■公開中

さんかく窓の外側は夜THE NIGHT BEYOND THE TRICORNERED WINDOW

象徴的な美術や映像表現も独特で惹かれるところ。
☆☆☆☆

おとなの事情 スマホをのぞいたらOTONA NO JIJO

もっとドンチャン騒ぎになるのかと思ったら、意外と地味なおとなの映画。ただし、料理と酒がパッとしない。
☆☆☆

新感染半島 ファイナル・ステージTRAIN TO BUSAN PRESENTS: PENINSULA

"前作"とは、あらゆる意味で別物。
☆☆☆

映画 えんとつ町のプペルPOUPELLE OF CHIMNEY TOWN

声優に依らないキャスティングによる独特の間も功を奏している。
☆☆☆☆

ワンダーウーマン 1984WONDER WOMAN 1984

エンドロール開始後の"オマケ"もお見逃しなく。
☆☆☆☆

約束のネバーランドTHE PROMISED NEVERLAND

もう少し派手な作品かと思っていたが、テーマ性重視で意外と暗くて重かった。
☆☆☆

新解釈・三國志NEW INTERPRETATION RECORDS OF THE THREE KINGDOMS

挑戦的ではあるが、パロディとして扱うにはさすがに「三國志」は重厚長大過ぎた。ダイジェスト版感は否めない。
☆☆☆

サイレント・トーキョーSILENT TOKYO

2時間半の大作にすべきところを100分未満に抑えた手際は見事と言える。
☆☆☆

STAND BY ME ドラえもん2STAND BY ME DORAEMON 2

未来のシーンになるとバジェットゲージが上がる仕組みは継承。ただし、歴史改変によりT○Y○TAとPANAS○NICは消えた模様。
☆☆☆

罪の声THE VOICE OF SIN

正直なところあまり期待はしていなかったが、堂々たる社会派エンタメ。ベテラン、中堅、若手とキャストも粒ぞろい。
☆☆☆☆★

スパイの妻WIFE OF A SPY

そのテーマ性を味わい、彼らのお芝居を愉しんだ。
☆☆☆☆

■01/28まで

ソング・トゥ・ソングSONG TO SONG

登場する顔ぶれも豪華だが、実は、バッサリとカットされてしまったキャストたちがまた凄い・・・。
☆☆☆★

星の子HOSHI NO KO

芦田愛菜は評判通り。黒木華も(相変わらず)怖い。