シネマトピックス(2002年3月)
[ 2001 | 2002 (01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12) | 2003 | LastTopics ]
  3/1
今日から放映されている、中山美穂が登場するシャンプー「サロンスタイル」のCMは、岩井俊二が演出と音楽を手掛けているようだ。
WWFのザ・ロックが、主演映画「スコーピオン・キング」プロモーションのため来日したようだ。 [☆初来日?]
カール・フランクリン監督の新作スリラー"Out of Time"に、デンゼル・ワシントンの主演が決まった模様。ギャラはついに2000万ドルの大台に乗るようだ。
「ピンクパンサー」シリーズなどで知られるブレイク・エドワーズ監督は、米脚本家組合(Writers Guild of America)から特別功労賞であるスクリーン・ローレル賞(Screen Laurel Award)を受賞するようだ。
クリント・イーストウッド監督・主演の新作サスペンス"Blood Work"に、アンジェリカ・ヒューストン、ジェフ・ダニエルズの出演が決まったようだ。
ハンター・S・トンプソンの小説"The Rum Diary"が映画化される模様。ジョニー・デップ、ベニチオ・デル・トロ、ニック・ノルティ、ジョシュ・ハートネットらが出演するようだ。
米ルーカス・フィルムは5月12日に米国内11の劇場で「エピソード2」のチャリティ試写会を開催すると発表した模様。ただし、どの劇場で公開されるかはまだ秘密のようだ。
5月にロサンゼルスで開催予定の天然資源の保全を訴えるイベント"Earth to L.A.! II"で、トム・ハンクスが総合司会を務めるようだ。またスティーヴ・マーティン、ダスティン・ホフマン、ロブ・ライナー、キャロル・キングらの参加も予定されているらしい。
NTTドコモは、携帯電話向け映像のコンテスト「Mobile Movie Creatives' Festival 2002」をスタートしたらしい。「ドラマ/シネマ部門」など5部門で一般から募集、塚本晋也監督らが審査員を務めるようだ。
先日発表された次世代光ディスク規格「Blu-ray Disc」について、DVDフォーラムの議長会社である東芝は「1年以内に次世代DVD規格を定めるが、"Blu-ray Disc"はその検討項目の一つ」と言っているようだ。 [☆別の規格ができる可能性も大いにある、という意味ですね]
  3/2
「エピソード2」の最新予告篇が、5日からラスヴェガスで開催されるShoWestで上映されるようだ。上映時間は2分30秒らしい。
ミラマックスとMGMは、黒澤明監督「七人の侍」のリメイクを共同で企画しているらしい。なお、舞台や時代設定はまだ未定のようだ。
  3/3
「ロード・オブ・ザ・リング」の日本公開がスタート、初日観客動員数は「A.I.」の103%を記録したようだ。
あおぞら銀行は、5月公開予定の「突入せよ!『あさま山荘』事件」の製作に1億2000万円の資金を供与したようだ。映画のヒットにより20%以上の利回りも期待できるとか。
増村保造監督「大地の子守歌」などの作品を手掛けた、映画プロデューサーの木村元保さんが先月28日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場者数が開業338日目となる3日、1000万人を突破したようだ。世界最速の記録とか。
米脚本家組合(Writers Guild of America)賞が発表され、オリジナル脚本賞に"Gosford Park"のジュリアン・フェローズが、脚色賞に「ビューティフル・マインド」("A Beautiful Mind")のアキヴァ・ゴールズマンがそれぞれ選ばれた模様。
セザール賞授賞式が2日パリで開催され、13部門でノミネートされていたジャン=ピエール・ジュネ監督「アメリ」は、最優秀作品賞、監督賞など4部門を受賞したようだ。また、主演女優賞に"Sur Mes Levres"のエマニュエル・ドゥボス、主演男優賞に"Comment J'ai Tue Mon Pere"のミシェル・ブーケが選ばれたほか、外国語映画賞にデヴィッド・リンチ監督「マルホランド・ドライブ」が選ばれた模様。
アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているジュディ・デンチは、助演男優賞については"Iris"で共演したジム・ブロードベントに賭けているようだ。
  3/4
映画化された「戦国自衛隊」を始めSF作品や伝奇小説などで知られる作家の半村良さんが4日亡くなった(68歳)。ご冥福をお祈りいたします。
先日お伝えしたジャッキー・チェンの怪我は、針金が顔に刺さったもので、失明の危険もあったようだ。怪我の回復は順調でジャッキーは「体質のおかげ」と語ったとか。
第13回米製作者組合(Producers Guild of America)賞は「ムーラン・ルージュ」が獲得したようだ。
南アフリカ共和国で「アリ」のプレミアが開催され、ネルソン・マンデラ前大統領も出席したようだ。主演のウィル・スミスは高層ビルが建っていることに驚いたらしい。 [☆高層ビルぐらい当たり前でしょう。ダイヤモンドの世界的産出国ですから。]
ハードロック・バンド、メタリカの音楽活動を追うドキュメンタリー映画が制作されるようだ。
ジェイソン・アイザックスが「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のルシウス・マルフォイ役を演じることが正式に決まった模様。ミリアム・マーゴリーズ、マーク・ウィリアムズ、シャーリー・ヘンダーソン、ジェマ・ジョーンズらの出演も決まったようだ。
米映画芸術科学アカデミーによる、映画に関する優れた技術開発を表彰する科学技術賞の授賞式が2日夜開催され、「ハムナプトラ」や「パールハーバー」のCGシーンで使用されたソフトウェアを開発したILMや、あらゆる劇場に対応するサウンドトラックを備えたフィルム・システムを開発したEastman Kodakの技術者らが表彰されたようだ。プレゼンターはシャーリーズ・セロンが務めたらしい。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)委員長選再選挙の投票日を8日に控え、立候補しているメリッサ・ギルバートとヴァレリー・ハーパー両陣営の激しい攻防が繰り広げられているようだ。 [☆かなりドロドロしていうようです]
ローラ・リニーは7日からブロードウェイでリバイバル上演されるアーサー・ミラーの戯曲「クルーシブル」に出演するようだ。
カール・テオドール・ドライヤー監督の1964年の作品「ガートルード」("Gertrud")がリメイクされる模様。ケイト・ベッキンセイル、マシュー・リース、ヒュー・ダンシーらの出演が予定されているようだ。
ロビン・ライト・ペンは、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされている夫ショーン・ペンについて「今年も授賞式には出席しない」と語ったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」日本での週末興収は9億円、観客動員数は62万人を記録した模様。
  3/5
第39回ゴールデン・アロー賞授賞式が4日行われ、窪塚洋介、米倉涼子、井川遥、小泉孝太郎らが出席したようだ。
8日開催される第25回日本アカデミー賞授賞式にアーノルド・シュワルツェネッガーが出席するようだ。「コラテラル・ダメージ」プロモーションで来日するシュワちゃんの希望らしい。 [☆格好の宣伝のチャンスですからね]
森田芳光監督「模倣犯」で主演する中居正広の出演シーンの最後の撮影が沖縄ロケで行われ、終了後、中居はスタッフから胴上げで祝福されたようだ。
「羅生門」「雨月物語」「愛のコリーダ」など数々の名作を手掛けてきた照明技師の岡本健一さんが5日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
マイク・ニューウェル監督の次回作は、進化論で知られる生物学者チャールス・ダーウィンとその妻の愛を描くロマンス"Mrs. Darwin"に決まったようだ。
トム・ローリン監督・主演の現代を舞台にした西部劇「明日の壁をぶち破れ」("Billy Jack",1971年)のリメイクが企画されているようだ。主演にはキアヌ・リーヴスが予定されているらしい。
TVシリーズ「宇宙家族ロビンソン」("Lost in Space")をもとにしたパイロット版2時間ドラマが米NBCで製作中のようだ。また、「原子力潜水艦シービュー号」("Voyage to the Bottom of the Sea")、「巨人の惑星」("Land of the Giants")のリメイクも米FOXテレビで企画されているらしい。
米ウォルト・ディズニーは、テーマパークを隣接させることで、長期滞在の観光客が増え収益力が向上することを期待しているようだ。また、2006年開業を目指して香港ディズニーランドの開発を進める一方、マカオや上海などの近隣地域に新たなテーマパークを開発する予定はないらしい。
米CBSで35年間続いた昼メロ"Search for Tomorrow"等の作品で知られる、女優のメアリー・スチュアートさんが4日亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。
アン・ヘッシュは2日に男の子を出産したようだ。
ホラー映画を中心としたポスター3500枚以上が、ロンドンでオークションにかけられるようだ。1932年公開の「ミイラ再生」("The Mummy")のポスターは1万ポンド以上の値段が付く見込みとか。 [☆「ハムナプトラ」は「ミイラ再生」のリメイクです]
トム・ハンクス主演「ビッグ」にも出演しているコメディアンのケヴィン・ミーニーが、サンフランシスコ国際空港で騒ぎを起こし逮捕されたようだ。
ダニー・デヴィート監督の新作"How to Lose a Guy in 10 Days"でマシュー・マコノヒーとケイト・ハドソンの共演するようだ。
サンタモニカの一般向け演劇教室で、アンソニー・ホプキンスがゲスト講師を務めているらしい。
クエンティン・タランティーノが極秘で来日しているらしい。5日未明の恵比寿駅周辺で目撃されたとか。 [☆だれが目撃したんだ?]
スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作"Full Frontal"の公開日が3月から8月に延期された模様。「セックスと嘘とビデオテープ」のリバイバル上映に合わせたらしい。
「千と千尋の神隠し」の全米公開がほぼ決定した模様。「トイ・ストーリー」のジョン・ラセター監督が吹替版の監修を担当するようだ。
ロジャー・ムーアはキューバ・グッディングJr.と共演する新作コメディ"Boat Trip"でゲイの役を演じるらしい。また、彼は次のジェイムズ・ボンド役にはユアン・マクレガーがいい、と言っているようだ。
ウーピー・ゴールドバーグの芸名は、友達から「ブーブークッション(whoopee cushion)みたいだ」と言われたことに由来するらしい。
2日開催された第8回U.S.コメディ・フェスティバルで、ウーピー・ゴールドバーグは米国映画協会(American Film Institute)スター・アワードを受賞したようだ。ウーピー曰く「私はハル・ベリーとは似てない。けどチャンスはあるわよ、彼女がそのうち私みたいになるから」とか。
ラッセル・クロウは、先日の英国アカデミー賞授賞式後の騒動について、正式に謝罪したようだ。
デヴィッド・リンチの公式サイトで、短編映画の有料配信がスタートしたようだ。
  3/6
東映は、VHSビデオ開発秘話をもとにした映画「陽はまた昇る」の製作を正式に発表した模様。渡辺謙, 真野響子, 緒形直人らが共演するほか、脇役として仲代達矢が松下幸之助を、江守徹が盛田昭夫を演じるようだ。
出資法違反の疑いで家宅捜索を受けた広告代理会社「ジー・コスモス・ジャパン」の実質的経営者である大神源太名誉会長は、フィリピンを舞台にしたアクション映画「ブレイズ・オブ・ザ・サン(太陽の刀)」を5億円で製作、自ら主演していたようだ。
米コロンビア・ピクチャーズは、1950年代の人気TVシリーズ「ローン・レンジャー」("The Lone Ranger")の映画化権を150万ドルで獲得したようだ。
ロンドンで行われた映画ポスターのオークションで、「フラッシュ・ゴードン 宇宙帝国の反乱」("Flash Gordon",1936年)のポスターが1万8800ポンドの最高額で落札されたようだ。また、注目されていた「ミイラ再生」("The Mummy",1932年)のポスターは1万5275ポンドの値が付いたらしい。
温情主義の政府を風刺したジャック・ネオ監督・脚本・主演のシンガポール映画"I Not Stupid"が、公開9日間で興収113万ドルのヒットとなっているようだ。
「スナッチ」や「ギャング・オブ・ニューヨーク」に出演しているスティーヴン・グレアムは、リバプール近くの故郷の街カービーで本物のストリート・ギャングに襲われ、もう二度と故郷には戻りたくないと言っているようだ。
昨年の米国での映画製作費および宣伝費は1本当たり7870万ドルで、前年より4%減少したようだ。これは、宣伝費が増加した一方、製作費が前年比で13%抑えられた結果のようだ。
ソルトレイクシティ・オリンピックのフィギュアスケート女子シングルで銅メダルを獲得したミシェル・クワンは、米ウォルト・ディズニーと3年契約を結んだ模様。映画やテーマパークなどの広報担当としてテレビやラジオに登場するようだ。
井坂聡監督「ミスター・ルーキー」の完成披露試写会が5日行われ、長嶋一茂、竹中直人、鶴田真由、橋爪功ら出演者と共に長嶋茂雄も顔を見せたようだ。
メル・ギブソンは「もっと家族との生活を大切にしたいから、俳優を辞めて製作に専念したい」と発言したようだ。
アンソニー・ホプキンスは、ロサンゼルス郊外で行われたアルコール依存症患者厚生会(Alcoholics Anonymous)の会合に参加、自らのアルコール依存症体験を語ったようだ。
フィリッパ・ラングデール監督が手掛けるロード・ムービー"Walk Two Moons"で、ネーヴ・キャンベル、サラ・ミシェル・ゲラー、マーティン・ランドー、ブライス・ダナーらの共演が決まったようだ。
シドニー・ポラック監督、バーブラ・ストライザンド主演の名作「追憶」("The Way We Were",1973年)をもとにした映画「卒業」が、長澤雅彦監督、内山理名主演で製作中のようだ。
  3/7
来日中のアーノルド・シュワルツェネッガーは、米国同時多発テロ事件後、政府からハリウッドに協力要請があったことについて「軍やCIAや政府が考えるようなことをそのまま押し付けられても困る」と発言したようだ。
「コラテラル・ダメージ」プロモーションのため来日したアーノルド・シュワルツェネッガーは、以前対談したことのある入院中の橋本龍太郎元首相について「頑張ってほしい」とコメントしたようだ。
「パリの休日」("Paris Holiday",1958)や「5つの銅貨」("The Five Pennies",1959)などの作品や、数々のTV番組で知られる喜劇俳優のボブ・ホープは、米テレビ芸術科学アカデミー(Academy of Television Arts & Sciences)が進める喜劇資料館の建設のために100万ドルを寄付したようだ。
Wella社の販売する整髪料「クリプトナイト」が商標を侵害しているとして、米DCコミックスが訴訟を起こした模様。
「グリンチ」("How the Grinch Stole Christmas")でも知られるドクター・スースの人気絵本シリーズ"The Cat in the Hat"が、マイク・マイヤーズ主演で映画化されるようだ。
先日マイケル・ベイが企画中とお伝えした「悪魔のいけにえ」("The Texas Chainsaw Massacre",1974年)は、ニュー・ライン・シネマが500万ドル〜700万ドルで映画化権を取得、この夏から撮影がスタートするようだ。
「オー・ブラザー!」のサントラが、グラミー賞4部門獲得後に売上を260%伸ばし、全米アルバムチャート2位を記録したようだ。タワーレコードの一部の店では売り切れになったとか。
マリリン・モンローが身につけた衣装やネグリジェ、サングラス、イアリングなどの展示即売会がロンドンのBel Air Galleryで開催されているようだ。
現在世界興収第2位「ハリー・ポッターと賢者の石」の、日本での興収は1億5830万ドルで、国別では米国の3億1500万ドルに次ぐ記録となっているようだ。
「デュエット」で歌声を披露したグウィネス・パルトロウは、シェリル・クロウの最新アルバムに参加しているらしい。
ピアース・ブロスナンは"Bond 20"の撮影に復帰したようだ。
リース・ウィザースプーンの次回作は"Original Gangsta Bitches"というアクション・コメディになる模様。
ジェフ・ヌーンのSF小説「ヴァート」("Vurt")の映画化をイアン・ソフトリー監督が手掛ける模様。ニコラス・ケイジとティム・ロビンスの共演が予定されているようだ。
米フォックス・エンターテインメントは米Yahoo!と提携した模様。新作「アイス・エイジ」「マイノリティ・リポート」のプロモーションを展開するほか、DVDで発売される「サウンド・オブ・サイレンス」、「愛しのローズマリー」、「エネミー・ライン」の広告も掲載するようだ。
米国同時多発テロ事件の影響で撮影が延期されていた、カマル・タブリーズィー監督、工藤夕貴主演の日本・イラン合作映画「風の絨毯」は、先月8日にイランでクランクインしたようだ。
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演「ギャング・オブ・ニューヨーク」の米国公開が11月に再度延期される模様。このため日本公開も2003年正月にずれ込むようだ。
  3/8
経済産業省などが全面協力して製作された河谷英夫監督、石川梨華、吉沢ひとみ主演の「とっかえっ娘。」の"総決起集会"がフジテレビ本社で行われたらしい。今月23日から全国の公民館などで上映されるようだ。
香月秀之監督、松田敏幸主演の「組葬」に、解散したLUNA SEAの元メンバー真矢が出演しているようだ。音楽も手掛けているらしい。
「ゴジラ」新作はメカゴジラとの対決になる模様。タイトルは未定で、手塚昌明が監督するようだ。なお、出崎統監督「とっとこハム太郎」の同時上映も正式に決まったらしい。
文化庁は2001年度の芸術選奨の受賞者を発表し、文部科学大臣賞に池内淳子、降旗康男らが、また文部科学大臣新人賞に「まぶだち」の古厩智之監督らが選ばれたようだ。
第25回日本アカデミー賞授賞式が開催され、行定勲監督、窪塚洋介主演「GO」が最優秀監督賞、最優秀主演男優賞など8部門を獲得したようだ。また、最優秀作品賞に「千と千尋の神隠し」、最優秀主演女優賞に岸恵子(「かあちゃん」)、最優秀外国作品賞に「リトル・ダンサー」がそれぞれ選ばれたようだ。
日本軍により従軍慰安婦となった女性たちの悲劇を描く韓国映画「天皇のソンムル(贈り物)」の製作発表がソウルで行われたようだ。
サム・ペキンパー監督「ガルシアの首」 ("Bring Me the Head of Alfredo Garcia",1974年)のリメイクが企画されている模様。CMやミュージック・ビデオなどで知られるサミュエル・ベイヤー(Samuel Bayer)が監督を手掛け、ベニチオ・デル・トロが主演するようだ。
カエルのカーミットとミス・ピギーが新しいマペット達と共演するバラエティー番組が、来年から米FOXテレビで放映されるらしい。またカーミットの自伝映画"Kermit's Swamp Years"が、この夏ビデオ・リリースされるようだ。
オーソン・ウェルズがナレーションを担当した1950年代のラジオドラマ"The Black Museum"が、TVドラマとしてリメイクされるらしい。
メグ・ライアンは、ロマンチック・コメディの女王という固定化されたイメージに苛立ちを覚えているようだ。 [☆40歳。でも、やっぱりキュート。]
今年のインド国際映画祭は、マレーシアのゲンティング・ハイランドで来月6日開催されるようだ。シャー・ルク・カーンは参加しないらしい。
米AOLタイムワーナーは、収益性を上げるため、デジタル上映設備を備えた映画館でライブ・コンサートを上映することを検討しているようだ。
大林宣彦監督「なごり雪」が、来月から大分県内で先行上映されるようだ。
「少林サッカー」監督・主演の周星馳がプロモーションのため来日するようだ。
ジョン・ロバーツ監督のアクション・コメディ"Cuba"で、ケイト・ウィンスレットと彼女の妹ベスの共演が予定されているらしい。
スウェーデン出身のミカエル・ヘストレム監督の新作サスペンス"The Devil's Tears"でキアヌ・リーヴスとデニース・リチャーズが共演する模様。
米ケーブルTV局のFXと、ゴールディ・ホーンの経営するHawn's Cosmic Entertainmentは、米国同時多発テロ事件でハイジャックされペンシルヴァニアに墜落した旅客機を舞台にしたドラマの共同製作の契約を結んだようだ。
  3/9
すでに70万枚を突破し、クラシック音楽のCDとしては記録的な大ヒットとなっている、小澤征爾指揮「ニュー・イヤー・コンサート2002」のビデオとDVDが今月27日に発売されるようだ。すでに5万本の予約が入っているとか。
ロサンゼルスで2日行われた、米映画芸術科学アカデミー主催の科学技術賞授賞式に出席した映画関係者ら100人以上が、食中毒の症状を訴えていたようだ。 [☆シャーリーズ・セロンは大丈夫だったのかな?]
「一休さん」など数々のアニメ作品の声優として人気を集めたほか、舞台、ドラマなどでも活躍した俳優のはせさん治さんが8日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
現在007シリーズ最新作"Bond 20"撮影中のジュディ・デンチは、しばらく女優業から離れ、昨年1月に亡くなった夫マイケル・ウィリアムスの死と向き合うための時間が欲しい、と発言したようだ。
1月末に亡くなった作家アストリッド・リンドグレーンの葬儀がストックホルムで営まれ、スウェーデン国王らも参列し、テレビ中継されたようだ。
不正があったとして再選挙となった米映画俳優組合(Screen Actors Guild)の委員長選の投票が8日行われ、メリッサ・ギルバートが対立候補ヴァレリー・ハーパーを大きく引き離して当選したようだ。
  3/10
デビュー作「美術館の隣の動物園」以来4年ぶりのイ・ジョンヒャン監督の新作「家へ・・・」が来月5日より韓国で公開されるようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)賞が発表され、「ビューティフル・マインド」のロン・ハワードが受賞したようだ。
「007は二度死ぬ」と「エントラップメント」で2度使われた黄金の釈迦像や、「ロッキー・ホラー・ショー」の棺の時計など、映画に使われた数千個の小道具が、ロンドンで行われる今月のSotheby'sのオークションに出品されるようだ。
  3/11
ウォルト・ディズニーで、ドナルド・ダックなどの作品を手がけたアニメーション作家のビル・バーグさんが2日亡くなった(84歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)賞が発表され、作品賞に当たるキャスト・パフォーマンス賞に"Gosford Park"が選ばれたほか、主演男優賞に「ビューティフル・マインド」のラッセル・クロウ、主演女優賞に"Monster's Ball"のハル・ベリーが、また助演男優賞に「ロード・オブ・ザ・リング」のイアン・マッケラン、助演女優賞に"Gosford Park"のヘレン・ミレンがそれぞれ選ばれたようだ。
ロン・ハワード監督「ビューティフル・マインド」が、ドイツ、英国に続いてオーストラリア、台湾で公開され、何れも好成績を収めているようだ。
米監督組合(Directors Guild of America)の新しい委員長として、「ランブリング・ローズ」等で知られるマーサ・クーリッジが指名されたようだ。創設以来66年間で初の女性委員長とか。
ボスニアなどで戦争被害者の救援活動に従事し1995年に失踪した、人道主義活動家のフレッド・キュニーを描く映画の製作が企画されているようだ。ハリソン・フォードが主演し、「アモーレス・ペロス」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが監督を手がける模様。
米人気TVシリーズ"Malcolm in the Middle"の主役や、現在公開中のコメディ"Big Fat Liar"にも出演しているフランキー・ムニッズが、新作映画"Agent Cody Banks"に主演するようだ。子役としてはマコーレー・カルキンの記録に次ぐ200万ドル以上のギャラを受け取るらしい。
三谷幸喜の戯曲「竜馬の妻とその夫と愛人」が市川準監督で映画化される模様。木梨憲武主演で、中井貴一、鈴木京香、江口洋介らが共演するようだ。
ウディ・アレン監督・脚本・主演の新作に、クリスティーナ・リッチの出演が決まった模様。
評論社が1972年に翻訳版を刊行して以来150万部が販売されていた「指輪物語」は、映画「ロード・オブ・ザ・リング」公開をきっかけに、この2ヶ月だけでさらに150万部売れたらしい。 [☆意外と日本では読まれてないですね。]
  3/12
米20世紀FOXは、アニメも世界的に人気の鳥山明原作のコミック「ドラゴンボール」の映画化権を獲得したようだ。製作費1億ドルをかけて実写映画化されるらしい。 [☆なんとっ!]
大阪ガスのグループ会社が経営し、演劇や映画の上演が行われてきた扇町ミュージアムスクエア(OMS)が、今年いっぱいで閉館することになったようだ。
「パニック・ルーム」プロモーションのため、ジョディ・フォスターが今月31日に来日するようだ。
米ニュース番組"Extra"は、ウィノナ・ライダーが万引きしたとされる場面の監視カメラの映像を放映した模様。警察の主張する、防犯用のタグを取り去ろうとするような動作は写っていなかったようだ。
フランシス・フォード・コッポラが再編集中の、チャトリチャルーム・ユコル監督によるタイ映画"Suriyothai"は、"Francis Ford Coppola Presents: A Film by Chatrichalerm Yukol"として世界公開されることになったようだ。再編集により上映時間は185分から150分に短縮されるらしい。
コニー・フランシスは、彼女の歌が本人の同意を得ずに2本の映画("Postcards From America"、"Jawbreakers")に使われ、楽曲使用料も正しく支払われていないとして、米ユニバーサル・ミュージックに対する損害賠償訴訟を起こしたようだ。
米ABCが製作するタイトル未定の新作ドラマにマーティン・ランドーが出演することが決まったようだ。
アンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントン夫妻は、カンボジアで生まれた孤児の赤ちゃんを養子として迎えたようだ。 [☆強く反対していたビリー・ボブも説得に負けた?]
カナダで公開中のカーリングを題材にしたコメディー映画"Men With Brooms"が大ヒット中のようだ。
米映画芸術科学アカデミーは、アカデミー賞の候補者を招いた昼食会を開催したようだ。ニコール・キッドマン、ウィル・スミス、ラッセル・クロウ、シシ―・スペイセクらが出席したようだ。 [☆食中毒は大丈夫?]
米国同時多発テロ事件を題材としたロバート・デ・ニーロが司会を務めるドキュメンタリー番組"9/11"が米CBSで放映され、視聴者数は3898万人に達したようだ。
人気コミック「花より男子」を原作としたTVドラマが中国で制作されたものの、政府当局は「社会にマイナスの影響を与え、青少年を誤った方向に導く」として放映中止を命じたようだ。
京セラのCDMA2000対応携帯電話「A1012K」とタイアップしたSABU監督の短編映画「A1012K」が、来月より全国のTSUTAYAで無料レンタルされるようだ。
トム・クルーズはデヴィッド・キャラダイン主演の「デス・レース2000」("Death Race 2000",1975年)のリメイクを企画している模様。"Death Race 3000"のタイトルで自ら主演、ポール・アンダーソンが監督に予定されているようだ。
ピーター・シーガル監督、ジャック・ニコルソン、アダム・サンドラー共演のコメディ"Anger Management"に、マリサ・トメイが出演することになりそうだ。
ロシアで「ロード・オブ・ザ・リング」が「タイタニック」を越える大ヒットを記録しているようだ。また「ハリー・ポッターと賢者の石」もまもなく公開される模様。
バズ・ラーマンは007シリーズの監督を希望しているようだ。
「ターミネーター3」でのアーノルド・シュワルツェネッガーのギャラは当初3000万ドルといわれたが、ロサンゼルスで撮影することを条件に自ら2200万ドルにカットしたようだ。
トム・クルーズは「ミッション:インポッシブル3」の監督としてデヴィッド・フィンチャーを希望しているようだ。
「エピソード2」の最新予告篇"Clone War"が10日、米FOXテレビで放映されたようだ。
アカデミー賞獲得の期待も大きいハル・ベリーは、これまでの俳優活動の中で幾度となく人種差別的な発言を受けてきたとした上で、自分の使命は「黒人女優として誰も歩んだことのない道を進むことだ」と発言したようだ。
  3/13
黒澤明監督の描いた絵コンテ約2000点の著作権利用の業務がホリプロに委託された模様。その第1弾として、5月に開催されるカンヌ映画祭会場で約80点が展示されることになったようだ。
米国で絶大な人気を誇る川尻善昭監督のアニメ作品「獣兵衛忍風帖」("Ninja Scroll",1993年)のリメイク権を、「モータル・コンバット」を手掛けたプロデューサー、ラリー・カサノフが獲得した模様。ゲーム化や、実写によるTVシリーズ化などが企画されているようだ。
アンソニー・エドワーズは、動物心理学者であり自閉症患者であるテンプル・グランディン博士の青春時代に焦点を当てた映画の企画を進めているようだ。「スリー・キングス」のデヴィッド・O・ラッセルが監督を務めることになる模様。
ランディ・クエイドは米FOXテレビのコメディ・ドラマ"The Grubbs"に主演するようだ。
英国で「オーシャンズ11」が好調の模様。公開2週目も週末興収180万ポンドを記録し、「モンスターズ・インク」を抑えて第1位を維持したようだ。
ブロードウェイの数々の舞台で活躍したほか「私に殺された男」("Orders To Kill",1957年)、「オネーギンの恋文」("Onegin",1999年)などの映画にも出演した、女優のアイリーン・ワースさんが亡くなった(85歳)。ご冥福をお祈りいたします。
現在撮影中の007シリーズ最新作"Bond 20"の正式タイトルは"Die Another Day"に決まったようだ。
  3/14
20世紀フォックスが配給する平山秀幸監督「OUT」の製作発表と公開ロケが行われ、原田美枝子、倍賞美津子、室井滋、西田尚美の主演4人が顔を揃えたようだ。
「ビューティフル・マインド」プロモーションのためラッセル・クロウが今月19日に来日することが決まったようだ。
米Yahoo!は、米フォックス・エンターテインメントに続き、Artisan Picturesとも提携し、まもなく公開される"National Lampoon's Van Wilder"のプロモーションを展開するようだ。
アーサー・ヒラー監督、ピーター・フォーク、アラン・アーキン共演のコメディ「あきれたあきれた大作戦」("The In-Laws",1979年)のリメイク"Till Death Do Us Part"の製作が進行中のようだ。アンドリュー・フレミングが監督を務め、マイケル・ダグラスとアルバート・ブルックスが共演するらしい。
米国のメディアが、「ビューティフル・マインド」のモデルとなった数学者ジョン・フォーブス・ナッシュ氏への批判を展開していることについて、原作者のシルヴィア・ネイサーは、「全くの作り話で、アカデミー賞獲得への妨害活動だ」と訴えたようだ。
チャン・イーモウが監督を務めるバレエ作品「紅夢」が、香港で上演されているようだ。
エンロン社の破綻をめぐるスキャンダルを題材にした4つの映画化企画が進行中のようだ。
ノーベル賞受賞者で映画「ビューティフル・マインド」のモデルとなった数学者ジョン・フォーブス・ナッシュ氏が、米CBSで今月27日に放送される"60 Minutes"に出演、映画について語るようだ。
「オー・ブラザー!」のサントラは、とうとう全米アルバム・チャート1位となったようだ。
ブロードウェイ版「フル・モンティ」がロンドンで上演され喝采を浴びたようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」日本版DVDは5月15日に発売されるようだ。
(米国では)大ヒットした「バッドボーイズ」の続編製作が正式に決定した模様。主演のウィル・スミス、マーティン・ローレンス、そして監督のマイケル・ベイの続投も既に決まっているようだ。
マーヴェルの人気コミック"Black Panther"が映画化される模様。ウェズリー・スナイプスの主演が決まったようだ。
コネチカット州の新聞の名前を使って架空の映画評論家の映画評を広告に掲載した問題で、米ソニー・ピクチャーズは州に対し32万5000ドルを支払うことに合意したようだ。
アンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントン夫妻がカンボジアで生まれた生後7ヶ月の男の子を養子にした、と発表した件について、カンボジアの米国大使館は「許可していない」と言っているようだ。米国政府は人身売買の恐れがあるとして、昨年12月よりカンボジア人の子供の養子縁組を禁止しており、特例は認められないらしい。
  3/15
東京テアトルは、同社が運営する映画館のテアトル池袋を、4月より映画制作会社等数社が共同で運営を開始する新レーベル「ガリンペイロ」の専用施設にモデルチェンジする、と発表したようだ。
インドにおける映画、テレビ、音楽、舞台などのエンターテイメント業界全体での昨年の収益は、前年比30%増の1300億ルピーに達したようだ。
クエンティン・タランティーノ監督の新作"Kill Bill"で、ルーシー・リューは"Oren Ishi"という日本人(極道の妻?)を演じるらしい。日本でのロケも予定されているようだ。 [☆タラちゃん恵比寿出現の噂も信憑性が出てきた・・・]
ベルリン国際映画祭で上映された馮小剛(フォン・シャオガン)監督の中国映画「大腕」("Big Shot's Funeral")の、米国、欧州、豪州での公開が決まったようだ。
メル・ギブソンの運営する映画製作会社Icon Entertainmentは、米パラマウント映画との提携を終了させ、新たに米20世紀FOXと2年間の契約を結んだようだ。
米映画俳優組合(Screen Actors Guild)は、この夏から撮影が開始される"Master and Commander: The Far Side of the World"(ピーター・ウィアー監督、ラッセル・クロウ主演)の出演契約書がSAGの規定に従ったものではないとして、組合員に対しそのような契約書にサインしないよう呼びかけているようだ。
まもなく公開される"Showtime"に出演しているレネ・ルッソは「素敵なロマンチック・コメディでヒロインを演じてみたい。でもそれはジュリア・ロバーツやメグ・ライアンの役割で、私の柄じゃない」と発言したようだ。
元WBA世界ライト級チャンピオン畑山隆則が、山田大樹監督の日韓合作映画「ROUND1」に主演するようだ。
ナタリー・ポートマンは、「エピソード2」でヘイデン・クリステンセンと演じたキス・シーンについて、「自分がキスしたくない人とキスしろと言われるのはあまり気分が良くないし、売春婦のように感じる」と発言したようだ。 [☆恋人同士だったというウワサを完全に否定する発言です]
第37回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック賞(Academy of Country Music Awards)のノミネート作品が発表され、アルバム部門では「オー・ブラザー!」のサントラが候補に挙がったようだ。
工藤夕貴主演の日本-イラン合作映画「風の絨毯」では、21日に行われる高山まつりのシーンの撮影で、エキストラを募集しているようだ。
  3/16
中国経済景気モニターセンターが北京、上海、広州で行った調査によると、「昨年1年間映画館に行っていない」16.5%、「外国映画が増えても映画館に行く回数が増えるとは限らない」43.5%、「レベルの高い外国との合弁映画館ができれば行く機会が増える」81.5%、という結果だったようだ。
"Death to Smoochy"にロビン・ウィリアムスのスタントとして出演しているフィギュアスケート選手のエルヴィス・ストイコは、プロへの転向とともに映画俳優を目指す、と発表したようだ。
"Barbie in the Nutcracker"に続く、バービー人形主演のビデオ映画第2弾"Barbie as Rapunzel"が、10月に発売されることが決まったようだ。
007シリーズ最新作"Die Another Day"の主題歌の作曲と歌をマドンナが担当することが、正式に決まったようだ。
「ロード・オブ・ザ・リング」「モンスターズ・インク」「ハリー・ポッターと賢者の石」などの海賊版VCDが、オークション・サイト英国eBayで競売にかけられていた模様。
ユーロ・ディズニーに併設される新しいテーマ・パーク"Walt Disney Studios Park"がオープンしたようだ。これまでのディズニーのテーマパークとは異なり、スタント・アクションや特殊効果が多用されているらしい。 [☆ユニバーサル・スタジオのディズニー版?]
二階健監督、柴咲コウ主演の「Soundtrack」が、第12回スペイン・セマナ国際ファンタスティック映画祭で、最優秀撮影監督賞と最優秀脚本賞を受賞したようだ。
純名里沙が事務所移籍に合わせて、芸名を「純名りさ」に改名したようだ。
エチオピアを舞台にした、アンジェリーナ・ジョリー主演の新作"Beyond Borders"について、南アフリカのエチオピア大使館は「エチオピアの真の姿を描いていない」と批判したようだ。エチオピアが交戦状態だったため、撮影は現在ナミビアで行われているらしい。
米ABCの"Good Morning America"に、新作"Showtime"のプロモーションのため出演したレネ・ルッソは、ロージー・オドネルが同性愛者であり、また3人の養子を育てている、と告白したことに対し、「彼女にありがとうと言いたい。父が出て行った時、母を助け私を育ててくれたのは、母の友達の同性愛の女性達だった・・・」と涙を浮かべながら語ったようだ。
  3/17
馮小剛(フォン・シャオガン)監督「大腕」("Big Shot's Funeral")の中国本土での興収は4000万元に達したようだ。21日から香港でも公開されるらしい。
「E.T. 20周年アニバーサリー特別篇」のプレミアが16日ロサンゼルスで開催されたようだ。スティーヴン・スピルバーグ監督のほか、ドリュー・バリモア、ヘンリー・トーマスも参加した模様。
ライザ・ミネリ4度目の結婚式が16日ニューヨークで行われた模様。披露宴ではエリザベス・テイラーが司会を務めたほかアンソニー・ホプキンス、マイケル・ダグラス、エルトン・ジョン、マイケル・ジャクソンら超豪華ゲストが多数つめかけたようだ。
  3/18
松竹映画「感激の頃」でデビュー、劇団「麦」を主催したほか、「水戸黄門」「ウルトラマン」などのテレビ作品でも活躍した、俳優の永井秀明さんが16日亡くなった(80歳)。ご冥福をお祈りいたします。
佐々部清監督、西田敏行主演「陽はまた昇る」のクライマックスシーンの撮影が、横浜にある日本ビクターの工場で行われたようだ。
香港の陳可辛(ピーター・チャン)監督、韓国の金智運(キム・ジウン)監督、タイのノンスィー・ニミブット監督が、それぞれ30分の短編を担当するオムニバス映画"Three"が製作されるようだ。レオン・ライの主演も決定した模様。
ブリトニー・スピアーズが主演映画「ノット・ア・ガール」("Crossroads")プロモーションのためスウェーデンを訪れたものの、たった1日の滞在だったため、ファンが怒っているらしい。
シガニー・ウィーヴァーの父親で、米NBCの長寿番組"Today"の生みの親でもある元NBC会長のシルヴェスタ・ウィーヴァーさんが15日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。
米ABCは、英国ウィリアム王子の半生を描くテレビ映画"Prince William"の制作を決定した模様。マイケル・ワトキンスが監督を担当するようだ。
米MIRAMAX FILMSは、「すべての美しい馬」「シッピング・ニュース」などの成績不調を受けて、従業員の14%削減を発表したようだ。
先週末より全米公開がスタートした20世紀FOXのフルCGアニメ「アイス・エイジ」("Ice Age")の週末興収が、3月公開の作品としては最高の4790万ドルに達し、アニメーション作品としても「モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー2」に次ぐ記録となったようだ。
「ハリー・ポッターと賢者の石」のDVD発売は当初6/1が予定されていたものの、5/31より開催されるサッカーW杯との競合を避けるため前倒しされたらしい。 [☆米国の発売予定が5/28だから、世界最初の発売か?]
リュック・ベッソン制作「TAXi」がハリウッドでリメイクされる模様。監督はケヴィン・ブレイが務めるようだ。
ジョニー・デップは、以前「ギルバート・グレイプ」で共演したレオナルド・ディカプリオについて、「母親が見ているかどうかいつも気にしていた」と語ったようだ。
甲子園球場で17日行われた阪神-巨人のオープン戦の始球式に、長嶋一茂が主演映画「ミスター・ルーキー」のマスクをつけてマウンドに登場したようだ。
  3/19
宮本信子が、渋谷の「JZ Brat」でジャズ・ライブを開くらしい。
ディズニーは、ディズニーランドのアトラクションをもとにした映画"Haunted Mansion"を企画しているらしい。監督は「ライオン・キング」のロブ・ミンコフと、主演はエディ・マーフィとそれぞれ交渉中のようだ。
「ピーターパン」の原作者ジェイムズ・バリーを描く、マーク・フォースター監督の次回作"Neverland"は、ジョニー・デップが主演するようだ。
米ABCは、24日のアカデミー賞授賞式終了後に放送するトーク番組"After Party At 'The View'"に、ピーター・フォンダが出演する、と発表したようだ。
米衣装デザイナー組合("Costume Designers Guild")賞が発表され、「ハリー・ポッターと賢者の石」と"The Royal Tenenbaums"が、最優秀衣装賞を獲得したようだ。
エルトン・ジョンやイアン・マッケランら英国のセレブ達が、エジプトで行われた同性愛者の権利を訴える集会に参加したようだ。
婦女暴行の描写や闘牛シーンなどが議論の的となっている、ペドロ・アルモドヴァル監督の新作"Hable con ella"(英語タイトル"Talk to Her")が15日スペインで公開されたようだ。欧州各国でも今週以降公開される模様。
恩地日出夫監督の新作「蕨野行」の撮影が山形県で始まった模様。「映画『蕨野行』の製作と上映を支援する会」が支援を呼びかけているようだ。
エディ・マーフィは飛行機恐怖症だったようだ。"I Spy"撮影のため自家用ジェットに乗る際、飛行機の安全点検ばかりかパイロットの身元チェックまで行ったとか。 [☆テロ事件のせい?]
ジェニファー・ロペスは、フランスの化粧品会社と、オリジナル香水のプロデュース契約を結んだようだ。
マイケル・クライトン監督、ユル・ブリンナー主演「ウエストワールド」("Westworld",1973年)のリメイク企画が進行中の模様。アーノルド・シュワルツェネッガーが主演するようだ。
周星馳(チャウ・シンチー)監督・主演「少林サッカー」の米国公開版では、鍛え上げた上半身を"披露"するシーンがカットされているらしい。配給会社のミラマックスが「痩せすぎてかっこ悪い」と、カットしてしまったようだ。
「少林サッカー」プロモーションのため来日した監督・主演の周星馳(チャウ・シンチー)は、「続編のアイデアは頭の中にある」と語ったようだ。
スティーヴン・スピルバーグが降板した「さゆり」("Memoirs of a Geisha")の新しい監督として、スパイク・ジョーンズが候補に挙がっているようだ。
クエンティン・タランティーノ監督の新作"Kill Bill"で、千葉真一は刀鍛冶、ユアン・ウーピンが140歳の武術の達人を演じるらしい。 [☆一体どんな映画になるのか想像もつかん!]
来年5月公開予定の「マトリックス」シリーズ新作"The Matrix Reloaded"の予告篇第1弾が、6月全米公開の「マイノリティ・リポート」の上映館で公開される、と言う噂があるようだ。
「怪傑ゾロ」「ディック・トレイシー」「ローン・レンジャー」などの大ヒット・シリーズや、「名犬ラッシー」「ボナンザ」などのTV作品でも知られる映画監督のウィリアム・ウィットニーさんが17日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。
コーエン兄弟の新作「バーバー」("The Man Who Wasn't There")が、カナリヤ諸島で開催された第3回ラスパルマス国際映画祭でグランプリを獲得したようだ。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、新作"I Am Legend"のプロデュースを手掛ける模様。ウィル・スミス主演、マイケル・ベイ監督で交渉中のようで、本人は出演しないらしい。
  3/20
「ビューティフル・マインド」プロモーションのため来日したラッセル・クロウは、「モテるから女性に苦労したことない」「今年もアカデミー賞は是非欲しい」などと語ったようだ。
ハリウッドで活躍し、1978年に日本人で初めてメイクアップ・アーティスト組合の正会員となった、カオリ・ナラ・ターナーの著書「メイクアップ・ハリウッド」の出版記念会が16日、ロサンゼルスで行われたようだ。
ヨルダン王国のラーニア王妃は、女性の貧困脱出と自立への援助を、ハリウッドの有力者達に訴えたようだ。
米ウォルト・ディズニーは、アニメーション部門の人員を今後1年以内に250人削減する、と発表したようだ。
今年のアカデミー賞授賞式では、豪華な衣装や宝石と共に、小ジワを消し汗を抑える作用のある治療薬"BOTOX"が活躍するようだ。 [☆"BOTOX"とはボツリヌス菌の毒素を精製したものとか。女性の方には既に常識?]
英国での週末興収は引き続き「オーシャンズ11」が首位を堅持、「モンスターズ・インク」の追撃を退けたようだ。
麻薬所持で2度逮捕された後リハビリ治療を受けているロバート・ダウニーJr.について、保護監察官による報告会がカリフォルニアのリバーサイド郡上位裁判所で行われ、裁判長はダウニーに対し「とてもよくやっているようで嬉しい」と語ったようだ。
国際宇宙ステーションが「E.T.」と交信したようだ。「E.T. 20周年アニバーサリー特別篇」公開記念イベントの一つとか。
シンガー・ソングライターのイルカの息子、神部冬馬が、松尾昭典監督の新作「手紙」で映画でビューするようだ。郵便配達員を演じる古谷一行の息子役で、ミュージシャンを目指す設定らしい。また、主題歌を担当するDragon Ashのボーカルで、古谷の息子の降谷建志も1シーン出演する予定とか。
文化庁は第3回優秀映画賞を発表し、長編部門の大賞に橋口亮輔監督「ハッシュ!」が選ばれたようだ。
24日行われる第74回アカデミー賞授賞式で、メル・ギブソンとケヴィン・スペイシーがプレゼンターとして登場することが決まったようだ。
1980年代にエイズに感染し1992年に亡くなったロン・ウッドルーフの半生を描く映画"The Dallas Buyer's Club"が、マーク・フォースター監督、ブラッド・ピット主演で企画されているようだ。
ケネス・ブラナーは、シェフィールドのCrucible Theaterで19日開演した「リチャード3世」で、10年ぶりにその舞台に上がったようだ。
助演女優賞にノミネートされているケイト・ウィンスレットは、「(24日のアカデミー賞授賞式には)着心地のいい服と、履きやすい靴でいくつもり」と言ったようだ。 [☆ワーストドレッサーに指名されないように・・・]
ベン・キングズレイは、英国女王陛下よりナイトの称号を授与されたようだ。
「モンスターズ・インク」の日本での興収は、公開2週間で23億円を突破、観客動員数も180万人に達したようだ。
  3/21
ヨン・ファン監督、宮沢りえ主演「華の愛 遊園驚夢」の日本公開記念の記者会見が21日行われたようだ。
辻仁成の小説「サヨナライツカ」が行定勲監督、中山美穂主演で映画化されるようだ。
木下恵介監督「喜びも悲しみも幾歳月」のモデルとなった中績さんが20日なくなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ハリウッドの映画スタジオは、映画撮影に使われた小道具などを、積極的にインターネット・オークションに出品しているようだ。「キッド」でブルース・ウィリスが乗ったポルシェが7万7000ドル落札された他、「オースティン・パワーズ」のコルヴェットが12万1000ドル、「パーフェクト・ストーム」で使われたボートも14万1100ドルで売れたらしい。
「バニラ・スカイ」の主題歌でノミネートされているポール・マッカートニーは、24日のアカデミー賞授賞式で、スティング、エンヤらと共に演奏を披露するようだ。
「オー・ブラザー!」のサントラは、今週も全米アルバム・チャート1位だったようだ。
南北戦争を舞台にしたアンソニー・ミンゲラ監督"Cold Mountain"は、主演予定だったトム・クルーズが降板、現在ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガーの共演が最有力候補のようだ。
最新シリーズ"Enterprise"を含む「スター・トレック」シリーズの脚本と製作を担当しているリック・バーマンは、米パラマウント・ピクチャーズと、2006年までに8本の映画を手掛ける契約を結んだようだ。年末公開予定の映画版新作"Star Trek: Nemesis"の他、スタートレック以外の作品も担当することになるらしい。
アボルファズル・ジャリリ監督の来日が決定した模様。「少年と砂漠のカフェ」公開初日の今月30日、有楽町シネ・ラ・セットで舞台挨拶があるようだ。
ピーター・ウィアー監督、ラッセル・クロウ主演の新作"Master and Commander: The Far Side of the World"に、ポール・ベタニーが出演することが決まったようだ。
ロバート・アルドリッチ監督、ジェイムズ・スチュワート主演の「飛べ!フェニックス」("The Flight of the Phoenix",1965年)がリメイクされるようだ。ジョン・ムーアが監督を務める模様。
人気TVシリーズ「ナイトライダー」の映画化が企画されている模様。マイケル・ナイトを演じたデヴィッド・ハッセルホフが製作を進めているようだ。 [☆TVスペシャル版"Super Knight Rider 3000"の企画がベース?]
山田洋次監督「たそがれ清兵衛」のロケが20日、山形県の東田川郡羽黒町でスタートしたようだ。
ブルース・シンガーのボニー・レイットの名前が、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに加わったようだ。
  3/22
映画版第10作「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の主題歌は、ダンス☆マンが担当するようだ。ゲスト声優として出演もするらしい。
コナミの発売するプロ野球12球団公認カードゲーム「フィールド・オブ・ナイン」の一枚として「ミスター・ルーキー」が加わるようだ。井坂聡監督、長嶋一茂主演「ミスター・ルーキー」の劇場プレゼントとして9万枚が用意されるらしい。
田中重雄監督「検事霧島三郎」(1964年)などの映画作品のほか、TVドラマ「ザ・ガードマン」「鬼平犯科帳」などを手がけた、脚本家の安藤日出男さんが20日なくなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「ブラックホーク・ダウン」がまもなく日本公開となるリドリー・スコット監督は、「次は西部劇や海賊物を撮るかもしれない」と語ったようだ。
米ABCの番組制作を手がけるBuena Vista Televisionは、来年秋から放送を予定している新しいスタイルのコメディ番組のホストとして、ジョーン・キューザックと交渉を進めているようだ。
ニュージーランド出身のピーター・ジャクソン監督が、母国で撮影した「ロード・オブ・ザ・リング」が13部門でノミネートされたことから、同国ではアカデミー賞の話題で持ちきりのようだ。
ロン・ハワード監督「アポロ13」("Apollo 13",1995年)のIMAX版製作が決定したようだ。
ヘイデン・クリステンセンは、ロンドンで上演されたケネス・ロナーガン作の舞台「青春・最終章〜僕たちの決算」("This is our Youth") の舞台で、ダスティン・ホフマン、アンナ・パキンらと共演、称賛を受けたようだ。
政府が干渉していると批判を受け難航していたヴェネチア国際映画祭の次期監督選びは、ベルリン国際映画祭を長年手がけてきたスイス出身のモーリッツ・デ・ハデルンの指名で決着したようだ。一時はマーティン・スコセッシやクエンティン・タランティーノの名前も挙がっていたらしい。
英国のブックメーカー"Cantor Index"による「アカデミー賞予想」の賭けでは、「ロード・オブ・ザ・リング」が7部門を獲得するものの「ビューティフル・マインド」が作品賞を獲得する可能性は捨てきれない、という予想になっているようだ。また、主演男優賞はデンゼル・ワシントンが最有力である一方、主演女優賞はニコール・キッドマンとシシー・スペイセクで票が割れているらしい。
「トレーニング・デイ」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされているイーサン・ホークは、「オスカーがこの仕事の全てじゃないし、家族の方がもっと大切」と語ったようだ。 [☆来日した某俳優とはえらい違い!それとも強がり?]
アカデミー賞授賞式で、ある女優が464個のダイヤモンドが散りばめられた100万ドルのサンダルを履いて登場するらしい。誰が履くかは、当日まで秘密とか。 [☆サンダル?]
ロバート・デ・ニーロは、5月に開催する"The Tribeca Film Festival"の記者会見に臨み、「(米国同時多発テロ事件以降)ニューヨークのダウンタウンは徐々に復興しており、この映画祭の開催はそのプロセスの一環だ」と語ったようだ。
映画プロデューサーのジュリアス・ナッソーは、4本の新作を契約に反して降板したとして、スティーヴン・セガールに対し、6000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。セガールは最近、チベット仏教のある分派に傾倒し、「ラマ僧の生まれ変わりのレベルに達するためには、映画会社や子供達との関係を絶たなければならない」と信じているらしい。 [☆大丈夫か、セガール!?]
ロージー・オドネルは、アカデミー賞最優秀短編ドキュメンタリー賞にノミネートされている"Artists and Orphans: A True Drama"の監督やスタッフが、同性愛者を非難する団体に所属していることを事前に知らされなかったとして、同作品から彼女の声と名前を削除するよう求めているようだ。
  3/23
芥川龍之介作といわれる「四畳半襖の下張」や、「有楽町夜景」「赤い帽子の女」の発表当時発禁処分となった3作品を題材にした短編オムニバス映画「発禁本 カストリキネマ」の製作発表が行われたようだ。梶田征則が監督を務め、松田純、川田あつ子、村上あつ子、小島香奈子、森未向らが出演するらしい。
井坂聡監督、長嶋一茂主演「ミスター・ルーキー」の初日を迎えた大阪市北区の「三番街シネマ1」では、観客による六甲おろしの大合唱で幕を開けたようだ。
姫路フィルムコミッションは、大阪芸術大学が学園祭で上映する映画のロケに協力したようだ。
ニュージーランド政府は、ラッセル・クロウやピーター・ジャクソンらアカデミー賞候補者を激励する祝賀パーティを、22日ビバリーヒルズ・ホテルで開催したようだ。
1年前白血病と診断され、現在闘病生活を続けているライアン・オニールが、「ある愛の詩」("Love Story",1970年)で共演したアリ・マッグローとともに、アカデミー賞授賞式でプレゼンターとして登場するようだ。
明治生命の新入社員を対象とした調査によると、理想の上司はビートたけしと岡江久美子が1位に選ばれた一方、星野仙一と加賀まりこが最下位だったようだ。一方、日本家庭教師センター学院の調査によると、理想の家庭教師第1位は菊川怜で、第2位にはやはりビートたけしが選ばれたらしい。 [☆なんか勘違いしてないか、新人諸君!]
ロンドンでハネムーン中のライザ・ミネリが強盗に襲われたらしい。強盗は、車に乗っていた彼女から15,000ドル相当のダイヤモンドのネックレスを奪おうとしたものの、ウィンドウを上げて車を走らせたため無事だったようだ。
今年のアカデミー賞公式ポスターは、なぜか「バットマン」風のデザインになっているようだ。ポスターのコピー"The Gold Knight Returns ..."は、バットマン・シリーズでも人気の一冊"The Dark Knight Returns"(1986年)から採られた模様。 [☆アカデミー賞公式サイトで販売されてます]
コメディ専門の米ケーブルTVネットワークComedy Centralは、同局初のテレビ映画"Porn N' Chicken"を製作する模様。TVシリーズ「ロズウェル★星の恋人たち」("Roswell")のエピソードや、映画"Dinner and Driving"(1997年)を手がけているローレンス・トリリングがメガホンを取るようだ。
East Lansing Film Festivalに出席しているスパイク・リー監督は、「アメリカ社会での黒人文化を映画に反映させるためには、黒人が映画産業において高い地位を確保する必要がある」と語ったようだ。
  3/24
ヴィッキー・チャオは、TVドラマ「天龍八部」の出演依頼を断ったようだ。「今年は映画に集中したい」と言っているらしい。
第17回インデペンデント・スピリット賞(Independent Spirit Awards)表彰式が23日行われ、クリストファー・ノーラン監督「メメント」が、作品賞、監督賞、脚本賞、助演女優賞(キャリー=アン・モス)を獲得したほか、"In The Bedroom"のトム・ウィルキンソンとシシー・スペイセクが主演男優賞および主演女優賞、「ゴースト・ワールド」のスティーヴ・ブシェミが助演男優賞をそれぞれ受賞したようだ。
アカデミー賞授賞式を前に、第22回ゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry Awards)が発表され、トム・グリーン監督・主演のコメディ"Freddy Got Fingered"が最悪作品賞ほか5部門に輝いたようだ。
■最悪作品賞:"Freddy Got Fingered"
■最悪主演男優賞:トム・グリーン("Freddy Got Fingered")
■最悪主演女優賞:マライア・キャリー(「グリッター きらめきの向こうに」)
■最悪助演男優賞:チャールトン・へストン(「キャッツ&ドッグス」「猿の惑星」)
■最悪助演女優賞:エステラ・ウォーレン(「ドリヴン」「猿の惑星」)
■最悪共演賞:トム・グリーンと彼が虐待した動物たち("Freddy Got Fingered")
■最悪リメイク・続編賞:「猿の惑星」
■最悪監督賞:トム・グリーン("Freddy Got Fingered")
■最悪脚本賞:"Freddy Got Fingered"(トム・グリーン他)
[☆チャールトン・へストンがラジー賞に・・・]
  3/25
角川書店とNTTは、ブロードバンド向け映画配信実験「Vi! Click」を今月30日から開始すると発表したようだ。明石知幸監督が手がけた「命日」(山口紗弥加主演)、「セコい誘拐」(益岡徹主演)の2作品が無料で公開される模様。マウス操作に応じて別の映像や情報が表示されるなど、インタラクティブな仕掛けが盛り込まれているらしい。
東京地裁は、アニメーション「宇宙戦艦ヤマト」の著作者は、元プロデューサーの西崎義展であるとし、松本零士の請求を棄却したようだ。
ルワンダ大虐殺を描いた英国人監督による映画"100 Days"が、同国の首都キガリでプレミア上映されたようだ。
第74回アカデミー賞授賞式が開催され、「ビューティフル・マインド」が作品賞、監督賞、助演女優賞、脚色賞の4部門を獲得した一方、13部門でノミネートされていた「ロード・オブ・ザ・リング」は撮影賞ほか4部門の受賞に終わった模様。また。主演男優賞には「トレーニング・デイ」のデンゼル・ワシントン、主演女優賞には「チョコレート」("Monster's Ball")のハル・ベリーと、黒人俳優が揃って選ばれ、主演男優賞は1964年のシドニー・ポワチエ以来2人目、主演女優賞は初受賞の快挙となったようだ。
アカデミー賞授賞式に100万ドルのハイヒールで登場したのは、「マルホランド・ドライブ」のローラ・ハリングで、さらに2700万ドルのダイヤモンド・ネックレスを身につけていたようだ。3人のボディガード付きだったらしい。
DivXNetworksが開発した動画圧縮技術"DivX 5.0"が、ハリウッドの大手映画スタジオでは初めて、ソニー・ピクチャーズの新作"XXX"(ヴィン・ディーゼル主演)の予告篇映像の配信に採用されたようだ。QuickTimeよりも高画質で、かつ圧縮率も高いとか。
DVDの違法コピー業者が、ニューヨーク市警に摘発されたようだ。違法コピー業者の摘発は米国では初めてとか。
森田芳光監督、中居正広主演「模倣犯」に、爆笑問題の太田光と田中裕二が出演するらしい。
第74回アカデミー賞授賞式は、司会のウーピー・ゴールドバーグが「ムーラン・ルージュ」の衣装で登場してスタートした模様。トム・クルーズによる米国同時多発テロ事件後の映画の重要性を訴えるスピーチの後、ニューヨークを舞台にした映画の紹介では、ウディ・アレンが登場したようだ。
■第74回アカデミー賞受賞リスト -1-
◆最優秀作品賞[Best picture]
→「ビューティフル・マインド」
◆最優秀監督賞[Best director]
→ロン・ハワード (「ビューティフル・マインド」)
◆最優秀主演女優賞[Best actress]
→ハル・ベリー ("Monster's Ball")
◆最優秀主演男優賞[Best actor]
→デンゼル・ワシントン (「トレーニング・デイ」)
◆最優秀助演女優賞[Best supporting actress]
→ジェニファー・コネリー (「ビューティフル・マインド」)
◆最優秀助演男優賞[Best supporting actor]
→ジム・ブロードベント ("Iris")
◆最優秀オリジナル脚本賞[Best screenplay (original)]
→ジュリアン・フェロウズ ("Gosford Park")
◆最優秀脚色賞[Best screenplay (adaptation)]
→アキヴァ・ゴールズマン (「ビューティフル・マインド」)
◆編集賞[Film editing]
→ピエトロ・スカリア (「ブラックホーク・ダウン」)
◆撮影賞[Cinematography]
→アンドリュー・レズニー (「ロード・オブ・ザ・リング」)
◆視覚効果賞[Visual effects]
→「ロード・オブ・ザ・リング」
◆美術賞[Art direction]
→「ムーラン・ルージュ」
◆衣装デザイン賞[Costume design]
→「ムーラン・ルージュ」
◆メイクアップ賞[Makeup]
→「ロード・オブ・ザ・リング」
■第74回アカデミー賞受賞リスト -2-
◆音響賞[Sound]
→「ブラックホーク・ダウン」
◆音響効果賞[Sound editing]
→「パール・ハーバー」
◆オリジナル作曲賞[Original score]
→「ロード・オブ・ザ・リング」 ハワード・ショア
◆オリジナル主題歌賞[Original song]
"If I Didn't Have You" (ランディ・ニューマン、「モンスターズ・インク」)
◆最優秀アニメーション賞[Best animated feature film]
→「シュレック」
◆最優秀外国語映画賞[Best foreign language film]
→「ノー・マンズ・ランド」(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
◆最優秀ドキュメンタリー賞[Best documentary feature]
→"Murder on a Sunday Morning"
◆最優秀短編ドキュメンタリー賞[Best documentary short subject]
→"Thoth"
◆最優秀短編アニメーション賞[Best animated short film]
→"For The Birds"
◆最優秀短編映画賞[Best live action short film]
→"The Accountant"
  3/26
東宝は、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」の25日現在の興収が299億円となり、観客動員数は2314万人に達した、と発表したようだ。4月までは上映するらしい。
TV時代劇「鬼平犯科帳」シリーズや、映画「赤線地帯」などの作品を手掛けた、プロデューサーの市川久夫さんが25日亡くなった(87歳)。ご冥福をお祈りいたします。
「少林サッカー」関連グッズの販売で得た利益およそ2200万香港ドルを、監督・主演の周星馳(チャウ・シンチー)が独占しているとして、映画制作に投資した寰宇電影が抗議しているようだ。
史上最も長かったアカデミー賞授賞式の平均視聴率は史上最低だった昨年の26.2%をさらに下回る25.4%だったようだ。ただし、ラスト数分間の視聴者数は昨年を500万人近く上回ったらしい。
まもなく日本公開となる「翼をください」("Lost and Delirious",2001年)のレア・プール監督の新作"Blue Butterfly"の撮影がコスタリカで始まったようだ。モントリオール昆虫館(Insectariumde Montreal)の創設者ジョルジュ・ブロサールと、末期がんの少年とのふれあいを描く実話を基にした作品で、ウィリアム・ハートが主演しているらしい。
「恋する女たち」("Women in Love",1969年)、「ウィークエンド・ラブ」("A Touch of Class",1973年)で2度のアカデミー賞主演女優賞を獲得し、現在は英下院議員のグレンダ・ジャクソン(65歳)が、転倒して骨盤と手首を骨折したようだ。
来日も予定されているエアロスミスは、映画「スパイダーマン」用に新曲をレコーディングしたようだ。
ハル・ベリーのオスカー獲得を受けて、米Lions Gate Entertainmentは「チョコレート」("Monster's Ball")の上映劇場数を550から700に増やしたようだ。
米ABCによる第74回アカデミー賞授賞式のTV放映時間は、史上最長の4時間16分に達し、東海岸地域では、終了が深夜1時を過ぎてしまったようだ。
オリヴァー・ストーン監督は、パレスチナのアラファト議長と会談し、その模様をフィルムに収めたようだ。世界各地の紛争を題材にしたドキュメンタリーを製作しているらしい。 [☆キューバの映画とは別物?]
ダニス・タノヴィッチ監督「ノー・マンズ・ランド」のアカデミー賞外国語映画賞受賞を受け、ボスニア-ヘルツェゴヴィナでは、民族対立が続くクロアチア人とセルビア人も共に祝福を贈ったようだ。
日曜日夜のアカデミー賞の後、大量に残されたごみの山の処理が進まず、ハリウッド大通は月曜日の午前中も通行止めとなっているようだ。
ブリトニー・スピアーズ主演「ノット・ア・ガール」("Crossroads")のプレミアがロンドンで開かれ、ロバート・デ・ニーロ、ケイト・モスらが出席したほか、ブリトニーのファン2000人が会場周辺に集まったようだ。
アカデミー会員のトム・クルーズは、ニコール・キッドマンに投票していたらしい。
"Show Time"でロバート・デ・ニーロと共演したエディ・マーフィは、「デ・ニーロだ!」と内心すっかり舞い上がっていたとか。
共演のケイト・ブランシェット出産のため延期されていた、ダーレン・アロノフスキー監督、ブラッド・ピット主演の新作"The Last Man"の撮影が、9月からオーストラリアのゴールド・コーストでスタートするようだ。
「ビューティフル・マインド」に、演出家の奈良橋陽子の長女リエナ・ノムラ(野村玲奈)が出演しているようだ。 [☆う〜ん、どの人だったか思い出せない]
スタジオジブリの新作「猫の恩返し」(森田宏幸監督)、「ギブリーズ episode2」(百瀬義行監督)の製作発表が行われ、両監督と鈴木俊夫プロデューサー、声で出演する池脇千鶴らが顔をそろえたようだ。
「スパイダーマン」の新しい予告篇がインターネット上で27日から公開されるようだ。
ハリソン・フォードは、キャリスタ・フロックハートと一緒にいられる時間を増やすため、彼女の「アリー・myラブ」への出演時間を減らすよう製作側に要求していたようだ。
特別功労賞を受賞して舞台裏に戻ったシドニー・ポワチエに、カナダの黒人TVレポーターが興奮、彼のオスカー像を掴んでマイクにこう叫んだらしい。「母さん、父さん、やったよ。アカデミー賞授賞式に立ち会って、しかもシドニー・ポワチエと一緒なんだ!」
16回目のノミネートで初めてアカデミー賞オリジナル主題歌賞を手にしたランディ・ニューマンは、「このステージに上がって、美しい女性から賞を受け取って・・・天国に行ったことはないが、今一番近い所にいると思う」と語り、オスカー像とプレゼンターのジェニファー・ロペスにのぼせていたようだ。
主演男優賞にノミネートされていたウィル・スミスは、娘が高熱を出しているとの連絡を受けたため、妻のジェイダ・ピンケット・スミスとともにアカデミー賞を途中で退席していたようだ。
  3/27
シャープ、パイオニアなど7社は、CATVネットワークを使った映画・音楽ソフトの配信サービスを、米国でスタートさせるようだ。
ブレッド・ラトナー監督が実写映画化も企画している、米人気アニメシリーズ「サムライ・ジャック」("Samurai Jack",2001年)が、スカイパーフェクTVで来月から放送されるようだ。菅原文太、宇梶剛士らが声優を務めるらしい。
サンドラ・ブロックらが製作総指揮を務める米ABCの新しいコメディー番組"George Lopez"の放映がスタートしたようだ。
ジャン=リュック・ゴダールらの抗議活動で中止となった、1968年の第21回カンヌ映画祭で上映される予定だった、アラン・レネ監督の"Je t'aime, je t'aime"が、今年5月の第55回カンヌ映画祭でニュープリント上映されることになったようだ。合わせて、レネ監督に特別賞が贈られるらしい。
米Artisan Entertainmentは、米エンロン社の元副社長で、同社の財務問題を露呈させたシャーロン・ワトキンスの著書"Power Failure"と、彼女の伝記の映画化権を獲得したようだ。
「エース・ベンチュラ」「ライアーライアー」のトム・シャドヤック監督は、新作"Bruce Almighty"で再びジム・キャリーと組むようだ。スティーヴ・オーデカークも脚本で参加するらしい。
米Touchstone Picturesは、野球選手が主人公の新作"Mr. 3000"を製作するようだ。主演にはジョン・トラヴォルタ、監督はカリー・クオーリと交渉中の模様。3000本安打を記録して引退した選手が、7年後に再びルーキーとして復帰する、という話らしい。
TV番組で生まれた架空のラッパー"Ali G"を主人公にしたコメディ"Ali G Indahouse"が英国で公開され、週末興収トップとなったようだ。
英国で公開された"Ali G Indahouse"のポスターが、女性に性的な不快感を与えているとして、広告監視団体は興行主に撤去を勧告したようだ。
スティーヴン・スピルバーグ監督は「E.T.の主人公エリオットは、僕がなりたいと思っていた少年そのものだ」と語ったようだ。
ビリー・ボブ・ソーントンは、彼のデビューアルバム"Private Radio"の発売に合わせて、全米8都市をまわるロカビリー・ツアーを5月からスタートする、と発表したようだ。
英国の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルは、バルカン諸国の子供達に「ハリー・ポッター」を使って英語教育を行う計画を明らかにしたようだ。
ロック・バンド「クイーン」が楽曲を手がけるミュージカル"We Will Rock You"が、5月からロンドンで上演される模様。ロバート・デ・ニーロと彼のTribeca Productionsが製作を支援しているようだ。日本での公演も予定されているらしい。
ロビン・ハーディ監督「ウィッカーマン」("The Wicker Man",1973年)がリメイクされる模様。ニコラス・ケイジが主演するようだ。
ヒュー・グラントの新作は、リチャード・カーティスの監督デビュー作"Love Actually"になる模様。恋に落ちる英国首相を演じるらしい。
アカデミー賞授賞式前の22日に行われたパーティでも、ラッセル・クロウは、写真を捕ったカメラマンに殴りかかろうとしたようだ。
ハル・ベリーは、以前の夫との離婚後うつ病になり、自殺未遂をおこした、と告白したようだ。
エッセイスト海老名香葉子の著著「半分のさつまいも」が、「KAYOKO」のタイトルでアニメ映画化されるようだ。来年2月に完成予定で、アフガニスタンの難民や孤児のために現地で上映会を開くことも計画しているらしい。
日本の幕末を舞台にした、エドワード・ズウィック監督、トム・クルーズ主演の新作"The Last Samurai"は、日本で製作されるようだ。主要キャストに10人程度の日本人俳優が起用される模様で、この秋から撮影開始とか。
ZZトップ」のダスティ・ヒルが、10年来の恋人、女優のシャーリーン・マクローリーと結婚したようだ。
「オー・ブラザー!」サントラの大ヒットを受けて、その原点とも言える、1972年にリリースされたニッティ・グリッティ・ダート・バンド("Nitty Gritty Dirt Band"、1976年に"Dirt Band"に改名)のアルバム"Will The Circle Be Unbroken"が再リリースされるようだ。
米ABCは、「女王陛下の007」を除く007シリーズを年代順に放映する"Bond Picture Show"を、今年1月26日よりスタートさせていたものの、視聴率が伸びず打ち切りを決めたようだ。
  3/28
「ミスター・ルーキー」を上映中の関西の9つの劇場では、30日から来月18日まで、阪神が勝った翌日の初回入場料を割り引く「阪神勝ったら仙(1000)円デー」をスタートさせるようだ。本当は"仙一"(1001)円にしたかったらしい。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を見た浜崎あゆみのコメントが夕刊紙に掲載されたことがきっかけで、上映中のシネマライズ(渋谷)に女子高生が詰めかけているらしい。
中国広東省順徳市が100万元を投じたブルース・リー記念館が、26日オープンしたようだ。
少林寺の僧侶ら25人がその技を披露する舞台"Shaolin - Wheel of Life"が、香港で28日からスタートするようだ。2年半前にロンドンで初演されて以来、欧州各国や米国で好評を博し、今後はオーストラリアや日本での上演も予定されているとか。
ジュリア・ロバーツの元夫で、カントリー・シンガーのライル・ラヴェットが、叔父の農場で牛に踏まれ、足を骨折したらしい。
シドニー・ポワチエ監督・主演の1974年公開のコメディ"Uptown Saturday Night"のリメイクを、ウィル・スミスが企画しているようだ。
英国の人気TVドラマ「モース警部」("Inspector Morse")シリーズで使われたジャガー・マークIIが、ロンドンでオークションにかけられるようだ。売値は11万4000ドル程度になる模様。
「ビューティフル・マインド」への中傷合戦を回避するため、米ユニバーサル・スタジオは、破綻した企業への助言や危機管理を行っているコンサルタント会社Sitrick and Co.に対応を依頼していたようだ。
オペラ版「ソフィーの選択」("Sophie's Choice")が、ロンドンのロイヤル・オペラハウスで上演されることになったようだ。
「ゴジラの肉」に続く特食シリーズ第2弾「ガメラの肉」が発売されるようだ。
グウィネス・パルトロウは「男性に支配されているハリウッドには住みたくない」と言っているようだ。
ジェイムズ・フォーリー監督の新作サスペンス"Confidence"で、エドワード・バーンズとダスティン・ホフマンの共演が決定したようだ。
ジョン・メイバリー監督は、シェイクスピアを主人公にした"Marlowe"を手がけるようだ。ジュード・ロウがシェイクスピアを演じ、レイチェル・ワイズが共演する模様。
ウディ・アレンは、米国同時多発テロ事件後のニューヨークについて、「それを現実として受け止め、描く必要がある」と語ったようだ。「ここ2週間ぐらいシャワーを浴びながらアイデアを練っていたんだけど、そのうち背中にお湯を浴びてないと何もできなくなってパニックになったよ」と続けたとか。
「テン」("10",1979年)、「ミスター・アーサー」("Arthur",1981年)などの作品で知られ、進行性核上性麻痺という難病を患っていた、俳優のダドリー・ムーアさんが27日亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。
  3/29
「スパイダー」プロモーションのためモーガン・フリーマンが来日した模様。記者会見で真中瞳から花束を受け取ったようだ。
ヒュー・グラントは、数々の映画のヒットで有名になったおかげで女性を誘惑するスリルが味わえなくなった、と嘆いているようだ。
ピーター・ジャクソン監督が語ったところによると、ジョン・レノンは「指輪物語」の映画化を検討していたらしい。当時映画化権を持っていた原作者のJ・R・R・トールキンが気に入らず、実現しなかったようだ。
28日に行われるシアトル・マリナーズのファン感謝試合に、ケヴィン・コスナーが登場するらしい。コスナーは、相手チームの1Aのサンバナディーノの選手として出場、イチローとの"共演"が実現するようだ。
「麗しのサブリナ」("Sabrina",1954年)、「お熱いのがお好き」("Some Like It Hot",1959年)、「アパートの鍵貸します」("The Apartment",1960年)などの数々の名作で知られる、映画監督のビリー・ワイルダーさんが27日亡くなった(95歳)。ご冥福をお祈りいたします。
ジャッキー・グリーソンが主演したTVドラマシリーズ"The Honeymooners"(1955-1956年)の映画化を、米パラマウント映画が企画しているようだ。
「ブレイド3」の可能性について質問されたウェズリー・スナイプスは、「X-Menやスパイダーマンの映画にちょっと登場する、っていうのはいいアイデアだろ?」と答えたらしい。
ウォーレン・ベイティは、まもなく撮影開始予定のクエンティン・タランティーノ監督"Kill Bill"を降板した模様。デヴィッド・キャラダインが代役を務めるようだ。ベイティが「デヴィッド・キャラダインの方がいい」と提案したようだ。タランティーノは、ベイティ主演で別の映画を製作したいといっているらしい。
  3/30
会津若松市は映画・テレビのロケなどを誘致する「フィルムコミッション推進事業」を2002年度からスタートさせるようだ。
新作「ニューヨークの恋人」("Kate & Leopold")プロモーションのため、ヒュー・ジャックマンが来日したようだ。
日本相撲協会のCM解禁にあわせ、大関栃東はDVDディスクのCMに出演するようだ。 [☆相撲とDVDの関係とは?]
スーパースター・ラジニカーント主演の新作"BABA"の製作が進行中らしい。日本人女優出演の噂もあるとか。
  3/31
中江有里が結婚したようだ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、開業1周年を迎え、入場者数は当初の見込みの800万人を大幅に超える、1100万人に達したようだ。
1950年代からコメディアンとして活躍したほか、"Bootsie and Snudge"(1960-63年)などのTVコメディ・シリーズの脚本を手がけた、バリー・トゥックさんが亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。
まもなく日本公開となる「友へ チング」に主演したユ・オソンは、昨年「ホタル」のプロモーションで韓国を訪れた高倉健と会談していたようだ。ユは「夢をはぐくめ」「自分を愛せ」「いい出会いをつくれ」の3か条を伝授されたとか。
米人気TVシリーズ「ハニーにおまかせ」("Honey West",1965-66年)の映画化が企画されている模様。リース・ウィザースプーンが主演するようだ。
新しいアイマックス・シアターは、品川プリンスホテル内にできるようだ。来月25日、10スクリーンのシネコンと共にオープンするらしい。 [☆これで一安心]