ジョジョ・ラビット
JOJO RABBIT

No.N20-008
鑑賞日2020/01/17(金)
劇場名TOHOシネマズシャンテ スクリーン1(日比谷)
監 督タイカ・ワイティティ
出 演ローマン・グリフィン・デイヴィス, トーマサイン・マッケンジー, タイカ・ワイティティ, レベル・ウィルソン, スティーブン・マーチャント, アルフィ・アレン, サム・ロックウェル, スカーレット・ヨハンソン, アーチー・イェーツ, ルーク・ブランドン・フィールド, サム・ヘイガース
内 容
&
感 想
第二次大戦下のドイツ。愛国心溢れる10歳の少年ジョジョは、空想の友だちアドルフの励ましを受けながら、ナチス青少年団ヒトラーユーゲントの合宿に参加する。しかし、隊員たちからは臆病者とバカにされ「ジョジョ・ラビット」というあだ名をつけられてしまい・・・。
戦争という狂気と悪夢を、子ども眼差しという無力で無邪気なフィルターを通して、あたかもアドベンチャーやファンタジーかのようにように映し出す。その滑稽さとギリギリの嫌悪感の中に、子を想う親の深い愛情と、偏見や差別が生む悲劇と、若い心に宿る希望とを描いた。
評 価☆☆☆☆(注目はやはり、本作でデビューした主演ローマン・グリフィン・デイヴィス。ちなみに彼の父親は「キャプテン・マーベル」(2019年)などのMCU作品も手掛ける撮影監督。)
コピー愛は最強。
混雑度かなり混雑してます。
期 間2020/01/17(金) から
Link [海外] [日本] [IMDb] [OST]
備 考
cinepre