■公開中

アマンダと僕AMANDA

ちなみに"Elvis has left the building"という言い回しは、コメディ映画のタイトルにも使われている(邦題は「トラブル in ベガス」)
☆☆☆☆

X-MEN:ダーク・フェニックスDARK PHOENIX

こちらはエンドクレジット中/後の追加シーンはありません。念のため。
☆☆☆

ザ・ファブルTHE FABLE

エンドクレジット後にも衝撃(?)のシーンが・・・。
☆☆☆★

ハウス・ジャック・ビルトTHE HOUSE THAT JACK BUILT

狂人を装った真の芸術家なのか、芸術家を気取るただの狂人なのか。未だに判断しかねている。
☆★

メン・イン・ブラック:インターナショナルMEN IN BLACK INTERNATIONAL

残念なことに、その"ペンライト"は僕らには効果がない。
☆☆★

ウィーアーリトルゾンビーズWE ARE LITTLE ZOMBIES

8ビット風スカスカサウンドに包まれた音と音楽は、手の込んだ映像や豪華すぎるキャスト以上の濃厚さ。
☆☆☆☆

アラジンALADDIN

でも、一番期待していた"ガイ・リッチー"が見当たらない・・・。
☆☆☆★

海獣の子供CHILDREN OF THE SEA

エンドクレジットの後、意外に長いシーンと重要なメッセージが・・・(危うく席を立つところだった)。
☆☆☆☆

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅THE EXTRAORDINARY JOURNEY OF THE FAKIR

IK○Aじゃないのは大人の事情?
☆☆☆☆

スノー・ロワイヤルCOLD PURSUIT

(模範的?アクション俳優)リーアム・ニーソンの起用も、「全くかみ合わない」感じも、全て計算尽くのブラック・コメディ。
☆☆☆

僕はイエス様が嫌いJESUS

チャド・マレーンが絶妙。映画字幕翻訳家としても活動する彼は、本作の英語字幕も担当。一石二鳥?
☆☆☆☆

ゴジラ キング・オブ・モンスターズGODZILLA: KING OF THE MONSTERS

巨大怪獣たちの圧倒的存在感! そのバトルのド迫力!! 親子のドラマや環境破壊といったテーマなど、もはや蛇足でしかない。
☆☆☆★

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘LUPIN THE THIRD: FUJIKO MINE'S LIE

次は銭形か?!(今回は出番が無かったし・・・)
☆☆☆☆

アナと世界の終わりANNA AND THE APOCALYPSE

ゾンビたちも踊ってくれれば更に最高だった。
☆☆☆★

パリの家族たちLA FETE DES MERES

原題は「母の日」。フランスの母の日は5月の最終日曜日なので、まさに今日。
☆☆☆★

空母いぶきIBUKI 192

重要な問題提起となりうる題材だったが、残念ながらただの絵空事にしか見えなかった。
☆☆★

プロメアPROMARE

作品に込められたエネルギーに圧倒されっぱなし。ほぼ全編全力疾走の主人公たちに付いていくのがやっと。
☆☆☆☆

コンフィデンスマンJP ロマンス編THE CONFIDENCE MAN: THE MOVIE

エンドクレジットの後に"驚愕"の展開が・・・?
☆☆☆★

居眠り磐音IWANE: SWORD OF SERENITY

映画にするのであれば、それに相応しいスケール感も欲しいところ。
☆☆☆★

RBG 最強の85才RBG

検索してみると、Tシャツからフィギュアまで様々な"RBG"グッズが。本作に登場するフィットネストレーナーも"The RBG Workout"なる本を出版していた。
☆☆☆☆★

名探偵ピカチュウPOKEMON DETECTIVE PIKACHU

コダックはPsyduck、リザードンはCharizard、コイキングはMagikarp・・・英語名も覚えていないと少し混乱する。
☆☆☆★

キングダムKINGDOM

武侠映画を超えるスケール感を期待したが、やはり到底ムリか・・・。
☆☆★

名探偵コナン 紺青の拳DETECTIVE CONAN: THE FIST OF BLUE SAPPHIRE

(本物の)工藤新一はほぼ登場せず、"江戸川コナン"としての活躍も少なく、実質「名探偵ヒライ」。
☆☆☆★

翔んで埼玉FLY ME TO THE SAITAMA

かつての東京都民であり、元埼玉県民であり、現千葉県民である自分には、色々と腑に落ちる作品でもあった。
☆☆☆☆

■06/30まで

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしCRAYON SHIN-CHAN: HONEYMOON HURRICANE - THE LOST HIROSHI

そんな"母ちゃん"たちへの応援歌、に、なっているような、いないような・・・。
☆☆☆☆

■06/27まで

アベンジャーズ/エンドゲームAVENGERS: ENDGAME

キャストのリストだけでもすでにネタバレかも・・・。
☆☆☆☆★

ボヘミアン・ラプソディBOHEMIAN RHAPSODY

ロック史上最高のライヴパフォーマンスとも評されるライヴエイドでの演奏を見事に再現したクライマックスは、圧巻of圧巻。