シネマトピックス(2000年7月〜9月)
[ 1999 | 2000 (01-03/04-06/07-09/10-12) | 2001 | LastTopics ]
  7月
アカデミー賞を受賞した「恋人よ帰れ!わが胸に」(66年)を始め数多くの作品に出演してきた俳優のウォルター・マッソーさんが1日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。(1日)
1日のウィンブルドン選手権6日目に、客席にいたトム・クルーズに観客の目が奪われるという"ハプニング"が起こったようだ。彼は試合終了直前に忽然と姿を消したとか・・・(2日)
シュワちゃんが主演のはずだった?「猿の惑星」のリメイクは、マット・デイモンのところに話が行っているようだ。監督は以前お伝えしたとおりティム・バートンで決定している。(3日)
製作が遅れ気味の「ハリー・ポッター」だが、ティム・ロスとの出演交渉に入っているとの噂があるようだ。(3日)
その「猿の惑星」のリメイクに、マーク・ウォールバーグが出演するという噂が強くなっているようだ。(4日)
キャメロン・ディアス主演の新作"Things You Can Tell Just by Looking at Her"について配給元のMGMは十分な興行収入が得られないと判断、劇場公開が中止されたようだ。本作にはキャリスタ・フロックハート、ホリー・ハンター、グレン・クローズら有名・人気女優が多数出演しているが、結局CATVでの放映のみになるらしい。(4日)
「2」には出なかったサム・ニールが「ジュラシック・パーク3」への出演を決めたようだ。現在、共演にアレッサンドロ・ニニヴォラとの交渉に入っているらしい。監督はジョー・ジョンストンで7月下旬より撮影開始、公開は2001年7月になりそうだ。(4日)
「ウォレスとグルミット」のアードマン・アニメーションズ最新作「チキン・チキン・ラン・ラン」が英国でも大ヒットを飛ばしているようだ。ちなみに、次回作のタイトルは"The Tortoise And The Hare"で「うさぎとカメ」の現代版だとか。(4日)
いよいよ「スター・ウォーズ エピソード2」が6月26日シドニーで撮影に入った模様。(4日)
グウィネス・パルトロウは「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟監督最新作"Shallow Hal" に出演するようだ。2002年夏公開予定。(4日)
さらに!「猿の惑星」のリメイクに、ゲイリー・オールドマンが出演するという噂が強くなっているようだ。(5日) - なんだかすごいことになってきた・・・
映画好きの前社長が気に入ったことがきっかけで1972年4月以来28年間続いているメナード化粧品と女優の岩下志麻さんとの専属契約について、ギネスブックが世界最長記録と認定したようだ。(6日)
郵政省は14日から、ミッキー・マウスのほか「ターザン」「トイ・ストーリー」などのディズニー・キャラクターがデザインされた完成絵はがきセット(5枚一組)を発売するようだ。(6日)
以前お伝えしたクリントン大統領の娘チェルシーのハリウッド・デビューが本格的に動き出したようだ。ドリュー・バリモアとの共演が決定し、現在脚本の書き直しを進めているとか。しかし、相変わらずヒラリー夫人は反対しているようだ。(9日)
「ミスター・ビーン」のローワン・アトキンソンがコメディ映画「ラット・レース」でウーピー・ゴールドバーグと共演するらしい。役柄は中国人(?)外交官だとか。(9日)
以前お伝えした「ムーラン・ルージュ」撮影中の怪我の回復が思わしくないニコール・キッドマンは、新作「バースデイ・ガール」の撮影を延期したようだ。(9日)
米ニューズウィークが18から21歳の若者を対象に行った調査によると、尊敬する人の第2位に俳優のウィル・スミスがランクされたようだ。ちなみに第1位はマイクロソフト社会長のビル・ゲイツだとか。(9日)
東宝は今年もゴジラを作るらしい。「ゴジラ×メガギラス・G消滅作戦」・・・お台場辺りが壊されるようだ。(10日)
手塚治虫の傑作「メトロポリス」が劇場用アニメとして制作中らしい。公開は来年6月で、世界配給も予定されているようだ。(10日)
現在日本でも公開中の「アメリカン・パイ」は、全米での大ヒットを受けて続編が企画されているようだ。(10日)
「ツイン・ピークス」の"ダブル・R・ダイナー"として使われたシアトル郊外のレストランが火災に遭ったようだ。(11日)
ケイト・ウィンスレットが夫の映画監督ジェイムズ・スレプルトンと共同で映画製作会社を設立したようだ。イギリスを中心にヨーロッパ映画の製作を行っていく方針とか。(11日)
イギリスでタランティーノ監督の「レザボア・ドッグス」に影響を受けたと見られる少年達による殺人事件が発生したようだ。また、「グラディエーター」を観て、仲間の一人を60センチのヤリで突いて怪我をさせるという事件もあったらしい。(11日)
公開から20年近くを経てなお絶大な人気を得ている「ブレード・ランナー」について、リドリー・スコット監督は英国で15日に放映されるドキュメンタリー番組の中で「デッカードはレプリカントだ」と明言したようだ。(11日)
アンジェリーナ・ジョリー主演の映画版「トゥームレイダー」の監督は「コン・エアー」のサイモン・ウェストに決定したようだ。(12日)
日劇プラザに次いで国内2館目の DLP Cinema システムが舞浜のAMCイクスピアリ16に設置されたようだ。15日からの「ファンタジア2000」で使用される模様。(13日)
ジェラール・ドパルデューは心臓バイパス手術を受け、リーアム・ニーソンはオートバイの事故で骨盤を骨折、メグ・ライアンとデニス・クエイドはとうとう離婚したようだ。(13日)
サイモン・ウェスト監督は映画版「トゥームレイダー」を三部作にするつもりらしい。(13日)
いろいろウワサになっているラッセル・クロウだが、来春撮影開始予定の「ア・コース・イン・ミラクル」で監督業に進出するようだ。さらに、歌手デビューも予定しているとか・・・(16日)
マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの挙式は中止か?(16日)
ジュリア・ロバーツについでキャメロン・ディアスが史上2番目の2000万ドルのギャラを受け取る女優になりそうだ。ちなみに「チャーリーズ・エンジェル」でのギャラは1500万ドルだったらしい。(16日)
シャロン・ストーンは「氷の微笑2」でカトリーヌ・ドヌーヴとラヴ・シーンを撮りたいと言っているようだ。(16日)
スピルバーグ監督は、ホロコーストに関するドキュメンタリー番組の製作に取りかかるようだ。(16日)
ジェイムズ・キャメロンは「ターミネーター3」の監督を正式に断ったようだ。(17日)
アラン・ドロン、イヴ・モンタンらが共演したジャン=ピエール・メルヴィル監督の「仁義」が、「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー監督でリメイクされるらしい。(17日)
最近ではティム・バートン監督作の「スリーピー・ホロウ」に出演しているクリストファー・リーの「スター・ウォーズ エピソード2」への出演が決まったようだ。(18日)
2番目の2000万ドル女優か?とお伝えしたキャメロン・ディアスだが、こちらの情報によると「チャーリーズ・・・」のギャラは1200万ドルで、「サウスパーク」のナンシー・ピメンタルが脚本を手がける新作では1500万ドルで交渉が進んでいるようだ。(18日) - どっちがホント?
仙台でのみ劇場公開されていた阿部勉監督の「しあわせ家族計画」が、いよいよ東京で公開されるようだ。渋谷シネパレスで秋頃公開予定。(20日)
19日発表された、第5の製品カテゴリーとなるアップル・コンピュータの新機種 PowerMacG4 Cube のキャッチ・コピー"Honey,I shrunk the supercomputer."は、映画「ミクロキッズ」"Honey,I shrunk the kids" をもじってつけられた?(20日)
カンヌ映画祭でグランプリを獲得した「鬼子来了」のチアン・ウェン監督は、日中戦争中の日本人捕虜を人間的に描きすぎたなどとして、中国当局より今後7年間の映画関連の活動を禁止するという処分を受けたようだ。(21日)
ジャン=ユーグ・アングラード主演の日仏合作映画「フォスフェーヌ 君の瞳の光」が、関西ロケをメインに製作されることになったようだ。(21日)
噂されていたアーサー・C・クラーク原作「宇宙のランデヴー」の映画化は、デヴィッド・フィンチャーが監督を務めるようだ。(21日)
ニコラス・ケイジは「スーパーマン」を降りたようだ。脚本は完成しており、秋には撮影に入る予定だったらしい。(21日)
ウワサのカップル?ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンが来週結婚式を行うようだ。(22日)
事故による脊髄損傷で全身麻痺となりながらも積極的に活動を続ける俳優のクリストファー・リーヴが、TV映画の監督を務めることで話が進でいるようだ。(23日)
両国での公開を前提に昨年完成した日中合作映画「チンパオ」の上映に、中国政府はストップをかけているようだ。(23日)
スケジュール的に当分撮影は無理と思われていた「インディ・ジョーンズ4」だが、ハリソン・フォードは乗り気のようで「再来年までは無理だが、その後になるだろう」と早まる可能性を示唆したようだ。(24日)
ハリソン・フォードが降板したジャック・ライアン・シリーズ第4作の主演にベン・アフレックの名前が挙がっているようだ。(24日)
「御法度」でデビューを果たした松田龍平の新作は恋愛ホラー「死びとの恋わずらい」に決定したようだ。(24日)
全米で大ヒット中の「X-メン」、早くも「2」と「3」の話が出ているようだ。(25日)
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンとの結婚報道は結局デマだったようだ。(25日)
スタンリー・キューブリックの企画をスピルバーグが引き継いだ「A.I.」は、来年6月29日全米公開に繰り上がったようだ。(25日)
トム・クルーズとキャメロン・クロウ監督は「ザ・エージェント2」を企画しているらしい。秋には撮影開始の予定。(25日)
ロマン・ポランスキー監督は「ナインスゲート」の製作で100万ドル以上を着服したとして、製作会社アーティザン・エンターテインメントから訴えられたようだ。(25日)
アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが共演「ボルサリーノ」(69年)の脚本を担当した、フランス映画監督、脚本家のクロード・ソーテさんが22日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈り致します。(26日)
フランスのラジオ局Novaが実施した「いちばん頭の悪い男優と女優はだれ」というアンケートのによると、男優は1位:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、2位:シルヴェスタ・スタローン、3位:ジョージ・クルーニー、女優は1位:ウィノナ・ライダー、2位:キャメロン・ディアス、3位:ソフィ・マルソーという結果になったらしい。(27日)
で、やっぱり今週末にブラピとジェニファー・アニストンの挙式が行われるようだ。(28日) - ほんまはどっちやねん!
カルト的人気のデヴィッド・リンチ監督「デューン/砂の惑星」に続編製作の噂があるようだ。(28日)
米出版社が出版した映画製作上投資しがいのある俳優をランク付けした本によると、1位:ジュリア・ロバーツ、2位:トム・ハンクス、3位:トム・クルーズ、4位:メル・ギブソン、5位:ブルース・ウィリス・・・(30日)
エリザベス・テイラーはシャーリー・マクレーンらが出演する米TV映画で6年ぶりにキャメラの前に立つようだ。(30日)
ジョン・レノンの青春時代を描くTVドラマのため「20歳ぐらいで演技が上手く、ギターが弾けてジョンに似ていて、リバプール訛りの英語が話せる」俳優を探しているようだ。(30日)
レオナルド・ディカプリオは新作"Catch Me If You Can"で犯罪の天才と呼ばれた実在の男を演じるようだ。(30日)
ブラピとジェニファー・アニストンの挙式会場のテント設営は既に終わり、28日にはリハーサルも行われたようだ。そして本日が本番の予定。(30日) - 結局ほんとだったのね
ということで、ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンの挙式は無事執り行われたようだ。(31日)
まもなく日本でも公開される「TAXI2」だが、本国フランスでの大ヒットを受けて、すでに「TAXI3」の製作に入っているようだ。(31日)
パトリシア・コーンウェルの「検死官」シリーズの映画化が決定した模様。ソニー・ピクチャーズはこれまでの全10作品に加え、今後発表される全ての作品の映画化権を取得したようだ。(31日)
  8月
先日お伝えした「映画製作上投資しがいのある俳優をランク付けした本」の191位以下すなわちワースト・テンは、ヘレナ・ボナム・カーター、ハル・ベリー、ジャン・レノ、ヴィンス・ヴォーン、アンディ・ガルシア、エリザベス・シュー、グレッグ・キニア、ジェフリー・ラッシュ、イアン・マッケラン、そして200位はスティーヴン・セガールだったようだ。(1日)
ヴェネチア国際映画祭の20本のコンペティション参加作品が決定した模様。アメリカ映画はリチャード・ギア、ヘレン・ハントらが出演するロバート・アルトマン監督の「Dr. T and the Women」と、ジョニー・デップ主演のジュリアン・シュナーベル監督「Before Night Falls」の2作品のみのようだ。また、同映画祭で北野武監督「BROTHER」がワールドプレミア上映される予定。(1日)
今年の第57回ヴェネチア国際映画祭でクリント・イーストウッドに金獅子賞の特別功労賞が授与される模様。オープニング作品として、イーストウッドの新作「スペース・カウボーイ」が上映される予定。(1日)
サム・ライミ監督「スパイダーマン」の主役として、「サイダー・ハウス・ルール」のトビー・マグワイアとの交渉に入ったようだ。ちなみに、続編2本も予定されているらしい。(1日)
ティム・バートン監督のリメイク版「猿の惑星」への出演者にティム・ロス、ポール・ジアマッティが新たに加わった模様。さらに「グリーン・マイル」のマイケル・クラーク・ダンカンとの交渉も進んでいるようだ。撮影開始は今秋、公開は来年7月4日を予定。(1日)
全米大ヒット中の「X-メン」に出演した俳優たち全員が続編の出演の契約をしたようだ。ブライアン・シンガー監督も、契約を結ぶようで、これで続編は確定か?(2日)
「戦場にかける橋」など数々の名作に出演、「スター・ウォーズ」ではオビ=ワン・ケノービを演じた俳優のアレック・ギネスさんが7日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(7日)
ハリソン・フォードは自ら操縦するヘリコプターで、山で動けなくなった女性を救出する活躍を見せたようだ。(7日)
先日「ザ・エージェント2」の企画ありとお伝えしたが、トム・クルーズとキャメロン・クロウの企画は進行中だが「ザ・エージェント」の続編ということではないようだ。現在のところタイトルは未定で、ロマンチック・コメディということらしい。(7日)
「ジュラシック・パーク3」にウィリアム・H・メイシーの出演が決まっていたようだ。(7日)
現在公開中の「パーフェクト・ストーム」は当初メル・ギブソンが主演で、彼との共演を望んでジョージ・クルーニーが参加したようだ。(7日) - ギブソン&クルーニー・・・いいかもしれない
ジョージ・クルーニーは、米ピープル誌が選ぶ"最も望ましい独身男性"のナンバー・ワンとなったようだ。(7日)
ピアース・ブロスナンは先月「そろそろボンドが死なないと」と発言したのを翻し「2,3本撮って新しい家の借金を返済しないと・・・」と話したようだ。(8日)
ティム・バートン監督「猿の惑星」にヘレナ・ボナム・カーターが猿の役で(!)出演することが決まったようだ。(8日)
ウディ・アレンの次回作でアレンとヘレン・ハントが共演するようだ。タイトルなどは不明だが、シャーリーズ・セロンの出演も決まっている模様。(8日)
エドワード・ノートンの新作は、第2時大戦中にヨーロッパの捕虜収容所にとらえられたアメリカ人を描く、グレゴリー・ホブリット監督の"Hart's War"になるようだ。(8日)
「マトリックス」のDVDはアメリカで史上初の300万枚以上の売り上げを記録したようだ。ちなみにアメリカでのDVD利用者数は推定で750万人だとか。(8日)
マイケル・ダグラスとの結婚を控えたキャサリン・ゼタ=ジョーンズに元気な男の子が産まれたようだ。(10日)
「インビジブル」が全米公開中のポール・ヴァーホーヴェン監督は「スターシップ・トゥルーパーズ」の続編を撮りたいと語ったようだ。(10日)
先日お伝えしたスピルバーグ製作によるホロコーストのドキュメンタリーは、アンジェイ・ワイダ監督が手掛けるようだ。(11日)
トム・ハンクスはサム・メンデス監督の新作"The Road To Perdition"でアル・カポネに雇われる殺し屋を演じるようだ。(13日)
スイス・ロカルノ国際映画祭で、「萌の朱雀」の河瀬直美監督の新作「火垂(ほたる)」が国際批評家連盟賞とヨーロッパ国際芸術映画連盟賞を受賞したようだ。(13日)
ジュリアン・ムーア次回作はインディペンデント映画"World Traveler"になるようだ。(15日)
薬物所持で実刑判決を受け先日保釈されたロバート・ダウニーJr.の復帰後最初の仕事は日本でも人気のTVシリーズ「アリー・myラブ」になるようだ。主人公アリーの恋人役とか。(15日)
ゲイリー・オールドマン次回作はピーター・ハイアムズ監督がフランス革命を舞台に描く"D'Artagnan"になる模様。ミーナ・スヴァーリ、ニック・モーランらの出演は決まっており、現在カトリーヌ・ドヌーヴとの出演交渉中とか。(15日)
「ジュラシック・パーク3」に「ディープ・インパクト」「バッドボーイズ」のティア・レオーニが出演することになったようだ。(15日)
アラン・リックマンとリチャード・ハリスが「ハリー・ポッター」の出演交渉に入っている模様。ティム・ロスの名前も挙がっていたようだが、「猿の惑星」への出演が決定したことから白紙となったようだ。なお、主人公ハリー・ポッター役は現在も募集中のようだ。(15日)
「A.I.」「マイノリティ・リポート」の次のスピルバーグ監督作品はダニエル・ウォレス原作の"Big Fish"になるようだ。来年夏の撮影を予定。(15日)
脚本が気に入らないと新作"Dieter"を突如降板し訴訟問題にまで発展していたマイク・マイヤーズはユニバーサル・ピクチャーズと和解したらしい。"Dieter"の企画は白紙に戻し、マイヤーズが新たなキャラクタをもとにした脚本を書くことになったようだ。(15日)
以前お伝えしたマイケル・ジャクソン主演映画"The Nightmare of Edgar Allan Poe"は、自ら執筆した登場人物達に取りつかれるポーを描いたホラーで、監督はティム・バートンが候補に挙がっているらしい。(17日)
先日「スターシップ・トゥルーパーズ」の続編を撮りたいとの発言をお伝えしたポール・ヴァーホーヴェンは、監督しないと報道された「氷の微笑2」について、「やるつもりはある」と発言したようだ。(18日)
メグ・ライアンとデニス・クエイドの離婚の危機は、メグ・ライアンが謝罪したことで回避されたようだ。(19日)
最近妻との別居が明らかになっているマコーレー・カルキンが英国で舞台俳優として復帰するようだ。(20日)
ブラッド・ピット次回作はコーエン兄弟の"To the White Sea"で、アメリカの海軍兵がアジア各国を旅する物語らしい。撮影は来年からで、舞台となる北海道でのロケも行われるようだ。(20日)
18日から「ゴジラ2000ミレニアム」が全米約2000の劇場で公開されたようだ。アメリカでゴジラ映画が上映されるのは15年ぶりとか。また、アニメ以外の邦画が全米で一斉公開されたのは今回が初めてらしい。(21日)
出演料の問題で製作が危ぶまれている「メン・イン・ブラック2」だが、トミー・リー・ジョーンズが「ほとんど決定した」と発言したようだ。(21日)
人気コミック「キャプテン・アメリカ」の映画版で、トム・クルーズが主演に決定したようだ。(21日)
「エピソード2」にクリストファー・ウォーケンの出演が決まった模様。ダース・シディアスの弟子で、アナキンをダーク・サイドへと引き込むダース・ベンを演じるらしい。(21日)
以前チェヴィ・チェイス主演で映画化された「フレッチ」シリーズがケヴィン・スミス監督で再映画化される模様。(21日)
「タイタンA.E.」の失敗で、制作もとのフォックス・アニメーション・スタジオ社は営業停止に追い込まれたようだ。設立以降製作されたのは「タイタン・・・」「アナスタシア」の2本のみ。(21日)
製作が危ぶまれていたジョン・カーペンター監督のSFホラー"Ghosts of Mars"がクランクインしたようだ。が、主演のコートニー・ラヴが足首を怪我し、降板してしまったらしい。(21日)
「ハリー・ポッターと賢者の石」の主演が、英国BBCの番組「デヴィッド・カッパーフィールド」で主役を演じているダニエル・ラドクリフ(11歳)に決まったようだ。また、ロン少年役はルパート・グリント(11歳)、ハーマイオニー嬢はエマ・ワトソン(10歳)がそれぞれ演じるようだ。(22日)
既に製作が決定している「X-メン2」は2002年公開予定の「エピソード2」「マトリックス2」とぶつかることを避け、2003年公開になる模様。(22日)
「ホワイトアウト」初日の18日は有楽町日劇東宝の初回になんと2750人が列を作り、日劇3館 (日本劇場・日劇プラザ・日劇東宝) の初回動員新記録を更新したらしい。ちなみに先頭は3日前から並んでいたようだ。(22日)
「エピソード6」にあたる「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」の日本でのサブタイトルを「ジェダイの帰還」へと改題するための署名運動がファン・サイトのリトル・ファルコンで行われているようだ。目標は1万人で現在500名程度の署名が集まっているとか。(22日)
以前お伝えした、あの「シンプソンズ」映画化の噂がいよいよ実現しそうだ。(22日)
「エピソード2」のタイトルが決定したという噂がネット上で流れているようだ。"Rise of the Empire"(帝国の起源)がそれで、ルーカスは否定しているようだ。(23日)
007シリーズの次回作は2002年11月公開に決定したらしい。主演はピアース・ブロスナン主演で既に決定しているが、内容はこれからのようだ。(24日)
全米では予想外の大ヒットとなった「最終絶叫計画」の続編製作が決定し、今年の秋には撮影開始、来年5月には公開されるようだ。(25日)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは男児を出産した後のダイエットに専念するため、マイケル・ダグラスとの挙式を予定していた2人の誕生日9月25日から延期したようだ。(28日)
最近少しまあるくなってきていたトム・ハンクスだが、無人島でのサバイバル生活を描いた新作"CAST AWAY"の撮影のため、なんと30kgの減量に成功したようだ。曰く「やせるのに必要なのは、時間と規則正しい生活だった」とか。(28日)
ゲスト出演した米国の人気TVシリーズ「フレンズ」での演技に対し、ブルース・ウィリスがエミー賞(コメディシリーズ部門ゲスト俳優賞)を受賞したようだ。(29日)
初の長編"Camp Crizzly"でハリウッドで監督デビューするチャイル・ストバルは、なんとまだ11歳だとか。(29日)
シュワちゃん主演、アンドリュー・デイヴィス監督の新作"Collateral Damage"に「愛よりも非情」そして「ハンニバル」に出演したイタリア人女優、フランチェスカ・ネリの出演が決まったようだ。(29日)
以前お伝えしたトム・クルーズとキャメロン・クロウ監督による新作はタイトルが"Vanilla Sky"に決まったようだ。またキャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス(「オール・アバウト・マイ・マザー」)が共演候補に挙がっているらしい。(29日)
米テキサス州の軍人記念公園の施設を壊した高校生9人に対し、地裁が「プライベート・ライアン」を見るよう義務づける判決を言い渡したようだ。(31日) - さすがアメリカ!
  9月
ヴェネチア国際映画祭に出席したシャロン・ストーンを追いかけるパパラッチのボートが、追跡劇の末、衝突事故を起こしたようだ。(1日) - 007並みの迫力!?
キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラスが9月30日サンタバーバラで結婚式を挙げる、という英国大衆紙サンの報道に対して、本人達は否定しているようだ。(1日)
ヴェネチア国際映画祭で特別招待上映された北野武監督の新作「Brother」が喝采を浴びたようだ。デニス・ホッパーや欧米の映画評論家を始め現地新聞各紙からも賛辞が寄せられているらしい。(4日)
「X-メン」の成功のおかげで、「超人ハルク」の映画化も決まったようだ。2002年夏公開予定。(4日)
映画「人間の条件」(1959)でデビュー、人気TVシリーズ「特別機動捜査隊」で三船主任警部を演じるなど、映画、TVドラマなどで活躍した俳優の青木義朗さんが3日亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。(5日)
GLAYの主題歌のおかげ?で映画版「未来日記」の超満員が続き、全国50館から100館に拡大上映されることになったようだ。(6日)
アカデミー賞を受賞した「暗黒の恐怖」やプレスリー主演「ガール!ガール!ガール!」などで知られる脚本家のエドワード・アーンハールトさんが3日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(6日)
「スター・ウォーズ エピソード2」のオーストラリアロケが先週終了し、いよいよチェニジア(=惑星タトゥーイン?)ロケに移るようだ。(6日)
ジム・キャリーの次回作はロマンチック・コメディ"The Bijou"になりそうだ。フランク・ダラボン監督の作品だけにオスカー獲得の可能性も・・・(6日)
「スター・ウォーズ エピソード2」以降、R2-D2のCG化により、これまでR2-D2を演じていたケニー・ベイカーが出演しないのではとの噂がネット上で流れていたが、ルーカスフィルムはこれを否定したようだ。(6日)
噂されえいたスタローンとシュワちゃん共演がついに実現か。「大脱走」の様な戦争映画で二人は敵同士だとか・・・(7日)
「E.T.」が未公開シーンやCGIによる修正を加えた新バージョンとして2001年3月に公開されることになったようだ。日本では2002年夏の予定とか。((8日)
日本での「TAXi2」の興行収入が「1」を上回りそうな勢いらしい。(8日) - 僕は「2」の方が面白かったと思うけど
9日閉幕したヴェネチア国際映画祭で、イランのジャファル・バナヒ監督作品「ザ・サークル」が金獅子賞を獲得したようだ。(10日)
「ジュラシック・パーク3」の全米公開は2001年7月18日に決まったようだ。(10日)
阪本順治監督、豊川悦司、布袋寅泰主演の「新・仁義なき戦い」が来月6日開幕する韓国の釜山国際映画祭に正式招待され「オープン・シネマ」部門で上映されることになったようだ。なお、現在上映中の阪本監督作品「顔」も同映画祭「アジア映画の窓」部門に出品されるらしい。(11日)
映画監督ロン・ハワードの母親で「コクーン」「アポロ13」などに出演した女優のジーン・スピーグル・ハワードさんが2日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。(11日)
北朝鮮で13日から行われる平壌国際映画祭で山田洋次監督の新作「十五才〜学校W」を始め「男はつらいよ」シリーズなど6本が特別招待上映される模様。北朝鮮で公式に日本映画が上映されるのはこれがはじめてのようだ。(12日)
「マルコヴィッチの穴」の脚本家チャーリー・カウフマンによる「バットマン5」の脚本が完成した模様。撮影は来年の予定で、監督候補として「π」のダーレン・アロノフスキーが、そして気になる主演にはブラッド・ピットの名前が挙がっているようだ。(12日)
米ピープル誌が発表した今年のベスト・ドレッサーに、女性はジェニファー・アニストン、シャーリーズ・セロンらが、男性はサミュエル・L・ジャクソン、ジョージ・クルーニー、ケヴィン・スペイシー、ピアース・ブロスナンらが選ばれたようだ。ちなみにワースト・ドレッサーにはブルース・ウィリス、レニー・ゼルウィガー、ララ・フリン・ボイルらの名前が挙がっているらしい。(12日)
バージニア・ウルフの「ダロウェイ夫人」をモチーフに描かれるピュリッツァー賞受賞作"The Hours"の映画化が企画されているようだ。主演には、ニコール・キッドマン、グウィネス・パルトロウ、メリル・ストリープの3人の名前が挙がっているようだ。(12日)
DDI、KDD、IDOの3社合併により誕生するKDDIのイメージキャラクターに豊川悦司、永瀬正敏、浅野忠信の3人が起用されたようだ。14日からCMがスタートするらしい。(13日)
「ホワイトアウト」の観客動員数が13日200万人を突破したようだ。配給収入は26億円となり最終的には30億円に達する見込み。(14日)
マーティン・スコセッシ監督は、ファッション・ブランド「グッチ」を次のテーマに選んだ模様。グッチ一族を描いた壮大なドラマになるようだ。(18日)
ジャッキー・チェンの次回作はディズニー製作の"Stretch Armstrong"になるようだ。身体がゴムのように伸び縮みする中国人スパイの話らしい。(18日)
ジュード・ロウ主演、スピルバーグ監督の「A.I.」にロビン・ウィリアムスがナレーターとして参加することが決まったようだ。(18日)
映画「東京オリンピック」でナレーションを務め、司会や俳優として活躍した放送タレントの三国一郎さんが15日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。(19日)
トビー・マグワイア主演「スパイダーマン」の全米公開が来年11月から2002年の5月3日にずれ込みそうだ。サム・ライミの監督が決定しており、ジョン・マルコヴィッチが敵役としてオファーされているとか。(19日) - ちなみにプレミア日本版11月号にはニコラス・ケイジが敵役と書いてある。どっちがホント?
映画スター夫婦を描くコメディ"America's Sweethearts"で、ジュリア・ロバーツ、ジョン・キューザック、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ビリー・クリスタルの共演が実現しそうだ。(19日)
アル・パチーノと恋人の女優ビヴァリー・タンジェロの間に双子が生まれるようだ。予定日は年末らしい。(19日)
第七回平壌国際映画祭に参加した山田洋次監督への取材によると、上映された「男はつらいよ」に対して観客は「寅さんの気持ちはよく分かる」などと良い反応で、また北朝鮮の映画人たちは「故金日成主席から『寅さんを見てよく勉強しろ』と言われた」と語っていたようだ。(20日)
大映の再建を手掛け、「未完の対局」「敦煌」「おろしや国酔夢譚」などの国際的大作や、平成「ガメラ」シリーズ、「Shall we ダンス?」などの人気作を世に送り出し、またスタジオジブリを設立して「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」などをヒットさせた徳間書店社長の徳間康快さんが20日亡くなった(78歳)。ご冥福をお祈りいたします。(21日)
「007」シリーズでおなじみ英外務省秘密情報部MI6の本部ビルに、小型のミサイルが打ち込まれるという事件が発生したようだ。(21日)
元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラの半生が映画化される模様。主演は、マンデラ自身の希望で、モーガン・フリーマンに決まったようだ。(21日)
ロベルト・ベニーニは来年「ピノッキオ」を監督・主演するようだ。(21日) - ハリウッド版とどう違ってくるか、楽しみ!
ティム・ロスが「猿の惑星」で演じるのは、やはり猿の役らしい・・・。(21日)
「2001年宇宙の旅」で特集効果を担当し、また南カリフォルニア大学で教え子のジョージ・ルーカスに多大な影響を与えたとされている、映画製作者のレスター・ノブロスさんが10日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。(24日)
ジョディ・フォスター監督作品"Flora Plum"に出演する予定だったラッセル・クロウがトレーニング中に負傷し、降板することもあり得るようだ。(25日)
大人気のアメコミ「ゴースト・ライダー」の映画化が実現しそう。主人公のダーク・ヒーローにはジョニー・デップの名前が挙がっているらしい。(25日)
ロバート・ドラムのスパイ小説「暗殺者」の映画化が決定したようだ。監督はダグ・ライマン(「スウィンガーズ」)、主演はマット・デイモンとフランカ・ポテンテ(「ラン・ローラ・ラン」)になる模様。(25日)
スピルバーグ製作、マーティン・スコセッシ監督で、アメリカの大陸横断鉄道の誕生を描く"Into the Setting Sun"が製作されるようだ。(26日)
デヴィッド・フィンチャー監督の新作"The Panic Room"に、ジャレッド・レトの出演が決まった模様。共演はニコール・キッドマン、フォレスト・ウィテカー、ドワイト・ヨーカムとか。(26日)
20日、ロンドンのエルストリー・スタジオで「スター・ウォーズ エピソード2」がクランクアップしたようだ。(26日)
60年代アメリカのUFO目撃事件を元にしたSF映画"The Mothman Prophecies"にリチャード・ギアの出演が決まったようだ。監督は「隣人は静かに笑う」のマーク・ペリントンが務める模様。(26日)
だいぶ以前にお伝えしたティム・バートン監督によるShockwaveサイトでのウェブ作品「ステインボーイ」が本日より公開となったようだ。全13話で構成され、音楽はダニー・エルフマンが担当、3〜4週間ごとに新しいエピソードが公開される予定。(26日)
以前お伝えしたケヴィン・スミス監督による「フレッチ」のリメイクに、ベン・アフレックが主演することになりそうだ。(26日)
板門店を舞台に南北朝鮮の警備兵の友情を描いた「共同警備区画(JSA)」が、韓国で「シュリ」を上回る大ヒットを記録しているらしい。(27日)
ブラッド・ピット主演か?とお伝えした「バットマン5」だが、ブラピは正式に断ったようだ。ストーリーは時代を遡って若きバットマンが描かれるとか。ワーキング・タイトルは"Batman: Year One"で、2001年夏の全米公開が予定されているようだ。(27日)
米映画芸術科学アカデミーは、アカデミー賞に「最優秀アニメ作品賞」を新設したと発表したようだ。上映時間が70分以上のアニメ映画が対象で2002年の第74回アカデミー賞授賞式からスタートするらしい。(28日)