■公開中

ドラゴンボール超 ブロリーDRAGON BALL SUPER: BROLY

そして、野沢雅子のパワーにも圧倒される。彼女もまた、人知を超えた存在になりつつあるのかも・・・!?
☆☆☆☆

グリンチDR. SEUSS' THE GRINCH

バスの運転手の名前がサムなのは「スピード」("Speed",1994年)へのオマージュ?他にも小ネタはイロイロありそう。
☆☆☆★

マイ・サンシャインKINGS

そのカオスを、作品そのもののカオスで表現しようとしたのだろうか?
☆☆★

メアリーの総てMARY SHELLEY

メアリー・シェリー、というより、エル・ファニングを描くための作品?
☆☆☆★

おとなの恋は、まわり道DESTINATION WEDDING

全然ロマンチックじゃないロマ・コメ。共演4度目という息の合った2人の息の合わない掛け合いが楽しい。
☆☆☆★

来るKURU

結局、来たのはオムライスだけ。
☆☆★

パッドマン 5億人の女性を救った男PADMAN

機動戦士ガンダムNTMOBILE SUIT GUNDAM NARRATIVE

そろそろ過去の亡霊を追い払いたいところだが、作品を重ねるに連れて亡霊も増え続け・・・。
☆☆☆★

くるみ割り人形と秘密の王国THE NUTCRACKER AND THE FOUR REALMS

せめてバレエのシーンがもっとあれば。せっかくM・コープランドやS・ポルーニンを召喚したのに・・・。
☆☆☆

ピアソラ 永遠のリベルタンゴPIAZZOLLA: THE YEARS OF THE SHARK / ASTOR PIAZZOLLA INEDITO

その生涯に触れた上であらためて聴く彼のバンドネオンの音色は、また格別。
☆☆☆☆

オンネリとアンネリのふゆONNELIN JA ANNELIN TALVI

こういう作品こそ吹替版が必要では?個人的にはフィンランド語の響きが楽しめる字幕版が嬉しいけれど。
☆☆☆★

彼が愛したケーキ職人THE CAKEMAKER

肝心なところでまさかの"インターミッション"(上映トラブル)で、ちょっと興ざめ・・・。
☆☆☆☆

ヘレディタリー/継承HEREDITARY

「青春の光と影」までもがトラウマになりそう・・・。
☆☆☆☆

斬、KILLING

握りしめた刀が発っするギリギリという音が、彼らの心の軋みに聞こえてくる。
☆☆☆☆

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD

さすがはジョニー・デップ。有無を言わせぬ迫力と貫禄で雑音を払い除けている。
☆☆☆☆

イット・カムズ・アット・ナイトIT COMES AT NIGHT

結果は最初から目に見えているのだが、後味の悪さは想像以上。
☆☆☆☆

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリーA GHOST STORY

パイの味が、ずっと気になっている。
☆☆☆☆

おかえり、ブルゴーニュへBACK TO BURGUNDY / CE QUI NOUS LIE

豊かな果実味とのバランスがいい爽やかな酸味が楽しめるが、複雑な味わいも残す。
☆☆☆★

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイSICARIO: DAY OF THE SOLDADO

さらなる続編を匂わせるエンディング。プロデューサーのTrent Luckinbillは第3作が開発に入っているとコメントしていたが・・・。
☆☆☆★

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。
☆☆☆☆☆

ヴェノムVENOM

どうやらMCUとは独立した作品になるようだが・・・Marvel作品はMarvel Studiosに任せるべきでは?
☆☆☆

search/サーチSEARCHING

確かに斬新なアイデア。でも、よく観ると相当に面倒くさいことをやっている。
☆☆☆★

アンダー・ザ・シルバーレイクUNDER THE SILVER LAKE

あまりにみすぼらしいアンドリュー・ガーフィールドが、本気で心配になってくる。
☆☆☆★

日日是好日NICHINICHI KORE KOUJITSU

樹木希林はお茶の経験が無かったというから驚き。20歳から40代までの佇まいを演じ分ける黒木華にも見惚れる。
☆☆☆☆

カメラを止めるな!ONE CUT OF THE DEAD

噛めば噛むほど脳内に旨味が滲み出るこんな作品は、本当に久しぶり。