■公開中

アートのお値段THE PRICE OF EVERYTHING

「ART=MONEY」とも「ART≠MONEY」とも言い切れないところに面白みが生まれているのは確か。ただ、ドキュメンタリーとしてはネガティブな面も追求して欲しかった。
☆☆☆★

鉄道運転士の花束TRAIN DRIVER'S DIARY / DNEVNIK MASINOVODJE

キワドイほどブラックなのに、何故かほのぼの。何とも不思議な心地よさ。
☆☆☆☆

ダンスウィズミーDANCE WITH ME

何で日本映画とミュージカルはこんなにも相性が悪いのだろう・・・。
☆☆★

イソップの思うツボAESOP'S GAME

誰が"イソップ"にせよ、そのツボにハマることになるのは我々。
☆☆☆★

命みじかし、恋せよ乙女KIRSCHBLUTEN & DAMONEN

実は「HANAMI」("Kirschbluten - Hanami",2008年)の続編的作品。
☆☆☆★

カーライル ニューヨークが恋したホテルALWAYS AT THE CARLYLE

ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレイ主演「ビル・マーレイ・クリスマス」("A Very Murray Christmas",2015年)もここが舞台。
☆☆☆★

ピータールー マンチェスターの悲劇PETERLOO

「ピータールーの虐殺」の犠牲者の正確な数は、明らかになっていないという。
☆☆☆☆

ライオン・キングTHE LION KING

眼前に広がる大自然の砂の一粒までもが、すべてまがい物。その映像技術は圧巻。
☆☆☆☆

ワイルド・スピード/スーパーコンボFAST & FURIOUS PRESENTS: HOBBS & SHAW

J・ステイサムは1967年、V・カービーは1988年生まれなので実年齢差は21歳。この辺りにも無理矢理感が漂う。
☆☆☆

風をつかまえた少年THE BOY WHO HARNESSED THE WIND

ウィリアムが22歳の時に行ったTEDでのプレゼンは、こちらで見ることができる https://bit.ly/1ma386c
☆☆☆★

世界の涯ての鼓動SUBMERGENCE

ただのメロドラマ、として観た方が楽しめるかも。
☆☆☆

あなたの名前を呼べたならSIR

社会派の作品でもあるが、まずロマンス映画として逸品。
☆☆☆☆

アルキメデスの大戦THE GREAT WAR OF ARCHIMEDES

迫力はあるが、やはりどこかCGっぽさが抜けないVFXも、その虚しさの一因か。
☆☆☆★

ペット2THE SECRET LIFE OF PETS 2

アニメ声優初挑戦のハリソン・フォードの声を堪能したい方は字幕版へ。
☆☆☆

天気の子WEATHERING WITH YOU

都心の描写の無意味な程の緻密さは病的にも見える。でも、それが主人公たちを健全に見せているのかも?
☆☆☆☆

チャイルド・プレイCHILD'S PLAY

せめてもう少し愛いらしいデザインにすれば、むしろ震え上がるほど怖くなるのに・・・。
☆☆☆

存在のない子供たちCAPERNAUM / CAPHARNAUM

ラストで見せる少年の表情が、心に焼き付いて消えない。
☆☆☆☆★

東京喰種 トーキョーグール【S】TOKYO GHOUL 'S'

「2」の域に達することができず、苦し紛れの「S」か?
☆☆★

トイ・ストーリー4TOY STORY 4

オープニングだけでなく、最後のPIXARロゴにもアレンジが加えられているのでお見逃しなく。
☆☆☆☆☆

Diner ダイナーDINER

ここは料理そのものよりも雰囲気を味わう場所?
☆☆☆

新聞記者THE JOURNALIST

こういう硬派なエンタメがもっと欲しい、という日本映画界への激励と懇願を込めて。
☆☆☆☆★

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームSPIDER-MAN: FAR FROM HOME

新たな"フェーズ"への跳躍を約束する作品。前作の思わせぶりなクレジット後のシーンとの繋がりが切れてしまったのは少し残念だが。
☆☆☆☆

アラジンALADDIN

でも、一番期待していた"ガイ・リッチー"が見当たらない・・・。
☆☆☆★

海獣の子供CHILDREN OF THE SEA

エンドクレジットの後、意外に長いシーンと重要なメッセージが・・・(危うく席を立つところだった)。
☆☆☆☆

プロメアPROMARE

作品に込められたエネルギーに圧倒されっぱなし。ほぼ全編全力疾走の主人公たちに付いていくのがやっと。
☆☆☆☆

■08/30まで

COLD WAR あの歌、2つの心COLD WAR / ZIMNA WOJNA

本作を観たダニー・ボイルは、トマシュ・コットを「007」第25作の悪役に希望したもののプロデューサーが拒絶、それをきっかけに同作の監督を降板した、らしい。
☆☆☆☆

■08/28まで

Girl/ガールGIRL

V・ポルスターの起用には批判の声もあったようだが、いずれにせよ、彼の存在がなければ本作は違う作品になっていただろう。