シネマトピックス(2002年1月)
[ 2001 | 2002 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2003 | LastTopics ]
  1/1
テレビ局向けの映画配給などを行っているムービーテレビジョン社は、桐野夏生原作「OUT」の映画化で、映画製作事業に参入するようだ。
英ラジオ局の調査によると、最優秀映画サントラに「スター・ウォーズ」が選ばれ、以下「風と共に去りぬ」「アラビアのロレンス」「タイタニック」「カサブランカ」と続いたようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」の監督ピーター・ジャクソンは、ニュージーランド政府からメリット勲位を授与されたようだ。
  1/2
「ウディ・アレンのバナナ」「愛情物語」「ブレインストーム」などの作品を手掛けた映画プロデューサーのジャック・グロスバーグさんが先月28日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アンディ・ラウやアニタ・ムイが華麗なラテンダンスを披露する映画「愛君如夢」が公開され、香港ではラテンダンス・ブームが起こっているらしい。
ラスヴェガス映画批評家協会賞が発表され、「メメント」が最優秀作品賞、主演男優賞など4部門を獲得したほか、"The Deep End"のティルダ・スウィントンが主演女優賞、「ゴースト・ワールド」のスティーヴ・ブシェミが助演男優賞、「マルホランド・ドライブ」のナオミ・ワッツが助演女優賞に、それぞれ選ばれたようだ。
2001年米国での映画興行収入のトップは「ハリー・ポッターと賢者の石」の2億8510万ドルで、以下「シュレック」「モンスターズ・インク」「ラッシュアワー2」「ハムナプトラ2」が2億ドルを突破したようだ。また年間総興行収入は81億4000万ドルに達し、内ワーナー・ブラザーズが12億1000万ドルの収益を上げ、8年ぶりのシェアトップに立ったらしい。
英"Hello!"誌の読者と美容師、デザイナー、写真家らが選ぶ最も美しい女性に、ケイト・ベッキンセイルが選ばれたようだ。また、クリスティン・スコット・トーマスも3位にランクされたらしい。
「バタフライはフリー」でオスカーを獲得し、最近では「ファースト・ワイフ・クラブ」にも出演していた女優のアイリーン・ヘッカートさんが先月31日に亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米オハイオ州のトレド美術館でダース・ベイダーの衣装などを展示する"Star Wars: The Magic of Myth"が開催され、多くの観客を集めたようだ。
  1/3
ワーナー・ブラザーズが米国配給権を獲得した「ターミネーター3」について、ソニーは、日本、韓国を除く全世界での配給権を、約7000万ドルで獲得したようだ。
「スティング」や「タクシー・ドライバー」などを手掛け、女性で初めてアカデミー賞で最優秀作品賞を獲得した、映画プロデューサーのジュリア・フィリップスさんが先月31日亡くなった(57歳)。ご冥福をお祈りいたします。
姫路市が本年度に設立したフィルム・コミッションによるロケ誘致が順調に進み、既に約50本の作品の撮影が行われ、今後も国内および海外の大作が撮影される可能性があるらしい。
「黒澤明映画祭」が1日より英国立映画劇場でスタートしたようだ。
マーヴィン・ゲイの弟で、1979年の映画"Penitentiary"のサントラも手掛けている音楽家のフランキー・ゲイさんが先月28日に亡くなった(60歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/4
神田正輝の母親で「歌うエノケン捕物帖」などの作品に出演していた女優の杉輝子さんが先月31日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
第44回ブルーリボン賞のノミネートが発表され、最優秀作品賞には「ウォーターボーイズ」「千と千尋の神隠し」「ターン」「陰陽師」など、監督賞に相米慎二、宮崎駿ら、主演男優賞に高倉健、竹中直人ら、主演女優賞には岸惠子、田中裕子らが候補に挙がったようだ。
黒澤明監督の孫で女優の黒澤優が、ロックバンドSOPHIAのボーカル松岡充と結婚したらしい。 [☆できちゃった婚らしい・・・]
映画「カンダハール」に出演する男優がイラン亡命者暗殺事件の犯人の疑いがあると報じられていた問題で、米メリーランド州の検察官は、彼が容疑者であると断定したようだ。
以前お伝えした、米映画芸術科学アカデミーによる「赤狩り」をテーマとした展示会"Reds and Blacklists: Political Struggles in the Movie Industry"が、来月1日から開催されるようだ。ピーター・コヨーテによる音声解説サービスもあるらしい。
ダン・エイクロイドは、米ケーブルテレビのSFチャンネルで放送される、超常現象などをテーマにしたトーク番組"Out There"のホストを務めることになったようだ。
米国同時多発テロ事件の影響で公開が延期されていた「シュリ」が、来月8日より、ロサンゼルスなど6都市で公開されるようだ。
1980年のカンヌ映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したチヅカ・ヤマザキ監督"Gaijin, Os Caminhos da Liberdade"の続編が製作される模様。神戸でのロケも決まったようだ。
007シリーズ最新作にマイケル・マドセンの出演が決まりそうだ。
  1/5
アニメーターとして「白雪姫」などのディズニー・アニメを手掛けたほか「罠にかかったパパとママ」などの作品で知られる映画監督・脚本家のデヴィッド・スウィフトさんが先月31日亡くなった(82歳)。ご冥福をお祈りいたします。
IMAX映画「マイケル・ジョーダン・トゥ・ザ・マックス」が香川郡香南町のさぬきこどもの国で上映され、好評のようだ。
アカデミー賞に新設されたアニメーション賞で、誰が代表者としてオスカーを受け取るかが、議論になっているらしい。
ヘアスタイリストのヴィダル・サスーンと女優のビヴァリー・アダムス・サスーンの娘で、「悪魔の最終兵器 テロリスト・ウエポン」"Bloodfist VI: Ground Zero"などの作品に出演していた女優のキャット・サスーンさんが4日亡くなった(33歳)。ご冥福をお祈りいたします。
来月開催される第52回ベルリン国際映画祭では、ナチ占領下のフランスを舞台にしたベルトラン・タヴェルニエ監督"Laissez Passer"、フランソワ・オゾン監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演のコメディ"Huit Femmes"、「素敵な歌と舟はゆく」のオタール・イオセリアーニ監督の新作"Lundi Matin"などのフランス映画が金熊賞の有力候補のようだ。またアメリカ映画では"The Royal Tenenbaums"と"Monster's Ball"が上演されるらしい。
第44回グラミー賞のノミネートが発表され、U2が最優秀シングル、最優秀アルバム他最多8部門で候補に挙がったほか、「オー・ブラザー!」のサントラも最優秀アルバムにノミネートされたようだ。
  1/6
英国政府は、シェイクスピア劇で知られる演出家の蜷川幸雄に勲爵位(CBE)を]授与すると発表したようだ。
白竜の次回作はイ・ギュヒョン監督の韓国映画「ホテルココナッツ」になるようだ。
小泉堯史監督「阿弥陀堂だより」の最終ロケとなる神楽のシーンの撮影が5日、飯山市の小菅神社で行われたようだ。
米国映画協会(AFI)賞授賞式が開催され、「ロード・オブ・ザ・リング」が作品賞など3部門を獲得した一方、5部門でノミネートされていた「ブラックホーク・ダウン」は無冠に終わったようだ。また、"Gosford Park"のロバート・アルトマンが監督賞、「メメント」のクリストファー・ノーランが脚本賞、「トレーニング・デイ」のデンゼル・ワシントンが主演男優賞、"In the Bedroom"のシシー・スペイセクが主演女優賞、"The Royal Tenenbaums"のジーン・ハックマンが助演男優賞、"A Beautiful Mind"のジェニファー・コネリーが助演女優賞に、それぞれ選ばれたようだ。
米映画批評家協会(The National Society of Film Critics)の選出する2001年の最優秀作品に、デヴィッド・リンチ監督「マルホランド・ドライブ」が選ばれたほか、最優秀監督に"Gosford Park"のロバート・アルトマン、最優秀男優に"The Royal Tenenbaums"のジーン・ハックマン、最優秀女優に「マルホランド・ドライブ」のナオミ・ワッツがそれぞれ選ばれたようだ。
  1/7
ハリウッドで企画されていた実写版「鉄腕アトム」の製作がいよいよ本格的に動き出した模様。ドン・マーフィがプロデューサーを務めることが決まり、2003年には公開されるようだ。
石ノ森章太郎、赤塚不二夫らが作画を手掛けたものの行方不明となっていた「鉄腕アトム」第34話「ミドロが沼の巻」のテープが米国で発見され、3月1日に発売されるDVDボックスに収録されるようだ。
「いちげんさん」などの作品を手掛けた映画美術監督の菊川芳江さんが6日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。
河原崎長一郎の母親で「心中天網島」などの作品に出演した女優の河原崎しづ江さんが1日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米国内のビデオおよびDVDレンタルの昨年の売上は84億2000万ドルを上回り、内DVDのレンタルは「シュレック」「猿の惑星」「キューティ・ブロンド」「白雪姫」などのヒットにより前年比164%増の14億ドルに達したようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」の全米興行収入が3億ドルを突破した模様。米ワーナー・ブラザーズとしては「バットマン」を越える新記録となったようだ。さらに、6日までの全世界での興行収入は8億ドルに達したらしい。 [☆日本では依然首位独走中!]
1972年北アイルランドで起こった「血の日曜日」を題材にした映画"Bloody Sunday"の試写会が、犠牲者の遺族を招いて、事件のあったロンドンデリーの市民会館で行われたようだ。
レニ・リーフェンシュタール監督は、今年8月の彼女の100歳の誕生日に合わせて、1954年の「低い大地」"Tiefland"以来となる新作"Underwater Impressions"を発表するようだ。
世界的ベストセラーとなり映画化もされた「マディソン郡の橋」の続編が出版されるようだ。
ウェス・クレイヴンは、パソコン用ゲームを基にしたフルCGのホラー映画"Alice"を製作するようだ。
フェイ・ダナウェイの次回作は、マリア・カラスの伝記映画になる模様。アル・パチーノの共演が予定されているようだ。
  1/8
愛媛県は、県の名所が登場する映画「船を降りたら彼女の島」の製作を決めたようだ。監督は磯村一路、主演は木村佳乃が務めるようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」の日本向け記者会見が、8日、ロンドンのスタジオにあるホグワーツ魔法学校のセットと東京のホテルを衛星回線を結んで行われたようだ。クリス・コロンバス監督と主演のダニエル・ラドクリフらが出席、エマ・ワトソンは途中であくびをしていたらしい。 [☆「小遣いはいくら」などのくだらない質問をする記者もいたようだ・・・]
「水戸黄門漫遊記」などの作品に出演した俳優の加賀邦男さんが7日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「カンダハール」に殺人の容疑者が出演していると報じられていることについて、監督のモフセン・マフマルバフは「もし彼が殺人犯なら、その理由を探る映画を撮る」と発言したようだ。
「シュレック」の全世界でのビデオおよびDVDの売上は発売2ヶ月で4億2000万ドルを越えたようだ。
今年のアカデミー賞授賞式の司会はウーピー・ゴールドバーグが務めるようだ。新しく完成したコダック・シアターでの初の授賞式で司会を務めることについて、彼女は「新築祝いは大好き」とコメントしたらしい。
「三ばか大将」のキャラクタを無断でTシャツなどに使用し販売したアーティストに対し、米カリフォルニア州地裁は、遺産相続人らに販売利益など22万5000ドルを支払うよう命じる判決を下したようだ。
メヒディ・ノロウジアン監督、ジョセフ・ファインズ、エリザベス・シュー共演の新作"Leopold Bloom"に、デニス・ホッパーとサム・シェパードの出演が決まったようだ。
第二次世界大戦中のニューギニアを舞台としたラッセル・クロウ初監督・主演の戦争映画"The Long Green Shore"に、ロン・ハワードが出演するらしい。
石原プロ主催のオーディション「21世紀の石原裕次郎を探せ!」でグランプリを獲得した徳重聡が、オロナミンCのCMでデビューするようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、「トータル・リコール」のDVDに収録されるインタビューへの出演料として7万5000ドルを請求したようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」の全米大ヒットを受け、今年冬に予定されている第2作「二つの塔」の公開の、夏への繰り上げが検討されているらしい。
ニコール・キッドマンは、「ピースメーカー」でジョージ・クルーニーと共演した時の「彼が40歳までに結婚する」という賭けに負け、クルーニーの40歳の誕生日に1万ドルの小切手を送ったものの、クルーニーは「50歳までに結婚するか、倍掛けで勝負しよう」というメッセージと共に送り返したようだ。
「エピソード2」に、イン・シンクのメンバーがエキストラとして出演しているらしい。
5月全米公開となる「エピソード2」を観るため、シアトルの Cinerama theater 前に、早くも"列"ができているらしい。1月1日に列を作った二人の男性はこれから4ヶ月あまりの間、寝袋などで過ごすつもりのようだ。 [☆その劇場で「エピソード2」が公開されるかどうかはまだ決まっていない・・・]
ロバート・レッドフォードは、米TVガイド誌の記事で「顔のしわを取る整形手術を受けるつもりはない」と言っているようだ。 [☆たしかに「スパイゲーム」でもかなりしわが目立ってましたけど、そのままでいいと思います。]
  1/9
米国で2001年に販売されたDVDプレイヤーの台数は1670万台に達し、家庭への普及台数は全世帯の4分の1に当たる3200万台となったようだ。またDVDソフトの売上は46億ドルと、前年の2.4倍に増加したらしい。
ブラックウェル氏の選ぶ2001年ワースト・ドレッサーに、クイズ番組の司会者のアン・ロビンソンが選ばれた他、ブリトニー・スピアーズが2位、ジュリエット・ビノシュが3位に、さらに、ビョーク、ケイト・ハドソン、キャメロン・ディアス、ジリアン・アンダーソンらがリストに挙がったようだ。一方、ベスト・ドレッサーとして、ジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマン、グウィネス・パルトロウ、ジョアン・アレン、ペネロペ・クルス、レニー・ゼルウィガーの名前を挙げたらしい。
北部同盟のタリバンとの闘いを描いた3部作9時間の超大作"Resistance"が、アフガニスタンの首都カブールで上映されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス共演の新作"Catch Me If You Can"に、クリストファー・ウォーケンの出演が決まったようだ。
"Monster's Ball"で注目を集めるマーク・フォースター監督の次回作は、"The Man Who Was Peter Pan"という舞台劇を基に、「ピーターパン」の原作者ジェイムズ・バリーの生涯を描く作品になるようだ。
第17回インデペンデント・スピリット賞のノミネート作品が発表され、ブライアン・コックス主演の"L.I.E."が6部門、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」と「メメント」がそれぞれ5部門でノミネートされたようだ。
米映画芸術科学アカデミーは、会員4263名にアカデミー賞ノミネート作品を選ぶための投票用紙を送付したようだ。
Heat誌の読者を対象にした調査によると、「最もセクシーな女性」の第1位にカイリー・ミノーグ、第2位にジェニファー・ロペスが選ばれたようだ。また「最もセクシーな男性」には、第1位にロビー・ウィリアムズ、第2位に英サッカー選手のデヴィッド・ベッカム、第3位にブラッド・ピットが選ばれたらしい。
尾道市在住の男性が、所蔵する戦前からの「キネマ旬報」441冊を、市のおのみち映画資料館に寄贈したようだ。
チャーリー・シーンとデーニス・リチャーズが結婚するようだ。
ヴィン・ディーゼル、サミュエル・L・ジャクソン共演のロブ・コーエン監督の新作"XXX"に、主題歌も担当する人気ポップ・シンガーのEveの出演が決まったようだ。
ギャヴィン・オコナー監督・脚本、マーク・ウォールバーグ、ヒュー・ジャックマン共演の"Pride and Glory"に、エド・ハリス、ロバート・デュヴァル、アンソニー・ラパリアの出演が決まった模様。
沢田研二と松坂慶子は、三池崇史監督「カタクリ家の幸福」の挿入歌となる、デュエット曲「まごころよりどころ」を発表したようだ。
  1/10
韓国を訪れた「アザーズ」のアレハンドロ・アメナーバル監督は、「次回作の構想を練るため当分休みを取る」と語ったらしい。
ミラマックスは、ポール・ワトキンスの小説"The Forger"の映画化を決定したようだ。ピュリッツァー賞およびトニー賞受賞者のデヴィッド・オーバーンが脚本を担当する模様。1939年に画家を目指してパリを訪れたアメリカの学生が、ナチの強奪に合う前に芸術作品を偽物とすり替える計画に参加する、という物語らしい。
ブルース・ウィリスは、ジェイムズ・エルロイの小説"The Cold Six Thousand"と"American Tabloid"を、テレビ向けミニドラマシリーズとして映像化する企画を立てているようだ。一方、ジェイムズ・エルロイはパラマウント製作の映画"77"の脚本を執筆中らしい。
英国週間ベストセラーを引き続き「ハリー・ポッター」が独占、「秘密の部屋」が1位となったほか、「アズカバンの囚人」が2位、「炎のゴブレット」が3位となったようだ。一方、「指輪物語/旅の仲間」が4位に登場し、同シリーズもかなり売れている模様。
サンドラ・ブロックとヒュー・グラント共演、マーク・ローレンス監督のロマンティック・コメディに、アリシア・ウィットの出演が決まったらしい。
ティム・バートン監督が企画し、いったん製作が白紙に戻った「スーパーマン」だが、マックジーの監督で復活が検討されているようだ。
キネマ旬報が選ぶ2001年の映画ベストテンが発表されたようだ。
【日本】
 1.「GO」
 2.「ハッシュ!」
 3.「千と千尋の神隠し」(読者選出1位)
 4.「EUREKA」
 5.「風花」
 6.「まぶだち」
 7.「リリイ・シュシュのすべて」
 8.「ウォーターボーイズ」
 9.「光の雨」
 10.「赤い橋の下のぬるい水」

【海外】
 1.「トラフィック」
 2.「花様年華」
 3.「リトル・ダンサー」
 4.「山の郵便配達」
 5.「JSA」
 6.「アメリ」
 7.「蝶の舌」
 8.「プラットホーム」
 9.「ゴーストワールド」
 10.「あの頃ペニー・レインと」
 ・「初恋のきた道」(読者選出1位)
米国音楽賞"American Music Awards"授賞式が開催され、昨年8月に飛行機事故で亡くなったアリーヤが、ソウル/R&B女性アーティスト部門とR&Bアルバム部門で最優秀賞に選ばれたようだ。
  1/11
韓国の釜山市政策開発室は、昨年釜山で行われた13本の映画撮影による経済効果はおよそ379億ウォンになる、と発表したようだ。
007シリーズ最新作"Bond 20"(タイトル未定)の撮影が、ロンドンの撮影スタジオでスタートしたようだ。
今年行われる第55回カンヌ映画祭の審査委員長は、「マルホランド・ドライブ」のデヴィッド・リンチ監督が務めることになったようだ。
19年前の妻キャシー殺害および複数の殺人容疑者として逃亡生活を続け、昨年末逮捕された億万長者ロバート・ダーストを、事件の真相を追うキャシーの友人の視点で描いた、ネッド・ジーマンの小説"The Millionaire Fugitive"の映画化権獲得にブルース・ウィリスが乗り出しているようだ。
米ABCは、1980年の大ヒット映画「フェーム」の続編を、2時間のTVドラマとして製作するようだ。
米製作者組合(Producers Guild of America)による2001年の最優秀映画賞のノミネート作品が発表され、"A Beautiful Mind"、「ハリー・ポッターと賢者の石」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「ムーラン・ルージュ」、「シュレック」の5作品が選ばれたようだ。
フランスで放映されたTVドラマが好評のアラン・ドロンは、再び引退を考えているようだ。
万引き容疑の捜査継続のため、ウィノナ・ライダーの保釈期間が来月8日まで延期されたようだ。
「リトル・ダンサー」のスティーヴン・ダルドリー監督が、オックスフォード大学現代演劇学部の2002年客員教授(Cameron Mackintosh Visiting Professor)に就任することが決まったようだ。
キアヌ・リーヴスの次回作は、バリー・ソネンフェルド監督、ケイト・ベッキンセイル共演のラヴ・ロマンス"Ray of Sunshine"になる模様。
デヴィッド・クローネンバーグ監督の次回作は、整形した自らの顔を作品とするフランスの女性アーティスト、オルランを主人公とした"Painkillers"になる模様。ニコラス・ケイジの出演も計画されているようだ。
「カンダハール」の監督モフセン・マフマルバフが東京で記者会見を行い、「出演者に殺人容疑者がいたとは知らなかった」と語ったようだ。
  1/12
大林宣彦監督の「あした」に登場した木造船「呼子丸」が、8分の1のサイズで復元されるようだ。尾道市で映画制作スタッフを務めたメンバーが企画、300万円の費用は大林映画ファンに寄付を募って集める計画らしい。
アカデミー賞授賞式で過去24年間座席決めを担当していたオットー・スポエリ氏が昨年末に定年退職したようだ。ただし、今年の授賞式が最後の仕事になるらしい。
ハリウッドのコダックシアターに、モハメド・アリの星形が埋め込まれたようだ。ウォーク・オブ・フェイムに埋め込まれている映画スターの星形と同様のものだが、名前を踏まれたくないという本人の希望で、壁に掲げられることになったらしい。
米放送映画批評家協会("the Broadcast Film Critics Association")は、2001年の最優秀映画として、"A Beautiful Mind"を選んだ他、同映画のロン・ハワードに監督賞、ラッセル・クロウに主演男優賞、ジェニファー・コネリーに助演女優賞を授与したようだ。また、監督賞には「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマンも選ばれ、主演女優賞には"In the Bedroom"のシシー・スペイセクが、助演男優賞には"Sexy Beast"のベン・キングズレイが選ばれた模様。
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンは、結婚指輪をコピーして販売したとして訴えていたイタリアの宝飾品メーカーと和解したようだ。
開催中の第20回サンダンス映画祭で、ミック・ジャガーが出品した"The Man from Elysian Fields"に、今回の映画祭では最初の買い手がついたようだ。
スタジオジブリの次回作は、宮崎駿企画、森田宏幸監督の「猫の恩返し」で、今年夏に公開される模様。また、来年春には細田守監督の「ハウルの動く城」の公開も決定しているようだ。
「華麗なる大泥棒」「地下室のメロディー」などの作品で知られる、フランスの映画監督アンリ・ベルヌイユさんが11日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「スター・トレックTNG」の第1シーズン全26話を収録したDVDボックスが3月に米国で発売されるようだ。以降のシーズンも2ヶ月毎に発売され2003年までに全話がDVD化されるらしい。
  1/13
現在開催中のサンダンス映画祭で、ベニチオ・デル・トロが"Piper-Heidsieck Tribute to Independent Vision"を受賞したようだ。
ピアース・ブロスナンは007シリーズ第21作への出演を決めたものの、それ以降ボンド役を続けるのは年齢的に難しいと言っているようだ。
アフガニスタンでは10年ぶりの新作映画となるサイド・ファルク・ハイバット監督"The Speculator"が、まもなくクランクアップするようだ。
  1/14
松竹は、レオナルド・ディカプリオらが設立した映画製作会社"Appian Way"と提携、同社製作映画の国内配給の優先交渉権を獲得するようだ。
「千年の恋 ひかる源氏物語」主演の吉永小百合が13日に梅田東映で舞台挨拶を行い、観客1200人がつめかけたようだ。また、同作の観客動員数は9日に100万人を突破したようだ。
佐藤信介監督、釈由美子主演の「修羅雪姫」が、来月開催されるベルリン国際映画祭に出品されることになったようだ。
降旗康男監督、高倉健主演「ホタル」が18日から韓国で上映されるようだ。
第28回ピープルズ・チョイス賞授賞式が開催され、ジュリア・ロバーツが昨年に引き続き人気映画女優に選ばれたほか、「フレンズ」のジェニファー・アニストンも再び人気テレビ女優に選ばれたようだ。また映画男優ではトム・ハンクスが、映画作品では「シュレック」が選ばれたらしい。
ロバート・レッドフォードは、ドキュメンタリー映画のための新しい基金"Soros' Documentary Fund"を創設すると発表したようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」の全米週末興収は4週連続1位となり、北米興収は2億2830万ドルを突破、世界興収も今週末までに5億ドルを越えるようだ。
チャーリー・チャプリン監督・主演「独裁者」の未公開フィルムが見つかった模様。ラストの演説シーンで、異なる結末が用意されていたらしい。
アメリカのコミック"Fathom"が、ジェイムズ・キャメロン主演、ジェシカ・アルバ、ジュード・ロウ共演で映画化されるようだ。
サンドラ・ブロックは、コメディ"Bridesmaids"と、ラヴ・ロマンス"Wildest Dreams"への出演が決まったようだ。
「新・雪国」に主演する笛木夕子が、昨年から放送されている韓国MBCのTVドラマ「ウリジプ(わが家)」に主演、人気を集めているようだ。
  1/15
ロバート・ダウニーJr.は、スティーヴン・ケイ監督の新作"Six Bullets From Now"への出演交渉を行っている模様。
コメディアンとして人気を博し、映画「チキ・チキ・バン・バン」などにも出演したスタンリー・アンウィンさんが亡くなった(90歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジョン・マルコヴィッチの初監督作品"The Dancer Upstairs"がサンダンス映画祭でプレミア上映されたようだ。
ジョナサン・デミの甥で、「ビューティフル・ガールズ」「ブロウ」などの作品で知られる映画監督のテッド・デミさんが13日亡くなった(38歳)。ご冥福をお祈りいたします。 [☆突発性の心臓発作らしいですが・・・若すぎます]
ペネロペ・クルスはドイツの"German Instyle"誌のインタビューで、半年間休養を取ると発言したものの、トム・クルーズとの結婚については否定したようだ。
まもなく撮影が開始されるブライアン・ヘルゲランド監督、ヒース・レジャー主演の新作"Sin-Eater"に、ヴァンサン・カッセルの出演が決まったようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」のダニエル・ラドクリフが主演したTVドラマシリーズ「デビッド・コパーフィールド」のDVDが再発売され、1週間で1万5000枚が出荷されたらしい。
電通と東北新社は米ウォルト・ディズニー社と、1999年から2001年の間に劇場公開された新作を含むディズニー作品のテレビ独占放映権を購入する契約を結んだようだ。
007シリーズ最新作"Bond 20"の脚本担当に、当初クエンティン・タランティーノの名前があったらしい。
「エピソード2」にイン・シンクがエキストラとして出演していたシーンは、結局カットされたらしい。 [☆DVDで復活か?]
  1/16
ロサンゼルス・タイムズは、MGMの所有者カーク・カーコリアンがルパート・マードックらと映画スタジオ売却について交渉を行っている、と報じたようだ。売却額は70億ドルになる模様。
映画でもお馴染みのラリー・キングは、CNNとの4年間の契約延長にサインした模様。契約金は2800万ドル以上になり、さらにストックオプションも得るようだ。
ジェニファー・アニストンは、愛車のジャガーを運転中に別の車に追突され、軽傷を負った模様。
アンディ・ガルシア製作・主演の新作"The Man from Elysian Fields"が、サンダンス映画祭でプレミア上映されたようだ。
シャーリーズ・セロンと食事ができる権利がオークションにかけられ、3万ポンド(570万円)で落札されたようだ。 [☆高くつく食事だな・・・]
ハリソン・フォードとミニー・ドライヴァーが交際中との噂があるらしい。 [☆59歳と30歳です・・・]
ニコール・キッドマンは新作"Court and Spark"で、フランス王ルイ7世の妻から後にイギリス王ヘンリー2世の妻となった歴史上の人物エレノア・オブ・アキテーヌを演じるようだ。
米投資家の間でウォルト・ディズニーが身売りするとの観測が広まったものの、ディズニーは否定したようだ。
長澤雅彦監督「ソウル」が韓国でプレミア公開され、主演の長瀬智也も出席し、歓迎を受けたようだ。
ニコラス・ケイジのポルシェが盗まれ、ミズーリ州の湖の底から見つかったらしい。
「オール・ザット・ジャズ」などの作品に出演している俳優のベン・ヴェリーンは、昨年末に強盗を目撃し追跡、犯人は逃がしたものの、その功績からマイアミ警察より表彰されるようだ。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」にジェイソン・アイザックがルシウス・マルフォイ役で出演することが決まったようだ。
  1/17
米国で3月22日より公開されるスティーヴン・スピルバーグ監督「E.T. 20周年アニバーサリー特別篇」は、現在も編集作業中らしい。
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」の製作発表が16日に行われ、出演する真田広之、宮沢りえ、小林稔侍、丹波哲郎が出席したようだ。
アニメ「北極のムーシカミーシカ」の原作「ふたごのこぐま」などで知られる児童文学者のいぬいとみこさんが16日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロバート・アルトマンの次回作は"Voltage"というエンジニアを主人公にした風刺コメディになる模様。すでに、ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、スティーヴ・ブシェミ、ボブ・バラバン、ハリー・ベラフォンテ、ウィリアム・H・メイシー、トニー・シャルーブ、エリオット・グールド、リヴ・タイラーらの出演が決まっているようだ。
「X-ファイル」("The X-Files",1993-2002年)シリーズは、現在放映中の第9シーズンで終了となるようだ。 [☆ついに、全てが明らかになるのでしょうか?それとも・・・]
「ウォレスとグルミット」シリーズ最新作が長さ1分の短編として12本製作され、今年の秋からインターネット上で公開されるようだ。さらに、劇場用長編"The Great Vegetable Plot"の製作も進行中とか。 [☆早く観たいよ〜]
ロビン・ウィリアムス主演の新作「ワン・アワー・フォト」"One Hour Photo"が、サンダンス映画祭でプレミア上映されたようだ。 [☆コメディではないようです]
キャサリン・ゼタ=ジョーンズが、合計7750万ドルの出演料で9本の映画への出演契約を結んだ、という英国の新聞の報道に対し、広報担当者はこれを否定したようだ。 [☆エイプリル・フールにはまだ早い]
レイチェル・リー・クックの新作はエリック・スタイルズ監督のサスペンス"Tempo"になる模様。メラニー・グリフィスと共演するようだ。
ウディ・アレン監督「ブロードウェイと銃弾」が、ブロードウェイでミュージカルとして上演されることになったようだ。
ピッツバーグでジーン・ケリーの彫像が制作されることが決まったものの、それをどこに置くかで議論になっているらしい。
「ブラックホーク・ダウン」のプレミア上映が15日夜ワシントンで開催され、ラムズフェルド米国防長官も出席したようだ。
フロリダ州ローダーヒル市が、マーティン・ルーサー・キング記念日の式典に俳優ジェイムズ・アール・ジョーンズを招待し演説を依頼、市はその記念として彼に贈る盾を発注したところ、デザインした会社が、キング牧師を殺害した犯人であるジェイムズ・アール・レイの名前を間違って刻んでしまい、あわてて交換していたらしい。
  1/18
「ドラえもん」映画シリーズ最新作「のび太とロボット王国(キングダム)」の主題歌をKONISHIKIが歌うことになったようだ。
北京では「ムーラン・ルージュ」「猿の惑星」などのハリウッド映画の興収が100万元に達しなかった一方、馮小剛監督「大腕」が1300万元を記録するなど国産映画が注目を集めているようだ。
以前お伝えしたジム・キャリーとニコール・キッドマン共演のゲイリー・ロス監督による新作は、製作が中止となった模様。キッドマンのスケジュール調整がつかなかったようだ。
「ザ・コンデンダー」のロッド・ルーリー監督は、米ABCテレビが制作する米国議会を舞台にしたドラマシリーズ(タイトル未定)の第1話で、監督と脚本を手掛けるようだ。
クリスティーナ・リッチが出演する新作"Miranda"、"The Laramie Project"、"Pumpkin"の3作品が、サンダンス映画祭で上映されたようだ。
ラッセル・クロウは、19世紀初頭の英国海軍の活躍を描く、パトリック・オブライアン原作、ピーター・ウィアー監督の"Master and Commander"への出演交渉を行っているようだ。
E!Onlineが選ぶ、「最もセクシーな男性・女性25人」が発表され、男性ではジョージ・クルーニーが1位で以下ジョニー・デップ、ブラッド・ピットら、女性ではジェニファー・ロペスが1位で、ハル・ベリー、アンジェリーナ・ジョリーがそれぞれ2位、3位となったようだ。
クリス・ロックは新作コメディ"Head of State"で監督と脚本を手掛けるようだ。
中田秀夫監督、黒木瞳主演「仄暗い水の底から」の米国配給権を米20世紀フォックスが獲得したようだ。また、同作品のリメイク権をパンデモニアム映画社が50万ドルで獲得、ディズニーが配給することも決まったようだ。
  1/19
第56回毎日映画コンクールの各賞が発表され、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が日本映画大賞を受賞したほか、監督賞、アニメーション映画賞、日本映画ファン賞、音楽賞の5部門を制覇したようだ。また、男優主演賞に「忘れられぬ人々」の三橋達也、女優主演賞に「ターン」の牧瀬里穂、女優助演賞に「三文役者」の荻野目慶子、男優助演賞に「みすゞ」の寺島進、田中絹代賞には倍賞美津子が、それぞれ選ばれたようだ。
ジャン=ピエール・ジュネ監督「アメリ」の興収が1億円を突破、上映している渋谷シネマライズでは開業以来最大のヒットとなっているようだ。
チャーリー・カウフマンが脚本を手掛けたミシェル・ゴンドリー監督「ヒューマンネイチュア」が、サンダンス映画祭でプレミア上映されたようだ。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが架空の映画評論家による宣伝を行っていたとする集団訴訟で、原告は、宣伝文が使われた「インビジブル」「バーティカル・リミット」「ROCK YOU!」「アニマルマン」の4作品の払い戻しに応じるための450万ドルの基金を設立する、という和解案を提出したようだ。
  1/20
「仄暗い水の底から」がベルリン国際映画祭の招待作品に選ばれたようだ。
昨年夏公開されたアーロン・クォック(郭富城)主演の香港映画「浪漫桜花」をきっかけに、中国各地でパラパラが流行しているらしい。
「スパイダーマン」「アベンジャーズ」などのコミックで知られる米漫画家のジョン・ビュッセマさんが10日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
サンダンス映画祭の各賞授賞式が行われ、ドラマ部門では、最優秀作品にレベッカ・ミラー監督"Personal Velocity"、脚本賞にフィリップ・シーモア・ホフマンの兄であるゴーディ・ホフマンの"Love Liza"、また観客賞にはパトリシア・カルドーゾ監督"Real Women Have Curves"が選ばれたようだ。
「ハッシュ!」に主演している片岡礼子が脳出血のため入院している模様。幸い症状は軽く3月には復帰できるようだ。
  1/21
東宝の昨年の興収が、「千と千尋の神隠し」「陰陽師」などのヒットにより前年比115%増の548億円となり、過去最高を記録したようだ。
「千と千尋の神隠し」の昨年末までの興収は283億6000万円、観客動員数は2192万人を越えたようだ。
チェン・カイコー監督「キリング・ミー・ソフトリー」プロモーションのためヘザー・グラハムが緊急来日したようだ。
広島の市民団体「インド・パキスタン青少年と平和交流をすすめる会」を支援するため、吉永小百合はチャリティコンサート・朗読会を3月に東京で開催するようだ。
キム・ソンス監督、チャン・ツィイー主演の「武士」が、韓国電影局の審査を無視して上映されたため、韓国および中国で上映禁止の処置を受けているようだ。
「ハリー・ポッター」の日本語翻訳版の出版部数がシリーズ3巻で1000万部を突破したようだ。一方英国では年間ベストセラー上位5冊中4冊を「ハリー・ポッター」が占め、同シリーズの人気などにより全書籍売上高も12億7000万ポンドに達したようだ。
第59回ゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門では、最優秀作品賞に「ムーラン・ルージュ」、主演女優賞に同作のニコール・キッドマン、主演男優賞に"The Royal Tenenbaums"のジーン・ハックマンが、それぞれ選ばれたようだ。また、長年の功績を称えるセシル・B・デミル賞がハリソン・フォードに授与されたようだ。
第59回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開催され、ドラマ部門では、最優秀作品賞に「ビューティフル・マインド」が選ばれた他、同作のラッセル・クロウに主演男優賞が、ジェニファー・コネリーに助演女優賞がそれぞれ授与されたようだ。その他、ドラマ部門の主演女優賞は"In the Bedroom"のシシー・スペイセク、助演男優賞は"Iris"のジム・ブロードベント、監督賞は"Gosford Park"のロバート・アルトマンが、それぞれ獲得したようだ。
ロイ・ロジャースが生前コレクションしていた馬具など30点がオークションにかけられ、いずれも高値で競り落とされたようだ。
空港でのセキュリティ・チェック強化に伴う混雑を解消したい米国運輸省は、米ウォルト・ディズニーがテーマパークで使用しているシステムに興味を示しているようだ。
P・J・ホーガン監督の次回作は"Peter Pan"になる模様。フック船長役としてレイフ・ファインズが候補に挙がっているようだ。
チャン・ツィイーの新作は"Good Cook, Likes Music"というコメディで、共演はアダム・サンドラーのようだ。
キューバ・グッディングJr.の名前が、ウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン共演の新作"The Human Stain"にゲイリー・シニーズの出演が決まったようだ。
グウィネス・パルトロウは新作ラヴ・ロマンス"On Green Dolphin Street"で、ジェレミー・ノーザム、エドワード・バーンズらと共演するようだ。
ハーレイ・ジョエル・オスメントは「ハリー・ポッターは映画化されるべきではなかった」「ハリー・ポッターをやりたいと思ったことは一度もない」と発言したようだ。 [☆実は、かなり悔しい?]
  1/22
「水戸黄門」などのテレビ時代劇を手がけた、映画監督の倉田準二さんが21日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジェフ・ブリッジスの新作は、近未来の管理社会を舞台にしたロイス・ローリーの小説"The Giver"の映画化作品になる模様。製作も手掛けるようだ。
「スター・ウォーズ」をパロディにしたポルノ・アニメ"Star Ballz"が製作され、ルーカス・フィルムは販売差し止めを連邦地裁に訴えたものの棄却されたようだ。
女優や作曲家としても活躍した、ジャズ・シンガーのペギー・リーさんが21日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
イタリア極右政党の若手幹部は、政治的理想を描いているとして、「ロード・オブ・ザ・リング」を政治宣伝に利用しようとしているらしい。 [☆こじつけですな]
先日お伝えした、ジェイムズ・アール・ジョーンズに贈られる記念の盾に誤って「ジェイムズ・アール・レイ」と刻まれてしまったことについて、ジョーンズは式典の中で「以前にも間違って紹介されたことがある。神経質になる必要はない。」と発言したらしい。市は盾の代わりに、アフリカのアシャンティ地方に伝わるカラフルなスツールを贈ったようだ。
女優キャロル・バーネット(数々のTVドラマの他映画「アニー」などに出演)の娘で、「フェーム」などのTVドラマや、作家、ミュージシャンとしても活躍した女優のキャリー・ハミルトンさんが亡くなった(38歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/23
ブルース・ウィリスは、記憶を失った殺し屋が主人公の新作"Me Again"に主演するようだ。今年後半に撮影開始の予定らしい。
米BravoTV製作による人気シリーズ"Inside the Actors Studio"の、この春のゲストが発表され、今月28日にビリー・ボブ・ソーントン、来月25日にジョニー・デップ、3/11にヒュー・グラントが登場するようだ。また、すでにサラ・ジェシカ・パーカーとシシー・スペイセクへのインタビューも収録が行われている模様。
「オー・ブラザー!」のサントラに参加したミュージシャン達による、米国18都市をまわるツアー"Down From the Mountain"が、25日のレキシントンを皮切りにスタートするようだ。
「バニラ・スカイ」プロモーションのため、トム・クルーズとペネロペ・クルスがロンドンを訪れ、こちらでもサインや握手に気さくに応じるなど、ファンの声援に応えたようだ。
ハーヴェイ・カイテルの次回作はジョナサン・ニューマン監督のサスペンス"The Limit"になる模様。
ロシア人監督パベル・チュフライの新作"Red America"に、ミラ・ジョヴォヴィッチの出演が決まったようだ。
メグ・ライアンが新作「ニューヨークの恋人」プロモーションのため、来月7日に来日することが決定した模様。
第54回米監督組合("Directors Guild of America")賞の候補が発表され、「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン、「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン、「メメント」のクリストファー・ノーラン、「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコットがノミネートされたようだ。
「ブラックホーク・ダウン」の海賊版が、映画の舞台となっているソマリアで上映されているらしい。
米国でも公開中のジャン=ピエール・ジュネ監督「アメリ」の興収が2090万ドルに達し、米国で公開されたフランス映画としては「Mr.レディ Mr.マダム」("La cage aux folles",1978年)の記録を超える史上最高のヒットとなったようだ。
ジュリアーニ前ニューヨーク市長を描いたアンドリュー・カーツマンの小説"Emperor of the City, the Story of America's Mayor"がテレビ映画として映像化されるようだ。
タイ映画史上最高の900万ドルの製作費が投入され、昨年8月に公開された"Suriyothai"の国内興収が1100万ドルに達し、海外からも注目を集めているようだ。
スティーヴン・スピルバーグは"Memoirs of a Geisha"の監督を降板し、プロデュースにまわることを決めたようだ。
  1/24
長澤雅彦監督「ソウル」の完成披露会見が24日東京で行われ、主演の長瀬智也とチェ・ミンスが出席したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督は「インディ・ジョーンズ4」を製作すると発表した模様。タイトルも既に決まっているものの、公表されなかったようだ。2003年夏に公開予定らしい。
まもなく韓国で公開されるイ・シミョン監督の長編デビュー作「2009 ロストメモリーズ」は、西暦2009年の日本の支配下に置かれた韓国が舞台の歴史改変ものらしい。
小泉八雲原作の短編映画「雪おんな」が、山形県の大蔵村南山で撮影されているらしい。監督は小松範任で、4月にインターネット配信されるようだ。
シルヴェスタ・スタローンは「ランボー」と「ロッキー」の続編企画を映画製作会社に持ち込んでいたらしい。ただし、現在の社会情勢と本人の年齢的問題から、実現の可能性は低いようだ。
ウィノナ・ライダーの無罪を訴え、ロサンゼルスのギフトショップ"Lala Land"が、"Free Winona"とプリントした15ドルのTシャツを売り出したところ、600枚以上が売れ、問い合わせが殺到しているらしい。 [☆無罪を信じたいですが・・・]
第74回アカデミー賞授賞式で、シドニー・ポワチエに特別名誉賞が贈られることが決まった模様。
スティーヴン・ダルドリー監督の新作は、米ブック・アワードを受賞したジョナサン・フランゼンの小説"The Corrections"になるようだ。
マーティン・ブレスト監督の新作"Gigli"に、アル・パチーノがカメオ出演することが決まったようだ。
デヴィッド・エヴァンス監督、コリン・ファース主演による1997年の英国映画"Fever Pitch"がハリウッドでリメイクされる模様。ジョン・キューザックとミニー・ドライヴァーの共演も決まったようだ。
クエンティン・タランティーノの新作"Kill Bill"にダリル・ハンナの出演が決まったようだ。
多国籍軍に参加したマレーシア国軍のソマリアでの活躍が描かれていないとして、リドリー・スコット監督「ブラックホーク・ダウン」がマレーシアで批判を浴びているらしい。
第44回ブルーリボン賞の各賞が発表され、「千と千尋の神隠し」が作品賞、「GO」の行定勲が監督賞、「陰陽師」の野村萬斎が主演男優賞、「狗神」他の天海祐希が主演女優賞を、それぞれ獲得したようだ。
行定勲監督「GO」が、第13回パームスプリングス国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したようだ。
  1/25
柳美里のベストセラー小説「命」が、江角マキコ、豊川悦司共演で映画化されるようだ。
第52回ベルリン国際映画祭のコンペ部門に宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」と阪本順治監督「KT」が出品されることが決まったようだ。
"In The Bedroom"に出演しているマリサ・トメイの演技に対し、「いとこのビニー」以来10年ぶりのオスカー獲得か?という声も挙がっているようだ。
マイケル・マンが監督予定だった、レオナルド・ディカプリオ主演によるハワード・ヒューズの伝記映画は、マーティン・スコセッシが監督を務めることになるようだ。
新作"Minority Report"の撮影が完了した、スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズは、第2次世界大戦下の日本軍の捕虜収容所を舞台にした映画"Ghost Soldiers"で再び顔を合わせることになりそうだ。
ベルリン国際映画祭コンペ部門出品作品のうち、ドイツ映画は、クリストファー・ロス監督"Baader"、アンドレアス・ドレゼン監督"Grill Point"、トム・ティクヴァ監督"Heaven"、ドミニク・グラフ監督の"A Map of the Heart"の4作品に決まったようだ。
「バニラ・スカイ」のトム・クルーズとペネロペ・クルスは、ローマを訪れたようだ。 [☆「ペネロペ〜愛の世界旅行」?]
ライザ・ミネリ4度目となる結婚の披露宴が、3月16日に映画スターら300人を招いてニューヨークのホテルで行われるようだ。
昨年公開された"Angel Eyes"で、ジム・カヴィーゼルはジェニファー・ロペスとの裸でのベッド・シーンを拒否していたようだ。妻への献身と愛がその理由らしい。
ライアン・フィリップは、ジョン・フランケンハイマー監督、リーアム・ニーソン主演の"Exorcist 4:1"への出演交渉を行っている模様。
「スター・トレック」シリーズの功績をたたえ、第54回米脚本家組合(Writers Guild of America)賞授賞式でモーガン・コックス賞が贈られることが決まったようだ。
米ペンシルヴァニア州ペンリン市で9月7日に予定されているYMCA主催のトライアスロン大会について、地元警察は、YMCAが「ハリー・ポッター」を子供達に読ませて魔法を教えようとしている、として大会での交通整理を拒否しているようだ。
  1/26
「リリイ・シュシュのすべて」に出演している蒼井優が10代目「リハウスガール」に選ばれたようだ。
"Shrek 2"に、マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアスが声優として出演することが正式に決まった模様。
第59回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開催された20日、Eonline.comへのアクセスが前週の47%増の120万人に達したようだ。
アントニオ・バンデラスは、フェデリコ・フェリーニ監督「8 1/2」をもとにした1982年のミュージカル"Nine"のリバイバル上演で、ブロードウェイ・デビューすることが決まったようだ。
ロバート・レッドフォードに、アカデミー賞特別名誉賞が授与されることが決まったようだ。 [☆今年の名誉賞はS・ポワチエとレッドフォードの2人ということに]
1960年代のテレビSFシリーズ「タイム・トンネル」"The Time Tunnel"のリメイクを米ABCテレビとFOXテレビの双方が企画し、どちらに権利があるかで問題となっているようだ。
アーサー・ヒラー監督は、第74回アカデミー賞授賞式でジーン・ハーショルト友愛賞(Jean Hersholt Humanitarian Award)を受賞することが決まったようだ。
自伝がアカデミー賞受賞作「歌えロレッタ!愛のために」として映画化されている、カントリー・シンガーのロレッタ・リンがケンタッキー大学から名誉博士号を授与されることが決まったようだ。
  1/27
第16回高崎映画祭の受賞作品が発表され、最優秀作品賞に青山真治監督「ユリイカ」と是枝裕和監督「ディスタンス」、最優秀監督賞に「連弾」の竹中直人と「RUSH!」の瀬々敬久、最優秀主演男優賞に「GO」の窪塚洋介、最優秀主演女優賞に「東京マリーゴールド」の田中麗奈と、「贅沢な骨」の麻生久美子が、それぞれ選ばれたようだ。
スティーヴ・マックィーンの息子で俳優のチャド・マックィーンが、今年のルマン24時間レースに出場するようだ。
  1/28
ジャン・レノは取材の中で「広末涼子はナタリー・ポートマンと同じ才能の持ち主」と発言したようだ。 [☆真意なのか、それともリップ・サービスなのか・・・]
英国アカデミー賞(Bafta awards)のノミネーションが発表され、「ムーラン・ルージュ」と「ロード・オブ・ザ・リング」が作品賞など12部門でノミネートされたようだ。作品賞には"A Beautiful Mind"「アメリ」「シュレック」なども候補作に選ばれ、また、主演男優賞には"A Beautiful Mind"のラッセル・クロウら、主演女優賞に「アザーズ」のニコール・キッドマンらがノミネートされたようだ。
中国で「ハリー・ポッターと賢者の石」が初日を迎えたようだ。初日の前売り券が発売1週間で売り切れ、急遽別の劇場でも上映が行われるなど、中国でも大人気となっているようだ。
小沼勝監督「NAGISA-なぎさ-」が、パリで開催される、「シネ・ジュニア2002 フレンチ児童映画祭」に出品されるようだ。
アダム・サンドラーは、ダニー・ボイル監督の新作コメディ"Solomon Grundy"への主演が予定されているようだ。
ギリーズ・マッキノン監督によるサスペンス"In Search of the Assassin"で、ウェス・ベントリーとポール・ウォーカーの共演が決まった模様。
「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」「ロッタちゃん」などの作品で知られる作家アストリッド・リンドグレーンさんが28日亡くなった(94歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  1/29
藤原紀香とキム・ユンジンが28日に国立劇場で行われた「2002年韓日国民交流の年」記念開幕式に出席したようだ。
弘兼憲史原作のコミック「黄昏流星群」の中の2編「星のレストラン」と「同窓会星団」の映画が完成したようだ。「同窓会星団」は神田正輝と原日出子が共演したらしい。
米ユニバーサル・ピクチャーズは、ウディ・アレン、ロマン・ポランスキー、ナンニ・モレッティ、サミラ・マフマルバフ、アッバス・キアロスタミ、北野武ら世界の映画監督20人に米国同時多発テロ事件を題材にした短編映画の制作を依頼したようだ。
米ニューライン・シネマは、米国でベストセラーとなっているデイヴ・エガーズ(Dave Eggers)の回想録"A Heartbreaking Work of Staggering Genius"の映画化について、"Orange County"のスコット・ルディンをプロデューサーに迎えるようだ。
米ユニバーサル・ピクチャーズは、MGMが新作「ローラーボール」のテレビCMの中で「『ワイルド・スピード』の製作スタッフによる・・・」と宣伝していることに対して訴訟を起こした模様。実際は「ワイルド・スピード」の製作総指揮の一人ジョン・ポーグ氏が、「ローラーボール」で共同脚本を担当しているだけらしい。批評家に酷評されている「ローラーボール」を、続編が予定されている「ワイルド・スピード」と関連づけられることを嫌ったようだ。 [☆「ローラーボール」評判悪いのか・・・]
「オースティン・パワーズ3」のタイトル"Austin Powers in Goldmember"について、MGMが「ゴールドフィンガー」のタイトルを許可なくパロディとして使っていると主張、米国映画協会(Motion Picture Association of America)は、タイトルの使用を認めない判定を下したようだ。 [☆MGMにギャグは通じない?]
予定されていたジャン=リュック・ゴダール監督の来日は、入院のため延期となったようだ。
リチャード・オリヴァー監督による戯曲の映画化"Fallen Angels"で、スーザン・サランドンとジェレミー・アイアンズが共演することになるようだ。
デビッド・リンチ監督「マルホランド・ドライブ」が、Yahoo! BBユーザーの中から抽選で選ばれた500人に、インターネット上で公開されるようだ。 [☆新しい形式の試写会と言えるかもしれません]
先日お伝えした、米CBSテレビによるヒトラーの伝記ドラマで、ユアン・マクレガーがヒトラーを演じることになる模様。
リドリー・スコット監督は「エイリアン5」を企画しているらしい。「エイリアン」第1作よりも前の時代が舞台になるとか。
"Conan the Barbarian"シリーズを25年間に渡って描き続けた漫画家のジョン・ビュッセマさんが10日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ネブラスカ州リンカーン市に妹を訪ねたジョン・マルコヴィッチは、その夜友人とバーに出かけたところ、15分もしない内にバーが彼のファンでいっぱいになり、結局その夜はファンの相手をして終わったらしい。
  1/30
「オーシャンズ11」の記者会見が30日行われたようだ。ジョージ・クルーニーのいるモントリオールとブラッド・ピットのいるロンドンを衛星回線で東京、大阪と結んで行われた会見は総費用5000万円だったとか。
湯山邦彦監督「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神」の製作発表が30日行われたようだ。神田うの、釈由美子、優香が声優として参加するらしい。
韓国の映画サイト「キノネット」の調査によると、「ラストのどんでん返しが最も衝撃的だった映画」第1位は「シックス・センス」で、以下「ユージュアル・サスペクツ」「アザーズ」と続いたようだ。
「バニラ・スカイ」プロモーションのためペネロペ・クルスとともにドイツを訪れていたトム・クルーズは、「サイエントロジー」をドイツ政府が宗教として承認することを求める活動を行っていたらしい。
米ユニバーサル・ピクチャーズが、MGMによる「ローラーボール」のCM放映中止を訴えていた問題で、米地方裁判所判事は放映中止の仮処分を言い渡したようだ。
コーエン兄弟は、シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインが共演した1966年のコメディ「泥棒貴族」("Gambit")のリメイクを手掛けることになる模様。ヒュー・グラントが主演候補に挙がっているようだ。
来月6日より開催されるベルリン国際映画祭には、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、スティーヴ・ブシェミ、ジュディ・デンチ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハーヴェイ・カイテル、ケヴィン・スペイシー、マリサ・トメイらが出席を予定しているようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞のノミネーションが発表され、"In the Bedroom"のシシー・スペイセクとトム・ウィルキンソン、"A Beautiful Mind"のジェニファー・コネリーとラッセル・クロウらが各賞の候補に挙がったほか、"I Am Sam"に出演している7歳のダコタ・ファニングが助演女優賞候補に指名されたようだ。
「エピソード2」の脚本がインターネット上に流出したらしい。シリーズ中もっともアクションシーンが多いとか。
サム・メンデスが手掛けるロンドンの舞台「十二夜」と「ワーニャ伯父さん」について、当初ニコール・キッドマンが出演予定だったもののスケジュールが合わず、グウィネス・パルトロウが出演することになるようだ。
ショーン・コネリーの次回作は、スティーヴン・ノリントン監督によるコミックの映画化"The League of Extraordinary Gentlemen"になる模様。
先日、レイフ・ファインズか?とお伝えした、P・J・ホーガン監督の"Peter Pan"のフック船長役は、結局ジェイソン・アイザックスになったようだ。
米ユニバーサル・ピクチャーズから米国同時多発テロ事件を題材にした短編映画制作の依頼を受けていた北野武監督は、物理的に時間がないとして、依頼を断ったようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は、昨年行われた委員長選挙でメリッサ・ギルバートを選出したものの、選挙に不正があったとして、再度選挙を行うようだ。
リース・ウィザースプーンは次回作でプロ・テニス選手を演じるようだ。ギャラは800万ドルになるとか。
ハーバード大学が「エンタテインメント界で目覚ましい貢献」をした俳優に授与する、今年のヘイスティ・プディング賞(Hasty Pudding awards)受賞者に、ブルース・ウィリスとサラ・ジェシカ・パーカーが選ばれたようだ。
ハロルド・ライミスは、"Orange County"に出演しているジャック・ブラックについて、ジョン・ベルーシを想い出させる、といっているようだ。
  1/31
NTTデータは、映画配給会社などの広報資料をデジタル化しインターネットで配信するASPサービスを4月にスタートさせるようだ。
カン・ウソク監督、ソル・ギョング、イ・ソンジェ共演「公共の敵」が韓国でヒットを飛ばしているようだ。
マイケル・ベイ監督はトビー・フーパー監督1974年の作品「悪魔のいけにえ」("The Texas Chainsaw Massacre")のリメイクを企画しているようだ。
ウィル・スミスらが設立したOverbrook Entertainmentは、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントと、ウィル・スミスが主演ないし製作する作品のリリースに関する3年契約を結んだようだ。
ペイトン・リード監督による新作ロマンチック・コメディ"Down With Love"で、ユアン・マクレガーとレニー・ゼルウィガーが共演するようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)の調査によると、米国内でプライムタイムに放映されるTV番組の80%が白人男性の監督によるものらしい。
エディ・マーフィの妻ニコルは5人目の子供を出産したようだ。女の子でBella Zahraと名付けられたらしい。 [☆「美しい花」という意味のようです]
MGMは、「ピンクパンサー」や「成功の甘き香り」("Sweet Smell of Success")など過去のヒット映画を、舞台版としてブロードウェイで上演する準備を進めているようだ。ミュージカル版「ロッキー」の登場もあり得るらしい。
DVDの暗号解読ソフトをインターネット上に公開し映画スタジオから訴えられているエリック・コーリーは、昨年ニューヨーク巡回控訴裁判所が下した、ソフト公開の禁止は言論の自由を侵害しないという判決を不服とし、再審請求を行ったようだ。
ドリームワークスは、CGI用のシステムをSGIのワークステーションからHPのLinuxマシンに切り替えつつあるようだ。新作"Spirit: Stallion of the Cimarron"では200台以上のHPのワークステーションが使用されているらしい。ただし、Linux版の"Adobe Photoshop"が無いため、一部Macを併用しているようだ。
2001年の日本国内の映画興行収入は「千と千尋の神隠し」の大ヒットなどにより前年比17.1%増の2001億5400万円に達し、過去最高を記録したようだ。また総入場者数も20.6%増の1億6328万人と15年ぶりに1億6千万人を越えた模様。また、映画館のスクリーン数は2585となり、内シネコンが46.7%を占めているようだ。
「ビヨンド・ザ・マット」でも顔を見せている元WWFのチャイナことジョアニー・ローラーは、ハリウッド映画への出演を熱望しているようだ。
マーク・スティーヴン・ジョンソン監督、ベン・アフレック主演による人気コミックの映画化"Daredevil"に、マイケル・クラーク・ダンカンの出演が決まった模様。
ロバート・アルトマン監督"Gosford Park"で美しい歌声を披露したジェレミー・ノーザムだが、歌手デビューするつもりはないようだ。
"Malma"ブランドのマカロニで知られるポーランド第2位のパスタ・メーカー"Danuta SA"は、イタリアの大女優ソフィア・ローレンを宣伝に起用し、シェア1位奪回を狙っているようだ。
「プリティ・プリンセス」にも出演しているマディ・ムーアは、新作"A Walk to Remember"出演をきっかけに、ヘア・カラーをブロンドからブルネットに変えたようだ。