シネマトピックス(2004年6月)
[ 2003 | 2004 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2005 | LastTopics ]
  6/1
秋田初の単館系映画館としてオープンした週末限定映画館「シアタープレイタウン」が1周年を迎えたようだ。
富士写真光機株式会社は、デジタルシネマ用固定焦点10mmレンズを発売すると発表したようだ。
松嶋菜々子は31日、第1子となる女の子を出産したようだ。
「ヒカルの碁」が韓国KBS第2テレビで、1日から放送されるらしい。
現在長野県で撮影中のユン・ジョンチャン監督「青燕」に出演するユミンこと笛木優子は、日本語でのセリフが多い共演者たちのために日本語教師役も務めているらしい。
奥田碩トヨタ自動車会長は先月21日、経団連会館で「シルミド/SILMIDO」("実尾島")の試写会を開くよう指示したらしい。韓国映画のファンで、「冬のソナタ」もよく話題にしているとか。
米People誌は、ジュリア・ロバーツが妊娠中で来年はじめに双子を出産する予定だと報じた模様。
メル・ギブソンの映画製作会社Iconは、ケルト民族を率いてローマと闘ったイケニ族の女王Boudicaを描く映画"Warrior"の準備に入っている模様。一方、ハリウッドでは、DreamWorksの"Queen Fury"を含めて、少なくとも4本の同種の企画が進行中らしい。
マーク・リチャードの小説"The Ice at the Bottom of the World"が、キンバリー・ピアース監督、シャーリーズ・セロン主演で映画化されるようだ。来年秋の撮影になる模様。
エリザベス・パーキンスは、先日撮影を終えたダイアン・レイン、ドナルド・サザーランド共演の新作"Fierce People"に出演したほか、現在撮影中の中田秀夫監督、ナオミ・ワッツ主演"The Ring 2"への出演が決定、さらにジョシュ・ストルバーグ(Josh Stolberg)の監督によるインディ作品"Kids in America"にも出演が決まっており、今年の夏は大忙しのようだ。
来月発売のジェフ・ロング(Jeff Long)の小説に基づく、New York Timesの女性フォトジャーナリストを主人公にした超自然スリラー"The Reckoning"で、リース・ウィザースプーンが主演とプロデュースに向けて交渉中らしい。
ジョス・ウェドン(Joss Whedon)が手掛けたTVシリーズ"Firefly"(2002-2003年)の映画化"Serenity"で、キウェテル・イジョフォーの出演が決まったようだ。
北米を除く海外週末興収は、世界110の地域で公開がスタートしたローランド・エメリッヒ監督「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")が8500万ドルを記録したようだ。一方、58の地域で公開中のブラッド・ピット主演「トロイ」("Troy")は4500万ドルの興収を記録、海外総興収は2億2230万ドルに達した模様。
「カサブランカ」("Casablanca",1942年)、「ガス燈」("Gaslight",1944年)など数々の作品に出演したイングリッド・バーグマンゆかりの品々を集めた展示会が、来月17日までニューヨークのScandinavia Houseで開催されているらしい。
31日の戦没者追悼記念日を含む4日間の全米週末興収では「シュレック2」("Shrek 2")が9220万ドルで1位となり、総興収は2億5690万ドルを超えた模様。また「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")は8600万ドルに達したようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のアルフォンソ・クアロン監督は「ハリーの旅は、誰もが13歳を経る時に経験することなのです。撮影に当って、私はダニエル・ラドクリフにフランソワ・トリュフォー監督の『大人は判ってくれない』("Les Quatre cents coups",1959年)を観てもらいました。これは、アズカバンの囚人のマグル・バージョンなのです」と語ったようだ。
大友克洋監督「スチームボーイ」の公式ブログがオープンしたらしい。製作スタッフが更新していく予定とか。
ベン・アフレックは「タトゥを入れたことを今は後悔しているよ。でも、いい勉強にはなった」と語ったようだ。映画で肌を露出するシーンのたびに数時間かけてタトゥを隠さなければならないことにウンザリしてるらしい。
ジェイク・ギレンホールは10代の頃、夏休みのアルバイトとして、海水浴場の監視員や皿洗いなどをしていたらしい。「朝7時から夕方5時まで監視員をやって、その後深夜までレストランで働いていたんだ。今思うと何故そんなことをしていたか分からないけど、その時はそれが楽しかったんだ」と語ったようだ。
ショーン・レヴィ監督"The Pink Panther"に主演するスティーヴ・マーティンは「僕はピンクパンサーの映画を観て育った。ただただ笑っていたよ。20年間のこの映画の思い出を他のみんなと分かち合いたいと思って、この作品に取り組んでいるんだ」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンは、ロサンゼルスの食料雑貨店でオリーヴオイルの瓶を床に落としてしまい、こぼれたオイルで足を滑らせて転んでしまったらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")に登場する3階建てバス「夜の騎士バス」(Knight Bus)が、シンガポールで走行中らしい。
平井堅が歌う映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌「瞳をとじて」が6月7日付オリコンシングル累計ポイントで39万5467枚を達成したようだ。また、同映画の観客動員数は282万人に達したらしい。
「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")プロモーションのため来日した、ローランド・エメリッヒ監督、デニス・クエイド、ジェイク・ギレンホール、エミー・ロッサムらが31日、都内で記者会見に出席、日本語版エンディング曲「more than a million miles」を歌うday after tomorrowのボーカル、misonoが花束を贈呈したらしい。また同日夜の試写会では釈由美子が数千万円相当の豪華衣装で登場したとか。
湯山邦彦監督「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス」のアフレコ収録が31日都内で行われ、上原多香子、ベッキー、KABA.ちゃんらが参加したようだ。
ブリタニー・マーフィ主演のロマンチック・コメディ"Little Black Book"を手掛けたニック・ハラン(Nick Hurran)監督の次回作は、New Line Cinemaの"Low Life"になる模様。夫の横領をかばうために25万ドルを集めなければならなくなった主婦が泥棒の才能に目覚めていく、というストーリーとか、
Paramount Picturesは、ジェイムズ・シーゲル(James Siegel)の小説"Detour"の映画化権を獲得した模様。
ルーク・グリーンフィールド監督次回作は、オーライト・ベンドリー(Orrite Bendory)とアーロン・フェルドマン(Aaron Feldman)の脚本によるスリラー"The Holiday Club"の映画化になる模様。
ウェイン・クラマー(Wayne Kramer)監督、ポール・ウォーカー主演の新作アクション・スリラー"Running Scared"で、トークショー番組の司会などで知られるコメディアンのウェイン・ブレイディ(Wayne Brady)が映画デビューするようだ。
ジェラルド・バトラーは、カナダ・英国・アイルランド共同製作の新作"Beowulf & Grendel"に主演することが決まったようだ。ストゥーラ・ガンナーソン(Sturla Gunnarsson)が監督を務め、撮影は8月にアイスランドでスタートするらしい。
ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同脚本・監督・製作による新作"Sin City"で、さらにロザリオ・ドーソンの出演が決まったらしい。
ヴィン・ディーゼル主演「リディック」("The Chronicles of Riddick")の冒頭10分間が、米MTVで今月6日に放送されるらしい。
クリストファー・リーヴが監督を務めるTV映画"The Brooke Ellison Story"に、レイシー・シャベールの出演が決まったようだ。撮影はニューオーリンズで行われ、年末頃に放送予定とか。
New Line Cinemaは、ウィリアム・コツウィンクル(William Kotzwinkle)とグレン・マーレイ(Glenn Murray)の文、オードリー・コールマン(Audrey Colman)の画による絵本"Walter the Farting Dog"の映画化についてオプション契約を獲得、エリック・チャンプネラ(Eric Champnella)の脚本で実写映画化するようだ。
ミラ・ソルヴィーノは、元アイスホッケー選手で現在は俳優を目指しているクリス・バッカス(Chris Backus)と、今年の夏に結婚式を挙げるようだ。 [☆年齢差14歳・・・]
クリス・ロックの妻マラーク・コンプトン=ロック(Malaak Compton-Rock)が先月、第2子となる女の子を出産したようだ。
自宅の写真を無断でウェブサイトに掲載したとして損害賠償を求める訴訟を起こし、訴えを棄却されていたバーブラ・ストライザンドは先月28日、相手側に裁判費用として17万7000ドルを支払ったようだ。
中国文化省は、ブリトニー・スピアーズの中国公演を許可した模様。ただし、ステージ衣装は事前にチェックしたいと言っているらしい。
リドリー・スコット監督「白い嵐」("White Squall",1996年)やダグ・ライマン監督「go」("Go",1999年)などに出演しているスコット・ウルフ(Scott Wolf)と、米MTVの"The Real World"(1992年)に出演していたケリー・リンプ(Kelley Limp)は先月29日、アーカンソー州のFayettevilleで結婚式を挙げたようだ。
インディ500が5月30日に開催され、モーガン・フリーマンがペースカー・ドライバーを務めたほか、ジェシカ・シンプソンが国家を歌ったらしい。また会場には、ジェイムズ・ガーナー、ジャッジ・ラインホールド、パトリック・デンプシーらも訪れたようだ。
dts Japan株式会社は1日、関係者を集め現状や今後の取り組みについて報告を行ったようだ。
  6/2
梅宮アンナは「映画に出たいですね。カンヌの柳楽(優弥)君を見てるとうらやましくなっちゃった」と語ったらしい。
ロバート・ベントン監督「白いカラス」("The Human Stain")の特別試写会が1日都内で行われ、マルシアが出席したようだ。
石原裕次郎の半生を描く、今秋放送予定のテレビ朝日のスペシャルドラマ「弟」のロケがハワイで行われ、三浦友和、松坂慶子、坂口憲二、東幹久らが参加したようだ。
抗議が相次いだため上映中止となっていた中村拓監督「コンクリート」について、製作委員会は1日、渋谷アップリンク・ファクトリーで来月3日から1週間上映することを決定したようだ。
「同棲時代 -今日子と次郎-」(山根成之監督,1973年)と「しなの川」(野村芳太郎監督,1973年)をセットにしたDVDボックス「由美かおる プレミアムコレクション」が発売されたようだ。「水戸黄門名作選 由美かおるスペシャル」も今月12日に発売されるらしい。
別所哲也らが主催する「ショートショートフィルムフェスティバル」が、来年から米アカデミー賞の公認映画祭になるらしい。
3日よりソウルで公開がスタートするクァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」は、外国人向けの英語字幕上映を行うようだ。
キム・ギドク監督「春夏秋冬・・・そして春」("Spring, Summer, Fall, Winter... and Spring")の全米興行収入が110万ドルに達し、韓国映画としては歴代最高を記録したようだ・ [☆5月31日現在では136万8000ドルを越えています。]
クァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」のメディア向け試写会が先月31日ソウル市内で行われ、チョン・ジヒョンらが出席したようだ。
廣木隆一監督「機関車先生」に主演した坂口憲二は、香川県でのロケについて「撮影がハードになって朝食抜きになっていたとき、旅館の人がおにぎりを作ってくれるようになった。毎日具を変えてくれて、本当においしかった」と語ったようだ。
日本を舞台にした007シリーズ最新小説"The Man with the Red Tatoo"に香川県直島町が登場することを受け、作品の映画化やロケ地の誘致に取り組む、県、直島町、観光協会、映画ファンらによる官民合同の連絡会議が、今月1日設置されたようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)が提案していた組合費の値上げは、投票の結果51.8%対48.2%で否決されたようだ。
サッカー三部作"Goal!"で監督を務める予定だったマイケル・ウィンターボトムが降板した模様。Revolution Filmsは、後援者との「創造的方向性の相違」が原因と説明したようだ。
ミス・ユニバース世界大会の最終審査が1日エクアドルで行われ、オーストラリア代表のジェニファー・ホーキンズ(Jennifer Hawkins)が栄冠を手にしたようだ・
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の米国公開は今月25日に設定された模様。Lions Gate EntertainmentとIFC Filmsが劇場配給権、CATV局Showtimeが有料チャンネルへの販売権を獲得したようだ。
ショートショートフィルムフェスティバル2004in北海道」が来月7日から札幌で、同月30日から函館で開催されるようだ。ソフィア・コッポラ監督の1998年の作品「リック・ザ・スター」も国内初上映されるらしい。
ロバート・ゼメキス監督「ポーラー・エクスプレス」("The Polar Express")の最新予告編がネット上で公開されたようだ
ティム・バートン監督最新作"Charlie and the Chocolate Factory"で、アンナソフィア・ロブ(Annasophia Robb)と新人のジュリア・ウィンター(Julia Winter)の出演が決まったようだ。
オーストラリアが舞台の西部劇"Clancy of the Overflow"を手掛けるサイモン・ウィンサー監督は、主演候補について「ヒュー・ジャックマンと話していないとは言えないよ。彼の製作会社(DHM Entertainment)が手掛ける作品だからね。でも、ラッセル・クロウにも声をかけているし、何人かの俳優が興味を示してくれているよ」と語ったようだ。
10日に開催されるMTV Movie Awardsでは、ケイト・ベッキンセイル、パリス・ヒルトン、ヴィン・ディーゼル、マシュー・ペリー、アシュトン・カッチャー、アイス・キューブ、シャロン・ストーン、クイーン・ラティファらもプレゼンターとして登場するらしい。
米国を訪問する豪州のハワード首相は1日、アーノルド・ュワルツェネッガー州知事と会談するようだ。野党からは「総選挙用にハリウッドスターと記念写真を撮りたいだけ」と批判されているとか。
ジェニファー・アニストンは「父(俳優のジョン・アニストン)は私を医者にさせようとしていたの。俳優は儲からないからって。私にキャリア・ガールになって欲しかったのよ」と語ったようだ。
「キャットウーマン」("Catwoman")に主演したハル・ベリーは、肉体を改造するためエクササイズに通うと共に、プロテイン飲料を飲み続けたところ、おならが止まらなくなったらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")プロモーションのためキルスティン・ダンストが来日、1日都内で記者会見を行い、冨永愛が花束を贈呈したようだ。「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")プロモーションのため来日中の恋人ジェイク・ギレンホールも姿を見せたらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が英国内535館で先月31日に公開され、初日興収920万ドルに達し、前作「秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)の800万ドルを超え、英国史上最高を記録したようだ。
デヴィッド・マメット監督の次回作は、ウィル・フェレル主演による"Joan of Bark: the Dog that Saved France"になる模様。ポップ・カルチャーを風刺する作品とか。
ベティ・トーマス監督、ベン・アフレック主演で企画されていたものの、予算の問題とアフレックの降板で製作中止となっていたコメディ"Ghosts of Girlfriends Past"について、Walt Disneyはマーク・ウォーターズの監督で再開させることを決めたようだ。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")に出演したカーステン・ノルガード(Carsten Norgaard)は、プレデターとの戦闘シーンの撮影中に肋骨を折っていたらしい。何とか立っていられるという状態だったものの、そのまま撮影を続けたとか。
シェカール・カプール監督によるアイザック・アシモフのSF小説「ファウンデーション」("Foundation")シリーズの映画化は、「アイ,ロボット」("I, Robot")を手掛けたジェフ・ヴィンター(Jeff Vintar)が脚本に取り組んでいるようだ。やはり3部作を、前後編の2本の映画にするらしい。
「ハリー・ポッター」シリーズに主演するダニエル・ラドクリフは「クリス(・コロンバス監督)から僕たちが学んだことを、今回、別の監督(アルフォンソ・クアロン)と実践できるようになった。だから、アルフォンソはより長いテイクや複雑なショットを試みることが出来たんだ。大変だったけどやりがいがあった。4作目はマイク・ニューウェルが監督する。僕らはより多くを学ぶことになると思うよ」と語ったようだ。
「スパイシー・ポップコーン」("Chutney Popcorn",1999年)のニーシャ・ガナトラ(Nisha Ganatra)監督による新作ロマンチック・コメディ"Cake"で、ヘザー・グラハム、サンドラ・オー、シェリル・ハインズ(Cheryl Hines)らが共演する模様。
「エイリアン」("Alien",1979年)などを手掛けたロナルド・シュセット(Ronald Shusett)とAlter Ego Entertainmentを設立したダニエル・オールター(Daniel Alter)は、SF作品"2176"を共同で製作するようだ。米国独立戦争の舞台を宇宙に置き換えたスペース・オペラとか。
"Shrek 4"は「シュレック」("Shrek",2002年)の前日談になるらしい。
Kaizad Gustad監督による新作ボリウッド映画"Bombay Central"の撮影中、アシスタント・ディレクターを務めていた英国人のナディア・カーン(Nadia Khan)が、列車にひかれて死亡した模様。線路の上に立って携帯電話で話をしていたらしい。
「ドラゴンボールZ」のハリウッドでの実写映画化企画は中止になった模様。 [☆IMDbから消えてたのでそうだろうと思ってましたが・・・]
  6/3
ソン・ヘソン監督、ソル・ギョング主演の韓国映画「力道山」で、中谷美紀がヒロインの芸者役を演じるようだ。3ヶ月間三味線のトレーニングを受けたとか。
改正著作権法が3日、衆院本会議で可決、成立した模様。衆院の委員会では、法改正により欧米諸国からの洋楽の並行輸入が阻害されたときには規制を見直すことなどを付帯決議に盛り込んだようだ。 [☆サントラ・ファンもとりあえずは一安心?]
東陽一監督「風音」が、8月に開催される第28回モントリオール世界映画祭のコンペ部門に出品されることが決まったようだ。
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」の動員300万人を記念して、2日都内劇場で大沢たかおと森山未來が舞台挨拶を行ったようだ。
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督「21グラム」("21 Grams")のPRイベント「21グラム量って量ってピッタリンコ! 大会」が行われ、小倉優子が参加したようだ。 [☆話題づくりとはいえ・・・]
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」は、1日までにの観客動員数301万人、興収40億4000万円に達したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の韓国公開は7月になるようだ。
イ・ミョンセ監督の新作「朝鮮刑事」にハ・ジウォンの出演が決まったようだ。総製作費100億ウォンが投入され、11月に撮影開始、来年7月に韓国と米国で同時公開される予定とか。
10月にニューアルバムをリリースする予定ののイ・スンファンが、来月からミュージックビデオの制作に入る模様。「花」を手掛けたチャン・ジェヒョクが監督を務め、イ・シフが主人公を務めるようだ。
5月のソウル地域の韓国映画の占有率は61.4%に達し、今年の平均占有率は68.1%となったようだ。
日本の映画ファン200人が「大鐘賞映画祭」ツアーで韓国を訪れるようだ。ペ・ヨンジュン主演「スキャンダル」を鑑賞するほか、4日行われる授賞式に出席、また「酔画仙」「JSA」などの野外セットを見学するらしい。
バンダイの調査によると、「子供が最も好きなキャラクター」の第1位は、3年連続で「それいけ!アンパンマン」だったようだ。2位には「ポケットモンスター」、3位には「くまのプーさん」が選ばれたらしい。
米ABC「ザ・プラクティス〜ボストン弁護士ファイル」("The Practice",1997年-)などを手掛けるプロデューサーのデヴィッド・E・ケリーは、実際の法律事務所を舞台にしたリアリティ・シリーズを手掛けるようだ。米CBSは8エピソード分の制作を既に指示した模様。
米民主党の大統領候補ジョン・ケリー上院議員への支持を訴えるコンサートが今月ロサンゼルスとニューヨークで開催されるらしい。ニューヨークではベット・ミドラー、ジェイムズ・テイラー、ジョン・メレンキャンプ、ジョン・ボン・ジョヴィ、ロビン・ウィリアムス、ウーピー・ゴールドバーグらが、ロサンゼルスではバーブラ・ストライサンド、ニール・ダイヤモンド、ウィリー・ネルソン、ビリー・クリスタルらが出演する予定とか。
Warner Bros. PicturesとVillage Roadshow Picturesが企画するコメディ"Other People's Wishes"は、「アメリカン・サマー・ストーリー」("American Pie 2",2001年)などを手掛けたデヴィッド・スタインバーグ(David Steinberg)が脚本を書き直すことになったようだ。
1月にハリウッドで亡くなった写真家ヘルムート・ニュートンの遺骨が2日、故郷のベルリンに埋葬されたようだ。シュレーダー首相や映画俳優など多くの著名人が式典に参列したらしい。
米脚本家組合(Writers Guild of America)は2日、米映画テレビ製作者同盟(Alliance of Motion Picture and Television Producers)が提示した契約更新の最終案の受け入れを拒否、引き続き交渉に席に留まるよう要請したようだ。
デニス・クエイドは、不動産業者のキンバリー・バフィントン(Kimberley Buffington)と婚約したようだ。結婚式の日取りは未定とか。
「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")のDVDとVHSが先月25日に全米でリリースされ、発売第1週だけで合わせて630万本の売上を記録した模様。
ハンガリーの首都ブタペストから25キロの距離にある町Etyekで、10.6ヘクタールの敷地に6つの映画スタジオが建設されるらしい。その内の一つは、ロンドンのパインウッドにある世界最大の映画スタジオの倍の広さがあるとか。総工費は1億5000万ユーロで2005年までに完成予定のようだ。
メキシコのTV局は、米国との国境付近で1993年から続いている女性連続殺害事件を描くドラマ"As Infinite As The Desert"を製作すると発表したようだ。来月から5回にわたって放送されるらしい。
米Walt Disneyは、今後1年以内にインドで3つのTVチャンネルを開設するようだ。
ソーラ・バーチ、ジョヴァンニ・リビージ、レナ・オリン、リン・レッドグレイヴが、ピーター・メダック監督による新作"The Triangle"で共演するようだ。1962年の米国の小さな町を舞台にしたエロチック・スリラーらしい。
まもなく全米公開となる実写映画版「ガーフィールド」("Garfield")の2分間の特別映像が、米FOXテレビで4日放送の「キャッツ&ドッグス」("Cats & Dogs",2001年)で公開されるらしい。
「かわいい魔女ジニー」("I Dream of Jeannie",1965-1970年)のグリンダ・チャーダ監督による映画化で、リンゼイ・ローハンが出演契約にサインしたらしい。
シェカール・カプール監督は、「エリザベス」("Elizabeth",1998年)の続編に取り掛かっている模様。ケイト・ブランシェットが再び主演するらしい。
新作"Kingdom of Heaven"に出演するオーランド・ブルームに対し、監督のリドリー・スコットは、より男性的に見えるように(偽物の)胸毛をつけるよう指示したらしい。
豪州の映画・文学分類局(Office of Film and Literature Classification)は、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のレイティングを「M15」(15歳以下には推奨しない)に指定したようだ。
ダニエル・ラドクリフは「バンドがやりたいんだ。ちょっと変に思われるかもしれないけど、本当にやりたい。ボーカルがやりたいけど、ベースも少し弾けるんだ。声は悪く無いよ」と語ったようだ。
ライオネル・リッチーの娘、ニコール・リッチーは「私は13歳の時にお酒を飲み始めて、ドラッグを始めたのも13歳だったと思う。たくさん飲んでは朝の6時までブラブラしてたわ」と語ったらしい。
「冬のソナタ」に登場するペ・ヨンジュン演じるミニョンとチェ・ジウ演じるユジンの髪型をモデルにしたカツラが先月21日、キネマ旬報社から発売され、既に70件の予約が入っているらしい。税込み12800円とか。 [☆買ってどうするつもりなんだろうか・・・疑問だ]
Universal Picturesは、DCコミック"The Psycho"の映画化権を獲得した模様。
「ベイブ」("Babe",1995年)で監督を務めたクリス・ヌーナンは、ラッセル・バンクス(Russell Banks)の小説に基づく"Rule of the Bone"で監督を務めるようだ。また、家族と友情を描いたファンタジー"Crash Dummies: Adventures in the Far-Gone"で脚本と製作を担当するらしい。
米Warner Bros.はマシュー・シャープ(Matthew Sharpe)の小説"The Sleeping Father"の映画化についてオプション契約を結んだ模様。
トム・クランシーの小説「レインボー・シックス」("Rainbow Six")の映画化で、ジョン・ウーが監督を務めるようだ。
「アイ,ロボット」("I, Robot")を手掛けたジェフ・ヴィンター(Jeff Vintar)は、ブライアン・K・ヴォーン(Brian K. Vaughan)のコミック"Y - The Last Man"の映画化でも脚本を担当しているようだ。
リンゼイ・ローハンは、リン・メッシナ(Lynn Messina)の小説に基づくParamount Picturesの新作"Fashionistas"への主演に向けて交渉中らしい。
スカーレット・ヨハンソンとタラ・サブコフがニューヨークのバーでキスしていたらしい。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラスは、ウェールズに新築した新居に防弾ガラスを取り付けたらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")公開中の英国の映画館では、ビデオカメラによる違法撮影を阻止するための警戒体勢を強めている模様。各映画館にフィルムと共に暗視ゴーグルも配給されたとか。
デヴィッド・クローネンバーグ監督「ラビッド」("Rabid",1977年)のDVDが2日、米国でリリースされたようだ。監督自身のコメンタリーやインタビュー、劇場用予告篇なども収録されているとか。クローネンバーグ監督は「僕はそれで全てを学んだんだ。『シーバース/人喰い生物の島』("Shivers",1975年)や『ラビッド』は、映画学校に通ったことのない僕にとっての学校だったんだ」と語ったらしい。
2004 TDFアステア賞(TDF/Astaire Awards)が2日発表され、"The Boy From Oz"に出演するヒュー・ジャックマンにブロードウェイ最優秀男性ダンサー賞が贈られたようだ。
デヴィッド・ハッセルホフが製作を手掛ける「ナイトライダー」("Knight Rider",1982-1986年)の映画で、ポール・ウォーカーが出演交渉に入った模様。
  6/4
東映は「東映おとなの映画BB」の、AII会員向けサービスを4日よりスタートすると発表したようだ。
森永乳業「アロエヨーグルト」発売10周年を記念した、岡田隆監督、田中麗奈主演の短編映画「秘密」3部作が製作され、4日からインターネットで公開されるようだ。
宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」のPVが来月28日にDVDで発売されるようだ。寺尾聰、樋口可南子、及川光博、要潤が友情出演しているらしい。
大友克洋監督「スチームボーイ」の完成会見と舞台挨拶が3日都内で行われたようだ。
第23回藤本賞授賞式が3日都内で行われ、織田裕二らが出席したようだ。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の続編について「やり残したことがないかと言われれば、いろいろ出てくる」とコメントしたらしい。
クァク・ジェヨン監督、チャン・ヒョク、チョン・ジヒョン共演の新作「僕の彼女を紹介します」のエンディングに、X JAPANの「TEARS」が使用されているらしい。
韓国ギャロップの調査によると、第41回大鐘賞映画祭の作品賞最有力候補として、50.6%の回答者が「オールド・ボーイ」を挙げたようだ。
韓国映画チケット販売サイトmaxmovie.comが行った調査によると、4日開催される第41回大鐘賞の主演賞最有力候補として、男優では「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク、女優では「浮気をした家族」のムン・ソリがそれぞれ1位に選ばれたようだ。
香川県は3日「口コミ大作戦―映画で伝えよう、美しい香川!」キャンペーンをスタートさせたようだ。県職員約1万人が1人に付き5人を目標に、映画ロケなどが行われた県をPRするメールを送信するらしい。 [☆それってスパム]
人気ビデオゲーム"Doom"の映画化について、Universal StudiosがId Softwareとオプション契約を結んだ模様。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の英国での公開3日間の興収は2110万ドルに達し、前作「秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets",2002年)の1890万ドルの記録を更新した模様。また、2日公開となったフランスでも記録的な大ヒットとなっているらしい。
キャサリン・ヘプバーンの遺品のオークションが、10日と11日にニューヨークで行われるようだ。1928年の結婚式で着用したウェディングドレスをはじめ、台本や写真、自筆の絵画などが出品され、落札予想価格は総額100万ドル以上とか。
全米週末公開作品では、「シュレック2」("Shrek 2")と「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")が引き続き3000万ドル以上の興収を記録すると予想され、3855館で上映がスタートする「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")との三つ巴の競争になる模様。
来月8日から開催される、第22回ロサンゼルス・ゲイ&レズビアン映画祭(Outfest)で、アンジェラ・ロビンソン監督、サラ・フォード、ジョーダナ・ブリュースター共演の"D.E.B.S."がオープニングに、マイケル・メイヤー監督、コレン・ファレル、ロビン・ライト・ペン共演の"A Home at the End of the World"がクロージング上映されるようだ。
ミュージカル化され大ヒットした「プロデューサーズ」("The Producers",1968)の再映画化で、ニコール・キッドマンの共演が決まった模様。
ローランド・エメリッヒ監督「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")を劇場内でビデオ撮影していたとして、米国とカナダで合わせて3人が逮捕されたらしい。
SonyとMcDonald'sは3日、音楽ダウンロードサービスをPRする"Big Mac Meal Tracks"キャンペーンを、今月8日から北米で、来月からフランス、ドイツ、英国でスタートさせると発表したようだ。"Big Mac Extra Value"を買うと、1曲無料でダウンロードできるらしい。
ワーム「Netsky-P」が、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の関連コンテンツを装って、再び勢力を盛り返しているらしい。
「"アイデンティティー"」("Identity",2003年)の脚本を手掛けたマイケル・クーニー(Michael Cooney)による新作スリラー"Shelter"の映画化権について、Intermediaがオプション契約を結んだようだ。
ジェニファー・ティリーが、8日放送の"The Tonight Show with Jay Leno"に出演するようだ。新作"Seed of Chucky"のメイキング映像も放送されるらしい。
アンディ・ガルシア、ダスティン・ホフマンが共演する、キューバを舞台にしたラヴ・ストーリー"The Lost City"に、ビル・マーレイの出演が決まったようだ。撮影はドミニカ共和国で開始されるらしい。
"Exorcist: The Beginning"の予告篇が来週公開される模様。
マーティン・スコセッシ監督最新作"The Aviator"の予告篇がネット上で公開されたようだ。
ケリー・オズボーンは、クリスティーナ(・アギレラ)と名づけた人形に針を刺して遊んでいるらしい。
ベン・アフレックは、4日開催される主演作"Jersey Girl"の英国プレミアを欠席するらしい。病気のためと公表されたものの、映画に登場するジェニファー・ロペスを見たくないから、というウワサも流れているとか。
エリシャ・カスバートとトレイス・アヤラ(Trace Ayala)が婚約したようだ。
「パール・ハーバー」("Pearl Harbor",2001年)に出演したケイト・ベッキンセイルは「映画の製作発表の時、マイケル(・ベイ監督)は『ケイトはそれほど魅力的でないのでキャスティングした』と言ったの。怒り狂ったし、自尊心も傷つけられたわ」と語ったようだ。
「バイオハザード2」("Resident Evil: Apocalypse")のスコアは、「処刑人」("The Boondock Saints",1999年)、「灰の記憶」("The Grey Zone",2001年)、「くたばれ!ハリウッド」("The Kid Stays in the Picture",2002年)などを手掛けているカナダの作曲家、ジェフ・ダナ(Jeff Danna)が担当するようだ。
Revolution Studiosは、ブリタニー・マーフィ主演のコメディ"Little Black Book"の全米公開を、当初予定の10月から8月6日に前倒しすると発表したようだ。
中田秀夫監督、ナオミ・ワッツ主演"The Ring 2"の米国公式サイトがオープンしたようだ。
英国の子供番組"Ministry of Mayhem"(2004年-)の司会者スティーヴン・マルハーン(Stephen Mulhern)が、英国プレミアに出席していたエマ・ワトソンに「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")でハーマイオニーがドラコ・マルフォイを殴るシーンを再現して欲しいと依頼、ワトソンがマルハーンを殴ると彼は口から血を流したらしい。実はマルハーンのイタズラだったようだ。
グウィネス・パルトロウは、歯の矯正治療を始めたらしい。
ジェシカ・シンプソンは、今週末から全米ツアーをスタートさせるため、夫のニック・ラシェイと共に出演しているMTVの人気リアリティ番組"Newlyweds: Nick & Jessica"(2003年-)はしばらくお休みになるようだ。「ツアーも、カメラに追い回されない日々も待ちきれないわ」と語ったとか。
森田芳光監督「海猫」の製作発表が3日都内で行われ、伊東美咲、佐藤浩市、仲村トオル、三田佳子らが出席したようだ。
Warner Bros.は、デイヴ・キャラハン(Dave Callaham)が脚本を手掛ける、中東を舞台にしたタイトル未定のスリラーを映画化するようだ。
キンバリー・ピアース監督次回作は、イスラエルの伝説的スパイ、イーライ・コーエン(Eli Cohen)を描く作品になる模様。
「卒業」("The Graduate",1967年)を現代版にアレンジした、テッド・グリフィン(Ted Griffin)脚本・監督、ケヴィン・コスナー、ジェニファー・アニストン共演によるタイトル未定の新作で、マーク・ラファロの共演が決まったようだ。
E・B・ホワイトの児童書「シャーロットのおくりもの」("Charlotte's Web")の映画化で、"13 Going on 30"(2004年)を手掛けたゲイリー・ウィニック(Gary Winick)が監督に起用されたようだ。
新作"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"のブラッド・シルバーリング監督は、主演のジム・キャリーについて「驚いたのは、彼が素晴らしいストーリーテラーだということだ。彼は物語を語るという観点から考えているし、仕事をしているというか『どうすれば面白くなるかな?』という感じなんだ」と語ったようだ。
プロデューサーのジョン・H・ウィリアムスは、「シュレック」("Shrek",2002年)の原作者ウィリアム・スタイグ(William Steig)の児童書"The Zajaba Jungle"の映画化についてオプション契約を結んだようだ。
「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde",2001年)のTVシリーズ化が決まったようだ。来年秋スタート予定で、キャストはまだ未定とか。
「ファミリー・タイズ」("Family Ties",1982-1989年)や「新スタートレック」("Star Trek: The Next Generation",1987-1994年)などに出演していたブライアン・ボンソール(Brian Bonsall)が4日、飲酒運転の疑いで逮捕されたようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の米国公式サイトがオープン、予告篇も公開されているようだ。
ソニーは4日、4K(解像度4,096×2,160ドット)のSilicon X-tal Reflective Display(SXRD)を採用したデジタルシネマ向けプロジェクタを米国で発売すると発表したようだ。
  6/5
長崎県佐世保市の小学生殺害事件で、加害者の女児は「バトル・ロワイアルはよく読んでいた」と話しているらしい。また、事件の1ヶ月前には「バトル・ロワイアル」(深作欣二監督,2000年)のDVDを借りていたようだ。
中村幻児監督「ロード88 出会い路、四国へ」の試写会が3日、都内で開催され、主演の村川絵梨らが舞台挨拶に立ったようだ。
トルコでは、ブラッド・ピット主演「トロイ」("Troy")のヒットで、トロイ遺跡への外国人観光客がこれまでの3倍の100万人になると見込んでいるらしい。
ハル・ベリーと離婚の手続きに入っているエリック・ベネットは、ロサンゼルス上級裁判所に対し、婚前契約とその修正条項の有効性について判断を求める書類を提出したようだ。ベネットは訴訟費用と慰謝料の支払いを要求しているらしい。
今年4月ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに星型が加わったメアリー=ケイト・オルセンとアシュレイ・オルセンは、当初それぞれ一つずつの星型を要求していたらしい。
オーランド・ブルームは、新作"Kingdom of Heaven"の撮影終了後にも、恋人のケイト・ボスワースに結婚を申し込むつもりらしい。
ベン・アフレックは、Boston Red Sox戦に女性を同伴していたらしい。イタリア人とのハーフの26歳の女性Enza Sambataroは、ジェニファー・ロペスにソックリとか。
ウォルフガング・ペーターゼン監督「トロイ」("Troy")の海賊版ビデオが、パラグアイで2.5ユーロで売られていたらしい。
ベン・アフレックは気管支炎のために入院しているらしい。 [☆本当に病気だった!?]
トリンプが行ったアンケート調査によると、「下着姿でうろうろしていてもOKなお父さん」にはビートたけし、「下着を送りたくなるお父さん」には岩城滉一、「下着姿でうろうろしていたら嫌なお父さん」に蛭子能収が、それぞれ1位に選ばれたようだ。
「Short Shorts Film Festival2004」の開会式が3日、明治神宮参集殿で行われ、ペ・ヨンジュンの恋人といわれるサガン・リーも出席したようだ。
デヴィッド・ドゥカヴニーは、「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)の映画化第2弾について「ジリアン・アンダーソンもやりたがっているし、僕も、クリス・カーターもやりたいと思っている。FOXもそうだと思うよ
ドイツ議会は結局、"Mission: Impossible III"のベルリンの国会議事堂での撮影に許可を与えるようだ。ただし、屋内での撮影は禁止され、最終的な判断は脚本に依存するとしているらしい。
Sony Pictures Entertainmentは、映画版「鉄腕アトム」の脚本と監督について、"Samurai Jack"などを手掛けたアニメーターのゲンディ・タルタコフスキー(Genndy Tartakovsky)と契約を結んだようだ。
リンゼイ・ローハンの父親は、先月23日に行われた家族の集まりで義理の兄弟に暴行を加えたとして告訴されたようだ。
ウェストバージニア州のハンティントンで5日、アパラチア映画祭(Appalachian Film Festival)が開幕、アパラチア山脈がまたがる13の州で製作された独立系作品13本が上映されるようだ。
米テレビ批評家協会(Television Critics Association)賞のノミネーションが発表され、FOXのコメディ"Arrested Development"(2003年-)が5部門で候補に挙がったほか、HBOの「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)とComedy Centralの"The Daily Show"が4部門でノミネートされたようだ。
ジュリエット・ルイスは、彼女のバンドThe Licksのツアーを今月26日にスターとさせるようだ。「私は、使用人やスタイリストがいるような純情娘タイプじゃない。そんなのバカバカしい。私は普通の人なのよ。だから、ハリウッドの社交行事は苦手だったの」と語ったらしい。
  6/6
窪塚洋介が6日、横須賀市のマンションの9階から飛び降りたらしい。負傷したものの意識はある模様。
島田洋七は5日、大阪市内で行われた「佐賀のがばいばあちゃん」の映画化記念サイン会に出席したようだ。3部作にする構想を明らかにし、「2作目から監督をやってみたい」と語ったとか。
菅原浩志監督「ほたるの星」が5日初日を迎え、主演の小澤征悦、菅谷梨沙子らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
5日初日を迎えたカン・ウソク監督「シルミド/SILMIDO」について、配給元の東映では興収15億円を見込んでいるらしい。
ジャッキー・チェンは、台湾総統選についてさらに「やっぱりコメディだった。世界的コメディだよ」とコメントしたらしい。
亡くなったロナルド・レーガン元大統領について、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事は「私にとってヒーローだった。リーダーとなって国のために役立ちたいという感化を常に与えてくれた」と語ったようだ。
ジェニファー・ロペスとマーク・アンソニーが5日、ロサンゼルスの自宅で結婚式を挙げたようだ。
モンティ・パイソンのメンバーだったグラハム・チャップマン(Graham Chapman)の生涯を描く映画"Gin and Tonic"の主演俳優オーディションが5日、ニューヨークのタイムズスクエアで行われ、俳優やファンら約1000人が集まったらしい。デヴィッド・エリック・ブレナー(David Eric Brenner)が監督と脚本を担当、年内にロンドンで撮影が始まるようだ。
ヴァーン・トロイヤーは、ヨガ・インストラクターのジュヌヴィエーヴ・ガレン(Genevieve Gallen)との結婚について、金銭を目的としたでっち上げであるとして、結婚の無効を求める訴訟を起こしたようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のプロデューサー、デヴィッド・ヘイマン(David Heyman)は「(アルフォンソ・)クアロンが第3作の監督候補の挙がった時、スタジオ側は『それは素晴らしい考えだ』とはいかなかった。むしろその反応は『頭がおかしくなったのか?』という感じだったね」と語ったようだ。
ジム・キャリー主演の新作"Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events"の最新予告篇がネット上で公開されたようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の全米初日興収は4080万ドルに達し、「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)による3940万ドルの記録を更新したようだ。
ブリトニー・スピアーズと、新しい恋人ケヴィン・フェダーライン(Kevin Federline)は、互いの永遠の愛の証として、新しいタトゥを入れたようだ。
ジャスティン・ティンバーレイクは母親の誕生日に、Harley Davidsonのバイクをプレゼントしたようだ。一家で7台を所有するHarley好きらしい。
黒木瞳、岡田准一共演による、江國香織の小説「東京タワー」の映画化で、松本潤、平山あや、加藤ローサらが共演するようだ。
篠原哲雄監督「天国の本屋〜恋火」が5日初日を迎え、竹内結子、香里奈、新井浩文、玉山鉄二らが、主題歌を歌う松任谷由実からプレゼントされた浴衣姿で舞台挨拶に立ったようだ。
2004 MTV Movie Award授賞式が5日開催され、作品賞に「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、主演男優賞に「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")のジョニー・デップ、主演女優賞に「キル・ビル」("Kill Bill: Vol.1")のユマ・サーマンが選ばれたようだ。また、コメディ演技賞には「スクール・オブ・ロック」("School of Rock")のジャック・ブラック、悪役賞には「キル・ビル」のルーシー・リューが選ばれたらしい。
「カンサス騎兵隊」("Santa Fe Trail",1940年)、「最后の砦」("The Last Outpost",1951年)、「バファロウ平原」("Cattle Queen of Montana",1955年)などの作品で俳優として活躍、1981年から1989年まで第40代アメリカ大統領を務めたロナルド・レーガン(Ronald Reagan)さんが5日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  6/7
米子供服チェーンのChildren's Place Retail Storesは、Disney Storeの北米店舗買収に向けて、Walt Disneyと交渉に入っている模様。
森永製菓株式会社は、「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)、「フラッシュダンス」("Flashdance",1983年)など米Paramount Pictures作品の名場面の映像と映画音楽を収録したCD-ROM付き「ベストヒッツ!ハリウッドチョコフレーク」を22日から発売する、と発表したようだ。
6日、マンション9階から転落した窪塚洋介は、命に別状はない模様。所属事務所は「自宅ベランダに設置してある鯉のぼりの取り付け器具を外す作業の際、不注意により転落した」と説明しているらしい。
今年4月に所属事務所との契約を解消したぺ・ヨンジュンは、これまでマネージャーを務めていたペ・ソンウンらが新たに設立したBOF(Boundaries of Forest)社と専属契約を結んだようだ。
ホン・サンス監督「女は男の未来だ」がフランス国内の33館で先月19日から上映され、先週末までに4万人の観客を動員、1月に公開された同監督「気まぐれな唇」の2万9361人の記録を公開2週目で更新したようだ。
第41回大鐘賞映画祭授賞式が4日ソウル市内で行われ、キム・ギドク監督「春夏秋冬・・・そして春」が作品賞、「オールド・ボーイ」のパク・チャンウクが監督賞、同作のチェ・ミンシクが主演男優賞、「浮気をした家族」のムン・ソリが主演女優賞、「シルミド/SILMIDO」のホ・ジュノが助演男優賞、「どこかで誰かに何か起こればすぐに現れる洪班長」のキム・ガヨンが助演女優賞、「幼い花嫁」のキム・レウォンとムン・グニョンが新人賞をそれぞれ獲得したようだ。
ケリー・チャンは、ツイ・ハーク監督が企画する新作「林青霞伝」への出演に興味を示している模様。
第58回トニー賞授賞式が6日開催され、ミュージカル部門では"Avenue Q"が、演劇部門では"I Am My Own Wife"が作品賞を獲得、また"A Raisin in the Sun"のフィリシア・ラシャド(Phylicia Rashad)がアフリカ系アメリカ人として初めて演劇部門の主演女優賞を受賞したほか、ミュージカル部門の主演男優賞は"The Boy From Oz"のヒュー・ジャックマンに贈られたようだ。
全米週末興収は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が9264万ドルに達し、「スパイダーマン」("Spider-Man",2002年)の1億1480万ドルに次ぐオープニング記録となった模様。一方「シュレック2」("Shrek 2")は3700万ドルで2位となり、総興収は3億1359万ドルに、「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")は2815万ドルで3位に後退し、総興収は1億2876万ドルとなったようだ。
篠原哲雄監督「天国の本屋〜恋火」のPRイベントが6日、東武動物公園で行われ、香里奈が出席したようだ。
宮崎駿監督「ハウルの動く城」の主題歌「世界の約束」を、倍賞千恵子が歌うことになったようだ。倍賞千恵子が映画主題歌を歌うのは「下町の太陽」(山田洋次監督,1963年)以来41年ぶりとか。作詞は谷川俊太郎、作曲は木村弓が担当したらしい。
TV番組プロデューサーのラルフ・ファーカー(Ralph Farquhar)は、New Line Cinemaの新作ティーン・コメディ"Crenshaw Blvd."で監督と脚本を務めるらしい。
Warner Bros.は、イアン・コールドウェル(Ian Caldwell)とダスティン・トマソン(Dustin Thomason)によるベストセラー小説"The Rule of Four"の映画化権を獲得したようだ。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作"Charlie and the Chocolate Factory"に、デヴィッド・ケリーの出演が決まったようだ。
ウィル・フェレルの脚本によるコメディ"Talladega Nights"の映画化権をColumbia Picturesが獲得した模様。アダム・マッケイ(Adam McKay)が監督を務めるようだ。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは4日、18日発売のDVD「ファインディング・ニモ」の初回出荷枚数が300万枚を達成したと発表したようだ。
  6/8
ジャパン・デジタル・コンテンツは、日本映画の興行収入や観客動員数などを撮影前の時点で予測するソフトを開発したらしい。
福井晴敏の小説「亡国のイージス」が、阪本順治監督、真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一らの共演で映画化されるらしい。海上自衛隊が撮影に全面協力、9月から本格的な撮影が始まる模様。
警察の捜査によると、窪塚洋介のマンションのベランダには「こいのぼりの器具」は発見されなかったようだ。
マンション9階から転落し重傷を負った窪塚洋介について、東映の岡田裕介社長は「お前はスパイダーマンかという感じだ。ウチのデビルマンに出演させとけば良かった」とジョークを飛ばしたあと「復帰第1作はウチでやってもらいたい」とコメントしたようだ。今春の時点で映画の脚本2作品が渡されていたらしい。
東映とサミーが提携し、シネコン運営会社「シーズ・シネマズ」を設立したようだ。第1号として千葉県・蘇我の臨海地区に約1万坪の大規模なシネコンを建設するらしい。
是枝裕和監督「誰も知らない」の凱旋記念試写会が7日都内で行われ、柳楽優弥、YOUらが出席したようだ。カンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞した柳楽は、アニエス・べーからら映画のポスターをデッサンしたTシャツをプレゼントされていたらしい。
日本映画製作者連盟などは8日、夫婦どちらかが50歳以上の場合、入場料を2人で2000円にする新しい割引制度を、来月1日から全国の劇場で実施すると発表したようだ。 [☆年齢を確認できるものを劇場窓口で提示する必要があるとのことです。]
「ニュージーランドの若大将」(福田純監督,1969年)、「新宿酔いどれ番地 人斬り鉄」(小平裕監督,1977年)、「KUMISO」(香月秀之監督,2002年)などの作品にも出演していた、元参院議員で漫才師のコロムビア・トップさんが7日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
来月24日からソウル市内で開幕するミュージカル「ジキル&ハイド」で、チョ・スンウが主演を務めるようだ。
チャン・ヒョンス監督「誰にでも秘密がある」の撮影が6日ソウル市内びカフェで行われ、イ・ビョンホンとキム・ヒョジンのキスシーンなどが撮影されたらしい。
韓国で生ゴミからできた材料がマンドゥ(韓国の餃子)の具に使われるという事件が起こったらしい。チェ・ミンシク主演「オールド・ボーイ」で餃子が物語のカギとして登場することから、ネット上では事件と絡めたパロディ写真が急速に広がっているとか。
6日放送の韓国KBS第2テレビ「ビタミン」に、ペ・ヨンジュンの専属トレーナーが出演、「スキャンダル」出演のために2ヶ月で8kgの減量に成功した時のダイエットメニューを紹介したようだ。野菜、果物と鶏肉を中心としたメニューを1日6回に分けて食べ、体重25kg当り1リットルの水を飲むといいらしい。
既に第39回カルロビバリ国際映画祭コンペ部門への出品が決まっている、キム・ドンウォン監督によるドキュメンタリー映画「送還」は、来月ポーランドで開催される第4回ニューホライズン国際映画祭と、オーストラリアで行われる第13回ブリスベン国際映画祭でも上映されるようだ。
チャン・イーモウ監督、金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウ共演の新作「LOVERS」("十面埋伏")が、来年の米アカデミー賞に出品されるらしい。外国語映画賞だけでなく作品賞、監督賞も狙うとか。
第16回高松宮殿下記念世界文化賞の受賞者が7日発表され、アッバス・キアロスタミ監督ら5人が選ばれたようだ。
ロサンゼルス地区の判事は7日、ハル・ベリーに対するストーカー行為を続けていた男性に対し、ハル・ベリーと彼女のマネージャーらの100ヤード以内への接近を禁じる命令を下したようだ。
来週行われるオークションに出品されるキャサリン・ヘプバーンの遺品には、ヴァン・ヘフリン(Van Heflin)、ジョゼフ・コットン(Joseph Cotten)の名前と共に「ヘプバーンに愛を込めて」と刻まれた銀のシガレットケースなどの他、コネチカットの自宅に掲げられていた「進入禁止」「私道」と書かれた看板といったものも含まれているとか。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の北米を除く24ヶ国での海外週末興収は、1億1350万ドルに達し、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」("The Lord of the Rings: The Return of the King")、「マトリックス・レボリューションズ」("Matrix Revolutions")に次ぐ史上3番目の記録となったようだ。
マクドナルドを食べ続ける影響を追った、製作費6万5000ドルのドキュメンタリー"Super Size Me"は、現在全米205館で公開され、総興収は620万ドルに達したらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の公開3日間の北米週末興収は、最終集計で9368万7367ドルとなったようだ。
MTVは、キャメロン・ディアスの企画・出演による紀行番組"Trippin'"、ウィルマー・ヴァルデラマが司会を務める自動車レーサー発掘番組、フランキー・ムニッズの主演によるドラマ"Granted"などのシリーズ化を決定した模様。
ジェニファー・ロペスとマーク・アンソニーの結婚について、英国のブックメイカーは「年末までに離婚する」に3-1、「ジェニファー・ロペスは生涯に8回以上結婚して、エリザベス・テイラーを超える」に10-1のオッズをつけているらしい。
ウォルフガング・ペーターゼン監督「トロイ」("Troy")でアガメムノンを演じたブライアン・コックスは「ロサンゼルスでは、私が死ぬ場面で観客が喝采していたけど、それをどう捉えていいか分からないよ。妻は賛辞だと言ってくれるけどね。悪役を意図したつもりはないし、アガメムノンは映画に登場する唯一の現実主義者だと思うんだが、残念ながらみんなはそう思ってくれないようだね」と語ったようだ。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)でエリザベス・コーディ役を演じていたアレックス・キングストン(Alex Kingston)は出演契約を更新しないようだ。Radio Times誌とのインタビューに答えた彼女は「番組は若いキャラクタにばかり注目している。プロデューサーや脚本家に言わせれば、私は面白味もない時代遅れの人間なのよ」と語ったらしい。
「宇宙家族ジェットソンズ」("The Jetsons",1962-1988年)が実写映画化されるらしい。"Cheaper by the Dozen"(2003年)のサム・ハーパー(Sam Harper)が脚本、「女神が家にやってきた」("Bringing Down the House",2003年)のアダム・シャンクマンが監督を務めるようだ。
ロブ・ゾンビ監督の新作"The Devil's Rejects"に、伝説的ポルノ女優のジンジャー・リン・アレン(Ginger Lynn Allen)の出演が決まった模様。「デス・レース2000年」("Death Race 2000",1975年)のメアリー・ウォロノフ(Mary Woronov)も出演するらしい。
アリク・アヴェリーノ(Aric Avelino)の監督デビュー作"American Gun"で、ドナルド・サザーランド、フォレスト・ウィテカー、ガルセル・ビュヴァイス=ナイロン、リンダ・カーデリーニが共演するようだ。来月からロサンゼルスで製作がスタートする模様。
人気ビデオゲーム"Doom"の映画化についてUniversal Studiosがオプション契約を結んだ、と報じられたことについて、id Softwareは「Warnerとのオプション契約が終了したので、権利はidに戻っている。今はまだ"フリー・エージェント"の状態なので、いくつものスタジオが興味を示している」と語り、報道を否定したようだ。映画は"Doom 3"に基づく物語になるとか。
マイク・ジャッジ監督、ルーク・ウィルソン主演のタイトル未定(旧タイトル"3001")の新作で、元NFLのテリー・クルーズが米国大統領役を演じているらしい。「僕がデカくて、ワルくて、ツヨいからさ。僕が演じるのは悪役レスラータイプの大統領だよ」と語ったとか。
「アンダーワールド」("Underworld",2003年)の続編について、脚本を担当するダニー・マクブライド(Danny McBride)は「さらに物語は進んでいくが、いくつかの前日談も語られることになる。かなりクールな作品になるよ」と語ったようだ。
スティーヴ・ブシェミ、フィッシャー・スティーヴンス、マルコム・マクダウェルらが共演する、オーレン・ムーヴァーマン(Oren Moverman)の監督デビュー作となる新作ダークコメディ"Cordless"で、ポール・ラッドの出演が決定、アンナ・フリエルも交渉中のようだ。
リチャード・ゼルニカー(Richard Zelniker)監督、ソーラ・バーチ主演の新作"Vinyl"に出演予定だったジェナ・マローンがスケジュールの都合で降板、代わりにミシェル・トラクテンバーグ(Michelle Trachtenberg)の出演が決まったようだ。
イライジャ・ウッドは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの前編となる「ホビットの冒険」("The Hobbit")への出演について「もうそれは終わりにして、思い出の中にしまっておきたいよ。それに、別のホビットを演じたくないんだ。ファンにとっても僕にとっても奇妙な感じだからね」と語ったようだ。
ニコール・キッドマンは「もし素敵な人が現れれば、キャリアを終わりにするかもしれない」と語ったようだ。
マット・デイモンは、ジェニファー・ロペスと別れた時のベン・アフレックについて「何のアドバイスもしなかったし、彼を助けるために何が出来るのかも分からなかったよ。彼がライフルを手にしたり、鐘楼に登ったりしなかったのは、ちょっと驚きだったけどね」と語ったようだ。
「オロナミンC」の新CMで、上戸彩とペ・ヨンジュンが共演しているらしい。来月上旬から放送予定とか。
「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のDVDは発売1週目で32万7000枚の売上を記録、「BAYSIDE SHAKEDOWN2」も7万7000枚に達し、14日付けオリコンDVDチャートで1位、2位を独占したようだ。
スティーヴ・オーデカークが製作・脚本・監督を務めるフルCGアニメ"Barnyard"で、ケヴィン・ジェイムズが主人公の牛の声を担当することになったらしい。
Walt DisneyとJerry Bruckheimer Filmsは、テリー・ロッシオ(Terry Rossio)とビル・マルシリ(Bill Marsilii)によるロマンチック・スリラーの脚本"Deja Vu"を獲得したらしい。
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演による、MTVのアニメシリーズ"Aeon Flux"(1995年)の実写映画化で、フランシス・マクドーマンドの共演が決まったようだ。
クリス・カーター(Chris Carter)は「X-ファイル」("X-Files",1993-2002年)の映画化第2弾について「フランク(・スポットニッツ)と私がストーリーを練り上げたよ。今は(FOXとの)交渉が進行中だ」と語ったらしい。
「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")に出演したマシュー・ブロデリックは、New York Timesが6日「フランク・オズ監督と出演者の間での言い争いが絶えず、製作に支障が出ていた」と報じたことについて「何度か意見の対立があったことは知っているけど、僕はその場にいなかった。この世界に長くいれば誰でもわかることだけど、意見の対立のない映画なんてないよ。他の映画に比べれば、今回はずっと穏やかだったよ」と語ったらしい。
「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")のエンディングが公開1ヶ月前になって急遽変更されたことについて、フランク・オズ監督は「数種類のエンディングを用意していた。『おつむてんてんクリニック』("What About Bob?",1991年)でも『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』("Little Shop of Horrors")でもエンディングを再撮影した。ごく普通のことだよ」と語ったらしい。
エレクトロニック・アーツ株式会社は、26日発売のGC/GBA用ソフト「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の購入者の中から、抽選で300人に「ナイトバス デカクッション」、1000人に「映画出演者サイン入りミニポスター」をプレゼントすると発表したようだ。
婚約の噂も報じられていたブルース・ウィリスとブルック・バーンズが破局したようだ。
5日公開となったローランド・エメリッヒ監督「デイ・アフター・トゥモロー」は週末興収9億800万円を記録した模様。初日の日劇1は全ての回が満席となったとか。一方、行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」の総興収は47億円を突破したらしい。
17歳以下の場合、親か成人の保護者の同伴が求められるR指定の映画でも、提示すれば高校生だけで入場できる「R-card」の発行を、米GKC Theatresが始めたようだ。
デヴィッド・ハッセルホフが5日、飲酒運転で逮捕された模様。
タワーレコード株式会社とHMVジャパン株式会社は8日、今月3日参議院本会議で可決成立した「著作権法の一部を改正する法律案」について「同法律が洋楽輸入盤CDの流通を妨げるものではない。また、妨げられた場合は必要な行動をとる」とする共同声明を発表したようだ。
  6/9
コナミデジタルエンタテインメントは、北米で10月より放送が始まるTVアニメシリーズ"DragonBooster"のゲーム化権を、米Alliance Atlantis Communications社より獲得すると発表したようだ。
NHKは9日、2003年度の連結決算報告書を発表、経常事業収入は前年度比98億円増の7445億円となったようだ。その内、「冬のソナタ」に関連したDVDやビデオ、書籍の売り上げが35億円を占めたらしい。
中田英寿が、雑誌「ブブカ」が宮沢りえとキスをしている写真を掲載したのはプライバシーの侵害に当るとして、出版元のコアマガジンを訴えていた問題で、東京地裁は9日、出版社側に110万円の支払いを命じる判決を下したようだ。
窪塚洋介の容態について、所属事務所は9日「全治3カ月と診断された」と発表したようだ。
タカハタ秀太監督、草なぎ剛主演「ホテルビーナス」が、18日から開催されるモスクワ国際映画祭のコンペ部門に出品されるらしい。
宮藤官九郎監督「真夜中の弥次さん喜多さん」に、森下愛子、研ナオコ、小池栄子、清水ゆみらの出演が決まったようだ。
窪塚洋介は両足を骨折している模様。
ベストファーザーに贈られるイエロー・リボン賞が8日発表され、西田敏行、哀川翔ら5人が受賞したようだ。
韓国MBCのドラマ「回転木馬」などに出演しているクォン・ミンジュンが歌手デビューするらしい。今月中にデビュー・アルバムがリリースされるようだ。
韓国富士フイルムのデジカメ「FinePix F710」のCMキャラクタに、チョ・インソンが起用されたようだ。「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually",2003年)の1シーンのパロディになっているらしい。
韓国内305館で3日公開がスタートしたチョン・ジヒョン主演「僕の彼女を紹介します」は、週末の観客動員数が86万1000人に達し、No.1ヒットとなったようだ。また、香港でも「花嫁はギャングスター」の58万香港ドルを越える、62万香港ドルの興収を記録、韓国映画として過去最高となったようだ。
女性ばかりを狙った連続殺人・殺人未遂事件が今年4月からソウルで発生、ソウル版「殺人の追憶」と噂されているらしい。
スタンリー・クワン監督「長恨歌」の製作発表が6日行われ、共演するレオン・カーフェイ、サミー・チェン、ダニエル・ウー、フー・ジュンらが出席したようだ。1930-40年代の上海を舞台にしたラヴストーリーになるらしい。
先月「釣りバカ日誌15」の秋田県内でのロケを終えた朝原雄三監督は「エキストラで出演した地元の劇団員の演技がとにかくうまい。西田(敏行)さんが『東京の青年座に連れて帰りたい』と言うほどだった」と語ったようだ。
第16回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したアッバス・キアロスタミ監督は「結末のある映画を私は信じない。私の映画は主人公が死んでも終わらない。終わらないのが現実の世界であり、それが新たな作品の始まりにつながる」と語ったようだ。
ロシアで今年9月、KGBの後継機関であるFSB(連邦保安局)の将校が活躍する新作アクション映画「リーチヌイ・ノーメル」が劇場公開されるらしい。FSB将校が国際テロと戦うロシア版「ダイ・ハード」とか。
経済産業省が9日発表した特定サービス産業動態統計調査速報によると、4月度の映画館売上高は、前年同月比16%減の90億300万円だったようだ。入場者数は洋画が27.4%の減となった一方、邦画は24.5%像となったらしい。また、売上高、入場者数共にシネコンが8割を占めたとか。
昨年ントロント国際映画祭で上映され、フランスでも100万人の観客を動員したタイ映画「マッハ!!!!!!!!」("Ong-Bak",2003年)の米国配給権をMagnolia Picturesが獲得、11月に拡大公開するようだ。Magnolia Pictures社長のエイモン・ボウルズ(Eamonn Bowles)は「この映画を観た時、僕はただポカンと口を開けて座っていた。(主演のトニー・ジャーが)やってることが全く信じられなかったよ」と語ったらしい。
米Mattel社は8日、実際に着ることが出来るバービーの衣装を発表したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が8日、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)本部内の劇場で上映され、600人以上の観客からスタンディング・オベーションを受けたようだ。
米HBOの人気ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos",1999年-)の第5シーズン最終話が6日放送され、平均視聴者数は前シーズン最終話の1250万人を下回る1100万人となったようだ。
まもなく全米公開となる実写映画版「ガーフィールド」("Garfield")の原作者ジム・デイヴィス(Jim Davis)は「映画版の目的はただ一つ、みんなを笑わすことです。4コマ漫画では1日25の単語かそれ以下しか使いません。では、85分という時間を得た『ガーフィールド』に何が起こるのか?それは、みんなを楽しませるもう一つの方法であり、もう一つの挑戦なのです」と語ったようだ。
ピーウィ・ハーマンことポール・ルーベンスが主演したコメディ番組"Pee-wee's Playhouse"(1986-1990年)がDVD化され、今秋米国で発売されるらしい。
スティーヴ・カー監督、マーティン・ローレンス主演の新作コメディ"Rage Control"に、ミーガン・ムラリーとブレッキン・メイヤーの共演が決まったようだ。
メル・ギブソンのIcon Distribution社は、「パッション」("The Passion of the Christ")のチケット売上の55%を支払う契約にもかかわらず34%しか支払われていないとして、世界最大の映画館チェーンRegal Entertainmentグループに対し4000万ドル以上の支払いと損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
P・ディディことショーン・コムズがプロデュースしたSean John Collectionが、米ファッション・デザイナー協議会(Council of Fashion Designers of America)によるメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞したようだ。
DVD「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション」の米国リリースは12月になるようだ。
イーサン・ホークは先週、ユマ・サーマンとの破局の原因となったカナダ人のモデルJen Perzowと、高級レストランで食事を楽しんだらしい。
Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOは、子会社のMiramax Filmsをハーヴェイ・ウェインスタインとボブ・ウェインスタインに売却することを考えているらしい。アイズナーCEOが友人との夕食会で、Miramaxを売りたいがウェインスタイン兄弟は資金を調達できないだろう、と漏らしたとか。Disneyの重役は「売り出すつもりはない。100%我々が所有している」とこれを否定した模様。
新作「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")でフランク・オズ監督とキャストの間で争いが絶えず製作が遅れた、と報じられたことについて、ニコール・キッドマンとベット・ミドラーの代理人は全くのでたらめだと否定したようだ。
ケヴィン・スミスは新作"The Green Hornet"について、アクション映画の監督は出来ない、と言っているらしい。
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクが破局したらしい。
アンドリュー・アダムソン監督「シュレック2」("Shrek 2")の完成披露試写会が10日都内で行われるようだ。アントニオ・バンデラスらが舞台挨拶に立つ予定とか。海賊版製作を阻止するため、会場は厳重な警備体制が敷かれるらしい。
24日にフジテレビで放送される「トゥームレイダー」("Lara Croft: Tomb Raider",2001年)の日本語吹き替え収録が8日都内で行われ、釈由美子がララ・クロフトの声を演じたようだ。
ウディ・アレン監督最新作はロンドンで撮影されるらしい。ケイト・ウィンスレットが出演するようだ。来月から撮影が始まる模様。
「ブリジット・ジョーンズの日記」("Bridget Jones Diary",2001年)の続編"Bridget Jones: The Edge of Reason"の全米公開日は11月19日に設定されたようだ。またMiramax Filmsに代わってUniversal Picturesが世界配給を担当することになった模様。
ジェイ・ローチ監督の次回作は、ガスティン・ナッシュ(Gustin Nash)の脚本によるコメディ"Charlie Bartlett"になる模様。
New Line Cinemaは"Final Destination 3"の製作にGOサインを出したようだ。
フランク・オズ監督は新作「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")に、オリジナル版「ステップフォードの妻たち」("The Stepford Wives",1975年)のキャサリン・ロス(Katharine Ross)やポーラ・プレンティス(Paula Prentiss)をカメオ出演させる考えは全く無かった、と語ったようだ。
デヴィッド・トゥーヒー監督は新作「リディック」("The Chronicles of Riddick")について「最初のバージョンは2時間50分あったが、最終バージョンは2時間になった。流れもいいし、パワーもあるし、サマームービーとしてはいい仕上がりになったと思うよ。でもディレクターズ・カット版(のDVD)では15分くらい長くなると思う」と語ったようだ。
マット・ルブラン主演による「フレンズ」("Friends",1994-2004年)のスピンオフ"Joey"で、共演のアシュレイ・スコットがキャストから外された模様。アシュレイ・スコットの登場シーンはキャストを入れ替えて再撮影されるらしい。
キャメロン・クロウ監督、キルスティン・ダンスト、オーランド・ブルーム共演の新作ロマンチック・コメディ"Elizabethtown"に、ポール・シュナイダーの出演が決まったようだ。
デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作"A History of Violence"で、ヴィゴ・モーテンセンの出演が決まったようだ。
「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」("Dirty Rotten Scoundrels",1988年)がミュージカル化されるらしい。ジョン・リスゴウらが出演するようだ。
映画プロデューサーの育成を目的とした、第3回日本映画エンジェル大賞の授賞式が行われ、大賞1名、佳作3名が受賞したようだ。
米NBCの"Today"に出演したマーク・アンソニーは、ジェニファー・ロペスとの結婚について「個人的なことだから」と一切のコメントを拒否したようだ。
「スーパーマン」最新作の主演を決めるスクリーン・テストが密かに行われているらしい。
  6/10
西友は「スパイダーマン2」のキャラクタ商品を、10日から西友グループ395店舗で販売すると発表したようだ。
李相日監督「69 sixty nine」の試写会が9日都内の女子高、目白学園高校で行われ、妻夫木聡がゲスト参加したようだ。
摂食障害とひきこもりに苦しむ35歳の女性を追ったドキュメンタリー映画「私をみつめて」が製作されたようだ。原一男監督が発案、日本映画学校の学生4人が卒業制作として撮影したらしい。その女性は、映画への出演をきっかけに障害を克服、現在は大阪電気通信大に通って映像表現を学んでいるとか。
レイ・ブラッドベリは、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")について「私の小説『華氏451度』("Fahrenheit 451")からタイトルを盗んで数字だけを変えた」と非難したようだ。
「ここに泉あり」(今井正監督,1955年)、「海の野郎ども」(新藤兼人監督,1957年)、「狼の紋章」(松本正志監督,1973年)、「連合艦隊」(松林宗恵監督,1981年)などの映画のほか、テレビや舞台などで活躍した、俳優の冨田浩太郎さんが10日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。
公然わいせつ罪で起訴されているAV男優チョコボール向井らの初公判が10日東京地裁で行われ、被告らは起訴事実を全面的に認めたようだ。
「切腹」(小林正樹監督,1962年)、「上意討ち 拝領妻始末」(小林正樹監督,1967年)の原作者としても知られる、時代小説家の滝口康彦さんが9日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アレルギーで苦しむキム・ジョンウンに、ある映画監督が、アレルギーに効果のある食用炭を提供するので映画に出演して欲しい、と依頼したらしい。
現在公開中の映画をネット上で無断配布したとして、ソウルの江南警察署は9日、87人を書類送検したようだ。
第7回上海国際映画祭が5日開幕、ミシェル・ヨーら数百人の映画関係者が集まったようだ。
コムストックは、キム・ユミ、イム・ウンギョン主演の韓国ホラー映画「人形師」の配給権を110万ドルで獲得したようだ。
12日に日本公開となる「浮気な家族」プロモーションのため、ムン・ソリが8日来日したようだ。特別試写会で舞台挨拶に立ったほか、杉本彩と対談したらしい。
小豆島で開催中の、「二十四の瞳」(木下恵介監督,1954年)の製作50周年を記念したイベントでは、来月に江守徹のトークショーが行われる他、9月には浜村淳の講演も予定されているようだ。
ハローキティの誕生30周年を記念した金貨と銀貨が14日から発売されるようだ。
米Life誌が10月から完全復刊するようだ。Los Angeles Times紙など米国内50の新聞に毎週折り込まれる形で、2600万人に無料配布されるらしい。
政治家を風刺する内容の新作映画"Yodchai Nai Oakark"の撮影現場を9日、タイ警察当局者が訪れ、製作者らに職務質問を行ったらしい。質問を受けたプロデューサーのJaroon Watthanasinは「彼は、首相の信用を傷つけるのではないかと心配したようだ。必要な情報を全て提供したら、彼は満足していたよ」と語ったようだ。
アンディ・ガルシア監督・主演、ビル・マーレイ、ダスティン・ホフマンら共演の新作"The Lost City"は、23日からドミニカ共和国で撮影が始まるようだ。
米NBCは9日、アテネ五輪の放送をMSNBC、CNBC、CATV局Bravoなどに拡大、放送時間は延べ1210時間になると発表したらしい。また、広告枠のほぼ90%を販売、目標額の10億ドルに近づいているようだ。
ブリトニー・スピアーズは8日、新曲"Outrageous"のミュージックビデオ撮影中に左膝の痛みを訴え、ニューヨーク市内の病院で剥離した軟骨を除去する手術を受けたらしい。
南カリフォルニアのオレンジ群のある政治家が、ジョン・ウェイン空港(John Wayne Airport)を、米FOXのティーン向けTVドラマ"The O.C."(2003年-)の人気にあやかって、"The O.C. Airport"に改名しようと言っているらしい。
エリザベス・テイラーの自宅で長年働いていた庭師の男性が、執事からセクハラを受けた上、不当に解雇されたとして訴訟を起こしていた問題で、テイラーと元庭師との間で和解が成立したようだ。
中田秀夫監督、ナオミ・ワッツ主演"The Ring 2"の撮影が行われるため、9日から11日までの間、ワシントン州の国道101号線と州道401号線で断続的な渋滞が発生する模様。 [☆ドライバーの皆様はお気を付けください。]
ダーレン・アロノフスキー監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作"The Fountain"は、11月1日からモントリオールで撮影が始まるらしい。
米国で人気のセクシー・ダンス・ユニットPussycat Dollsが先週ハリウッドで行った公演に、リンゼイ・ローハンとカーメン・エレクトラが参加したようだ。グウェン・ステファニー、スカーレット・ヨハンソン、クリスティーナ・アップルゲイトらも以前、1回限りのパフォーマンスで参加したことがあるらしい。ローハンは再度参加することを計画しているとか。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のカナダでの公開も、米国と同じ6月25日に設定されたようだ。Alliance Atlantisが配給するらしい。
ジェニファー・ロペスは妊娠している、とNew York Postが報じたようだ。
米VH1の1時間特番"VH1 All Access: Rock Bodies"で「ロックなボディTop10」が発表されたようだ。
1.ジェシカ・シンプソン
2.ビヨンセ・ノウルズ
3.ジェニファー・ロペス
4.アッシャー
5.シェリル・クロウ
6.ジャスティン・ティンバーレイク
7.ブリトニー・スピアーズ
8.ニック・ラシェイ
9.アシャンティ
10.カイリー・ミノーグ
新作"Wimbledon"でテニス選手を演じたキルスティン・ダンストは、パット・キャッシュ(Pat Cash)の特訓を受けたにもかかわらず、あまり上達しなかったようだ。撮影を何度も繰り返すことになり、監督を怒らせたとか。結局、ボールなしで撮影、後からCGでボールを加えるらしい。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」(「太極旗を翻して」)の日本公開版のエンディングにBoAの歌う「We」月買われるようだ。
「冬のソナタ」の挿入歌「My Memory」などを作曲したパク・ジョンウォンが23日に来日するようだ。同日「冬のソナタ〜韓国TVドラマBGM集」がリリースされるらしい。
エドワード・キツイス(Edward Kitsis)、アダム・ホロウィッツ(Adam Horowitz)、ロブ・トーマス(Rob Thomas)は、新作企画"Teen Wins Lottery"を"20th Century Fox"に売ったようだ。貧しい地域に育った若者が8000万ドルの宝くじを当ててしまい・・・というコメディらしい。
20th Century Foxは、State Street PicturesとA Squared Productionsからタイトル未定の新作企画を買い取ったようだ。下品な言動で高額のCM出演契約が危うくなったNFLのクォーターバックのために、会社が児童心理学者を"ベビーシッター"として雇い・・・というストーリーとか。
スティーヴ・カー監督次回作は、Warner Bros.のコメディ"Mama's Boy"になるようだ。
エディ・マーフィの次回作は、DreamWorksによるタイトル未定のコメディになる模様。「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」("The Nutty Professor",1996年)などを手掛けたバリー・W・ブラウスタイン(Barry W. Blaustein)とデヴィッド・シェフィールド(David Sheffield)が脚本を担当、「ロミオとジュリエット」風の展開とか。
「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")のフランク・オズ監督は「ロボットについての技術的なディテールを描くつもりは無かった。私は感情的な側面を描きたかった。だから、ロボットについて説明することはしなかった」と語ったようだ。
「リディック」("The Chronicles of Riddick")のデヴィッド・トゥーヒー監督は「スタジオ側は、僕にもキャストにも、第3作の契約にサインさせていないんだ。Universal Picturesはオープニングと第2週の成績を見て判断するつもりだろう」と語ったようだ。
"Exorcist: The Beginning"についてレニー・ハーリン監督は「第1作の数々の疑問に挑戦したかった。もしこの作品の後にオリジナルの『エクソシスト』("The Exorcist",1973年)を観たとき、オリジナル版が続編に思えるようにしてみたかったんだ」と語ったようだ。
"Exorcist: The Beginning"の最新予告編がネット上で公開されているようだ。
全米No.1ヒットとなったダンス映画"You Got Served"(2004年)の続編が製作されるようだ。クリス・ストークス(Chris Stokes)が引き続き監督を務めるらしい。
映画プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo di Bonaventura)は、リック・ジェイムス(Rick James)の自伝"Memoirs of a Super Freak"の映画化権獲得に向けて交渉中のようだ。また、デイヴ・シャペル(David Chappelle)が脚本で交渉中らしい。
ウォン・カーウァイ監督次回作は、ブルース・リーらが師と仰いだカンフー・マスター、イップ・マン(葉問)を描く作品になる模様。トニー・レオンが主演候補に挙がっているようだ。
コートニー・ラヴは、元マネージャーの女友達をビンや金属製の懐中電灯で殴ったとして告訴されたようだ。
ステディカムなどの開発により3つのアカデミー賞技術賞を獲得したほか、2年前にはアカデミー賞功労賞(Gordon E. Sawyer Award)も受賞した、技術者のエドマンド・ディジュリオ(Edmund DiGiulio)さんが4日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マドンナの児童書第3弾"Yakov and the Seven Thieves"が21日に出版されるようだ。
  6/11
「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」などの名曲や、「泥だらけの純情」(中平康監督,1963年)などの映画音楽でも知られる作曲家、吉田正の7回忌を記念したしのぶ会が10日都内で行われ、船村徹、市川昭介、阿久悠、岩谷時子ら450人が出席したようだ。
「冬のソナタ」に登場する「ポラリスネックレス」の国内独占販売権を持つ貴金属販売会社エムトレーディングドットコムは10日、模倣品の販売で損害を受けたとして、通販会社ツタヤオンラインに対し損害賠償1000万円を求める訴訟を起こしたようだ。
フランスで16日から公開されるジェラール・ピレス(Gerard Pires)監督のコメディ映画"Double zero"で、同国が2008年の配備を目指している潜水艦発射弾道ミサイル「M51」に関する軍事機密が暴露されている模様。主人公のセリフによると「重さ56トン、射程8000キロ、核弾頭数は6ないし7、横浜のスシ1個に命中させられる精度」とか。予告篇を見た軍関係者が、セリフ中に未公開データが含まれていることに気付いたらしい。
自らの監督・主演によるドキュメンタリー映画「萬歳樂」(1999年)も手掛けている、和泉流狂言師の五代目野村万之丞さんが10日亡くなった(44歳)。ご冥福をお祈りいたします。
クォン・ジョングァン監督、キム・ソナ主演の新作「Sダイアリー」に、「僕の彼女を紹介します」のチャン・ヒョクが友情出演しているらしい。
上戸彩主演「あずみ」(北村龍平監督,2003年)が25日から韓国で公開されるようだ。
北京華夏通商科技発展有限公司は、チャン・イーモウ監督の新作のタイトル「十面埋伏」(「LOVERS」)の商標登録を申請したらしい。ただし、米国版ポスターとデザインや書体が類似しているため、修正を求められる可能性もあるとか。
第58回トニー賞を受賞したブロードウェイ・ミュージカル"Avenue Q"が、来年秋からラスヴェガスで上演されるようだ。4000万ドルをかけて専用劇場が建設されるらしい。
Warner Bros.は、クリスティ・リム(Cristi Limm)によるブラック・コメディの脚本"Maid of Dishonor"を獲得したようだ。
米国の人気映画評論家ロジャー・イーバート(Roger Ebert)による約4000作品分の映画評を携帯電話から閲覧できるサービスEbert Mobile Movie Reviewsがスタートするらしい。月2.79ドルとか。 [☆ウチはタダです(^^;]
米NBCのTVシリーズ"Scrubs"(2001年-)に主演するサラ・チャルク(Sarah Chalke)は、ニーシャ・ガナトラ(Nisha Ganatra)監督、ヘザー・グラハム主演の"Cake"で映画デビューするようだ。またトム・カヴァナー(Tom Cavanagh)とイレーナ・ダグラス共演のロマンチック・コメディ"Alchemy"にも出演が決まった模様。
週末全米公開作品では、2,759館で公開がスタートするヴィン・ディーゼル主演のSF超大作「リディック」("The Chronicles of Riddick")が2500万ドルから3000万ドル、3,057館でスタートするニコール・キッドマン主演のリメイク「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")が1500万ドル程度の興収と予想されており、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")と「シュレック2」("Shrek 2")が引き続き上位を独占する模様。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"で、キングコングのモーキャップを担当するアンディ・サーキスは、船のコック役で出演もしているらいし。
MGMは10日、「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde",2001年)に基づくブロードウェイ・ミュージカルを製作すると発表したようだ。監督と振り付けに、トニー賞候補になったジェリー・ミッチェル(Jerry Mitchell)を起用したらしい。
キャサリン・ヘプバーンの遺品のオークションの第1回目が10日行われ、222品目の総落札価格は180万ドル近くになったらしい。
ヴァーン・トロイヤーがジュヌヴィエーヴ・ガレン(Genevieve Gallen)との結婚が無効であるとする訴訟を起こしたことに対し、ガレン側は1月22日付の結婚証明書のコピーを提示、結婚が有効であると主張したようだ。
マーク・ウォーターズ監督次回作は、ParamountとNickelodeonによる子供向け作品"The Spiderwick Chronicles"になるようだ。ホリー・ブラック(Holly Black)の文とトニー・ディテリッチ(Tony DiTerlizzi)の画による児童書6部作の映画化らしい。
来年のゴールデン・グローブ賞は1月16日に開催されるようだ。ノミネーションは12月16日の午前5時30分(PST)に発表されるらしい。
「ブルース・ブラザース」("The Blues Brothers",1980年)などにも出演、アメリカで最も愛されたミュージシャンの一人、レイ・チャールズ(Ray Charles)さんが10日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
新作ボリウッド映画"Bombay Central"のロケ現場で、英国出身のアシスタント・ディレクター、ナディア・カーン(Nadia Khan)が列車にはねられて死亡した事故で、インドの裁判所は10日、逮捕された映画監督Kaizad Gustadらの保釈申請を却下したようだ。
TVコメディのキャッチフレーズの人気投票が英国で行われ、1位にはTVアニメシリーズ「シンプソンズ」("The Simpsons",1989年-)の"Doh!"が選ばれたようだ。Top10の2位以下は全て英国の番組から選ばれたとか。
ブリジット・バルドーは10日、自著A Scream in the Silence"の中でフランスの同性愛者や移民らを攻撃、人種的憎悪を扇動したとして、パリの裁判所から5000ユーロの支払いを命じる判決を受けたようだ。
フランク・オズ監督は「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")について「これはリメイクではない。全く違う角度から描いた作品だ。風刺であると同時に、ダークで情緒的でもある」と語ったようだ。
ジャッキー・チェンは今後の活動について「"Rush Hour 3"に出演して、その後香港に戻って"New Police Story"を撮る。重いドラマだよ。凄く重い。それから"The Myth"の撮影に入る。インディ・ジョーンズ風の作品だよ。テクノロジーは抜き。古いスタイルの物語が僕は好きなんだ」と語ったようだ。
DreamWorksのジェフリー・カッツェンバーグは、"Shrek 3"の製作は9ヶ月前、"Shrek 4"は3ヶ月前にスタートしており、シリーズを2009年まで継続することを明らかにしたようだ。
シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")のセドリック・ディゴリー(Cedric Diggory)役に、ロンドン出身のロバート・パティンソン(Robert Pattinson)が起用された模様。
"The Pink Panther"にザニア(Xania)役で出演するビヨンセ・ノウルズは「ザニアがクルーソーとどう絡むのかはまだ分からない。ザニアのファッションは最先端を行っていて、どの衣装も凄くいいの。この間私のコンサートにジョー・アウリジ(Joe Aulisi)が訪ねてきてスケッチを見せてくれたんだけど、衣装を着るのが待ちきれないわ」と語ったようだ。
「バーバー」("The Man Who Wasn't There",2001年)でビリー・ボブ・ソーントンと、「真珠の耳飾りの少女」("Girl with a Pearl Earring",2003年)でコリン・ファースと、「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation",2003年)でビル・マーレイと共演したスカーレット・ヨハンソンは「私はいつも年上の人とラヴシーンを演じてきたけど、若い男性とも演じてみたいわ。私はいつも、本当の年齢より少し年上の役を演じてきたの。12歳の時出演した『モンタナの風に抱かれて』("The Horse Whisperer",1998年)では14歳、15歳の時出演した『ゴースト・ワールド』("Ghost World",2000年)では18歳の役だった」と語ったようだ。
MTVで放送予定の、キャメロン・ディアス企画・出演による紀行番組"Trippin"に、ドリュー・バリモアらも登場するらしい。
メアリー=ケイト・オルセンとアシュレイ・オルセンの双子姉妹は9日、ハリウッドのキャン米ル高校で卒業式を迎えたようだ。
先週末に破局が伝えられていたキャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクは、今週ロサンゼルスからメルボルンへと向かう旅客機のファーストクラスで、2人でパジャマを着てシャンパンを飲むなど、アツアツぶりを振りまいていたらしい。
23日発売のコンピレーション・アルバム「Belle〜カネボウ・ヒット・ソングス〜」に、夏目雅子が歌う「Oh!クッキーフェイス」が収録されているらしい。
10日都内で行われたイベントに参加した須藤元気は、「凶気の桜」(薗田賢次監督,2002年)で共演した窪塚洋介について「(事件の1〜2日前に電話したときは)悩んでいる様子はなく、遊びに来なよと言われた。自殺ではないと思う」と語ったようだ。
アルフォンソ・クアロン監督「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")プロモーションのためルパート・グリントとエマ・ワトソンが今月25日に来日するようだ。ダニエル・ラドクリフはロンドンで「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の撮影に入っているため、28日に衛星中継による会見を行う予定とか。
「シュレック2」("Shrek 2")プロモーションのためアントニオ・バンデラスらが来日、10日都内で記者会見を行ったようだ。日本語版で声優を務めた竹中直人も出席したらしい。
Spyglass Entertainmentは、ロブ・ライフェルド(Rob Liefeld)のオンラインコミック"Spin"の映画化権を獲得したようだ。
実話を基にしたバリー・レヴィンソン監督の次回作"My Italian Story"で、ジュリエット・ビノシュの主演が決まったようだ。
ウォルフガング・ペーターゼン監督とWarner Bros.は「ブリット」("Bullitt",1968年)をリメイクすることを決めたようだ。 [☆ブラピ主演?という噂も去年流れましたが・・・]
スティーヴン・スピルバーグ監督による、1972年のミュンヘン・オリンピックを描くタイトル未定の新作で、エリック・バナの主演が決まったようだ。一方、出演が伝えられていたベン・キングスレイは、撮影開始が5週間遅れたことから、出演できなくなった模様。
DreamWorksによる新作フルCGアニメ"Shark Tale"は、米国版と豪州版とで一部声優が変わるらしい。TVジャーナリストKatie Currentの役に、米国ではNBCの"Today"に出演するKatie Couricが、豪州では朝の番組で司会を務めるTracy Grimshawが、それぞれ声優を務めるようだ。
「エピソードIII」は数百隻の宇宙船同士による壮絶な戦闘シーンから始まるらしい。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")に出演するジュリア・ロバーツは、エキストラの女性がキレイ過ぎると文句を言って、エキストラを交代させたらしい。
「悪魔のいけにえ」("The Texas Chainsaw Massacre",1974年)でレザーフェイスを演じたガンナー・ハンセン(Gunnar Hansen)は、メイン州の国立公園近くの優雅な街で暮らしているらしい。今でも数年おきに近くの小学校で噂になり、子供たちが恐る恐る彼の家を訪ねてくるのだとか。
  6/12
窪塚洋介の容態について、関係者は「頭がい骨開放骨折、左前腕開放骨折、両大腿骨骨折、左膝がい骨粉砕骨折」と説明したらしい。
ジャッキー・チェン、クリス・タッカー共演の"Rush Hour 3"に、スティーヴン・セガールとイーキン・チェンが出演するらしい。
8月13日に開幕するアテネオリンピックを前に、米国ではオリンピックやギリシャをテーマにしたDVDが次々と発売されるらしい。
米国でのDVD購入者の女性の割合は、2002年の約3分の1から、2004年には約半数へと上昇しているらしい。また平均保有本数は男性が57本に対して、女性は34本で、1999年以来325%の伸びを示しているとか。
マイケル・ムーア監督次回作は、英ブレア首相をテーマにするらしい。監督は「イラク戦争に関する責任は、ジョージ・W・ブッシュよりもブレアの方が重い。ブレアはバカではない。こんな奴にまとわり付いて、彼は何をしているのか」と語ったようだ。
キャサリン・ヘプバーンの遺品のオークションが11日までに全て終了、スペンサー・トレイシーの胸像に31万6000ドルの値がつくなど、合計約700点の総落札価格は580万ドルに達したとか。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")や「シュレック2」("Shrek 2")、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")などは、欧州でも大ヒットが期待されているが、12日から開幕するサッカー欧州選手権Euro 2004が興収に大きく影響すると予想されているらしい。
ブライアン・シンガー監督による「2300年未来への旅」("Logan's Run",1976年)のリメイクは、9月にバンクーバーで製作がスタートするようだ。Canadian Motion Picture Parkのスタジオは来年9月まで予約されており、バンクーバーで製作される作品の中でも最大規模になる模様。
キャメロン・クロウ監督、キルスティン・ダンスト、オーランド・ブルーム共演の新作ロマンチック・コメディ"Elizabethtown"は、ケンタッキー州で撮影が行われるようだ。
デヴィッド・シュワイマーと、元S Clubのティナ・バレット(Tina Barrett)のデートが目撃されたらしい。
ブレット・ラトナー監督と、テニス選手のセリーナ・ウィリアムズが交際中らしい。
昨年、恋人のオデッサ・ホイットマイア(Odessa Whitmire)と別れたマット・デイモンは「映画の撮影で何ヶ月も離れ離れにさせられるのは辛いよ」と語ったようだ。
キーラ・ナイトレイと恋人のジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)は、ロンドンの高級アパートで同居を始めるらしい。
ジョー・ライト(Joe Wright)監督、キーラ・ナイトレイ主演による、ジェイン・オースティン作「高慢と偏見」("Pride and Prejudice")の再映画化で、マシュー・マクファディン、ロサムンド・パイク、ジェナ・マローンの共演が決まったようだ。来月中旬に製作に入る模様。
DreamWorksの新作CGアニメ映画"Madagascar"で、ベン・スティラー、デヴィッド・シュワイマー、クリス・ロック、ジェイダ・ピンケット・スミスらが声優を務めているようだ。ベン・スティラーが2001年9月に最初の録音して以来、彼が観た完成した場面は1シーンだけとか。「最終バージョンに到達するまで何度も何度も作り直したようだ。この作品が公開される頃には娘は3歳になっているから楽しみにしているよ。この作品がスタートしたときには娘は生まれてもいなかったんだ」と語ったようだ。
「80日間世界一周」("Around the World in 80 Days",1956年)のリメイク版に主演したジャッキー・チェンは「出演が決まって、もう一度見たよ。早送りでね。全体の流れを見たかっただけで、真似をするつもりは無かった。全てを忘れて、全く新しい作品にしたいんだ」と語ったようだ。
"Exorcist: The Beginning"の監督をポール・シュレイダーから引き継いだレニー・ハーリンは「記事やインターネットのコメントを見ると、Morgan Creekはもっと血の気の多い作品を望んでいるとか何とか書かれていた。でもそれは全くのでたらめだ。彼らが求めていたのは、オリジナルの1973年の作品に忠実で、サスペンスに満ちた、オリジナルと同様の感覚が味わえる作品、ということだった」と語ったようだ。
ジョン・ウェイン空港を"The O.C."空港に改名するという提案には、抗議の電話やメールが殺到、提案は取り下げられたようだ。
メリル・ストリープは10日、米国映画協会(American Film Institute)から特別功労賞を授与されたようだ。ジム・キャリー、ノーラ・エフロン、シャーリー・マクレーン、ジェイムズ・ウッズ、クレア・デインズ、ダイアン・キートン、マイク・ニコルズらがお祝いに駆けつけたほか、ゴールディ・ホーンは「メリル、あなたは特殊効果よ」、ジャック・ニコルソンは「心の底から、僕はあなたに同情するよ。君は完璧だ。世の中に完璧な人なんていないのに」と祝辞?を述べたらしい。
デヴィッド・リンチ監督「ストレイト・ストーリー」("The Straight Story",1999年)で描かれた、アイオワ州にあるアルヴィン・ストレイト(Alvin Straight)の生前の自宅の取り壊しが検討されているらしい。先週末には保存を望む14人が芝刈り機で町を走り、修復費用の寄付を募ったものの、2000ドル程度しか集まらなかったようだ。
「フィールド・オブ・ドリームス」("Field of Dreams",1989年)15周年特別版DVDの発売記念パーティが9日、West Hollywood野球場で開催され、ケヴィン・コスナーらが出席したようだ。
14日放送の"Late Show with David Letterman"にパリス・ヒルトンが出演する模様。昨年11月に出演予定だったものの、SEXビデオの流出事件で中止となり、今回ようやく初出演が実現するようだ。
  6/13
多胡由章監督「Believer」が12日初日を迎え、吉沢悠、伊藤歩、相沢紗世らが舞台挨拶に立ったようだ。
羽住英一郎監督「海猿」が12日初日を迎え、伊藤英明、加藤あい、伊藤淳史らが舞台挨拶に立ったようだ。フジテレビは続編製作の決定を発表した模様。
東陽一監督「風音」が12日那覇市で先行公開され、加藤治子らが舞台挨拶に立ったようだ。
Evanescenceのエイミー・リー(Amy Lee)は「私の次のゴールは、映画のための音楽を手掛けること。それに、脚本も書いてみたいし演技もしてみたい」と語ったようだ。
全米3855館で公開中の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の11日の興収は1120万ドルとなった模様。公開8日間の総興収は1億3390万ドルで「賢者の石」の1億5280万ドルの記録は下回ったようだ。一方「リディック」("The Chronicles of Riddick")は1060万ドル、「ガーフィールド」("Garfield")が800万ドル、「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")は790万ドルの初日興収を記録したらしい。
トビー・マグワイアは「最近の映画ファンは(観る前に)映画のことを知りすぎていると思う。僕も映画ファンだし、そんな風に感じるんだ。予告篇で映画のポイントをほとんど観ることが出来るから、映画を全部観たように感じるし、展開を予想できてしまうんだ」と語ったようだ。
ケイト・ハドソンは、夫クリス・ロビンソンとの関係について「ママ(ゴールディ・ホーン)とパパ(カート・ラッセル)の関係にとてもよく似ているわね。政治についても信仰についてもまるで正反対なんだけど、2人の関係はとても上手くいっているわ」と語ったようだ。
ブラッド・ピット、ジェニファー・アニストン夫妻は、イタリアで家を探しているらしい。ジョージ・クルーニーが邸宅を購入したことに影響を受けたようだ。
ブリトニー・スピアーズは、公式グッズの自分のレプリカ人形を見て「こんなの認められないわ。かなりヒドイ。全然似てないもの。まるでメリル・ストリープじゃない。不気味だわ」と言ったとか。
  6/14
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の日本公開は、史上2番目となる全国800スクリーンで上映されるようだ。26日の初日にはエマ・ワトソンとルパート・グリントが都内劇場で初日舞台挨拶に立つ予定とか。
中島哲也監督、深田恭子、土屋アンナ共演「下妻物語」が、米国、イタリア、スペイン、オランダ、中国、韓国、タイの7ヶ国で公開されることが決まったようだ。チェコで開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(Karlovy Vary International Film Festival)など各国の映画祭でも招待上映される予定とか。
数々の舞台やTVドラマのほか、「男嫌い」(木下亮監督,1964年)でも脚本を手掛けた、劇作家の八木柊一郎さんが14日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
韓国観光公社は14日、「コリアンウェーブ2004」が17日から都内で開催すると発表したようだ。18日には「ブラザーフッド」、19日には「恋愛小説」の試写会が行われるほか、キム・ユナ、パク・ジョンヒョンらによるコンサートも予定されているらしい。
13日ソウルで行われたファン・ミーティングに出席したBoAは「最もお気に入りの芸能人は?」の質問に「チャン・ドンゴン」と答えたらしい。17日都内で行われる「ブラザーフッド」のプレミア試写会で初対面する予定とか。
12日閉幕したアヌシー国際アニメーション映画祭(Festival international du film d'animation d'Annecy)で、ソン・ベクヨプ監督「五歳庵」が長編コンペ部門で最高賞のグランプリを獲得したようだ。
13日に閉幕した第7回上海国際映画祭で、イ・ジェヨン監督、ペ・ヨンジュン主演「スキャンダル」が、監督賞、音楽賞、視覚音響効果賞の3部門を獲得したようだ。
パク・ヒョンス監督、パク・ チュンフン、チャ・テヒョン共演の新作「トゥー・ガイズ」で、ドラマ「男の香り」のハン・ウンジョンがヒロイン役で出演しているらしい。
23日スタートの韓国MBC「皇太子の初恋」のバリでのロケが先月から続いているようだ。チャ・テヒョンとソン・ユリの水中でのキスシーンの撮影が3日間に渡って行われたとか。来月6日からはタヒチでの撮影が始まるらしい。
俳優のオ・ジミョンは、新作「ふざけるな」で映画監督デビューするようだ。自ら主演し、チェ・ブラム)、ノ・ジュヒョン、キム・ハクチョルらが共演するらしい。総製作費30億ウォンで、今年11月公開予定とか。
「別れの一本杉」「王将」などで知られる作曲家の船村徹が、12日都内で行われた「第21回歌供養」に出席、来年9月に50回忌を迎える作詞家の高野公男との友情を描く映画を製作する、と発表したようだ。
東陽一監督「風音」の公開を記念したシンポジウム「沖縄の文学と映画」が13日、那覇市の映画館で行われ、県内在住の芥川賞作家、大城立裕、又吉栄喜、目取真俊が出席したようだ。
次回作は英ブレア首相が題材と報じられたことについて、マイケル・ムーア監督は自身の公式サイトに「脅かしてごめん、トニー。マイケル・ムーアは冗談を言っただけなんだ」とするコメントを発表したらしい。
米CATV局Lifetimeが放送する、カーラ・ロックウッド(Cara Lockwood)の小説に基づくロマンチック・コメディ"I Do (But I Don't)"に、デニス・リチャーズの主演が決まったようだ。
コートニー・コックス、デヴィッド・アークエット夫妻に13日、第1子となる女の子が誕生したようだ。
Universal Picturesは、昨年製作中止を決定していた米陸軍が舞台のロマンス"Heart of a Solider"について、ピーター・ソレット(Peter Sollett)の監督・脚本で製作を再開することを決めたようだ。主演予定だったポール・ウォーカーの参加は未定らしい。
アリソン・ジャネイは、現在テネシー州で撮影中のキャメロン・ワトソン(Cameron Watson)監督によるインディ作品"Our Very Own"で、先月婚約を発表したリチャード・ジェニック(Richard Jenik)と共演しているらしい。
"AFI's 100 Years ... 100 Songs: America's Greatest Music in the Movies"が今月22日に放送されるようだ。ジョン・トラヴォルタが司会を務めるらしい。
全米週末興収は、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が3507万ドルで1位を維持、総興収は1億5810万ドルに達した模様。また「シュレック2」("Shrek 2")は2400万ドルで3位に後退したものの、総興収は3億5400万ドルを突破し「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の3億3971万ドルの記録を早くも更新、アニメーション映画最大のヒット作となったようだ。一方、「リディック」("The Chronicles of Riddick")は2460万ドルで2位、「ステップフォード・ワイフ」("The Stepford Wives")は2220万ドルで4位、「ガーフィールド」("Garfield: The Movie")は2167万ドルで5位のスタートとなったらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のレイティングをR指定とした米映画協会(Motion Picture Association of America)に対し、配給のLions Gate FilmsとIFC Filmsが異議申し立てを行ったようだ。
ジェシカ・シンプソンはニック・ラシェイとの結婚について「彼と出会って、2分ほど話したの。馬鹿げた会話だったわ。それから母親に『彼は私が夢見ていた男性なの。彼と結婚したい』と伝えたの。彼の何かが、私を虜にしたのよ」と語ったようだ。
ハル・ベリーは、「ダイ・アナザー・デイ」("Die Another Day",2002年)で着用したオレンジ色のビキニを、数ヶ月ごとに着てみて、太ったかどうか確認しているらしい。「もし着られなくなっていたら、ジャンク・フードを減らすの。とっても役に立つわ」と語ったとか。
"Bridget Jones: The Edge of Reason"の撮影を終えたレネー・ゼルウィガーは、スタジオから減量を許可されたようだ。
"Batman Begins"でのバットマンの衣装について、衣装デザイナーのリンディ・ヘミング(Lindy Hemming)は「クリス(トファー・ノーラン監督)は、マットな仕上げを望んだの。テカったりしないように。古典的なシルエットから離れたくはなかったけど、でもあまりホモっぽい感じにもしたくなかった」と語ったようだ。
ジョー・カーナハン監督は"Mission: Impossible III"について「最高の作品になるよ。でも、シリーズ中最もリアルで、上品さのないものになるだろう」と語ったようだ。
篠崎誠監督、田中直樹主演「犬と歩けば チロリとタムラ」が、13日閉幕した第7回上海映画祭アジア新人映画部門の最優秀作品賞に選ばれたようだ。
鶴見昴介監督、藤原竜也主演の映画「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」の原作小説「月の光のように、ぼくらは抱き合う」が、14日から携帯電話サイトで先行無料公開されるらしい。
SF作家デヴィッド・ジェロルド(David Gerrold)のヒューゴー賞、ネビュラ賞受賞作"The Martian Child"が映画化されるらしい。ニック・カサヴェテスが監督、ジョン・キューザックが主演を務める模様。撮影は今秋スタートするようだ。
Marvel Enterprisesは、"Sub-Mariner"の映画化でクリス・コロンバスを監督に起用したようだ。
Warner Bros.は、ベストセラーの児童書"Chasing Vermeer"の映画化権を獲得した模様。
アテネオリンピックの聖火リレーで、米国ではトム・クルーズ、シルヴェスタ・スタローン、エレン・デジェネレスらが走るらしい。
ジェニファー・ロペスは結婚式の当日、国際子供保護の日とロシアのユネスコ参加50周年を記念したコンサートに出演する予定だったのをドタキャンしていたらしい。
ブロードウェイの舞台"A Raisin in the Sun"に出演していたP・ディディことショーン・コムズは、胃炎のため12日昼の公演の途中で舞台を降りたらしい。
  6/15
デヴィッド・タマギ監督によるカナダ映画"Paper Moon Affair"で、ジョン・ローンと清水美砂が共演するらしい。
高田万由子は14日、「はたらくを楽しもう」をテーマにしたトークショーを都内で行ったようだ、「カンヌ映画祭のレッドカーペットにあこがれてるんです。映画の仕事をしたい」と語ったらしい。
「24-TWENTY FOUR-」("24",2001年-)が大人気らしい。シーズン2最終巻のレンタルがスタートした先月末には、都内ビデオレンタル店前に早朝から列が出来たとか。
チャン・ジン監督、チョン・ジェヨン、イ・ナヨン共演の新作ロマンチック・コメディ「知り合いの女」が25日から韓国で公開されるようだ。
スタンリー・トン監督、ジャッキー・チェン製作・主演の新作「龍游世界」("SO4")でキム・ヒソンの共演が決まったらしい。出演料は12億ウォンとか。
オム・ジョンファ、パク・ヘイル共演の新作「13歳の恋人」が来月始めにクランクインする模様。クリスマス公開予定とか。
17日より中国で公開される新作「槍林恋曲」の記者会見で、出演した人気歌手のイーソン・チャンは、女優のヒラリー・ツィとの結婚を正式に発表したようだ。
13日閉幕した第7回上海国際映画祭では、映画やTVドラマなどの取引額が、昨年のおよそ2倍となる9億2200万元に達したようだ。
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」の撮影が行われた香川県庵治町には、週末を中心に観光客が急増しているらしい。13日には県内の旅行会社によるツアーも行われ、バスでロケ地を巡ったようだ。
第42回日本産業映画・ビデオコンクールの表彰式が14日都内で行われ、橘祐典監督「首里の織物―手縞・ロートン織・花倉織」が教養部門の奨励賞を受賞したようだ。
英国週末興収は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が引き続き1位を維持したものの、前週比半分以下の440万ポンドに留まったようだ。
2003年の米映画館の広告収入は、前年比37%増の3億5600万ドルに達したようだ。
映画から性的あるいは暴力的な言葉や場面を自動的に削除することを可能にする、デジタル・フィルタリング法案がまもなく米議会に提出される模様。
"Garden State"で脚本・監督デビューしたザック・ブラフ(Zach Braff)は、サーフィンの世界を描くブレンダン・マロイ(Brendan Malloy)、エメット・マロイ(Emmett Malloy)共同監督による新作"8 Track"の脚本の書き直しを担当するようだ。
"Girlfriend"を上映する映画館が学生運動家らによって襲撃された事件を受けて、インドの警察は上映劇場の警備を強化するようだ。
TVシリーズ"The Crocodile Hunter"(1996年-)のスティーヴ・アーウィン(Steve Irwin)が、新作ドキュメンタリー"Ice Breaker"の撮影中にペンギンやクジラと戯れていた、との指摘を受けて、豪州南極局(Australian Antarctic Division)は撮影したテープの提出を求めた模様。南極地方の野生生物との接触には、最高2年の懲役と100万豪州ドルの罰金が課せられるらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の北米を除く海外週末興収は40の地域で合わせて6640万ドルを記録、総興収は2億480万ドルに達したようだ。一方「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")の総興収は2億3890万ドル、「トロイ」("Troy")は2億9330万ドル、「ヴァン・ヘルシング」("Van Helsing")は1億3120万ドルとなった模様。
ドナルド・サザーランド、フォレスト・ウィテカーら共演による、アリク・アヴェリーノ(Aric Avelino)の監督デビュー作"American Gun"は、来月15日から撮影が始まるようだ。
「シュレック2」("Shrek 2")の13日までの全米興収は、最終集計で3億5333万3317ドルとなり、「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")の3億3971万ドルを越える、アニメ映画史上最高の興収を記録したようだ。
新作ボリウッド映画"Bombay Central"のロケ現場で、アシスタント・ディレクターのナディア・カーン(Nadia Khan)が列車にはねられて死亡した事件について、インドの裁判所は14日、完全な原因の究明を警察に要求したようだ。起訴されている監督のKaizad Gustadらは無罪を主張しているものの、線路上での撮影許可を取っていなかったらしい。
2人の女性の関係を描いたヒンディ語映画"Girlfriend"の上映に抗議する学生活動家らおよそ100人が14日、ボンベイなどの上映劇場を襲撃、上映を中止させたらしい。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の撮影が今月28日から始まるようだ。全体の3分の2はオークランドで撮影される予定で、10月中旬にはクランクアップするらしい。
リチャード・リンクレイター監督、キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー、ロバート・ダウニーJr.、ウディ・ハレルソンら共演による、フィリップ・K・ディックのSF小説「暗闇のスキャナー」("A Scanner Darkly")の映画化は、まもなく撮影が始まる模様。
ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー、クリス・ロック共演による「ロンゲスト・ヤード」("The Longest Yard",1974年)のリメイクで、フットボール選手のオーディションが今月行われるらしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")で、フランスの女優クレマンス・ポエジー(Clemence Poesy)がフラー・デラクール役に起用されたようだ。
キャメロン・ディアスは「雑誌ではよく、私が買ったものとか、使っているものを紹介しているけど、そんなものを買ったり使ったりはしていないわ。商品を売り込みたい人が私の名前を使っているだけよ」と語ったようだ。
マーク・アンソニーの主演で伝説的サルサ歌手エクトル・ラヴォー(Hector Lavoe)を描く映画を企画しているジェニファー・ロペスは、当初主人公の妻役で共演する予定だったものの、プロデュースに専念することを決めたらしい。
グウィネス・パルトロウは、マドンナからカバラー神秘主義(Kabbalah)に改宗するよう勧められたものの、断ったようだ。
ベン・アフレックの新しい恋人エンザ・サンバタロ(Enza Sambataro)には、万引きの前科があるらしい。一方、ベン・アフレックも1999年に免許失効中の運転で罰金を課せられたことがあるようだ。
高倉健が"主演"する、芥川賞作家丸山健二の小説「鉛のバラ」が18日に出版されるらしい。
DreamWorksが権利を獲得していた、1965年に殺人罪で終身刑の判決を受け、30年後に無罪が認められたジョセフ・サルヴァティ(Joseph Salvati)の実話の映画化は、ロイ・フィレイリッヒ(Roy Freirich)が脚本を担当するようだ。
Revolution Studiosの新作コメディ"Gay Secret Agent"で、ブレンダン・フレイザーが主演に向けて交渉中らしい。「オースティン・パワーズ」シリーズのスザンヌ・トッド(Suzanne Todd)、ジェニファー・トッド(Jennifer Todd)がプロデュースするようだ。
Warner Bros.とPlan Bは、戦争写真家ディッキー・チャペル(Dickey Chapelle)を描く映画を製作する模様。ジェニファー・アニストンが主演を務めるようだ。
レオナルド・ディカプリオのAppian WayはColumbia Picturesと共同で、環境保護論者ティム・トレッドウェル(Tim Treadwell)の伝記"The Man Who Loved Grizzlies"を映画化するようだ。ディカプリオが主演を務める予定らしい。
ダグラス・アーニオコスキ(Douglas Aarniokoski)は、Beacon Picturesの新作"Repairman Jack"で監督を務める模様。「インディ・ジョーンズ」と「ハムナプトラ」を合わせたような作品らしい。
Universal Picturesは、ブライアン・ヨーキー(Brian Yorkey)脚本、マルコス・シエガ(Marcos Siega)監督によるファンタジー・ミュージカル映画"Time After Time"の権利を獲得した模様。1985年が舞台となり、シンディ・ローパーの楽曲がテーマとして使われるほか、彼女自身も出演する予定とか。
ケヴィン・レイノルズ監督の歴史ロマンス"Tristan & Isolde"に主演するジェイムズ・フランコは「これは伝説に基づいた作品で、(ワーグナーの)オペラの映画化じゃないんだ。だから、音楽も歌もないよ。リアルな作品だし、アクションも多いんだ」と語ったようだ。
"Around the World in 80 Days"でジャッキー・チェンと共演したスティーヴ・クーガンは「これで僕もアクション・ヒーローだ、なんて言うつもりは無いよ。実際、ある場面で僕は何もしなかった。チェンが全部やってしまうんだ。僕の気付かないところでも、彼は戦い続けていたよ」と語ったようだ。
キルスティン・ダンストは、一時期ジェイク・ギレンホールが「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")に主演する、と伝えられたことについて「トビー(・マグワイア)が出演することになってよかったと思う。彼こそがスパイダーマンだもの。ジェイクは若手の中でも最高の俳優の一人だと思うし、どんな役でもこなせると思うけど、でもトビーこそがスパイダーマンなの。彼とやり遂げることが出来てとても嬉しいわ」と語ったようだ。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")がまもなく公開となるサム・ライミ監督は「第3作の後にもう1作監督する力が残っているとは思えない」と語った模様。キルスティン・ダンストも「4作目や5作目にサインするつもりはないわ。トビー(・マグワイア)もそうだと思う。3はいい数字だと思うの」と語ったらしい。
Googleの4月度検索キーワードランキングで、時事カテゴリーの3位に「柳楽優弥」が入ったらしい。
妻への暴力で起訴されているジェイムズ・ブラウンは14日、有罪を認め、罰金1087ドルを支払うことに同意したらしい。
ジャッキー・チェン主演"Around the World in 80 Days"のプレミアが13日ロサンゼルスで開催され、共演のメイシー・グレイ、ロブ・シュナーダー、キャシー・ベイツらが出席したようだ。カメオ出演したアーノルド・シュワルツェネッガー州知事も招待されていたものの、正式なキャストではないからと断ったらしい。
ラスヴェガスのHard Rockホテルのナイトクラブで12日、米男性誌Maximが選ぶ「ホットな女性トップ100」のパーティが開催され、パリス・ヒルトン、ヴィン・ディーゼル、ジョシュ・デュアメルらが出席したほか、スヌープ・ドッグがパフォーマンスを披露したようだ。
ロードアイランド州のプロヴィデンス市長を長年務めたヴィンセント・A・チャンチJr.(Vincent A. Cianci Jr.)の半生を描いたマイク・スタントン(Mike Stanton)の小説"The Prince of Providence"の映画化は、デヴィッド・マメットが脚本、マイケル・コレント(Michael Corrente)が監督を務めるようだ。アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マイケル・チクリスらが主演候補に挙がっている模様。
上海国際映画祭でプレゼンターを務めたメリル・ストリープは「私は中国の映画を愛していますが、米国ではあまり観ることが出来ません。様々な国の映画を多くの人々に観てもらうために映画祭が開催されるのです」と語ったようだ。
  6/16
杉浦太陽の弟でギタリストの杉浦太雄が、石田秀範監督「劇場版・仮面ライダー剣」で俳優デビューするらしい。
am3は、ゲームボーイアドバンス向けの映画配信を7月からスタートすると発表したようだ。第1弾として「ポケットモンスター ピカチュウのなつやすみ」を全国200館以上の映画館で販売、今後TVアニメを含む同シリーズ500作品を順次発売する予定とか。
土屋アンナが、交際中のモデルジョシュアと結婚すると発表したようだ。できちゃったらしい。
韓国で行われた「シュレックにもっとも似ている俳優」のアンケート調査の結果、クォン・オジュンが42%の支持を得て1位に選ばれたようだ。 [☆ちょっと可哀想・・・]
昨年から交際が続いていたイ・ビョンホンとソン・ヘギョが破局したらしい。
17日都内で行われる「ブラザーフッド」プレミア試写会に出席するため、イ・ウンジュが来日するようだ。当日午前中までドラマ「火の鳥」の撮影に参加し、午後に来日、翌日の午前中に帰国する予定とか。
「僕の彼女を紹介します」の挿入曲「風でも・・・」はクァク・ジェヨン監督が作詞、監督の高校2年生の娘ヨンジンが作曲したらしい、
中国映画家協会は16日、第27回百花奨のノミネーションを発表、フー・ピン監督「ヘブン・アンド・アース」、フォン・シャオガン監督「手機」などが作品賞にノミネートされたほか、男優賞にはチアン・ウェン、ソン・ハイユンらが、女優賞にはヴィッキー・チャオ、ドン・ジエらが候補に挙がったようだ。
第57回カンヌ映画祭で最優秀女優賞を受賞したマギー・チャンの祝賀パーティが14日香港で開催され、トニー・レオンらが出席したようだ。
フランス映画祭横浜2004が16日、横浜市内で開幕したようだ。エマニュエル・ベアールが横浜市長を表敬訪問したらしい。
ハリウッドの主要スタジオは今週、インターネットを通じた映画の著作権侵害の阻止を目的とした、新たなキャンペーンをスタート、New York Times、Washington Post、Los Angeles Timesなどの新聞や雑誌、100を超える大学新聞に"Parental Guidance Suggested: Illegal downloading inappropriate for all ages"(「保護者の指導を推奨:違法ダウンロードは年齢に関係なく不正行為です」)とする広告を一斉に掲載したようだ。
ヴェトナム政府は、国内トップクラスの監督13人を1ヶ月間ハリウッドに派遣、南カリフォルニア大学の映画撮影コースを受講させるほか、映画スタジオでの現場研修にも参加させるらしい。より商業的な映画製作の促進が目的のようだ。
映画から性的・暴力的内容を自動的に削除するフィルタリング・システムの使用を認める法案は、16日にも米議会に提出される模様。
アンソニー・ミンゲラ監督の息子で、俳優のマックス・ミンゲラ(Max Minghella)は、リチャード・ギア、ジュリエット・ビノシュ共演"Bee Season"と、テリー・ツワイゴフ監督、ジョン・マルコヴィッチ主演"Art School Confidential"、さらにスティーヴン・ギャガン監督、ジョージ・クルーニー主演"Syriana"への出演を決めたようだ。
第二次大戦で活躍した第761戦車部隊、通称ブラック・パンサーズの活躍を描く映画が製作されるようだ。モーガン・フリーマンが製作総指揮、「タイタンズを忘れない」("Remember the Titans")のグレゴリー・アレン・ハワード(Gregory Allen Howard)が脚本を担当するらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")をR指定とした米映画協会(Motion Picture Association of America)に対して、レイティングの変更を求める交渉で、元ニューヨーク市長のマリオ・クオモ(Mario Cuomo)が担当責任者に任命されたようだ。
トム・ハンクス主演の新作"The Terminal"を監督したスティーヴン・スピルバーグは「脚本を読んだ時僕は、9/11の影の中で人生を歩み続ける人々を描くチャンスだ、と感じた。彼らのことを知る十分な時間さえあれば、我々の抱く恐れは和らぎ、人を信用することを思い出させてくれるはずだ」と語ったようだ。
ブリトニー・スピアーズは、先日のビデオ撮影中の膝の怪我を理由に、北米ツアーを中止することを決めたようだ。
新製品を積極的に購入する裕福層4000人を対象にした米ChangeWave Researchの報告によると、32%が昨年に比べて今年のDVDのレンタル本数が増えると回答した一方、13%は昨年よりも減ると回答したようだ。減ると回答した人はその理由として、デジタルビデオ・レコーダー、VOD、PPVなどを挙げたらしい。
女性同士の同性愛を描いた"Girlfriend"の上映劇場への襲撃は、2日目の15日もインド各地で続いているらしい。
「凸凹フランケンシュタインの巻」("Abbott and Costello Meet Frankenstein",1948年)、「凸凹透明人間」("Abbott and Costello Meet the Invisible Man",1951年)などの「凸凹」シリーズで知られる脚本家のロバート・リース(Robert Lees)を含む2人を殺害したとして、ロサンゼルス市警は14日ホームレスの男性を逮捕したようだ。
「エイリアンvs.プレデター」("Alien vs. Predator")の最新予告篇が公開されたらしい。
シマウマを主人公にしたファミリー映画"Racing Stripes"の予告篇が公開されたようだ。
"Mortal Kombat 3"製作の噂があるようだ。「バトルフィールド・アース」("Battlefield: Earth")のロジャー・クリスチャンが監督を務め、クリストファー・ランバートが再び主演するらしい。
まもなく撮影が始まる「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")について、アンドリュー・アダムソン監督は「とても順調に行っている。素晴らしいキャストが揃ったよ。とてもワクワクするよ。恐ろしいけれど、ワクワクする」と語ったようだ。
米国の保守派組織Move America Forwardは、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")を上映する劇場に電話やe-mailで抗議するよう人々に呼びかけているらしい。
ヒューゴ・ウィーヴィングは、ジャッキー・チェン主演の新作"The Myth"に出演する予定らしい。
「女刑事キャグニー&レイシー」("Cagney and Lacey",1982-1988年)を、シャロン・ストーンとデミ・ムーアの共演で映画化する企画があるらしい。
新作「コラテラル」("Collateral")の役作りのためFedExの配達人に変装して実際に荷物を配達することを経験したトム・クルーズは「演技のいい練習になったよ。今では、僕は最高のストーカーだよ」と語ったらしい。
ベン・アフレックは英Sunday Telegraph誌のインタビューで「僕は脇役がやりたいんだ。映画のプロモーションで私生活についてまで語る義務がないからね」と語ったようだ。
東映ビデオは、9月に発売を予定していたDVD「バトル・ロワイアルII 特別篇 REVENGE」の発売延期を決定したようだ。
北村龍平監督「ゴジラ FINAL WARS」に、格闘家のドン・フライが出演するようだ。
西村知美、西尾拓美夫妻が「それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ」で声優を務めたようだ。西村知美は主題歌も歌うらしい。
ウィリアム・フリードキンは、トレイシー・レッツ(Tracy Letts)作のオフ・ブロードウェイの舞台"Bug"の映画化に関するオプション契約を結んだようだ。湾岸戦争に参加した元兵士と離婚した孤独な女性を主人公にしたサイコ・スリラーらしい。
ウディ・ハレルソンは、DreamWorksとRevolution Studiosによる新作"The Prizewinner of Defiance, Ohio"でジュリアン・ムーアと共演するようだ。ジェイン・アンダーソン(Jane Anderson)の監督デビュー作となる模様。
ラッセ・ハルストレム監督の次回作は、ラリー・マクマートリー(Larry McMurtry)の小説に基づく"Boone's Lick"になる模様。トム・ハンクスとジュリアン・ムーアが共演するようだ。
ジョージ・ルーカスは「エピソードIII」のタイトルについて、予告篇の上映がスタートする11月までは発表しないと語ったようだ。噂になっている"Rise of the Empire"については「それじゃないよ」と否定、"Revenge of the Sith"は?との問いには「それは可能性があるね。たくさんのタイトルが候補に挙がっているんだ」と答えたらしい。 [☆やっぱり"Revenge"を使ってみたい?]
ハーバード大学の教授が1999年に出版した小説"Polar Day 9"と設定がそっくりだとして、「デイ・アフター・トゥモロー」("The Day After Tomorrow")のローランド・エメリッヒ監督に対する訴訟を起こしたようだ。
トビー・マグワイアは「背中の痛みは4年前くらいからあったんだ。具合のいい時もあるんだけど悪い時もある。『シービスケット』の時はひどかった。撮影中に怪我をしたわけじゃないんだ。『スパイダーマン2』のストーリーボードをを見て少し心配になった。だから、背中の具合のことをスタジオや保険会社や監督たちに伝えておくことが僕の責任だと思ったんだ」と語ったようだ。
カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演による、MTVのアニメシリーズ"Aeon Flux"(1995年)の実写映画化で、パリを拠点とする視覚効果会社BUF Compagnieが参加に向けて交渉中のようだ。
ジョナサン・グレイザー監督の新作サイコ・スリラー"Birth"で、ニコール・キッドマン演じる主人公と10歳の男の子ととの入浴シーンに批判的な声が挙がっているらしい。
ヴィゴ・モーテンセンは、1997年に離婚した元妻から養育費の増額を求める訴訟を起こされたらしい。
TVアニメシリーズ"Star Wars: Clone Wars"でこれまで放送された20話に加えて、新たに5話が製作されるようだ。1話当り12分で、来年3月に5夜連続で放送される予定とか。
マイケル・ムーア監督はR指定となった「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のレイティングについて、PG-13にするよう米映画協会(Motion Picture Association of America)に訴えいてるようだ。
米Sci Fi Channelは、新作「ヴィレッジ」("The Village")撮影現場を中心にM・ナイト・シャマラン監督を追った3時間特番"The Buried Secret of M. Night Shyamalan"が来月18日に放送されるようだ。当初は番組に全面協力すると言っていたシャマラン監督も、最後にはインタビューにさえ応じなくなったらしい。
  6/17
アテネオリンピックの聖火リレーが16日ロサンゼルスに到着、「ロッキー」のテーマが流れる中、シルヴェスタ・スタローンが第1走者を務めたほか、トム・クルーズらがリレーをつないだようだ。
恵比寿ガーデンプレイス10周年記念サマーイベント「STAR LIGHT CINEMA 〜YEBISU GARDEN CINEMA selection〜」が来月30日から開催されるようだ。「クジラの島の少女」「セントラル・ステーション」「過去のない男」など恵比寿ガーデンシネマでこれまで上映された15作品が無料上映されるらしい。
「ブラザーフッド」プロモーションのため、チャン・ドンゴンとウォン・ビンが16日に来日、成田空港には2000人の女性ファンが詰め掛けたらしい。
Screen International誌は、今月4〜6日の世界映画興行収入で、クァク・ジェヨン監督「僕の彼女を紹介します」が5位の375万9953ドルだったと発表したようだ。8700万ドルで1位となった「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」よりも、映画館一館あたりの興収は上回っていたらしい。
チェン・カイコー監督「THE PROMISE-無極-」の撮影で高山病となったチャン・ドンゴンを診察した担当医師が、その後雨を避けようと移動車両に入ろうとしたところ、関係者ではないとして追い出されたようだ。チャン・ドンゴン側は「関係者以外の立ち入りを厳しく制限しているため、二人の医師がたまたま誤解を受けたようだ」と説明したらしい。
韓国の映画雑誌などが行った調査によると、同国の国産映画義務上映制度について、42%以上が「韓国映画占有率と連動した縮小なら大丈夫」と回答、縮小に賛成とした回答者は全体の63.8%に達したようだ。
カリフォルニアの裁判所は16日、「ドリヴン」("Driven",2001年)などの作品で製作費を水増しして請求していたとして、映画製作会社Franchise Picturesに対し、独Intertainment AG社に7700万ドルを支払うよう命じる判決を下したようだ。Intertainment AG社は製作費の47%を提供する代わりに、欧州での配給権を得る契約をFranchise Picturesと結んでいたらしい。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズに対するストーカー行為で、33歳の女性が先週ロサンゼルスで逮捕されたらしい。
アカデミー賞投票者に配布するビデオの流出を防ぐ技術として、米Dolby社が昨年買収したCineaは、標準暗号化方式OCB AES(128bit)により暗号化されたDVDが再生可能なDVDプレイヤーを開発、先月、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)でプレゼンを行ったようだ。
エンタテイメント業界でのヒスパニック系の人々の活躍を讃える、米Imagen Foundation主催による第19回Imagen Awardsのノミネーションが発表され、「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」("Once Upon a Time in Mexico")が、作品賞、監督賞(ロバート・ロドリゲス)、男優賞(アントニオ・バンデラス)、助演男優賞(ルーベン・ブラデス)、助演女優賞(サルマ・ハエック、エヴァ・メンデス)の6つでノミネートされたようだ。
サーフィンの世界を描くドキュメンタリー映画"Riding Giants"(2004年)を手がけたステイシー・ペラルタ監督の次回作は、初の劇映画となるColumbia Picturesのタイトル未定のサーフィン映画になる模様。
米UPNは、キャメロン・タトル(Cameron Tuttle)の小説"The Bad Girl's Guide to Getting What You Want"を、ジェニー・マッカーシー(Jenny McCarthy)の主演でコメディ・ドラマ化するようだ。
パット・オブライエン(Pat O'Brien)は、新しい芸能番組"The Insider"のアンカーを務めるため、"Access Hollywood"を降板するらしい。
第30回ヒューマニタス賞(Humanitas Prize)の最終選考作品が16日発表され、映画では「ファインディング・ニモ」("Finding Nemo")、「シービスケット」("Seabiscuit")、「堕天使のパスポート」("Dirty Pretty Things")が選ばれたようだ。来月8日に授賞式が開催されるらしい。
学生活動家らによる襲撃事件が相次いでいることを受け、インドのアーメダバードにある映画館は、安全上の問題を理由に"Girlfriend"の上映打ち切りを発表したようだ。
マルコス元大統領の妻、イメルダ・マルコスは、来月7日から同国内で公開される予定のラモナ・S・ディアス(Ramona S. Diaz)監督によるドキュメンタリー映画"Imelda"の上映中止を、フィリピンの裁判所に求めたようだ。
ジェニファー・ロペスは、新しいマネージャーとして、Sony Music Entertainmentの元会長兼CEOのトニー・モットーラ(Tommy Mottola)と交渉中らしい。
ジョナサン・フレイクス監督「サンダーバード」("Thunderbirds")のデザイン・ギャラリーがYahoo! Moviesで公開されたようだ。
「オーシャンズ12」("Ocean's Twelve")にブルース・ウィリスがカメオ出演するらしい。
現在パサデナで開催中のInternational Make Up Artist Trade Showで、ティム・ストーリーの監督によるMarvelの人気コミック"Fantastic Four"の映画化に参加する特殊効果チームが製作したThe Thingの模型が展示されているようだ。
「ラブ・バッグ」("The Love Bug",1968年)を現代版にアレンジする新作"Herbie: Fully Loaded"に主演するリンゼイ・ローハンは「映画の中で、私は20歳の役を演じるの。もっと大人っぽい感じ。大学生で、レーシングカーのドライバーなの。いま運転のレッスンを受けているのよ」と語ったようだ。
ドミニカ共和国の米国大使館は、マーク・アンソニーの元妻との離婚成立には60日間が必要であり、ジェニファー・ロペスとの結婚は56日も早過ぎた、と言っているらしい。
トム・クルーズがペネロペ・クルスと破局したと聞いて、ニコール・キッドマンはレニー・クラヴィッツと別れた、という噂があるらしい。
クリス・マーティンは、先日グウィネス・パルトロウとの間に誕生したアップルちゃんの声を、携帯電話の応答メッセージに使っているらしい。
M・ナイト・シャマラン監督「ヴィレッジ」("The Village")の予告篇第2弾が公開されたようだ。
女性の同性愛を描いた映画"Girlfriend"について、インド人民党(Bharatiya Janata party)の副代表Mukhtar Abbas Naqvi氏は「我々は、映画の好ましくないシーンの削除を政府に求めていく。インド文化に反する場面は削除されるべきである」と語ったようだ。
義理の兄弟に対する暴力で逮捕されたリンゼイ・ローハンの父親は、anger managementを受けることにしたようだ。リンゼイは涙を流しながら父親に「家族のもとに戻ってきて」と語ったとか。
アシュリー・シンプソンは、レギュラー出演中のTVドラマ"7th Heaven"(1996年-)を降板するらしい。歌手としての活動を優先させるようだ。
「冬のソナタ」に出演したパク・ヨンハが、ファーストアルバム「期別」プロモーションのため16日来日したようだ。チャン・ドンゴン、ウォン・ビンと同じ飛行機で来たらしい。
第12回フランス映画祭2004のため来日したエマニュエル・べアールが16日、都内のフランス大使公邸で記者会見を行ったようだ。カンヌ映画祭で男優賞を受賞した柳楽優弥について「本当にベストな男優でした」と語ったほか「『イノセンス』も素晴らしかった」とコメントしたらしい。
Paramount Picturesは、「サウスパーク」("South Park",1997年-)のトレイ・パーカーとマット・ストーンによるアクション・パロディ映画"Team America"の公開日を10月22日に設定したようだ。
Warner Bros.は、「スーパーマン」("Superman")シリーズ最新作について、今年末に製作をスタートさせるようだ。ただし、製作もマックジーの監督も決定ではない、と言っているらしい。
「バフィー 恋する十字架」("Buffy the Vampire Slayer",1997-2003年)のTVアニメ・シリーズが製作されるらしい。サラ・ミッシェル・ゲラーは出演を断り、TVゲーム版で主人公の声を演じたジゼル・ローレン(Giselle Loren)が起用されたようだ。アリソン・ハニガン、ニコラス・ブレンドン、アンソニー・スチュワート・ヘッドらは声優として参加した模様。
AIIは、ウォン・ビン、イ・ジョンウォンらが共演した韓国ドラマ「コッチ」全50話を、17日から有料配信するらしい。
1970年代初めのローラースケート・ブームを背景に描くマルコム・D・リー監督の新作コメディ"Roll Bounce"で、バウ・ワウ(Bow Wow)とチ・マクブライドの共演が決まったようだ。今月28日からシカゴで撮影が始まる模様。
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の新作"Charlie and the Chocolate Factory"で、子役としてアンナソフィア・ロブ(AnnaSophia Robb)、ジョーダン・フライ(Jordan Fry)、ジュリア・ウィンター(Julia Winter)、フィリップ・ウィーグラッツ(Philip Wiegratz)の4人が起用されたようだ。
製作が中断されていた、Walt Disneyによる「南極物語」(蔵原惟繕監督,1983年)のリメイクは、ブルース・ヘンドリックス(Bruce Hendricks)に代わってフランク・マーシャルが監督を務め、来年1月に撮影が始まるようだ。
今月13日、コートニー・コックス、デヴィッド・アークエット夫妻の間に誕生した女の子はCocoと名づけられたらしい。 [☆ココ・・・どこかで聞いたような・・・]
ニール・ゲイマン(Neil Gaiman)の児童書「コララインとボタンの魔女」("Coraline")が映画化されるらしい。ヘンリー・セリックが監督・脚本を務めるほか、ミシェル・ファイファーの出演も決まったようだ。
今年のマーク・トウェイン賞(Mark Twain Prize for American Humor)は、"Saturday Night Live"(1975年-)などのTVコメディ番組や、「サボテン・ブラザース」("!Three Amigos!",1986年)、「ウェインズ・ワールド」("Wayne's World",1992年)、「コーンヘッズ」("Coneheads",1993年)などの映画を手掛けてきた、脚本家・プロデューサーのローン・マイケルズ(Lorne Michaels)に贈られることが決まったようだ。10月25日に授賞式が行われる模様。
歌手のアラニス・モリセットと俳優のライアン・レイノルズが婚約したようだ。
英映画専門チャンネルSky Moviesが行った調査によると、「最もセクシーな英国男優」の第1位にはオーランド・ブルームが選ばれたようだ。
マーティン・ブレスト監督、ベン・アフレック、ジェニファー・ロペス、クリストファー・ウォーケン、アル・パチーノ共演の超話題作「ジーリ」("Gigli",2003年)のDVDが8月25日、ついに日本でも発売されるようだ。
  6/18
AIIユニシアは、「『冬のソナタ』で学ぶ韓国語講座」のインターネット配信を18日にスタートしたようだ。
東北新社、日本ヘラルド映画、ギャガ・コミュニケーションズの3社は、いずれも連結経常損益が今期改善する模様。部門営業損益は、東北新社が8700万円、日本ヘラルドが3億円弱の黒字に転換する見込みとか。
東京都は17日、新宿三丁目東地区市街地再開発事業の施行を認可した模様。伊勢丹、東映、東京電力などが共同で地上14階地下3階のビルを建設、大型商業とシネコンの複合施設となるようだ。
第14回フランス映画祭横浜2004の開幕式が17日行われ、柳楽優弥がゲスト出演したようだ。エマニュエル・ベアールは「カンヌでは審査員の誰もがヤギラにひとめぼれして、心奪われた」と彼を抱きしめ、祝福のキスをしたらしい。 [☆うらやましい・・・]
ヴァンサン・ペレーズ、ペネロペ・クルス共演「花咲ける騎士道」("Fanfan La Tulipe")のプレミアム試写会が17日都内で行われ、神田うのらが出席したようだ。
中国江西省で、地元マフィア「燕子幇」が2001年以降15人の構成員を警察学校に入学させ、警察官となった彼らから捜査情報を得ていたことが分かったらしい。今年4月までに15人全員が逮捕されたとか。 [☆実話だったんだ・・・ビックリ]
「ファインディング・ニモ」DVD発売記念イベントが17日、新江ノ島水族館で開幕し、熊田曜子がオープニングセレモニーに出席したようだ。
来月15日からソウルで上演される「サンデーソウル」でペ・ドゥナが舞台デビューするようだ。
19日ソウルで行われる予定だったチャン・ヒョンス監督「誰にでも秘密がある」の製作発表が、イ・ビョンホンが欠席を表明したため、無期延期となったようだ。
「誰にでも秘密がある」で、今週末に予定されていたイ・ビョンホンとチェ・ジウのベッドシーンの撮影が中止された模様。チャン・ヒョンス監督が、ソン・ヘギョと破局したイ・ビョンホンの気持ちに配慮したらしい。
韓国芸能事務所パワーMエンターテインメントは、専属契約書の中に「常に自分の居場所を連絡しなければならない」「イベントに無償で出演しなければならない」などの条項を設けているらしい。公正取引委員会は17日、芸能人に一方的に不利となる契約書条項を60日以内に修正するか、削除するよう是正命令を下したようだ。同事務所には以前にはキム・ユンジン、チョン・チュンホらが所属していたほか、現在はパク・タムヒ、イ・スンウら6人の芸能人が所属しているとか。
平山秀幸監督「レディ・ジョーカー」がクランクアップしたようだ。
Viacom Entertainment Groupのジョナサン・ドルゲン(Jonathan Dolgen)会長が来月15日付で辞任する模様。
映画から性的・暴力的場面を自動的に削除する機能を適法とするFamily Movie法案の公聴会に出席した、米映画協会(Motion Picture Association of America)のジャック・ヴァレンティ会長は「映画製作者らは、映画の"家庭に優しい"バージョンに反対はしない。だが、著作権を持つ監督やスタジオの意思を尊重することなく作品を編集し短縮する仕組みによって、企業が利益を得ることを議会が法的に認めようとしていることに、我々は反対している」と語ったようだ。
マクドナルドのメニューだけを1ヶ月間食べ続け、その身体への影響を記録したドキュメンタリー映画"Super Size Me"の上映による否定的なイメージを払拭するため、豪州のマクドナルドはCEO自ら出演するCMを16日からTVと映画館で一斉にスタート、さらに同映画を見終えた観客にリンゴをプレゼントするキャンペーンも始めるらしい。
Dream Entertainmentは、米独立戦争で男装して戦った女性デボラ・サンプソン(Deborah Sampson)を描いた、歴史学者アルフレッド・F・ヤング(Alfred F. Young)の著書"Masquerade"の映画化についてオプション契約を結んだようだ。
Miramax Filmsは、元ニューヨーク市警長官バーナード・ケリク(Bernard Kerik)の自伝"The Lost Son: A Life in Pursuit of Justice"の映画化で、ジャーナリストで脚本家のリチャード・レーゲン(Richard Regen)を脚本に起用したようだ。
スコット・ルディン(Scott Rudin)は「ハックルベリー・フィンの冒険」の映画化を企画しているようだ。マイケル・トルキン(Michael Tolkin)とロジャー・ミッチェル(Roger Michell)が脚本と監督に向けて交渉中らしい。
アンドリュー・ダグラス(Andrew Douglas)監督による「悪魔の棲む家」("The Amityville Horror",1979年)のリメイクに、ライアン・レイノルズの出演が決まったようだ。
米Walt Disneyは、HDDを内蔵した専用端末によるオンデマンド方式の映画レンタルサービスMoviebeamの対象地域を今秋から拡大、ビデオレンタル業界への本格的な参入を計画しているようだ。
1973年にドラッグの過剰摂取で亡くなったカントリー・ロックのパイオニア、グラム・パーソンズ(Gram Parsons)と、彼の遺言を果たすために奔走する彼のマネージャー、フィル・カウフマン(Phil Kaufman)を描いたコメディ"Grand Theft Parsons"が18日から米国で公開されるようだ。世界貿易センタービルへのテロで友人を失ったウォール街の二人の証券マンが100万ドルの製作資金を提供したらしい。
米CBSの新シリーズ"CSI: NY"にもレギュラー出演が決まっているヴァネッサ・フェリト(Vanessa Ferlito)は、リー・ダニエルズ監督、キューバ・グッディングJr.、ヘレン・ミレン共演の新作"Shadowboxer"に出演が決まったようだ。
全米週末公開作品では、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の"The Terminal"が3000万ドル前後、ベン・スティラー主演の"Dodgeball: A True Underdog Story"が2000万ドル強、16日に公開され初日興収142万ドルの低調なスタートとなったジャッキー・チェン主演"Around the World in 80 Days"が1300万ドル前後の週末興収を記録すると予想されているようだ。
米Forbes誌最新号は今年の有名人長者番付トップ100を発表、「パッション」("The Passion of the Christ")のメル・ギブソンが、年間所得2億1000万ドルで1位となったようだ。また、オプラ・ウィンフリーが3位、トム・クルーズが4位、J・K・ローリングが6位、スティーヴン・スピルバーグが9位、ジョニー・デップが10位にランクされ、昨年トップのジェニファー・アニストンは17位となったらしい。
ウディ・アレンの新作撮影が来月からロンドンとその近郊で行われるようだ。先日出演の決まったケイト・ウィンスレットと共に、エミリー・モーティマー、ジョナサン・リース=マイヤーズらが共演するらしい。
"In Her Shoes"撮影中のキャメロン・ディアスは、撮影スタッフから下着を盗まれそうになったらしい。
角川ホラーシネマ オフィシャルサイトで18日、高橋巌監督、須賀貴匡、栗山千明共演の新作「MAIL」の有料配信がスタートしたようだ。森本レオ、奥貫薫、原史奈、森下千里、あびる優らが共演しているらしい。来月14日から渋谷シネクイントで劇場版も公開される模様。
ジェニファー・ガーナー主演の"Elektra"に、ジェイソン・アイザックスがカメオ出演しているらしい。
電通子会社のGeneon Entertainmentは、日本と韓国を除く全世界での「Appleseed」(荒牧伸志監督,2004年)の劇場配給権およびビデオ販売権を獲得した模様。
マリファナ所持で先月逮捕され起訴されているアンディ・ディックは、16日リバーサイド郡上級裁判所で行われた罪状認否で無罪を主張したようだ。今月29日に予審裁判が行われる模様。
今秋スタートのDreamWorksによるCGアニメシリーズ"Father of the Pride"の映像の一部が、ネット上で公開されたようだ。
胃炎のため舞台"A Raisin in the Sun"を降板していたP・ディディことショーン・コムズは、17日から復帰する模様。
ジェニファー・アニストンが妊娠したらしい。
カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」のプレミア試写会が17日都内で行われ、チャン・ドンゴン、ウォン・ビン、イ・ウンジュ、コン・ヒョンジンらが舞台挨拶に立ったようだ。主題歌を歌うBoAや横浜F・マリノスのアン・ジョンファンも出席したらしい。
8月公開の「劇場版 金色のガッシュベル!! 101番目の魔物」で、上戸彩が主題歌「涙をふいて」を歌うらしい。
羽住英一郎監督「海猿」の香港、シンガポール、マレーシア、タイでの上映が決定した模様。
Dimension Filmsは、サラ・グラン(Sara Gran)のサイコスリラー小説"Come Closer"の映画化権を獲得した模様。
Paramount Picturesは、ジョージ・A・ロメロ監督「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」("The Crazies",1973年)のリメイクで、「テキサス・チェーンソー」("The Texas Chainsaw Massacre",2003年)などを手掛けたスコット・コーサー(Scott Kosar)を脚本に起用したようだ。
ソ連の侵攻を阻止するため、いかにしてテキサスの国会議員とCIA諜報部員がアフガニスタンのレジスタンスに武器を提供し彼らを訓練したかを描いたジョージ・クライル(George Crile)の著書"Charlie Wilson's War"が映画化されるらしい。トーマス・シュローム(Thomas Schlamme)が監督、アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)が脚本を担当する模様。
マイケル・クラーク・ダンカンは、ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー共同監督の"Sin City"に出演しているようだ。また、トッド・フィールド製作総指揮、クレイグ・シェファー監督・脚本、ジェニファー・エスポジト、ロン・リヴィングストン、ロブ・シュナイダー共演の新作"American Crude"にも出演が決まったらしい。
"Angel"(1999-2004年)のデヴィッド・ボレアナズ(David Boreanaz)は、ダーリン・フェリローラ(Darin Ferrilola)監督・脚本のロマンチック・コメディ"Mr. Fix It"に主演することが決まったようだ。
ジェレミー・ピヴェン、ジャミ・ガーツ、ゲイリー・マーシャル、ドリス・ロバーツ、ダリル・ハンナ、シェリル・ハインズの6人は、ゲイリー・マーシャルの息子のスコット・マーシャル監督による新作コメディ"Lucky 13"で共演することが決まったようだ。
マドンナは「エスター」(Esther)と改名したらしい。米ABC"20/20"のインタビューに答えたマドンナは「別の名前をつけて欲しかった。母を否定するつもりはないけど、違う名前からのエネルギーに触れたかったの」と語ったようだ。 [☆元マドンナと呼ばれるのがオチだとは思うけどね]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは、DVD「アラジン スペシャル・エディション」を10月8日に発売すると発表したようだ。「5.1chサラウンド/DTSディズニー・ホーム・シアター・ミックス」による日本語音声のほか、未公開シーンや、オーディオコメンタリーなどが収録されているらしい。
米CBSは、「エルム街の悪夢」("A Nightmare On Elm Street",1984年)に基づくリアリティ番組"Nightmare On Elm Street: Real Nightmares"の制作を決定した模様。
  6/19
「宮澤賢治 -その愛-」(神山征二郎監督,1996年)などの映画やTVドラマに出演したほか、裕木奈江らを輩出した伊藤演劇研究所の所長を務めた、俳優の伊藤正次さんが19日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
カンヌ映画祭監督週間部門で短編アニメーション「闇を見つめる羽根」が招待上映された辻直之は、18日と19日に横浜市港南区の山手ゲーテ座で上映報告会を開くようだ。
「ハナ子さん」(マキノ正博監督,1943年)、「アトミックのおぼん スリますわヨの巻」(佐伯幸三監督,1961年)など人気作品は映画化もされている、漫画家で日本漫画家協会名誉会長の杉浦幸雄さんが18日亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ブラザーフッド」プロモーションのため来日中のウォン・ビンは、記者会見の中で「来年の初め頃、軍隊に志願入隊する」と語ったようだ。
大藤信郎が1924年に製作した、国内最古のアニメと実写の合成作品「煙り草物語」が、来月6日から東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される「日本アニメーション映画史」で上映されるらしい。
ビバリーヒルズ上級裁判所は18日、2002年に重罪の有罪判決を受けていたウィノナ・ライダーに対し、保護観察期間中の態度が良好であるとして、軽罪への減刑を認めたようだ。この減刑により選挙権を回復した彼女は、大統領選挙に投票できることを喜んでいるとか。また、有罪記録の抹消の申請も可能になったらしい。
マドンナ、ガイ・リッチー夫妻は18日、英国南西部の私有地17区画のうち15区画について、ハイカーらの立ち入りを禁止する権利を政府から勝ち取ったようだ。
第54回ドイツ映画賞(Lola Awards)授賞式が18日ベルリンで開催され、ファティ・アキン(Fatih Akin)監督"Gegen die Wand"(Head-On)が、作品賞、監督賞、撮影賞、男優賞、女優賞の5部門を獲得、またソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」("Lost in Translation")が外国語映画賞を受賞したようだ。
元フィリピン大統領夫人を描いたドキュメンタリー映画"Imelda"について、フィリピンでの上映禁止を求めているイメルダ・マルコスは「作品を観ましたが、とても悲しくなりました。実際、映画を観た後、そのディスクをゴミ箱に捨てました。それは真実だけではなく、私達の尊厳をも奪い去ったのです」と語ったようだ。
Southwest Airlinesの乗客やスタッフたちを追うリアリティ番組"Airline"の影響で、同航空会社には入社希望者が殺到しているらしい。
中田秀夫監督、ナオミ・ワッツ主演"The Ring 2"の撮影が、現在オレゴン州のアストリアで行われているようだ。地元のエキストラ230人が、先週行われたカーニバルのシーンの撮影に参加したらしい。
レイ・チャールズの告別式が18日ロサンゼルス教会で営まれ、スティーヴィ・ワンダー、B.B.キング、ウィリー・ネルソン、グレン・キャンベル、クリント・イーストウッドら1500人以上の著名人が参列したほか、5000人以上の人々が集まり、偉大なミュージシャンの死を悼んだようだ。
シャーリーズ・セロンは、新作"Aeon Flux"主演のため、高タンパク低炭水化物の食事によるダイエットと、1日4時間のトレーニングを行っているらしい。さらに、シルク・ドゥ・ソレイユのテリー・バートレット(Terry Bartlett)から指導を受けているとか。
ジャッキー・チェンが、台湾総統選について「世界最大のジョーク」とコメントしたことから、19日から公開される新作"Around the World in 80 Days"の鑑賞をボイコットするよう、台北の大学生が呼び掛けているらしい。
ペネロペ・クルスとマシュー・マコノヒーがロンドンでデートしていたらしい。
三池崇史監督最新作「IZO」が完成、8月に公開されるらしい。中山一也が主演、ビートたけし、ボブ・サップ、魔裟斗、桃井かおり、松田龍平、大滝秀治、緒形拳、原田芳雄、松方弘樹、樹木希林、内田裕也、片岡鶴太郎、及川光博らが共演しているとか。
シルヴェスタ・スタローンは、「あなたも政治家になるのか?」との質問に「俳優以外に興味はない」と答えたとか。
プロデューサー兼キャスティング・ディレクターのミンディ・マリン(Mindy Marin)は、デヴィッド・ソスノウスキ(David Sosnowski)のダーク・コメディ小説"Vamped"の映画化について、オプション契約を結んだようだ。
空高く飛び上がり"I'm back! I'm back!"と叫ぶピーター・パーカー。しかし、彼のパワーは完全に戻っておらず、地面に背中を打ち付けて"My back! My back!"とうめき声を上げる・・・という「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")でのギャグについて、サム・ライミ監督は「脚本が完成した後『これはまずいよ。トビー(・マグワイア)の背中の問題があるし』と言った」ものの、結局面白いから、と採用したらしい。
「ハワイ5-O」("Hawaii Five-O",1968-80年)に主演し、6年前に亡くなったジャック・ロード(Jack Lord)のブロンズ像が、東オアフ島のカハラ・モールに設置されたらしい。
ロビン・ギヴンス(Robin Givens)が今年1月に起こした人身事故で、怪我をした89歳の女性が民事訴訟を起こした模様。女性は順調に回復しているものの、再び歩けるようになるかは不明とか。
「ER 緊急救命室」("ER",1994年-)にレギュラー出演していたアレックス・キングストン(Alex Kingston)は、「年を取りすぎたので降板させられた」と発言したとの報道について「降板について恨みなどは全くない。マスコミが間違った報道をしたのだと思う。契約期間が終了するので、番組を降りるだけよ」と語ったようだ。また彼女が演じるエリザベス・コーディ役の最後について「ヘリコプター事故で死ぬということにはならないと思う。その設定はもう使ったから。彼らはエリザベスを生かしておいてくれると思うわ」と語ったらしい。
米People誌最新号は「最もホットな独身男性50人」を特集、オーランド・ブルームが表紙を飾ったほか、トム・クルーズ、ベン・アフレック、ジェイク・ギレンホール、コリン・ファレル、ジョン・チョーらが選ばれたようだ。
  6/20
李相日監督「69 sixty nine」公開記念イベントが19日都内で行われ、ヒロイン役の太田莉菜が参加したようだ。
森淳一監督「恋愛小説」が19日初日を迎え、小西真奈美らが舞台挨拶に立ったようだ。
渡辺謙作監督「ラブドガン」が19日初日を迎え、永瀬正敏、宮崎あおい、岸部一徳らが都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。100人以上が徹夜で並んだらしい。
広東テレビ局主催「第5回『明日之星』映画俳優オーディション」に参加する約200人に対するレッスンが16日、広州市で始まったようだ。
中国大陸と香港との共同製作映画で制限されている出演俳優の割合について、中国国家広播電視総局外事司は17日、今後段階的に緩和していくと発表した模様。
1962年に開館した熊本東映劇場が19日、閉館したようだ。
"Blackie"と呼ばれるFender Stratocasterなど、エリック・クラプトンが使用したギター58本が24日、競売にかけられるようだ。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のポスター最終版が発表されたようだ。
開催中のロサンゼルス映画祭で18日、マイケル・マン監督とトム・クルーズが出席、新作「コラテラル」("Collateral")について語ったようだ。映像の一部も公開されたらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクは、オーストラリアで行われたJustifiedの最終公演で「これが僕の最後のショーになります。僕は映画に専念するつもりです」と語り、ファンに衝撃を与えたらしい。
セリーナ・ウィリアムズは、最近対面したベン・アフレックについて「彼ってクールよ。ジェニファー・ロペスのことで騒がれてた彼の印象とは違ったわ。それに彼ってキュート!」と語ったらしい。ただし、彼女の手帳には「I love ORLANDO BLOOM」と浮き出しの文字で書かれているとか。
「アイ,ロボット」("I, Robot")でウィル・スミスと共演した新進俳優のシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)は「最高にクールだったのはウィルのトレーラーに入れてもらったことさ。彼のトレーラーは3階建てなんだよ。全部を見たわけじゃないけど、床は大理石で、音楽スタジオや、子供たちのためのゲーム・ルームまであるんだ。とんでもないよ。あんなすごいものは見たことがない。僕のトレーラーなんて、トイレとスプライトが3本あるだけだよ」と語ったようだ。 [☆3階建てって・・・ナイトバスか?]
ジェニファー・ロペスは、19日ニューヨークで行われたアテネオリンピック聖火式典への出席を取りやめたらしい。
ドリュー・バリモアは、恋人のファブリツィオ・モレッティから婚約指輪を受け取ったらしい。
石原裕次郎のアルバム「石原裕次郎〜今宵もそっと〜」が来月17日に発売されるようだ。1978年に発売された「石原裕次郎大全集」の特典LP用に吹き込まれたナレーションも収録されているらしい。
  6/21
ジグノシステムジャパン株式会社は、モバイル向けサイト「スター・トレック」のiモード版を21日から提供開始すると発表したようだ。
TOKYOPOPは20世紀FOXライセンシング&マーチャンダイジングと提携、米FOXの人気番組"Malcolm in the Middle"、"The Simple Life"、"Family Guy"をシネマンガ化、10月から北米で販売すると発表したようだ。
来月17日公開の「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス」の特典付き特別前売券の売り上げは、既に100万枚を突破した模様。前作の150万枚を超える勢いとか。
来日中のパク・ヨンハによるトーク&ミニライヴが20日横浜で開催され、会場には5000人のファンが集まったらしい。「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」も披露したとか。
湯山邦彦監督「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス」の主題歌「L・O・V・E・L・Y〜夢見るLOVELY BOY〜」をTommy february6が歌うらしい。
宮坂武志監督「猿飛佐助 闇の軍団」で、松方弘樹が猿飛佐助、菅原文太が徳川家康を演じているらしい。現在、日光江戸村で撮影中の模様。
LIV(押尾学)が20日、TOKYO FMスペイン坂スタジオの公開生放送に出演、フジテレビ「クニミツの政」で共演した柳楽優弥も電話で参加したらしい。
韓国人気歌手イ・スヨン本人が出演するPVが23日、日本国内で公開されるようだ。シングル発売に合わせ、タワーレコード渋谷店などでのサイン会も予定されているらしい。また9月に韓国でリリースされる6枚目のアルバムのPV撮影を、来月23日から北海道で行うとか。
Los Angeles Times紙は18日、米Miramax Filmsが約450人の従業員の内20%を解雇する予定、と報じたようだ。Miramax側はそのような決定はなされていないと、報道を否定した模様。
全米週末興収は、ベン・スティラー、ヴィンス・ヴォーン共演"Dodgeball: A True Underdog Story"が3000万ドルで初登場1位を獲得、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演"The Terminal"を1870万ドルの2位に抑えたようだ。また、ジャッキー・チェン主演"Around the World in 80 Days"は683万ドルで9位のスタートとなった模様。一方「シュレック2」("Shrek 2")の総興収は3億7800万ドル、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")は1億9000万ドルを突破したらしい。
ネットレイティングス株式会社による、2004年5月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果によると、映画情報コンテンツの利用者数が前月比で急増していたらしい。「世界の中心で、愛をさけぶ」公式サイトは126万人のアクセスを集めたとか。
「ウエスト・サイド物語」("West Side Story",1961年)のサントラが来月22日に再発売されるようだ。未発表音源の4曲も収録されているらしい。
一時製作が中断していた、ロバート・ゼメキス製作総指揮によるDreamWorksの新作ホラー"Monster House"の撮影が、8月にもスタートする模様。最近UCLA映画学科を卒業したギル・キーナン(Gil Kenan)の監督デビュー作となる予定で、スティーヴン・スピルバーグも製作総指揮に加わるらしい。
マット・デイモンは「最近のロマンチック・コメディはほとんど失敗作だよ。たいていは、脚本が2人の関係を十分に描ききれていないからね。そういうストーリーの映画が作られることは別にかまわないけど、ロマンチックでもない、ユーモアに欠けるそんな映画に僕は出演するつもりは無いよ」と語ったようだ。
以前TV番組撮影のためメキシコのカンクンを訪れていたリンゼイ・ローハンは、オフの時間にビーチで寝そべっていたところそのまま眠ってしまい、ひどい日焼けのため病院で治療を受けていたらしい。
アイルランドのFM局のDJジム=ジム・ヌジェント(Jim-Jim Nugent)がコリン・ファレルを装ってブリトニー・スピアーズに電話「ベッドでの君は10点中8点だった」などと言ったらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")に出演したキルスティン・ダンストは、プロデューサーに依頼して自分の演じたメアリー・ジェーンの人形を作ってもらい、コレクションに加えたらしい。
1968年12月3日に米NBCで放送された45分の特番"ELVIS"のために収録された全7時間20分の映像が、3枚組みDVD「'68 Comeback Special - Deluxe Edition Dvd」として8月16日に発売されるようだ。
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」の撮影が行われた香川県庵治町では、記念館の建設を企画しているらしい。
オフ・ブロードウェイの一人芝居を基にした、アリ・パリツ(Ari Palitz)の監督デビュー作"Unbeatable Harold"で、チャールス・ダーニング、グラディス・ナイト、ヘンリー・ウィンクラー、ディラン・マクダーモットが共演するようだ。既に製作がスタートしている模様。
ハワード・グールド(Howard Gould)脚本・監督による新作コメディ"Diva"で、アネット・ベニングが主演を務めるようだ。
Fox Searchlight Picturesは「28日後...」("28 Days Later",2002年)の続編を製作する模様。仮タイトルは"28 Weeks Later"とか。ダニー・ボイルは監督ではなくプロデューサーとして参加するようだ。
ナタリー・ポートマンの主演による新作ロマンス"The Smoker"で、オーウェン・ウィルソンの共演が決まったようだ。監督はベティ・トーマスからリチャード・リンクレイターに代わったらしい。
New Line Cinemaは、カーター・ブランシャール(Carter Blanchard)によるホラー脚本"Bedbugs"を獲得したようだ。人の中に入り込む虫の話らしい。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは20日、来月下旬に発売を予定していた「ショーン・コネリー DVD-BOX」の発売を無期延期すると発表した模様。「制作上の都合」らしい。
  6/22
WOWOWは8月に放送を予定していた「バトル・ロワイアル」(深作欣二監督,2000年)と「バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】」(深作欣二、深作健太監督,2003年)の放送延期を決定した模様。
今井雅之は舞台「THE WINDS OF GOD」を自らの監督・主演で再映画化するようだ。セリフは全て英語で、来年米国で公開される予定とか。
クロアチアで開催されていた第16回ザグレブ国際アニメーション映画祭が19日閉幕し、山村浩二の短編アニメーション「頭山」が最高賞のグランプリを獲得したようだ。
Scaled Composites社は21日、自社で開発した宇宙船Space Ship Oneによる初の民間有人宇宙飛行を成功させたようだ。 [☆これを機会に「宇宙清掃株式会社/サルベージ・ワン」("Salvage 1",1979年)も是非DVD化を!?]
KBS国際放送局とNHKラジオは、24日に「ケンチャナヨの韓国人、どうもどうもの日本人」と題した韓日二元生放送を行うようだ。「ヨン様人気」「BoA人気」「映画『オールド・ボーイ』の日本逆輸出」などがテーマとして採り上げられるとか。
1970年代に起こった殺人事件を描くパク・ウサン監督「兄」に、元警察署長のクァク・ヒボムが中央情報部の支部長役で出演しているらしい。
23日に開幕する第3回ミジャンセン短編映画祭の絶対悪夢部門で、パク・チャンウク監督とイ・ヨンエが審査委員を務めるらしい。
「韓米投資協定阻止とスクリーンクォータを守るための映画人対策委員会」の決議大会が22日にソウル市内で行われるようだ。アン・ソンギ、チェ・ミンシク、チャン・ミヒ、ムン・ソリ、イ・テウォン、チョン・イルソンらが出席する予定とか。
まもなくフジテレビで放送がスタートする、韓国SBSのドラマ「暴風の中に」に主演するオム・ジウォンとイ・ダヒが16日、NHK「ポップアジア」のインタビューに答えたようだ。
韓国映画サイトが会員3293人を対象に行った調査によると「韓国のスパイダーマンは誰?」の第1位には、1215票でクォン・サンウが選ばれたようだ。
イ・ジュンギは、安藤政信、竹内結子らが所属する芸能プロ「スターダスト」と専属契約を結んだらしい。
映画による児童教育の推進を図る「青少年公益映画節」が19日北京市で開催されたようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン運営会社社長に、米国人のグレン・ガンペルが就任するようだ。
19日放送の「冬のソナタ」第11回の平均視聴率が、関東地区で20.3%に達した模様。
米映画協会(Motion Picture Association of America)と米劇場経営者協会(National Association of Theater Owners)は21日、映画館での無許可のビデオ撮影を阻止するAnti-Camcording Rewards Programを発表、違反者を捕まえた劇場従業員に最大500ドルの報酬が支払われるらしい。
トム・アーノルドの脚本"The Kid & I"が自らの主演で映画化される模様。シャノン・エリザベス、リンダ・ハミルトン、ジョー・マンテーニャらが共演、ペネロープ・スフィーリスが監督を務めるようだ。今週からロサンゼルスで撮影が始まるらしい。
「ドーン・オブ・ザ・デッド」("Dawn of the Dead",2004年)のザック・スナイダー監督は、フランク・ミラー(Frank Miller)のグラフィック・ノベル"300"の映画化で監督を務めるようだ。
レイ・ロマーノ、ケヴィン・ジェイムズ共演の新作コメディ"Grilled"で、バート・レイノルズの共演が決まったようだ。ジュリエット・ルイスも出演交渉中らしい。
人気TVドラマ"The O.C."(2003年-)にレギュラー出演していたクリス・カーマック(Chris Carmack)は、アマンダ・バインス主演のロマンチック・コメディ"Lovewrecked"への出演に向けて交渉中らしい。
北米を除く海外週末興収は、14カ国で公開中の「シュレック2」("Shrek 2")が3220万ドルを記録、一方48の地域で公開中の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")はスペインでの大ヒットなどにより4120万ドルに達し、総興収は2億6570万ドルに達したようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")をR指定とした米映画協会(Motion Picture Association of America)に対するレイティング変更を求める交渉が22日スタートしたものの、交渉に参加できるのは映画の製作に直接関わった人物でなければならないとするMPAAの規定のため、担当責任者に任命されていたマリオ・クオモ(Mario Cuomo)の参加は認められなかったようだ。
ベン・アフレックは、21日行われたカリフォルニア州のポーカー大会で優勝、賞金35万6400ドルと、来年4月の世界ポーカー選手権への出場権を獲得したらしい。90人近い参加者の中にはトビー・マグワイアもいたらしい。
18日にロサンゼルスで開催された第31回Women in Film's Crystal and Lucy Awardsで、グウィネス・パルトロウに2004クリスタル賞が、母親のブライス・ダナーに2004ルーシー賞が贈られたようだ。スティーヴン・スピルバーグも出席、長年の友人だった故ブルース・パルトロウについて「彼は、決して自分を変えようとしないことが幾つかあった。一つは家族や友人を愛し続けること。そしてもう一つは、笑みを絶やさないことだった」と語ったらしい。
東京ジョイポリスに来月31日「ヴァン・ヘルシング」をモチーフにした新アトラクションが登場するらしい。
スペインを訪れているクエンティン・タランティーノ監督は、AP通信の記者に対し「キル・ビル」("Kill Bill")シリーズ第3作について「計画はあるが今すぐじゃない。15年後くらいには第3作を撮るつもりだ」と語ったようだ。 [☆以前のコメントと同じ内容ですが・・・本気なんですかね?]
清水崇監督、サラ・ミシェル・ゲラー主演「The Juon / 呪怨」("The Grudge")の予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
米MITの調査によると、Yahoo! MoviesやAmazon.com、IMDbなどの映画サイトでのランキングやレビューが、映画興行収入の成功を左右している可能性があるようだ。また、ランキングに参加する女性は特に、商業的な成功を正確に予想しているとか。
米ABCは、人気シリーズ「エイリアス〜2重スパイの女」("Alias",2001年-)の第4シーズンを、秋ではなく、来年1月にスタートさせるようだ。秋には多くの新番組をスタートさせるため、十分なプロモーションが出来なくなるから、と説明しているらしい。
キャメロン・クロウ監督、オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト共演の新作"Elizabethtown"の撮影が来月始まるケンタッキー州で数百人のエキストラを募集したところ1300人も集まってしまったらしい。
人気リアリティ番組"The Simple Life"セカンドシリーズの収録に参加していたパリス・ヒルトンは、自分のトレーラーの中で缶入りスープを電子レンジで暖めようとして火事を起こしたらしい。 [☆缶ごと入れてはいけません。]
フジテレビ開局45周年記念イベント「お台場冒険王2004 レインボーブリッジは封鎖するな!」の概要発表が21日行われたようだ。8月21日からは同局が製作中の映画のプレビュー「お台場映画王」を開催、海外俳優の来日も予定されているとか。
「ジョゼと虎と魚たち」(犬童一心監督,2003年)などで共演している池脇千鶴と新井浩文が交際中らしい。
リシャール・ベリ監督「ぼくセザール 10歳半 1m39cm」("Moi Cesar, 10 ans 1/2, 1m39")が第12回フランス映画祭横浜2004で観客賞を受賞したようだ。
東宝株式会社は「ゴジラ」シリーズ全27作品を収録した30枚組みDVD-BOX「GODZILLA FINAL BOX」を来年4月22日に発売するらしい。予約限定生産で価格は99750円とか。
ダイアン・レインは、ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ(Gary David Goldberg)監督・脚本の新作ロマンチック・コメディ"Must Love Dogs"の出演契約にサインしたようだ。
ケヴィン・ベーコンとコリン・ファースは、アトム・エゴヤン監督次回作"Somebody Loves You"で共演するようだ。8月30日からトロント、ロサンゼルス、ロンドンなどで撮影が行われるらしい。
マドンナは、16日ニューヨークで行われたコンサートで、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")について「映画であんなに泣いたのは、人生で初めてだと思う」と語ったようだ。
河崎実監督「いかレスラー」のブロードバンド試写会が来月10日と11日に開催されるらしい。
米知的障がい者協会(The Arc of the United States)は、「バカげた」と言う意味で"retarded"という言葉を返し使っていたリンゼイ・ローハンに対して、「知的障がい者を深く傷つける言葉」だと批判したようだ。
19日行われた「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")の先行オールナイト上映は、興収4億円、観客動員数30万人を超えたらしい。
英Channel 4で放送されたボウリウッド・スターのオーディション番組で、落選した南アフリカ出身の女性が「肌の色が違うと言われた」と新聞に語ったことについて、映画プロデューサーのPooja Bhattは「馬鹿げている。彼女は肌の色で選ばれなかったのはない。演技力の無さとがさつな顔のせいだ」と言ったらしい。
「スター・トレック/ヴォイジャー」("Star Trek: Voyager",1995-2001年)などに出演しているジェリ・ライアンと、1999年に離婚が成立した、イリノイ州連邦議会上院選に立候補している元夫ジャック・ライアン(Jack Ryan)との離婚訴訟の裁判文書が21日公開されたようだ。
  6/23
美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの3人が歌った全103曲を収録したCD「ひばり・チエミ・いづみ 三人娘ソングブック」が24日に発売されるようだ。「ジャンケン娘」(杉江敏男監督,1955年)、「歌う不夜城」(瑞穂春海監督,1955年)、「歌え!青春 はりきり娘」(杉江敏男監督,1955年)、「ロマンス娘」(杉江敏男監督,1966年)、「大当り三色娘」(杉江敏男監督,1957年)、「三人よれば」(杉江敏男監督,1964年)などの映画に使用された楽曲のほか、未発表曲なども多数収録されているらしい。
来年公開予定の小中和哉監督「ULTRAMAN」で、B'zの松本孝弘が音楽監修を手掛けるようだ。23日発売のTMGのアルバム「TMG I」に主題歌となる「NEVER GOOD-BYE」が収録されているらしい。
「突然炎のごとく」(井筒和幸監督,1994年)、「スワロウテイル」(岩井俊二監督,1996年)、「リリィ・シュシュのすべて」(岩井俊二監督,2001年)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(行定勲監督,2004年)など数多くの作品を手掛けた、映画撮影監督の篠田昇さんが22日亡くなった(52歳)。ご冥福をお祈りいたします。
フォン・シャオガン監督の新作「天下無賊」が21日、クランクアップしたようだ。終了後行われたパーティには、アンディ・ラウ、ルネ・リウ、スン・ナン、ジョウ・シュンらが出席したとか。主題歌は、中国の人気俳優グォ・ヨウ(葛優)が歌うらしい。
9月10日に開催されるアンディ・ラウのコンサート「劉徳華Vision Tour」で、スポンサーの東亜銀行が顧客にチケットのプレゼントを企画したものの、21日の先行発売開始後15分でチケットが完売、銀行前に列を作った数百人のファンが騒動を起こしたらしい。
25日より公開される、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")は、ドキュメンタリー映画としては史上最多の全米868館で上映されるらしい。
ノルウェーで開催された音楽祭に出演したデヴィッド・ボウイは、客席から投げつけられた「棒付きの飴」が左目に当り軽症を負ったらしい。コンサートは予定通り続けられたようだ。
ジョージ・W・ブッシュ米大統領を批判するウィリアム・カレル(William Karel)監督のドキュメンタリー映画"Le Monde Selon Bush"が、仏TV局France 2で先週プレミア公開され、23日からは同国で劇場公開が始まったようだ。
ジョン・ファヴロウ監督による、「ジュマンジ」("Jumanji",1995年)の続編"Zathura"で、ティム・ロビンスの主演が決まった模様。今夏より撮影が始まるらしい。
まもなく全米公開となるキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督の新作コメディ"White Chicks"で、ブロンドのカツラ、偽の胸、ミニスカート、タイトなパンツ、ハイヒール、ブルーのコンタクトなどを身につけたマーロン・ウェイアンズとショーン・ウェイアンズは、特殊メイクに1万ドル以上をかけたらしい。
メアリー=ケイト・オルセンが、摂食障害のため専門施設で治療を受けているらしい。
25日より全米公開となるマイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")は、結局R指定のまま公開されることになったようだ。
クラウディア・シファーは2人目の子供を妊娠したようだ。現在4ヶ月とか。
英国週末興収は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が340万ポンドで3週連続1位を獲得、総興収は3650万ポンドに達したようだ。
「エピソードIII」で新たに登場するグリーヴァス将軍(General Grievous)のイメージが公開されたようだ。
「エピソードIII」でゲイリー・オールドマンが声の出演に向けて交渉中らしい。彼が演じるキャラクタは公表されていないものの、新たに登場するグリーヴァス将軍(General Grievous)になるのではと予想されているようだ。
ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンは"Starsky & Hutch"の続編に、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人のカメオ出演を希望したらしい。結局、契約の関係でキャメロン・ディアスだけが出演することになったらしい。
オリヴァー・ストーン監督"Alexander"出演のため肉体改造に挑んだヴァル・キルマーは「(『トロイ』の)ブラッド・ピットの写真を見たけど、全部修正されていたよ。彼はいい奴だけど意気地なしだね」と語ったらしい。
ブリトニー・スピアーズが母親と妹の3人でサンタモニカのペットショップから帰ろうとした際、母親が運転する車が、取り囲んだパパラッチの一人の足を轢いてしまったらしい。ブリトニーはパニックを起こしととか。
オーランド・ブルームは"Kingdom of Heaven"の撮影で訪れたモロッコで2頭の子犬を拾ったらしい。SidiとEssaと名づけ、恋人のケイト・ボスワースと飼い始めたとか。
行定勲監督「北の零年」のクライマックスシーンの撮影が、22日北海道静内町で行われる予定だったものの、台風6号の影響で中止となったようだ。
「ラブ・アクチュアリー」("Love Actually",2003年)のDVD発売を記念したイベントが22日都内で行われ、鈴木亜美がウェディングドレス姿で出演したらしい。
キネマ旬報社が独占販売中の「冬のソナタ」のカツラは、現在3週間の予約待ち状態とか。
米Paramountとロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥラ(Lorenzo Di Bonaventura)は、ジョセフ・ファインダーの企業スパイ小説"Paranoia"の映画化で、マイケル・トルキン(Michael Tolkin)を脚本に起用したようだ。
米HBOはアンドレ3000とビッグ・ボーイ(Big Boi)の共演によるミュージカル映画を製作するらしい。ブライアン・バーバー(Bryan Barber)が脚本と共に初監督を務める予定とか。
渡辺謙は"Batman Begins"への出演について「脚本が気に入ったから出演を決めた。すぐに返事をしたよ。僕が演じるのは悪役だが、彼は善と悪の間を揺れ動いている。人間の悪の側面を探求することに興味を引かれるんだ」と語ったようだ。
トニー賞受賞ミュージカル"Avenue Q"のクリエイターの1人、ジェフ・ホイッティ(Jeff Whitty)は、Warner Bros.の新作"Zora"で脚本を務めるらしい。CIA捜査官になるために自らを鍛え上げ、その後賞金稼ぎに転進した女性ゾラ・コラコヴィック(Zora Colakovic)の実話とか。
古代ローマをテーマとした米ABCの新シリーズ"Empire"で、デニス・ヘイスバートのゲスト出演が決まったらしい。
ジェニファー・ロペスは、ロサンゼルスの子供病院のためのチャリティ・イベントを10月2日に開催すると発表したようだ。しかし、当日はニューヨークで行われる新作"Shall We Dance?"のイベントにも出席することになっているとか。 [☆ヘリコプターで移動するには遠すぎる・・・]
リヴ・タイラーが妊娠したらしい。今年の冬に出産予定とか。
ジョージ・ルーカス監督「THX-1138 ディレクターズカット スペシャル・エディション」の日本発売が9月23日に決まったようだ。
  6/24
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のワールドプレミアが22日、ロサンゼルスで行われ、トビー・マグワイア、キルスティン・ダンストらと共に、日本語版主題歌「Web of Night」を歌うT.M.Revolutionが羽織袴姿で出席したらしい。 [☆あんたが一番目立ってどうすんの!]
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の試写会が23日ワシントン市内で行われ、招待された民主党の上下両院議員ら約800人が出席したようだ。
NHKは、イ・ヨンエが主演した人気ドラマ「大長今」の放送権を獲得した模様。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")のジャパンプレミアが23日都内で行われ、柳楽優弥も出席したらしい。会場には7000人も集まったとか。
児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で起訴されている、映画監督今関あきよしの初公判が24日横浜地裁で行われ、被告は起訴事実を認めたようだ。
韓国映画サイトが会員1348人を対象に行った調査によると、「スパイダーマンのようにキスシーンを上手に演じそうなカップル」には、ドラマ「火の鳥」で共演するイ・ソジンとイ・ウンジュが721票で1位に選ばれたようだ。
12日スタートした、パク・シニャン、キム・ジョンウン共演による韓国SBSのドラマ「パリの恋人」が、平均視聴率30%を超える大人気となっているらしい。
宮本真希、国分佐智子らの写真集が韓国で発売されるらしい。
中国国家広播電影電視総局は現在検討されている「映画促進法」について、中国国内数百館の映画館に対するアンケート調査を始めたようだ。
中国韓国合作ドラマ「魔術師」でヒロイン役を演じる予定だったヴィッキー・チャオの降板が決定、台湾の人気女優ルビー・リン(林心如)が主役に抜擢されたようだ。
ウォン・カーウァイは次回作「周[王旋]伝」の撮影許可を取得、マギー・チャンとドン・ジエの共演で製作に入る模様。
行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケが行われた香川県庵治町で23日、有志らによる「庵治町まちおこし会」の初会合が行われ、映画セットの復元に向けた活動を進めることなどを協議した模様。
「世界でいちばん不運で幸せな私」("Jeux d'enfants")プロモーションのためヤン・サミュエル監督と主演のマリオン・コティヤールが来日、開催中の第12回フランス映画祭横浜2004に参加したようだ。
マライア・キャリーは、来年ロンドンで上演される舞台"The Prince and the Showgirl"に主演するらしい。また、アンドリュー・ロイド・ウェバーもブロードウェイ上演作品に彼女の出演を希望しているとか。
アリソン・イーストウッドは、インディ作品"Raising the Dead"で主演と製作を務めるようだ。
23日プラハで行われたデヴィッド・ボウイのコンサートの途中で、ボウイが肩の調子が悪いと謝罪、打ち切りとなったらしい。
24日ロサンゼルスで行われる米大統領選の民主党ジョン・ケリー候補の資金集めイベントで、バーブラ・ストライザンドとニール・ダイヤモンドがデュエットを披露するらしい。また、来月8日にニューヨークで行われるイベントには、ウーピー・ゴールドバーク、ジョン・ボン・ジョヴィらが出演する予定とか。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が23日ニューヨークで先行公開され、マンハッタンにある映画館Loew's Village 7では初日興収4万9000ドル、Lincoln Plazaでは3万ドルを突破、いずれも過去最高記録を更新したようだ。
アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演のロマンチック・コメディ"50 First Dates"のDVDとVHSが米国でリリースされ、第1週のレンタル売上が1527万ドルを記録したようだ。
金子修介監督「あずみ2」のロケが盛岡県田野畑村鵜ノ巣断崖で24日から2日間にわたって行われるようだ。
クイーン・ラティファ主演によるハリウッド・リメイク版"Taxi"の予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
Vivendi Universal Gamesは、クリス・ウェッジ監督によるフルCGアニメ「ロボッツ」("Robots",2005年)のゲーム版をEurocom Entertainment Softwareが開発中であり、来年の公開に合わせて発売される予定である、と発表したようだ。
トビー・マグワイアはスーツを一着も持っていなかったらしい。"The Oprah Winfrey Show"に出演した際、オプラ・ウィンフリーがそれを知って驚いたのを見て、彼はスタジオに駆け込み「スパイダーマン2」で着たスーツを記念品としてもらったとか。 [☆自分で買いなよ・・・]
キーラ・ナイトレイは先月引っ越したばかりのロンドンのアパートを出て、親元に帰ったらしい。「大人になった気分だったのに、何もかも壊れていたのよ!天井から水が漏れてくるし、電気は通じていないし、トイレは壊れているし。1週間で引き払ったわ」と語ったようだ。
キーラ・ナイトレイは「雑誌に載っている自分の写真を見るのは耐えられない。自分の欠点は分かっているし、それをわざわざ誰かに教える必要はないわ。シミ?ひどい髪の毛?短い足?大きなお尻?その通りよ」と語ったようだ。
NHKは23日、8月14日夜放送予定の「冬のソナタ」について、3時間繰り下げ深夜2時から放送すると発表したようだ。アテネ五輪柔道決勝と重なったためらしい。
来月6日スタートのフジテレビ「ウォーターボーイズ2」のオリジナル短編2作品が、全国のワーナー・マイカル・シネマズで来月3日から上映されるらしい。
渡辺謙と由美子夫人との離婚訴訟の最終弁論が24日、東京地裁で行われたようだ。判決は9月9日に言い渡されるらしい。
日本テレビで25日「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Sorcerer's Stone",2001年)が放送されるらしい。視聴率30%超を狙っているらしい。
スティーヴン・キングの小説「タリスマン」("The Talisman")の映画化で、ヴァディム・ペレルマン(Vadim Perelman)に代わって監督に決まっていたエドワード・ズウィックが降板した模様。これにより、10月の撮影開始はさらに延期となったらしい。
Morgan Creek Productionsは新作ホラー・スリラー"The In-Between"の脚本にジョン・グラスコー(Jon Glascoe)を起用したようだ。死んだボーイフレンドに取り憑かれた女子高生の話とか。
中国のオペラ監督チェン・シゼンの映画監督デビュー作となる"Dark Matter"で、メリル・ストリープとリュウ・イエが共演するようだ。1991年にアイオワ大学で起こった事件を基にしたドラマになるらしい。
TVアニメシリーズ「マッハGoGoGo」のハリウッドでの実写映画化"Speed Racer"で、ヴィンス・ヴォーンが出演に向けてWarner Bros.と交渉中らしい。
DreamWorksは、デヴィッド・アダムソン(David Amsden)のノンフィクション小説"The Siege of Fulton Avenue"の映画化についてオプション契約を結んだ模様。
Universal Picturesは、ゾーイ・ディーン(Zoey Dean)の小説"The A-List"の映画化謙を獲得したようだ。
Columbia Picturesは、ジョン・フェルソン(Jon Felson)とラスティ・ゴーマン(Rusty Gorman)の脚本"Ghost Story"を買い取ったようだ。ホワイトハウスに現れるゴーストの物語とか。
まもなく米国で公開が始まる「ケイナ」("Kaena: The Prophecy",2002年)のクリス・デラポート(Chris Delaporte)監督は「1990年代にロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expoに25分間のCGIアニメーションを出品したら、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、マイケル・アイズナーといった人たちがみな感激してくれた。当時CGI映画というものは存在していなかったからね。スピルバーグからはプロジェクトに参加したいという連絡もあったんだ。その後、ゲームとして『ケイナ』のプロジェクトをスタートさせた。映画化できるかもしれないと期待してね。1996年か97年に5分間のデモ映像を会社に見せたら、すぐに映画化が承認されたよ」と語ったようだ。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"で、トーマス・クレッチマンが出演交渉に入っている模様。
妊娠か?と報じられたジェニファー・アニストンは「残念ながら妊娠はまだです」と否定したようだ。
"AFI's 100 Years ... 100 Songs: America's Greatest Music in the Movies"が22日放送されたようだ。
1. "Over the Rainbow" / 「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz",1939年)
2. "As Time Goes By" / 「カサブランカ」("Casablanca",1942年)
3. "Singin' in the Rain" / 「雨に唄えば」("Singin' in the Rain",1952年)
4. "Moon River" / 「ティファニーで朝食を」("Breakfast at Tiffany's",1961年)
5. "White Christmas" / 「スイング・ホテル」("Holiday Inn",1942年)
6. "Mrs. Robinson" / 「卒業」("The Graduate",1967年)
7. "When You Wish Upon a Star" / 「ピノキオ」("Pinocchio",1938年)
8. "The Way We Were" / 「追憶」("The Way We Were",1973年)
9. "Stayin' Alive" / 「サタデー・ナイト・フィーバー」("Saturday Night Fever",1977年)
10. "The Sound of Music" / 「サウンド・オブ・ミュージック」("The Sound of Music",1965年)
来月9日公開となる、ジョー・ナスバウム監督、アレクサ・ヴェガ主演の新作"Sleepover"は、23日午後5時から全米20都市の映画館で特別イベント"World's Largest Sleepover"(「史上最大の外泊」?)を開催したようだ。
世界初の民間企業による有人宇宙飛行が行われたモハヴェ砂漠には、「スパイダーマン」シリーズに出演するクリフ・ロバートソンも見学に訪れたらしい。宇宙船Space Ship Oneを設計したバート・ルタン(Burt Rutan)氏とは長年の友人とか。
Tommy Hilfigerは、ビヨンセ・ノウルズのプロデュースによる新しい女性向けフレグランスを発表したようだ。10月に発売で、ビヨンセはTVCMに出演、"Wishing on a Star"をアカペラで歌う予定とか。
ハワイで開催された第5回マウイ映画祭で、ザック・ブラフ(Zach Braff)の監督デビュー作"Garden State"が作品賞を受賞したようだ。
18日発売された「ファインディング・ニモ」のDVDとVHSの売上が、発売3日間で150万本を突破した模様。「モンスターズ・インク」の3倍とか。
シャロン・オズボーンが製作を進めている夫オジー・オズボーンの伝記映画で、ジョニー・デップが主演に向けて交渉に入った模様。
  6/25
サム・ライミ監督「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のジャパンプレミアが24日都内で行われ、中村獅童がスパイダーマンのコスチュームで登場したらしい。また、日本語版主題歌を歌うT.M.Revolution、叶姉妹も訪れたとか。
お台場のソニースタイルで24日、加藤ローサが1日店長を務めたようだ。現在、来年公開予定の映画「tokyo tower」の撮影中とか。
ファッション・デザイナーの森英恵が、7月に開催されるパリ・オートクチュール・コレクションを最後に引退すると発表したようだ。
キム・レウォン、ムン・グニョン共演「幼い新婦」が、韓国ビデオレンタル・チャートで2週連続1iとなったようだ。
「韓日友情週間in済州」が23日スタート、日本からも多くのファンが訪れているらしい。イ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォン、チャ・テヒョン、チョン・ジヒョン、チャン・ヒョクらとの交流イベントや、映画試写会、ロケ地ツアー、コンサートなどが予定されているとか。
ユン・ソクホ監督による韓国ドラマ「夏の香り」の日本メディア向けプロモーションが23日ソウル市内で行われ、主演のソン・スンホンらと共に、日本語で吹替えを務める岡本綾が出席したようだ。
チャン・ツィイーは第61回ヴェネチア国際映画祭の審査委員に選出された模様。チャン・ツィイーは現在、新作「貂府」撮影のため日本に滞在中とか。
第8回香港国際映像展が23日スタート、トニー・レオンが開幕式に出席したようだ。
角川春樹の活動再開を記念した「『復活の日』祝宴会」が24日夜都内で行われ、森村誠一、北方謙三ら600人が出席したようだ。
全米週末公開作品では、23日2412館で公開され初日興収420万ドルを記録した、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督"White Chicks"と、同日3020館で400万ドルの興収となった先週1位の"Dodgeball: A True Underdog Story"を抑え、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")がスクリーン平均1万2000ドル〜1万5000ドルの高いパフォーマンスを記録すると予想されているようだ。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")について、米映画評論家の多くが好意的に評価しているらしい。
米保守派市民団体Citizens Unitedは、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")のTVCMが選挙法違反に当るとして、CMの放送中止を連邦選挙委員会に申し立てたようだ。米保守派市民団体Citizens Unitedは、マイケル・ムーア監督「華氏911」のTVCMを中止させるよう、連邦選挙委員会に申し立てたようだ。
エリック・クラプトンのギター88本のオークションが24日ニューヨークで行われ、Fender Stratocasterが95万9500ドルで落札されるなど、総落札価格は合わせて744万ドルに達したらしい。
米Walt Disneyのマイケル・アイズナーCEOは24日「映画ビジネスへの投資を縮小していく」と発表した模様。今後は毎年13〜16作品を製作、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」("Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl")のようなディズニー・ブランド色の強い作品に特化していくらしい。
アンジェリーナ・ジョリーがマドックスちゃんを養子にする際、仲介役を務めたハワイ在住の女性が、不正な金銭の授受を行ったとされる問題で、女性は24日有罪を認め、自宅およびJaguarの自動車を含む不正に取得した財産の没収に応じたようだ。
元フィリピン大統領夫人イメルダ・マルコスがドキュメンタリー映画"Imelda"の上映中止を求めていた問題で、マニラの裁判所は24日、同日開催される予定だったマスコミ向け試写会の中止と20日間の上映差し止めを命じたようだ。
英国の調査会社が世界45カ国を対象に行った調査によると、2003年は40カ国で映画チケットの平均価格が上昇したらしい。また、世界で最もチケットが高い国は日本で、平均価格は1252円だったとか。
第77回アカデミー賞に向けた規則改正が、22日行われた米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の役員会で承認されたようだ。音響編集賞(Sound Editing)のノミネーション方法などが変更されたらしい。
"Sky Captain and the World of Tomorrow"の最新予告篇がYahoo! Moviesで公開されたようだ。
7月23日より米国で限定公開される清水崇監督、奥菜恵主演「呪怨」("Ju-on: The Grudge",2003年)の冒頭9分間の映像がネット上で公開されたようだ。
ノーラ・エフロン監督、ニコール・キッドマン主演による「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)の映画化で、ジェイソン・シュワルツマンの共演が決まったようだ。8月後半に製作がスタートする模様。
キルスティン・ダンストは「お金は人生をより困難なものにする。より多くの人が私に頼ってくるし、彼らのことも考えなくてはいけないと思ってきた。でもそれは止める。本当に心配な人との関係を大切にしたいの。お金はその邪魔になるわ」と語ったようだ。
トビー・マグワイアは「(出演する作品について)僕は大いに選り好みをするよ。それが僕の方針なんだ。お金は必要じゃない。好きな作品に出られないなら、そんなもの意味無いよ」と語ったようだ。
8月に32歳の誕生日を迎えるキャメロン・ディアスは「そろそろ子供が欲しくなる年齢ね」と語ったらしい。
10月30日公開の土井裕泰監督「いま、会いにゆきます」で、中村獅童と竹内結子が共演するらしい。市川拓司の同名小説を映画化するようだ。
「ジャニーズ フィルム フェスタ2004」が8月5日から東京グローブ座で開催されるようだ。TOKIO、KinKi Kids、V6、嵐、タッキー&翼、NEWSの6グループが出演する、コンサート映像とドキュメンタリー映像が上映されるらしい。
グレン・ウィリアムソン(Glenn Williamson)率いるBack Lot Picturesは、J・ロバート・レノン(J. Robert Lennon)の小説"The Funnies"の映画化についてオプション契約を結んだようだ。
New Line Cinemaは、スティーヴ・フェイバー(Steve Faber)とロブ・フィッシャー(Bob Fisher)によるコメディ脚本"We're the Millers"を獲得したようだ。
Fox 2000 PicturesはEsquire誌の記者ロバート・カーソン(Robert Kurson)による歴史深海アドベンチャー"Shadow Divers: The True Adventure of Two Americans Who Discovered Hitler's Lost Sub"の映画化権を獲得したようだ。
チーチ・マリンは"Senor Dracula"で監督を務めるようだ。スペイン語版「ドラキュラ」("Dracula",1931年)とか。
Fox 2000 Picturesは、「地球の危機」("Voyage to the Bottom of the Sea",1961年)のリメイクを決定した模様。
「ドラゴンボールZ」("Dragonball Z")の実写映画化で、「ビッグ・ヒット」("The Big Hit",1998年)のベン・ラムジー(Ben Ramsey)が脚本に起用されたようだ。 [☆あれ、製作中止じゃなかったんだ!]
パリス・ヒルトンは、"National Lampoon's Pledge This!"に主演するらしい。8月からマイアミで撮影が始まるようだ。
Fortitude Filmsは、来年出版予定のG・P・テイラー(G.P. Taylor)によるファンタジー小説"Wormwood"の映画化権を獲得したようだ。18世紀ロンドンの若いメイドが、彗星の地球への衝突を止めようとする話らしい。
「ケイナ」("Kaena: The Prophecy",2002年)のクリス・デラポート(Chris Delaporte)監督は「画家としてH・R・ギーガーの作品はとても好きだ。それにリドリー・スコットの作品からも多くのインスピレーションを得た。それに、僕は日本のアニメを見て育った。『アキラ』や『攻殻機動隊』それに宮崎駿監督作品だ」と語ったようだ。
ジェイムズ・フランコは「スパイダーマン3」について「期待してるかって?もちろんイエスだ。素晴らしい体験だったし、サム(・ライミ監督)との仕事も素晴らしかった」と語ったようだ。
Walt Disney Picturesは、ケイト・ブライアン(Kate Brian)の小説"The Princess & the Pauper"の映画化についてオプション契約を結んだようだ。
クリント・イーストウッドが現在撮影中の新作"Million Dollar Baby"("Rope Burns"?)を手掛けたポール・ハギス(Paul Haggis)は、バート・ベイカー(Bart Baker)の未出版の小説"Honeymoon With Harry"の映画化で脚本を担当するようだ。監督を務める可能性もあるとか。
入院したメアリー=ケイト・オルセンに付き添うため、アシュレイ・オルセンは来週メルボルンで行われる予定だった「ニューヨーク・ミニット」("New York Minute")のプレミアへの出席を取りやめたようだ。
カバヤ食品株式会社は、水野晴郎が選んだ洋画1作品を収録したDVDが付いたガム「水野晴郎シネマ館」を来月13日から発売するようだ。全10タイトルで、1個315円とか。水野晴郎の解説映像も収録されているらしい。 [☆お買い得!]
  6/26
タカハタ秀太監督「ホテルビーナス」が出品される第26回モスクワ国際映画祭に出席するため、草なぎ剛が25日モスクワに向けて出発したようだ。香取慎吾と稲垣吾郎が同行したらしい。
早稲田大学とぴあが提携、映画監督の育成を行うらしい。ぴあフィルムフェスティバル入選者の大学院国際情報通信研究科への推薦入学や、最新機材の提供などが行われるようだ。
22日42歳の誕生日を迎えたチャウ・シンチーは、友人と待ち合わせしていたレストランでパパラッチと遭遇、あわててタクシーで立ち去ろうとしたものの、タクシーとパパラッチの車が接触事故を起こしてしまったらしい。幸い、けが人などは無かったとか。
北海道夕張市では、無人の建物を爆破シーンに使用する「爆破特区」の認定を目指す構想が持ち上がっているらしい。
ブリトニー・スピアーズは、ダンサーのケヴィン・フェダーライン(Kevin Federline)と婚約したようだ。
DMXがケネディ空港で逮捕されたらしい。FBI捜査官だと名乗って、他人から車を盗もうとしたとか。
コートニー・コックス、デヴィッド・アークエット夫妻は、製作会社Coquetteを設立したようだ。既にWarner Bros. TVと契約を結んだほか、HBOのTVドラマなど幾つかの企画に取りかかっているらしい。
新作"Sky Captain and the World of Tomorrow"を題材にしたゲーム"Flying Legion Air Combat Challenge"の無料配信が公式サイトでスタートしたようだ。
1966年のNCAA全米大学バスケットボール選手権に出場した黒人チームの活躍を描く新作"Glory Road"の製作を手掛けるジェリー・ブラッカイマーは、選手役として出演するアフリカ系アメリカ人のオーディションを今月30日ロサンゼルスで行うようだ。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のプレミアに出席したトビー・マグワイアとキルスティン・ダンストは、上映開始後も会場の外でファンとの交流に務めたとか。「映画を見ることも出来ないのに集まってくれたたくさんの人たちを無視することなんて出来ないよ」とトビー・マグワイアは語ったらしい。結局、上映開始から1時間後に会場に入ったようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、T-MobileのCMに出演し非難を浴びたことについて「少なくとも私は正々堂々とやっている。みんな偽善者よ。『キャリアを台無しにするつもりか』なんて言いながら、日本でタイヤを売っているのよ」と語ったようだ。
キャメロン・ディアスはスリムな足の秘密について「ハイヒールを履くの。フィットネス・トレーニングはそれだけよ。テニスや水泳を始めようかなと思うこともあるけど、私は怠け者だし。私はベッドが好き」と語ったらしい。
ジャスティン・ティンバーレイクは、ツアーをキャンセルした元恋人ブリトニー・スピアーズを支援するため、曲の提供を申し出たらしい。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットは「いままで女の子の友人はほとんどいなかった。女の子は敵っていう偏見を持っていたの。でも17歳の時に親しかったジェニーと再会して、女性とも友人になれると信じるようになったわ」と語ったようだ。
ShowTimeとインフォシークは来月公開のタイ映画「マッハ!!!!!!!!」("Ong-Bak",2003年)の特別サイト「週刊Webマガジン マッハ!!!!!!!!」をオープンしたようだ。来月17日と18日にはブロードバンド試写会も実施されるらしい。
ビリー・クリスタルは、11月に開幕するワンマンショー"700 Sundays"で、ブロードウェイデビューを果たすようだ。
Universal Studios Hollywoodに24日、新アトラクション"Revenge of Mummy"がオープンしたようだ。
今月6日にペ・ヨンジュンのインタビュー映像を放送したスカイパーフェクTV!「フジテレビ721」の加入者が急増したらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")プロモーションのため、ルパート・グリントが25日成田空港に到着、150人のファンによる歓迎を受けたようだ。26日に都内劇場でアルフォンソ・クアロン監督と舞台挨拶に立つ予定とか。また、エマ・ワトソンの来日は27日になるらしい。
「スーパーマン」シリーズ最新作で監督に予定されていたマックジーが降板した、と一部で報じられている模様。
  6/27
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が26日、全国820スクリーンで公開され、都内劇場ではアルフォンソ・クアロン監督、ルパート・グリントらが舞台挨拶に立ったようだ。配給のワーナーは週末興収20億円、観客動員155万人を見込んでいるとか。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が25日全米で公開され、ニューヨークなどの映画館ではチケットの売り切れが続出しているらしい。初日興収は820万ドルに達した模様。
8月から撮影が始まる渡辺孝好監督、井川遥主演による映画「いとしのヒナゴン」のための制作協力実行委員会が25日、ロケ地の広島県西城町で発足したようだ。
第8回香港国際映像展の開幕式でジャッキー・チェン主演「新警察故事」のワンシーンが公開されたらしい。共演のチャーリー・ヤンとダニエル・ウーが会場を訪れた模様。
「シュレック2」の中国語吹替え版でフィオナ姫の声をヴィッキー・チャオが担当していることに、一部で非難の声が挙がっているらしい。
現在妊娠中のリヴ・タイラーは、夫ロイストン・ラングドン(Royston Langdon)の故郷である英国のリーズで出産、子供が5歳になるまではそこで暮らす予定らしい。
トム・クルーズとニコール・キッドマンは、2人の子供と共に、この夏をシドニーで過ごすようだ。
ジェシカ・シンプソンは、病気療養のため、23日にニューハンプシャー州のマンチェスターで開催予定だったコンサートを中止したようだ。
ジョエル・シュマッカー監督の新作"The Phantom of the Opera"の特報が、Moviefoneで公開されたようだ。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")で、ルパート・エヴェレットがCGIキャラクタの声を担当するらしい。ジェイムズ・コスモも参加するようだ。
「エピソードIII」の視覚効果シーン差し替えのための追加撮影が行われるらしい。
モスクワ国際映画祭出席のためモスクワを訪れた草なぎ剛らが26日、同市内で記者会見を行ったようだ。
  6/28
テレビ朝日で今週放送の「弟」のロケのため、「黒部の太陽」(熊井啓監督,1968年)のトンネルセットが静岡県掛川市内に再現されたらしい。
映画撮影監督の篠田昇の通夜が27日都内で行われ、行定勲、木村拓哉、大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみ、浜崎あゆみ、松たか子ら約1000人が弔問に訪れたようだ。
大友克洋監督「スチームボーイ」のジャパンプレミアが27日、横浜の赤レンガ倉庫で開催され、鈴木杏、小西真奈美らが出席したようだ。
京極夏彦の小説「姑獲鳥の夏」が映画化されるようだ。堤真一が主演、永瀬正敏、阿部寛、宮迫博之、原田知世らが共演するらしい。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")プロモーションのため、エマ・ワトソンが27日成田空港に到着、約600人のファンが出迎えたようだ。
第26回モスクワ国際映画祭に出品されていたタカハタ秀太監督、草なぎ剛主演「ホテルビーナス」が新人監督部門で最優秀賞を受賞したようだ。
日本テレビで15日放送された「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Sorcerer's Stone",2001年)の平均視聴率が、関東地区で30.8%を記録したらしい。
「その男、凶暴につき」(北野武監督,1989年)、「集団左遷」(梶間俊一監督,1994年)、「破線のマリス」(井坂聡監督,2000年)、「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」(こだま兼嗣監督,2002年)などの作品や数多くのTVドラマの脚本を手掛けた、作家・脚本家の野沢尚さんが28日亡くなった(44歳)。ご冥福をお祈りいたします。
北朝鮮の撮影監督パク・セウンが、昨年12月に公開された「時代の戦友」で監督デビューを果たしたらしい。
韓国配給会社ショーボックスは28日、日本での「ブラザーフッド」の公開について、総観客動員は300万人に達する、との予測を発表したようだ。
廣木隆一監督「機関車先生」の香川県内先行ロードショーは来月9日に終了する模様。観客動員は1万人を超えたようだ。
総務省は、TV番組や映画などの著作権情報のデータベース化のための技術仕様をまもなく発表するようだ。タイトル、出演者、撮影場所などから、著作権を持つ個人・団体名、二次利用の際の条件など千数百項目を設定、平成17年度からの実用化を目指しているらしい。
角川歴彦ゼネラルプロデューサーは28日、今年の第17回東京国際映画祭から「黒澤明賞」を創設すると発表したようだ。受賞者には賞金10万ドルが贈られるらしい。
フジテレビは、アニメ制作会社ゴンゾ・ディジメーション・ホールディングと共同で、宮部みゆきの小説「ブレイブ ストーリー」をアニメ映画化すると発表したようだ。千明孝一の監督で2006年夏に公開される模様。製作費は10億円を超えるとか。
モスクワ国際映画祭に出席していた草なぎ剛が28日、帰国したようだ。
米舞台俳優組合(Actors' Equity Association)と米劇場・プロデューサー連盟(League of American Theaters and Producers)との賃金などを巡る交渉が27日、決裂したようだ。"Wicked"、"Avenue Q"など人気ブロードウェイ・ミュージカルの上演は続行される模様。
第51回国際広告祭(International Advertising Festival)が26日カンヌで行われ、ロンドンのTBWA社が制作したPlayStation 2のCMが最高賞を受賞したほか、UFJつばさ証券のCMが昨年の銅賞に引き続き銀賞を受賞したようだ。またサイバー部門では「4人の食卓」の韓国公式サイトが金賞を受賞したらしい。
ロサンゼルス映画祭の授賞式が26日行われ、35歳の新人監督フェレンツ・トス(Ferenc Toth)による製作費10万ドル以下という低予算作品"Unknown Soldier"が最高賞を受賞したようだ。
全米週末興収は、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")が2180万ドルで初登場1位を獲得、スクリーン平均は2万5115ドルに達したようだ。また、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督"White Chicks"は1960万ドル、ニック・カサヴェテス監督"The Notebook"は1300万ドルで5位、ジャン=ジャック・アノー監督「トゥー・ブラザーズ」("Two Brothers")は621万ドルで9位のスタートとなった模様。
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」("The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe")の撮影が28日、ニュージーランドのホブソンヴィル(Hobsonville)にある空軍基地跡で始まったようだ。
リメイク版"House of Wax"の撮影が行われていた豪州ゴールドコーストのスタジオが、火事で全焼したらしい。ロウソクの火が燃え移ったようだ。負傷者などはいない模様。
ロブ・コーエン監督、ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックス共演のアクション超大作"Stealth"の撮影が今月USS Abraham Lincolnで行われたようだ。
ジョン・タートルトーブ監督、ニコラス・ケイジ主演の新作"National Treasure"の予告篇がネット上で公開されたようだ。
グウィネス・パルトロウは、先月誕生したアップルちゃんのために、Coldplayではなくモーツァルトを聴かせているようだ。また、彼女を置いて外出する時は「恋におちたシェイクスピア」("Shakespeare in Love",1998年)のDVDを再生しておくらしい。
ケイト・ハドソンの実の父親ビル・ハドソン(Bill Hudson)は「昔のケイトはかわいい女の子だったが、今は毒蛇のようだ。まるで母親(ゴールディ・ホーン)みたいに。(孫を)ライダー(Ryder Russell Richardson)と名づけたのは全くの侮辱だ。心臓にナイフを突き立てられた気分だよ」と語ったようだ。
キャメロン・ディアスは「私が魅力的に見えることは分かっているし、それについては満足しているわ。でも、私の肌にはとても敏感という欠点もあるの。同時に痛みも感じているのよ。女の子達に知って欲しいのは、優秀なスタッフがいなければ写真のようにはならないということ。彼らがメイクをすればいつでも、驚くほど美しくなるのよ」と語ったようだ。
MGMは、マーク・スティーヴン・ジョンソン監督の原案による新作ホラー・コメディ"Succubus"の脚本に、マーク・ファミグリエッティとレイン・ギャリソン(Lane Garrison)を起用したようだ。
スケートボードの世界を舞台にした新作コメディ"Dishdogz"で、ルーク・ペリー、ヒラリー・ダフ、マーシャル・オールマン(Marshall Allman)、プロ・スケートボーダーのトニー・アルヴァ(Tony Alva)らが共演するらしい。ドキュメンタリー監督マイキー・ヒルブ(Mikey Hilb)の劇映画デビュー作となるらしい。
D・J・カルーソー監督次回作は、アル・パチーノ、マシュー・マコノヒー、レネ・ルッソ共演の"Two for the Money"になるようだ。8月よりバンクーバーで撮影が始まる模様。
ロニー・ユー監督次回作は、New Line Cinemaによるスリラー"Snakes on a Plane"になるようだ。殺し屋が飛行中の旅客機内で毒蛇を放って・・・と言う話らしい。
7月27日開幕する第5回International Latino Film Festivalで、クリストファー・ハンプトン監督、アントニオ・バンデラス主演"Imagining Argentina"がオープニング上映されるようだ。
マイケル・メイヤー監督の新作"A Home at the End of the World"から、主演コレン・ファレルのヌード・シーンがカットされるようだ。観客の気がそれてしまうためらしい。
東映ビデオ株式会社は28日、1978年に東映が制作したTVシリーズ「スパイダーマン」全41話をDVD-BOXとして来年春に発売すると発表したようだ。
  6/29
バンダイは、映画「サンダーバード」("Thunderbirds")関連商品を6月下旬から全世界で発売すると発表したようだ。 [☆「DXサンダーバード2号」(4,179円)は欲しいかも。]
米SONYなどによるMGMの買収計画が難航しているらしい。
ギャガ・コミュニケーションズは角川映画などと共同で、ブロードバンド向けコンテンツ供給会社「BBB」を来月6日に設立するようだ。
26日公開がスタートした「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")は、先行オールナイトを含む週末2日間で興収18億7116万円、観客動員数146万9755人を記録したようだ。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")プロモーションのため来日中のアルフォンソ・クアロン監督、ルパート・グリント、エマ・ワトソンが28日都内で記者会見を行ったようだ。ダニエル・ラドクリフもロンドンから衛星中継で参加したらしい。会場には650人の報道陣が集まったとか。
第2のBoAと呼ばれる15歳の歌手SOM2が、9月に日本デビューするようだ。
下北沢の短編映画専門館「トリウッド」で来月3日より、若手監督作品を上映する「リトル・ライフ-little life」シリーズがスタートするようだ。
声優の林原めぐみが28日、第1子となる女の子を出産したようだ。
東京日比谷のみゆき座と日比谷映画劇場が、来年3月末に閉館することになったようだ。東宝本社ビル建て替えに伴うもので、映画館の新設はないらしい。同ビル内の芸術座は新劇場として存続させる予定とか。 [☆歴史ある劇場の名前が消えるのは寂しすぎます。東宝さん再考を!]
「韓流特別展in福岡」が来月3日から福岡市内で開催されるようだ。「冬のソナタ」のロケの模様を写した写真約300枚のほか、韓国映画のポスター、パネルなどの展示、プロモーション・ビデオの上映も行われるようだ。
TVシリーズ「フライング・コップ/知能指数0分署」("Police Squad!",1982年)やその映画化「裸の銃を持つ男」シリーズを手掛けたジム・エイブラハムズ(Jim Abrahams)とパット・プロフト(Pat Proft)は、Universal Picturesの新作"Balls of Courage"で脚本を担当するようだ。ジム・エイブラハムズは監督も務めるらしい。
マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")をR指定とした米映画協会(Motion Picture Association of America)は、広告中の映画評論家リチャード・ローパー(Richard Roeper)による映画評の引用から"Everyone should see this film"(「みんなこの映画を見るべきだ」)の一文を削除させていたらしい。ハーヴェイ・ウェインスタインは「リチャード・ローパーがR指定を無視してみんなに鑑賞を呼びかけているのでないことは、誰でもわかることだ」とMPAAの対応を批判したようだ。
「卒業」("The Graduate",1967年)を基にした、テッド・グリフィン(Ted Griffin)脚本・監督、ジェニファー・アニストン、ケヴィン・コスナー共演によるタイトル未定の新作で、チャーリー・ハナムの出演が決まったようだ。
ジョン・シングルトン製作、リュダクリス主演の新作"Hustle & Flow"に、「黒いジャガー」("Shaft",1971年)のテーマなどで知られるアイザック・ヘイズがクラブのオーナー役で出演するらしい。クレイグ・ブリュワー(Craig Brewer)の脚本・監督で、来月からメンフィスで撮影が始まる模様。
ロンドンを舞台にしたウディ・アレン監督の新作で、ケイト・ウィンスレットに代わってスカーレット・ヨハンソンの出演が決まったようだ。
今年3月、マイクスタンドをナイトクラブの観客に向かって投げ入れ、24歳の男性に怪我をさせたとして起訴されているコートニー・ラヴの審理が28日ニューヨークの裁判所で行われたものの、ラヴは5時間近く遅れて出廷、判事から厳重注意を受けたようだ。
米Walt Disneyは、傘下のCATV局ESPNのセールス部門を吸収合併したようだ。
全米週末興収の最終集計が発表され、マイケル・ムーア監督「華氏911」("Fahrenheit 9/11")の週末興収は2392万637ドル、総興収は2400万ドルを超えたようだ。ドキュメンタリー映画としては過去最高だった前作「ボウリング・フォー・コロンバイン」("Bowling for Columbine")の興収2160万ドルを、たった3日で更新してしまったらしい。
北米を除く海外週末興収では、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")が4020万ドルを記録、総興収は3億2120万ドルに達したようだ。一方、「シュレック2」("Shrek 2")は4270万ドルの週末興収を記録した模様。
まもなく全米公開がスタートする「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")について、業界アナリストは全米興収3億5000万ドル、海外興収5億ドルに達すると予想しているようだ。
Columbia Picturesは、20代の頃のジェイン・オースティンを描く映画"Becoming Jane"を企画しているらしい。
ウェズリー・スナイプス主演"Blade: Trinity"の予告篇がMSNで公開されているようだ。
トビー・マグワイアは、まもなく公開となる「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")について「劇場に忍び込んでみるつもりなんだ。帽子をかぶって中に入って、暗くなってから出て行くんだ。誰も気付かないよ」と語ったようだ。
リヴ・タイラー妊娠のニュースを聞いたピーター・ジャクソン監督は、真っ先に「小さなエルフに祝福を」というメッセージを彼女に送ったとか。
ピーター・ジャクソン監督"King Kong"で、トーマス・クレッチマンの出演が決まったようだ。
アシュトン・カッチャーは、スケーターブランドZoo Yorkのイメージ・モデルを務めることになったようだ。カッチャーは「僕が彼らの服を着るんじゃない。彼らが僕のための服を作ってくれるんだ。彼らのラインは僕のクローゼットに思えるよ」と語ったらしい。
NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ・スクウェア」に、来月1日から「ポケモン・オン・フレッツ」がオープンするようだ。予告篇やゲーム、劇場版旧作の有料配信などに加え、7月17日公開の湯山邦彦監督「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス」の30分特別編集バージョンが500人限定で公開されるらしい。
マイク・ニューウェル監督「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」("Harry Potter and the Goblet of Fire")の主要場面の撮影がLeavesden Studiosで本格的にスタートしたようだ。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は、新作"Exorcist: The Beginning"の新しい予告篇について「恐ろしすぎる」として公開を認めなかったらしい。
アップルコンピュータ株式会社は、Cinema HD Display 30インチフラットパネルモデルなどTFT液晶ディスプレイ3機種を発表したようだ。 [☆39万8790円...まず宝くじを買わないと]
10月より上演されるアラン・ニー(Allan Knee)脚本の舞台"Syncopation"で、ネーヴ・キャンべルがブロードウェイ・デビューするようだ。
マイケル・ダグラスは、キャサリン・ゼタ=ジョーンズとの共演について「観客が2人のロマンチックなシーンを見て喜ぶとは思えない。家に帰って同じことをするんだろうと思うだけだよ」と語ったようだ。
スタジアム形式の劇場を備えた映画館に対し、車椅子用のエリアをより映画を見やすい場所に設置する義務があるとして、障害を持つ3人の女性が訴えていた問題で、米最高裁判所は28日、原告の訴えを棄却したようだ。
ソフト・オン・デマンド株式会社は29日、アニメDVD「あじさいの唄」の記者発表会を都内で開催、蟹江敬三、坂本千夏、島崎和歌子、眞鍋かをりらが出席したようだ。
  6/30
「69 sixty nine」プロモーションのため李相日監督、妻夫木聡らが長崎を訪れ、29日ハウステンボスで記者会見を行ったようだ。
広田レオナの長男、広田雅裕が、豊田利晃監督、小泉今日子主演の映画「空中庭園」で俳優デビューするらしい。
根岸吉太郎監督「透光の樹」の完成披露試写会が29日都内で行われ、秋吉久美子、永島敏行らが舞台挨拶に立ったようだ。また津川雅彦が会場を訪れ、亡くなった脚本家の野沢尚に黙祷を捧げたようだ。
渡辺謙が、米映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の新規会員候補に選出されたようだ。俳優では、ショーン・ペン、ソフィア・コッポラ、ケイシャ・キャッスル=ヒューズらも候補に挙がっているらしい。新規会員候補の公表は1930年代以来初めてとか。
韓国人気ユニットJEWELRYのパク・チョンアが、9月スタートのSBS「男が愛する時」でドラマデビューするらしい。
来月より撮影がスタートする新作「あしながおじさん」に出演するハ・ジウォンは4億5000万ウォンの出演料を手にするらしい。すでに、8月公開のホ・インム監督「神父授業」で4億ウォン、10月撮影開始のイ・ミョンセ監督「朝鮮の刑事」で4億5000万ウォンの出演料を手にしており、今年だけで13億ウォンに達したようだ。
コ・ヒョンジョンの復帰作は、韓国MBCで11月放送予定のドラマ「12月の熱帯夜」になる模様。
香川県小豆島の「二十四の瞳映画村」で30日、地元中学生12人が総合学習の一環として観光ガイド役を務めたようだ。
米IMAXは、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のIMAX版の来月23日から米国で公開に向けて、Sony Picturesと交渉に入っているようだ。当初Warner Bros.の「キャットウーマン」("Catwoman")が上映される予定だったものの製作の大幅な遅れのため中止となったらしい。
9月9日に開幕するトロント国際映画祭で、イシュトヴァン・サボー監督、アネット・ベニング、ジェレミー・アイアンズ共演の新作"Being Julia"がオープニング上映されるようだ。
Regency Enterprisesは、ジャスティン・スタンレイ(Justin Stanley)とシェイン・ビターリング(Shane Bitterling)によるアクション・アドベンチャー脚本"Witchfinders"を、アーノルド・コペルソン(Arnold Kopelson)とアン・コペルソン(Anne Kopelson)の製作で映画化するようだ。
Warner Independent Picturesによる新作ダーク・コメディ"Fifty Percent"で、ダーリン・マーク(Darin Mark)が脚本を担当するようだ。離婚の慰謝料を目的に結婚するウェイトレスの話らしい。
ダナ・フォックス(Dana Fox)は、ファッション・ドールBratzを主人公にした20th Century Foxの新作で脚本を担当する模様。
脚本家ジョシュア・マイケル・スターン(Joshua Michael Stern)の監督デビュー作となるインディ作品"Never Was"で、イアン・マッケラン、アーロン・エッカート、ブリタニー・マーフィ、ニック・ノルティの4人が出演交渉中らしい。
バービー人形を被写体とした写真を発表した芸術家トム・フォーサイスに対し、Mattel社が著作権侵害で訴えていた問題で、ロサンゼルス連邦地裁は先週、Mattel社の訴えを棄却、同社に裁判費用180万ドルの支払いを命じたようだ。
米Fox BroadcastingとCATV局FXは、「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")のTV放映権を約5000万ドルで獲得した模様。
米CATV局のA&E Networkによる、アーノルド・シュワルツェネッガーの伝記映画"See Arnold Run"で、ローランド・キッキンガー(Roland Kickinger)が若きシュワルツェネッガーを演じることになったようだ。
Lions Gate Entertainmentは、Artisan Entertainmentの合併に伴う映画のマーケティング・コストの上昇により、今会計年度は大幅な減益となるとの見通しを発表したようだ。しかし、DVD市場の急成長が見込めるとして、2005年度の利益予算を6億5000万ドルから6億8000万ドルに引き上げた模様。
米CATV局Showtimeは、一人は政治家、一人はギャングとなった兄弟を描くタイトル未定のドラマの監督にフィリップ・ノイス、テロリスト組織に潜入するためFBIに雇われた前科のあるイスラム教徒を主人公にした"The Cell"の監督にクラーク・ジョンソンを起用したようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズへのストーカー行為で起訴されていた女性は、謝罪の手紙をゼタ=ジョーンズ宛てに送ったらしい。
「スパイダーマン2」("Spider-Man 2")の公開に合わせ、米Sony Picturesは、バーガー・キング、ドクター・ペッパー、ケロッグ、レゴ、大リーグなどの企業・団体と数百のライセンス契約を結び、前作を遥かに超えるプロモーションを展開しているようだ。
中国河南省の少林寺は、世界80カ国以上で「少林」の名前の商標登録出願を行ったようだ。
マイク・ジャッジ監督は、ルーク・ウィルソン主演による新作について「"3001"というタイトルにするつもりはないよ。400年後くらいの未来が舞台になる。冷凍保存された人間が未来に蘇るという映画はたくさんあった。はっきり言って、みんなカスだよ。舞台をその年にセットしたのが間違いなんだ。アイデアを思いついたのは僕らじゃないけど、とにかく3001年にするつもりはないんだ」と語ったようだ。
"Jurassic Park IV"には、ジェフ・ゴールドブラムとリチャード・アッテンボローが出演する一方、サム・ニールは出演しないようだ。監督は未定で、アレックス・プロヤスが交渉中らしい。
拒食症治療を始めたメアリー=ケイト・オルセンについて、アシュレイ・オルセンは「彼女は以前から苦しんでいたの。彼女には時間が必要だったのよ。健康を取り戻すには、学校に入る前の今が一番いい時期だったのよ」と語ったようだ。
パリス・ヒルトンは、アルバム"Screwed"(仮題)で歌手デビューすると共に、自らのレコード・レーベルを立ち上げるようだ。
米舞台俳優組合(Actors' Equity Association)と米劇場・プロデューサー連盟(League of American Theaters and Producers)との交渉が29日再開された模様。
スティーヴン・ドーフは不動産ブローカーの実態を暴く30分のTVシリーズをHBOと制作するようだ。
ブルース・ウィリスは「ヘア・クローニング」(hair cloning)と呼ばれる技術で、髪の毛を増やそうとしているとか。しかし、現在のところFDAで認可されておらず、人間での成功例も報告されていないらしい。
ブリトニー・スピアーズ妊娠か?と言う噂が英国で広まっているらしい。
先日亡くなった脚本家、野沢尚の小説「深紅」が映画化される模様。テレビ朝日が既に準備を進めており、野沢氏本人による脚本も既に完成しているらしい。内山理名、水川あさみ、緒形直人、塚本高史らが共演する予定とか。
来日中のエマ・ワトソンとルパート・グリントは29日、ジャニーズの小山慶一郎、亀梨和也、赤西仁、ジミーMackeyと対面したようだ。
芸術座の休館について、森光子は「芸術座の47年の歳月が女優としての私を育んでくれました。その劇場の掉尾を菊田先生の『放浪記』で飾れることを光栄に存じます。これからも健康に留意し、精進を重ね、新たな劇場に会える日を楽しみにしております。心を込めて告げたいと思います。『ありがとう芸術座』」とのコメントを発表したようだ。
ペ・ヨンジュンとユンソナが共演した韓国MBCのドラマ「愛の群像」(1999年)が来月からBS-iで放送されるらしい。
アンドリュー・ラウ監督「頭文字D」の日本公開は2005年になる模様
ジュディ・ホリデイ、ピーター・ローフォード、ジャック・レモンが共演したコメディ"It Should Happen to You"(1954年)がリメイクされるらしい。ケイト・ハドソンが主演するようだ。
レニー・ハーリン監督次回作は、ヴァイキングの兄弟を描く歴史劇"The Northmen"になるようだ。
"Resident Evil: Apocalypse"の公式サイトでポスター・コンテストが行われているらしい。既に約4000点の応募があったとか。8月2日に発表される大賞受賞者には2500ドルの賞金と、映画の無料チケットが贈られると共に、ポスターが全米の劇場に掲示されるようだ。
フィリップ・K・ディックのSF小説「暗闇のスキャナー」("A Scanner Darkly")を映画化するリチャード・リンクレイター監督は「僕は常々、ディックの作品はとても笑えると思っていたんだ。ダーク・コメディだし、笑いの感性が数多くの彼の作品に込められている」と語ったようだ。
ティム・バートンが製作を手掛けるストップモーション・アニメ映画"Corpse Bride"で、ジョニー・デップが声優として参加するらしい。
ピーター・ジャクソン監督の新作"King Kong"に出演するジャック・ブラックは僕が出演すると聞いたとき、みんな『奴はシリアスな役を演じる俳優じゃないだろ』と思っただろうね。僕の演じるキャラクタには楽しいところもあるけど、僕にとっては全く別物だ。でも、アプローチを変えることはしないよ」と語ったようだ。
ドナルド・サザーランド、フォレスト・ウィテカー共演の新作"American Gun"で、ニッキー・リード(Nikki Reed)が出演交渉中の模様。
リー・タマホリ監督、アイス・キューブ主演"XXX: State of the Union"に、ノーナ・ゲイとサニー・メイブリー(Sunny Mabrey)の出演が決まったようだ。撮影開始は来月中旬になる模様。
ジェシカ・ラングとサム・シェパードが9年間暮らしたミネソタ州にある豪邸が、330万ドルで売りに出されているらしい。
今年2月、43年間に渡るケンとの関係にピリオドを打ったバービーは、オーストラリア出身のサーファー、ブレインとの交際をスタートさせたようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズ第6巻のタイトルが"Harry Potter and the Half-Blood Prince"になると発表された模様。J・K・ローリングによると"Half- Blood Prince"はハリーでもヴォルデモートでもない、とか。
ミラ・ソルヴィーノとクリス・バッカス(Chris Backus)が今月11日、サンタバーバラで結婚式を挙げていたようだ。
クイズ番組"The Price is Right"(1976年-)で司会を務めたボブ・バーカー(Bob Barker)が、米テレビ芸術科学アカデミー(Academy of Television Arts and Sciences)の殿堂入りを果たし、26日行われた式典で長年の友人であるチャック・ノリスから栄誉を授けられたようだ。
ジェラール・ドパルデューが29日、スクーター運転中に事故に遭い、足の骨を折って入院した模様。
「アンタッチャブル」("The Untouchables",1987年)の前編の映画化が企画されているらしい。アントワン・フークアが監督を務めるようだ。