■公開中

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノールTHE MUSIC OF SILENCE / LA MUSICA DEL SILENZIO

ドキュメンタリー映画にして欲しかった。
☆☆★

ブライトバーン 恐怖の拡散者BRIGHTBURN

もう少しファンタジー寄りかと思っていたが、結構エグいホラー。それは、(DC系)スーパーヒーローへの歪んだ愛情表現でもある(?)。
☆☆☆☆

エンド・オブ・ステイツANGEL HAS FALLEN

さらなる続編の構想もあるようだが、主人公の肉体だけでなく、シリーズとしてもそろそろ限界では・・・。
☆☆☆

盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲ANDHADHUN

結局、主人公の打ち明け話はどこまで真実だったのか・・・
☆☆☆☆

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁WINGS OVER EVEREST / 冰峰暴

中国での公開は11月29日。興行成績の行方もチョット気になる。
☆☆☆

生理ちゃんLITTLE MISS PERIOD

誰もが気楽に楽しめるコミカルで爽やかなアンサンブル・ドラマ。しかし、作品に託されたテーマと使命はかなり重い。
☆☆☆☆

ターミネーター:ニュー・フェイトTERMINATOR: DARK FATE

本作がシリーズの「ターミネーター」となってしまうのか・・・(まあ、ほとぼりが冷めたら復活しそうだけど)。
☆☆☆★

グレタ GRETAGRETA

舞台はニューヨークだが撮影はロケはダブリンなどで行われたらしい。
☆☆☆

永遠の門 ゴッホの見た未来AT ETERNITY'S GATE

画家でもあるJ・シュナーベルだからこそ見える/見せることの出来る世界、なのかも知れない。
☆☆☆☆

CLIMAX クライマックスCLIMAX

S・ブテラを含め全員がプロのダンサー。地獄絵図となる後半も含めて、綿密に計算され得た振り付けによるコンテンポラリー・ダンス作品と捉えても面白い。
☆☆☆☆

IT/イット THE END "それ"が見えたら、終わり。IT: CHAPTER TWO

次々と現れる悪夢そのもののようなシーンの印象も、ラストが爽やかに洗い流してしまう。良いような、悪いような・・・。
☆☆☆★

最初の晩餐THE FIRST SUPPER

供される料理のように、彼らも"普通"とは少し違う。でもそれは、目玉焼きであり、餃子であり、家族なのだ。
☆☆☆☆★

NO SMOKINGNO SMOKING

NO SMOKING, NO MUSIC (?)
☆☆☆☆

ジェミニマンGEMINI MAN

例え4K/3D/120FPSで観たとしても、映画としての面白さにそれほど差が出るとは思えないが・・・。
☆☆☆

ボーダー 二つの世界BORDER / GRANS

それでもなお、これは"人間"を描いた作品。
☆☆☆☆

ブルーアワーにぶっ飛ばすBLUE HOUR

夏帆も面白い女優さんだけど、シム・ウンギョンも面白い。
☆☆☆☆

マレフィセント2MALEFICENT: MISTRESS OF EVIL

M・ファイファー演じる王妃の人物像が薄っぺらいのは残念だが、子ども向け作品としてはこんなところか。
☆☆☆★

スペシャルアクターズSPECIAL ACTORS

これを全国公開の商業映画として見せられるのは辛い。
☆☆

最高の人生の見つけ方WAY TO FIND THE BEST LIFE

主人公を女性にするというアイデアまでは良かったのだが。
☆☆★

イエスタデイYESTERDAY

それほど好きでも無いのだが、観終わると彼らの音楽が無性に恋しくなる。
☆☆☆☆

蜜蜂と遠雷BEES AND DISTANT THUNDER

決してファンタジーではないが、これはフィクションだからこそ描ける世界。ドキュメンタリー作品も手掛けているという監督の力量は確か。
☆☆☆☆★

ジョーカーJOKER

「ジョーカー」というより、俳優としての限界を知らないホアキンが怖い。
☆☆☆☆★

ホテル・ムンバイHOTEL MUMBAI

(多少の脚色はあるにせよ)これが現実に起きたことだと思うと、胸が苦しくなるばかり。
☆☆☆☆

宮本から君へFROM MIYAMOTO TO YOU

令和時代の片隅で嗅ぐ、芳しき昭和の"異臭"。
☆☆☆☆★

記憶にございません!KIOKU NI GOZAIMASEN!

コミカルさは十分。シニカルさが欲しい。政治映画ならなおのこと。
☆☆★

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドONCE UPON A TIME... IN HOLLYWOOD

M・ロビー演じるシャロン・テイトが、「サイレンサー/破壊部隊」("The Wrecking Crew",1968年)に映る本物のシャロン・テイトを観て歓ぶ図の、得も言われぬ心憎さ。
☆☆☆☆★

天気の子WEATHERING WITH YOU

都心の描写の無意味な程の緻密さは病的にも見える。でも、それが主人公たちを健全に見せているのかも?
☆☆☆☆

プロメアPROMARE

作品に込められたエネルギーに圧倒されっぱなし。ほぼ全編全力疾走の主人公たちに付いていくのがやっと。
☆☆☆☆

■11/21まで

ロボット2.02.0

ミュージカルシーンはエンドクレジットだけ?これも時代の流れか・・・。
☆☆☆☆

真実THE TRUTH / LA VERITE

大女優を大女優が演じるという大ウソの中に"真実"を見た気にさせてしまう、映画という魔法。
☆☆☆★

人間失格 太宰治と3人の女たちNO LONGER HUMAN: DAZAI OSAMU AND THREE WOMEN

女優陣の方がヤバすぎて小栗旬がどう演じても「失格」に見えない、という構造的問題。