にホワイトタイガーに噛まれた際の映像を提出するようFeld Entertainment社に要求しているらしい。同社は「メディアの手に渡り、悲劇を扇情的に取り扱われることが懸念される」として、テープの厳重管理を要請しているようだ。
ワシントンのスーダン大使館前で非合法な集会を開いたとして、ダニー・グローヴァーが25日、シークレットサービスに逮捕されたらしい。
エリシャ・カスバート、エミール・ハーシュ共演のロマンチック・コメディ"The Girl Next Door"(2004年)のDVDが米国で発売され、発売初日だけで70万枚の売上を記録したらしい。
欧州委員会は、米MicrosoftとTime Warnerによる米デジタル著作権管理会社Contentguard Holdings社の買収計画について調査を始めたようだ。
ジョニー・キャッシュのトリビュート・アルバム"The Unbroken Circle - the Musical Heritage of the Carter Family"がまもなく発売されるようだ。息子のジョン・カーター・キャッシュがプロデュースしたらしい。
マット・デイモンは"Ocean's Thirteen"の可能性について「俳優達はみんな続けたがっているよ。(共演の)カール・ライナー(82歳)は『第3作をやるときは教えてくれ。それまではくたばらないようにするから』って言ってたよ。スティーヴン(・ソダーバーグ監督)次第だけど、彼がやるって言えばみんなやるよ」と語ったようだ。
中国に伝わる白蛇の伝説に基づく映画"Lady White Snake"がニュージーランドと台湾で製作される模様。総製作費4000万ドルで、来年終わりに撮影開始、2008年の公開が予定されているとか。
リース・ウィザースプーンは「内気な役やつつましい役なんて演じることが出来ない。私は女性の強さを信じているし、女性は実際にどんなことでも出来ると分かっているもの。だから傷つきやすい役は回ってこないの。でも、間違っていないことを直す必要なんてないわ」と語ったようだ。
マット・デイモンは「俳優達がスタントをどうこなしたか話すのを聞いているとイライラする。僕もスタント・シーンを演じたけど、安全な場合だけだ。本当に危険なシーンを俳優にやらせることなんて無いよ」と語ったらしい。
市川染五郎に、来春第1子が誕生するようだ。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」に、ハリウッド版「ゴジラ」("Godzilla",1998年)が「ZILLA」として登場するらしい。シドニーが対決の舞台になるとか。
フォ・ジェンチィ監督「ションヤンの酒家」("Life Show / 生活秀")のDVD日本語吹替え収録が25日都内で行われ、寺島しのぶが主人公の声を担当したようだ。
「燃えよドラゴン」("Enter the Dragon",1973年)に、日本語吹替えと新たな217分の特典映像を加えたDVD「燃えよドラゴンディレクタ−ズカット スペシャル・エディション」が来月10日発売されるようだ。
松竹は、11代目市川海老蔵襲名披露の東京公演により24億円の増収となったことを明らかにしたようだ。
"Mean Girls"(2004年)を手掛けたティナ・フェイ(Tina Fey)は、米Paramountと契約、Hasidic Jewの実話に基づくコメディ"Curly Oxide and Vic Thrill"の脚本を担当するようだ。
「火星のプリンセス」("A Princess of Mars")の映画化で監督に決まったケリー・コンラン(Kerry Conran)は「(原作者の)エドガー・ライス・バロウズはパルプ小説の父だったと思う。『火星のジョン・カーター』シリーズを全部読めば、多くの作品に影響を与えていることが分かる」と語ったようだ。
アイシャ・タイラーは、米CBSの「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)とFOXの「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)への出演が決まったらしい。
ジーン・ロッデンベリーによるTVシリーズ「アンドロメダ」("Andromeda",1999-2004年)などに出演するケヴィン・ソルボ(Kevin Sorbo)は、米ABCが制作する新作コメディ企画で主演を務めるようだ。
東京国際ファンタスティック映画祭2004のオープニング作品が、ハル・ベリー主演「キャットウーマン」("Catwoman")、クロージングはアン・ビョンギ監督「コックリさん」("分身娑婆")に決まったようだ。
パメラ・アンダーソンの2人の息子の名前ブランドンとディランは、「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」("Beverly Hills, 90210",1990-2000年)のキャラクタから採った、と言う噂をアンダーソンは否定、ブランドンはマーロン・ブランド、ディランはボブ・ディランに因んでつけたと言っているようだ。
ジョージ・ルーカス監督「THX-1138」("THX 1138",1971年)のディレクターズカット特別版DVDの日本発売は9月23日になる模様。
  8/27
金子修介監督「あずみ2 Death or Love」に出演する高島礼子は、二刀流の使い手を演じているらしい。
堀江慶監督「全身と小指」で、池内博之と新人女優の福田明子が共演するようだ。
米司法省は25日、P2Pソフトで映画や音楽などを違法に配信していたとして、テキサス、ニューヨークなどの6ヵ所で家宅捜索を行ったようだ。
ぺ・ヨンジュンは、誕生日プレゼントを用意しているファンに自粛を呼びかけているらしい。既に韓国の所属事務所には総量2トン分のプレゼントが届いているとか。
窪塚洋介が26日、自ら車を運転して自宅マンションから出かけたらしい。
「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")プロモーションのためロバート・ゼメキスが来日、監督自らの解説による特別映像の上映が26日行われたらしい。
「野獣の復活」(1969年)、「幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形」(1970年)、「血を吸う薔薇」(1974年)などの映画作品ほか、「太陽にほえろ!」「姿三四郎」などのTVドラマも手掛けた、映画監督の山本迪夫さんが23日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジャッキー・チェン主演の新作"The Myth"で、共演するチェ・ミンスとジャッキーとの対決シーンもあるらしい。
先日、韓国系米国人アリス・キムと結婚したニコラス・ケイジは、現在南アフリカで新婚旅行中とか。新作"Lord of War"の撮影が行われているためらしい。
28日に開催される中国の映画賞「華表奨」の授賞式に、ヴィッキー・チャオがゲスト出演するらしい。
来月17日から開催される第52回サン・セバスチャン国際映画祭で、シュー・ジンレイ監督「一個陌生女人的来信」のコンペ部門と新人監督部門への出品が決まった模様。
イ・ヒョリがスクリーンデビューする新作「空即是色」で、相手役の男優選びが難航しているらしい。
ソ・セウォン監督、ユ・オソン主演の新作「多黙 安重根」の試写会が来月、平壌の鄭周永体育館で行われる模様。
ポール・マクギガン監督、ジョシュ・ハートネット主演の新作"Lucky Number Slevin"で、ルーシー・リューが出演交渉中らしい。
エリシャ・カスバートは、来月中旬に製作開始予定のインディ・スリラー"Dot"で主演とプロデューサーを務めるようだ。TV界のベテラン、ジェイミー・バビット(Jamie Babbit)が監督を務める模様。
ダン・ワイルド(Dan Wilde)監督の新作"Alpha Male"で、ダニー・ヒューストン、ジェニファー・イーリー、アメリア・ワーナー(Amelia Warner)が共演するようだ。同映画プロデューサーで、スティングの妻のトルーディ・スタイラー(Trudie Styler)も出演するらしい。現在ロンドンで撮影中の模様。
今年の米サマーシーズンの総映画興行収入は34億ドルと高いレベルを維持しているものの、総興収4億3700万ドルの「シュレック2」("Shrek 2")と、同3億6600万ドルの「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の続編2作品の大ヒットのみが目立つ、印象の薄いシーズンとなったようだ。
デヴィッド・シュワイマーは、ロマンチック・コメディ"Run, Fatboy, Run"で映画監督デビューを果たすようだ。俳優のマイケル・イアン・ブラック(Michael Ian Black)が脚本を書いたらしい。
マイケル・ベイ監督、ユアン・マクレガー主演のSFスリラー"The Island"で、スカーレット・ヨハンソンの共演が決まったようだ。製作開始は10月25日になる模様。
デヴィッド・R・エリス監督、監督次回作は、ドラッグ・レースの世界を舞台にしたアクション映画"Shakers"になる模様。
全米週末公開作品では、2031館で上映がスタートするチャン・イーモウ監督「HERO」("Hero",2002年)と、2905館で上映されるシリーズ第2作"Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"が1000万ドル台後半の興収になると期待されているもよう。
米DreamWorksは、同社CEOのヘレン・ハーン(Helene Hahn)が退任すると発表したようだ。1年間はコンサルタントとして残るらしい。
ライブドアは27日、映画コミュニティ「livedoor ムービー/映画を語ろう」をスタートさせたようだ。
人気ビデオゲーム「鉄拳」("Tekken")の映画化で監督を務めるチャールズ・ストーン3世は、「『モータル・コンバット』("Mortal Kombat",1995年)や『トゥームレイダー』("Lara Croft: Tomb Raider",2001年)とは全く違う作品になる。ブルース・リー主演の『燃えよドラゴン』("Enter the Dragon",1973年)の感じに近い。キャラクタをより深く描くことで、バトルシーンはよりドラマチックになる」と抱負を語ったようだ。
ロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")にスティーヴン・タイラーが"出演"しているらしい。サントラにも参加しているようだ。
Sunrise Entertainmentは、"Yogi Bear"(日本名「クマゴロー」)の映画化を進めているらしい。セドリック・ジ・エンターテイナー主演"Johnson Family Vacation"(2004年)を手掛けたトッド・R・ジョーンズ(Todd R. Jones)、アール・リッチー・ジョーンズ(Earl Richey Jones)が参加しているようだ。
Sunrise Entertainmentのアラン・リシェ、ピーター・リシェは、DCコミック"Aquaman"の映画化を進めている模様。ベン・グラント(Ben Grant)が脚本を執筆中らしい。
Screensavers.comの調査の結果、男性の人気No.1はオーランド・ブルームだったようだ。以下、アッシャー、ブラッド・ピット、アシュトン・カッチャー、コリン・ファレル、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョニー・デップ、ジェイク・ギレンホールらが続いたらしい。
新作"Wicker Park"に出演したジョシュ・ハートネットは、共演のマシュー・リラードとパーティに行って飲んで楽しめると期待していたのに、実際は違ったらしい。「彼はマジメすぎるよ。楽しい奴なんだけど、奥さんと子供がいて仕事が終わると家に帰ってしまうんだ。僕らは毎晩のように飲みに行って楽しんでいたけど、マシューはいつも家に帰って行ったよ」と語ったようだ。
英Guardian紙は、国内外の著名な科学者56人に対して行ったインタビュー調査によるSF映画TOP10を発表したようだ。
1.「ブレードランナー」("Blade Runner",1982年)
2.「2001年宇宙の旅」("2001: A Space Odyssey",1968年)
3.「スター・ウォーズ」("Star Wars",1977年)、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」("Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back",1980年)
4.「エイリアン」("Alien",1979年)
5.「惑星ソラリス」("Solaris",1972年)
6.「ターミネーター」("Terminator",1984年)、「ターミネーター2」("Terminator 2: Judgment Day",1991年)
7.「地球の静止する日」("The Day the Earth Stood Still",1951年)
8.「宇宙戦争」("War of the Worlds",1953年)
9.「マトリックス」("The Matrix",1999年)
10.「未知との遭遇」("Close Encounters of the Third Kind",1977年)
ロドニー・デンジャーフィールドが25日、7時間に渡る心臓弁手術を受けたようだ。順調に終わり、2ヶ月ほどで仕事に復帰できる見込みとか。
アシュリー・シンプソンの壁紙や来日こぼれ話が、公式サイトで公開されているらしい。
マット・デイモンは「最近は、いわゆる"一般の人"とデートしているよ」と語ったらしい。
ケヴィン・スペイシーがプロデュースするベン・メズリック(Ben Mezrich)のノンフィクション"Bringing Down the House: The Inside Story of Six M.I.T. Students Who Took Vegas for Millions"の映画化"Breaking Vegas"で、ブレット・ラトナーが監督を務めるようだ。
キーラ・セジウィックは、米TNTのドラマ・パイロット"The Closer"で主演を務めるようだ。
ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ兄弟は、New Line Cinemaの新作コメディ"Barry and Stan Gone Wild"で監督を務めるようだ。
サンドラ・ブロックが降板したベン・ヤンガー監督・脚本のロマンチック・コメディ"Prime"で、ユマ・サーマンが新たな主演候補に挙がっているらしい。
国際映画製作者連盟(Federation Internationale des Associations de Production de Films)は、来年1月1日から、複数の国際映画祭のコンペ部門に出品することを可能にする新たな規定をスタートさせる模様。
ロン・ハワード監督"Cinderella Man"に出演するラッセル・クロウがスタッフと飲みに出かけた際、彼のボディガードがそろそろ家に帰ったほうがいいと忠告したところケンカになり、クロウは相手に噛み付いたらしい。
ぺ・ヨンジュンの誕生日は市川雷蔵と同じ8月29日らしい。
パリス・ヒルトンの回顧録"Confessions of an Heiress: A Tongue-in-Chic Peek Behind the Pose"が来月7日に出版されるらしい。 [☆23歳で回顧録って・・・]
クエンティン・タランティーノ本人が書いたかのような、ファンによるブログが話題になっているらしい。タランティーノの広報担当者も「本当に素晴らしい出来映えだ」と言っているとか。
ウーピー・ゴールドバーグが20年前に主演し彼女の名を知らしめた舞台"Whoopi Goldberg"が、11月17日からブロードウェイで再演されるらしい。
ハリウッドリメイク版「新世紀エヴァンゲリオン」で、ジェニファー・ガーナー、ヒューゴ・ウィーヴィングらがキャストの候補に挙がっているらしい。
  8/28
江角マキコが妊娠5ヶ月らしい。来年1月に出産予定とか。
カン・ウソク監督は、「公共の敵」(2002年)の続編製作を発表したようだ。再びソル・ギョングが主演、来年の旧正月に公開予定とか。
20日に韓国で公開され大ヒット中の「R-POINT」(コン・スチャン監督)に続いて、同じくカム・ウソン主演作「蜘蛛の森」(ソン・イルゴン監督)も来月3日に公開、連続ヒットを狙っているらしい。
広島アニメーションビエンナーレ2004の企画として広島市で開催中の「ハウルの動く城」展の入場者数が27日、1万人を突破したようだ。
マイケル・ムーア監督は、30日から開催される共和党大会に"殴り込み"をかけるらしい。USA Today紙が入場証を用意したとか。
「千の風になって」の金秀吉監督らによる記者会見が27日、福岡市内で行われたようだ。
「ガーフィールド」("Garfield")の本を無許可で出版したとして、米Paws社は、中国の3つの出版社に対する訴訟を起こしたようだ。
ジミー・スミッツの「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)への出演が決まったようだ。
米CBSの新人ファッション・デザイナー発掘番組"The Cut"(仮題)で、トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)が司会を務めることになったようだ。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")のTVスポットがネット上で公開されたようだ。
ケヴィン・スミスは、自身の長編監督デビュー作「クラークス」("Clerks",1994年)の続編製作を発表した模様。主人公達の10年後を描く作品になるとか。
リンゼイ・ローハンは、新作"Herbie: Fully Loaded"の撮影中、鎖で吊るされていた広告看板が突然彼女に向かって動き出し、数センチのところをかすめたため、「怖かった」と泣き出したらしい。
パリス・ヒルトンは「もう男はいらない。女の子の友達もボーイフレンドと同じくらい楽しいし、ロマンスに悩むこともないわ。少なくとも30歳までは結婚しないつもり」と語ったらしい。
「アメリカン・パイ」("American Pie",1999年)などのティーン向けコメディに出演しているミーナ・スヴァーリは「私は自分のルックスを活かしてきたし、自分より若い役を演じることが多かった。でも限界はあるし、私もその限界にきている。もうハイスクールものはウンザリよ」と語ったようだ。
「MUSA」(2001年)のDVD発売プロモーションのため、映画プロデューサーのチャ・スンジェが来日したようだ。
新作SFホラー"Cave"に主演するコール・ハウザーは「狂気だね。ブカレスト郊外のスタジオに、巨大な水中の洞窟のステージを6つも建てたんだ。使われた材料なんてとんでもない量だよ」と語ったらしい。
ポルノサイトへリダイレクトされるウェブサイトのドメイン名spikelee.comについての訴訟で、世界知的財産機構(World Intellectual Property Organization)は27日、スパイク・リー監督側の主張を認める判決を下したようだ。
殺人事件の陪審員を務めたオプラ・ウィンフリーは、26日放送の"The Oprah Winfrey Show"の収録に、一緒に陪審員を務めた人々を招待したらしい。その中の一人は、ウィンフリーがトイレに行く時はいつも、音が聞こえないように歌を歌うように頼まれた、と言う逸話を披露したようだ。
  8/29
白河市で29日「白河シネマフェスティバル2004」が開催されるようだ。池谷薫監督「延安の娘」、本木克英監督「ドラッグストア・ガール」などが上映されるらしい。
チャン・イーモウ監督「LOVERS」("十面埋伏")が28日初日を迎え、丸の内ルーブルでは開場前に約100人が列を作ったようだ。 [☆100人くらいじゃニュースにならないような気もしますが・・・上映開始までにはほぼ満席となりました。]
「冬のソナタ グランドフィナーレ〜感動をありがとう・ソナチアンのつどい〜」の公開収録が28日都内で行われ、ユン・ソクホらが参加したようだ。チェ・ジウ、ぺ・ヨンジュンのビデオメッセージも上映されたらしい。
高山由紀子監督「娘道成寺 蛇炎の恋」が28日初日を迎え、中村福助、牧瀬里穂らが舞台挨拶に立ったようだ。
鈴木雅之監督「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」が28日、全国251スクリーンで封切られ、都内劇場では香取慎吾、田中麗奈らが舞台挨拶に立ったようだ。
「第21回寅さんまつり」が28日、東京都葛飾区の柴又帝釈天で開催され、演歌歌手の森山愛子らが参加したようだ。
北海道の登別市は、007シリーズ最新作「赤い刺青の男」("The Man with the Red Tatoo")の映画ロケ誘致に向けて署名活動を始めたようだ。
韓国の映画チャンネル「ホームCGV」は来月2日から、「夢」(黒澤明監督,1990年)、「陰陽師」(滝田洋二郎監督,2000年)、「双生児」(塚本晋也監督,2000年)、「妖獣都市」(川尻善昭監督,1987年)など、日本ファンタジー映画を特集するらしい。
広島県呉市の海上保安大学校で28日、オープンキャンパスが行われ、過去最多の150人が集まったらしい。羽住英一郎監督「海猿」のヒットが影響したようだ。
「四国の明日を語ろう会」のメンバーが28日香川県庵治町を訪れ、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地見学などを行ったようだ。
サンネット高松主催で来月11日に開催される「ふれあい大学2004」第2回講座は、博報堂の春名慶による「『世界の中心で、愛をさけぶ』の製作現場から」になるようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の撮影が今週、スコットランドのフォート・ウイリアムで行われる模様。ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントらが参加するようだ。
"Mission: Impossible III"について、トム・クルーズは「かなり複雑なんだ。ただのアクションじゃないし、ただのサスペンスでもないし、ただのスパイ映画でもない。その全てなんだ。(新たに監督に決まった)J・J・エイブラムスとはキャラクタやストーリーやトーンの複雑さについて議論して、意気投合したんだ」と語ったようだ。
クリスチャン・ベイル主演の新作サイコスリラー"The Machinist"のポスターが公開されたようだ。
新作コメディ"Monster-In-Law"に出演したジェニファー・ロペスは、共演のマイケル・ヴァルタン(Michael Vartan)に巨大な花瓶を、ジェーン・フォンダにChopardの腕時計を、監督のロバート・ルケティックには仏像をプレゼントしたらしい。
劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人〜アカドクロ」が、来月18日から丸の内東映で上映されるらしい。東映系シネコン「T・ジョイ」での全国展開も予定されているとか。
フジテレビは27日、チェ・ジウ主演の韓国ドラマ「天国の階段」を10月16日から放送すると発表したようだ。
パトリック・スチュワートは、血液の流れに問題があると診断され、血管形成手術を受けた模様。来週には仕事に復帰するらしい。
  8/30
森喜朗前首相が会長を務める日韓議員連盟は30日、「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督を招いて、日韓の文化交流について意見交換を行ったようだ。
ニューヨークで29日、50万人規模(主催者発表)の「反ブッシュ」デモが行われたらしい。マイケル・ムーア監督も参加したようだ。
三浦理恵子の写真集「月刊三浦理恵子」が来月10日に発売されるようだ。ウォン・カーウァイ監督「花様年華」の世界観をコンセプトに、クリストファー・ドイルが撮影したらしい。
「フラッシュダンス」("Flashdance",1983年)、「ゴーストバスターズ」("Ghostbusters",1984年)などのサントラに参加したほか、「バック・ステージ/愛と栄光の旅路」("Backstage",1988年)などでは女優も務めた、米歌手のローラ・ブラニガン(Laura Branigan)さんが26日亡くなった(47歳)。ご冥福をお祈りいたします。
森川時久監督「ハルウララ」に主演する渡瀬恒彦と賀来千香子が29日、高知競馬場の厩舎でハルウララと対面したようだ。30日から高地での撮影がスタートする模様。
柴又帝釈天で行われた「第21回寅さんまつり」に29日、演歌歌手の北山たけしが参加したようだ。
マイケル・ムーア監督によるTVシリーズ「アホでマヌケなアメリカ白人」("The Awful Truth",1999-2000年)が、来月9日と10日にテレビ東京で放送されるらしい。また16日には「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine",2002年)も放送されるようだ。
アテネ・オリンピックの閉会式が29日行われ、五輪旗が北京市長に手渡された後には、チャン・イーモウ監督による北京のイメージビデオ「踊る北京」が上映されたようだ。フィナーレの演出もチャン監督が担当したらしい。
来月12日から開催される第9次平壌映画祝典には、世界40カ国以上から作品が出品されるらしい。
31日にソウル市内で行われるChanelの秋冬ファッションショーで、キム・ジョンウンとイ・ドンゴンがモデルを務めるらしい。
10月28日から開催される第2回アシアナ国際短編映画祭の国際コンペ部門の公募が行われ、世界36ヶ国から765本の参加申し込みがあったらしい。来月10日に出品作品が発表される模様。
来年1月放送のドラマ「哀しい恋歌」に出演するクォン・サンウ、ソン・スンホン、キム・ヒソンが、最大300億ウォンが支払われる保険に加入したらしい。大規模な爆破シーンや銃撃戦などの撮影がオーストラリアで予定されているとか。
中国の映画賞「華表奨」が28日北京で行われ、フー・ピン監督「ヘブン・アンド・アース」("天地英雄")など10作品が優秀映画賞、「梁山伯与祝英台」など2作品が優秀美術賞に選ばれたようだ。
MTV Video Music Awardsが29日マイアミで開催され、Jay-Zの"99 Problems"がラップ・ビデオ、監督、編集、撮影の4部門、OutKastの"Hey Ya"がビデオ、ヒップホップ・ビデオ、特殊効果、美術の4部門をそれぞれ受賞したようだ。
北米を除く海外週末興収は、31カ国で上映された「ガーフィールド」("Garfield: The Movie")が890万ドル、12カ国の「ヴィレッジ」("The Village")が850万ドル、同じく12カ国の「ボーン・スプレマシー」("The Bourne Supremacy")が770万ドルを記録したようだ。
エンタテイメント業界でのヒスパニック系の活躍を讃える第19回Imagen Awards授賞式がロサンゼルスで開催され、アレハンドロ・アグレスティ(Alejandro Agresti)監督"Valentin"が作品賞、アントニオ・バンデラスが映画「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」("Once Upon a Time in Mexico")とHBOのTVドラマ"And Starring Pancho Villa as Himself"でそれぞれ男優賞を獲得したようだ。また「レジェンド・・・」のルーベン・ブラデスが助演男優賞、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」("Charlie's Angels: Full Throttle")のキャメロン・ディアスが主演女優賞、「S.W.A.T.」("S.W.A.T.")のミシェル・ロドリゲスが助演女優賞、「ヘルボーイ」("Hellboy")のギレルモ・デル・トロが監督賞を受賞したらしい。
「マトリックス」シリーズやメル・ギブソン監督「パッション」などのハリウッド大作と共に、テリー・ギリアム監督"The Brothers Grimm"、アンドリュー・ニコル監督"Lord of War"、スパイク・リー監督"She Hate Me"などのインディ作品にも出演しているモニカ・ベルッチは、現在もパリを生活の拠点としていることについて「興味をひかれる作品があれば、アメリカに行く。(ハリウッドで)働くとしても、そこに住む必要はないわ」と語ったようだ。
デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム夫妻に来年3月、第3子が誕生するようだ。
全米週末興収は、チャン・イーモウ監督「HERO」("英雄",2002年)が1780万ドルで初登場1位を獲得、シリーズ第2作" Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"は1320万ドル、アーロン・エッカート主演のスリラー"Suspect Zero"は340万ドル、コメディ"Superbabies: Baby Geniuses 2"は330万ドルでのスタートとなったようだ。
マット・デイモンの伯父で、70歳のジョージ・ブランスタッド(George Brunstad)氏は29日、ドーバー海峡を15時間59分かけて泳ぎ横断に成功、最年長記録を更新したようだ。
id Software社CEOのトッド・ホーレンスヘッド(Todd Hollenshead)は、人気ゲーム"Doom"の映画化について「脚本はほぼ完成しており、我々は非常に満足している。Universalはキャスティングとプリプロダクションの最中だ。来年の年末までには劇場で観ることが出来ると確信している」と語ったようだ。
クライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン共演の新作スリラー"Derailed"の撮影が、「スティング」("The Sting",1973年)や「ブルース・ブラザース」("The Blues Brothers",1980年)でも使用された、シカゴ郊外の旧ジョリエット刑務所(Joliet Correctional Center)で行われるようだ。
ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"で、トム・サヴィーニが出演交渉中らしい。また、アーシア・アルジェントも出演候補に挙がっている模様。
来年7月全米公開予定のスティーヴ・マーティン主演"The Pink Panther"の公式サイトがオープンしたらしい。
米CBSのTVアニメシリーズ"Father of the Pride"第1回が31日に放送されるらしい。ジョン・グッドマンらが声優を務めているようだ。
今年初めアルツハイマー病と診断されたジェイムズ・ドゥーアンは、28日からハリウッドで開催されたStar Trek Conventionに出席したようだ。
フジテレビ「ワンピース」で、10月からBOYSTYLEの歌う「ココロのちず」がオープニングテーマに使われるようだ。
「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")プロモーションのため、スティーヴン・ソマーズ監督、エレナ・アナヤ、シルヴィア・コロカ、ジョジー・マラン、デヴィッド・ウェンハム、ウィル・ケンプ、らが来日、30日都内で記者会見を行ったようだ。鈴木亜美が花束贈呈に訪れたらしい。
「トゥー・ブラザーズ」("Two Brothers")プロモーションのため、ジャン=ジャック・アノー監督が来日、30日都内で記者会見を行ったようだ。
ブレンダン・フレイザー、アフトン・スミス夫妻に今月16日、第2子となる男の子が誕生したようだ。
  8/31
松竹は31日、2005年2月通期の連結業績予想を910億円から916億円に、経常利益は51億円から57億円に、当期純利益を25億円から25億1000万円にそれぞれ上方修正した模様。「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」や「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のヒットや、11代目市川海老蔵襲名披露興行の人気が貢献したようだ。
実相寺昭雄監督「姑獲鳥の夏」の撮影が30日、東京都調布市のにっかつ撮影所で行われ、堤真一、いしだあゆみ、宮迫博之らが参加したようだ。原作の京極夏彦もゲスト出演する予定とか。
シリーズ第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が来月1日に日本発売となるのを前に、Amazon.co.jpの千葉県内の配送センターでは、30日までの5日間に渡って徹夜の梱包作業が行われたらしい。
李闘士男監督「お父さんのバックドロップ」のロケ地となった神奈川区の六角橋商店街で29日、大日本プロレスによるイベントが行われ、主演の宇梶剛士も会場を訪れたようだ。
30日開催された米共和党大会では、応援演説に立ったジョン・マケイン(John McCain)上院議員がマイケル・ムーア監督の「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のブッシュ政権やイラク戦争に対する批判は全くのでっち上げだと厳しく非難、会場からのブーイングをあびて、ムーア監督は退席したとか。
渡瀬恒彦、賀来千香子共演の新作「ハルウララ」のロケが31日、高知競馬場でスタートしたようだ。
ベトナムでも「冬ソナ」ブームらしい。ぺ・ヨンジュンがしていたマフラーはどこに売っているのか?という問い合わせが、芸能専門誌の出版社に殺到しているとか。
イ・サンフン監督は、来月3日公開の新作「ドント・テル・パパ」への招待状をノ・ムヒョン大統領に送ったらしい。
クォン・サンウは30日、アテネ・オリンピック女子重量挙げ銀メダリストのチャン・ミラン選手と、ソウル市内の日本料理店で"デート"したらしい。
米共和党大会初日の30日、予告通りマイケル・ムーアが会場を訪れたようだ。
マーク・ウォーターズ監督は、New Lineが企画する新作"Henry's List of Wrongs"で監督を務めるようだ。冷酷なビジネスマンとなった男が、高校の卒業ダンスパーティでフられた女の子が末期の病気だと知り・・・という話らしい。
米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、アカデミー賞の審査用に配布される暗号化されたDVDを鑑賞できるDVDプレイヤーを会員に無料で提供する計画を進めているようだ。1台当り500ドルのプレイヤーを10月中旬までに会員に配布する予定らしい。
ThinkFilmは、ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ共演の新作"The Assassination of Richard Nixon"の配給権を獲得した模様。12月29日にニューヨークとロサンゼルスで公開されるらしい。
第61回ヴェネチア国際映画祭が9月1日、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演「ターミナル」("The Terminal")の上映で開幕するようだ。ニコール・キッドマン、トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・デ・ニーロ、リース・ウィザースプーン、アル・パチーノ、デンゼル・ワシントン、スカーレット・ヨハンソンらが会場を訪れる予定らしい。映画祭の監督に新しく就任したマルコ・ミュラー(Marco Mueller)は「少なくとも1日に何度かは"歓喜"の時が訪れることでしょう。私は映画祭を、スタジアムのように喝采に満ちた観客の祭典にしたいと思っています」と語ったらしい。
米NBCで31日から放送がスタートするアニメシリーズ"Father of the Pride"は、1話当り160万ドルの制作費を投入しているらしい。
ケルシー・グラマー夫妻の代理母が28日、男の子を出産したようだ。
29日ニューヨークで行われた大規模な「反ブッシュ」デモの最中に、インディ作品"Medium Cool"を撮影していたロサリオ・ドーソンとヴィジャ・ ブリジッタ・グロスガルヴィス(Vija Brigita Grosgalvis)が「ハンカチで顔を覆っていたため」逮捕されたらしい。無許可の撮影だったため監督のスティーヴン・マーシャル(Stephen Marshall)も逮捕され、3人は尋問を受けた後、30日に保釈された模様。11月に裁判が行われ、有罪の場合1年間の禁固刑となる可能性もあるとか。
来月23日に開幕する第23回バンクーバー国際映画祭では、長編237本、短編133本を含む372の作品が上映されるようだ。ブッシュ政権を批判するウィリアム・カレル(William Karel)監督"Le Monde Selon Bush"("The World According to Bush")、サラム・パックス(Salam Pax)監督"Baghdad Blogger/Salam Pax: Video Reports From Iraq"、テロから自国を守るためとしてイスラエルに建設されている防壁に関するシモーヌ・ビットン(Simone Bitton)監督"The Wall"など、ドキュメンタリー作品も数多く出品されるようだ、
28日より日本での公開がスタートしたチャン・イーモウ監督「LOVERS」("十面埋伏")の週末興収は、360万ドル(3億9000万円)に達した模様。
米国内では5000万ドルの興収に終わったアントワン・フークア監督「キング・アーサー」("King Arthur")は、北米を除く海外興収が1億ドルを突破した模様。
ジェニン難民キャンプでのイスラエル軍による軍事攻撃を描いたモハメド・バクリ(Mohammed Bakri)監督のドキュメンタリー映画"Jenin, Jenin"について、イスラエルの高等裁判所は30日、上映禁止措置の解除を決定したようだ。ただし、イスラエル軍が女性や子供らを殺害したかのように描いているのは「宣伝上の嘘」と指摘したらしい。
「コラテラル」("Collateral")プロモーションのためパリを訪れているトム・クルーズは30日、フランスのニコラス・サルコジ(Nicolas Sarkozy)財務相と1時間に渡って会談を行ったようだ。クルーズ側がの要望で実現したとか。
まもなく全米公開となる「スカイキャプテン」("Sky Captain and the World of Tomorrow")に出演したアンジェリーナ・ジョリーは、もし映画がヒットすれば前編が製作される、と語ったらしい。ジュード・ロウ演じる主人公とのロマンスや、なぜアイパッチをしているのか、などが描かれる予定とか。
M8 Entertainment社は30日、ランダル・クレイザー監督、アマンダ・バインス主演の新作コメディ"Lovewrecked"の主要な撮影が終了した、と発表したようだ。ドミニカ共和国のPuerto PlataにあるSun Village Beach Resortで大部分の撮影が行われたらしい。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"に出演するナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディらが、来月から始まる撮影準備のため、ニュージーランドのウェリントンに入ったようだ。
DreamWorksの新作フルCGアニメ"Shark Tale"の最新予告篇がネット上で公開されたようだ。
ニコール・リッチーは本を執筆中らしい。「13歳から18歳向けに、飲酒やドラッグや男の子のことについて書いているの。その年代の子供達は親の言うことなんて聞かないから。私もそうだったし」と語ったようだ。
人気リアリティ番組"The Simple Life"(2003年-)第3シーズンへの出演を説得しようと、プロデューサーがパリス・ヒルトンにプレゼントを手渡したところ、パリスはプレゼントを投げ返し「絶対に出演しない!私はビッグ・スターよ。こんなものいらないわ!」と叫んだらしい。
来月2日から配信される新作ネットシネマ「天使急便〜good speed us!〜」の特別試写会が30日都内で行われ、塩谷瞬、岡田浩暉、安めぐみ、大河内奈々子、明石知幸監督らが舞台挨拶に立ったようだ。
Paramount Picturesは、Midway Gamesが来年3月に発売予定のビデオゲーム"Area 51"の映画化権を獲得した模様。「10日間で男を上手にフル方法」("How to Lose a Guy in 10 Days",2003年)を手掛けたクリスティン・フォーサイス=ピーターズ(Christine Forsyth-Peters)のプロデュースで実写映画化されるらしい。ゲーム版では、デヴィッド・ドゥカヴニー、パワーズ・ブース、マリリン・マンソンらが声優として参加しているとか。
米WBは、Jerry Bruckheimer TVとWarner Bros. TVに、ジョナサン・シャピロ(Jonathan Shapiro)の脚本・制作総指揮によるタイトル未定のドラマなど、2作品のパイロット版制作を発注したようだ。
Revolution Studiosは、ニール・シャスターマン(Neal Shusterman)とエリック・エルフマン(Eric Elfman)による実話に基づく脚本"Class Act"を獲得したようだ。社会科を教えていた教師が、生徒たちの挑戦を受けて下院議員選挙に立候補し・・・というストーリーらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("War of the Worlds")のリメイクに、ダコタ・ファニングの出演が決まった模様。
ロベルト・ベニーニの監督・主演の次回作は"La tigre e la neve"("The Tiger and the Snow")になる模様。イラクを訪れたイタリア詩人が主人公のコメディで、ニコレッタ・ブラスキとジャン・レノが共演するらしい。撮影は今週からローマで始まり、チュニジアでのロケも予定されているようだ。
「恋におちたジョージ・ルーカス」("George Lucas in Love",1999年)を手掛けたティモシー・ダウリング(Timothy Dowling)の脚本によるColumbia Picturesの新作コメディ"Outsourced"で、ヴィンス・ヴォーンとオーウェン・ウィルソンが共演するらしい。
クエンティン・タランティーノ監督は「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1",2003年)と「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2",2004年)を1本にまとめた作品を来年はじめに劇場公開するつもりらしい。「ただ1本につなげるだけじゃない。少し変更を加えるし、60年代の映画みたいにインターミッションを入れる」と語ったようだ。
ミーラー・ナーイル監督は「『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の監督オファーを受けました。週末の間、脚本を読みましたが、まだ考慮中です」と語ったらしい。
Gold Circle Filmsは、アラン・シャピロ(Alan Shapiro)の脚本"The New Girl"を獲得、シャピロ自身の監督で映画化されるようだ。10代の女の子を主人公にしたスリラーとか。
パリス・ヒルトン主演"National Lampoon's Pledge This!"で、ニッキー・ヒルトン(Nicky Hilton)、アレクシス・ソープ(Alexis Thorpe)、ランディ・スペリング(Randy Spelling)、サライ・ハワード(Sarai Howard)、サラ・カーター(Sarah Carter)の共演が決まったようだ。30日からマイアミで撮影がスタートした模様。
トニー・シャルーブ主演のドラマ・シリーズ"Monk"(2002年-)で、来年1月からの第3シーズン後半から、ビッティ・シュラム(Bitty Schram)が降板するようだ。
ガイ・リッチーの監督によるCorvetteのCMが放送中止になったらしい。男の子が空想の中で車を運転するという内容に、消費者団体が抗議したとか。
ラッセル・クロウは、ボディガードの耳に噛み付いたと報じられたことについて「エキストラの若い女性と話していたとき、みんなに勘違いされるぞ、と彼が言ってきたから、僕を非難しているのかと勘違いして怒ったんだ。耳を噛んだりはしなかった」と語ったようだ。