■公開中

パッドマン 5億人の女性を救った男PADMAN

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。
☆☆☆☆☆

カメラを止めるな!ONE CUT OF THE DEAD

噛めば噛むほど脳内に旨味が滲み出るこんな作品は、本当に久しぶり。
☆☆☆☆☆

■2018年

2001年宇宙の旅2001: A SPACE ODYSSEY

ディスカバリー号は精子、木星は卵子、太陽系は子宮、宇宙は母、そして生まれたのがスターチャイルド、という解釈が好き。難解とも言われるが、意外とシンプルな作品だと思う。
☆☆☆☆☆

太陽の塔TOWER OF THE SUN

臭いものにすぐ蓋をしたがる日本人に彼が突きつけた、相当にきな臭いあの塔が、今なおあそこに立ち続けているのは実に痛快。
☆☆☆☆☆

愛と法OF LOVE & LAW

冗談抜きで続編を撮った方がいいかもしれない。いや、ぜひ撮るべき。
☆☆☆☆★

プーと大人になった僕CHRISTOPHER ROBIN

実写化という大きな冒険に、意義はあったと思う。「何もしない」こともまた大切だけど。
☆☆☆☆★

ウインド・リバーWIND RIVER

某スーパーヒーロー映画で共演する2人の起用に疑問もあったが、全くの杞憂であった。J・レナーには惚れ直した。
☆☆☆☆★

ラ・チャナLA CHANA

サルバドール・ダリが公演に連れてくるチーターが怖くて嫌だったと彼女は語るが、その時怯えていたのはチーターの方だったに違いない。
☆☆☆☆★

わがチーム、墜落事故からの復活NOSSA CHAPE

極めて貴重で興味深いドキュメンタリー。相変わらずサッカーに興味は無いが・・・。
☆☆☆☆★

ブリグズビー・ベアBRIGSBY BEAR

やや子供じみてはいるが、時々無性に欲しくなるその甘美さが、この作品にはある。
☆☆☆☆★

それからTHE DAY AFTER

男女の悲喜劇を、盛り上げつつ水を差してくる音楽がまた、何とも可笑しくて不気味。
☆☆☆☆★

万引き家族SHOPLIFTERS

小さな作品。出来れば(世間が騒ぎ出す前に)ひっそりと観たかった。
☆☆☆☆★

29歳問題29+1

原作の舞台版ではキーレン・パン監督が2役を演じていたと(エンドクレジットで)知って、いろいろと腑に落ちた。
☆☆☆☆★

私はあなたのニグロではないI AM NOT YOUR NEGRO

S・L・ジャクソンのナレーションも素晴らしい。ボールドウィンの言葉の一つひとつが、深く沁みる。
☆☆☆☆★

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーAVENGERS: INFINITY WAR

このモヤモヤを抱えたまま1年も待たなければならないのは辛すぎる。
☆☆☆☆★

君の名前で僕を呼んでCALL ME BY YOUR NAME

本作はビル・パクストン(Bill Paxton,1955-2017)に捧げられている。彼がイタリアの撮影現場を訪れた際、グァダニーノ監督と友人になったのだとか。
☆☆☆☆★

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書THE POST

ジャーナリズム精神が失われ、政治屋が野放し状態の我が国には、馬の耳に念仏か。
☆☆☆☆★

修道士は沈黙するTHE CONFESSIONS / LE CONFESSIONI

万有引力の法則はシンプルでエレガントな公式で世界を表現するが、醜い人間社会を表す数式は複雑怪奇で・・・実は無意味。そんな風刺コメディを仕込んだ社会派ミステリー。
☆☆☆☆★

リメンバー・ミーCOCO

同時上映「アナと雪の女王/家族の思い出」("Olaf's Frozen Adventure",2017年)は、20分超と長いワリに内容が薄く、楽曲もイマイチ。
☆☆☆☆★

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスMAUDIE

実際に彼らが結婚したのは、モードがエベレットの家を初めて訪ねてから数週間後だったという。
☆☆☆☆★

ぼくの名前はズッキーニMY LIFE AS A ZUCCHINI / MA VIE DE COURGETTE

シンプルな語り口の中に、現実の厳しさと、それでも常にある未来への希望を描いた、今を生きる子どもたちに向けた作品。
☆☆☆☆★

デトロイトDETROIT

ちなみに、The Dramaticsのメンバーはその後、映画「ファンキー・モンキー・ベイビー 」("Darktown Strutters",1975年)にカメオ出演している。
☆☆☆☆★

スリー・ビルボードTHREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI

F・マクドーマンド演じる主人公は、M・マクドナーが彼女に当て書きした、と聞いて納得。でも、僕にとって本作の主演はS・ロックウェル。
☆☆☆☆★

パディントン2PADDINGTON 2

落ち目の俳優を演じるH・グラントは水を得た魚のよう(!?)。エンド・クレジットでのあのシーンはフルスクリーンで観たかった。
☆☆☆☆★

■2017年

ダンシング・ベートーヴェンDANCING BEETHOVEN

モーリス・ベジャール・バレエ団との共同制作による「第九交響曲」は、東京バレエ団創立50周年記念シリーズとして、2014年11月にNHKホールで上演された。
☆☆☆☆★

スター・ウォーズ/最後のジェダイSTAR WARS: EPISODE VIII - THE LAST JEDI

レイこそが、スカイウォーカー一族の呪いから銀河を解放する存在なのか?それとも・・・。
☆☆☆☆★

KUBO/クボ 二本の弦の秘密KUBO AND THE TWO STRINGS

アニメーションの素晴らしさへの感激も、最初の数シーンだけ。いつの間にかアニメーションであることさえ忘れ、気がつくと物語に心を奪われていた。
☆☆☆☆★

不都合な真実2 放置された地球AN INCONVENIENT SEQUEL: TRUTH TO POWER

観客が少ないことが悲しい。予想はしていたが、ここまで関心が薄れているとは・・・。
☆☆☆☆★

人生はシネマティック!THEIR FINEST

人生の一時間半を捧げて無駄になる映画などありはしない(少なくとも、ビル・ナイがキャストに名を連ねているならば)。
☆☆☆☆★

ブレードランナー2049BLADE RUNNER 2049

全編を包むのはヴァンゲリスと似て非なる音楽。その僅かな空隙をシナトラとプレスリーで埋める離れ業に唸る。
☆☆☆☆☆

スイス・アーミー・マンSWISS ARMY MAN

ダニエル・ラドクリフ史上最高傑作(当者比)。
☆☆☆☆☆

オン・ザ・ミルキー・ロードON THE MILKY ROAD

前作から少し間が開いたが、監督次回作の噂は続々と。ドストエフスキーの小説を中国で映画化? プリーモ・レーヴィ作「今でなければいつ」に基づく作品?などなど・・・。
☆☆☆☆★

ダンケルクDUNKIRK

ハンス・ジマーによる音楽は今回も素晴らしいのだけれど、ほぼ鳴りっぱなしで耳障りなだけだった。
☆☆☆☆★

ザ・ウォールTHE WALL

エンドクレジットの曲("Wall Song"?)が気になるけど詳細分からず・・・。
☆☆☆☆★

ワンダーウーマンWONDER WOMAN

彼女が、今や崩壊寸前(?)のDC Extended Universeを再結束させる女神となるのか・・・
☆☆☆☆★

ギフト 僕がきみに残せるものGLEASON

妻ミシェルが近況などを語った約2分間のインタビュー映像が、本編終了後に上映される。彼女が元気そうなことも救い。
☆☆☆☆★

ありがとう、トニ・エルドマンTONI ERDMANN

父娘の愛は、近付くほど遠く、遠ざかるほど近く・・・。
☆☆☆☆★

RADIANCE

そして、映画はその光で物語る。
☆☆☆☆★

メッセージARRIVAL

この飛行体の印象的なデザインのモデルは小惑星15 Eunomia(残念ながら日本の某米菓ではなく)。
☆☆☆☆★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスGUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2

ちなみに、頭にアンテナのついたようなエイリアンの外見は「ヤボ」と言っていた前作の特殊メイクデザイナーは、本作には参加していない。
☆☆☆☆★

マンチェスター・バイ・ザ・シーMANCHESTER BY THE SEA

K・アフレックの演技は素晴らしいの一言に尽きる。
☆☆☆☆☆

3月のライオン 後編MARCH COMES IN LIKE A LION: PART 2

これで完結、ではなく、いよいよ零の物語が始まる・・・。そんな凛として爽やかなラストシーンが心地良い。
☆☆☆☆★

ゴースト・イン・ザ・シェルGHOST IN THE SHELL

不安もあったが、これを見せられてしまうと、少佐を演じられるのはS・ヨハンソンしかいないと断言せざるをえない。
☆☆☆☆★

はじまりへの旅CAPTAIN FANTASTIC

少なくとも、V・モーテンセンと6人の子役たちのアンサンブルは理想に限りなく近い。
☆☆☆☆★

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命JACKIE

N・ポートマンは、女優として一つの境地に達しているのではなかろうか。その様を目撃するだけでも観る価値のある作品。
☆☆☆☆★

モアナと伝説の海MOANA

ディズニー隠れキャラに混じって何故かゴ○ラの姿も・・・。
☆☆☆☆★

ヨーヨー・マと旅するシルクロードTHE MUSIC OF STRANGERS

ロックの起源は中国にあると豪語する影絵楽団(?)も気になる。
☆☆☆☆★

ラ・ラ・ランドLA LA LAND

もっと夢をみていたいのに劇場の席を立たなければならない、この切ない感覚を味わったのは何年ぶりだろう・・・。
☆☆☆☆☆

海は燃えている イタリア最南端の小さな島FIRE AT SEA / FUOCOAMMARE

本作で描かれているイタリア海軍による難民救出作戦は、資金難などを理由に2014年10月に打ち切られた。
☆☆☆☆★

沈黙-サイレンス-SILENCE

所作や声のトーンに滲ませるコミカルさで、日本人の徳と毒を示したイッセー尾形の演技は特に印象的だった。
☆☆☆☆★

MERU/メルーMERU

その肉体と精神の強靭さは驚異的だが、3人は決して超人ではない。人間というちっぽけな存在にも無限の可能性が秘められていることを、彼らは教えてえくれる。
☆☆☆☆☆

■2016年

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーROGUE ONE: A STAR WARS STORY

スカイウォーカー一族が(ほぼ)関わらなため外伝扱いだが、エピソード3.9と呼んでいい内容と迫力。いずれ正史に組み込まれるかもしれない。
☆☆☆☆★

こころに剣士をTHE FENCER / MIEKKAILIJA

ちなみに、エンデル・ネリスが実際に教えたのは(小学生ではなく)中学生だったらしい。