シネマトピックス(2002年11月)
[ 2001 | 2002 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2003 | LastTopics ]
  11/1
映画化第1作「映画クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王」(1993年)とシリーズ第9作「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」(2001年)のDVDが、25日発売となるようだ。
先月30日発売の香港の雑誌East Weekに、12年前誘拐されたとされる女優のトップレス写真が掲載され、政府のテレビ・娯楽登録認証局には200件近い抗議が殺到したほか、ジャッキー・チェン、ミシェル・ヨー、アニタ・ムイら多数の芸能関係者が、抗議の記者会見に出席したようだ。
ロベルト・ベニーニ監督「ピノッキオ」("Pinocchio")の英語吹替版では、チーチ・マリン、エディ・グリフィン、クィーン・ラティファらが声を担当するようだ。
エジプトのTV局が制作するドラマ・シリーズ"A Knight without a Horse"が、ユダヤ人が秘密裏に進める世界支配の計画を描いていることに対し、米国政府とユダヤ人団体が偏見を助長すると非難、放送を中止するよう要請しているらしい。脚本家の一人は「想像上のドラマであり、事実を描いているわけではない」と語り、非難は不当なものだと訴えたようだ。
ジャッキー・チェン次回作は、スタンリー・トン監督の"Titanium Rain"になる模様。来年6月より、インド、中国、香港で撮影が行われるようだ。
ウィノナ・ライダーに対する裁判で、目撃者として証言台に立った元警備員に対し、ライダー側の弁護士は、脚本家のボーイフレンドのためにウソの証言をして話を売ろうとしたのではないか、と追求したらしい。元警備員はこれを否定したようだ。
来週行われる「マイノリティ・リポート」("Minority Report")のプレミア上映出席のため、スティーヴン・スピルバーグ監督はケイト・キャプショーと共にキューバを訪れるようだ。
マドンナが、子供の誕生を描いたフリーダ・カーロの絵画"The Birth"を部屋に飾り、子供たちに見せているとして昨年メディアから非難されていたことについて、新作"Frida"に主演したサルマ・ハエックは「不適切だとは思いません。フリーダの絵画は大変すばらしいものです」と語ったようだ。
マーティン・スコセッシ監督「ラスト・ワルツ」が31日、開催中の東京国際映画祭で上映され、ロビー・ロバートソンが舞台挨拶に立ったようだ。
9月に開催された第2回マラケシュ映画祭でエトワールドールに選ばれた「GO」の行定勲監督が31日、来日中のジャンヌ・モローからトロフィーを受け取ったようだ。主演男優賞の窪塚洋介は、新作撮影ため欠席したとか。
米国政府は1500万ドルを投入し、「イスラム教徒歓迎」キャンペーンを展開する模様。米国に帰化したイスラム教徒が登場する短編ドキュメンタリー映画シリーズを製作、インドネシアなどイスラム教国でTV放映するらしい。
Windows Media 9の技術で製作された映画"Standing in the Shadows of Motown"が、来週ニューヨークのアポロシアターで公開されるようだ。スタジオバンドThe Funk Brothersのドキュメンタリー作品とか。
イアン・マッケランは、ピーター・ジャクソン監督がホビット族を描く作品を撮るなら、またガンドルフを演じたい、と語ったようだ。
ケヴィン・コスナーは、先週、虫垂炎の手術を受けていたようだ。
ジョナサン・リン監督の新作コメディ"The Fighting Temptations"撮影中のビヨンセ・ノウルズは「少なくとも、1年に1本は映画に出演したいし、デスティニーズ・チャイルドとしてのアルバムとビヨンセとしてのアルバムを交互にリリースしていきたい」と語ったようだ。
アルフレッド・モリーナ、トレイラー・ハワードの共演でスタートした米CBSのコメディ・ドラマ"Bram and Alice"は、視聴率低迷のため4話で打ち切りが決まったようだ。
  11/2
リュック・ベッソン製作「トランスポーター」("The Transporter")プロモーションのため、出演の香港女優スー・チーが1日、来日したようだ。
2002年秋の褒章受章者821人が発表され、紫綬褒章に浅丘ルリ子、藤田まこと、降旗康男、筒井康隆ら22人が選ばれたようだ。
まもなく中国で公開される新作「無間道」に出演しているケリー・チャンは、「スケジュールの都合でプロモーションに参加できなくなったが、主演がトニー・レオンとアンディ・ラウの二人だから、自分がいなくても問題ない(笑)」と語ったとか。
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」が1日、山形県内6ヵ所の映画館で先行公開されたようだ。
米パラマウント映画は、1940年代に大人気となったアニメ・シリーズ「マィティ・マウス」("Mighty Mouse")のCGバージョンを制作するようだ。テレンス・チャンとジョン・ウーがプロデューサーを務めるとか。
サム・ライミ監督は、先ごろ発売された「スパイダーマン」("Spider-Man")のDVDで、自らコメンタリーを務めたことについて「他の監督は知らないが、私は発売側が重要だと思っているからやったまでだ。しかし、監督が場面の意味を語ると、観客それぞれの解釈を殺してしまう。私には嬉しいことじゃない」と語ったようだ。
ハワード・スターンは、ラモーンズも出演したロジャー・コーマン製作の「ロックンロール・ハイスクール」("Rock 'n' Roll High School",1979年)と、B級青春映画「ポーキーズ」("Porky's",1982年)をリメイクするらしい。
3人の子供たちが、「ハリー・ポッター」のソックリさんとして英国のタレント・エージェントと契約しているものの、今年に入って一つも仕事がないらしい。夜の仕事ができないことと、料金が高すぎることに問題があるようだ。
  11/3
開催中の第15回東京国際映画祭で3日、アジア映画賞が発表され、スリランカのアソカ・ハンダガマ監督「この翼で飛べたら」("Fliying with one Wing")が受賞したようだ。
米大リーグ行きを表明した松井秀喜選手に対し、東宝関係者は、米国でも「ゴジラ」のテーマ曲を喜んで提供する、と言っているようだ。ゴジラ登場シーンの映像や、ゴジラの着ぐるみの貸し出しも検討中とか。
金子修介監督「恋に唄えば♪」が開催中の第15回東京国際映画祭で2日上映され、優香、竹中直人らが舞台挨拶に立ったようだ。
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」が2日初日を迎え、真田広之、宮沢りえらが舞台挨拶に立ったようだ。
レオナルド・ディカプリオ主演"Catch Me If You Can"のモデルとなった詐欺師で、現在はFBIのコンサルタントを務めるフランク・アバグネイルについて、スティーヴン・スピルバーグ監督は「彼の図太さを見て、自分も10代の頃に重役のふりをして映画スタジオの守衛の前を通ったことを思いだした」と語ったとか。
米国映画協会(American Film Institute)は、第31回ライフ・アチーブメント賞にロバート・デ・ニーロを選出したようだ。来年6月に授与されるらしい。
女優のトップレス写真掲載でジャッキー・チェンらが抗議していた問題で、香港の雑誌East Weekの編集長は、関係者に謝罪する意向を表明すると共に、雑誌の休刊を決めたようだ。
コンサートのためパリを訪れているウディ・アレンは、地元新聞のインタビューに対し「ブッシュ大統領は、イラク攻撃について説得力のある理由を何も示していない。個人的・政治的な理由でその考えに固執しているように見える」と語ったようだ。
スコットランド多発性硬化症協会(Multiple Sclerosis Society Scotland)への支援を目的に、スターリング城で行われたチャリティ舞踏会で、「ハリー・ポッター」次回作への端役での出演権がオークションにかけられ、1万ポンドで落札されたようだ。
ウー・ヅーニィウ監督の日中合作映画「国姓爺合戦」が2日初日を迎え、出演の島田楊子が舞台挨拶に立ったようだ。
手塚昌明監督「ゴジラ×メカゴジラ」が2日、開催中の第15回東京国際映画祭で上映され、釈由美子、宅麻伸、中尾彬らが舞台挨拶に立ったようだ。
  11/4
第15回東京国際映画祭が4日閉幕し、コンペ部門ではイスラエルのニル・ベルグマン監督「ブロークン・ウイング」("Broken Wings")がグランプリに、中江裕司監督「ホテル・ハイビスカス」が審査員特別賞に選ばれたようだ。
ミニモニ。が声優を務める、東宝「劇場版とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセス」(出崎統監督)と、東映「ミニモニ。じゃムービー お菓子な大冒険!」(ヒグチしんじ監督)のアフレコ収録が3日、都内スタジオで同時に行われたようだ。
週刊誌への掲載で話題となった12年前の女優誘拐事件について、香港警察は事件の捜査に乗り出したようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")初日公開のチケット発売を待つファンのために、オスロ市内の公園に特設された「ホビット村」には、約800人が野宿しているらしい。ただし、4日発売の初日チケットは550枚だけとか。
ヒュー・グラントの主演で大ヒットしたコメディ「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy")のTVシリーズ化が企画されている模様。
全英シングル・チャートで、マドンナの歌う"Die Another Day"が、初登場3位となったようだ。
「スパイダーマン」("Spider-Man")のビデオとDVDの発売が1日米国でもスタートし、初日の販売本数は「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.")の500万本の記録を遥かに上回る700万本に達し、発売3日間で1100万本を記録したようだ。
全米週末興収はティム・アレン主演「サンタクロース・リターンズ! / クリスマス危機一髪」("The Santa Clause 2: The Mrs. Clause")が2900万ドルで初登場1位となったようだ。また、ゴア・ヴァービンスキー監督「ザ・リング」("The Ring")は1850万ドルで2位を維持、総興収は6490万ドルに達した模様。
ロンドンで3日、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のプレミア上映が行われた模様。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンらが開場を訪れ、多くのファンが歓声をあげたようだ。 [☆東京国際のトリもこれかな?]
黒沢清監督、浅野忠信、オダギリジョー共演の新作「アカルイミライ」の主題歌をTHE BACK HORNが手掛けたようだ。 [☆予告篇上映も始まりました!]
「十戒」("The Ten Commandments",1956年)、「パットン大戦車軍団」("Patton",1970年)など数々の作品に出演したほか、「スター・トレック」("Star Trek",1966-69年)、「ダラス」("Dallas",1978-91年)などの人気TVシリーズでは監督としても活躍した、ローレンス・ドブキン(Lawrence Dobkin, aka Larry Dobkin)さんが先月28日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  11/5
23日より日本公開となる「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、史上最高の820館での公開となるようだ。
米理容師組合(the National Association of Cosmetologists)は、映画"Barbershop"への不当な批判のために売り上げが落ちたとして、ジェシー・ジャクソンらに対し6100万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
福島県会津若松市のフィルムコミッションの活動により、例年10本程度だったロケが、5月のスタートから10月末までに15本と増加したらしい。
南極を舞台にしたグレッグ・ルッカ(Greg Rucka)のサスペンス小説"Whiteout"が映画化される模様。リース・ウィザースプーンが主演するようだ。
ゴア・ヴァービンスキー監督「ザ・リング」("The Ring")の日本公開がスタートし、週末3日間の観客動員数は27万人、興収は3億9000万円を記録したようだ。
「マイノリティ・リポート」("Minority Report")プロモーションのためキューバを訪れたスティーヴン・スピルバーグ監督は「米国政府は経済制裁を解除すべきだ。過去のわだかまりを21世紀まで引きずる理由はない」と発言したようだ。
40年に渡るボンドガールの変遷を描くドキュメンタリー番組"Bond Girls Are Forever"が、米ケーブルTV局AMCで6日放送されるらしい。「リビング・デイライツ」("The Living Daylights",1987年)でボンドガールを務めたマリアム・ダボが制作を担当したようだ。
ニコール・キッドマンは、Vanity Fair誌のインタビューに対し、トム・クルーズとの9年間の結婚生活がなぜ崩壊したのか最近になってようやく理解し始めた、と語ったようだ。
米出版社Random Houseが募集していた「ゴッドファーザー」シリーズの続編小説に対し、数十件の応募があったようだ。まもなく作品概要の審査に入るようだ。
IMAX版「エピソード2」の公開が米国内58の劇場でスタートし、週末興収150万ドルを記録したようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")がまもなく世界公開されるクリス・コロンバス監督は「私はこの2本の映画に、血も汗も涙も、全てを注ぎ込んだ。もし3作目も撮ったら、心臓麻痺で死んじゃうよ」と語ったとか。
4日閉幕した第15回東京国際映画祭のスニーク・プレビューは「ハリー・ポッターと秘密の部屋」だったようだ。
ディズニー・アニメ「美女と野獣」DVD発売のプロモーションのため、主題歌を歌うピーボ・ブライソンが来日、10日に東京ディズニーリゾートで本田美奈子とのデュエットを披露するようだ。
3日ロンドンで行われた「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のプレミア上映に出席したダニエル・ラドクリフは、「日本に行って、和食が食べたい」と発言したようだ。ワーナーブラザーズは「12月の来日に向け、日程調整に入っている」らしい。
4日閉幕した第15回東京国際映画祭のクロージング作品として、滝田洋二郎監督「壬生義士伝」が上映され、中井貴一、佐藤浩市らが舞台挨拶に立ったようだ。
A・J・クィネルの冒険小説「燃える男」("Man of Fire")が映画化される模様。トニー・スコットが監督を務め、デンゼル・ワシントンが主演するらしい。
映画化企画が進行中の「奥さまは魔女」("Bewitched",1964-72年)について、リース・ウィザースプーンが出演を希望しているらしい。
クリス・コロンバス監督は、まもなく公開の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」について「いくつかの怖いシーンがあり、7歳以下の子供は向いていない」と警告しているようだ。
「宇宙家族ロビンソン」("Lost in Space",1965-68年)など数々のTVドラマに出演したほか、「バグズ・ライフ」("A Bug's Life",1998年)や「トイ・ストーリー2」("Toy Story 2",1999年)では声優も務めた、米俳優のジョナサン・ハリスさんが3日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
オカマのムエタイ(タイ式キックボクシング)選手を描くタイ映画"Beautiful Boxer"は、世界ランキング5位の女性エムタイ選手アサニ・スワン(Assani Suwan)が主人公を演じるようだ。来年2月から撮影が開始される模様。
億万長者の映画プロデューサーで、エリザベス・ハーレーの息子の父親、スティーヴ・ビングが監督デビューするらしい。"Why Men Shouldn't Marry"というコメディで、ショーン・ペンとウディ・アレンが共演するらしい。
  11/6
平山秀幸監督「魔界転生」の製作発表が5日都内で行われ、窪塚洋介、佐藤浩市、麻生久美子らが出席したようだ。窪塚は、人形師ホリ・ヒロシのデザインによる衣装を着て登場したらしい。
リドリー・スコットとトニー・スコットは、米CBSが企画する、「インディ・ジョーンズ」風SFアドベンチャー"T.I.M.E."、世界を飛び回る医療チームの活躍を描く"Flying Hospital"、およびタイトル未定の国際的な法廷ドラマの3作品の制作に取り組んでいるようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーが中心となり提案した、放課後の学習活動のための補助金制度の是非を問う住民投票が5日カリフォルニア州で行われ、55%の賛成票を得たようだ。
英国映画評議会(UK Film Council)会長のアラン・パーカー監督は5日、英映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)でスピーチを行い、「映画配給に対する減税を行わなければ、徐々に煮立っていく鍋の中の蛙のように、英国の映画産業は死んでいくだろう」と語ったようだ。
ウィノナ・ライダーに対する裁判で、陪審員による審議がはじまったものの、1日目は評決に達しなかったようだ。
米ウォルト・ディズニーは、原作者A・A・ミルンの孫クレア・ミルンと共に、「くまのプーさん」("Winnie the Pooh")の著作権返還を求め、米Stephen Slesinger社に対する訴訟を起こしたようだ。
米ABCは、ジョージ・クルーニー主演「アウト・オブ・サイト」("Out of Sight",1998年)で、ジェニファー・ロペスが演じた連邦捜査官カレン・シスコを主人公にしたTVドラマシリーズを制作中のようだ。
Augusten Burroughsのベストセラー小説"Running With Scissors"が、ライアン・マーフィの脚本と監督で映画化されるようだ。ジュリアン・ムーアが主演するらしい。
ジェニファー・ロペスとベン・アフレックが婚約したようだ。来週放送のTVインタビューで発表される模様。
キューバを訪れているスティーヴン・スピルバーグ監督は5日、カストロ国家評議会議長と8時間に渡って会談し、米国との文化交流や、歴史、政治などについて語り合ったようだ。
Bombardier社は、"Die Another Day"の撮影用として、同社スノーモービルSki-DooのニューモデルMX Z-REV14台などを提供、代わりにジェイムズ・ボンドの名前の使用と限定モデル販売の権利を得ていたようだ。
ニュージーランドのウェリントンでは、来月18日夜に「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")プレミア上映を記念したカーニバルが計画されていたものの、バリ島での爆破テロ事件による警備強化のため中止となったようだ。当日現地を訪れる予定の出演者達も、すぐに帰ってしまう予定とか。
先日亡くなったリチャード・ハリスは、1960年代に"MacArthur Park"という歌でレコードデビューしていたらしい。あまり上手くなかったとか。
加IMAXは5日、2002年第3四半期決算を発表し、230万ドルの純損失を計上したようだ。IMAX版「エピソード2」のヒットなどにより、通年では黒字になる見込みとか。
ゲイリー・ロス監督、トビー・マグワイア主演の新作"Seabiscuit"に、ウィリアム・H・メイシーとクリス・クーパーの出演が決まったようだ。
ラース・フォン・トリアー監督は、来年のカンヌ映画祭でプレミア上映が予定されている新作"Dogville"を、3部作にする構想のようだ。ニコール・キッドマンが引き続き主演する模様。第2部"Mandalay"は来年8月に撮影が開始されるらしい。
  11/7
内田有紀と吉岡秀隆は6日、それぞれのホームページで、来月7日の挙式を正式に発表したようだ。
阪本順治監督「ぼくんち」の完成披露試写会が6日都内で行われ、主演の観月ありさらが出席したようだ。
来月発売のディズニー・アニメ「101匹わんちゃん2 パッチのはじめての冒険」ビデオ&DVD発売会見が6日都内で行われ、声優を務めた研ナオコ、中山秀征らが出席したようだ。
チアン・ウェン監督、ジャン・ウェン、ヴィッキー・チャオ共演の新作「緑茶」が、中国電影局の審査を通過した模様。来年2月頃に公開されるようだ。
昨年イタリアで大ヒットしたガブリエレ・ムッチーノ(Gabriele Muccino)監督"L' Ultimo bacio" (英題"The Last Kiss")が、ハリウッドでリメイクされるようだ。
ウィノナ・ライダーに有罪の判決が下ったことについて、ある映画評論家は、むしろ彼女の芸域を広げるかもしれない、と言っているらしい。また「クルーシブル」("The Crucible")を手掛けたプロデューサーは「ハリウッドは世界でもっとも寛大な街です。彼女は有名人で、素晴らしい女優だから、きっと復帰するに違いない」と語ったようだ。
ライザ・ミネリが、継母が住む邸宅の売却契約を破棄し、ロサンゼルスに住む夫婦に訴えられていた問題で、双方は和解交渉を始めることで合意したようだ。
昨年12月から販売されていた"Free Winona"Tシャツも、その役割を終えたようだ。
ウィノナ・ライダーに対する裁判で陪審は、重窃盗罪と器物損壊について有罪、商業建造物侵入窃盗については無罪の評決を下したようだ。量刑は来月6日に言い渡される模様。検察側はライダーの収監を求めない方針のようだ。
エミネム主演"8 Mile"米国公開を前に、同映画のサントラが先週発売され、70万2000枚の販売を記録し、全米アルバムチャート1位となったようだ。
第46回ロンドン映画祭が6日、スティーヴン・フリアーズ監督の新作"Dirty Pretty Things"の上映で幕を開けたようだ。主演のオドレイ・トトゥのほか、ウディ・ハレルソン、ジョセフ・ファインズらが会場を訪れたようだ。グウィネス・パルトロウの出席も予定されていたものの、姿を見せなかったらしい。
5日放送の米MTV"Total Request Live"に出演したジェニファー・ロペスは、ベン・アフレックとの婚約の噂について、明確なコメントをさけたようだ。
007シリーズ最新作"Die Another Day"では、20作目にして初めて、ジェイムズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)とマニーペニー(サマンサ・ボンド)のキス・シーンがあるらしい。
ダニエル・ラドクリフが来月15日に来日する模様。ルパート・グリント、エマ・ワトソンの来日も検討中とか。
ティム・アレン主演「サンタクロース・リターンズ!」("The Santa Clause 2")のヒットにより、米Buena Vistaの2002年総興収が10億ドルを突破することが確実となったようだ。
グレタ・ガルボが主演した「彩られし女性」("The Painted Veil",1934年)がリメイクされる模様。エドワード・ノートンとナオミ・ワッツが共演するようだ。
ケヴィン・アレン監督の新作は、ある天才兄弟を主人公にしたコメディ"Smart and Smarter"になる模様。「ジム・キャリーはMr.ダマー」("Dumb and Dumber",1994年)とは関係ないようだ。
ハリウッド「独立」の是非を問う住民投票が5日行われ、72%が反対票を投じ、独立は見送りとなったようだ。
  11/8
文化庁は、新人映画監督や脚本家を対象に、1作品当たり6000万円の補助金を提供する映画製作支援制度を、来年度からスタートさせるようだ。
アーネスト・ゴードンの「クワイ河収容所」("Through the Valley of the Kwai, Harper & Row, publishers")を原作に、ロバート・カーライル、キーファー・サザーランドらが出演した映画「エンド・オブ・オール・ウォーズ」("To End All Wars",2001年)が8日、日本でビデオ発売されるようだ。
TVドラマ「サインはV」(1969-70年)で人気を集め、「女番長野良猫ロック」(長谷部安春監督,1970年)、「人間の証明」(佐藤純彌監督,1977年)、「Love Letter」(岩井俊二監督,1995年)などの作品に出演した、女優の范文雀さんが5日亡くなった(54歳)。ご冥福をお祈りいたします。
サッカーW杯日本代表をとらえたドキュメンタリー「六月の勝利の歌を忘れない〜日本代表、真実の三十日間ドキュメント〜」が20日、ビデオとDVDで発売されるようだ。岩井俊二が監督を務めたらしい。
前東大学長で映画評論家の蓮実重彦による連続講演「蓮実重彦 映画への不実なる誘い」の第1回が23日、せんだいメディアテークで行われるようだ。
東京ディズニーランドとディズニーシーの合計入園者数が8日、3億人を突破したようだ。
小泉堯史監督「阿弥陀堂だより」が、舞台となった長野県でヒット作並みの観客動員を記録しているようだ。
タイでは8日から、空調設備のあるデパートや映画館などでの喫煙が禁止されたようだ。
交通事故を起こし240時間の社会奉仕が言い渡されたニコラス・ツェーへの判決に対し、香港検察当局は量刑が不十分であるとして、裁判所に異議を申し立てたようだ。
ジョン・ケネディ・トゥール(John Kennedy Toole)の1981年度ピュリッツァー文学賞受賞作"A Confederacy of Dunces"が映画化される模様。デヴィッド・ゴードン・グリーンが監督、スティーヴン・ソダーバーグとスコット・クレイマーが脚本を担当し、ドリュー・バリモアの出演も予定されているようだ。
4日ハリウッドで行われた、エミネム主演"8 Mile"のプレミア会場では、金属探知機とボディガードが配置され、「カメラ、ビデオ、および火器の持ち込み禁止」が徹底されるなど、厳重な警戒態勢が敷かれたようだ。
「ウディ・アレン作品における精神分析学」(Psychoanalysis in the Films of Woody Allen)と題された講演が7日ニューヨークで行われ、精神分析医ゲイル・サルツとともにウディ・アレンが出席したようだ。アレンは「僕の映画で、どの夢のシーケンスにも深い意味なんて無いよ」と発言したらしい。
「ロード・オブ・ザ・リング」三部作に登場するゴラム(Gollum)は、声を演じたアンディ・サーキスが実際に演技をして、CGに取り込んだようだ。声だけの予定でオーディションを受けたものの、彼の存在感に感銘を受けたピーター・ジャクソン監督が起用を決めたらしい。
デジキューブは「スター・ウォーズ」グッズの予約販売を開始したようだ。
シリーズ最新作"Die Another Day"公開に合わせて、007シリーズのベストテンを視聴者が選ぶ特別番組が、英ITV1で22日放送されるようだ。ロジャー・ムーアが司会を務めるほか、ピアース・ブロスナン、ショーン・コネリー、ジュディ・デンチらがその舞台裏を語るようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス共演の新作"Catch Me If You Can"が完成した模様。米国では12月25日より4000スクリーンで公開、日本公開は来年3月下旬になるようだ。
8日放送のニッポン放送「オールナイトニッポン・コム」で、ゴア・ヴァービンスキー監督「ザ・リング」公開を記念して制作されたラジオドラマが放送されるようだ。鈴木杏が主演を務めたらしい。
黒澤明監督「赤ひげ」が、フジテレビで年末時代劇としてリメイクされるようだ。江口洋介が主演するらしい。
Sunday Mirror紙は7日、ナオミ・ワッツとヒース・レジャーが来月オーストラリアで挙式すると報じたようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督"Solaris"は、米国でR指定を受けたようだ。ジョージ・クルーニーのお尻がその理由とか。
ナムコの「パックマン」とセガの「Shinobi」が、それぞれハリウッドで実写映画化されるようだ。 [☆実写のパックマン!?]
「ジュラシック・パークIV」始動か?リドリー・スコット監督の新作"Tripoli"などを手掛けているウィリアム・モナハンが脚本を担当するらしい。 [☆「リドリー・スコットが監督?」は間違いでした。スミマセンm(_ _;)m]
有罪となったウィノナ・ライダーについて、担当検察官は「スリルのための窃盗だったのではないか。盗む必要がないからといって、その人物が盗みを働かない理由にはならない」と述べたようだ。
Sight and Sound誌は、50人の映画評論家らの選出による、過去25年間の映画ベスト10を発表したようだ。
1.「地獄の黙示録」("Apocalypse Now",フランシー・フォード・コッポラ,1979年)
2.「レイジング・ブル」("Raging Bull",マーティン・スコセッシ,1980年)
3.「ファニーとアレクサンデル」("Fanny and Alexander",イングマール・ベルイマン,1982年)
4.「グッド・フェローズ」("GoodFellas",マーティン・スコセッシ,1990年)
5.「ブルー・ベルベット」("Blue Velvet",デヴィッド・リンチ,1986年)
6.「ドゥ・ザ・ライト・シング」("Do the Right Thing",スパイク・リー,1989年)
7.「ブレードランナー」("Blade Runner",リドリー・スコット,1982年)
8.「恋する惑星」("Chungking Express",ウォン・カーウァイ,1994年)
9.「遠い声、静かな暮し」("Distant Voices, Still Lives",テレンス・デイヴィス,1988年)
10.「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」("Once Upon A Time in America",セルジオ・レオーネ,1983年)
10.「ヤンヤン 夏の想い出」("A One and a Two",エドワード・ヤン,1999年)
来年3月23日に開催される第75回アカデミー賞授賞式の司会は、スティーヴ・マーティンが務めるようだ。「恐怖と吐き気でやせることができるので嬉しい」とコメントしたとか。
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン株式会社は、先月25日発売の「新スター・トレック DVDコンプリート・シーズン3」で、日本語音声の一部が収録されていない不具合があったと発表したようだ。該当ディスクの交換が実施される模様。
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン株式会社は、先月25日発売のDVD「愛しのローズマリー 特別編」の特典映像の一部に不具合があったと発表したようだ。ディスクの交換で対応する模様。
  11/9
堤幸彦監督「トリック」の初日舞台挨拶のための整理券配布が8日有楽町マリオンで行われ、1000人以上が集まったようだ。東宝は上映館を日劇2から日劇1に変更、2回目上映前も舞台挨拶を行うことを決めたようだ。
ライザ・ミネリ夫妻の生活を追う番組"Liza & David"について、夫妻の協力が得られなかったことを理由に制作中止を決めた米ケーブルTV局VH1に対し、ライザ・ミネリは「私たちは何も隠したりしない。私は、生まれてきた瞬間から公の目にさらされてきたのよ」と語り、同局を非難したようだ。
ウィノナ・ライダーの裁判のための極秘調査書が、裁判所内の保管庫から盗まれたらしい。
ロンドンで8日、世界でもっとも小さな移動式映画館が披露されたようだ。客席2つの"劇場"は小さなロビーも備えているとか。ゴーグル式のディスプレイとイヤフォンで映画を鑑賞するらしい。
松方弘樹監督「掟(仮題)」のロケが8日高崎市で行われ、加藤雅也、吉川晃司らが参加したようだ。先日の骨折で休業している梅宮辰夫もまもなく撮影に参加するらしい。
007シリーズ最新作の主題歌"Die Another Day"が、米ビルボード・チャート8位にランクし、マドンナ通算35曲目のトップ10入りが確定、ザ・ビートルズが記録した34曲を越えたようだ。
まもなく来日公演を行うポール・マッカートニーは、日本のファンとの交流をドキュメンタリー映画化するらしい。
  11/10
杉森秀則監督「水の女」が9日初日を迎え、UA、浅野忠信らが舞台挨拶に立ったようだ。
「トリック」が9日初日を迎え、仲間由紀恵、阿部寛、堤幸彦監督が舞台挨拶に立ったようだ。
ユニセフ親善大使を務めるロジャー・ムーアは、遺伝子組み換え食品による援助を拒否しているザンビア政府に対し、300万人の飢えた人のためにと、再考を促したようだ。
9日初日を迎えた堤幸彦監督「トリック」の舞台挨拶は同日大阪でも行われ、仲間由紀恵、阿部寛、堤幸彦監督が出席したようだ。
  11/11
塩田明彦監督「黄泉がえり」のプレミア上映会が、来年1月上旬に韓国で行われるようだ。主演の草なぎ剛も出席を予定しているらしい。
アルバム「美女と野獣〜デュエット+」の発売記念イベントが10日浦安のイクスピアリで行われ、ピーボ・ブライソンと本田美奈子がデュエットを披露したようだ。
英国で「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の先行ロードショーが行われ、8日からの週末3日間の興収は、先行公開としては英国史上最高の1250万ドルに達したようだ。
Sony、Warner、Universal、Paramount、MGMのハリウッド主要スタジオ5社は11日、映画ダウンロードサービスMovielinkをスタートさせたようだ。料金は映画1本当たり1.99-4.99ドルで、支払い後30日以内のみ鑑賞可能で、鑑賞開始後24時間で観ることができなくなる仕組みらしい。 [☆米国外からはアクセス不可!]
メキシコの伝説的画家フリーダ・カーロを描く、サルマ・ハエック主演の新作"Frida"について、メキシコの映画評論家からは「米国の商業主義に染まっている」と非難の声が挙がっているようだ。主人公がスペイン語訛りの英語を話していることが、かんに障ったらしい。
全米週末興収は、エミネム主演"8 Mile"が、今年5番目のオープニング記録となる5450万ドルを稼ぎ、初登場1位となった模様。「ザ・リング」("The Ring")は3位となったものの総興収は8610万ドルに到達、一方、低予算映画"My Big Fat Greek Wedding"は6位をキープし総興収1億9275万ドルを突破、2億ドル達成が確実となったようだ。
米ABCで13日放送の"Primetime: Special Edition"のインタビューで、ジェニファー・ロペスはベン・アフレックとの婚約を明らかにしたようだ。
ドイツ携帯電話大手のT-Mobileは11日、米ソニー・ピクチャーズと、着メロやゲームなどの購入契約を結んだようだ。
ガイ・リッチー監督、マドンナ主演の"Swept Away"は、結局英国では劇場公開されず、ビデオ発売のみとなるようだ。
塩田明彦監督、草なぎ剛主演「黄泉がえり」が10日、熊本県阿蘇地区でクランクアップを迎えたようだ。
元暴力団組長で画家の山本集がプロデュースする「日本DV(デジタル・ビデオ)シネマ大賞」授賞式が29日、都内で開催されるようだ。田代まさし監督「実録・LB熊本刑務所〜刑務所前バス停〜」も優秀作品賞にノミネートされているとか。
13日発売の新曲「ジェニー・フロム・ザ・ブロック」のPVで、ジェニファー・ロペスはベン・アフレックと共演しているらしい。
団鬼六「真剣師 小池重明」が映画化されるらしい。遠藤憲一が主演するようだ。
「エピソード3」で登場するダース・ベイダーの声は、ジェイムズ・アール・ジョーンズが担当するようだ。最後の5分間だけの登場らしい・・・。
かつてアラン・カミングが主演しローレンス・オリヴィエ賞を獲得した舞台"Accidental Death of An Anarchist"が、ロンドンのDonmar Warehouse劇場で上演されるようだ。今回はリス・エヴァンスが主演するらしい。
ラッセ・ハルストレム監督は、ジャコモ・カサノヴァを主人公にした作品を製作するようだ。
人気TV番組"The Cosby Show"(1984-92年)などに出演したほか、ロバート・デ・ニーロ、エディ・マーフィ共演の新作「ショウタイム」("Showtime")にも出演していた、米俳優のマーリン・サンタナ(Merlin Santana)さんが9日亡くなった(26歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「時間溶解機」("The Time Dissolver")などのSF小説の著者で、「スター・トレック」("Star Trek",1966-69年)など数多くのTVドラマシリーズの脚本も手掛けた、作家のジェリイ・ソール(Jerry Sohl)さんが4日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ウィリアム・ハートの主演で、ロシアに機密情報を漏らした元FBI特別捜査官ロバート・ハンセンを描くミニ・シリーズ"Master Spy"が、10日米CBSでスタートしたようだ。
  11/12
北村龍平監督「あずみ」の福山ロケが11日行われ、主演上戸彩による"200人斬り"のシーンが撮影されたようだ。
ヴェネチア国際映画祭で上映され、そのスキャンダラスな内容が物議を呼んだ"Ken Park"のラリー・クラーク監督は、英国での配給会社幹部とアラブ-イスラエル紛争の話題で口論となり、相手を殴ってしまったらしい。配給会社は契約の破棄を発表したようだ。
米ABCは、インテリア・コーディネーターのゲイ・カップルが殺人事件に毎週遭遇していくTVシリーズ"Mr. and Mr. Nash"を企画している模様。アラン・カミングが出演契約にサインしたようだ。
「ワンス・アンド・フォーエバー」("We Were Soldiers")でベトナム兵を演じ、母国政府から売国奴と批判されているドン・ズオンは「同作品への出演は光栄であり、良心の呵責を感じたり、後悔したりするようなことは一切していない」と語ったようだ。処罰を検討しているベトナム政府に対し、メル・ギブソン、ハーヴェイ・カイテル、パトリック・スウェイジ、フォレスト・ウィテカー、ランダル・ウォレス監督らは、寛大な処遇を訴えているらしい。
スペイン映画協会は、米アカデミー賞外国語映画部門出品作として、フェルナンド・レオン監督、ハヴィエル・バルデム主演"Mondays in the Sun"を選出したようだ。
007シリーズ最新作"Die Another Day"でハル・ベリーが演じるスパイJinxを主人公にした番外編が企画されているらしい。ハル・ベリーは「すぐにでもやりたい」と言っているようだ。
クリス・コロンバス監督「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のプレミア上映が11日、日本武道館で行われ、佐々木主浩、野田聖子、市川團十郎、相川七瀬、未唯、久保純子ら各界の著名人ら6500人が集まったようだ。
来年5月公開予定の、北村龍平監督、上戸彩主演「あずみ」について、山本又一朗プロデューサーは世界配給に向け米国で交渉に入るようだ。
ダグ・ライマン監督の次回作は、暗殺者の夫婦を主人公にしたアクション"Mr. and Mrs. Smith"になる模様。
「プリティ・ウーマン2」の企画で主演候補だったエリザベス・ハーレーは、子育てに専念するため辞退していたようだ。ジェニファー・ロペスが次の候補とか。
新作「ソラリス」がR指定を受けたことに対し、スティーヴン・ソダーバーグ監督は米映画協会(Motion Picture Association of America)に異議を申し立てたようだ。なお、ジョージ・クルーニーの「おしり」については指摘を受けていなかったらしい。
007シリーズ最新作"Die Another Day"に、ジェイムズ・ボンドの父親役としてショーン・コネリーがカメオ出演したものの、原作では孤児の設定となっているため、出演シーンがカットされる可能性もあるらしい。
来月4日にDVDで発売される「ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション」に収録されている30分の未公開シーンを加えた特別版が29日、丸の内プラゼールでDLP上映されるらしい。ただし、抽選の当選者のみ招待されるようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")の全米公開が延期になるとの噂が流れたものの、配給元のNewline Cinemaはこれを否定したようだ。予定通り来月18日の公開となる模様。
筋ジストロフィー症協会と識字能力向上キャンペーン支援のために毎年行われている、Harley-Davidson愛好者らによるパレードLove Ride 19が10日、カリフォルニアのグレンデールで開催され、ジェイ・レノ、ピーター・フォンダ、ロバート・パトリック、ドワイト・ヨーカム、パット・ブーンらが参加したようだ。
人道的支援活動に貢献したアーティストに贈られるマリアン・アンダーソン賞(Marian Anderson Award)の表彰式が10日フィラデルフィアで開催され、死刑制度廃止やAIDS撲滅運動に参加してきたダニー・グローヴァーが受賞したようだ。
「ルール」("Urban Legend",1998年)などに出演しているジョシュア・ジャクソンは、9日夜ノース・カロライナ州のローリーで、酔って警備員を殴ったとして逮捕されていたようだ。翌日1000ドルの保釈金を支払って出所したらしい。
ケヴィン・スペイシーは、映画監督やシナリオ作家の新人発掘のためのコミュニティー・サイトtriggerstreet.comをスタートさせたようだ。
  11/13
9日より公開された堤幸彦監督「トリック」の週末興収は2億3856万6950円、観客動員数は16万3510人を記録したようだ。
「地獄花」(伊藤大輔監督,1957年)、「犬死にせしもの」(井筒和幸監督,1986年)、「首都消失」(舛田利雄監督,1987年)などの作品を手掛けた映画プロデューサーの溝口勝美さんが先月30日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
恩地日出夫監督「蕨野行」の最終ロケが12日山形県の飯豊町高造路地区などで行われ、クランクアップしたようだ。
関西地区の研究グループは13日、光ファイバーを利用した画像の高速送信システムの基礎的な実験に成功したと発表したようだ。画像データを光のまま圧縮し送信することにより、従来の300倍の速度を実現、実用化すれば2時間の映画1000本を1秒で送ることも可能とか。
NTTは13日、ハイビジョンの約10倍の超高精細映像を、シカゴ-ロサンゼルス間でインターネット配信する実験に成功した、と発表したようだ。
豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に連行され、後に有田焼の祖となった李参平を描く、小川益王監督の日韓合作映画「白神渡海」が16日、京都で公開されるようだ。松田聖子が主題歌を歌っているらしい。
ジョアン・チェン監督は、1800年代にサンフランシスコを訪れた中国人女性を主人公に描く"Fu Song"と、子供の頃ベトナムに置き去りにされた米国系ベトナム人を主人公にした作品の、2本の製作を企画しているようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は、クリント・イーストウッドにライフ・アチーブメント賞を授与すると発表したようだ。来年3月に開催されるSAG賞授賞式で表彰されるらしい。
妻殺害容疑で収監されているロバート・ブレイクは、12日に予定されていた宣誓証言を拒否したようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の海賊版が、すでにインターネット上で出回り始めているらしい。米ワーナー・ブラザーズは「画質がきわめて悪く、見つけることも困難なため、公開には影響しない」と発表したようだ。
「スパイダーマン」「超人ハルク」などの人気コミックの作者であるスタン・リーは、十分な報酬が支払われていないとして、マーヴェル・エンタープライズ社に対し1000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。
"P. Diddy"こと、ショーン・コムスは、ジェニファー・ロペスとベン・アフレックの婚約発表について「うまくいくことを望んでいる」と述べたようだ。
「エピソード2」に登場する「ジェダイ公文書館」(Jedi Archives)は、アイルランドのダブリン大学にあるTrinity Collegeの図書館にソックリらしい。最近Lucasfilmに対し経緯を問い合わせる手紙を送った、図書館を管理するロビン・アダムス氏は「ここはオスカー・ワイルドを始め歴史的人物が使ってきた場所です。ジェダイの騎士たちが使っていたとすれば、とても嬉しい」と語ったとか。
松竹は、「ギャング・オブ・ニューヨーク」の興収目標を70億-80億円、「ロード・オブ・リング 二つの塔」を100億円以上としているらしい。
中野裕之企画、竹内鉄郎監督の短編映画「リフト」がネット配信されているようだ。雨上がり決死隊が主演、音楽はテイ・トウワが担当しているらしい。
まもなく公開のビル・パクストン監督・主演「フレイルティー 妄執」("Frailty")が、残虐シーンがないにもかかわらず映倫からPG-12指定を受けたことについて、配給元のUIPは「いかに怖いか、証明された」と、むしろ宣伝材料に使っているようだ。
1日スタートした角川大映映画は、リメイク版「大魔神」、東宝との合作による「ゴジラvsガメラ」などの製作を検討しているようだ。
米国同時多発テロ事件の影響で公開が延期されていた、マイケル・ケイン主演"The Quiet American"のプレミア上映がロンドンで行われたようだ。
"Spider-Man 2"の悪役候補にロバート・デ・ニーロの名前が挙がっているらしい。
ウォルフガング・ペーターゼン監督、ブラッド・ピット主演"Troy"で、ヒロインのキャスティングが始まったようだ。製作側の希望は、20代の絶世の美女とか。
「たどりつけばアラスカ」("Northern Exposure",1990-95年)などのTVドラマで知られる、米女優のペグ・フィリップス(Peg Phillips)さんが7日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
デンゼル・ワシントン初監督作品"The Antwone Fisher Story"のプレミア上映が12日、ハリウッドで行われたようだ。
ブルース・ベレスフォード監督の新作"Evelyn"について、主演のピアース・ブロスナンは「久しぶりに心の琴線に触れるような演技ができた」と語ったようだ。
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン株式会社は、007シリーズ全19作を収録したDVD-BOX「007製作40周年記念限定BOX」を、7777セットの予約限定生産で販売するようだ。定価39,800円で、来年2月26日発売の模様。
  11/14
松坂慶子の夫でミュージシャンの高内春彦が、先月末交通事故に遭い、全治4カ月の怪我を負っていたようだ。
松方弘樹監督「OKITE/掟」の撮影が行われた13日、怪我で入院中の梅宮辰夫が、1日限定で現場に復帰したようだ。
成島出監督「油断大敵」で、役所広司と柄本明が共演するようだ。
アニメーション製作会社トムス・エンタテインメントは14日、2002年9月の中間決算を発表、劇場映画「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」の好成績と、北米での「ルパン三世」のTV放映契約などにより、売上高、経常利益とも過去最高を記録したと発表したようだ。
第7回釜山国際映画祭が12日開幕し、北朝鮮との軍事境界地域を舞台にしたキム・ギドク監督、チャン・ドンゴン主演「海岸線」("The Coast Guard")がオープニング上映されたようだ。
米ウォルト・ディズニーは、NASCARドライバーのリチャード・ペティ(Richard Petty)を描く新作映画で、「オールド・ルーキー」("The Rookie")に引き続き、デニス・クエイドを主演に起用するようだ。
今年4月に慢性的な腰痛を抑える装置を埋め込む手術を受けたジェリー・ルイスは、その直前、苦痛に耐えかねて銃で自殺しようとしていた、と告白したようだ。
MTV Europe Awardsが開催されるバルセロナで13日、エミネム主演"8 Mile"のプレミア上映が行われたようだ。エミネム本人はリハーサルのため出席したかったらしい。
ラッセル・クロウは13日、ロンドンのレストランで喧嘩騒ぎを起こし、警察の事情聴取を受けたようだ。
ハリウッドのGrauman's Egyptian Theater前の広場に13日、バービー人形の手形と足形が加わったようだ。
エミネム主演"8 Mile"のサントラが、全米アルバムチャート2週連続1位となったようだ。売り上げ枚数は120万枚を突破した模様。
ロバート・クライスの小説"Hostage"が、アーノルド・リフキンの製作で映画化される模様。ブルース・ウィリスが出演契約にサインしたようだ。
Vodafoneは、007シリーズ最新作"Die Another Day"の着メロ、ゲーム、スクリーンセイバーなどのコンテンツを、携帯電話向けインターネットサービスVodafone live!で提供するようだ。
マーティン・スコセッシ監督「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")の完成披露試写会が、21日都内で開催されるようだ。レオナルド・ディカプリオは19日来日するらしい。
ダグ・ライマン監督「ボーン・アイデンティティー」("The Bourne Identity")プロモーションのため、主演のマット・デイモンが来年1月20日に来日することが決まった模様。
サマラの母が66回流産した、というのはやはり誤訳らしい。 [☆超訳?]
伊勢丹新宿店で14日、「ハリー・ポッターの世界展」が開幕し、午前中だけで3000人が訪れたようだ。
BBテクノロジー株式会社は、来月5日からYahoo! BBのADSL回線による「BBケーブルTV」の試験サービスを行なう、と発表したようだ。アスミック・エース エンタテインメントなどによるVODサービスも提供される模様。
ウィリアム・サマセット・モームの小説「劇場」("Theatre",1937年)が映画化される模様。イシュトヴァン・サボーが監督を手掛け、アネット・ベニングが主演するようだ。
アイヴァン・ライトマン監督の次回作は、ロマンティック・コメディ"The Fool"になるようだ。
  11/15
金子修介監督「恋に唄えば♪」のメイキングやミュージッククリップを収録したDVDが16日発売されるようだ。
韓国政府による文化勲章授与式が14日ソウルで行われ、映画評論家の佐藤忠男が受賞したようだ。
黒澤明監督、志村喬主演の「生きる」(1952年)が、ハリウッドでリメイクされるらしい。米ドリームワークスは既にリメイク権を獲得していたようだ。
ジョン・ウー監督が手掛ける、フィリップ・K・ディック原作のSFスリラー"Paycheck"で、ベン・アフレックが出演交渉中のようだ。
ジーン・ハックマンは、来年1月19日に授賞式が行われる第60回ゴールデン・グローブ賞で、功労賞にあたるセシル・B・デミル賞を受賞することが決まったようだ。
バルセロナで14日夜、MTV Europe Music Awardsが開催され、エミネムが、最優秀男性アーティスト賞、最優秀ヒップホップ賞、最優秀アルバム賞の3部門を獲得、ピアース・ブロスナンから賞を受け取ったようだ。また、ジェニファー・ロペスが最優秀女性アーティスト賞を獲得した模様。
カリフォルニア州の裁判所は14日、ロバート・ブレイクの保釈申請を再び却下したようだ。
米製作者組合(The Producers Guild of America)は、2002年の名誉賞として、MPAA会長のジャック・ヴァレンティにMilestone賞、「チャイナタウン」("Chinatown",1974年)などを手掛けたロバート・エヴァンスにDavid O. Selznick生涯功労賞、ジョージ・ルーカスにVanguard賞、大ヒットコメディ"My Big Fat Greek Wedding"を手掛けたリタ・ウィルソンにVisionary賞を、それぞれ授与すると発表したようだ。
南カリフォルニア大学の映画テレビ学科(USC School of Cinema-Television)は、フランク・シナトラの映画・音楽界への貢献を称え、構内のホールをFrank Sinatra Hallと名づけたようだ。
「エピソード2」のDVDが13日全米で発売され、発売24時間で400万枚が売れた模様。
ハリウッドのクラブハウスで14日、XboxLiveの発売記念パーティが開催され、サミュエル・L・ジャクソン、カール・ルイスらも訪れたようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督の抗議を受けて、米国映画協会(Motion Picture Association of America)は、新作"Solaris"のレイティングをR指定からPG-13へと変更した模様。ジョージ・クルーニーの「おしり」もカットされずに済んだようだ。
リチャード・ギアとキャリー・ロウエルは先週末、ニューヨーク市郊外の自宅で結婚式を挙げたようだ。
ブラッド・ピット主演"Troy"に、オーランド・ブルームの出演が決まったようだ。
かつてゲイリー・クーパー、イングリット・バーグマン共演で映画化された「誰が為に鐘は鳴る」("For Whom the Bell Tolls",1943年)が再映画化されるらしい、
ジェフリー・ジョーンズは14日、未成年者への性的虐待などの容疑で逮捕されたようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに14日、カエルのカーミット(Kermit the Frog)の星型が加わったようだ。
  11/16
「王様と私」("The King and I",1956年)、「南太平洋」("South Pacific",1958年)などの名作ミュージカルの音楽を手掛けた故リチャード・ロジャースの生誕100年を記念する、宝塚歌劇団月組公演「With a Song in my Heart〜君が歌、わが心に深く〜」が15日、東京宝塚劇場で初日を迎え、リチャード・ロジャースの二人の娘メアリー・ロジャース、リンダ・ロジャースが招待されたようだ。
ピーウィ・ハーマンことポール・ルーベンスは15日、未成年者のポルノ写真を所持していたとして逮捕されたようだ。
007シリーズ最新作"Die Another Day"のヒットへの期待から、低迷が続いていたMGMの株価が10月から上昇に転じているようだ。
クリス・コロンバス監督「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")が米国、英国などで15日、初日を迎えたようだ。オンライン・チケットショップのFandango.comでは、14日と15日の売り上げの96%が、「ハリー・ポッター」のチケットだったとか。
ティム・アレンは、米ABCが放送するタイトル未定のシチュエーション・コメディで、プロデュースを担当することが決まった模様。出演契約はないものの、ゲスト出演の可能性もあるようだ。
エミネム主演"8 Mile"にも端役で出演していたデトロイトのラッパーAli Miyzaanは、9日に行われたプレミア上映に出席した後、何者かに腹を撃たれたていたらしい。幸い、重症ではなかったようだ。
平山秀幸監督「魔界転生」クライマックス・シーンの撮影が15日京都太秦の東映撮影所で行われ、窪塚洋介、佐藤浩市らが参加したようだ。
品川プリンスホテルで15日、クリスマス・イルミネーション点灯セレモニーが行われ、小野愛が参加して、アイマックスシアターで上映される「サンタvsスノーマン」のキャラクタをデザインした巨大氷彫刻に灯りがともったようだ。
15日、Cape May New Jersey State Film Festivalでニュージャージー州知事賞を受賞したスーザン・サランドンは「たくさんの賞を貰ったけど、私は、自分の名前の付いたドライブインが欲しい」と語ったようだ。州有料道路のドライブインには、トーマス・エジソンやジョイス・キルマーら同州出身の著名人達の名前が付けられているらしい。
  11/17
TOKYO FM「カウントダウン ジャパン」の収録が16日渋谷で行われ、織田裕二が生出演したようだ。大森一樹監督「T.R.Y.」の主題歌「We can be Heroes」が初披露されたらしい。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の先行上映が16日、全国約780スクリーンで行われたようだ。
イン・シンクのランス・ベースとジョーイ・ファトーンが出演した「オン・ザ・ライン 君をさがして」("On the Line")が16日、渋谷で初日を迎え、多くの女性ファンが詰め掛けたようだ。
金子修介監督「恋に唄えば♪」が16日初日を迎え、優香、竹中直人らが舞台挨拶に立ったようだ。竹中直人の魔法使いの扮装に、子供が泣き出したとか。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の全米初日興行収入は2880万ドルで、第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」の記録3230万ドルに及ばなかったようだ。
007シリーズ最新作"Die Another Day"では、ジェイムズ・ボンドが葉巻を吸うシーンがあるらしい。ピアース・ブロスナンは、ボンドの喫煙に反対していたものの、今回はキューバが舞台であることから、喫煙に同意したとか。
台北で金馬獎授賞式が17日開催され、台湾のチャン・ツォーチ監督「きらめきの季節 美麗時光」("The Best of Times")が最優秀作品賞に選ばれたほか、「香港有個荷里活」("Hollywood Hong Kong")のフルーツ・チャンが最優秀監督賞、ホラー映画「見鬼」("The Eye")に主演したリー・シンジェが主演女優賞、刑事ドラマ"Three-Going Home"のレオン・ライが主演男優賞をそれぞれ獲得したようだ。
現在撮影中のクエンティン・タランティーノ監督最新作"KILL BILL"に、栗山千明が出演しているらしい。深作欣二監督「バトル・ロワイアル」がきっかけになったようだ。
米国のオークションに出品されていたエルヴィス・プレスリーの髪の毛は、10万105ドルで落札されたようだ。
ボディ・ビルダー達をとらえたジョージ・バトラー監督のドキュメンタリー映画「アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男」("Pumping Iron",1977年)が、ロサンゼルスでリバイバル上映され、同作に出演しているアーノルド・シュワルツェネッガーも、激励に訪れたようだ。
  11/18
「お月様には悪いけど」(1954年)、「愛情」(1956年)、「禁じられた唇」(1958年)などの作品を手掛けた、映画監督の堀池清さんが17日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ゴジラ×メカゴジラ」の記者会見が18日福岡市で行われ、手塚昌明監督と釈由美子が出席したようだ。
16日行われた「ハリー・ポッターと秘密の部屋」先行オールナイト上映は、興収4億5004万6800円、観客動員数31万7659人を記録し、「エピソード2」(観客動員数29万9604人、興収3億5655万7300円)を超える新記録となったようだ。
ミニブタがペットとして若い女性を中心に人気を集めているらしい。「ベイブ」("Babe",1995年)がきっかけとなったようだ。
第43回テサロニキ国際映画祭で、杉森秀則監督「水の女」が最優秀作品賞に相当するゴールデン・アレクサンダー賞を受賞したようだ。
原宿のギャラリー「grey」で17日、銭湯の背景画専門の絵師・中島盛夫による公開制作が行われ、2.7m x 2mのベニヤ板に2時間ほどで富士山の絵を描いたらしい。杉森秀則監督「水の女」公開記念イベントとして行われたようだ。
自動車事故で別人を出頭させたとして社会奉仕240時間の刑が言い渡されていたニコラス・ツェーに対し、香港司法当局が実刑を求めていた問題で、香港の裁判所は要請を却下したようだ。
メキシコで大ヒット中の、カルロス・カレラ監督、ガエル・ガルシア・ベルナル主演の新作"El Crimen del Padre Amaro"(The Crime of Father Amaro)のL.A.プレミアが14日開催され、カトリック教団体"The American Society for the Defense of Tradition, Family & Property"が、会場前で抗議デモを行ったようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")は、米国、英国のほか、ドイツ、オーストリア、スイス、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシアでも公開され、週末3日間の世界興収は1億4200万ドルに達したようだ。
ジョン・フランケンハイマー監督、フランク・シナトラ主演の「影なき狙撃者(失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1962年)がリメイクされる模様。デンゼル・ワシントンが主演するようだ。
ケヴィン・スペイシーが主催する映画製作者の新人発掘サイトtriggerstreet.comで、マーティン・スコセッシ、ロバート・ゼメキス、テッド・デミ、ビル・パクストンらの手がけた短編映画が18日から配信されるようだ。
全米週末興収は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")は、初日3日間としては「ハリー・ポッターと賢者の石」("Harry Potter and the Sorcerer's Stone")の9030万ドルに次ぐ、過去3番目の8770万ドルを達成し初登場1位となったようだ。また、ナオミ・ワッツ主演「ザ・リング」("The Ring")は公開5週間で総興収1億ドルを突破した模様。
ラッセル・クロウは、予定していた彼のバンド"30 Odd Foot of Grunts"の米国ツアーを中止し、家族と過ごすためにオーストラリアに帰国したようだ。
ピアース・ブロスナン主演"Die Another Day"が今年のRoyal Film Performanceに選ばれ、ロンドンのRoyal Albert Hallで御前上映されるようだ。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」プロモーションのため来日するマーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオの記者会見の模様が20日、インターネットで生中継されるらしい。
コリン・ファレルの次回作は、アントワン・フークア監督のSFサスペンス"The Jacket"になる模様。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の海賊版DVDが、早速マレーシアで出回り始めたようだ。1枚350円とか。
  11/19
室賀厚監督「ガンクレイジー 用心棒の鎮魂歌(レクイエム)」のフィリピンロケが行われ、加藤夏希、原史奈らが参加したようだ。
ケリー・チャンは、最近株や不動産投資で大損した、と告白したようだ。
米国での「エピソード2」DVDとVHSの売り上げは、発売6日間で700万本に達した模様。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の英国での上映は、同国内の劇場の40%に相当する1275スクリーンで行われ、週末興収は同国映画興行史上最高の1030万ポンドに達したようだ。
「荒野の七人」("The Magnificent Seven",1960年)、「電撃フリント GO!GO作戦」("Our Man Flint",1966年)など数々のヒット作に出演、「モンスターズ・インク」("Monsters, Inc.",2000年)では声優を務めたほか、現在全米公開中の"The Man From Elysian Fields"ではミック・ジャガーらと共演した、俳優のジェイムズ・コバーンさんが18日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロンドンのRoyal Albert Hallで18日、エリザベス女王を招いて"Die Another Day"プレミア上映が行われたようだ。出席したピアース・ブロスナンは、007シリーズ第21作への出演依頼を引き受けた、と発言したらしい。
23日公開の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を上映する全国858の映画館で、「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」の最新予告編が上映されるようだ。
20日発売の「シベリア超特急」サントラに、水野晴郎が歌うラップ「RAPシベ超」が収録されているらしい。来月8日には渋谷タワーレコードでライブもやるとか。
レオン・カーフェイ、デヴィッド・モース共演の「ダブルビジョン」("Double Vision")が先月25日から台湾で公開され、週末興収はこれまでの記録を超える130万ドルに達したようだ。
FM東京などが運営するインターネット放送局「iiVチャンネル」が18日スタートしたようだ。米FMiTV提供による映画情報も配信されるらしい。
英BBC制作のアニメーション「となかいロビー 炎のランナー」("Robbie the Reindeer in Hooves of Fire",1999年)が、米国でTVシリーズ化されるらしい。ベン・スティラー、ヒュー・グラント、ブリトニー・スピアーズ、ジェイムズ・ウッズ、ジェイムズ・ベルーシらが声優を務めるとか。
ギレルモ・デル・トロ監督による、マイク・ミニョーラのコミック"Hellboy"の映画化で、セルマ・ブレアがロン・パールマンと共演するようだ。
「8人の女たち」("8 Femmes")プロモーションのため、フランソワ・オゾン監督、ビルジニー・ルドワイヤン、リュディヴィーヌ・サニエが来日し、19日都内で記者会見を行ったようだ。
連続狙撃事件の影響で延期されていた、ジョエル・シュマッカー監督、コリン・ファレル主演"Phone Booth"の全米公開は、来年2月になる模様。
「エピソード2」がアニメシリーズ化されるらしい。米Cartoon Networkで放送予定とか。
米ドリームワークスは、ゴア・ヴァービンスキー監督によるハリウッド版「ザ・リング」("The Ring")の続編製作に動き出した模様。ナオミ・ワッツの主演は既に決定済みで、全くのオリジナルストーリーになるとか。
イアン・マッケランは、ダンブルドア校長役のオファーを受けているようだ。
トム・クルーズ主演「ラスト・サムライ」("The Last Samurai")で、ニュージーランドでの撮影に参加できる日本人エキストラを募集しているらしい。
「フェーム」("Fame",1980年)で主演したデビー・アレンが舞台監督を務めるミュージカル"Pearl"が、20日ロサンゼルスで開幕するようだ。35人の子供たちが出演する、現代版「白雪姫」の物語とか。
「愛しのローズマリー」("Shallow Hal",2001年)や、人気TVシリーズ「となりのサインフェルド」("Seinfeld",1989-1998年)などで知られるジェイソン・アレクサンダーは、南カリフォルニア大学の客員教授に招かれたようだ。
AOLタイムワーナー、日立製作所、松下電器、IBM、三菱電機、東芝、日本ビクターの7社から構成されるVD6Cライセンシングエージェンシーは、DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R等の記録型DVDおよびDVD-Audio等のハードおよびメディアに必要となる特許共同ライセンスを、来年1月より開始するようだ。
  11/20
「ギャング・オブ・ニューヨーク」プロモーションのため来日中のレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が、20日都内で記者会見に出席したようだ。国外メディアを含む600人の取材陣が詰め掛けたらしい。スコセッシ監督は「ロバート・デ・ニーロに勧められてディカプリオを起用した」と語ったとか。
優香を主人公に、高木聡、ワダケンジ、宮坂まゆみ、大喜多正毅、三木聡、薮内省吾の6人の監督が手掛けた短編映画が、来月23日のテレビ朝日「優香座シネマ」で放送されるようだ。
リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、レニー・ゼルウィガー共演「シカゴ」("Chicago")の「網タイツ付き前売り券」が、23日から劇場窓口のみの5000枚限定で発売されるらしい。 [☆「おまけコーナー」ネタに買っておくか!?]
「ギャング・オブ・ニューヨーク」プロモーションのため、レオナルド・ディカプリオが19日来日したようだ。成田空港には500人の女性ファンが殺到したとか。
セリフや効果音などを工夫し、視覚障害者と健常者が同じように楽しめる作品として、広島県の自主映画制作グループが、尾道市を舞台にした映画「未来への贈りもの」を製作中のようだ。個人協賛とエキストラを募集中とか。
「千と千尋の神隠し」の全米興行収入は公開9週目で、「もののけ姫」の2倍の500万ドルを突破したようだ。
17世紀のアムステルダムを舞台にした、ジョン・マッデン監督の新作"Tulip Fever"のキャスティングが進行中のようだ。
新作"Pratha"で監督と主演を務めたラジャ・バンデラ(Raja Bundela)が、17日テレビカメラの前でヒンズー教右翼団体から暴行を受ける事件が発生したものの、暴行を加えたメンバーの一人が監督の友人であることが発覚、映画プロモーションのためのヤラセだった可能性もあるようだ。
ビレ・アウグスト監督の新作スリラー"Without Apparent Motive"で、リチャード・ギアとジュリアン・ムーアが共演するようだ。
「デュース・ビガロウ 激安ジゴロ!?」("Deuce Bigalow: Male Gigolo",1999年)の続編が製作されるようだ。前作に引き続きロブ・シュナイダーが主演する模様。
007シリーズ最新作"Die Another Day"は、SFXシーンも満載のようだ。
弟のウォルター・ミリッシュと共に、「アパートの鍵貸します」("The Apartment",1960年)、「ウェスト・サイド物語」("West Side Story",1961年)など数々の名作を送り出した、映画プロデューサーのマーヴィン・ミリッシュさんが17日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米コロンビア・ピクチャーズは、アフガニスタンを舞台に、米国によるタリバン政権への報復軍事作戦を描く作品を製作すると発表したようだ。ジェイムズ・クロムウェルが製作総指揮を務める模様。
米ユニバーサル・ピクチャーズは、歴史家スタンリー・ワイントラウブの新著"Silent Night: The Story of the World War I Christmas Truce"の映画化を企画している模様。ジョン・ロビン・バイツが脚本を担当、監督も希望しているようだ。
太平洋戦争中に日本軍直江津捕虜収容所に収容され、厳しい拷問に耐え、2年間に渡る捕虜生活を生き抜いた、元オリンピック陸上選手ルー・ザンペリーニ(Lou Zamperini)の半生を描く映画"Iron Man"が製作される模様。ニコラス・ケイジが主演、アントワン・フークアが監督を務めるようだ。
1990年にノースカロライナ州に建てられたエヴァ・ガードナー博物館(Ava Gardner Museum)には、今でも1ヶ月に1400人が訪れるとか。博物館では、彼女の切手の発行を嘆願する署名活動も行われているようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督"Solaris"のプレミア上映がハリウッドで開催され、主演のジョージ・クルーニーのほか、ジェイムズ・キャメロン、ブラッド・ピット、ナターシャ・マケルホーンらも会場を訪れたようだ。
ある弁護士秘書の女性が、シェイムズ・ネスビットと彼のアパートでコカインを吸った、と告白する記事が、英タブロイド紙The Daily Mailに掲載されたようだ。
ロン・ハワードが降板しジョン・リー・ハンコックが監督を引き継いだ"The Alamo"に、デニス・クエイドの出演が決まったようだ。
英国映像等級審査評議会(British Board Of Film Classification)は、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")を、第1作のPG(8歳未満は保護者が同伴)より厳しい、12A指定としたようだ。
"Legally Blonde 2: Red, White & Blonde"で、サリー・フィールドがリース・ウィザースプーンと共演するらしい。チャールズ・ハーマン・ウォーンヒルが監督を務めるようだ。
シリーズ第3作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」("Harry Potter and the Prisoner of Azkaban")で、監督をアルフォンソ・クアロンに譲り、自らはプロデューサーを務めるクリス・コロンバスは「口を出さずにいることは難しいが、そうしなければならない。アルフォンソが映画を作るために必要なスペースは空けておかないと」と語ったようだ。
「スター・トレック」シリーズに登場する科学技術を解説した、ウィリアム・シャトナー、チップ・ウォルター共著"Star Trek: I'm Working on That"が出版されたようだ。
スパイク・リー監督は、21日行われる英国映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts)の表彰式で、同アカデミー代表のリチャード・アッテンボローから特別賞を授与されるようだ。
アイス・キューブ主演のシリーズ第3弾"Friday After Next"のプレミア上映がハリウッドで行われたようだ。New Line Productionsのトビー・エメリッヒ社長は次のように述べたらしい。「この映画を3語で表すなら、僕はこう言うね。"Ho, ho, ho"。」
  11/21
ニック・カサヴェテス監督「ジョンQ -最後の決断-」("John Q")の特別試写会が20日都内で行われ、藤原紀香、石井苗子、吉野紗香らが会場を訪れたようだ。
松竹は、ベストセラーとなった松久淳、田中渉共著「天国の本屋」の映画化を企画している模様。
日経BP社主催の第1回日本イノベーター賞の表彰式が21日都内で行われ、「千と千尋の神隠し」などを手掛けた鈴木敏夫プロデューサーが大賞を受賞したようだ。
アカデミー賞狙いには公開が早いと言われた「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition")だが、米ドリームワークスは来年2月にDVDとビデオをリリース、数百万ドルを投入したプロモーションを展開し、オスカー・レースに参戦させるようだ。
「ガーフィールド」("Garfield")がCG合成による実写版として映画化されるようだ。ピーター・ヒューイットが監督を務める模様。
12月18日の全米公開を前に「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("The Lord of the Rings: The Two Towers")のチケット販売が22日スタートするようだ。
アリシア・シルヴァーストーンは、米NBCが放送するコメディ・ドラマのパイロット版で結婚仲介人を演じるようだ。
CIAの設立を描くロバート・デ・ニーロの監督第2作"The Good Shepherd"で、レオナルド・ディカプリオの主演が決まったようだ。
ロンドンのレストランにいた姉妹の前に突然マドンナが現れ「申し訳ないけど、あなたたちとても良さそうな人だから。いくらかお金を貸してもらえないかしら?私、財布を忘れてきてしまったの」声を掛けられたらしい。姉妹はマドンナと気づかなかったものの、2ポンド(約400円)を貸してあげたとか。マドンナはサイン入りのCDを姉妹にプレゼントするとか。
米ピープル誌の選ぶ「最もセクシーな男性2002」が発表され、ベン・アフレックがトップに選ばれたようだ。また、「最もセクシーな父親」にトム・クルーズ、「最もセクシーな監督」にジョージ・クルーニー、「最もセクシーな外国人」にヒュー・グラントをそれぞれ選んだらしい。
「ボーン・コレクター」("The Bone Collector")等で女優としても活躍している、ラップ歌手のクイーン・ラティファ(Queen Latifah)が、20日酒気帯び運転で逮捕されたようだ。
トッド・フィリップス監督、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン共演による「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)の映画化で、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)の共演が決まったようだ。来年2月から撮影がスタートする模様。
現在執筆中のシリーズ最新作"Harry Potter and The Order of the Phoenix"からランダムに抜き出された93の単語が、J・K・ローリングのサインとともに書かれたカードが、来月ロンドンでオークションにかけられるらしい。収益金は、発展途上国に本を提供するBook Aid Internationalに寄付されるようだ。
ナムコの2002年9月中間期連結決算が発表され、映画子会社「日活」の営業損益は、1億3000万円の赤字だった模様。今後は3500本の映画資産のDVD化などで収益を上げていく方針のようだ。
日本テレビの2002年9月中間期の連結純利益は、前年比45%減の109億円となったようだ。広告収入の減少のほか、昨年の「千と千尋の神隠し」の大ヒットの反動もあるようだ。
1960年カイロ生まれのアトム・エゴヤン(Atom Egoyan)監督は、「エジプトで原子力発電所が建設され始めた時、両親はそれが素晴らしいエネルギー源で、息子の名前にふさわしいと考えたんだ。ヒッピーぽい考えだよね」と語ったようだ。
17日まで開催されていた、第16回AFI(American Film Institute)映画祭で、奥田瑛二初監督作品「少女」がグランプリを獲得していたようだ。
ヴァル・キルマーが主演するサスペンス"Blind Horizon"に、ネーヴ・キャンベル、サム・シェパードの出演が決まったようだ。
モーガン・フリーマンの次回作は、Bill Harlowのサスペンス小説"Circle William"の映画化になるようだ。
バンダイビジュアル株式会社は、押井守監督が手がけた「赤い眼鏡」(1987年)、「ケルベロス-地獄の番犬」(1991年)、「トーキング・ヘッド」(1992年)の3本の実写作品を収録したDVD-BOX「押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集」を来年2月に発売するようだ。
  11/22
踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の製作が発表されたようだ。本広克行が監督を務め、織田裕二、深津絵里、柳葉敏郎、北村総一朗、いかりや長介、水野美紀らオリジナル・キャストが集結、来年7月19日公開となる模様。
小泉今日子が音楽活動を再開するようだ。来月「怪盗ルビイ」の主題歌新録を含むCD3枚組のベスト盤を発売するほか、来年3月にはニュー・アルバムをリリース、全国ツアーも行われるらしい。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」のプレミア上映が21日都内で行われ、マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが舞台挨拶に立ったようだ。
「劇場版ポケットモンスター 七夜の願い星」が、来年7月19日に公開されるようだ。また、新宿「ルミネtheよしもと」の舞台に、来月からピカチュウが登場するらしい。
「ミス・ワールド」の開催に反対するイスラム教徒がナイジェリアで暴動を起こし、少なくとも100人以上が死亡したようだ。
ロサンゼルスの観光アピールのため、アーノルド・シュワルツェネッガーが来日し、22日都内で記者会見を行ったようだ。
21日亡くなった高円宮憲仁さまの宮邸には、浅丘ルリ子、龍村仁らも弔問に訪れたようだ。
秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡来したとされる徐福を描く日中国交正常化30周年記念映画「徐福さん」が完成し、来月15日にロケ地の佐賀県で先行上映されるようだ。
インディラ・ガンジー元首相の生涯を描く映画"Indira Gandhi - A Tryst With Destiny"がインドで製作される模様。世界公開も予定されているようだ。
児童ポルノ法違反で逮捕されたジェフリー・ジョーンズの罪状認否は、来年1月9日に延期されたようだ。「真実が明らかになり、問題ができるだけ早く解決することを望む」とコメントした模様。
ウォルト・ディズニー・コンサートホールが、来年10月にロサンゼルスにオープンするらしい。総工費2億7400万ドルとか。
女性画家フリーダ・カーロを描く、サルマ・ハエック主演の新作"Frida"が20日からメキシコで一般公開され、台詞が英語であることへの不満もあるものの、概ね好評のようだ。
米ディズニー・ストアは、米国内で発売された「モンスターズ・インク」のキャラクタ人形1万4500体をリコールするようだ。取り外しできる小さな部品で幼児が窒息する可能性があるとか。
英BBCラジオが企画した、世界116カ国のラジオリスナーや有名人、政治家らによる人気音楽投票によると、ジョン・レノンの"Imagine"、シェールの"Believe"、クリフ・リチャードの"We Don't Talk Any More"を抑え、スーパースター・ラジニカーント主演「ダラパティ/踊るゴットファーザー」("Dalapathi",1991年)の主題歌"Rakkamma Kaiya Thattu"が1位になったようだ。ちなみに、小泉首相は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」("Once upon a Time in America",1984年)のテーマを選んだとか。
ロバート・レッドフォードが制作を手がけた、トニー・ヒラーマンのミステリ小説「魔力」("Skinwalkers")のTV映画が、米PBSで24日放送されるようだ。レッドフォードは、同シリーズ全15作のほとんどの映像化権をすでに取得、順次TV映画化していく模様。
ショーン・ヘイズとジェレミー・ノーザムの共演で、ジェリー・ルイスとディーン・マーティンの友情を描く2時間ドラマ"Martin and Lewis"が24日、米CBSで放送されるようだ。
シリーズ最新作"Die Another Day"に出演したハル・ベリーは「ピアースが私にとってのジェイムズ・ボンド。私が007シリーズを観始めたときは、彼がボンドだった」と語ったようだ。お気に入りは「ゴールデン・アイ」("GoldenEye",1995年)だとか。
ジョン・リス=デイヴィスが、クロアチアでの新作撮影中に腕を骨折していたようだ。経過は順調とか。
クリスティーナ・リッチは、女性連続殺人鬼アイリーン・ウォルノスの実話を基にした低予算作品"Monster"でシャーリーズ・セロンと共演する模様。
「ウィル・ペニー」("Will Penny",1968年)でのチャールトン・ヘストンをモデルにした銅像が19日、オクラホマ・シティで披露されたようだ。全米ライフル協会(National Rifle Association)の寄贈によるその銅像は、投げ縄とライフル銃を手にしているとか。
米ABCが放送するシチュエーション・コメディ"Slice o' Life"で、ジャニーン・ガラファロが主演と制作を務めるようだ。
  11/23
映画館「新宿スカラ」などが入る雑居ビル「新宿レインボービレッジ」で23日午後、地下2階の変電室から出火し、全館が停電、映画館の観客ら520人が避難したようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズのロケ地として使われた、英国グロスター大聖堂のステンドグラス26枚が何者かに割られたようだ。1850年に作られたもので、被害額は4万5千ポンドとか。
「緑色の髪の少年」("The Boy with Green Hair",1948年)等の作品を手掛けた、米映画脚本家のアルフレッド・ルイス・レヴィット(Alfred Lewis Levitt)さんが16日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
衰退が続く香港映画界では、関係者約1万人の7割が失業または半失業状態にあるらしい。
北海道炭鉱映画祭が23日、札幌市で開催されたようだ。
伝説的オペラ歌手のマリア・カラスを描く、フランコ・ゼフィレッリ監督、ジェレミー・アイアンズ主演の"Callas Forever"が、来年1月に開催される第14回パームスプリングス国際映画祭のオープニング作品に選ばれたようだ。
マイケル・ラドフォード監督、ロバート・カーライル主演でヒトラーの生涯を描く、英BBCのドラマ・シリーズ"Hitler"は、結局制作中止となったようだ。一方、米CBSもヒトラーを描くミニ・シリーズを企画、ロバート・カーライルを主演に考えているらしい。
米MGMは、俳優のピーター・マッケンジーが脚本を手掛けた政治サスペンス"Camp David"を製作するようだ。
リチャード・ロクスバーグは、スティーヴン・ソマーズ監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作"Van Helsing"でドラキュラ伯爵を演じるようだ。
トニー・スコットか?とお伝えした、アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク共演によるマイケル・パイの小説「人生を盗む男」("Taking Lives")の映画化の監督は、D・J・カルーソーが務めるようだ。
ベルギーの人気コミック"TINTIN"(「タンタン」)の実写映画化を、米ユニバーサル・ピクチャーズとドリームワークスが手掛けることが正式に決まったようだ。スティーヴン・スピルバーグがプロデュースするらしい。
ルパート・グリントは、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のワールド・プレミアが行われた翌日、体育の道具を3回忘れた罰として学校で居残りさせられたらしい。
短編オムニバス「Jam Films」の一篇、行定勲監督「JUSTICE」に出演する綾瀬はるかが22日、都内の陸上競技場に劇中のブルマー姿で登場し、ハードル競技に挑戦したようだ。
「ゴジラ×メカゴジラ」の記者会見が22日大阪市内で行われ、手塚昌明監督と釈由美子が出席したようだ。釈は「今度はメカゴジラ対ボブ・サップを見てみたい」と語ったとか。
大阪・北区に完成したシネコン「ナビオTOHOプレックス」のオープニングセレモニーが22日行われ、沢口靖子らがテープカットを行ったようだ。沢口は「近いうちにここで舞台あいさつをしたい」と語ったとか。
来年3月公開のディズニー・アニメ「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")の日本語吹替版で、田畑智子がナニ役で声優を務めたようだ。
サダム・フセイン大統領の私生活を追ったドキュメンタリー番組"Uncle Saddam"が26日、米国で放送されるようだ。
20日ニューヨークで行われた第53回National Book Awards授賞式は、スティーヴ・マーティンが司会を務めたようだ。
スヌープ・ドッグが司会を務めるTVショー"Doggy Fizzle Televizzle"が25日、米MTVで放送されるようだ。
  11/24
「ハリマオ」(和田勉監督,1989年)などの映画にも出演した、元プロレスラーでタレントのサンダー杉山さんが22日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」が23日、全国858スクリーンで公開され、初日だけで約100万人を動員したようだ
長尾直樹監督「さゞなみ」が23日初日を迎え、豊川悦司、唯野未歩子らが舞台挨拶に立ったようだ。
スティーヴン・セガールついて否定的な記事を書いた記者に嫌がらせをしたとされるロサンゼルスの私立探偵が、武器類の不法所持で逮捕されたようだ。プラスチック爆弾や手榴弾などが見つかったとか。
「ゴジラと科学展」開催中のお台場の日本科学未来館に23日、高さ約2メートルのゴジラの氷像が登場したらしい。
トム・クルーズとペネロペ・クルスが、マルタ島で挙式する、と米Star Magazineが報じているようだ。
「ツインズ」("Twins",1988年)や「ウェディング・プランナー」("The Wedding Planner",2001年)などにも出演している米女優のフランシス・ベイ(83歳)が交通事故に遭い、危篤状態にあるようだ。
英国で20日から公開された"Die Another Day"は、初日だけで興収120万ポンドを記録したようだ。
  11/25
アットネットホーム株式会社は、加入者向けに、映画グッズのオークションサイトを開設するようだ。
古厩智之監督「RoBoCoN ロボットコンテスト」の製作発表が24日都内で行われたようだ。長澤まさみの初主演作品となる模様。
米国で初登場1位となった"Die Another Day"の、英国および欧州4カ国での週末興収は、合わせて2400万ドルに達したようだ。
ヴァル・キルマー主演のスリラー"Blind Horizon"が、今週から製作にはいるようだ。サンフランシスコ市警と香港警察の刑事がチャイニーズ・マフィアと対決する、という展開とか。
ジョエル・バーグヴァル(Joel Bergvall)とサイモン・サンドクイスト(Simon Sandquist)監督によるスウェーデン映画"Den Osynlige"("The Invisible",2002年)が、ハリウッドでリメイクされるようだ。
スティーヴン・ソマーズ監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作"Van Helsing"に、ケイト・ブランシェットの出演が決まったようだ。
米Miramax Filmsは、エチエンヌ・シャティリエ監督のフレンチ・コメディ"Tanguy"(2001年)を、ジミー・ファロンの主演でリメイクするようだ。
ジョニー・デップがレギュラー出演したTVドラマ・シリーズ「ロックド・アウト」("21 Jump Street",1987-92年)の映画化が決定した模様。
デンゼル・ワシントンの主演が決まった「影なき狙撃者(失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1962年)のリメイクは、ジョナサン・デミが監督を務める模様。
Vivendi Universal傘下のBlizzard Entertainmentが発売するパソコン用ゲームソフト"Warcraft III: Reign of Chaos"の予告編が、全米の"Die Another Day"上映劇場など、延べ20000スクリーンで上映されるようだ。
「サンセット大通り」("Sunset Boulevard",1950年)と「ローマの休日」("Roman Holiday",1953年)のデジタル修復版DVDが、米国で発売されるようだ。米国会図書館に保管されているフィルムを高解像度でデジタルスキャンし、2年間掛けて傷などの修復作業が行われたらしい。
全米週末興収は、ピアース・ブロスナン主演の007シリーズ最新作"Die Another Day"が4700万ドルで初登場1位となったようだ。また「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")は4270万ドルと前週から半減したものの、総興収は1億4850万ドルを突破した模様。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の日本での週末興収は20億5000万円、観客動員数は160万8000人に達し、前作「賢者の石」の15億7334万円、138万9000人の記録を超え、日本歴代記録を更新したようだ。
平山秀幸監督、窪塚洋介主演「魔界転生」に、黒谷友香が柳生衆の女剣士役で出演しているようだ。
モルモン教宣教師を描く製作費24万ドルの低予算映画"God's Army"(2000年)で注目され、「モルモンのスピルバーグ」と呼ばれるリチャード・ダッチャー(Richard Dutcher)監督は、「モルモン教徒の映画製作者達を木材加工の仕事から解放したかった。しかし、今ではその仕事に戻ってほしいくらいだ」と語ったようだ。後に続いた作品の質の低さに落胆しているらしい。
HMVは「HMV+東宝チャンピオンまつり」を全国5店舗で順次開催するようだ。「ゴジラ×メカゴジラ」で使用されたゴジラとメカゴジラの撮影用スーツの展示や、手塚昌明監督、水野久美、釈由美子らによるトークショーも予定されているとか。
  11/26
来月公開の澤井信一郎監督「仔犬ダンの物語」公開劇場のスタッフに、モーニング娘。や後藤真希がプリントされたエプロンが配布されるようだ。
9日公開された、堤幸彦監督、仲間由紀恵、阿部寛共演「トリック 劇場版」の観客動員数は、24日までに58万752人に達したようだ。
キーネン・アイヴォリー、マーロン、ショーンのウェイアンズ3兄弟は、Revolution Studiosと共同で新作を準備中の模様。Dimension Filmsはそれに対抗して"Scary Movie 3"の製作を急いでいるようだ。
スティーヴン・セガールは、シドニー・ポラック監督「ザ・ヤクザ」("The Yakuza",1975年)のリメイクに主演するようだ。
レオナルド・ディカプリオの主演が予定されている、米国の核開発を巡るスリラー"Bombshell"の監督を、ラッセ・ハルストレムが務めることになったようだ。
米Artisan Entertainmentは、"Jonah: A VeggieTales Movie"に続く第2弾"The Bob and Larry Movie"を製作するようだ。トマトのボブとキュウリのラリーが主人公になるとか。
ジョン・トラヴォルタとデブラ・ウィンガーが共演した「アーバン・カウボーイ」("Urban Cowboy",1980年)の舞台版が、来年2月にブロードウェイで上演されるようだ。
プロテニス・プレイヤーのピート・サンプラスの妻で女優のブリジット・ウィルソンに、第1子となる男の子クリスチャン・チャールズ・サンプラスが誕生したようだ。
アガサ・クリスティ原作の舞台「ねずみとり」("The Mousetrap")の上演50周年式典が25日ロンドンで行われ、最初に制作に参加したリチャード・アッテンボローが挨拶に立ったほか、エリザベス女王も会場を訪れたようだ。
コメディアンとしてフランク・シナトラやティナ・ターナーらのコンサートで前座を務めたほか、ウディ・アレン監督「ブロードウェイのダニー・ローズ」("Broadway Danny Rose",1984年)、バリー・レヴィンソン監督「ティンメン/事の起こりはキャデラック」("Tin Men",1987年)などの作品で俳優としても活躍した、ジャッキー・ゲイルさんが23日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
DVD Copy Control Associationが、インターネットにDVD解読ソフトを公開した人物を訴えていた問題で、カリフォルニア最高裁判所は「訴訟はその人物の出身地であるテキサス州か、ソフトを公開したときに住んでいたインディアナ州で行われるべきだ」との見解を示したようだ。
"Die Another Day"にカメオ出演しているマドンナについて、リー・タマホリ監督は「彼女が冗談半分で映画に出たいと言ったので、ちょうどいい役ががあるよ、とフェンシング・インストラクター役で出演してもらったんだ」と語ったようだ。
高橋三千綱の短編小説「ハロー・マイ・ラブ」が映画化される模様。タイトルは「B♭ ビーフラット」で、渡辺寿が監督を務め、清水美那と筒井道隆が共演するようだ。
加納典明の長男、加納周典が「SO WHAT!(仮題)」で映画監督デビューするようだ。北村一輝、松重豊、中村優子、松田賢二、佐伯太助らが出演しているらしい。
大林宣彦監督「なごり雪」の追加上映がスタートした日比谷シャンテで25日、出演の宝生舞が舞台挨拶に立ったようだ。
ジョン・ファヴロウ監督、ウィル・フェレル主演の新作"Elf"で、ジェイムズ・カーンが主人公の父親役で出演交渉中のようだ。
フランスで出版された童話"Arthur et les Minimoys"が、リュック・ベッソン監督、モーガン・フリーマン主演で映画化されるらしい。
主演予定だったラッセル・クロウが怪我で降板し、2年前に中断されていたジョディ・フォスター監督作"Flora Plum"の製作が、ユアン・マクレガーを主演に迎えて再開されるようだ。クレア・デインズ、メリル・ストリープらが共演する模様。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」にロックハート先生役で出演したケネス・ブラナーは、原作者のJ・K・ローリングから「あなたは最高に素晴らしくて、最高にむかつく」と言われたらしい。ブラナーにとってそれは最高の賛辞だったとか。
TVシリーズ"Dawson's Creek"(1998年〜)で人気のジェイムズ・ヴァン・ダー・ビークは、新作映画"The Rules of Attraction"で彼が鼻をほじるシーンについて「脚本にはなかったけど、あれは素の僕だよ。撮影がきつくて、なにか面白くしたいと思ったんだ」と語ったようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督"Solaris"に主演するジョージ・クルーニーは、プロモーション中のインタビューでは次のような質問が必ずある、と予想しているようだ。「ところで、あなたは裸になりましたね。ワークアウトしましたか?」
  11/27
井筒和幸監督3年ぶりの新作「ゲロッパ!」の製作発表が26日都内で行われ、西田敏行、常盤貴子らが出席したようだ。井筒監督は「頑張りますけど、面白くないので金返せ、と言われたらその時はちゃんと返しまっせ」と発言したとか。 [☆その名の通り(!?)ジェイムズ・ブラウンの"名曲"をモチーフにしたコメディ作品・・・だそうです]
オリジナル版が失われていた、伊藤大輔監督、月形龍之介主演の時代劇「斬人斬馬剣」(1929年)の26分のダイジェスト版が発見され、東京国立近代美術館フィルムセンターが修復を行ったようだ。
コンピュータ会社EMCの創立者としても知られる億万長者ロジャー・マリノは、映画監督のマイケル・コレントと共同で映画会社Revere Picturesを設立したようだ。現在、ジョン・アーヴィング監督の新作"A Widow for One Year"ほか5作品に融資を行っているらしい。
妻殺害容疑で起訴されているロバート・ブレイクの裁判で、カリフォルニア州地裁は被告側弁護士の交代を承認したようだ。これに伴い、公判は1ヶ月遅れる模様。
「土曜の夜と日曜の朝」("Saturday Night and Sunday Morning",1960年)、「裸足のイサドラ」("Isadora",1968年)、「フランス軍中尉の女」("The French Lieutenant's Woman",1981年)などの作品を手掛けた、チェコ出身の映画監督カレル・ライスさんが25日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。
英国週末興収は、公開2週目の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")が730万ポンドで1位を維持し、690万ポンドを記録した"Die Another Day"を2位に抑えたようだ。
ニコラス・ケイジとリサ・マリー・プレスリーは、離婚の手続きに入ったようだ。 [☆たった3ヶ月で・・・]
P・J・ホーガン監督の新作"Peter Pan"で、フック船長を演じるジェイソン・アイザックスは、これまでで最も原作に近い作品になる、と語ったようだ。
数多くのTVドラマで活躍したほか「デーブ」("Dave",1993年)などの作品にも出演した、米俳優のパーリー・ベア(Parley Baer)さんが22日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
フランク・オズ監督、ニコール・キッドマン主演による「ステップフォードの妻たち」("The Stepford Wives",1975年)のリメイクに、ジョーン・キューザックの出演が決まったようだ。
先日放送されたTV映画"Martin and Lewis"でジェリー・ルイスを演じたショーン・ヘイズについて、試写を見たジェリー・ルイス本人は、彼を絶賛したようだ。
人気TVシリーズ"Jackass"(2000年〜)の真似をして、先週、オハイオ州の大学生がピックアップ・トラックから落ちて死亡した事件について、主演するジョニー・ノックスヴィルは「亡くなったお子さんの家族のことは気になりますが、我々はこういったことを防ぐために最大限の努力をしてきた」と語ったようだ。
  11/28
30分の未公開シーンを加えた「ロード・オブ・ザ・リング」("The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring")の特別完全版上映会が29日深夜、丸の内プラゼールで行われるようだ。
大森一樹監督「T.R.Y.」の完成披露試写会が27日都内で行われ、主演の織田裕二らが舞台挨拶に立ったようだ。
日本人アマチュア天文家が94年に発見した小惑星が、"Totoro"、"Miyazakihayao"と命名されたようだ。
新作"Solaris"について、スティーヴン・ソダーバーグ監督は「ジョージ・クルーニーのお尻を語らずして、宇宙を語ることは難しい」と発言したとか。
スティーヴン・セガールついて否定的な記事を書いた記者への嫌がらせに関与した疑いが持たれ、先日、武器類の不法所持で逮捕されていた映画スター専門の私立探偵が、40万ドルの保釈金で保釈されたようだ。
米AT&T Wirelessは、携帯電話向けコンテンツ配信事業で、米Sony Pictures Digital Entertainmentと提携したようだ。「トリプルX」("XXX")や「スチュアート・リトル2」("Stuart Little 2")などの作品の着メロやゲームなどが提供されるらしい。
東映の2002年9月中間期連結決算が発表され、純利益は前年同期比20%減の11億円となったようだ。下期は「仔犬ダンの物語」で興収15億円、「T.R.Y.」で30億円、アニメ「ワンピース」で20億円を目標として掲げているらしい。
米New Line CinemaとVerizon Wirelessは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのプロモーション契約を結んだようだ。
飯田譲治監督「ドラゴンヘッド」のウズベキスタン・ロケを終えた妻夫木聡とSAYAKAが27日帰国したようだ。
ゴア・ヴァービンスキー監督「ザ・リング」("The Ring")に登場する、"例のテープ"がインターネットでチャリティ・オークションにかけられているようだ。競売価格は187ドル50セントとか。
品川プリンスホテルで開催中の「HOLLYWOOD LEGENDS」に出演中のエルヴィス・プレスリー(のそっくりさん)は、娘リサ・マリーの離婚について「ショックだ。オレは一言も相談を受けてないぜ」と語ったようだ。
第27回報知映画賞が27日発表され、最優秀作品賞に「たそがれ清兵衛」が選ばれた他、監督賞と主演女優賞に同作品の山田洋次と宮沢りえがそれぞれ選ばれたようだ。また、主演男優賞に「ハッシュ!」の田辺誠一、最優秀新人賞に「ミスター・ルーキー」の長嶋一茂、洋画部門最優秀作品に「モンスターズ・インク」が選出された模様。
アンジェリーナ・ジョリーが、リバプールの小児病院に5万ポンドの寄付を申し出たようだ。養子に迎えたマドックスちゃんが軽い怪我で入院した時の対応が良かったからだとか。
アルフレッド・ヒチコック監督「見知らぬ乗客」("Strangers on a Train",1951年)が、アントワン・フークア監督により再映画化される模様。
マドンナが歌う"Die Another Day"のテーマについて、エルトン・ジョンは「007シリーズの歴代テーマソングの中でも最悪だ」と語ったらしい。
映画サイトFilm Threatが選ぶ「もっとも寒い芸能人50人」("Frigid 50")が発表され、今年はラッセル・クロウが第1位に輝いたようだ。
  11/29
ヤフーは、Yahoo! BB会員を対象にした、7人の監督が手掛ける短編オムニバス「Jam Films」のオンライン試写会を、来月25日と26日に開催するようだ。
来年1月14日放送のNHK衛星第2「駆けよ、バンツマ(仮題)」の収録が28日都内で行われ、田村高廣、田村俊麿、田村正和、田村亮の4兄弟が揃って参加したようだ。
ハワイが舞台ののディズニー・アニメ「リロ&スティッチ」("Lilo & Stitch")とハワイ観光局は、共同プロモーションを展開すると発表したようだ。
現在製作中のジョニー・トー監督の新作「百年好合」が、中国大陸で来年の正月映画として公開されるようだ。
「赤い風車」("Moulin Rouge",1953年)、「惑星X悲劇の壊滅」("Queen of Outer Space",1958年)、「名犬ウォン・トン・トン」("Won Ton Ton, the Dog Who Save Hollywood",1983年)などの作品で知られる、ハンガリー出身の女優ザ・ザ・ガボール(Zsa Zsa Gabor)が27日、自動車事故で重傷を負った模様。
ナンシー・マイヤーズ監督、ジャック・ニコルソン主演によるタイトル未定のコメディで、ダイアン・キートンの共演が決まった模様。
ティム・ウィントンのベストセラー小説"Dirt Music"が、フィリップ・ノイス監督、ニコール・キッドマン主演で映画化されるようだ。
ジェシー・ディラン監督による「アメリカン・パイ」シリーズ第3作"American Wedding"に、ティム・アレンの出演が決まったようだ。
  11/30
社会福祉法人「ありのまま舎」が製作した、筋ジストロフィー患者を主人公にしたアニメーション映画「明日の風に向かって」が来月3日から、全国5都市で上映されるようだ。
第1回日本DVシネマ大賞の授賞式が29日都内で行われ、大賞に清水健太郎主演「首領への道シリーズ」が選ばれたほか、最優秀作品賞に竹内力主演「ミナミの帝王シリーズ」、主演男優賞に哀川翔、主演女優賞に中島宏海がそれぞれ選ばれたようだ。
「Jam Films」の1編で篠原哲雄監督が手掛けた「けん玉」の試写会が29日都内で行われ、篠原涼子らが出席したようだ。
アンディ・ラウ、セシリア・チャン、アンソニー・ウォン、リー・ビンビンらが共演する大型時代劇「老鼠愛上猫」が、正月映画として中国で公開されるようだ。
「過去をもつ愛情」("Les Amants Du Tage",1954年)、「好奇心」("Le Souffle Au Cceur",1971年)、「ライオンと呼ばれた男」("Itineraire D'un Enfant Gate",1988年)などの作品で知られる、仏俳優のダニエル・ジェラン(Daniel Gelin)さんが29日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ダミアン・ハースト、ステラ・マッカートニー、ケン・ローチらの著名人から学生まで、様々な作者によるはがき大の作品1400点の展示会がロンドンで開催中のようだ。一律35ポンドで販売されているものの、購入して裏を見るまで、誰の作品かは分からないらしい。
交通事故で重傷を負った女優のザ・ザ・ガボールについて、8人目の夫プリンツ・フレデリック・フォン・アンハルト氏は「今朝は気分が幾分良くなったようだ。足も動かせる。肺も、頭も、心臓も大丈夫。怪我や骨折もしているけど、彼女はきっと回復する」と語ったようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")のオーストラリアでの公開が28日スタート、初日興収は230万ドルに達し、「賢者の石」の217万ドルを越える、同国史上4番目の記録となったようだ。
崔洋一監督「刑務所の中」公開にあわせ、渋谷パルコ・パート1のカフェ「マーヴェラス」のランチメニューに実際の刑務所の食事が加わったらしい。結構ヘルシー、とか。
クァク・ジェヨン監督「猟奇的な彼女」プロモーションのため、出演のチャ・テヒョンが来月3日に来日するようだ。主演女優のチョン・ジヒョンにも来日を依頼しているとか。
スティーヴン・ソダーバーグ監督は、新作"Solaris"の主演に当初ダニエル・デイ=ルイスを起用する予定だったものの、「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")の撮影で忙しく断念した、と語ったようだ。
ジリアン・アンダーソンが、ロンドンで上演中の舞台"What The Night is For"に出演したようだ。出演後「最初の数シーンは最低だった。第2幕はマシだったけど、緊張して硬くなってしまった」と語ったとか。