ダウントン・アビー
DOWNTON ABBEY

No.N20-005
鑑賞日2020/01/11(土)
劇場名MOVIX亀有 シアター1(亀有)
監 督マイケル・エングラー
出 演ヒュー・ボネヴィル, エリザベス・マクガヴァン, マギー・スミス, ミシェル・ドッカリー, ジム・カーター, ローラ・カーマイケル, ブレンダン・コイル, フィリス・ローガン, ジョアン・フロガット, ロバート・ジェームズ=コリアー, ソフィー・マクシェラ, ペネロープ・ウィルトン, アレン・リーチ, レズリー・ニコル, ケヴィン・ドイル, ラケル・キャシディ, マイケル・フォックス, マシュー・グード, ハリー・ハデン=ペイトン, ダグラス・リース, イメルダ・スタウントン, タペンス・ミドルトン, ケイト・フィリップス, ジェラルディン・ジェイムズ, サイモン・ジョーンズ, アンドリュー・ヘイヴィル, マーク・アディ, マックス・ブラウン, デヴィッド・ヘイグ, スティーヴン・キャンベル・ムーア
内 容
&
感 想
1927年。グランサム伯爵クローリー家の邸宅ダウントン・アビーに、バッキンガム宮殿から国王夫妻の滞在を知らせる手紙が届けられ、一家や使用人たちはこの上ない名誉と沸き立つ。しかし、準備に不安を覚えた長女メアリーは引退した元執事カーソンを復帰させ・・・。
優雅だが決して気楽ではない生活を送る貴族たちと、それを支えつつ自らの人生も愉しむ使用人たち。その物語は、長く続いた一つの時代に終わりが近づいていることも仄めかすが、各々に個性的な彼らが織りなす華麗なる人間模様が、連綿と続いて行くかにも思わせてくれる。
評 価☆☆☆★(実を言うとTVシリーズを1話も観ていないが、思いのほか楽しめた。)
コピー皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。
混雑度かなり混雑してます。
期 間2020/01/10(金) から
Link [海外] [日本] [twitter] [IMDb] [OST]
備 考
cinepre