シネマトピックス(2004年9月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  9/1
ヒュー・ジャックマン主演「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")のプレミア試写会が31日、神宮外苑の聖徳記念絵画館で行わ、来日中のスティーヴン・ソマーズ監督、ウィル・ケンプ、デヴィッド・ウェンハムらが出席したようだ。
阪本順治監督「亡国のイージス」の製作発表が31日都内で行われ、真田広之、佐藤浩市、中井貴一、寺尾聰らが出席したようだ。
石ノ森章太郎作品の著作権管理などを行う石森グループと伊藤忠商事は1日、新会社「石森エンタテインメント」を設立したようだ。国内外での映画化、TV化などを手掛けるらしい。
ファイル交換ソフトWinnyを開発し、著作権法違反の幇助罪で起訴されている東大大学院助手の金子勇に対する初公判が1日、京都地裁で行われ、被告側は無罪を主張したようだ。
2日目を迎えた米共和党大会で、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事らが応援演説に立ったようだ。
「宇宙戦艦ヤマト 完結篇」(西崎義展監督,1983年)のノベライズなども手掛けている、児童文学作家の三浦清史さんが8月30日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ファイル交換ソフトのWinnyを使って映画作品2本を送信できるようにしたとして、著作権法違反で起訴されている群馬県在住の42歳の男性に対する論告求刑公判が31日、京都地裁で行われ、検察側は懲役1年を求刑したようだ。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」が3日からニューヨーク、ロサンゼルスなど全米6都市、35スクリーンで公開されるようだ。
「台湾映画を救おう」と題したイベントが8月21日、台北市で行われたようだ。2003年の台湾での総映画興行収入18.77億台湾ドルの内、台湾映画の割合は0.3%だったらしい。
ケリー・チャンは「1人前の女優として、チャン・イーモウ監督の作品に出演したい」と語ったようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの夏休み期間の入場者数は、昨年の150万8000人を大きく下回る116万7000人だったようだ。
シリーズ第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が1日、全国の書店で発売されたようだ。くまざわ書店八王子店では、午前5時までに200人以上が列を作ったとか。
米CATV局Lifetimeは、医療ドラマ・シリーズ"Strong Medicine"(2000年-)のスピンオフ"Strong Medicine: First Response"のパイロット版制作を発注した模様。
"Simon & Simon"(1981-1988年)や「トルネードストーム」("Tornado Warning",2002年)など主にTVで活躍している、俳優のジェラルド・マクレイニー(Gerald McRaney)が、肺ガンの手術を受けたようだ。2週間前に別の理由で胸部レントゲンを撮ったところ、偶然に小さな腫瘍が発見されたとか。手術は成功し、月末までには復帰する予定らしい。
MGMは、社員による自社株の売買を停止した模様。来週にも買収交渉の結果が発表されるようだ。
米Walt Disneyは、北米を除く海外での映画興行収入が8月末までに10億ドルを突破した、と発表したようだ。昨年より1ヶ月早かったらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ",2004年)のDVDとVHSが8月31日に全米でリリースされたようだ。Fox Home Entertainmentは、初日の午前中だけで240万本の売上げを記録したと発表したらしい。
ルーヴル美術館などを巡るツアーでは、旅行ガイドに対しダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")に関する質問が相次いでるとか。
英タブロイド紙The Sunは、新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"撮影中のアンジェリーナ・ジョリーの写真を掲載したようだ。
ベルリンで撮影中のカリン・クサマ監督の新作"Aeon Flux"に主演するシャーリーズ・セロンが、スタントシーンで負傷した模様。入院はしていないようだ。撮影は中断しているらしい。
ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック、バート・レイノルズ共演のリメイク版"The Longest Yard"の公式サイトがオープン、撮影風景の写真やビデオが公開されているようだ。
ジョシュ・ハートネットは「誰にも眉毛は抜かせない。以前、セットで誰かに抜かれて、地獄のように痛かったんだ。眉の間に小さな毛が残ってる?カッコいいじゃないか」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハンは「体のラインを保つためにやっているのは、ジャネット・ジャクソンやNo Doubtで踊ること」と語ったらしい。また、靴を50足くらい持っているとか。
プロテニス選手のアンディ・ロディックとの関係がマスコミの話題となったマディ・ムーアは「大変だったわ。始終、自分のことを話さなくてはならなかったんですもの。自分でも自分のことがよく分かっていないのに。少し成長が早くなるかもしれないけど、それで生活を変えるつもりはないわ。それは大切なことよ」と語ったようだ。
1日開幕する第61回ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門に出品される「珈琲時光」のホウ・シャオシェン監督と主演の一青窈が8月31日、都内で記者会見を行ったようだ。同日行われた試写会では、浅野忠信が舞台挨拶に立ったらしい。
ジェイムズ・スペイダー主演のTVドラマシリーズ"Boston Legal"(2004年-)に、モニカ・ポッターのレギュラー出演が決まったようだ。
サメの攻撃で左腕を失った後もサーファーとして活躍するベサニー・ハミルトン(Bethany Hamilton)の回顧録"Soul Surfer: A True Story of Faith, Family and Fighting to Get Back on the Board"の映画化に向けて、Romano/Shane Productionsがオプション契約を結んだ模様。
エイドリアン・アスカリー(Adrian Askarieh)とダニエル・オールター(Daniel Alter)は、Devil's Due Publishingの出版するコミックシリーズ"Aftermath"のライセンスを獲得、映画、TV、ゲーム化を企画しているらしい。
アニメ版「ハイランダー」("Highlander")は2006年春に公開されるらしい。マッドハウスがアニメ制作を担当するようだ。また、実写版シリーズ第5作"Highlander: The Source"は年末までに製作をスタート、来年公開予定とか。
ティモシー・スコット・ボガート(Timothy Scott Bogart)初脚本・監督によるラヴ・ロマンス"Touched"で、ジェナ・エルフマンとサマンサ・マティスが主演するようだ。昏睡状態から目覚めた男と看護婦の話らしい。ランダル・バティンコフ(Randall Batinkoff)、ブルース・デイヴィソン、サム・アンダーソン(Sam Anderson)らが共演、ロサンゼルスで撮影中らしい。
エディ・マーフィは、タイトル未定のDreamWorksの新作で主演と製作を務める模様。ジョシュア・スターニン(Joshua Sternin)とジェフリー・ヴェンティミリア(Jeffrey Ventimilia)の脚本による西部劇コメディらしい。
ジェイムズ・ドゥーアンの星型がハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。8月31日行われた記念式典にはニシェル・ニコルズ、ウォルター・ケーニッグ、ジョージ・タケイらに囲まれて、ドゥーアンも車椅子姿で出席し笑顔を振りまいたものの、本人のスピーチは行われなかったらしい。
"Blade: Trinity"で監督・脚本を務めたデヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)は、Warner Brothersと1年間の脚本・製作・監督契約を結んだようだ。「ソイレント・グリーン」("Soylent Green",1973年)のリメイクや、DCコミックの映画化などを担当する模様。
Zoie Films社は史上初の携帯電話映画祭Cellular Cinema Festivalのエントリー作品を募集しているらしい。 [☆ちなみにNTTドコモは、携帯電話向け映像コンテスト「Mobile Movie Creatives' Festival」を2002年に開催しています。]
Sony Pictures Animationによるアニメーション作品第1弾"Open Season"で、シンガー・ソングライターのポール・ウェスターバーグ(Paul Westerberg)が音楽と主題歌を担当することになったようだ。
D・J・カルーソー監督、アル・パチーノ、マシュー・マコノヒー、レネ・ルッソ共演の新作"Two for the Money"に、ジェレミー・ピヴェンの出演が決まったようだ。8日からバンクーバーで撮影がスタートするらしい。
Fox 2000 Picturesは、ウォーリー・ラム(Wally Lamb)の小説「この手のなかの真実」("I Know This Much Is True")を映画化するらしい。ジーナ・プリンス=バイスウッド(Gina Prince-Bythewood)が脚本と監督を担当する模様。
"Dawson's Creek"(1998-2003年)に出演していたカール・スミス(Kerr Smith)は、「チャームド〜魔女3姉妹」("Charmed",1998年-)へのレギュラー出演が決まったようだ。
日本映画エンジェル大賞第1回受賞作品「リンダ リンダ リンダ」の製作発表が8月31日都内で行われ、山下敦弘監督、ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇らが出席したようだ。
  9/2
韓国映画「八月のクリスマス」(1999年)の長崎俊一監督によるリメイクで、山崎まさよしが主演するらしい。関めぐみが共演、来年秋公開予定とか。
NHKと民放のBS放送8社は、「BSデジタル映画祭2004」を9月25日から11月14日まで共同で実施するようだ。国内外の映画を合計500本放送するらしい。
8月31日に全米で発売されたメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ",2004年)の初日売上は410万枚を突破したらしい。
Blu-ray DiscのBD-ROM向けビデオ・コーデックに、Windows Media 9をベースとした「VC-1」が採用されるようだ。
オメガ・プロジェクト株式会社は、日本のバサラ・ピクチャーズ株式会社と韓国のオメガ・ピクチャーズ株式会社を、11月1日付で連結子会社とする、と発表したようだ。
第61回ヴェネチア国際映画祭が1日、開幕したようだ。オープニング上映された「ターミナル」("The Terminal")について英国の評論家は「(トム・)ハンクスと(スティーヴン・)スピルバーグは、どんな映画祭でも欲しがる名前だ。しかし、数ヶ月前に公開されている作品であり、しかもあまり出来は良くない」と語ったらしい。
新橋演舞場9月公演「西太后」の舞台稽古が行われ、藤間紫、市川右近らが参加したようだ。出演予定だった入院中の市川猿之助も8月31日の稽古に訪れ、客席から舞台を見守っていたらしい。
三池崇史監督「妖怪大戦争」の製作発表が1日、角川大映撮影所で行われ、神木隆之介、菅原文太、栗山千明、宮迫博之、高橋真唯、原作の水木しげるらが出席したようだ。
ウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot")のトークショーが1日都内で行われ、ジミー大西が出席したようだ。
イ・ヨンエが、ユニセフの芸術分野特別代表に任命されたようだ。
ピョン・ヒョク監督「朱紅文字」の撮影中、ハン・ソッキュが突然倒れたらしい。ハードスケジュールによる過労が原因らしい。
高齢者介護施設を営む女性をモデルにした、栗山富夫監督「メロン畑でつかまえて」の製作発表が1日、水戸市で行われ、原日出子、財津一郎らが出席したようだ。
怪物のユートピア」、「夢の覗き箱」などの映画評論集でも知られる、ドイツ文学者の種村季弘さんが先月29日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ピーター・ジャクソン監督は、新作"King Kong"について「この映画を撮ることが出来るのは本当に嬉しい。子供の頃から大好きだったし、この作品で僕は監督になりたいと思ったんだ。だが、1933年に作られたものを現代の政治理念の上に持ってくることには無理がある。それは、その時代の作品だったんだ。僕らは不思議に満ちた神秘的な冒険映画を作ろうとしている。ゴリラや、恐竜や、失われた島や、その関係についての映画なんだ」と語ったようだ。
1995年のオクラホマ・シティ連邦政府ビル爆破事件で、犠牲となった168名の一人ジュリー・ウェルチ(Julie Welch)の父親バド・ウェルチ(Bud Welch)と、事件を計画し2001年に処刑されたティモシー・マクヴェイ(Timothy McVeigh)の父親ビル・マクヴェイ(Bill McVeigh)が友情を築くまでを描く映画"Bud & Bill"が、"Outfoxed: Rupert Murdoch's War on Journalism"などのドキュメンタリー作品で知られるロバート・グリーンウォルド(Robert Greenwald)の監督で製作されるらしい。
MGMの創業80周年式典が、今月5日にハリウッドで行われるらしい。
MGMは1日「最近の報道で、MGMの買収額が50億ドルに達するとあるのは、正確ではない」とする声明を発表したようだ。
実話に基づくケヴィン・ジェイムズ・ドブソン監督の新作"The Virgin of Juarez"に出演しているアナ・クラウディア・タランコンは「この映画は、(メキシコの町)Ciudad Juarezで起きた連続殺人事件を基に、事実とフィクションを織り交ぜた作品です。私が演じるのは犯人から逃れた生存者で、手に聖痕を得たことで人々が彼女を崇拝し始める、という役です」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンは「"The Simple Life"(2003年-)についてはまだ決めてないの。今は、アルバムを仕上げているところ。彼らは第3シーズンに出演させたがっているみたいだけど、時間が取れるかどうか分からないわ」と語ったららしい。
まもなく吸収合併交渉終結か、と報じられたことを受け、MGMの株価が急騰したらしい。
英国のFM番組に出演したベン・キングズレイは「この番組ではっきりと伝えておきたいんだが、私は絶対に(ジェイムズ・)ボンドの悪役がやりたい」と語ったらしい。
ブレット・ラトナー監督の新作"After the Sunset"のポスターが公開されたようだ。
ジョン・リス=デイヴィスは「インディ・ジョーンズ4」について「先日、スティーヴン・スピルバーグと第4作について話したよ。僕らは本当に凄い作品を作る機会を得たんだ」と語ったようだ。また、脚本の問題で製作が延期されたことについて「ジョージ・ルーカスは脚本に不安を抱いていた。彼は『僕の不安を表現する唯一の方法は、僕自身で脚本を書くことだ』と言ってたよ。だから1年延びたんだ」と語ったらしい。
ウェイン・クラマー(Wayne Kramer)監督、ポール・ウォーカー主演の新作アクション・スリラー"Running Scared"の撮影が終了した模様。
レイヴェン=シモーネは米ABCと契約、来春から彼女が主演の新番組がスタートする模様。
今年2月、オリヴァー・ストーン監督"Alexander"撮影中のタイでホテルの階段から落ちて怪我をしたと伝えられていたコリン・ファレルは、実は手首と足首を骨折していたらしい。パーティに参加して酔っていたため、足を滑らせたとか。
ポール・ベタニーは、キルスティン・ダンストと共演した新作"Wimbledon"の撮影中、肋骨を骨折していたらしい。「床に倒れるシーンで、フワフワのマットの上だから大丈夫だと思って手を突かなかったんだ。ちょっとバカだったね」と語ったようだ。
先日マイアミで行われたMTV Video Music Awardsでは、リハビリ治療後初めてメアリー=ケイト・オルセンが公の場に姿を見せたようだ。
「N.Y.式ハッピー・セラピー」("Anger Management",2003年)のDVD発売記念イベントが1日都内で行われ、小倉優子と丹波哲郎が出席したらしい。
レイチェル・マクアダムス(Rachel McAdams)とキリアン・マーフィは、ウェス・クレイヴン監督による新作スリラー"Red Eye"で共演するようだ。撮影は、11月8日からロサンゼルスで行われる模様。
ホリー・ブラック(Holly Black)文とトニー・ディテリッチ(Tony DiTerlizzi)画によるベストセラー児童文学を映画化する、マーク・ウォーターズ監督の次回作"The Spiderwick Chronicles"で、ブレント・フォレスター(Brent Forrester)が脚本を務めることになったようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演"Charlie and the Chocolate Factory"が米国で公開される12月25日に、同作品のビデオゲームも同時リリースされるようだ。
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー兄弟の監督、ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)共演の新作"Fever Pitch"で、ケイディ・ストリクランド(KaDee Strickland)とアイオーネ・スカイ(Ione Skye)の出演が決まった模様。
11月11日放送の「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)は、全編リアルタイムで収録されるらしい。レイ・リオッタがゲスト出演、シリーズ制作総指揮のクリストファー・チュラック(Christopher Chulack)が監督を務めるようだ。
ジャン=ジャック・アノー監督「トゥー・ブラザーズ」("Two Brothers")のCMで、おすぎとピーコが共演しているらしい。3日から放送されるようだ。
17日に開幕する第52回サン・セバスチャン国際映画祭で、トッド・ウィリアムズ監督、ジェフ・ブリッジス主演"The Door in the Floor"がクロージング上映されることが決まったようだ。
コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は2日、日本製DVD/CDなどに適用する「コンテンツ海外流通マーク」を中国、香港、韓国、台湾、米国、EU諸国で商標出願した、と発表したようだ。
  9/3
石田秀範監督「仮面ライダー剣 MISSING ACE」の完成披露試写会が2日都内で行われ、椿隆之、森本亮治、天野浩成、北条隆博、黒田勇樹らが出席したようだ。
ペ・ウナク監督「TUBE」の試写会が2日都内で行われ、キム・ソックン、ペ・ドゥナらが舞台挨拶に立ったようだ。仲根かすみが花束を贈呈したらしい。
チェ・ジウは、ロート製薬「新V・ロート EX」とドクターズコスメ「obagi」の新CMに登場するらしい。
源孝志監督、黒木瞳、岡田准一共演「東京タワー」が、パリでクランクアップしたようだ。
二階健監督「下弦の月 ラスト・クォーター」の完成披露会見が2日都内で行われ、栗山千明、成宮寛貴、HYDEらが出席したようだ。
浅間山の噴火を受けて、テレビ朝日は5日放送予定だったトミー・リー・ジョーンズ主演「ボルケーノ」("Volcano",1997年)を、翌週放送予定だった「L.A. コンフィデンシャル」("L.A. Confidential",1997年)に変更すると発表したようだ。
広島県西城町で行われていた、渡邊孝好監督、井川遥主演「いとしのヒナゴン」の撮影が2日、終了したようだ。
9月24日にスタートする「2004年F1世界選手権中国グランプリ」と日程が重なったため、上海、広州、北京の3都市で開催される予定のウォン・カーウァイ監督「2046」プレミア上映は、日程が変更となる模様。
廣木隆一監督「機関車先生」のロケに使用された香川県丸亀市本島町にある元小学校の分校が、台風16号で被災したらしい。2日、市職員らによる後片付けが行われたようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の撮影は6日からスタートするようだ。
カート・ラッセル主演の新作"Dreamer"で、エリザベス・シューの共演が決まったようだ。
今月撮影開始予定のテリー・ギリアム監督の新作"Tideland"で、ジェニファー・ティリーと9歳の新人ジョデル・フェルランド(Jodelle Ferland)が共演するらしい。
ジム・キャリー、ティア・レオーニ共演による「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」("Fun With Dick and Jane",1977年)のリメイクで、"Law & Order"(1990年-)などに出演していたアンジー・ハーモン(Angie Harmon)の共演が決まったようだ。
コロラド州で3日、第31回テルライド映画祭(Telluride Film Festival)が開幕したようだ。トッド・ソロンズ監督、エレン・バーキン、ジェニファー・ジェイソン・リー共演の"Palindromes"、サリー・ポッター監督、ジョアン・アレン、サム・ニール共演"Yes"、ロジャー・ミッチェル監督、アレクサンドラ・エイトケン(Alexandra Aitken)、リス・エヴァンス、サマンサ・モートン共演"Enduring Love"、イシュトヴァン・サボー監督、アネット・ベニング、ジェレミー・アイアンズ共演"Being Julia"などがプレミア上映されるらしい。
1970年代に起きた殺人事件に基づく米CBSのTV映画"Heartless"(仮題)で、メラニー・グリフィスが主演を務めるらしい。
新作"The Manchurian Candidate"が上映されたヴェネチア国際映画祭を訪れているジョナサン・デミ監督は「一人のアメリカ人として、わが国は多くの問題を抱えていると感じている。我々のリーダーは多くのレベルで、我々を間違った方向に導いていると思う」と語ったらしい。
マリー・トランティニャンを殺害したとしてリトアニアで拘束されているベルトラン・カンタ(Bertrand Cantat)は、今月中にもフランスに身柄が引き渡される模様。
ニューオーリンズでは、Walt Disneyのバスケットボール映画"Glory Road"や、カート・ラッセル主演によるDreamWorksの"Dreamer"の撮影が行われているほか、米CBSのTV映画"The Canal Street Brothel"、FOXのドラマパイロット"Thief"など、映画、TVの製作が続いているらしい。ルイジアナ州の税制優遇措置が功を奏したようだ。"Glory Road"のプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーは「優遇措置で資金を節約できる。我々がここにいる唯一の理由だよ」と語ったとか。
全米週末公開作品では、コール・ハウザー主演"Paparazzi"、ジョシュ・ハートネット主演"Wicker Park"、リース・ウィザースプーン主演"Vanity Fair"、クラン・ペンダー(Quran Pender)主演"The Cookout"などが封切られるものの、チャン・イーモウ監督「HERO」("英雄")が引き続き興収TOPになると予想されているらしい。
新作"Wicker Park"に出演するダイアン・クルーガーは「私は今のところ、今月の流行でしかありません。私の後ろには50人がブレイクするのを待っているのです。そのことには不安を覚えますし、成功したと考えることには躊躇します」と語ったようだ。
9.11テロで飛行機をハイジャックしたテロリストの人間的側面を描くTVドラマ"The Hamburg Cell"が2日、英国で放送されたようだ。
ハリウッドの主要スタジオは、デジタル映画上映に関する標準化を進めるDigital Cinema Initiativesについて、1年間の活動期間延長を決めた模様。ただし、ビジネス面での権限は縮小し、技術面での活動に特化させるようだ。
Sony Pictures Entertainmentは、架空の映画評論家によるコメントを広告に使用したとして起こされていた集団訴訟について、和解金150万ドルの支払いに合意した模様。
先月25日に心臓手術を受けたロドニー・デンジャーフィールドは、現在も集中治療室で人工呼吸器につながれている模様。
ジェイムズ・パターソン(James Patterson)のベストセラー小説に基づく米CBSのTV映画"James Patterson's Suzanne's Diary for Nicholas"で、クリスティーナ・アップルゲイトとジョナサン・シェックが共演するようだ。
反グローバル化を訴える活動家らが、現在開催中のヴェネチア国際映画祭で抗議活動を行っているらしい。活動家の一人は「この催しは全ての人に等しく開かれているべきだ。富とハリウッドの権力を誇示するショーではなく。より多くの抗議が行われるだろう。我々は、我々の声を聞いて欲しいのだ」と発言したようだ。
ヴェネチア国際映画祭で審査員を務めるスカーレット・ヨハンソンは「幸運にも伝説的な男優達と共演することが出来きた。でも、ホットな若い男の子ともいつか共演してみたいわ」と語ったらしい。
リサ・マリー・プレスリーが、ギタリストのマイケル・ロックウッド(Michael Lockwood)と結婚するらしい。 [☆「マグノリア」("Magnolia",1999年)のサントラにも参加してます。]
US Weekly誌によるファッション成功者(Winners)+犯罪者(Sinners)Top10が発表されたようだ。
◆Fashion Winners
1.ジェシカ・シンプソン
2.ジェニファー・アニストン
3.ジェニファー・ロペス
4.ビヨンセ・ノウルズ
5.サラ・ジェシカ・パーカー
6.ケイト・ハドソン
7.リンゼイ・ローハン
8.スカーレット・ヨハンソン
9.アンジェリーナ・ジョリー
10.キャメロン・ディアス
◆Fashion Sinners
1.ブリトニー・スピアーズ
2.タラ・リード
3.ポーラ・アブドゥル
4.ジャネット・ジャクソン
5.クリスティーナ・アギレラ
6.イヴ
7.ブランディ
8.パメラ・アンダーソン
9.アンナ・ニコル・スミス
10.グウェン・ステファニー
ブルース・リーの彫像が、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの町モスタル(Mostar)に建てられるらしい。
奥田民生が音楽を担当した"ドラマーシャル"が、オフィシャルサイトで配信されているらしい。
先月29日にマイアミで開催されたMTV Video Music Awards終了後、パーティが行われたクラブで外にいた人々が入り口に殺到すると言うトラブルがあった模様。その場に居合わせたジェシカ・シンプソンは「外で銃声か何かがしたみたい。何が起こったか分からないけど、私は素早くここに連れて来られたわ」と語ったようだ。警察官は、銃声については否定したらしい。
週末マサチューセッツのサウス・ヤーマスでBritney Spears Camp For The Performing Artsが開催されたものの、ブリトニー・スピアーズ本人は現れず、彼女が目当てだった参加者をがっかりさせたらしい。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")の公開を記念したチェ・ゲバラ写真展が、来月16日から渋谷パルコミュージアムで開催されるらしい。
西田ひかるは、今月19日に開催される米エミー賞の民間大使に任命されたらしい。
ベネット・ダヴリン(Bennett Davlin)監督による新作SF映画"Mem-o-re"で、デニス・ホッパーが出演契約にサインしたようだ。製作費350万ドルの低予算作品で、来年2月からバンクーバーで撮影が始まる模様。
アンジェリーナ・ジョリーは「トゥームレイダー」シリーズについて「出演出来てよかったし、多くを学んだわ。素晴らしい時間を過ごすことが出来た。そして、もうそれは終わったと思うの。もう1作出演するつもりはないわ」と語ったらしい。
人気ビデオゲーム「鉄拳」("Tekken")の映画化で監督を務めるチャールズ・ストーン3世は「僕はSFとコミックの大ファンだし、それに格闘シーンのある映画がずっとやりたかったんだ。"Tekken"は面白い映画になると思うよ。奇抜で魅力的なキャラクタがたくさん登場するからね。それぞれがみんな強烈な個性を持っているんだ。好奇心をそそられるよ」と語ったようだ。
兄のアレック・ボールドウィンは民主党、弟のスティーヴン・ボールドウィンは共和党を支持しているらしい。
ダイアナ元皇太子妃が事故死した後の英国王室と政府との関係を描くTV映画で、スティーヴン・フリアーズが監督、ヘレン・ミレンが女王役を務めるらしい。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"でキングコングを演じるアンディ・サーキスは、役作りのためルワンダで本物のゴリラと触れ合ったらしい。
スカーレット・ヨハンソンと共演した"A Love Song for Bobby Long"が上映されるのに合わせ、ジョン・トラヴォルタもヴェネチア国際映画祭を訪れているようだ。
ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム共演「トロイ」("Troy",2004年)のDVDが、来月29日に発売されるようだ。
"Aeon Flux"撮影中に負傷したシャーリーズ・セロンは、現在自宅で療養中らしい。
  9/4
スティーヴン・セガール、大沢たかお共演のハリウッド映画"Into the Sun"で、山口佳奈子がヒロイン役を務めているらしい。
山城新伍監督「フレンズ」の完成披露試写会が3日都内で行われたようだ。
ウォン・カーウァイ監督「2046」の追加撮影が先月上旬に香港で行われていたようだ。トニー・レオン、フェイ・ウォン、木村拓哉らが参加したらしい。
「松田優作 炎静かに」などの著書でも知られる、映画評論家の山口猛さんが3日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アーロン・クォックは、香港では3年ぶりとなるコンサートを来月開催するようだ。
今年2月のNFLスーパーボウルでのジャネット・ジャクソンの衣装トラブル事件について、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は、ショーを生中継した米CBS系列20局に対し、55万ドルの罰金を課す模様。
ヴェネチア国際映画祭で3日、マイケル・マン監督「コラテラル」("Collateral")が上映され、トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット・スミスらが出席したようだ。
米Walt Disneyは3日、TV地上波を使用した家庭向け映画配信サービスMoviebeamの2005年度から2006年度初頭にかけての拡張計画を延期すると発表したようだ。専用端末のTVへの内臓など、家電メーカーなどの参入に期待しているらしい。
17日に開幕する第52回サン・セバスチャン国際映画祭で、ウディ・アレン監督と共に、ジェフ・ブリッジス、アネット・ベニングにも特別功労賞に当るDonostia賞が授与されるようだ。
スコット・ハイム(Scott Heim)の小説を映画化した、児童虐待をテーマとするグレッグ・アラキ(Gregg Araki)監督のインディ作品"Mysterious Skin"が、ヴェネチア国際映画祭で上映され、批評家らから賞賛されたようだ。「私は、この作品が観客の意識に焼きついて、幾度となく感情に訴え、決して忘れられないものになることを願っています」とアラキ監督は語ったらしい。
「女王蜂」(田口哲監督,1958年)、「東海道四谷怪談」(中川信夫監督,1959年)などを手掛けた後、香港に渡り数々のショウ・ブラザーズ作品や、「ドラゴンへの道/猛龍過江」("The Way of the Dragon",1972年)、「死亡遊戯」("The Game of Death",1972年)などで撮影を務めた、福岡県出身のキャメラマン西本正の作品上映会が、11月に福岡市総合図書館で開催されるらしい。
ジョン・アッシャー(John Asher)監督、ジェニー・マッカーシー主演の新作ロマンチック・コメディ"Dirty Love"で、カーメン・エレクトラの出演が決定したようだ。
ラース・フォン・トリアー監督最新作"Manderlay"に出演するダニー・グローヴァーは「『ドッグヴィル』("Dogville",2004年)や彼の作品を2、3本観たけど、僕は彼が気に入った。製作や監督のプロセスは魅力的だったと思うし、とても興味をそそられるよ」と語ったらしい。
デヴィッド・ボレアナズ(David Boreanaz)は「インディ・ジョーンズ4」に出演か?というネット上の噂を否定したようだ。「スーパーマンやバットマンの噂もあったよ。是非やってみたいけどね」と語ったらしい。ボレアナズの次回作は、ヘンリー・トーマスと共演する"The Hard Easy"になる模様。
ジュリア・スタイルズは「映画界の人々の中には、まるでサマーキャンプのように映画撮影に参加して、羽目を外す人もいるの。撮影の間その関係は続いて、また普通の生活に戻っていく。結婚している人でさえそうなのよ」と語ったらしい。
ニューヨークに引っ越したメアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹は先月25日、マンディ・ムーアと共にニューヨークの観光バスツアーに参加したようだ。
11月に開催されるストックホルム国際映画祭で、オリヴァー・ストーン監督に特別功労賞が贈られることが決まったようだ。
第30回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)が3日開幕し、スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスがゲストとして出席したようだ。審査員長を務めるクロード・ルルーシュ監督の新作"Le Genre humain - 1: Les Parisiens"がオープニング上映されたらしい。
キャメロン・ディアスは、TV番組のプロデュースをやりたがっているようだ。米CBSとシチュエーションコメディの制作について交渉を始めているらしい。
子育てに専念すると宣言したパメラ・アンダーソンは「日曜学校を手伝っているの。説教とかはしないわ。父は聖書を10回は読み返していたけど、私も生涯に少なくとも1度は読んでみたい。でも何度も読むのは大変!」と語ったようだ。
2日ロンドンで開催されたZippos Circusに、ポール・ニューマンがピエロとして登場、パイの上に座ったり、バケツいっぱいのパスタを頭から被ったりしたらしい。
ロブ・マーシャル監督「さゆり」("Memoirs of a Geisha")に、桃井かおりの出演が決まった模様。アレクサンドル・ソクーロフ監督「太陽」の撮影にも参加するらしい。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門に出品される、浅野忠信、一青窈共演の新作「珈琲時光」は、上映直前にホウ・シャオシェン監督の指示で2度にわたって再編集が行われたらしい。
ブリトニー・スピアーズが噛んで捨てたとするチューインガムが、eBayで20以上もオークションにかけられているらしい。中には、スピアーズは出席していないにもかかわらず、今年のMTV Video Music Awardsで彼女が噛んでいた、というガムも出品されているとか。
  9/5
神山征二郎監督「草の乱」が4日初日を迎え、有楽町スバル座で緒形直人、林隆三、藤谷美紀らが舞台挨拶に立ったようだ。850人が列を作ったらしい。
マイケル・ラドフォード監督による「ヴェニスの商人」("The Merchant of Venice")が4日、ヴェネチア国際映画祭で上映され、主演のアル・パチーノやジェレミー・アイアンズ、リン・コリンズ、ジョセフ・ファインズらが会場を訪れたようだ。
マーク・フォースター監督の新作"Finding Neverland"が4日ヴェネチア国際映画祭で上映され、ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレットらが会場を訪れたようだ。
尊厳死の権利を訴え続けたスペイン人活動家ラモン・サンペドロ(Ramon Sampedro)の生涯を描いた、アレハンドロ・アメナーバル監督最新作"Mar adentro"("Out to Sea")が4日、ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門で上映されたようだ。
マイケル・マン監督「コラテラル」("Collateral")のロンドン・プレミアが2日UCI Empire劇場で開催されたようだ。会場には3000人以上のファンが集まり、トム・クルーズは2時間半もの間、サインの求めに応じたり、ファンとのおしゃべりを楽しんだとか。同行したジェイミー・フォックスは「彼はファンと会うことを決して拒んだりしない。到着すると、彼はいつもみんなと握手しているんだ」と語ったらしい。
市川崑監督「トッポ・ジージョのボタン戦争」(1967年)が4日、都内劇場で初日を迎え、声優を務めた中村メイコが舞台挨拶に立ったようだ。
  9/6
So-netは、人気ネットワークゲーム「キングダム オブ カオス」のアニメ版「KINGDOM OF CHAOS -BORN TO KILL-」全4話の有料配信をスタートしたようだ。
角川映画とみずほ銀行は共同で、映画製作費をファンド、プロモーション費をローンで調達する新しい資金調達システムを構築したようだ。
「黒澤明シネマカレッジ」が現在、東京都足立区で建設中らしい。定員約500人で、2006年春に開校予定とか。
ピンクパンサー誕生40周年を記念した「ピンクパンサー・ペントハウス・パーティー」が5日都内で行われ、岩佐真悠子らが出席したようだ。
中山節夫監督は、ハンセン病患者だった藤本松夫が1951年に起こった殺人事件で死刑判決を受け1962年に執行された「藤本事件」を題材にした映画を企画しているらしい。
米国公開がスタートしたカン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」について、Washington Post紙、New York Times紙などが絶賛しているらしい。
「阿羅漢-掌風大作戦」などに出演しているリュ・スンボムが6日、飲酒運転の容疑で書類送検され、100日間免許停止処分を受けたらしい。
来月フジテレビで放送のドラマ「熱き夢の日〜2002年ワールドカップを招致した男たち」で、イ・ジフンが共演するらしい。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」の米国公開が3日スタートし、初日から各映画館で満席となっているらしい。
ジョニー・トー監督「ターンレフト ターンライト」("向左走向右走")の挿入歌「遇見」を歌うシンガポール出身の人気歌手ステファニー・スンが、4日台北市で開催された「第4回世界中国語音楽ランキング授賞式典」で、最優秀女性歌手とシンガポール地区優秀芸能人に選ばれたようだ。
黒土三男監督「蝉しぐれ」のクランクアップ祝賀会が5日、鶴岡市内で行われ、緒形拳らが出席したようだ。
クエンティン・タランティーノとジョー・ダンテの主催によるイタリアB級映画特選"Italian Kings of the Bs"が、ヴェネチア国際映画祭で開催中らしい。フェルナンド・ディ・レオ(Fernando Di Leo)監督のカルト作品「ザ・ボス/暗黒街の標的」("Il Boss",1973年)、「ザ・シシリアン/復讐の挽歌」("I Padroni della citta",1976年)などを中心に20作品が上映され、幾つかはタランティーノ監督のプライベート・コレクションから提供されているらしい。
英国科学振興協会(British Association for the Advancement of Science)とBBCが行ったインターネット投票による、「映画(TV)に登場する科学者人気TOP10」が発表されたようだ。
1.ブンゼン博士と助手のビーカー/"The Muppet Show"(1976-1981年)
2.ミスター・スポック/「スター・トレック」("Star Trek",1966-69年)
3.ドクター/「ドクター・フー」("Doctor Who",1963年-)
4.Q/「007/ゴールドフィンガー」("Goldfinger",1964年)他
5.ドク・ブラウン/「バック・トゥ・ザ・フューチャー」("Back to the Future",1985年)
6.ダナ・スカリー/「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)
7.ストレンジラブ博士/「博士の異常な愛情」("Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb",1964年)
8.フランクン・フルター/「ロッキー・ホラー・ショー」("The Rocky Horror Picture Show",1975年)
9.ドクター・イーブル/「オースティン・パワーズ」("Austin Powers: International Man of Mystery",1997年)
10.フランケンシュタイン博士/「フランケンシュタインの復讐」("The Revenge of Frankenstein",1958年)など
米Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOは、彼の後継者について、「ロバート・アイガー(Robert Iger)社長とするのが好ましい選択だ。彼ほど必要な教育と訓練を積んだ者はいない」と語ったらしい。
フランスのシラク大統領は5日、スティーヴン・スピルバーグ監督にレジオン・ドヌール勲位(Legion d'honneur)のナイトの爵位を授与したようだ。
トム・ハンクスは「(11月の米大統領選挙は)僕の人生で最も重要な選挙だ。それは素手の殴り合いになるだろうし、とても汚い、そしてとても重要なものになるだろう。私は、現政権がアメリカの進むべき道を歩んでいるとは思えない」と語ったようだ。
ミーラー・ナーイル監督、リース・ウィザースプーン主演の新作"Vanity Fair"が、ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で上映されたようだ。
全米週末興収は、チャン・イーモウ監督「HERO」("英雄")が880万ドルで2週連続1位を獲得した模様。一方、新作では"Paparazzi"は625万ドルで4位、"The Cookout"は560万ドルで5位、"Wicker Park"は540万ドルで7位、"Vanity Fair"は480万ドルで9位のスタートとなったようだ。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で5日、宮崎駿監督「ハウルの動く城」が上映されたようだ。鈴木敏夫プロデューサーが現地で記者会見を行った模様。前日にはプレス向けに世界初公開され、1300人の会場が満席になったらしい。映画祭の総監督を務めるマルコ・ミュラー(Marco Mueller)は「(ハウルの動く城は)この映画祭全体の中でも、最も強く戦争反対を訴えている作品だ」とコメントしたとか。
マダム・タッソー蝋人形館に、ブラッド・ピットの人形が登場するようだ。トップレスらしい。
デヴィッド・O・ラッセル監督は「スリー・キングス」("Three Kings",1999年)特別版のDVDに、特典映像として反戦をテーマにしたドキュメンタリー映画"Soldiers Pay"の追加を要望したものの、Warner Bros.に断られていたらしい。
米Appleのスティーヴ・ジョブスCEOは今年1月、SONYの出井伸之会長に、日本でのiTunes Music Storeの展開について取引をオファーしたものの、出井会長に断られていたらしい。
ブルース・ウィリスは、アイダホ州に所有する土地の池にあった小島を撤去したとして、約210万円の罰金を課せられたらしい。その土地が野生生物保護のための政府の管轄区であることを知らずに撤去してしまったらしい。
「トイ・ストーリー3」("Toy Story 3")が製作準備に入っているらしい。
ウェス・クレイヴン監督最新作"Cursed"のポスターが公開されたようだ。
シャロン・ストーン主演による「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編で、アシュトン・カッチャーが共演候補に挙がっているらしい。
サメに左腕を食いちぎられてしまった、ハワイの14歳のサーファー、ベサニー・ハミルトン(Bethany Hamilton)の自叙伝"Soul Surfer: A True Story of Faith, Family and Fighting to Get Back on the Board"について、ある製作会社が映画化権を取得した模様。来年初めにも、ハワイで撮影が始まるらしい。
那須博之監督「デビルマン」の完成披露試写会が4日都内で行われ、伊崎央登、酒井彩名、渋谷飛鳥、伊崎右典、宇崎竜童、阿木燿子、冨永愛らのほか、主題歌を歌うhiro、原作者の永井豪も出席したようだ。
「第十七捕虜収容所」("Stalag 17",1953年)、「コルベット・サマー」("Corvette Summer",1978年)などの作品に出演した、俳優のウィリアム・ピアスン(William Pierson)さんが亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。
DVD「機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション」発売記念イベントが5日都内で開催され、「機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙」の全編が上映されたほか、声優の保志総一朗、石田彰、田中理恵、進藤尚美、置鮎龍太郎らによるトークショーなどが行われたようだ。
  9/7
住友商事は角川グループと共同でユナイテッド・シネマを子会社化し、日本ヘラルド映画グループの運営会社と業務提携するらしい。
あいち国際女性映画祭2004が8日開幕するようだ。
ヴェネチア国際映画祭の公式ガイドが6日発表した、地元8紙の評価をまとめた星取表によると、宮崎駿監督「ハウルの動く城」が唯一最高評価となっているらしい。
「隣のヒットマンズ 全弾発射」("The Whole Ten Yards",2004年)のCMナレーション収録が6日都内で行われ、青木さやからが参加したようだ。
第28回モントリオール世界映画祭が6日閉幕し、イスラエル出身のエラン・リクリス(Eran Riklis)監督"The Syrian Bride"が最高賞に選ばれたほか、ジョーダン・ロバーツ(Jordan Roberts)監督"Around the Bend"とアン・ザンジュン(安戦軍)監督「看車人的七月」("The Parking Attendant in July")が審査員賞、"The 7th Day"のカルロス・サウラが監督賞、フランソワ・ファヴラ(Francois Favrat)監督"The Role of Her Life"のカリン・ヴィアール(Karin Viard)が女優賞、"Around the Bend"のクリストファー・ウォーケンと「看車人的七月」のファン・ウェイ(範偉)が男優賞を獲得したようだ。また、東陽一監督「風音」が新設のイノベーション賞を受賞したらしい。
7日行われた参院沖縄・北方特別委員会の閉会中審査で、沖縄県宜野湾市で米軍ヘリコプター墜落事故が起こった先月13日に小泉純一郎首相が六本木で映画を鑑賞していたことについて、民主党静岡選挙区の榛葉賀津也は「こうした行動がアメリカになめられる原因だ」、民主党比例区の喜納昌吉は「許し難いのは映画を観賞していたことだ」と発言したようだ。 [☆この日首相は「ディープ・ブルー」("Deep Blue")を鑑賞「海の迫力に圧倒されたよ」と感想を語っている。]
外国産果物ジュースを販売するマルチ商法の会社が「ペ・ヨンジュン ディナーパーティーへのご招待キャンペーン」と自社サイトに掲載、ペ・ヨンジュンの所属事務所から「事実無根で詐欺的行為だ」と抗議を受けていたらしい。
ファン・ジョンミンは6日、ミュージカル女優のキム・ミヘとソウル市内で結婚式を挙げたようだ。
チャ・スンウォンは、5年前からソウル市内の小学校に通う児童5人に給食費を支援してきた、と告白したらしい。
アンケート調査によると、韓国秋夕(旧盆)に公開される作品で最も観たい映画にチェ・ミンシク主演の「花咲く春が来れば」が選ばれたようだ。
広島市西区横川地区の住民が、今年3月に復元した日本初の国産バスを題材にした映画を自主製作するらしい。製作費は300万円で、地元の神酒大亮が監督を務めるようだ。
第5回「『明日のスター』映画俳優オーディション」準決勝戦が5日、広東省広州市で開催され参加者59人の中から26人が選ばれた湯だ。
ウォン・カーウァイ監督「2046」の上海プレミアは20日に開催されることが決まったようだ。トニー・レオン、木村拓哉、フェイ・ウォン、カリーナ・ラウ、ドン・ジエ、チャン・チェンの6人が出席予定で、マギー・チャン、チャン・ツィイー、コン・リーは欠席するらしい。
ホ・ジノ監督の新作「風」で、ペ・ヨンジュンとコ・ヒョンジョンが出演交渉中らしい。
「オータム・イン・ニューヨーク」("Autumn in New York",2000年)、「15ミニッツ」("15 Minutes",2001年)や、ジョナサン・デミ監督最新作"The Manchurian Candidate"、サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した"Down to the Bone"、そしてウェイン・クラマー(Wayne Kramer)監督、ポール・ウォーカー主演の新作アクション・スリラー"Running Scared"などに出演しているヴェラ・ファーミガ(Vera Farmiga)は「興味のわかない企画は避けてきたの。脚本を読んでも、どれも新鮮みが無くて、先が読めてしまう、全く印象に残らないものばかりだった。私は常に、情熱や、アイデアや、私に与えてくれる何かを期待している人間なの」と語ったようだ。
「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)のJ・J・エイブラムス(J.J. Abrams)監督と"Saturday Night Live"(1975年-)出身のシェリ・オテリ(Cheri Oteri)は、米ABCのコメディ企画に参加するようだ。
コミック界のベテラン、スタン・リー(Stan Lee)が立ち上げたPow! Entertainmentと、米Playboy誌の娯楽部門Alta Loma Entertainmentは、MTVのアニメ・パイロット"Hef's Superbunnies"を共同で制作するらしい。
新作「ターミナル」("The Terminal")プロモーションのためフランスを訪れているスティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスは、4日行われたドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)の30周年記念パーティに出席したようだ。トム・ハンクスは1975年のスタート以来、同映画祭には毎回出席しているらしい。
中絶や同性愛を描いたイラン映画"20 Fingers"がヴェネチア国際映画祭のデジタル部門で上映されたようだ。イランで35mmフィルムによる撮影を行う場合政府から機材を借りる必要があり、政府の世話人が撮影に参加することになるものの、デジタルビデオでの撮影ではそれがないため、脚本の承認のみで撮影が可能となるため、マニア・アクビラ(Mania Akbira)監督は脚本の承認を得てから全く別の撮影を行ったらしい。
「シュレック2」("Shrek 2")の北米を除く海外総興収が4億ドルを突破したらしい。
北米を除く海外週末興収では、23ヶ国で公開中のM・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")が950万ドルでトップとなり、総興収は4500万ドルに達したようだ。また、「ガーフィールド」("Garfield: The Movie")は週末興収840万ドル、総興収7770万ドル、「キング・アーサー」("King Arthur")は週末興収640万ドル、総興収1億1800万ドルを記録した模様。
マイケル・ムーア監督は6日、「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のアカデミー賞への出品について「私は最優秀ドキュメンタリー部門に出品しないことに決めた。スタッフにも言ったが、そのオスカーは誰か他の人に贈ってもらいたい。我々はもう最優秀ドキュメンタリーのオスカーを持っているからだ」とする声明を発表した模様。大統領選挙前のTV放映を狙っているらしい。
テリー・ギリアム監督次回作"Tideland"に、ジェフ・ブリッジスの出演が決まったようだ。
ヴェネチア国際映画祭で4日行われた「ベニスの商人」("The Merchant of Venice")の上映で、コンピュータの故障により200枚のチケットが二重に発券されたため、アル・パチーノやジェレミー・アイアンズが座る席が無くなってしまったらしい。結局70分遅れで公開がスタートしたものの、多くの観客がこの作品を観たがっていることをアル・パチーノは喜んでいたとか。一方、その後に予定されていたジョニー・デップ主演"Finding Neverland"の上映は午前2時15分にようやく始まり、Miramaxのハーヴェイ・ウェインスタインは観客を前に「"Finding Neverland"の早朝上映にようこそ。(映画祭総監督のマルコ・)ミューラーが皆さんにクロワッサンをサービスするだろうが、私は彼に"スケジュール"の意味を説くことにしよう。それから、足をセメントで固めて沼に放り込んでやるよ」と語ったようだ。
1950年代の英国を舞台に違法な中絶手術を受ける女性を描いたマイク・リー監督"Vera Drake"が、ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門で公式上映されたようだ。
9日に開幕する第29回トロント国際映画祭では、10日間で328本の作品が上映され、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、ショーン・ペン、ケヴィン・スペイシー、ヘレン・ハント、サンドラ・ブロック、スーザン・サランドンらがプロモーションのため会場を訪れる予定らしい。一方、ドキュメンタリー作品"Casuistry: The Art of Killing a Cat"の上映に対し、動物保護活動家らは上映を中止しなければ抗議活動を行う、と主催者側を脅迫しているようだ。
エレクトロニック・アーツは、PS2/Xbox/PC用ゲームソフト「スター・ウォーズ バトルフロント」を来月7日に発売するようだ。
カプコンに人気ゲーム「ビューティフルジョー」のTVアニメ化が決定、6日テレビ東京で制作発表が行われたようだ。大里雅史、桑谷夏子、浅野まゆみらが声優を務めるらしい。
ジョン・トラヴォルタは「半年毎にクエンティン・タランティーノから電話がかかってきて、ヴェガ兄弟の物語について話しているんだ。『パルプ・フィクション』("Pulp Fiction",1994年)の前編になる作品だよ。問題はお互いに忙しいこと。今や彼は大金を稼ぐようになったし、彼が僕でOKと言ってくれるかどうかは分からないよ」と語ったらしい。
「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の新しいポスターが公開されたらしい。
Walt Disney Picturesは、クライヴ・バーカー(Clive Barker)の小説「アバラット」("Abarat")の映画化権を獲得したようだ。ジョン・ハリソン(John Harrison)が脚本を執筆中らしい。
マーティン・スコセッシ制作総指揮、マーカス・ニスペル監督、パーカー・ポージー主演による、10月10日スタートの米USA Networkのドラマシリーズ"Frankenstein"の公式サイトがオープンしたようだ。
エンザ・サンバタロ(Enza Sambataro)と破局したベン・アフレックは、「デアデビル」("Daredevi",2003年)で共演したジェニファー・ガーナーと交際を始めたらしい。
J・K・ローリングの公式サイトで、シリーズ第6巻"Harry Potter and The Half Blood Prince"の序章からの2センテンスが公開されたらしい。「彼は、むしろ年老いたライオンのようだった」「彼の黄褐色のたてがみやモジャモジャの眉毛には灰色のものが混ざっていて、メガネの奥には鋭く黄色い目があり、少し足を引きずりながらも、長い足で優雅に歩き回っていた」
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」に主演する松岡昌宏と菊川怜が6日、都内の東宝スタジオで撮影を終了したようだ。クランクアップは今月12日になる模様。
小雪と坂口憲二が先月中旬、バリ島に滞在していたらしい。
「特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション」に主演する載寧龍二と木下あゆ美のトークショーが6日、都内で行われたようだ。
モバイル・ブロードキャスティングは、篠原哲雄監督、北村龍平監督を起用したパソコンおよび携帯電話向けオリジナル短編映画の製作を開始した、と発表したようだ。今冬から有料配信の予定とか。
河崎実監督、名波はるか主演による「実写版まいっちんぐマチコ先生 THE MOVIE Oh!コスプレ大作戦」が10月16日から都内劇場で公開されるらしい。
4日、全国294館、499スクリーンで公開がスタートしたヒュー・ジャックマン主演「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")は、週末興収6億3648万8250円、観客動員数45万8659人を記録したようだ(先月28日の先行を含む)。
米Sci Fi Channelは、「アンドロメダ・・・」("The Andromeda Strain",1971年)をリドリー・スコットの製作総指揮で、「遊星よりの物体X」("The Thing",1951年)をフランク・タラボンの監督でリメイクするらしい。それぞれ、全4時間のミニシリーズとして2005年12月か2006年春に放送されるようだ。
Exodus Filmが製作するCGアニメ映画"Igor"で、Warner Bros. Feature Animationの社長やDisney Feature Animationの上級副社長を務めたマックス・ハワード(Max Howard)が製作総指揮を務めることになったようだ。マッド・サイエンティストを夢見る研究所の助手が主人公のコメディで、2007年に劇場公開予定とか。
聖書をテーマにしたアベル・フェラーラ(Abel Ferrara)監督の新作"Mary"で、ヴィンセント・ギャロの出演が決まったようだ。サラ・ポーリーも出演交渉中らしい。
「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」("The Fog of War: Eleven Lessons of Robert S. McNamara",2003年)プロモーションのためエロール・モリス監督が来日したようだ。
新作"Bridget Jones: The Edge of Reason"でレネー・ゼルウィガーが着用した洋服が、ネットオークションにかけられるらしい。
「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)の第6シーズン最終回は2時間のTV映画として制作されるらしい。
「リービング・ラスベガス」("Leaving Las Vegas",1995年)などに出演しているマリスカ・ハージティは、"Law & Order: Special Victims Unit"(1999年-)で共演したピーター・ハーマン(Peter Hermann)と先月28日に結婚したようだ。
4日全国257スクリーンで行われた「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")の先行オールナイトは、興収1億3600万円を記録したようだ。
5月始めからLabor Dayまでのサマーシーズンの全米映画興行収入は39億6000万ドルに達し、昨年の38億8000万ドルから2.1%増となったものの、チケット販売枚数は6億3780万枚で、前年比0.76%の減少となったようだ。
米CBSは今月8日から、"CSI: Miami"(2002年-)でデヴィッド・カルーソが使用したサングラスや、"Survivor: All-Stars"(2004年)のロパート・ボーンハム(Rupert Boneham)とのディナーなどをeBayでチャリティ・オークションにかけるようだ。収益はエリザベス・グレイサー小児AIDS基金(Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation)に寄付されるらしい。
  9/8
ヴェネチア国際映画祭の国際批評家週間部門に出品された「恋の門」で監督を務めた松尾スズキが、カメオ出演した三池崇史、塚本晋也とともに現地で記者会見を行ったようだ。
「霧と影」(石井輝男監督,1961年)、「飢餓海峡」(内田吐夢監督,1965年)、「父と子」(保坂延彦監督,1983年)などの原作者として知られる、作家の水上勉さんが8日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国北東部の江原道は8日、「冬のソナタ」の人気による経済効果が年間160億ウォンに上る、と発表したようだ。
タイから拳銃を密輸したとして先日逮捕された都内在住の富川晶宏被告は、映画「子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる」(三隅研次監督,1972年)などシリーズ7作で大五郎役を演じた元俳優だったようだ。
「アイ,ロボット」("I, Robot")プロモーションのためウィル・スミスが来日、7日都内で記者会見を行ったようだ。
警視庁は8日、イラストレーター開田裕治によるゴジラ、ガメラ、ウルトラマンなどの原画26点を盗んだとして、都内在住の男性を逮捕したと発表したようだ。20点は無事に返還されたらしい。
「オールド・ボーイ」の1シーンを無断でバナー広告に使用したとしてチェ・ミンシクの所属事務所がCJホームショッピング社を訴えていた問題で、ソウル中央地方裁判所は7日、CJホームショッピング側に5500万ウォンの損害賠償の支払いを命じたようだ。
パン・ウンジン監督デビュー作「彼女の敵」でオム・ジョンファが連続殺人犯を演じるらしい。11月末に撮影が始まる模様。
ヴェネチア国際映画祭で10日、ミケランジェロ・アントニオーニ、スティーヴン・ソダーバーグ、ウォン・カーウァイの3人の監督による合作"Eros"がプレミア上映されるようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで9日から、ハロウィーン・イベント「スヌーピーのパンプキン・パーティ」をスタートするようだ。
開催中のヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で、三池崇史監督「IZO」が上映されたようだ。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で7日、キム・ギドク監督「空き家」が上映され、主演のイ・スンヨンらも出席したようだ。
米映画協会は8日、アジア地域で押収された海賊盤DVDやVCDが今年上半期だけで1180万枚に上った、と発表したようだ。
セックス狂の女性を主人公にしたジョン・ウォーターズ監督最新作"A Dirty Shame"が米国でNC-17指定となったことについて、ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)に出席したプロデューサーのクリスティン・ヴァション(Christine Vachon)は「もし2年前なら、米映画協会(Motion Picture Association of America)はR指定を与えていたでしょう。現政権の政治的な圧力や、家庭の価値と言う概念に屈したのだと思います。ヴァイオレンス映画を見せるほうが、子供達にはずっと有害です」と語ったようだ。
ヴィム・ヴェンダース監督"Land of Plenty"が出品されているヴェネチア国際映画祭コンペ部門で、審査員を務めるスパイク・リー監督は、かつてカンヌ映画祭で「ドゥ・ザ・ライト・シング」("Do the Right Thing",1989年)ではなくスティーヴン・ソダーバーグ監督の「セックスと嘘とビデオテープ」("Sex, Lies and Videotape",1989年)にパルムドールを与えたヴェンダースに復讐を果たすのでは、と言う憶測を否定「1989年のことさ。過去のことだよ」と語ったらしい。
米PBSは、イーニッド・ブライトン(Enid Blyton)の児童書に基づく英国のアニメシリーズ"Make Way for Noddy"の放送権を獲得したようだ。
トリーシャ・トーマス(Trisha Thomas)の小説"Nappily Ever After"の、パトリシア・カルドーゾ(Patricia Cardoso)監督、ハル・ベリー主演による映画化で、「17歳のカルテ」("Girl, Interrupted",1999年)を手掛けたリサ・ルーマー(Lisa Loomer)が脚本をリライトするようだ。
米CATV局Hallmark Channelが来年1月に放送を予定している"Mystery Movie"シリーズ全3作のうちの一つ"Jane Doe"で、リー・トンプソンが主演するようだ。難事件を解決する特殊な能力を持ち、極秘で政府のために働くサッカー・ママ、を演じるらしい。
ロン・リヴィングストンは、グレッグ・クレンナ(Greg Glienna)の脚本・監督によるインディ作品"Relative Strangers"への出演に向けて交渉中らしい。
Sonyの井原勝美副社長は8日、MGMの買収について依然として協議中である、と発言したようだ。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門に出品されているアモス・ギタイ監督の新作"Promised Land"が7日上映されたようだ。
今月24日にロサンゼルスで公開が予定されている、フィリップ・キャランド(Philippe Caland)監督のインディ映画"Hollywood Buddha"で、仏像の頭の上に監督が座っているポスターが使用されていることについて、タイの仏教徒の団体は抗議の書簡を米外務省に送ったようだ。
オンラインDVDレンタルの米Netflix社とTV録画機メーカーのTiVo社がまもなく提携を発表する模様。Netflixの会員がTiVoの機器を使用して、インターネット経由で映画をダウンロードできるようになるらしい。
まもなく公開となる「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")のVFXでは、スタント・ウーマンによるアクションシーンにミラ・ジョヴォヴィッチの顔を合成する、といった処理も行われているらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督による「宇宙戦争」("The War of the Worlds")のリメイクで、トム・クルーズは出演料として、総興行収入の10%を受け取るらしい。
ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)は9ヶ月になるヨークシャーテリアを飼っているものの、ところかまわずフンや小便をするため、どこにも連れて行けず困っているらしい。
メキシコ・オリンピックを舞台にしたアルフォンソ・クアロン監督次回作"Mexico '68"で、ジョン・レグイザモとヴァネッサ・ボウシェが共演するようだ。
来日中のウィル・スミスにフジテレビの中野美奈子アナが密着取材、8日の「めざましテレビ」でその模様が放送されたらしい。
東映の岡田茂相談役による自伝「波瀾万丈の映画人生」の出版記念パーティーが7日都内で行われ、森繁久彌、三國連太郎、里見浩太朗、佐久間良子、三田佳子ら1500人が出席したようだ。
ダグ・ライマン監督、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演の新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"で、アンジェラ・バセットとキース・デヴィッドの共演が決まったようだ。
「オネーギンの恋文」("Onegin",1999年)のマーサ・ファインズ脚本・監督による新作"Chromophobia"で、ペネロペ・クルス、ジョセイフ・ファインズ、レイフ・ファインズ、リス・エヴァンス、クリスティン・スコット・トーマス、イアン・ホルム、ベン・チャップリン、ダミアン・ルイス、ハリエット・ウォルターらが共演するようだ。先月より既にマン島で撮影が始まっているらしい。
ギレルモ・デル・トロ監督はすでに「ヘルボーイ」("Hellboy")の続編を企画中で、「3部作にしたい」と言っているらしい。
ケイト・ベッキンセイル主演による「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編は、前編の直後から物語が始まるらしい。撮影が11月にスタートするようだ。
エリザベス・ハーレーは第2子を妊娠している模様。
ケヴィン・スミス監督は、ベン・アフレック、マット・デイモンとともにオンライン短編映画コンテストを開催するようだ。
ギレルモ・デル・トロ監督「ヘルボーイ」("Hellboy")プロモーションのためロン・パールマンとセルマ・ブレアが来日、今月2日都内で記者会見を行ったようだ。
ブライアン・シンガー監督による「スーパーマン」シリーズ最新作で、ジム・カヴィーゼルが主演に決まった、という噂が流れているらしい。
ジェイムズ・キャメロンの次回作の主演に、ハリソン・フォードの名前が挙がっているらしい。
  9/9
「インファナル・アフェア 無間序曲」("Infernal Affairs II")のジャパンプレミアが8日都内で行われ、エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォンが舞台挨拶に立ったほか、加藤ローサが花束を贈呈したようだ。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で7日公式上映されたキム・ギドク監督「空き家」に、賞賛の声が相次いでいるらしい。
株式会社ネオ・インデックスは、ワーナー・ブラザース テレビジョンと複数年の非独占的ライセンス契約を締結、同社のVODサービス「Nextensive VOD」でワーナー・ブラザース作品の配信を始めるようだ。
伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)を描く、ソ・セウォン監督の新作「多黙 安重根」のプロモーションにBoAが参加するらしい。
渡辺謙が妻との離婚を求めていた訴訟で、東京地裁は9日、離婚を認める判決を下したようだ。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)第3シーズンのDVD発売プロモーションのためサラ・クラークが夫のザンダー・バークレイと共に来日、8日都内で記者会見を行ったようだ。
広島市西区の映画館「横川シネマ」では、夜間上映の空き時間にバンドや活弁士によるナイトショーを開催、毎回好評を得ているらしい。第3回の11日は京都で活動中のワールド・ミュージックグループ「ショーロ・アズー」の公演が行われるようだ。横川シネマ
マギー・チャンは、仏ELLE誌のインタビューに「歌手になりたい」と語ったらしい。主演したオリヴィエ・アサイヤス監督"Clean"の主題歌も歌っているようだ。
「二十四の瞳」映画製作五十周年記念委員会主催による、第一回観光地映画祭が、小豆島の内海町で12日に開催されるようだ。公開当時のノーカット版「二十四の瞳」(木下恵介監督,1954年)が上映されるほか、浜村淳による講演も行われるらしい。
来月23日から開催される第5回宝塚映画祭で、1945年から1954年にかけて存在した宝塚歌劇団男子研究生に在籍していた元研究生によるトークショーが行われるらしい。
第一興商は10日から、「ビッグエコー」八重洲本店で映画上映サービスをスタートするらしい。全92室のうち8室に大画面テレビが設置され、1作品1050円とボックス使用料で鑑賞できるらしい。
文化審議会の作業部会は9日、ユネスコが2005年秋の策定を目指す「文化多様性条約」の在り方について提言をまとめたようだ。国内で上映する外国映画の割合を制限する「スクリーンクオータ制」については「安易な規制よりも、補助金の活用や人材育成により国内の映画産業が育つ環境を整備すべきだ」と否定的な見解を示した模様。
米DirecTVは8日、10億ドルを投じて新たな衛星4機を打ち上げ、150の全国チャンネルと1500のローカルチャンネルを受信する全家庭にハイビジョン放送を供給できる体制を整える、と発表したようだ。
Queenのヒット曲を散りばめたミュージカル"We Will Rock You"が8日、ロサンゼルス市内の劇場で初日を迎え、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ロバート・デ・ニーロ、エリック・アイドルらが会場を訪れたようだ。
米Forrester Research社のデジタルビデオレコーダー(DVR)に関するアンケート調査によると、回答者の20%がDVRに対する感覚に「LOVE」という言葉を使ったらしい。またTV番組をDVRに録画した場合、92%の人がCMをスキップすると回答したようだ。
レイ・リオッタは、米NBCの犯罪ドラマ"Criminal Behavior"に主演するようだ。
米AMラジオ番組"The Power Hour"で司会を務めるデイヴ・ヴォンクライスト(Dave vonKleist)がプロデュースした、9.11テロをテーマとしたドキュメンタリー"911 in Plane Site"のDVDが7月末から米国で発売され、これまでに2万本以上売れたらしい。
先月31日に米国で発売されたメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ",2004年)のDVDとVHSは、発売1週間で900万本の売上を記録、実写作品としては「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを越えて過去最高となったようだ。
グレゴリー・リード(Gregory Read)の映画監督デビュー作となる"Like Minds"で、トニ・コレットが主演するようだ。
豪州の作家ルーク・デイヴィス(Luke Davies)の小説"Candy"の、ヒース・レジャー、ジェフリー・ラッシュ主演による映画化で、アビー・コーニッシュ(Abbie Cornish)が共演するようだ。
米主要映画スタジオは8日、デジタル映画上映の標準化を進める業界団体Digital Cinema Initiativesの1年間継続を正式に発表した模様。DCIは今月30日に技術標準バージョン5.0をリリース、さらに1年をかけて詳細を詰めると共にセキュリティ対策を進めるようだ。また、チャック・ゴールドウォーター(Chuck Goldwater)CEOはDCIを去り、ビジネス・プランニングに関する研究は今月30日で終了となるらしい。
米ケンタッキー・フライド・チキンのボイコットを訴える動物保護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)の広告にパメラ・アンダーソンが登場したようだ。
ロサンゼルス上級裁判所は8日、キャサリン・ゼタ=ジョーンズに対するストーカー行為で起訴された女性に対し行われていた精神鑑定の結果を受け、刑事訴訟を継続できるとする判断を下したようだ・
米Walt Disneyは8日、フロリダを襲ったハリケーン"Frances"のテーマパークへの被害は、3000万ドルから4500万ドルになると発表したようだ。
英BBCは8日、同社がTime Warner、Walt Disney、Bertelsmannを招き、BBC Worldwideの売却の可能性について会談を行った、とする米Financial Times紙の記事について「我々が会談を行ったのは、これらの企業だけではない。我々は助言を求めているだけで、売却を提案しているわけではない」と否定したようだ。
ジョナサン・グレイザー監督のサイコ・スリラー"Birth"でニコール・キッドマンと共演したローレン・バコールがヴェネチア国際映画祭に出席「自分の出た映画は観ないの。自分自身を観ても楽しくないもの」と語ったらしい。
ジョナサン・グレイザー監督の新作サイコ・スリラー"Birth"が8日、ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で公式上映され、主演のニコール・キッドマンらが出席したようだ。いくつかのシーンが批判を受けていることについて「『10歳の男の子とキスする映画が作りたい』と思ったわけじゃないわ。皆さんが愛について理解しようとする映画を作りたかったの」と語ったらしい。
東映は、「仮面ライダーアギト PROJECT G4」(2001年)と「百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える!」(2001年)の有料配信をスタートしたようだ。また、最新作「仮面ライダー剣 MISSING ACE」と「特捜戦隊デカレンジャー フルブラスト・アクション」の製作発表の映像も無料配信されているらしい。
マーティン・キャンベル監督、アントニオ・バンデラス主演による「マスク・オブ・ゾロ」("The Mask of Zorro",1998年)の続編"The Legend of Zorro"の撮影現場からの写真が公開されたようだ。
"Jurassic Park 4"の脚本が、もうまもなく完成する模様。
キルスティン・ダンストは、去年のMTV Video Music Awardsに出席した際「クリスティーナ・アギレラが私の真後ろに座っていたんだけど、ずっとおしゃべりしていたの。『マドンナみたいに私が彼女にキスすれば黙るかしら?』と思った」らしい。
ジーコ監督が一人二役を演じた映画「陽だまりのイレブン」("Uma Aventura do Zico",1998年)のDVDが来月8日に発売されるようだ。
大森一樹監督、伊原剛志、宇梶剛士、鳥羽潤、遠藤久美子共演の短編映画「PLAY BALL!」が9日から専用サイトで配信されるらしい。
来日中のウィル・スミスは8日、日本テレビの番組収録に参加「日本で映画を撮るという夢を実現するために、今日本語を勉強中なんだ」と発言したらしい。
9日の衆院総務委員会に、NHK海老沢勝二会長が参考人として出席「不祥事を起こしたことを深く反省し、全職員に意識徹底させる」などと発言したらしい。また、海老沢会長による"謝罪番組"が11日午後2時から放送されるようだ。
「アイ,ロボット」("I, Robot")のプレミア試写会が8日都内で行われ、ウィル・スミスが舞台挨拶に立ったようだ。釈由美子も登場したらしい。
Warner Bros.は「ハワイ5-O」("Hawaii Five-O",1968-80年)のリメイク権を獲得したようだ。「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")のジョージ・ノルフィ(George Nolfi)が脚本を執筆、2006年夏の公開を予定しているとか。
ノア・ワイリーは、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)からの降板を検討しているらしい。
ミシェル・ゴンドリー監督によるタイトル未定の新作ミュージカル・コメディで、デイヴ・シャペルがプロデュースと主演を務めるらしい。
国際宇宙ステーションで起こった殺人事件を描いたピーター・マカリスター(Peter McAllister)のSFスリラー小説"Cosmonaut"が映画化されるようだ。ロバート・キング(Robert King)、ミシェル・キング(Michelle King)夫妻が脚本を担当するらしい。
「がんばれ!ベアーズ」("The Bad News Bears",1976年)のビリー・ボブ・ソーントン主演によるリメイクは、リチャード・リンクレイターが監督するようだ。
「スター・ウォーズ」オリジナル三部作のDVDには、やっぱりヘイデン・クリステンセンがアナキン・スカイウォーカーとして登場するらしい。
アンドリュー・バカラー(Andrew Bakalar)監督の新作SFスリラー"Patient 14"で、ジョージ・タケイとジョン・デ・ランシー(John de Lancie)が共演しているらしい。
来日中のウィル・スミスは9日、六本木velfarreで開催されたMTV主催のイベント「MTV アイ,ロボット Night」に出席したようだ。
マスター・P主演の映画"I Got the Hook Up"(1998年)で使用されたN.W.A.の楽曲"100 Miles and Runnin"でのサンプリングに関する訴訟で、米連邦控訴裁判所は7日、原曲が識別できないほどの断片であっても楽曲のサンプリングには使用料を支払う必要がある、とする判決を下したようだ。
New Line Cinemaの新作アクション・コメディ"Ride Along"で、クリス・コッホ(Chris Koch)が監督を務めるようだ。
イーディ・ファルコ、カミーラ・ベル、ショーン・アシュモア、マーティン・ドノヴァンの4人は、エリシャ・カスバート主演の新作スリラー"Dot"で共演するようだ。撮影は今月始まるらしい。
ジェイムズ・ガンドルフィーニが、酒気帯び運転の車に追突されたらしい。双方に怪我はなかった模様。
ジミー・カーター米国第39代大統領は「私はおそらく、ロバート・レッドフォードのおかげで大統領になれた」と語ったようだ。レッドフォードは、当時の現職ジェラルド・フォード大統領との政治討論を前に、1960年のジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンの討論会のビデオを繰り返し再生し、助言を与えていたらしい。
トム・クルーズは6日、クロアチアの古代都市ドゥーブロヴニク(Dubrovnik)を突然訪問したようだ。
バンダイビジュアル株式会社は「装甲騎兵ボトムズ」のTVシリーズとOVA全話を収録したDVD-BOX「装甲騎兵ボトムズDVDメモリアルボックス」を来年2月23日に発売する、と発表したようだ。
  9/10
ジャン=ジャック・アノー監督「トゥー・ブラザーズ」("Two Brothers")の特別試写会が9日都内で行われたようだ。
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDは12月23日に発売されるようだ。
バンダイが設立したコンテンツプロジェクトが制作に参加したTVアニメシリーズ2作品「陰陽大戦記」「冒険王ビィト」が、今月30日からテレビ東京でスタートするようだ。
北朝鮮で10日、ロシア映画上映週間がスタートしたらしい。
11日に行われる第4回光州国際映画祭の閉幕式でチョン・ウンインと共に司会を務める予定だったチェ・ミンソは、阪本順治監督「亡国のイージス」への出演が決まったとの報道を受け、急遽交代させられたらしい。"日本の極右映画出演"と報じられ、批判を浴びているとか。
来年旧正月前後に中国中央電視台で放送される全20話のドラマ「銀色年華」に、中国広報大使のチャン・ナラが出演するようだ。16日から撮影が始まる模様。
11月公開予定のイ・ジェハン監督「私の頭の中の消しゴム」で、チョン・ウソンとソン・イェジンが官能的なラヴシーンを演じているらしい。
プロ野球選手の兵役逃れ問題で、警察当局が入手した兵役ブローカーの名簿には映画俳優ら4人の芸能人の名前も含まれていたらしい。
第29回トロント国際映画祭が9日、アネット・ベニング主演"Being Julia"の上映で幕を開けたようだ。NBAで活躍するヤオ・ミン選手の日常を追ったドキュメンタリー映画も上映されるらしい。
ペ・ヨンジュンが出演するKDDIの新CMが今月下旬から放送されるらしい。
ヴェネチア国際映画祭で10日、ミケランジェロ・アントニオーニ、スティーヴン・ソダーバーグ、ウォン・カーウァイの3人の監督が手掛けた新作"Eros"が上映されたようだ。ウォン・カーウァイ監督は「この作品を手掛ける動機となったのはミケランジェロ・アントニオーニだった。彼は私や、私と同世代の監督にとって手本となる存在だ」と語ったらしい。。
米Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOは、任期切れとなる2006年9月に退任する意向のようだ。
"Insomniac with Dave Attell"(2001年)などに出演、"Saturday Night Live"(1975年-)では脚本を手掛けているComedy Centralのベテラン、デイヴ・アッテル(Dave Attell)は、米FOXと契約、新しいシチュエーション・コメディに主演するようだ。
昨年9月に亡くなった俳優ジョン・リッターの遺族が、死因が医療ミスだったとして病院を訴えたようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")を配給するLions Gateは、今月24日からの再上映を計画しているらしい。
全米週末公開作品では、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のシリーズ第2弾「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")が2000万ドル前後、クリス・エヴァンス主演のスリラー"Cellular"が1000万ドル程度の週末興収を記録する、と予想されているようだ。
シャロン・ストーン主演による「氷の微笑」("Basic Instinct",1992年)の続編は、マイケル・ケイトン=ジョーンズが監督を務めることになったようだ。
ジョン・ウェインの記念切手が9日米国で発売され、ロサンゼルス市内の劇場で記念式典が行われたようだ。
ヴェネチア国際映画祭ヴェネチア・オリゾンティ部門で9日、塚本晋也監督「ヴィタール」が上映されたようだ。
「白雪姫」("Snow White and the Seven Dwarfs",1937年)、「ピノキオ」("Pinocchio",1940年)、「ファンタジア」("Fantasia",1940年)、「ダンボ」("Dumbo",1941年)、「バンビ」("Bambi",1942年)、「シンデレラ」("Cinderella",1950年)、「ふしぎの国のアリス」("Alice in Wonderland",1951年)、「ピーター・パン」("Peter Pan",1953年)、「わんわん物語」("Lady and The Tramp",1955年)、「眠れる森の美女」("Sleeping Beauty",1959年)、「メリー・ポピンズ」("Mary Poppins",1964年)、「ジャングル・ブック」("The Jungle Book",1967年)など数多くのディズニー作品を手掛けた、米アニメーターのフランク・トーマス(Frank Thomas)さんが8日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
10日からニューヨークとロサンゼルスで公開が始まる低予算作品"When Will I be Loved"に出演したネーヴ・キャンベルは「自分の好きな脚本を選ぶようになって、私の興行収入は落ちたし、状況も少し変わった。でも、自分のお金については厳しくしていた。だから、お金のために何かしなければならないとは思わない」と語ったようだ。
地元イタリアの映画監督ジャンニ・アメリオ(Gianni Amelio)の作品"Le chiavi di casa"("The House Keys")が9日、ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で上映され、観客からの賞賛を浴びたようだ。
ヴィム・ヴェンダース監督"Land of Plenty"が9日、ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で公式上映されたようだ。監督は「これは反米映画ではない。多くの混乱や苦痛や妄想に対処しようとする作品だ」と言っているらしい。
映画"Hollywood Buddha"で、仏像の頭の上に監督・主演のフィリップ・キャランド(Philippe Caland)が座っているポスターが使用されていることに対し、タイの仏教団体が非難していた問題で、カランド監督は謝罪するとともにポスターの撤去を約束したようだ。また"Hollywood Buddha"の本編前に監督の謝罪メッセージが上映されるらしい。
米Yahoo!は9日、米NBCのドキュメンタリー・シリーズ"The Apprentice"(2004年-)の第2、第3シーズンの製作とプロモーションに関する契約を結んだ、と発表したようだ。
マイク・リー監督"Vera Drake"に出演した英国女優イメルダ・スタウントン(48)は、35歳以上の女性の役は限られているのでは?という質問に対し「いいえ、英国では違うわ。大きなお尻の私達にも仕事があるんですから」と語ったようだ。
LucasfilmとFox Home Entertainmentによる「スター・ウォーズ トリロジー」DVD-BOXの発表会が8日開催され、マーク・ハミルが登場、ジョージ・ルーカスが当初構想を立てていたエピソードVII〜IXについて語ったらしい。また、Lucasfilmのジム・ウォード(Jim Ward)は、「スター・ウォーズ」のTVシリーズを企画していることを明らかにしたようだ。
Warner Bros. Picturesによる「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化で、ジョニー・ノックスヴィルとショーン・ウィリアム・スコットの出演が決まったようだ。 [☆アシュトン・カッチャーとポール・ウォーカーじゃなかったの?]
麻薬売人ジェシー・ジェイムズ・ハリウッド(Jesse James Hollywood)の実話に基づく、ニック・カサヴェテス・脚本・監督の次回作"Alpha Dog"にジャスティン・ティンバーレイクが出演するらしい。
昨年末に婚約したケイティ・ホームズとクリス・クラインの大喧嘩が目撃されたらしい。ホルムズの代理人は新しい家のことで議論していただけで、別れるわけではない、と説明しているようだ。
マット・ルブラン主演による「フレンズ」("Friends",1994-2004年)のスピンオフ"Joey"(2004年-)が9日スタートしたようだ。
「ジョゼと虎と魚たち」(犬童一心監督,2003年)の「ハイウェイ」(くるり)、「ゼブラーマン」(三池崇史監督,2004年)の「日曜日よりの使者」(ザ・ハイロウズ)など映画に使用された邦楽を集めたコンピレーションアルバム「FILM BEAT #1」が22日にリリースされるようだ。
"Finding Neverland"に主演したジョニー・デップは「いつまでも少年や子供のままでいたい、という考えは美しい。でもそれは誰でも出来ることだと思う。僕は、大人になっても小さな子供のようなエネルギーや好奇心や魅力を持っている人をたくさん知っている。僕らはそれが出来ると思うし、大切なことだと思う。けれども、僕は年を取ることがすごく楽しいし、素晴らしいことだと思うよ」と語ったようだ。
人気ゲーム"Doom"の映画化で、当初監督に予定されていたエンダ・マカリオン(Enda McCallion)が「個人的な理由」で降板、アンジェイ・バートコウィアクが新たに監督を務めることになったようだ。
来年3月発売のビデオゲーム"Area 51"の映画化で、「トゥームレイダー2」("Lara Croft Tomb Raider 2: The Cradle of Life")、「ペイチェック 消された記憶」("Paycheck")などを手掛けたディーン・ジョーガリス(Dean Georgaris)が脚本を担当するようだ。
Radar Picturesは、米Esquire誌の編集主任A・J・ジェイコブ(A.J. Jacobs)の新著"The Know-It-All: One Man's Humble Quest to Become the Smartest Person in the World"の映画化権を獲得、バリー・ソネンフェルドが監督と製作を務めるようだ。
ジェフ・スタンツラー(Jeff Stanzler)監督によるタイトル未定の新作で、ロビン・ライト・ペンとサンドラ・オーが共演するようだ。トラブルを抱えた女性を乗せたアラブ人のタクシー運転手の話らしい。
トム・ハンクスの主演が予定されている「生きる」(黒澤明監督,1952年)のハリウッド版リメイクは、ジム・シェリダンが監督を務めるようだ。
「スター・ウォーズ」オリジナル三部作のDVDでさらに幾つかの変更が加えられていることについて、Lucasfilmの広報担当者ジム・ウォード(Jim Ward)は「(ルーカスが)常に言っていたことだが、アーティストには自分の望む方法で作品を観せる権利があると強く信じている。個人の作品という点では、どのようにその作品を観せるかは、アーティストの権利だ」と語ったようだ。
まもなく全米公開となる新作"The Forgotten"についてジョゼフ・ルーベン監督は「この作品の面白いところは、サイコスリラーのように始まるが、(ジュリアン・ムーア演じる)主人公と共にストーリーを追っていくと、SF映画としての要素が大きくなっていくところなんだ」と語ったようだ。
カート・ウィマー監督・脚本による近未来ヴァンパイア映画"Ultraviolet"の撮影を終えたミラ・ジョヴォヴィッチは「超クールな作品。『バイオハザード』とは全く違うけど、SF映画でウィルスも登場する。でも、共通点はそれだけよ」と語ったようだ。
大谷健太郎監督「約三十の嘘」の完成披露試写会が10日都内で行われ、椎名桔平、中谷美紀、妻夫聡、田辺誠一、八嶋智人、伴杏里らが出席したようだ。
「世紀の女王」("Bathing Beauty",1944年)、「素晴らしきヒコーキ野郎」("Those Magnificent Men in Their Flying Machines, or How I Flew from London to Paris in 25 hours 11 minutes",1965年)などの作品で活躍し1997年に亡くなったコメディアン、レッド・スケルト(Red Skelton)の遺品がインディアナ州ヴィンセントの大学に寄贈されるようだ。
"Transporter 2"撮影中のジェイソン・ステイサムはハリケーン"Frances"に遭遇、ホテルに缶詰となり、恋人との時間がタップリ取れて喜んでいるとか。
キャサリン・ヘプバーンが所有していた写真、手紙、スクラップブックなど数千点が、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)に寄贈されたようだ。
  9/11
ビートたけしが、中退していた明治大学の「特別卒業生認定制度」第1号に選ばれ、"卒業"したらしい。特別功労賞も授与されたとか。
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」のDVDに収録された映像が、劇場公開時と色合いが異なるとして、京都市の弁護士ら3人が販売元のウォルト・ディズニー・ジャパンに対しDVDの交換と慰謝料の支払いを求めていた訴訟は、和解が成立した模様。 [☆色をもとに戻して再発売してください。買いなおしますから・・・。]
「珈琲時光」がヴェネチア国際映画祭コンペ部門で10日公式上映され、ホウ・シャオシェン監督、浅野忠信、一青窈らが出席したようだ。
森川時久監督「ハルウララ」の撮影が11日高知競馬場で行われ、(代役の)ハルウララが初勝利を飾ったようだ。本物のハルウララもファン1300人の前に姿を見せたとか。
香川県庵治町は、行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」でセット撮影された写真館を同町内に復元する方針を固めたようだ。
「フランソワ・トリュフォー映画祭 8本の恋の炎」が18日から長崎市の長崎セントラル劇場で行われるようだ。
テキサス州のダラスでは、"George W. Bush: Faith in the White House"などを上映する保守派主催のAmerican Film Renaissance Festivalと、"Voices From the Movement"などの反戦作品を上映するリベラル派のTake Back Democracy Film Festivalが、数キロはなれた場所で同時開催されているらしい。
尊厳死の権利を訴え続けたスペイン人活動家ラモン・サンペドロ(Ramon Sampedro)の生涯を描く新作"Mar adentro"("Out to Sea")について、アレハンドロ・アメナーバル監督は「(安楽死についての)議論が再び始まれば素晴らしい。私はこの物語の人間的側面、ラモン・サンペドロのカリスマやユーモアのセンス、生と死に対する考え方に心を引き付けられた。その中心に安楽死の話題がある。この作品によって一人一人が『安楽死の問題について議論しようじゃないか』と思うようになって欲しい」と語ったようだ。
ヴェネチア国際映画祭で10日、DreamWorksの新作フルCGアニメ"Shark Tale"のワールド・プレミアが開催されるようだ。声優を務めたウィル・スミス、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロらが出席する予定らしい。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の金獅子賞最有力候補として、批評家はマイク・リー監督"Vera Drake"、観客はキム・キドク監督「空き家」("3-iron")を挙げているらしい。
9日スタートしたマット・ルブラン主演による「フレンズ」("Friends",1994-2004年)のスピンオフ"Joey"(2004年-)は、平均視聴者数1790万人を記録したようだ。
アオミ・キャンベルは、11日放送の英国のトークショーで、自らの薬物依存について語っているらしい。
"Team America: World Police"の公式サイトが更新されたようだ。「金正日コーナー」では、新しい壁紙などが追加されたらしい。
クリスタナ・ローケン主演による人気ゲームソフトの映画化"BloodRayne"の公式サイトで、撮影風景などの写真が公開されたようだ。
米Playmates Toys社は、ピーター・ジャクソン監督"King Kong"関連商品の製造・販売についてUniversal Studios Consumer Products Groupと全世界でのライセンス契約を結んだ、と発表したようだ。
MTVの"Total Request Live"に出演したパリス・ヒルトンは「高校時代は本当にひどかった。テストは全部カンニングしてた。今はすごく後悔してる。カンニングをして宿題もやらなかったから、結局何も学ばなかった」と語ったようだ。
メアリー=ケイト・オルセンとデヴィッド・カッツェンバーグ(David Katzenberg, DreamWorksのジェフリー・カッツェンバーグの息子)は破局した模様。
中国国家広播電影電視総局映画事業管理局主催による「日本映画祭2004」が17日から北京で開催されるようだ。「七人の侍」(黒澤明監督,1954年)、「犬夜叉 時代を越える想い」(篠原俊哉監督,2001年)、「壬生義士伝」(滝田洋二郎監督,2003年)、「きょうのできごと」(行定勲監督,2004年)、「バーバー吉野」(荻上直子監督,2004年)、「深呼吸の必要」(篠原哲雄監督,2004年)、「父と暮せば」(黒木和雄監督,2004年)の7作品が上映されるらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のIMAX版が、メルシャン品川アイマックスシアターなど全国3ヶ所のIMAXシアターで公開されるようだ。
夏目雅子「海童」の俳号での俳句や、篠田正浩監督、和田勉らの証言集、未公開写真などを収録した「優日雅 夏目雅子ふたたび」が出版され、話題となっているようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手掛けたWeta Digitalは、遠距離通信会社Gen-iと共同でThe New Zealand Supercomputing Centerを設立するようだ。南半球では最大の商用スーパーコンピューター施設になるらしい。
"Aeon Flux"撮影中負傷したシャーリーズ・セロンは、厚底の靴でバック転をしようとして滑り、首を痛めたらしい。恋人のスチュアート・タウンゼンドは「危うく脊髄を痛めるところだった。彼女は元気だが、もっとひどいことになっていた可能性もあった」と語ったようだ。6週間の安静が必要とか。
ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)の児童書「コララインとボタンの魔女」("Coraline")のヘンリー・セリック監督による映画化は、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」("The Nightmare Before Christmas",1993年)と同じくストップモーション・アニメーションの手法で製作されるらしい。
ロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")で主人公の少年を演じたトム・ハンクスは「少年時代に戻れたよ。最初にキャストが集まった時、僕は大きな音でオナラをしたんだ。みんな堅苦しい雰囲気だったからね」と語ったようだ。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")に主演したミラ・ジョヴォヴィッチは「第1作があんなにヒットするとは期待してなかった。せいぜいカルト的な人気になるくらいだろうと思っていたの。だから、今回も成功を祈っているし、そうなってくれたら嬉しい。もし、みんながもう1作を望むなら、是非そうしたいわ」と語ったようだ。
ジョージ・ルーカスはMTVとのインタビューで「オリジナルの『スター・ウォーズ』は3作品だけだった。それは意図したものだった。その後熟考を重ねて、前日談を作ることにしたんだ。だが、エピソードVIが終わりだ。それ以上はない」と、あらためてエピソードVII以降の製作を否定したようだ。また、1年以内に「インディ・ジョーンズ」の撮影に入りたい、と語ったらしい。
米CATV局のBravoで来月12日スタートのオーディション番組"Manhunt: The Search for America's Most Gorgeous Male Model"で、カーメン・エレクトラが司会を務めるらしい。
  9/12
石田秀範監督「仮面ライダー剣 MISSING ACE」が11日初日を迎え、椿隆之、森本亮治らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
メキシコで新作"The Legend of Zorro"撮影中のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが9日、武装グループに危うく誘拐されそうになったらしい。
榎本健一主演の幻の作品「らくだの馬さん」(石原均監督,1957年)が22日と23日に浅草で上映されるらしい。
崔洋一監督「クイール」("道盲犬小Q")の興収1400万香港ドル突破記念イベントが9日香港で開催され、ジジ・リョンらが出席したようだ。
「カンフーハッスル」("功夫")の製作発表が9日北京市内で行われ、監督・主演のチャウ・シンチーらが出席したようだ。来月始めには撮影終了の予定とか。
伝説的ジャズ・シンガー、ボビー・ダーリン(Bobby Darin)の生涯を描く、ケヴィン・スペイシー監督・脚本・主演の新作"Beyond the Sea"が11日、トロント国際映画祭で上映されたようだ。
クリス・クーパー、ダリル・ハンナ、マリア・ベロら共演の新作殺人ミステリー"Silver City"がトロント国際映画祭で上映されたようだ。監督のジョン・セイルズは「(クリス・クーパー演じる政治家の)キャラクタは、テキサス州知事に立候補した時のジョージ・W・ブッシュをモデルにしたんだ」と語ったらしい。
ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の授賞式が11日開催され、金獅子賞にマイク・リー監督"Vera Drake"、監督賞に当る銀獅子賞に「空き家」("3-iron")のキム・ギドク監督、グランプリにアレハンドロ・アメナーバル監督"Mar adentro"("Out to Sea")が選ばれたようだ。また、宮崎駿監督「ハウルの動く城」を製作したスタジオジブリに技術貢献賞が贈られたらしい。
「チャイルド・プレイ」シリーズ第5弾"Seed of Chucky"の新しいポスターが公開されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("War of the Worlds")のリメイクは、タイトルが"Out of the Night"に変更になる模様。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"に、オーストラリア人俳優のジョン・サムナー(John Sumner)とクレイグ・ホール(Craig Hall)の出演が決まったようだ。
マイク・ニューウェル監督による「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")で、パーヴァティ・パティル役をシェファリ・チョウドリー(Shefali Chowdhury)が、パダマ・パティル役をアフシャン・アザド(Afshan Azad)、ガブリエラ・デラクール役をアンジェリカ・マンディ(Angelica Mandy)が演じることが決まったようだ。
「X-ファイル ザ・ムービー」("The X-Files",1998年)の続編に、ロバート・パトリックも出演するらしい。
ブリトニー・スピアーズのプロデュースによる香水ライン"Curious"のCMが、17日からインターネットで公開されるらしい。
「冬のソナタ」主題歌の日本語版を歌うSeptemberが11日、都内でミニライヴと握手会を行ったようだ。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」が11日初日を迎え、監督らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。また、主演の上野樹里は大阪で舞台挨拶を行ったらしい。
  9/13
ジョージ・ルーカス監督は9.11テロの映画化について「まだ生々しすぎる。ドキュメンタリーを上回るフィクションを作るのは難しい」と語ったようだ。
Pixar/Disneyの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の日本語吹替え版で、三浦友和と黒木瞳が声優を務めるらしい。
鈴木雅之監督「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」の観客動員数が、公開2週間で100万人を突破した模様。
レニー・ハーリン監督「エクソシスト ビギニング」("Exorcist: The Beginning")の来月16日の日本公開が決定した模様。
日本テレビは、キム・ジョンウン、パク・シンヤン共演の韓国ドラマ「パリの恋人」の放送権を約7000万円で獲得したらしい。来年初めに放送予定とか。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」の挿入歌を、Sum 41が歌うらしい。
最新作「空き家」で第61回ヴェネチア国際映画祭監督賞を受賞したキム・ギドク監督が13日、帰国したようだ。
2004韓国映画フェスティバルが、20日からシドニーなどオーストラリアの4都市で開催されるらしい。「ブラザーフッド」(カン・ジェギュ監督)、「オアシス」(イ・チャンドン監督)、「オールド・ボーイ」(パク・チャンウク監督)、「同い年の家庭教師」(キム・ギョンヒョン監督)、「殺人の追憶」(ポン・ジュノ監督)の5作品が上映されるようだ。
CJエンターテインメントとシネコンチェーンのCJ CGVは今年10月、韓国内3ヶ所に独立系作品専門の常設上映館をオープン、年間30本の独立系作品、アート系作品を上映するらしい。
今月3日より韓国で公開中のチョン・ウンイン、チェ・ミンソ共演の新作「ドント・テル・パパ」は、公開1週間で22万人、これまでに50万人の観客動員を記録、予想を上回る大ヒットとなっているらしい。
ヴェネチア国際映画祭で監督賞を受賞したキム・キドク監督の「空き家」("3-iron")について、スパイク・リー監督がリメイク権を買いたい、とその場で持ちかけたらしい。
レスリー・チャン48回目の誕生日となった12日、香港のマダム・タッソー蝋人形館では、レスリー・チャンの人形の前に各国のファンが集まり、誕生日を祝ったようだ。
10月23日から開催される第17回東京国際映画祭は、山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」がオープニング作品、宮崎駿監督「ハウルの動く城」がオープニング・ナイト作品、スティーヴン・スピルバーグ監督「ターミナル」がクロージング作品に選ばれたようだ。山田洋次監督はコンペ部門の審査員長も務めるらしい。
プライムタイム・エミー賞のノミネーションが12日発表され、HBOのミニシリーズ"Angels in America"が21部門でノミネートされたようだ。
「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")の日本での週末興収は430万ドルに達した模様。
Paramount Picturesは、TVドラマシリーズ「サブリナ」("Sabrina, the Teenage Witch",1996-2003年)を映画化するようだ。原作コミックを販売するArchie Comicsと共同製作契約を結んだ模様。
北米を除く海外週末興収は、25カ国で公開中のM・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")が1400万ドルでNo.1となり、総興収は6200万ドルに達したようだ。
レイ・チャールズの生涯を映画"Ray"が12日、トロント国際映画祭で上映されたようだ。主演したジェイミー・フォックスは「モノマネではなく、レイ・チャールズのニュアンスをつかむことを大切にした」と語ったらしい。
テリー・ジョージ(Terry George)監督・脚本、ドン・チードル主演による新作"Hotel Rwanda"が13日、トロント国際映画祭で上映されるようだ。
チケットの二重発券や上映時間の遅れなど様々なトラブルに見舞われた今年のヴェネチア国際映画祭について、主催団体のヴェネチア・ビエンナーレ(Venice Biennale)のデヴィッド・クロフ(Davide Croff)会長は「努力はしたが、奇蹟は起こせなかった」と語ったらしい。
全米週末興収は「バイオハザードII アポカリプス」("Resident Evil: Apocalypse")が2370万ドルで初登場1位を記録、スリラー"Cellular"は1060万ドルで2位のスタートとなったようだ。
「先週、最後の作品の撮影を終えた。最後のシーンでは、青い背景の中の青い廊下を歩きながら、そこにいない誰かと会話をした。涙が出たよ。とても優しい別れだった」と、シリーズ最終作"Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith"でC-3POを演じたアンソニー・ダニエルズは語ったようだ。
大森一樹監督、伊原剛志、宇梶剛士、遠藤久美子、鳥羽潤共演の短編作品「PLAY BALL!」がTHE SUPER DRY FILMS第2弾として無料配信されているらしい。
ケヴィン・スペイシー製作、ニック・グーテ(Nick Guthe)監督のブラックコメディ"Mini's First Time"で、アレック・ボールドウィンとニッキー・リード(Nikki Reed)の共演が決まったようだ。来月からロサンゼルスで撮影が始まる模様。
Lions Gate Filmsは、ポール・ハギス(Paul Haggis)監督、ブレンダン・フレイザー、ドン・チードル、フォレスト・ウィテカー、エヴァ・メンデス、タンディ・ニュートン、ライアン・フィリップ、サンドラ・ブロック、マット・ディロン、ジェイソン・アイザックス、ジェニファー・エスポジトら共演の群集劇"Crash"の北米配給権を獲得した模様。
次期ジェイムズ・ボンドはダグレイ・スコット、という噂があるらしい。
ファンサイトKing is Kong.netでは、ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の製作日記や関連ニュースなどが掲載されているようだ。
クリスティーナ・アギレラは、自らの名前を米国特許庁に商標登録申請したらしい。
アダム・サンドラー、クリス・ロック共演のリメイク版"The Longest Yard"で映画デビューするラッパーのネリー(Nelly)は「ウィル・スミスのようになりたいよ。でもウィルは才能ある俳優だし、きつい仕事をこなしている。一生懸命働くことをためらったりしないよ。それが僕のやるべきことだからね」と語ったようだ。
森川時久監督「ハルウララ」の撮影が12日高知競馬場で行われ、ガッツ石松が参加したようだ。
崔洋一監督、北野武主演の新作「血と骨」が、来月7日に開幕する第9回釜山国際映画祭のアジア映画の窓(A Window On Asian Cinema)部門に出品されることが決まったようだ。
Universalは、新人ジョシュ・グリーンバーグ(Josh Greenberg)によるアドベンチャー・コメディ"Delaware McChoad"の脚本を獲得したようだ。
ロバート・エヴァンス(Robert Evans)とParamount Picturesは、ロイス・フランケル(Lois Frankel)の小説"Nice Girls Don't Get the Corner Office"の映画化権を獲得したようだ。また、来年出版予定の続編"Nice Girls Don't Get Rich"についてもオプション契約を結んだらしい。
New Lineは、過保護な父親と大学生の娘を主人公にしたジェイク・シャピロ(Jake Shapiro)によるタイトル未定の脚本を映画化するようだ。
「10日間で男を上手にフル方法」("How to Lose a Guy in 10 Days",2003年)の続編小説"How to Tell He's Not the One in 10 Days"の映画化で、Paramountは脚本家にグレン・ウェルズ(Gren Wells)を起用したようだ。
マイケル・レーマン監督の新作コメディ"Mary Warner"で、ウィノナ・ライダーの主演が決まったようだ。撮影は来年1月15日からロサンゼルスで始まる模様。
トマス・ジェファーソンが派遣した北西航路の探検隊を描く、Universal Picturesの新作"Clark & Lewis"で、ギャヴィン・オコナー(Gavin O'Connor)が監督、グレッグ・オコーナー(Greg O'Connor)が製作を担当するほか、2人が脚本を執筆するようだ。
米CBSのリアリティ番組"The Amazing Race"(2001年-)の第6シーズンは、当初第5シーズン終了直後の来月2日スタートが予定されていたものの、来月後半から11月前半に延期されるようだ。
アントワン・フークア監督、デンゼル・ワシントン、ベニチオ・デル・トロ共演の新作"American Gangster"(旧タイトル"Tru Blu")で、ダニア・ラミレス(Dania Ramirez)が出演交渉中のようだ。
ポール・W・S・アンダーソンは「僕はずっと『バイオハザード』("Resident Evil")は3部作にしようと考えていた。第1作はゲームの世界の前日談で、新作はゲームの世界と交差する。第3作は、ゲームのその後を描くことになるだろう」と語ったようだ。
「マルコムX」("Malcolm X",1992年)、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」("Lulu on the Bridge",1998年)、「ピニェロ」("Pinero",2001年)、「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」("Antwone Fisher",2002年)、「タイムリミット」("Out of Time",2003年)などに出演した、俳優のO・L・デューク(O.L. Duke)さんが10日亡くなった(51歳)。ご冥福をお祈りいたします。
電気シェイバーのCMに出演するハイジ・クラムは、自分の足に200万ドルの保険をかけたようだ。
「シカゴ」("Chicago")、「キャバレー」("Cabaret")など数多くのミュージカル作品や、映画「ニューヨーク・ニューヨーク」("New York, New York",1977年)の主題歌でも知られる、作詞家のフレッド・エッブ(Fred Ebb)さんが11日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  9/14
台風18号で倒壊した大分県宇目町の「ととろバス停」は、町が再建に乗り出すようだ。
「ヨンサマ」が13日大井競馬1レースでデビュー、60人もの報道陣やペ・ヨンジュンのファンも駆けつけ、単勝4.1倍の2番人気となったものの、最下位に終わったようだ。
バッキンガム宮殿内に13日、バットマン(に扮装した男)が進入したらしい。
米MGMの買収交渉で、Sonyは提示額を1株当たり11.25ドルから12ドルに引き上げた模様。一方、Time Warnerは13日、MGMの買収を断念すると発表したようだ。
イラン当局は、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の劇場公開を許可、14日からテヘラン市内の劇場で上映されるようだ。
東宝は、行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」の大ヒットなどを受け、2004年8月中間期の業績予想について、売上高を416億5000万円から475億円に、経常利益を67億9000万円から98億円に上方修正したようだ。「世界の中心で、愛をさけぶ」は12日までに興収83億円、観客動員数619万人に達した模様。
20日に上海で開催される、ウォン・カーウァイ監督「2046」のプレミア上映のチケット販売が14日からスタートしたようだ。一般チケットが500元、VIPチケットが2046元で、VIPチケットはトニー・レオン、カリーナ・ラウらが出席するパーティに参加できる特典付きらしい。
ジャッキー・チェン主演最新作「新警察故事」("New Police Story")のプロモーションが12日香港で開催され、ダニエル・ウーらが参加したようだ。
SonyはMGMを約50億ドルで買収することに基本合意した模様。
American University School of Communicationの主催による政治コメディ映画祭(Political Comedy Festival)が16日からワシントンで開催されるようだ。新作"Silver City"や、「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」("Wag the Dog",1997年)、("Primary Colors",1998年)、「ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄」("Bob Roberts",1992年)、「偉大なるマッギンティ」("The Great McGinty",1940年)などが上映されるらしい。
低予算海洋スリラー"Open Water"の英国公開がスタート、週末興収380万ドルを記録したようだ。
「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化で、ジェシカ・シンプソンの出演が決まったようだ。
今月で終了となる「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996-2004年)に主演するレイ・ロマーノは、今後について「まだ、何も決めてはいない」と語ったようだ。
2003-04年米流行語大賞は、人気リアリティ番組"The Apprentice"で司会を務めるドナルド・トランプの"You're fired!"が選ばれたらしい。
トロント国際映画祭で13日、ビル・コンドン監督、リーアム・ニーソン主演の新作"Kinsey"と、ヴァルテル・サレス監督「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")が上映されたようだ。
13日放送された"The Oprah Winfrey Show"第19シーズン第1回目の冒頭で、オプラ・ウィンフリーはスタジオ観覧者の11人にGeneral MotorsのPontiac G6を贈呈、さらに12台目のキーが入っていますと言って観覧者全員に箱を渡し、一斉に開けさせたところ、全ての箱にキーが入っていたとか。総額700万ドルで、276人全員に新車をプレゼントしてしまったようだ。 [☆太っ腹!さすがアメリカ!さすがオプラ!]
2006年9月退任の意向を表明した米Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOについて、ロイ・ディズニーとスタンレイ・ゴールドは、来年初めまでに辞職すべきだ、と主張しているらしい。
トロント国際映画祭で上映されたオーランド・ブルーム、ビル・パクストン、ガブリエル・バーン共演の新作スリラー"Haven"のポスターが公開されたようだ。
押井守監督「イノセンス」("Ghost in the Shell 2: Innocence")の米国公開を記念して、ComingSoon.netとGo Fish Picturesは、「イノセンス」のミニポスターと「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」(1995年)のDVDを抽選でプレゼントするらしい。どちらも押井監督のサイン入りとか。 [☆日本から応募できるかな?]
米Family Room Entertainmentは、第1次大戦中に助け出された後、22本の映画に出演したジャーマン・シェパード犬Rin Tin Tinの実話に基づく映画を製作するようだ。
ブリトニー・スピアーズがデザインしたコルセット"A Man's Dream"が、Frederick's Of Hollywood主催のチャリティ・オークションに出品されるようだ。スーザン・サランドンの司会で来月20日に開催されるらしい。
来年夏公開予定の成島出監督「フライ、ダディ、フライ」で星井七瀬がヒロイン役を務めているらしい。
昨年7月に韓国で上映されたアニメーション映画「ワンダフルデイズ」の日本語版が、ガイナックスの製作・配給で公開されることになったようだ。
歌手ルース・エティング(Ruth Etting)とシカゴの酒密売人モウ・スナイダー(Moe Snyder)との関係を描く新作"Torch"が、ハロルド・ベッカー監督、ポール・シュレイダー脚本、アル・パチーノ主演で製作されるらしい。
エイリアンの脅威に対する政府の対応を描く、米CBSのドラマパイロット"Threshold"(仮題)で、デヴィッド・ゴイヤーが監督と制作総指揮を務めるようだ。
フルCGアニメ"Shark Tale"で製作総指揮を務めたジェフリー・カッツェンバーグは、ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシが声優を務めたことについて「彼らは9本も映画を作ったが、共演したのは初めてだ。互いのクレイジーでファニーな部分を引き出し合っていたよ」と語ったらしい。
トム・ハンクス主演の新作「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")について、ロバート・ゼメキス監督は「実写にすることは事実上不可能だったよ。10億ドルはかかるからね。芸術性とストーリーを上手く適合させるためにこの方法を採ったんだ。実写のようにリアルにはしたくなかったし、PixarのようなCGアニメにもしたくなかった。僕らはその中間を望んでいたし、それを達成できたと思う」と語ったようだ。
ヒュー・ジャックマン主演のブロードウェイ・ミュージカル"The Boy From Oz"がまもなく千秋楽を迎えるようだ。ジャックマンの代役として、ユアン・マクレガー、リッキー・マーティン、ハリー・コニックJr.らにオファーがあったものの、いずれも断られたとか。
Entertainment Industry Foundation(EIF)とMontblancによる児童芸術教育プログラムの推進キャンペーンで、EIF大使のジュリアン・ムーアの参加が決まったようだ。
メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹の大学生活がスタートしたようだ。
Turner Classic Moviesは政界を描いた映画の人気投票を行っているようだ。9月13日現在、「スミス都へ行く」("Mr. Smith Goes to Washington",1939年)がダントツで1位らしい。
第30回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)が12日に閉幕、ジョシュア・マーストン(Joshua Marston)監督"Maria Full of Grace"がグランプリ、ニコール・カッセル(Nicole Kassell)監督、ケヴィン・ベーコン主演"The Woodsman"が審査員賞を受賞したようだ。
  9/15
仏メディア大手Vivendi Universalは14日2004年1-6月期の純利益を発表、18億5800万ユーロの赤字で、昨年同期比2.9倍に拡大した模様。
知的財産権投資協議会は、映画、アニメーション、ゲームなどの製作者が、個人から資金を調達する際の投資リスクの開示ガイドラインを作成したようだ。
ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ共演のドラマ「初恋」のノベライズ本が、今月15日から順次出版されるらしい。
ダンカン初監督作品「七人の弔」の撮影現場が報道陣に公開されたようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が14日テヘランで公開され、終了後は満員の観客から拍手がわき起こったとか。
来年3月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「ファイト」で、本仮屋ユイカがヒロインに起用されたようだ。 [☆「スウィングガールズ」にも出てますね。]
東芝、ワーナー・ブラザース、日本テレビの共同出資で1998年に設立した映画製作・供給会社トワーニが、今月末で解散する模様。「さくや妖怪伝」(原口智生監督,2000年)、「天使の牙 B.T.A.」(西村了監督,2003年)、「キューティーハニー」(庵野秀明監督,2004年)などの製作を手掛けたものの、ヒット作に恵まれなかったようだ。
新作"The Myth"でジャッキー・チェンと共演したキム・ヒソンは、中国内陸部の砂漠のセットにまで追いかけてくるパパラッチに悩まされたとか。
ヤン・ユンホ監督、ヤン・ドングン、平山あや共演の韓国映画「風のファイター」が、第17回東京国際映画祭のコンペ部門に出品されるようだ。
台湾の炭酸飲料のCMで、台湾人気俳優の彭于晏がチョン・ジヒョンに膝枕をしてもらっているらしい。「思わずうっとりとしてしまうほど幸せだった」と感想を語ったとか。
ヴェネチア国際映画祭監督賞受賞を受け、韓国では来月15日公開予定のキム・ギドク監督「空き家」の上映スクリーン数が、当初予定の30から100スクリーンへと大幅に拡大される模様。
韓国人気歌手チャン・ナラが主演する、中国中央電視台のドラマシリーズ「銀色年華」に、ジャッキー・チェンがゲスト出演するらしい。フォン・シャオガン、シュー・ジンレイ、ヴィッキー・チャオらの特別出演も予定されているとか。
チャン・イーモウ監督次回作もアクション映画になる模様。
第2回中国文化産業国際フォーラムの開幕式が13日山西省・太原市で開催され、ジャッキー・チェンらが出席したようだ。
セガは、横浜みなとみらい21地区に国内最大級の屋内型娯楽施設を建設するらしい。2008年度にオープン予定で、映画館も入るらしい。
今年の骨髄バンクのドナー登録者数は、過去最高になる見込みとか。「半落ち」(佐々部清監督,2004年)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)のヒットが影響しているようだ。
"歌声喫茶"が20日から1週間の期間限定で、東映太秦映画村にオープンするらしい。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")で脚本を担当したアン・ピーコック(Ann Peacock)は、アダム・グッドマン(Adam Goodman)のアイデアに基づくDreamWorksの新作"Enlisted"の脚本に起用されたようだ。海軍を舞台にしたラヴロマンスらしい。
New Line Cinemaは、ジェレミー・ハフト(Jeremy Haft)とエド・ゴンザレス(Ed Gonzalez)によるコメディ脚本"Heckled"を獲得したようだ。ヴィンス・ヴォーンが主演するらしい。
人気ゲーム"Doom"の映画化で、カール・アーバンの出演が決まったようだ。また、ザ・ロックとは現在も出演交渉中らしい。
アドルフ・ヒトラーの人間的側面を描いた問題作"Der Untergang - Hitler und das Ende des 3. Reichs"("The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich")が14日、トロント国際映画祭で上映されたようだ。監督のオリヴァー・ヒルシュビーゲル(Oliver Hirschbiegel)は「それはドイツに残っている最後のタブーの一つであり、我々はそれを破った。ドイツではいまだに、最も恐ろしい歴史上の出来事に直面することを恐れているようだ」と語ったらしい。
ドキュメンタリー映画"Casuistry: The Art of Killing a Cat"が上映されたトロント国際映画祭で14日、動物保護団体Freedom for Animalsの主催によるデモが行われ、100人近くが参加したようだ。
映画製作会社Hollywood Gang Productionsは、マーティン・スコセッシ監督が保険のための健康診断を受けなかったのは契約違反だとして、マンハッタン上級裁判所に訴訟を起こしたようだ。製作会社の弁護士は「我々がやりたいのは、彼に体温計を突っ込むことだけだ」と語ったらしい。
ニルス・ミュラー監督の新作"The Assassination of Richard Nixon"が14日、トロント国際映画祭で上映されたようだ。主演したショーン・ペンは「政府は自国や他国の人々をどれだけ苦しめているかを熟視すべきであり、人々の希望を奪えば恐ろしいことが起こり得るということを理解すべきだと思う」と語ったようだ
南アフリカ出身のラマダン・スレマン(Ramadan Suleman)監督によるコメディ"Zulu Love Letter"が、トロント国際映画祭で上映されたようだ。そのほか、ゾラ・マセコ(Zola Maseko)監督"Drum"、イアン・ガブリエル(Ian Gabriel)監督"Forgiveness"、テディ・マッテラ(Teddy Mattera)監督"Max and Mona"などの南アフリカ作品が特集上映され、英国と南アフリカ共同製作のスリラー"Red Dust"、トニ・スラスバーグ(Toni Strasburg)監督のドキュメンタリー"A South African Love Story: Walter and Albertina Sisulu"も上映されるらしい。
DreamWorksの新作フルCGアニメ"Shark Tale"に対し、イタリア系アメリカ人団体Columbus Citizensは「この映画は子供たちの心に、アメリカ中に数百万人いるイタリア人が皆ギャングであるかのような印象を植え付ける」と非難する声明を発表したようだ。これに対しDreamWorksは「これはファミリー向けコメディです。否定的な固定観念を描いたものでないし、そのように心の狭い作品ではありません」とコメントした模様。
Fox 2000 Pictures,、Twentieth Century Fox Animation、Bagdasarian Productionsは、米人気アニメ・シリーズ「アルビンとチップマンクス」("Alvin & the Chipmunks",1983-1991年)を実写とCGの合成で映画化するらしい。
ブリタニー・マーフィは最近、髪の毛をブルネットに戻したらしい。
米男性誌Smoothの選ぶ今年のSmooth 100が発表され、ビヨンセ・ノウルズが1位、ハル・ベリーが2位に選ばれたようだ。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル共演の新作"Bewitched"の撮影中の写真がネット上で公開されたようだ。
オーランド・ブルームは「9歳の頃、僕はある女の子を巡って、他の男の子達と競い合っていた。僕はスーパーマンになって彼女を救い出したかった。ある日、スーパーマンは俳優が演じているということが分かって『これが僕の仕事だ』と考えた。つまり、僕は女の子のために俳優になったんだ」と語ったようだ。
来月19日に開催されるマイケル・マン監督「コラテラル」("Collateral")のジャパン・プレミアに合わせてトム・クルーズが来日、配給のUIPは5000人のファンとの握手会を企画しているらしい。
「ウルトラマンゼアス1&2」のDVDに、映画本編に使用されなかったアンディ・フグの秘蔵映像が収録されているらしい。
イラクで誘拐されたエンジニアの救出作戦を描く新作アクション"Blowback"で、シェルドン・ターナー(Sheldon Turner)が脚本を務めるようだ。
Fox Searchlight Picturesは(「アメリカン・スプレンダー」("American Splendor",2003年)にも登場した)「ナーズの復讐/集結!恐怖のオチコボレ軍団」("Revenge of the Nerds",1984年)のリメイクを企画しているらしい。マックジーらが製作に参加するほか、"The O.C."(2003年-)に出演するアダム・ブロディ(Adam Brody)の出演も予定されているらしい。
サム・ライミとロブ・タパート(Rob Tapert)は新作ホラー"Scarecrow"を製作するようだ。オキサイド・パン、ダニー・パン兄弟が監督を務める模様。
「スーパーマン」シリーズ最新作では、レックス・ルーサーに加えてもう一人悪役が登場するらしい。新人ジャスティン・バルドーニ(Justin Baldoni)が出演候補に挙がっているようだ。
ジャン=ジャック・アノー監督「トゥー・ブラザーズ」("Two Brothers")の公開初日となる18日、丸の内ピカデリー1に本物のトラがやってくるらしい。
モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル夫妻に第1子となる女の子が誕生したようだ。
マイケル・クリストファー(Michael Cristofer)脚本・監督の新作スリラー"Fade Out"でビリー・ボブ・ソーントンと共演予定だったケイト・ベッキンセイルが降板、ミラ・ジョヴォヴィッチが代役を務めることになったようだ。
DVD-BOX「スター・ウォーズ トリロジー」の発売記念プレミアムイベントが14日都内で行われ、アンソニー・ダニエルズらが出席したようだ。
昨年9月に亡くなったジョニー・キャッシュの遺品のオークションが14日に始まり、初日だけで120万ドルの売上を記録したらしい。
第32回米音楽賞(American Music Awards)のノミネーションが14日発表され、アッシャーが最多4部門にノミネートされたようだ。
  9/16
ペ・ヨンジュン、イ・ヨンエ主演の韓国ドラマ「パパ」(1996年)が、来月2日から読売テレビで放送されるようだ。
「有頂天時代」("Swing Time",1936年)を舞台化したブロードウェイ・ミュージカル「NEVER GONNA DANCE」が、坂本昌行の主演で来年2月に上演されるらしい。
「オールド・ボーイ」("Oldboy")プロモーションのためパク・チャンウク監督が来日、15日都内で記者会見を行ったようだ。ハリウッド・リメイクでのキャストについては「ショーン・ペン、エドワード・ノートンがいいね」と語ったとか。
「旗本退屈男 謎の幽霊船」(松田定次監督,1956年)、「十三人の刺客」(工藤栄一監督,1963年)、「傷だらけの人生」(小沢茂弘監督,1971年)、「制覇」(中島貞夫監督,1982年)など数多くの作品で活躍した、俳優の小田部通麿さんが先月29日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
"The Myth"でジャッキー・チェンと共演したチェ・ミンスは「絶壁での馬車シーンの撮影最中、馬車から落ちそうになったジャッキー・チェンを救って撮影後に感謝された」と語ったらしい。
韓国では、カン・ドンウォン、キム・ミンジュン、キム・ナムジン、ピョン・ジョンスら元モデルのドラマ出演が相次いでいるらしい。
田壮壮監督の新作「呉清源」で、チャン・チェン、シルヴィア・チャン、リー・シュエチェンらが共演するようだ。また、主人公の妻役を日本人女優が演じるらしい。
第13回金鶏百花映画祭が16日開幕したようだ。オープニング・セレモニーにはハン・ホン、リウ・ホァン、テリー・リン、セシリア・チャンらが出席したものの、ヴィッキー・チャオはスケジュールが合わず欠席した模様。
禁固5カ月の実刑判決を受けていたマーサ・スチュワートは15日「できるだけ早く服役したい。春のガーデニングに間に合うよう3月までには出所したいのよ」と語ったらしい。
米CATV局Bravoは、数々の暴力事件の後で更生に努めるボビー・ブラウンを描くリアリティ・シリーズ"Being Bobby Brown"の制作を決定したようだ。妻ホイットニー・ヒューストンも出演するらしい。
ジョン・レノンの生涯を描くミュージカル"Lenon"が、来年夏にニューヨークで初演されるらしい。
トム・アーノルドは、米ABCの新しいシチュエーション・コメディに主演するようだ。
第27回ケネディ・センター栄誉賞の受賞者が15日発表されたようだ。今年は、エルトン・ジョン、ウォーレン・ベイティ、オジー・デイヴィス、ルビー・ディ、ジョン・ウィリアムスら6人に贈られるらしい。
Ramonesのギタリスト、ジョニー・ラモーン(Johnny Ramone)さんが15日亡くなった(55歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ドイツの放送局Deutsche Welleのクリンゴン語サイトがオープンしたらしい。
サンドラ・ブロックが降板したベン・ヤンガー監督・脚本のロマンチック・コメディ"Prime"で、ユマ・サーマンの主演が決まったようだ。
ジュリエット・ルイス、エリザベス・バンクスが共演する新作ダーク・コメディ"Daltry Calhoun"で、ジョニー・ノックスヴィルが出演交渉中らしい。カトリナ・ホールデン・ブロンソン(Katrina Holden Bronson)の監督デビュー作で、今月25日から撮影がスタートする模様。
心臓手術を受けロサンゼルスの病院に入院中のロドニー・デンジャーフィールドを、ジェイ・レノ、ジム・キャリー、ロザンヌらがお見舞いに訪れたようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズに対するストーカー行為で起訴されている女性について、ロサンゼルス上級裁判所は15日、公判開始を決定した模様。日程はまだ未定のようだ。
トロント国際映画祭でプレミア上映された、米大統領選民主党候補ジョン・ケリーのヴェトナム体験を追うドキュメンタリー映画"Going Upriver - The Long War of John Kerry"について、ジョージ・バトラー(George Butler)監督は「率直に言えば、もしこの作品が大統領選のキャンペーン広告だと見なされるのなら、映画としては台無しだと思う。"Going Upriver"が人々の心を変えることは出来ない、と言っている訳ではない。まだその答えは分からないが、あと6週間でハッキリするだろう」と語ったようだ。
ニューヨークを舞台にした新作"When Will I Be Loved"を手掛けたジェイムズ・トバック(James Toback)監督は「ウディ・アレンの作品とは異なる種類のニューヨークを描いた作品だ。僕がニューヨークに住むのは、そこに様々な種類の世界があり、常に新しいものが生み出されているからだ。その全てに触れていたいんだ」と語ったようだ。
仏教育省は、ナチスドイツによるユダヤ人の虐殺を、生還したユダヤ人や加害者となった元ナチスのメンバーらの証言で綴った、クロード・ランズマン(Claude Lanzmann)監督による全566分のドキュメンタリー「ショア」("Shoah",1985年)のDVDを、全国5500のリセ(国立高等中学校)に配布しているらしい。
トロント国際映画祭で、ルワンダ共和国での大量虐殺を描いた3作品、ルワンダ人監督エリック・カベラ(Eric Kabera)によるドキュメンタリー"Keepers of Memory"、虐殺の際、数百人をかくまってその命を救ったあるホテルでの実話に基づくテリー・ジョージ(Terry George)監督、ドン・チードル主演の"Hotel Rwanda"、国連平和維持軍を指揮したロメオ・ダレール元将軍が再び現地を訪れる姿を追ったカナダのドキュメンタリー"Shake Hands with the Devil: The Journey of Romeo Dallaire"、が上映されたようだ。
ジョン・アッシャー(John Asher)監督の新作ロマンチック・コメディ"Dirty Love"で、エディ・ケイ・トーマスがジェニー・マッカーシー、カーメン・エレクトラの相手役を務めることになったようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演"Charlie and the Chocolate Factory"で音楽を担当するダニー・エルフマンは、劇中歌"Oompa Loompa"で歌声を披露するらしい。
McDonald'sの広告に、先月まで摂食障害でリハビリ治療を受けていたメアリー=ケイト・オルセンはアシュレイ・オルセンと共に登場したらしい。
パク・ヨンハの写真集「一緒旅」が来月22日に出版されるようだ。発売前後には来日イベントも検討されているとか。
27日スタートのフジテレビ「愛のソレア」の制作発表が15日都内で行われ、荻野目慶子が出席したようだ。荻野目慶子は、一時は女優をやめることも考えたものの、ニューヨークでアル・パチーノの朗読劇「サロメ」を観て再び女優の仕事に戻ることを決意した、と語ったらしい。
来月都内で公開されるクロード・ガニオン監督「リバイバル・ブルース」に主演する奥田瑛二は「"冬ソナ"の世界だけが青春じゃない、こういう渋くて苦いものもあるんだって思ってほしい」と語ったようだ。
"Sky Captain and the World of Tomorrow"のプレミア上映が14日ハリウッドで開催され、グウィネス・パルトロウ、ジュード・ロウ、アンジェリーナ・ジョリーらが出席したようだ。
20th Century Foxは当初、人気コミックの映画化"Fantastic Four"の公開日を来年7月1日としていたものの、その後Paramount Picturesがスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("The War of the Worlds")の公開日をその2日前の6月29日にすると発表、これを受け"Fantastic Four"の公開日は6月27日に変更されたらしい。ところが「宇宙戦争」の公開日も6日間前倒しされた模様。
マイケル・チクリス、クリス・エヴァンス、ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバが共演する、人気コミック"Fantastic Four"の映画化で、"Entertainment Tonight"に出演しているマリア・メノウノス(Maria Menounos)の出演が決まったようだ。
「トリコロールに燃えて」("Head in the Clouds")のプレミア上映がトロント国際映画祭で行われたものの、新作"Aeon Flux"撮影中に負傷し療養中のシャーリーズ・セロンは欠席したようだ。
5月に出産したグウィネス・パルトロウは「あと10ヶ月か1年は、大きな仕事をするつもりはない」と語ったらしい。
12日発表されたCreative Arts Emmy賞で、「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997-2004年)のシャロン・ストーンがとウィリアム・シャトナーがドラマ部門のゲスト女優賞とゲスト男優賞をそれぞれ獲得したほか、"Monk"(2002年-)のジョン・タトゥーロがコメディ部門のゲスト男優賞、「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Frasier",1993-2004年)のローラ・リニーがコメディ部門のゲスト女優賞を受賞したようだ。
ジョン・グリシャムの自宅に11日不審な郵便物が届き、爆弾処理班や爆弾探知犬が出動する騒ぎになったらしい。結局、爆発物でないことが判明した模様。
  9/17
共和党支持者のライオネル・チェトウィンド(Lionel Chetwynd)監督による新作"Celsius 41.11"(「摂氏41.11」)が28日からワシントンで公開されるらしい。
「戦場のピアニスト」("The Pianist",2002年)の上映会と、主人公の長男で日本近代史研究家のクリストファー・スピルマンによる講演会が18日、白河市文化センターで開催されるようだ。
22日にメジャーデビューするバンド「アンダーグラフ」のファーストシングル「ツバサ」のPVに、長澤まさみが出演しているらしい。
007シリーズ最新小説「赤い刺青の男」("The Man with the Red Tatoo")の映画化とロケ誘致の実現を目指す署名活動が、北海道登別市で始まったようだ。
音楽配信サービスを手掛ける米Apple Computer社に対し、英レコード会社Appleが「Apple」の商標の使用差し止めを求めていた訴訟で、Apple Computerが巨額の和解金を支払うことで近く合意する模様。
「王手」(阪本順治監督,1991年)などに登場した、通天閣地下にある歌謡劇場の改修工事が21日から始まるようだ。
五十嵐匠監督、榎木孝明主演の新作「アダン」について、主人公として描かれる日本画家の田中一村の作品の著作権を持つ新山宏が17日、映画プロデューサーらに対し映画製作と上映の差し止めを求める仮処分を、東京地裁に申請したようだ。
1945年から米女子プロ野球リーグで活躍し、映画「プリティ・リーグ」("A League of Their Own",1992年)のモデルとなったローズ・ゲイソッチさんが9日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
森田芳光監督「海猫」の主題歌が、MISIAの歌う「冬のエトランジェ」に決まったようだ。GLAYのTAKUROが作詞・作曲を手掛けたらしい。
東京フィルハーモニー交響楽団「冬のソナタ・クラシック・コンサート〜音楽で綴るもう一つのラブストーリー〜」が16日都内で開催され、チェ・ジウがゲストとして参加したようだ。
アン・グォンテ監督、ウォン・ビン主演の新作「うちの兄」の特別試写会が、日本のファン向けに開催されるらしい。日本語字幕付きで上映されるほか、ウォン・ビンらによるトークショーも行われるようだ。
韓国レンタルビデオチェーン「シネタウン」の先週のレンタル売上で、ソン・スンホン、チョン・ダビン共演の「あいつは格好よかった」が1位となったようだ。
まもなく韓国で公開となるチャ・ スンウォン、チャン・ソヒ主演の新作「幽霊が住む」が、チケット予約率52.9%で1位となっているようだ。
来月23日に開幕する第17回東京国際映画祭では、イム・チャンサン監督「孝子洞理髪師」もコンペ部門に出品されるほか、チャン・ヒョンス監督「誰にでも秘密がある」、パク・チャンウク、三池崇史、フルーツ・チャンの3人の監督によるホラー・オムニバス「スリー、モンスター」、クォン・ジョングァン監督、キム・ソナ主演「Sダイアリー」も非コンペ部門で上映されるようだ。
New Line Cinemaは、トーマス・レノンとロバート・ベン・ガラント(Robert Ben Garant)のによる、卓球の世界を舞台にした脚本"Balls of Fury"を映画化するようだ。ロバート・ベン・グラントが監督を務め、トーマス・レノンは出演もするらしい。
ジョン・ゲイティンス(John Gatins)監督、カート・ラッセル、ダコタ・ファニング、エリザベス・シュー、クリス・クリストファーソン共演の新作"Dreamer"に、オデッド・フェールの出演が決まったようだ。まもなく撮影が始まる模様。
ダン・ブラウン(Dan Brown)のベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」("The Da Vinci Code")がレバノンで発禁処分となっているらしい。
クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演によるシリーズ最新作「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")の音楽は、ジェイムズ・ニュートン・ハワードとハンズ・ジマーが共同で手掛けるらしい。
デヴィッド・ボレアナズ(David Boreanaz)とヘンリー・トーマスが共演する、新人アリ・ライアン(Ari Ryan)監督のインディ作品"The Hard Easy"で、ヴェラ・ファーミガとブルース・ダーンが共演するようだ。
ロバート・ワイズ監督「罠」("The Set-Up",1949年)のリメイクで、当初予定されていたシドニー・ルメットに代わってフランク・レイエス(Franc. Reyes)が監督に決まったようだ。
「リング」(中田秀夫監督,1998年)、「呪怨」(清水崇監督,2002年)、「仄暗い水の底から」(中田秀夫監督,2002年)などを手掛けた映画プロデューサーの一瀬隆重は「映画を手掛ける時、もちろん私はオリジナルの作品として製作する。リメイクが大ヒットすればそれは素晴らしいことだが、同時に、日本のオリジナルバージョンも皆に見て欲しいと思う」と語ったようだ。また清水監督自身による「呪怨」のハリウッドリメイク「The Juon / 呪怨」("The Grudge")について「始めは、同じことの繰り返しのようで気まずかったが、米国の俳優が演じ、ストーリーも異なり、大きな予算を得て、異なるバージョンを作ることが出来た」と語ったらしい。
ジョナサン・カスダン(Jonathan Kasdan)監督・脚本、メグ・ライアン、アダム・ブロディ(Adam Brody)共演の新作コメディ"In the Land of Women"で、クリステン・スチュワートの出演が決まった模様。
ミラ・ジョヴォヴィッチは、1970年代半ばのニューヨークを舞台に、些細な犯罪に巻き込まれた夫婦を描くインディ作品".45"への出演に向けて交渉中のようだ。ゲイリー・レノン(Gary Lennon)の脚本・監督で、11月11日に撮影が始まる模様。
「アイ,ロボット」("I, Robot")プロモーションのため南アフリカを訪れているウィル・スミスは、ネルソン・マンデラ元大統領が提唱するエイズ撲滅運動「46664キャンペーン」の大使に任命されたようだ。
米国政府は、中国政府が今年に強化を約束した知的所有権侵害の取り締りの評価について、関連業界に協力を求めているようだ。
3日間に渡るジョニー・キャッシュの遺品のオークションは、総額400万ドル近い売上を記録したようだ。1986年のグラミー賞が18万7200ドルと、最も高額で落札されたらしい。
全米週末興収は、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリー共演の「スカイキャプテン」("Sky Captain and the World of Tomorrow")が1400万ドルから1500万ドル、バーニー・マック主演の野球コメディ"Mr. 3000"が1100万ドルから1200万ドル、キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニー共演"Wimbledon"が1000万ドル前後になると予想されているようだ。
クロード・ルルーシュ監督による"Le Genre humain"3部作の第1作"Les Parisiens"が今月3日に第30回ドーヴィル・アメリカ映画祭(Deauville American Film Festival)で上映された際、Le Monde紙は「理解不能」、Liberation紙は「感傷的なコメディー」と批判的な評価が相次いだことを受け、ルルーシュ監督は16日「皆さんの目で確かめて欲しい」として、同作を公開している400の劇場で17日に無料上映を行う、との声明を発表したようだ。
アドルフ・ヒトラーの人間的側面を描く"Der Untergang"("The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich")の公開が16日ドイツでスタート、Bild紙は「傑作」とする映画評を掲載したようだ。
昨年、公演中にホワイトタイガーに噛まれ重傷を負った「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーンは、16日放送されたドイツのTV番組のインタビューに答え「あれは事故だった。(ホワイトタイガーの)Montecoreは、(舞台から落ちた)私の"助けて欲しい"という合図を理解したのだ。不運なことに、彼の歯が私の頚動脈に当ってしまったが」と語り、Montecoreを殺してはならないと主張したようだ。
AIIは17日「無料開放2Weeks!」をスタート、ペ・ヨンジュン主演「裸足の青春」などの韓国ドラマ、「失楽園」(森田芳光監督,1997年)などの角川映画、「装甲騎兵ボトムズ」などのTVアニメなどが無料配信されるらしい。
ウェズリー・スナイプス主演"Blade: Trinity"の最新予告篇が公開されたようだ。
サマンサ・モートンがインフルエンザで入院したため中断していたヴィンセント・ウォード監督の新作"River Queen"の撮影は、来月4日に再開するようだ。
ニューヨークで開催されたLacosteのファッションショーを訪れていたパリス・ヒルトンは、舞台裏をぶらついていたところ、彼女がモデルとして出演すると勘違いしたスタイリストたちに変身させられてしまったらしい。最前列に座ったパリスは「みんなエクステンションなのよ。5人分の髪の毛を一つの頭に載せているみたいだわ」「あの人たち信じられる?一番前に座っているのに、全然ショーを見てないのよ」などとショーの間ずっとしゃべり続けていたとか。
ヒラリー・ダフは、犬猿の仲のリンゼイ・ローハンについて「彼女はいつも私の噂話を広めようとしている。私も彼女のことはいろいろ知っているし、ここで話してあげることも出来るけど、そんなことするつもりはないわ。みんなが知るべきことじゃないもの。彼女を怒らせたくない。彼女と友達になりたいだけなの」と語ったようだ。
アヴリル・ラヴィーンとデリック・ウィブリー(Deryck Whibley)が婚約した、とする一部の報道について、Sum 41の広報担当者はこれを否定したようだ。
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、幼稚園児と母親を対象とした番組「ネポスこどもCLUB」を制作するようだ。同番組に登場する「ネポス・ナポス」のキャラクター商品の販売や映画製作も検討しているらしい。
雪印「シェ・ミルク 濃厚バニラ」の新CMで、草なぎ剛と寺島進が共演しているらしい。石井克人監督が手掛けたようだ。
若松孝二監督「完全なる飼育 赤い殺意」に主演する伊東美華の写真集「美華」が24日発売されるようだ。
シネコン「MOVIXさいたま」と121の専門店からなる埼玉最大のショッピングモール「COCOON新都心」の年間イメージキャラクタに上戸彩が起用されたようだ。
ビリー・ケント(Billy Kent)の監督デビュー作となる低予算ロマンチック・コメディ"The OH in Ohio"で、ダニー・デヴィートとパーカー・ポージーが共演するようだ。
DreamWorksは、マーク・オブマシック(Mark Obmascik)のノンフィクション小説「THE BIG YEAR 小鳥たちと男たちの狂想曲」("The Big Year")を映画化するようだ。ハワード・フランクリン(Howard Franklin)が脚本を担当する模様。
トニー・シャルーブ主演のドラマ・シリーズ"Monk"(2002年-)に、トレイラー・ハワードの出演が決まったようだ。
J・J・エイブラムス(J.J. Abrams)の監督が決まった"Mission: Impossible III"は、同じく「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)を手掛けたアレックス・カーツマン(Alex Kurtzman)とロベルト・オーチー(Roberto Orci)が脚本を担当するらしい。
人気ゲーム「鉄拳」("Tekken")の映画化で監督を務めるチャールズ・ストーン3世は「脚本家が書いているところ。でも、僕は日本のK-1や、歴史上のグラディエーターについて、詳しく調べてみたいんだ」と語ったようだ。
まもなく米国公開される「イノセンス」("Ghost in the Shell 2: Innocence")について、押井守監督は「ニューヨークの国際写真センター(International Center of Photography)を訪れた時に、この作品の結論について確信した。ハンス・ベルマー(Hans Bellmer)が50年前に制作した人形が展示されていて、それがガイノイドのアイデアにつながった」「この作品の根本にあるのは(レイモンド・チャンドラーの)『長いお別れ』("The Long Goodbye")であり、ロマン・ポランスキー監督の『チャイナタウン』("Chinatown",1974年)だ。ハードボイルドの要素は、僕の映画には必要不可欠なものだ」と語ったようだ。
エリザベス・アレン(Elizabeth Allen)監督の新作"Driving While Infatuated"で、監督らが手掛けた脚本の第1稿を、ロブ・リーバー(Rob Lieber)がリライトすることになったようだ。
フィリップ・シーモア・ホフマンの出演が既に決まっている、米作家トルーマン・カポーティ(Truman Capote)を描くタイトル未定の新作で、クリフトン・コリンズJr.の主演が決まったらしい。
Vodafoneのフランス向けCMで、「フィフス・エレメント」("The Fifth Element",1997年)の主人公とソックリのキャラクタを無断で使用したとしてリュック・ベッソンが訴えていた問題で、パリの裁判所はVodafoneらに対し275万ユーロの支払いを命じる判決を下したようだ。
アシュトン・カッチャーらが所有するロサンゼルスのレストランDolceが今月、2度も強盗の被害に遭ったらしい。
ブロードウェイ・ミュージカル"The Frogs"に出演するネイサン・レインが、公演中に足を負傷した模様。
マンハッタンのウェストサイドにある短い通りが、放送開始15周年を迎えた"Law & Order"(1990年-)を記念して「Law & Order通り」と改名されたようだ。
「ゆかいなブレイディー一家」("The Brady Bunch",1969-1974年)で共演したクリストファー・ナイト(Christopher Knight)とスーザン・オルセン(Susan Olsen)が、14日スタートの健康とフィットネスのコンテスト番組"Body Challenge: Hollywood"に出場しているようだ。「白バイ野郎ジョン&パンチ」("CHiPs",1977-1983年)のエリック・ストラーダ(Erik Estrada)、「ダラス」("Dallas",1978-1991年)のシャーリーン・ティルトン(Charlene Tilton)らも出演しているらしい。
  9/18
人民日報は16日、チャン・イーモウ監督次回作に高倉健が出演と報じたものの、所属事務所は「正式なオファーはない」とこれを否定した模様。また、朝鮮日報も16日、韓国SBSのドラマで木村拓哉がキム・ハヌルと共演すると報じたが、事務所側は「あり得ない話」と否定したようだ。
次世代DVD規格として「HD DVD」を推進する東芝、NECなど30社は、来年始めに新しい団体を発足させるようだ。
マコーレー・カルキンが17日、マリフアナと規制薬物の所持の疑いで逮捕された模様。保釈金は4000ドルで、17日夜現在オクラホマシティで拘留中とか。 [☆更生したと思っていたのに・・・]
第13回金鶏百花映画祭のオープニングセレモニーが16日開催され、ハン・ホン、リウ・ホァン、テリー・リン、セシリア・チャンらが舞台でヒット曲を披露するなどしたものの、大物歌手や映画監督が多数欠席したため、会場は空席が目立ったとか。
「ヒバクシャ―世界の終わりに」(鎌仲ひとみ監督,2003年)の上映会が19日、横須賀市のウエルシティ市民プラザで開催されるようだ。
川崎市に暮らす在日コリアン一世の生活を追った金聖雄監督のドキュメンタリー映画「花はんめ」が、今月30日に横須賀芸術劇場で上映されるようだ。
中村幻児監督「ロード88 [出会い路、四国へ]」の先行上映が18日、四国四県の映画館でスタート、ワーナー・マイカル・シネマズ宇多津では村川絵梨、小倉久寛、須藤理彩、津田寛治らによる舞台挨拶が行われたようだ。
花菱アチャコ、横山エンタツらと共に、当時13歳の美空ひばりが出演した映画「青空天使」(斎藤寅次郎監督,1950年)のフィルムが大阪で54年ぶりに発見されたらしい。大阪芸術大学と東映が約400万円をかけて修復、18日開幕の京都映画祭で上映されるようだ。
17日開幕した第52回サン・セバスチャン国際映画祭でDonostia賞を受賞したウディ・アレン監督は「僕に特別功労賞を贈りたいと言われた時、僕は受け取るべきじゃないと思ったよ。だって、実際、僕にどんな"功労"があったと言うんだい?僕は素晴らしい治療法を発見した科学者や医者ではないけど、僕の映画は不眠症を癒してくれたし、賞を受けてもいいかなと思ったんだ」と語ったようだ。
「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)の前編について、プロデューサーのブラッド・フラー(Brad Fuller)は「第1作の若者達は誰も登場しない。これは前編だからね。でも不運10代と20代の若者グループがこの町を訪れることになる」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演による「宇宙戦争」("War of the Worlds")のリメイクは、ニュージャージーで撮影が行われるらしい。撮影は来月始まり12月には終わる予定とか。
ジョン・トラヴォルタ、ホアキン・フェニックス共演の新作"Ladder 49"のTVスポットが公開されたらしい。
米Spike TVによる第2回ビデオゲーム賞(Video Game Awards)で、スヌープ・ドッグが司会を務めることになったようだ。
カリフォルニア州当局は、男優にコンドームを使用させなかったのは州法に違反するとして、アダルト映画製作会社2社に対し、それぞれ3万ドルの罰金を課したようだ。
ラスヴェガスのホテルThe Venetianに、ジェニファー・ロペスとベン・アフレックの蝋人形が飾られていると知ったロペスは、撤去するようホテル側に要求しているらしい。
ブリトニー・スピアーズは、間近に控えたケヴィン・フェダーラインとの結婚式について「私の夢が現実になるの。おとぎ話のような夢のウェディングになるわ」と語ったようだ。
17日付米Wall Street Journalは、1面で日本のロリータファッションを紹介、ブームのきっかけとして「下妻物語」(中島哲也監督,2004年)を挙げているらしい。
「やさしい嘘」("Depuis qu'Otar est parti...")プロモーションのため、欧州最高齢の女優エステール・ゴランタンが来日、17日都内で記者会見が行われたようだ。えなりかずきが花束を贈呈したらしい。
「サタデー・ナイト・フィーバー」("Saturday Night Fever",1977年)が来月30日に、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズでリバイバル上映されるようだ。パパイヤ鈴木が字幕を監修したらしい。
ケルシー・グラマー率いるGrammnet Productionsは、ダレン・デイヴィス(Darren Davis)のコミックに基づく、21歳の新人アリ・ラッセル(Ali Russell)の脚本"Isis"を獲得したようだ。
「イノセンス」("Ghost in the Shell 2: Innocence")の押井守監督「技術の進歩で、仕事量は圧倒的に増えた。アニメーターたちは10倍の入念さで一つのシーンを仕上げたし、おかげで僕も10倍入念にチェックしなければならなかった。第1作の時はワンシーンのレンダリングに一晩かかったが、今ははるかに多くの素材をレンダリングできる。それぞれが数台のコンピューターを同時に使うようにもなった。デジタル化は仕事量を減らしてはくれなかった」と語ったようだ。
ジェフリー・タンバーとデヴィッド・アラン・グリアは、アシャンティらの出演が決まっている米ABCのTV映画"The Muppets' Wizard of Oz"のキャストに加わったようだ。
  9/19
矢口史靖監督「スウィングガールズ」に出演する上野樹里、本仮屋ユイカらが18日、渋谷パルコpart1で無料ライブを開催したようだ。2回の公演で1500人が集まったとか。
12日から開催されている第9回平壌映画祭で、「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham",2002年)が上映されているらしい。
関本郁夫監督「スクール・ウォーズ HERO」が18日初日を迎え、照英、内田朝陽、SAYAKAらが舞台挨拶に立ったようだ。
ウィル・スミス主演「アイ,ロボット」("I, Robot")が18日初日を迎えたようだ。興収50億円を見込んでいるとか。
今年1月から8月までの韓国での国内映画占有率は58%に達し、昨年同期比11.7%も上昇したらしい。
韓国化粧品ブランド「THE FACESHOP」の新CMでクォン・サンウとユン・ジンソが共演するらしい。
チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」("功夫")で、主演女優候補だったステファニー・スンとアーメイが降板、新人のイヴァ・ホワンが代役に起用されたようだ。
トライベッカ映画祭とプラダ財団(Prada Foundation)は共同で、今年の映画祭で上映された6作品を来月12日からミラノで上映するようだ。最終日の16日には映画祭創設者のロバート・デ・ニーロらも出席する予定とか。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督、クリスタナ・ローケン主演による人気ゲーム"BloodRayne"の映画化で、ウド・キアとジェラルデイン・チャップリンの共演が決まったようだ。
ウェスト・オークランドで行われている、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の組み立て中のセットの写真が、TheOneRing.netで公開されたようだ。
ジェイムズ・マンゴールド監督、ホアキン・フェニックス主演によるジョニー・キャッシュの伝記映画"Walk the Line"で、主人公の妻ジューン・カーター・キャッシュを演じたリース・ウィザースプーンは「これまで出演した中で一番ハードな作品だった。4ヶ月もリハーサルを重ねなければならなかった。オートハープの演奏を学び、歌のレッスンも受け、アルバムもレコーディングした。私の人生で最もやり甲斐のある、でもゾッとするような経験だったわ。大勢の人の前で歌うのは本当に恐ろしかった」と語ったようだ。
「サブリナ」("Sabrina, the Teenage Witch",1996-2003年)の映画化は、TV版のメリッサ・ジョーン・ハート(Melissa Joan Hart)に代わって、サラ・ミシェル・ゲラーが主人公を演じるらしい。撮影が始まる2006年末には30歳になっていることについて関係者は「ゲラーは少し年上かもしれないが、でも彼女は素晴らしいよ」と語ったとか。 [☆でもTeenageと呼ぶには無理があるかと・・・]
矢口史靖監督「スウィングガールズ」が来月上旬にニューヨークで上映され、出演者らによる演奏会も行われるらしい。
  9/20
那須博之監督「デビルマン」には、すでに40カ国から海外配給のオファーが寄せられているらしい。
劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人〜アカドクロ」を上映中の丸の内東映で19日、古田新太、坂井真紀らが舞台挨拶に立ったようだ。
パク・チャンウク監督は20日、成均館大学で「韓国映画と大衆文化の新たな地平」とテーマにした特別講演を行うようだ。
パク・クァンヒョン監督の新作「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」で、久石譲が音楽を担当することになったようだ。
12日から開催されている第9回平壌映画祭で、欧州映画の"情事シーン"が上映され、観客に衝撃を与えたらしい。
映画「LOVERS」が韓国で初登場1位の大ヒットとなったことを知ったアンディ・ラウは、香港でのコンサートで、韓国語で「ありがとうございます」と挨拶したらしい。
来月7日に開幕する第9回釜山国際映画祭で、アン・ソンギとイ・ヨンエが開会式の司会を務めるらしい。
日韓共同訪問年の広報大使に任命された木村佳乃が、今月23日に韓国を訪問するようだ、
2004年上海国際観光フェアのパレードが19日上海市で行われ、「2046」に主演したトニー・レオン、フェイ・ウォンも参加したようだ。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」に主演する上野樹里らが19日、米沢市内の劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
MGMの買収に基本合意したソニーと投資連合が、内部で揉めている、と米Newsweek誌最新号が報じた模様。ソニーはMGM作品の配給・売却手数料について、通常総収入の10〜15%であるところを、7.5%に引き下げることに同意したらしい。
デビー・レイノルズは、米衣装デザイナー組合(Costume Designers Guild)の会長賞を受賞することが決まったようだ。来年2月に行われる第7回の授賞式で授与されるらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")がイタリア国内800スクリーンで封切られ、先行上映を含む週末興収は960万ドルに達したらしい。一方、日本の592スクリーンで公開が始まった「アイ,ロボット」("I, Robot")の、先行上映を含む週末興収は560万ドルを記録した模様。
第56回エミー賞(Emmy Awards)授賞式が19日開催され、HBOのミニシリーズ"Angels in America"が最優秀ミニシリーズを含む史上最多の11の賞を受賞したほか、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)が最優秀ドラマシリーズなど4部門を獲得したようだ。
19日閉幕したトロント国際映画祭で、テリー・ジョージ(Terry George)監督、ドン・チードル主演の"Hotel Rwanda"が観客によって選ばれるPeople's Choice賞、北アイルランドでの爆破テロの犠牲者を描くピート・トラヴィス(Pete Travis)監督の"Omagh"が、ジャーナリストによって選ばれるDiscovery賞を受賞したようだ。
全米週末興収は、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリー共演「スカイキャプテン」("Sky Captain and the World of Tomorrow")が1620万ドルで初登場1位を獲得、バーニー・マック主演の野球コメディ"Mr. 3000"は920万ドルで2位、キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニー共演の"Wimbledon"は778万ドルで4位のスタートとなったようだ。
ミス・アメリカ・コンテストが18日アトランティック・シティで開催され、ミス・アラバマのデイドラ・ダウンズ(Deidre Downs)が栄冠を勝ち取ったようだ。
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインがカリフォルニア州のスタジオ・シティで結婚式を挙げた、と19日放送の"Access Hollywood"が報じた模様。
セリーヌ・ディオンは、ラスヴェガスのCaesars Palace hotelでの公演の契約を1年間延長したらしい。
リュック・ベッソン製作、サルマ・ハエック、ペネロペ・クルス共演の新作ウェスタン・コメディ"Bandidas"の撮影が、メキシコ・シティで始まった模様。
キャメロン・ディアスは、友人から鼻の整形手術を受けないとハリウッドで仕事は回ってこない、と警告されたものの「この鼻のおかげで、他の整形美女とは違うルックスになったと思うし、いろんな役が回って来たのよ」と語ったとか。
マライア・キャリーは、シチュエーション・コメディへの主演に向けて、米CATV局UPNと交渉中らしい。
アシュリー・シンプソンの最新PVが公式サイトで配信中らしい。
Pixar/Disneyの新作「Mr.インクレディブル」("The Incredibles")の日本語吹替え版で、宮迫博之が悪役の声を担当するらしい。
ロバート・ロドリゲスの次回作はMiramaxとDimensionによるアクション映画"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl"になる模様。「ドッジボール」("Dodgeball: A True Underdog Story",2004年)や「ミスティック・リバー」("Mystic River",2003年)に出演したカイデン・ボイド(Cayden Boyd)が主演するらしい。来年夏の公開に向けて、今月からオースティンで撮影が始まるようだ。
Lions Gate Filmsによるゾンビ映画"Flight of the Dead"は、"Mission: Impossible III"の撮影に入る予定だったマルコ・メーリッツ(Marco Mehlitz)と、Lions Gate Filmsによるゾンビ映画"Flight of the Dead"は、コール・ハウザー主演のSFホラー"Cave"、ブルース・キャンベル主演のサイコ・ホラー"The Woods"、ロブ・ゾンビ監督による第2作"The Devil's Rejects: House of 1,000 Corpses 2"などを手掛けるドイツのCinerentaが製作、Studio Babelsbergで撮影が行われるようだ。
リサ・クードロウは、"Sex and the City"(1998-2004年)を手掛けたマイケル・パトリック・キング(Michael Patrick King)の制作によるHBOのパイロット番組"Comeback"に主演するようだ。一方、コートニー・コックスも同局が企画するドラマシリーズでニック・カサヴェテスと共演するらしい。
  9/21
DreamWorksは、Adam Sztykielのコメディ脚本"Power Trip"を映画化するようだ。
ソン・スンホンが20日、兵役逃れをしていたとして警察に出頭した模様。
「スカイキャプテン」("Sky Captain and the World of Tomorrow")プロモーションのため、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウらが来月下旬に来日する模様。東京国際映画祭での上映で舞台挨拶を行うらしい。
3日韓国で公開がスタートしたイ・ジョンチョル監督「家族」は、19日現在104万人の観客動員を記録したようだ。
チェン・カイコー監督、真田広之、セシリア・チャン、チャン・ドンゴン共演の新作「THE PROMISE-無極-」がクランクアップしたようだ。監督は「チャン・ドンゴンは偉大な俳優であると同時にすばらしい人柄を持った人物」と絶賛したらしい。
ジャッキー・チェン主演「デッドヒート」("Thunderbolt")の音楽も手掛けた在日ミュージシャンのヤン・バンオンが22日、ソウル市内でコンサートを行うようだ。
映画監督の松林宗恵によるトークショー「映画全盛期を語る」が19日、島根県大田市で開催されたようだ。松林監督作品「連合艦隊」(1981年)の上映も行われたようだ。
ウォン・カーウァイ監督「2046」プレミア上映の記者会見が前日の19日に上海市で行われたものの、各国から数百社のメディアが殺到、会場は大混乱となったらしい。また同日行われたトニー・レオンとフェイ・ウォンによる市内パレードでは、パニックを恐れた主催者側がギリギリまで専用車に乗せることを躊躇していたとか。
自ら運営する会員制有料映画配信サイト「大飽眼福電影網」でポルノ映画155本を配信したとして先月逮捕された河南省長葛市科技局の職員に対し、同市の裁判所は懲役3年、罰金1万元の支払いを命じたようだ。
中国国家広播電影電視総局主催による「日本映画祭2004」が17日開幕し、田中麗奈、中井貴一らが出席したようだ。
第13回金鶏百花映画祭の授賞式が19日行われ、第27回中国電影百華賞最優秀ドキュメンタリー賞にフォン・シャオガン監督「手機」他、第24回中国金鶏賞最優秀主演女優賞にチャン・ツィイーらが選ばれたようだ。また、チャン・イーモウ監督「LOVERS」("十面埋伏")は最優秀美術賞を受賞したらしい。
「冬のソナタ」の舞台となった韓国江原道の、福岡市にある観光事務所には、今でも問い合わせが相次いでいるほか、感想の手紙がダンボール箱1箱分も届いているとか。
1956年のハンガリー動乱と同年オリンピックの水球準決勝でのハンガリーとソ連の試合を中心に描くドキュメンタリー映画"Freedom's Fury"が製作されるらしい。コリン・グレイ(Colin Gray)とミーガン・レイニー(Megan Raney)の兄妹が脚本と監督を務め、Cinergi Productionsが資金を提供するようだ。
Samuel Goldwyn Filmsは、オドレイ・トトゥが主演した「愛してる、愛してない」("A la folie... pas du tout",2003年)をリメイクするようだ。
チャン・ツィイー、渡辺謙共演による「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の映画化で、"Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"(2004年)に出演したカール・ユーン(リック・ユーンの弟)がキャストに加わったようだ。
現在入院中のロドニー・デンジャーフィールドについて、彼の妻は20日、心臓手術以降、数週間に渡って昏睡状態が続いているものの、意識の兆候を見せ始めている、と語ったようだ。
米Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOは、2006年にCEOを辞職する際、会長職に就くのではないかという憶測を否定したようだ。
17日、フランス国内400館で新作"Les Parisiens"を無料上映したクロード・ルルーシュ監督は「100万フラン程度の費用を要するだろう。だが、劇場の観客は作品を気に入ってくれたようだ。たくさんのメッセージも届いているよ」と語ったようだ。
16日ドイツで公開がスタートしたアドルフ・ヒトラー最後の12日間を描く"Der Untergang"("The Downfall: Hitler and the End of the Third Reich")は、公開4日間で48万人が鑑賞する大ヒットとなったようだ。
ビリー・ジョエルの星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
BIGLOBEは、那須博之監督「デビルマン」の特設サイトを開設したようだ。
「かわいい魔女ジニー」("I Dream of Jeannie",1965-1970年)のキャストについて、グリンダ・チャーダ監督は、イニシャルだけを明かし、E.C.(エリシャ・カスバート?)とJ.G.(ジェニファー・ガーナー?)が交渉中だと語ったようだ。キーラ・ナイトレイの出演は既に決定している模様。その一方で監督は、主人公のルーツは紀元前200年のペルシャまで遡り「彼女はイスラム教徒の女の子で、イスラム教徒たちについての物語になります」と語っているらしい。
ミシェル・ゴンドリー脚本・監督による新作"The Science of Sleep"で、ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール、アラン・シャバが共演するらしい。来年はじめに撮影が始まるようだ。
クリストフ・ガンズ監督による人気ゲーム「サイレントヒル」("Silent Hill")の映画化で、「ルールズ・オブ・アトラクション」("The Rules of Attraction",2002年)のロジャー・エイヴァリー(Roger Avary)が脚本を担当する模様。
18日行われたブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインの結婚式の招待客は、前日に招待状を受け取っていたらしい。
リッキー・マーティンは、ハリウッドに1190万ドルで別荘を建てたらしい。
マイケル・ムーア監督の監修によるコンピレーション・アルバム「触発『華氏911』」が来月6日に発売されるようだ。元Rage Against The Machineのザック・デ・ラ・ロッチャ(Zack de la Rocha)の新曲"We Want It All"の他、The Nightwatchman、ブルース・スプリングスティーン、ボブ・ディランらの楽曲が収録されているらしい。
リンゼイ・ローハンは「子供の頃は髪の毛がもっと赤かったの。同じ事務所のモデルは皆ブロンドで、赤毛は私だけだった。それにソバカスのことでも、よくいじめられたわ。弟なんて、私をダルメシアンって呼んでいたのよ!」と語ったようだ。
パク・ヨンハは、11月17日にマキシシングル、12月15日にニューアルバムをリリースするらしい。
香月秀之監督「デコドラの鷲 会津・喜多方・人情街道」の完成披露試写会が20日都内で行われ、哀川翔、野波麻帆らが出席したようだ。
来月開催される第17回東京国際映画祭に新設された「Kodakスペシャル『日本映画・ある視点』」のラインアップが発表されたらしい。大林宣彦監督「理由」がオープニング作品、手塚眞監督「シンクロニシティ」がクロージング作品として上映されるようだ。
マイケル・ムーア監督によるTVシリーズ「アホでマヌケなアメリカ白人」("The Awful Truth",1999-2000年)のDVD-BOX「元祖!アホでマヌケなアメリカ白人」が22日発売されるようだ。
ジェイソン・レスコウ(Jason Lethcoe)の人気コミック"Zoom's Academy for the Super Gifted"の映画化で、ピーター・ヒューイットが監督、ティム・アレンが主演を務めるらしい。
「最‘狂'絶叫計画」("Scary Movie 3",2003年)を手掛けたデヴィッド・ザッカー(David Zucker)、クレイグ・マジン(Craig Mazin)、ロバート・K・ウェイス(Robert K. Weiss)は、新作"Superhero!"で再びチームを組むようだ。「スパイダーマン」をはじめ「バットマン ビギンズ」、"Fantastic Four"などの新作のパロディも盛り込まれるらしい。
フィリップ・ノイス監督が企画中のティム・ウィントン(Tim Winton)の小説"Dirt Music"の映画化で、ニコール・キッドマンが興味を示しているらしい。 [☆というニュースは2002年11月にもお伝えしたのですが・・・。]
USA Todayは、新作"Fantastic Four"のコスチュームを着たジェシカ・アルバの写真を掲載したようだ。
「バットマン ビギンズ」("Batman Begins")に出演するケイティ・ホームズは「バットモービルが走るのを見て『男の子が何で車が好きか分かった。一目ぼれしたの。私が欲しいのはあの車よ』って思ったわ」と語ったようだ。
まもなく出版されるスザンナ・クラーク(Susanna Clarke)によるファンタジー小説"Jonathan Strange & Mr. Norrell"の映画化権獲得に向けて、New Line、Warner Brothers、DreamWorks、Sonyなど主要スタジオが動き出しているようだ。
エドワード・ファーロングが、スーパーの水槽に入っていた販売用のロブスターを逃がそうとして逮捕されたらしい。酔っ払っていたようだ。
「X-Men」シリーズ第3作で、シガニー・ウィーヴァーが出演候補に挙がっているらしい。 [☆でも、監督降りちゃったし、ハル・ベリーは出ないって言ってるし・・・]
サルヴァドール・ダリが、1945年から1946年にかけて、Walt Disneyとのコラボレーションによるアニメ作品のために描いた7枚の絵画と数百枚の素描が発見されたらしい。
ソニー・コンピュータ・エンタテインメントは21日、次世代プレイステーションのメディアにBlu-ray DiscのROM規格であるBD-ROMを採用する、と発表したようだ。
  9/22
渡辺謙の妻は21日、離婚を認めた9日の東京地裁の判決を不服として、東京高裁に控訴したようだ。
手塚昌明監督「戦国自衛隊1549」の製作発表が21日都内で行われ、江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、原作者の福井晴敏らが出席したようだ。防衛庁陸上自衛隊が全面協力するらしい。
韓国貿易協会貿易研究所の発表によると、韓流ブームが起こっている中国、日本、台湾、香港、シンガポール、ベトナムなどの国に対する昨年のドラマと映画の輸出がそれぞれ2309万9000ドル(前年比39.7%増)と1654万ドル(同90.4%増)となった一方、それ以外への国への輸出は、ドラマが997万7000ドル(同107.7%増)、映画が1443万9000ドル(同135.9%増)と、より高い増加率となったらしい。
「韓国のキャットウーマンに相応しい女優は」というアンケート調査の結果、39%がチョン・ジヒョンを選んだらしい。
ヴェネチア国際映画祭で監督賞を受賞したキム・ギドク監督「空き家」が、25日から1週間、ソウル市内の劇場で先行公開されるらしい。
「新警察故事」("New Police Story")のプレミア上映が20日北京市内で行われ、ジャッキー・チェン、ダニエル・ウー、チャーリー・ヤン、ニコラス・ツェー、TWINSのチャーリーン・チョイらが出席したようだ。
米CBSの人気シリーズ"CSI: Miami"(2002年-)の新シーズンが21日スタート、平均視聴者数2200万人を記録したらしい。
クリスティン・バランスキーとバリー・ボストウィック(Barry Bostwick)は、米FOXのコメディ・パイロット"Spellbound"で共演するようだ。
ニキ・カーロ監督、シャーリーズ・セロン主演の新作"Class Action"で、ジェレミー・レナーが出演交渉中のようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は21日、映像や音楽、ゲームなどのファイルをインターネット経由で10人以上に配信する際にメールアドレスの明記を義務づける法案「SB 1506」に署名したようだ。米映画協会(Motion Picture Association of America)のダン・グリックマン(Dan Glickman)会長は「この画期的な法案に署名した知事に感謝している」とのコメントを発表したらしい。
Palm Pictures代表のクリス・ブラックウェル(Chris Blackwell)は、新たな映画祭Goldeneye Film Festivalを立ち上げるようだ。ジャマイカにあるイアン・フレミングの元別荘「Goldeneye」で12月8日から開催されるらしい。
来月開催されるハリウッド映画祭(Hollywood Film Festival)で、「パッション」("The Passion of the Christ")のメル・ギブソン監督が、今年のプロデューサー賞(Hollywood Producer of the Year Award)を受賞することが決まったようだ。
MGMの名作ミュージカルを集めた「ザッツ・エンタテインメント」("That's Entertainment",1974年)の30周年記念上映が、ビバリーヒルズのSamuel Goldwyn Theaterで開催され、Turner Entertainmentの社長兼CEOロジャー・マイヤー(Roger Mayer)は「皮肉な1日になりそうです」と挨拶したようだ。
WGA Westの会長にダン・ピートリーJr.(Dan Petrie Jr.)が再選されたようだ。
ブラジル文化省は21日、アカデミー賞外国語映画賞出品作品として、左派革命家のオルガ・ベナリオ(Olga Benario,1908-1942)を描く、ジェイミー・モンジャルディ(Jayme Monjardi)監督の"Olga"を選出した、と発表したようだ。
米Walt Disneyの重役会は21日、マイケル・アイズナーCEOの後継者を6月までに決め、現社長兼COOのボブ・アイガー(Bob Iger)か社外重役の両方を考慮する、と発表した模様。
ロンドンのOld Vic Theatreで芸術監督を務めるケヴィン・スペイシーは、同劇場を訪れる観客について「私の感覚としては、マナーを知らない人間は、劇場に来るべきではない」と語ったようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事の11月来日が決定した模様。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")のTVスポットが公開されたようだ。
クリスティーナ・アギレラは、ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインの突然の挙式について「彼女がこんな方法を採るとは思ってもいなかった。彼女がケヴィンを本当に愛していることは分かっている。でも、これでは品が無さ過ぎるわ。全てのことがなんだか哀れに思える」と語ったらしい。
自叙伝"Confessions of an Heiress: A Tongue-in-Chic Peek Behind the Pose"プロモーションのためハリウッドの書店を訪れていたパリス・ヒルトンは、周囲から罵声を浴びせられ、二人の男から生卵を投げつけられたらしい。
ドリュー・バリモアの追っかけをする自分自身をドキュメントしたブライアン・ハーズリンガー(Brian Herzlinger)監督による総製作費1000ドルの作品"My Date With Drew"が、来月米国の10都市で劇場公開されることになったようだ。
ロバート・ロドリゲス監督次回作"The Adventures of Shark Boy & Lava Girl"で、ジョージ・ロペスの共演が決まったようだ。
マイケル・ムーア監督の次回作で、Miramaxが融資と配給を行うようだ。
"Adventures of Superman"(1952-57年)に主演し1959年に拳銃自殺したジョージ・リーヴス(George Reeves)の死の謎を描く、アレン・コールター(Allen Coulter)監督の新作"Truth, Justice and the American Way"で、エイドリアン・ブロディの主演が決まったようだ。
21歳の新人脚本家アリ・ラッセル(Ali Russell)は映画製作会社Elysium Entertainmentを設立、ダレン・デイヴィス(Darren Davis)のコミック"The 10th Muse"とロブ・ライフェルド(Rob Liefeld)のタイトル未定の新作コミックを映画化するらしい。
スティーヴン・キングの短編小説を原作にした新作"Riding the Bullet"についてミック・ギャリス(Mick Garris)監督は「僕がこの映画で意図したのは、スティーヴン・キングの作品の超自然ホラーと成長物語という二つの側面を一つにすることだった。彼の全ての小説がそうだし、ほんのわずかの映画でもそれは行われている。スタジオはどちらかにすることを望んでいた。彼らは、その両方という考えを理解できなかったんだ」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」("Lord of the Rings")シリーズでアカデミー賞視覚効果賞を3度受賞したジム・ライゲル(Jim Rygiel)は、インディ作品"Bunyan and Babe"で監督デビューするらしい。
エリック・バナは、プロのポーカーの世界を描くカーティス・ハンソン監督の新作"Lucky You"に出演するらしい。
人気ゲーム"Doom"の映画化で、ロザムンド・パイクの共演が決まったらしい。
来年2月に開催される第11回米コメディ・アート・フェスティバル(U.S. Comedy Arts Festival)で、ジム・キャリーにAFIスター賞(AFI Star Award)が贈られることが決まったようだ。
第52回サン・セバスチャン国際映画祭で、今年4月に米HBOで放送されたオリヴァー・ストーン監督によるドキュメンタリー番組"Looking for Fidel"がプレミア上映されたらしい。評判は今ひとつとか。
グレッグ・クレンナ(Greg Glienna)脚本・監督、ロン・リヴィングストン主演によるインディ作品"Relative Strangers"、ダニー・デヴィート、キャシー・ベイツ、ネーヴ・キャンベルの共演が決まったようだ。
ハリソン・フォードは、MGMのアレックス・イェメニジアンCEOが原告の裁判で陪審員に選出されたものの、客観的判断が下せない可能性があると裁判官に申し出て、陪審義務を免除されたらしい。
H・G・ウェルズの「宇宙戦争」("The War of the Worlds")の、ティモシー・ハインズ(Timothy Heins)監督による映画化が進行中らしい。こちらは原作に忠実だと、監督は言っているようだ。
"Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith"で、ゲイリー・オールドマンがグリーヴァス将軍(Gen. Grievous)の声を担当する予定だったものの、米映画俳優組合(Screen Actors Guild)が海外撮影の作品に対する同組合規定の適用を定めた通称"Global Rule One"に同作品が従っていないことが判明したため、出演を断念したらしい。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」の公開10日間の興収は、6億円を突破した模様。
大友克洋の「童夢」がギレルモ・デル・トロの監督で映画化されるらしい。
  9/23
「インファナル・アフェア 無間序曲」に出演したショーン・ユーは「トニー(・レオン)に近づくようにしたつもり」、エディソン・チャンは「(アンディ・)ラウがどう演技したか全く意識しなかった」と語ったらしい。
米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は22日、今年12月のNFLスーパーボウルでのジャネット・ジャクソンの衣装トラブル・シーを放送した米CBS系列20局に対し、合わせて55万ドルの罰金の支払いを命じたようだ。
NHKは、「冬のソナタ」ノーカット版全20話をBS2で12月20日から11夜連続放送する、と発表したようだ。吹替えなしの日本語字幕版で放送されるらしい。
11月1日からYahoo! JAPANで無料配信される、星新一原作の短編アニメ「きまぐれロボット」の制作発表が22日都内で行われ、声優を務める板倉俊之、MEGUMIらが出席したようだ。
MGMのSonyなどの投資連合による買収では、「風と共に去りぬ」("Gone with the Wind",1939年)、「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz",1939年)、「ガス燈」("Gaslight",1944年)など1948年より前の作品の権利は引き続きTime Warner社が保有することになっているようだ。
23日から韓国で公開が始まるリュ・ジャンハ監督、チェ・ミンシク主演「花咲く春が来れば」の公式サイトへの1日のアクセス者数が15万人を突破したようだ。
12日から開催された第9回平壌映画祭に山本晋也監督が出席、同映画祭を「理想を持った祭典でアジアの誇りです」と絶賛したようだ。
ムン・グニョンは20日、練炭5万個などを届けるため北朝鮮を訪れたようだ。北朝鮮でも彼女の人気は高いらしい。
ペ・ヨンジュンが主演した「スキャンダル」が28日、韓国KBS第2テレビで放送されるらしい。
ソン・スンホンの中国、台湾、香港にある5つのファンクラブは20日、今後も全面的に支持していく、とする公開書簡を共同で所属事務所に送ったようだ。
2006年開設を目指していた「ユニバーサル・スタジオ上海」の建設計画が中止になった模様。米Universal Studiosの親会社がGEとなり、方針が変更されたらしい。
香港精英娯楽公司は、チャン・イーモウ監督の新作について「当初の計画は変更していない。主演は高倉健だ」と発表した模様。
来月8日韓国で公開のアン・グォンテ監督「うちの兄」で不良を演じたウォン・ビンについて、映画を観た記者らは「ファンにショックを与えそうだ」と言っているらしい。
廣木隆一監督「機関車先生」の特別上映会が、25日と26日に香川県詫間町のマリンウェーブで行われるようだ。
Sony Picturesは、3年連続4度目となる全米興収10億ドル突破をまもなく達成する模様。「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")と"50 First Dates"だけで4億9200万ドルを稼いだらしい。
Warner Bros. Picturesは、eBayの元社長ジェフ・スコル(Jeff Skoll)による映画製作会社Participant Productionsと提携、スティーヴン・ギャガン監督の新作スリラー"Syriana"やニキ・カーロ監督次回作"Class Action"について、共同融資を行うようだ。
Warner Bros. Picturesは、オリヴァー・ストーン監督、コリン・ファレル主演「アレキサンダー」("Alexander")の全米公開日を11月5日から11月24日に変更した模様。アカデミー賞の獲得に有利と判断したようだ。
ジェシカ・シンプソンの夫ニック・ラシェイ(Nick Lachey)は、ヘンリー・トーマスらが共演する現在撮影中のインディ作品"The Hard Easy"に出演するようだ。
マイケル・クリストファー(Michael Cristofer)脚本・監督、ビリー・ボブ・ソーントン、ミラ・ジョヴォヴィッチ共演の新作スリラー"Fade Out"は、来年5月15日からカナダのハリファックスで撮影がスタートするらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は、ジェイムズ・ガーナーに特別功労賞を贈ることを決めたようだ。来年2月に授賞式が開催されるらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は22日、「アイ,ロボット」("I, Robot")や「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")などを含む映画を、合法であるように見せかけて無許可で有料配信していたとして、Click Enterprises社に対する訴訟を起こした、と発表したようだ。
ハリー・コニックJr.は、フィリップ・マルゼラ(Phillip Marzella)脚本・監督の"Boomerang"に主演する模様。撮影開始は来年になるようだ。
50セント(50 Cent)は、Paramount PicturesとMTV Filmsによる、半自伝的な作品"Locked and Loaded"で映画デビューを果たすようだ。
アンジェリーナ・ジョリーは「アレキサンダー」("Alexander")で共演したコリン・ファレルとの関係が噂された事について「私達はお互いに良く似ていたわ。自由で、ワイルドで、家族を大切にする。とても親しくなったけど、でもデートはしなかったわ」と語ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは、アシャンティらの出演が決まっている米ABCのTV映画"The Muppets' Wizard of Oz"へのカメオ出演を希望しているらしい。
レネー・ゼルウィガーは、かつてスキーやスノーボードに熱中していた時期があったものの、ここ7年間はスキー場に行っていないらしい。「保険会社が、手足や首の骨を折ることになりかねないスポーツをやらせたがらないのよ」と語ったようだ。
シネマクルーズは、リチャード・カーティス監督「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually",2003年)の有料配信を23日スタートしたようだ。
来月9日公開の喜屋武靖監督「想色〜オモイ・ノ・イロ〜」で、若槻千夏と岩佐真悠子が初共演しているらしい。
コミック作家のゲイリー・ウィッタ(Gary Whitta)の企画・脚本による、ある私立探偵を主人公にした新作"Reaper"で、Media 8 Entertainmentが共同製作、融資、および配給を手掛けるようだ。
「アメリカン・ビューティ」("American Beauty",1999年)で脚本を手掛けたアラン・ボール(Alan Ball)は、アリシア・エリアン(Alicia Erian)の小説"Towelhead"について、オプション契約を結んだ模様。
Dimension Filmsは、ジョナサン・プリンス(Jonathan Prince)の脚本によるタイトル未定の新作で、アッシャー(Usher)を映画デビューさせるようだ。
Columbia Picturesは、イラクに誤って派遣されたゴシップ記事担当者を描いた、ニコラス・クリシュ(Nicholas Kulish)による小説"Last One In"の映画化に向けたオプション契約について交渉中のようだ。
ジュード・ロウの製作・主演によるダグラス・バウアー(Douglas Bauer)の小説"Dexterity"の映画化で、ギャヴィン・オコナー(Gavin O'Connor)ガ監督を務めるようだ。
「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」("Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back",1980年)のアーヴィン・カーシュナー監督は「DVD版はまだ見ていないが、(色彩も、サウンドも)さらに良くなっているはずだ。しかし、ストーリーや編集に変更はないし、私の監督作であることに変わりはない」と語ったようだ。
「ヘルボーイ」("Hellboy")に出演したセルマ・ブレアは続編製作について「おそらく後1年半はスタートしない。ギレルモ(・デル・トロ監督)は別の作品に取り掛かっていて、それを待つことになるわ。先週ギレルモと話したの。秘密を守ることを誓わされたけど、とても素晴らしかった。今からワクワクしているわ」と語ったようだ。
ピース・エンターテインメントなど3社は、映画「予言」と「感染」のiモード向けビジュアルノベルゲームを来月2日より有料配信するようだ。
ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)によるヒューゴー賞受賞の児童書「コララインとボタンの魔女」("Coraline")のヘンリー・セリック監督による映画化は、Vinton Studiosが映画化権を獲得したようだ。
先日突然結婚式を挙げたブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインは、まだ婚姻届を提出していないらしい。
"The Oprah Winfrey Show"で先日新車をプレゼントされた276人は、1人当り最高7000ドルの所得税を支払わなければならないらしい。支払いを拒否した場合、車は没収されるとか。 [☆そういうオチだったのね?]
ジム・キャリー主演による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化について、原作者のダニエル・ハンドラー(Daniel Handler)は「映画は全く異なるものだ。全ページが写真で構成されているのでない限り、原作に完全に忠実であることは出来ない。私は、8回草稿を書いたが、9回目を書く気にはなれなかった」と語ったようだ。
「ファスタープッシーキャット キル!キル!」("Faster, Pussycat! Kill! Kill!",1965年)、「ワイルド・パーティー」("Beyond the Valley of the Dolls",1970年)などの作品で知られる、映画監督のラス・メイヤー(Russ Meyer)さんが18日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  9/24
マイケル・ムーアは、全米20週を回り、貧困層や若者に米大統領選での投票を呼びかけるツアーを26日にスタートするようだ。
Sonyは23日、米投資会社、Comcast社などと共同で、MGMを買収することで最終合意に達した、と発表したようだ。買収総額は約49億ドルになる模様。
筒井武文監督「オーバードライヴ」の公開記念イベントが23日都内で行われ、柏原収史が津軽三味線の腕前を披露したらしい。
藤澤恵麻が、タイトル未定の小松隆志監督の新作ファンタジー映画でスクリーン・デビューするらしい。松嶋菜々子が主演するようだ。
陶芸家板谷波山の生涯を描いた五十嵐匠監督「HAZAN」が、ブルガリアで開催されたバルナ国際映画祭で、最高賞のゴールデン・アフロディーテ賞を受賞したようだ。
韓国を訪れている木村佳乃は24日、李首相を表敬訪問したようだ。
日韓共同訪問年の広報大使に任命された木村佳乃は23日ソウルを訪れ、関係者らによるパーティに和服姿で出席したようだ。
今月30日から香港で「韓国映画フェスティバル」が開催されるようだ。「オールド・ボーイ」「JSA」「オアシス」など13本が上映されるらしい。
長崎県波佐見町鬼木郷に「冬のタナダ」と題した"ヨン様"のカカシが登場、女性に人気らしい
英BBCは、ローマ法王を主人公にしたアニメシリーズを企画していたものの、カトリック団体などの抗議を受け、中止したようだ。
エルトン・ジョンが23日台北国際空港に到着、出迎えた報道陣に対し「君たちは無礼で下品な豚だ」と罵倒したらしい。 [☆台湾のマスコミは有名人をしつこく追い回すことで有名です。]
「となりのサインフェルド」("Seinfeld",1989-1998年)のDVDが11月23日に発売されるのに合わせ、米NBCは同月25日に特別番組を放送すると発表したようだ。ジェリー・サインフェルドの司会で、共演者らとのインタビューや名場面などが放送されるらしい。
先月始まったマーロン・ブランドの遺産検認に際して、タヒチの島にゲストを運んだ運行費を請求する小さな航空会社から、ダイヤの指輪を下水に落としたと主張する友人まで、少なくとも5、6人の"債権者"が遺産からの返還を遺族に要求しているらしい。
米Forbes誌による億万長者リストForbes 400が発表され、Microsoft社のビル・ゲイツが、11年連続トップとなったようだ。一方、Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOはリストから外れたらしい。
「マイノリティ・リポート」("Minority Report",2002年)などを手掛けた脚本家のスコット・フランク(Scott Frank)は、銀行強盗を企む犯罪グループの裏をかこうとする元ホッケー選手を主人公にした自らの脚本"The Lookout"で監督デビューを果たすようだ。
全米週末公開作品では、ジョセフ・ルーベン監督、ジュリアン・ムーア主演の超自然スリラー"The Forgotten"がトップになるものの、週末興収は2000万ドルに達しないだろうと予想されているようだ。一方、ケイティ・ホームズ、マイケル・キートン共演の"First Daughter"は800万ドル程度の週末興収になる模様。
ジョン・シングルトン監督が開発に参加するMidway Gamesの新作アクション・アドベンチャー・ゲーム"Fear & Respect"について、Paramount Picturesは映画化に向けたオプション契約を結んだようだ。ゲームは2005年第4四半期に発売されるらしい。
11月4日から開催される米国映画協会(American Film Institute)主催のAFI Festでは、ケヴィン・スペイシー監督・脚本・主演の"Beyond the Sea"、マイケル・ラドフォード監督による「ヴェニスの商人」("The Merchant of Venice")、チャン・イーモウ監督の「LOVERS」("House of Flying Daggers")、ペドロ・アルモドヴァル監督の「バッド・エデュケーション」("Bad Education")、アレハンドロ・アメナーバル(Alejandro Amenabar)監督の"The Sea Inside"などが上映されるようだ。今年はAudiがメイン・スポンサーとして参加するとか。
ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"で、サイモン・ベイカーとジョン・レグイザモが共演する模様。また、アーシア・アルジェント、ロバート・ジョイの出演も決まったようだ。
仏像の頭の上に男が座るポスターが問題となったフィリップ・キャランド(Philippe Caland)監督・主演"Hollywood Buddha"の上映中止を求めるデモ行進がネパールで行われ、仏教徒数百人が参加したらしい。
ジム・キャリー主演による「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化にあわせ、11月9日にビデオゲーム版が発売されるようだ。ジム・キャリーが声優を務めているらしい。
テレビ東京で30日スタートのアニメ「陰陽大戦記」で、サザーランドの歌う「君となら」がオープニングテーマに決まったようだ。
玉置成実の新曲「Reason」が、TBSのアニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のエンディング・テーマに決まった模様。
ロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")のIMAX 3D版が製作されているらしい。
ブライアン・デ・パルマ監督、アル・パチーノ主演「カリートの道」("Carlito's Way",1993年)の前編が製作されるようだ。マイケル・ブレグマン(Michael Bregman)が脚本・監督を務め、ジェイ・ヘルナンデスが主演し、前作からはルイス・ガスマンが引き続き出演する模様。
トレイ・パーカーとマット・ストーンによる新作アクション・コメディ・ミュージカル・アニメ"Team America: World Police"の新しいビデオ・クリップが公開されたらしい。
まもなく映画版も全米公開される、人気アニメシリーズ"SpongeBob SquarePants"(1999年-)について、Nickelodeonは2005年に20エピソードを放送することを決めたようだ。
ラッセル・クロウの監督デビュー作となる、ジョン・ヘップワース(John Hepworth)の戦争小説"The Long Green Shore"の映画化は、来年になる模様。
コメディ番組"Blue Collar Tv"にブラッド・ピットが出演した際、彼のズボンが破けてしまったらしい。
クイーン・ラティファのFlavor Unit FilmsはParamount Home Entertainmentと提携、製作費数百万ドル規模のDVD市場向け映画を製作するようだ。
新作"Wimbledon"に主演したキルスティン・ダンストは「私は最高のテニス選手じゃない。でも、あのうなり声と表情さえ上手く出来れば、ガタガタのサーブをごまかすことが出来るわ」と語ったようだ。また、共演のポール・ベタニーは「ジョン・マッケンローやマリア・シャラポワもこの映画を見てとても喜んでくれた。僕らはベストを尽くした」とコメントしたらしい。
"Terminator 4"の製作が来年スタートするようだ。「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines",2003年)で脚本を担当したジョン・ブランケイト(John Brancato)とマイケル・フェリス(Michael Ferris)は、ジョナサン・モストウ監督の下ですでにドラフトを完成させたらしい。アーノルド・シュワルツェネッガー州知事に対しても既に出演交渉が行われているものの、出演したとしても限定された役となる模様。ニック・スタールとクレア・デインズの出演については不明とか。
ローラ・リニーとトム・ウィルキンソンは、実話に基づくスコット・デリクソン(Scott Derrickson)監督の新作"The Exorcism of Anneliese Michel"で共演するようだ。
MGMは、ラスヴェガスを舞台にしたビリアム・コロネル(Billiam Coronel)によるコメディ脚本"The High Rollers"を映画化するようだ。
米Universalは、ジョージ・A・ロメロ監督の新作"Land of the Dead"の配給権を獲得したようだ。来月11日にトロントで製作が開始される模様。
DVD-BOX「スター・ウォーズ トリロジー」とビデオゲーム"Star Wars Battlefront"が21日米国で発売され、初日だけで合わせて1億1500万ドル以上の売上を記録したらしい。DVDは250万本が売れたようだ。
DVD-BOX「スター・ウォーズ トリロジー」で修復を担当したLowry Digital Imagesのジョン・ロウリー(John Lowry)は「これまで扱った作品の中でも最も汚く、最も難しいフィルムだった。600台のコンピュータとあらゆるディスク領域を駆使した。ジョージ(・ルーカス)は1作品当り30日を与えてくれたが、もし自分の好きなようにやれるのなら、我々は今でも作業を続けていただろう」と語ったようだ。
ギレルモ・デル・トロ監督「ヘルボーイ」("Hellboy")のディレクターズ・カット版DVDが、来月19日に米国でリリースされるらしい。
エリック・イーソン(Eric Eason)脚本・監督による犯罪ドラマ"Wannabe"で、ジェイク・ギレンホールとアシュリー・シンプソンが共演するらしい。11月に撮影が始まる模様。
"Outfoxed: Rupert Murdoch's War on Journalism"のロバート・グリーンウォルド(Robert Greenwald)監督は、同作品の未編集フィルムを無料で公開し、あらゆる方法での再編集・再利用を認めると発表したようだ。ただし、作品中のFOX NEWSの映像は含まれないらしい。
マイケル・メイヤー監督の新作"A Home at the End of the World"に主演するコリン・ファレルは付け毛をつけて登場するらしい。「付け毛を付けたシーンはすべてカットして欲しかった」とコメントしたとか。
マドリッドでサイエントロジーのスペイン本部のオープン式典が開催され、トム・クルーズやペネロペ・クルスの母親らも出席したらしい。
ロバート・ダウニーJr.はSony Classicalと契約、CDデビューを果たすらしい。
レオナルド・ディカプリオや、ベン・アフレック、リッキー・マーティン、サラ・ジェシカ・パーカー、ベンジャミン・ブラットらとディナーをともにする権利が、eBayでチャリティ・オークションにかけられるらしい。
"Access Hollywood"に出演したパリス・ヒルトンは「ルックスなんて、もうどうでもいいのよ。どれだけ素晴らしい人か、が大切なの。そういう男性を見つけたい。優しく接してくれて、私を愛してくれる人が欲しいの」と語ったようだ。
横浜で開催中の「A&Vフェスタ2004」では23日、竹中直人、ささきいさお、井筒和幸らが各社のイベントに参加したようだ。
  9/25
第49回アジア太平洋映画祭の各賞の授賞式が24日福岡市内で行われ、作品賞にアレックス・ヤン監督「台北21」、監督賞には「オールド・ボーイ」のパク・チャンウクが選ばれた模様。閉会式には山田洋次監督、三田佳子らが出席、「隠し剣 鬼の爪」が特別上映されたようだ。
「悲しみよこんにちは」("Bonjour Tristesse",1958年)、「さよならをもう一度」("Goodbye Again",1961年)、「厚化粧の女」("La Femme fardee",1990年)などの原作小説や、映画・舞台の脚本でも知られる、仏作家のフランソワーズ・サガン(Francoise Sagan)さんが24日亡くなった(69歳)。ご冥福をお祈りいたします。
リュ・スンワン監督、チェ・ミンシク、リュ・スンボム主演の新作「拳が泣く」のロケが、来月13日から忠清南道の天安刑務所で行われるようだ。刑務所側の全面協力による撮影は、韓国映画史上初めてとか。
ベベ・ニューワースは、来年スタートする4番目のスピンオフ・シリーズ"Law & Order: Trial by Jury"に出演するようだ。
ジョン・ウォーターズ監督最新作"A Dirty Shame"が24日、NC-17指定として全米公開がスタートしたようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)と米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)は23日、新たな3年契約にサインしたようだ。DVDの収益の分配については盛り込まれなかった一方、組合員とその家族のヘルスケア対策の資金として、2008年までに4000万ドルを積み立てることで合意した模様。
ジョージ・ルーカス、ロン・ハワード、ロバート・ゼメキス、ブライアン・グレイザーらが卒業した、南カリフォルニア大学映画・テレビ学部の創設75周年を記念する式典が26日に行われるようだ。
英the Sun紙は、ノーラ・エフロン監督の新作"Bewitched"の撮影中のニコール・キッドマンの写真を掲載したようだ。
トム・クルーズは、「コラテラル」("Collateral")プロモーションのためヴェネチア国際映画祭を訪れた際、彼を取り囲んだ報道陣達にカメラを向けて"反撃"していたらしい。
米Miramaxは、さらに55人を解雇したようだ。
ハドソンが来春発売予定のPS2用ゲーム「天外魔境III NAMIDA」で、市川春猿と柊瑠美が声優を務めているらしい。
ぺ・ヨンジュンは、NHK「紅白歌合戦」への出演オファーを断ったようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"の撮影は、ニュージーランドからロサンゼルスに移った模様。出演するナオミ・ワッツは「(キングコングを演じる)アンディ(・サーキス)は、心を通わせるための瞳や魂を与えてくれた。その意味は大きいわ」と語ったようだ。
「スター・ファイター」("The Last Starfighter",1984年)のミュージカル版が、来月15日からニューヨークのStorm Theatreで上演されるらしい。同劇場の芸術監督ピーター・ドビンス(Peter Dobbins)が監督を務めたようだ。
「華氏451度」("Fahrenheit 451",1966年)のリメイクは、脚本を仕上げたフランク・ダラボンが監督も務めるようだ。「9歳の時からこの映画を作りたかった」と言っているらしい。
フランク・ダラボンは、スティーヴン・キングの小説「霧」("The Mist")の映画化を企画しているようだ。「ショーシャンクの空に」("Shawshank Redemption",1994年)の公開10周年特別版DVDの発売記念イベントに出席した監督は「来週から脚本に取り掛かる」と発言した模様。
人気TVドラマ「ギリガン君SOS」("Gilligan's Island",1964-1967年)に基づく米CATV局TBSのリアリティ番組"The Real Gilligan's Island"の撮影が、先週のハリケーン・アイヴァンの襲来で中断させられていたらしい。幸い、けが人などは無かったようだ。
シンシア・ニクソンが別の女性と交際中、とNew York Post紙などが報じたようだ。ニクソンは「私の私生活は私個人のものです。でも、私に何も隠すことなどありません。私は今とても幸せです」と語ったらしい。
  9/26
関口現監督「SURVIVE STYLE5+」が25日初日を迎え、浅野忠信、岸部一徳、橋本麗香、阿部寛らが舞台挨拶に立ったようだ。
ぺ・ヨンジュンが「紅白歌合戦」の出演を辞退したと報じられたことについて、NHKは「われわれはまったく聞いていません」とコメントしたようだ。
ケヴィン・コスナーは25日、昨年6月に婚約していたクリスティン・ボームガートナー(Christine Baumgartner)との結婚式を挙げたようだ。
第52回サン・セバスチャン国際映画祭の授賞式が25日開催され、バフマン・ゴバディ(Bahman Ghobadi)監督の新作"Turtles can fly"が最高賞を獲得したようだ。
ジョン・ウェインが主演した、「男の叫び」("Island in the Sky",1953年)、「ホンドー」("Hondo",1953年)、「紅の翼」("The High and the Mighty",1954年)、「マクリントック」("McLintock!",1962年)の4作品のDVDが、来春米国で発売されるようだ。また、ウィリアム・キャンベル主演"Man in the Vault"(1956年)、グレン・フォード主演"Plunder of the Sun"(1953年)、クライド・ビーティ主演「恐怖のサーカス」("Ring of Fear",1954年)、ランドルフ・スコット主演「七人の無頼漢」("Seven Men From Now",1956年)、ロバート・ミッチャム主演「血ぬられし爪あと」("Track of the Cat",1954年)のDVDもリリースされるらしい。
リンゼイ・ローハンは「政治について話すのは好きじゃないの。もし民主党支持者だと言えば、共和党支持者に嫌われてしまうもの。ファンの半分がいなくなってしまうわ」と語ったようだ。
MTVとNickelodeonは、中国でのCATVの拡大に向けて提携したようだ。
"Blade: Trinity"の最新ポスターが発表されたらしい。
「冬のソナタ」や「東京湾景」の音楽を担当したイルマのライブ&トークショーが25日、東京ビッグサイトで行われたようだ。
  9/27
ニューヨーク・メッツの松井稼頭央内野手は26日、カブス戦の後"新人の洗礼儀式"を受け、「スパイダーマン」の衣装が用意されたらしい。
「私、違っているかしら」(松尾昭典監督,1966年)、「天国にいちばん近い島」(大林宣彦監督,1984年)の映画化作品でも知られる、作家の森村桂さんが27日亡くなった(64歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第2回文化庁映画賞の審査結果が27日発表され、文化記録映画大賞に原村政樹監督「海女のリャンさん」、文化記録映画優秀賞に野中真理子監督「トントンギコギコ図工の時間」と羽田澄子監督「山中常盤 牛若丸と常盤御前 母と子の物語」が選ばれたようだ。
広島県三原市で開催されたみはら映画祭で25日、木下恵介監督の弟で「喜びも悲しみも幾歳月」の主題歌を作詞・作曲した木下忠司と、主題歌を歌った若山彰らによるトークショーが行われたようだ。
矢口史靖監督「スウィングガールズ」のモデルとなった兵庫県立高砂高校ジャズバンド部「ビッグ・フレンドリー・ジャズ・オーケストラ」が26日、神戸市内で開催された野外ジャズコンサート「Mt.ROKKO JAZZ Festival」に出演、「A列車で行こう」など八曲を演奏したようだ。
ロサンゼルスで行われた「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")のプレミア上映に出席したヴァルテル・サレス監督は「映画の歴史を振り返り、イタリアのネオ・レアリスモやフランスのヌーヴェルヴァーグのようなムーブメントを見つめる時、それらは偉大な監督だけでなく、偉大な俳優たちが作品をつくり上げたことに気付くだろう。今我々の世代には、アルフォンソ・クアロン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、フェルナンド・メイレレス、カティア・ルンド(Katia Lund)と言った素晴らしい監督がいるだけでなく、素晴らしい俳優たちが才能を花開かせようとしている。ガエル・ガルシア・ベルナルが、再生を果たしたラテン・アメリカ映画の多くに出演しているのは、決して偶然ではない」と語ったようだ。
英BBCは26日、BBC World news channelの米国での配信に向けて、複数の米国CATV会社と会談中である、と発表したようだ。
"The Ellen DeGeneres Show"に出演したジョン・トラヴォルタは「シャーリー・マクレーンやジェシカ・ラング、メリル・ストリープは40代や50代のときに最高の演技を見せている。年齢を重ねることの一つ良い点は、チャンスの幅が広がるということだ。狭くなるとは決して思わない」と語ったようだ。
ミーシャ・バートンは、マーク・ギブソン(Mark Gibson)、ジョン・ラファロ(John Raffo)の脚本による新作ホラー・スリラー"Hexxx"に主演するようだ。
プロデューサーのゲイル・アン・ハード(Gale Anne Hurd)は、Platinum Studiosと共同で、同社の出版するグラフィック・ノベル"Atlantis Rising"の映画化を手掛けるようだ。
シェリル・ハインズ(Cheryl Hines)は、アンジェラ・ロビンソン監督、リンゼイ・ローハン主演の新作"Herbie: Fully Loaded"で、マイケル・キートンが演じる役の恋人を演じるらしい。また、スコット・ルー(Scott Lew)監督の"Bickford Schmeckler's Cool Ideas"で、パトリック・フュジットと共演するようだ。
Warner Home Video(WHV)は、メアリー=ケイト・オルセン、アシュレイ・オルセン姉妹のDualstar Videoと、新たに10年間の配給契約を結んだようだ。1993年以来WHVからリリースされたオルセン姉妹のビデオ全45タイトルの売上は、合計10億ドルに達しているとか。
2度に渡るハリケーンの襲来でにより、マイアミのサウスビーチで行われていたパリス・ヒルトン主演の新作"National Lampoon's Pledge This!"の撮影は中断、フロリダのオーランドにロケ地を移すようだ。
全米週末興収は、ジュリアン・ムーア主演の超自然スリラー"The Forgotten"が2200万ドルで初登場1位を記録、ケイティ・ホームズ、マイケル・キートン共演のコメディ"First Daughter"は2259スクリーンで400万ドル、英国のホラー・コメディ"Shaun of the Dead"は607スクリーンで325万ドルのスタートとなったようだ。
brandchannel.comは映画に様々な商品を広告として登場させるプロダクト・プレイスメント(product placement)を紹介する新コーナーBrandcameoをスタートさせたようだ。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」("The Motorcycle Diaries")と「バッド・エデュケーション」("Bad Education")に主演したガエル・ガルシア・ベルナルは、これらの作品が米国ではアート・シアター系でのヒットが見込まれていることについて「"アート・シアター系でのヒット"って何だい?何の意味も無いよ。それはつまり、あなた達の国のほとんどの人は見ようとも思わない、ということだろ。これら作品がハリウッド映画と競い合うチャンスなんてないんだよ。僕のアクション・フィギュアが登場したら、みんな真剣に考えるかもしれないけどね」と語ったようだ。
ヴァージニアで計画されている米国立奴隷制度博物館)のために、ビル・コスビーは1000万ドルを寄付する、と発表したようだ。
ピーター・フォンダは、「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")に、マット・デイモンの父親役でカメオ出演しているらしい。また、ジェーン・フォンダ、ブリジット・フォンダと共演する映画の企画もあるとか。
バーナード・マラマッド(Bernard Malamud)の小説"The Tenants"が映画化されるようだ。ダニー・グリーン(Danny Green)が脚本を担当、ディラン・マクダーモット、ロース・バーン、スヌープ・ドッグが共演する模様。
児童書「ライラの冒険」("His Dark Materials")シリーズの映画化で、監督がクリス・ワイツに決定した模様。
リュック・ベッソン製作、サルマ・ハエック、ペネロペ・クルス共演の新作ウェスタン・コメディ"Bandidas"に、スティーヴ・ザーンとドワイト・ヨーカムが出演しているようだ。
1970年代初めのローラースケート・ブームを背景に描くマルコム・D・リー監督の新作コメディ"Roll Bounce"に出演した、80年代生まれのラップ歌手バウ・ワウ(Bow Wow)は「70年代を歩き、70年代をしゃべらなきゃいけなかったんだ」と語ったようだ。セットでは携帯電話や現代の音楽も禁止されたとか。
ジャッキー・チェンは「みんな同じなんだ。香港から来た刑事、中国から来た刑事。ジェット・リーもチョウ・ユンファも僕も、演じる役が限定されているという同じ問題に直面している。ハリウッドは僕を王のように扱ってくれるが、幸せではない。間違った方向に物事が進んでいても何も言えないのはイライラするよ」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズは、来年までに赤ちゃんが欲しい、と言っているようだ。
阪本順治監督「亡国のイージス」で、如月行役を勝地涼(18)が演じることが決まったようだ。
「アラジン スペシャル・エディション」のDVD発売記念イベントが26日都内で行われ、石井竜也と倖田來未がアラジンとジャスミンに扮して登場したようだ。
落合正幸監督「感染」と鶴田法男監督「予言」の試写会が26日都内で行われ、「貞子」と「俊雄」が舞台挨拶に立ったようだ。
ルネ・ラルー監督のアニメーション作品「ファンタスティック・プラネット」("Fantastic Planet",1973年)が実写でリメイクされるらしい。
ザック・ペン(Zak Penn)の監督次回作は、ポーカーの世界大会を舞台にしたコメディになる模様。ベン・アフレック、デヴィッド・シュワイマー、ウィリアム・H・メイシー、リチャード・カインド、ウェルナー・ヘルツォークらが共演するらしい。
「ミニミニ大作戦」("The Italian Job",2003年)の続編企画で、Paramount Picturesは、マーク・ウォールバーグ、シャーリーズ・セロン、セス・グリーン、モス・デフ、ジェイソン・ステイサムら前作のキャストと交渉に入ったようだ。
ビリー・ボブ・ソーントンと交際中のコニー・アングランドが女の子を出産したようだ。
Rolling Stonesのギタリストだったライアン・ジョーンズの生涯を描く映画が製作されるらしい。マルカス・アダムス監督によるSFサスペンス"Octane"(2003年)でマデリン・ストウらと共演した英国俳優レオ・グレゴリー(Leo Gregory)が主人公を演じ、パディ・コンシダインらが共演する模様。
サルマ・ハエックとジョシュ・ルーカスは、3ヶ月前に破局していたらしい。
メモリーテック、日本電気、三洋電機、東芝の4社は27日、次世代DVD規格「HD DVD」のプロモーションを目的とした「HD DVD プロモーショングループ」を設立すると発表したようだ。
  9/28
ペ・ヨンジュンが出演するロッテチョコレート「ラミー・バッカス」のCMが28日から東北以北で、来月12日から全国で放送されるらしい、
スカイパーフェクト・コミュニケーションズは、来月7日から携帯電話向け連続ドラマ「横浜エイティーズ」の配信をスタートするらしい。
東芝は28日、大型テレビやDVDレコーダーなどの映像事業の売上高を、2010年度に現在の3倍の1兆5000億円とする目標を明らかにしたようだ。
中国電信の運営するブロードバンド専用ポータルサイト「互聯星空」は、ゲーム、映画、音楽などのダウンロードサービスをスタートさせるようだ。
ウォン・カーウァイ家督「2046」のプレミア上映が25日北京市で開催され、トニー・レオン、フェイ・ウォン、カリーナ・ラウ、ドン・ジエ、チャン・チェンらが出席したようだ。
小田原城で来月23日、崔洋一監督「クイール」の野外上映会が開催されるようだ。
女優ラナ・クラークソン(Lana Clarkson)殺害容疑で起訴された音楽プロデューサーのフィル・スペクターが27日出廷し、無罪を主張したようだ。
DreamWorksの新作フルCGアニメ「シャーク・テイル」("Shark Tale")のニューヨーク・プレミアが27日開催され、ウィル・スミス、ロバート・デ・ニーロ、アンジェリーナ・ジョリーらが出席したようだ。
サルマ・ハエック、ペネロペ・クルス共演の新作ウェスタン・コメディ"Bandidas"で、スティーヴ・ザーンが共演するようだ。
Dimension Filmsは鈴木光司の短編小説「漂流船」("Adrift")の映画化について、角川映画とオプション契約を結んだようだ。
キーラ・ナイトレイの出演が決まっているトニー・スコット監督の新作"Domino"で、ミーナ・スヴァーリが共演するようだ。撮影は来月4日からスタートする模様。
プロデューサーのリチャード・B・ルイスによるSouthpaw Entertainmentは、ルイスのアイデアに基づく現代のおとぎ話"August Rush"の監督にカーステン・シェリダン(Kirsten Sheridan)、デヴィッド・マーレイ(David Murray)の脚本によるサイコ・スリラー"Windsor Road"の監督にデヴィッド・ナッター(David Nutter)をそれぞれ起用したようだ。
M・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")の北米を除く海外週末興収が1億ドルを突破した模様。
ルーヴル美術館で27日午後、47カラットと15.74カラットのダイヤモンド2個が何者かに盗まれたらしい。被害総額は合計1150万ユーロとか。警報装置も作動せず監視カメラにも何も映っていなかったようだ。
来月12日から開催されるハリウッド映画祭(Hollywood Film Festival)で、アネット・ベニングに今年の女優賞、レオナルド・ディカプリオに今年の男優賞が贈られることが決まったようだ。
米NBCは、人気トークショー"The Tonight Show"で司会を務めるジェイ・レノは2009年に降板、コナン・オブライエンが後任を務める、と発表したようだ。
ダックス・シェパード(Dax Shepard)、アル・シアラー(Al Shearer)共演によるタイトル未定のFox Searchlightの新作コメディで、クリス・パパ(Chris Pappas)とマイク・ベルニエ(Mike Bernier)が脚本と監督を務めるようだ。
来月1日に英国で公開がスタートするマシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)の初監督作品"Layer Cake"の冒頭で、ドラッグが合法化された未来のシーンに、英ファッションブランドFCUKのロゴが入ったドラッグが登場するらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のスペシャル・エクステンデッド・エディション版DVDは12月14日に米国でリリースされるようだ。50分の追加映像により、本編の長さは250分になっているらしい。
ジム・キャリー主演「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の新しいポスターが公開されたようだ。
デンゼル・ワシントンは「『アイ,ロボット』("I, Robot",2004年)もパスしたし、『セブン』("Se7en",1995年)もパスした。はっきりと断ったよ。『セブン』の脚本を読んだ時は重すぎると思ったよ。あとで映画を観て『しまった!』と思ったけどね」と語ったようだ。
Discovery Channelのドキュメンタリー映画部門Discovery Docsは、Lions Gate Entertainmentと共同で、長年に渡る野生のクマの観察で知られる野生生物保護活動家ティモシー・トレッドウェル(Timothy Treadwell)の生涯を追うドキュメンタリー映画"Grizzly Man"を製作するようだ。ヴェルナー・ヘルツォークが監督を務め、来春劇場公開される予定らしい。
ザ・ロックからディナーに誘われた、彼の広報担当者のメレディス・オサリヴァン(Meredith O'sullivan)は、食事を終えVolkswagen Beetleのチケットを駐車係に渡したところ、新車のLexusが彼女の前に現れたらしい。実は、彼女の苦労をねぎらうためのザ・ロックからのプレゼントだったとか。
PS2用ゲームソフト「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」のCMが28日から放送されるようだ。SMAPが出演しているらしい。
29日発売となるイ・ビョンホンの写真集「LIMITED」は初版5万部に予約が殺到、重版が決定したようだ。来月4日には都内でトークショーが行われるほか、11月17日に発売されるDVD「L.B.H DVDボックス」と両方の購入者を対象にしたファンミーティングも12月に予定されているとか。
京セラが来月発売するau端末「A1403K」のCMに長渕剛が出演するらしい。北村龍平が監督を務めるようだ。
「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2004」(Short Shorts Film Festival Asia 2004)が来月29日から開催されるようだ。アンディ・ラウ監督「愛在陽光下」、ユ・ジテ監督「Bike Boy」なども上映されるらしい。
チェ・ジウのプロデュースによる、服飾品、化粧品、雑貨、インテリア、スポーツ用品などの総合ブランドが、来春から日本で展開されるらしい。
Columbia Picturesによるロマンチック・コメディ"Seven-Year Switch"の企画について、マイク・ニコルズ監督とジュリア・ロバーツが交渉中らしい。
米MTVは、人気番組"Punk'd"(2003年-)について、3シーズン、計24エピソードの制作を決定したようだ。
ジェリー・スピネッリ(Jerry Spinelli)のヤングアダルト小説"Star Girl"が、ポール・フェイグ(Paul Feig)の監督・脚本で映画化されるようだ。
Paramountは、「ペット・セメタリー」("Pet Sematary",1989年)の再映画化で、「ボディ・スナッチャーズ」("Body Snatchers",1993年)、「チェンジリング」("The Changeling",1979年)などのリメイクも手掛けるDave Kajganichを脚本に起用したようだ。
スティーヴ・マーティン主演"The Pink Panther"を手掛けたショーン・レヴィ監督次回作は、New Line Cinemaのコメディ"Father Knows Less"になるようだ。
Paramountは、ロブ・グリーンバーグ(Rob Greenberg)とビル・コーベット(Bill Corbett)によるコメディ脚本"Starship Dave"を獲得したようだ。セントラル・パークに隕石が衝突、中から人間が現れるが、それは実は小さな100人の宇宙人が操縦する宇宙船で・・・という話らしい。
DVD-BOX「スター・ウォーズ トリロジー」の「エピソードIV」の音声に問題が発見された模様。リアチャンネルの右側からバイオリン、左からチェロの音が聞こえるらしい。効果音は正常で、音楽だけが左右逆に収録されているようだ。
チャーリー・カウフマン脚本、ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリー主演による新作「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind",2004年)のDVDが28日に米国で発売されるようだ。未公開シーンが追加されているほか、メイキング映像ではミシェル・ゴンドリーとジム・キャリーが意見を戦わせるシーンも登場するらしい。
"Mission: Impossible III"に当初参加していたフランク・ダラボンは「トム(・クルーズ)のために脚本のドラフトを3回書いた。3回目のドラフトでは彼と一緒に仕事をしたんだ。出来れば脚本として使って欲しいよ。せっかくの努力がボツになるとは考えたくない。でもどうなるかは、プレミアを観るまで分からないけどね」と語ったようだ。
イタリアの宝石ブランドDamianiのイメージキャラクタにグウィネス・パルトロウが起用されたようだ。
じゃりン子チエ 劇場版」(高畑勲監督,1981年)のDVDが12月17日に発売されるようだ。
「AKIRA」(大友克洋監督,1988年)の実写リメイクは、ピトフが監督を務めるらしい。
  9/29
KDDIは株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと、VODサービスでの映画作品のライセンス契約を締結したようだ。「バッドボーイズ2バッド」("Bad Boys II",2003年)、「チャーリーズ・エンジェル」("Charlie's Angels",2000年)などの作品が、来月1日から「光プラスTV」で配信されるらしい。
東北新社とJストリームは、インターネット動画コンテンツ制作事業について業務提携する、と発表したようだ。
「ユニバーサル・スタジオ上海」について、中国企業の関係者は28日、計画の中止を確認したようだ。
任天堂の山内溥相談役は29日、劇場用アニメ製作に進出する意向を明らかにしたようだ。小倉百人一首をテーマにした作品を考えているらしい。
トヨタの新型ミニバン「アイシス」新CMに、「嗤う伊右衛門」(蜷川幸雄監督,2004年)で共演した唐沢寿明と小雪が出演するらしい。29日から放送されるようだ。
石原裕次郎の生涯を描く、テレビ朝日のスペシャルドラマ「弟」は、11月17日から5夜連続で放送されるようだ。
ぺ・ヨンジュンとの映画共演の噂もあったコ・ヒョンジョンは、マンションのCMで芸能界復帰する模様。
米国公開中のカン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」の興収が、今週末にも100万ドルを突破する模様。
ジャッキー・チェン主演「新警察故事」("New Police Story")の中国での公開3日間の興収が、2000万元に達した模様。
12月に発売される行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」のDVDに、香川県が作成したロケ地マップが特典として封入されるらしい。
マイケル・ムーア監督やケリー上院議員の主張に反論する、ライオネル・チェトウィンド(Lionel Chetwynd)監督"Celsius 41.11"(「摂氏41.11」)が28日、ワシントンで公開されたようだ。
ラッセル・クロウが主演する、マーレイ・ベイル(Murray Bail)の小説"Eucalyptus"の映画化で、ジェフリー・ラッシュが出演交渉中のようだ。
「オール・ザ・キングスメン」("All the King's Men",1949年)のスティーヴン・ザイリアン監督・脚本によるリメイクで、メリル・ストリープ、ケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロも出演交渉中らしい。
"The Butterfly Effect"(2004年)を手掛けたエリック・ブレス(Eric Bress)とJ・マッキー・グルーバー(J. Mackye Gruber)は、ドン・ウィンズロウ(Don Winslow)のミステリー小説に基づくNew Line Cinemaの新作"A Cool Breeze on the Underground"で脚本と監督を務める模様。
ケヴィン・スペイシーが芸術監督を務めるロンドンの劇場The Old Vicで28日、舞台"Cloaca"が初日を迎えたようだ。
歌手のメリッサ・エスリッジ(Melissa Etheridge)は、米ABCのタイトル未定のシチュエーションコメディに出演することが決まったようだ。
ニューヨークは映画ロケ誘致のための税制優遇措置をスタートさせたようだ。「プロデューサーズ」("The Producers",1968)の再映画化が適用第一号となった模様。メル・ブルックスは「税控除がなければ、この映画はカブールかどこか世界で一番安い場所で撮影しなければならなかっただろうね」と語ったらしい。
映画館で無断でビデオ撮影を行った場合6年以下の懲役とする事などを定めた著作権侵害防止・教育法案が28日、米下院で可決されたようだ。
南米で人気となった昼メロ"Betty La Fea"("Ugly Betty",1999-2001年)の北米バージョンが米ABCで企画されているようだ。サルマ・ハエックが出演するらしい。
ブリジット・バルドーは28日、70歳の誕生日を迎えたようだ。パリでは、「素直な悪女」("And God Created Woman",1956年)のポスターや時計、切手、野球帽まで、オランダの収集家によるブリジット・バルドー関連グッズがオークションに掛けられたらしい。
マリー・トランティニャン殺害の罪でリトアニアで服役中だったベルトラン・カンタは28日、フランス本国に送還されたようだ。
世界最大級の映像フェスティバル「onedotzero nippon」が来月8日から札幌で開催されるようだ。
Lions Gate Filmsは28日、ジョン・トラヴォルタ、スカーレット・ヨハンソン共演の新作"A Love Song for Bobby Long"の北米での劇場およびTV配給権を獲得した、と発表したようだ。
メル・ブルックスは「スペースボール」("Spaceballs",1987年)の続編を企画中らしい。現在、脚本を執筆中のようだ。
ゲンディ・タルタコフスキー(Genndy Tartakovsky)は、TVアニメシリーズ"Star Wars: Clone Wars"の新作について「前回は1話3分だったが、今回は1話12分になっているから、キャラクタとアクションの両方を描くことが出来る。ストーリーは『エピソードIII』冒頭のスクロールに続くものとなっている。言ってみれば『エピソードIII』の予告篇だ。(エピソードIIIで悪役として登場する)グリーヴァス将軍(General Grievous)はもっと登場させたいと言っているところだよ」と語ったようだ。
マーティン・スコセッシの娘ドメニカ・キャメロン=スコセッシ(Domenica Cameron-Scorsese)は、サラ・グラン(Sara Gran)の小説"Saturn's Return to New York"の映画化で、監督を務めるようだ。
8歳の時から女優を始めたスカーレット・ヨハンソンは「私はいつも家に住んで学校に通っていたから、普通の子供時代を過ごしていたの。映画を撮っている時以外は。数ヶ月、映画に参加して、それから学校に戻ったわ」と語ったようだ。
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー共演の新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"の最新予告篇が公開されたようだ。
マット・デイモンは「大ヒットさせることだけを考えて映画を作る人たちもいるけど、半年もの間をやりたくもないことのために過ごすことになるし、それでヒットしなければ、何の経験も得られない。ヒットする映画を作りたいと思っているのなら、ポイントを見誤っていると思うよ」と語ったようだ
加藤浩次、緒沢凛夫妻に21日、第2子となる男の子が誕生したようだ。
那須博之監督「デビルマン」のヒットを祈願して、酒井彩名が28日白金台の八芳園で着物姿を披露したようだ。
「吉永小百合『北の零年』公開記念展」が来月20日から高島屋東京店で開催されるようだ。行定勲監督の新作に使用した衣装や小道具などのほか、吉永小百合の秘蔵写真も展示されるらしい。
米DreamWorksによる、仏映画「奇人たちの晩餐会」("Le Diner de cons",1998年)のリメイク"Dinner for Schmucks"は、TV脚本家のジョン・ヴィッティ(Jon Vitti)が脚本を担当するようだ。アリ・Gことサシャ・バロン・コーエン(Sacha Baron Cohen)が主演するらしい。
Revolution Studiosは新作戦争アクション・スリラー"First Class"の脚本に、「クリムゾン・タイド」("Crimson Tide",1995年)のマイケル・シファー(Michael Schiffer)を起用したようだ。
マット・ルブラン主演による「フレンズ」("Friends",1994-2004年)のスピンオフ・シリーズ"Joey"(2004年-)に、ケリー・プレストンがゲスト出演するようだ。11月に2話に渡って登場するらしい。
"Blade: Trinity"のサントラに、3分間の短編アニメバージョンが収録されたDVDが付いてくるらしい。
ゴシックホラー作家H・P・ラヴクラフトに関連した作品を上映する、第11回H. P. Lovecraft Film Festivalが、来月1日からオレゴン州ポートランドのHollywood Theaterで開催されるようだ。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")に出演したケイディ・ストリクランドは「オーディションを受ける前に『呪怨』(2002年)は観ていたの。日本にはずっと興味があったし、そこで映画を撮るという考えはとても刺激的だった。でも"Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid"(2004年)の後で、どう違いを出すかを考えなければならなかったわ。似たようなジャンルだったし『ケイティがまた叫んでるよ』と思われないかしらと心配だったの。でも作品を観て、そんな考えは吹き飛ばされたわ」と語ったようだ。
ロンドン大学の物理学者チームは、DVDと同サイズに1テラバイトのデータを記録できるMODS(Multiplexed Optical Data Storage)を開発したらしい。
ブレット・ラトナー監督の新作"Josiah's Canon"で、主演予定だったショーン・コネリーが急遽降板した模様。自叙伝執筆に注力するためとか。
「愉快なシーバー家」("Growing Pains",1985-92年)などで知られる女優のトレイシー・ゴールド(Tracey Gold)が今月4日、家族を乗せた車を運転中、事故を起こしたらしい。飲酒運転の疑いで起訴されるようだ。
トルーマン・カポーティ(Truman Capote)の伝記映画"Every Word Is True"でペギー・リーを演じるグウィネス・パルトロウは冒頭でコール・ポーターの「恋とはこんなものかしら」("What Is This Thing Called Love")を歌うらしい。90秒間のギャラは200万ポンドとか。
Warner Bros.に劇場配給を拒否されていた、デヴィッド・O・ラッセル監督によるドキュメンタリー映画"Soldiers Pay"について、Cinem Libre Studioが配給権を獲得した模様。"Uncovered: The War on Iraq"と2本立てで公開され、来月発売のDVDにも収録されるらしい。
ジョニー・デップは、リヴァー・フェニックスが亡くなった場所として知られるハリウッドのクラブThe Viper Roomの所有権を手放したようだ。
「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」("Bridget Jones: The Edge of Reason")の最新予告篇がネット上で公開されたようだ。
  9/30
福井のアマチュア俳優らが出演した戸田博監督「春雪」が、11月に開催されるマンハイム・ハイデルベルク国際映画祭(ドイツ)とアジア映画文化祭(フランス)で特別招待作品として上映されることが決まったようだ。
カシオ計算機は30日、映画や携帯電話向けコンテンツ用のCG製作を手掛ける新会社を10月1日付で設立すると発表したようだ。
スティーヴン・セガールがプロデュースする健康食品「ピュア・フォース・エナジー・バー」が、来年はじめに世界7カ国で発売されるらしい。
「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed",2004年)でエンディングテーマなどを担当したPUFFYが29日、都内で行われた試写会に出席したようだ。
落合正幸監督「感染」と鶴田法男監督「予言」のハリウッド・リメイクが決定した模様。トム・ハンクス、ジョニー・デップらの出演も検討されているとか。
NHK衛星第2で10月7日スタートの韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」で声優を務める生田智子が29日、都内で行われた記者会見に出席したようだ。
明治製菓「XYLISH」のオリジナル短編映画「HA HA HA! FILMS」の試写会が29日都内で行われ、主演の福山雅治が出席したようだ。
「思春の森」("Spielen wir Liebe",1977年)のDVDをネットオークションで販売したとして、都内在住の男性が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたらしい。
韓国映画振興委員会は25日、米アカデミー賞外国映画賞の出品作品として、カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」を選出した、と発表したようだ。22日に同委員会はキム・ギドク監督「空き家」を出品作品と決定していたものの、「空き家」は出品資格の要件を満たしていないと「ブラザーフッド」側が反発、決定を覆したらしい。
30日からイスラエルで開催される第29回ハイファ国際映画祭で、パク・チャンウク監督「オールド・ボーイ」、キム・ジウン監督「箪笥」、キム・ギドク監督「サマリア」「海岸線」の韓国映画4作品が上映されるらしい。
「ブラザーフッド」の米国でのヒットを受け、eBayでは韓国戦争関連商品の販売件数が急増しているらしい。
山形市で映画館やボウリング場などを経営する宮崎合名社は、不採算部門の映画事業を切り離し、同市内の企業などが設立する新会社「ムービーオン」に継承することを決めたようだ。
ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリー主演「エターナル・サンシャイン」("Eternal Sunshine of the Spotless Mind",2004年)のDVDとVHSが28日米国で発売され、初日だけで合わせて60万本の売上を記録したようだ。また26日発売されたDVD-BOX「スター・ウォーズ トリロジー」は発売5日間で300万セットが売れたらしい。
スケートボードの世界チャンピオン、トニー・ホーク(Tony Hawk)が主人公のビデオ用CGアニメ"Boom Boom Goes the Circus"が製作されるらしい。2006年初めにリリース予定とか。
クリス・コロンバスはWarner Bros. Picturesと、ベン・クイーン(Ben Queen)脚本による"Slanted and Enchanted"の製作と監督を手掛けることで合意したようだ。
ジェイムズ・フライ(James Frey)の小説に基づくWarner Bros. Picturesの新作"A Million Little Pieces"で、ジョニー・デップ主演最新作"The Libertine"を手掛けたローレンス・ダンモア(Laurence Dunmore)が監督を務めることになったようだ。
タイラ・バンクスはTelepictures Productionsと提携、Warner Bros. Domestic Television Distributionが配給するトーク番組で司会と制作総指揮をつとけるようだ。2005年秋にスタート予定らしい。
米MGMは、2005年11月21日に予定していた007シリーズ第21作の公開を、2006年夏か2006年11月に延期する方向で検討を進めているようだ。監督が決まっていないため、とスタジオ側は説明しているようだ。
米Disneyのロバート・アイガー(Robert Iger)社長は29日、Pixar Animation Studiosとの新たな提携の可能性について「今現在Pixarとは一切協議を行っていない」と否定したようだ。
MTVは、新しいリアリティ番組"Simmons Inc: The First Family of Hip-Hop"について、ラッセル・シモンズと交渉中らしい。
20th Century FoxによるフルCGアニメ「ロボッツ」("Robots",2005年)の予告篇第1弾がネット上で公開されたようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"に出演するジャック・ブラックは、1933年のオリジナル版に出演したフェイ・レイが最後のセリフを言うはずだったことを明らかにしたようだ。「誰かがそのセリフを言うはずだが、彼女は(今年8月8日に)亡くなってしまった。誰が言うことになるのかは分からない」と語ったらしい。
Nine Inch Nails、The Beastie Boysなどのポスターを手掛けてきたTAZによる、映画「ソウ」("Saw")のポスターが公開されたようだ。
映画用の脚本を執筆したジャ・ルールは、他人に監督を任せたいと言っているらしい。「(監督は)俳優達のエゴと折り合いをつける大変な仕事だと思う。僕にはそんな仕事は耐えられないよ」と語ったようだ。
ジェシカ・シンプソンがロサンゼルスで買い物中に自動車がガス欠になり、彼女を追い回していたパパラッチに助けられたらしい。お礼にサインをしてあげたとか。
27日放送のMTV"Total Request Live"に"Stop bitching, start a revolution"と書かれたTシャツを着て登場したクリスティーナ・アギレラは、11月2日の米大統領選挙の投票への参加を訴えたらしい。
12月10日から都内で開催される「黒澤明アート展」で、「影武者」(1980年)、「乱」(1985年)、「夢」(1990年)、「八月の狂詩曲」(1991年)、「まあだだよ」(1993年)、「海は見ていた」(熊井啓監督,2002年)などの画コンテが公開されるらしい。
シャーリーズ・セロンの負傷で中断していた"Aeon Flux"の撮影は来週月曜日から再開される模様。
米HBOは歴史ドラマ・シリーズ"Rome"について。製作費を7500万ドルから1億ドルにアップさせたようだ。マイケル・アプテッドが監督する最初の3話はまだ未完成で、ブルガリアで初夏に戦闘シーンが撮影される予定だったものの洪水でセットが流されてしまったらしい。現在、イタリアで撮影が行われている模様。
Gold Circle Films製作のロマンチックコメディ"Cougars"で、シャロン・ストーンの主演が決まったようだ。40代の女性と27歳の男性が恋に落ちる話らしい。
ジョン・ウォーターズ監督の映画を舞台し大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカル"Hairspray"が、再び映画化される模様。ジャック・オブライエン(Jack O'Brien)が監督、トーマス・ミーハン(Thomas Meehan)が振り付けを担当、キャストについては明らかにされていないものの、舞台版に出演したマリッサ・ジャレット・ウィノカー(Marissa Jaret Winokur)の参加の可能性は大きいようだ。
Miramax/Dimension Filmsは、サンフランシスコのアニメ製作会社Wild Brainと、フルCGアニメの共同出資と共同制作について複数年契約を結んだ模様。ペンギンが主人公のコマ漫画"Bloom County"の映画化が第1作になるようだ。
新作"Raise Your Voice"の記者会見に出席したジョン・コルベットが、俳優を引退すると発表したようだ。今後は歌手としての活動に専念するらしい。
Heinzは、セレブからのケチャップな一言を印刷した限定ボトルを販売する"Say Something Ketchuppy"キャンペーンを実施中らしい。ウィリアム・シャトナーは"Fixes Burgers at Warp Speed"(「ワープスピードでバーガーを美味くする」)、リンゼイ・ローハンは"Burger-licious"(「バガウマ」)とコメントしたとか。
マシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)監督"Layer Cake"のプレミアが行われ、シエナ・ミラー(Sienna Miller)も出席したものの、交際中のジュード・ロウは同伴しなかったらしい。
ビヨンセ・ノウルズが、ダンスのリハーサル中に右ひざ裏の腱を痛めたらしい。
ロジャー・ウィルソンが当時の恋人エリザベス・バークレイを巡って、レオナルド・ディカプリオの指示を受けた彼の友人から暴行を受けた、と訴えていた問題で、マンハッタン連邦裁判所は29日、ウィルソン側の訴えを棄却したようだ。
「ローズマリーの赤ちゃん」("Rosemary's Baby",1968年)が、米ABCで4時間のミニシリーズとしてリメイクされるらしい。