シネマトピックス(2001年4月〜6月)
[ 2000 | 2001 (01-03/04-06/07-08/09-10/11-12) | 2002 | LastTopics ]
  4月
サウジアラビアは反イスラム的だとして「ポケットモンスター」のゲームや関連グッズの販売を禁止したようだ。(1日)
「M:I-2」DVDの初回販売は「マトリックス」の50万枚の記録を超え、80万枚に達する見込みのようだ。(2日)
瀬戸朝香は11月日本公開予定の香港映画「バレット・オブ・ラブ」でレオン・ライと共演するようだ。(2日)
「ハンニバル」原作本は去年4月の発売以来、上下巻合わせて約180万部を発行したようだ。(3日)
韓国映画「ヴィーナス」でヒロインを演じる久我陽子は、韓国文化観光省から名誉広報大使に選ばれたようだ。(3日)
ブラッド・ピットはミュージシャンのジェフ・バックリィをモデルにした映画を企画しているようだ。(3日)
「氷の微笑2」でシャロン・ストーンと共演する男優は・・・まだ決まっていないらしい。(3日)
「ターミネーター3」の監督はジョナサン・モストウとの噂があるようだ。(3日)
ロシア宇宙ステーション「ミール」から採取した水や空気の中から新種の細菌が5種類見つかったらしい。(4日) - 「アンドロメダ...」か・・・(恐)
ワーナー・ブラザーズはドリームワークスのフイルム・ビデオ配給権の獲得に動いているようだ。(4日)
トム・ハンクスは母校のオークランド・スカイライン高校の講堂改修として125,000ドルを寄付したようだ。(5日)
「エクソシスト ディレクターズ・カット版」がオーストラリアのビクトリア州で4月13日金曜日から公開される予定だったが、聖金曜日の趣旨に反しキリスト教を冒涜しているとして13日の上映が禁じられたようだ。(5日)
スティーヴン・ソダーバーグの次回作はドイツを舞台にしたサスペンス「グッド・ジャーマン」でジョージ・クルーニーが主演する模様。相手役にはケイト・ウィンスレットが候補に挙がっているようだ。(5日)
日本インディペンデント映画祭」が5月11日から13日までル・テアトル銀座で開催され、今年は、阪本順治監督「顔」(文化庁 第2回優秀映画賞 優秀映画大賞)、小沼勝監督「NAGISA-なぎさ-」(第51回ベルリン国際映画祭「キンダーフィルムフェスト」グランプリ)、緒方明監督「独立少年合唱団」(芸術選奨文部科学大臣新人賞)、新藤風監督「LOVE/JUICE」(第51回ベルリン国際映画祭ウォルフガング・シュタウテ賞)など、高い評価を得た11作品が上映されるようだ。(5日)
えっ!トム・クルーズとキャメロン・ディアスが!?二人はキャメロン・クロウ監督の新作"Vanilla Sky"で共演しているが・・・。(5日)
来年5月全米公開予定のサム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演「スパイダーマン」の撮影現場から、スパイダーマンの衣装4着が盗まれたらしい。(5日)
12月1日公開予定の「ハリー・ポッターと賢者の石」の予告篇が7日から上映されるようだ。(6日)
故サー・ジョン・ギールグッドゆかりの品々がオークションにかけられ、総額110万ポンド(約1億9000万円)で落札されたようだ。(6日)
1938年「黒蘭の女」("Jezebel")で女優の故ベティ・デイヴィスが獲得したオスカー像がオークションにかけられるようだ。(6日)
「バットマン」シリーズの新作で、アシュレイ・ジャッドがキャット・ウーマンを演じるらしい。(6日)
リュック・ベッソン製作・脚本、ジェラール・クラウジック監督の新作"WASABI"で、広末涼子がジャン・レノと共演するようだ。(9日) - え?ワサビ?
「スパイダーマン」の盗まれた衣装に対し25,000ドルの懸賞金がついたようだ。(9日)
ラッセル・クロウは映画関係のパーティで、ファンに押しつぶされそうな少女を自ら救出、さらに、はぐれた母親を捜させた上、パーティの特別席を用意してあげたらしい。(9日) - やっぱ、かっこいい。
米映画芸術科学アカデミーのロバート・レーミ会長は、先日行われたアカデミー賞授賞式の音響賞・音響効果賞発表前の「名前の知られていない人が受賞する」というマイク・マイヤーズの発言が不適切だったとして、謝罪したようだ。(9日)
@niftyと日本ヘラルド映画は今月28日に、ネット上の映画館 Cineplex@nifty をオープン、英国TVドラマシリーズの放映からスタートするようだ。(10日)
ケヴィン・コスナー主演「13デイズ」がキューバで特別上映されるようだ。コスナーもバハナ入りしたらしい。(10日)
「サウスパーク」のトレイ・パーカーとマット・ストーンによるホワイトハウスを舞台にしたTVシリーズ"That's My Bush!"の放映がスタートしたようだ。(10日)
ミュージカル「シカゴ」が映画化される模様。グウィネス・パルトロウとウィノナ・ライダーが共演するらしい。(10日)
トニー・スコット監督の新作"Taking Lives"で主演のジェニファー・ロペスは1000万ドルのギャラを手にするようだ。(10日)
以前ダーレン・アロノフスキー監督によるバットマン・シリーズ第5作"Batman: Year One"に出演か?との噂も出たブラッド・ピットだが、どうやらアロノフスキー監督の別の作品に出演することになるようだ。(10日)
ジェニファー・ロペスは出演予定だったメキシコの女流画家フリーダ・カーロの伝記映画"The Two Fridas"を降板したようだ。(10日)
スタローンは「ランボー4」と「ロッキー6」はぜひやりたい、と言っているようだ。(11日)
「13デイズ」特別上映のためキューバを訪問中のケヴィン・コスナーは、カストロ国家評議会議長と同作品を共に観賞したようだ。(11日)
「最終絶叫計画」の続編にマーロン・ブランドが出るらしい。(11日) - ブランドも来るとこまで来たか・・・
8月公開予定の本木克英監督「釣りバカ日誌12」にシリーズ初のサブタイトル「史上最大の有給休暇」が付くことが決まったようだ。(12日)
ウォルト・ディズニー社はタイガー・ウッズと広告契約を結ぶようだ。(12日)
米ビデオ映画"Absence of the Good"を「アスペルガー・死の団欒」の邦題で販売しようとしたソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対し、アスペルガー症候群の患者が不適切だと指摘し、同社は発売中止を決めたようだ。(12日)
「ネットワーク」でアカデミー賞助演女優賞を獲得したほか「尼僧物語」「ポルターガイスト」等の作品に出演していた女優のベアトリス・ストレートさんが7日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(12日)
マリリン・モンローの生誕75年を記念して、体型そっくりさんコンテストが、米ハリウッドの「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット」博物館で行われるらしい。(12日)
飯島愛のベストセラー「プラトニック・セックス」が松浦雅子監督で映画化されることになったようだ。主演女優はオーディションで選ばれるらしい。(12日)
マイケル・ベイ監督の「パール・ハーバー」は日本でもヒットするように作られているらしい。(12日) - さすがジェリー・ブラッカイマー&マイケル・ベイ、抜かりなし!?
まもなく80歳の誕生日を迎える英国の俳優ピーター・ユスチノフに対し、ドイツのラウ大統領は名誉賞を授与したようだ。(12日)
「13デイズ」今度はモスクワでも上映されたようだ。(13日)
元ミス・マレーシアの女優エラ・ファジラが与党「統一マレー国民組織(UMNO)」の幹部に登用されたようだ。(13日)
スタローンは「ランボーのキャラクターは時代遅れ」と発言したらしい。(13日) - どっちなんだ?どちでもいいけど。
ジョン・トラヴォルタ主演"Domestic Disturbance"撮影中のスティーヴ・ブシェミがバーで男にからまれ、刺されたらしい。幸い重傷ではないようだ。(13日)
「最終絶叫計画」の続編に出演する予定だったマーロン・ブランドが肺炎で入院したようだ。(13日)
キューバで特別上映された「13デイズ」だが、ウケは今ひとつだったようだ。(13日)
歌手の三波春夫さん14日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。(14日) - 映画「ルパン三世VS複製人間」で主題歌を歌っていました。
第10回日本映画批評家大賞が発表され、ダイヤモンド大賞に新藤兼人監督が選ばれた他、作品賞に市川準監督「ざわざわ下北沢」、監督賞に「東京ゴミ女」の廣木隆一監督と「スリ」の黒木和雄監督、また話題賞には「バトル・ロワイアル」の深作欣二監督が選ばれたようだ。(14日)
今年のカンヌ映画祭に参加予定の仏映画「サンサーラ」に藤谷文子が出演しているようだ。(14日)
「砂の女」「利休」等の作品で知られ、また草月流家元でもあった映画監督の勅使河原宏さんが14日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。(15日)
ソニーグループのSME・ビジュアルワークスは5月にネット上の映画学校を開設するようだ。(15日)
「グリーン・デスティニー」の続編は、制作費が5倍以上に跳ね上がりそうだ。(16日)
アシュレイ・ジャッドがキャット・ウーマンを演じるのは「バットマン」シリーズではなく、キャット・ウーマンが主役の企画らしい。(16日)
リッキー・マーティンはプレスリーが主演した「ラスベガス万才」のリメイクを企画しているようだ。ジェニファー・ロペスが共演候補に挙がっているらしい。(16日)
「無問題2」の製作が決まったようだ(16日)
元トリオスカイラインのメンバーで、黒澤明監督「どですかでん」等の作品に出演した俳優の小島三児さんが16日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。(17日)
ロジャー・ムーアがユニセフ親善大使として来日、首相官邸を訪れたようだ。(17日)
米脚本家組合はテレビ・映画制作者との契約更新の交渉を再開するようだが、両者の主張の隔たりは大きく、ストライキは避けられないようだ。(17日)
ワーナー・ブラザースと交渉中とお伝えしたドリームワークスの配給契約は、結局ユニバーサルの5年延長で決着したようだ。(17日)
グルデブ・バーラ監督の新作"Shararat"はインドでは珍しい老人介護問題を扱った作品らしい。(17日)
レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督「ギャング・オブ・ニューヨーク」の撮影が終了したようだ。(17日)
米ペプシは「トゥームレイダー」とタイアップ、CMにアンジェリーナ・ジョリーを起用するようだ。(17日) - ダイエット・ペプシって、不味い!
「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟の処女脚本"Carnivore"が映画化されるようだ。監督は別の人になりそうだ。(17日)
「ハイ・フィデリティ」の著者ニック・ホーンビィ原作でヒュー・グラントの主演が決まっている"About a Boy"だが、共演候補だったキャサリン・ゼタ=ジョーンズは育児のため?降板したようだ。(17日)
キャメロン・クロウ監督の新作は"Vanilla Sky"に続いて、トム・クルーズが主演する模様。伝説的音楽プロデューサー、フィル・スペクターを演じるようだ。(17日)
兵庫県但東町で20日から30日まで開催される「2001たんとうチューリップまつり」に、チューリップで描かれた巨大なトトロが登場するようだ。(18日) - 地上からは見えないかも?
ジェーン・フォンダは女優としての復帰を否定したようだ。(18日)
リッキー・マーティンはロンドンの舞台でミュージカル版「怪傑ゾロ」に主演するようだ。(18日)
全米では初登場3位だったレニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント共演「ブリジット・ジョーンズの日記」だが、英国では「ノッティングヒルの恋人」を200万ポンド上回る英国映画史上最高額で1位となったようだ。(18日)
来月開催される第54回カンヌ映画祭のコンペティション部門に、青山真治監督「月の砂漠」、是枝裕和監督「DISTANCE」、今村昌平監督「赤い橋の下のぬるい水」の3作品が出品されることが決まったようだ。(19日)
モハメド・アリの娘で、ジョー・フレージャーの娘ジャッキーとの対戦が6月に控えている、プロボクサーのレイラは、TVアクションドラマに出演したようだ。(19日)
「がんばれ!ベアーズ」「ゴールデン・チャイルド」等の作品で知られる映画監督のマイケル・リッチーさんが16日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。(19日)
人気TVドラマシリーズ「フレンズ」に、今度はウィノナ・ライダーが出演するようだ。(19日)
岡村隆史主演「無問題2」には酒井若菜が共演するほか、ユン・ピョウ、サム・リーも出演するようだ。(20日)
東京都は映画の撮影に関する総合窓口「東京ロケーションボックス」を開設したようだ。石原都知事は「銀座でのカーチェイスに私は賛成だ」と言っているらしい。(20日)
映画製作に対して非協力的といわれてきた香港政府が、「グリーン・デスティニー」のアカデミー賞受賞の影響もあって、カンヌ映画祭で香港映画のPRパーティーを開催するなど、積極的な支援策を打ち出しているようだ。(20日)
ベン・アフレックは、稼いだ金を自分の政治活動のために使いたい、と発言したようだ。(20日)
FMW所属のハヤブサ、ミスター雁之助らが共演する「MASK DE 41」がクランクイン、主演の田口トモロヲはプロレスラーを演じるため10Kg体重を増やしたらしい。(20日)
ポーランド財務省は、マリリン・モンロー、マレーネ・ディートリヒ、エリザベス・テイラーらハリウッドスターの未公開写真数千枚を売却するようだ。(20日)
米英で大ヒット中のレニー・ゼルウィガー主演「ブリジット・ジョーンズの日記」は、早くも続編が検討されているようだ。(20日)
中断していたウォン・カーウァイ監督「2046」の撮影が来月から再開されるようだ。(21日)
「セントラル・ステーション」のヴァルテル・サレス監督次回作は"Assumption of a Virgin"で、ジュリエット・ビノシュが主演するようだ。(21日)
モニカ・ベルッチは「マトリックス2」に続き、今度は「スター・ウォーズ エピソード3」のプリンセス役をゲットしたようだ。(21日)
スティーヴン・キング"Dolan's Cadillac"が、シルヴェスタ・スタローン主演で映画化されるようだ。(21日)
ボーイング社は、全米500館の映画館をデジタル化するための出資を行うようだ。(21日)
話題の?「氷の微笑2」主演男優探し、次の候補はヴァンサン・ペレーズらしい。(21日)
「東京ロケーションボックス」申請第一号は広末涼子、ジャン・レノ共演の"WASABI"だったようだ。(21日)
大友克洋監督「AKIRA」のデジタル修正版が、ニューヨークに続きロサンゼルスとサンフランシスコでも公開されるようだ。(21日) - 日本は〜?
俳優ジャック・ヘイリーの息子で映画プロデューサー兼俳優のジャック・ヘイリー・ジュニアさんが21日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。(22日)
岡本喜八監督の新作「助太刀屋助六」の撮影が、真田広之、鈴木京香共演で進んでいるようだ。(23日)
NHKは10月からの朝の連続テレビ小説「ほんまもん」のヒロインに池脇千鶴を選んだようだ。(23日)
「竜二」で原作・脚本・主演を務めた金子正次の半生が、高橋克典主演で映画化されるようだ。(23日)
「雨あがる」の小泉堯史監督次回作は、南木佳士の「阿弥陀堂だより」の映画化で寺尾聰、樋口可南子、北林谷栄らが出演する模様。(23日)
メル・ブルックスの監督デビュー作「プロデューサーズ」を舞台化したミュージカルがブロードウェイで上演されているらしい。(23日)
米ニコロデオン誌主催のキッズチョイス映画賞は「チャーリーズ・エンジェル」が受賞したようだ。(24日)
次回作"Beyond the Ice"で007シリーズを降りるピアース・ブロスナンの次のジェイムズ・ボンド役には、スコットランド出身のジェラルド・バトラーが候補に挙がっているようだ。(24日)
台湾の陳水扁総統が、高校の同窓生でもあるアン・リー監督と歓談したようだ。台湾政府は、「グリーン・デスティニー」で台湾初のアカデミー賞をもたらした同監督に賞の授与も検討しているらしい。(24日)
アダム・サンドラーとジュリア・ロバーツが共演か?バイアグラの女性版「ナイアグラ」を巡る実話を基にしたコメディになるようだ。(24日)
スティーヴン・スピルバーグ監督による映画化も計画されている、アーサー・ゴールデンによる大ベストセラー"Memoirs of a Geisha"(邦題「さゆり」)のモデルとなった元芸妓が、「匿名のつもりで明かした秘話が暴露された」として、著者と出版社を訴えたようだ。(25日)
レオナルド・ディカプリオはアメリカ脱出を検討しているらしい。(25日) - 日本に来ればヒーローになれるかも??
ロバート・ダウニーJr.は、薬物を使用した容疑でまたもや逮捕されたようだ。(25日) - ・・・
結局、マーロン・ブランドは病気を理由に「最終絶叫計画2」への出演を辞退したようだ。(25日)
アーノルド・シュワルツェネッガーはカリフォルニア州知事選への出馬をあらためて否定したようだ。(26日)
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズはM・ナイト・シャマラン監督の新作"Signs"の映画化権を獲得したようだ。(26日)
ドナルド・サザーランド、ポール・マザースキーらが出演する馮小剛(フォン・シャオガン)監督のコメディ「大腕」("Big Shot's Funeral")の撮影が北京で行われている模様。(26日)
再び逮捕されたロバート・ダウニーJr.は、出演中だった「アリー・myラブ」からの降板が決まったようだ。(26日)
ロジャー・ムーアは次のボンド役には黒人がいいと、キューバ・グッディングJr.の名前を挙げたようだ。(27日) - 黒人の007というのは、確かに新鮮
ツイ・ハーク監督5年ぶりの香港映画"Time and Tide"が完成した模様。まもなく全米公開されるようだ。(27日)
中山美穂主演でヒット中のTVドラマ「ラブストーリー」はジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント共演のアカデミー賞受賞作「恋愛小説家」そっくりらしい。(27日) - まあ、日本のTVドラマには珍しくもないことですが・・・
本年度の香港電影金像奨では、アン・リー監督「グリーン・デスティニー」が16部門、ウォン・カーウァイ監督「花様年華」が12部門でノミネートされているようだ。(27日)
明日より日本公開の「トラフィック」で、実在する高校の名前を許可なく使用したことについて、製作会社は学校に謝罪金を支払ったようだ。(27日)
シャロン・ストーンは、アメリカで放映される児童書をもとにしたTVアニメ・シリーズで、ナレーションを担当するようだ。 (27日)
「モダン・タイムス」「独裁者」などチャーリー・チャプリンの主要18作品の世界配給権がフランス人プロデューサーのマーリン・カーミッツ氏に売却されたようだ。(27日)
香港映画「ファイターズ・ブルース」に出演している常盤貴子が、香港のアカデミー賞「香港電影金像奨」の授賞式でプレゼンターを務めることになったようだ。(27日)
石ノ森章太郎の「化粧師」が田中光敏監督で映画化されるようだ。椎名桔平主演、菅野美穂、池脇千鶴共演で、来年2月に公開される予定。 (28日)
2001年春の褒章受章者が発表され、紫綬褒章に加藤剛、水谷八重子らが選ばれたようだ。(28日)
ジェイムズ・キャメロン監督は国際宇宙ステーションへの宇宙旅行についてロシア政府と交渉中のようだ。かつて、廃棄された宇宙ステーション・ミールに搭乗する計画もあった彼だが、まだ諦めていなかったらしい。3D映画を撮影する計画もあるようだ。(30日)
29日開催された香港電影金像奨授賞式で、アン・リー監督「グリーン・デスティニー」が作品賞、監督賞他8部門、またウォン・カーウァイ監督「花様年華」が主演男優賞、主演女優賞ほか5部門を制したようだ。(30日)
製作・脚本も担当したスタローン主演最新作「ドリヴン」が全米公開され、週末3日間で1300万ドルの興収を上げ、初登場1位を記録したようだ。(30日) - 問題は2週目から・・・
  5月
M・ナイト・シャマラン監督の新作"Signs"は、再びフィラデルフィアが舞台となり、ミステリーサークルについての映画になるようだ。(1日)
第10回MTVムービーアワードのノミネートが発表され、作品賞には「グラディエーター」「エリン・ブロコビッチ」「グリーン・デスティニー」「X-メン」「ハンニバル」などが挙がっているほか、「チャーリーズ・エンジェル」のキャメロン・ディアスが最優秀ダンス賞にノミネートされているようだ。また、今年から台詞賞、ベスト・ドレッサー賞、音楽シーン賞、カメオ賞の4部門が新設されたらしい。(1日)
エリザベス・ハーレーは、007シリーズ次回作への出演を断ったようだ。(1日)
米Sony Pictures Imageworksは、SGIワークステーション100台を導入したようだ。「スチュアート・リトル2」「ハリー・ポッターと賢者の石」などの製作に使用する模様。(2日)
高畑勲監督「ホーホケキョ となりの山田くん」の原作で、朝日新聞連載中の4コママンガ「ののちゃん」が、テレビアニメ化されるようだ。こちらも全行程がデジタル処理されるらしい。(2日)
ジャン・レノと広末涼子が共演する"WASABI"の撮影が、東京の帝国ホテルで行われることになったようだ。(2日)
「ハリー・ポッター」シリーズの販売部数が1億部を突破したようだ。(2日)
神山征二郎監督「大河の一滴」の試写ニューヨークのコロンビア大学で行われたようだ。(3日)
「カジノロワイヤル」や「チキ・チキ・バン・バン」等の作品で知られる映画監督のケン・ヒューズさんが亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。(3日)
「ある愛の詩」等の作品で知られ、最近ではアル・パチーノ、キム・ベイジンガー主演"People I Know"にも出演しているライアン・オニールが、慢性の白血病であることを明らかにしたらしい。今のところ、体調などに特に問題はないようだ。(3日)
トム・クルーズは、愛人関係にあったと発言したポルノ男優に対し1億ドルの損害賠償を求めて訴訟を起こしたようだ。(3日)
先日亡くなった勅使河原宏さんをしのぶ会が、今月12日、13日に東京・赤坂の草月会館で行われ「砂の女」「利休」等の作品が無料上映されるようだ。(4日)
アメリカの人気TV番組「サバイバー」のオーディションに「あの頃ペニー・レインと」のケイト・ハドソンが参加していたらしい。(4日)
日本でも大ヒットした韓国映画「シュリ」の米国での公開が決まったようだ。(4日)
米「ピープル」誌が選ぶ最も美しい50人に、今年はジュリア・ロバーツ、ジェニファー・ロペス、ジョニー・デップ、ベニチオ・デル・トロ、チョウ・ユンファ、チャン・ツィイーらの名前が挙がったようだ。(4日)
金沢でも、映画撮影を支援する財団法人金沢コンベンションビューローが発足したようだ。(5日)
米脚本家組合と映画・TV番組製作会社との労働協約締結交渉が仮合意に達し、ストは回避されたようだ。(5日)
小沼勝監督「NAGISA-なぎさ-」が今月末からチェコで開催される第41回ズーリン国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決まったようだ。(6日)
「Shall we ダンス?」の周防正行監督がいよいよ次回作に取りかかるようだ。(7日)
米ムービーライン誌主催のヤング・ハリウッド賞授賞式が行われデニス・ホッパー、ヘイデン・クリステンセンらに賞が贈られたようだ。(7日) - 「ヤング」なのになぜD・ホッパー?
「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」が全米公開となり週末3日間の興収が7010万ドルを越え、「スター・ウォーズ エピソード1」を抜き「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」に次ぐ史上2位の記録となったようだ。(7日)
「サイダー・ハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督とジョン・アーヴィング脚本による新作の企画が進行中らしい。ジョージ・クルーニーが主演候補に挙がっているようだ。(7日)
12日から公開される宮下昇監督「悪魔が棲む家2001」の続編の製作が決定し、主演男優・女優の募集を行うようだ。(7日) - 公開前に続編決定ですか・・・
メル・ブルックス監督の同名作品を舞台化したミュージカル「プロデューサーズ」が、トニー賞史上最多の15部門にノミネートされたようだ。(8日)
スピルバーグ監督「A.I.」のオープニング部分5分間がマサチューセッツ工科大学で上映されたらしい。(8日)
検討されている「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編について、レニー・ゼルウィガーはあまり出たくないらしい。撮影のため長期間ロンドンで過ごすことがイヤなようだ。(8日)
ダニー・ボイル監督の新作サスペンス"Tick Tock"にジェニファー・ロペスが出演することになりそうだ。(8日)
病気のため降板したマーロン・ブランドの代わりにジェイムズ・ウッズが「最終絶叫計画2」に出演することになったようだ(8日)
産業能率大学が企業新入社員を対象に行ったアンケートによると、理想の男性上司は北野武らしい。(9日) - ホントにいいの?
戦前から記録映画の製作を手掛けてきた桜映画社会長の村山英治さんが先月28日亡くなった(88歳)。ご冥福をお祈りいたします。(9日)
35年前の英国列車強盗事件の犯人で先日帰国し逮捕されたロナルド・ビックスに対し、その半生を映画化したいとのオファーが殺到しているらしい。主演候補として、クリント・イーストウッド、カーク・ダグラスらの名前も挙がっているとか。(9日)
大ヒットゲーム「バイオハザード」がポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化されるようだ。(10日)
現在製作中のジョー・ジョンストン監督「ジュラシック・パークIII」の出来について、主演のサム・ニールは「非常に素晴らしい」と言っているようだ。(11日) - かえって不安・・・
是枝裕和監督「ディスタンス」がカンヌ映画祭で上映され、観客からは大きな拍手を受けたようだ。(12日)
フランシス・フォード・コッポラ監督の新作"Megalopolis"が来年のカンヌ映画祭に出品されることになるようだ。(12日)
ウディ・アレンは、過去8作品の収益分配をごまかしたとして、女性プロデューサーのジーン・ドゥーマニアンを訴えたようだ。(12日)
現在開催中のカンヌ映画祭で、現在製作中のピーター・ジャクソン監督の新作「ロード・オブ・ザ・リング」の約20分の映像が公開されたようだ。(12日)
現在開催中のカンヌ映画祭で、イーサン・ホーク初監督作品"Chelsea Walls"が公開されたが、観客の意見は賛否両論だったようだ。(12日)
アン・リー監督による短編"Chosen"が、インターネット上で公開されているらしい。(12日)
ジャッキー・チェンはドリームワークス製作の新作"Tuxedo"に主演することになりそうだ。(12日)
現在開催中のカンヌ映画祭「ある視点」部門の招待作品として、黒沢清監督「回路」が上映されたようだ。(13日)
映画化も企画されていた大ベストセラー「銀河ヒッチハイク・ガイド」で知られるSF作家のダグラス・アダムズさんが11日亡くなった(49歳)。ご冥福をお祈りいたします。(13日)
大ヒットしたTVドラマ・シリーズ「マイアミ・バイス」映画化の話が持ち上がっているようだ。監督はTVシリーズも手掛けたマイケル・マンが有力で、ドン・ジョンソンの出演もあり得るらしい。(14日)
コーエン兄弟の新作"The Man Who Wasn't There"がカンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。(14日)
カンヌ映画祭でコンペ外作品として上映されたレア・デニス監督、ヴィンセント・ギャロ主演の"Trouble Every Day"は生々しい食人描写があったものの、観客からは喝采を浴びたようだ。(14日)
マーティン・スコセッシ監督はミラマックスと映画監督・製作に関する5年契約を結んだようだ。(14日)
サム・メンデス監督の新作"The Road to Perdition"の撮影中、突風で切れかかった高圧電線に気付いたポール・ニューマンが「逃げろ」と警告、共演のトム・ハンクスやスタッフは命拾いをしたようだ。(14日)
ジャン=クロード・ヴァン・ダムはまもなく撮影が開始される新作"The Monk"のため、肉類を一切食べていないらしい。(14日)
「ハムナプトラ2」が、全米公開10日目で興収1億ドルを突破したようだ。(14日)
ケン・ローチ監督は、英国の映画監督について「ハリウッドに魂を売っている」と批判したようだ。(15日)
オーストリアのミヒャエル・ハネケ監督の問題作"La Pianiste"(The Piano Teacher)がカンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。(15日)
ボスニアのダニス・タノヴィッチ監督が100万ドルの制作費で完成させた"No Man's Land"がカンヌ映画祭で上映され、大絶賛を浴びたようだ。(15日)
M・ナイト・シャマラン監督の新作"Signs"の主演候補としてメル・ギブソンの名前が挙がっているようだ。(15日)
金城一紀の直木賞受賞作品「GO」が行定勲監督、窪塚洋介主演で映画化、今年10月に日韓同時公開されるようだ。(15日)
アントニオ・バンデラスとロバート・ロドリゲスは「デスペラード」の続編"Once Upon A Time in Mexico"を制作する模様。クエンティン・タランティーノも参加するようだ。(15日)
ユアン・マクレガーは「エピソード2」について「前作よりずっとマシな脚本」と発言したようだ。(15日)
カンヌ映画祭にも招待されている橋口亮輔監督、田辺誠一主演の「ハッシュ!」がフランス国内300館の劇場で公開されることが決まったようだ。(16日)
米国で無人の貨物列車が暴走、ヘリによるTV中継の中、作業員が列車に乗り移り、無事停車させたようだ。(16日) - ハリウッド映画なみのド迫力!さすがアメリカ!?
カンヌでポルノ映画祭"Hot D Or"の開催を計画していたポルノ女優達がホテルから追い出される騒ぎがあったようだ。(16日)
連続殺人事件の実話をもとにしたセドリック・カーン監督のフランス映画"Roberto Succo"がカンヌ映画祭コンペ部門で上映され、警官が殺害される映画の内容に対しカンヌ警察当局が抗議しているようだ。(16日)
ジャン=リュック・ゴダール監督待望の新作"Eloge de l Amour"カンヌ映画祭コンペ部門で上映されたようだ。(16日)
ショーン・ペン監督"The Pledge"がカンヌ映画祭で好評を得たようだ。(16日)
米国で発表された報告によると、アカデミー賞を受賞した俳優は、受賞経験のない俳優より平均寿命が4年も長いようだ。ノミネートだけでは効果はないらしい。(16日)
日本映画監督協会による2000年度新人賞は「独立少年合唱団」の緒方明監督に決まったようだ。(17日)
交響曲やオペラから映画音楽、童謡まで様々な音楽を手掛けてきた作曲家の團伊玖磨さんが17日亡くなった(77歳)。ご冥福をお祈りいたします。(17日)
劇団俳優座創立55周年記念として加藤剛主演、賀来千香子、西田ひかる他共演で映画「伊能忠敬−子午線の夢−」を製作するようだ。(17日)
昨年9月にネット上で公開されたティム・バートン監督のFlashアニメーション作品"Stainboy"が、日本語版Shockwaveサイト上でも公開されているようだ。(17日)
名作「風と共に去りぬ」のパロディ小説であるアリス・ランドール著"The Wind Done Gone"に対しアトランタ連邦地裁は出版の仮差止め命令を言い渡したようだ。(17日) - 映画化の夢も・・・
人気TVドラマシリーズ「X-files」第9シーズンの放映が決定した模様。降板したデヴィッド・ドゥカヴニーも特別出演する可能性はあるようだ。(17日)
デヴィッド・リンチ監督の新作"Mulholland Drive"がカンヌ映画祭で上映され、その混沌とした内容に、みな首を傾げたようだ。(17日)
人気TVドラマ・シリーズ「アリー・myラブ」の薬物所持で再逮捕されたロバート・ダウニーJr.が最後に出演した回が放映され、7.9%の高視聴率を記録したようだ。(17日)
マイケル・ベイ監督「パール・ハーバー」の戦闘シーンは40分近くにも及ぶらしい。(17日)
まもなく全米公開となる超大作「パール・ハーバー」について米ウォルト・ディズニーは、ホノルル沖に停泊中の航空母艦でプレミア上映を行うなど、宣伝費に500万ドルを投入し、大々的に売り込んでいるようだ。(17日) - 宣伝費だけで日本映画1本分!
カンヌ映画祭で上映された万田邦俊監督「UNLOVED」がエキュメニック新人賞を受賞し、フランス鉄道協会によるレイル・ドール賞にも選ばれたようだ。(18日)
シャーリー・マクレーンの元夫で映画製作者のウィリアム・スティーブ・パーカーさんが13日亡くなった(79歳)。ご冥福をお祈りいたします。(18日)
青山真治監督自身の手による「ユリイカ」の原作小説が第14回三島由紀夫賞に選ばれたようだ。(18日)
ロザンナ・アークエットが監督デビューするらしい。ジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メグ・ライアンらの出演も決まったようだ。(18日)
カンヌ映画祭で「親愛なる日記」のナンニ・モレッティ監督による新作"La Stanza del Figlio"(The Son's Room)が上映され、喝采を浴びたようだ。(18日)
英国男性誌"FHM"の読者が選ぶ世界一セクシーな女性は、2年連続でジェニファー・ロペスになったようだ。(18日)
「リトル・ダンサー」に主演したジェイミー・ベルの次回作は第2次大戦を描くベンジャミン・ロス監督の作品になるようだ。(18日)
特別出演も有りか?とお伝えしたモルダー捜査官ことデヴィッド・ドゥカヴニーだが、「X-files」第9シーズンの降板が確定したようだ。(18日) - モルダーのいないX-filesなんて・・・
カンヌ映画祭「ある視点」部門で上映された黒沢清監督「回路」が国際批評家連盟賞を受賞したようだ。(19日)
「ヤング・ハワイ」「スキー・パーティー」などの作品に出演した女優のデボラ・ウォーリーさんが10日亡くなった(59歳)。ご冥福をお祈りいたします。(19日)
映画「エクソシスト」のカラス神父役などで知られる俳優のジェイソン・ミラーさんが13日亡くなった(62歳)。ご冥福をお祈りいたします。(19日)
先月末フランスで公開されたジャン=ピエール・ジュネ監督の新作"Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain"(「アメリ」)は、公開第1週で興収600万ドルを記録したようだ。(19日)
チャールトン・ヘストンは全米ライフル協会会長の留任を承諾したようだ。(20日)
ティム・ロビンスは今後カンヌ映画祭に自分の監督作品を出品したくないと発言したようだ。(20日)
米国でも大人気の「料理の鉄人」だが、"Iron Chef"のタイトルで米国版がスタートするようだ。司会はウィリアム・シャトナーになるらしい。(21日) - ま、まさか、カーク艦長、あのド派手な衣装を・・・
アカデミー賞を逃したケイト・ハドソンの次回作はバリー・ソネンフェルド監督"Last Call"になる模様。(21日)
「メン・イン・ブラック」の続編にファムケ・ヤンセンの出演が決まったようだ。(21日)
ドリス・デイ、ジェイムズ・キャグニーが共演した1955年の作品「情欲の悪魔」のリメイク企画が進行中で、ロバート・デ・ニーロとジェニファー・ロペスが共演することになるようだ。(21日)
ブルース・ウィリスの次回作は"Cross Check"というサスペンス映画になるようだ。(21日)
クリストファー・ウォーケンの新作はディズニー映画"The Country Bears"で、悪徳銀行員を演じるらしい。(21日)
カーリー・クーリー監督の新作"The Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood"で、アシュレイ・ジャッドとサンドラ・ブロックが共演するらしい。(21日)
以前お伝えした、ジョン・F・ケネディJr.の生涯の映画化で、主演はユアン・マクレガーか?とお伝えしたが、現在有力なのはジョン・キューザックのようだ。(21日)
本年度カンヌ映画祭のパルムドールはイタリアのナンニ・モレッティ監督"La Stanza del Figlio"に贈られたようだ。(21日)
カンヌ映画祭でメラニー・グリフィスに功労賞が授与されたようだ。(21日)
先週末3日間の全米興収でドリームワークスのアニメーション映画"Shrek"が、「トイ・ストーリー2」の記録に次ぐ4210万ドルを記録したようだ。(21日)
閉幕した第54回カンヌ映画祭の結果は以下の通りで、日本からの3作品は残念ながら無冠に終わったようだが、松田聖子の娘"SAYAKA"が出演したデヴィッド・グリーンスパン監督の米国映画「おはぎ」が短編映画部門で最高賞を受賞したらしい。
◆パルムドール:"La Stanza Del Figlio"(ナンニ・モレッティ監督)
◆グランプリ:"La Pianiste"(ミヒャエル・ハネケ監督)
◆最優秀主演男優賞:ブノワ・マジメル("La Pianiste")
◆最優秀主演女優賞:イザベル・ユペール("La Pianiste")
◆最優秀脚本賞:"No Man's Land"(ダニス・タノヴィッチ監督)
◆最優秀監督賞:ジョエル・コーエン監督("The Man Who Wasn't There")、デヴィッド・リンチ監督("Mulholland Drive")
◆カメラドール(新人監督賞):ザカリアス・クヌク監督("Atanarjuat: the Fast Runner")
(21日)
「グリーン・デスティニー」の音楽に盗作の噂が出ているようだ。(22日)
黒沢清監督「回路」の世界公開が決まったようだ。(22日)
「パール・ハーバー」の公開に対して日系米国人市民連盟は、アジア系住民に対する悪感情を呼び起こす可能性があるとして抗議デモを行ったようだ。(22日)
ダリル・ハンナが、飼犬の誕生日のため舞台「七年目の浮気」のリハーサルをすっぽかしたと報道した英国ミラー紙に対し、実際には"Dancing at the Blue Iguana"プロモーションのためトロントにいたとして、名誉棄損で提訴していたが、訴えが認められ勝訴したようだ。(22日)
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督とマット・デイモン主演による新作"Jerry"の企画が進行中で、共演はベン・アフレックの弟ケイシー・アフレックになるようだ。(22日)
「パール・ハーバー」の大ヒットを期待してウォルト・ディズニーの株価が大幅に値上がりしているようだ。(22日)
「パール・ハーバー」の日本上映版では、「米国が真珠湾の米艦隊への日本の卑劣な奇襲からどう反撃し戦争に勝利したか」についてヒロインのケイト・ベッキンセイルが語る台詞が削除されるようだ。(23日)
「白雪姫」「ダンボ」「ファンタジア」などの作品でキャラクター・デザインを手掛けたアニメーターのモーリス・ノーブルさんが18日亡くなった(91歳)。ご冥福をお祈りいたします。(23日)
良質なTV番組に対して贈られる第60回ジョージ・フォスター・ピーボディー賞の授賞式が行われ、「アルマゲドン」のスタッフがSFXを手掛けた英国BBCとテレビ朝日の共同製作番組「驚異の恐竜王国」が表彰を受けたようだ。(23日)
現在全米で大ヒット中のCGアニメーション映画"Shrek"の上映に際し、11の映画館に対しデジタル配信が行われ、映画の製作から上映まで全工程のデジタル処理が実現したようだ。(24日)
「バトル・ロワイアル」の大ヒットにより東映は大幅に業績を伸ばしたようだ。(24日)
ウィリアム・フリードキン監督と原作者ウィリアム・ブラッティは、「エクソシスト・ディレクターズカット版」が大ヒットしたにも関わらず、その利益分が支払われなかったとしてワーナー・ブラザースを訴えたようだ。(24日)
「A.I.」に続いて「ハリー・ポッター」もゲーム化されるようだ。(24日)
米国で人気のコメディ・ドラマ「フレイジャー」に主演するケルシー・グラマーがウォーク・オブ・フェイム入りを果したようだ。(24日)
先日スタートしたインターネット上の映画館Cineplex@niftyで、「フリークスも人間も」「クレイジー・イングリッシュ」など洋画9本の公開が決定したようだ。(25日)
反町隆史とアンディ・ラウが共演した香港映画「フルタイム・キラー」がクランクアップしたようだ。ジョニー・トー監督は来年のカンヌ映画祭出品も狙っているらしい。(25日)
「パール・ハーバー」の全米公開がスタートしたものの、ハリウッドの映画館はガラガラのようだ。(26日)
先日お伝えした「風と共に去りぬ」のパロディ小説"The Wind Done Gone"の問題で、米連邦高等裁判所は出版差し止めを無効とする判決を言い渡したようだ。(26日)
ジャッキー・チェン主演作"Highbinders"のレジナルド・ハドリン監督が降板、香港の映画監督ゴードン・チャンに交代したようだ。(26日)
現在日本テレビ系列で放映中のTVドラマ「明日があるさ」の映画化が決定した模様。(26日)
来年公開予定の佐藤信介監督のアクション映画「修羅雪姫」に釈由美子が主演するようだ。(27日) - しゅらゆきひめ?なんちゅうタイトルやねん!
金子修介が監督する「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」、最終決戦地は横浜で、ゴジラはかなり凶暴化するようだ。(28日)
19年ぶりの松本零士原作TVアニメ「コスモウォーリアー零」が7月より放映されるようだ。ハーロックやエメラルダスも登場するらしい。(28日)
シンガポール初のSF映画"Avatar"がクオ・ジェンホン監督で製作されているようだ。(28日)
公開がスタートした「パール・ハーバー」は全米興収1位を記録したものの「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の9000万ドルの記録には至らなかったようだ。(28日)
米国版「料理の鉄人」"Iron Chef:21st Century Battle"の収録が東京で行われた模様。以前「料理の鉄人」で和の鉄人森本正治に敗れたボビー・フレイが再度森本と対決したようだ。(29日) - と、いうことは、カーク艦長も来日したの?
マレーシアでは早速「パール・ハーバー」の海賊版ビデオが出回り、逮捕者が出たようだ。(29日)
エドワード・ノートンは探偵小説"Motherless Brooklyn"を原作に脚本を執筆中らしい。(29日)
レオナルド・ディカプリオ主演が決まっている"Catch Me If You Can"の監督にラッセ・ハルストレム監督の名前が挙がっているようだ。(29日)
「ゲット・ショーティ」の続編"Be Cool"の企画が進行中のようだ。前作で主演したジョン・トラヴォルタは高額のギャラを要求したため、ベニチオ・デル・トロに出演依頼がいっているようだ。(29日)
白木みのるが、Mr.ChildrenのベストアルバムのCMに登場するようだ。(30日)
これまで香港、タイなどで上映されてきた、障害を持つ子供とその家族を描いたアニメーション映画「どんぐりの家」が、7月に韓国でも上映されるようだ。(30日)
ペプシコーラが「猿の惑星」とタイアップしたキャンペーンを展開、お馴染みのボトルキャップも登場するようだ。(30日)
6月1日より香港で公開される映画「幽霊人間」で、地下鉄に幽霊が乗っているシーンに対して、地下鉄運営会社がクレームをつけ、該当シーンをカットすることになったようだ。(30日)
中国・広州のマクドナルドで販売されているスヌーピー人形が、子供達に異常な人気のようだ。(30日)
エマ・トンプソンは女優業を1年間休業して家族と共にアフリカ各国をまわり、エイズに関する活動を行うようだ。(30日)
手術を終えた新生・宍戸錠が6/10放送の日本テレビ系「おしゃれカンケイ」で初公開となるようだ。なんと手術の模様などを収録したDVDも発売されるらしい。(30日)
MGMは、ニュー・ライン・シネマが製作を棚上げしているジャッキー・チェン主演"Nosebleed"の獲得に乗り出しているようだ。(30日)
松田聖子の娘SAYAKAが出演し、カンヌ映画祭短編部門最高賞を受賞したことで話題となったデヴィッド・グリーンスパン監督「おはぎ」が、6月1日よりスタートする第3回アメリカン・ショート・ショート・フィルム・フェスティバルで急遽上映されることになったようだ。(31日)
木村拓哉が出演する富士通のパソコンのCMの新作で、監督第2作「みんなのいえ」がまもなく公開となる三谷幸喜が共演するようだ。(31日)
映画「腹腹時計」の上映会での県民ホールの利用を認めなかった神奈川県に対して、渡辺文樹監督が訴訟を起こしたようだ。(31日)
  6月
スティーヴン・スピルバーグ監督は、新作「A.I.」のPRのため、今月19日に日本と衛星回線経由での記者会見を行うようだ。(1日)
ジャッキー・チェンは孫子の記した戦術書「兵法」の映画化を企画しているようだ。ただし、撮影開始は早くても2003年になるらしい。(1日)
映画「指輪物語」の米国内でのプロモーションについて、ニュー・ライン・シネマはバーガー・キングと大型の契約を結んだようだ。(1日)
全米大ヒット中のフルCGアニメ「シュレック」の続編製作が決定したようだ。(1日)
森田健作衆院議員は、「ガンバレ日本映画 議員有志の会」を設立、さらに日本映画復興への助成を国に求める超党派議員連盟を発足させるようだ。(2日)
米TV番組「ホワッツ・マイ・ライン」の解答者として人気を博し、ビリー・ワイルダー監督「ワン・ツー・スリー」などにも出演した女優のアーリーン・フランシスさんが31日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。(2日)
映画化もされた人気コミック「わんぱくデニス」の作者ヘンリー・ケッチャムさんが31日亡くなった(81歳)。ご冥福をお祈りいたします。(2日)
第10回MTVムービーアワードが発表され、「グラディエーター」が最優秀作品賞を、ジュリア・ロバーツが最優秀女優賞、トム・クルーズが最優秀男優賞をそれぞれ獲得したようだ。また、「チャーリーズ・エンジェル」のキャメロン・ディアスにベスト・ダンス・シークエンス賞が、「グリンチ」のジム・キャリーに最優秀悪役賞が贈られたようだ。(3日)
50年代のTVドラマで人気を博した女優イモジン・コカさん亡くなった(92歳)。ご冥福をお祈りいたします。(3日)
現在撮影中の北村龍平監督、榊英雄主演「ALIVE」で、りょうと小雪が姉妹役で共演しているようだ。(4日)
第55回トニー賞の授賞式が行われ、15部門でノミネートされていたメル・ブルックス原作の「プロデューサーズ」が過去最多の12部門を獲得したようだ。(4日)
黒澤明監督「蜘蛛巣城」が中村吉右衛門主演で舞台化され、今月より上演されるようだ。(4日)
大ヒットした「グラディエーター」に続編の企画が出てきているようだ。(4日)
「革命児サパタ」「アラビアのロレンス」などの作品で知られる俳優のアンソニー・クインさんが3日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(4日)
薬物所持で起訴されているロバート・ダウニーJr.の弁護団は検察側と、リハビリ施設への収容を条件に起訴を取り下げるという内容の仮合意に達したようだ。(4日) - 早く立ち直ってほしいです
米ソニーは、傘下のコロンビア・ピクチャーズの新作宣伝のため、昨年7月より「デヴィッド・マニング」なる架空の映画評論家をでっち上げ、「インビジブル」、「バーティカル・リミット」、"A Night's Tale"、"The Animal"等の作品に「絶賛」の言葉を引用していたらしい。(4日) - 絶句・・・
エリック・クラプトンは、現在のワールドツアーを最後に引退すると表明したようだ。(4日)
パーキンソン病のため降板していた米TVドラマ「スピン・シティ」に、マイケル・J・フォックスがゲスト出演することになりそうだ。(5日)
アン・アーチャーは舞台版「卒業」でミセス・ロビンソンを演じることになったようだ。(5日)
全米2週連続1位を記録した「パール・ハーバー」が英国でも公開され、週末興収300万ポンドを記録したようだ。(5日)
ジャッキー・チェンは「ラッシュアワー」を初めて観たとき、ショックで立ち直れないほどだったとか。(5日)
ピアース・ブロスナンとMGMは007最新作「Bond20」の監督に「ラッシュアワー」のブレット・ラトナーを希望しているようだ。(5日)
大阪府は3億円の制作費で阪神タイガースの映画を製作するようだ。(6日) - いったいどんな映画になるのでしょう・・・
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場者数が200万人を突破したようだ。(6日)
ケネス・ブラナーはTVドラマで、1914年に奇跡的な生還を果たした南極探検家アーネスト・シャクルトンを演じるようだ。(6日)
ジャッキー・チェンの次回作"Tuxedo"はスティーヴン・スピルバーグが製作を担当するようだ。(6日)
第5回手塚治虫文化賞の贈呈式が行われ、夢枕獏原作による岡野玲子の作品「陰陽師」にマンガ大賞が贈られたようだ。(7日)
MGMは「氷の微笑」の続編は中止になった、と発表したらしい。主演予定だったシャロン・ストーンは1億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしたようだ。(7日)
ケイト・ウィンスレットは、マザー・テレサ役でインド映画に出演するという噂があったが、これを否定したようだ。(7日)
トム・ハンクスとスティーヴン・スピルバーグはノルマンディー上陸作戦に参加した米軍第101空挺師団の実話に基づくTVドラマシリーズ"Band of Brothers"の製作総指揮を担当するようだ。(7日)
米4大ネットワーク局では、視聴率が稼げないとして、劇場映画の放映に消極的になっているようだ。(7日)
スペイン語版ピープル誌がヒスパニック系の人を対象に行った調査によると、最もセクシーな女性はサルマ・ハエックで、ジェニファー・ロペスは3位だったようだ。(7日)
「クロコダイル・ダンディ in L.A.」プロモーションのためポール・ホーガンが来日、上野動物園で記者会見が行われたようだ。(8日)
フランソワ・トリュフォーやジャン=リュック・ゴダールの作品で知られる脚本家のシュザンヌ・シフマンさんが6日亡くなった(71歳)。ご冥福をお祈りいたします。(8日)
「ミセス・ダウト」「ライアーライアー」などの作品に出演していた女優のアン・ハニーさんが7日亡くなった(67歳)。ご冥福をお祈りいたします。(8日)
東京都は、来年2月5日から5日間「新世紀東京国際アニメフェア21」を開催することを決定したようだ。(8日)
ソニー・ピクチャーズが架空の映画評をでっち上げた問題で、カリフォルニア州の住民がチケット代の返還を求める訴訟を起こしたようだ。(9日)
「エボリューション」のプロモーションのため、主演のデヴィッド・ドゥカヴニーが来日する模様。記者会見の様子が12日14時からネットで中継されるようだ。(10日)
水野晴郎は「シベリア超特急3」の製作に向け、四国でロケハンしているらしい。(10日)
9月23日から開催される第3回京都映画祭では100名のボランティアスタッフを募集しているようだ。(10日)
今、韓国で公開中の「友人」が、「JSA」の持つ観客動員記録を塗り替える大ヒットを飛ばしているようだ。(10日)
高倉健は、東映撮影所でのイベントに参加、現在公開中の映画「ホタル」について高校生120人と語り合ったようだ。(11日)
ジェニファー・ロペスの次回作は「アナコンダ2」に決まったものの、妊娠3ヶ月であることがわかったようだ。(11日)
近日公開予定の「ザ・コンテンダー」が、12日国会で上映されるようだ。(11日)
シャロン・ストーンの夫フィル・ブロンスタイン氏が、動物園で体長3mのコモドオオトカゲにかみつかれたらしい。(11日)
ジョン・マルコヴィッチ初監督作品"The Dancer Upstairs"(「テロリストのダンス」)の、欧州での公開が決定したようだ。(11日)
ソニー・ピクチャーズによる架空の映画評でっち上げに関して、宣伝部の幹部社員2人が1カ月間の停職処分を受けたようだ。(11日)
日本映像ソフト協会の発表によると、2001年4月のDVD-Videoタイトルの売り上げ枚数は408万3000枚で、VHSカセットの1.7倍を記録したようだ。(12日)
ロバート・ロドリゲス監督、アントニオ・バンデラス主演で撮影中の新作"Once Upon a Time in Mexico"に、ジョニー・デップが加わるようだ。一方、出演予定だったクエンティン・タランティーノはスケジュールの都合で降板したようだ。(12日)
現在全米大ヒット中のフルCGアニメ「シュレック」は、公開館数が「M:I-2」を越える過去最大の3715スクリーンへと拡大されたようだ。(12日)
引退か?とお伝えしたエリック・クラプトンだが、音楽活動を全て止めるわけではない、と発言したようだ。(12日)
長男の怪我などで延び延びになっていたピアース・ブロスナンの結婚式が8月に行われることになったようだ。(13日)
金城武がキャラクタとして登場したプレステ2ゲーム「鬼武者」の続編では、主人公として松田優作が登場するようだ。(13日)
ジェット・リーの次回作はニューヨークが舞台のコメディになるようだ。リーはチベット仏教僧の役らしい。(13日)
「エボリューション」プロモーションのため来日したデヴィッド・ドゥカヴニーは記者会見でまず「ちょっと遅れてしまったのはコモドドラゴンに襲われたから」ジョークを飛ばしたようだ。(13日) - 意外とおちゃめ?
12月日本公開予定のディズニー・アニメ「アトランティス/失われた帝国」の日本語版主題歌をドリームズ・カム・トゥルーが歌うことになったようだ。(14日)
テリー・サンダース監督は"東京ローズ"を題材とした作品を製作するようだ。(14日)
オックスフォード英語大辞書が改訂され、「シンプソンズ」のホーマー・シンプソンの口癖"d'oh!"や、大ヒットした英国映画のタイトル「フル・モンティ」といった単語が追加されたようだ。(14日)
米国映画協会会員の投票による「過去100年間の歴史に残るスリラー映画100本」が発表され、アルフレッド・ヒチコック監督「サイコ」が1位、スティーヴン・スピルバーグ監督「ジョーズ」が2位、ウィリアム・フリードキン監督「エクソシスト」が3位に選ばれたようだ。(14日)
子役時代に「コメットさん」等に出演した俳優の蔵忠芳さんが13日亡くなった(45歳)。ご冥福をお祈りいたします。(15日)
アン・リー監督「グリーン・デスティニー」のDVDが米国で発売され、1週間で150万枚が売れたようだ。さらに、トム・ハンクス主演「キャスト・アウェイ」は発売48時間で110万枚が売れ、記録を更新しそうだ。(15日)
往年の女優メイ・ウエストの生涯がTV映画として製作される模様。主演はソング・ライターのドリー・パートンになるようだ。(15日)
ガイ・リッチー監督はマドンナの演技力について「強情な性格なので、監督が正しい方向に導いてやることが必要」と発言したようだ。(15日)
ついに「遊戯王」の米国での放映が決まったようだ。(15日)
英国の映画チェーンが発表した、映画館で座る座席の位置で分かる性格判断によると・・・
●最前列:熱心な映画ファンで外向的で自己主張に優れ、強い競争心の持ち主
●中央部:柔軟性にあふれ、穏やかな性格の中庸の人
●通路側:無関心な傍観者タイプで、人ごみやトラブルを嫌う人
●最後列:反抗的な性格の人物
だそうだ。
(15日) - 最後列の通路側に座る僕って・・・(^_^;
デヴィッド・リーン監督「逢びき」の舞台となった英国北部のカーンフォース駅が改修され観光スポットとして生まれ変わるようだ。(15日)
森田健作議員による「ガンバレ日本映画議員有志の会」の初会合が開かれ、招かれた山城新伍は「ハンセン病をテーマにした『砂の器』をノーカット放映出来るように働きかけて欲しい」と訴えたようだ。(15日)
ユニバーサルは「羊たちの沈黙」の前編にあたる"Red Dragon"の製作に向け、ブレット・ラトナー監督、アンソニー・ホプキンスと交渉中のようだ。 (15日)
ダドリー・ムーア、アンソニー・ミンゲラ、クリストファー・リーらが大英帝国勲位CBEを授与されたようだ。(16日)
映画評論家でっち上げ事件に引き続き、コロンビア映画「パトリオット」の米国内TVCMで観客としてコメントした人物が、実は宣伝部の社員だったことが発覚したようだ。(17日)
団鬼六原作「外道の群れ」の映画化で、熊川哲也が竹久夢二を演じるようだ。(18日)
7月から香港で公開されるチャウ・シンチー主演「少林足球」では、サッカーのキックを取り入れたカンフーの技が繰り出されるとか。すでにミラマックスによる世界配給も決まっているようだ。(18日)
南アフリカのサンシティーで国際インド映画賞授賞式が開催され、リティック・ローシャンが主演男優賞を受賞し、彼のデビュー作で彼の父ラケーシュ・ローシャンが監督した"Kaho Naa Pyar Hai"が作品賞と監督賞を受賞したようだ。(18日)
「第五福竜丸」などの映画のほか、TVシリーズ「古畑任三郎」などにも出演していた俳優の金井大さんが17日亡くなった(74歳)。ご冥福をお祈りいたします。(19日)
ジョン・トラヴォルタはハリウッドの既婚女性から、1億ドルで精子提供者になって欲しいとの申し出を受け、断ったらしい。(19日)
スティーヴン・スピルバーグ監督が現在撮影中の「マイノリティ・リポート」に主演しているトム・クルーズが、衛星回線による「A.I.」の記者会見に乱入、12月に訪日すると発言したようだ。(19日)
スティーヴン・スピルバーグ監督は「A.I.」プロモーションのための衛星回線による記者会見の中で、手塚治虫の「鉄腕アトム」はあまり知らないし見たことはない、と答えたようだ。(19日) - アトムってアメリカでも有名なはずなんだけど・・・
「ウサギとカメ」を題材にしたアードマン・アニメーションズの新作でカメの声を担当する予定だったマイケル・ケインがスケジュールの都合で降板したようだ。(19日)
坂口博信監督のフルCGアニメーション"Final Fantasy"のエンディング・テーマは、ラルク・アン・シエルが担当することになり、サントラも全世界で発売されるようだ。(20日)
日活はハンセン病を題材にした熊井啓監督、酒井美紀主演「愛する」を30日からシネ・リーブル池袋ほかで再上映するようだ。入場料は1000円。(20日)
ついにジョージ・ルーカス監督「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」のDVDが発売になるようだ。米国では10月16日発売で、未公開シーンなど6時間以上の映像特典が付いているらしい。(20日)
アメリカでも失速気味の超大作「パール・ハーバー」は、ヨーロッパでの反応も今ひとつのようだが、韓国だけは「アルマゲドン」を越える大ヒットを飛ばしているようだ。(20日)
ファン待望!手塚治虫や虫プロのアニメ作品全53作がDVDで順次発売されることになったようだ。さらにテーマパーク「手塚治虫ワールド」も実現に向けて動き出したようだ。(21日)
ダニー・ボイル監督は壊滅したロンドンが舞台のSF大作"28 Days Later"の撮影を8月にスタートするようだ(21日)
アリシア・シルヴァーストーン、レイチェル・リー・クック、ウディ・ハレルソンの3人は、新作"Scorched"で銀行強盗を演じるらしい。(21日)
「チャーリーズ・エンジェル」の続編が現実的になってきたようだ。キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの出演は既に決まっているらしい。(21日)
ピアース・ブロスナンとMGMは007次回作の監督にブレット・ラトナーを希望していると以前お伝えしたが、ブロスナンはマイケル・アプテッド監督を希望しているようだ。(21日)
アネット・ベニングはジュディ・ガーランドの晩年を描く"Rainbow's End"に主演するようだ。(21日)
フルCGアニメ「シュレック」の米国興行収入がついに2億ドルを突破、アニメ作品としては史上3位の2億170万ドルの記録を持つ「アラジン」を越えることは確実のようだ。(21日)
メグ・ライアンはタイで撮影される象に関するドキュメンタリーに出演するようだ。(21日)
まもなく日米同時公開されるスティーヴン・スピルバーグ監督「A.I.」に主演しているハーレイ・ジョエル・オスメントは、1000万ドルの出演料をもらったようだ。(22日) - 去年は200万ドルと言っていたのに・・・
米TVドラマシリーズ"All in the Family"でエミー賞を受賞していた俳優のキャロル・オコナーさんが亡くなった(76歳)。ご冥福をお祈りいたします。(22日)
ロシアのサンクトペテルブルクで行われたヒトラーによるソ連侵略60周年の式典で予定されていた、レニ・リーフェンシュタール監督によるナチス・ドイツのプロパガンダ映画「意志の勝利」「民族の祭典」「美の祭典」の上映が、市民の抗議デモにより中止に追い込まれたようだ。(22日)
ウィリアム・フリードキン監督の新作"The Hunted"の撮影中、トミー・リー・ジョーンズとのアクションシーンでベニチオ・デル・トロが手首を骨折したようだ。(22日)
「スター・ウォーズ エピソード1」に不満を持つファンが"Phantom Re-Edit Episode I"なる再編集した海賊版を販売していたらしい。(22日) - 観てみたい気もする。
「スター・ウォーズ エピソード1」日本国内でのDVDの発売は11月8日に決定したようだ。(22日) - 11月、早く来ないかなぁ
「第五福竜丸」「裸の十九歳」などの作品を手掛けた映画プロデューサーの能登節雄さんが22日亡くなった(93歳)。ご冥福をお祈りいたします。(23日)
AOLタイムワーナーは東芝と提携し、ワーナー・ブラザース映画を東芝のデジタル技術で映画館に配給する事業に取り組むようだ。(24日)
スティーヴン・スピルバーグ監督「A.I.」が、30日に全国286の映画館で先行オールナイト上映され、「スター・ウォーズ エピソード1」を遙かに越える史上最高の興収3億2600万円を記録したようだ。(25日)
NTTコミュニケーションズとポニーキャニオンはインターネット上で、利用期限付き映像配信サービスをスタートするようだ。(25日)
クライヴ・バーカー原作の「ダムネーション・ゲーム」でショーン・コネリーとポール・ニューマンの共演が実現するようだ。(25日)
米人気シチュエーションコメディ「フレイジャー」に主演するケルシー・グラマーは、1話当たり160万ドルの史上最高の出演料で契約を更新したようだ。(25日)
ビデオ映画「約束」で北島三郎と、北島の娘で女優の水町レイコが初共演したようだ。(26日)
40年前「裸の島」でグランプリを獲得した新藤兼人監督がモスクワ国際映画祭に特別招待され、ロシア映画界の殿堂入りを果たしたようだ。また、同映画祭では新藤風監督「LOVE/JUICE」も上映されるらしい。(26日)
森田芳光監督の自宅が火事となったものの、幸い留守中で怪我などはなかったようだ。(26日)
ブリティッシュ・テレコムは新しいCMの監督にジェイク・スコットを起用、「グラディエーター」の特撮スタッフらも参加するようだ。(26日)
全米で予想外の初登場第1位を記録した、ドラッグレースを描く映画「ワイルド・スピード」の公開に合わせ、ロス市警は違法自動車レースの取り締まりを実施した模様。(26日)
11月全米公開されるアニメーション映画「クリスマス・キャロル」に声優として出演したケイト・ウィンスレットが歌った挿入曲"What If?"が、シングル・リリースされることになったようだ。(26日)
塚本晋也監督の新作「六月の蛇」制作に向け、現在スタッフを募集しているようだ。(26日)
ジェット・リー、ブリジット・フォンダ共演の新作"Kiss of the Dragon"について、リーは彼のオフィシャルサイトで「R指定の作品であり、小さい子供を連れていかないで」と警告をしたようだ。(26日)
フランシス・フォード・コッポラは「路上」のリメイクに動き出した模様。監督にジョエル・シュマッカー、主演にブラッド・ピットらの名前が挙がっているようだ。(26日)
フォックス・サーチライトも「ウェイクアップ!ネッド」公開時のCMで、社員を観客として出演させていたらしい。(26日) - 日本でも、やってない?
新作"Crazy/Beautiful"で、キルスティン・ダンストのヌードシーンが本人の要望によりカットされてしまったようだ。(26日) - 残念・・・
手塚プロダクションは来月に総合エンターテインメントサイト「Tezuka Osamu @ Cinema」を開設、「ブラックジャック」の有料オンライン配信などをスタートさせるようだ。宇多田ヒカルがピノコの声を担当するらしい。(26日)
「ムーミン」シリーズ他多数の著作で知られる作家トーヴェ・ヤンソン(Tove Jansson)さんが27日亡くなった(86歳)。ご冥福をお祈りいたします。(27日)
スティーヴン・スピルバーグ監督「A.I.」が公開される丸の内ルーブルほか主要映画館では、前夜祭プレミア・ナイトとして、公開前日の6/29夜より48時間連続上映を実施するようだ。(27日) - 映画館スタッフの皆さん、ご苦労様です
93年のソマリア内戦を描くリドリー・スコット監督の映画"Black Hawk Down"撮影のため、米国防総省は、軍用ヘリコプターのブラックホーク4機と陸軍レンジャー部隊35人をモロッコに派遣したようだ。(27日)
インド出身の元ミス・ユニバース、ララ・ドゥッタがコーエン兄弟製作の作品で女優デビューするようだ。(27日)
金子修介監督「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」で、新山千春がシリーズ最年少のヒロインを演じるほか、宇崎竜童がヒロインの父親役で出演するようだ。(28日)
ジャッキー・チェン、クリス・タッカー主演「ラッシュアワー2」のサントラに宇多田ヒカルが参加するようだ。(29日)
来月刊行予定の「ハリー・ポッター」シリーズの第3弾「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に予約が殺到、急遽初版を100万部に増やしたようだ。(29日)
結婚も噂されていたジュリア・ロバーツとベンジャミン・ブラットが破局したようだ。(29日) - J・ロバーツ主演の某映画はやはり真実を描いていたのか!?
マレーシアでは「パール・ハーバー」の偽物ポルノビデオが出回っているらしい。(30日)
イギリスのリバプール国際空港は、来春から「リバプール・ジョン・レノン空港」と名前が変わるようだ。(30日)