■公開中

ハンターキラー 潜航せよHUNTER KILLER

原作者の一人ジョージ・ウォーレスは、攻撃型原子力潜水艦USSヒューストンを指揮した元米海軍中佐。原作の方が断然面白そう・・・。
☆☆☆

アレッポ 最後の男たちLAST MEN IN ALEPPO / DE SIDSTE MAND I ALEPPO

2013-2016年に撮影されたという映像は現在のアレッポとは違うかもしれないが、世界の今を知るために観るべき作品。
☆☆☆☆★

芳華 YouthYOUTH

昼ドラ的要素満載の青春映画ではあるが、文革と戦争が人々に残した消えない傷と、今なお続く階級社会を描いた深い作品でもある。
☆☆☆★

ビューティフル・ボーイBEAUTIFUL BOY

T・シャラメが演じたニックはその後、TVドラマ「13の理由」("13 Reasons Why",2017年-)などの脚本を手がけている。
☆☆☆★

マックイーン:モードの反逆児MCQUEEN

結局、サラ・バートンが引き継いで現在に至る"Alexander McQueen"を、彼はどう思うだろう・・・。
☆☆☆☆

希望の灯りIN THE AISLES / IN DEN GANGEN

劇中の"フォークリフト安全講習ビデオ"は実在の短編作品"Staplerfahrer Klaus"(2000年) https://www.amazon.de/dp/B005XWR93G/
☆☆☆☆

バイスVICE

ちなみに、日本国政府は2018年、ディック・チェイニーに旭日大綬章を授与している。
☆☆☆☆

レゴ ムービー2THE LEGO MOVIE 2: THE SECOND PART

とりあえずブルース・ウィリスのミニフィグが欲しい・・・。
☆☆☆★

ダンボDUMBO

ディズニーアニメの世界とティム・バートン・ワールドのハイブリッド!(というか折衷案?)。
☆☆☆★

ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくるYURIY NORSHTEYN: MAKING THE OVERCOAT

映画ファン、アニメファンの一人としては、ぜひ完成させて欲しいところだが・・・。
☆☆☆★

セメントの記憶TASTE OF CEMENT

その映像に目を奪われがちだが、サウンドデザインの素晴らしさも本作の特筆すべき点。
☆☆☆☆★

ビリーブ 未来への大逆転ON THE BASIS OF SEX

ドキュメンタリー映画「RBG 最強の85才」("RBG",2018年)の日本公開(5/10)が待ち遠しい。
☆☆☆★

ブラック・クランズマンBLACKKKLANSMAN

名優デンゼル・ワシントンの息子であり元NFL選手でもある主演ジョン・デヴィッド・ワシントンは、実は「マルコムX」("Malcolm X",1992年)がデビュー作。
☆☆☆☆

バンブルビーBUMBLEBEE

ビーの可愛さはシリーズ最高!! それだけでも観る価値はある!?
☆☆☆

えいがのおそ松さんOSOMATSUSAN THE MOVIE

絵面はどんどん素っ頓狂になっていく一方、物語は次第に真面目になっていくから、ギャグもなんだか空回り。
☆☆☆

たちあがる女WOMAN AT WAR / KONA FER I STRID

ジョディ・フォスターが自らの監督・主演でリメイクするらしいが・・・本気か?
☆☆☆★

マイ・ブックショップTHE BOOKSHOP

その苛立ちや苦痛も、描かれるべき物語の一つであるとは思うが・・・。
☆☆☆★

スパイダーマン:スパイダーバースSPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

"スパイダーバース"をあまり知らない自分でも十分に楽しめた。詰め込まれた小ネタは十分の一も拾えていないだろうが・・・。
☆☆☆☆

岬の兄妹SIBLINGS OF THE CAPE

ある種グロテスクな兄妹の姿を晒すことで、理想には程遠い現代社会の実像に我々の目を向けさせるリアリズム。監督デビュー作ならではの荒削りな感触は、実は計算ずくか。
☆☆☆☆★

グリーンブックGREEN BOOK

でも、ちょっと"いい子ちゃん"な作品。
☆☆☆☆

翔んで埼玉FLY ME TO THE SAITAMA

かつての東京都民であり、元埼玉県民であり、現千葉県民である自分には、色々と腑に落ちる作品でもあった。
☆☆☆☆

半世界HALF THE WORLD

田舎町の炭焼き職人のお話。もっと淡々とした物語かと思ったが、"映画みたい"にドラマチックな展開。良くも、悪くも。
☆☆☆★

マスカレード・ホテルMASQUERADE HOTEL

これを観て、ホテルで無理難題を言う"お客様"が増えなければいいが・・・。
☆☆☆

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。
☆☆☆☆☆

■04/25まで

キャプテン・マーベルCAPTAIN MARVEL

事前に聞いてはいたけれど、それでも冒頭MARVEL STUDIOSのロゴには思わず涙が・・・。
☆☆☆☆

運び屋THE MULE

朝鮮戦争の退役軍人という設定は「ハートブレイク・リッジ」("Heartbreak Ridge",1986年)繋がり?
☆☆☆☆

アリータ:バトル・エンジェルALITA: BATTLE ANGEL

不気味の谷からまだ抜け出せずにいることに、ちょっとホッとする。
☆☆☆★

アリー/ スター誕生A STAR IS BORN

かつてと物語は変わらないが、2人の素晴らしい才能の出会いによって、新たな輝きを持ったドラマに生まれ変わっている。