シネマトピックス(2001年7月〜8月)
[ 2000 | 2001 (01-03/04-06/07-08/09-10/11-12) | 2002 | LastTopics ]
  7月
「美少年の恋」のヨン・ファン監督の新作「遊園驚夢」に出演している宮沢りえが第23回モスクワ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したようだ。(1日)
井川遥は辻仁成監督の新作「フィラメント」に主演するようだ。(2日)
米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントはハリウッド・メジャー初となるインターネット映画配信を年内にスタートさせるようだ。(2日)
「ファイト・クラブ」の原作者チャック・バラニュークが来年9月に出版する予定の新作"Lullaby"に、デヴィッド・フィンチャーは早くも興味を示しているようだ。(2日)
「マッドマックス4」の製作が本格的にスタートした模様。メル・ギブソンは製作にまわり、ヒース・レジャーが主演候補に挙がっているようだ。(2日)
スパイク・リー監督の新作は、若者達の成長を描くミュージカル「レント」の映画化作品になるようだ。(2日)
スティーヴン・スピルバーグが手掛ける"Memoirs of a Geisha"の映画化で、ヒロイン候補として菊川怜の名前が挙がっているようだ。(2日)
「ハリー・ポッターと賢者の石」の予告篇第2弾が、正式公開前の先月27日に米AOLで流出する事件があったようだ。 (2日)
米タイム誌は、米国最高の映画監督にアン・リー監督を選んだようだ。(2日)
スティーヴン・スピルバーグ監督「A.I.」の初日2日間での観客動員数が100万人を越え、「エピソード1」の91万人を上回る日本新記録となったようだ。(3日)
本木克英監督「釣りバカ日誌12」の公開に合わせ、営業三課のメンバーがファンを招いて「飲み会」をやるらしい。(3日)
米男性誌"FHM"の表紙を飾る予定だったジェニファー・ロペスが、別の男性誌"STUFF"の表紙に24万ドルのギャラでオファーを受け、"FHM"の方をキャンセルしてしまったようだ。(3日)
ロベルト・ベニーニ監督・主演「ピノッキオ」の撮影がスタートした模様。イタリア映画史上最高の製作費4500万ドルが投入されるようだ。(3日)
ジャズ・クラリネット奏者としても知られるウディ・アレンは、新作"Curse of the Jade Scorpion"のプレミア上映に合わせ、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどでコンサートを開くようだ。(3日)
香港城市大学は、チョウ・ユンファに名誉文学博士号を授与するようだ。(4日)
来月ジャマイカで開催されるコンサート"Sashi Experience 2001"で、スティーヴン・セガール率いるレゲエ・バンドがデビューするらしい。(4日)
出演料引き上げなどを巡る米映画俳優組合と映画テレビ製作者同盟との交渉が合意に達し、ストは回避されることになりそうだ。(4日)
ジャン=クロード・ヴァン・ダムは、英国ハロッズにファッション・ブランド"Dammage7"を立ち上げるらしい。(4日)
映画会社が映画評論家を接待し映画評を書かせるのは詐欺に当たるとして、大手映画会社10社を訴える集団訴訟がカリフォルニア州で起こされたようだ。(4日)
TV放映が禁止されていた、スタンリー・キューブリック監督「時計じかけのオレンジ」が、英国の有料TVで放映されたようだ。(5日)
ケヴィン・スミス脚本・監督の新作"Jay and Silent Bob Strike Back"でマーク・ハミルとキャリー・フィッシャーが共演するらしい。(6日)
第23回「ぴあフィルムフェスティバル」のグランプリはタナダユキ監督・主演の「モル」が受賞したようだ。(6日)
2年前シカゴにオープンした屋内娯楽施設「ディズニークエスト」が9月に閉鎖されるようだ。(7日)
米国内の「ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ストア」は10月に全て閉店するようだ。(7日) - 日本のは?
ダスティン・ホフマンの女装合成写真が雑誌に掲載された問題で、連邦高裁は言論の自由を理由に出版社側の主張を認めたようだ。(7日) - アメリカに肖像権はないのか?
映画ロケ誘致などを行うために設立されつつある各地のフィルム・コミッションが、来月全国連絡協議会を設立するようだ。(8日)
宇和島水産高実習船えひめ丸の事故に配慮して放送を延期していたジェイムズ・キャメロン監督「タイタニック」について、フジテレビは8/31と9/1に放送すると発表したようだ。(9日)
宇和島水産高実習船えひめ丸の事故に配慮して、ブエナ・ビスタ・インターナショナル・ジャパンはマイケル・ベイ監督「パール・ハーバー」の宇和島市での上映を中止するようだ。(9日)
「ドリヴン」の続編が企画されている模様。スタローンが監督したがっているらしい。(9日)
英国の白魔術師ケヴィン・カーリヨンは、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」で主人公が前後逆にほうきに乗っていると指摘、ワーナー・ブラザースが間違いを認めるまで、興行成績が低調になる魔法をかけたらしい。(9日)
8月4日に行われるピアース・ブロスナンの結婚式は、ジョン・ウェイン主演「静かなる男」の撮影でも使用された、アイルランドのセント・メアリー教会で行われるようだ。(9日)
現在撮影中の"The Score"で、フランク・オズ監督との意見の相違から、マーロン・ブランドは監督が現場にいる時の撮影を拒否、オズ監督はモニターでチェックしながら撮影を続けているようだ。(10日)
スティーヴン・ソダーバーグ監督「トラフィック」が1週間無料上映されることになり、監督と主演ベニチオ・デル・トロがキューバを訪れたようだ。(10日)
ドリュー・バリモアとトム・グリーンが正式に結婚したようだ。(10日)
ジョナサン・モストウ監督「ターミネーター3」で、敵役にオファーされていたファムケ・ヤンセンが降板した模様。「メン・イン・ブラック2」の悪役を演じるためらしい。(10日)
アードマン・アニメーションズの新作「ウサギとカメ」の製作が、脚本のリライトのため一時中止となったようだ。(10日)
「チャーリーズ・エンジェル」の続編について、キャメロン・ディアスは出ないと言っているようだ。(10日)
「インディ・ジョーンズ4」の脚本を担当する予定だったM・ナイト・シャマランが降りてしまったようだ。(10日)
当初ブライアン・シンガー監督で進められ、資金難で中止となっていたチャーリー・カウフマン脚本の新作"Confessions of a Dangerous Mind"が、出演予定のジョージ・クルーニーが監督することで製作が再開されるようだ。主演はジョニー・デップで交渉中らしい。(10日)
「千と千尋の神隠し」の記者会見が行われ、宮崎駿監督は再び引退宣言をしたようだ。(11日)
自動車好きで知られるローワン・アトキンソンが、アストン・マーティンのオーナーズ・クラブのイベントで衝突事故を起こしたが、怪我はなかったようだ。(11日)
ツーカーセルラー東京はスティーヴン・セガール主演「DENGEKI(電撃)」のオリジナル壁紙をEZWebサイト「レコ屋コネクション」で配信するようだ。(12日)
12月公開の金子修介監督「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」は、人気キャラクタのハム太郎が主人公の「ハムハムランド大冒険」と同時上映となるようだ。(12日) - ゴジラではもう人は呼べない?
8/31、9/1にTV放映されるとお伝えしたジェイムズ・キャメロン監督「タイタニック」は、2回に分けたTV放映に合わせたディレクターズ・カット版となるらしい。(12日)
「大草原の小さな家」のローラ役で知られるメリッサ・ギルバートが米映画俳優組合の代表者選挙に立候補するようだ。(12日)
以前にも遭難した女性を救出したことのあるハリソン・フォードが、今度はイエローストーン国立公園で行方不明となっていた少年を、自らの操縦する自家用ヘリで救出したらしい。(12日)
12日東京で上演された「我らの高田“笑”学校しょの十三」で、ツービートが17年ぶりに復活したらしい。ただし、今回限りのようだ。(13日)
東京都庁を訪れたリュック・ベッソン監督に石原慎太郎都知事は、映画の共同製作や自らの出演を申し出たようだ。(13日)
米ニューオーリンズ国際空港はルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港に改名されることになったようだ。(13日)
米調査会社によると、ネット上での不正ダウンロードが最も多かった映画はガイ・リッチー監督「スナッチ」だったようだ。(13日)
リッキー・マーティンはジャッキー・チェンとの共演のオファーを受けたもののスクリーンテストで落ちてしまったらしい。(13日)
英国の人気SF番組「ドクター・フー」の新作がネット上で公開されているらしい。(13日)
アーノルド・シュワルツェネッガーは、知的障害者にスポーツトレーニングや競技の場を提供する「スペシャルオリンピックスス」活動のため、南アフリカを訪れているようだ。(14日)
日本でも公開がスタートしたマイケル・ベイ監督「パール・ハーバー」について、ブエナ・ビスタ・インターナショナル・ジャパンは1週間で興収20億円、トータル興収100億円が目標のようだ。(15日) - 大胆な・・・
殺人未遂事件の容疑者が「ドクター・ドリトル2」の広告から切り抜いたエディ・マーフィの顔写真で身分証を偽造し、ロスの拘置所を脱走する事件が発生したようだ。(15日)
NTT西日本と東宝は、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」のデジタルデータを使って、光ファイバ網による映画館への配信実験を開始したようだ。(17日)
ヴァージン・グループは日本での映画館運営事業の提携先を探しているようだ。ヴァージン・シネマズ・ジャパンが展開する映画館チェーンを売却する可能性もあるようだ。(17日)
マーロン・ブランドの降板を受けて「最‘新’絶叫計画」に出演したジェイムズ・ウッズは、出演料(=100万ドル)目当てで参加したと発言したようだ。(17日)
「シュレック2」では声優陣のギャラも最低500万ドルと大幅アップになるようだ。(17日)
日本での「パール・ハーバー」公開2日間の興収は8億8500万円を越え、ブエナ・ビスタ・インターナショナル・ジャパンの配給作品としては最高記録となったようだ。(17日)
54年にオープンし数々の名作を生み出してきた日活調布撮影所が、2003年に横浜市に移転することが決まったようだ。(19日)
全米で映画版も公開中のゲーム「ファイナル・ファンタジー」シリーズ最新作「FFX」が発売になったようだ。(19日)
ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンは、自分たちのデザインした結婚指輪と同じものを無断で販売しているとして、イタリアの宝石店を相手に5000万ドルの訴訟を起こしたようだ。(19日)
キャサリン・ヘプバーンが入院しているようだ。理由は明らかにされていないが、数日中には退院出来る模様。(19日)
映画「ピノキオ」製作に関するコロンビア・ピクチャーズとの交渉を妨害したとして、フランシス・フォード・コッポラがワーナー・ブラザーズを訴えていた裁判は、カリフォルニア州最高裁でコッポラが逆転敗訴となったようだ。(19日)
インターネット上でのみ公開されていた田中麗奈主演「好き」が、来月19日東京国際フォーラムで上映されることになったようだ。(20日)
「ドリヴン」キャンペーンのため来月4日に来日が予定されているシルヴェスタ・スタローンは、都内での本格的な映画撮影が出来るよう石原慎太郎都知事を訪ねて陳情するようだ。(20日)
ジャッキー・チェンとジェット・リーが共同で米国での映画製作に乗り出すようだ。共演の可能性もあるようだ。(20日)
20日初日を迎えた宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」は2000人の行列が出来るなど、「もののけ姫」初日の150%の観客動員数を記録したようだ。(21日) - とにかく日比谷映画街はスゴイ数の人です。観に行く方は時間に余裕を持って!
ユマ・サーマンは"Accidental Husband"で監督に挑戦するようだ。(21日)
「ふしぎの国のアリス」「ピーターパン」など数々のディズニー・アニメーションの名作を手掛けてきたテッド・バーマンさんが亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。(21日)
北久保弘之監督"BLOOD THE LAST VAMPIRE"の全米劇場公開が決定したようだ。(21日)
北野武監督「BROTHER」がロサンゼルスとニューヨークで公開されたようだ。(21日)
スティーヴン・スピルバーグは、「黒蘭の女」("Jezebel",1938年)でアカデミー主演女優賞を獲得したベティ・デイヴィスのオスカー像を約58万ドル落札し、映画芸術科学アカデミーに返却したようだ。(21日)
ガイ・リッチー監督と結婚したマドンナは子育てに専念するため引退するとの噂があるようだ。(22日)
ドリーム・トレイン・インターネットは、1970年以前の名作映画や新作映画予告篇などに加え、封切り前の新作を試写会として限定公開する有料映像配信サービス「DREAM SCREEN」をスタートしたようだ。(23日)
藤原紀香が12月日本公開予定のCGアニメ「シュレック」の日本語版で吹き替えを担当することになったようだ。(23日)
"ハンニバル・レクター"がゲームになるらしい。(23日)
ウォーレン・ベイティとアネット・ベニングでもリメイクされた「めぐり逢い」が、今度はカトリーヌ・ドヌーヴとウィリアム・ハートでリメイクされるらしい。(23日)
ジョン・ウーの新作はCGアニメで、「ミュータント・タートルズ」のリメイクらしい。(23日)
田口ランディの小説「コンセント」が中原俊監督、市川実和子主演で映画化されるようだ。(24日)
円谷英二の孫でTVシリーズ「ウルトラマンガイア」などに出演していた俳優の円谷浩さんが24日亡くなった(37歳)。ご冥福をお祈りいたします。 (24日)
来月公開の本木克英監督「釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇」で、出演する青島幸男が参議院選挙に立候補してしまったため、松竹は宣伝活動に苦慮しているらしい。(24日)
リドリー・スコットはアレキサンダー大王を主人公とした歴史スペクタクルの監督依頼をディノ・デ・ラウレンティスから受けているようだ。(24日)
ウィリアム・キャッスル監督の1958年の作品"Macabre"のリメイクで、ゲイリー・オールドマンとスティーヴ・ブシェミが共演するようだ。(24日)
「メン・イン・ブラック2」に出演予定だったファムケ・ヤンセンが急遽降板し、ララ・フリン・ボイルが代役を務めるようだ。(24日)
フジテレビとパルコは10月1日より、フジテレビが運営するサイト「お台場ドットコム」上で、短編映画を中心とした有料配信サービスをスタートするようだ。(25日)
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」は、公開4日間の観客動員数146万8千人、興収19億5千万円と、「もののけ姫」を遙かに上回る日本映画新記録をうち立ててのスタートとなったようだ。(25日)
元盗賊団の女性首領で、シェカール・カプール監督「女盗賊プーラン」によってその生涯が映画化もされた、インドの下院議員、プーラン・デビさんが25日射殺されたようだ。(25日)
ラース・フォン・トリアー監督の新作"Dogville"にニコール・キッドマンが出演することになるようだ。(25日)
「ジャングル・ジョージ」「ゴースト&ダークネス」など100本以上の映画に出演してきたライオンのボンゴががんであと数ヶ月の命と診断されたようだ。(25日)
全米公開がスタートし、週末興収1位を記録したジョー・ジョンストン監督「ジュラシック・パークIII」は、公開5日の興収が8000万ドルを越えたようだ。(25日)
9月日本公開予定の坂口博信監督「ファイナル・ファンタジー」の2000セット限定プレミアム・チケットが、7月28日から全国22の劇場窓口で販売されるようだ。値段は1セット9100円とか。(26日) - 好きな人は買うんでしょうねぇ・・・
米国ハスブロ社は、ティム・バートン監督「猿の惑星」の登場人物をかたどった、コレクター向けのフィギュア5種類を販売するようだ。(26日)
ペドロ・アルモドヴァル監督は、新作"Hable con ella"で闘牛士の訓練の様子と共に牛4頭が殺されるシーンを撮影したとして、動物保護団体から訴えられているようだ。(26日)
米映画芸術科学アカデミーは"赤狩り"をテーマとした展示会を来年開催するようだ。(27日)
ソフィア・ローレン100本目の出演作は、息子エドアルド・ポンティ監督の"Between Strangers"になるようだ。(27日)
ガイ・リッチー監督によるマドンナ主演作は、1974年リナ・ウェルトミューラー監督「流されて・・・」のリメイク"Swept Away"になるようだ。(27日)
9月公開予定の「劇場版 仮面ライダーアギト」に藤岡弘が警視総監役で出演するらしい。(28日)
小泉首相の長男、小泉孝太郎が石原プロから芸能界デビューするらしい。(28日)
コンビニのサンクスで8月7日より「ハマちゃん沖釣り弁当」「スーさん磯釣り御膳」「みち子さんの愛情おにぎり」の3種類の弁当が発売されるようだ。(29日)
ブラジルのコメディー女優ダーシー・ゴンカルベスのヌード写真が、ブラジル版ペントハウス9月号に掲載されるようだ。ゴンカルベスさんは94歳とか。(29日)
日米同時公開となったティム・バートン監督「猿の惑星」の全米週末3日間の興収は、祝日以外の公開では史上最高となる6960万ドルを記録し、初登場1位となっだようだ。(30日)
グウィネス・パルトロウとウィノナ・ライダーが共演かとお伝えしたミュージカル「シカゴ」の映画化で、主演女優にキャサリン・ゼタ=ジョーンズの名前が挙がってきているようだ。(30日)
「ドリヴン」がまもなく日本公開のキップ・パルデュー次回作は"The Baker's Son"で、今度は高校の水泳選手を演じるらしい。(30日)
宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」はさらに快進撃を続け、公開1週間の観客動員数は226万人を越え「A.I.」の記録を更新、興収も「スター・ウォーズ エピソード1」の記録を大きく上回る28億8900万円と、共に日本新記録となったようだ。さらに公開10日間では観客動員数329万人、興収42億円を突破したらしい。(30日) - とんでもないことになるぞ、これは!
「ジュラシック・パークIII」が全米公開10日で興収1億2480万ドルを稼ぎ出したようだ。(30日)
韓国映画「リメンバー・ミー」が山川直人監督でリメイクされ吹石一恵が主演するようだ。(31日)
「ランボー4」やっぱりホントにつくるらしい。もちろんスタローン主演で2002年末公開予定とか。(31日) - ジャッキー・チェンが出る、って話はやっぱりガセネタ?
米ユニバーサル・スタジオはトヨタ自動車と、映画・音楽分野のマーケティングで提携するようだ。(31日) - ユニバーサル映画はトヨタ車だらけになるかも?
ケイト・ウィンスレットが最近イングランドで購入した邸宅に幽霊が出たとか。(31日)
人気TVドラマシリーズ「ER」でピーター・ベントンを演じているエリク・ラ・サルの降板が決まったようだ。(31日)
「甲賀忍法帖」「くノ一忍法帖」「魔界転生」などの作品で知られる作家の山田風太郎さんが28日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。(31日)
ウィノナ・ライダーは200着の洋服をオークションにかけるようだ。(31日)
ベン・スティラーとヴィンス・ヴォーンはTVシリーズ「刑事スタスキー&ハッチ」の映画化を企画しているらしい。(31日)
スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作は「セックスと嘘とビデオテープ」の続編になるらしい。(31日)
  8月
石原プロからデビューか?とお伝えした小泉純一郎首相の長男、小泉孝太郎は、ザ・ドリフターズなどの所属する「イザワオフィス」と正式に契約したようだ。(1日)
発展途上国で乳児向けのミルクを販売し乳児の命を危険にさらしているとして、エマ・トンプソンらはネスレに抗議、英国芸術祭エディンバラ・フリンジ・フェスティバルで同社がスポンサーとなっているペリエ・コメディー賞をボイコットするよう呼びかけているようだ。(1日)
ジョン・キューザックを大統領にしようというキャンペーンがネット上で展開されているが、本人は知らないらしい。(1日)
テレビ東京は松竹映画「男はつらいよ」全48作のテレビ放送権を取得したようだ。(2日)
人気TVドラマ「アイ・ラブ・ルーシー」に主演していたルシル・ボールをモデルにした切手が米国で発行されるようだ。(2日)
スティーヴン・スピルバーグがロサンゼルスの高級住宅街に計画している乗馬施設について、規模を縮小することで周辺住民と合意したようだ。(2日)
マイケル・ジャクソンの15年ぶりの米国コンサートのチケットは5時間で完売したようだ。コンサートではマーロン・ブランド、エリザベス・テイラーらも登場予定とか。(2日)
米国で7/23に大友克洋監督「AKIRA」のDVDが発売され、29日までの1週間で最も売れたDVDタイトルとなったようだ。(3日)
本木克英監督「釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇」のキャンペーンとして、西田敏行と三國連太郎が山口県阿知須の海岸で車エビ300匹を放流したようだ。(3日)
マイケル・ベイ監督「パール・ハーバー」で、零戦のパイロットがアメリカの子供達に「逃げろ!」と叫ぶシーンは日本上映版だけに追加されたシーンのようだ。(3日)
黒澤明監督「天国と地獄」のリメイク権をマーティン・スコセッシが手にしたようだ。「セントラル・ステーション」のヴァルテル・サレスが監督を務めることになる模様。また、「羅生門」のハリウッドでのリメイクも決まったらしい。(3日)
ディズニーはDVDプレイヤーを18,800円、2万台限定で10月12日に発売するらしい。「白雪姫」のDVDがセットで、ミッキー型のリモコンが付属するようだ。(4日)
東映映画「仮面ライダーアギト」の主題歌はウルフルズが担当することに決まったようだ。(4日)
ロバート・ダウニーJr.再復帰はエルトン・ジョンのミュージック・ビデオになるようだ。(4日)
ベン・アフレックはアルコール依存症のリハビリを受けているようだ。(4日)
吉本興業は、森繁久彌、小林桂樹らが出演した喜劇映画の名作「社長」シリーズを、吉本タレント総出演で復活させるようだ。(5日)
反町隆史、アンディ・ラウ共演のジョニー・トー監督による香港映画「フルタイム・キラー」が香港で封切られたようだ。(5日)
ギャガ・コミュニケーションズは、約1万5千本の短編映画の使用権を保有する米国IFILM社とパートナーシップ契約を結んだようだ。(6日)
ジャッキー・チェン、クリス・タッカー主演「ラッシュアワー2」が全米公開され、「スター・ウォーズ エピソード1」を越える史上4位の、週末興収6680万ドルを記録したようだ。(6日)
フランシス・フォード・コッポラ監督の新作"Megalopolis"のキャストに、ラッセル・クロウ、ロバート・デ・ニーロ、ポール・ニューマン、ニコラス・ケイジ、ケヴィン・スペイシーらの名前が挙がっているようだ。(6日)
黒澤明監督が企画していた「海は見ていた」を熊井啓監督が映画化するようだ。主演は清水美砂に決まったようだ。(6日)
「セックスと嘘とビデオテープ」の続編かとお伝えした、スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作は、リメイクとの話もあるようだ。(6日)
「千と千尋の神隠し」公開14日間の観客動員数は450万人、興収は56億円を突破したようだ。(6日)
米映画興行チェーンのシネマーク・シアターズが全国14都市の映画館を使って、シュガー・レイのコンサートを同時中継するらしい。(7日)
過激な言葉を発する「サウスパーク」のキャラクター人形が、マレーシアで販売禁止になりそうだ。(7日)
「二都物語」などに出演した女優デイム・ドロシー・テューティンさんが亡くなった(70歳)。ご冥福をお祈りいたします。(7日)
ジョニー・デップ主演かと以前お伝えした人気アメコミ「ゴースト・ライダー」の主演はニコラス・ケイジになる模様。監督はスティーヴン・ノリントンで決まっているようだ。(7日)
ケヴィン・スミス監督の新作"Jay and Silent Bob Strike Back"が、同性愛者の団体から抗議を受けているらしい。(7日)
「サウスパーク」のトレイ・パーカーとマット・ストーンによるTVコメディシリーズ"That's My Bush!"が1シーズンで打ち切りとなるようだ。ただ、既に映画化の準備が進んでいるらしい。(7日)
「スター・ウォーズ エピソード2」のサブタイトルが"Attack of the Clones"に決まったようだ。エピソード1から10年後の設定になるらしい。(7日) - わかりやすいっ!
藤原紀香がヒロインのフィオナ姫を担当するとお伝えした「シュレック」の日本語吹替版で、主人公シュレックの声はダウンタウンの浜田雅功が担当するようだ。(8日) - やっぱり原語で見たい
ジャン=ポール・ベルモンドが脳卒中で倒れたようだ。(8日)
ニコール・キッドマン主演の新作"The Others"のプレミア上映が行われ、同作のプロデューサーを務めるトム・クルーズも参加したものの、会話はなかったようだ。(8日)
8/11に開催予定の東京湾大華火祭で、「エボリューション」マークの花火が上がるらしい。(8日)
最近スクリーンから遠ざかっているブルック・シールズは、ブロードウェイ・ミュージカル「キャバレー」に出演し、好評のようだ。(8日)
「全国フィルム・コミッション連絡協議会」が8日設立されたようだ。(9日)
ハリウッド蝋人形館にラッセル・クロウ、キアヌ・リーヴス、アンジェリーナ・ジョリーが加わったようだ。(9日)
米映画芸術科学アカデミーの新しい会長に「狼たちの午後」などの作品で知られる脚本家のフランク・R・ピアソンが選ばれたようだ。(9日)
1973年の金大中事件を題材にした映画「KT」が日韓合作で製作されるようだ。阪本順治監督、佐藤浩市、ヤン・ウニョンらが出演するらしい。(9日)
マダム・タッソー蝋人形館に、「フランケンシュタイン」のボリス・カルロフと「魔人ドラキュラ」のベラ・ルゴシが登場するようだ。(9日)
マライア・キャリーのニュー・アルバムで初主演映画のサントラでもある"Glitter"の発売が3週間延期されることになったようだ。映画の方も公開が延期されたらしい。(10日)
レニー・ハーリン監督は、第二次大戦時のフィンランドの指導者カール・グスタフ・マンネルハイムの生涯を、ジュード・ロウ主演で映画化するようだ。(11日)
初日を迎えた中野裕之監督「RED SHADOW 赤影」の米国での試写会が検討されているほか、続編製作もあり得るようだ。(12日)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場者数が開業4ヶ月で400万人を越えたようだ。(12日)
ピーター・カッタネオ監督、クリストファー・プラマー、ティモシー・スポール主演の新作"Lucky Break"が完成したようだ。(12日)
今月19日のみの限定公開が決まった田中麗奈主演「好き」の、チケット追加発売が決まったようだ。(13日)
スティーヴン・セガールは娘の藤谷文子と共演したいと発言したようだ。(13日)
「千と千尋の神隠し」公開20日の観客動員数660万人、興収80億円を突破、早くも今年最大のヒット作となったようだ。(13日)
全米初登場1位となった"American Pie 2"は、「最終絶叫計画」の記録を超えるR指定コメディ史上1位の、週末興収4510万ドルを稼いだようだ。(13日)
キアヌ・リーヴス主演"Matrix Reloaded"は2003年5月に世界同時公開されるようだ。(13日)
「ハリー・ポッター」をモチーフにした限定ウォッチがフォッシル・ブランドで発売されるようだ。(14日)
改修が進む映画「逢びき」の舞台となった英国カーンフォース駅が、来年夏から一般公開されるようだ。(14日)
ラッセル・クロウは来年春撮影開始予定の戦争映画"The Long Green Shore"で、製作・監督・脚本・主演を務めるようだ。(14日)
ミュージカル「シカゴ」の映画化は、結局キャサリン・ゼタ=ジョーンズとレニー・ゼルウィガー主演に決定したようだ。ケヴィン・スペイシー、ヒュー・ジャックマン、キャシー・ベイツらが共演するらしい。(14日)
菅原文太主演「山口組外伝 九州進攻作戦」のリメイク作品、成田裕介監督「実録・夜桜銀次」の撮影に、10時間をかけて全身に入れ墨のメイクを施した哀川翔が登場したようだ。(15日)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内のアトラクション「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」で、恐竜を動かす油圧ポンプに亀裂が入り、観客約200人に油が降りかかるという事故が起こったようだ。(15日)
「千と千尋の神隠し」公開25日で興収が101億5千万円と日本興行史上最速で大台を突破、観客動員数も799万人に達したようだ。(15日)
ヘレナ・ボナム・カーターは「猿の惑星」続編への出演については、慎重なようだ。(15日)
ジャン=ポール・ベルモンドは集中治療室を出たものの、退院のめどは立っていないようだ。(15日)
インターネット上で行われた投票によると、映画史上最高の悪役にはハンニバル・レクター博士が選ばれたようだ。2位はダース・ベイダーで、「ミザリー」のキャシー・ベイツが5位に入ったらしい。(15日)
人気コミック「ピンポン」が曽利文彦監督で映画化されるようだ。主演の窪塚洋介は丸刈りのカツラをかぶるようだ。(16日)
鈴木光司原作のホラー「仄暗い水の底から」が中田秀夫監督、黒木瞳主演で映画化されるようだ。(16日)
ドリュー・バリモアが、火事を知らせてくれた愛犬に300万ドルの豪邸を贈ったようだ。(16日)
以前、ウォルト・ディズニーが英国文学史上最高の2億4000万ポンドで更新したとお伝えした「くまのプーさん」の著作権契約について、著作権を最初に買い取った企業が3500万ドルの未払いの使用料があるとしてディズニーを訴えているようだ。(16日)
エスクワイア英国版が行った調査の結果「最もシャープな男性」にユアン・マクレガーが選ばれ、ジュード・ロウは3位にランクされたらしい。また同誌米国版では「最もクールな男性」にジョニー・デップが選ばれたようだ。(16日)
米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、ユニバーサル・スタジオ、MGM、ワーナー・ブラザース、パラマウント・ピクチャーズの5社は、高速インターネットによる映画配信サービスを行う合弁会社を設立したようだ。(17日)
既にアンソニー・ホプキンスの出演が決定している「羊たちの沈黙」の前編"Red Dragon"で、エドワード・ノートンとエミリー・ワトソンに出演依頼がいっているようだ。(17日)
来年公開予定の中村和彦監督「棒」で松岡俊介、田口トモロヲらがAV男優を演じるらしい。(17日)
世界に2つしか現存しない「タイタニック号」のデッキチェアの一つが、来月オークションにかけられるようだ。(17日)
ティム・バートン監督は「猿の惑星」の続編について「続編をつくるくらいなら、窓から飛び降りた方がましだ」と発言したようだ。(17日)
スティーヴン・スピルバーグが創設した財団による、ホロコースト生存者5万人の証言をビデオに収録する作業が終了したようだ。(18日)
英国ブロードキャスト誌が発表した英国メディア業界の長者番付100人に、ローワン・アトキンソンが加わっているようだ。(18日)
「香港のジム・キャリー」ことチャウ・シンチー(周星馳)が申請していたカナダの永住権について、カナダ最高裁判所はそれを認めなかったようだ。(18日)
ニューヨーク初の韓国映画祭が開幕し「カル」「JSA」などが上映されるようだ。(18日)
ロバート・ハリス原作"Enigma"の撮影中、妊娠中だったケイト・ウィンスレットはコルセットを使って体型を隠していたようだ。(19日)
8/31日からTV放映される映画「タイタニック」で妻夫木聡と竹内結子が吹き替えを担当するようだ。(20日)
カンヌ映画祭審査員も務めた、映画評論家の草壁久四郎さんが19日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。(20日)
現在公開中の「RED SHADOW 赤影」で麻生久美子が演じる飛鳥の衣装を着けたリカちゃん人形が発売されるようだ。(20日)
映画「遠い夜明け」の原作者として知られるジャーナリストのドナルド・ウッズさんが亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。(20日)
「千と千尋の神隠し」公開31日で観客動員数がついに1000万人を突破、興収も130億円を超えたようだ。(20日)
ペネロペ・クルスは「写真の勉強をしたい」として、来年2月まで女優業を休むようだ。(20日) - 理由は写真じゃなくてトム・クルーズじゃないの?
西友は子会社のエス・エス・コミュニケーションズの発行済み株式の80%を角川書店に売却、同社子会社のキネマ旬報社の経営権も角川に移ることになったようだ。(21日)
以前"The Nightmare of Edgar Allan Poe"で久しぶりに映画出演かとお伝えしたマイケル・ジャクソンだが、"The Way of the Unicorn: The Endangered One"というアニメ映画で声の担当をすることになったらしい。(21日)
ブラッド・ピット主演が予定されているダーレン・アロノフスキー監督の新作SFは、ケイト・ブランシェットが共演することになるようだ。(21日)
ジル・ミモーニ監督の新作"The Pretender"でヴァンサン・カッセルとショーン・ペンが共演するらしい。(21日)
スティーヴン・スピルバーグ製作、ジャッキー・チェン主演の"Tuxedo"に、ジェニファー・ラヴ・ヒューイットが出演するようだ。(21日)
ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは「カッコーの巣の上で」を見て以来ジャック・ニコルソンの大ファンらしい。(21日)
今月開催される第58回ヴェネチア国際映画祭でエリック・ロメール監督に金獅子賞の特別功労賞が贈られるようだ。(21日)
「トレインスポッティング」原作小説の続編が来年発表されるらしい。10年後の話になるとか。(21日)
ユアン・マクレガーは出身地スコットランドのクリーフで行われたハイランドゲームズ(力自慢大会)の族長を務めたものの、競技には参加しなかったようだ。(21日)
クエンティン・タランティーノ監督の新作"Kill Bill"は主演のユマ・サーマンが妊娠したため撮影が来年1月に延期されたようだ。(21日)
「トラフィック」に出演していたオリン・ハッチ米上院議員、今度は全米公開中のコメディ映画「ラット・レース」のサントラに詞を提供したらしい。(21日)
「雨の午後の降霊祭」「女優フランシス」など作品で知られる女優のキム・スタンリーさんが20日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。(22日)
ウディ・アレンは今後の監督作品について、トム・ハンクスやトム・クルーズなどのビッグ・スターを主演にしたい、と語ったようだ。(22日)
ケヴィン・コスナー降板でレイフ・ファインズが主演かとお伝えしたオリヴァー・ストーン監督の新作"Beyond Borders"は、結局ケヴィン・コスナー、アンジェリーナ・ジョリー共演でこの秋から撮影にはいるようだ。(22日)
米雑誌「AUTOGRAPH COLLECTOR」が発表した、気さくにサインしてくれるスター第1位は、アンジェリーナ・ジョリー、2位はジョージ・クルーニーだったようだ。ちなみにワースト1はトビー・マグワイアだとか。(22日)
70年代の米国人気TVシリーズ「燃えよ!カンフー」("Kung Fu",1972-1975年)が"American Samurai"のタイトルで映画化されるようだ。(22日)
来月開催される第26回トロント国際映画祭にミック・ジャガーも参加し、彼の出演した"Man From Elysian Fields"が上映されるようだ。(22日)
アンジェリーナ・ジョリーが国連親善大使に任命されることが決まったようだ。(22日)
脳血管障害で入院していたジャン=ポール・ベルモンドが退院したようだ。(23日)
007シリーズ最新作"Beyond the Ice (Final Assignment?)"のあらすじが漏れインターネット上に公開されたものの、製作会社はファンの創作に過ぎない、とその内容を否定したようだ。(23日)
日活ロマンポルノ作品で知られる映画監督の白鳥信一さんが22日亡くなった(73歳)。ご冥福をお祈りいたします。(23日)
ベルギーのコミック"TINTIN"(「タンタン」)がハリウッドで映画化されるらしい。(23日)
ディズニー生誕百周年記念の一環として、第14回東京国際映画祭協賛によるディズニー映画祭が開催されるようだ。(23日)
10/26日より開催される東京国際ファンタスティック映画祭では、映画祭のキャッチコピーを募集しているようだ。(23日)
ブレンダン・フレイザーは、来月ロンドンで上演される舞台「熱いトタン屋根の猫」に主演するようだ。(23日)
マイケル・ジャクソンの6年ぶりのニュー・アルバム"Invisible"がいよいよ10月に発売されるようだ。(24日)
アル・パチーノ主演「セルピコ」の原作者として知られる作家のピーター・マースさんが23日亡くなった(72歳)。ご冥福をお祈りいたします。(24日)
来月開催されるニューヨーク映画祭で岩井俊二監督「リリイ・シュシュのすべて」、今村昌平監督「赤い橋の下のぬるい水」がプレミア上映されるようだ(24日)
来年1月に撮影開始予定の007シリーズ最新作では、ボンド・カーとしてアストン・マーティンが復活するようだ。(24日)
仲直りしたか、と思われたハリソン・フォード、メリッサ・マシソン夫妻だが、とうとう法的別居の申請を行ったようだ。(24日)
以前お伝えした"阪神タイガースの映画"製作が本格的に動き出した模様。井坂聰監督、長嶋一茂主演でタイトルは「Mr.Rookie」に決まったようだ。ランディ・バース出演の可能性もあるとか。(25日) - 長嶋一茂主演!?
人気R&Bシンガーであり、「ロミオ・マスト・ダイ」でジェット・リーと共演の後「マトリックス」続編への出演も決まり女優としての活躍も期待されていたアリーヤが、25日飛行機事故で亡くなった(22歳)。ご冥福をお祈りいたします。(26日)
ISPのclicom.netは500円/月で映画などの映像コンテンツが見放題になるサービスをスタートしたようだ。(27日)
角川書店は、映画「リング」「リング2」「不夜城」3作品の香港での上映に対する正当な利益配分がないとして、香港高先映画会社を訴えたようだ。(27日)
広島の原爆投下を扱った映画を、ハリウッドが企画しているらしい。(27日)
ウォルト・ディズニーは中国向けのポータルサイトをスタートしたようだ。(27日)
「千と千尋の神隠し」興収は140億円を突破したようだ。(27日) - ようやく少し落ち着いてきたか?
「愛しきは、女/ラ・バランス」「恋のエチュード」などの作品で知られる俳優のフィリップ・レオタールさんが25日亡くなった(25日)。ご冥福をお祈りいたします。(27日)
近日公開予定の「ムーラン・ルージュ」にも出演しているジョン・レグイザモは、米CBSテレビと今年度最高額の出演契約を結んだようだ。(27日)
ピーター・ジャクソン監督、イライジャ・ウッド主演の超大作「ロード・オブ・ザ・リング」の主題歌をエンヤが歌うことになったようだ。(28日)
「メン・イン・ブラック2」を降板したファムケ・ヤンセンは、ベティ・トーマス監督、エディ・マーフィ、オーウェン・ウィルソン共演の新作「アイ・スパイ」に出演することが決まったようだ(28日)
米ウォルト・ディズニーと20世紀フォックスもインターネットによる映像配信サービスをスタートさせるようだ。(28日)
新作"The Curse of the Jade Scorpion"がプレミア上映されるヴェネチア国際映画祭に参加するためヴェネチアを訪れたウディ・アレンは、「俳優、作家、映画監督、ミュージシャンのうち最も好きな職業は?」との質問に「ミュージシャン」と答えたようだ。(28日)
ニコラス・ケイジはデヴィッド・フィンチャーが監督候補に挙がっているSFコミック「ハードボイルド」の映画化で、主演を希望しているようだ。(28日)
ウィノナ・ライダーは撮影中の新作"Lily and the Secret Planting"を病気のため降板したようだ。代役はケイト・ウィンスレットになる模様。(28日)
ニコラス・ケイジ主演かとお伝えしたアメコミ「ゴースト・ライダー」の映画化で、スティーヴン・ノリントン監督が降板、ニコラス・ケイジも降りてしまったようだ。(28日)
9/15公開となる「ファイナル・ファンタジー」のラルク・アン・シエルが歌う主題歌のミュージック・クリップが、全国のワーナー・マイカル・シネマズで独占上映されるようだ。メンバーがファイナル・ファンタジーのキャラクターに扮して演奏しているらしい。(28日)
ラッセ・ハルストレムかとお伝えしたレオナルド・ディカプリオ主演の新作"Catch Me If You Can"の監督にスティーヴン・スピルバーグの名前が挙がっているらしい。(28日)
映画「過去を逃れて」やそのリメイク「カリブの熱い夜」などのほか、TVシリーズ「ツイン・ピークス」にも出演していた、女優のジェーン・グリアさんが24日亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。(28日)
塩田明彦監督「害虫」が第58回ヴェネチア国際映画祭に新設されたコンペ部門の「現代映画部門」に出品されるようだ。(29日)
フィリップ・カウフマン監督はアルフレッド・ヒチコックの「断崖」をリメイクするようだ。(29日)
映画化は立ち消えとなってしまったが、高校生のクラーク・ケントが普段着のまま活躍する新しい「スーパーマン」のTVシリーズがアメリカでスタートするようだ。(29日) - アニメ?実写?
第58回ヴェネチア国際映画祭の国際批評家週間に奥田瑛二監督作品「少女」が出品されるようだ。(29日)
全米興収が芳しくなかったマイケル・ベイ監督「パール・ハーバー」が今月31日から全米500の映画館で再上映されるようだ。(29日) - 悪あがき?見苦しいぞ!
第58回ヴェネチア国際映画祭実行委員会はコンペ部門に「A.I.」の出品を依頼したものの、スティーヴン・スピルバーグ監督に断られていたようだ。(29日)
カイル・マクラクラン(42歳)が来春結婚するようだ。(29日)
29日東京国際フォーラムで行われた「ファイナル・ファンタジー」のプレミア上映で、ラルク・アン・シエルが主題歌を演奏したようだ。(30日)
イランの女性映画監督タミネ・ミラニがイスラム体制を侮辱したとして逮捕されたようだ。(30日)
「腰抜け二挺拳銃」や「シンガポール珍道中」などのコメディ作品で知られる俳優のボブ・ホープが肺炎で入院しているらしい。(30日)
「ラッシュアワー2」プロモーションのためクリス・タッカーが来日するようだ。(30日)
「昼顔」「無垢なる聖者」などの作品で知られるスペイン出身の俳優フランシスコ・ラバルさんが亡くなった(75歳)。ご冥福をお祈りいたします。(30日)
ヴェネチアでパパラッチに追いかけられたニコール・キッドマンは、ボートのスピード違反のチケットを切られていたようだ。(30日)
昨年は衝突事故まで起こしたモーターボートによるパパラッチの追っかけが、今年もヴェネチアで行われたようだ。今回はニコール・キッドマンが8隻のボートによる追跡を受けたものの、特にトラブルはなかった模様。(30日)
第58回ヴェネチア国際映画祭で、鈴木清順監督「ピストルオペラ」が特別上映されるようだ。(31日)
大林宣彦監督の新作は、伊勢正三の曲「なごり雪」をヒントに彼の出身地大分県臼杵市を舞台にしたラヴ・ストーリーになるようだ。主演は三浦友和で伊勢正三自身が音楽を担当する模様。(31日) - 「なごり雪」って作詞はイルカだと思ってました(^^ゞ
米国での上映が決まっていた北久保弘之監督「BLOOD THE LAST VAMPIRE」は、インターネット上でも同時公開されることになったようだ。(31日)
「ピンクパンサー」の新作に主演かという話もあったケヴィン・スペイシーだが、今度はスティーヴン・フリアーズ監督によるピーター・セラーズの半生を描いた映画に主演する、という噂があるようだ。(31日)
開催中のヴェネチア国際映画祭で、最も的確な批判的批評を書いた観客にチケット代を返す、というイベントが行われているようだ。(31日)
43歳の誕生日に米店頭株式市場ナスダックのマーケットサイトを訪れたマイケル・ジャクソンに、ナスダックCEOからシャーリー・テンプルのビンテージ・ポスターがプレゼントされたようだ。(31日)