■公開中

37セカンズ37 SECONDS

佳山明という女優とHIKARIという才能との出会いから生まれた珠玉。
☆☆☆☆★

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密KNIVES OUT

皮肉と風刺が込められた幕切れがまた、見事。
☆☆☆☆★

テリー・ギリアムのドン・キホーテTHE MAN WHO KILLED DON QUIXOTE

25年以上に及ぶ紆余曲折の末の大団円。まずは、めでたい。
☆☆☆☆★

パラサイト 半地下の家族PARASITE

影の主人公とも言える豪邸の見事なデザインもまた、本作の完成度の高さを示している。
☆☆☆☆★

この世界の(さらにいくつもの)片隅にIN THIS CORNER OF THE WORLD

168分という長尺になったが、世界の片隅たちを物語るには、まだ足らない。
☆☆☆☆☆

■2019年

ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!HEAVY TRIP / HEVI REISSU

Impaled Rektumのオリジナル曲が1曲だけなのが、唯一残念なところ。まずはアルバムリリースを!?
☆☆☆☆☆

ブレッドウィナーTHE BREADWINNER

2人の少女が約束をした20年後は、もう間もなく。私たちは、彼女たちの海辺での再会の物語を紡ぐことが出来ているだろうか?
☆☆☆☆★

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!SHAUN THE SHEEP MOVIE: FARMAGEDDON

「ひつじのショーン」の世界とは対照的とも言える映画ならではのスケールの大きさだが、その魅力は何一つ薄まっていない。
☆☆☆☆★

幸福路のチーON HAPPINESS ROAD / 幸福路上

名前さえ知らなかった場所なのに、この温もりは何だか懐かしい。
☆☆☆☆★

最初の晩餐THE FIRST SUPPER

供される料理のように、彼らも"普通"とは少し違う。でもそれは、目玉焼きであり、餃子であり、家族なのだ。
☆☆☆☆★

蜜蜂と遠雷BEES AND DISTANT THUNDER

決してファンタジーではないが、これはフィクションだからこそ描ける世界。ドキュメンタリー作品も手掛けているという監督の力量は確か。
☆☆☆☆★

ジョーカーJOKER

「ジョーカー」というより、俳優としての限界を知らないホアキンが怖い。
☆☆☆☆★

宮本から君へFROM MIYAMOTO TO YOU

令和時代の片隅で嗅ぐ、芳しき昭和の"異臭"。
☆☆☆☆★

フリーソロFREE SOLO

撮影する側にとっても究極の挑戦。当の本人よりも恐れ怯えている彼らの姿もまた、オノルドの凄さを物語っている。
☆☆☆☆★

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドONCE UPON A TIME... IN HOLLYWOOD

M・ロビー演じるシャロン・テイトが、「サイレンサー/破壊部隊」("The Wrecking Crew",1968年)に映る本物のシャロン・テイトを観て歓ぶ図の、得も言われぬ心憎さ。
☆☆☆☆★

ディリリとパリの時間旅行DILILI A PARIS

ベル・エポック=美しき時代。だが、どんな時代にも醜さが潜み、それは今につながっている。
☆☆☆☆★

アポロ11 完全版APOLLO 11

個人的には音楽も不要だと思う。ただ、使われている電子音楽は1969年当時にあった機材で演奏されているというから、拘りも徹底している。
☆☆☆☆☆

存在のない子供たちCAPERNAUM / CAPHARNAUM

ラストで見せる少年の表情が、心に焼き付いて消えない。
☆☆☆☆★

トイ・ストーリー4TOY STORY 4

オープニングだけでなく、最後のPIXARロゴにもアレンジが加えられているのでお見逃しなく。
☆☆☆☆☆

新聞記者THE JOURNALIST

こういう硬派なエンタメがもっと欲しい、という日本映画界への激励と懇願を込めて。
☆☆☆☆★

マルリナの明日MARLINA THE MURDERER IN FOUR ACTS / MARLINA SI PEMBUNUH DALAM EMPAT BABAK

既製の様式やジャンルを取り込みながらも、映画の新たな境地に到達しようとしている。
☆☆☆☆★

RBG 最強の85才RBG

検索してみると、Tシャツからフィギュアまで様々な"RBG"グッズが。本作に登場するフィットネストレーナーも"The RBG Workout"なる本を出版していた。
☆☆☆☆★

アベンジャーズ/エンドゲームAVENGERS: ENDGAME

キャストのリストだけでもすでにネタバレかも・・・。
☆☆☆☆★

アレッポ 最後の男たちLAST MEN IN ALEPPO / DE SIDSTE MAND I ALEPPO

2013-2016年に撮影されたという映像は現在のアレッポとは違うかもしれないが、世界の今を知るために観るべき作品。
☆☆☆☆★

セメントの記憶TASTE OF CEMENT

その映像に目を奪われがちだが、サウンドデザインの素晴らしさも本作の特筆すべき点。
☆☆☆☆★

岬の兄妹SIBLINGS OF THE CAPE

ある種グロテスクな兄妹の姿を晒すことで、理想には程遠い現代社会の実像に我々の目を向けさせるリアリズム。監督デビュー作ならではの荒削りな感触は、実は計算ずくか。
☆☆☆☆★

ビール・ストリートの恋人たちIF BEALE STREET COULD TALK

思わず口をしかめるほどの物語の苦さが、音楽や映像と共に柔らかくそれを包み込むロマンスの甘さを引き立て、同時に、引き締めている。
☆☆☆☆★

メリー・ポピンズ リターンズMARY POPPINS RETURNS

93歳のアンジェラ・ランズベリーは歌声も健在。同じく93歳のディック・ヴァン・ダイクに至っては老けメイクが必要だったとか。
☆☆☆☆★

■2018年

パッドマン 5億人の女性を救った男PADMAN

コミカルでドラマチックな展開にインド映画ならではのミュージカル・シーンも用意しつつ、シリアスな社会的テーマを巧みに織り込んだ秀作。
☆☆☆☆★

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。
☆☆☆☆☆

2001年宇宙の旅2001: A SPACE ODYSSEY

ディスカバリー号は精子、木星は卵子、太陽系は子宮、宇宙は母、そして生まれたのがスターチャイルド、という解釈が好き。難解とも言われるが、意外とシンプルな作品だと思う。
☆☆☆☆☆

太陽の塔TOWER OF THE SUN

臭いものにすぐ蓋をしたがる日本人に彼が突きつけた、相当にきな臭いあの塔が、今なおあそこに立ち続けているのは実に痛快。
☆☆☆☆☆

愛と法OF LOVE & LAW

冗談抜きで続編を撮った方がいいかもしれない。いや、ぜひ撮るべき。
☆☆☆☆★

プーと大人になった僕CHRISTOPHER ROBIN

実写化という大きな冒険に、意義はあったと思う。「何もしない」こともまた大切だけど。
☆☆☆☆★

カメラを止めるな!ONE CUT OF THE DEAD

噛めば噛むほど脳内に旨味が滲み出るこんな作品は、本当に久しぶり。
☆☆☆☆☆

ウインド・リバーWIND RIVER

某スーパーヒーロー映画で共演する2人の起用に疑問もあったが、全くの杞憂であった。J・レナーには惚れ直した。
☆☆☆☆★

ラ・チャナLA CHANA

サルバドール・ダリが公演に連れてくるチーターが怖くて嫌だったと彼女は語るが、その時怯えていたのはチーターの方だったに違いない。
☆☆☆☆★

わがチーム、墜落事故からの復活NOSSA CHAPE

極めて貴重で興味深いドキュメンタリー。相変わらずサッカーに興味は無いが・・・。
☆☆☆☆★

ブリグズビー・ベアBRIGSBY BEAR

やや子供じみてはいるが、時々無性に欲しくなるその甘美さが、この作品にはある。
☆☆☆☆★

それからTHE DAY AFTER

男女の悲喜劇を、盛り上げつつ水を差してくる音楽がまた、何とも可笑しくて不気味。
☆☆☆☆★

万引き家族SHOPLIFTERS

小さな作品。出来れば(世間が騒ぎ出す前に)ひっそりと観たかった。
☆☆☆☆★

29歳問題29+1

原作の舞台版ではキーレン・パン監督が2役を演じていたと(エンドクレジットで)知って、いろいろと腑に落ちた。
☆☆☆☆★

私はあなたのニグロではないI AM NOT YOUR NEGRO

S・L・ジャクソンのナレーションも素晴らしい。ボールドウィンの言葉の一つひとつが、深く沁みる。
☆☆☆☆★

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーAVENGERS: INFINITY WAR

このモヤモヤを抱えたまま1年も待たなければならないのは辛すぎる。
☆☆☆☆★

君の名前で僕を呼んでCALL ME BY YOUR NAME

本作はビル・パクストン(Bill Paxton,1955-2017)に捧げられている。彼がイタリアの撮影現場を訪れた際、グァダニーノ監督と友人になったのだとか。
☆☆☆☆★

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書THE POST

ジャーナリズム精神が失われ、政治屋が野放し状態の我が国には、馬の耳に念仏か。
☆☆☆☆★

修道士は沈黙するTHE CONFESSIONS / LE CONFESSIONI

万有引力の法則はシンプルでエレガントな公式で世界を表現するが、醜い人間社会を表す数式は複雑怪奇で・・・実は無意味。そんな風刺コメディを仕込んだ社会派ミステリー。
☆☆☆☆★

リメンバー・ミーCOCO

同時上映「アナと雪の女王/家族の思い出」("Olaf's Frozen Adventure",2017年)は、20分超と長いワリに内容が薄く、楽曲もイマイチ。
☆☆☆☆★

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスMAUDIE

実際に彼らが結婚したのは、モードがエベレットの家を初めて訪ねてから数週間後だったという。
☆☆☆☆★

ぼくの名前はズッキーニMY LIFE AS A ZUCCHINI / MA VIE DE COURGETTE

シンプルな語り口の中に、現実の厳しさと、それでも常にある未来への希望を描いた、今を生きる子どもたちに向けた作品。