シネマトピックス(2000年1月〜3月)
[ 1999 | 2000 (01-03/04-06/07-09/10-12) | 2001 | LastTopics ]
  1月
北野武監督が新作「BROTHER」撮影のため、2日渡米した模様。10日にクランクインし、2月中旬には撮影終了の予定。(3日)
公開が遅れている「週間バビロン」の山城新伍が次回監督作「本日もまた、晴天なり」の製作を発表した模様。実の父をモデルにした物語らしい。(4日)
「シックス・センス」で天才子役ぶりを発揮したハーレイ・ジョエル・オスメントの次回作は、ミミ・レダー監督の"Pay It Forward"になりそう。ケヴィン・スペイシーと競演し、2月にクランクインの予定。(4日)
3/26に行われる今年のアカデミー賞授賞式は、いつもと少し違うらしい。(4日)
米国放送映画批評家協会は1990年代の最優秀映画を発表、1位、2位を「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」のスピルバーグ作品が独占、3位以降に「L.A.コンフィデンシャル」「フォレスト・ガンプ」「グッドフェローズ」「ファーゴ」「羊たちの沈黙」「ショーシャンクの空に」「パルプ・フィクション」「許されざる者」の各作品が選ばれた模様。(5日)
キネマ旬報が去年の邦画、洋画のベストテンを発表した模様。
【邦画】
 1.「あ、春」
 2.「金融腐触列島【呪縛】」
 3.「39 刑法第三十九条」
 4.「鉄道員(ぽっぽや)」
 5.「M/OTHER」
 6.「のど自慢」
 7.「菊次郎の夏」
 8.「大阪物語」
 9.「どこまでもいこう」
 10.「コキーユ/貝殻」
【洋画】
 1.「恋におちたシェイクスピア」
 2.「シン・レッド・ライン」
 3.「運動靴と赤い金魚」
 4.「永遠と一日」
 5.「エリザベス」
 6.「マトリックス」
 7.「黒猫・白猫」
 8.「アイズ・ワイド・シャット」
 9.「ライフ・イズ・ビューティフル」
 10.「シックス・センス」
(6日) - 邦画はほとんどチェックしてないぞ(汗)
レーサーとしても知られるポール・ニューマンが練習中に左胸上部を打撲したらしい。(9日) - 74歳、まだまだ若い!?
全米大ヒット中の「トイ・ストーリー2」は8週連続トップ10を記録し、ディズニー作品としては北米興行収入で「アラジン」の記録を抜き「ライオン・キング」と「シックス・センス」に次ぐ3位につけたようだ。(11日) - このペースなら「シックス・センス」の記録を越えることは間違いない!?
日本でも大ヒット中のディズニーアニメ「ファンタジア2000」は、米国でもチケットの売り切れが続出するなど、人気を呼んでいるようだ。(11日)
米ゴールデン・サテライト賞に「ヒマラヤ杉に降る雪」が5部門でノミネートされ、工藤夕貴が主演女優賞候補にあがったようだ。(11日)
23日に発表されるゴールデン・グローブ賞は、6部門にノミネートされている「アメリカン・ビューティ」がやはり本命視されているようだ。(11日)
米メディア大手の TIME WARNER と 世界最大のインターネット接続会社 AOL が合併を発表した模様。(11日) - 「ユー・ガット・メール」がきっかけ?
昨年11月にお伝えしたマイケル・ベイ監督による真珠湾攻撃の映画は、タイトルが"Pearl Harber"に決まった模様。150億ドルをかけ、この春から撮影が開始されるようだ。(12日) - やっぱり「トラ・トラ・トラ」?
ディズニー・スタジオの会長ジョー・ロスが退社し、あたらな映画製作会社を設立すると発表したようだ。(13日)
ナンニ・モレッティ監督は、前作「エイプリル」に続き、新作"My Son's Room"でも実の息子を出演させるらしい。(13日) - ホームビデオ感覚?
「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラ監督次回作は、南北戦争を舞台にしたベストセラー小説"Cold Mountain"になりそう。ケイト・ブランシェットの出演が決まったようだ。(13日)
フランク・シナトラが主演した「オーシャンと11人の仲間」のリメイクが、今回はジョージ・クルーニー主演で作られるらしい。監督は「アウト・オブ・サイト」のスティーヴン・ソダーバーグで今秋から撮影開始の模様。(13日)
マイケル・ダグラスと秋に結婚することが決まっている女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズが、ケヴィン・コスナー主演の「ビヨンド・ボーダーズ」を降板したようだ。「ケヴィンと彼女がデキてしまっては困る」と、ダグラスが気にしているらしい。かわりにジュリア・ロバーツへの出演交渉を進めているとか。(16日)
「野生のエルザ」など50以上の作品を手掛けた米映画プロデューサーのサム・ジェフさんが亡くなった(98歳)。ご冥福をお祈りいたします。(16日)
「白雪姫」「ピーターパン」など数多くのディズニー・アニメを手掛けたアニメーターのマーク・デイヴィスさんが亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(16日)
大統領選出馬が噂されていたウォーレン・ベイティだったが、資金集めが難航しあきらめたようだ。(17日)
木村拓哉主演のウォン・カーウァイ監督作品「2046」が、今年のカンヌ映画祭で上映されるらしい。(17日)
100以上の映画に出演している大女優ジャンヌ・モローに、今年のベルリン国際映画祭で功労賞が贈られることが決まったようだ。(17日)
米大手映画会社8社が、DVD-Video用のコピー防止技術「CSS」を回避するソフトをウェブサイトで公開していた4人を、連邦地方裁判所に提訴した模様。(18日)
1932年のチェコスロバキア映画「春の調べ」での全裸シーンが大きな話題となり、その後ハリウッドで「サムソンとデリラ」等に出演した女優ヘディ・ラマールさんが亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(20日)
ジョン・ボン・ジョヴィはマシュー・マコノヒー、ハーヴェイ・カイテルと競演する"U-571"に続き、ケヴィン・スペイシー主演の"Pay It Forward"にも出演するらしい。(20日)
ファンならずとも気になる「スター・ウォーズ エピソード2」のキャスティングが進行中らしい。アナキン役はディカプリオかとの噂に対し、ルーカスはこれを否定したようだ。(20日)
かつて「カンジー」を演じたベン・キングズレイが今度はローマ法皇ヨハネ・パウロ2世を演じるらしい。現在ヴァチカンにお伺いを立てているとか。(20日)
アンジェイ・ワイダ監督へのアカデミー賞特別名誉賞授与が決まった模様。「世界中の人々に、歴史、民主主義、自由について芸術家としての視点を示し」それにより「ワイダ氏自身が、戦後欧州の何百万という人々にとって、勇気と希望の象徴になった」ことが、その受賞理由のようだ。(21日)
第31回インド国際映画祭で、アジアの監督による最優秀作に日本映画「鉄道員(ぽっぽや)」が選ばれ、降旗康男監督に金の孔雀賞が贈られた模様。インド映画「カルナム(哀感)」のジャヤラージュ監督と同時受賞したようだ。(21日)
3月に迫った第72回アカデミー賞で、優れた映画製作者に与えられるアービン・ソルバーグ記念賞が、ウォーレン・ベイティ氏に贈られることが決まった模様。(21日)
ソニーグループが東京・お台場に建設中の総合娯楽施設「メディアージュ」(4月開業予定)内に、東宝直営のシネマコンプレックスができるらしい。13スクリーン、合計3000席で東宝としては最大規模とか。(21日)
第57回ゴールデン・グローブ賞で「アメリカン・ビューティ」がドラマ部門の最優秀作品賞など3部門を受賞したようだ。
●ドラマ部門
▽主演男優賞:デンゼル・ワシントン(「ハリケーン」) ▽主演女優賞:ヒラリー・スワンク(「ボーイズ・ドント・クライ」)
●ミュージカル・コメディー部門
▽最優秀作品賞:「トイ・ストーリー2」 ▽主演男優賞:ジム・キャリー(「マン・オン・ザ・ムーン」) ▽主演女優賞:ジャネット・マクティーア(「タンブルウィーズ」)
●その他各賞
▽助演男優賞:トム・クルーズ(「マグノリア」) ▽助演女優賞:アンジェリーナ・ジョリー(「ガール・インタラプテッド」) ▽監督賞:サム・メンデス(「アメリカン・ビューティ」) ▽脚本賞:アラン・ボール(「アメリカン・ビューティ」) ▽オリジナル・スコア賞:「海の上のピアニスト」(エンニオ・モリコーネ) ▽オリジナル・ソング賞:"You'll be in My Heart"(フィル・コリンズ) ▽外国語映画賞:「オール・アバウト・マイ・マザー」(スペイン) ▽名誉賞:バーブラ・ストライザンド
(24日)
トム・クルーズは第二次大戦に出征した米兵による実話に基づく"Fertig"への出演を検討中らしい。(24日)
岩井俊二監督の「ラブレター」がヒットするなど日本映画が注目を集める韓国で、2/4より「鉄道員(ぽっぽや)」が公開されることが決まったようだ。(24日)
ピアース・ブロスナンの次回作は"Burn t Sienna"で、今度はCIA局員の役らしい。(24日)
第23回日本アカデミー賞の優秀賞と新人俳優賞が発表され「鉄道員(ぽっぽや)」は主要13部門すべてで優秀賞を獲得したようだ。(26日)
シャロン・ストーン主演「ザ・ミューズ」の配給関連会社が、ゴールデン・グローブ賞の選考メンバーに高級時計を贈り、突き返されたらしい。(27日)
ゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディー部門の主演男優賞を受賞したジム・キャリーは授賞式で、「私はゴールデン・グローブ賞のトム・ハンクスだ」とキツいギャグを飛ばしたようだ。(27日) - アカデミー賞の栄冠はどちらの手に・・・
経営建て直しを図っていたレストラン・チェーン「プラネット・ハリウッド」だが、シュワちゃんは手を引くことにしたらしい。(27日)
「底抜け大学教授」(1963年)のリメイク「ナッティ・プロフェッサー」で見事復活(?)したエディ・マーフィが、今度は「縮みゆく人間」(1957年)のリメイク"The Incredible Shrinking Man"に主演する模様。(27日)
米国でヒットしたマシュー・ブロデリック主演"Inspector Gadget"の続編製作が決定した模様。(27日) - それより、早く日本でも公開してよーっ!
ショーン・コネリーは、ジョン・ダール監督の次回作"End Game"で、CIAエージェントを演じるようだ。(27日) - ちょっと年齢が・・・
昨年、約60館の映画館が閉館する一方、新たに300館以上の劇場が開館し、日本全国の映画館が2221館となったそうだ。シネコンの増加が主な要因らしい。(27日)
サンドラ・ブロックがかつて主演しお蔵入りになっていた、全裸ベッドシーンが登場する映画が近く公開されることになったようだ。(30日)
グウィネス・パルトロウが新作撮影中に披露した歌声に、あるレコード会社が100万ポンドで契約を申し込んだところ、断られたらしい。(30日)
コーエン米国防長官が、米軍入隊を呼び掛ける広告にトム・クルーズ、ロバート・デ・ニーロらへ出演を依頼しているらしい。(30日) - うーん。
ショーン・ペンは、次回作「スィート・アンド・ローダウン」のプロモーション中に、アカデミー賞授賞式への出席を断ったと発言したようだ。(30日)
フランスのセザール賞ノミネート作品が発表され「ジャンヌ・ダルク」と「橋の上の娘」がそれぞれ8部門でノミネートされたようだ。(31日)
今年度ラスヴェガス映画批評家協会賞では「アメリカン・ビューティ」が作品賞、主演男優賞を獲得した他、キンバリー・ピアース監督「ボーイズ・ドント・クライ」が5部門を受賞したようだ。(31日)
  2月
インターネットでの調査によれば「バレンタインデーに一番デートしたい男性」には、デンゼル・ワシントンらを抑えて、ビル・ゲイツがダントツの1位になったようだ。また女性ではドリュー・バリモア、ジェニファー・ロペスらを抑え、ヒラリー・クリントンが1位になったらしい。(1日)
ロマン・ポランスキー監督次回作は、ナチ占領下のポーランドを舞台にした実話に基づく"The Pianist"になる模様。(1日)
ヴァル・キルマー次回作は俳優のデヴィッド・カルーソが監督デビューする"The Salton Sea"になる模様。(2日)
ピアース・ブロスナンは、今後少なくとも4作は「007」シリーズに主演したいとの意志を表明した模様。実現すれば、コネリー、ムーアとともにシリーズ7作出演を果たすことになる。(2日)
これまで、キューブリック、ヒチコック、コッポラら巨匠たちに贈られてきた生涯功労賞を、全米映画監督組合は今年スティーヴン・スピルバーグ監督に授与すると発表したようだ。(3日)
「スター・トレック」シリーズでモンゴメリー・スコット役を演じたジェイムズ・ドゥーアンに今年4月なんと子供が産まれるらしい。(5日) - ちなみに、3月3日で彼は80歳、妻ウェンデさんは44歳。
現在撮影中の北野武監督作品「BROTHER」の北米での配給権は、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが獲得したようだ。(5日)
シーグラムはユニバーサル・スタジオの売却先を探しているらしい。(5日)
結婚間近のマイケル・ダグラスは60歳で引退をほのめかしている模様。子育てに励むつもりらしい。(5日) - ほんとか?
1990年の結婚以来女優業から退いていた女優ジェーン・フォンダが活動を再開する模様。3月のアカデミー賞ではプレゼンターとして出席する予定とか。(6日)
アカデミー賞受賞の期待も高いトム・ハンクスは、マイケル・マンを監督に、ジュリアス・シーザーを題材にした作品を企画中とか。(7日)
「ゴジラ2000ミレニアム」がソニー・ピクチャーズの配給でこの夏全米公開される模様。(7日)
ジョン・ウー監督はMGMと3年契約を結び、ニコラス・ケイジ主演の"Windtalkers"の撮影に入った模様。(7日)
キアヌ・リーヴスはこの夏"The Ottoman Empire"で家具のセールスマンを演じた後、冬には「マトリックス2」の撮影に入るようだ。(7日)
スピルバーグ監督が腎臓摘出手術を受けていたらしい。(8日)
「肉体の悪魔」「乙女の星」等の作品を手掛けた、フランス映画監督クロード・オータンララさんが亡くなった(98歳)。ご冥福をお祈りいたします。(8日)
キューバ危機を題材にしたケヴィン・コスナー主演、ロジャー・ドナルドソン監督"Thirteen Days"が現在撮影中の模様。(9日)
ブラジルでホラー映画「チャイルド・プレイ」の真似をして9歳の少年が友達の7歳の少女を刃物で数十回も刺すという事件が発生した模様。幸い少女の命に別状はないようだ。(11日)
ブリジット・バルドー主演「素直な悪女」、カトリーヌ・ドヌーヴ主演「悪徳の栄え」等の作品のほか、ジェーン・フォンダ主演のカルトSF「バーバレラ」を監督したフランス映画監督ロジェ・バディムさんが亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。(12日)
9日始まった第50回ベルリン国際映画祭の審査委員長に中国映画女優コン・リーが就任したようだ。(12日)
「スター・ウォーズ・エピソード1」の世界興収が9億2250万ドル(約968億6250万円)を記録し、「タイタニック」の18億ドル(約1890億円)に次ぐ歴代2位となったようだ。(13日)
スヌーピーで知られる漫画「ピーナッツ」の作者チャールズ・シュルツさんが亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。(13日) - え〜ん(;_;)
テヘランで開催されていた第18回ファジル国際映画祭で、小泉堯史監督作品「雨あがる」が優秀作品賞に選ばれ、主演の寺尾聰、宮崎美子にも優秀男優賞と同女優賞が贈られたようだ。(13日)
「スリーピー・ホロウ」日本公開直前のティム・バートン監督は、shockwaveサイトに登場するオリジナルアニメのキャラクタの開発を手掛けることになったようだ。(14日)
フランク・オズ監督の新作"The Score"でロバート・デ・ニーロとマーロン・ブランドの競演が実現するようだ。本作にはエドワード・ノートンの出演も決定しているらしい。(14日)
日本でも近日公開予定のスペインの巨匠ペドロ・アルモドヴァル監督作品「オール・アバウト・マイ・マザー」が、TIME誌の選ぶ年間ベスト1に続いて、スペインのアカデミー賞といえるゴヤ賞で7部門を受賞した模様。(14日)
ウィル・スミスがジャン=ジャック・ベネックス監督の名作「ディーバ」のリメイク権を獲得した模様。登場する"デイーバ"役にはホイットニー・ヒューストンが決定しているとか。(14日) - やめてほしい。
いよいよ今年度アカデミー賞のノミネートが発表された。下馬評通り「アメリカン・ビューティ」が8部門でノミネートされ「インサイダー」「サイダー・ハウス・ルール」「シックス・センス」「グリーン・マイル」等が複数の部門にノミネートされたようだ。詳細はこちらへ。(16日)
「ゴールデン・ラズベリー賞」のノミネートが発表された模様。男優ではケヴィン・コスナーやシルヴェスタ・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーら、女優では、シャロン・ストーンやキャサリン・ゼタ=ジョーンズらの名が挙がったようだ。また今年は20世紀と90年代のワーストも追加され、今世紀の女優部門では、マドンナやブルック・シールズら、90年代の最悪映画には「ポストマン」や「ショーガール」などが選ばれたようだ。(16日)
トム・クルーズは「ミッション:インポッシブル」で、7000万ドルのギャラを受け取っていたらしい。(16日) - とりすぎです。
ロシアの有人宇宙ステーション「ミール」で映画のロケが行われるらしい。ロシアの映画監督ユーリー・カラによる「最後の旅」の撮影で、主役の男優ウラジミール・ステクロフが宇宙飛行士らと共に3月末に「ミール」に向かうとか。(17日)
現在開催中のベルリン国際映画祭で、「日本の映画界の中の巨匠の一人」として市川崑監督にベルリナーレ・カメラ賞が授与されることになったようだ。(19日)
ハリウッドの独立運動が高まっているらしい。(20日)
ケヴィン・スペイシーがアカデミー賞最優秀男優賞最有力候補!ラスヴェガスのあるホテルが発表したオッズではそうなったらしい。(20日)
レイフ・ファインズやジョン・ハートらが声で出演する、キリストの生涯を描いたアニメが英国で制作中のようだ。(20日)
米国人気TVシリーズ「フレンズ」に出演中のジェニファー・アニストンは、妹役で出演していたリーズ・ウィザースプーンが気に入らず、番組から追い出してしまったようだ。(20日) - こわ。
ベルリン国際映画祭金熊賞は「マグノリア」に決まったようだ。また新人賞にあたるアルフレート・バウアー賞は緒方明監督「独立少年合唱団」に授与される模様。その他、主要各賞は以下の通り。
・銀熊賞(審査員特別賞):「ザ・ロード・ホーム」(チャン・イーモウ監督)
・銀熊賞(監督賞):ミロス・フォアマン監督「マン・オン・ザ・ムーン」
・銀熊賞(女優賞):ビビアナ・ベグラウ、ナジャ・ウール「リタの伝説」
・銀熊賞(男優賞):デンゼル・ワシントン「ザ・ハリケーン」
(21日)
「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」が公開中のサム・ライミは「スパイダーマン」の監督を引き受けるらしい。(21日)
ディズニー会長のジョー・ロスが退いたことで、マイケル・ベイ監督の"Pearl Harbor"の企画も怪しくなって来たという噂もあるようだ。(21日)
シュワちゃんとスタローンが競演するという話があるらしい。(21日)
期待大だったSFスリラー超大作"Supernova"は、結局まともに仕上がらず、どうやらアラン・スミシー監督名義で公開されることになりそう。(21日) - 残念。
「羊たちの沈黙」の続篇"Hannibal"、アンソニー・ホプキンスは2280万ドルのギャラで引き受けたが、降りたジョディ・フォスターの代わり選びに難航しているようだ。ジリアン・アンダーソンの名前も挙がっているとかいないとか。(21日) - X-Filesシリーズと融合したりして・・・。
シャ乱Qのつんく主催"つんくタウンFILMS"がプロジェクト第1弾として「GO−CON!」の製作を発表した模様。内山理名、いかりや長介らが出演予定とか。(21日)
木下恵介監督「二十四の瞳」をはじめ、大島渚、篠田正浩、黒澤明監督らの作品を担当した映画録音技師の西崎英雄さんが亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈り致します。(22日)
小津安二郎、溝口健二の助監督を務め、また「姿三四郎」「筑豊のこどもたち」等の作品を送り出した、映画監督の内川清一郎さんが亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。(22日)
第11回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のコンペ部門で犬童一心監督「金髪の草原」がグランプリ作品に選出された模様。(22日)
ようやく「猿の惑星」のリメイクが本格的に動き出したようだ。監督にはティム・バートンで決まりそうだ。(23日)
レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞のプレゼンターの依頼を断ったようだ。大ヒット作の「タイタニック」が主演男優賞にノミネートすらされなかったことを恨んでいるという噂もあるらしい。(23日)
舞台、テレビ、映画などで幅広く活躍し、映画「七人の侍」「二十四の瞳」などに出演していた俳優の高原駿雄さんが亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。(26日)
とうとう"モーニング娘。"も映画に出演するようだ。5月公開予定の「ピンチランナー」がその作品で、実際の駅伝大会に出場して、その模様をドキュメントとして使用するとか。(28日)
  3月
精神分裂症に苦しみながらも、後にノーベル賞を受賞した実在の天才数学者をモデルにした、ロバート・レッドフォード監督の作品にトム・クルーズが主演する話があるようだ。(1日)
シルヴェスタ・スタローンがひさびさに脚本を書いたようだ。カート・レースの世界を描いたレニー・ハーリン監督の新作"Champs"で、撮影は7月にスタートする予定。(1日)
ニコラス・ケイジの主演が予定されている"Superman"の監督はオリヴァー・ストーンになりそうな気配。既に脚本は完成しているようで、ワーナーは彼との交渉を進めているようだ。(1日)
1953年の「地上(ここ)より永遠に」などの音楽を手掛けた米国作曲家ジョージ・ダニングさんが亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。(2日)
ユニバーサル・スタジオの売却を検討しているカナダのシーグラム社は、豪のニューズ・コーポレーションなどと合併交渉に入ったようだ。(2日)
シュワちゃん主演の大ヒット作「トゥルーライズ」の続編が製作される模様。ジェイムズ・キャメロンが再びメガホンをとりシュワちゃんの続投もほぼ確定のようだ。(2日) - 安易な核爆発はもう止めてね!
映画版「ワンダー・ウーマン」はサンドラ・ブロック主演かと以前お伝えしたが、現在は"American Pie"のシャノン・エリザベス主演との声が強いらしい。(3日)
ジュリア・ロバーツの他、エディ・マーフィ、ウィル・スミスらがドリームワークスと提携し、短編映画、ゲーム、などを発信するインターネット番組をスタートするらしい。(5日)
米フォーブス誌が昨年の収入とマスコミ登場頻度などをもとに選出した2000年の著名人の第1位はジュリア・ロバーツだったようだ。(5日)
マイケル・ベイ監督の"Pearl Harbor"、主演にベン・アフレックの名前が挙がっているようだ。一時はケヴィン・コスナー主演と言う話もあったらしい。(6日)
是枝裕和監督「ワンダフルライフ」を、ハリウッドでリメイクする企画が進行中らしい。(6日)
小泉堯史監督作品「雨あがる」のフランスでの公開が決まったようだ。(6日)
リチャード・ギア次回作は「愛と青春の旅だち」のT・ハックフォード監督作品"Julia Pastrana" になりそう。サーカスが舞台のラブ・ストーリーらしい。(6日)
「スター・ウォーズ エピソード2」では、アジア系、アメリカン・インディアン系、インド系、ラテンアメリカ系の俳優を探しているようで、まさにユニバーサルな・・・あ、20世紀フォックスか。ジャー・ジャーはやっぱり出るようだ。(7日) - まさか、ジャー・ジャーがアナキンのお父さん・・・
フィルムを使わずハード・ディスクに記録されたディジタル・データをそのまま使って映画を上映する「DLP(Digital Light Processing) Cinema」技術による映画が、日本で初めて東京有楽町の日劇プラザで7日に上映された模様。これまでのDLPより色再現やコントラストなどが向上しているらしい。上映された作品は「トイ・ストーリー2」で11日から一般公開される予定。(8日)
アカデミー賞の投票用紙4200枚が郵便局で紛失したらしい。(8日) - 盗まれた?
タイでディカプリオ主演「ザ・ビーチ」の上映に抗議する運動が起こっているようだ。(8日)
米AOLは映画チケットを家庭のプリンタから発券出来る仕組みを提供するようだ。(8日) - 日本ではできるかな?
007「ダイヤモンドは永遠に」でスペクターの首領ブロフェルドを演じた俳優のチャールズ・グレイさんが亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。(9日)
以前お伝えしたマイク・フィギス監督の新作"Time Code"が完成した模様。前回は「脚本がない」とお伝えしたが、それは誤りで、脚本はフィッギス自身が執筆しているようだ。一方、時間軸通りにたった1日で撮影を終了し編集もしていないとか・・・。サルマ・ハエック、ジュリアン・サンズ、ジーン・トリプルホーン、カイル・マクラクランらが出演。(9日)
人気ゲームソフト「トゥームレイダー」の映画化が既に決定しており、監督はサイモン・ウェスト(「コン・エアー」)、ヒロインのララ・クロフト役にはアンジェリーナ・ジョリーの名前が挙がっているようだ。(9日)
雑誌「ロードショー」主催の「2000年淀川長治賞」の授賞式が9日行われ、「御法度」を監督した大島渚監督が受賞したようだ。(10日)
「トイ・ストーリー2」上映劇場でデジタル技術をフルに使ったディズニー最新作"DINOSAUR"の予告篇を上映中。(11日) - 凄すぎますっ!
第23回日本アカデミー賞授賞式が10日開催され「鉄道員(ぽっぽや)」が最優秀作品賞、監督賞ほか9部門を受賞したようだ。主演の高倉健は史上最多の4度目の主演男優賞とか。(11日)
映画版ミュージカル「オペラ座の怪人」の企画が進行中らしい。監督は「エリザベス」のシェカール・カプール、主演はアントニオ・バンデラスに決まったようだ。(12日)
以前お伝えしたとおり、マイケル・ベイ監督の"Pearl Harbor"の主演はベン・アフレックに決まったようだ。CGを駆使した超大作になるようで、撮影はこの春からハワイなどでスタートする模様。(12日)
「タイタニック」でヒロインを務めたケイト・ウィンスレットは、「ホーリー・スモーク」など最新作2作品でオールヌードを披露しているらしい。(12日) - ダイエットに成功した?
全米映画俳優組合は「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシーに主演男優賞、同作のアネット・ベニングに主演女優賞を、また、シドニー・ポワチエに生涯功労賞を授与したようだ。(13日) - アメリカン・ビューティー、アメリカン・ビューティー、アメリカン・ビューティー・・・そんなにすごい作品なの?
全米映画監督組合は「アメリカン・ビューティ」の監督サム・メンデスに今年度の最優秀監督賞を、また、スティーヴン・スピルバーグ監督に生涯功労賞を授与したようだ。(13日)
「羊たちの沈黙」の続編"Hannibal"にジュリアン・ムーアの出演が決定した模様。そのため、主演予定だったM・ナイト・シャマラン監督の新作"Unbreakable"(ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン他)を降板、代わりにロビン・ライト・ペンが候補に挙がっているようだ。(13日)
英国のアカデミー賞でも「アメリカン・ビューティ」が最多の14部門にノミネートされたようだ。その他"The End of Affair"、「リプリー」などが多くの部門でノミネートされている模様。(13日)
レニー・ゼルウィガーは英国でベストセラーとなった小説「ブリジット・ジョーンズの日記」の映画化作品に主演するようだ。(13日)
「ポケモン」の大ヒットを受けて?「デジモン」(「デジタルモンスター/ぼくらのウォーゲーム!」)の全米公開も決まったようだ。(13日)
いよいよ「ジュラシック・パーク3」の製作が本格的にスタートしたようだ。ヘレン・ハント、エリザベス・シュー、クリス・クラインらの名前がキャストとして挙がっているらしい。監督は「遠い空の向こうに」のジョー・ジョンストンで、2001年の公開とか。(14日)
話題の「アメリカン・ビューティ」米国では早くも5月にビデオ化されることが決定したようだ。(15日)
文化庁は今年度の芸術選奨の受賞者を発表し、文部大臣賞の映画部門では「御法度」の大島渚監督が選ばれたようだ。(17日)
今年のアカデミー賞で渡されるオスカー像54個が盗まれたようだ。(17日) - アカデミー賞危うし!
米国バスケットボール界の問題児デニス・ロッドマンが映画になるらしい!?"Juwanna Mann" というタイトルで、NBAを追放されたプレイヤーが女性リーグのWNBAに潜り込んで活躍するコメディのようだ。(17日) - ロッドマン自身が主演するのか??
結局盗まれたオスカー像は55個で、すでに米映画芸術科学アカデミーは再発注し、授賞式には間に合うようだ。(18日) - 投票用紙の紛失事件といい、この事件といい、今年のアカデミー賞まだ何かありそう・・・
スティーヴン・ソダーバーグの新作「イン・トラフィック」で、マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが共演することになりそうだ。彼女が出るならと、マイケル・ダグラスは安いギャラでOKしたとか。(19日)
クリントン米国大統領の娘チェルシーさんに映画出演の話が持ち上がっているようだ。本人は乗り気のようだが、母ヒラリーは選挙への影響を気にしてか反対しているようだ。(19日)
ブラッド・ピットがアカデミー賞授賞式のプレゼンターを務めることが決まったようだ。(19日) - ファンは必見!?
盗まれたオスカー像のうち52個が無事発見されたようだ。犯人は運送会社の従業員で、盗んだあと「捨てた」らしい。(21日) - オスカー像って金メッキだったのね
いよいよ「シンプソンズ」の映画化が実現か?(21日)
「ナッティ・プロフェッサー2」の公開も間近のエディ・マーフィ、「ドクター・ドリトル2」もギャラが上がれば実現しそうだ。(21日)
「催眠」の原作者、松岡圭祐原作の映画「千里眼」に水野美紀の主演が決まったようだ。監督は井坂聰で6月公開の予定。(21日)
「若大将」シリーズや「無責任」シリーズなどの脚本を手掛けた、脚本家の田波靖男さんが亡くなった(66歳)。ご冥福をお祈りいたします。(22日)
"Pearl Harbor"の女優選びが難航している模様。グウィネス・パルトロウ、シャーリーズ・セロンにケイト・ベッキンセイルが加わって、混戦模様のようだ。全米公開は来年5月23日の予定。(22日)
「羊たちの沈黙」の続篇"Hannibal"の製作が正式に発表された模様。アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーア主演で、監督はリドリー・スコットに決まったようだ。(23日) - これは楽しみ!
米国でR指定となっている「アメリカン・ビューティ」を、ロサンゼルスの高校の授業で、学校の許可を得ず放映した教師が警察に連行されるという事件が起こったようだ。(23日)
この夏撮影が開始される予定の"Spy Game"で、ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットの共演が、「リバー・ランズ・スルー・イット」以来ふたたび実現しそうだ。(24日)
「銀河鉄道999」や「風の谷のナウシカ」等の作品で作画監督を務めたアニメーターの小松原一男さんが亡くなった(56歳)。ご冥福をお祈りいたします。(25日)
盗まれたオスカー像を発見したウィリー・フルギアさんに懸賞金5万ドルが贈られたようだ。さらに、アカデミー賞授賞式にも招待されるとか。(25日) - 「正直者は報われる」まったくです。
アカデミー会員5607人のうち356人の回答を事前調査し集計した結果を、ウォールストリート・ジャーナル紙が24日付の週末版に公表してしまったようだ。アカデミーはカンカンに怒っているらしい。(25日) - ちなみに、気になるその集計結果は・・・ここに載せるのは止めておきましょう
ロマンチックコメディ「ザ・メキシカン」でブラッド・ピットとジュリア・ロバーツの夢の共演?が実現しそう。(26日)
妊娠3ヶ月のケイト・ウィンスレットは、出産までに2本の新作に出演した後、しばらく育児休暇に入る模様。(26日)
サザビーズがハリウッドゆかりの品をネット上でオークションにかけているようだ。マリリン・モンローのドレスは8万ドルを上回るとか。(26日) - あなたも是非こちらへ http://www.sothebys.amazon.com/
ゴールデン・ラズベリー賞受賞作品が発表された模様。作品賞は「ワイルド・ワイルド・ウェスト」、男優賞は「ビッグ・ダディ」のアダム・サンドラー、女優賞は「ブレア・ウィッチ・・・」のヘザー・ドナヒューが獲得したらしい。また90年代の最悪映画には95年の「ショーガール」が選ばれたようだ。(26日) - おめでとう!
第72回アカデミー賞授賞式が開催され、「アメリカン・ビューティ」が作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、主演男優賞の5部門を獲得、また「マトリックス」が音響賞など4部門を制したようだ。この他、主演女優賞は「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー・スワンク、助演男優賞に「サイダー・ハウス・ルール」のマイケル・ケイン、助演女優賞に「17歳のカルテ」のアンジェリーナ・ジョリー、外国語映画賞には「オール・アバウト・マイ・マザー」が選ばれた模様。(27日)
スタンリー・キューブリックが企画していた"A.I."の製作をスピルバーグが正式に発表したようだ。7月から製作に入り、来年夏に公開の予定。(27日)
タイでの「ザ・ビーチ」の上映禁止運動は、ついに議会でも採り上げられたようだ。(27日)
トム・ハンクスはサンタクロースを信じる少年の物語"Polar Express"を製作するようだ。ハンクス自身も出演し、公開は来年のクリスマスの予定。(27日)
マーティン・ローレンスとダニー・デヴィートがドタバタ・コメディ"What's the Worst that Could Happen?"で共演するようだ。(28日)
4/29より「オール・アバウト・マイ・マザー」を公開するシネセゾン渋谷では「母の日キャンペーン」を実施する模様。4/29、4/30の来場者先着700人にカーネーションがプレゼントされるほか、母子で来場すると入場料がペアで2000円になるそうだ。(29日)
デヴィッド・フィンチャー監督は新作"The Panic Room"に取りかかるようだ。主演はニコール・キッドマンが候補に挙がっており、年内に撮影開始予定とか。(29日)
フランス学士院は芸術アカデミーの正会員にジャンヌ・モローを選出したようだ。同会員に女性が選ばれるのは初めてとか。(30日)
アカデミー賞を獲得したケヴィン・スペイシーの新作は「サイダー・ハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督による"The Shipping News"になるようだ。(31日)