シネマトピックス(2002年2月)
[ 2001 | 2002 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2003 | LastTopics ]
  2/1
Nintendo of Americaと米ウォルト・ディズニーが、Game Boy Advance用ゲームの開発に関するライセンス契約を結んだ模様。ディズニーの新作"Return to Never Land"、"Lilo & Stitch"、"Treasure Planet"を題材にしたゲームが順次発売されるようだ。
新作「助太刀屋助六」の記者会見に出席した岡本喜八監督は、「次はなるべく早く撮りたい」と語ったようだ。
「ソウル」プロモーション用に、長瀬智也の等身大の3DパネルがTSUTAYA渋谷店など展示されるようだ。
今年のアカデミー賞授賞式に、ラッセル・クロウがプレゼンターとして登場することが決まったようだ。また、12日に行われるノミネーション発表はマーシア・ゲイ・ハーデンが務めることも決まった模様。
アンディ・ガルシアにも男の子が産まれたようだ。
万引きの疑いで逮捕されたウィノナ・ライダーは、ロサンゼルス地方検察局から正式に起訴された模様。
米パラマウント・クラシックスは、マイケル・ペトローニ監督、ガイ・ピアース、ヘレナ・ボナム・カーター共演のオーストラリア映画"Till Human Voices Wake Us"の北米配給権を獲得したようだ。
「オースティン・パワーズ3」を製作するニュー・ライン・シネマは、アメリカ映画協会の決定に従い、"Austin Powers in Goldmember"のタイトルを使わないことにしたようだ。 [☆ちょっと残念・・・]
米パラマウント・クラシックスは、「血の日曜日事件」を題材にしたアイルランド映画"Bloody Sunday"の米国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、中南米および日本での配給権を獲得したようだ。
米ウォルト・ディズニーは第1会計四半期(10-12月期)の決算を発表、利益は前年同期比55%減の2億9700万ドルだったようだ。
エミリオ・エステファン(Emilio Estefan)は、2年間に渡るストーカー行為などにより名誉を棄損されたとして、ベネズエラ出身の俳優フアン・カルロス・ディアス(Juan Carlos Diaz)に対し100万ドルの損害賠償を請求する訴訟を起こしたようだ。
メグ・ライアンの自宅と勘違いして別の家に侵入し逮捕された男性に対し、サンタモニカ上級裁判所は、メグ・ライアンと進入した家の150ヤード以内に近づくことを禁止する命令を下したようだ。
ハン・ソッキュは、今年11月に韓国で公開予定の新作「二重スパイ」で、「カル」以来3年ぶりにスクリーンに復帰するようだ。
ロンドンで開催されたWorld Music Awardsに、ジョニー・デップがゲスト出演したようだ。
「チャーリーズ・エンジェル」の続編"Charlie's Angels 2: Halo"に、ビル・マーレイは出演しないようだ。
ブラッド・ピットが受け取るファン・レターの6割は、男性からのものらしい。
「恋におちたシェイクスピア」のグウィネス・パルトロウとジョン・マッデン監督は、ロンドンで上演されるトニー賞受賞の舞台"Proof"で、再び顔を合わせるようだ。
  2/2
久保山努監督による御茶漬海苔のホラーコミックの映画化「惨劇館 夢子」の完成試写会が行われ、主演の美波らが出席したようだ。 [☆劇場公開作品ではなくビデオ・レンタルのみらしい]
MTVアジア・アワードがシンガポールで開催され、映画関連では「グリーン・デスティニー」が人気映画賞を獲得したほか、特別賞としてジャッキー・チェンにインスピレーション賞が授与されたようだ。ただし、チェンは出席しなかった模様。
葉月里緒菜の復帰第1弾は篠田正浩監督「スパイ・ゾルゲ」になるようだ。
  2/3
ウィリアム・ワイラー監督「我等の生涯の最良の年」に出演しアカデミー賞助演男優賞を獲得した俳優のハロルド・ラッセルさんが先月29日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アーノルド・シュワルツェネッガーの新作「コラテラル・ダメージ」について、コロンビア人と消防士を侮辱している、との批判の声が挙がっているようだ。
ゴヤ賞授賞式がスペインのマドリッドで行われ、最優秀作品にアレハンドロ・アメナーバル監督、ニコール・キッドマン主演の「アザーズ」が最優秀作品賞と最優秀脚本賞を獲得したようだ。また、最優秀欧州映画賞に「アメリ」が選ばれた模様。
  2/4
第44回グラミー賞で、ロバート・モーグ博士と米アップル・コンピュータに技術賞が贈られることになったようだ。
フランスのセザール賞のノミネーションが発表され、ジャン=ピエール・ジュネ監督の「アメリ」が作品賞、監督賞を含む史上最多の13部門でノミネートされたようだ。
先日無くなった映画監督テッド・デミの検死解剖が行われ、少量のコカインが検出されたらしい。それが心臓発作の原因となった可能性もあるようだ。
デイヴ・マシューズは、先日開催されたサンダンス映画祭でドキュメンタリー部門の観客賞と表現の自由賞を受賞したリー・ハーシュ監督"Amandla!"のサントラアルバムをリリースすると発表したようだ。 [☆デイヴ・マシューズは南アフリカ出身。アメリカでは絶大な人気を誇るアーティストですが、日本では・・・]
ローマで行われた集会に出席したナンニ・モレッティは、昨年の首相選挙で敗れた中道左派のフランチェスコ・ルテッリ元ローマ市長やマッシモ・ダレーマ元首相の演説の後舞台に立ち、「彼らのようなリーダーでは選挙は勝てない」と発言したようだ。
シガニー・ウィーヴァーの新作は、アンドリュー・デイヴィス監督が手掛けるルイス・サッカーの児童文学"Holes"の映画化作品になるようだ。
ドイツ国会人権委員会は、チベットの人権問題について討議するため、4月17日に行われる委員会にリチャード・ギアを招くことを決めたようだ。
  2/5
「オーシャンズ11」の日本での興収が、先行オールナイトと公開2日で8億7000万円を越え、歴代「11」位の記録となったようだ。また、観客動員数は57万7342人に達したようだ。
「ソウル」に主演する長瀬智也が、「焼肉応援キャンペーン大使」になったようだ。これに合わせて、全国の焼肉店2000店に「ソウル」の割引券が置かれるらしい。
中国で、映画撮影業務に関する規定や、映画撮影に対する国家の資金援助などについて定めた「電影管理条例」が1日より施行されたようだ。
3月24日に開催されるアカデミー賞授賞式では、保安強化のため、スターを一目見ようと会場前に訪れるファンに対し、予め配布される写真付きのIDカードの提示を求めることにしたようだ。
米ハリウッド・リポーター紙が、ハリウッド・スターの「収益性」を100点満点で評価する"StarPower 2002"を発表、トム・クルーズ、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツの3人がいずれも満点でトップにランクされたようだ。
ヒトラーの秘書として働き、彼の遺言を書き留めた女性Traudl Jungeが当時を語るドキュメンタリー"Blind Spot, Hitler's Secretary"が、まもなく開催されるベルリン国際映画祭で上映されるようだ。
クリストファー・リーは、イブニング・スタンダード英国映画賞(Evening Standard British Film Awards)の特別功労賞を受賞したようだ。
ハリウッドの映画業界では、電子透かし技術を導入した新たなDVD複製防止機能の開発を進めているようだ。
ブラッド・レンフロは、保護観察期間中に無免許運転などで複数回逮捕されたことから、1週間刑務所に送られることになったようだ。
「ジキル博士とハイド氏」が再び映画化されるようだ。デヴィッド・マメットが監督を務める"Diary of a Young London Physician"で、ジュード・ロウ、ペネロペ・クルスらが出演者の候補に挙がっている模様。
マイクロソフトは米コンテントフィルムズおよび米マグノリア・ピクチャーズとの提携を発表したようだ。3月公開の新作"Wendigo"では、マイクロソフトの開発した"Windows Media"が使われているらしい。
ボツになるかも?と以前お伝えした「トゥルーライズ」の続編だが、ジェイムズ・キャメロン監督は脚本を完成させたようだ。
来月25日、中国の順徳にブルース・リー記念館がオープンするようだ。
「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編に、レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファースの続投が決まった模様。
「ターミネーター3」にリンダ・ハミルトンの出演が決まったようだ。一方、予定されていたエドワード・ファーロングの出演は取り消された模様。
  2/6
来月公開予定の韓国映画「友へ チング」に主演しているチャン・ドンゴンが、プロモーションのため来日したようだ。
米脚本家組合(Writers Guild of America:WGA)は、"In the Bedroom"と「メメント」について、作品が製作された時点で脚本家がWGAのメンバーでなく、また製作会社もWGAに署名していなかったとして、WGA賞の対象外としたようだ。
ウォルフガング・ペーターゼン監督らが設立した映画製作会社Radiant Productionsは、米Spelling Televisionとテレビ番組制作に関する契約を結んだようだ。
ロック・ハドソンの遺産相続人で「ロボット・モンスター」などの作品で知られる俳優のジョージ・ネーダーさんが4日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
万引きなどの容疑で起訴されたウィノナ・ライダーは、5日にビバリーヒルズの裁判所で行われた罪状認否で、無罪を主張したようだ。
2001年のドイツでの総映画興収は前年比20%増の9億8700万ユーロへと急増、そのうちドイツ映画の占める割合も過去15年間で最大の18.4%を記録した模様。興収6000万ユーロを越えたコメディ"The Shoe of the Manitu"などの大ヒットが貢献したようだ。 [☆世界各地で興収の記録が更新されていますが、これは何を意味するのでしょう?]
220万ドルの製作費を投入し、インド映画としては初めて全編がハリウッドで撮影されたスリラー"Kaante"が、6月に世界公開されることが決まったようだ。
まもなく開幕する第52回ベルリン国際映画祭のフィナーレに、チャーリー・チャプリン監督・主演「独裁者」のリマスター版が上映されるようだ。
米レンタル・ビデオ・チェーンの調査によると、「究極の共演」はショーン・コネリーとジュリア・ロバーツという結果になったようだ。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、米化粧品会社エリザベス・アーデンの広告キャンペーンに登場することになったようだ。
今年のアカデミー賞授賞式にベニチオ・デル・トロがプレゼンターとして登場することが決まったようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞のテレビ部門のノミネーションが発表され、最優秀監督賞には"61"のビリー・クリスタル、"Uprising"のジョン・アヴネット、"James Dean"のマーク・ライデルらが候補に挙がったようだ。
「トイ・ストーリー」シリーズでもおなじみの「ミスター・ポテトヘッド」が5日に50歳の誕生日を迎えたようだ。
  2/7
ラッセル・クロウは、夏からピーター・ウィアー監督の新作"Master and Commander: The Far Side of the World"の撮影にはいるため、レニー・ゼルウィガーと共演予定だった"The Cinderella Man"の撮影を14ヶ月遅らせることを決めたようだ。このため、監督予定だったラッセ・ハルストレムが降板、ハルストレム監督はDavid Lissの小説"A Conspiracy of Paper"の映画化に取り組むことになった模様。
ユアン・マクレガーは、スコットランド小児ホスピス協会(Children's Hospice Association Scotland)の募金キャンペーンのため、彼の兄で英国空軍のパイロットのコリン・マクレガーが操縦するジェット戦闘機Tornado GR1に乗って飛行することになったようだ。ユアンの様子をとらえるるミニ・カメラも設置されるらしい。
大ヒット中のブロードウェイ・ミュージカル「プロデューサーズ」に出演しているネイサン・レインとマシュー・ブロデリックは来月で舞台を降りるようだ。
米コスモポリタン誌の"Fun Fearless Female"賞授賞式に出席していたブリトニー・スピアーズの自宅に、男が侵入しようとして捕まったらしい。
ウーピー・ゴールドバーグが修理のため米映画芸術科学アカデミーに返却していたオスカー像が、宅配業者(United Parcel Service)の輸送中に紛失、5日カリフォルニア州のオンタリオ空港のゴミ箱で発見されたようだ。
第52回ベルリン国際映画祭が、シュレイダー首相ら2500人のゲストを迎えて、6日開幕したようだ。オープニングを飾ったトム・ティクヴァ監督、ケイト・ブランシェット主演"Heaven"は、米国同時多発テロ事件を予見するかのようなシーンがあるものの、基本的にはラヴ・ストーリーらしい。
"Bond 20"、"X-Men 2"と超大作が続くハル・ベリーの次の作品は"Nappily Ever After"というロマンチック・コメディになるようだ。
台湾のウェブサイト"Movie88.com"で、新作ハリウッド映画を含む多数の作品が1ドルで配信され、米国の政府関係者らは著作権協定違反だと主張している一方、サイト側は中華民国の法律では合法だと言っているらしい。 [☆どう見ても違法・・・]
4月20日発売予定のディズニー・ビデオ「ノートルダムの鐘II」の吹き替えを宮沢りえと竹中直人が担当したようだ。
ブリトニー・スピアーズの日本初公演が、4月25日東京ドームで開催されることが決まったようだ。ただし、1ステージのみとか。
ジャン・コクトー監督・脚本の「美女と野獣」("La Belle et la bete")の修復版が4月にニューヨークで上映されるようだ。
主演映画「ノット・ア・ガール」("Crossroads")がまもなく公開されるブリトニー・スピアーズは、米コスモポリタン誌の選ぶ"Fun Fearless Female"賞を受賞したようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」のビデオが5月28日に米国で発売されるようだ。価格はVHSが24.99ドル、DVDが26.99ドルで、2枚組のDVDには未公開シーンやホグワーツ魔法学校の中を自由に歩き回れるインタラクティブ・ムービーなどが収録されているようだ。米ワーナー・ブラザーズは2500万ドルを投入してキャンペーンを展開するらしい。
8日より開催される不正商品対策協議会主催の「アジア知的所有権シンポジウム」の記者発表会が7日行われ、会場には中国で販売されていた「ハリー・ポッターと賢者の石」「冷静と情熱のあいだ」「スパイゲーム」などの作品の海賊版DVDが展示されたようだ。
  2/8
メグ・ライアンが「ニューヨークの恋人」プロモーションのため7日夜来日、今日8日の記者会見を終え、もう帰ってしまったようだ。
インドで人身売買の救出活動を行っているマイリ・ラマさんに対し、米リーボック社は人権賞を授与したようだ。ソルトレイク・シティで行われた同賞の授与式に出席したロバート・レッドフォードは、「人身売買は阻止されるべきだ」と訴えたようだ。
ケイト・ハドソンとナオミ・ワッツは、ジェイムズ・アイヴォリーが監督予定の新作"Le Divorce"への出演交渉を行っているようだ。
1978年に亡くなったザ・フーのドラマー、キース・ムーンの伝記映画が企画されているようだ。マイク・マイヤーズがオーディションを受けたらしい。
米国のドラッグカルチャー雑誌"High Times"が選ぶ映画賞のノミネーションが発表され、最優秀作品賞には「ブロウ」「アニバーサリーの夜に」などが候補に挙がったようだ。
アンドリュー・ロイド・ウェバー脚本、A.R.ラフマーン音楽によるボリウッド・ミュージカル"Bombay Dreams"が、6月にロンドンで開幕するようだ。
アメリカに住むイラン人の生活を描くBabak Shokrian監督の"America So Beautiful"が、ベルリン国際映画祭で上映されたようだ。
破綻した米エンロン社を巡る疑惑を描くテレビ映画を、米Artisan Televisionが制作するようだ。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞のノミネーションが発表され、最優秀オリジナル脚本賞には、"Gosford Park"のジュリアン・フェローズ、"The Man Who Wasn't There"のコーエン兄弟、"Monster's Ball"のミロ・アディカとウィル・ロコス、「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマンとクレイグ・ピアース、"The Royal Tenenbaums"のオーウェン・ウィルソンらが、また、脚色賞には"A Beautiful Mind"のアキヴァ・ゴールズマン、「ブリジット・ジョーンズの日記」のアンドリュー・デイヴィスらがノミネートされたようだ。
「ブラックホーク・ダウン」プロモーションのため、ジョシュ・ハートネットの来日が決定したようだ。
ファレリー兄弟はジム・キャリーとウディ・アレン共演を希望、と以前お伝えしたシャム双生児が主人公の"Stuck On You"は、現在ヒュー・グラントとリス・エヴァンスに話が行っているようだ。
マレーシアで公開禁止となっているベン・スティラー主演の"Zoolander"が、シンガポールでも公開禁止となったらしい。
立川志らく監督第4作「SF小町」の撮影が始まったようだ。製作費は1口1万円の個人出資で、現在も出資者を募集中とか。
今年の年末も「ゴジラ」と「ハム太郎」がタッグを組むことになるようだ。ただし、金子修介監督の続投はないらしい。
8月の完成に向けてカリフォルニア州サンタ・ローザで建設中の"The Charles M. Schulz Museum and Research Center"で、Yoshiteru Otani氏の製作による3,588枚のタイルを張り合わせた5メートルx7メートルの壁画が完成したようだ。
スティーヴン・スピルバーグのオフィスに侵入しようとして逮捕された、「オーシャンズ11」にもエキストラで出演していたという俳優志望のカナダ人男性に対し、3年間スピルバーグ監督の150フィート以内に近づくことを禁止する判決が下されたようだ。 [☆なんか、最近こういう話題が多いですね・・・]
J・R・R・トールキンの「指輪物語」3部作を題材にした年代記"The Lord of the Rings Diary"を出版しようとした出版社に対し、米地方裁判所は出版の禁止を言い渡したものの、著作権の侵害に当たるかどうかについては判断を保留したようだ。
破綻した米エンロン社の出資する合資会社に、"JEDI LP"、"Chewco Investments LP"、"Kenobe Inc."、"Obi-1 Holdings LLC"といった名前が付けられていたことが明らかとなり、ルーカスフィルムは困惑しているようだ。1993年に設立した"Joint Energy Development Investment LP"がきっかけとなったらしい。
「エネミー・ライン」プロモーションのため監督のジョン・ムーアが7日来日し、記者会見を行ったようだ。お気に入りの戦争映画は「プライベート・ライアン」の最初の30分と「フルメタル・ジャケット」だとか。
  2/9
4月発売の、アンジェリーナ・ジョリー、アントニオ・バンデラス共演「ポワゾン」のDVDの吹き替え版で、菊川怜と草刈正雄が声を担当するようだ。
女優松原千明の父親で「雪之丞変化」などの作品で知られる俳優の原健策さんが7日亡くなった(96歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マイク・マイヤーズは、彼がキース・ムーンの伝記映画のオーディションを受けた、という報道を否定したようだ。実は、ロジャー・ダルトリーが、「オースティン・パワーズ3」の撮影現場をゲストとして訪問しただけだったらしい。 [☆英サン紙はウソの報道が多くて信用できないんだよな・・・]
オスカー像を「下品に」パロディ化した小像をインターネットを通じて販売したとして、米映画芸術科学アカデミーは商標と著作権の侵害を訴え、その会社は販売を取りやめたようだ。
開催中のベルリン国際映画祭で、フランソワ・オゾン監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の新作コメディ"8 Femmes"と、「ベニスで恋して」のシルヴィオ・ソルディーニ監督の新作"Burning in the Wind"が上映されたようだ。
本国や米国でも大ヒットしたインド映画"Lagaan"がコミック化され、インドで出版されたようだ。インド映画のコミック化はこれが初めてらしい。
007シリーズ最新作"Bond 20"にマドンナの歌が使われるようだ。ただし、主題歌になるかどうかは未定とか。また、マドンナ自身が映画に出演することもないらしい。
水野晴郎監督「シベリア超特急3」の完成披露試写会が8日行われたようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、今年のカリフォルニア知事選への出馬も検討したものの、「ターミネーター3」「トゥルーライズ2」の撮影であと数年は忙しく断念したようだ。
「プロデューサーズ」の舞台を降りるマシュー・ブロデリックとネイサン・レインの役は、スティーヴン・ウェバーとヘンリー・グッドマンが引き継ぐことが正式に決まったようだ。
  2/10
「ドラえもん のび太とロボット王国」の王女ジャンヌ役で、新山千春が声優を務めることになったようだ。
公開初日を迎えた長澤雅彦監督「ソウル」の舞台挨拶が、主演の長瀬智也らが出席して行われ、トルシエ監督からの祝電も披露されたようだ。
  2/11
「ハリー・ポッターと賢者の石」の世界興収は先週末までに6億300万ドルに達したようだ。一方、「ロード・オブ・ザ・リング」の世界興収は4億1200万ドルとなったらしい。
昨年の「ハリー・ポッター」「ロード・オブ・ザ・リング」「モンスターズ・インク」に加え「スター・ウォーズ エピソード2」「スクービー・ドゥー」「スパイダーマン」「メン・イン・ブラックII」などの公開により、オモチャ業界の競争もこれまで以上の激化が予想されているようだ。
音楽や朗読でシェイクスピアを紹介するCD"When Love Speaks"が、英国で発売されたようだ。ブライアン・フェリーらのミュージシャンと共に、レイフ・ファインズ、ジョセフ・ファインズ、アラン・リックマンらが参加しているらしい。
「モンスターズ・インク」が英国で公開され、先行公開を含む週末興収は「ハリー・ポッターと賢者の石」「ロード・オブ・ザ・リング」に次ぐ1250万ドルを記録したようだ。
ベルリン国際映画祭で、ロバート・アルトマン監督に特別功労賞が授与されたようだ。記者会見の中でアルトマン監督は、米国同時多発テロ事件の責任の一端はハリウッドにあると発言した、という一部の報道を否定したようだ。また、新作"Voltage"の撮影を5月15日からニューヨークで開始すると発表したらしい。
ベルリン国際映画祭で、マレーネ・ディートリヒの孫であるJ・デヴィッド・リーヴァが監督を務めたドキュメンタリー"Marlene Dietrich: Her Own Song"が上映されたようだ。
元フィギュアスケート選手でオリンピック金メダリストのエルヴィス・ストイコは、来月全米公開の"Death to Smoochy"に、ロビン・ウィリアムスのスタントとして出演しているようだ。
明日12日、アカデミー賞各賞の候補作品が発表される模様。
ジョセフ・ファインズの次回作は、エリック・ティル監督によるマルティン・ルターの伝記映画"Luther"になる模様。ピーター・ユスチノフが共演するようだ。
ヴァンサン・カッセルは、出演予定だったブライアン・ヘルゲランド監督、ヒース・レジャー主演の新作"Sin-Eater"を降板したようだ。
開催中のベルリン国際映画祭で宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が上映され、喝采を浴びたようだ。また、鈴木敏夫プロデューサーは、韓国と北米での公開がほぼ決まった、と発表した模様。
  2/12
9月公開予定の柳美里原作、篠原哲雄監督「命」の製作発表が、主演の江角マキコと豊川悦司が出席して行われたようだ。
松本清張原作、ビートたけし主演のドラマ「張込み」がテレビ朝日系で来月2日に放送されるようだ。
ベルリン国際映画祭に出席しているカトリーヌ・ドヌーヴが主催するチャリティ・オークションが行われ、ジュリア・ロバーツが着た衣装や、スピルバーグ監督「フック」でダスティン・ホフマンが使用した銀製"フック"などが出品されたらしい。集まった10万ユーロ以上の収益金はユニセフに寄付され、アフガニスタンの子供達の救済のために使われるようだ。
米NBCは、人気TVドラマ「フレンズ」の最終シーズンの制作について、ワーナー・ブラザーズと合意したようだ。
ベルリン国際映画祭に出席しているケヴィン・スペイシーは、俳優としての活動をしばらく休んで、後進の育成に注力したい、と発言したようだ。
先月全米9スクリーンで公開がスタートしたりんたろう監督「メトロポリス」の公開10日間の興収が21万ドルに達したようだ。
今月3日に閉幕した第23回ロッテルダム国際映画祭で奥原浩志監督「波」が最優秀アジア映画賞を受賞していたようだ。
アトムショックウェーブ社とルーカス・フィルムは「スター・ウォーズ」ファンによる短編映画コンテスト"2002 Fan Film Awards"を開催すると発表したようだ。
ナムコのシューティング・ゲーム「ゼビウス」を題材にしたCGアニメーションがこの夏公開されるようだ。
来月撮影開始予定のアンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン共演の新作"The Human Stain"にエド・ハリスの出演も決まったようだ。
ジェイムズ・マンゴールド監督の新作サスペンス"I.D."に、ジョン・キューザック、レイ・リオッタ、アマンダ・ピートの出演が検討されているようだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督は「惑星ソラリス」のリメイクの撮影後、しばらく休暇を取るらしい。
キャメロン・ディアスは、今後セックス・シーンはやらない、と発言したようだ。
ユアン・マクレガーは「エピソード2」について、「クローンの攻撃」というサブ・タイトルはひどい、と発言したようだ。
第22回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネーションが発表され、トム・グリーンが最悪俳優賞、最悪監督賞など8部門の候補に挙がったようだ。その他、最悪作品賞に「ドリヴン」「パール・ハーバー」「グリッター きらめきの向こうに」"3000 Miles to Graceland"などがノミネートされた模様。
「ダーティ・ハリー」に出演した後、主にTVドラマで活躍している俳優のロバート・ユーリックは、TV番組"Who Wants to be a Millionaire"で獲得した賞金をミシガン大学の癌研究の基金に寄付する、と発表したようだ。
  2/13
株式会社アルファ・オメガソフトニフティ株式会社は、韓国iConMedia社と提携し、共同で韓国映画のインターネット配信を行うと発表したようだ。発表会には「シュリ」に出演したキム・ユンジンも出席したらしい。
「アラビアのロレンス」などの作品で知られる俳優のオマー・シャリフは、最近見た映画では「E.T.」「アマデウス」「リトル・ダンサー」だけが際立っていた、と語ったようだ。
ベルリン国際映画祭に出席しているラッセル・クロウは、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた「ビューティフル・マインド」での演技について、満足していない部分がかなりある、と語ったようだ。
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-1-
◆最優秀作品賞[Best picture]
「ビューティフル・マインド」
"Gosford Park"
"In the Bedroom"
「ロード・オブ・ザ・リング」
「ムーラン・ルージュ」

◆最優秀監督賞[Best director]
ロバート・アルトマン ("Gosford Park")
ロン・ハワード (「ビューティフル・マインド」)
デヴィッド・リンチ (「マルホランド・ドライブ」)
ピーター・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング」)
リドリー・スコット (「ブラックホーク・ダウン」)

◆最優秀主演男優賞[Best actor]
ラッセル・クロウ (「ビューティフル・マインド」)
ショーン・ペン ("I Am Sam")
ウィル・スミス (「アリ」)
デンゼル・ワシントン (「トレーニング・デイ」)
トム・ウィルキンソン ("In the Bedroom")

◆最優秀主演女優賞[Best actress]
ハル・ベリー ("Monster's Ball")
ジュディ・デンチ ("Iris")
ニコール・キッドマン (「ムーラン・ルージュ」)
シシー・スペイセク ("In the Bedroom")
レニー・ゼルウィガー (「ブリジット・ジョーンズの日記」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-2-
◆最優秀助演男優賞[Best supporting actor]
ジム・ブロードベント ("Iris")
イーサン・ホーク (「トレーニング・デイ」)
ベン・キングズレイー ("Sexy Beast")
イアン・マッケラン (「ロード・オブ・ザ・リング」)
ジョン・ヴォイト (「アリ」)

◆最優秀助演女優賞[Best supporting actress]
ジェニファー・コネリー (「ビューティフル・マインド」)
ヘレン・ミレン ("Gosford Park")
マギー・スミス ("Gosford Park")
マリサ・トメイ ("In the Bedroom")
ケイト・ウィンスレット ("Iris")

◆最優秀オリジナル脚本賞[Best screenplay (original)]
マイロ・アディカ、ウィル・ロコス ("Monster's Ball")
ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン ("The Royal Tenenbaums")
ジュリアン・フェロウズ ("Gosford Park")
ギルモア・ローラン、ジャン=ピエール・ジュネ (「アメリ」)
クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン (「メメント」)

◆最優秀脚色賞[Best screenplay (adaptation)]
ダニエル・クロウズ、テリー・ジゴフ (「ゴースト・ワールド」)
アキヴァ・ゴールズマン (「ビューティフル・マインド」)
テッド・エリオット、テリー・ロシオ、ジョー・スティルマン他 (「シュレック」)
ロブ・フェスティンガー、トッド・フィールド ("In The Bedroom")
フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボイエンス、ピータ・ジャクソン (「ロード・オブ・ザ・リング」)
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-3-
◆撮影賞[Cinematography]
ブルーノ・デルボネル (「アメリ」)
ロジャー・ディーキンス (「バーバー」)
スラウォミア・イジアク (「ブラックホーク・ダウン」)
アンドリュー・レズニー (「ロード・オブ・ザ・リング」)
ドナルド・M・マカルパイン (「ムーラン・ルージュ」)

◆編集賞[Film editing]
ジル・ビルコック (「ムーラン・ルージュ」)
ドディ・ドーン (「メメント」)
ジョン・ギルバート (「ロード・オブ・ザ・リング」)
マイク・ヒル、ダン・ヘンリー (「ビューティフル・マインド」)
ピエトロ・スカリア (「ブラックホーク・ダウン」)

◆視覚効果賞[Visual effects]
「A.I.」
「ロード・オブ・ザ・リング」
「パール・ハーバー」

◆美術賞[Art direction]
「アメリ」
"Gosford Park"
「ハリー・ポッターと賢者の石」
「ロード・オブ・ザ・リング」
「ムーラン・ルージュ」

◆衣装デザイン賞[Costume design]
「マリー・アントワネットの首飾り」
"Gosford Park"
「ハリー・ポッターと賢者の石」
「ロード・オブ・ザ・リング」
「ムーラン・ルージュ」

◆メイクアップ賞[Makeup]
「ビューティフル・マインド」
「ロード・オブ・ザ・リング」
「ムーラン・ルージュ」
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-4-
◆音響賞[Sound]
「アメリ」
「ブラックホーク・ダウン」
「ロード・オブ・ザ・リング」
「ムーラン・ルージュ」
「パール・ハーバー」

◆音響効果賞[Sound editing]
「モンスターズ・インク」
「パール・ハーバー」

◆オリジナル主題歌賞[Original song]
"If I Didn't Have You" (ランディ・ニューマン、「モンスターズ・インク」)
"May It Be" (エンヤ、ニッキー・ライアン、ローマ・ライアン、「ロード・オブ・ザ・リング」)
"There You'll Be" (ダイアン・ウォーレン、「パール・ハーバー」)
"Until" (スティング、「ニューヨークの恋人」)
"Vanilla Sky" (ポール・マッカートニー、「バニラ・スカイ」)

◆オリジナル作曲賞[Original score]
「A.I.」 ジョン・ウィリアムズ
「ビューティフル・マインド」 ジェイムズ・ホーナー
「ハリー・ポッターと賢者の石」 ジョン・ウィリアムズ
「ロード・オブ・ザ・リング」 ハワード・ショア
「モンスターズ・インク」 ランディ・ニューマン
■アカデミー賞ノミネーション全リスト-5-
◆最優秀アニメーション賞[Best animated feature film]
"Jimmy Neutron: Boy Genius"
「モンスターズ・インク」
「シュレック」

◆最優秀外国語映画賞[Best foreign language film]
「アメリ」(フランス)
"Elling" (ノルウェー)
"Lagaan" (インド)
「ノー・マンズ・ランド」(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
"Son of the Bride" (アルゼンチン)

◆最優秀ドキュメンタリー賞[Best documentary feature]
"Children Underground"
"LaLee's Kin: The Legacy of Cotton"
"Murder on a Sunday Morning"
"Promises"
"War Photographer"

◆最優秀短編ドキュメンタリー賞[Best documentary short subject]
"Artists and Orphans: A True Drama"
"Sing!"
"Thoth"

◆最優秀短編アニメーション賞[Best animated short film]
"Fifty Percent Grey"
"For The Birds"
"Give Up Yer Aul Sins"
"Strange Invaders"
"Stubble Trouble"

◆最優秀短編映画賞[Best live action short film]
"The Accountant"
"Copy Shop"
"Gregor's Greatest Invention"
"A Man Thing (Meska Sprawa)"
"Speed for Thespians"
第74回アカデミー賞のノミネーションが発表され「ロード・オブ・ザ・リング」が作品賞、監督賞を含む13部門の候補に挙がったようだ。また、作品賞には「ビューティフル・マインド」「ムーラン・ルージュ」"In the Bedroom"、"Gosford Park"が選ばれた他、主演男優賞にはラッセル・クロウ、ウィル・スミス、デンゼル・ワシントンら、主演女優賞にはハル・ベリー、ニコール・キッドマン、シシー・スペイセクらがそれぞれノミネートされた模様。なお、外国語映画賞には「アメリ」「ノーマンズ・ランド」"Lagaan"などがノミネートされたが、行定勲監督、窪塚洋介主演の「GO」は候補に挙がらなかったようだ。
開催中のベルリン国際映画祭で、インドとパキスタンの核兵器開発競争の警鐘を鳴らすAnand Patwardhan監督のドキュメンタリーJang Aur Aman(War and Peace)"が上映されたようだ。
ドイツの映画監督アンドレアス・ドレゼンが、4人の俳優と共に小型のデジタル・ビデオカメラで撮影した作品"Grill Point"が、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映され、観客の称賛を受けたようだ
ブラッド・ピット自身が主人公のコメディ映画"Brad Pitt Wants My Girlfriend"をレス・ファイヤーステイン監督が企画したいるようだ。
米国のアニメーション専門TV局Nickelodeonは、アカデミー賞アニメーション部門にもノミネートされた"Jimmy Neutron: Boy Genius"のTVシリーズを放映するようだ。1億ドルを投入しプロモーションを展開するらしい。
タイムワーナー・エンターテイメントジャパンは、DVD「A.I. 特別版」発売を記念した「A.I.」展を、お台場フジテレビ内シアターモールで、来月16日から開催すると発表したようだ。映画に使われた衣装や、テディ・ロボットなどが展示されるようだ。
ワーナー・ホーム・ビデオは、セブン-イレブン他イトーヨーカドー・グループ3社と、セルDVDの商品開発、販売等に関する提携で合意したようだ。初夏発売予定の「ハリー・ポッターと賢者の石」からスタートするようだ。
  2/14
松田優作が主人公キャラクターのモデルに使われているプレステ2用ゲーム「鬼武者2」のTVCMに松田龍平が出演するようだ。CMは15日から放映されるらしい。
先日ベルリン国際映画祭で自身が出演するドキュメンタリーが上映されたばかりの、ヒトラーの元秘書トラウドゥル・ユンゲさんが10日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。
主演映画"Enough"のサントラにも収録されている新曲を含む、ジェニファー・ロペスの最新アルバム"J to Tha L-O!"が、全米チャート初登場1位を記録したようだ。
メグ・ライアンは、ニコール・キッドマンが降板したジェーン・カンピオン監督によるエロチック・スリラー"In the Cut"への出演交渉を行っているようだ。
マックジーは、「アルマゲドン」などの作品で知られるJ.J. Abramsが脚本を担当することを条件に、新「スーパーマン」を監督することで、米ワーナー・ブラザーズと正式に合意したようだ。
米ABCテレビの人気ドラマ・シリーズ"NYPD Blue"の第10シーズン制作が決定したようだ。
ベルリン国際映画祭で、ケルン出身の人気バンド"BAP"を描いたヴィム・ヴェンダース監督による音楽ドキュメンタリー"Ode to Cologne - the BAP film"が上映されたようだ。
米国の整形外科医の調査結果によると、最も人気のある有名人のパーツは、女性では目がヘザー・グラハム、唇がデーニス・リチャーズ、頬がハル・ベリー、ボディはブリトニー・スピアーズ、という結果になったようだ。一方男性では、目がブラッド・ピット、唇がベニチオ・デル・トロ、顎がジョニー・デップ、ボディはウィル・スミスがそれぞれトップだったらしい。
ベルリン国際映画祭に出席しているウェス・アンダーソンとオーウェン・ウィルソンは、アカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされた"The Royal Tenenbaums"について、主演のジーン・ハックマンがノミネートされなかったことが残念だと語ったようだ。また、同作の続編の予定はなく、新作としてヨーロッパとメキシコを舞台にしたアドベンチャーを企画しているらしい。
ベルリン国際映画祭で、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をなぜヴァチカンが無視したかを描く、コンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督の"Amen"が上映されたようだ。
アメリカでの世論調査によると「バレンタイン・デーにデートしたいスター」の第1位は、男性ではジョージ・クルーニー、女性ではブリトニー・スピアーズという結果だったようだ。
東京新宿のタカシマヤ・タイムズスクエア内に、今年2月1日に閉館した東京アイマックス・シアターに代わって、東京テアトル運営の映画館「テアトル・タイムズスクエア」が4月27日にオープンするようだ。オープニング作品は瀬々敬久監督、豊川悦司、井川遥主演の「Dogstar」になる模様。
ジョニー・デップは「アフガニスタンへは、液状のLSDで攻撃し、テレタビーズに扮装した軍隊を送り込むべきだった」と発言したようだ。 [☆彼らしい発言というか、なんというか・・・]
リドリー・スコット監督は、ジョシュ・ハートネット主演のロマンチック・コメディ"Bob"を企画している模様。共演にはメグ・ライアンが候補に挙がっているようだ。
エリク・ラ・サルがサイコ・スリラー"Crazy As Hell"で監督デビューする模様。主演・脚本も兼ね、ロニー・コックスが共演するようだ。
米オンライン映画ストアのBigStar Entertainmentは、サイトを閉鎖した模様。
「ターミネーター3」に登場する女性型ターミネーターは、ありとあらゆる機械をコントロールできる能力を持つ、という設定のようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた英国人俳優イアン・マッケランは、「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガーがノミネートされなかったことが残念だ、と語ったようだ。
  2/15
窪塚洋介は、ヒキタクニオの小説「凶気の桜」の映画化作品に主演することが決まったようだ。監督は薗田賢次で、江口洋介が共演する模様。
元青森県住宅供給公社主幹で14億円を横領したとされる容疑者の"チリ人妻"、アニータ・アルバラードが、アンドレス・ワイスブルス監督の「ロス・デブタンテス」(新人たち)というエロチックな映画に出演することになったようだ。ちなみに、アニータさんは妊娠6ヶ月とか。
ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、ゴールデンウィーク以降公開となる同社配給の4作品「スパイダーマン」「パニック・ルーム」「メン・イン・ブラック2」「スチュアート・リトル2」のいずれかを観ることができる、共通特別鑑賞券を来月1日から1300円で発売するようだ。 [☆どれか見られると言っても、全然違う映画だからなぁ・・・]
米国の実業家の資金提供を受けて、テキサスA&M大学の研究グループは、昨年末にクローン猫を誕生させていたようだ。"Cc"(=Copy cat)と名付けられたらしい。 [☆ペットのクローンという話は確かシュワちゃんの映画に・・・]
循環器疾患に関する医療研究へのチャリティを目的としたロック・コンサート"Love Rocks"がハリウッドのコダック・シアターで開催され、R.E.M.やローリン・ヒルらと共に、トム・クルーズ、ケヴィン・スペイシーらが参加したようだ。また、慈善活動による貢献を称えU2のボノに"Heart of Entertainment"賞が贈られた模様。
来月10日に放送予定の、米CBSテレビ制作による米国同時多発テロ事件についてのドキュメンタリー番組"9/11"の司会を、ロバート・デ・ニーロが務めることになったようだ。
本年度アカデミー賞ノミネーション発表を受けて、ハリウッドの各映画スタジオでは、興行収入や、DVDなど関連商品の売上の上昇を期待しているようだ。
ベルリン国際映画祭で上映されたコンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督"Amen"のポスターに、かぎ十字の形にねじられた赤い十字架がデザインされていたため、フランスのローマ・カトリック教会が抗議しているようだ。監督は、カトリック教徒の心を傷つける意図はなかった、と釈明しているらしい。
"靴"をキーワードに5人の女性を描いた、スペインの監督ラモン・サラザールのデビュー作"Stones"が、ベルリン国際映画祭で上映されたようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス共演の"Catch Me If You Can"に、マーティン・シーンの出演が決まったようだ。
ティム・ロビンスとスーザン・サランドンは、米国同時多発テロ事件での実話を基にした映画を製作する、と発表したようだ。
日本映画テレビプロデューサー協会主催による第26回エランドール賞の授賞式が14日開催され、新人賞に米倉涼子、国仲涼子、竹内結子、妻夫木聡、藤木直人、坂口憲二の6人が選ばれたようだ。
昨年の「ラマになった王様」の主題歌"My Funny Friend and Me"に続いて、今年「ニューヨークの恋人」の主題歌"Until"で2年連続アカデミー賞にノミネートされたことについて、スティングは、とても名誉なことで大いに喜んでいる、と語ったようだ。
DLP Cinema などのデジタル方式のみで上映されると言われていた「エピソード2」だが、全米でデジタル上映が可能なスクリーンは20だけで、実現は困難なようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは「コラテラル・ダメージ」プロモーションのため来月6日に来日するようだ。
  2/16
三池崇史監督「カタクリ家の幸福」がシネ・リーブル梅田で初日を迎えたようだ。監督の出身地大阪では全国より1週間早く公開されたらしい。主演の松坂慶子は、沢田研二とデュエットした主題歌「まごころよりどころ」について、「これで紅白を狙います」と宣言したとか。
自身の同性愛についても語っている自叙伝"Find Me"が4月に出版されるロージー・オドネルへのインタビューが、来月米ABCテレビで放映されるようだ。
ニュージーランド出身で、"Xena: Warrior Princess"などのTVドラマで活躍したほか、ブルース・ウィリス主演の次回作"Man of War"への出演も決まっていた、俳優のケヴィン・スミスさんが亡くなった(38歳)。ご冥福をお祈りいたします。
15日から全米公開がスタートした、ブルース・ウィリス主演「ハーツ・ウォー」とブリトニー・スピアーズ主演「ノット・ア・ガール」("Crossroads")が好調のようだ。
演劇界での活躍を称える英国ローレンス・オリヴィエ賞が発表され、主演女優賞に「マイ・フェア・レディ」のマーティン・マカチェオン、主演男優賞に「南太平洋」のフィリップ・クアストが選ばれたようだ。また「マイ・フェア・レディ」が最優秀ミュージカル賞など3部門を受賞した模様。
ベルリン国際映画祭で、「フェリーニの8 1/2」などの作品で知られるイタリア人女優クラウディア・カルディナーレに功労賞が贈られたようだ。
「富江」のシリーズ第4作が製作される模様。安藤希と宮崎あおいが共演するようだ。
ハーバード大学のヘイスティ・プディング賞(Hasty Pudding awards)受賞式が行われ、受賞者のブルース・ウィリスは、女装の"伝統"に従い、ウィグと金色のブラジャーをつけて登場したようだ。さらに、タキシードの上から血塗れのタンクトップを着て、裸足でバブル・ラップ(=プチプチ)の上を走る、ということまでやらされたようだ。 [☆そういう賞だったのね]
ドキュメンタリー製作のリサーチのため、オリヴァー・ストーン監督はキューバを訪れているようだ。
  2/17
2000年ミス日本の出川紗織が、牛波監督の日中合作映画「王様の漢方」で女優デビューするようだ。
ロンサンゼルスのロナルド・レーガン大統領図書館で、CIA、KGBやハリウッド映画で使用されたスパイ・グッズを集めた展示会"Secrets from the CIA, KGB and Hollywood"が開催されているようだ。
ユアン・マクレガー、ジュード・ロウ、サディ・フロストは、彼らが設立した映画製作会社ナチュラル・ナイロンの50%出資を受け、新たな映画およびテレビ番組の製作会社Union Media Groupを設立するようだ。
阪本順治監督「KT」が、ベルリン国際映画祭で上映されたようだ。
まもなく閉幕するベルリン国際映画祭の金熊賞は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の"8 Femmes"が最有力だと、地元紙が報じたようだ。
  2/18
ベルリン国際映画祭は、チャーリー・チャプリン監督・主演「独裁者」への喝采に包まれながら閉幕したようだ。このリマスター版の「独裁者」は10月にフランスで200館規模で公開される他、日本での上映も決定している模様。
米映画撮影監督協会(American Society of Cinematographers)は、最優秀撮影賞を「バーバー」("The Man Who Wasn't There")のロジャー・ディーキンスに授与したようだ。
来月2日にパリで授賞式が行われるセザール賞で、ジェレミー・アイアンズに功労賞が授与されることが決まったようだ。
ベルリン国際映画祭の各賞が発表され、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」が、アニメーション作品としては初めて、最高賞の金熊賞を受賞したようだ。また、血の日曜日事件を題材にしたポール・グリーングラス監督の"Bloody Sunday"にも金熊賞が贈られた模様。さらに"Lundi Matin"のオタール・イオセリアーニが最優秀監督に、"Monster's Ball"のハル・ベリーが最優秀女優に、"Laissez-Passer"のジャック・ガンブランが最優秀男優にそれぞれ選ばれ、銀熊賞を受賞したようだ。 [☆日本映画の金熊賞獲得は1963年の今井正監督「武士道残酷物語」以来の快挙!]
スパイク・リー監督の新作"The 25th Hour"で、エドワード・ノートンが主演を務めるようだ。
米人気TVドラマシリーズ"Sex and the City"の映画化が決定した模様。ただし、公開は2004年以降になるようだ。
チャールズ・スターリッジ監督の新作"Disgrace"で、ジェレミー・アイアンズとレイチェル・ワイズが共演することになったようだ。
林海象監督、永瀬正敏主演の「私立探偵 濱マイク」シリーズが7月からテレビドラマとして放映されるようだ。行定勲、青山真治ら12人が交代で監督を務め、小泉今日子の共演も決まったようだ。
ベルリン国際映画祭で金熊賞受賞を受け、「千と千尋の神隠し」が春休み期間中も全国約130館で続映されることが決まったようだ。
「千と千尋の神隠し」2月15日現在の観客動員数は2267万5000人、興行収入は293億3600万円に達したようだ。
全米公開がスタートした"Return to Never Land"に続いて、ディズニーは"The Jungle Book II"を来年劇場公開するようだ。また、"Dumbo II"も製作中で、さらに"Cinderella II: Dreams Come True"、"Atlantis: The Lost Empire II"も、まもなくビデオ発売されるようだ。
  2/19
「千と千尋の神隠し」のベルリン国際映画祭金熊賞受賞を受け、配給元の東宝の株価は一時210円高の1万3680円を記録、終値も190円高となったようだ。
森田芳光監督「模倣犯」の製作発表が18日行われ、森田監督のほか、中居正広、山崎努、木村佳乃らが出席したようだ。
日立製作所、松下電器産業、パイオニア、シャープ、ソニー、サムスン電子、LG電子、フィリップス、トムソン・マルチメディアの9社は、DVDの5倍以上の容量を持ち、2時間以上のデジタルハイビジョン映像の録画・再生が可能な次世代光ディスクの統一規格「Blu-ray Disc」を発表したようだ。 [☆結局、青色レーザのDVDとかイロイロ出てきて、今と同じ結果になるような気がするケド・・・]
テレビ朝日は東映の株式270万株を取得し、第6位の株主となったようだ。
「千と千尋の神隠し」のベルリン国際映画祭金熊賞受賞の記者会見が行われ、宮崎駿監督に金熊賞のトロフィーが渡されたようだ。宮崎監督は「なるべく知らん顔しようと思ったのですが」と語ったとか。
チャールズ英皇太子は、ケイト・ブランシェット主演"Charlotte Gray"の英国プレミアに出席するようだ。
ピアース・ブロスナンが007シリーズ最新作"Bond 20"の撮影中、ひざを負傷し2週間の休養を取ることになったようだ。なお、公開は予定通りとか。
ディズニーは、さらに長編アニメーションとして"Piglet's Big Movie"を来年劇場公開するほか、"101 Dalmatians the Animated Sequel"も製作中のようだ。
ドン・チードルは、エルモア・レナードのベストセラー小説"Tishomingo Blues"の映画化で監督デビューするようだ。
先日お伝えした、ジュリアーニ前ニューヨーク市長を描いたアンドリュー・カーツマンの小説"Emperor of the City, the Story of America's Mayor"のテレビ映画化に続いて、ウェイン・バレットの著書"Rudy! An Investigative Biography of Rudolph Giuliani"を原作とした、2時間のテレビドラマが制作されることが決まったようだ。
カナダのバンクーバーでも予定されていた「ターミネーター3」("T3: Rise of the Machines")の撮影は、ジョナサン・モストウ監督の意向により、全てロサンゼルス市内で行われることになったようだ。
オンライン書店BOLが英国で行った調査によると、「映画の中の好きなセリフ」第1位は、1979年の映画"Monty Python's Life of Brian"の主人公ブライアンの母親のセリフ"He s not the Messiah, he s a very naughty boy."だったようだ。
「モンスターズ・インク」のキャラクタがデザインされた「ファンタ」が来月4日から発売されるようだ。
ジュード・ロウとサディ・フロスト夫妻は、反毛皮キャンペーンのCMを製作することになったようだ。
ジョン・キューザックとドリュー・バリモアが、新作コメディ"Kinky Boots"で共演するようだ。ジュディ・デンチの出演も決まった模様。
アカデミー賞で8部門にノミネートされた「ムーラン・ルージュ」について、ユアン・マクレガーは自分が主演男優賞候補から漏れたことより、バズ・ラーマン監督がノミネートされなかったことを怒っているようだ。
ホグワーツ魔法魔術学校でシラミが流行しているらしい。「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の撮影スタジオでは、出演する子供達に対し毎日衛生所の検査が行われているとか。
ジュリア・ロバーツは米ニューズ・ウィーク誌へのインタビューの中で、「私が主演女優賞のオスカーを持っていて、デンゼル・ワシントンが主演男優賞をもらっていないなんておかしい」と語ったようだ。
米CBSテレビで、第2次世界大戦の特派員として活躍し、後にABCテレビのニュース番組でアンカーを務めたほか、「ナッシュビル」や「未知との遭遇」などの映画にも出演した、ニュース・キャスターのハワード・K・スミスさんが15日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  2/20
先日お伝えした、米国で発見された「鉄腕アトム」幻の一話「ミドロが沼」が、4月3日のNHK BS2「BSまるごと大全集 永遠のヒーロー『鉄腕アトム』―アトムの裏話」で放送されるようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」の世界興収が6億5000万ポンドに達し、「エピソード1」を越え、「タイタニック」の17億ポンドに次ぐ史上第2位のヒットとなったようだ。
シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が再び英国週間ベストセラー1位となったようだ。また「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が3位、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」が4位に入っているらしい。
「ナース・ベティ」のニール・ラビュート監督次回作はアマンダ・フィリパッチの小説が原作のラヴ・ストーリー"Vapor"になるようだ。主演にはレニー・ゼルウィガーが予定されている模様。
まもなく撮影が開始されるジェフリー・ポーター監督のロマンチック・コメディ"Try Seventeen"で、イライジャ・ウッド、フランカ・ポテンテ、マンディ・ムーアが共演することになったようだ。
ポスターなど古いインド映画の関連グッズ25万点が、来月からボンベイで開催されるオークションに出品されるらしい。
ナチのかぎ十字がデザインされていたことでフランスで論争となっている、コンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督"Amen"のポスターについて、ローマ・カトリック教会と関連の深い反人種差別団体AGRIFは、ポスターの使用禁止を裁判所に訴えたようだ。
ブラッド・ピットは、セリフ覚えが悪くなっているらしい。「スパイ・ゲーム」で共演したロバート・レッドフォードからは、漢方薬を勧められて飲んでいたとか。
テリー・ギリアム監督の新作は"Good Omens"というファンタジーになる模様。ジョニー・デップとロビン・ウィリアムスの共演が予定されているようだ。
ジャッキー・チェン、オーウェン・ウィルソン共演「シャンハイ・ヌーン」の続編製作が進行中のようだ。デヴィッド・ドプキン監督による"Shanghai Knights"で、ドニー・イェンが悪役で出演するらしい。
19日都内で行われた「ブラックホーク・ダウン」のプレミアで、瀬戸朝香がジョシュ・ハートネットに花束を贈呈したようだ。
エルモア・レナードは、ハリウッドのスタントマンを主人公とした小説と共に、子供向けの小説も書いているらしい。
来月24日に開催される第74回アカデミー賞授賞式でジョン・ウィリアムズが音楽監督を務めることになったようだ。
ジョン・ウォーターズは、拒食症になった聖人(??)を描く新作"Holy Anorexia"をドン・ノッツ主演で撮りたい、と語ったようだ。
TVシリーズ「スター・トレック:ヴォイジャー」でキャサリン・ジェインウエイ艦長を演じていたケイト・マルグルーが、コネチカット州のハートフォード・ステージ・カンパニー(Hartford Stage Company)で上演される一人芝居"Tea at Five"でキャサリン・ヘプバーンを演じるようだ。
  2/21
ナムコの人気ゲームソフト「鉄拳」の実写映画化が決定した模様。米国で製作され2005年公開予定とか。
森淳一監督、「Laundry」の完成披露試写会が21日行われ、出演の窪塚洋介、小雪、内藤剛志らが舞台挨拶に立ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」日本公開は、「ハリー・ポッターと賢者の石」の645館を越える映画館で上映されるようだ。全国の映画館の5館に1館の割合になるとか。
クリス・ヴァン・オールズバーグの児童書「急行 北極号」を映画化するロバート・ゼメキス監督の新作"Polar Express"は、トム・ハンクスが主演する模様。
オリヴァー・ストーン監督もアレキサンダー大王を題材とした映画を製作するようだ。10月からインドで撮影に入る模様で、スケジュール通りならば、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で予定されている"Alexander"や、米HBOが2004年に10回シリーズで放送予定の"Alexander the Great"よりも先に公開されることになりそうだ。
マーティン・スコセッシ監督1988年の作品「最後の誘惑」("The Last Temptation of Christ")の上映が禁止されているチリで、同国の弁護士らが映画解禁のための活動を進めているようだ。
ハバナを訪れているオリヴァー・ストーン監督は、キューバと同国国家評議会のカストロ議長についてのドキュメンタリー映画を製作するようだ。米バラエティ誌は、"Looking for Fidel"という仮題のその映画には、議長のインタビューも含まれる、と伝えているらしい。
「フルタイム・キラー」のジョニー・トー監督のハリウッド進出第1作は「レオン」の続編になるようだ。 [☆リュック・ベッソンがやりたいと言っていたはずですが・・・]
メグ・ライアンは、久々?のロマンチック・コメディ"Wedlocked"で、リチャード・ギアと共演するようだ。
MGMはCinemaNow社と提携し、20日からインターネットでの映画配信を試験的に開始したようだ。レオナルド・ディカプリオ主演の「仮面の男」と、興行的に失敗した"What's the Worst That Could Happen?"の2作品が配信されているらしい。
キューバ・グッディングJr.の次回作はリック・ファミュイワ監督の"The Fighting Temptations"になる模様。またまたコメディのようだ。
新作サスペンス"Nightsitter"で、シャーリーズ・セロン、グレッグ・キニア、ステラン・スカルスガルドの共演が決まったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」プロモーションのため、イライジャ・ウッド、リヴ・タイラーらが20日来日したようだ。
米ABCテレビは米国防総省の協力を得て、米国兵士の生活を追うドキュドラマ・シリーズ"Profiles From the Front Lines"を、夏から放映すると発表したようだ。製作にはジェリー・ブラッカイマーも参加しているらしい。
ニール・ジョーダン監督の新作は15世紀のイタリアを舞台にした歴史劇"Borgia"になるようだ。ロバート・ゼメキスらが製作として参加する模様。
来月4日からラスヴェガスで開催されるShoWest 2002で、ジョシュ・ハートネットに「明日の男優」賞が贈られることが決まったようだ。また「今年の女優」賞にジェニファー・ロペス、「今年の男優」賞にウィル・スミス、「今年の監督」賞にロン・ハワード、ライフ・アチーブメント賞にスティーヴン・スピルバーグがそれぞれ選ばれた模様。
ジャッキー・チェンは、バンコク郊外で行われていた新作"Highbinders"の撮影中、顔に負傷したようだ。幸い軽傷で、翌日には現場に復帰した模様。
  2/22
深作欣二監督「仁義の墓場」をリメイクする、三池崇史監督の新作「新・仁義の墓場」の製作発表が行われ、主演の岸谷五朗らが出席したようだ。
読売新聞に連載中のけらえいこ原作の人気コミック「あたしンち」がテレビ朝日でアニメ化されるようだ。
大映京都撮影所で「座頭市」シリーズなどを手掛けたキャメラマンの本田省三さんが22日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ボリス・カーロフ、ベラ・ルゴシ主演の「黒猫」("The Black Cat",1934)など、B級カルト・ホラー作品で知られる女優のルシール・ルンドさんが亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ロバート・レッドフォードが設立した Wildwood Productions は、トニー・ヒラーマンのベストセラー「魔力」("Skinwalkers")のテレビ映画を製作することになったようだ。「スモーク・シグナルズ」のクリス・エアが監督、ロバート・レッドフォードの息子ジェイムズ・レッドフォードが脚本を担当する模様。
英国の人気TVドラマシリーズ「モース警部」("Inspector Morse")シリーズで有名な俳優のジョン・ソウさんが21日亡くなった(60歳)。ご冥福をお祈りいたします。
キューバを訪れていたオリヴァー・ストーン監督はカストロ議長の見送りを受けて帰国したようだ。
ピーター・グリーナウェイ監督は、英タイムズ紙のインタビューの中で、「ロード・オブ・ザ・リング」など利益重視の作品を批判、「映画は死んだ」と語っているようだ。
沖縄県平良市西里で48年間映画を上映し続けてきた宮古国映館が、今日の「千年の恋 ひかる源氏物語」上映を最後に閉館するようだ。
マイケル・J・フォックスの自叙伝"Lucky Man: A memoir"がまもなく発売されるらしい。
1963年のフランク・シナトラJr.誘拐事件の映画化権を、米コロンビア・ピクチャーズが犯人のバリー・キーナンから150万ドルで買い取ったことに対し、ロサンゼルス上訴裁判所が"Son of Sam"法(「自ら犯した犯罪で潤ってはならない」という法律)違反として支払い停止を命じた問題で、カリフォルニア最高裁判所はこれを覆す判決を下したようだ。
米CNNのTVショー「ラリー・キング・ライヴ」に出演したウィリアム・シャトナーは、「スター・トレック」シリーズ大ヒットの理由について、「登場人物達が愛されたからだろう。けれども、別の登場人物を揃えれば、別のスター・トレック・シリーズがヒットする。結局、よくわからない。」と発言したようだ。
「ターミネーター3」("T3: Rise of the Machines")に、いくつかのTVドラマに出演している22歳の新人女優クリスタナ・ローケン(Kristanna Loken)が、シュワルツェネッガーと闘う女性型ターミネーターとして登場するようだ。 [☆登場する女性型ターミネーターは一人じゃない、ってことですかね]
レスリー・ニールセンは、ウェスト・ヴァージニア州から名誉市民の称号を授与されたようだ。
ユアン・マクレガーは、プエルトリコのサーカスで虐待されている北極グマをを保護すべきだ、と訴える手紙を米国政府に送ったようだ。
デヴィッド・ドゥカヴニーは、「X-ファイル」("The X-Files",1993-2002年)最終エピソードで復帰することが決まったようだ。また、ドカヴニーは最終シーズンの1話を監督する模様。
アルファ・オメガソフトなどが運営を開始した韓国映画サイトFUJICASTで、「八月のクリスマス」「ユリョン」の無料配信がスタートした模様。また、まもなく「接続/ザ・コンタクト」の配信も行われるらしい。なお、利用できるのはイー・アクセスADSLユーザーのみで、無料配信は来月14日で終了するようだ。
  2/23
黒澤明監督「椿三十郎」のキャンペーンソングとして吹き込まれながらお蔵入りになっていた歌「椿三十郎と九人の若侍」が、発売されたCDボックス「黒澤明映画音楽完全盤」に収録されているようだ。
ピーター・ジャクソン監督は「ロード・オブ・ザ・リング」第2作"Two Towers"は第1作とは大きく印象が異なる作品となる、と発言したようだ。
トム・クルーズは先週から歯列矯正を始めたらしい。
バッグス・バニーやロード・ランナーなどのアニメ・キャラクターの生みの親であり、300本以上のアニメーション製作を手掛けたチャック・ジョーンズさんが22日亡くなった(89歳)。ご冥福をお祈りいたします。
Yahoo!ムービーで鈴木京香主演の短編映画「音声案内に従って走行して下さい」が配信されているらしい。来月20日までの公開のようだ。
両沢和幸監督、観月ありさ主演「ナースのお仕事 ザ・ムービー」のポスターが、全国3000ヶ所の病院などに張り出されることになったようだ。
「E.T.」公開20周年とUSJ開園1周年を記念したイベント「E.T.こども宇宙会議」が、NASAの全面協力を受けて、4月からUSJで開催されるようだ。
  2/24
全米有色人地位向上協会(NAACP: National Association for the Advancement of Colored People)が選ぶNAACPイメージ賞が発表され、主演男優賞がデンゼル・ワシントンに、最優秀主演女優賞がハル・ベリーにそれぞれ贈られたようだ。
  2/25
「スパイダーマン2」の製作が決定、トビー・マグワイアが続投、悪役としてアーノルド・シュワルツェネッガーが出演するようだ。 [☆もう、悪役でしか食っていけないかも・・・]
かぎ十字のデザインされたコンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督"Amen"のポスター使用禁止請求について、パリ大審裁判所はこれを却下したようだ。
ソフィ・マルソーが強盗に襲われ、自家用車が盗まれたようだ。幸い怪我はなかった模様。
全長7Kmの巨大ロボットの背中に100万人が住む都市がある・・・という設定の韓国デジタル・ドリーム・スタジオ製作によるフルCGアニメーション「アーク」("Ark")が、今年の夏に韓国と米国で同時公開されるようだ。 [☆アニメもそろそろ韓国の時代か?]
ブリトニー・スピアーズが登場するゲーム"Britney's Dance Beat"が、まもなく米国で発売されるようだ。
アカデミー賞13部門にノミネートされている「ロード・オブ・ザ・リング」について、出演しているイアン・マッケランは「ファンタジー映画がアカデミー賞作品賞に選ばれることはないが、この映画はとてもリアリティのある作品であり、受賞の可能性はある」と発言したようだ。
昨年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したミーラー・ナーイル監督のインド映画"Monsoon Wedding"の、ニューヨークの2館での限定公開が始まり、週末興収6万6000ドルのヒットとなっているようだ。
「リッチー・リッチ」以降映画から退いていたマコーレー・カルキンが、フェントン・ベイリー監督の新作"Party Monster"で復帰するようだ。
マライア・キャリーの次回作は"Sweet Science"で、ボクシング・マネージャーを演じるようだ。 [☆メグ・ライアンも"Against the Ropes"でボクシング・マネージャーを演じるはずですが・・・]
NHKの人気番組「プロジェクトX 挑戦者たち」で放送されたVHS開発秘話が、佐々部清監督、西田敏行主演「陽はまた昇る」として映画化されることが決まった模様。
23日行われた「ロード・オブ・ザ・リング」の先行オールナイト上映での興収は、2億円を超えたようだ。
第54回英国アカデミー賞(BAFTA awards)の授賞式が24日ロンドンで開催され、「ロード・オブ・ザ・リング」が最優秀作品賞ほか5部門を制覇した模様。また、"Iris"のジュディ・デンチに最優秀主演女優賞、「ビューティフル・マインド」のラッセル・クロウに最優秀主演男優賞、同作のジェニファー・コネリーに最優秀助演女優賞、「ムーラン・ルージュ」のジム・ブロードベントに最優秀助演男優賞がそれぞれ贈られたようだ。
  2/26
松竹は、2002年2月期の連結純利益が、21億円下方修正の51億円になる見通しだと発表した模様。「ハリー・ポッターと賢者の石」の興収が200億円に迫るなどの好材料の一方、株価低迷などによる特別損失増加が足を引っ張ったようだ。また、同社100%出資の映画館運営会社である、東日本松竹興行、西日本松竹興行、松竹関西興行の3社を解散することも決まったようだ。
まもなく日本公開となる台湾の人形劇映画「聖石傳説」のプロモーションのため、黄強華監督と声を担当した黄文擇が来日した模様。
細野辰興監督「竜二 forever」の完成披露試写会が26日都内で行われ、主演の高橋克典と石田ひかりが舞台挨拶を行ったようだ。
松本零士による「宇宙戦艦ヤマト」と「キャプテンハーロック」の続編製作が正式に発表されたようだ。「新・宇宙戦艦ヤマト」は前作から1000年後という設定らしい。
短編の風刺漫画などを対象とする文芸春秋漫画賞について、主催の文芸春秋は「短編漫画の数が少なくなり、役割を終えた」として、昨年5月の第47回で終了すると発表した模様。
ロバート・ダウニーJr.は、4月から撮影がスタートする英国BBCの人気TVシリーズのリメイク"The Singing Detective"に主演するようだ。監督はキース・ゴードンが務める模様。
ジャン=ポール・ラプノー監督の新作コメディ"Bon Voyage"に主演予定だったソフィ・マルソーが妊娠のため降板し、代わりにイザベル・アジャーニが主演することが決まったようだ。
マイケル・ジャクソンはMDP Worldwide Entertainment社の出資を受け、映画製作会社Neverland Picturesを設立したようだ。既に"The United States of Leland"ほか数本の映画製作が決定しており、またマイケル自身も監督をやりたがっているようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は、1939年の「風と共に去りぬ」以降設定されていた、芸能プロダクションによる映画・テレビ製作への出資比率の上限を10%から20%に引き上げることで、芸能プロダクションが組織する米タレント代理人協会(Association of Talent Agents)と合意したようだ。
米国では「ロード・オフ・ザ・リング」のDVDが8月に発売されるようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場者数が、今週末にも1000万人を突破する見込みのようだ。
トム・クルーズは、幕末の日本を舞台にしたエドワード・ズウィック監督の新作"The Last Samurai"に出演するようだ。
コーエン兄弟製作、テリー・ツワイゴフ監督の新作コメディ"Bad Santa"にビル・マーレイが出演するようだ。
「オースティン・パワーズ3」のサブタイトルが"Licence to Shag"となる、という噂に対し、製作会社はこれを否定したようだ。
コダック・シアターのバックステージにあるエレベーターが故障し、ミラ・ソルヴィーノらが閉じ込められたものの、居合わせたシルヴェスタ・スタローンがドアをこじ開け、乗客を救出したようだ。 [☆かっこいい!映画はパっとしないけど・・・]
キャメロン・ディアスは、今後公共の場ではサインをしないと宣言したようだ。
キャスリーン・ターナーは、ボストンで上演される舞台版「卒業」でミセス・ロビンソンを演じるようだ。 [☆47歳だそうです。「ビューティフル」の彼女はすっかりオバサンでしたが・・・]
  2/27
ムービーテレビジョンは、韓国KBS製作の大ヒットドラマ「秋の童話」を第1弾として、韓国のTVドラマの放映権販売を始めたようだ。
レオパレス21は、管理する賃貸アパート約19万室に、ビデオ・オン・デマンド方式で映画などを配信するサービス「LEO-NET」を開始するようだ。
テレビ朝日の人気TVドラマ・シリーズ「トリック」の映画化されることが決定した模様。仲間由紀恵、阿部寛らオリジナル・キャストが出演、監督もTV版の堤幸彦が務めるようだ。
「ウルトラマン」など特撮作品で美術を担当した、彫刻家、映画美術監督の成田亨さんが26日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。
鹿賀丈史は、来月から上演される三谷幸喜演出・脚本の舞台「今宵の君」を病気(急性虫垂炎)のため降板するようだ。
年齢的差別があるとして、米国のベテラン脚本家らは、映画スタジオなどを相手取って23件の集団訴訟を起こしたようだ。
チャトリチャルーム・ユコル監督による3時間を超える超大作映画"Suriyothai"を海外向けに再編集するため、フランシス・フォード・コッポラ監督がタイを訪れているようだ。
「空飛ぶモンティ・パイソン」("Monty Python's Flying Circus")など数々のTVコメディ番組の他、「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」("Monty Python's Life of Brian")や、リチャード・レスター監督の「三銃士」などの映画作品にも出演した俳優のスパイク・ミリガンさんが27日亡くなった(83歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米国で3年間で400万冊売れたレモニー・スニケット著の子供向け小説「世にも不幸なできごと」シリーズ("A Series of Unfortunate Events")が映画化されるようだ。
アルフレッド・ヒチコック監督「見知らぬ乗客」("Strangers On the Train")のリメイクが企画されているようだ。
バイアコム傘下のTVネットワークTNN、CBS、UPNの3社は共同で、007シリーズ第15作目までの2年間の放映権をMGMから計3000万ドルで獲得するようだ。
香港電影金像奨のノミネーションが発表され、周星馳主演の「少林サッカー」が作品賞、監督賞を含む13部門にノミネートされたようだ。
ラリー・チャールズ監督の"Masked and Anonymous"(仮題)に、ボブ・ディランが出演することになりそうだ。
英国アカデミー賞(BAFTA Awards)で主演男優賞を獲得したラッセル・クロウは、受賞スピーチがカットされてTV放映されたことに激怒し、授賞式の後プロデューサーを突き飛ばし罵声を浴びせたらしい。
ミュージカル「レ・ミゼラブル」の全世界でのこれまでの観客数が4500万人に達したようだ。
「ワンス・アンド・フォーエバー」("We Were Soldiers")の上映会が26日夜米ホワイトハウスで行われ、ブッシュ大統領、ラムズフェルド国防長官らが主演のメル・ギブソンと共に作品を鑑賞したようだ。
第11回日本映画プロフェッショナル大賞が発表され、作品賞と監督賞に三池崇史監督「殺し屋1」が選ばれたほか、主演女優賞に麻生久美子、主演男優賞に寺島進が選ばれたようだ。
ブルース・ウィリスは、高校時代まで"どもり"があったものの、演劇の舞台に立ったときだけそれが消えたことをきっかけに克服した、と語ったようだ。
デンゼル・ワシントンは、全米公開中の主演映画"John Q"について、「この作品に出て初めて、どれだけの人々が健康保険を持っていないか、ということに気付かされた」「工場や郵便局やゴミ収集の仕事をしたことがあるので、役作りには苦労しなかった」と語ったようだ。
「ノット・ア・ガール」("Crossroads")で、初のキス・シーンを演じたことについて、ブリトニー・スピアーズは「(相手役の)アンソン・マウントが優しくしてくれたので、とても素晴らしかった」と語ったようだ。
  2/28
BS-iとBSフジは短編映画の番組「68(ロクハチ)」を共同制作すると発表したようだ。
米Texas Instrumentsは、デジタル上映方式「DLP Cinema」の表現色数やコントラストなどを向上させた新版"m15"を発表したようだ。
ニコラス・ラーツ(Nicholas Racz)脚本・監督のスリラー"The Burial Society"で、デヴィッド・ペイマーとシーモア・カッセルが共演することが決まった模様。
ウェイン・ワン監督の新作ロマンチック・コメディ"The Chambermaid"で、レイフ・ファインズとジェニファー・ロペスが共演するようだ。
ラッセル・クロウは、英国アカデミー賞後の騒動を認めた上で、「後悔していないが、多少激しすぎたかもしれない」と語ったようだ。
グラミー賞授賞式が行われ、「オー・ブラザー!」のサントラが最優秀アルバム賞に選ばれたようだ。
1955年のアジア・アフリカ会議での周恩来元首相を描く作品を、中国電影集団公司が製作中のようだ。
"Confessions of a Dangerous Mind"撮影中のジョージ・クルーニーは、マット・デイモン、スティーヴン・ソダーバーグと食事をしていたレストランで、ウェイターに「今日はソダーバーグ監督の誕生日」とウソをついて、ケーキをサービスしてもらったらしい。 [☆ちなみに、ソダーバーグ監督の誕生日は1/14]
クレイグ・ファーガソン監督・脚本・主演の"All American Man"に、ウェス・ベントリーとリサ・クードロウの出演が決定した模様。
エリザベス・テイラーが70歳の誕生日を迎えたようだ。「まるで45歳の気分」と言ったとか。