シネマトピックス(2002年7月)
[ 2001 | 2002 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2003 | LastTopics ]
  7/1
ソニー1日、は4-6月期連結決算の営業損益が黒字化するとの見通しを発表したようだ。「スパイダーマン」のヒットなどによる映画部門の好調さが貢献したようだ。
ワーナー・マイカル・シネマズの全国共通映画鑑賞券の購入が、ファミリーマートのFamiポートで可能になったようだ。
「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神」公開を記念して20日からスタートする「ポケモンクルーズ」の就航イベントが、6月30日横浜大桟橋で行われたようだ。宮迫博之、山田花子らが出席したらしい。
第24回モスクワ国際映画祭が開催され、魚喃キリコのコミックを映画化した、安藤尋監督「blue」に主演した市川実日子が最優秀女優賞を獲得したようだ。
米ワーナー・ブラザーズは、「オーシャンズ11」("Ocean's Eleven")、「ソードフィッシュ」("Swordfish")など7本の映画のTV放映権を、米TBSとTNTに、あわせて5500万ドルで譲渡したようだ。
ラリー・チャールズ監督、ボブ・ディラン主演の"Masked and Anonymous"に、エド・ハリスとジョヴァンニ・リビージの出演が決まったようだ。このほかブルース・ダーン、ヴァル・キルマー、チーチ・マリン、クリス・ペン、ミッキー・ローク、クリスチャン・スレイターらも脇役で出演するらしい。
米MGMは30日、海外販売・配給担当重役に、昨年就任したばかりのロバート・レヴィンに代えて、元ユニバーサル・ピクチャーズ代表取締役のピーター・アディを迎えた、と発表したようだ。「ローラーボール」("Rollerball")などの失敗に、製作費1億2000万ドルを投じた「ウィンドトーカーズ」("Windtalkers")の不振が重なったことが、今回の人事につながったようだ。
エルヴィス・プレスリー"A Little Less Conversation"のリミックス・バージョンは、全英ヒットチャート3週連続1位を獲得したようだ。
アダム・サンドラー主演のコメディ"Mr. Deeds"の全米公開がスタートし、週末興収3760万ドルで1位となったようだ。
ロブ・シッチ監督「月のひつじ」("The Dish")の日本語吹替版特別試写会が6月30日都内で行われ、マリアンらが出席したようだ。
第11回あおもり映画祭が「第2章-おいしい才能をさがせ-」をテーマに、10日からスタートするようだ。豊川悦司主演「ドッグ・スター」、相米慎二監督「風花」などが上映されるらしい。
アシュレイ・ジャッドとサミュエル・L・ジャクソンが、フィリップ・カウフマン監督のサスペンス"Blackout"で共演するようだ。
ジム・キャリー主演か?とお伝えしたジョエル・シュマッカー監督のサスペンス"Phone Booth"は、コリン・ファレルが主演するようだ。
ローランド・エメリッヒは、地球温暖化をテーマにした超大作"The Day After Tomorrow"の監督を務めるようだ。デニス・クエイドの主演が予定されているらしい。
ハーレイ・ジョエル・オスメントの新作は、ティム・マッキャンリーズ監督・脚本の"Secondhand Lions"になる模様。ロバート・デュヴァルとマイケル・ケインが共演するようだ。
  7/2
富士写真フイルム株式会社は、カラー8mmムービー用フィルム「フジクロームR25N」「フジクロームRT200N」の価格を来月1日より、それぞれ1,560円と1,920円に改訂する、と発表したようだ。
恐喝などの容疑で逮捕されていた杉浦太陽が処分保留で釈放となったものの、「ウルトラマンコスモス」は既に番組が終了しており、再開はないようだ。また、「劇場版ウルトラマンコスモス2 ブループラネット」についても、配給元の松竹は、出演シーンのカット作業が進行中で、編集前の作品を上映するか、今後検討に入るようだ。
ポール・マザースキー監督の新作コメディ"Coast to Coast"で、リチャード・ドレイファスとジュディ・デイヴィスが夫婦役で共演することが決まったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、ノミネートの発表から授賞式までの期間を短縮し、2004年から授賞式を2月下旬に開催することを決めたようだ。
ブルース・リーの死後に完成した遺作「死亡遊戯」("Game of Death",1978年)の製作にまつわるTVドキュメンタリー"Bruce Lee: A Warrior's Journey"が2日、米AMCで放送されるようだ。リーの弟子で同作で共演した元NBA選手カリーム・アブドゥル=ジャバーらが出演、30分の未公開シーンも放映されるらしい。
ウディ・ハレルソンが、ロンドンのタクシー運転手に訴えられていた裁判は、ハレルソンがタクシーの修理代550ポンドを支払ったことから、タクシー運転手は起訴を取り下げたようだ。
夏公開の「仮面ライダー龍騎EPISODE FINAL」で、加藤夏希が、シリーズ初の女性ライダー「仮面ライダーファム」として登場するらしい。
セックス・ピストルズの元ヴォーカル、ジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)の自伝小説を元にした映画が製作されるようだ。ペネロープ・スフィーリスが監督を務める模様。
クリント・イーストウッド監督の次回作は、デニス・ルヘインのスリラー小説「ミスティック・リバー」("Mystic River")の映画化になるようだ。ショーン・ペンとケヴィン・ベーコンの出演が予定されているらしい。
「ピーターパン」の原作者ジェイムズ・バリーの半生を描く、マーク・フォースター監督、ジョニー・デップ主演の"J.M. Barrie's Neverland"に、(かつてフック船長を演じたこともある)ダスティン・ホフマンが出演するらしい。
クリス・ロックに女の子が誕生したようだ。ローラ・シモーヌと名付けられたらしい。 [☆希望通りの女の子]
以前お伝えした「グラディエーター」("Gladiator")の続編企画は、前作の15年後の設定で、(当然)ラッセル・クロウは登場しないようだ。
"Confessions of a Dangerous Mind"で初監督を務めたジョージ・クルーニーは、全部自分でやらなきゃいけないのは大変でもうやりたくない、と言っているらしい。
3日に40歳を迎えるトム・クルーズの誕生日パーティが、サンタモニカ航空博物館を貸し切りにして、200人以上を招いて盛大に行われたようだ。
29日行われた「メン・イン・ブラック2」先行オールナイトは、興収1億2500万円を記録したようだ。
米ABCは、50才の誕生日を迎えたクリストファー・リーヴをとらえるドキュメンタリー番組を、この秋に放送するようだ。
米FOXテレビは「ロッキー・ホラー・ショー」("The Rocky Horror Show")をTV映画化する、"Rocky Horror Birthday Show"を製作するようだ。ステファン・エリオットが監督を務める模様。
「最終絶叫計画」("Scary Movie")の脚本・主演を務めたマーロン・ウェイアンズの次回作は、クンフー映画のパロディ"Kung Fu Theater"になるようだ。監督は、パフ・ダディらのミュージック・ビデオで知られる、ニック・クエステッドが務めるようだ。
米TVガイドのアンケート調査によると、先日離婚したジェニファー・ロペスについて、ファンの73%は、元恋人のショーン・コムズとよりを戻して欲しくないと答えたようだ。また、ブリトニー・スピアーズについても、59%がジャスティン・ティンバーレイクの元に戻るのを見たくないと答えたらしい。
  7/3
20世紀初頭のコメディー映画監督マック・セネットの生涯を描く、宝塚歌劇団月組東京特別公演「SLAPSTICK」の舞台げいこが3日、日本青年館ホールで行われたようだ。主演は霧矢大夢が、相手役は紫城るいが務めるらしい。
篠原哲雄監督「命」の完成披露試写会が2日都内で行われ、江角マキコ、豊川悦司らが舞台挨拶に立ったようだ。
ジョン・ウー監督は、いつか「三国演義」や孫文など中国の歴史を題材にした映画を撮ってみたい、と語ったようだ。
米映画芸術科学アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)は、年毎に長くなる授賞式の時間を短くするため、各種名誉賞の選考条件を厳しくし、来年の第75回アカデミー賞授賞式以降は名誉賞の授与を毎年1つか、多くても2つにするようだ。
米ワーナー・ブラザースは"Looney Tunes"の劇場用短編アニメーションを製作すると発表したようだ。「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")などの作品と同時上映されるらしい。
9月に開催される第27回トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)のオープニング作品は、アトム・エゴヤン監督"Ararat"に決まったようだ。また、韓国映画8作品が上映されるらしい。
英国週末興収は「スパイダーマン」("Spider-Man")が3週連続1位を獲得したようだ。一方「エピソード2」は1ランクダウンの3位となった模様。
クリント・イーストウッド監督作"Mystic River"に、ローレンス・フィッシュバーンの出演が決まったようだ。ブライアン・ヘルゲランドが演出を担当し、イーストウッド自身も出演する模様。
来春公開予定の磯村一路監督、木村佳乃主演「船を降りたら彼女の島」に、「新ウナコーワクール」のCMで話題(?)のサエコ(道休紗栄子)が出演しているようだ。
第2回BET賞(Black Entertainment Television Award)授賞式が行われ、最優秀女優賞に「チョコレート」("Monster's Ball")のハル・ベリー、最優秀男優賞に「アリ」("Ali")のウィル・スミスが選ばれたようだ。
ロン・ハワード監督の新作"The Alamo"の主演は、結局ラッセル・クロウに決まったようだ。イーサン・ホークも出演するらしい。
ウェス・クレイヴン監督の次回作は"The Waiting"というサスペンス・スリラーになるようだ。
大森一樹監督「T.R.Y.」の製作発表が3日都内で行われ、出演の織田裕二、シャオ・ビン、ソン・チョンミン、黒木瞳、渡辺謙らが出席したようだ。
ニコラス・ケイジの1989年型ポルシェ911を盗んで湖に沈めた米空軍下士官に対する軍法会議が先週行われ、有罪が確定したようだ。
トム・アーノルドが、恋人のシェルビー・ルースと結婚したようだ。アーノルドは3度目の結婚とか。
  7/4
東映アニメーションは、コンテンツジャパンと提携し、同社保有のアニメ作品をFlashアニメ化して有料配信する、と発表したようだ。第一弾として「銀河鉄道 999」の配信が9月よりスタートする模様。
来春公開に向けて製作中の蜷川幸雄監督「青の炎」で、主演二宮和也と、義父役の山本寛斎の対決シーンの撮影が行われたようだ。寛斎は殺されてしまうらしい。
杉浦太陽の不起訴処分が確定したようだ。毎日放送は、未放送の「ウルトラマンコスモス」16回分について、「放送することも含めて検討している」と発表した模様。
Yahoo! BB ムービーで、小池栄子、北川えり、勝村美香が主演する短編「シスターBOMBER!」が、18日から有料配信されるようだ。
スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが製作総指揮を務めたTVドラマ「バンド・オブ・ブラザース」("Band of Brothers")のWOWOW独占放送をPRする、バンド・オブ・シスタースの結成出陣式が3日都内で行われたようだ。 [☆なんじゃそりゃ?]
ニューイングランドにある米国最大の精子銀行の所長が語ったところによると、独身女性では、希望する精子提供者の特徴として、マット・デイモンをリクエストする人が一番多いとか。ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジェイムズ・ディーンも人気があるらしい。 [☆美容院じゃないんだから・・・]
シャーリーズ・セロン、マーク・ウォールバーグ共演"The Italian Job"に、ドナルド・サザーランドの出演が決まったようだ。
以前お伝えした「ピンクパンサー」のブロードウェイ・ミュージカル化は、映画版と同じくヘンリー・マンシーニが音楽を手がけるようだ。 [☆おなじみのあの曲が流れるってことですね]
ジュリア・ロバーツが3日、彼女の自宅で、カメラマンのダニエル・モダーと結婚式を挙げたようだ。
  7/5
「エピソード2」関連商品を販売するトミーの株価が7日連続の大幅続伸を記録し、5日の終値は前日比115円の1,705円となったようだ。
マーティン・スコセッシ監督「ギャング・オブ・ニューヨーク」("Gangs of New York")の1分54秒の最新予告篇が、6日より全国松竹・東急系劇場で上映されるようだ。予告篇としては最大規模の約1000本のフィルムが用意されているとか。
デヴィッド・リンチ監督「エレファント・マン」("The Elephant Man",1980年)が、藤原竜也主演で舞台化されるようだ。
来年2月公開の長澤雅彦監督「13階段」に、反町隆史が主演することが決まったようだ。山崎努らが共演する模様。
着信メロディ配信サイト「40メロミックス」で、水野晴郎の着信ボイスの提供が開始されたようだ。「いやぁ、電話って本当にいいもんですねぇ」など数種類が用意されているとか。 [☆う、う〜ん・・・]
ターセム監督、ニコラス・ケイジ主演かと噂されていた、DCコミック「ヘルブレイザー」("Hellblazer")の映画化"Constantine"は、キアヌ・リーヴスが新たな主演候補に挙がっているようだ。
ボー・ウェルチ監督、マイク・マイヤーズ主演の"The Cat in the Hat"に、スペンサー・ブレスリンの出演が決まったようだ。
9月に開催されるTemecula Valley International Film & Music Festivalで、長年の貢献を讃え、ウィリアム・シャトナーに生涯功労賞が贈られるようだ。シャトナーが監督・脚本を手がけたSFドラマ"Groom Lake"も上映されるらしい。
"Jay and Silent Bob Strike Back"で共演したシャノン・エリザベスとジョセフ・ライトマンが、先月15日にメキシコで結婚式を挙げていたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー主演「ターミネーター3」("Terminator 3: Rise of the Machines")の日本公開日が来年の7月12日に決定した模様。13日から2万枚限定のDVD付き前売り券が発売されるようだ。
  7/6
「ハリー・ポッター」を題材とする教材の販売中止を求めて、AOLタイムワーナーがドイツの出版社を訴えていた裁判で、ベルリン地裁は5月の判決を覆し、登録商標の侵害には当たらない、との判決を下したようだ。
「メン・イン・ブラック2」("Men in Black II")の全米公開が3日スタートし、公開2日間の興収は3600万ドルに達したようだ。7日までの週末興収は、最終的に8500万ドルから9000万ドルに達する模様。
真宗大谷派製作のアニメーション映画「蓮如物語」(1998年)の分配金を、大谷派が、松方弘樹が代表を務める松プロダクションに求めている民事訴訟の第9回口頭弁論が5日、京都地裁で行われたようだ。「チケット100万枚の販売を約束した」と主張する松方側に対し、大谷派側は「書面での契約ではない」と反論したらしい。 [☆某氏大絶賛、オールスターキャストの声優陣・・・見逃したぁ〜]
来月公開予定のキャロル・ライ監督「金魚のしずく」("Glass Tears")プロモーションのため、主演のゼニー・クオックが来日したようだ。
中国のパラダイス・フィルム・ショー・マネジメント社は、2月にオープンした上海市最大級の1400席の映画館の株を米ワーナー・ブラザーズに売却する、と発表したようだ。
「真昼の決闘」("High Noon",1952年)をはじめ数多くの作品に出演したメキシコの女優ケティ・フラドさんが5日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ディーン・マーティン、シャーリー・マクレーン共演の「果てしなき夢」("Career",1959年)や、大ヒットしたTVドラマ・シリーズ「ルーツ」("Roots",1977年)などの作品を手がけた、脚本家のジェイムズ・H・リーさんが2日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  7/7
井筒和幸監督は、TBSが19日から放送する全4話のドラマ「はたらきモン!」で、演出を務めるらしい。
光石富士朗監督「おぎゃあ。」が初日を迎え、主演の岡本綾が舞台挨拶に立ったようだ。
平山秀幸監督「笑う蛙」が6日初日を迎え、長塚京三らが舞台挨拶に立ったようだ。この日57歳の誕生日を迎えた長塚は「今後は好きな監督と好きな仕事しかしない」と語ったとか。
「それ行け!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ」の完成披露試写会が6日都内で行われ、声優を務めた黒木瞳、小池栄子らが出席したようだ。
中国ではすでに13のデジタル映画館があり、2003年末までに100館が建設される予定とか。デジタル編集で製作された中国映画「天上草原」の公開もスタートしたようだ。
英国で、ヒトラーに扮した喜劇俳優が登場して「1つの人民、1つの帝国、1つのユーロ」と叫ぶ映画館向けのCMが製作され、ユダヤ人団体から反発を受けているようだ。CMは、ユーロ導入に反対する超党派グループが製作したものとか。
バリー・ソネンフェルド監督「メン・イン・ブラック2」の日本公開が全国450スクリーンでスタート、観客動員数は初日だけでも20万人を見込んでいるようだ。
「エピソード2」の先行オールナイトが6日、全国596スクリーンで行われ、有楽町の日劇1では長蛇の列ができたようだ。
「影なき狙撃者 (失われた時を求めて)」("The Manchurian Candidate",1954年)、「終身犯」("Birdman of Alcatraz",1962年)などの作品で知られる、映画監督のジョン・フランケンハイマーさんが6日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  7/8
ぴあは10月に開催される「第15回東京国際映画祭」で、NTTドコモ「504i」シリーズの赤外線通信機能を利用した電子入場サービスを提供するようだ。
まもなく公開の「スチュアート・リトル2」のCMソングを松田聖子が歌うようだ。作詞作曲も手がけたとか。
「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」の特別試写会が7日都内で行われ、優香が舞台挨拶に立ったようだ。
不起訴処分となった「ウルトラマンコスモス」主演の杉浦太陽が8日都内で記者会見を行った模様。同席した円谷一夫は「早くコスモスとムサシを復活させたい」と語ったほか、松竹の久松猛朗映画部長も映画版について「できればオリジナル版で公開したい」と発言したようだ。
米FOXネットワークとTBSは、全米公開中のアダム・サンドラー主演のコメディ"Mr. Deeds"のTV放映権を、米国興行収入の17%で獲得したようだ。公開2週目の興収はすでに7400万ドルに達しており、FOXとTBSは最終的に2000万ドル以上を支払うことになる模様。
米USAネットワークは、「スパルタカス」("Spartacus",1960年)と「パピヨン」("Papillon",1973年)をTVミニシリーズとしてリメイクするようだ。
リチャード・ウィドマークは、「ノックは無用」("Don't Bother to Knock",1952年)で共演したマリリン・モンローについて「彼女のことは好きだったが、共演相手としては最悪だった」と語ったようだ。一方「折れた槍」("Broken Lance",1954年)でのスペンサー・トレイシーとの共演は「アイススケートのようにとてもスムーズだった」とか。
エルヴィス・プレスリー"A Little Less Conversation"のリミックス・バージョンが、英国ヒットチャートで4週連続1位となった模様。W杯の広告キャンペーンで繰り返し使用されたことが、ヒットを後押ししたようだ。
3日全米公開がスタートした「メン・イン・ブラック2」("Men in Black II")の7日までの興収は、「インデペンデンス・デイ」("Independence Day")の8500万ドルの記録を超え、独立記念日を含む週末としては史上最高の9000万ドルに達した模様。「3」実現の可能性も出てきたようだ。
「スパイダーマン」("Spider-Man")の全米興収が、公開66日で4億ドルを突破し、史上1位の「タイタニック」の記録と並んだようだ。
現在シネセゾン渋谷で公開中の「es[エス] 」("Das Experiment")は、20日より新宿テアトルタイムズスクエアでも公開されることが決まったようだ。
エボラ・ウィルスの恐怖を描いたリチャード・プレストンのノンフィクション小説「ホット・ゾーン―恐怖! 致死性ウイルスを追え!」("The Hot Zone")の映画化が実現する模様。デヴィッド・シーゲルとスコット・マクギーが監督を務めるようだ。
来年2月に公開予定の、ベン・アフレック主演による人気コミックの映画化"Daredevil"の続編製作が早くも決定した模様。
日米で大ヒット中の「メン・イン・ブラック2」の冒頭で、雑誌の記事に載ったスティーヴン・スピルバーグの写真にエイリアンがつばを吐きつける、というシーンがあったものの、カットされてしまったらしい。 [☆DVDで見られるかな?]
トム・ハンクスは「トイ・ストーリー3」にも出演したい、と言っているようだ。
立川志らく監督、蛭子能収主演「SF小町」が完成、志らくの独演会「シネマ落語」で上映されているようだ。吉行和子、ミッキー・カーチスらに加え、大林宣彦も総理大臣役で出演しているらしい。
日本映像ソフト協会発表の売上速報によると、全ビデオソフトの5月度実績は、本数が前年同月比36.4%増の789万3,000本、金額で25.3%増の277億8,800万円と、大幅増を記録したようだ。5月に発売された「ハリー・ポッターと賢者の石」が貢献した模様。
「千と千尋の神隠し ビデオ&DVD発売記念 おにぎり気球イベント 〜7.7 in渋谷プラザ」が開催されたようだ。当日は風が強く、残念ながら予定されていた「おにぎり気球」の体験飛行は中止となったらしい。
  7/9
シャロン・ストーンは、冷戦中に英国とロシアの二重スパイとして暗躍したキム・フィルビーの妻を描く実話の映画化"A Different Loyalty"で、ルパート・エヴェレットと共演するようだ。また、テキサスを舞台に家族を描くドラマ"Liar's Club"にも出演する模様。
「ピノキオ」("Pinocchio",1938年)をはじめ数多くのディズニー・アニメーションを手掛けた、アニメーターのウォード・キンボールさんが8日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember")に出演するデスティニーズ・チャイルドのビヨンセ・ノウルズは、「芸能界はクレイジーで、本当にタフでないとやっていけない。他人に勧めるような職業じゃない。」と発言したようだ。
米国での今年のDVDプレイヤーの販売台数は、前年同期比39%増の490万台に達したようだ。
「スパイダーマン」「メン・イン・ブラック2」などの大ヒットにより、米ソニー・ピクチャーズの今年の興収は7日までに9億6500万ドルに達し、まもなく10億ドルを突破するようだ。映画スタジオ各社の年間興収では、米ソニー・ピクチャーズが1997年に記録した12億6000万ドルが最高であり、今年はその記録が大幅に更新される模様。
1950年代から60年代にかけて、マーロン・ブランド、ハンフリー・ボガート、エリザベス・テイラー、オードリー・ヘプバーンら往年の映画スターたちの素顔を捕らえてきた、写真家のシド・アヴェリーさんが1日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
近未来のアジアの架空都市を舞台にした、瀬々敬久監督の新作「MOON」で、hydeとGacktが共演するようだ。豊川悦司、石橋凌、鈴木杏、山本太郎らが共演し、来春公開予定とか。
7日チェコで開催された第37回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のコンペティション部門に、辻仁成監督作品「フィラメント」が出品され、辻監督は中山美穂と共に会場を訪れたようだ。
「第15回東京国際映画祭」のオープニング作品は、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演「マイノリティ・リポート」("Minority Report")に決定した模様。両氏の来日も予定されているようだ。
マックジーは、秘密探偵事務所を舞台にしたTVシリーズ"Fastlane"の監督と脚本を務めるようだ。ピーター・ファシネリ、ティファニー=アンバー・ティーセンらが出演し、米FOXネットワークで9月から放映される模様。
ラッセル・クロウとイーサン・ホークの共演が決まっている"The Alamo"から、ロン・ハワード監督が降板したようだ。
クラーク・ジョンソン監督、サミュエル・L・ジャクソン主演の新作"S.W.A.T."に、コリン・ファレルの出演が決まったようだ。
マーティン・クルーズ・スミスのミステリ小説「ローズ」("Rose")が映画化される模様。ミラマックスは、"Blue Car"(2002年)で監督デビューしたカレン・モンクリーフを監督に起用するようだ。
近松門左衛門作「冥途の飛脚」の文楽人形をモチーフにした、北野武監督の新作「Dolls」が完成した模様。すでに、イタリア、カナダ、スイスなど世界12カ国での公開が決定しているようだ。
マシュー・マコノヒーは、新作"Reign of Fire"の取材中、心臓発作で倒れたスタッフの一人に人工呼吸を施し、命を救ったようだ。
ユアン・マクレガーは、ジョージ・ルーカスの勧めで禁煙しているらしい。
先月26日と今月6日に行われた「エピソード2」の先行オールナイトで、興収は6億3978万1750円、観客動員数は39万9510人に達し、興収は「エピソード1」対比117%で、また、観客動員数も「ミッション:インポッシブル2」の記録を抜いて、先行オールナイト史上最高記録を達成したようだ。
「ハリー・ポッター」シリーズ第5作「ハリー・ポッターと豹竜走」が中国で出版され、ベストセラーとなっているらしい。偽作のようだ。
新作コメディ"The New Guy"にもカメオ出演しているデヴィッド・ハッセルホフは、アルコール依存症治療のため入院したようだ。
米国公開中のコメディ"Sunshine State"について、ジョン・セイルズ監督は「2000年の大統領選挙の混乱が、長年温めてきたアイデアに焦点を合わせてくれた」と語ったようだ。
トップ・アスリート達を表彰する第10回ESPY賞授賞式の司会を務めるサミュエル・L・ジャクソンは、俳優とアスリートの違いについて「彼らは物事をより深刻に捉えるみたいだ。ESPNが悪く言ったからという理由で、何人かのアスリートは出席を断ったらしいよ。俳優はいつも批判や拒絶にさらされているけど、いちいち気にしたりしない。」と語ったようだ。
先月発売された「ビバリーヒルズ・コップ3」のDVDに日本語音声が入っていなかったようだ。
バンダイビジュアル株式会社は、「ウルトラマンコスモス」DVDの発売を再開すると発表したようだ。
  7/10
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が、韓国で「千と千尋の行方不明」のタイトルで公開され、公開10日間の観客動員数が56万人を突破したようだ。韓国には「神隠し」に相当する言葉がないらしい。
森田宏幸監督「猫の恩返し」の完成会見が9日都内で行われ、池脇千鶴、丹波哲郎らが出席したようだ。
「マルサの女」のモデルで、同映画に宮本信子の演技指導としても参加した斉藤和子が、東京・小石川の税務署長に就任するようだ。
天皇、皇后両陛下は9日、ワルシャワに到着した模様。滞在中にはアンジェイ・ワイダ監督との懇談などが予定されているようだ。
サム・メンデス監督は、まもなく全米公開されるトム・ハンクス、ポール・ニューマン共演のギャング映画「狼は天使の匂い」("Road to Perdition")について、「新しさだけを追い求めると、顔から転ぶことになる。この映画は、ある意味古いスタイルの作品で、あえて新規性を狙ったりしなかった。」と語ったようだ。
"The Matrix Reloaded"の全米公開日が1週間前倒しの2003年5月15日になった模様。米ワーナー・ブラザーズが木曜日に新作をリリースするのは初めてで、「エピソード2」と同様、戦没者追悼記念日の8日前に初日を設定、3200以上のスクリーンで公開をスタートさせるようだ。
スティーヴン・スピルバーグとケイト・キャプショー夫妻は、ロサンゼルスの乗馬クラブに1200万ドルを寄付することで合意したようだ。
Motion Picture Association(MPA)は、アジア地域で大量に製造・販売されている海賊版DVDに対応するため、情報提供者に対する15万ドルの報奨金制度をスタートさせたようだ。
森田芳光監督、中居正広主演「模倣犯」の観客動員数が100万人を突破、9日までに104万5000人に達したようだ。また興収は15億4000万円を記録したようだ。
米動物愛護団体Society for the Prevention of Cruelty to Animals' Los Angeles(SPCA/LA)は、「メン・イン・ブラック2」の影響を危惧しているようだ。子供にパグ犬をねだられたらぬいぐるみを買ってやるよう呼びかけているとか。
ドリュー・バリモアは、TVドラマ・シリーズ「ラヴァーン&シャーリー」("Laverne & Shirley",1976-83年)の映画化を企画しているらしい。
ロバート・アルトマンは、グレタ・ガルボ主演「マタ・ハリ」("Mata Hari",1931年)などで描かれた、女スパイを主人公にしたTV映画"Mata Hari"を監督するようだ。ケイト・ブランシェットの主演も決まったようだ。
ウォルフガング・ペーターゼンは、2004年公開予定の"Batman vs. Superman"の監督を務めることになったようだ。監督はマット・デイモンの出演を希望しているとか。
「波止場」("On the Waterfront",1954年)や「夜の大捜査線」("In the Heat of the Night",1967年)など数多くの作品に出演した、俳優のロッド・スタイガーさんが9日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
サイレント時代のスター、ダグラス・フェアバンクスSr.の遺族は、彼の遺した3000枚以上の写真や200以上の書類などを、米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)に寄贈したようだ。
以前、キース・ムーンの伝記映画のオーディションを受けたとの報道を否定していたマイク・マイヤーズだが、やはりザ・フーのロジャー・ダルトリーにその伝記映画の話を持ちかけていたらしい。ダルトリーも彼の主演に賛成のようだ。
  7/11
ドキュメンタリー映画のロケ中に脳梗塞で死亡したフリーの映画カメラマン瀬川浩の遺族が、「労働者」に当たらないとして労災保険の不支給を決定した新宿労働基準監督署長に対し、その取り消しを求めていた裁判で、東京高裁は11日、遺族の請求を認める判決を下した模様。「最終決定権限は映画監督にあり、報酬も労働期間に基づく賃金の性格が強く、労災保険法の労働者に当たる」とし、一審の判決を覆したようだ。
「劇場版ウルトラマンコスモス2 ブループラネット」オリジナル版の公開が正式に決まったようだ。またTVシリーズの未放送分も、再編集して20日から放送される模様。 [☆いい宣伝になった?]
米ミラマックスは、レゴ社と共同でBIONICLEシリーズの世界をCGで描くアニメーション映画を製作すると発表したようだ。2004年公開予定とか。
「ミラクルアドベンチャー カザーン」("Kazaam",1996年)にも主演した、NBAのスター選手シャキール・オニールは、2人のバスケットボール選手の友情を描くTVドラマを企画しているようだ。いくつかのTVネットワークと交渉中の模様。
ウディ・アレンは、ヴェニスで家を探しているらしい。"Palazzo Dario"と呼ばれる15世紀に建てられた運河沿いの宮殿が気に入っているようだ。ただ、その屋敷の所有者は皆、自殺したり、殺されたりしているとか・・・。
「ピンポン」の試写会が10日大阪市内で行われ、主演の窪塚洋介が舞台挨拶に立ったようだ。ただし、その後予定されていた記者会見は急遽中止となったらしい。
角川出版事業振興基金信託は、映画などの映像コンテンツ事業に出資する「コンテンツビジネス出資プロジェクト」のスタートと、映画の企画や脚本を募集する「日本映画エンジェル大賞」の創設を発表したようだ。
広末涼子は、所属レコード会社ワーナーミュージックとの契約が切れたようだ。今後は女優業に専念するとか。
東京国際ファンタスティック映画祭2002の記者会見が11日渋谷HMVで行われたようだ。いとうせいこうがチーフクリエイターを務める模様。また、連日オールナイトで行われるとか。
本木克英監督「釣りバカ日誌13」の公開日が来月3日から10日に延期された模様。延期は2度目で、現在公開中の「アイ・アム・サム」の大ヒットのあおりを受けたようだ。パンフレット、ポスターも全部刷り直しとか。
第2次ポエニ戦争(紀元前218〜紀元前201年)でローマ軍を敗退させた、カルタゴの将軍ハンニバルを描く映画が企画されているようだ。ヴィン・ディーゼルが主演候補に挙がっているようだ。
ジュリア・ロバーツは、先日行われた結婚式の写真を公開したようだ。
「メン・イン・ブラック2」("Men in Black II")試写会に参加するため、ストックホルムを訪れたウィル・スミスは、劇場近くの広場で、新曲"Black Suits Comin'"やヒット曲のメドレーなど10分間のパフォーマンスを行い、集まった数千人の観客を沸かせたようだ。
007シリーズ最新作"Die Another Day"に、主題歌を歌うマドンナがカメオ出演しているようだ。フェンシングのインストラクター役とか。
米映画協会(Motion Picture Association of America)は9日、先日閉鎖に追い込まれたビデオ・オン・デマンド・サイトFilm88.comの運営会社らを、著作権違反で訴えたようだ。
  7/12
小山ゆうの人気コミック「あずみ」の実写映画化が決まったようだ。北村龍平が監督を務め、上戸彩が主演する模様。
結婚予定と先月報じられた、映画監督の青山真治と女優のとよた真帆が、9日に入籍していたようだ。
ポーランドを訪問中の天皇、皇后両陛下と会談したアンジェイ・ワイダ夫妻が11日記者会見を行った模様。「私にとってうれしいことは、陛下が私の新しい映画『パン・タデウシュ』("Pan Tadeusz",1999年)を知っていたことだ」と語ったようだ。
米CBSは、エンロン社を舞台にしたTVドラマ"The Crooked E: The Inside Story of Enron"の製作を発表した模様。「ウェインズ・ワールド」("Wayne's World",1992年)のペネロープ・スフィーリスが監督を務め、ブライアン・デネヒーが主演するようだ。
かつてハワード・ホークス監督、ハンフリー・ボガート主演で映画化された、ヘミングウェイの小説「脱出」("To Have and Have Not")が再び映画化されるようだ。ベニチオ・デル・トロが主演とプロデュースを務める模様。
カンタス航空の親善大使となったジョン・トラヴォルタが12日、自ら操縦するボーイング707型機で、シドニーに到着した模様。最近、ボーイング747型機のシミュレーター訓練を受けたトラヴォルタは、カンタス航空の一等航空士の資格も得たようだ。
「ジャイアンツ」("Giant",1956年)などの作品で知られる脚本家のアイヴァン・モファットさんが4日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
安藤尋監督「blue」で第24回モスクワ国際映画祭の最優秀女優賞を獲得した、市川実日子の記者会見が11日都内で行われたようだ。「(ロシア語だったので)わけが分からないままトロフィーを受け取っていました」と語ったとか。
主演の杉浦太陽が「ウルトラマンコスモス」の再開を告げるメッセージの収録が11日都内のスタジオで行われたようだ。13日放送の「ウルトラマンネオス」の最後で放送される模様。
伊藤忠商事のメールマガジンサービス「ポケマガ」で、新作映画の画像などを待受画像として無料配信する「エンタメ画像」が17日からスタートするようだ。
アドビ・システムズは、秋公開予定の映画「TAMALA2010 a punk cat in space」の制作に、ほぼ全編で同社製品の「Adobe After Effects」「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」が活用された、と発表したようだ。
サンドラ・ブロックは「結婚はしなくていいけど、子供は欲しい」と言っているらしい。
ロバート・カーライルとアナスタシア夫妻に、女の子が生まれたようだ。アヴァと名づけられたとか。
米CBSは、スーザン・ヴリーランドの小説「ヒヤシンス・ブルーの少女」("Girl In Hyacinth Blue")をTV映画化するようだ。グレン・クローズ、エレン・バースティン、ケリー・マクドナルドらが出演する模様。
ボアズ・イエーキン監督の新作は、ブリタニー・マーフィ主演のコメディ"Molly Gunn"になるようだ。ダコタ・ファニング、ヘザー・ロックリアらが共演する模様。
エリザベス・ハーレーの息子、ダミアン・チャールズ・ハーレーの洗礼式がロンドンの教会で行われ、エルトン・ジョン、ヒュー・グラント、デニス・リアリー、パッツィ・ケンジット、デヴィッド・ベッカム夫妻らが参加したものの、父親と判明したスティーヴン・ビングは現れなかったようだ。
TVシリーズ"The Cosby Show"(1984-92年)や、「ドクター・ドリトル2」("Dr. Dolittle 2",2001年)に出演しているレイヴェン=シモーネ・ピアマンが、米ディズニー・チャンネルのシチュエーション・コメディ"That's So Raven"に主演するようだ。
マシュー・マコノヒー、クリスチャン・ベイル主演のSFアクション"Reign of Fire"のプレミア上映がハリウッドで行われたものの、開演2分前に会場のヒューズが飛んでしまったらしい。45分後、無事再開したようだ。
  7/13
時間や回数を制限可能な有料映像配信サービスが15日よりスタートする模様。ロベルト・ロッセリーニ監督「無防備都市」や、アニメ「釣りキチ三平」などが、1週間300円といった料金設定で配信されるようだ。
アンジェイ・ワイダ監督は、「カチンの森」事件(第2次大戦中、数千名のポーランド将校がロシア軍によって虐殺された事件)を題材とした新作映画を製作すると発表したようだ。
コメディ映画"Cowboys and Indians"のために設立された英国の映画製作会社は、中小企業への投資に対する各種優遇税制からなる「企業投資制度」(Enterprise Investment Scheme)を通して、350万ポンドの出資を募っているようだ。映画は、資金難にあえぐアマチュア・サッカーチーム"Cowboys"が、インド料理のレストランから後援を得ようとして・・・という話らしい。
ロバート・ケネディの娘で、映像作家のロリー・ケネディは、AIDSがもたらす悲劇をとらえたドキュメンタリー映画"Pandemic: Facing AIDS"を製作中のようだ。米HBOで来年放送される予定らしい。
人気格闘家の魔裟斗が、清水厚監督によるアクション映画「武勇伝」で、澤田謙也と共演することが決まったようだ。
12月公開予定の「ゴジラ×メカゴジラ」に、「怪獣大戦争」(1965年)、「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」(1966年)など特撮映画に出演している水野久美が、首相役で登場するようだ。長男の水野純一も出演するらしい。
ゴア・ヴァービンスキー監督「ザ・リング」("The Ring")の予告編が、世界に先駆けて13日から日本全国の劇場で上映されているようだ。
「猫の恩返し」の森田宏幸監督、鈴木敏夫プロデューサーらが12日、大阪市内で記者会見を行ったようだ。
全米公開がスタートしたギャング映画"Road to Perdition"に主演するトム・ハンクスは、6度目のオスカー候補の可能性について「アカデミー賞を狙うには、7月はちょっと早いかな」と、これを否定したようだ。
  7/14
アーウィン・ウィンクラー監督「海辺の家」("Life as a House")の先行試写会が14日都内で行われ、石田純一、水沢アキらも鑑賞したようだ。
「エピソード2」が13日、全国630館730スクリーンで初日を迎え、初日だけで観客動員数80万人、興行収入は11億3000万円に達したようだ。有楽町日劇1では開場までに900人が列を作ったとか。また、すでに15週間のロングランが内定している模様。
TBSが来月27日に放送するドラマ「明智小五郎対怪人二十面相」で、田村正和とビートたけしが共演するようだ。宮沢りえ、西田敏行、黒木瞳、伊東四朗、中尾明慶らも出演するらしい。
「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」が13日初日を迎え、神田うの、釈由美子、優香らが舞台挨拶に立ったようだ。
  7/15
滝田洋二郎監督「壬生義士伝」のオープンセットでのロケが14日茨城県筑波郡で行われ、三宅裕司、中井貴一、中谷美紀、佐藤浩市らが参加したようだ。
14日起こった仏シラク大統領暗殺未遂事件について、「ジャッカルの日」("The Day of the Jackal")の著者フレデリック・フォーサイスは、「群衆の中でライフル銃を使うのはアマチュアのやることで、プロなら拳銃を使っただろう」と語ったようだ。
マット・デイモンとベン・アフレックの企画で昨年行われたコンテスト"Project Greenlight"で次点に選ばれていたブレンダン・マーフィの脚本"Speakeasy"が映画化されたようだ。B・マーフィ自身が監督を務め、デヴィッド・ストラザーン、ニッキー・カット、ステイシー・エドワーズ、クリストファー・マクドナルドらが出演しているらしい。
「オズの魔法使い」("The Wizard of Oz",1939年)が、1998年5月以来4年ぶりに米地上波で放送されるようだ。以前はほぼ毎年TV放送されていたものの、ビデオの普及により視聴率が低下、ここ数年はケーブルテレビだけだったらしい。
「スパイダーマン」("Spider-Man")の米国でのビデオ発売は11月1日になるようだ。米ソニー・ピクチャーズは1億ドルを投じて販促キャンペーンを展開するらしい。
99歳のレニ・リーフェンシュタール監督は、「脊椎の病気で鎮痛剤としてモルヒネを使っているので、頭の中がおかしくなるが、それでも仕事は続けている」と語ったようだ。8月の100歳の誕生日に公開される新作"Underwater Impressions"はDVD化も予定されているとか。
英国ヒットチャートで4週連続1位を記録したエルヴィス・プレスリー"A Little Less Conversation"のリミックス・バージョンが、5週目でついに3位にランクダウンしたようだ。
リチャード・ウィドマークは、ヘンリー・フォンダ、スペンサー・トレイシー、ジェイムズ・スチュワートの3人に、俳優として憧れていた、と語ったようだ。また、最も好きな監督として、主演した「暗黒の恐怖」("Panic In the Streets",1950年)のエリア・カザン監督を挙げ、一方「聖女ジョウン」("Saint Joan",1957年)のオットー・プレミンジャー監督は気難しい人物だった、と述べたらしい。
全米公開中の「メン・イン・ブラック2」("Men in Black II")は、週末興収2500万ドルを記録し、トム・ハンクス主演の"Road to Perdition"を2位に抑え、2週連続1位となったようだ。また「メン・イン・ブラック2」の公開12日間の興収は1億3330万ドルとなり、また「マイノリティ・リポート」("Minority Report")も公開24日目で1億ドルを突破した模様。
12月公開の手塚昌明監督「ゴジラ×メカゴジラ」に登場するメカゴジラは、高さ60メートル、重さ4万トンの多目的戦闘システムという設定で、釈由美子が遠隔操作するらしい。「ロボット工学に基づいた科学的根拠を盛り込んだ」とか。
北野武監督最新作「Dolls」の映像が14日、、マスコミに公開されたようだ。深田恭子が交通事故で顔にけがを負ったアイドル歌手を演じているらしい。
Mercedes-Benzの新しいCMは、マイケル・マンが監督し、ベニチオ・デル・トロが出演しているらしい。アクション大作の予告編風とか。
人気TVドラマシリーズ「タイムマシーンにお願い」("Quantum Leap",1989-93年)が、2時間のTV映画として復活するらしい。
トッド・フィリップス監督、ベン・スティラー主演による「刑事スタスキー&ハッチ」("Starsky and Hutch",1975年)の映画化で、オーウェン・ウィルソンがハッチを演じることが決まったようだ。
アンソニー・ミンゲラ監督の新作"Cold Mountain"撮影のためルーマニアを訪れていたジュード・ロウが、自動車泥棒に間違われたらしい。
ザ・ロックは、新作アクション・コメディで刑事役に挑戦するらしい。
「エピソード2」の公開2日間の興収は16億461万3950円、観客動員数は107万5287人に達し、興収では「ハリー・ポッターと賢者の石」の15億5028万円の記録を更新したようだ。また、12日日本テレビで放送された「エピソード1」の視聴率は21.4%に達したらしい。
  7/16
QuickTime Movie Trailersに、米Akamai Technologiesのプラットフォームとコンテンツ配信サービスが導入されるようだ。
15日行われた、TBSで9月放送予定のドラマ「taskforce」の完成披露試写会に出席した行定勲監督は、中山美穂主演の映画「サヨナライツカ」を降板した経緯について「だれがいい悪いではなく、双方の希望で折り合いがつかなかった。いい脚本だったし、今だにやりたいと思っている」と語ったようだ。
「昭和残侠伝」(1965年)などの作品で知られる、映画監督の佐伯清さんが16日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米国内でのテロを計画したとして起訴されているレオ・フェルトンは、スティーヴン・スピルバーグもテロの標的としていたと供述したようだ。
ヴァンパイアが主人公のコミック・シリーズ"30 Days of Night"が映画化されるようだ。サム・ライミがプロデュースを務める模様。
米ドリームワークスが2005年に公開を予定しているティム・ジョンソン監督によるアニメーション映画"Over the Hedge"で、ジム・キャリーとゲイリー・シャンドリングが声優デビューするようだ。
ザ・ビートルズ主演「ハード・デイズ・ナイト」("A Hard Day's Night",1964年)のDVDが米国で9月に発売されるようだ。リチャード・レスター監督へのインタビューなど6時間の映像特典が付く模様。
ウィノナ・ライダーの弁護士が、メディアに対し不正確な声明を発表しライダーを陥れようとしたとして、ロサンゼルス地方検事の広報担当者を告訴したものの、ビバリーヒルズ裁判所は訴えを退けたようだ。
「タイムマシン」("The Time Machine")プロモーションのためサイモン・ウェルズ監督が来日し、15日都内で記者会見を行ったようだ。「失敗したら、ハリウッドだけでなく家族にまで見放されてしまうかも、という二重のプレッシャーがあった」と語ったらしい。 [☆米国では興行的に成功したとは・・・]
インフォプラントが行った「iモードのクーポン」に関する調査によると、iモードのクーポンを利用してみたい商品・サービスとして、「映画館」が49.5%で最も多かったようだ。
60歳の誕生日を迎えたハリソン・フォードは「インディ・ジョーンズ4」への出演について「年齢は問題ない」と語ったようだ。
ジョエル・シュマッカー監督が手がける「スター誕生」("A Star Is Born")のリメイクで、主演のウィル・スミスは、ジェニファー・ロペスかアリシア・キースとの共演を希望しているようだ。
オフ・ブロードウェイの舞台「ユーリンタウン」("Urinetown")で、ウィノナ・ライダーがスペンサー・ケイデンの代役を務める、という噂があるらしい。舞台の関係者は「そんな話は初めて聞いた」と言っているとか。
先日亡くなったロッド・スタイガーが出演予定だった映画"Constricted"で、マーク・ハミルが代役を務めることになったようだ。
ブルース・ウィリスは、ロンドンのカジノで12万ドルをスっちゃったらしい。
手塚昌明監督「ゴジラ×メカゴジラ」の制作発表が16日都内で行われ、監督のほか釈由美子、宅麻伸、中尾彬らが出席したようだ。
以前お伝えしたとおり、20世紀FOXによる「エイリアンVS.プレデター」("Alien vs. Predator")の監督と脚本はポール・W・S・アンダーソンに決定した模様。ある惑星を訪れた科学者がプレデターを誘き寄せようとエイリアンの卵を孵化させ・・・という展開になるらしい。
米Comedy Centralとデニス・リアリーは共同で、シリーズ前半でTV番組企画のコンテストを行い、後半でその番組を実際に制作して放送する、というTV番組"Contest Searchlight"を、来月からスターとさせるらしい。
米North Shore Pictures Entertainmentは、ハワイ出身俳優の主演によるカメハメハ大王を主人公とした映画"Kamehameha"の製作を計画しているようだ。同社社長は「当時ハワイの敵だった民族の子孫がカメハメハ大王を演じることはタブーだ」と語り、サモア人とアフリカ系アメリカ人を祖先に持つザ・ロックの主演による米コロンビア・ピクチャーズの同種企画を牽制したらしい。
  7/17
篠田正浩監督の引退作となる「スパイ・ゾルゲ」が、ベルリンでクランクアップしたようだ。
「K-19」("K-19: The Widowmaker")のワールドプレミアが15日ロサンゼルスで行われ、ハリソン・フォードがキャリスタ・フロックハートと共に会場を訪れたようだ。
「夜間飛行」の完成披露試写会が16日都内で行われ、主演の純名りさが舞台挨拶に立ったようだ。
東急電鉄は先月より、列車内や駅構内および東急グループの各施設を、テレビや映画のロケに提供する試みをスタートさせたようだ。今月8日には常盤貴子主演のドラマ「恋愛偏差値」のロケが代官山駅で行われたとか。
20世紀FOXは、「ストーミー・ナイト」("Kaun")のラム・ゴパル・ヴァルマ監督によるスリラーなど、3本のヒンディー語の映画を製作するようだ。
ジュディ・デンチは、英国リーズ大学より名誉文学博士号を授与されるようだ。
スパイク・リーが製作総指揮を手がけるTV映画"Good Fences"で、ダニー・グローヴァーとウーピー・ゴールドバーグが主演と製作を務めるようだ
マイク・フィギス監督の新作スリラー"Cold Creek Manor"は、デニス・クエイドとシャロン・ストーンが共演するようだ。
ライザ・ミネリの私生活を映し出すTV番組を、音楽専門局VH1が企画中のようだ。
スティーヴン・スピルバーグとトニー・トーは、アーサー王と円卓の騎士を描く全8話のTVドラマ・シリーズ"Arthur"の製作総指揮を手がけるようだ。「バンド・オブ・ブラザーズ」("Band of Brothers")も手がけたデヴィッド・リーランドが監督と脚本を担当する模様。
「タイムマシン」("The Time Machine")のプレミア試写会が16日に日本武道館で行われ、辺見えみりがサイモン・ウェルズ監督に花束を贈呈したようだ。辺見えみりは、記者のタイムマシンが使えたら?との質問に「戦国時代で戦を見たい」と答えたとか。
「悪魔のような女」("Les Diaboliques",1955年)や「めまい」("Vertigo",1958年)などの原作で知られる、ピエール・ボワロとトーマ・ナルスジャックの小説「仮面の男」("Maldonne")が映画化されるようだ。デンマーク出身の監督トマス・ヴィンターベアが監督を務める模様。
マイク・マイヤーズが主演候補に挙がっている、キース・ムーンの半生を描く映画にニコラス・ケイジも出演を希望しているようだ。ピート・タウンゼントの役がやりたいらしい。
ウィリアム・H・メイシーが脳性麻痺を患うセールスマンを演じたドラマ"Door to Door"が、14日夜に米TNTで放送され、高視聴率を記録したらしい。
「アモーレス・ペロス」("Amores perros")のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督・脚本による新作"21 Grams"は、米Focus Featuresが製作権を勝ち取った模様。イニャリトゥ監督初の英語作品で、まもなくベニチオ・デル・トロ、ショーン・ペン、ナオミ・ワッツとの出演交渉に入るようだ。
  7/18
石原裕次郎の命日の17日、まき子夫人と石原プロの若手6人が横浜市鶴見区の総持寺を訪れ、約100人のファンと共に墓参したようだ。
戸川純の妹で、「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」などの作品に出演している、女優の戸川京子さんが18日亡くなった(37歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロシアのプーチン大統領は17日、低迷するロシア映画の復興に取り組むよう、シブイトコイ文化相に指示したようだ。
米テレビ芸術科学アカデミーは、今年のエミー賞から新設された双方向TV番組部門の受賞作品に、スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが製作総指揮を務めた「バンド・オブ・ブラザーズ」("Band of Brothers")が選ばれた、と発表したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、1997年以来所属していたWilliam Morris Agencyとの契約を解消したようだ。現在新しいタレント事務所を探しているらしい。
妻パメラ・スティーヴンソンが執筆した、スコットランド出身の俳優ビリー・コノリーの伝記"Billy"が、英国でベストセラーとなっているようだ。 [☆ビリー・コノリーは公開中の「天使にさよなら」にも出演しています]
先月行われた米ロック・バンドKornのニューヨーク・ライヴが、全米37のデジタル映画館で衛生同時中継で上映されたようだ。チケットは10ドル前後で発売され、ほとんどの劇場が満席だったとか。
アンジェリーナ・ジョリーは、米Us Weekly誌へのインタビューで、ビリー・ボブ・ソーントンと4ヶ月前から別居していて、先月3日以降は顔も見ていない、と語ったようだ。 [☆どうしちゃったの?]
黒澤明監督の孫で黒澤優の妹の黒澤萌が、熊井啓監督「海は見ていた」のイメージソングで歌手デビューするようだ。
フランソワ・オゾン監督「まぼろし」プロモーションのため、主演のシャーロット・ランプリングが来日したようだ。
「アバウト・ア・ボーイ」("About a Boy")プロモーションのため、ヒュー・グラントとニコラス・ホルトが来日、17日都内で記者会見を行ったようだ。
ツーカーグループ3社は、浜崎あゆみの新曲「HANABI」採用した新CMを20日から放映するようだ。行定勲が演出を担当したらしい。
17日Macworld Conference & Expo/NewYork 2002で行われたスティーヴ・ジョブスの基調講演の模様が、アイスランドの首都レイキャビクにある映画館で衛星同時中継されたようだ。地元のMacファンが映画館を借り切ったらしい。 [☆新しいiMacも発表されました・・・欲し]
ロンドンで上演中の舞台「青春・最終章〜僕たちの決算」("This is our Youth") に、トビー・マグワイアとレオナルド・ディカプリオが共演か?というウワサが流れているらしい。
2年前にお伝えした、ショーン・コネリーがCIAエージェントを演じる"End Game"の製作がようやくスタートする模様。10月から撮影に入るようだ。
イーサン・ホーク監督「チェルシーホテル」("Chelsea Walls")の特別試写会が17日都内で行われ、叶姉妹らが出席したようだ。
昨年くも膜下出血で入院したシャロン・ストーンは「健康証明書を得た」と、復帰をアピールしたようだ。
株式会社セガ他4社は、店舗向けのビデオ・オン・デマンド・サービス「シネポリス」を発表したようだ。カラオケBOX等の既存店を中心に展開していくらしい。
日本ビクター株式会社は18日、業務用D-ILAプロジェクタ「DLA-QX1」の内覧会を都内で開催したようだ。「星のレストラン」「陽はまた昇る」などの映像がデモに使用されたらしい。 [☆2,048×1,536ドット、7,000ANSIルーメン、コントラスト比1,000:1、お値段4000万円也。]
  7/19
自転車による世界一周を達成した坂本達と、映画監督の龍村仁の対談講演会「自転車に夢を乗せて」が21日都内で開催されるようだ。
篠原哲雄監督「命」の主題歌は、予定通り、安室奈美恵が歌う「Wishing On The Same Star」が使用されるようだ。
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の韓国での観客動員数が、公開3週間の19日までに110万人を突破した模様。
キャサリン・パターソンの短編小説"Poor Little Innocent Lamb"を原作にしたTV映画"Miss Lettie and Me"(仮題)が製作されるようだ。メアリー・タイラー・ムーアの主演が決まったらしい。
アンジェリーナ・ジョリーは、離婚の手続きに入ったようだ。 [☆アンジェリーナは2回目、ビリー・ボブは5回目の離婚ということに・・・]
「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングに対するストーカー行為で、アメリカ人女性が強制送還処分を受けたようだ。
ジョセフ・カーが監督を務めるアクション映画"Torque"に、アイス・キューブの出演が決まったようだ。
ザ・ロックの主演映画第2弾"Helldorado"に、クリストファー・ウォーケン、ショーン・ウィリアム・スコットの出演が決まったようだ。
ペネロペ・クルスは、インドの女性や子供たちを支援するNGO、サベラ財団(Sabera Foundation)の米国支部長に就任するようだ。
2000年10月放送の"60 Minutes"に出演したラッセル・クロウがマルボロのパッケージを持ってタバコを吸うシーンを、オーストラリアのTV局Nine Networkが再放送した問題で、連邦裁判所はタバコ広告規制法に違反するとの判決を下したようだ。
「チェルシーホテル」("Chelsea Walls")プロモーションのため、監督を務めたイーサン・ホークが来日し、19日行われた試写会で舞台挨拶に立ったようだ。
「千と千尋の神隠し」のビデオが19日発売され、初回出荷はDVDとVHSあわせて550万本の過去最高を記録したようだ。なお、ヤマハのDVDプレーヤーの一部で音声が途切れる不具合が発生しているらしい。
  7/20
マンチェスター・ユナイテッドのデヴィッド・ベッカムが、英国映画"Redlight Runners"で、俳優デビューするようだ。デニス・ホッパー、マイケル・マドセンらが共演しているとか。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントと提携し、オリジナルグッズ付き特別鑑賞券を販売しているファミリーマートでは、「スパイダーマン」の売り上げが8万4千枚を記録したようだ。現在、「スチュアート・リトル2」の特製ばんそうこう付き特別鑑賞券を販売中とか。
ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」("Lord of the Rings: The Two Towers")の予告篇の上映が20日より、全国50館の映画館でスタートしたようだ。予告篇は、日本では10月から上映予定だったものの、米国での反響が大きかったことから、配給の日本ヘラルド映画が、急遽上映を早めたらしい。
ジェラール・ランヴァン主演「ル・ブレ」("Le boulet")のミニカーつき特別鑑賞券が20日から発売されるようだ。
米リバーサイド郡上級裁判所は19日、ロバート・ダウニーJr.の保護観察処分の終了を決めたようだ。
1961年にロシアの潜水艦で起こった事件を題材にしたハリソン・フォード主演最新作"K-19: The Widowmaker"に対し、ロシアでは事実と異なると、批判の声が上がっているようだ。
米ユニバーサル・ピクチャーズは実写版「サンダーバード」("Thunderbirds")を企画している模様。「新スタートレック」("Star Trek: The Next Generation")シリーズのライカー副長こと、ジョナサン・フレイクスが監督を務めるようだ。
ニューヨーク市は、公共サービスの電話メッセージの声に、ウーピー・ゴールドバーグ、ヴァネッサ・ウィリアムズらを起用するらしい。
  7/21
「デジモンフロンティア 古代デジモン復活!」が20日初日を迎え、声優を務めた上原多香子が舞台挨拶に立ったようだ。
森田宏幸監督「猫の恩返し」が20日初日を迎え、池脇千鶴、袴田吉彦らが舞台挨拶に立ったようだ。東京の日比谷映画では250人が徹夜で並んだとか。
「THE RED SHADOW-赤影-」にも出演している照英が、「水戸黄門」新シリーズのレギュラーに選ばれたようだ。風の鬼若という忍者の役とか。
「スチュアート・リトル2」が初日を迎え、日本語版の吹き替えを担当した藤原竜也が舞台挨拶を行ったようだ。
NHKは、TVドラマ「ER6・緊急救命室」の第13話(19日放送)と第14話(26日放送)の放送を中止すると発表したようだ。「精神障害に対する誤解や偏見を助長するおそれがある」ためらしい。
香港のピーター・チャン、韓国のキム・ジウン、タイのノンスィー・ニミブットの3人の監督による短編オムニバス「三更」("Three")がタイで公開され、公開3日間の興収は同国史上3位の3200万バーツを記録したようだ。一方、香港では、主演のレオン・ライが死体で横たわるポスターが問題となり、地下鉄駅構内では掲示が禁止されたらしい。
英国政府は1950年代から、チャーリー・チャプリンに対してナイトの爵位授与を検討していたものの、共産主義者とみなしていた米国政府に配慮し、授与を棚上げしていたらしい。
曽利文彦監督「ピンポン」が20日初日を迎え、窪塚洋介、夏木マリらが舞台挨拶を行ったようだ。
  7/22
橋本一監督、高橋克典主演によるシリーズ第11作「新・仁義なき戦い2」に、渡辺謙、坂口憲二、南野陽子、小林稔侍らの出演が決まったようだ。来年1月下旬公開予定とか。
フルCGアニメ「アイス・エイジ」("Ice Age")のプレミア試写会が21日都内で行われ、日本語吹き替えを担当した太田光と山寺宏一が舞台あいさつに立ったようだ。
角川書店は22日、徳間書店の映画製作子会社、大映の映画・ビデオの製作・配給など全事業を、11月に譲り受けるとの方針を発表したようだ。
来月23日から3日間、尾道市で行われる「映画大学」が、参加者を募集しているようだ。山田洋次監督らが講師を務めるらしい。
尾道市で21日、8ミリフィルムカメラによる映画撮影の講座が行われ、市民ら17人が参加したようだ。
米大リーグのヤンキースで投手として活躍し、「ナチュラル」("The Natural",1984年)では、主演ロバート・レッドフォードのコーチを務めたことでも知られる、フランク・シェイさんが19日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロビン・ウィリアムスは21日、フランスのモンバントゥを訪れ、ツール・ド・フランスを観戦したようだ。
全米週末興収は、「スチュアート・リトル2」("Stuart Little 2")が1560万ドルで1位となった一方、ハリソン・フォード主演「K-19」("K-19: The Widowmaker")は1310万ドルで4位と、低調なスタートとなったようだ。
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember")の挿入歌で、デスティニーズ・チャイルドのビヨンセ・ノウルズが歌う新曲"Work it Out"のシングルが発売され、全英ヒットチャート7位にランク・インしたようだ。
ジュリア・ロバーツが主演するマイク・ニューウェル監督の新作"Mona Lisa Smile"に、ジュリア・スタイルズが出演するらしい。
トミー・リー・ジョーンズの新作は、アクション・コメディ"Cheer Up"に決まったようだ。
ビリー・レイ監督、ヘイデン・クリステンセン主演の新作"Shattered Glass"に、クロエ・セヴィニーが出演するようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに、「折れた槍」("Broken Lance",1954年)、「オースティン・パワーズ:デラックス」("Austin Powers: The Spy Who Shagged Me",1999年)などの作品に出演しているロバート・ワグナーの星型が加わるようだ。
  7/23
米インテルは、Industrial Light & Magicが、Pentium4プロセッサを搭載したワークステーション600台を導入した、と発表したようだ。
窪塚洋介は、23日深夜放送のニッポン放送「窪塚洋介のオールナイトニッポン・コム〜映画『ピンポン』スペシャル」で、DJに初挑戦するようだ。曽利文彦監督もゲスト出演するらしい。
長澤雅彦監督「13階段」の製作発表が22日都内で行われ、出演の反町隆史、山崎努、田中麗奈、笑福亭鶴瓶らが出席したようだ。
アスパラドリンクのCMにハニホー・ヘニハーの芸名で出演して話題となり、瀬々敬久監督「RUSH!」にも出演していた、イラン国籍のカリリ・ファ・エブラヒムが、出入国管理法違反で逮捕されたようだ。91年に観光目的で入国して以来、残留期間を更新していなかったらしい。
米移民帰化局は、増加するメキシコ国境地帯での死亡事故への対策として、メキシコの俳優らを起用したCMを制作すると発表したようだ。イグナシオ・ロペス・タルソやアルフォンソ・アラウが関心を示しているとか。
スコットランドのグラスゴーが舞台の、ケン・ローチ監督の新作"Sweet Sixteen"は、セリフの訛が強いため、英国内でも英語字幕付きで上映される可能性があるようだ。
全米週末興収1位は「スチュアート・リトル2」("Stuart Little 2")と報じられたものの、最終集計の結果、30万ドルの僅差で「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition")が1位だったようだ。
アニメシリーズ「ジェットのロジャー」("Roger Ramjet",1965年)の脚本や、米国森林局の公共広告に登場するマスコット・キャラクター"Smokey Bear"の声でも知られる、ジーン・モスさんが15日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米ABCの番組に出演したジュリア・ロバーツは、先日結婚したダニー・モダーについて「彼はすばらしい人よ。男の中の男で、相手を思いやる包容力のある人。こんな男性に出会ったのは初めて。」と顔を赤らめながら語ったようだ。いずれ子供も作る計画とか。
ジョエル・シルヴァーの運営する製作会社Silver Picturesは、米NBCが放送するアクション・ドラマ3作品の脚本を担当するようだ。
1969年に「悪女のたわむれ」として映画化されている、エルモア・レナードの小説"The Big Bounce"が、再び映画化されるようだ。セバスチャン・グティエレスが監督と脚本を務め、オーウェン・ウィルソンが主演候補に挙がっている模様。
俳優デビューか?とお伝えしたデヴィッド・ベッカムだが、本人にその意思はなく、オファーを断っていたようだ。既にヴィニー・ジョーンズが代役を務めることが決まっている模様。
大ヒットゲーム「スパイハンター」("Spyhunter")の映画化が決定した模様。ザ・ロックが主演するらしい。
エリカ・クリステンセンの新作は、ブライアン・ロビンス監督の"The Perfect Score"に決まったようだ。スカーレット・ヨハンソン、クリス・エヴァンスらが共演するらしい。
「千と千尋の神隠し」のDVDの色がおかしいという苦情が、販売店やスタジオジブリに殺到しているようだ。ジブリ側は「意図的なもので、異常ではない」と説明しているらしい。 [☆どう見ても赤っぽい・・・]
社団法人外国映画輸入配給協会の発表によると、2002年上半期に公開された長編外国語映画の総数は174本で、昨年同期より14本減少したようだ。
曽利文彦監督「ピンポン」が公開された渋谷シネマライズでは、同劇場で公開された「アメリ」を超える大ヒットとなっているようだ。
新作「ロード・トゥ・パーディション」("Road to Perdition")でトム・ハンクスと共演しているポール・ニューマンは、何度か引退か?と報道されていることに対し、「この10年、俳優もレースもサラダ・ドレッシングの商売もみんな辞めたいと思っていたが、結局どれも辞められず、かえって前より忙しくなっている」と語ったようだ。
ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに答えたハリソン・フォードは、今後はより慎重で思慮深い役を演じていくのかという質問に対し「年を取ったかと聞いているのなら、その通りだ。しかし、それはこれまでと違うタイプの役を演じるいい機会だと思う」と答えたようだ。
新人脚本家ジュリー・ロッテンバーグ(Julie Rottenberg)とエリサ・スリスキー(Elisa Zuritsky)が初めて映画用に書いた脚本"Shrinking Violet"が、ジュリア・ロバーツのプロデュースで映画化されるようだ。
サミュエル・L・ジャクソンは、ラップ歌手が映画界に進出している最近の傾向について「音楽業界から誰か連れてきて、僕やモーガン・フリーマンや、ローレンス・フィッシュバーンや、フォレスト・ウィテカーと同じ扱いをするなんて異常だよ」と語ったとか。ただし、ウィル・スミスは例外とか。
シリーズ第3作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の監督は、「天国の口、終わりの楽園。」("Y Tu Mama Tambien")のアルフォンソ・クアロンに正式に決まったようだ。クリス・コロンバスはプロデューサーとして参加するらしい。
パイオニア株式会社は、撤退を検討していたLDプレーヤーの生産を継続する方針を明らかにしたようだ。 [☆ちょっと安心]
  7/24
経済産業省の外郭団体が24日発表した「レジャー白書」の余暇活動人口推計によると、「映画」は前年比600万人増の4050万人となったようだ。「千と千尋の神隠し」の大ヒットなどが影響したらしい。
松方弘樹が、加藤雅也を主演に迎え、映画監督に挑戦するらしい。「ハリウッドでもやりたい」と言っているようだ。
当初リドリー・スコットの名前も挙がっていた、ディノ・デ・ラウレンティスの企画によるアレキサンダー大王の伝記映画は、バズ・ラーマンが監督を務めるようだ。来年1月からの撮影が予定され、製作費は1億4000万ドルに達する見込みとか。
「プリズナーNo.6」("The Prisoner",1967年)などの作品で知られる、オーストラリア出身の俳優レオ・マッカーンさんが23日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ブルース・ウィリスは、ブッシュ大統領の指名を受け、養子縁組の促進キャンペーン活動に参加するようだ。ホワイトハウスで行われた発表には、デミ・ムーアも出席したらしい。
人気TVシリーズ「マイアミ・バイス」("Miami Vice",1984-89年)の映画化を手がけるマイケル・マン監督は、ドン・ジョンソンとフィリップ・マイケル・トーマス共演の可能性について、これを否定したようだ。
アダム・サンドラーがプロデュースするサム・ワイズマン監督の新作コメディ"Dickie Roberts: Former Child Star"で、デヴィッド・スペイドとアリッサ・ミラノが共演するようだ。
サラ・ミシェル・ゲラーの次回作は、英国の学校を舞台にしたコメディ"A Semester Abroad"になるようだ。
ボー・ウェルチ監督、マイク・マイヤーズ主演の"The Cat in the Hat"に、アレック・ボールドウィンの出演が決まったようだ。
オーナーのデイナ・ジャケットが証券詐欺罪で起訴されているカサンドラ・グループの破産管財人は、当時顧客だったキャメロン・ディアス、トビー・マグワイア、ベン・スティラー、ティム・ロス、テッド・デミらに対する訴訟を起こしたようだ。不正に流用された資金が、彼らに利益として支払われていたらしい。
「スチュアート・リトル2」("Stuart Little 2")に出演しているジーナ・デイヴィスは、「以前、家の中でハツカネズミを見つけたけど、触れなかった。かわいかったけど、でも・・・」やっぱり嫌いなようだ。
「愛は静けさの中に」("Children of a Lesser God",1986年)でオスカーを勝ち取ったマーリー・マトリンに、第3子となる男の子が生まれたようだ。
台北を訪れているミシェル・ヨーは、新作アクション映画"The Touch"でプロデュースを務めたことについて「はじめは本当にイライラさせられた。映画にはたくさんの要素があって、私はそれを学び始めたところ。」と語ったようだ。
  7/25
ソニーは今年4〜6月期の連結決算を発表、「スパイダーマン」の大ヒットなどにより、売上高は過去最高の1兆7218億円に達し、最終損益も572億円の黒字となったようだ。
清水浩監督「チキンハート」の特別試写会が25日都内で行われ、主演の池内博之らが舞台あいさつに立ったようだ。
NHKが、人気ドラマ・シリーズ「ER VI・緊急救命室」の第13話と第14話の放送を中止したことに対し、約1000件の問い合わせがあったようだ。
本木克英監督「釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪」の完成披露試写会が24日都内で行われ、西田敏行、三國連太郎、鈴木京香が舞台あいさつに立ったようだ。
来月7日発売のディズニー・ビデオ「シンデレラ2」のイベントが24日都内で行われ、長谷川京子がシンデレラ衣装で登場したようだ。
蜷川幸雄監督「青の炎」のクライマックスシーンの撮影が24日行われ、二宮和也、松浦亜弥らが参加したようだ。
従業員6人プラモデル製造販売会社「ファインモールド」は、「エピソード2」に登場する戦闘機「ジェダイ・スターファイター」の1/72モデルを来月下旬に発売するようだ。
1940年代に米女子プロ野球チームで活躍し、「プリティ・リーグ」("A League of Their Own",1992年)のモデルとなった、ミルドレッド・ディーガンさんが21日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
サモ・ハン・キンポーは、米国のTV向けに、風水師が主人公のコメディ・ドラマを企画しているようだ。プロデューサーを務めるほか、出演もするらしい。
ダーレン・アロノフスキー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、エレン・バースティン共演によるSF映画"The Fountain"の撮影が、いよいよ10月にスタートするようだ。
フレンチ・コミックの映画化"Asterix & Obelix: Mission Cleopatre"に出演しているジェラール・ドパルデューは、「ラブ・ストーリーなのにセックス・シーンがないのは、ファンタスティックだ」と語ったようだ。
8月2日よりラスベガスで行われる「スタートレック・コンベンション」にあわせ、3Dバーチャル・リアリティー・ソフトを使った"Vir-Con 2002"が開催されるようだ。通常料金では宇宙艦隊の少尉かクリンゴンの戦士として参加、29ドル95セントの追加料金を支払えば艦長の特権を与えられるとか。
クリント・イーストウッド監督作"Mystic River"に、ティム・ロビンスの出演が決まったようだ。
コーエン兄弟の新作は"Romance & Cigarettes"というミュージカル映画になるようだ。スーザン・サランドン、クリストファー・ウォーケン、スティーヴ・ブシェミ、ジュリア・スタイルズ、ジェイムズ・ガンドルフィーニらが出演し、ジョン・タトゥーロが脚本を担当するらしい。
人気TVシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」("The Sopranos")の映画化が企画されているらしい。
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember")のプレミア上映がロサンゼルスで行われ、マイク・マイヤーズ、ビヨンセ・ノウルズ、マイケル・ケインらが出席したほか、グウィネス・パルトロウやジャック・ブラック、ナタリー・ポートマンらも会場を訪れたようだ。
アシュレイ・ジャッドとサミュエル・L・ジャクソンが共演する、フィリップ・カウフマン監督の新作サスペンス"Blackout"に、アンディ・ガルシアが出演するようだ。
「劇場版ウルトラマンコスモス2ブループラネット」の試写会が25日都内で行われ、杉浦太陽が舞台挨拶を行ったようだ。前売り券は前作の3倍の売れ行きとか。
ロブ・ロウは、米NBCのTVドラマ・シリーズ"The West Wing"を降板するようだ。出演料交渉でもめたらしい。
クリス・ロックが監督と主演を務める新作"Head of State"の撮影が20日、Utah StarzzとWashington Mysticsの試合のハーフタイムに行われたようだ。彼がフリー・スローをきめるシーンの撮影で、フォームは悪くなかったものの、5テイク必要だったらしい。
倉庫に保管されていた、ウディ・アレンの映画で使用された道路標識や古い冷蔵庫などの小道具を、アンティーク・ショップのElmwood Antiquesが買い取ったようだ。
ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに、マイク・マイヤーズの星型が加わったようだ。
  7/26
「男はつらいよ」シリーズ全48作のパンフレットを復刻した1000部限定の記念本「男はつらいよ大全」が25日発売されたようだ。ただし、7作目まではパンフレットが制作されておらず、当時のポスターや記事などから新たに制作したらしい。「寅さん大いに語る 名セリフ集」のCDもついているとか。
麻生幾の小説「宣戦布告」が映画化されるようだ。石侍露堂が監督を務め、古谷一行、佐藤慶、杉本哲太、夏八木勲らが共演する模様。10月公開予定とか。
主演杉浦太陽の逮捕のため製作された「劇場版ウルトラマンコスモス2 ブループラネット」の別バージョンがDVDで発売されるらしい。劇場公開も検討しているとか。 [☆商魂たくましいというか・・・]
カメラマン石川三明が「三井ホーム」の広告用として撮影した、吉永小百合の写真三十数点を展示する写真展が、9月より横浜赤レンガ倉庫1号館で開催されるようだ。
「パニック・ルーム」付きの住宅がミサワホームから売り出されているらしい。指紋照合で開く鉄製ドアや、地中埋め込みの電話線なども備えているとか。
ピーター・パウ監督、ミシェル・ヨー主演の新作「天脈伝奇」("The Touch")の記者発表会が北京で行われたようだ。総製作費1億6000万香港ドルとか。
「千と千尋の神隠し」DVDの映像が赤みがかっているとの苦情が殺到している問題で、販売元のブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントは「パソコンでの再生はスタジオジブリとして画質や音質を保証できない」とする文書を販売店に配布していたようだ。 [☆普通のDVDプレイヤーでも赤いんですけど・・・]
米20世紀フォックスは、マイケル・クライトンの新作小説"Prey"の映画化権をおよそ500万ドルで取得した模様。
ライザ・ミネリと夫デヴィッド・ジェスト(David Gest)が記者会見を行い、彼らの日常を追う米VH1の新番組"Liza & David"について語ったようだ。
英国では、子供に本を読み聞かせる親が増えているらしい。「ハリー・ポッター」シリーズのヒットや、「指輪物語」の映画化などが影響しているようだ。
ピアース・ブロスナンは、「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember")について、「(ジェイムズ・ボンドに対する)最大の賛辞だと受け取ったよ」と語ったようだ。「でも、彼の居場所を見つけたら、平手打ちを食らわせてやるよ」と笑いながら付け加えたとか。
ジェニファー・ロペスが、昨年9月に結婚した夫クリス・ジャッドとの離婚の手続きに入ったようだ。
「西太后」などの出演している元映画女優のリュウ・シャオチンが、巨額の脱税容疑で逮捕されたようだ。
広島市の原爆資料館で、「音声ガイド」に吉永小百合の声が使われることになったようだ。
E・エリアス・マーハイジ監督、ベン・キングズレイ、アーロン・エッカート共演のサスペンス"Suspect Zero"に、キャリー=アン・モスの出演が決まったようだ。
ウェズリー・スナイプスの新作は、ルパート・ウェインライト監督のアクション"Godforsaken"になる模様。
冒険小説で知られるA.J.クィネルのデビュー作「燃える男」("Man on Fire")が映画化されるらしい。トニー・スコットが監督を務めるようだ。
アンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"撮影中のルーマニアの町では、公共の場での飲酒が禁止されたらしい。町長曰く「(第二次大戦の)戦死者への冒涜でもあり、何よりニコール・キッドマンに失礼」だとか。
  7/27
ウォルフガング・ペーターゼン監督"Batman vs. Superman"は、ジュード・ロウがスーパーマン、コリン・ファレルがバットマンを演じることになったようだ。 [☆意外な組み合わせ!]
長野市を舞台にした根本銀二監督「さまちゃれ―泣かないで、マンドリン」の撮影が26日市内でスタートしたようだ。
「釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!」のPR会見が大阪市内で行われ、西田敏行、三國連太郎、鈴木京香らと共に出席した本木克英監督は、「宮沢りえと結婚か?」との報道を否定したようだ。
「風と共に去りぬ」("Gone With the Wind")でオリヴィア・デ・ハヴィランドが着ていたウールのセーターがオークションにかけられ、予想の3倍の1万6,730ドルの値が付いたようだ。このほかマーガレット・ミッチェルのサイン入り初版本や、メインキャストのサイン入りハードカバー、広告用写真、1939年にプレミアが行われた劇場の椅子などが出品されたらしい。
1曲だけの大ヒットで消えていったミュージシャン達にスポットを当てる米VH1の新番組"One Hit Wonders"で、ウィリアム・シャトナーが司会を務めるようだ。
  7/28
「劇場版ウルトラマンコスモス2 ブループラネット」のPRイベントが28日都内で行われ、杉浦太陽が参加したようだ。
10月公開のIMAX映画「シャクルトン奇跡の生還」("Shackleton's Antarctic Adventure")の日本語吹き替えの収録が27日行われ、石坂浩二が参加したようだ。 [☆ちなみに、オリジナルのナレーションはケヴィン・スペイシー]
熊井啓監督「海は見ていた」が27日初日を迎え、清水美砂、吉岡秀隆らが舞台挨拶に立ったようだ。
伊藤秀裕監督「ピカレスク 人間失格」27日初日を迎え、主演河村隆一が都内劇場で舞台挨拶に立ったようだ。
広島県尾道市で27日恒例の「水祭り」が行われ、話題の人物らの細工人形とともに、「千と千尋の神隠し」の一場面も登場したようだ。
ピーター・グリーナウェイが手がけた絵画などの作品展がブダペストでスタート、オープニング式典に出席したグリーナウェイ監督は「映画は終わった。最近の作品は大半が退屈極まりない」と語ったようだ。
  7/29
「桃の天然水」のCMなどに出演した後、白血病で休養していたタレントの吉井怜が、年内に女優として復帰する模様。
日本レコード協会など16の団体とソニー・コンピュータ・エンタテインメントなど15社は、「コンテンツ海外流通促進機構」を来月発足させるようだ。音楽、映画などの海外での海賊版に関する情報の収集や、集団訴訟などを共同で行うらしい。
ショーン・ペンは、ニルス・ミュラーの監督デビュー作"The Assassination of Richard Nixon"に主演するようだ。
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」("Austin Powers in Goldmember")の全米公開がスタートし、7月公開作品としては「猿の惑星」("Planet of the Apes",2001年)の6850万ドルを超える、週末興収7150万ドルを記録したようだ。
レニー・ゼルウィガーは、ロサンゼルスの高級住宅街ベル・エア地区の邸宅を680万ドルで購入したようだ。1930年代に建てられた物件で、7つの寝室、8つの浴室の他、図書室やゲストハウスなども備えているとか。
ジェニファー・ロペス主演か?と以前お伝えした、トニー・スコット監督によるマイケル・パイのミステリ小説「人生を盗む男」("Taking Lives")の映画化は、現在アンジェリーナ・ジョリーが主演候補に挙がっているようだ。
キップ・パルデューの次回作は"Heaven's Pond"というスリラー映画になる模様。タラ・リードが共演するようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督"Full Frontal"のプレミア上映が行われ、共演のデヴィッド・ドゥカヴニー、ジュリア・ロバーツらが出席したほか、ジェニファー・アニストン、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニーらも会場を訪れたようだ。
ヒュー・グラントとエマ・トンプソン共演のロマンチック・コメディ"Love Actually"に、リーアム・ニーソン、ローラ・リニーの出演が決まったようだ。
  7/30
凸版印刷は、北京の故宮博物院の歴史的文化遺産をデジタル化し立体的映像で再現するプロジェクト「故宮VR」の開発と制作を開始した、と発表したようだ。日本中国文化交流協会代表理事でもある篠田正浩監督が画像監修として参加するらしい。
カンタス航空の「空の親善大使」を務めるジョン・トラヴォルタが、自らボーイング707を操縦し来日、29日都内で行われた記者会見に出席したようだ。
北野武監督「Dolls」が、来月開催される第59回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されたようだ。
「きつねと猟犬」("The Fox and the Hound",1981年)などのアニメーション作品や、テーマパーク向けの音楽を担当、「イッツ・ア・スモール・ワールド」などの作曲で知られる、米ディズニーの音楽作曲家バディ・ベイカーさんが26日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
日本代表監督に就任したジーコの半生を描いた、エリゼウ・エバウジ監督によるドキュメンタリー映画が完成し、29日リオデジャネイロで試写会が行われたようだ。
ベン・アフレックは、デニス・ルヘインの探偵小説「愛しき者はすべて去りゆく」("Gone, Baby, Gone")の映画化を企画しているらしい。
第59回ヴェネチア国際映画祭の審査委員長はコン・リーが務めるようだ。
ジャック・ニコルソンは、ナンシー・マイヤーズ監督の新作ロマンチック・コメディ主演に向け、出演交渉中のようだ。
「ベンジー」("Benji",1974年)とそれに続くシリーズなどに参加した、動物訓練士のフランク・インさんが27日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マリリン・モンローが身に着けた宝石や衣装のほか、「エピソード1」や「燃えよドラゴン」("Enter the Dragon")などの作品で使用された小道具が、ロンドンでオークションにかけられるようだ。
ミシェル・ヨーは、ピーター・パオの新作"The Touch"に続き、ムーラン(花木蘭)を演じる次回作でもプロデューサーを務めるようだ。
「ハリー・ポッター」の誕生日に合わせ、今月31日より「ハリー・ポッターと秘密の部屋」("Harry Potter and the Chamber of Secrets")の劇場前売り券が発売されるほか、当日は丸の内ピカデリーで記念イベントも開催されるようだ。
来月より放送されるフジテレビのキャンペーンCMは是枝裕和監督が手掛けたようだ。ARATAが出演しているらしい。
吸血鬼と狼男の世界を描くレン・ワイズマン監督、ケイト・ベッキンセイル主演の"Underworld"に、スコット・スピードマンの出演が決まったようだ。ベッキンセイルは吸血鬼の戦士、スピードマンは狼男を演じるらしい。
ヴィン・ディーゼルが主演する、紀元前に活躍したカルタゴの将軍ハンニバルを描く映画"Hannibal"で、リドリー・スコットが監督候補に挙がっているようだ。
全米大ヒットとなった「スクービー・ドゥー」("Scooby-Doo")の続編製作が正式に決定した模様。サラ・ミシェル・ゲラー、マシュー・リラード、フレディ・プリンズJr.らオリジナルキャストの続投も決まり、2004年の夏から撮影が始まるようだ。タイトルは"Scooby-Two"だとか。
「ウォレスとグルミット」シリーズの劇場用長編"The Great Vegetable Plot"の製作がまもなくスタートする模様。公開は2004年のクリスマス・シーズンになるようだ。
M・ナイト・シャマランは「インディ・ジョーンズ4」の脚本を断った理由について、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、ハリソン・フォードの3人にいちいちお伺いを立てなければいけないから、と語ったようだ。
先日ダニー・モダーと結婚したジュリア・ロバーツは、ジュリア・モダーと改姓したらしい。 [☆芸名も変える?]
ジョン・ウォーターズ監督のカルト作品「ヘアスプレー」("Hairspray",1988年)が、来月15日よりブロードウェイ・ミュージカルとして上演されるようだ。前売り券も大人気で、既に600万ドルの売り上げがあったとか。
「スーパーマン」("Superman")シリーズのロイス・レイン役で知られるマーゴット・キダーは、デンバーで行われる舞台"The Vagina Monologues"に出演するようだ。 [☆54歳の彼女は3回結婚し、既に孫がいるとか!]
米国の刑務所で5年以上服役した非アメリカ市民の国外退去を定めた法律により、先月逮捕されたラップ歌手"スリック・リック"・ウォルターズについて、ウィル・スミスは彼の釈放を求める手紙を移民帰化局に送ったらしい。クリス・ロック、ジェシー・ジャクソンらもこれを支持しているようだ。
  7/31
ぴあと東宝は、映画館の指定席を事前に予約できるシステムを共同で始めるようだ。料金は通常料金プラス200円になるらしい。
「メン・イン・ブラック2」のCMに、布袋寅泰と永瀬正敏が"乱入"するらしい。8月5日から放送されるようだ。
第59回ヴェネチア国際映画祭に新設されたコントロコレンテ部門に、スティーヴン・ソダーバーグ監督"Full Frontal"などと共に、塚本晋也監督「六月の蛇」が出品されるようだ。
30日都内で行われた日産「新型フェアレディZ」の発表会に、窪塚洋介が飛び入り参加したようだ。父親が日産自動車総合研究所の所長を務めているらしい。
ソニーと手塚プロはTVアニメシリーズ「アストロボーイ・鉄腕アトム」を制作中のようだ。来年4月より放映されるらしい。現在「歌える声優」を募集中とか。
World Wrestling Entertainment(WWE)は、ロサンゼルスに映画・テレビ部門を開設したようだ。ハリウッドへの本格進出を狙っているらしい。
ロン・ハワードが降板した、ラッセル・クロウ、イーサン・ホーク共演の"The Alamo"の監督は、「オールド・ルーキー」("The Rookie")のジョン・リー・ハンコックに決まったようだ。ロン・ハワードはプロデューサーとして参加する予定とか。
第59回ヴェネチア国際映画祭のニューテリトリー部門に天願大介監督「AIKI」、国際批評家週間に杉森秀則監督「水の女」が出品されるようだ。
アマゾンジャパンは、同社サイトに掲載されていた「千と千尋の神隠し」のDVD映像に関する消費者の感想16件を「誹謗中傷に当たる可能性が高い」として削除していたようだ。
今年の東京国際ファンタスティック映画祭のオープニング作品は、韓国映画「火山高」に決まったようだ。
9月に開催される第40回ニューヨーク・フィルム・フェスティバルのオープニング作品に、アレクサンダー・ペイン監督、ジャック・ニコルソン主演のコメディ"About Schmidt"が選ばれたようだ。またクロージング作品は、ペドロ・アルモドヴァル監督"Hable con ella"("Talk to Her")に決まったらしい。
クリント・イーストウッド監督の"Mystic River"に、マーシア・ゲイ・ハーデン、ローラ・リニーの出演が決まったようだ。
ブロードウェイ・ミュージカル版「アダムス・ファミリー」が製作されるらしい。 [☆ハンドくんはどうするの?]
クリストファー・ハンプトン監督、アントニオ・バンデラス、エマ・トンプソン共演の新作"Imagining Argentina"の撮影が、今月からブエノスアイレスで開始されたようだ。
米TVガイド誌の調査によると、最も人気のあるアニメキャラクターに、バッグス・バニーが選ばれたようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」のPS2とGBA用のアクション・アドベンチャーゲームが、来年3月に発売されるようだ。
9月27日に予定されていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズDVDの単品発売が中止となったようだ。「トリロジー・ボックス・セット」は予定通り発売されるらしい。