シネマトピックス(2004年3月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  3/1
映画のテレビ放映権販売を手掛けるムービーテレビジョンは1日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した模様。負債総額は約380億円に上る模様。
堤幸彦監督「ピカ☆☆ンチ」の前夜祭が2月29日、東京グローブ座で開催され、主演の嵐のメンバーらが参加したようだ。
アカデミー賞授賞式に出席した渡辺謙、真田広之、山田洋次監督が、授賞式後に現地で会見を行った模様。渡辺謙は「正直言って欲しかった。育ててくれた日本の映画界の人たちやトムにお礼を言いたかった」、山田洋次監督は「日本の映画に頑張れと言われた気がする。日本らしい映画を作っていけば、世界が注目することになるだろう」とコメントしたようだ。
第24回ファンタスポルト映画祭の各賞が29日発表され、キム・ジウン監督「薔花、紅蓮」が作品賞、監督賞など4部門を獲得したようだ。
韓国で公開中のカン・ジェギュ監督「太極旗を翻して」の観客動員数が2月29日、800万人を突破した模様。
神奈川県庁本庁舎で2月29日、星護監督「笑の大学」のロケが行われたようだ。 [☆あちこちの県庁で撮影しているようですが]
南アフリカのタボ・ムベキ(Thabo Mbeki)大統領は、「南アフリカは再び成し遂げました。ノーベル平和賞、ノーベル文学賞、そして今日アカデミー賞主演女優賞を得たのです」と語り、シャーリーズ・セロンのオスカー獲得を祝福したようだ。
アカデミー賞監督賞を受賞した「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のピーター・ジャクソン監督は「アカデミーのメンバーが、ファンタジーとしての外見に囚われることなく、作品のテーマを受け止め、作品として評価してくれたことに感謝しているし、名誉に思う」と挨拶したようだ。
ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のワールド・プレミアが開催されたウェリントンのEmbassy Theaterでは、500人ほどのファンが集まり、アカデミー賞の行方を見守ったらしい。監督賞受賞が発表された際、劇場は熱狂的な歓声に包まれたとか。
アカデミー賞助演女優賞を獲得した「コールドマウンテン」("Cold Mountain")のレネー・ゼルウィガーは「とても感激です。(ニコール・キッドマンと)毎日仕事ができたことは、この上ない名誉です。ありがとう」と挨拶したようだ。
アカデミー賞主演男優賞を獲得した「ミスティック・リバー」("Mystic River")のショーン・ペンは、「図々しいし恥ずかしい」からすピーチは用意していなかったと断った上で「俳優として分かっていることを一つ挙げるとすれば、大量破壊兵器なんて何処にもなかったということを除けば(会場拍手喝采)、最高の演技なんて存在しないということだ」と語ったらしい。
アカデミー賞主演女優賞を獲得した「モンスター」("Monster")のシャーリーズ・セロンは、感激の涙を流しながら「本当に素晴らしい年でした。とても信じられません。ニュージーランドの人々に感謝が捧げられたように、私も故郷の南アフリカの皆さんに感謝したいと思います」と挨拶したようだ。
「アラム語での同時放送でお送りします」というビリー・クリスタルのジョークと共に、第76回アカデミー賞授賞式が開催され、ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("Lord of the Rings: The Return of the King")がノミネートされていた11部門全てを獲得、「タイタニック」("Titanic",1997年)、「ベン・ハー」("Ben-Hur",1959年)の記録と並んだようだ。一方、「ラスト・サムライ」の渡辺謙、山田洋次監督「たそがれ清兵衛」は賞を逃した模様。
全米週末興収は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")が7620万ドルという驚異的な記録で初登場1位となり、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の7270万ドルの記録を更新したようだ。公開5日間の総興収は1億1750万ドルに達した模様。一方、アシュレイ・ジャッド主演のスリラー"Twisted"は910万ドルで3位、大ヒット作の続編"Dirty Dancing: Havana Nights"は589万ドルで5位に終わったらしい。
1961年にシドニー・ポワチエ主演で映画化されているブロードウェイ・ミュージカル「黒い一粒のプライド」("A Raisin in the Sun")への主演を希望しているP・ディディことショーン・コムズは「モハメド・アリと僕の兄、そしてシドニー・ポワチエはぼくのヒーローなんだ。だけど、僕は彼を真似るつもりはない。彼へのリスペクトを僕の全身で表現したいんだ」と語ったようだ。
スコットランドの自動車レーサー、ダリオ・フランキッティ(Dario Franchitti)と2001年に結婚しているアシュレイ・ジャッドは「今度レースに出てみようと思うの。マリオ・アンドレッティ(Mario Andretti)の隣に乗せてもらうつもりよ」と語ったようだ。
アーロン・ブレイズ監督「ブラザー・ベア」("Brother Bear")の日本語吹替版で、主題歌「ノー・ウェイ・アウト」をフィル・コリンズ自身が日本語で歌ったらしい。「思ったより難しくなかった」とコメントしたとか。
29日両国国技館で行われたZERO-ONE旗揚げ3周年記念興行「MANIFESTO-1」に「ゼブラーマン」が登場、哀川翔も応援に駆けつけたものの、佐藤耕平&横井宏考組に敗れたらしい。
ジャッキー・チェンが先月24日に極秘来日、28日都内劇場でファンクラブ会員限定のイベントを開催したようだ。「80日間世界一周」「NEW POLICE STORY」の一部も公開されたらしい。
「THE STRiPES」が2日開幕のライブ「WHO AM I? 〜僕は誰だ〜」で、北野武監督「座頭市」のタップシーンを再現するらしい。
アカデミー賞授賞式前夜のパーティに参加したピアース・ブロスナンは、007シリーズ最新作への出演について、まだはっきりとしていない、とコメントした模様。
リーヴ・シュライバーは、ジョナサン・サフラン・フォア(Jonathan Safran Foer)のベストセラー小説"Everything Is Illuminated"の映画化で監督デビューするらしい。シュライバー自身が映画化権を取得し脚本を執筆、Warner Independent Picturesに持ち込んだようだ。イライジャ・ウッド、ジェイソン・シュワルツマンらがすでに興味を示しているとか。
New Line Cinemaは、デヴィッド・ユング(David Jung)とスティーヴ・ダンドイス(Steve Dandois)によるアクション・スリラー"Inferno"の脚本を獲得した模様。
レオナルド・ディカプリオは、マーティン・スコセッシが製作を手掛ける「インファナル・アフェア」("Infernal Affairs")のリメイクへの出演に向けて交渉に入っている模様。 [☆ブラピとレオ様共演か!?]
ピーター・ジャクソン監督は、アカデミー賞授賞式後の会見で、「ホビットの冒険」("The Hobbit")の映画化について、「キングコング」の終了後に着手したい、と語ったようだ。
■第76回アカデミー賞受賞全リスト-1-
◆最優秀作品賞[Best Picture]
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
◆最優秀監督賞[Best Director]
ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆最優秀主演男優賞[Best Actor]
ショーン・ペン (「ミスティック・リバー」)
◆最優秀主演女優賞[Best Actress]
シャーリーズ・セロン (「モンスター」)
◆最優秀助演男優賞[Best Supporting Actor]
ティム・ロビンス (「ミスティック・リバー」)
◆最優秀助演女優賞[Best Supporting Actress]
レニー・ゼルウィガー (「コールド・マウンテン」)
◆最優秀オリジナル脚本賞[Best Screenplay (Original)]
ソフィア・コッポラ (「ロスト・イン・トランスレーション」)
◆最優秀脚色賞[Best Screenplay (Adaptation)]
フラン・ウォルシュ、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆撮影賞[Cinematography]
ラッセル・ボイド、他 (「マスター・アンド・コマンダー」)
◆編集賞[Film Editing]
アニー・コリンズ、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆美術賞[Art Direction]
グラント・メイジャー、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆視覚効果賞[Visual Effects]
ジム・ライジール、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
■第76回アカデミー賞受賞全リスト-2-
◆衣装デザイン賞[Costume Design]
ナイラ・ディクソン、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆メイクアップ賞[Makeup]
リチャード・テイラー、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆音響効果賞[Sound Mixing]
クリストファー・ボイズ、他 (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆音響編集賞[Sound Editing]
リチャード・キング (「マスター・アンド・コマンダー」)
◆オリジナル作曲賞[Original Score]
ハワード・ショア (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆オリジナル主題歌賞[Original Song]
"Into the West" / アニー・レノックス (「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)
◆最優秀外国語映画賞[Best Foreign Language Film]
「みなさん、さようなら」(ドゥニ・アルカン監督)
◆最優秀アニメーション賞[Best Animated Feature Film]
「ファインディング・ニモ」 (アンドリュー・スタントン, リー・アンクリッチ監督)
◆最優秀短編アニメーション賞[Best Animated Short Film]
"Harvie Krumpet" (アダム・エリオット監督)
◆最優秀ドキュメンタリー賞[Best Documentary Feature]
"The Fog of War: Eleven Lessons from the Life of Robert S. McNamara" (エロール・モリス監督)
◆最優秀短編ドキュメンタリー賞[Best Documentary Short Subject]
"Chernobyl Heart" (マリアン・デレオ監督)
◆最優秀短編映画賞[Best live action short film]
"Two Soldiers" (アーロン・シュナイダー監督)
エプソンは、ホームシアター用プロジェクタ「dreamio イノセンスモデル EMP-TW10G」を、今月8日から50台限定で発売するらしい。押井守監督直筆サイン入り「CG背景画ピエゾグラフ」などが特典として付くようだ。
  3/2
磯村一路監督「解夏」のドラマ化となる、4月19日スタートのフジテレビ「愛し君へ」の説明会が1日都内で行われたようだ。主演の菅野美穂、藤木直人のほか、伊東美咲、八千草薫、泉谷しげるらが共演するらしい。
東宝は2日、12月11公開の日「ゴジラ FINAL WARS」がシリーズ最終作になると発表したようだ。監督は北村龍平が務め、歴代人気怪獣も多数登場予定とか。
飲食物持ち込みの禁止と映画開始前の20分間の広告上映で映画館が不当な利益を得ている、としてソウル市内の映画館が訴えられていた問題で、ソウル中央地裁は1日、原告側の敗訴とする判決を下したようだ。しかし判事は「外部との価格差が明らかで、映画館が暴利を貪っている点が立証される場合、不当利益と見る余地が多分にある」との見解を示した模様。 [☆韓国でもそうなんですか・・・]
「韓国インディペンデント映画2004」が6日から都内劇場で開催されるようだ、キム・インシク監督「ロードムービー」、パク・キヨン監督「ラクダ(たち)」など25作品が上映されるらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の週末3日間の興収は、最終集計で8380万ドル、公開5日間の興収は1億2520万ドルに達した模様。
ロブ・ロウは、米CBSのドラマ・パイロット"Dr. Vegas"に主演することが決まったようだ。カジノで働く医師を演じるらしい。
チベットの新人映画監督ペマ・ドンドゥップ(Pema Dhondup)のデビュー作となるデジタル映画"We're No Monks"は、これまでのチベットのイメージとは大きく異なる作品らしい。「ダライ・ラマは大きなショックを受けるでしょうが、それは私の意図する所ではありません。チベットの非暴力の大儀が、人間の醜さを変え得ることを、世界に知らしめて欲しいのです」と語ったようだ。
DreamWorksは、「シュレック2」("Shrek 2")全米公開直前の5月11日に、DVD"Shrek 3-D"をリリースするらしい。マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス、ジョン・リスゴウらオリジナルキャストが声優として参加した短編作品が3Dと2Dで収録されるほか、「シュレック2」のプロモーション映像なども収められるようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")のフランスでの配給権はQuinta Communicationsが獲得した模様。
2000年から2001年にかけて、デヴィッド・マニング(David Manning)なる架空の映画評論家をでっち上げ、「インビジブル」("Hollow Man",2000年)などの肯定的な評論を宣伝に使用したSony Pictures Entertainmentに対し、映画ファンらが集団訴訟を起こしている問題で、カリフォルニア上訴裁判所は、"言論の自由"とするSony側の主張を否定、裁判が成立し得るとの判断を下したようだ。
Walt Disneyは1日、C・S・ルイス「ナルニア国物語」シリーズ「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化を手掛けるWalden Media社と、共同出資と配給を行うことで契約を結んだ、と発表したようだ。
北米を除く海外週末興収は、33ヶ国で公開中のシリーズ第3作"Scary Movie 3"が1230万ドルを記録し、トップとなった模様。ドイツ、イタリアなどで大ヒットを記録しているらしい。一方「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は週末興収1060万ドル、総興収6億6300万ドルに達したようだ。また、豪州とニュージーランドでも公開がスタートしたメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の公開5日間の興収は、両国合わせて330万ドルを記録したらしい。
アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した22分間のクレイメーション作品"Harvie Krumpet"は、総製作費37万7000豪ドル(29万米ドル)とか。監督のアダム・エリオット(Adam Elliot)は「製作費は全部、みんなの昼食代だよ」とジョークを飛ばしたようだ。
76歳の米クイズ番組プロデューサーが1日、年齢を理由に仕事を断られたとして、番組制作会社Dick Clark Productionsに対する訴訟を起こしたようだ。
昨年のアカデミー賞授賞式で主演男優賞を受賞した際、プレゼンターのハル・ベリーにディープ・キスをして話題となったエイドリアン・ブロディが今年の主演女優賞のプレゼンターを務め、受賞者シャーリーズ・セロンの名前を発表する前、口臭予防スプレーを口に吹きかけて、会場の笑いをとったようだ。
29日全米に放送されたアカデミー賞授賞式は、平均視聴者数4350万人を記録、昨年を31%も上回ったようだ。
今年のアカデミー賞では、New Line Cinemaの「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")が獲得した11部門と、「ミスティック・リバー」("Mystic River")による2部門を合わせて、Warner Bros.が13部門を獲得、圧勝したようだ。一方、Miramaxは「コールドマウンテン」("Cold Mountain")の助演女優賞と、配給を担当したドゥニ・アルカン監督「みなさん、さようなら」("Les Invasions Barbares")の外国語映画賞の2部門のみで完敗だった模様。司会を務めたビリー・クリスタルは、「ロード」のパロディでゴラムに扮し会場を沸かせたとか。「『悪の魔法使いが現れてから僕はアカデミー賞にノミネートされてないんだ』『オークのことか?』『違う。(ボブ&ハーヴェイ)ウェインスタイン兄弟だ!』」
アカデミー賞授賞式で名誉賞を受賞したブレイク・エドワーズは「私は特別な方法で育てられました。サイレント映画、素晴らしいコミック、そしてコメディ。私はそれを参考にしているだけです。最近の世代の笑いは理解できません」と語ったようだ。
ナイラ・ディクソン(Ngila Dickson)と共にアカデミー賞衣装デザイン賞を獲得した「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のリチャード・テイラー(Richard Taylor)は、「俳優たちの演技が注目されなかったのは悲しい。だが、世代を越えて彼らの演技は人々の心に残るはずだ」と語ったようだ。
アカデミー賞メイクアップ賞を受賞したリチャード・テイラー(Richard Taylor)は、特殊メイクが俳優たちの影を薄くしたと言う意見を否定「『ロード・オブ・ザ・リング』での演技は俳優たちのアンサンブルによって生まれたものです。互いに陰を投げかけるようなことはありませんでした。メイクは彼らの演技を補足するものです」と語ったようだ。
アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した"Harvie Krumpet"のアダム・エリオット(Adam Elliot)監督は、スピーチでボーイフレンドに感謝を伝えたことについて「突然、頭に浮かんだんだ。計画していたわけじゃなかった。彼とは2ヶ月付き合っているし、オーストラリアでは(同性愛は)それほど大したことじゃないから、問題ないと思うよ」と語ったようだ。
アカデミー賞美術賞を獲得した「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のグラント・メイジャー(Grant Major)は「みんながシャンペンのボトルを開けているのが聞こえるよ。多くの人が僕たちを応援してくれているし、みんな観てくれているはずだ。みんなワクワクしていると思うよ」と語ったようだ。
アカデミー賞撮影賞を獲得した「マスター・アンド・コマンダー」("Master and Commander: The Far Side of the World")のラッセル・ボイド(Russell Boyd)は「もう1年あればもっといい撮影が出来たと思う。とにかくノミネートされただけでも誇りに思うし、『ロード・オブ・ザ・リング』は素晴らしい仕事をしたと思う」と語ったようだ。
アカデミー賞作曲賞を受賞したハワード・ショア(Howard Shore)は「1975年から76年にかけて"Saturday Night Live"で音楽を担当していた時、私は映画音楽の作曲をやりたいといつも思っていた。それから今日の『ロード・オブ・ザ・リング』まで、一直線の旅だった」と語ったようだ。
アカデミー賞長編アニメーション賞を獲得した「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")のアンドリュー・スタントン監督は、Pixar Animation StudiosとWalt Disneyが提携を解消したことに触れ「今回の受賞は、我々が正しい方向に進むことを正当化している」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀短編ドキュメンタリー賞を受賞した"Chernobyl Heart"のマリアン・デレオ(Maryann DeLeo)監督は「心臓に穴の開いたり、そのほかの先天的欠損症を抱える子供たちのためにこれらの人々が戦っている時に、我々は国に戻り、自分の人生を何の心配も無く生きることができるのは何故か、ということを感じて欲しい」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞を獲得した"The Fog of War"のエロール・モリス監督は「受賞は望んでいたが、アカデミーとは過去に苦い経験があったので、受賞できないと思っていた。今夜受賞できてとても嬉しい。自分の嫌疑を晴らすことができたとは思っていないが、オスカーを獲ったし、それで十分だ」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞した初のカナダ映画となった「みなさん、さようなら。」("Les Invasions Barbares")のドゥニ・アルカン監督は「なぜ我々がこんなに遅れたのか分からない。オーストラリア人やニュージーランド人は沢山いるのに。我々が第3の英国の植民地で、何かを勝ち取るようには思われていないようだ」と語ったらしい。
アカデミー賞最優秀オリジナル脚本賞を獲得した「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")のソフィア・コッポラは「父(フランシス・フォード・コッポラ)に受賞を見てもらえるとは思っていなかったので、とても嬉しい」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得した「ミスティック・リバー」("Mystic River")のティム・ロビンスは「投票者の多くは、僕の政治的信条に賛同していなかったと思うが、彼らはそのことを持ち込んだりしなかったことには、謙虚になれたし、心を動かされた」と語ったようだ。また「(妻スーザン・サランドンと自分の)オスカー像を小さな部屋に入れて、ろうそくの火を灯して、何が起こるか確かめてみるつもりだよ」ともコメントしたらしい。
アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲得した「コールドマウンテン」("Cold Mountain")のレネー・ゼルウィガーは「"ついに"という感じは無かった。どんな気持ちだったかはまだよく分からない。ちょっと圧倒されているし、招待されたことだけでも圧倒されている」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得した「ミスティック・リバー」("Mystic River")のショーン・ペンは「僕はこれが人気者コンテストだという正体を暴いてやろうとここに来たのに、彼らはそのジョークを僕から奪ってしまった」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得した「モンスター」("Monster")のシャーリーズ・セロンは「(受賞の時の感覚は)まるで結婚式のようでした。私はまだ結婚したことは無いけど。体が勝手に動いていく感じで、奇妙な感覚でした」と語ったようだ。
アカデミー賞最優秀監督賞など全11部門を獲得した「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のピーター・ジャクソン監督は「全く信じられない。幾つかの受賞は望んでいた、一掃したのは現実とは思えない」と語ったようだ。
5秒遅れで中継されたアカデミー賞授賞式で、TVレポーターのインタビューに答えたジャック・ブラックは「主題歌賞にノミネートされなかったことに激怒したよ。"kick-ass"な歌だからって。あ、これって言っていいんだっけ?」と語ったらしい。
ピーター・バーグ監督、ビリー・ボブ・ソーントン主演によるフットボール映画"Friday Night Lights"の撮影が、テキサス州オースティンで始まったようだ。10月15日に全米公開予定とか。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで共演したビリー・ボイドとブラッド・ドゥーリフは、「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作"Seed of Chucky"で声優として共演するらしい。
ロブ・ゾンビ(Rob Zombie)の監督による"House of 1000 Corpses"(2003年)の続編のタイトルが"The Devil's Rejects"に決まったようだ。
オリヴァー・ストーン監督は、ジョージ・W・ブッシュ大統領を描く映画の製作依頼を断ったようだ。「マイケル・ムーアの方が適任だ」とコメントしたとか。
ニコール・キッドマン主演か?とお伝えした、アンソニー・ミンゲラ監督によるアリソン・ピアソンの小説"I Don't Know How She Does It"で、ナオミ・ワッツの主演が有力になっている模様。二人の友情にひびが入るのでは、と噂されているようだ。
アカデミー賞授賞式に出席したウィル・フェレルとジャック・ブラックは、環境に優しいハイブリッド・カーで一緒に会場を訪れたようだ。ブラックは「ハイブリッドで来ない奴はアホだね」とコメントしたとか。
ロンドンで上演が始まった「恋人たちの予感」("When Harry Met Sally...",1989年)の舞台版に対し、英Guardian紙は「オーガズムのシーンのためだけに劇場で過ごす2時間は長すぎる」と批評したようだ。
ロバート・ロドリゲスは、エドガー・ライス・バロウズのSF小説「火星のジョン・カーター」シリーズ第1作「火星のプリンセス」("A Princess of Mars")の映画化で監督を務めるらしい。
ヒラリー・ダフが主演する新作"The Perfect Man"の監督は、同じくヒラリー・ダフ主演の"A Cinderella Story"(2004年)も手掛けているマーク・ロスマンに決まったようだ。
デヴィッド・ファーランド(David Farland)のファンタジー小説"The Runelords"とそれに続くシリーズの映画化は、「アート・オブ・ウォー」("The Art of War",2000年)のクリスチャン・デュゲイが監督を務めるようだ。
ジョージ・クルーニーは、ケンタッキー州下院議員選挙に出馬する父ニック・クルーニーへの寄付金を募っているようだ。寄付するとジョージ・クルーニーが「トーガ姿で車を洗ってくれる」らしい。 [☆なんでトーガなの?]
ケヴィン・スミス監督"Jersey Girl"で、予告篇からもジェニファー・ロペスがカットされるようだ。
アカデミー賞授賞式で、オリジナル脚本賞でプレゼンターを務めたスーザン・サランドンは、受賞したソフィア・コッポラがスピーチを終えて舞台を降りようとした時に、受賞者が記されたカードを渡すのを忘れていたことに気付き「ソフィア!ソフィア!」と叫んで呼び止めたとか。「取っておいて。飾っておきたいでしょ」と言って彼女にカードを渡したようだ。主演男優賞でプレゼンターを務めたニコール・キッドマンも同じことをしたらしい。「ショーン!ショーン!」
  3/3
荒牧伸志監督「アップルシード」の、日本を除く海外配給権をジェネオン エンタテインメントUSA社が獲得したようだ。
NTTソルマーレなど3社は、「Bフレッツ」とシャープ製家庭用サーバー「ガリレオ」を組み合わせた映像配信サービスを10日からスタートさせるようだ。
小雪の姉、弥生のミニライブが2日とないで行われたようだ。小雪も駆けつけたらしい。
渡辺謙と離婚訴訟で、5月13日に行われる裁判に妻、由美子の出廷が決まったようだ。
アカデミー賞授賞式に出席するためロサンゼルスを訪れていた山田洋次監督が2日、帰国した模様。「行ってよかった。ほかの場とは違うのを感じた。温かく励まされ、勇気をもらえた」と語ったようだ。
3日発表されたフィリピン大統領選の支持率調査で、アロヨ大統領が人気俳優のフェルナンド・ポー・ジュニアを抜いて、初めて首位に立ったようだ。
「やまとなでしこ」の韓国版「窈窕淑女」に主演するコ・スは、日本のエンターテインメント会社「コパン」から、日本でのマネージメント契約のオファーを受けているようだ。契約金15億ウォンが提示されているとか。
赤松裕介監督による短編オムニバス「Asia Short Short Cinema Clip」にキム・ジウが出演するようだ。先月27日からソウルで撮影が行われている模様。
大阪に暮らす在日朝鮮人一世の梁義憲さんの半生を追った、原村政樹監督によるドキュメンタリー映画「海女のリャンさん」が完成したようだ。
フィリピンで、人気俳優フェルナンド・ポー・ジュニアに対し、大統領選への出馬資格がないとして弁護士グループが訴えていた問題で、同国の最高裁は3日、出馬資格があるとの判決を下したようだ。
フランスでのメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の上映を手掛ける、チュニジア出身でイスラム教徒の映画プロデューサー、タラク・ベン・アマール(Tarak Ben Ammar)は「許しを強く訴える作品であり、ユダヤ人よりもむしろローマ人を非難している。イスラム教徒としてこの作品をフランスで上映し、人々の目で判断してもらうことが、私の義務だと思った」と語ったようだ。
Marvelコミック"Luke Cage"の映画化で、ジョン・シングルトンが製作と監督に向けて交渉中らしい。
米ABCは、人気ドラマシリーズ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)のスピンオフを企画、クリエイターのデヴィッド・E・ケリーと協議を行っているようだ。
Walt Disney Picturesは、「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason",2003年)のマーク・スウィフト(Mark Swift)とダミアン・シャノン(Damian Shannon)によるタイトル未定の海賊モノの脚本を獲得したようだ。
米FOXテレビは、クリス・ロック主演によるタイトル未定のコメディ・ドラマを制作するようだ。ロック自身の体験に基づく自伝的作品になるとか。また、スティーヴ・マーティン制作総指揮によるマイアミを舞台にしたドラマも企画している模様。
1970年代のスケートボード・カルチャーを描く、ヒース・レジャー、エミール・ハーシュ、ジョン・ロビンソン共演、キャサリン・ハードウィック監督の新作"The Lords of Dogtown"で、ハードウィック監督の「サーティーン」("thirteen")に出演したニッキー・リード(Nikki Reed)の出演が決まったようだ。
米CBSの人気コメディシリーズ「Hey!レイモンド」("Everybody Loves Raymond",1996年-)の第9シーズン制作について、クリエイターのフィル・ローゼンタール(Phil Rosenthal)と主演のレイ・ロマーノが合意したようだ。ただし、エピソード数は通常の22よりも少なくなる模様。
1611年に出版された「ハムレット」がニューヨークで来月競売にかけられるらしい。150万ドルから200万ドルの値が付くと予想されているようだ。
アーケードゲームの映画化"Spy Hunter"で、主演のザ・ロックは、スパイハンター・チームのメンバーとして国際スパイサービスに雇われた元F-15パイロット、という役を演じるらしい。映画公開に合わせ、来年には新しい"Spy Hunter"の玩具シリーズが発売されるほか、新作ゲーム"Spy Hunter 3"も開発中とか。
米ABCの新シリーズ"Stephen King's Kingdom Hospital"(2004年)に出演するダイアン・ラッド(Diane Ladd)は、娘のローラ・ダーンと新作映画"Hot Water Biscuits"で共演するらしい。ある女性の半生を描くドラマで、前半を娘が、後半を母親が演じるとか。
アカデミー賞主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロンは「土曜日に南アフリカで『モンスター』("Monster")の公開が始まるので、故郷に戻ってみんなにオスカーを見せてあげるつもりです」と語ったようだ。
エリザ・ドゥシュクは去年、マイアミとシアトルでLouis Vuittonのバッグを盗まれたらしい。それ以来、飛行機に乗るときは免税店のバッグを使っているとか。
大手広告代理店Saatchi and Saatchiのアリステア・ジャミソン(Alistair Jamison)氏は、全世界で20億人が見たアカデミー賞授賞式は、ニュージーランドのPRに計り知れない効果をもたらした、と語ったようだ。すでに、「クジラの島の少女」("Whale Rider")のケイシャ・キャッスル=ヒューズが着ていた衣装について、デザイナーに問い合わせが来るなどしているらしい。
シャーリーズ・セロンは同性同士の結婚について「(反対意見は)全く理解できません。とても苛立たしく思います。私の周りには沢山の美しい関係があります。うまく言えませんが、それはとても霊感的なものです。性別が問題になるとは思えません」と語ったようだ。
アカデミー賞授賞式前のインタビューで、「クジラの島の少女」("Whale Rider")のケイシャ・キャッスル=ヒューズから「絶対ジョニー・デップに会いたい」と聞いたレポーターのビリー・ブッシュ(Billy Bush)は、彼女にデップを紹介してあげたらしい。デップを前に緊張して言葉も出なかったもののケイシャは大喜びで、ブッシュに「あなたって伝説的よ、ビリー」と声をかけたとか。
第41回ゴールデン・アロー賞授賞式が2日都内で行われ、グランプリに氷川きよし、最優秀新人賞に石原さとみ、グラフ賞に井上和香が選出されたようだ。
第21回DTCダイヤモンド・パーソナリティ賞授賞式が2日都内で行われ、宮沢りえが出席したようだ。
与党は2日、信託業法などを改正する金融関連3法案を了承、今月5日にも閣議決定され国会に提出されるようだ。大正11年以来となる信託業法の改正では、映画の放映権などを担保にした資金調達などが可能になるらしい。
「トーク・トゥ・ハー」("Talk to Her",2002年)に出演した女優・歌手のレオノール・ワトリングが2日、首相官邸を訪問、小泉純一郎首相と対面したようだ。 [☆ずるい]
「宇宙戦艦ヤマト」の森雪役などで知られる声優の麻上洋子は、女流講談師の一龍斎春水として、21日に真打に昇進することが決まったようだ。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)が手掛けたTVシリーズ"Firefly"(2002-2003年)の映画化"Serenity"について、米Universal Picturesが製作にゴーサインを出した模様。撮影は6月にスタート、来年公開となるようだ。TVシリーズに主演したネイサン・フィリオン(Nathan Fillion)の出演は既に決定しているほか、オリジナルキャストが再集結するらしい。
Paramount Picturesは、「フェーム」("Fame",1980年)、「フラッシュダンス」("Flashdance",1983年)、「フットルース」("Footloose",1984年)、「グリース」("Grease",1978年)、「サタデー・ナイト・フィーバー」("Saturday Night Fever",1977年)などのダンス映画のパロディを盛り込んだ、フィル・ボウマン(Phil Beauman)によるタイトル未定のコメディの脚本を映画化するようだ。
ゲイル・アン・ハード(Gale Anne Hurd)のValhalla Motion Picturesは、デヴィッド・ゴールマン(David Goleman)のアクションSF小説"Events"の映画化とTVドラマ化について、オプション契約を結んだ模様。
ブルース・ヘンドリックス(Bruce Hendricks)監督、ジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)主演で4月から撮影が開始される予定だった、「南極物語」(蔵原惟繕監督,1983年)のハリウッド・リメイク版"Antarctica"について、Walt Disney Picturesは製作を中断させた模様。ロケ地として予定されていたグリーンランドへの輸送コストが問題となっているらしい。カナダなどにロケ地を変更して、今年の秋から冬にも再開される予定とか。
コリン・ファースとエマ・トンプソンが共演するファミリー・コメディ"Nanny McPhee"で、アンジェラ・ランズベリーが出演交渉中のようだ。
Sci Fi Channelの新シリーズ"Stargate Atlantis"は、ジョー・フラニガン(Joe Flanigan)らの主演が決まった模様。7月4日放送の2時間スペシャルでは、ロバート・パトリックもゲスト出演するらしい。
ウォレン・ザイド(Warren Zide)のAnthem Picturesは、ナムコの人気格闘ゲーム「Soul Calibur」の映画化権を獲得した模様。
ジミ・ヘンドリックスの自伝映画は、アレン・ヒューズ, アルバート・ヒューズ兄弟が監督を務め、OutkastのAndre "Dre 3000" Benjaminが主演するらしい。
「聖書への反逆」("Inherit the Wind",1960年)をはじめ、数々の舞台やその映画化で脚本を手掛けた、米脚本家のジェローム・ローレンス(Jerome Lawrence)さんが先月29日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  3/4
元ちとせが、犬童一心監督「死に花」の主題歌として、インディーズ時代の曲「精霊」をアレンジして提供したようだ。
チョン・ジヒョン主演「4人の食卓」プロモーションのためイ・スヨン監督が来日、3日会見を行ったようだ。
アカデミー賞授賞式に出席した渡辺謙が3日、帰国したようだ。「帰ってきてホッとしました」とコメントしたらしい。
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌として、平井堅の新曲「瞳をとじて」が使われるようだ。
第55回日本放送協会放送文化賞の受賞者が4日発表され、岩下志麻ら6人が選ばれたようだ。
アジア地域のフィルム・コミッションを結ぶ「AFCNet」創立総会が、今秋開催の釜山国際映画祭に合わせて開催されることが決まったようだ。
4日閉幕したAmerican Film Marketで、カン・ジェギュ「太極旗を翻して」は世界14カ国10社と契約を結び、海外販売収益は60億ウォンを超えたようだ。
IMDbで、カン・ジェギュ監督「太極旗を翻して」のジャンルとして"War"と共に"Adult"が挙げられており、公式サイトの掲示板で批判の声が挙がっているらしい。
キム・ヒョンジュは、韓国の韓火建設と1年間のCM出演契約を結んだようだ。契約料は8億ウォンとか。
クァク・ジェヨン監督、チャン・ヒョク、チョン・ジヒョン共演の「僕の彼女を紹介します」が2日、クランクアップしたようだ。5月末公開予定とか。
監督映画配信サイトによるアンケート調査の結果、国会議員に選出したい映画俳優として、チャ・インピョが41.3%の得票で1位に選ばれたようだ。以下、アン・ソンギ、ムン・ソリ、ソン・ガンホ、ソル・ギョングと続いたらしい。
第38回納税者の日の記念式典が3日ソウル市内で行われ、ソン・ガンホとキム・ソナが模範納税者として表彰されたらしい。
米CATV局FXは、マルコ・グレコ(Marco Greco)による一人芝居"Behind the Counter With Mussolini"に基づくコメディ・シリーズを制作中らしい。グレコ自身が脚本を手掛けるようだ。
「スパイキッズ3-D: ゲームオーバー」("Spy Kids 3-D: Game Over")のDVDとVHSが先月29日米国でリリースされ、すでに230万本の売上を記録しているらしい。また、発売2週目の「ライオン・キング3 ハクナ・マタタ」("The Lion King 1 1/2")のビデオ売上は600万本を突破した模様。
米NBCは3日、ライセンス料契約を巡って同局を訴えている人気ドラマ・シリーズ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)のクリエイター、デヴィッド・コーハン(David Kohan)とマックス・マッチニック(Max Mutchnick)に対する逆提訴を行ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグは、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")についてコメントを求められ、「まだ観ていない」と答えたらしい。「この1週間で見聞きした状況証拠だけでコメントするつもりはない。とても重要な問題だし、僕はとっても賢いから、そういった質問には答えないよ。映画を観た後、僕のコメントを最初に聞くのはメル・ギブソンになるだろうね」と語ったようだ。
ヴィヴィカ・A・フォックスは、米Lifetime TelevisionのTVシリーズ"1-800-MISSING"で、グロリア・ルーベンに代わって主役を務めることになったようだ。
米Walt Disneyの株主総会が3日フィラデルフィアで開催され、マイケル・アイズナー会長兼CEOの再任が決定した模様。ただし、不支持票は43%に上ったらしい。取締役会は同日アイズナーの会長職からの解任を決定したようだ。
クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演による"Batman Begins"の製作がアイスランドでスタートした模様。ゲイリー・オールドマンの共演も決定したようだ。
「グッバイガール」("The Goodbye Girl",1977年)などの脚本でも知られる、米劇作家のニール・サイモン(Neil Simon)が2日、腎臓移植手術を受けたようだ。
ティム・バートン監督「ビッグ・フィッシュ」("Big Fish")の海賊版をオンラインで販売したとして、FBIはロサンゼルス在住の男性を告発したようだ。米映画芸術科学アカデミー会員の女優ハンナ・ヘルテレンディ(Hanna Hertelendy)に送られたビデオを入手し、コピーしたらしい。
週末全米公開の「オーシャン・オブ・ファイヤー」("Hidalgo")に主演するヴィゴ・モーテンセンは、大ヒットへの期待にプレッシャーを感じるかとの問いに「僕は映画に対してそういう見方はしない。ストーリーが重要だ」と語ったようだ。
歴史的証言を保存することを目的にスティーヴン・スピルバーグ監督が1994年に設立したSurvivors of the Shoah Visual History Foundationの創立10周年記念式典が開催され、スピルバーグ監督と共に、まもなくDVDが発売される「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)に出演したベン・キングズレイ、レイフ・ファインズ、キャロライン・グッドール、エンベス・デイヴィッツらも出席したようだ。
ケヴィン・スペイシー、モーガン・フリーマン共演の新作"Edison"に新聞記者役で出演するジャスティン・ティンバーレイクは、AP通信のリポーターでピュリッツァー賞を受賞しているボブ・ポーターフィールド(Bob Porterfield)に付いて1週間を過ごし、役作りに励んだらしい。
ヒースロー空港に到着したアシュトン・カッチャーは税関で入国を拒否され、次の便でロサンゼルスに戻るよう命じられたらしい。彼も"Punk'd"されたようだ。
アカデミー賞授賞式に黒のGivenchyのクチュール・ドレスで出席したリヴ・タイラーは、ダイエットのため、3週間をほうれん草とブロッコリとプロテイン飲料で過ごしたらしい。「私はいつもダイエットしているの。小さい時は丸ぽちゃだったのよ」と語ったとか。
1991年に母親が自己防衛のため泥酔した父親を射殺するという痛ましい事件を乗り越えてきたシャーリーズ・セロンは、連続殺人鬼を演じた「モンスター」("Monster")への出演について「私にとってのカタルシスでした。人々はセラピーに行きますが、私には仕事が治療でした」と語ったようだ。
ケイト・モスは、スーパーモデルとしての日々が終わりに近いことを自覚、友人のグウィネス・パルトロウの個人レッスンを受けながら、女優業への転身を図ろうとしているようだ。
キルスティン・ダンストは「アメリカでは有名人が注目されがちだけど、ロンドンでは映画製作が過剰に美化されることはない。でも、ロンドンの人たちはいつも花火をしていると聞いたわ。一般の人たちが花火で遊ぶべきではないと思う」と語ったようだ。
昨年、公演中にホワイトタイガーに噛まれ重傷を負っていた「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーンは、順調に回復しているようだ。歩行を補助する器具の助けを借りて、500歩以上歩けるようになったらしい。
アネット・ベニングとベン・キングズレイが共演するフィリス・ナジー(Phyllis Nagy)の監督デビュー作"Mrs. Harris"で、エレン・バースティン、クロエ・セヴィニー、クロリス・リーチマン、メアリー・マクドネル、マイケル・グロス、フィリップ・ベイカー・ホール、ビル・スミトロヴィッチの共演が決定した模様。
Universal Picturesは、マーク・ミラー(Mark Millar)のコミック・シリーズ"Wanted"の映画化権を獲得したようだ。
ジェリー・ブラッカイマーは、人気ビデオゲーム"Prince of Persia: The Sands of Time"の映画化権を獲得したようだ。ゲーム・クリエイターのジョーダン・メクナー(Jordan Mechner)が脚本を担当するらしい。
"Spider-Man 3"の製作が決定した模様。2007年の公開予定とか。一部では既に、サム・ライミ監督とトビー・マグワイアの続投決定が伝えられていたものの、Sony Picturesは明言を避けたようだ。
NASAによる探査の映像を盛り込みながら月面着陸の様子を再現するImax-3D映画"Magnificent Desolation"が製作されるようだ。「アポロ13」("Apollo 13",1995年)のImax版を見たトム・ハンクスのアイデアによるもので、ハンクス自身がナレーションも務める予定とか。
ウェズリー・スナイプスが、元麻薬中毒患者の売春婦から息子の親子鑑定を求められていた問題で、実父確定検査を2回拒否したとして、マンハッタンの家庭裁判所はスナイプスに対し逮捕状を出したようだ。
ミッキー・マウスのデビュー75周年を記念して昨年制作された75体のミッキー・マウス像が、フィラデルフィアで開催されたWalt Disney社株主総会の会場に展示されたものの、ジャネット・ジャクソンをイメージした"Mickey's Nation 1928"は除外され、新たに制作されたミッキーが設置されたらしい。
  3/5
「ビッグ・フィッシュ」("Big Fish")プロモーションのためティム・バートン監督が来日、4日都内で記者会見を行ったようだ。桃井かおりが花束を贈呈したらしい。
沖縄県は5日、国仲涼子、コシノ・ジュンコら77人を「美ら島沖縄大使」に任命すると発表したようだ。10日に就任式が行われるらしい。
「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」に主演するペ・ヨンジュンが6日、台湾のファンクラブ「BYJFC」のメンバーらとの交流会に参加するようだ。同作のプロモーションのため香港、シンガポールを訪れるほか、「冬のソナタ」の放送開始に合わせて、訪日も計画しているとか。
来月6日開幕する第28回香港国際映画祭の記者発表会が行われ、ヴィッキー・チャオ、アン・ホイ監督らが出席したようだ。
デヴィッド・シュワイマーは、米NBCのコメディ・パイロット"Nevermind Nirvana"で監督と制作総指揮を務めるようだ。
マギー・ギレンホールは、トニー・シャルーブ、イーディ・ファルコ共演のダークコメディ"The Great New Wonderful"に出演するようだ。また、ドン・ルース監督の新作コメディ"Happy Endings"で、ジェニファー・ガーナーに代わって主演を務めることが決まったらしい。
ジェフ・ゴールドブラムが主演する米NBCのコメディ・パイロット"My 11:30"に出演するポール・ライザーは、友人のリサ・クードロウに共演を呼びかけているらしい。クードロウはレギュラー出演するつもりは無いものの、ゲスト出演などの方法でライザーを支援する考えのようだ。
ケヴィン・コスナーは、ラルフ・ヘルファー(Ralph Helfer)の小説に基づく"Modoc: The True Story of the Greatest Elephant That Ever Lived"の映画化で、監督と主演を務める模様。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")がアカデミー賞11部門を制したことについて、New Line Cinema国内劇場マーケティング部門のラッセル・シュワルツ(Russell Schwartz)は「初めはみんな、まるでF-word(=卑猥な言葉)のように"fantasy"と呼んでいた。でも、我々は"fantasy"と言う言葉から逃げるべきではないとすぐに決心した。我々は『そう、これはファンタジーだが、偉大な文学作品の映画化なんだ』と説明した。素晴らしい演技と技術を得て、我々はファンタジーを定義し、それを拡張した。そのことが、論争を沈黙させたんだと思う」と語ったようだ。
"Barbershop 2: Back in Business"のケヴィン・ロドニー・サリヴァン(Kevin Rodney Sullivan)監督は、アシュトン・カッチャー、バーニー・マック共演のコメディ"Dinner Party"の監督に向けて交渉中のようだ。
第61回ヴェネチア国際映画祭の監督に、過去2年間務めたモーリッツ・デ・ハデルン(Moritz de Hadeln)に代わって、スイス・ロカルノ映画祭などを手掛けてきたマルコ・ミュラー(Marco Mueller)が就任したようだ。
ドイツ司祭会議は4日、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of Christ")について、次のような声明を発表したようだ。「我々は、キリストの受難を反ユダヤ主義の道具として使うことに対し、緊急の警告を発します。その映画は、強烈な残虐行為の描写などの問題のある方法で聖書のメッセージを貶めようとしています。これは、キリスト教に詳しくない人々に誤解を与えることになります。より良く映画を理解するためには知識を伴うことが必要だと我々は考えます。」
来月10日放送の米NBC"Saturday Night Live"に、ジャネット・ジャクソンが生出演するらしい。
米Yahoo!の発表によると、アカデミー賞授賞式が開催された先月29日に最も多く検索された映画のタイトルは"The Passion of the Christ"だったようだ。また検索語全体でも、"Academy Awards"に次いで2位だったらしい。時間別では、午後8時から9時は"A Mighty Wind"(「みんなのうた」)、9時から10時は"The Lord of the Rings: The Return of the King"(「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」)が1位だったとか。
週末全米公開となる、トッド・フィリップス監督、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン共演による"Starsky & Hutch"には、TVシリーズ「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky & Hutch",1975-1979年)でスタスキーとハッチを演じたポール・マイケル・グレイザー(Paul Michael Glaser)とデヴィッド・ソウル(David Soul)も出演しているらしい。
英国では「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")のビデオ売上ではDVDが26万5000本に対しVHSは5万2800本、同作のレンタルではDVD32万8900本に対しVHS14万2900本になるなど、DVDへの世代交代が進んでいるようだ。しかし、VHSビデオデッキの普及率が91%であるのに対し、DVDプレイヤーはまだ41%に留まっているらしい。
1ヶ月間マクドナルドを食べ続け、その健康への影響を記録したドキュメンタリー映画"Super Size Me"のモーガン・スパーロック(Morgan Spurlock)監督は4日、米NBCの"Today"に出演「恐ろしかった。食べるとすぐとてもいい気分になるんだけど、そのあとマック腹痛やマック頭痛に襲われて、憂鬱になるんだ」と語ったようだ。肥満の原因となったとして2人の女性がマクドナルドに対して起こした訴訟で、マクドナルド側が栄養価の高さを主張し勝訴したことを知り「そんなに体に良いのだったら朝昼晩食べてみよう」と思ったのが映画製作のきっかけとか。
3日カナダのCBCで、オサマ・ビン・ラディンについてのドキュメンタリー番組が放送されたらしい。ビン・ラディンの友人でアル・カイダのメンバーだったAhmed Said Khadrの未亡人や子供たちのインタビューを中心に、バレーボールや乗馬を愛し、子供たちにも好かれていた家庭的な人物として描かれていたようだ。
J・K・ローリングは4日ウェブ・チャットに参加、ポッターマニアたちの質問に答えたようだ。ヴォルデモートは死ぬのか?という問いには「私がそれに答えると思う?」、使ってみたい魔法は?との問いには「空を飛んでみたい。それから、時々人々の声を消してしまいたい」、物語の世界が現実になったら?との質問には「ハリーと1日を過ごしたい。食事に招待して、彼に課した苦難について謝罪したい」と語ったようだ。
新作ドラマ・シリーズ"Stephen King's Kingdom Hospital"が米ABCで3日スタート、平均視聴者数1500万人を記録した模様。
ウーヴェ・ボル(Uwe Boll)監督による人気ゲームソフトBloodRayneの映画化は、8月に撮影がスタートする模様。「アメリカン・サイコ」("American Psycho",2000年)のグウェネヴァー・ターナー(Guinevere Turner)が脚本を手掛けるようだ。
シャーリーズ・セロンは、スチュアート・タウンゼンドとまもなく婚約しマリブで結婚式を挙げる、という一部の報道について「いいわね。でもそこへ行く予定は無いわ」と否定したようだ。
ナイトクラブ入り口前の長い列で待ちたくなかったショーン・ウィリアム・スコットは、「"アメリカン・パイ・パス"を使ってみようとドアマンの所に行ったんだけど『リストに名前が無い』と言わて、『んー、おかしいな。ところで「アメリカン・パイ」("American Pie")は観た?』『いいや』『「ロード・トリップ」("Road Trip")は?』『いいや』『"Dude, Where's My Car?"』『いいや』・・・結局、1ブロック先の最後尾に並んだよ」と語ったようだ。
サンノゼで独立系映画祭を主催する米Cinequestは3日、映画配信サービスCinequest Onlineをスタートさせたようだ。3日からの映画祭開催に合わせ、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジャッキー・チェン、ケヴィン・スペイシーらとのインタビュー映像が無料配信されているらしい。
「雨に唄えば」("Singin' in the Rain",1952年)などの作品で知られる女優デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)は、テーマパークDollywoodがあるテネシー州のピージョン・フォージ(Pigeon Forge)に来年、映画関連の博物館をオープンさせるらしい。
National Enquirer誌は、サンドラ・ブロックとジェシー・ジェイムズの交際を報じたらしい。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl",2003年)の続編で再び海賊ジャック・スパロウ役を演じるジョニー・デップは「第1作の後の冷却期間を過ごしてきた。深く役に入り込んだ後はいつもそうだ。演じていた役が懐かしくなるんだ」と語ったようだ。
レネー・ゼルウィガーは最近、愛犬のゴールデンレトリーバー、ディランを亡くしていたらしい。
山咲トオルと柴田理恵が作品の魅力を紹介する「ブラザー・ベア」("Brother Bear")のCMが4日から放送されているらしい。
「2300年未来への旅」("Logan's Run",1976年)がリメイクされるらしい。ジョエル・シルヴァーが製作、ブライアン・シンガーが監督を務めるようだ。"X-Men 3"の前に製作され、来年公開される予定とか。
スティーヴ・マーティン主演による「ピンクパンサー」シリーズ最新作に、ビヨンセ・ノウルズとジャン・レノの出演が決まったらしい。監督は"Cheaper by the Dozen"のショーン・レヴィが務めるようだ。
New Line Cinemaは、ジョン・ウォーターズ監督「ヘアスプレー」("Hairspray",1988年)をリメイクするらしい。大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカル版を手掛けたマーク・オドネル(Mark O'Donnell)とトーマス・ミーハン(Thomas Meehan)が脚本を、マーク・シャイマン(Marc Shaiman)が音楽を担当する模様。監督は未定のようだ。
Revolution Studiosはイスラエル映画"92 Minutes"(1997年)のリメイク権を獲得した模様。残り92分しか寿命が残されていない男を主人公にしたダークコメディとか。
ピーター・ジェイムズ(Peter James)の小説を自ら脚色した超自然スリラー"Possession"の映画化が決定した模様。スチュアート・ベアードが監督を務めるようだ。
「ネクロノミカン」("Necronomicon",1993年)のブライアン・ユズナ(Brian Yuzna)監督次回作は、スペインの作家アルベルト・ヴァスケス=フィゲロア(Alberto Vazquez-Figueroa)の小説に基づく"Rottweiler"になるようだ。
新作"The Punisher"に主演するトーマス・ジェインは、出演契約にサインするまで原作コミックのことをほとんど知らなかったようだ。「ドクロのことは知ってたよ。かっこよかったからね。スーパーヒーローだと思ってたんだけど、全く違ってたよ」と語ったらしい。
人気TVドラマシリーズ「ザ・ホワイトハウス」("The West Wing",1999年-)に、グレン・クローズがゲスト出演するらしい。
米CBSの"Joan of Arcadia"で、初めてTVドラマにレギュラー出演したメアリー・スティーンバージェンは「(車を運転するのは)まるで閉所恐怖症のような感じだった。肉体的自由を奪われるのが恐ろしかった。でも今はスタジオまでのドライブを楽しんでいるわ。駐車場が好き。その儀式が好きなの」と語ったようだ。
セリーヌ・ディオンと3年間の契約を結んでいる米DaimlerChrysler社は、ディオンが登場する広告を減らしているようだ。「我々は新しい方向に向かっているところです。彼女との相性が良くなかったと言うことではありません」と説明したらしい。
5日放送の米ABC"20/20"でインタビューに答えたイーサン・ホークは、ユマ・サーマンとの破局について「野心を持つ二人の結婚生活は誰にとってもとても難しい。映画スターになりたい女性との結婚が難しいかどうかは分からないが、彼女がそれを望んでいたことは分かっている」と語ったようだ。
第31回デイタイム・エミー賞(Daytime Emmy Awards)のノミネーションが4日発表され、エレン・デジェネレスが司会を務めるトーク番組"The Ellen DeGeneres Show"(2003年-)が12部門でノミネートされた他、長寿シリーズの"All My Children"(1970年-)と"As The World Turns"(1956年-)が14部門、"Guiding Light"(1952年-)が12部門で候補に挙がったようだ。
株式会社ポニーキャニオンは4日、3日発売のDVD「ヤンヤン 夏の想い出」に全く別の作品が収録されていたと発表したようだ。
  3/6
鶴見辰吾が秋に結婚するらしい。
カン・ウソク監督は4日、韓国映画の日本での直接配給を実現させるため、「シネマサービスジャパン」を6月までに発足させる、と発表したようだ。
第二回倉敷映画会議が6日から開催されるようだ。映画評論家やプロデューサーらを招いたシンポジウムやワークショップなどが行われるらしい。
スティーヴン・スピルバーグ監督「シンドラーのリスト」("Schindler's List",1993年)のDVDが9日発売されることについて、Virgin Megastore製品担当専務理事のヴィンス・シドロフスキ(Vince Szydlowski)は「(アカデミー賞)作品賞を受賞し、過去にDVD化されていなかったこの作品への要望が高いことは事実です。さらに、『パッション』("The Passion of the Christ")について議論を深めている多くの人々の琴線に触れることになるでしょう」と語ったようだ。
ダイアナ元英皇太子妃による未公開録音を紹介するドキュメンタリー番組"Princess Diana: The Secret Tapes"が4日米NBCで放送され、平均視聴者数1700万人を記録した模様。
英Mail on Sunday紙が発表するRich Report 2004によると、ポール・マッカートニーの資産は7億2500万ポンドで音楽界ではダントツのトップ、男優ではショーン・コネリーが6600万ポンドで、ローワン・アトキンソン、アンソニー・ホプキンスらを抑えたようだ。女優ではトレイシー・ウルマンが4500万ポンドで1位、キャサリン・ゼタ=ジョーンズは3000万ドルで3位だったらしい。
U2のボノが、昨年のゴールデン・グローブ賞授賞式で"f***ing brilliant"と発言したのを米NBCが放送したことについて、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)は5日、NBCに対して罰金を科すことはしないと発表したようだ。
パトリック・スチュワートは「娯楽産業は、男性の女性に対する暴力的な描写を持続しステレオタイプ化していることに、あまりに無責任です。私は「キル・ビル」("Kill Bill")のような映画を強く非難します。女性に力を与えたと言う人もいますが、女性が女性を殺す力を与えているに過ぎません」と語ったようだ。
ブルース・キャンベルは、「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)シリーズの復活に向けてNew Line Cinemaと交渉中の模様。
「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作"Seed of Chucky"で、ジェニファー・ティリーが声優を務めるほか、彼女自身として出演しているらしい。
ラース・フォン・トリアー監督の次回作"Manderlay"に、ダニー・グローヴァーの出演が決まった模様。ジェレミー・デイヴィス、ステラン・スカルスガルド、ローレン・バコール、クロエ・セヴィニー、ジャン=マルク・バール、ウド・キアら「ドッグヴィル」("Dogville",2003年)のキャストも引き続き出演するらしい。
シャーリーズ・セロンは、「モンスター」("Monster")でのクリスティーナ・リッチとのキス・シーンについて「彼女はキスが上手だったけど、偽の歯が邪魔だったの。笑いをこらえる事ができなかったわ」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストは、詩人シルヴィア・プラスの生涯を描く"Sylvia"について、「(主演の)グウィネス・パルトロウが素晴らしい女優だとは思うけど、シルヴィアは痛みが欲しかったんだと思う。彼女は恐怖を感じていたかったのよ」と語り、パルトロウの演技がプラスの本質を捉えていないと非難したようだ。
アンドリュー・アダムソン監督による「ナルニア国物語」シリーズ「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化で、ニュージーランドでのロケハンにニコール・キッドマンが極秘参加した模様。
ビヨンセ・ノウルズのバックバンドを務める3人が、フロリダで強盗犯を取り押さえたらしい。
ドリュー・バリモアの恋人ファブリツィオ・モレッティが、別の女性とキスしているのが目撃されたらしい。
ユナイテッド・シネマとしまえんが7月上旬にオープンするらしい。
チャック・ゴードン(Chuck Gordon)のDaybreak Productionsと、エイドリアン・アスカリー(Adrian Askarieh)のPrime Universe Productionsは、ジェイソン・ヘンダーソン(Jason Henderson)によるコミック"Sword of Dracula"の映画化とTV化についてオプション契約を結んだ模様。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の撮影に参加している主演のサラ・ミシェル・ゲラーは「オリジナルのスタッフとキャストによる日本映画のリメイクに参加すること、それに3ヶ月間東京で過ごして、誰も英語をしゃべらない現場で仕事をすることは、めったにない機会だわ」と語ったようだ。
ジェシカ・シンプソンは、アシュトン・カッチャー、ポール・ウォーカー共演による「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)の映画化に出演する模様。また、キーラ・ナイトレイの主演が噂されている「かわいい魔女ジニー」("I Dream of Jeannie",1965-1970年)の映画化や、以前クエンティン・タランティーノ製作、イライジャ・ウッド主演かと報じられたMarvelコミック"Mort: the Dead Teenager"の映画化にも出演を希望しているらしい。
レン・ウィリアムズ(Len Williams)の小説"Justice Deferred"が映画化される模様。マイケル・バコール(Michael Bacall)の脚本を、Warner Bros.とトビー・マグワイアのMaguire Entertainmentが取得したようだ。
ジャネット・ジャクソンは雑誌インタビューに答え、NFLスーパーボウルのハーフタイム・ショーでの"衣装トラブル"について「故意ではなく、衣装のアクシデントだった」と語ったらしい。
  3/7
「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の特典映像の公開収録が6日都内で行われ、本広克行監督、北村総一朗、斉藤暁、小野武彦らが参加したようだ。
竹之内和久監督「ワンピース 呪われた聖剣」が6日初日を迎え、声優を務めた中村獅童、久本雅美、内博貴らが舞台挨拶に立ったようだ。
「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」が6日初日を迎え、大山のぶ代、島谷ひとみらが舞台挨拶に立ったようだ。
タカハタ秀太監督「ホテル・ビーナス」が6日初日を迎え、草なぎ剛、中谷美紀、市村正親らが舞台挨拶、香取慎吾も飛び入り参加したらしい。韓国での上映も決定したようだ。
東京大学はこの秋「コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム」を立ち上げるようだ。鈴木敏夫、角川歴彦、押井守、大友克洋らが講師として参加、アニメやゲームのプロデューサーを育成するらしい。
韓国のCM専門配信サイトNGTVのアンケート調査によると、「最高の俳優コンビ」に「太極旗を翻して」のチャン・ドンゴンとウォン・ビンが選ばれたようだ。
「太極旗を翻して」の日本版サントラにBoAが参加するらしい。極秘で協議中とか。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、忙しい執務の合間を縫って、雑誌"Muscle & Fitness"と"Flex"の編集責任者を務めることになったようだ。
5日の全米興収は「パッション」("The Passion of the Christ")が1410万ドルで1位、"Starsky & Hutch"が960万ドルで2位、「オーシャン・オブ・ファイヤー」("Hidalgo")が580万ドルで3位となっている模様。
ワシントンDCのマルコムX小学校の教師が、6年生の生徒たちに、R指定となっているメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の一部を見せたとして、停職処分となったらしい。海賊版の入手経路についても調査が行われている模様。
ジェニファー・アニストンは「私はオナラの音みたいな変なものが好きなの。『私の愛情の対象』("The Object Of My Affection",1998年)の撮影の時、オナラの録音テープを聞かされて、大笑いしたわ」と語ったようだ。
ファブリツィオ・モレッティの浮気報道について、ドリュー・バリモアはこれを否定「私達の愛はとても基本的で、優さに溢れ、私たちを支え、意思を伝え合うものだわ。ゴシップやスキャンダルとは無縁。私の人生でいちばん美しいものよ」と語ったようだ。謎のブロンド美人とキスしていたのは同じバンドのアルバート・ハモンドJr.だったらしい。
先週モザンビークのChalauaで発見された新しいタイプのアマゾナイトが、シャーリーズ・セロンの名前に因んで"Star of Charlize"と名づけられたようだ。
デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーは、結婚式での花婿付添人にブルース・ウィリスを希望しているらしい。 [☆それってヘンだよ]
サラ・ジェシカ・パーカーは小説を執筆中らしい。"Sex and the City"(1998-2004年)で演じたキャリー・ブラッドショウのキャラクタからインスピレーションを得たとか。「フルタイムで書き続けたい。でも将来がどうなるかは分からないわ。この本が映画化されたら、それも楽しいわね」と語ったらしい。
押井守監督「イノセンス」が6日初日を迎え、都内劇場で舞台挨拶が行われたようだ。
  3/8
角川グループは、日本ヘラルド映画の発行済み株式の約4割を取得し、傘下に収めるようだ。
セガは8日、会話するときの表情をCGやアニメーションで再現する際に利用可能な音声解析技術「Magical VEngine」を開発した、と発表したようだ。
「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の大ヒットの影響で、沖縄ではカクレクマノミがイソギンチャクごと乱獲される被害が相次いでいるらしい。ブエナビスタインターナショナルジャパンは「映画は自然の大切さを伝えたかったはず。メッセージが違う方向で伝わっているとしたら非常に残念」とコメントしたようだ。
チェ・ジウ、イ・ビョンホン、キム・ヒソンの3人は韓国文化観光省と観光公社から観光広報大使に委嘱され、5日ソウル市内で開催された記念行事に出席したようだ。
イ・スヨン監督、パク・シニャン、チョン・ジヒョン主演「4人の食卓」が、「呪怨」シリーズの大石圭によってノベライズされるらしい。
スタンリー・トン監督による"The Legend of Mulan"は、ウォン・ビンとケリー・ヒューが主演候補に挙がっているらしい。
デヴィッド・ベッカムが自宅でチャリティ・パーティを開き、30万ポンドを英国の慈善団体に寄付したようだ。サイン入りシューズなどをオークションに掛けたらしい。
映画製作会社アマナスキネマ東京の担当者が8日高知県庁と高知市役所を訪れ、高知競馬の人気馬ハルウララ出演映画の撮影への協力を申し入れたようだ。森川時久が監督を務める模様。
7日付け英シングルチャートは、ブリトニー・スピアーズ"Toxic"が初登場1位となった模様。
リチャード・シェパード監督・脚本、ピアース・ブロスナン主演のブラック・コメディ"The Matador"に、グレッグ・キニアとホープ・デイヴィスの共演が決まった模様。来月メキシコ・シティで撮影が始まるようだ。
ニューベリー賞を受賞したケイト・ディカミロ(Kate DiCamillo)の小説"The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, and a Spool of Thread"の映画化権をUniversal Picturesが獲得、ゲイリー・ロスの監督でアニメ映画化されるようだ。
全米週末興収は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")が5140万ドルで1位をキープ、総興収は2億1200万ドルに達したようだ。一方、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン共演"Starsky & Hutch"は2900万ドルで2位、ヴィゴ・モーテンセン主演「オーシャン・オブ・ファイヤー」("Hidalgo")は1960万ドルで3位のスタートとなった模様。
全米有色人地位向上協会(National Association for the Advancement of Colored People)による第35回NAACPイメージ賞(NAACP Image Awards)授賞式が8日開催され、ジョナサン・リン監督"The Fighting Temptations"が作品賞、"Radio"のキューバ・グッディングJr.が主演男優賞、「女神が家(ウチ)にやってきた」("Bringing Down the House")のクイーン・ラティファが主演女優賞、「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty")のモーガン・フリーマンが助演男優賞、"Radio"のアルフレ・ウッダードが助演女優賞をそれぞれ獲得したようだ。
Universal Music Publishingは、映画やテレビなどへの自社の楽曲の提供を目的とした業界向け楽曲検索サイトSynchexpress.comをスタートさせたようだ。
角川グループ傘下入りが報道された日本ヘラルド映画の株価が、8日の終値で2万円高の21万円となったようだ。
19日全米公開される、D・J・カルーソー監督、アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク共演の新作"Taking Lives"の冒頭9分間の映像が、同作品の公式サイトで来週公開されるらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のDVDとVHSが5月25日、米国で発売されるようだ。DVDはメイキング、予告篇、ビデオゲームのプロモーションなどを収録した特典ディスクとの2枚組みで、価格は$29.95とか。
"Sky Captain and the World of Tomorrow"に出演するアンジェリーナ・ジョリーは「最終版はまだ観ていないけど、これはジュード・ロウとグウィネス・パルトロウの映画よ。私が演じるのは黒い衣装にアイパッチの狡賢い役。ジュードとは何年も前から知り合いだったし、彼と仕事ができたのはとても嬉しかったわ」と語ったようだ。
ジョニー・デップは、カリブ海に浮かぶ無人島の購入を検討しているらしい。セント・ヴィンセント島近くの広さ135エーカー(5万4000平方メートル)の島で、300万ドルで売りに出されているとか。
ジミ・ヘンドリックスの伝記映画で主演を務めるOutkastのアンドレ3000は「自分自身でギター演奏をやるつもりは無いよ。ジミのスタイルの全てを知り尽くした人の演奏が使われるだろう」と語ったようだ。
ラテン歌手のマーク・アンソニー(Marc Anthony)が先週、ジェニファー・ロペスと彼女のプライベート・ジェットに乗り込むのが目撃されたらしい。
1999年に起こった潜入捜査官の偽証に基づくテキサスTuliaの黒人住民の一斉逮捕事件を描く映画"Tulia"はハル・ベリーの主演が決まっているが、米CBSは同じ事件を題材にしたTV映画"Tulia"をアルフレ・ウッダードの主演で制作するらしい。映画版は2年後の撮影開始となるため、TV版の方が先になるようだ。
iモード向けの映画情報サイト「シネマイマジカ」で、着モーションに対応した映画予告編の配信がスタートしたようだ。「ミスティック・リバー」「ゴシカ」「クイール」「ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」などの予告編を見ることが出来るらしい。
NASCARドライバーを主人公にしたDreamWorksの新作"Hammer Down"で、マシュー・マコノヒーの主演が決まったようだ。監督は未定で、製作開始は夏になる模様。
ラスヴェガスのStar Trek - The Experienceに、新アトラクションBorg Invasion 4Dが18日オープンするらしい。アトラクション用としては初めて撮影、映写ともにフルデジタルで行われ、リアルで安定した映像を楽しめるとか。
ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール共演のアン・リー監督次回作"Brokeback Mountain"に、ミシェル・ウィリアムズの出演が決まったようだ。撮影は5月にスタートする模様。
来月全米公開のアン・ハサウェイ主演"Ella Enchanted"を手掛けたトミー・オヘイヴァー(Tommy O'Haver)監督次回作は、DreamWorksのコメディ"Magick"に決まったようだ。
米CBSの人気TVシリーズ「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)のスピンオフ第2弾"CSI: New York"で、ゲイリー・シニーズが主演候補に挙がっているらしい。
  3/9
文化庁は9日、2003年度芸術選奨を発表、文部科学大臣賞に麻実れい、恩地日出夫ら18人、新人賞に小泉今日子、犬童一心ら9人が選ばれたようだ。 [☆新人賞なんですか・・・]
短編オムニバス映画「Jam Films 2」の完成試写会が8日都内で行われ、麻生久美子、須賀貴匡らが舞台挨拶に立ったようだ。
NHKで放送中の「セサミストリート」は来月3日で放送終了となるらしい。米Sesame Workshopによる日本語版新番組への切り替えの提案をNHKが断った模様。一方、テレビ東京が日本語版の放送を検討しているようだ。 [☆残念・・・]
5月韓国公開予定のシン・ヒョンジュン、ソン・ユナ共演の新作「フェイス」の上映権を、すでにタイ、香港、シンガポール、フィリピン、マレーシアなどが購入したようだ。海外向けに製作された1分45秒の予告編だけで契約が決まったらしい。
カン・ソクボム監督、キム・ジュヒョク主演の新作「どこかで誰かに何か起こればすぐに現れる洪班長」が12日から韓国で公開されるようだ。ロマンチック・コメディらしい。
小泉純一郎首相は8日「最近韓国で流行している映画『実尾島』を必ず観たい」と発言したらしい。
USA Network製作のアクション映画"The Last Ride"で、デニス・ホッパーとウィル・パットンが共演するようだ。General MotorsのPontiac部門が製作に参加、2004年モデルのPontiac GTOを劇中に登場させるらしい。今月からサンディエゴで撮影が始まる模様。
アカデミー賞受賞を受けて、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")の北米を除く60カ国での週末興収は940万ドルと、前週比15%減に留まったようだ。また、北米以外での総興収は6億7940万ドル、北米を含む総興収は10億4700万ドルに達した模様。
シェイン・ブラック監督、ロバート・ダウニーJr.、ヴァル・キルマー共演による新作"Kiss, Kiss, Bang, Bang"に、「L.A.LAW 七人の弁護士」("L.A. Law",1986-94年)などで知られるコービン・バーンセン(Corbin Bernsen)の出演が決まったようだ。
トニー・ジグリオ(Tony Giglio)の監督によるアクション・スリラー"Chaos"で、ウェズリー・スナイプス、ライアン・フィリップ、ジェイソン・ステイサム、ジャスティン・ワデルが共演するらしい。17日からバンクーヴァーで撮影が始まる模様。
米CATV局USA Networkは8日、今月19日より全米公開となるザック・スナイダー監督「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")の冒頭10分間を、今月15日夜の「ファイナル・デスティネーション」("Final Destination",2000年)のTV放映中に放送すると発表したようだ。
「巴里選手」("Playboy of Paris",1930年)、「若草物語」("Little Women",1933年)、「痴人の愛」("Of Human Bondage",1934年)、「虚栄の市」("Becky Sharp",1935年)など。ハリウッド黄金時代の数多くの作品で活躍した、米女優のフランセス・ディー(Frances Dee)さんが6日亡くなった(94歳)。ご冥福をお祈りいたします。
コートニー・ラヴは8日、薬物影響下での軽犯罪容疑で新たに告訴されたらしい。
「キリング・フィールド」("The Killing Fields",1984年)、「フォーエバー・フレンズ」("Beaches",1988年)、「ザ・ペーパー」("The Paper",1994年)、「ニューヨークの恋人」("Kate & Leopold",2001年)などの作品に出演したほか、舞台劇や脚本でも活躍した、米俳優のスポルディング・グレイ(Spalding Gray)さんが亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆先日より行方不明になっていましたが、ブルックリン沖のイーストリバーで遺体が発見されたそうです・・・。]
アスペンで開催されていた第10回米コメディ・アート・フェスティバル(U.S. Comedy Arts Festival)が7日閉幕、コメディ映画部門では、ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")が新人監督賞と脚本賞、「みんなのうた」("A Mighty Wind")のクリストファー・ゲストが監督賞を受賞したようだ。また、Film Discovery部門では、ジャレッド・ヘス(Jared Hess)監督"Napoleon Dynamite"が作品賞、ドリュー・バリモアの追っかけをする自分自身をドキュメントしたブライアン・ハーズリンガー(Brian Herzlinger)監督"My Date With Drew"が観客賞、ハンク・アザリア監督・主演の"Nobody Is Perfect"が短編映画賞をそれぞれ獲得した模様。
新作"Jersey Girl"でベン・アフレックと共演したジェニファー・ロペスについて、ケヴィン・スミス監督は「この作品での彼女は素晴らしい。彼女がいなかったら、ベンの熱心で素晴らしい演技は無かったと思うよ。撮影の時、彼はジェンをとても愛していたから、何かマジカルなものを感じたんだ」と語ったようだ。
8日の国際婦人デー(International Women's Day)に合わせボンベイで上演された舞台"Vagina Monologues"に出演したジェーン・フォンダは「私は3度結婚しました。名声と富と成功を手にしましたが、結婚という密室の中では、私は男性を喜ばせることにいつも力を注いでいました。私は以前から自分をフェミニストだと言っていましたが、それは私の頭の中だけだったのです。でも、今の私はフェミニストを体現しています」と語ったようだ。
「サウンダー」("Sounder",1972年)、「合衆国最後の日」("Twilight's Last Gleaming",1977年)、「スター・トレック2 カーンの逆襲」("Star Trek II: The Wrath of Khan",1982年)、「ターミネーター」("The Terminator",1984年)、「クリフハンガー」("Cliffhanger",1993年)、「マーズ・アタック!」("Mars Attacks!",1996年)など数々の映画やTVドラマなどで活躍した、米俳優のポール・ウィンフィールド(Paul Winfield)さんが7日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ポール・W・S・アンダーソン監督「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")のネット限定予告篇が公開中らしい。
"Deliver Us from Eva"(2003年)のゲイリー・ハードウィック(Gary Hardwick)監督の次回作"American Radio"で、リュダクリスの主演が決まったようだ。5月からロサンゼルスで撮影が始まる模様。
「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」("Madonna: Truth or Dare",1991年)での発言以来、マドンナと仲違いしていたケヴィン・コスナーが、娘と共にコンサートをを訪れたらしい。「歌手でもある娘が僕のせいでマドンナと知り合いになれないのは嫌だった」と語ったようだ。マドンナは、コスナーに1曲捧げたとか。
シャーリーズ・セロンの父方の祖母エリザベス・ムールマン(Elizabeth Moolman)は「シャーリーズには本当に会いたい。でも私のプライドが、彼女や彼女の母親にそう伝えることを許さない。私も年老いたので、死ぬ前に彼女に会いたい」と語ったようだ。セロンの母親がアルコールに溺れた父親を射殺して以来12年間、二人は会っていないらしい。
アンドリュー・アダムソン監督による「ナルニア国物語」シリーズ第1作「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化で、ニコール・キッドマンが出演契約にサインした模様。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")撮影のためローマを訪れているブラッド・ピットとジョージ・クルーニーはある日、朝のジョギングで突然の雨に遭い、びしょ濡れになりながら滞在先の高級ホテルに戻ったところ、浮浪者と間違われてドアマンに追い返されたらしい。
ヴィゴ・モーテンセンは、ロサンゼルスに引っ越すまで部屋に電話を引くことを拒否していたらしい。「ニューヨークに住んでいた頃は、数日おきに公衆電話で僕のエージェントに連絡を取っていたんだ。ある時、部屋に電話を引いて、それをじっと見つめていたら、イライラしてきた。その物体がとても恐ろしかった。その時、エージェントから電話がかかってきて『つながるかどうか掛けてみた』って言ったんだ。次に電話が鳴ったとき、僕は窓から電話を放り投げたよ」と語ったようだ。
ドリュー・バリモア妊娠か?ショッピング・モールで赤ちゃん用の服を買い集めていたとか。
フランコ・ゼフィレッリ監督「永遠のマリア・カラス」("Callas Forever")のDVD&ビデオ発売記念イベントが8日都内で行われ、大地真央らが出席したようだ。
行定勲監督「北の零年」の夕張ロケに参加している、吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司、石田ゆり子、香川照之らが市内ホテルで記者会見に出席したようだ。撮影が公開される予定だったものの、晴天のため急遽中止になったらしい。
「魚影の群れ」(相米慎二監督,1983年)、「時代屋の女房」(森崎東監督,1983年)、「魔性の夏四谷怪談・より」(蜷川幸雄監督,1981年)の3作品をセットにしたDVD-BOX「夏目雅子出演名作集」が来月24日に発売されるようだ。
ロバート・ロドリゲス監督「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」("Once Upon a Time in Mexico")の上映に合わせ「50歳代カムバック!映画館 青春キャンペーン」実施中の丸の内ルーブルでは、初日の6日、通常3-4%の50歳代の来場者数が17%を記録したようだ。
テレンス・マリックは、ポカホンタスとジョン・スミスの出会いを描くNew Lineの"The New World"で監督を務めるらしい。コリン・ファレルがスミス役を演じるようだ。一方、監督予定だったキューバの革命家チェ・ゲヴァラ(Che Guevara)の生涯を描くベニチオ・デル・トロ主演"Che"については急遽降板、来年7月に再開したいと言っている模様。
「ピーターパン」の作者J・M・バリーを描くマーク・フォースター監督の新作"J.M. Barrie's Neverland"でジョニー・デップと共演したケイト・ウィンスレットは「ジョニー・デップのキャスティングはとても良かった。その時代から飛び出して、何処か素敵で楽しい所へと連れ出してくれるから」と語ったようだ。
イライジャ・ウッドは、ピーター・ジャクソン監督次回作"King Kong"への出演について「(ジャクソン監督と)話をしたよ。僕は(コングの)足に踏み潰されるような役がやりたい、って言ったんだ。上手くいけば、そういう役がまわってきそうだよ」と語ったようだ。
トッド・フィリップス監督による「600万ドルの男」("The Six Million Dollar Man",1974-1978年)の映画化で主演を務めるジム・キャリーは「僕らはいま脚本を練っているところだけど、楽しい作品になると思うよ。600万ドルなんて、今の世の中では大した金額じゃないよね。だからプロットがどういう方向に行くか、想像できるんじゃないかな」と語ったようだ。
Universal Picturesは、「ワイルド・スピード」("The Fast and Furious",2001年)、「ワイルド・スピードx2」("2 Fast 2 Furious",2003年)に続く、シリーズ第3作の製作に入ったらしい。ヴィン・ディーゼルの復帰が予定されているとか。
オーストリアの画家グスタフ・クリムト(Gustav Klimt,1862-1918)の晩年を描く映画が、ジョン・マルコヴィッチ主演で製作されるようだ。
アレック・ボールドウィンとキム・ベイシンガーの娘の親権を巡る裁判は、ボールドウィンが勝訴したらしい。
6月日本公開の「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")プロモーションのためローランド・エメリッヒ監督が来日、都内で記者会見を行ったようだ。
来年のアカデミー賞授賞式は、さらに2週間ほど早まる可能性があるとか。
カート・ラッセル主演"Miracle"(2004年)でも描かれている、1980年冬季オリンピックのアイスホッケーで米国チームが強豪ソ連を破った試合を、ヴィゴ・モーテンセンは観客席で見ていたらしい。「大学の冬休みで、スカンジナビア・チームのための通訳のボランティアをしていたんだ。無料で試合を見られるからね。その興奮は凄かった。信じられないようなことが起こったんだ。あの場所にいたことを名誉に思うよ」と語ったようだ。
"Starsky & Hutch"でスタスキー役を演じたベン・スティラーは「『刑事スタスキー&ハッチ』("Starsky and Hutch",1975年)が大好きだったし、(スタスキー役の)ポール・マイケル・グレイザー(Paul Michael Glaser)にインスパイアされ、大人になったんだ。彼は最高にカッコいいと思っていた」と語ったようだ。
米Time誌最新号のインタビューで、ジョニー・デップは「これまで一緒に仕事をした素晴らしい俳優たち、マーロン・ブランドやアル・パチーノ、ダスティン・ホフマンは、僕に対して常にこう言っていた。妥協するな。自分の仕事をしろ。もし自分が与えようとしているものが、周りの求めるものと違うなら、その場を立ち去る覚悟が必要だ、と」と語ったようだ。
"Sex and the City"(1998-2004年)の制作総指揮を務めたマイケル・パトリック・キング(Michael Patrick King)は「映画化のために残しておいたものなど何も無い。我々はシリーズをキッチリと終わらせたかったし、それができたことを誇りに思っている」と語り、映画化に否定的な考えを示したようだ、
  3/10
吉田喜重監督、岡田茉莉子夫妻を招いた「平和と家族について考えるフォーラム」が26日、福島市内で開催されるようだ。「鏡の女たち」(2002年)の上映も行われるらしい。
ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで来月4日、ドキュメンタリー番組「シービスケット:歴史的名馬の奇跡」と「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還:映画の先に写る歴史と背景」が放送されるらしい。
望月六郎監督「かまち」が先月28日から群馬県高崎市内で先行公開され、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」に次ぐ大ヒットとなるらしい。
「上海家族」プロモーションのためポン・シャオリン監督が来日、9日都内で記者会見を行ったようだ。
韓国の歌手イ・ヒョリが、6月クランクインの新作でジャッキー・チェンと共演するらしい。
韓国で公開中のカン・ジェギュ監督「太極旗を翻して」の観客動員数が、7日までに943万207人に達した模様。14日には1000万人を突破する見込みとか。一方、「実尾島」の観客動員数は7日までに1082万7000人を記録したようだ。
クォン・サンウは、6月1日からソウル市内で開催される「Hi Seoul 2004健康エキスポ」の広報大使に任命されたようだ。また、29日から新作「花嫁修業」の撮影に入るらしい。
韓国の映画投資会社IMピクチャーズの発表によると、2月にソウル市内での韓国映画の観客数は379万3620人で全体の82.5%、全国では2777万7680人で60.4%に達したようだ。「実尾島」「太極旗を翻して」の大ヒットが貢献した模様。
100人余りの駐韓外交使節が今月31日、ソウル市内の映画館で「太極旗を翻して」を団体鑑賞するらしい。
日本を舞台にした007シリーズ最新小説"The Man with the Red Tatoo"にサミット会場として登場する香川県直島町で13日、「ジェームズ・ボンドを直島に呼ぶ集い」が開催されるらしい、
欧州議会は9日、DVDなどの海賊商品を取り締まる法案を採択したようだ。ただし、対象は商業目的に限られ、個人が楽しむ目的の曲や映画のダウンロードは処罰の対象から外れているらしい。
ジェニファー・ロペスのNuyorican Productionsは、Fox TV Studiosと番組制作契約を結んだようだ。既にコメディ番組や数本のドラマシリーズ、音楽スペシャルなどの制作をスタートさせているらしい。
ビル・コスビーが声優を務めた米CBSのアニメシリーズ"Fat Albert and the Cosby Kids"(1972-1979年)の実写映画化で、"Big Fat Liar"(2002年)、"Barbershop 2: Back in Business"(2004年)などに出演しているキーナン・トンプソン(Kenan Thompson)が主演を務めることになったようだ。
ガス・ヴァン・サント監督の次回作は1990年代半ばのロック・シーンを描く"Last Days"になる模様。マイケル・ピットが主演するほか、ルーカス・ハースが出演交渉中らしい。
「TVキャスター マーフィー・ブラウン」("Murphy Brown",1988-1998年)などのTVシリーズで知られるほか、「天使にラブ・ソングを2」("Sister Act 2: Back in the Habit",1993年)、「イレイザー」("Eraser",1996年)などに出演、また新作"Be Cool"にもキャスティングされていた、米俳優のロバート・パストレリ(Robert Pastorelli)さんが8日亡くなった(49歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米NBCのシチュエーションコメディ"Whoopi"に主演するウーピー・ゴールドバーグは、同性同士の結婚について「議論を進めるのは素晴らしいことだわ。私たちもしばらく前からこのテーマを検討していたけど、最近話題に上るようになってきたので、番組で採り上げることを決めたの」と語ったようだ。
シドニー・ポラック監督、ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演の新作"The Interpreter"の国連本部での撮影が始まった模様。記者会見に出席したポラック監督は「国連には非常に共感を覚える。だからといって、プロバガンダ映画を作るつもりはない。退屈だからね」と語ったようだ。
角川ホールディングスは10日、日本ヘラルド映画の発行済み株式の約43%を取得し、グループ傘下に収めると発表した模様。日本ヘラルド映画から引き受ける第三者割当増資は30億5250万円になるようだ。
オーソン・ウェルズが「市民ケーン」("Citizen Kane",1941年)で獲得したオスカー像の競売を計画するベアトリス・ウェルズと、それを阻止しようとする米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)との間で争われていた裁判で、ロサンゼルスの米地方裁判所はベアトリス側の主張を認める判決を下したようだ。アカデミー側は上告すると言っているらしい。
ロビン・ウィリアムスの次回作は、マーク・マイロッド(Mark Mylod)監督のダーク・コメディ"The Big White"に決まったようだ。来月からカナダのウィニペグで撮影が始まるらしい。
「神さま、わたしマーガレットです」("Are You There God? It's Me Margaret")などの作品で知られるベストセラー作家のジュディ・ブルーム(Judy Blume)、彼女の息子で映画監督のローレンス・ブルーム(Lawrence Blume)、プロデューサーのジェイン・スターツ(Jane Startz)の3人は、Walt Disney Studiosと、ブルームの小説に基づく複数の映画の製作について契約を結んだようだ。映画化第1作として「私の名前はディニー」("Deenie")が候補に挙がっているらしい。
ジェイク・ギレンホールは、オーランド・ブルームらも支援するFuture Forests計画に参加、モザンビークの森林を購入したようだ。
グウィネス・パルトロウの伯父が2月末に癌で亡くなっていたようだ。また、母親のブライス・ダナーも放射線治療を受けているらしい。父親も癌で亡くしていることから、パルトロウはかなり動揺しているとか。
AP通信は、製作総指揮のマイケル・パトリック・キング(Michael Patrick King)が"Sex and the City"(1998-2004年)の映画化の計画は無いと発言した、との報道を訂正した模様。キングはそのような発言はしておらず、またHBOの広報担当者は8日、映画化の企画は継続中であると発表したようだ。
集英社、テレビ東京など3社は9日、人気アニメシリーズ「遊戯王デュエルモンスターズ」の劇場用映画"Yu-Gi-Oh! The Movie"を共同製作し、今年8月13日に全米公開すると発表した模様。Warner Bros. Picturesが配給を担当、欧州などでの公開も予定されているものの、日本公開は未定とか。
東急文化村、NTT東日本、NTT西日本の3社は9日、渋谷Bunkamuraで公演される演劇などを動画配信する「Bunkamura on フレッツ」を12日からスタートすると発表したようだ。ル・シネマ上映作品の監督や出演者へのインタビュー映像なども配信されるらしい。
キルスティン・ダンストは、パパラッチが有名人を追い回す様子を撮影する米E! TVの番組"Celebrities Uncensored"に抗議して、同局のインタビューを拒否しているらしい。
MTVのアニメシリーズ"Aeon Flux"(1995年)の実写映画化に主演するシャーリーズ・セロンは、1100万ドルの出演料を手にするらしい。
スティーヴン・セガール主演「沈黙の標的」("Out for a Kill")の試写会が9日都内で行われ、藤谷文子と武藤敬司が特別ゲストとして参加したらしい。
河崎実監督「いかレスラー」で、西村修が俳優デビューするらしい。「えびボクサー」("Crust",2001年)の日本公開を担当した井俊太郎プロデューサーによる企画とか。
北島康介がアテネオリンピックで着用する新型水着が9日発表されたようだ。開発には「マトリックス」("The Matrix",1999年)や「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)などの作品の特殊効果を手掛けた米CyberFx社も参加したらしい。
イ・スヨン監督「4人の食卓」プロモーションのため、チョン・ジヒョンが15日に来日することが決まったようだ。
今村昌平監督の2作品「復讐するは我にあり」(1979年)、「ええじゃないか」(1981年)が今月25日にDVDで発売されるようだ。
6月公開「午後の五時」のサミラ・マフマルバフ監督、5月公開「ハナのアフガンノート」のハナ・マフマルバフ監督の姉妹が来日、10日都内で記者会見を行ったようだ。
ハピネット・ピクチャーズは9日、2004年上期のDVDソフトなどのラインナップを発表したようだ。井筒和幸監督「ゲロッパ!」が4月9日、レン・ワイズマン監督「アンダーワールド」("Underworld")のDVDは6月1日に発売となる模様。
Warner Bros.は、昨年12月にスコット・ルディンと共に権利を獲得したChang-Rae Leeの今春出版予定の小説"Aloft"の映画化で、ゴア・ヴァービンスキー監督の新作"The Weather Man"を手掛けたスティーヴ・コンラッド(Steve Conrad)を脚本家に起用したようだ。
ヴィゴ・モーテンセンは16世紀のスペインを舞台にしたアグスティン・ディアス・ヤネス監督の新作"Alatriste"で、ガエル・ガルシア・ベルナルと共に出演交渉中のようだ。製作費は2000万ユーロで、スペイン映画史上最高とか。ヴィゴ・モーテンセンはアルゼンチンで暮らしていたことがあり、スペイン語はペラペラらしい。
"The Ring 2"の監督に予定されていたノーム・ムーロ(Noam Murro)が降板したようだ。DreamWorks Picturesは「双方の方向性の違い」と説明しているらしい。新監督はまもなく決まる模様。
ニコール・キッドマンとジェニファー・ロペスが、日米開戦当時の女性スウィング・バンドを描く"American Darlings"で共演するらしい。
プロデューサーのマーク・バーネット(Mark Burnett)は、ルイス・パーデュ(Lewis Perdue)の小説"The Da Vinci Legacy"と"Daughter of God"の映画化権についてオプション契約を結んだようだ。
ジェイムズ・L・ブルックス監督、アダム・サンドラー、ティア・レオーニ共演の新作ロマンチック・コメディ"Spanglish"への出演が伝えられていたアン・バンクロフトが病気のため降板、クロリス・リーチマンが代役を務めることになったようだ。パス・ヴェガも出演するらしい。
イーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーン共演、ジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)監督による「ジョン・カーペンターの要塞警察」("Assault on Precinct 13",1976年)のリメイクで、マリア・ベロとジョン・レグイザモが出演交渉中らしい。来月4日にトロントで撮影が始まるようだ。
「世にも不幸なできごと」("Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events")の映画化でオラフ伯爵役を演じるジム・キャリーは「子供向けの物語の語り口とは全く違うんだ。とてもオリジナルな作品だよ。この気の狂った俳優の正体を暴く絶好の機会さ」と語ったようだ。彼は、出演が決まってから初めて原作を読んだらしい。
ジェニファー・ガーナーは、22日ラスヴェガスで開幕するShoWest 2004で、「明日の女性スター」(female star of tomorrow)として表彰されるようだ。
ロバート・ウェイド(Robert Wade)とニール・パーヴィス(Neal Purvis)は、007シリーズ第21作の脚本執筆をスタートさせたようだ。「2週間前に書き始めた。僕らの知る限り、ピアース・ブロスナンがボンド役だ」とパーヴィスは語ったらしい。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")に出演するジェイソン・ベアは「脚本を読んで、日本で撮影することが分かった。僕は以前から日本の文化や歴史に魅了されてきたし、ずっと日本に行きたかったんだ。それから『呪怨』(2002年)を観て、他と全く違うとてもユニークな映画だということが分かって、是非出演したいと思ったんだ」と語ったようだ。
「DVDのディスク破損に備えたバックアップ作成まで認めないのは消費者の権利の侵害」と主張する米321 Studiosは、18日に抗議集会を開くよう呼びかけているらしい。 [☆「ディスク破損に備えたバックアップ作成」のためにDVDコピーソフトを買う人がどれだけいるというのでしょうか?]
「スカーフェイス」("Scarface",1983年)が、USA Networkで計4時間のミニドラマシリーズ化されるらしい。監督、主演は未定で、来年放送予定とか。
新シリーズ"CSI: New York"で、「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)や「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")に出演しているヴァネッサ・フェリト(Vanessa Ferlito)の主演が決まった模様。
ジェイソン・ステイサム主演による新作スパイ・アクション"Semper Occultus"で、ジェニファー・アニストンが悪役候補に挙がっているらしい。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演による「チョコレート工場の秘密」("Charlie and the Chocolate Factory")の撮影は、Nestleの本物のチョコレート工場で行われるらしい。
「ロッキー5/最後のドラマ」("Rocky V",1990年)に出演した元へビー級ボクサー、トミー・モリソン(Tommy Morrison)の伝記映画が製作されるらしい。シルヴェスタ・スタローンやミッキー・ロークが興味を示しているとか。
  3/11
岩井俊二監督「花とアリス」の試写会が10日、舞台となった埼玉県の大宮開成高校で行われ、鈴木杏、蒼井優らが出席したようだ。
「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")プロモーションのためソフィア・コッポラ監督が来日、10日都内で記者会見を行ったようだ。
来年3月開幕の愛知万博「愛・地球博」会場で、「サツキとメイの家」の模型のお披露目が行われ、三鷹の森ジブリ美術館の宮崎吾朗館長らが出席したようだ。
ウォルト・ディズニーの娘ダイアン・ディズニー・ミラーも、マイケル・アイズナーCEOは辞任すべきだ、と発言したらしい。
キム・ソヨンは、総制作費100億ウォンの韓中合作ドラマ「飛天舞」のヒロイン役へのオファーを断ったらしい。
キム・ハヌル、カン・ドウォン共演のコメディ「彼女を信じないでください」の日本公開が決まった模様。ハピネット・ピクチャーズが10万ドルで上映権を獲得したようだ。
13日ソウル市内で行われるケイト・ボスワース主演のロマンチック・コメディ"Win A Date With Tad Hamilton!"の試写会で、会場から選ばれた一人に、人気歌手チェヨンとのデートがプレゼントされるらしい。
ジョニー・トー監督、リッチー・レン、ケリー・チャン、ニック・チャン共演の超大作「大事件」の撮影が進行中の模様。今年夏に公開予定とか。
番組放映権をめぐって対立していた、米メディア大手のViacomと衛星放送大手のEchoStar Communicationsの交渉契約が11日、まとまったようだ。これを受け、中止されていた全米16都市でのCBSの番組放映が再開されるほか、MTV、Nickelodeon、Comedy Centralの放送も再開される模様。
薬物やアルコール依存の落とし穴を描く作品を表彰する第8回プリズム賞(Prism Awards)のノミネーションが10日発表され、映画部門では「サーティーン」("thirteen")が作品賞、俳優賞(ホリー・ハンター、エヴァン・レイチェル・ウッド、ニッキー・リード)などにノミネートされたほか、「21グラム」("21 Grams")のベニチオ・デル・トロ、"Wonderland"のディラン・マクダーモットらが候補に挙がったらしい。
アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は10日、シネクエスト・サンノゼ映画祭(Cinequest San Jose Film Festival)でマーヴェリック・スピリット賞(Maverick Spirit Award)を受賞したようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の大ヒットを受けて、米CBSは10日、2000年5月に放送されたミニシリーズ"Jesus"を今月末に放送すると発表したようだ。ただし、全4時間のドラマの内、後半の第2部のみ放送するらしい。ジェレミー・シスト、ジャクリーン・ビセット、ゲイリー・オールドマン、デブラ・メッシングらが共演しているとか。
昨年、公演中にホワイトタイガーに噛まれ重傷を負っていた「ジークフリート&ロイ」のロイ・ホーンは「僕はほとんど死にかけたが、ずっと良くなった。クリストファー・リーヴと同じトレイナーと共に、毎日9時間のリハビリに励んでいる」と語ったようだ。
米ABCのスパイアクション・シリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)に主演するジェニファー・ガーナーが、米中央情報局(CIA)の新人リクルートビデオに出演したようだ。出演料は無料で、CIAの広報担当者は「彼女は愛国心から出演した」と言っているらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の興収は、最終的に3億5000万ドルから4億ドルに達すると予想されているようだ。仮に4億ドルの興収を記録した場合、メル・ギブソンは1億ドル以上の利益を手にすることになる模様。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の試写会が9日、ブラジルの首都ブラジリアで行われたようだ。カトリック教の聖職者らと共に招待されたサンパウロ・イスラエル市民会議(Paulista Israelite Congress)の代表を務めるラビのヘンリー・ソベル(Henry Sobel)は「歴史を無視した暴力に満ちた光景です。ユダヤ人は地に飢え、悪意に満ちた人々として描かれていました。愛と情熱という美徳はローマ人にのみ与えられています」と語り、同作品を非難したようだ。
パスクァーレ・スカテューロ(Pasquale Scaturro)ら3人の冒険家が、昨年12月からナイル川をいかだで下る旅を続けているようだ。その模様は、IMAX映画用に撮影されているらしい。
「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity",2002年)の続編"The Bourne Supremacy"に、ジュリア・スタイルズが再び秘書役で出演しているらしい。
7月全米公開予定のウィル・スミス主演"I, Robot"の予告篇が、今週末から米国の一部の劇場で上映されるらしい。
Walden Mediaは、「ナルニア国物語」シリーズ第1作「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化にニコール・キッドマンが出演する、との報道を否定したようだ。
リチャード・ドナー監督は「リーサル・ウェポン5」について「メル(・ギブソン)次第だよ。彼がイエスと言えば、もう1本撮る。いいストーリーがあるんだ。ぜひやりたいし、リーサル・ウェポンを眠らせてあげたい」と語ったようだ。
8月全米公開予定「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")のマスクやアクセサリなどの公式グッズが、今年のハロウィン向けに米Rubies Costume社から発売されるようだ。
米ABCの人気ドラマ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)は5月16日放送で終了、来シーズンからより大きな法律事務所に舞台を移したスピンオフが放送されるらしい。ジェイムズ・スペイダー、ジェシカ・キャプショウらが出演するようだ。
6月より全米公開となる実写映画版「ガーフィールド」("Garfield")が小説化され、5月に出版されるようだ。
ジョニー・デップは耳の感染症のため飛行機に乗ることができず、ニューヨークで開催された"Secret Window"のプレミアに出席できなかったようだ。元々ロサンゼルス行われる予定だったものの、フランスからより近くデップへの負担が少ないようにと映画会社が開催地を変更していたらしい。
リンゼイ・ローハンは、コリン・ファレルに電話番号を渡して「電話して」と言ったらしい。コリンから「ところで君、幾つ?」と聞かれ、17歳だと答えるとコリンは「ありがとう。1年以内には電話するよ」と答えたとか。
ドリュー・バリモアはランジェリー店Victoria's Secretで、エッチなポーズの写真をカメラ付き携帯で撮って、恋人のファブリツィオ・モレッティに送信していたらしい。誕生日にカメラ付き携帯を貰ったようだ。
新作"Taking Lives"で連続殺人犯を追うFBI捜査官を演じるため、アンジェリーナ・ジョリーは法医学の専門家と数週間を過ごしたらしい。そこで知ったある事件について「彼は女性の足を切り落として、ガレージの冷蔵庫に保管していたの。彼には妻と二人の子供もいたのよ。写真を見たけどごく普通のお隣さんだったわ。現実の世の中は映画より醜いの。だから、どんなに血まみれで恐ろしいシーンでも私達は気にしなかった」と語ったようだ。
ナオミ・ワッツは「私は両親が離婚しているので結婚には懐疑的だったけど、ニコール(・キッドマン)の身に起こったことが、さらにそれをひどくした」と語ったようだ。
「マドンナのスーザンを探して」("Desperately Seeking Susan",1985年)がリメイクされるらしい。シャーロット・チャーチが主演するようだ。今年後半にバンクーヴァーで撮影が始まる模様。
「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")プロモーションのため来日したソフィア・コッポラ監督は「架空のブランドは使いたくなかった。父(フランシス・フォード・コッポラ)と黒澤明監督がサントリーのCMで共演したので、ぜひサントリーにしたかった」と語ったようだ。
USA Networkの新作SFドラマシリーズ"The 4400"で、ピーター・コヨーテ、ジョエル・グレッチ(Joel Gretsch)、ジャクリーン・マッケンジー、マイケル・モリアーティが共演するらしい。来週からヴァンクーヴァーで制作が開始されるようだ。
「フェイス/オフ」("Face/Off",1997年)を手掛けたマイク・ワーブ(Mike Werb)とマイケル・コレアリー(Michael Colleary)は、「ペット・セメタリー」("Pet Sematary",1989年)のリメイクの脚本を担当するらしい。
ジェニファー・アニストンはColumbia Picturesの新作"Diary"に出演する模様。日記を盗まれた主婦が・・・という話らしい。
Dark Castle Entertainmentによる「肉の蝋人形」("House of Wax",1953年)のリメイクで、パリス・ヒルトンが出演に向けて最終交渉に入った模様。
ノーム・ムーロ(Noam Murro)の降板が決まったハリウッド・リメイク版"The Ring 2"の監督は、オリジナル版「リング」(1998年)を手掛けた中田秀夫が交渉中らしい。
アンドリュー・ウォラー(Andrew Waller)が監督か?とお伝えした、ミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)主演によるWalt Disneyの新作コメディ"Ice Princess"は、"I Capture the Castle"(2003年)を手掛けたティム・フィウェル(Tim Fywell)が監督を務めるようだ。今春撮影が始まるらしい。
「The Juon / 呪怨」("The Grudge")撮影中の清水崇監督は「『呪怨』(2002年)の後、本当にやりたいことはたくさんありました。最初に依頼を受けたとき、リメイクする意味は無いと思っていました。でも、サム・ライミや他のプロデューサー達は、こんなホラーはアメリカには無いし、ぜひ私のテイストをアメリカに紹介したいと言ってくれました。それで、私は引き受けることにしたのです」と語ったようだ。
テリー・ギリアム監督の新作"The Brothers Grimm"に出演したヒース・レジャーは「テリーは『クソっ、クソったれ。みんな、ようこそ。テリー・ギリアム初の大ヒットへ』って言ってたよ。("Don Quixote"の失敗で映画を撮るのが難しくなっていたから)彼には大きな予算の映画が必要だったんだ。8000万ドルの製作費は彼の作品でも最高額だ。彼がヒットする映画を撮る唯一の理由は、あまり儲からない映画を3本撮りたいからなんだ」と語ったようだ。
高校生の時に手話の自動翻訳機を発明した天才少年ライアン・パターソン(Ryan Patterson)の実話を基にした映画"Electric Boy Genius"が製作されるようだ。「ツイン・ピークス」("Twin Peaks",1990-1991年)の共同クリエイター、マーク・フォレスト(Mark Frost)が脚本を担当するらしい。
MTV FilmsとMaverick Filmsは、今年出版されるステファニー・メイヤー(Stephanie Meyer)の小説"Twilight"の映画化権を獲得したようだ。
ベティ・デイヴス主演で映画化もされている1939年の舞台劇「晩餐に来た男」("The Man Who Came to Dinner")が、DreamWorksよって再び映画化される模様。サラ・ジェシカ・パーカーが出演交渉中らしい。
米HBOの人気ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)の新シーズンが7日スタート、平均視聴者数1210万人を記録したようだ。
「モンスター」("Monster")でアカデミー賞主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロンは8日、故郷南アフリカの政府迎賓館でターボ・ムベキ大統領と会見、金の入った岩を記念品として受け取ったようだ。
  3/12
深作欣二、深作健太監督「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」(2003年)が、来月2日から韓国で公開されるらしい。11日都内で、韓国のマスコミを招いた記者会見が行われ、深作健太、藤原竜也らが出席したようだ。
黒沢清監督作品の回顧展がソウルで開催中のようだ。韓国を訪れている黒沢監督は10日、パク・キヒョンとの公開会談を行ったらしい。
チャン・ドンゴンのファンクラブ「アドニス・ジャパン」は、1000万ウォンを「太極旗を翻して」の製作陣に寄託したらしい。今月20日にソウル市内で開催される「太極旗を翻して1000万突破記念特別上映式」で、ロケ地となった陜川郡に寄付されるようだ。
チャン・ヒョンス監督、チェ・ジウ、イ・ビョンホン、キム・ヒョジン共演の新作「誰にでも秘密がある」に、「気まぐれな唇」のチュ・サンミが出演するようだ。
カン・ジェギュ監督「太極旗を翻して」の字幕入り上映が15日からソウル市内の劇場で行われるようだ。聴覚障害者向けのもので「デジタル字幕システム」を使用しているらしい。
"Starsky & Hutch"のロンドン・プレミアが11日開催され、主演のオーウェン・ウィルソン、ベン・スティラーのほか、「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)のポール・マイケル・グレイザー、デヴィッド・ソウル、アントニオ・ファーガスも参加したらしい。
マディソン・スクエア・ガーデンでの舞台劇に基づく映画"A Christmas Carol"で、ケルシー・グラマー、ジェイソン・アレクサンダー、ジェシー・L・マーティン(Jesse L. Martin)が共演するらしい。ブロードウェイ舞台"Six Dance Lessons in Six Weeks"のアーサー・アラン・シーデルマン(Arthur Allan Seidelman)が監督を務め、6月からブタペストで撮影が行われる模様。
イサベラ・ロッセリーニは、アーシュラ・K・ル・グィンの小説に基づく米Sci Fi Channelのミニ・シリーズ"Earthsea"に出演するようだ。
ジェイン・クラコウスキーは、米CBSのコメディ・パイロット"Taste"への出演に向けて交渉中らしい。
Universal Picturesは、テイラー・ハックフォード監督、ジェイミー・フォックス主演"Unchain My Heart: The Ray Charles Story"の海外配給権を獲得したようだ。
Universal Picturesは、ラッセル・クロウが実在のボクサーを演じる、ロン・ハワード監督"Cinderella Man"の公開を、当初予定していた今年12月から、来年3月18日に延期すると発表した模様。マーケティング・キャンペーンに時間が必要との判断のようだ。
デヴィッド・バーク監督、モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、LL・クール・J、ジャスティン・ティンバーレイク共演の新作"Edison"に、パイパー・ペラーボの出演が決まったようだ。
米CBSの人気ドラマ"Joan of Arcadia"(2003年-)に出演するアンバー・タンブリン(Amber Tamblyn)は、ベストセラー小説を映画化するケン・クワピス(Ken Kwapis)監督の新作"Sisterhood of the Traveling Pants"に主演することが決まったようだ。
キャサリン・ハードウィック監督、ヒース・レジャー、エミール・ハーシュ主演の"Lords of Dogtown"に、ジェレミー・レナーの参加が決まったようだ。
Sony Pictures傘下のScreen Gems製作による新作スリラー"Prime Evil"で、モリス・チェスナット、エディ・シブリアン(Eddie Cibrian)、コール・ハウザーが共演する模様。来月から東欧で撮影が始まるようだ。
バーブラ・ストライサンドは、ベン・スティラー主演による「ミート・ザ・ペアレンツ」("Meet the Parents",2000年)の続編"Meet the Fockers"への出演に向けた最終交渉に入ったようだ。
米CATV局のA&E Networkは、Southwest Airlinesの乗客やスタッフたちをカメラが追うリアリティ番組"Airline"のセカンド・シーズン制作を発表したようだ。
「幸せになるためのイタリア語講座」("Italian for Beginners",2002年)のロネ・シェルフィグ(Lone Scherfig)監督の新作"Wilbur Wants to Kill Himself"が12日からニューヨークで公開されるようだ。元々デンマーク語で書かれた企画だったものの、共同出資元がスコットランドであったことや、より多くの観客に観てもらえることから、グラスゴーを舞台にした英語作品となったらしい。
全米週末公開作品では、ジョニー・デップ主演のスリラー"Secret Window"、フランキー・ムニッズ主演のシリーズ第2弾"Agent Cody Banks 2: Destination London"、ヴァル・キルマー主演のサスペンス"Spartan"などの公開がスタートするものの、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の週末興収は3200万ドルから3600万ドルに達し、トップの座を維持すると予想されているようだ。
「グリンチ」("Dr. Seuss' How the Grinch Stole Christmas!",1999年)、「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' Cat in the Hat",2003年)などの映画化作品でも知られる児童書作家ドクター・スース(Dr. Seuss)の星型が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。生誕百周年と来週発売の「ハットしてキャット」のDVDのプロモーションも兼ねた式典が11日行われ、1991年に亡くなっているドクター・スースに代わって、未亡人のオードリー・ゲイゼル(Audrey Geisel)が出席したらしい。
先月終了した人気TVドラマシリーズ"Sex and the City"(1998-2004年)で使用されていた衣装が11日、ニューヨークの委託販売店で売りに出され、数百人の女性が列を作ったらしい。
メキシコでの上映がようやく許可されたマーティン・スコセッシ監督「最後の誘惑」("The Last Temptation of Christ",1988年)は、12日からメキシコ・シティで公開される模様。配給会社は「この芸術作品の上映により、メキシコの人々は自ら判断し、自らの結論を引き出すことが出来る」と言っているようだ。
3人の米国の政治顧問がモスクワに乗り込んで1996年のエリツィン大統領再選を実現させた・・・というストーリーの、ジェフ・ゴールドブラム主演"Spinning Boris"について、ロシアの元クレムリンの顧問は「ジュラシック・パーク」("Jurassic Park",1993年)の方がはるかに現実的だ、と言っているらしい。それに対し実在の政治顧問を演じたゴールドブラムは「ロシアでは、いまだにそれを否定しようとする党派がある。だが、ドラマには真実で無い部分も常にある」と語ったようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of Christ")は、ポーランドでも大ヒットを記録している模様。フィルム1本当たりの観客数では「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」の記録を上回ったらしい。配給会社も「こんなにヒットするとは思わなかった」と驚いているとか。
マチュー・カソヴィッツは、以前アーノルド・シュワルツェネッガーが興味を示していた、リチャード・マシソン(Richard Matheson)のベストセラー小説に基づくSF作品"I Am Legend"で監督を務めるようだ。また、「ゴシカ」("Gothika")のTVシリーズ化も検討中とか。
アントワン・フークア監督「キング・アーサー」("King Arthur")に、3ヶ月のフィジカル・トレーニングを積んで出演したキーラ・ナイトレイは「自分の姿をフィルムで観たんだけど、私は大きくなってるの。しっかりとした筋肉も見える。まるで自分でないみたいでパニックになったわ。体の線がまるで違っているんですもの」と語ったようだ。
クリストファー・ノーラン監督"Batman Begins"に主演するクリスチャン・ベイルは、撮影初日にバットスーツを着ようとしたところ、きつすぎて破いてしまったらしい。
Darclight Filmsは、有名な英国の叙事詩に基づく映画"Beowulf"をスコット・スピードマンの主演で製作すると発表した模様。アイスランド出身のストゥーラ・ガンナーソン(Sturla Gunnarsson)が監督を務めるようだ。プロデューサーはショーン・コネリーの共演を希望しているとか。
グウィネス・パルトロウは「この2年間は、実質的に映画からの報酬は受け取っていないの。(ジュード・ロウ共演の新作SF)"The World of Tomorrow"でも出演料はもらっていないわ」と語ったようだ。 [☆なぜ?]
マーティン・スコセッシ監督の新作"The Aviator"に出演するグウェン・ステファニーは、主演のレオナルド・ディカプリオから演技のレッスンを受けているらしい。
キーラ・ナイトレイはアシスタントを付けることを拒否しているらしい。「もしアシスタントを付けたら、私の成長は18で止まると思う。世界で一番の怠け者になって、何もしなくなるでしょうね」と語ったようだ。
11日放送のフジテレビ「白い巨塔」の平均視聴率は番組最高の27.6%に達した模様。
「クジラの島の少女」("Whale Rider")のニキ・カーロ監督次回作"Class Action"で、シャーリーズ・セロンの主演が決定した模様。
Tecmoの人気ビデオゲーム"Dead or Alive"が、コーリー・ユンの監督で映画化されるらしい。「沈黙の戦艦」("Under Siege",1992年)や「プリティ・ウーマン」("Pretty Woman",1990年)を手掛けたJ・F・ロートン(J.F. Lawton)が脚本を担当する模様。
「エピソードIII」の追加撮影が8月に行われる模様。
Platinum Studiosは、マイアット・マーフィ(Myatt Murphy)のコミック"Two Over Ten"に基づく実写映画"Unleashed"を製作するようだ、
"Agent Cody Banks 2: Destination London"で監督を務めたケヴィン・アレン(Kevin Allen)は、冒頭とクライマックスのシーンについてスタジオの重役と意見が対立、クライマックスについては彼の意見が通ったものの、冒頭シーンについては妥協させられたらしい。「冒頭では一刻も早くアメリカから出て行かせたかったが、前置きが多すぎる。3分は余分にアメリカにいるよ」と語ったようだ。
トミー・オヘイヴァー(Tommy O'Haver)監督、アン・ハサウェイ主演の新作コメディ・ファンタジー"Ella Enchanted"に出演したケアリー・エルウェスは「『オズの魔法使い』("The Wizard of Oz",1939年)と『プリンセス・ブライド・ストーリー』("The Princess Bride",1987年)を足して、『ハリー・ポッター』と『シュレック』("Shrek",2002年)を少し加えたような作品だよ。あらゆる要素がつまっているんだ」と語ったようだ。
「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")で監督を務めたザック・スナイダー(Zack Snyder)は「R指定を得るために、4、5回は米映画協会(Motion Picture Association of America)に通ったよ。結局(幾つかのシーンを)カットすることになったが」と語ったようだ。DVDでは削除シーンが復活する予定とか。
TV番組のインタビューに答えたベン・アフレックは、主演最新作"Jersey Girl"へのジェニファー・ロペスとの破局の影響について「そういうタブロイド的見方は止めて欲しい。ケヴィン(・スミス監督)の最高傑作だと思うし、僕自身にとってもそうだから」と語ったようだ。
ニューヨークのマイケル・ブルームバーグ市長が、米NBCの人気TVドラマ"Law & Order"(1990年-)に市長役で出演したらしい。
米Hagerty Insurance社は映画やTVドラマに登場する自動車の人気投票を実施、1位には「爆発!デューク」("The Dukes of Hazzard",1979-1985年)に登場する1969年型Dodge Charger「ジェネラル・リー」(General Lee)が選ばれたらしい。Hagerty社の社長は「バットモービルか『私立探偵マグナム』("Magnum P.I.",1980-1988年)でトム・セレックが乗っていたフェラーリが選ばれると思っていたので驚いた」と語ったとか。2位には「ブリット」("Bullitt",1968年)でスティーヴ・マックイーンが運転した1968年型Mustang、3位には「バニシング IN 60"」("Gone in 60 Seconds",1974年)の1967年型Shelby GT500が選ばれたようだ。
スティーヴン・ダルドリー監督の次回作は、1996年に起こったエベレストでの遭難事故を描く"Everest"になる模様。
  3/13
「アート・オブ・スター・ウォーズ展」が、7月3日から福島県立美術館と同県立博物館で開催されるらしい。美術館では「エピソードIV〜VI」、博物館では「エピソードI、II」を中心に、コスチュームや舞台装置、小道具など400点が展示されるらしい。
政府の知的財産戦略本部による「コンテンツビジネス振興政策」の最終案がまとまったようだ。CGなどの技術者を養成する「映像産業振興機関」の設立に向けた財政支援なども盛り込まれているらしい。
ディズニーアニメ「ブラザー・ベア」("Brother Bear")が13日初日を迎え、日本語吹替え版を担当した東山紀之と、主題歌を歌う天童よしみが舞台挨拶に立ったようだ。
紀里谷和明監督「CASSHARN」の主題歌となる、宇多田ヒカルのニューシングル「誰かの願いが叶うころ」が来月21日発売されるようだ。定価660円とか。
崔洋一監督「クイール」の試写会が12日都内で行われ、モーニング娘。の高橋愛、紺野あさ美、小川麻琴、新垣里沙が出席したようだ。
キム・ジョンファ、ヨン・ジョンフンらが共演するKBS第2テレビ「白雪姫」が15日スタートするようだ。
新作コメディ「我要做MODEL」のの撮影開始セレモニーが11日香港で行われ、カリーナ・ラム、ロナルド・チェン、ケニー・ビーらが出席したようだ。
大阪市は12日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社に対し、2004年度当初予算案に計上した30億円の貸し付けに加え、さらに20億円を融資する方針を明らかにしたようだ。
クイーンのヒット曲を散りばめた、ロンドンで大ヒットしたミュージカル"We Will Rock You"が、ラスヴェガスのParis Hotel & Casinoで9月から上演されることが決まったようだ。
米映画館チェーンのCinemark社は、投資会社Madison Dearborn Partnersと合併することで合意した模様。
「GO!GO!ガジェット」("Inspector Gadget",1999年)とその続編で実写映画化もされたTVアニメシリーズ"Inspector Gadget"(1983-1985年)が長編アニメ化され、来年DVDで発売されるようだ。
米化粧品メーカーのElizabeth Arden社は、ブリトニー・スピアーズがプロデュースする化粧品の開発・販売を行うことで合意したようだ。
ジャネット・ジャクソンは、米ABCで31日放送の"Good Morning America"に出演、生ライブを行うようだ。
007シリーズ「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)に登場した、ハル・ベリー演じる"ジンクス"のスピンオフ企画が中止になったことについて、脚本家のニール・パーヴィス(Neal Purvis)は「我々はその企画についてスティーヴン・フリアーズ監督と2ヶ月間を費やして、スタジオに持ち込んだ。ハル・ベリーも監督もプロデューサーも我々も、みんなハッピーだった。でもスタジオは作りたがらなかった。8000万から9000万ドルの製作費が必要だし。『チャーリーズ・エンジェル』も『トゥームレイダー』もあまり上手く行ってなかったから、リスクを避けたんだ」と語ったようだ。
リンゼイ・ローハン(17)がロサンゼルスのナイトクラブで行われた友人の誕生日パーティに出席していた時、ストーカーらしき男性が中に入ろうとしたらしい。ドアマンが阻止したものの、その男は「未成年が酒を飲んでる」と警察に通報、結局ノンアルコールのRed Bullを飲んでいた彼女を見つけた警官は、接近禁止命令を得るよう彼女にアドバイスしたとか。
英国で撮影中の"The Libertine"に出演しているジョニー・デップは、その日の撮影終了後エキストラ達と共に近くの現場近くのバーを訪れ、みんなと酒を楽しんだ後、バーにいた全員の勘定を払ったらしい。
スカーレット・ヨハンソンはニキビに悩まされているらしい。彼女の友人は「スカーレットは外見を気にする人じゃないけど、強いスポットライトで自分のニキビが強調されているのを知って、いろんなクリームやコンシーラーを試していたわ」と語ったようだ。
オーランド・ブルームは子供の頃、太っていていじめられたらしい。「僕はデブだった。ビスケットやチョコレートバーを食べまくっていたんだ。それに(失読症で)綴りができなかったことでもいじめられたんだ」と語ったようだ。 [☆信じられません・・・]
緒方明監督「いつか読書する日」の製作発表が12日長崎市内で行われ、田中裕子らが出席したようだ。
"Sky Captain and the World of Tomorrow"に出演したアンジェリーナ・ジョリーは「CGIや特殊効果を使った映画はたくさんあるけれど、この作品のコンセプトは、その全てのテクノロジーを投入したら、どれだけファンタスティックな作品を作れるか?ということなの。私達はそれをやり遂げたわ。だから、とってもワクワクしている」と語ったようだ。
「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")に出演したサラ・ポーリーは「『血を吸うカメラ』("Peeping Tom",1960年)みたいな映画が好き。オリジナル(ジョージ・A・ロメロ監督『ゾンビ』(1978年))はお気に入りだった」と語ったようだ。また、共演のマカーイ・ファイファーは「『オーメン』("The Omen",1976年)や『ポスターガイスト』("Poltergeist",1982年)のような子供の頃に見た作品が目に焼きついている。でも、ほとんどのホラーはB級映画だから、あまり好きじゃない。ゾッとする演技、バカげた状況、ハダカで走り回る女性、みんなナンセンスだよ。僕らの作品はいい俳優が揃った性格劇だから、とても気に入っている」と語ったらしい。
"J.M. Barrie's Neverland"にピーターパン役で出演するケリー・マクドナルドは「劇中劇に登場する役なの。ジョニー・デップとケイト・ウィンスレットの映画だから、プレッシャーは無かったわ。おかしな衣装を着て、みんなが「おぉ」と言っている間、ステージを飛び回っていたの」と語ったようだ。
Entertainment Weekly誌は、最高に面白いアメリカ人25人を発表、1位にクリス・ロック、2位にジョン・スチュワート、3位にウィル・フェレルが選ばれ、以下、ラリー・デヴィッド、デイヴ・シャペル、エレン・デジェネレス、ビル・マーレイ、ジム・キャリー、ジャック・ブラックと続いたようだ。
ヴァチカンのラニエロ・カンタラメッサ(Raniero Cantalamessa)神父は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について「当時やその後の世代のユダヤ人全てにキリストの死の責任があると信じさせようとしているのなら、批判されるべき作品だ。だが、当時の影響力を持った特定のユダヤ人たちがその決定を下したことを描いているだけならば、事実を描くことを非難はできない」と語ったようだ。
  3/14
崔洋一監督「クイール」が13日初日を迎え、椎名桔平、黒谷友香らと共にクイール役のラフィーも舞台挨拶に立ったようだ。
望月六郎監督「かまち」の舞台挨拶が13日都内劇場で行われ、主演したLeadの4人が出席したようだ。
岩井俊二監督「花とアリス」が13日初日を迎え、鈴木杏、蒼井優らが舞台挨拶に立ったようだ。
石井隆監督「花と蛇」が13日初日を迎え、杉本彩らが舞台挨拶に立ったようだ。
韓国で公開中のカン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)が公開39日目の14日、観客動員数1000万人を記録したようだ。
ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(Brussels International Festival of Fantastic Film)で13日、今年17回目となるボディペインティングのコンテストが行われたようだ。
National Trust of Australiaは14日、ラッセル・クロウとニコール・キッドマンをオーストラリアの人間国宝として認定したようだ。
「マーサの幸せレシピ」("Bella Martha",2001年)などに出演しているセルジオ・カステリットが監督を務め、ペネロペ・クルスが主演した新作"Non Ti Muovere"("Don't Move")が12日、イタリアで初日を迎えたようだ。早くも、次のアカデミー賞外国語映画賞候補の声も挙がっているとか。
ヒラリー・ダフのプロデュースによる、ティーンや若い女性向けのファッション・ライン"Stuff by Hilary Duff"の、米大型スーパーZellersでの販売がスタートしたようだ。
ベン・アフレックは、破局したジェニファー・ロペスとの関係について「悲しくて不思議なことが、僕らの間に起こった。破局の原因なんて一つも無かったのに、深刻な問題に気付いた時はもう遅かった。僕らは世間の注目の外にいるべきだったんだ」と語ったようだ。
ケイト・ウィンスレットは「(夫のサム・メンデス監督と)何かいっしょに仕事をするつもりよ。まだ、何も具体的にはなっていないけど。去年、私が妊娠していた時は、サムがオフを取ってくれたので、素晴らしい時間を過ごすことができたわ」と語ったようだ。
新作"Sahara"の撮影のためモロッコを訪れているペネロペ・クルスは、炎天下の撮影で倒れてしまったらしい。トム・クルーズがすぐにお見舞いに飛んできたとか。
「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)に出演したジリアン・アンダーソンは「バカげたシーンの撮影がたくさんあって、自分のやっていることが信じられなかったわ。あるエピソードで、私は猫アレルギーだからウサギの毛皮でニセモノを作ってもらったんだけど、その猫に襲われるシーンで唇にウサギの毛がくっついてしまって、撮影が止まったこともあったわ」と語ったようだ。
梅津栄がCDデビューするらしい。左卜全の「老人と子供のポルカ」を34年ぶりにカバーしたようだ。
DreamWorksのフルCGアニメ「シュレック2」("Shrek 2")は、史上最多の全米8000スクリーンで公開されるらしい。日本語吹替え版では前作に引き続き濱田雅功、藤原紀香らが参加するほか、竹中直人も声優を務めるようだ。
東京・柴又「寅さん記念館」の来館者が13日、200万人を突破したようだ。
「スパイダーマン2」プロモーションのため、トビー・マグワイアが明日15日に来日するらしい。
ジェリー・ブラッカイマーは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")の続編について、第2作と第3作を同時に撮影する可能性がある、と発言したらしい。
  3/15
米Walt Disneyは、「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch",2002年)のDVDを無断で販売したとして、中国の安徽文化音像出版社に対し製造の差し止めと55万元の損害賠償を求める訴訟を起こしていえたようだ。
矢口真里が感染性腸炎のため11日夜に入院していたらしい。出席予定だった12日の「クイール」特別試写会も欠席したようだ。
梁石日のベストセラー小説を映画化する、崔洋一監督次回作「血と骨」で、ビートたけしと鈴木京香が共演するようだ。
28日のテレビ朝日「日曜洋画劇場」で放映される「パール・ハーバー」("Pearl Harbor",2001年)のアフレコ収録が14日都内で行われ、内山理名らが参加したようだ。
ソニーのデジタルカメラ体験イベントが14日都内で行われ、井筒和幸監督がゲスト参加したようだ。
実験映画作家スタン・ブラッケージ(Stan Brakhage)の作品を特集上映する「ブラッケージ・アイズ2003―2004」が16日からアテネ・フランセ文化センターで開催されるようだ。
「女の一生」(亀井文夫監督,1949年)、「おかあさん」(成瀬巳喜男監督,1952年)、「にごりえ」(今井正監督,1953年)、「氷点」(山本薩夫監督,1966年)、「ひめゆりの塔」(今井正監督,1982年)など数々の名作を手掛けた脚本家水木洋子の業績を讃える「水木洋子シナリオ賞」が創設されるようだ。
キム・ギドク監督作品展が19日からソウル市内の劇場で行われるようだ。「魚と寝る女」「受取人不明」「春夏秋冬・・・そして春」「コースト・ガード」「悪い男」の5作品が25日までの連日上映されるらしい。
イム・グォンテク監督「風の丘を越えて〜西便制」(1993年)を、ミュージシャンの趙博が歌と語りで舞台上に再現する公演が、25日広島市内で行われるようだ。
「スパイダーマン2」プロモーションのためトビー・マグワイアが来日したようだ。恋人のジェニファー・マイヤーも一緒らしい。
ケヴィン・コナリーは、レオナルド・ディカプリオのプロデュースによる新作"Gardener of Eden"で監督デビューするようだ。
フランスの作家Franck Le Calvezが、1995年に出版した児童書"Pierrot Le Poisson Clown"に登場するキャラクタが「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")に盗用されているとして訴訟を起こしていた問題で、パリの裁判所は「色や形が異なり、類似性はない」として訴えを却下したようだ。
米CATV局Showtimeで放送中の大ヒットドラマ"The L Word"(2004年-)に出演、一躍有名になった女優のエリン・ダニエルズ(Erin Daniels)は「以前は顔を知られていなかったので、不思議な感じ。ビキニワックスを買うときに『あなたを知ってるわ!』とか『信じられない!』とか言われてしまうのよ」と語ったようだ・
全米週末興収は「パッション」("The Passion of the Christ")が3160万ドルで3週連続1位を獲得、総興収は2億6400万ドルに達したようだ。一方、ジョニー・デップ主演"Secret Window"は1900万ドルで2位、シリーズ第2作"Agent Cody Banks 2: Destination London"は800万ドルで5位、ヴァル・キルマー主演のサスペンス"Spartan"は203万ドルで10位のスタートとなったらしい。また150万ドルで11位のIMAX-3D映画"NASCAR 3D: The IMAX Experience"は、1館当り2万2000ドルの大ヒットとなった模様。
清水崇監督「The Juon / 呪怨」("The Grudge")のメイキング映像が公開中のようだ。
映画プロデューサーのピーター・バート(Peter Bart)とピーター・ガーバー(Peter Guber)が司会を務める番組"Sunday Morning Shootout"(2003年-)にブレット・ラトナーと共に出演したピアース・ブロスナンは「今の時点で、脚本もアイデアも何も決まっていない」と語ったようだ。
ダグ・ライマン監督の新作スパイスリラー"Mr. and Mrs. Smith"で共演するブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが二人ともインフルエンザでダウン、撮影が何度が中断しているようだ。夫婦役の二人のキスシーンで、お互いに感染させてしまったらしい。
スカーレット・ヨハンソンは「大勢のク*野郎ともデートした。でも彼らは、望む男とそうでない男の基準を明確にしてくれたわ。自分に相応しい人を見極めるためには、沢山の出逢いを経験しなければいけないと思うの」と語ったようだ。
英国文化・メディア・スポーツ省の議長で英国労働党のジェラルド・カウフマン(Gerald Kaufman,)は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について「サディズム、根拠のない暴力、醜さ、血の海、そして何より露骨な反ユダヤ主義。それがこの映画の全てだ。私は、彼(ギブソン)が意図的に公然と反ユダヤ主義を描いたと非難しているわけではない。しかし、この映画のメッセージが反ユダヤ主義であることは疑いようがない」と語ったようだ。
ポール・ベンソン(Paul Benson)とマット・サリヴァン(Matt Sullivan)は、「ラッシュアワー」("Rush Hour",1998年)や「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1",2003年)などの作品をネタにした、タイトル未定のパロディ映画の脚本を執筆するらしい。
ポール・マクギガン監督の次回作は、Working TitleとUniversal Picturesによる"Fortune's Fools"に決まったようだ。麻薬の売人から当選した宝くじを盗み出す警官の話らしい。撮影は、今夏からロサンゼルスで行われる模様。
Working Titleは、ロンドンのミレニアム・ドームを舞台に5億ドルのダイヤモンドを狙う宝石泥棒を描くデヴィッド・ローガン(David Logan)の脚本"The Rip"を映画化するようだ。
New Lineは「ランナウェイ」("Money Talks",1997年)の続編製作をスタートさせた模様。前作に引き続きブレット・ラトナーが監督、クリス・タッカー、チャーリー・シーンが主演を務めるようだ。
ラッセ・ハルストレム監督監督の次回作"Casanova"で、ヒース・レジャーの主演が決定した模様。8月からヴェニスで撮影が始まるようだ。
ジャン=フランソワ・リシェ(Jean-Francois Richet)監督による「ジョン・カーペンターの要塞警察」("Assault on Precinct 13",1976年)のリメイクで、ガブリエル・バーンとブライアン・デネヒーの出演が決まったようだ。
サンドラ・ブロック主演「デンジャラス・ビューティー」("Miss Congeniality",2000年)の続編に、レジーナ・キングの出演が決まった模様。来月からロサンゼルスで撮影が始まるようだ。
米Comedy Centralのドラマ・シリーズ"Strangers with Candy"(1999-2000年)の映画化で、マシュー・ブロデリックとサラ・ジェシカ・パーカーが共演するらしい。
サム・ライミ監督「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")にブルース・キャンベルがカメオ出演するらしい。
バンダイビジュアル株式会社は15日、11日発売の北野武監督「座頭市」のDVDの売上が18万枚を突破した、と発表したようだ。
  3/16
イ・スヨン監督「4人の食卓」プロモーションのため主演のチョン・ジヒョンが来日、15日都内で記者会見を行ったようだ。
ウルトラマン・ショーなどのイベントを手掛ける「東芸エンタテイメンツ」が3年間で約4億8000万円の所得を隠し、法人税約1億4000万円を脱税していたとして、東京国税局は同社とその経営者を東京地検に告発したらしい。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)の観客動員1000万人突破を記念したイベントが20日開催される予定だったものの、主催する配給会社は16日「激しい交通渋滞を招く恐れがある」として中止を決めたようだ。
フランスで開催された第6回ドーヴィル・アジア映画祭(Deauville Asian Film Festival)で、イム・サンス監督、ムン・ソリ主演の「浮気をした家族」がグランプリを獲得したようだ。
中国の独自技術による次世代DVD規格「EVD(Enhanced Versatile Disk)」の技術を用いた映画上映が、19日から中国のデジタル映画館で行われるようだ。ホラー映画「十月驚情」が各映画館にデジタル配信され、上映されるらしい。
米HBOは来月予定していた、オリヴァー・ストーン監督によるカストロ国家評議会議長のドキュメンタリ番組"Comandante"の放送に代えて、ストーン監督が昨年5月に行ったカストロ議長とのインタビュー映像に基づくべつのドキュメンタリー"Looking for Fidel"を放送することを決めたようだ。
Guns N' Rosesのベストアルバム発売を巡って争われていた裁判で、ロサンゼルス連邦地裁は15日、Geffen Records側に発売を認める判決を下したようだ。アルバムは23日に発売されるらしい。
第19回ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)の記念式典が15日ニューヨークで開催され、プリンス、ジョージ・ハリスン、ZZトップ、ジャクソン・ブラウンらが殿堂入りを果たしたようだ。
北米を除く海外週末興収は、21カ国で上映中のジェニファー・アニストン、ベン・スティラー共演のコメディ"Along Came Polly"が1230万ドルでトップとなったようだ。一方「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")は前週比11%アップの1070万ドルを記録、北米を除く総興収は6億9560万ドル、北米を含めて11億ドルに達した模様。
シルヴェスタ・スタローンらがプロデュースする、米NBCの新人ボクサー発掘番組"The Contender"に、元世界チャンピオンのシュガー・レイ・レナード(Sugar Ray Leonard)がアドバイザーとして出演することが決まったようだ。
ソーラ・バーチ、ジェナ・マローン、マーラ・ソコロフ、アンナ・ファリスらの共演が決まっている、リチャード・ゼルニカー(Richard Zelniker)監督のロックンロール映画"Vinyl"の男性キャストに、シェイン・ウェストとルーカス・ハースが決まったようだ。撮影は来月始まる模様。
チャーリー・シーン、デニース・リチャーズ夫妻に9日、第1子となる女の子が誕生したようだ。サム・シーン(Sam Sheen)と名付けられたらしい。
「わが谷は緑なりき」("How Green Was My Valley",1941年)、「三十四丁目の奇跡」("Miracle on 34th Street",1947年)、「100万ドルの血斗」("Big Jake",1971年)などの作品で知られる女優モーリン・オハラ(Maureen O'Hara)の自伝"'Tis Herself"が間もなく出版されるようだ。ヒチコック監督「レベッカ」("Rebecca",1940年)で当初主演候補に挙がっていたものの、「ノートルダムのせむし男」("The Hunchback of Notre Dame",1939年)撮影のため断らざるを得なかったことなど、ハリウッドの様々な逸話が語られているらしい。
英国のスーパーに勤めるクライヴ・ウッドオール(Clive Woodall)が11年前に執筆したおとぎ話"One for Sorrow: Two for Joy"が、30以上の出版社からの拒絶を経て、先日出版されたようだ。Walt Disneyが100万ドルで映画化権を獲得したらしい。
New Line Cinemaは、8月全米公開予定だったウェズリー・スナイプス主演のシリーズ第3弾"Blade: Trinity"の公開を、12月に延期したようだ。
1950年代から60年代のマンチェスターを舞台にユダヤ人少年の成長を描く、マーク・ブロゼル(Mark Brozel)の映画監督デビュー作"Manchester United Ruined My Life"で、アラン・リックマン、デレク・ジャコビ、ジェイソン・アイザックス、ジャネット・マクティア、ヘンリー・グッドマンが共演する模様。
「ペット・セメタリー」("Pet Sematary",1989年)のリメイクで、ジョージ・クルーニーが主演候補に挙がっているらしい。
新作"Secret Window"に主演したジョニー・デップ、今度はBeach Boysのブライアン・ウィルソンを役作りの参考にしたとか。「単独で作曲活動に専念していたころの彼の逸話や伝説を思い出したんだ。彼は家から一歩も出ず、リビングに砂を敷いて、その上にピアノを置いて、素晴らしい曲を生み出した。それこそ僕が求めていたレベルの孤立感だったんだ」と語ったようだ。
D・J・カルーソー監督の新作"Taking Lives"に出演したオリヴィエ・マルティネスが、共演したアンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホークらとバスケットボールの試合を観戦した際、ジョリーとデートしているかのような写真を撮られたとして、マルティネスが激怒しているらしい。
ポルノ映画監督のジェイムズ・ディジョルジオ(James DiGiorgio)は反ポルノ団体による公共広告に出演「これは子供向けのものではありません。酒やタバコが子供のためのものでは無いように。我々は、子供たちを守るために対策を講じる必要があります」と訴えたらしい。
"Eternal Sunshine of the Spotless Mind"に主演したジム・キャリーは「記憶から消したい恋愛関係は?」と記者に問われ「絶対に君には教えないよ。僕の人生でいちばん大切な秘密を教えなきゃいけなくなるから、それはできないよ」と語ったようだ。
ロンドンのホテルに滞在していたブリタニー・マーフィにレポーターが質問しようとしたところ、マーフィは床に寝転がり、顔にハンカチをかけて、歌い出したらしい。
ブラッド・ピットが新作「トロイ」("Troy")に出演した際に乗っていた馬を、ジェニファー・アニストンが彼の誕生日にプレゼントしたらしい。ピットはそのお返しに、歌手デビューを希望しているアニストンにレコーディング・スタジオを買ってあげたとか。
英国のティーン向け雑誌Blissの読者アンケートの結果、最もセクシーな男性にオーランド・ブルームが選ばれたようだ。
ケヴィン・スミス監督は、新作"Jersey Girl"へのカメオ出演をブルース・ウィリスにオファーしたものの、返事が無かったらしい。「アルマゲドン」("Armageddon",1998年)で共演したベン・アフレックからの依頼も無視されたとか。
「みなさん、さようなら。」("The Barbarian Invasions")プロモーションのためドゥニ・アルカン監督が来日、15日都内のカナダ大使館で記者会見を行ったようだ。配給会社の要望で、先日受賞したアカデミー賞外国語映画賞のオスカー像も持参したとか。
C・D・ペイン(C.D. Payne)の小説"Youth in Revolt"が、ガスティン・ナッシュ(Gustin Nash)の脚本・監督で映画化されるようだ。
米20世紀FOXは、キャスリーン・テッサロ(Kathleen Tessaro)の小説"Elegance"の映画化権を獲得、クリストファー・マンガーが脚本を担当する模様。
「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作"Seed of Chucky"に、ジョン・ウォーターズとヒップホップ・アーティストのレッドマン(Redman)の出演が決まったらしい。
「トレーニング・デイ」("Training Day",2001年)のアントワン・フークア監督とデンゼル・ワシントンは、1970年代のハーレムで最大のヘロイン・ディーラーとなったフランク・ルーカス(Frank Lucas)を描く伝記映画"The Return of Superfly"(仮題)で再び組むようだ。
シマウマを主人公にしたファミリー映画"Racing Stripes"で声優を務めたフランキー・ムニッズは、全てのセリフを2回吹き込んだらしい。「ある日、僕は全部のセリフを録音した。それから、みんなは南アフリカで残りのほかのキャストと撮影をした。僕の声と一緒にね。それから、撮影と編集が終わって、シマウマの動きに合うようにもう一度セリフを録音しなおしたんだ」と語ったようだ。
現在ポスト・プロダクション中のテリー・ギリアム監督の新作"Brothers Grimm"について、プロデューサのチャールズ・ローヴェン(Charles Roven)は「これまで見た限り、この作品はまさにテリー・ギリアム作品だし、彼の最高傑作だと思う。マット・デイモンとヒース・レジャーの演技も素晴らしい」と絶賛したようだ。
「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")で再び共演したマシュー・リラードとリンダ・カーデリーニは、既にシリーズ第3作への出演契約にサインしているらしい。一方、フレディ・プリンズJr.、サラ・ミシェル・ゲラー夫妻は続編出演に慎重になっているとか。
シリーズ最新作"Batman Begins"のプロデューサー、チャールズ・ローヴェン(Charles Roven)は「今回のバットマンのコンセプトは、他の作品とは違うんだ。はるかに現実に近い設定になる。登場するキャラクタ達もそうだし、飛行機や自動車やいろんな装置も、もっと科学的で実用的なものになるよ」と語ったようだ。
ロバート・ジョーダン(Robert Jordan)の長編ファンタジー「時の車輪」("The Wheel of Time")シリーズの映画化が企画されているらしい。Red Eagle Entertainmentが全11作の映画化権を獲得した模様。
ダニー・レイナー監督、トニー・シャルーブ、イーディ・ファルコ、マギー・ギレンホール共演のダークコメディ"The Great New Wonderful"に、オリンピア・デュカキス、トーマス・マッカーシー、ジュディ・グリア、ウィル・アーネット、ジム・ガフィガン、ナジルラディン・シャーらの出演が決まったようだ。
「アンダーカバー・ブラザー」("Undercover Brother",2002年)のマルコム・D・リー監督次回作は、1970年代初めのローラースケート・ブームを背景に描くコメディ"Roll Bounce"になる模様。
「戦場のピアニスト」("The Pianist",2002年)に出演したトーマス・クレッチマンは、ジェイムズ・レッドフィールド(James Redfield)のベストセラー小説「聖なる予言」("The Celestine Prophecy")の映画化と、ダグレイ・スコット主演のヴァンパイア映画"Perfect Creature"への出演を決めたようだ。
「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham",2002年)のグリンダ・チャーダ監督は、New Line Cinemaのロマンチック・コメディ"Nine Wives"で監督を務めるようだ。
ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー兄弟は、「三バカ大将」("The Three Stooges")の映画化で、ラッセル・クロウの出演を希望したことについて「言ってみただけ」と語ったようだ。一方、ジャック・ブラックとショーン・ペンの起用を検討しているらしい。
ベン・アフレックが希望していたデニス・ルヘイン(Dennis Lehane)のハードボイルド小説「愛しき者はすべて去りゆく」("Gone, Baby, Gone")の映画化が、マット・デイモンと共同で進められているようだ。
  3/17
日本アマチュア演劇連盟会長などを務めたほか、ドキュメンタリー映画「姫路城」「歌舞伎の魅力」などの作品で脚本・演出を手掛けた北條明直さんが3日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
六車俊治監督「恋人はスナイパー 劇場版」のトークショーが16日大阪市内で行われ、主演の内村光良が出演したようだ。
江國香織の小説「東京タワー」が映画化されるらしい。源孝志が監督、黒木瞳が主演を務めるようだ。
三ツ矢歌子が11日に緊急入院していたらしい。肺炎と診断されたようだ。
第54回芸術選奨授賞式が16日都内で行われ、文部科学大臣新人賞を受賞した小泉今日子らが出席したようだ。
「列車に乗った男」("L' Homme du train")プロモーションのためパトリス・ルコント監督が来日、16日都内で記者会見を行ったようだ。Warner Bros.がリメイク権を獲得、ブラッド・ピット主演の噂もあるとか。寺島しのぶが花束を贈呈したらしい。
ナム・サングク監督「回し蹴り」で映画デビューするキム・ドンワンが、同作品の主題歌を歌うことになったようだ。
ニコラス・ツェー、セシリア・チャン、リィウ・イエ、チャン・ドンゴン、真田広之らが共演する、チェン・カイコー監督最新作「無極」の撮影が北京でスタートしたようだ。
来月22日に開幕するニューヨーク国際インデペンデント映画祭に、中国映画「一百万」がノミネートされたようだ。
「どうぶつ宝島」(1971年)、「長靴をはいた猫 80日間世界一周」(1976年)、「天空の城ラピュタ」(1986年)などのアニメーション映画や数多くのTVアニメなどで活躍した、声優の神山卓三さんが15日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の運営会社は、資金不足解消のため、地権者に土地賃借料の値下げを要請しているらしい。
16日行われる予定だった不法薬物所持容疑で起訴されているコートニー・ラヴの審問が、再び延期された模様。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の大ヒットを受けて、米国ではサントラCDなどのほかキリストをテーマとした書籍や衣料品、宝石、ゲームなどの売上が急増しているらしい。
"The Tonight Show With Jay Leno"などに出演している13歳のLittle JJは、クイーン・ラティファ主演による"Barbershop"(2002年)のスピンオフ映画"Beauty Shop"に出演するようだ。ビリー・ウッドラフ(Bille Woodruff)の監督で4月に撮影が始まるらしい。
ジョン・タトゥーロ監督、スーザン・サランドン、マンディ・ムーア、ケイト・ウィンスレット共演によるミュージカル・コメディ"Romance & Cigarettes"に、メアリー=ルイーズ・パーカーとクリストファー・ウォーケンの共演が決まったようだ。撮影は今月からニューヨークで始まるらしい。
アダム・シャンクマン監督は、自ら運営するOffspring Entertainment製作のファミリー・コメディ"Overparenting"で監督を務める模様。
コーエン兄弟監督・脚本、トム・ハンクス主演による「マダムと泥棒」("The Ladykillers",1955年)のリメイクは、舞台を英国から米国南部に移すようだ。
モンタナ州での映画製作は、「モンタナの風に抱かれて」("The Horse Whisperer")、「奇蹟の輝き」("What Dreams May Come")、「パトリオット」("The Patriot")などが撮影された1997年には年間1600万ドルに達したものの、それ以降は420万ドルから860万ドルに留まっているらしい。昨年"Northfork"を監督したマイケル・ポーリッシュは「カナダで撮影した方が安いし、そうしようかとも考えた。だが、僕らはモンタナのためにそれを書いたし、別の場所で撮影するのは罰当たり思えたんだ」と語ったようだ。
Sony PicturesとBest Buyは、まもなく全米公開となるギレルモ・デル・トロ監督の新作"Hellboy"のプロモーションDVDを無料配布することで提携したようだ。映画のハイライトやメイキングなど10分間の映像が収録されているらしい。今月8日から既にBest Buyのレジで配布されている模様。
ホイットニー・ヒューストンは薬物中毒のリハビリ施設に入ったようだ。
韓国文化観光相を務めるイ・チャンドン監督は「(国産映画の上映比率を40%以上とする)公開割り当ての問題については、韓国映画産業と米国映画産業とで討議が行われていますので、コメントはできません。その問題のポジションに変更はないでしょう。しかし、公開割り当てと韓国映画産業の発展において、何が重要なのか、どのような政策が必要なのか、我々は検討を進めています」と語ったようだ。
「大脱走」("The Great Escape",1963年)のモデルとなった元兵士らが今週ロンドンに集まり、当時を振り返ったようだ。ドキュメンタリー番組"The Great Escape: Revealed"が17日、英国で放送されるらしい。
ローラ・ダーン、マリア・ベロ、エリカ・クリステンセンの3人は、チェーホフの戯曲「三姉妹」("The Three Sisters")を映画化する"The Sisters"で共演するようだ。アーサー・アラン・シーデルマン(Arthur Allan Seidelman)が監督を務め、エリック・マコーマック、クリス・オドネル、エリザベス・バンクス、ライナス・ローチらも出演するらしい。
ロン・ハワード監督は、"Cinderella Man"に主演するラッセル・クロウの負傷について「クロウは以前からこの役をやりたがっていたし、怪我をしたことを恥じている。だが、彼の演じる人物(実在のボクサー、ジム・ブラドック)はいつも怪我をしていた。クロウは、怪我をしたことも彼が演じる人物の心や魂を理解するのに役立つ、と言っている。怪我を正当化する上手い方法だね」と語ったようだ。来月19日から製作がスタートする模様。
「死霊のはらわた」("The Evil Dead",1981年)シリーズ第4作の製作や、「フレディvsジェイソン」("Freddy vs. Jason",2003年)の続編にアッシュ登場か?など噂について、監督・脚本家のジョシュ・ベッカー(Josh Becker)は「その噂に真実は無いよ。"Evil Dead 4"が製作されることはない。サム(・ライミ)が監督しない作品にブルース(・キャンベル)が出演するつもりはないし、サムが『死霊のはらわた』シリーズに戻る理由もない」とコメントしたようだ。
女優業を中断してOxford Brookes大学に通うことを希望しいぇいるキーラ・ナイトレイは「"Doctor Zhivago"に出演した後、9月に学校に戻るつもりだったけど『パイレーツ・オブ・カリビアン』の出演が決まった。去年の9月に学校に戻るつもりだったけど、今度は『キング・アーサー』に出演した。今度の9月もどうなるか分からないわ」と語ったようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")でキリスト役を演じたジム・カヴィーゼルは15日ヴァチカンを訪れ、ヨハネ・パウロ2世と対面したらしい。
ブリトニー・スピアーズは、新曲Everytimeのビデオで、バスタブの中で自殺する女性を登場させようとしたものの、周囲の猛反対で取りやめたらしい。
ベン・アフレックが"Saturday Night Live"に登場、失敗作"Gigli"(2003年)をネタにしたコントに出演したらしい。
ダニー・キャノン(Danny Cannon)は、「CSI:科学捜査班」("CSI: Crime Scene Investigation",2000年-)と"CSI: Miami"(2002年-)、さらに新作"CSI: New York"の3シリーズ全ての制作総指揮を務めることで契約を更新したようだ。
ゴア元米国副大統領の娘クリスティン・ゴア(Kristin Gore)の処女小説"Sammy's Hill"の映画化権を、Columbia Picturesが獲得したらしい。
ハロルド・ライミス監督の新作コメディ・スリラー"The Ice Harvest"で、ジョン・キューザック、ビリー・ボブ・ソーントンとの共演が予定されていたモニカ・ベルッチに代わって、コニー・ニールセンに出演が決まった模様。ベルッチは秋に出産予定とか。
スティーヴ・マーティンの主演で大ヒットした"Cheaper by the Dozen"(2003年)の続編が製作されるらしい。サム・ハーパー(Sam Harper)が脚本に起用されたようだ。キャストはまだ未定とか。
H・G・ウェルズの「宇宙戦争」("The War of the Worlds")が、スティーヴン・スピルバーグ監督、デヴィッド・コープ脚本、トム・クルーズ主演で映画化されるらしい。
モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、LL・クール・J、ジャスティン・ティンバーレイクらが共演する新作"Edison"に、ディラン・マクダーモットの出演が決まったようだ。
モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、LL・クール・J、ジャスティン・ティンバーレイク共演の新作"Edison"で、さらにケイリー・エルウィスとジョン・ハードの共演が決まった模様。
Industrial Light & Magicは、ポスト・プロダクション中の「エピソードIII」について、先週末までに105の視覚効果シーンを完成させた模様。ただし、公開までの55週間で残り1895シーンを仕上げなければならないらしい。一方、ジョージ・ルーカスはエディターのロジャー・バートンと共に、余分なシーンをカットする作業に追われているようだ。
エマ・トンプソンの脚本・主演による、クリスティアナ・ブランド(Christianna Brand)の児童文学「ふしぎなマチルダばあや」("Nurse Matilda")の映画化"Nanny McPhee"に、ケリー・マクドナルドの出演が決まったようだ。
「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")のザック・スナイダー監督は「この映画の素晴らしいところは、これが特殊メイク映画ということだ。CGや最先端の特殊効果に頼った作品ではないんだ」と語ったようだ。
ケヴィン・スミス監督は「グリーン・ホーネット」("The Green Hornet",1966-1967年)の映画化について「4月の半ばには最初のドラフトを完成させて、夏の終わりか秋には撮影を開始したい。ロサンゼルスでの撮影はないだろう。コストが高くつくからね。カナダでの撮影になると思う。キャストはまだ未定だが、一人目をつけている俳優がいるんだ。ブリット・リード役にぴったりだと思う。アクション俳優ではないけど、強くて素晴らしい俳優なんだ」と語ったようだ。
TVドラマシリーズ"Without a Trace"(2002年-)に出演するエンリケ・マルシアノ(Enrique Murciano)は、「デンジャラス・ビューティー」("Miss Congeniality",2000年)の続編で、サンドラ・ブロックの恋人役を演じるらしい。
5月12日から開催されるカンヌ映画祭の授賞式後に、作曲家コール・ポーターの半生を描くアーウィン・ウィンクラー監督、ケヴィン・クライン、アシュレイ・ジャッド共演の新作"De-Lovely"が上映されるらしい。
米Miramaxは、チャン・イーモウ監督「HERO」("英雄",2002年)のニューヨークとロサンゼルスでの上映を決定した模様。クエンティン・タランティーノ監督がノーカットでの上映を強く希望したとか。
  3/18
荒戸源次郎監督、寺島しのぶ主演「赤目四十八瀧心中未遂」が、北米、フランス、ドイツ、韓国、香港など13の国と地域から海外配給のオファーを受けているようだ。
加賀電子株式会社は18日、米QuVIS社のデジタルシネマ向け映像サーバ「QuVIS Cinema Player」を発表したようだ。東映傘下のシネコン運営会社ティ・ジョイですでに採用評価テストが行われているらしい。
仏メディア大手Vivendi Universalが17日発表した2003年の純損益は、11億4300万ユーロの赤字で、赤字幅は前年の233億100万ユーロから大幅に減ったようだ。
麻生祐未と永沢俊矢が18日、婚姻届を提出したようだ。7月に出産予定とか。
キャサリン・ヘプバーンの遺品800点以上が6月にニューヨークでオークションにかけられるらしい。総額100万ドル以上の売却額になる模様。
水野晴郎が、シリーズ最新作「シベリア超特急5」の撮影中に背骨と左手首を骨折していたようだ。撮影は続行されているものの、クランクアップは当初予定31日から来月2日に遅れる模様。
那須博之監督「デビルマン」の公開が、当初予定の6月から秋に変更された模様。100カットの追加撮影を行うらしい。
二階健監督「ラスト・クォーター」にHYDEが出演するらしい。
サム・ライミ監督「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")プロモーションのため来日中のトビー・マグワイアが17日、記者会見に出席したようだ。
「クレヨンしんちゃん」が「子どもの防犯」をテーマにした政府公報のCMキャラクターに選ばれたようだ。20日から全国153の映画館で上映されるらしい。
来月15日に開幕する第17回シンガポール国際映画祭で、キム・ギドク監督「春夏秋冬・・・そして春」がオープニング上映されるようだ。
12日から韓国で公開されたカン・ソクボム監督、キム・ジュヒョク主演の新作ロマンチック・コメディ「どこかで誰かに何か起こればすぐに現れる洪班長」は、週末観客動員数50万人が見込まれていたものの、30万人しか入らなかったらしい。大統領弾劾が影響しているようだ。
J・K・ローリングは16日、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")で、一般投票で選ばれる英WHスミス文学賞を受賞したようだ。
ケヴィン・スミス監督は、次回作"The Green Hornet"の主演としてジェイク・ギレンホールと交渉中らしい。
米シークレット・サービスの捜査官が17日、ロサンゼルス在住の45歳の女性宅の家宅捜索を行ったようだ。女性はFox Entertainmentグループの元従業員で、「チャーリーと14人のキッズ」("Daddy Day Care")、「X-Men 2」("X2: X-Men United")、「デアデビル」("Daredevil")などの海賊版を公開前にネット上でダウンロード可能にしたネット地下組織のメンバーと見られているらしい。
"The Mary Tyler Moore Show"(1970-1977年)などでエミー賞を受賞しているエドワード・アスナーが、米CBSのコメディ・パイロット"Center of the Universe"でジョン・グッドマンの父親役を演じるようだ。
ロバート・ロドリゲス監督による、フランク・ミラー(Frank Miller)のグラフィック・ノベルシリーズ"Sin City"の映画化で、レオナルド・ディカプリオ、ブルース・ウィリス、イライジャ・ウッド、ミッキー・ローク、ブリタニー・マーフィ、ケイト・ボスワース、ジェイミー・キングらが出演候補に挙がっているようだ。既に何人かは契約にサインしている模様。ベニチオ・デル・トロ、マリア・ベロの名前も挙がっているとか。
マイク・マイヤーズ主演「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' Cat in the Hat",2003年)のDVDとVHSが米国で発売され、24時間で合わせて200万枚近い売上を記録したようだ。 [☆日本公開はどうなった?]
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")のサントラは、先週末だけで3万9000枚の売上を記録、先月24日のリリース以来10万枚に達したようだ。
メル・ギブソンは次回作として、紀元前165年、イスラエルを征服していたセレウコス朝アンティオコス四世の圧政に対する反乱を指導し、エルサレムの神殿の奪還を果たしたユダヤのマカベア家一族の物語の映画化を考えているらしい。「その物語は僕のイマジネーションに火を灯した。マカベア一族は立ち上がり、戦争を起こし、自ら戦い、勝利に導いた。それはまるで西部劇だ」とギブソンは語ったようだ。
メル・ギブソンが、マカベア家一族の物語を映画化したいと語ったことについて、ユダヤ人団体Anti-Defamation Leagueのエイブラハム・フォックスマン(Abraham Foxman)は「私の答えは『感謝はするがお断り』だ。ユダヤの歴史を西部劇に変えることなど我々は誰も望んでいない」とコメントしたらしい。
ドイツ・ユダヤ人中央協議会のソロモン・コルン(Salomon Korn)副会長は、18日から国内400館で上映されるメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について「反ユダヤ主義者たちが、彼らの見方を強めることになるだけだ」と警告、作品を「サド-マゾヒストによる暴力の乱交」と批判したようだ。
THQ社は、26日より全米公開される「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")で、同社のゲームボーイ・アドバンス用およびPC用ゲームの秘密のエンディングを見るためのキーワードが映し出される、と発表したようだ。PC用ゲームでは、声優としてマシュー・リラード、アリシア・シルヴァーストーン、ニール・ファニング、リンダ・カーデリーニ、スコット・マクニールらが参加しているらしい。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)に出演したシャーリー・ヘンダーソンは、シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")で再び"嘆きのマートル"を演じるらしい。
新作"Taking Lives"でアンジェリーナ・ジョリーと共演したイーサン・ホークは「旧友達はみんなセットに来て僕に会いたがっていたよ。彼女(ジョリー)に会えるかもしれないと期待してね。あんなにたくさん電話をもらったのは初めてだよ!」と語ったようだ。
TVインタビューに答えたケイト・ウィンスレットは、サム・メンデスとの息子を出産した時のことを振り返って「赤ちゃんが生まれて、彼はとっても美しくて・・・とても感動してしばらく泣いていたわ」と語り、泣き出してしまったようだ。
ジェシカ・シンプソンの妹アシュリー・シンプソン(Ashlee Simpson)が主演するリアリティ番組が、MTVで夏に放送されるらしい。
Cinema Electric社は、同社のモバイル向けコンテンツPocketCinema.comT-Mobile Internationalの携帯電話利用者向けに提供開始したようだ。映画の予告や俳優の動画などが配信されるらしい。
ジョージ・クルーニーは、かねてより希望していた「私立探偵マグナム」("Magnum P.I.",1980-1988年)リメイクの出演契約にまもなくサインする模様。LL・クール・Jも共演するらしい。
ジョニー・デップは「生まれてから35年間の人生は霧の中だった。何が欲しくて、どんな人間になりたいのかまるで分からなかった。それからヴァネッサ(・パラディ)と出逢って、一目で恋に落ちた。人生で一番落ち目の時だったが、彼女がそれを変えてくれた」と語ったようだ。
ジェニファー・アニストンは「夫(ブラッド・ピット)が、(共演する)他の女性とキスするのを見るのはとても嫌な感じ。特に彼が楽しんでいるように見える時は。怒り狂ったことも以前にあったわ」と語ったようだ。
ベン・アフレックは「もうアクション映画に出演するつもりはない。興味がないんだ」と語ったようだ。
林家しん平脚本・監督の新作「A-140F6 深海獣零号作戦」で、森喜朗元首相が海軍元帥役で登場するらしい。
ロバート・ハンセン(Robert Hansen)の小説"The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford"が、ブラッド・ピットの主演で映画化されるらしい。CMやミュージックビデオを手掛ける豪州のベテラン監督アンドリュー・ドミニク(Andrew Dominik)が脚本と監督を務める模様。
架空のゴルフ場ジョージ・ワシントン・カーヴァー・カントリー・クラブを舞台にした、Paramount Picturesのゴルフ・コメディ"The Club"で、エミー賞受賞のアリ・リロイ(Ali LeRoi)が、当初予定されていたデヴィッド・ライナー(David Raynr)に代わって脚本を担当することになったようだ。
ウィラード・キャロルの監督、ボリウッドとハリウッドの共同製作によるミュージカル・コメディ"Marigold: An Adventure in India"で、アリ・ラーターがサルマーン・カーンと共演するようだ。撮影は6月からインドとロンドンで行われるらしい。
17日行われたトビー・マグワイアの記者会見の前に、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の12分間の映像が報道陣に公開されたらしい。
Screen GemsとLakeshore Entertainmentは、「ルール2」("Urban Legends: Final Cut",2000年)を手掛けたスコット・デリクソン(Scott Derrickson)とポール・ハリス・ボードマン(Paul Harris Boardman)の脚本によるホラー"The Exorcism of Anneliese Michel"を映画化するようだ。デリクソンが監督を務める模様。
Universal Picturesによる新作ロマンチック・コメディ"32 and Single"で、ガブリエル・ユニオンの主演が決まったようだ。
米CBSの新シリーズ"CSI: New York"で主演候補に挙がっていたゲイリー・シニーズが、出演契約にサインした模様。
デビュー作「オール・ザ・キングスメン」("All the King's Men",1949年)でアカデミー賞助演女優賞を獲得、以降「ジャイアンツ」("Giant",1956年)、「武器よさらば」("A Farewell to Arms",1957年)などに出演したほか、「エクソシスト」("The Exorcist",1973年)で少女に取り憑いた悪魔の声を演じたことでも知られる、米女優のマーセデス・マッケンブリッジ(Mercedes McCambridge)さんが2日亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
2002年11月に俳優のマーリン・サンタナ(Merlin Santana)が射殺された事件で、当時15歳だった少女がサンタナにレイプされたと嘘をついたことが事件の原因となったとして、少女に対し第二級殺人の有罪判決が下ったようだ。
米ABCの"Motown 45"スペシャルで、降板したジャスティン・ティンバーレイクに代わって、セドリック・ジ・エンターテイナーがライオネル・リッチーと司会を務めることになったようだ。
トム・クルーズは、1990年以来彼の宣伝担当を務めていたパット・キングスレイ(Pat Kingsley)との契約を終了させたようだ。
ジョン・ランディスは「映画製作者(の卵)からのアプローチは始終受けている。出来るだけのアドバイスやサポートはしているつもりだよ。あまりに多くて全部を見るのは難しいけどね」と語ったようだ。週に40本ぐらいの作品を受け取っているとか。
  3/19
力道山の生涯がソル・キョングの主演で映画化されるらしい。4月から日本でのロケがスタート、日本人キャストも多数参加するようだ。
カン・ウソク監督「シルミド/SILMIDO」(「実尾島」)の日本公開が6月5日に決定した模様。「デビルマン」の公開延期を受けて、急遽公開が早まったらしい。
ソニー、松下電器産業などによる「Blu-ray Disc」陣営にTDKが加わったようだ。
今秋公開予定の「うちの兄」で、ウォン・ビン、シン・ハギュン、イ・ボヨンが共演するらしい。
韓国映画「ハッピー・エロクリスマス」に「ラブレター」(岩井俊二監督)のシーンが無断で使用されたとして、フジテレビが韓国の製作会社に対し著作権侵害禁止仮処分を求めていた問題で、ソウル中央地裁は19日、申請を却下したようだ。
「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)を配給するショーボックスは、米国市場への販売が決定した場合、米軍退役軍人を対象にした試写会を開催する方向で、検討を進めているらしい。
「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)を配給するショーボックスは、日本で配給するUIP Japanに対し、韓国戦争が起こった6月25日に合わせた公開を推進しているらしい。
シリーズ第1作「ゴジラ」(本多猪四郎監督,1954年)のオリジナル版が、5月から米国で初めて劇場公開されるらしい。
渡辺文樹監督が、映画「腹腹時計」の上映のための施設使用を認めなかったとして、茨城県下妻市に慰謝料を求めていた裁判で、仙台高裁は19日、1審判決を取り消し、下妻市側に15万円の支払いを命じる判決を下したようだ。
鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」の公開が、20日から札幌、仙台、東京、大阪の各地でスタートするようだ。横浜、広島など全国17ヶ所での上映も予定されているらしい。
重要文化財に指定されている沖縄県北中城村の中村家住宅で20日、中江裕司監督「白百合クラブ東京へ行く」が上映されるようだ。
マクドナルドのメニューだけを食べ続け、その身体への影響を記録したドキュメンタリー映画"Super Size Me"のモーガン・スパーロック(Morgan Spurlock)監督は、米CATV局FXの新しいリアリティ番組"30 Days"のパイロット版を手掛けるようだ。ある人が全く違う環境で過ごす30日間を映し出す番組らしい。
ジーナ・ガーションは、米ABCのコメディ・パイロット"Hot Mama"に主演するようだ。
新作のプロモーションが行われるほか、最新のポップコーン・マシーンから、劇場用シート、映写機まで映画館関連設備等が展示され、全米の大小の映画館経営者が集まる、米映画産業界最大のイベントShoWest 2004が、ラスヴェガスで22日開幕するようだ。
クイーン・ラティファ主演の次回作"Beauty Shop"で、ジャイモン・ハンスゥとアリシア・シルヴァーストーンが共演するようだ。
アダム・シャンクマン監督、ヴィン・ディーゼル主演のアクション・コメディ"The Pacifier"に、ブラッド・ギャレット、マックス・シエリオット(Max Thieriot)、ブリタニー・スノウの出演が決まったようだ。来月からバンクーバーで撮影が始まる模様。
Dark Castle Entertainmentによる「肉の蝋人形」("House of Wax",1953年)のリメイクに、新作"New York Minute"のジャレッド・パダレッキ(Jared Padalecki)が出演するようだ。Jaume Collet-Serraの監督で、5月からオーストラリアで撮影される模様。
ショーン・レヴィ監督、スティーヴ・マーティン主演による"The Pink Panther"で、ケヴィン・クラインが出演交渉中らしい。撮影は5月からニューヨークで行われるようだ。
ドイツのユダヤ教団体、プロテスタント教会は18日共同声明を発表、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")が「製作意図に関わらず、反ユダヤ主義のプロバガンダとして使用される危険がある」と警告を発したようだ。
ジャネット・ジャクソンは、今月29日米CBSで放送の"Late Show with David Letterman"にゲスト出演するらしい。
ミュージカル「エビータ」("Evita")のモデルとなった、エバ・ペロン元アルゼンチン大統領夫人の遺体を包んだ絹布が18日、ローマでオークションにかけられ、13万ユーロで落札されたらしい。
コートニー・ラヴは18日、マイクスタンドをナイトクラブの観客に向かって投げ入れ、24歳の男性に怪我をさせたとして逮捕されたようだ。
失敗作"Gigli"(2003年)後の新作"Jersey Girl"に主演したベン・アフレックは「誰でも思い出すのは(ダスティン・ホフマン、ウォーレン・ベイティ共演、ハリウッド史上最大の失敗作と言われた)『イシュタール』("Ishtar",1987年)の大惨事。僕は"Jersey Girl"への出演でバランスを保つことができたと思う」と語ったようだ。
ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストンの映画製作会社Plan Bは、スパイ・スリラー"Daisy Scarlett: Semper Occultus"を製作する模様。ジェット・リー、ジェイソン・ステイサムが興味を示しているほか、アンナ・フリエル、レイチェル・ワイズらが出演候補に挙がっているらしい。アニストン自身も出演の可能性があるようだ。
ジョン・ウー監督は「7年間暖めている企画があるんだ。アメリカのギャングが主人公で、しかも彼はダンサーなんだ。歌の映画ではないがダンスとアクションを盛り込んだ作品になる。脚本もほぼ仕上がっているよ」と語ったようだ。主演にヒュー・ジャックマンを希望しているらしい。
South by Southwest film festivalに出席したケヴィン・スミス監督は、新作"Jersey Girl"に出演したジェニファー・ロペスについて「僕はずっと『アウト・オブ・サイト』("Out of Sight",1998年)のファンだったんだ。でも、彼女を選んだ本当の理由は、ベンに頼まれたからだ」と語ったようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、シャーリーズ・セロンに主演女優賞をもたらした「モンスター」("Monster")で監督と脚本を務めたパティ・ジェンキンスに、次回作への起用を願い出ているらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは「(養子の)マドックスが学校に入ったら少し手が離れるので、もう一人養子を迎えたいと以前から考えていました。今、その手続きを行っているところです。と語ったようだ。
マーティン・スコセッシ監督自ら案内役を務め、ロベルト・ロッセリーニ、フェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロ・アントニオーニらによるイタリア映画の名作の数々を解説する4枚組みDVD-BOX「マーティン・スコセッシ"私のイタリア映画旅行"」が来月23日発売されるらしい。
シビル・シェパードの主演で"カリスマ主婦"マーサ・スチュワートの半生を描いたTV映画「マーサ・スチュワートの栄光と影- Driven to Succeed -」("Martha, Inc.: The Story of Martha Stewart",2003年)のDVDが来月23日に発売されるらしい。
Paramount Picturesは、タイトル未定の戦争映画の脚本に、「ユージュアル・サスペクツ」("The Usual Suspects",1995年)を手掛けたクリストファー・マックァリー(Christopher McQuarrie)を起用したようだ。
米DreamWorksは、TV脚本家カール・エルスワース(Carl Ellsworth)の"Red Eye"を獲得、映画化するようだ。飛行機に監禁された女性が主人公とか。
ナポレオンと英国女性の友情を描くLions Gateの新作"Napoleon and Betsy"で、スカーレット・ヨハンソンの主演が決まった模様。
低予算スリラー"Saw"に出演したケイリー・エルウィスは「脚本のページをめくる手を止めることができなかったよ。映画学校を出たばかりのジェイムズ・ワン(James Wan)とリー・ファンネル(Leigh Whannell)の作品なんだ。彼らはできる限り安く撮ろうとした。だから彼らはまず、2人の男を壁に鎖でつないで動けなくした。景色が映らないよう、部屋には窓もない。『さて、彼らの物語をどう進める?』彼らはそう言うと、2人の間に男の死体を置いたんだ。あんなに奇妙で楽しい経験は初めてだったよ」と語ったようだ。
「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")に出演したリンダ・カーデリーニは「第2ラウンドでは、特殊効果がどう使われるのか、スクービーがどんな風に見えるのかが分かっていたので、とても助かった」と語ったようだ。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")で再びメアリー・ジェーン役を演じたキルスティン・ダンストは「彼女は成長しているし、多くを学んでいる。今回は(トビー・マグワイア演じる)ピーターに対しても、より積極的になっているの。でも、彼が成長しているように思えなくて、彼に我慢できなくなるのよ」と語ったようだ。
リーヴ・シュライバーの監督デビュー作となる"Everything is Illuminated"で、イライジャ・ウッドの主演が決定したようだ。6月14日からプラハで撮影が始まるらしい。
  3/20
山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」の庄内ロケ支援実行委員会の設立総会が19日、庄内市内で行われたようだ。
米Foxの人気番組"The Simple Life"の続編の撮影に参加していたパリス・ヒルトンが落馬、救急ヘリで病院に運ばれた模様。
ブリトニー・スピアーズが18日のイリノイ州での公演中ひざを痛めコンサートを中断、シカゴとデトロイトで予定されていたコンサートも中止となった模様。
児童ポルノ所持の容疑で起訴されていたポール・ルーベンスは19日、有罪を認め、3年間の保護観察処分が言い渡されたようだ。
週末全米公開作品では、3週連続1位を獲得したメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の週末興収が1900万ドル程度になると予想される一方、2744館で公開がスタートする「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")は2000万ドルに達すると見られているようだ。
ニール・ヤングは、自ら撮影した作品"Greendale"について「ミュージック・ビデオとは別のものだ。口の動きをあわせたりはしていない」と語ったようだ。ウェイン・ニュートンがカメオ出演しているらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")を鑑賞したジョージア州の夫婦が、その解釈を巡ってケンカとなり、互いに怪我を負ったため双方が警察に通報、結局二人とも警察の監房で一夜を過ごすことになったとか。
9月からOxford Brookes大学に通うことを希望しているキーラ・ナイトレイに対し、モデルで元恋人のジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)は、ハリウッドでのキャリアを危うくするかもしれない、とアドバイスしているらしい。二人の友人は「彼は正しい決断を下して欲しいと願っているだけなの。二人は別れちゃったけど、今でも仲のいい友達なのよ」と語ったようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは、ロマンチックなムードを演出するために部屋にろうそくを灯して、夕食に招待したキャメロン・ディアスの到着を待っていたものの、彼がシャワーを浴びている時、ろうそくの火がカーテンに燃え移ってしまったらしい。幸い、到着したキャメロンがそれを発見、大事には至らなかったようだ。 [☆みなさんも気をつけましょう!?]
米NBC"The Tonight Show with Jay Leno"に出演したベン・アフレックは、新しい恋人作りについて「何て自己紹介すればいい?『一緒に来ないか?君を全部の雑誌の表紙に載せて、君の人生を台無しにして、プライバシーを侵害してあげるよ。』キビシイよね」と語ったようだ。
BOOM BOOM SATELLITES、坂本龍一らが参加した荒牧伸志監督「APPLESEED」のサントラが24日発売されるようだ。
オーランド・ブルームは、007シリーズを手掛けるプロデューサーと接触、次期ジェイムズ・ボンド役について会談した模様。
ジェイク・ギレンホールとキルスティン・ダンストは、カリフォルニアで開催されたドッグ・ショーNuts for Muttsを訪れ、1歳のジャーマン・シェパードの雑種を手に入れたらしい。どちらが飼うんですかと聞かれ、ダンスとは「ジェイクよ。でも私達が一緒になれば、私のものにもなるわ!」と答えたとか。 [☆秒読み?]
「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作"Seed of Chucky"でティファニーの声を演じると共に、自分自身として出演しているジェニファー・ティリーは、ティファニーのセリフにちょっとしたアドリブを加えたらしい。「ティリーの経歴は過小評価されているわ。私が観た映画で彼女はエスキモーを演じていたけど、本当に寒そうだったもの」「『チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁』("Bride of Chucky",1998年)の彼女は、オスカー級の演技だったわ」などなど。
「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"の脚本を担当したデヴィッド・コープは「(前作とは)全く違う展開になる。一番の違いは、主人公達の家が宇宙の彼方へと送られることだ。子供たちがボード・ゲームを見つけ、アドベンチャーの世界に飛び込むという設定は同じだが、類似点はそれだけだ」と語ったようだ。
  3/21
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」で主題歌を歌う内村光良らNO PLANのメンバー6人が、同作品に本人役で登場するらしい。20日都内で行われたアフレコに参加したようだ。
行定勲監督「きょうのできごと」が20日初日を迎え、田中麗奈、妻夫木聡らが舞台挨拶に立ったようだ。
20日亡くなったいかりや長介の自宅には、21日早朝から志村けん、加藤茶、高木ブーらが弔問に訪れたほか、報道陣約80人も詰め掛けたようだ。
ザ・ドリフターズのリーダーとして活躍、「8時だヨ! 全員集合」(1969-1985年)などのTV番組で国民的人気を獲得、また「なにはなくとも 全員集合!!」(渡辺祐介監督,1967年)、「クレージー黄金作戦」(坪島孝監督,1967年)、「超能力だよ 全員集合!!」(渡辺祐介監督,1974年)、「喜劇 昨日の敵は今日も敵」(前田陽一監督,1971年)、「踊る大捜査線 THE MOVIE」(本広克行監督,1998年)、「しあわせ家族計画」(阿部勉監督,2000年)などの映画や多数のTVドラマでも活躍した、コメディアンで俳優のいかりや長介さんが20日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆長さん、本当にありがとう!(涙涙涙)]
ハン・ソッキュ次回作は、ピョン・ヒョク監督「朱紅文字」に決まったようだ。5月にクランクインし、今秋公開予定とか。
「スキャンダル/朝鮮男女相ス之詞」の試写会が20日香港で行われ、ペ・ヨンジュンらが出席したようだ。
ジャネット・ジャクソンは20日行われたSoul Train Music Awardsに出席、功労賞のクインシー・ジョーンズ賞を受賞したようだ。
パレスチナ解放機構(PLO)のヤシール・アラファト(Yasser Arafat)議長は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について、反ユダヤ的な作品とは思わない、とコメントしたらしい。
米Ryko Distributionは、三池三池崇史監督作品の北米でのビデオ配給権を獲得した模様。「FULL METAL 極道」("Full Metal Yakuza",1997年)が5月にリリースされるほか、「SABU さぶ」("Sabu",2002年)、「黒社会」シリーズ三部作などが発売されるらしい。
オジー・オズボーンの娘エイミーは、人気番組"The Simple Life"に出演するライオネル・リッチーの娘ニコール・リッチーが何度も電話を掛けて嫌がらせをしたとして、警察に調査を依頼したらしい。
マンディ・ムーアとプロ・テニスプレイヤーのアンディ・ロディック(Andy Roddick)が別れたらしい。ロディックは、マンディの恋人として注目されることに耐えられない、テニスに専念したい、と友人にこぼしたとか。
英Now誌のインタビューに答えたベン・アフレックは「次に付き合うなら、女優でなくて普通の女性にしたいよ」と語ったようだ。
ロサンゼルスのラニアン・キャニオンを友人と訪れていたレネー・ゼルウィガーは、滑落して負傷していた女性ハイカーを発見、友人が救助を求めに向かった一方、レニーは介抱をするために残り、女性は一命を取り留めたらしい。
ジェニファー・ガーナーは、昨年から交際していた恋人マイケル・ヴァルタンと別れたらしい。
「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作"Seed of Chucky"で、"Agent Cody Banks 2: Destination London"(2004年)に出演するハンナ・スピアリット(Hannah Spearritt)の共演が決定したようだ。
「冬のソナタ」に主演したチェ・ジウと日本のファンとの交流イベントが20日ソウル市内で行われ、日本からのツアー客150人が参加したようだ。22日には渋谷NHKで来日会見が行われるらしい。
ジョエル・シュマッカー監督による"The Phantom of the Opera"に主演するミニー・ドライヴァーは「アンドリュー・ロイド・ウェバーの音楽は実際のオペラを使っているから、そのスタイルで歌う必要があるし、洗練した歌手である必要がある。私に出来るのはそれを真似することだけ」と語ったようだ。
  3/22
106連敗を記録した高地競馬の人気競走馬ハルウララを主人公にした森川時久監督「高知発 私だけの夢 ハルウララ」の調教師役として、20日亡くなったいかりや長介が出演依頼を受けていたらしい。
ネットビレッジ株式会社は、「クレヨンしんちゃん」の待受画像を中国の携帯端末向けに配信すると発表したようだ。
Xboxが180ドルから150ドルに値下げされるらしい。GameCubeへの対抗策のようだ。
TBSは、来月10日に放送を予定している「8時だヨ!全員集合 加トちゃんケンちゃんがとことん見せます!スペシャル」について、追悼の内容を追加することなどを検討しているらしい。一方、24日のテレビ朝日「ザ・ドリフターズ結成40周年記念 ドリフと光子の爆笑!スペシャル」は予定通り放送されるようだ。いずれも、いかりや長介は出演していない模様。
「東京国際アニメフェア2004」が25日から都内で開催されるらしい。「アップルシード」のスタッフによるトークショーや、山寺宏一らによる1日声優教室なども予定されているとか。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで販売されていた菓子「ブロックケーキ ブラウニー」の11個に、賞味期限が約3カ月長く表示されていたらしい。シールを貼り間違えたようだ。
シャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)は、ビル・パクストン監督による、実在のゴルファーを描く新作"The Greatest Game Ever Played"への出演に向けて交渉中のようだ。
レスリー・ニール(Leslie Neale)の監督による、少年院で暮らす子供たちを追ったドキュメンタリー"Juvies"の上映会が16日ロサンゼルスのAratani/Japan American Theaterで開催されたようだ。製作総指揮とナレーションを務めたマーク・ウォールバーグは「僕個人としても心を動かされました。この問題への関心の低さは非常に大きな問題です。だからこそ、我々はそこに光を当て、状況を変えようとしているのです。法律はとても無情です。子供たちに教育や更正の機会を与えることなく、彼らを刑務所へと送り込もうとしてます」と語ったらしい。
全米週末興収は「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")が2730万ドルで初登場1位を記録、「パッション」("The Passion of the Christ")は1920万ドルで2位に後退したものの、総興収では2億9500万ドルに達したらしい。また、アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク共演のサスペンス"Taking Lives"は1140万ドルで3位、チャーリー・カウフマン脚本、ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリー主演"Eternal Sunshine of the Spotless Mind"は857万ドルで6位のスタートとなったようだ。
マイク・ニューウェル監督「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の撮影が英国のグレンコー(Glencoe)でスタートした模様。
"Spider-Man: The Animated Series"(2003年)で脚本も担当しているコミック作家のブライアン・マイケル・ベンディス(Brian Michael Bendis)のグラフィック・ノベル"Jinx"が、シャーリーズ・セロンの製作・主演で映画化されるらしい。ハル・ベリーのジンクスとは無関係とか。
南米チリに住む少女が、ダニエル・ラドクリフに会える権利を獲得した、というメールを本人から受け取り、大喜びで母親と共にロンドンに向かったものの、結局会うことはできなかったらしい。ダニエルの父親は、最近ダニエルの名前をかたってチャット・ルームに参加する人物に注意するようファンに呼びかけているようだ。
ハル・ベリーは「幼い頃は黒人地区に住んでいたけど、母親が白人だったから、私は仲間外れにされた。それから、白人地区に引っ越したけど、今度は私が黒人だから受け入れられなかった。私が10歳の時、母は私をセラピーに連れて行った。それ以来、客観的に自分を見つめるためにいつも利用したわ」と語ったようだ。
ベン・アフレックは、米Buena Vista Televisionの朝の番組"Live with Regis & Kelly"の22日放送の回に、ゲスト司会者として登場するらしい。
ヒラリー・ダフ主演"Heart of Summer"で共演したジェイソン・リッターは「僕はヒラリーの兄を演じているんだけど、事故で死んでしまうんだ。みんなが僕の写真を見て泣くシーンは変な感じだった。ヒラリーと母親役のリタ・ウィルソンは本当に悲しそうで、僕は『僕はここにいるよ。大丈夫。生きているよ』って叫びたくなってしまった」と語ったようだ。
新作"Walking Tall"プロモーションのためインタビューに答えた、主演のザ・ロックは、政界への進出について「多分、いつか、絶対にね。アーノルド(・シュワルツェネッガー)ともそんな話をしたよ。いつか、ジョンソン大統領が誕生するかもね」と語ったらしい。ザ・ロックは共和党支持者のようだ。
スカーレット・ヨハンソンは「例えどんな映画でも、完全に裸になることに関心はない。それは魔法を解いてしまうことだと思う。全てを差し出すべきじゃない。エロチックな作品だとしても、私は絶対にイヤ」と語ったようだ。
今秋スタート予定のDreamWorks TelevisionによるCGアニメシリーズ"Father of the Pride"に、「シュレック」("Shrek")のキャラクタ、ロバのドンキーが"ゲスト出演"するらしい。エディ・マーフィが声優を務めるようだ。そのほか、リサ・クードロウ、ダニー・デヴィート、アンディ・リクター、クリスティーナ・アップルゲイトらがゲスト声優として登場する予定とか。
アンディ・テナント監督、ウィル・スミス、エヴァ・メンデス共演のロマンチック・コメディ"Last First Kiss"に、「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)などにゲスト出演しているジュリー・アン・エメリー(Julie Ann Emery)の出演が決まったようだ。
"National Lampoon's Van Wilder"(2002年)のウォルト・ベッカー(Walt Becker)監督は、Fox Searchlight Picturesの新作コメディ"Crash and Burn"を手掛けるようだ。自動車レースが舞台になるらしい。
デヴィッド・クローネンバーグは、マーティン・エイミス(Martin Amis)の小説"London Fields"の映画化で監督を務めるようだ。
"The Cooler"(2003年)のウェイン・クラマー(Wayne Kramer)監督次回作は、アクション・スリラー"Running Scared"になるようだ。ポール・ウォーカーが主演候補に挙がっているらしい。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演による「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の映画化で、シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインがサマンサの両親役で共演するらしい。撮影は夏にスタートする予定らしい。
ファムケ・ヤンセンは、整形外科を舞台にした米CATV局FXのドラマ"Nip/Tuck"(2003年)の第2シーズンへの出演契約にサインしたらしい。
「猟奇的な彼女」("My Sassy Girl",2001年)のハリウッド・リメイク版は、「ベッカムに恋して」("Bend It Like Beckham",2002年)のグリンダ・チャーダが監督を務めるようだ。
「プリティ・プリンセス2」("The Princess Diaries 2: Royal Engagement")で、ジュリー・アンドリュースが再び歌声を披露したらしい。
  3/23
まもなく開業3周年を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンで23日、記念イベントが開催され、GLAYがゲスト出演したらしい。
20日亡くなったいかりや長介の通夜が23日、葬儀・告別式が24日に青山葬儀所で営まれるようだ。一般ファンの記帳も受け付けるらしい。
「冬のソナタ」に主演したチェ・ジウと監督のユン・ソクホが来日、22日都内で記者会見を行ったようだ。27日にNHKで放送される「『冬のソナタ』へようこそ」にもゲスト出演するらしい。
若山富三郎の十三回忌法要が22日都内で営まれ、山城新伍、安岡力也らが参列したようだ。
「劇団仲間」に所属し数々の舞台に出演したほか、TVドラマなどでも活躍した、俳優の津島康一さんが21日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ワン・ビン監督による三部作全9時間のドキュメンタリー映画「鉄西区」が、来月1日からアテネ・フランセ文化センターで上映されるようだ。
東宝は23日、東京都世田谷区のスタジオを50億円を投資して改造、映画製作能力を従来の2倍に増やすと発表したようだ。
韓国勤労福祉公団が行った調査によると、勤労者の余暇活動の内容として「映画鑑賞」を挙げた人は42.6%だったようだ。
英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)主催の、BAFTAテレビ賞のノミネーションが発表され、人気コメディ"The Office"のクリスマス・スペシャルがシチュエーション・コメディ賞にノミネートされたほか、主演のリッキー・ジャーヴェイスとマーティン・フリーマンが最優秀コメディ演技賞の候補に挙がったようだ。また、女優賞には"The Wife of Bath"のジュリー・ウォルターズ、"The Lost Prince"のミランダ・リチャードソン、"Prime Suspect"のヘレン・ミレンらが、男優賞には"The Young Visitors"のジム・ブロードベント、"QI"のスティーヴン・フライらがノミネートされたらしい。
ハリウッド主要スタジオの北米外での昨年の興収は108億5000万ドルを記録、前年を5%上回ったようだ。
北米を除く海外週末興収は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")は、メキシコで500万ドルを記録するなどラテン・アメリカ地域でも大ヒットを記録、21の地域での週末興収は1500万ドル、総興収は3200万ドルに達した模様。
モデルのレイチェル・ハンターは、ストリッパー達によるバレーボール・チームの活躍を描く新作"Cloud Nine"でバート・レイノルズと共演するらしい。ハリー・ベイジル(Harry Basil)の監督で来月19日からマリブで撮影がスタートする模様。
フランスの映画館チェーンMK2のマーリン・カーミッツ(Marin Karmitz)社長はHollywood Reporter紙に声明を掲載、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について「自社の系列館での上映を拒否した。私は常にファシズムと闘ってきた。私にとって『パッション』はファシストによるプロバガンダ映画だ」と語ったようだ。
米Moody's Investors Service社は、デヴィッド・ボウイが資金調達のために発行した債券の格付けを、3段階引き下げて「Baa3」としたようだ。
ブラジルで21日、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")を鑑賞していた牧師が心臓麻痺で死亡したらしい。 [☆「決して心臓の弱い方は観ないで下さい!」ホラー映画より怖い??]
ラスヴェガスで開催中のShoWestに出席した米映画協会(Motion Picture Association of America)のジャック・ヴァレンティ会長は、最近の放送番組などへの規制強化の動きに関連して「憲法修正第1条は、他の全てを保障する憲法の一つだ。言論の自由が奪われれば、我々に何があるのか?私は、そのことを憂慮している」とコメントしたようだ。
23日英BBCで放送されるドキュメンタリー番組"Police Protecting Children"で、昨年児童ポルノ閲覧で逮捕されたピート・タウンゼントの警察での尋問の様子が放映されるらしい。
シルヴェスタ・スタローンらがプロデュースする、米NBCの新人ボクサー発掘番組"The Contender"に、ジョージ・フォアマンの参加が決まった模様。
ケイシャ・キャッスル=ヒューズは「エピソードIII」でナブーの女王を演じているらしい。
マーク・マイロッド(Mark Mylod)監督、ロビン・ウィリアムス主演の新作コメディ"The Big White"で、ジェイムズ・ウッズとジョヴァンニ・リビージが共演するらしい。
デヴィッド・キャラダインは「キル・ビル Vol.2」("Kill Bill: Vol.2")について「内容もスタイルも全く違う。第1作のように闘いが全てはないんだ。それでも、アクションはタップリだけどね」と語ったようだ。
WWEのビル・ゴールドバーグ(Bill Goldberg)がサンタ・クロースを演じるコメディ・ホラー"Santa Slay"の撮影が、現在カナダのアルバータで行われている模様。ブレット・ラトナーが共同製作で参加しているらしい・
フランク・ダラボンは"Mission: Impossible III"の脚本を書くらしい。
リドリー・スコット監督は「エイリアン」("Alien")シリーズ最新作の製作について「ここ数年(スタジオ側と)協議を進めている。状況は複雑だ。スタジオを喜ばせなければならないし、コアな観客を喜ばせる必要もあるし、監督にも納得してもらわなければいけない」「僕は監督しないと思うが、いろいろアイデアがあるので、製作には関わっていきたい」と語ったようだ。
ケイト・ウィンスレットは足が大きいことをとっても気にしているらしい。「足のサイズはUS11(28.5cm)で、身長は168cmです。(『タイタニック』("Titanic",1997年)で共演した時)レオナルド・ディカプリオによくからかわれました。彼の身長は185cmあるのに足のサイズが私と全く同じだったのです。彼は私の足をカヌーと呼んでいました」と語ったらしい。
キルスティン・ダンストは、先日ジェイク・ギレンホールと手に入れた犬について「犬の毛とフンがそこらじゅうにあって、裏庭は納屋みたいな臭いがするの。私の責任じゃないわ。自分の家でもやってたから助けてはあげるけど。だから私は猫好きになったのよ。楽勝だと思っていたのに」と語ったようだ。 [☆子犬のせいで破局か?!]
「踊る大捜査線」のTVと映画シリーズのサントラ6枚と特典ディスク1枚がセットになった「RHYTHM AND POLICE / THE COMPLETE FILE」が24日に発売されるようだ。
モデルのレイチェル・ハンターはランジェリーメーカーのUltimoとモデル契約を結んだようだ。
米USA Networkがマーティン・スコセッシらの制作総指揮で制作するドラマシリーズ"Frankenstein"は、「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre")のマーカス・ニスペルが監督を務め、パーカー・ポージーが主演するらしい。5月からトロントで制作が開始される模様。
アレックス・ウィンター(Alex Winter)監督、チップス・ハーディ(Chips Hardy)脚本による新作ダーク・コメディ"Acts of Charity"で、アラン・リックマンが主演するようだ。
ローレンス・ベンダーのプロデュースでヒスパニック系サッカー選手の活躍を描くサッカー映画3部作の第1作"Goal!"は、マイケル・ウィンターボトムが監督、ディエゴ・ルナ、ステラン・スカルスガルドらが共演する模様。4月に撮影がスタート、2006年のワールドカップ開催に合わせて第3作が公開される予定とか。
Paramount Picturesとプロデューサーのデヴィッド・パーミュット(David Permu)は、人気TVコメディ「ラブ・ボート」("The Love Boat",1977-1986年)の映画化を検討している模様。
ピアース・ブロスナンは、007シリーズ第21作への出演について「やることになれば素晴らしい。もしそうでないとしても、それは構わない。ただ、もし次も出演するとすれば、それは間違いなく最後になるだろう」と語ったようだ。
「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")で引き続き監督を務めたラジャ・ゴズネルは、フレディ・プリンズJr.、サラ・ミシェル・ゲラー夫妻が第3作への出演契約にサインしていないことについて「彼らが戻ってこないなら、脚本をどうするか考えないといけない」と語ったようだ。また第3作の舞台について「ヨーロッパを考えている。どこかは教えられないけど」とコメントしたらしい。
ベン・アフレックが受け取るはずだったゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry Awards)のトロフィーがネットオークションに出品され、現在1000ドルの値をつけているらしい。
ハンス・ピーター・モランド監督の新作"Beautiful Country"は、ハーヴェイ・カイテルが降板、代わってティム・ロスがニック・ノルティと共演することになった模様。バイ・リンも出演するらしい。
今シーズンでの終了が噂されているTVドラマシリーズ"Angel"(1999年-)について、ファンらは番組存続に向けた運動を展開、Hollywood Reporter紙に全面広告が掲載されたほか、http://www.SavingAngel.orgでは、既に2万2000ドルの寄付金が集まったらしい。
"Eternal Sunshine of the Spotless Mind"に主演したジム・キャリーは「脚本を渡され『チャーリー・カウフマンだ』と言われて、僕は『OK。何処にサインすればいい?』と答えたよ。彼の伝説の一部になれるからね」と語ったようだ。
アレサ・フランクリンが先週末に入院したようだ。病状などについては明らかにされていない模様。
「ハワード・ストリート」("Howard Street")などの小説で知られ、映画「ゴードンの戦い」("Gordon's War",1973年)にも出演した、米作家のネイサン・ハード(Nathan Heard)さんが16日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン共演によるジョニー・キャッシュの伝記映画"Walk the Line"の撮影が6月にメンフィスでスタートする模様。
  3/24
東宝は、6月に始まる「ゴジラ FINAL WARS」の撮影から、大学生を映画製作現場に受け入れて研修するインターン制度をスタートさせるらしい。
2001年1月にNHK教育で放送された「戦争をどう裁くか」で、事前説明と大きく異なる内容が放送されたとして、取材に応じた団体「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」がNHKと番組制作会社に対し賠償を求めていた裁判で、東京地裁は24日、制作会社に対し100万円の支払いを命じる判決を下したようだ。
20日亡くなったいかりや長介の葬儀が行われる青山葬儀所で24日、加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんの4人が記者会見を行ったようだ。
江角マキコが国民年金の保険料を納めていなかった問題で、民主党の菅直人代表は23日、江角の参考人招致を求める方針を明らかにしたようだ。 [☆国会中継視聴率大幅アップ確実!]
20日亡くなったいかりや長介の通夜が23日都内で行われ、ザ・ドリフターズのメンバーや、植木等、堺正章、野際陽子、立川談志、西城秀樹、織田裕二、水野美紀ら約1000人が参列したほか、ファンら2500人も記帳に訪れたようだ。
いかりや長介の葬儀・告別式が24日、青山葬儀所で営まれ、芸能関係者ら900人が参列したほか、1万人のファンが記帳に訪れたようだ。
「太陽にほえろ!」でブルース刑事役を務めたほか、「「さよなら」の女たち」(大森一樹監督,1987年)、「GUN CRAZY Episode4 用心棒の鎮魂歌」(室賀厚監督,2003年)などの作品に出演した、俳優の又野誠治さんが23日亡くなった(43歳)。ご冥福をお祈りいたします。
スコットランドの作家アラン・モーリソンの調査によると、エルヴィス・プレスリーの祖先は1745年にスコットランドから米ノースカロライナ州に移住していたらしい。
「さとうきび畑」の作詞作曲で知られる寺島尚彦さんが23日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)の特別野外上映会が27日、ソウル市内で開催されるらしい。カン・ジェギュ監督、チャン・ドンゴン、ウォン・ビンらが舞台挨拶に立つほか、来場者にはサイン入りハンカチがプレゼントされるようだ。
人気アイドルグループF4のメンバー、ヴィック・チョウが主演する映画「戦神」の撮影が仙台で行われたらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")のフランスでの配給を手掛ける映画プロデューサーのタラク・ベン・アマール(Tarak Ben Ammar)はインタビューの中で「これはファシストの映画ではない。これまでに5000万人もの人々が鑑賞しているが、彼らが皆ファシストとは思えない。それは極めて深刻な主張だ。この偉大な作品をファシストだと片づけることなど出来ない」と語ったようだ。
米CATV局のLifetimeは、米NBCの人気コメディ「そりゃないぜ!?フレイジャー」("Frasier",1993-2004年)の放映権を獲得した模様。2006年3月から放送を開始するようだ。
1999年12月にマサチューセッツ州で起こったビル火災事故を描く、ダニー・ボイル監督次回作"3000 Degrees"で、エド・ハリスとウディ・ハレルソンの共演が決まった模様。ビリー・クラダップも出演交渉中らしい。
米監督組合(Directors Guild of America)は、先月提案していた"film by"のクレジット方法のルール変更について、米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture & Television Producers)と合意したようだ。
エジプトでは、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の海賊版が既に出回っているものの、映画館経営者は、来月からの公開では記録的な売上となると予想しているようだ。
ロマン・ポランスキー監督が、ディケンズの「オリバー・ツイスト」("Oliver Twist")を再び映画化するらしい。「戦場のピアニスト」("The Pianist")のロナルド・ハーウッド(Ronald Harwood)が脚本を担当、今年半ば頃からチェコ共和国で撮影が始まる予定とか。
2003年のハリウッドの主要スタジオでの映画製作とプロモーションの費用は、1本当たり平均1億290万ドルとなり、前年を15%も上回ったようだ。内訳は、製作費が8.6%アップの6380万ドル、宣伝費その他が28%上昇の3900万ドルだったらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の大ヒットを受けて?、「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」("Monty Python's Life of Brian",1979年)のリバイバル上映が、来月末からロサンゼルスとニューヨークで行われるらしい。
マーティン・スコセッシ監督「最後の誘惑」("The Last Temptation of Christ",1988年)で脚本を務めたポール・シュレイダーは、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について「とてもよくできた作品だが、とても暴力的で自責の念が注がれている」「ギブソンの作品は福音派の集会に似ている。人々は映画を観て宗教的体験を得たと確信する。非常に興味深く、気がかりな現象だ」と語ったようだ。
英国週末興収はオーウェン・ウィルソン、ベン・スティラー共演の"Starsky & Hutch"が480万ポンドで1位を獲得、ジュリア・ロバーツ主演「モナリザ・スマイル」("Mona Lisa Smile")は260万ポンドで2位、ケヴィン・コスナー監督・主演"Open Range"は42万4000ポンドで5位のスタートとなったようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)のジャック・ヴァレンティ会長は23日、数ヶ月以内に会長職を辞任すると発表したようだ。
Lions Gate Filmsは、来月30日全米公開予定のニック・ハム監督、ロバート・デ・ニーロ主演の新作スリラー"Godsend"に登場するクローン研究所のサイトGodsendInstitute.orgを立ち上げたようだ。
来月7日スタートする米ABCのリアリティ番組"The Bachelor"第5シーズンは、ニューヨーク・ジャイアンツのジェシー・パーマー(Jesse Palmer)が花嫁候補を選ぶらしい。
ジョン・ムーア監督、デニス・クエイド主演による「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)のリメイクは、ナミビア砂漠で撮影が行われているらしい。作品中ではモンゴルの砂漠として登場するようだ。
エディ・グリフィンは、ジョン・エアーズ(John Eyres)監督によるインディ映画"Irish Jam"に主演するようだ。5月中旬からアイルランドで撮影が始まるらしい。
スティーヴ・マーティンらは、キューバ系アメリカ人一家を描く米FOXのタイトル未定のドラマ・パイロットを制作するようだ。主人公となる16歳の少年役を一般公募しているらしい。
キーラ・ナイトレイは、モデルで元恋人のジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)とよりを戻したらしい。
アン・リー監督の新作"Brokeback Mountain"に出演するヒース・レジャーは「体を鍛え上げるように言われたよ。みんなはスーパーヒーローかなにかを演じると思うかもしれないけど、ゲイのカウボーイの物語なんだ」と語ったようだ。
「恋人までの距離」("Before Sunrise",1995年)の続編"Before Sunset"で再び主演を務めたイーサン・ホークは「もし1作目が好きなら、2作目も気に入ってくれると思う。1作目が退屈だと思った人にとっては、2作目はもっと退屈だろうね」と語ったようだ。
エルヴィス・プレスリーが身につけていた32万5000ドル相当の宝飾品が、Elvis-A-Rama博物館から盗まれたらしい。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで23日記者会見を行ったGLAYは、デビュー10周年記念公演「GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN」を7月31日に行うと発表したようだ。総製作費15億円が投入され、オープニングには中野裕之監督による短編映画が上映されるらしい。
福岡芳穂監督「愛してよ」の製作発表が23日新潟市役所で行われ、主演の西田尚美らが出席したようだ。11月に新潟で先行上映され、来年3月に全国公開されるらしい。
Focus Featuresは、ベストセラーとなったキャロライン・パークハースト(Carolyn Parkhurst)の処女小説"The Dogs of Babel"を映画化するようだ。
トッド・フィールド監督次回作は、トム・ペロッタ(Tom Perrotta)が自らの小説を脚本化する"Little Children"になるようだ。
11月全米公開予定のアニメ映画"The SpongeBob SquarePants Movie"で、スカーレット・ヨハンソン、アレック・ボールドウィン、ジェフリー・タンバーが声優を務めることが決まったようだ。
Nickelodeon MoviesとOverbrook Entertainmentは、SFアクション映画"The Mark"の製作をスタートさせるようだ。ウィル・スミスが主演する模様。またTVアニメシリーズ化も予定されていらしい。
ガース・エニス(Garth Ennis)のコミック"Preacher"が映画化されるようだ。主演予定のジェイムズ・マースデンは「この夏に撮影が始まる予定だ。もう1年待ってくれたらシワも増やせたし、もっと荒々しさを出せたかもしれないけど。メソッド・アクティングをやってみたいとは思っている。妻は2日間で原作を全部読んで、すっかりファンになってしまったよ」と語ったようだ。
ラウル・ガルシア(Raul Garcia)監督によるヒスパニック系アニメーション映画"Sian Ka'an"に声優として出演したアルフレッド・モリーナは「以前"Justice League"(2001年-)で一度声優をやったことがあるが、小さな役だった。Sian Ka'anの様な役は全く初めてだったよ。2日間の収録だったがとても楽しかった」と語ったようだ。
「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")に出演したセス・グリーンは、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)以来の共演となるサラ・ミシェル・ゲラーについて「番組が終わってからそんなに経っていないけど、彼女は結婚して本当の安らぎを得たんだと思う。とても幸せそうだよ」と語ったようだ。
「ザ・リング」("The Ring",2002年)のプロデューサー、マイク・マカリ(Mike Macari)とニール・エデルスタイン(Neal Edelstein)は、「サウンド・オブ・サイレンス」("Don't Say a Word",2001年)を手掛けたアンドリュー・クラヴァン(Andrew Klavan)によるタイトル未定の脚本の映画化について、オプション契約を結んだ模様。未亡人と、父親の幽霊に取り付かれた娘を主人公にしたホラー作品らしい。
アンソニー・アンダーソン主演の新作コメディ"King's Ransom"で、ジェイ・ムーアとケリタ・スミス(Kellita Smith)の出演が決まったらしい。
米NBCのドラマシリーズ"Providence"(1999-2002年)に出演したメリーナ・カナカレデス(Melina Kanakaredes)は、CBSの新シリーズ"CSI: New York"への出演を決めた模様。
5月30日に開催されるインディ500で、モーガン・フリーマンがペースカー・ドライバーを務めることになったようだ。
Amazon.co.jpは、9月1日に発売されるシリーズ第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」("Harry Potter and the Order of the Phoenix")の日本語版への予約を15日にスタート、24時間で6000冊を超える予約注文が殺到したらしい。
20日から入院しているアレサ・フランクリンの担当医師は23日、病状について抗生物質によるアレルギー反応と説明したようだ。
コーエン兄弟の新作"The Ladykillers"に出演しているトム・ハンクスは「アンサンブル映画は俳優にとって最高に楽しい。『キャスト・アウェイ』("Cast Away",2000年)以降、一人だけの映画は勘弁してくれと言ってきた。気が狂いそうになるからね」と語ったようだ。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」へのケイト・ウィンスレット出演の噂について、Warner Bros.はこれを否定したようだ。
マイク・ニューウェル監督「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")にケイト・ウィンスレットが出演するらしい。
すでに撮影が終了していたポール・シュレイダー監督版"Exorcist: The Beginning"は、DVDでリリースされる可能性があるらしい。 [☆「RAMPO」再び・・・]
  3/25
昨年の第75回アカデミー賞授賞式で主演女優賞を受賞する女優のために制作された、ルビー642個を散りばめたサンダルが、24日から大丸札幌店の婦人靴売り場に展示されているらしい。参考小売価格は150万ドルとか。
「君ひとすじに」(志村敏夫監督,1956年)、「坊ちゃんの特ダネ記者」(近江俊郎監督,1957年)、「スーパー・ジャイアンツ 人工衛星と人類の破滅」(石井輝男監督,1957年)、「戦場のなでしこ」(石井輝男監督,1959年)、「地獄」(中川信夫監督,1960年)、「聖闘士星矢」(森下孝三監督,1987年)などの映画作品や、数多くのTVドラマなどで活躍した、女優の三ツ矢歌子さんが24日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
社会保険庁がPRに起用した江角マキコが、国民年金に加入していなかった問題で、大塚義治厚生労働事務次官は25日、謝罪を表明すると共に、江角の所属事務所に抗議したことを明らかにしたようだ。
東京国際アニメフェア2004」が25日、東京ビッグサイトで開幕したようだ。
「太陽にほえろ!」の長さん役で知られるほか、「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)、「どですかでん」(黒澤明監督,1970年)、「東京湾炎上」(石田勝心監督,1975年)、「遙かなる走路」("佐藤純彌",1980年)、「プロゴルファー織部金次郎2 パーでいいんだ」(武田鉄矢監督,1994年)、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 Part XI」(萩庭貞明監督,1998年)などの映画やTVドラマで活躍した、俳優の下川辰平さんが25日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「石原裕次郎記念館」の仕入れ代金4千万円余りを横領したとして、北海道警小樽署は25日、札幌市在住の46歳の女性を書類送検したようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の特別試写会が24日ソウル市内で開催され、神父や修道女ら700人余りが鑑賞した模様。キム・スファン樞機卿は「非常に良かった。多くの人が共感できる映画のようだ」とコメントしたらしい。韓国では来月2日から一般公開されるようだ。
ノ・ムヒョン大統領の選挙運動中「希望のブタ貯金箱」を無料で配布し、支持署名を集めたとして起訴されていた映画俳優のムン・ソングンに対し、ソウル高等裁判所は23日、懲役1年執行猶予2年の判決を下したようだ。
19日から韓国内の8館の劇場で上映されているキム・ドンウォン監督のドキュメンタリー映画「送還」が、26日からシネコンでも上映される模様。映画チケット販売サイトmaxmovie.comでトップ10に入るなど注目を集めているらしい。
池袋の9つの映画館と立教大学は25日、豊島区と協力して「映画によるまちづくり」プロジェクトを発表したようだ。活動の一環として、インタビューや試写会情報が掲載されたフリーペーパー「buku」が20日に創刊されるらしい。
2月にテヘランで開催されたFajr国際映画祭で最優秀作品賞を獲得したコメディ映画"The Lizard"は、18日からテヘランの映画館で公開される予定だったものの、直前になって検閲により上映が禁止となったらしい。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は25日、映画館内でのビデオ録画による海賊盤の製作を防ぐため、違法行為の発見者に対する報奨金制度を検討している、と発表したようだ。
ジェフ・ブリッジスの次回作は、マイケル・トレーガー(Michael Traeger)脚本・監督によるインディ作品"The Moguls"になる模様。小さな町の人々がポルノ映画を作るために結束する話らしい。
Sony Picturesは"Spider-Man 3"を2007年5月4日に公開すると発表したようだ。トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、そしてサム・ライミ監督の続投も既に決定している模様。また、7月2日に予定されていた「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の全米公開は6月30日に前倒しされたようだ。
イアン・ソフトリー監督、ケイト・ハドソン、ピーター・サースガード共演のサイコホラー"Skeleton Key"にジョイ・ブライアントが出演する模様。
"Batman Begins"にトム・ウィルキンソンとルトガー・ハウアーも出演するようだ。
クイーン・ラティファ主演の新作"Beauty Shop"に、ミーナ・スヴァーリの出演が決まったようだ。
イライジャ・ウッド、チャーリー・ハナム共演の新作"Hooligans"に、クレア・フォーラニがウッドの姉役で出演するらしい。
女優業でも注目を集めるテニス選手のセリーナ・ウィリアムズは24日「テニスが私の仕事。両立させたいけれど、今はテニスが最優先」と語ったようだ。
World Wrestling EntertainmentはCATV利用者向けのVODチャンネル"WWE 24/7"をスタート、7万5000時間に及ぶ映像ライブラリの提供を開始したようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の最新予告編が公式サイトで公開されたようだ。
ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグは、19世紀米国のフェミニスト、ヴィクトリア・ウッドハルを描くバーバラ・ゴールドスミス(Barbara Goldsmith)のノンフィクション小説"Other Powers: The Age Of Suffrage, Spiritualism And The Scandalous Victoria Woodhull"の映画化権を獲得したようだ。ニコール・キッドマンが主演を希望している他、ナオミ・ワッツの共演を薦めているらしい。
ジェシカ・シンプソンのファッションはセレブたちにも注目されているようだ。1月のゴールデン・グローブ賞のパーティで見せた淡い色のドレスは、2月のグラミー賞でアリシア・キーズとアシャンティが着ていたほか、大晦日イベントでのMarc by Marc Jacobsの水玉模様のブラウスは翌週スカーレット・ヨハンソンが、12月のコンサートで履いていたDKNYのブーツはクリスティーナ・アギレラが、それぞれ真似していたらしい。ジェシカの母親がスタイリストとか。
オジー・オズボーンは「故郷の英国で人生を終えたい。俺はここで生まれたし、他の国で死にたくない。英国に埋めて欲しいんだ」と語ったようだ。
GLAYは、24日にFM802で放送された全9番組に24時間連続出演したらしい。紀里谷和明監督「CASSHERN」にHISASHIと共に出演しているTAKUROは「熱い友情を描いた泣ける作品。HISASHIの演技に注目して」と語ったようだ。
古尾谷雅人の一周忌法要と納骨が25日、埼玉県川口市の霊園で行われたようだ。
「プロデューサーズ」("The Producers",1968年)の再映画化で、ウィル・フェレルが出演交渉中のようだ。
6月25日全米公開予定の"Sky Captain and the World of Tomorrow"では、1500から2200のVFXショットがあるものの、昨年末の時点で500ショットも完成していなかったらしい。そのため現在は、Computer C.A.F.E.、Gray Matter FX、Luma Pictures、Pacific Title & Art Studiosなどが外注委託を受けて製作を行っている模様。2ヶ月で1000ショットを完成させたとか。
グラフィック・ノベル"Sin City"の映画化で、ロバート・ロドリゲス監督は、原作者フランク・ミラー(Frank Miller)に加えて、クエンティン・タランティーノを共同監督に希望しているらしい。
今月8日に薬物と共に自宅で死亡しているのが発見された俳優のロバート・パストレリに対し、1999年3月に自殺したとされる恋人シャレモン・ジョノヴィッチ(Charemon Jonovich)の殺害容疑がかけられていたらしい。
ケヴィン・スミス監督は以前、マイケル・ジャクソン演じる主人公が車に変形する"Hot Rod"という映画のオファーを受けたことがあるらしい。「今思えば、撮ってみたかったね。ジャクソンやスタジオが観たがっていた作品とは似ても似つかない作品になっていただろうけど」と語ったようだ。
アレサ・フランクリンは24日、無事退院した模様。25日の62歳の誕生日は自宅で迎えることになるようだ。
スティーヴン・キングとスチュワート・オナン(Stewart O'Nan)は、1918年以来ワールドシリーズで優勝していないBoston Red Soxについての本を共同で執筆するらしい。今シーズンを通してRed Soxの試合を観戦、その記録をまとめて年末に出版する予定とか。
来月全米公開となるデニス・クエイド、ビリー・ボブ・ソーントン共演の新作"The Alamo"で使用されたセットは、精巧かつ歴史的にも正確に構築され、保存を望む声もあったものの、実際にはベニヤ板や電柱、石膏で作られており、常にペンキを塗り直さなければならず、保存には向かないようだ。
  3/26
東映アニメーションは、庵野秀明の総監督、平松禎史のキャラクターデザイン、中島かずきの脚本によるアニメシリーズ「Re:キューティーハニー」全3話を、7月24日からスカイパーフェクTV!パーフェクトチョイスでPPV放送すると発表したようだ。
チェリム、チャン・ドンゴン、キム・ソヨン共演のドラマ「イヴのすべて」全20話が、韓国ドラマポータルサイト「ドラマ韓」で26日から配信されるようだ。
日本喜劇人協会は26日、第1回喜劇人大賞を発表、三谷幸喜が大賞、佐藤B作、三宅裕司、ラサール石井が特別賞、森繁久彌、森光子が名誉功労賞に選ばれたほか、いかりや長介に特別功労賞が贈られるようだ。
24日亡くなった三ツ矢歌子の仮通夜が25日都内で営まれ、久我美子らが参列したよづあ。
「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")の挿入歌とエンディング・テーマをPUFFYが担当するようだ。
「ラスト・サムライ」("The Last Samurai",2003年)でアカデミー賞助演男優賞をはじめ7つの賞にノミネートされた渡辺謙が25日「感謝パーティ」を開催、津川雅彦、古手川祐子、高橋克典、南野陽子ら200人が出席したようだ。"Batman Begins"への撮影参加は6月下旬からになる模様。
東武鉄道は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」の一場面をデザインしたプリペイドカードを1万枚限定で来月6日から発売するようだ。春日部市内の7駅でのみ販売されるらしい。
「社長太平記」(1959年)などの森繁久彌主演による社長シリーズや「連合艦隊」(1981年)などの作品で知られる松林宗恵監督が所蔵する資料を展示する記念館が25日、島根県桜江町のミュージアム「水の国」内にオープンし、松林監督、司葉子、財津一郎らが記念式典に出席したようだ。
中国独自の次世代DVD規格「EVD(Enhanced Versatile Disk)」による映画上映が、19日から中国各地で行われ、無事成功した模様。6月以降に映画ソフトのリリースがスタート、数百本の作品がEDVかされるらしい。
青木和雄、吉富多美共著の児童書「ハードル―真実と勇気の間で」をアニメ映画化した、出崎哲監督「ハードル」が27日から神奈川県内の公会堂などで上映されるようだ。ゆずの「なにもない」が主題歌になっているらしい。
文化庁は26日第1回文化庁映画賞を発表、文化記録映画大賞に森康行監督「こんばんは」、優秀賞に鎌仲ひとみ監督「ヒバクシャ―世界の終わりに」と橋本信一監督「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」が選ばれたようだ。
アート系作品を中心とするFocus Featuresは、アクションやスリラーなどの主流作品を配給するRogue Picturesを新たに設立したようだ。ジェット・リー主演のタイトル未定の新作や、「ジョン・カーペンターの要塞警察」("Assault on Precinct 13",1976年)のリメイク、「チャイルド・プレイ」シリーズ第5作"Seed of Chucky"などの作品を手掛けるらしい。
米ABCの人気シリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)に、ミア・マエストロがジェニファー・ガーナー演じる主人公の姉妹役で出演するらしい。今シーズンの3エピソードに出演、来シーズンからはレギュラーになる予定とか。
米通商代表部(USTR)のゼーリック代表は25日行われた下院公聴会で、中国が米国製品の違法コピーなどの取り締まりを行わなければ世界貿易機関に提訴することもあり得る、と発言したようだ。
19歳の女性を殺害した米国の男性が、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of Christ")を鑑賞して深く反省、今月9日にテキサス州の警察当局に自首していたらしい。
全米週末公開作品では、大ヒットした前作に続く第2弾「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")が、週末興収2000万ドルを軽くクリアしてNo.1になると予想されているようだ。一方、先週1位の「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")、2位の「パッション」("The Passion of the Christ")、コーエン兄弟の新作"The Ladykillers"は、1000-1500万ドルの間での戦いとなる模様。
ボブ・スピアーズ監督、トム・グリーン主演の新作コメディ"Bob the Butler"で、ブルック・シールズが共演するらしい。撮影は、来月26日からバンクーバーで始まるようだ。
中田秀夫監督、ナオミ・ワッツ主演のシリーズ第2弾"The Ring 2"は、5月からオレゴン州のアストリアで撮影が始まる模様。
キャメロン・ディアスは、彼女のビーチ・ハウスにドリュー・バリモアとファブリツィオ・モレッティを招待したものの、彼女達が帰るとすぐにハウス・クリーニングを呼んだらしい。「私は潔癖症なの。ドリューはかわいい女の子だけど、だらしがなくて」と語ったようだ。
ザ・ロックは虫が苦手らしい。「もぞもぞ這い回る虫は得意じゃない。クモは大嫌いだ。家でクロゴケグモを見つけて、あの赤い斑点にゾッとした。でも、僕はそいつを殺したんだ。自分が誇らしかったよ」と語ったようだ。
ロンドンのOld Vic theatreで芸術監督を務めるケヴィン・スペイシーが制作する舞台"The Philadelphia Story"は、グウィネス・パルトロウの主演が予定されているらしい。また、別の作品ではキャメロン・ディアスが出演交渉中とか。
アン・リー監督の新作"Brokeback Mountain"に主演するヒース・レジャーは「アンが僕にその企画を持ち込んだんだ。かなり怯えたけど。脚本は好きだった。純粋なラヴ・ストーリーだし、とてもユニークでオリジナルな作品だったからね。(恋人の)ナオミ(・ワッツ)に脚本を見せたら、やるべきだと言ってくれたよ。恐怖に立ち向かうべきだと勇気づけてくれたんだ」と語ったようだ。
ビリー・ボブ・ソーントンは、離婚したアンジェリーナ・ジョリーとの生活について「素晴らしい関係だった。我々はどんな時もお互いを愛していた。だが、自分達の人生をどう生きるかについては、それぞれ違った考えを持っていた。それだけのことだ」と語ったようだ。
ブラッド・ピットは"Girls Gone Wild"がお気に入りらしい。「トロイ」("Troy")で共演したオーランド・ブルームやエリック・バナ達には、クリスマスにDVDやTシャツ、ビートタオルのセットをプレゼントしたとか。
クリスティーナ・アギレラが婚約したらしい。
犬童一心監督「死に花」の完成を記念した都電荒川線「しにばな号」の開通式が25日都内で行われたようだ。
小原宏裕監督によるドキュメンタリー映画「ザッツ・ダウンタウン・ブギウギ・バンド」(1976年)のDVDが25日発売されたようだ。
アベル・フェラーラ監督による「ボディ・スナッチャーズ」("Body Snatchers",1993年)のリメイク権をもつWarner Bros.は、ジャック・フィニイ(Jack Finney)の小説「盗まれた街」("Invasion of the Body Snatchers")を再び映画化する模様。Focus Featuresの「チェンジリング」("The Changeling",1979年)のリメイクも手掛けるDave Kajganichが脚本を担当するようだ。
P・J・ホーガン監督の次回作はParamount Picturesのコメディ"Let's Make Friends"になるようだ。「ブルース・オールマイティ」("Bruce Almighty",2003年)のスティーヴン・ウェイン・コレン(Steven Wayne Koren)の脚本による作品らしい。
Playtone ProductionsとUniversal Picturesは、マーク・ブルトマン(Mark Blutman)の脚本によるコメディ・ファンタジー"Maynard Dils... Last Man on Earth"を映画化する模様。トム・ハンクスらが製作を務めるようだ。ダサイ男が突然全ての女性から好かれてしまう・・・という話らしい。
「ドニー・ダーコ」("Donnie Darko",2001年)のリチャード・ケリー監督次回作は、2008年のロサンゼルスを舞台にしたコメディ・ミュージカルSFスリラー"Southland Tales"になるようだ。ショーン・ウィリアム・スコットが出演交渉中のほか、サラ・ミシェル・ゲラー、ジェイソン・リー、ジャニーン・ガラファロ、チム・ブレイク・ネルソン、エイミー・ポーラー(Amy Poehler)、ケヴィン・スミス、アリ・ラーターらが共演予定とか。7月から撮影が始まる模様。
中国電影集団公司、中国映画製作者協会、中国映画監督協会、および中国の配給会社35社は、海賊版追放を訴える「ハリケーン・キャンペーン」を共同で展開するらしい。
米ABC「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)のスピンオフ企画で、フェイ・マスターソン(Fay Masterson)、レイク・ベル(Lake Bell)の出演が決まったほか、ウィリアム・シャトナーがレギュラー出演するらしい。
レス・メイフィールド監督、サミュエル・L・ジャクソン、ユージーン・レヴィ共演の新作コメディ"The Man"で、「ブレイド2」("Blade II")のルーク・ゴスが出演する模様。
スティーヴ・マーティン主演による"The Pink Panther"に、デヴィッド・ベッカムがカメオ出演するらしい。現在交渉中の模様。
ジョエル・ズウィック監督による米CBSのアニメシリーズ"Fat Albert and the Cosby Kids"(1972-1979年)の実写映画化に、カイラ・プラット(Kyla Pratt)の出演が決まった模様。
マーク・マイロッド(Mark Mylod)監督、ロビン・ウィリアムス主演の新作コメディ"The Big White"に、ホリー・ハンターが妻役で出演するようだ。
5月1日に開幕するトライベッカ映画祭で、ゲイリー・マーシャル監督、ケイト・ハドソン主演の新作コメディ"Raising Helen"がオープニング上映されるようだ。
トム・クルーズとペネロペ・クルスは今年1月に破局していたらしい。
  3/27
島田楊子が24日都内で交通事故を起こした模様。けが人等は無かったようだ。
25日亡くなった下川辰平の葬儀・告別式が26日福岡市内で行われ、竜雷太、清水昭博ら80人が参列した他、ファンらおよそ100人も集まったようだ。
アシュレイ・オルセン、メアリー=ケイト・オルセンの双子姉妹が来日、26日都内で記者会見を行ったようだ。ファッション・ブランドmary-kateandashleyを西友で展開するらしい。
ジョウ・シュン主演最新作「美人依旧」の編集が、現在米国で進められているようだ、
「福岡フィルムコミッション」は韓国に対する誘致活動を積極的に進めているとか。韓国語のパンフレットも作成するらしい。
フランスに暮らすユダヤ人の兄弟3人が、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of The Christ")のフランスでの上映差し止めを求めて、パリの裁判所に訴訟を起こしたようだ。
米Walt Disney Studioのディック・クック(Dick Cook)会長は26日、「トイ・ストーリー」シリーズ第3作は、ビデオ・リリースではなく劇場公開作品となるだろう、と語ったようだ。ただし、正式な決定ではない模様。
米NBCの人気シリーズ"Law & Order"(1990年-)に1992年から出演している、レニー・ブレスコ刑事役のジェリー・オーバック(Jerry Orbach)が降板する模様。ただし、まもなくスタートする第4のシリーズ"Law & Order: Trial by Jury"には出演するらしい。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の英国での公開が26日、スタートしたようだ。
「スパイダーマン」("Spider-Man")シリーズにも出演しているジェイムズ・フランコは、自ら脚本も手掛けたドラマ"The Hedonist"で監督デビューするらしい。
20th Century Fox Televisionは、放送打ち切り後にDVDで人気に火がついたTVアニメシリーズ"Family Guy"(1999-2002年)の新シリーズ製作を決定した模様。2005年から放送されるらしい。
ウォルフガング・ペーターゼン監督、ブラッド・ピット主演の歴史超大作「トロイ」("Troy")で、ガブリエル・ヤレド(Gabriel Yared)の作曲した音楽が不採用となった模様。ジェイムズ・ホーナーが新たに作曲するようだ。
ジェニファー・ガーナー主演による「デアデビル」("Daredevil",2003年)のスピンオフ企画"Elektra"の敵役は"タイフォイド・メアリー"(Typhoid Mary=腸チフスのメアリー?)というキャラクタらしい。昼は普通の女性で、夜になると正気を失い病気を撒き散らすらしい。
マギー・ギレンホールは、恋人のピーター・サースガードとの出会いについて「一目惚れだったの。私の電話番号を彼に渡したわ。その時は、ロマンスを求めていたわけじゃなかったけど、今は恋に恋している。とっても幸せな気分よ」と語ったようだ。
ヒース・レジャーは8年間も同じブーツを履いているようだ。「とても履き心地がいいんだよ。もし、コンクリートを流し込んだら、完璧な僕の足型が採れるだろうね」と語ったとか。アカデミー賞授賞式にも履いて行ったらしい。
アダム・シャンクマン監督の新作"The Pacifier"でヴィン・ディーゼルと共演するブリタニー・スノウは「私のキャラクタは、反抗的で、常に自分が正しいと思い込んでいて、みんなに辛くあたって、品のない服を着ている役なの。みんなは私がブリトニー・スピアーズみたいに見えるようにしたらしいわ」と語ったようだ。
「スパイダーマン」("Spider-Man")シリーズでプロデューサーを務めるローラ・ジスキン(Laura Ziskin)は「みんながどの程度この企画を信用しているのか分からない。私は3作目のことがやっとなのに、スタジオ(Sony Pictures)はもう6作目のことを考えてる。まだ2作目も公開されていないと言うのによ。でも、スパイダーマンは今までの映画にはできなかったことが出来ると信じている」と語ったようだ。
ビヨンセ・ノウルズは、Destiny's Childとしての活動を再開しこの春にはニューアルバムの制作に入る予定だったものの、ミッシー・エリオットとアリシア・キーズのツアーへの参加に加え、スティーヴ・マーティン主演"The Pink Panther"への出演が決まったことから、レコーディングは秋以降になるようだ。
現在妊娠中のグウィネス・パルトロウは、クリス・マーティンと共にヨガ教室に通い始めたらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは「私の夢は、引退して、飛行機のパイロットになって、子供たちと一緒に、援助を求めている人たちのために食料を届けることなの」と語ったようだ。現在、パイロットの資格を得るために猛勉強中らしい。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」で松岡昌宏と菊川怜が共演するようだ。撮影は5月下旬に始まる模様。
ラスヴェガスで開催中のShoWestで、米20世紀FOXはローランド・エメリッヒ監督最新作「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")の10分間の特別映像を公開したほか、「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")の映像も初公開したようだ。また「ガーフィールド」("Garfield")へのジェニファー・ラヴ・ヒューイットとブエッキン・メイヤーの主演が発表されたほか、「アイ,ロボット」("I, Robot")に主演するウィル・スミスも衛星中継で登場したらしい。
  3/28
ロックバンドJanne Da Arcのメンバーの母校を舞台にした、杉山嘉一監督「Hirakata」が5月に公開されるらしい。
「殺人の追憶」が27日初日を迎え、来日中のソン・ガンホ、パク・ヘイル、ポン・ジュノ監督が都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
イ・シミョン監督「ロスト・メモリーズ」が27日初日を迎え、仲村トオルが舞台挨拶に立ったようだ。
クァク・ジェヨン監督、チョン・ジヒョン主演の新作「僕の彼女を紹介します」は、カンヌ国際映画祭への出品が予定されているらしい。
「呪霊 劇場版〜黒呪霊〜」が27日初日を迎え、若槻千夏らが舞台挨拶に立ったようだ。
タカハタ秀太監督「ホテル・ビーナス」公開中の梅田ピカデリーで27日、草なぎ剛による舞台挨拶が行われたようだ。崔洋一監督「クイール」に出演したラフィーも登場したらしい。
「かまち」に出演する谷内伸也が27日、都内でトークショーを行ったようだ。
第40回百想芸術大賞授賞式が26日ソウル市内で開催され、「シルミド/SILMIDO」(「実尾島」)のカン・ウソク監督に最高賞が贈られたほか、作品賞にカン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)が選ばれたようだ。
韓国での昨年の映画産業の売上は、前年比8.6%増となる3兆7780億ウォンに達した模様。
「二十四の瞳」(木下恵介監督,1954年)の製作50周年を記念したイベントが、来月1日から小豆島で行われるようだ。
シーア派の代表は「我々は『パッション』("The Passion of The Christ")のクウェートでの公開を解禁するよう情報省に要請した。神の下の平和と、預言者の殺人者としてのユダヤ人の役割を明らかにするために」と発表したようだ。
"Indiana Jones 4"の脚本のリライトは、トム・クルーズ主演の新作"Collateral"などを手掛けるスチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)が担当するらしい。
ニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演の新作"The Interpreter"の撮影が、28日から5日間、マンハッタンの64thストリートで行われる模様。
ブルース・ウィリスは「ダイ・ハード4」について「検討を進めているところだ。今その結末について、議論を戦わせている。問題は、何のアイデアもないことだ。僕らに何が出来る?惑星を激突させるとか?アステロイドを乗りこなすか?」と語ったようだ。
ビヨンセ・ノウルズの妹で歌手のソランジュ(Solange)が妊娠したらしい。彼女が出演する映画"Johnson Family Vacation"が公開される来月7日以降に正式発表される模様。
新作"The Deal"でクリスチャン・スレイターと共演するセルマ・ブレアは、子供の頃からスレイターに夢中だったとか。撮影は来月から始まるようだ。
人気TVドラマシリーズ"Angel"(1999-2004年)の制作総指揮を務めるジョス・ウェドン(Joss Whedon)は、「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のサラ・ミッシェル・ゲラーに最終回への出演を依頼しなかったことを明らかにしたようだ。「共に戦い、共に生き、そして死んでいったキャラクタたちと最終回を迎えたかったんだ」と語ったらしい。
クリス・マーティンと共にロンドンで暮らしているグウィネス・パルトロウは「アメリカと比べて、何かをしようと思うとホントに大変。ここでは何もかもがスローなの」と不満を漏らしているらしい。
ベン・アフレックは、ジェニファー・ロペスとの交際中、苦手なダンスで苦労したらしい。「踊っている時、ジェニファーに『その顔は止めてよ。顔が怖いわ!』ってよく言われたよ。ボディビル・コテンストを見たことある?作り笑いがキモチワルイんだ。僕もきっとそんな顔をしていたんだよ」と語ったようだ。
「地獄の英雄」("The Big Carnival",1951年)、「挑戦者」("Flesh and Fury",1952年)、「1984」("1984",1956年)などの作品で知られる、米女優のジャン・スターリング(Jan Sterling)さんが亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
日韓共同製作のアニメ映画「新暗行御史」で、BoAが主題歌を歌うことが決まったようだ。
新作「レディ・キラーズ」("The Ladykillers")でトム・ハンクスが演じるゴールドスウェイト・ヒギンソン・ドアIII世(Goldthwait Higginson Dorr III)の名前は、コーエン兄弟が子供の頃過ごしていたミネアポリスの美術館で学芸員を務めていた人物から名前を拝借したらしい。現在フェニックスに暮らす72歳のドア氏は「(なんで私の名前を覚えていたのか)全く見当も付かない。当時はまだ彼らもうんと若かったんだろうね。美術館に務めているといろんな人と出会うんだ」と語ったようだ。
ケイト・ウィンスレットは、新作"Eternal Sunshine of the Spotless Mind"で、巨大なキッチンの流しの中でジム・キャリーと共に3時間も水に浸かっていたとか。「タイタニック」("Titanic",1997年)での経験があった彼女は特に心配していなかったものの、今回はお湯だったため、そこから出て「水が飲みたい」と言った後、ウィンスレットは気絶してしまったらしい。
「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」("Pretty in Pink",1986年)に出演したアンドリュー・マッカーシーは「皆あの映画を観て『彼ってとっても繊細でかわいい』って言うけど、あの映画に出演していた時はずっと二日酔いだったんだ。『頭が痛い。死にそうだ。倒れてしまいそうだ』とずっと考えていた。あの映画では、それが上手くいってしまったんだけど」と語ったようだ。
  3/29
民事再生手続き中のムービーテレビジョンは29日、ソフトバンク・ブロードメディアから支援の申し出があり、優先的に交渉を行うと発表したようだ。
崔洋一監督「クイール」に"主演"したラブラドール・レトリーバーのラフィーが、30日都内映画館で舞台挨拶を行うほか、"サイン会"も行われるらしい。
「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」(土屋啓之助監督,1971年)、「スペクトルマン 大激戦!七大怪獣」(土屋啓之助、矢島信男監督,1972年)として映画化された「スペクトルマン」などの漫画で知られるほか、アニメーションや特撮の製作なども手掛けた、漫画家のうしおそうじさんが28日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
イォシフ・ヘイフィツ監督「小犬を連れた貴婦人」("The Lady with the Little Dog / Dama s sobachkoj",1960年)、アンドレイ・コンチャロフスキー監督「ワーニャ伯父さん」("Uncle Vanya / Dyadya Vanya",1970年)などロシア映画5作品を上演する「チェーホフ歿後100年 レトロスペクティヴ」が来月10日から吉祥寺バウスシアターで行われるようだ。
富野由悠季がブラジルを訪れ、サンパウロで公演を行ったようだ。ブラジルのガンダム・ファンが300人以上集まったとか。
「純愛譜-じゅんあいふ-」(2000年)で共演したイ・ジョンジェとキム・ミニが交際中らしい。
「ジーナのビデオ日記」のキム・ジナ監督が、ハーバード大学映画学科で招聘監督兼教授を務めることになったらしい。アジア人監督の招待は初めてとか。
ホン・サンス監督、キム・テウ、ユ・ジテ、ソン・ヒョナ共演の新作「女は男の未来だ」が5月5日から韓国で公開されるようだ。
チェン・カイコー監督の新作「無極」に出演するチャン・ドンゴンは、10億ウォンの出演料を手にするらしい。
「ホテル・ビーナス」に主演する草なぎ剛は28日、広島県内の3つの映画館で舞台挨拶を行ったようだ。
上海新秦信息諮詢有限公司の調査によると、海賊版の今後について「存続すべき」との回答が30%を越えたらしい。また、「正規版が手頃になったら購入するか」との問いに「正規版を買う」との回答は70%に達するものの、前回の調査に比べ7ポイントダウンしたらしい。
ジャッキー・チェンは、台湾総統選について「世界最大の冗談だ。人々はこの問題について100年間話し続けるだろう」と語ったらしい。
「オーシャン・オブ・ファイヤー」("Hidalgo")プロモーションのためヴィゴ・モーテンセンが来日、29日都内で記者会見を行ったようだ。
来月全米公開となるトーマス・ジェイン主演"The Punisher"を手掛けたジョナサン・ヘンズリー監督は「トーマスとの企画を探しているところだ。彼は僕にとってパーフェクトな主演男優だよ。一つ、彼とやってみたいリメイク企画があるんだ。まだ公表はできないんだけど」と語ったようだ。
「スパルタカス」("Spartacus",1960年)と「トプカピ」("Topkapi",1964年)でオスカーを獲得したほか、「俺達は天使じゃない」("We're No Angels",1955年)、「2300年未来への旅」("Logan's Run",1976年)、「ナイル殺人事件」("Death on the Nile",1978年)、「ロレンツォのオイル 命の詩」("Lorenzo's Oil",1992年)など数多くの作品に出演、また脚本、監督としても活躍した英俳優のピーター・ユスチノフ(Peter Ustinov)さんが28日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
全米週末興収は、シリーズ第2作「スクービー・ドゥー2 モンスター パニック」("Scooby-Doo 2: Monsters Unleashed")が3074万ドルで初登場1位、コーエン兄弟の新作「レディ・キラーズ」("The Ladykillers")が1300万ドルで2位、ケヴィン・スミス監督"Jersey Girl"が830万ドルで5位のスタートとなったようだ。一方、先週1位の「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")は1034万ドルで4位に後退、先週2位の「パッション」("The Passion of the Christ")も1246万ドルで3位となったものの、総興収は3億1500万ドルに達した模様。
デヴィッド・ドゥカヴニーは映画版"X-Files"第2作への出演交渉に入っていることを明らかにしたようだ。
ヒラリー・スワンクは、7月に発売されるCalvin Kleinの新しい女性用下着のモデルを務めるようだ。
ダイアナ・ロスは、2002年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞したハル・ベリーについて「ステージに立ったハル・ベリーは、いろんな人に感謝していたけど、ダイアナ・ロスの名前は出てこなかったわ。私は『ビリー・ホリディ物語』("Lady Sings the Blues",1972年)でノミネートされた。私の功績がなかったら、彼女がオスカーを獲得することはなかったでしょう。何か言うべきというわけじゃないけど、ちょっと思い出して欲しかったわ」と語ったようだ。
新作「トロイ」("Troy")プロモーションのため、ブラッド・ピット、エリック・バナ、ウォルフガング・ペーターゼン監督が5月15日に来日するらしい。
「冬のソナタ」に主演するペ・ヨンジュンが来月3日に来日するようだ。4日にはファン2000人を招いたイベントを開催、日本ファンクラブの結成式も行われるらしい。
マット・ルブランの主演による「フレンズ」("Friends",1994-2004年)のスピンオフ"Joey"で、ルブランの姉役としてドレア・ド・マッテオが出演するらしい。
Warner Bros.は、英国の作家ジュリア・ドナルドソン(Julia Donaldson)による8月に出版予定の児童書"The Giants and the Joneses"の映画化権を獲得した模様。「ハリー・ポッター」シリーズのデヴィッド・ヘイマン(David Heyman)が製作を手掛けるようだ。
スヌープ・ドッグ主演による「フライング・ハイ」("Airplane!",1980年)のリメイク"Soul Plane"で脚本を務めたチャック・ウィルソン(Chuck Wilson)は、コメディアン兼俳優デレイ・デイヴィス(DeRay Davis)と創作したストーリーに基づく"Meet the Mo'Fockers"で、脚本・監督を務めるようだ。
Walden MediaとWalt Disney Studiosによる「ナルニア国物語」シリーズ第1作「ライオンと魔女」("The Lion, The Witch and The Wardrobe")の映画化で、「スクービー・ドゥー」シリーズや「ハットしてキャット」("Dr. Seuss' Cat in the Hat",2003年)などを手掛けたRhythm & Hues Studiosが、同作品の700ショットを超える視覚効果を担当するらしい。
CMソングの作曲家として活躍したイヴリン・ライアン(Evelyn Ryan)と彼女の子供たちを描く、ジェイン・アンダーソン監督・脚本の新作"The Prize Winner of Defiance, Ohio"で、ジュリアン・ムーアの主演が決まった模様。
セントヘレナ島に追放されたナポレオンと若い英国女性との友情を描く"The Monster of Longwood"で、アル・パチーノがナポレオンを演じるらしい。パトリス・シェローが監督を務める模様。スカーレット・ヨハンソンの出演が決まっているLions Gateの"Napoleon and Betsy"とは違う企画らしい。
Walt Disney Picturesは、「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の脚本と制作総指揮を手掛けたジョシュ・ワインシュタイン(Josh Weinstein)とビル・オークレイ(Bill Oakley)による作品"Ruprecht"を映画化する模様。クリスマスをテーマにしたコメディらしい。
シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインが共演した「泥棒貴族」("Gambit",1966年)が、ジェニファー・アニストンの主演でリメイクされるようだ。ボー・ウェルチが監督を務める模様。ベン・キングズレイも出演候補に挙がっているらしい。 [☆コーエン兄弟が脚本っていうニュースも以前ありましたが・・・]
  3/30
スティーヴン・セガール脚本・主演の新作"Into the Sun"で、大沢たかおがハリウッドデビューするらしい。セガールと対決するヤクザ役とか。
女優賞10冠を達成した寺島しのぶが29日、受賞御礼パーティを都内で開催、富司純子ら150人が出席したようだ。
24日亡くなった三ツ矢歌子の通夜が29日都内で行われ、八千草薫、加藤剛、久我美子ら業界関係者約500人が参列したようだ。
アン・ビョンギ監督の新作ホラー「分身娑婆」が21日クランクインしたようだ。キム・ギュリ、イ・セウン、イ・ユリらが共演するらしい。
キム・テギョン監督、キム・ハヌル主演の新作ホラー「霊」が撮影されていたスタジオで15日、原因不明の火事が発生し3億ウォンの被害を受けていたらしい。撮影は先週初めから再開されたようだ。
韓国映画チケット販売サイトmaxmovie.comが行った「4月公開される最も期待できる映画」の調査によると、キム・レウォン、ムン・グニョン共演「幼い花嫁」が35.24%で1位に選ばれたほか、リュ・スンワン監督、リュ・スンボム主演「阿羅漢-掌風大作戦」が19.94%で2位、パク・シニャン主演のスリラー「犯罪の再構成」が19.28%で3位となったようだ。
NHK福岡放送局は来月23日、視聴者600人を招いて「冬のソナタ トークショー」の収録を行うらしい。ユン・ソクホ監督、パク・ソルミ、主題歌を歌うRYUらが参加するようだ。
米HBOは、ジェン・シンセロ(Jen Sincero)の処女小説"Don't Sleep With Your Drummer"のTV映画化に向けたオプション契約を結んだようだ。劇作家のリサ・ミッケンバーグ(Risa Mickenberg)が脚本を担当するらしい。
ベテラン・プロデューサーのロバート・ハルミSr.(Robert Halmi Sr.)は、アーサー・C・クラークとスティーヴン・バクスターの共著によるSF小説"Time's Eye"の映画化権を獲得した模様。スティーヴ・バロンが監督を務めるらしい。
北米を除く海外週末興収は、25カ国で公開中のメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")が1640万ドルで1位となり、総興収はほぼ6000万ドルとなった模様。英国では(先行上映を含めて)360万ドルに達し、「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead")の350万ドル、"Starsky & Hutch"の330万ドルを抑え、初登場1位を記録したようだ。一方、30カ国で上映中のディズニー・アニメ「ブラザー・ベア」("Brother Bear")の週末興収は1020万ドルで好調を維持、総興収は1億2980万ドルとなったらしい。
来月29日から開催される第20回イスラエル映画祭で、サヴィ・ガビゾン(Savi Gabizon)監督の"Nina's Tragedies"がオープニング上映されるらしい。
ジェイ・レノは、米NBCの"The Tonight Show with Jay Leno"への出演契約を更新、2009年までの出演を決めたようだ。契約金は1億ドルに達する模様。
「くまのプーさん」("Winnie the Pooh")の著作権料を巡って、米Stephen Slesinger社がWalt Disney社に支払いを求めていた裁判で、ロサンゼルス地裁は29日、Stephen Slesinger社側の訴えを退ける判決を下したようだ。
ジャネット・ジャクソンは29日"Late Show with David Letterman"に出演、スーパーボウルのハーフタイム・ショーでの"衣装トラブル"について「あれは本当に事故だったの。沢山の人に私の小さな胸を見られてしまって恥ずかしいわ」と語ったようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)が昨年9月、映画賞投票者へのビデオ配布を禁止したことに対し、独立系映画製作会社などによる団体が訴訟を起こしていた問題で、双方は29日、和解が成立したと発表したようだ。和解の内容については公表されなかった模様。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"に、ジャック・ブラックの出演が決まったようだ。オリジナル版でロバート・アームストロングが演じた映画監督役を演じる模様。ジャクソン監督は「『ハイ・フィデリティ』("High Fidelity",2000年)の彼を見たときから一緒に仕事をしたいと思っていた。彼は頭が良く多才な俳優だ。彼の参加が決まってワクワクしているよ」と語ったらしい。
ネオナチに傾倒するノルウェーの41歳の男性が警察に出頭、10年前に起こした2件の爆破事件について告白したらしい。弁護士は「メル・ギブソン監督の『パッション』("The Passion of the Christ")を観たことがきっかけとなった」と語ったようだ。
フィリピンのローマカトリック教会のGaudencio Rosales大司教は、メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")について「全てのクリスチャンはこの作品を観るべきです。単なる娯楽としてではなく、静かに祈りを込めて鑑賞しなさい」と語ったらしい。
フランスのユダヤ人兄弟がメル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の上映禁止を求めていた問題で、パリの裁判所は29日「作品はキリストの最後を忠実に描いたものであり、ユダヤ人に対する憎悪や暴力を誘発し安全を脅かす原因となるとは判断できない」として、訴えを退けたようだ。
昨年7月、マリー・トランティニャンに暴行を加え死亡させたとして、リトアニアの裁判所は29日、ロック歌手のベルトラン・カンタ(Bertrand Cantat)に対し、禁固8年の判決を下したようだ。
シドニー・ポラック監督は、国連を舞台にしたニコール・キッドマン、ショーン・ペン共演の新作"The Interpreter"について「この映画は、何よりもまずサスペンス・スリラーだが、国連や、人々と国家との間の問題解決のための暴力に反対するその政策の意義と関連する作品だ」と語ったようだ。
「新スタートレック」("Star Trek: The Next Generation")シリーズとその映画化でディアナ・トロイ役を務めたマリーナ・サーティスは「(映画化は)終わりました。次の作品が製作されることはないでしょう」とコメント、「ネメシス/S.T.X」("Star Trek: Nemesis",2002年)の興行的失敗が原因であり、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers",2002年)の公開5日前などではなく2003年2月に公開していればヒットしていたはずだ、と指摘したようだ。
オーウェン・ウィルソンは禁酒会に参加しているらしい。
アシュトン・カッチャーは「ブラッド・ピットに会った時『僕は友達と、あなたの奥さん(ジェニファー・アニストン)と僕がいつかデートできる方に1000ドル賭けている』て言ったんだ。でも僕にチャンスはないよ。彼はカッコよかった。僕が知っているどんな男よりも10倍はカッコよかった」と語ったらしい。
マギー・ギレンホールは「セクレタリー」("Secretary",2002年)への出演について「当時、19歳から付き合っていた彼がいて、素晴らしい関係を築いていました。でもあの作品に出演して、私達の関係が幼く夢想的に思えるようになりました。結局彼とはケンカをして別れました」と語ったようだ。
全米業界第2位のビデオレンタルチェーンHollywood Videoを展開するHollywood Entertainment社は、自社の株式8億4000万ドル分を買い取り、非公開企業化すると発表したようだ。
ブラッド・ピットが「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)に出演するらしい。
Atletico de Madridは、Columbia Picturesのスペイン法人とスポンサー契約を結んだらしい。ハル・ベリーと所属選手らによる夕食会が行われたほか、キャメロン・ディアスらとの夕食会も予定されているとか。
米ABCの人気ドラマ「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997-2004年)終了後の、ジェイムズ・スペイダー主演によるスピンオフ企画で、ローナ・ミトラが出演契約にサインしたようだ。
ロバート・デ・ニーロ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で2002年に企画されていた"The Good Shepherd"の製作が、今秋ようやくスタートする模様。
マーク・ミラー(Mark Millar)のコミック・シリーズ"Wanted"の映画化で、「ワイルド・スピードx2」("2 Fast 2 Furious",2003年)を手掛けたマイケル・ブラント(Michael Brandt)とデレク・ハース(Derek Haas)が脚本を担当する模様。
ミシェル・ファイファーは、夫デヴィッド・E・ケリーの脚本による新作"Chasing Montana"に主演するようだ。「しあわせな孤独」("Open Hearts")のスザンネ・ビアが監督を務める模様
ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグのSection 8が製作する、フィリップ・K・ディックのSF小説「暗闇のスキャナー」("A Scanner Darkly")の映画化で、キアヌ・リーヴスの主演が決まった模様。監督か?と伝えられているリチャード・リンクレイターは、現在交渉中のようだ。
ディズニーの新作アニメ"Home on the Range"で牝牛のグレイスの声を演じたジェニファー・ティリーは「最初は笑い声をいろいろ試して見たの。『モー、ホー、ホー、ホー』とか。でもバカみたいだと気付いて、ニューエイジ風の声たいな感じでやってみようと考えたの。それで、私のヨガの先生の雰囲気を少し加えてみたわ」と語ったようだ。
マイケル・フィリップ(Michael Philip)監督のダーク・コメディ"Drop Dead Sexy"で、ジェイソン・リー、クリスピン・グローヴァー、ザンダー・バークレイ、オードリー・マリー・アンダーソン(Audrey Marie Anderson)、ジョセフ・ライトマン(Joseph Reitman)が共演するようだ。すでにテキサスで撮影中らしい。
新作"Sahara"で共演したマシュー・マコノヒーとペネロペ・クルスに交際の噂があるらしい。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)などに出演している俳優のキース・ダイヤモンド(Keith Diamond)が28日、父親に銃で撃たれたらしい。3発の銃弾をあごと胸に受けたものの、現在容態は安定しているようだ。
"The Alamo"のサン・アントニオでのプレミアに参加したジェイソン・パトリックが27日深夜、酔って道の真ん中に立ち、取り押さえようとした警官に反抗したため逮捕されたらしい。保釈金が支払われるまでの5時間、拘留されたとか。
ニューヨークのアポロ・シアターで28日、70周年を記念するコンサートが開催され、デンゼル・ワシントン、ボブ・ディラン、アシャンティ、クインシー・ジョーンズ、トレイシー・モーガン、ウィリー・ネルソン、ハリー・コニックJr.、ハービー・ハンコック、ナタリー・コールらが出演したようだ。
まもなく公開となる新作"The Prince & Me"に主演するジュリア・スタイルズは、皇族の生活について「汚点を探したいわけじゃなくて、私達とは全く違う彼らの生活にとても興味があるの。それは、みんなが映画スターの生活に興味を持つのと同じだと思う」と語ったようだ。
"The Alamo"のワールド・プレミアがテキサス州のサン・アントニオで開催され、ビリーボブ・ソーントン、デニス・クエイドらが参加したようだ。
6年前にフィラデルフィアで起こった火災で焼死したとされていた生後10日の乳児が、今年3月に母親と再会した誘拐事件について、米国の制作会社がTV映画化権を獲得したようだ。
  3/31
日本喜劇人協会創立50周年式典と第1回喜劇人大賞授与式が30日都内で行われ、大賞に選ばれた三谷幸喜らが出席したようだ。
30日都内で行われたフジテレビの定例会見で、村上光一社長は「踊る大捜査線」について「映画部はパート3を目指して、いろんなことをやっているみたい。最終的なゴールにパート3も頭に入れている」と語ったらしい。
来春公開予定の松浦徹監督「孤独へのくちづけ」で、江口洋介が主演を務めているようだ。安藤政信、宮崎あおい、石田ゆり子、松田龍平らが共演、現在都内で撮影中らしい。
東宝は30日、ホラー・レーベル「J-HORROR THEATER」の立ち上げを発表したようだ。黒沢清、中田秀夫、清水崇、落合正幸、鶴田法男、高橋洋の6人が参加、第1弾として落合正幸監督「感染」と鶴田法男監督「予言」が10月2日に上映される模様。
来年から使用される小学校の教科書で、国語に高倉健のエッセイが掲載されたほか、音楽には中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」も登場したらしい。
東京テアトルの04年ラインナップ発表会が30日都内で行われ、筒井武文監督「オーバードライヴ」の鈴木蘭々、小松隆志監督「ワイルド・フラワーズ」の岡田義徳、井口奈己監督「犬猫」の榎本加奈子、塚本連平監督「ゴーストネゴシエイター」の滝沢沙織らが出席したようだ。
24日亡くなった三ツ矢歌子の葬儀・告別式が30日都内で営まれ、浅丘雪路、坂本スミ子、うじきつよし、香西かおりら約200人が参列したようだ。
ニューアルバム「エレクトリック・サムライ」のため布袋寅泰が韓国を訪れたようだ。
コ・ソヨンが、愛敬産業のシャンプー「ケラシス」のモデル契約を更新したようだ。契約金は6億ウォンを超えるらしい。
歌手のエミール・チョウが、ブルース・リーを描く映画で監督と主演を務めるらしい。
来月11日に閉館となる高松東宝で、映画ファンの企画によるオールナイト上映が3日夜から行われるようだ。「キングコング対ゴジラ」(本多猪四郎監督,1962年)、「ハワイの若大将」(福田純監督,1963年)、「殺人狂時代」(岡本喜八監督,1967年)、「ルパン三世念力珍作戦」(坪島孝監督,1974年)、「椿三十郎」(黒澤明監督,1962年)の5作品が上映されるらしい。
今年1月から発売していた"Governator"というビールを発売していた米オレゴン州のビール会社に対し、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事が抗議、販売中止が決まったらしい。
「ダンケルク」("Week-end a Zuydcoote",1964年)、「イルカの日」("The Day of the Dolphin",1974年)などの原作者としても知られるフランスの作家ロベール・メルル(Robert Merle)さんが27日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アン・リー監督、ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール共演の新作"Brokeback Mountain"に、アン・ハサウェイとランディ・クエイドの出演が決まったようだ。
クリント・イーストウッド監督の次回作は、F.X. Tooleの作品集"Rope Burn"に収められた2つの短編小説を基にした"Million Dollar Baby"になる模様。イーストウッドは製作と出演を兼ね、ヒラリー・スワンクとモーガン・フリーマンが出演交渉中らしい。ボクシングを始めた30代の女性とトレーナーとの悲劇的でプラトニックなラヴ・ストーリーとか。撮影は6月にロサンゼルスで始まるようだ。
米国の2004年冬季(1/1-3/25)の総映画興行収入は17億8000万ドルに達した模様。前年の15億5000万ドルを15%上回り、過去最高だった2002年の記録も更新したらしい。メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of the Christ")の大ヒットが貢献したようだ。
「ジャズ・シンガー」("The Jazz Singer",1927年)の6ヶ月前に公開されたトーキーの短編"The Little Princess of Song"(1927年)や、シャーリー・テンプル主演「歓呼の嵐」("Stand Up and Cheer!",1934年)などの作品で活躍した、女優のシルヴィア・フルース(Sylvia Froos)さんが28日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米NBCの人気TVシリーズ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」("Will & Grace",1998年-)に出演する、現在妊娠8ヶ月のデブラ・メッシングは、医師から安静にするよう指示されたため、今シーズンの残り4エピソードを残して降板することが決まったようだ。ジェニファー・ロペスがゲスト出演する来月29日放送の最終回まですでに脚本は完成しているとか。
まもなく全米公開となる新作"The Prince & Me"のマーサ・クーリッジ監督は「(主人公のデンマークの王子)エドワードのことを考え始めたとき、何の選択権もない彼は全く非アメリカ的だと気付いたの。私たちの社会ではどんなことでも出来る。でも彼には出来ない。どれだけ欲求不満がたまるでしょう」と語ったようだ。
メル・ギブソン監督「パッション」("The Passion of The Christ")の上映が31日、フランス国内の500の映画館でスタートするようだ。
Lucasfilmは、トム・クルーズ主演の新作"Collateral"などを手掛けるスチュアート・ビーティ(Stuart Beattie)が"Indiana Jones 4"の脚本をリライトする、という噂を否定した模様。現段階での脚本がまだ生きているようだ。
"Batman Begins"に登場するバットモービルの写真が、公式サイトで公開されたらしい。 [☆だいぶデザインが変わってますね]
ヒラリー・ダフは、トランポリンでストレス解消しているらしい。「裏庭にあるの。新しい技をあみだすのが楽しいの。自分を解放するのにもってこいなのよ」と語ったようだ。
ジェシカ・シンプソン(Jessica Simpson)は、米ABCのタイトル未定のドラマ・パイロットで、フィクションとしての自分自身ジェシカ・サンプソン(Jessica Sampson)を演じることについて「リアリティ番組とドラマが一緒になった、"Curb Your Enthusiasm"(2000年-)のようなタイプの作品だけど、もっとドラマに近いわ。でも、一番の見所は、私がどれだけバカが出来るかってことね」と語ったようだ。4月に放映され、好評ならばシリーズ化される模様。
ジョン・タトゥーロの監督・脚本、スーザン・サランドン、クリストファー・ウォーケン、スティーヴ・ブシェミ、ジュリア・スタイルズ、ジェイムズ・ガンドルフィーニらの共演によるミュージカル・コメディ"Romance & Cigarettes"が、現在ニューヨークのクイーンズで撮影中らしい。
ケイト・ウィンスレットは「私は、誰にでも世界のどこかに運命の人がいて、もし二人が出逢ったら、二人を引き離すことはできない、と固く信じています。サム・(メンデス)と出逢ったとき、彼がその人だと感じました」と語ったようだ。
「Fashion & Diamonds 2004ショー」が30日都内で開催され、井川遥はマリリン・モンロー、内山理名はブリジット・バルドー、小池栄子はグレイス・ケリー、ともさかりえはマレーネ・ディートリヒ、吉川ひなのはオードリー・ヘプバーンと、各女優が代表作の中で身につけていた衣装を着て登場したようだ。
ロバート・ロドリゲス監督による、フランク・ミラー(Frank Miller)のグラフィック・ノベルシリーズ"Sin City"の映画化で、カーラ・グギノの出演が決定した模様。来週からテキサスでの撮影に参加するらしい。
キャメロン・クロウ監督、キルスティン・ダンスト、オーランド・ブルーム共演の新作ロマンチック・コメディ"Elizabethtown"に、スーザン・サランドンが出演するようだ。その他、シュディ・グリア、ジェシカ・ビール、ラウドン・ウェインライト3世(Loudon Wainwright III)らも共演するらしい。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"でエイドリアン・ブロディが出演交渉中らしい。
新作「キング・アーサー」("King Arthur")で、ガラハッドを演じたヒュー・ダンシーは「アーサー王伝説のロマンチックな雰囲気は避けた。僕の演技に魅力を感じさせる要素は全く無いよ」と語ったようだ。
ケヴィン・スミス監督は今後のスケジュールについて「『フレッチ』("Fletch")の続編は"The Green Hornet"の後になった。それが終われば、"Ranger Danger and the Danger Rangers"に取り掛かることになるよ。"Ranger Danger"はもう少し練り上げることになる。"Green Hornet"はいいリハーサルになると思う。SF超大作の"Ranger Danger"が失敗しないように事前に試せるからね」と語ったようだ。
ジム・キャリーの主演が予定されている「虹を掴む男」("The Secret Life of Walter Mitty",1947年)のリメイクは、サミュエル・ゴールドウィンJr.とジョン・ゴールドウィン親子がプロデュースを務めるようだ。
20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパン株式会社は、30日に発売を予定していたDVD-BOX「エイリアン 製作25周年記念 アニバーサリー・コレクション」を5月28日に延期すると発表した模様。エイリアンの頭部の形をしたケース「エイリアンヘッドBOX」の生産が遅れているためとか。