■公開中

BLUE/ブルーBLUE

同じリングに立ちながらそれぞれに違う方向を見つめるメインの3人からジムのオバチャン3人組まで、キャラクタがみな生き生きとしているのが、また魅力。
☆☆☆☆

21ブリッジ21 BRIDGES

マンハッタン島に掛かる道路橋は17。鉄道橋が2、歩道橋が1であと一つは・・・(本当は道路橋17+トンネル4が正解らしい)。
☆☆☆★

騙し絵の牙KIBA: THE FANGS OF FICTION

「騙し合いバトル」と宣伝するのは少し違う気もするが・・・すでにそこから始まっているということか。
☆☆☆☆

モンスターハンターMONSTER HUNTER

バディ・ムービーとして要素を強調するなど、もう少し人間臭さが欲しいところだが、モンスター臭しかしない。
☆☆☆

ノマドランドNOMADLAND

登場する路上生活者たちの表情に刻まれた苦悩は、決して演技では表現し得ない。そこになんの違和感もなく溶け込んでいるマクドーマンド。
☆☆☆☆★

トムとジェリーTOM & JERRY

せっかくマイケル・ペーニャやケン・チョンも出演しているのに、吹替版では調子が出ない。
☆☆☆

ミナリMINARI

「ミナリ」、ワンダフル。
☆☆☆☆★

奥様は、取り扱い注意HAZARDOUS WIFE WARNING

綾瀬はるか(と,西島秀俊)のアクションは文句なしだけれど・・・。
☆☆★

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||EVANGELION: 3.0+1.0 THRICE UPON A TIME

今回の昭和歌謡ショーもニクイ選曲(日本が誇る某SF超大作映画の主題歌の歌詞を全部覚えていた自分に驚く)。
☆☆☆☆★

ラーヤと龍の王国RAYA AND THE LAST DRAGON

"シスー"は、吹替版で観てもどことなくオークワフィナっぽくて楽しい。
☆☆☆☆

太陽は動かないTHE SUN DOES NOT MOVE

映画ならではの醍醐味が味わえる作品を、まだ無邪気に楽しめない自分がいる。
☆☆☆★

あのこは貴族ARISTOCRATS

東京という街の(あるいは日本という社会の)垂直構造を、これまでにない断面から見せてくれた。
☆☆☆☆

すばらしき世界UNDER THE OPEN SKY

でも、決して皮肉だけではないこのタイトル。そこがまた、心憎い。
☆☆☆☆

映画 えんとつ町のプペルPOUPELLE OF CHIMNEY TOWN

声優に依らないキャスティングによる独特の間も功を奏している。