■公開中

最高の人生の見つけ方WAY TO FIND THE BEST LIFE

主人公を女性にするというアイデアまでは良かったのだが。
☆☆★

真実THE TRUTH / LA VERITE

大女優を大女優が演じるという大ウソの中に"真実"を見た気にさせてしまう、映画という魔法。
☆☆☆★

イエスタデイYESTERDAY

それほど好きでも無いのだが、観終わると彼らの音楽が無性に恋しくなる。
☆☆☆☆

蜜蜂と遠雷BEES AND DISTANT THUNDER

決してファンタジーではないが、これはフィクションだからこそ描ける世界。ドキュメンタリー作品も手掛けているという監督の力量は確か。
☆☆☆☆★

ジョーカーJOKER

「ジョーカー」というより、俳優としての限界を知らないホアキンが怖い。
☆☆☆☆★

ジョン・ウィック:パラベラムJOHN WICK: CHAPTER 3 - PARABELLUM

すでに"Chapter 4"の米国公開日は2021年5月21日に設定済。彼はどこまで行くのだろう・・・。
☆☆☆☆

パリに見出されたピアニストIN YOUR HANDS / AU BOUT DES DOIGTS

ラフマニノフの甘美さドラマチックさにやや頼り過ぎ、という印象。
☆☆☆

ホテル・ムンバイHOTEL MUMBAI

(多少の脚色はあるにせよ)これが現実に起きたことだと思うと、胸が苦しくなるばかり。
☆☆☆☆

ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たちTHE HUMMINGBIRD PROJECT

何故か実話を謳っているが、ストーリーはフィクション。高頻度取引(HFT)は現実だが、すでに過去のものになりつつある。
☆☆☆★

宮本から君へFROM MIYAMOTO TO YOU

令和時代の片隅で嗅ぐ、芳しき昭和の"異臭"。
☆☆☆☆★

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へEIGHTH GRADE

デジタルの時代でも思春期の厄介さはまだ変わっていないようで、ある意味ちょっと安心(?)
☆☆☆☆

帰ってきたムッソリーニSONO TORNATO

ドイツ、イタリアとくれば、次は日本か!?(誰に蘇ってもらうかが問題だが)
☆☆☆★

アド・アストラAD ASTRA

「2001年」へと手を伸ばし、テーマは哲学的な深遠さに向かおうとしているが、まだ残るSF映画なウソがその脚を引っ張っている。
☆☆☆☆

記憶にございません!KIOKU NI GOZAIMASEN!

コミカルさは十分。シニカルさが欲しい。政治映画ならなおのこと。
☆☆★

人間失格 太宰治と3人の女たちNO LONGER HUMAN: DAZAI OSAMU AND THREE WOMEN

女優陣の方がヤバすぎて小栗旬がどう演じても「失格」に見えない、という構造的問題。
☆☆☆★

サウナのあるところSTEAM OF LIFE / MIESTEN VUORO

なぜかこれが「R15+」になってしまうニッポンの不思議。本国フィンランドでは(もちろん)全年齢鑑賞可能な「K-3」。
☆☆☆☆

プライベート・ウォーA PRIVATE WAR

M・コルヴィンが出演したドキュメンタリー映画"Bearing Witness"(2005年)というのがあるらしいのだが、観る術は無さそう・・・。
☆☆☆★

ブルーノート・レコード ジャズを超えてBLUE NOTE RECORDS: BEYOND THE NOTES

音楽の過去・現在・未来がここにある、と言い直したい。
☆☆☆☆

アスUS

1986年のHands Across Americaは人々の団結を象徴するイベントとなったが、ピール監督はそれを米国分断の象徴として蘇らせた。
☆☆☆☆

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドONCE UPON A TIME... IN HOLLYWOOD

M・ロビー演じるシャロン・テイトが、「サイレンサー/破壊部隊」("The Wrecking Crew",1968年)に映る本物のシャロン・テイトを観て歓ぶ図の、得も言われぬ心憎さ。
☆☆☆☆★

ディリリとパリの時間旅行DILILI A PARIS

ベル・エポック=美しき時代。だが、どんな時代にも醜さが潜み、それは今につながっている。
☆☆☆☆★

アートのお値段THE PRICE OF EVERYTHING

「ART=MONEY」とも「ART≠MONEY」とも言い切れないところに面白みが生まれているのは確か。ただ、ドキュメンタリーとしてはネガティブな面も追求して欲しかった。
☆☆☆★

ライオン・キングTHE LION KING

眼前に広がる大自然の砂の一粒までもが、すべてまがい物。その映像技術は圧巻。
☆☆☆☆

天気の子WEATHERING WITH YOU

都心の描写の無意味な程の緻密さは病的にも見える。でも、それが主人公たちを健全に見せているのかも?
☆☆☆☆

プロメアPROMARE

作品に込められたエネルギーに圧倒されっぱなし。ほぼ全編全力疾走の主人公たちに付いていくのがやっと。
☆☆☆☆

■10/17まで

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章THE LEGEND OF THE GALACTIC HEROES: DIE NEUE THESE SEIRAN

戦場の描写にしても人間模様にしても、どこか整い過ぎている。そのあたりが、第二章以降に崩れてくることを期待したい。
☆☆☆★

トイ・ストーリー4TOY STORY 4

オープニングだけでなく、最後のPIXARロゴにもアレンジが加えられているのでお見逃しなく。
☆☆☆☆☆

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームSPIDER-MAN: FAR FROM HOME

新たな"フェーズ"への跳躍を約束する作品。前作の思わせぶりなクレジット後のシーンとの繋がりが切れてしまったのは少し残念だが。