パリ・ルーヴル美術館の秘密
LA VILLE LOUVRE

No.N03-266
鑑賞日2003/12/27(土)
劇場名ユーロスペース2(渋谷)
監 督ニコラ・フィリベール
出 演ルーヴル美術館で働く人々
内 容
&
寸 評
まるで、誰もいなくなった子供部屋のオモチャたちのように、観客の見ていないところで、美術館は動いていたのである。それまでじっとしていたはずの多種多様な美術品たちは、広大な館内を縦横に行き交い、静寂に包まれていたはずのそ場所は、おしゃべりや鼻歌や様々なノイズに満たされていく・・・。そこは、マジカルで活気溢れるルーヴルという巨大な"街"。だが、我々がそれを実際に目にすることはない。観客が再びそこを訪れる時にはもう既に、美術館は動きを止め、静寂が支配を取り戻しているのだ。
評 価☆☆☆☆(「ぼくの好きな先生」の監督による1990年の作品。現在は2200人もの人々がその"街"に暮らしているとか。)
コピー1200名の専門家が織りなす、"美術館の王様"のちょっと微笑ましい舞台裏。
混雑度満席です。出来るだけ早めに受付を済ませておきましょう。
期 間2003/12/20(土) から 2004/03/19(金) まで
Web [日本] [IMDb] [DVD]
備 考2/28より上映時間変更あり。ユーロスペースでは、受付番号順に5人ずつの入場。
cinepre