フィアー・ドット・コム
FEARDOTCOM

No.N03-014
鑑賞日2003/01/25(土)
劇場名銀座シネパトス2(銀座)
監 督ウィリアム・マローン
出 演スティーヴン・ドーフ, ナターシャ・マケルホーン, スティーヴン・レイ, ウド・キア
内 容
&
感 想
N.Y.市警の刑事マイクは、地下鉄で起きた事故の現場を訪れ、被害者の恐怖に満ちた形相に驚く。そして数日後、目から血を流し叫びまくる若者が署に運び込まれ、留置所で息絶える。ウィルス感染の危険性もあるとして保健省のテリーも現場を訪れるが・・・
「リング」や「回路」からアイデアを戴いてしまったのは明らかだが、猟奇殺人という新たな要素を加えるなど、オリジナリティを出そうという努力の跡は見える。でも、結局のトコ、怖いもの見たさのオバケ屋敷映画。キャスティングはなかなか渋かったのだが・・・
評 価☆☆☆(本国では「ザ・リング」登場前に製作された作品。先見の明はあった?)
コピー白い少女の恐怖。
混雑度それなりに来てますが、座れないほどではありません。
期 間2003/01/25(土) から 2003/02/14(金) まで
Link [海外] [日本] [IMDb] [DVD]
備 考
cinepre