ビブリア古書堂の事件手帖
MEMORY OF ANTIQUE BOOKS

No.N18-167
鑑賞日2018/11/02(金)
劇場名MOVIX亀有 シアター5(亀有)
監 督三島有紀子
出 演黒木華, 野村周平, 成田凌, 夏帆, 東出昌大
内 容
&
感 想
幼い頃のある出来事がきっかけで、活字が苦手な体質になってしまった五浦大輔。亡くなった祖母の遺品を整理していた時、彼は夏目漱石のサインが入った「それから」の本を見つける。大輔は、その真贋を確かめるため、値札に記されていたビブリア古書堂を訪ねるが・・・。
男たちの抑えきれない欲動と、女たちの心の奥に秘めた狂気。文学的というよりはマンガ的で、(北鎌倉という舞台のせいか)どこか幻想的な空気も漂うが、人間の業の深さを描いたチョット怖い作品でもある。ただ、終盤は取って付けたようで、ミステリーとしても今ひとつ。
評 価☆☆☆(黒木華の演技力はさすが。他が霞むのが難。)
コピー漱石と、太宰。時を越えて、2冊を結ぶ禁断の秘密とは――?
混雑度それなりに来てます。
期 間2018/11/01(木) から 2018/12/06(木) まで
Link [日本] [twitter] [IMDb] [BOOK]
備 考MOVIX亀有では11/29までの上映。ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で上映中。
cinepre